情報部シャナのスカベンジ日誌 4th Turn 「フジノミヤ」その14

6832 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/02/18(土) 15:42:03.56 ID:Fa0P2RVn
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
 やる夫はスカヴェンジャーのようです二次創作

            情報部シャナのスカベンジ日誌
                4th Turn 《フジノミヤ》


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
6833 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/02/18(土) 15:42:20.95 ID:Fa0P2RVn
       / ム、> ~ }  iハ ',`ヽ,ヽ '.、`Vヽ' ,',ハ
     / .:,'i :}~:', }i :{  :lハ V :. ', :.i V:ハ ヽ、',ハ
     }i i { |', .}, } j  {i{ハ Yハ ',ハ :V '} Vi ハ
      ;: ; .li{ハ :}i {';: |ミ :! },  ゝ } :V   ',:} ハ   実力のある人が、ちゃんと相応の
     .{i | ',ハハ i ハ }ミミ }ハ ',V :| V :',i l| ', :ハ
     V :. :',ハ 乂/‐\ハ',ハ }i } :l.} リ }', ' , }::| ', :ハ  等級に上がってくれるのは助かりますね。
      V ! :', Vィ≠=z~' `ーィ-=' ゝヒリ } ',!リ ', } i ',
      V} ヽヽリi::ii::::} `    ,ィ示ミx:}Li j:/i ', i } ゝ 衛宮さんはちゃんと功績につながることやってくれてますし。
       V ',、ゝゞ:::ィ,,      }::ii:::} ハ斤/' { :V/
       }ハ  V  ̄´   ,;:  ≧=ィ, V/:}  | {    ……どこぞの万年四級指導員にも見習ってほしいんですが。
    ィ~`≧=}  ,ヽ   ヽ__ ,    / i  |  | ハ
 ィ≠//////ハ  V≧=、      >´川 {/ .:  ハ ハ    依頼紹介しようにも私完璧警戒されてるんですよね、もう……(遠い目)
///////////}  }  i、≧=-< / :V_:}_ } } ハ
/////////V/}  リ   ヽ、,  /  }ゝ////ハ ', ' ,ヽ、
//////////V  /、      八   :iフ{/////ハ :V `ヽ、
///////////V/ }V   V//:V /リ'//////ハ V
////////////V ゝ,V  V///ハ/ム'/////ソ//ム `ヽ
/////////////V/≧、_{//////~///////{////ハ  }
/////////////V///////////////////i////// 、{
/////////,ィ示ミx///////////////////}////// ヽ
/// =≦ ̄     ヽ―‐-V////ィ、///////////乂
/ゝ' ~__,  /         ヽ―´   \//////// i}
┏────────────┓
│ 前回のあらすじ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| フジノミヤに逃げ込んだテロリストの殲滅は無事に完了し、組合で報酬を受け取るシャナ。
| その額、なんと700円也。……これまで稼いだ総額より多いんじゃないかこれ。
| おまけに4級への昇格も通達され、家路へ向かうシャナ……
| ただその途上には、一つの約束が、まだ残っているのだった。
┗───────────────────────────────────────┛


   ▼ 現在のステータス   >>5583(補足:技能【刀剣】Lv10 アイテム追加『零式軍刀>>6080』)
                        (所持金:991円 0銭 身分:4級スカベンジャー)

      好感度一覧        >>5587

5583 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/11/03(木) 00:48:00.70 ID:/Re2g0gY
              《ステータス》

                                    /⌒≧=‐- 、 、
                                      \\
                       -:.:.:.¨¨  ̄ ̄:.:.:.``丶       }:.:.ヽ
                        /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.丶 __ノ:.:.ノ
                   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\ ̄
                  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
                     //:.:./:.:.:.:.:/:.:.:/:.:/:.:/:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∧
                /:.:.:/:.:.:.:.:/:.:.:/:.:/// /:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.: ',:.:.:.∧
                /:.:.:.:./:.:.:.:.:/:.:.:/:./ // /:.:.:.:.:.:./:.:.l:.:.:.:.:.:.',:.:.:l∧
                /イ:.:.:.:.:/:.:.:.:./:.: /.:,ィ芋ミx、 //:.:.:.:.:./ トx:.:.:.:.:.:.:l:.:.:| :.
           ///:.:.:.:./:.//:.// 《 {::J:::リヾ /:.:.:.://zz/ |:.:.:.:.:.:.:l:.:.:| |:|
            // /:.:.:.:./ ':.: /:.:.:. /   V__ン  /:.://}てハ抃:.:.:.:.:./:.:.:.| l/
       //  /:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.∧  .:::::::::: __彡' / ヒ_ソ ノ》:.:.:.:/:.:.:|:.|
       //    /:.:.:.:./:.:.:/:.:.:.:./、__、        ,  `¨  /:./{:.:.:/:.:|
.     //     /:.:.:.:.-=≦:.:.:.:./:.:.:.込           ..:::::: /):.:.l.:.:∨ ヽ(
  //   -=≦ ̄:.:.:.:. -=≦:.: |三三三三三|  っ     /:|:.:.:.:{:.:.:.、
.// /:.:.:.:.-=≦ ̄:./:.:.:.:.:.:.:. /ニニニニニニ|、   _,.. イ.:.:|:.:.:人:.:.:.、
   (:.:.:.//:./:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:./ニニニニニニニ|  /ニニニニニ≧く:.:.|\:.\
     ヽ(:.:人(:.:.:.:. /:.:.:.: /ニニニニニニニ=|  トニニニニニ/ニ}:.:.|  ヽ:.:.\
      /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ニニニニニニニニニ|___ヽニニニ=/ニ/|:.:.|   }:.:.:ヽ\
.   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: /ニニニニニニニニニニ\---∧ニニ/ニ/ .|:.:.|   /:.:.:.:.)\ヽ
  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ニニニニニニニニニニニニ\- ∧ニニニ{ :|:.:.| //):.:.:/  ):.)
...:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. : {ニニニニニニニニニニニニニ/___}ニニ>:} |:.:.|彡' /:.:∧ //
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:乂ニニニニニニ}ニニニニニニ/---∨ニ/=| 乂\__/:.:/ ∨/
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ニニニニニニニノニニニニニ/-----∨∧=| /:.>―<   }:.}

――――――――――――――――――――――――――――――

 【名前】 衛宮シャナ 【年齢】 15 【出身】 キョウト

 【身分】5級スカベンジャー

 【能力】(人間準拠)
  筋力:C+  体力:B-  俊敏:B+  知能:B+  運勢:B

  注目度:D- 小さい割には腕のいいスカベがいるらしい

 A以上=一流 B=人並み以上 C=人並み D=苦手 E=諦めたら? F=子供並み

 所持金: 291 円 0 銭

 【所持品】
 ・武器
  量産軍刀 ……父の形見ということになっているシャナの軍刀。頑強ではあるが切れ味は今一つ。
               数打の量産品であり、軍士官の武装としては少々心もとない。
               対単分子コーティング、耐酸コーティングが施されている。
  45口径短機関銃 ……威力の高い45口径拳銃弾を使用する短機関銃。
                     アクセサリにロングマガジン、フラッシュライト、レーザーサイトを保有。
  45口径拳銃    ……威力の高い45口径拳銃弾を使用する拳銃。
                     アクセサリにサプレッサーを装備。
  戦闘用単分子ナイフ ……戦闘用のある程度丈夫な単分子ナイフ。
                    戦闘用の中では低級品で、単分子カッターと切り結んだり、乱雑に扱うのは危険。
  軍用マグライト .     ……本来は暗所を照らすための携行ライトだが、非常に頑丈で警棒代わりにもなる。
  ハンドグレネード(破片、閃光、煙幕 各一個)

 ・防具
  特種防護コート ……防弾、防刃、耐衝撃と、物理攻撃に対し高い防御性能を誇る。
                   銃弾は7.62mm.ライフル弾まで防御し、通常の刃物や破片は防ぐが、単分子カッターには無力。
                   耐酸コーティングが施されている。
  登山ブーツ    ……底が厚く、滑り止めの付いたブーツ。特別な加工や補強はされていない。

 ・その他
  最低性能PDA  ……ウジ虫に広く流通するPDA。性能は極めて低く、簡易なメール機能しかない。
  傷付いた獅子章……多大な功績を残して殉死した皇国軍人に贈られる勲章。
                シャナにとって、紛うことなき父の形見。
  警邏隊推薦状  ……組合から発行される推薦状。実力ではなく人柄を保証するもの。
                    これを所持していれば、警邏隊から簡単な依頼を受けられる。一回限りの使い捨て。
  救急キット ……包帯やばんそうこう、消毒用アルコール、それに痛み止めや傷薬などが入った救急キット。
                医療系の技能がなくとも使用可能。傷薬・痛み止めを使用した場合、補充には10円必要。
  ペンライト ……小型の懐中電灯。太陽電池採用。

 ・拠点
  住宅:中層区にある庭付き一戸建て。
.       付近の治安はよく、鍵類のセキュリティは十分。警備ロボットやタレットなどはいない。
.       一人で住むには広すぎるくらいで、それなりの人数を迎え入れられるだろう。

 【技能】
  格闘術  Lv:5……素手や小さな武器を使った接近戦能力。
  刀剣   Lv:8……常識的なサイズの刀や剣を扱う技術。
  銃器   Lv:5……拳銃や小銃、あるいはそれに準じた火器を使用する技術。
                  拳銃、短機関銃、突撃銃を使用可能。
  軽業.    Lv:5……戦闘における身のこなしや、狭い足場での立ち回りのうまさ。
  潜入.    Lv:5……隠密・気配察知の複合技能。自身の気配を隠し、他者の気配を察知するのに長けている。
  観察眼.  Lv:5……周囲の状況と照らし合わせ、不自然な箇所をあぶりだす技術。
  聞き耳  Lv:5……微細な音を拾い、情報として獲得する聴覚・技術。
  機械操作 Lv:4……PCなどの機械全般を操作する技術や知識。極端に専門的なものは含まない。
  電子技術 Lv:4……プログラミングやハッキングなど、機械の内面を弄る技術。
  軍事知識 Lv:7……軍そのものや軍人、使用される装備などに関する知識。
  指揮    Lv:1……状況を確認し、他人に指示を出すことに秀でている。
.                 Lv1は知り合い同士におけるちょっとしたまとめ役相当。


 【特性】
  ESP【縮地】.……空間を切り嗣いで割り込み、彼我の距離を一瞬で詰める。一種の空間系テレポート。
  ┃.         これを高精度で、かつ連続して行うことができるのがシャナの最大の武器である。
  ┃.         移動には重量制限があり、重装備では使用できない。
  ┗斬鉄(偽)……ESP【縮地】の応用により、通常の刀剣類で金属装甲を斬り裂くことが可能。
.             ESPの使用できない状況や、高速機動する対象、乱戦では使用できない。
  軍人の遺児……皇国軍人の忘れ形見。
.             根無し草のスカベンジャーであっても、社会的にそれなりの扱いを受けられる。
  情報部員  ……時に身分を隠し、偽り、軍で暗躍する情報部の一員。
.             現在その権限や支援は利用できないが、そこで得られた技術や知識は健在である。

 ※スキルレベル参考基準
  1.覚えたて  3.慣れてきている  5.一人前  8.プロ級  10.その分野でのトップクラス
6080 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/01/09(月) 23:28:04.97 ID:utRClKaU
 【アイテム解説】

  零式軍刀 ……養父であるゼンガー准将から譲り受けた軍刀。
               銘有りの真打や単分子刀にこそ劣るが、切れ味と頑強性を高レベルで両立している。
               耐酸、対単分子、耐ビームコーティングが施されている。
5587 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/11/03(木) 00:49:46.00 ID:/Re2g0gY
 【好感度一覧】

   クーデリア.   ……B+   (お泊り会……ちょっと楽しみかも)
   やる夫.    ……D+   (なんとも強い子だお)
   ヴィルヘルム ……B     (次は本気を見せてくれよ)

