情報部シャナのスカベンジ日誌 6th Turn 「ハーフミュータント」その4

1344 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/05/19(金) 21:04:05.44 ID:sZU5xLj7
    /||ミ
   / ::::|| 
 /:::::::::::||_____
 |:::::::::::::::||       .||
 |:::::::::::::::||       .||    うい、さてそろそろお時間か……
 |:::::::::::::::||        コソー
 |:::::::::::::::||ハ,,_,ハ,     ||    そいじゃあ、ちみちみと始めて行きたいが、てんこー
 |:::::::::::::::||・ω・ミ/^l.. ||
 |:::::::::::::::||u~~~u;' |  ||
 |:::::::::::::::||ω ・   ミ . ||    ……どうでもいいが安さにつられて買った抹茶飴がまずくて仕方ない。
 |:::::::::::::::||[=]=|=  つ ||
 |:::::::::::::::||     ミ .||    まあ、おかげで眠気覚ましに役立ってるんですがね!
 |:::::::::::::::||    彡 .||
 |:::::::::::::::||    ,:'   ||
 |:::::::::::::::||''~''''∪   ||
 \:::::::::::|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
1345 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/05/19(金) 21:04:24.11 ID:ke7t1Amj
1346 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/05/19(金) 21:06:12.69 ID:xeHOwmly
ノ」
1347 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/05/19(金) 21:06:57.36 ID:qYubq9/4

外出先だけど
1348 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/05/19(金) 21:09:22.34 ID:sZU5xLj7
           ┏  ━ゝヽ''━.,,ハ,_,ハ,.━.从〆A!゚━━┓。
╋┓“〓┃  < ゝ\',冫。’  .;゙ ・ω・ミ/^l  ∠ _ ,'´ゝ.┃.       ●┃┃ ┃
┃┃_.━┛ヤ━━━━  ,-‐-y'"゙"''゙゙"´  | ..━━━━━━━━━ ━┛ ・ ・
       ∇  ┠─へ ヽ、,;'.  ・ ω ・ ミ 冫そ _'´; ┨'゚,。
          .。冫▽ ,゚'<  ミ∩===[==]=l==つ;; 乙 / ≧  ▽
         。 ┃ ◇> ミ         ; 、'’ │   て く
           ┠─ム┼. ';,          .ミ ゙》⊿∠─┨ ミo'’`
        。、゚`。、    i/ ;;,        ,;⊃ o。了、'' × o
       ○  ┃    `、,~ "∪"゙''''''''''"゙ .ヽ◇ ノ 。o┃
           ┗〆━┷ Z,' /┷━'o/ヾ。┷+\━┛,゛;

                待 た せ た な ! !
        こ れ よ り 投 下 を 開 始 す る ! !

       あ、書き溜めさんは窓からさっき脱走していきました
1349 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/05/19(金) 21:09:35.47 ID:sZU5xLj7
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
 やる夫はスカヴェンジャーのようです二次創作

              情報部シャナのスカベンジ日誌
               6th Turn 《ハーフミュータント》


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
1351 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/05/19(金) 21:10:20.79 ID:sZU5xLj7
        .,. -─‐ 、       ,. -─- 、
      /      ヽ.   ./       ヽ.
      ,'        |   /         |
      |        -─-'         |
      ',                    /
       /                 /
     /                  Y
     !                  |
     ',                  !
      |                 |
    _.ノ                  .!   ネタバレ防止シルエットだ
   (                   /   何も問題はない
    `\               /
       `ー--ヘ       イ、         それはそれとして探索チームの索敵力、
          /         \
         /           〉        ガチすぎやしないでしょうか……?(震え声)
         く            |     ,. -──- 、
       /            ', .// ̄ ̄`ヽ::ヽ                   せ、生物相手じゃなきゃ精度落ちるから……
      /                ∨::/      |::::|                                  な、何も問題はない >
      |                ,ハ.      _rr/::/、
     /                .)    (_| |/| | _
    /                  .>      | |(⌒´゚ ノ
    \                /    「 ̄∪ ̄ ̄ ̄|
     \__   ___   r‐‐'´     '、_____ノ
         |  |    |  |
       __[  ]   ,[  ],..-─- 、
     /´     |   |         ',
    .|       |   |        |
     └=======-''   └=========┘
┏────────────┓
│ 前回のあらすじ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| クリッカー、瞬殺。……索敵が素で120越えとか予想外過ぎんよ。

| 【探索率】   207/800 (残り593)
| 【被発見率】 0       (100になるとミッション失敗)
┗───────────────────────────────────────┛


   ▼ 現在のステータス   >>1085

      同行者:チンク      >>639   シノン >>1175

      好感度一覧        >>640

      このターンの依頼   >>612 【森に巣食うネズミの討伐】

1085 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/05/08(月) 00:12:38.16 ID:1QI13T1p
                   《ステータス》

                                    /⌒≧=‐- 、 、
                                      \\
                       -:.:.:.¨¨  ̄ ̄:.:.:.``丶       }:.:.ヽ
                        /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.丶 __ノ:.:.ノ
                   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\ ̄
                  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
                     //:.:./:.:.:.:.:/:.:.:/:.:/:.:/:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∧
                /:.:.:/:.:.:.:.:/:.:.:/:.:/// /:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.: ',:.:.:.∧
                /:.:.:.:./:.:.:.:.:/:.:.:/:./ // /:.:.:.:.:.:./:.:.l:.:.:.:.:.:.',:.:.:l∧
                /イ:.:.:.:.:/:.:.:.:./:.: /.:,ィ芋ミx、 //:.:.:.:.:./ トx:.:.:.:.:.:.:l:.:.:| :.
           ///:.:.:.:./:.//:.// 《 {::J:::リヾ /:.:.:.://zz/ |:.:.:.:.:.:.:l:.:.:| |:|
            // /:.:.:.:./ ':.: /:.:.:. /   V__ン  /:.://}てハ抃:.:.:.:.:./:.:.:.| l/
       //  /:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.∧  .:::::::::: __彡' / ヒ_ソ ノ》:.:.:.:/:.:.:|:.|
       //    /:.:.:.:./:.:.:/:.:.:.:./、__、        ,  `¨  /:./{:.:.:/:.:|
.     //     /:.:.:.:.-=≦:.:.:.:./:.:.:.込           ..:::::: /):.:.l.:.:∨ ヽ(
  //   -=≦ ̄:.:.:.:. -=≦:.: |三三三三三|  っ     /:|:.:.:.:{:.:.:.、
.// /:.:.:.:.-=≦ ̄:./:.:.:.:.:.:.:. /ニニニニニニ|、   _,.. イ.:.:|:.:.:人:.:.:.、
   (:.:.:.//:./:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:./ニニニニニニニ|  /ニニニニニ≧く:.:.|\:.\
     ヽ(:.:人(:.:.:.:. /:.:.:.: /ニニニニニニニ=|  トニニニニニ/ニ}:.:.|  ヽ:.:.\
      /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ニニニニニニニニニ|___ヽニニニ=/ニ/|:.:.|   }:.:.:ヽ\
.   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: /ニニニニニニニニニニ\---∧ニニ/ニ/ .|:.:.|   /:.:.:.:.)\ヽ
  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ニニニニニニニニニニニニ\- ∧ニニニ{ :|:.:.| //):.:.:/  ):.)
...:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. : {ニニニニニニニニニニニニニ/___}ニニ>:} |:.:.|彡' /:.:∧ //
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:乂ニニニニニニ}ニニニニニニ/---∨ニ/=| 乂\__/:.:/ ∨/
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ニニニニニニニノニニニニニ/-----∨∧=| /:.>―<   }:.}

――――――――――――――――――――――――――――――

 【名前】 衛宮シャナ 【年齢】 15 【出身】 キョウト

 【身分】 4級スカベンジャー

 【能力】(人間準拠)
  筋力:C+  体力:B-  俊敏:B+  知能:B+  運勢:B

  注目度:D 小さい割には腕のいいスカベがいるらしい

 A以上=一流 B=人並み以上 C=人並み D=苦手 E=諦めたら? F=子供並み

 所持金: 686 円 0 銭

 【所持品】
 ・武器
  零式軍刀 ……養父から譲り受けた将官用の高級軍刀。
             銘有りの真打や単分子刀にこそ劣るが、切れ味と頑強性を高いレベルで両立している。
             耐酸、耐熱、対単分子、耐ビームコーティングが施されている。
  7.62mm.選抜小銃 ……【サイズ:L】 大威力の7.62mm.ライフル弾を使用するマークスマンライフル。モデルG3 SG/1
                   フルオート射撃による牽制・弾幕と、セミオート射撃による精密狙撃の両方に対応可能。
                   簡単に言うと、一丁で突撃銃と狙撃銃の両方として使えるということである。
                   アクセサリに高性能光学スコープ、サプレッサ、ロングマガジン、バイポット、フラッシュライトを装備。
  45口径拳銃       ……【サイズ:S】 威力の高い45口径拳銃弾を使用する拳銃。
                   アクセサリにサプレッサ、ロングマガジン、フラッシュライトを装備。
  テーザーガン      ……【サイズ:S】 ワイヤーを使用する射撃可能なスタンガン。一度の充電で5回使用可能
                   生身の人間や生物を、無傷で捕縛することができる。警備ロボットには無力。
  コンバットナイフ    ……【サイズ:S】 頑丈さが売りの軍用ナイフ。戦闘・工作に使用できるが、単分子カッターではない。
  軍用マグライト     ……【サイズ:S】 本来は暗所を照らすための携行ライトだが、非常に頑丈で警棒代わりにもなる。
  ハンドグレネード(破片、EMP、煙幕、閃光 各一個 チャフ 二個) 【爆発物】

 ・防具
  特種防護コート   ……防弾、防刃、耐衝撃と、物理攻撃に対し高い防御性能を誇る。また、若干のステルス性能を持つ。
                 銃弾は7.62mm.ライフル弾まで防御し、単分子カッターを含む刃物や破片を防ぐ。
                 対単分子コーティング、耐酸コーティング済み。熱単分子刀、熱振動徹甲刀などは防御不可。
  サイレントブーツ ……底面が厚く補強され、更に足音がしにくいように加工がされている。
  マガジンポーチ   ……ライフルなどの予備マガジンを収めておける、ポケットなどが付いたポーチ。
                 遺跡に持ち込む予備マガジンが各3個から5個に増える。

