情報部シャナのスカベンジ日誌 7th Turn 「ガードロボット」その3

3268 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/08/16(水) 21:32:51.22 ID:1rVcuOue
    /||ミ
   / ::::||
 /:::::::::::||_____
 |:::::::::::::::||       .||
 |:::::::::::::::||       .||    うい、散々待たせてすまなかったな!
 |:::::::::::::::||         ガチャ
 |:::::::::::::::||ハ,,_,ハ,     ||    時間と体力とほんのちょっとの書きかけさんができたので、
 |:::::::::::::::||・ω・ミ/^l.. ||
 |:::::::::::::::||u~~~u;' |  ||    ちみちみとはじめていくぞ、てんこー!
 |:::::::::::::::||ω ・   ミ . ||
 |:::::::::::::::||[=]=|=  つ ||
 |:::::::::::::::||     ミ .||
 |:::::::::::::::||    彡 .||
 |:::::::::::::::||    ,:'   ||
 |:::::::::::::::||''~''''∪   ||
 \:::::::::::|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
3269 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/08/16(水) 21:35:04.16 ID:HQi44qSO
3270 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/08/16(水) 21:36:31.89 ID:nyIGiqAT
3271 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/08/16(水) 21:40:04.60 ID:kMV9o+XP
3272 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/08/16(水) 21:41:29.37 ID:1rVcuOue
           ┏  ━ゝヽ''━.,,ハ,_,ハ,.━.从〆A!゚━━┓。
╋┓“〓┃  < ゝ\',冫。’  .;゙ ・ω・ミ/^l  ∠ _ ,'´ゝ.┃.       ●┃┃ ┃
┃┃_.━┛ヤ━━━━  ,-‐-y'"゙"''゙゙"´  | ..━━━━━━━━━ ━┛ ・ ・
       ∇  ┠─へ ヽ、,;'.  ・ ω ・ ミ 冫そ _'´; ┨'゚,。
          .。冫▽ ,゚'<  ミ∩===[==]=l==つ;; 乙 / ≧  ▽
         。 ┃ ◇> ミ         ; 、'’ │   て く
           ┠─ム┼. ';,          .ミ ゙》⊿∠─┨ ミo'’`
        。、゚`。、    i/ ;;,        ,;⊃ o。了、'' × o
       ○  ┃    `、,~ "∪"゙''''''''''"゙ .ヽ◇ ノ 。o┃
           ┗〆━┷ Z,' /┷━'o/ヾ。┷+\━┛,゛;

                待 た せ た な ! !
        こ れ よ り 投 下 を 開 始 す る ! !
3273 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/08/16(水) 21:41:44.11 ID:1rVcuOue
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
 やる夫はスカヴェンジャーのようです二次創作

              情報部シャナのスカベンジ日誌
              7th Turn 《ガードロボット》


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
3274 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/08/16(水) 21:42:08.33 ID:1rVcuOue
                 ィ二¨¨¨ヽ/⌒ ̄>
               /  __       __  \
            ィ ¨¨ ̄/ /     ヾ  ∠     \ \ ̄ ¨¨¨≧x
         //  ̄ / /     /⌒V⌒      ‘, ゚。 ̄⌒>  \                 ところでシャナ、準備中香水がどうとか言ってたけど…… > クー
.      //     .′/      /八_/{       ∧ ∧      \ 〉
      〈 (_ / ! ./ / /  /  | |   |  | |  i ハ ∧\ __彡′      ああ、レンが、(花街で)一般的な香水を薄めたのを使ってるみたい。
      ∨     |=|.:/| / ! /  /| |   |  | |  |   '. ::::|::::.    /        割合はわからないけど、希釈に使ってるのは普通の水道水かな。
      ∨     .:::|=|/::|.' l/  ∧! !    |  八人斗  |ニ|:::::::.   /   あと、三級で生活が安定してるの"も"あって二日と空けずに入浴もしt…… > シャナ
        \::::..   |=||:: !/:/\/从}ム   从/ /从ル   |ニ|-=ニ彡{
.          /::.   ノ-|レ/.:笊芹≧      ≦芹笊 И :!ニ!:::.  .:八  ちょ、なんで初対面でそんなにわかるのよ!?
        〈:.   (⌒Vノーん {q//}      んp//} 〉一 {⌒7::::. .::::〉
.        \彡\/{l爪..弋辷タ    ,    弋辷タ 从 }/乂_彡′                                  ……慣れ? > シャナ
         /.::::::/.:} | .:∧       ─ - 、       /l八 |::::::l:.  \
        / .:::::: /.:/ :| .:|::::\     | / ̄¨V!    . ':: |  :|::::::|::. :. \   いやいやいや、慣れって……!
.     / .:::::::::::/.:/.::: ! .:!:::::::个  .乂__ノ   /l:::::::|  :|:: 八::. ::.   \
..  /  .:::::::::::/.:/.::::: | .:| :::::: |:::::>   _  イ:::::::|::::八  !:/ :∧::. :.    \         ……レンもシャナの非常識に慣れた方がいいわよ > クー
..  '  .:::::::::::::/.:/ .:::::: ! .:! xム゛¨´゙|       {¨゙゛`≧xヘ |{::::::::∧:. :.     ヽ
 /   .:::::::::::/ .:i .: :::::::|ィ´ .:⌒\|_      /⌒マ_ハ| ∨::、:::::::. ::::.      〉                                 解せぬ > シャナ
.〈(  .:::::::::::/ .:_.|.:::::::::::|乂::. ::. ::. :.  \   /   .: .: .:}!、 Vハ\::::\::.   /
  ⌒ヽ.::::: /∠ !::::::::.八 `、::. ::. ::. :. ∧ .′   .: .: .: ア|ハ j}::ハ ヽ:::: \彡
    フ::/ ′ Ⅳ:::/  \ `ヾ=≦__,j∨_ -=ニ才 |八  .:::!  ‘,::::: \
.   / ,イ !   V::.'          /⌒Y⌒ヽ       ノ  ゚。 .从   ' ::::ヽ::::\
..  /:/八 .|    ∨        /  /∧\ \         }人    |:::::ハ:::::: )
┏────────────┓
│ 前回のあらすじ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 祝、他所様からのゲストキャラ登場!
| 同じ受付の列に並んでいた縁で三級スカベンジャーのレンと偶然にも知り合い、
| 彼女とその警備ロボット、それにクーデリア&電と共に、
| T.トミーの遺跡へ向かうことになるのだった……
| 
| それと諸君、『白レンは少女娼婦スカベンジャーのようです』はいいぞ(ダイマ)
┗───────────────────────────────────────┛


   ▼ 現在のステータス   >>3125-3126

      同行者:クーデリア   >>3118   電      >>3119

      ゲスト   :レン      >>3204   狛ちゃん >>3205

      好感度一覧        >>2777

3125 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/08/09(水) 22:22:12.98 ID:Gstn/0u+
                   《ステータス》

                                    /⌒≧=‐- 、 、
                                      \\
                       -:.:.:.¨¨  ̄ ̄:.:.:.``丶       }:.:.ヽ
                        /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.丶 __ノ:.:.ノ
                   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\ ̄
                  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
                     //:.:./:.:.:.:.:/:.:.:/:.:/:.:/:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∧
                /:.:.:/:.:.:.:.:/:.:.:/:.:/// /:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.: ',:.:.:.∧
                /:.:.:.:./:.:.:.:.:/:.:.:/:./ // /:.:.:.:.:.:./:.:.l:.:.:.:.:.:.',:.:.:l∧
                /イ:.:.:.:.:/:.:.:.:./:.: /.:,ィ芋ミx、 //:.:.:.:.:./ トx:.:.:.:.:.:.:l:.:.:| :.
           ///:.:.:.:./:.//:.// 《 {::J:::リヾ /:.:.:.://zz/ |:.:.:.:.:.:.:l:.:.:| |:|
            // /:.:.:.:./ ':.: /:.:.:. /   V__ン  /:.://}てハ抃:.:.:.:.:./:.:.:.| l/
       //  /:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.∧  .:::::::::: __彡' / ヒ_ソ ノ》:.:.:.:/:.:.:|:.|
       //    /:.:.:.:./:.:.:/:.:.:.:./、__、        ,  `¨  /:./{:.:.:/:.:|
.     //     /:.:.:.:.-=≦:.:.:.:./:.:.:.込           ..:::::: /):.:.l.:.:∨ ヽ(
  //   -=≦ ̄:.:.:.:. -=≦:.: |三三三三三|  っ     /:|:.:.:.:{:.:.:.、
.// /:.:.:.:.-=≦ ̄:./:.:.:.:.:.:.:. /ニニニニニニ|、   _,.. イ.:.:|:.:.:人:.:.:.、
   (:.:.:.//:./:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:./ニニニニニニニ|  /ニニニニニ≧く:.:.|\:.\
     ヽ(:.:人(:.:.:.:. /:.:.:.: /ニニニニニニニ=|  トニニニニニ/ニ}:.:.|  ヽ:.:.\
      /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ニニニニニニニニニ|___ヽニニニ=/ニ/|:.:.|   }:.:.:ヽ\
.   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: /ニニニニニニニニニニ\---∧ニニ/ニ/ .|:.:.|   /:.:.:.:.)\ヽ
  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ニニニニニニニニニニニニ\- ∧ニニニ{ :|:.:.| //):.:.:/  ):.)
...:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. : {ニニニニニニニニニニニニニ/___}ニニ>:} |:.:.|彡' /:.:∧ //
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:乂ニニニニニニ}ニニニニニニ/---∨ニ/=| 乂\__/:.:/ ∨/
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ニニニニニニニノニニニニニ/-----∨∧=| /:.>―<   }:.}

――――――――――――――――――――――――――――――

 【名前】 衛宮シャナ 【年齢】 15 【出身】 キョウト

 【身分】 4級スカベンジャー

 【能力】(人間準拠)
  筋力:C+  体力:B-  俊敏:B+  知能:B+  運勢:B

  注目度:D 小さい割には腕のいいスカベがいるらしい

 A以上=一流 B=人並み以上 C=人並み D=苦手 E=諦めたら? F=子供並み

 所持金: 495 円 0 銭

 【所持品】
 ・武器
  零式軍刀 ……養父から譲り受けた将官用の高級軍刀。
             銘有りの真打や単分子刀にこそ劣るが、切れ味と頑強性を高いレベルで両立している。
             耐酸、耐熱、対単分子、耐ビームコーティングが施されている。
  7.62mm.選抜小銃 ……【サイズ:L】 大威力の7.62mm.ライフル弾を使用するマークスマンライフル。モデルG3 SG/1
                   フルオート射撃による牽制・弾幕と、セミオート射撃による精密狙撃の両方に対応可能。
                   簡単に言うと、一丁で突撃銃と狙撃銃の両方として使えるということである。
                   アクセサリに高性能光学スコープ、サプレッサ、ロングマガジン、バイポット、フラッシュライトを装備。
  45口径拳銃       ……【サイズ:S】 威力の高い45口径拳銃弾を使用する拳銃。
                   アクセサリにサプレッサ、ロングマガジン、フラッシュライトを装備。
  テーザーガン      ……【サイズ:S】 ワイヤーを使用する射撃可能なスタンガン。一度の充電で5回使用可能
                   生身の人間や生物を、無傷で捕縛することができる。警備ロボットには無力。
  コンバットナイフ    ……【サイズ:S】 頑丈さが売りの軍用ナイフ。戦闘・工作に使用できるが、単分子カッターではない。
  軍用マグライト     ……【サイズ:S】 本来は暗所を照らすための携行ライトだが、非常に頑丈で警棒代わりにもなる。
  ハンドグレネード(破片、EMP、閃光 各一個 / チャフ 二個) 【爆発物】
  携行爆薬(小)……【爆発物】 壁や床などに設置し、遠隔操作で起爆する爆薬。主にトラップや扉の爆破などに使用する。

 ・防具
  特種防護コート ……防弾、防刃、耐衝撃と、物理攻撃に対し高い防御性能を誇る。また、若干のステルス性能を持つ。
                   銃弾は7.62mm.ライフル弾まで防御し、単分子カッターを含む刃物や破片を防ぐ。
                   対単分子コーティング、耐酸コーティング済み。熱単分子刀、熱振動徹甲刀などは防御不可。
  静音性ブーツ  ……底面が厚く補強され、更に足音がしにくいように加工がされたブーツ。
                   隠密に長けた者なら、足音のしやすい悪路でも無音で歩行することが可能になる。
  マガジンポーチ ……ライフルなどの予備マガジンを収めておける、ポケットなどが付いたポーチ。
                   遺跡に持ち込む予備マガジンが各3個から5個に増える。
  31年式軍用多目的グラス ……望遠、視力補正、赤外線(暗視/簡易金属探知)、PDAとの接続などの機能を備えた、
                       大崩壊以前の軍用装備。軍事品だけあって、耐久性・防弾性も十分。

 ・電子系装備
  高性能PDA ……高い基本性能のPDA。メール以外にもハッキングや情報閲覧、カメラ機能が備わっている。防水、耐衝撃。対EMPコート済み。
  標準ハッキングソフト……PDAの初期ハッキングソフトより優秀。ただし遺跡探索用で、現代のプロテクトに対しては無力。
  標準解読ソフト ……断片化したデータを復元する事の出来るソフト。簡易版より精度は上だが、使用には【電子技術】技能必須。
               断片化したクズデータなどを正常な状態に戻し、閲覧することができる。暗号解読とかはできない。

 ・その他
  携行用ガンケース ……【サイズ:L】以下の銃器を一丁しまっておける、緩衝材入りの軽量なハードケース。
                  肩掛け紐と鍵付きで、街中の携帯に便利。
  警邏隊推薦状    ……組合から発行される推薦状。実力ではなく人柄を保証するもの。
                  警邏隊主導の依頼を受ける際に必要。
  救急キット ……包帯やばんそうこう、消毒用アルコール、それに痛み止めやナノマシン製傷薬などが入った救急キット。
.             医療系の技能がなくとも使用可能。傷薬・痛み止めを使用した場合、補充には10円必要。
  ペンライト   ……小型の懐中電灯。太陽電池採用。
  ロープ10m……物を縛ったり移動に利用したりなど、多彩な用途のロープ。
  短距離用無線機 ……いわゆるトランシーバー。ある程度の距離なら離れた位置の人間とリアルタイムに会話できる。
               二つ所持しており、同行者に一方を貸し与えることが可能。
  軍用双眼鏡 ……測量機能と簡易な風向の観測機能が付いた丈夫な望遠双眼鏡。防水、耐衝撃。
  軽量工具セット ……使いやすい工具の揃った工具セット。小型工具セットより高性能で、携行性も悪くない。
  工具用単分子ナイフ ……工具用として実用的な強度を持つ単分子ナイフ。戦闘での使用は想定していない。
  傷付いた獅子章……多大な功績を残して殉死した皇国軍人に贈られる勲章。
                シャナにとって、紛うことなき父の形見。

 ・拠点
  住宅:中層区にあるガレージ・庭付き一戸建て。
        付近の治安はよく、鍵類のセキュリティも十分。場合により、自動人形の電が警備をやっていることも……
        一人で住むには広すぎるくらいで、それなりの人数を迎え入れられるだろう。
  ガレージ:中層区の自宅に付随する車両用ガレージ。
        特別な設備はないが、中型車1台+大型車1台分の駐車スペースを持つ。
        現在、輸送トラック(大型車)1台を収容。

 【技能】
  格闘術   Lv:5 ……素手や小さな武器を使った接近戦能力。
  刀剣     Lv:10……常識的なサイズの刀や剣を扱う技術。
  銃器     Lv:6 ……拳銃や小銃、あるいはそれに準じた火器を使用する技術。
                拳銃、短機関銃、突撃銃、狙撃銃を使用可能。
  狙撃     Lv:2 ……狙撃銃、選抜小銃などを使用して長距離狙撃を行う技術。
  軽業     Lv:5 ……戦闘における身のこなしや、狭い足場での立ち回りのうまさ。
  潜入     Lv:6 ……隠密・気配察知の複合技能。自身の気配を隠し、他者の気配を察知するのに長けている。
  観察眼   Lv:5 ……周囲の状況と照らし合わせ、不自然な箇所をあぶりだす技術。
  聞き耳  Lv:5 ……微細な音を拾い、情報として獲得する聴覚・技術。
  車両運転 Lv:5 ……地上を走行する、一般的な車両を運転する技術。
                バイク、普通四輪車、大型車、軍用車両を運転できる。
  機械操作 Lv:4 ……PCなどの機械全般を操作する技術や知識。極端に専門的なものは含まない。
  電子技術 Lv:4 ……プログラミングやハッキングなど、機械の内面を弄る技術。
  軍事知識 Lv:7 ……軍そのものや軍人、使用される装備などに関する知識。
  指揮     Lv:2 ……状況を確認し、他人に指示を出すことに秀でている。

 【特性】
  ESP【縮地】 ……空間を切り嗣いで割り込み、彼我の距離を一瞬で詰める。一種の空間系テレポート。
  ┃          これを高精度で、かつ連続して行うことができるのがシャナの最大の武器である。
  ┃          移動には重量制限があり、重装備では使用できない。
  ┗斬鉄(偽)……ESP【縮地】の応用により、通常の刀剣類で金属装甲を斬り裂くことが可能。
              ESPの使用できない状況や、高速機動する対象、乱撃戦では使用できない。
  軍人の遺児……皇国軍人の忘れ形見。
              根無し草のスカベンジャーであっても、社会的にそれなりの扱いを受けられる。
  情報部員  ……時に身分を隠し、偽り、軍で暗躍する情報部の一員。
              現在その権限や支援は利用できないが、そこで得られた技術や知識は健在である。

