情報部シャナのスカベンジ日誌 7th Turn 「ガードロボット」その11

4157 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/09/18(月) 21:01:02.93 ID:dkoVUHUe
         ‐-;-.,_ "''=;- .,_\ \\
            "‐ニ‐-> "`"'-' \   __ ____
_________二)           ヽ / / \   \ /^l  ういうい、そいじゃあそろそろ時間だな!
―     ̄"'''─-               /  ,-‐-y'"゙"''゙゙"´  |
                         /  ヽ、,;'   ・ ω ・ ミ  今日はボス戦の予定なのだが、人はいるかな?
 ――=  ――               / /   ミ====[==]=l==ミ _____
-―                       / /   ;;  'ヽ)    'つ≠ ̄ ̄  てんこー!!
       ――              ヽ /    ';,  ■■≡|≡≡
―= ――                    /   ;;,,      ,;;゙
   _____                 /  ( /"゙'''"゙( /     あ、書き溜めさん? なんか一服(盛られて)してたよ。
 ̄ ̄ ̄     ̄ ̄ヾ、 _           /
             ヾ./_       _ //               (……判定一つ目までしかできてねぇし、予想以上に長くなりそう)
              、-、ヾ、、, 、, /i/
             // ./// /
               /
4158 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/09/18(月) 21:02:23.37 ID:TQQlsrXo
4159 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/09/18(月) 21:02:43.49 ID:tiMPkbUG
4160 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/09/18(月) 21:03:19.56 ID:5tc5r8uz
4161 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/09/18(月) 21:03:54.25 ID:25SOyuj0
ノ ついに書き溜めさんの貞操が…
4162 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/09/18(月) 21:06:41.98 ID:mU6Nmjo8
4163 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/09/18(月) 21:06:49.30 ID:lBjt2fF+
4164 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/09/18(月) 21:07:19.44 ID:dkoVUHUe
           ┏  ━ゝヽ''━.,,ハ,_,ハ,.━.从〆A!゚━━┓。
╋┓“〓┃  < ゝ\',冫。’  .;゙ ・ω・ミ/^l  ∠ _ ,'´ゝ.┃.       ●┃┃ ┃
┃┃_.━┛ヤ━━━━  ,-‐-y'"゙"''゙゙"´  | ..━━━━━━━━━ ━┛ ・ ・
       ∇  ┠─へ ヽ、,;'.  ・ ω ・ ミ 冫そ _'´; ┨'゚,。
          .。冫▽ ,゚'<  ミ∩===[==]=l==つ;; 乙 / ≧  ▽
         。 ┃ ◇> ミ         ; 、'’ │   て く
           ┠─ム┼. ';,          .ミ ゙》⊿∠─┨ ミo'’`
        。、゚`。、    i/ ;;,        ,;⊃ o。了、'' × o
       ○  ┃    `、,~ "∪"゙''''''''''"゙ .ヽ◇ ノ 。o┃
           ┗〆━┷ Z,' /┷━'o/ヾ。┷+\━┛,゛;

                待 た せ た な ! !
        こ れ よ り 投 下 を 開 始 す る ! !

   ……それと、先に謝っとく。今日の投下で終わらなかったらすまんな。
4165 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/09/18(月) 21:07:31.55 ID:dkoVUHUe
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
 やる夫はスカヴェンジャーのようです二次創作

              情報部シャナのスカベンジ日誌
              7th Turn 《ガードロボット》


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
4166 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/09/18(月) 21:08:09.08 ID:dkoVUHUe
                                           ___,,,;;;‐‐‐        ,__
                                          /|   /     ‐、_/__\,_/
                             ,、           / |  /   ,,,´^====.__├´ ̄
                            / \         ∠_ //    /,/´
                           〈   ..| ./´ ̄|| ̄/ . | //     //
  ,: 、           _、__ _ _,─ヽ| / | // ̄/ ̄/  |//、   /─ 、_
 〈  \ \ ̄`─‐`─゚─)=)_)_/ |_| 广| |. |  ,,,,,─// ̄/‐  丶 /|   |_ヽ   1on1なら負けないのは余裕だとか言われましたが、
  ヽ   丶  丶、  ̄``─‐─,,,,,,,,,,,__/__/ | ..| .| ̄   .| .|  ,,,, |__()  /三/.|    |/|
  ヽ─、丶   ``丶、__     ,  |  /   | | |    | .|/ | 丶  /三:/ |    |::::ヽ|  なんだかんだゾイド系でシャナとやり合うなら
   ヽ ヽ丶       _| ̄|─‐|─|───/ | | ..|    ,.|   |  /_  \   |    |/ |
    ヽ 丶丶   _:::‐____.| ‐.|/ |  |   / | | .|./\/ / / ./  /  〉  .|   |::::: |   かなり相性がいいのが自分です。
     ヽ 丶丶,/ |;;;;;;;;;; |  |  |  | _|/| | .| | /  / // /|  ヽ  |〉::::´. |   丶/                        ヤ
    _ヽ 丶ヽ/     , |─| ̄| ̄ |  | . | | | y  ./  // /─┐  |::: |/::::::: ヽ   |_   「弱点を突くのが得意」な彼女と戦り合うなら
    |  | ヽ 丶\/ ̄~|  |_|─|─|    | | | | .|  /  / / /   |  |=┐|   〉_/┐|
   |   \ヽ 丶 \  | |  └ ┘  ─|、| | .| |/  / / /──| |  |:::|/::::::::|::::::|::::::::::::::::() 弱点の少ない、バランスの取れた機体が有利ですので。
   \   \ ヽ ヽ ヽ |  |   ||  |  丶 |ノ |   / / /::::::::::::::.| |  |‐ヽ:::::::::|:::::|::::::::::::::::::ヽ
     \\  \   ヽ  |     .┌ .  | | |  / / /.| |:::::::::::,´ /  /  |_::::::::|:::::|:::::::__()::::ヽ
      \ \  \_ |   /.|ヽ_ _| .|::::ヽ V  | 彡//::::丶 _,‐‐‐:::::::::|   |::::| |: |:::::::::::|:::::::| |ヽ
        \ ヽ  ヽ   |::::::|::::::::::::::|:::::|  | | 彡:::::|::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::ヽ    ヽ‐´ |:::::::::::‐‐‐ | |
          入_  \  |:::::.|::::::::::::::::|:::| │| 彡:::::::|:::::::::/ .|::::::::| |::::::::::::ヽ     |     ____|/
          |::| .|:``ヽ\ ‐::::::|::::::::::::::|::| ‐/:::::::::/:::::::/  (:::::::::|  |:::::::(二|)   |,,,‐::::::::::::::::::|
          /::| |:::::|::::::::::\ ヽ:::|:::::::::::|ノ  ./:::::/:::::::::::/   \::::::ヽ´|:::|:::::〈      | ____|
          |:::||:::::|::::::/ヽ/:\ ヽ,‐==ヽ/::‐‐:::::::::::/     ヽ::::::::|:::::|::::::||     |、, | 、,|、,|、,|
         /‐‐‐‐;|___|:::::::┐ \、  || /:::::/::::/ ̄      |::::::::|:::::::|::::::|     | | | | | |丶|/
         ヽ┌‐、__ ̄_ |   丶□‐‐‐ヽ□::::/          |:::::::|::|::||::::::|     丶/丶/丶/
          |ノ  /‐‐ /                     |:::::::::::::__,,‐‐__()
       /丶二二_/ ,|                      / ̄ ̄     |ヽ
       〈/ / | |\/                      |  /─´ ̄ ̄ヽ´| |
       ‐ 、,| | | |,/                       | ‐|:::::::丶::::::ヽ‐丶´
          `´`´                         \|ヽ 丶‐‐‐´ `ヽ
                                        |/、, 、, ,、、, .|
                                        | | |  | | | | |
┏────────────┓                        \|/\|/\|/ヽ/
│ 前回のあらすじ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| VSブレードライガー戦、いざ、ボス部屋へ。
┗───────────────────────────────────────┛


   ▼ 現在のステータス   >>3125-3126

      同行者:クーデリア   >>3118   電      >>3119

      ゲスト   :レン      >>3204   狛ちゃん >>3205

      好感度一覧        >>2777

3125 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/08/09(水) 22:22:12.98 ID:Gstn/0u+
                   《ステータス》

                                    /⌒≧=‐- 、 、
                                      \\
                       -:.:.:.¨¨  ̄ ̄:.:.:.``丶       }:.:.ヽ
                        /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.丶 __ノ:.:.ノ
                   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\ ̄
                  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
                     //:.:./:.:.:.:.:/:.:.:/:.:/:.:/:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∧
                /:.:.:/:.:.:.:.:/:.:.:/:.:/// /:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.: ',:.:.:.∧
                /:.:.:.:./:.:.:.:.:/:.:.:/:./ // /:.:.:.:.:.:./:.:.l:.:.:.:.:.:.',:.:.:l∧
                /イ:.:.:.:.:/:.:.:.:./:.: /.:,ィ芋ミx、 //:.:.:.:.:./ トx:.:.:.:.:.:.:l:.:.:| :.
           ///:.:.:.:./:.//:.// 《 {::J:::リヾ /:.:.:.://zz/ |:.:.:.:.:.:.:l:.:.:| |:|
            // /:.:.:.:./ ':.: /:.:.:. /   V__ン  /:.://}てハ抃:.:.:.:.:./:.:.:.| l/
       //  /:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.∧  .:::::::::: __彡' / ヒ_ソ ノ》:.:.:.:/:.:.:|:.|
       //    /:.:.:.:./:.:.:/:.:.:.:./、__、        ,  `¨  /:./{:.:.:/:.:|
.     //     /:.:.:.:.-=≦:.:.:.:./:.:.:.込           ..:::::: /):.:.l.:.:∨ ヽ(
  //   -=≦ ̄:.:.:.:. -=≦:.: |三三三三三|  っ     /:|:.:.:.:{:.:.:.、
.// /:.:.:.:.-=≦ ̄:./:.:.:.:.:.:.:. /ニニニニニニ|、   _,.. イ.:.:|:.:.:人:.:.:.、
   (:.:.:.//:./:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:./ニニニニニニニ|  /ニニニニニ≧く:.:.|\:.\
     ヽ(:.:人(:.:.:.:. /:.:.:.: /ニニニニニニニ=|  トニニニニニ/ニ}:.:.|  ヽ:.:.\
      /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ニニニニニニニニニ|___ヽニニニ=/ニ/|:.:.|   }:.:.:ヽ\
.   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: /ニニニニニニニニニニ\---∧ニニ/ニ/ .|:.:.|   /:.:.:.:.)\ヽ
  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ニニニニニニニニニニニニ\- ∧ニニニ{ :|:.:.| //):.:.:/  ):.)
...:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. : {ニニニニニニニニニニニニニ/___}ニニ>:} |:.:.|彡' /:.:∧ //
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:乂ニニニニニニ}ニニニニニニ/---∨ニ/=| 乂\__/:.:/ ∨/
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ニニニニニニニノニニニニニ/-----∨∧=| /:.>―<   }:.}

――――――――――――――――――――――――――――――

 【名前】 衛宮シャナ 【年齢】 15 【出身】 キョウト

 【身分】 4級スカベンジャー

 【能力】(人間準拠)
  筋力:C+  体力:B-  俊敏:B+  知能:B+  運勢:B

  注目度:D 小さい割には腕のいいスカベがいるらしい

 A以上=一流 B=人並み以上 C=人並み D=苦手 E=諦めたら? F=子供並み

 所持金: 495 円 0 銭

 【所持品】
 ・武器
  零式軍刀 ……養父から譲り受けた将官用の高級軍刀。
             銘有りの真打や単分子刀にこそ劣るが、切れ味と頑強性を高いレベルで両立している。
             耐酸、耐熱、対単分子、耐ビームコーティングが施されている。
  7.62mm.選抜小銃 ……【サイズ:L】 大威力の7.62mm.ライフル弾を使用するマークスマンライフル。モデルG3 SG/1
                   フルオート射撃による牽制・弾幕と、セミオート射撃による精密狙撃の両方に対応可能。
                   簡単に言うと、一丁で突撃銃と狙撃銃の両方として使えるということである。
                   アクセサリに高性能光学スコープ、サプレッサ、ロングマガジン、バイポット、フラッシュライトを装備。
  45口径拳銃       ……【サイズ:S】 威力の高い45口径拳銃弾を使用する拳銃。
                   アクセサリにサプレッサ、ロングマガジン、フラッシュライトを装備。
  テーザーガン      ……【サイズ:S】 ワイヤーを使用する射撃可能なスタンガン。一度の充電で5回使用可能
                   生身の人間や生物を、無傷で捕縛することができる。警備ロボットには無力。
  コンバットナイフ    ……【サイズ:S】 頑丈さが売りの軍用ナイフ。戦闘・工作に使用できるが、単分子カッターではない。
  軍用マグライト     ……【サイズ:S】 本来は暗所を照らすための携行ライトだが、非常に頑丈で警棒代わりにもなる。
  ハンドグレネード(破片、EMP、閃光 各一個 / チャフ 二個) 【爆発物】
  携行爆薬(小)……【爆発物】 壁や床などに設置し、遠隔操作で起爆する爆薬。主にトラップや扉の爆破などに使用する。

 ・防具
  特種防護コート ……防弾、防刃、耐衝撃と、物理攻撃に対し高い防御性能を誇る。また、若干のステルス性能を持つ。
                   銃弾は7.62mm.ライフル弾まで防御し、単分子カッターを含む刃物や破片を防ぐ。
                   対単分子コーティング、耐酸コーティング済み。熱単分子刀、熱振動徹甲刀などは防御不可。
  静音性ブーツ  ……底面が厚く補強され、更に足音がしにくいように加工がされたブーツ。
                   隠密に長けた者なら、足音のしやすい悪路でも無音で歩行することが可能になる。
  マガジンポーチ ……ライフルなどの予備マガジンを収めておける、ポケットなどが付いたポーチ。
                   遺跡に持ち込む予備マガジンが各3個から5個に増える。
  31年式軍用多目的グラス ……望遠、視力補正、赤外線(暗視/簡易金属探知)、PDAとの接続などの機能を備えた、
                       大崩壊以前の軍用装備。軍事品だけあって、耐久性・防弾性も十分。

 ・電子系装備
  高性能PDA ……高い基本性能のPDA。メール以外にもハッキングや情報閲覧、カメラ機能が備わっている。防水、耐衝撃。対EMPコート済み。
  標準ハッキングソフト……PDAの初期ハッキングソフトより優秀。ただし遺跡探索用で、現代のプロテクトに対しては無力。
  標準解読ソフト ……断片化したデータを復元する事の出来るソフト。簡易版より精度は上だが、使用には【電子技術】技能必須。
               断片化したクズデータなどを正常な状態に戻し、閲覧することができる。暗号解読とかはできない。

 ・その他
  携行用ガンケース ……【サイズ:L】以下の銃器を一丁しまっておける、緩衝材入りの軽量なハードケース。
                  肩掛け紐と鍵付きで、街中の携帯に便利。
  警邏隊推薦状    ……組合から発行される推薦状。実力ではなく人柄を保証するもの。
                  警邏隊主導の依頼を受ける際に必要。
  救急キット ……包帯やばんそうこう、消毒用アルコール、それに痛み止めやナノマシン製傷薬などが入った救急キット。
.             医療系の技能がなくとも使用可能。傷薬・痛み止めを使用した場合、補充には10円必要。
  ペンライト   ……小型の懐中電灯。太陽電池採用。
  ロープ10m……物を縛ったり移動に利用したりなど、多彩な用途のロープ。
  短距離用無線機 ……いわゆるトランシーバー。ある程度の距離なら離れた位置の人間とリアルタイムに会話できる。
               二つ所持しており、同行者に一方を貸し与えることが可能。
  軍用双眼鏡 ……測量機能と簡易な風向の観測機能が付いた丈夫な望遠双眼鏡。防水、耐衝撃。
  軽量工具セット ……使いやすい工具の揃った工具セット。小型工具セットより高性能で、携行性も悪くない。
  工具用単分子ナイフ ……工具用として実用的な強度を持つ単分子ナイフ。戦闘での使用は想定していない。
  傷付いた獅子章……多大な功績を残して殉死した皇国軍人に贈られる勲章。
                シャナにとって、紛うことなき父の形見。

 ・拠点
  住宅:中層区にあるガレージ・庭付き一戸建て。
        付近の治安はよく、鍵類のセキュリティも十分。場合により、自動人形の電が警備をやっていることも……
        一人で住むには広すぎるくらいで、それなりの人数を迎え入れられるだろう。
  ガレージ:中層区の自宅に付随する車両用ガレージ。
        特別な設備はないが、中型車1台+大型車1台分の駐車スペースを持つ。
        現在、輸送トラック(大型車)1台を収容。

 【技能】
  格闘術   Lv:5 ……素手や小さな武器を使った接近戦能力。
  刀剣     Lv:10……常識的なサイズの刀や剣を扱う技術。
  銃器     Lv:6 ……拳銃や小銃、あるいはそれに準じた火器を使用する技術。
                拳銃、短機関銃、突撃銃、狙撃銃を使用可能。
  狙撃     Lv:2 ……狙撃銃、選抜小銃などを使用して長距離狙撃を行う技術。
  軽業     Lv:5 ……戦闘における身のこなしや、狭い足場での立ち回りのうまさ。
  潜入     Lv:6 ……隠密・気配察知の複合技能。自身の気配を隠し、他者の気配を察知するのに長けている。
  観察眼   Lv:5 ……周囲の状況と照らし合わせ、不自然な箇所をあぶりだす技術。
  聞き耳  Lv:5 ……微細な音を拾い、情報として獲得する聴覚・技術。
  車両運転 Lv:5 ……地上を走行する、一般的な車両を運転する技術。
                バイク、普通四輪車、大型車、軍用車両を運転できる。
  機械操作 Lv:4 ……PCなどの機械全般を操作する技術や知識。極端に専門的なものは含まない。
  電子技術 Lv:4 ……プログラミングやハッキングなど、機械の内面を弄る技術。
  軍事知識 Lv:7 ……軍そのものや軍人、使用される装備などに関する知識。
  指揮     Lv:2 ……状況を確認し、他人に指示を出すことに秀でている。

 【特性】
  ESP【縮地】 ……空間を切り嗣いで割り込み、彼我の距離を一瞬で詰める。一種の空間系テレポート。
  ┃          これを高精度で、かつ連続して行うことができるのがシャナの最大の武器である。
  ┃          移動には重量制限があり、重装備では使用できない。
  ┗斬鉄(偽)……ESP【縮地】の応用により、通常の刀剣類で金属装甲を斬り裂くことが可能。
              ESPの使用できない状況や、高速機動する対象、乱撃戦では使用できない。
  軍人の遺児……皇国軍人の忘れ形見。
              根無し草のスカベンジャーであっても、社会的にそれなりの扱いを受けられる。
  情報部員  ……時に身分を隠し、偽り、軍で暗躍する情報部の一員。
              現在その権限や支援は利用できないが、そこで得られた技術や知識は健在である。

