情報部シャナのスカベンジ日誌 7th Turn 「ガードロボット」その5

3506 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/08/27(日) 15:17:32.71 ID:ie5Mvtbg
                 /^l
         ,―-"'"'~"゙´  ゙':
          ヽ  ・ ω ・   ミ      ういうい、遅れてしまってすまないな!
          ミ つ旦と   ミ
        / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ,/\    そいじゃあ久々の昼投下だが、誰かいるかな? てんこー!
      /.________/   \
     ,/ ̄        ヽ     /   あ、書き溜めさんは夏の宿題(の手伝い)やりに図書館へ行きました。
     /           ヽ   /
    /            \/
    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
3507 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/08/27(日) 15:21:26.59 ID:n38xgAFw
3508 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/08/27(日) 15:28:48.62 ID:xoKJ3PC2
3509 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/08/27(日) 15:30:35.89 ID:ie5Mvtbg
          /^l
   ,―-y'"'~"゙´  |
   ヽ   ・ ω ・  ゙':                 ういうい、取り敢えず二人か……
   ミ====[==]=l== ミ.,    γ⌒'ヽ
   ':;  ミ;,,.,.,)  (,.,ミ   ~i ミ(二i    ん、まあ最近投下が切れ切れだし昼投下だししゃーない。
   ミ        :;   ~ヽ、,,_| |ノ
  ミ゙゛';:, ~)   :,,  ~)     r-.! !-、   そいじゃあちまちまと投下始めていくぞー
   `゙ "`'''~^"~'''゙"''"      `'----'
                  ↑ストーブ
3510 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/08/27(日) 15:30:47.35 ID:ie5Mvtbg
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
 やる夫はスカヴェンジャーのようです二次創作

              情報部シャナのスカベンジ日誌
              7th Turn 《ガードロボット》


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
3511 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/08/27(日) 15:31:19.51 ID:ie5Mvtbg
-=≦   /      /       ̄ ̄ ̄ ≧=- 、
      /    ̄ ̄/        /          ヽ
     '\      /    /  / /     /      ‘,
   /ヽ  \.   /    /   / /    / .∥     ゙   裏手側の一区画だけでもこの広さで、
.  /  \  \ /    ∥ / /     ./  ∥   |   ゙
 /     \  {     T≧=z/l/  / .イ .∥    |  ll l   まだ二階以降も残ってるのね……
./         \_l   _;| l/x==ミ>x/ | ∥  // |  ll |         ガ ン プ ラ
     r=≦⌒__从    :|¨《  /::jうl|` | ∥l // /| /|/   流石装甲スーツや警備ロボットの名所シズオカ地方。
    \    ) ∧   ゙、 、 (::/ノ ゙  |/ ∨/〃//
      /\\_,∧     ゙  \¨ン     /  \       ウツノミヤともそれほど距離もないし、
.     /∧ \_ノ \    \        {、   ≧=- _
    // l     l ヽ  \   \    /     __   今度はクロたちも誘ってこようかしら……
.   //_ -゙    |  \  \   \ ./      __
  //´  ∨  ∧⌒ヽ \  \   \二≧=-  __
  l l____  ∨  ∧   \ ≧=-丶    \
  | |  ¨¨¨∨  ∧________ヽ     丶    \    \
. /| |      ∨  ∧     ̄|ニニニ\   \    \
./ | \     ∨  ∧------≧____}\   \
′.:| |\\.   ∨  ∧       ”''<―┘\   \
  | |  \\   ∨  ∧           ”''< \   \
  | |   \\  ∨  ∧              ヽ    、
┏────────────┓
│ 前回のあらすじ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 入り口となった部屋を後に、推定警備室を訪れたシャナ達一行。
| そこではシフト表を始めとしたいくらかの書類と、警備員ロボットの補修部品を発見する。
| 入り口の清掃状況と合わせ、大型の警備ロボットの存在を嗅ぎ取りながら、
| 一行は慎重に隣の小部屋に向かうのだった……
┗───────────────────────────────────────┛


   ▼ 現在のステータス   >>3125-3126

      同行者:クーデリア   >>3118   電      >>3119

      ゲスト   :レン      >>3204   狛ちゃん >>3205

      好感度一覧        >>2777

3125 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/08/09(水) 22:22:12.98 ID:Gstn/0u+
                   《ステータス》

                                    /⌒≧=‐- 、 、
                                      \\
                       -:.:.:.¨¨  ̄ ̄:.:.:.``丶       }:.:.ヽ
                        /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.丶 __ノ:.:.ノ
                   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\ ̄
                  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
                     //:.:./:.:.:.:.:/:.:.:/:.:/:.:/:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∧
                /:.:.:/:.:.:.:.:/:.:.:/:.:/// /:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.: ',:.:.:.∧
                /:.:.:.:./:.:.:.:.:/:.:.:/:./ // /:.:.:.:.:.:./:.:.l:.:.:.:.:.:.',:.:.:l∧
                /イ:.:.:.:.:/:.:.:.:./:.: /.:,ィ芋ミx、 //:.:.:.:.:./ トx:.:.:.:.:.:.:l:.:.:| :.
           ///:.:.:.:./:.//:.// 《 {::J:::リヾ /:.:.:.://zz/ |:.:.:.:.:.:.:l:.:.:| |:|
            // /:.:.:.:./ ':.: /:.:.:. /   V__ン  /:.://}てハ抃:.:.:.:.:./:.:.:.| l/
       //  /:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.∧  .:::::::::: __彡' / ヒ_ソ ノ》:.:.:.:/:.:.:|:.|
       //    /:.:.:.:./:.:.:/:.:.:.:./、__、        ,  `¨  /:./{:.:.:/:.:|
.     //     /:.:.:.:.-=≦:.:.:.:./:.:.:.込           ..:::::: /):.:.l.:.:∨ ヽ(
  //   -=≦ ̄:.:.:.:. -=≦:.: |三三三三三|  っ     /:|:.:.:.:{:.:.:.、
.// /:.:.:.:.-=≦ ̄:./:.:.:.:.:.:.:. /ニニニニニニ|、   _,.. イ.:.:|:.:.:人:.:.:.、
   (:.:.:.//:./:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:./ニニニニニニニ|  /ニニニニニ≧く:.:.|\:.\
     ヽ(:.:人(:.:.:.:. /:.:.:.: /ニニニニニニニ=|  トニニニニニ/ニ}:.:.|  ヽ:.:.\
      /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ニニニニニニニニニ|___ヽニニニ=/ニ/|:.:.|   }:.:.:ヽ\
.   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: /ニニニニニニニニニニ\---∧ニニ/ニ/ .|:.:.|   /:.:.:.:.)\ヽ
  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ニニニニニニニニニニニニ\- ∧ニニニ{ :|:.:.| //):.:.:/  ):.)
...:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. : {ニニニニニニニニニニニニニ/___}ニニ>:} |:.:.|彡' /:.:∧ //
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:乂ニニニニニニ}ニニニニニニ/---∨ニ/=| 乂\__/:.:/ ∨/
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ニニニニニニニノニニニニニ/-----∨∧=| /:.>―<   }:.}

――――――――――――――――――――――――――――――

 【名前】 衛宮シャナ 【年齢】 15 【出身】 キョウト

 【身分】 4級スカベンジャー

 【能力】(人間準拠)
  筋力:C+  体力:B-  俊敏:B+  知能:B+  運勢:B

  注目度:D 小さい割には腕のいいスカベがいるらしい

 A以上=一流 B=人並み以上 C=人並み D=苦手 E=諦めたら? F=子供並み

 所持金: 495 円 0 銭

 【所持品】
 ・武器
  零式軍刀 ……養父から譲り受けた将官用の高級軍刀。
             銘有りの真打や単分子刀にこそ劣るが、切れ味と頑強性を高いレベルで両立している。
             耐酸、耐熱、対単分子、耐ビームコーティングが施されている。
  7.62mm.選抜小銃 ……【サイズ:L】 大威力の7.62mm.ライフル弾を使用するマークスマンライフル。モデルG3 SG/1
                   フルオート射撃による牽制・弾幕と、セミオート射撃による精密狙撃の両方に対応可能。
                   簡単に言うと、一丁で突撃銃と狙撃銃の両方として使えるということである。
                   アクセサリに高性能光学スコープ、サプレッサ、ロングマガジン、バイポット、フラッシュライトを装備。
  45口径拳銃       ……【サイズ:S】 威力の高い45口径拳銃弾を使用する拳銃。
                   アクセサリにサプレッサ、ロングマガジン、フラッシュライトを装備。
  テーザーガン      ……【サイズ:S】 ワイヤーを使用する射撃可能なスタンガン。一度の充電で5回使用可能
                   生身の人間や生物を、無傷で捕縛することができる。警備ロボットには無力。
  コンバットナイフ    ……【サイズ:S】 頑丈さが売りの軍用ナイフ。戦闘・工作に使用できるが、単分子カッターではない。
  軍用マグライト     ……【サイズ:S】 本来は暗所を照らすための携行ライトだが、非常に頑丈で警棒代わりにもなる。
  ハンドグレネード(破片、EMP、閃光 各一個 / チャフ 二個) 【爆発物】
  携行爆薬(小)……【爆発物】 壁や床などに設置し、遠隔操作で起爆する爆薬。主にトラップや扉の爆破などに使用する。

 ・防具
  特種防護コート ……防弾、防刃、耐衝撃と、物理攻撃に対し高い防御性能を誇る。また、若干のステルス性能を持つ。
                   銃弾は7.62mm.ライフル弾まで防御し、単分子カッターを含む刃物や破片を防ぐ。
                   対単分子コーティング、耐酸コーティング済み。熱単分子刀、熱振動徹甲刀などは防御不可。
  静音性ブーツ  ……底面が厚く補強され、更に足音がしにくいように加工がされたブーツ。
                   隠密に長けた者なら、足音のしやすい悪路でも無音で歩行することが可能になる。
  マガジンポーチ ……ライフルなどの予備マガジンを収めておける、ポケットなどが付いたポーチ。
                   遺跡に持ち込む予備マガジンが各3個から5個に増える。
  31年式軍用多目的グラス ……望遠、視力補正、赤外線(暗視/簡易金属探知)、PDAとの接続などの機能を備えた、
                       大崩壊以前の軍用装備。軍事品だけあって、耐久性・防弾性も十分。

 ・電子系装備
  高性能PDA ……高い基本性能のPDA。メール以外にもハッキングや情報閲覧、カメラ機能が備わっている。防水、耐衝撃。対EMPコート済み。
  標準ハッキングソフト……PDAの初期ハッキングソフトより優秀。ただし遺跡探索用で、現代のプロテクトに対しては無力。
  標準解読ソフト ……断片化したデータを復元する事の出来るソフト。簡易版より精度は上だが、使用には【電子技術】技能必須。
               断片化したクズデータなどを正常な状態に戻し、閲覧することができる。暗号解読とかはできない。

 ・その他
  携行用ガンケース ……【サイズ:L】以下の銃器を一丁しまっておける、緩衝材入りの軽量なハードケース。
                  肩掛け紐と鍵付きで、街中の携帯に便利。
  警邏隊推薦状    ……組合から発行される推薦状。実力ではなく人柄を保証するもの。
                  警邏隊主導の依頼を受ける際に必要。
  救急キット ……包帯やばんそうこう、消毒用アルコール、それに痛み止めやナノマシン製傷薬などが入った救急キット。
.             医療系の技能がなくとも使用可能。傷薬・痛み止めを使用した場合、補充には10円必要。
  ペンライト   ……小型の懐中電灯。太陽電池採用。
  ロープ10m……物を縛ったり移動に利用したりなど、多彩な用途のロープ。
  短距離用無線機 ……いわゆるトランシーバー。ある程度の距離なら離れた位置の人間とリアルタイムに会話できる。
               二つ所持しており、同行者に一方を貸し与えることが可能。
  軍用双眼鏡 ……測量機能と簡易な風向の観測機能が付いた丈夫な望遠双眼鏡。防水、耐衝撃。
  軽量工具セット ……使いやすい工具の揃った工具セット。小型工具セットより高性能で、携行性も悪くない。
  工具用単分子ナイフ ……工具用として実用的な強度を持つ単分子ナイフ。戦闘での使用は想定していない。
  傷付いた獅子章……多大な功績を残して殉死した皇国軍人に贈られる勲章。
                シャナにとって、紛うことなき父の形見。

 ・拠点
  住宅:中層区にあるガレージ・庭付き一戸建て。
        付近の治安はよく、鍵類のセキュリティも十分。場合により、自動人形の電が警備をやっていることも……
        一人で住むには広すぎるくらいで、それなりの人数を迎え入れられるだろう。
  ガレージ:中層区の自宅に付随する車両用ガレージ。
        特別な設備はないが、中型車1台+大型車1台分の駐車スペースを持つ。
        現在、輸送トラック(大型車)1台を収容。

 【技能】
  格闘術   Lv:5 ……素手や小さな武器を使った接近戦能力。
  刀剣     Lv:10……常識的なサイズの刀や剣を扱う技術。
  銃器     Lv:6 ……拳銃や小銃、あるいはそれに準じた火器を使用する技術。
                拳銃、短機関銃、突撃銃、狙撃銃を使用可能。
  狙撃     Lv:2 ……狙撃銃、選抜小銃などを使用して長距離狙撃を行う技術。
  軽業     Lv:5 ……戦闘における身のこなしや、狭い足場での立ち回りのうまさ。
  潜入     Lv:6 ……隠密・気配察知の複合技能。自身の気配を隠し、他者の気配を察知するのに長けている。
  観察眼   Lv:5 ……周囲の状況と照らし合わせ、不自然な箇所をあぶりだす技術。
  聞き耳  Lv:5 ……微細な音を拾い、情報として獲得する聴覚・技術。
  車両運転 Lv:5 ……地上を走行する、一般的な車両を運転する技術。
                バイク、普通四輪車、大型車、軍用車両を運転できる。
  機械操作 Lv:4 ……PCなどの機械全般を操作する技術や知識。極端に専門的なものは含まない。
  電子技術 Lv:4 ……プログラミングやハッキングなど、機械の内面を弄る技術。
  軍事知識 Lv:7 ……軍そのものや軍人、使用される装備などに関する知識。
  指揮     Lv:2 ……状況を確認し、他人に指示を出すことに秀でている。

 【特性】
  ESP【縮地】 ……空間を切り嗣いで割り込み、彼我の距離を一瞬で詰める。一種の空間系テレポート。
  ┃          これを高精度で、かつ連続して行うことができるのがシャナの最大の武器である。
  ┃          移動には重量制限があり、重装備では使用できない。
  ┗斬鉄(偽)……ESP【縮地】の応用により、通常の刀剣類で金属装甲を斬り裂くことが可能。
              ESPの使用できない状況や、高速機動する対象、乱撃戦では使用できない。
  軍人の遺児……皇国軍人の忘れ形見。
              根無し草のスカベンジャーであっても、社会的にそれなりの扱いを受けられる。
  情報部員  ……時に身分を隠し、偽り、軍で暗躍する情報部の一員。
              現在その権限や支援は利用できないが、そこで得られた技術や知識は健在である。

 【装備制限】
  軍刀を固定装備する。
  他に【サイズ:L】の装備を一つまで装備可能。また、爆発物は合計六枠まで携行可能。

 ※スキルレベル参考基準
  1.覚えたて  3.慣れてきている  5.一人前  8.プロ級  10.その分野でのトップクラス


 【拠点・倉庫】
 ・武器
  量産軍刀 ……【シャナ専用】 父の形見ということになっているシャナの軍刀。頑強ではあるが切れ味は今一つ。
             数打の量産品であり、軍士官の武装としては少々心もとない。分類、丙種士官用軍刀。
             対単分子コーティング、耐酸コーティングが施されている。
  45口径短機関銃 ……【サイズ:M】 威力の高い45口径拳銃弾を使用する短機関銃。
               アクセサリにロングマガジン、レーザーサイトを装備。他にフラッシュライトを保有。
 ・防具
  戦闘用耐熱グローブ ……戦闘用に防刃などの防御力をある程度備えた、五指が自由になる耐熱グローブ。
                   生身の人間でも熱振動徹甲刀などの高熱を発する武装を使用可能になる。
  登山ブーツ          ……底が厚く、滑り止めの付いたブーツ。特別な加工や補強はされていない。
 ・その他
  最低性能PDA ……ウジ虫に広く流通するPDA。性能は極めて低く、簡易なメール機能しかない。
  技術書【機械操作】【電子技術】 ……該当技能のレベルが3~5の時に使用できる。各二冊。
                           コミュなどフリーパートで読み込むと、技能の成長に役立てることができる。
                           同じ人間が同じ本を繰り返し読んでも意味はない。
  軽量重装甲合金板……軽量かつ頑強で、排熱にも優れた旧文明の装甲用合金。
                      【素材アイテム】持っていれば、何かを組み立てたり、作成するのに役立つかもしれない……
3126 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/08/09(水) 22:22:25.13 ID:Gstn/0u+
  【車輌ステータス】