 【装備制限】
  軍刀を固定装備する。
  他に【サイズ:L】の装備を一つまで装備可能。また、爆発物は合計六枠まで携行可能。

 ※スキルレベル参考基準
  1.覚えたて  3.慣れてきている  5.一人前  8.プロ級  10.その分野でのトップクラス


 【拠点・倉庫】
 ・武器
  量産軍刀 ……【シャナ専用】 父の形見ということになっているシャナの軍刀。頑強ではあるが切れ味は今一つ。
             数打の量産品であり、軍士官の武装としては少々心もとない。分類、丙種士官用軍刀。
             対単分子コーティング、耐酸コーティングが施されている。
  45口径短機関銃 ……【サイズ:M】 威力の高い45口径拳銃弾を使用する短機関銃。
               アクセサリにロングマガジン、レーザーサイトを装備。他にフラッシュライトを保有。
 ・防具
  戦闘用耐熱グローブ ……戦闘用に防刃などの防御力をある程度備えた、五指が自由になる耐熱グローブ。
                   生身の人間でも熱振動徹甲刀などの高熱を発する武装を使用可能になる。
  登山ブーツ          ……底が厚く、滑り止めの付いたブーツ。特別な加工や補強はされていない。
 ・その他
  最低性能PDA ……ウジ虫に広く流通するPDA。性能は極めて低く、簡易なメール機能しかない。
  技術書【機械操作】【電子技術】 ……該当技能のレベルが3~5の時に使用できる。各二冊。
                           コミュなどフリーパートで読み込むと、技能の成長に役立てることができる。
                           同じ人間が同じ本を繰り返し読んでも意味はない。
  軽量重装甲合金板……軽量かつ頑強で、排熱にも優れた旧文明の装甲用合金。
                      【素材アイテム】持っていれば、何かを組み立てたり、作成するのに役立つかもしれない……
3126 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/08/09(水) 22:22:25.13 ID:Gstn/0u+
  【車輌ステータス】

              :r‐---‐r―---―r―---‐r―---―r―--―┐
    =fhュュ――zz  il    ;  ロ   ;  ロ  ;      ;     |
  [lj .|i'~i`    .i  |   il    ;     ;     ;      ;     il
  lコ ||__|__________|__|  :il    ;     ;     ;      ;     il
  t_/o .i,.----.、|  |  il    ;     ;     ;      ;     il
  /   ii>< ||j .|) | ̄ ̄ ̄|| ̄ ̄ ̄|| ̄ ̄ ̄|| ̄ ̄ ̄`|| ̄ ̄ ̄`|
 _/___i`ニニニ´ |  .| . |ェェェェェェ||ェェェェェェ||ェェェェェェ||ェェェェェェェ||ェェェェェェェ|
 λ~。 ̄i―‐_-_-.!二| .!___!!!二ニ_ニ二!! | |/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; \| |_
 [λ___γ ´⌒`ヽ.ヽ三|三|三i「有澤[ |   〆´⌒゙ヽ 〆´⌒゙ヽ  | |
      :i (∴) i |三|三|三三ニ|ニ [   i (∴) i i (∴) .i
       ヽ、.____,ノ .             .ヽ、.____,ノ :ヽ、.____.ノ


 輸送トラック

 ありふれた輸送用の幌付トラック。
 大きな荷台による高い輸送力が特徴で、スカベンジの成果を持ち帰るのに向く。
 荷台には簡易であるが人間用の座席も完備。エンジンパワーもあるため、車両の牽引も無理なくこなせるだろう。

 ……ちなみによく見ると、ベースとなった車両は有澤重工製。水月という型式らしい。
 とはいえ流石に、無改造状態ではただの輸送トラックに、装甲車並みの防御力や、
 大口径機銃を積んだりはしていない……改造で追加することが出来ないとも言っていないが。


――――――――――――――――――――――――――――――

 【名前】 輸送トラック  【分類】 大型車両  【製造企業】 有澤重工

 【所有者】 衛宮シャナ

  【特性】
  輸送能力:A ……背部に荷台を備え、多数の、また大型の荷物を問題なく輸送できる。
               人員や探索の成果物の運搬の他、複数の装甲スーツを遺跡へ持ち込める。
  牽引能力:B ……高いエンジンパワーにより、他の車両などを牽引する余力を持つ。
               ワイヤーなどで接続することで、大型車両の牽引を無理なくこなすことができる。

 【装備】
 ・手動銃座:車載用20mm.機関砲
   ……荷台に取り付けられた20mm.機関砲付きの銃座。
       このタイプは有人式であり、射手が使用することで高威力の20mm.機関砲弾をばらまく。
       後方から斜め前方までをカバーするが、車体真正面は死角となる。

       高い威力と連射性能から装甲目標に対しても有効だが、戦車や重装甲車クラスには力不足。
       使用するには【銃器】技能で突撃銃、または軽機関銃を使用できるか、もしくは【重火器】技能を持った射手が必要。
       (射手が後者の条件を満たすほど、射撃の精度は上がる)

 ・防具 その他
  金属板 ……何の変哲もない車両用の金属板。特別な防御性能を持たず、戦闘には不向き。
           拳銃弾程度であれば弾くこともあるが、ライフル弾以上の攻撃には無力。
  幌     ……何の変哲もない覆い布。荷台部分を覆い視線を遮るが、防御性能はない。内部からは隙間から周囲を覗ける。
           また、射撃用に、人力でワイヤーを引くことでカーテンのように幌全体をめくり上げ、畳むことが可能。

 ・車載品
  軍用スコップ     ……【サイズ:M】 塹壕戦最強と噂の近接武器。誰がどう見ても近接武器である。穴掘りにも便利。
                予備用の道具。
  ワイヤー10m    ……ロープよりも頑丈だが、遺跡に持ち込むにはやや重い。車載用・牽引用にどうぞ。
  高級座布団×4 ……座席に設置するふかふかの座布団。長時間の運転でもお尻に優しい。荷台含め四座席分。
  ハンドグレネード(閃光、煙幕) 【爆発物】
3118 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/08/09(水) 22:07:08.75 ID:Gstn/0u+
                《フレンドステータス》

                  ,  ´ ̄ ̄__> 、
                 /    / ,  - 、 \
               / /  /   /     ヽ ヽ
             ;  '  _,/   /  / ,、 ∧ ',
            / /_//   /__/ イ \∧ .
            「∨ノ,イ   / -- 、   , - } |
           「: :ー:イ7'   | ィテ≧、  ,ィ≦、 ,'、_
           |:_介、:/ l  | Vzリ     Vリム ∧:ノ
           / | }' ∧ 从      ,   八 {:. ヽ
            ,  / , / .:}   ト、   ー ‐ イ  ∧:. }
             { .:,' / ,:' .:∧  |  `  r‐く__/ ,' }:. |
             | / .' {  「∧ }    |、::::从 { 从
             l { {/ 乂{::::| :、_  }\:::ヽ }ヽ }:!
          从/ .......乂|::::乂 ∨ヽr-くノ∨:| |フ...、リ
          // .........乂{:::::「 ∧∨_乂_)、_,l: | |\.∧
           ,.............乂/:「乂/ヽ}、\/ l∧| |\⌒{\
        _/___......乂Y_,/::::::::リ::∨- イ∧j:::::乂_(..∧
       //X<>/X>乂 \::::::::::::::::::', ̄l´ }:::::/__('X∧
       /::::::7` <X<>/乂_,\::::::::::::::}  :  |:::/__ノX/::ヽ、
        ,::::::::/::::::::::::::`<X<>乂,\::::::::|  |  }/__(Xイ:::::::::::::::.
     /:::::::/::::::::::::::::::::/ |`::ー-乂_\∧  , _|__(::{::::/:::::::::::::::::',
      ,:::::::::/:::::::::::::::::∨ {:::::::::::::::/:乂\}Tイ 「|/:::::∨:::::::::::::::::::::}
      {:::::::::、:::::::::::::::::{   j:::::::::::(__)::::::ー|  |_{ |::::::::::}:::::::::::::::::::::,
     ∨:::::::∨::::::::::::∧ {::::::::::::/ ::::::::::: |  |_{ |:::::::::::}-、:::::::::::::}
     }:::::::::::::ヽ::::::::::::∧ノ:::::::::::{ ::::::::::::: |  |_{ |:::::::::::∨=\:::::/
     、::::::::::::::::∨::/ ∧:::::::::: |::::::::::::::::|  |_{ |=:::::::::::∨ミ...∨
      \___/ / /\::::(__):::::::::::::| /人}::::::::::::::::∨../

 クーデリア・フォイエルバッハ

 フジノミヤで活動する新人スカベンジャー。
 新米ゆえ粗削りではあるものの、短期間でスカベンジに必要な技術を身に付けつつある。
 身長の話題はタブー。

――――――――――――――――――――――――――――――

 【名前】 クーデリア・フォイエルバッハ 【年齢】 15 【出身】 シズオカ

 【身分】 4級スカベンジャー

 【能力】(人間準拠)
  筋力:C  体力:C  俊敏:C+  知能:B-  運勢:B+

 A以上=一流 B=人並み以上 C=人並み D=苦手 E=諦めたら? F=子供並み

 【所持品】
 ・武器
  5.56mm.突撃銃URカスタム ……【サイズ:L】 アンダーマウントレールをを備えた5.56mm.突撃銃。レール用アクセサリを装備可能。
                          アクセサリにレーザーサイト、ロングマガジンを装備。
  5.7×28mm.PDW     ……【サイズ:M】 貫通力の極めて高い、5.7×28mm.高速弾を使用するPDW。装甲目標に対して有効。
                     アクセサリにロングマガジン、サプレッサ、フラッシュライトを装備。
  5.7×28mm.拳銃     ……【サイズ:S】 貫通力の高い5.7×27mm.高速弾を使用する拳銃。装甲目標に対して有効。
                     アクセサリにロングマガジン、フラッシュライトを装備。
  45口径リボルバー拳銃 ……【サイズ:S】 中折れ式の旧いリボルバー拳銃。クーデリアのお気に入り。
                     アクセサリを装備できないが、造りが単純で頑丈。格闘武器としても使用可能。
  ハンドグレネード(破片・煙幕・チャフ・EMP 各1個) 【爆発物】

 ・防具
  バトルドレスSS ……少女向けの戦闘服。ちなみにSSはサイズのこと。高い拡張性が特徴。
              7.62mm.ライフル弾までを防御する防弾性能と、簡易ながら防刃性を備える。
  安全靴.     ……底が頑丈で、滑り止めも付いた靴。特別な加工はされていない。

 ・その他
  ペンライト     ……小型の懐中電灯。太陽電池採用。
  低性能PDA..  ……性能の低いPDA。メールの他に、簡単なハッキングや情報閲覧、カメラ機能が備わっている。
  小型工具セット ……スカベンジ中の解体に便利な小さな工具セット。
              携帯には便利だが、本格的な工具セットよりは性能が劣る。
  工具用単分子ナイフ ……工具用として実用的な強度を持つ単分子ナイフ。戦闘での使用は想定していない。

 【技能】
  格闘術   Lv:3……素手や小さな武器を使った接近戦能力。
  銃器     Lv:5……拳銃や小銃、あるいはそれに準じた火器を使用する技術・知識。
               拳銃、短機関銃、突撃銃を使用可能。
  投擲     Lv:3……物を投げるうまさ。グレネードなどに使用する。
  回避     Lv:3……戦闘における回避能力。足場などが悪いとうまく動けない(【軽業】の下位互換)
  直感     Lv:3……探索などの際、どこが怪しいか、なんとなく分かるような気がする。いわゆる勘。
  危険感知 Lv:1……敵の襲撃など、危険に対する動物的な直感。
  機械操作 Lv:3……PCなどの機械全般を操作する技術や知識。極端に専門的な技能は含まない。
  機械解体 Lv:4……停止した機械を解体し、パーツ取りする技能。
               起動しているものを解体したり、停止させることはできない。
  機械修理 Lv:4……壊れた機械を修理・整備する技能。

 【特性】
  天性の冒険者 ……名前の通り、生まれついての冒険者。いわゆる天職と天賦の才。
                 スカベンジに関する技能の習熟に才能を発揮する。
  Cリロード     ……クイックリロード。リボルバーなど、バラ弾の装填に慣れている。
                 常人よりもリボルバーリロードや、マガジンへの装弾が早い。マガジン交換に効果はない。

 【装備制限】
  45口径リボルバー拳銃を固定装備する。
  他に【サイズ:M/L】の装備をそれぞれ一つまで装備可能。また、爆発物は合計六枠まで携行可能。

 ※スキルレベル参考基準
  1.覚えたて  3.慣れてきている  5.一人前  8.プロ級  10.その分野でのトップクラス
3119 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/08/09(水) 22:09:17.25 ID:Gstn/0u+
  【自動人形ステータス】

          ___________________
          l: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : l
          l: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : l
         l: : : : l l ̄ ☆ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ _ ̄ ̄ ̄ ̄l l : : l
        l: : : : l l     '''''=-、、  l l.    フ ト  <ヽ  l l: : : l
        _l: : : : l l. i! ''''==┼   >)      /___l^l,_l」  l l: : :.>=、
        」`{: : :.l l i! .<二>/   { <    , -―-、 {.(フ.lー'   l l: : :},=┤
       「`┤: :l .l ..   7    \  ( <ノ/`ヽヽ.ー ' ,, ''''' ,l l: : ¬/
       /「: : : l .l     '  ☆     ー'  ノノ ,,''      l l: : : : :l]
      〈:l: : : └==================┘ : : : l
       ノ: : : : : : : : :_____________: : : : : : :: : :__l
       T ̄ ̄ ̄ ̄T/:: :: /l::,,:l_l:: :: :: :: ::‐l--l:l,,:: :: :: :: l ̄ ̄ ̄ ̄/
        ヽ、     l:: :: /´l:: ::l ヽ:: :: :: :: ::l  l::l ミ`:: :: :l    ∠l´
   , _     ∨、    ヾ、l  、::l  マ:: :: :::ノ  !i .l:: :: ::l   ´ .ノ
  <::::::> 、   ∨`     l. ェ==≡ ヾ:: :/ ≡==ュl:: ,::リ.    /
/`>、`ヾ、:::::`ヽ、 l      l              l:ノ::/    /
`ヾ、:::`ヽ、`ヾ、:::ノ`i     lム、 ''''''   r  ̄ ̄ヽ '''''' ノ:/    /
   ` <::::`丶、`ヾl      l:::ヽ   l     l   /:/    /
      `ヾ、ノ::::`:l、     }:: ::l、   ー―‐'   /::/    {
    ___>、:::::>、    l::::l 三ニ ― ニ三 {::{     }
    l三三<´ ̄lll_,>、   .l::l lヾ、ニ===ニフ/l::l    ノ
    l三三ニl==lll= ''´(.  ノ::l l.Lヾ三三三//l:l  /

 電

 有澤重工製試製お手伝い型自動人形。マスターはクーデリア。
 開発には彼の日本IAIより、侍女型自動人形のデータが提供されているらしい。
 ロボット枠として人間キャラとは別枠で同行を頼めるが、彼女の場合クーデリアの同行が必須。

 「お手伝い」をする子供らしくいろいろこなせるが、若干どんくさい……
 この個性が、ああIAIの技術提供を受けたんだなと、見る者に奇妙な納得を抱かせる。


――――――――――――――――――――――――――――――

 【名前】 電  【分類】 お手伝い型自動人形  【製造企業】 有澤重工

 【マスター】 クーデリア・フォイエルバッハ

 【能力】(自動人形基準)
  頑強性:B+  破砕力:B  精密性:C+  俊敏性:C-  応用性:B-

 A以上=一流 B=人並み以上 C=人並み D=苦手 E=諦めたら? F=子供並み

  【特性】
  自動成長型AI   ……環境に応じて学習し、自我を発展させる高機能AI。
  生体自動人形   ……蛋白質で構成される肉の身体を持った自動人形。修理には自動人形用の生体部品を使用。
                 →極度の損傷(四肢欠損等)でなければ、『アナグラ』で十分な修理が可能。それ以上は一回お休み。
  性格:無垢     ……成長の余地を秘めた、純真無垢でまっさらな性格。現時点では頑張り屋の子供に近しい。
  背部武装ユニット ……背部に背負うように装着する武装ユニット。武装ハードポイント3枠を有する。
                 搭載している武装は、両手を開けたまま使用することができる。独自ルーチンにて運用。


 【装備】 装備制限:手持ちは『【サイズ:LL】以下の装備を一つまで』、もしくは『【サイズ:L】と【サイズ:M】以下の装備を一つずつまで』
 ・武装
  歩兵携行用大盾       ……【手持ち:LL】 金属装甲を加工した大盾。12.7mm.以下の銃撃を無効化し、小口径のグレネード弾を防ぐ。
  12.7mm.チェーンガン    ……【ハードポイント:1】 12.7mm.機関銃弾を使用するチェーンガン。
                     弾詰まりに強いうえ装弾数を拡張し、また自動装填装置の装備により全弾撃ち尽くしても自力でリロード可能。
                     大型カートリッジ装填、同予備2.装弾数:100。自動装填装置装備。
  50口径対物半自動機銃 ……【ハードポイント:1】 対装甲用の50口径徹甲弾を使用する機銃。
                     連射速度は控えめだが、1カートリッジ100発の対物徹甲弾をリロードなしに撃ち続けられる。
                     大型カートリッジ装填、同予備2.装弾数:100。自動装填装置装備。
  テーザーユニット       ……【ハードポイント:1】 射出したワイヤーを介して電流を放出し、相手を無力化する近接防御武装。
                     機体のジェネレーターから電気を引っ張ってくるため出力が高く、一瞬なら警備ロボットなども停止させられる。