 ・電子系装備
  高性能PDA ……高い基本性能のPDA。メール以外にもハッキングや情報閲覧、カメラ機能が備わっている。防水、耐衝撃。対EMPコート済み。
  標準ハッキングソフト……PDAの初期ハッキングソフトより優秀。ただし遺跡探索用で、現代のプロテクトに対しては無力。
  標準解読ソフト ……断片化したデータを復元する事の出来るソフト。簡易版より精度は上だが、使用には【電子技術】技能必須。
               断片化したクズデータなどを正常な状態に戻し、閲覧することができる。暗号解読とかはできない。

 ・その他
  携行用ガンケース ……【サイズ:L】以下の銃器を一丁しまっておける、緩衝材入りの軽量なハードケース。
                  肩掛け紐と鍵付きで、街中の携帯に便利。
  警邏隊推薦状    ……組合から発行される推薦状。実力ではなく人柄を保証するもの。
                  警邏隊主導の依頼を受ける際に必要。
  救急キット ……包帯やばんそうこう、消毒用アルコール、それに痛み止めやナノマシン製傷薬などが入った救急キット。
.             医療系の技能がなくとも使用可能。傷薬・痛み止めを使用した場合、補充には10円必要。
  ペンライト   ……小型の懐中電灯。太陽電池採用。
  ロープ10m……物を縛ったり移動に利用したりなど、多彩な用途のロープ。
  短距離用無線機 ……いわゆるトランシーバー。ある程度の距離なら離れた位置の人間とリアルタイムに会話できる。
               二つ所持しており、同行者に一方を貸し与えることが可能。
  軍用双眼鏡 ……測量機能と簡易な風向の観測機能が付いた丈夫な望遠双眼鏡。防水、耐衝撃。
  軽量工具セット ……使いやすい工具の揃った工具セット。小型工具セットより高性能で、携行性も悪くない。
  工具用単分子ナイフ ……工具用として実用的な強度を持つ単分子ナイフ。戦闘での使用は想定していない。
  傷付いた獅子章……多大な功績を残して殉死した皇国軍人に贈られる勲章。
                シャナにとって、紛うことなき父の形見。

 ・拠点
  住宅:中層区にあるガレージ・庭付き一戸建て。
        付近の治安はよく、鍵類のセキュリティも十分。場合により、自動人形の電が警備をやっていることも……
        一人で住むには広すぎるくらいで、それなりの人数を迎え入れられるだろう。
  ガレージ:中層区の自宅に付随する車両用ガレージ。
        特別な設備はないが、中型車1台+大型車1台分の駐車スペースを持つ。
        現在、輸送トラック(大型車)1台を収容。

 【技能】
  格闘術   Lv:5 ……素手や小さな武器を使った接近戦能力。
  刀剣     Lv:10……常識的なサイズの刀や剣を扱う技術。
  銃器     Lv:6 ……拳銃や小銃、あるいはそれに準じた火器を使用する技術。
                拳銃、短機関銃、突撃銃、狙撃銃を使用可能。
  狙撃     Lv:1 ……狙撃銃、選抜小銃などを使用して長距離狙撃を行う技術。
  軽業     Lv:5 ……戦闘における身のこなしや、狭い足場での立ち回りのうまさ。
  潜入     Lv:5 ……隠密・気配察知の複合技能。自身の気配を隠し、他者の気配を察知するのに長けている。
  観察眼   Lv:5 ……周囲の状況と照らし合わせ、不自然な箇所をあぶりだす技術。
  聞き耳  Lv:5 ……微細な音を拾い、情報として獲得する聴覚・技術。
  車両運転 Lv:5 ……地上を走行する、一般的な車両を運転する技術。
                バイク、普通四輪車、大型車、軍用車両を運転できる。
  機械操作 Lv:4 ……PCなどの機械全般を操作する技術や知識。極端に専門的なものは含まない。
  電子技術 Lv:4 ……プログラミングやハッキングなど、機械の内面を弄る技術。
  軍事知識 Lv:7 ……軍そのものや軍人、使用される装備などに関する知識。
  指揮     Lv:2 ……状況を確認し、他人に指示を出すことに秀でている。

 【特性】
  ESP【縮地】 ……空間を切り嗣いで割り込み、彼我の距離を一瞬で詰める。一種の空間系テレポート。
  ┃          これを高精度で、かつ連続して行うことができるのがシャナの最大の武器である。
  ┃          移動には重量制限があり、重装備では使用できない。
  ┗斬鉄(偽)……ESP【縮地】の応用により、通常の刀剣類で金属装甲を斬り裂くことが可能。
              ESPの使用できない状況や、高速機動する対象、乱撃戦では使用できない。
  軍人の遺児……皇国軍人の忘れ形見。
              根無し草のスカベンジャーであっても、社会的にそれなりの扱いを受けられる。
  情報部員  ……時に身分を隠し、偽り、軍で暗躍する情報部の一員。
              現在その権限や支援は利用できないが、そこで得られた技術や知識は健在である。

 【装備制限】
  軍刀を固定装備する。
  他に【サイズ:L】の装備を一つまで装備可能。また、爆発物は合計六枠まで携行可能。

 ※スキルレベル参考基準
  1.覚えたて  3.慣れてきている  5.一人前  8.プロ級  10.その分野でのトップクラス


 【拠点・倉庫】
 ・武器
  量産軍刀 ……【シャナ専用】 父の形見ということになっているシャナの軍刀。頑強ではあるが切れ味は今一つ。
             数打の量産品であり、軍士官の武装としては少々心もとない。分類、丙種士官用軍刀。
             対単分子コーティング、耐酸コーティングが施されている。
  携行爆薬(小)……【爆発物】壁や床などに設置し、遠隔操作で起爆する爆薬。主にトラップや扉の爆破などに使用する。
  ハンドグレネード(閃光) 【爆発物】
 ・防具
  戦闘用耐熱グローブ ……戦闘用に防刃などの防御力をある程度備えた、五指が自由になる耐熱グローブ。
                   生身の人間でも熱振動徹甲刀などの高熱を発する武装を使用可能になる。
  登山ブーツ          ……底が厚く、滑り止めの付いたブーツ。特別な加工や補強はされていない。
 ・その他
  最低性能PDA  ……ウジ虫に広く流通するPDA。性能は極めて低く、簡易なメール機能しかない。
639 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/04/29(土) 16:22:17.54 ID:nFFe53ZQ
  【NPCステータス】

           ,     ̄ ̄ ̄` ‐- ._
         /             ` 、
        /                    \
       /                    ハ
       / /        / ハ   、   ヽ  ',
      .l  |   i    / l l ハ |  ! ! !.ハ.  |
      .|  !   」__i_! l  !.!   } ハ | ,! .! .|  |  ,イ     ,ィ
      .|  |  ‐キハ-ハ.ト=ハ| ._」/.」z'ェzェF、 |  ! ハ|    ,イ/
      .|  l   .li{::V::i{:ヽ{ヽ´  .≠テ丐ミl i /  ! .ハl   ,イ /
      .| .f^l   l:::::::::::::::::::リ    ら::::リ 'l.//  l .ハil   .///     , イ
      .| ヘ .l   l_::::::::::::/   弋.ン /'イ  l ハ ll  ///    .,イ./ ,.ィ
      .|  `.l   l´`¨¨´   ,      /!  l〈ol | /,//    // ,ィ /
      .l   !    !     __ _    ./ l  l./ {,⊥}´'イ  ./,/ /,/
      .!   ∧   ト、        ,.イ、_l  /`/:::::/ {‐、/´,/ /,/
      /!   ! ハ   lヽ>  _ r<  `ヽ! /:::/:::::::':':::::/' ,r'_/,/
     .//   >l  ∧i|== i r_'1_    ! .{:::/:::<^ヽ、::::`´:/,ィチ'
    // ., r ´  .∨ ∧::::::!_ー」:::|ヾi /ニl |::::::__ノ,r^i}. ヽ;:::´ノ
   .// ./      ∨ .∧=,ヽ__,〈V〈  l .l:::::| {{_,ン .r'::::::/
   .// /      ヽ∨ ∧', 1   ヾl:l`ヽl,r┴...、`ヽ、/:::/
  // ./        ヾ、  l  l    /:::l,∠:::::::::::::::ヾ、__/
  // ./          ヽ l  l_/__./   `ヽ:::::::::::ヽ>
. // /           ヽl  |´ヽ/ /     `ヽ::::::::ヽ.}


  チンク・スカリエッティ 4級スカベンジャー

 フジノミヤで活動するソロスカベンジャー。
 新人の頃にやる夫の教えを受けた、いわゆる『やる夫教室』の生徒でもある。
 隠密行動とナイフの扱いを得意とする一方、正面戦闘はやや苦手。


 【装備・技能 一部のみ抜粋】
  戦闘用単分子ナイフ ……近接戦闘用に、ある程度の強度を持った単分子ナイフ。二本所持。
                    戦闘用の中では低級品で、単分子カッターと切り結んだり、乱雑に扱うのは危険。
  投擲用単分子ナイフ ……低質な単分子ナイフの柄を加工し、投擲使用できるようにしたもの。五本所持。
                    金属装甲にも有効だが、刺さろうが外れようが確実に使い捨てになるのが難点。加工も面倒なので虎の子。
  工具用単分子ナイフ ……工具用として実用的な強度を持つ単分子ナイフ。
                    戦闘での使用は想定しておらず、戦闘使用すれば十中八九折れる。
  コンバットナイフ    ……頑丈さが売りの手持ち式ナイフ。単分子カッターではない。戦闘・工作どちらにも使用可能。二本所持。
  投げナイフ30本   ……ポーチに入った投擲用の小さなナイフ30本セット。
                  柄が小さく、近接戦闘や工作には向かない。また、単分子カッターではない。
                  回収して破損がなければ再利用できる。破損・紛失したものは次のターンに補充済み。
  9mm.拳銃.      ……低威力の9mm.拳銃弾を使用する拳銃。
                  アクセサリにサプレッサー、ロングマガジンを装備。
  9mm.短機関銃    ……低威力の9mm.拳銃弾を使用する短機関銃。
                  フラッシュライト、ロングマガジン、サプレッサーを装備。
  ハンドグレネード(破片・閃光・煙幕・EMP・チャフ 各1個)