 【装備制限】
  軍刀を固定装備する。
  他に【サイズ:L】の装備を一つまで装備可能。また、爆発物は合計六枠まで携行可能。

 ※スキルレベル参考基準
  1.覚えたて  3.慣れてきている  5.一人前  8.プロ級  10.その分野でのトップクラス


 【拠点・倉庫】
 ・武器
  量産軍刀 ……【シャナ専用】 父の形見ということになっているシャナの軍刀。頑強ではあるが切れ味は今一つ。
             数打の量産品であり、軍士官の武装としては少々心もとない。分類、丙種士官用軍刀。
             対単分子コーティング、耐酸コーティングが施されている。
  45口径短機関銃 ……【サイズ:M】 威力の高い45口径拳銃弾を使用する短機関銃。
               アクセサリにロングマガジン、レーザーサイトを装備。他にフラッシュライトを保有。
 ・防具
  戦闘用耐熱グローブ ……戦闘用に防刃などの防御力をある程度備えた、五指が自由になる耐熱グローブ。
                   生身の人間でも熱振動徹甲刀などの高熱を発する武装を使用可能になる。
  登山ブーツ          ……底が厚く、滑り止めの付いたブーツ。特別な加工や補強はされていない。
 ・その他
  最低性能PDA ……ウジ虫に広く流通するPDA。性能は極めて低く、簡易なメール機能しかない。
  技術書【機械操作】【電子技術】 ……該当技能のレベルが3~5の時に使用できる。各二冊。
                           コミュなどフリーパートで読み込むと、技能の成長に役立てることができる。
                           同じ人間が同じ本を繰り返し読んでも意味はない。
  軽量重装甲合金板……軽量かつ頑強で、排熱にも優れた旧文明の装甲用合金。
                      【素材アイテム】持っていれば、何かを組み立てたり、作成するのに役立つかもしれない……
3126 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/08/09(水) 22:22:25.13 ID:Gstn/0u+
  【車輌ステータス】

              :r‐---‐r―---―r―---‐r―---―r―--―┐
    =fhュュ――zz  il    ;  ロ   ;  ロ  ;      ;     |
  [lj .|i'~i`    .i  |   il    ;     ;     ;      ;     il
  lコ ||__|__________|__|  :il    ;     ;     ;      ;     il
  t_/o .i,.----.、|  |  il    ;     ;     ;      ;     il
  /   ii>< ||j .|) | ̄ ̄ ̄|| ̄ ̄ ̄|| ̄ ̄ ̄|| ̄ ̄ ̄`|| ̄ ̄ ̄`|
 _/___i`ニニニ´ |  .| . |ェェェェェェ||ェェェェェェ||ェェェェェェ||ェェェェェェェ||ェェェェェェェ|
 λ~。 ̄i―‐_-_-.!二| .!___!!!二ニ_ニ二!! | |/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; \| |_
 [λ___γ ´⌒`ヽ.ヽ三|三|三i「有澤[ |   〆´⌒゙ヽ 〆´⌒゙ヽ  | |
      :i (∴) i |三|三|三三ニ|ニ [   i (∴) i i (∴) .i
       ヽ、.____,ノ .             .ヽ、.____,ノ :ヽ、.____.ノ


 輸送トラック

 ありふれた輸送用の幌付トラック。
 大きな荷台による高い輸送力が特徴で、スカベンジの成果を持ち帰るのに向く。
 荷台には簡易であるが人間用の座席も完備。エンジンパワーもあるため、車両の牽引も無理なくこなせるだろう。

 ……ちなみによく見ると、ベースとなった車両は有澤重工製。水月という型式らしい。
 とはいえ流石に、無改造状態ではただの輸送トラックに、装甲車並みの防御力や、
 大口径機銃を積んだりはしていない……改造で追加することが出来ないとも言っていないが。


――――――――――――――――――――――――――――――

 【名前】 輸送トラック  【分類】 大型車両  【製造企業】 有澤重工

 【所有者】 衛宮シャナ

  【特性】
  輸送能力:A ……背部に荷台を備え、多数の、また大型の荷物を問題なく輸送できる。
               人員や探索の成果物の運搬の他、複数の装甲スーツを遺跡へ持ち込める。
  牽引能力:B ……高いエンジンパワーにより、他の車両などを牽引する余力を持つ。
               ワイヤーなどで接続することで、大型車両の牽引を無理なくこなすことができる。

 【装備】
 ・手動銃座:車載用20mm.機関砲
   ……荷台に取り付けられた20mm.機関砲付きの銃座。
       このタイプは有人式であり、射手が使用することで高威力の20mm.機関砲弾をばらまく。
       後方から斜め前方までをカバーするが、車体真正面は死角となる。

       高い威力と連射性能から装甲目標に対しても有効だが、戦車や重装甲車クラスには力不足。
       使用するには【銃器】技能で突撃銃、または軽機関銃を使用できるか、もしくは【重火器】技能を持った射手が必要。
       (射手が後者の条件を満たすほど、射撃の精度は上がる)

 ・防具 その他
  金属板 ……何の変哲もない車両用の金属板。特別な防御性能を持たず、戦闘には不向き。
           拳銃弾程度であれば弾くこともあるが、ライフル弾以上の攻撃には無力。
  幌     ……何の変哲もない覆い布。荷台部分を覆い視線を遮るが、防御性能はない。内部からは隙間から周囲を覗ける。
           また、射撃用に、人力でワイヤーを引くことでカーテンのように幌全体をめくり上げ、畳むことが可能。

 ・車載品
  軍用スコップ     ……【サイズ:M】 塹壕戦最強と噂の近接武器。誰がどう見ても近接武器である。穴掘りにも便利。
                予備用の道具。
  ワイヤー10m    ……ロープよりも頑丈だが、遺跡に持ち込むにはやや重い。車載用・牽引用にどうぞ。
  高級座布団×4 ……座席に設置するふかふかの座布団。長時間の運転でもお尻に優しい。荷台含め四座席分。
  ハンドグレネード(閃光、煙幕) 【爆発物】
3118 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/08/09(水) 22:07:08.75 ID:Gstn/0u+
                《フレンドステータス》

                  ,  ´ ̄ ̄__> 、
                 /    / ,  - 、 \
               / /  /   /     ヽ ヽ
             ;  '  _,/   /  / ,、 ∧ ',
            / /_//   /__/ イ \∧ .
            「∨ノ,イ   / -- 、   , - } |
           「: :ー:イ7'   | ィテ≧、  ,ィ≦、 ,'、_
           |:_介、:/ l  | Vzリ     Vリム ∧:ノ
           / | }' ∧ 从      ,   八 {:. ヽ
            ,  / , / .:}   ト、   ー ‐ イ  ∧:. }
             { .:,' / ,:' .:∧  |  `  r‐く__/ ,' }:. |
             | / .' {  「∧ }    |、::::从 { 从
             l { {/ 乂{::::| :、_  }\:::ヽ }ヽ }:!
          从/ .......乂|::::乂 ∨ヽr-くノ∨:| |フ...、リ
          // .........乂{:::::「 ∧∨_乂_)、_,l: | |\.∧
           ,.............乂/:「乂/ヽ}、\/ l∧| |\⌒{\
        _/___......乂Y_,/::::::::リ::∨- イ∧j:::::乂_(..∧
       //X<>/X>乂 \::::::::::::::::::', ̄l´ }:::::/__('X∧
       /::::::7` <X<>/乂_,\::::::::::::::}  :  |:::/__ノX/::ヽ、
        ,::::::::/::::::::::::::`<X<>乂,\::::::::|  |  }/__(Xイ:::::::::::::::.
     /:::::::/::::::::::::::::::::/ |`::ー-乂_\∧  , _|__(::{::::/:::::::::::::::::',
      ,:::::::::/:::::::::::::::::∨ {:::::::::::::::/:乂\}Tイ 「|/:::::∨:::::::::::::::::::::}
      {:::::::::、:::::::::::::::::{   j:::::::::::(__)::::::ー|  |_{ |::::::::::}:::::::::::::::::::::,
     ∨:::::::∨::::::::::::∧ {::::::::::::/ ::::::::::: |  |_{ |:::::::::::}-、:::::::::::::}
     }:::::::::::::ヽ::::::::::::∧ノ:::::::::::{ ::::::::::::: |  |_{ |:::::::::::∨=\:::::/
     、::::::::::::::::∨::/ ∧:::::::::: |::::::::::::::::|  |_{ |=:::::::::::∨ミ...∨
      \___/ / /\::::(__):::::::::::::| /人}::::::::::::::::∨../

 クーデリア・フォイエルバッハ

 フジノミヤで活動する新人スカベンジャー。
 新米ゆえ粗削りではあるものの、短期間でスカベンジに必要な技術を身に付けつつある。
 身長の話題はタブー。

――――――――――――――――――――――――――――――

 【名前】 クーデリア・フォイエルバッハ 【年齢】 15 【出身】 シズオカ

 【身分】 4級スカベンジャー

 【能力】(人間準拠)
  筋力:C  体力:C  俊敏:C+  知能:B-  運勢:B+

 A以上=一流 B=人並み以上 C=人並み D=苦手 E=諦めたら? F=子供並み

 【所持品】
 ・武器
  5.56mm.突撃銃URカスタム ……【サイズ:L】 アンダーマウントレールをを備えた5.56mm.突撃銃。レール用アクセサリを装備可能。
                          アクセサリにレーザーサイト、ロングマガジンを装備。
  5.7×28mm.PDW     ……【サイズ:M】 貫通力の極めて高い、5.7×28mm.高速弾を使用するPDW。装甲目標に対して有効。
                     アクセサリにロングマガジン、サプレッサ、フラッシュライトを装備。
  5.7×28mm.拳銃     ……【サイズ:S】 貫通力の高い5.7×27mm.高速弾を使用する拳銃。装甲目標に対して有効。
                     アクセサリにロングマガジン、フラッシュライトを装備。
  45口径リボルバー拳銃 ……【サイズ:S】 中折れ式の旧いリボルバー拳銃。クーデリアのお気に入り。
                     アクセサリを装備できないが、造りが単純で頑丈。格闘武器としても使用可能。
  ハンドグレネード(破片・煙幕・チャフ・EMP 各1個) 【爆発物】

 ・防具
  バトルドレスSS ……少女向けの戦闘服。ちなみにSSはサイズのこと。高い拡張性が特徴。
              7.62mm.ライフル弾までを防御する防弾性能と、簡易ながら防刃性を備える。
  安全靴.     ……底が頑丈で、滑り止めも付いた靴。特別な加工はされていない。

 ・その他
  ペンライト     ……小型の懐中電灯。太陽電池採用。
  低性能PDA..  ……性能の低いPDA。メールの他に、簡単なハッキングや情報閲覧、カメラ機能が備わっている。
  小型工具セット ……スカベンジ中の解体に便利な小さな工具セット。
              携帯には便利だが、本格的な工具セットよりは性能が劣る。
  工具用単分子ナイフ ……工具用として実用的な強度を持つ単分子ナイフ。戦闘での使用は想定していない。

 【技能】
  格闘術   Lv:3……素手や小さな武器を使った接近戦能力。
  銃器     Lv:5……拳銃や小銃、あるいはそれに準じた火器を使用する技術・知識。
               拳銃、短機関銃、突撃銃を使用可能。
  投擲     Lv:3……物を投げるうまさ。グレネードなどに使用する。
  回避     Lv:3……戦闘における回避能力。足場などが悪いとうまく動けない(【軽業】の下位互換)
  直感     Lv:3……探索などの際、どこが怪しいか、なんとなく分かるような気がする。いわゆる勘。
  危険感知 Lv:1……敵の襲撃など、危険に対する動物的な直感。
  機械操作 Lv:3……PCなどの機械全般を操作する技術や知識。極端に専門的な技能は含まない。
  機械解体 Lv:4……停止した機械を解体し、パーツ取りする技能。
               起動しているものを解体したり、停止させることはできない。
  機械修理 Lv:4……壊れた機械を修理・整備する技能。

 【特性】
  天性の冒険者 ……名前の通り、生まれついての冒険者。いわゆる天職と天賦の才。
                 スカベンジに関する技能の習熟に才能を発揮する。
  Cリロード     ……クイックリロード。リボルバーなど、バラ弾の装填に慣れている。
                 常人よりもリボルバーリロードや、マガジンへの装弾が早い。マガジン交換に効果はない。

 【装備制限】
  45口径リボルバー拳銃を固定装備する。
  他に【サイズ:M/L】の装備をそれぞれ一つまで装備可能。また、爆発物は合計六枠まで携行可能。

 ※スキルレベル参考基準
  1.覚えたて  3.慣れてきている  5.一人前  8.プロ級  10.その分野でのトップクラス
3119 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/08/09(水) 22:09:17.25 ID:Gstn/0u+
  【自動人形ステータス】

          ___________________
          l: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : l
          l: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : l
         l: : : : l l ̄ ☆ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ _ ̄ ̄ ̄ ̄l l : : l
        l: : : : l l     '''''=-、、  l l.    フ ト  <ヽ  l l: : : l
        _l: : : : l l. i! ''''==┼   >)      /___l^l,_l」  l l: : :.>=、
        」`{: : :.l l i! .<二>/   { <    , -―-、 {.(フ.lー'   l l: : :},=┤
       「`┤: :l .l ..   7    \  ( <ノ/`ヽヽ.ー ' ,, ''''' ,l l: : ¬/
       /「: : : l .l     '  ☆     ー'  ノノ ,,''      l l: : : : :l]
      〈:l: : : └==================┘ : : : l
       ノ: : : : : : : : :_____________: : : : : : :: : :__l
       T ̄ ̄ ̄ ̄T/:: :: /l::,,:l_l:: :: :: :: ::‐l--l:l,,:: :: :: :: l ̄ ̄ ̄ ̄/
        ヽ、     l:: :: /´l:: ::l ヽ:: :: :: :: ::l  l::l ミ`:: :: :l    ∠l´
   , _     ∨、    ヾ、l  、::l  マ:: :: :::ノ  !i .l:: :: ::l   ´ .ノ
  <::::::> 、   ∨`     l. ェ==≡ ヾ:: :/ ≡==ュl:: ,::リ.    /
/`>、`ヾ、:::::`ヽ、 l      l              l:ノ::/    /
`ヾ、:::`ヽ、`ヾ、:::ノ`i     lム、 ''''''   r  ̄ ̄ヽ '''''' ノ:/    /
   ` <::::`丶、`ヾl      l:::ヽ   l     l   /:/    /
      `ヾ、ノ::::`:l、     }:: ::l、   ー―‐'   /::/    {
    ___>、:::::>、    l::::l 三ニ ― ニ三 {::{     }
    l三三<´ ̄lll_,>、   .l::l lヾ、ニ===ニフ/l::l    ノ
    l三三ニl==lll= ''´(.  ノ::l l.Lヾ三三三//l:l  /

 電

 有澤重工製試製お手伝い型自動人形。マスターはクーデリア。
 開発には彼の日本IAIより、侍女型自動人形のデータが提供されているらしい。
 ロボット枠として人間キャラとは別枠で同行を頼めるが、彼女の場合クーデリアの同行が必須。

 「お手伝い」をする子供らしくいろいろこなせるが、若干どんくさい……
 この個性が、ああIAIの技術提供を受けたんだなと、見る者に奇妙な納得を抱かせる。


――――――――――――――――――――――――――――――

 【名前】 電  【分類】 お手伝い型自動人形  【製造企業】 有澤重工

 【マスター】 クーデリア・フォイエルバッハ

 【能力】(自動人形基準)
  頑強性:B+  破砕力:B  精密性:C+  俊敏性:C-  応用性:B-

 A以上=一流 B=人並み以上 C=人並み D=苦手 E=諦めたら? F=子供並み

  【特性】
  自動成長型AI   ……環境に応じて学習し、自我を発展させる高機能AI。
  生体自動人形   ……蛋白質で構成される肉の身体を持った自動人形。修理には自動人形用の生体部品を使用。
                 →極度の損傷(四肢欠損等)でなければ、『アナグラ』で十分な修理が可能。それ以上は一回お休み。
  性格:無垢     ……成長の余地を秘めた、純真無垢でまっさらな性格。現時点では頑張り屋の子供に近しい。
  背部武装ユニット ……背部に背負うように装着する武装ユニット。武装ハードポイント3枠を有する。
                 搭載している武装は、両手を開けたまま使用することができる。独自ルーチンにて運用。


 【装備】 装備制限:手持ちは『【サイズ:LL】以下の装備を一つまで』、もしくは『【サイズ:L】と【サイズ:M】以下の装備を一つずつまで』
 ・武装
  歩兵携行用大盾       ……【手持ち:LL】 金属装甲を加工した大盾。12.7mm.以下の銃撃を無効化し、小口径のグレネード弾を防ぐ。
  12.7mm.チェーンガン    ……【ハードポイント:1】 12.7mm.機関銃弾を使用するチェーンガン。
                     弾詰まりに強いうえ装弾数を拡張し、また自動装填装置の装備により全弾撃ち尽くしても自力でリロード可能。
                     大型カートリッジ装填、同予備2.装弾数:100。自動装填装置装備。
  50口径対物半自動機銃 ……【ハードポイント:1】 対装甲用の50口径徹甲弾を使用する機銃。
                     連射速度は控えめだが、1カートリッジ100発の対物徹甲弾をリロードなしに撃ち続けられる。
                     大型カートリッジ装填、同予備2.装弾数:100。自動装填装置装備。
  テーザーユニット       ……【ハードポイント:1】 射出したワイヤーを介して電流を放出し、相手を無力化する近接防御武装。
                     機体のジェネレーターから電気を引っ張ってくるため出力が高く、一瞬なら警備ロボットなども停止させられる。

 ・防具
  装甲ガントレット      ……金属装甲を手甲足甲の形に加工したガントレット。
                     局所的だが、7.62mm.ライフル弾以下の物理攻撃を完全に無効化する。
                     特殊な攻撃機構などは有していないものの、金属製で固い分、殴られれば相応に痛い。
  有澤重工製乙種水兵服 ……自動人形用のセーラー服。ぶっちゃけIAI製の侍女服のマイナーチェンジ版である。
                     汚れなどを自動で分解し、45口径拳銃弾までを完全にストップする防弾性能を持つ……
                     のだが、防弾性能については、今更な代物である。
  有澤製試製生体ボディ   ……童女の柔らかなぷに肌……と、5.56mm.ライフル弾以下の銃撃を完全に無効化する防御力を、
                     何をどうやったのか知らんが両立させた驚異のボディ。金属装甲形無しである。
                     純粋な強度による防御力のため、刃物など他の物理攻撃にも有効。PS装甲でも積んでんのかおい。
                     頑強性:B+は伊達じゃない! ????「ぶつかって沈む方が悪いのです」
  耐EMP防御          ……自動自閉機能があるのか、対EMPコーティングが施されているのか、電子回路の強度が強いのか……
                     理由は様々だが、この機体はEMPによって電子回路を焼き切られることはない。


  【ルーチン】
 ・固有ルーチン(着脱不可、アップグレードは可)
  武装ユニット:A  ……専用武装ユニットによる各種銃撃・砲撃判定に使用。補正値:30
  格闘戦闘:C   ……素手状態での最低限の格闘戦能力。「素手のな!」 補正値:10
  お手伝い:C     ……IAIの奉仕ルーチンの類型。家事手伝いから書類整理まで色々こなせる。効率は気にしてはいけない。
                車両の運転にも一応対応し、普通四輪車を運転できる。運転の腕は若葉マーク。

 ・後付けルーチン 0/3 (適正:遠距離戦闘、及び日常生活系)
  特になし

  【予備装備】
  有澤重工製丙種水兵服 ……自動人形用のセーラー服。現在着ている服を損失した際のスぺア。
                     汚れなどを自動で分解し、9mm.口径弾までを完全にストップする防弾性能を持つ……
  12.7センチ連装短機関銃 ……【ハードポイント:1】 背部の武装ユニットに装備された、二連装の銃身が特徴的な短機関銃。
                          ちなみに12.7センチとは銃身の長さであり、口径ではない。口径はありふれた45口径。
                          火力や射程が不足するなら、素直に他の武装に換装しよう。総カートリッジ:2、装弾数:50。
  三連装グレネード発射機×2 ……【ハードポイント:1】 両腰のあたりに装備される、40mm.グレネード弾を使用するグレネード発射機。
                         三連射、ないし三発同時発射により瞬間火力は期待できるが、経費も掛かる(グレネード弾は有料である)
  カートリッジ(12.7mm.弾)×2
  カートリッジ(50口径弾)×2
  40mm.グレネード弾:6発
3204 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/08/12(土) 00:37:24.57 ID:k1LxDXjd
  【NPCステータス】

