情報部シャナのスカベンジ日誌 6th Turn 「ハーフミュータント」その7

1679 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/06/01(木) 21:02:38.28 ID:3Vp0N3Nj
    /||ミ
   / ::::||
 /:::::::::::||_____
 |:::::::::::::::||       .||
 |:::::::::::::::||       .||    さて今日はちまちま、依頼の後片付けを進めるんだったな。
 |:::::::::::::::||         コソー
 |:::::::::::::::||ハ,,_,ハ,     ||    というわけで、人はいるかい? てんこー!
 |:::::::::::::::||・ω・ミ/^l.. ||
 |:::::::::::::::||u~~~u;' |  ||    あ、書き溜めさんは拉致監禁されてしまいました。
 |:::::::::::::::||ω ・   ミ . ||
 |:::::::::::::::||[=]=|=  つ ||
 |:::::::::::::::||     ミ .||
 |:::::::::::::::||    彡 .||
 |:::::::::::::::||    ,:'   ||
 |:::::::::::::::||''~''''∪   ||
 \:::::::::::|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
1680 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/06/01(木) 21:06:07.30 ID:5m5H6tJr

書き溜めさんの救出に向かうぞ、続け!
1681 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/06/01(木) 21:07:12.37 ID:FTzykEBh
1682 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/06/01(木) 21:08:38.06 ID:l+cZXHYm
1683 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/06/01(木) 21:11:21.39 ID:3Vp0N3Nj
   アサルトアーマー!
  **ミ/~ヽ ゙'゙'/`i'゙* ゙ ブアッ
   ,,/  "''"'` "`;, ゙' *       ういうい、そいじゃあ始めて行こうか!
  (ヽ;" ・ ω ・ * ,;/) ミ  ゙
  `ミ =====[=]===="ミ ゙'* ミ    書き溜めどころか、締めのフリーパート安価内容も決まってないんだがな!
 ミ*ミ           ミ ミ ゙
 ミ 彡          ミ *゙ ゙ミ*   というかそも、無事に生産パートが完了する保障すらなくてだな……(ぉぃ
   (⌒";',,,.,(⌒";'彡 ミ゙*
    `'"'* ミ ゙''' *`"'' ゙  *     このターンは細切れだなぁ……
* ゙ *゙    * ゙ *
1684 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/06/01(木) 21:11:34.48 ID:3Vp0N3Nj
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
 やる夫はスカヴェンジャーのようです二次創作

              情報部シャナのスカベンジ日誌
               6th Turn 《ハーフミュータント》


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
1685 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/06/01(木) 21:12:58.87 ID:3Vp0N3Nj
                       ,. -- 、
                    / ,. - 、 ' ,          .ボ や   気 な
  ノ ヽ      _,,.,_        /./   ヽ. ',          ス  ら   に に
        /,.- 、 \   _,,.. ┛┗ - 、   |. |       の   れ  す
    ハ  ./ ./   ,>'"´   ┓┏   ` 、/ /        仕 る  る      突然足音がしたと思ったら、
        | |  /  /    、_|   ヽ.  Y          事 の   事
     ハ. '、 '、/   / __,/!  /|__ /|`,ハ  '.、ハ、        だ は  は     私は気絶させられていた……
        `7  .,' ´/_|/ ァ==、 /|    \ \        か       無
     '`  /   .! /ァ=        ""∧  | ̄`   \     .ら       い      催眠術だとか超スピードだとかそんなチャチなもんじゃあ断じてない……
      , 、´ ̄ ア レ'|"   '     ∠、 \!   ,ハ   )    な       さ
        <,  7   、_ -‐ァ'  ./ /  /  |/                    単に忍び寄られて首筋をトンッされたのさ……
     :    /  人   `ー   //  ./   /    、 l l|| ll | || l ll| l|
     :    .レへ.  ,> 、.,_  イ‐ァ、‐''" /|/      ミ              単純暴力ってのはなんとも空恐ろしいね。
            \|/__rァ|__.//  ̄ ̄`ヽ.      ニ  無  だ
             , '"´   ! !__/!         \    三  い  が
          ./     | | .|. |         r-、  Ξ  と.   次
       /) .く  /  //  '、 '、      ,.'´| |`!、ニ  思  は
     //)/´| `X  //| /::\\____/ / / //三  え
     | /´! ,!'´  Y/:::::;|く::::::::::::::\__ /´  '   / 彡,
     r| .|/´! /、   /::::::::::〈 〉:::::::::::::::::::|へ.,__rへ   ノl l|| ll | || l ll| l|
┏────────────┓
│ 前回のあらすじ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| ネズミ、秒殺。……瞬殺じゃないだけマシかもしれぬ(一応探索含めりゃ二判定だ)
| なんもかんもダイス神が悪い
| 【探索率】   800/800 (クリア)
| 【被発見率】 0       (完全ステルス達成)
┗───────────────────────────────────────┛


   ▼ 現在のステータス   >>1085

      同行者:チンク      >>639   シノン >>1175

      好感度一覧        >>640

      このターンの依頼   >>612 【森に巣食うネズミの討伐】

1085 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/05/08(月) 00:12:38.16 ID:1QI13T1p
                   《ステータス》

                                    /⌒≧=‐- 、 、
                                      \\
                       -:.:.:.¨¨  ̄ ̄:.:.:.``丶       }:.:.ヽ
                        /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.丶 __ノ:.:.ノ
                   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\ ̄
                  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
                     //:.:./:.:.:.:.:/:.:.:/:.:/:.:/:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∧
                /:.:.:/:.:.:.:.:/:.:.:/:.:/// /:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.: ',:.:.:.∧
                /:.:.:.:./:.:.:.:.:/:.:.:/:./ // /:.:.:.:.:.:./:.:.l:.:.:.:.:.:.',:.:.:l∧
                /イ:.:.:.:.:/:.:.:.:./:.: /.:,ィ芋ミx、 //:.:.:.:.:./ トx:.:.:.:.:.:.:l:.:.:| :.
           ///:.:.:.:./:.//:.// 《 {::J:::リヾ /:.:.:.://zz/ |:.:.:.:.:.:.:l:.:.:| |:|
            // /:.:.:.:./ ':.: /:.:.:. /   V__ン  /:.://}てハ抃:.:.:.:.:./:.:.:.| l/
       //  /:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.∧  .:::::::::: __彡' / ヒ_ソ ノ》:.:.:.:/:.:.:|:.|
       //    /:.:.:.:./:.:.:/:.:.:.:./、__、        ,  `¨  /:./{:.:.:/:.:|
.     //     /:.:.:.:.-=≦:.:.:.:./:.:.:.込           ..:::::: /):.:.l.:.:∨ ヽ(
  //   -=≦ ̄:.:.:.:. -=≦:.: |三三三三三|  っ     /:|:.:.:.:{:.:.:.、
.// /:.:.:.:.-=≦ ̄:./:.:.:.:.:.:.:. /ニニニニニニ|、   _,.. イ.:.:|:.:.:人:.:.:.、
   (:.:.:.//:./:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:./ニニニニニニニ|  /ニニニニニ≧く:.:.|\:.\
     ヽ(:.:人(:.:.:.:. /:.:.:.: /ニニニニニニニ=|  トニニニニニ/ニ}:.:.|  ヽ:.:.\
      /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ニニニニニニニニニ|___ヽニニニ=/ニ/|:.:.|   }:.:.:ヽ\
.   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: /ニニニニニニニニニニ\---∧ニニ/ニ/ .|:.:.|   /:.:.:.:.)\ヽ
  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ニニニニニニニニニニニニ\- ∧ニニニ{ :|:.:.| //):.:.:/  ):.)
...:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. : {ニニニニニニニニニニニニニ/___}ニニ>:} |:.:.|彡' /:.:∧ //
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:乂ニニニニニニ}ニニニニニニ/---∨ニ/=| 乂\__/:.:/ ∨/
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ニニニニニニニノニニニニニ/-----∨∧=| /:.>―<   }:.}

――――――――――――――――――――――――――――――

 【名前】 衛宮シャナ 【年齢】 15 【出身】 キョウト

 【身分】 4級スカベンジャー

 【能力】(人間準拠)
  筋力:C+  体力:B-  俊敏:B+  知能:B+  運勢:B

  注目度:D 小さい割には腕のいいスカベがいるらしい

 A以上=一流 B=人並み以上 C=人並み D=苦手 E=諦めたら? F=子供並み

 所持金: 686 円 0 銭

 【所持品】
 ・武器
  零式軍刀 ……養父から譲り受けた将官用の高級軍刀。
             銘有りの真打や単分子刀にこそ劣るが、切れ味と頑強性を高いレベルで両立している。
             耐酸、耐熱、対単分子、耐ビームコーティングが施されている。
  7.62mm.選抜小銃 ……【サイズ:L】 大威力の7.62mm.ライフル弾を使用するマークスマンライフル。モデルG3 SG/1
                   フルオート射撃による牽制・弾幕と、セミオート射撃による精密狙撃の両方に対応可能。
                   簡単に言うと、一丁で突撃銃と狙撃銃の両方として使えるということである。
                   アクセサリに高性能光学スコープ、サプレッサ、ロングマガジン、バイポット、フラッシュライトを装備。
  45口径拳銃       ……【サイズ:S】 威力の高い45口径拳銃弾を使用する拳銃。
                   アクセサリにサプレッサ、ロングマガジン、フラッシュライトを装備。
  テーザーガン      ……【サイズ:S】 ワイヤーを使用する射撃可能なスタンガン。一度の充電で5回使用可能
                   生身の人間や生物を、無傷で捕縛することができる。警備ロボットには無力。
  コンバットナイフ    ……【サイズ:S】 頑丈さが売りの軍用ナイフ。戦闘・工作に使用できるが、単分子カッターではない。
  軍用マグライト     ……【サイズ:S】 本来は暗所を照らすための携行ライトだが、非常に頑丈で警棒代わりにもなる。
  ハンドグレネード(破片、EMP、煙幕、閃光 各一個 チャフ 二個) 【爆発物】

 ・防具
  特種防護コート   ……防弾、防刃、耐衝撃と、物理攻撃に対し高い防御性能を誇る。また、若干のステルス性能を持つ。
                 銃弾は7.62mm.ライフル弾まで防御し、単分子カッターを含む刃物や破片を防ぐ。
                 対単分子コーティング、耐酸コーティング済み。熱単分子刀、熱振動徹甲刀などは防御不可。
  サイレントブーツ ……底面が厚く補強され、更に足音がしにくいように加工がされている。
  マガジンポーチ   ……ライフルなどの予備マガジンを収めておける、ポケットなどが付いたポーチ。
                 遺跡に持ち込む予備マガジンが各3個から5個に増える。

 ・電子系装備
  高性能PDA ……高い基本性能のPDA。メール以外にもハッキングや情報閲覧、カメラ機能が備わっている。防水、耐衝撃。対EMPコート済み。
  標準ハッキングソフト……PDAの初期ハッキングソフトより優秀。ただし遺跡探索用で、現代のプロテクトに対しては無力。
  標準解読ソフト ……断片化したデータを復元する事の出来るソフト。簡易版より精度は上だが、使用には【電子技術】技能必須。
               断片化したクズデータなどを正常な状態に戻し、閲覧することができる。暗号解読とかはできない。

 ・その他
  携行用ガンケース ……【サイズ:L】以下の銃器を一丁しまっておける、緩衝材入りの軽量なハードケース。
                  肩掛け紐と鍵付きで、街中の携帯に便利。
  警邏隊推薦状    ……組合から発行される推薦状。実力ではなく人柄を保証するもの。
                  警邏隊主導の依頼を受ける際に必要。
  救急キット ……包帯やばんそうこう、消毒用アルコール、それに痛み止めやナノマシン製傷薬などが入った救急キット。
.             医療系の技能がなくとも使用可能。傷薬・痛み止めを使用した場合、補充には10円必要。
  ペンライト   ……小型の懐中電灯。太陽電池採用。
  ロープ10m……物を縛ったり移動に利用したりなど、多彩な用途のロープ。
  短距離用無線機 ……いわゆるトランシーバー。ある程度の距離なら離れた位置の人間とリアルタイムに会話できる。
               二つ所持しており、同行者に一方を貸し与えることが可能。
  軍用双眼鏡 ……測量機能と簡易な風向の観測機能が付いた丈夫な望遠双眼鏡。防水、耐衝撃。
  軽量工具セット ……使いやすい工具の揃った工具セット。小型工具セットより高性能で、携行性も悪くない。
  工具用単分子ナイフ ……工具用として実用的な強度を持つ単分子ナイフ。戦闘での使用は想定していない。
  傷付いた獅子章……多大な功績を残して殉死した皇国軍人に贈られる勲章。
                シャナにとって、紛うことなき父の形見。

 ・拠点
  住宅:中層区にあるガレージ・庭付き一戸建て。
        付近の治安はよく、鍵類のセキュリティも十分。場合により、自動人形の電が警備をやっていることも……
        一人で住むには広すぎるくらいで、それなりの人数を迎え入れられるだろう。
  ガレージ:中層区の自宅に付随する車両用ガレージ。
        特別な設備はないが、中型車1台+大型車1台分の駐車スペースを持つ。
        現在、輸送トラック(大型車)1台を収容。