  格闘術  Lv:5……素手や小さな武器を使った接近戦能力。近接戦闘でのナイフの扱いもこれ。
  銃器    Lv:3……拳銃や小銃、あるいはそれに準じた火器を使用する技術・知識。
              拳銃、短機関銃を使用可能。
  投擲    Lv:5……物を投げるうまさ。投げナイフ、グレネードなどに使用する。
  隠密    Lv:4……影に身をひそめ、姿を隠す技術。自身の気配を殺し、隠れることに秀でている。
  探索    Lv:3……能動的に何かを探し出す、総合的な技術や知識、観察眼など。
               単独では特筆するほどでなくとも、それらを組み合わせることで有用な技能となる。
  機械解体 Lv:3……停止した機械を解体し、パーツ取りする技能。
               起動しているものを解体したり、停止させることはできない。

  ナイフ使い ……個人的な資質として、ナイフの扱いに秀でている。
1175 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/05/13(土) 22:30:20.37 ID:T3usDPWC
  【NPCステータス】

`''*s。、\  \     ヽ       |',       、 \*。、     / /|
    ``¨`{ニニ≧s。  }       } %      ∨ \>'"⌒ ./   '.|
       マニニニニヾー  _>"ア .*       ∨イ /     ヽ  i |
         マニニニニム.ー‐--'"   %    _./ //  ./   ヽ{ .ハ
          マニニニニム         ,    フ //   /{  | i ∨ 、
            マニニニニ:ム        *   7/|/、´! /|/__∨/  }. ∨ ゝ
           マニニニニ:ム       __〉‐、<|/|从沁/ '芍 》/  /、、∨{``
           マニニニニム_  -== 〈=<ソ‐''Y、 i '  ¨ 'イ>'|/ハY``
       _   -==  ==―  ̄     %`ヾ>' 丶 ー .。*"ア<¨ヽヘ
-==  ̄_ ==―  マニニ=ニニ〉‐<ニニ≧=- 、/-‐\ ̄ヽ": : : :`ヽ `ハ
_ =-    γ¨r==‐、‐  ̄        ヾニニニニニヽ  ∨: : 、: :,、/\: rイ
      ′ ヽ    i     . . . . .: : : \ニニニニム  ∨: :}ヽ: :}イ"ー:/
     从   └― "  .: :_: -=="     マニニニニ}!  }: :/イ‐<: :ヾ`}
       ` ー ァ―― '"´ >'"     ,;    マニニニニ}≦:`':.:.:.:.:.:.:≧s{
          ( : : : : : : /: : : .   .。*"     マニニ/:.:{:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/
           ー- ./: : : : : 。*"        }ニニ/:.%:.:.{:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:′
              丶: : /: : :.    。*'"  }>イ:.:.:*:.:.:{:.:.:.:.>=.ィ′
               `*: : : : : : .。*"    /   }ト、:.%>イ:>‐ y′
                 ゝt‐*''": : : . . 。イム   .》‐ ,‐%<:.}<: : : }


  朝田詩乃 狩人/5級マーセナリー/4級スカベンジャー

 フジノミヤ近郊の野山で活動する半ミュータントの狩人。
 一応仕事の種になるかと思ってマーセナリーとスカベンジャーの資格を持っているが、
 実際にその資格で活動したことはほとんどない。TACネーム"シノン"


 【装備・技能 一部のみ抜粋】
  強弓     ……長距離狙撃に適した、強力な弦の張られた大型の弓。通常の矢弾は多数所持。
             銃火器と比較すると連射速度は圧倒的に劣るが、まったくの無音で動作するのが利点。
  炸裂矢弾 ……通常の矢弾と違い、矢じりに少量の炸薬を取り付けた爆発する矢。
             静音性は完全に損なわれるものの、破壊力に優れる。あくまで予備であり、6本携帯。
  鉈       ……藪やツタを払うのに便利で、また勢いをつけやすく威力の出る予備武装としても使いやすい刃物。

  弓術     Lv:8 ……原始的な弓を使用した射撃戦能力。銃と比べ、静音性に圧倒的に優れる。
  狙撃     Lv:5 ……狙撃銃や弓などを使用して長距離狙撃を行う技術。
  格闘術   Lv:5 ……素手や小さな武器を使った接近戦能力。
  トラップ    Lv:6 ……トラップの取り扱いや造詣に優れ、適切な運用や感知・解体ができる
  生物知識 Lv:8 ……突然変異を含む動植物に関する知識を持ち、新種を相手にしても適切な考察できる。
  感知     Lv:6 ……自身に迫った危険に対する感知能力。気配察知に近い。

  鷹の目   ……鳥の鷹のように変異した目……ではなく。
           人並み外れて目が良いことを表す。長距離狙撃などに優れた適性を示す。
  変異:猫 ……何かしらの理由で体が突然変異を起こし、猫の特性を得ている。
           人体の特徴に加え、獣由来の優れた嗅覚・聴覚を有する。
640 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/04/29(土) 16:22:29.35 ID:nFFe53ZQ
 【好感度一覧】

   クーデリア    ……A     (頼れる相棒!)
   やる夫     ……C+   (危なっかしいけども……頼れる後輩、だおね)
   ヴィルヘルム ……B     (次は本気を見せてくれよ)
   チンク       ……D+   (興味深いやつだ、一緒に仕事してみたいな)
   シン       ……D-   (良いクライアントだ、次の仕事を待つとしよう)


   アリス       ……C     (三級目指して、頑張ってください)
   聖十郎       ……D+   (お仕事、お疲れ様)
   スカサハ      ……C     (存外甘い子だが……嫌いではないよ)
   リッカ        ……C     (アナグラをよろしくね、お得意さん)
   リリィ       ……D+   (昇級おめでとう、ガンバレ!)
   ダリアン    ……D-   (少しは客らしくなってきたのです)
   愛歌       ……D-   (また遊びに来てねー)
   ピアニィ      ……D-   (……あ、先輩馴染みの人なのか(察し)
   マティア     ……E+   (信頼できる屍肉喰らい……ならいいのですが)
612 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/04/29(土) 15:57:10.70 ID:nFFe53ZQ
《仕事一覧》
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 【遺跡情報】

 【名称】 旧自衛軍演習所跡【ソウカエン】 格納C区画 三級指定

 【探索条件】 等級の他に規定なし

 【解説】
  旧文明時代の皇国に存在した自衛軍の大規模演習所跡……の一角。
  この区画は軍需品の発掘率が高く、獣型警備ロボットが未だに徘徊している。
  理不尽に高性能な機体はいないが、ある程度の戦闘は覚悟しておくべきだろう。

  なお、ソウカエンは他区画で既に発掘された破損データから決定された名称で、
  現役時代には別の名称が存在したと思われる。

 【備考】
  遺跡内部への車両の乗り入れ可能

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 【遺跡情報】

 【名称】 旧自衛軍演習所跡【ソウカエン】 格納F区画 四級指定

 【探索条件】 等級の他に規定なし

 【解説】
  旧文明時代の皇国に存在した自衛軍の大規模演習所跡……の一角。
  この区画はある程度発掘が進んでおり、ごく最近四級に位落ちした。
  驚異の排除も進んでいる分発掘品の期待度は落ちるが、
  それでも探せばまだ何かあるかもしれない……

 【備考】
  遺跡内部への車両の乗り入れ可能

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 【遺跡情報】

 【名称】 フジノミヤ学校遺跡 四級指定

 【探索条件】 等級の他に規定なし

 【解説】
  旧文明における学校であったろうと推測される遺跡。
  警備ロボット、タレットなどの脅威はさほど残っていないが、
  遺跡が広く、何階層もある為探索には時間がかかることだろう。

  噂レベルだが、どうやら本校舎以外に、風変わりな建造物が敷地内にあるらしい。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 【遺跡情報】

 【名称】 ヤシロ遺跡(浅) 三級指定

 【探索条件】 等級の他に規定なし

 【解説】
  霊峰フジを祀る、寺社関係の遺跡。
  遺跡の造りはさほど複雑ではないが、
  警備ロボットやセキュリティが多数生きており、激しい戦闘が予想される。

  ヤシロは漢字で書けば『社』。入り口の柱には他に、『浅』の文字が見て取れた。
  ……ということは、やはり深い何かもあったりするのだろうか?

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 【依頼情報】

 【名称】 森に巣食うネズミの討伐

 【依頼人】 フジノミヤ警邏隊

 【条件】 4級以上のスカベンジャー、もしくはマーセナリーの正規資格を持ち、
        特に隠密行動に長けた者。
        追記:半ミュータントに過剰な忌避感を抱かない者だとモアベター。

 【報酬】 討伐成功時、総額150円。

 【解説】
  どうも最近、小規模な個人キャラバンなんかが、街道で襲撃を受けるケースが多い。
  調べてみたところ、被害があるのはとある森林地帯の近くに限定される。
  生存者の目撃情報からするに、ネズミのミュータントだと思われるが……銃声を聞いたという証言もある。
  元が何であったかはさておき、人間並みの知性を持った半ミュータントの可能性がある。
  大規模な討伐部隊では逃走される可能性が高いため、少人数による隠密行動で仕留めてもらいたい。
  奴の集めた物資については、一部は買い取らせてもらうが、基本的に諸君らの方で好きにしてもらって問題ない。

