情報部シャナのスカベンジ日誌 7th Turn 「ガードロボット」その18

4974 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/10/21(土) 15:01:19.01 ID:ttxA65mE
    ハ,_,ハ,
   ;゙ ・ω・;,/^l
,-‐-y'"゙"''゙゙"´  |   ういういそいじゃあ開示クエストのことも大体決まったし……
ヽ、,;'   ・ ω ・ ミ
 ミ====[==]=l==ミ     そいじゃあぼちぼち始めようか、てんこー!
 ミ  ヽУ ̄ ̄/;;
 ';,.   /遺跡/ ミ    書き溜め? ……ゆっくりとこう唱えるんだ。「存在しない」と
  ;;,,    ̄ ̄ ,;;゙
   ∪"゙'''"゙∪
4975 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/10/21(土) 15:02:28.41 ID:GIQrwOAs
4976 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/10/21(土) 15:03:58.01 ID:DusY+3pX
4977 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/10/21(土) 15:04:10.90 ID:ADd89lOC
4978 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/10/21(土) 15:04:41.15 ID:ujtViC/c
ノ 今も昔も存在しない
4979 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/10/21(土) 15:06:07.41 ID:9MsHrWL4
           ┏  ━ゝヽ''━.,,ハ,_,ハ,.━.从〆A!゚━━┓。
╋┓“〓┃  < ゝ\',冫。’  .;゙ ・ω・ミ/^l  ∠ _ ,'´ゝ.┃.       ●┃┃ ┃
┃┃_.━┛ヤ━━━━  ,-‐-y'"゙"''゙゙"´  | ..━━━━━━━━━ ━┛ ・ ・
       ∇  ┠─へ ヽ、,;'.  ・ ω ・ ミ 冫そ _'´; ┨'゚,。
          .。冫▽ ,゚'<  ミ∩===[==]=l==つ;; 乙 / ≧  ▽
         。 ┃ ◇> ミ         ; 、'’ │   て く
           ┠─ム┼. ';,          .ミ ゙》⊿∠─┨ ミo'’`
        。、゚`。、    i/ ;;,        ,;⊃ o。了、'' × o
       ○  ┃    `、,~ "∪"゙''''''''''"゙ .ヽ◇ ノ 。o┃
           ┗〆━┷ Z,' /┷━'o/ヾ。┷+\━┛,゛;

                待 た せ た な ! !
        こ れ よ り 投 下 を 開 始 す る ! !
4980 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/10/21(土) 15:06:18.46 ID:9MsHrWL4
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
 やる夫はスカヴェンジャーのようです二次創作

              情報部シャナのスカベンジ日誌
              7th Turn 《ガードロボット》


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
4981 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/10/21(土) 15:08:14.54 ID:9MsHrWL4
                             _ __ __
                 ____ __    /   ___ `ヽ_
                f´     .  ´ ̄__ `>'´    / ト、
             __ _j , -- ァ'´       `丶.  /   .! !
             くヽ.    , ', ⌒`  ⌒ヽ ヽ .  Vハ   //
.            \ヽ. // /   トvへ.   l  i l  Vく  /〈
               \// / i  .l r‐ l l l  l l l  iイイ\.〉    ねえ狛ちゃん、急に1700円とか現金収入入ったんだけど、
.               // / i   l !  ! ! ! _i__i _l  |ノハ  ヽ
.                |li i  i __i _|  | i !´/リハVi  |/ ii   ヽ   どうしましょうか?
.                |li i  l´Nハl  レ' レ''「 ̄ト l  |_フ.l|    i
.                |li ト.  i 《´「...ヽ    trェj |i  || ll|   ノ   帰りの隊商護衛でちょっと報酬も増えるし、
                八Vl ゝ.jハ trェj .   ~⊂⊃ リ| ii|⌒レ´
                | i   i⊂⊃    _ ,.ィ7/ /l| liト.      車とか買っちゃう……?
                | l   l i 「`゙ ⌒`´,ィj/' /i l|| li| i
                | i   i l /〉'r r、 ,ィ┐Z. //´ l| li| |                 車両のガレージの用意なども必要になりますので、
                | l   l i'十 `┴' ┴'cっ{ト、/ i| liト. |                   目先の資金以外にも気にした方がよろしいかと > 狛ちゃん
                | i   i/´フ(⌒) (⌒)ーr‐く ハ i.l |
                | l /{/   __\ Y   |   〉 Vハ |      それもそうね……ってん?
                |/__ 〈 /   `\  j__ノ   j .l !                 シャナ
                〈´   \      `7、     / i !         ……四級なのにあの子、ガレージも用意できてるってこと?
                i     ヽ.      i >_ .. -- - ..
                {__ __ ,. ィ ヽ     j(´__,. -- ..   `ヽ                                 ……そうなりますね > 狛ちゃん
          __ ,. -- ´    〉 ! / ヽ      〉  |レ'`ヽ.   ',
       ,. --´  ``ー -- -‐ ´(_ノィ´ / ヽ.   /r‐‐‐'    〉  i    えぇ……
      /        ,. -‐‐   ‘ー'「 `\\ー'  ij      /  /
     i       /          i    ヽ.ヽ. ハ  __ , '  /              ガレージ
     |      /    ´ ̄``ー-- |__   し'   〉  ____./        『すいませんそれ初期装備なんですよ……』
    _ノ^`ー く // i           ノ´``ー-- <_,.ィ´: : : : :.`丶、
   `¨´⌒~'ノく 八_         ノ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :: : .ヽ
           `ヽj⌒ーヘ_rヘ__ノ´─ ─ ‐‐‐ --  .. __   __  ノ
┏────────────┓
│ 前回のあらすじ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| ようやく、報酬分配含めたリザルト終了。
| シャナの個人収入とクーデリアとの共有財産を合わせて、2556円の収入でござい。
| 三級遺跡ってすごい(ハイエナ並感)
┗───────────────────────────────────────┛


   ▼ 現在のステータス   >>3125-3126  (所持金:3051円0銭 / 技能:【観察眼Lv6】)

      好感度一覧        >>2777

      wiki           ttp://seesaawiki.jp/shana/

3125 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/08/09(水) 22:22:12.98 ID:Gstn/0u+
                   《ステータス》

                                    /⌒≧=‐- 、 、
                                      \\
                       -:.:.:.¨¨  ̄ ̄:.:.:.``丶       }:.:.ヽ
                        /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.丶 __ノ:.:.ノ
                   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\ ̄
                  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
                     //:.:./:.:.:.:.:/:.:.:/:.:/:.:/:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∧
                /:.:.:/:.:.:.:.:/:.:.:/:.:/// /:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.: ',:.:.:.∧
                /:.:.:.:./:.:.:.:.:/:.:.:/:./ // /:.:.:.:.:.:./:.:.l:.:.:.:.:.:.',:.:.:l∧
                /イ:.:.:.:.:/:.:.:.:./:.: /.:,ィ芋ミx、 //:.:.:.:.:./ トx:.:.:.:.:.:.:l:.:.:| :.
           ///:.:.:.:./:.//:.// 《 {::J:::リヾ /:.:.:.://zz/ |:.:.:.:.:.:.:l:.:.:| |:|
            // /:.:.:.:./ ':.: /:.:.:. /   V__ン  /:.://}てハ抃:.:.:.:.:./:.:.:.| l/
       //  /:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.∧  .:::::::::: __彡' / ヒ_ソ ノ》:.:.:.:/:.:.:|:.|
       //    /:.:.:.:./:.:.:/:.:.:.:./、__、        ,  `¨  /:./{:.:.:/:.:|
.     //     /:.:.:.:.-=≦:.:.:.:./:.:.:.込           ..:::::: /):.:.l.:.:∨ ヽ(
  //   -=≦ ̄:.:.:.:. -=≦:.: |三三三三三|  っ     /:|:.:.:.:{:.:.:.、
.// /:.:.:.:.-=≦ ̄:./:.:.:.:.:.:.:. /ニニニニニニ|、   _,.. イ.:.:|:.:.:人:.:.:.、
   (:.:.:.//:./:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:./ニニニニニニニ|  /ニニニニニ≧く:.:.|\:.\
     ヽ(:.:人(:.:.:.:. /:.:.:.: /ニニニニニニニ=|  トニニニニニ/ニ}:.:.|  ヽ:.:.\
      /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ニニニニニニニニニ|___ヽニニニ=/ニ/|:.:.|   }:.:.:ヽ\
.   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: /ニニニニニニニニニニ\---∧ニニ/ニ/ .|:.:.|   /:.:.:.:.)\ヽ
  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ニニニニニニニニニニニニ\- ∧ニニニ{ :|:.:.| //):.:.:/  ):.)
...:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. : {ニニニニニニニニニニニニニ/___}ニニ>:} |:.:.|彡' /:.:∧ //
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:乂ニニニニニニ}ニニニニニニ/---∨ニ/=| 乂\__/:.:/ ∨/
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ニニニニニニニノニニニニニ/-----∨∧=| /:.>―<   }:.}

――――――――――――――――――――――――――――――

 【名前】 衛宮シャナ 【年齢】 15 【出身】 キョウト

 【身分】 4級スカベンジャー

 【能力】(人間準拠)
  筋力:C+  体力:B-  俊敏:B+  知能:B+  運勢:B

  注目度:D 小さい割には腕のいいスカベがいるらしい

 A以上=一流 B=人並み以上 C=人並み D=苦手 E=諦めたら? F=子供並み

 所持金: 495 円 0 銭

 【所持品】
 ・武器
  零式軍刀 ……養父から譲り受けた将官用の高級軍刀。
             銘有りの真打や単分子刀にこそ劣るが、切れ味と頑強性を高いレベルで両立している。
             耐酸、耐熱、対単分子、耐ビームコーティングが施されている。
  7.62mm.選抜小銃 ……【サイズ:L】 大威力の7.62mm.ライフル弾を使用するマークスマンライフル。モデルG3 SG/1
                   フルオート射撃による牽制・弾幕と、セミオート射撃による精密狙撃の両方に対応可能。
                   簡単に言うと、一丁で突撃銃と狙撃銃の両方として使えるということである。
                   アクセサリに高性能光学スコープ、サプレッサ、ロングマガジン、バイポット、フラッシュライトを装備。
  45口径拳銃       ……【サイズ:S】 威力の高い45口径拳銃弾を使用する拳銃。
                   アクセサリにサプレッサ、ロングマガジン、フラッシュライトを装備。
  テーザーガン      ……【サイズ:S】 ワイヤーを使用する射撃可能なスタンガン。一度の充電で5回使用可能
                   生身の人間や生物を、無傷で捕縛することができる。警備ロボットには無力。
  コンバットナイフ    ……【サイズ:S】 頑丈さが売りの軍用ナイフ。戦闘・工作に使用できるが、単分子カッターではない。
  軍用マグライト     ……【サイズ:S】 本来は暗所を照らすための携行ライトだが、非常に頑丈で警棒代わりにもなる。
  ハンドグレネード(破片、EMP、閃光 各一個 / チャフ 二個) 【爆発物】
  携行爆薬(小)……【爆発物】 壁や床などに設置し、遠隔操作で起爆する爆薬。主にトラップや扉の爆破などに使用する。

 ・防具
  特種防護コート ……防弾、防刃、耐衝撃と、物理攻撃に対し高い防御性能を誇る。また、若干のステルス性能を持つ。
                   銃弾は7.62mm.ライフル弾まで防御し、単分子カッターを含む刃物や破片を防ぐ。
                   対単分子コーティング、耐酸コーティング済み。熱単分子刀、熱振動徹甲刀などは防御不可。
  静音性ブーツ  ……底面が厚く補強され、更に足音がしにくいように加工がされたブーツ。
                   隠密に長けた者なら、足音のしやすい悪路でも無音で歩行することが可能になる。
  マガジンポーチ ……ライフルなどの予備マガジンを収めておける、ポケットなどが付いたポーチ。
                   遺跡に持ち込む予備マガジンが各3個から5個に増える。
  31年式軍用多目的グラス ……望遠、視力補正、赤外線(暗視/簡易金属探知)、PDAとの接続などの機能を備えた、
                       大崩壊以前の軍用装備。軍事品だけあって、耐久性・防弾性も十分。