 【技能】
  格闘術   Lv:5 ……素手や小さな武器を使った接近戦能力。
  刀剣     Lv:10……常識的なサイズの刀や剣を扱う技術。
  銃器     Lv:6 ……拳銃や小銃、あるいはそれに準じた火器を使用する技術。
                拳銃、短機関銃、突撃銃、狙撃銃を使用可能。
  狙撃     Lv:1 ……狙撃銃、選抜小銃などを使用して長距離狙撃を行う技術。
  軽業     Lv:5 ……戦闘における身のこなしや、狭い足場での立ち回りのうまさ。
  潜入     Lv:5 ……隠密・気配察知の複合技能。自身の気配を隠し、他者の気配を察知するのに長けている。
  観察眼   Lv:5 ……周囲の状況と照らし合わせ、不自然な箇所をあぶりだす技術。
  聞き耳  Lv:5 ……微細な音を拾い、情報として獲得する聴覚・技術。
  車両運転 Lv:5 ……地上を走行する、一般的な車両を運転する技術。
                バイク、普通四輪車、大型車、軍用車両を運転できる。
  機械操作 Lv:4 ……PCなどの機械全般を操作する技術や知識。極端に専門的なものは含まない。
  電子技術 Lv:4 ……プログラミングやハッキングなど、機械の内面を弄る技術。
  軍事知識 Lv:7 ……軍そのものや軍人、使用される装備などに関する知識。
  指揮     Lv:2 ……状況を確認し、他人に指示を出すことに秀でている。

 【特性】
  ESP【縮地】 ……空間を切り嗣いで割り込み、彼我の距離を一瞬で詰める。一種の空間系テレポート。
  ┃          これを高精度で、かつ連続して行うことができるのがシャナの最大の武器である。
  ┃          移動には重量制限があり、重装備では使用できない。
  ┗斬鉄(偽)……ESP【縮地】の応用により、通常の刀剣類で金属装甲を斬り裂くことが可能。
              ESPの使用できない状況や、高速機動する対象、乱撃戦では使用できない。
  軍人の遺児……皇国軍人の忘れ形見。
              根無し草のスカベンジャーであっても、社会的にそれなりの扱いを受けられる。
  情報部員  ……時に身分を隠し、偽り、軍で暗躍する情報部の一員。
              現在その権限や支援は利用できないが、そこで得られた技術や知識は健在である。

 【装備制限】
  軍刀を固定装備する。
  他に【サイズ:L】の装備を一つまで装備可能。また、爆発物は合計六枠まで携行可能。

 ※スキルレベル参考基準
  1.覚えたて  3.慣れてきている  5.一人前  8.プロ級  10.その分野でのトップクラス


 【拠点・倉庫】
 ・武器
  量産軍刀 ……【シャナ専用】 父の形見ということになっているシャナの軍刀。頑強ではあるが切れ味は今一つ。
             数打の量産品であり、軍士官の武装としては少々心もとない。分類、丙種士官用軍刀。
             対単分子コーティング、耐酸コーティングが施されている。
  携行爆薬(小)……【爆発物】壁や床などに設置し、遠隔操作で起爆する爆薬。主にトラップや扉の爆破などに使用する。
  ハンドグレネード(閃光) 【爆発物】
 ・防具
  戦闘用耐熱グローブ ……戦闘用に防刃などの防御力をある程度備えた、五指が自由になる耐熱グローブ。
                   生身の人間でも熱振動徹甲刀などの高熱を発する武装を使用可能になる。
  登山ブーツ          ……底が厚く、滑り止めの付いたブーツ。特別な加工や補強はされていない。
 ・その他
  最低性能PDA  ……ウジ虫に広く流通するPDA。性能は極めて低く、簡易なメール機能しかない。
639 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/04/29(土) 16:22:17.54 ID:nFFe53ZQ
  【NPCステータス】

           ,     ̄ ̄ ̄` ‐- ._
         /             ` 、
        /                    \
       /                    ハ
       / /        / ハ   、   ヽ  ',
      .l  |   i    / l l ハ |  ! ! !.ハ.  |
      .|  !   」__i_! l  !.!   } ハ | ,! .! .|  |  ,イ     ,ィ
      .|  |  ‐キハ-ハ.ト=ハ| ._」/.」z'ェzェF、 |  ! ハ|    ,イ/
      .|  l   .li{::V::i{:ヽ{ヽ´  .≠テ丐ミl i /  ! .ハl   ,イ /
      .| .f^l   l:::::::::::::::::::リ    ら::::リ 'l.//  l .ハil   .///     , イ
      .| ヘ .l   l_::::::::::::/   弋.ン /'イ  l ハ ll  ///    .,イ./ ,.ィ
      .|  `.l   l´`¨¨´   ,      /!  l〈ol | /,//    // ,ィ /
      .l   !    !     __ _    ./ l  l./ {,⊥}´'イ  ./,/ /,/
      .!   ∧   ト、        ,.イ、_l  /`/:::::/ {‐、/´,/ /,/
      /!   ! ハ   lヽ>  _ r<  `ヽ! /:::/:::::::':':::::/' ,r'_/,/
     .//   >l  ∧i|== i r_'1_    ! .{:::/:::<^ヽ、::::`´:/,ィチ'
    // ., r ´  .∨ ∧::::::!_ー」:::|ヾi /ニl |::::::__ノ,r^i}. ヽ;:::´ノ
   .// ./      ∨ .∧=,ヽ__,〈V〈  l .l:::::| {{_,ン .r'::::::/
   .// /      ヽ∨ ∧', 1   ヾl:l`ヽl,r┴...、`ヽ、/:::/
  // ./        ヾ、  l  l    /:::l,∠:::::::::::::::ヾ、__/
  // ./          ヽ l  l_/__./   `ヽ:::::::::::ヽ>
. // /           ヽl  |´ヽ/ /     `ヽ::::::::ヽ.}


  チンク・スカリエッティ 4級スカベンジャー

 フジノミヤで活動するソロスカベンジャー。
 新人の頃にやる夫の教えを受けた、いわゆる『やる夫教室』の生徒でもある。
 隠密行動とナイフの扱いを得意とする一方、正面戦闘はやや苦手。


 【装備・技能 一部のみ抜粋】
  戦闘用単分子ナイフ ……近接戦闘用に、ある程度の強度を持った単分子ナイフ。二本所持。
                    戦闘用の中では低級品で、単分子カッターと切り結んだり、乱雑に扱うのは危険。
  投擲用単分子ナイフ ……低質な単分子ナイフの柄を加工し、投擲使用できるようにしたもの。五本所持。
                    金属装甲にも有効だが、刺さろうが外れようが確実に使い捨てになるのが難点。加工も面倒なので虎の子。
  工具用単分子ナイフ ……工具用として実用的な強度を持つ単分子ナイフ。
                    戦闘での使用は想定しておらず、戦闘使用すれば十中八九折れる。
  コンバットナイフ    ……頑丈さが売りの手持ち式ナイフ。単分子カッターではない。戦闘・工作どちらにも使用可能。二本所持。
  投げナイフ30本   ……ポーチに入った投擲用の小さなナイフ30本セット。
                  柄が小さく、近接戦闘や工作には向かない。また、単分子カッターではない。
                  回収して破損がなければ再利用できる。破損・紛失したものは次のターンに補充済み。
  9mm.拳銃.      ……低威力の9mm.拳銃弾を使用する拳銃。
                  アクセサリにサプレッサー、ロングマガジンを装備。
  9mm.短機関銃    ……低威力の9mm.拳銃弾を使用する短機関銃。
                  フラッシュライト、ロングマガジン、サプレッサーを装備。
  ハンドグレネード(破片・閃光・煙幕・EMP・チャフ 各1個)

  格闘術  Lv:5……素手や小さな武器を使った接近戦能力。近接戦闘でのナイフの扱いもこれ。
  銃器    Lv:3……拳銃や小銃、あるいはそれに準じた火器を使用する技術・知識。
              拳銃、短機関銃を使用可能。
  投擲    Lv:5……物を投げるうまさ。投げナイフ、グレネードなどに使用する。
  隠密    Lv:4……影に身をひそめ、姿を隠す技術。自身の気配を殺し、隠れることに秀でている。
  探索    Lv:3……能動的に何かを探し出す、総合的な技術や知識、観察眼など。
               単独では特筆するほどでなくとも、それらを組み合わせることで有用な技能となる。
  機械解体 Lv:3……停止した機械を解体し、パーツ取りする技能。
               起動しているものを解体したり、停止させることはできない。

  ナイフ使い ……個人的な資質として、ナイフの扱いに秀でている。
1175 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/05/13(土) 22:30:20.37 ID:T3usDPWC
  【NPCステータス】

`''*s。、\  \     ヽ       |',       、 \*。、     / /|
    ``¨`{ニニ≧s。  }       } %      ∨ \>'"⌒ ./   '.|
       マニニニニヾー  _>"ア .*       ∨イ /     ヽ  i |
         マニニニニム.ー‐--'"   %    _./ //  ./   ヽ{ .ハ
          マニニニニム         ,    フ //   /{  | i ∨ 、
            マニニニニ:ム        *   7/|/、´! /|/__∨/  }. ∨ ゝ
           マニニニニ:ム       __〉‐、<|/|从沁/ '芍 》/  /、、∨{``
           マニニニニム_  -== 〈=<ソ‐''Y、 i '  ¨ 'イ>'|/ハY``
       _   -==  ==―  ̄     %`ヾ>' 丶 ー .。*"ア<¨ヽヘ
-==  ̄_ ==―  マニニ=ニニ〉‐<ニニ≧=- 、/-‐\ ̄ヽ": : : :`ヽ `ハ
_ =-    γ¨r==‐、‐  ̄        ヾニニニニニヽ  ∨: : 、: :,、/\: rイ
      ′ ヽ    i     . . . . .: : : \ニニニニム  ∨: :}ヽ: :}イ"ー:/
     从   └― "  .: :_: -=="     マニニニニ}!  }: :/イ‐<: :ヾ`}
       ` ー ァ―― '"´ >'"     ,;    マニニニニ}≦:`':.:.:.:.:.:.:≧s{
          ( : : : : : : /: : : .   .。*"     マニニ/:.:{:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/
           ー- ./: : : : : 。*"        }ニニ/:.%:.:.{:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:′
              丶: : /: : :.    。*'"  }>イ:.:.:*:.:.:{:.:.:.:.>=.ィ′
               `*: : : : : : .。*"    /   }ト、:.%>イ:>‐ y′
                 ゝt‐*''": : : . . 。イム   .》‐ ,‐%<:.}<: : : }


  朝田詩乃 狩人/5級マーセナリー/4級スカベンジャー

 フジノミヤ近郊の野山で活動する半ミュータントの狩人。
 一応仕事の種になるかと思ってマーセナリーとスカベンジャーの資格を持っているが、
 実際にその資格で活動したことはほとんどない。TACネーム"シノン"


 【装備・技能 一部のみ抜粋】
  強弓     ……長距離狙撃に適した、強力な弦の張られた大型の弓。通常の矢弾は多数所持。
             銃火器と比較すると連射速度は圧倒的に劣るが、まったくの無音で動作するのが利点。
  炸裂矢弾 ……通常の矢弾と違い、矢じりに少量の炸薬を取り付けた爆発する矢。
             静音性は完全に損なわれるものの、破壊力に優れる。あくまで予備であり、6本携帯。
  鉈       ……藪やツタを払うのに便利で、また勢いをつけやすく威力の出る予備武装としても使いやすい刃物。

  弓術     Lv:8 ……原始的な弓を使用した射撃戦能力。銃と比べ、静音性に圧倒的に優れる。
  狙撃     Lv:5 ……狙撃銃や弓などを使用して長距離狙撃を行う技術。
  格闘術   Lv:5 ……素手や小さな武器を使った接近戦能力。
  トラップ    Lv:6 ……トラップの取り扱いや造詣に優れ、適切な運用や感知・解体ができる
  生物知識 Lv:8 ……突然変異を含む動植物に関する知識を持ち、新種を相手にしても適切な考察できる。
  感知     Lv:6 ……自身に迫った危険に対する感知能力。気配察知に近い。

  鷹の目   ……鳥の鷹のように変異した目……ではなく。
           人並み外れて目が良いことを表す。長距離狙撃などに優れた適性を示す。
  変異:猫 ……何かしらの理由で体が突然変異を起こし、猫の特性を得ている。
           人体の特徴に加え、獣由来の優れた嗅覚・聴覚を有する。
640 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/04/29(土) 16:22:29.35 ID:nFFe53ZQ
 【好感度一覧】

   クーデリア    ……A     (頼れる相棒!)
   やる夫     ……C+   (危なっかしいけども……頼れる後輩、だおね)
   ヴィルヘルム ……B     (次は本気を見せてくれよ)
   チンク       ……D+   (興味深いやつだ、一緒に仕事してみたいな)
   シン       ……D-   (良いクライアントだ、次の仕事を待つとしよう)


   アリス       ……C     (三級目指して、頑張ってください)
   聖十郎       ……D+   (お仕事、お疲れ様)
   スカサハ      ……C     (存外甘い子だが……嫌いではないよ)
   リッカ        ……C     (アナグラをよろしくね、お得意さん)
   リリィ       ……D+   (昇級おめでとう、ガンバレ!)
   ダリアン    ……D-   (少しは客らしくなってきたのです)
   愛歌       ……D-   (また遊びに来てねー)
   ピアニィ      ……D-   (……あ、先輩馴染みの人なのか(察し)
   マティア     ……E+   (信頼できる屍肉喰らい……ならいいのですが)
612 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/04/29(土) 15:57:10.70 ID:nFFe53ZQ
《仕事一覧》
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 【遺跡情報】