 ・防具
  装甲ガントレット      ……金属装甲を手甲足甲の形に加工したガントレット。
                     局所的だが、7.62mm.ライフル弾以下の物理攻撃を完全に無効化する。
                     特殊な攻撃機構などは有していないものの、金属製で固い分、殴られれば相応に痛い。
  有澤重工製乙種水兵服 ……自動人形用のセーラー服。ぶっちゃけIAI製の侍女服のマイナーチェンジ版である。
                     汚れなどを自動で分解し、45口径拳銃弾までを完全にストップする防弾性能を持つ……
                     のだが、防弾性能については、今更な代物である。
  有澤製試製生体ボディ   ……童女の柔らかなぷに肌……と、5.56mm.ライフル弾以下の銃撃を完全に無効化する防御力を、
                     何をどうやったのか知らんが両立させた驚異のボディ。金属装甲形無しである。
                     純粋な強度による防御力のため、刃物など他の物理攻撃にも有効。PS装甲でも積んでんのかおい。
                     頑強性:B+は伊達じゃない! ????「ぶつかって沈む方が悪いのです」
  耐EMP防御          ……自動自閉機能があるのか、対EMPコーティングが施されているのか、電子回路の強度が強いのか……
                     理由は様々だが、この機体はEMPによって電子回路を焼き切られることはない。


  【ルーチン】
 ・固有ルーチン(着脱不可、アップグレードは可)
  武装ユニット:A  ……専用武装ユニットによる各種銃撃・砲撃判定に使用。補正値:30
  格闘戦闘:C   ……素手状態での最低限の格闘戦能力。「素手のな!」 補正値:10
  お手伝い:C     ……IAIの奉仕ルーチンの類型。家事手伝いから書類整理まで色々こなせる。効率は気にしてはいけない。
                車両の運転にも一応対応し、普通四輪車を運転できる。運転の腕は若葉マーク。

 ・後付けルーチン 0/3 (適正:遠距離戦闘、及び日常生活系)
  特になし

  【予備装備】
  有澤重工製丙種水兵服 ……自動人形用のセーラー服。現在着ている服を損失した際のスぺア。
                     汚れなどを自動で分解し、9mm.口径弾までを完全にストップする防弾性能を持つ……
  12.7センチ連装短機関銃 ……【ハードポイント:1】 背部の武装ユニットに装備された、二連装の銃身が特徴的な短機関銃。
                          ちなみに12.7センチとは銃身の長さであり、口径ではない。口径はありふれた45口径。
                          火力や射程が不足するなら、素直に他の武装に換装しよう。総カートリッジ:2、装弾数:50。
  三連装グレネード発射機×2 ……【ハードポイント:1】 両腰のあたりに装備される、40mm.グレネード弾を使用するグレネード発射機。
                         三連射、ないし三発同時発射により瞬間火力は期待できるが、経費も掛かる(グレネード弾は有料である)
  カートリッジ(12.7mm.弾)×2
  カートリッジ(50口径弾)×2
  40mm.グレネード弾:6発
3204 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/08/12(土) 00:37:24.57 ID:k1LxDXjd
  【NPCステータス】

        /   /                 \
      , '    /    /   /    /ハi      ヽ (´ ̄`ヽ、
    /   /     /   /  . / /"´ト、  l l l i 〈`ー--く
´ ̄ ̄ ̄ ̄ }   ,. -┤   /  /  l./  l| i、 l l l |  〉 \ }
        r' /   i   l  l   |    l| ll /i l l | ハ\__)ト、
        i/   ,ィ!   i  l   l    l| l|/! l,ィr l リ / 、\__).lハ
   /   .ノ   //    l,. ァr‐‐r-  l| l| i〃i「i |\\ `ー‐、 i }
 /    ヽ //l    イ /i l  il   l| l|ハ ソ!l |  ヽ `ーr く l |
/      〈/.//!     | l. 升r=f`   リ リ  リハ. |    `‐へノ' /
       V//!     l i ぐ寸 /}       〉   l l \  `フ/
\      //,ィ7.    lハ l|`~''         / ハ  >~'´
.  >  ///</      i ハリ         ,. ,イ //´`
``~<//____/       i⌒^'´`ー 、      / /´
.      ̄ ̄ /      /~'´ ̄`ヽ ` ̄ ̄ 7 /
       / / /    /         V リ//
     /  / /   /       /  〉,X ,ィ´~`゙ヽ
      /  / /  //        /ハノil   {    }
   / / /  //         //,.イ¨~`゙ヾ.,._,.,ソ
  / / /    //          /´  {.    ;!
/./ /    //       V/    ゞ,._,.,.ツ


  レン・B・メルティ 3級スカベンジャー

 トチギ地方ウツノミヤを拠点に活動するスカベンジャー。
 ロボット好きな少女で、自分の警備ロボットが欲しくてこの道を志したのだとか。
 戦闘能力や工作技能に特筆するほどのものはないものの、知恵と幅広い技術で立ち回る。

 ※ こちらのキャラクターは、ロア ◆gROAcb5wtQ氏の作品、
    『白レンは少女娼婦スカベンジャーのようです』からのゲスト登場です。
    なお、同作とは所謂パラレルワールドとなっておりますことを予めご了承ください。


 【装備・技能 一部のみ抜粋】
  7.62mm.突撃銃UR ……7.62mm.突撃銃に、アンダーマウントレールを追加したカスタム品。
                     アクセサリに銃剣、レーザーサイトを装備。
  9mm.短機関銃   ……威力の低い9mm.拳銃弾を使用する短機関銃。装甲目標にはほぼ無力。
                      アクセサリにロングマガジンを装備。
  軍用スコップ     ……塹壕戦最強と噂の近接武器。誰がどう見ても近接武器である。穴掘りにも便利。
  ワイヤーガン      ……先端に鉤爪を備えた牽引用ワイヤーを射出する拳銃。自動巻き取り機能付き。
                      射程はおよそ10m、成人男性一名+装備一式程度の重量に耐え、ラベリングなど移動手段として使用できる。
  マガジンポケット   ……マガジン用のポケットの付いた服やベルトを着用している。
                      予備マガジンの携行数を3→6に増加する。
  ハンドグレネード(破片・閃光・煙幕・EMP・チャフ 各1個)

  銃器       Lv:6 ……拳銃や小銃、あるいはそれに準じた火器を使用する技術・知識。
                  拳銃、短機関銃、突撃銃を使用可能。
  格闘術     Lv:3 ……素手や小さな武器を使った接近戦能力。
  ┗銃剣術   Lv:1 ……特化技能。ライフル等に装着した状態の銃剣を操る技術。
  投擲       Lv:5 ……物を投げるうまさ。投げナイフ、グレネードなどに使用する。
  機械知識   Lv:6 ……機械全般に関する知識を持ち、考察できる。
  感知       Lv:6 ……自身に迫った危険に対する感知能力。気配察知に近い。
  ┗嗅覚感知 Lv:3 ……鼻がよく効き、異物をかぎ分ける。感知の際に、嗅覚が役立つならば達成値に更に補正。
  指揮       Lv:3 ……状況を確認し、他人に指示を出すことに秀でている。
3205 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/08/12(土) 00:38:00.56 ID:k1LxDXjd
  【警備ロボットステータス】

        __,-、_ ハ     o、  o、
      〈 ̄ i`、.:.:ヽ/=i__,-、ヽヽ ヽヽ
       vwvww /  iヽ //`ii ヽヽ ヽヽ
        mimn〈.   l  l l .ll  ヽヽ ヽヽ
        `ー‐'-、ヘ   | i ll、〉〉ヾ ̄ヽ,--ヽヽ
         lヽ一'´ヽ_ヽヽll ‐-/ ̄i`i‐、Hヽヽ
         ヽ、──,' ヽl\\ l  ̄i l__!   ヽ. /7/7
           ヽ__i_/ // / l  l (`ヽー ///
          〈ヽ`ー‐‐一' /  iヽ ̄ ̄ヽ、〉_ |ヽ、/
           ヽ`ー―一'´ ̄ヽ }――'  '-,j l l─! ̄i`
              l;;;;;;;:.:.;;;;;;;;;;:.:.:.:.:.\    ソ}//l  |n 〉
               `‐-ヽ──、;;;;;;;;;;;;;;;`'''''''l___l l ̄i 0〈
              /ー―、_} ヘ`-、ヽ、_|H〈 ヽ-'  l
              〉/ / / ヾ  ヽ_/ O〉ト  i `ー、一〈
             メ メ, ', ' }     / /i |二二l  l l〉
            〈 〈  `ノ   ___/-/〉〉 l-----、 ヽヽヽ、
         ,-,-,-ィ、ヽ、_-、   ///7--、/ 冂冂冂冂 {}{}{}{}i
        〈〈〈〈__ヽ一'´   `ー一'´ ̄. ` ̄ ̄ ̄´
          ̄


 オオカミ型警備ロボット 『狛ちゃん』

 T.トミー社製施設警備用ユニット モデル:コマンドウルフ。
 ウツノミヤ出身のとあるスカベンジャーが連れている、コマンドウルフのセルフカスタムモデル。
 スカベンジのお供にするべく、性能の向上や最適化が行われている。

 ※ こちらのキャラクターは、ロア ◆gROAcb5wtQ氏の作品、
    『白レンは少女娼婦スカベンジャーのようです』からのゲスト登場です。
    なお、同作とは所謂パラレルワールドとなっておりますことを予めご了承ください。


――――――――――――――――――――――――――――――

 【名前】 コマンドウルフ  【モデル】 コマンドウルフ型警備ロボット  【製造企業】 T.トミー

 【マスター】 レン・B・メルティ

 【能力】(警備ロボット基準)
  頑強性:B-  破砕力:C  精密性:B-  俊敏性:B-  応用性:E-

 A以上=一流 B=人並み以上 C=人並み D=苦手 E=諦めたら? F=子供並み

  【特性】
  自動成長型AI   ……環境に応じて学習し、自我を発展させる高機能AI。
  獣型警備ロボット ……T.トミー社特有の四足獣型警備ロボット。修理には装甲や機械部品を使用。
                 人型のロボットに比べ、汎用性は劣るが、その分用途特化に仕上げやすい。
  ハードポイント   ……固定用火器を装備することの出来るハードポイント。背部に2枠保有。
  忠犬           ……主に忠誠を尽くす、忠犬ような人格が設定され、育まれている。性別は中性。
                 誠実で人当たりも良いが、アウトローやダメ人間には手厳しい。

 【装備】
 ・武装
  7.62mm.チェーンガン×2 ……【ハードポイント2】 7.62mm.ライフル弾を使用するチェーンガン。二門装備している。
                         連射性に優れ生物相手には有効だが、装甲目標には効果が薄い。
  熱振動徹甲クロー       ……四足獣型警備ロボット用の対装甲近接兵器。クローだけど牙とかも含む。
                         発熱と微細な振動により、攻撃力を向上させている。対単分子コーティングを貫く。

 ・防具
  中量金属装甲++ ……警備ロボットに使用される中量級金属装甲に、増加装甲を追加したもの。
                     通常の装甲より防御力が増しており、ライフル弾でも5.56mmでは貫通は難しい。
                     ただし追加された装甲の重量分、機動力は低下している。
  耐EMP防御      ……自動自閉機能があるのか、対EMPコーティングが施されているのか、電子回路の強度が強いのか……
                     理由は様々だが、この機体はEMPによって電子回路を焼き切られることはない。
  耐ビームコート      ……機体の装甲表面を、黒の耐ビームコーティング剤で覆っている。いわゆるアーバインカラーである。
                      ビームライフルなどの光学兵器に対して、完全な耐性を持つ。

 ・オプション
  複合型視覚センサー       ……カメラによる単純な画像認識の他に、赤外線など複数の視覚センサーを搭載している。
                         煙幕で視界が遮られても、索敵能力の低下は最低限に抑えられる。依然としてチャフは有効な模様。
  スモークディスチャージャー ……自機周辺にチャフ機能付きスモークを発し、広範囲に煙幕を展開する。
                         二発セットで、リロードは人間が行う。ちなみに一発15円と割高な印象。

  【ルーチン】
 ・固有ルーチン(着脱不可、アップグレードは可)
  格闘戦闘:C ……爪や牙を使った格闘戦能力。補正値:10
  射撃戦闘:B ……口径や反動の小さな(銃器相当の)固定火器による射撃戦能力。補正値:20
  獣性:C     ……獣らしい動作やしぐさ。スムーズな四足機動のための補助ルーチン。
               標準的な機動ならCランクで事足りる。
  対人警備:B ……特定の人物……つまりは主人を警護する為のルーチン。索敵能力を兼ねる。
               施設警備ルーチンから換装されたもので、遺跡のスカベンジ同行に最適化されている。

 ・後付けルーチン:追加不可

2777 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/07/04(火) 23:17:58.29 ID:0cvrIZDJ
 【好感度一覧】

   クーデリア.   ……A     (近いうちに、電と三人で仕事に行きたいわね)
   やる夫.    ……B-   (銃火器について、結構詳しいんだおね)
   ヴィルヘルム ……B     (次は本気を見せてくれよ)
   チンク.      ……C     (お人好しめ……勉強会、楽しみだ)
   シン       ……D-   (良いクライアントだ、次の仕事を待つとしよう)