        /   /                 \
      , '    /    /   /    /ハi      ヽ (´ ̄`ヽ、
    /   /     /   /  . / /"´ト、  l l l i 〈`ー--く
´ ̄ ̄ ̄ ̄ }   ,. -┤   /  /  l./  l| i、 l l l |  〉 \ }
        r' /   i   l  l   |    l| ll /i l l | ハ\__)ト、
        i/   ,ィ!   i  l   l    l| l|/! l,ィr l リ / 、\__).lハ
   /   .ノ   //    l,. ァr‐‐r-  l| l| i〃i「i |\\ `ー‐、 i }
 /    ヽ //l    イ /i l  il   l| l|ハ ソ!l |  ヽ `ーr く l |
/      〈/.//!     | l. 升r=f`   リ リ  リハ. |    `‐へノ' /
       V//!     l i ぐ寸 /}       〉   l l \  `フ/
\      //,ィ7.    lハ l|`~''         / ハ  >~'´
.  >  ///</      i ハリ         ,. ,イ //´`
``~<//____/       i⌒^'´`ー 、      / /´
.      ̄ ̄ /      /~'´ ̄`ヽ ` ̄ ̄ 7 /
       / / /    /         V リ//
     /  / /   /       /  〉,X ,ィ´~`゙ヽ
      /  / /  //        /ハノil   {    }
   / / /  //         //,.イ¨~`゙ヾ.,._,.,ソ
  / / /    //          /´  {.    ;!
/./ /    //       V/    ゞ,._,.,.ツ


  レン・B・メルティ 3級スカベンジャー

 トチギ地方ウツノミヤを拠点に活動するスカベンジャー。
 ロボット好きな少女で、自分の警備ロボットが欲しくてこの道を志したのだとか。
 戦闘能力や工作技能に特筆するほどのものはないものの、知恵と幅広い技術で立ち回る。

 ※ こちらのキャラクターは、ロア ◆gROAcb5wtQ氏の作品、
    『白レンは少女娼婦スカベンジャーのようです』からのゲスト登場です。
    なお、同作とは所謂パラレルワールドとなっておりますことを予めご了承ください。


 【装備・技能 一部のみ抜粋】
  7.62mm.突撃銃UR ……7.62mm.突撃銃に、アンダーマウントレールを追加したカスタム品。
                     アクセサリに銃剣、レーザーサイトを装備。
  9mm.短機関銃   ……威力の低い9mm.拳銃弾を使用する短機関銃。装甲目標にはほぼ無力。
                      アクセサリにロングマガジンを装備。
  軍用スコップ     ……塹壕戦最強と噂の近接武器。誰がどう見ても近接武器である。穴掘りにも便利。
  ワイヤーガン      ……先端に鉤爪を備えた牽引用ワイヤーを射出する拳銃。自動巻き取り機能付き。
                      射程はおよそ10m、成人男性一名+装備一式程度の重量に耐え、ラベリングなど移動手段として使用できる。
  マガジンポケット   ……マガジン用のポケットの付いた服やベルトを着用している。
                      予備マガジンの携行数を3→6に増加する。
  ハンドグレネード(破片・閃光・煙幕・EMP・チャフ 各1個)

  銃器       Lv:6 ……拳銃や小銃、あるいはそれに準じた火器を使用する技術・知識。
                  拳銃、短機関銃、突撃銃を使用可能。
  格闘術     Lv:3 ……素手や小さな武器を使った接近戦能力。
  ┗銃剣術   Lv:1 ……特化技能。ライフル等に装着した状態の銃剣を操る技術。
  投擲       Lv:5 ……物を投げるうまさ。投げナイフ、グレネードなどに使用する。
  機械知識   Lv:6 ……機械全般に関する知識を持ち、考察できる。
  感知       Lv:6 ……自身に迫った危険に対する感知能力。気配察知に近い。
  ┗嗅覚感知 Lv:3 ……鼻がよく効き、異物をかぎ分ける。感知の際に、嗅覚が役立つならば達成値に更に補正。
  指揮       Lv:3 ……状況を確認し、他人に指示を出すことに秀でている。
3205 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/08/12(土) 00:38:00.56 ID:k1LxDXjd
  【警備ロボットステータス】

        __,-、_ ハ     o、  o、
      〈 ̄ i`、.:.:ヽ/=i__,-、ヽヽ ヽヽ
       vwvww /  iヽ //`ii ヽヽ ヽヽ
        mimn〈.   l  l l .ll  ヽヽ ヽヽ
        `ー‐'-、ヘ   | i ll、〉〉ヾ ̄ヽ,--ヽヽ
         lヽ一'´ヽ_ヽヽll ‐-/ ̄i`i‐、Hヽヽ
         ヽ、──,' ヽl\\ l  ̄i l__!   ヽ. /7/7
           ヽ__i_/ // / l  l (`ヽー ///
          〈ヽ`ー‐‐一' /  iヽ ̄ ̄ヽ、〉_ |ヽ、/
           ヽ`ー―一'´ ̄ヽ }――'  '-,j l l─! ̄i`
              l;;;;;;;:.:.;;;;;;;;;;:.:.:.:.:.\    ソ}//l  |n 〉
               `‐-ヽ──、;;;;;;;;;;;;;;;`'''''''l___l l ̄i 0〈
              /ー―、_} ヘ`-、ヽ、_|H〈 ヽ-'  l
              〉/ / / ヾ  ヽ_/ O〉ト  i `ー、一〈
             メ メ, ', ' }     / /i |二二l  l l〉
            〈 〈  `ノ   ___/-/〉〉 l-----、 ヽヽヽ、
         ,-,-,-ィ、ヽ、_-、   ///7--、/ 冂冂冂冂 {}{}{}{}i
        〈〈〈〈__ヽ一'´   `ー一'´ ̄. ` ̄ ̄ ̄´
          ̄


 オオカミ型警備ロボット 『狛ちゃん』

 T.トミー社製施設警備用ユニット モデル:コマンドウルフ。
 ウツノミヤ出身のとあるスカベンジャーが連れている、コマンドウルフのセルフカスタムモデル。
 スカベンジのお供にするべく、性能の向上や最適化が行われている。

 ※ こちらのキャラクターは、ロア ◆gROAcb5wtQ氏の作品、
    『白レンは少女娼婦スカベンジャーのようです』からのゲスト登場です。
    なお、同作とは所謂パラレルワールドとなっておりますことを予めご了承ください。


――――――――――――――――――――――――――――――

 【名前】 コマンドウルフ  【モデル】 コマンドウルフ型警備ロボット  【製造企業】 T.トミー

 【マスター】 レン・B・メルティ

 【能力】(警備ロボット基準)
  頑強性:B-  破砕力:C  精密性:B-  俊敏性:B-  応用性:E-

 A以上=一流 B=人並み以上 C=人並み D=苦手 E=諦めたら? F=子供並み

  【特性】
  自動成長型AI   ……環境に応じて学習し、自我を発展させる高機能AI。
  獣型警備ロボット ……T.トミー社特有の四足獣型警備ロボット。修理には装甲や機械部品を使用。
                 人型のロボットに比べ、汎用性は劣るが、その分用途特化に仕上げやすい。
  ハードポイント   ……固定用火器を装備することの出来るハードポイント。背部に2枠保有。
  忠犬           ……主に忠誠を尽くす、忠犬ような人格が設定され、育まれている。性別は中性。
                 誠実で人当たりも良いが、アウトローやダメ人間には手厳しい。

 【装備】
 ・武装
  7.62mm.チェーンガン×2 ……【ハードポイント2】 7.62mm.ライフル弾を使用するチェーンガン。二門装備している。
                         連射性に優れ生物相手には有効だが、装甲目標には効果が薄い。
  熱振動徹甲クロー       ……四足獣型警備ロボット用の対装甲近接兵器。クローだけど牙とかも含む。
                         発熱と微細な振動により、攻撃力を向上させている。対単分子コーティングを貫く。

 ・防具
  中量金属装甲++ ……警備ロボットに使用される中量級金属装甲に、増加装甲を追加したもの。
                     通常の装甲より防御力が増しており、ライフル弾でも5.56mmでは貫通は難しい。
                     ただし追加された装甲の重量分、機動力は低下している。
  耐EMP防御      ……自動自閉機能があるのか、対EMPコーティングが施されているのか、電子回路の強度が強いのか……
                     理由は様々だが、この機体はEMPによって電子回路を焼き切られることはない。
  耐ビームコート      ……機体の装甲表面を、黒の耐ビームコーティング剤で覆っている。いわゆるアーバインカラーである。
                      ビームライフルなどの光学兵器に対して、完全な耐性を持つ。

 ・オプション
  複合型視覚センサー       ……カメラによる単純な画像認識の他に、赤外線など複数の視覚センサーを搭載している。
                         煙幕で視界が遮られても、索敵能力の低下は最低限に抑えられる。依然としてチャフは有効な模様。
  スモークディスチャージャー ……自機周辺にチャフ機能付きスモークを発し、広範囲に煙幕を展開する。
                         二発セットで、リロードは人間が行う。ちなみに一発15円と割高な印象。

  【ルーチン】
 ・固有ルーチン(着脱不可、アップグレードは可)
  格闘戦闘:C ……爪や牙を使った格闘戦能力。補正値:10
  射撃戦闘:B ……口径や反動の小さな(銃器相当の)固定火器による射撃戦能力。補正値:20
  獣性:C     ……獣らしい動作やしぐさ。スムーズな四足機動のための補助ルーチン。
               標準的な機動ならCランクで事足りる。
  対人警備:B ……特定の人物……つまりは主人を警護する為のルーチン。索敵能力を兼ねる。
               施設警備ルーチンから換装されたもので、遺跡のスカベンジ同行に最適化されている。

 ・後付けルーチン:追加不可

2777 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/07/04(火) 23:17:58.29 ID:0cvrIZDJ
 【好感度一覧】

   クーデリア.   ……A     (近いうちに、電と三人で仕事に行きたいわね)
   やる夫.    ……B-   (銃火器について、結構詳しいんだおね)
   ヴィルヘルム ……B     (次は本気を見せてくれよ)
   チンク.      ……C     (お人好しめ……勉強会、楽しみだ)
   シン       ……D-   (良いクライアントだ、次の仕事を待つとしよう)


   シノン      ……D     (機会があれば、またご一緒しましょ)
   アリス       ……C+   (本当に、真面目な人です)
   聖十郎     . ……C-   (変人だなんて、ひどいなぁ……)
   スカサハ.    ……C     (存外甘い子だが……嫌いではないよ)
   リッカ.       ……C+   (二人ともお勉強がんばれー)
   リリィ       ……C-   (いつも余裕綽々だなぁ……)
   ダリアン    ……D     (なかなか見込みのあるやつなのです)
   愛歌..     ……D     (どっちのお店も、また来てねー)
   ピアニィ.     ……E+   (お、大物新人ね……(震え声))
4167 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/09/18(月) 21:11:45.65 ID:dkoVUHUe
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
4168 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/09/18(月) 21:12:11.85 ID:dkoVUHUe
                     [|第二開発室|]
                 '" " " " " " `
     ._______________________
    | |::ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ::| |
    | |::ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ::| |
    | |::ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ::| |
    | |::ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ::| |
    | |::ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ::| |
    | |::ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ::| |
    | |::ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ::| |  __
    | |::ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ::| |  |.〒 .|
    | |::ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ::| |  |{  }.|
    | |::ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ::| |   ̄ ̄
    | |::ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ::| |
    | |::┌┐┌┐┌┐┌┐┌┐┌┐┌┐┌┐┌┐┌┐::| |
    | ├┘└┘└┘└┘└┘└┘└┘└┘└┘└┘└┤ |
    | | |                                  | | |
    | | |                                  | | |
    | | |                                  | | |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 渡り廊下の道半ば、階段を上った先にある三階の廊下……
| その終点にある、シャッターをくぐり抜けた先。
┗───────────────────────────────────────┛
4169 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/09/18(月) 21:13:22.73 ID:5tc5r8uz
長くなるって、やっぱりブレードライガーは強敵なのか
斬鉄が当てられれば勝てると思ってたけど、こっちも気合入れていくか
4170 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/09/18(月) 21:13:35.81 ID:25SOyuj0
さぁ決戦だ
4171 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/09/18(月) 21:14:05.87 ID:mU6Nmjo8
やったれー
4172 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/09/18(月) 21:16:10.62 ID:dkoVUHUe
                          / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                         / ______________
                        [[|l_________l_____________l___________l_______
                       |||
  _________           |||
  |┌───┐ … ||   ______   |||´`
  |│      | 目 ||   || ̄ ̄ ̄|| |  |||
  ||      | 目 ||   ||___|| |  |||
  |└───┘ Φ |   |□□||目∞| |  |||
  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|: /∴¨θ∞ヽ/| |  |||
  |:     ⊂⊃    |: | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄:|::::| |  [[||l二二二二二二(Y〉   )二二二二二二二
  |:_//  |___|: |_____:|(((ニニニ\________________
    // |
   //  |____
   //  /::: //                             __/ ̄/__ ./77 /__7 ./''7     ./ ̄/ ./''7
   | | ./::: //                             /__  __  /. ̄ /__7 ./ /__/"7   ̄  / /
   |_|/::: //(二二)                           _./  //  /    ___ノ //  __, ̄| ___ノ /
  | ̄ ̄ ̄|/ ,_| |_、                        |___ノ.|___,/.   /____,./ 7__/ヾ/ ____,./
  |_| ̄|_||

┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 入り込んだその部屋は、警備ロボットの開発室か、整備室か、あるいは
| データの計測でもしていたのか……とかく、これまでのような事務室然としたものではなく、
| 壁際に集中して、何かしらのモニターやコンソール、あるいはそれらの残骸が転がっていた。
| ……幸か不幸か、それらは壁際に集まっているのだから、
| 広い部屋の中央で立ち回りをする分には邪魔になりそうなものはない。
┗───────────────────────────────────────┛
4173 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/09/18(月) 21:20:31.72 ID:dkoVUHUe
                                                  / ̄ ̄/
                                                / / /
                                              / /  /
  《警告を無視し、警備区画への侵入を検知》                     / /  /                       _  _
                          ,,,,,,,,,   ,--、          l /  /                  ////
  《これより、実力で排除します》    ./彡彡,,-‐'´ /_,-----、 ,─,─´´l /‐‐‐'´/            ∠ ̄ ̄//ヽ
                      ,,,,,,iii'',-‐'´,-‐'´‐'´ _//| | | |ヘ´//  /  /``/ニニニニニニニニニヽ二二二ノ
                  ,,,-‐'テテ// ,-‐'´ ヽ__/ ノ | | | |ヘ´  / _/ ̄ //,              ̄ ̄ ̄
               , ‐‐'  | ∟/,-‐'´ /ニニニメ  テテノヽ(Θ) /// ////
             ∠_,---'´ /──´ ̄ ̄ニニニン__/  〈\_/ヽ  / 〈 〔 〈 ヽ\/
            <____ 「ニニニニニニニニニン|      〉 (Θ) l-----、ヘj ヘヘ(Θ)ヽ/,―'´`\
              | | VVV ヽヽニニニニン   i─‐、   `‐‐、 ( (Θ) 丿ヘ ヘヽ     (Θ)ヘ
              ヽ|WW_ | ニニニ// ̄ ̄i ノ.\  / ̄ヽヽ  \二\\\(Θ)ヘヘ  ヽ
               \__/‐-、__ヘ /__二二ヽ_ノヘ三三ヘ ヘヽ ヽ |ヨ|ヘ'''‐‐‐'i ヘ ヘ  ヽ
                  ,---\\ロロヽ__j     /      ヘ ヘヘ ヽ /      >>(Θ)
                  | i i ヽ 〉ー───―――'     /ーヽ―(Θ)       〔  〔二(Θ)
                  `────'´            /// /\  ー、     / / / /´´ヘ/
┏────────────┓                     ヽヽヽヽ___ヘ_丿     ヽヽヽヽ/
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| そんな部屋の中央に鎮座しているのは、四肢を力強く床に広げた四足獣型警備ロボット……
| 大空のごとき青い装甲をした、ブレードライガーだ。
| その頭部センサーは無機質に侵入者を睥睨し、胴体の横には名前の由来ともなったブレードが、
| 鈍く光を照り返しながら展開されている。
|      ソフトウェア             ハードウェア
| 明瞭なAIの物言いにふさわしく、装甲を纏った機体にも目立った欠損は見当たらず、
| やはり相当に状態は良さそうだ。
┗───────────────────────────────────────┛
4174 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/09/18(月) 21:24:30.29 ID:dkoVUHUe
\::.ヽ ^::.::.::.::.::.:.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::\/.:.:.:.:.:.: /.:.:.:.:.:.:.:`.:.:.:.:.:.:.:.`.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:``.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\::.::.::.::.::.::.::.::.::.:
`<.::.:.::.::.::: ;、;、;::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:/.:/.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;.:.:':.:.:.:/` :.:.:.`:.:.:.:.: .:.:.:.:.:.:`.:.:.:.:.:.:.:.:',::.::.::.::.::.::.::.::.::
   \  ;、;、;、;、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./.:/ .:.:.:./.:.:.:.:.:.:/`.:.:.:..::.:.:./   .:.:.:.`.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:iハ.:.:.:.:|::.::.::.::.::.::.::.∠
   /.;ヽ)_;_;、::.::.::.::.:,:.'":.::.::.:l.:/.:.:.:.:./.:.:.:.`.:/ 、 .:.:.:/.::/   .:.:.:. /.:`.:| .:.:} .:.:.:.:.:.:l.:.:|.:.:.:.:|;、;、::.::.::.::.:/  予想通り、室内にいるのはライガーか。
 _〉.;.//.; く.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:N .:.:// .:.:.:.:.:/ .:.:./.:.:.:/` :.:.:.:/| .:.:.:| :.:./ .:.:.:.:.:. i:.:.|.:.:.:.:|;、;、;、;、/
;、任抂抂L/;、;ヾ、 .::.::.::.::.::.::.:.| .: /|.:.:.:.:.:./.:.:.:Х/.:./| .:.:.:.:/  j .:.:/.:.:∧ :.:.:.:.:.:,' :.:|.:.:.:.,';、;、;、;、ヽ___  他に取り巻きの姿もなし……なら、問題ない。
_片「゙ヽ爿;、;、;、;'^⌒ー/⌒\.:レV.::| .:.:.:./.:.:./≧ヘ/ │.:.:. /   /.:./|.://', .:.:.:./ .:.:.|.:.:/;、;、;、;、;、;、;、::::::
、;、;'⌒´ ̄ ̄ ̄ ̄/ :::、;'、;/ ̄ ̄! .::./.:.:;ハ! {{ト弘 │:.:./   /.:./x':.:≧k |.:.:./ .:.:.:リ.:/::::;、;、;、;、;、;、;、;、:
、;、;'、        {:: /:、;、;'/::::::::::::::::|.:./:|:.ハ  V::::小、| :.,'  /.;イ升i:.か㍉|”/}.:.:.:.火:::::::::;、;、;、;、、;、;、;、
 、;、;'、      ∨::;、;'、:!:.>'"´:.:.∨-!;小   込リ ヽ{    f圦:::ン  /イ/.:.:/)ノ:::::::::::;、;、;、;、;、;、:/
ー‐=< ___  \_;>.'".:.:.:. -=:/::::/:::ハ    ̄         `=≠   ' ///イ:::::::::::;、;、;、;、;、;、;、;、
:::::::::/::::::::::::::::::::\/.:.:.:.:./::::{::::/:::::::::/:::::ゝ     '             〃.:.:./ :::|::::::;、;、;、;、;、;:::::/|
:::/:::::::::::::::::::::::::/.:.:.:.: /::::::::::∨:::::::::::::::::::::::l\   - 、       .イ :.:.:./l::::::|`;、;、;、;、::::;、;、;、;、l|
:::::::::::::::::::::::::::/.:.:.:.:.:/j :::::::::::::::}:::::::::::::::::::::::::|  ヽ、      -=≦※.:.:.:./:/::::/;、;、、::::::::::::::/::::::::||
:::::::::::::::::::::/.:.:.:.:.:.:,:'::::::: {::::/:::::::/::::::::::::::::::::::::〈     |`ア ;、;、;、/:::/ .:.:.:../::::;〃、;、::::::`::::::/:::::::::::||
::::::::::::::::::/:.:.:.:.:.:.:.:/:::::::::::∨::::::/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄乙フl     //;、;、;、;、;、;〃;、 ::::::::::::/:::::::::::::::::||
: ::::::::::: /:.:.:.:.:.:.:.:/::::、;、;、;、ヾ:;/        `   //   |ヽ  /.:.:.:.:.:.:./::::::::{{:::::::; -=彡'::::::::::::::::::::jj
::::::::::::::: {:.:.:.:.:.:.:./::`:::::::.、;、;、;、i、;、;、;、、;、;、;、、 /、/   j∧/ .:.:.:.:.:.:/\:::::}厂:/::::::::::::::::::::::::::::::::〃
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| そうして、転がり込むようにして部屋に足を踏み入れた瞬間に、
| すぐさま室内の様子を確認する。敵戦力、想定通り。地形、遮蔽物なし。距離、支障なし。
| 目と、耳と、肌に感じる気配とで、それらを刹那のうちに把握して、
| シャナが突入後に体制を立て直すより早く……
┗───────────────────────────────────────┛
4175 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/09/18(月) 21:25:04.84 ID:25SOyuj0
この強敵感…
4176 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/09/18(月) 21:28:41.93 ID:dkoVUHUe
.         _
     ┌┘└┐i77
       7 /^i |
      〈_/ 」 |
        r‐┐/ 7                l l三三l  l i     l
       {二/ /                    l l  .l   l l    l
        〈_/__ll_               l l.  l   l l l三i. l
           ̄|| ┘               , .l  .l   l   l三i. l
          | |                    l l.二l   .l l .l三i l
          | |                l  i i    l l  l三i.l      《排除……》
          | |                ,ィュ,i' 0二0  .l l  l三i.l.
          | |               /  l       l l  二,.i_
          |ノ          ,ィ'ュ ,_i        l 、./   /丶
          {二} //    .__ /     ̄ `' 丶./  l   ,'  .i
            / /   / = /  _        ` <i、二l、  ソ
          〈_/   ./─二l  〉  ̄二=、        フ-i  ̄
                 ヾ.  l r'/     />、   / 7ーィ 、.
                ,ィ=<ニ二三二℡,__i_l  〕  ,' /─ ,'  l
              ./   `> アィ'_ _ ニ_ ァ 7 ヽヽll  l l 二 i  i
              /     /   ./ ,'  7/ l!  l l .l ヘ ヽ二ヘソ
              l ‐- 、 ´/     / /   ,'  !   l l l  l ´    ̄
             ∨  l〈  _ / ,'   /,  l!  l l l>"
               `' ̄. ∨  _〉`´ ̄ >'.ヘ T  ,ィ´
                 ∨´ ヘ /   ∨ /
                       `       `'
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 瞬間、ブレードライガーが鋭く、地面を踏みしめた。
┗───────────────────────────────────────┛