 【名称】 旧自衛軍演習所跡【ソウカエン】 格納C区画 三級指定

 【探索条件】 等級の他に規定なし

 【解説】
  旧文明時代の皇国に存在した自衛軍の大規模演習所跡……の一角。
  この区画は軍需品の発掘率が高く、獣型警備ロボットが未だに徘徊している。
  理不尽に高性能な機体はいないが、ある程度の戦闘は覚悟しておくべきだろう。

  なお、ソウカエンは他区画で既に発掘された破損データから決定された名称で、
  現役時代には別の名称が存在したと思われる。

 【備考】
  遺跡内部への車両の乗り入れ可能

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 【遺跡情報】

 【名称】 旧自衛軍演習所跡【ソウカエン】 格納F区画 四級指定

 【探索条件】 等級の他に規定なし

 【解説】
  旧文明時代の皇国に存在した自衛軍の大規模演習所跡……の一角。
  この区画はある程度発掘が進んでおり、ごく最近四級に位落ちした。
  驚異の排除も進んでいる分発掘品の期待度は落ちるが、
  それでも探せばまだ何かあるかもしれない……

 【備考】
  遺跡内部への車両の乗り入れ可能

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 【遺跡情報】

 【名称】 フジノミヤ学校遺跡 四級指定

 【探索条件】 等級の他に規定なし

 【解説】
  旧文明における学校であったろうと推測される遺跡。
  警備ロボット、タレットなどの脅威はさほど残っていないが、
  遺跡が広く、何階層もある為探索には時間がかかることだろう。

  噂レベルだが、どうやら本校舎以外に、風変わりな建造物が敷地内にあるらしい。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 【遺跡情報】

 【名称】 ヤシロ遺跡(浅) 三級指定

 【探索条件】 等級の他に規定なし

 【解説】
  霊峰フジを祀る、寺社関係の遺跡。
  遺跡の造りはさほど複雑ではないが、
  警備ロボットやセキュリティが多数生きており、激しい戦闘が予想される。

  ヤシロは漢字で書けば『社』。入り口の柱には他に、『浅』の文字が見て取れた。
  ……ということは、やはり深い何かもあったりするのだろうか?

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 【依頼情報】

 【名称】 森に巣食うネズミの討伐

 【依頼人】 フジノミヤ警邏隊

 【条件】 4級以上のスカベンジャー、もしくはマーセナリーの正規資格を持ち、
        特に隠密行動に長けた者。
        追記:半ミュータントに過剰な忌避感を抱かない者だとモアベター。

 【報酬】 討伐成功時、総額150円。

 【解説】
  どうも最近、小規模な個人キャラバンなんかが、街道で襲撃を受けるケースが多い。
  調べてみたところ、被害があるのはとある森林地帯の近くに限定される。
  生存者の目撃情報からするに、ネズミのミュータントだと思われるが……銃声を聞いたという証言もある。
  元が何であったかはさておき、人間並みの知性を持った半ミュータントの可能性がある。
  大規模な討伐部隊では逃走される可能性が高いため、少人数による隠密行動で仕留めてもらいたい。
  奴の集めた物資については、一部は買い取らせてもらうが、基本的に諸君らの方で好きにしてもらって問題ない。

