情報部シャナのスカベンジ日誌 幕間「彼の/彼女の私生活--とある同居人の場合--」その1

2795 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/07/13(木) 21:30:28.20 ID:cI2NaMPB

        ________
    コソー   |\     \      \            うむ、しばらくぐでーっとしてたおかげで体力はあるし、
          |  \     \     \
  _____|   .| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|____      今日は予定通り投下やってけそう、てんこー!
.  \    .\  |   静岡みかん  |    \
.   \    .\|________|      \ ……まあ、ぐでーっとしてたせいで書き溜めさんは寝落ちちゃったんですがね!(ぉぃ
        ̄ ̄ ̄                 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
2796 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/07/13(木) 21:35:29.01 ID:RJEOW1mO
2797 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/07/13(木) 21:38:06.50 ID:PdJXxS+2
2798 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/07/13(木) 21:39:46.32 ID:cI2NaMPB
       l^丶     ヒョコ
       |  '゙''"'''゙ y-―,___
     /ミ ・ ω ・  ,:'  / \  ういうい、そいじゃあちまちまとはじめていこうかー。
    / ミ==[==]=l===ミ/  /
  /| ̄ ゙̄u" ̄ ゙̄u'" |\/|     幕間なんでな、いつも通り安価とかはなしになるが!
    |  静岡 みかん  |  /
    |____________|/      多分今回の幕間は、このターンのコミュパート1/2くらいじゃないかな?(ふわっと)
       ゙U"゙''~""'U"
2799 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/07/13(木) 21:40:04.61 ID:cI2NaMPB
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
 やる夫はスカヴェンジャーのようです二次創作

              情報部シャナのスカベンジ日誌
       幕間 《彼の/彼女の私生活--とある同居人の場合--》


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
2800 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/07/13(木) 21:40:32.20 ID:cI2NaMPB
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
2801 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/07/13(木) 21:40:44.94 ID:cI2NaMPB
            |
            |                   _,. -''"
    \              /      _,. -''"             ホーホーホホ、ホーホーホホ、
     \   ./ ̄ ̄\   /     _,. -''"                
        ./       ヽ           __,,,,.....  ----―― ホー……ホケッ!?
  _ _ _____|          |______ _ _ _
       :::::::::::::::::::_____        「|      __
  ./三三三\   |-_.__=_ __=| /_二三\    |FF|ニ|   |!_____i|   /⌒\
  | ̄同 ̄同 ̄|  |= |+| |+| |+| |  | []_[]_|  /二二ニ,ハ /=‐::::::::::::::::::: ∧ ]皿皿[
  |==/\==\_ | _ ‐=‐   =-| /[Atelier.C]ヽ |E E E|日|  | ̄田 ̄田 ̄| | /≡≡≡
                   ____
  / ̄ ̄∧ ̄ ̄ ̄ ̄∧ ̄\ /_____ヽ i|三三三三三三三三|i |二二二二二! /
  | | 田|「| 田 田  |「|[[[!| | ロ ロ ロ ロ ロ | .|::[]::|:|::[]::|:|::[]::|:|::[]::|:|. |ロ ロ ロ ロ ロ ロ| |:::
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| ……朝。
| 太陽が東から登り、夜の暗闇を祓う時間……
| そんなとてもありふれた一日が、フジノミヤにまたやってきて……
┗───────────────────────────────────────┛
2802 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/07/13(木) 21:43:53.36 ID:cI2NaMPB
                                        |    /\
                          ____________A.__// \\
                     _r‐'三三三三三三三三三三三三三三// ┌┐ \\
                  _r‐'三三三三三三三三三三三三三三三三//―‐┤├‐─\\
         _r‐'三三三三三三三三三三三三三三三三三三//     └┘     \\
       ┌<三三三三三三三三三三三三三三三三三三三//              \\   ふわぁ~~~
       └─┬───────────―┬────‐'|/    ┌──┬──┐    \|
           |      ┌──┬──┐    |  ┌─┐  |     |    |    │     |
           |      | // │ // │    |  ├─┤  |     | // | // │     |
         ┌┴―──┴──┴──┴─―┤  └─┘  |     |    |    |     |
         |                    |          |     ├──┴──┤     |
         |                    ├─────┤     |          |     |
.      , -‐┴―――――‐-、_________|          |     |          |     |爻爻
   ∠二二二二二二二二二}            ├┬───┬┤     |          |     爻爻爻爻
    ||  ||  |       ┌──┬──┐    ||三三三||     ├──┬──┤   爻爻爻爻爻
    ||  ||  |       | // | // │    ||三冂三||     | // | // |  爻爻爻 爻爻
┌r‐r‐||┬||┬|       | /  .| /  .|  n. ||┨凵三|| ┌─┼─┬┴┬─┼─千┴干┴千‐
├| n || n   | .n   n .|  .n. .| n.  |.n . ||..||┨=三|| ├─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼‐
├| ||====||====||====||====||====||====||l/||..||三三三|| ├‐⊆⊇‐┼─┼─┼─┼─┼─┼‐
├| ||====||====||====||====||====||====||l/||..||三三三|| ├─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼‐
├| ||====||====||====||====||====||====||___/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\├─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴‐
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| それは当然、フジノミヤに存在する、とある一軒家にも、朝が訪れたということだ。
┗───────────────────────────────────────┛
2803 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/07/13(木) 21:44:22.80 ID:rTe9ZsB2
鶏なのか梟なのかよくわからない…
2804 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/07/13(木) 21:45:55.51 ID:RJEOW1mO
両方混ざったミュータントでもあり得る世界ですし
2805 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/07/13(木) 21:48:03.84 ID:cI2NaMPB
                        , -───-- 、
                    / . : . : . : . :_. : . \
                   / : . : . : . : /. : : : ̄`ヽ\
                / . : . ; . : . /. : . : .:_, .. - 、´.:ヽ
                ヘ/_へ; /: . : /. : . :./. : . : . }、: . l   今の時間は……ちょっと寝過ぎちゃったわね。
               〉={}≦{ :l : .}: . /: . : . _ : . j: ):. :!
                〈;/`ヽ;/: ;} .: .|:.:/─_、/ `ヾ.: }: .:}   今日の予定は白骨遺跡の探索と……
                 {ノ. : } : ム| : .リf仡ヽ l   - 、}:ノ. :リ
                /: . :リ : ヾl: . :l弋ソ     ,ィ=、ヽ: /    確かシャナは、オフで情報収集だって言ってたわね。
              {: . :./. ; -/. : リ xxx   仡リ. : :/
                , ゞ、(.:´:::;f : . :ト、   _ , `xx . : /
              /i/ /ヽ} <´.l : . :{ /ヽ _ ..イ: . :./
            /i/ /:::::::::::::ト、`、: .l'./}:::::: 7、{: . :/
              {i〈 f;;;;;:::::::::::ト、≧l :∨|::::::ノi:i:l: ./
              |i:i:i:i:i;i≧>-〉   ヽ;ヽ{ニ≧=}:/
            .|:i:i:i:i:i:!/::::::::::}´`´´ }リ.|::::::::`|:{〉
            .}i:i:i:i:!/::::::::::::::|   // .l::::::::::{:|}ヽ
          l:i:i:i:/::::::::::::::::::l  ((  |:::::::∧{i:i:}
             ,リ:i:i:l:l:l:l:l>、:::::}   リ  l:::://iル:i;ゝ
          { `゙一' ̄   \:|二`∞'´l;//=ニヤ
          `ー≧ー..'. ̄´::::ヾi:i:i:iXX:i:}´::::::::::|
               ヽ::::::::::::::::::::::}:i:i:iXxi:i|:::::::::::::|
             〉::::::::::::::::::ヽi:i:ixi:i:i}::::::::::::::l
              ,)!:::::::::::::::::::::\,ヘ/::::::::::::::::}
              /::{:::::::::::::::::::::::::::} |:::::::::::::::::::〉
              〉:::::!:::::::::::::;;:::;_; =ヽ≧ニ===〈
             ./::::::::>ニ==ゞ‐'::´:::::ヾ:::::::::::::::ヽ、
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| そんなフジノミヤ中層区にある、家の一室で。
| 一人の少女が目を覚ました。
| 身長は139.2cmの、金色の髪をした四級スカベンジャー。
| 皆さんご存知、シャナの同居人、くーちゃんこと、クーデリア・フォイエルバッハである。
┗───────────────────────────────────────┛
2806 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/07/13(木) 21:52:14.02 ID:cI2NaMPB
                        \                               /
                         \                             /
                          \                           /
                          \                    /
                          \                   /  本当はシャナ抜きでも、四級遺跡を探索できればいいんだけど……
                           \                 /
                               / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄!     四級遺跡って、普段シャナと行くみたいに、
      、                   /                  !
