情報部シャナのスカベンジ日誌 4th Turn 「フジノミヤ」その12

6555 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/02/11(土) 15:21:11.17 ID:8YBWXR3R
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
 やる夫はスカヴェンジャーのようです二次創作

            情報部シャナのスカベンジ日誌
                4th Turn 《フジノミヤ》


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
6556 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/02/11(土) 15:21:29.67 ID:8YBWXR3R
                      ,r'"´ ̄ ̄ ̄`\
                    /          ヽ
                     !, -‐''´ ̄ ̄`¨`ー,ハ
                     「  _,,.-──‐- 、 ハ    入り口が一つしかないなら、
                   ,レ'"´__,.-‐rェュ,-、「 `ヽ
                   i! / ( ゙ー',j) ,lゝ‐='ハ   ,!   そこを見張っておけば大丈夫……
                      i!(!    ̄ ____   jト、_,イ
                   ヽハ  /r===、ヽ //_>‐-、、  そんな風に思っていた時期が、私にもありました……
                     `ヾ、! i /二ソ_ノ フ,ィニゝ ̄`ヽ
                     ,イΛヽ`二´,イ/ ̄ ̄ヾ二二ヽ いやテレポーターとか普通に想定外だよ!?
                     ,イ/  !ヽ ,ィ´ i/ /´ ̄ ̄ヽ ̄ヽ l
                   「j i  ! ,l/   }イ 〔 騎士団 〕 `!
                       リ  \ l/    _」 !          !
       rェェ‐-、 __ _rァァ、トタ、 />ー'i !ヾ/l ̄``ー-、,  i|
      ,r'´ヽヽ_」     `ヽ`ヽl/     j ,/ i/i!   b   ! ,イl
    Q)二 )i !         ,! ,! / ``ー─l/ /i! ヽ _ , -‐|,イレ!
      ヽ _,ノ_ノノ ̄ ̄| ̄|ー=、//      ! / ,!  !    /´ !
       >≠=〈二!ーレ'⌒ヽ/ ヽ__,ィ´ 」  \ !   ,イ  !
       /r'二  ̄``Tヾ ̄`ヽ、_,.-ー-、レク^ヽ   `ー '´!   !
        ! (二´  ``ヾ|ミj   l ヽ         `ヽ    /    !
       L(二´  ``,イミ,i!  !  ゙i          ,!   /   ,!
       (_, __,,ハミソ  j  ,リ         ,'  ,/    `!
            `ヾ、_,イ           /  /    /
                 `Y´ ̄ ̄  ̄`¨`ー---‐'    ,,イ、__
                  !_, r-‐ー======ハ ̄`ヽV二|
┏────────────┓
│ 前回のあらすじ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| スラム街にあるとある建物を訪れたシャナ。
| そこの入り口では、手配書に乗っていた男が、銃を構えて見張りに立っていた。
| ここがテロリストたちの拠点であると確信を得たシャナは、【縮地】を活用しつつ、
| 秘密裏にその建物の中へ潜入していくのだった……
┗───────────────────────────────────────┛


   ▼ 現在のステータス   >>5583(補足:技能【刀剣】Lv10 アイテム追加『零式軍刀>>6080』)

      好感度一覧        >>5587

5583 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/11/03(木) 00:48:00.70 ID:/Re2g0gY
              《ステータス》

                                    /⌒≧=‐- 、 、
                                      \\
                       -:.:.:.¨¨  ̄ ̄:.:.:.``丶       }:.:.ヽ
                        /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.丶 __ノ:.:.ノ
                   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\ ̄
                  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
                     //:.:./:.:.:.:.:/:.:.:/:.:/:.:/:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∧
                /:.:.:/:.:.:.:.:/:.:.:/:.:/// /:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.: ',:.:.:.∧
                /:.:.:.:./:.:.:.:.:/:.:.:/:./ // /:.:.:.:.:.:./:.:.l:.:.:.:.:.:.',:.:.:l∧
                /イ:.:.:.:.:/:.:.:.:./:.: /.:,ィ芋ミx、 //:.:.:.:.:./ トx:.:.:.:.:.:.:l:.:.:| :.
           ///:.:.:.:./:.//:.// 《 {::J:::リヾ /:.:.:.://zz/ |:.:.:.:.:.:.:l:.:.:| |:|
            // /:.:.:.:./ ':.: /:.:.:. /   V__ン  /:.://}てハ抃:.:.:.:.:./:.:.:.| l/
       //  /:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.∧  .:::::::::: __彡' / ヒ_ソ ノ》:.:.:.:/:.:.:|:.|
       //    /:.:.:.:./:.:.:/:.:.:.:./、__、        ,  `¨  /:./{:.:.:/:.:|
.     //     /:.:.:.:.-=≦:.:.:.:./:.:.:.込           ..:::::: /):.:.l.:.:∨ ヽ(
  //   -=≦ ̄:.:.:.:. -=≦:.: |三三三三三|  っ     /:|:.:.:.:{:.:.:.、
.// /:.:.:.:.-=≦ ̄:./:.:.:.:.:.:.:. /ニニニニニニ|、   _,.. イ.:.:|:.:.:人:.:.:.、
   (:.:.:.//:./:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:./ニニニニニニニ|  /ニニニニニ≧く:.:.|\:.\
     ヽ(:.:人(:.:.:.:. /:.:.:.: /ニニニニニニニ=|  トニニニニニ/ニ}:.:.|  ヽ:.:.\
      /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ニニニニニニニニニ|___ヽニニニ=/ニ/|:.:.|   }:.:.:ヽ\
.   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: /ニニニニニニニニニニ\---∧ニニ/ニ/ .|:.:.|   /:.:.:.:.)\ヽ
  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ニニニニニニニニニニニニ\- ∧ニニニ{ :|:.:.| //):.:.:/  ):.)
...:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. : {ニニニニニニニニニニニニニ/___}ニニ>:} |:.:.|彡' /:.:∧ //
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:乂ニニニニニニ}ニニニニニニ/---∨ニ/=| 乂\__/:.:/ ∨/
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ニニニニニニニノニニニニニ/-----∨∧=| /:.>―<   }:.}

――――――――――――――――――――――――――――――

 【名前】 衛宮シャナ 【年齢】 15 【出身】 キョウト

 【身分】5級スカベンジャー

 【能力】(人間準拠)
  筋力:C+  体力:B-  俊敏:B+  知能:B+  運勢:B

  注目度:D- 小さい割には腕のいいスカベがいるらしい

 A以上=一流 B=人並み以上 C=人並み D=苦手 E=諦めたら? F=子供並み

 所持金: 291 円 0 銭

 【所持品】
 ・武器
  量産軍刀 ……父の形見ということになっているシャナの軍刀。頑強ではあるが切れ味は今一つ。
               数打の量産品であり、軍士官の武装としては少々心もとない。
               対単分子コーティング、耐酸コーティングが施されている。
  45口径短機関銃 ……威力の高い45口径拳銃弾を使用する短機関銃。
                     アクセサリにロングマガジン、フラッシュライト、レーザーサイトを保有。
  45口径拳銃    ……威力の高い45口径拳銃弾を使用する拳銃。
                     アクセサリにサプレッサーを装備。
  戦闘用単分子ナイフ ……戦闘用のある程度丈夫な単分子ナイフ。
                    戦闘用の中では低級品で、単分子カッターと切り結んだり、乱雑に扱うのは危険。
  軍用マグライト .     ……本来は暗所を照らすための携行ライトだが、非常に頑丈で警棒代わりにもなる。
  ハンドグレネード(破片、閃光、煙幕 各一個)