  追記:付近の生息ミュータントや地理の都合も有り、地元の狩人一名が同行する。

 【備考】
  隠密行動の為、同行者は一名まで(※ クーデリアの場合でも電の同行は不可)
  それとは別に依頼限定キャラと共闘有り。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
1352 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/05/19(金) 21:11:41.64 ID:xeHOwmly
ハハッ
1353 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/05/19(金) 21:13:32.50 ID:sZU5xLj7
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
1354 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/05/19(金) 21:13:44.60 ID:sZU5xLj7
;、});、;、 ;、;、;、 ;、;、;、\;、;、;、;{;、{;、;ヽ;、;、;、;、;、 ;、;}八、;、_彡イ;、 ;、;、_;、;、;、;/;、;、 ;、;、;、;、;、
彡';、;、;、;、;、 ;、;、;、;、;、>ヽ;、 {;、\;、 Y;、;、;、;、;、〃 / ̄;、;人;、;、)_ (;、;、/;、;、;、;、;、;、;、;、人
;、;、;、;、;、;、 \;、;、;、<;、;、 \从;、ヾ;、|;、;、;、;、 //ノ;、;、;,/;、 r;、;、;、 \;、y;、;、;、;、;、;、;、;、/;、
;、;、;、;、;、;、;、;、≧=--ミ;、ー====ミ;、;,Y;、 /;ノY;,;〃´;、;、从';、;、;ノ;、;、;、;、;、;/;、;、;、;、;、;、/,/;、;、;、
;、;、;、;、;、;、;、;、;、;、;、;、;、)/;、;、;、\;,|;、;);、 /::/;、;、,,~=-;、;,/;、;、;、;、;、;人=ミ ;、;、;、彡 ´(;、;、彡'
;、;、;、;、;、;、;、;、;、;、) ;、;、;、;、\;、;、 Y;、{i;、;,{:/;、;、y;、;、;、; 人;、;、_-==彡 ̄(__ノ≧==≦;、\  ̄      γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
;、;、 ;、;、;、;、;、;、;、/;、;、;、;、;、;、ヽ;、;,;|::|;,|| へ}::};、〃斗====彡≪;、y;、;、;、;、;、\;、;、;、;、;、;,)         .| うん……十中八九弾痕、かな。 |
;、;、;、;、;、;、;、;、;、;、;、 ヽ ~ 、;、;、}::.:V::ノ:人;、|:::|ノ彡イ ̄〃;、;、;、;/;、\;、;、;、;、;、;、;、;、;、;、;、)       .ゝ______________,乂 シャナ
;、;、;、;、;、;、;、;、;、;、;、;、;\、;、;、;、Ⅵ:ノ;、; ヽノ::::/{; ,{{;、{:{;、;、;、イ;、 ;、 );、〃 从;、;、;、;、;、彡 ⌒)
;、;、;、;、;、;、;、;、;、;、;、;、;、; \⌒Y 人::.、;、::人|::::ハ;,|::从彡===彡イ;、 (;、 /彡 ;、;、;、;、-―=~;、;、)      γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
;、;、;、;、;、;、;、;、;、;、;、;、;、;、 }};、{:::{_ノ\:::::::::::::::::::レ彡イ7⌒ー ≪;、;、;、;、;、;、/彡イ;、;、;、;、;、;、⌒     .| また一つヒントゲット、と。      |
;、;、;、;、;、;、;、--=ミ;、;、;、;、 v彡ミ:::::::::::::::ヽ::::::::::::::::彡イ:/_ノ、_彡;、\;、;、;、;、;、;、;、;、;、;、;、;、ヽ;、;、    ..ゝ______________,乂 シノン
\;、;、;、;、;、;、;、;、;、\;、;、;、\::ヾ\::::::::::::Y::::::::::::::};/::/;{;、;、;、;、__彡=≪⌒≫<;、\;、;、;、;、;、;、;、
;、;≫;、_;、;、;、;、;、;、;ハ;、;、/:.:ゞ\::Y:::::::人:::::::::::::しノ>:::==≦彡=<⌒=彡 ̄ヽ__;、;ノ;、;、;、;、;、;、;、;
;、;、;、;、;、≫;、;、;、;、;、;;、;、 (;、( __Y::::::::::::::::::::::::::::〔__{;;;(/::::〃⌒´\:、;、;、;、;、;、;、7;、 /-=ニ;、;、;、
;、;、;、;、;、;、;、ゞ===---==ミ、 (;、;、Y;、{::::::::く::)::::::::::::::::≦__彡≪;、;、;、; ヾト=v-===彡;、/;、;、;、;、;、;、
;、;、;、;、;、;、;、;、;、;、;、彡t==≧==ミ人ノ::::::::::/::::::::::::::::::ハ;、;、;、 ヾ ;、;、;、廴;人ゞ;、;、/;、;、;、;、;、;、;、;、
;、;、;、;、;、__{  /イ{;、(  > :::::::::i::::::::::::::::::::::::::::::/::::i;、;、;、;、}=ミ;、__彡へ };/;、;、;、;、;、;、;、;、;、
;、;、;、< ̄、;、; ゞ';、;、::|;、;、;、;、/;、>:::::::::::::::::::::::::::::::::::人;、;、;、ノ;、乂;、ノ;,/;、 };;{ー;、;、;、;、;、;、;、;、;、
;、;、;、;、)  >;、;\;、:!;、;、;、 /;、;Y:::::}::::::::::::{::::::::::::::::ノヽ;、;、;、;、;、;、\;、; _;、;:::;;、;、;、;、;、;、;、;、;、;、
' ⌒ヾ从{  (;、;、;、;、Y;、;、;、;ノ;、;、{:::ノ::::::::::人::::::::::::::::::::ハ;、;、;、;、;、;、; \| |; :::::|;、;、;、;,:.|ハ、; 斗 匕
       ノ;、;、;、; 人彡;、;、;、;、人::{;;;;;;/´::::::\:::::::::::::::::::\;、;、;、;、|三三| |三|::| |_ 斗≦| ∧/
        ゞ ⌒⌒   ;、;、;、/:::::::::Y:::::{::::::::::::::::/⌒):::: \::: \r-==r:| | | | | |i | | | |_  -=≦ ∧
                 /::::::::::::::::|:::::へ::::::::::::{:::::人:::::::::入:::: \__i| |_ij斗≦i ̄ i| |_.,  -=≦∧
≧=--    ____彡イ::::::::::::::::::: 人:::::::::ハ::::人::::::::\:::::::斗≦ニニニニ彡イ彡| l_.,,   -=≦∧
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| ……というわけで、こちら相変わらずの森林地帯。
| 予想以上のあっさり具合で、クリッカー親子を討伐した直後のこと……
┗───────────────────────────────────────┛
1355 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/05/19(金) 21:15:04.31 ID:xeHOwmly
おっ
早速こんせきか
1356 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/05/19(金) 21:16:57.27 ID:sZU5xLj7
                       /   { !
.            、ト、          /.   { !
              ',ヾ<   , -=/    { ',
              _', ',>'"    '''<   ', ',ミ
          `¨ア.   ,、ヽ.    ヽ ', ',.ヽ    ところで、十中八九っていうのは?
           / l{ l / \.  }.   ヾ ', 、丶
.             ,' ', ',', l-‐''ニ_| }   ',ノ  ',   あんまり弾痕とか見たことないから、
            , i {‐',ヽト、ア~)j:リ./. }.ィ ヾ\ i ヽ
            /ハ ハ芯、{` ゞ' ' /.八',ト、',   ハ.}ヾ  参考までに教えてもらえると嬉しいんだけど。
           ノハ :} 〈    イイ.イ  ><}  l、{ l!
            {人 、,    ゝzzイノ从 `                        弾が残ってれば100%。だけど今回は、
            /¨.ハ.、 _  イ _zz}′ヽ                  痕跡消しなのか貧乏性なのか……弾は抜き取ってある > シャナ
                {/イ}   l≧≦彡'{ 、. 、}
            /三.Yzzア'゙イ }} : : : : :゙/ ̄',ニ彳   でもそれだと、キツツキ辺りの仕業ってのも、
         ,イlh厂'、}'ア_:〉'"‐<=: : :/ : : └`┐
          <ニニニア。_〉ニ=-、、,, : : ヘ : :/: : : :ト,   あり得るんじゃないかしら?
         |ニニl{l. 7 ゙̄―――'゙ 寸h!∨ : : : : /
         l`¨´!V /      / ~''/イ: : ',.: :/    弾が残ってないんじゃ、ただの穴でしょ?
          l.  | { l      ,'   .ハ : : : :∨
         ,l.   | ',       l   小',: : : }           鉄片や火薬そのもの、あるいはにおいが残ってたりとか…… > シャナ
         レ|.   |}><       { 斗' /: : イ
         レ|.   }(   `"''<ニニト/< : : : :/       へぇ……今度から私も気にしてみようかしら。
          ',   />、, ―--'" : ゝ‐' : : :/
          ',   /」: }}〈 : : :ヾ: : : : : : : : :/
            `¨´/: ∥ ', : : : : 斗‐''" : :/
           _/: :∥ jゝ'"´{{\ : : ¨<┐
          } `''-{{      }ィ^" ̄   ',
          〔ニ! lzzァ宀宀zzzzl lニニニニニ〕
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 推定ハーフミュータントの野党の盗伐へやってきた一行は、
| 非ターゲットのミュータントを仕留めた後片付けと、ターゲットの探索を進めていた。
| シャナが木についた小さな穴……弾痕の確認をする一方で、シノンとチンクはクリッカーから
| 放った矢とナイフを回収し、またナイフを荒く突き立てて獣の爪痕に見立てる。
| 隠蔽工作としては優れたものでもないが……これなら時間も装備も最低限で済ませられる。
┗───────────────────────────────────────┛
1357 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/05/19(金) 21:18:15.80 ID:cicy4qZR
・・・あのネズミが出てきたら逃げよう(震え声
1358 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/05/19(金) 21:21:14.61 ID:sZU5xLj7
            -――‐-
                   `ヽ
       /              ヽ.  人             あとはまあ、数を見てると、経験的に形状でもわかる、かな > シャナ
      / ./   ト、. ,イ ハ ト、,」 !  ',   て
     ,'   i l l .l ./ l /≠', l .iハ=-       〈                             ふぅん……銃の種類とかも? > シノン
     |   l. Ⅵ={/=.l/ヽ  ',} __,,,,,,ヾ  l
     |   l  !i:::::::::::::::::::i '"´    |  l        弾種は45口径、サプレッサなし、モデルは……多分、一般流通モデル。
     |   l  l ゝ、_____ノ 、 -‐'''"~ .|  l      血の跡もないし、目標から外したものがそのまま木に命中、ってとこかな? > シャナ
     |   l  l/ 「`丶、__,,.イ   |  l
     |   l  ト、 /       | /  l  んなっ!?
     |   l  i へ._      _|,.'   l                    ……そんなことまでわかるのね、対人戦の本職は > シノン
     |   l  l. |i¨ ̄≧ _ ≦ ̄¨i|   .l
     |   l ., -┴-, {. F=-=」 }, -┴- 、.l  待て待て待て、スカベンジャーがそんなのばっかだと思うなよシノン!?
     | . /.    ヾ .ヽ_/ ./      .\
     /         `1    i       \  私みたいに、四級でも銃の腕がいまいちなやつとかいるんだからな!?
    /         l     l         .\
   辷ー 、__.!i     lノ  ヽl       .i!    \                                     そうなの? > シノン
    {. `ー-.ハ` -.、_.l    .l _ _ ィ≠ニニニ7
    |.    i .i.` ーー┤    .l-ー ーー´./ ',    l  ……というか、そんな弾痕鑑定から状況の推測とか、
   |/ ̄`|  ',.    l    l       .{  |    .|
   |/ ̄`ヽ、.l     .l=〔〇〕=l     .l  .|二 二|  先生含めて他にできる人知らないんだが。
.   /ヽ、\へゝ    .l     .l       l. /,-、 、 、\
.   ヽ/ ̄ /    l       .l      l ヘ/  |,リリリ                                   (……あっ) > シャナ
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| もののついでにと、シノンに弾痕の鑑定について聞かれたから、
| 適当にその方法について返答をしておく。
| 本当なら鑑定用の薬品や器具でも使えば確実なのだが……まあ、ないものは仕方ない。
| あくまで今回は痕跡であると推測さえできればいいのだし、
| そういう風に判断材料になりえる部分について教え、ついでに今回の場合ならどうなのかと、
| 聞かれるままに応えたのだが……少しばかり、話しすぎただろうか。
┗───────────────────────────────────────┛
1359 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/05/19(金) 21:23:00.63 ID:6/a3NNOd
育て親が軍人だからしょうがないねww
1360 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/05/19(金) 21:23:22.15 ID:xeHOwmly
やっちまったな!
1361 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/05/19(金) 21:25:27.24 ID:sZU5xLj7
:::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::\::::\::::\::::::::::\::::::::\
::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::|:::::.:::::::::ヽ:::::ヽ:::::ヽ:::::::::::::\::::::::ヽ
::::'::::::'::::::::::::::::::::::::::::|i::::|::::::::::::∨:::::∨:::∨\:::::::::ヽ、:::::',
/::::/::::::::::/::::::::::::::::::':::::|i:::::::::::::|、:::::::!:::::::}、:::::\::::::::.\::} (……少し、口が滑った)
::::::'::::::::::/:::::::/:::::::/:::::.::::::::::::::::|::ヽ:::!.ヽ./::::、:::::\::::. ヾ
::/:::::::::/::::::::/:::::::/:::::::::|::::::::::::::|:::::マ{/::::|::::::ヽ:::::::ヽ.ム  いや、やる夫さん辺りは弾痕の鑑定、
:':::::::::::|:::::::::':::::::/i|:::::::∧:::::::::::::':::::,イ|:__ヽ}、::::::::.::::::::|:マ}
|i:::::::::!i:::::::,|::::::/ |::::/  ∨:::::/:::/ }/斥ヽァ∨:::::.::::::|::}|  ある程度はできると思うけど。
|:::::::::,!ー /|-/― }/ー '  |:::::'.   ,イr ,ら i} ∧::::|:::::!:/
|:::::::/!::::/ ,.ィテ笊芯ヽ |::/    比刈  ハ|::/:::::|                       そうか? まあ、言われてみれば…… > チンク
|:::::::'::|::/ ,イ/ 忙_-、ら  j/      込ソ ::::::|ハ:::::'
|::::/::::{ハ Y  比し'刈  /           {:::::| ∨   ともあれ、あらかたこの辺りは見て回ったし、
{Ⅵ:::::::::{    込_z斗       、       |::::::.
|::::::::::::::|                     人:::::i      そろそろ移動を再開しようか。
ム::::::::::::::.  u          ,. v   /  :.::::::.
,∧::::::::::::ム                イ___|_::i     二人とも、大丈夫?
i/∧:::::::::::::', ̄ ̄\      //////////|:ヽ
///::.::::::::::::.∨/////| ̄ 7  - '///////////i!::::.\                                 ええ、問題ないわ > シノン
///∧:::::::::::::∨////|   ト、//////////////|:::::::::::.ヽ                                ああ、私もいける > チンク
////∧:::::::::::::∨///|  |: :\/////////// /\::::::::::::.\  じゃ、行こうか。
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| ま、まあ木のような柔らかな素材なら、弾痕のサイズや深度を目測するのは簡単だし、
| そこから口径、弾速……ひいては火器の威力や発射距離などを推測するのは、
| そう難しくない……はずだ(情報部並感)
| 多分、やる夫さんやシン辺りならできる……と、思う(希望的観測)
| …………………………。
| ……取り敢えずこの話題はこの辺りにして、そろそろ探索を再開しようか。
┗───────────────────────────────────────┛