        ` 、                 /                   !     複数人でのアタックが当たり前なのよね……
          ` 、              /                     !
            ` 、.        /                       !
                    ` 、   /                        !
                      ` <                       !
                        ` 、                     !
                          `i                 !
                       i    __/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨
                            i __/ /              ∨
                           i/ / /                 ∨
                          i / /                     ∨
                         i. /                 ∨
                        i/______________∨
                      ,>´ 二二二二二二二二二二二二二 `<,
                        ,>´ 二二二二二二二二二二二二二二二二二 `<,   トン、トン
                    ,>´ 二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二 `<,
                ,>´ 二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二 `<,
            ,>´ 二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二 `<,
        ,>´ 二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二 `<,
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 眠りから覚めるなり、起き上がって伸びを一つ。
| 時計に向けて目を向けながら、はて今日の予定は何だったかと思い出し、
| それらの確認が済んだところで、着替えをして階下へ。
|  シャナ
| 家主の厚意から始まったこの家での生活にも、少しずつ慣れてきたところだ。
┗───────────────────────────────────────┛
2807 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/07/13(木) 21:56:28.37 ID:cI2NaMPB
                     , -‐ー― - ニ 、_  ,.‐'´
     ',     lllllllllli    ,.-‐''´           `゙´
      ',      illllllllli _ ,./  、                             _,.-
       i,.     illllllll(_  _ ,./. `ヾ,                    _ ,.‐ ''´  一応ライフルは買ったし、電もいるから、
.      i,    illllllllli/ ̄      メ              ,. - ''´
.         i,    illlllllr'‐'''""~~"''‐,,.   ` ゝ_ _   _ ,.- ''´            単純戦力はそこそこ整ってるとは思うけど……
        i,    illll!'     (| i  ` 、   シ`   /'.,
          i,    illl      ""   、 ./   /;;;;;;;;',              とはいえ二人だけだともしもの時が怖いし、
.         i,    illi、          i,.'   /;;;;;;;;;;;;;;;;i
         i,    illllllli、          / .-''´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!             かといってシャナ以外に信頼できる同業なんていないし……
.         i,    illllllll| ~"'=‐--‐''´''´ヽ、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,'
         i,    illllllll|   ガチャリ    `::::;;;;;;;;;;;;;.'
            i,    illllllll|
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| さて、今日の所は五級遺跡で、軽くくず鉄をメインとしたガラクタ漁りの予定だ。
| 先月、折角四級に昇格したのだし、四級遺跡にアタックをかけてみたいような気もするが……
|                        シャナ
| 生憎と、色々と規格外なところのある友人と違って、クーデリアには単独で警備ロボットを
| どうこうできるような戦闘能力はないし、(多分)頼れる自動人形の電は、
| 先週出会ったばかりで、戦闘能力はあるとはいえ、その実態はいまだ未知数だ。
| ついでに仮にも若い女スカベンジャー的に、信頼できる同業者なんてほとんどいない。
┗───────────────────────────────────────┛
2808 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/07/13(木) 21:59:31.01 ID:Two48e0J
意外と交流狭いのか。チンク辺りと仲良くできればいいが
2809 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/07/13(木) 22:00:38.24 ID:cI2NaMPB
                      __
                      , '       ` `丶、
                      /  /_    ヽ  ヽ \
                  / , '   丶   \_ ゝ  \      なんというか、シャナ離れしなきゃと思うたびに、
                    / /  ,、_   `、   ヽ\,へ _レヘ
                   ,'  l ./   ̄`ーヽ   ヘ-}≧{}=〈     あの子のすごさが身に染みるわね……
                 {  ! |-‐'    ー-ヽ    ヽ/弋´
                  ,ヘ  {         l ├v'人  \   射撃に近接にESPに、探索だって先輩のはずの私と変わらないし。
               /  )  l ≠=  ≠=.|  レ' : l.ヽ   ヽ
                  イ  .八 ヽ   '     u.| / : :l: :i : ヘ  }  本人の実力のおかげか、無理が効く分人脈も向こうが上じゃないかしら……
                {  / / ヽ ト、  rっ ./l /\: :ヽ 、: :ヽ |
                 l /ノ : : } l/≧ イ   | { 〉 ヾ;、: ',: : :} /  あのバトルジャンキーとか。
               V/:.{:_;x( (  /〉 //./  ∨ト、): :イ
                  /:/〈X  ) )/  i / / /   ∨〉:i\:ヽ   ……ま、愚痴ってても仕方なし、凡人は凡人らしく、
               /ywW≧V / {.  ◇./ /wy、 __〉〉:i:i:iヽ 〉
               /: : ミ∧  / / {    〈 ( ヽミ〉Wヤ〉i:i:i:i:i\   取り敢えず目先の目標として、電の装備代くらい返せるよう頑張ろう、うん。
               ) / ミ∧ ( 〈  {Vwvw/l 〉  ≧w/:i:i:i:i:i:i:i:i:\
           /   ミ∧ l/ .{ニニ=./ 〈/ ,--ミfi:i:i:i:i:i:i:i/ ̄ 〉
          /       ミ∧  /   /  ./≦ イ:i:i:i:i:i:i/   /\
          ./        lミ〉./   / ./≦ イ ̄ ̄ ̄   /   ヽ
         |    ___| ミ〉≪≫|/≦ イ` ー┬─┬<        〉
         |  / -─/. ∨ 〈 〉 トyィ´ ⑩  ./  /  丶     /
.          \//  _/  /i:iヾ〈〉i:i|/      { /、        〈
            〉  / l  /i:i:i:i:i}{:i:i:i:!       ∨\ \_ ___/
            .L/ /ヽ人i:i:i:lハl:!i:i|   ⑩ /〈   ヽ____/
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 数日おきにぽんぽんと四級遺跡や依頼をこなしたり、
| 同じ五級遺跡のはずなのになんかやけにお金を稼いでいたり、
| 仕事に合わせて協力者を選べるだけの人脈があったり……
| ……ついで彼女なら、四級遺跡程度、一人で普通に潜って帰ってこれそうな、そんな気もする。

| そんな友人兼家主について思いを馳せながら、リビング兼ダイニングへつながるドアを開いた。
┗───────────────────────────────────────┛
2810 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/07/13(木) 22:05:57.84 ID:cI2NaMPB
                         ____
                      .  ´: : : : : : : : :`   ___|\
.                    /: : : : : : : : : : : : : : : : : :\: : : :∨
                    ′: : : : : : : : : : : : : : : : :、: : : : .,: : }__  あ、おはようなのです、マスター!
                  /: : : : :|: : : : : : : : : : : : : : : :'.: :: : :′:./  `
.                 //: : : : :|: : : :..: :.|: : : : : : : : : : '.: : : : Y                        おはよう電、ちょっと寝坊しちゃったわ > クー
                  ′: : ∧ j{ : : : : : ト、: : : :,: : : : : i|-、: : :「}
.                 |: |: : :{ \: : : : : :| ,二..._}: : : : : ト、 \:.リ     早朝便はともかく、朝の便なら
.                   ,: :| { ,.二.  、ト、: :.|.^⌒~ヾ: : : : :l ∨: :.|、
.                /: : :〃⌒^   ,  ̄    {: : : :.:|} .八 从∨     まだまだバスは間に合うのです、大丈夫なのです!
               /: : : : :|       _      '.: : : :j{イ: : :〈 : :.∨
.              ,. : / |:.:.′   r    }    ;: : : :i|_ノム::∨_ノ    あ、今朝のサンドイッチを用意するのです!