   アリス       ……C-   (昇級間近かな、おめでとうございます)
   聖十郎     . ……D     (無理はしないでいいんだよ)
   スカサハ.    ……D+   (大きな器に育ててやりたいな)
   リッカ.       ……D     (結構いい子だな、常連になるといいけど)
   リリィ       ……D     (シャナちゃん、ガンバ!)
   ピアニィ.     ……E+   (お、大物新人ね……(震え声))
6834 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/02/18(土) 15:45:16.72 ID:u2/AJzWf
やる夫さん、その気になれば三級に上がれる手段あるからなあ…w
6835 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/02/18(土) 15:46:03.98 ID:Fa0P2RVn
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
6836 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/02/18(土) 15:46:14.94 ID:Fa0P2RVn
      ,.、_,.,、_   \                  :;|             ::;|
          ,.:::;,:.\ #;       へ      ::;;|          .:;;;;|
'""```'''            \                ::;;|          ::;;;;;;|
  .,;:. .:;. ..: :.   vjiijww \           #;   ::;;|  _√    |\ ̄"二二二二二.\
              .;; :.. \              :;|       .| ::\ \       |\\   (……結局、時間も無くてそのままだ)
    "~''''  ,,..、_,、        \ ×       ::;|       ::;|  ::;;\ \___|:: \
                        \      ::::;;|       ::;;;|   ::;;;;\_二\  \::
,,vWWwjjw   ,;::.::..:.  ''"'"~'''    \     ::;;|       ::;;;;;|      ::;;;;|  l\\  \:
                          \    ::;;|     丶::;;;;;;;|      ::;;|  |  \\
 ''"´''"""'''''"""''""``'‐.、       ,,..::;,,   \ ミ :;|    ::;;;;;;;;;;|      :;|  |   \\
   ,;:,.:;..:.       wiijiijjyyv        \ :;|    ::;;;;;;;;;;;;|      ::;;|  |    ::\
,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,\|    ::;;;;;;;;;;;;;;|      :;|  |      ::;;
"""""""""""""""""""""""""""""""""""""""" ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| /   ::;;|  |      ::
                                      |      :;|  |
                                      |      ::;;|  |   #;
                                      |      :;|  |
                                      |      ::;;|  |
,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,, ,, |      :;|  |
""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""'\  ∟  ;|  | メ
          ,,::;;.,,;.       "'''''"""'''"              \  ::;;|  |
 '"'"~'"'"~'"'"~     ,,.、_,,、_    ,,::.       wwiiw           \ :;|  |
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 時刻は夕刻。
| ここは、フジノミヤ下層区と、中層区を隔てる門の一つ……
| シャナが毎日のように行き来するこの場所に、今日もまたやってきたとき。
┗───────────────────────────────────────┛
6837 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/02/18(土) 15:50:39.39 ID:Fa0P2RVn
                       __
                       , '       ` `丶、
                       /  /_    ヽ  ヽ \
                   / , '   丶   \_ ゝ  \
                     / /  ,、_   `、   ヽ\,へ _レヘ   夕方には仕事上がるから、
                    ,'  l ./   ̄`ーヽ   ヘ-}≧{}=〈
                  {  ! |-‐'    ー-ヽ   | ヽ/弋´    中層区の門で集合ってことだったけど……
                   ,ヘ  { r=、   イ乏) l ├v'人  \
                /  )  l弋ソ    ヾ-' .|  レ' : l.ヽ   ヽ  ……ここでいいのよね?
                   イ  .八 ヽ   '       | / : :l: :i : ヘ  }
.                 .{  / / ヽ ト、  - /l /\: :ヽ 、: :ヽ |  実は東門とか別の場所だったりってことは……
                  l /ノ : : } l/≧ イ   | { 〉 ヾ;、: ',: : :} /
                V/:.{:_;x( (  /〉 //./  ∨ト、): :イ               γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
                   /:/〈X  ) )/  i / / /   ∨〉:i\:ヽ                |  やっぱり、もう来てたか……遅れてごめん、クーデリア。  |
                /ywW≧V / {.  ◇./ /wy、 __〉〉:i:i:iヽ 〉              ゝ_________________________,乂 シャナ
                /: : ミ∧  / / {    〈 ( ヽミ〉Wヤ〉i:i:i:i:i\
                ) / ミ∧ ( 〈  {Vwvw/l 〉  ≧w/:i:i:i:i:i:i:i:i:\  ああシャナ。無事に合流でき……
            /   ミ∧ l/ .{ニニ=./ 〈/ ,--ミfi:i:i:i:i:i:i:i/ ̄ 〉
           /       ミ∧  /   /  ./≦ イ:i:i:i:i:i:i/   /\
           ./        lミ〉./   / ./≦ イ ̄ ̄ ̄   /   ヽ
          |    ___| ミ〉≪≫|/≦ イ` ー┬─┬<        〉
          |  / -─/. ∨ 〈 〉 トyィ´ ⑩  ./  /  丶     /
.           \//  _/  /i:iヾ〈〉i:i|/      { /、        〈
             〉  / l  /i:i:i:i:i}{:i:i:i:!       ∨\ \_ ___/
             .L/ /ヽ人i:i:i:lハl:!i:i|   ⑩ /〈   ヽ____/
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 門の脇に、一人の少女が立っていた。クーデリアだ。
| シャナが組合事務所で回想していた通り、今日は先日の約束……
| お泊り会の日であるので、合流をはかっていたわけだ。
| 一人所在無さげな彼女に、事務所を出たシャナが声をかけたところ……
┗───────────────────────────────────────┛
6838 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/02/18(土) 15:54:52.21 ID:Fa0P2RVn
.     / /  /    / /     i \ \ \   ヽ    ヽ    i
     / /  /    / / ヽ    |  斗.-\ー\    ヽ.       |
.       /  /     ./ /ト.、 ヽ  |    x=芸气ミ\i.      ',     |                 γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
      /  /      / /.          〃ム ..i:::::うⅥ / i          |                  |  ……すごい血ね、シャナ。どうしたの?  |
       /       ′ i.ィチ云㍉\ i      ∨.{:::{.リ   /  N    |    |                  ゝ__________________,乂 クー
.         ノ      |  ヽヤ .{::{,ィ  \   辷匕7  /    /ヽ    |   .|
.              八 /    廴ノ             /    /  ヽ     .|  ……ちょっと仕事で。
               / ハ       ′ .        /   /   ∧ヽ| ;;;;;;;;|
.              /  ∧     _        ∠    /|,ィ'/.   
;;;;;;;;;;;|  (……やっぱり、気になるか)
             /   .∧    ヽ__`,  /:::::::::::::::::::::`ト     
;;;;;;;;;;;;;;;|
.            /   /  ヽ        |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
;;;;;;;|
          /   /     >        |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ|
           /   /,ィ'::::::::::::::::::::::`.......孑|:::::::::::::::::::::::::::::
;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
           /   / ..:::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::
;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::::
.                ::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::::
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 振り向きざま、ぎょっとした様子で声を返された。
| ……やはり、【縮地】でも使って、先に血を流してきた方が良かっただろうか。
| しかしそれだと、クーデリアを余計に待たせることになっただろうし……難しいところだ。
┗───────────────────────────────────────┛
6839 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/02/18(土) 15:59:41.82 ID:Fa0P2RVn
                  __
                  , '       ` `丶、
                  /  /_    ヽ  ヽ \
              / , '   丶   \_ ゝ  \                 酒場
                / /  ,、_   `、   ヽ\,へ _レヘ  いや、仕事って……逆さ十字の給仕でしょ?
               ,'  l ./   ̄`ーヽ   ヘ-}≧{}=〈
             {  ! |-‐'    ー-ヽ   | ヽ/弋´   なんでそんな血塗れになってるのよ……
           .,ヘ  {         l ├v'人  \
           /  )  l ≠=  ≠=.|  レ' : l.ヽ   ヽ                   ああ、いや……警邏隊から緊急依頼が入って > シャナ
.           イ  .八 ヽ   '     u.| / : :l: :i : ヘ  }
            {  / / ヽ ト、  rっ ./l /\: :ヽ 、: :ヽ |  な、なるほど……? (き、緊急依頼……?)
          .l /ノ : : } l/≧ イ   | { 〉 ヾ;、: ',: : :} /
           V/:.{:_;x( (  /〉 //./  ∨ト、): :イ   ほとんど返り血みたいだけど、どう、
.           /:/〈X  ) )/  i / / /   ∨〉:i\:ヽ
           /ywW≧V / {.  ◇./ /wy、 __〉〉:i:i:iヽ 〉  大丈夫? 怪我はないの?
.        /: : ミ∧  / / {    〈 ( ヽミ〉Wヤ〉i:i:i:i:i\
.        ) / ミ∧ ( 〈  {Vwvw/l 〉  ≧w/:i:i:i:i:i:i:i:i:\
       /   ミ∧ l/ .{ニニ=./ 〈/ ,--ミfi:i:i:i:i:i:i:i/ ̄ 〉
      /       ミ∧  /   /  ./≦ イ:i:i:i:i:i:i/   /\
.      /        lミ〉./   / ./≦ イ ̄ ̄ ̄   /   ヽ
     |    ___| ミ〉≪≫|/≦ イ` ー┬─┬<        〉
     |  / -─/. ∨ 〈 〉 トyィ´ ⑩  ./  /  丶     /
.      \//  _/  /i:iヾ〈〉i:i|/      { /、        〈
        〉  / l  /i:i:i:i:i}{:i:i:i:!       ∨\ \_ ___/
.        L/ /ヽ人i:i:i:lハl:!i:i|   ⑩ /〈   ヽ____/
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| そも逆さ十字……屍肉喰らいや傭兵といった荒くれも客にいるとはいえ、
| 何故にそんな血だらけになっているのか。
| そんな気になって当然のことを訊かれ、緊急依頼なんていかにも危なげなワードを返せば、
| 今度は怪我の有無を心配される始末……やはり、先に血を流してくるべきだったか。
┗───────────────────────────────────────┛
6841 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/02/18(土) 16:05:03.10 ID:Fa0P2RVn

                                    /⌒≧=‐- 、 、
                                      \\
                       -:.:.:.¨¨  ̄ ̄:.:.:.``丶       }:.:.ヽ
                        /:.:.:.:.:.:;;;;;;;;.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.丶 __ノ:.:.ノ
                   /:.:.:.:.:.:.:.:.:
;;;;;;;;;:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\ ̄
                  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
                     //:.:./:.:.:.:.:/:.:.:/:.:/:.:/:.:.:.:.:l:.:.:.:
;;;;;;.:.:.:.∧   大丈夫、かすり傷ひとつないよ。
                /:.:.:/:.:.:.:.:/:.:.:/:.:/// /:.:.:.:.:.:l:.:.:.:
;;;;;; ',:.:.:.∧
                /:.:.:.:./:.:.:.:.:/:.:.:/:./ // /:.:.:.:.:.:./:.:.l:.
;;;;;;;;;.',:.:.:l∧                           そっか……なら良かった。
                /イ:.:.:.:.:/:.:.:.:./:.: /.:,ィ芋ミx、 //:.:.:.:.:./ トx:.
;;;;;;;;;.:l:.:.:| :.                 じゃあ、荷物置いたら銭湯にでも行こっか > クー
           ///:.:.:.:./:.//:.// 《 {::J:::リヾ /:.:.:.://zz/ |:.
;;;;;;;;;.:l:.:.:| |:|
            // /:.:.:.:./ ':.: /:.:.:. /   V__ン  /:.://}てハ抃:.:.:.:.:./:.:.:.| l/  ……銭湯?
       //  /:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.∧      __彡' / ヒ_ソ ノ》:.:.:.:/:.:.:|:.|
       //    /:.:.:.:./:.:.:/:.:.:.:./、__、        ,  `¨  /:./{:.:.:/:.:|    血を流すだけなら、家にお風呂あるけど……
.     //     /:.:.:.:.-=≦:.:.:.:./:.:.:.込            /):.:.l.:.:∨ ヽ(
  //   -=≦ ̄:.:.:.:. -=≦:.: |三三三三三|  っ     /:|:.:.:.:{:.:.:.、      (……出先でも、そういうのを使う手があったか)
.// /:.:.:.:.-=≦ ̄:./:.:.:.:.:.:.:. /ニニニニニニ|、   _,.. イ.:.:|:.:.:人:.:.:.、
   (:.:.:.//:./:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:./ニニニニニニニ|  /ニニニニニ≧く:.:.|\:.\                  あ、そうなの? じゃあお金ももったいないし、
     ヽ(:.:人(:.:.:.:. /:.:.:.: /ニニニニニニニ=|  トニニニニニ/ニ}:.:.|  ヽ:.:.\                       シャナの家でシャワーにしよっか > クー
      /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ニニニニニニニニニ|___ヽニニニ=/ニ/|:.:.|   }:.:.:ヽ\
.   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: /ニニニニニニ
ニニニ\---∧ニニ/ニ/ .|:.:.|   /:.:.:.:.)\ヽ  うん、わかった。
  /:.:.:.:
;;;;;;;;;:.:.:.:.:.:.:/ニニニニニニ圭圭圭ニニニ\- ∧ニニニ{ :|:.:.| //):.:.:/  ):.)
...:.:.:.:.:.:
;;;;;;;;;;;;;;.:.:.:. : {ニニニニニニニ圭圭圭ニニニ/___}ニニ>:} |:.:.|彡' /:.:∧ //
:.:.:.:.:
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:.:.:.:.:乂ニニニニニニ}圭圭圭;ニニ/---∨/:| 乂\__/:.:/ ∨/
:.:.:.:
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:.:.:.:.:/ニニニニニニニノニニニニニ/-----∨∧=| /:.>―<   }:.}
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| まあ幸いにして、傷一つないどころか、そもそも攻撃される隙すらなかったわけだし……
| 率直にクーデリアの心配を振り切って、血を流すべく家に向かう。
| しかし銭湯……そういう施設もあったな。
| キョウトでも使ったことがないから、すっかり頭になかった。
| ともあれ、あまりここで話し込んでも仕方ない。そろそろ家に向かうことにしよう。
┗───────────────────────────────────────┛
6842 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/02/18(土) 16:05:10.68 ID:EV2MSZGE
二人でシャワー……(ゴクリ
6843 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/02/18(土) 16:05:23.84 ID:zzL4gFFE
(カメラスタンバイ)
6844 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/02/18(土) 16:07:54.42 ID:Eu1T7GK8
ああ!?>>6843が仮面・・・仮面?の黒衣の男に連れていかれた!、
6845 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/02/18(土) 16:09:08.71 ID:Fa0P2RVn
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

