情報部シャナのスカベンジ日誌 6th Turn 「ハーフミュータント」その6

1573 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/05/26(金) 21:04:35.58 ID:9hlI6VFK
         /^l
,-‐-y'"゙"''゙゙"´  |
ヽ、,;'   ・ ω ・ ミ      ふむり、そろそろ時間か。そいじゃあちまちまとやって……いけるのだろうか。
 ミ=====[==]l-―- 、
 ミ   ヽ)  i ノリノ)))    ちょっとボス戦突入するのか微妙なところだが、
 ';,      i l i ゚ -゚ノi
  ;;,,    ゙  !っl霞iっ     むしろこのボス戦がサーチ&デストロイな、先に見付けたら勝ちっぽいところあるし……
   ∪"゙'''"゙ノ//θθヽ
                  まあともあれボス戦だ、てんこー!
1574 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/05/26(金) 21:04:46.25 ID:yVTsLVJQ
1575 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/05/26(金) 21:05:57.05 ID:+3tDq75z
1576 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/05/26(金) 21:06:01.11 ID:yBwQiRHy
1577 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/05/26(金) 21:06:47.32 ID:4uDu6GK3
のー
1578 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/05/26(金) 21:08:06.80 ID:9hlI6VFK
          /^、 /\
   ,--y'"'~"゙´ヽ\  \
   ヽ    ・ ω・/\/)          うい、そんじゃあやっていこうか。
    ミ====[/)//)ミ ( (
    ゙.,      ´''ミ  ))   ,,ハ,ハ      今回のボス戦、終わるときは4thの扇みたいにあっさり終わるかも……
    ミ        ;:' ( ⌒ヽ q;ω・ ';,
    ';       ,彡 ) ̄ ̄ ̄(;: c .ミ     この辺は、脆弱な対人標的の悩みどころやね。ともあれちみちみ行くぞー。
    (/'"゙''"゙''u~"  (;;;;;;;;;;;;;;;;;;;)u''゙J
                           書き溜めさん? きっとどっかで触手責めにされてるよ。
1579 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/05/26(金) 21:08:25.90 ID:9hlI6VFK
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
 やる夫はスカヴェンジャーのようです二次創作

              情報部シャナのスカベンジ日誌
               6th Turn 《ハーフミュータント》


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
1580 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/05/26(金) 21:09:02.29 ID:9hlI6VFK
     /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
    ,'::::::::::::}::::::::::::::::::::,:::://::::::::::::::::,:::::::::::::::i::::',::::ヽ
    }::::::::::/:::::::::::::::::::/::/:::/::::::::::::::::/::::,:::::/:::|::::::',:::::::,::::..
    /::::::::/:::::::::::::::::::/::/:::/::::::::::::::::/::::/:::/!::::}::::::::|::::::::.Ⅵ:.                   空を飛べるやつは強い。
.   ′:::/:::::::::::::::::::/::/:::イ::::::::::::::::/::::/__/_}_/:::::::: |::|::::::. マ}                    そう思っていた時期が私にもありました…… > コウモリ
   '::::::/:::::::::::::::::::::|:/:´ _|:::::::::::::,ィ::::/!::/ /イ ト、 :: |::|:::: | }|
  ,:::::::/:::::::::::}:::::::::::l::::::::{ |::::::::::/::{::/ |/圷斥/:::::::/:::|::::リ  | 単純な実力不足だ。
. /:::::/:::::::::::/:::::::::::j!:::::: 乂:::::::/::::|/|   メソ {:::/:/{::/!::/
../:::::/:::::::::::/:::::::::::::|::::::__|:/|/::::: ::::|   ヾ /イ:/ / j/    あと、枝木に止まってるとこを落とされれば世話もない。
,':::::/:::::::::::/:::::::::::::: |//////≧ー――-ァ    ヽ /
::::/:::::::::::/::::::::::::::::: |////////////////    r '                                  はい、おっしゃる通りで…… > コウモリ
:/:::::::::::/:::::::::::::::::::: |///////////////   ´´ノ
':::::::::::/:::::::::::::::::::::://≧ 、//////////、._//>、    実際問題、三次元機動が取れれば、
:::::::::/:::::::::::::::::::::://>―‐> 、/////|::::|////////\
::::::/::::::::::::::::::::::/イ//////////\/{::::,:::{/////////   それだけでも戦術の幅は段違いだし……
:::/::::::::::::::::::::::::{/////////\///\:::Ⅵ_///, ´
/:::::::::::::::::::::::::::|//////////∧////〉::|====!/_      近接型相手なら封殺だって余裕だ。
:::::::::::::::::::::::::::: |///////////∧///{!::|ヽ: : :|、/ム
:::::::::::::::::::::::::::/|//////////// }///|:::|\:Ⅵ/\|                        この人生身の人間なのに何言ってんの!? > コウモリ
::::::::::::::::::::::::/:::|/////////////!// |:/イ⌒ヽ、/_|\_
:::::::::::::::::::::/::::::|////////////////{' {` ー '介 、 \〉
::::::::::::::::::/:: //|/////////// {////|: |   イVヽ \ }
:::::::::::::::/::::///|///////////Y////|: ∨   ∧    ヽr、
::::::::::::/::::////j/////////// !////j!: : \/ | }\___/ {Ⅵ〉
:::::::::/://///|/////////// |////|: : /   /: |   ヽ ゞ'
┏────────────┓
│ 前回のあらすじ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| ぼっちのコウモリ、一撃で葬られる。ここはぼっちには厳しい世界なのだ……
| ……そして相変わらずの「キョウトで親父に」な技能&知識で、
| ざっくりターゲットの位置の推測に成功し、一行は目的意識をもって、森を進むのだった。
| おかしい、本当はもっと対群れ戦闘とかいくつかある予定だったのに……
| 【探索率】   800/800 (クリア)
| 【被発見率】 0       (完全ステルス達成)
┗───────────────────────────────────────┛


   ▼ 現在のステータス   >>1085

      同行者:チンク      >>639   シノン >>1175

      好感度一覧        >>640

      このターンの依頼   >>612 【森に巣食うネズミの討伐】

1085 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/05/08(月) 00:12:38.16 ID:1QI13T1p
                   《ステータス》

                                    /⌒≧=‐- 、 、
                                      \\
                       -:.:.:.¨¨  ̄ ̄:.:.:.``丶       }:.:.ヽ
                        /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.丶 __ノ:.:.ノ
                   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\ ̄
                  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
                     //:.:./:.:.:.:.:/:.:.:/:.:/:.:/:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∧
                /:.:.:/:.:.:.:.:/:.:.:/:.:/// /:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.: ',:.:.:.∧
                /:.:.:.:./:.:.:.:.:/:.:.:/:./ // /:.:.:.:.:.:./:.:.l:.:.:.:.:.:.',:.:.:l∧
                /イ:.:.:.:.:/:.:.:.:./:.: /.:,ィ芋ミx、 //:.:.:.:.:./ トx:.:.:.:.:.:.:l:.:.:| :.
           ///:.:.:.:./:.//:.// 《 {::J:::リヾ /:.:.:.://zz/ |:.:.:.:.:.:.:l:.:.:| |:|
            // /:.:.:.:./ ':.: /:.:.:. /   V__ン  /:.://}てハ抃:.:.:.:.:./:.:.:.| l/
       //  /:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.∧  .:::::::::: __彡' / ヒ_ソ ノ》:.:.:.:/:.:.:|:.|
       //    /:.:.:.:./:.:.:/:.:.:.:./、__、        ,  `¨  /:./{:.:.:/:.:|
.     //     /:.:.:.:.-=≦:.:.:.:./:.:.:.込           ..:::::: /):.:.l.:.:∨ ヽ(
  //   -=≦ ̄:.:.:.:. -=≦:.: |三三三三三|  っ     /:|:.:.:.:{:.:.:.、
.// /:.:.:.:.-=≦ ̄:./:.:.:.:.:.:.:. /ニニニニニニ|、   _,.. イ.:.:|:.:.:人:.:.:.、
   (:.:.:.//:./:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:./ニニニニニニニ|  /ニニニニニ≧く:.:.|\:.\
     ヽ(:.:人(:.:.:.:. /:.:.:.: /ニニニニニニニ=|  トニニニニニ/ニ}:.:.|  ヽ:.:.\
      /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ニニニニニニニニニ|___ヽニニニ=/ニ/|:.:.|   }:.:.:ヽ\
.   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: /ニニニニニニニニニニ\---∧ニニ/ニ/ .|:.:.|   /:.:.:.:.)\ヽ
  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ニニニニニニニニニニニニ\- ∧ニニニ{ :|:.:.| //):.:.:/  ):.)
...:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. : {ニニニニニニニニニニニニニ/___}ニニ>:} |:.:.|彡' /:.:∧ //
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:乂ニニニニニニ}ニニニニニニ/---∨ニ/=| 乂\__/:.:/ ∨/
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ニニニニニニニノニニニニニ/-----∨∧=| /:.>―<   }:.}

――――――――――――――――――――――――――――――

 【名前】 衛宮シャナ 【年齢】 15 【出身】 キョウト

 【身分】 4級スカベンジャー

 【能力】(人間準拠)
  筋力:C+  体力:B-  俊敏:B+  知能:B+  運勢:B

  注目度:D 小さい割には腕のいいスカベがいるらしい

 A以上=一流 B=人並み以上 C=人並み D=苦手 E=諦めたら? F=子供並み

 所持金: 686 円 0 銭

 【所持品】
 ・武器
  零式軍刀 ……養父から譲り受けた将官用の高級軍刀。
             銘有りの真打や単分子刀にこそ劣るが、切れ味と頑強性を高いレベルで両立している。
             耐酸、耐熱、対単分子、耐ビームコーティングが施されている。
  7.62mm.選抜小銃 ……【サイズ:L】 大威力の7.62mm.ライフル弾を使用するマークスマンライフル。モデルG3 SG/1
                   フルオート射撃による牽制・弾幕と、セミオート射撃による精密狙撃の両方に対応可能。
                   簡単に言うと、一丁で突撃銃と狙撃銃の両方として使えるということである。
                   アクセサリに高性能光学スコープ、サプレッサ、ロングマガジン、バイポット、フラッシュライトを装備。
  45口径拳銃       ……【サイズ:S】 威力の高い45口径拳銃弾を使用する拳銃。
                   アクセサリにサプレッサ、ロングマガジン、フラッシュライトを装備。
  テーザーガン      ……【サイズ:S】 ワイヤーを使用する射撃可能なスタンガン。一度の充電で5回使用可能
                   生身の人間や生物を、無傷で捕縛することができる。警備ロボットには無力。
  コンバットナイフ    ……【サイズ:S】 頑丈さが売りの軍用ナイフ。戦闘・工作に使用できるが、単分子カッターではない。
  軍用マグライト     ……【サイズ:S】 本来は暗所を照らすための携行ライトだが、非常に頑丈で警棒代わりにもなる。
  ハンドグレネード(破片、EMP、煙幕、閃光 各一個 チャフ 二個) 【爆発物】

 ・防具
  特種防護コート   ……防弾、防刃、耐衝撃と、物理攻撃に対し高い防御性能を誇る。また、若干のステルス性能を持つ。
                 銃弾は7.62mm.ライフル弾まで防御し、単分子カッターを含む刃物や破片を防ぐ。
                 対単分子コーティング、耐酸コーティング済み。熱単分子刀、熱振動徹甲刀などは防御不可。
  サイレントブーツ ……底面が厚く補強され、更に足音がしにくいように加工がされている。
  マガジンポーチ   ……ライフルなどの予備マガジンを収めておける、ポケットなどが付いたポーチ。
                 遺跡に持ち込む予備マガジンが各3個から5個に増える。

 ・電子系装備
  高性能PDA ……高い基本性能のPDA。メール以外にもハッキングや情報閲覧、カメラ機能が備わっている。防水、耐衝撃。対EMPコート済み。
  標準ハッキングソフト……PDAの初期ハッキングソフトより優秀。ただし遺跡探索用で、現代のプロテクトに対しては無力。
  標準解読ソフト ……断片化したデータを復元する事の出来るソフト。簡易版より精度は上だが、使用には【電子技術】技能必須。
               断片化したクズデータなどを正常な状態に戻し、閲覧することができる。暗号解読とかはできない。

 ・その他
  携行用ガンケース ……【サイズ:L】以下の銃器を一丁しまっておける、緩衝材入りの軽量なハードケース。
                  肩掛け紐と鍵付きで、街中の携帯に便利。
  警邏隊推薦状    ……組合から発行される推薦状。実力ではなく人柄を保証するもの。
                  警邏隊主導の依頼を受ける際に必要。
  救急キット ……包帯やばんそうこう、消毒用アルコール、それに痛み止めやナノマシン製傷薬などが入った救急キット。
.             医療系の技能がなくとも使用可能。傷薬・痛み止めを使用した場合、補充には10円必要。
  ペンライト   ……小型の懐中電灯。太陽電池採用。
  ロープ10m……物を縛ったり移動に利用したりなど、多彩な用途のロープ。
  短距離用無線機 ……いわゆるトランシーバー。ある程度の距離なら離れた位置の人間とリアルタイムに会話できる。
               二つ所持しており、同行者に一方を貸し与えることが可能。
  軍用双眼鏡 ……測量機能と簡易な風向の観測機能が付いた丈夫な望遠双眼鏡。防水、耐衝撃。
  軽量工具セット ……使いやすい工具の揃った工具セット。小型工具セットより高性能で、携行性も悪くない。
  工具用単分子ナイフ ……工具用として実用的な強度を持つ単分子ナイフ。戦闘での使用は想定していない。
  傷付いた獅子章……多大な功績を残して殉死した皇国軍人に贈られる勲章。
                シャナにとって、紛うことなき父の形見。

 ・拠点
  住宅:中層区にあるガレージ・庭付き一戸建て。
        付近の治安はよく、鍵類のセキュリティも十分。場合により、自動人形の電が警備をやっていることも……
        一人で住むには広すぎるくらいで、それなりの人数を迎え入れられるだろう。
  ガレージ:中層区の自宅に付随する車両用ガレージ。
        特別な設備はないが、中型車1台+大型車1台分の駐車スペースを持つ。
        現在、輸送トラック(大型車)1台を収容。

 【技能】
  格闘術   Lv:5 ……素手や小さな武器を使った接近戦能力。
  刀剣     Lv:10……常識的なサイズの刀や剣を扱う技術。
  銃器     Lv:6 ……拳銃や小銃、あるいはそれに準じた火器を使用する技術。
                拳銃、短機関銃、突撃銃、狙撃銃を使用可能。
  狙撃     Lv:1 ……狙撃銃、選抜小銃などを使用して長距離狙撃を行う技術。
  軽業     Lv:5 ……戦闘における身のこなしや、狭い足場での立ち回りのうまさ。
  潜入     Lv:5 ……隠密・気配察知の複合技能。自身の気配を隠し、他者の気配を察知するのに長けている。
  観察眼   Lv:5 ……周囲の状況と照らし合わせ、不自然な箇所をあぶりだす技術。
  聞き耳  Lv:5 ……微細な音を拾い、情報として獲得する聴覚・技術。
  車両運転 Lv:5 ……地上を走行する、一般的な車両を運転する技術。
                バイク、普通四輪車、大型車、軍用車両を運転できる。
  機械操作 Lv:4 ……PCなどの機械全般を操作する技術や知識。極端に専門的なものは含まない。
  電子技術 Lv:4 ……プログラミングやハッキングなど、機械の内面を弄る技術。
  軍事知識 Lv:7 ……軍そのものや軍人、使用される装備などに関する知識。
  指揮     Lv:2 ……状況を確認し、他人に指示を出すことに秀でている。

 【特性】
  ESP【縮地】 ……空間を切り嗣いで割り込み、彼我の距離を一瞬で詰める。一種の空間系テレポート。
  ┃          これを高精度で、かつ連続して行うことができるのがシャナの最大の武器である。
  ┃          移動には重量制限があり、重装備では使用できない。
  ┗斬鉄(偽)……ESP【縮地】の応用により、通常の刀剣類で金属装甲を斬り裂くことが可能。
              ESPの使用できない状況や、高速機動する対象、乱撃戦では使用できない。
  軍人の遺児……皇国軍人の忘れ形見。
              根無し草のスカベンジャーであっても、社会的にそれなりの扱いを受けられる。
  情報部員  ……時に身分を隠し、偽り、軍で暗躍する情報部の一員。
              現在その権限や支援は利用できないが、そこで得られた技術や知識は健在である。

 【装備制限】
  軍刀を固定装備する。
  他に【サイズ:L】の装備を一つまで装備可能。また、爆発物は合計六枠まで携行可能。

 ※スキルレベル参考基準
  1.覚えたて  3.慣れてきている  5.一人前  8.プロ級  10.その分野でのトップクラス


 【拠点・倉庫】
 ・武器
  量産軍刀 ……【シャナ専用】 父の形見ということになっているシャナの軍刀。頑強ではあるが切れ味は今一つ。
             数打の量産品であり、軍士官の武装としては少々心もとない。分類、丙種士官用軍刀。
             対単分子コーティング、耐酸コーティングが施されている。
  携行爆薬(小)……【爆発物】壁や床などに設置し、遠隔操作で起爆する爆薬。主にトラップや扉の爆破などに使用する。
  ハンドグレネード(閃光) 【爆発物】
 ・防具
  戦闘用耐熱グローブ ……戦闘用に防刃などの防御力をある程度備えた、五指が自由になる耐熱グローブ。
                   生身の人間でも熱振動徹甲刀などの高熱を発する武装を使用可能になる。
  登山ブーツ          ……底が厚く、滑り止めの付いたブーツ。特別な加工や補強はされていない。
 ・その他
  最低性能PDA  ……ウジ虫に広く流通するPDA。性能は極めて低く、簡易なメール機能しかない。
639 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/04/29(土) 16:22:17.54 ID:nFFe53ZQ
  【NPCステータス】