   ▼ 反射・回避判定 1D100+軽業(15)+潜入/気配察知(18) 目標値:75

   ↓1~3 ブレードに対する反射的回避行動について自由記述
   ↓3    ダイス採用

4177 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/09/18(月) 21:32:31.88 ID:OOsyy4uD
【1D100:24】
振りかぶってくるなら懐に飛び込んでしまえ
4178 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/09/18(月) 21:33:42.53 ID:9jQNnUSz
【1D100:66】
初動で左右にフェイントをかけて飛び込む
4179 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/09/18(月) 21:33:58.47 ID:55UeVbqS
立ち上がるか転がって回避するかは状況によって判断する
相手の攻撃手段の範囲を想定しておく

【1D100:12
4180 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/09/18(月) 21:34:05.94 ID:TQQlsrXo
なるべくライガーの死角に入るようによける
【1D100:95】
4181 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/09/18(月) 21:34:25.33 ID:dkoVUHUe
おうふ、ダイス神ぇ……
4190 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/09/18(月) 21:37:41.82 ID:dkoVUHUe
今回のボス戦、戦闘経過は判定には左右されません。
身も蓋もないことを言えば『判定成功したけど描写的には失敗した(もしくはその逆)』みたいな形式なので、
失敗しててもシャナ生きてるよ、大丈夫!

ま、まあこのダイス神は怖いが……さておき、続きやってきますか。
4192 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/09/18(月) 21:38:49.51 ID:dkoVUHUe
                                                                 ,ィ 7
                                 _,. -─ァ___                    //
                              ,.,'"    /卅叮匸l〈                       //
                        ,.,-‐ '"'"    ,., イi二ヘヘィ´ヘ                 //
                    ,.,-‐l ,.,'"  ,.,-‐''"  ∨∧ャ、 ̄           _ /7    //
      《……開始!》     ,,‐'´,ィュ/ー'´  / 7      ,>ー 、ィ‐’≧、       / // 7/. //    _   /|.   _
                /  l>´└─=≦  `ー─‐ 〈ェュ / ´   ヽ. /7   / // 〈////    \二ノ ノ二二/
             ,, '   /-- r'ニニニニニニニニ〉ヘ―- 、   ,へ ヘ二ヘr'/ 〈/r //〈/       ,イィ´
            ,ィl '─' ̄i>     <[二二二二二二二〉 ヽ.  〉 /  / >∧ ll! l  ,ィ<>ュ /  ,r='´≧<,ィ
          /   _ ,.,-‐ァ、   <[二二二二二二〉|  / トイ i  l//ユ.ヘ.i 三,ィ<>'´( i´ノ>'´ヽヘヘ :リヘ
             ヽ‐、ヘ´ ∨`'∨ヘヘ     〔ニニニニ 〉ll. j 〈   〉ーイ l  ヘヘ >'´  ヽ.> ir´__ ソ>‐<ヽ.∧.
            ヽ.ヽ ヘ  ソ ソヘヘ------〈 ─ァ一' ノノノソ / iへ ヽ.ヽヽ 〉  <> ,イ>、ニl iヘ リlヘ   ヾヽ ヽ.
             丶.ヽヽソ ソ 〉〉_    \/  ((((´ >‐、/ ヘ  ∧>´k└r‐ '´ ソ、_ヘ _>‐'  `、  ヾ'´(.)
      , ─‐/ ̄`─-iヘl ソ _,ィ´l__ ̄/ ̄ ̄,   //  l. i  リ`匸〉ー‐´ ̄  ̄ i ヽ.ヽ∧ ̄        >、二-ィl>ュヘ
       _j「 ̄ヽ`・ 、 li、 _リ ヘ ´ 二_   _ _. ̄ // ,.ヘ._アr´         └、_y´ソ       lki l  >´ ( (.)
     _j、 .へ __\_/、   /ヘ,ィ/ ,ィ´ i ̄\ \7y´/ //  i´  |\           「 i ノ 、 ソ       l ̄ ̄  ,,-l!
     l 、 ヽ   / `丶. i/ l ! l l!  ´ \ ∧ \ \ィ ィ'  ,ィ┘  .| ./        〔 _l ,,‐ァ'        〉ャァァャ 'ィヘl´
     `ー='' ̄`' ー 、,ィ´   `丶 '‐、 < >. 〉 ,ィァ‐、ュ´ヽ/       |/\        .ト、i lヘ ィヘ        l ri l  〉、_l
                      ヽ._>./ / l i  lh__,ィ           .\∧      .`ー'`ー'´       ゝ-'ー'ー´
                         \ ̄ \ `y‐´                 / ∨V7
                           ` ──'            |\/ /l/l/
                                           `7/
                                            /′    />
                                             /    ./′/>
                                                    /′
┏────────────┓                            \__/\
│ システムメッセージ                                  ` ̄ ̄ ̄
┣────────────┻──────────────────────────┓
| レスポンスは限りなく短く、ライガーは踏みしめた足で迅速に地面を蹴り、
| シャナへ向けて駆け出す。胴の横には展開されたブレードが左右に一対……
| 仔細に目を凝らす暇があれば、シャナの目ならそれが微細に振動した、
| 対装甲ブレードであることを見抜けただろう。
┗───────────────────────────────────────┛
4195 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/09/18(月) 21:42:26.00 ID:dkoVUHUe
                               /   ,'  l
                               7 二7フへi
                                /  / /
                                  /  / /
                             /  / /
                                /   //
                          /   .//
                            /    //
                         ,'7   //
                         /   .//
                           /  ,/ 〉
                       /  ,/,´
                        /  ,/〈
                         /  / ../
                     /  / 、/
                       /   /
                         /  ,/
                     /  ,/
                       /  ,/
                    /  ./
                      /  ./
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 対装甲用の、高周波振動ブレードだ。熱による溶断も可能かは、傍目にはわからないが。
| 軍特殊部隊用の防護コートでも、正面から受ければ容易く裂けてしまうことは想像に難くない。
┗───────────────────────────────────────┛
4196 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/09/18(月) 21:43:44.29 ID:25SOyuj0
肩身の軍用コートがぁぁぁ!?(早とちり
4197 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/09/18(月) 21:45:11.26 ID:dkoVUHUe
も、もしも当たったらやばいって解説だから……まだ当たってないから……!
(というかコートが着られるってことはその下の体も一緒にぶった切られてるわけで)
4198 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/09/18(月) 21:46:48.85 ID:dkoVUHUe
        ,-、
        ヽ iヽ
         ヽ`、 \    ヘヘヘ,ヘヘ
           \\\   ヽヽヽヽヽ                      ……なるほど、速いし、随分鋭そうな刃だ > シャナ
             \\\___ヘ,'―――、
              //\\\ ̄/\\\
       ,---,〈ニニニニニ── ̄ヽ \``ヽ
     ,--/  ゙i〈ニニニニニニ/`''‐-`'''‐-/ ̄ヽ
     i /-/_ヽ 〈ニニニニ/ ,ヘ//‐-、___ヘ ヘ
    ,,| |〕  〔  ニニニニ/ / /`|/|`―i____〉
   /||/ | | ,-------、__/ /ヽ  ∨/ /W/ /
   l/―‐| |/ , ,ヘ /\、――/ヘZ. Z/ / / /
__i/ノ/ |/、/ / ヘ,' ,' //\‐-| |Z |/ / /        _
|三i j ̄ ̄/,' / | i | / /〉  /l | |ZZZZ// ̄ ̄'''''〉〉/ ̄/‐i,----、
/`‐‐‐|三 | ̄ヘヘi | |/ // /__| `‐‐‐‐‐'´ノ/川   ゙i/ /-/  ―|‐|、_
|__/__ヽ  / ̄ ̄ ̄ヽ―'´|__/__/ ̄─ヽ   (Θ) | |i'´〉 ヘ' / /ノ-ヘ
  /    `| ̄冂冂冂冂,'/ ̄ ̄ ̄      ヽ‐‐‐、─、 | | j__/‐'´'´i__/
三/コ    '─────'                `ヽ/__/
ニ/

┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| そんな暴威と評することのできる刃が、瞬く間にトップスピードに乗って、
| シャナへ向けて突進してくる。
| 機械仕掛けの、力強く、正確で、素早い突撃だ。
┗───────────────────────────────────────┛
4199 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/09/18(月) 21:50:42.77 ID:dkoVUHUe
┌───────────────────────────────────────┐
│_________________,r'´ニ`ヽ  \ l::::::::::::::::::::::::::,:ィ''´______     .│
│ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄,r'´ ̄ヽヽ, \  ヽ:::::::::::::,:ィ''´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄    .│
│ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/´ ̄`ヽ、ヽ\ \  ,ゝ‐'´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄      │
│______________/ : : : : : :::::ヽ \ ヽイ/____________      .│   ……でも
│___ \、           / ,...___ : : : : : :::::ハ ヽ/_____________     .│
│─────ゞ、_从_      ,イ,ィ:: : : : :`:‐-::、:_:,r‐l/──────────────     │
│────ア,:=''" ̄ ̄.     /:::::: : : : : : : : ::::::::::/─────────────────     │
│___て::/         /::::_: : : : : : : : : : : :/─────────────────       │
│__ ̄) {       .ダッ! {::::::::::`ヽ:、: : : : : :./__________________     .│
│ ̄-=''''^ヽ'、         ヽ::::::::::::::::::::::::. : / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄    .│
│___/⌒`''=一       ` 、:::::::::::::::::/__________________       .│
│──────────────` 、::/───────────────────     │
└───────────────────────────────────────┘
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| ……とはいえ。
┗───────────────────────────────────────┛
4200 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/09/18(月) 21:55:36.81 ID:dkoVUHUe
  ダイス【12】+安価【30】+特技【33】 ≧ 75 同値成功!(割とおまけ裁量だったりする)

             /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`丶、       /
    ___     ,:':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:_≧== '´
 ,.ィ//////> 、/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ、
 \//////// /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ、:.:.:.:.:.:.\__r--- 、-、_,.--=--、,.....__
   ∨///// イ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:、:.:.:.:.、:.:.:.:.`ヽ:.:.:.、:.\//`ヽ、/∧    ,. -―'    でも、所詮は獣の剣だ。
.    ∨/////|:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.|:.:.:.、:.:.:.:.:.:.:.:.',:.:.:.\:.:.:.:.:.':,:.:.\:.∨///}//ム __..._`ヽ
     ∨////|:.:.:.:.:.://:.:.:.:.:.:..:/:.:.::/!:.:.:.:.\:.:.:.:.:.::.:.\:.:.:/:.:.',',:.} `、∨//|///}´    ¨´      躱してやれない道理はない。
      }/////':. |:.:/:,イ:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:./ ∨:.:.: 、:.:.:.:.:.: |:.i /、:.:.:.:.:}:.:.}:.:|//}/> ´ ̄                   ,....:::
      |////:.|:.::|/イ:.':.:.:.:.,:.:.:/:-:.:/-、 \:.:. ト:.:.:.:.:.:| }/,.ィミ>:.:.:.ト、:i:.:|//                       ,....::::´:::::::
      |///:.:.':.:.:|:.:.:.:|:.:.:./:.:// {:/ _\ヽ:.| ∨:.:.:|リィ刈 / }ヽ:.!:.:从!´      __   __       ,...:::´::::::::::::::::::::
      }/:.,./:.:.:.{:.:.:.:{:.:/:.:./ト  ィチ羊≧ミ、} ∨:.:}イヒjリ  ハ:.:.:|:/リ ゝ  , ´     >:::xィ:、  ,....::::´:::::::::::::::::::::::: :
   /:.://:.:.:.:.:マ:.:.∨:.:/{:.:.:\< 比j刈    }:/ 之ソ  {∧:./:.:.`ヽ、/      / `ー'..:::´:::::::::::::::::::::::::::::::,   ´
  /:.:,. ' /:.:.:.:.:.:.:.マ:.:.:Ⅳ ヽ:.:.:.:ヽ弋こソ    /     ;//\_:.:.:./`丶、___/,....:::::´::::::::::::::::::::::::::_..   ´
/:.:/  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.\ー-\:.:.:}           '   人/////.:.:.:.:.:.:.:.:.:>::::´::::::::::::::::::::::::::_   ´
:.:/  ,.::':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:',:.:.:.:ヽ///≧- 、__    ,._ィ  ///////{:.:.:.:.:.::>:::::::::::::::::::::::::::::_,   ´
´  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.//ム:.:.:.:.::.∨////////\   /////////」>:::´:::::::::::::::::::_   ´             _,.... -
,..イ:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:////}:.|ヽ:.:.:.∨/////////}`i¨´:::\///>::::´::::::::::::::::_    ´           _..    ´
:.:.:.:.イ:.:.:.:.:.:.:.,.ィ//////://∧:.:.:}/二,.ィノ⌒\-!:::::}i/>::´:::::::::::::_    ´           _..   ´
 ̄:.:.:.:.:.:.:.:/// ̄ ̄`ヽ///}:./ /ィ⌒!{  マム>::::´:::::::::::,..  ´          _,.. r  ´
__:.:///////////r‐ ´ ̄/ /}(_ノi 人>//:::_.. -  ´        _,...  -rr≦///\
     /////////_,ノ   / /r- , / //// '´        _,.   ≦----、//////////\
     {////////ノ  、  Ⅵ { {/ノ { i{// {   _,...  ≦ ´--= ´       \/////////∧
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| とはいえ、その存在は2階で見付けた書類から、元々想定していたものだ。
| そのうえで、相対して勝てると踏んでいた存在だ。
| ライガーの足が遺跡の床を蹴り、その四肢が宙に投げ出された瞬間、
| 一足跳びに正面……ライガーの下へ向けて体を躍らせる。
┗───────────────────────────────────────┛
4201 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/09/18(月) 21:59:33.11 ID:dkoVUHUe

