情報部シャナのスカベンジ日誌 5th Turn 「クルマ」その3

8285 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/03/29(水) 21:31:09.57 ID:JoBWF5Qa
==|===i´ i´######i´ i´======∀==∀=====|=
 . Yl | |#######| |:::|    ,;゙ ・ω・ ;,    Y
 . ||l . | |#######| |:::|    ミ ~ ̄~ ミ    ||   ういうい、そいじゃあそろそろ時間だね。
 . ||l . | |#######| |:::|    `'ーu-u‐´    ||
 . ||l . | `―――'.. |:::|       °:       ||    誰かいるか、てんこー!
 . ||   ゙"'''''''''''''''''''''"゙'"゙       。 :     .||
 . ||      :                  ||     書き溜め? あいつは置いてきた、これからの(ry
8286 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/03/29(水) 21:31:48.68 ID:oGaQhVlA
8287 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/03/29(水) 21:32:20.16 ID:YM5GGtDp
8288 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/03/29(水) 21:32:28.16 ID:Y+HsNc2f
8289 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/03/29(水) 21:32:35.13 ID:xnb5fveU
8290 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/03/29(水) 21:35:28.84 ID:JoBWF5Qa
            /^l
     ,―-y -―-'  |     ~~~ミ~~    
     ヽ  ・ ω ・ ヽ    ミ~~ ~ ~   ……やだ、わずか二分で四人も……
     ,| /)=[==]=l /)     ミ ~      
     |        |       ~~ ミ ミ~ ……ほ、ホントに書き溜めないからな!
  ((  |        l     ~~~ ~
     ヽ       ノ   ~~ミ ~~~      スローペースだからな! ともあれ投下開始します!
      (/ ̄ ̄ ̄U    ~ミ~     ~~
8291 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/03/29(水) 21:35:40.49 ID:JoBWF5Qa
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
 やる夫はスカヴェンジャーのようです二次創作

              情報部シャナのスカベンジ日誌
                   5th Turn 《クルマ》


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
8292 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/03/29(水) 21:36:45.21 ID:JoBWF5Qa
         ., ―――- 、
         /     u' .ヽ、
        ./ u        ヽ   あ、ありのまま今朝起こったことを話すお。
     ./´| ヽ_{ル{_ノ    .|
     /'  |{(●{liii{(●.))   |   最近同じ等級まで上がった後輩に仕事に誘われたと思ったら、
    ,゙  / ) (_人__)  u' /ヾ、
     |/_/.ヽ `⌒´    /V:::::ヽ いつのまにか助手席に座っていた……
    // 二二二7__u'_/u'/:::::::/`ヽ
   /'´r ー---ァ‐ T '"´ /::::/-‐  \  な、なにを言っているのか(ry
   / //   广¨´  /'   /:::::/´ ̄`ヽ ⌒ヽ
  ノ ' /  ノ:::::`ー-、___/::::://       ヽ  }
┏────────────┓
│ 前回のあらすじ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| シャナの買った中古車に乗って、【大口の遺跡】までやってきた、シャナ、やる夫、シンの三人。
| ひとまず入り口わきの棚を調べることにしてみたのだが、まあ出てくる出てくる発掘品の数々。
| サイズゆえに放置されたのであろうホイールの他に、
| 棚の下に隠すように置かれていたエンジンまで確保する結果に。
| そうして今度は、瓦礫でふさがれた左の通路へ向かうことになり……

| まさかいきなりエンジンを確保されるとは、このリハクの目をもってしても(ry
┗───────────────────────────────────────┛


   ▼ 現在のステータス   >>8134

      同行者:やる夫      >>7743  シンwithジン >>7746-7747

      好感度一覧        >>7749

      このターンの遺跡   >>7733 【大口の遺跡】

8134 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/03/20(月) 23:55:03.95 ID:AJhg0THk

              《ステータス》

                                    /⌒≧=‐- 、 、
                                      \\
                       -:.:.:.¨¨  ̄ ̄:.:.:.``丶       }:.:.ヽ
                        /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.丶 __ノ:.:.ノ
                   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\ ̄
                  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
                     //:.:./:.:.:.:.:/:.:.:/:.:/:.:/:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∧
                /:.:.:/:.:.:.:.:/:.:.:/:.:/// /:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.: ',:.:.:.∧
                /:.:.:.:./:.:.:.:.:/:.:.:/:./ // /:.:.:.:.:.:./:.:.l:.:.:.:.:.:.',:.:.:l∧
                /イ:.:.:.:.:/:.:.:.:./:.: /.:,ィ芋ミx、 //:.:.:.:.:./ トx:.:.:.:.:.:.:l:.:.:| :.
           ///:.:.:.:./:.//:.// 《 {::J:::リヾ /:.:.:.://zz/ |:.:.:.:.:.:.:l:.:.:| |:|
            // /:.:.:.:./ ':.: /:.:.:. /   V__ン  /:.://}てハ抃:.:.:.:.:./:.:.:.| l/
       //  /:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.∧  .:::::::::: __彡' / ヒ_ソ ノ》:.:.:.:/:.:.:|:.|
       //    /:.:.:.:./:.:.:/:.:.:.:./、__、        ,  `¨  /:./{:.:.:/:.:|
.     //     /:.:.:.:.-=≦:.:.:.:./:.:.:.込           ..:::::: /):.:.l.:.:∨ ヽ(
  //   -=≦ ̄:.:.:.:. -=≦:.: |三三三三三|  っ     /:|:.:.:.:{:.:.:.、
.// /:.:.:.:.-=≦ ̄:./:.:.:.:.:.:.:. /ニニニニニニ|、   _,.. イ.:.:|:.:.:人:.:.:.、
   (:.:.:.//:./:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:./ニニニニニニニ|  /ニニニニニ≧く:.:.|\:.\
     ヽ(:.:人(:.:.:.:. /:.:.:.: /ニニニニニニニ=|  トニニニニニ/ニ}:.:.|  ヽ:.:.\
      /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ニニニニニニニニニ|___ヽニニニ=/ニ/|:.:.|   }:.:.:ヽ\
.   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: /ニニニニニニニニニニ\---∧ニニ/ニ/ .|:.:.|   /:.:.:.:.)\ヽ
  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ニニニニニニニニニニニニ\- ∧ニニニ{ :|:.:.| //):.:.:/  ):.)
...:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. : {ニニニニニニニニニニニニニ/___}ニニ>:} |:.:.|彡' /:.:∧ //
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:乂ニニニニニニ}ニニニニニニ/---∨ニ/=| 乂\__/:.:/ ∨/
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ニニニニニニニノニニニニニ/-----∨∧=| /:.>―<   }:.}

――――――――――――――――――――――――――――――

 【名前】 衛宮シャナ 【年齢】 15 【出身】 キョウト

 【身分】 4級スカベンジャー

 【能力】(人間準拠)
  筋力:C+  体力:B-  俊敏:B+  知能:B+  運勢:B

  注目度:D 小さい割には腕のいいスカベがいるらしい

 A以上=一流 B=人並み以上 C=人並み D=苦手 E=諦めたら? F=子供並み

 所持金: 489 円 0 銭

 【所持品】
 ・武器
  零式軍刀 ……養父から譲り受けた将官用の高級軍刀。
             銘有りの真打や単分子刀にこそ劣るが、切れ味と頑強性を高いレベルで両立している。
             耐酸、耐熱、対単分子、耐ビームコーティングが施されている。
  7.62mm.選抜小銃 ……【サイズ:L】 大威力の7.62mm.ライフル弾を使用するマークスマンライフル。モデルG3 SG/1
                   フルオート射撃による牽制・弾幕と、セミオート射撃による精密狙撃の両方に対応可能。
                   簡単に言うと、一丁で突撃銃と狙撃銃の両方として使えるということである。
                   アクセサリに高性能光学スコープ、サプレッサ、ロングマガジン、バイポット、フラッシュライトを装備。
  45口径拳銃       ……【サイズ:S】 威力の高い45口径拳銃弾を使用する拳銃。
                   アクセサリにサプレッサーを装備。
  軍用マグライト      ……【サイズ:S】 本来は暗所を照らすための携行ライトだが、非常に頑丈で警棒代わりにもなる。
  携行爆薬(小)     ……【爆発物】壁や床などに設置し、遠隔操作で起爆する爆薬。主にトラップや扉の爆破などに使用する。
  ハンドグレネード(破片、閃光、煙幕、チャフ 各一個) 【爆発物】
  工具用単分子ナイフ ……【サイズ:S】 工具用として実用的な強度の単分子ナイフ。戦闘使用には不安が強い。

 ・防具
  特種防護コート ……防弾、防刃、耐衝撃と、物理攻撃に対し高い防御性能を誇る。
                   銃弾は7.62mm.ライフル弾まで防御し、通常の刃物や破片は防ぐが、単分子カッターには無力。
                   耐酸コーティングが施されている。
  登山ブーツ    ……底が厚く、滑り止めの付いたブーツ。特別な加工や補強はされていない。

 ・その他
  高性能PDA ……高い基本性能のPDA。メール以外にもハッキングや情報閲覧、カメラ機能が備わっている。防水、耐衝撃。
  携行用ガンケース ……【サイズ:L】以下の銃器を一丁しまっておける、緩衝材入りの軽量なハードケース。
                  肩掛け紐と鍵付きで、街中の携帯に便利。
  傷付いた獅子章……多大な功績を残して殉死した皇国軍人に贈られる勲章。
                シャナにとって、紛うことなき父の形見。
  警邏隊推薦状(済)……組合から発行される推薦状。実力ではなく人柄を保証するもの。
                既に依頼を受け、決済済みの印が押されている。……再発行には、警邏隊の詰め所へいこう。
  救急キット ……包帯やばんそうこう、消毒用アルコール、それに痛み止めやナノマシン製傷薬などが入った救急キット。
.             医療系の技能がなくとも使用可能。傷薬・痛み止めを使用した場合、補充には10円必要。
  ペンライト   ……小型の懐中電灯。太陽電池採用。
  ロープ10m……物を縛ったり移動に利用したりなど、多彩な用途のロープ。
  軽量工具セット ……使いやすい工具の揃った工具セット。小型工具セットより高性能で、携行性も悪くない。

 ・拠点
  住宅:中層区にあるガレージ・庭付き一戸建て。
        付近の治安はよく、鍵類のセキュリティも十分。警備ロボットやタレットなどはいない。
        一人で住むには広すぎるくらいで、それなりの人数を迎え入れられるだろう。
  ガレージ:中層区の自宅に付随する車両用ガレージ。
        特別な設備はないが、中型車1台+大型車1台分の駐車スペースを持つ。

 【技能】
  格闘術   Lv:5 ……素手や小さな武器を使った接近戦能力。
  刀剣     Lv:10……常識的なサイズの刀や剣を扱う技術。
  銃器     Lv:6 ……拳銃や小銃、あるいはそれに準じた火器を使用する技術。
                拳銃、短機関銃、突撃銃、狙撃銃を使用可能。
  狙撃     Lv:1 ……狙撃銃、選抜小銃などを使用して長距離狙撃を行う技術。
  軽業     Lv:5 ……戦闘における身のこなしや、狭い足場での立ち回りのうまさ。
  潜入     Lv:5 ……隠密・気配察知の複合技能。自身の気配を隠し、他者の気配を察知するのに長けている。
  観察眼   Lv:5 ……周囲の状況と照らし合わせ、不自然な箇所をあぶりだす技術。
  聞き耳  Lv:5 ……微細な音を拾い、情報として獲得する聴覚・技術。
  車両運転 Lv:5 ……地上を走行する、一般的な車両を運転する技術。
                バイク、普通四輪車、大型車、軍用車両を運転できる。
  機械操作 Lv:4 ……PCなどの機械全般を操作する技術や知識。極端に専門的なものは含まない。
  電子技術 Lv:4 ……プログラミングやハッキングなど、機械の内面を弄る技術。
  軍事知識 Lv:7 ……軍そのものや軍人、使用される装備などに関する知識。
  指揮     Lv:1 ……状況を確認し、他人に指示を出すことに秀でている。
                Lv1は知り合い同士におけるちょっとしたまとめ役相当。

 【特性】
  ESP【縮地】 ……空間を切り嗣いで割り込み、彼我の距離を一瞬で詰める。一種の空間系テレポート。
  ┃          これを高精度で、かつ連続して行うことができるのがシャナの最大の武器である。
  ┃          移動には重量制限があり、重装備では使用できない。
  ┗斬鉄(偽)……ESP【縮地】の応用により、通常の刀剣類で金属装甲を斬り裂くことが可能。
              ESPの使用できない状況や、高速機動する対象、乱撃戦では使用できない。
  軍人の遺児……皇国軍人の忘れ形見。
              根無し草のスカベンジャーであっても、社会的にそれなりの扱いを受けられる。
  情報部員  ……時に身分を隠し、偽り、軍で暗躍する情報部の一員。
              現在その権限や支援は利用できないが、そこで得られた技術や知識は健在である。

 【装備制限】
  軍刀を固定装備する。
  他に【サイズ:L】の装備を一つまで装備可能。また、爆発物は合計六枠まで携行可能。

 ※スキルレベル参考基準
  1.覚えたて  3.慣れてきている  5.一人前  8.プロ級  10.その分野でのトップクラス


 【拠点・倉庫】
 ・車両
  軽トラック(中古) ……荷台部分が吹き曝しになった四輪車両。運転にはスキル【運転】で普通四輪が必要。
  ┃               基本乗員2名+運搬能力。荷台に人間を載せることもできるが、乗り心地はよろしくない。
  ┃               > サスが歪んでいるため乗り心地が悪く、エンジンも劣化しているためあまり無理はさせられない。
  ┃               > 移動の足と割り切ったほうがいいだろう。
  ┣軍用スコップ     ……【サイズ:M】 塹壕戦最強と噂の近接武器。誰がどう見ても近接武器である。穴掘りにも便利。
  ┣ワイヤー10m    ……ロープよりも頑丈だが、遺跡に持ち込むにはやや重い。車載用・牽引用にどうぞ。
  ┗高級座布団×3 ……座席に設置するふかふかの座布団。長時間の運転でもお尻に優しい。

