彼女は互助会の使い走りのようです「ウジムシの活動記録 」

298 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/04/27(木) 21:03:59.95 ID:XF1LjA4w
    /||ミ
   / ::::||
 /:::::::::::||_____
 |:::::::::::::::||       .||
 |:::::::::::::::||       .||
 |:::::::::::::::||         コソー
 |:::::::::::::::||ハ,,_,ハ,     ||
 |:::::::::::::::||・ω・ミ/^l.. ||
 |:::::::::::::::||u~~~u;' |  ||
 |:::::::::::::::||ω ・   ミ . ||
 |:::::::::::::::||[=]=|=  つ ||
 |:::::::::::::::||     ミ .||
 |:::::::::::::::||    彡 .||
 |:::::::::::::::||    ,:'   ||
 |:::::::::::::::||''~''''∪   ||
 \:::::::::::|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
299 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/04/27(木) 21:07:28.52 ID:ugVqfIrS
おるんやで
300 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/04/27(木) 21:09:36.08 ID:XF1LjA4w
       l^丶     ヒョコ
       |  '゙''"'''゙ y-―,___
     /ミ ・ ω ・  ,:'  / \  そいじゃあちょっとな、小ネタやっていこうか。
    / ミ       ミ/  /
  /| ̄ ゙̄u" ̄ ゙̄u'" |\/|     あ、昨日も言ってるけども、本編投下は明日(金曜)な!
    |  静岡 みかん  |  /
    |____________|/      明日ショートクエ1/2をやって、明後日2/2をやって次のターンの行き先選んで、
       ゙U"゙''~""'U"
                      で5th Turnはおしまいな!
301 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/04/27(木) 21:10:38.32 ID:XF1LjA4w
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
 やる夫はスカヴェンジャーのようです二次創作

            彼女は互助会の使い走りのようです
                ウジムシの活動記録

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
302 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/04/27(木) 21:10:46.95 ID:BgNDVkeZ
(コソコソ)
303 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/04/27(木) 21:10:55.27 ID:XF1LjA4w
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
304 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/04/27(木) 21:11:28.24 ID:XF1LjA4w
  ト イ / r /::::::.:.:.:...
 i イ /r /ヘ:::::::::::...:...::......
 i/r t l ノ /.:.:.:.:..:.:.:::::::::::::::::::.:.:......
ヾゞ/ r ト .: :.::... .:.:. :.. .:::. _,-‐-.、:::::::........  ......:::::::,r'"゙ヽ、 .....::::::::.:.
"`i''/l''';.l  .:.:. .: .:.:.:. :._,,r' ::::::::::: :ヽ、_,.r‐.、__,,..r''":::::::::::...`ー'`ヽ、::::::::
  l::.:.. iii|  """""""r'´..::::::::::::::....:.......::::::...........::::::::::::::::::::::::....:::.....`' ""
  |.: ..:...;l          / ̄ ̄ ̄ ̄~`''ー-...、  ,-─-、   ....::::::::::::::::::.:.:.:.......
  l.;.;.: .:il         /.:.::.:..::\::::..:.........::::::::::::::~``''|:::......::| .....::::::::::.:.::.::::::::::::.:::::::..:......
  l,;..;:,;,il|    ...::::::::::::i.:.:.:.::::::.::.:.:::\::::::::::::::::::::::::::: : :.|:::.....:::|~``''=ー-、..,,_   ::::.:.::...:.:.......
 "''`'''``':... ..::::::::::::::::::::'.、::.::.:.:.:::::.:.:.:.:\:::::::.:.:.::::::::::.:: .`ー一'....:::::::.:.:.::.:.::::.:.:~``''=ー-、..,,_ .:....
 .:: .:. : : :.: :......::::::::::::::::  i`.、.:.:.:.:.:.:.:.:::./.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ .:.:.
.:.v.: .;: vi.: :.:.:......::.:::::::::: : l .`.、.:.:.:.:./,r=====================================、.\:..
: : : : : : :. : .: .: :.:... .:.:...... .`、 `.、/_,/:::::::::.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::....::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.::`.、\
.: : : : : : :: : : : :: ::..::....    `、   ̄|:.::.:.:.:.::: .: ::: : : : : : : : :. :. :..: . . :. : : :. :: . : : : ::::::::: : . :.:|  ̄:. \.
.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.........   `、...:::: |.:.:.:::::::::::::::.:.:::.::::::::..::..:.:.::.r────、. . .:: :: ::::::::::: :.:. | .:.::::::..
.:.:.:.:.:.:.:..V.:.:.:.:.:.:.............:.:.:.:.:.:..... `、.:. :|.:.:.:.:::::.:.:.:.:.:.:.:.::::::.::..:..:.:.:::|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|...:┌───┐. | :.:......
.:.:.:.:.:从...:.:.:.:.:::::i 从 .:.:.:..: .:........ `、. .|..........:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:::::..:.:.:...:.|.:.:.:.:.:.:. .:.〔〕|.:.:.:|互助会....| ::.| ..::::::..
. . . : : : : : . : . : :. : .: . :从 .:. :.: .: . .`、l.:.;;;;;;;;;;;;;;;..;;;;;;;;;;;,;,;,,;,;,;,;,;,;|;,;,,;;,,;;;;;,;;;;,;;;|;,;,└───┘ ;|... :..:::...
.: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : 丶、 .: . ヾ.:..::::::::::::::::::::.:.:::::::::::.:.:.....
: : : :. . . :. : .: .: .: . : . . :. : .: .: . :. . .:. . :. :./ ̄ ̄ ̄/i:.:.: . : . :. : . )     ,i.: .: : :. :. . . : . :. :. : .: . . ..
:. : .:. :. :. . .. .: . : . : : :. : .: :. : . .: : .: . . .: .i ̄〒 ̄..::i.:l: .:.. . :._,. - ' .: . . /.:.: .:. :.: . :. :. :. : .: .: . :. :....;,
: .: . :. :. :.: . :V从. :. : .: . :. :.: .: . : .: . :. :.:::l ━━..:::i/_,,. -‐  ..:.::.: . ..ノ. :. :. :. : .: .: . :. : .: . . : .: . :. .
.: .: .: . :Vvik .: . :. :.: . :. : .: . : ._ ,,. --─ ' ̄I___I ̄    .:.:.;;.:.:::.:. . :../. .:.: . . . :.:. :. :. :. :. .: . . :. :. :. .:
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 下級スカベンジャー相互互助会。
| 似たような字面の、あるいは意味の、似たような別個の組織が不思議と全国に展開する、
| 互助会の通称で知られた、とあるスカベンジャー達の組織である。
| その名の通り、4級5級を中心とした、下級スカベンジャー達が、足りない技能を補い合い、
| 足りない力を補い合い、助け合って活動する組織……
┗───────────────────────────────────────┛
305 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/04/27(木) 21:13:10.55 ID:XF1LjA4w
                         ||{}i        i{}||
                         ||{}i        i{}||
                         ||{}i        i{}||
                         ||{}i        i{}||         ,. '"´ ̄ ̄``ヽ、
                         ||{}i   〃`'''ヽ i{}||       /.:.:.:./```ハ.:. :. :.:. ``ヽ
                         ||{}i    {{ ` ,'' }} . {}||      ,.イ.:.:.:.ノノ   /ハハ.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
                         ||{}i   ,.ハ`ニ' ノノ i{}||     jハ.:.:,ィイ   ′  ヾ.: . :.: .: .:ヽ
       ,. '"´  ̄`ヽ  ̄`ヽ          ||,r‐‐ ' li.:.:.:.:./ム i{}||      ヾ{ 二ヽ ー='´__  ヽ.: .:.lii.:.:.i
     /        \  \      /     VハハV  ̄`ヽ     /:,′ ¨7  ``  ̄``  V.:lii.:.:.:l
    /           ヽ  ヽ    /   ,.ィつハハハ   リ  '、   ,'.:.{   〈 .. .,、      ハ:.:.:.:.:.ヽ
  / /        ,r'ニミ彡ミヽヽ.   /  _,ム/  ソll: :::ll  /   i   {.:.:.!  ,r=== 、_,    ハl.: .: .: .:.ヽ
 / /        ,.ィ彡'     ',  ',  L ____ノ´  ll::::::ll,. イ   l   l.:.:.l  ヽ ___ノ  , '  _ ノ.:.:.l.:l:.:l:.:l!
 .:/      ,.ィィ彡'′      l l l l  (  ()   /.:.:ハ.:/ Vノノ イ    ',.:.:.',        /,.: .:. :l .:l :. :/
 /.:/.:/.:.:./ 乍彡'、、、,,_     ,,,,,iソノノ   /.:.:.:.:`V:.:.:.:.:./ハハ/.:.:.:.:.:!      ヾ.:ヽ    __ /  i.: l:l :l: :l: /
 VV/.:.:.:ヽU〈   ==`′ ,r==イjjjj!    l.:.:.:.:.:.:.:.l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l      ヾ「¨¨¨´     .: .: .l :/
  ``ヾ彡'ゝ1     "´ l!  ノソソ     ヽ.:.:.:.:.:ノ`Y´YY ハ.:.:.:.:.:ノ      / L    ,. '´  ``く
  , .ィ 〈   {      ,__」  /        l  ',.:.:ノ________/⌒7  _ _,.. イ  /⌒ヽ"´      /```'''''
 .:.:.::l  ヽ  ヽ    r---ァ/         l   l     ,.ィ "´. :. :. :. :.: .:l/     ヽ    / . :. :.: .: .: .
 .:.:.:.:l   \.  \   `ニ./.:.:.`丶、       ',  l    /:./. :. :. :. :. :. :. :./       ヽ /. :. :. :. :. :. :. :. :
 .:.:.::.:l     \  ヽ __/.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:`丶、    i.  l.   /.:/. :. :. :.: .: .: .:/        ,. イ. :. :. :. :. :. :. : .: .: .:
 .:.:.:.:.:l      \_/  l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:lヽ   l  l  /.:.,′.: . :. :. :. :. :.`7~~~~~~~~~~~~ト、/.: .: .: .: .: .: .: .: .: . :.
 .:.:.:.:.:.ト、    ,.イ((  ハ l.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.r==== ∩、 /.:.:,′.: .: .: .:. : .:. `7ーー ー ー ーー ーV.: . :. :. :. :. :. :. :. :. :. :
 .:.:.:.:.:.:l \/// `ー' V.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\     l lノ.:.:.:.:.i .: .: .: .: .: .: .:.:7ーー ー ー ー ー ーV. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :
 .:.:.:.:.:.:.l   //     ト、..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:( ̄`ヽ ,.イl.:.:.:.:.:.:l. :. :. :. :. :. :. :. :7~~~~~~~~~~~~~ V.: .: .: .:. :. :. :. :. :. :. :
┏────────────┓    ↑IAI製カップ焼きそばサイダー~青のり増量風味~
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| ……であったのは、一体いつ頃までの話であったか。
| 現在のこの組織は、組織の肥大化や首脳陣の代替わりに伴って、
| 名前に釣られてほいほいやってきた新人スカベンジャーを食い物に、
| 規則や借金で彼らをがんじがらめにして、拘束洗脳し、
| 少ない稼ぎをさらに奪っていく害悪と化したものがほとんどだ。

| ちなみに、上のAAで口にされている飲み物は、IAIプラント産の『カップ焼きそばサイダー』である。
| 『焼きそばサイダー』ではない、『カップ焼きそばサイダー』である(IAIによる謎のこだわり)
┗───────────────────────────────────────┛
306 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/04/27(木) 21:15:17.47 ID:3g7o79fa
サイダー
307 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/04/27(木) 21:15:18.33 ID:XF1LjA4w
.   l l u r:、/∠ゝ{,  } }     r=i〉<_a >l''K_a フ,||=;、  | レ' ,r=;vィ三、! |´u レ1 j    N`
   | L_j~/,、くニニ´,ヘ l {    {h||u.三三1 lv三彡lh'/  | | //y'/{{ e ヾv u∠ニレ1 / .N干
.  l r:/,ィ=ヾ u 'ィ。ラレヘヽ   ヾ_リ r-ーr〈 }_ハニヽ|Lリ  .l l.〈〈,'/ vUゞ=゙//l{'e ̄ラi,、/+.十
  レ' ,イ|.r≡゚{ j v ド'´イ´ヽ\   { {f.テェゞュ'ェェテ!}ト、  j l Y ,く.>、~r //vヾv彡'l'ハ}+十
./,イに|l r'エエ>'´∠!ニヽ. \\__, ヘヾェェェェェェ〃ハ \//   l.{ヽ`く_>Yj'_ '-‐ij'´/'ン/+十
/ l.冫ー|にン ,∠t'エテヲ {._ \\ .ト、v ̄三´~ 〈∧ .//  /luくゝ、`┴⊥エj ノi イ-+十
  ,ハ} u レ' / u === v/:::::::::: ̄:ヽ.\l\\.u___.丿 レ'/  ./+! ~ミ'-エェェン/ /ナ/-+十
/::::|ゝ' /`ー--- 、._,.イ::::::::r'⌒ ー-ゝ `‐-ゝ-‐-~'⌒′! /±土! v ` u イ  /ナ7_,土±
:::/ /\ u     /|::::ノ                 ヽ    ‘ー '´ /  / ̄ ____
/ /::|.   \_,,. -‐'_,.ニニ    ぐにゃ~ の       {.__,. _-‐..''ニニ二¨__ ̄
二二ニニ´ -‐ '" ̄    )                    _ノ´   _ノ´    __  ̄¨T'' ‐-
    ノ ノ ____     {     予感っ……!!   (´    /r-、__,. ‐''7n \ ヽ
.  /∠_¨--‐¬,>ァ、 ゝ、                 )    レ\ヽニ'ノ/ノ f v }__ l
 /,.イ==ミuー '〃 _ >〉ァ',.ヘ.._  __,.. -─- 、__,.ィ'⌒ヽ、(    lu(゙ヽV /(a j}!v(.〈nヽ:|__
ノ/」 | v _ヾ ,ル'a _/レ',ィヽ  │|.l l    ,. -─-、\  \\  l. (. 9f u Y彡', -ヽ.!j } :| \
,.イ ヘヽく. eブl'ド三ァ'∠ヾ;リ、.__! l. l l.  //⌒`ー-ゝ.\- 、\\ \ノ ハ u _うニ-''"_uY  \
 ヾ'<ヽ r,三=='テイj‐',ニ、! │l | |r=j,' u ト#、_ ,. -\\!  ヽヽ (_,ィニ゙Uー'_,ニ゙-rく_ハ `iー- ゝ、
.   `ー7/r‐ r._l. Lヽ,ィ>'´,| | ノノ l レラ' r‐ 、リ v r,三u、>、ヽ   i l__とt┬'T⊥┴'^´,.ィj }  / |
   /ハ rエエ゙ェ'エン_,.ィ夕レ'/  l レ' u' ,ゝ゚‐  〃-、 /-、! {  l l    ̄ゝ''工エ´ゝ'´/ /  |
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| かくして、かつてはただ夢を抱いた若者を救う為だった互助会は、
| 如何にして搾取するか、あるいはされずに逃げ切れるか……
| そんなことに腐心する人間ばかりの、腐った組織と化してしまったのである。
| 夢を抱き、互助会の門戸を叩いた者も、やがて搾取され続ける状況に想いはすり減り、
| 同じウジ虫へ落ちて行く……
| 旧文明のことわざに、衣食住足りて礼節を知るとあるが、まさしくここはその真逆である。
┗───────────────────────────────────────┛
308 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/04/27(木) 21:17:35.75 ID:XF1LjA4w
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