二二 l ∧ __二二ュ、_______         スッ                           __
三三 ヘ  ∧   ̄ ̄二二二二二二二l l二ニ〔二l_______________          ∧::::/く
三三二l  l l二二二二 _         _   __   _  ___ _     /         .∟∨/
    ̄ ̄ ̄          ̄\  ____________________/       ./(/
                    ̄                                    /_
                                                          //:::}
                                                      '’   `┴-'   / "
                                                          /(/  /(/
                                                       ''‘  /    /   /
                                        {≧s。.           ,.  '’    , ''   /(/
                                   __\:::::::≧s。              。o≦::::.... ̄} /
                     --==ニ三三三三三三三三{:::: ̄::::::::|i::..|i:≧s。i|i从|i::::::}≦:::::... il|i ...:::/ニ=---
                  --==ニニ三三三三三三三三三ト、ili:::::::::::|i:::il:::... |il ≧N::il::il::::::::::.......|ilレ'|i三二ニ=----
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 結果として、刃が斬り裂くのは空ばかり。
| 直線機動でライガーが駆け抜けた頃には、とうにシャナは足元に移動している。
┗───────────────────────────────────────┛
4202 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/09/18(月) 22:02:24.80 ID:5tc5r8uz
下からツ!?
上だと背中の砲で迎撃されるとはいえ、足の爪も武器になるのに!?
4203 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/09/18(月) 22:03:35.80 ID:dkoVUHUe
                                      ..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..    ヽ                ヽ ヽ
                                    /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ  丿:\                 ヽ ヽ
                                     /:::::::ヽ:::::::冫::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ.                    ヽ ヽ
                                    /:::::::/::::ヘ::::ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ                       ヽ ヽ
                                /:::::::/:::::::::::::::::ヘ丶::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.                      √斧ヽ_
                                 /::::/:::::::::::/ミ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ                      {斥 /  ヽ
  《目標の回避行動、確認》               /::::/:::::::::::/:::::::::::/:::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.                ハ笊ミ    ゝ
                                 // /:::::::/:::::::::::/:::::::/::::::::::::::/::::::::::::::′:::::′ :::::::::‘,             斗': : : : :  ミ ノヽヘ
                              /  /:::::/:::::::::::/  //:::::::::::::::,:::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::.ー  ‐  ^‐孑ィ': : : : : : : : : : : : /
                               /   /:::::/::::::::/ ㍉  /::::::::::/::::/:::::::/::::.i/::::::::::::::::::::::::i\': : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : /
                                /:::::/::::::/   i ijぅ/:::::::/::::/:::::::/:::::::::::::::/::::::::::::::::::::::|: :.\: : : : : : : : : : : : : : 孑
.       (ブースター抜きの突撃ならこんなものか) /:::: /::/     廴j /∠≦斧气/ i:::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::',::: :: :::ヽ: : : : : : : /
                                   /:::::::/.      リ         i iしう ㍉///ヽ:::::::::::::::::::::::::|::: ::: ::: :::∨ ̄
.       (これなら【縮地】を切るまでもないし、)  /::::/       ∧ 、     廴丿// /, ィ'::::::::::::::::::::::::::i:: :: :: :: :::.∨
                                  //        /::::ヽ           - ー ̄ ̄|::::::::::::::::::::::∨::: ::: ::: ::∨
.       (切り札にするまで温存できる)                  / ::::::::::. ` ヽ   厂::: :: :: :: :: :: :: :: ::|::::::::::::::::::::::::::∨::: :: :: ::∨
                                         /::::::::::::::::::ヽ  孑 |::: :: :: :: :: :: :: :: :: :::|:::::::::::::::::::::::::::::\:::: ::: :::∨
.       (問題は、ブースターの空中機動……)         ./:::::::::::::::::://:::::::   |::: :: :: :: :: :: :: :: :: :::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::\::: ::::∨
                                 /::::::::::::::::::/ /:::::::/ 丿::: :: :: :: :: :: :: :: :: :::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                                    /:::::::/   /:::::::乂/::: ::`::: :: :: :: :: :: :: :: :::∨:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                                 ズサァ         :::::::::::/::: ::: ::: ::: ::: :::`ヽ::: :: ::: :: :::∨:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 駆け抜けて行ったブレードライガーの挙動と速度を確かめながら、右の刀を握り直す。
| 観察してみたところ、四肢のみで駆ける限りにおいて、
| ライガーの突撃は野犬のそれと同じに対処しても問題はなさそうだ。
| とはいえ、反射と身体能力による回避能力は見せ札として晒し、
| 前と同じでは捉えきれないと向こうも理解したはずだ。なら次は……
┗───────────────────────────────────────┛
4204 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/09/18(月) 22:07:57.05 ID:dkoVUHUe
.    ,.,   __                 ,.ヘ.        / ̄ ̄ア ._ . __
    l ヽ, \ `' 、、  dヘ   .ガシャ   /  ,'  _     /!  >´   >ヽr' > 、
    ∨ i   \   >、`ソヘ. __   l   i'ィ´ ソーァrュ'ヽイ'´  ,.ィ/`ー= ̄ ̄
    ∨∧     >、 r, .r,  ソ/リ/ ,r' ,i  />´,rュイ/ ,ィ´l  ,イノ
.      ∨∧    ,.,-ll ll ll ll 、.-‐''" ,' /  i' l__iュ i(i) l i_,ィ´ァ´` iュ     《銃撃による排除行動へ移行……》
    __ ∨∧.r''"、   ll ll ll .ll  〉> / /   / _,i   >、'  ,ィ  ! l. ヘ
    /∧ ∨∧ __,ィl1 .ll__ll_.ll _//_/ / rャ、/  //>‐く ヘ ̄ l  i l i l     《確実に仕留めます》
    〈 ヽハ ∨ハ.  .l!.L_ll .ll .ll,イ   i' /ィ´.y/ .///  l ノ  l  ;i il l
    ヽ.ヽ ヽ.ヘ  'i,  l   Y  i  ,' /:iーソ' , './ ー、 ヘァ、   l  li /                    先にそっちか、まあそうなる > シャナ
      ヽ.ヽ`丶.ソ .i l  ,.rュ  ! i / !'´ / ,イ__,. i, i' l1   .〉  /
.      `. ヽ i, !ュi〉‐、.__,.ィ.-、 i// / ,イ  l  i, .lrソー=ヘ-イ
       〉.、 ヽi,  l i    ! i!l i' / /! ー‐' 丿ソ´〕 丶./. ヘr'´リ
.      ///イヽ. ヘ. t !    i  ,r' / l '"i il〕l二二'`〔  ヘ  li  iE) i
.       ,i//イ  >!, .ヘ.i   ,'./ ,/-‐!,ィiLソ ァ  i=l i ヘ. `ーャ`ーイ  〉
     〈 `' 、ヽ ,ir' ∨.'、-‐-,' // ./   (  ̄l=il l lrュ}   l ̄ ̄ ̄.lリ
       ,i>.、イ` ィi  ヘ._i_,イ/ /    'i,二=二ソ.    }ー─‐‐‐l
.   ,∠.ヘイアト!_イ.    ヘ/ヘ/' {lll}´      }  ト=l l     iニ二二ニl
   ト、i´ i `i≧, '                 l  .トH lュ   / i .! i ',
     `'ヘ,イ´                    〉-──ャ、i>  ヘィ 、,ヘィャ'
                          ,〈,.,-─-、 i
                          lL! ヘ  ヘlLiリ
                             ,l三二二三l
                             / i .! i ',
┏────────────┓       ヘィ 、,ヘィャ'
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 突撃するばかりでは、シャナを容易に捉ええないと理解したのだろう。
| ライガーは一旦ブレードを格納すると前方へ向け、備え付けられた火器を差し向けてくる。
| 流石、遠近隙なくこなす機体だ。多くの引き出しのおかげで、
| こちらの望むものはそうそう見せてはくれないらしい。
┗───────────────────────────────────────┛
4205 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/09/18(月) 22:12:03.61 ID:dkoVUHUe
                              /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、
                                /::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::\
                            /:::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::∨::::::::::::::::ヽ
                             /::,:::::::::/::::::::::::::::/:,イ|:::::::::::|::::::::∨、:::::::',
                             {/:::::::/,::::::::::::/..// }::::::::/| |:::::::|::::|:::::} : まあそれも、想定内だ。
                          /:::::::/イ:,:': ///、/' /:::::::/,/イ::::i.|::::}:::::|::|
                            / :::::::::::{//|イ斥㍉ヽ/ ::::/,ィ㍉}:./ |::/:::/l::| 向こうが動かないなら、こっちから寄って斬るまで……
                        /:::::::::::_{_ { 弋zソ ,::::/ ヒソ / /}∧/ リ
`丶、                     /::::::://///////\   /      ; イ       刃が届けばそれでよし、回避機動でブースターを使うなら、
` 、 ` 、                 __/イ//`ヽ、////////    __ `   イl::|
   ` 、 ` 、    ______    ///////////\/// /> __  <//|::::|         元の目標を達成できる。
     `  、` ∨  // `ヽヽ__//--- ミ/////// \ ∧ ∧////- 、 |::::|
           `  、 <'_  } ト、⌒ヽ: : : :\////////〉 }-―_ァ/////i|::::|
_             ` ー} ̄∨ /⌒ヽ、 }: : : : : ∨//////i从 ̄: :i∨/// |::::|
    ―  _       |  |-、⌒}/| }__}------</_/: : :リ_、: :.|/イ ̄ 从.{- 、
               _|  |   }イiii| |_,..、〈〉//〈〉//} }  ̄   Y^ヽ  / /: : : i\
                 |  |__ノ,-、 ! !〉 }-,///> ´ ̄    イ{_/     {: : : : }:i }⌒ ー、
                 |  | _ノ ///{ | {r, ̄: : : : : ヽ     }\    ∧ー __/、__っゞ'
              _/___/_) ___ノ/ ノ//: : : : : : : : :}     /{_ハー ´\',
         _,.. < //⌒} / / /¨´、: : : : : : : : :|   /|: :.::::|    ∧
     _,...  ´ \_/ /_/_/¨´¨´////}: : : : : : : : ∧__/  }: : : :|  //∧
-   ´       //// ̄ ̄´//////////: : : : : : : : / __   /: : :()ー<////∧
             ///////////////////: : : : : : : : :´¨: :` ー': : : : : : ,ノ/////l∧
         ///////////////////: : : : : : : : : : : : \(_): : : : :/:∨//////∧
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| まあ、とはいえ……ブレードライガーが射撃戦にも優れているのはわかっていたことだ。
| 装甲を貫くため、刀を手にした状態で敵の突撃をいなせば、近接戦を警戒するのは自明の理。
| 寄らば斬る、という予定だったが……寄らなければ、こちらから寄って斬るまで。
| 多少の弾幕は、コートの防弾性能と合わせていなして見せよう。
┗───────────────────────────────────────┛
4206 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/09/18(月) 22:16:13.35 ID:dkoVUHUe
                    ,..-=ニ二二ニニ=-...,
                    /ニニニ,..- ミ二二二≧、
                ,ィ仁ニニ二,'::::::: ';二二二二ヽ
               .,::':/二二二二ヾ;,,,, ノニニ/  ̄ V二': ,             で、問題の火器は……マイクロガン?
              ,仁/ニ/"`..、ニ二二ニニi::::::::; iニニ';                  またマニアックなものを…… > シャナ
           :  /二’二i:::::::::  iニニ二二ニミ‐-‐彡二ニ';
             /iニニiニニヾ _,,/ニニγ¨ヽ二二二二ニニi
    _, --、   / iニニiニニ二ニニニニヽ- '二二/  ̄ '.,ニニ, 《5.56mm.マイクロガン、レディ》
   //ニ,--.i二''//iニニi二二/"`ヽ二二二二二i::::::::: ,'二’
  //ニ,'ニニi //二;Vニ∧ニニi::::::::  iニニ:,...‐‐ ミ二:`ー-‐'二/
 <ニニ/ニ,イ/二/ニ∨ニニヽニヾ、,,,,ノニニi::::::::  i二二二ニ;イ
  i二//::/二/ニ二ニヽニニ\二二二二ヾ、,,,,ノニニニ/
 __iニ/ニ二ハ/二二>≦\二二>::ミ二二二二二ニ=-''"
 lニ/:二二:ハニ>≦ニニ>个<ニ二ニ二ニ=--‐''"
 lニlニニ二二ヾミニニ>≦ニ==='''''"
 マ=ムニ二二二ミ≦ニニ== ¨
.  マ二≧x二二 ==""
   `''''''''´
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| ブレードに軸を合わせて装備された、ライガーの火器……
| チェーンガンよりも連射性能に優れた5.56mm.マイクロガンが、シャナを向く。
| 機体と大よそは同方向を向きながら、微細な調整も可能なライガーの射撃だが……
| 連射速度重視のガトリング系の銃身では、精密射撃は仕掛けてこないだろう。
┗───────────────────────────────────────┛
4207 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/09/18(月) 22:20:28.34 ID:dkoVUHUe
                 ヽ,   l                1  !                   ,i′    /
                 ヽ,  .l      .|、    │ l                      /    /
                   ヽ  !      !ヽ    │ l           _xッ"    ./   ./
                    ヽ .!      ! ヽ    l /             / /     / .,/
`'、         ヽ、,           ヽ.!      l |    |l゙        / /      ./'"           ,..-'"
  .\        ヽ `'‐、         ゙′     .l .!           /  ./                 ,..-'"
`'-、、\        \  `l、              l.|           / /                  /   .,,, -'゛
   `'''へ、         `' 、, \           |l    l      メ'"                / _.. -''''"
                    `''-.l、      ム、       l.|                        -‐''"
                   `      \|         ||           //                《ファイア!》
                                          //
                               。   o    。
ニ==‐-            -‐=ニ==‐-      o  。              -‐==ニニ二二ニニ==‐-
_____                         。  ∴:∵   ゚
____三二ニニ==‐-              o  。 ° o ゜                     ______
                                                          ̄''''ー‐- ___
                        //         ||               ___
              ,.. -ー'''二!”´     //        l.|            `''-,,、`゙\、
         _/  ._.. ‐゛                    l                 `゙''ー ミヽ,,
      ._∠r‐''''"゛                                           `''!ヘ.
     ..r!'"                    ,i'j               ゙マヽ
                          / │               ヽ ゙''-、
                             ! ./               \ `''、
                          l./                  \、ヽ
                               ||               \ '、       .`'ミ'-、,
     .,イ/                          !.!        i、       .`' |;;,          \ ゙''-、
  ._..-'"゙./         //                    l !          !.ヽ           `ゝ        `、,  `'-
‐″  /       ./ ./                    l  !          ! ヽ                     \.
  /      /  ./                    l  .}       l  \                  \

┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 二丁一対の機銃が、火を噴いた。
| 戦場は遮蔽物に乏しい大広間、対する相手の火器は連射性に優れたマイクロガン……
| 中々面倒な状況ではあるが、保険の特種防護コートは防弾性能十分。
|              【縮地】
| 出来ればまだ、切り札は切らずに捌きたいところだが……さあ、気張って足を働かせよう。
┗───────────────────────────────────────┛


   ▼ 接近・回避判定 1D100+軽業(15)+観察眼(15) 目標値:80

   ↓1~3 マイクロガンの射撃を避けつつ接近したい、自由記述
   ↓3    ダイス採用

4208 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/09/18(月) 22:27:11.34 ID:7pSXfhQ4
散弾系ではないので銃口の向きさえ気を配れば回避は難しくない。
かする位ならコートで防げるのでチャンスがあれば大胆に踏み込む。
ジャンプすると良い的なのでなるべく地面を滑るように移動。

【1D100:6】
4209 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/09/18(月) 22:27:56.43 ID:tiMPkbUG
【1D100:82】
左右に動いて射撃を集中させない
姿勢を低くして被弾する面積を小さくする

4210 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/09/18(月) 22:28:17.23 ID:55UeVbqS
周囲を回りながら渦を巻くように近づけば的を絞られずに済むかな
動きが単調にならないように強弱をつけ相手に進路の予測をつけられないようにする
時には逆向きや前後の動きをとる
たまにフェイントを入れる

【1D100:39
4211 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/09/18(月) 22:30:44.73 ID:dkoVUHUe
おおっと、満点な自由記述……これは観察眼はつけなくてもよかったかな?
しかしやっぱりダイス神の機嫌は悪いな……むむ
4212 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/09/18(月) 22:33:07.73 ID:dkoVUHUe
             `゙'''ー ..,_         `゙''ー ,,,>.._,.. ,,,.゙"     .''-、    ヽ   .l   .!  r ̄ 、/    /
            - ..,,_"''― ..,,,_、 ゛..,,,_           `゙'''`-..,゛ rー      `'-、   .ヽ  . l  | │ 、,〃  //
           、 .`゙゙'''~      `゙゙''''― ..,,,_.     {   ミ      `'-、 \ ...l  ′ .i!iレ゛  ,/..彡
               `゙゙゙'"  __  r'"⌒'- ..,,.    ´゙"''―`''' ー= .`゙''ー ,,、  `'-.\ ′   ″ /   //
'-、,      . _,゙,゙ ゙̄""         !   .`゙'ミ 、 .¬―--   ___
  `゙"────'               ゙'-- ―¬           ____
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄                     : ー ..,,_.
            ,, -――ー- .              /  .゙│ : ー''''"゙,゙.. ー'''',゙./             、,    .`゙'''ー
          /        ゙̄二ニ--、   : _,,,.. -ー''''  ゙ー- .″ .‐''"´ ,.. -''″           、  \
       .l゙         二ニ-- ‘´    _,,.. -ー     _..-‐'″ .,..ー _/     .i′ ! .l,   、 \
       .l             'ニ―' ._,,.. -‐'''"゛     ,,, -'"゛.,..  ,/´ /    ,   .l゙  | ヽヽ ヽ  `-、
... --ー'''^゙´ .ヽ          _;;jjl″       ._,,, ._..-''"゛._.. ‐'´ ., / .../    ../    . l  ! .! .ヽヽ ヽ  .`'-,
        . ゙'ー ..,,..  .'“´       ,,‐'"  .''彡….‐'″ ,/゛ . ,/     ./   .,  !  ,!  !  .ヽ ヽ ヽ
   ._,,,.. -‐''"                _,, ‐l゙   ._ /   ,..-'´  _、./   / /   /   .!  │ .!  ..l, .ヽ .゛
''''"´                 ,,, -''"  ._.ゝ__ r'"  .,..‐″  .,..-"// /  /    /   l   │  l   . l, .ヽ  \
             ,,, -''″  _..-'"゛    ,/゛   ., ‐l゙   / .'" . /    /    ! │ !  . !   ..l .ヽ \
         _,, -'"゛   ._..-'"゛     .,..-'゛   . ,/  `--゛../   ./    ./    ." 、 ′│  !     .ヽ ヽ\
     ._..-‐'″   ._..-'"゛      .,..‐" ,..‐ ,. ."   .,,-  ./  ./     ./  !  ,il ll !  |    .'i    ヽ  \
. _,, -'"゛    _.. ‐'″         ,..-'゛.,..‐″./ /   /  ./  /   .、 ./  /  /  ゙.! |   i l.l 、  .ヽ  ヽ
     ._..-'"゛        _/´., ‐'´   " / .,,‐   /   / .,i / ,i ./   l    廴__ノ  |  ! !..l !、    ヽ
 ._.. ‐'″        ,..-'´  ./       ゛ .,i'゙,./  ./   / ./ .゙./,i/  /  /   i   .!  .|   ゙!.l   l,
'"           _. _/゛    l           ,ノン ./   ./  !    .;l′ .i′  !   .l   .|  l   /    ヽ
  _.. -''"゙_..-'″  .,..      .l           〃゛     ./   ヽ__./   ./   /   .}   :!   `--"
.''″ ,..-'´   ,..-'" .,,  : ,/ .ヽ、     ,./      ,ノ゛      ./    l   !   ,!   !    .l  lL 、
      ...-'″ . /  -"    .、゙''―ー''゙゛./    /      .r  ,i",ノ .l゙   !   .!   .|  i i l l ! .l
        ,/゛ /    .,/     . /     ./    , ‐ ,i′./ ./ .,″  /    l   │ .l .! ゝ .ゝ l、
          ´  ./    ./      /    /    ,/  ./  / ./ / .、  /   │   .|  | ."     "ヽ
           //  ./      /    . /   : ,/"      ゛/ ./ l .i . l    |    l .l         !
        /  ,/         /     ./   : /           " / / .! l    ,!    | .|        /
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 正確な射撃では難じてない。
| むしろ弾道のブレを幸いとばかりにばらまかれる銃弾の雨が、宙を、壁を、
| そこに置かれた雑多な機器や棚を貫きながら、人間を殺すに足る銃弾の雨がシャナを襲う。
┗───────────────────────────────────────┛
4213 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/09/18(月) 22:34:41.98 ID:7pSXfhQ4
俺のダイスとか腐り過ぎて腐敗臭漂ってるわ
4214 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/09/18(月) 22:37:19.16 ID:dkoVUHUe
  ダイス【39】+安価【30】+特技【30】 > 80 成功!