              :r‐---‐r―---―r―---‐r―---―r―--―┐
    =fhュュ――zz  il    ;  ロ   ;  ロ  ;      ;     |
  [lj .|i'~i`    .i  |   il    ;     ;     ;      ;     il
  lコ ||__|__________|__|  :il    ;     ;     ;      ;     il
  t_/o .i,.----.、|  |  il    ;     ;     ;      ;     il
  /   ii>< ||j .|) | ̄ ̄ ̄|| ̄ ̄ ̄|| ̄ ̄ ̄|| ̄ ̄ ̄`|| ̄ ̄ ̄`|
 _/___i`ニニニ´ |  .| . |ェェェェェェ||ェェェェェェ||ェェェェェェ||ェェェェェェェ||ェェェェェェェ|
 λ~。 ̄i―‐_-_-.!二| .!___!!!二ニ_ニ二!! | |/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; \| |_
 [λ___γ ´⌒`ヽ.ヽ三|三|三i「有澤[ |   〆´⌒゙ヽ 〆´⌒゙ヽ  | |
      :i (∴) i |三|三|三三ニ|ニ [   i (∴) i i (∴) .i
       ヽ、.____,ノ .             .ヽ、.____,ノ :ヽ、.____.ノ


 輸送トラック

 ありふれた輸送用の幌付トラック。
 大きな荷台による高い輸送力が特徴で、スカベンジの成果を持ち帰るのに向く。
 荷台には簡易であるが人間用の座席も完備。エンジンパワーもあるため、車両の牽引も無理なくこなせるだろう。

 ……ちなみによく見ると、ベースとなった車両は有澤重工製。水月という型式らしい。
 とはいえ流石に、無改造状態ではただの輸送トラックに、装甲車並みの防御力や、
 大口径機銃を積んだりはしていない……改造で追加することが出来ないとも言っていないが。


――――――――――――――――――――――――――――――

 【名前】 輸送トラック  【分類】 大型車両  【製造企業】 有澤重工

 【所有者】 衛宮シャナ

  【特性】
  輸送能力:A ……背部に荷台を備え、多数の、また大型の荷物を問題なく輸送できる。
               人員や探索の成果物の運搬の他、複数の装甲スーツを遺跡へ持ち込める。
  牽引能力:B ……高いエンジンパワーにより、他の車両などを牽引する余力を持つ。
               ワイヤーなどで接続することで、大型車両の牽引を無理なくこなすことができる。

 【装備】
 ・手動銃座:車載用20mm.機関砲
   ……荷台に取り付けられた20mm.機関砲付きの銃座。
       このタイプは有人式であり、射手が使用することで高威力の20mm.機関砲弾をばらまく。
       後方から斜め前方までをカバーするが、車体真正面は死角となる。

       高い威力と連射性能から装甲目標に対しても有効だが、戦車や重装甲車クラスには力不足。
       使用するには【銃器】技能で突撃銃、または軽機関銃を使用できるか、もしくは【重火器】技能を持った射手が必要。
       (射手が後者の条件を満たすほど、射撃の精度は上がる)

 ・防具 その他
  金属板 ……何の変哲もない車両用の金属板。特別な防御性能を持たず、戦闘には不向き。
           拳銃弾程度であれば弾くこともあるが、ライフル弾以上の攻撃には無力。
  幌     ……何の変哲もない覆い布。荷台部分を覆い視線を遮るが、防御性能はない。内部からは隙間から周囲を覗ける。
           また、射撃用に、人力でワイヤーを引くことでカーテンのように幌全体をめくり上げ、畳むことが可能。

 ・車載品
  軍用スコップ     ……【サイズ:M】 塹壕戦最強と噂の近接武器。誰がどう見ても近接武器である。穴掘りにも便利。
                予備用の道具。
  ワイヤー10m    ……ロープよりも頑丈だが、遺跡に持ち込むにはやや重い。車載用・牽引用にどうぞ。
  高級座布団×4 ……座席に設置するふかふかの座布団。長時間の運転でもお尻に優しい。荷台含め四座席分。
  ハンドグレネード(閃光、煙幕) 【爆発物】
3118 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/08/09(水) 22:07:08.75 ID:Gstn/0u+
                《フレンドステータス》

                  ,  ´ ̄ ̄__> 、
                 /    / ,  - 、 \
               / /  /   /     ヽ ヽ
             ;  '  _,/   /  / ,、 ∧ ',
            / /_//   /__/ イ \∧ .
            「∨ノ,イ   / -- 、   , - } |
           「: :ー:イ7'   | ィテ≧、  ,ィ≦、 ,'、_
           |:_介、:/ l  | Vzリ     Vリム ∧:ノ
           / | }' ∧ 从      ,   八 {:. ヽ
            ,  / , / .:}   ト、   ー ‐ イ  ∧:. }
             { .:,' / ,:' .:∧  |  `  r‐く__/ ,' }:. |
             | / .' {  「∧ }    |、::::从 { 从
             l { {/ 乂{::::| :、_  }\:::ヽ }ヽ }:!
          从/ .......乂|::::乂 ∨ヽr-くノ∨:| |フ...、リ
          // .........乂{:::::「 ∧∨_乂_)、_,l: | |\.∧
           ,.............乂/:「乂/ヽ}、\/ l∧| |\⌒{\
        _/___......乂Y_,/::::::::リ::∨- イ∧j:::::乂_(..∧
       //X<>/X>乂 \::::::::::::::::::', ̄l´ }:::::/__('X∧
       /::::::7` <X<>/乂_,\::::::::::::::}  :  |:::/__ノX/::ヽ、
        ,::::::::/::::::::::::::`<X<>乂,\::::::::|  |  }/__(Xイ:::::::::::::::.
     /:::::::/::::::::::::::::::::/ |`::ー-乂_\∧  , _|__(::{::::/:::::::::::::::::',
      ,:::::::::/:::::::::::::::::∨ {:::::::::::::::/:乂\}Tイ 「|/:::::∨:::::::::::::::::::::}
      {:::::::::、:::::::::::::::::{   j:::::::::::(__)::::::ー|  |_{ |::::::::::}:::::::::::::::::::::,
     ∨:::::::∨::::::::::::∧ {::::::::::::/ ::::::::::: |  |_{ |:::::::::::}-、:::::::::::::}
     }:::::::::::::ヽ::::::::::::∧ノ:::::::::::{ ::::::::::::: |  |_{ |:::::::::::∨=\:::::/
     、::::::::::::::::∨::/ ∧:::::::::: |::::::::::::::::|  |_{ |=:::::::::::∨ミ...∨
      \___/ / /\::::(__):::::::::::::| /人}::::::::::::::::∨../

 クーデリア・フォイエルバッハ

 フジノミヤで活動する新人スカベンジャー。
 新米ゆえ粗削りではあるものの、短期間でスカベンジに必要な技術を身に付けつつある。
 身長の話題はタブー。

――――――――――――――――――――――――――――――

 【名前】 クーデリア・フォイエルバッハ 【年齢】 15 【出身】 シズオカ

 【身分】 4級スカベンジャー

 【能力】(人間準拠)
  筋力:C  体力:C  俊敏:C+  知能:B-  運勢:B+

 A以上=一流 B=人並み以上 C=人並み D=苦手 E=諦めたら? F=子供並み

 【所持品】
 ・武器
  5.56mm.突撃銃URカスタム ……【サイズ:L】 アンダーマウントレールをを備えた5.56mm.突撃銃。レール用アクセサリを装備可能。
                          アクセサリにレーザーサイト、ロングマガジンを装備。
  5.7×28mm.PDW     ……【サイズ:M】 貫通力の極めて高い、5.7×28mm.高速弾を使用するPDW。装甲目標に対して有効。
                     アクセサリにロングマガジン、サプレッサ、フラッシュライトを装備。
  5.7×28mm.拳銃     ……【サイズ:S】 貫通力の高い5.7×27mm.高速弾を使用する拳銃。装甲目標に対して有効。
                     アクセサリにロングマガジン、フラッシュライトを装備。
  45口径リボルバー拳銃 ……【サイズ:S】 中折れ式の旧いリボルバー拳銃。クーデリアのお気に入り。
                     アクセサリを装備できないが、造りが単純で頑丈。格闘武器としても使用可能。
  ハンドグレネード(破片・煙幕・チャフ・EMP 各1個) 【爆発物】

 ・防具
  バトルドレスSS ……少女向けの戦闘服。ちなみにSSはサイズのこと。高い拡張性が特徴。
              7.62mm.ライフル弾までを防御する防弾性能と、簡易ながら防刃性を備える。
  安全靴.     ……底が頑丈で、滑り止めも付いた靴。特別な加工はされていない。

 ・その他
  ペンライト     ……小型の懐中電灯。太陽電池採用。
  低性能PDA..  ……性能の低いPDA。メールの他に、簡単なハッキングや情報閲覧、カメラ機能が備わっている。
  小型工具セット ……スカベンジ中の解体に便利な小さな工具セット。
              携帯には便利だが、本格的な工具セットよりは性能が劣る。
  工具用単分子ナイフ ……工具用として実用的な強度を持つ単分子ナイフ。戦闘での使用は想定していない。

 【技能】
  格闘術   Lv:3……素手や小さな武器を使った接近戦能力。
  銃器     Lv:5……拳銃や小銃、あるいはそれに準じた火器を使用する技術・知識。
               拳銃、短機関銃、突撃銃を使用可能。
  投擲     Lv:3……物を投げるうまさ。グレネードなどに使用する。
  回避     Lv:3……戦闘における回避能力。足場などが悪いとうまく動けない(【軽業】の下位互換)
  直感     Lv:3……探索などの際、どこが怪しいか、なんとなく分かるような気がする。いわゆる勘。
  危険感知 Lv:1……敵の襲撃など、危険に対する動物的な直感。
  機械操作 Lv:3……PCなどの機械全般を操作する技術や知識。極端に専門的な技能は含まない。
  機械解体 Lv:4……停止した機械を解体し、パーツ取りする技能。
               起動しているものを解体したり、停止させることはできない。
  機械修理 Lv:4……壊れた機械を修理・整備する技能。

 【特性】
  天性の冒険者 ……名前の通り、生まれついての冒険者。いわゆる天職と天賦の才。
                 スカベンジに関する技能の習熟に才能を発揮する。
  Cリロード     ……クイックリロード。リボルバーなど、バラ弾の装填に慣れている。
                 常人よりもリボルバーリロードや、マガジンへの装弾が早い。マガジン交換に効果はない。

 【装備制限】
  45口径リボルバー拳銃を固定装備する。
  他に【サイズ:M/L】の装備をそれぞれ一つまで装備可能。また、爆発物は合計六枠まで携行可能。

 ※スキルレベル参考基準
  1.覚えたて  3.慣れてきている  5.一人前  8.プロ級  10.その分野でのトップクラス
3119 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/08/09(水) 22:09:17.25 ID:Gstn/0u+
  【自動人形ステータス】

          ___________________
          l: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : l
          l: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : l
         l: : : : l l ̄ ☆ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ _ ̄ ̄ ̄ ̄l l : : l
        l: : : : l l     '''''=-、、  l l.    フ ト  <ヽ  l l: : : l
        _l: : : : l l. i! ''''==┼   >)      /___l^l,_l」  l l: : :.>=、
        」`{: : :.l l i! .<二>/   { <    , -―-、 {.(フ.lー'   l l: : :},=┤
       「`┤: :l .l ..   7    \  ( <ノ/`ヽヽ.ー ' ,, ''''' ,l l: : ¬/
       /「: : : l .l     '  ☆     ー'  ノノ ,,''      l l: : : : :l]
      〈:l: : : └==================┘ : : : l
       ノ: : : : : : : : :_____________: : : : : : :: : :__l
       T ̄ ̄ ̄ ̄T/:: :: /l::,,:l_l:: :: :: :: ::‐l--l:l,,:: :: :: :: l ̄ ̄ ̄ ̄/
        ヽ、     l:: :: /´l:: ::l ヽ:: :: :: :: ::l  l::l ミ`:: :: :l    ∠l´
   , _     ∨、    ヾ、l  、::l  マ:: :: :::ノ  !i .l:: :: ::l   ´ .ノ
  <::::::> 、   ∨`     l. ェ==≡ ヾ:: :/ ≡==ュl:: ,::リ.    /
/`>、`ヾ、:::::`ヽ、 l      l              l:ノ::/    /
`ヾ、:::`ヽ、`ヾ、:::ノ`i     lム、 ''''''   r  ̄ ̄ヽ '''''' ノ:/    /
   ` <::::`丶、`ヾl      l:::ヽ   l     l   /:/    /
      `ヾ、ノ::::`:l、     }:: ::l、   ー―‐'   /::/    {
    ___>、:::::>、    l::::l 三ニ ― ニ三 {::{     }
    l三三<´ ̄lll_,>、   .l::l lヾ、ニ===ニフ/l::l    ノ
    l三三ニl==lll= ''´(.  ノ::l l.Lヾ三三三//l:l  /

 電

 有澤重工製試製お手伝い型自動人形。マスターはクーデリア。
 開発には彼の日本IAIより、侍女型自動人形のデータが提供されているらしい。
 ロボット枠として人間キャラとは別枠で同行を頼めるが、彼女の場合クーデリアの同行が必須。

 「お手伝い」をする子供らしくいろいろこなせるが、若干どんくさい……
 この個性が、ああIAIの技術提供を受けたんだなと、見る者に奇妙な納得を抱かせる。


――――――――――――――――――――――――――――――

 【名前】 電  【分類】 お手伝い型自動人形  【製造企業】 有澤重工

 【マスター】 クーデリア・フォイエルバッハ

 【能力】(自動人形基準)
  頑強性:B+  破砕力:B  精密性:C+  俊敏性:C-  応用性:B-

 A以上=一流 B=人並み以上 C=人並み D=苦手 E=諦めたら? F=子供並み

  【特性】
  自動成長型AI   ……環境に応じて学習し、自我を発展させる高機能AI。
  生体自動人形   ……蛋白質で構成される肉の身体を持った自動人形。修理には自動人形用の生体部品を使用。
                 →極度の損傷(四肢欠損等)でなければ、『アナグラ』で十分な修理が可能。それ以上は一回お休み。
  性格:無垢     ……成長の余地を秘めた、純真無垢でまっさらな性格。現時点では頑張り屋の子供に近しい。
  背部武装ユニット ……背部に背負うように装着する武装ユニット。武装ハードポイント3枠を有する。
                 搭載している武装は、両手を開けたまま使用することができる。独自ルーチンにて運用。


 【装備】 装備制限:手持ちは『【サイズ:LL】以下の装備を一つまで』、もしくは『【サイズ:L】と【サイズ:M】以下の装備を一つずつまで』
 ・武装
  歩兵携行用大盾       ……【手持ち:LL】 金属装甲を加工した大盾。12.7mm.以下の銃撃を無効化し、小口径のグレネード弾を防ぐ。
  12.7mm.チェーンガン    ……【ハードポイント:1】 12.7mm.機関銃弾を使用するチェーンガン。
                     弾詰まりに強いうえ装弾数を拡張し、また自動装填装置の装備により全弾撃ち尽くしても自力でリロード可能。
                     大型カートリッジ装填、同予備2.装弾数:100。自動装填装置装備。
  50口径対物半自動機銃 ……【ハードポイント:1】 対装甲用の50口径徹甲弾を使用する機銃。
                     連射速度は控えめだが、1カートリッジ100発の対物徹甲弾をリロードなしに撃ち続けられる。
                     大型カートリッジ装填、同予備2.装弾数:100。自動装填装置装備。
  テーザーユニット       ……【ハードポイント:1】 射出したワイヤーを介して電流を放出し、相手を無力化する近接防御武装。
                     機体のジェネレーターから電気を引っ張ってくるため出力が高く、一瞬なら警備ロボットなども停止させられる。