 ・防具
  特種防護コート ……防弾、防刃、耐衝撃と、物理攻撃に対し高い防御性能を誇る。
                   銃弾は7.62mm.ライフル弾まで防御し、通常の刃物や破片は防ぐが、単分子カッターには無力。
                   耐酸コーティングが施されている。
  登山ブーツ    ……底が厚く、滑り止めの付いたブーツ。特別な加工や補強はされていない。

 ・その他
  最低性能PDA  ……ウジ虫に広く流通するPDA。性能は極めて低く、簡易なメール機能しかない。
  傷付いた獅子章……多大な功績を残して殉死した皇国軍人に贈られる勲章。
                シャナにとって、紛うことなき父の形見。
  警邏隊推薦状  ……組合から発行される推薦状。実力ではなく人柄を保証するもの。
                    これを所持していれば、警邏隊から簡単な依頼を受けられる。一回限りの使い捨て。
  救急キット ……包帯やばんそうこう、消毒用アルコール、それに痛み止めや傷薬などが入った救急キット。
                医療系の技能がなくとも使用可能。傷薬・痛み止めを使用した場合、補充には10円必要。
  ペンライト ……小型の懐中電灯。太陽電池採用。

 ・拠点
  住宅:中層区にある庭付き一戸建て。
.       付近の治安はよく、鍵類のセキュリティは十分。警備ロボットやタレットなどはいない。
.       一人で住むには広すぎるくらいで、それなりの人数を迎え入れられるだろう。

 【技能】
  格闘術  Lv:5……素手や小さな武器を使った接近戦能力。
  刀剣   Lv:8……常識的なサイズの刀や剣を扱う技術。
  銃器   Lv:5……拳銃や小銃、あるいはそれに準じた火器を使用する技術。
                  拳銃、短機関銃、突撃銃を使用可能。
  軽業.    Lv:5……戦闘における身のこなしや、狭い足場での立ち回りのうまさ。
  潜入.    Lv:5……隠密・気配察知の複合技能。自身の気配を隠し、他者の気配を察知するのに長けている。
  観察眼.  Lv:5……周囲の状況と照らし合わせ、不自然な箇所をあぶりだす技術。
  聞き耳  Lv:5……微細な音を拾い、情報として獲得する聴覚・技術。
  機械操作 Lv:4……PCなどの機械全般を操作する技術や知識。極端に専門的なものは含まない。
  電子技術 Lv:4……プログラミングやハッキングなど、機械の内面を弄る技術。
  軍事知識 Lv:7……軍そのものや軍人、使用される装備などに関する知識。
  指揮    Lv:1……状況を確認し、他人に指示を出すことに秀でている。
.                 Lv1は知り合い同士におけるちょっとしたまとめ役相当。


 【特性】
  ESP【縮地】.……空間を切り嗣いで割り込み、彼我の距離を一瞬で詰める。一種の空間系テレポート。
  ┃.         これを高精度で、かつ連続して行うことができるのがシャナの最大の武器である。
  ┃.         移動には重量制限があり、重装備では使用できない。
  ┗斬鉄(偽)……ESP【縮地】の応用により、通常の刀剣類で金属装甲を斬り裂くことが可能。
.             ESPの使用できない状況や、高速機動する対象、乱戦では使用できない。
  軍人の遺児……皇国軍人の忘れ形見。
.             根無し草のスカベンジャーであっても、社会的にそれなりの扱いを受けられる。
  情報部員  ……時に身分を隠し、偽り、軍で暗躍する情報部の一員。
.             現在その権限や支援は利用できないが、そこで得られた技術や知識は健在である。

 ※スキルレベル参考基準
  1.覚えたて  3.慣れてきている  5.一人前  8.プロ級  10.その分野でのトップクラス
6080 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/01/09(月) 23:28:04.97 ID:utRClKaU
 【アイテム解説】

  零式軍刀 ……養父であるゼンガー准将から譲り受けた軍刀。
               銘有りの真打や単分子刀にこそ劣るが、切れ味と頑強性を高レベルで両立している。
               耐酸、対単分子、耐ビームコーティングが施されている。
5587 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/11/03(木) 00:49:46.00 ID:/Re2g0gY
 【好感度一覧】

   クーデリア.   ……B+   (お泊り会……ちょっと楽しみかも)
   やる夫.    ……D+   (なんとも強い子だお)
   ヴィルヘルム ……B     (次は本気を見せてくれよ)