  追記:付近の生息ミュータントや地理の都合も有り、地元の狩人一名が同行する。

 【備考】
  隠密行動の為、同行者は一名まで(※ クーデリアの場合でも電の同行は不可)
  それとは別に依頼限定キャラと共闘有り。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
1686 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/06/01(木) 21:15:31.63 ID:3Vp0N3Nj
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
1687 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/06/01(木) 21:15:43.68 ID:3Vp0N3Nj
;、});、;、 ;、;、;、 ;、;、;、\;、;、;、;{;、{;、;ヽ;、;、;、;、;、 ;、;}八、;、_彡イ;、 ;、;、_;、;、;、;/;、;、 ;、;、;、;、;、
彡';、;、;、;、;、 ;、;、;、;、;、>ヽ;、 {;、\;、 Y;、;、;、;、;、〃 / ̄;、;人;、;、)_ (;、;、/;、;、;、;、;、;、;、;、人
;、;、;、;、;、;、 \;、;、;、<;、;、 \从;、ヾ;、|;、;、;、;、 //ノ;、;、;,/;、 r;、;、;、 \;、y;、;、;、;、;、;、;、;、/;、
;、;、;、;、;、;、;、;、≧=--ミ;、ー====ミ;、;,Y;、 /;ノY;,;〃´;、;、从';、;、;ノ;、;、;、;、;、;/;、;、;、;、;、;、/,/;、;、;、
;、;、;、;、;、;、;、;、;、;、;、;、;、)/;、;、;、\;,|;、;);、 /::/;、;、,,~=-;、;,/;、;、;、;、;、;人=ミ ;、;、;、彡 ´(;、;、彡'
;、;、;、;、;、;、;、;、;、;、) ;、;、;、;、\;、;、 Y;、{i;、;,{:/;、;、y;、;、;、; 人;、;、_-==彡 ̄(__ノ≧==≦;、\  ̄      カツン…
;、;、 ;、;、;、;、;、;、;、/;、;、;、;、;、;、ヽ;、;,;|::|;,|| へ}::};、〃斗====彡≪;、y;、;、;、;、;、\;、;、;、;、;、;,)             カツン…
;、;、;、;、;、;、;、;、;、;、;、 ヽ ~ 、;、;、}::.:V::ノ:人;、|:::|ノ彡イ ̄〃;、;、;、;/;、\;、;、;、;、;、;、;、;、;、;、;、)             カツン…
;、;、;、;、;、;、;、;、;、;、;、;、;\、;、;、;、Ⅵ:ノ;、; ヽノ::::/{; ,{{;、{:{;、;、;、イ;、 ;、 );、〃 从;、;、;、;、;、彡 ⌒)               カツン…
;、;、;、;、;、;、;、;、;、;、;、;、;、; \⌒Y 人::.、;、::人|::::ハ;,|::从彡===彡イ;、 (;、 /彡 ;、;、;、;、-―=~;、;、)
;、;、;、;、;、;、;、;、;、;、;、;、;、;、 }};、{:::{_ノ\:::::::::::::::::::レ彡イ7⌒ー ≪;、;、;、;、;、;、/彡イ;、;、;、;、;、;、⌒
;、;、;、;、;、;、;、--=ミ;、;、;、;、 v彡ミ:::::::::::::::ヽ::::::::::::::::彡イ:/_ノ、_彡;、\;、;、;、;、;、;、;、;、;、;、;、;、ヽ;、;、
\;、;、;、;、;、;、;、;、;、\;、;、;、\::ヾ\::::::::::::Y::::::::::::::};/::/;{;、;、;、;、__彡=≪⌒≫<;、\;、;、;、;、;、;、;、
;、;≫;、_;、;、;、;、;、;、;ハ;、;、/:.:ゞ\::Y:::::::人:::::::::::::しノ>:::==≦彡=<⌒=彡 ̄ヽ__;、;ノ;、;、;、;、;、;、;、;
;、;、;、;、;、≫;、;、;、;、;、;;、;、 (;、( __Y::::::::::::::::::::::::::::〔__{;;;(/::::〃⌒´\:、;、;、;、;、;、;、7;、 /-=ニ;、;、;、
;、;、;、;、;、;、;、ゞ===---==ミ、 (;、;、Y;、{::::::::く::)::::::::::::::::≦__彡≪;、;、;、; ヾト=v-===彡;、/;、;、;、;、;、;、
;、;、;、;、;、;、;、;、;、;、;、彡t==≧==ミ人ノ::::::::::/::::::::::::::::::ハ;、;、;、 ヾ ;、;、;、廴;人ゞ;、;、/;、;、;、;、;、;、;、;、
;、;、;、;、;、__{  /イ{;、(  > :::::::::i::::::::::::::::::::::::::::::/::::i;、;、;、;、}=ミ;、__彡へ };/;、;、;、;、;、;、;、;、;、
;、;、;、< ̄、;、; ゞ';、;、::|;、;、;、;、/;、>:::::::::::::::::::::::::::::::::::人;、;、;、ノ;、乂;、ノ;,/;、 };;{ー;、;、;、;、;、;、;、;、;、
;、;、;、;、)  >;、;\;、:!;、;、;、 /;、;Y:::::}::::::::::::{::::::::::::::::ノヽ;、;、;、;、;、;、\;、; _;、;:::;;、;、;、;、;、;、;、;、;、;、
' ⌒ヾ从{  (;、;、;、;、Y;、;、;、;ノ;、;、{:::ノ::::::::::人::::::::::::::::::::ハ;、;、;、;、;、;、; \| |; :::::|;、;、;、;,:.|ハ、; 斗 匕
       ノ;、;、;、; 人彡;、;、;、;、人::{;;;;;;/´::::::\:::::::::::::::::::\;、;、;、;、|三三| |三|::| |_ 斗≦| ∧/
        ゞ ⌒⌒   ;、;、;、/:::::::::Y:::::{::::::::::::::::/⌒):::: \::: \r-==r:| | | | | |i | | | |_  -=≦ ∧
                 /::::::::::::::::|:::::へ::::::::::::{:::::人:::::::::入:::: \__i| |_ij斗≦i ̄ i| |_.,  -=≦∧
≧=--    ____彡イ::::::::::::::::::: 人:::::::::ハ::::人::::::::\:::::::斗≦ニニニニ彡イ彡| l_.,,   -=≦∧
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| ところ変わらず、こちらうっそうと木々生い茂る森の中……
| 人が住めそうなくらい大きなうろを持った、ファンタジックな大木の近くのこと。
┗───────────────────────────────────────┛
1688 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/06/01(木) 21:16:39.44 ID:FTzykEBh
ハハッ
1689 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/06/01(木) 21:16:57.63 ID:4yOcNS60
人が住めるサイズの大木と言うと樹齢何千年と言うか、1000年前の大崩壊を生き抜いた凄い貴重な木だなこれ
1690 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/06/01(木) 21:19:55.51 ID:3Vp0N3Nj
                    木の枝
     .________________________
                         | |
                         [llllllllll]                                             カツン…
                         | |                                            カツン…
                         | |                                              カツン…
                         | |                                          カツン…  カツン…
                         | |                                            カツン…
                         | |                                              カツン…
                         | |                                                カツン…
                         | |
                   ,. -―‐- .| |
           / ̄ `ヽ>'´         `ヽ.r'´  ̄ `ヽ
        /: /⌒ァ'´            Y´ ̄ ヽ: ハ
          |:: { /                \   } : }
.        ヾ ∨    .:    .:   :ヽ      ゙ぐノ ノ   ……お、おう。
.          `7    .::     ..:: i  .:ハ      i Y´
           /  .:: ::/::   ::/| ::ハ ::!、:レイヽト、ル' i                             あら、目が覚めたみたいね >
.          {   ::i ::/ ハ  ::/ ィ 7_十' } :|  l.    |
         \ l ムT弋 ::i  !/ 7示、} l |   {     うん、まあ実は私は永眠していて、
             | l :|: YT:ト、{    ヒzソ } :!  ト、  八
          ノイト {.ハ v} ,`     ,, ノ'个  |ノ| ヽ    ここがサンズ・リバーのほとりでもなければ、
.            ノ  / ハ ''   _    ,仆、/.| !   i
            〈  イ|.i ≧====zx<厶イ人ルヘノ    目が覚めたと形容しても差し支えないのではないかと思う。
.           ノニ三三三三三三三三三三三}
   _    _.  |ニ三三三三三三三三三三三|    _   _               この状況で随分とまあ口の回ること >
 ((.   ((   |ニ三三三三三三三三三三三|    __))   __))
   `    .`   .|ニ三三三三三三三三三三三|        (あちゃー、なんかつかまっちゃったかぁ……)
           .|ニ三三三三三三三三三三三|
┏────────────┓               (まあ現状生きているだけ儲けもの……)
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 適当な樹木の太い枝に、それ……大きなネズミ耳の生えた、
| 半ミュータントはぶら下がっていた。本人の意思によるものではなく、簀巻きにして、吊るされて。
| つい数分前に、軍刀による峰打ちで、あっさりと昏倒させられた野盗であり、
| 今日森へ立ち入ったスカベンジャーと狩人たちの、ターゲットである。
┗───────────────────────────────────────┛
1691 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/06/01(木) 21:23:57.86 ID:FTzykEBh
さてこのねず公どうするか
1692 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/06/01(木) 21:24:15.72 ID:3Vp0N3Nj
  }`ヾ \                /  /  l
  ゙;  \ `''= .,_ ,. -    ̄ ̄  ‐- <   /  j{
  ゙;   \    > /   l  ヾ、  \/    {                                               カツン…カツン…
   ゙;    \ /      l     、 ヽ  j!   ……さて、それじゃあおしゃべりなネズミさん。
   ゙;    ,.:'    /  、  l l   l } :,  ∨j{
    ゙;   /   / ∧ :, l l   l ハ  :,   ∨    まず確認しようと思うのだけど。
    ゙:, ,'    j. / ヽ :, l l   l/ l  }  l∨                                                   カツン…カツン…
    /ヾl     {/ _,,,...ヽl  ゙:,  ム...,,_ |   ト、∨                                     なんだい? > ナズ
    /ノ .l l     {'´ __ lヽ ヽ/r ,ィ__ ゙,j!  ハ\
   /フ ノl l   l rf゙ん心|∧ / ,イi j:}`トj  / ∨   あなた、今の状況はわかってるかしら?
   ´  l /{ミ、 ト、、ヽ:、_リ  }/  ヽ='/ / / }ト、 ∨                                                       カツン…カツン…
     /'゙ | }゙ヾ、.{ `        }    イノ j |  `                  ああ、軍か商会か、その辺に依頼された傭兵に、
        |∧__>j|           /=zjfヾ                   容疑者として捕まったんだろう? なら肯定だ > ナズ
      ´  >zz|\     , ‐-   ノyzz{!
         Y|゙'''|、:,:`ト..,_     /' l  |      あら、あっさり認めるのね。おおむね正解よ。
           |l  | ^ヾ_≧zzfチ/   !   |                                                                カツン…カツン…
          リ  !  jiii{iiirzztiiiiii}   l             いやぁ、ご同類もいるようだし、ここは少しでも心象をよくして、
       __,,ィl |:'":::::::::7ハ{:::::::::`::yj /_                            生存の可能性を上げようかとね > ナズ
      ,ィr'"jiiiiiV::::::::::::://  〉}:::::::::/イ///:::::}ト 、
     / { {:::::|ji=-- 、:::::::\Y r':::::::::::::::://:::::::::}}- ∨  ご苦労様ね。
    j  ヽYr''" rっ}iiihzxjj! {::::::::::::::::::ヾ、:::::::j f:::`:::}
    |   { rc,. _,.ニノ===ミiiiiiiiiiii≧x,. -、ヾYY/:::::::::::|  取り敢えず生きて警邏隊に引き渡されたいなら、
    |   /ii7/  \\// \゙'''y'/ ヽ}::} {::::::::::::::l
┏────────────┓               虚偽申告でこっちの頭数を減らすのは、やめた方がいいわよ。
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| そんな彼女とさほど変わらない高さの位置から、詰問をする声が一つ。
| どことなく皮肉気な色を乗せた、半ミュータント、シノンのものだ。
| まずはその前段階にと、まずはターゲットとコミュニケーション……という名の、
| 現状を勧告するという、一種の脅しである。
| 過度に責め立てる気はないが、優しくしてやるつもりも道理もない。
┗───────────────────────────────────────┛
1693 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/06/01(木) 21:28:37.10 ID:3Vp0N3Nj
              -――-
           ´        ` 、
       // /  ,イ        \                                                      カツン…
      /, イ z/ト、/ 」_z,イ__  l   ヽ.ハ  まあまあ落ち着けシノン。
     .〃 / ./ l / / l / 「` ミトヽ、}  } }
       l ./「:l/`i  l≠テ云ミ、!ヾ/ / .l  そんな喧嘩腰にならなくても……な?
       ハ/ |::::::ノ     ら .}ム/ / .l                                                          カツン…
     // ./|¨´ ,    辷ンイ / ./  /                  はいはい、ともあれ聞き取り、始めるわよ > シノン
   / / /込    ,、.   /レ',イ  /
 _/, ィ / ./~i:|.\`_/ハ:}>´, ィー ' ./!                        (……よし、一人は味方もいるな。それに、)
´ ̄ /,イ _/ 」:|_」¨/// /ニ、>  / .l              (依頼主が警邏隊なら私刑にされる可能性は薄いぞ……ところで) > ナズ
   /イ l lムニ{⊆ヽ./ /´ ̄ヾ  /  |                                                                 カツン…
  / l | 「//::/イ /       }    l          正直に話すつもりではあるけれど……その前に一つ聞いてもいいかな? > ナズ
  {  ll /i ┌// {//      /    ハ
  ヘ | {::| .|::::::《  /     /|     ヘ   ん、なんだ?
   ヘ.ハ| .|:::::::ii /     / |      \                                                                  カツン…
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| そういう優しい警官役の人間は、別個に存在しているのだから。
| 皮肉味たっぷりにターゲットに接するシノンに対して、横からチンクがたしなめるように声をかける。
| やはりダダ甘にやるつもりもないが、聞き取りに際して、ターゲットから心象よく思われる程度に、
| 柔和な対応をするのが、チンクの役割だ。
┗───────────────────────────────────────┛
1694 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/06/01(木) 21:32:53.34 ID:5m5H6tJr
やっぱり一人なのか?
元がグリとグラの二人組の盗賊で依頼作ったから、仲間がいる前提でやってたんだが
所でなんだこのカツン…って音?
1695 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/06/01(木) 21:37:49.22 ID:3Vp0N3Nj
                      __
                     ´  __`ヽヽ _
                    <´: : : : : : : : :ヽ〉`ヽ
                 /: : : : : : : : : : : : : : : : : ハ
                / : : ; ´: : : : : : : : : : : ; : : : : ハ                   さっきからずっと、カツンカツンといってるのは一体……? > ナズ
                /: : : : /: : : : : :/l : : : /l /l l : : : : l
               /: : : /: /l: : : :/`メ、!: : :/ ,リ´リ : : : : ト、                                       あー、それはだな…… > チンク
           /: : : : /: / :l : : /仗刈:/ ´,伝心l : : : :!ヾ、
             /: : : : ,イ: :l : ハ: : !l乂少    込ソl /l: : l   }              私たち以外の、別の仲間ね。何かやらかせば斬ってやろうって、
.            /: : : : :// : :/ Ⅳ: ヽ    '     ノ: ´: : ハ /            刀と指を打ち合わせて威嚇音を出してるだけだから、気にしないで > シノン
           /: : : : :// : :/ / : : : _:> _´ `_ <: : : : :∧X
           /: : : : //: <二ニニミ三く ノ ̄乂 ̄ ヽ-、リ/ ヘ                                              アッハイ! > ナズ
          / : : : / _,ヘ_/: : ノ } `ヽ∧三/ ./´ヽ/`ヽ  ',
.        / : : : / /:` ⌒ヽ`ヽ、_」_   ヽ.∨/   ',  ∧ .l           (あっ、やばい、これガチだ。正直に答えないと、耳とか削いでくるわ) > ナズ
.         /: : : :/ /: : : : : :}rハ´   `ヽ、_ {二}     〉    ! /
      / : : :/ / : : : : : 必ン    __ _ ノ二`ヽ,.r ´    .レ                         ちなみに、貴方を気絶させたのはその仲間ね > シノン
       /: : : / /: : : : : :./` ´ ̄.> / ̄ ̄ニニア       .l
      /: : :/ ./ : : : : : ∧  >´ルf´ ., ',ヽ \< `ヽ.   {                                           そんな気はしてた!! > ナズ
     / : / / : : : : / /:`´{   { l,{ { { {ノ\ ヽ ヽ l /
     /. :/ / : : :/__  l: l ., `ゝヽl_',. ',. ', l ,r‐`ー' ,.イ l/
     l : l /: : :/ /::: `ヽ l/: :く___ ゝヘ人_∨ ,ィ´三彡"   .カツン…
     l : l / : :/  /::::::::::::::ヽ : : : : : 厂 ̄l l / /l ̄て        .カツン…
     l : l/ : /  ゝ:::::::::::::::∧\./二ニニl` レ .|ニ二ヽ          カツン…
    l : l: :/  /:::::::::::::::::::_ノ  ヽ、0   .!><| 0  ∧    カツン…  カツン…
    l : l /   l::::::::::::::::::く      l  _.|><|._   ハ     .カツン…
    /l: :レ    \::::::::::::::::ヽ   <三三三三三三> .ハ      .カツン…
    /: }: l      >r::::::::::::ゝ、   ` <三_三> ´   l          .カツン…
.  /: :∧ハ       人::::::::::::::::l`ヽ_  .|  l:::|     __ゝ
  l: : l ',: ',     ./: : :>、__ト、   `ヽ|  l:::|`ヽノ´  _,l
  |: : l  ',: ',   /: : : /  l: : l三≧ュxェ/|  l:::|`≧‐≦三l
  |: : |   ', ',   l: : : /   .l : ,l.三三三,' .|  l:::|l三三三三!
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| で、この聞き取りに際して、シノンが怖い質問官、チンクが優しい質問官であれば、
| 残ったシャナは何をするのか、というと……
| カツンカツンと、精神に圧迫をかけるような音を立てながら、
| 黙してターゲットが回答する様子を観察する、怖い人間兼、観察官だ。
| ……どうやら、精神を圧迫するという狙いは、ひとまず成功のようだ。
┗───────────────────────────────────────┛