                     /(
                _  ⌒ヽ /⌒`  _
              >     /  ⌒      ノ
                /     /   }       \    えーっと、朝ご飯を食べるのは、
               /          /           l
             ̄/       /         {    ここ……で、いいのかな?
               {/            \    \
             / {             \  {⌒   昨日はもう遅いからって、
               /  /          \   \',
           厶ィ,′ /}/      |  l  、__、   いきなり宿舎に案内されたんだけど……
                厶 イ           |/   /ノ⌒
                   }     /     {\{/                           あ、君が例の新人君っすねー >
                   }∧ノ}   ,′  /{  {ィv′
                  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄}\        え、あ、はい!
                     {      ____    }i:i:i}
                   /⌒ ̄ /   ⌒\_}i:i:i}
          _  -      /       ⌒ ‐ _
        _          l              ⌒\
       /∧            |            /  ',
        ,   ',           |           /     ,
        ,′  ',          |          /      ',
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| さて、そんな互助会の保有する敷地内、ちっぽけな食堂に、一人の少年の姿があった。
| 華奢で気弱な彼は、おおよそ10代の半ば程の年齢だろうか。
| いかにもここに慣れていませんという彼の様子は、言うなれば蜘蛛の巣にかかり、
| それに気付いていない蝶か。
| 未だに糸が絡み切っておらず、蜘蛛の牙が付きたてられていないのは幸運であるが……
┗───────────────────────────────────────┛
309 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/04/27(木) 21:22:19.11 ID:XF1LjA4w
                      {\_
                   _  ⌒    ̄ ̄ \__ ノ)
                〈 ̄            ⌒`     L
                  V    /  /    /⌒  }  ',                      ずいぶんひょろい見た目っすねー。
                  /     /  /      ′   /  }                      スカベンジャーは体が資本っすよ? >
                ∠     /   '     /        /ヽ
                   /   /    {     /   / /   ノ
                   __/   /    ′{   {  / / _/  あははは……組合の受付の人にも言われちゃいました。
                     ̄ { '   /   ',  l/T⌒ ̄ '
                 {/  ∠ イ i{(',    | === l     えっと、互助会の先輩の人ですよね?
                厶イ  } ハ个=∨   ,      〉
                  | ̄ ̄ ̄⌒` 、}  /    /     名前を聞いてもいいですか?
                「⌒\       ` 、 マ_フ '
            _ -  ̄ ̄⌒ ‐ __  /ニニ/≧=彳       あ、僕はベル・クラネルです。
        __ // / /   / ̄ ̄ ̄>v'_
       /⌒ ̄ ̄ ̄ ̄⌒` く  / ̄  /⌒\                          なるほど、ベル君っすねー。自分は…… >
        /          /⌒ヽ   /      ',
        ,             /⌒L 」  /       l
     /           /  /⌒7 ,        L
    /〈O           /  /   / /       ̄⌒}
  ,   /⌒ ‐ _ O  /  /   / ヽ{     、     }
/   /    /  ⌒ - /  /   /≧= \      \   〉
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| そうして少年は、己が立っている場所が人間性を削ぎ落す魔境とも知らず、
| 困ったように、優し気な苦笑いで先達と声を交わす。
| 己の名前はなんというのか、相手の名前は何というのか。
| そんなありふれた、けれど人間味にあふれた話をする。
┗───────────────────────────────────────┛
310 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/04/27(木) 21:27:18.54 ID:XF1LjA4w
                        __
                         彡-――-ミ、
                   //          `ヽ
                  / /             \
                  { /                  )
                  八{ x~-、
             /⌒  ̄       `丶、
            /           ⌒ヽ   \    走り鳰っていうっす。あ、一応いっとくっすけど本名っすよー
            /             Y   \
         /               l      \                               ハシリ、ニオ先輩? > ベル
         /         l      l |      ヽ
         / /       /{ {      } }      l  、  そうそう、珍しい苗字っしょー、
        {/ /    { l/ l  \   l j  }  l l い
      >''"   {  {   l┼‐-L_| \  ' 斗-/‐  l l |l  使いっ走りの鳰、って覚えてくれていいっすよ。
    /       l  l  ∧l  乂 l  l  / / }/ l } } } ハ }
   /      /|∧ トミx==ミ`l\l /l_,,x=xシ}/ / メ、 ノ  先輩って言っても、この界隈に一年以上居て未だに五級だし……
   八      { l/ \ト、       /      / / / \
    \     {\    ヽ      "    / }/ / /  〉 年もおんなじくらいっぽいっすから。
      ヽ トx-―‐-\    }  `ー- ~’   /  // /
     _/:::::::::::::::::::::/ヽノ)ノト       イr~⌒\/    話し方も敬語とか先輩とか、そういうのは気にせずに。
__ノ::::::::::::::::::::::::::::/:::::::l  \`'''ー-イ|\:::::::::::::::::::::\ ___
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::l    ヽ / }:::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::l }                     あ、はい、鳰せんぱ……あ > ベル
、::::::::::::::::::::::::::::::::\:::::::::::r┴-<⌒Y⌒ソ::::::::::::〉::::::::::::::::::::::::::::::/ /
ヘ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\::::::}    `Y^Y ̄ ̄}/::::::::::::::::::::::::::::::/ / ̄`~へ_                  _
 ヘ::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::/    ⌒ノ ノ⌒  {\:::::::::::::/::::::://         ー-   _         / /ノ
∨∧:::::::>-イ:::::::く::::::::::{_  -‐'"爪\_ }::::::〉-<::::::::://                 ̄\_  /   /
 `~'"    l::::::::::::\::::::八   // 、   >::/   `~-く ̄ ̄ ̄`ー _            〉 }:「   / つ
        l::::::::::::::::::\:::::ヽ/ / /\//}                ̄`~、       / //    /
        l:::::::::::::::::::::::\::::::l //:::::::/:::::ノ                      `~、_ /--イー--‐'"
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 食堂の入り口脇で、ベルに話しかけていたのは、変わった名前の少女だった。
| 年の頃は、ベルとそうは変わるまい。
| 薄汚れ、擦り切れたシャツとジャケットの、みすぼらしいとも言える格好……   勲章
| けれどスカベンジャーという者をろくに知らない少年には、まるで歴戦の兵士の 傷 のような、
| そんな錯覚を思い起こさせた。
┗───────────────────────────────────────┛
311 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/04/27(木) 21:30:38.87 ID:3g7o79fa
おおうもう
312 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/04/27(木) 21:31:39.81 ID:XF1LjA4w
.              /       \
            __l_ -―- .     \
           /    --、  `ヽ
           /    / l|   \    \    ま、無理に合わせないでも、
        / /   /| l|     '.     \
.        / /   /  | l|     l l       ', 敬語がいいってんならそれでもいいっすよ。
       l//  /  /| ヽ   l |V     ’.
      / | |  |  /∨  \ l | ∨   |   ’                                   す、すみません…… > ベル
     /  | |  | 7⌒`ト、  | ィァ'⌒| | | l |
   /    | |  lxィ丐㍉∨//x'〒ミ」 | | l | いやいや、謝んないでいいっすよ。
  / {/ ||ヽ ト、 辷ノ ∨  辷ノ//| l/| /`X
  \`{  \\ ヽ`ト     '    ハイ//   } ……ところでベル君、互助会に来たのは昨日の夜ってことだし、
.    \ー- _ ト ゝ ヽ|   `ー~ ..イ彡     ノ
     >':::::::::〈∨: 「トヽ..   . ィ´::∨::┬イ‐'´   なんならウチが、ここで生活するうえで、気を付けた方が良いこととか、
    / :::::::::: /∧∨| |、\ ノ |,┐∨::::::::|
     | ::::::::::::::ヽ∧ N | >r|ー '´ |/::::::::::|      軽くレクチャーしてやるっすよ?
     |:::::::::::::::::::rヘヘ 乂レク    |::::::|::::::∧
    /::::::::::::::<|∪」   /ト、 __∧ヽ:|:::::: ∧     代金は……そっすね、30銭で。
.   / ::::::::::::::::::::|     / | /::::::::::/::::::::::/}
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| して、互いにあっさりとした自己紹介を終えたところで、
| いたいけな少年をたぶらかす先輩が、僅かに本性をのぞかせる。
| 指を三本立てながら手を振り、金を出すつもりはないかと。
| 人懐っこく新人に話しかけていたのは、つまりそういうことなのだろう。
| 二人のそばを通り過ぎた人に無関心な同僚は、そんな少女を横目にぼんやりとそう考え、
| そして記憶域からすぐにそれを忘れた。他人なんて気にしても仕方ない、と。
┗───────────────────────────────────────┛
313 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/04/27(木) 21:35:54.24 ID:XF1LjA4w
       、_     >――==}`Y
        \ ̄ ̄ ̄   ― 、ヽ .} ノ――<_
         >'´    >―ミヾ ―=ミ `ヽ¨´
    乂―''^´/    /                \
        ̄/                 }i            むむ、30銭……
         ,'     /.       /   ∥. ',       ∨ /
.        l i|.   /     /   //   ',   \ ∨                    スカベンジャーは弱肉強食っすからねー。
.        |八/ / /  /.イ  / ハ   l.     {\、               こんなんでも、良心的な値段だと自負してるっすよ? > 鳰
       / ./.  / ⌒ メ、 /.イ._⌒`ヽ |    ',
      ノ ./ ,イ ,ィう芯ミ''´イ  ,ィう笊ミx |  ト、  ∨   ……わかりました。
      ∠./''ハ.ヾ乂ソ      乂り〃| ハ }\ . \
.          | } ',  ¨   ,l     ¨   /| {,イヽ ヽ ̄   えっと、これで30銭のはず……
.        ノイ | . ',            ,' /l ト、ニニニ=-、、
.      >''´.八 |.ヘ          .イ./ 从{ /<ニニニニi                        まいどありー。そんじゃあ早速 > 鳰
.       } }:}i:i:i:iハ! ハ>、 ´ `   イ /イ} // /ニニ/`''<ニ}
      l .{:i:i:i/ニ{ {:i:{h ≧=≦ _ , イ  / /ニニ/    `''<
.     〈.  ',:i;7ニト、{:i:i:i:i:i:i:ヘ  |      ン ニニi  /    Y      ,. ',ニニ.ヽ
     く ヽ.マニニ:i:i:i\:i:i:i:i:ヘ___|    / |ニニ| /      |     / / 寛 ヽヽ
      }  ヽ マニ:i:i:i:ミ\<´ _ イ フ /=- |ニニ| /      |     l !宝□通.l !
.    _/.     マ=:i:i:i:i:ゝ、_ ̄ _,,、イ.     |ニニ|,'   /   l   ,. ',ニニ.ヽ,. ',ニニ.ヽ
     } ,,イヽ.   マ:i:i:i:i:i:i:i:i:〕} 〔_       |ニニ| /.    l   / / 寛 / / 寛 ヽヽ
.   ,ィ''´:::::,、、::ヽ. ハ:i:i:>''´ /   `''<    |ニニ|/        {   l !宝□ l !宝□通.l !
.   〉:::::~:::::_:::∨ / ∨    /         `ヽ Vニ/       ヽ ヽヽ 永 ヽヽ 永 / /
   {::::::::`~:::''‐<./  {             ヘ . V{        /   ヽ ニニンヽ ニニン
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| して、そんな先輩からのタカリを受けて、純朴な少年はしばし考えた後、
| まあこれはこれで、ちょっとダーティーなふいんきで格好良いとでも思ったか、
| 鳰の甘言と雰囲気に流されるように、懐から小さな布袋を取り出すと、
| そこから10銭硬貨を三枚選び取り、手渡した。そうして、鳰はそれを受け取り……
┗───────────────────────────────────────┛
314 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/04/27(木) 21:41:15.48 ID:XF1LjA4w
     / / / / / ./   |  | | |    |   从.| \  \ ヽ   ヽ ヽ
    .// .| / /  ./   |  ,i l ,l   |   /i.λ.、 \  \ヽ   ヽヽ
   // /| ./ ./   i   ,人 λ丶丶.  |  / | |\___\ \   \}   駄目っすよー、ベル君。
   // /λ/ /  . | ___/ 丶 .|i \   .|  / ,., -'" \ ̄ \ヽ\   丶
   || / { .|   |  ̄| ̄""'- 、,,, \   / レ ,,,ァiiij;;;;;シ  ヽソ ゝ   \  こんな人の多い場所で財布取り出しちゃ。
   ||/  | .λ  ,|  .|      \  \ | ::彳:  .Y .ソ .| \,ヽ.、 ヾ   \
 /ヾ、   .-,, i   | ヘ .||'ヽ,,,_,,、、..,  \\レ '  :::::::ノ / ./ ノ\ ヽ  ヾ    \                           えっ > ベル
_/ :  i  .| . / l | レヽ "    .''’       ---" /,/  レヽ   )     〉
,{ .|    .|  .l  l \ \\       、      //    ノ  ノ    ノ 細かいお金はバラで分散してポケットなんかに入れといて、
ヘ ヾ ::  ヾ  |  | | '  丶__≧        ,    ̄/   /  /    /
 \丶  .\ |  | \    ヽ     r ''  y   /   イ  // _/   貯金するようなお財布は、ぜっっっったいに、人前に出しちゃ駄目っす。
   " \ \|  | yヽ\   .ヽ     丶-   //  / | /  レレ   .)
       丶.|   {  !  ヾ  .i  "'''- ..   / /| /  | 八/      .|  あ、スリを躱す自信があるなら話は別っすけど。
      「 ̄ ̄\ヽ ヽ  レ レ   ヽ .,,  , /  レ   Y        |
     「 ̄ ̄ ̄│ゝ 丶  「"'''- .._ 「 i  i ̄7  _,..-'''"7/       .|                        は、はい…… > ベル
     「 ̄ ̄ ̄∥ /  / ヘ     "'''- ヽ| , -'"     /        |
    /  イ  /   /  ヽ       l⌒l       ./        |  うむ、素直なのはいいことっす。
┏────────────┓                         そんじゃあ続きは、ちょっと付いてくるっすよー
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| その三枚の硬貨を強く握りしめながら、甘言に代わる諫言を告げる。
| 互助会には手癖の悪い奴が多いから、財布なんて大事なものを、ホイホイ出してはいけないと。
| ある種予想通りに、第一試験失格、である(第二試験があるとは言ってない)
┗───────────────────────────────────────┛
315 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/04/27(木) 21:46:45.16 ID:Ay8yDdDa
(いまのとこはまだ)良い先輩だなぁ
316 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/04/27(木) 21:47:06.33 ID:XF1LjA4w
     /   /      /    /        /       ',   ',
  _/    '         /      /        /        ',   ',
 \____/               /        /         i{    l
       ′     /      /          /       l   i{    l  な、なるほど、これがスカベンジャー。
      /       /      /     -―-           ノ_ 八  } ′
     ′/ l    /   / /       /      / /  /    }/   思ってた以上にダーティー……
   /   {  |   ' /  /   _∠__   < _   ィ__}    /{
 ∠  _/{  |  // {  厶 イ  ⌒芹芋厂       竿芹^}  '  、                  おーいベル君、何やってるっすかー?
       人 ノ /    ',    | 八 vrツ        vり 〈/{\  \               付いてこないならお話はおわりっすよー > 鳰
        <     / ,    |    ¨¨       、 ¨¨  ' l {   ̄ ̄
        }  ̄l八 (∧    |             )    | N      ああ、今行きます、ニオ先輩!
        }/l   \___',  |                  l{
        / ̄ ̄ ̄ ⌒ ', ノ   し            ハ       (……30銭でいろいろ教えてくれる先輩がいて、助かったなー)
          {           }/⌒ ‐ _   /⌒ ̄ /  /   ',
          {/⌒\        }ニ=‐ '  _ /  ィ \__、
     / ̄⌒\   \        /ニニニニニ7   /
    /{__     、     、     {ニニニニニ/==≦
  /  /⌒ ̄   ―  ̄ ̄ ̄⌒ -=ニニニ,′
  ,  /                   ̄⌒` 、
 ,' /                 _  -   ̄⌒` 、
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| して、話の途中で入り口を離れ、食堂の中へ向かっていく鳰。
| そんな彼女の背中を眺めながら、思っていたよりも輝きに遠く、けれどどこか
| 暗闇故の格好良さがある気がしないでもない(錯覚)スカベンジャーと互助会の実情へ
| 想いを馳せるベル。そんな彼に向けて、鳰は先を行きながら声をかけるのだった……
┗───────────────────────────────────────┛
317 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/04/27(木) 21:52:08.56 ID:XF1LjA4w
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