              イ  ;: ::从    、 __,ノ      从: : :.、: : :}i: ∨
                 ′: : |>  __    イ '.: : :′¨¨|: :∨            ありがと。でもその早朝便じゃないと、人込みがね……
                 ;: : : : :|     |.     { 、八: :.:∨ |: : :|                   ……そういえば電、シャナは? もう出たのかしら > クー
.                /: :./\{   __ イ ___   /ニ. 、: :.\|/i{         サブマスター
                ′:イ   /ニ.|≦ニニニニ. ヽ/ニニ/ \: : : `. 、    ああ、シャナさんでしたら……
               {: : : |_. ¨二ニニ|ニニニニニニニ, ニニ./   `ト、: : :\
               八: : .′ '.ニニニ.{ニ 〇ニニ/ニニニ′    ∨マ`: : \
                7    '.ニニ 八 十 /ニニニニ.'      ト、 }: : : : :.′
                ′    '.ニニ/\イニニニニニ7      ′∨: , 、: :|
.               /  l/   l:Y::::::::::|:\____.//      'i:i:i:i\  \
.             / --「 ̄ ̄ ̄ |---' ¨¨´   }      ,i:i:i:i:i:i:i:〉
             /ニニ へ.   __」___ノ     /      {i:i:i:i:i/
.            /ニ/ ⌒ヽ 〈     ヽ- 、  /       j{ii:/
           八. {     } {   /ニニニ ヽ .′      {i:〈
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| さてそういうわけで、階段を下りたところにあるドアを、身を屈める必要が一切ないままに
| くぐり抜け、部屋に入ればすぐにかかる声が一つ。
| 友人と潜った遺跡で発見し、そのまま自分をマスターとして登録した自動人形、電だ。
| 見た目には身長139.2cmのクーデリア以上に幼く見える童女のような彼女だが、
| こう見えても大崩壊以前、軍需産業としてこの国で名をはせた企業、有澤重工製の、
| 戦闘を含めた多目的自動人形なのである。若干というか、結構どんくさいが。
| ちなみに現在、単独でキッチンに入ることを禁止している真っ最中だ。
┗───────────────────────────────────────┛
2811 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/07/13(木) 22:17:07.16 ID:fggD9Tnj
> 身を屈める必要が一切ないままに
低身長万歳!
2812 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/07/13(木) 22:17:58.62 ID:cI2NaMPB
        ,_______
        |l ̄ ̄ ̄l| ̄ ̄ ̄l|: ..     〈
        |l      l|      l|::
        |l      l|  //  l|   # (       ちょうどご飯を食べ終わって、お庭に出たところなのです > 電
        |l___l|___l|:  :.   〉
          .::... .. ::...      ..: #    (                                 へぇ、庭に…… > クー
                             (、、                ))
     ____/⌒ヽ/ ̄〉ーL/⌒ヽ_    \_ヾ       _ゞ )
    L L L L L\_〉__)_〉__〈_  ゞ  ,(、、ゝll ;l //ノ   ノ
     L L L L L \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::(、、   ,) ll  ノ   ))
          ̄ ̄ ̄〉::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ゞ  ,r  |ll lll  ,,ノ~
       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄      .....            〉 /ヾ l|
            ....  ........   .... ....        |l ゝノ/l |
          .... .. ...   .   .. ..   .... ..   |l ll 〉 |
            ..  ... ....     .... .   .... .. |,|  ノll|
                               ノ l  ∧ |..
            . .  .  .  ..   .. ... .   〉ノ  |ll ヾ;;::...............
                              ノ し、 し ヽ:::......
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| ふと、そういえばリビングにこの家の家主でもある友人、衛宮遮那の姿がないなと気付いて、
| 先にここにいたであろう電に所在は知らないかと訊いてみれば、
| どうやら先に食事を終えた彼女は家の庭に出ているらしい。
| ……そういえば、彼女の父が昔住んでいたというこの家の庭は、それなりに広くはあるものの、
| 放置されていた年月が長いせいか、草木が伸びっぱなしになっていたなと、転居当初、
| 一度だけ目を通した時のことを思い出す。
| となると、庭の整備だろうか? ……草むしりくらいは、手伝った方がいいかもしれない。
┗───────────────────────────────────────┛
2813 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/07/13(木) 22:18:09.11 ID:fggD9Tnj
って単独キッチン進入禁止とかwww
2814 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/07/13(木) 22:19:09.82 ID:fggD9Tnj
> 草むしりくらいは、手伝った方が
それこそ電ちゃんにお手伝いとしてやらせてあげたら…
2815 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/07/13(木) 22:23:58.51 ID:cI2NaMPB
      | ii           /: : ./::::::/:::::::::::::::: ::::::::::::::::::: ::\
      | ii         ///://::::::/:::ハ:::::::: :::: : :::: ::::::::::::: :::::ヽ
      | :: ii.       //  //ハ/: i :| ::::: ヽ: : : :ヽ: :::::::::::i :::::ヽ
     .| :::: iヽ      // , ::/ /::::i: ::i::::|::::::: : |iヽ: : :ヽ、:::ヾ:.i: :::::::\                 シャナー、庭で何して…… > クー
     .| ::::: i ヽ     ,/ /|i// | :::i: /|: ハ ::::: :.|ヽ| \: |ヽ ::|: :|: :::::::::\
     .| ::::::: i ヽ    .| ::::::||| .|: ::|/_\ i、::: ||iヽ∠r-、|: :.|:::|: :::::::::::: :\
      | ::: :::::i. ヽ     .|: : :::||:!.|:: ヾ´i)゙ヘヽ!ヘ i/i、) ノ| i : |/- 、::::::::::::::: :ヽ  ……………………
      .| :.. :::: i .:ヽ   |: :: ::!丶!::!|.`ヽUノ   ヽ.. ヽUノ !|::|;;::::::::`ヽ、:::::::::: :\
      !  :::::::.i::::ヽ   | :|i: ::: ヽ: ヽ     丶     / |/;;;/:::::::/:::::::::::::::: :ヽ
      .i  :::::::i  ヽ  || ヽ:|ヽヽ::::ヽ    -   /:i .i;/:::/::: :\::::::::::::: : ヽ
       ヽ  :::::::i  ::ヽ |!/ヾ ヽ!!: ::ヽンi‐ .,._.,. イ/::/.///:::::::〉〉>:::\:::::::::::: : ヽ
       ヽ  :::::::i   ゙/::::::: : : : ヽ: :::!::ヘ-‐‐‐-,//:/://:::::::: : : ::::|\ : \::::::::: : ヽ
        ヽ  ::::::i  ヽ:::ヽ::::::::::::/ヽ:::|l:::ヽニニ //:/ /´::::::::::::,:/:::/:〉ヽヽ::::::::\:::::: : \
         >  ::::::i.  ヽ::::ヽ:::::::<::::! : |::::::|.V//::i: //:::::::/|:::::|´::::::::::::\..,,___,,,.ゝ--─
     ,,..-彡´::ヘ  :::ヘ  ヽ::::::::/:::::::::|: :,|ヾ:::V/:::: /::::::::/:::::::ヾ、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
    /: : : :::::::::::::ヘ  ::ヽ   ヽ/::::::>:|: |i: : ̄.i|::/i,,../:::::::::::::::::|l‐-u..,,,,,,,,,,,......r-─ ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   /-─ ´ ̄/ ̄::\  :::ヽ  ヽ:::::::/\|!|!ヽハ-/|/|\/ ̄~゙ ‐--、〉::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>:::::::::::::::
 /: : : ::::::/::::::::::/:::ヽ  :::ヽ  ヽ´   ヽ>´ノイ、.|/ / ./     /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::/:::::::::::/::::::::::::\  ::ヽ ヽ: :   ヽ、 |l´ ) 〈:./    .|、、::::::::::::::::::::::::.,,,..... r-----──
::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::ヽ  ::ヽ ヽ: :   ヽ|ゝイ /       |:|:\::::::\::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| であれば掃除の日でも決めてしまおうかと、窓から庭を覗いてみれば……
| 確かにそこに、彼女の姿はあった。
| 身長は、139.2cmのクーデリアに比べれば少しは高いが、けれど言うほどに、
| 差があるわけでもない小柄な少女。
| 黒く長い髪を後ろに流し、父の形見だという、袖余りの黒の軍用コートを纏いながら、
| 彼女がやっていたのは庭掃除などでは決してなく……
┗───────────────────────────────────────┛
2816 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/07/13(木) 22:31:01.19 ID:cI2NaMPB
.   \ヽ   \  \
.      \ヽ  \  \      ..、
      \ヽ   > ´ : \   //
        \゙/:. :. : : : : :>:'/"
.          \:.:. :.: : ://'^>、
          \:://":./三\                 …………………………
              //':.:./三'/>''^ニニ==‐- .._
         //^ヽ=-‐Y>´  . :.;. . . ,. : .    `  、
          ゞ''" 〈´ ゙ー_イ.ノ'_:.>-‐―\: : . .       丶__       _ ..... .... ...