                 く>
        ┌────┐ く>
        └──┬─│
            ┌┘┌┘
            │┌┘
            │└┐
            └─┘
6846 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/02/18(土) 16:09:21.93 ID:Fa0P2RVn
           |          | l| |         :|         :||:::|    :|             :|         :||   ||||
           |          | l| |         :|         :||:::|    :|             :|         :||   ||||
           |          | l| |         :|         :||:::|‐‐┐.│             :|         :||   ||||
           |          | l| |         :|         :||:::| 「」|  |             :|         :||:: j||||
           |          | l| |         :|         :||:::| 「」|  |________|         :|l //|:|
           |          | l| |         :|         :||:::| ̄_____                     || // |:}
_________:|_______:| l| |______|______||:::| ーr:} :  :  {ノ                    || :|| //
二≧s。      :|       |丁}:| l| |ハ~|         |         :||:::|  | | l  i  | rrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrts。_||_:||_||__
ニ二_ー=ミ   |       |_| | | l| |l_| |         |         :||:::|  | | l  i  |  \-_-_-_-_-_-_-_-_ゝ-_-_-_-_-_-_-_-_
'´ \ ``丶、``~、、 ̄ ̄ ̄ ̄ |_| | l| |¨|_| ̄ ̄ ̄ ̄ | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||:::|  | | l  i  |__`ヽ、-_-_-_-_-_-_-_\-_-_-_-_-_-_-_
/^'´≧s。  ``丶、``丶、      | l| |         :|         :||:::|  | | l  i  |二_¬…≧=-- --=≦_ ≧s。 __
_____≧s。___> ,ハ     :| l| |         :|         :||:::|  | | l  i  |     ̄¨| |¨¬…─-- 二__…──
__________。s≦ l     :| l| |         :|         :||:::|  | | l  ,:  :|       :| |          | |     ̄ ̄
              /     | l| |         :|         :||:::|  | | l /  |       :| |          | |
              /       | l| |         :|         :||:::|  ^^'~~~'       | |          | |
          .  ´       :| l| |         :|         :||:::|        | |=- ̄ ̄ ゙̄ | |          | |
.        。sf「|          :| l| |         :|         :||:::|_       | l   二 …‐-| |‐- .,,_‐──‐:| |
     。o≦    |          :| l| |         :|         :|{{__}}==ニニニニニ=={{__l}   :| l ~ …‐-二__| |--_-------
¨¨´        |          :| l| |         :|         :|圦≧=ー-------‐=≦7  :| |          | |…‐-二_ー-
:           |          :| l| |         :|         :||:ム:.  ^^'===='^^ ̄..:/    | |          | |      ̄
──────ー|────── | l| |──────|──────||:::|',::.          ..:::/    | |          | |
________|二二二二二二 |_l|_|二二二二二二|ニニニニニニニニニニニム:::......     ...:::/- ̄ ̄ | |          | | rt=ニニ二
           .t‐‐、────────────────、‐‐、   ゞs。..    ...:::ノ≧s。``┴_─────.| |  マニニニニニ
           \ \: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \ \    ≧=-=≦       ≧s。``~、、   | |  マニニニニ
             \ \: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \ \                  ≧s。``~、、─∨ニニニ
              \ \: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \ \                     ≧s。``~≧=-
                 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄                         ≧s。
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| シャナが拠点にする、衛宮家の脱衣所。
| 当たり前だが大衆浴場ほど広くないそこを抜けた先にあったのは……
┗───────────────────────────────────────┛
6847 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/02/18(土) 16:13:04.71 ID:EV2MSZGE
R-18さんがとうとう仕事するのか
6848 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/02/18(土) 16:13:48.06 ID:Fa0P2RVn
   、                     r―――――――‐z
    >                    ヽ_______/                      , .<
       >                                      ____     , .<
 |ト 、.     >.                                   /圭圭/   , <
 || |` ド≧s、     >                                    ., <
 || |    ` ド≧    | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |
 || |       | |    |                                 ...|       γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
 || |       | |    |                                 ...|        |  シャワーじゃなく浴槽……だと!? |
 || |       | |    |               e                  |        ゝ________________,乂 クー
 || |       | |    |     __   __      {}                    |
 || |       | |    |    | ̄ ̄ ̄ ̄|      ll                    |           γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
 || |       | |    |    |     ...|      ll                    |            |  シャワーも、壁にかかってるけど…… |
 || |       | |    |    |     ...|      ll                    |            ゝ_________________,乂 シャナ
 || |       | |    |    |     ...|      ll                    |
 || |      _..| |    |    |     ...|      ll                    |       γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
 || |_.., - '">| |    |     ̄ ̄ ̄ ̄     ..ll                   |        |  いや、そういう意味じゃなくてね…… |
 || |_ `≠'彡 '".| |    |                ll                    |        ゝ________________,乂 クー
 || |≦"´   ..| |    |___________ !l、__,-r ‐、 _ ._______|
 || |       | |  ∠_________     ヽ_ノ'┴'__`!j_______>
 || |       | |   |            ....| `¬―---- l {  ____8___  <≧
 || |       | |   |   l¨l ̄ ̄二二¨|l......| ト 、 ___ ....|V.ハ´: : : : : : : : : : : : : : :`ヽ、  <≧
 || |       | |   |   l l_辷l_|!五五|! ....| | Å Å ! _ | V ハ: : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ、  .<≧
 || |       | |   |   └――――‐┘ . | !、 lニl.lニl |  | V ハ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ、  < ≧
 || |       | |   |_________|   `‐ --'... |  V .ハ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ、  < ≧
 || |       | |  /               ヽ      .|  V .ハ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ、
 || |     / ,j/                  `  ‐- -!   V ハ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ、
 || |    / /                         |   V ハ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| やはり当たり前に、そこにあるのは風呂場だ。
| 一般家庭用の浴槽と、洗い場と、シャワーと、何ということもなく一式揃った、普通のお風呂……
┗───────────────────────────────────────┛
6849 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/02/18(土) 16:18:14.85 ID:Fa0P2RVn
                  __
                  , '       ` `丶、
                  /  /_    ヽ  ヽ \
              / , '   丶   \_ ゝ  \   
                / /  ,、_   `、   ヽ\,へ _レヘ                   ……どうかした、クーデリア?
               ,'  l ./   ̄`ーヽ   ヘ-}≧{}=〈
             {  ! |-‐'    ー-ヽ   | ヽ/弋´    (いや、そうよね……)
           .,ヘ  {         l ├v'人  \
           /  )  l ≠=  ≠=.|  レ' : l.ヽ   ヽ  (確かに、考えてみればおかしくないわよね……)
.           イ  .八 ヽ   '     u.| / : :l: :i : ヘ  }
            {  / / ヽ ト、  rっ ./l /\: :ヽ 、: :ヽ | 
          .l /ノ : : } l/≧ イ   | { 〉 ヾ;、: ',: : :} /
           V/:.{:_;x( (  /〉 //./  ∨ト、): :イ   
.           /:/〈X  ) )/  i / / /   ∨〉:i\:ヽ
           /ywW≧V / {.  ◇./ /wy、 __〉〉:i:i:iヽ 〉 
.        /: : ミ∧  / / {    〈 ( ヽミ〉Wヤ〉i:i:i:i:i\
.        ) / ミ∧ ( 〈  {Vwvw/l 〉  ≧w/:i:i:i:i:i:i:i:i:\
       /   ミ∧ l/ .{ニニ=./ 〈/ ,--ミfi:i:i:i:i:i:i:i/ ̄ 〉
      /       ミ∧  /   /  ./≦ イ:i:i:i:i:i:i/   /\
.      /        lミ〉./   / ./≦ イ ̄ ̄ ̄   /   ヽ
     |    ___| ミ〉≪≫|/≦ イ` ー┬─┬<        〉
     |  / -─/. ∨ 〈 〉 トyィ´ ⑩  ./  /  丶     /
.      \//  _/  /i:iヾ〈〉i:i|/      { /、        〈
        〉  / l  /i:i:i:i:i}{:i:i:i:!       ∨\ \_ ___/
.        L/ /ヽ人i:i:i:lハl:!i:i|   ⑩ /〈   ヽ____/
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 普段の湯浴みと言えば安い銭湯で大人数の他人とという生活のクーデリア。
| ここに来るまでに想像していたものと言えば、
| 精々小さなアパートに備え付けられているような個人用シャワー。
| それが蓋を開けてみれば、バカげた大きさではなくも、浴槽も備えた本格的なお風呂……
┗───────────────────────────────────────┛
6850 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/02/18(土) 16:22:24.84 ID:Fa0P2RVn
                  □
                ┌─┐
                └─┘
               ┌───┐
               └───┘
                    ┌─────┐
                  ┌┼─────┼──┐
                  │└─────┘    │
              ┌─┼─────────┼───┐
              │  └─────────┘      │
              │                        │
              └───────────────┘
                                        |    /\
                          ____________A.__// \\
                     _r‐'三三三三三三三三三三三三三三// ┌┐ \\
                  _r‐'三三三三三三三三三三三三三三三三//―‐┤├‐─\\
         _r‐'三三三三三三三三三三三三三三三三三三//     └┘     \\
       ┌<三三三三三三三三三三三三三三三三三三三//              \\
       └─┬───────────―┬────‐'|/    ┌──┬──┐    \| ――外観からして、かなり立派な一戸建てだったもの……!
           |      ┌──┬──┐    |  ┌─┐  |     |    |    │     |
           |      | // │ // │    |  ├─┤  |     | // | // │     |
         ┌┴―──┴──┴──┴─―┤  └─┘  |     |    |    |     |
         |                    |          |     ├──┴──┤     |
         |                    ├─────┤     |          |     |
.      , -‐┴―――――‐-、_________|          |     |          |     |爻爻
   ∠二二二二二二二二二}            ├┬───┬┤     |          |     爻爻爻爻
    ||  ||  |       ┌──┬──┐    ||三三三||     ├──┬──┤   爻爻爻爻爻
    ||  ||  |       | // | // │    ||三冂三||     | // | // |  爻爻爻 爻爻
┌r‐r‐||┬||┬|       | /  .| /  .|  n. ||┨凵三|| ┌─┼─┬┴┬─┼─千┴干┴千‐
├| n || n   | .n   n .|  .n. .| n.  |.n . ||..||┨=三|| ├─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼‐
├| ||====||====||====||====||====||====||l/||..||三三三|| ├‐⊆⊇‐┼─┼─┼─┼─┼─┼‐
├| ||====||====||====||====||====||====||l/||..||三三三|| ├─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼‐
├| ||====||====||====||====||====||====||___/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\├─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴‐
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| そんな現実を前にして、クーデリアの意識は数分前……
| 衛宮家にやってきた、その瞬間に飛んでいた。
┗───────────────────────────────────────┛
6851 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/02/18(土) 16:26:31.09 ID:Fa0P2RVn
                         _ ,. - ==──- 、
                  , '   _  ` ヽ   ヽ
                  / >'´ ̄   `ー 、  \  \