 ・武器
  量産軍刀 ……【シャナ専用】 父の形見ということになっているシャナの軍刀。頑強ではあるが切れ味は今一つ。
             数打の量産品であり、軍士官の武装としては少々心もとない。分類、丙種士官用軍刀。
             対単分子コーティング、耐酸コーティングが施されている。
  最低性能PDA  ……ウジ虫に広く流通するPDA。性能は極めて低く、簡易なメール機能しかない。
7743 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/03/11(土) 22:52:55.39 ID:z42CmnSO
  【NPCステータス】

                          / ̄ ̄\
                        /  /    ,\
                         (●)     \
                        (人___)       |
                        |!ilili!|      入
                         `<!レ'´ニ ̄``''ーl.||
                    _,,..、-''"^丶、丶、 ̄三!L、
        __,,.. -ァ''" ̄`「´`ヽ丶、      ヽ.  i  ̄|ヾ!
  ⊂ニ" ̄     i |                /  |  | |′
     \   >ー-ゝ、__           /   |/||!
       `ー'´      _  ̄ ̄ ̄ ̄| ̄\ / ヾ 、 l三_| |
              /  _ヽ    _/__r「丁丁x!   rェ 工_
          .  / ヾ/_  ̄ ̄ | if !二エニ´  l  `7 ) )
          /./ へチ、_`ヾ、 _| 」 ||| |_x]  j  l/・/./
          `</ ` ̄`<Yナ''´ ト| rィT T x]  i’ i ̄厂!
                      |_∟フ 天_ └=ァュノ
                      下-‐"__ ̄`"''f_

  入即出やる夫 4級スカベンジャー

 フジノミヤで活動するソロのスカベンジャー
 戦闘能力や工作技能に特筆するほどのものはないが、経験豊富で技術は幅広い。
 気質は善良で、新人スカベンジャーの指導を買って出ることも多い。


 【装備・技能 一部のみ抜粋】
  5.56mm.突撃銃URカスタム ……5.56mm.突撃銃にアンダーマウントレールを追加したカスタム品。
                      フラッシュライト、ロングマガジン、高性能光学スコープ装備。
  単装グレネード投射器    ……専用のグレネード弾を発射できる装備。
                      アンダーマウントレールに装備可能で、上記5.56mm.突撃銃に装着中。
  工具用単分子ナイフ
  ハンドグレネード(破片・閃光・煙幕・EMP・チャフ 各2個)
  グレネード弾(破片 2発)
  携行爆薬(小)

  銃器    Lv:6……拳銃や小銃、あるいはそれに準じた火器を使用する技術・知識。
               拳銃、短機関銃、突撃銃、軽機関銃を使用可能。
  投擲    Lv:5……物を投げるうまさ。グレネードなどに使用する。
  機械操作 Lv:5……PCなどの機械全般を操作する技術や知識。極端に専門的な技能は含まない。
  機械解体 Lv:5……停止した機械を解体し、パーツ取りする技能。
               起動しているものを解体したり、停止させることはできない。
  統合知識 Lv:7……遺構知識、機巧知識、生物知識の複合技能。
               遺跡や自立機械、突然変異を含む生物に関する知識を持ち、考察できる。
  爆発物取り扱い……爆薬や爆発系の武器を適切に扱うことのできる技術・知識。
                   携行爆薬や一部の爆発武器の効率的な使用が可能になる。
7746 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/03/11(土) 22:54:09.34 ID:z42CmnSO

  【NPCステータス】

      __                   { 、_、
      (∧                 , ニニ`:`ヽ\ . ィ
   .   Vヘ            iー/'一:::::::::ゝ三Z_:゙i:::l  _
       Vヘ __         >‐:::::::::::;∠:::ィ::/ムz::レツ
   .     ヘ.V /lヽ.        /≠´::::::::/ftメyソ:ィ:ィィN::{
         ヘV、.∨       `フ:イ:::从  ´, 式ツ::::〈
          ヘヘ.∧       -"-ァ{ヘ  ,r'⌒} 彡'::::l::}
           ヘヘ∧__        /ッv¬ `ミ ′イア/l'′
              ヘヘ | l、  / ̄` 二ニ__l|`¨ フ从.¬
            `TT∧ {: : _: :l r‐| :  ̄Kl,  ソ
             | |∧ヘ//:ノ ゝ \: l レ'ト.∠_
             /∧〈ヘヘく/:.ィ:.:.:.:、  丶/ Vト`ヽ.
              // l∧rhヘ´,r‐:.:.:.└、/   `ヽヽ !
   .         〈〈  ,lfニニ)VY、:.:.:.:.:.:.:.:.:.|| ̄ ̄i三l.r:l |
            VV/ゝニソハ ヘ 、:.:.:.: :.:||:.:   :.:.:.///
             `7: : :|、l ヘ lヘl:.:.:.:.:. ||.    f:.f l}
                {: : : ヽソ ヘヘヘ:.:.:.:.:.:.||    |:.ゝ|
              ゝ<ノ   ヘ` l:.:.:.:.:.:||:..   l:.: l
                       l f|:.:, --lッ¬‐、_\ヽ
                       `く彡'´ ̄ヾ.土r‐lく: ヘ

  シン・アスカ 3級マーセナリー

 フジノミヤで活動するフリーのマーセナリー(傭兵)。装甲スーツ等を使う正面戦闘が専門。
 探索系の技能は持たないが、生身、装甲スーツ共にバランス良く高い戦闘能力を持つ。
 彼はスカベンジャーではなくマーセナリーの為、他のキャラとは同行条件が異なる。


 【同行条件】
  ・4級遺跡・依頼では50円、もしくは100円。3級遺跡・依頼では125円で雇用する。 ※
  ・100円以上での雇用の場合、装甲スーツ【ジン】を使用し、同行する。
  ・探索成果からの分け前の分配は不要。
.   雇用費は上記の通り一律だが、味方が著しい損害を被った場合危険手当として報酬の増額を要求される。
.   (著しい損害の例:誰かが戦闘不能になる、装甲スーツが破損する、等)
  ・3級スカベンジャーと同時に同行を頼むことができる。

  ※ 初回に限り二割引で同行を依頼できる。


 【装備・技能 一部のみ抜粋】
  7.62mm.突撃銃. ……大威力の7.62mm.ライフル弾を使用する突撃銃。装甲目標には効果が薄い。
                    アクセサリは遺跡や依頼によって異なる(例:遺跡ではライト装備、潜入ではサプレッサ装備、など)
  45口径拳銃    ……威力の高い45口径拳銃弾を使用する拳銃。
                    アクセサリは遺跡や依頼によって異なる。
  装甲スーツ【ジン】 ……中装甲スーツ。遺跡からの発掘品をレストアした機体。
                    パワー・装甲・機動力、いずれも高水準にまとまった典型的な中量級の装甲スーツ。
                    詳細は別シートで。

  格闘術   Lv:6 ……素手や小さな武器を使った接近戦能力。
  刀剣     Lv:6 ……常識的なサイズの刀や剣を扱う技術。
  銃器     Lv:8 ……拳銃や小銃、あるいはそれに準じた火器を使用する技術や知識。
                拳銃、短機関銃、突撃銃、軽機関銃、狙撃銃、対物ライフルを使用可能。
  狙撃     Lv:4 ……狙撃銃、対物ライフルなどを使用して長距離狙撃を行う技術。
  重火器   Lv:6 ……重機関銃や機関砲など、生身の人間が単独では使用できない武器を使用できる。
                携行使用は装甲スーツ搭乗時に限定される。
  装甲歩兵 Lv:8 ……装甲スーツに搭乗・操縦し、戦闘を行う技術。
  指揮     Lv:3 ……状況を確認し、他人に指示を出すことに秀でている。
                シンの指揮は戦闘においてのみ作用し、またシャナの指揮とは重複して発動しない。
7747 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/03/11(土) 22:54:22.65 ID:z42CmnSO
  【NPCステータス】

          `ヽ、 \  i____!.       || .:::i|     /'   , ' ,. - ' ´
    `` 丶 、 、  `ヽ\l!:::::|      ,|| ,ィ、i!    / /,.. - ' ´, '´
    ,r-、';、 `ヽ`丶、. l! :|‐- 、 ,. ' ´ |´ |:::!'、 _,/  ´_ ,... - '-;:ォ
    1/ '>; 、 ヽ `l! :|、 ,.ィ ,、  |r'"i;! ヽ,.> ‐ ' ´  ,.>,. ''" |
    ト- '.ィ' ヘ、ヽ,' ヽ,l!__:|,.`ヽ' | ,丶、ヾ ' ,.ィ,ト丶.、 、 ,:´ '´  i,、 !
    `'<   ,. -‐〉'r─-二,'i=,'i ! `ヽ、i,. ',.イ |〉 丶_ヽ、 ,. '´ /!、、
     l丶、r' r' `// !:::::::::::::ト,'i !、 ` v`='v' ´;//  /`!/ i '´   ,/ ヾ、
     ',  ,'| //,.-;::ニ::;,ヽ'!'i ヾ>〉-,/イ ,ゞ-`〈、`〈.ー}‐'´  ,/   ヽ
      ',  ! 'i,./ ',r'´,... .., `ヽ 'i  ヾ'エ'イ'´ヽ   ヾ、_!'i |   /__,,., /
    ,. -' `'//´,i ! .,'    ヽ. 'i 'i   \  ヾ、 ,' ヽ ヾ /´   |
    /`丶、!/' ! l {     } ,! l    ヽ  ヾ、   ヽ// '!   |
   ./'   /  ,.'、'、ヽ、___,.ノ ,ノ ノヽ 、 __ }-‐''iヽ,.. ‐'./    !'i_,.....,_! /
      ,'  , '  ヽ.、`ー--‐''´/ヽ ` ''   ソ   },.'´ ,r'    ノ 'i;─ヽヽ
      !  ;   r"| `ー-‐'7!,  |    /   //  /,、.. - 'イヾ  ,ノハ
    /'! ;  i´| | ̄ ̄ ̄i'|  /    /  /./ ,ィ' >r.、ゝ'´ ヽi〈   l,
   /  '、 ', | !、` ── ' ,! /' ──,.'-‐ノ,'ィ'´,rイ'ヽゝ‐ヘ ,. -'ゝ  ,〉
        ヽ、| | `l   l'´,/   /''' ´ヽ/;//-''  \  `ヽ '´ ,.-'´ヽ

  装甲スーツ【ジン】 中装甲スーツ

 マーセナリー『シン・アスカ』の所有する装甲スーツ。当たり前だが、彼以外の人間は使用できない。
 重火器の使用を可能とするパワー、7.62mm.弾を完全に無効化する装甲(12.7mm.弾にも耐性有り)、
 ブースターによる三次元機動といった、装甲スーツらしい性能を高水準に備える。


 【装備・機能 一部のみ抜粋】
  12.7mm.重突撃銃   . ……大口径の12.7mm.機関銃弾を使用する装甲スーツ用突撃銃。装甲目標にもある程度有効。
                   口径に比して取り回しが良く、機動戦闘に向く。重いが、辛うじて生身で扱えないこともない。
  対戦車携行ロケット砲. ……携行式の対戦車ロケット砲。装甲目標に対して極めて有効。
                   一度の依頼中6発まで使用可能。一発撃つごとに弾薬費として5円雇用費値上げ。
  物理ブレード『重斬刀』 ……その名の通り、重量で叩き斬る物理ブレード。
                   切れ味は単分子刀などとは比べるべくもないが、とにかく頑丈。対単分子コーティング済み。
                   その重量から、生身で扱うのは極めて困難。

  サポートAI(低級)     ……機体の状態等をガイドする機能を持ったサポートAI。
                   低級AIの為、AIによる思考・判断や機体制御の補助はできない。
  ブースターパック    ……背部に装備された大型ブースター。
                   機体に高い機動力を与え、短時間であれば飛行も可能。
  戦闘用装甲スーツ    ……純戦闘用に調整された機体。
7749 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/03/11(土) 22:56:22.45 ID:z42CmnSO
 【好感度一覧】

   クーデリア.   ……A-   (本当に、放っておけないんだから……)
   やる夫.    ……C-   (強い子だけど、ちょっと危なっかしいお)
   ヴィルヘルム ……B     (次は本気を見せてくれよ)
   チンク.      ……D     (いい奴だな。同窓生だし、仲良くしたい)
   シン       ……E+   (将来有望な顧客、ってとこか)


   アリス       ……C-   (昇級間近かな、おめでとうございます)
   聖十郎     . ……D+   (お仕事、お疲れ様)
   スカサハ.    ……C-   (将来に期待の持てそうな器だ)
   リッカ.       ……C     (昇級おめでとう、アナグラをよろしく!)
   リリィ       ……D+   (昇級おめでとう、ガンバレ!)
   ダリアン    ……E+   (まあ、精々期待しておいてやるのです)
   愛歌..     ……E+   (お姉ちゃんって呼んでいいのよ?)
   ピアニィ.     ……E+   (お、大物新人ね……(震え声))
7733 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/03/11(土) 22:34:18.75 ID:z42CmnSO
《仕事一覧》
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 【遺跡情報】

 【名称】 大口の遺跡 四級指定

 【探索条件】 等級の他に規定なし

 【解説】
  車両ごと中に入れそうな大きな入り口と通路が特徴の遺跡。
  既に探索の終わっている範囲を見るに、恐らく旧文明における車両倉庫か、
  その類型だと思われる。
  内部にはまだ稼働状態の警備ロボもいるようだ。

 【備考】
  遺跡内部への車両の乗り入れ可能。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 【遺跡情報】

 【名称】 ヤシロ遺跡(浅) 三級指定

 【探索条件】 等級の他に規定なし

 【解説】
  霊峰フジを祀る、寺社関係の遺跡。
  遺跡の造りはさほど複雑ではないが、
  警備ロボットやセキュリティが多数生きており、激しい戦闘が予想される。

  ヤシロは漢字で書けば『社』。入り口の柱には他に、『浅』の文字が見て取れた。
  ……ということは、やはり深い何かもあったりするのだろうか?