 ・防具
  装甲ガントレット      ……金属装甲を手甲足甲の形に加工したガントレット。
                     局所的だが、7.62mm.ライフル弾以下の物理攻撃を完全に無効化する。
                     特殊な攻撃機構などは有していないものの、金属製で固い分、殴られれば相応に痛い。
  有澤重工製乙種水兵服 ……自動人形用のセーラー服。ぶっちゃけIAI製の侍女服のマイナーチェンジ版である。
                     汚れなどを自動で分解し、45口径拳銃弾までを完全にストップする防弾性能を持つ……
                     のだが、防弾性能については、今更な代物である。
  有澤製試製生体ボディ   ……童女の柔らかなぷに肌……と、5.56mm.ライフル弾以下の銃撃を完全に無効化する防御力を、
                     何をどうやったのか知らんが両立させた驚異のボディ。金属装甲形無しである。
                     純粋な強度による防御力のため、刃物など他の物理攻撃にも有効。PS装甲でも積んでんのかおい。
                     頑強性:B+は伊達じゃない! ????「ぶつかって沈む方が悪いのです」
  耐EMP防御          ……自動自閉機能があるのか、対EMPコーティングが施されているのか、電子回路の強度が強いのか……
                     理由は様々だが、この機体はEMPによって電子回路を焼き切られることはない。


  【ルーチン】
 ・固有ルーチン(着脱不可、アップグレードは可)
  武装ユニット:A  ……専用武装ユニットによる各種銃撃・砲撃判定に使用。補正値:30
  格闘戦闘:C   ……素手状態での最低限の格闘戦能力。「素手のな!」 補正値:10
  お手伝い:C     ……IAIの奉仕ルーチンの類型。家事手伝いから書類整理まで色々こなせる。効率は気にしてはいけない。
                車両の運転にも一応対応し、普通四輪車を運転できる。運転の腕は若葉マーク。

 ・後付けルーチン 0/3 (適正:遠距離戦闘、及び日常生活系)
  特になし

  【予備装備】
  有澤重工製丙種水兵服 ……自動人形用のセーラー服。現在着ている服を損失した際のスぺア。
                     汚れなどを自動で分解し、9mm.口径弾までを完全にストップする防弾性能を持つ……
  12.7センチ連装短機関銃 ……【ハードポイント:1】 背部の武装ユニットに装備された、二連装の銃身が特徴的な短機関銃。
                          ちなみに12.7センチとは銃身の長さであり、口径ではない。口径はありふれた45口径。
                          火力や射程が不足するなら、素直に他の武装に換装しよう。総カートリッジ:2、装弾数:50。
  三連装グレネード発射機×2 ……【ハードポイント:1】 両腰のあたりに装備される、40mm.グレネード弾を使用するグレネード発射機。
                         三連射、ないし三発同時発射により瞬間火力は期待できるが、経費も掛かる(グレネード弾は有料である)
  カートリッジ(12.7mm.弾)×2
  カートリッジ(50口径弾)×2
  40mm.グレネード弾:6発
3204 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/08/12(土) 00:37:24.57 ID:k1LxDXjd
  【NPCステータス】

        /   /                 \
      , '    /    /   /    /ハi      ヽ (´ ̄`ヽ、
    /   /     /   /  . / /"´ト、  l l l i 〈`ー--く
´ ̄ ̄ ̄ ̄ }   ,. -┤   /  /  l./  l| i、 l l l |  〉 \ }
        r' /   i   l  l   |    l| ll /i l l | ハ\__)ト、
        i/   ,ィ!   i  l   l    l| l|/! l,ィr l リ / 、\__).lハ
   /   .ノ   //    l,. ァr‐‐r-  l| l| i〃i「i |\\ `ー‐、 i }
 /    ヽ //l    イ /i l  il   l| l|ハ ソ!l |  ヽ `ーr く l |
/      〈/.//!     | l. 升r=f`   リ リ  リハ. |    `‐へノ' /
       V//!     l i ぐ寸 /}       〉   l l \  `フ/
\      //,ィ7.    lハ l|`~''         / ハ  >~'´
.  >  ///</      i ハリ         ,. ,イ //´`
``~<//____/       i⌒^'´`ー 、      / /´
.      ̄ ̄ /      /~'´ ̄`ヽ ` ̄ ̄ 7 /
       / / /    /         V リ//
     /  / /   /       /  〉,X ,ィ´~`゙ヽ
      /  / /  //        /ハノil   {    }
   / / /  //         //,.イ¨~`゙ヾ.,._,.,ソ
  / / /    //          /´  {.    ;!
/./ /    //       V/    ゞ,._,.,.ツ


  レン・B・メルティ 3級スカベンジャー

 トチギ地方ウツノミヤを拠点に活動するスカベンジャー。
 ロボット好きな少女で、自分の警備ロボットが欲しくてこの道を志したのだとか。
 戦闘能力や工作技能に特筆するほどのものはないものの、知恵と幅広い技術で立ち回る。

 ※ こちらのキャラクターは、ロア ◆gROAcb5wtQ氏の作品、
    『白レンは少女娼婦スカベンジャーのようです』からのゲスト登場です。
    なお、同作とは所謂パラレルワールドとなっておりますことを予めご了承ください。


 【装備・技能 一部のみ抜粋】
  7.62mm.突撃銃UR ……7.62mm.突撃銃に、アンダーマウントレールを追加したカスタム品。
                     アクセサリに銃剣、レーザーサイトを装備。
  9mm.短機関銃   ……威力の低い9mm.拳銃弾を使用する短機関銃。装甲目標にはほぼ無力。
                      アクセサリにロングマガジンを装備。
  軍用スコップ     ……塹壕戦最強と噂の近接武器。誰がどう見ても近接武器である。穴掘りにも便利。
  ワイヤーガン      ……先端に鉤爪を備えた牽引用ワイヤーを射出する拳銃。自動巻き取り機能付き。
                      射程はおよそ10m、成人男性一名+装備一式程度の重量に耐え、ラベリングなど移動手段として使用できる。
  マガジンポケット   ……マガジン用のポケットの付いた服やベルトを着用している。
                      予備マガジンの携行数を3→6に増加する。
  ハンドグレネード(破片・閃光・煙幕・EMP・チャフ 各1個)

  銃器       Lv:6 ……拳銃や小銃、あるいはそれに準じた火器を使用する技術・知識。
                  拳銃、短機関銃、突撃銃を使用可能。
  格闘術     Lv:3 ……素手や小さな武器を使った接近戦能力。
  ┗銃剣術   Lv:1 ……特化技能。ライフル等に装着した状態の銃剣を操る技術。
  投擲       Lv:5 ……物を投げるうまさ。投げナイフ、グレネードなどに使用する。
  機械知識   Lv:6 ……機械全般に関する知識を持ち、考察できる。
  感知       Lv:6 ……自身に迫った危険に対する感知能力。気配察知に近い。
  ┗嗅覚感知 Lv:3 ……鼻がよく効き、異物をかぎ分ける。感知の際に、嗅覚が役立つならば達成値に更に補正。
  指揮       Lv:3 ……状況を確認し、他人に指示を出すことに秀でている。
3205 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/08/12(土) 00:38:00.56 ID:k1LxDXjd
  【警備ロボットステータス】

        __,-、_ ハ     o、  o、
      〈 ̄ i`、.:.:ヽ/=i__,-、ヽヽ ヽヽ
       vwvww /  iヽ //`ii ヽヽ ヽヽ
        mimn〈.   l  l l .ll  ヽヽ ヽヽ
        `ー‐'-、ヘ   | i ll、〉〉ヾ ̄ヽ,--ヽヽ
         lヽ一'´ヽ_ヽヽll ‐-/ ̄i`i‐、Hヽヽ
         ヽ、──,' ヽl\\ l  ̄i l__!   ヽ. /7/7
           ヽ__i_/ // / l  l (`ヽー ///
          〈ヽ`ー‐‐一' /  iヽ ̄ ̄ヽ、〉_ |ヽ、/
           ヽ`ー―一'´ ̄ヽ }――'  '-,j l l─! ̄i`
              l;;;;;;;:.:.;;;;;;;;;;:.:.:.:.:.\    ソ}//l  |n 〉
               `‐-ヽ──、;;;;;;;;;;;;;;;`'''''''l___l l ̄i 0〈
              /ー―、_} ヘ`-、ヽ、_|H〈 ヽ-'  l
              〉/ / / ヾ  ヽ_/ O〉ト  i `ー、一〈
             メ メ, ', ' }     / /i |二二l  l l〉
            〈 〈  `ノ   ___/-/〉〉 l-----、 ヽヽヽ、
         ,-,-,-ィ、ヽ、_-、   ///7--、/ 冂冂冂冂 {}{}{}{}i
        〈〈〈〈__ヽ一'´   `ー一'´ ̄. ` ̄ ̄ ̄´
          ̄


 オオカミ型警備ロボット 『狛ちゃん』

 T.トミー社製施設警備用ユニット モデル:コマンドウルフ。
 ウツノミヤ出身のとあるスカベンジャーが連れている、コマンドウルフのセルフカスタムモデル。
 スカベンジのお供にするべく、性能の向上や最適化が行われている。

 ※ こちらのキャラクターは、ロア ◆gROAcb5wtQ氏の作品、
    『白レンは少女娼婦スカベンジャーのようです』からのゲスト登場です。
    なお、同作とは所謂パラレルワールドとなっておりますことを予めご了承ください。


――――――――――――――――――――――――――――――

 【名前】 コマンドウルフ  【モデル】 コマンドウルフ型警備ロボット  【製造企業】 T.トミー

 【マスター】 レン・B・メルティ

 【能力】(警備ロボット基準)
  頑強性:B-  破砕力:C  精密性:B-  俊敏性:B-  応用性:E-

 A以上=一流 B=人並み以上 C=人並み D=苦手 E=諦めたら? F=子供並み

  【特性】
  自動成長型AI   ……環境に応じて学習し、自我を発展させる高機能AI。
  獣型警備ロボット ……T.トミー社特有の四足獣型警備ロボット。修理には装甲や機械部品を使用。
                 人型のロボットに比べ、汎用性は劣るが、その分用途特化に仕上げやすい。
  ハードポイント   ……固定用火器を装備することの出来るハードポイント。背部に2枠保有。
  忠犬           ……主に忠誠を尽くす、忠犬ような人格が設定され、育まれている。性別は中性。
                 誠実で人当たりも良いが、アウトローやダメ人間には手厳しい。

 【装備】
 ・武装
  7.62mm.チェーンガン×2 ……【ハードポイント2】 7.62mm.ライフル弾を使用するチェーンガン。二門装備している。
                         連射性に優れ生物相手には有効だが、装甲目標には効果が薄い。
  熱振動徹甲クロー       ……四足獣型警備ロボット用の対装甲近接兵器。クローだけど牙とかも含む。
                         発熱と微細な振動により、攻撃力を向上させている。対単分子コーティングを貫く。

 ・防具
  中量金属装甲++ ……警備ロボットに使用される中量級金属装甲に、増加装甲を追加したもの。
                     通常の装甲より防御力が増しており、ライフル弾でも5.56mmでは貫通は難しい。
                     ただし追加された装甲の重量分、機動力は低下している。
  耐EMP防御      ……自動自閉機能があるのか、対EMPコーティングが施されているのか、電子回路の強度が強いのか……
                     理由は様々だが、この機体はEMPによって電子回路を焼き切られることはない。
  耐ビームコート      ……機体の装甲表面を、黒の耐ビームコーティング剤で覆っている。いわゆるアーバインカラーである。
                      ビームライフルなどの光学兵器に対して、完全な耐性を持つ。

 ・オプション
  複合型視覚センサー       ……カメラによる単純な画像認識の他に、赤外線など複数の視覚センサーを搭載している。
                         煙幕で視界が遮られても、索敵能力の低下は最低限に抑えられる。依然としてチャフは有効な模様。
  スモークディスチャージャー ……自機周辺にチャフ機能付きスモークを発し、広範囲に煙幕を展開する。
                         二発セットで、リロードは人間が行う。ちなみに一発15円と割高な印象。

  【ルーチン】
 ・固有ルーチン(着脱不可、アップグレードは可)
  格闘戦闘:C ……爪や牙を使った格闘戦能力。補正値:10
  射撃戦闘:B ……口径や反動の小さな(銃器相当の)固定火器による射撃戦能力。補正値:20
  獣性:C     ……獣らしい動作やしぐさ。スムーズな四足機動のための補助ルーチン。
               標準的な機動ならCランクで事足りる。
  対人警備:B ……特定の人物……つまりは主人を警護する為のルーチン。索敵能力を兼ねる。
               施設警備ルーチンから換装されたもので、遺跡のスカベンジ同行に最適化されている。

 ・後付けルーチン:追加不可

2777 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/07/04(火) 23:17:58.29 ID:0cvrIZDJ
 【好感度一覧】

   クーデリア.   ……A     (近いうちに、電と三人で仕事に行きたいわね)
   やる夫.    ……B-   (銃火器について、結構詳しいんだおね)
   ヴィルヘルム ……B     (次は本気を見せてくれよ)
   チンク.      ……C     (お人好しめ……勉強会、楽しみだ)
   シン       ……D-   (良いクライアントだ、次の仕事を待つとしよう)