              `ー‐r'´ ̄ .:    ゙_彡"‐=、: : .        ̄  ̄
                  人  _ ><´   ゝ彡く: : : : . . . .
                    `、     '. _>''´ゝノ;;\ー=:‐'" ‐ ..   ̄   -
                 ゝ > "´ :.  /三ィニ\ ゙マ ̄
                      ヽ ....,.ィ"三/ /三メ\': . . . .
                     `ー-='、三壬ィ´/=三\ - ― ―‐― ― ‐― ―‐
                        \三≦=>ァ三\
                               \三/_ィ=>ィニ\
                           \三/_/三_ニ\
                                  \ニニ/´ /三=\ ̄` <
                              \'≦三<7ブ´'      `ヽ、
                             Y´ ̄ ̄ ̄` ´          丶
                               人:.__. . . . .:. . ゙. . .         ゙ゝニ .. __
                                  「 ̄¨¨ヾ^ニー-                  ̄
                                  ` .,_  _ーr
                                   {゙~ー~´
                                       \、` ̄´      . . . . . .:
                                    ヾ: .   . . . . : : :_: :_: :ュ_
                                      `=― "´ ̄        ¨ ‐=

┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| ただまっすぐに、彼女は皇国軍採用の軍刀を構えていた。
| やや刃が斜めがかって体の正面を向いた……確か、正眼とかいう、ありふれた構えだったはずだ。
| 家主の少女はそんな構えのまま、ただじっとしていた。
| 素振りをするのでもなく、適当に植えられたのだろう木へ打ち込みをするのでもなく、
| また当然ではあるが……軍刀で草刈りをやるのでもなく。ただただ、じっと。
┗───────────────────────────────────────┛
2817 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/07/13(木) 22:32:41.63 ID:fggD9Tnj
刀術の訓練相手や道場やっぱ必要なんかな…
2818 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/07/13(木) 22:36:00.86 ID:sxdBPWIL
素振り?
2819 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/07/13(木) 22:37:44.37 ID:cI2NaMPB
                  _ , -── -- 、 _
                   /                `丶
              /                 \
             /                       ヽ    (……精神統一、ってやつかしら)
               /           ` 、    丶    .}
             {   ,'   ./|{ \     \     `、   .!    (シャナは全然動いてないのに、空気が鋭い)
             l   {   ./ ヾ  \     ヽ    .l , 'ヽ/}
              |   |  /_     ̄`\__ l    }〈: : :,ヘ;ト、 (近づいた瞬間にでも斬られそうな……)
           r‐┤  ! ./        , ィ=ー-ヽ   .| ヽイ    \
           {: : l   ', {  __     ´  衍l圷 |   .|  .|       .}                        ……ふぅ > シャナ
          {: : !   ゙|ィ´衍ヌ         乂zソ .!   .|  .{      .|
            /´ヾ|     } 乂zソ  ,          |}   | . . {     ヽ
          ./   {    ト             |:!   l: : ヽ     `、
          {    .{!   l:.ヽ               ノ |   } : : `、  ;   }
          }   :リ   ヘ.: :\     ̄    /l: :}  ./: : : : :} ;    |
          .リ   ./ ヽ    ヽ: : :>-  _ . '  |/  /: : : : : : : :ノ 人  .∧
          ノ ,' /   〉.   ヘ: : ; : ; : : |       {  {.:.: : : : : :./ノ : : ヽ {: :ヽ
      <_,/ {   / 〉   ヘ ; : ; ,.-┤    .!  /-、_lヽ _: : : : : :ヾ: : :ヘ
          .{  !  .//: ;ヽ  }-‐イ /      {  ヽ、.i:i:/ ):i:i:i`ー-、: : : : ; :ヘ
           ヽ( / : : /i:i:} ./|:i:iソ .∧.      〉、___/i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ヽ: : : ; : :}
            /: : : :./i:i:i:i} //  .∧.ヽ、 ___// l   ',:ヘi:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ヘ : : ; :.ノ
          /: : : : :.:/i:i:i:iノ/    ./ `7㎜mイー‐' .リ   '.,ヘi:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ヘ : ;./
         .{: : : ,': : {i:i:i://    ./   {ⅷ{リ/   /      ',ヘi:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:.ヘ:.(_
           |: : :l: : :/i:i/ .{    l   ヽ-‐'   ./      ',ヘi:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:!ヘー‐'
         |: : |: : }i:i/ /≧   ト-- 、 ___/     __≧i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:iヘ
          ,>乂:.|i:{ (/   | : . : . : . : . : . {      ヾ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:}
        ノ: : : ノ:リ:i:ヽ ヽ   }: . : . : . : . : . : |       \:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i|
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 剣で風がかき混ぜられることはない。
| ただただ、ともすれば立ったまま寝ているように見えるくらいに、
| シャナと軍刀は固まったままなのに、研ぎ澄まされた集中が、刃のように空気を支配している。
| 素振りではないけれど、これもきっと鍛錬なのだろうなと眺めていると、
| 小さく、いきを吐き出す音が聞こえた。
┗───────────────────────────────────────┛
2820 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/07/13(木) 22:51:55.94 ID:cI2NaMPB
                       -――――- 、
                         ,.........:::´ ̄ ̄`丶、
                    / ::/:::::;:'´ ̄ ̄`ヽ:\
               ,.-=彡 ::/::::::::::;′:::::::/:::::::::::::::::ヽ       おはよう、クーデリア。
               /  /::::::::::′:::::::;′::::::::|::::::|:::::::::::::::::::,
                  / :::::::::::|:::::::::::|::::::::::::::|::::::|:::::::|:::::::::::::,                      あ、うん。おはようシャナ > クー
                 /:;:::::::::\{:::::::::::{::::::}:::::::|::::::|:::::::|:::::ヽ::::i
               /:/:|::::|:::|r=ミ、:::::::|\|,. -ノ::::::|:::::::|::::::::i::!|   さっきのは何と訊かれると、少し説明しづらいけど……
              i::;    !:::|从 んハ:::::|/,x:=ミ、::::|:::;:::::::::::::|::!|
              |f   ∨ ,} Vソ八:{ 〃んィ/} /:/ ::::::::::::|::!|   まあ、朝の鍛錬、かな。
              | / i /八   '  ヽ  V/:::::::/)::::::::::::::|::!|
.            </// |{/// \ ` ‐  / ::/⌒〉::::{:::::::|::::!                       精神統一、みたいな? > クー
              \/////// `Tエ7///// f::::八:::::|:::::.,
                  /:::\////<´ ̄´///////|::::|::::.ヽ{:::::::..,  イメージとしては、間違いじゃないかな。
                /:::://///〃`ヽ//////// !::::|:::::::::.、:::::::: ,
.            /:::::::/ V;/ 〃 ////////∧::|:::::::::: i:::|:::::::'.