                 く>
        ┌────┐ く>
        └──┬─│
            ┌┘┌┘
            │┌┘
            │└┐
            └─┘
318 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/04/27(木) 21:52:33.27 ID:XF1LjA4w
             ,  ,ゝイ____
            /,'i/ /'´   /ー、
          , / i i  ,' ,  /イ  `ヽ、
  ,ゝ‐、'⌒ヽ.   i!V.: ! ゛  /  ,ヘ ―= 、゙>          おっ、今日の給仕担当はアーチャーさんっすか、当たりっすねー。
⌒ヽ     ゙、 ヾj!i ,,、メ、_、,ゝ'w'´ ヽ. ,=- トゝ                     コック長ーDセットの作り置き、置いてあるっすかー? > 鳰
 .  :.  . : .) ヘ.:、/         、"´   .i
       . ノー、ヘ.:| _,ィ  ‐=-、_,ヽ.:  ;!  ん、ああDセットか。
  ー.、  ´   )ヘi´ ̄         ∨-‐i
    )    ) ,',! __,  =====  /´. !  ならまだ10セットばかり残ってるぞ。
 ホ ノ    '⌒!ハ. ̄ ̄        ,__ 丿
  カ .ハ    ):. `゙i 、   、___  ,イ      一つ15銭だ。
    丿  . : .   ゝi、.__ー‐'´ィ=iメ-、__
 ,' ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ ホ`v  ,イ7匚|」_/;;/::;':'ヽ.                              了解っす、受け取り口で払うっすよー > 鳰
./ ┌―┐  i | カ _,ゝ'::::i/;;|三メ;;;;;i:i、::::::::.ヽ
  └―┘.   i lr'ニ´、:::::::::i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;lヾ:::::::::::.゙、  やれやれ、折角飯の支度をしても、
   _      i l´i^i´i、'´ |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽiヽ、::::_,.メ、
  /   \   | |‐'ト'‐ノ゙-'´ ̄`゚。'⌒ヽ。;;7_/.:::::::::ノ 売れていくのは安い定食ばかり、か……
  | ◯   |  ! !`´゙¨´`ヽ。 。゚γ゚。ω゚ゝ,-、゙ヽ;::/
  \_ /  // `ヽ ) |;;゙ー又τ。゚cノノ、ノ,ィ!'´   まあ、Dセットならまだましな方だが……
、__ ____ , /_____/;;;;;;;;;`ヽ、ー'´ノゝ-''´
メ二二二=-――――‐' ゙i;;;;;;;;;;;;;;;;;;`≠';;;;;|
――――――――┐ . |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 数分後などと表現するまでもなく、場所は同じ食堂の中。
| 新人のベルを引き連れた鳰は給仕場をのぞき込み、そこにいた一人の青年に握り拳を作る。
| 同じ互助会に所属する、けれど明確に格上の先達……
| アーチャーと名乗る、三級スカベンジャーだ。
| そしてついでに言えば、志願当番制の給仕係―― 一応、給金ではないが
| 弾薬費の一部免除など利点はある――の中で、料理の美味い当たりである。
┗───────────────────────────────────────┛
319 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/04/27(木) 21:56:55.16 ID:XF1LjA4w
                  \ \'" ̄ ̄ ~‐-
               /⌒\ Y x<⌒    \
             /   ⌒>-く  `丶、    \
             /  /   /    、     \   `、
             /  /   /      l\           `、         ……うんじゃ会計さん、しっかり30銭、支払ったっすよー
          /      /    l l  \        `、
           /         /    l l            \       あとからたりてねーだのなんだの、ピーピー騒がないでくれっすよ。
         /   /  ///     l  l  \       ヽ   `< ___
 、__ 彡 /  / // ∥        }    \  ト、   ト、\ー--‐''"                       へいへい、わかってるよ。
   `ー--‐//  /// /  l        八   _ \ l ヽ   lい  \                      (一年もうちにいる奴に誰がやるかよ) > 互助会
      //{ /イ     / l l   ∥ /'"ヾ ̄    j  ゙、  l } } ヽ  `<
      {/ Y  {   ̄/⌒l l  /  /   ヽ   い / } ハ j ノ  }ヽ   \
      {   } l l   j_,,x气,,ト乂 / _,,xャ竺彡゙、 V ノ ノ}/    ノ }  _} んじゃベル君、そっちのセットは
      /八 l  j 气f'゙{:::从ト/  '゙ ,,,,  } ノ\\  ノ   / //⌒
    / /  ヽ  {/\` 乂゚ノ .::       / / }  ̄  //~//      持ってってもらってもいいっすかね?
    / / {   { `ト {  ヽ ''''   "     ,   //  ノ /__ /{{    {(
   { 弋廴 廴 乂   乂 >― `ー~く /{ {    /\:::`~ミ  \      お話の続きはご飯食べながらッてことで。
    ⌒~⌒ ̄\/:::\/         j: l / ト乂  {::ヘ ∨:::::::::::::\
           }:::::::/        ノ: :}    /::ヽ}::::ヘ ∨::::::/:::::::::、                              あ、はい! 席は…… > 互助会
          /l::::/       ,.::': : :ハ-――┐::::://:::/::::::::::::l
          /::::::{     ....:::'゙: :_:_|/     ///:::::::::::::::::::::::::::!     基本隅っこは常連さんの予約席っすからねー。
          /::::::::::\: : : : : :_:_/:_:/     /:::\\::::::::::::::::::::::::::l
           /:::::::::::://''ー---‐''"┼ヽ__ j:::::::::::ヽヽ::::::::::::::::::::::l      適当に、真ん中あたりで食べるっす。
       / ̄ ̄`くヽ{  ┼ ┼  / ,..::''': : :`く:::://:::::::::::::::::::::l
        /   ヽ/ ̄ ̄`~、 ::l / ,::' : : : : : : : : Y/::::::::::::::::::::::::::l
      j   ヽ/: : : :`ヽ、 ┼\/ / : : : : : : : : : : :}:::::::::::::::::::::::::::::::l
      {   Χj: : : : : : : ヽ  ┼Y'" ̄⌒ ̄''ヾく : :ノ:::::::::::::::::::::::::::::::l
     八     {: : :_: : : : :__   }         ヽ  ̄`'''ー---‐'''"l
    弋ニ⌒~--// ̄/  \ j: : : : : : : : : : : : :}`~-----┬‐┘
   〔__       / /   /     `~、_r--、__/_,,,   /::::::l__
     廴    { {   }          ̄`ヾ   \     /ニZ::::::::::l ̄l____x< \
     弋   _い、 ノ                 \  ヽ  /  _〕::::::::l  l :: :: ::/:: :: ::\\
     └'" ̄  l  ̄Y {                     / _ァ┘::::::::l  j:: ::/:: :: :: ::: ::ヽ ヽ
              l  └--ニ __             /--┘:::::::::::::ノ ノ/:: :: :: :: :: :: :: ::、 、
            `------‐彡::::::::: ̄:::::::::ー-   _ノ::::::::::::::::::::::::/ / :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::l  l
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| そんな料理人の良し悪しを確認したところで、鳰がベルを引き連れ、配膳口へ向かう。
| ボケっと突っ立った会計係にD定食ふたつを注文して、
| 支払い口にベルから受け取った30銭を転がす。
| 金にせこいと言われようが、ここで釘をさすのを忘れてはいけない。
| 取り出し口から出てきた二つのトレイを前にして、ベルを呼びつけ片方を持たせ、席を探す。
┗───────────────────────────────────────┛
320 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/04/27(木) 22:02:16.09 ID:XF1LjA4w
     , .. --- .._                                  _ __ _ _ __ _ _ __ __ _
   /:.::;r.、::::.;"ヽ:`ヽ         □                   /  \.\.\.\.\.\ \ \ \ \
  /:.:.:::::.i!;;;|:.:.:i;ハ. }::::.:ヽ                      _ ,,,, ──/ ∵  |三|三|三|三|三|三|三|三|三|─ ,,,, _
  l: : :.::::ゝノ.:.:.:ゝ-':::.:.:. :}                    /       | ∴ ./ / ./ / / / ./ / ./ /      \
  ゙,: : : :::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:. .: :l                    /    :: ''   ヽ、__ノ=.ノ=.ノ=.ノ=.ノ=ノ=.ノ=ノ=ノ=ノ       ヽ
   ヽ: : : :.:.:.:.:.:. : : : : ノ    _,  -‐=====‐-   ._  |     '''' ,,                              /
    `゙ー - -- ─ '´ ,   ´    _,,.     ..,, _   `  、__                               _ /
            /    .  .::: : :.     .. ::: : : :: : . ..、  \    ̄ ̄ ̄ ''''''''''''''''' ───── '''''''''''''''''  ̄ ̄ ̄
           //  ,.: ´ . . .: : : : : . .   . .: : : : : : : : . 丶  ヽ
         , | { ; .::: : : : : : : : : : : : .. .. .:.:.:.:.::::::::.:.:. . : : :  ', } | 、
        /  | ゝ' .: : : : : : : : : : : :.:.:.:.:.:.::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.: ノ |  \
  .      /  /゚l  \: : : : : : .:.:.:.:.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:./  lヽ  ',
       {   { ',   `≧=ー- ..,,_ :::::::::::::::::::_,,.. -‐=≦´   ,' }   }
       ヽ、  ー:',               ̄ ̄ ̄          ,'ー ′ 〃
        \_  、                          〃  _/
            ̄ \                    /  ̄
               ` <              > ´
                   `≧=ー--------‐=≦´
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| トレイに乗っているのは、硬いパンが一つに、野菜の切れ端などを煮込んだスープ、
| 同じく安い野菜を適当に焼いて、一口大に切り分けただけの焼き野菜が数個に……
| パンに付けるものだろうか、申し訳程度の小さなバターがひと片……
| 食器類を除けば、それだけだ。
┗───────────────────────────────────────┛
321 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/04/27(木) 22:04:53.01 ID:2LwHh1IS
バターまであるだと!?
322 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/04/27(木) 22:05:21.50 ID:Ay8yDdDa
おい!パンにカビが生えてねぇぞ!こいつはどういうこった!!
323 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/04/27(木) 22:06:24.39 ID:XF1LjA4w
                      {\_
                   _  ⌒    ̄ ̄ \__ ノ)
                〈 ̄            ⌒`     L
                  V    /  /    /⌒  }  ',                    いやー、今日のご飯は豪華っすよー。
                  /     /  /      ′   /  }                         ベル君、運がいいっすねー > 鳰
                ∠     /   '     /        /ヽ
                   /   /    {     /   / /   ノ ……う、運がいい、ですか。
                   __/   /    ′{   {  / / _/
                     ̄ { '   /   ',  l/T⌒ ̄ '   いえまあ、家の農家でも、
                 {/  ∠ イ i{(',    | === l
                厶イ  } ハ个=∨   ,      〉  これとそう変わんないメニューでしたけど。
                  | ̄ ̄ ̄⌒` 、}  /    /
                「⌒\       ` 、 マ_フ '                           五級のスカベは蛆虫っすから。
            _ -  ̄ ̄⌒ ‐ __  /ニニ/≧=彳                             飯に期待しちゃ駄目っすよ > 鳰
        __ // / /   / ̄ ̄ ̄>v'_
       /⌒ ̄ ̄ ̄ ̄⌒` く  / ̄  /⌒\                     その点、アーチャーさんは舌越えてるからか
        /          /⌒ヽ   /      ',                             生活に余裕あるからか……
        ,             /⌒L 」  /       l          塩足して味整えたり、多少量割増しにしてくれたりするっすから > 鳰
     /           /  /⌒7 ,        L
    /〈O           /  /   / /       ̄⌒}  ……えっとつまり、普段のご飯はもっと?
  ,   /⌒ ‐ _ O  /  /   / ヽ{     、     }
/   /    /  ⌒ - /  /   /≧= \      \   〉
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| なんともわびしいトレイを手に、鳰に促されて食堂の長机へベルが座る、
| 対面には、焼き野菜の種類が多少違うだけで、ほとんど同じトレイを手にした鳰。
| 一攫千金や夢に胸を膨らませてきたベルには、なんとも言えないメニューであるが、
| 対する鳰は嘘偽りなくご機嫌である。……どうやら、料理人の件は相当な大事なようだ。
┗───────────────────────────────────────┛
324 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/04/27(木) 22:13:35.91 ID:XF1LjA4w
          //         -―-Y/       `ヽ、
         //     /             `ヽ、  \
         ∥    /    /      \     \  \    ひでぇなんてもんじゃねえっすよ。
          {    /       ;  {        ヽ      \  \
             /       !   、       い     \ \ ヽ  10銭15銭で買えるEDセットは、
            / /    {   ゙、      l   \   \\ \
             / /       l   ヽ      l\ _ヽ   ヽ \ `<    パン一個と具なしスープならまだいい方、
          ハ /  {      l  l   \   |l/\  Y   Y\\  `~ 、
        / // j/}     l l\   \l  /l   \  i    l    \   ヽ ヽ どう見ても腐ってる生野菜やらカビ付いたパンやら……
     __  / /// /     l_,,斗―-   l\ j ,,x=云メ、l\  }         }) }
     { У // / l    '" l| l   \  l /j 〃  ,,, ノ / \   j/    / /                            うわ、うわぁ…… > ベル
     j/ / /  l  l      l _x云=ミ \l/      ー彡イノ  j   ノ   //
    /    ̄ ̄}人 ト、    =シ" ,,,,    ヽ        /    / /  / / まあそういう訳なんで、厨房のコックは気にした方が良いっすよ。
    /       ̄ ̄} ヽl \ \   ミ=-    、__,.::-‐イ   ∥  j / /  /{/
   /     /-‐/   l   ヽ   ̄ \   `く_ノ  イ八 /{(   / {   メシマズコックの日は、IAIの缶詰買って帰った方がマシっす。
   /     / ̄       )\ \ ヽ>ミ,,,_ ー / l┐ ヽ{  { /
  /     ノ    \        \ Y } ヽ/L__  ̄  /弋、  ト从(                                        マジっすか > ベル
  /{     jく `ー- `~、 ヽ_ _ヽ }ヽ}ノ//}   ̄Y^ヽ  ヽ\{ ___
  Yミー-‐彡}    \} \} /:::::::::::: ̄/l ̄`~、 /     / ̄ ̄ト:::::::::::::::::::ヽ   ええ、マジっすよ。
  }  ̄ ̄  l\       ノ/::::::::::::::::::/ l      `Y⌒Y      l V:::::::::::::::::::Y
  ∧     ノ  }     /::::::::::::::::::/ /}        {   }       l、 V:::::::::::::::::::}  あ、そっちのトレイはベル君の分っすから。
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| ……そう、コックは大事である。
| なまじ給仕係は利益のある志願制故に、ろくに料理も栄養も知らない人間が、
| 控除目当てに応募したりするものだから……食べたら突然変異でも起こしそうな、
| ひどい食べ物が出ないとも限らない。
| それに比べれば、まだ不思議な味と我慢できるIAIフレーバーの方がマシである。
┗───────────────────────────────────────┛
325 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/04/27(木) 22:24:02.76 ID:XF1LjA4w
                          /{
                       _ -―‐- {   、
             __  -‐         \  \_
               \/       _      ノ=ミメ、  ……え、ええっ、僕の分って!?
                /       /                、
          /   /  /         ノ     }      \                            しー、声が大きいっすよベル君。
         /   /   '        /    ′   、 ',⌒`               まあ、アレっす。情報料は朝ごはんってことっす。
         / /  /   /                 /{     }  ',                        一人で食べるのは味気ないっすし > 鳰
       ⌒7   ′   /   ⌒ /      /  ,     }  }
          /  l  / ′   /     ィ ⌒   ',  }  }  あ、はい……じゃあありがたく。
         '    | '  {   x==ミ、 ̄ ̄   -=ミ、  ',  }  /
       厶イ  |/  { ィ/ l)沁       )沁 ', ', /  {                               あ、ついでに言っとくなら、
         l  /  /八  Vソ        Vソ ノ /v  } \          10銭でEセット買うなら、15銭でDセット買った方が得っすよ > 鳰
         } ′ イ  |        }         ,′ /\  、
         ,  Vイ(l   |               {   ∧   ̄ な、なるほど……覚えておきます。
         厶イ ハ ',  |      , ― 、     爪 / l
              } ,  ト、     /      l     /_} ∧ノ     (うわぁ、なんていうか、まさに冒険家っていうか、)
              }/Vi{ \    、___   ノ   // V
             _ -=ニニニ{        イ⌒` 、          (スカベンジャーっぽい会話……なのに先輩いい人だし)
             _-=ニニニニニニ',≧=‐=≦ { /      \
             {ニニニニニニニニ ',       /       /                         んで、そろそろ本題に入るっすけどね? > 鳰
                \ニニニニニニ「 ̄ ̄ ̄ ̄        /
              /ニニニニニニ{                /__                                     んん? なんだお前ら…… > 互助会
            /ニニニニニニ=‐{            ⌒\
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| などという話から唐突に、ベルに持ってこさせたトレイを指差し、そっちは食べていいと告げる鳰。
| ベルから受け取った情報料が30銭。配給口で支払ったのも、Dセット二つで30銭。
| 都合、甘言で受け取った半額を、ベルに還元する行いである。