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

※ 郊外のガラクタ山、郊外警備はショートクエストへ移行
8293 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/03/29(水) 21:37:19.27 ID:YM5GGtDp
そりゃぁポルポってしまうよなw
8294 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/03/29(水) 21:37:53.18 ID:oGaQhVlA
だいたい後ろのマーセのせいです
8295 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/03/29(水) 21:39:46.14 ID:JoBWF5Qa
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
8296 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/03/29(水) 21:40:00.88 ID:JoBWF5Qa
              ガラガラ
戈/リ   戈____
∨!_|三≧=三二戈!.::|戈_
/i ̄\       |>! =<≧=― 、____
\|二≧ト、    弍_人_ノ: : : : : / / / ̄:|戈_l弍_           γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
__人∧  ∨ ̄!                  ∧ノ≧-<二>,=ァ       | ……完全に埋もれてるな。    |
 \! \_/ ̄!.| ̄\            . : : ::|: : : : : : |:::ト==_/       ゝ______________,乂 シャナ
≦二 ̄i i .:戈≧≦ ̄>、       . . ::::::|: : : : : : |:::|戈/
戈≧イ ̄\_!_人_>' \ ̄\   ..: : ::::::::|: : : : : : |:::||/l|            γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
 ̄\/ ̄ _!全ァ、  ̄≧==-、_∧_: : : :::::::|: : : : : : |:::|У|             | だお。                   |
\  \_./ // / ̄ ̄\`ヽ!≧ァ、__>、::::::|: : : : : : |:::|_|             ゝ______________,乂 やる夫
 ∧__/./__ノ  ! ̄\∧.人_| ̄》>< ̄∨\三二≦三\!__
 ̄ ̄ ̄\! \ノ ̄ ̄ ̄|!\  ∧_∧_!/ ̄>、 \.,、三三,、::::\
      \ |     ./  ∨  /.> \`ヽ  ||ーく .〉:i:i:i:i:i:i:\_!
___      \    / \   \〈:::〈   ≧ノ  ∧| ̄ ̄!\≧、:i:i|:i:|
    >、    \./   |\   \_>―イ  |/\/>夕三∧戈!
  /   :\    /   .∧_≧、_>〈 ̄>、リ   >!夕\三\:\
_/ ̄ ̄!__ >、./     l∨\  /`ヽ,人__∧―<_,.人./\三:∧:::\
\___.>'´   \  ,,,,人_/ ̄〈   .|  \\ \__>/|   \三\::::>、
/  | /     .......∨     >、 . \人   \\::::::/   \  /\三:\!_∧
_   人 \_...::::::::::::.〈         >、|\\   \\|:::::....  >――\三;≧、\
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| ここはそう、【大口の遺跡】入り口から、簡単に目の届く場所。
| 二つある通路の片割れ、瓦礫に埋もれた、通路と思しき左の大口……なのだが。
┗───────────────────────────────────────┛
8297 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/03/29(水) 21:40:36.37 ID:YM5GGtDp
wkwk
8298 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/03/29(水) 21:40:45.94 ID:xnb5fveU
しかも装備もかなり金かけてるからなw
8299 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/03/29(水) 21:43:09.24 ID:JoBWF5Qa
          , '´ ̄ ̄ `ヽ
        /
      {!      _,....:::::―――::::...._
       \__,...:'´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`丶、
       /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::、::::::::::::::::::::::::ヽ、
     ,:':::::::::::::::::,:::::::::::::::::::::::::::::;:::::ヽ::::::::::::::::::::::::::\    大分層も厚そうだし……
.    /::::::::::::::/:::::::::::::::/::::::::;::,:|::::::::∨::::::ヽ::::ヽ:::::::::ヽ
   '::::::::::::::/::::::::::::::::::/:::::::/:/::!:::::::: |:::,:::::,::∨::∨::ヽ::::.   これを押し通るのは無理そう、かな。
   |::::::::: /::,:::::::::::::::/__/_/::::|::::::::::|!::|:::::|:::∨:::',::::::∨',
   |::::::::/::/::::::::::::ィ:::::::/〃 i:/|::::::::::}イ⌒iヽ:|:: |::',::::: |、::.                          だおねぇ…… > やる夫
   |:::::::|::/|:::::::;::::/!::/ / / |::::::::/ }:i Ⅵ|:::}:: |:::!::::: ! マ
   |:::::::{/::|:::::::|:/,ィチテ芯ヽ  |:::::/ィチ芯ヽ|/|::::|:リ:::::::| }!   上から下まで完全に埋まってるし、
   |:::::::'::ハ!::::/|:圦 比j刈   }::/ 比刈   ,|::/:::|:!:::リ /
   |::::::::::{ |::/::::::. 弋こツ  /'   弋zソ  ム:/:Ⅵj::/      これは単なる瓦礫の山と見た方がいいか。
   |::::::::人!'ハ::::::::.             {:::::|:::.リ /
   |::::::::::::::`¨}:::::::i           `   u  八::|:::|
   |::::::|::::::r7∧:::::::.、     r   っ     イ|::::::|:::|
   |::::::|::::::|/// ̄>、>   __,. ィ//>|::::::|:::|
   |::::::|:::://////////rrハ  |//////イ/l|::::::l::リ
   |::::/::/-<///////|//| ,ト、//// //リ:::|::|/
   ,:::::'/////\/////!//!,.‐: 、\/ ///:: /::|
.  /:///////// \//ム/ |:, -- Y:∨//:::/:: リ
  {//////////////\{//∧: : : :|: :} /:::イ::::∧
  |////////////////////ト,: : :!: :|'///::∧/}
  |////////////////////|: i: /: : |/,イ::////|
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 一体何がどうしてなのか、その通路は完全に埋もれてしまっている。
| ちょっとした瓦礫なら撤去すればいいというところだが……生憎目の前のこれは、
| 以前の【おもち屋遺跡】と同等か、それ以上の崩落具合だ。
┗───────────────────────────────────────┛
8300 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/03/29(水) 21:46:32.14 ID:xnb5fveU
爆破でどうにかなるレベルじゃなさそうだ
8301 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/03/29(水) 21:47:34.56 ID:YM5GGtDp
向こう側に視界が通るあなでもありゃなぁ…
8302 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/03/29(水) 21:48:06.01 ID:Y+HsNc2f
よしんば爆破できてもコストを考えるとねぇ…
8303 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/03/29(水) 21:48:21.36 ID:JoBWF5Qa
                     -  ̄ ̄` - 、
                 /ー、         ヽ
                , -、     ヽ、_     ハ   だおねぇ……
                 ノ!o }  !、_         ',
              / >    o`ー--      }  一応爆薬持ってきてるけども、小型爆薬一個じゃとても……
              { /    ヽー- _  _   !
              ヽ`ー〈   }     イ´  ヽ j   ……そも、この規模の瓦礫吹っ飛ばせる量の爆薬とか、
               >、  ー'    (  , イ⌒ヽ' |
               <  7ヽー-ァー-ヾ/    .ハi   そんなの使ったら遺跡が崩れて余計瓦礫が増えるお。
      r='ヘ      /ヽ!:::{ <´    ハo     i
      ∨l∧     ノ  / 7::`->  /    j     /                       なら、仮に押し通るなら、何がいる? > シン
       ∨l∧  _/ j / /:;':::〈-イ     〈    ..|
       ,イ )ヘ}-' / j /:::;:r´        !   ...|                                     重機……かな > シャナ
       ! ⌒)ヘ  ノ /:::::;/        }   ..|
       ヽ ´ノヘ/  /::::::/       ヾ /    |    だお。マジモンの重機使うとこだお。
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| シャナとやる夫の方で携行爆薬なども持ってきているが……
| とても火力が足りないだろうし、そもそもが吹き飛ばすべき範囲が大きすぎて、
| 十分な量の爆薬を使えば、今度は遺跡の方が吹っ飛びかねない……
| これをどうにかしようというなら、建築用の大型重機を持ってこなければ無理だ。
| 下手に奥に行くことを狙いはせずに、単に瓦礫の山を漁るにとどめたほうがいいだろう。
┗───────────────────────────────────────┛
8304 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/03/29(水) 21:52:27.96 ID:JoBWF5Qa
                     ,.-;;''´ _,.-;;= '´
                   ,.-''´.:'''´ ̄::-ニ,,_
                _,.-‐'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`''‐-,,._
              ,.‐''ァ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_゙ヽ、
              ,.:'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::. ::::::ヾ;、\    なるほど、重機か……スカベンジへの同行は何度かやってるが、
               /: .. :::: .::::::::: ::::::::::::::: :;:::::::: :::. : : : : . :.ヽ丶ヽ
              ,': :..: : :. :: . ::: .: .: .:::: .:ハ::: . ::::::. . :. . :::.ヽ `ヽ  考える人間は、その辺も本当によく考えてるんだな。
                l:::::::..:..:: ..::.::::: .: .:::::::.:.:/ l:::.: :::::::::::. :::. :. :::::..',
             j:::::::::::::::::::::i:::::::::::;::i::::/   !:::::::i::::::::i::::::i:::::::::i;:::',   さすがだよ、指導員。
               /::::::::::::::::::::::i!::;i:::::;!:l:::;'   |:::::;イ::::;イ:::::;'::::::::::!';:::!
           /''l:::::::::::::::::i:::l∨';:/l/l::{.   j:::/_l::/_l::::/:::::::::::| ゙;::!                ちょ、マーセにもその名前知られてんのかお!? > やる夫
                l:::l:::::::::::::::;:l‐r‐lリミ、l:l_/  l::/rrl/l‐1/::::/::::i::! ';l
            l:/l::::::::::::::::リ┴‐┴ ゙|!   l/┴‐┴'/:::/:::::::i;:!  '!  ま、スカベとマーセつっても、
            l' ';::::i、::ヽ::',      '  l      /;イ:::::j:/'ll
              ';::l ヽ:トヾ、       ,     /'´::::/´ `    依頼絡みじゃ共闘競争は日常茶飯事だしな。
               ヾrく` `r、    ,. -- 、  ,.イ:;イl:K_
                  ',` ニ -、 、,.-'´ _,,,..._ ヽ'´!  l'`> >      有名人の名前くらいは。
                 __', _ト、!.iノ ` ‐'- 、/`´ j   //
            _,,..-‐ァ' /{ 7く∨  、 - 、 `Y⌒7   , ' へ                                         マジかお…… > やる夫
       ,.-‐''"´   / / 丶ヽ「 {  、 `゙ヾ  !/} ,.‐,. '   \     それより、ここの探索そろそろ始めようぜ。
┏────────────┓
│ システムメッセージ                                                                うん、了解 > シャナ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| まあそういうわけで、火力至上主義なやり方では、
| とてもスカベンジャーとしてはやって行けず……色々な物事に対して、
| 適切な判断と装備が必要になるわけなのだ……
| そんな事実を再確認しながら、シンが一人頷いている。
| なんだかんだで、荒事専門彼には、こういうやり取りは新鮮なのだろう。
┗───────────────────────────────────────┛
8305 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/03/29(水) 21:53:44.22 ID:YM5GGtDp
業種にまで知られる指導員()のあだ名ww
8306 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/03/29(水) 21:56:55.18 ID:JoBWF5Qa
 ̄〕
/                                                 γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
  ガッ...ガッ...                                            | とはいえ……さて。                 |
__      { ̄ ̄>''"\                                 //| この瓦礫の山、どうやって調理しようか。   |
、 ∠     >''",.. <\\                              / ./ ゝ___________________,乂 シャナ
.\  > '二,. <    L__\\ /^! .,                        /  ./  -‐  二 ̄
:.\\< }}>-、 廴_____廴_廴__l_ `  、                 /   /-==ニ二 ̄≧===
:.\\\ /,イ\\     { ̄ >'"〕   廴  ` 、     } ̄ ̄ ̄二ニ=-<   .イ   . 'イ>、. γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
.:\\\\/.{_.>、\   >''" ノ〉'    「 ̄}厂 ̄}/〉__r―ヘ'\/〉二.イ ̄ ̄ `T⌒L_/// /〉〉| バランス考えんと、崩れそうで怖いおね。   |
:.\\\\\ / /\>''" ,. <//     l_{    //廴〕、 、\〈 ィ7    _辷'二二.. ==-‐'' ゝ___________________,乂 やる夫
:.\\\\\\>''" ,. <_,r-//     从/  ./イ {!⌒ヾ=-≦ヾ\二Z二Zニ=-==='⌒! ̄ ̄´    ./
:.\\\\\\\< .////_/⌒!_ //厶イ/}_}_廴,、__,..㌻. イ\\ー---<〉7    .〉  ̄`¨7 ̄/
:.\\\\\\\\ 廴j .//  〉 _/ _// -Ll二ニ=-イ 〉廴___\\-‐'´//`ー-/ γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
::\\\\\\\\\二//二/二,、 //    ,、   〕、 .L//⌒}   > >__//__f<. | 取り敢えず、車にスコップがあるから、.     |
:.\\\\\\\\r一.//Tー'-勹 ^~^?   r 、 / `'<  〉// __`ク_/ .//   /..:.:/.| 何かひっくり返したりするなら使おうか。    |
:.\\\\\\\\{ .// ,:Lr√二ヽ  `^Z」 〈   ._\//'Y  >--=ミ//  ./.......:/ ゝ___________________,乂 シャナ
.:\\\\\\\\ゝ//__人 r'^⌒了_r--く`ー'   〈/L之 ∠  -―     ´ ̄_     -―
:.\\\\\\\\\\\\\ー-z、_         r―==¬冖ニ二     ̄
.:\\\\\\\\\\\\\\......../        /     ,ル'´             γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
┏────────────┓                                 | 荷台のやつだな、俺が取ってこよう。       |
│ システムメッセージ                                       ゝ___________________,乂 シン
┣────────────┻──────────────────────────┓
| ともあれ、シンの言う通り、いつまでも考え込んでいても仕方ない……
| そろそろ瓦礫の山を漁ることにしよう。
| まだ動く機械など、何かしら使えそうなものが埋もれているかもしれない。
| 雪崩れを起こして、下敷きになるのは勘弁だが……
| 表面を漁る位なら、慎重にやれば大丈夫だろう。
┗───────────────────────────────────────┛