   シノン      ……D     (機会があれば、またご一緒しましょ)
   アリス       ……C+   (本当に、真面目な人です)
   聖十郎     . ……C-   (変人だなんて、ひどいなぁ……)
   スカサハ.    ……C     (存外甘い子だが……嫌いではないよ)
   リッカ.       ……C+   (二人ともお勉強がんばれー)
   リリィ       ……C-   (いつも余裕綽々だなぁ……)
   ダリアン    ……D     (なかなか見込みのあるやつなのです)
   愛歌..     ……D     (どっちのお店も、また来てねー)
   ピアニィ.     ……E+   (お、大物新人ね……(震え声))
3512 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/08/27(日) 15:32:05.48 ID:ie5Mvtbg
                           ,. -‐:.:.:.: ̄ ̄:.:`:.:.:..、   // __
                         ,.:.:.:´:.:.:.:.:丶:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\///:.:./⌒
                          /:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.\:.:.:.:.:\:.:.:.\:.:.:.:..\:.:.:// __
                     /:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:\:.:.:.:∧:.:.:/:.:.:/⌒
                        /:.:.:./:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.V:.:.:.:.ハ:.:.:.:.∧:.:.:.∧:.l:.:.:.:./.    要警戒対象がいるうえ小奇麗な部屋ばかり探索するので、
                  /:.:.//:.:.:. |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::|:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:∧:.:.:.:ハ:.:.:. /
          、__, -‐//:.:./:.|:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.: |:.:.:.:.:.:ハ:.:.:.:.:ハ:.:/ //  私たちの出番が全然ないのです……
       ィア\   ̄ ̄ ´   /:.:./:.:.l:.:.:.:.:.{ヘ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.li:.:l:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:l///
    ィアヽ\//\          ;.:.:/:.:.: {:.:.:.:.:.Vヘ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: _」斗:.七Tフ「:.:.:.:|:.:.:.:.:.:}/                 逆に考えるんだ、戦闘になれば出番があるさ、と……
    \//\\//\      {:.:.l:.:.:.:.:L;.__ト \:.:.:.:.:.:.:.:.: l_リL;,ノ_リ }:.:.:.: |:.:.:.:.:/l                            それにほら、今回は瓦礫たくさんだし…… >
     \//\\//\    l:.:.';.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:{ ̄ヾヽ,:.:.:.:.:.:.:.}アて¨゙ヾヾi:.:.:.:.:|⌒V ||
.        \//\\//\   人:.V:.:.:\ヽxヤてミ ヽ:.:.:.:./ {ノ;;  } リ:.:.:.:.| .ノ: ト       でも警戒対象は残っているので、
          \//\\//\ 从:.:V:.:.:.:.:ト{ i);" 〕  }:.:.:/  乂__ソつ|:.:.:.:.|イ:.:. |ハ
          \//\\//\ トヽヽ:.:.:. ヾ 乂__ノ ..://::::::::::::::::::::::::::|:.:.:.:.|:.‘,ノ:.:}        あんまり瓦礫漁りに参加はできないのです……
           \//\\//\\ヽ:.:.:.:.とう:::::::: ′       イ:.:.:.:|:.:.:.:ー/
                 \//\\//\)入:.:.:.:l(     x≦二_ /|:.:.:.:.|:.:.:.:.:/
               \//\\//\ヽ:.:.}J, _x<   /::::::::::::::::ヽ 」:.:.:. |_;イ
                ///うi/:.:.:.}:. /     /::::::::::::://::://l:.:.::|:.:.:/
                ///ニゝ八:.:.:/        ,'::::::::::::://:::///ヽァ<
                ///////i>'"        |:::::::::::://::/// ノ//\
                 / /////' ´             |:::::::::://::///ノ::/    ヽ
              \//////レ   丶           |:::::::://:://:::/  /   /
               ////     \      |:::::://:://::/:i:}.  /    ′
                 ////         \\.    L;;//::/レ:i:i:ハ / /   {
             ////{       __二ニニニ/三イ-‐へノ  Y/    \
             /////ヽ、  \_ /         ヽ:i:i:i:i:i|   l′ \  }
              ////////\___/}             /フ⌒l!   }     \ ヽ
┏────────────┓
│ 取得物
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 警備ロボットの模型            ×5
| T.トミーカタログ.五・六月号 .     ×2
| T.トミーカタログ.七月号         ×2
| T.トミーカタログ.準備号原稿     ×1
| 警備ロボット技術資料          ×1
| 警備ロボット用補修部品(大)    ×3
| スラッグショットガン(ゴム弾仕様)  ×1 (>>3464)
| 防弾ベスト                  ×2
┗───────────────────────────────────────┛
3513 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/08/27(日) 15:34:42.50 ID:ie5Mvtbg
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
3514 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/08/27(日) 15:34:54.08 ID:ie5Mvtbg
_____________________________________________
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                       _______
                       | STAFF ONLY |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
          |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
          |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
          |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
          |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
          |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
          |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
          |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
          |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
         _|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|_
       |[|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|]|
       |[|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|]|
       |[|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|]|
          |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
          |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
          |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
          |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
          |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
          |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
          |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
          |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
         _|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|_
       |[|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|]|
       |[|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|]|
       |[|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|]|
          |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
          |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
          |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
          |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
          |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
_____l-―――――――――――――――────────────'|______________
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 端から存在しないのか、それとも1000年の時の中で劣化して外れてしまったのか……
| 恐らくは後者なのだろう、ドア枠だけが壁に張り付いた入り口をくぐり抜け、
| 入り込んだ隣の小部屋は……
┗───────────────────────────────────────┛
3515 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/08/27(日) 15:36:17.31 ID:n38xgAFw
現状のお宝は精々4級だよなあ。
今回か二階に期待したい所だ。
3516 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/08/27(日) 15:37:59.28 ID:ie5Mvtbg
戈/リ   戈____
∨!_|三≧=三二戈!.::|戈_ カラカラ
/i ̄\       |>! =<≧=― 、____
\|二≧ト、    弍_人_ノ: : : : : / / / ̄:|戈_l弍_                             うわぁ、これはまた…… >
__人∧  ∨ ̄!                  ∧ノ≧-<二>,=ァ
 \! \_/ ̄!.| ̄\    キュルキュル . : : ::|: : : : : : |:::ト==_/
≦二 ̄i i .:戈≧≦ ̄>、       . . ::::::|: : : : : : |:::|戈/
戈≧イ ̄\_!_人_>' \ ̄\   ..: : ::::::::|: : : : : : |:::||/l|
 ̄\/ ̄ _!全ァ、  ̄≧==-、_∧_: : : :::::::|: : : : : : |:::|У|
\  \_./ // / ̄ ̄\`ヽ!≧ァ、__>、::::::|: : : : : : |:::|_| ガランガラン
 ∧__/./__ノ  ! ̄\∧.人_| ̄》>< ̄∨\三二≦三\!__
 ̄ ̄ ̄\! \ノ ̄ ̄ ̄|!\  ∧_∧_!/ ̄>、 \.,、三三,、::::\
      \ |     ./  ∨  /.> \`ヽ  ||ーく .〉:i:i:i:i:i:i:\_!
___      \    / \   \〈:::〈   ≧ノ  ∧| ̄ ̄!\≧、:i:i|:i:|
    >、    \./   |\   \_>―イ  |/\/>夕三∧戈!
  /   :\    /   .∧_≧、_>〈 ̄>、リ   >!夕\三\:\
_/ ̄ ̄!__ >、./     l∨\  /`ヽ,人__∧―<_,.人./\三:∧:::\
\___.>'´   \  ,,,,人_/ ̄〈   .|  \\ \__>/|   \三\::::>、
/  | /     .......∨     >、 . \人   \\::::::/   \  /\三:\!_∧
_   人 \_...::::::::::::.〈         >、|\\   \\|:::::....  >――\三;≧、\
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 見事に、瓦礫ばかりの転がる、雑然とした部屋だった。
| 大方、これまでの部屋で回収されたゴミや瓦礫はここに集められていたのだろう……
| 元々部屋に置かれていた家具の類は、1000年の間集められ続けた瓦礫の類に覆い隠され、
| ここが何の部屋であったのかなど、皆目見当もつかない有様だ。
┗───────────────────────────────────────┛
3517 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/08/27(日) 15:39:16.71 ID:n38xgAFw
何の部屋か分からないのは痛いな。
狙い打ち気味の探索が出来ない……。
3518 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/08/27(日) 15:40:22.64 ID:xoKJ3PC2
期待出来無さそうかな
3519 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/08/27(日) 15:42:35.44 ID:ie5Mvtbg
                    __
                    , '       ` `丶、
                    /  /_    ヽ  ヽ \
                / , '   丶   \_ ゝ  \      なんというか、大漁ね、瓦礫が。
                  / /  ,、_   `、   ヽ\,へ _レヘ
                 ,'  l ./   ̄`ーヽ   ヘ-}≧{}=〈    こっちの方が遺跡としては見慣れてるはずなんだけど……
               {  ! |-‐'    ー-ヽ   | ヽ/弋´
                ,ヘ  {         l ├v'人  \                               これまでが小奇麗だったせいで、
             /  )  l ≠=  ≠=.|  レ' : l.ヽ   ヽ                                  なんか逆に違和感凄いわ > レン
           イ  .八 ヽ   '     u.| / : :l: :i : ヘ  }
              {  / / ヽ ト、  rっ ./l /\: :ヽ 、: :ヽ |  ええ、まったく。
               l /ノ : : } l/≧ イ   | { 〉 ヾ;、: ',: : :} /
             V/:.{:_;x( (  /〉 //./  ∨ト、): :イ
                /:/〈X  ) )/  i / / /   ∨〉:i\:ヽ
             /ywW≧V / {.  ◇./ /wy、 __〉〉:i:i:iヽ 〉
             /: : ミ∧  / / {    〈 ( ヽミ〉Wヤ〉i:i:i:i:i\
             ) / ミ∧ ( 〈  {Vwvw/l 〉  ≧w/:i:i:i:i:i:i:i:i:\
         /   ミ∧ l/ .{ニニ=./ 〈/ ,--ミfi:i:i:i:i:i:i:i/ ̄ 〉
        /       ミ∧  /   /  ./≦ イ:i:i:i:i:i:i/   /\
        ./        lミ〉./   / ./≦ イ ̄ ̄ ̄   /   ヽ
       |    ___| ミ〉≪≫|/≦ イ` ー┬─┬<        〉
       |  / -─/. ∨ 〈 〉 トyィ´ ⑩  ./  /  丶     /
.        \//  _/  /i:iヾ〈〉i:i|/      { /、        〈
          〉  / l  /i:i:i:i:i}{:i:i:i:!       ∨\ \_ ___/
          .L/ /ヽ人i:i:i:lハl:!i:i|   ⑩ /〈   ヽ____/
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| そんな部屋と言うよりも、瓦礫の山とでも称した方がわかりやすい室内を眺め、ぽつり。
| 瓦礫漁りの経験も豊富な、一般的スカペンジャーのクーデリアたちがひとりごちる。
| 目の前の小山は、これまでの生活で見慣れたものではあれど、この遺跡の中では初見とあって、
| 遺跡らしさや懐かしさを感じる前に違和感をぬぐいきれない様子。
┗───────────────────────────────────────┛
3520 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/08/27(日) 15:49:52.50 ID:ie5Mvtbg

                                    /⌒≧=‐- 、 、
      ガラガラ....                           \\
  キュラ...                    -:.:.:.¨¨  ̄ ̄:.:.:.``丶       }:.:.ヽ
     キュラ...               /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.丶 __ノ:.:.ノ  まあでも、これでようやく、
                   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\ ̄
                  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ    引き出し漁りとか、そういう家探しじみた仕事から、
                     //:.:./:.:.:.:.:/:.:.:/:.:/:.:/:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∧
                /:.:.:/:.:.:.:.:/:.:.:/:.:/// /:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.: ',:.:.:.∧  普通のスカベンジに移るんだ。
                /:.:.:.:./:.:.:.:.:/:.:.:/:./ // /:.:.:.:.:.:./:.:.l:.:.:.:.:.:.',:.:.:l∧
                /イ:.:.:.:.:/:.:.:.:./:.: /.:,ィ芋ミx、 //:.:.:.:.:./ トx:.:.:.:.:.:.:l:.:.:| :.  ここが元は何の部屋かはさておき、
           ///:.:.:.:./:.//:.// 《 {::J:::リヾ /:.:.:.://zz/ |:.:.:.:.:.:.:l:.:.:| |:|
            // /:.:.:.:./ ':.: /:.:.:. /   V__ン  /:.://}てハ抃:.:.:.:.:./:.:.:.| l/ 他所から運び込まれたものもあるだろうし、瓦礫に的を絞って……
       //  /:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.∧      __彡' / ヒ_ソ ノ》:.:.:.:/:.:.:|:.|
       //    /:.:.:.:./:.:.:/:.:.:.:./、__、        ,  `¨  /:./{:.:.:/:.:|   ……ん?
.     //     /:.:.:.:.-=≦:.:.:.:./:.:.:.込            /):.:.l.:.:∨ ヽ(
  //   -=≦ ̄:.:.:.:. -=≦:.: |三三三三三|  っ     /:|:.:.:.:{:.:.:.、                                 どうかした、シャナ? > クー
.// /:.:.:.:.-=≦ ̄:./:.:.:.:.:.:.:. /ニニニニニニ|、   _,.. イ.:.:|:.:.:人:.:.:.、
   (:.:.:.//:./:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:./ニニニニニニニ|  /ニニニニニ≧く:.:.|\:.\    ……少し、静かに。妙な音がする。
     ヽ(:.:人(:.:.:.:. /:.:.:.: /ニニニニニニニ=|  トニニニニニ/ニ}:.:.|  ヽ:.:.\
      /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ニニニニニニニニニ|___ヽニニニ=/ニ/|:.:.|   }:.:.:ヽ\
.   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: /ニニニニニニニニニニ\---∧ニニ/ニ/ .|:.:.|   /:.:.:.:.)\ヽ
  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ニニニニニニニニニニニニ\- ∧ニニニ{ :|:.:.| //):.:.:/  ):.)
...:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. : {ニニニニニニニニニニニニニ/___}ニニ>:} |:.:.|彡' /:.:∧ //
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:乂ニニニニニニ}ニニニニニニ/---∨ニ/=| 乂\__/:.:/ ∨/
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ニニニニニニニノニニニニニ/-----∨∧=| /:.>―<   }:.}
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 一方で、スカベ歴がこの中で最も短く、故に違和感より即物的に物を考えるシャナは、
| 部屋特有の探し物よりは、瓦礫と一緒に運び込まれただろう本来なら他所の部屋の出物に
| 期待を寄せながら、ざっと室内――というより瓦礫の山――を見回して、ふと。
| 瓦礫の転がり落ちる音にまぎれて、かすかな違和感を感じ取った。
┗───────────────────────────────────────┛


   ▼ 索敵判定 1D100+聞き耳(シャナ:15)+潜入/気配察知(シャナ:18)  目標値:55/90
                     +感知(レン:18)+危機感知(クーデリア:3)

   ↓1~3 最も数字の高いダイスを採用

3521 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/08/27(日) 15:50:22.37 ID:xoKJ3PC2
【1D100:4】
3522 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/08/27(日) 15:51:31.14 ID:VRw9N8Ap
【1D100:30】
3523 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/08/27(日) 15:52:13.93 ID:hpiPg8p2
【1D100:37
3525 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/08/27(日) 15:53:26.86 ID:xoKJ3PC2
4てw 俺のダイスw
3526 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/08/27(日) 15:53:47.01 ID:ie5Mvtbg
なんだこの低いダイスはぁ……(>>3521-3523眺め)
……固定値の高さに救われたな!
3527 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/08/27(日) 15:54:44.44 ID:hpiPg8p2
ギリギリwww
3528 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/08/27(日) 15:55:23.17 ID:VRw9N8Ap
固定値は正義やなあ・・・・(汗)
3529 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/08/27(日) 15:56:23.77 ID:n38xgAFw
ある意味三人全員の勝利であるw
誰か一人でも欠けてたらw
3532 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/08/27(日) 16:01:15.61 ID:ie5Mvtbg
  ダイス【37】+特技【54】 > 90 ギリクリア!