| こうすれば新入りのベルと軋轢は生まず、むしろいい人の印象を与えられるし、
| それでいて自分は朝食代が浮いて得をしているわけである。計画通り(キリッ
┗───────────────────────────────────────┛
326 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/04/27(木) 22:25:02.25 ID:Ay8yDdDa
ようやく真打登場やなって・・・(濁り切った目
327 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/04/27(木) 22:28:00.44 ID:ZdRHdb/D
鳰ちゃんは可愛いなあ…(遠い目)
328 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/04/27(木) 22:28:03.22 ID:3g7o79fa
うわぁー
329 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/04/27(木) 22:30:48.94 ID:XF1LjA4w
                    _
              ,.-==-./r‐‐‐=-
            ,.イ::::::::::::::::::::::::::´ ̄::`::..、
           ,イ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::‐-ヽ  よう、パシリ。
.           ム:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ                              ども、パシリっす(あー面倒な奴が来た) > 鳰
           ム::/:/:::/:::,ィ::::::,:::::/|:::i::::::::::、::',ヾ  なんだお前、見かけない奴といるな……
.           ム/!/::://-:/|/ .|:::|、::l、:::lヘ::} `
.           {/ |'zt',=//.、、`  .,|-|-|j、',::!:|ノ   あ、どうしたってんだよ?
.         /⌒f¨| {《弋zヽ}.i____//___ ヾ、j::!
          ',f´ ミ .ゞ.、  ノノ ̄.{.{=≠、i.l.}/                           やー、大したことじゃないっすよー、安藤さーん > 鳰
          i:',rjミ   `ー一./_  _.}ゞ ___ノノ
          |:::r'!    ,ィ__ .` `´ ´  ̄i_ノ
        ,.ィ'|:l .l.   ' ヽ三ニニ==}   ,′
        ム. . |! .乂    ==     ,'.`. -. .__
        ___ム. . .|    `ー、      ,--‐´ . . . . . ∧
     _,i. .ム. . . |     `ー一´  ノヽ. . . . / . ',ー‐、
   ,.ィ. . . ム. . . .ム、        -‐イ / .\. /‐- _} . . ヽ
 ,.イ. . . . . ム . . . . ム `ー- _   _ -´   ヽ. . . . . . . . . ヽ
./. . . . . . . .{. ./\. . ム      ̄         .マ . . . . . . . . ム
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| さて、内心計画通り(キリッなどということをやっていた鳰たちのもとへ、
| 一人の男がやって来る。
| うだつの上がらない、青年から中年ほどの、互助会の会員だ。
| 鳰の呼ぶ声からするに、苗字は安藤
┗───────────────────────────────────────┛
330 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/04/27(木) 22:36:36.99 ID:1HxxSlVy
いまのとこ鳰ちゃん聖女

そして互助会の真打登場
331 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/04/27(木) 22:37:20.79 ID:qHApi1By
鳰ちゃんはゲス可愛いんだよなぁ……
332 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/04/27(木) 22:37:45.81 ID:BgNDVkeZ
綺麗な安藤は・・・・・・一か所でしか見た事ないなぁ
333 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/04/27(木) 22:38:18.06 ID:XF1LjA4w
          //         -―-Y/       `ヽ、
         //     /             `ヽ、  \
         ∥    /    /      \     \  \    こっちのベルって新人が、昨日は言ったばっかだっていうから、
          {    /       ;  {        ヽ      \  \
             /       !   、       い     \ \ ヽ  ちょーっと"お話"してただけで……
            / /    {   ゙、      l   \   \\ \
             / /       l   ヽ      l\ _ヽ   ヽ \ `<  ほら、例えば安藤さんみたいな、頼りになる人を教えたりね?
          ハ /  {      l  l   \   |l/\  Y   Y\\  `~ 、
        / // j/}     l l\   \l  /l   \  i    l    \   ヽ ヽ           ふん……世辞のつもりかよ、厭味ったらしい > 安藤
     __  / /// /     l_,,斗―-   l\ j ,,x=云メ、l\  }         }) }
     { У // / l    '" l| l   \  l /j 〃  ,,, ノ / \   j/    / / いやいやいやいやいや、
     j/ / /  l  l      l _x云=ミ \l/      ー彡イノ  j   ノ   //
    /    ̄ ̄}人 ト、    =シ" ,,,,    ヽ        /    / /  / /  いままで使い走りが、そんなこと言ったことないっすよ。
    /       ̄ ̄} ヽl \ \   ミ=-    、__,.::-‐イ   ∥  j / /  /{/
   /     /-‐/   l   ヽ   ̄ \   `く_ノ  イ八 /{(   / {   それにほら、もう聞いてるんすよ?
   /     / ̄       )\ \ ヽ>ミ,,,_ ー / l┐ ヽ{  { /
  /     ノ    \        \ Y } ヽ/L__  ̄  /弋、  ト从(       安藤さん今度、分隊長に昇格するって。
  /{     jく `ー- `~、 ヽ_ _ヽ }ヽ}ノ//}   ̄Y^ヽ  ヽ\{ ___
  Yミー-‐彡}    \} \} /:::::::::::: ̄/l ̄`~、 /     / ̄ ̄ト:::::::::::::::::::ヽ   んで、それに伴って等級も四級に上がるか検討中とか……
  }  ̄ ̄  l\       ノ/::::::::::::::::::/ l      `Y⌒Y      l V:::::::::::::::::::Y
  ∧     ノ  }     /::::::::::::::::::/ /}        {   }       l、 V:::::::::::::::::::}  ちゃーんと根拠ある話っすから。嘘じゃないっすよー
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 安藤守、五級スカベンジャー。
| およそ一年ほど互助会にいる鳰よりも、先輩というべきスカベンジャー歴の長い男。
| ……裏を返せば、鳰より長い期間スカベンジャーをやりながら、
| 未だに実力で四級に上がれない無能。
| そんな彼に向って、揉み手をするかの如く愛想笑いをしながら、おべんちゃらを言って見せる。
┗───────────────────────────────────────┛
334 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/04/27(木) 22:39:24.59 ID:1HxxSlVy
> ちゃーんと根拠ある話っすから。嘘じゃないっすよー
察し

どうせ何もしなくてもやらかして立ち消えになったとか…
335 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/04/27(木) 22:46:34.57 ID:XF1LjA4w
                                /〉
                         ___ (  L__
                        {\_´     ⌒`  }⌒\___
                    >'                 、 _/
                    /              }   }   \             ふぅん……おい、ベルっていったな、新人 > 安藤
                   //       /      ノ   } ',  ',
                   / /     /     /    ノ   ',   , は、はい、ベル・クラネルです。
                ⌒/     /  {    /    /l    }     〉
                    /    }/  斗=ミ< _ /―l    }    ′ え、えっと、安藤先輩。
                 ∠ } ∠ イ f(爪      ィf笊ヽ  /  }V
                     / {    | └ '^   ,     vソ 人/  ' {                  そっちのパシリの言ってる通りだ。
                   厶イ{    |      {     /    /  、    俺はベテランだからな、分隊に迷ったら俺のとこにこい。
                     l ',   |               {     /{⌒^`                           うまく使ってやる > 安藤
                     lノ 、 |    r―― 、   V   , {
                        }个s。    ⌒`ー┘  {  /l/    はい、覚えておきます!
                    r≦ニニニ{` 、     イ{ 、/
                    { lニニニニ{    ̄  //⌒` 、                  立場ってもんを少しは分かってんな、よし > 安藤
           ____ ノ^\、ニニ{  ̄ ̄ ̄ ̄     /
        /  \ニニニ}///}ニニ⌒ー=「 ̄ ̄ ̄ ̄ノ   /
          /      ',=‐}///}ニニニニニニ ̄_)    「    〈
       /       ',=}///}ニニニニ/ ̄     \   {\__
     厂 ̄         ',ニ}///}ニ= /       \  ̄\v/∧⌒\
      {        |  }=}///}_/          }     v/∧  ハ
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| さて安藤が食事中の二人へ話しかけてきて、一分か二分。
| 鳰のヨイショと、ベルの新人らしい対応に気分を良くしたか、
| それ以上彼は絡んでくることもなく、食堂の奥へと歩いて消えて行った。
| ……ふぅと、安堵の息を吐いたのはどちらが先だったか。
┗───────────────────────────────────────┛
336 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/04/27(木) 22:47:59.39 ID:NzSxKubs
うーんこの見事な小物感…
337 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/04/27(木) 22:54:54.21 ID:XF1LjA4w
          /./      , '' 二 | / ⌒ - 、
          |/  ,, -' ~ /          ` 、
           , ´    /              ヽ
          / /    i      ' ,         ヽ  あー疲れた。つーかうざってーっす。
        / /     i  /     ',    ',     ',
       r  /   / ./| /+      |、 }_!、 }     ',  ああベル君、一応いっとくっすけど、
       i  |   / ̄/ /i l      | l/ } ∨ ',    ;
       l  l   / .≫=ミ .',      /≫=ミ', i     ', あれ、頼っちゃ駄目なタイプの人間っすよ?
        ヽ  ',  /〃γ ⌒\人   / /´⌒ヽi i     ',
.        У ', !{{ {    }  \/        }レ′     ',   分隊長への昇格だって、どーせ実力じゃなくて、
         /   .V从 ゝ - '   ,    ` ー '  }      ',
       /      ! u              /   ト    ` 、 単に席が空いたのと、多少長生きしてるからってだけなんすから。
      /    /    |.              -=イ    ' ,    '
     {    {    `ゝ   r―----― 、    i      ',    }                            は、はぁ…… > ベル
      ' ,    i  { ヽ    、   __    ノ   ノ    〉   }    ;
       ' ,  ハ  \  > ,,  ̄    ̄    イ   /  /   / 長生きっつったって、それで四級上がれてない時点で、
       ノ ノヽ }  }`y )  _l二  二__:!/ ヽ{ //  , ' { { /
        ̄   )ノ `;ノ // / \   / \ 弋{、{ /   ト从(   実力も経験値もお察しっすから。ベテラン(笑)
          ´  ´    , イ ,. イ|  ト 、 .!ト 、  `
              , -ニ/i⌒`\」__.L_/⌒ト二= 、                                 あ、あはははは…… > ベル
           _ -≦ニくニ}  .-{  }-   .}ニ>ニニ`= 、
          ,'r二ニ二ニ>|    〉┬<    |:くニニニニハ
            /二ニ二ニくニL_/ 人 \__|ニ〉ニニニニ|
        /二ニニニニニY〈   / | ヽ、  〉/二ニニニ二|
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| そういうわけで、うざい約一名がいなくなったことで、清々と愚痴を吐き出す鳰。
| ベルへの警告も兼ねているものだから、小声ではあるものの、まるで内容ははばかることない、
| 全身全霊の罵倒である。とはいえ実際、安藤への評価は適切なのだから仕方ない。
| 哀れなのは、必要な情報とはいえ、先輩の悪口を聞かせられるベルである。
┗───────────────────────────────────────┛
338 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/04/27(木) 22:57:28.04 ID:TGk9ZYD2
情報料だよ情報料!
339 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/04/27(木) 23:02:23.75 ID:XF1LjA4w
     /   /     /        ',  ヽ         \           /
      }  ′     /     ,'      l    ,  、       、   \-=≦
      }  ′    ′   /       |、    ',  \     \   ',
      } {      ′   /      |  、   ,     、      \  }                    大体、分隊を多少なりと選べるのは、
      }      {    ′   -―  厂 \  ',    \       、        一年回るか四級上がってからだっつーのに、あのド低能 > 鳰
      /  ',    { __ /       / 斗==ミx、 ',     }\     \
    ′ /',  「⌒7     / 〃 )f心  \l      }   T⌒ ̄、 ̄  (ちょ、ちょっと悪口聞いてるみたいでいやだけど、)
    厶イ   ',  l /斗=ミー        乂_ソノ  |     /)⌒)/、   \
         l   v( f(心        ¨¨   l      {_ /、  ___、 (でもちゃんと、心配して情報くれてるんだなぁ……やっぱいい人だ)
         |   ハヽ vりl                l      {_ノ}  \  }
         l /} ',   〈              \   { l/   ハ/                  あー、じゃあベル君、そろそろ本題っす。
.          v   }  ',                     \  { l   /}                    ずばり、さっきの安藤みたいなのじゃない、
              } 八         ノ        / \〉l /リ                    本当に頼っていい人間についてっすが…… > 鳰
              }  / \    ̄   _  -‐   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄}
              }/    、  _ ‐                 ⌒` 、 }  はい、よろしくお願いします!
                    /     /             \
                   \     /         ______ }              まあ取り敢えず、経営陣とウチは論外として…… > 鳰
                    \∠ -―-=二  ̄_____\ ` 、__
                 _ -=ニニニニニニ=- _            \   \ニ\  ええ!?
                 / ̄ ̄⌒\ニニニニニニニ\            ',   \ニ\
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| ともあれ、ちょうど頼れる人間、なんて話そうとしていた話題を、
| ド低能氏が置いて行ってくれたのだ。
| そのまま流れに乗っかって、朝食代分の情報を、しっかりと流すことにする……
┗───────────────────────────────────────┛
340 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/04/27(木) 23:08:36.87 ID:pmEyOCqa
律儀だなぁ… さすが互助会(小悪党)
341 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/04/27(木) 23:11:51.44 ID:XF1LjA4w
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
342 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/04/27(木) 23:12:07.95 ID:XF1LjA4w
                                                      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 、
  / ̄ ̄\                                         /              \
 /                                                      思   ┌      |
 |   残    |                                               っ     鳩     |
 |         |                                            た       ┘  |
 |   念    |                                                っ    だ    |
 |         |     /              . : :       , . . : : |        ∨        ス      と   |
 |   !    |    /      . :/   . : : :,'  . .j斗 ‐く  . : :¦       ‘,      か           |
          /    ,′   . :   . :i   . : : : / , ィ゙    ,心、.: :|  i:.       ; 、   ?        /
  \__/     /〃  . :/゙   ! . : : : :/ / ¦      .j斗 ┤   ::    :}\{  \             /
           // . :/. :/    、 、: : : :′,′    ,ィ永_欣ひy′ .:i  :}  ,′  . . : :>  . : : : 、   <
          , ´ ,  : ;゙  ′    |\\: :    i l/V´弋 u _人/}   ! / /,, ;  . : i   . : : : : }\
          {   ; : /}: :{     |⌒\\: :、、lノ     `r<  ノ   //. :} }  . : ⅰ : : :/ : :/
          `  { . :′ ;     ⅰト、  \\\{       __,彡イレ'}/  : : : :}   : iⅱ . : :,′ ;′
  / ̄ ̄ ̄\   { ,; :i{: :i{:   ⅱⅣ〉{_厶-=ミ              ,′,  . : : :ノ} ′. : :iⅱ/: : : :イ{
/         乂{ 从i八   从 {Ⅴ_〉⌒’〈        ィ   { / . : _,,彡'/   : :i八i : :/ 人
|   走      |       \{\iレ′乂{/ 、        __/ ┤   ∨. . : //∨  . : ,アi:i}イ: .く: . \
|    り     |          人/  . : /込、    `  '′  厶イ://^;   . : /:i:i:/}¦ 、 \
|   ┌     に  |            ,′. : : :,: : :r个     _...`   ...ィ升//:i:i:i:{ . : :/:i:i:i乂ノ
|     鳰    |            {: : : : : :;  : : | : : 〕i, '´i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:\ __,,{ . : :,'__,,( (_,
|      ┘お  |         人: : : ::{ : : :乂_: :/i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ヽi:i:i:i乂_ {:i:i:i:i:i:i\,
|    っ    |            `ミ、 乂_: : : : : /i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:Ⅴi:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i
|     ス      |               \: : : : : : /i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:iⅥi:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i
         /                )人{ ∨:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:iⅦi:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i
. \___/