1696 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/06/01(木) 21:40:57.33 ID:BoWtR+3B
諜報員だし尋問のやり方にも詳しそう
1697 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/06/01(木) 21:48:15.99 ID:3Vp0N3Nj
     ,.-‐‐-↓ |     ,.-‐‐-、
     //´ ̄`゙ス...|    //´ ̄`ヽヽ
     | i     } l_|_____l {    i .|
     ゙t ゝー'´       ` ー 、ノ丿
     /               ⌒<
    / /、___    ,--‐ ‐-  ___/\                  /)/)/)_
    ,' /    /  /      ハ   ヽ、            /// /ノ
    i  '  ,i {  / /  /ヘ   }  ハハ     /ヘハ/   /           さて、それじゃあ質問を始めていくけど…… > シノン
    ,ノ i   トハ / ,.イ  /! j厶 ハ    l    /   {(  _ 二⊃
  /  |   | j≧x'_」 ,/、j≦ミハ/  ;ハハ/ |  /       ソ´ はい、名前はナズーリン、年は自分でもわかりません!
/   ,/|   k< r心 |/  r心 > /    ハノ ,..:'      /
  ,.イ,八   \Vツ   ,   vツノ / ∧ハ/ V       /    住居は……ええと、ここからなら右方向に進んだ先にある……
 ,/ 〃 ハト、  ゝ''' r  ┐ イ ∧ハ ハ  ト、     /
|./ 从,∧厶=ヽ「`ト_,`⌒´イ厶イ ノ l/ ,ハ j_゙1,-‐'´                                    ……大樹のうろね > シノン
{'   ,メ/{.      ゙iー┬一'i        V/:}
   / V ,x‐ュ    ̄||| ̄        /:::;ノ           はい、そこです!
 _,/`゙ー^v′  }   |||        ,/::::/
/ >  キ ',  ノ´___|||____  _ノ:::::≦              あ、すでに探索済みならご存じやもしれませんが、仲間はいません!
!      ンイY''´.:.:.:.:ヽ。/.:.:.:.:.:`Y′
`tー--―''´ .ハ:.:.:.:.:.:.:〈l〉:.:.:.:.:.:.;′                 ただねぐらのほうには少々……
.         j.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/
          「:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.〈                                            ………………………… > シノン
※ 心の綺麗な人には縛られたナズーリンさんが見えます。
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| そういうわけで、質問を始めようかとシノンが口を開いたところ……
| ことのほか素直に、ターゲット……ナズーリンは口を開いた。
| それはもう大変流暢に、というかこちらが質問してないことまで……以前に、質問する前から、
| ぽんぽんと自分に関する情報を、開示し始める始末である。
┗───────────────────────────────────────┛
1698 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/06/01(木) 21:58:29.03 ID:3Vp0N3Nj
                      . . . -―… 、
              _ ,..、 :- : ./: : :/  /
      -- :―- ミ/ : : : :-‐… : : : :/   /
.      ` "''ミ .,: : :/: : : : : : : : : : : : : `丶< :
       `、    / : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : 、    一つ、親切心から忠告してあげるわ。
        \__ /: : : : : | : : : : : : :|: : : : : : : : : : : 、
         / : : : : : :| : : : : : : :|\ : :. :. :. :.|: : : \                          あ、はいなんだい? > ナズ
          /:. :. :. :.| Λ: : : : : : :|  __ :| : : :|: : : ト--
.        /: : : : : :.|/ \ : : : : | '"   :| : : :|: : : \  多言を弄して惑わそうって腹じゃないなら、
.         /イ : : : : :|  ̄´"\:从| ィ灯^V: : 八: : |⌒´
        ノ :/: : : 八rテ㍉    ゞ- ゙ | :/: : :.ト\  少しの間黙っていなさい。
        /圦{\: :\ 'ソ  、    |/ : /从
         |Λ: : うぅ=-        /|X/                            あ、はい黙ります。
            マX个ト .,   ' `  //: /―                     (テンパって口が回りすぎた!?) > ナズ
             ∨ |从  ニ=-  ノ}{: /////Λ
            {:八<////に互彡八///////}
            ///////////〈  〉///////,}     で、シャナ、こいつ随分口が軽かったけど……
           \'////////////∨////////Λ 
             {  \// ̄ ̄) ̄´"'~、//////Λ    どの程度、嘘が混じってると思う?
             {   ∨ _/"'' …-- ''"´∨,///ハ
             `、   ∨            }/////}                             ………………(黙って頭を振る) > シャナ
            `、 __-∨         Λ ////
               ∨ニ=- ∨        ./ | 〉///     え、何そのアクション……
                {Λ     V_____、イ  /////|
    -―- ミ,  //Λ    Vニニ///   {//// |     ……まさか全部本当だとでも?
''゛  ,、 -‐- ミ/∨///Λ    ¨¨¨{//   {//// ト
 /    「 ̄   ∨///Λ     ///{     {//////\                                     ………………(コクリ > シャナ
    /Λ    }///     ‘////{    \///////
..   /////\_ ノX,_      ∨ ̄~ }   | \////   えぇ……
...////////////ニニニ[にΛ  ∨___Λ   |_ | \/
´""⌒)//////ニニニニニニΛ  .∨//Λ 〈ニニ〉
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 怪しい……実に怪しい、申告の数々である。
| 名前年齢拠点に続けて、仲間の有無や何やら拠点の設備について、
| 矢次早に語られるナズーリンの言。あるいは、次々に語ることで、シノン達による、
| 真偽の見極めを不正確にしてやろうという意図すら見える言葉のマシンガン……
| 実態は単にテンパって、とにかく情報を売って助かろうとしていただけなのだが、
| 知恵が回る人間には相当に怪しく見える言動である。……救いは。
┗───────────────────────────────────────┛
1699 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/06/01(木) 22:02:08.48 ID:BoWtR+3B
シャナ、無口キャラを演じてるのか?
1700 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/06/01(木) 22:04:44.36 ID:3Vp0N3Nj
シャナは会話をせず声を聴かせず、ただただ見に集中しているのです(ただしカツン…は続ける)
演じるというより、単にナズに情報を提示しないようにしているだけ。
1701 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/06/01(木) 22:11:30.80 ID:3Vp0N3Nj
          , '´ ̄ ̄ `ヽ
        /
      {!      _,....:::::―――::::...._
       \__,...:'´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`丶、
       /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::、::::::::::::::::::::::::ヽ、       少し、脅かしすぎたかな。
     ,:':::::::::::::::::,:::::::::::::::::::::::::::::;:::::ヽ::::::::::::::::::::::::::\.      敵意はほぼ削げたけど、
.    /::::::::::::::/:::::::::::::::/::::::::;::,:|::::::::∨::::::ヽ::::ヽ:::::::::ヽ    代わりに少し混乱してるみたい(アイコンタクト)
   '::::::::::::::/::::::::::::::::::/:::::::/:/::!:::::::: |:::,:::::,::∨::∨::ヽ::::.
   |::::::::: /::,:::::::::::::::/__/_/::::|::::::::::|!::|:::::|:::∨:::',::::::∨',                               ……つまり? > シノン
   |::::::::/::/::::::::::::ィ:::::::/〃 i:/|::::::::::}イ⌒iヽ:|:: |::',::::: |、::.
   |:::::::|::/|:::::::;::::/!::/ / / |::::::::/ }:i Ⅵ|:::}:: |:::!::::: ! マ  ほぼほぼ恭順してる。
   |:::::::{/::|:::::::|:/,ィ        |:::::/ィチ芯ヽ|/|::::|:リ:::::::| }!   元々、罠を張ったり頭で立ち回るタイプみたいだし……
   |:::::::'::ハ!::::/|:{          }::/ 比刈   ,|::/:::|:!:::リ /    仲間がいないというのが真実として、
   |::::::::::{ |::/::::::.  、__,.  /'   弋zソ  ム:/:Ⅵj::/       恭順する方が賢いと判断したんだろう(同上)
   |::::::::人!'ハ::::::::.             {:::::|:::.リ /
   |::::::::::::::`¨}:::::::i           `   u  八::|:::|             ああ、生存の可能性を上げたいって言ってたわね > シノン
   |::::::|::::::r7∧:::::::.、     r   っ     イ|::::::|:::|
   |::::::|::::::|/// ̄>、>   __,. ィ//>|::::::|:::|                            あっはい、警邏隊に引き渡してもらえるなら、
   |::::::|:::://////////rrハ  |//////イ/l|::::::l::リ                          拠点のことでも集めた物資でも何でも言います > ナズ
   |::::/::/-<///////|//| ,ト、//// //リ:::|::|/
   ,:::::'/////\/////!//!,.‐: 、\/ ///:: /::|                                     そ、そう…… > シノン
.  /:///////// \//ム/ |:, -- Y:∨//:::/:: リ
  {//////////////\{//∧: : : :|: :} /:::イ::::∧         (さすがに、ここまで恭順されるとは思わなかったけど)
  |////////////////////ト,: : :!: :|'///::∧/}
  |////////////////////|: i: /: : |/,イ::////| カツン…
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 救いは、そんなナズーリンの内心を、正確に察せられる、
| 諜報員技能を持ったシャナがいたことか。
| ただただ黙して彼女を観察していたシャナは、かすかな言葉の抑揚や感覚、
| 吊るされたロープの振れ幅等々から、ああ少しばかり脅かしすぎたかと察して、
| シノンたちに視線を回す。
| 無論、それらがシャナすら騙す虚言の可能性もないではないが。
┗───────────────────────────────────────┛
1702 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/06/01(木) 22:12:28.05 ID:FTzykEBh
即落ち!
1703 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/06/01(木) 22:18:55.26 ID:3Vp0N3Nj
                 ̄ ̄ ̄
           ./              \
            /  /        / ハ     \
         /  '  ./   ./ / Ⅵ  ハ      お、おう……それじゃあナズーリン。
         i  .!  」_ ||  .,!/   | ! .! !   .!
         |  |  |7iハト/.||  /|ハ |_L  .|                                    なんだい? > ナズ
         |  |  |zi!z|ト、i!/  j'七f T   |
         |  |  |{三三.}   7うiY},|  /:\    取り敢えず、さっきの続きから聞かせてくれ。
         |  |  |入三フ   .〈zン //  /:_:_:_:\
         |  |  ト、           〃  /´ ̄`: : :ヽ ねぐらには少々……なんだ?
         | .从 八 iト...   ‘’  _イ_|   |: : : : : : : :ノ
         |/ |. \ \zz.≧f´ヽ\ !   !: : : : : /                       あー、はいはい、続きですね > ナズ
         /  |_」´:\ \L! |: : : \| .人: : :/
        ./   ,f廴__ i\ \ハ: :.≦入.  \                      (よし、今度は嘘と疑われないよう、)
       / /: :`¨¨アヘー\ Yi: : : :7/\   \                       (ちゃんとゆっくり答えるぞ……) > ナズ
      ./  i: : : : :<<: : ∧   ハ | !: : //: /ハ\   ヽ                     ○
      /   {: : : : : ヽ\:.∧   }! |: //: // .{  \  i                    。
     ./   ハ: : : : : : :ヽ\∧ j! レ./: :/∧.八   ヽ|                  (……とかって、考えてるな、あれは) > シャナ
    /   /: :: : : : : : : : :ヽ\i  レ: ://: :ノ{  \   }|
   ./   ∧: : : : : : : : : : : : Y|  [iレ/: イ ト、  \_j!   ああ、よろしく頼む。
   /    .廴\: : : : : : : : : : :.||  [|/: : :|  ! \   \
  ./      iヽ\_.⊥____」|   ||: : : 〉.∧  \  ヽ
 /       .|: :\_. ィ⌒ー―i|YrヘY||:./ト、  \  \  ',
./        |: : : : : :|ー=: : : :||^`´^.||: : ノ: i   \  ヽ i
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| とはいえまあ、嘘の可能性など世に絶対の判断基準がない以上、どうしても付きまとうものだ。
| 判断基準に沿って適当に信じてやりながら、ともあれ聞き取りを進めていくことにしよう。
| ターゲットはこれで確保し終えたが、あまり時間をかければ日が暮れてしまう。
┗───────────────────────────────────────┛
1704 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/06/01(木) 22:29:33.07 ID:3Vp0N3Nj
    ,.::'" ̄`ヽ、
    ,':::;:'" ̄`ヽ|,.. -─- 、___  , -‐-.、
    !:::!    / /      `ヽー-、::::::',
    ':、\,   /  / ,ハ    |   ヽ::|  ええとですね、拠点の方には、入り口入ってすぐのとこに、
     `'ァ  .,'  /_/ |     ,'    .!'
  /\./  ./  / /_` ハ   / ./   |   セントリーガンがおいてあるんだ。
/   | .∠__  !/7´,ハヽ !  /!_./!  八
     |    |.  | 弋_,ソ  |/ ァr'、|/  ハ   だから……その、だな。不用意に足を踏み入れると射殺の危険が……
    ノ  |八  ',.xx     , り ノ/  /レ'
   /   ,'   \|  , ─- 、 xxイ イ                          へぇ、ずいぶんいいもの持ってるわね > シノン
  (    人   /ヽ. l_  `ソ   人「
   `ヽ ノ\へ/─'、\.__,,.. イ   )      以前隊商を襲った際に、待機状態のものを奪って……
       ,. -/    ヾ7 レへ/レ'
     //        \  \                                        で、停止方法は? > シノン
   rく    /        ヽ.  \/`ー- 、
   ヽ ヽ  ,'      l     ハ   /     ,j 音声認証で私が停止をかければそれで。
      |\\      」  .// r'─--、_ノ、
    ./  ヽ_ヽ-‐ァ''"´ \//| /´ ̄ ̄`ヽ}. \ あ、再起動には直接スイッチ押す必要があるので、騙して悪いがはできないよ。
※ 心の綺麗な人には縛られたナズーリンさんが見えます。
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| というわけで、まずはさっき何を言おうとしていたのかと問いかけてみれば……
| 明かされるのは、拠点に設置された防衛設備について。
| どうやら、昔強奪したスタンドアローンのタレットを、防衛戦力として使っているらしい。
| ……拠点で普通に遭遇して籠城策を取られていたり、
| あるいは彼女の家で罠を張ろうとした場合、少々面倒なことになっていたかもしれない。
┗───────────────────────────────────────┛
1705 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/06/01(木) 22:35:32.78 ID:6KshzvAk
単独犯で護衛戦力付きだろう商隊にどうやって勝ったんだろ?
何か強力な戦力が仲間以外にもいるのか?自動人形とか
1706 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/06/01(木) 22:40:21.16 ID:3Vp0N3Nj
                 ',ヽ<
                 ', \ ` '<             ,イ}
                 ',  \  >⌒''-_.、 _.>'"/ /
                 ',   ,イ.      、 ヽヽ /  /
                 ハ ,イ  / .{  ハ }  ', .イ   で、他にそういう防衛装備は?
                   彡/.イ ,' ∠_{ l /.ノ ハヘ }イ
              イ┐¬i{. ィ==ミ乂イ./,、}ヾ`ヽ                       ええと、手持ち以外じゃ家に銃が何丁かと、
                    }/ {=从 !Vソ /イイ芯 }ハ」::::l               あと携行用の手投げ展開式セントリーが一つ二つ…… > ナズ
                 ' /ハ≠从.    , ゞ'イ.ノ{:::::::',
               , ィ´⌒)\  -,  フWハ∨⌒>   ……シャナ?
             ≦イ´ ,.イ ri|、..\_ 。<='   ヽ<:::::V
                 /ィ'',ィ-==、ニニニ巨/ ,イ    ヘ´ ∨                                            白 > シャナ
             ' ,ア⌒ヽ.マム: :《 ,イ.イ.、ァ=、___,ヘ  ∨、
                  |′  ./。 ̄ヽヽノ: {{ :}}: : : : {{:.:',   ’ハ          (セーッフ!! やっぱ最後の一人がやばかった!!)
                 /   ,ィムァ―<二ニニミ.ヽ: /≧.ヽ.__}:.}               (嘘つかなくて正解だった、セーッフ!!!!) > ナズ
              /ニニム./// /  ', ̄ ̄  ∨_{_{ニ!`ゞ==入}
             /   マ// イ   ',     ∨    `¨´  ……一つ助言しておくと、
              /   / ヘ.      i      }!
.             ,    /  ヘ ,zzzx.. }     /         そんなあからさまに喜ぶと、私たちとしては、
            ァ゙   ,.′  .〈ニニニア'ヽヽ    i{
          /   /      ゞイ、ハ:∥/ih、イ>          あれ、やっぱり騙されてるんじゃと疑わしく思うのだけど?
.         /    イ     ./: : : ))∥::::::::: l|
       ,イ,' /   イ    r‐ '、: : : : :((∥`¨¨¨l|                      あ、ごめんなさい。でも嘘は言ってないです本当です > ナズ
.      /./ /x .イ   ,ィ /zzz、、  ̄¨''ヽ    {! l|
.    / / /;;::: /  ,イ{'"¨¨'''-==ニニzzzY__.  l|\          さて、どうだか。
7___,ィ / /::::`(  ./ /_      _/〔 `''v'7z/
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| で、他にも何か持ってるんじゃないかと聞いてみれば……
| 名前が挙がったのは携行可能なタレットと来た。
| 火力もスペックもさほど期待できるものではないが……隊商への威嚇の賑やかしには
| なったろうし、少数で依頼に臨んだ今回のケースなら、数の利をひっくり返された可能性もある。
| ……まったく、どうやってそんなもの手に入れたのやら。
┗───────────────────────────────────────┛
1707 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/06/01(木) 22:42:42.28 ID:3Vp0N3Nj
>>1705
1:依頼書にもあるが、狙われるのは小規模なキャラバンのみ(護衛戦力も少ない)
2:タレットを使って賑やかしを用意して荷物を捨てさせたり、ヒットアウェイで奪っていったり
3:どうにもならないときは危険ミュータントをトレインする