                                      ` ̄ `ヽ   `ヽ、_
                   |  / ,                      |   :.   :.::::`ヽ、
              \__ノし// 、                    _}__  |   }:::::::::::::\
           ..__)/⌒ヽ(_ ',         _,... -::::::: ̄ ̄/- 、 ヽ   /:::::::::.:::::::::\      (設備の保全も対象の捕縛も、)
              ̄)ヽ__ノ( ̄ ̄ ̄   ,...:::´::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::\}_/::::::::::::l::::::::::::::`ヽ、
             /⌒|「⌒\     /::::/:::::::::__::::::::::::::::::::::::::::::::::::\::::::::::::'::::::'::::::::::::::::;:::::::ヽ   (全部投げ捨てて確実に殺しに来てる……)
                        /::::/:::::,:::::´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::/::::/::::::::::::::::::l::::::::::::.
_________(ヽ(ヽ_,..-- 、   {/,.:::/::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::∨::::::::::::::::::::::::: ::::::::::::::  対処法の選択は早くて正確……
―  -    二二二(`ー ヽヽ ∨ _,>----//:::::/:::::::::/ /::::::::::::::,::::::::}:::::::::i::::::./:::::::::::':::::::::::/::::::::::::::}
            _`ヽ '   ∨、_: : : : :./'./:::::/:::::/ イ//:::::::::::::::/::::::/:::::/:::::::::}:::::::::::/:::::::::/::::::::::::::: '  つくづく優秀な警備だな。
            `ー-、    }  `<:_:_:|::::/i::::,圦ヒ汽 /イ:::::::::::/ /}:::::/::::}::::/:::::::,.:':::::::/::::::::::::::::/
                   ∨ 二`ヽ      {//::::,| 弋ン /::::,:::::ム斗/::::/::::/::/__,/:::::::_,..:::::´::::/   まあ、おかげで……
                {/: : : : : \     /:::::::叭    ///イテ㍉/,::/::::/^}-:::::::::::::::´:::::_,.......イ
                    \: : : : : : :\ /::::://ム  ´,   _弋少/{./イ/:::::::::_,....</////\
                 ヽ: : : : : : :≧ー-ヽ、///\vヽ,イ///\イ二二,.. <///////////////\
                      、: : : : : : : : : : : : \////////////`ヽ、///////////////////////
                      \: : : : : : : : : : : : :\/////////////ヽ//////////////////////
                      \: : : : : : : : : : : : :\///////\//∧/////////////////////
                       `¨¨¨¨  ー---- \///////ヽ//}/////////////////////
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| だが、ブレード同軸機銃の銃口の向きは、あの体勢なら機体の正面に限定される。
| フルオートの銃弾を切り落とすなんて、そんな大道芸、准将じゃあるまいし出来やしないが、
| それでも射撃方向がわかっているなら捌きようはある。
| 軸を合わせた銃口から、丸ごと逃げるように横へ走り抜け、あるいは
| 二足二腕の柔軟性がないのをいいことに、反復横跳びの如く反対へ跳び、雨を振り切る。
┗───────────────────────────────────────┛
4215 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/09/18(月) 22:41:28.60 ID:dkoVUHUe
              \‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐→,
               \‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐→,
                      \‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐→,
                      \‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐→,     皇国軍式のセオリーで、
                       \‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐→,
\                      \‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐→,  動きに予測がある程度つく。
  \                     \‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐→,
    \           ト、             ヽ‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐ }
、             { \              V‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐}
ノ        、     〉  \         }‐‐‐‐‐‐‐_ 。z≦ イ
         >    `}    \          }_ 。z≦ニニニニニニム
       (..  __}ヽ_ノ     {v\       /ニニニニニニニニニ ム
          \   }  \    \       /ニニニニニニニニニニニ∨
          \ノ    \    \__}\  {ニニニニニニニニニニニニニ}
                 r>       \{ニニニニニニニニニニニニニ}
-‐‐‐        __     \___    ―‐〕iト.ニニニニニニニニニイ___
                 ̄ ̄ ̄      ‐==============--             ____
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 右へ、右へ、かと思えば左へ。左右に振れた次にはただ正面へ進む。
| 姿勢は低く、足捌きは武芸のの擦り足がごとく。
| 不規則で大回りで、そのくせ繊細なシャナの動きは、その運動量に反して遅々として、
| けれども徐々に、確実に、ブレードライガーとの距離を詰めていく。
┗───────────────────────────────────────┛
4216 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/09/18(月) 22:45:55.31 ID:dkoVUHUe
.    ,.,   __                 ,.ヘ.        / ̄ ̄ア ._ . __
    l ヽ, \ `' 、、  dヘ        /  ,'  _     /!  >´   >ヽr' > 、
    ∨ i   \   >、`ソヘ. __   l   i'ィ´ ソーァrュ'ヽイ'´  ,.ィ/`ー= ̄ ̄
    ∨∧     >、 r, .r,  ソ/リ/ ,r' ,i  />´,rュイ/ ,ィ´l  ,イノ
.      ∨∧    ,.,-ll ll ll ll 、.-‐''" ,' /  i' l__iュ i(i) l i_,ィ´ァ´` iュ     《敵ランダム回避計測……》
    __ ∨∧.r''"、   ll ll ll .ll  〉> / /   / _,i   >、'  ,ィ  ! l. ヘ
    /∧ ∨∧ __,ィl1 .ll__ll_.ll _//_/ / rャ、/  //>‐く ヘ ̄ l  i l i l     《命中確認、ダメージなし》
    〈 ヽハ ∨ハ.  .l!.L_ll .ll .ll,イ   i' /ィ´.y/ .///  l ノ  l  ;i il l
    ヽ.ヽ ヽ.ヘ  'i,  l   Y  i  ,' /:iーソ' , './ ー、 ヘァ、   l  li /
      ヽ.ヽ`丶.ソ .i l  ,.rュ  ! i / !'´ / ,イ__,. i, i' l1   .〉  /
.      `. ヽ i, !ュi〉‐、.__,.ィ.-、 i// / ,イ  l  i, .lrソー=ヘ-イ
       〉.、 ヽi,  l i    ! i!l i' / /! ー‐' 丿ソ´〕 丶./. ヘr'´リ
.      ///イヽ. ヘ. t !    i  ,r' / l '"i il〕l二二'`〔  ヘ  li  iE) i
.       ,i//イ  >!, .ヘ.i   ,'./ ,/-‐!,ィiLソ ァ  i=l i ヘ. `ーャ`ーイ  〉
     〈 `' 、ヽ ,ir' ∨.'、-‐-,' // ./   (  ̄l=il l lrュ}   l ̄ ̄ ̄.lリ
       ,i>.、イ` ィi  ヘ._i_,イ/ /    'i,二=二ソ.    }ー─‐‐‐l
.   ,∠.ヘイアト!_イ.    ヘ/ヘ/' {lll}´      }  ト=l l     iニ二二ニl
   ト、i´ i `i≧, '                 l  .トH lュ   / i .! i ',
     `'ヘ,イ´                    〉-──ャ、i>  ヘィ 、,ヘィャ'
                          ,〈,.,-─-、 i
                          lL! ヘ  ヘlLiリ
                             ,l三二二三l
                             / i .! i ', ギリ
┏────────────┓       ヘィ 、,ヘィャ'
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 生憎、その間まったくの無被弾とは行かないが……袖を通した軍用の特種防護コートは、
| 7.62mm.弾にも余裕で耐える特注品だ。
| 散発的な5.56mm.弾程度では、致命傷はおろか貫通すらあり得ない。
┗───────────────────────────────────────┛
4217 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/09/18(月) 22:50:01.12 ID:dkoVUHUe
                                   ..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..    ヽ                ヽ ヽ
                                 /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ  丿:\                 ヽ ヽ
                                  /:::::::ヽ:::::::冫::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ.                    ヽ ヽ
                                 /:::::::/::::ヘ::::ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ                       ヽ ヽ
                             /:::::::/:::::::::::::::::ヘ丶::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.                      √斧ヽ_
                              /::::/:::::::::::/ミ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ                      {斥 /  ヽ
                             /::::/:::::::::::/:::::::::::/:::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.                ハ笊ミ    ゝ
                              // /:::::::/:::::::::::/:::::::/::::::::::::::/::::::::::::::′:::::′ :::::::::‘,             斗': : : : :  ミ ノヽヘ
    さあブレード使い、              /  /:::::/:::::::::::/  //:::::::::::::::,:::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::.ー  ‐  ^‐孑ィ': : : : : : : : : : : : /
                            /   /:::::/::::::::/ ㍉  /::::::::::/::::/:::::::/::::.i/::::::::::::::::::::::::i\': : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : /
    銃弾が徹らなければ、お前はどうする?   /:::::/::::::/   i ijぅ/:::::::/::::/:::::::/:::::::::::::::/::::::::::::::::::::::|: :.\: : : : : : : : : : : : : : 孑
                              /:::: /::/     廴j /∠≦斧气/ i:::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::',::: :: :::ヽ: : : : : : : /
                                /:::::::/.      リ         i iしう ㍉///ヽ:::::::::::::::::::::::::|::: ::: ::: :::∨ ̄
                             /::::/       ∧ 、     廴丿// /, ィ'::::::::::::::::::::::::::i:: :: :: :: :::.∨
                               //        /::::ヽ           - ー ̄ ̄|::::::::::::::::::::::∨::: ::: ::: ::∨
       《5.56mm.弾再度命中》                   / ::::::::::. ` ヽ   厂::: :: :: :: :: :: :: :: ::|::::::::::::::::::::::::::∨::: :: :: ::∨
        《効果を認められず》                   /::::::::::::::::::ヽ  孑 |::: :: :: :: :: :: :: :: :: :::|:::::::::::::::::::::::::::::\:::: ::: :::∨
                                /:::::::::::::::::://:::::::   |::: :: :: :: :: :: :: :: :: :::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::\::: ::::∨
                              /::::::::::::::::::/ /:::::::/ 丿::: :: :: :: :: :: :: :: :: :::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                                 /:::::::/   /:::::::乂/::: ::`::: :: :: ::.、人_, :: :::∨::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                                          :::::::::::/::: ::: ::: ::: ::: :::`):.  て.: :: ::∨:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
┏────────────┓                                  ´Y^` パチッ
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 銃弾を捌く機動力を見せた。銃弾を防ぐ防御力を見せた。
| そして、彼我の距離は徐々に詰まっていく……この状況なら、少なくともマイクロガンが
| 決定打に成り得ないことは、ライガーのAIも理解したことだろう。
| 射撃にも対応した万能機とはいえ、敵機はブレードを名に冠した近接優位の機体である。
| この状況で、鋼鉄すら斬り裂く刃を持った者が選ぶ選択肢といえば……
┗───────────────────────────────────────┛
4218 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/09/18(月) 22:54:07.63 ID:dkoVUHUe
                           ____r 、__
                          `ー=ニヤ fニ=‐'
                               「.l
                                l l      __               《熱振動徹甲ブレード、展開》
                       , -=‐ 、     マく \ ‐´ ̄| ヘ_マヘ
                     < <\\ \/> ヽ \ \  .| マヽ ,ヘ  ヤ',. ヤ',    /_| 《ブースト、レディ》
   ___                \\\\/     \ \ \∨\ マ、 ヤ',. ヤ',.  イ ./.|             .< >´
   ` <   > .              \/二ニ\  / ̄.> 、\ \ ∧ マ\ヤ〉 ヤ〉>、| .| .|      ..< > ´
         ` <  > .             {三三ニ\|  l二l |ー、\ \__ヽ/ ̄ ̄\ヽ | .| .|─=ニ二__> ´
            ` <_  > .__   `ニ三三 ./   l  |ー、ヽl\ \ 二ニヽ  ヽニ7 /ヽ二f>"         だろうな、私もそうする > シャナ
                     ̄` <//:::::::><:::: ̄rミl   /r─- . .|  \-ヘゝイ.「¨ヽ─\/ _|
                          >‐=ニ二三 .Lハ //.`ー=ニ >- .ゝイ  ∧r 、    ∨ ./
                          / `<./ ./ f::::::://ゝ、 ` < `ヽ> .   \f二ヽ/、__
                              |  fミ/イ>} `=イ/rミ= ゝニ=三ニ7 r 、 fヽ    ヽ. マ\>
                           〃7二ヽハ::::r-、7ー" \三ゝ、  ̄ニ7 .l:::::/、r、 二ニニソ:r、:\
                       r‐rニ=─、|ミ|:::|ニ|:|       |f|\  ̄fミト、l:::/ Vl:::::| |^^| /、\\::\
                       L.|r<r=、r‐.|ミ|:::lf」::|      l/ /\.|  \{ Vl:::| |:、| /\\:\シハ>、
                      { ∧ ハミl>fヽ:::l、       \〉\  ̄f ̄\ ゝ≠イl}/   \\∧イヽイ
                      ´  V二ニ=─ゝl_       \ \ ゞ─‐ `ー‐ '     rく`ヽrマ_ニ=─ 、
                       「ニ|  i___i ||三l        `[二]ヽ[二]           ゝfマヽV_ニ=‐く`ヽ
                       └/ニ/f Y Y´\                        ゝへ/::/  V  V\. Y
                         マ/ l‐ハ /ヽ、/                              ̄`ヽ/\/\/、/
┏────────────┓         V V
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| シャナが一際大きく横へ動いた瞬間に、ブレードライガーはマイクロガンによる射撃を止め、
| 機銃の付随したブレードを左右へ展開する。
| 銃撃が効かないのなら、鋼も斬り裂く刃を使うのだという、当たり前の、ありふれた選択。
┗───────────────────────────────────────┛
4219 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/09/18(月) 22:58:44.81 ID:dkoVUHUe
     「 7  i77
  __| /   V/
 └ ┐ 二 ヽ
    | /  | |
    |/   | |
       |/
.    に> //              .l l三三l  l i     l
    に>  /                l l  .l   l l    l
     / /              l l.  l   l l l三i. l
    \/                 , .l  .l   l   l三i. l
          ./           l l.二l   .l l .l三i l
   {二フ//                l  i i    l l  l三i.l
      / /            .,ィュ,i' 0二0  .l l  l三i.l.
    く   /             /  l       l l  二,.i_
    \/             ,ィ'ュ ,_i        l 、./   /丶
                __ /     ̄ `' 丶./  l   ,'  .i
           / = /  _        ` <i、二l、  ソ
           ./─二l  〉  ̄二=、        フ-i  ̄
           .ヾ.  l r'/     />、   / 7ーィ 、.
          .,ィ=<ニ二三二℡,__i_l  〕  ,' /─ ,'  l
        /   `> アィ'_ _ ニ_ ァ 7 ヽヽll  l l 二 i  i
.        /     /   ./ ,'  7/ l!  l l .l ヘ ヽ二ヘソ
.        l ‐- 、 ´/     / /   ,'  !   l l l  l ´    ̄
.       ∨  l〈  _ / ,'   /,  l!  l l l>"
.         `' ̄. ∨  _〉`´ ̄ >'.ヘ T  ,ィ´
              ∨´ ヘ /   ∨ /
                    `       `'
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 力強く床に突っ張った四肢は、ただ待ち受けるのではなく、
| こちらから迎撃してやろうという思惑の表れか。
| 左右一対のブレードを掲げ、鋼鉄の獅子が格闘戦へ挑む……
┗───────────────────────────────────────┛
4220 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/09/18(月) 23:02:57.77 ID:dkoVUHUe
                                      ` ̄ `ヽ   `ヽ、_
                                         |   :.   :.::::`ヽ、
                                       _}__  |   }:::::::::::::\
                             _,... -::::::: ̄ ̄/- 、 ヽ   /:::::::::.:::::::::\.       (さあ、来てみろブレードライガー)
                          ,...:::´::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::\}_/::::::::::::l::::::::::::::`ヽ、
                          /::::/:::::::::__::::::::::::::::::::::::::::::::::::\::::::::::::'::::::'::::::::::::::::;:::::::ヽ  (お前が飛び込んでくるなら、)
                        /::::/:::::,:::::´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::/::::/::::::::::::::::::l::::::::::::.
_________(ヽ(ヽ_,..-- 、   {/,.:::/::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::∨::::::::::::::::::::::::: ::::::::::::::  (擦れ違いざまに斬れないか試してやる)
―  -    二二二(`ー ヽヽ ∨ _,>----//:::::/:::::::::/ /::::::::::::::,::::::::}:::::::::i::::::./:::::::::::':::::::::::/::::::::::::::}
            _`ヽ '   ∨、_: : : : :./'./:::::/:::::/ イ//:::::::::::::::/::::::/:::::/:::::::::}:::::::::::/:::::::::/::::::::::::::::
            `ー-、    }  `<:_:_:|::::/i::::,圦ヒ汽 /イ:::::::::::/ /}:::::/::::}::::/:::::::,.:':::::::/:::::::::::::::/
                   ∨ 二`ヽ      {//::::,| 弋ン /::::,:::::ム斗/::::/::::/::/__,/:::::::_,..:::::´::::/
                {/: : : : : \     /:::::::叭    ///イテ㍉/,::/::::/^}-:::::::::::::::´:::::_,.......イ
                    \: : : : : : :\ /::::://ム  ´,   _弋少/{./イ/:::::::::_,....</////\
                 ヽ: : : : : : :≧ー-ヽ、///\vヽ,イ///\イ二二,.. <///////////////\
                      、: : : : : : : : : : : : \////////////`ヽ、///////////////////////
                      \: : : : : : : : : : : : :\/////////////ヽ//////////////////////
                      \: : : : : : : : : : : : :\///////\//∧/////////////////////
                       `¨¨¨¨  ー---- \///////ヽ//}/////////////////////
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| それこそが、待ち構えていた展開だ。
| 互いに刀を掲げて交叉する瞬間、不自由な獣の刃を潜って、【斬鉄】の一撃を叩きこむ……
| 攻撃のチャンスは一瞬、タイミングが重要なものであり、手札を読み切っていないだけに、
| 成功に絶対のものではないが……
|                      ブースター
| 外したら外したで、その時は相手の手札を読める。決して、無駄にはならない一瞬間だ。
┗───────────────────────────────────────┛
4221 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/09/18(月) 23:07:02.29 ID:dkoVUHUe
                       /7  / 7  ヘ冖 / /   /    /
                │    / /  / /   ヘ/ /  、/    /  /          ,イ    ,イ ,イ
               ││   / /  ./ /   、 ヘ/     /、    /  /           ./ム―7 レ .レ
               ││ / /  / /      ヘ  、 - 、   / ./  /           .//ニ7/
              │││/ └─┘/        ヘ ..ノ 丿 / / ゝ/、             /' ̄7/
                  /      /          ヘ  `' ̄,―――、             //      《排除……!》
                  | ̄ ̄ ̄´ヘ             ヘ  /ニニニニニニニヘ 、           /'   __
                  ヘ'     ゙i          ヘ ヘニニニニニニニ/              ./´ > ,.イ
                  〕ニニニニニニニニニニニニニニニニニニヘ  --――、                ´ ̄  /_/
           │      〕ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ| /三三三ヘ                  .//
          ││     |二二二二二二./               \     │     .//
          ││      ヽ  、     ゙i                /へ  ││      .|/,イ,イ ,イ
       、  │││       `''''ーぃ-..  ..--              /二二|  ││      レレ //   ,ィ
                      'Y/ // ̄/ / `'‐-、      ′/二二二|  │││       ./'.  / }
   ヽ  ,               /―--_/ / /丶 ヽ\    ー、二二二二|   r'ノ             / /
    ,r'l        --―==ニ/- 、、    ̄'''─、/   \、   |二二二ニ|                //
    |/、     //  ン'゙'二二二コ-=......_,./ \、ィ lコ卜\   |二二二|                   ´
  i   '  ,   /../  / ,,/ /"ン''''' ̄ ̄  |     ∟___.丶  |二二丿               , イ
  l|.  、   j 、 /  / /  /   /′       │          ゙i丶  |  ヘ.               レ'
  |,;   .   ヽ .     i  /  /  ′     |           ヘ ___i    i   , ´
 、i :, |       ,   , '        ,        |,    , '    , '         , '  , '   . /
  ; 丶i:、 .  人 ,r'/   /l.    ,r'/ ,      |   ,r'/  ,r'/ ,   ,r'/ ,r'/   /l   /l'  |
  i , ノ ;丶,r' ; ヽ    i´   /               ,-‐‐'''            i´  i´
  l:   .\  . |;、、,.,ゝλ,v ^ヽ、,.,ゝλ ノ   ^^ ヽ、,.,ゝλ、,.,ゝλ ノ ヽ、,., 、,.,ゝλ,vゝλ,v ,r', .;l, ,r' 〈 .,; ,l
、<、 ,.   、ヽノ ノl,/ .レゝ,\ ノl,/ .レゝr,∧,、.  ノ''l,/ .レゝ / .レゝr,∧,ノl,/ ノl,/ .レゝ,.レゝ,/ ., ,:ゝ、 , .  ;,i
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| その待ち望んだ一瞬が、ライガーが地面を蹴ることで、訪れた。
┗───────────────────────────────────────┛


   ▼ 交叉・斬撃判定 1D100+刀剣(30)+軽業(15) 目標値:90

   ↓1~3 ライガーと交叉しつつの斬撃について自由記述
   ↓3    ダイス採用

4222 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/09/18(月) 23:12:40.67 ID:7pSXfhQ4
勝負は一瞬なので集中大事、准将との一騎討ちに比べれば軽いので落ち着いて挑む。
相手が技量による斬鉄を警戒して居ない場合はチャンス、装甲任せで真っ直ぐ突っ込んでくる所をバッサリとやってやろう。
接近戦において人間特有の滑らかな動きは重要なので最大限生かす。

【1D100:70】
4223 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/09/18(月) 23:15:02.84 ID:tiMPkbUG
ブースターの出力が最大でない場合に注意
ブースターでの軌道変更に注意
ある程度引き付けてから行動する