   ▼ 探索・索敵判定 1D100+観察眼(シャナ:15)+潜入/気配察知(シャナ:15)+統合知識(やる夫:21) 目標値:100

   ↓1~3 シャナ達の瓦礫の山漁りについて自由記述
   ↓3    ダイス採用

8307 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/03/29(水) 22:03:08.15 ID:YM5GGtDp
【1D100:24】
スコップで救った土砂の中にも小さな遺物があるかもしれない 注意しよう
瓦礫のバランスに注意 よーく観察しよう
反響音などで中の物の大まかな大きさや素材がわかるかもしれない 注意
発掘作業で大きな音が出るかもしれない 当然敵対者も寄ってくるかも
どうってことない物でも実は価値のあるものかもしれない やる夫さんに確認を取ろう
動かしづらい重いものはシンに頼んでもいいかもしれない
物によってはシャナが残鉄して小さくするのもいい
8308 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/03/29(水) 22:06:17.02 ID:Y+HsNc2f
掘り返す前に目視によって何か埋まってそうな所に目星をつける
何か周囲と形が違ったり、わずかに突き出ている物など

【1D100:50】
8309 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/03/29(水) 22:07:52.00 ID:oGaQhVlA
【1D100:91
8310 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/03/29(水) 22:08:15.24 ID:oGaQhVlA
高いの出た
8311 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/03/29(水) 22:08:43.23 ID:YM5GGtDp
ナイスゥ!!
8312 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/03/29(水) 22:09:48.31 ID:xnb5fveU
おお!
8313 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/03/29(水) 22:10:21.23 ID:6lDJSCtn
グッド!!
8314 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/03/29(水) 22:11:03.27 ID:Y+HsNc2f
これはまた来ますかなw
8315 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/03/29(水) 22:14:00.81 ID:JoBWF5Qa
すいません、安価のうちにトイレ行ってまし……なん……だと……?(91)
ちょ、ちょっと待っててもらっていいですかねぇ……(震え声)
8316 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/03/29(水) 22:14:48.58 ID:oGaQhVlA
どうぞどうぞー
8317 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/03/29(水) 22:15:16.33 ID:YM5GGtDp
ええよ 熟考すればするほど…(ニッコリ
8318 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/03/29(水) 22:15:49.84 ID:Y+HsNc2f
熱烈歓迎かなw
8319 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/03/29(水) 22:18:39.31 ID:JoBWF5Qa
ざっくり安価内容と、それに付随する使用技能の追加他諸々、計算終わった。
……チクショウ!!!!!!
8320 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/03/29(水) 22:25:58.08 ID:JoBWF5Qa
  ダイス【91】+安価【35】+特技【76】 > 100 ダブルスコア!(ヤケクソ)

.   /::::/:::::::/:::::::::::::::/::::/::::::::::::::::::i \::::\::::\:::::::::::ヽ:::::::::::::::ヽ:::::::::::::i
   /::::/:::::::/:::::::::::::::/::::/ ヽ:::::::::::::|  斗-\ー\:::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::::::|
   :::/:::::::/::::::::::::::./::::/ト.、 ヽ ::::::|   .x=芸气ミ\i:::::::::::::::::::::::',::::::::::::|  さて、それじゃあ……
    /:::::::/::::::::::::::::/::::/ .    ヽ :::|  .〃ム ..i:::::うⅥ /:::i:::::::::::::::::::::::::::::|
   :::::::/::::::::::::::::::′ i.ィチ云㍉ ヽ:i     ∨.{:::{.リ   /:::: N ::::::::::::|:::::::::::|  シンがスコップ取ってくるまで、軽くノックで内部空間の把握とか、
    :ノ:::::::::::::::::::|  ヽヤ .{::{,ィ   \.  .辷匕7  /:::::::::::/ヽ ::::::::|::::::::::|
      :::::::::::::::::八 /    廴ノ             /:::::::::::/  ヽ::::::::::::::::|  その辺の下準備やっておこうか。
      ::::::::::/  / ハ       ′.         /:::::::::::/   ∧ヽ:|:::::::::|
.       ::::::/ /  ∧     _        ∠:::::::::::/|,ィ'/:::::::::::::::::::::|                         ……お、おう > やる夫
           /:::::::::.∧    ヽ__`,  /////////`ト:::::::::::::::::::::::::::::::|
.          /:::::::::::/  ヽ        |:///////////////////\::::::|   (後は妙に盛り上がってる位置とかにも注意して……)
        /:::::::::::/     >        |://////////////////////ヽ|
         /:::::::::::/,ィ'////////:`.::::::孑|/////////////////////////ヽ  (上が崩れないようバランスパズルやりながら、)
         /:::::::::::/ /////////////////////////////////////////
.        /:::::::::::/ ///////////////////////////////////////////   (取れそうなところから漁っていこうか)
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| というわけで、入り口に停めた軽トラックからシンがスコップを取ってくるまで、
| まずは軽い下調べをすることにしよう。
| 音の反響から、中に空間があるか、そしてそこに何があるのか……
| ぼんやりとであれば、把握できることもあるし。
| 本格的な探索は、シンが戻ってきてだ。……しかし、やる夫は何を変な顔をしているのだろうか。
┗───────────────────────────────────────┛
8321 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/03/29(水) 22:27:08.44 ID:YM5GGtDp
工作員スキルです(迫真
8322 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/03/29(水) 22:34:29.42 ID:JoBWF5Qa
                            i
                            :
                            ;        γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
                            |         | ん、ここ……大分下の方だけど、なにかある。 |
                            |         ゝ____________________,乂 シャナ
                            :
                            i
                            ;             γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
                               .|               | 分かるのかお、シャナ?              |
                            |:             ゝ____________________,乂 やる夫
                            。
                            |
                               :|          γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
                              o        | ええ、まあ……耳は悪くないので。        |
                               .;           | 空洞……いや、中に液体か何かが少し?    |
                           O        ゝ____________________,乂
     _,,,、、r-ー ' ´
     rー ''''''¨¨´       _ ,, 、、 r - ゚ー  、、、,,,,,___
             ,、 r ' ´          。         ̄`¨'' ーγ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
         ,、r ' ´         ゚   __,,,,,,,,、、、、゚ ,,,,,__   ・   .  | そういや、ちっとガソリン臭いおね。        |
     ,、r '´      ,、r゚ 。- '''¨´´ ̄ ゚   ・   ・   ̄``¨''' 。 、 | ……1000年経って気化してない燃料か。       |
           ,、r '´ ,,、、r -。゚ ー r'ゝ、_,r'ヾゝ-'´!、 ー 、、゚   ¨ゝ____________________,乂 やる夫
        ,、r'´  ,、r'´       ゞ'´ _,,,,、、、、、,,,,,_  ヾ・、゚  `゚ヽ。、    `ヽ、
     r '´  , r'´   , r' ´。   .r゚、 _r'´       `ヽ . ,ゝ゚。 ヽ   `ヽ、    ヽ
       , r'   ,r'´  ,r '    \`¨''`¨'' ‐ ''¨´''''¨´/   ヽ  `ヽ、  ヽ、
      r'    ,i'   ,i'       `¨'' ー---─ '''¨´     ヽ   'i   ヽ
      {    {   {                        }   }    }
      'i,    i,   i,                        ノ   ノ   丿
       ヽ   .ヽ    ヽ、                    , r'´  ,r'   ,r'
       `ヽ、  `ヽ、  `''' ー- 、、,,,,,,,,,,,, _ ,,,,,,,、、 r '´  ,、r'´  , r '´
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| というわけで、瓦礫を崩さないよう、軽く瓦礫の山を小突いたり、耳を澄ませてみたりする。
| 多重に重なり合った瓦礫が相手では、生憎耳の専門家ではないシャナでは
| そう成果の出るものではないが……それでも一つだけ、気になるものを見つけた。
| シンがスコップを持って来たら、少し掘り返してみようか。
┗───────────────────────────────────────┛
8323 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/03/29(水) 22:35:33.54 ID:YM5GGtDp
ひゃっほい! もしかして保存容器にでも入ってんのか!?
8324 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/03/29(水) 22:41:02.90 ID:JoBWF5Qa
     \   \::::::::ヘ
> 、    \  ヽ:::::::ヘ
   >、   \   ̄ ∧
     > イ ̄ ̄ `ヽ ∧            待たせたな、スコップ持ってきたぞ。
     /: : ヽ: : : : : : \∧
二二 ./: : : : : : \ : : : : : Ⅳ ヽ                               おっお、サンキューだおシン。
: : : / ,: : : : : iヽ : ヽ: : : : : : : ∧   ___                       シャナ、掘り起こすのはやる夫でいいかお? > やる夫
: : : i  i: : : : : .| , 二二ニニヽ. /∧ ー ´\: : : `、
三三へ: : : : : ! iヽ:::::::ゝ ノ::::∨三≧、 : : ヽ: : : ,                               やる夫さんが良いなら、是非。
≧三三ヘー ´ /: : > 、;/:: ̄ヽハ三i i : : : : l : : i                              その方がパワーありそうですし > シャナ
三/  Ⅳ─ イ> 、: : ./: :/二ヘノ:ミl i : : : : | : : l
ミ/   iヘ : : : iー、二./: :/ / /ヽ≧イー‐ ´: : : l で、俺は声がかかるまでは、
ミ/    |∧ : : : : : : ー 二二<ヘ: : \ ヽ : : : : : |
 i>ー.i ∧ : : : : : : : : ヽー‐.ヽ:::\: : ヽi: : : : : .j また周辺警戒でいいのか?
 l::::::..ヽ : ∧: : : : : : : : : ∨: : : \:;:ヽ: : : 、: : : ,
 |:::::::.....i : : ヘ: : : : : : : : : ∨: : : : ヽ:∧ : i> ´                                      うん、それでお願い > シャナ
 l::::::::....i : : : ヘ: : : : : : : : : ∨ : : : ∧::∧.l Ⅵ
./::::::::.../ : : : : , ` ー   ‐ i二二二i:::::,    i    了解、クライアント。
::::::....../ : : : : /: : /: : : : : : : ,: : : : : : /:::/    |>、
::::...../>、: ./ : :, : : : : : : : / : : : : : /:::/   / i lヽ                                     ああ、シン…… > シャナ
> ´    Y : : /: : : : : : ::/ : : : : : ,::/ ./三i∨ /::::\
┏────────────┓           なんだ、シャナ?
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| そうして下調べを進める間に、シンがスコップを装甲スーツの手に抱えて戻ってきた。
| シャナよりもガタイの良いやる夫にそれを渡すと、シンは二人から距離を取って、
| 広間や崩落した通路を一望できる場所に位置取る。ああ、是非とも……
┗───────────────────────────────────────┛
8325 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/03/29(水) 22:45:59.99 ID:JoBWF5Qa
:::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::\::::\::::\::::::::::\::::::::\
::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::|:::::.:::::::::ヽ:::::ヽ:::::ヽ:::::::::::::\::::::::ヽ
::::'::::::'::::::::::::::::::::::::::::|i::::|::::::::::::∨:::::∨:::∨\:::::::::ヽ、:::::',                             ガリガリ......ガツガツ......
/::::/::::::::::/::::::::::::::::::':::::|i:::::::::::::|、:::::::!:::::::}、:::::\::::::::.\::}
::::::'::::::::::/:::::::/:::::::/:::::.::::::::::::::::|::ヽ:::!.ヽ./::::、:::::\::::. ヾ
::/:::::::::/::::::::/:::::::/:::::::::|::::::::::::::|:::::マ{/::::|::::::ヽ:::::::ヽ.ム  言うまでもないとは思うけど……
:':::::::::::|:::::::::':::::::/i|:::::::∧:::::::::::::':::::,イ|:__ヽ}、::::::::.::::::::|:マ}
|i:::::::::!i:::::::,|::::::/ |::::/  ∨:::::/:::/ }/斥ヽァ∨:::::.::::::|::}|  多分今回は、そっちの仕事、あると思うから。
|:::::::::,!ー /|-/― }/ー '  |:::::'.   ,イr ,ら i} ∧::::|:::::!:/
|:::::::/!::::/ ,.ィテ笊芯ヽ |::/    比刈  ハ|::/:::::|                         ああ、いつでもスタンバイできてるよ > シン
|:::::::'::|::/ ,イ/ 忙_-、ら  j/      込ソ ::::::|ハ:::::'
|::::/::::{ハ Y  比し'刈  /           {:::::| ∨   流石、機械の耳と熟練の兵士は頼りになる。
{Ⅵ:::::::::{    込_z斗       、       |::::::.
|::::::::::::::|                     人:::::i                               おだてても、報酬はまけないぞ > シン
ム::::::::::::::.            ,. v   /  :.::::::.
,∧::::::::::::ム                イ___|_::i    ……それは残念だ。
i/∧:::::::::::::', ̄ ̄\      //////////|:ヽ
///::.::::::::::::.∨/////| ̄ 7  - '///////////i!::::.\
///∧:::::::::::::∨////|   ト、//////////////|:::::::::::.ヽ
////∧:::::::::::::∨///|  |: :\/////////// /\::::::::::::.\
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 是非とも、護衛として雇った本分を果たしてもらいたいものだ。
| 先程から、ガリガリガツガツガラガラと、瓦礫の中から妙な音がする……
| ミュータントか警備ロボットか知らないが、荒事になる可能性は高そうだ。

| そのことを暗に告げれば、三級マーセナリーからは余裕を持った軽口が帰ってきた。
| 本当に、頼もしい限りだ。
┗───────────────────────────────────────┛
8326 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/03/29(水) 22:47:28.67 ID:YM5GGtDp
機械ならうまく制圧すれば金になる…
が、思い出される前作のモルガ…
8327 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/03/29(水) 22:50:46.35 ID:oGaQhVlA
安価の記述の重要さがよくわかる一件だった
8328 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/03/29(水) 22:51:37.25 ID:bdsOG3c6
警備ロボが接近中か
8329 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/03/29(水) 22:54:15.28 ID:JoBWF5Qa
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