   シノン      ……D     (機会があれば、またご一緒しましょ)
   アリス       ……C+   (本当に、真面目な人です)
   聖十郎     . ……C-   (変人だなんて、ひどいなぁ……)
   スカサハ.    ……C     (存外甘い子だが……嫌いではないよ)
   リッカ.       ……C+   (二人ともお勉強がんばれー)
   リリィ       ……C-   (いつも余裕綽々だなぁ……)
   ダリアン    ……D     (なかなか見込みのあるやつなのです)
   愛歌..     ……D     (どっちのお店も、また来てねー)
   ピアニィ.     ……E+   (お、大物新人ね……(震え声))
3276 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/08/16(水) 21:45:35.20 ID:1rVcuOue
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
3277 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/08/16(水) 21:45:45.60 ID:1rVcuOue
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
: : :   . : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :  : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
. . : : . .  . : .   : : : : : : : : : : : . . . . : : : : : : : . : . : : : :   : . : : : : : : : : : : : : : :
  :  : : : : : .    . : : : : : : : : : : : : : : : :    . : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
                  :  : : : : : : : : : : : :   : : : : : :   : : : : : :  : : : :
                                :  : : : . . . . .
                               ...:::::::::::::::::......................: : : :
::.._   _____ ........              ...  ......:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::|    |:::┌────┐:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
ミ、::::::::|    |:::::| 静岡県 |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:...............:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
。 `丶| ...::|:::::| Silent hill |:::::::::::::::::::::::::::, --‐=≠≦≠±;ivl.:ヾ,、__:.:.:.:.:.:.:.:.:.:._,.
_ ゙  |__|:::└┬──┬┘ミ≧王W´M_., :.., " :.., :.;,,, ;, ナ:: ;<;,,:.,,,: ̄千;,,<:._/
. :_   || || べy. |_^V/,_○<チ《 . 。  . ̄`^⌒^´`^゙¨ ̄` 《:,,+:.,,;:.|;,ミヾ;,\
 ., ^<iコトイ,、_,,_ |_r<__; |;/.V/M`   。 ` :.  ・  ゚ ¨ ..  >ヾ\ヽ\V/
,。__;:-L:;.,_~:.:_ ≫ - " ̄ . / 。 ` ’  _  ;,  ・   ”  ゞヾVゞヾ《ヾゝゞ
  -  ~  .  :  : `‘   '  _  ;,  ;.  ・  "  :. :イヾ\\Vゞヾ《巛\
;,   `  *   "   ゚   ;,   .    _     ;l  , チミ<へ׉\ハ}V
    `    :.  .   。   +    "   :;.  , <ヾへ`\巛ぐヘイゞ\ハ、
  ; :..  :.^  ;  `  ’ /    ゙゚  *  -  《ミ\ヾ\kへイんヾ<\ゞ、ヾ
。   `  *  .:  '  "  ゙  +* . ゚ ゙ 。 ^ ゞヾぐ巛ヾ\Wミマへ` <、 ヾ
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 早朝と言うには遅く、しかし確実に朝に分類される時間帯。
| 今日も今日とて相変わらずのスカベンジ日和の太陽の下、適当に整備のされた砂利道を……
┗───────────────────────────────────────┛
3278 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/08/16(水) 21:48:09.60 ID:1rVcuOue
              :r‐---‐r―---―r―---‐r―---―r―--―┐
    =fhュュ――zz  il    ;  ロ   ;  ロ  ;      ;     |
  [lj .|i'~i`    .i  |   il    ;     ;     ;      ;     il
  lコ ||__|__________|__|  :il    ;     ;     ;      ;     il
  t_/o .i,.----.、|  |  il    ;     ;     ;      ;     il
  /   ii>< ||j .|) | ̄ ̄ ̄|| ̄ ̄ ̄|| ̄ ̄ ̄|| ̄ ̄ ̄`|| ̄ ̄ ̄`|
 _/___i`ニニニ´ |  .| . |ェェェェェェ||ェェェェェェ||ェェェェェェ||ェェェェェェェ||ェェェェェェェ|
 λ~。 ̄i―‐_-_-.!二| .!___!!!二ニ_ニ二!! | |/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; \| |_
 [λ___γ ´⌒`ヽ.ヽ三|三|三i「有澤[ |   〆´⌒゙ヽ 〆´⌒゙ヽ  | |  _ _.,_,,('"     (⌒ヾ
      :i (∴) i |三|三|三三ニ|ニ [   i (∴) i i (∴) .i         ^'ノ⌒ヽ,,._ソ''"
       ヽ、.____,ノ .             .ヽ、.____,ノ :ヽ、.____.ノ     ''⌒`'"~
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 荷台にほろをかけたトラックが一台、力強いエンジン音を響かせ、走る。
| 言うまでもなく、それはシャナの所有する輸送トラックで、ハンドルを握るのはシャナ。
| けれど助手席には、他の乗員の姿はなくて……
┗───────────────────────────────────────┛
3280 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/08/16(水) 21:50:55.78 ID:1rVcuOue
_ _ __________
  ̄  ̄/  _______ `ヽ
    / /ニ三三三三三三三ニ`ヽヽ
    |  |三三三三三三三三三〉/||
    |  |ヽ` ー-―――――――||   ……ねえ。
    |  | \            ,/||
    |  | 、          ´  /||     ……なに?
    |  |               / ||
  _|  |__________||
 ̄  ̄  ̄|エ            エ||
     | |二二二二二i i二二二二 ||
===| |=ー―――――――=||
|| ̄ ̄ ̄ ̄ ○○i_i三三三i__i○O ̄
 八二二弋三三三三三三八二弋
:::::=== |二二|三三三三::::::::===
:::===           ::::===
 ̄             ̄
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| ……では、同行しているはずの二人の少女と、二体の自動人形・警備ロボットはといえば、
| それは消去法で、簡単に想像の付く場所。
| ……そう、荷台である。
┗───────────────────────────────────────┛
3281 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/08/16(水) 21:53:32.45 ID:1rVcuOue
        〈  /: : : : : : : : : : : ヽ `ヽ、
         〉, イ: : : : : : : : : : : :ヽ彡jヽ  i
          「: : : : i: :ト、,、: : : i : : : ハ/: }   /   わざわざ同席というか、相乗りさせてもらってる身で、
        人: :|: :.|: jーヘ: :i |: : |: : :i: /j  〉
      /  !:∧ナ!:|  j|: :从: |: : :|::: ト./    ぶしつけに思うかもしれないけど……一つ訊いてもいい?
.      /  ィ'_ハ代iぅ   レ'fテミ: :.ト-| }
     ~⌒ヽ/: :.∧ ¨′,   ゞ=''/: :!  \_                         私に答えられることなら答えるけど……何? > クー
     r='7: /: : :/>  、 _,.. イ: ::/ー┬ァ′
    /_/::/: :/{  }  ィ⌒/: : / ヽ: :! ヽ_  そう、ありがとう。それじゃあ訊くけれど……
  f⌒  /:イ/  ゝ,, Y′/: :/ ハ }: |  ̄   ̄}
  }    レヘj 」 |  7∧イ: :/ ヽ : :イ:/     {
  j:::..     L | 〃∠: :/  : : |: :」l|       1
  /        Y {{_∧Uj    : :」        {
 /    /  ..::Y´ {,,,{,,,,,}>---イ   ヽ   . : ハ
 !   /   : : :|  ::::Y  :::::::::/        : : :: :i
 V  /   : : : : :{=--=ト=-_ ノ: : :         `ヽ
  ヽ    : : : : : 〉-- +-=.../: : :            |
   }    : : : :〈,,,, r'  人: : : :: :          /
   L    : :/::`'ー'‐ ′:::\        : : :: :Y
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 元は兵員輸送トラックとして設計されたものか、荷台に備え付けられた座席に腰かけ、
| その尻の下には柔らかなクッションを敷いた少女……レンが、初めて乗る
| 個人所有のトラックについて物言いたげに、同じく座席withクッションの上に座るクーデリアに、
| 視線を向け、そして問いの声をかける。
┗───────────────────────────────────────┛
3282 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/08/16(水) 21:57:45.78 ID:1rVcuOue
                      __
                      , '       ` `丶、
                      /  /_    ヽ  ヽ \
                  / , '   丶   \_ ゝ  \                         なんで…… > レン
                    / /  ,、_   `、   ヽ\,へ _レヘ
                   ,'  l ./   ̄`ーヽ   ヘ-}≧{}=〈   あー、うん。
                 {  ! |-‐'    ー-ヽ   | ヽ/弋´
                  ,ヘ  {         l ├v'人  \   (そうよね、これはちょっと疑問わくわよね……)
               /  )  l ≠=  ≠=.|  レ' : l.ヽ   ヽ
                  イ  .八 ヽ   '     u.| / : :l: :i : ヘ  }
.                .{  / / ヽ ト、  rっ ./l /\: :ヽ 、: :ヽ |
                 l /ノ : : } l/≧ イ   | { 〉 ヾ;、: ',: : :} /
               V/:.{:_;x( (  /〉 //./  ∨ト、): :イ
                  /:/〈X  ) )/  i / / /   ∨〉:i\:ヽ
               /ywW≧V / {.  ◇./ /wy、 __〉〉:i:i:iヽ 〉
               /: : ミ∧  / / {    〈 ( ヽミ〉Wヤ〉i:i:i:i:i\
               ) / ミ∧ ( 〈  {Vwvw/l 〉  ≧w/:i:i:i:i:i:i:i:i:\
           /   ミ∧ l/ .{ニニ=./ 〈/ ,--ミfi:i:i:i:i:i:i:i/ ̄ 〉
          /       ミ∧  /   /  ./≦ イ:i:i:i:i:i:i/   /\
          ./        lミ〉./   / ./≦ イ ̄ ̄ ̄   /   ヽ
         |    ___| ミ〉≪≫|/≦ イ` ー┬─┬<        〉
         |  / -─/. ∨ 〈 〉 トyィ´ ⑩  ./  /  丶     /
.          \//  _/  /i:iヾ〈〉i:i|/      { /、        〈
            〉  / l  /i:i:i:i:i}{:i:i:i:!       ∨\ \_ ___/
            .L/ /ヽ人i:i:i:lハl:!i:i|   ⑩ /〈   ヽ____/
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 三級ともなれば過去に商隊護衛などでこの手のトラックに乗った経験はあるようだが、
| それと比較して、何か解せないことがあったらしい。
| 何かツッコミはあるだろうなと、漫然と構えていたクーデリアは、やっぱりかという顔になって、
| これから問われるだろうことに、クッションの上で内心頷く。
| それは今、それぞれの下に敷かれた座布団のこと……
┗───────────────────────────────────────┛
3283 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/08/16(水) 22:01:21.55 ID:Oc63ml6G
シャナってセールストークに弱そう(偏見)
3284 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/08/16(水) 22:02:39.89 ID:1rVcuOue
セールストークに弱そうなのはスレ民では……?(安価的に考えて)
3285 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/08/16(水) 22:02:51.92 ID:1rVcuOue
            >========.<
           | |_____.| |
           |/      ∧|
           |  ___   |               なんで幌の下とはいえ、堂々と機銃が鎮座してるの!?
           ト、/ |    |.ヽ丿                           しかも機関銃じゃなくってバルカン砲が!! > レン
           | }i>ニニニニ<|
           ´`}>====<|                                    シャナだから、かな…… > クー
             |./|__|ヽ|
           ┌i./{二二}\i┐                                          え、なにそれ…… > レン
       _   全{/ ̄ ̄\}全   _
      ./ ム  .{__{.i:::i    i:::i.}__}  ム ∨                確か、遺跡で倒した装甲車から取ってきたとか > クー
      ∥ .i;;;;i.. ..マ}i:::i.__.i:::i{./   i;;;;i .',
      i|  |;;;;|   }|.//三三ト、|{. . .|;;;;|  |i                              装甲車!?  倒した!? > レン
      i|  |;;;;|  // アi´ ̄ ̄ヾ、∨ .|;;;;|  |i
     ..i!  |;;{〉イ´.|i::::i    i::::i| ≧〈};;|  i!
      ,  |;乂廴..|i::イ. . .ヽ:,::i|___リノノ|  ,
      .', ';;;;|. . .|i::イ. . .ヽ:,::i|   .|;;;;' ∥
       .', ';;;|.. ..|i::イ. . .ヽ:,::i|  |;;;' ∥
       .', ';;|. ..|i:>.ニ三ニ<i|   |;;' ∥
        .',.__i|  .|i//´ |´`|`∨}   |/__/
             .ヾ|  |  |  |イ
             .|  |  |  |
             .|  |,=、{ .|
             .|◎ゝイ.◎|
               .◎.,=、i◎
                .ゝイ
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 話題は座布団、なんて可愛らしいもののことではなくて、
| 二人の座ってくつろぐ荷台に、同じように鎮座した銃座と機関砲のこと。
| 控えめに言って、先月四級に上がったばかりの下級スカベンジャーの持ち物とは思えない、
| 過剰なまでの重装備である。
| お値段は通常価格なら、トラックと銃座とガトリングガン、併せて1550円也。
| まあ、実際の購入時には、遺跡の出物を買い取ったりといろいろ割引があったりはしたのだが、
| 価値としては変わりない。
┗───────────────────────────────────────┛
3286 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/08/16(水) 22:04:24.72 ID:Oc63ml6G
シャナが天然扱いされるのはだいたいスレ民のせいですね
3287 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/08/16(水) 22:06:47.04 ID:NgX3Bgey
(倒したら)いかんのか?
3288 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/08/16(水) 22:07:22.55 ID:1rVcuOue
                   /      \              \
             /       ___>、-‐…=ニニ  ー-  ミ;
            ∠ニ/― ニニ -     :.\  .     ー-  __|                    私が四級の頃ってもっと余裕なくて、
              // ̄「 ̄: :.   :..    ::.:.ヽ :.      :..::.:..::{                     狛ちゃんとか、マグリザルとかで必死で…… > レン
          // ̄.::| . ::.; :{:. :. ::.:..   ..::.:..;:. ::.        ::.:..::.:{
           /,'!  ::.; {.::.|:八::. ヽ:..、.::.:..   ::.:..|:..::.:..      ::.:..::.{              大丈夫、フジノミヤでもシャナみたいなのは稀だから……
.         // !  .::| i:斗=弌::.:.|.::.|::.:..::. ::.::l:|::.:..:::.       ::.:..:{                             ところで、マグリザルって何? > クー
        i/ | .| ::.l:い::.l 孑勿::|ヽ|::.:..::.:.. ::.:l:|、::.:..::.      ::.八
        | ′:| ::.{.:i:. ::i圻ih 狄 i::.:..::.:..::.:..i:| }::.:..::.   :i.   ::.:.',           えーと、ウツノミヤの方にいる、要注意のミュータントでね…… > レン
           :.::;、::|八::.{ vリ    !::.:..::.丶::.|乂.::.:..::.   i:.    .::.:.
          八{ ヽi ノヘ ´___j____i斗-‐…=┐ i. '::.    ::.:.、
               ハ    ヽニニニ二二二二二二〔 ;:.  ::.:..    ::.::.  (普通に知り合いと一緒に、遺跡に潜ってるだけなのに、)
                 人 _ _  Vニニ二二二二二二|::. ::.:.  ;:.:.     ::.:,
                ヽ   ∨ニニニ二二三三[..::. ::.:.   、::.    ::.:,  (荷台では普通じゃない扱いされてる……何故だ)
                -=二込 _ ,厶ニニニニ三三三L::.:..::.:..  :.ヽ:.    :.、
          ー=ニ三二二二ニ/::/.:〉二二三二二二三>,::.:..::. ::. ::.  :.   \  (……まあ、ともあれ)
                \二二二/.:/.:/二二二二二二二ニハ::.:..::. .::. ::.  ::.    \
                 \二r┴/ 厶二二二二二二ニニニリ::.:..::.:.. ::.:. `:.. ::.    丶、    四人とも、そろそろ目的の遺跡だ。
                 /ニ厂 Ⅵ|二二二二二二二二二{::.:..::.:..::. ::.:.  :.  ::.    :.丶、
               く二%   ノ〕|二二二二二二二二二{::.:..::.:..::.:..::.:.    .::.:..   丶 ミ: 、 そろそろ準備、始めて。
              ,必|  ,l:;リ二二f二二二二二ニニ,::.:..::.:..::.:..::.:..     ::.:..   :.\ `\
            _,,∠ニ}.斗r≦l:i|ニニニ}ニニ/二二二二ハ::.:..::.:..::.:..::.:..      .::.:.    、:..\                        あ、はーい >>
           にフ二フ丁厂 ̄リ|二、二{ニ/二二二ニニニ’::.:..::.:..::.:..::.:..      ::.:..::.  \:. \
             ,必 / -f厶_   ノニニ\У二二二二二二二ヘ::.:..::.:..::.:..::.:..      ::.:..::.   \:. \
           .ィ!孑!´   j{    |二二二ヽ二二二二二二ニニ〉::.:..::.:..::.:..::.:.      ::.:..::.:..   ヽ 、丶
          《:i|::叭  /小、__ノ|二二ニニ}二二二二/二ニニニヘ::.:..::.:..::.:..::.      .:;.:..::.:.. ヽ  \丶\
        _》彡/ヽイ / }    |二二ニニ{二ニニニ/二二二ニニヘ::.:..::.:..::.:..::.     :|::.:..::.:.  ,   丶\\
           /   / j    jニニニニ|ニニニ/二二二二二二ヘ.::.:..::.:..::.:..     |.::.:..::.:..  i   | 丶\
             ⌒ヽ ′八 _厂〕二二二ニ{ニニニ/二二ニニニニニニ〉::.:..::.:..::.:..      {::.:..::.:..::. i    |   ヽ\
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| そんなこんなで、標準的スカベンジャーなレンとクーデリアが荷台で親交を深める傍ら、
| シャナは一人、運転席でハンドルを握っているのだった……
| 登録初日でいきなり昇級したり、自動人形を従えたりしてるような層に比べれば、
| 十分普通の範疇にあると思うのだが……
┗───────────────────────────────────────┛
3289 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/08/16(水) 22:08:34.47 ID:oYlhy/4L
三級マーセナリーやベテランと一緒だったから(なお主力で無いとは言っていない
3290 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/08/16(水) 22:11:34.59 ID:1rVcuOue
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
3291 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/08/16(水) 22:11:45.25 ID:1rVcuOue
                      ___       ___
                         |. : . : . : |\.    |. : . : . : |\.
                         |. : . : . : |:  \. . |. : . : . : |: | \
                         |. : . : . : |: | ̄: ̄ ̄|. : . : . : |: | | .\               :
                         |. : . : . : |: |:三三三|. : . : . : |: | | | \         :
    :::::::::::::::::::::: : . .      :      |. : . : . : |: |:. :. :. |. : . : . : |: | | | | |           :::::::::::::::::::
    :::::::::::::::::::::: : : : :    ::::::::: . .  |. : . : . : |: |:三三三|. : . : . : |: | | | | |  ..............   :::::::::::::::::::
    :::::::::::::::::::::: : : : :    ::::::::: : :  |. : . : . : |: |:. :. :. |. : . : . : |: | | | | | :::::::::::::::: : :  :::::::::::::::::::
       .i =i、___.i =i、___i =i、___.i;;|. : . : . : |: |:三三三|. : . : . : |: | | | | | :::::::::::::::: : :  :::::::::::::::::::
 ____!|: :|i: : : : |: :|i: : : : |: :|i: : : : | |. : . : . : |: |:. :. :. |. : . : . : |: | | | | ,, ,,"''..;'';.";;.,.,".,,.... :::::::::::
 |:.:.:.:.:.; :.:|: :|i l⌒l:|: :|i l⌒l:|: :|i l⌒l:| |. : . : . : |: |:三三三|. : . : . : |: | | | ,;"":;";;;;'`:,:'.. : .:" ".`: ::::::::
 |:.:.:.:.:.; :.:|: :|i: : : : |: :|i: : : : |: :|i: : : : | |. : . : . : |: |:. :. :. |. : . : . : |: | | ;;";'':,:'. ;;':,'..''''''' ''''': .'''''".';
 |:.:.:.:.:.; :.:|: :|i l⌒l:|: :|i l⌒l:|: :|i l⌒l:| |. : . : . : |: |:三三三|. : . : . : |: | ;;',;;';";"'''''ヽ`,:"'.` ,:'. : .  : .";`
 |:.:.:.:.:.; :.:|: :|i: : : : |: :|i: : : : |: :|i: : : : | |. : . : . : |: |:_:_:__|. : . : . : |: | '';;,;;':,:'."''''';:,``'''''ノ:'`:,:'''''';";`
 |:.:.:.:.:.; :.|三三三三三三三ミi|i::_:_:_ | |. : . : . : |: |i   i   :|. : . : . : |: |. :|: :'''`',:'';;,;ヽ`',:'';;';;';;'`',:''''''' ...,,,,,,,
 |:.:.:.:.:.; ://ll|//ll|//ll|//ll|//!| i::|l!ll| | |. : . : . : |: |i\ i \:|. : . : . : |: |: :|: :|: :|: :|   `y;/ノ  `;'`;'`;';`;'`;'
 ______| ̄| ̄| ../ |] i::|l!ll| | |. : . : . : |: |i.. | ̄|二|_________________
  . : . : . : . : . : . :|. : |  | ''' ̄ ̄ ̄ ̄~''''''''''''''''''''': : |: : |i: . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : .
  . : . : . : . : . : . :|T.:|  |"""'''''''''' - ,, : : . :  : ..|: : |i: : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : .
  . : . : . : . : . : . :|: : |  |,,,,,,,,,- - -'''".  .   .  .   |: : |i: . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : .
  . : . : . : . : . : . :|: : |  |. .  .  .   . . .  .   .. |: : |i: . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : .
  . : . : . : . : . : . :|:_:_|,, -  .  . . .  .  .   .   . . |:_:_|i: . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : .
  ̄ ̄ ̄' ̄ ̄ ̄ ̄                    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄' ̄ ̄ ̄ ̄
 .    ,   " . .   ,,       ,,,   '. .       ,,  .   ''     " ,   .     .
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 警備ロボット工廠跡:T 3級遺跡指定
| 
| 半壊した看板に、Tの文字だけが残る、工場とも技術研究所ともつかない遺跡。
| 内部にはT.トミー製動物型警備ロボットが徘徊し、
| それらを目当てに表からアタックをかける三級も少なくない。
| 最近、壁が崩れて新しいルートが自然開拓されたというが……
┗───────────────────────────────────────┛
3296 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/08/16(水) 22:17:48.79 ID:1rVcuOue
       ..-=ニヽ.
        //    ハ
     /´ ̄` _r===:   ん、君たち、スカベンジャーか?
     |l]    }  `: __j
      乂__/⌒\_/                               ああ、はい。T.トミーのロボット工廠跡、ですよね? > シャナ
    /⌒ヾー=ニ二ノ_
   // /´ ̄`ヾー=彡圦   ああ、そう推察される、三級遺跡だ。
  .// /.′   } }: :_:_}∧
 〈 { { |    {{: ://::.\   君自身か、同行者に三級以上のスカベンジャーはいるか?
  .Ⅵ〉`ヽ.     |//:::::::::. \/\
   Ⅵ  }_, -=ミ、 ̄`ヾ:::.. \`\                                    後ろの荷台に一名。白髪の人が > シャナ
   Ⅵ /     〉    }\::.. \}}
  _/ Ⅵ ゞ..____/---<_/}〉::. . \    わかった、後で確認しておこう。
  | i `ヾ:::::才⌒ヾ:::{     /::::::/::. . \
  | |   }::/    \`ー=/::::::/{ミュュ::.:..\ 車の方は見ておくから、気を付けて行きたまえ。
  ゝ{\//       {    ヾ〃  ̄ ̄\:. \_
    |   {       |           `ー='
    |   |       |
    | _|   __|
    | 三|   三三|
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 人一人の背丈より高い塀、それを乗り越えることなく唯一敷地内へ入るための門の前に、
| トラックを停める。すぐそばには、ライフルを携えた皇国軍の兵士が一人。
| フジ樹海に人手を取られがちで、人手不足の遺跡見張り員だ。
| 運転席から降りて数言声を交わせば、武運を祈る言葉をよこして、荷台の方へ歩いて行った。
┗───────────────────────────────────────┛
3297 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/08/16(水) 22:24:30.22 ID:1rVcuOue
          ___________________
          l: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : l
          l: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : l                                 そこの、白髪の君! > 兵士
   大盾→ l: : : : l l ̄ ☆ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ _ ̄ ̄ ̄ ̄l l : : l
        l: : : : l l     '''''=-、、  l l.    フ ト  <ヽ  l l: : : l                                   ああ、はーい! > レン
        _l: : : : l l. i! ''''==┼   >)      /___l^l,_l」  l l: : :.>=、
        」`{: : :.l l i! .<二>/   { <    , -―-、 {.(フ.lー'   l l: : :},=┤
       「`┤: :l .l ..   7    \  ( <ノ/`ヽヽ.ー ' ,, ''''' ,l l: : ¬/                 さ、それじゃあ行くわよ、電! > クー
       /「: : : l .l     '  ☆     ー'  ノノ ,,''      l l: : : : :l]
      〈:l: : : └==================┘ : : : l  はいなのです、マスター!
       ノ: : : : : : : : :_____________: : : : : : :: : :__l
       T ̄ ̄ ̄ ̄T/:: :: /l::,,:l_l:: :: :: :: ::‐l--l:l,,:: :: :: :: l ̄ ̄ ̄ ̄/   機銃並びにテーザー、共にシステム正常、
        ヽ、     l:: :: /´l:: ::l ヽ:: :: :: :: ::l  l::l ミ`:: :: :l    ∠l
   , _     ∨、    ヾ、l  、::l  マ:: :: :::ノ  !i .l:: :: ::l   ´ .ノ´     大盾も持って準備万端なのです!
  <::::::> 、   ∨`     l. ェ==≡ ヾ:: :/ ≡==ュl:: ,::リ.    /
/`>、`ヾ、:::::`ヽ、 l      l              l:ノ::/    /                                    よし! > クー
`ヾ、:::`ヽ、`ヾ、:::ノ`i     lム、 ''''''   r  ̄ ̄ヽ '''''' ノ:/    /
   ` <::::`丶、`ヾl      l:::ヽ   l     l   /:/    /
      `ヾ、ノ::::`:l、     }:: ::l、   ー―‐'   /::/    {
    ___>、:::::>、    l::::l 三ニ ― ニ三 {::{     }
    l三三<´ ̄lll_,>、   .l::l lヾ、ニ===ニフ/l::l    ノ
    l三三ニl==lll= ''´(.  ノ::l l.Lヾ三三三//l:l  /
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| さてそうして見張りの兵士が登録証の確認に、車から降りたレンへ声をかけ、
| その間にクーデリアと、そのお手伝い人形電も、荷台から小さくジャンプして飛び降りる。
| 装弾数100発の機銃二つに、予備弾倉を合計四つ装備した武装ユニットと、
| 硬さで攻撃を防ぐ金属盾、相当な重量になるそれらを軽々と装備したまま、
| 電の動きはよどみなく、軽々としたものである。流石有澤、重量過多までまだまだ余裕そうだ。
┗───────────────────────────────────────┛
3298 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/08/16(水) 22:31:10.47 ID:yUcaSNtG
白レン兵士から情報収集()するのかな…?
ウツノミヤとは違うのだが…
3299 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/08/16(水) 22:32:05.91 ID:1rVcuOue
                      , -ー" ̄ ̄メ
                 ,___//      /
               , -'   ..-、 \'      .f
        __ /.         .ヾ ヽ     ./                  三級の登録証、確かに。では武運を、スカベンジャー > 兵士
      γ  __ /   .r、 i iヘ,...i i li . iヽ   .ノ
   /- ''   ..|...i i | |ゞ`"´ iノ|!li jイ ヾ___ヽ   ええ、兵士さんもお疲れさま。
    ー、      .| . !トl メ !,   ,ゝjノ_<|!! . f - ,,ノ...メ
       ヽ   .| . ヾヾゝ士   イ刀 '|  |_ノ   .|  それにしても、あの電ちゃんって子、元気良いわね。
         ̄ `!...|....iゝトf刀.    `  ゙|  |fi::\ー'
           | .>,,|...i``' ´       ノ! . ilヽ . \  さすが自動人形、感情の豊かさは並じゃないわ……
           <__|..|...| >、  ` ´ ,イ...|....| l!|   \
            >  .|//-j`  "  メ|!   |!ヾ...ヾ...\  ともあれ、さて。
            /ト...!..|ヘ、...゙ー 、_ /...|  li トーメ   ..゙,,
           // j . ヾi   ー、 ノ、<r..|!...ノ`   }    i
          /../../|  .トヽ . rrメi ri トーツ'      .|   ...゙i!
         /  |...|...ヽ...ヾ . , =//f ヾ゙ ー 、      .ト、_   .|
        / . ハ | !   .ゞメ {   } {   }  \   |!
      /  / i i   丿  ゝ_ ,ノ 。ゝ_ ノ,,、<  \...L
     ー―'´  /  .//../  .|  !  ト   .ー--  ..ゝ
              i;/;  .メ     .|  ゚  .l!  ..ト   ―--...\ _
        _/-=メ  //   ./  ゚   .li;...\  ゙ー-- . /ヾ、...f ̄/ ̄fヽ 、
       メrト_;;/   .//  ./!  |。   !\  \:::::::::/ハ;;ヾ\::fr  l´   \
  , -へ,,::ヾハ   .\/ . /   /!ル...i。   .! \  .rr <      |  |      ャ

┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| そんな、どこかはしゃぐ子供を思わせる振る舞いを見せる電を見やり、
| 兵士に提示したスカベンジャー登録証を懐へしまいながらレンは淡く笑う。
| 嫉妬などをするわけでもないが、元気で感情豊かなあの従者が、羨ましくないと言えば嘘になる。
| ともあれ、後輩の持ち物に固執するのもマナーが悪い。それに……
┗───────────────────────────────────────┛
3300 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/08/16(水) 22:32:55.97 ID:yUcaSNtG
白レンには忠犬狛ちゃんがいるじゃないか!
3302 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/08/16(水) 22:37:52.37 ID:oYlhy/4L
白レンにはあえて戦艦長門を……駆逐艦じゃないけどしっかり保護(意味深)されそう
3303 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/08/16(水) 22:40:49.62 ID:1rVcuOue
        __,-、_ ハ     o、  o、
      〈 ̄ i`、.:.:ヽ/=i__,-、ヽヽ ヽヽ
       vwvww /  iヽ //`ii ヽヽ ヽヽ                                準備はいいかしら、狛ちゃん? > レン
        mimn〈.   l  l l .ll  ヽヽ ヽヽ
        `ー‐'-、ヘ   | i ll、〉〉ヾ ̄ヽ,--ヽヽ        はい、メルティ様。
         lヽ一'´ヽ_ヽヽll ‐-/ ̄i`i‐、Hヽヽ
         ヽ、──,' ヽl\\ l  ̄i l__!   ヽ. /7/7  全武装、および関節は正常に稼働しております。
           ヽ__i_/ // / l  l (`ヽー ///
          〈ヽ`ー‐‐一' /  iヽ ̄ ̄ヽ、〉_ |ヽ、/    あの工房の技師、やはり良い腕です。
           ヽ`ー―一'´ ̄ヽ }――'  '-,j l l─! ̄i`
              l;;;;;;;:.:.;;;;;;;;;;:.:.:.:.:.\    ソ}//l  |n 〉  これならいかなる障害でも排除可能でしょう。
               `‐-ヽ──、;;;;;;;;;;;;;;;`'''''''l___l l ̄i 0〈
              /ー―、_} ヘ`-、ヽ、_|H〈 ヽ-'  l                             ええ、頼りにしてるわ! > レン
              〉/ / / ヾ  ヽ_/ O〉ト  i `ー、一〈
             メ メ, ', ' }     / /i |二二l  l l〉
            〈 〈  `ノ   ___/-/〉〉 l-----、 ヽヽヽ、
         ,-,-,-ィ、ヽ、_-、   ///7--、/ 冂冂冂冂 {}{}{}{}i
        〈〈〈〈__ヽ一'´   `ー一'´ ̄. ` ̄ ̄ ̄´
          ̄
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| それに、傍らには半端な自動人形など霞むような相棒が控えているのだ。
| 増加装甲を施されても軽快さを失わず、軽々と荷台を飛び降りた、四足獣型の警備ロボット、
| モデルコマンドウルフの、狛ちゃんが!
| 忠実なこの番犬は、背部に装備した7.62mm.チェーンガン二門を旋回させ、
| 万全のコンディションにあることを伝えてくれる。頼もしいことだ。
┗───────────────────────────────────────┛
3304 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/08/16(水) 22:41:35.91 ID:kMV9o+XP
かわいいなぁ、相変わらず
3305 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/08/16(水) 22:42:10.67 ID:yUcaSNtG
しかも実践潜り抜けた古参兵だぜ!
3306 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/08/16(水) 22:45:17.98 ID:cr3exOSA
準備万端だな
3307 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/08/16(水) 22:47:30.79 ID:1rVcuOue
                          /\二二}       ____       } }
                       /\__/   _,....::::´::::::::::::::::::::`¨¨:ヽ、 _//
                        /二二二/ ,..:::´::::::::::::::::::::_:::::::::::::::::--二-'、
                         /二二二///:::::::::::::,..:'´::::::::::::::::::::::::::::::-:::、::`ヽ、
             ,'⌒!    /二二二/´/::::::::::::/::::::::::::::::_,..::::::::::::::::::::::::}:::::::::::::\    それじゃあ、移動を始めようか。
              }  l!     /二二二/::,:'::::::::::::/:::::/:::::/:::::::,.:',.イ:::::::::/|::::::::::::::、::':,
               /  ノ  _,. /二二二/::/::::::::::::/:::::/::::://::イ::/ /:::::::::/::i|{:::::.::::::::::.、::.   全員、準備はいい?
         ,. -―'   {-'´ /二二二/::/:::::/::/ /:::::圦≧、\::::/ イ:::::::::'}:::::|l!::::!:::::::::!',マ{
        , - ´      |  /二二二/::':::://::/:イ:::::/ んヒ心}ト/' /:::://::::/:|::::|:::::::::|ハ リ                       ええ >> レン&クー
   ,.  ´          ,:  /二二二//::/::::,/::::::: {/、__之こツ  //  { ,イ|:/::::l.:::::::::! i|                 はいなのです! > 電
  / _,. - 、,   ヽ、__ノヽ/二二二//::/イ/::::::: ////////〉     /´ ィ升}〉/':|::::/}:::::/} リ            問題ありません、衛宮様 > 狛ちゃん
 ー ´   /   i     /二二二/、{.::| \ヽ、:::::\//////      込ツ イ:::::|/ /:イ /
      /  _,.., ヽ   /二二二/  |::i!   \> 、::\///、   - `  ,:':::|_/::`ヽ      なら、よかった。
    /,イ  ̄`ヽ、___,/二二二/   ,::|    ヽ//`ヽ〉/! /\___,...... イ:::::::! | `ヽ::::ヽ
.   /〈\_)\_} Y/二二二/    ,i!     \//// 〉{//|///////{:::::::::八   }::::::.  (さて、図らずもまた、初対面の人間と探索か……)
   {_ノ\__ハ!__r{  /\__/>、___人{        \//{\_/////// /:::::::/  \ |:::::::!
       {_L_ \\___,/ \    リ      {:マ ̄: | ̄!:{/////:::::/    /:::::/   (それもホームはフジノミヤじゃない相手となると、)
           \\_ \_)\〈 \__ノ        \: : :.| j!: : :}//`ヽ{_      /::/
         /\_\___ \ /}|        / ̄二ヽ/:_:_∧/////∧  , /       (恒常的な協力や、友好関係を築くのは難しい)
           /\____,\_ー _,ノ|         {     {/⌒ヽ \/////〉 /
        /   /:::::::::/ /::: ̄::::/        /\__/    〉 }/// /          (……極力、【縮地】は使わないようにしよう)
.       /   /:::::::::// :::::::::::::::/    _/     /|    / ////、
      /   /:::::::::/'::::::::::::::::::/    /           八 / \//  `ヽ、
.     /   /:::::::::/:::::::::,::: ¨´       \      / Ⅳ:::::::::::::`´\     ヽ
.      /   /:::::::::/::::,.イ          \__/   l{:::::::::::::::::::::::::::::、    \
     /   /::::::::://: : !                      /:::::::::::::::::::::::::::::::::\    ヽ
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| そんな風にして主従二組が言葉を交わすのを、唯一従者を持たないシャナは眺め……
| 全員、用意の整ったところで声をかける。
| とはいえ、脳裏では探索における打算を巡らせていて、決して待つ間は無駄ではなかったが。
| ともあれ、返事も来たことだし、件の崩れた壁へ向かうとしよう。
┗───────────────────────────────────────┛
3308 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/08/16(水) 22:48:51.17 ID:yUcaSNtG
そりゃそういう判断になるわな…
3309 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/08/16(水) 22:50:30.04 ID:oYlhy/4L
ばれない場所や状況でなら使えるという事でもあるな
3310 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/08/16(水) 22:53:19.77 ID:1rVcuOue

  ┌――――――――――――――――― ~~ ――――――┐
  |                             ~~             |
  | ┌――――┬――┬――――┬┬―  ~~ ――┐      |   △△ 昇り階段
  | |        |△△|  ;;;;;;;;;;;;;;||△△~~     |      |   ;;;;;;;;;  瓦礫
  | |        |    |     ;;;;;;;;;||    ~~     |      |   ~~ 省略箇所(=探索範囲外)
  | |        |    |     ;;;;;||    ~~     |      |
  | |                        ||    ~~     |      |
  | |        |    ├――――┤|    ~~     |      |
  | |        |    |        ||    ~~     |      |
  | |        |    |        ||    ~~     |      |
  | |        |    |        ||    ~~     |      |      ■
  | |                        ||    ~~     |      ┴
  | ├――――┤    └――――┤|    ~~     正面           0.
  | |        |           ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;  ~~     玄関
  | |        |           ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;  ~~     |      ┬      ■
  | |1.             ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;  ~~     |      |
  | └‐  ;;;;;;;;―┴――――――――――  ~~ ――┘      |
  |                             ~~             |
  └――――――――――――――――― ~~ ――――――┘