【1D100:98】
4224 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/09/18(月) 23:15:36.73 ID:TQQlsrXo
【1D100:57
4228 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/09/18(月) 23:17:23.91 ID:dkoVUHUe
>>4225-4226
怖ぇよダイス神!!
そして>>4224は本日初の50以上の判定ダイスである
4229 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/09/18(月) 23:18:04.95 ID:dkoVUHUe
あ、ぼちぼち書き溜めさんがスヤァするので投下ペース堕ちるかも。かも
4230 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/09/18(月) 23:19:23.36 ID:dkoVUHUe
                                                                 ,ィ 7
                                 _,. -─ァ___                    //
                              ,.,'"    /卅叮匸l〈                       //
                        ,.,-‐ '"'"    ,., イi二ヘヘィ´ヘ                 //
                    ,.,-‐l ,.,'"  ,.,-‐''"  ∨∧ャ、 ̄           _ /7    //
                 ,,‐'´,ィュ/ー'´  / 7      ,>ー 、ィ‐’≧、       / // 7/. //    _   /|.   _
                /  l>´└─=≦  `ー─‐ 〈ェュ / ´   ヽ. /7   / // 〈////    \二ノ ノ二二/
             ,, '   /-- r'ニニニニニニニニ〉ヘ―- 、   ,へ ヘ二ヘr'/ 〈/r //〈/       ,イィ´
            ,ィl '─' ̄i>     <[二二二二二二二〉 ヽ.  〉 /  / >∧ ll! l  ,ィ<>ュ /  ,r='´≧<,ィ
          /   _ ,.,-‐ァ、   <[二二二二二二〉|  / トイ i  l//ユ.ヘ.i 三,ィ<>'´( i´ノ>'´ヽヘヘ :リヘ
             ヽ‐、ヘ´ ∨`'∨ヘヘ     〔ニニニニ 〉ll. j 〈   〉ーイ l  ヘヘ >'´  ヽ.> ir´__ ソ>‐<ヽ.∧.
            ヽ.ヽ ヘ  ソ ソヘヘ------〈 ─ァ一' ノノノソ / iへ ヽ.ヽヽ 〉  <> ,イ>、ニl iヘ リlヘ   ヾヽ ヽ.
             丶.ヽヽソ ソ 〉〉_    \/  ((((´ >‐、/ ヘ  ∧>´k└r‐ '´ ソ、_ヘ _>‐'  `、  ヾ'´(.)
      , ─‐/ ̄`─-iヘl ソ _,ィ´l__ ̄/ ̄ ̄,   //  l. i  リ`匸〉ー‐´ ̄  ̄ i ヽ.ヽ∧ ̄        >、二-ィl>ュヘ
       _j「 ̄ヽ`・ 、 li、 _リ ヘ ´ 二_   _ _. ̄ // ,.ヘ._アr´         └、_y´ソ       lki l  >´ ( (.)
     _j、 .へ __\_/、   /ヘ,ィ/ ,ィ´ i ̄\ \7y´/ //  i´           「 i ノ 、 ソ       l ̄ ̄  ,,-l!
     l 、 ヽ   / `丶. i/ l ! l l!  ´ \ ∧ \ \ィ ィ'  ,ィ┘           〔 _l ,,‐ァ'        〉ャァァャ 'ィヘl´
     `ー='' ̄`' ー 、,ィ´   `丶 '‐、 < >. 〉 ,ィァ‐、ュ´ヽ/              ト、i lヘ ィヘ        l ri l  〉、_l
                      ヽ._>./ / l i  lh__,ィ                     `ー'`ー'´       ゝ-'ー'ー´
                         \ ̄ \ `y‐´
┏────────────┓     ` ──'
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 部屋に入った瞬間と同じく、ブレードライガーが跳ぶ。
| 左右に開かれた熱振動徹甲ブレードで、侵入者を削ぎ切り、溶断するために。
| そしてその刃から逃れるために、シャナも同じくライガーのいる正面へ向けて駆け……
┗───────────────────────────────────────┛
4231 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/09/18(月) 23:23:32.30 ID:dkoVUHUe
  /   |   |    |!                   ////    ..:  ´   _,..ィ/////////////////////
  |     |:.   |    |'              ///   ,  ´    ,..ィ////////////////////// /
  |     | :.                  ____    {/   /    //////////////////////////
  |     | :.           ,.  ´         `丶、!  /    ///////////////////////////
  |   { {        _,.ィ  ,  , 、   、   \     ///////////////////////////
  {  \|       // /  /  ヽ  ヽ、    ヽ    ///////////////////////// /
   '.    {     / '   /    }    ∨ 、  \  :.  /////////////////////////
   ',         / /  /    イ     |  \  \ } /////,ィ=- _,_/////////////
     \     / /  ∧ 、  | |ハ    { ',  \  ヽ /r-― 、    7//////// /
       \   〈 /  / ∧ \{ リ〈     | :./  ヽ  ∨////∧   イー――― '
      //\  イ   / { |{ 示ミ、 ∨  ,.ィチ__   ', ∨/////-- '   (ブースターの展開確認……同じ轍は踏まないか)
      /////\{  /|  | { 弋り  ∨  叭芹∧   .   ', ̄マ ',
    ////////|  {_!  ! iム      \ 戈zソ/ハ  }  |∧. マ ,
   {////////,人 i |  | i 込   '    \} ,.: : : |   |!   !  {_ _r=--ァ
   |//////////,\i|  |∧  > `    ィ{ ヽ: : | | ||   |   〉=r=r'
  r7///////////// |  |/∧ }// 7 ´-- 、 ∧:/! ! !!   ! /' ∨ム
  l///////////////|  |//∧ }////////>、j/ 从jリj  / /    ∨ム
  l///////////////|  |////リ/////////// `ー' | /イ     rⅥノr-,、
  l///////////////|  |//{//////\//// 、     /!/  ̄`7__  | -'´/〉
  |////////////// ム |//|//////// \{ \\__/ /     /: : : `{     '
  \//////////////} |///> 、///////>-  _{___/_,ィ77 ハ  /
    \////////////| |///////> 、///////////////////////∧_'
      ̄`ヽ///////,|リ///////////>、/////////////////////¨´
          ∨/////////////////////`_>―――――'' ´ ̄ /
         ∨///////////////////: : : : : (_): : : : :/: : : : : :/
           \/////////////// /: : : : : _,. : :': : : : (_): : : ,
            \//////////// /: : : : :`ヽ、: : :_: : : : : : : /
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| ただその、入室直後の焼き直しのような光景に、違いがあるとすれば……
| ライガーはそのスペックを全て生かすべく、背中のブースターを起動させており、
| シャナはその手に握った軍刀で、ライガーを斬り伏せるつもりでいるということだ。
| 互いに攻撃性を増した、交叉の瞬間……
┗───────────────────────────────────────┛
4232 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/09/18(月) 23:27:49.49 ID:dkoVUHUe
  ダイス【57】+安価【25】+特技【45】 > 90 成功!

    -‐…    ¨    ̄   ¨ …‐-  _           i∨!}}!i   / ,/`
r ´                         ‐  _         i }}i ||/,,/`/`_, <`
                               - _ 、}i i  `'     ´ イ    _
                                  ``        _ >-‐ _ イ
                 __   -‐…・・・・・・・・・…‐- ゞ        ´    ≦_
             _ - ¨                イ`             -=≦ _
           _ - ¨                 イ`       _ \、、    ミト
      _ - ¨                  イ`     _ <`     >トミト _
     /`                    イ`    _ <`
    /`                 > `      ,<`
.  〃               > `     ,<`
 /`                > `      <`
./`            >`     <`          || .|.|
'`           >`     <`               | |.| .|      |\            ∧
`         _ イ`   ,<`          |ヽ    ||.| | | |.      \\           /∨
       _イ`    ,<`          | `,    | | | | | |        \\       /∨
    ,イ  _ ,イ`                l  `、/ ! |j |j         \|      /∨
! イ`  _ イ`                   l      |                      / /
∨ヽ イ`                  |` ,/  ,、/|  |                / /
{ ∨`                     |  .,/   |  |                   / /
.∨ ヽ_                     \ \    |  !                / ,/
 ∨ \_ ,                    \ ヽ,   | |              < _ /
  ヽ/  ヽヽ, ,                   \j   .| .|
    ヽ/ \` </                     | .|
     \, \, ` .<,                  | |
        < ><  ><,                | |
           ̄  ̄     ̄           {j
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 鋭く刃が奔った。
| それは勢いのまま平行に進む獣のブレードと、狙い澄まして振るわれる人の軍刀。
┗───────────────────────────────────────┛
4233 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/09/18(月) 23:31:59.83 ID:dkoVUHUe
              \‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐→,
               \‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐→,
                      \‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐→,
                      \‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐→,   ……ああ、やっぱり。
                       \‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐→,                                     /\
\                      \‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐→,                  く \                \/
  \                     \‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐→,               /\ \/            /\
    \           ト、             ヽ‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐ }                \ .,ゝ     _     /'┐ \/
、             { \              V‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐}          ... -ー'''''゙゙゙´.l ゛      l  !___/  l___
ノ        、     〉  \         }‐‐‐‐‐‐‐_ 。z≦ イ           .l   _,,,,  /      ! ̄          ,!
         >    `}    \          }_ 。z≦ニニニニニニム         ゙''"´ ./  ./       . ̄~|  | ̄|  / ̄´   _______
       (..  __}ヽ_ノ     {v\       /ニニニニニニニニニ ム             /    `'-、       l__|  l  !     {           }
          \   }  \    \       /ニニニニニニニニニニニ∨         ../   ,ノ''-,,.  `'〟        l  !       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
          \ノ    \    \__}\  {ニニニニニニニニニニニニニ}        ..〈、 ./   .`''-″           !  /
                 r>       \{ニニニニニニニニニニニニニ}            `′              \/
-‐‐‐        __     \___    ―‐〕iト.ニニニニニニニニニイ___
                 ̄ ̄ ̄      ‐==============--             ____
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 二つの刃は克ち合うことなく、ただ己の敵を斬り裂くためだけに宙を奔った。
| そうして数瞬の交叉が終わり、シャナのブーツが埃を散らしながら床を滑る。
┗───────────────────────────────────────┛
4234 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/09/18(月) 23:36:05.79 ID:dkoVUHUe
                                                          ./|
                                                   __    / |
                                                  `─_ ̄` ′ |
                                                      〉 ,_ -、
                                                    <__/   ̄ヽ `|
                             ,─,      __,,,,─────、_            / /
                            / ∥|    / _,─´ ̄`───_  ̄─‐,,,,____/./
                           / / ∥|   /  /     ,‐、      ̄ ̄`─────´
                           / /  / ̄ヽ / /_,‐,   .| |
                          /  | / ,__    / /  ||iヽ    《侵入者の攻撃、回避成功》
                          |へ` 二:::::::::::/\  /\_|  .| ||||
                       /ヽ|  .ヽ |  |::::::::/:::::::::::/─┘  | |||||   《風切り音より、技量を測定……要警戒》
                    /ヽ | |   ヽ  |::::::::_:::::/___   | ||||
                    |  \|     ヽ/  /┌|:::::::::::::::|  | 丶/ヽ                     ブースターは、厄介だ > シャナ
─、___         、‐、  _\ / ミミミ\ .ヽ  | | |::::::::::::::::|  \/::::::|
 `─‐__  ̄─────‐\ `.く、 ̄|  \ミミミ  .ヽ | .| |へ─┘、  |:::::::::.|
       ̄ ̄───/ ̄ ̄ \ \    \   ヽ | .|/ヽ ヽ──,,,,,____||
                  / `ヽ、`ヽ、      ヽヽ| |_,,〉  |──__ ┐ ̄ ̄────────,,,,__
                  .| _ |ヽ、`ヽ、| \_,,‐ヽヽ |,,,,─´| | ̄ | ,─ ̄二────────────´
              .___ .|/:::::::::\  ヽ─| \  ヽヽ `ヽ、    | | |  |  |
              |   `──__\   `ヽ_\_,,ヽヽ:::::::::::`ヽ、_|/.|/ヽ_| ヽ|
              .`─|二二二二二二ヽ _   `ヽ′ |\::::::::::::::ヽ|
                /──ヽ三三三| | `─、__ヽ‐/ |:::::::::::::::::ヽ
              /, ─‐、 |/ ̄ ̄ /:::::::|\.W .|/ |/  `ヽ、:::::::::::::ヽ
             ┌/|,‐,/ヽ ヽ   |::::::::/           |::::::::: ‐ ´`ヽ、_
              |_/ | | | |/    ̄ ̄           ヽ/ ,-´`ヽ、\
                `´ `´                    .| .| ,_‐_´ヽ ヽ、|
                                      ┌|/ | \ \ . \
                                      | |  .|ヽ |.\|\ .|
┏────────────┓                       ヽ|/ \|/ \._〉
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| シャナとブレードライガーが、地面に降り、足を踏ん張る。
| 互いに振るった刃は、しかしそれぞれに宙を斬っただけで、どちらも無傷であった。
| ライガーの刃は、シャナの人間らしい滑らかな動きに。
| シャナの刃は、ライガーの空中での加減速と軌道変更を可能とするブースターに。
| それぞれ無力化された形である。
┗───────────────────────────────────────┛
4235 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/09/18(月) 23:40:11.86 ID:dkoVUHUe
                r‐―;ニヘj/     \,.イ
            rjィ´くjィ__Zニ;:‐- 、     ヾ、
            j /ニ/./    \  `''-,、__, ', ヘ
              // //     /7ト, /
          //- r/ /} ,. ,ィ /,/'' ̄   でも、点火のタイミングは読めた。
        _」ニー-=='~ f-'-'‐''"
        || ̄  ゚゚゚゚゚゚゚∥           それと……
        || £ ./ ∥
        ||   / ∥
        ||    ∥
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 互いに振るった渾身の刃は、どちらも空を切った。
| その交叉の跳躍から、両者はいまだに地面に降り立ったばかりで、
| 初動には僅かな時間を必要とする。
| 四足を全て回す必要のあるライガーは、なおのこと。……その間隙に
┗───────────────────────────────────────┛
4236 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/09/18(月) 23:45:44.27 ID:dkoVUHUe
                    /⌒\
                   ({____
                 ..‐'':::::::::::::::::::`'‐、
              ,..::":; -::::::::::::::::::::::::::::::'、
             /:::/:::::::/::/:::::::::::::、::::::::ヘ    ダメもとで、銃弾のおまけだ……!
            /::::〃:::::::::/::/::{::::::::::}:::Vヽ::∧
          /:::://::::::::::/{-l、∧:::::∧-}--\1   (45口径……背面装甲なら、どうだ?)
        /:::/ /::::::::::::| ィ雫ミ从ノィ雫ミ、::::、\
       /:::::::/  /:::::丶:::::从Vzリ   Vzリ :|://\〉
     /; ヘ;:::/  /:::::::::ハ::|::圦,  _,'   ヘ、//_,,-一=r=- 、
    // /::/ ./:::::::::::ノ"ヽ // "lーr ´,///ヽ|    |:{厂i} }
.   /::/  /::/  / ::::::::/ ノ::::::ゝ/// ////////|_-一=l、゙ー',り
   {::::| ,/::::/ /::::::::::/ /:::::::∧V/ニ」/////// ヘ、_!、_{○}/∧              _,,
   {::::ソ:::::::::/::::::::::/ /::::::::/ ∧V::V //∧/V´〈 `ー-、_ゞク///ヽ、       ,‐''゙゙弋l 、
   V::::::/:::::::::;/  /::::::::/   |// V i////ヽl」 、ヽ⊂´凵ヘ/////丶―――'´/////゙弋l、
   /;/::::::::::/   /:::::::/  ///   </////// ヘ ⊂二フ / へ///////////////////ヘ) 、
   V:::::::::::::/     /:::::::/ ///>、     <////// `dニフ /////へ ///////////////// イ|
    イ:::::::::::/___/:::::::/_,///////ヽ      へ //////////<´___.ゝ /////////////// lll
   /:::::::::::/ .V/// ̄ ̄///////////ヽ、      \////////////// へ ///////////// 〃
   ヽ::::::::/  ゝ,////////////// /    /         ` ー―‐-、___、///へ,/////////// 〃
    ヘ:::/     <////////////′ /`ー、            ,ノ: : ゙<////゙''ー=ュニ///// /'´
     V      ゛''''ー‐-==‐''''   /: : : : `ゝ、     _,.ィ´: : : : : :i\//////l| ̄ ̄ ̄
                      /: : : : : : : : :゛'''ー‐Y: : : : : : : : : : :!、 、/////
.                    ゙、: : : : : : : : :: : : : : :|: : : : : : : : : : : : > ゙<///
                     / \: : : : : : : : : : : : |:: : : : : : : : : : ;/   ヽ,'
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 上半身だけで振り返り、刀を持たない左手で、銃を抜く。
| 45口径拳銃……予備のサイドアームに過ぎないが、一瞬の隙間に差し込むには使いやすい。
| その貫通力に不安のある銃口と視線を、着地直後で背を向けたライガーへ向ける。
┗───────────────────────────────────────┛


   ▼ 射撃判定 1D100+銃器(18) 目標値:80

   ↓1~3 背を向けたライガーに対する射撃について、自由記述
   ↓3    ダイス採用

4237 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/09/18(月) 23:52:11.93 ID:55UeVbqS
貫通する弾丸が一つでも出るように連射する
当てる事だけに気を取られてライガーのとっさの動きについていけない事にならないようにする

【1D100:22】
4238 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/09/18(月) 23:53:39.99 ID:5tc5r8uz
尻や足を狙う。特に尻の尻尾の辺りに排熱か何かのパーツがあるのでそこを狙う
ライガーが振り向く際に横腹をさらすようならそこを狙う。

【1D100:20】
4239 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/09/18(月) 23:53:52.85 ID:tiMPkbUG
装甲の薄い場所や間接部を狙う
【1D100:37
4245 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/09/18(月) 23:59:56.99 ID:dkoVUHUe
  ダイス【37】+安価【20】+特技【18】 < 80 失敗!