           ,     ̄ ̄ ̄` ‐- ._
         /             ` 、
        /                    \
       /                    ハ
       / /        / ハ   、   ヽ  ',
      .l  |   i    / l l ハ |  ! ! !.ハ.  |
      .|  !   」__i_! l  !.!   } ハ | ,! .! .|  |  ,イ     ,ィ
      .|  |  ‐キハ-ハ.ト=ハ| ._」/.」z'ェzェF、 |  ! ハ|    ,イ/
      .|  l   .li{::V::i{:ヽ{ヽ´  .≠テ丐ミl i /  ! .ハl   ,イ /
      .| .f^l   l:::::::::::::::::::リ    ら::::リ 'l.//  l .ハil   .///     , イ
      .| ヘ .l   l_::::::::::::/   弋.ン /'イ  l ハ ll  ///    .,イ./ ,.ィ
      .|  `.l   l´`¨¨´   ,      /!  l〈ol | /,//    // ,ィ /
      .l   !    !     __ _    ./ l  l./ {,⊥}´'イ  ./,/ /,/
      .!   ∧   ト、        ,.イ、_l  /`/:::::/ {‐、/´,/ /,/
      /!   ! ハ   lヽ>  _ r<  `ヽ! /:::/:::::::':':::::/' ,r'_/,/
     .//   >l  ∧i|== i r_'1_    ! .{:::/:::<^ヽ、::::`´:/,ィチ'
    // ., r ´  .∨ ∧::::::!_ー」:::|ヾi /ニl |::::::__ノ,r^i}. ヽ;:::´ノ
   .// ./      ∨ .∧=,ヽ__,〈V〈  l .l:::::| {{_,ン .r'::::::/
   .// /      ヽ∨ ∧', 1   ヾl:l`ヽl,r┴...、`ヽ、/:::/
  // ./        ヾ、  l  l    /:::l,∠:::::::::::::::ヾ、__/
  // ./          ヽ l  l_/__./   `ヽ:::::::::::ヽ>
. // /           ヽl  |´ヽ/ /     `ヽ::::::::ヽ.}


  チンク・スカリエッティ 4級スカベンジャー

 フジノミヤで活動するソロスカベンジャー。
 新人の頃にやる夫の教えを受けた、いわゆる『やる夫教室』の生徒でもある。
 隠密行動とナイフの扱いを得意とする一方、正面戦闘はやや苦手。


 【装備・技能 一部のみ抜粋】
  戦闘用単分子ナイフ ……近接戦闘用に、ある程度の強度を持った単分子ナイフ。二本所持。
                    戦闘用の中では低級品で、単分子カッターと切り結んだり、乱雑に扱うのは危険。
  投擲用単分子ナイフ ……低質な単分子ナイフの柄を加工し、投擲使用できるようにしたもの。五本所持。
                    金属装甲にも有効だが、刺さろうが外れようが確実に使い捨てになるのが難点。加工も面倒なので虎の子。
  工具用単分子ナイフ ……工具用として実用的な強度を持つ単分子ナイフ。
                    戦闘での使用は想定しておらず、戦闘使用すれば十中八九折れる。
  コンバットナイフ    ……頑丈さが売りの手持ち式ナイフ。単分子カッターではない。戦闘・工作どちらにも使用可能。二本所持。
  投げナイフ30本   ……ポーチに入った投擲用の小さなナイフ30本セット。
                  柄が小さく、近接戦闘や工作には向かない。また、単分子カッターではない。
                  回収して破損がなければ再利用できる。破損・紛失したものは次のターンに補充済み。
  9mm.拳銃.      ……低威力の9mm.拳銃弾を使用する拳銃。
                  アクセサリにサプレッサー、ロングマガジンを装備。
  9mm.短機関銃    ……低威力の9mm.拳銃弾を使用する短機関銃。
                  フラッシュライト、ロングマガジン、サプレッサーを装備。
  ハンドグレネード(破片・閃光・煙幕・EMP・チャフ 各1個)

  格闘術  Lv:5……素手や小さな武器を使った接近戦能力。近接戦闘でのナイフの扱いもこれ。
  銃器    Lv:3……拳銃や小銃、あるいはそれに準じた火器を使用する技術・知識。
              拳銃、短機関銃を使用可能。
  投擲    Lv:5……物を投げるうまさ。投げナイフ、グレネードなどに使用する。
  隠密    Lv:4……影に身をひそめ、姿を隠す技術。自身の気配を殺し、隠れることに秀でている。
  探索    Lv:3……能動的に何かを探し出す、総合的な技術や知識、観察眼など。
               単独では特筆するほどでなくとも、それらを組み合わせることで有用な技能となる。
  機械解体 Lv:3……停止した機械を解体し、パーツ取りする技能。
               起動しているものを解体したり、停止させることはできない。

  ナイフ使い ……個人的な資質として、ナイフの扱いに秀でている。
1175 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/05/13(土) 22:30:20.37 ID:T3usDPWC
  【NPCステータス】

`''*s。、\  \     ヽ       |',       、 \*。、     / /|
    ``¨`{ニニ≧s。  }       } %      ∨ \>'"⌒ ./   '.|
       マニニニニヾー  _>"ア .*       ∨イ /     ヽ  i |
         マニニニニム.ー‐--'"   %    _./ //  ./   ヽ{ .ハ
          マニニニニム         ,    フ //   /{  | i ∨ 、
            マニニニニ:ム        *   7/|/、´! /|/__∨/  }. ∨ ゝ
           マニニニニ:ム       __〉‐、<|/|从沁/ '芍 》/  /、、∨{``
           マニニニニム_  -== 〈=<ソ‐''Y、 i '  ¨ 'イ>'|/ハY``
       _   -==  ==―  ̄     %`ヾ>' 丶 ー .。*"ア<¨ヽヘ
-==  ̄_ ==―  マニニ=ニニ〉‐<ニニ≧=- 、/-‐\ ̄ヽ": : : :`ヽ `ハ
_ =-    γ¨r==‐、‐  ̄        ヾニニニニニヽ  ∨: : 、: :,、/\: rイ
      ′ ヽ    i     . . . . .: : : \ニニニニム  ∨: :}ヽ: :}イ"ー:/
     从   └― "  .: :_: -=="     マニニニニ}!  }: :/イ‐<: :ヾ`}
       ` ー ァ―― '"´ >'"     ,;    マニニニニ}≦:`':.:.:.:.:.:.:≧s{
          ( : : : : : : /: : : .   .。*"     マニニ/:.:{:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/
           ー- ./: : : : : 。*"        }ニニ/:.%:.:.{:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:′
              丶: : /: : :.    。*'"  }>イ:.:.:*:.:.:{:.:.:.:.>=.ィ′
               `*: : : : : : .。*"    /   }ト、:.%>イ:>‐ y′
                 ゝt‐*''": : : . . 。イム   .》‐ ,‐%<:.}<: : : }


  朝田詩乃 狩人/5級マーセナリー/4級スカベンジャー

 フジノミヤ近郊の野山で活動する半ミュータントの狩人。
 一応仕事の種になるかと思ってマーセナリーとスカベンジャーの資格を持っているが、
 実際にその資格で活動したことはほとんどない。TACネーム"シノン"


 【装備・技能 一部のみ抜粋】
  強弓     ……長距離狙撃に適した、強力な弦の張られた大型の弓。通常の矢弾は多数所持。
             銃火器と比較すると連射速度は圧倒的に劣るが、まったくの無音で動作するのが利点。
  炸裂矢弾 ……通常の矢弾と違い、矢じりに少量の炸薬を取り付けた爆発する矢。
             静音性は完全に損なわれるものの、破壊力に優れる。あくまで予備であり、6本携帯。
  鉈       ……藪やツタを払うのに便利で、また勢いをつけやすく威力の出る予備武装としても使いやすい刃物。

  弓術     Lv:8 ……原始的な弓を使用した射撃戦能力。銃と比べ、静音性に圧倒的に優れる。
  狙撃     Lv:5 ……狙撃銃や弓などを使用して長距離狙撃を行う技術。
  格闘術   Lv:5 ……素手や小さな武器を使った接近戦能力。
  トラップ    Lv:6 ……トラップの取り扱いや造詣に優れ、適切な運用や感知・解体ができる
  生物知識 Lv:8 ……突然変異を含む動植物に関する知識を持ち、新種を相手にしても適切な考察できる。
  感知     Lv:6 ……自身に迫った危険に対する感知能力。気配察知に近い。

  鷹の目   ……鳥の鷹のように変異した目……ではなく。
           人並み外れて目が良いことを表す。長距離狙撃などに優れた適性を示す。
  変異:猫 ……何かしらの理由で体が突然変異を起こし、猫の特性を得ている。
           人体の特徴に加え、獣由来の優れた嗅覚・聴覚を有する。
640 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/04/29(土) 16:22:29.35 ID:nFFe53ZQ
 【好感度一覧】

   クーデリア    ……A     (頼れる相棒!)
   やる夫     ……C+   (危なっかしいけども……頼れる後輩、だおね)
   ヴィルヘルム ……B     (次は本気を見せてくれよ)
   チンク       ……D+   (興味深いやつだ、一緒に仕事してみたいな)
   シン       ……D-   (良いクライアントだ、次の仕事を待つとしよう)


   アリス       ……C     (三級目指して、頑張ってください)
   聖十郎       ……D+   (お仕事、お疲れ様)
   スカサハ      ……C     (存外甘い子だが……嫌いではないよ)
   リッカ        ……C     (アナグラをよろしくね、お得意さん)
   リリィ       ……D+   (昇級おめでとう、ガンバレ!)
   ダリアン    ……D-   (少しは客らしくなってきたのです)
   愛歌       ……D-   (また遊びに来てねー)
   ピアニィ      ……D-   (……あ、先輩馴染みの人なのか(察し)
   マティア     ……E+   (信頼できる屍肉喰らい……ならいいのですが)
612 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/04/29(土) 15:57:10.70 ID:nFFe53ZQ
《仕事一覧》
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 【遺跡情報】

 【名称】 旧自衛軍演習所跡【ソウカエン】 格納C区画 三級指定

 【探索条件】 等級の他に規定なし

 【解説】
  旧文明時代の皇国に存在した自衛軍の大規模演習所跡……の一角。
  この区画は軍需品の発掘率が高く、獣型警備ロボットが未だに徘徊している。
  理不尽に高性能な機体はいないが、ある程度の戦闘は覚悟しておくべきだろう。

  なお、ソウカエンは他区画で既に発掘された破損データから決定された名称で、
  現役時代には別の名称が存在したと思われる。

 【備考】
  遺跡内部への車両の乗り入れ可能

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 【遺跡情報】

 【名称】 旧自衛軍演習所跡【ソウカエン】 格納F区画 四級指定

 【探索条件】 等級の他に規定なし

 【解説】
  旧文明時代の皇国に存在した自衛軍の大規模演習所跡……の一角。
  この区画はある程度発掘が進んでおり、ごく最近四級に位落ちした。
  驚異の排除も進んでいる分発掘品の期待度は落ちるが、
  それでも探せばまだ何かあるかもしれない……

 【備考】
  遺跡内部への車両の乗り入れ可能

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 【遺跡情報】

 【名称】 フジノミヤ学校遺跡 四級指定

 【探索条件】 等級の他に規定なし

 【解説】
  旧文明における学校であったろうと推測される遺跡。
  警備ロボット、タレットなどの脅威はさほど残っていないが、
  遺跡が広く、何階層もある為探索には時間がかかることだろう。

  噂レベルだが、どうやら本校舎以外に、風変わりな建造物が敷地内にあるらしい。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 【遺跡情報】

 【名称】 ヤシロ遺跡(浅) 三級指定

 【探索条件】 等級の他に規定なし

 【解説】
  霊峰フジを祀る、寺社関係の遺跡。
  遺跡の造りはさほど複雑ではないが、
  警備ロボットやセキュリティが多数生きており、激しい戦闘が予想される。

  ヤシロは漢字で書けば『社』。入り口の柱には他に、『浅』の文字が見て取れた。
  ……ということは、やはり深い何かもあったりするのだろうか?

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 【依頼情報】

 【名称】 森に巣食うネズミの討伐

 【依頼人】 フジノミヤ警邏隊

 【条件】 4級以上のスカベンジャー、もしくはマーセナリーの正規資格を持ち、
        特に隠密行動に長けた者。
        追記:半ミュータントに過剰な忌避感を抱かない者だとモアベター。

 【報酬】 討伐成功時、総額150円。

 【解説】
  どうも最近、小規模な個人キャラバンなんかが、街道で襲撃を受けるケースが多い。
  調べてみたところ、被害があるのはとある森林地帯の近くに限定される。
  生存者の目撃情報からするに、ネズミのミュータントだと思われるが……銃声を聞いたという証言もある。
  元が何であったかはさておき、人間並みの知性を持った半ミュータントの可能性がある。
  大規模な討伐部隊では逃走される可能性が高いため、少人数による隠密行動で仕留めてもらいたい。
  奴の集めた物資については、一部は買い取らせてもらうが、基本的に諸君らの方で好きにしてもらって問題ない。