                  / ., '/ ,' 〈.       ヽ.  ヽ  \   ,.r       ……ここが、シャナの家?
              / / l {/{fヽ- 、 ___  ヘ  ヘ  {`ヽ、__/ (
                 / / .| /` ヾ   ──-ヽ、_ヽ  l ヽ> {}≦ゝ       (お、大きい……いや、確かに豪邸ではないけど、)
              {  l  |i /        _ _  }  {  }/} ヽ`ヽ、
               .l  l   r'       ,ベ泛リ≧!  レ=; リ l  ',   ヘ    (普通に一家族が余裕持って生活できるサイズ……)
                |. l  .| .,ィ=≦f     ヽニ'  .|  .}|jノ/ ヽ  ヽ  .}
                `..!  l/ 弋ソ  ,       |  リ´/:{   丶、_二=`ー 、(それがしかも、中層区に?)
                  ヾ{  ヽ          u. リ .jノ:.l:.ヽ         ヽ丶 \
                 .)ヽ  \    r-、   .イ  /:{:.:.ヽ:.ヘ       ',. ヘ  )
                ノルリヘ   .ト 、    ̄ .//  /f:.ヽ.:.:.ヽ:.\_     { リ /                    うん、まあ…… > シャナ
          ,. -≦二 彡/  〉  !.:〉.:}≧‐-< .! ./圭ヽ:〉ニ==、ヽ:.:`ー‐--、ゞ;/
       / , -´ノ/ リ / 〉 .}:/:/.f≦}     { .l:≧ニリi:i:i:i:i:i:i:\ヽ:.:.:`ー‐∨
       .{ /, -_'- 、彡'{ ( / .ノ=ニ≦ヾ   .ノ| .l=ニソ≧、i:i:i:i:i:i:iヽ:.\:.:.:.:.:ノ
       )ヽノr≦三7 ,-ト |{ 〈 ::::::::ヾlヽ,≧彡=ヘ ヽ:::::::::::::::\i:i:i:i:i:i\:.ゝ.:/
        ./ //ヽ/.ノノ ノ ヽヽ::::::::::| f圭リ  {::冫 〉::::::::::::::::::〉i:i:i:i:i:i:iヾ.:.:{
.      / /_ノ   .//i:( 〈:::::::::} l::::::::::ト、`゙´  ,|:::{ /::::::::::::::::::/:i:i:i:i:i:i:i:i:i:!:ノ
     ル'    ノ/ /i:i:iノリヽ::::ヽヽ::::::リ. .  ̄ ̄/:::/冫::::::::::::::/i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:|:冫
          {ノ .,{i:i:i:i:i:i:i:i:i':;::::〉}::::/ . . . . . . |:::::リ:::::::::::::/i:i:i:i:i:i:i:i:i;}≦リ/
.              リi:i:i:i:i:i:i:i:i:i:':ル'::::|. . . . . . . .|:::::::::::::::/ ̄ ̄ ̄ ̄ _ノ
             .{≧ニ=i:i:i:i:i/ヽ:::!. . . . . . ./::::::::::/─ '´ ̄ ̄ ̄   {
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| ぽかんと、少し間抜けに口を開けて、シャナの暮らす家を見上げるクーデリア。
| これまでにさんざん言われているが、彼女の想定していた家というのは、
| 精々がアパートの一室くらいのもの。
| それがまさか立派な額面通りの『家』だったとなれば、この反応も致し方あるまい。
┗───────────────────────────────────────┛
6852 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/02/18(土) 16:30:24.73 ID:EV2MSZGE
シャナの死んだ父親が軍人だったってのは知ってたはずだけど階級までは知らないだろうしなあ誤解もまあやむなし。
士官クラスならこの位の持ち家、財産があっても不思議じゃないけど、下士官以下の兵卒は給料雀の涙だし。
6853 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/02/18(土) 16:30:51.15 ID:Fa0P2RVn
         /::::::::::::::::':::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;:::::::::::\::::::::::::ヽ::::::::::: \
      /:::::::::::::::/:::::::::::::::::
;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::ヽ:::::::::::∨ ̄ __,.ヽ\
        '/}_:::::::::/::::::::::::::::::: |::::::::::::::::|:::::::::::::::∨ ̄__|..:::ヽ::::::::ヽ:::.
      {  ,_ ̄/ ̄  _:::::::|::::::::::::::::|__ ̄_},.ィ::: |:::::::::',:::::::,::::.  死んだ父さんが、昔、ここに住んでたらしいから。
       |:::::::::::::'::::/:::::::::/  ̄| ̄_ ̄|_l:::::::::: |::|!:::::|:::::
;;;;::|}:::::::|,:::}
       |::::::::::::|::/!:::::::: |::::::/}:::::::/;:::: |:::::i::::::::::::}::|!:::::}ヽ:
;;;;::|!:::::::|マ:|  ……私も、こっちに移ってきて、初めて見たんだけど。
       |::::::::::::i/::|::::::::::|:::://:::ト、/:::/|:::/::::::::::/イ}:::/_ マ:::::i:|::::::; リ
       |::::::i::::::::: |::::::::::Ⅳ/:::/ }:\_,}/ |:::::::/ }/ィチヽ〉|:::/::|::::/                               ……そっか > クー
       }::::::|:::::,.ィ|::::::::: |/ィチ笊ミ、 /  ;::::/ ´ヒ刈  /:イ::/}:/
      ,::::::::|:::::{ (,!::::::::::圦 比J刈    /::/   込'   ':::::/ /    (……こじれる前に、トーマの件、言っておいた方が楽かな)
     /::::::::|:::::乂|:::::::::::|  込)_ソ   / '         }::/|
     ,:::::::::: | ::::::: |:::::::::::|              、      八::!      (……クーデリアに嘘を吐きっぱなしっていうのも、いい気しないし)
    /:::::::::: |::::::::: { :::::::::|\              イヽ:::|
    , :::::::::::: |:::::::_八::::::: | } >       ´   イ::::::|//∧     クーデリア。
   ,::::::::::::イ´ ̄///}::::::{ |    `    _...イ: .:|:::::::|////:.
.  {:::::::::::{////////|::::::|: \        /   j: : |:::::::| ////!                                なに、シャナ? > クー
   |::::::::://///////|::::::{\: :\     _,..ィ/: : :|::::::リ'////;
   |:::::://////
//|::::::|//\: :.\イ  ̄ ∨: : : :!::::/{/////
   |::::::{/////
圭圭/!:::::|////ヽ: : \   }: : : : |::/ !////{
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| そんな簡単に驚きが目に見えるクーデリアの様子に、ぼつりと、補足を加えることにする。
| 死んだ父は生前軍人だった……というのは、初対面の時にアリスが堂々と
| クーデリアにばらしたことだ。
| 今更語るのに気負うことも無し、あっさりと言ってみたのだが……
| それを聞いたクーデリアの声は、どこか暗い。
| 他人のことだというのに、まだ気にしているのだろうか。
┗───────────────────────────────────────┛
6854 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/02/18(土) 16:35:23.91 ID:Fa0P2RVn
   /://: : : : : : : : :、: : : : ;.: ;;;;;; :.,: : : : : : : : : :\: : : : :':,
.  /:// : , : ,: ,: ; : ,ハ : : : {::;;;;;;;;;;:{ : : : : : : : : : : : ':,: : : : }
  ∨,' : /.:./:/: {: :{  }: : : :|: : {: : : ', : : : : : : : : : : : :} : : : |
.   {: ::{: /:::{: ;ハ.:.} .{: : : :|\:\: : \: : : :、 : : : : :|: : : |   父さんのことは、別に……気にしないで。
.   |: ::|.:{::::::V__}/\ \: :|: :,'\:\: : ',: : : | : : : : : | : : :|
.   |: ::}.:|::::::::【 ̄`ト、ヽ }: }V, '"\}\}ヽ: :} : : : : : | : : :|   実を言うと、顔も覚えてないから。
.   |: /り:::::::::| 抓ノ|  |;ノ  ,. イ¨゚゚翔ミッ∨\ : : : | : : :|
.   {/  |: : : :|. 弋,リ        f爪;ノ:| / } : : \: :} : : :|                                         え? > クー
        |: : : :|         弋__夕   ,': : : : : Ⅵ : : : |
        |: : : :|     {              ,': : : : ::::::::| : : :|   父さんが死んだのは、まだ私が生まれてすぐのこと……らしい。
    -‐…|: : : :|\                /: : : : ::::::::::| : : :|
.   \::::::|: : : :|::::::\ ' -   ___/_,,,,...  -‐ァ : : |    だからまあ、父親のことで、私に気を遣わなくても……
      \|: : : :|::::::::::::\   |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ :
;;;;;;;|
        |: : : :|::::::::::::::::::`¨¨「 |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::;:':::|: ;;;;;;|                                    ……ええ!? > クー
        |: : :り、::::::::::::::::::::::::|T!:::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::';;;;;;;;;|
        {: : :}:::::\::::::::::::::/;';':::::::::::::::::::::::::::::::;:::::-―-、 : |
      ',: :,'::::::/ ̄::::;:'|:::;'/:_:_:_:_:_:_:_;;::::::'":::;;;;;;;;;;;;;::::::ヽ|
        ∨::::::{::::::::::::/:::!:;':{::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::}|
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| あまり、クーデリアに落ち込まれては、こちらの精神的なコンディションにもかかわる。
| トーマと再会したことで微調整を加えたカバーストーリー……より実態に近い、
| 父が死んだのは昔のことだという話を、さらっと告げてしまう。
| 顔も覚えていない相手のことで、憐れむこともないだろう、と。
┗───────────────────────────────────────┛
6855 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/02/18(土) 16:39:34.75 ID:Fa0P2RVn
                  __
                  , '       ` `丶、
                  /  /_    ヽ  ヽ \
              / , '   丶   \_ ゝ  \
                / /  ,、_   `、   ヽ\,へ _レヘ    え、待って、じゃあキョウトを
               ,'  l ./   ̄`ーヽ   ヘ-}≧{}=〈
             {  ! |-‐'    ー-ヽ   | ヽ/弋´     追い出されたっていうのは……
           .,ヘ  { r=、   イ乏) l ├v'人  \
           /  )  l弋ソ    ヾ-' .|  レ' : l.ヽ   ヽ                                          年 > シャナ
.           イ  .八 ヽ   '      | / : :l: :i : ヘ  }
            {  / / ヽ ト、  rっ ./l /\: :ヽ 、: :ヽ |   え?
          .l /ノ : : } l/≧ イ   | { 〉 ヾ;、: ',: : :} /
           V/:.{:_;x( (  /〉 //./  ∨ト、): :イ                                   年。15歳、だから。
.           /:/〈X  ) )/  i / / /   ∨〉:i\:ヽ               皇国じゃもう成人扱い……だから、じゃないかな > シャナ
           /ywW≧V / {.  ◇./ /wy、 __〉〉:i:i:iヽ 〉
.        /: : ミ∧  / / {    〈 ( ヽミ〉Wヤ〉i:i:i:i:i\            ……普通の親離れの時期としても、別段早くはない > シャナ
.        ) / ミ∧ ( 〈  {Vwvw/l 〉  ≧w/:i:i:i:i:i:i:i:i:\
       /   ミ∧ l/ .{ニニ=./ 〈/ ,--ミfi:i:i:i:i:i:i:i/ ̄ 〉  ……そっか。
      /       ミ∧  /   /  ./≦ イ:i:i:i:i:i:i/   /\
.      /        lミ〉./   / ./≦ イ ̄ ̄ ̄   /   ヽ                                     うん > シャナ
     |    ___| ミ〉≪≫|/≦ イ` ー┬─┬<        〉
     |  / -─/. ∨ 〈 〉 トyィ´ ⑩  ./  /  丶     /  じゃあ、シャナは気にしてないのね?
.      \//  _/  /i:iヾ〈〉i:i|/      { /、        〈
        〉  / l  /i:i:i:i:i}{:i:i:i:!       ∨\ \_ ___/                                      うん > シャナ
.        L/ /ヽ人i:i:i:lハl:!i:i|   ⑩ /〈   ヽ____/
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| で、こう言ってみれば、まあ当然のように帰って来る疑念の言葉。
| 「父が死んでキョウトを追い出されたっていうのは、どういうことか」
| それに対して、成人したから親戚側も対面をとりつくろう必要がなくなったのだろうと、
| そうトーマに言ったように答えておく。
| 結局嘘をついてしまうわけだが……まあそこは、本業が本業なのだ。仕方ない。
┗───────────────────────────────────────┛
6856 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/02/18(土) 16:43:53.46 ID:Fa0P2RVn
            /:::::::::::/::::/:::/\/::/}:::::::/::;;;;;|:::::'!:::::',
        /:::::::::_/::::/ イ≧ュ、/ヽ ':::::/ }:,'
;;;;!:|i::| |_,ハ
         ':::::::,ィ |::./イ 比i狩   /::::/ ,ィ∧:|:i::::| |:::::|                        わかった、じゃあ私も気にしない!
       /:::::::::{ {/ |  込)ソ  // ィrxォ、|/:}::::| |:::::|                 そっちの方が、シャナも気が楽みたいだしね! > クー
        /:::::::::::乂_|i |      /   ム孑イ|!:/::/iリ::::/
       ,:::::::::::::_从 |_         , ゞ゚' /|/::/ /}::/ うん……そうしてくれると、助かる。
        ,::::::::::::///////rヽ   、 _    /{/{/   i/
      /::::::::::::{////// i!/ト、      ィ{:::::|   '   じゃあ、そろそろ入ろう。
     ,::::::::::::,∧//////|/{  {`¨´/\∧|:::!{
     /:,.ィ7/// \////|/|  |//////}/l{::::|:::.      ……お風呂で、血も流さないとだし。
.   ///////ヽ///>- '/\ }\// // i::::|:::::.
   {////////∧/
///// \: :∨/ {/ム::{::::::.                                     あ、うん。そうね > クー
   |///////// }
圭圭//////}r‐r\///}::|/}::|
   |///////// |
圭圭圭////|{ Y、  `ヽ|::!/|::
   |///////// |//////////| 、_ノ   /j!{/j!:::.
   //////////∧/////////i| / \__/}/リ/|
;;;;;.
  {////////////}/////////|'      |/ |/{
;;;;;;.
  |////////////|/////////|   l   |/ |/ム
;;;;|
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| まあともあれ、おかげでクーデリアの胸のつっかえは取りされた様であるし……
| これで、彼女の沈んだ顔は見ずに済みそうだ。
| そろそろ、家の中に入るとしよう。
| 
| ……なんて、やり取りがあったのが数分前のこと。
┗───────────────────────────────────────┛
6857 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/02/18(土) 16:48:12.43 ID:Fa0P2RVn
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