 【名前】 走り鳰 【年齢】 15くらい 【出身】 スラムの孤児グループ

 【身分】 五級スカベンジャー 互助会平分隊員

 【能力】(人間準拠)
  筋力:D-  体力:D  俊敏:C+  知能:B-  運勢:E

  注目度:F- 何処にでもいる有象無象

 A以上=一流 B=人並み以上 C=人並み D=苦手 E=諦めたら? F=子供並み

 所持金: 2円 58銭 92厘   互助会脱退金:1042円 0銭 0厘

 【所持品】
 ・武器
  薄汚れた9mm.拳銃 ……殺傷力に乏しい小口径の拳銃。対人使用には十分だが、ミュータントや警備ロボットを相手するには力不足。
                   元は互助会から支給品として渡されたものを3円で買い取ったもの。
                   外見は薄汚れていてボロボロだが、中はジャンクパーツなどで補修されており、"見た目よりは"高品質。
  コンバットナイフ(欠損) ……互助会から支給された、刃の欠けたコンバットナイフ。
                     「グリップはしっかりしてるし、刃もまあ切れないわけじゃない。今回のは比較的当たり」とは、所有者の談。
  投げナイフ×5 ……官営武具店にて、1本1円で購入した投げナイフ。整備状態は良く、生物相手なら大概刺さる。
               最大の利点は、回収すれば再利用できるため、弾薬費がかからないこと。

 ・防具
  作業着 ……厚手の作業着、以上。……で済ませてしまえるような普通の服。
.          多少は丈夫であるものの、特に防御性能は有していない。RPGでいう「ぬののふく」である。
  薄い金属板 ……ガラクタ山で拾った薄くて柔らかい金属板。
            ないよりはましだろうと、チョッキ代わりに作業着の下に身に付けている。
  軍用ブーツ   ……官給品払い卸しの古びた軍用ブーツ。互助会からの支給品。底が厚くて丈夫な一品……なのはいいのだが。
            かなり使い古されていてよれよれ。サイズもぶかぶかで合っていないため、紐で無理矢理締め付けている。

 ・その他
  最低性能PDA ……その辺のガラクタ市で買える最低性能のPDA。互助会からの支給品。
               性能は極めて低く、簡易なメール機能くらいしかない。

 ・拠点
  住居:互助会宿舎 ……二人一組で使用する互助会の宿舎。月額12円と大変リーズナブル。
                   ……が、同室の人間を話に出すまでもなく、物取りが横行するせいでまるでくつろげる気はしない。

 【特性】
  悪知恵         ……日常、戦闘ともに悪知恵が働き、のらりくらりと物事をやり過ごすのが得意。
               悪知恵だろうと知恵は知恵。(自分だけであれば)危機的状況から脱するのも得意である。
  互助会平分隊員 ……互助会に属する有象無象。装備()や弾薬の一部支給、格安の宿舎やチームの紹介など、
               組織のバックアップ()を得られるが、稼ぎの数割を上納する義務がある。
               分隊員は一般に互助会内のチームに所属し、リーダーの指揮のもと10人以下の人数で遺跡や依頼に臨む。
  孤児生まれ     ……物心ついた頃には孤児院や、スラムの孤児グループに所属していた者。
               弱肉強食の環境に適合しており、同僚を含む他者を利用することに、良心の呵責を感じない。
               一方で、心を許した仲間・家族への帰属意識は強い傾向にある。
  有象無象       ……街中を歩けばいくらでも見つかる程度の人間。圧倒的モブオーラ。
               特に親しい人間でもなければ、印象に残ることもなくあっさり忘れ去られる。

 【スキル】
  銃器取り扱い:D……近距離なら大体狙って当てられる程度。簡単な銃器の整備も出来る。
  ナイフ使い:D   ……投擲、格闘戦両方を含めたナイフの取り扱い。接近戦には格闘術が足を引っ張る。
  格闘術:E+    ……チンピラの喧嘩以下。子供に比べればまだマシかな?
  工芸・工作:D- ……廃品などから簡素な道具を作り出す、簡単な工作技能。
                 破壊工作とかそういう工作員な何かではない。一応機械類の解体に、応用できないこともないが……
  暗器術:B+     ……鋼糸などの暗器を使った戦闘術……ではなく。暗器を身体や衣服に隠し持つ技術。
                 ちょろまかしなどにも使える。一流の暗殺者でも、即座に見抜くのは難しいだろう。
343 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/04/27(木) 23:12:25.05 ID:XF1LjA4w
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
344 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/04/27(木) 23:15:27.89 ID:XF1LjA4w
                      【十数分後】

               /      /       ⌒ヽ  ⌒` 、\__
          __ /     /         l/\   \  ̄ ア
          \__       /     __          \/              ……とまあ、大体こんなとこっすかね > 鳰
            7       /     / ̄ ̄⌒`    \    ', \
            /   /     /            }     ', {   な、なるほど……
             {   /       /              }   }  ,   , \__
            / /       /               ノ  ノ  ',   }_ ノ 色々と情報、ありがとうございました。
           /     /   /       /    /  /     }  | }
          /   { /    '       /    /  /‐|     }  | ,           いやいや、朝食のお礼っすよ。くれぐれも
         ̄ ̄/  __/  jI斗=ミ、__/  /-==ミ、   }  |  ',        ローカルルールと装備は気を付けるっすよー > 鳰
          ∠   イ⌒ ̄ }〃  0 __   厶イ   0   )\  }  |   、
                }  ',     }    ̄⌒        ̄ Tl{  ハ/  ,'「⌒ ̄   はい……いきなり何円も取られたくないですから。
          _ -=7  ∧   }          j     l|l  / /  / {≧=- _
         /ニ=‐厶イ=∧   }           {         / /  /\ 〉ニニニニニ\
      /ニニニニニニニニ=∧ ',                 {  {  ,'ニニニニニニニニニニ}
       {ニニニニニニニニニニ〈/ハ               、∧ {_二ニニニニニニ=‐}
       {ニニニニニニニニニニニニ 込、   ∠  ̄  \   イニニVニニニニニニニニニニ }
       {ニニニニニニニニニニニニニニ个s└   こ ⌒´ ィニニニニニニニニニニニニニニニニ}
       {ニニニニニニニニニニニニニニニニニ\≧=―=≦ /二ニニニニニニニニニニニニニニ=}
       {ニニニニニニニニニニニニニニニニニニ=\   /二ニニニニニニニニニニニニニニニ=‐}
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| というわけで二人が食事を始めてから、十数分後。
| とうに食事を終えた二人だが、未だにその姿は食堂にあって……そして今、
| ようやく話を終えたところだ。

| 本気で上に行きたいなら頼るのはどのグループにしろ、という人間関係から、
| やれ装備や服は少しでも汚せと言った生きる知恵、
| どういうルールがあって、破ると屍肉喰らい共に集られてどんな目に合うのか……
| そんなあれやこれやを、実感込めて鳰が語り終えた頃には、ややベルはげっそりとした様子だ。
| ……うんまあ、無理もあるまい。
┗───────────────────────────────────────┛
345 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/04/27(木) 23:16:14.04 ID:teDUCHdF
鳰ちゃんかわいい
346 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/04/27(木) 23:16:31.08 ID:BgNDVkeZ
あ、これを素直に教えてくれるって事は普通にいい人な可能性
互助会って抜けられないのかな?それとも新人のためにあえて残ってるとか?
347 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/04/27(木) 23:17:23.31 ID:XF1LjA4w
>>346
ヒント:脱退金額と所持金
348 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/04/27(木) 23:18:57.29 ID:l3JGxHWG
> 取り敢えず、1042円で良しとしよう。
> 互助会脱退金:1042円 0銭 0厘

もう脱退寸前…?
349 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/04/27(木) 23:19:56.53 ID:ZdRHdb/D
所持金のほうを見よう
350 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/04/27(木) 23:20:24.49 ID:XF1LjA4w
いんや、それは脱退に必要な金額なのだ……
つまりあと1042円 0銭 0厘支払う必要があるのだ……(なお、弾代や装備のレンタル費を理由に更に額は増える模様)
351 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/04/27(木) 23:21:53.87 ID:ZdRHdb/D
シャナなら一、二回分仕事しただけで払える金額やね
352 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/04/27(木) 23:23:56.24 ID:XF1LjA4w
//   /  / / /     /__/  /  //   | |   |
/   / / l / /   / | // \ /  //    |  |       三__|__
   l/  /| / |   /_|」  | /\/|l    //   |         口 |   (くっくっくっ、これだけいろいろ教えておけば、)
   l  / l/ | |  |ハ¬{㍉ヽ|/  / |l   //  /   |
   |  |  ハ |  | 「 ´_バ}| | /   |l //  /  / |       ‐┬‐    (まあ実力と運が両方ないわけでもなければ、数日間は生き残るはず……)
   |  ∨| ヽ|\ | `´     |/ /x/フト、 /  / | |       |__田__|
/  |   ∨ヽ  l |``      レ'ニ/ヘ / /l  / /| |             (そうしてそのまま今後も生き残れるようなら、)
/  ハ   ト、',  ∨  ト、    ゝ⌒ヽ/イ// / //| /       、 マ
  /_∨  |/\}  |   ヽ\   ー==彳彡ィ彡// //        了 用   (味方につけておくのに、ここでの貸しが生きてくるっす……!)
/――|  / ̄ ー┴- 、  ̄   イ/ フ |'´   /         '"`ー‐
::::::::::::::::|/::::::::::::::::::::::::::::::::Yア´  / //  |                      『おっそうだな』
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∨彡 _ /   |              レ |
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∨フ --- 、_ノ               ノ
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| ……ちなみにこちら、大体の話を終えた後の鳰さんの内心。
| へっへっへ、有能かどうかもわかんないけども、新人に貸しひとつ作ってやったぜ(キリッ
| という計算をやっているわけである。
| ……なお、実際に貸しを取り立てる予定や心算は皆無の模様
┗───────────────────────────────────────┛
353 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/04/27(木) 23:27:04.98 ID:ZdRHdb/D
そのうち派閥作りそう
354 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/04/27(木) 23:28:09.48 ID:TQcN0sFE
おおっとみるとこ間違えた