   アリス       ……C-   (昇級間近かな、おめでとうございます)
   聖十郎     . ……D     (無理はしないでいいんだよ)
   スカサハ.    ……D+   (大きな器に育ててやりたいな)
   リッカ.       ……D     (結構いい子だな、常連になるといいけど)
   リリィ       ……D     (シャナちゃん、ガンバ!)
   ピアニィ.     ……E+   (お、大物新人ね……(震え声))
6557 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/02/11(土) 15:25:03.19 ID:8YBWXR3R
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
6558 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/02/11(土) 15:25:13.80 ID:8YBWXR3R
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.  (……さて、都合よく隙間の空いていたこの扉)
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.  (二階で人の気配がするのは、このドアの先だけど……)
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::|| ̄|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||  |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::|| r√入.:.:.:.:.:.:.:
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::|| |{ (5).:.:.:.:.:.:
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||└ヽУ.:.:.:.:.:.:.:
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||  |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||_|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| というわけで、こちらフジノミヤスラム街の一角にある、テロリストの拠点。
| 【縮地】と隠密技能でもって、拠点深く、人の気配のある二階まで、危なげなく潜入したシャナ。
| 目標は、パイロットと装甲スーツを押さえて、敵の最大戦力の無力化である。
| ひとまず、人の気配のする扉をのぞき込み、その中を確認してみると……
┗───────────────────────────────────────┛
6559 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/02/11(土) 15:26:24.71 ID:Hvw0R4d4
始まったか…!
6560 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/02/11(土) 15:29:11.32 ID:8YBWXR3R
         ::-‐-.... __ ィ~__
       /: : : : : : : : : : : : : : : : : : ヘ
       }: : : : : : : : : : : : : : : : : : : ム
      ノ: : : : : : : : : : _ -=ニ「〕ニ-   ふむ、今の手持ちで直せるのはこのくらいか。
     {: : : : : :r=ニ 二ニ=- ´了: : : i
     (ォ : : ゥぎ:::::ξ __∠⌒  く: :rヘ: i   あとはテントにいった奴らが、部品を取ってこないとな……
       ヾ√ミメ::::}=くてuヘ   λ{2/:i
          _`Uメ   ¨´   ζ杉: : }   ……最悪こいつで強行突破もあるし、
            /ハ i         } ハ :{
            { |ヘL       イ  豸__   今のうちに動作確認しておくか。
            | しハ =こニゝ /  ,′ ∧二
            | /  ∧ ⌒ /   / /  ∨ニ
            |    j└┬r   /   /二二                  (対象確認……手配書に載ってた、幹部の男だ) > シャナ
          |  ノ /二|> t<    /二二二二
           /   /二∧  i}    /二二二二二
     -=-' __   /二二/ヘム_ -<二二二二二二
    /二二二二\二二/ // ⌒7二二二二二二
    /二二二二二∧二/ //  /二二二二
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 中にいたのは一人の男。表の見張り同様、手配書に載っていた顔だ……
| 確か、テロリストの幹部格の、扇とかいう名前だったはず。
| そのことを確認する間も、扇は部屋の中で動き続け、あっという間にその姿を隠してしまう……
┗───────────────────────────────────────┛
6561 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/02/11(土) 15:33:20.12 ID:8YBWXR3R
                , ∠二二ミ>、
             /'´ `ヽ`ヽ  ヽ/\
        イ ̄二 / { 扇  ノ  l   ヤ、 ヽ
      レ―-- .| へ - ´\ /     ,._\/   ……よし、起動確認。
        `l_|__|刄   く7 イ   /  ̄/|
       | |   | ヤ¨マ歹¨´   /|> 彳i i|   しかし……くそ、やっぱりジャンク品での修理じゃ動きが鈍い。
       、 r=ュl .ヘ       ヾ マ=-j/{、
          ./⌒ヽ / ,ヽ、      ィ ̄ 「¨|ヽ  特に右手がひどいな。
        〈_、  `\ .=\_  孑 ´ |__|_.」∧
          ¨\ ./ '、_`l        }「::L_/ ∧
            '、 /_,ヲ|       .l´ ̄`〉  .ヘ                       (……やはり、装甲スーツか) > シャナ
             |     |_       マ_ /_,. -‐〈
            }_r=ュ.」ヽ`「|      .|  |.\_r=-{
           〈|:jH:L| 〉_7      .|  |.  マr-ヘ
           ヽ二7ィ/      |_|`ーマ_, 」
                       「j j゙l
                       トrr1
                      `^ ´
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| ……男が姿を消したのは、装甲スーツの中。
| ああまったく、予想通りの展開ではある。
| とはいえやはり、実際に市街地戦の王者を前にするのは、どうにも心臓に悪い。
| ……さて、どう料理したものか。
┗───────────────────────────────────────┛
6562 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/02/11(土) 15:36:58.20 ID:mJqF9ECE
ひぇぇぇ!? サベージぃ!?
6563 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/02/11(土) 15:38:49.50 ID:8YBWXR3R
:::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::\::::\::::\::::::::::\::::::::\
::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::|:::::.:::::::::ヽ:::::ヽ:::::ヽ:::::::::::::\::::::::ヽ
::::'::::::'::::::::::::::::::::::::::::|i::::|::::::::::::∨:::::∨:::∨\:::::::::ヽ、:::::',
/::::/::::::::::/::::::::::::::::::':::::|i:::::::::::::|、:::::::!:::::::}、:::::\::::::::.\::}
::::::'::::::::::/:::::::/:::::::/:::::.::::::::::::::::|::ヽ:::!.ヽ./::::、:::::\::::. ヾ  あの装甲スーツ……素体は珍しいものじゃないな。
::/:::::::::/::::::::/:::::::/:::::::::|::::::::::::::|:::::マ{/::::|::::::ヽ:::::::ヽ.ム
:':::::::::::|:::::::::':::::::/i|:::::::∧:::::::::::::':::::,イ|:__ヽ}、::::::::.::::::::|:マ}   中装甲スーツ『サベージ』……確か、本領じゃそれなりに出回ってる機体だ。
|i:::::::::!i:::::::,|::::::/ |::::/  ∨:::::/:::/ }/斥ヽァ∨:::::.::::::|::}|
|:::::::::,!ー /|-/― }/ー '  |:::::'.   ,イr ,ら i} ∧::::|:::::!:/    声だし確認してる通り、動きはそれほど良くないな……
|:::::::/!::::/ ,.ィテ笊芯ヽ |::/    比刈  ハ|::/:::::|
|:::::::'::|::/ ,イ/ 忙_-、ら  j/      込ソ ::::::|ハ:::::'      応急修理のせいか、装甲もつぎはぎだ。
|::::/::::{ハ Y  比し'刈  /           {:::::| ∨
{Ⅵ:::::::::{    込_z斗       、       |::::::.
|::::::::::::::|                     人:::::i
ム::::::::::::::.            ,. v   /  :.::::::.
,∧::::::::::::ム                イ___|_::i
i/∧:::::::::::::', ̄ ̄\      //////////|:ヽ
///::.::::::::::::.∨/////| ̄ 7  - '///////////i!::::.\
///∧:::::::::::::∨////|   ト、//////////////|:::::::::::.ヽ
////∧:::::::::::::∨///|  |: :\/////////// /\::::::::::::.\
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 単純なスペックとして見れば、装甲スーツと生身の人間では雲泥の差がある。
| 料理方法を考えるためにも、まずは冷静に、そのスペックを確認しなければなるまい。
| だから、観察する目はそのままに、脳裏から敵機のカタログスペックを引き出し、思考する。
┗───────────────────────────────────────┛
6564 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/02/11(土) 15:40:59.97 ID:2gAA/3/j
軍属で情報部だしその辺のスペックは把握しているか
通常品の弱点+整備不良(ツギハギ)の分でなんとかいけるか?
6565 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/02/11(土) 15:43:25.36 ID:8YBWXR3R
                ____
            r辷' ´      `ヽ、
             / f廴ドー---     冫
          ヽー- ニ _ -─   イ厂`ヽ、    ――中装甲スーツ『サベージ』
            ` ーくユ)トニ -‐'_∠ _  r'Y^ 、
                ヽノ r< ̄      ヽノ |l  どこかカエルを思わせる、コミカルな、
                /`>ヘ        ト-ヘ|   ずんぐりとしたフォルムが特徴的な中装甲スーツ。
              /  く〉 〉- ,二ミx   ヽ‐' |l
                厶-‐ ´〈 r/ /ヘ \   ├ヘ!  ブースターによる三次元機動はやや苦手とするが、
               , >ヘ    V     〃   T´  防弾性に優れた頑強な曲面装甲に、比較的容易な整備性、
          / ヘ ∧   く `ヽ、 v' /      |    中装甲スーツとして十分なパワーを持った名機と言える機体。
         /// rク/ヽ  / ヽ   ィ'     /
       く/ >kく>'_丁V    >く⊥ =-‐ヘY    上を見れば現行の軍用機など天井知らずだが、
    , rく/__,∠r' ̄ {    〈r,_ rく/、 _,   - ´ |     民間でも手の届く調達性を考えに入れると、
    > Xト-'ー辷L___ゝ-─一' ノ /       j     装甲スーツとして十分な性能を持っているのは貴重で重要。
    </             /7Yo     __/ヘ、
                「Y1 r┴=ニ、 ̄ヽニ二Y/    その戦闘能力には突出したものはなく、
                ||| ハ    l          装備と整備状態によって大きく左右される……
                ヽリri」    /
                 `T  rイ
                       |  |ト、           ……そう、武装と、整備状態によって。
                   j  l ノ 入
                   ベーくr'_/
                  / -r'^Y´
               厶-‐'/
                ` ̄

┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| というわけで、こちらが簡単なサベージに関する解説文。
| 性能は装甲と整備性重視。固定武装はなく携行武器によって火力は上下する。
| 三次元機動は得意ではないが、四肢を使った人間的機動は十分高く、
| 装甲スーツ特有のパワーも相俟って、まさに歩兵の上位互換として十二分な性能を発揮する
| ……のだが、どうにも。
┗───────────────────────────────────────┛
6566 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/02/11(土) 15:51:00.93 ID:8YBWXR3R
          , '´ ̄ ̄ `ヽ
        /
      {!      _,....:::::―――::::...._
       \__,...:'´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`丶、
       /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::、::::::::::::::::::::::::ヽ、
     ,:':::::::::::::::::,:::::::::::::::::::::::::::::;:::::ヽ::::::::::::::::::::::::::\    ……正直あれ、各関節の動きが悪くて、
.    /::::::::::::::/:::::::::::::::/::::::::;::,:|::::::::∨::::::ヽ::::ヽ:::::::::ヽ
   '::::::::::::::/::::::::::::::::::/:::::::/:/::!:::::::: |:::,:::::,::∨::∨::ヽ::::.   近接戦に持ち込めば怖くない。
   |::::::::: /::,:::::::::::::::/__/_/::::|::::::::::|!::|:::::|:::∨:::',::::::∨',
   |::::::::/::/::::::::::::ィ:::::::/〃 i:/|::::::::::}イ⌒iヽ:|:: |::',::::: |、::.  装甲とパワーは脅威ではあるけど……
   |:::::::|::/|:::::::;::::/!::/ / / |::::::::/ }:i Ⅵ|:::}:: |:::!::::: ! マ
   |:::::::{/::|:::::::|:/,ィ        |:::::/ィチ芯ヽ|/|::::|:リ:::::::| }!  装甲スーツ用の大型火器は屋内や近接戦じゃ取り回し悪いし、
   |:::::::'::ハ!::::/|:{          }::/ 比刈   ,|::/:::|:!:::リ /
   |::::::::::{ |::/::::::.  、__,.  /'   弋zソ  ム:/:Ⅵj::/     装甲にも応急処置で穴があるから、対人火器でもやれないことはない。
   |::::::::人!'ハ::::::::.             {:::::|:::.リ /
   |::::::::::::::`¨}:::::::i           `   u  八::|:::|
   |::::::|::::::r7∧:::::::.、     r   っ   γY⌒ヽ::|        (……そもそも、装甲については万全でも斬り捨てればいいだけだし)
   |::::::|::::::|/// ̄>、>   __,. 乂     ):|
   |::::::|:::://////////rrハ  |/////ゝ、_ノ::リ
   |::::/::/-<///////|//| ,ト、//// //リ:::|::|/
   ,:::::'/////\/////!//!,.‐: 、\/ ///:: /::|
.  /:///////// \//ム/ |:, -- Y:∨//:::/:: リ
  {//////////////\{//∧: : : :|: :} /:::イ::::∧
  |////////////////////ト,: : :!: :|'///::∧/}
  |////////////////////|: i: /: : |/,イ::////|
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 目の前にある敵機は、万全の整備状態とは言い難く、火力にこそ注意すべきだろうが、
| その他の装甲スーツの利点にはそれほど脅威を感じない。
| 無論、関節の鈍さを補うように、随伴の歩兵がいれば話は別だったのだろうが……
| 生憎と、隠密行動によりシャナの存在すら敵には不明。相手さんは整備につきっきりである。
┗───────────────────────────────────────┛
6567 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/02/11(土) 15:52:36.10 ID:vkXX4uI5
> 装甲については万全でも斬り捨てればいい
アイエエエエ!? 何言ってんの娘の子!?www
6568 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/02/11(土) 15:53:22.74 ID:Hvw0R4d4
完全にカモですねえ…
6569 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/02/11(土) 15:58:22.61 ID:8YBWXR3R
         /::::::::::::::::'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\::::::::::::ヽ::::::::::: \
      /:::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::∨ ̄ __,.ヽ\
        '/}_:::::::::/::::::::::::::::::: |::::::::::::::::|:::::::::::::::∨ ̄__|..:::ヽ::::::::ヽ:::.
      {  ,_ ̄/ ̄  _:::::::|::::::::::::::::|__ ̄_},.ィ::: |:::::::::',:::::::,::::.  ……さて、正直言って、
       |:::::::::::::'::::/:::::::::/  ̄| ̄_ ̄|_l:::::::::: |::|!:::::|:::::::::::|}:::::::|,:::}
       |::::::::::::|::/!:::::::: |::::::/}:::::::/;:::: |:::::i::::::::::::}::|!:::::}ヽ:::::::|!:::::::|マ:|  奇襲もできるこの状況だと、
       |::::::::::::i/::|::::::::::|:::://:::ト、/:::/|:::/::::::::::/イ}:::/_ マ:::::i:|::::::; リ
       |::::::i::::::::: |::::::::::Ⅳ/:::/ }:\_,}/ |:::::::/ }/ィチヽ〉|:::/::|::::/    簡単に処理できる相手なわけだけど……
       }::::::|:::::,.ィ|::::::::: |/ィチ笊ミ、 /  ;::::/ ´ヒ刈  /:イ::/}:/
      ,::::::::|:::::{ (,!::::::::::圦 比J刈    /::/   込'   ':::::/ /      幹部とはいえ、大事を取って今回は殺害前提で動こう。
     /::::::::|:::::乂|:::::::::::|  込)_ソ   / '         }::/|
     ,:::::::::: | ::::::: |:::::::::::|              、      八::!        どうやって処理したものか。
    /:::::::::: |::::::::: { :::::::::|\              イヽ:::|
    , :::::::::::: |:::::::_八::::::: | } >       ´   イ::::::|//∧
   ,::::::::::::イ´ ̄///}::::::{ |    `    _...イ: .:|:::::::|////:.
.  {:::::::::::{////////|::::::|: \        /   j: : |:::::::| ////!
   |::::::::://///////|::::::{\: :\     _,..ィ/: : :|::::::リ'////;
   |:::::://////////|::::::|//\: :.\イ  ̄ ∨: : : :!::::/{/////
   |::::::{//////////!:::::|////ヽ: : \   }: : : : |::/ !////{
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| というわけで、相手は市街戦の王者とはいえ、傷付いた上に油断しきっている。
| 奇襲をかければ一撃で勝負を決めることも容易だろう。
| ……さて、どう仕留めようか。
┗───────────────────────────────────────┛


   ▼ 選択安価 ↓1~3 1D100を添えて最も数字の高い選択肢
      どの方法で敵装甲スーツを仕留めようか?

   1) 【縮地】で忍び寄ってスーツの上から心臓を一突き。
   2) 部屋からおびき出して影から奇襲。
   3) まずは四肢のどれかを斬り落とそうか。

6570 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/02/11(土) 15:58:56.43 ID:Hvw0R4d4
1 【1D100:80
6571 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/02/11(土) 15:59:55.27 ID:VRnqaDjR
【1D100:35】 1