 ̄〕

                                                   ィ
__      { ̄ ̄>''"\                                 //
、 ∠     >''",.. <\\                              / ./                ん、確かにちょっと変な音が……? > クー
.\  > '二,. <    L__\\ /^! .,                        /  ./  -‐  二 ̄
:.\\< }}>-、 廴_____廴_廴__l_ `  、                 /   /-==ニ二 ̄≧===       特別変なにおいはしないわね……
:.\\\ /,イ\\     { ̄ >'"〕   廴  ` 、     } ̄ ̄ ̄二ニ=-<   .イ   . 'イ>、. \\  だとすると、瓦礫に交じって普通の物……? > レン
.:\\\\/.{_.>、\   >''" ノ〉'    「 ̄}厂 ̄}/〉__r―ヘ'\/〉二.イ ̄ ̄ `T⌒L_/// /〉〉 ̄ ̄
:.\\\\\ / /\>''" ,. <//     l_{    //廴〕、 、\〈 ィ7    _辷'二二.. ==-‐''二__./             だろうな。音からすると、
:.\\\\\\>''" ,. <_,r-//     从/  ./イ {!⌒ヾ=-≦ヾ\二Z二Zニ=-==='⌒! ̄ ̄´    ./        多分ホイールが地面を掻く様な…… > シャナ
:.\\\\\\\< .////_/⌒!_ //厶イ/}_}_廴,、__,..㌻. イ\\ー---<〉7    .〉  ̄`¨7 ̄/
:.\\\\\\\\ 廴j .//  〉 _/ _// -Ll二ニ=-イ 〉廴___\\-‐'´//`ー-/__/ r/
::\\\\\\\\\二//二/二,、 //    ,、   〕、 .L//⌒}   > >__//__f<__/_/j
:.\\\\\\\\r一.//Tー'-勹 ^~^?   r 、 / `'<  〉// __`ク_/ .//   /..:.:/_ノ }L 廴_
:.\\\\\\\\{ .// ,:Lr√二ヽ  `^Z」 〈   ._\//'Y  >--=ミ//  ./.......:/ __厶''"´ ̄
.:\\\\\\\\ゝ//__人 r'^⌒了_r--く`ー'   〈/L之 ∠  -―     ´ ̄_     -―
:.\\\\\\\\\\\\\ー-z、_         r―==¬冖ニ二     ̄
.:\\\\\\\\\\\\\\......../        /     ,ル'´
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| シャナの声に一同が声を潜め、耳を澄まし、あるいはくんくんと鼻を働かせる。
| 獣臭さは室内に存在せず、あるのはコンクリートや金属の無機質な匂いのみ。
| ほんのわずかに響く音も、おそらくは機械的なものであり、だとすれば……
┗───────────────────────────────────────┛
3533 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/08/27(日) 16:03:15.63 ID:n38xgAFw
モルガ?
3534 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/08/27(日) 16:05:33.03 ID:VRw9N8Ap
グスタフでもいるのか?
3535 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/08/27(日) 16:10:58.86 ID:ie5Mvtbg
                    __
                    , '       ` `丶、
                    /  /_    ヽ  ヽ \
                / , '   丶   \_ ゝ  \                 ……瓦礫の下に、警備ロボットでも埋まってるみたいだ > シャナ
                  / /  ,、_   `、   ヽ\,へ _レヘ
                 ,'  l ./   ̄`ーヽ   ヘ-}≧{}=〈    多分そうね……瓦礫の方に、
               {  ! |-‐'    ー-ヽ   | ヽ/弋´
                ,ヘ  {. __     _ l ├v'人  \     ちょっと近寄りたくない感じがする場所が……
             /  )  l '⌒゙  ´ ̄ ゙ |  レ' : l.ヽ   ヽ
           イ  .八 ヽ   '     u.| / : :l: :i : ヘ  }               寝た子ではあるけど、掘り起こして始末しておこうか > シャナ
              {  / / ヽ ト、  rっ ./l /\: :ヽ 、: :ヽ |
               l /ノ : : } l/≧ イ   | { 〉 ヾ;、: ',: : :} /                瓦礫漁り中にいきなり出てこられたら危ないものね、
             V/:.{:_;x( (  /〉 //./  ∨ト、): :イ                                           私も同意見よ > レン
                /:/〈X  ) )/  i / / /   ∨〉:i\:ヽ
             /ywW≧V / {.  ◇./ /wy、 __〉〉:i:i:iヽ 〉  了解、じゃあ少し、瓦礫をどかしてみましょ。
             /: : ミ∧  / / {    〈 ( ヽミ〉Wヤ〉i:i:i:i:i\
             ) / ミ∧ ( 〈  {Vwvw/l 〉  ≧w/:i:i:i:i:i:i:i:i:\
         /   ミ∧ l/ .{ニニ=./ 〈/ ,--ミfi:i:i:i:i:i:i:i/ ̄ 〉
        /       ミ∧  /   /  ./≦ イ:i:i:i:i:i:i/   /\
        ./        lミ〉./   / ./≦ イ ̄ ̄ ̄   /   ヽ
       |    ___| ミ〉≪≫|/≦ イ` ー┬─┬<        〉
       |  / -─/. ∨ 〈 〉 トyィ´ ⑩  ./  /  丶     /
.        \//  _/  /i:iヾ〈〉i:i|/      { /、        〈
          〉  / l  /i:i:i:i:i}{:i:i:i:!       ∨\ \_ ___/
          .L/ /ヽ人i:i:i:lハl:!i:i|   ⑩ /〈   ヽ____/
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| だとすれば、その正体は警備ロボットの類に違いはないだろう。
| ホイールを転がすような音からするに、車輪や無限軌道を移動手段とするタイプ……
| 瓦礫に埋まったところを見るに、サイズもそれほどではないだろうか。
| 単体の脅威度は低そうだが、奇襲されては厄介だ、先に始末をつけてしまおうと、
| 話を早々にまとめ、違和感と音の発生源へ向かい……
┗───────────────────────────────────────┛
3536 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/08/27(日) 16:15:44.32 ID:ie5Mvtbg
                   _
                  .} レ.
                _ ./ |/
                ハ V .|  __
                 }ィf==V´:.:/                                   電ー、ちょっとこっち、手伝って。
             _ /{ ヾ 彡 \′                                思ったより大きいコンクリートが…… > クー
         乂_..ィ.:.:.:.:.:.:.`:.<    \
      ー=彡.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ.    \  はいなのです、マスター!
         /:.:.:.|:.:.:.:.:}ヽ:.ノi:.:.:.:.:.}\,.:   ',
        ,:.:{斗ヘ:.:.:/,ィf= |:.:.i:.:.:! .く_   / では狛ちゃんさん、私はマスターたちを手伝ってくるので、
        |:.:..:ィfミ   V_ッ!:.:ト:.:.}__{   /
        |ト:.《 Vッ ,   /.:.;ノ:./   /    見張りはよろしくお願いするのです!
         }:.:.:i   ,、 /:.:./-./  /}
        ノ|:.:.:ゝ.    i:.:./ニ/!   /                            どうぞお行きください、電。
       / ',:.:.:.:.:.:≧≦|/ニ/ilリ  {                                 皆様の安全はお任せを > 狛ちゃん
         丶ト/}ニ|=/ニ/il/ 、__ .|
           / ヽ /}イ}イソ    i      はいなのです!
           i  ////:!      、
           |,.ィ{  /:::|       \
           {/∧ ア::j           \__
              V//ソ \             ',、
            `¨    }\.       /     /:::ヽ
                  \    /   ___/:::\::\
                   }、      /::::::i::::::::::::::',::::}
                   j::::.ー t-=:::::i:::::::::|:::::::::::::::∨
                    /:::::::::::/:::::::::::|:::::::::|:::::::::::::::::}
                  乂:::::::::i:::::::::::::|::::::::::!:::::::::::::::ノ
                  / 、::::j:::::::::::::j''乙:ハ:::::::/i
                  .′   ̄7 ̄  i       ,
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 少なくとも表層に姿を現していない警備ロボットを見付けるため、
| まずは少し、瓦礫を掘り返すことから始めるのだった……
┗───────────────────────────────────────┛
3537 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/08/27(日) 16:23:51.02 ID:ie5Mvtbg
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