  0.送迎車発着場 【現在位置】
    標識と見張りの兵士が立っている。トラックはここに停めておこう。
  1.壁の崩れた部屋
    塀の中の奥まった位置にある、件の穴。ここから奥に侵入できそうだ。

┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| さて、そういうわけで、門のすぐ目の前ではガラス扉の正面玄関が、
| さあ入ってこいと言わんばかりに開け放たれているが……今日の探索は、
| 崩れた壁から奥へ向かう、新しいルートの開拓だ。
| 街で仕入れた情報をもとに、塀の中へ足を進めることとしよう。
┗───────────────────────────────────────┛


   ▼ 自動的に1へ向かいます。

3316 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/08/16(水) 22:59:19.44 ID:1rVcuOue
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
3317 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/08/16(水) 22:59:33.74 ID:1rVcuOue
              ||                  ||
         || ||           ||   ||
        r======、          ||   ||
         |    /        _||    ('                    ,,..-''"
         |    /        |\ .|| 、   )               ,,..-┬─''"    ,,..-''"           さて、無事に中に入れたけど…… > シャナ
         |   /           \\ \ ”              .|  |  |  ,,..-''"||
         |   /             \\ \             . ,,..-''" |  |  |  ||  ,,..-''"          ……壁が崩れてるわりに、随分小奇麗ね > レン
         ̄ ̄              \\ \       ,,..-''"  ,,  |  |  |  |-''" ,,..-''"
__________________\\ \__,,..-''"   ,,..-''".|| |  |  |  |-''":::||〉::::::::::||
                             \lニニl |  .,,..-''||,,..-''"|| |  |  |  ||:::::::::||、:::::::::||
__________  :::::::::  ______   | ||,,..-''" ,,..-| || |  |  |  ||:::::::::||{::::: ::: ||
              || ::::::::::: ||         ||  | ||二l.|| ||  | || |  |  |  ||:::::::::||》::::::::::||
              ||     ||         ||  | ||  || ||  | || |  |  |  ||:::::::::||':::::::::: ||
              ||     ||         ||  | ||  || ||_| || |  |  |  ||:::::::::||::::::::::: ||
              ||     ||         ||  | ||  ||    || |  |  |  ||:::::::::||ゞ:::::::r||
              ||     ||         ||  | ||  ||    || |  |  |  ||:::::::::||{::::::::::}||
___________||     ||________.||  | ||  ||    || |  |  |  ||:::::::::||7::::::: ゙||
___________]    .|]______]...| ||  ||    || |  |  |  ||__..||__..||
                                    | ||  ||    || |  |  |
                                    | ||  ||    || |  |  |
_____________________| ||  ||    || |  |  |
                                ~゛'' ‐- ..,,_ || |  |  |
          ̄ ̄ ̄|\                           ~゛'' ‐-  ,,|_
            ̄ ̄| ̄|                                 ~゛'' ‐- ..,,_
         ___|  |___
                 \| \ \
            ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| さて、塀の中を歩くことしばらく。事前情報通り側面の壁に崩落個所を見付け、
| そこから遺跡の奥に入り込むことができたが……
| 外に散乱したコンクリート塊に比べて、入り口となった部屋の中は、
| 随分と片付けられている印象だ。
┗───────────────────────────────────────┛
3319 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/08/16(水) 23:06:40.99 ID:1rVcuOue
:::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::\::::\::::\::::::::::\::::::::\
::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::|:::::.:::::::::ヽ:::::ヽ:::::ヽ:::::::::::::\::::::::ヽ
::::'::::::'::::::::::::::::::::::::::::|i::::|::::::::::::∨:::::∨:::∨\:::::::::ヽ、:::::',
/::::/::::::::::/::::::::::::::::::':::::|i:::::::::::::|、:::::::!:::::::}、:::::\::::::::.\::}  壁が崩れて、塀のあたりまでコンクリートが転がってる辺り、
::::::'::::::::::/:::::::/:::::::/:::::.::::::::::::::::|::ヽ:::!.ヽ./::::、:::::\::::. ヾ
::/:::::::::/::::::::/:::::::/:::::::::|::::::::::::::|:::::マ{/::::|::::::ヽ:::::::ヽ.ム   中も劣化した瓦礫が転がってるかと思ったけど……
:':::::::::::|:::::::::':::::::/i|:::::::∧:::::::::::::':::::,イ|:__ヽ}、::::::::.::::::::|:マ}
|i:::::::::!i:::::::,|::::::/ |::::/  ∨:::::/:::/ }/斥ヽァ∨:::::.::::::|::}|    倒れているものもあるとはいえ、
|:::::::::,!ー /|-/― }/ー '  |:::::'.   ,イr ,ら i} ∧::::|:::::!:/
|:::::::/!::::/ ,.ィテ笊芯ヽ |::/    比刈  ハ|::/:::::|     あるのは原形をとどめた机や椅子、棚……
|:::::::'::|::/ ,イ/ 忙_-、ら  j/      込ソ ::::::|ハ:::::;'
|::::/::::{ハ Y  比し'刈  /           {:::::| .∨                        遺跡というより、ただの廃墟みたいね…… > クー
{Ⅵ:::::::::{    込_z斗       、       |::::::.
|::::::::::::::|                     人:::::i        ここまできれいだと、少し引っかかる。
ム::::::::::::::.            ,. v   /  :.::::::.
,∧::::::::::::ム                イ___|_::i       先に入った人間はいないらしいけど……
i/∧:::::::::::::', ̄ ̄\      //////////|:ヽ
///::.::::::::::::.∨/////| ̄ 7  - '///////////i!::::.\
///∧:::::::::::::∨////|   ト、//////////////|:::::::::::.ヽ
////∧:::::::::::::∨///|  |: :\/////////// /\::::::::::::.\
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 取り敢えず、部屋の中には警備ロボットの姿はなし。
| 崩れた壁や、劣化して壊れた机など、瓦礫ガラクタが転がっているかと思えばきれいに片され、
| 部屋の中にあるのは、一見してそれと分かる机など家具ばかり。
|                      持ち帰った
| ここのガラクタをスカベンジャーが 掃除した ということはないはずだが、さて……
┗───────────────────────────────────────┛
3322 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/08/16(水) 23:15:09.57 ID:1rVcuOue
        /   /                 \
      , '    /    /   /    /ハi      ヽ (´ ̄`ヽ、
    /   /     /   /  . / /"´ト、  l l l i 〈`ー--く
´ ̄ ̄ ̄ ̄ }   ,. -┤   /  /  l./  l| i、 l l l |  〉 \ }           先達の見解、聞かせてもらってもいい、レン? > シャナ
        r' /   i   l  l   |    l| ll /i l l | ハ\__)ト、
        i/   ,ィ!   i  l   l    l| l|/! l,ィr l リ / 、\__).lハ  ええ、一緒に潜る仲間だもの。
   /   .ノ   //    l,. ァr‐‐r-  l| l| i〃i「i |\\ `ー‐、 i }
 /    ヽ //l    イ /i l  il   l| l|ハ ソ!l |  ヽ `ーr く l |   で、このやけに小奇麗な部屋についてだけど……
/      〈/.//!     | l. 升r=f`   リ リ  リハ. |    `‐へノ' /
       V//!     l i ぐ寸 /}       〉   l l \  `フ/    昔ウツノミヤで、警備ロボットが掃除をやってた、
\      //,ィ7.    lハ l|`~''         / ハ  >~'´
.  >  ///</      i ハリ         ,. ,イ //´`         ってことがあるのよね……
``~<//____/       i⌒^'´`ー 、      / /´
.      ̄ ̄ /      /~'´ ̄`ヽ ` ̄ ̄ 7 /                                            掃除? >>
       / / /    /         V リ//
     /  / /   /       /  〉,X ,ィ´~`゙ヽ            そ。
      /  / /  //        /ハノil   {    }
   / / /  //         //,.イ¨~`゙ヾ.,._,.,ソ            巡回警備と一緒に、入り込んだミュータントの死体とか回収して、
  / / /    //          /´  {.    ;!
/./ /    //       V/    ゞ,._,.,.ツ  ___           一つの部屋に放り込んでおくの。
. / /     / ./  \   ヽ、〈           ,.‐く´ ___ノ
/ /     //     〉、  .V}        /  i/____                 なるほど、なら手や、運搬能力のある機体か > シャナ
 /    /  ´ ̄ ̄  \  Y        i `l  !、__ _  \
./    /          ``ー~ァ~⌒|  し'  八  \__}        いるとしたら、そうね。
'    /                  ノ       ヽ }ー‐ァ
   \'  \              /        し'‐‐ '
    ヽ  ハ            /i     ,.____/
     i /  \         / / >~ '´/
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| さて、これまで雑然とした五級・四級の遺跡から、細々とした発掘品を探す仕事をしていた
| シャナとしては、いくつかの可能性を考えることはできても、それが現実的かの判断は……
| 生憎経験が半年未満なもので、出来そうもない。
| 素直に三級のレンに訊いてみたところ、瓦礫の類は警備ロボットが持って行った
| 可能性がある、とのことだ。過去に、実例を見たのだという。
┗───────────────────────────────────────┛
3328 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/08/16(水) 23:24:11.35 ID:1rVcuOue
                  ,  ´ ̄ ̄__> 、
                 /    / ,  - 、 \
               / /  /   /     ヽ ヽ
             ;  '  _,/   /  / ,、 ∧ ',   なるほどね……でも、T.トミーってレンの狛ちゃんみたいに、
            / /_//   /__/ イ \∧ .
            「∨ノ,イ   / -- 、   , - } |    動物型がほとんどなんでしょ?
           「: :ー:イ7'   | ィテ≧、  ,ィ≦、 ,'、_
           |:_介、:/ l  | Vzリ     Vリム ∧:ノ              はい、フォイエルバッハ様。しかし動物型とはいえ、
           / | }' ∧ 从      ,   八 {:. ヽ                     全てがすべて四足獣型ではありません > 狛ちゃん
            ,  / , / .:}   ト、   ー ‐ イ  ∧:. }
             { .:,' / ,:' .:∧  |  `  r‐く__/ ,' }:. |   なるほど……それじゃあ、この部屋にいても、
             | / .' {  「∧ }    |、::::从 { 从
             l { {/ 乂{::::| :、_  }\:::ヽ }ヽ }:!.  見回りが来る可能性があるわね。
          从/ .......乂|::::乂 ∨ヽr-くノ∨:| |フ...、リ
          // .........乂{:::::「 ∧∨_乂_)、_,l: | |\.∧                            可能性としては、高いかと > 狛ちゃん
           ,.............乂/:「乂/ヽ}、\/ l∧| |\⌒{\
        _/___......乂Y_,/::::::::リ::∨- イ∧j:::::乂_(..∧ なるほど……
       //X<>/X>乂 \::::::::::::::::::', ̄l´ }:::::/__('X∧
       /::::::7` <X<>/乂_,\::::::::::::::}  :  |:::/__ノX/::ヽ、
        ,::::::::/::::::::::::::`<X<>乂,\::::::::|  |  }/__(Xイ:::::::::::::::.
     /:::::::/::::::::::::::::::::/ |`::ー-乂_\∧  , _|__(::{::::/:::::::::::::::::',
      ,:::::::::/:::::::::::::::::∨ {:::::::::::::::/:乂\}Tイ 「|/:::::∨:::::::::::::::::::::}
      {:::::::::、:::::::::::::::::{   j:::::::::::(__)::::::ー|  |_{ |::::::::::}:::::::::::::::::::::,
     ∨:::::::∨::::::::::::∧ {::::::::::::/ ::::::::::: |  |_{ |:::::::::::}-、:::::::::::::}
     }:::::::::::::ヽ::::::::::::∧ノ:::::::::::{ ::::::::::::: |  |_{ |:::::::::::∨=\:::::/
     、::::::::::::::::∨::/ ∧:::::::::: |::::::::::::::::|  |_{ |=:::::::::::∨ミ...∨
      \___/ / /\::::(__):::::::::::::| /人}::::::::::::::::∨../
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| そして他でもない、T.トミー製故に同社製品のスペックをある程度把握している狛ちゃんが、
| 可能不可能の観点から見ても、可能であると、ここが警備の範囲内である可能性は高いと、
| そう純粋な知識から演算し、提言してきた。
| たとえT.トミーの製品にそれが可能な機種が一種しかなくとも、
| ここがそのT.トミーの施設である以上、配備されている可能性は極めて高い。
┗───────────────────────────────────────┛
3332 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/08/16(水) 23:31:57.76 ID:1rVcuOue
.   /::::/:::::::/:::::::::::::::/::::/::::::::::::::::::i \::::\::::\:::::::::::ヽ:::::::::::::::ヽ:::::::::::::i
   /::::/:::::::/:::::::::::::::/::::/ ヽ:::::::::::::|  斗-\ー\:::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::::::|
   :::/:::::::/::::::::::::::./::::/ト.、 ヽ ::::::|   .x=芸气ミ\i:::::::::::::::::::::::',::::::::::::|                 じゃあどうする、シャナ、レン? > クー
    /:::::::/::::::::::::::::/::::/ .    ヽ :::|  .〃ム ..i:::::うⅥ /:::i:::::::::::::::::::::::::::::|
   :::::::/::::::::::::::::::′ i.ィチ云㍉ ヽ:i     ∨.{:::{.リ   /:::: N ::::::::::::|:::::::::::| 私としては、電辺りを見張りに立てて、
    :ノ:::::::::::::::::::|  ヽヤ .{::{,ィ   \.  .辷匕7  /:::::::::::/ヽ ::::::::|::::::::::|
      :::::::::::::::::八 /    廴ノ             /:::::::::::/  ヽ::::::::::::::::| この部屋は短時間で簡単に探索して移動、かな。
      ::::::::::/  / ハ       ′.         /:::::::::::/   ∧ヽ:|:::::::::|
.       ::::::/ /  ∧     _        ∠:::::::::::/|,ィ'/:::::::::::::::::::::| 幸か不幸か、整理整頓はある程度されてるし。レンは?
           /:::::::::.∧    ヽ__`,  /////////`ト:::::::::::::::::::::::::::::::|
.          /:::::::::::/  ヽ        |:///////////////////\::::::|              私も同意見ね、折角の未踏破エリア、
        /:::::::::::/     >        |://////////////////////ヽ|                 全くのスルーはもったいないし > レン
         /:::::::::::/,ィ'////////:`.::::::孑|/////////////////////////ヽ
         /:::::::::::/ /////////////////////////////////////////  了解だ。
.        /:::::::::::/ //////////////////////////////////////////
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| さてそういうわけで、あまり長くこの部屋にとどまっていては、
| 見回りの警備ロボットとばったり出くわす可能性は高い。
| この奥のエリアの把握はまだできていないことだし、手早く探索して、
| 適切な戦闘場所や、次の探索場所を探すとしよう。
┗───────────────────────────────────────┛


   ▼ 探索判定 1D100+観察眼(シャナ:15)+直感(クーデリア:9) 目標値:65

   ↓1~3 シャナ、クーデリア、レンの探索について自由記述(索敵は不要)
   ↓3    ダイス採用

3333 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/08/16(水) 23:36:11.78 ID:cr3exOSA
探索する箇所に防犯装置があるか分からないので気を付ける
【1D100:7】
3334 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/08/16(水) 23:38:09.09 ID:oYlhy/4L
片づけられてるとはいえゾイドの手では届かない隙間とかに何か落ちている可能性もあるのでチェック。
机の引き出しとかも二重底になっていないかチェック。
端末系統が生きているなら内部情報詳しくチェック。パスワード等は忘れて場合用のメモをそのままにしている可能性もあるので捜索。
3335 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/08/16(水) 23:38:37.65 ID:yUcaSNtG
【1D100:12