相手は半ミュだろうし生命力強そう…
でも時間かけると増援が怖いし
6572 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/02/11(土) 16:01:29.41 ID:HL4+2XdP
【1D100:29】 1
6573 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/02/11(土) 16:04:54.25 ID:8YBWXR3R
ふむふむ、満場一致で1ですか。確実に殺しに行きますねぇ……
ではでは、少々お待ちくださいませ。
6575 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/02/11(土) 16:11:30.04 ID:8YBWXR3R
                                  _____
                               /      `ヽ
                               〃
                            __||____
                         ,..::::::´:::::::::::::{':::::::::::::::`ヽ、_
                     /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、
                     /:::::,::::::::::::::::, -:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\   ……この状況じゃ、奇をてらう必要も余裕もないか。
                     ':::::/:::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
                     /,.イ:::::::':::::::::イ::::::::::::::::::::::、::::::::::::::、:::::::::::::::::::::.  【縮地】で装甲スーツごと心臓を一突き、それで死ななきゃ首を刈る。
                 // /:::::/:::::::::/{::::::::::::::::::::::::::\:::::::::::',::::::::::::::::::',
                 ,'/ /:::::/::/:::イ::::|:::::::::::::::{、:::::::::::::ヽ::::::::::.:::::::::::::::::::.  安全、かつ確実に殺しに行こう。
                  {i |:::::イ::!:::/ |::,ハ::::::::::::::| ヽ:::::::::::::∨::::::.::::::::.::::::::::::.
                  |:::::,|::| ,\{ i {::i::::::::::|{ ∨ 、.:::::∨::::|:::::::ハ::::::::::::.
                  {:::/|::{ | {イト、Ⅵ:::::::::| ∨」<\::::!:::::::::::::|マ:::::::::::::::.
                  |/ | i.ハ 比ハ リ \ i|,ィチ芯ヽ Ⅵ |:::::::':リ:::::::::::::::::::.
                         |/Ⅵ マり     \比J刈 / マ!/:::::/::/::::::::::::::::::::::.
                         }八           込zソ/_,/}:::::':::::::::::::::::::::::::::::::.
               __  __r_、| /\  ´ _  _,...ィ升// /::|::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::',
                ,.ィ7///>´ / / {//>、`ー`'/////////::::j/::::':::::::::::::::::.:::::::::::::::::.
            //_//// ∧/ , ,.|//////77{////////:::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.
          _,  ´ー-、 >//// //:i:|/////-、/////// /:::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.
        ,.  ´ ,...:::> ´//// / /`{ {|: ̄: : : /////// /:::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::.::::::::::::::::::::\
     , <r 、__( ヽ´  `ー― '/ イ  \__:_: : //////// /:::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::: i:::::::::::::}::::::::::::ヽ
 .  ´ r 、__ヽ、 \、 ヽ {ヽ   { /       ∨/////// ,::::,:::::::/{::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.::::::::::::::::\
´  ,..::::,:> 、 ` ー   `' 〉  从      {/////// /::/::::://|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.\:::::::::::::::.
.::´>´  r_―`-      {         「/////// /::/::::://∧::::::::::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::: }::::}::::::::::::::::.
´        ̄ヽ      /_           ∧///////::/:::::////∧:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/∧:::::::::::::::.
          ヽ /´二二>、      /: :∨/// /::/{:::://////∧::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|//∧:::::::::::::.
             {//:イ: : : : :`ヽ、   /: : : :∨/ /:://|::::{////// ∧:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|///∧:::::::::::|
            Y': : : : : : : : : : :`:./: : : : : :∨,'::///|::::|/////// ∧::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|////∧:::::::,
            \: : : : : : : : : : /: : : : : : : `{イ///|::::|//////// ∧::::::::::::::::::.:::::::::::::::::::;///// ∧:://
                 、: : : : : : : ∧_: : : : : : : ,|{∨/ |::::|///////// ∧:::::::::::::::/::::::::::::::::::'///////}///
               \: : : : :': : :`: : : : :/:||: :\ハ.::∨///////// 〉:::::::::::/::::::::::::::::////////////
                 ` 、: : : : : : : / : : |{: : : :ヽ!::::∨/////// /:::::::::::/:::::::::::::::://///////////
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| おびき寄せたり、四肢を落として捕縛を狙ったり……そういう奇手に走るのはやめておこう。
| 腐っても相手は装甲スーツだ。
| 多少後処理が面倒でも、相手を確実に殺す手段でかかるとする。
| ……ドアの隙間から【縮地】で入り込み、心臓を初撃で潰す。
┗───────────────────────────────────────┛


   ▼ 奇襲判定 1D100+刀剣(30)+潜入(15) 目標値:75

   ↓1~3 シャナの奇襲について自由記述
   ↓3    ダイス採用

6576 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/02/11(土) 16:20:34.13 ID:eTX054ro
【1D100:64】
落ち着いて平常心でやろう 相手の状態は悪い装甲の薄い場所・隙間を狙おう
相手の整備状態は悪いので動きが鈍くなるタイミングがあるはずだ そのタイミングで抜刀or刺突
縮地を駆使して相手の死角や狙いやすい位置に移動するのも良いかもしれない
小柄な体格のシャナなら棚や出っ張った窓枠などに乗れるかも?
6577 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/02/11(土) 16:21:56.58 ID:Hvw0R4d4
【1D100:29】
6578 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/02/11(土) 16:22:27.80 ID:b2HXzvkv
【1D100:94
6579 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/02/11(土) 16:24:00.99 ID:8YBWXR3R
……94?
……えっと、技能だけで45点に、特性が乗って、安価補正が乗って、そこに94……?
oh...
6580 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/02/11(土) 16:24:59.25 ID:HL4+2XdP
真っ二つかな…?
6581 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/02/11(土) 16:25:06.04 ID:dNO9VLFR
ファーwww 扇○ね!(確定
6582 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/02/11(土) 16:25:39.40 ID:b2HXzvkv
ははは なんだこの結果w
6583 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/02/11(土) 16:26:09.18 ID:dNO9VLFR
>>6582
ビューティホー
6584 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/02/11(土) 16:28:11.47 ID:8YBWXR3R
             ,  -―- 、
             ヽ---、 扇 `ヽ、
                /  ̄ ` ‐-、, -‐ァ、                   _ -<ヘ‐'7
          rー/      / / >、          _ -‐ ´   _> ´
         r┴'- -'⌒l ̄l< < ヽ//ヘ、      _, r'´ヽ、  r-<´
         ヽ≧ニニゝ<>' \/ヽ/、  \_r-<ヽ ヽ゚' r=、_ ト<´\_  よし、じゃあ取り敢えず、
          _」  , ‐ァ=、     ̄\ \_ヽ:}  ` ̄ ̄))辻}}j  \_|
         〔O`二 O_〕_l        |` ー-'<´ / ̄ ̄´  ̄        部屋の中で歩行動作の確認をするか。
           `T´ ̄`ー '´        |      ̄
           ',           /__                    ここにくるまでは、歩くだけでいっぱいいっぱいだったが……
           ヽ、__   , -::/  \
                ト、=;ラーイ::::〈、    \
               ヤ\  ヽ:::::マ\   /ヘ、
               ヽ、_>r‐ ´ \ > '―- /--、r 、
             /ム/1       ` ̄ ̄¨/o, -リ .|
              |    /             ,レ   ヽ/
             ノ  /          〈     〉
               /   ム、           \__ |
          r ┴r 〈-‐ヘ                |  l |
              }二_l>'´ ̄                |  l |__
                           「ヘ≧ イ7  `>、
                           ト、_゚|::r'二ニ≧'
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 扉から覗く装甲スーツは、のっしのっしと、動作確認に歩行を開始する。
| 部屋の中を歩き回るそいつは、ちょうどドアからよく見える位置で、
| シャナに対して背中を向けて……
┗───────────────────────────────────────┛
6585 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/02/11(土) 16:34:00.01 ID:8YBWXR3R
             /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`丶、       /
    ___     ,:':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:_≧== '´
 ,.ィ//////> 、/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ、
 \//////// /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ、:.:.:.:.:.:.\__r--- 、-、_,.--=--、,.....__   動きも鈍く、背を向けた……
   ∨///// イ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:、:.:.:.:.、:.:.:.:.`ヽ:.:.:.、:.\//`ヽ、/∧    ,. -―'
.    ∨/////|:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.|:.:.:.、:.:.:.:.:.:.:.:.',:.:.:.\:.:.:.:.:.':,:.:.\:.∨///}//ム __..._`ヽ     呆気ないくらい、すぐに好機が回ってきたな。
     ∨////|:.:.:.:.:.://:.:.:.:.:.:..:/:.:.::/!:.:.:.:.\:.:.:.:.:.::.:.\:.:.:/:.:.',',:.} `、∨//|///}´    ¨´
      }/////':. |:.:/:,イ:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:./ ∨:.:.: 、:.:.:.:.:.: |:.i /、:.:.:.:.:}:.:.}:.:|//}/> ´ ̄                   ,....:::
      |////:.|:.::|/イ:.':.:.:.:.,:.:.:/:-:.:/-、 \:.:. ト:.:.:.:.:.:| }/,.ィミ>:.:.:.ト、:i:.:|//                       ,....::::´:::::::
      |///:.:.':.:.:|:.:.:.:|:.:.:./:.:// {:/ _\ヽ:.| ∨:.:.:|リィ刈 / }ヽ:.!:.:从!´      __   __       ,...:::´::::::::::::::::::::
      }/:.,./:.:.:.{:.:.:.:{:.:/:.:./ト  ィチ羊≧ミ、} ∨:.:}イヒjリ  ハ:.:.:|:/リ ゝ  , ´     >:::xィ:、  ,....::::´:::::::::::::::::::::::: :
   /:.://:.:.:.:.:マ:.:.∨:.:/{:.:.:\< 比j刈    }:/ 之ソ  {∧:./:.:.`ヽ、/      / `ー'..:::´:::::::::::::::::::::::::::::::,   ´
  /:.:,. ' /:.:.:.:.:.:.:.マ:.:.:Ⅳ ヽ:.:.:.:ヽ弋こソ    /     ;//\_:.:.:./`丶、___/,....:::::´::::::::::::::::::::::::::_..   ´
/:.:/  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.\ー-\:.:.:}           '   人/////.:.:.:.:.:.:.:.:.:>::::´::::::::::::::::::::::::::_   ´
:.:/  ,.::':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:',:.:.:.:ヽ///≧- 、__    ,._ィ  ///////{:.:.:.:.:.::>:::::::::::::::::::::::::::::_,   ´
´  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.//ム:.:.:.:.::.∨////////\   /////////」>:::´:::::::::::::::::::_   ´             _,.... -
,..イ:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:////}:.|ヽ:.:.:.∨/////////}`i¨´:::\///>::::´::::::::::::::::_    ´           _..    ´
:.:.:.:.イ:.:.:.:.:.:.:.,.ィ//////://∧:.:.:}/二,.ィノ⌒\-!:::::}i/>::´:::::::::::::_    ´           _..   ´
 ̄:.:.:.:.:.:.:.:/// ̄ ̄`ヽ///}:./ /ィ⌒!{  マム>::::´:::::::::::,..  ´          _,.. r  ´
__:.:///////////r‐ ´ ̄/ /}(_ノi 人>//:::_.. -  ´        _,...  -rr≦///\
     /////////_,ノ   / /r- , / //// '´        _,.   ≦----、//////////\
     {////////ノ  、  Ⅵ { {/ノ { i{// {   _,...  ≦ ´--= ´       \/////////∧
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 瞬間、扉を挟んで部屋の外にいたシャナが、【縮地】で音もなく室内へ入り込む。
| 居場所はまさに、サベージの真後ろ。
| あの鈍い動きでは、例え気付いても到底反応の間に合わない位置。
| そしてあまつさえ、敵はシャナの存在に気付いてさえおらず……
┗───────────────────────────────────────┛
6586 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/02/11(土) 16:41:32.54 ID:8YBWXR3R
  ダイス【94】+安価【15】+特技【60】 > 75 ダブルスコア!