                 く>
        ┌────┐ く>
        └──┬─│
            ┌┘┌┘
            │┌┘
            │└┐
            └─┘
3538 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/08/27(日) 16:24:13.79 ID:ie5Mvtbg
        |⌒\ ____ _ --,               __〉_
        |: : : : ´: : : : : : : : :`__: : : |             r ′:::..⌒ \
        {: : : : : : :: :./|: /:イ: : : {.            /7 フ 、.:  、 ム
        八: : : : : : :/: : |/: : :/: : : Y           /イ 〈 /   \}∨
       /イ: : : : : : ハ′:. |: : :.:{_ノ: : :′         , ...__/ 〈 八...}i. /  よい、せっ! なのです。
        {: |: : : :八 {: : : : : :/: : : : :|         //¨¨´.........ム-イ::{. /
       .′:,: : : : : :.r―― {: : : : : : ′       /   /.:.:.:.:.:.:..:.:{:::7
       |: : : :、: : : : :.〉----、: : : : :イ{       / j{    `¨¨¨フ::::::/             電ってホント、見た目に見合わずパワフルよね…… > レン
       |イ: : :}` __{: : : : : ::`¨l´__|     , - ′ \    /¨¨ ′                          ナンデ身ノ丈大ノコンクリ柱持テルノヨ
       /: :..:′/ニニ八: : : : : :ノ〈  ⌒―‐‐く {    ∨   {  ,
       .′: :{ ,- ニニニ `¨¨¨´ニニ∨.     ∨   、_} ...:::: , ’                            まあ、有澤重工製だからね…… > クー
       ト、: : |. ′|ニニニニニニニニニニ}  ___ノ     |〈:::=-/
.        \|/  | ニニニニニニニニ/ /.  / ト、___/7  }.  ,             重力制御の補助なしで、ガトリングガン携行して撃てるらしいし…… > シャナ
        , /   `¨¨¨¨¨¨¨¨¨´  {.  / /:::::::::::〉   ′
       /   /           | _ ′}:::ハ:::::Y:.、  イ/                              IAIもだけど有澤も頭おかしいわ…… > レン
         }   .'{           }.  ノ  ⌒{ / { ′
       ト---イハ.          人         ,                                      大丈夫、IAIの手も加わってるから > クー
       }`¨¨/7`  _____。s升ニ∨ ノ{    /
        `ー.′ニニニニ ム: : : :`ー――</。o≦イ                                              なにそのキメラ!? > レン
.          ,ニニニニニニ \: : : : : : : : : : : : : :/
          ′ニニニニニニニ`  _: : : : : : : : /
.         〈ニニニニニニニニニニニニ¨¨¨¨¨¨¨ニ〉                      (裏を返せば、あのサイズのコンクリートを運べるパワーが、)
          ` _ニニニニニニニニニニニニニニ /                                 (徘徊してる警備ロボットにはあるのか……) > シャナ
.            ⌒7`¨7― ´`ー―‐ { ′∨
             λ  ト、〈__ノ.  {ム___/:{
             }: `¨´: :} 、_マ_/〈: : : : : :∨
             l: : : : : :.:〉     `ー―‐'
             `¨¨¨¨¨´
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| ……で、数分後。
| 瓦礫だらけの室内では、元気にコンクリートの塊を持ち上げて部屋の隅にどかす電と、
| 一見してただ雑談をしているようで、しかし銃を構えて警戒する三人と……
┗───────────────────────────────────────┛
3539 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/08/27(日) 16:28:33.95 ID:n38xgAFw
武装した幼女四人がわんちゃん連れてお出かけ(崩壊世界の日常感
3540 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/08/27(日) 16:29:32.14 ID:ie5Mvtbg
        ..,--―--、
      ,:.´,ニo ,-´ヽ ⌒``ヽo
  l三三il 「ニo/    ヽ   丶o                マスター、いました! 警備ロボットなのです! > 電
  |三三!  /    , '   ヽ    ',ヽ、
   ̄フ  ,.'   ,.'     ',    ', ヽ         ビンゴ! タイヤの音からしても、これが問題の機体ね > レン
 j、 . : ´ノ=/    .i        ',    ', ヽ
 と / l=i l、   !        ',    ', }
  7  i=! iヽ__ i   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄7
 -=ニ二l=i ヽ | !  /  \ ヽヽヽ\,,,,_
 =ニ、  |=!  `‐/ ヽヽヽ 、_____」ヽヽヽ
  =ニ ノ=ハ  !   ) ) )ー───一'  ノノノ
  `ー‐'‐' `ー---〉ヽ_____ノニ二 ̄ ̄ ̄ \/
 キュラキュラ    (____/
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| どかされた瓦礫の下から現れた警備ロボット……
| 載っていた瓦礫の重さが原因か、正面装甲のひしゃげたモルガが、
| それぞれ敵対者を警戒しながら、存在している。
| 警戒しながら存在している……のだが。
┗───────────────────────────────────────┛
3541 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/08/27(日) 16:32:26.76 ID:oJVhKo4D
助けに来たぞって言ったらわかるのかな?
3542 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/08/27(日) 16:35:02.78 ID:ie5Mvtbg
                                                           /⌒ー'7
                                 《                        / y'⌒Y^!ニ7
                          ≦^1     }}             __rz-、l`ー/ヽー--'z  rー'―‐へ_
                             ̄`7   {{            r-' 7廴〕 }}  `ツ   .{{  〈 r'Zニ=-z廴〉   さて、頭が出てきたところ悪いけど…… > シャナ
                              {   }}          r勹V⌒> 〃 /   /}} _..斗==''"⌒{ {、
                               Y />イ       rく{_.ス /. i{{ イ ,≧xイ、,))'"          リハ
                                l/〉 '>'⌒~ ̄>、  rf_〕 >' /_} }"=-'"    `{{ \      ///A
                          ,-、__ノ//  _/ | _ノ///\\ノ        ヾz.  `ト . _  /〉〈//
  またこの役回りっすか         [__〕_/" _r'´   r-r'-{_,//  イ{ \\         ゝイ_,、  `''<〈、 ,、
         ____,,.-;''';";"';'';'''---..,___.ノ⌒´ く\    「.ノ _く.イ、  {{イ〕 \\       / Λ `ー勹トzrくハ/
      ,..-'''""___/-,'l,'l,.'l,  ,,--, .`l, | |     ヽノヽ  .ノ" r' 〉'7〈 >'⌒ト--、 \\     ./ / _」_    Zハ,.」:..
     /':  [-;;;;;:,,lll,l,'l,'l,.'l, .("`)  l,l/,>、    .ノLノイ   _ノY / /`T'ー、ヾ、 `ー \\ _./ /< ⌒〕ー-'⌒-'
   ,/',:' :  ~'-ヾ'-',l-'-'-'--,,'''''''''''=||.ノス_,、r'´〉イ----rく_}ム、/  .}   ̄ヾ、ト-z勹>、.\ / /≧x`''< ̄レ1
   `''::  : ,,,../"/~l:;-'''"""''-;;:l,  =.||.ィく、. \`ク^!x==≦、   Y}_/ニ辷'ニユ ヾ、_Z_之>'1イ   r≧x`''<
   `-.)--.l---'" ,/"`,..l....,,/,/`,l, :.=||:.ヾ. \ \_〃 LZ  廴_}   _rく勹r'^L二>..二''<_〔   Lr--≧x `''< ̄
   ヾ....,,(,,.l...:,;,;./ l,..., l," "l ,,..,,l,-l,: ll,、 Y  \lノ{{≧x>--r'7^{ ̄廴_ノ 辷'Z二>く  ≧=- 二 ''ー--x''"j≧x `''
            'l;; ''--'' -,/" レ"l/,廴.Ljス二lヾ、 ヾ、,イ〕/_〕_〕Y     `ー'         ̄ ̄〃 ̄二厂 ̄
       キャルキュル ''-.'..`:.-''.      ーzrァ' ̄ ̄ Y  }}厂{__廴__」、      rv============彡´ ̄ ̄ ̄`ー
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 各々瓦礫の上であったり、床の上であったり、自由に布陣している一行とは正反対に、
| 瓦礫に押さえつけられたモルガは、いまだ電のコンクリート塊をどかした上半分しか
| 外に露出しておらず、半身はがれきに埋まったまま……必死に回転を続けるホイールは、
| しかし精々ミリ単位でしか前進を果たせてはいないようだ。
| 
……どっかで見た展開だって? そうだね、前作の再現だね
┗───────────────────────────────────────┛
3543 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/08/27(日) 16:36:57.88 ID:n38xgAFw
君は敵として大活躍ってほどのスペック無いからねw
諦めてくれw
3544 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/08/27(日) 16:38:52.51 ID:n38xgAFw
起動状態のをハッキングは無理でも、これなら損傷少なく停止させられそうな。
起動や停止スイッチ何処ですか、機械知識持ちのレン先輩(無茶ぶり
3545 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/08/27(日) 16:41:08.54 ID:ie5Mvtbg
             /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`丶、       /
    ___     ,:':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:_≧== '´
 ,.ィ//////> 、/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ、
 \//////// /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ、:.:.:.:.:.:.\__r--- 、-、_,.--=--、,.....__  手早く中枢を、断ち切らせてもらう。
   ∨///// イ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:、:.:.:.:.、:.:.:.:.`ヽ:.:.:.、:.\//`ヽ、/∧    ,. -―'
.    ∨/////|:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.|:.:.:.、:.:.:.:.:.:.:.:.',:.:.:.\:.:.:.:.:.':,:.:.\:.∨///}//ム __..._`ヽ    いい、二人とも?
     ∨////|:.:.:.:.:.://:.:.:.:.:.:..:/:.:.::/!:.:.:.:.\:.:.:.:.:.::.:.\:.:.:/:.:.',',:.} `、∨//|///}´    ¨´
      }/////':. |:.:/:,イ:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:./ ∨:.:.: 、:.:.:.:.:.: |:.i /、:.:.:.:.:}:.:.}:.:|//}/> ´ ̄                   ,....:::    安全第一、やっちゃって > クー
      |////:.|:.::|/イ:.':.:.:.:.,:.:.:/:-:.:/-、 \:.:. ト:.:.:.:.:.:| }/,.ィミ>:.:.:.ト、:i:.:|//                       ,....::::´:::::::     んー、まあモルガなら
      |///:.:.':.:.:|:.:.:.:|:.:.:./:.:// {:/ _\ヽ:.| ∨:.:.:|リィ刈 / }ヽ:.!:.:从!´      __   __       ,...:::´::::::::::::::::::::     部品取りできれば十分、かしらね? > レン
      }/:.,./:.:.:.{:.:.:.:{:.:/:.:./ト  ィチ羊≧ミ、} ∨:.:}イヒjリ  ハ:.:.:|:/リ ゝ  , ´     >:::xィ:、  ,....::::´:::::::::::::::::::::::: :
   /:.://:.:.:.:.:マ:.:.∨:.:/{:.:.:\< 比j刈    }:/ 之ソ  {∧:./:.:.`ヽ、/      / `ー'..:::´:::::::::::::::::::::::::::::::,   ´
  /:.:,. ' /:.:.:.:.:.:.:.マ:.:.:Ⅳ ヽ:.:.:.:ヽ弋こソ    /     ;//\_:.:.:./`丶、___/,....:::::´::::::::::::::::::::::::::_..   ´  それじゃあ……
/:.:/  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.\ー-\:.:.:}           '   人/////.:.:.:.:.:.:.:.:.:>::::´::::::::::::::::::::::::::_   ´
:.:/  ,.::':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:',:.:.:.:ヽ///≧- 、__    ,._ィ  ///////{:.:.:.:.:.::>:::::::::::::::::::::::::::::_,   ´
´  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.//ム:.:.:.:.::.∨////////\   /////////」>:::´:::::::::::::::::::_   ´             _,.... -
,..イ:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:////}:.|ヽ:.:.:.∨/////////}`i¨´:::\///>::::´::::::::::::::::_    ´           _..    ´
:.:.:.:.イ:.:.:.:.:.:.:.,.ィ//////://∧:.:.:}/二,.ィノ⌒\-!:::::}i/>::´:::::::::::::_    ´           _..   ´
 ̄:.:.:.:.:.:.:.:/// ̄ ̄`ヽ///}:./ /ィ⌒!{  マム>::::´:::::::::::,..  ´          _,.. r  ´
__:.:///////////r‐ ´ ̄/ /}(_ノi 人>//:::_.. -  ´        _,...  -rr≦///\
     /////////_,ノ   / /r- , / //// '´        _,.   ≦----、//////////\
     {////////ノ  、  Ⅵ { {/ノ { i{// {   _,...  ≦ ´--= ´       \/////////∧
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| して、これまた前作再現というわけでもないが……すらりと刀を抜き放ち、
| シャナが必死に地面を掻くモルガの真後ろ直上に立ち、クーデリアとレンに、
| この場は手早く仕留めてしまっていいかと問いを投げ、二人が頷いたところで……
┗───────────────────────────────────────┛
3546 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/08/27(日) 16:47:24.84 ID:ie5Mvtbg
                               |!
                               |!
                               |!
                               |!
                               |!
                               |!
                               |!
                               |!
             .,,,,,,  ,,..、 .,i、           {|       ワンエネミーダウン。他に異音なし、戦闘終了
            :| │ ! l,゙.l'"           |l|w/\
           :l''''′゙‐'''" ゙''゙'j         \{w└´ /
           :!ーッ .r‐┐┌┘         \´  彡x
             :| │ .l゙ !            >  ∠─
             ‘'''"./ . l           il}   }|
              ./ /           \{  └´ /
              .ヽ‐゛            \´  彡x
                             >  ∠─             .,i \
                            il}   }|               .\ ./  ,r、
                            \{  └´ /              .`゛ ,i" ./.
                            \´  彡x                 / . /
                             >  ∠─              . /  /
                            il}   }|               r'"  /
                            \{  └´ /             ヽ‐´
                            \´  彡x
                             >  ∠─
                            il}   }|
                            \{  └´ /
                            \´  彡x
                             >  ∠─
                            il}   }|
                            ´ヾ, r、r‐|^`
                               |!
                               |!
                               |!
                               |!
                               |!
                               |!
                               |!
                               |!
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 刺突一閃。
| 【縮地】を応用した【斬鉄】の技法を使うまでもなく、劣化した装甲を貫いて、
| シャナの軍刀はモルガの制御系を停止させた。
| ワンエネミーダウン、残敵なし、戦闘終了。
┗───────────────────────────────────────┛
3547 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/08/27(日) 16:49:14.69 ID:n38xgAFw
エネミーはいなくても、損傷による起動停止したロボかその残骸パーツくらいは残ってて欲しいな……ダイスに祈るか。
3548 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/08/27(日) 16:50:39.62 ID:ie5Mvtbg
        /   /                 \
      , '    /    /   /    /ハi      ヽ (´ ̄`ヽ、
    /   /     /   /  . / /"´ト、  l l l i 〈`ー--く
´ ̄ ̄ ̄ ̄ }   ,. -┤   /  /  l./  l| i、 l l l |  〉 \ }
        r' /   i   l  l   |    l| ll /i l l | ハ\__)ト、  さて、それじゃあ……取り敢えず
        i/   ,ィ!   i  l   l    l| l|/! l,ィr l リ / 、\__).lハ
   /   .ノ   //    l,. ァr‐‐r-  l| l| i〃i「i |\\ `ー‐、 i }  目先の脅威はこれで排除完了ね。
 /    ヽ //l    イ /i l  il   l| l|ハ ソ!l |  ヽ `ーr く l |
/      〈/.//!     | l. 升r=f`   リ リ  リハ. |    `‐へノ' /                               うん、そうなる > シャナ
       V//!     l i ぐ寸 /}       〉   l l \  `フ/
\      //,ィ7.    lハ l|`~''         / ハ  >~'´    それじゃあ改めて部屋の探索、始めましょうか。
.  >  ///</      i ハリ         ,. ,イ //´`
``~<//____/       i⌒^'´`ー 、      / /´           といっても、このモルガの解体もやりたいし……
.      ̄ ̄ /      /~'´ ̄`ヽ ` ̄ ̄ 7 /
       / / /    /         V リ//                                       じゃあ、分担作業ね > クー
     /  / /   /       /  〉,X ,ィ´~`゙ヽ
      /  / /  //        /ハノil   {    }
   / / /  //         //,.イ¨~`゙ヾ.,._,.,ソ
  / / /    //          /´  {.    ;!
/./ /    //       V/    ゞ,._,.,.ツ  ___
. / /     / ./  \   ヽ、〈           ,.‐く´ ___ノ
/ /     //     〉、  .V}        /  i/____
 /    /  ´ ̄ ̄  \  Y        i `l  !、__ _  \
./    /          ``ー~ァ~⌒|  し'  八  \__}
'    /                  ノ       ヽ }ー‐ァ
   \'  \              /        し'‐‐ '
    ヽ  ハ            /i     ,.____/
     i /  \         / / >~ '´/
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| かくして、部屋の中に響いていた異音は止み、他に何者かの気配も、動く音もしない。
| 後に残ったのは無数の瓦礫と、機能を停止させたモルガのみ。
| さあ、これからがこの部屋の本番……探索作業だ。
┗───────────────────────────────────────┛
3549 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/08/27(日) 16:58:41.80 ID:ie5Mvtbg
                  ,  ´ ̄ ̄__> 、
                 /    / ,  - 、 \
               / /  /   /     ヽ ヽ
             ;  '  _,/   /  / ,、 ∧ ',   この間の復習も兼ねて、出来れば解体は私がやってみたいかな。
            / /_//   /__/ イ \∧ .
            「∨ノ,イ   / -- 、   , - } |    家電とかならともかく、ロボット類は、
           「: :ー:イ7'   | ィテ≧、  ,ィ≦、 ,'、_
           |:_介、:/ l  | Vzリ     Vリム ∧:ノ  リッカさんに教わった時しかやってないし……
           / | }' ∧ 从      ,   八 {:. ヽ
            ,  / , / .:}   ト、   ー ‐ イ  ∧:. }                      大丈夫? 慣れてないなら私もやるけど > レン
             { .:,' / ,:' .:∧  |  `  r‐く__/ ,' }:. |
             | / .' {  「∧ }    |、::::从 { 从   有り難いけど……それだと瓦礫漁りの方の人手が足りなくない?
             l { {/ 乂{::::| :、_  }\:::ヽ }ヽ }:!
          从/ .......乂|::::乂 ∨ヽr-くノ∨:| |フ...、リ   レンができるなら私がそっちに……
          // .........乂{:::::「 ∧∨_乂_)、_,l: | |\.∧
           ,.............乂/:「乂/ヽ}、\/ l∧| |\⌒{\
        _/___......乂Y_,/::::::::リ::∨- イ∧j:::::乂_(..∧
       //X<>/X>乂 \::::::::::::::::::', ̄l´ }:::::/__('X∧
       /::::::7` <X<>/乂_,\::::::::::::::}  :  |:::/__ノX/::ヽ、
        ,::::::::/::::::::::::::`<X<>乂,\::::::::|  |  }/__(Xイ:::::::::::::::.
     /:::::::/::::::::::::::::::::/ |`::ー-乂_\∧  , _|__(::{::::/:::::::::::::::::',
      ,:::::::::/:::::::::::::::::∨ {:::::::::::::::/:乂\}Tイ 「|/:::::∨:::::::::::::::::::::}
      {:::::::::、:::::::::::::::::{   j:::::::::::(__)::::::ー|  |_{ |::::::::::}:::::::::::::::::::::,
     ∨:::::::∨::::::::::::∧ {::::::::::::/ ::::::::::: |  |_{ |:::::::::::}-、:::::::::::::}
     }:::::::::::::ヽ::::::::::::∧ノ:::::::::::{ ::::::::::::: |  |_{ |:::::::::::∨=\:::::/
     、::::::::::::::::∨::/ ∧:::::::::: |::::::::::::::::|  |_{ |=:::::::::::∨ミ...∨
      \___/ / /\::::(__):::::::::::::| /人}::::::::::::::::∨../
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| やるべきことは二つ。
| 一つは瓦礫の山を漁って、おそらくそこに紛れているのだろう、
| 鉄くずや、そのほか値段の付きそうなものの探索。
| もう一つは、半身が瓦礫に埋まったままのモルガを解体して、無事な部品を手に入れること。
| 流石に、全身掘り起こして丸ごと持ち帰るのは、瓦礫の扱いが難しそうだ。
┗───────────────────────────────────────┛
3550 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/08/27(日) 17:01:43.38 ID:GGRkVyuJ
乱雑に放り込まれていたとしたら
瓦礫の中からは狙って良いものは掘り出せだろうから運頼みに近いかな?
3551 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/08/27(日) 17:04:06.93 ID:oJVhKo4D
運か…(白レンを見ながら
3552 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/08/27(日) 17:04:49.20 ID:n38xgAFw
白レンの運とかステータスは貼られてないからへーきへーき
3553 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/08/27(日) 17:05:33.17 ID:ie5Mvtbg
:::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::\::::\::::\::::::::::\::::::::\
::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::|:::::.:::::::::ヽ:::::ヽ:::::ヽ:::::::::::::\::::::::ヽ
::::'::::::'::::::::::::::::::::::::::::|i::::|::::::::::::∨:::::∨:::∨\:::::::::ヽ、:::::',
/::::/::::::::::/::::::::::::::::::':::::|i:::::::::::::|、:::::::!:::::::}、:::::\::::::::.\::}  電を貸してもらえれば、こっちは私一人でもいいよ。
::::::'::::::::::/:::::::/:::::::/:::::.::::::::::::::::|::ヽ:::!.ヽ./::::、:::::\::::. ヾ
::/:::::::::/::::::::/:::::::/:::::::::|::::::::::::::|:::::マ{/::::|::::::ヽ:::::::ヽ.ム   どの道、大物が転がってたら三人がかりでも骨だし。
:':::::::::::|:::::::::':::::::/i|:::::::∧:::::::::::::':::::,イ|:__ヽ}、::::::::.::::::::|:マ}
|i:::::::::!i:::::::,|::::::/ |::::/  ∨:::::/:::/ }/斥ヽァ∨:::::.::::::|::}|   あるかわからない出物よりは、確実なモルガの部品を優先しよう。
|:::::::::,!ー /|-/― }/ー '  |:::::'.   ,イr ,ら i} ∧::::|:::::!:/
|:::::::/!::::/ ,.ィテ笊芯ヽ |::/    比刈  ハ|::/:::::|                                     んーまあシャナがそういうのなら。
|:::::::'::|::/ ,イ/ 忙_-、ら  j/      込ソ ::::::|ハ:::::;'                                       電、シャナの手伝いお願いね > クー
|::::/::::{ハ Y  比し'刈  /           {:::::| .∨
{Ⅵ:::::::::{    込_z斗       、       |::::::.                                                    はいなのです! > 電
|::::::::::::::|                     人:::::i
ム::::::::::::::.            ,. v   /  :.::::::.
,∧::::::::::::ム                イ___|_::i
i/∧:::::::::::::', ̄ ̄\      //////////|:ヽ
///::.::::::::::::.∨/////| ̄ 7  - '///////////i!::::.\
///∧:::::::::::::∨////|   ト、//////////////|:::::::::::.ヽ
////∧:::::::::::::∨///|  |: :\/////////// /\::::::::::::.\
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 人数の割り振りはどうしたものかというと、クーデリアには少し悩ましかった様だが……
| モルガをつぶしていたコンクリート塊然り、重い瓦礫の転がる室内だ。
| 万全な出物は期待できなかろうし、確実なモルガの収入に、
| 機械解体に対応できる二人には集中してもらおう。
| 代わりに電を瓦礫漁りに借りると、外の警戒が狛ちゃん一人になるのがネックだが……
| シフト表の通りなら、おそらく大型警備ロボットは来ないはずだ。なんとかなるだろう。
┗───────────────────────────────────────┛
3554 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/08/27(日) 17:07:06.10 ID:n38xgAFw
前回シフトが判明したから警戒の手を減らせ、探索の手を増やせるのか
3555 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/08/27(日) 17:09:28.83 ID:n38xgAFw
こういう瓦礫撤去とかイメージ的に能力値の筋力が必要とされるような作業は、
やっぱ大人の男手やスーツがあると便利なんだよなあ
3556 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/08/27(日) 17:15:33.25 ID:ie5Mvtbg
                      __
                      , '       ` `丶、
                      /  /_    ヽ  ヽ \
                  / , '   丶   \_ ゝ  \                            それと、私の工具、貸しておくから。
                    / /  ,、_   `、   ヽ\,へ _レヘ                                           うまく使って > シャナ
                   ,'  l ./   ̄`ーヽ   ヘ-}≧{}=〈
                 {  ! |, -‐   ─ 、  | ヽ/弋´    ん、任された!
                  ,ヘ  { r=、   イ乏) l ├v'人  \
               /  )  l弋ソ    ヾ-' .|  レ' : l.ヽ   ヽ それじゃあこっちは任せて、シャナ達も探索、頑張ってね。
                  イ  .八 ヽ   '       | / : :l: :i : ヘ  }
                {  / / ヽ ト、 ー' ./l /\: :ヽ 、: :ヽ |                                       もちろん > シャナ
                 l /ノ : : } l/≧ イ   | { 〉 ヾ;、: ',: : :} /
               V/:.{:_;x( (  /〉 //./  ∨ト、): :イ                    あ、ならシャナも、私のスコップ使っていいわよ > レン
                  /:/〈X  ) )/  i / / /   ∨〉:i\:ヽ
               /ywW≧V / {.  ◇./ /wy、 __〉〉:i:i:iヽ 〉                                    ああ、助かる > シャナ
               /: : ミ∧  / / {    〈 ( ヽミ〉Wヤ〉i:i:i:i:i\
               ) / ミ∧ ( 〈  {Vwvw/l 〉  ≧w/:i:i:i:i:i:i:i:i:\
           /   ミ∧ l/ .{ニニ=./ 〈/ ,--ミfi:i:i:i:i:i:i:i/ ̄ 〉
          /       ミ∧  /   /  ./≦ イ:i:i:i:i:i:i/   /\
          ./        lミ〉./   / ./≦ イ ̄ ̄ ̄   /   ヽ
         |    ___| ミ〉≪≫|/≦ イ` ー┬─┬<        〉
         |  / -─/. ∨ 〈 〉 トyィ´ ⑩  ./  /  丶     /
.          \//  _/  /i:iヾ〈〉i:i|/      { /、        〈
            〉  / l  /i:i:i:i:i}{:i:i:i:!       ∨\ \_ ___/
            .L/ /ヽ人i:i:i:lハl:!i:i|   ⑩ /〈   ヽ____/
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| さて……仕事の分担は決定したし、必要な道具の交換などもざっと済ませた。
| ぼちぼちと作業を始めるとしようか。
┗───────────────────────────────────────┛