やっぱ女神やん!
355 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/04/27(木) 23:31:14.30 ID:XF1LjA4w
       _________________
     /                        /
     |      ./`ー _         ,ヘ  /
     |     /::     ─ _    / ヽ/
     |    ./::::          ─ _/   ヽ    ん、ベル・クラネルと……走り鳰か。
     |   /:::::::::ミ_ ─ _            /'〃
     |   \::::::::::  ─ _ ─ _      /::/ヽ   お前たち、一緒だったのか?
     |    \::::      ─ _|||    ||:::/   ヽ
     |  /⌒l ━┳━━━━━━━━━━━━┓                               あ、はい! > ベル
     |   |:i⌒|::|:::::|   :::illlllllllllllllll|━━|   ::illllllllll|
     |  |:l⌒| |::::: |  :::iillllllllllllllll/  ::::::| :::iillllllllllノ                          あ、どもども黒服さん。
     |  |::「]| |::::: \::iillllllllllllllノ/   :::::| :iillllllllノ           いやー、折角なんで一緒に朝食を食べてたっす > 鳰
     |.  \_.l |:::::::   ̄ ̄ ̄ ::/    :::::|  ̄ ./
.   ./|     N::::::::::       (_  ::::_:丿  /   まあ、こちらとしては探す手間が省けていい……
  ./::: |    /: :|:::::::::          ー    /
 / :::::: |.  ./:: ::|:::::::    ( ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄) /    お前たち、食器を片付けたら第三会議室に来い。
/:::::::::::::|  ./::::  ::|:::::      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ /
: : :::::::::::::|.../:::    ::|::::        __   /     配属する分隊について話があるそうだ。
: : :::::::::::::|/::      ::l::        ::::::::   /\
::::::::::::::::::|\       ::\           /:::::::::\                              わかりました! > ベル
:::::::::::::::::|  \       ::::\______/:::::::::::::::::
::::::::::::::::|    \      ::::::::::::/ |::::::::::::::::::::                      了解っすー!(うへぇ、まじかぁ……) > 鳰
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| ともあれ、二人の内心は置いておくとして、食後の時間を満喫していた二人のもとへ、
| また一人、互助会の男がやって来る。
| 黒伏にサングラスをかけた、いかにもな不審者である。不審者であるが……
| 互助会内ではこの男、上の経営陣と下のスカベンジャー達をつなぐ、連絡役などをやっている、
| れっきとした構成員である。彼が事務的に告げた配属分隊についてという言葉に、
| ベルはついに仕事かと顔を輝かせ、対称に鳰は明るい返事を返しながら内心は暗い……
┗───────────────────────────────────────┛
356 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/04/27(木) 23:31:32.86 ID:BgNDVkeZ
なるほどなぁ・・・そりゃやる夫が重宝されるわけだ。
実質互助会って新人潰しの組織じゃん。
357 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/04/27(木) 23:39:12.82 ID:XF1LjA4w
                 /       \
            __l_ -―- .     \
           /    --、  `ヽ
           /    / l|   \    \    分隊の配属替えっすかぁ、やだなぁ……
        / /   /| l|     '.     \
        ./ /   /  | l|     l l       ',  今の分隊長、話分かるし気に入ってたんすけど。
       l//  /  /| ヽ   l |V     ’.
      / | |  |  /∨  \ l | ∨   |   ’ (しかも新分隊長が席を埋める時期に異動とか……)
     /  | | | _..。-=''´、 .| ィァ'ー| | | l |
   /    | | l xィ丐九∨//x'〒ミ」 | | l | (嫌な予感しかしないっす)
  / {/ ||ヽ ト、 辷ノ ∨  辷ノ//| l/| /`X
  \`{  \\ ヽ`ト      '    ハイ//  }                          どうかしました、ニオ先輩? > ベル
.    \ー- _ ト ゝ ヽ|..   ⊿  イ彡     ノ
     >':::::::://::::::::l ヽ..   . ィ´::∨::┬イ‐'´   あーいやいや、分隊異動がいやだなーってだけっすよ。
    /::::::::::::://::i─-!、 \ ノ |,┐∨::::::::|
     |:::::::::::::::\::}   >r|ー '´ |/::::::::::|      そんじゃあ、第三会議室に行くっすよ。
     | ::::::::::::::::::,>l     |_ }    |::::::|::::::∧
    /::::::::::::::::<<::::}___/ ト、 __∧ヽ:}:::::: ∧     案内するから、ベル君は付いてくるように。
.   /::::::::::::::::::::::`:`、:::::::::i | /::::::::::/::::::::::/}
┏────────────┓                                        はい、ニオ先輩! > ベル
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 鳰の内心が暗い理由はと言えば、まあ単純だ。
| 配属分隊について……つまりは、分隊の異動が原因だ。
| 今所属する分隊は、それなりに居心地のいいものであったし、
| しかもあの安藤が分隊長になろうという時期の異動……下手をしなくても、
| あの無能の部下行きの可能性:大である。気分も欝々とするものだ。
┗───────────────────────────────────────┛
358 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/04/27(木) 23:40:22.81 ID:ij40ywmv
分隊長(後ろから)被弾! 殉職!
するしかないな
359 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/04/27(木) 23:50:42.22 ID:XF1LjA4w
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

                 く>
        ┌────┐ く>
        └──┬─│
            ┌┘┌┘
            │┌┘
            │└┐
            └─┘
360 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/04/27(木) 23:50:55.16 ID:XF1LjA4w
          _冖___
.          / | |  ヽ
       /   | |   ヽ
.         |∪      └|    よう、ハト!
.         ( ニニニニニ l                                                 ニオっす! > 鳰
.         〕l l-‐‐i i‐‐--l〔     おう、鳩!
        . (  ヽ .,,,,ll,,,.. / )
.     / ̄ト、  ヽ   ,'  /--、                            まーた間違えてるっすよ、ク・ローンさん > 鳰
.    /  ,'|  i\(0)只(0)// ̄`ヽ、
.    |__/ | ヘ__/  |      ヽ、  はっはっは、すまんな鳰……と、
.    |\_|   ,'     |\     ヽ
.    |   |   i     ヘ \―----'゙  後ろの奴は見ない顔だな、新入りか?
.    |   |   |      \|     |
  ..| ̄ ̄ヘ ̄ ´`''‐‐----,'  ヘ     |                       そっす、昨日入ったばっからしいっすよ > 鳰
.   |    |ヽ          ヽ __--i
.   〈 へへl/___,----、      ヘ´___   |                    はじめまして、新人のベル・クラネルです! > ベル
.    |\\\| ̄|i i i i`ニニ_//\ \ |
.    |へ\\\ |冂冂|  |冂 /   /ヘl  おう、よろしくな、ベル。俺はク・ローン。
┏────────────┓
│ システムメッセージ              ク、じゃ間抜けだから、フルネームかローンって呼んでくれ。
┣────────────┻──────────────────────────┓
| たっぷり牛歩戦術で時間を稼いで数十分後。
| 指定された第三会議室の扉を開くと、そこにはすでに二人の人間がいた。
| 一人は仕事着と思しきよれた防弾アーマーを着込み、薄汚れたアサルトライフルを持った男。
| もう一人は、同じく汚れた衣服の、しかし仕事着ではなく普段着の男だ。
| ……いわゆる、知り合いのモブ同僚というわけである。
┗───────────────────────────────────────┛
361 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/04/27(木) 23:52:42.79 ID:ij40ywmv
モブいw
でも装甲服着ている方は装備いいな
362 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/04/27(木) 23:53:02.27 ID:BgNDVkeZ
返済が滞ってそうな名前だなw
363 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/04/27(木) 23:57:54.89 ID:XF1LjA4w
                      ,,..,,_
                      //  ミ、
                  /./     ヽ
               -―-{/-― 、    )
            /   /´  ヽ 丶 ヽ    ところでローン返済さん。
           γ     /     )  ヽ ヽ
            //    ,'     :   ', ',                          おう名前いじりで返すのやめーや > ク・ローン
         〈 .{     l     /    〉 \
         ノヽ   {    '    / ヘ)⌒ヽ 他所の分隊のク・ローンさんがいるってことは、
      >''´      ゝ  ,   /  } ′
     (/ (    ノ     (   /)   〈     やっぱこれ人足集めて新編成……
      (/ ゝ∧ ´.l  )  〉 ´/ 、  ' ,
.      /ニニ:`ニ\{ / /<    )   .〉                                     だろうなぁ…… > ク・ローン
.     /〈ニニニニニ{//ニ::\レ'⌒/  ./
  /   }`ニニニニ’ニニニニ{ニ/::´(/ヽ..,,_    やっぱりっすかぁ……
  〈    >ニニニニニニニニニ/ニニ'ニニ7/<
  ヽ_   7ニニニニニニニニニニニニニニ//  ` <
     ̄ /ニニニニニニニニニ{ニニニ=//     〉
.     〈ニニニニニニニニニ〈 ̄`─z-i-z:._   /
       /ニニニニニニニニニニ:〉   F-|     /
.     ムニニニニニニニニニ:∧  └┴─ ´
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| ともあれ、そこにいる彼らは鳰にとって知り合いである。同じ互助会の同僚である。
| けれど……同じ分隊の仲間ではない。
| なのに彼らがここに居て、どこの分隊にも属さないベルまでここにいる……
| ということはやはり、部隊新設に当たって回されたということだろう。
| せめて目の前の、多少なりとましな装備を整えられる、ク・ローンが分隊長ならいいのだが……
┗───────────────────────────────────────┛
364 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/04/28(金) 00:01:17.67 ID:wX5472pp
何年ローンくんだんですか…?w

あちゃぁ…
365 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/04/28(金) 00:02:38.23 ID:1IThOmo6
   _,n_00                    |//,|.  ヽ
  └l n |    ,⊆.己  _,n___             |//,|    ヽ
    U U    `フ_厂  `l_ヤ′            |//,|.      ヽ
       ┌―――――――――――――..|//,|.      ヽー┐
       | |三三三三三三三三三三三三三.|//,|        ヽ.|
       | |                       |//,|        | |
       | |                       |//,|        | |   ひのふのみの……ふむ、全員そろっているな。
       | |                       |//,|        | |
       | |                       |//,|        | |   お前で最後だ、新分隊長。
       | |                       |//,|        | |
       | |                       |//,|        | |
       | |                       |//,|        | |
       | |                       |//,|        | |
       | |                       |//,|        | |
       | |                       |//,|        | |
       | |                       |//,|        | |
       | |                       |//,|        | |
       | |                       |//,|        | |
       | |                       |iーi,| r 、     | |
       | |                       |lニl,| | !l      | |
       | |                       |L.l,| | ;!!.      | |
       | |                       |//,| |-|l.     | |
       | |                       |//,| |i l.!      | |
       | |                       |//,| |.! !!.    | |
       | |                       ||l l|| | !.||.    | |
       | |                       ||l_l|| | l ||.     | |
       | |                       |//,| | | |l.     | |
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| などという切実な思いを、口に出していたらどうなっていたことか。
| やっぱりかとため息を吐いた瞬間に、会議室の扉が開く。
| 直後に聞こえてきた声は、鳰たちを招集した黒服のもの。
| そしてどうやら、彼に連れられて最後にやってきた、五人目が分隊長となるようだが……
┗───────────────────────────────────────┛
366 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/04/28(金) 00:05:54.05 ID:wX5472pp
フレンドリィ()ファイアしなくちゃ!(使命感
367 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/04/28(金) 00:07:48.29 ID:1IThOmo6
          |/|::::::::::::://:/ ム:/ /::/     マム  マ', マ::::::::::::::::::::i::|
.          ! |:::::::::::,'/:/ ,'/==、':::/        .マム,,==マ|=、:::::::::::::::::::l!|
.            |::::::::r'/'//  //、       .//ヾ、  `! ヾ、|ヽ::::::リi!
               ,ヘヽ:| //_____  ヾ、 ___  //  _____ヾ、_|/}:i_   ども、黒服さん。
           /  ト二 { `ー-`ー'′ ≧} }.-‐‐-.{ {≦ `ー'′ ア .} rェr'  ',                 おれ
.          i  ',::|ヘ ' ,    ̄ ´ //.-‐‐‐-ヾ、 `  ̄    // !:|.  |  ふん……どうやら、隊長より遅れてくる奴は
.          |   !:! ヽ ヽ ___ /ィ       .r、ヽ  __/ ´ l:|  .i
           i   l:!   ` ー--‐ ´!        .i ` ー --‐ ´   .!!  ,'   いなかったみたいだな。
.          乂.  i!            |         |           i!  ノ
            `r.|           |        .|         ├イ′   いたなら、早速叱りつけてやったんだが。
.             i::!            ゝ-、___,,-‐′        |::,′
             ,|::!      }__________.{        |::|                          (うわっちゃあ……) > 鳰
           /.|:|      ノ、-──‐-、,-──‐、∧      .|:|.\
           /. . . i!       `ー-----------一′      |:!. . .ヽ
        。s´. . . . . |、                         ,|. . . . .`.、
    。s≦. . . . . . . . ..| ヽ        ‐-=====-‐           /.| . . . . . . \
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| そうして扉をくぐって現れたのは……ああ、予想通りというべきか。
| 少し前に、鳰とベルが食堂で話した安藤である。長いスカベンジャー歴だけが取り柄の、
| しかし経歴に見合った実力や知識があるとはいえない五級の男。
| 最後にやってきて図々しい物言いをするこの新隊長に、
| 鳰は内心で、大きく頭を抱えるのだった……
┗───────────────────────────────────────┛
368 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/04/28(金) 00:08:02.66 ID:1IThOmo6
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


   ▼ 本日ここまで

369 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/04/28(金) 00:08:50.37 ID:wX5472pp
乙ぅーー
これ次回気になるな…
370 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/04/28(金) 00:12:11.48 ID:1IThOmo6
                  , 、_  -ヘー―,イ´. ヾ 、
.              /   ,>匕ィ、_ `フ    ヽ ヽ
.             /  >'ー'´__二ニフ ',.   ヽ \
         /ァ=ァ'    _  -ーヲ  iト,  '., ヽ ` ,
.          ,イ/  i′   , -ー  ̄ ´ i、 i! i! '.,.  ', ',  ',       はい、というわけで……丁度日付も変わりましたし、
       ,イ! l!ニ i! _, イ i i! !、   |マ | |. '.,  i! i  i
     ,イ三i| l!ニ i!;';';  | ||斗ヤ| ∨ ´「 マ¬ー-ト i i!  i!       本日の使いっ走りはここまでです。
   ,イ三三ヲ! i!ニi!;';';  i个!i ! ', i! V  i メ/|マ  i!', i! i!  i!,
.,イ三三ヲ'´. ! l!ニi!;';';   i !| !| ',.|  ∨ | ,!∧! マ | ', |. |.  i',        いやぁ……安藤殺してぇ!!(忌憚ない感想)
ニ三ヲ'´    | l!二i!;';'  i!. i!| ` ヽ!   V.!==ェュマ ! i! ! i ', ',ヽ
ヲ'´    ,'  i l!二i!;';.  i、|,ィ=≡ゞ  ヽ!       /. | |  | ヽ , ヽ      次回やる機会があれば、鳰、ベル君、ク・ローンさん、モブ、安藤の五人で、
     ,'   i l!二i!;.   i!ヘ|              //! |  i! ヽ\`\
     ,'    i!. l!二i! ,イ!\'、  _,.-‐   ̄ ̄i /'  ,'i! i!. | !  、\',  \     碌な出物もない五級遺跡へダイブですね!
    ,'     マ i!. 爪,ノi| ト、ヽ V   ´  - ′  / !| i!  ! iト、 \l\   `ー
             ゝ.ヾ二,ハ  ',、  `          <ト,i|.i,'  |',i=ミヽ  ヽ、`ヽ  いやぁ、安藤の圧倒的小物臭せいか、
.            ,ィ <ミミミト,. ∨>-   _ , <ミミゞュ !  l i!  ! ヽ、  `ー=、
_  ー   =./     ヾミミi!ヘ ∨ill  ℡ミゝ_ィニ彡 「il彡  i!',}  | i  !ヽ、   li 相対的に鳰がまともなキャラに見える……(あくまで鳰も三下小者と言い張る主張)
                   ヾ! !ミゝill. |!   |    i| ill |,ィ―'――i ,'  /i  /
                  /j | i! ill         illl i'  ゝ、_  ∨、 / !/  ,ィ
.              /   ,' / ,ィij           ,illl、>'´ ̄´    l!ニト\/ ,イ/
                 ノイヲ',==ュ、. i|i  ,ィ==ュ</|イ ̄ ̄ ̄  l!三i|ミ!ヽノ
  ゛'' ‐-  ,,_.      、  ヽ )>/ゝ¬ミヽ!|i,ィヲ'¬ヾi/li| ゝ――  i マニ!ミ!. ト、
- .....,,,,__         \  ) >ニ>   `.|ll|゙´  ,ィ//メ、 ゝ- て´  マiミ! | \
371 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/04/28(金) 00:14:08.43 ID:7a6yNCad
というかどう見ても良い娘なんだけどw<鳰
372 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/04/28(金) 00:16:42.09 ID:1IThOmo6
                ___
            〃`<    __ `
          _/ __        __  ヽ  \
.           // /:           ,  ′  ヽ
         // /    .!        ′  ,      ともあれ皆さん、お疲れさまでしたー。
           ′′ i__/| ! ト   ',  ,   ′
        i | i ´| l.¨! :| :| ¨',‐-.| i   |   i  さて、次回の投下予定についてですが……
        | l | 小.! Vヽ i  ', ト .|   |    |
          И i .i ==   ` __.V .リ:   |    !   ……まあ、本編が一段落着く(5th Turn終了)まではなしっすよ。
         | V        ̄` /    |    ト.
         | 人          7   |     〉  まあ早けりゃ明後日(明日)の夜っすかねー。
            ,|   > _ ー '  ィ'|         、/
        /:i/\  |  :i≧r  //  / /      \   あ、明日(今日)の夜は、予定通り本編投下、
             ヽ | /├|==/ / / |/    ヽ   ヽ
        \  /.` / :├|*/{ 'イ: : : : ヽ   i }      いざ、無等級遺跡の偵察へ! をやっていきますよー
.            ヽ { i l : :├|/yヽ  ヽ/: : i  /  /
            } V、 | i: :.|。!/: : }  }: : : : | /         ふっふっふ……さあ書き溜めをちっとやっておくか(まだやってなかったのかおい
         /   ゝ: !: :|。!: : /イノl: : : : :i     {
        /     !: :|: :|。!: : : : : : i ノ: : :!    、    ああ、手持ちシールドのまともなほうのステータスも作らんとな……
           イ  |: : l :|。|: : : : : <.: : : : :i      \
       i / !  ′ :V.-! : : /: : : : : :人  i    ヽ
.        V    /: : : : V、>/: : : : : :/ 〉  :l   l
373 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/04/28(金) 00:17:46.19 ID:+1JywGFM
クーちゃん並に世話焼きな気がするけどな鳩
374 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/04/28(金) 00:19:08.95 ID:1IThOmo6
>>371