                  く>
         ┌────┐ く>
         └──┬─│
             ┌┘┌┘
             │┌┘
             │└┐
             └─┘
8330 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/03/29(水) 22:54:28.94 ID:JoBWF5Qa
                                   o     ,.'⌒ヽ、
                                      _ノ⌒´     )
                                     (_       〈                              ガラガラ
                                     .`ヽ、__    !
                      ,.-''"i"⌒) 彡          `"'ー'"
           ザッ        /   ヽ、_イ                 さて、この辺ひっくり返すのはここらが限界かお。
                    < ,. -、   /   o .
            __            ,へ/  /.                   表面付近で漁れそうな部分は、大体これで全部だけども……
::       /- - \      // `"'ー-'   ザッ        o
      / (● ●)\  //                         
      (   (_人_)  )//7'ヽ.    ,. -‐- 、.         .
       くヽr'::ヽ‐-‐'´:/⌒ヽ'"´ /  /
⌒ヽ,     \\::::::::::::〈   〈___,/ /            ⌒`"'ー'
  ⌒`"'ー'⌒く:\\:::::::::::'r-'" 彡  i              ⌒ ⌒   ,.'⌒ ヽ、
      ⊂[[二二\\二> 、   ,'   ,.    .'⌒ ⌒
ヽ     ⌒//:::::`T\\\  ヽ /     ______.     ,.'⌒ ヽ、 ___/ ̄`⌒ヽ
      rく::::::::::::::::::::::::::\\〉、  i    ,'"  ヽ    ⌒  `"   ⌒``"⌒" ___
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| それからしばらく、シャナが耳を澄ませて空間を調べ、シンが瓦礫や辺りを警戒し、
| やる夫がスコップを振るう。そんな時間がいくばくか過ぎて……
| やる夫の発掘の甲斐あって、いくらか使えそうなものも見つかったころ。
┗───────────────────────────────────────┛
┏────────────┓
│ 取得物
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 電子部品        ×3
| 鉄塊           ×2
| 車両用大型チェーン ×1
┗───────────────────────────────────────┛
8331 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/03/29(水) 22:56:09.87 ID:YM5GGtDp
鉄塊…?
8332 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/03/29(水) 22:58:01.05 ID:JoBWF5Qa
クズ鉄の上位版的なサムシングということで……
サイズとか純度とか、そういうのが良さげな金属の塊的な
8333 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/03/29(水) 22:59:12.73 ID:HJDwqlNr
はあく
8334 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/03/29(水) 23:06:39.38 ID:JoBWF5Qa
            ________                                       ガリガリガリガリ......ガツ!!
          〃r''¨´ ̄ ̄ ̄`ヽ.  i}
        〃_ゝ_____ノ_〃|
         |`  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄´| |                    ……おっお、これかおね、シャナが言ってたのは > やる夫
         |                 | |
         |     可燃物      | |          ええ、位置的に多分。中身は液体、鼻につんと来るガソリン臭…… > シャナ
         |                 | |
         |危険! 火気厳禁!| |                    保存容器か?っていっても、そこまで珍しくは…… > シン
         |                 | |
         |                 | |                    いや、1000年前から放置でガソリンが生きてるなら、
         |                 | |                      保存用のナノマシンが生きてる可能性があるお > やる夫
         ゞ========''′
┏────────────┓                                        ……ああ、なるほど > シン
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| というわけで、やる夫の瓦礫漁りは大体片が付いて、シャナが最初に言っていた、
| 液体の入った容器を発見する。
| 容器にかかれた火気厳禁の表記に、鼻に付くガソリン臭……
| 液体用の保護ナノマシンが使われた、保存容器……だと思われる。
| 実際にまだナノマシンが生きているのかは、生憎ここではわからないが。
| まあ折角だ、車の荷台はまだ余裕があるし、積み込むだけ積み込んでおくことにしよう。
┗───────────────────────────────────────┛
┏────────────┓
│ 取得物
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 液体用保存タンク ×1
┗───────────────────────────────────────┛
8335 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/03/29(水) 23:07:59.81 ID:jf59cwDG
おっしゃおっしゃ!
崩壊前の天然オイルとかだったら言い値がつくかもしれないな
8336 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/03/29(水) 23:09:17.50 ID:Y+HsNc2f
おぉ!小型とはいえ保存容器!食品とかには使えないかもしれないけど
いいんじゃないか?
8337 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/03/29(水) 23:13:27.82 ID:xnb5fveU
ナノマシンが生きているのが重要。レアものだぞ!
8338 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/03/29(水) 23:14:22.49 ID:JoBWF5Qa
                  , ´ヽ
                    |  ∧
                 γ ´ヽ  ∨ ∧               , --- 、
             /::::::::::::\ ∨ ∧          /::::::::::::∧         それより二人とも……
               /:::::::::::> ´ヽ∨ ∧       /> ´\:::::∧
.           // > ´      \ ∧   _, <     ヽ::::∧        そろそろ探索は中座して、構えた方がいいぞ。
        /  i  ̄ ̄ > 、 __./>≠ヽ二ヽ         >〈    ./ヽ
       /    \     ハ | |ヾ`-0人 iΠ´  ̄ ̄ ̄/     ヽ   /ミ/                          大分、音が近付いてたしね…… > シャナ
.       /    __ヽ   ./ロl >,==了ゝノ |ロj      ./ 、    ,'/==ハ三i──── 、_, -,
     /   /   / > イi __/  i  イ  ̄. | ∧  __ノ   >,' -|三三三三三三三三三三三iニニ==ニl   ま、あんだけ音がすりゃやる夫でも気付くお > やる夫
      /:|  .!     .i   ハ i.` --i .,'--- ´i  |`´ー───/≧i ´ ̄ ̄i三≧、,イ=二ニ===<
.    /_/ /     l/==/  ヽ   .ト-l   .ノ_ ノ   マヘ   .i   .|    iゝ≧ノノ  今回のクライアントは、
   /_/    /´ ニニヽ   .><l |ヽ>´イ     マヘ  ` ー> ´ ̄ヽ \
           `i _ _lノ    ハ≧ニ二ニニノ ∧    .マヘ         > ´    反応が早くて助かる。
              イ/ミ}ソ  /ム| , /   /  .l  lニ)   マヘ
           i /ミノ  / /i l | |  ̄l   |ヽ  ∧   Ⅵ               ……さあ、来るぞ!              ガン! ガラガラガラ!!
           ` ̄   >  | ! i ∨ .|  .「i  \ ∧
.              /∧   | ヾ` ∨i、 ノ |    ` <
                /,∨/∧_≧ \i .|二ノヽ 〈ミヽノ
.              |.l / / , -∧ ̄      \>イ r-- 、 、
             /ヽ ヽ/ /  .ノ         ヽ ヽ ヽ \!
            /  /_∧ i />           ∨ノ> }ヽ  ヽ、_
        ,イヽ  , <´\=イ            ∨  ̄  \   ! ヽ
       /> 、::∨  イ´ ∧            ヽ  ヽ ̄ヽ, --イ 、
        ヽ _/  ̄ 二ノ` ̄´                 \「  ̄ ヽ \ ∧
          ̄ ̄                          \  r--- 、∧
                                      ヽ!!:::::::::::\!ヽ
                                      iヽー― ´  l
┏────────────┓                    ` <i二> ´
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| さて、そうして発掘作業に一段落着いた頃。
| ちょうど、瓦礫の奥のお客さん……いや、客はこちらで向こうが家人か。
| ともあれ荒事の種も、ちょうどこちらまでたどり着いたようだ。
| 三人がそれぞれに戦闘態勢を取るのと同時、ガラガラと大きく瓦礫が崩れる音がして……
┗───────────────────────────────────────┛
8339 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/03/29(水) 23:20:12.65 ID:JoBWF5Qa
                 _,__γ⌒ヽ-、
                 /l`ヽ__-、ヽ_ノ_/`\ しゃきーん
                 〈  ̄ i   〉ヽ `‐-、\
                  ̄ェュ一'ヽ ヽ    `‐'   《警備員リストに登録無き、武装した人物を確認》
                 / (^)ヽ─` 〉
               O==)/ i  |一一'         《……出入業者、社員名簿と照か……が、ガガガ! ガガガ文!》
       〈 ̄ヽ、__{()=)゙iヽ\ヘi |ト. l
      /()\`ー一| i、i \()/ | |  ,-、                         敵機視認……昆虫型の警備ロボット! > シャナ
     //\\─、!_ヽ、/`ーイ} l.|'''´ヽノヽ
    //   \\ 〉  ,--、) ) リ,-/ヽ \                           スパイカーとかまた渋いもんを…… > やる夫
-=二(⌒)     ()=()),-Ο ヽ       \ヽ
           `ー─llil  ヾヽ       (⌒)二ニ=-                            知ってるのか、やる夫! > シン
                  ヾヽ
                   ヾヽ
                    (⌒)二ニ=-
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 瓦礫の山上部の、小さな瓦礫を打ち崩して。
| 逆さに天井へぶら下がった警備ロボットが姿を現す。
| ……カマのようなツルハシのような、見るからに近接向けな腕が特徴的な昆虫型だ!
| あの本来ならカマであるはずの腕をツルハシの如く使って、こちらまで回ってきたのだろう。
┗───────────────────────────────────────┛
8340 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/03/29(水) 23:21:38.49 ID:oGaQhVlA
知っているのか雷電!?
8341 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/03/29(水) 23:23:35.13 ID:JoBWF5Qa
あ、すいませんまたお腹痛い……ちょっと中断しますん。
多分すぐ戻るので、戻り次第再開ということでー
8343 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/03/29(水) 23:27:22.52 ID:tgm9zsRj
一旦乙
小型ゾイドええのう
8345 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/03/29(水) 23:31:13.01 ID:xnb5fveU
一旦乙
また懐かしいのが出てきたな
8346 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/03/29(水) 23:34:57.31 ID:JoBWF5Qa
ただいまもどりましたーということで続き書け次第再開していきます。