   ▼ 解体判定 1D100+機械解体(クーデリア:12)+機械知識(レン:18) 目標値:50/70/90
   ※ シャナ達の瓦礫漁りは判定なしの自動進行になります。

   ↓1~3 二人のモルガの解体作業について自由記述
   ↓3    ダイス採用

3557 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/08/27(日) 17:23:25.67 ID:GGRkVyuJ
作業をおこなう際に声を出して互いに勘違いや思い込みの無いようにする
二人の知識で確認しながらより良い手順を探る
行動の結果で瓦礫の崩れが起きないか注意する

【1D100:38】
3558 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/08/27(日) 17:23:45.30 ID:oJVhKo4D
潰れている部分はもう諦めて、単分子ナイフで切ってしまって引っ張り出そう。
知識と経験が豊富な白レンに相談しながら進める。
お金になりそうな部分を優先しよう

【1D100:24】


良いとこ見せてくれよ白レン
3559 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/08/27(日) 17:24:05.33 ID:n38xgAFw
【1D100:13
瓦礫に下手な衝撃を与えないように注意しつつ行う。
特に二人同時に作業する場合は互いの肩をぶつけたり相手の邪魔にならないよう、おおまかな手順確認してから行う。
解体手順も瓦礫の重みで残りの半身がなるべく潰れないよう配慮。
劣化や錆で取り外ししにくい所は工具用単分子で。
3560 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/08/27(日) 17:24:12.18 ID:VRw9N8Ap
>>3557
【1D100:97】
3561 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/08/27(日) 17:24:29.34 ID:n38xgAFw
俺のダイスが死んだ!
3562 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/08/27(日) 17:25:03.80 ID:ie5Mvtbg
ひぇっ、このターンダイス運ひどい……ひどくない?(一ずれで大きい目が出るとこ含め)
3563 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/08/27(日) 17:25:13.16 ID:GGRkVyuJ
最近ダイスが渋いな
揺り戻しなのだろうか
3564 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/08/27(日) 17:25:54.35 ID:VRw9N8Ap
↓3を↓5くらいまでするべきなのか・・・
3565 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/08/27(日) 17:28:01.42 ID:ie5Mvtbg
そしたら↓5で一桁とか出て、その前後で90台が出るのが目に見えるようだ……
3566 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/08/27(日) 17:30:13.24 ID:VRw9N8Ap
(無言で顔を覆う)
3567 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/08/27(日) 17:30:21.30 ID:oJVhKo4D
白レンがいる時は基本こんくらいじゃなかったけ?
と、ウツノミヤの頃を思い出すw
3568 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/08/27(日) 17:31:46.90 ID:n38xgAFw
俺が全部悪いんだ!
だからシャナ、クーちゃん、白レン、蔑んだ目をしながら俺を踏んでくれ!
3569 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/08/27(日) 17:33:37.25 ID:ie5Mvtbg
  ダイス【13】+安価【25】+特技【30】 > 50 第一段階クリア 第二段階には2足りない!

            _
          / ̄   ̄ \
         / O)ミ:ヽ ̄ ̄ヽ         さ、それじゃあ解体、始めましょうか。兎にも角にもまず外装剥がしね。
         l    /  ヽ   l              正面装甲は劣化がひどいし、隅は大雑把に刃を入れていいわよ > レン
         | O)( ×  ヽ   l
       / ̄ヽヽ\   ヽ _ |                          じゃあ、上部分からナイフ入れてくわね…… > クー
 ∧∧    l: ○ :l |ヾ_\{ l ━ }l
 ( 、 ` ヽ、 ヽ_ノノヾ_ _ ,ノ ̄                         ええ……あ、単分子は表面を滑らすように、
   `ヽO)ソ   ヾ _  _ ノ                                    深く刃を入れすぎないようにね > レン
    l    ヾ _  _ 丿
    ヽ  ヾ _  _ ,ノ                             わかった……その辺は普通の機械と一緒ね > クー
      `` ‐ -  ´
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| さてそれでは、周囲の瓦礫を邪魔にならないよう、また崩落が起きないように軽くどかして、
| クーデリアとレンはモルガの傍に座り込む。
| まずは内装の状態を見るために、レンのアドバイスをもとにクーデリアが
| 工具用の単分子ナイフを手に、モルガの正面装甲に刃を滑らせていく……
┗───────────────────────────────────────┛
3570 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/08/27(日) 17:36:21.27 ID:n38xgAFw
2足らない……13とか薄目にして見れば15に見えなくもない気がするような雰囲気
3571 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/08/27(日) 17:40:59.88 ID:oJVhKo4D
>>3568
そこまで気にするなら仕方ない。電踏んであげなさい
電「はわわ!?」
3572 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/08/27(日) 17:41:46.28 ID:ie5Mvtbg
   ____________
  ┌|iii―| |匚]―|ll| |ll|[[l|=|ii|[__|┐
  ┌|三]l|_lヨ=≦三[l冂」」凵」|[__|┐                        ……カット、完了。外した装甲はどうする? > クー
  ┌[」┌㌍==l┬ヨ」卍」」卍」|―┴[|┐
  ┌|Ol|┼┬┐iL三]了]]ニ「匚]―l|┐                   ぼろでもくず鉄替わりにはなるから持ち帰りかしら。
  ┌|i=i[iヨ┼┼<二l」幵┬┼ヨヨ」|┐               あとは内装だけど……基盤はだめそうね、ヒビが入ってる > レン
  ┌|工]弖」iii」三l┬┼l L乢[| |iЮ|┐
  ┌|iirr[[田l[Ю]」_|iiii|〔エ〕 || |iiiiii|┐                                 良く動いてたわね、これ…… > クー
  ┌|ii|]┌―[lニTTiiii|―┬<〉i|工l|┐
    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| さて、そうして慎重に作業を進めて数十秒。
| 中枢系を収める正面装甲を無事に切り外し、中の部品が二人の前に姿を現す。
| レンはクーデリアから受け取った装甲を出物用のずた袋にしまい込み、
| ひと声かけてからモルガの中ものぞき込んで……小さく、ため息をつく。
┗───────────────────────────────────────┛
┏────────────┓
│ 取得物
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 劣化装甲 ×1
┗───────────────────────────────────────┛
3573 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/08/27(日) 17:43:16.57 ID:n38xgAFw
>>3571
その娘は背骨を踏み砕かれそうなので遠慮します(震え声
3574 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/08/27(日) 17:49:43.75 ID:ie5Mvtbg
                            ___
                             ,. ´ ::::V⌒ヽ 、
                             / :: ::::::::/   ヽ ヽ
                        / / //:/! / i  〉  \.  ___ _        んー他はまあ、こまごまとしたのなら、
     r 、   r 、                /レ' //::/ //1::///    V´        ̄ ̄ ̄ヽ
   ,.f ヽ \ ヽ. \              VN / メ<./ ///       ',              l  使えそうなのもあったりなかったり……ってとこかしら。
   l \ \ `'    '.              ン ' テV、 X,'//    |     !             .'
   fヽ _`        l           「    ハ/ ヾj/V'/   /` ー─ハ            /   クーデリア、そっちの工具貸して。
    `ー 、       l.            !    `´   ´ .'/  /、ー── !           /
       ゝ-──-く.          /!ヽ       //  / ゝ\ー イ        〈     私のは大振り過ぎて、ちょっと取り出すのに向かないの。
      l       |         / 人      //   ハ/ _jノ:   |         〉
      |       ) - ─… '" /  >┐  i/   √ ̄/:::l   │        /                            わかった、どれがいる? > クー
      L      |     ___ .. イ    /:::::: |  /   /. ─v:::   │ 、     く
       |      |‐ "  /    ./ . ──'─‐ '     V::::l:  │ \     \     取り敢えずは小さめのニッパーと……
       |      |   . ′      レ'           `ヽ:::::   |    \     \
       |      | /   __ _/               V:::  |      \     〉
       |      └─…く     `ー──              V:: |      \ /
      人           \                     l:: |       /
     //!                \                     l:::::|        !
      .'/ .ハ              > - 、               l:::::|_____ _ノ
      /'´ゝ、   _________    \            l:::::|
         l  ̄/ /i /   l  ',: : :ヽ.    \________ノ :: |
         l: /!│レ′    ! / `""|             (:::: /::: |
         レ′!/        レ′   |              )/:::::: |
                        l            ヽ:::::::: l
                        i              \:::i
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 内装では値の付きやすい基盤系が駄目になっていたのは痛い――おそらく、
| 瓦礫で装甲がつぶれた個所が、ちょうど基盤系の集中した場所だったのだろう――が、
| それでも全部が全部だめになっているわけでもない。
| クーデリア、元をただせばシャナから工具を借りつつ、レンは無事なものと
| 修理すれば使えそうなもの、それぞれをより分けながら、モルガから部品を引き抜いていく。
┗───────────────────────────────────────┛
┏────────────┓
│ 取得物
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 機械部品      .×4
| 欠けた機械部品 ×6
┗───────────────────────────────────────┛
3575 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/08/27(日) 18:00:50.76 ID:ie5Mvtbg
                       _______
                  ,..::´               `丶
                    /    _ -─  フ  ̄     \
              /     /   /  \      \                       ……とまあ、内装はこんなものかしら > レン
             /     / _, -/ヘ     丶    ヽ  丶
               /   / |/   fl /{     }    |   |   ん、ありがとう、勉強になったわ。
           /   / /|    |! li ∨    .|     l   ト、
              /   /∠_ l    l  リ ヽ     l    l   | ヽ ……ああレン、モルガについてる武装の方は、
          |   / { イ≧、   丶    \   |     |  .|   |
          |   { /斥/    、_____ヽ 〉    l   !  .| 取り外して持っていっても大丈夫?
          |.   / 弋ソ         _     `7    リ  ./  /
          |  /          ´ ィ≦ヽ   /   /  {  冫 見た感じ、機銃っぽいのが外に出てるけど……
           .i | {   ′      / 斥寸} ./     ,' ,へ |_ , ヘ
              `| ∧           弋二ソ  /    ,' .}_≧{}≦_{                     ……拳銃弾を使う半自動機銃ね。
           丶∧  {`丶        /    , ヘ.  l_/ ト、/        カスタムパーツとしては微妙だけど、状態は悪くないわね。
              } 丶 ヽ ノ        ./   ∠ ノ// |  ヽ                   外すのはいけそうだし……いいと思うわ > レン
              .ハ   ト ‐┬ ー─ -∧  /-' ´   .!   {
             ノ  ) / _ ! _ -─./  ./ .,'    l  |     |   わかった。じゃあやってみるから、アドバイスお願い。
               ./ / ./  ̄   / /|lヽ |     l   !    ヽ
              ( 〈/,. -─-´_ ≦圭fリ i/!     |  丶     \                                ええ、頑張って > レン
                  ヽ∨ rー ':T:T:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:!7  ;  .!    \     ヽ
               /:i∠ ノ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:!/  ,'   l    {.ヽ、   `ヽ
            /:i:i:i:i:i::i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ii:i:i:i:i:!/  ,'    リ     \. \    ≧
              /:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:!/∧     ./        ' , `--ミト
            ./i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:!( (i:i:)   /          ',      ヽ
            ∧i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i) )/   (          ;       )
                                  _____
   __________________/   (_]ニニl   \
  (】l]二二二二二二二二二二二二二二二二二〕〕〔工三〕]___/
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\_______/´ ̄|_/////ノ
                          └┴く\___|ヨ Y⌒Y〕
                               \_ノー「l_)〔
         ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| レンが慎重な手つきで部品を選び、取り外していくのをじっと眺めていたクーデリア。
| その手つきと取捨の選択基準を見定めてから、モルガから一度手を引いたレンに、
| モルガの外装に取り付けられた機銃を指さしながら、取り外しても大丈夫か問う。
| 警備ロボットの部品としては下級品で、あまり値の付くものではないが……
| 捨てていくほど無価値でもない。
| レンが頷くのを見てから、電の換装思い出しながら、クーデリアは工具でボルトを緩めだした。
┗───────────────────────────────────────┛
┏────────────┓
│ 取得物
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 45口径半自動機銃 ×2
┗───────────────────────────────────────┛
3576 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/08/27(日) 18:08:07.89 ID:ie5Mvtbg
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

                 く>
        ┌────┐ く>
        └──┬─│
            ┌┘┌┘
            │┌┘
            │└┐
            └─┘
3577 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/08/27(日) 18:08:21.47 ID:ie5Mvtbg
.   /::::/:::::::/:::::::::::::::/::::/::::::::::::::::::i \::::\::::\:::::::::::ヽ:::::::::::::::ヽ:::::::::::::i
   /::::/:::::::/:::::::::::::::/::::/ ヽ:::::::::::::|  斗-\ー\:::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::::::|
   :::/:::::::/::::::::::::::./::::/ト.、 ヽ ::::::|   .x=芸气ミ\i:::::::::::::::::::::::',::::::::::::|                   シャナー、こっちは終わったわよー > クー
    /:::::::/::::::::::::::::/::::/ .    ヽ :::|  .〃ム ..i:::::うⅥ /:::i:::::::::::::::::::::::::::::|
   :::::::/::::::::::::::::::′ i.ィチ云㍉ ヽ:i     ∨.{:::{.リ   /:::: N ::::::::::::|:::::::::::| わかった、それじゃあそろそろ引き上げて、
    :ノ:::::::::::::::::::|  ヽヤ .{::{,ィ   \.  .辷匕7  /:::::::::::/ヽ ::::::::|::::::::::|
      :::::::::::::::::八 /    廴ノ             /:::::::::::/  ヽ::::::::::::::::|  二階の方に移ろうか。
      ::::::::::/  / ハ       ′.         /:::::::::::/   ∧ヽ:|:::::::::|
.       ::::::/ /  ∧     _        ∠:::::::::::/|,ィ'/:::::::::::::::::::::|                            ん、了解。成果は? > クー
           /:::::::::.∧    ヽ__`,  /////////`ト:::::::::::::::::::::::::::::::|
.          /:::::::::::/  ヽ        |:///////////////////\::::::|  豊作なのはくず鉄くらい、かな。
        /:::::::::::/     >        |://////////////////////ヽ|
         /:::::::::::/,ィ'////////:`.::::::孑|/////////////////////////ヽ                               あちゃあ…… > クー
         /:::::::::::/ /////////////////////////////////////////
.        /:::::::::::/ ///////////////////////////////////////////
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| で、そうして数十分後、クーデリア達がモルガからあらかた値の付きそうな部品を回収し終え、
| 声をかけてきたので、ならそろそろ潮時かと返事を返す。
| 電と協力して、重い瓦礫などもどかしながら漁ったのだが……こちらの成果は、
| 正直に言って芳しくない……まあ、運がなかったと切り替えていこう。
┗───────────────────────────────────────┛
┏────────────┓
│ 取得物
┣────────────┻──────────────────────────┓
| くず鉄         .×10
| ケーブル       ×1
| 細切れケーブル ×4
┗───────────────────────────────────────┛
3578 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/08/27(日) 18:13:03.44 ID:ie5Mvtbg
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