  追記:付近の生息ミュータントや地理の都合も有り、地元の狩人一名が同行する。

 【備考】
  隠密行動の為、同行者は一名まで(※ クーデリアの場合でも電の同行は不可)
  それとは別に依頼限定キャラと共闘有り。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
1581 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/05/26(金) 21:10:40.73 ID:+3tDq75z
いつもの
1582 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/05/26(金) 21:10:49.68 ID:D7jgdGRY
ザバットさんェ…
1583 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/05/26(金) 21:12:14.58 ID:9hlI6VFK
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
1584 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/05/26(金) 21:12:29.01 ID:9hlI6VFK
;、});、;、 ;、;、;、 ;、;、;、\;、;、;、;{;、{;、;ヽ;、;、;、;、;、 ;、;}八、;、_彡イ;、 ;、;、_;、;、;、;/;、;、 ;、;、;、;、;、
彡';、;、;、;、;、 ;、;、;、;、;、>ヽ;、 {;、\;、 Y;、;、;、;、;、〃 / ̄;、;人;、;、)_ (;、;、/;、;、;、;、;、;、;、;、人
;、;、;、;、;、;、 \;、;、;、<;、;、 \从;、ヾ;、|;、;、;、;、 //ノ;、;、;,/;、 r;、;、;、 \;、y;、;、;、;、;、;、;、;、/;、
;、;、;、;、;、;、;、;、≧=--ミ;、ー====ミ;、;,Y;、 /;ノY;,;〃´;、;、从';、;、;ノ;、;、;、;、;、;/;、;、;、;、;、;、/,/;、;、;、
;、;、;、;、;、;、;、;、;、;、;、;、;、)/;、;、;、\;,|;、;);、 /::/;、;、,,~=-;、;,/;、;、;、;、;、;人=ミ ;、;、;、彡 ´(;、;、彡'
;、;、;、;、;、;、;、;、;、;、) ;、;、;、;、\;、;、 Y;、{i;、;,{:/;、;、y;、;、;、; 人;、;、_-==彡 ̄(__ノ≧==≦;、\  ̄
;、;、 ;、;、;、;、;、;、;、/;、;、;、;、;、;、ヽ;、;,;|::|;,|| へ}::};、〃斗====彡≪;、y;、;、;、;、;、\;、;、;、;、;、;,)
;、;、;、;、;、;、;、;、;、;、;、 ヽ ~ 、;、;、}::.:V::ノ:人;、|:::|ノ彡イ ̄〃;、;、;、;/;、\;、;、;、;、;、;、;、;、;、;、;、)
;、;、;、;、;、;、;、;、;、;、;、;、;\、;、;、;、Ⅵ:ノ;、; ヽノ::::/{; ,{{;、{:{;、;、;、イ;、 ;、 );、〃 从;、;、;、;、;、彡 ⌒)
;、;、;、;、;、;、;、;、;、;、;、;、;、; \⌒Y 人::.、;、::人|::::ハ;,|::从彡===彡イ;、 (;、 /彡 ;、;、;、;、-―=~;、;、)
;、;、;、;、;、;、;、;、;、;、;、;、;、;、 }};、{:::{_ノ\:::::::::::::::::::レ彡イ7⌒ー ≪;、;、;、;、;、;、/彡イ;、;、;、;、;、;、⌒
;、;、;、;、;、;、;、--=ミ;、;、;、;、 v彡ミ:::::::::::::::ヽ::::::::::::::::彡イ:/_ノ、_彡;、\;、;、;、;、;、;、;、;、;、;、;、;、ヽ;、;、
\;、;、;、;、;、;、;、;、;、\;、;、;、\::ヾ\::::::::::::Y::::::::::::::};/::/;{;、;、;、;、__彡=≪⌒≫<;、\;、;、;、;、;、;、;、
;、;≫;、_;、;、;、;、;、;、;ハ;、;、/:.:ゞ\::Y:::::::人:::::::::::::しノ>:::==≦彡=<⌒=彡 ̄ヽ__;、;ノ;、;、;、;、;、;、;、;
;、;、;、;、;、≫;、;、;、;、;、;;、;、 (;、( __Y::::::::::::::::::::::::::::〔__{;;;(/::::〃⌒´\:、;、;、;、;、;、;、7;、 /-=ニ;、;、;、
;、;、;、;、;、;、;、ゞ===---==ミ、 (;、;、Y;、{::::::::く::)::::::::::::::::≦__彡≪;、;、;、; ヾト=v-===彡;、/;、;、;、;、;、;、
;、;、;、;、;、;、;、;、;、;、;、彡t==≧==ミ人ノ::::::::::/::::::::::::::::::ハ;、;、;、 ヾ ;、;、;、廴;人ゞ;、;、/;、;、;、;、;、;、;、;、
;、;、;、;、;、__{  /イ{;、(  > :::::::::i::::::::::::::::::::::::::::::/::::i;、;、;、;、}=ミ;、__彡へ };/;、;、;、;、;、;、;、;、;、
;、;、;、< ̄、;、; ゞ';、;、::|;、;、;、;、/;、>:::::::::::::::::::::::::::::::::::人;、;、;、ノ;、乂;、ノ;,/;、 };;{ー;、;、;、;、;、;、;、;、;、
;、;、;、;、)  >;、;\;、:!;、;、;、 /;、;Y:::::}::::::::::::{::::::::::::::::ノヽ;、;、;、;、;、;、\;、; _;、;:::;;、;、;、;、;、;、;、;、;、;、
' ⌒ヾ从{  (;、;、;、;、Y;、;、;、;ノ;、;、{:::ノ::::::::::人::::::::::::::::::::ハ;、;、;、;、;、;、; \| |; :::::|;、;、;、;,:.|ハ、; 斗 匕
       ノ;、;、;、; 人彡;、;、;、;、人::{;;;;;;/´::::::\:::::::::::::::::::\;、;、;、;、|三三| |三|::| |_ 斗≦| ∧/
        ゞ ⌒⌒   ;、;、;、/:::::::::Y:::::{::::::::::::::::/⌒):::: \::: \r-==r:| | | | | |i | | | |_  -=≦ ∧
                 /::::::::::::::::|:::::へ::::::::::::{:::::人:::::::::入:::: \__i| |_ij斗≦i ̄ i| |_.,  -=≦∧
≧=--    ____彡イ::::::::::::::::::: 人:::::::::ハ::::人::::::::\:::::::斗≦ニニニニ彡イ彡| l_.,,   -=≦∧
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 木を隠すなら森の中。
| であれば逆説的に、森の中に隠すものは……?
| それは洞窟や掘っ立て小屋などではなくて、やはり木であるべきなのだろう。
┗───────────────────────────────────────┛
1585 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/05/26(金) 21:15:00.23 ID:+Yw2Blvh
巨木の中の住居か… ファンシーだな!
1586 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/05/26(金) 21:15:37.38 ID:+Yw2Blvh
……ターゲットのねずみ 楽俊さんじゃないよな?
あのスラムの
1587 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/05/26(金) 21:15:46.13 ID:9hlI6VFK
               「:\
              }:.、: \
              |: :ミ\: :`: -. 、   _...-――- .._             ...イ
           _  |: :ミ   \_ : : -`'"´: : : : : : :`ヽ: : : ` ー 、   _ - ´:/:/
          \: : ̄: :冖¬=- : : : : : :/: : : : : : : : \: : -=ァ'"´: : :/ミ: 乙_
            ` ーr=ニ=- : : : : : : :/ : : : : : : : : : : : : ` ー 、-‐¬'"´   ミ: :/   ……っていう理屈はわかるけど。
          -‐=┼ァ―- : : : :/ / : : : : : : |: : : : : : : : : : : :ヽ       ミ.:/
              _У: : : : : : / :/ : : : : : : : |: : : : : : : |: : : : :.‘,    /: ′     森に木を隠す理由からして、探すのは大変ね。
        -=ニ ァ :/: : : : : /: : |: :| : : : : : ∧: : : : : :: |: : : : : :‘,  /: ∧
         _ - ´ :/: : : : : イ: : : |: :|.: : : : : :| ∨ : : : : |: : :‘,: : :‘,_/: /: : :\___         《どうシノン、罠とかツリーハウスとか、見つかった?》 > シャナ
           ̄ ̄//: :/: : :/ l : : /|: :|: : : : :./|  ∨: : : :|:!: :‘, : : ‘,:/: 、: : : : -‐ ´
          /: : : /: : :┼-|:_: :| |: :|:l: : : イ: !  ∨.: : : : :|: : :‘, : :|/: : : :\´    今のところはそれらしいものはないわ。
            /:イ: :/イ: : :|_ | : T |: :|:| _∠|:⊥_   | : イ: : :|: l\| : :|: : :|: : : :.\
        //^|: |∧: : :_| `∨j  : |: :/ .|/   Τ7:| : : |: ' : : : : l: : :|: |\| ̄   気長にやっていくしかないわね。
          |′ |: |' }.:|: :|Τ≧x |: : イ ̄7 ‐- 〃 V: : : /.: : : : : : : : : :|
.            |: | ∧:|: :| ヽヽリj} | /|冖¬=z-/ _ } : :/: : : :|: : :.、: :.|、:|                       《だろうな。ありがとう、そのまま続けて》 > シャナ
             V/イ/∨:..  `¨ |′     ∨リjノ 7 : /:/: : :/: : : : \〉\
          /  |: マム:l              ¨´//イ : : イ |: /: : : : :|        はいはい、了解っと。
             ヽ: :マム   ′         /イ: :/.:/:.:レ : : : : : |
                ィE=三ム  |\       //: : /_/: : : : |\|.        ま、今回の同僚は、無駄に焦らす馬鹿でも、
            /三|: : : : :|/>、 ヽノ    _...イE三三ヨ:_:/\: :|
           \/ : : : :/   |:\_...ャ≦,ィ  ノ三/   `ヽ :|         高みの見物決め込む阿呆でもないのが救いかしら。
               /: : : : : :ノ   ∨ W丁∠乙/: : /        \
             /: : : : イ/  __     _〉ミ/ ̄ア ¬- _       ‘.
         /: : :/ |′イ   `7´/:.:.:/  /  /  _ \       ‘.
        -=彡 : : :/   //     | |:.:.:.:{   {  {  /   |ヽ     ∧
           /: :/  r´/|     」 |:.:.:{ ヽーヽ⊥_{  ィャ  }/∧_///ハ
            |: /   ,|、\L -‐ ァ ∨:.:.:.∨{`: ¬ァ-‐ヽ´_ノ///ハ//////∧
            l/   /:|.:.:.ー.:.< ∧ ∨:.:.:.〉、 : ://乙∨////////∧ /// ‘.
              /.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.∨:.:‘, ‘,::〈/∨| |、r┘`∨///////∧´    ‘.
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| ともあれそういうわけで、ここは森の中。
| 効率と、拠点傍を探索するため被発見率の低下を重視して、
| シャナとチンクのコンビと、シノン一人と、二手に分かれて森を探索する一行。
| ひとたびことあらば合流は容易な距離での分散ではあるが、
| さすがに大声で言葉を交わすわけにもいかず、樹上ではシノンが通信機を手に握っている。
┗───────────────────────────────────────┛
1588 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/05/26(金) 21:20:11.72 ID:9hlI6VFK
:::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::\::::\::::\::::::::::\::::::::\
::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::|:::::.:::::::::ヽ:::::ヽ:::::ヽ:::::::::::::\::::::::ヽ
::::'::::::'::::::::::::::::::::::::::::|i::::|::::::::::::∨:::::∨:::∨\::::::::ヽ、::::::',
/::::/::::::::::/::::::::::::::::::':::::|i:::::::::::::|、:::::::!:::::::}、:::::\::::::::.\::}                         どうだシャナ、シノンの調子は? > チンク
::::::'::::::::::/:::::::/:::::::/:::::.::::::::::::::::|::ヽ:::!.ヽ./:::、::::::\::::. ヾ
::/:::::::::/::::::::/:::::::/:::::::::|::::::::::::::|:::::マ{/::::|::::::ヽ:::::::ヽ.ム こっちと変わらずだ、焦らずやろう。
:':::::::::::|:::::::::':::::::/i|:::::::∧:::::::::::::':::::,イ|:__ヽ}、::::::::.::::::::|:マ}
|i:::::::::!i:::::::,|::::::/ |::::/  ∨:::::/:::/ }/斥ヽァ∨:::::.::::::|::}| 身軽さを生かして木に登ってもらってるけど……
|:::::::::,!ー /|-/― }/ー '  |:::::'.   ,イr ,ら i} ∧::::|:::::!:/
|:::::::/!::::/ ,.ィテ笊芯ヽ |::/    比刈  ハ|::/:::::|   地上からこそ、見えるものもあるだろうし。
|:::::::'::|::/ ,イ/ 忙_-、ら  j/      込ソ ::::::|ハ:::::'
|::::/::::{ハ Y  比し'刈  /           {:::::| ∨                                     ああ、もちろんだ > チンク
{Ⅵ:::::::::{    込_z斗       、       |::::::.
|::::::::::::::|                     人:::::i      さて、木に住んでいるという推論、
ム::::::::::::::.            ,. v   /  :.::::::.
,∧::::::::::::ム                イ___|_::i       当たっていてほしい反面、正解は正解で厄介そうだ。
i/∧:::::::::::::', ̄ ̄\      //////////|:ヽ
///::.::::::::::::.∨/////| ̄ 7  - '///////////i!::::.\
///∧:::::::::::::∨////|   ト、//////////////|:::::::::::.ヽ
////∧:::::::::::::∨///|  |: :\/////////// /\::::::::::::.\
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| さてそういうわけで、猫獣人……もとい、猫のフレンズ……でもなくて、
| ハーフミュータントのシノンは一人、狩人生活の経験と、柔軟な四肢を生かして樹上へ上り、
| 対するシャナとチンクの二人は、地上から周囲の木々の探索だ。
| 木を住処にしているのだろうという推測に対して、たった二人の素人というのは、
| なんとも心もとない捜索隊ではあるが……だからと言って、狩人にばかり頼るわけにもいくまい。
| 慎重に、着実に、こちらも探索していくとしよう。
┗───────────────────────────────────────┛
1589 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/05/26(金) 21:21:46.58 ID:8b3m5skr
> 猫のフレンズ
サーベルちゃん!(チガウ

さて未発見で追いつめられるかな…?
1590 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/05/26(金) 21:24:50.97 ID:9hlI6VFK
ヾゞ;;ゞ:;ヾ:ヾ;;>;ゞヾ;ゞゞノヾゞ:ヾヾ   /;;ゞ:;ヾ:ヾ;;>;ゞ   |ii;ゞ:;ヾ:ヾ;;>;ゞヾ;ゞヾ:ヾ
ノ;;ヾ ヾゞヾ;ゞゞノヾゞ:ヾヾ ヾゞ;|  <;;/::ヾゞ;;ゞ:;ヾ:ヾ;;>;ゞ;;::iiゞゞ;;ゞゞ;;ゞヾ;;>;ゞヾ;ゞ
ゞヾ ;ゞゞ;ゞiilヾ;ゞゞ゙ゞ;;:::ii|  |;:ヾゞ   "ヾゞヾ;ゞゞノヾゞ:ヾヾiii| <:;ヾ:ヾ;;>ヾ;ゞ'';ゞヾ;ゞ
|;:ilヾ \ |::;ii|   ヾ;ゞゞ''ノヾ|;:i|    ノヾゞ:ヾヾ::ヾ\ |i;;:iii| /;;ゞ :;ヾ:,    |i;ゞゞ
|;:i|  \`'';:::ii| ヾ:ヾ;;>;ゞヾ|  |;:i|/^    '|i|  |;:i| \`";;::ii| ノ / :ヾ;;>ヾ;ゞ ;ゞヾゞ
|;:i|   ゙ヽ,;:;;;l| /゙;ゞゞ;ゞ:::ii|  |;:i|       |i|  |;:i|   ~|ii;;:ii"´/ |;;::ii|    |i|/
|;:i|     |:::;iii~ ノ  ,,|;;::ii|  |;:i|       |i|  |;:i|   |i::;;iii|~   .|;;::ii|  ''\|i|
':;,`:ヽ|/,'|:;:;ii|:,:;*.,:;/.:::;.:":::"''''⌒ヾゞ   γ''"""''""''"' |ii;;i;('')''"''''"""''"""'''''"""''
";*'.:.:;”:;゙|:;;iii|`:;,':,*”:;:;.,:;.:;'.:.:;”:;ヾヾ))  ((,:ソミ;.:';';';::;.:". |i;;;::;iii|`:;,':,:;.,:;.:;';',: ':::;.:".:;.:';
.:;”:`:;,' *”|:;:;ii|:,:;*.,:;/.:::;,':,*”:;:;.,:;.:;'.:ソ    "''~`''"゙"'''~ノ;;ii;:iilli;ゝ"''~`''"゙"''~`''"゙"''~゙
"''~`''"゙ ノノシillゝ"''~`''"゙"''~`''"゙"''~            "'''''''''''''''"  ..,,、vji、iijww、ii..,
     "'''''''''"               '""'''""'"""
 ,..,.,.,.,、                                    ,..,.,.,.,、
           ''''""'"'''"""
;;;ゝ);;));ヾ;;)              ,..,.,.,.,、        ''"""~
))ゝ;;;ミ,,、,,;;;ゝ;;)ゝ))ゝ
;;;) ;;;)ヾミゞ((;;;ゝヾ;⌒;;)   iijww、ii.       """~"           ''"""~
ヾミ;ソ(;;;ゝヾ;))ゝ;ミ;;(::;ゝ;;;))                     ,..,.,.,.,、
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| かくして一行は森をあさる。
| 場所は銃弾を抜き取り、弾痕を隠していた森の一角……つまりは、
| クリッカーと遭遇したあの場所。
| とりあえずは探す対象は木に的を絞るとして……地上と樹上からの両面捜索だ。
| さて、見つかってくれればいいのだが。
┗───────────────────────────────────────┛


   ▼ 索敵判定 1D100+観察眼(15)+聞き耳(15)+潜入/隠密+気配察知(30) 目標値:100/150/200
                     +隠密(12)+探索(9)+感知(18)

   ↓1~3 住処と思しき木の探索兼隠密について自由記述
   ↓3    ダイス採用

1591 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/05/26(金) 21:28:08.01 ID:4uDu6GK3
【1D100:81】
木の幹から葉などが密集する場所を探す
1592 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/05/26(金) 21:29:04.74 ID:PQ/AsIdR
【1D100:39】
今までの傾向からわかりやすい偽装などはおとり そこに注意しよう
周囲の期と違って不自然に葉が残っているものや、枝が折れていないものには注意
可能なら小石などをぶつけて木の空洞音などを把握しよう
また相手が潜んでいるのなら勘の鋭いシャナやシノンなら感づけるかもしれない
また潜伏先に辺りを付け近づくときは油断なく足元や頭上を見よう 罠があるかもしれない
足音にも注意
1593 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/05/26(金) 21:29:25.27 ID:kCgrTxFZ
上を探索するときは足元を、下を探索するときは上を注意して
見過ごしや音を立てて気づかれないように

【1D100:88
1595 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/05/26(金) 21:31:10.46 ID:9hlI6VFK
だからぁ!! なんでダイス神そう張り切るの!?
目標値200やぞ!? なんで(特性込みの)固定値とダイスだけで突破するんだ!!!!

……クリアの必要がない第三段階は、今後もうちょっと難易度上げるか(ボソッ
1596 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/05/26(金) 21:32:35.11 ID:Osp3FCd1
ヤメテ!
1597 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/05/26(金) 21:32:44.62 ID:+3tDq75z
ナイス
1598 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/05/26(金) 21:36:16.87 ID:9hlI6VFK
  ダイス【88】+安価【20】+特技【119】 > 100/150/200 第三段階クリア!!(ヤケクソ)