                         __
                    > ´ |:,=、1―-  _  __
                   r':._     └='┘      `;/.b|
                     V  ̄   ‐ -  _   ヽ='ヘ    な……に……?
                    V  r=o-、          ‐-  _ヘ,
                    `弋ヾ=‐ ヘ、_    ,ィ=、 /
                    , ―--/::\_,  ―- 二  <_(の'¨
      ____      /   >―┬―---<::::`ヽ_/
    '1 ̄ ̄ `¨―-=ュ,/   / ー―'       ` ̄≦`ヾヘ、
  / l|  ヽ   _ -‐  l|__,ム、_             \ / \
  |  l| -一 ''¨  、_   l|:::::::::::::::::::|                   ,   ',
  | ヘ、__       ` l|}:::l:::::::::::::|                :,   l==、_
  |//:::::::/  ̄¨ =―一'::::::l:::::::::::::|       |..‐- _      :,   l ̄`l
   ¨7 /      `7:::::::::::l::::::::/       .|:::.:.::/ `  、   :,   l< |
    /__/         /:::::::::::::'::/         |=====、_____\ :,   l  |
.  / 7―-== 、_,/r―--r '              | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  :,   l‐'
  / /      `7_」   i                     ξ   :,  |

                              ,,:;;#圭#;;       ポ タ ッ
                                 ;;;#圭#;;
                               :;;;#圭圭圭#;;     ポ タ ッ
                                ::;;;圭圭#;;:
┏────────────┓         ;#;;
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 部屋に入り込む前にシャナが言ったように……呆気ないくらい、あっさりと。
| 装甲のあるべき空間に潜り込んだ刃が、装甲スーツの中にある心臓を、貫いた。
┗───────────────────────────────────────┛
6587 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/02/11(土) 16:44:50.65 ID:dNO9VLFR
ヒューッ♪
6588 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/02/11(土) 16:47:24.15 ID:8YBWXR3R
                              /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、
                                /::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::\
                            /:::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::∨::::::::::::::::ヽ
                             /::,:::::::::/::::::::::::::::/:,イ|:::::::::::|::::::::∨、:::::::',
                             {/:::::::/,::::::::::::/..// }::::::::/| |:::::::|::::|:::::} :
                          /:::::::/イ:,:': ///、/' /:::::::/,/イ::::i.|::::}:::::|::| ……流石に、即死とはいかないか。
                            / :::::::::::{//|イ斥㍉ヽ/ ::::/,ィ㍉}:./ |::/:::/l::|
                        /:::::::::::_{_ { 弋zソ ,::::/ ヒソ / /}∧/ リ なら、このまま肺を……
`丶、                     /::::::://///////\   /      ; イ
` 、 ` 、                 __/イ//`ヽ、////////    __ `   イl::|                        ぎ、はっ……ッ!? >
   ` 、 ` 、    ______    ///////////\/// /> __  <//|::::|
     `  、` ∨  // `ヽヽ__//--- ミ/////// \ ∧ ∧////- 、 |::::|
           `  、 <'_  } ト、⌒ヽ: : : :\////////〉 }-―_ァ/////i|::::|
_             ` ー} ̄∨ /⌒ヽ、 }: : : : : ∨//////i从 ̄: :i∨/// |::::|
    ―  _       |  |-、⌒}/| }__}------</_/: : :リ_、: :.|/イ ̄ 从.{- 、
               _|  |   }イiii| |_,..、〈〉//〈〉//} }  ̄   Y^ヽ  / /: : : i\
                 |  |__ノ,-、 ! !〉 }-,///> ´ ̄    イ{_/     {: : : : }:i }⌒ ー、
                 |  | _ノ ///{ | {r, ̄: : : : : ヽ     }\    ∧ー __/、__っゞ'
              _/___/_) ___ノ/ ノ//: : : : : : : : :}     /{_ハー ´\',
         _,.. < //⌒} / / /¨´、: : : : : : : : :|   /|: :.::::|    ∧
     _,...  ´ \_/ /_/_/¨´¨´////}: : : : : : : : ∧__/  }: : : :|  //∧
-   ´       //// ̄ ̄´//////////: : : : : : : : / __   /: : :()ー<////∧
             ///////////////////: : : : : : : : :´¨: :` ー': : : : : : ,ノ/////l∧
         ///////////////////: : : : : : : : : : : : \(_): : : : :/:∨//////∧
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 本来ならば、厚い装甲が跳ね返したであろうありふれた……
| いや言うほどありふれてはいないが、それでも銘有りの名刀でも、単分子刀でもない、ただの軍刀。
| それが容易く心臓を貫き、続けて振るわれた第二太刀が、
| 叫びを上げたやもしれない肺を潰す。
| ……そんな冷徹な処理が終わり、シャナが軍刀を引き抜くころには。
┗───────────────────────────────────────┛
6589 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/02/11(土) 16:49:33.33 ID:dNO9VLFR
抜かりなしか… さすがはアサシンガール
6590 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/02/11(土) 16:51:49.93 ID:8YBWXR3R
                , ∠二二ミ>、
             /'´ `ヽ`ヽ  ヽ/\
        イ ̄二 / {     ノ  l   ヤ、 ヽ
      レ―-- .| へ - ´\ /     ,._\/               ……終わった。ファーストターゲット、クリア > シャナ
        `l_|__|刄   く7 イ   /  ̄/|
       | |   | ヤ¨マ歹¨´   /|> 彳i i|
       、 r=ュl .ヘ       ヾ マ=-j/{、
          ./⌒ヽ / ,ヽ、      ィ ̄ 「¨|ヽ
        〈_、  `\ .=\_  孑 ´ |__|_.」∧
          ¨\ ./ '、_`l        }「::L_/ ∧
            '、 /_,ヲ|       .l´ ̄`〉  .ヘ
             |     |_       マ_ /_,. -‐〈
            }_r=ュ.」ヽ`「|      .|  |.\_r=-{  __/ ̄/__ ./77 /__7 ./''7     ./ ̄/ ./''7
           〈|:jH:L| 〉_7      .|  |.  マr-ヘ /__  __  /. ̄ /__7 ./ /__/"7   ̄  / /
           ヽ二7ィ/      |_|`ーマ_, 」 _./  //  /    ___ノ //  __, ̄| ___ノ /