                  _ , -── -- 、 _
                   /                `丶
              /                 \
             /                       ヽ
               /           ` 、    丶    .}              ……で、どうかした、クーデリア? > シャナ
             {   ,'   ./|{ \     \     `、   .!
             l   {   ./ ヾ  \     ヽ    .l , 'ヽ/}    あ、ううんなんでもないわ。
              |   |  /_     ̄`\__ l    }〈: : :,ヘ;ト、
           r‐┤  ! ./        , ィ=ー-ヽ   .| ヽイ    \  うん、なんでもない……
           {: : l   ', {  __     ´  衍l圷 |   .|  .|       .}
          {: : !   ゙|ィ´衍ヌ         乂zソ .!   .|  .{      .|  (考えてみれば、この家ならこういう浴槽付きのお風呂の方が普通だわ)
            /´ヾ|     } 乂zソ  ,          |}   | . . {     ヽ
          ./   {    ト             |:!   l: : ヽ     `、 (というか、散々シャナがシャワーじゃなくお風呂って)
          {    .{!   l:.ヽ               ノ |   } : : `、  ;   }
          }   :リ   ヘ.: :\     ̄    /l: :}  ./: : : : :} ;    |  (言ってた時点で気付くべきだったわね……)
          .リ   ./ ヽ    ヽ: : :>-  _ . '  |/  /: : : : : : : :ノ 人  .∧
          ノ ,' /   〉.   ヘ: : ; : ; : : |       {  {.:.: : : : : :./ノ : : ヽ {: :ヽ
      <_,/ {   / 〉   ヘ ; : ; ,.-┤    .!  /-、_lヽ _: : : : : :ヾ: : :ヘ
          .{  !  .//: ;ヽ  }-‐イ /      {  ヽ、.i:i:/ ):i:i:i`ー-、: : : : ; :ヘ
           ヽ( / : : /i:i:} ./|:i:iソ .∧.      〉、___/i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ヽ: : : ; : :}
            /: : : :./i:i:i:i} //  .∧.ヽ、 ___// l   ',:ヘi:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ヘ : : ; :.ノ
          /: : : : :.:/i:i:i:iノ/    ./ `7㎜mイー‐' .リ   '.,ヘi:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ヘ : ;./
         .{: : : ,': : {i:i:i://    ./   {ⅷ{リ/   /      ',ヘi:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:.ヘ:.(_
           |: : :l: : :/i:i/ .{    l   ヽ-‐'   ./      ',ヘi:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:!ヘー‐'
         |: : |: : }i:i/ /≧   ト-- 、 ___/     __≧i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:iヘ
          ,>乂:.|i:{ (/   | : . : . : . : . : . {      ヾ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:}
        ノ: : : ノ:リ:i:ヽ ヽ   }: . : . : . : . : . : |       \:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i|
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| というわけで時系列を現在に戻して、軽くカルチャーショックを起こした様子のクーデリア。
| 脱衣所から風呂場をのぞき込んだ姿勢で固まっていたが、
| シャナに声をかけられたことではっと意識を取り戻して、そういえばと色々納得し始める。
┗───────────────────────────────────────┛
6858 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/02/18(土) 16:55:07.66 ID:Fa0P2RVn
        ,. -‐:'.:.::.:.::.:.:.:;.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..、
       /.:.:/:.:.; :.::..:::.:.:.:.':,:..:..:..:..:.:.:.: :ヽ
      /:.:/.:.;'、.::.!.:.::::.:::::.:.::.:.';.:.:.:.:.:.:...  :..ヽ
    /:/j─-- ::_、:._:::::::::..::::.:.';:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:..:',   ……そう?
    レ/        ` ‐- :._;_:::.:.:.:.:.:.:.:.:.:. i
    ', `、   _           `!::.:.:.:.;.:.:.:.:.|   ……ああ、クーデリアも、入るなら入っていいよ。
.     ',. ヽ   `、ー‐,─r─---!;:::.:.:.;.:.:.:.:.|
      ', ',.     丶 ノ.:.:j ゝ::::::::::!:;::::.:.;.:.:.:.:.|   服とか埃っぽいし……スカベンジ、行ってたんだろうし。
.       ',. ',      `、:.:/' j::::::::;:r!::;:::.:.;.:.:.:.'.|
         ',. ',.     ∨  ';: '´ i:::'::::.;.:.:.:.':.|                                え、あ、いいの? > クー
        ', 、       \ i   !:::'::::;.:.:.:':. !
        '、丶      \!   |:::;:::::;.:.:.':.:.|   うん……別段、減って困るものもないし。
         丶 〉、  :...    ヽ. !:::;:::::;::::::::::|
          ヽ.:::ヽ :.:、:..    '; |::::;:::::;.:.:.:.:..|
          {.:::::!rヽ:.:i.:.:.:.  j |:.::;::::::;.:.:.:.:..l
          /!.;.::ll ヽ:':.:.:.: /j│::;::::::;.:.:.:.:. !
.         ,:'  l:ハ:!l  :.:.:.:// !.|:.::;::::::;.:.:.:.:. |
        {    `ll  :.:// ! |::::;::::::;.:.:.:.:...|
           !      \.:ノ/  ! |::::;::::::;.:.:.:.:.:..!
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| そんなクーデリアを尻目に、淡々と衣服を脱ぎ捨てて洗濯に回すシャナ。
| この辺りのドライな動きは、勝手知ったる我が家というわけである。
| クーデリアも折角の宿泊……それも同居の下見なのだしと、
| 遠慮せず風呂に入っていくよう勧めておく。
| それに対する反応を見るに、やはり言わなければ入らなかった可能性もありそうだ。
┗───────────────────────────────────────┛
6859 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/02/18(土) 16:59:45.15 ID:Fa0P2RVn
                       /::::::::::::::::::::::::,...:-:::::::ヽ⌒ヽ、
                     ,:'::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::|:::\ \
                      /:::::::::::::::::::::/::::/:::::::/:::::::}:::::::::ヽ  ヽ
                        /:::::::::::::::::://::/::/::/:::::::/:::::::|:::::::.   }
                   /::::::::::/::/イ::::::/::/-/‐':::/:::::::: !::::::::}
                    /::::::::::/::::/::::,ィ:::/{//イ、:{::|:!::::::::::::;::::::::|
                      /::::::::::/::::/::::::{_|/:::|ィチ斧ォ从{::::::::/:::,::/   じゃあ、先にお風呂行ってるね。
                  /::::::::::/::::/:::::{:::八::::|弋沙  ∧::::'::::/}'
               /::::::::::イ::::/:|:::::|∧:::\}     ァj::/::イ                                う、うん……行ってらっしゃい > クー
              /:::::::::/::{::::{:: !::: |  \:::}._(Уイ /' '
             /:::::::::/::::::::|::::|イ|:::::|   ´   `ヽ
             ,::::::::::::/:::イ´,ィ|::::| マ::{           ∨
          /:::::::://:::::: | {/ !::::!  マ|  ;     /   ト.
            /::::::::/ ,:::::::::::{ |  ::::|   {  {     ,'  ;::::::.
         /::::::::/ /::::/:::. ハ| ヽ:::、    ヽ   ,   {:::::::::.
        ,:::::::::/  {:::/|:::::::::/  \\      /   i::::}ヽ、\
          {:::::::/  |:::{ |::::/   / \\     ,'   j::/   ヽ:::.
         |::::::{ _,>' ´     /    ヽ:\  {     ;/    }:::}
         ,.|::::::|´   `      '        \\|    '     /::/
       / 、::::ヽ       ,..   ´   `ヽ、  \::.  /     ;::/
      /    \:::\  /            \ ,}::} /     /イ
      ,'        \:::\__           ∨
     {          `rー― '´             /
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| ……というわけで、散々前振りが入ったが、ようやくこれからお風呂タイムである。
| そしてちょうどスレ主の書き溜めが切れたタイミングである。
| さらに言えば構想もここらでおしまいだし、R18はスレ主の苦手分野である。
| というかくーちゃん裸とかお風呂系AA皆無だし!
| Q:つまり? A:投下速度は推して知るべし。
┗───────────────────────────────────────┛
6860 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/02/18(土) 17:04:09.33 ID:Fa0P2RVn
                        , -───-- 、
                    / . : . : . : . :_. : . \
                   / : . : . : . : /. : : : ̄`ヽ\
                / . : . ; . : . /. : . : .:_, .. - 、´.:ヽ
                ヘ/_へ; /: . : /. : . :./. : . : . }、: . l
               〉={}≦{ :l : .}: . /: . : . _ : . j: ):. :!  そうね、シャナもああ言ってくれたし……
                〈;/`ヽ;/: ;} .: .|:.:/─_、/ `ヾ.: }: .:}
                 {ノ. : } : ム| : .リf仡ヽ l   - 、}:ノ. :リ  ……私も一緒に入ろうかな
                /: . :リ : ヾl: . :l弋ソ     ,ィ=、ヽ: /
              {: . :./. ; -/. : リ xxx   仡リ. : :/
                , ゞ、(.:´:::;f : . :ト、   _ , `xx . : /
              /i/ /ヽ} <´.l : . :{ /ヽ _ ..イ: . :./
            /i/ /:::::::::::::ト、`、: .l'./}:::::: 7、{: . :/
              {i〈 f;;;;;:::::::::::ト、≧l :∨|::::::ノi:i:l: ./
              |i:i:i:i:i;i≧>-〉   ヽ;ヽ{ニ≧=}:/
            .|:i:i:i:i:i:!/::::::::::}´`´´ }リ.|::::::::`|:{〉
            .}i:i:i:i:!/::::::::::::::|   // .l::::::::::{:|}ヽ
          l:i:i:i:/::::::::::::::::::l  ((  |:::::::∧{i:i:}
             ,リ:i:i:l:l:l:l:l>、:::::}   リ  l:::://iル:i;ゝ
          { `゙一' ̄   \:|二`∞'´l;//=ニヤ
          `ー≧ー..'. ̄´::::ヾi:i:i:iXX:i:}´::::::::::|
               ヽ::::::::::::::::::::::}:i:i:iXxi:i|:::::::::::::|
             〉::::::::::::::::::ヽi:i:ixi:i:i}::::::::::::::l
              ,)!:::::::::::::::::::::\,ヘ/::::::::::::::::}
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| まあそういうスレ主のメタい事情はさておいて、
| シャナが風呂場に入っていくのを見送ったクーデリア。
| 最初は興味本位で風呂(シャワー)がどんなものかと見物に来ただけだったのだが、
| まあシャナに誘われたからね! しょうがないよね!
| みたいな感覚で、一緒にお風呂に入ろうかと着替えを取り出し、風呂に入る準備を進める……
| なお、周囲からすればそういう軽いノリに見えるが、本人としては大真面目である。
┗───────────────────────────────────────┛
6861 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/02/18(土) 17:05:51.33 ID:EV2MSZGE
汎用のロリ体形のAA使えば行けるさ!
憲兵隊なんて捨ててかかって来い!
6862 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/02/18(土) 17:08:42.14 ID:Fa0P2RVn
      ────────────────────────────────────
     _____________________________________
        ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||
                       ||
       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|   ||
                        |   ||
                        |   ||   ということで……シャナ、今いいかしら?
           、、         |   ||
        ┼┐─          |   ||                            うん、どうかした? > シャナ
               ̄| 、、       |   ||
                  ┘    |   ||
                    /  |   ||
                  /    |   ||
                      /|   ||
                        |   ||
                      /|   ||
                    //|   ||
                ////|   ||
      _________|   ||
                   r──-、
                   {二二  |
                    {二二  |
                     匸二..__ノ
                       ||ノ
                       ||
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| まあそんなこんなで、クーデリアも脱衣を終えて、
| 脱衣所と風呂場を仕切るガラス戸に手をかける。
| シャナから返事が返ってくるのを待ってからガラリとその戸を横に開いて……
| 
| というか本気でくーちゃんAAどうしようか!?
| 汎用AAうまく使いこなす自信はないし……
| やはり心の綺麗な人には(ry形式混ぜるしかないかな!!
┗───────────────────────────────────────┛
6863 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/02/18(土) 17:14:17.11 ID:bNUNh4Qo
ひゃっはー! いいタイミングで間に合った! ●REC
6864 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/02/18(土) 17:15:17.95 ID:Fa0P2RVn
.            /イ:::::/::,::/::::::::: |!:{:::::\::ヽ::::ヽ::::ヽ
        / .'::::/:/::/::{::::::::::: |!::',、:::_、:∨:::∨:::::.
          / /::::/:/::/:::∧::::::::: !{:ム\:::: 、|:::::::|:::::::::.
       { /::::/:::|:::ィ/-、∨:::: |´,.ィ≠ミ、::|:::::::|:::::::: !                    じゃあ、一緒に入ろっか。あ、背中とか流す? > クー
           |:::/{|:: !::::|{,ィ=、∨:::|  比汽 }イ:::::: | :::::: |
           |:::| |{:::|{:::|{比汽 \}  込zソ/ |::::::::ト、::::::|   ……え?
         マ{ { マ!:从 込ソ ,   :.:.:.:/ j!:::::::; i}::::::{
         ヾ   |:::, :.:.:.:.:  _    /  ;::::::::j!イ:::::::::.                                            え? > クー
            /::人    ` `  /  /:::::::/__::::::::,:::.
             /:::::::/:::>      { イ,::::, '´  `ヽ:i::::.  ……あ、ううん、なんでもない。
      _ ,ィ^ヽ /:::::: /::/:::::::::::`¨´} | /::/      ∨::.
     /_`マ ∨:::::::/::/|:::::::::::::_,..イ| | ,::::,'        }::::.  (……一緒に、入るのか)
     /_二   ヽ::/{:::{ /´ ̄´-、   |,:::::'         |:::::.
    ,イ,..- 、    ∨|::/  l    /`|:::;      _,:  |::::::.  (お風呂使いたいなら、遠慮しないでいいってだけのつもりだったんだけど)
    ¨´  ∧    \'  /   ,:'   `|:/      /'   ;::::::::.
        {::::ゝ、__    `ヾ、.._/   ,Ⅳ       /  /:::::::::::.  (まあ何かがまずいというわけでもないし、別にいいか……)
        j从  /\    ` 丶、ノ_/       /  ,::::::::::::::::.
          / - ´\       `ヽ   /   ,:::::::::::::::::::.
         /     ヽ、         /   /:::::::::::::::::::::.
        {      イ  丶、        /    ':::::::::::::::::::::::::.
          :..   //::|     `ヽ、._/   /:::::::::::::::::::::::::::.
           `¨´ ,:::::;                   {:::::::::::::::::::::::::::::.
            /::::;                  :.:::::::::::::::::::::::::::::.
              /::::/      、         ∨:::::::::::::::::::::::::::.
          /::::/        {!          ∨:::::::::::::::::::::::::}
            /::::::'                   ∨:::::::::::::::::::::::|
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| クーデリアが、お風呂へ入って来る。
| それを見たシャナが一瞬きょとんとした表情になって、次の瞬間に、
| ああ些細な連絡の行き違いがあったのだと悟る。
| それを訂正するのは簡単な事だが……まあ別にそのままでも特別不都合はないし、
| クーデリアの勘違いにそのまま乗っかることにしよう。
┗───────────────────────────────────────┛
6865 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/02/18(土) 17:18:52.93 ID:481QSzaS
というか初めての家入ってそうそう家主が不在とか客が困るでしょw
6866 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/02/18(土) 17:22:59.68 ID:zzL4gFFE
これはクーちゃんファインプレー
6867 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/02/18(土) 17:25:51.50 ID:Fa0P2RVn
                               ゚  __   (   フ
           o ゚                  /_ィヽ-、 ` ‐'´
                               ,ー ノ'イ/ム
                              l '´   r プ
                / ̄ ヽ    /:;イノ /`ヽヽ    ノ
               l ,'    ヽ   ヽ  「  -'´イ/  /                    ……じゃあ、先にクーデリアから洗おうか > シャナ
               l ,'   i       \ l    )  /  。
               /l  , 、 l      lノ   ,r'´ /    ○ ええ、私から?
              / l ,'  ,' l  `ヽ. /   /   /
              / .l   ; l   /    /   /                             言い出したのは、クーデリアだし。
             /  l ,'",' l /     /   /                          私は、お湯かぶって少しは血も流したし > シャナ
             /   l;       / `‐-- '   。
            /,'    l o゚   /           O     うー、わかったわ。
           /       ヽ、_/ _            , '`ヽ
          /         /'"´  ヽ_,、 - ‐── 、  ヽ、.ノ  じゃあその次は私がシャナ洗うからね!
         /    , ' " ',   ヽ-‐ '"´            l
        /     ;    `ヽ                l                                    うん、わかってる > シャナ
        ,'   i   '、,,"、,, '"            ,    l
         i    l               _,、- '´ l     l
        ',   ',           , -''´l    l     l
     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`` ‐- 、._、-i´   l     l     l
    /      くーちゃん    ``‐ 、  l      l    l
    /    ____       l 「  \l      l    l
   /   /      ` ‐、    l l    li       l    l
   /   /      ___l    l    l l , -ー、  l    l    , -‐ー 、
  /   /      /     l    l    l l'    rノ   l    l- '´   r'´
  /   /      /     l    l    l    ノ    l          ノ
 /   /      /      l    l    l  /      l      /
    /      /         l    l    l ノ       ヽ、__./
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| というわけで、二人仲良くお風呂に入ることになったシャナとクーデリア……
| まずは後から入ってきたばかりの、クーデリアの背中を流すことにして、
| 半ば強引に彼女を椅子に座らせる。
┗───────────────────────────────────────┛
6868 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/02/18(土) 17:30:50.36 ID:AHcNVoR0
ふぅ…
6869 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/02/18(土) 17:39:28.59 ID:Fa0P2RVn
       !ヽリ,r'''''' ̄ ̄`‐‐---      丶
        'i               ヽ   ‐-、
        i                     ヽ
        i       i        i       i                     ほら、クーデリア。髪あげて、力抜いて > シャナ
          i       i         i       i
       i       i         i       i
      r i       i         i         i  う、うん……自分で言い出したことだけど、
     ,ri i       /         i   ._   ...i
     i /      /           / `''´ \_ . i   ちょっと気恥しいわね、これ。
     i /      /       ..,∠.」       .乂
   (´i/      //...──‐ァ´ .,:r┤        .i                        そうかな? 思ったより楽しいけど > シャナ
    V      //     ./ ィ´r‐ソ        .!
    /      i/    .'   | |          .!   洗ってる側はいいかもね……
   i       i |         ..| ゝ、        《
   ',      i l         !   `丶 _      \
    ',      亅              \     \
    ヽ、 , ‐''" i              〈   .\     \
           i   くーちゃん  i   \  \
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| タオルにお湯と石鹸を適度にまぶして、わしゃわしゃとシャナは泡立てさせる。
| 背中にかかるクーデリアの髪をかき上げて、真っ白な背中をタオルでこすると、
| されるがままのクーデリアはうーうーと小声でうなる。
| 中々精神的にきつい様だが……まあ言い出したのは彼女の方だ。
| 恨むなら、不用意な事を言った自分を恨むといい。
| ……ついでに特に理由のないダイス 【1D100:85
┗───────────────────────────────────────┛
6870 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/02/18(土) 17:41:44.37 ID:EV2MSZGE
銭湯が基本だからくーちゃん的には多人数でお風呂に抵抗が無いのか
6871 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/02/18(土) 17:42:15.65 ID:8Z8b67aE
出目高いな…… これはそっちのが(我々は)うれしいのかな?
6872 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/02/18(土) 17:43:09.64 ID:EV2MSZGE
前側も洗いましょうねえ(下衆顔
6873 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/02/18(土) 17:52:16.53 ID:Fa0P2RVn
  【洗い上手度】85