棚はもちろん倒れた椅子・机にもなにかあるかもしっかり探索
瓦礫の中にもなにかまぎれているかもしれない スコップや軍手を忘れずに
廻りの壁などもめくら撃ちでいいなにか違和感がないか調べよう 隠し扉や棚があるかも
大企業の工場だ 監視装置はある可能性が高い 見つからないように発見しよう
3337 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/08/16(水) 23:38:59.98 ID:yUcaSNtG
Oh… 出目ぇ…
3338 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/08/16(水) 23:39:27.74 ID:1rVcuOue
……うわぉ、今回ダイス目波乱だぞぉ(>>3333,3335眺め)
3339 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/08/16(水) 23:42:21.56 ID:1rVcuOue
                  ,.  -‐― -- ..   /:.ア
               ,.ィ: ´: : : :、: : : : : : : \/: : / ,ィ
              /: : :/: : : : : :',: : :.',: : : : :ヾ: :{//
            /: : /: .' : : : : : :.i: : : :i: : : : ',: ∨: :′          じゃあ電ちゃんと狛ちゃんは通路の警戒、お願いね > レン
        、_ 彡: : : /: : {: : : : : : :.}: : :.:|: :}: : :i: : :}:/_
            i : : :{: : : ', : : : : : ハ_,:斗:ハ: : :!: : |: :/ はいなのです!
            {: : : ',: : :.ハ: : : : :{ ,ィf=ミ、 }: :.|: : }:ィ                            かしこまりました、メルティ様 > 狛ちゃん
                !: : : : ヽ.,ィfzミ   .んハ 》: : :!^マ: |
             jハ: : : : :《 んム    泛ツっ: : |ィ: : !                           いい電、通路を見張るとき、
             ヘ: : : r 乏ツ ,  / / / j: : :|: し:.}                    向こうに見られないよう気を付けるのよ? > クー
              }: : : }}/ / , --   ィ: : : !: : /
              {: :}: :j> ´¨アニニ≧、: :.| :イ    わかったのです。
              __マ彡    ムニニニ.ハ.ム
            /´       .|ニニ / .イ/`ヽ    音感センサー重視で索敵するのです!
            .j        {ニニ/ニア´ / }
           /         iニニ/イ ノ V   .!
           {   、__,.ィ---へ、__,..ィ  }   ',
            ヽ..__ ..イ      }, 元{  ,    ヽ
                  ',     /   ', ハ     ',
                     }    /    }V ヘ.    ',
                 /    {     / }  .ヘ    ',
               /    八   .ィ ハ.   ',.    ',
             /         ヽ  ハ { .i   i     ',
              /        j/  ` .V  .}     }
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| さて、探索を行うことは決定したのだ、電と狛ちゃんに警備ロボットが接近してこないか、
| 通路の見張りをさっそく指示して……それでは、探索に取り掛かろうか。
┗───────────────────────────────────────┛
3340 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/08/16(水) 23:44:13.20 ID:oYlhy/4L
白レン探索系の技能が無いw
機械知識あるからそれ系統があれば活躍できそうだがw
3341 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/08/16(水) 23:51:39.88 ID:1rVcuOue
  ダイス【12】+安価【20】+特技【34】 > 65 ク、クリア! 特性【情報部員】がなければ即死だった……

    /::::/:::::::/::::/:::::::/:::::::::::::::|:::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::ヽ
   /:::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::ヽ
    |:::::::::|::::::::::::|:::::::::|:::::::::::|::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::i::::::::::::::::::::::i::::::::::::::::::::::ヽ
    |:::::::::|::::::::::::|:::::::::|:::::::::::|::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::i::::::::::::::::::::::i:::::::::::::::::::::::::|  (普段の瓦礫漁りと違う、整頓された机を漁るなら、)
    |:::::::::|::::::::::::|:::::::::|:::::::::::|::::::::::::::::::::从::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::i:::::::::::::::::::::::::|
    |:::::::::|::::::::::::|:::::::::|:::::::::::|八|i∧:::::::| \:::::::::::::|ヽ::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::|  (多少は昔のやり口を生かせそうか……)
    |:::::::::|::::::::::::|:::::::::|:::::/..! リ |:::::::|   \:::::::|::::ヽ:::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::|
    |:::::::/从:::::::|:::::::::|/  .i! .\|:::::::|    .\::i/ .i::::∧ ::::|:::::::::::::::::::::::::|  それじゃあ、探索を始めよう。
    |::::/  |:::::::|:::::::::| ≦ミ云气㍉\:|    / ェャ云≧ミ ::::|:::::::::::::::::::::::::|
   |ノ    |:::::::|:::::::∧ ヘ トィ::::从  i!    〃トィ:::::爪  ヽi::::::::::::::::::::::::::|  机の方は私が見てみるから、二人は棚や隙間をお願い。
       |:::::/ヽ:::::|∧  儿し勹           ヘし勹   ∧::::::::::::::::::::::::|
       |::/  ヽ::| ∧     ̄           ̄   ∧::|:::::::::::::::::::::|                          わかった、任せて > クー
       |ノ    i! ∧        i          ∧ ::::|:::::::::::::::::::::|              じゃあ私は、隙間から見ていこうかしら > レン
              /|.: : : ヽ                ∠:::::::::::|:::::::::::::::::::::|
          /.;..;.;|.: : : : : 丶     ′ `       ィ' ::/:::::::::::::|:::::::::::::::::::::|  ああ、警備装置、生きてるかもしれないから、
        |.;.;.;.;.;.;|: : : : : : : : : : : ト  _    孑..:::::::/::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::|
        |.;.;.;.;.;.;|.: : : : : : : : /ノ       し\/::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::|  棚は気を付けて。
┏────────────┓
│ システムメッセージ                                                            もちろん >>
┣────────────┻──────────────────────────┓
| では、簡単にではあるが探索を始めるとしよう。
| 瓦礫を掘り返して価値あるものを探す、というのは慣れたとはいえ熟練には遠いシャナだが……
| これでも対人の諜報活動には年単位で携わってきた身だ。
| 整然と並んだ机で、探すときに注意すべきことくらいは理解している。
| その辺りに気を付けて、探索してみよう。
┗───────────────────────────────────────┛
3342 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/08/16(水) 23:53:34.72 ID:nyIGiqAT
セーフ!
え、即死? 文字通り?
3343 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/08/16(水) 23:53:48.07 ID:oYlhy/4L
ああ、現場が保全されてるならシャナの情報部員としての経験知識が活かせるのね
3344 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/08/16(水) 23:55:09.91 ID:yUcaSNtG
ファッ!?
3345 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/08/16(水) 23:55:13.89 ID:1rVcuOue
 スラング
慣用句だから! 索敵不要と書いた探索判定ミスって即死とかないから、大丈夫!
3346 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/08/16(水) 23:55:31.37 ID:cr3exOSA
技能があってよかった
3347 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/08/16(水) 23:58:18.71 ID:oYlhy/4L
やっぱ探索方法の指定に関しては書けるだけ書き込むべきやなw
ダイスなんて信じたらアカン、愛すべきは固定値やw
3348 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/08/17(木) 00:00:10.53 ID:tQvgwrdX
せやせや!!
3349 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/08/17(木) 00:00:59.83 ID:VxiycUFO
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

                 く>
        ┌────┐ く>
        └──┬─│
            ┌┘┌┘
            │┌┘
            │└┐
            └─┘
3350 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/08/17(木) 00:01:17.79 ID:VxiycUFO
                          r<´ ̄ ̄ >- ―‐-.   ____
                          ∨≧=.ァ ´        ` 、    `\
                         ∨/   _       、  ヽ≧=--- 、Y
                       、_ノ-‐イ/ /´             \ ∨   /ヽ             んー、棚の隙間とかは獲り尽くされた白骨遺跡でも、
                    _ノ} / / /         `ヽ   ∨ハ  .イ } .ノ    _ .. イ. ̄...ー..、
                  l{ / ./ /  //  /、 , 、  .∨ ∧ } ´∧/ヽ..゙<:    /...   ヽ  鉄くずくらいなら落ちてることよくあるんだけど……
                  乂.\ / /  / ./ / l{ミVィ}  V  }   } ト、  ∧_ノl     /.      }
                      /{/}/ { { {≧イ/}/|i.   从ィ.}  | } 八{ \__ノ  l    /      !  ここの警備ロボット、相当綺麗好きね。
              , イ´ //  .八{  .ィ斧x、 l|  / } /リ /} 人/ l|.    /  /`l.         !
               /゙ヽ //⌒/ 人 ヾVしテ   .ィ≦ミx / /.ア l..  /. <:|  l.      ;                  レン、何か収穫有ったー? > クー
         _ .. -.:´   //  / / .}个、{//// V:ソ〃 .イイ  l|, イ|   ハ.:|  l.      /
      /         l{(彡/   /  | l込、    .///イ /{  l{  |!   ! j/  j..    /   むぅ、困ったことに全然よ。
.      // ̄ ¨ヽ.  .イ /   ./   l| 从{ >. ´`   イ / /.八 从.   | l |     ,      ;′
      /      :<_/_/ `ヽ... リ /..厂二..` =≦ ヽ . / {/  /.  \从リ     /__.   :j    クーデリア、そっちはー?
     ,.            〃 ー--ヘ|  |. /  ///∧.{\ \ /  /          /   `ヾ!
.    乂.           {{  ー--ノノノ从 {./ //   :j }._\_}'__ イ            ノ :/ i .:i .i .:i
        ` ー --    ヾ ー‐┤イ.     ̄〃.   //                  乂/_ノ_ノ_ノ_ノ
                  `ー‐‐".       〃.   //
                          Y⌒Y Y⌒ヽ
┏────────────┓.     廴ノ 八___ノ
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| で、部屋の探索を始めてみたわけだが……
| まず初めに、こうした遺跡漁りに最も手馴れているレンについて、経験を生かして
| 棚の隙間など、細かな場所を探ってみるが……どうにも、成果は芳しくない。
| くず鉄一つ残さないとは、ここの掃除担当はなかなかデキるやつのようだ、喜ばしくないことに。
┗───────────────────────────────────────┛
3351 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/08/17(木) 00:03:34.24 ID:24YMP6uV
棚を動かすパワーと器用さがあると考えるべか……。
流石に重力制御とかで拾ってとかは無いよな……。
3352 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/08/17(木) 00:04:26.21 ID:HFqyj0e4
器用で細かい作業のできるロボットなのかな
3353 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/08/17(木) 00:05:35.75 ID:tQvgwrdX
逆に言うとたまったゴミがあるところには…?
3354 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/08/17(木) 00:06:36.90 ID:BAf4/v8Q
掃除 重力制御 メイド 自動人形!?(ピコーン
3355 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/08/17(木) 00:07:14.52 ID:tQvgwrdX
>>3354
!!!!!!!
3356 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/08/17(木) 00:09:47.81 ID:24YMP6uV
>>3353
ミュータントの死骸とかもまとめてる可能性があるから……保存状態期待しない方が
3357 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/08/17(木) 00:09:54.55 ID:VxiycUFO
警備ロボット! 警備ロボットの遺跡だから!
3358 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/08/17(木) 00:10:09.47 ID:VxiycUFO
                       _______
                  ,..::´               `丶
                    /    _ -─  フ  ̄     \
              /     /   /  \      \     こっちも、成果はあんまりないわ。
             /     / _, -/ヘ     丶    ヽ  丶
               /   / |/   fl /{     }    |   |    棚に警備ロボットの模型がいくつかと、
           /   / /|    |! li ∨    .|     l   ト、
              /   /∠_ l    l  リ ヽ     l    l   | ヽ  ロッカーに着替えっぽい白衣とかツナギとか……
          |   / { イ≧、   丶    \   |     |  .|   |
          |   { /斥/    、_____ヽ 〉    l   !  .|  ポケットに紙幣はあるけど……昔のお金って、価値ないのよねぇ。
          |.   / 弋ソ         _     `7    リ  ./  /
          |  /          ´ ィ≦ヽ   /   /  {  冫                         番号がゾロ目だったりは? > レン
           .i | {   ′      / 斥寸} ./     ,' ,へ |_ , ヘ
              `| ∧           弋二ソ  /    ,' .}_≧{}≦_{  全然、普通のお札よ。
           丶∧  {`丶        /    , ヘ.  l_/ ト、/
              } 丶 ヽ ノ        ./   ∠ ノ// |  ヽ                                     そっか…… > レン
              .ハ   ト ‐┬ ー─ -∧  /-' ´   .!   {
             ノ  ) / _ ! _ -─./  ./ .,'    l  |     |   シャナ、そっちは?
               ./ / ./  ̄   / /|lヽ |     l   !    ヽ
              ( 〈/,. -─-´_ ≦圭fリ i/!     |  丶     \
                  ヽ∨ rー ':T:T:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:!7  ;  .!    \     ヽ
               /:i∠ ノ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:!/  ,'   l    {.ヽ、   `ヽ
            /:i:i:i:i:i::i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ii:i:i:i:i:!/  ,'    リ     \. \    ≧
              /:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:!/∧     ./        ' , `--ミト
            ./i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:!( (i:i:)   /          ',      ヽ
            ∧i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i) )/   (          ;       )
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| さてでは棚などを漁っていたクーデリアはと言えば、成果と言えそうなものは、
| 以前おもちや遺跡でも発掘した警備ロボットのおもちゃくらいのもの。
| 一応旧文明の衣服を見付けたが……なんらかのコーティングが施された特別なものでもなし、
| 造りもいたって普通の作業着だ。ポケットに入っているものも、別段珍しいものでもない。
| ……このエリアは、掃除されている部屋はあまり実入りは良くなさそうだ。
┗───────────────────────────────────────┛
┏────────────┓
│ 取得物
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 警備ロボットの模型 ×5
┗───────────────────────────────────────┛
3359 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/08/17(木) 00:11:25.55 ID:BAf4/v8Q
よかった警備ロボか(焦った
3364 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/08/17(木) 00:19:41.56 ID:VxiycUFO
          , '´ ̄ ̄ `ヽ
        /
      {!      _,....:::::―――::::...._
       \__,...:'´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`丶、
       /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::、::::::::::::::::::::::::ヽ、     一応、ブタは免れたってとこかな。
     ,:':::::::::::::::::,:::::::::::::::::::::::::::::;:::::ヽ::::::::::::::::::::::::::\
.    /::::::::::::::/:::::::::::::::/::::::::;::,:|::::::::∨::::::ヽ::::ヽ:::::::::ヽ  いくつかの引き出しに、紙媒体の物が残ってたから。
   '::::::::::::::/::::::::::::::::::/:::::::/:/::!:::::::: |:::,:::::,::∨::∨::ヽ::::.
   |::::::::: /::,:::::::::::::::/__/_/::::|::::::::::|!::|:::::|:::∨:::',::::::∨', ダリアンに回せば、安くても換金はしてくれると思う。
   |::::::::/::/::::::::::::ィ:::::::/〃 i:/|::::::::::}イ⌒iヽ:|:: |::',::::: |、::.
   |:::::::|::/|:::::::;::::/!::/ / / |::::::::/ }:i Ⅵ|:::}:: |:::!::::: ! マ                            ノートパソコンとか、USBは? > レン
   |:::::::{/::|:::::::|:/,ィチテ芯ヽ  |:::::/  リ   |/|::::|:リ:::::::| }!
   |:::::::'::ハ!::::/|:圦 比j刈   }::/        ,|::/:::|:!:::リ /  塵はあるけど、全然。
   |::::::::::{ |::/::::::. 弋こツ  /'   、_,  ム:/:Ⅵj::/
   |::::::::人!'ハ::::::::.             {:::::|:::.リ /     (いくつかあった二重底の引き出し、中身は少ないけど、)
   |::::::::::::::`¨}:::::::i         `     八::|:::|
   |::::::|::::::r7∧:::::::.、     (⌒V     イ|::::::|:::|       (ナノマシンの保護だけは流石に一人前だ)
   |::::::|::::::|/// ̄>、>   __,. ィ//>|::::::|:::|
   |::::::|:::://////////rrハ  |//////イ/l|::::::l::リ
   |::::/::/-<///////|//| ,ト、//// //リ:::|::|/
   ,:::::'/////\/////!//!,.‐: 、\/ ///:: /::|
.  /:///////// \//ム/ |:, -- Y:∨//:::/:: リ
  {//////////////\{//∧: : : :|: :} /:::イ::::∧
  |////////////////////ト,: : :!: :|'///::∧/}
  |////////////////////|: i: /: : |/,イ::////|
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| で、最後にシャナの成果はというと……幸いにして、一切皆無という事態は免れた。
| 普通の引き出しは紙だか機会だか知らない中身が塵と化していたが、
| それでもいくつかの引き出しでは、薄い紙の本と、二重底の下の、
| やはり紙媒体のものが原形をとどめて残っていた。
| 本好きのダリアンなら、安くても良ければ買い取ってくれるだろうか。
┗───────────────────────────────────────┛
3368 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/08/17(木) 00:30:33.46 ID:VxiycUFO
../    \_,,,,,,,  _,,,。-ー'''"./ゝ=,,;;;;;;;;;;;;;;;;マ`"''ー--===,ィッ、_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
。,,_      ゞ=イ"´ ̄ ヽ,  ,イ;;;;;;;;;;;≧ェ、''<_{、,,     ゞ=イ   ̄""'''''ーi;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
: : : : : : "'''''ー--ッ.。,,,__   ヽ,イ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;≧、`"''ゝ、==--.{i、_       {i;;;;;;;;;;;;;;;;;;
: : : : : : : : : : /彡彡彡シ"''''´:::`""´´´ ̄    ゝ。, .`ヽ.,  {:.:.:.: ̄`""''''ー┘:.:.:.:.:.:.:.:.:.            で、見付かったのはどういうの? > クー
: : : : : : : : /彡彡彡シ::::::::::::::::            } ゝ、 `ヽ.,ゞミッ、,_:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
三三三三}彡彡彡シ:::::::::::::::::::            マ   ゝ、, .`ヽ.,  .{:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.         警備ロボットのカタログとか、その原稿。
三三三三ミii彡シ´.}                  .マ     `''ー=、、{:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. あとは純粋資料だけど……リッカさんにどうかな? > シャナ
ゞ===ニニ二ミシ:.:.:.:.:}                   .マ       `ヽヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:}                    マ       {:.:.ヽヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.        あ、当てがあるなら持って帰ってみましょ > レン
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i}                    マ      .{:.:.:.:.:.:ヽヽ:.:.:.:.:.:.:.:     (カタログ……安ければ分配でもらおうかしら)
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./.}                    ..マ      {:.:.:.:.:.:.:.:.ヽヽ、,,,,_
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./...}                     .マ     {:.:.:.:.:.:.:./i{ミ、ゞi、ヾ}
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/  .}                      .マ    .{:.:.:.:.:.:.:{三ミ≧ェ≦
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/   }                      .マ   {:.:.:.:.:.:.:i三三ミ壬ニ
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ゞ''''"".}                       ミi  {:.:.:.:.:.:.:.マ三三三三
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:}                     __,,,,。}i .{:.:.:.:.:.:.:.:.ヾ三三三
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:}           _,,,,,,,。==-ー'''''ー--==ッ、,_{:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:}ィ=-ー''''''''"""´´´ ̄:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:バサッ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 取り敢えずすべての引き出しのチェックを終えて、見つけた中で原形を留めている資料を、
| 綺麗な机の上にどさりと置く。
| 殆どが刊行した警備ロボットカタログのサンプルと、あとは原稿。
| 数枚の技術資料も見付かったが、さて既に皇国で普及しているものなのかは、
| 生憎技師ではないシャナには判断がつかない。一応、リッカへの土産に持って帰ろうか。
┗───────────────────────────────────────┛
┏────────────┓
│ 取得物
┣────────────┻──────────────────────────┓
| T.トミーカタログ.五・六月号.  ×2
| T.トミーカタログ.七月号     ×2
| T.トミーカタログ.準備号原稿 ×1
| 警備ロボット技術資料      ×1
┗───────────────────────────────────────┛
3369 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/08/17(木) 00:34:35.01 ID:24YMP6uV
模型もあったしカタログもあるって事は広報?
3370 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/08/17(木) 00:37:12.59 ID:PlHlI4mj
もしくは社員の休憩室か?
3371 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/08/17(木) 00:38:09.16 ID:VxiycUFO
                         xー--- 、
                         l     `丶  __
                         j       /´   `ヽーx
                         /     /  ,  ´ ̄    ヽ_   (……って、あれ?)
                 、ー-==ー-{    /\/イ  /   レ {   `ア
                 ヽ       `¨¨/\/ X\///レイ  ハ  /   (シャナとクーデリアはなんだかんだでT.トミーの物とか見付けてるけど、)
        ,.、           }    , --<  /  / {たミX/  // }.l /
   r<__> `ヽ        ,. ┴-<    ,. イ  /^!, ,`,¨, , イxz//{_/    (私だけ関連品どころかくず鉄すら……)
   とヽ_  />⌒ー ._//\, <-ーr^1/  /⌒}丶r_,_, ' ,斗iイ l
       ̄L/        ̄⌒ー-{    Y/  ∧  }  ==ニ /  }  |                               レン、どうかした? > シャナ
        `丶_         '.   // イ/ \_}/    /  リ  |
            `ー--,--- 、_',  .} }/ |と二爪ヽ~-イ // } リ    な、なんでもない!
               /   /  /ヽ  {  ////し><>' /  V
               レ! /V ./  '. ,'⌒Y/`イ_{ //へ__/   〈      それより、次の場所行きましょうか。
                レ   }  ハー '  }´ ̄Y  }        ヽ
                     | / /イ/  ゝ__ノ   `丶      ./     慎重に、安全第一でね。
                    V^W /           `ーrー-く
                       ./           /^{    ヽ     (ま、まだ始まったばかりだもの、焦らない、焦らない……)
                   ____/}           {  .}   .ハ
            ,    ´ ̄     ヽ     ≠    ヽ  V   ハ
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| ふと、シャナが資料やカタログをファイリングするようにしまい込む傍らで、
| レンがこの部屋で何も見付けていないのは狛ちゃんたち警戒組を除けば自分だけだと、
| そんな事実に気が付いたりしたが……
| ともあれ、簡単にだが探索は終了したのだ。警備ロボットに襲撃されないうちに、
| 移動を開始するとしよう。
┗───────────────────────────────────────┛
3372 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/08/17(木) 00:40:03.69 ID:BAf4/v8Q
どんまい白レン
3373 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/08/17(木) 00:40:41.57 ID:24YMP6uV
だって白レンさん危険に関する感知や機械に関しては頼りになるけど、
純粋な探索だと技能がw
3374 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/08/17(木) 00:42:44.46 ID:24YMP6uV
最悪帰り際に机や棚を回収して収穫物と誤魔化すという手も
3375 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/08/17(木) 00:47:36.45 ID:VxiycUFO
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
3376 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/08/17(木) 00:48:15.11 ID:VxiycUFO