                       「j j゙l      |___ノ.|___,/.   /____,./ 7__/ヾ/ ____,./
                       トrr1
                      `^ ´
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 力を失った操縦者の筋肉に従って、サベージがその場に膝をつく。
| 厚い装甲に覆われて、少々判断は付きづらいが……
| 中の操縦者も、碌に呼吸はしていないようだ。
| これにて、第一目的である装甲スーツの排除は完了。
┗───────────────────────────────────────┛
6591 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/02/11(土) 16:57:42.01 ID:8YBWXR3R
                          /\二二}       ____       } }
                       /\__/   _,....::::´::::::::::::::::::::`¨¨:ヽ、 _//
                        /二二二/ ,..:::´::::::::::::::::::::_:::::::::::::::::--二-'、
                         /二二二///:::::::::::::,..:'´::::::::::::::::::::::::::::::-:::、::`ヽ、
             ,'⌒!    /二二二/´/::::::::::::/::::::::::::::::_,..::::::::::::::::::::::::}:::::::::::::\  ……拠点内に、他の人間の気配はなし。
              }  l!     /二二二/::,:'::::::::::::/:::::/:::::/:::::::,.:',.イ:::::::::/|::::::::::::::、::':,
               /  ノ  _,. /二二二/::/::::::::::::/:::::/::::://::イ::/ /:::::::::/::i|{:::::.::::::::::.、::. となると、後は入り口の見張りだけ、か。
         ,. -―'   {-'´ /二二二/::/:::::/::/ /:::::圦≧、\::::/ イ:::::::::'}:::::|l!::::!:::::::::!',マ{
        , - ´      |  /二二二/::':::://::/:イ:::::/ んヒ心}ト/' /:::://::::/:|::::|:::::::::|ハ リ
   ,.  ´          ,:  /二二二//::/::::,/::::::: {/、__之こツ  //  { ,イ|:/::::l.:::::::::! i|
  / _,. - 、,   ヽ、__ノヽ/二二二//::/イ/::::::: ////////〉     /´ ィ升}〉/':|::::/}:::::/} リ
 ー ´   /   i     /二二二/、{.::| \ヽ、:::::\//////      込ツ イ:::::|/ /:イ /
      /  _,.., ヽ   /二二二/  |::i!   \> 、::\///、   - `  ,:':::|_/::`ヽ
    /,イ  ̄`ヽ、___,/二二二/   ,::|    ヽ//`ヽ〉/! /\___,...... イ:::::::! | `ヽ::::ヽ
.   /〈\_)\_} Y/二二二/    ,i!     \//// 〉{//|///////{:::::::::八   }::::::.
   {_ノ\__ハ!__r{  /\__/>、___人{        \//{\_/////// /:::::::/  \ |:::::::!
       {_L_ \\___,/ \    リ      {:マ ̄: | ̄!:{/////:::::/    /:::::/
           \\_ \_)\〈 \__ノ        \: : :.| j!: : :}//`ヽ{_      /::/
         /\_\___ \ /}|        / ̄二ヽ/:_:_∧/////∧  , /
           /\____,\_ー _,ノ|         {     {/⌒ヽ \/////〉 /
        /   /:::::::::/ /  ̄ /        /\__/    〉 }/// /
.       /   /::::::::://     /    _/     /|    / ////、
      /   /:::::::::/'      /    /           八 / \//  `ヽ、
.     /   /:::::::::/   ,  ¨´       \      / Ⅳ    `´\     ヽ
.      /   /:::::::::/ ,.イ          \__/   l{        、    \
     /   /::::::::://: : !                      /         \    ヽ
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| さて、こうして懸念していた敵の最大戦力は、わずか二太刀、
| 戦闘とも言えない一瞬の出来事で葬り去られ……
| 残っているのは、侵入者の存在に欠片も気付いていない、入り口を見張る平の歩兵が一人。
| となればもう、それに小柄な暗殺者を止めるすべなどあろうはずもなく……
┗───────────────────────────────────────┛
6592 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/02/11(土) 16:58:57.05 ID:dNO9VLFR
ゲリラ基地を制圧!(cv。玄田
6593 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/02/11(土) 17:02:17.20 ID:8YBWXR3R
                      ,r'"´ ̄ ̄ ̄`\
                    /          ヽ
                     !, -‐''´ ̄ ̄`¨`ー,ハ              γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
                     「  _,,.-──‐- 、 ハ              |  さっさと片付けて、メールででも、警邏隊の方に報告しよう。 |
                   ,レ'"´__,.-‐rェュ,-、「 `ヽ             ゝ__________________________,乂 シャナ
                   i! / ( ゙ー',j) ,lゝ‐='ハ   ,!
                      i!(!    ̄ ____   jト、_,イ    ぶぇっくしょい!
                   ヽハ  /r===、ヽ //_>‐-、、
                     `ヾ、! i /二ソ_ノ フ,ィニゝ ̄`ヽ あーくそ、回収班のやつら遅いな……
                     ,イΛヽ`二´,イ/ ̄ ̄ヾ二二ヽ
                     ,イ/  !ヽ ,ィ´ i/ /´ ̄ ̄ヽ ̄ヽ l ったく、さっさと中入って休みたいのによ……
                   「j i  ! ,l/   }イ 〔 騎士団 〕 `!
                       リ  \ l/    _」 !          !
       rェェ‐-、 __ _rァァ、トタ、 />ー'i !ヾ/l ̄``ー-、,  i|
      ,r'´ヽヽ_」     `ヽ`ヽl/     j ,/ i/i!   b   ! ,イl
    Q)二 )i !         ,! ,! / ``ー─l/ /i! ヽ _ , -‐|,イレ!
      ヽ _,ノ_ノノ ̄ ̄| ̄|ー=、//      ! / ,!  !    /´ !
       >≠=〈二!ーレ'⌒ヽ/ ヽ__,ィ´ 」  \ !   ,イ  !
       /r'二  ̄``Tヾ ̄`ヽ、_,.-ー-、レク^ヽ   `ー '´!   !
        ! (二´  ``ヾ|ミj   l ヽ         `ヽ    /    !
       L(二´  ``,イミ,i!  !  ゙i          ,!   /   ,!
       (_, __,,ハミソ  j  ,リ         ,'  ,/    `!
            `ヾ、_,イ           /  /    /
                 `Y´ ̄ ̄  ̄`¨`ー---‐'    ,,イ、__
                  !_, r-‐ー======ハ ̄`ヽV二|
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 拠点の制圧は、時間の問題ですら、なかった。
| 
| ……つまりはダブルスコアにより、より低難易度な見張り排除が自動クリアでキンクリである。
┗───────────────────────────────────────┛
6594 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/02/11(土) 17:02:32.73 ID:8YBWXR3R
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