 ・電子系装備
  高性能PDA ……高い基本性能のPDA。メール以外にもハッキングや情報閲覧、カメラ機能が備わっている。防水、耐衝撃。対EMPコート済み。
  標準ハッキングソフト……PDAの初期ハッキングソフトより優秀。ただし遺跡探索用で、現代のプロテクトに対しては無力。
  標準解読ソフト ……断片化したデータを復元する事の出来るソフト。簡易版より精度は上だが、使用には【電子技術】技能必須。
               断片化したクズデータなどを正常な状態に戻し、閲覧することができる。暗号解読とかはできない。

 ・その他
  携行用ガンケース ……【サイズ:L】以下の銃器を一丁しまっておける、緩衝材入りの軽量なハードケース。
                  肩掛け紐と鍵付きで、街中の携帯に便利。
  警邏隊推薦状    ……組合から発行される推薦状。実力ではなく人柄を保証するもの。
                  警邏隊主導の依頼を受ける際に必要。
  救急キット ……包帯やばんそうこう、消毒用アルコール、それに痛み止めやナノマシン製傷薬などが入った救急キット。
.             医療系の技能がなくとも使用可能。傷薬・痛み止めを使用した場合、補充には10円必要。
  ペンライト   ……小型の懐中電灯。太陽電池採用。
  ロープ10m……物を縛ったり移動に利用したりなど、多彩な用途のロープ。
  短距離用無線機 ……いわゆるトランシーバー。ある程度の距離なら離れた位置の人間とリアルタイムに会話できる。
               二つ所持しており、同行者に一方を貸し与えることが可能。
  軍用双眼鏡 ……測量機能と簡易な風向の観測機能が付いた丈夫な望遠双眼鏡。防水、耐衝撃。
  軽量工具セット ……使いやすい工具の揃った工具セット。小型工具セットより高性能で、携行性も悪くない。
  工具用単分子ナイフ ……工具用として実用的な強度を持つ単分子ナイフ。戦闘での使用は想定していない。
  傷付いた獅子章……多大な功績を残して殉死した皇国軍人に贈られる勲章。
                シャナにとって、紛うことなき父の形見。

 ・拠点
  住宅:中層区にあるガレージ・庭付き一戸建て。
        付近の治安はよく、鍵類のセキュリティも十分。場合により、自動人形の電が警備をやっていることも……
        一人で住むには広すぎるくらいで、それなりの人数を迎え入れられるだろう。
  ガレージ:中層区の自宅に付随する車両用ガレージ。
        特別な設備はないが、中型車1台+大型車1台分の駐車スペースを持つ。
        現在、輸送トラック(大型車)1台を収容。

 【技能】
  格闘術   Lv:5 ……素手や小さな武器を使った接近戦能力。
  刀剣     Lv:10……常識的なサイズの刀や剣を扱う技術。
  銃器     Lv:6 ……拳銃や小銃、あるいはそれに準じた火器を使用する技術。
                拳銃、短機関銃、突撃銃、狙撃銃を使用可能。
  狙撃     Lv:2 ……狙撃銃、選抜小銃などを使用して長距離狙撃を行う技術。
  軽業     Lv:5 ……戦闘における身のこなしや、狭い足場での立ち回りのうまさ。
  潜入     Lv:6 ……隠密・気配察知の複合技能。自身の気配を隠し、他者の気配を察知するのに長けている。
  観察眼   Lv:5 ……周囲の状況と照らし合わせ、不自然な箇所をあぶりだす技術。
  聞き耳  Lv:5 ……微細な音を拾い、情報として獲得する聴覚・技術。
  車両運転 Lv:5 ……地上を走行する、一般的な車両を運転する技術。
                バイク、普通四輪車、大型車、軍用車両を運転できる。
  機械操作 Lv:4 ……PCなどの機械全般を操作する技術や知識。極端に専門的なものは含まない。
  電子技術 Lv:4 ……プログラミングやハッキングなど、機械の内面を弄る技術。
  軍事知識 Lv:7 ……軍そのものや軍人、使用される装備などに関する知識。
  指揮     Lv:2 ……状況を確認し、他人に指示を出すことに秀でている。

 【特性】
  ESP【縮地】 ……空間を切り嗣いで割り込み、彼我の距離を一瞬で詰める。一種の空間系テレポート。
  ┃          これを高精度で、かつ連続して行うことができるのがシャナの最大の武器である。
  ┃          移動には重量制限があり、重装備では使用できない。
  ┗斬鉄(偽)……ESP【縮地】の応用により、通常の刀剣類で金属装甲を斬り裂くことが可能。
              ESPの使用できない状況や、高速機動する対象、乱撃戦では使用できない。
  軍人の遺児……皇国軍人の忘れ形見。
              根無し草のスカベンジャーであっても、社会的にそれなりの扱いを受けられる。
  情報部員  ……時に身分を隠し、偽り、軍で暗躍する情報部の一員。
              現在その権限や支援は利用できないが、そこで得られた技術や知識は健在である。

 【装備制限】
  軍刀を固定装備する。
  他に【サイズ:L】の装備を一つまで装備可能。また、爆発物は合計六枠まで携行可能。

 ※スキルレベル参考基準
  1.覚えたて  3.慣れてきている  5.一人前  8.プロ級  10.その分野でのトップクラス


 【拠点・倉庫】
 ・武器
  量産軍刀 ……【シャナ専用】 父の形見ということになっているシャナの軍刀。頑強ではあるが切れ味は今一つ。
             数打の量産品であり、軍士官の武装としては少々心もとない。分類、丙種士官用軍刀。
             対単分子コーティング、耐酸コーティングが施されている。
  45口径短機関銃 ……【サイズ:M】 威力の高い45口径拳銃弾を使用する短機関銃。
               アクセサリにロングマガジン、レーザーサイトを装備。他にフラッシュライトを保有。
 ・防具
  戦闘用耐熱グローブ ……戦闘用に防刃などの防御力をある程度備えた、五指が自由になる耐熱グローブ。
                   生身の人間でも熱振動徹甲刀などの高熱を発する武装を使用可能になる。
  登山ブーツ          ……底が厚く、滑り止めの付いたブーツ。特別な加工や補強はされていない。
 ・その他
  最低性能PDA ……ウジ虫に広く流通するPDA。性能は極めて低く、簡易なメール機能しかない。
  技術書【機械操作】【電子技術】 ……該当技能のレベルが3~5の時に使用できる。各二冊。
                           コミュなどフリーパートで読み込むと、技能の成長に役立てることができる。
                           同じ人間が同じ本を繰り返し読んでも意味はない。
  軽量重装甲合金板……軽量かつ頑強で、排熱にも優れた旧文明の装甲用合金。
                      【素材アイテム】持っていれば、何かを組み立てたり、作成するのに役立つかもしれない……
3126 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/08/09(水) 22:22:25.13 ID:Gstn/0u+
  【車輌ステータス】

              :r‐---‐r―---―r―---‐r―---―r―--―┐
    =fhュュ――zz  il    ;  ロ   ;  ロ  ;      ;     |
  [lj .|i'~i`    .i  |   il    ;     ;     ;      ;     il
  lコ ||__|__________|__|  :il    ;     ;     ;      ;     il
  t_/o .i,.----.、|  |  il    ;     ;     ;      ;     il
  /   ii>< ||j .|) | ̄ ̄ ̄|| ̄ ̄ ̄|| ̄ ̄ ̄|| ̄ ̄ ̄`|| ̄ ̄ ̄`|
 _/___i`ニニニ´ |  .| . |ェェェェェェ||ェェェェェェ||ェェェェェェ||ェェェェェェェ||ェェェェェェェ|
 λ~。 ̄i―‐_-_-.!二| .!___!!!二ニ_ニ二!! | |/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; \| |_
 [λ___γ ´⌒`ヽ.ヽ三|三|三i「有澤[ |   〆´⌒゙ヽ 〆´⌒゙ヽ  | |
      :i (∴) i |三|三|三三ニ|ニ [   i (∴) i i (∴) .i
       ヽ、.____,ノ .             .ヽ、.____,ノ :ヽ、.____.ノ


 輸送トラック

 ありふれた輸送用の幌付トラック。
 大きな荷台による高い輸送力が特徴で、スカベンジの成果を持ち帰るのに向く。
 荷台には簡易であるが人間用の座席も完備。エンジンパワーもあるため、車両の牽引も無理なくこなせるだろう。

 ……ちなみによく見ると、ベースとなった車両は有澤重工製。水月という型式らしい。
 とはいえ流石に、無改造状態ではただの輸送トラックに、装甲車並みの防御力や、
 大口径機銃を積んだりはしていない……改造で追加することが出来ないとも言っていないが。


――――――――――――――――――――――――――――――

 【名前】 輸送トラック  【分類】 大型車両  【製造企業】 有澤重工

 【所有者】 衛宮シャナ

  【特性】
  輸送能力:A ……背部に荷台を備え、多数の、また大型の荷物を問題なく輸送できる。
               人員や探索の成果物の運搬の他、複数の装甲スーツを遺跡へ持ち込める。
  牽引能力:B ……高いエンジンパワーにより、他の車両などを牽引する余力を持つ。
               ワイヤーなどで接続することで、大型車両の牽引を無理なくこなすことができる。

 【装備】
 ・手動銃座:車載用20mm.機関砲
   ……荷台に取り付けられた20mm.機関砲付きの銃座。
       このタイプは有人式であり、射手が使用することで高威力の20mm.機関砲弾をばらまく。
       後方から斜め前方までをカバーするが、車体真正面は死角となる。

       高い威力と連射性能から装甲目標に対しても有効だが、戦車や重装甲車クラスには力不足。
       使用するには【銃器】技能で突撃銃、または軽機関銃を使用できるか、もしくは【重火器】技能を持った射手が必要。
       (射手が後者の条件を満たすほど、射撃の精度は上がる)

 ・防具 その他
  金属板 ……何の変哲もない車両用の金属板。特別な防御性能を持たず、戦闘には不向き。
           拳銃弾程度であれば弾くこともあるが、ライフル弾以上の攻撃には無力。
  幌     ……何の変哲もない覆い布。荷台部分を覆い視線を遮るが、防御性能はない。内部からは隙間から周囲を覗ける。
           また、射撃用に、人力でワイヤーを引くことでカーテンのように幌全体をめくり上げ、畳むことが可能。

 ・車載品
  軍用スコップ     ……【サイズ:M】 塹壕戦最強と噂の近接武器。誰がどう見ても近接武器である。穴掘りにも便利。
                予備用の道具。
  ワイヤー10m    ……ロープよりも頑丈だが、遺跡に持ち込むにはやや重い。車載用・牽引用にどうぞ。
  高級座布団×4 ……座席に設置するふかふかの座布団。長時間の運転でもお尻に優しい。荷台含め四座席分。
  ハンドグレネード(閃光、煙幕) 【爆発物】
2777 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/07/04(火) 23:17:58.29 ID:0cvrIZDJ
 【好感度一覧】

   クーデリア.   ……A     (近いうちに、電と三人で仕事に行きたいわね)
   やる夫.    ……B-   (銃火器について、結構詳しいんだおね)
   ヴィルヘルム ……B     (次は本気を見せてくれよ)
   チンク.      ……C     (お人好しめ……勉強会、楽しみだ)
   シン       ……D-   (良いクライアントだ、次の仕事を待つとしよう)