しかしうーむ、コーヒー飲みながらだと腹痛起こす率高いな……半額引きで賞味期限切れた牛乳使ってるだけなのに……
8347 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/03/29(水) 23:40:38.94 ID:hXcBCgdZ
警備ロボットかぁ
高く買って貰うには、チャフでセンサーを撹乱して首をヒトハネかな
8348 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/03/29(水) 23:43:39.68 ID:JoBWF5Qa
            ,..¨ ̄ ̄¨丶
  .         /        \,,.,,,,.,,,,,.,,,,.,,.,,
          / \、:::::::      ヽ,      ミ
         /[|_|ュ__:::::::: ─    i   -   ソ   おう……T.トミー製品に付いちゃ、崩壊前のカタログいくらか見てるからな。
  .       /-|,-‐-、|]  ( ●)   /       ミ
        |__l {◎}l|__人__)   ./         ミ  ありゃあT.トミー最初期の警備ロボット、スパイカーだお。
       ミ   《===》⌒´  /         __f` ト、
      ≧、 l| __ |l` fゞ'/        、‐-く    ! ヽ  見ての通り近接特化型で、骨みたいな細っこいボディが特徴。
      |丶`‐| [r‐‐ュ]|'´ ヽ`ゞ´/ /        |  /
      l ヽ ,r〉/.皿 l.|   ト´、/メ    _   |_/     ……硬さはそうでもないんだけども、あの体だから、ちっと銃弾を当てづらいお。
      |  r‐,Υ⌒_〈|ノ⌒ヽ_! | _ ニ  ̄    ,|____
      rヾ、 ,〉 ','´-ヽ{  r |i _ -      / !ヽ、 _, -`=ー-- 、                 なるほど……刀剣類の線で攻めたほうが楽か > シャナ
     / __ l `y‐ゝ(::)y'`´ r/lヽ -ー-    /  !   ヽ、       `ヽ、
    rゝ‐ /l  ヽ、`_´ _.ノ l l`ヽ、   ,〈 ゙,'      \        \  つっても腐っても近接型だから、
    {  '  |  l T` ´_ / |  !   / ヽヽ                 \
    \     l  ヽ ヽゝ- /  l     / οl l       l ̄`ー- 、      ヽ、 ずぶの素人じゃ、あのカマの錆にされるだけだおね。
      >、  ゝ‐-ゝ‐-‐'´  /    , <ヽ_ ノ /_       |     |        ヽ
    / \ ,'   l ̄l`ーく  _ , <  ヽ - '   ` ー- 、 l     | \       ヽ、  シャナやシンの腕だとどうかわからんけども。
   <_  / \ __ /i `ー- ' ´  | \ ` 、       /     l   `丶、      ヽ
    /`´/   イ  l_| ir=、i rー-l `ヽ\  、     /      /     ヽ、      l                  《検索中……検索中……原作厨……うん?》
   /_‐ '´ , ' ´!   |  l !_! | |___|\ ゝ〈\ 丶、 <´      /        i     |
  /  , '´   ゝ_ l‐ヽ `i`T‐' l  |  l\_j \    `丶、  /         !     |
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| というわけで、統合知識Lv8の機構知識を披露するやる夫先生。
| 骨ゾイドシリーズの愛称で有名な、近接戦用の警備ロボット、スパイカーのスペックを語る。
| 武装は両腕のカマのみ。だから距離を取って戦えば、被弾の可能性は薄いが……
| "骨"の通称は伊達ではなく、細いボディのせいで銃弾で倒すのは少し骨だ。
| 刀辺りの斬撃で、線の攻撃を繰り出せば当てるのは容易だろうが……
| 初期型とはいえ近接用警備ロボット。やる夫のような、近接専門家でない人間には荷が重い、と。
┗───────────────────────────────────────┛
8349 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/03/29(水) 23:44:56.49 ID:bdsOG3c6
一番手っ取り早いのは爆弾で吹っ飛ばすことか?
遺跡とボディへの被害を考慮しないなら
8350 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/03/29(水) 23:46:33.94 ID:xnb5fveU
やる夫とジンで囮になってもらって狙撃で頭を
というのもある。
8351 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/03/29(水) 23:53:51.27 ID:hXcBCgdZ
ダイステスト
i1D100
8352 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/03/29(水) 23:54:40.01 ID:JoBWF5Qa
\::.ヽ ^::.::.::.::.::.:.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::\/.:.:.:.:.:.: /.:.:.:.:.:.:.:`.:.:.:.:.:.:.:.`.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:``.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
`<.::.:.::.::.::: ;、;、;::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:/.:/.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;.:.:':.:.:.:/` :.:.:.`:.:.:.:.: .:.:.:.:.:.:`.:.:.:.:.:.:.:.:',
   \  ;、;、;、;、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./.:/ .:.:.:./.:.:.:.:.:.:/`.:.:.:..::.:.:./   .:.:.:.`.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:iハ.:.:.:.:|      なら、選択肢はざっと三つ……
   /.;ヽ)_;_;、::.::.::.::.:,:.'":.::.::.:l.:/.:.:.:.:./.:.:.:.`.:/ 、 .:.:.:/.::/   .:.:.:. /.:`.:| .:.:} .:.:.:.:.:.:l.:.:|.:.:.:.:|;、;、
 _〉.;.//.; く.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:N .:.:// .:.:.:.:.:/ .:.:./.:.:.:/` :.:.:.:/| .:.:.:| :.:./ .:.:.:.:.:. i:.:.|.:.:.:.:|;、;、;、;、    一つ、数の暴力で射線を集中して銃で仕留める。
;、任抂抂L/;、;ヾ、 .::.::.::.::.::.::.:.| .: /|.:.:.:.:.:./.:.:.:Х/.:./| .:.:.:.:/  j .:.:/.:.:∧ :.:.:.:.:.:,' :.:|.:.:.:.,';、;、;、;、ヽ___
_片「゙ヽ爿;、;、;、;'^⌒ー/⌒\.:レV.::| .:.:.:./.:.:./≧ヘ/ │.:.:. /   /.:./|.://', .:.:.:./ .:.:.|.:.:/;、;、;、;、;、;、;、:::::: 一つ、私かシンが剣で首を跳ねる。
、;、;'⌒´ ̄ ̄ ̄ ̄/ :::、;'、;/ ̄ ̄! .::./.:.:;ハ! {{ト弘 │:.:./   /.:./x':.:≧k |.:.:./ .:.:.:リ.:/::::;、;、;、;、;、;、;、;、:
、;、;'、        {:: /:、;、;'/::::::::::::::::|.:./:|:.ハ  V::::小、| :.,'  /.;イ升i:.か㍉|”/}.:.:.:.火:::::::::;、;、;、;、、;、;、;、  一つ、グレネード辺りで確実に始末する、と……
 、;、;'、      ∨::;、;'、:!:.>'"´:.:.∨-!;小   込リ ヽ{    f圦:::ン  /イ/.:.:/)ノ:::::::::::;、;、;、;、;、;、:/
ー‐=< ___  \_;>.'".:.:.:. -=:/::::/:::ハ    ̄         `=≠   ' ///イ:::::::::::;、;、;、;、;、;、;、;、                    ま、そんなとこだおね > やる夫
:::::::::/::::::::::::::::::::\/.:.:.:.:./::::{::::/:::::::::/:::::ゝ     '             〃.:.:./ :::|::::::;、;、;、;、;、;:::::/|
:::/:::::::::::::::::::::::::/.:.:.:.: /::::::::::∨:::::::::::::::::::::::l\   - 、       .イ :.:.:./l::::::|`;、;、;、;、::::;、;、;、;、l|           で、どれで行く? 俺はどれでもいいぞ > シン
:::::::::::::::::::::::::::/.:.:.:.:.:/j :::::::::::::::}:::::::::::::::::::::::::|  ヽ、      -=≦※.:.:.:./:/::::/;、;、、::::::::::::::/::::::::||
:::::::::::::::::::::/.:.:.:.:.:.:,:'::::::: {::::/:::::::/::::::::::::::::::::::::〈     |`ア ;、;、;、/:::/ .:.:.:../::::;〃、;、::::::`::::::/:::::::::::||  さあ、少し悩ましいね……
::::::::::::::::::/:.:.:.:.:.:.:.:/:::::::::::∨::::::/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄乙フl     //;、;、;、;、;、;〃;、 ::::::::::::/:::::::::::::::::||
: ::::::::::: /:.:.:.:.:.:.:.:/::::、;、;、;、ヾ:;/        `   //   |ヽ  /.:.:.:.:.:.:./::::::::{{:::::::; -=彡'::::::::::::::::::::jj
::::::::::::::: {:.:.:.:.:.:.:./::`:::::::.、;、;、;、i、;、;、;、、;、;、;、、 /、/   j∧/ .:.:.:.:.:.:/\:::::}厂:/::::::::::::::::::::::::::::::::〃
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| とはいえまあ、所詮は近接戦しかできない、初期型の警備ロボットだ。
| 四級には過剰ともいえる戦力で挑んでいることも有り、撃破するだけなら方法はいくらでもある。
| 縮地で横や背後を取って首を跳ねるか、シンの装甲スーツに任せるか、
| 弾幕を貼って数撃てば当たるに任せるか、あるいはグレネード辺りで適当に仕留めるか……
| ……難易度はともかく、前者ほど実入りは期待できるだろう。
┗───────────────────────────────────────┛


   ▼ 選択安価 ↓1~3 1D100を添えて、最も数字の高い選択肢。
      どの方法でスパイカーを仕留めようか?

   1) シャナによる縮地からの斬刑
   2) ジンの重斬刀で薙ぎ払う
   3) 弾幕で制圧
   4) ハンドグレネードで確殺(破片かEMPか指定)

8353 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/03/29(水) 23:55:46.00 ID:oGaQhVlA
1 【1D100:80】
8354 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/03/29(水) 23:56:16.50 ID:tgm9zsRj
2 【1D100:10】
8355 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/03/29(水) 23:56:18.99 ID:Y+HsNc2f
【1D100:85
1
8357 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/03/29(水) 23:57:27.99 ID:JoBWF5Qa
ういうい、1でシャナの【縮地】ですね、了解了解……
しかし比較的今日はダイス目走ってんなー(>>8354からは目を背け)
8358 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/03/29(水) 23:58:18.83 ID:oGaQhVlA
三級上がるならこれぐらいは倒せるようにならんとね
8359 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/03/30(木) 00:01:25.42 ID:QwZvOUZv
          ,
          ゝ ___ 、
.       . -‐ ≧Zz::`ヽヽ.
     /‐ァ:::::::7/:'::::::lヘl、:L..                             シン、ひとつ頼みがある > シャナ
      , ':::::::::::::::/::|:::l::::::ヘWl
     /ァ:::::::::A:/l::/l:::|从|::::::::ヽ  ああ、あいつの首を刎ねればいいのか?
     ´ ':::|:::::::klヤl:| ,l;ヘツ7:::|::::lリ
      l:/l:::l:トl ` リ ! ノ7ィ::::::|                              いや、そうじゃない…… > シャナ
      l'/':::リ-.、 '⌒゙F≦:l::トl
      //lヘ::l> .. ||イ ゙トl    なら、なんだ?
        '´ 丶 `l∧ _ ||j7_⊥ -‐…‐- 、
         .>、/ ト/: : /}r─‐ 、: : : : ∧              《照会完了。紹介完了。まいねーむいず……んんん?》
.      ,  "´: , 、: : lヘ:〈ア7/   ∧: : : __」
   /: : : イ / l/ |l/l__   V く Z|
   ゝ 厂 l//    l'´ 」 /     ゝ: :ヽ|
    ノ:| | |    -‐ 厂-‐/     \ : l
   {ア:/ ヽ L:ィ    └… '   、    ヽ:l
  // ̄ \l ||          ,}    |`
 /  , ┬、 \|          ハ /  |
. {___{_ム_|\ \__       ′∨  ヽ
./  ‐く_/ヽ.’  \ \_  /  {/ ̄丶
ゝ. / ̄ : \二\ / >、 へ\ 〉   〈: : : : : :|
 く: : : : : : : : > 、_` く/ 、ヽ >.{   |: : : : : :|
  ` ‐、: : : : : : :/ `ヽ\ 、> 、 \   |: : : : : :|
    />.、: : |     V>、、<\ \ |: : : : : :|
.   / // 丶ト、   (ヽヽ  >\\ /ヽ、: : :|
   /  ' '     `'-ゝヘ=ヘ)く   ヽ/ \、\: |
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| ……まあ、首を落として終わるなら、それが一等楽で、実入りもある。
| 刀でやるを仕留めることに決めて、今回が初同行のシンに、一言声をかけることにする。
┗───────────────────────────────────────┛
8360 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/03/30(木) 00:12:42.97 ID:QwZvOUZv
  .'     :.             //:::::::::/:::::::/::/::::::::::: 、:::::::::::::::::\:::::::::::::ヽ
  |     .             /イ::::::::::: /::::::::::/::::〃::::::::.:::::::\:\::::\::\::::::::::::.
  |     .           /::,::::::: /::::::::::/:::://:::::::::::|::.:::::::::ヽ:::ヽ:::::ヽ::ヽ::::::::::.
  |     ∧             /::/:::::::/::::::::::: {:::::| |::::::::::::!:::::.:::::::::::.::::::.::::::::.::::∨:::::!   説明は後でするけど……
  |     |iム          /::/,:::::/:::::::::::::::,|:::::|l {:::::::::::|、::::ヽ:::::::::',::::.:::::::.::::::.:::::|
  |     |ll∧         |::/ |::::.' ::::::::::: ∧\|i∧:::::::::. \ム斗:七::|::::::::ト, ::!:::::!   クライアントの情報守秘ってことで、
  |     |/,∧         {/ |::::| |!:::::ハ {__{/ `ヽ.∨:::::{ イ   \」 、 !::::::::} マ|:::::|
  {     il//∧           |::::|イ{:::::l! イ 笊ミ、  ∨:::|  ,ィチ笊ヽ}ハ:::::/ リ:::: :{    これから見ること、秘密にしてもらっていい?
  .    _ll///∧         .|::::| |:::::∧  比Jf}  \」  比J刈 }| ∨! }::::::::::
  !___/ ∨//∧        {::∧!:∨::ム 弋zソ       弋こソ  }   |/:::::::::: !    なんなら、口止め料に報酬上乗せしてもいいけど。
         ∨//∧        / /\〉::::i_}               ,|  ∧:::::::::::::|
        ∨//∧         /:::::/::::/ム     ´       /, ///ト、::::::::::.                 いらねえよ、そうでなくても、顧客になりそうだしな。
.    ∨    ∨//∧      ,':::::{:::::{///ゝ    v-,     .ィ / ///{/ \:::::.               何するのか知らないけど、約束するよ、黙っておく > シン
     ∨     ∨//∧     /:::::,ィ|:::::|/イ////>  . _ .  <}// //-Ⅵ/// ヽ::.
           ∨//∧    '::::///|:::::|//∧///{: :}  _   /:/ //// Ⅵ////∧    そっか。
.      ∨     ∨//∧ ,:'::::////|:::::|/// \/ |: {イ:_: :∨:/ ////// }/////j∧
        ∨     ∨// ∨::::i l/// |:::::|//////Ⅵ: ∨: : :.∨:/ イ////////////∧    それを聞いて安心した。
       ∨     ∨//∧::::マ///从i:|/////// |\、: : :/: / /i{///////////,'::::::.
.         ∨     ∨//∧::::Ⅵ///从/////// {\_:∨: イ  {/リ////////////::::::::     ……それじゃあ。
.        ∨     ∨//∧::::∨////////////}   T  从 リ//{///////// /:::::::::::::.
          ∨     ∨//∧::::}///////////// イ {__/\{////////////イ:::::::::::::::
.            ∨     ∨//∧::|////////////  /  \/////////////j!:::::::::::::::::'.              《侵入者の武装再確認。戦闘態勢へ移行。銭湯耐性へ移行》
.           ∨     ∨//∧!/////////// イ     ///////////// /:::::::::::::::::::::.              《内部回路、防水シャッター起動》
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| すらりと、シャナが腰の軍刀を抜く。
| スパイカーは装甲も劣化しているし、それほど固い相手でもなさそうだ。
| 唯一の懸念事項であるシンに、少し秘密を共有しようと持ち掛けて、彼がそれに応えるのを待つ。
| 傭兵なんて、信用第一の仕事だ。彼ならそれは分かっているだろうし……どうやら、
| 稼げる上客と認識してももらっているようだと一安心し……
┗───────────────────────────────────────┛


   ▼ 攻撃判定 1D100+刀剣(30)+軽業(15)+【縮地】(30) 目標値:50
      ……自動成功!