                  __
                  , '       ` `丶、
                  /  /_    ヽ  ヽ \
              / , '   丶   \_ ゝ  \
                / /  ,、_   `、   ヽ\,へ _レヘ   ふぅ……にしても、あー気持ちいいわねー。
               ,'  l ./   ̄`ーヽ   ヘ-}≧{}=〈
             {  ! |,. - 、   , --、  | ヽ/弋´    シャナ力加減とか上手じゃない。
           .,ヘ  {. __     _ l ├v'人  \
           /  )  l '⌒゙  ´ ̄ ゙ |  レ' : l.ヽ   ヽ            そう? まあ、喜んでもらえたなら、よかった > シャナ
.           イ  .八 ヽ   ' __   | / : :l: :i : ヘ  }
            {  / / ヽ ト、 丶-' /l /\: :ヽ 、: :ヽ | よーし、それじゃあそろそろ攻守後退しましょうか。
          .l /ノ : : } l/≧ イ   | { 〉 ヾ;、: ',: : :} /
           V/:.{:_;x( (  /〉 //./  ∨ト、): :イ   今度は私が洗ってあげるわ。
.           /:/〈X  ) )/  i / / /   ∨〉:i\:ヽ
           /ywW≧V / {.  ◇./ /wy、 __〉〉:i:i:iヽ 〉                            ……うん、わかった > シャナ
.        /: : ミ∧  / / {    〈 ( ヽミ〉Wヤ〉i:i:i:i:i\
.        ) / ミ∧ ( 〈  {Vwvw/l 〉  ≧w/:i:i:i:i:i:i:i:i:\
       /   ミ∧ l/ .{ニニ=./ 〈/ ,--ミfi:i:i:i:i:i:i:i/ ̄ 〉
      /       ミ∧  /   /  ./≦ イ:i:i:i:i:i:i/   /\
.      /        lミ〉./   / ./≦ イ ̄ ̄ ̄   /   ヽ
     |    ___| ミ〉≪≫|/≦ イ` ー┬─┬<        〉
     |  / -─/. ∨ 〈 〉 トyィ´ ⑩  ./  /  丶     /
.      \//  _/  /i:iヾ〈〉i:i|/      { /、        〈
        〉  / l  /i:i:i:i:i}{:i:i:i:!       ∨\ \_ ___/
.        L/ /ヽ人i:i:i:lハl:!i:i|   ⑩ /〈   ヽ____/
   ※ 心の綺麗な人には裸であわ塗れなくーちゃんが見えます
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| まあシャナの洗い方が丁寧だったこともあって、
| なんだかんだ言ってもクーデリアもまんざらではないようだ。
| 背中を洗われるクーデリアは、心地よさそうな声を時折漏らし、
| しばらくして洗う側と洗われる側が、入れ替わりに交代することになった
| ……で、今度はダイス二つほど。特に理由はないですが(強弁) 【1D100:2 【1D100:72
┗───────────────────────────────────────┛
6874 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/02/18(土) 17:52:29.54 ID:Fa0P2RVn
あっ
6875 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/02/18(土) 17:52:46.67 ID:zzL4gFFE
片方腐った
6876 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/02/18(土) 17:54:07.24 ID:Fa0P2RVn
そっか、一桁出ちゃうか……しかも先の方のダイス。うん、まあ仕方ない、仕方ない。
なまじもう一個が高めになっちゃてるけど……うん、仕方ない。
6877 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/02/18(土) 17:54:53.53 ID:8Z8b67aE
ファッ!?