   シノン      ……D     (機会があれば、またご一緒しましょ)
   アリス       ……C+   (本当に、真面目な人です)
   聖十郎     . ……C-   (変人だなんて、ひどいなぁ……)
   スカサハ.    ……C     (存外甘い子だが……嫌いではないよ)
   リッカ.       ……C+   (二人ともお勉強がんばれー)
   リリィ       ……C-   (いつも余裕綽々だなぁ……)
   ダリアン    ……D     (なかなか見込みのあるやつなのです)
   愛歌..     ……D     (どっちのお店も、また来てねー)
   ピアニィ.     ……E+   (お、大物新人ね……(震え声))
4983 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/10/21(土) 15:10:15.82 ID:9MsHrWL4
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
4984 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/10/21(土) 15:10:27.16 ID:9MsHrWL4
    ┌─────────────────┐      |l::i:::|  \:;;:\ .     |┬┴┬┴┬|
    │::::::::::::::::::::::::::::::::::: 雑 貨 屋 :::::::::::::::::::::::::: : : │      |::;::i:|   \:;::\  ..|┴┬┴┬┴|
    │::::::::::::::::::::::::::: 《 ディスワード 》 :::::::::::::::::: : : │      |i;:l;::|      .\;:::\_ |┬┴┬┴┬|
──┤::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ├────────────────┐::│
─────────────────────────────────────┘::│
 |: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :________________________/ . ┬|
 |: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.._  -‐ |     |l:i::|                |l:i::|   |┴┬┴┬┴|
 |__________   -‐        |     |:;:i:|                |:;:i:|   |┬┴┬┴┬|
 |             |;i::|   |          _|___|i;:l:|________|i;:l:|______.|┴┬┴┬┴|
 |             |:::l|   |  _ -‐==ニ二 |__________________|┬┴┬┴┬|
 |二二二二二二二二二二|二ニ==‐   ̄  :|     |l:i::|================|l:i::|   |┴┬┴┬┴|
 |;::i;:::l::;:::::::l;::;:::i::;li:il|:il:|    |   _介        :|     |:;:i:||l  |  |;|:|l  |  i|;;:i:|   |┬┴┬┴┬|
 |六六六六六|::::::li|::::|    |   乢_{i      |     |i;:l:||l‐‐┼‐‐|:|;|l‐‐┼‐‐i|:i:l:|   |┴┬┴┬┴|
 |\/\/  |::::::li|::::|    |   :|i         :|     |l:i::||l  |  |;|:|l  |  i|;:;::|   |┬┴┬┴┬|
 |/\/\/|::::::li|::::|    |           |     |:;:i:||l‐‐┼‐‐|:|;|l‐‐┼‐‐i|:l::;|   |┴┬┴┬┴|
 |\/\/\|::::::li|::::|    |           |     |i;:l:||l  |  |;|:|l  |  i|;::::|   |┬┴┬┴┬|
 |/\/\  |::::::li|::::|    |     _______     |     |l:i::||l‐‐┼‐‐|:|;|l‐‐┼‐‐i|l:::;爻   |┴┬┴┬┴|
 |  /\  \|::::::li|::::|    |   |‰゜:|}    |     |:;:i:||l  |  |;|:|l  |  i|;::爻爻 |┬┴┬┴┬|
 | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ : :::li|::::|__|   |∴∵|}    |     |i;:l:||l  |  |;|:|l  |  i|;爻爻爻 ┴┬┴┬┴|
 |─────┐::li|::::|;;l;;;;l;;| ̄ ̄ ¨*¨¨  ̄ ̄:| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄爻爻爻爻: ┴┬┴┬|
 |:;:l ̄ ̄ ̄ ̄|::|::::li|::::|;;;;l;;;;l|;;;;l;;;;l::/|} ;l;;;;;l;;;;;l; |;;;;;;l;;;;;;l;;;;;;l;;;;;;l;;;;;;l;;;;;;l;;;;;;l;;;;;;l;;;;;;;爻爻爻爻;: ┬┴┬┴|
 |il;|:::::::::::::::::::::|::|::::li|::::|;;;;l;;;;l|;;l;;;;l;:/ :|} ;;;;l;;;;;l;;;; |;;l;;;;;;l;;;;;;l;;;;;;l;;;; 、.vk,,..vx;,..,,、vW从W从W爻.,┴┬┴┬|
 |;:i|:::::::::::::::::::::|::|::::li|::::|;;l;;;;l;;|;;;;l::/: : |} ;l;;;;;l;;;;;l; |;;;;;;l;;;;;;l;;;;;;l;;;; ミ”v:";v;oゞゞ艾v:";v;oゞヾ从、,┬┴┬┴|
 |::;|______|::|::::li|::::|;;;;l;;;;l|:i:::/::l:: :|} ;;;;l;;;;;l;;;; |;;l;;;;;;l;;;;;;l;;;;l ℃‰♀♀♀♀∴v:";v;oゞヾゞ┴┬┴┬|
 |::::::::::::::::::::::::::::::::::li|::::|;;l;;;;l;;|;;/:l;; ;;l::|} ;l;;;;;l;;;;;l; |;;;;;;l;;;;;;l;;;;;{二二ニ}二二二二二二二二二二}┴┬┴|
 | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄二ニ=:|=-  :;___|;;l;;;;;;l;;;;;;;l;; |     |                    |┬┴┬|
 | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄.:|     |                    |┴┬┴|
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 夜の寒さもかすかに残る、涼やかな朝。
| 中層区にもほど近い、下層区の少し奥まった路地にある、雑貨屋。
| ディスワードと看板を下げたその、半ば常連と化した店に……
┗───────────────────────────────────────┛
4985 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/10/21(土) 15:10:52.16 ID:ujtViC/c
よかったね白レン(嬉泣き)。とりあえずトロをいっぱい食べに行こう
鎌レン達も誘ってさ
4986 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/10/21(土) 15:13:22.45 ID:9MsHrWL4
 カラン                     , .:*‐…‐*==ミ、
                        _/: :__:_: : : : .: .: :ヽ___
               ,, r=//: :乂乂_人トミ__: : : : ハ;i:i:i:\
.                〃 X:i:i/,‘7 ::/.::::::\ ̄廴_:_: : :ハー /
              {{ ∧:i// /_|/Иiノ,斗ミ::::て: : : : i:i:/    おや、こんな時間に客が……っと、ああ。
                      〉イ::::i斗ミl l:|:| __|::::|::::::廴:_:ノ}く
.                乂  l::/l:杙リ.从|ィ_笊ト、::::}l:rL_ トミ                     おはよう、ダリアン。早すぎたかな? > シャナ
                   И从  ,  `ー_'’/ ::从,,」 |:i:i:∨
                  //八|心、、  ⌒7/:/ .::::/人/i:.   誰かと思えばお前ですか、クロスケ。
                 ///.::::::::: ノヽ。 .n:i〔 /:/_:::::/:从:i:i:i:i:.
               \∨/|::::::::::__} Y´ ̄/:/: : V:/:::::::,i:i:i:i:i:> 表に閉店の札がかかっていないのですから、
                / Xr‐━≦rヘ}{_:_:/:〃斗<ミト、:::::::',_/
              r匕 { ̄ ̄/: : ̄\ {:::::|.: .: .: .: : :丶::::',    問題ないに決まっているではありませんか。
              |l    /: : : : : : : :|{:: N.: .: .: .: .: : :∧::::.
              L,,_  /: : : : : : : : : :|{::::| : : : : : : : : : :∧::::.  もう少しものを考えたらどうですか。
.              / : : : 〈.: .: .: .: .: : : : :|l::八: : : : : : : : : : : :〉::;
            |.: .: .: :∧.: .: .: .: : : : :l{::::{ :\.: .: : : : : :/::::::                             悪い、心配性だから > シャナ
            |.: : : : : :心,: .: .: .: : : :}::::〉 : : : : :_/ l:::::::::i
            |.: .: : : : :/∧.: .: .: .: : :}/: : : ¨¨¨7´.:|::::l:::::::::|  ふん……まあいいのです。
.             \: : : ://  V: : : : : : }.: .: .: .: :/ .::::|::::::::::::i:|
                |ー'′   .∨.:/.: : : : : : : : :/7ー‐ミ、::::从
             __|      ∨.: .: .: : : : : :/: {:i:i:i:i:i:i:i\{
            /:i:i:i:|     __\: : : : : :/: : :\:i:i:i:i:i:i:i:\
            /:i:i:i:i:/Y´ ̄ 三三_,`ー‐<::i:| : : : : :\:i:i:i:i:i:i:i:\
         ∧:i:i:i/.: .: : : ̄/ ̄ ̄|.: .: .: .:|:::::::l:| : : : : : : :丶:i:i:i:i:i:i:i:i\
         }/: : : : : : : :/     .|.: .: .: .:|:::::::l:|.: .: .: .: .: : : :\:i:i:i:i:i:i/
         < : : : : : : : : /      |.: .: .: .:|::::::从.: .: : : : : : : : : :\:i:i/
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 一歩、足を踏み入れれば、途端に降ってくる……というより、
| 振りかぶるようにやや下方向から聞こえる、毒を含んだ声。
| 今日も今日とて、童女店長ダリアンの毒舌は絶好調のようだ。その可愛らしいとも言える反応を、
| 穏やかに笑って受け流せば、ダリアンも適当なところで口をつぐむ。
┗───────────────────────────────────────┛
4987 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/10/21(土) 15:17:40.81 ID:S9SjAZRk
            /:::::::::::/::::/:::/\/::/}:::::::/:::::::|:::::'!:::::',
        /:::::::::_/::::/ イ≧ュ、/ヽ ':::::/ }:,'::::!:|i::| |_,ハ
         ':::::::,ィ |::./イ 比i狩   /::::/ ,ィ∧:|:i::::| |:::::|
       /:::::::::{ {/ |  込)ソ  // ィrxォ、|/:}::::| |:::::|                       それで……まあ大体予想はつきますが、
        /:::::::::::乂_|i |      /   ム孑イ|!:/::/iリ::::/                    今日は何の用で来たのですか、クロスケ > ダリアン
       ,:::::::::::::_从 |_         , ゞ゚' /|/::/ /}::/
        ,::::::::::::///////rヽ   、 _    /{/{/   i/
      /::::::::::::{////// i!/ト、      ィ{:::::|   '  多分、その予想通りの要件だ。
     ,::::::::::::,∧//////|/{  {`¨´/\∧|:::!{
     /:,.ィ7/// \////|/|  |//////}/l{::::|:::.     昨日言ってた、遺跡の情報について。
.   ///////ヽ///>- '/\ }\// // i::::|:::::.
   {////////∧//////// \: :∨/ {/ム::{::::::.                              ああ、やはりその件でしたか > ダリアン
   |///////// }//////////}r‐r\///}::|/}::|
   |///////// |//////////|{ Y、  `ヽ|::!/|::
   |///////// |//////////| 、_ノ   /j!{/j!:::.
   //////////∧/////////i| / \__/}/リ/|:::::.
  {////////////}/////////|'      |/ |/{::::::.
  |////////////|/////////|   l   |/ |/ム::::|
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| ……先程の物言い、クーデリア辺りがいれば、姦しく騒がしい言い合いにでも
| 発展しそうなところだが、幸いにも今日の客はシャナ一人だ。
| ダリアンに問われるまま、今日の来店理由を告げれば、やはりそうかと彼女は頷く。

| 明日には報告を上げられると思う。
| 昨日発掘品をさばきにやってきた時、他でもないダリアンが言った言葉だ。
┗───────────────────────────────────────┛
4988 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/10/21(土) 15:21:47.32 ID:UCrJFQNN
            _
         ,.ィi〔::_≧x  __
         '´     ';:::!´      `   、
           ィ ´ }/_   _     \-s。     私もまだ詳しくは聞いてはいませんが……
         .ィi〔i:/ ォ'´::::≧=≦、_、     ヽ_:i:i≧s。
       ‘,:i:i://::::::::::{::::::::\::::::`ヽ     Y:i:i:i:i:i:/ 丁度今、ボンクラはうちの倉庫にいるのです。
          ヽ.'´::::::::::|:::‘,:::::::::::‘,、::∨‘,ゝ_  ,}∨:ir'
         .':::::::::{:::i|ヽ_:\::::::::|_}:::ハ:::}:::ゝ, ヽ∨                                    ……ボンクラ? > シャナ
         , イ::::::‘,::{:::i!´ \::ヽ::::| Ⅳ ヽ|:::::::{_, Y!     イエス
       /' |::!:::::‘,∨ヽ  `ヽハ:{x笊㍉|:::::::::::}_ノ:{    是。クロスケの代わりに調査をさせていた、
       }! /::ハ:::{::::‘,笊㍉     r' :り|:::::::::::|从ヽ
        ヾ.':::' }\、::ヽ vり     `¨,,, |:::::::::::|Yノヽ)   店にいるより、遊び歩いている方が多いロクデナシなのです。
        .'::::{ j!::::::}ハ`..   、      '|:::::::::::|:|!:::|!|
      .':::::{ /::::::/::::介s。   、  .ィ, 、|:::::::::::|:o:::o|     まあもう少しすれば勝手に来ますから、適当に棚でも眺めているといいのです。
      .':::::::{.'::::::/:/:::|:::_r-≧≦-.'=.ァ|:::::::::::|_::::::::!
     .':::::::::!:::::/:´:::::::::!:|三三Y:三三:j!:::::::::::i: : : :≧: .、                            ……なんというか、まあ > シャナ
     .j!:::::::;'::::;'::::::::::::>:{r;!}三i{三三 j!::::::::::::' :, : : ´: :/                                                        ガチャリ
      .j!::::::;'/:::::::::::/  {r;!}` ーー‐イj!:::::::::;': : : : : : :/                                           ひどいな、ダリアン >
     j!::::/::::::::::::::::::}   Yニニニrニニヽ,'::::::::/: : /: : イ
      j!::/::::::::::::::::::_>:≦|ニニ 「ニニニ/:::::::/: : /: : : : :‘   ……ああ、噂をすれば。
    j!:/:::::::::::::::::∧.::. .: :.|ニニ }.ニニ .':::::::/ ヽ: :` : : 、: ‘,
    j!/::::::::::::::::::/::∧ヽ: {r;!}ニ.{ニニ./::::::/: :./‘:,: : : : : : :‘,
    /::::::::::::::::::::::::::::::/: ‘{r;!}i:i:i:i:}〈/:::::;イ: : : : :∧: : : : : : ‘,
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 早速だが報告を聞かせてもらおうかと【フジノミヤ図書遺構】について声をかければ、
| どうやら調査を頼んだ手足……ダリアン曰くボンクラだかロクデナシだかが、
| タイミングよく店の奥にいるようだ。
| ……そんな話をする間に、カウンターの奥にある扉が開いて、声が聞こえた。
┗───────────────────────────────────────┛
4989 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/10/21(土) 15:26:03.94 ID:gtyrcbnV