                      ,,..,,_
                      //  ミ、
      _|\            /./     ヽ
     Σ         -―-{/-― 、    )      ちょっ、あんた正気っすか!?
     ∠      /   /´  ヽ 丶 ヽ
           γ     /     )  ヽ ヽ        どうみても右も左もわからない新人捕まえて、
            //    ,'     ∧  ', ',
         〈 .{     l      (__;)   〉 \      いきなり朝食たかったクズじゃないっすか!!(自己評価)
         ノヽ   {    '    / ヘ)⌒ヽ
      >''´      ゝ  ,   /  } ′         rっ,‐っ,っ  しかもいかにも相手の為ですーって顔して情報流して、
     (/ (    ノ     (   /)   〈           { i_j f_/,'__
      (/ ゝ∧ ´.l  )  〉 ´/ 、  ' ,        ∩ j    rtノ  恩を売りつけてる性格悪い奴っすよ!?(自分ではそのつもり)
.      /ニニ:`ニ\{ / /<    )   .〉       ゝ`    {
.     /〈ニニニニニ{//ニ::\レ'⌒/  ./         ,> 、   /
  /   }`ニニニニ’ニニニニ{ニニ´(/‐-..._ _      / \  ン
  〈    |ニニニニニニニニニニニ'ニニニニ7/_  /     У
  ヽ_  /ニニニニニニニニニニニニニニニ//   ヽゝ   /
     ̄/ニニニニニニニニニニニニニニニ//       /
.    /ニニニニニニニニニ/ ̄`‐-── - > 、 _.:<
375 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/04/28(金) 00:23:45.89 ID:z/Zr5mNC
まぁ屑石の中から原石見つけるのは自己の生存に大きく寄与するし、多少はね?
376 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/04/28(金) 00:28:46.61 ID:Re72+3qZ
お疲れ様でした、鳰かわいいよ鳰。
自分がスカベスレ見始めた時には既にこういうのだったんだが>実質互助会って新人潰しの組織
他所のスレ含めて互助会が本来の機能を果たしてるとこってあるの?
377 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/04/28(金) 00:31:37.44 ID:mpfCbWyY
正しい情報を流した時点で悪人じゃねえなw
378 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/04/28(金) 00:46:39.73 ID:1IThOmo6
>>377

              / /     / /         \     \
            / /     // /     ヽ     ヽ     ヽ
          /  /    //∥ ;     jいヽ    ___ ゙、
          /  /      / l j !     }  l ゙、   乂___ ̄\              なぁに言ってるんすか、
       /  /  /   /  l l j    j| l  ゙、       r--‐`  `<
       {/ //  /   /  l l |    |j |  ゙、    ├―       `< _      偽情報なんて流したら、生き残った場合絶対後で恨み買うっすよ?
       / //l  ;   l   /l l  l    j /l l_         「 ̄        \ 入
      //// !  {    l  ,.斗圦‐-    l/"「/ \ ̄`ヽ \  乂二>ミ_     ノ /ヽ_  あるいは、それに巻き込まれて、
    / /  j j {  j   /j   ヽl\\  l   jr‐  \ \   \  l     ̄癶  / /  〉 \
   / // l {  l  l   l l _,,,,__‐-\\{   ,,x=ミx,,,l \\ `~-l  } 弋  ̄ /   /     Y ウチまで損害被るかもしんないっすから。
   j l/  l l  l  l    -xシ"⌒`  \l  '" ,,,,,, `゙j   /\\l  } j/   \    /     l
 / { {   八l/八 l   八  '''''      、         / /  l  } j/   / ヽ-‐''"       l
∥ 八l     \ \ \   \        ,   // /  j ノ/     八           l
{  {     八{  \ \ `~ミ=   `t''" ̄{   ̄/ /    //     /   V               l
 ヽ !     >―-、  l    \    乂__.ノ    {/    /    // /  ∨          l
   \ /{/Χ  fヽ 乂     ヽト..._  ー  / j   / /   /  //     V           l
    //フ/}  } {  ヽ`'''ー-ミ l~x >-< 斗 | { /   { /    〈(  ___V             l
   / / ノ Χ ヾ}ヽ }     /ヽ} /ハ /ハ  八乂   {(-~、x-~'":::/  /ヽ             l
  / / 癶 /\Χノ::{ ̄ ̄ ̄ `< /  V  {>''" ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/::::::/:::/   / ̄//ト、         l
  / / // ̄ニフ~〉:l         \ /__/         /:::/::::::/   / / 弋 ヽ       l
  }  /┌――――――――――――――――――――――――――――┐  \       }
  ヽ     | お 前 こ こ お か し い ん じ ゃ な い ッ ス か ぁ ?|        ノ
   \  └――――――――――――――――――――――――――――┘        /
    \    }//:::l       / j | | \       }::::::::::::〉 〉|   {              /
379 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/04/28(金) 00:47:26.12 ID:1IThOmo6
新設分隊の簡単な人員紹介(対外的な評価)

 ・分隊支給装備(振り分けは分隊内で行うこと)
  45口径短機関銃×3
  5.56mm.軽機関銃×1


                                             ~ ̄⌒ヽ――
                                              /,.  、    ヽ
     走り鳰(五級)                             。  , イ \ ! } |  |   }
                                          。 \ }/○V/─ヽ |   {  ━━┓┃┃
     所有武器は拳銃、防弾装備なしと、戦闘面では期待薄。  ゚。 =- ノ("     ○ |) / ∧_    ┃   ━━
                                        -= ≧≠- .>ゎ    "厶イ'´   )   ┃       ┃┃┃
     とはいえ知恵は回るので、参謀などに据えると吉。      ゚。゚≧// l二lTXl:7:::V ハレⅤ               ┛
                                         。゚ ・ 。゚ f^vkl ゚l/:::::∧
     武装は分隊へ支給の短機関銃を回すといいだろう。  .          人ノ(~V' ̄/:::|
                                              ` ‐/:ビ゚ヽ/ニ|
                _ ,,..                          , <__/  ̄/ .)
              ..-,'冫'''' _ヘ、                       (:_:_:_:/ ̄ヽ.__|_
             ./  ' '     ヽ  ク・ローン(五級)              (:_:_:_:_:_:_:_:_:_:)
             l_____エニ│
             l―――‐, Θ│  武器は中古とはいえアサルトライフル、
            ヘ‐゙| /´‐-',-'l  |
        ....-ー-../ へ ‐'´  j  |   防弾チョッキなどの防具もそろえており、技量や見識も合わせ戦闘の要。
      ,/′   (O)只(O) iiiiiiiノヽ,
      \       ,'`'─、―' ̄/ / |  話の分かるおおらかな性格でもあり、分隊の足を引っ張ることはないだろう。
     ..-´  ̄ ̄ ̄i /   `i''''''´    ``ー---―───┐
   /ヽ---,,  ,--' /     ,'   」'' ̄'―、mm     ‐∃コ 鳰「この人が分隊長ならよかったのに……」
  / _// `丶、  |______,'"二二二ェュ〈〈〈〈〈――\―┘
  { \|      `i   /三Βヘ__/< ´ / `'''‐-ヽ   真の分隊長にどうぞ。
  'ヘ__/'''‐-、__/ー―‐'Β  `''''‐--- | ` 、     lヽl
            ヽt_┘_        /ヽ、 `ー..、..../
                                                            (|_
                        ベル・クラネル(五級)                      /
                                                           /  ヽ  ヽ
                        入ったばかりの新人ゆえにすべてが未知数。       { {ヽハヽ }
                                                           ヽ}_ ハV|
                        どうやら単分子ナイフを持っているらしいが、        /  / /ノヽ
                                                          . i _  {  ハ
       _____             銃器を所有しているかは不明。                ヽ}_ヽ/ vW
_ノ\_∠: : : : : : : : :`: :-: :,._                                             ,/ニニニ
      ( : : : : : : : : : : : : : : `ヽ      分隊へ支給の短機関銃を回すといいだろう           /;;;;;;;;;;;;;;;;;;
  マ  r: : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ
     /: : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ   真・モブ(五級)
  ジ  {: : : :_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_: : : : ヘ
     〉:/::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ: : ヘ  今のところ名前すら決まっていないモブ。
  で /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|: : : !
     {::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|: : : }  装備は鳰とどっこいどっこいだと思われる。
  っ  |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|: : : |
 !? ヽ:::::ー-::::::/ヽ:::::ー-::: ヽ : l.r--ッ やはり分隊へ支給の短機関銃を回すといいだろう。
-tヽ/::::|`::::::::::;/   `、 :::::::::::::/: i }  >
: : : : ヽ::::|J:::::::::\   /:::::::://: :j /_ゝ
. \ヾ: ヽ` - ,, ___:`-´_ ,, - ´:/ : : `ヽ
: : : :ヽ: : :\:::::::::::::: ̄::::::::::/ : : : : : : : \                  /: ::  : :: :  :ヾ
                                        /i/ ノl 人  lヽ ::ゝ :i
       安藤守(五級→四級)                    i /レ_l/:ι::レ`i レ_ヽi、!
                                        レl〉、゚フ)=(<゚フ) ̄ ̄l-、:
       一応分隊長ということになってる男。             i  /ι  ;;,  U l::|6)i
                                         .|  ゙ー、_,,‐'    :::ソノ;リ
       圧倒的小物オーラを有し、                  l )ー――一( ..::i;;l\
                                          ヽ_ J,:::::;,;  ..::_ノ ;;i  \
       きっと背後からの一撃で倒れてくれる。           / ~;;ー‐''´ ̄   |   l,,、
                                        //  l、;;'''     ノl   | \
       なお、装備は鳰と同等かそれ以下の模様。

       ……分隊長特権で軽機使えば? 使えるならだけど
       
というか早く死ねばいいのに(酷
380 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/04/28(金) 02:28:44.29 ID:mpfCbWyY
>>378
うん、たしかにそうだな。
では安藤が教えていたらどうだっただろうか?
383 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/04/28(金) 19:38:49.10 ID:1IThOmo6
>>380