   ▼ 探索判定 1D100+観察眼(15)+聞き耳(15)+潜入/気配察知(15)+探索(9) 目標値:800(残:593)

   ↓1~3 最も高いダイス採用(素振り)

1362 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/05/19(金) 21:26:48.28 ID:xeHOwmly
【1D100:7】
1363 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/05/19(金) 21:27:11.67 ID:1fiyZUBb
【1D100:13】
1364 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/05/19(金) 21:27:27.16 ID:Gi8t6P6Q
【1D100:64
1365 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/05/19(金) 21:33:29.49 ID:sZU5xLj7
  ダイス【64】+特技【74】 = 138  残:455/800

                 ',ヽ<
                 ', \ ` '<             ,イ}
                 ',  \  >⌒''-_.、 _.>'"/ /
                 ',   ,イ.      、 ヽヽ /  /
                 ハ ,イ  / .{  ハ }  ', .イ
                   彡/.イ ,' ∠_{ l /.ノ ハヘ }イ     それじゃ、一回ここは離れて別の場所を探しに行きましょうか。
              イ┐¬i{. ィ==ミ乂イ./,、}ヾ`ヽ
                    }/ {=从 !Vソ /イイ芯 }ハ」::::l     傾向から場所を割り出すっていうなら、広いデータが必要でしょ?
                 ' /ハ≠从.    , ゞ'イ.ノ{:::::::',
               , ィ´⌒)\  -,  フWハ∨⌒>                うん……それに、そろそろけものも集まってきそうだ > シャナ
             ≦イ´ ,.イ ri|、..\_ 。<='   ヽ<:::::V
                 /ィ'',ィ-==、ニニニ巨/ ,イ    ヘ´ ∨  面倒事は御免だものね。
             ' ,ア⌒ヽ.マム: :《 ,イ.イ.、ァ=、___,ヘ  ∨、
                  |′  ./。 ̄ヽヽノ: {{ :}}: : : : {{:.:',   ’ハ                           ああ、それじゃあ案内頼む。
                 /   ,ィムァ―<二ニニミ.ヽ: /≧.ヽ.__}:.}              (今度先生に弾痕の鑑定方法聞いてみようかな) > チンク
              /ニニム./// /  ', ̄ ̄  ∨_{_{ニ!`ゞ==入}
             /   マ// イ   ',     ∨    `¨´
              /   / ヘ.      i      }!
.             ,    /  ヘ ,zzzx.. }     /
            ァ゙   ,.′  .〈ニニニア'ヽヽ    i{
          /   /      ゞイ、ハ:∥/ih、イ>
.         /    イ     ./: : : ))∥::::::::: l|
       ,イ,' /   イ    r‐ '、: : : : :((∥`¨¨¨l|
.      /./ /x .イ   ,ィ /zzz、、  ̄¨''ヽ    {! l|
.    / / /;;::: /  ,イ{'"¨¨'''-==ニニzzzY__.  l|\
7___,ィ / /::::`(  ./ /_      _/〔 `''v'7z/
`''∨ /、,'::::::: ム . / / : : :>=--<:::::::::::::::/ヽ<〉./
  ',/`'人:::::::::::゙/. / : : : : ,ィ"::::::::ヾ::::::::::/:::::ノ〉
    ゝ{._{_{^}/. ∧: ュ/´ ̄ ̄  Y:イ:::::::::ハ
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| どうやら話題逸らし……もとい、探索の再開について、二人からは特に否やはないようである。
| 準備を整えたシノンを先頭に、再び一行は森の中へと足を進める。
| さて、狩りの形跡やトラップの配置は、いったいどうなっていることやら……
┗───────────────────────────────────────┛
1366 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/05/19(金) 21:41:42.39 ID:xeHOwmly
さてさて
1367 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/05/19(金) 21:43:18.39 ID:sZU5xLj7
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

                 く>
        ┌────┐ く>
        └──┬─│
            ┌┘┌┘
            │┌┘
            │└┐
            └─┘
1368 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/05/19(金) 21:43:30.66 ID:sZU5xLj7