              イ // // / /リ/  /从
               ハイヘリ      、  iリ
                  リ∧_ト、       /     一応、外に出て商品をさばいたり送り届けたり、
                 从| \   ー‐ /
                 ∧   > __/       掘り出し物を見付けてきたりもしているんだが……
                ./    ` 、  ト、
            .__ . イ//∧::::::::::::::::::/;;ヘ::ヽ、、                               誰も頼んでいないのに、
        / ̄`ヽ////////ハ、:::::::::::/;;;;;;;;}::j///{::::ヽ                遺跡でチャンバラもやっているようですが? > ダリアン
        .i::::::::::::::::::∨//////∧\/\ハV////,:::::::i
       l:::::::::::::::::::: }'///////∧::::::::::: i;;;;;;',::∨//,:::: |  それを言われると、少し耳が痛いな。
      .l::::::::::::::::::::::j'////////∧::::::::::|;;;;;;;;',::∨'/,:::::!
     ..l::::::::::::::::::::::ハ/////////∧:::::::|;;;;;;;;;;i::i///,:::j
     .l::::::::::::::::::: /////////////\::|;;;;;;;;;;|::}///j,/   で、ダリアン。そっちの子は?
     l:::::::::::::::::::::}///////////////\;;;;;;;;|////,′                         クライアント
     ,::::::::::::::::::::::i/////////////////,\////イ                      先日の依頼人の、クロスケなのです > ダリアン
     .′ :.:::::::::::::::|'/////////////////,O}'///|
     .′ :::::::::::::::::::ハ//////////////////∧//{|    なるほど。
    ′::::::::.::::::::::: ′V////////////////,|///,||
   , ::::::::::::::::.:::::::::′ l ////////////////|///,!ハ
   i:::::::::::::::::::.  :}   |///////////////Oj'///j:::ヽ
  l:::::::::::::::::   :.,′   \//////////////〈///∧:::::|
.. .l:::::::::::::::::  ′   / ̄ ̄ ̄//////////,〉/「 ̄ヘ::|
. .l::::::::::::::::::   i     7ァァr─′///////O|///ー=∧!
  | ::::::::::::::::   l     /////////////////,j'//////∧
  |:::::::::::::::  .'   //////////////////ハ//////ハ
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 開いた扉から、姿を現したのは一人の男。
| どこぞの警部補のように規格外ではないが、高い身長の、金髪の青年だ。
| ……店内にいるのがダリアンやシャナといった低身長組なものだから、なおさらそう見える。
| 落ち着いた物腰の彼は、しばしダリアンと言葉を交わしてから、こちらに向き直る。
┗───────────────────────────────────────┛
4990 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/10/21(土) 15:27:08.42 ID:DusY+3pX
ロリじゃないだと!?
4991 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/10/21(土) 15:30:15.46 ID:sn0EYp6g
.                  ,           。.  、
                /     --- ヾ  ヽ .\ }ヽ
               ノ   /      --  ヽ )   y ノ
             -≦  -=ノ   /    ノ ;ヽ  " 、
              ノ ノ__.., ´     ,    .}  ヽ 。
             /ノj  / ハ ,   __>´   .}  } ヽ }    はじめまして。
.             ′ ソi /ヘ イ 乂"\ノ´}   1  }  } l
              / i '、:| / レ 仆卞  ノ ノ___} , ;  , l   ええと……ダリアンのことだから、クロスケっていうのは、
                レヽ   ´ゞ=ソ  ̄ rt-ァ; i  ∧|
                } ノ:}         〈ィ;’ iノ.|/  ′                              まあ、あだ名です。
        ,.:.ヽ __..,:.:ヽヽ(ソ ::、       '  /″                         スカベンジャーの、衛宮遮那です > シャナ
       ノ:.:.:.:.:.:..:.:\:.:.:\ヘヘ..丶  `  ー
     , -----、ヘ、:.:\ ´ `ヽ" ;:..、  <              ああ、やっぱり。
   /     \\\\::{ { :´ `:}==rr 、_冫ヘ  __
 ./    /   \\\ )、、 ノ,_.|.|o  ii:.:.:.}:.´:.:ヽ           僕はダリアンと同じく、この『ディスワード』で働く……
     /      \\/:.}-=- ':.:.ー>  ⌒ ヽ、:.:.:.}
|    {          |:.:.:.| ⌒|:.:.:/       ヽ:.:/\              ボンクラなのです。お前もそう呼ぶといいのですよ、クロスケ > ダリアン
| *  |          }:.:.:.:|--.|/ ー―― 冫- " 丶\|\
| ry  |          ,、:.:.:|  .|7ミ: > 、 シ ^丶〈  〉 /\|\   ……ほんとにひどいな、ダリアン。
___|____/ `ヽ   ノ:::::>ヘ⌒|  /:.:.:.:.:.:.:.:.| {==} ,ー=ヘ》 /\|ヽ、
}__|____ ,∧/::::::彡ノ |  | / \:.:.:.:.:.:.| |  ゝ)::ヽ ヽ/ .:/` ヽ
{   |     ∨:::::::::::::彡ノ,ノ.|  |'  ,.' \:.:.:| =-- ’|:.:.iヽ .{` ´    }
トー―|―― ∨::::}::彡 ノ ノ |  .| ,     `゙    ´  ヽ ヽ     .|
(___|_  ∨\/ ノ ノ ./|  .|             ヽ ヽ     i
{彡{{ヾ、:.:.:.∨\∨`; ゙ y⌒ヘヘ|  .|ヽ、            .|  }    ノ
.|X||:.:.:.:.:.:.:.:-=ゝ⌒ , ^ヽヘ/丶  |tj \          /\/\ /
.|X}}:.:> ´:.:.x゙ シ_、冫 冫、冫-ミ__| ヽ、       , :::::::}\ ∨
.X/:.:.:.:.:.:.:.(_ - ´  ヽ ヽ ヽ ):::{   `ヽ、      /|⌒゙}\`i
|-= ´xXX/   / ̄ \_ト,_|`_{` \   \     / .{⌒|_\7
|:\><><>\    / ̄ ̄| |  |´ \.    \   〈 .>:.:.:ヽ.}-、
|==== ,_\ .///\\ } .{ / ./\    ゝ  ./_\彡⌒ヾヽ
 ー――― ¨ ヽ / t―/ | .| \ヽ.\\ /\/::} :i|/ ̄ヽ、,
           ヽ ヽ +-, __  二 ̄| ゝヽ \:::::/`t-'  | /\
           ハ j  :.  | .|   ̄//ヽ  \ `´ /tjー='| /⌒\ゝ
         /  。 j ヽヽ._.〉 〈 彡/j /  \  `: ´   |l ___.|、/ ̄~\ゝ
        /    | |  \  /  | .l     ヽ /` ̄¨丶  ヽ::::/ ̄¨7ヽ
  ※ 心の綺麗な人には鎧甲冑でなく普通の服着たボンクラさんが見えます。
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 一つ礼をして、挨拶と共に握手を求めるように差し出される右腕。
| ダリアンに邪魔をされて、名乗りすら満足に上げられていない仮称ボンクラ氏は、
| 育ちの良さそうな顔には困ったような穏やかな笑みを浮かべて、
| シャナに対する挨拶も、ダリアンをたしなめる姿も、とても柔らかな物腰の青年だ。……が。
┗───────────────────────────────────────┛
4992 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/10/21(土) 15:32:40.24 ID:GIQrwOAs
とても強そうだな
4993 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/10/21(土) 15:32:49.91 ID:ADd89lOC
誰かと思ったらプロトアーサー?
4994 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/10/21(土) 15:33:57.11 ID:YmwOH38C
イエス、プロトセイバーさん。
(選考理由:『英国関係の優男』で思い付いたのがこの人だった)
4995 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/10/21(土) 15:34:42.89 ID:IkG6svk5
:::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::\::::\::::\::::::::::\::::::::\
::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::|:::::.:::::::::ヽ:::::ヽ:::::ヽ:::::::::::::\::::::::ヽ
::::'::::::'::::::::::::::::::::::::::::|i::::|::::::::::::∨:::::∨:::∨\:::::::::ヽ、:::::',
/::::/::::::::::/::::::::::::::::::':::::|i:::::::::::::|、:::::::!:::::::}、:::::\::::::::.\::} ……で、結局なんと呼べば?
::::::'::::::::::/:::::::/:::::::/:::::.::::::::::::::::|::ヽ:::!.ヽ./::::、:::::\::::. ヾ
::/:::::::::/::::::::/:::::::/:::::::::|::::::::::::::|:::::マ{/::::|::::::ヽ:::::::ヽ.ム                             ……今日の所はボンクラで頼むよ。
:':::::::::::|:::::::::':::::::/i|:::::::∧:::::::::::::':::::,イ|:__ヽ}、::::::::.::::::::|:マ}                     ダリアンが悪ふざけをして、やめてくれなさそうだ > 青年
|i:::::::::!i:::::::,|::::::/ |::::/  ∨:::::/:::/ }/斥ヽァ∨:::::.::::::|::}|
|:::::::::,!ー /|-/― }/ー '  |:::::'.   ,イr ,ら i} ∧::::|:::::!:/    はあ……
|:::::::/!::::/ ,.ィテ笊芯ヽ |::/    比刈  ハ|::/:::::|
|:::::::'::|::/ ,イ/ 忙_-、ら  j/      込ソ ::::::|ハ:::::;'                    誰が悪ふざけをしているというのですか、このボンクラ > ダリアン
|::::/::::{ハ Y  比し'刈  /           {:::::| .∨
{Ⅵ:::::::::{    込_z斗       、       |::::::.       (上流階級に紛れる物腰、それにうまく隠してるけど……)
|::::::::::::::|                     人:::::i
ム::::::::::::::.. u          ,. v   /  :.::::::.         (視線の配り方、行動の端々に見える無駄と隙の無さはどう見てもボンクラじゃない)
,∧::::::::::::ム                イ___|_::i
i/∧:::::::::::::', ̄ ̄\      //////////|:ヽ     (少し、皇国正規軍の訓練の跡も見えるな……)
///::.::::::::::::.∨/////| ̄ 7  - '///////////i!::::.\
///∧:::::::::::::∨////|   ト、//////////////|:::::::::::.ヽ
////∧:::::::::::::∨///|  |: :\/////////// /\::::::::::::.\
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| ボンクラと呼ぶことになったこの青年、ダリアンが遺跡の調査を頼んだ相手であり、
| 更にその所作を自分で見てみれば、決してただの穏やかな青年ではないことが見て取れる。
| ダリアンのチャンバラという言もあるし、結構な使い手のようだ。
| 行動には端々には、軍人らしい合理的で無駄のない動きも見えた。
┗───────────────────────────────────────┛
4999 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/10/21(土) 15:42:06.30 ID:/9Um30T/
                   __
           ,イ´ 。s< ,      ≧x /\
           {:!Y_ >:::¨Y 、     ;'_)::}\:i:i{
            >::´::::::::::::::`≧x‘   ‘ヽ/:i:i:i\ヽ
            }:::{:::::::::‘:,ヽ::::::ゝ、    _ノ!:´:i:i:i:i::i:{    ともあれ、お互い自己紹介は済んだのです。
           .':::::!、::::::::|‘,:!\::::八_  _):∨:i:i:i:i‘,ム
            !::::::|_ヽ:::::|´}' ̄ ヽ:::::::} `ヽ::}:i:i:i:i:i::}ム   さっさとクロスケに遺跡について報告をするのです。
              jハ:ハ `ヽ:l  イ笊芋:/、  「、ゝ-:ri:´‘,ム
              ∧::::芹! }    ゝ '|::}!:::::Y´::}!::::::l:i:i:i:i:{´   私もまだすべては聞いていないのですから、フォローもしませんよ。
            ∧{:バ 、     /';:::ゝ:r'`r::'::::::::}/i!´
              ヽ|ヽ  、   /:::::::/}!::}!::::::::::::::::::|                  わかってるよダリアン。それじゃあシャナ、でいいかな? > ボンクラ
                    |:::::≧- イ,:::::/:::o':o:::::::::::::::: |
                    |:/´: :≧s。/::::::::/:::::::::::::::::::::: |                            呼び方は自由に。なんならクロスケでも > シャナ
                    |:!: : :ヽ: : : ヽ¨ ´j!::::::::::::::::::::::::|
                    |ハ: : : : \ : ‘:,`j!:::::::::::::::::::::::::l                                        いや、それはやめておくよ > ボンクラ
                    |ノ、: : : : : :ヽ : Y:::::::::::::::::::::::::::i
                    |〉: :\: : : :./ : :|:::|::::::::::::::::::::::::|    いいからさっさと話を進めるのです、このボンクラ。
              /: : : : : : : :∧: : |:::|::::::::::::::::::::::::'
                 /: : : : : : : : :{:.:.:.:/|:::|:::::::::::::::::::::::::',
             ヽ: : : : : : : : { : /:i:|:::|::::::::::::::::::::::::::',
              У: : : : :イ`ヽ}:i:i!:::l:::::::::::::::::::::::::::',