   ▼ 一旦ここまで

6595 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/02/11(土) 17:03:28.09 ID:7HtJcZZP
乙でしたースキル高いなぁwww
6596 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/02/11(土) 17:03:43.67 ID:dNO9VLFR
出目が高かったお蔭とはいえ…
なんというベイビーサブミッションだろうか…w

乙ー
6597 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/02/11(土) 17:04:28.72 ID:b2HXzvkv
6598 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/02/11(土) 17:04:33.77 ID:8YBWXR3R
                  , 、_  -ヘー―,イ´. ヾ 、
.              /   ,>匕ィ、_ `フ    ヽ ヽ
.             /  >'ー'´__二ニフ ',.   ヽ \
         /ァ=ァ'    _  -ーヲ  iト,  '., ヽ ` ,
.          ,イ/  i′   , -ー  ̄ ´ i、 i! i! '.,.  ', ',  ',       はい、というわけで……
       ,イ! l!ニ i! _, イ i i! !、   |マ | |. '.,  i! i  i
     ,イ三i| l!ニ i!;';';  | ||斗ヤ| ∨ ´「 マ¬ー-ト i i!  i!       本日のスカベンジャーは一旦ここまでです。
   ,イ三三ヲ! i!ニi!;';';  i个!i ! ', i! V  i メ/|マ  i!', i! i!  i!,
.,イ三三ヲ'´. ! l!ニi!;';';   i !| !| ',.|  ∨ | ,!∧! マ | ', |. |.  i',       そっかぁ、やっぱり初撃で片付いちゃうかぁ……(遠い目)
ニ三ヲ'´    | l!二i!;';'  i!. i!| ` ヽ!   V.!==ェュマ ! i! ! i ', ',ヽ
ヲ'´    ,'  i l!二i!;';.  i、|,ィ=≡ゞ  ヽ!       /. | |  | ヽ , ヽ     というわけで、これにて4th Turnのボス戦は終了です。
     ,'   i l!二i!;.   i!ヘ|              //! |  i! ヽ\`\
     ,'    i!. l!二i! ,イ!\'、  _,.-‐   ̄ ̄i /'  ,'i! i!. | !  、\',  \    ……え、ボス戦なのにあっけないって?
    ,'     マ i!. 爪,ノi| ト、ヽ V   ´  - ′  / !| i!  ! iト、 \l\   `ー
             ゝ.ヾ二,ハ  ',、  `          <ト,i|.i,'  |',i=ミヽ  ヽ、`ヽ   1対1の対人戦でね、隠密状態から奇襲できる状況でね、
.            ,ィ <ミミミト,. ∨>-   _ , <ミミゞュ !  l i!  ! ヽ、  `ー=、
_  ー   =./     ヾミミi!ヘ ∨ill  ℡ミゝ_ィニ彡 「il彡  i!',}  | i  !ヽ、   li 情報部の人間が本気で殺しにいけばね、こうなる(当然の帰結)
                   ヾ! !ミゝill. |!   |    i| ill |,ィ―'――i ,'  /i  /
                  /j | i! ill         illl i'  ゝ、_  ∨、 / !/  ,ィ シャナ的には普段の遺跡探索とかの方がアウェーだもの。
.              /   ,' / ,ィij           ,illl、>'´ ̄´    l!ニト\/ ,イ/
                 ノイヲ',==ュ、. i|i  ,ィ==ュ</|イ ̄ ̄ ̄  l!三i|ミ!ヽノ   ソロでもあっさり片付いてもしゃーない。
  ゛'' ‐-  ,,_.      、  ヽ )>/ゝ¬ミヽ!|i,ィヲ'¬ヾi/li| ゝ――  i マニ!ミ!. ト、
- .....,,,,__         \  ) >ニ>   `.|ll|゙´  ,ィ//メ、 ゝ- て´  マiミ! | \
6599 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/02/11(土) 17:06:01.94 ID:Hvw0R4d4
乙でしたー
6600 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/02/11(土) 17:06:16.52 ID:dNO9VLFR
せやなw
6601 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/02/11(土) 17:10:19.47 ID:HL4+2XdP
乙でしたー
本職みたいなもんだし仕方ないねw
6602 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/02/11(土) 17:11:58.10 ID:8YBWXR3R
                ___
            〃`<    __ `
          _/ __        __  ヽ  \
.           // /:           ,  ′  ヽ
         // /    .!        ′  ,      というわけで、次回、予定では本日夜21:00からは、
           ′′ i__/| ! ト   ',  ,   ′
        i | i ´| l.¨! :| :| ¨',‐-.| i   |   i  今回のリザルトをやっていく予定ですよー。
        | l | 小.! Vヽ i  ', ト .|   |    |
          И i .i ==   ` __.V .リ:   |    !  さーて、テロリストの捕縛1、殺害2、装甲スーツ(破損)確保の対価を考えねば……
         | V        ̄` /    |    ト.
         | 人          7   |     〉 ……改めて見るとひっでーなこれ。相手はソロの五級だぞ。
            ,|   > _ ー '  ィ'|         、/
        /:i/\  |  :i≧r  //  / /      \ 報酬何百円が妥当だ……? ちょっとその辺の事例調べんと。
             ヽ | /├|==/ / / |/    ヽ   ヽ
        \  /.` / :├|*/{ 'イ: : : : ヽ   i }      あ、それとですね、投下前に言ってた通り、
.            ヽ { i l : :├|/yヽ  ヽ/: : i  /  /
            } V、 | i: :.|。!/: : }  }: : : : | /        現在『アナグラ』の目録を急遽作成中です。
         /   ゝ: !: :|。!: : /イノl: : : : :i     {  
        /     !: :|: :|。!: : : : : : i ノ: : :!    、     今回のフリーパートで、『アナグラ』行ったら完成品が見えるようにするためですね。
           イ  |: : l :|。|: : : : : <.: : : : :i      \
       i / !  ′ :V.-! : : /: : : : : :人  i    ヽ   で、質問なんですが……車両関係のオプション(爆発反応装甲とか)って、
.        V    /: : : : V、>/: : : : : :/ 〉  :l   l     皆さんどういうの欲しいです?

                                    モブスカwiki載ってるって、お高いのが多くて4級向けじゃなくてなぁ……
6603 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/02/11(土) 17:14:06.11 ID:dqdHPUYH
乙ー
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://yarucha.blog.fc2.com/tb.php/2939-618b781c