                                    /⌒≧=‐- 、 、
                                      \\
                       -:.:.:.¨¨  ̄ ̄:.:.:.``丶       }:.:.ヽ
                        /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.丶 __ノ:.:.ノ           ふむ、この辺りは、特に狩りの形跡はないな…… > チンク
                   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\ ̄
                  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
                     //:.:./:.:.:.:.:/:.:.:/:.:/:.:/:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∧   そうだね……血の跡も、
                /:.:.:/:.:.:.:.:/:.:.:/:.:/// /:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.: ',:.:.:.∧
                /:.:.:.:./:.:.:.:.:/:.:.:/:./ // /:.:.:.:.:.:./:.:.l:.:.:.:.:.:.',:.:.:l∧  死体を埋めたような土の盛り上がりもなし。
                /イ:.:.:.:.:/:.:.:.:./:.: /.:,ィ芋ミx、 //:.:.:.:.:./ トx:.:.:.:.:.:.:l:.:.:| :.
           ///:.:.:.:./:.//:.// 《 {::J:::リヾ /:.:.:.://zz/ |:.:.:.:.:.:.:l:.:.:| |:| 拠点から遠いから狩りに来ないのか、
            // /:.:.:.:./ ':.: /:.:.:. /   V__ン  /:.://}てハ抃:.:.:.:.:./:.:.:.| l/ 
       //  /:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.∧      __彡' / ヒ_ソ ノ》:.:.:.:/:.:.:|:.|   それとも近すぎて狩りに使いづらいのか……
       //    /:.:.:.:./:.:.:/:.:.:.:./、__、        ,  `¨  /:./{:.:.:/:.:|
.     //     /:.:.:.:.-=≦:.:.:.:./:.:.:.込            /):.:.l.:.:∨ ヽ(   判断はまだ難しいけど。
  //   -=≦ ̄:.:.:.:. -=≦:.: |三三三三三|  っ     /:|:.:.:.:{:.:.:.、
.// /:.:.:.:.-=≦ ̄:./:.:.:.:.:.:.:. /ニニニニニニ|、   _,.. イ.:.:|:.:.:人:.:.:.、                               ん、そうだな…… > チンク
   (:.:.:.//:./:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:./ニニニニニニニ|  /ニニニニニ≧く:.:.|\:.\
     ヽ(:.:人(:.:.:.:. /:.:.:.: /ニニニニニニニ=|  トニニニニニ/ニ}:.:.|  ヽ:.:.\     そういう場所があるってことだけ、頭にいれときましょうか > シノン
      /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ニニニニニニニニニ|___ヽニニニ=/ニ/|:.:.|   }:.:.:ヽ\
.   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: /ニニニニニニニニニニ\---∧ニニ/ニ/ .|:.:.|   /:.:.:.:.)\ヽ
  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ニニニニニニニニニニニニ\- ∧ニニニ{ :|:.:.| //):.:.:/  ):.)
...:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. : {ニニニニニニニニニニニニニ/___}ニニ>:} |:.:.|彡' /:.:∧ //
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:乂ニニニニニニ}ニニニニニニ/---∨ニ/=| 乂\__/:.:/ ∨/
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ニニニニニニニノニニニニニ/-----∨∧=| /:.>―<   }:.}
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| で、代わり映えのしない森の中を歩くことしばし……
| 相変わらずの森の中、全く特別な様相を見せない森の中で、
| チンクが何かに気づいたように声を漏らす。曰く、狩りの痕跡がほとんどない、と。
| 拠点から遠くて狩りに来ないのか、近いから隠蔽のために近場に手を出さないのか……
| 現状ではまだ判断はつかないが、ひとまずそのことは覚えておくとしよう。
┗───────────────────────────────────────┛
1369 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/05/19(金) 21:47:52.28 ID:sZU5xLj7
;;ヾゞヾ(((((((しししヾヾヾ;;:ゞゞゞ((((;;|il!|巛;..;;彡ニミミ;|i|彡彡///巛彡彡彡彡;;;:;。;;;;
;: .::;;;ヾヾ(((((((ししし;;ゞゞゞ::...;;;))))ヾill};;;:;:;;;:;,__ _こ|i|ツノッッッノノノ,.ツ少彡彡ツ;;;
;;:: ;::. :;ヾヾしし((((しし;;.;ゞヾ;;ヾ)))))|;l!|_;;。__;;::.;___;;:,;;|i|ン 彡彡彡ノツミツラフフフ;;
;;::;;:: :...:;;;ヾヾヾ(,__))(((,,;;,.彡..;.;; :|i|l| |!il|√ミミミミミミミニ}i};:;.:: :.;ツ フ彡彡彡彡::;:.フ彡
;;.。;..;;;:..,;:.;;ヾヾヾヾ||;、;;|||;。;..;./:;;;;| il|;;}iil|ミミミミミミミヾ;ゝ|i|ゞ;;ゞゞヾヾ彡彡ソ;:゚;.:.彡彡
;;;;;:;;;;;;:;:;:;,,::::;ゞゞゞ ||ゞ;||.|;;..:;:/;:;:;:;|.,il|;;|l!l}三ニニ==ニミミ;|i|彡彡彡彡ノノラノ;;::;。;,:;:;:;.;;;:
;;。..;;;:::;.:. ;;;:.゚ヾヾl;;.;{{;;.;||;|;;;/;:。;゙; |;;ll|;;|lil|ツ;: ::;:;:;::;;;;;;:;ソ|i|ヾヾヾゞゞ刀(((彡///;;:; :;;;
;,;::.::,゚::.,;;,,..;;.;,;ミミ;;.;||; ;||;レ;;;; .:::;:*.|;ilii|:;|iil|,,.;;::.ヾヾヾツ>>;;;}i}ツツヾゞゞ;;ワウワウラリリゥッラリリ
::.:.:,:::|;;::;:.:;;;.,,ミ|;|| ..||;。|!/..;;:;::;|;/:::|i!il!};|!il|彡彡ミミヾ彡彡}li}ヾヾヾミ|!;;リリツくララスリ::::彡
ヾヾ|{彡;:;||;::;;:.v|.!;::|ミ{i{;::;:|::>l/;;;;|.lili!|;|;;i|;レヾヾヾ彡彡彡}ili};;Y;;:.ン||ノノノラワリリ彡;;゚,リリ
;:;ヾ{ |彡;;||;;。;:;;|;|.|;;|;|;;||ヾ;;|ミ|レ'"| il!l|;;|;il|;|彡ミミ;;;゚:;:ヾ|;ゝ}ill|;{''"゙;;: ||彡彡ソリスルン||;;:;
;;。:;| ;}彡;||''゙""|;;|.|;{i{;;}i}  | }|;:;:;}..i!li| |ili|;|;;;゚::.ヾゞゞゞ;Y .|ili|;};.;::.;::;彡Yii|;、;;:.;||ツ:.;;||;;.;
;:;.;;{ ;|ツ ||  .| ゞ;|!|ノノ  | ||;*;:!..iil!|.}i!l}.|   ゞヾヾ;;}  |!ii||   || :|!il|  .||  .||;;,.
;;: ;|'''|"'゙''||"'゙''''}'゙''i| i /"'゙''|"'||"'゙|;;il!l|゙|ili|゙{"'゙''"'゙''"'゙''"ヾ"'|;i∥"'゙''"||"|ilil|"'゙'''}|"'゙'''||"'
  | |     ノ  |ilil!}     ノi  };;lili}.|il!|        } }ili}    ´` {ilil{  ||  ノ!、
          ノill|i!.、     .{;;;!ili{.|ili{          {:il{
                  {;;;llil!l|.|!ii|
                ノ;;!lliiル;| ii|
                    | !l|
                      | iil|
                      { i!l|
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 改めて、今いる森の中を見回してみる。
| 足の踏み場もないというほどではないが、木々があちこちに生い茂り、
| 足元もそれなりに高い草が生えた場所も多数……簡単なけもの道ができている場所もあるが、
| 果たしてそれが獣によるものか、人為的なものかは判断がつかない……
| 中には、土がむき出しの場所もないではない。
┗───────────────────────────────────────┛
1370 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/05/19(金) 21:49:31.41 ID:xeHOwmly
どこにいるかな?
1371 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/05/19(金) 21:53:31.52 ID:Fy9YnX2y
ネズミだと木とかに登ってたりしそうだよね
1372 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/05/19(金) 21:58:17.56 ID:sZU5xLj7
                                      __
                                   _、‐''/ |
                                      /  /
             __          -/⌒ヾ´ ̄``ヽ、/   /  |
           〈 \``~、、     /     `、    \   /     そっちの藪は特に何事もなし……
           `、:  \  ヽ/   /            ヾ - ...._  |
             ∨ / `、 /              i      \-‐一!-  ああ、あの木の間はまずいわね、蔓が張ってある。
           ∨ /  Y     {        ト、      \ ;
                ∨ / ′    ji        | \      ⌒ヽ   罠くさいし、近寄らないほうがよさそう。
              ∨ /      ハ       |   ヽ     |∨
             ∨ ./     ;′ \     |, -―-    ;  !                            わかるのか? > チンク
             //  {    |, -― \    | ,斗=ミ   ハ 乂_
            _ ノ   |  '、  | ,.斗ャ=ミ 、   |/f:nん 》 / i 〈⌒  さっきのシャナの言葉を借りれば、私も数を見てるし、
                   ; \ \.〃f::inん  \  | 乂:ソ j/// ト、|
                   // ̄_`ヽ:\乂:::ツ     \|  ,,,, /ハ/  |     狩りで自分が使うこともあるからね。
              // _/_  ̄Y  \ ,,,,    ヽ   //ハニコ
              /´ , -‐  ̄Y个⌒           ,.:′ }ニ彳    特に獣の気配もないし、このまま慎重に足を進めましょ。
               ト、  r‐=-〉ト、> _   , - .イ ハ|  〈人〉
                |ニ _    f_/ニ| \|\ iー- ‐'" |/_   |  |                さっき言ってた蔓、見に行くのは? > シャナ
                 |ニニ= _/ |  |     r==r‐f ̄ニハ, _ |  }__,..._
              ,\ニニj! {  :、     |ニニ└‐='"´ / |  j: :\\ー 、  ああ、罠なら罠って
               jニニ=;  从 `、 _、‐''゛: : : :/ \: : : :.八 j : : : \ ‐- 冫-
              /ニ==/   r乂 .| ‐-. ._ : : 〈   / : : /: : Ⅴ: : : : : :| |`: - /| はっきりわかったほうがいいんだったわね……
                乂ニニ/ ,: '´//: :Ⅴ: __: : :` : : \./ : : ´: : : : \\_:_//: : : : : :
              /ニニ=./ j 〈〈: /    ヽ-===== - ....__: /, - \ /: : : : : : :} いいわよ、ついてきて。
           ∧ニニ/ |  ヽ|      /三三三三三三∥   \ |: : : : : : : :}
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 木々の間には枝が通い、時に蔓が垂れ、また地上には藪もある。
| うっとうしいくらい緑が栄え渡っているが、一方で今のところ、この辺りに獣の気配はない。
| 探索をするのなら、腰を据えてやっていけそうだ。
| 罠にだけは警戒をして、むしろそれを調べ上げてやるつもりで、やっていこうか。
┗───────────────────────────────────────┛