                 /: : :。s≦:i≧s。i!:::|::::::::::::::::::::::::::::',ヽ
             /: : 「:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i!:::::::::::::::::::::::::::::::::‘,:i:i〉
             , : : : ∨:i:i:i:i:i:i:i:i-:、i!::::::::::::::::::::::::::::::::::‘,/
            ,': : : : :.∨:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i|::::::::::::::::::::::::::::::::::::‘
            ,': : : : : : :ヽ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::‘
           ,': : : : : : : :ハ:i:i:i:i/:イ|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::‘
              ; : : : : : : : :|└≦:アi:i:i:|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::‘
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| ……まあこの店の主であるダリアンに急かされていることだし、
| 彼の出自について問うのは後に回しておくとしよう。
| ダリアン自身まだ青年から聞いていないという話を、数度に渡って毒を吐かれる様を眺めつつ、
| 一緒になって拝聴する。
┗───────────────────────────────────────┛
5000 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/10/21(土) 15:49:23.61 ID:QA0RwjuQ
    _____
      ヽ`ヽ
, -= ¨ ̄⌒} ' ⌒ ` ヽ 、
               > 、    さて、それじゃあ……確か、【フジノミヤ図書遺構】の、
  ,          \  ヽ,_..≧=-
 ,         ヽ  、\  ヽ    地下にある隠し書架について、だったね。
,   /        ヽ ヽ. ヽ  。
  ./         .}  .ハ  ヽ  .}                        ええ、見取り図のデータに、隠し階段が載ってました > シャナ
  ,'   ノ   }    .}  ノ_,>  ヽ }
 , / ,.'  ; ハ   ハ.>≪`}  .} .{  残念ながら、それは使えない。
  /  ,  /} ノ .}  ノ .レィ斗 》i  i乂
. v ノ_ セ-レ= } , '  ′乂ソ | ノV   地下水がしみ出したのか、それとも水道とつながりでもしたのか……
/// /_,,ィt7个″     ` .|'). ′
八/ ´:| ’ ゞY_リ     、    }      階段はあったんだけど、途中から浸水してしまっていてね。
 ,(ヽ、}、 `¨      '
.人シ 、≧      ___ ノ                                                         ……む > ダリアン
彡⌒う 、`> .._       /....、                                                     それは…… > シャナ
:.:.:.:.:.:.:シ⌒ヾヽ  - ::........::::{:.:.,,:.\-=、.., -ー- .、
ヽ:.:::::::て__ヽ >`"ヽノ)ヘ彡ヘ∠):.:.:.:.ヽ |--ト    ヽ   ダイビングスーツとか用意して潜ってみたけど、
:.:.:.:k 、//-y__, ;  ,    ヽ>:.:.:.:.| |` |`ヽヽ,   ヽ
:.:.:.:.:.:.\  \゙´` " yヘノヽ)´ ノ:.:.:.:.i.| |  ヽヽ   , 扉は閉まっていて、水中で開けるのは
:.:.:.:.:.:.:.:.:.\_  | \ ヽo _..ノイ:.:.:.:.:.i |    ヽヽ  i
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:´\_`ー= ヘ ` ヽ 、:.:Y     ヽ ;  .i  いろいろな意味で現実的ではないね。
:.:.:.:.:ヾ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:≫´   )    ヽノ      ; ;  i
=..__:.:.:.:ヾ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./    .(   /_ `i:..  ,、_;_;_ヽ
/  ` - .:.:.:.:.:.:.:.| ___,  <   _}:.:.、 i ゙  ; ; l
        |ヽ` ={  __/¨ --:.:.ヽヽ:.´、o .i_i_..,t
    |ヽ  |:.:.,  }__..../:.|i__ソ}:.:.:.:.:ヽヽ:.:-  ; ;  |
__ -’ o\;、:.:.∨:./  /:.:.:.:.:.:.| } ロ.} 、:.:.:.:.,,回ヽo__;_;_|
      |::::::ヽ:.:.:.:.ノ  ノ:.:.:.:.:.:.:| }¨ } ).:.:.:./\_jo__;_;_|
――― o1:::::://\》丶>___:.| -== ´ ̄    |:::::::::::|
     _/:::::// /`ミイ               .|::::::::::i
―― ¨ |:::::// /  /                |::::::::::}
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| そうして始まる、青年の語り。
| まずは渡された見取り図の通り、隠し階段を下りて行ってみたそうだが……
| 生憎、地下につながる階段は途中で浸水、水没の憂き目にあっているそうだ。
| その水底にある扉は閉め切られていて……開く手段はともかくとして、
| 扉を開いたり、あるいは穴をあけたところで、それでは仮に中が無事であっても、
| たちまち大量の水が書架に流れ込むことになる。……そんなことになれば、本はおじゃんだ。
┗───────────────────────────────────────┛
5001 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/10/21(土) 15:57:50.89 ID:G+v9e3rC
                \ 、
               、   ヽ `ヘ      ㍉、
       ____    _\=--ヽ  `ヘ、    、 ヽ
        >  ̄ ̄ ̄  ̄        `ヽ.  ヽ、ミ、
     ,ー=二                 \  s .j
     ´  /                    \ } .l   とまあ、ここで終わってしまったら、
    _ -´                 _______   | j /
__>'"          ̄======ニニ二二 `ヽ! /    子供のお使いだボンクラだと、またダリアンに怒られてしまうし……
--―ゥ   r _______,      /   - __ ヘ   x´ ¨゙\
  ./    `ヽ 、       /  /  ̄    `   r、、                               当然なのです。そもそも、
 ノィ      . イ     / /            j }   ',              侵入口は見付けたと言っていたではないですか > ダリアン
  ハ    /      / /
  .ハ              ハ                  ’ ああ、だから……非常口とでもいうのかな、
  ハ  // 7 /      / .l    /             ’
   |  / // 7   \  /  !   イキ            、 { 図書館の外の方でも同じような地下に続く階段を見付けたよ。
   | / /  /   /  `X.,, / / /      イヘ      ∧|
   |∧{ .{ //| / 、_ /≧zz_"  /  7   /  Ⅳ    / ||  そっちの方は浸水もなく、書架も無事だ。
    | 、ヽ  ( l / | ヾ  |:::|il|::卞、///  /斗--.l  /  /  .!|
    ,V!\ヽ、}l  |/  之:::::ソ / / / / {:|il|:/ ./ /   リ   見取り図に追記したデータをダリアンに渡してあるから、
   /rミj /`、,、      `  ̄   //  / ,'セツ/ //_
\ .∧ヾミ},、  ヘ          /    !   ̄//   \      後で受け取ってくれ。
:::::Y::::ヘヘミ j、   ∧             {    /:::\   ∧
:::::::∧:::ヘヘミ≦              /   /:::::::::::l== ヘ∧                    ありがとうございます……ボンクラさん > シャナ
::::::::::ハ::::::ヘヘミⅣ   ∧    、____   /::::::::::::::l    ヘ入
:::::::::::::∧:::::::ヘヘⅧ芯r=、\          /:::::::::::::::::::l      ト、  ……締まらないな、その呼び名。
:::::::::::::::::ハ:::::::::::へュ_r-v、ニ=\     ィ ´:::::::::::::::::::::/      j 7
::::::::::::::::::::∧::::::::::::/ r ―― r´` ー ´:::::::::::::::::::::::::::::/      / ./
:::::::::::::::::::::::::ハミ //_____ノj - ≦:::::::::::::::::::::::::::::/      / /
::::::::::::::::::::::::::∧こ二--≧ ´     \,、::::::::::::::/      / /
::::::::::::::::::::::::::::::::ハ_r ´          .|:::::::f ´     _/ /
:::::::::::::::::::::::f ´          /    |:::::::}     叭__...。/  ∧
=======、/   \       ((    _|::::::l   ./:::::::::::::¨¨゙ヽx
:::::::::::::::::::/     \      ` )) ==/::::::|___/::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::\     ___r-´   ノ ___/..ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
:::::::::::::::::::::::::\             //rミ .!|::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| まあとはいえ、一日がかりの……少なくとも、昨日ディスワードにシャナ達が来たとき、
| まだ帰還していない程度には時間をかけた調査に出ていたのだ。
| 侵入口が駄目でしたで話が終わるわけもなく、どうやら代わりに、
| 別の隠し階段を見付けてくれていたようだ。
| ……役に立たない見取り図を渡しただけでここまでしてもらえるとは、有り難い話だ。
┗───────────────────────────────────────┛
5003 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/10/21(土) 16:07:01.58 ID:PTWHQZma
             r‐‐‐-、────────‐-.<
             ∠>. 、: : :.`:`:ヽ:、: : : : : : : : : : : : : : : :>..、
         .  ∠: : : : : : : :>、___∠'三三三三三三三三三/
     .      ∠: : : : : : : : : : :/ //´`ゝ--'ヽ、    ヽ::\
         ∠: : : : : : : : : : : / //:::::::::::::::::::::::::ゝ-イ   Y::::\
       .∠: : : : : : : : : : : :./ //:::::::::::::::::::::::::::::::::人   ',:::::/ 書架は無事とは言いますが、
      ∠: : : : : : : : : : : : :/ //:::::::::::::::::::ハ::::::ハ:::::::::::`|  ',/  
      ヘ: : : : : : : : : : : : / //、Y::::::::::::::::ハ:::l'"',::::::::::::ヘ .',   具体的な状況はどうだったのですか?
       ヘ: : : : : : : : : :./ //__、.Y::::::::::::::l'"リ__',::l::::::::::|| .ヘ  
        ヘ: : : : : : : :/ //.//ハ`リヽ::::ハ|ィ''li//ハ,' :::::::::||Y、〉      そこまで手を出すのは無粋だよ、ダリアン。でもまあ遠目に見た限りだと、
         ヘ: : : : : / //人_.ソ_  ヽ!  人_.ソ::: :::::: ||:}}}:|          棚にはちゃんと本の背表紙らしきものも、全部ではないけど見えた > ボンクラ
          ヘ: : :./ //::|、、、         、、、ノイ::::::::::::ヘノノ:|
           |ヘ:./--':::::ヘ     `       .|:::::::::|::::::{{:}}|   よくやったのです、クロスケ、ボンクラ。
          ,::::::::::::ハ::::::::\     ´ `   ∠ ::::::: |\::ヾ:|',
         ,::::::::::::/ハ::::::::::/>      <ヽ}:::::::::::|,,: :>.、:',   約束通り本を持って来れば高値で買ってやりますので、
         ,::::::::::イ .ノ |:::::::ハヽ、:::::::`::::´ィ´//::::::ハ::ゝ--'":::>
        ,:::/:::/ 人  |:|ヽ::::',ィ:::``-}}-'"´:::ヽ::::::/: :``‐‐'"´: ィ  積極的に探索することを進めるのです。是非に。
       ///:/ヽ、_ヽ__ノノィ}:::::lヽ、:::::__::>/::::/: :__,>-'"´:/:',
      ノ ,::/|:::::ヽ、//: : :ヽ:::',r────‐:::::/>--、: : : : /::::::',                                           あ、うん > シャナ
        /...|::::::::/∨``": :.}:::::',|────|::/'´: : : : : :〉:.ノ--、:::',
       .// ̄..(>{: : : : : }:ノ:::',: : : : : : :..:.|/: : : : : : : }、_    ``ヽ、
       /ィ ̄ ̄ ヽ人: : :ノ: ∧:::',: : : : : : : /::{: ソ: : :ノヽ ``──''"/、
       ヽ、    /: : : :/: : .: : ',:::〉、: : : :/|:::{: : : :|: : : : :ヽ     /}:::}
       /::\  {: : : : :|: : : : : :}:::}: : `´: l: }::::{: :..:.:|: : : : : :Y   /.ノ::ノ
       /:::::ハ:ヘ |: : : :..:|: : : : :/:::ハ: : : : :/{::::::ヘ: :..:|: : : : : :.l  .Y  '´
      ノ }::/ {:::::ヽヽ: :.:.∧: : :/:::/: :{: : : :.|: {、:::::::ヽ:.|: : : : : /ヽ、_|
    Y´ 丿'  ヽ::/: ヽ/: :ヘ:/:::/: : :ヘ: : :..|.人ヽ:::::::ヘ: : :/ヽ、__
   _,ゝ-‐'"´/ ̄`/、: : l: : : : ):::l: : : :/: : /: : :ヽ:Y::::::Y: : : : : : : :
  /: : : : /: : ./: :\: >'(::::ヘ:/: :.∨: : : : : : .{: : : {: : : : : :
 ./: : : : /: : ./: : : \:<:`ヽ、_: : : |: : : >'": : \:ヘ: : : :
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| とまあ以上の通り、ダリアンが元々噂話として持ってきた、図書遺構の地下書架……
| その存在はシャナの手を経てボンクラ呼ばわりされる青年の手に渡り、確立された。
| 電子データでさえ嬉々として買取、紙媒体であれば雑誌・カタログでさえ高値を付ける、
|ビブリオマニア
| 蒐書家の彼女のことだ。探索してみれば、現金収入には期待できるだろう。
┗───────────────────────────────────────┛