.           /,.イ::/  // 〃 く/////////// '、!:::::::::::|:::|::::::::::,
            // |::i  .// 〃   ハ////////////ヽ::::::::|:::|::::::::::::::,
          //   |::|  |/{ {{  〃i /////////////:::::::::,|ヽ:::::::::::′
        if    |::|  |/}   }}   i | ///////////ハ:::::::::::|∧::::';:::::::::!
        ||   |::|  |/{   ||   | | ///////////} .:::::::ノ  ::::|i::::::::|
.       /\||   |::|  |/|   ||   | !///////// ∧\\   }:ハ::::::|
     \() \   |::! ノ/|   ||   |:从//i ////////∧:::\\  |′  ': |
       \() \ |/ //  :||   || {//| /////////∧ :::::\\    !|
        ||\ ////   :||   |! |//| //////////∧:::::::::\\  |
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| すると次の瞬間、結局一度も刃を振るうことなく、目の前で彼女は刀を鞘に戻した。
| そうしてそのままこちらに振り返ると、まるで先ほどまでの鋭い空気がなかったかのように、
| 安穏と、朝の挨拶を投げてくる。
| こちらが返事の一言を返せば、すぐに窓から顔を出した時の一言……
| 「庭で何してるの?」という、最後まで言い切らなかった問いに対する答えをよこしてくれた。
| ……鍛錬の集中の中でも、きちんと声は聞こえていたようだ。
| 基本的に、彼女はいつもこう、如才ない。
┗───────────────────────────────────────┛
2821 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/07/13(木) 23:03:05.88 ID:cI2NaMPB
                      __
                      , '       ` `丶、
                      /  /_    ヽ  ヽ \
                  / , '   丶   \_ ゝ  \      鍛錬、邪魔しちゃったかしら?
                    / /  ,、_   `、   ヽ\,へ _レヘ
                   ,'  l ./   ̄`ーヽ   ヘ-}≧{}=〈     精神統一だけでやめちゃったみたいだし……
                 {  ! |-‐'    ー-ヽ    ヽ/弋´
                  ,ヘ  {. __     _ l ├v'人  \                   いや、元々殆んど素振りはやらないし、
               /  )  l '⌒゙  ´ ̄ ゙ |  レ' : l.ヽ   ヽ                   タイミングもちょうど終わるところだったから > シャナ
                  イ  .八 ヽ   '     u.| / : :l: :i : ヘ  } 
                {  / / ヽ ト、  rっ ./l /\: :ヽ 、: :ヽ |   ああ、そうだったの?
                 l /ノ : : } l/≧ イ   | { 〉 ヾ;、: ',: : :} /
               V/:.{:_;x( (  /〉 //./  ∨ト、): :イ     ならいいんだけど……
                  /:/〈X  ) )/  i / / /   ∨〉:i\:ヽ
               /ywW≧V / {.  ◇./ /wy、 __〉〉:i:i:iヽ 〉  (私としては、その如才なさを、)
               /: : ミ∧  / / {    〈 ( ヽミ〉Wヤ〉i:i:i:i:i\
               ) / ミ∧ ( 〈  {Vwvw/l 〉  ≧w/:i:i:i:i:i:i:i:i:\(天然の払底や自分の利益のために使ってほしいんだけどね……)
           /   ミ∧ l/ .{ニニ=./ 〈/ ,--ミfi:i:i:i:i:i:i:i/ ̄ 〉
          /       ミ∧  /   /  ./≦ イ:i:i:i:i:i:i/   /\
          ./        lミ〉./   / ./≦ イ ̄ ̄ ̄   /   ヽ
         |    ___| ミ〉≪≫|/≦ イ` ー┬─┬<        〉
         |  / -─/. ∨ 〈 〉 トyィ´ ⑩  ./  /  丶     /
.          \//  _/  /i:iヾ〈〉i:i|/      { /、        〈
            〉  / l  /i:i:i:i:i}{:i:i:i:!       ∨\ \_ ___/
            .L/ /ヽ人i:i:i:lハl:!i:i|   ⑩ /〈   ヽ____/
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 社交的にというわけでもないが、鍛錬を邪魔してしまったかと問えば、
| いやちょうど終わるところだったから問題ないと、こちらを安心させるような返事が返ってきた。
| 冷静冷徹なようで、根は正直者な彼女のことだ、そこにきっと嘘はないのだろう。
| 声をかけてから、返事が来るまで数十秒は間が空いていたことだし、間違いない。

| ……しかし、素振りはあまりやらないというのは、どういうわけだろう?
| 鍛錬と実戦は別物だとか、そういう主義なのだろうか……彼女については、未だ謎も多い。
┗───────────────────────────────────────┛
2822 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/07/13(木) 23:03:34.89 ID:fggD9Tnj
寝起きみたいなちょっと抜けたところをもっとみてみたいのぅ
2823 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/07/13(木) 23:12:15.64 ID:cI2NaMPB
            /:::::::::::/::::/:::/\/::/}:::::::/:::::::|:::::'!:::::',
        /:::::::::_/::::/ イ≧ュ、/ヽ ':::::/ }:,'::::!:|i::| |_,ハ
         ':::::::,ィ |::./イ 比i狩   /::::/ ,ィ∧:|:i::::| |:::::|
       /:::::::::{ {/ |  込)ソ  // ィrxォ、|/:}::::| |:::::|  それよりクーデリア、時間はいいの?
        /:::::::::::乂_|i |      /   ム孑イ|!:/::/iリ::::/
       ,:::::::::::::_从 |_         , ゞ゚' /|/::/ /}::/   今日はいつもより、遅起きだったみたいだけど。
        ,::::::::::::///////rヽ   、 _    /{/{/   i/
      /::::::::::::{////// i!/ト、      ィ{:::::|   '                 ああうん、早朝便は諦めて、第二便のバスに乗ることにしたわ.。
     ,::::::::::::,∧//////|/{  {`¨´/\∧|:::!{                                         シャナはこれから、予定有るの? > クー
     /:,.ィ7/// \////|/|  |//////}/l{::::|:::.
.   ///////ヽ///>- '/\ }\// // i::::|:::::.      まずはダリアンの店に顔を出して、
   {////////∧//////// \: :∨/ {/ム::{::::::.
   |///////// }//////////}r‐r\///}::|/}::|        前に注文したものが入ってないか、確認してみる。
   |///////// |//////////|{ Y、  `ヽ|::!/|::
   |///////// |//////////| 、_ノ   /j!{/j!:::.      そこからは……まあ風に任せて、ぶらぶらと。
   //////////∧/////////i| / \__/}/リ/|:::::.
  {////////////}/////////|'      |/ |/{::::::.                                                     そっか > クー
  |////////////|/////////|   l   |/ |/ム::::|
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| そんな風に窓辺と庭とで駄弁っていると、今日は一応オフということにしているシャナから、
| 時間は大丈夫なのかと問いかけられた。
| ……普段なら朝弱いのは彼女の方なのだが、遅起きのせいで今日はすっかり逆転してしまった。
| バスについては都合付けてあると答えて、逆にシャナはこれからどうするのかと訊けば、
| まずはあの毒舌チビっ子、ダリアンの店に行く予定だということだ。
| 庭での鍛錬は、開店時間に合わせるための時間つぶし、というわけか。
┗───────────────────────────────────────┛
2824 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/07/13(木) 23:16:36.25 ID:fggD9Tnj
図書館遺跡の偵察結果だっけか
誰が潜ったのかねぇ
2825 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/07/13(木) 23:18:16.26 ID:cI2NaMPB
>>2824
ジー)→>>2798
2826 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/07/13(木) 23:22:42.98 ID:cI2NaMPB
                   __
                   , '       ` `丶、
                   /  /_    ヽ  ヽ \
               / , '   丶   \_ ゝ  \                            マスター、サンドイッチができましたー > 電
                 / /  ,、_   `、   ヽ\,へ _レヘ
                ,'  l ./   ̄`ーヽ   ヘ-}≧{}=〈    わかった、今行くわー!