                     |                                                     ,イ    ,イ ,イ
                  \、ノし/                       ,へ                                  /ム―7 レ .レ
                  `)r'⌒ヽて                /´   \_ >                          .//ニ7/
      \、         、                     レ                /辷ヘ__      .:          ./' ̄7/
        ゞ、_从_      )、_             _____ f --=ニ二¨¨ ̄ ̄ ̄ ̄:::::::::///∧     ’   ,        .//
       ア,:=''" ̄ `ヽ   /^Y´        / ̄ ̄:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |||||||||||||||l:::::::::|////,|    /   ′       /'      __
 ___て::/        i    |   Y´ ̄ ̄/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|||||||||||||||l:::::::::|////,|   ノし/                  /´ > ,.イ
     ̄) {         |.     乂__{ー― 、 ::::::::::::: ___________||||||||||||||||_|\j//// !   }  て__ ...,イ    ,イ ,イ  .´ ̄  /_/
  -=''''^ヽ'、       ’ |li           | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄⊆ニニ才⊆二二⊇  ∨//∧    `¨¨¨´  _ノ  √ ̄   /ム―7 レ .レ    ...//
     /⌒`''=┬ \、 ,il |し           \ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ}{ ((/´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ\  ,.。-一…´¨ (⌒ヾ    .//ニ7/         ..//
            ‘ ` '' r.   ヾ.          ̄ ̄ ̄|γ´ ̄`Y:}{ /            `ヽ                   /' ̄7/          |/
           ‐―=ニ l                     | |{    } }/               \、、____           //
             。. l k_    メ             乂`ー=彡イ     /,ー┐          /: : : : : : : : : : :  ̄ ̄ ̄ /'   __
             /" +‐ '   \           `¨¨7´`ヽ __/メメメメ|            /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : .../´ > ,.イ
                 |  、                {    |メメメメメメ乂_           /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ...´ ̄  /_/
              “.  |                       ヽ/⌒ヽメメメメメメメト.        /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :     .//
                                     {     从メメメメメ|:::\     /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :    .//
                                         ‘,  /メメメメメメメl:::::::::ヽ   ′: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :   .|/,イ,イ ,イ
                                       y⌒Yメメメメメメメメ!::::::::::::|  |: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :      レレ //   ,ィ
                                      {  |メメY⌒Yメメ}:::::::::::|  |: : : : : : : : : : : : : : : : : : :          /'.  / }
                                                                              / /
                                                                              //
                                                                              ´
┏────────────┓                                                     , イ
│ システムメッセージ                                                            レ'
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 躊躇いなく、軽快に、2タップに連射される引き金。
| 5.7×28mm.の高速弾ならともかく、45口径に貫通は端から期待していない。
| ダメもとの攻撃は気安く、この後の行動に支障をきたさない程度にとどめる。
┗───────────────────────────────────────┛
4246 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/09/19(火) 00:06:36.49 ID:BsGvScgZ
.   /\
   {  ∧
   ∨ ∧
 マ二二> ',二ア
    \__ハ
     ∨∧
        \ \             ___
        \ \ . . ‐=    ̄ ̄      ',               {⌒ヽ
         \└──────/ ̄\  ∧___               ヽ. く \{\        《敵銃撃命中……損傷皆無》
.             \ \  l二}ニニ{______}ニニ{::rzz::\ _ _ _ _| ̄ヽ.______\\ \ \
                \ \ \ \ \ .l{\、.}//\::C::/∧| | | | | rく ____\\ \ }       《衝撃、装甲圧から拳銃弾と推測します》
                 \ _rく\{⌒\匸ノ〈/::::::{r─‐<.| | | | |∨ \::::::::::::::::::r⊂\\ \二二≧z- 、
             カン   .く\\\\   \\} ::::(‐ ‐)}   |_|_|_|_l: l:    `マニニニく  \\ \    :|{ `丶
              カーン  {\\\..、人_,  \\{`¨´.rイ {:    |   { ̄::::::::::::::::::::>  {_\_)   \_ \      ……やっぱり、45口径じゃ無理か > シャナ
            _..、人_, \. .`):.  て  :}]H{_/xく{八__./   ⌒匸{二二二二二二二}二ア } __`¨¨´ニ>、
             /x .`):.  て...くx..´Y^`  ./:::/x=ミ:::::::(‐ ‐)}:::{    }  :匸{二二二二二二}二ア/ __}___.>
          {::::(‐ ‐.´Y^` \(‐ ‐) //\/(- -)}:}:::::::`¨´/     :|   }::::匸{二二二二}二ア/ /vV∨∨ }  }
            ノ:::/ミ〉r<:::x=ミ::::マ¨´ア´  /:}::`¨´ノ厂}/エく      /⌒´:{_/::::匸{二二}二ア/ / ーヘvv/}.′/
          /_:::/ミ/:/〉⌒(‐ ‐) :::)/ ̄ ̄  //ミ〉イ}/:::/rzzェ \  /{工/厂 ̄ ̄\  .}____}⌒ ー─.//
.      (‐ ‐)}イ:::/ア   `¨´ ̄      .//ミ/:::://7ニニニイ `T´[l ̄[l ̄}二二二}ニ/___/ヽ    ,/
       二下=<二r、            //ミ/::::///_ ̄ ̄ ̄   }:::|:::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::/\ ∠イヽ
        (‐ ‐)}    }  }         (‐ ‐)}::::::/\\     `¨\[l__[l_|────‐┬く )  |⌒} \}
       `マ / ̄ } ̄}⌒ヽ         ア¨´ ̄_∠二ヘ                  {:::::::ー┘ノ─、ノ
          `⌒}八_/ /ノ       (‐ ‐)} /ヽ  \ \ }                      ̄ ̄ ̄
              ̄         `¨´く{_ノ}   }ノ´
┏────────────┓           ̄ ̄
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| そんな、射撃の態度が投げやりだったから、というわけではないだろうが……
| 放った銃弾はライガーの後ろ脚に命中するが、しかし装甲やフレームを貫くには至らない。
| まあ、効かないのだろうなと予測はしていたし、別段落胆することもない。
┗───────────────────────────────────────┛
4247 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/09/19(火) 00:12:45.61 ID:BsGvScgZ
  .'     :.             //:::::::::/:::::::/::/::::::::::: 、:::::::::::::::::\:::::::::::::ヽ
  |     .             /イ::::::::::: /::::::::::/::::〃::::::::.:::::::\:\::::\::\::::::::::::.
  |     .           /::,::::::: /::::::::::/:::://:::::::::::|::.:::::::::ヽ:::ヽ:::::ヽ::ヽ::::::::::.
  |     ∧             /::/:::::::/::::::::::: {:::::| |::::::::::::!:::::.:::::::::::.::::::.::::::::.::::∨:::::!  なら……お互い条件は同じなわけだ。
  |     |iム          /::/,:::::/:::::::::::::::,|:::::|l {:::::::::::|、::::ヽ:::::::::',::::.:::::::.::::::.:::::|
  |     |ll∧         |::/ |::::.' ::::::::::: ∧\|i∧:::::::::. \ム斗:七::|::::::::ト, ::!:::::!  射撃武器はあてにならず、
  |     |/,∧         {/ |::::| |!:::::ハ {__{/ `ヽ.∨:::::{ イ   \」 、 !::::::::} マ|:::::|
  {     il//∧           |::::|イ{:::::l! イ 笊ミ、  ∨:::|  ,ィチ笊ヽ}ハ:::::/ リ:::: :{   手にした刃を当てた者勝ち……
  .    _ll///∧         .|::::| |:::::∧  比Jf}  \」  比J刈 }| ∨! }::::::::::
  !___/ ∨//∧        {::∧!:∨::ム 弋zソ       弋こソ  }   |/:::::::::: !   シンプルで、この上なくわかりやすい。
         ∨//∧        / /\〉::::i_}               ,|  ∧:::::::::::::|
        ∨//∧         /:::::/::::/ム     ´       /, ///ト、::::::::::.
.    ∨    ∨//∧      ,':::::{:::::{///ゝ    v-,     .ィ / ///{/ \::::::.
     ∨     ∨//∧     /:::::,ィ|:::::|/イ////>  . _ .  <}// //-Ⅵ/// ヽ::.
           ∨//∧    '::::///|:::::|//∧///{: :}  _   /:/ //// Ⅵ////∧
.      ∨     ∨//∧ ,:'::::////|:::::|/// \/ |: {イ:_: :∨:/ ////// }/////j∧
        ∨     ∨// ∨::::i l/// |:::::|//////Ⅵ: ∨: : :.∨:/ イ////////////∧
       ∨     ∨//∧::::マ///从i:|/////// |\、: : :/: / /i{///////////,'::::::.
.         ∨     ∨//∧::::Ⅵ///从/////// {\_:∨: イ  {/リ////////////::::::::
.        ∨     ∨//∧::::∨////////////}   T  从 リ//{///////// /::::::::::::.
          ∨     ∨//∧::::}///////////// イ {__/\{////////////イ:::::::::::::::.
.            ∨     ∨//∧::|////////////  /  \/////////////j!:::::::::::::::::'.
.           ∨     ∨//∧!/////////// イ     ///////////// /:::::::::::::::::::::.
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| こちらに向き直りつつあるライガーを見遣りながら、左の銃をホルスターへしまう。
| 空いた左手は軍刀の柄へ添える。
| 銃が効かぬとわかったのなら、刀を振るうことに専心するのみ。
| まっすぐ、刀の刃をライガーへ差し向ける。
┗───────────────────────────────────────┛
4248 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/09/19(火) 00:19:18.48 ID:BsGvScgZ
                               _
                         r、  r,  ∨ム                    ,,‐、
                         丶.ヽ.! l _∨ム    li  , . , il         /. ,ィ./
                           ヽi r \ ∨ム ___.li li ,il il      /./ /
                             ,ィュ._l l   `∧ ムェェュl.i=l.i=il;ュilム、   ,ィ/ /  《敵遠距離火力に脅威なし……》
                         / //、, ̄ヾ.,∧ ムハヘ!. ,`=´ liソソャィ' / /
                         ,' ./ /、._ハ ‐、ヽ.∧ liユ,ヘ! i__i ,!/ /ソ' //     《引き続き、ブレードにて排除を続行します》
                        ,イ / ,仁 ∧lゝ、ヽヽ∧,ィ ./`!._,イ=lソ'/,ィ´∧.
         __ュ二二二三へ,.__ _,rュィ]_i' ヾ ly'ヘ.ミゞ、 ヘ/ /  `ー'  li匕,イ/ /厂l
 ‐=ニニニ二二二二三ニlKl三l=l三lKll〕 〉_ r!叮へミ、ミ i l ∨',  ,' ./ y' //K /                    一意、専心…… > シャナ
                     ア  /./ /-ム7 rkイ》へ. ソ 7, ∨ ___, / /,彡,イ. _〉
                    く7  /.//7/ 7二三lハヾ弋ヘ.  ∨=l/  /!´   ̄
                  r=/二二 //7/ ,イソ ̄  l 三ヘ、.ュ、_l_//
                   /7/7///7/ /      `'、 ゝl l! /ーl / ソ=ュ、_
                     `´/ミ//ソ/ /        `ー,l/'''''l/ 7,-─-lム、
                  _/`'ー‐-ャ、/ソ            ̄ `'y、i 〉i l 〉-〉
                   lミ 7r‐‐--ャ、 r,r=ァ.                  `´ `´`'´´
                 / 7/_.,i' i  lヘi三ソ
                 l `i l-、i! ‐lト.-lr'
                    `´ .`´ `´ ` ´
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| まっすぐ、正面からの剣の打ち合いだ。
|           ブースター
| 懸念していた敵の札は、一度使用するのを見て、僅かであるがその切り方を見た。
| 対して、こちらはこれまで温存していた【縮地】という切り札が一枚……
| 次の衝突で、決着はつけられるだろう。
┗───────────────────────────────────────┛
4249 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/09/19(火) 00:19:30.77 ID:BsGvScgZ
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


   ▼ 本日ここまで

4250 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/09/19(火) 00:20:13.15 ID:ti6oxhMc
乙ー
4251 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/09/19(火) 00:20:21.42 ID:K3/HuxoS
乙です
4252 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/09/19(火) 00:22:10.18 ID:O4T2UI31

一騎討ちっていいね
4253 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/09/19(火) 00:23:30.75 ID:BsGvScgZ
                  , 、_  -ヘー―,イ´. ヾ 、
.              /   ,>匕ィ、_ `フ    ヽ ヽ
.             /  >'ー'´__二ニフ ',.   ヽ \
         /ァ=ァ'    _  -ーヲ  iト,  '., ヽ ` ,
.          ,イ/  i′   , -ー  ̄ ´ i、 i! i! '.,.  ', ',  ',       はい、というわけで……すまない、
       ,イ! l!ニ i! _, イ i i! !、   |マ | |. '.,  i! i  i
     ,イ三i| l!ニ i!;';';  | ||斗ヤ| ∨ ´「 マ¬ー-ト i i!  i!          書き溜めと一緒に集中が切れてしまった。
   ,イ三三ヲ! i!ニi!;';';  i个!i ! ', i! V  i メ/|マ  i!', i! i!  i!,
.,イ三三ヲ'´. ! l!ニi!;';';   i !| !| ',.|  ∨ | ,!∧! マ | ', |. |.  i',      ということで、本日のスカベンジャーはここまでです。
ニ三ヲ'´    | l!二i!;';'  i!. i!| ` ヽ!   V.!==ェュマ ! i! ! i ', ',ヽ
ヲ'´    ,'  i l!二i!;';.  i、|,ィ=≡ゞ  ヽ!       /. | |  | ヽ , ヽ.      珍しく書き溜めそこそこでやった今回だが……
     ,'   i l!二i!;.   i!ヘ|              //! |  i! ヽ\`\
     ,'    i!. l!二i! ,イ!\'、  _,.-‐   ̄ ̄i /'  ,'i! i!. | !  、\',  \   どうだろう、ライガーとシャナの強キャラ対決的なふいんき、
    ,'     マ i!. 爪,ノi| ト、ヽ V   ´  - ′  / !| i!  ! iト、 \l\   `ー
             ゝ.ヾ二,ハ  ',、  `          <ト,i|.i,'  |',i=ミヽ  ヽ、`ヽ  上手く出せていただろうか?
.            ,ィ <ミミミト,. ∨>-   _ , <ミミゞュ !  l i!  ! ヽ、  `ー=、
_  ー   =./     ヾミミi!ヘ ∨ill  ℡ミゝ_ィニ彡 「il彡  i!',}  | i  !ヽ、      とまれ、次回はVSブレードライガー戦の幕引きと、
                   ヾ! !ミゝill. |!   |    i| ill |,ィ―'――i ,'  /i  /
                  /j | i! ill         illl i'  ゝ、_  ∨、 / !/  ,ィ 多分最奥部の探索……まで行くかな?
.              /   ,' / ,ィij           ,illl、>'´ ̄´    l!ニト\/ ,イ/
                 ノイヲ',==ュ、. i|i  ,ィ==ュ</|イ ̄ ̄ ̄  l!三i|ミ!ヽノ.  スレ主の遅筆じゃあ、外のくーちゃんたちの後始末もやったあたりで、
  ゛'' ‐-  ,,_.      、  ヽ )>/ゝ¬ミヽ!|i,ィヲ'¬ヾi/li| ゝ――  i マニ!ミ!. ト、
- .....,,,,__         \  ) >ニ>   `.|ll|゙´  ,ィ//メ、 ゝ- て´  マiミ! | \ 時間か集中が切れそうな悪寒も……
4254 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/09/19(火) 00:25:58.88 ID:i7tyouK8
4255 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/09/19(火) 00:34:49.08 ID:IqbTxj9x
乙でした
4256 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/09/19(火) 00:35:34.99 ID:BsGvScgZ
                ___
            〃`<    __ `
          _/ __        __  ヽ  \
.           // /:           ,  ′  ヽ
         // /    .!        ′  ,      ともあれ皆さん、お疲れさまでしたー。
           ′′ i__/| ! ト   ',  ,   ′
        i | i ´| l.¨! :| :| ¨',‐-.| i   |   i  さてさて、次回の投下予定だが……
        | l | 小.! Vヽ i  ', ト .|   |    |
          И i .i ==   ` __.V .リ:   |    !  どうするかな、ライガー戦の最後まで書き上げてからにするか、
         | V        ̄` /    |    ト.
         | 人          7   |     〉 いつも通りのながら投下にするか……ふむ。
            ,|   > _ ー '  ィ'|         、/
        /:i/\  |  :i≧r  //  / /      \ んー、まあ明日明後日は忙しそうだし、どの道金曜あたりかねー。
             ヽ | /├|==/ / / |/    ヽ   ヽ
        \  /.` / :├|*/{ 'イ: : : : ヽ   i }   そのくらいの時期に、当日20時頃までにアナウンスするということで!
.            ヽ { i l : :├|/yヽ  ヽ/: : i  /  /
            } V、 | i: :.|。!/: : }  }: : : : | /      あ、ちなみに今回ラストの銃撃弾かれの件ですが、
         /   ゝ: !: :|。!: : /イノl: : : : :i     {
        /     !: :|: :|。!: : : : : : i ノ: : :!    、     前々回のターンの官営武具店withやる夫コミュとかで、
           イ  |: : l :|。|: : : : : <.: : : : :i      \
       i / !  ′ :V.-! : : /: : : : : :人  i    ヽ  5.7×28mm.拳銃手に入れてたら有効射になったし、この後の判定とかも簡単になったんだぜ……
.        V    /: : : : V、>/: : : : : :/ 〉  :l   l
                                  サイドアームで替えが効くからと、ガン無視していいわけではないのだ……(ニヤリ
4257 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/09/19(火) 00:38:23.76 ID:9ziBzTdW
おつ

つ~ても予算にも限りがあるからなぁ
人形のルーチン代も溜めたいのに、警備ロボの修理費もかかりそうだし
4258 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/09/19(火) 00:45:40.26 ID:BsGvScgZ
                        |
                  .___   |
              .イ^ x ´       .イ`|
           /           .‘   |  くっくっく、予算についてはせいぜい悩むがいいわ……
            /              |
                        |  個人的には、何かしら戦闘系のBランクルーチンがほしいよなー。
          i!      .j   i i ト、 、 |
          |     ハ   i. ハノ/≧.|  警備ロボットも仲間になれば、ルーチンはそっちでも必要なんだし。
          .i|    /ト、\ !Ⅵ'´〒¨´|
         j{   ノ==キ`   廴.ノ|
         ガ   |.i廴.ノ      ,⊂ニ|  ……それはともかく、警備ロボの修理代は、
         / j{   |⊂⊃ ーく⌒´}  .!|
        ./  j{   .ゝr‐ヘ,、 `ー ′イ.|  取り分として受け取る(予定の)白い子の問題だぜ。
       /  ≠ミ、 }Yヽ  }辷,<.ー-..|
      ,ィ´       「^ー ´  i|-|i   |  このブレードライガーさんはシャナにやられたら、
     ノ'        j{/j{  ヘ .|y|   .|
              ヘ/i[  ノ._」_i!  .!|  報酬分配で白い子にプレゼントされる予定だから。
    j{          ¨ー― イ ‘ー-.!|  (作中でも>>4115でシャナが提案済み)
    ヘ            }   ,    |
               「 i ̄ ̄ ̄ ̄.!|
       \      /  |////////i!|
4259 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/09/19(火) 00:48:17.67 ID:9ziBzTdW
ルーチンは理想を言うとAが欲しいからなぁ
B買って後からA買うよりは
4260 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/09/19(火) 00:49:53.74 ID:dEH16B54

装備の更新は大事だよね。
クーちゃんに性能良いという理由で自動人形の侍女服とか着せたい(なおサイズ
4261 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/09/19(火) 01:00:32.99 ID:O4T2UI31
ライガーは白レンが頑張って修理代を出すんですね。
俺はライガーが登場してから、白レンがEMPで大破したライガーを夜の仕事で必死にお金貯めて直す姿が見たいな
って思いながら参加しているw

それはさて置き、サイドアーム自衛軍基地に落ちてないかな。
ルーチン系は1000~1600円とかだから出費は抑えたい。
4262 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/09/19(火) 01:02:01.11 ID:BsGvScgZ
                ___
               /       ` ,へ
              / /ヽ          |
.             / /       :i  ヽ  ヽ    まールーチンランクをどうするかは意見分かれるところよなー。
              |   |  |  | | i  ,
          |  | 斗 -‐:|  |ハ ‐-| |  ′ 金をためるために中位のルーチンを一時使うか、
            /|  |  i| ハN  / |/Ⅵ ,  |
          // ./i|  i|x===∨ x== }/ |∧|  効率考えてAランクまで我慢するかは。
       /// ハ  |""      ""}i |
.        /// /∧ {ト 乂 フ  ≦ | |    ……つってもB、Aのルーチンってバカみたいに高いんだけど。
      /  . -=ニヽ ∧|=-〈丶/=- /: |    (使いまわせるとはいえ、輸送トラックと同額以上だぜ……)
    八{  fニ〈     \}} ∨{ | 〉〉レ:
   / \  Ⅵi{   | 《レr=ミ Ⅵ |,//  八      >自動人形の侍女服
  /   /   ,∧ニi    ∨》'⌒ /》=|〉〉 丶  \
  \ {  《  Ⅵi   Ⅵ㍉∧{  {{ \ \  \   自動人形用の服って、なんかこう体に負荷がかかるから、
    〉 r=У\}ニi    ∨'’| }{__∧ {.\ \ ,ハ  (確かめっちゃ重かったりするんだったかな?)
.   / / \  :}ニi     ‘,:| ¨¨´ ‘,\_}  〉 }
  / /:.:.」:「\ :}ニi     }!    }}  /  / 八  義体化とかしてない一般人は着れないんだぜ……

                                ……つまり、侍女服を着るならベイが適任ということだな(錯乱)
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://yarucha.blog.fc2.com/tb.php/3578-de56e314