三ヽ:; ;:;: :;'':; : ;;:: ;:: ∨ :ハ:;: ;: ;:;/:; :; :ソ:; :; :! /:;: :;: '':;  :;  :. : :;;'':;Y:;:;
: :;`ヾ\ :; :: ;ィ、:; __:rゝ ハ:;.: :.: : ; r'´ :''; :j !:. :,イ ''  /..;: :'  .,;:;':,イ:;:
; ;:;: ;: `ヾ,、==≧ュ、Ylj  .}:;: ;:; ;;rj:;  ::.; / j:;ノ:;: ;: :; :: ;:; :;: ::; '' :;: :;j!;;: ;:
X;:: :;: : :;:ハlヽ;:ミ`ー-、ミi! hヾ:;: :ソ;::: :; ,;イ/ゞY:;彡_ノ:;: :;:  :;; '' ,;イ-='´            ,、  _
;: : '': :;:; : : :ヾ`ヽ;:; :;:j| li! ト=、\j! :;ィー' ,ノ:; ;イ7j /_:;: :;: :; :: :;: :; :ノ/:;: ;;: ;::        ,,.._/ / / /iコiコ ,..、.,__
: : : : : :; ; ; : : : \`Y  i! l|: ;:ヘ ソ彡 Y ,rf'ノ ̄ ̄: :: :: :;;ィr==': :;:; ::;: :; :        '‐-, .,ニ' ',コ  !┌‐-ニ¬
;: ;: ; :., ., : ' '' ;: ;: r'ヾ; !i !,l:;: ノイr''  r ~:;,イ_:;:_,,-―'イ :; :;: ; _ ;:;: :ゞ,、:          '-' / /   .゛´   / / __
;; : ;:; ;:: :; ; ;;:ヽ;.ィ: : :l  l iト、´ノ  イ/ il, r--、r―'' ̄:;: :;: :: ;:'' :;: :; ~ ソイ            //         //  凵. 匚!
;: :: :;;: :;: :: : : ::.,, : : : ! i! ゞ≧   j  ハゝ:;: ;:;'' :;: :; .,. :;: :;;:: ;:;:'':;: :j/:;__          `´          `‐´
;: ;::;:;: ;:; :;: :: :;:; :;:: : ::,} j!  _三ニ イ  `Y;:: ;: :; ,ィ´ :;  .:;: :,ィ⌒ヽ,:: /rュ_
: : :: ;:;rュ__;: : ;:; : :; :.;;」(イ彡イ彡 r'   j/j;: :≧'=-、.,;'' .,:;:'  r==\j/ ,:; :;;:          υ
ヽ='イ彡三≧=イ三彡 j!/彡  i!ト  ( ̄7イ:;: :; : :;:., '' :_イ;: :; :; イハ .,;:; :   σ
ゞ‐=-‐'´:;:; :; ̄¨ー-!7''イソ´ ミヽ!,, ヾY : : , '':; :;:: :; :; : . .,.: ;; ヾ l.;: :;:
:; :;:;::;: : ;:;: : :; :;; : ; r、j 彡   : :lr'イ !{ ヽ__    :; :;:: :; :; :: : ;:;: :;: :; } l|:;: :;                  k、
: ;:; :;;: ;: ;;: :;' :;; ;: : .Y|}ィ    ミ{ト'' ヘ `ヾ、_,,ィ'' :; :;: '' _ _三ニノ:: ;:        、__          `゙゚
;: ;; ;:: :; :;; ;:: :: ;:'' :; ::T'' __,,ィ =ュ''  ヾハ ,,ィ´   __ ==--'´:;: :;:; :;: :; : ;::        弋」
;;':; :;;' ;: :;:: :;; :; : ; :; ノソvゞ,、  `ヾ` ミ Y/j/  ィ´:;: .;:: ;:; '':;:' :;: :;: ;: ; :: ;:;   /://: : : : : : : : :、: : : : ;.: : : : :.,: : : : : : : : : :\: : : : :':,
;:; :;; ;: ;::; ;:;;'' :;: :;ィ’ノ!fy彡ヘ_rィY  ミ }!j/j/ j:: :; :; ::: ;: ;: ;::: ;: : :; ::;''': ;:  ./:// : , : ,: ,: ; : ,ハ : : : {: : :,: : :{ : : : : : : : : : : : ':,: : : : }
;:;; ;::: :;;:; :;: ;: :; {イヾ''tソvゞソxfyヾ  ̄ヾミ!|-':;`´ : ;: ;: ;:::;':; :;::: ;,.,..;:::' . :;;ィヾ .∨,' : /.:./:/: {: :{  }: : : :|: : {: : : ', : : : : : : : : : : : :} : : : |
:;; :;; :;: :;;;: ;'' :;:; 〉イ/ソfyゝ=-yソfミ`ヽィ ミl! : ;: :: ;;;: :::';;;:': :: :: :;:; ;:;-''¨´      {: ::{: /:::{: ;ハ.:.} .{: : : :|\:\: : \: : : :、 : : : : :|: : : |
:; ;; ;:;'' ::;: ::: ;:;: /j/j/      ヾミイj  ミl|!:;:;: ;;''.; :.;'';:;.., {'´~          .|: ::|.:{::::::V__}/\ \: :|: :,'\:\: : ',: : : | : : : : : | : : :|
`;: :;; :; :: ;:'': ;::;/1j!/j/'´  ̄`ミ ノ彡 ̄ヾ!|::; ;:'' :;: :;: :;; ''´              |: ::}.:|::::::::【 ̄`ト、ヽ }: }V, '"\}\}ヽ: :} : : : : : | : : :|
 ヾ:;:: ;:;: ;;::: ',//j/イ      ゝ''  ̄ミl!:;: :;: :;: ;イ´              |: /り:::::::::| 抓ノ|  |;ノ  ,. イ¨゚゚翔ミッ∨\ : : : | : : :|
                                              {/  |: : : :|. 弋,リ        f爪;ノ:| / } : : \: :} : : :|
                                                |: : : :|         弋__夕   ,': : : : : Ⅵ : : : |
                 住処として、ここが正解だと仮定するなら……     .|: : : :|     {              ,': : : : ::::::::| : : :|
                                            -‐…|: : : :|\                /: : : : ::::::::::| : : :|
.     向こうから視線が届くということは、こちらからも届くということ。  ::::::|: : : :|::::::\ ' -   ___/_,,,,...  -‐ァ : : |
                                              \|: : : :|::::::::::::\   |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ : : : |
 チンク < 鳴子みたいな罠を除けば、だな                  |: : : :|::::::::::::::::::`¨¨「 |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::;:':::|: : : :|
                                                |: : :り、::::::::::::::::::::::::|T!:::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::'; : : :|
                                  そういうことだ。   {: : :}:::::\::::::::::::::/;';':::::::::::::::::::::::::::::::;:::::-―-、 : |
                                              ',: :,'::::::/ ̄::::;:'|:::;'/:_:_:_:_:_:_:_;;::::::'"::::::::::::::::::::::ヽ|
        . 牛歩でもいい、目に見える範囲は見逃さないように行こう。   ..∨::::::{::::::::::::/:::!:;':{:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}|
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| さあて、こちらのチームはせっかくツーマンセルなのだ。
| 一方が上を、もう一方が下を見る余裕もある……罠への警戒を含め、
| 牛歩でも、着実に見て回ろう。
| 葉の残留具合から、かすかに視線が届く"かも"程度……そんな精密な調整を
| しているやも知れない相手だ。枝葉の様子すら、判断材料に加えて探せばいい。
┗───────────────────────────────────────┛
1599 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/05/26(金) 21:37:08.37 ID:ksYdGXMh
偽装ガチすぎぃ! その上手を行くシャナこわすぎぃ!!!1
1600 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/05/26(金) 21:44:06.66 ID:9hlI6VFK
        、                           ,ィ
         V`~、   __ ,。 -‐ァ¬~ 、__,, -‐ '' "/
         ヽ    ̄ //   ∥   ヽ`ヽ     ,ィ′
          ヾ 、  /          ヽ ヘ   //
           y ヘ / /   i!     } ヘ ヘ 〃/  ……ねえシャナ、ちょっといいかしら?
             ゙y 〉./ / / ,イ l    ,,'_    y/'
            ゙y′ / /'7´{ }    ハ`    }、                                    《ん、どうした、シノン?》 > シャナ
             l / / / /‐ ∨   /‐ ',  }  .lハ
      _      j' /  ',ィ芍ミ ヽ  / 芍ミx、  /!リ   えっと、現状探してるのは相手の住処で、
    /    ヽ  /イ.,、 《 弋り  ヾ、乂ツ /゙ / .{
   /  ,r'´ ̄  ー=彡ヘへxゝ、   ,     ./イ/へヘ    想定されるのはツリーハウスみたいなもの、でいいのよね?
   ,′ ,′       }ヘヾ;{ ',.   _     /゙ヘ,イ'} \
.  i   {          ヾ'ヾ、}ヽ、. `´ , ィ l,イヘ/         《あとはまあ、よほどの巨木でもあれば、うろに住んでる可能性も……》 > シャナ
.  l  {        __ ゙ヘ""ヾ´ト ミ彡イ从|lヾ''{   _
   ',   ゝ、     ∧: : }`ヾ  Vミ≡彡ヘ__,,l   ト'´ `ヽ  なるほど……じゃあそれを踏まえたうえで、
   \  \    / ヾ: |i:i:i|ヘ ヘ:/\: : : : ヘ l: }   ',
     \  \   {   ヾ!:i:i| ヽ .}ヽ_/: : : : : ヘ{: :l"´ヽ、;、 聞いてほしいんだけど。
      \  ` 、l    }'"´`ヽ:ヾ、:Y: : ry'>=、_: : :! : : : : {
        \.   {ミ≡彡〉-‐‐ヘ: :/\ ヘゞ、( rヘ: l: : : : :リ                                            《なに?》 > シャナ
         `''ーl`ー‐‐/rヘ'YY'Y_ー┴一ヘ  `ゝ{ヾ: : : : :!
             l   / }ヽ}、!'リ/     ヽ _{ 〉: : : :l
                !  〈 〉、_ イ‐-------―}i:i:i:l/|: : : : ト、
                l  Уi:i:i:i:i:リ        l:i:i:i:{ l: : : : :ト、ヽ
                ! /{i:i:i:i:i:/         {'´´ V: : : : リ ヘ ヽ
                !.,'  ヾi:i/            l    V: : :イ  ', ‘,
                l    `}\         /{    V: : }   ‘, ‘,
              ',   ,.:': : : :∥≧=≦゙ヘ: ::ヽ   }: : l    i   ',
              ヽ_/: : : : :∥彡====ミヘ: : : \_/`ー′   l   .i
             l: : : : : : :〃      ゙ヘ : : : : ゝ、    j  .!
            ,r' : : : : : 〃        ゙ヘ: : : : : :ゝ,   /  ./
           /----、: :〃     ;}     〉―――ゝ, / /
             /    ゞ'、   ___    r′    ,..イ /
          トミ三三三三三{´    `}三三三三彡'" Y
           l           ̄ ̄ ̄           l
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| さてそういうわけで、シャナとチンクが敵に見付からないことを第一に、
| 慎重に探索を進める一方で……ふと、シノンから二人へ向けて無線通信が入ってくる。
| さすがにこれを逆探知してきて云々、というのは、慎重論にすぎる。
| 過剰に通信を恐れることなく、適切に言葉を交わしていたところ……
┗───────────────────────────────────────┛
1602 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/05/26(金) 21:54:04.02 ID:9hlI6VFK
: \/´: : : :\: : : : : : : : :.`Y´: : : : : : :;/ : : : :\/: :.ヽ; : : : : : : |: : : : : :/ : : :∨: : : : : /
: : /: : :-‐ : : ∠二>、: : : : :;} : -、: : : 八: : -‐' :1: : : : \ー-、/: : : :;/: : : : : ;〉: :-―|
-┴‐- 、_;_;_/: : : : : ;_;_ゝ- く: : : : : :.;ァー'-- 、: ;〈: : : -=: :{: : : :|-‐ ''"\ : r‐ '"\ー: : :|        .γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
: : : : :;/:〉: :.ヽr――|:_;;...-┴-‐ ''":::::::::::::::::└‐'-、_;_;_;_;_;〉: ;ノ: : : : : : :〉┤: :、: :;/\r勹      .| まず一つ目、ぽっかり大口を開けた木があったわ。     |
: :_; -:.V: : : /:.:.:.:.;/´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::` ̄\: : : :;/: : :\_/|_;_;」-〈_      .| 人間でも少し低い姿勢をとれば中に入れるくらい。..     |
;_;_;_;_; ' -‐ ''"7´::::::::::::::::::::::::::::::::巨木のうろ::::::::::::::::::::::::::::::::::: `ー┴-、_; : /: :./|: : : : : :.ヽ      ゝ_________________________,乂 シノン
: : : : \: : :、:.:.:{::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}': : /:.:|_;_; : : : : :}
: : :_; : :ノ: := :Y´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::rァ'、: :〈:;rイ: : `ー‐く                     γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
―‐-く : : : :/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/: : : :ヽノ∨: : ‐-: : :_;〉                          | なるほど、あからさまに怪しいな。  |
: : : : : :.\:《::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〈: : : : : :|: : :\: : : : :〈                         | で、一つ目ってことは、二つ目は?    |
: : : -、 : :|:.:ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::r1: : : ;ノ: : : : :/|: : :┌|                         ゝ________________,乂 シャナ
\: : : : :/:.:.:.:;〉:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::, イ : :\:.:{: : : : : ∨\ノ{
. : ;〉-‐ ' '"∨ー- 、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_,,.. .-‐'".:/. : : : :;|/ヽ、_;/: :-、:\|   .γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
レ'.: : : : : :〈: : : : 、;〉:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::r-―<´: : : : : : ;/. : -: : ;八: : :.\: : : : : : : 〉   | ええっと、拍子抜けして、ちょっと信じられないんだけど…… |
゙"゙"゙"゙"゙"゙"゙"゙"゙"゙"゙"゙"゙"゙"゙"゙"゙"゙"゙"゙"゙"゙"゙"゙"゙"゙"゙"゙"゙"゙"゙"゙"゙"゙"゙"゙"゙"゙"゙"゙"゙"゙"゙"゙"゙"゙"  ...ゝ__________________________,乂 シノン
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 無線機越しに、シノンが見付けたという何かについて、話を聞いてみる。
| どうやらそれらの数は二つ。
| 一つはシノンの足元、巨木の根元へ開いた大きなうろ……ファンタジー小説に見られたような、
| 巨木の中へ人が住むという、それができそうな。
| あるいはこれは囮か、全くの無関係な代物なのかもしれないが、
| 少なくとも外見には人が暮らす場所として使えそうに見える。
| 扉代わりのつもりなのか、掘っ立て小屋の壁板も立てかけられているし。……で、
┗───────────────────────────────────────┛
1604 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/05/26(金) 22:04:11.08 ID:9hlI6VFK
                                                 _      _
                                                 /::::::ヽ   /::::::\
                                                .|:::::::::::::',_/::::::::::::::::|
      γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ              \/    .\:::::/
      | ……なんか、ターゲットっぽいのがいたわ。   |              /       Y、ヽ
   シノン 乂___________________ノ             ノ       ',  .i ',
                                               /        iィノ |. i
           γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ                くノ ,´    .i.  ', . ノレ'
           | ……え?               |            ゝ、/    ! ノ ノ 〉ゝ
       シャナ 乂______________ノ                `7 ー亠'´ ̄\
                                                 |    /   |!
      γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ    ..<、__ノ't--ィ-',
      | だから、半ミュがいるのよ、目の前に。             |       . ヽ:::::::::::::|  .i::::i
      | 水汲みにでも行くのか、手にポリタンクとか抱えたやつが。|._        'i:::::::::::i   |::〈
   シノン 乂________________________ノ;;;"''-.,   ..ト::;;;;;;;〈  .|;;;イ
                                        ./:::;''´  `ヽ::ヽ   /::;-─- 、 >、‐ァ
           γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ      ゝ'      i::::i /::::ゞ:'´:::):::)/  `i
           | …………………………      |                 ';;`''‐--─''´;;''::`:ーt‐'
       シャナ 乂______________ノ               / ̄"""^~::::::::::::::::::::ヽ
                                                  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
                                                /::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::ヽ
                                               /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\:::::::::::ヽ
                                            {丶:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\::、',ゝヽ
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| で、もう一つシャナに伝えられる情報は、目にしたシノン自身ややも半信半疑ながら……
| ……いたのだ、ターゲットらしき人影が。
| 生活のために水汲みにでも行くのか、大きなポリタンクを抱えたやつが。
| これまでの慎重を期した探索が、まるで冗談のように……
| あっさりと偶然によって、見つけてしまったのだ。
| 通信越しに押し黙るシャナに対して、自分も同じ気分だとシノンはかぶりを振る。
┗───────────────────────────────────────┛
1605 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/05/26(金) 22:05:50.89 ID:69y0rYUN
……じゃぁ〆よっか(棒
1606 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/05/26(金) 22:08:38.61 ID:5Ch9wpTU
外敵の探知トラップ任せにした弊害やなぁ…
1607 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/05/26(金) 22:11:39.10 ID:9hlI6VFK
              -――-
           ´        ` 、
       // /  ,イ        \                            ……とりあえずまずは合流しよう。
      /, イ z/ト、/ 」_z,イ__  l   ヽ.ハ                           シノンはそのまま、監視を続けて > シャナ
     .〃 / ./ l / / l / 「` ミトヽ、}  } }
       l ./「:l/`i  l≠テ云ミ、!ヾ/ / .l ん、どうしたシャナ、シノンが何か見つけたのか?
       ハ/ |::::::ノ     ら .}ム/ / .l
     // ./|¨´ ,    辷ンイ / ./  /                     ああ、うん……住処と思しきものと、標的を > シャナ
   / / /込    ,、.   /レ',イ  /
 _/, ィ / ./~i:|.\`_/ハ:}>´, ィー ' ./!   お、おう……牛歩の必要もなかったな。
´ ̄ /,イ _/ 」:|_」¨/// /ニ、>  / .l
   /イ l lムニ{⊆ヽ./ /´ ̄ヾ  /  |    それじゃあ通信からして、シノンの方に向かうのか?
  / l | 「//::/イ /       }    l
  {  ll /i ┌// {//      /    ハ                          うん、そのまま戦闘も覚悟しておいて > シャナ
  ヘ | {::| .|::::::《  /     /|     ヘ
   ヘ.ハ| .|:::::::ii /     / |      \  ああ、了解だ。
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| ……そういうわけで。相手の性格とトラップを警戒して、二人が牛歩戦術をとっていたのが
| ばからしくなるくらいあっさりと、ターゲットは見つかってしまった。
| それにどうやら、シノンはまだターゲットに見つかっていないようだし……
| いくらでも先制できる状態でだ。
| 通信を終えるとどうしたのかと問いかけてきたチンクに対して、標的が見つかったから、
| シノンと合流して戦闘準備だと端的に伝える。……これまでの苦労は何だったのか。
┗───────────────────────────────────────┛
1608 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/05/26(金) 22:15:36.63 ID:RBMPPhOv
メ、メタ戦術とったお蔭だから…(震え声
1609 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/05/26(金) 22:17:44.82 ID:9hlI6VFK
    /::::/:::::::/::::/:::::::/:::::::::::::::|:::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::ヽ
   /:::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::ヽ
    |:::::::::|::::::::::::|:::::::::|:::::::::::|::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::i::::::::::::::::::::::i::::::::::::::::::::::ヽ
    |:::::::::|::::::::::::|:::::::::|:::::::::::|::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::i::::::::::::::::::::::i:::::::::::::::::::::::::| 肩透かしを食らったというか……
    |:::::::::|::::::::::::|:::::::::|:::::::::::|::::::::::::::::::::从::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::i:::::::::::::::::::::::::|
    |:::::::::|::::::::::::|:::::::::|:::::::::::|八|i∧:::::::| \:::::::::::::|ヽ::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::| 偉そうに慎重に行こうと言ってたのが、恥ずかしいな。
    |:::::::::|::::::::::::|:::::::::|:::::/..! リ |:::::::|   \:::::::|::::ヽ:::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::|
    |:::::::/从:::::::|:::::::::|/  .i! .\|:::::::|    .\::i/ .i::::∧ ::::|:::::::::::::::::::::::::|            大雑把にポイントを割り出したのはシャナで、
    |::::/  |:::::::|:::::::::| ≦ミ云气㍉\:|    / ェャ云≧ミ ::::|:::::::::::::::::::::::::|                慎重に行ったから今もバレてないんだ > チンク
   |ノ    |:::::::|:::::::∧ ヘ トィ::::从  i!    〃トィ:::::爪  ヽi::::::::::::::::::::::::::|
       |:::::/ヽ:::::|∧  儿し勹           ヘし勹   ∧::::::::::::::::::::::::| ああ、うん、無駄じゃないのはわかってる。
       |::/  ヽ::| ∧     ̄           ̄   ∧::|:::::::::::::::::::::|
       |ノ    i! ∧ U      i          ∧ ::::|:::::::::::::::::::::| ただどうしても、気分は、な……
              /|.: : : ヽ                ∠:::::::::::|:::::::::::::::::::::|
          /.;..;.;|.: : : : : 丶     ′ `       ィ' ::/:::::::::::::|:::::::::::::::::::::|                            それは……まあ、わかる > チンク
        |.;.;.;.;.;.;|: : : : : : : : : : : ト  _    孑..:::::::/::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::|
        |.;.;.;.;.;.;|.: : : : : : : : /ノ       し\/::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::|
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 九割がた終わったような依頼にも思えるが、まだターゲットを
| 仕留めたわけでも捕まえたわけでもなく、また他に仲間がいないとも限らない。
| そのことはわかっているし、である以上気を抜くつもりはないが……感情はどうにも。
| ともあれまずは、シノンとの合流を急ぐとしようか。
┗───────────────────────────────────────┛
1610 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/05/26(金) 22:18:41.59 ID:RBMPPhOv
しかっかしまた貧乳キャラだったな!
1さんは間違いなく□リコン!
1611 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/05/26(金) 22:20:45.42 ID:9hlI6VFK
おっと、それには敢えて声を大にして否やと答えたい。
スレ主は□リコンではないく、貧乳好きだと!!
1612 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/05/26(金) 22:22:23.89 ID:/eA2ZGbU
( ゚∀゚)o彡
1613 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/05/26(金) 22:23:59.09 ID:RHJXleRx
ステルス完全達成の弊害?>敵が全く気が付いておらず間抜けな行動
1614 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/05/26(金) 22:24:27.52 ID:9hlI6VFK
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