   ▼ ショートクエスト【フジノミヤ図書遺構-深層を獲得しました。

5004 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/10/21(土) 16:07:37.14 ID:PTWHQZma
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 【クエスト】

 【名称】 フジノミヤ図書遺構-深層 五級指定

 【探索条件】 等級の他に規定なし

 【報酬】 金銭(中~大)   【同行者】 虎鉄&チンク

 【解説】
  旧文明のおける図書館の遺跡……その地下にある隠し書架。
  紙の書籍があればダリアンが高く買い取ると言っているし、
  保存状態次第だが現金収入が期待できるだろう。

  秘匿領域となれば、警備システムも上位のものが残っているかもしれないし、
  あるいはミュータントが巣を作っているかもしれない……
  状況は不明瞭だが、五級遺跡と侮るのはやめて、慎重に行こう。

 【備考】
  複数回クエスト(一度クリアしてもクエストが消滅しない)
  保有しているPDAやソフト次第で成果に変化が……?

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
5005 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/10/21(土) 16:17:21.22 ID:K0K46KFR
         /::::::::::::::::'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\::::::::::::ヽ::::::::::: \
      /:::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::∨ ̄ __,.ヽ\
        '/}_:::::::::/::::::::::::::::::: |::::::::::::::::|:::::::::::::::∨ ̄__|..:::ヽ::::::::ヽ:::.        クロスケの絡みは、中々いい成果を引っ提げてくるのです。
      {  ,_ ̄/ ̄  _:::::::|::::::::::::::::|__ ̄_},.ィ::: |:::::::::',:::::::,::::.                        今後も頼りにしているのですよ > ダリアン
       |:::::::::::::'::::/:::::::::/  ̄| ̄_ ̄|_l:::::::::: |::|!:::::|:::::::::::|}:::::::|,:::}
       |::::::::::::|::/!:::::::: |::::::/}:::::::/;:::: |:::::i::::::::::::}::|!:::::}ヽ:::::::|!:::::::|マ:| それはどうも。
       |::::::::::::i/::|::::::::::|:::://:::ト、/:::/|:::/::::::::::/イ}:::/_ マ:::::i:|::::::; リ
       |::::::i::::::::: |::::::::::Ⅳ/:::/ }:\_,}/ |:::::::/ }/ィチヽ〉|:::/::|::::/   こっちも、ダリアンには世話になってる。
       }::::::|:::::,.ィ|::::::::: |/ィチ笊ミ、 /  ;::::/ ´ヒ刈  /:イ::/}:/
      ,::::::::|:::::{ (,!::::::::::圦 比J刈    /::/   込'   ':::::/ /                 折角です、他にも欲しい物資や話したいことなど、
     /::::::::|:::::乂|:::::::::::|  込)_ソ   / '         }::/|                             あるなら聞いていくといいのです > ダリアン
     ,:::::::::: | ::::::: |:::::::::::|              、      八::!
    /:::::::::: |::::::::: { :::::::::|\              イヽ:::|     まあ確かに、店に来て商品をまるで気にしないのも、な……
    , :::::::::::: |:::::::_八::::::: | } >       ´   イ::::::|//∧
   ,::::::::::::イ´ ̄///}::::::{ |    `    _...イ: .:|:::::::|////:.
.  {:::::::::::{////////|::::::|: \        /   j: : |:::::::| ////!
   |::::::::://///////|::::::{\: :\     _,..ィ/: : :|::::::リ'////;
   |:::::://////////|::::::|//\: :.\イ  ̄ ∨: : : :!::::/{/////
   |::::::{//////////!:::::|////ヽ: : \   }: : : : :|::/ !///{
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| とまれ、気にしていた図書遺構の話は無事に聞けた……それも、
| 儲け話になりそうだという上々の内容で。
| ダリアンには他に訊きたいことや、注文したいものはないかと訊かれたが……
| さて、折角故買屋にいるのだ。前回の軍用多目的グラスよろしく、
| 何か欲しいものがないかも含めて考えてみよう。
┗───────────────────────────────────────┛


   ▼ 自由安価 ↓15分間(16:32まで)

      ダリアンやボンクラさんと話したいこと、戻ってから愛歌に言いたいことなど自由記述。
      また、ダリアンにこういう商品は置いていないかと訊いてみるのもいいでしょう(例:軍用多目的グラス)
      質問、延長希望等あれば受け付けます。

5006 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/10/21(土) 16:31:03.38 ID:ujtViC/c
ここは武器以外の注文でいいんだっけ?

本家のSfが使ってた猫耳型センサー 電に
愛歌にでかいナス(抱き枕)作れるか売ってるか質問
ダリアンにオススメの本やスカベンジに役立ちそうな本などあったら紹介してほしい。
ボンクラにソロで活動しているんですか? 剣を使うのなら、よろしければ模擬戦などしませんか? と誘ってみる。

クーちゃん用に何かないかな?(強化アイテムとか思いつかなかった)
5007 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/10/21(土) 16:34:41.15 ID:3y3MiFJG
ちょい回答やるので時間延長ー(16:38まで)
……しかし安価少ないな!