……というような方法がざっと考えられます。
1708 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/06/01(木) 22:47:10.53 ID:khvlUYfQ
姿を見せずタレットで奇襲、自分の戦力を何倍にも見せかけて集団で襲ってるように演出して
荷物ほっぽって逃げたのを回収って感じかしら
1709 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/06/01(木) 22:47:44.65 ID:QLSTwBN7
なるほどなー
1710 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/06/01(木) 22:48:46.20 ID:3Vp0N3Nj
ですです。

タレット入手する以前は、3のトレイン方式で残ったやつを回収してて……たまたまタレット入手してからは、
集団に見せかけて弱い者いじめ戦法にシフトした感じ。
1711 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/06/01(木) 22:53:14.07 ID:3Vp0N3Nj
               , - 、
   r _'ニ_ヽ      //⌒ヽ' ,
  /r~  .ヽ' ,    / /     .',.',
, / /      ヽ',   | |       }.}                                      まあ、ともあれ次ね。
. | |       }.}   | },      i l                       あなた、集めた物資があるって言ってたわね > シノン
. | },     ,, ! '' "~~` ''' ー 、.//
 \ヽ、, "                   あー、うん。
   )                 .ヽ,
   i           \ ヽ     ',   教えるのはやぶさかではないけれど、
   .i   .    _, -''    ハ l .─-  ',
  ∠_ノ  ',   ,' . 八,へノ  レ´x≠ミ、 ゝ_ゝ 拠点においてあるとかそういう可能性は……
   |   イ ( ( ,. x=≠ミ    ト、ィ| ll
  ノ   i  ハ イ ん,イ !    ゙ー ',, |ゝ                                              …………カツン!
  イ  /  ! ヽi` 弋_:り   `    l、
  ,'  〈 ,ヘ',  ヘ _.""    σ  ,.イ ヽ、_  ないってバレてますね!!
  /  i   ヽ,  _ゝ、,,_   ,,. .イナス_ ノ
 〈   k _ ゝ .>、!、/ヽ,  ̄! i>ヽ、       はい、家の裏手から南にしばらく……罠が多めの地帯になるんですが……
  ヽ__ ゝ ハ/´   ヽゝ、「i ヘ  ' ,
      /        | |.| | i   ' ,     (やっぱ三人目やべえええええええええええ!!!!)
     /、          .| | |〈
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| なんにせよ、利害が一致した状況での交渉というのは、実にスムーズでいい。
| ナズーリンはとにかくどうにかして生きたまま警邏隊の手に回されたくて、
| シャナ達としては彼女を警邏隊に引き渡すついでに、彼女の集めた物資がほしい。
| ナズーリンがすでに最優先目標の生存以外を投げ捨てているおかげで、
| とんとん拍子に話が進む。脅かした甲斐もあったというものだ。
┗───────────────────────────────────────┛
1712 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/06/01(木) 23:01:29.35 ID:3Vp0N3Nj
;、});、;、 ;、;、;、 ;、;、;、\;、;、;、;{;、{;、;ヽ;、;、;、;、;、 ;、;}八、;、_彡イ;、 ;、;、_;、;、;、;/;、;、 ;、;、;、;、;、
彡';、;、;、;、;、 ;、;、;、;、;、>ヽ;、 {;、\;、 Y;、;、;、;、;、〃 / ̄;、;人;、;、)_ (;、;、/;、;、;、;、;、;、;、;、人
;、;、;、;、;、;、 \;、;、;、<;、;、 \从;、ヾ;、|;、;、;、;、 //ノ;、;、;,/;、 r;、;、;、 \;、y;、;、;、;、;、;、;、;、/;、
;、;、;、;、;、;、;、;、≧=--ミ;、ー====ミ;、;,Y;、 /;ノY;,;〃´;、;、从';、;、;ノ;、;、;、;、;、;/;、;、;、;、;、;、/,/;、;、;、
;、;、;、;、;、;、;、;、;、;、;、;、;、)/;、;、;、\;,|;、;);、 /::/;、;、,,~=-;、;,/;、;、;、;、;、;人=ミ ;、;、;、彡 ´(;、;、彡'
;、;、;、;、;、;、;、;、;、;、) ;、;、;、;、\;、;、 Y;、{i;、;,{:/;、;、y;、;、;、; 人;、;、_-==彡 ̄(__ノ≧==≦;、\  ̄
;、;、 ;、;、;、;、;、;、;、/;、;、;、;、;、;、ヽ;、;,;|::|;,|| へ}::};、〃斗====彡≪;、y;、;、;、;、;、\;、;、;、;、;、;,)       とまあそういう感じで……
;、;、;、;、;、;、;、;、;、;、;、 ヽ ~ 、;、;、}::.:V::ノ:人;、|:::|ノ彡イ ̄〃;、;、;、;/;、\;、;、;、;、;、;、;、;、;、;、;、)
;、;、;、;、;、;、;、;、;、;、;、;、;\、;、;、;、Ⅵ:ノ;、; ヽノ::::/{; ,{{;、{:{;、;、;、イ;、 ;、 );、〃 从;、;、;、;、;、彡 ⌒)   取り敢えず家の方行きます?
;、;、;、;、;、;、;、;、;、;、;、;、;、; \⌒Y 人::.、;、::人|::::ハ;,|::从彡===彡イ;、 (;、 /彡 ;、;、;、;、-―=~;、;、)
;、;、;、;、;、;、;、;、;、;、;、;、;、;、 }};、{:::{_ノ\:::::::::::::::::::レ彡イ7⌒ー ≪;、;、;、;、;、;、/彡イ;、;、;、;、;、;、⌒  まず私がセントリーをオフにするので……
;、;、;、;、;、;、;、--=ミ;、;、;、;、 v彡ミ:::::::::::::::ヽ::::::::::::::::彡イ:/_ノ、_彡;、\;、;、;、;、;、;、;、;、;、;、;、;、ヽ;、;、
\;、;、;、;、;、;、;、;、;、\;、;、;、\::ヾ\::::::::::::Y::::::::::::::};/::/;{;、;、;、;、__彡=≪⌒≫<;、\;、;、;、;、;、;、;、  ロープで縛ったまま、放り込んでくれればそれで……
;、;≫;、_;、;、;、;、;、;、;ハ;、;、/:.:ゞ\::Y:::::::人:::::::::::::しノ>:::==≦彡=<⌒=彡 ̄ヽ__;、;ノ;、;、;、;、;、;、;、;
;、;、;、;、;、≫;、;、;、;、;、;;、;、 (;、( __Y::::::::::::::::::::::::::::〔__{;;;(/::::〃⌒´\:、;、;、;、;、;、;、7;、 /-=ニ;、;、;、                    一人銃撃された瞬間、
;、;、;、;、;、;、;、ゞ===---==ミ、 (;、;、Y;、{::::::::く::)::::::::::::::::≦__彡≪;、;、;、; ヾト=v-===彡;、/;、;、;、;、;、;、             家の中にグレネード投げ込むから > シノン
;、;、;、;、;、;、;、;、;、;、;、彡t==≧==ミ人ノ::::::::::/::::::::::::::::::ハ;、;、;、 ヾ ;、;、;、廴;人ゞ;、;、/;、;、;、;、;、;、;、;、
;、;、;、;、;、__{  /イ{;、(  > :::::::::i::::::::::::::::::::::::::::::/::::i;、;、;、;、}=ミ;、__彡へ };/;、;、;、;、;、;、;、;、;、  あんたら相手じゃ騙し討ち無意味だってわかってますよ!!
;、;、;、< ̄、;、; ゞ';、;、::|;、;、;、;、/;、>:::::::::::::::::::::::::::::::::::人;、;、;、ノ;、乂;、ノ;,/;、 };;{ー;、;、;、;、;、;、;、;、;、
;、;、;、;、)  >;、;\;、:!;、;、;、 /;、;Y:::::}::::::::::::{::::::::::::::::ノヽ;、;、;、;、;、;、\;、; _;、;:::;;、;、;、;、;、;、;、;、;、;、       あーうん、ともかく、一度期からはおろそうか > チンク
' ⌒ヾ从{  (;、;、;、;、Y;、;、;、;ノ;、;、{:::ノ::::::::::人::::::::::::::::::::ハ;、;、;、;、;、;、; \| |; :::::|;、;、;、;,:.|ハ、; 斗 匕
       ノ;、;、;、; 人彡;、;、;、;、人::{;;;;;;/´::::::\:::::::::::::::::::\;、;、;、;、|三三| |三|::| |_ 斗≦| ∧/
        ゞ ⌒⌒   ;、;、;、/:::::::::Y:::::{::::::::::::::::/⌒):::: \::: \r-==r:| | | | | |i | | | |_  -=≦ ∧
                 /::::::::::::::::|:::::へ::::::::::::{:::::人:::::::::入:::: \__i| |_ij斗≦i ̄ i| |_.,  -=≦∧
≧=--    ____彡イ::::::::::::::::::: 人:::::::::ハ::::人::::::::\:::::::斗≦ニニニニ彡イ彡| l_.,,   -=≦∧
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| ともあれ、ターゲットからの情報収集は順調。
| 特別獣に遭遇することも、タレットから銃撃を受けることもなく、
| 迎えに呼んだ警邏隊が森にやってくるまで、一行はやや騒がしく過ごすことになるのだった……
┗───────────────────────────────────────┛
1713 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/06/01(木) 23:05:54.75 ID:3Vp0N3Nj
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

                 く>
        ┌────┐ く>
        └──┬─│
            ┌┘┌┘
            │┌┘
            │└┐
            └─┘
1714 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/06/01(木) 23:06:08.31 ID:3Vp0N3Nj
_ _ __________
  ̄  ̄/  _______ `ヽ
    / /ニ三三三三三三三ニ`ヽヽ
    |  |三三三三三三三三三〉/||
    |  |ヽ` ー-―――――――||
    |  | \            ,/||
    |  | 、          ´  /||
    |  |               / ||
  _|  |__________||
 ̄  ̄  ̄|エ   |市外警邏|   エ||
     | |二二二二二i i二二二二 ||
===| |=ー―――――――=||
|| ̄ ̄ ̄ ̄ ○○i_i三三三i__i○O ̄
 八二二弋三三三三三三八二弋
:::::=== |二二|三三三三::::::::===
:::===           ::::===
 ̄             ̄
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| ともあれ、それから数十分後。
| 依頼達成の報を送った警邏隊が、送迎兼回収の人員とトラックを送り届けてきて、
| さらに人数の増した警戒の元、ターゲットをフジノミヤの市外まで輸送して……
┗───────────────────────────────────────┛
1715 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/06/01(木) 23:06:44.57 ID:FTzykEBh
ドナドナ
1716 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/06/01(木) 23:12:44.85 ID:3Vp0N3Nj
          /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.∨: : \
.       /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ∨ : : : :.
.      / : : : /: : : : : : : |i : \: : :\: : : : : : : :.∨:. : : ::   ではみなさん、この度は治安維持への
      |: : : :∧: : : : : : : 「\: : \: : :\ : : : : |: :∨: : : ::
      |: : : :| ':,: : : : : :┼―\: :(\: ::|: : : : :|: : :∨: : ::i   ご協力、ありがとうございました。
      |: : : :| ―\: : : : | ィァ==ミメ、ヽ|: : : : :|:: :: :∨: : |
.     : : : :| x=ミ\: : |  {{:::_j(_, j[ | : : /: : : : :∨: |   犯人はこちらで身柄を引き取らせていただき、
      \: :V {:j(_,  \|  弋こり   厶イ:|\ : : : : ∨{
       \[弋り            |:.|:.|_ノ|\: : : :∨   厳正に処罰させていただきます。
.         /|   ,             /: : :|_ノ: : :\: : :\
.        i:.:|i  `           /: : : :| : : : : : /\: : :\                            お、お手柔らかに…… > ナズ
.         |::八    r 、       /: : : : :|: : : : : :|    ̄ ̄
.         |/ \    ̄      /: : : : :/ : : : : :|      さて、それは上が決めることですので。
          l:\       /: : : : :/ : : : : : : |
          |: : : :ー―┬ '7 : : : : / ̄} : : : : :|       ……衛宮さんたちは、報酬については組合で受け取ってください。
          | : : :_┌‐┴‐/: : : : :./  〈:. : : : :|
          |: : l ̄冂  /: : : : : /__\:. : :|       回収した物資もそちらに搬入していますので。
          |: : |/`i| ./: : : : : /ニニニニ\: |
┏────────────┓                朝田さんにつきましては、事前の連絡通りに郵送します。
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| そのままどんでん返しが起こることもなく、ナズーリンの身柄は、警邏隊に引き渡された。
| 先日のテロリストの件で、シャナは一人を捕縛して引き渡していた。……そのこともあってか、
| 思いのほかあっさりと、この犯人捕縛の件については処理されている。
| また捕まえてくるのだろうと、そう想定されていたということだろうか。
┗───────────────────────────────────────┛
1717 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/06/01(木) 23:21:03.66 ID:3Vp0N3Nj
:::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::\::::\::::\::::::::::\::::::::\
::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::|:::::.:::::::::ヽ:::::ヽ:::::ヽ:::::::::::::\::::::::ヽ
::::'::::::'::::::::::::::::::::::::::::|i::::|::::::::::::∨:::::∨:::∨\:::::::::ヽ、:::::',
/::::/::::::::::/::::::::::::::::::':::::|i:::::::::::::|、:::::::!:::::::}、:::::\::::::::.\::}  お仕事ご苦労様、マティア警部。
::::::'::::::::::/:::::::/:::::::/:::::.::::::::::::::::|::ヽ:::!.ヽ./::::、:::::\::::. ヾ
::/:::::::::/::::::::/:::::::/:::::::::|::::::::::::::|:::::マ{/::::|::::::ヽ:::::::ヽ.ム                                         警部!? >>>
:':::::::::::|:::::::::':::::::/i|:::::::∧:::::::::::::':::::,イ|:__ヽ}、::::::::.::::::::|:マ}
|i:::::::::!i:::::::,|::::::/ |::::/  ∨:::::/:::/ }/斥ヽァ∨:::::.::::::|::}|  物資が組合に搬入っていうと、
|:::::::::,!ー /|-/― }/ー '  |:::::'.   ,イr ,ら i} ∧::::|:::::!:/
|:::::::/!::::/ ,.ィテ笊芯ヽ |::/    比刈  ハ|::/:::::|    向こうで検査とか鑑定があるってことか。
|:::::::'::|::/ ,イ/ 忙_-、ら  j/      込ソ ::::::|ハ:::::'
|::::/::::{ハ Y  比し'刈  /           {:::::| ∨                        ええ、場合によって禁制品や医療品など、
{Ⅵ:::::::::{    込_z斗       、       |::::::.                     行政側で買い取る必要のあるものもありますので > マティア
|::::::::::::::|                     人:::::i
ム::::::::::::::.            ,. v   /  :.::::::.      なるほど、了解。
,∧::::::::::::ム                イ___|_::i
i/∧:::::::::::::', ̄ ̄\      //////////|:ヽ     それじゃあ二人とも、組合の方に行こうか。
///::.::::::::::::.∨/////| ̄ 7  - '///////////i!::::.\
///∧:::::::::::::∨////|   ト、//////////////|:::::::::::.ヽ                                 車を出しましょうか? > マティア
////∧:::::::::::::∨///|  |: :\/////////// /\::::::::::::.\
┏────────────┓             好意だけ受け取っておきます。どうせ近場だし、必要ない。
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| まあなんにしろ、これで依頼は達成、報酬については組合事務所でということで指示も受けた。
| さほど自分らと年の変わらないマティアが警部と呼ばれたことに、チンクやシノン、
| それとナズーリンが微妙に驚いた声を上げているが……さておき、受け取った指示のままに、
| 組合のほうまで行って、しっかり報酬をもらっていくことにしよう。
┗───────────────────────────────────────┛
1718 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/06/01(木) 23:22:19.25 ID:FTzykEBh
ひとまず解決だな
1719 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/06/01(木) 23:27:37.67 ID:5m5H6tJr
さあ、お楽しみの戦利品だ
あとは【被発見率】 0だったんだから何か技能成長しないかな
1720 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/06/01(木) 23:30:23.17 ID:3Vp0N3Nj





┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| ――これは全くの余談になるが。
| 
| 
| 
┗───────────────────────────────────────┛
1721 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/06/01(木) 23:30:42.46 ID:3Vp0N3Nj
               ,......:::::::: ̄::::::::.....、
             ,..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、
               ,::::/:::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::,::::::..
           /::/:::::::///7///7//7/-、::::l::::::::.  あら警部さん、そちらのハーフミュータントさんは?
          ,:::,::::::::/::::::/,:::::::/::::,イ:::::l:::ヾ,|:::::::::,
           l:/::::::/::::::/_:::_::/::::/ l::::イ:::/:::l::::::::::.                      ああ、睦美農園の……ほぼ黒の星になります。
         /::::::::{::://:/,:::::/ ,:::/,-/、l:::|:::::::::l                              あえて、確定と断言はしませんが > マティア
        / イ:::::::::l , ィ云rzl:/ / l:/ /::/|:::::::::,
.           |:::::::ハ. 弋z(ソ    ,ィテ心、,::::::::::,  あらら、悪いことはするもんじゃないわね。
.           |:::::::l、',       '  弋z(ソ/,:::::::::,
         ,ィ|:::::::|:::.、     - 、     //::::::::ハ   奉公に出すなら声をかけてもらってもいいかしら?
       /:::::!::::::::,:::::::ゝ、       ,.. ィ:/::::::::/:::::ヽ
      /:::::::::::,:::::::::ヽ:::::::l77 ュ77/l:::::/::::::::/:::::::::::::.. 近々農地を広げようかと思ってるのよ。
    /::::::::::::::,-、:::::::::',7//// T////,7::::::::/7`ヽ、:::::::::..
   /::::::::::::::::/:.:.:.:\::::::∨/´ {_}_--,/:::::::,イ:.:.:.:.:.:.:.\-,:::::..                                  ええ、覚えておきます > マティア
 /:::::::::::::::::::/:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:::::. ///l l_/::::/>:.:.:.:.:.:.:.:.:/:./::::::\
┏────────────┓                        (おおう、農奴とはいえ、取り敢えず生存の目は続きそうだ) > ナズ
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| そうしてシャナたちが警邏隊の詰め所を後にした直後……
| 偶然通りかかった農家の人間と、警邏隊の人間の間に、
| こんな会話が繰り広げられたりするのだが……それはまあ、別の話。
┗───────────────────────────────────────┛

 ※ 崩壊世界である皇国において、犯罪者を養う刑務所のような施設は存在しません。
    そのため、公的機関に身柄を引き渡された犯罪者は死刑or強制労働の身となるのです。
    奉公というのは、そんな半奴隷的な身分の犯罪者を、実質買い取るものと思っていただければそれで。
1722 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/06/01(木) 23:34:14.75 ID:3Vp0N3Nj
                               /| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                            /  | | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                          /    | |          |||||||  |||||||
                          |    | |
                , ――――――┴――――――――――――――――――
              / .|
             /  .|     llllllllll          llllllllll
           /    .|    ______   ________
          /        |   |:::::::::::::::::... .. .i|   || ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄|| Ц  γ |~ヽ
        /    /|  |   |:::::::::... ... . ' ..|   ||;;;;;;;;; |;;;;;;;;; |;;;;;;;;; ||    |  |  |
       /    /:::: |  |   |::::... .. . ''    |   || ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄||    |  |  |
     /    /...........|  |   |__..,        |   ||;;;;;;;;; |;;;;;;;;; |;;;;;;;;; ||    |_|_|
    /     , 1.|..,;;;, .,;;;,|  |   |;;.i|      |   || ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄||
  /    /:::| | |;;;| |;;;||  |   |;|::|      |   ||;;;;;;;;; |;;;;;;;;; | ;;;;;;;;;||
  |.  ,,;   |......i| | |;;;| |;;;||  |   |;|::|      |   || ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄|| Ц  γ |~ヽ
  |  /|  .| . ...| | |;;;| |;;;||  |   |;|::|      |   ||;;;;;;;;; |;;;;;;;;; |;;;;;;;;; ||    |  |  |  ヾ;ゞ
ヽミゞ;;  |  .| . .| | |;;;| |;;;||  |   |;|::|      |   || ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄||    |  |  ヾゞ:;ヾ
ミ ゞ;;ミゞ;;.. ;. |  ..| | |;;;| |;;;||  |   |;|::|      |   ||;;;;;;;;; |;;;;;;;;; |;;;;;;;;; ||    |_|_| ヾ;/ゞ
ゞソミゝミゞ;;ヾ;:;;: . | | |;;;| |;;;||  |   |;|::|      |   || ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄||        ;ヾ ゞ;
ヾ;:;;:ヽミゞ;;ソゝミゞ;;. | |;;;| |;;;||  |   |;|::|      |   ||;;;;;;;;; |;;;;;;;;; |;;;;;;;;; ||      ヾ;;;ゞ ;;ゞ
ヾ;:;ミヽミゞ;;ヾ;:;   | |;;;| |;;;||  |   |;|::|      |   || ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄|| Ц   ヾ;;; ;;ゞゞ:;ヾ
;ゞゝヽミ;ソミゝミゞ;;,| | | ̄ ̄.|  |   |~''|      |   ||;;;;;;;;; |;;;;;;;;; |;;;;;;;;; ||     ヾゞ:;ヾ ::ソゞ
ミゞ;;;:;ソソミヾ;:;;:   | | ̄ ̄.|  |   |~''|      |   || ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄|| ゞ:;ヾ  ゞゞ:;ゞ:;ヾソ
iソ ヾ;: ;;:ヽ_;:ゞ   | |⌒l⌒|  |   | . |      |   ||;;;;;;;;; |;;;;;;;;; |;;;;;;;;; ||   ゞ:;ヾ;ヾ ゞゞ:;:ゞ;;
 ;i;:ヽ_;:ゞミゞ |    | |i.__|___|  |   |__,|      |   ||;;;;;;;;; |;;;;;;;;; |;;;;;; ヾヽ::ヾソ;;;: ;ヾ ゞゞ;.;:ヾ
;ゞil|;;;;;ヾヾヾゞ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ::ヾソ;;;:;ヾ ゞゞ:;:: ;;:ヾゞ ゞ;
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| まあそんな、国家公認の人身売買に関するあれこれはさておいて……
| 一応全員、身分としては四級スカベンジャーということになる一行は、
| シノンが滅多に寄り付かない施設……スカベンジャー組合事務所に、やってきたのであった。
┗───────────────────────────────────────┛
1723 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/06/01(木) 23:35:35.11 ID:eUygTypO
穏当な結果になったな
1724 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/06/01(木) 23:36:14.05 ID:5m5H6tJr
おお、生き残ったか。可能ならスラムの楽俊と見合いさせて見たいなと思ってたんだ
ネズミ同士だし、子供が文字通りねずみ算式に増える未来が見たいw
1725 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/06/01(木) 23:37:07.38 ID:BoWtR+3B
妙な奴が絡みに来なければいいが…
1726 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/06/01(木) 23:38:55.17 ID:3Vp0N3Nj
                 _
              イ _  `ヽ 、
             / イ¨ゝ,>ニ‐-ハ
            / /   ハ/ |\>ハ   ……はい、衛宮さん。
           ハ ハ ,' ,'       i.ハ
          /  トィ=z,' i ハ .  |  }  それとチンクさんと……珍しい人もいますね
          i i { 它iゝハ<ィ==z  l /
          | ハゝ     佗}イゝ .イ                                      あーどうも、シノンです > シノン
          |  ハ 、_,    イ  {
         _j  / ゝ-  =≦     |   あー、はいはい、朝田詩乃さんでしたね。
       ///ハ≦   ハ  \   ハ レ
      //////ハ ///ハ  /≧=‐-_    ともあれお三方、警邏隊から連絡は受けているので、
      ///////////// ハ///////ハ
      ∨///////////////////////.}   淡々と、奥の部屋に移動しましょうか。
      ゝニ_///////////////////く
       /   >/////////////ヘ_>                                       ええ、お願いします > シャナ
      r /  /≧=―------、_|  |
     { .ハ /              |  |_
     し  人_______.|  l }
     /   ////////////////ハ  V
.    /  //////////////////ハ
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| で、まあそのまま流れるように、連絡を受けて待ち構えていたアリスに捕まって……
┗───────────────────────────────────────┛
1727 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/06/01(木) 23:40:13.24 ID:3Vp0N3Nj
              |
              |      _______
              |       || トェェイトェィl   ||                   lニニニニニニニニニニl
           ...____|_      || |ォ ォ|rェ ェl    ||                  | |┌‐┐ ┌‐┐| |     ゞ亥彡     さ、どうぞみなさんかけてください > アリス
         .:./     /|      ||  >¨ ,ト、¨イ   ||                  | |└‐┘ └‐┘| |    彡爻巛
      .::/____/  |      || ( フ「 |:: :∨:ヽ   ||                  | |┌‐┐ ┌‐┐| | 圖  勿水<   おおう、奥の部屋なんて久しぶりだな > チンク
    .:./     / |   [l       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄                | |└‐┘ └‐┘| |      》
   .:./     ///|  |_ _____ __ __ ___ ___________| |┌‐┐ ┌‐┐| |____ _}}_____ まあ確かに、あんまり来ないかも > シャナ
 .:./___/|___|_ _|   [|__ ______ ________________| |└‐┘ └‐┘| |___[ニニニ]____
  |      |//|, |/|   |                       , ―――,        ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄        |_____|:.:...  ああ、二人でも珍しいのね、こういうの > シノン
  |      |  l/l/|  /     _              _{ ̄{ ̄ |__|          _            .:.:.:.::.:.:.:.::...
  |      |/l/∠l|/      / , }___       /{ ̄{ ̄//|     _/../l
  | ̄ ̄ ̄|/∠l|      / /}__}___|      「 .| 二二 「 .|/     / / / |
  |      |/       / /}/}/./|    / ̄ ̄  ̄ /|    / / /   |
/|___|       :| ̄} /}/ / ..|  /      //」   / .{ ̄|     /:.::..
_/             .:.:|  ̄ ̄ ̄ 「 ./   | ̄ ̄ ̄ ̄|/    「 ̄ ̄ ̄ |   /:.:..:..:
             .:.:.:.|  ̄  ̄  |/      |」^^^^^^|_l      「  ̄ ̄ ̄ 」_/:.:.:.:.:.:..
                ̄ ̄  ̄                     ̄ ̄  ̄
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 言われるがまま淡々と、奥の応接室までやってきたのである。
┗───────────────────────────────────────┛
1728 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/06/01(木) 23:49:13.62 ID:3Vp0N3Nj
.   /::::/:::::::/:::::::::::::::/::::/::::::::::::::::::i \::::\::::\:::::::::::ヽ:::::::::::::::ヽ:::::::::::::i
   /::::/:::::::/:::::::::::::::/::::/ ヽ:::::::::::::|  斗-\ー\:::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::::::|
   :::/:::::::/::::::::::::::./::::/ト.、 ヽ ::::::|   .x=芸气ミ\i:::::::::::::::::::::::',::::::::::::|  で……こっちに連れてこられたって事は、
    /:::::::/::::::::::::::::/::::/ .    ヽ :::|  .〃ム ..i:::::うⅥ /:::i:::::::::::::::::::::::::::::|
   :::::::/::::::::::::::::::′ i.ィチ云㍉ ヽ:i     ∨.{:::{.リ   /:::: N ::::::::::::|:::::::::::|  何か厄介ごと?
    :ノ:::::::::::::::::::|  ヽヤ .{::{,ィ   \.  .辷匕7  /:::::::::::/ヽ ::::::::|::::::::::|
      :::::::::::::::::八 /    廴ノ             /:::::::::::/  ヽ::::::::::::::::|                 の、防止策なのは否定できませんね。
      ::::::::::/  / ハ       ′.         /:::::::::::/   ∧ヽ:|:::::::::|                向こうで「鑑定の結果ー」などと口にすると、
.       ::::::/ /  ∧     _        ∠:::::::::::/|,ィ'/:::::::::::::::::::::|                後々面倒が起きかねませんので、一応 > アリス
           /:::::::::.∧    ヽ__`,  /////////`ト:::::::::::::::::::::::::::::::|
.          /:::::::::::/  ヽ        |:///////////////////\::::::|  なるほど、ありがとうございます。
        /:::::::::::/     >        |://////////////////////ヽ|
         /:::::::::::/,ィ'////////:`.::::::孑|/////////////////////////ヽ                         (先生に聞いてはいたけど、この受付の人、)
         /:::::::::::/ /////////////////////////////////////////                (仕事の気配りはできるんだな……トラップも貼るらしいけど) > チンク
.        /:::::::::::/ //////////////////////////////////////////
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| まあそんな風にして、アリスや受付の人間に、事務所の奥へ通されたことは一度や二度ではない。
| いや、さすがに入り口の扉で出待ちされていた経験はないが……。
| ともあれ、落ち着いて部屋のソファーに腰かけて、
| きっと長くなるのだろう、アリスの話に備えることにする……と思ったら、
| 単に気を効かせてくれただけのようだった。相変わらず、見た目に見合わず有能な人だ。
┗───────────────────────────────────────┛
1729 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/06/01(木) 23:50:42.15 ID:BoWtR+3B
アリスさん有能
1730 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/06/01(木) 23:56:18.67 ID:3Vp0N3Nj
                 , =----ミ
                { / ̄ > Y⌒ヽ___
              /  .`ー=====彡' ̄ 'ミ、ヽ--、ヽ
                   //   ,          \} .}  あとはまあ、私が受付の堅い椅子より、
.             /  / .// / ./   ,        .∨
            /  /. /   / ./   /   i       やわらかいソファーに座りたいと思ったのも一因ですが……
.           /  / ./  _/_./   /i!   i!   i i!
            :   {i /i__./i!/「ミヽ i|   i |  i .从i:                           ああ、前もそんなこと、言ってたね > シャナ
         i!  Y⌒Ⅵ ̄ィzzzx--' 乂___从‐= .//乂
         |  { iゝ i}  `Yir'斧ヽ     .xzzミイ//i   おや、覚えていましたか。
         |  ∨     双ツ     イr'斧ア//iノ
         |   \_             `=′/i      ……と、思い出話に花を咲かせては、
         |      \       '       .|
         :         |\   `  '   .イ i |      他のお二人が退屈してしまいますね。
          i       /Yi          イ i  |
          /    / .\    T手   :    |      事務的に、今回の報酬なんかについて、お話を始めていきましょう。
.         /    i/i:i:i:\   ̄ ̄八  |i:i:ミ=、  |
      / , -'"i:i:i:i:i:i:i:i:i: \  /乂\}i:i:i:i:i:i:}ミ、ヽ
      /  /i:i:i:i:ヽ.i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i\{/Ⅵ\冫i:i:i:i:乂i Ⅵ\
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| さて、そういうわけで。
| アリスの言う通り、初めての遺跡攻略後の、組合での出来事を思い出すのは後にして……
| 事務的に、端的に、報酬と回収した物資について、話を進めていくとしようか。
┗───────────────────────────────────────┛
1731 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/06/01(木) 23:56:51.20 ID:3Vp0N3Nj
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