  ┌――――――――――――――――― ~~ ――――――┐
  |                             ~~             |
  | ┌――――┬――┬――――┬┬―  ~~ ――┐      |   △△ 昇り階段
  | |        |△△|  ;;;;;;;;;;;;;;||△△~~     |      |   ;;;;;;;;;  瓦礫
  | |        | 5. |     ;;;;;;;;;||    ~~     |      |   ~~ 省略箇所(=探索範囲外)
  | |        |    |     ;;;;;||    ~~     |      |
  | |                 3.     ||    ~~     |      |
  | |   4.   |    ├――――┤|    ~~     |      |
  | |        |    |        ||    ~~     |      |
  | |        |    |        ||    ~~     |      |
  | |        |    |        ||    ~~     |      |      ■
  | |                 2.     ||    ~~     |      ┴
  | ├――――┤    └――――┤|    ~~     正面           0.
  | |        |           ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;  ~~     玄関
  | |        |         6.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;  ~~     |      ┬      ■
  | |1.             ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;  ~~     |      |
  | └‐  ;;;;;;;;―┴――――――――――  ~~ ――┘      |
  |                             ~~             |
  └――――――――――――――――― ~~ ――――――┘

  0.送迎車発着場
    標識と見張りの兵士が立っている。トラックはここに停めておこう。
  1.壁の崩れた部屋 【現在位置】
    塀の中の奥まった位置にある、件の穴。綺麗に片付けられていて、数冊のカタログや模型しかなかった。
  2.手前の部屋
    入り口の部屋の近くにある小部屋。渡り廊下の崩落箇所に近い割には、荒れた様子はない。
  3.奥の部屋
    奥の階段傍にある小部屋。多くの瓦礫が転がっており、雑然とした印象を受ける
  4.大きな部屋
    小部屋二つ分の大きさの部屋。部屋そのものは広いが、等間隔に長机が設置されている。
  5.昇り階段
    階段を昇って二階へ向かおう。まだまだ先は長そうだ。
  6.渡り廊下 【侵入不可】
    遺跡の奥と手前を繋ぐ大きな通路。……崩落した瓦礫で完全に埋まってしまっている。

┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| さて、ともあれこれで入り口の確保は完了した。
| 廊下を見やれば、上へ向かう階段が見える……上の階もしっかりと探索したいことだし、
| この階の探索は、
階段を除いてあと二か所くらいにしておこうか。
| 目の前に広がる部屋の扉は三つ分……さて、どこから見ていこう。
┗───────────────────────────────────────┛


   ▼ 選択安価 ↓1~3 1D100を添えて、最も数字の高い選択肢
      で、どこを探索していこうか? @2

   
2) 手前の部屋
   3) 奥の部屋
   4) 大きな部屋
   5) 昇り階段(この階の探索を終了する ※)

      ※ 早く探索を終えても、特にメリットはありません。

3377 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/08/17(木) 00:50:01.80 ID:yA8I4UYM
3
【1D100:54】
3378 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/08/17(木) 00:51:29.17 ID:24YMP6uV
【1D100:79
2で

4は会議室っぽいし
3379 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/08/17(木) 00:52:23.67 ID:RRZ8nwG8
3
【1D100:24】
3382 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/08/17(木) 00:53:23.73 ID:VxiycUFO
ういうい、そうかぁ、手前の部屋になったかぁ……(意味深)
ではでは、次回の行き先が決まったところで
3383 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/08/17(木) 00:53:34.77 ID:VxiycUFO
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


   ▼ 本日ここまで

3384 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/08/17(木) 00:55:53.98 ID:24YMP6uV

ちょっ、まさかのトラップ案件!?
掃除されてるっぽいしめぼしい物がないのか?
小部屋なら探索も楽だと思ったのに……。
3385 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/08/17(木) 00:56:27.93 ID:PlHlI4mj
おつ
3386 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/08/17(木) 00:57:34.40 ID:VxiycUFO
                  , 、_  -ヘー―,イ´. ヾ 、
.              /   ,>匕ィ、_ `フ    ヽ ヽ
.             /  >'ー'´__二ニフ ',.   ヽ \
         /ァ=ァ'    _  -ーヲ  iト,  '., ヽ ` ,
.          ,イ/  i′   , -ー  ̄ ´ i、 i! i! '.,.  ', ',  ',       はい、というわけで……日付も変わってしまっているのでな、
       ,イ! l!ニ i! _, イ i i! !、   |マ | |. '.,  i! i  i
     ,イ三i| l!ニ i!;';';  | ||斗ヤ| ∨ ´「 マ¬ー-ト i i!  i!          本日のスカベンジャーはここまでです。
   ,イ三三ヲ! i!ニi!;';';  i个!i ! ', i! V  i メ/|マ  i!', i! i!  i!,
.,イ三三ヲ'´. ! l!ニi!;';';   i !| !| ',.|  ∨ | ,!∧! マ | ', |. |.  i',        ……すまんな白い子、もっと出目が良ければ、
ニ三ヲ'´    | l!二i!;';'  i!. i!| ` ヽ!   V.!==ェュマ ! i! ! i ', ',ヽ
ヲ'´    ,'  i l!二i!;';.  i、|,ィ=≡ゞ  ヽ!       /. | |  | ヽ , ヽ.     先輩らしく華麗にアイテムゲットできたんだが、
     ,'   i l!二i!;.   i!ヘ|              //! |  i! ヽ\`\
     ,'    i!. l!二i! ,イ!\'、  _,.-‐   ̄ ̄i /'  ,'i! i!. | !  、\',  \  達成値がぎりぎりだからポンコツに……大体ダイス神が悪い(責任転嫁)
    ,'     マ i!. 爪,ノi| ト、ヽ V   ´  - ′  / !| i!  ! iト、 \l\   `ー
             ゝ.ヾ二,ハ  ',、  `          <ト,i|.i,'  |',i=ミヽ  ヽ、`ヽ   そしてふむ、次回は『崩落箇所に近い割には、荒れた様子はない』手前の部屋か……
.            ,ィ <ミミミト,. ∨>-   _ , <ミミゞュ !  l i!  ! ヽ、  `ー=、
_  ー   =./     ヾミミi!ヘ ∨ill  ℡ミゝ_ィニ彡 「il彡  i!',}  | i  !ヽ、   li まあ当たり外れはあるにせよ、ダイス神次第で出物は左右されるしな!
                   ヾ! !ミゝill. |!   |    i| ill |,ィ―'――i ,'  /i  /
                  /j | i! ill         illl i'  ゝ、_  ∨、 / !/  ,ィ そう肩ひじ張らずに、次回の探索を頑張っていこうか!
.              /   ,' / ,ィij           ,illl、>'´ ̄´    l!ニト\/ ,イ/
                 ノイヲ',==ュ、. i|i  ,ィ==ュ</|イ ̄ ̄ ̄  l!三i|ミ!ヽノ  さて、スレ民たちは一回で掃除人に出会うのか、それとも……
  ゛'' ‐-  ,,_.      、  ヽ )>/ゝ¬ミヽ!|i,ィヲ'¬ヾi/li| ゝ――  i マニ!ミ!. ト、
- .....,,,,__         \  ) >ニ>   `.|ll|゙´  ,ィ//メ、 ゝ- て´  マiミ! | \ クックック、楽しみだ(意味深)
3387 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/08/17(木) 01:02:50.74 ID:BAf4/v8Q

こっちが掃除人を片づけてしまえばいいだけさ
3388 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/08/17(木) 01:04:49.65 ID:yA8I4UYM
乙でした

先輩は初手で活躍しないってのが伝統なのかも?w
3389 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/08/17(木) 01:06:32.29 ID:VxiycUFO
                ___
            〃`<    __ `
          _/ __        __  ヽ  \
.           // /:           ,  ′  ヽ
         // /    .!        ′  ,      ともあれ皆さん、お疲れさまでしたー。
           ′′ i__/| ! ト   ',  ,   ′
        i | i ´| l.¨! :| :| ¨',‐-.| i   |   i  さてさて、次回の投下予定については……
        | l | 小.! Vヽ i  ', ト .|   |    |
          И i .i ==   ` __.V .リ:   |    !  ふむ、何事もなければ金曜の夜か、土曜日だな!
         | V        ̄` /    |    ト.
         | 人          7   |     〉 土曜日だと昼投下の予定もあるが、ちっとその辺の日程は未定で頼む!
            ,|   > _ ー '  ィ'|         、/
        /:i/\  |  :i≧r  //  / /      \ ただ若干最近、夏休みなのもあってチビ太襲来が怪しいのだが……
             ヽ | /├|==/ / / |/    ヽ   ヽ
        \  /.` / :├|*/{ 'イ: : : : ヽ   i }   まあ何とかなるさ、せいぜい「近く遊びに行くねー」と電話を受けたくらいだ(致命
.            ヽ { i l : :├|/yヽ  ヽ/: : i  /  /
            } V、 | i: :.|。!/: : }  }: : : : | /          ともあれ、スレ主はそろそろお布団行きますん。
         /   ゝ: !: :|。!: : /イノl: : : : :i     {
        /     !: :|: :|。!: : : : : : i ノ: : :!    、      みなさん、おやすみなさい……(すやぁ
           イ  |: : l :|。|: : : : : <.: : : : :i      \
       i / !  ′ :V.-! : : /: : : : : :人  i    ヽ   >>3387
.        V    /: : : : V、>/: : : : : :/ 〉  :l   l
                                   そう、出会えばシャナなら掃除人を片付けることは可能だろう。
                                   だが、もしも出会わなければ……?(意味深)
3390 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/08/17(木) 08:59:52.57 ID:oGmJBUh9
おやすみなさい
3391 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/08/17(木) 11:06:47.01 ID:24YMP6uV
今度の探索で遺跡の内部情報が欲しいなあ。
工廠跡ってのもそもそも確定情報じゃないっぽいし、
何を製造、研究してたのか……そういう意味では会議室っぽい4に行っても良いのか?
崩壊直前に会議でもしてなければ資料なんかは置いてないかもしれないけど。
3392 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/08/18(金) 23:02:09.87 ID:mGd0pBR+
乙乙
3393 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/08/19(土) 02:26:50.16 ID:xUefEg8x
プテラスが欲しいな。電の頭に乗っけて艦載機にしようぜ
3394 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/08/19(土) 19:16:46.48 ID:jTijZ36e
模型サイズかよ!ww
3395 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/08/19(土) 19:23:49.55 ID:RhgzqW+c
    /||ミ
   / ::::||
 /:::::::::::||_____
 |:::::::::::::::||       .||
 |:::::::::::::::||       .||   ぎょーむれんらくー
 |:::::::::::::::||         コソー
 |:::::::::::::::||ハ,,_,ハ,     ||
 |:::::::::::::::||・ω・ミ/^l.. ||   ええとな、次回投下は遅くても今日の夜的なこと言ってたが、
 |:::::::::::::::||u~~~u;' |  ||
 |:::::::::::::::||ω ・   ミ . ||   皆さん申し訳ないのだけど明日の夜に投下ということでお願いします。
 |:::::::::::::::||[=]=|=  つ ||
 |:::::::::::::::||     ミ .||   明日ちっと早い時間からお出かけすることになってので、
 |:::::::::::::::||    彡 .||
 |:::::::::::::::||    ,:'   ||   今日は夜更かし控えた方がよさそうなのだ……本当に申し訳ない。
 |:::::::::::::::||''~''''∪   ||
 \:::::::::::|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
3396 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/08/19(土) 19:55:23.84 ID:RhgzqW+c
  ,-- ── ‐          _ 、 -  ......、 ,, . 、 __ ...... --、、
/[]/..///.. :/ 、_    __  ヨ{ ―--- '' ン''´`````` ``"
ヽ=====!___⊥ . .ヽ、∠二三=i 〉ニニニ < '          >>3393-3394
   ヨi゙lコ/ム、 `''フ l ',, 'ニニニ ょ'"
    `゛    ヘノ ノ ノ、 ヽ   `゙ ┐         ふと、帝国ゾイドにそういう小さいのを積んだ奴がいたなぁと思いだした。
       !ニニ`ヽ、!ニニニ◯ ∃@ ゙''''`'''ぃ、
           `''ヽ 、_ 冫 ..ヽ、`'‐ .. `''' ぃ..     雛鳥ミサイル、全体的に小型化された警備ロボット基準のサイズなら、
             ゝ ´`'ヽ_  ゙∩  `‐-.._ ニ '、
              ゙\, ゙ |`'r ソ         電に搭載できるか……?(ぐーるぐーる)
               / ..ン´,' ..ン'´
             _.. / / 广'コ
         ._--=ィノ. 八ヘ∠八イレ ̄
          ///////
     【帝国製飛行ゾイドのシュトルヒさん】
3397 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/08/19(土) 20:17:58.21 ID:LB+38F4N
駆逐艦むすに艦載機のせるのは許されない気がする!
3398 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/08/19(土) 20:45:59.81 ID:xUefEg8x
護衛艦化させて「いなずま」になれば解決だ
関連記事
スポンサーサイト




コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://yarucha.blog.fc2.com/tb.php/3473-5368dc31