    ''' ¬=-=ニ  ....,,,,,_.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::::::::::::::::- - - - - - -ニニ二二二三三三三三
:::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ̄ 7__…‐-= ..,,_.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:‐ ‐‐─二三三三三三二三三三三
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: /| ̄¨¨゙||: : :.:.:.|   ̄””¨““ ' 冖¬…‐-=ニ二三>゙|: : |: : :  ̄”¨
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: : : : : : : : :/:||::::::::::::|| : :..::|            : : : : : : : : :.:.:|: : |: : |: : : : : : : :
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:: : : : : : : : : :_/==== ┘  |             : : : : : : : :.::|: : |: : |: : : : : : :
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ::/∧__________,|__           : : : : : : : : |: : |: : |: : : : : :
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :|:V∧¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨゙|¨¨¨¨\        . : : : : : : : : : |: : |: : |: : : : :
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :|.::V∧ニニニニニニニニニi \     . : : : : : : : : : : :|: : |: : |: : : :
ニニニTニニニTニニニニニ|: : V∧ニニニニニニニニニi  \  . . : : : : : : : : : : : : |: : |: : |: : :
: ::|¨¨¨¨¨ | |¨¨¨¨¨゙丁丁¨:|  V∧ニニニニニニニニニi : : \: : : : : : : : : : : : : : |: : |: : |: : :
: ::|:::::::::::::::| |::: ::::::::::||: :|  ..V∧ニニニニニニニニニニi: : : \: : : : : : : : : : : :.:|: : |: : |: : :
: ::|:::::::::::::::|_|:::: :::::::::||:」ニニ|: :V∧ニニニニニニニニニニi : : : \::: : : : : : : :.:.::|: : |: : |: : : :
: ::|::::::::::::::i|_|i:::: ::::::::||:| |二_|_V∧ニニニニニニニニニニi: : : : :\: : : : : : :.:.:|: : |: : |: : : : .
: |:::::::::::::::| |::::: ::::::::|├:| |||¨¨¨:| ̄|ニニニニニニニニニニニi : : : : :\::_:_ : : : |: : |: : |: : : : : : . .
: |:::::::::::::| |::::: ::::::::|├:| |||   |: : |二二二二二二二二二二L: : : : : : ̄ ̄:.::.:|: : |: : |: : : : : : : :
‐┘ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄└┴:| |||   |: : |二二二二二二二二二二 ⊥_ : : : : : : : : : |: : |: : |: : : : : : : :
:::: : :   :::      : : :.:|_|||   |: : |二二二二二二二二二二二二i.:: :.: : : : : : |: : |: : |: : : : : : : :
:::: : :   :::       : : : : :|\|   |: : |二二二二二二二二二二二二 L____ : : : : |: : |: : |: : : : : : : :
::::: : :   :::     : : : : : \|   |: : |¨¨¨ ̄.: .: .: .: .: .: .: .: .: : : : : -=二≧s。L__|: : | : : : : : : : :
::::: : :   :::     : : : : :::::::::: ̄ ¨¨¨::::..... : : : : : : : : : : : : : : : . . .      ≧=‐-=ニ¨ ̄
::::     ::     : : : ::::::::::::::::::::: ::::::::::::::::::... : : : : : : : : : : : .             : : : : :
: : :   ─┸─      :.:.:.:::::::::::: :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::..  : : : . . .               : : : :
: : : :  ー‐::─一       :.:.:.:.:.: :.:.: : : : : : : : : : ..                     : : : :
: : :                   : : : : : : : : : : : : : . .                   : : : :
┏────────────┓ : : : : : : : : : : : : : : : . .                 : : : :
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| それから廊下に顔を出し、特に徘徊する影も、足音もないことを確認してから……
| 扉からそう遠くない位置にある、上へ向かう階段に足をかける。
| 幸いにも階段には陥没も、目立って転がる瓦礫もなく、上の階には問題なく登れそうだ。
| ……さて、上はどうなっているのやら。
┗───────────────────────────────────────┛


   ▼ 遺跡の二階部分へ移動します。

3579 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/08/27(日) 18:13:09.32 ID:n38xgAFw
この部屋、トータルで100円いかなさそうな……。
大型やらないと稼ぎにならないかも。
3580 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/08/27(日) 18:22:33.55 ID:ie5Mvtbg
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
3581 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/08/27(日) 18:22:45.81 ID:ie5Mvtbg

   ┌――――┬――┬―――┬―┬―  ~~  ――┐   △△ 昇り階段
   | ;;;;;;;;;;;;;;;;;; |▽▽|      |  |▽▽~~      |   ▽▽ 降り階段
   | ;;;;;;;;;;;;;;;;;; | 0. |      |  |    ~~      |   ;;;;;;;;;  瓦礫
   | ;;;;;;;;;;;;;;;;;; |    |      |  |    ~~      |   ~~ 省略箇所(=探索範囲外)
   | ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;       1.   |  |    ~~      |   ¦¦ 閉鎖シャッター
   ├――――┤    |      |  |    ~~      |
   |       ;; |    |      |  |    ~~      |
   |     ;;;;;|    |      |4.|    ~~      |
   |    ;;;;;;;;;;;;    |      |↓|    ~~      |
   |    ;;;;;;;;;;;;;;            ├―┤    ~~      |
   ├――――┤    └―――┼△|    ~~  ――┤
   |        |        ;;;;;     ;;;;;;;;;;;;;;;;~~    △|
    \_     |     3. ;;     ;;;;;;;¦;;;;;;;;; ~~    △|
       \_ 2.        ;;;;¦ ;; ¦;;;;;;;;; ~~    △|
           >┴――――――┴―┴―  ~~  ――┘
                      5.↑


  0.降り階段 【現在位置】
    一階へつながる降り階段。帰りはここから下へ降りる予定だ。
  1.階段脇の大部屋
    二階に上がってすぐの位置にある大部屋。部屋の中央に、長大な長机と無数の椅子が鎮座している。
  2.崩落した小部屋
    曲がり角の傍にある小部屋。一階部分の壁と共に、一部の床が崩落している……一応、雑多な小物は床に残っているようだ。
  3.渡り廊下
    遺跡の奥と手前を繋ぐ大きな通路。……一部の床に崩落による穴が開き、移動には難儀しそうだ。
  4.昇り階段 【侵入不可】                            三階
    三階へつながる昇り階段。外から見た建物の全高からすると、おそらく次が:最上階だ。
  5.瓦礫と穴と閉鎖シャッター 
【侵入不可】
    渡り廊下の途中で閉められたシャッターと、崩落した瓦礫や床の穴が道を塞ぐ。……ここから遺跡の手前部分へは行けそうにない。

  ※ 【3.渡り廊下】をクリアすると、【4.昇り階段】から上階へ移動可能になります。


┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| さて、そういうわけで二階部分まで登ってきたわけだが……
| いくつかの部屋は瓦礫で埋まり、それほど探索できる範囲は広そうにはみえない。
| それと、階段の長さからすると、まだ上に一階分フロアが残っていそうだ。
| さあ、どこから順番に見ていこうか?
┗───────────────────────────────────────┛


   ▼ 選択安価 ↓1~3 1D100を添えて、最も数字の高い選択肢
      さて、どこを探索していこうか?

   
1) 階段脇の大部屋
   2) 崩落した小部屋
   3) 渡り廊下

3582 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/08/27(日) 18:25:07.01 ID:GGRkVyuJ

【1D100:83
3583 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/08/27(日) 18:26:41.23 ID:7T2Ovok9

【1D100:80】
3584 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/08/27(日) 18:28:12.78 ID:oJVhKo4D

【1D100:52】
3585 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/08/27(日) 18:29:15.43 ID:ie5Mvtbg
ういうい、まずは順番、手前の大部屋ですね、了解了解……
それでは次の行き先が決まったところで
3586 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/08/27(日) 18:29:27.41 ID:ie5Mvtbg
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


   ▼ 本日ここまで

3587 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/08/27(日) 18:33:19.26 ID:GGRkVyuJ
乙でした
3588 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/08/27(日) 18:35:23.96 ID:ie5Mvtbg
                  , 、_  -ヘー―,イ´. ヾ 、
.              /   ,>匕ィ、_ `フ    ヽ ヽ
.             /  >'ー'´__二ニフ ',.   ヽ \
         /ァ=ァ'    _  -ーヲ  iト,  '., ヽ ` ,
.          ,イ/  i′   , -ー  ̄ ´ i、 i! i! '.,.  ', ',  ',       はい、というわけで……遺跡の二階に到着したところで、
       ,イ! l!ニ i! _, イ i i! !、   |マ | |. '.,  i! i  i
     ,イ三i| l!ニ i!;';';  | ||斗ヤ| ∨ ´「 マ¬ー-ト i i!  i!          本日のスカベンジャーはここまでです。
   ,イ三三ヲ! i!ニi!;';';  i个!i ! ', i! V  i メ/|マ  i!', i! i!  i!,
.,イ三三ヲ'´. ! l!ニi!;';';   i !| !| ',.|  ∨ | ,!∧! マ | ', |. |.  i',        まともに動いてる警備ロボは強いが、その分倒せばお金になるのよなー。
ニ三ヲ'´    | l!二i!;';'  i!. i!| ` ヽ!   V.!==ェュマ ! i! ! i ', ',ヽ
ヲ'´    ,'  i l!二i!;';.  i、|,ィ=≡ゞ  ヽ!       /. | |  | ヽ , ヽ.     探索人数は過去最多の五人だし、電の50口径とか武装も充実してるんだから、
     ,'   i l!二i!;.   i!ヘ|              //! |  i! ヽ\`\
     ,'    i!. l!二i! ,イ!\'、  _,.-‐   ̄ ̄i /'  ,'i! i!. | !  、\',  \  怖がらずに重い足音さんとこ行って良かったのよ?(ニヤリ
    ,'     マ i!. 爪,ノi| ト、ヽ V   ´  - ′  / !| i!  ! iト、 \l\   `ー
             ゝ.ヾ二,ハ  ',、  `          <ト,i|.i,'  |',i=ミヽ  ヽ、`ヽ 【縮地】は使わないようにしよう、という独白に踊らされてしまったようだな……
.            ,ィ <ミミミト,. ∨>-   _ , <ミミゞュ !  l i!  ! ヽ、  `ー=、 というか素であいつスルーはスレ主予想外でしたんよ。
_  ー   =./     ヾミミi!ヘ ∨ill  ℡ミゝ_ィニ彡 「il彡  i!',}  | i  !ヽ、   li
                   ヾ! !ミゝill. |!   |    i| ill |,ィ―'――i ,'  /i  /     とまれ、全三階層の遺跡もようやく二階層目、
                  /j | i! ill         illl i'  ゝ、_  ∨、 / !/  ,ィ
.              /   ,' / ,ィij           ,illl、>'´ ̄´    l!ニト\/ ,イ/..  この先の遺跡はどうなるのか、そろそろロボット組にも日の目を見させてやりたいところだ!
                 ノイヲ',==ュ、. i|i  ,ィ==ュ</|イ ̄ ̄ ̄  l!三i|ミ!ヽノ
  ゛'' ‐-  ,,_.      、  ヽ )>/ゝ¬ミヽ!|i,ィヲ'¬ヾi/li| ゝ――  i マニ!ミ!. ト、   ということで待て次回! だな。
- .....,,,,__         \  ) >ニ>   `.|ll|゙´  ,ィ//メ、 ゝ- て´  マiミ! | \
3589 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/08/27(日) 18:37:00.17 ID:oJVhKo4D

三階建てだったか!
3590 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/08/27(日) 18:40:42.57 ID:n38xgAFw

一般のスカは危険避けてお宝漁りしてナンボでおすし。
3591 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/08/27(日) 18:43:20.94 ID:ie5Mvtbg
                ___
            〃`<    __ `
          _/ __        __  ヽ  \
.           // /:           ,  ′  ヽ
         // /    .!        ′  ,      ともあれ皆さん、お疲れさまでしたー。
           ′′ i__/| ! ト   ',  ,   ′
        i | i ´| l.¨! :| :| ¨',‐-.| i   |   i  さてさて、次回の投下予定についてですが……
        | l | 小.! Vヽ i  ', ト .|   |    |
          И i .i ==   ` __.V .リ:   |    !  ふむ、どうしたもんだろ。この後今日の夜もできたらいいのだけど……
         | V        ̄` /    |    ト.
         | 人          7   |     〉 ご飯とか食べてゆっくりして、気力が回復するかどうかだな。
            ,|   > _ ー '  ィ'|         、/
        /:i/\  |  :i≧r  //  / /      \ 今夜やらなかった場合は、明後日火曜の夜を予定だ!
             ヽ | /├|==/ / / |/    ヽ   ヽ
        \  /.` / :├|*/{ 'イ: : : : ヽ   i }     あ、ちなみに三階部分は【以下ネタバレにつき反転】
.            ヽ { i l : :├|/yヽ  ヽ/: : i  /  /
            } V、 | i: :.|。!/: : }  }: : : : | /        ボス部屋になるので基本的に探索技能がいるのは二階までの予定。
         /   ゝ: !: :|。!: : /イノl: : : : :i     {
        /     !: :|: :|。!: : : : : : i ノ: : :!    、    
そして今回のボス戦の判定は新方式を試験的に採用するので、今までの戦闘とちょっと様変わり。
           イ  |: : l :|。|: : : : : <.: : : : :i      \
       i / !  ′ :V.-! : : /: : : : : :人  i    ヽ
簡単に言うと、判定結果が経過にあんまり反映されない感じやねー(最後には影響するよ!)
.        V    /: : : : V、>/: : : : : :/ 〉  :l   l
                                  っと、そんじゃあ、スレ主はそろそろご飯行ってきますん。
3592 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/08/27(日) 18:45:16.03 ID:oJVhKo4D
狛ちゃんと電がデータリンクできるなら、狛ちゃんに予測位置計算してもらって
電に2階か1階の廊下から砲撃できるんだけどな
3593 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/08/27(日) 21:04:16.36 ID:ie5Mvtbg
                         -- ミ
                厂  γ´         ‐-、
            /|   /        ヾ
                |   ,            :,   ,    ういう、なんかだるい……
              ,′:|   i            |  ,  ′
           ′.::|   | ,|   ;}   i{   |  ′       いや、身体はそれほどでもないし暑さも落ち着いてる、
           ′.::::|   l斗―!{    ト  _|  ,
         { i ::::!   |八 从   八  ^「゙` |! | |   わりかし頭も働いている方なのだけど……
          八l ::l:!   |l f斥斥ヘ/ xf斥`  |i | |
             } ::|:八  八  `~    `^  ハ八| !   なんか腕がだるい……何故だ、今日はキーボードぱちぱちしてただけなのだが。
         /i ::|:     〉,      ′ 八「: :  l 八
        / ..; !  }ハ   个  冖 イ{: : : :   |/   \     やはり投下中のドアドン(荒い感じのノック)で、
        / /   |  〕'ヘ   |_〕壬┐; :: :: ::  '
.     / /  /  !   }i⌒', 「 ̄ ̄`{_| {____:   \\     \  そのとき内心ビクッとなったのが原因だろうか。
..  / /   /___彡'厂}  ;|   八\「`ー_>、 \\     )
    , '゙     / 厂二_/ ヽ }八      ヽ_}  `ー_>、      (   というわけで申し訳ないが、今夜は投下なしだー
  /      , ,二_/     lニ{  __j{___ lニL   `ー>、  \\ \
/ /     / /二〈    i   「Vニ、 ⌒`V⌒vニ|    iニ}!  丶丶  あんまし能動的に腕を動かしたくないので、投下ペースぐだぐだんなる、絶対。
      { /二二〉 / |  \ニ{   八  {ニ|    lニ八     `
 |      i{ \二_{_ ' {___jニ、/⌒「\ニ、     l7: : :\       のんびり次回の準備進めるので、次回投下は比較的書き溜めがある……
 |      l{   }-_「   {二ニニニ|   }   vニ、    {: : :: :. \
 | i    i{  |二{   i{   ノ> lニl   人  マニ、  ヽ: : : :.  \   ある……と、いいなぁ……(願望)
 | |    l{  |二{   l{   ニl ニ|__/⌒\___vニ、    ,: : : :    } 、
 | | |  i i{  |二{   lト。 lニL|ニ|         ├┘   ′: : : \,ノ  \  そんな感じで!
 | | |  l l{   ,ニ_}   {: : : :.〕ニ=┘         { {     V; : :   \
 | l  、 、乂_,二ニ}    , ,        {,   V,       V; : :   \
 }八  \\7二ニ{     V               V,      V; : :    ヽ
3594 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/08/27(日) 21:18:22.43 ID:OAG5BdVs
乙乙 お昼寝(夕方)してたら投下逃したぜ…
3595 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/08/27(日) 21:35:34.68 ID:xBFZc2uI
おつ

以前の遺跡攻略の反動か、今回は設け少ないな
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://yarucha.blog.fc2.com/tb.php/3475-c256a6a2