   ▼ 本日ここまで

1732 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/06/01(木) 23:57:30.78 ID:BoWtR+3B
乙でしたー
1733 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/06/01(木) 23:59:17.41 ID:voKUwZI8
おつ

完全ステルス達成に物資や容疑者確保とどんだけのボーナスが付くか
1734 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/06/01(木) 23:59:27.77 ID:oHtAHrFd
乙です
1735 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/06/02(金) 00:00:53.78 ID:dS89ssBC
                  , 、_  -ヘー―,イ´. ヾ 、
.              /   ,>匕ィ、_ `フ    ヽ ヽ
.             /  >'ー'´__二ニフ ',.   ヽ \
         /ァ=ァ'    _  -ーヲ  iト,  '., ヽ ` ,
.          ,イ/  i′   , -ー  ̄ ´ i、 i! i! '.,.  ', ',  ',       はい、というわけで……日付変更前ではありますが
       ,イ! l!ニ i! _, イ i i! !、   |マ | |. '.,  i! i  i
     ,イ三i| l!ニ i!;';';  | ||斗ヤ| ∨ ´「 マ¬ー-ト i i!  i!          本日のスカベンジャーはここまでです。
   ,イ三三ヲ! i!ニi!;';';  i个!i ! ', i! V  i メ/|マ  i!', i! i!  i!,
.,イ三三ヲ'´. ! l!ニi!;';';   i !| !| ',.|  ∨ | ,!∧! マ | ', |. |.  i',       ……すまない、急にぷっつり集中が切れてしまった。
ニ三ヲ'´    | l!二i!;';'  i!. i!| ` ヽ!   V.!==ェュマ ! i! ! i ', ',ヽ
ヲ'´    ,'  i l!二i!;';.  i、|,ィ=≡ゞ  ヽ!       /. | |  | ヽ , ヽ.     ぐぬぬ……まあこのままじゃ清算終了まで一時間も二時間もかかりそうだったし、
     ,'   i l!二i!;.   i!ヘ|              //! |  i! ヽ\`\
     ,'    i!. l!二i! ,イ!\'、  _,.-‐   ̄ ̄i /'  ,'i! i!. | !  、\',  \ キリよくここでいったん終了です!
    ,'     マ i!. 爪,ノi| ト、ヽ V   ´  - ′  / !| i!  ! iト、 \l\   `ー
             ゝ.ヾ二,ハ  ',、  `          <ト,i|.i,'  |',i=ミヽ  ヽ、`ヽ  次回こそは! 6th Turnのメインパート終了と行きたいものです!
.            ,ィ <ミミミト,. ∨>-   _ , <ミミゞュ !  l i!  ! ヽ、  `ー=、
_  ー   =./     ヾミミi!ヘ ∨ill  ℡ミゝ_ィニ彡 「il彡  i!',}  | i  !ヽ、   li というわけで、次回、報酬についてはみなさんご期待くださいませ!
                   ヾ! !ミゝill. |!   |    i| ill |,ィ―'――i ,'  /i  /
                  /j | i! ill         illl i'  ゝ、_  ∨、 / !/  ,ィ あ、それとこのターンはシャナの成長もあったぞ!
.              /   ,' / ,ィij           ,illl、>'´ ̄´    l!ニト\/ ,イ/
                 ノイヲ',==ュ、. i|i  ,ィ==ュ</|イ ̄ ̄ ̄  l!三i|ミ!ヽノ   次回メインパート終了時に、そこもステータス反映だ!
  ゛'' ‐-  ,,_.      、  ヽ )>/ゝ¬ミヽ!|i,ィヲ'¬ヾi/li| ゝ――  i マニ!ミ!. ト、
- .....,,,,__         \  ) >ニ>   `.|ll|゙´  ,ィ//メ、 ゝ- て´  マiミ! | \
1736 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/06/02(金) 00:00:55.95 ID:hiFiV/Dq

1737 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/06/02(金) 00:01:38.78 ID:iTacgnxo
1738 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/06/02(金) 00:02:35.93 ID:vo+nKcQM
おつ
1739 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/06/02(金) 00:03:17.05 ID:SbQ/X+0u
乙ー
1740 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/06/02(金) 00:04:20.85 ID:hiFiV/Dq
シャナの成長できたか。よかった。チンクの技能はどうなりました?
シャナの動きば、かなり勉強になったと思いますが(真似できるかはさておき
1741 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/06/02(金) 00:05:19.41 ID:dS89ssBC
                ___
            〃`<    __ `
          _/ __        __  ヽ  \
.           // /:           ,  ′  ヽ
         // /    .!        ′  ,      ともあれ皆さん、お疲れさまでしたー。
           ′′ i__/| ! ト   ',  ,   ′
        i | i ´| l.¨! :| :| ¨',‐-.| i   |   i  さて、次回の投下予定についてですが……
        | l | 小.! Vヽ i  ', ト .|   |    |
          И i .i ==   ` __.V .リ:   |    !  あとちょっとだし、今日の切れが唐突だったのでな……
         | V        ̄` /    |    ト.
         | 人          7   |     〉 短くなりそうだが、明日の夜か、明後日の昼、やってくぞ!!
            ,|   > _ ー '  ィ'|         、/
        /:i/\  |  :i≧r  //  / /      \ 6thはすすーっとクリアしていきたいところだしな!
             ヽ | /├|==/ / / |/    ヽ   ヽ
        \  /.` / :├|*/{ 'イ: : : : ヽ   i }   ちなみに明後日が有望株だな! 明日はガレージに浮気するかもだ!(ぉぃ
.            ヽ { i l : :├|/yヽ  ヽ/: : i  /  /
            } V、 | i: :.|。!/: : }  }: : : : | /     みなさん、お待たせすることになって申し訳ない……
         /   ゝ: !: :|。!: : /イノl: : : : :i     {
        /     !: :|: :|。!: : : : : : i ノ: : :!    、      ともあれ、スレ主はそろそろお布団行きますん。
           イ  |: : l :|。|: : : : : <.: : : : :i      \
       i / !  ′ :V.-! : : /: : : : : :人  i    ヽ みなさん、おやs(すやぁ……
.        V    /: : : : V、>/: : : : : :/ 〉  :l   l
1742 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/06/02(金) 00:06:05.06 ID:VE0bKAr2
お疲れ様でした
1743 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/06/02(金) 00:06:14.08 ID:o1z2pNal
おやすみなさい
1744 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/06/02(金) 00:07:14.66 ID:hiFiV/Dq
おやすみなさい
1745 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/06/02(金) 00:08:05.40 ID:dS89ssBC
               ,イ                 ヽ
          /              、   ヘ
         /        ,イ ヽ  ヽ   ',    ハ   >>1740
            / ,イ_/ ,イ ,/ ! ト、xr=≦ト   !
          i i ,F≧xr=-i{/l/≠笊ミァ ,!   l    i   ん、そうだなぁ……歩法の模倣はまだできそうにないが……
          | .! |i ,Ⅶililiヾ ` / ん:::::ら Ⅵ   ト、   |
          |  !从{ilililililiリ   う::::::::リ .!   l/   .|   シャナにせよシノンにせよ、ものの見方はまあ、参考になった……かな?
          |  レ' ゞililiフ    ゞ-‐´  l   .!    |
         |    ∧   ヽ        .l   .l     !   着眼点なんかを整理して、【探索】スキルに生かしたいものだ。
         |     _入  __r_=__    ,.!   !___」_
         |  ,>´ : :ゞ,´z-_―´, イ l     i!  ̄ ̄∥
         | < : : : : : :,/´二 <´r=i l    リ    ∥        『ということで、チンクもちょっと成長するかも……?』
         |  \: : : :´    ´/.i_ ノ.l   / /  ̄ `ヽ
         |     iヾ _|    i∪  l   /  '        ヘ       『というところで、今度こそ寝ますん。おやすみ!』
         |  ,/   ,!     |-‐.´l  /         ヘ
         |. /    / }     /   | /ヽ、          ヘ
         !/.    《/ \   i   {'  》             ヽ
        /     / \ \/   li ,彳            \_
       ∧    /    \ /    li"                / 〉
       ゞ ` ─-/       /     lL               , イ /
1746 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/06/02(金) 00:13:46.86 ID:hiFiV/Dq
返信ありがとうございます。
改めておやすみなさい
1747 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/06/02(金) 02:04:37.37 ID:VJsqymLX
おつ
今まで見たことあるナズは死んだり殺されたり消されたりとロクな目にあわないのばかりだったから一撃だけで生存は珍しいな
関連記事
スポンサーサイト




コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://yarucha.blog.fc2.com/tb.php/3310-9928608d