                 く>
        ┌────┐ く>
        └──┬─│
            ┌┘┌┘
            │┌┘
            │└┐
            └─┘
1615 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/05/26(金) 22:24:39.52 ID:9hlI6VFK
       _                                       / / /
         _ \=-  _                               / / /__
          _ \   =-  _                     / // / ___
           >'"  ̄ ̄ ̄< ``丶、__                   / /― / /  /
         / '      \  ―― ミ <⌒                / //フ /   /
          ,/    \\  \ー<⌒ _\ハ     ノ⌒         / //,/   /
      // _____\\  ∨(⌒/\//>'"⌒\         / //    /   ああ、来たわね、二人とも。
    _丶`/7  \/ xく⌒  \  〈⌒{  {/{=-    (⌒    / /___/
   \ ̄ |  ̄ ̄\ V〉    )、 ∧ ̄ ̄\(⌒て¨¨⌒ )    / / ̄ ̄ ̄ )                         シノン、状況は? > シャナ
       ̄|ハ∧>―       ∨::::∨=― >   /    // / ̄/ ̄
        | 八 仞<   ,     /::::::::∧<⌒´         r' _/ ̄ ̄\/ )     相変わらず。木のうろは見たわね?
       人  、 込  ,    .::::::::::::: ∨)へ____   ,|  / ̄ ̄\∨
        \ \个 。..,, _ ノ へ__/( ̄<久々=----ァ===/ |i  ――へ }ノ _                    ああ、ぽっかり空いてたな > チンク
             \ ) 、∨乂¨¨¨¨¨⌒ヽ二=-<>―‐'ノ ̄ |/∧_r―‐_、rfi〔弖/
           ∨\__,>-―<⌒\V ̄ ̄}</ ̄   〈 /∧/、rf〔f弖弖/     ターゲットの方も……
               |Y     7〈_____/ ` 、  / ∧/シ''弖弖弖fi/
                    、|  _ ` ==イ {       \ ノ///弖弖弖fi/二\___   -=====
                   |/二二\{|二〉〉-‐=: : : : / {/ 〈弖弖弖ii∧ ̄|二二/二二二二二二二二
                 lニニ=-=寸i|二 /: : : : : :./l// ∨/寸弖㌻'/∧__|二ア"⌒'<二二/二二二/
                     |/     ∨ニ{: : :  イ///\__/}三 |___/ ∧_/      \三二二=-〈
                   |      i> '" |'/////////∨><|_彡 /          Y
                 |    /     ∨//// / /∨__/ /           √三二=‐-
                     |   /       `</二/ // ̄ 〉/            √ ̄
                                /¨⌒V 〈' / |'     }         .
                          /   , | ∨ |i  |    /          |_ -===- _
                    |         /    / {/ |i/  /   /          |三二ニ冖=
                  |     /      /   |//  /   ,           √>―=ニ二
                     \_/        /  / /  /    :           √
                               /  / /  /   . :,'           /
                           /__/ /  / |               ,
                             /二==-/  / 八   i          /i
                            _ /二二 7  / 〈 V\ |          ,:/|
                     _ -= /二二_./  /∨ 、:.、/\|            // |
                    _ -=二二/二二_./  /二:\::\\::|        /三二ニ冖===─---
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| で、それから時間が数分と経たない頃。
| トラップや獣に足を取られるということもなく、あっさり再合流を果たした三人。
| 少なくとも生活音のしない木のうろの存在を確認しながら、二人がシノンに状況の確認をとれば、
| まっすぐ、彼女は弓を向けている先を指さしてくる。
┗───────────────────────────────────────┛
1616 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/05/26(金) 22:31:30.33 ID:N0BcW3bQ
このまま見せ場なくアサシネイトか狙撃されちゃうのかしら推定ナズーリンは
1617 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/05/26(金) 22:31:33.79 ID:9hlI6VFK
                  __
                 /::::::::::::\
 ,. -─- 、  _,,, --─--/::::::/ ̄\::::ヽ
´::::::::::::::::::::ヾ   `    ´ ̄`ヽ、   |::::::!
:::::::/ ̄ヽ;;ァ'-           \,/::::/                                      ほら、あの通り > シノン
::::::|  /             ヽ     ヾ
:::::::\/   /    / ,     ',   ',   ',
\:::::::! //   i  | i    i i_|_ i ', 八    うえぇ、相変わらず面倒な……
 / ̄| リ    ,ィニニヾ    イ‐l''| |  l i \
 ! ノイ |  / / l  ハ ',   /リ‐j_L/! .ハ ''<´   やっぱり水辺に引っ越そうか……
ノ ノ   ノ .ノ! |リ∠ _|人 (/. ィ´l」゙j〉 /    \
イ  ∠=イ人 <1´ヽ}`  `  弋,ノ イ /  i ヽ  ', いやでもあれ以上に住みやすさと望遠性を備えた木は
〈   ! i   ヘ)ゝ-'      '   人(  リ ', .〉、ノ
ハ  |  ',   \     r=;  ./  i  ノ /)'   川辺にだってそうそう……
  )  ハ  ヽ    ト ..,,_,,.ィ'' ⌒''ヽハ/\(
 ノノ  Y\ヽ>、,リ`'''=--rt'j,〉     \
ヽ    /´   、`'''=‐-f'ヾ \     ',                                       お、おう…… >>
::::',   /      \   ', ',、 \  / i、
:::::| /!        ヽ  ', ',::ヽ ヽ  / ヽ
:::/ 〈 ハ           ', ',:::::', ', /   \
::i  \ \            i .i:::oヘ/:', i     ヽ
::l    ヽ=r、        」,,,」::|;:\::::::',ノ     ヽ
:::',     {:::ヾ'ー--─'''"´',::::::::::\;:|:::::::',____\__
::::::',     ヽ:::', ',      ヽ:::::::::::`:::/         /|
ヽ:::::ヽ   <:::::::', ヽ      \:::::/             /  |
 \:::::\/:::::::::::i  \      Y  ポリタンク  /   |
   \/:::::::::::::::::',    `'''     〉       /   ./
   /:::::::::::::::::::::::::',        /______/   /
  ./::::::::::::::::::::::::::::::',____,,,,..=''"〉         |   /
 /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::人__,,,/\     ..|  /:\
/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|    ヽ_〉      .|/:::::::::::::ヽ
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ-‐-‐--' ̄ ̄ ̄`゙::::::::::::::::::::::::\
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| シノンに示されるまま、その方向へ視線を向ければ、嗚呼……
| 確かにシノンの言っていた通り、そこには小さな人影が一つ。
| さすがに距離があるなと双眼鏡で改めてその影を見てみれば、
| 確かに両手でタンクを抱えており、とても戦闘態勢になんて見えやしない。
| いや、こんな森に棲んでいるのだから、最低限の自衛装備は持っているのだろうが……
| ともあれ、全く絶好の奇襲日和というわけである。
┗───────────────────────────────────────┛
1618 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/05/26(金) 22:38:59.89 ID:VHpRrOoa
独り言がカナシス(´・ω・`)
1619 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/05/26(金) 22:41:28.60 ID:9hlI6VFK
                 ̄ ̄ ̄
           ./              \
            /  /        / ハ     \
         /  '  ./   ./ / Ⅵ  ハ     ……なんというか、過度に労することはないだろうけど、
         i  .!  」_ ||  .,!/   | ! .! !   .!
         |  |  |7iハト/.||  /|ハ |_L  .|  こうもあっけなさげだと、こう……もにょるな。
         |  |  |zi!z|ト、i!/  j'七f T   |
         |  |  |{三三.}   7うiY},|  /:\                                 ああ、うん…… >>
         |  |  |入三フ   .〈zン //  /:_:_:_:\
         |  |  ト、          u 〃  /´ ̄`: : :ヽ ……で、どうするあれ?
         | .从 八 iト...   ‘’  _イ_|   |: : : : : : : :ノ
         |/ |. \ \zz.≧f´ヽ\ !   !: : : : : /  なんか、排除……殺害どころか、
         /  |_」´:\ \L! |: : : \| .人: : :/
        ./   ,f廴__ i\ \ハ: :.≦入.  \      捕縛すらできそうなんだが。
       / /: :`¨¨アヘー\ Yi: : : :7/\   \
      ./  i: : : : :<<: : ∧   ハ | !: : //: /ハ\   ヽ              ……手錠はないけど、ロープなら持ってるよ > シャナ
      /   {: : : : : ヽ\:.∧   }! |: //: // .{  \  i
     ./   ハ: : : : : : :ヽ\∧ j! レ./: :/∧.八   ヽ|  お、おう……
    /   /: :: : : : : : : : :ヽ\i  レ: ://: :ノ{  \   }|
   ./   ∧: : : : : : : : : : : : Y|  [iレ/: イ ト、  \_j!
   /    .廴\: : : : : : : : : : :.||  [|/: : :|  ! \   \
  ./      iヽ\_.⊥____」|   ||: : : 〉.∧  \  ヽ
 /       .|: :\_. ィ⌒ー―i|YrヘY||:./ト、  \  \  ',
./        |: : : : : :|ー=: : : :||^`´^.||: : ノ: i   \  ヽ i
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 武器の攻撃力が発達していった現代では、戦車のような格別の装甲を持った金属塊なら
| ともかくとして、先制攻撃を仕掛けた側が一瞬で戦闘を終結させることすらありうる。
| 故に現代戦では情報こそが最重要であり、索敵もまたその最重要事項の一端であり云々……。
| などという戯言はともかくとして、現在シャナたちは、
| まさにその勝負を決める先制攻撃のチャンスにある。
| この距離からでも、シノンの弓やシャナの選抜小銃なら、
| 気付かれる前に仕留めることすら可能だろう。……そんな状況に、今一行は立っている。
| ともすれば、捕縛のような、さらなるものを望めるほどの。
┗───────────────────────────────────────┛
1620 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/05/26(金) 22:44:16.15 ID:Eny33J8R
ロープか・・・猟師の所みたくスキル付くかな
1621 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/05/26(金) 22:46:39.45 ID:z7PgEdnj
……亀甲縛り(ボソッ
1622 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/05/26(金) 22:47:43.27 ID:9hlI6VFK
                           _
                 /¨\      / |
                   |  ∧ -‐‐-   / |
                | |   /   _ \ \|       実際、これはどうしたものかしら、リーダー?
                   | /   | / \ ヽ \
                ∧∨   | ―  \}-〈⌒                                        ……私? > シャナ
               / 八| | |i 人ィ芯   圷 ゝ
             |  \|从  \   ' V、__    ええ、マンハントは一番得意そうだし……
             |八|   \⌒ア(  っ /Yx<'⌒\
               \(\〕>=へ_/ /  \`<__ 私が見付けられたのも、シャナが目星をつけてくれたからだし。
                   〕=人___ `<_ > ., \__〕
                  /::/'" ̄\<:::{___>--/           今更なリーダー決定だけど、異存はないなぁ…… > チンク
                  ::::      |\〉::}___}_/
                    |_::|______√:∧ ̄ ̄    それでどうするの?
                   ∨|ニニニ=|: //∧
                      、|    |/ニ=-       狙撃で殺せと言われたら、頭蓋を撃ち抜く自信はあるし、
                    |     |_    }
                         |     ̄::::\_{      動きを止めろと言われたら、足を撃ち抜く自信もあるわよ?
                        |   |==匕/{
                      } {  | ̄:/⌒\              {⌒\                  あー、うん…… > シャナ
                       |ニニ:/ 〉===ュ             :.
                        {   }二/ /ZZZZ{                  }
                      /.:    / / / ̄ ̄ ̄〉                }  }
_\                /::::}   { / /----<:::::\               ,
Y |                //::}__.:/ /\::::::::::::::\:::::\          /   ,
.\ ``~、、          /:::〈/}ニニ{' /.:.:.:.:\::::::::::::: \:::::\             /
  ``~、、``~、、_  //|: / ノニニV`<⌒ 〈 ::::::::::::::::::\:::::\    /  ,
      ``~、、∨/ 〉コ/ /〉―― ミ} {/〉 ∨/: \::::::::: \:::::\ ,/  /
           L イ::: / //〈rvrr㍉::〈/ / 〉r―r㍉:: \___:/  /
          /.:::::::::/ /~:::: 〉---ヘ::/ /--ム/人_ ̄       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
         /:::::::::::: / /::// ∥/ // / -=ニ二ニ=-‐   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| さて、そんなとんとん拍子に進みすぎな感もある状況で、
| 唐突にリーダーに任命されて、そして意見を求められてしまった。
| まあ確かに、対人捜索や捕縛の場面で、情報部として素人に劣るつもりはないが……
| さて、あれの排除とはどうしたものか、少しばかりまじめに考えてみようか。
┗───────────────────────────────────────┛
1623 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/05/26(金) 22:52:02.88 ID:ggb4wIDj
どうなっかなぁ…
1624 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/05/26(金) 22:53:13.55 ID:RHJXleRx
今回の任務ってそもそも捕縛の方が良いのか、殺害の方が良いのか明確だっけ?
1625 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/05/26(金) 22:56:59.87 ID:5Ch9wpTU
まあ生け捕りの方が襲撃してぶんどった物資の場所とか吐かせられるからいいんでね
1626 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/05/26(金) 22:59:05.75 ID:9hlI6VFK
                /⌒\
                ({
                >.....----......、
              ,..::´::::,.:-、:::::::::::::::::::`ヽ、       まず第一に、クライアントの意向。
             .::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ    求められているのは確実な排除であり、捕縛ではない。
            /:::::/::/::::/:::::::::::、::⌒\:::::::::'..   かといって、その方策を殺害に限定されているわけでもない。
            .':::::/::/::/:{::::::::::}::::V::ヽ::::\::::l
              .::::/::/{-l、∧:::::∧,-}--::\::::\    そして第二に、行動の可不可。
          .'::::/イ::|ィ雫ミ从{ ィ雫ミ、::::、\`}l.   この状況からの殺害は極めて容易。二の矢三の矢も用意できる。
           /::イ|(|::从Vzリ  \ Vzリ |::::|\〉.   対する捕縛は……こちらも十分可能。
           ,:::::/ | |::圦    '    ム::::|:|:::::::{.   包囲を敷くのも、狙撃で足のみを止めるのも十分可能。
        /::::/イ´{:::::个   ´ `   个l::::}\:::::|  (なんなら、私が【縮地】で即座に背後を取って、シノンに二の矢を任せてもいい)
         /::イニニ:::::::{ニニl≧=≦|ニl} l::::|ニ>、
       ,:::::イ >、ニ}::::}ニニrノ     乂ニ} l::::}/⌒!   そして第三、行動の結果得られるもの。
        // /:::::::>::::|ニ{ ´ ̄ ̄`/ }ニ}::::|- 、::::|  殺害であれば端的だ、クライアントから討伐報酬。
     /'   /:::::/ニ|::::|ニ|: :∨= ∨: :|ニl::::|ニム::   そして捕縛は……ターゲットから加えて、情報なんかも引き出せるな。
         ,:::::::ムニl}::::}ニ}、: :∨∨: : |ニl::::|ニニム:|   盗品の隠し場所であるとか、仲間はいるのかであるとか。
          {:::::/ニニ|::::{「 ̄`ヽr--r<⌒ヽ::}ニニ:}
          |:::,ニニニ|::::|乂 -=乂_」=-  ノリ!ニニ:
          |::〈ニニニl从::}ニ乂_ノ |: :|\/ \}ニニ}
          |::::}ニニ}ニリニニ|\ }:\   /⌒>ニ
          |::::|ニニ}ニニニ} ` | : : |\{ニニ∨ニム
          |::::|ニニ|ニニニ|\_」: :()}ニニニニ\ニ}
          |::::|ニニ|ニニニ∧ : : : : ∧ニニニニニ≧==--
          |::::|ニニ}ニニニニ}----':イ\ニニニニニニニニ≧=-
        ∨ニニ|ニニニニ|: : : : : :(_):|:\ニニニニニニニニニニ> 、
         /ニニニ/ニニニニ| : : : : : : : ∨: \ニニニニニニニニニニニ> 、
          {ニニ/ニニニニニ| : : : : : : : : ∨: : \ニニニニニニニニニニニニ\
         |ニニ/ニニニニニ}: : : : : : : : (_)V: : : :\ニニニニニニニニニニニニニヽ
         |ニ,'ニニニニニニ|: : : : : : : : : : : }: : : : : :\ニニニニニニニニニニニニム
          T/二二二ニニニ|: : : : : : : : : : : |: : : : : : :_:∨ニニニニニニニニニニニニ}
           /二二二ニニニ|__:_: : :___」-r---´__:∧ニニニニニニニニニニニニ|
        /ニニニニニニニ}_|ニl____|二ニニニ∨ニニニニニニニニニニ∨
         /ニニニニニニニニム:: |ニ|:::::::::::::::::::::|二ニニニニ}ニニニニニニニニニニ/
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| さてそういうわけで、この巡りまわってきた絶好の機会。
| 冷静に、ただただ論理的に、殺害と捕縛、二つの選択肢についてメリットデメリットを論じてみる。
| 結果は……多少は面倒であり、若干の厄介ごとは増えるが、
| 下手をすればその厄介ごとの難易度を下げる可能性や、さらなる成果を得られる可能性を示す。
| ……捕縛を狙う価値というのは、十分にあるものであろう。
┗───────────────────────────────────────┛
1627 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/05/26(金) 23:02:08.43 ID:bcy9WIl2
捕縛ありやな
1628 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/05/26(金) 23:06:08.84 ID:9hlI6VFK
               ,イ                 ヽ
          /              、   ヘ
         /        ,イ ヽ  ヽ   ',    ハ
            / ,イ_/ ,イ ,/ ! ト、xr=≦ト   !      ……なるほど、つまり捕縛は。
          i i ,F≧xr=-i{/l/≠笊ミァ ,!   l    i
          | .! |i ,Ⅶililiヾ ` / ん:::::ら Ⅵ   ト、   |                 人道的な面を度外視しても、やる価値はある > シャナ
          |  !从{ilililililiリ   う::::::::リ .!   l/   .|
          |  レ' ゞililiフ    ゞ-‐´  l   .!    |  まあたしかに、情報を聞き出せるかもと聞くとな……
         |    ∧   ヽ        .l   .l     !
         |     _入  __r_=__    ,.!   !___」_  それらを踏まえたうえで、どうする?
         |  ,>´ : :ゞ,´z-_―´, イ l     i!  ̄ ̄∥
         | < : : : : : :,/´二 <´r=i l    リ    ∥                                    ……そうだね > シャナ
         |  \: : : :´    ´/.i_ ノ.l   / /  ̄ `ヽ
         |     iヾ _|    i∪  l   /  '        ヘ
         |  ,/   ,!     |-‐.´l  /         ヘ
         |. /    / }     /   | /ヽ、          ヘ
         !/.    《/ \   i   {'  》             ヽ
        /     / \ \/   li ,彳            \_
       ∧    /    \ /    li"                / 〉
       ゞ ` ─-/       /     lL               , イ /
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| さてそういうわけで、捕縛と殺害に関する事情は、大体こんなものだ。
| それらの情報を二人に対しても明かしたうえで、今回選択するべき処遇は……
┗───────────────────────────────────────┛