          /       /∥        l  ゙、 \  \   ヽ
         /          / j        l   ヽ  ヽ   ヽ  ゙、
       /    /    j  !          l   \  、    、  ゙、
    / /    /  /  l  l       l  l    \\ l    ゙、  ゙、     んー、そうっすねー。
    / /    /   / /l  l          l  !    \\    ゙;   ゙、
    / /    /   / /| !l         l  jハ l     \\   l   ゙、   あのド低能がウチと同じことやろうとしたら……
  / /j    /   / /  l |l       j  j l ト     ト \ l  \
  / / l   ∥  / -―‐┤L l     / /l斗―l‐l-\    l l  }     \     1:最初に何円も要求してそも話にならない
  j /  l   /l   j /     l l lヽ   / / l/  ト l  ヽ   } l  /   \ \    2:後になって金を要求してトラブルを起こす
  l/  l   ! l  ∥ _,,,x云lxl 人   l /  /_,,,xzzxl,,   }Y j |/       Y  \
  {{   人  l l  l\气( {勹j!ミ、\  l/  ノ勹{:::j!::トミシ / }ノ ノイ }       }   ヽ のどっちかでそもそも貸しにはねぇ……
    / \ l 、  l い ` 乂;;ノ   \|     乂;;;ノ '゙ /  ノ   / /     ノノ     }
  /  {    ト、 l  ∧  `冖"           `冖'゙/   / / /     /    ノ 2から発展して、速攻乙なんてことも、相手によっちゃあるだろうし。
 /    乂    {    人      .:!       =彡イ  / /l /    /    //
 乂     ̄ \ 乂   \    、         /   / /ヽ {   /   / ̄    あ、多分回す情報は、手抜きして、
    ̄  ー- ミ ヽ ⌒\ ヽ `ト、   ̄` ー     / {  /{/:::/∧} / { /
           )ノヽ ト、)从 }::::`ト、 /ハ _,,.ィ / l /:::{::://::::∨  乂         嘘は言ってないってだけの、半端で少ない情報になると思うっすよ。
            }ノ /::::::)ノr、/ /:::::{ {「 /   八{::::::://::::::::∧
              /:::::::::::弋 \~ l l }ヘ    /:::::::::://::::::::::::::::ヽ           危機管理的にも信頼の稼ぎ的にも、下策も下策っすよねー。
             「::::::::::::〈 l ヽ ヽ l lー---、/:::::::::::://::::::::::::::::::::::\
                ノ::::::::::::::::ノ ∧ Ⅵ l `ヾ;;;;,,,,\::::::://:::::::::::::::::::::::::::::\        安物買いの銭失いってか、目先の欲に目が曇ってるっつーか。
               /:::::::::::::::::::l__}  V l >┐ /::::::l l:::::::::::::::::::::-――-ヽ
           /::::::::::::::::/ _  \ ヽl/ /   l:::::::::ノ l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}
          ∧:::::::::::::└イ /  ̄   } l /_ ノニニ-┘::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!
          弋 \:::::::::::::::::〈 〕     /  _>::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::j
          /\ \:::::::::::::}/    / ハ/:::::> >/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
           /   \ `~∨    / l /:::::://:::l::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::l
        /     `ー- {     /ヽl/:://::::::::l:::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::j
381 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/04/28(金) 02:36:32.34 ID:uA9GxSUW
鳩ちゃんみたいな可愛い娘とおしゃべりしながら食事出来るとか幸運なのでは?
しかも分隊長も初心者が射撃練習しやすいように配慮されてるのか大柄だし良い事しかないな!
382 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/04/28(金) 18:05:21.18 ID:fEzE4/cW
理不尽な4級パイセンから、無理難題言われるのを回避するために
我慢できる範囲で“接待”して身の安全を図る鳩ちゃん…うっ、ふぅ…
385 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/04/28(金) 19:47:03.00 ID:1IThOmo6
>>381-382
                                                      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 、
  / ̄ ̄\                                         /              \
 /                                                      思   ┌   は |
 |   残    |                                               っ     鳩     |
 |         |                                            た        ┘と |
 |   念    |                                                っ    だ    |
 |         |     /              . : :       , . . : : |        ∨        ス      と   |
 |   !    |    /      . :/   . : : :,'  . .j斗 ‐く  . : :¦       ‘,      か           |
          /    ,′   . :   . :i   . : : : / , ィ゙    ,心、.: :|  i:.       ; 、   ?        /
  \__/     /〃  . :/゙   ! . : : : :/ / ¦      .j斗 ┤   ::    :}\{  \             /
           // . :/. :/    、 、: : : :′,′    ,ィ永_欣ひy′ .:i  :}  ,′  . . : :>  . : : : 、   <
          , ´ ,  : ;゙  ′    |\\: :    i l/V´弋 u _人/}   ! / /,, ;  . : i   . : : : : }\
          {   ; : /}: :{     |⌒\\: :、、lノ     `r<  ノ   //. :} }  . : ⅰ : : :/ : :/
          `  { . :′ ;     ⅰト、  \\\{       __,彡イレ'}/  : : : :}   : iⅱ . : :,′ ;′  ……ってか、娼館の綺麗所相手ならまだしも、
  / ̄ ̄ ̄\   { ,; :i{: :i{:   ⅱⅣ〉{_厶-=ミ              ,′,  . : : :ノ} ′. : :iⅱ/: : : :イ{
/         乂{ 从i八   从 {Ⅴ_〉⌒’〈        ィ   { / . : _,,彡'/   : :i八i : :/ 人    薄汚れた小娘相手じゃ、
|   走      |       \{\iレ′乂{/ 、        __/ ┤   ∨. . : //∨  . : ,アi:i}イ: .く: . \
|    り     |          人/  . : /込、    `  '′  厶イ://^;   . : /:i:i:/}¦ 、 \    そういう気はそうわかないと思うんすけどねぇ……
|   ┌     に  |            ,′. : : :,: : :r个     _...`   ...ィ升//:i:i:i:{ . : :/:i:i:i乂ノ
|     鳰    |            {: : : : : :;  : : | : : 〕i, '´i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:\ __,,{ . : :,'__,,( (_,        だからわざわざ、汚れた服とか着てるわけで(スラム並感)
|      ┘お  |         人: : : ::{ : : :乂_: :/i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ヽi:i:i:i乂_ {:i:i:i:i:i:i\,
|    っ    |            `ミ、 乂_: : : : : /i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:Ⅴi:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i          ……まあ、もっとも、多少服装を小ぎれいにした程度で、
|     ス      |               \: : : : : : /i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:iⅥi:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i
         /                )人{ ∨:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:iⅦi:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i          ウチになびく男がいるとも思わないっすけどね。
. \___/
                                                               あ、予定通り今日は21:00から本編投下っすよー
386 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/04/28(金) 19:50:26.38 ID:dcWEJI3e
わーい
384 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/04/28(金) 19:43:51.48 ID:dcWEJI3e
(なんでこんなんが蔓延ってんだろ?)
387 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/04/28(金) 19:54:50.36 ID:1IThOmo6
>>384

          //         -―-Y/       `ヽ、
         //     /             `ヽ、  \
         ∥    /    /      \     \  \      そりゃああれっすよ。
          {    /       ;  {        ヽ      \  \
             /       !   、       い     \ \ ヽ    上の人間には媚びへつらって、
            / /    {   ゙、      l   \   \\ \
             / /       l   ヽ      l\ _ヽ   ヽ \ `< 下の人間は立場を使って利用しつくす……
          ハ /  {      l  l   \   |l/\  Y   Y\\  `~ 、
        / // j/}     l l\   \l  /l   \  i    l    \   ヽ ヽ ウチもやってる、弱者の処世術っす。
     __  / /// /     l_,,斗―-   l\ j ,,x=云メ、l\  }         }) }
     { У // / l    '" l| l   \  l /j 〃  ,,, ノ / \   j/    / / ま、あのド低能とウチじゃ、
     j/ / /  l  l      l _x云=ミ \l/      ー彡イノ  j   ノ   //
    /    ̄ ̄}人 ト、    =シ" ,,,,    ヽ        /    / /  / /   利用の仕方が違うのはその通りっすけどね。
    /       ̄ ̄} ヽl \ \   ミ=-    、__,.::-‐イ   ∥  j / /  /{/
   /     /-‐/   l   ヽ   ̄ \   `く_ノ  イ八 /{(   / {   んでまあ互助会ってのは、足抜けや成長なんて狙わずに、
   /     / ̄       )\ \ ヽ>ミ,,,_ ー / l┐ ヽ{  { /
  /     ノ    \        \ Y } ヽ/L__  ̄  /弋、  ト从(       日々惰性で生きる分には、そこそこやりやすい組織っすから。
  /{     jく `ー- `~、 ヽ_ _ヽ }ヽ}ノ//}   ̄Y^ヽ  ヽ\{ ___
  Yミー-‐彡}    \} \} /:::::::::::: ̄/l ̄`~、 /     / ̄ ̄ト:::::::::::::::::::ヽ   ミュータントや警備ロボに襲われても、肉盾や囮には事欠かないし。
  }  ̄ ̄  l\       ノ/::::::::::::::::::/ l      `Y⌒Y      l V:::::::::::::::::::Y
  ∧     ノ  }     /::::::::::::::::::/ /}        {   }       l、 V:::::::::::::::::::}  ……他人を出し抜く知恵や、利用する立場が必須っすけどね。

                                             安物買いでも買い物は買い物。得るものが全くわけでもないですし。
388 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/04/28(金) 20:04:47.67 ID:hz1U880t
鳰ちゃんええのぅ…
こういう子に赤面させたり雌の顔させたい…
389 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/04/28(金) 20:26:20.43 ID:1IThOmo6
人人人人人_, //        _ -― ^ヽ_-― .、     、_人_人_,
   /    ( ./      , '                ' 、   ._)    (_
 /|     (       /                   \ ._) か (_
..   |     (     ./                  .._) わ (_            ……ほ、ほら、赤くなったっすよ。
  ─  | | .(    , '                        _) い (_
  ─ /   .( .../ィ       / |     ヽ         _) い (_      .、_人_人_,  これで満足っすか!?(自棄)
 ─‐ '    (...// |       { .|   !   .}        ._).!!(_       _) 鳰 (_
. . \ノ     .( .{/ |イ     / | |   |   }        ._)    (_       ._) か (_    『やったぜ。』
. . /ヽ     (   ./ {    ./{  { {   |  / ∧u  } ...⌒Y⌒Y⌒      _) わ (_
    つ    ( ./      ┼─‐、t、   ''/}‐/ーヽ  :      ',  ;     _) い (_     『まあ真面目な赤面や雌い場面は、』
   ̄/     (      {  メz=云=ミ,\  /,,x=云=z'':, :!     \  ;     _) い (_
  /\    (     .\l\} ゞ で;リ ` j/   で;リ ノっ} |  ノ    \    _).!!(_     『話進んだら出てくるっすかねー』
  ┼ 、ヽ   (   . ! i \ゝ/゚/ ̄/:/:/!/:/:/: ̄/:/゚ノ 丿 /V'}/  jノ \  ._)    (_
  ノ ノ    (   .人 {`~ミ=-u     ’    u /,.イイ  /         }  ⌒Y⌒Y⌒    『出典元やスカベ日誌とは逆に、女の子控え目・百合控え目な、』
    つ   (...ト、 {` ! .ノx.ゝ、   `ー ‐ '’  / ̄ | {  {  /      /
  「| 「|  ()ノ   )ノ} ノ/V \.゙''i:.- , _.,,.. ィ'" /  八/j∨/ j/ / ;            
『逆ハー気味な話にしていきたいっすから(願望)』
.  .O O   (        ._ヽ~} ̄ ∨  ̄{ /_/
390 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/04/28(金) 20:28:10.01 ID:uA9GxSUW
あー鳰ちゃん媚びさせるために身請けしたいんじゃー
391 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/04/28(金) 20:29:48.33 ID:Re72+3qZ
身請けして何が目的なのかと怖がる鳰ちゃんを下卑た笑みで眺めていたいだけの人生だった
392 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/04/28(金) 20:34:09.26 ID:fEzE4/cW
スラムだとか、金のないけど威張りたいっていうザ・クズは、金を使わず力で襲えそうなら多少性癖と離れてる女ならかまへん…だからなぁ
もう女っていうだけで襲う理由になり得るから…汚くしておくうちは自衛になるだろうけど
ちょっと身奇麗にしたら一発で多分……オレワクワクシテクッゾ
393 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/04/28(金) 20:37:34.41 ID:1IThOmo6
                   ( ( ̄
                   .>>
         ∩  η     〈.〈
        (ヽ    _..,, -‐‐  r 、} }_
.       `=‐-z´/          `ヽ
        /    /  |  |     V         み、身請けっておま、互助会は娼館じゃねえんすから……
       /     /    .|  |  ヽ  |
     /, イ ,   /    ノ ヽ、   Y .| .__.   /7    いや、経営陣が人を売らないとも言い切れないっすけど……(小声)
.     { f   !  /{   /   ,」     |  | ヽヽ_//_.. -‐、
      >| i  i__≧:、  f -‐≦、V   .| .八 {   =ニ二_
    /  乂{ .{ 《 (襾)ゝ|  f(襾) 》‐ ./∧ `Y=‐、 /=ニテ′ と、ともかく、こんな変態だらけの場所にはいられないっす!
   f´   ヽ ヽ,∧{ ,,`¨    `¨,, ノ ノ } __」__  У
   `ヽ、  ,  |ヽ八  「  7 _< /レ′〉    `〉      自分の部屋に戻らせてもらうっすよ!!(脱兎)
     ヽ ト、 Vヽ >.、 `ー  >-‐'/ ノ {     >
      }′\},-=三=ミ>-:ィ´ {/{/ゝ/    f  ← 格闘術:チンピラ以下の小娘
         /三三三三ニ7´ ̄「ー--‐┤    /
         {三三三三三|   |   !. 」   /
.          {三三三三三|   |  」    /
         〉三ニニニニニニ>___.」‐--、.__/
         |三三三三三ニ∧∨/」
.         |三三三三三三∧〈〈
         |三三三三三ニニ∧.〉、
           |三三三三三三三三〉
          )三三三三三三ニニ:/>
         /三三三三三三ニニ:}イ
        /三三三三三三三ニ/ |
      /三三三三三三三三:/ └ェ.._
394 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/04/28(金) 20:44:27.38 ID:oNFc5aG3
ふぅ…
395 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/04/28(金) 20:44:38.51 ID:Re72+3qZ
薄汚ねぇ小娘が生意気言ってんじゃねぇ!
ほどよい熱湯に叩き込んで泡まみれにしてやるから覚悟しやがれ!
それが終わったら腹がパンパンになるまで肉棒を口から突っ込んでやる
白い粉を練って焼いたブツも一緒になぁ!
396 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/04/28(金) 20:45:48.36 ID:6a7xZdjp
猫虐待コピペかな?
397 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/04/28(金) 20:45:53.61 ID:IFmZ34OW
お風呂
ソーセージ(not意味深)に白いふわふわなパンか…
398 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/04/28(金) 20:48:56.93 ID:6a7xZdjp
いずれシャナにもその手のやからが絡んで来そうだから、定期的に返り血浴びて血濡れのシャナ的な二つ名を作ろう
399 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/04/28(金) 20:50:32.36 ID:zn/25gKa
フジノミヤはその手のいないかものすごく少ないんじゃなかったっけ…?
主に我らがやる夫さんのお蔭で

いっそ福本モブAAできれいな互助会やって見せてほしいところw
400 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/04/28(金) 20:51:54.32 ID:u7y8ateW
正しい情報とは、嘘がない情報だけでは無いんですよ?
情報屋にとって大切なものとは信用とはよくいったもので。
401 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/04/28(金) 20:53:54.03 ID:Re72+3qZ
シャナは居住区もいいとこだしそういうのには縁なさそうだなぁ
いつ3級上がってもおかしくないし、万年5級とは会うこともなさそう
402 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/04/28(金) 20:55:03.07 ID:1IThOmo6
            ,.:=‐-:._/ヽ、 _ _
            / ヽ  /__∥_.:-‐{_
  ⊂二⊃   ┌┴/ ̄::::::::::::::\    Y
      _    { ./:::::::::{::::::::::、:::::::::\ ̄ ヽ     く、くそう、何なんすかこの人らは……
       )    У:::::::::::|::::::::::::ヽ::::::::::Y  ̄` 〉
      (_  (:::::::::::::::::}:::::::::::::::::ヽ:\!   /     ……つーか真面目に、出所のしれない無学な五級スカより、
          〉´:::::-─-:::::\::::::::_ゝヽ/
.      /  ̄/\´:::::::/::::::::::::::::ヽ/! i i }      行儀作法や閨の技術、人を楽しませるトーク術etc……
      /  /;´-‐ミ、‐- ::;;_::::::::::::::)、 | !/}
    _.::{‐ニ´/ ./⌒| `  `ヽ:::::/\/ニ}      そういうのを仕込まれた娼婦のが、絶対付き合ってていいと思うっすよ?
  >´、  /./   !  |      Y、_:::::::〉\ニニ三ニ=::...,,_,.:´ニ:..._
/ -‐-、イ  i   {  ヽ     \ \.〉:/,  \三三三ニニニニニ三:.、
{ ′   >!、,-‐≦、l ヒ_  ., へム_/:/┌‐- 、 ヽ      ̄ ̄ ̄`¨′ なんだってこの人ら、底辺スカベのクズ娘に、
.ヽ、_ / /   _ヽつ─/, , λ \  ̄    ノ
    `゙''ヽ _ -┘  .〈_ム_Liノ─ ′── ′               こんな興味津々なんすか……


>>399                       いつもの
>>297を見てくるんだ! 鳰ちゃんの世界線は腐った互助会大活躍の予定だぞ!!

そしてフジノミヤの互助会でも、全体の規模が縮小されてる&良心派が息してるから他所様に迷惑かけることは少ないが、
内部の主流派はやっぱり腐った駄目な互助会なのだ!!
403 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/04/28(金) 20:55:36.57 ID:dcWEJI3e
やる夫教室4級入門教師として
404 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/04/28(金) 20:59:07.98 ID:fUyJg/fG
> 内部の主流派はやっぱり腐った駄目な互助会
Oh…

> 鳰ちゃんの世界線は腐った互助会大活躍
そこはちゃんとわかってたぞ! だからフジのみあに一縷の望みをかけたのだが…
関連記事
スポンサーサイト




コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://yarucha.blog.fc2.com/tb.php/3217-a52d36bd