シャナの洗い上手は深雪相手に磨いたのかしら?
6878 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/02/18(土) 18:01:07.97 ID:Fa0P2RVn
  【洗い上手度】72

   /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ::::::::::::::::
  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\::::::::::::::::::::::∨::::::::::
 ´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\::::::::::::::::: ∨:::::::
 ::::::::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::|:::::::{:::::::::::::::\:::::::::ヽ::::::::::::::: ∨:::::                            じゃあシャナ、ちゃんと椅子座ってね……
  :::::::::::::::::::::::: /|:::::::::::::::::::::|ヽ:::{ヽ :::::::::::::::\:::::::∨::::::::::::::∨:::          あ、髪はそのままでいいわよ。長いときの洗い方とか自分で慣れてるし > クー
 ::::::::::::::::::::::::::;...|:::::::::::::::::::::| ヾ:._\::-―::::∨::::∨::::::::::::::∨:
  ::::::::::::::::: /i:{ |:::::::::::::::::::::| ´ `\. \::::::::: ∨::::∨::::::::::::::∨
 :::::::::::::::::::;' |:|_::::::::::::::::::: |       ヽ::::::::::W::: ∨\:::::::::   うん、わかった……じゃあクーデリア、お願い。
 ::::::::::::: /:{´レ' 叭:::::::::::::::::::|         }::::::::}:::::::::∨::::\:::
 :::::::::::::::::::::|    ; ::::::::::::: |         }::ヽ::}::ヽ :: ∨:::::::\
 :::::::::::::::::::::|    ヽ::::::::::::リ      ,ィン .}:::::::'}::::::ヽ::::W:::::::::
 :::::::::::::::::::::|     ヾ}从'  ≠== ´   l::::::::}:::::::::::::::}:::::::::::
 :::::::::::::::::::::|ハ__ノz》              }:::::::::::::::::|::::',}:::::::::::
 :::::::::::::::: 叭::. ̄ ̄  ,             }:::::::::::::::::|::::::::::::::::::
 :::::::|、::::::::::::ヽ:,                 ノ :::::::::::::: |::::::::::::::::::
 :::::::{ \::::::::::::::.         _,   /´i:::::::::::::::::|::::::::::::::::::
 :::::`\ .\::{ヾ}入    ー            |::::::::::::::: |::::::::::::::::::
 ヾ}``   \:::::/ >....        イ ,::::::::::::::::,'::::::::::::::::::
      /::::::::/  |::::::::::::>...._ イ   /::::::::::::::/::::::::::::::::::::
.     /::::::::/   .|:::::::::::::::::::::::::}   ../::::::::::::::/、:::::::::::::::::::::
..    /::::::::/    |:::::::::::::::::::イノ    /::::::::::::::/: : :``ー. ´: :
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| というわけで、攻守交代。
| 立ち上がったクーデリアがタオルを受け取り、シャナが椅子に座る。
| クーデリアに言われた通り、(AAの都合で)特に髪をかき上げたりもせず、
| シャナはただ自然体に力を抜いて……
┗───────────────────────────────────────┛
6880 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/02/18(土) 18:14:01.46 ID:Fa0P2RVn
  【平穏度とかそういうの】 2 = や ら か し た

   ┌─┐                 ┌┐            ┌┬──┐
   └┬│  ┌─┐         ││            ││┌┐│
     ││  │┬┘       ┌┘│            │├┼┘│
     ││  ││  _n__n     │└┴┐    __   │││┌┘
     │└─┘│ └i rっ_) ┌┘├┐└┐ └‐¬ |   ├┤├┤
     └───┘   U..   └─┘└─┘   l二ノ  . └┘└┘

          /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
   .      /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
       /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::∨::、::::::、:::::::::::::、::::::::::.    く、クーデリア、そこ……
       '::::::::::::/:/:/:/::: |::,.イ:::::::::::::::|、::∨::::∨:∨:::::ヽ:::::::.
        |:::::::::/:/:/:/:::::/|::| {:::i:::::::::: | マ::∨::::|!:::|::::::::::∨::::.                          うん、どうかした、シャナ? > クー
        |::::::::'::':: |:::|{:-|-{、! |:::|:::::::::i:| _|::}ム斗}::|::::::|:::::∨::|
        |:::::::|::|::::|:::| マ{ |:| T {:::::::::;:| }/ _}/__Ⅵ:::: |:::::::|::::|   う、うん……なんか、変な感じ……ひんっ
        |:::::::|::|:::从{ ,ィチ示㍉ ',::/リ  イ斧芹ヽ}:::::|:::::::}::/
        |:::::::|::|:::::| {! 比j刈  ∨   比刈  ':::/|::::://_         え? うーん、普通に洗ってるだけだけど……どの辺? > クー
        |:::::::{::{Ⅵ{   弋z(ソ ////////ゞ-゚' /:イ| {::/ /_}
        |:/ヽト|::::ム   /////// , //////  ,:::: | |:{ /⌒ヽ   ふぁ!? そ、そこ、今擦った……
   .     /     |::::::∧               /::::: | リ /
      /    |:::::::::{ ゝ     -  -    イ:::::: リ /     ;                        ……えぇ? 何もないわよ? > クー
       {=- 、  ',:::::::. / >   __   < :|:::::::::; /
      {   `ヽ ヽ:::::::{ ,  ー- 、   ,.-―  |::::::://    /
      |:.    ヽ',::::::._             |::::://     ∧
      |::::.      ヽ:::::::.-- 、______,ィ /::://    /::::::.
      |::::::.      ',:::::', \: : : : :/ /イ:{/    /::::::::::.
      |::::::::',     マ:::::::\ { ` ̄´    |:/     /::::::::::::::.
      |::::::::∧     ',` ー`         /     / ',::::::::::.
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| ……二つのダイス、やらかしと洗い上手(意味深)が合わさった結果が、こちらである。
┗───────────────────────────────────────┛
6881 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/02/18(土) 18:16:54.24 ID:u2/AJzWf
やったぜ?
6882 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/02/18(土) 18:20:07.23 ID:8Z8b67aE
なしとげられたぜ
6883 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/02/18(土) 18:21:21.67 ID:zzL4gFFE
クーちゃんwwwww
6884 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/02/18(土) 18:21:48.19 ID:44CxItId
でかした!!
6885 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/02/18(土) 18:22:53.13 ID:Fa0P2RVn
             ,....::::´:::::::::::::::`::::::...、
            ,..::´:::::,:::::::::::::::::::::::::::::-=≧--- 、
           /:::::::/::::::::::::::::::,::::::::::::::::::::: ̄\::\
          /:::::::/::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::ヽ\:::ヽ
        '::::::::::/:::::::::::/:::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'. \:::'.
       /:::::::::/:::::::::::/:::::::/ ::::::: |::::::: |::::::V:::::::::::::'.  \'.
        :::::::: /::::::::: /:::::::/:::::::::::::|::::::: |::::::::V:::::::、::::'.   `}  く、クーデリア、もういいっ♥……からッ♥
      /::::::::::|::::::::_/:::::::∧:::::::::::::|::::::: |:::::::::|:::::::::::',:::'.
      '::::::::/:|:::::::∧`ー'| |:::::::|:::ハ:::::: |:::::::::|:::::::::::::',::::.     や、やっぱり、自分で洗うから!
     ,:::::::/:/|::::下≧、::| |:::::::|::|、|:::::::|:::::::::|::::::::::::::|⌒ー
      |::::/::〈il|::::::|Vzソ\ V::: |::| V、_}::::::: |::::::::/|::|                 う、うん……なんか調子悪いみたいだし、そうしましょっか > クー
      ,::/::::::从:::::|/:/:/:/  V: |::|ィ斥ミ\:::: |::/:イ j/
     /,'|:::::::::::::}:圦 /:/:/:/:' \:リ/⌒゚'/|:::::/イ':::| /       う、うん……なんというか、ごめん……
      {:l |:::::::::::::|::::个   - 、    /:::|::/ヽ::::::|
      |:l | ::::::: 八:::::}::::>---- r≦/:イ|/  } :: |
      |:八:::::::/,-乂__,.--、 r ´ /⌒ ∨   ,::::::|
      |{  V::::/ _/{/          .:ッ }  _,{、:::'.
      |:\ {::::{ {ッ:.   ,.:::  :::..   八///}:::::::,
     \:::\::, .'   ..:::::::        {////∧:::::::.
      \:::`l{                |/⌒\」\::::.
        \:|               |////「::}  \'.
         `|               |///_」::::\  \
                            `ヽ{::::::::::::: \
         ,     ー'            \:::::::::::::::\
         /                     ヽ::::::::::::::::\
        ,                      ∨::::::::::__
         {                     ,. ┴  ´
         |,                  /
         / ヽ、            ,..:
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| ※ ただ背中を洗っているだけです。ごくごく普通の洗いっこです。
|    やましいことは何もない、いいね?
|    R18なものが連想されたとしたら、それはあなたの心が汚れているからです。
| 
| ……というわけで、くーちゃんが隠れたテクニシャンなのか、
| 普段は髪や服に隠れたシャナの背中が敏感なのか、変な空気になってしまったので、
| 洗いっこはここまで。シャナはクーデリアからタオルを受け取ることになりました。
┗───────────────────────────────────────┛
6886 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/02/18(土) 18:25:17.40 ID:u2/AJzWf
ふぅ…
6887 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/02/18(土) 18:26:42.11 ID:+rXuJMCk
ふぅ… (心が)よげれちまったぜ…
6888 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/02/18(土) 18:29:53.86 ID:zzL4gFFE
ふぅ…
6889 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/02/18(土) 18:32:08.96 ID:EV2MSZGE
これから毎日一緒にお風呂入ろうぜ!
6890 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/02/18(土) 18:33:02.44 ID:Fa0P2RVn
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