8361 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/03/30(木) 00:14:06.80 ID:JPTGtMN/
まさかの自動成功w
8362 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/03/30(木) 00:15:04.38 ID:jKwe/Tyo
今更廉価警備ロボにバグ存在でもない限り遅れはとらんかw
8363 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/03/30(木) 00:18:41.17 ID:QwZvOUZv
               ,----、 , ‐'´  ̄i`ヽ
              /{  },-'─,__/  l
      しゃきーん    l  ヽ__ノ{       ,-'         《敵視認。攻撃……!》
             / >-‐、____i─`'''''''HH
             / /   l____|  ,,⌒| 〉ソ┐                          悪いな、地虫 > シャナ
           / /    | /`´ニ=ロロ〈二二()//⌒ヽ
           | /     i___,-´γ`ヽ  |ーl┌┐i ( ()}_
           レ         |   !\ {   ,l  l ∠
                 {(⌒) i`ー'´i、ヽ0)_/  〔〕  l
                 / / \l /l `ー´| l __<
                / /    ヽl  l ( ()‐‐‐、  / /
               / /      ヽ | / ,、  ( () ( ()
          -=ニ二(⌒)        ヽ/ /   ̄ヽ
                             / / カサカサ
                       -=ニ二(⌒)
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| シャナの視線の先では、腕のカマを構えたスパイカーが、
| 地面に降り立ってこちらへ駆け出し始める。
| 正面の敵を仕留めるための、直線機動……それはとても読みやすくて……
┗───────────────────────────────────────┛
8364 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/03/30(木) 00:24:25.51 ID:QwZvOUZv
 \                    /
   \  丶       i.   |      /     ./       /
    \  ヽ     i.   .|     /    /      /
      \  ヽ    i  |     /   /     /       その手の動きには、今更捕まらない。
   \
                                   -‐
  ー                                           《エラー、エラー。ターゲット一名消滅》
                                               《センサーの故障の可能性有り。セルフチェック……》
.                                     ─‐         《……むしろ自分セリフチェックの必要があるのでは? 誤字多すぎぃ!》
  ̄
.                                        ‐-
  ___
 ̄.
            /               ヽ      \
    /                    丶     \
   /   /    /      |   i.      丶     \
 /    /    /       |    i.      丶     \
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 駆け寄って来るスパイカーに向けて、一歩踏み出す。
| 瞬間、スパイカーが正面に捉えていたはずのシャナが、センサーから消える。
| 毎度おなじみ、【縮地】である。……そして
┗───────────────────────────────────────┛
8365 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/03/30(木) 00:25:20.95 ID:JPTGtMN/
一人ツッコミしてんじゃねえよw
8366 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/03/30(木) 00:28:57.96 ID:QwZvOUZv
                                   _,,,,-┐        __      , -―-、
                               へr'イ`ヽ-<        `¨ヽヽ   /: : : : : : `ー―-、
                              / ヽ〉-/ /: :: :ヽ__       //  /: : : : : : : : : /⌒ヽj
                             //   〈 !: :: :: :: : : :`ヽ  , -‐'  ̄ `ヽ、: : : : : : :/
                           //     `ヽ、__: : : : : :ヽ/        ヽ : : : : /
                          //            \ : : //          ',: : : /   だから、これで終いだ。
                        /,/              /〉ィ/ / / ,  ,イ  l  i l: : :{
                       / /    / ̄>       /  ゞl/i/ / /レレ | /j儿jヘ|⌒ヽ、__
                     / /    /: :: :f    _, /    |,//| l弋j_>レ f_jノj.}'ヽ: : : : /7¨ヽr、
                    / /    //: :__| , -―': /     く:::::: リヽ、 _'_ ノ リ/zーV/: : r=-ヽ
 《……え》     ____    / /     /: : l /: :/ : : : : :/        /: :了::::::::j二ニ彡〈: : : : :〉:::::`'l/〈_/ノj〉
         /  l l  , ´ ,. ´      l: :: :V-'' ̄ ̄l :/        !: : : ヽ::::/ニニニニ}}: ::/:::::/ `¨¨´
         |‐-‐‐‐广| /  /         |: :: :: : ,r⌒`/          l: : : : : V,ニニ―-、_l{::〈:::::/
   ,uy 、  ,uy 、-ィ'サl ̄ ./  /        `ー―' //   ,、     ヽ: : :/        }ヽヾ{ノ
  | \ ゙ゝ| \ ゙ゝ广゙l /  /r┐__     __ -‐'' イ    / ノ      /丶{   /-―- ノ ,ヘ
  |  / \|  /\ ゙i   / ,/ .lニl lLノヽ、゙>   ̄ ̄ー‐一' ∠_,_-‐': : : : :人,/三三ミ,//_l
   ヘ l   ヘ l  ヘ ゙i/l / .lニl / ヘ ヽ、            ヽ、____/lヽ/二ニニミ// ,-‐_l
   ヘ1   ヘ1 _/ヘ○/V コヘlニl//  \\                   V ̄ ̄/`Vヽ// l
        / /ヽ| lエ| |ヘ○○´l     l エ>‐               /:.:.:.:.:./:.:/  ヘ_-―l
      _nォナ;l   └--゙l| |______j│                       /:.:.:.:.:./:.:/    l二二-l
     ∠‐‐‐千′    l l`````                       /:.:.:.:.:./:.:/    rl二二ニ|
              _r^l′                         ,':.:.:.:.:./:.:/    | {l<二_|
             丿,ノ                          l:.:.:.:.:ノ:.:.〉     | ヽ___j
             ノリ′                          r':.:.r':.:.:.(      ヽ_ー‐'
             `′ ※ AAの都合で多分実際のサイズ比とは異なっております。多分
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| スパイカーの視界からシャナが消えるのと同時、その姿はスパイカーの隣に。
| 正面を攻撃するための、スパイカーのカマが届かない位置。
| シャナの得意とする、【縮地】により相手の射程を掻き乱しての離脱・接近戦法。
┗───────────────────────────────────────┛
8367 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/03/30(木) 00:30:16.09 ID:/zJGrlEO
装甲スーツ使用とかと組み合わせればこの能力は非常に強力になるのに、出来無いのが惜しいな
8368 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/03/30(木) 00:34:03.51 ID:QwZvOUZv
                          'i、
                       ..lヽ
                           lヽ
                         ゙Lヽ
                               l ヽ                 《げるぐぐ!?》
                        〟 .l. ..ヽ
                         ゙ぐ、|. .ヽ    .l                       ワンエネミーダウン > シャナ
        〈二、               r=:、  ヽ   .ヽ   .l.l
         }ニニヽ        /ニニ∧  ヽ    ヽ   .!.l
         |ニニリ        /ニニニニニ∧  ゙i、   .ヽ  !..l,
     _,.斗:≦ニニ≧s、     ,.イニニ=-‐─一    `-、  ヽ | . l
     ∨ニニニニニニニ=* ィメ≠´            ゙'-、 ゙'│ ...l,  、
      ー‐'゙|ニニ|,..-....,,_|ニニヽ     . <℡、      `'-    ヽ |.l
    ____,,...≠|ニニト.ニニニj{ニニニレ≦ニニニニニニヽ         '|,    .`'゙ ヽ
    マニニ{,.ィ|ニニレニニニj{ニニニニニ=ニニ㌣⌒ー'^        ヽ      ヽ
     iニニ㌘|ニニrヲニニj{ニニニ「  ∨ニニヽ              l..i-、   .ヽ
      !ニニⅦニ爻二ニj{ニニニ|   |ニニニ7            ゙!! \   .ヽ
      マニ-マニニr_'^~‐:.,ニニニ|   |ニニニi                   \   ヽ
        .斗=ニニニニニフニニ|   |ニニニ|                    \  ヽ
 r:、_,.斗:≦ニニニニr '^´  iニニ|   |ニニニ|                       \ ヽ
 ∨ニニニ=- '^|ニニ|     ,ニニノ    jニニニ|                        `'-,ヽ,
  V_;ノ´    rニニ{   l>'^     {ニニニl                          `' |'、
        ∨二{             Ⅷニニ、                        ` li,
         ー‐'          夊ニニ_〉                            ヽ、
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| そうして放たれる、無造作にも思える刀の一振りが、
| なんかあからさまにバグってる感じのスパイカーの首を、一撃のもとに跳ね飛ばす。
| ワンエネミーダウン。残存敵機なし、戦闘終了。
┗───────────────────────────────────────┛
8369 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/03/30(木) 00:35:52.11 ID:JPTGtMN/
お見事!
8370 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/03/30(木) 00:36:12.21 ID:/zJGrlEO
首飛ばしただけだし、パーツ回収して老朽化した各部の修理すれば自前の警備ロボとして使えるな
8371 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/03/30(木) 00:37:54.77 ID:/85jx+qv
やる夫が全く活躍してない
これはあれか? 窓口で、荷物運びとして活躍してくれました!
って報告しなきゃならないのか!?
8372 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/03/30(木) 00:39:27.55 ID:QwZvOUZv
>>8371
なんでや! 探索で明らかに活躍しとるやろ! スコップとか鑑定とか!
8373 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/03/30(木) 00:41:17.33 ID:JPTGtMN/
>>8371
戦闘だけがスカベじゃないんやで…
8374 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/03/30(木) 00:42:27.57 ID:QwZvOUZv
         ___
     ,  ´         \
    /              ヽ
   ./   -- ..,_       _‘.                      胴体も停止、他に物音もしない……っと、どうしました? > シャナ
  ,'     __     __´_ ‘.
  ,     ̄ ̄        ̄ ̄  ‘.   前に鉄鋼ワニを相手にした時も思ったけども……
  { ∪ "'               、、 }
  ヽ       ゝ-‐ ー- '     '
   \              、 <_
    >,7/1  _ ,r' `'rv////
   〈/////」   V / l///\
   __//////ン 〈,r'    _〉Y// ト、
  {//\`¨7 o⌒f \,r'´ 、ゝ///|.:.ヽ
  j,////`7'__`] !_  ! Y´ ` \,r':、<
  |,//////∨ ヽ_ヽ.{ {ヽト j′∨ ヽ __
  |//////У   ヽヽ} } ヽ ィ、 ,ヘ | `fヽ ヽ
  |,∧_/z</〉  _ lT = ‐'ー ´  | | l }
  j_/_/> ´゙´  | l 二      | | / ,r'
    ̄ヽ      ヽヽ.二   . ^└ `´
      \ __ 、 }.} >´  -=;‐- 、 /:'´:::::::::::::::::. ... ::`ヽ、
                 ,.- ''":: ..:::::゙`::::::::: :::::::: . . :. :... ::::\
                 ,フ´.::: .. .: . .::::::::.. : . :::. :.. ::::. : ::ヽ、丶、   ……え、えげつないな、今の戦法。
                  , '::::::::::::.: .::.:: .::::::::::. :. :::..:::::::::::::::::::::::::::ヽ` ゙`
              ノ;ィ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ    転移系のESPか?
             /'"/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;-、;-、::::l::::::::::::::::::::::ヽ
              /.: .::::::i::: ::::::::::::::::::::::::::::ヽ ヽ、``゙ヾゝ、:::::.. ::::ヽ   相手の死角に飛び込んで、斬鉄級の一撃って……
                /ィ:: ..:::_」::: : ::::::::::::::::::::::_::::::}  }ヽ {_}. }::. :.ヽ、
              _/::/::/ /:: . . ..:::::::_;;-''´ ノ::/  l:::::', !:ヽ∧:: :.l    ……黙っててくれっていうのもうなずけるわ。
            r;=/イ- ヘ/:: .:..:: ::::::::{  /:::::;{   !::::::}1:::::∨:l、. :l
          /┴- 、 {:::::::::::. .:::::::l/:::/:::/`  /:::::j |: : .::::/ }:::l     この、ESPの件についてだな?
         /       \}:;l:i;::::::: :::::l ̄'´l::::/  ,':: ::/ j:: .::::/ l:;リ
.        ,∠ -- _     lハ:!l:::::::::i:::|、   l:::{   }: ./ /j:..:::/   l'              ああ、うん……理解が早くて助かる > シャナ
       , '      `ヽ    ヾ';::::::::l;:l 丶 ヽ{  /ィ/ /ノハ:/
.     /        ノ     ';:::::::ハ! 丶      , '   }.{'          了解、心得た。
.     /        {  i    ヽハ{ `ァ7    /  . 〈〈
    {         {   、     ``「 /     /-''´  }|
    |         '、 ヽ丶.     / /    ./    '´}
    i         ヽ  ヽ}      /    ./      ィ
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| というわけで、瓦礫の中から頑張って姿を現したスパイカーだが、
| シャナによって一刀のもとに切り伏せられ……シャナが戻ってきたとき、
| やる夫やシンが軽く頭を抱えているのが見えた。
| ……まあ、自分でもいやらしい戦い方だとは思うが、効果的なのだから仕方ない。
┗───────────────────────────────────────┛
8375 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/03/30(木) 00:42:59.35 ID:/zJGrlEO
戦闘云々言い出したらシンだって警戒と重機役しかしてないからな
8376 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/03/30(木) 00:44:31.05 ID:JPTGtMN/
二人には戦車相手に頑張ってもらおう
8377 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/03/30(木) 00:44:39.75 ID:/zJGrlEO
シンだって初見で奇襲されたら首がスパーんだろうからな
8378 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/03/30(木) 00:50:26.89 ID:QwZvOUZv
                                    /⌒≧=‐- 、 、
                                      \\
                       -:.:.:.¨¨  ̄ ̄:.:.:.``丶       }:.:.ヽ
                        /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.丶 __ノ:.:.ノ
                   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\ ̄    といっても、徹底して相手の苦手なやり口を使うだけだから、これ……
                  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
                     //:.:./:.:.:.:.:/:.:.:/:.:/:.:/:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∧    柔軟な人型の、全領域対応型とかは鬼門だよ。
                /:.:.:/:.:.:.:.:/:.:.:/:.:/// /:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.: ',:.:.:.∧
                /:.:.:.:./:.:.:.:.:/:.:.:/:./ // /:.:.:.:.:.:./:.:.l:.:.:.:.:.:.',:.:.:l∧   ちょうど、装甲スーツに乗ったシンとかさ。
                /イ:.:.:.:.:/:.:.:.:./:.: /.:,ィ芋ミx、 //:.:.:.:.:./ トx:.:.:.:.:.:.:l:.:.:| :.
           ///:.:.:.:./:.//:.// 《 {::J:::リヾ /:.:.:.://zz/ |:.:.:.:.:.:.:l:.:.:| |:|           さすがに、四級スカベに純戦闘力で負けたくはないな……
            // /:.:.:.:./ ':.: /:.:.:. /   V__ン  /:.://}てハ抃:.:.:.:.:./:.:.:.| l/            それでも、奇襲受けたら、勝てる保証はまるでないんだが > シン
       //  /:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.∧  .:::::::::: __彡' / ヒ_ソ ノ》:.:.:.:/:.:.:|:.|
       //    /:.:.:.:./:.:.:/:.:.:.:./、__、        ,  `¨  /:./{:.:.:/:.:|    要は向き不向きだ。
.     //     /:.:.:.:.-=≦:.:.:.:./:.:.:.込           ..:::::: /):.:.l.:.:∨ ヽ(
  //   -=≦ ̄:.:.:.:. -=≦:.: |三三三三三|  っ     /:|:.:.:.:{:.:.:.、      純粋に強い相手には、効きづらい戦法だから、頼りにしてる。
.// /:.:.:.:.-=≦ ̄:./:.:.:.:.:.:.:. /ニニニニニニ|、   _,.. イ.:.:|:.:.:人:.:.:.、
   (:.:.:.//:./:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:./ニニニニニニニ|  /ニニニニニ≧く:.:.|\:.\                             ま、期待に応えれるよう頑張るさ > シン
     ヽ(:.:人(:.:.:.:. /:.:.:.: /ニニニニニニニ=|  トニニニニニ/ニ}:.:.|  ヽ:.:.\
      /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ニニニニニニニニニ|___ヽニニニ=/ニ/|:.:.|   }:.:.:ヽ\  ……じゃあ、スパイカーのボディと頭、
.   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: /ニニニニニニニニニニ\---∧ニニ/ニ/ .|:.:.|   /:.:.:.:.)\ヽ
  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ニニニニニニニニニニニニ\- ∧ニニニ{ :|:.:.| //):.:.:/  ):.) 回収したら次に行こうか。
...:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. : {ニニニニニニニニニニニニニ/___}ニニ>:} |:.:.|彡' /:.:∧ //
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:乂ニニニニニニ}ニニニニニニ/---∨ニ/=| 乂\__/:.:/ ∨/                                        だおね > やる夫
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ニニニニニニニノニニニニニ/-----∨∧=| /:.>―<   }:.}
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| まあ、シャナの得意な戦い方が、『相手の苦手な戦い方をする』という、
| 地力の高い相手に通用しがたい特化型殺しなのはさておいて……
| 脅威の排除も終了したことであるし、壊れたスパイカーを回収して、そろそろ次へ向かうとしよう。
┗───────────────────────────────────────┛
┏────────────┓
│ 取得物
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 警備ロボット【スパイカー】(中破) ×1
┗───────────────────────────────────────┛
8379 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/03/30(木) 00:54:05.16 ID:QwZvOUZv
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
8380 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/03/30(木) 00:54:20.17 ID:QwZvOUZv
                【MAPデータ】