   ▼ 選択安価 ↓1~3 1D100を添えて、最も数字の大きい選択肢。
      さて、この場でとるべき選択は……(上ほど成功率高し)

   1) 目先のリスクを取ろう、殺害し、排除する。
   2) シノンを含め、二人にESPを明かすのにいい機会だ……ESPを使い捕縛。
   3) 通常の手段でもって、あのネズミを捕縛しよう。

1629 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/05/26(金) 23:06:39.65 ID:yBwQiRHy
2 【1D100:47】
1630 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/05/26(金) 23:06:58.09 ID:8KtnaRNG
【1D100:82
2!
1631 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/05/26(金) 23:07:18.29 ID:BT6IAqlw
【1D100:8】
1632 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/05/26(金) 23:08:38.10 ID:9hlI6VFK
みんなシノンさん好きやね……やはり貧乳はいいものだ。
というわけで了解了解、しばしお待ちを……
1633 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/05/26(金) 23:10:19.93 ID:yBwQiRHy
巨乳より貧乳の方が戦闘向きだからね
1634 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/05/26(金) 23:15:43.45 ID:e+ObH9on
どっちも愛で(ry
貧乳はステータスだ!希少価値だ!(死語
1635 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/05/26(金) 23:16:13.27 ID:9hlI6VFK
                          /\二二}       ____       } }
                       /\__/   _,....::::´::::::::::::::::::::`¨¨:ヽ、 _//
                        /二二二/ ,..:::´::::::::::::::::::::_:::::::::::::::::--二-'、
                         /二二二///:::::::::::::,..:'´::::::::::::::::::::::::::::::-:::、::`ヽ、   ……まあここまでの仕事で、大よそ人となりは読めた。
             ,'⌒!    /二二二/´/::::::::::::/::::::::::::::::_,..::::::::::::::::::::::::}:::::::::::::\
              }  l!     /二二二/::,:'::::::::::::/:::::/:::::/:::::::,.:',.イ:::::::::/|::::::::::::::、::':,                         ん、どういう意味だ、シャナ? > チンク
               /  ノ  _,. /二二二/::/::::::::::::/:::::/::::://::イ::/ /:::::::::/::i|{:::::.::::::::::.、::.
         ,. -―'   {-'´ /二二二/::/:::::/::/ /:::::圦≧、\::::/ イ:::::::::'}:::::|l!::::!:::::::::!',マ{ 二人に、ESPを見せてもいいと思った。
        , - ´      |  /二二二/::':::://::/:イ:::::/ んヒ心}ト/' /:::://::::/:|::::|:::::::::|ハ リ
   ,.  ´          ,:  /二二二//::/::::,/::::::: {/、__之こツ  //  { ,イ|:/::::l.:::::::::! i|   それと、あれは捕縛しようと決めた……そういう意味だ。
  / _,. - 、,   ヽ、__ノヽ/二二二//::/イ/::::::: ////////〉     /´ ィ升}〉/':|::::/}:::::/} リ
 ー ´   /   i     /二二二/、{.::| \ヽ、:::::\//////      込ツ イ:::::|/ /:イ /                    あら、性格診断とかされてたのかしら? > シノン
      /  _,.., ヽ   /二二二/  |::i!   \> 、::\///、   - `  ,:':::|_/::`ヽ
    /,イ  ̄`ヽ、___,/二二二/   ,::|    ヽ//`ヽ〉/! /\___,...... イ:::::::! | `ヽ::::ヽ  ……まあ、ESPの実物を見せていいか、
.   /〈\_)\_} Y/二二二/    ,i!     \//// 〉{//|///////{:::::::::八   }::::::.
   {_ノ\__ハ!__r{  /\__/>、___人{        \//{\_/////// /:::::::/  \ |:::::::!  図ってた部分はあるな。
       {_L_ \\___,/ \    リ      {:マ ̄: | ̄!:{/////:::::/    /:::::/
           \\_ \_)\〈 \__ノ        \: : :.| j!: : :}//`ヽ{_      /::/    内心試してたのは、謝る。ごめん。
         /\_\___ \ /}|        / ̄二ヽ/:_:_∧/////∧  , /
           /\____,\_ー _,ノ|         {     {/⌒ヽ \/////〉 /
        /   /:::::::::/ /::: ̄::::/        /\__/    〉 }/// /
.       /   /:::::::::// :::::::::::::::/    _/     /|    / ////、
      /   /:::::::::/'::::::::::::::::::/    /           八 / \//  `ヽ、
.     /   /:::::::::/:::::::::,::: ¨´       \      / Ⅳ:::::::::::::`´\     ヽ
.      /   /:::::::::/::::,.イ          \__/   l{:::::::::::::::::::::::::::::、    \
     /   /::::::::://: : !                      /:::::::::::::::::::::::::::::::::\    ヽ
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| まあここまでの間、一緒に森を探索して……そのうえで、チンクにも、シノンにも、
| 保有しているESP……空間に干渉する転移系ESP【縮地】を、実際に見せても、いいと思えた。
| であれば実物を見せるにもちょうどよし、情報を聞き出す意図からも、
| ターゲットは捕縛することにしよう。……そう決定して、口を開く。
| 最後には、謝罪の言葉も載せて。
┗───────────────────────────────────────┛
1636 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/05/26(金) 23:20:35.11 ID:6n+9EcM5
しかたないよね…
1637 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/05/26(金) 23:26:32.45 ID:9hlI6VFK
                         ,.. ‐,..一i(
.           )iー- ..,_     __ _,...._/  /   i(
           )i \  >      _  `ヾ、  i(
              )i   ヤ´   /     \  `、 i(`、
           )i /    /    ',   ヽ  ',i( `、     ま、あんまり知られたくないって、事前に聞いてたしね。
         ー=彳     ;′     :     :::  i(   >
             ′     i{       |     '    ::  乂_   少しだけ思うところがないではないけど、
            ノ      八     ト ,,..- |   } (⌒
.           ⌒j     |‐-\   |´\  | :′j!  〉    合格点をくれたっていうなら、それで許してあげましょう。
           | |:!  | __ \ | __\: / ハj(_
           | l从  ,ィ炊い  \| ‐≠彡}/)ノ  }(⌒                         やっぱり、甘いな、シノンも > シャナ
            jハ|-\{ 乂ソ     :.:. /-_   八
           /  -_ ヽ :.:.:  `    ,  乂-_/  `     見せたくないものを明かすシャナには言われたくないわ。
               \ -_八込    ー '"  イ に)
            r‐_に´  `` >  ___ / 〈人〉}ー_--..、   ねえ、チンク?
             / /      j从人}___r/  丿⌒\_ -=ミ
.          /   /      _ _  ィ(⌒/  /    /   \              まあ、シャナが甘いのは今更だしなぁ > チンク
          /  /    , //-/  |_/j_/ \_/  ......:::::::::〉                (もらった単分子ナイフ眺めつつ)
.         /⌒´/´)  γ''"  ̄ 》‐_-_ _ _  ヽ__l||.....::::::::_:::::::</
        て \ _} (  /{__ ,ィ/⌒i>‐-,‐〈__〉‐_‐_-_-_` /_
.         ) ),__ )r‐7  ̄ ̄  ̄  /___\_ー:::\_- ,,_    〉    それでシャナ、具体的にはどうするのかしら?
.         〉 --‐ う/     _, -‐や¨´\|-_|-_=ミ _/  \  ‐-..\
.          乂_´イ:/ . . . て/'"   \-_-j-_;-_-_/-} ̄¨¨  ー-、-...、  さっき言った通り、足を射抜くならやってあげるわよ?
         /_-_-:/ {: :l: : :/ /7    >''": : >-<         /  \
       /_-_-_;' 八: |: :ゝイ : / /7 /: : : : : : : : :Υ/:``~、、/     〉                         ……いや > シャナ
     / `ー‐´/ /ヽ: : : : : / // /: : : : ___彡' ||::::::::::::/       /
.    /      / __ }: : : : :ゝ' ゝ' : :/-_-_-_ / 八:::::::::|l        /
.     {   _、‐''゛      __∧: : : : : : : :/:::::::::..-_-_〉   \:::||   _,,.、丶´
.     `¨¨´       / /二二彡'/ ::::\:::::::Y        ̄ ̄
                ∥∥____  ∥  :::::::::、:::::,
              厂 ̄_,....___ ̄ - _\::::\l
           / ̄/ /-_/=- -_-_-〕iト、 _‐-._:::}
.          /-_-| |==|__-_-_-_-/ /-_-__\
        厂 ̄ _ -‐/ ̄|-|-〕iト __ - -_-_-l ト、
      / ̄  :::::::/-_-_|-|-_-_-/, \ ̄~''< |-l
     /   ..:::::::::/ _-_-_|-|-_-_-_/, ::::: ̄ ‐-/,
    /    .::::::::::,:'-_-_-_-L -_-_-_-/, ::::::::::::   \
. /   .::::::::::/-_-_-_-_-_-_-_-_-_-/,  :::::::::::     \
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| まあそういうわけで、作戦前に謝罪が必要な真似をやらかしてしまったわけだが……
| ああ、やはりというべきか、二人とも、友好的な相手には甘い部類に入るようだ。
| 別段空気を害することも、気分を害した様子もなく、
| 笑いながら「むしろシャナのほうが甘いじゃないかと」言ってくる。
| ……こちらは計算の上で物事を回しているというのに、解せぬ。
| ともあれ、無事に作戦には取り掛かれそうで何より。シノンからの問いに首を振ってこたえる。
┗───────────────────────────────────────┛
1638 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/05/26(金) 23:28:20.00 ID:SPwtTDu9
計算(気を許した相手にはだだ甘な)
1639 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/05/26(金) 23:29:38.19 ID:9hlI6VFK
シャナ「き、気を許すまでに計算しまくってるから……(震え声)」
1640 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/05/26(金) 23:30:53.29 ID:kp63kBoE
この依頼作り主「仕事より今帰宅。敵含めて貧乳ばっかで最高だぜスレ主! 」
1641 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/05/26(金) 23:37:30.65 ID:9hlI6VFK
                                                      ____
                                                        ´ ヽ:.:)
                                                       __/イ_
                                                    ,. .:.:´:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ、
                                 私が接近して、取り押さえる。     /:.:.:,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.、:.:.:.:.
                                                  /:,:.:.:./:.:. :.|:.:.:.、:、:.:.:.ヽ:.:.\
               射撃支援は不要、痛みで叫ばれて仲間がいたら事だ。    /イ:.:.: |:./:.l:.|:.:.:.:ト:.\:.:.:∨:.:.\
                                                    / !:.:.:.:|:.!ト!{!∨:.:|/、}、:.:.|:.:.:.:.:.:.:...、
   シノン < ええ、了解。それじゃあ私はバックアップかしら?           .{  |:!:.:.:{/ィ≧、\}イ笊アⅥ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
                                                 从:.:.ム 込ソ ,  `¨__|:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ、
                    うん……私が逃がしたら、二の矢をお願い。  ///:.\〉:.    _   {///\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
                                                ∨/:.:.://!//≧=- イ|/////:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
                チンクもそれとなく、慎重に回り込んでバックアップで。    .〉:.:.///|/-:r:ノ  /|///イ_:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
                                                //!:.:{/////: :|⌒ヽ{:.!/イ// \:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
   チンク < ああ、せいぜい罠に気を付けて行こう。                  ///|:.:|////\:{: /: :|:.|/////⌒}:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
                                             _,.イ///从{//-‐-∨イ ト:∨/ /////|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
                                            _/////////,{  ィ{ }-、 {/\/{/////ト、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
                                        ,..イ////////////!{  ,.〉-ト、_|////|///////ハ:.:.:.:.:.:.:.:.:.
                                      /´ ̄ ̄ ̄ ̄: /////|ノ∨´ |: :|  }Ⅵ/ ∧///////|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
                                       _,{: : : : : : : : ,. .イ//////〈   / : |   ∨//∧/////∧:.:.:.:.:.:.:.:.:
                                   _<\\: : : :///////////}:ヽ__,/: : :|_,.-、__∨///ヽ/////ヽ- 、:.:.:.:.
                                     ,ィ/   \/´ ̄//////////〈: : {: : : : : : :/ : : : : ∨////\//////`ヽ:.
                                 {({>__,.////////////////// }--`__:/: : : : ノ∨///// \///////
                                ,. ´>\_ソ }//////////////////: : /: : : : : : |`¨¨:´: : :i∨///////\////
                              , <,  ´      |/////////////////: : /:(): : : :.:()|: : : : : : :.{: \////////\//
                        ,..<,.. ´        ////////////////: : :/: : : : : : : : |: :: : : : : : }: : :\//////////
                     , <,  ´          '//!/////////// : : : /: r,: : : : : : : :,: : : : : : :〈_: : : : \////////
                     , <> ´            ///!/////////\ ̄ |`ヽ:ゝ': : : : : (): :}: : : : : : : : :}二二ノ\//////
                , <>´               '///!///////////// |   \: : : : : : : |、: : : : : : : :_}   iイ/ \////
              , <>´                ////!//////////////{     `¨¨ T ¨´ ` ー‐  T', _,}////\//
            ,.イ> ´                      ,'/// |//////////////iト、___,..ム、_     _,...ィ| `¨/////// \
            , < '´                     |////|////////////// {/////////∧/ ̄ ̄´/// |////////////
        ,.. > ´                            |////|///////////////!//////////}:./////////{////////////
      ,.イ '´                            |////|///////////////|//////////|∨////////!////////////
    /                             |////|///////////////|//////////|∧////////{////////////
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 足止めも、支援も不要。対象はいまだ肉眼で視認しうる範疇に居り、
| であれば【縮地】の行使に何ら支障はない。
| 安全策で行くのならば、保険の二の矢を番えたまま、シノンにはそのまま待機してもらい、
| チンクは可能な限り前方へ回り込んでもらい……
| そもそもの話として、シャナが一瞬でけりをつける。それが捕縛へ向けた、最善策だ。
┗───────────────────────────────────────┛
1642 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/05/26(金) 23:41:58.01 ID:nv5EYwKJ
うーんこのオーバーキル感
1643 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/05/26(金) 23:46:10.03 ID:9hlI6VFK
             /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`丶、       /
    ___     ,:':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:_≧== '´
 ,.ィ//////> 、/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ、                   さて……それじゃあ、始めようか。
 \//////// /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ、:.:.:.:.:.:.\__r--- 、-、_,.--=--、,.....__
   ∨///// イ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:、:.:.:.:.、:.:.:.:.`ヽ:.:.:.、:.\//`ヽ、/∧    ,. -―'                了解。ESPについて、注意点は? > シノン
.    ∨/////|:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.|:.:.:.、:.:.:.:.:.:.:.:.',:.:.:.\:.:.:.:.:.':,:.:.\:.∨///}//ム __..._`ヽ
     ∨////|:.:.:.:.:.://:.:.:.:.:.:..:/:.:.::/!:.:.:.:.\:.:.:.:.:.::.:.\:.:.:/:.:.',',:.} `、∨//|///}´    ¨´    ……急に消えるけど驚かないでほしい、かな。
      }/////':. |:.:/:,イ:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:./ ∨:.:.: 、:.:.:.:.:.: |:.i /、:.:.:.:.:}:.:.}:.:|//}/> ´ ̄                   ,....:::
      |////:.|:.::|/イ:.':.:.:.:.,:.:.:/:-:.:/-、 \:.:. ト:.:.:.:.:.:| }/,.ィミ>:.:.:.ト、:i:.:|//                       ,....::::´:::::::          ……? まあ善処するわ > シノン
      |///:.:.':.:.:|:.:.:.:|:.:.:./:.:// {:/ _\ヽ:.| ∨:.:.:|リィ刈 / }ヽ:.!:.:从!´      __   __       ,...:::´::::::::::::::::::::
      }/:.,./:.:.:.{:.:.:.:{:.:/:.:./ト  ィチ羊≧ミ、} ∨:.:}イヒjリ  ハ:.:.:|:/リ ゝ  , ´     >:::xィ:、  ,....::::´:::::::::::::::::::::::: :
   /:.://:.:.:.:.:マ:.:.∨:.:/{:.:.:\< 比j刈    }:/ 之ソ  {∧:./:.:.`ヽ、/      / `ー'..:::´:::::::::::::::::::::::::::::::,   ´
  /:.:,. ' /:.:.:.:.:.:.:.マ:.:.:Ⅳ ヽ:.:.:.:ヽ弋こソ    /     ;//\_:.:.:./`丶、___/,....:::::´::::::::::::::::::::::::::_..   ´
/:.:/  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.\ー-\:.:.:}           '   人/////.:.:.:.:.:.:.:.:.:>::::´::::::::::::::::::::::::::_   ´
:.:/  ,.::':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:',:.:.:.:ヽ///≧- 、__    ,._ィ  ///////{:.:.:.:.:.::>:::::::::::::::::::::::::::::_,   ´
´  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.//ム:.:.:.:.::.∨////////\   /////////」>:::´:::::::::::::::::::_   ´             _,.... -
,..イ:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:////}:.|ヽ:.:.:.∨/////////}`i¨´:::\///>::::´::::::::::::::::_    ´           _..    ´
:.:.:.:.イ:.:.:.:.:.:.:.,.ィ//////://∧:.:.:}/二,.ィノ⌒\-!:::::}i/>::´:::::::::::::_    ´           _..   ´
 ̄:.:.:.:.:.:.:.:/// ̄ ̄`ヽ///}:./ /ィ⌒!{  マム>::::´:::::::::::,..  ´          _,.. r  ´
__:.:///////////r‐ ´ ̄/ /}(_ノi 人>//:::_.. -  ´        _,...  -rr≦///\
     /////////_,ノ   / /r- , / //// '´        _,.   ≦----、//////////\
     {////////ノ  、  Ⅵ { {/ノ { i{// {   _,...  ≦ ´--= ´       \/////////∧
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| さて……ともあれこれで、大よその作戦準備は整ったはずだ。
| あとやるべきは、ターゲットの制圧……刀で脅しつけるのでも、
| 格闘術で物理的に黙らせるのでも、どちらでもいい。
| 一瞬で背後を取ってやれば、あのタンクを抱えた姿だ、反応はまず間に合うまい。
| ……さあ、行こうか。
┗───────────────────────────────────────┛