   ▼ 罠探知判定 1D100+観察眼(15)+潜入/気配察知(15)+探索(9)+トラップ(18)+感知(18) 目標値:80

   ↓1~3 一行のトラップ探知について自由記述
   ↓3    ダイス採用

1373 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/05/19(金) 22:00:45.15 ID:xeHOwmly
シノンの前に出ず 慎重に【1D100:80】
1374 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/05/19(金) 22:02:50.27 ID:KtRrY6HJ
枝を踏んで物音を立てないよう注意
【1D100:47】
1375 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/05/19(金) 22:04:47.02 ID:Sm9SKrWv
【1D100:44
シノンは獣狩りの罠ならわかるだろうが対人のそれは経験が浅いので
獣狩りの罠を囮にした対人トラップがないかを警戒する。
1377 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/05/19(金) 22:08:23.71 ID:sZU5xLj7
ふむん、直前にけもの道とかわざとらしく文中に出してみたが……特にその辺に言及はなしか。

そんで技能75に出目44と……ふむ。第一段階の80はともかく、第二、第三段階はどうかな?
ともあれ了解。では少々お待ちをー
1378 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/05/19(金) 22:12:46.25 ID:Fy9YnX2y
獣の気配がないのにけもの道ができてるってことか?
1379 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/05/19(金) 22:15:54.89 ID:sZU5xLj7
もっと単純に、「草の深い場所がある。そういう目に見えにくい位置にワイヤーなどがないか~」
みたいな感じに、具体的指定で安価点稼ぎがなかったなーと。

獣の気配がないのはたまたまですん。
まあ内容によって、ピンポイントに言及さ
れたらクリティカルでその罠確定発見とかあったのですが
1380 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/05/19(金) 22:19:54.36 ID:sZU5xLj7
 ダイス【44】+安価【5】+特技【85】 > 80/110 第二段階突破!

         /::::::::::::::::'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\::::::::::::ヽ::::::::::: \
      /:::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::∨ ̄ __,.ヽ\
        '/}_:::::::::/::::::::::::::::::: |::::::::::::::::|:::::::::::::::∨ ̄__|..:::ヽ::::::::ヽ:::.
      {  ,_ ̄/ ̄  _:::::::|::::::::::::::::|__ ̄_},.ィ::: |:::::::::',:::::::,::::.                      で、どうかしらシャナ? > シノン
       |:::::::::::::'::::/:::::::::/  ̄| ̄_ ̄|_l:::::::::: |::|!:::::|:::::::::::|}:::::::|,:::}
       |::::::::::::|::/!:::::::: |::::::/}:::::::/;:::: |:::::i::::::::::::}::|!:::::}ヽ:::::::|!:::::::|マ:|  蔦を鉈なんかできると、袋が降ってくるようになってる。
       |::::::::::::i/::|::::::::::|:::://:::ト、/:::/|:::/::::::::::/イ}:::/_ マ:::::i:|::::::; リ
       |::::::i::::::::: |::::::::::Ⅳ/:::/ }:\_,}/ |:::::::/ }/ィチヽ〉|:::/::|::::/    トラップだ。
       }::::::|:::::,.ィ|::::::::: |/ィチ笊ミ、 /  ;::::/ ´ヒ刈  /:イ::/}:/
      ,::::::::|:::::{ (,!::::::::::圦 比J刈    /::/   込'   ':::::/ /                                  ……袋? > チンク
     /::::::::|:::::乂|:::::::::::|  込)_ソ   / '         }::/|
     ,:::::::::: | ::::::: |:::::::::::|              、      八::!        うん、中に石を詰めた、ね。
    /:::::::::: |::::::::: { :::::::::|\              イヽ:::|
    , :::::::::::: |:::::::_八::::::: | } >       ´   イ::::::|//∧                         おふ、ブラックジャック…… > チンク
   ,::::::::::::イ´ ̄///}::::::{ |    `    _...イ: .:|:::::::|////:.
.  {:::::::::::{////////|::::::|: \        /   j: : |:::::::| ////!       あとは……ん。
   |::::::::://///////|::::::{\: :\     _,..ィ/: : :|::::::リ'////;
   |:::::://////////|::::::|//\: :.\イ  ̄ ∨: : : :!::::/{/////
   |::::::{//////////!:::::|////ヽ: : \   }: : : : :|::/ !///{
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| さて、とりあえずはシノン先導の下、足元などには自分でも気を配りながら、
| 問題の木へ向かってみる。
| ……材料にしているのは天然ものの蔦。けれどよくよく端まで視線を伸ばしてみれば、
| 断面はナイフのような鋭利な刃物で切られたようであるし、
| また先端には石の詰まったビニール袋……やはりトラップに相違ないだろう。
| 邪魔だからと刃物で蔦を払えば、頭上に鈍器が降ってくる、というわけだ。
┗───────────────────────────────────────┛
1381 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/05/19(金) 22:34:44.80 ID:sZU5xLj7
              ∧
          /.}∧
          ,' }::::∨
         ,'  } _ -==‐-
         ,'、丶`: : : : : : : : : ≧s。                                    シノン、ストップ! > シャナ
      __ ノ: :/: /: : : : ⌒: : : __  -=ニァ
      ⌒ア/: /Y: : : : : {: : : :\、丶`     '   ……オーケー。
      _7(: : :/ハ:..|: : : .:ノ{: : : : : :ヽ   /
       |: : : '\{: |: :./⌒V/: |: :|{ ∨/      トラバサミね……
       |: : :.} rk、 : / ___V: ノ: :|{: :Y.i|
       |\人.vシ)/  斗k、 Y: : ノ{: :.}.j{       対獣用の足元系はないと思わせておいて、
       人: :八  ,   vシア/ 人:ノ从
      ⌒ア \ 、 _  u ∠ イ: : : ヽ        頭上に注意が向いたところを、足元に第二の罠……
     〈: / ∨ 个:. -=≦⌒Y: : :人-\  /     /^Y
     ノ(    人_ノ-〈 〉-_-_{⌒Y-_-_-_-∨ /     //  |  それもわかりにくい、踏み荒らされた草地に。
     `     }≧s。 ___ 人:.:ノ`、-_-_-_∨   //  . |
         _人     ⌒\(-_ `、-_-_-  / .//  | |  性格悪いわ、このトラップの配置者。
       rく^ノ `、       ≧≦\-_-_ V .//    |
       `^⌒´  \   {     ィ(/  丶-⌒V//     | |                    野盗なんてやってるんだ、
           r‐‐}⌒≧=‐=≦-_」    v-_..//s。 __......|               善人な性格じゃないのは確かだ > シャナ
         __《⌒ノ`ー──彡V八     \//-_-_-_ァ.^|
        /⌒-∨〈\ j{     V-_ヽ-=≦// \_ノ } |  それは確かに。
          ′-_-》⌒=‐≧s。  _.V/〉-_..//-_`、\\ノ_{
       {-_-//i:i:i:i:i:i:i:i:⌒ー──=彡-..//-_-_∧i:i:∨___  二人とも、いったん下がるわよ。
       { /人i:i:i:i:i:i:i:\i:i:i:i:i:i:i:i:i:、-_-//-_-_-_∧/ハ≧=‐ァ
       {( ´ ⌒\i:i/ ⌒V__彡-.//-_-_-_- rミ、、》    ここまでに歩いてきた場所を踏んで戻って。
     rくノ  、__  イ {:::{ ∧____ //-_-_-_-〈\ \{
     人〈 /⌒    {:人 /∧ニニ=.// \-_/ 〉 ≧s \
     ノi:ノ       乂⌒ヽ∧  .// {  / ィ(-_-_-_⌒
      〈i:〈         ⌒ア.∧ // { /丶` -_-_-_-_.{
     ∨〉              // /_´   \-_-_-八
                    /〈/  `Y     `、-/
                    )/ ⌒ヽ  .V     )/
                       ∧  }ヽ
 rvvvvvvvv、_rvvvvvvvv、        .∧ ノi:i{
.∧∧∧ .V/V/V/V/V/VV/V/V/V/V/V/V/V/V/V/V/ V/V/V/V/V/VV/V/V/V/V/V/V/V/V/V/V/
|___
.| || || || || || ||||  || || || || || || || || || || || || |  || || || || || ||||  || || || || || || || || || || || || |
       