              {  ! |, -‐   ─ 、  | ヽ/弋´
               ,ヘ  { r=、   イ乏) l ├v'人  \    じゃあシャナ、電のところいくわね。
            /  )  l弋ソ    ヾ-' .|  レ' : l.ヽ   ヽ
.            イ  .八 ヽ   ' __   | / : :l: :i : ヘ  }  今日も一日、頑張って。
             {  / / ヽ ト、 丶-' /l /\: :ヽ 、: :ヽ |
              l /ノ : : } l/≧ イ   | { 〉 ヾ;、: ',: : :} /              クーデリアも、遺跡に行くなら気を付けて > シャナ
            V/:.{:_;x( (  /〉 //./  ∨ト、): :イ
.            /:/〈X  ) )/  i / / /   ∨〉:i\:ヽ  ええ、もちろん。
            /ywW≧V / {.  ◇./ /wy、 __〉〉:i:i:iヽ 〉
            /: : ミ∧  / / {    〈 ( ヽミ〉Wヤ〉i:i:i:i:i\
            ) / ミ∧ ( 〈  {Vwvw/l 〉  ≧w/:i:i:i:i:i:i:i:i:\
        /   ミ∧ l/ .{ニニ=./ 〈/ ,--ミfi:i:i:i:i:i:i:i/ ̄ 〉
       /       ミ∧  /   /  ./≦ イ:i:i:i:i:i:i/   /\
       ./        lミ〉./   / ./≦ イ ̄ ̄ ̄   /   ヽ
      |    ___| ミ〉≪≫|/≦ イ` ー┬─┬<        〉
      |  / -─/. ∨ 〈 〉 トyィ´ ⑩  ./  /  丶     /
.       \//  _/  /i:iヾ〈〉i:i|/      { /、        〈
         〉  / l  /i:i:i:i:i}{:i:i:i:!       ∨\ \_ ___/
.         L/ /ヽ人i:i:i:lハl:!i:i|   ⑩ /〈   ヽ____/
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| さて、ともあれ電から朝ご飯の準備ができたと声もかかったことだし、
| そろそろシャナとの会話は切り上げて、リビングの方に戻るとしよう。
| まるで気にした様子もないあのお人好しに、借りている電の装備代を返すためにも……
| 今日は遺跡へ潜って、仕事をしなければならないのだから。
┗───────────────────────────────────────┛
2827 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/07/13(木) 23:26:21.44 ID:fggD9Tnj
>>2825 …けものどの?

千里の道も一歩からってな
2828 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/07/13(木) 23:28:26.95 ID:cI2NaMPB
三行目を見てみるんだ、スレ民!
若干の食い違いがあるかもしれんが、6th Turnのフリーパートのしょっぱなあたりだ、ふわっと!
2829 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/07/13(木) 23:28:42.48 ID:cI2NaMPB
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
2830 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/07/13(木) 23:29:04.35 ID:cI2NaMPB
..: .:::.. ... :. .::.... .::::..... ...:::.. .... ...  ..: .:::.. ... :. .:::::: ::.... .::::.......: .:::.. ... :. .::.... .::::..... ...:::.. .... ...  ..: .:::.. ... :. .:::::: ::
 ̄|\.......:::.. :.. .......  .....:::...  ...:: :.... .... .....  .....:::...  ...: .:::.  .::::. .....:::...  ...:: :.... .... ....:  :.. : ..... .
  |\\: .:::.. ... :. .:::::: ::.... .:... ...:::.. .......  .....:::...  ...:    :     .          .... .... ....  .....:::...
  |l  \\::: ::.... .::::..... ...:::.....:::...  ...:: :.... .... ....              ,,,,,,,,,,,,        .....:::...  ...:: :...
  |   |\\                             ,;;;''    '';;;;,     i
 ̄|\ .l|  .\\: :....:::...  ...:: :.... ..                 ;;;       ;;;     ||   ...:: :.... .... ....
  |l  \     |\\ :.... .... ....  .....:::...                 ;;;          ;;;  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  |   |\  l|  .\\                       ;;;       ;;;  :| | ̄|| | ̄|| | ̄||
  |   |l  \     |\\                      ';;;,,,    ,,,;;;'   |  ̄   ̄   ̄
 ̄|\      |\  l|  \| :...  ...:: :.... .... ....            '''''''''''''     .. .:| | ̄|| | ̄|| | ̄||
  |l  \ .l二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二l\ ̄
  |   | \      \      \      \      \       \       \       \       \.\
  |   |l   \___\___\___\___\____\____\____\____\l
 ̄|\ .l|     : | | | |        ||| | | |        ||| | |          | | |          | | |l         ||| | |
  |l  \    :| | | |____||| | | |____||| | |          | | |          | | |l_____||| | |
  |   l\   :| | |  .l\|   | | |    〃 _|_|_|_____|_|_|_____|_|_|_____|_|_|_____ヾ
  |   l.  \ | | |  ll  |   | | |      l´ ____________________[_l______l_]
 ̄|\      | | |    |   | | |      |  || ̄|l 日 |  ̄ ̄||  ̄ ̄||  ̄ ̄||  ̄ ̄|| l' 三三 l┌ ──┬─‐─┤
  |l  \    :| | |\       | | |      |  ||  |l 日 |     ||     ||     ||     || || ̄| ̄|| |     |    /||
  |   |\   : | | |  ∧∧   | | |      |  ||_|l 三 |___||___||___||___|| ||  |  || | /  |      ||
..__     __,.:'(; c- (>o<(ヽ.,⌒;| | i`;:⌒,  |________________ヽ||_|_|| |   /|      ||
| |二二二| |二l(;, . _(    ; :(; . ; l ,⌒: 二二| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ー 、__[] ‐──┴──‐ll|]
| |二二二| |二| | l´l |、  ;,⌒. ´; , (;, ( ⌒ ; |___ /⌒゙ヽ________,/⌒゙ヽ___il二lコロ| ̄ ̄|ロロ二|
| |      | |  |_|_l_,|_しヽ_)j ー ''.(: ( '⌒; ':〔二l__| l   j l、_________| l   j l、___〔0__l[二二]l_0〕
                               ヽ、__ノノ   ヽ、__ノノ ヽ、__ノノ   ヽ、__ノノ
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| で、それから数十分後。
| こちらスカベンジャー組合事務所前、遺跡行き送迎バス発着場前……
┗───────────────────────────────────────┛
2832 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/07/13(木) 23:31:39.76 ID:fggD9Tnj
あそっかグラス取りに行く日の話か
2833 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/07/13(木) 23:33:40.41 ID:cI2NaMPB
ですです、ふわっと大体その日のイメージで書いてます。
2834 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/07/13(木) 23:33:54.62 ID:cI2NaMPB
::::丁T=- ___≧s。  `丶、    \         /   xf〔⌒   。s≦────__ -  ̄
:: ::}:: }: :}: ::「〕iト ── ≧s。   `丶、   | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |   xf〔⌒  。s≦‐──_ -=T ̄:::::::::|::::::::
:: ::{:: {: :}: ::}: }: }: :{: 了Tr 。二≧s。  `ヽ、|______| xi(⌒  。s≦ニ=- 丁::::::{:::::::::{:::::::::{:::::|:::::::
:: ::}:: }: :{: ::|: {: {: :}: : |: : {:| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄:|    | ̄|     ̄ ̄ ̄ ̄|`'||丁:::|::l:::}::::::::}:::l:::::}:::::::::{:::::|:::::::  ラッキー、今日まだ座席空いてんじゃん。
:: ::{:: |: :|: ::|: |: |: :|: : |: : |」──────:|__|_|__o∬±Ю+| ||‐|: :|::|:::|:::|::::|:::|::::|:::::::::}:::::|:::::::
ー┼┴宀宀冖冖 '''T ̄ | || ̄ ̄ ̄¨| :| |___| ̄ ̄ ̄ゝ' ̄  ||├宀¬冖冖广了 ̄ √ ̄  並んでた時もそうだけど、こっち方面は人少ないわねー。
  }: : :}: : :り     |: : : | ||____,  | :|  | ̄]     __    || |:: ::{     }: }: |: : : /
_|_ |: :√ ̄ ̄ ̄ヽ¨¨v-┴'‐ 、 ̄ヽ | :|..  ̄||     / ̄__ヽ_/ ̄ ̄ /¨¨¨¨¨ヽ|: |: : /         なあ、そういやお前、遺跡の壁が崩れたって話……
 ̄: :\ヽ′   /  ̄ ̄ \   ∨, V, |   || __ /: :://: :/二二二二ヽ: : : : : :∨v────
: : : : : ∨.  ./       ∨,  ∨, V, |:| ̄/77‐┐ j{: :://: :/ / : : : : : : : : : ∨: : : : :/ / ̄ ̄ ̄ ̄
_:_:_:_:_:_:∨__/_          ∨,  ∨, V|:lニ|l丁 ̄丁|: ://: :/ /: : : : : : : :__∨_:_:_/_/_:_:_:_:_:_: : : :
        / \      ∨,  ∨,__V」::|:|:::|~ ̄~|:|: //:::/ /: : : : : : : /\            \
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \  ∨       ∨,  ∨V7:: |:|:::|::::::::::|∨/:::/ /: : : : : : ::/: :// ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
: : : : : : : : : ///∧ ∨      ∨,___∨〉___|:|:::|::::::::::圦Τ7 /: : : : : : :/: ://: : : : : : : : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : //∧ ∨       ∨V7 |:|//|:|_」─‐┘∧7 /: : : : : : :/: ://: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : ///∧ ∨_____∨/: |:|´ ̄: ::...........: ∧∨: : : : : : /: ://: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : : ///∧ ∨::::::::::::::::::[__]/|:|: : : : : : : : :::〈 [_]┬──/: ://: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : : : : //∧ ∨:::::::::::::::::|::|://: : : :     ∧|::| |::::::::::/ヽ//: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : : : : : ///,  '/ ̄ ̄ ̄|┘/: : : ::     ::└|二二/ //: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| に、停車した、ごくごく普通のバス車内。
┗───────────────────────────────────────┛
2835 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/07/13(木) 23:37:12.25 ID:fggD9Tnj
> 遺跡の壁が崩れたって話
!?