   ▼ 奇襲判定 1D100+刀剣(30)+潜入/隠密(15) 目標値:85

   ↓1~3 【縮地】を利用した接近・制圧について自由記述
   ↓3    ダイス採用

1644 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/05/26(金) 23:49:32.65 ID:xhHTRA4t
【1D100:61】
いつも通り背後を取る方法で
下手に抵抗されると面倒だ昏倒させてしまおう
半ミュの感覚で察知されてしまっても相手は剣術に関しては素人だ 手足の一本や二本は斬ってしまおう
1645 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/05/26(金) 23:54:19.92 ID:5Ch9wpTU
【1D100:90】
剣術もあるし対人用テーザーガンもある
油断し切った相手の意識を刈り取るのは容易だ
さっさと縮地で距離を詰めて片付けよう
1646 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/05/26(金) 23:55:19.12 ID:kp63kBoE
縮地で背後に接近し、テーザーガンで気絶させる。
もう一回縮地で前に回り、倒れるときに音がしないよう体とタンクを支えて静かに下ろす。
自分も感電しないように注意。ゴム手袋とかあったけ?


【1D100:74
1648 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/05/26(金) 23:57:39.22 ID:BwmlkC+C
ダイス神「ワシの本気を見ろ」
1649 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/05/26(金) 23:58:03.26 ID:9hlI6VFK
えーっと、74+安価+特性込みの技能値だから……おぅっふ……ダイス神!!!!


そしてみんなの安価を見て、「あ、そういやテーザーガンとかも持ってたっけ」と今更思い出すスレ主(ぉぃ
1650 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/05/27(土) 00:01:06.91 ID:KNqIZz5K
  ダイス【74】+安価【30】+特技【65】 > 80 ダブルスコア!

                     l:
                     |!
                     .│il!li!i
                 .| l|i│il!li!i│    | i|    それじゃあ……少し、出かけてくる。
                  ..i| l|i│il!li!i│i
                  .li| l|i│il!li!i│il  |                                  おう!? > チンク
           :l   !li| l|i│il!li!i│il  |i
            i|   !li| l|i│il!li!i│il  |i!   |
      | i|  !i|   !li| l|i│il!li!i│il  |i!   l:       _
          !i|   !li| l|i│il!ll!i│il  |i!   |!     .|/|
            i|   !li| l|i│il!ll!i│il  |i!   l:      |/|
            i|   !li| l|i│il!ll!i│il  |i!   l:      |/l___     __  ___
           :l   !li| l|i│il!ll!i│il  |i!   |       .|/////〉   l///l ///
                  .li| l|i│il!ll!i│il  |i           |/i  ̄       ̄ /// _      __
                  ..i| l|i│il!ll!i│il  |          V         <//ノ  l//l _   |/|
                 .| l|i│il!ll!i│i                              ̄ l//l  |/|
                     .│il!ll!i│        | i|                      ̄   V
                      l!i                                       l7l
                      l
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| その行いに、気負うべきことなど何もない。
| 情報部時代から、何度もやってきた対人戦術の基本……【縮地】でもって距離をゼロに。
| そのうえで問答無用に背後を取って、優勢の状態から奇襲の一撃を入れる……
| 今更相手が半ミュータントだからと気負う必要はまるでなく、ただ粛々とこなすだけ。
| だから、一歩踏み出し、掻き消えるための歩みに、まるでためらいはなかった。
┗───────────────────────────────────────┛
1651 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/05/27(土) 00:02:31.99 ID:3m+aVQrj
テーザーガンなかったらナズーリンの口を手で塞いで、尻にナイフ刺してグリグリを提案してた
1652 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/05/27(土) 00:03:22.37 ID:9NPX7vlC
>>1651
ヒェッ
1653 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/05/27(土) 00:06:27.01 ID:KNqIZz5K
……うん?
あ、違う、目標値は85だからダブルスコアじゃなかった。
いやまあ「≒ダブルスコア」ではあるが……3足りない。ふむり、まあ気にせず行こうか。
1654 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/05/27(土) 00:06:42.32 ID:KNqIZz5K
`''*s。、\  \     ヽ       |',       、 \*。、     / /|
    ``¨`{ニニ≧s。  }       } %      ∨ \>'"⌒ ./   '.|
       マニニニニヾー  _>"ア .*       ∨イ /     ヽ  i |
         マニニニニム.ー‐--'"   %    _./ //  ./   ヽ{ .ハ  消えるけど驚かないでって、そういうこと……
          マニニニニム         ,    フ //   /{  | i ∨ 、
            マニニニニ:ム        *   7/|/、´! /|/__∨/  }. ∨ ゝ 影も形もないわね。
           マニニニニ:ム       __〉‐、<|/|从沁/ '芍 》/  /、、∨{``
           マニニニニム_  -== 〈=<ソ‐''Y、 i '  ¨ 'イ>'|/ハY``                    ああ、言われてなければ叫んでいたかも > チンク
       _   -==  ==―  ̄     %`ヾ>' 丶 ー .。*"ア<¨ヽヘ
-==  ̄_ ==―  マニニ=ニニ〉‐<ニニ≧=- 、/-‐\ ̄ヽ": : : :`ヽ `ハ  シャナのESPって、透明化か、
_ =-    γ¨r==‐、‐  ̄        ヾニニニニニヽ  ∨: : 、: :,、/\: rイ
      ′ ヽ    i     . . . . .: : : \ニニニニム  ∨: :}ヽ: :}イ"ー:/   それともテレポートみたいなものかしら?
     从   └― "  .: :_: -=="     マニニニニ}!  }: :/イ‐<: :ヾ`}
       ` ー ァ―― '"´ >'"     ,;    マニニニニ}≦:`':.:.:.:.:.:.:≧s{     隠したくなるのも道理だわ……
          ( : : : : : : /: : : .   .。*"     マニニ/:.:{:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/
           ー- ./: : : : : 。*"        }ニニ/:.%:.:.{:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:′
              丶: : /: : :.    。*'"  }>イ:.:.:*:.:.:{:.:.:.:.>=.ィ′
               `*: : : : : : .。*"    /   }ト、:.%>イ:>‐ y′
                 ゝt‐*''": : : . . 。イム   .》‐ ,‐%<:.}<: : : }
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| それを傍目に眺めていたチンクとシノンが、思わず小声を漏らしたのに、
| 責めれらる者は誰もいるまい。むしろ大声で叫ばなかっただけ、シャナからすれば及第点。
| そして混乱はほんの一瞬、チンクは再び前方へ回り込む慎重な行軍を再開し、
| シノンは弓に番えた矢の狙いを、改めてターゲットへ差し向ける……
┗───────────────────────────────────────┛
1655 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/05/27(土) 00:10:57.09 ID:KNqIZz5K
                          ,,-,,,,、
             ,,,-,,,,―,,,-,,、       /;;;;;>-、\
            /;;;;;> ー― 、;;;;\_ l;;;;;;(   \ヽ
            /;;;;;/         ヾ;;;l ヽ \;;;;l     l;;ヽ
             l;;;;;;;l        ノ''"   `" ̄ ̄ ヽ l;;;;l
               ヾ;;;;\    / / ,      ヽ  ヽ;;;/
           / \;;;;ヽ,_ / /./ /        ` 八
             /     > ;;;;ノ/ / /  /   、\ ヽ \
          l   / /  ̄   / /  /  l、.  \ \ \ `ー _              r‐、
          l  ノ  ヽ  ) ./ /,-┼-、ト、 _二ミ  \___ /`          l/ハ   まあ愚痴ってても仕方ない、
          ,)'    ノ  }´   (  r-,z=ミー‐' ̄ x'ヾト ヽ、二 , イ               l-‐|
         _,'´ /  `  ̄ l \ 、 ヽΥ:::ハ `i′  |:l} 'ハヽ、 ‐ /´               |//|   ともかく今日は水汲みを……
      /    / ( /  ハ   ̄`了ヘ:ゞ::l ノ   ` i   ーニ彡 ´/            j//.|                           ガサリ
       ∨     ヾ   .|   \ 丶  ̄     `  l  `  ー―‐ /       /⌒/
         ∨  、   \ | \__、ヽ _  _,  八   ̄   ー―一/      .////    ……草を踏む音? それも、随分と近い……
        \ \     \ー \ ヽ  `  ,.イ    ー   、_ノ       ////
          |: :`: .ーヾz _ ヽー \ヽ` ーz <、__,人、_, -‐ー―`       .////
       /: : : :/: : : : : : :  ̄`: : : : : : : : :\          _.    ,/、//
.、      .{:_:_: :/: : : : : : : :/ : : : : : : :/ ̄`ヾ ∨       / ,、ヽ,<////
,ll\     .l⌒ヽ : : : : : //:ヽ: : : : /       ヾト----―‐z''/ ////)> '
.\ll\  .└― ): : : : : :´: : : : l: : : /       ∨/////∠/ /-=ニー、
 ...\ll\    ._j: : : : : : : : : : : ': : イ            ヽ ̄ ̄ / /´:.:.:.:.:.人ヽ___
    \ll\イ/∧: : : : : : : : : :/::::!            〉   .l  l:.:.:.:.:.:.:.:.:.゚:.\  /
      \ll\/! '┬- :_:_;/:::::::::::l             /   _l  l__:.:.:.、r‐'’ /
     .//,\ll\ 〈;::::::::::::::::::::::::::::::l            i   r'《   》   `丶_\ /
     .//// \ll\.\::::::::::::::::::::::::::ヽ         l   .| `¨´      ヾ'
     .|///!   {.\ll\i`ヽ、:::::::::::::::::::::',        ∨ V          /
     V/∧ / ,ィ\ll\<//>- 、:::::,          ∨ V        /
z,,_   .∨//ー--‐‐/\ll\/i:i:i:i:i:i ̄i',          iー. _` ー   _...,>'
` '''≒ョzz,ゝ、__//>'~\ll\i:i:i:i:i:i:i:i:i:i,        ';i:i:i:i:i ̄i: ー.....__
     /i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i\ll\i:i:i:i:i:i:i:',        Vi:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i: ̄ir‐┐
  ./i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i\ll\i:i:i:i:i:',        ',i:i:i:i:i:i:i:、i:i:i:i:i:i:i:i:i:/li:}
. /_i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i\ll\i:i:i:',          li:i:i:i:i:i:i:i:\i:i:i:i:i:i:ヽ'i:i/
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| そして、そんなシノンの視線の先にいる、相も変わらずポリタンクを抱えて、
| のんきに森を歩くネズミの半ミュータント。
| 彼女がすぐ近く……それこそ数歩下がっただけの真後ろに、ごく小さな足音を唐突に聞くのと、
┗───────────────────────────────────────┛
1656 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/05/27(土) 00:13:06.59 ID:OxCMCWhR
思考を読めてもどうにもならない間というものがあるのだ!
1657 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/05/27(土) 00:16:00.09 ID:KNqIZz5K
//////////////::/::::::::::::::::::/:::::::.イ:::::::|::::::::::::::::::ヽ.::::/              /   //////////
/////////////::::'::::,:::::::/::::/:/::::l.:{:::::::{::::、:::::::.、:::::∨                /   //////////
////////////{ /::/:::::::/::::/:::|:::::!l::|:::::::|:::::\::::\::/                /   //////////
///////////// イ:::::::/:::::,|::|::{:::::|! |:::::::|::、:::::::ヽ::::/                /   ///////////   シッ!!
//////////////|::::,イ:::::/!|ィ-\:{ Ⅳ::::|  \::::∨ ,               /   /////////////
//////////////|::/,|:::::ハ{ { 示ミ、 \}  /_/                   /   //////////////  (烈破は不要、ただ素早く、一撃で。)
//////////////{//|:::::|::ム 弋リ     ィチ示/ /              /   /////////////
 ̄`丶、////////// jハ {::,八.        弋z/ /             / ///////////////   (返した峰で首筋を叩く!)
     `丶、/////// }|:::::::|\  ´_  ,r/ /              ,: ////////////////
         `ヽ、//////:::::/ イ/>、`ー` {/ /            / //////////////////
          `丶/:://///|:{ ⌒ヽ / /            / ////////////////////           (テレポートの方、だったみたいね) > シノン
           /::/<////i{:|: : : :./ /            / ///////////////////
         /::/ |: : {`ヽ、/∧: :./ /            / ////////_ /´ ̄ ̄
           /::/   |: : :〉   `¨r-/ /            / //////
          从{.    |: : :∨´   / /            / ///>´
            `     |: : : :ヽ  ィ/ /            / /¨ ´
               |: : : : :.〉-/ /            / ∧__
               /: : : : /_,/ /            / /: :}: : : `ー-.、_
             {: : : : : : / /            / /: :/: : : : : : : : : :〉
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| シノンが再び、シャナを視界にとらえること。
| そしてシャナが、峰を前面に向けた軍刀を振り下ろすのは、すべて同時だった。
| ターゲットはいまだ、シャナの存在に気付いてすらおらず、
| 故に意識を刈り取るその一撃から逃れるすべはあらず。
┗───────────────────────────────────────┛
1658 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/05/27(土) 00:24:27.05 ID:KNqIZz5K