>愛歌にでかいナス(抱き枕)作れるか売ってるか質問
すまない、今日は愛歌ちゃんバイトに来てないんだ……すまない。

【回答】
Q:ここは武器以外の注文でいいんだっけ?
A:武器含めて、大抵の注文はOK。
   ただし人間用の武器なら官営武具店で頼んだ方が安上がりな可能性大。
5008 : 5006 [sage] 2017/10/21(土) 16:37:04.11 ID:ujtViC/c
了解です。質問しといて申し訳ないですが、お迎え要請されたので出てきます。いってきます
5009 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/10/21(土) 16:43:45.64 ID:9r8ijsSp
                                    /⌒≧=‐- 、 、
                                      \\
                       -:.:.:.¨¨  ̄ ̄:.:.:.``丶       }:.:.ヽ
                        /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.丶 __ノ:.:.ノ
                   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\ ̄
                  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ    じゃあダリアン、いくつか商品、
                     //:.:./:.:.:.:.:/:.:.:/:.:/:.:/:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∧
                /:.:.:/:.:.:.:.:/:.:.:/:.:/// /:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.: ',:.:.:.∧   在庫や取り寄せができないか訊いていい?
                /:.:.:.:./:.:.:.:.:/:.:.:/:./ // /:.:.:.:.:.:./:.:.l:.:.:.:.:.:.',:.:.:l∧                      イエス
                /イ:.:.:.:.:/:.:.:.:./:.: /.:,ィ芋ミx、 //:.:.:.:.:./ トx:.:.:.:.:.:.:l:.:.:| :.                   是。言うだけならタダなのです > ダリアン
           ///:.:.:.:./:.//:.// 《 {::J:::リヾ /:.:.:.://zz/ |:.:.:.:.:.:.:l:.:.:| |:|
            // /:.:.:.:./ ':.: /:.:.:. /   V__ン  /:.://}てハ抃:.:.:.:.:./:.:.:.| l/  なら遠慮なく……
       //  /:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.∧      __彡' / ヒ_ソ ノ》:.:.:.:/:.:.:|:.|
       //    /:.:.:.:./:.:.:/:.:.:.:./、__、        ,  `¨  /:./{:.:.:/:.:|     有澤重工……というより、IAIの自動人形規格の、
.     //     /:.:.:.:.-=≦:.:.:.:./:.:.:.込            /):.:.l.:.:∨ ヽ(
  //   -=≦ ̄:.:.:.:. -=≦:.: |三三三三三|  っ     /:|:.:.:.:{:.:.:.、         外付けセンサーとか、レーダーはない?
.// /:.:.:.:.-=≦ ̄:./:.:.:.:.:.:.:. /ニニニニニニ|、   _,.. イ.:.:|:.:.:人:.:.:.、
   (:.:.:.//:./:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:./ニニニニニニニ|  /ニニニニニ≧く:.:.|\:.\                 自動人形の追加センサーですか…… > ダリアン
     ヽ(:.:人(:.:.:.:. /:.:.:.: /ニニニニニニニ=|  トニニニニニ/ニ}:.:.|  ヽ:.:.\
      /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ニニニニニニニニニ|___ヽニニニ=/ニ/|:.:.|   }:.:.:ヽ\  うん。それと、読書家のダリアンだから聞くけど、
.   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: /ニニニニニニニニニニ\---∧ニニ/ニ/ .|:.:.|   /:.:.:.:.)\ヽ
  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ニニニニニニニニニニニニ\- ∧ニニニ{ :|:.:.| //):.:.:/  ):.) スカベンジャー向けの何か役立ちそうな本とか。
...:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. : {ニニニニニニニニニニニニニ/___}ニニ>:} |:.:.|彡' /:.:∧ //
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:乂ニニニニニニ}ニニニニニニ/---∨ニ/=| 乂\__/:.:/ ∨/         ふむ、本に興味を示しますか……いいでしょう > ダリアン
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ニニニニニニニノニニニニニ/-----∨∧=| /:.>―<   }:.}
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| それじゃあ、折角ダリアンからも商品の注文はないかと訊かれたことだし……
| 電に渡す用の、外付けセンサーの類はないかと確認してみて、
| ついでに近々ある勉強会向けに、スカベンジャーに関する本がないかと訊いてみる。
| ……前者はともかくとして、後者を口にした途端、ダリアンの目が輝いた気がする。
┗───────────────────────────────────────┛
5010 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/10/21(土) 16:52:20.67 ID:pTPcrdc/
             /
              /:/   , <´  ̄ ̄ ̄ `> 、
             Y::::::{  /              \
          人:::::',/                  \``: ヽ.、
         ,. ィ"::>、:ヘ                    ヽ: : : : : :>、 しかし自動人形のセンサーとは……キャラ被り用ですか?
     __,, ィ.´: : : : /  ヽ\  ハ  。  。 ノヘ`        ',_:,:,:ィ:´:./
     l : :`:`:‐:‐:./  , ィ `oノ::::::ヽ、_゚_,,...ィ::::::::::\。o ヽ、.   ',: : : : /                      キャラかぶ……電か。ならそうだけど > シャナ
     \: : : : :.,' イヽ___,,./:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ゝ..、_ノ、\  ',: : :/
       \: : /o゚/:::::::::::::::::::::ヘ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ゚o  ',/   あれはどう見ても侍女人形ではなさそうですが。
        ヽ}_ノ:::::::::::::::::::::::: |:,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ゝ-ヘヘ
         /ソ:::::::::::::::::::::::::::::|ヘ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: i::::::::::::::ヘ。、                           IAIから技術提供受けての開発で、
        /ノ::: ::::::::::::::::::::::::: | ',:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ::: |:::::::::::::::::ヘヘ                       ある程度互換性を持たせてるらしいよ > シャナ
        /ハ::::::::::::::::::::::::::::::: |=-|:::::::::::::::::ハ::::::|l:::::/テ : |:::::::::::::::::::::ヽ
       〈/.|::::::::::',::::::::|:::::ヘ:::|  ||、:::::::::::::| |::::ハ:/ .ハ::|:::::::::::::::::::::|}   ……さすがIAI、イロモノの生産には余念がないのです。
       /::||:::::::|::::',:::: |`,  `-  リヽ:::::::::l {::/,  -  、 |::::::::::::::::::::{{ヘ
       ||::||:::::::',:::::',::::| ー─t_ッー, ;:::::ハ| ,リr‐t_ッ─ァ|:::::::::::::::::::::{{}}〉  ともあれ、IAI規格の外付けセンサーですが……
       ヘノl:::::::::',:::::',::|.`  ー  '  ∨   `' ー ´ |::::::::::::::::::::::∨{
         ||`}}:::::::::::',::::::.ヽ                   |:::::::::::::::::::::::||:}}   ええ、在庫にも少しなら、ないことはないのです。
    .  ,'}}::::::::::::::::::',:::::::|、          ,          /:|:::::::::::::::::::::::0:0
       ,':0::||::::::::::::::::',::: |.ヘ.                ∠:::|::::::::::::::::::::::::::::::',                              ……けど、顔が渋いね > シャナ
      ,':::::::0::/::::::::|:::::ヽ|/::{.ヽ       _ _    //::::::|:::::::::::::|ヽ|、::::::::::',
     ,::::::::::ィ .|:::::: |:::::::::|{:::ヽヽヽ>..、   , <ィィ::::::: |:::::::::::::|:..:|: :人::::::',  流石に、クロスケでも安々と手の届くものではありませんから。
     ,:::::/ノ .ノ:::::,'.|::::::: |ヽ:::::::::::``::-.._""__, ィ´::::::::::::::>|:::::::::::::|: :.{: : : : 〉:::',
    ,:::/::::<_,イ::::::/ヘ:::::::::|/ヽイ>:::::::::::::::||:::::::::::::::::::<ヽ〕 !:::::::::::::!: : ヽ: : ノ::/:ヽ ……IAI製けも耳型カチューシャレーダー、
    ,::::ヘ ヽ=ノ:::ノ  Y : |〕〕` =<::::::::::::::》:::::::::::>'":.〔〔.|:::::::::::::|: : : :ヽ/::/: :/
   ,::::::::ハ-'"´     ',:::::{l 〕-、、_``""""""ィ/: : : : :>〕〕::::::::::::ヘ_;,;/:::/: :/:|  一つ5,000円からとなるのです。
   ,::::::::/ ヘ    >': :',:::::|ニ〕〕ニ、ニ=────‐∠>イ〉〉:',::::::::{ヽ、:::::/: :/:::::|
  .,::::::/__〈,,. ィ´: : : : : ',::::',<<|____| || |___ニ<: : :.',:::::::|: :  ̄: : ノ}:::::::|                                ……5000円か > シャナ
  ,:::::::ヽ: : : : : : : : : :ヽ:|: ',::::', Y ◎ <>‐}}.}}.}} ‐<> ◎.|: : : :',::::::|: : : : : : :/:::::::::|  イエス
  !:::::::::::\: : : : : : : : :Y: :.,:::::, ∨ミ   { { {     ミ .|: : : :}::::::}: : : : : : /:::::::::::|  是。イロモノですが性能はいいものですから。
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| IAI製侍女人形には見えない電を思い出してか、ダリアンは怪訝に声をかけてくるが……
| 幸か不幸か、電は有澤重工が日本IAIから技術提供を受けて開発された機体で、
| IAI製アタッチメントとの互換性も有している……装備するのに問題はないはずだ。
| ……購入できるだけの資金があるなら。
| けも耳レーダー5000円、所持金3051円。およそ2000円程、予算不足である。
┗───────────────────────────────────────┛
5011 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/10/21(土) 16:55:06.79 ID:GIQrwOAs
かなり高いな
5012 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/10/21(土) 17:00:43.38 ID:qQFavRsy
:::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::\::::\::::\::::::::::\::::::::\
::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::|:::::.:::::::::ヽ:::::ヽ:::::ヽ:::::::::::::\::::::::ヽ
::::'::::::'::::::::::::::::::::::::::::|i::::|::::::::::::∨:::::∨:::∨\:::::::::ヽ、:::::',
/::::/::::::::::/::::::::::::::::::':::::|i:::::::::::::|、:::::::!:::::::}、:::::\::::::::.\::} IAIの完動品は高いと聞いてたけど、
::::::'::::::::::/:::::::/:::::::/:::::.::::::::::::::::|::ヽ:::!.ヽ./::::、:::::\::::. ヾ
::/:::::::::/::::::::/:::::::/:::::::::|::::::::::::::|:::::マ{/::::|::::::ヽ:::::::ヽ.ム  しかしまた、すごい値段だな。
:':::::::::::|:::::::::':::::::/i|:::::::∧:::::::::::::':::::,イ|:__ヽ}、::::::::.::::::::|:マ}
|i:::::::::!i:::::::,|::::::/ |::::/  ∨:::::/:::/ }/斥ヽァ∨:::::.::::::|::}|                 元々が高価な侍女人形向けオプションですので。
|:::::::::,!ー /|-/― }/ー '  |:::::'.   ,イr ,ら i} ∧::::|:::::!:/                     まあ積極的に買っていく者もいませんから、
|:::::::/!::::/ ,.ィテ笊芯ヽ |::/    比刈  ハ|::/:::::|                           しばらく在庫にはあると思いますが > ダリアン
|:::::::'::|::/ ,イ/ 忙_-、ら  j/      込ソ ::::::|ハ:::::;'
|::::/::::{ハ Y  比し'刈  /           {:::::| .∨    なるほど……金がたまってから、
{Ⅵ:::::::::{    込_z斗       、       |::::::.
|::::::::::::::|                     人:::::i      他の買い物プランともすり合わせてまた来るよ。
ム::::::::::::::.   u         ,. v   /  :.::::::.                                     イエス
,∧::::::::::::ム                イ___|_::i                                     是。待っているのです。
i/∧:::::::::::::', ̄ ̄\      //////////|:ヽ                 もう少しマイルドな品が入れば、それも知らせましょう > ダリアン
///::.::::::::::::.∨/////| ̄ 7  - '///////////i!::::.\
///∧:::::::::::::∨////|   ト、//////////////|:::::::::::.ヽ  ありがとう、ダリアン。
////∧:::::::::::::∨///|  |: :\/////////// /\::::::::::::.\
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| ……取り敢えず今のところ在庫にあるそのけも耳レーダーは、
| どうあがいても買えないのだし……その分、売れる可能性も低いという。
| それとなく取り置きもしてくれるし、もう少し値段と性能を落としたマイルドなものがないか
| 探してもくれるという。今日の所は、レーダーに関しては諦めるしかなさそうだ。
┗───────────────────────────────────────┛
5013 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/10/21(土) 17:09:18.37 ID:Fdindv/t
: : : : /: : : : : r: : : : : : : : : : : : /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ハ:\
: : : /: :/: /: : :/: : : : : : : : : /: : : : : : : : : :: : : : : : :,、: : : : : : : : :ハヽ:’
: : /: :/: : / : : : /: : : : :: : : : :/: : : : : : : : :/,: : : : : {::|: : : ∧: : : : ’. ヽ
: :/: /: : /: : : ::/: : : : : : : : /!: : : : : : : :/ !: : : : : : : r ,: ::': : :{: : : : i              それとスカベンジに関する書籍ですが…… > ダリアン
: : :/: : :/: : ::/}: : : : , : : /  }: : : : : : :/ .|: : :/!: : /  }: :{: :l: : : : :ト、 ',
: : : : : : : : :/ /: : ト、//   /:: : : : : :/  /: :/ l: /_ィ´ !::ハ/:/:/: : ’ ヽ
: : : , - 、: :,' //_==`≧x、./: :: : : : :/  .,': :/ ,x}/===、、 l//:r /: : :/   ダリアン、常識的に考えて、あまり専門的な書籍ばかり
: : :{  r 、:l  ィ´ |::|il|::ツi/: : : : :/   //イl::|il|:::ツ `リ//: :イ!: /
: : : :、弋    `  之:ッ/: : : :/   r:::::´  之:つ  ´ //) }!:/    勧めるのはやめた方がいい。
/!: :ヽ )     `ー }:ハ/         ー ´  / / jノリ
  |: : : \__               l.           r:{       あまり難解な本では、シャナはともかく、他の友人は読めないだろう。
  ,: : : : : : :ヽ             ,l:.         ,ィ'リ