2836 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/07/13(木) 23:38:59.61 ID:cI2NaMPB
(新情報では)ないです。
アリスさんからシャナが仕入れた「一部で噂になってる」ってあれですよ。
2837 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/07/13(木) 23:41:17.41 ID:fggD9Tnj
あー あのヤバそうな…
2838 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/07/13(木) 23:46:12.47 ID:cI2NaMPB
                   __
                   , '       ` `丶、
                   /  /_    ヽ  ヽ \
               / , '   丶   \_ ゝ  \     ふぅ、第二便にしてはすいてて、助かったわ。
                 / /  ,、_   `、   ヽ\,へ _レヘ
                ,'  l ./   ̄`ーヽ   ヘ-}≧{}=〈    無事に座席にも座れたし……ね、電。
              {  ! |, -‐   ─ 、  | ヽ/弋´
               ,ヘ  { r=、   イ乏) l ├v'人  \                       はいなのです、マスター > 電
            /  )  l弋ソ    ヾ-' .|  レ' : l.ヽ   ヽ
.            イ  .八 ヽ   '     u  | / : :l: :i : ヘ  }                              ん、あれって自動人形か? > 乗客
             {  / / ヽ ト、  rっ ./l/\: :ヽ 、: :ヽ |
              l /ノ : : } l/≧ イ   | { 〉 ヾ;、: ',: : :} /                   っぽいなぁ。例の新発見の遺跡群の発掘品か? > 乗客
            V/:.{:_;x( (  /〉 //./  ∨ト、): :イ
.            /:/〈X  ) )/  i / / /   ∨〉:i\:ヽ                              ロリっ子のくせに、運のいいやつめ…… > 乗客@小声
            /ywW≧V / {.  ◇./ /wy、 __〉〉:i:i:iヽ 〉
            /: : ミ∧  / / {    〈 ( ヽミ〉Wヤ〉i:i:i:i:i\    (うーむ、やっぱ電連れてると、少し目立つわね)
            ) / ミ∧ ( 〈  {Vwvw/l 〉  ≧w/:i:i:i:i:i:i:i:i:\
        /   ミ∧ l/ .{ニニ=./ 〈/ ,--ミfi:i:i:i:i:i:i:i/ ̄ 〉 (シャナみたいに、全部聞き取るのは無理だけど……)
       /       ミ∧  /   /  ./≦ イ:i:i:i:i:i:i/   /\
       ./        lミ〉./   / ./≦ イ ̄ ̄ ̄   /   ヽ(いくらフジノミヤが未だに機械製品の出物が多いとはいえ、)
      |    ___| ミ〉≪≫|/≦ イ` ー┬─┬<        〉
      |  / -─/. ∨ 〈 〉 トyィ´ ⑩  ./  /  丶     / (15の小娘が自動人形連れてると、やっぱり)
.       \//  _/  /i:iヾ〈〉i:i|/      { /、        〈
         〉  / l  /i:i:i:i:i}{:i:i:i:!       ∨\ \_ ___/             あー、待って待って、乗ります、そのバス乗りますー! > バスの外
.         L/ /ヽ人i:i:i:lハl:!i:i|   ⑩ /〈   ヽ____/
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 車内にはまあ当然というか、クーデリアと、武装ユニットを背負った電の姿がぽつり。
| 時間帯の割には空いている車内で、座席に腰を下ろしながら、ぽつりぽつりと漏れ聞こえる
| 自動人形の電を見てのささやきに、やっぱり目立つかぁと、内心頭を抱える。
|                                 チビ
| ……クーデリアにとって、三人目の乗客が漏らしたロリっ子発言が聞き取れなかったのは、
| 一応幸いということになるだろうか。
┗───────────────────────────────────────┛
2839 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/07/13(木) 23:47:33.38 ID:49Gvdm3M
俺らがグラス取ったりした日のクーデリア視点か
2840 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/07/13(木) 23:48:59.27 ID:fggD9Tnj
聞こえてたら大騒動になってそうだもんなw
2841 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/07/13(木) 23:53:55.65 ID:cI2NaMPB
                            ,. -‐ xァ≠==-. l\  /l// /
                          ,.ィ:.:.:.:/:.:.:.:.:\:.:.:.\:.:.:.:ヾY:./:.:///
                    /:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:.:\:.:.:.ヽl:.//:.:/ /ミゝ
                -=ニ/:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:∧:.:.:.:ヽl:.:.:l/
                      /:.:./:.:.:.l:.:|:.:.:.:.:.:.:.|:.l:.:.|:.:|:.:|ハ:.:.∧:.:.:.:.:.V:.:.フl
                       /:.:.:.l:.:.:. |:.:|:.:.:.:.:.: _l:.|:. |:.:|:.:|:.ハ:.:.∧:.:.:.:.:.V:i:i:|   もしもバスが空いていなかったら、
                  /:.:.:.:.l:.:.:|:ト、|:.:.:.:.:.:.:.「「:.T:.t-L__l:.:.:.||:.:.:.:.:.:.Y:i:|
                  {:.:.:.:.:l:.:,ィ匕ト:.:.:.:.:.:.|T:.:.|:.:./l:.ト:/`:.||:.:.:.:.:.:.:}:i:i|   私やマスターの身長だと、
                      V:.:.:.レ':.:|:トLト;.:.:.:.:./リlxf伐てミix|:.:.|レ-:.:.:.:.;i; イ
                      V:.:.|:.:.xrf伐ミ:.:.:./ リ Y V l リ |:.:.|lィ}:.:. /:.|.:|   吊革に手が届かないところだったのです。
                   ヽ:ハ: {ハ V_リ∨     ,..`ニ ィ:|:.:.||ノ:.:./l:.:|.:|
                    /:.;イ从 ー ''           |:.:.|l:.:.:/:.ハ:.l.:|        ……さりげなく、私のことチビって言ったかしら? > クー
                     /:./ |:.:人     ′     u .从:| ィヘ:.:.:ハ:.:|
                  l:./ |:.:.:V> 。  r‐_,ァ  /:.:.:.:l:.人:.ヽ:.:.:.:}   そ、そういう意味ではないのです!?
                        |/  |:.:.:.ハ:.:.| xf≧s。 ,. イ /:.|.:.:.:ハⅥミ≠''"
                     |:.:.:.| Y l ll::::::::/   /:.:.|:.:.:ト、Yハ       ただその、自然に……
                     |:.:.:.l  |∥{l:::λ ノ  ,':.:.:.|:.:.:|::::ヘ,リ
                     |:.:.:.l  ム ll:/♀ヽ イ:. :.l:.|:.:/'"⌒ヽ                  そんなにナチュラルにチビだって!? > クー
                          ;.: :.川′ ll:::Y:/:::l:.:.:/://    ‘,
                       Ⅵ/j/ /iiヘ/≠'' !:./l//        l     ち、違うんですマスター!!