                 く>
        ┌────┐ く>
        └──┬─│
            ┌┘┌┘
            │┌┘
            │└┐
            └─┘
6891 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/02/18(土) 18:33:17.95 ID:Fa0P2RVn
             (´ ̄ ̄ ̄`ヾ 、
               ___  ):〉
           , - '´: : : : : : : `ヾ--、
         _/: : : : : : : : : : : : : : : : : :.\
      , '´: : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ : : : ヽ
     /: : : : : : / : : : : : : : : : : : : : : : :\ : : ',
   / /: : /: : : :{: : : : : : !: : : : : : : ヽ: : : :.', : : ',  はぁ……さっきのはなんだったんだろう。
  /  /: : / : : : : |: : : : : :.|\: :ヽ\: :_:ヽ: : !: : : !
    /: :/ i: : : :! 小: : : : : |  \ハ/\:.|: : :|: : : !  (おっかなびっくり)自分で洗ったらなんともなかったけど……
    | /|: :|: : : :|」__ \: : |   イrそテト、|: : :ト、: : !
    レ' |: :|: : : :|  rえト、ヽ|    トしr} |: : :.|} |: :|                         うーん、力の入れ方の違いかしら……
     ヽ:.N: : :V〈 V ハ      弋少 |: : : |/: : :!                       なんというか、ホントごめんね、シャナ…… > クー
      \|\:ハ、  Vツ      :::::: |: : : |: : :.ハ
       八: :|: :ハ ::::::  '      ノ: : :从: : : |  別に、クーデリアが何かしたわけじゃないんだ。
       /: :乂|: : 人    ,   / : : : : : : : ノ
      (: : : : 从: : : : >- 、_ イ: : : : __:厶:∠ __   気にしないでいい。
       `>' ⌒` ー‐r-ミ: :ノ ,厶:匕彡'´  /⌒ヽ
       /  |/    ` ミY彡 ´     /    |
    / ̄   /                /   !
    |.:.:::  √  ̄`<_ ´ ̄⌒ ー‐ ⌒ヽ |/     \
    |:::√ >===‐-- 、  ̄ ̄ ̄ ̄ \/         !
   _/7´ f '´      \, -― 、   ヽ    _::::  |
  ムへ 匕         ` 、 ` ー 、  _/::::::::::\/
./ /  /_匕 -― ' ¨  ̄ \    ` 、\)「::::::::>-、::::|
: : / /          / \     ` ‐<   Ⅴ
. / /        ,. '       \        \  |\
. |       , r             \         |: : \
. |__,. ‐: ': : :/             }ヽ、         | \: :\
: : : : : : : : : : /             |: : : : > 、_ _ノ: : : : ヽ: :\
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| まあなんというか、シャナが「ひゃん♥」とか言っちゃったせいで、
| あんまり長風呂するのも気まずくなったので……二人とも体を洗い終えたところで、
| 早々に風呂を上がることになった。
| クーデリアは持込の外出にも使う着替え、シャナは主に室内着用の私服を着る。
| いつもの軍用コートは、自宅内だし、血糊もひどいので洗濯中である。
┗───────────────────────────────────────┛
6892 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/02/18(土) 18:34:07.10 ID:db+0kgpu
性の目覚め…(ボソッ
6893 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/02/18(土) 18:40:23.93 ID:EV2MSZGE
パジャマパーティーじゃないのか
6894 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/02/18(土) 18:40:24.51 ID:Fa0P2RVn
                  ,  ´ ̄ ̄__> 、
                 /    / ,  - 、 \
               / /  /   /     ヽ ヽ
             ;  '  _,/   /  / ,、 ∧ ',
            / /_//   /__/ イ \∧ .   うん……それじゃあ、この後はどうしよっか?
            「∨ノ,イ   / -- 、   , - } |
           「: :ー:イ7'   | ィテ≧、  ,ィ≦、 ,'、_  被もすっかり落ちたし、夕ご飯にする?
           |:_介、:/ l  | Vzリ     Vリム ∧:ノ
           / | }' ∧ 从      ,   八 {:. ヽ                         そう……だね。うん、夕食にしよう > シャナ
            ,  / , / .:}   ト、   ー ‐ イ  ∧:. }
             { .:,' / ,:' .:∧  |  `  r‐く__/ ,' }:. |
             | / .' {  「∧ }    |、::::从 { 从
             l { {/ 乂{::::| :、_  }\:::ヽ }ヽ }:!
          从/ .......乂|::::乂 ∨ヽr-くノ∨:| |フ...、リ
          // .........乂{:::::「 ∧∨_乂_)、_,l: | |\.∧
           ,.............乂/:「乂/ヽ}、\/ l∧| |\⌒{\
        _/___......乂Y_,/::::::::リ::∨- イ∧j:::::乂_(..∧
       //X<>/X>乂 \::::::::::::::::::', ̄l´ }:::::/__('X∧
       /::::::7` <X<>/乂_,\::::::::::::::}  :  |:::/__ノX/::ヽ、
        ,::::::::/::::::::::::::`<X<>乂,\::::::::|  |  }/__(Xイ:::::::::::::::.
     /:::::::/::::::::::::::::::::/ |`::ー-乂_\∧  , _|__(::{::::/:::::::::::::::::',
      ,:::::::::/:::::::::::::::::∨ {:::::::::::::::/:乂\}Tイ 「|/:::::∨:::::::::::::::::::::}
      {:::::::::、:::::::::::::::::{   j:::::::::::(__)::::::ー|  |_{ |::::::::::}:::::::::::::::::::::,
     ∨:::::::∨::::::::::::∧ {::::::::::::/ ::::::::::: |  |_{ |:::::::::::}-、:::::::::::::}
     }:::::::::::::ヽ::::::::::::∧ノ:::::::::::{ ::::::::::::: |  |_{ |:::::::::::∨=\:::::/
     、::::::::::::::::∨::/ ∧:::::::::: |::::::::::::::::|  |_{ |=:::::::::::∨ミ...∨
      \___/ / /\::::(__):::::::::::::| /人}::::::::::::::::∨../
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| でまあ、想定より早く風呂から上がったわけであるが、
| そもそも二人が合流したのが夕方のこと。
| 窓の外から眺める外はすっかり日が沈み、道端の街灯がぼんやりと辺りを照らす。
| そろそろ夕食を摂っても、いいころだ。
┗───────────────────────────────────────┛
6895 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/02/18(土) 18:48:55.76 ID:Fa0P2RVn
       _____   __
    /´   ,.>、ヽ::::::::::::::::`::::......、
   /   ,..:'´::::::::_}/:::::::::::::::::::::::::::::::::\
 /    /::::::::::/::::::::::::::::::::::ヽ:::、::::::::::::::\
/    '::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::}:::::ヽ::::::::::::::::ヽ
'    /:::::::::::::/::::::/::::::::/::::|::::::::|:、::、:::\:::\::::::.  じゃあクーデリア、どうしようか?
    ':::::::::::::/:/::/::::::::/::/:ム:::::::|、|、::ヽ::::ヽ::::ヽ::.
   |::::::::::::/:/::/:::::::/: イ:::} |::::: | }!.ィ、∨:::∨:::,:::.                           どうって? > クー
   |::::::::::/イ::/::_/_/_|::, |:::::リ,イ ,.ィォ.∨:: ト,::|:::|
   |::::::::::::::|::|:::::::/::/ リヽ.|::::,' イr刈/ 〉:: ! マ:::}  今から逆さ十字にでも外食に行くか……
   |::::::::::::::|::|::::/イ示芯ヽ|::;'   ヒJリ ハ::::| |::;
.   ,|::::::::::::::{::|:/イ 比J刈 }/   ゞ '  ;:|:/} l/   適当に家にあるもので済ませるか。
  /:|::::::::::::{ト∨::::. 弋)zソ /    、   八'  /
  ,::/|:::::::::::: マ.∨:::::、       _ ,  /::::|        一応食材とかもあるし、どっちでもいいよ。
 /::::::::::::::::::::::::¨\:::::\..__    / |::::: |
./::::::::/::::::::::::::::::::::|:>..、::丶 / ¨ ´   |::::: |                         うーん、じゃあ折角だしここで食べましょっか。
'::::::::/::::::::::::::::::::::: |: : : : : >-ミ_、   |:::::リ                          中層区は安全って言っても、外はもう暗いし > クー
::::::/:::::::::::::::::::::::::: |: : : : :/// ⌒ヽ、/::::/
:::/:::::::::::::::::::::::::::::/: : : :///     ∨,'        わかった、じゃあ準備しようか。
/:::::::::::::::::::::::::::::/: : : ://:/       }|
:::::::::::::::::::::::::::::/、: : ://:/          |`ヽ
::::::::::::::::::::::::::/\\_/:イ { /     /   〉
:::::::::::::::::::::: / | \: : | /     /   /
:::::::::::::::::::::/  :.  `´ 、_     /イ}
::::::::::::::::::/     :.        {≧= '- ' /!
:::::::::::::::/     }      |  ̄: : : :,イ
::::::::::::/      |    :.    ̄! ̄   !、
:::::::::/         }  \ ヽ   }    :. 〉
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| というわけで夕食は適当に、家にあるもので済ませることにした模様。
| まあすっかり日も暮れてしまっているし、
| 中層区内ならともかく、下層区まで行けば安全は保障できない。
| 今はシャナも、防弾防刃耐衝撃耐酸という、改めて見るとなにこれレベルの防御性能を誇る、
| いつものコートを着ていないわけだし。
| そんなこんなで、シャナは一人台所へ向かい……
┗───────────────────────────────────────┛
6896 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/02/18(土) 18:49:11.98 ID:Fa0P2RVn
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


   ▼ 一旦ここまで

6897 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/02/18(土) 18:49:40.57 ID:EV2MSZGE
一旦乙
6898 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/02/18(土) 18:49:53.82 ID:Eu1T7GK8
胆乙ー
6899 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/02/18(土) 18:50:44.04 ID:u2/AJzWf
一旦乙
6900 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/02/18(土) 18:53:30.40 ID:Fa0P2RVn
                  , 、_  -ヘー―,イ´. ヾ 、
.              /   ,>匕ィ、_ `フ    ヽ ヽ
.             /  >'ー'´__二ニフ ',.   ヽ \
         /ァ=ァ'    _  -ーヲ  iト,  '., ヽ ` ,
.          ,イ/  i′   , -ー  ̄ ´ i、 i! i! '.,.  ', ',  ',       はい、というわけで……スレ主もそろそろご飯の時間ですので、
       ,イ! l!ニ i! _, イ i i! !、   |マ | |. '.,  i! i  i
     ,イ三i| l!ニ i!;';';  | ||斗ヤ| ∨ ´「 マ¬ー-ト i i!  i!       本日のスカベンジャーは一旦ここまでです。
   ,イ三三ヲ! i!ニi!;';';  i个!i ! ', i! V  i メ/|マ  i!', i! i!  i!,
.,イ三三ヲ'´. ! l!ニi!;';';   i !| !| ',.|  ∨ | ,!∧! マ | ', |. |.  i',       おのれくーちゃん、平穏ダイスがあそこまで腐るとは……
ニ三ヲ'´    | l!二i!;';'  i!. i!| ` ヽ!   V.!==ェュマ ! i! ! i ', ',ヽ
ヲ'´    ,'  i l!二i!;';.  i、|,ィ=≡ゞ  ヽ!       /. | |  | ヽ , ヽ     (……まあおかげで早々にお風呂シーンカットする理由付けになったんですがね(ぉぃ)
     ,'   i l!二i!;.   i!ヘ|              //! |  i! ヽ\`\
     ,'    i!. l!二i! ,イ!\'、  _,.-‐   ̄ ̄i /'  ,'i! i!. | !  、\',  \  さーて、この後どうするかなー。
    ,'     マ i!. 爪,ノi| ト、ヽ V   ´  - ′  / !| i!  ! iト、 \l\   `ー
             ゝ.ヾ二,ハ  ',、  `          <ト,i|.i,'  |',i=ミヽ  ヽ、`ヽ ご飯中会話とかちょっとネリネリしつつ……
.            ,ィ <ミミミト,. ∨>-   _ , <ミミゞュ !  l i!  ! ヽ、  `ー=、
_  ー   =./     ヾミミi!ヘ ∨ill  ℡ミゝ_ィニ彡 「il彡  i!',}  | i  !ヽ、   li あーいや、いっそそこは飛ばすのも……?
                   ヾ! !ミゝill. |!   |    i| ill |,ィ―'――i ,'  /i  /
                  /j | i! ill         illl i'  ゝ、_  ∨、 / !/  ,ィ まあ適当にシャナのお堅い部分とか個室案内とか、
.              /   ,' / ,ィij           ,illl、>'´ ̄´    l!ニト\/ ,イ/
                 ノイヲ',==ュ、. i|i  ,ィ==ュ</|イ ̄ ̄ ̄  l!三i|ミ!ヽノ   びみょーにネタ帳に載ってる内容をどうにか形にしてきましょう
  ゛'' ‐-  ,,_.      、  ヽ )>/ゝ¬ミヽ!|i,ィヲ'¬ヾi/li| ゝ――  i マニ!ミ!. ト、
- .....,,,,__         \  ) >ニ>   `.|ll|゙´  ,ィ//メ、 ゝ- て´  マiミ! | \    ともあれ、スレ主はここでいったん落ちます!
                                                  続きは多分21:00からな!
6901 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/02/18(土) 18:54:52.23 ID:db+0kgpu
たん乙ー
6902 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/02/18(土) 18:56:12.68 ID:zzL4gFFE
たんおつー
クーちゃんはテクニシャン(確信
6903 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/02/18(土) 19:32:34.25 ID:/l7wTqaz
たん乙
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://yarucha.blog.fc2.com/tb.php/2978-0b864be2