                                      | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
                                      |                 |
                                      |                 |
                        | ̄ ̄ ̄ |             |                 |
                        |       |              ̄ ̄|- - - -| ̄ ̄
                        |   2.    |                 |     ;;;;;;;;  |
                       ̄|  | ̄              |    ;;;;;;;;;;;|
     | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄     ̄|               |       ;;;;;;;;|
     |;;;;;◇ ◇              |                 /       /
     |;;;;;◇ ◇              |               /       /
   __|;;;;;◇. 1.              |         /         /
  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;                       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄        /
  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;5.                 6.                /
  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;                                   /
    ̄ ̄|;;;;;;;                   | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     |                      |
     |                ━━  |            -- シャッター(閉鎖中)
     |;;;;;;;;;;;;; 3.        4.━━  |            ;;;;;;;;;  瓦礫
     |;;;;;;;;;;;;;;;;          ━━  |            ━━ 棚
     |;;;;;;;;;;;;;;;;            ;;;;;;; |            ◇◇ 廃車
        ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|      | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

                ■ 0 ■

  0.送迎車発着場
    標識と見張りの兵士が立っている。中の安全が確保できるまで、トラックはここに停めておこう。
  1.大広間:廃車置き場
    広間の一角、何台かの廃車が放置された場所。走れるような状態の物は一台もないが、解体技術があれば部品くらいは取れるだろうか?
  2.奥の小部屋
    広間の奥にある、人間用の小部屋。事務所か休憩室の類だったのだろう。
  3.大広間:瓦礫の山
    広間の隅にうずたかく積まれた瓦礫の山。廃品・廃材ばかりの様だが、漁れば何か見つかるだろうか?
  4.大広間:棚 (済)
    広間の隅に放置された棚。車両のホイールやチェーン、電子部品……それに何故かエンジンまで見つけてしまった。
  5.大広間:左の通路 (済) 【現在位置】
    広間から左へ続く、瓦礫で埋もれた通路。……どうやら瓦礫の中に警備ロボットが生きていたらしく、襲撃を受けた。
  6.大広間:右の通路
    広間から左へ向かって伸びる通路。この様子ではまだ奥まで続いていそうだ…… ※ 広間の探索を切り上げて奥へ向かいます。

┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| さて、かくして左の通路こと瓦礫の山Bの探索は終了した。
| ……入り口の棚に続いて、警備ロボットだの保存容器だの、
| なんだか出物っぽい品が多いのは気のせいだろうか。
| さすがにそろそろ品切れだと思うが……ともあれ、入り口付近での探索は次が最後だ
| さて、次はどこを探索しようか?
┗───────────────────────────────────────┛


   ▼ 選択安価 ↓1~3 1D100を添えて、最も数字の高い選択肢
      さて、次はどこを探索する? ※ 今回6を選ばなくとも、次の探索後6に向かいます

   1) 大広間:廃車置き場
   2) 奥の小部屋
   3) 大広間:瓦礫の山
   6) 大広間:右の通路

8381 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/03/30(木) 00:56:57.48 ID:/85jx+qv

【1D100:57

今までのシャナ日記的に早めに先に行けばボーナスが出そう
8382 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/03/30(木) 00:57:06.51 ID:JPTGtMN/
1
【1D100:45】
8383 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/03/30(木) 00:57:33.74 ID:/zJGrlEO
【1D100:26】

8384 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/03/30(木) 00:58:57.15 ID:QwZvOUZv
ふむふむ、6で右の通路か。経験による深読みからきた、奥へ一足先に進むルートやね……なるほど。
ではでは、次の行き先が決まったところで……
8385 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/03/30(木) 00:59:07.71 ID:QwZvOUZv
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


   ▼ 本日ここまで

8386 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/03/30(木) 01:00:29.37 ID:jKwe/Tyo
乙でしたー!
8387 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/03/30(木) 01:02:23.39 ID:QwZvOUZv
                  , 、_  -ヘー―,イ´. ヾ 、
.              /   ,>匕ィ、_ `フ    ヽ ヽ
.             /  >'ー'´__二ニフ ',.   ヽ \
         /ァ=ァ'    _  -ーヲ  iト,  '., ヽ ` ,
.          ,イ/  i′   , -ー  ̄ ´ i、 i! i! '.,.  ', ',  ',       はい、というわけで……すっかりもういい時間ですし、
       ,イ! l!ニ i! _, イ i i! !、   |マ | |. '.,  i! i  i
     ,イ三i| l!ニ i!;';';  | ||斗ヤ| ∨ ´「 マ¬ー-ト i i!  i!       本日のスカベンジャーはここまでです。
   ,イ三三ヲ! i!ニi!;';';  i个!i ! ', i! V  i メ/|マ  i!', i! i!  i!,
.,イ三三ヲ'´. ! l!ニi!;';';   i !| !| ',.|  ∨ | ,!∧! マ | ', |. |.  i',       ……おのれスレ民。
ニ三ヲ'´    | l!二i!;';'  i!. i!| ` ヽ!   V.!==ェュマ ! i! ! i ', ',ヽ
ヲ'´    ,'  i l!二i!;';.  i、|,ィ=≡ゞ  ヽ!       /. | |  | ヽ , ヽ     どうしてこうも高い稼ぎを叩きだそうとするのか……(前回今回の発掘品眺め)
     ,'   i l!二i!;.   i!ヘ|              //! |  i! ヽ\`\
     ,'    i!. l!二i! ,イ!\'、  _,.-‐   ̄ ̄i /'  ,'i! i!. | !  、\',  \   ……というか待って。
    ,'     マ i!. 爪,ノi| ト、ヽ V   ´  - ′  / !| i!  ! iト、 \l\   `ー
             ゝ.ヾ二,ハ  ',、  `          <ト,i|.i,'  |',i=ミヽ  ヽ、`ヽ  この分だとちょっと、分配前の総計がテロリスト排除と同等か
.            ,ィ <ミミミト,. ∨>-   _ , <ミミゞュ !  l i!  ! ヽ、  `ー=、
_  ー   =./     ヾミミi!ヘ ∨ill  ℡ミゝ_ィニ彡 「il彡  i!',}  | i  !ヽ、   li. それ以上の稼ぎが有り得そうなんですがそれは。
                   ヾ! !ミゝill. |!   |    i| ill |,ィ―'――i ,'  /i  /
                  /j | i! ill         illl i'  ゝ、_  ∨、 / !/  ,ィ   ……ふ、まあいい。
.              /   ,' / ,ィij           ,illl、>'´ ̄´    l!ニト\/ ,イ/
                 ノイヲ',==ュ、. i|i  ,ィ==ュ</|イ ̄ ̄ ̄  l!三i|ミ!ヽノ    次回は都合よく行動回数を残したまま、奥の通路へ向かってくれたようだし……
  ゛'' ‐-  ,,_.      、  ヽ )>/ゝ¬ミヽ!|i,ィヲ'¬ヾi/li| ゝ――  i マニ!ミ!. ト、
- .....,,,,__         \  ) >ニ>   `.|ll|゙´  ,ィ//メ、 ゝ- て´  マiミ! | \   【相手の苦手な距離】というのは、
                                                 1on1でなければ成り立ちにくいということを教育してやろう(成り立たないとは言ってない)
8388 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/03/30(木) 01:03:47.13 ID:JPTGtMN/
乙でしたー
8389 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/03/30(木) 01:04:30.47 ID:/85jx+qv
8390 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/03/30(木) 01:04:34.64 ID:/zJGrlEO
おつ
8391 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/03/30(木) 01:05:30.08 ID:JPTGtMN/
しかしこんだけ稼ぐとなるとやる夫の三級もそう遠くないか。アリスさんもニコニコやね
8392 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/03/30(木) 01:08:01.95 ID:QwZvOUZv
                ___
            〃`<    __ `
          _/ __        __  ヽ  \
.           // /:           ,  ′  ヽ
         // /    .!        ′  ,      ともあれ皆さん、お疲れさまでしたー。
           ′′ i__/| ! ト   ',  ,   ′
        i | i ´| l.¨! :| :| ¨',‐-.| i   |   i  次回の投下予定はまた不明。取り敢えず明日明後日はなさげです。
        | l | 小.! Vヽ i  ', ト .|   |    |
          И i .i ==   ` __.V .リ:   |    !.  明日……というか今日はけもフレ生放送で二回目の視聴やるんだ……
         | V        ̄` /    |    ト.
         | 人          7   |     〉 次回投下の可能性が高いのは、土日のどっちかかなー
            ,|   > _ ー '  ィ'|         、/
        /:i/\  |  :i≧r  //  / /      \
             ヽ | /├|==/ / / |/    ヽ   ヽ で、あの通路でのお相手は……(メモ帳眺め)
        \  /.` / :├|*/{ 'イ: : : : ヽ   i }
.            ヽ { i l : :├|/yヽ  ヽ/: : i  /  /  ……おおもう(目元を覆う)
            } V、 | i: :.|。!/: : }  }: : : : | /
         /   ゝ: !: :|。!: : /イノl: : : : :i     {    というかあれね、本当に、シャナに対して高機動型以外の警備ロボットは、
        /     !: :|: :|。!: : : : : : i ノ: : :!    、
           イ  |: : l :|。|: : : : : <.: : : : :i      \  単体でぶつけても意味ないね。
       i / !  ′ :V.-! : : /: : : : : :人  i    ヽ
.        V    /: : : : V、>/: : : : : :/ 〉  :l   l    前のおもち屋ボスも、メタビー相手だったらボス補正で判定こそあったけど、
                                     今回みたいにあっさり片付けちゃってた予定だし。
8393 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/03/30(木) 01:12:39.21 ID:JPTGtMN/
やはり戦いは数…
8394 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/03/30(木) 01:15:52.71 ID:QwZvOUZv
                   _
            /`¨  ̄ ¨´ ',、
              //, ,' i , i ., l ',
          / { ,抖、Ⅵ.,弌`! ! ,l      よし、単体じゃ相手にならないなら、
.            ,  i;'弋ノ  弋ノ` ! i
        /i 从"    " '! .,'ヾ;、__,二_   複数出せば数で圧殺できる可能性も……!
.        {〃! i /,> ,_^_ ィ,' ,' ヽ ミ、  ,}  (なお、警備ロボットの場合、制圧できるなら倒した分だけ報酬が増える模様)
        }ゞ リ//i!⌒¨¶¨λ}/⌒》  )} i{_,
         〈 〃〃 .》 ト 禾,H ,,;i!/} i(( 《_    ……どうせいっちゅうんじゃこれ!?
.        ,{ ゞ 巛 i! .li棗/゙ .,il/´ ; `ゞ } )
.       〃 X}.}{∧i!  !,./ .,ili;、`ヽlー-、ヽ'     まあ先に言ってる通り、次回は軽く数の暴力を相手にしてもらう予定なんですがね!(ヤケクソ)
       ゞ{ ソ(〃,,i1  i'  ,;ilil;、)ヽ }ヽノノ }
      /M    ヒ三7iニミ!ililiヾ! ソ,=彡¨',      数の暴力(味方にグレネード+ライフル持った熟練スカベや装甲スーツ使いの三級マーセがいる模様)
        {`r ∫ _二>ゝ'ム=ミニ:」、Z  、 -、!
       ̄フ ̄':::::::::::::;/!::::::::i:::::`i-、_ ии {_     ……警備サイドからしたらクソゲーだなこれ!!
  〃⌒ヽ,,/´ レi::>i::::!,':::::,、/!__:、' , `¨--"
  ヾミ::,ミ、ミヽ,: : : : : : : ;'i´レ: :,'三ニ, : ,      ともあれ、時間も時間なのでスレ主はお布団いきますん。
   ヾミゞ〃!>_: : : : /.i: : : :i三三;、: ',
    ゞ-=-′  ¨ー' ′-‐.〕ニニ〔  ̄      皆さん、おやすみなさい……(すやぁ
                 廷_シ
8395 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/03/30(木) 01:17:37.22 ID:JPTGtMN/
おやすみなさい
8396 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/03/30(木) 01:19:29.01 ID:/85jx+qv
おやすみ
今日もいい稼ぎだったw
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://yarucha.blog.fc2.com/tb.php/3050-dd7ef035