                      /-ト /7i7′   .{/l//        |
               xへ、 __ /     {i:i:i:}     リ  l         |
      >''二l777ァ/:::::::::ヽ::/  _    {i:i:iノ      / ヽ      ト,                              ふ、ふぅー間に合った…… > 乗客
  >''" ´    r==-ミ_∠ 二 ヽ /Ⅵヘ     ,   ‘, \  lハ
  /          }ll:::::::::/::::::::::::::::::::::ヽレハ   `    ´    ‘,    l ハ
  {          ノll:::::::/:::;x====x:::ト ヽ \      __ノハ     V
.  ',        {:ll:::::ムイi l | |/≧   \  \   _,.ィミハ     ‘,
  ヽ、         {:ll:::::::::::ヽヽ|__|_ノ三{  \     `       ハ. ∧     ‘,
    ≧=―‐=>ヘヘ ̄ ̄::::::::::::::::::\   \          ノ/ / ハ      V
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| ……ただし直後に、お供の自動人形による不用意な発言のせいで、
| どのみちプチキレることになるのは、変わらない運命だったのだが……さておき。
┗───────────────────────────────────────┛
2842 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/07/13(木) 23:54:56.85 ID:fggD9Tnj
諦めろw
2843 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/07/14(金) 00:03:46.42 ID:S+kN5Btl
            ,。-=ニ=-、
            ヽ     ヽ_               _
                 {  _ \∧ _>''"´ ̄ \    〈 \
               >'´  _二 {|_|} ― _     ゝ     \ \           いけないいけない、いいお店を見つけたからって、
                Y  _,,,。<ト|   \ ' , /    _  _\ \          ついつい長居しちゃったわ……
             |/::::::::::::/}:::{ヽ   ヽr'´       |ム_」ム<\ \ _
                >''"´   l:::l ∨   .〉        /!ムー>',r\\//',-、_     あの技師殿の語りには、引き込まれる部分がありましたので、
              /    /   ヾl  \/       .[〈 >< >―>.>、>` <´\ \     致し方ないことかと……ともあれ、バスに間に合ったのは幸いでした。
           /   /  l _  }  ', ',        ゙`/〉" \\ヽ」\__>、\ ヽ
         /   ノ⌒) (:::::::>|   ', \         /〈'⌒Yー', ∨゙\__> ̄〉ニ〉     ええ。まず簡単な遺跡からだけど、
           /  __/ノl l(_ノ/l ノ/⌒) (⌒\     〈.0{ ) .}::::ノ\\___  ̄ <‐v‐-、___  フジノミヤの遺跡調査、始めましょ、狛ちゃん。
    _,-、_____/ .从  |,∧(_ノ ! l (_} ヽ__\   } .〉''"::::>'´/_]―――o ]三三8
 =={[ |F========_/ 人ヽ l| /ノ l 八 l 人   ̄ ノ|  .∨〉/}::::::::::::::::_´―}ニニニ0YヽY     はい……メルティ様。
.    ~i、====t==く  '  `ヽノl /´   |′.ヽ|∧=====l。|_,,,,/////ー、「(⌒ヽ:::::>―'}-、<ノ
.     l.ヾ:::. ir' __/\_  , ':.:.,'レ:.:..  ',:.:. :.:.__,イ、    j::| >_//|′└-| ',   )::∧:/{ノ'\ヽ.\
.    ゝ( ̄`「::l{.   >‐、_ :.:.:_,, <`、   }.  ヘ|...`ー-'     .|( ) /、::::::}| ∨::::∧. ' , \              えーそれではーバスが発車しまーす > 運転手
       / ー'|:::|ゝ__ ,_'/     ̄ :.:.:.:.:.:ヘゝ__ノ             ヽ (_)〉::〈  `> ∧  '  \
       ー''~  ̄`ー / / :.   l:.:.:.:.:.:.:.ヘ                  \(_)>-\ /:::::/::>\   \
               /    :. l  :.:.:.:.:.:.:.:.:}                       ^l::::::::>:::::::/´  `゙'ー―'
            { /  .:.   l:.:.:.:.:.:l:.:.:.:i                 >、!::::::{ヾ、;;;>
           / /   :. l  :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|                   <_ >-、:::::〉
             /  /   : l  :.:.:.:.:.:l:.:.:.:.l                  `''</
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| ともあれ、駆け込み乗車の少女も無事にバスに乗り込み、運転手が改めて、
| もう乗り忘れている人間はいないかと発着場を見回した後……
| わずかな揺れとともに、遺跡へ向かう乗合バスが、ゆっくりと走り出していった……
┗───────────────────────────────────────┛
2844 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/07/14(金) 00:04:06.02 ID:Q5hz6xDs
必死にのばせば手は届くさ(手が届かなくて涙目になってるの見たい
2845 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/07/14(金) 00:05:26.86 ID:S+kN5Btl
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


   ▼ 本日ここまで(つづく)

2846 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/07/14(金) 00:07:25.68 ID:ROrZ6JRD
乙でした
2847 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/07/14(金) 00:08:10.67 ID:sPkfxc6I
おつです…懐かしい呼び名だなぁw
2848 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/07/14(金) 00:10:41.35 ID:S+kN5Btl
                         -- ミ
                厂  γ´         ‐-、
            /|   /        ヾ
                |   ,            :,   ,     うい、という場面転換のところで……
              ,′:|   i            |  ,  ′
           ′.::|   | ,|   ;}   i{   |  ′      すまない、本日投下はここまでだ!
           ′.::::|   l斗―!{    ト  _|  ,
         { i ::::!   |八 从   八  ^「゙` |! | |   キリがよかったのと集中が急にぷっつり行ったのと、
          八l ::l:!   |l f斥斥ヘ/ xf斥`  |i | |
             } ::|:八  八  `~    `^  ハ八| !    日付も変わってしまったのとの三連コンボなものでな……
         /i ::|:     〉,      ′ 八「: :  l 八
        / ..; !  }ハ   个  冖 イ{: : : :   |/   \  すまない、いったんここまでということで頼む!
        / /   |  〕'ヘ   |_〕壬┐; :: :: ::  '
.     / /  /  !   }i⌒', 「 ̄ ̄`{_| {____:   \\     \  続きは明日(今日)の夜か明後日(明日)の昼か、
..  / /   /___彡'厂}  ;|   八\「`ー_>、 \\     )
    , '゙     / 厂二_/ ヽ }八      ヽ_}  `ー_>、      (  できるだけ早めにやるのでご容赦を……
  /      , ,二_/     lニ{  __j{___ lニL   `ー>、  \\ \
/ /     / /二〈    i   「Vニ、 ⌒`V⌒vニ|    iニ}!  丶丶      というわけで、集中切れたスレ主は大人しく布団行きますん
      { /二二〉 / |  \ニ{   八  {ニ|    lニ八     `ー…=ミ
 |      i{ \二_{_ ' {___jニ、/⌒「\ニ、     l7: : :\         ヾ 皆さん、おやすみなさい……(すやぁ
 |      l{   }-_「   {二ニニニ|   }   vニ、    {: : :: :. \      )⌒`)'
 | i    i{  |二{   i{   ノ> lニl   人  マニ、  ヽ: : : :.  \
 | |    l{  |二{   l{   ニl ニ|__/⌒\___vニ、    ,: : : :    } 、
 | | |  i i{  |二{   lト。 lニL|ニ|         ├┘   ′: : : \,ノ  \
 | | |  l l{   ,ニ_}   {: : : :.〕ニ=┘         { {     V; : :   \
 | l  、 、乂_,二ニ}    , ,        {,   V,       V; : :   \
 }八  \\7二ニ{     V               V,      V; : :    ヽ
2849 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/07/14(金) 00:17:14.99 ID:d7UsoUf9
おやすみなさい
2850 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/07/14(金) 00:17:28.03 ID:Q5hz6xDs

お休みなさい
2851 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/07/14(金) 00:20:57.73 ID:7rWY9u/r
おつ
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://yarucha.blog.fc2.com/tb.php/3414-4df01352