.'' ::, ̄: .:': .'': .'' ''  ̄': .:': .'': .'' ::': ̄ .:': .'': .'' '' ::': .:': .'': .:': .'': .'' '' ::': .:': .'': . .:': .'': .:': .'': .'' '' ::': .:': .'':
                         `´
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| さて、ほかにトラップはないものかと辺りを歩いて回ろうとしたシノンへ、
| ふと、足元のそれに気づいたシャナが声をかける。
| 過不足なくぴたりと静止したシノンが、己の足元へ視線を向ければ、そこにあったのは
| 鋭い歯をのぞかせるトラバサミ……ご丁寧に、光の反射防止に表面へインクをまぶしてある。
| 目の前の蔦を払うことなく、くぐるように歩き出せばもれなく足元のこいつの餌食、というわけか。
| 額に流れる汗をぬぐいながら、小さくシノンがターゲットに毒づく。
┗───────────────────────────────────────┛
1382 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/05/19(金) 22:43:57.90 ID:sZU5xLj7
              ´ ̄ ̄ ̄`ヽ―‐-
          ´              \
        /                       ‘,
    /               \      ‘,
  ./                    \        シノンじゃないが、これは確かに性格悪い……
  /                \   ‘,     i
 ′  ./           \    !     |     |  ほかのトラップは、特に見つからなかったんだよな?
. {    | ! .j | ハ  ヽ  \ .|   |    |     |
 ',   |」 ,イ  ! | ',   ト.   | |   !    |     |                            特別、目立つようなものは > シャナ
  |  .|tf≧ミ|| ∧ |_ヽ__ト、ハ_」_   .|     |!
  |  从|≧v.i`!/  Ⅵ ̄丁¨| ト、T`    ト、    八                              捜索範囲じゃないわね > シノン
  |    Ⅶ三≧x   r===ミx |ヽ   | ハ     \
  |     `i<三リ     ゞ之ンゝ|    .! リ      \  油断させてあのトラバサミで、なのか、
  |     i!    i'     `¨¨¨´ i!     L∧           \
  |    圦               |    |   マ7ュ       \ それとも単に私たちが見つけれらていないのか……
  |    | |ゝ    ャ― 、     ,|    |  .////\         ヽ
  |    | |!  /`     ’  イ !     |  ///////,\                          正直、どっちもあり得るわ > シノン
  |    | |! .//////,`¨´/ト, !::|    | .//////////∧
  |    | |! {/∨/////,{/ハ  i!     |////////////∧     ……本当に、性格が悪い。
  |    | |! ト、∧/////ム'∧  |     i!///////////_∧
  |    | |! ∨,'ーV´ ̄  ∨ハ_」    .リ\///////////∧  |
  |    | |! ∧//,ハ    \/」   ./  \//////////,'〉 .i!
  |    | |! \///,!         |  /   .////////////  }!
  |    | |!   Ⅵ,圦        j  /   〃,///////////   ハ
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 一度距離を取ってから、トラバサミわきの木の枝を一本折り、
| さも自然に落ちてきましたよという風を装って、トラバサミへ枝を投げつけ、罠を作動させる。
| 特に警報などと連動している様子はなく、それを眺めながら、ふうとため息をチンクが吐いた。
| スカベンジャーとして、危険から逃げも隠れもする彼女だが、特に罠を使うというわけではない。
| このトラップ攻勢には、やや参っているようだ。
┗───────────────────────────────────────┛
1383 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/05/19(金) 22:50:08.51 ID:xeHOwmly
いやらしい
1384 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/05/19(金) 22:50:49.39 ID:sZU5xLj7
   /://: : : : : : : : :、: : : : ;.: : : : :.,: : : : : : : : : :\: : : : :':,
.  /:// : , : ,: ,: ; : ,ハ : : : {: : :,: : :{ : : : : : : : : : : : ':,: : : : }
  ∨,' : /.:./:/: {: :{  }: : : :|: : {: : : ', : : : : : : : : : : : :} : : : |
.   {: ::{: /:::{: ;ハ.:.} .{: : : :|\:\: : \: : : :、 : : : : :|: : : |  まあ、その性格の悪さも、大事なデータだ。
.   |: ::|.:{::::::V__}/\ \: :|: :,'\:\: : ',: : : | : : : : : | : : :|
.   |: ::}.:|::::::::【 ̄`ト、ヽ }: }V, '"\}\}ヽ: :} : : : : : | : : :|  それが手に入っただけ、良しとしよう。
.   |: /り:::::::::| 抓ノ|  |;ノ  ,. イ¨゚゚翔ミッ∨\ : : : | : : :|
.   {/  |: : : :|. 弋,リ        f爪;ノ:| / } : : \: :} : : :|                          シャナは前向きだな > チンク
        |: : : :|         弋__夕   ,': : : : : Ⅵ : : : |
        |: : : :|     {              ,': : : : ::::::::| : : :|  仕事の達成に忠実なだけだよ。
    -‐…|: : : :|\                /: : : : ::::::::::| : : :|
.   \::::::|: : : :|::::::\ ' -   ___/_,,,,...  -‐ァ : : |                           それじゃ、そのお仕事に戻りましょうか > シノン
      \|: : : :|::::::::::::\   |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ : : : |
        |: : : :|::::::::::::::::::`¨¨「 |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::;:':::|: : : :|  うん、了解
        |: : :り、::::::::::::::::::::::::|T!:::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::'; : : :|
        {: : :}:::::\::::::::::::::/;';':::::::::::::::::::::::::::::::;:::::-―-、 : |  (罠の数が思ったよりも少なかった……)
      ',: :,'::::::/ ̄::::;:'|:::;'/:_:_:_:_:_:_:_;;::::::'"::::::::::::::::::::::ヽ|  (臆病者なら、この辺りに罠を敷いてねぐらにしてるかとも思ったけど)
        ∨::::::{::::::::::::/:::!:;':{:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}|  (……やっぱりまだ、データ不足か)
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| まあなんにせよ、今回も特別進展はなかったが、かといって損害や、騒動もなく済んだ。
| であれば少しずつデータは集まっているし……あまり悲観的にはならず、
| 粛々と、仕事をこなすことにしよう。
| この広い森について、まだ見ていない場所はたくさんあるのだ。
┗───────────────────────────────────────┛


   ▼ 【対人トラップ】をクリア。   探索率:+15 残り【440/800】
                            被発見率:0+【1D20:6-10(最大100)


1385 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/05/19(金) 22:51:49.03 ID:sZU5xLj7
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


   ▼ 本日ここまで

1386 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/05/19(金) 22:53:01.06 ID:6/a3NNOd

こっちは全然見つかってないとw
1387 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/05/19(金) 22:53:01.79 ID:xeHOwmly
おつ
1388 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/05/19(金) 22:53:36.41 ID:Y9CWBSYq
おつ

順調だな
1389 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/05/19(金) 22:55:37.90 ID:Fy9YnX2y

順調だけど、どっかで休憩入れないと何かあったとき失敗しそうだな
1390 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/05/19(金) 22:55:58.86 ID:sZU5xLj7
                  , 、_  -ヘー―,イ´. ヾ 、
.              /   ,>匕ィ、_ `フ    ヽ ヽ
.             /  >'ー'´__二ニフ ',.   ヽ \
         /ァ=ァ'    _  -ーヲ  iト,  '., ヽ ` ,
.          ,イ/  i′   , -ー  ̄ ´ i、 i! i! '.,.  ', ',  ',       はい、というわけで……すいません、いつもより短いですが
       ,イ! l!ニ i! _, イ i i! !、   |マ | |. '.,  i! i  i
     ,イ三i| l!ニ i!;';';  | ||斗ヤ| ∨ ´「 マ¬ー-ト i i!  i!          本日のスカベンジャーはここまでです。
   ,イ三三ヲ! i!ニi!;';';  i个!i ! ', i! V  i メ/|マ  i!', i! i!  i!,
.,イ三三ヲ'´. ! l!ニi!;';';   i !| !| ',.|  ∨ | ,!∧! マ | ', |. |.  i',        すまない、スレ主集中がすっかり切れてしまった……ぐぬぬ。
ニ三ヲ'´    | l!二i!;';'  i!. i!| ` ヽ!   V.!==ェュマ ! i! ! i ', ',ヽ
ヲ'´    ,'  i l!二i!;';.  i、|,ィ=≡ゞ  ヽ!       /. | |  | ヽ , ヽ     さて、探索は折り返し地点間近、このペースなら、あと2~3回くらいやね。
     ,'   i l!二i!;.   i!ヘ|              //! |  i! ヽ\`\
     ,'    i!. l!二i! ,イ!\'、  _,.-‐   ̄ ̄i /'  ,'i! i!. | !  、\',  \  さてさて、この先の探索はどうなることか……
    ,'     マ i!. 爪,ノi| ト、ヽ V   ´  - ′  / !| i!  ! iト、 \l\   `ー
             ゝ.ヾ二,ハ  ',、  `          <ト,i|.i,'  |',i=ミヽ  ヽ、`ヽ  あ、被発見率は現在値より下がることはないですよー。
.            ,ィ <ミミミト,. ∨>-   _ , <ミミゞュ !  l i!  ! ヽ、  `ー=、
_  ー   =./     ヾミミi!ヘ ∨ill  ℡ミゝ_ィニ彡 「il彡  i!',}  | i  !ヽ、   li 今回のこれなら現在値0です。完全ステルス……いけるか?(なお完全運任せの模様)
                   ヾ! !ミゝill. |!   |    i| ill |,ィ―'――i ,'  /i  /
                  /j | i! ill         illl i'  ゝ、_  ∨、 / !/  ,ィ まあ被発見率は100にさえならなきゃいいので、
.              /   ,' / ,ィij           ,illl、>'´ ̄´    l!ニト\/ ,イ/
                 ノイヲ',==ュ、. i|i  ,ィ==ュ</|イ ̄ ̄ ̄  l!三i|ミ!ヽノ  この分なら依頼達成は余裕だな!(慢心)
  ゛'' ‐-  ,,_.      、  ヽ )>/ゝ¬ミヽ!|i,ィヲ'¬ヾi/li| ゝ――  i マニ!ミ!. ト、
- .....,,,,__         \  ) >ニ>   `.|ll|゙´  ,ィ//メ、 ゝ- て´  マiミ! | \
1391 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/05/19(金) 23:00:03.14 ID:sZU5xLj7
                ___
            〃`<    __ `
          _/ __        __  ヽ  \
.           // /:           ,  ′  ヽ
         // /    .!        ′  ,      ともあれ皆さん、お疲れさまでしたー。
           ′′ i__/| ! ト   ',  ,   ′
        i | i ´| l.¨! :| :| ¨',‐-.| i   |   i  さて、次回の投下予定についてですが……取り敢えず、明日はなしな!
        | l | 小.! Vヽ i  ', ト .|   |    |
          И i .i ==   ` __.V .リ:   |    !  明日はスレ主、ちょいとのんびりしますん……
         | V        ̄` /    |    ト.
         | 人          7   |     〉 多分次回の投下は日曜の夜になるかと!
            ,|   > _ ー '  ィ'|         、/
        /:i/\  |  :i≧r  //  / /      \ に、日曜こそは20:00までに正式アナウンスするぞぉ……!
             ヽ | /├|==/ / / |/    ヽ   ヽ
        \  /.` / :├|*/{ 'イ: : : : ヽ   i }     さて、現在時刻は……23時前?
.            ヽ { i l : :├|/yヽ  ヽ/: : i  /  /
            } V、 | i: :.|。!/: : }  }: : : : | /        ……スレ主集中切れるのはやすぎぃ!!
         /   ゝ: !: :|。!: : /イノl: : : : :i     {
        /     !: :|: :|。!: : : : : : i ノ: : :!    、      さーて、この後はどうしようか……ちょっと投下やれる集中力はないんだが……
           イ  |: : l :|。|: : : : : <.: : : : :i      \
       i / !  ′ :V.-! : : /: : : : : :人  i    ヽ 明後日の準備をやるか、寝るか、だらけるか……悩ましい。
.        V    /: : : : V、>/: : : : : :/ 〉  :l   l
関連記事
スポンサーサイト




コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://yarucha.blog.fc2.com/tb.php/3306-2a123dfb