.\\             | | |       /       /
..\\\           .| | |        /      /
  \\          | |       /'!     /
    \\..        | |      ./ !    //
     \     |\   |     //| |___
        . \    |  \ |    .// .l_   /
.       ____| |\\/\//  / /
     \  ____|  \/\/ / /  _______
        . \ \            /   ̄ ̄  __     /
.          \ \  __lV 、_  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄― ""   / ―――
           ./  / , >  へ´  ` 、 ̄ ̄         / ――
          /  ///  Y l\    \         く ――――――
.         /  /./    !  \  | ̄         \
        / / //  /! .! l\ \l   ! ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     ..// ..// / ...! l l  \     |       \
      /   //// | .l l l    \   |         \
  ../ /   / /   l ∥l     \ |   ,..-‐‐..-、 \
 .../ /    //     l  .i       `../:::::::::::::::::::へ             ___
                        ./::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ          /::::::::::ヽ
                     /:::::::::::::::::/`ヽ:::::::::::::ヘ-‐二=‐──./::::::::::::::::::::ヽ   がふっ……チュ~~
                     |:::::::::::::::/    ヽ_::-‐´ ̄       ヾ::::::::>、::::::::ヘ
                     |::::::::::ベ    ./             ``ヽ ヘ:::::::::'.        1エネミーダウン。近く範囲内に残敵なし > シャナ
                  __ヽ::::::::::ヘ  ./      ,、 , !、 i、 ,、     ヽ ノ:::::::::i
                 /::::::/::::\:::::::::`ン       .|ヾ弋ニ--、.i!ヘ 、    ヾ::::::::ノ         《お見事、シャナ。叫びも何も聞こえなかったわ》 > シノン
                 /:::::::::::i!:::::::::::::`‐、::/      .ヽ、|  `  ̄`゙` ,'‐- 、    ,ニ、'
        ____..-::´:::::::::::::::/:::::::::::::::::::r'        三三ニz、      ̄ ̄/   ヽ `゙            それなら、手札を切った甲斐があった > シャナ
      / ,--, つ i!::::::::::::::::::::::i!:::::::::::::::::::ヘ      、__,、ヘ       ミz、 i     iヘ ,  /
  ,---‐´_/ .r'  ./ノ::::::::::::::::::::ヘ::::::::::::::::::::/`ー'ー-,=-、'、 ` """"     ``/    ノ∠//
   ̄ ̄´    !_ <::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::{     i´  `i_/`ー- 、_ ,   """"ヽ_ ,. /  ,イ
          `‐`ー───´ ̄ ̄ ̄ ̄´`ー─‐ヽ_ノノー─-、./____ _ノ `"二ニ‐ノ
                                             `ー‐゙  ´
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| そういうわけで……見付けた際にはひどくあっさりとしていたターゲットは、やはり。
| ただの一瞬でもって、あっさりと昏倒してしまうのであった……
| 1エネミーダウン、戦闘終了。ひとまずはこれで、当初想定の敵は排除完了、である。
┗───────────────────────────────────────┛
1659 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/05/27(土) 00:24:58.87 ID:KNqIZz5K
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


   ▼ 本日ここまで

1660 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/05/27(土) 00:27:36.26 ID:hNT9gyFv
乙ー! うーんこのあっさり感…
1661 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/05/27(土) 00:28:54.54 ID:KNqIZz5K
                  , 、_  -ヘー―,イ´. ヾ 、
.              /   ,>匕ィ、_ `フ    ヽ ヽ
.             /  >'ー'´__二ニフ ',.   ヽ \
         /ァ=ァ'    _  -ーヲ  iト,  '., ヽ ` ,
.          ,イ/  i′   , -ー  ̄ ´ i、 i! i! '.,.  ', ',  ',       はい、というわけで……日付も変わってしまっていますし、
       ,イ! l!ニ i! _, イ i i! !、   |マ | |. '.,  i! i  i
     ,イ三i| l!ニ i!;';';  | ||斗ヤ| ∨ ´「 マ¬ー-ト i i!  i!          本日のスカベンジャーはここまでです。
   ,イ三三ヲ! i!ニi!;';';  i个!i ! ', i! V  i メ/|マ  i!', i! i!  i!,
.,イ三三ヲ'´. ! l!ニi!;';';   i !| !| ',.|  ∨ | ,!∧! マ | ', |. |.  i',      ……うむ、索敵であっさり第三段階突破してしまうから、
ニ三ヲ'´    | l!二i!;';'  i!. i!| ` ヽ!   V.!==ェュマ ! i! ! i ', ',ヽ
ヲ'´    ,'  i l!二i!;';.  i、|,ィ=≡ゞ  ヽ!       /. | |  | ヽ , ヽ.    ボス戦あっさり片付いてしまったぞ。どうしてこうなった……
     ,'   i l!二i!;.   i!ヘ|              //! |  i! ヽ\`\
     ,'    i!. l!二i! ,イ!\'、  _,.-‐   ̄ ̄i /'  ,'i! i!. | !  、\',  \   次回はこの戦闘の後始末と、行ければ街に帰ってリザルトですね!
    ,'     マ i!. 爪,ノi| ト、ヽ V   ´  - ′  / !| i!  ! iト、 \l\   `ー
             ゝ.ヾ二,ハ  ',、  `          <ト,i|.i,'  |',i=ミヽ  ヽ、`ヽ  5thに続いて、6thでもダイス神大暴れでした……ぐぬぬ。
.            ,ィ <ミミミト,. ∨>-   _ , <ミミゞュ !  l i!  ! ヽ、  `ー=、
_  ー   =./     ヾミミi!ヘ ∨ill  ℡ミゝ_ィニ彡 「il彡  i!',}  | i  !ヽ、   li  おのれ、ここまであっさり行くとは思わんかったぞ、まじで。
                   ヾ! !ミゝill. |!   |    i| ill |,ィ―'――i ,'  /i  /
                  /j | i! ill         illl i'  ゝ、_  ∨、 / !/  ,ィ おかげで捕縛ルートが開けた上に、その捕縛もあっさりだったし……
.              /   ,' / ,ィij           ,illl、>'´ ̄´    l!ニト\/ ,イ/
                 ノイヲ',==ュ、. i|i  ,ィ==ュ</|イ ̄ ̄ ̄  l!三i|ミ!ヽノ  まったくどうしてこうなった……
  ゛'' ‐-  ,,_.      、  ヽ )>/ゝ¬ミヽ!|i,ィヲ'¬ヾi/li| ゝ――  i マニ!ミ!. ト、
- .....,,,,__         \  ) >ニ>   `.|ll|゙´  ,ィ//メ、 ゝ- て´  マiミ! | \
1662 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/05/27(土) 00:31:53.58 ID:KNqIZz5K
                ___
            〃`<    __ `
          _/ __        __  ヽ  \
.           // /:           ,  ′  ヽ
         // /    .!        ′  ,      ともあれ皆さん、お疲れさまでしたー。
           ′′ i__/| ! ト   ',  ,   ′
        i | i ´| l.¨! :| :| ¨',‐-.| i   |   i  さて、次回の投下予定についてですが……ふむり。
        | l | 小.! Vヽ i  ', ト .|   |    |
          И i .i ==   ` __.V .リ:   |    !  土日のどっちかは、とりあえずガレージな!
         | V        ̄` /    |    ト.
         | 人          7   |     〉 もう片っぽで動けるかはちょい未定……とりあえず明日(今日)はないと思ってくれ。
            ,|   > _ ー '  ィ'|         、/
        /:i/\  |  :i≧r  //  / /      \ そして来週の前半はリアルの予定が詰まってるので……ふむぅ。
             ヽ | /├|==/ / / |/    ヽ   ヽ
        \  /.` / :├|*/{ 'イ: : : : ヽ   i }    できたら明後日の日曜日! できなかったら水曜以降になると思いますん。
.            ヽ { i l : :├|/yヽ  ヽ/: : i  /  /
            } V、 | i: :.|。!/: : }  }: : : : | /      みなさん、お待たせすることになって申し訳ない……
         /   ゝ: !: :|。!: : /イノl: : : : :i     {
        /     !: :|: :|。!: : : : : : i ノ: : :!    、      ともあれ、スレ主はそろそろお布団行きますん。
           イ  |: : l :|。|: : : : : <.: : : : :i      \
       i / !  ′ :V.-! : : /: : : : : :人  i    ヽ みなさん、おやすみなさい……(すやぁ
.        V    /: : : : V、>/: : : : : :/ 〉  :l   l
1663 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/05/27(土) 00:32:36.83 ID:VrZAHHtO
ifでてこづった時の描写チラっと見せてくれてもいいのよ…
暖めてたネタもあるだろうし
1664 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/05/27(土) 00:32:54.53 ID:sGGgngjm
1665 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/05/27(土) 00:35:29.74 ID:eLngmlGe


仲間はいない単独犯か
1666 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/05/27(土) 00:36:21.27 ID:Wj/4ZXIi
おつでーす

>>1569
これ……裸コートにしか見えなくなってきてしまったので、試しに作ってみてもいいですか?(小声
1667 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/05/27(土) 00:38:05.10 ID:KNqIZz5K
>>1663
ふむん、ミュータントはいくらかプランあったし、一体か二体くらい、
軽くシノン先生から解説してもらおうかなー。
IF路線を書くのはちっとめんどゲフンゲフン考え中……

>>1665
さてどうだろう、後処理、という言葉に、どの程度の意味が込められているかによるな……(意味深)
1668 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/05/27(土) 00:38:59.38 ID:Q7zctlAo
おつー
1669 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/05/27(土) 00:43:10.71 ID:KNqIZz5K
>>1666

      | ii           /: : ./::::::/:::::::::::::::: ::::::::::::::::::: ::\
      | ii         ///://::::::/:::ハ:::::::: :::: : :::: ::::::::::::: :::::ヽ
      | :: ii.       //  //ハ/: i :| ::::: ヽ: : : :ヽ: :::::::::::i :::::ヽ
     .| :::: iヽ      // , ::/ /::::i: ::i::::|::::::: : |iヽ: : :ヽ、:::ヾ:.i: :::::::\    (シャナ、無言の抜刀)
     .| ::::: i ヽ     ,/ /|i// | :::i: /|: ハ ::::: :.|ヽ| \: |ヽ ::|: :|: :::::::::\
     .| ::::::: i ヽ    .| ::::::||| .|: ::|/_\ i、::: ||iヽ∠r-、|: :.|:::|: :::::::::::: :\             ストップ、シャナストーップ!! > くーちゃん
      | ::: :::::i. ヽ     .|: : :::||:!.|:: ヾ´i)゙ヘヽ!ヘ i/i、) ノ| i : |/- 、::::::::::::::: :ヽ
      .| :.. :::: i .:ヽ   |: :: ::!丶!::!|.`ヽUノ   ヽ.. ヽUノ !|::|;;::::::::`ヽ、:::::::::: :\
      !  :::::::.i::::ヽ   | :|i: ::: ヽ: ヽ     丶     / |/;;;/:::::::/:::::::::::::::: :ヽ
      .i  :::::::i  ヽ  || ヽ:|ヽヽ::::ヽ    -   /:i .i;/:::/::: :\::::::::::::: : ヽ
       ヽ  :::::::i  ::ヽ |!/ヾ ヽ!!: ::ヽンi‐ .,._.,. イ/::/.///:::::::〉〉>:::\:::::::::::: : ヽ
       ヽ  :::::::i   ゙/::::::: : : : ヽ: :::!::ヘ-‐‐‐-,//:/://:::::::: : : ::::|\ : \::::::::: : ヽ
        ヽ  ::::::i  ヽ:::ヽ::::::::::::/ヽ:::|l:::ヽニニ //:/ /´::::::::::::,:/:::/:〉ヽヽ::::::::\:::::: : \
         >  ::::::i.  ヽ::::ヽ:::::::<::::! : |::::::|.V//::i: //:::::::/|:::::|´::::::::::::\..,,___,,,.ゝ--─
     ,,..-彡´::ヘ  :::ヘ  ヽ::::::::/:::::::::|: :,|ヾ:::V/:::: /::::::::/:::::::ヾ、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
    /: : : :::::::::::::ヘ  ::ヽ   ヽ/::::::>:|: |i: : ̄.i|::/i,,../:::::::::::::::::|l‐-u..,,,,,,,,,,,......r-─ ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   /-─ ´ ̄/ ̄::\  :::ヽ  ヽ:::::::/\|!|!ヽハ-/|/|\/ ̄~゙ ‐--、〉::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>:::::::::::::::
 /: : : ::::::/::::::::::/:::ヽ  :::ヽ  ヽ´   ヽ>´ノイ、.|/ / ./     /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::/:::::::::::/::::::::::::\  ::ヽ ヽ: :   ヽ、 |l´ ) 〈:./    .|、、::::::::::::::::::::::::.,,,..... r-----──
::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::ヽ  ::ヽ ヽ: :   ヽ|ゝイ /       |:|:\::::::\::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


    ハ,_,ハ,
   ;゙ ・ω・;,/^l
,-‐-y'"゙"''゙゙"´  |  よし、くーちゃんがシャナを抑えている間に……
ヽ、,;'   ・ ω ・ ミ
 ミ====[==]=l==ミ  取り敢えず改変でも、もっとこうした方がいいよ的改善でも、どうぞご自由にー
 ミ  ヽУ ̄ ̄/;;
 ';,.   /自由/ ミ   特に改良・改善はやってくれる職人さん募集したいくらいです(小声でアッピル)
  ;;,,    ̄ ̄ ,;;゙
   ∪"゙'''"゙∪      ……あと裸コートの件は作っててスレ主自身何度もおもtt(軍刀グサー
1670 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/05/27(土) 00:44:19.86 ID:Wj/4ZXIi
ヤッタゼ!
稚拙ですが、お納め下さい(小声
ttp://yaruoshelter.com/test/read.cgi/yaruo001/1492686491/619
1671 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/05/27(土) 00:48:15.31 ID:Wj/4ZXIi
服を剥いでる途中で、これ身を屈めてる感じにならないなって悟って
振り返り気味のAAで誤魔化すことに(ゲフンゲフン

シャナちゃんは常在戦場だから、殺気を背後からでも…その、ネ?
1672 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/05/27(土) 00:51:00.91 ID:KNqIZz5K
                    /⌒\
                   ({____
                 ..‐'':::::::::::::::::::`'‐、
              ,..::":; -::::::::::::::::::::::::::::::'、                ,イ   ,イ ,イ
               .::::/:::::::/::/:::::::::::::、::::::::ヘ              //  ト, レ レ
              /:::/::::::::::/::/::{::::::::::}:::Vヽ::∧            //  l |      やったぜ。
             .':::/ :::::::::/{-l、∧:::::∧-}--\1           //   l l
             .::::/::::::::::::| ィ雫ミ从ノィ雫ミ、::::、\         /´   Y       剥かれて汗流してるシャナかわいi(ターン!
           /:::/:::::丶:::::从Vzリ   Vzリ :|://\〉
            /:::/:::::::::ハ::|::圦,u; _ ' _ ,.ヘ、//_,,-一=r=- 、  ∥∥/7        ともあれ、支援AA感謝ですよー。
.           /:::/::::::::::ノ:: ヽ // "lーr ´,///ヽ|    |:{厂i} }     //
          /::::/:::::::::/:::::::::::ゝ/// ////////|_-一=l、゙ー',り     /´
.        /:/::::::::::/:::::::::::;∧V/  」///////lヘ、_!、_{○}/∧              _,,
.        〃:: , .-─‐:::::::::::/ ∧V  V //∧/V´〈 `ー-、_ゞク///ヽ、       ,‐''゙゙弋l 、
       {ト::(゙  ( ,,__  _ :/   |//    i////ヽl」 、ヽ⊂´凵ヘ/////丶―――'´/////゙弋l、
.        /:::::::` '' ー- ニ ~"ニ = -' ., ;<.////// ヘ ⊂二フ / へ///////////////////ヘ) 、
      ,'::::::::::::::/:::::::::::/ ///>,,.ー '  ''<,///// `dニフ /////へ ///////////////// イ|
      .::::::___::::::::::/_,///////ゞ      へ//////////<´___.ゝ////////////////lll
      {::::::V/// ̄ ̄///////////ヽ、     \////////////// へ /////////////〃
      |::::::::ゝ、///////////////   \_  _   ..`ー―‐-、___、///へ,////////////〃
..     `ゝ、:::::`<//// , .-─‐ /′   ,;' ~              ` ,゙<////゙''ー=ュニ///// /'´
        \:::::::/'''' (゙  ( ,,__  _   /        ,圦、  u   \\/////// ̄ ̄ ̄"
           ヽ''´    ` '' ー- ニ ~"ニ = - ‐   ./   \      \}/////
.                      /        /      \        ゙<///
                      /        /        \      ヽ〈


                    ┏  ━ゝヽ''━.,,ハ,_,ハ,.━.从〆A!゚━━┓。
         ╋┓“〓┃  < ゝ\',冫。’  .;゙     ミ/^l _∠ _ ,'´ゝ.┃.       ●┃┃ ┃
         ┃┃_.━┛ヤ━━━━  ,-‐-y'"゙"''゙゙"´  | ..━━━━━━━━━ ━┛ ・ ・
                ∇  ┠─へ ヽ、,;'       .;ミ 冫そ _'´; ┨'゚,。
                   .。冫▽ ,゚'< ⊂ミ===========;; 乙 / ≧  ▽
                  。 ┃ ◇> ミ         ; 、'’ │   て く
                    ┠─ム┼. ';,          .ミ ゙》⊿∠─┨ ミo'’`
                 。、゚`。、    i/ ;;,       ;;;, o。了、'' × o
                ○  ┃    `、,~ ""゙∪''''''''''"゙ .ヽ◇ ノ 。o┃
                    ┗〆━┷ Z,' /┷━'o/ヾ。┷+\━┛,゛;
         
             というとこで、ハチの巣にならんうちに今度こそお布団行く!
                        みんな、おやすみ!
1673 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/05/27(土) 00:54:09.69 ID:grmGSa/b
お休みなさい
1674 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/05/27(土) 01:58:43.82 ID:fu0an/bA
おやすみ
1675 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/05/27(土) 03:57:37.39 ID:3m+aVQrj

おやすみなさい
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://yarucha.blog.fc2.com/tb.php/3309-0fadcc69