  |: : : :,、: : : j             l:'        / ′                        む……折角書架から数十冊ばかり、
  |: / |: リ,、                     /_____                  専門書を持ってこようかと思ったのですが > ダリアン
  レ" /::::::ミ   ヽ       ___     ./ム:::::::::::::::::::::::、
 r:::::´:::::::::ミ       、    ´--’   ./  r:::::::::::::::::::::::::::\             ダリアン、そんなに買えるほどの予算はないよ > シャナ
f"::::::::::::::::::::≧     ヽ         /   彡"::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ__
:::::::::::::::::::::r:::::::`!ヘ     \     /   ム"イ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\                                 えっ > ダリアン
:::::::::::::::::::::{   .|:::` 、,、,、 ___ ̄ ̄___≦´::::j ハ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::、
:::::::::::::::::::::| /  .|:::::::::::::::::{ r======="´::::::::::::!  }.l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l 君と違って普通の人は、
:::::::::::::::::::::ハ   \:::::::::::::! |::::::::::::::::::::::::::::::::::/  ノ.l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
:::::::::::::::::::::::::,、  .\:::::::! !○:::::::::::::::::::::::/ / ハ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ 書店で棚一つ丸ごと買ったりしないんだ。
┏────────────┓
│ システムメッセージ                                                              えっ > ダリアン
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 続けてもう一つ……スカベンジに関する本はないかという問いへの返答の直前、
| 横から仮称ボンクラ氏が、ダリアンの声を遮り、自重を促す声を発する。
| 大変、大人な説得内容である。
| 対するダリアンは、返答が数十冊の専門書を持ってこようとしただの、
| 過去に棚一つ丸ごと買い取った過去を明かされたりだのというもので……
| 毒舌で常識ぶっている割に、存外彼女も天然なのかもしれない。自覚がないのだろう。
┗───────────────────────────────────────┛
5014 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/10/21(土) 17:09:56.76 ID:ADd89lOC
急用で席外してる内に安価来ちゃってたかすまぬ
5015 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/10/21(土) 17:18:17.23 ID:BKQuiZeB
                     , .:*‐…‐*==ミ、
                        _/: :__:_: : : : .: .: :ヽ___
               ,, r=//: :乂乂_人トミ__: : : : ハ;i:i:i:\
.                〃 X:i:i/,‘7 ::/.::::::\ ̄廴_:_: : :ハー /
              {{ ∧:i// /_|/Иiノ,斗ミ::::て: : : : i:i:/    まあ、予算に限りがあるというなら、仕方がありません。
                      〉イ::::i斗ミl l:|:| __|::::|::::::廴:_:ノ}く
.                乂  l::/l:杙リ.从|ィ_笊ト、::::}l:rL_ トミ    一、二冊ほど、質に流れてきたスカベンジャーの手記でも持ってきましょうか。
                   И从  ,  `ー_'’/ ::从,,」 |:i:i:∨
                  //八|心、、  ⌒7/:/ .::::/人/i:.   文脈などはあまり褒めれたものではありませんが、
                 ///.::::::::: ノヽ。 .n:i〔 /:/_:::::/:从:i:i:i:i:.
               \∨/|::::::::::__} Y´ ̄/:/: : V:/:::::::,i:i:i:i:i:> スカベンジの知恵袋としては役に立つでしょう。
                / Xr‐━≦rヘ}{_:_:/:〃斗<ミト、:::::::',_/
              r匕 { ̄ ̄/: : ̄\ {:::::|.: .: .: .: : :丶::::',                                       (ほっ) > ボンクラ
              |l    /: : : : : : : :|{:: N.: .: .: .: .: : :∧::::.
              L,,_  /: : : : : : : : : :|{::::| : : : : : : : : : :∧::::.                 そういうので十分だ、ありがとう、ダリアン > シャナ
.              / : : : 〈.: .: .: .: .: : : : :|l::八: : : : : : : : : : : :〉::;
            |.: .: .: :∧.: .: .: .: : : : :l{::::{ :\.: .: : : : : :/::::::   この程度、気にせずともよいのです。
            |.: : : : : :心,: .: .: .: : : :}::::〉 : : : : :_/ l:::::::::i
            |.: .: : : : :/∧.: .: .: .: : :}/: : : ¨¨¨7´.:|::::l:::::::::|   ではボンクラ、倉庫に行く間、店番を頼むのです。
.             \: : : ://  V: : : : : : }.: .: .: .: :/ .::::|::::::::::::i:|
                |ー'′   .∨.:/.: : : : : : : : :/7ー‐ミ、::::从                        僕が行かなくていいのかい? > ボンクラ
             __|      ∨.: .: .: : : : : :/: {:i:i:i:i:i:i:i\{
            /:i:i:i:|     __\: : : : : :/: : :\:i:i:i:i:i:i:i:\   お前より私が行った方がはるかに速いのです。
            /:i:i:i:i:/Y´ ̄ 三三_,`ー‐<::i:| : : : : :\:i:i:i:i:i:i:i:\
         ∧:i:i:i/.: .: : : ̄/ ̄ ̄|.: .: .: .:|:::::::l:| : : : : : : :丶:i:i:i:i:i:i:i:i\ では。
         }/: : : : : : : :/     .|.: .: .: .:|:::::::l:|.: .: .: .: .: : : :\:i:i:i:i:i:i/
         < : : : : : : : : /      |.: .: .: .:|::::::从.: .: : : : : : : : : :\:i:i/
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| とまれ、天然疑惑――というより単なる読書キチの気もする――のダリアンも、
| 青年に窘められたかいあってか、スカベンジャー本人の手記という、
| 下手な専門書より役に立つことも……勿論役に立たないこともあるが、
| そんなものを持ってきてくれるようだ。
| ……質に流れるに至った経緯とその著者がどうなったかは、あまり考えたくないが。
┗───────────────────────────────────────┛
5016 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/10/21(土) 17:26:41.82 ID:n65rBeIx
          , '´ ̄ ̄ `ヽ
        /
      {!      _,....:::::―――::::...._
       \__,...:'´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`丶、
       /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::、::::::::::::::::::::::::ヽ、           というわけで、店番というか、君のお相手を頼まれたわけだけど……
     ,:':::::::::::::::::,:::::::::::::::::::::::::::::;:::::ヽ::::::::::::::::::::::::::\             どうだろう、初対面なわけだけど、聞きたいこととかあるかな? > ボンクラ
.    /::::::::::::::/:::::::::::::::/::::::::;::,:|::::::::∨::::::ヽ::::ヽ:::::::::ヽ
   '::::::::::::::/::::::::::::::::::/:::::::/:/::!:::::::: |:::,:::::,::∨::∨::ヽ::::.
   |::::::::: /::,:::::::::::::::/__/_/::::|::::::::::|!::|:::::|:::∨:::',::::::∨',  まあ、二、三個程。
   |::::::::/::/::::::::::::ィ:::::::/〃 i:/|::::::::::}イ⌒iヽ:|:: |::',::::: |、::.
   |:::::::|::/|:::::::;::::/!::/ / / |::::::::/ }:i Ⅵ|:::}:: |:::!::::: ! マ  遺跡に行けたあたり、スカベンジャーの資格はあるみたいだけど、
   |:::::::{/::|:::::::|:/,ィチテ芯ヽ  |:::::/ィチ芯ヽ|/|::::|:リ:::::::| }!
   |:::::::'::ハ!::::/|:圦 比j刈   }::/ 比刈   ,|::/:::|:!:::リ /  ソロでやっているのかとか……
   |::::::::::{ |::/::::::. 弋こツ  /'   弋zソ  ム:/:Ⅵj::/
   |::::::::人!'ハ::::::::.             {:::::|:::.リ /     剣の腕もいいみたいなので、一度仕合をしてみたいなとか。
   |::::::::::::::`¨}:::::::i         `     八::|:::|
   |::::::|::::::r7∧:::::::.、      r  っ     イ|::::::|:::|                                     なるほど、そのあたりか > ボンクラ
   |::::::|::::::|/// ̄>、>   __,. ィ//>|::::::|:::|
   |::::::|:::://////////rrハ  |//////イ/l|::::::l::リ
   |::::/::/-<///////|//| ,ト、//// //リ:::|::|/
   ,:::::'/////\/////!//!,.‐: 、\/ ///:: /::|
.  /:///////// \//ム/ |:, -- Y:∨//:::/:: リ
  {//////////////\{//∧: : : :|: :} /:::イ::::∧
  |////////////////////ト,: : :!: :|'///::∧/}
  |////////////////////|: i: /: : |/,イ::////|
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| さてそういうわけで、ダリアンは店の奥に手記を取りに行ってしまい……
| 残されたのはボンクラ青年とシャナの二人のみ。
| 店主のダリアンよろしく聞きたいことはないかと彼に問われたので、
| 彼の身分や剣に関して、一つずつ話題を振ってみる。
┗───────────────────────────────────────┛
5017 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/10/21(土) 17:33:49.54 ID:ADd89lOC
クエストの存在意義につっこむのもアレなんだけど
ここの従業員ってことなら一人で秘密書架漁って品物仕入れてくるって選択肢はなかったんだろうか
5018 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/10/21(土) 17:34:44.14 ID:Cp3ukMqd
    _____
      ヽ`ヽ
, -= ¨ ̄⌒} ' ⌒ ` ヽ 、
               > 、
  ,          \  ヽ,_..≧=-
 ,         ヽ  、\  ヽ    まずスカベンジャー関係については……
,   /        ヽ ヽ. ヽ  。
  ./         .}  .ハ  ヽ  .}   まあそうだね、ソロといえば、ソロかもしれない。
  ,'   ノ   }    .}  ノ_,>  ヽ }
 , / ,.'  ; ハ   ハ.>≪`}  .} .{   といっても、スカベンジに力を入れていたのは一時期のことで、
  /  ,  /} ノ .}  ノ .レィ斗 》i  i乂
. v ノ_ セ-レ= } , '  ′乂ソ | ノV    今は半分引退して、適当にこの雑貨屋なんかをやっているから。
/// /_,,ィt7个″     ` .|'). ′
八/ ´:| ’ ゞY_リ     、    }                                   スカベンジャーは副業ってところですか > シャナ
 ,(ヽ、}、 `¨      '
.人シ 、≧      ___ ノ         あとは気晴らしとか……まあ大体そんな感じかな。
彡⌒う 、`> .._       /....、
:.:.:.:.:.:.:シ⌒ヾヽ  - ::........::::{:.:.,,:.\-=、.., - 一応マーセナリーの資格もあるけど、そっちも同じく。
ヽ:.:::::::て__ヽ >`"ヽノ)ヘ彡ヘ∠):.:.:.:.ヽ |--ト    ヽ
:.:.:.:k 、//-y__, ;  ,    ヽ>:.:.:.:.| |` |`ヽヽ,   ヽ
:.:.:.:.:.:.\  \゙´` " yヘノヽ)´ ノ:.:.:.:.i.| |  ヽヽ   ,
:.:.:.:.:.:.:.:.:.\_  | \ ヽo _..ノイ:.:.:.:.:.i |    ヽヽ  i
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:´\_`ー= ヘ ` ヽ 、:.:Y     ヽ ;  .i
:.:.:.:.:ヾ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:≫´   )    ヽノ      ; ;  i
=..__:.:.:.:ヾ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./    .(   /_ `i:..  ,、_;_;_ヽ
/  ` - .:.:.:.:.:.:.:.| ___,  <   _}:.:.、 i ゙  ; ; l
        |ヽ` ={  __/¨ --:.:.ヽヽ:.´、o .i_i_..,t
    |ヽ  |:.:.,  }__..../:.|i__ソ}:.:.:.:.:ヽヽ:.:-  ; ;  |
__ -’ o\;、:.:.∨:./  /:.:.:.:.:.:.| } ロ.} 、:.:.:.:.,,回ヽo__;_;_|
      |::::::ヽ:.:.:.:.ノ  ノ:.:.:.:.:.:.:| }¨ } ).:.:.:./\_jo__;_;_|
――― o1:::::://\》丶>___:.| -== ´ ̄    |:::::::::::|
     _/:::::// /`ミイ               .|::::::::::i
―― ¨ |:::::// /  /                |::::::::::}
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 話題に振った順に、まず青年が答えたのはスカベンジャーをやっているのか、
| やっているとして、ソロなのかという問い。
| それには一応の肯定を返してきたが、生活の主体となる本業は別にあって、
| スカベンジャー活動は趣味や副業の世界なのだ、と。
| 引退して、堅気(?)の生活を送る、これもよくある元スカベンジャーの形だ。
| ……これは、偶然でもなければ、仕事を一緒にする機会はあまりなさそうだ。
┗───────────────────────────────────────┛
5019 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/10/21(土) 17:36:28.75 ID:g8qgyMSC
>>5017
詳細な情報収集を「それを無粋だ」と言ってたり、副業と割り切ってたりする辺り、
趣味や道楽でスカベ関係はやってる人なのです。
だからまあ、そこでいろいろ持って帰るのは「無粋」だということでやってません
5020 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/10/21(土) 17:37:37.14 ID:ADd89lOC
なるほどなぁ
5021 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/10/21(土) 17:41:37.92 ID:GIQrwOAs
なんか遺跡に散歩に行っているみたいだな
5022 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/10/21(土) 17:47:52.36 ID:0zcBwTDE
                       -――――- 、
                         ,.........:::´ ̄ ̄`丶、
                    / ::/:::::;:'´ ̄ ̄`ヽ:\
               ,.-=彡 ::/::::::::::;′:::::::/:::::::::::::::::ヽ                  剣の仕合については……そうだね、機会があれば、
               /  /::::::::::′:::::::;′::::::::|::::::|:::::::::::::::::::,                   是非というところか。君も中々、腕が立ちそうだ > ボンクラ
                  / :::::::::::|:::::::::::|::::::::::::::|::::::|:::::::|:::::::::::::,
                 /:;:::::::::\{:::::::::::{::::::}:::::::|::::::|:::::::|:::::ヽ::::i  機会があれば、ですね。
               /:/:|::::|:::|r=ミ、:::::::|\|,. -ノ::::::|:::::::|::::::::i::!|
              i::;    !:::|从 んハ:::::|/,x:=ミ、::::|:::;:::::::::::::|::!|  ……積極的に、ではなく。
              |f   ∨ ,} Vソ八:{ 〃んィ/} /:/ ::::::::::::|::!|
              | / i /八   '  ヽ  V/:::::::/)::::::::::::::|::!|                          そういう意味ではないのだけど……まあ、
.            </// |{/// \ ` ‐  / ::/⌒〉::::{:::::::|::::!        君とは原形が違うようだし、今仕合っても、君の型にはならないだろう > ボンクラ
              \/////// `Tエ7///// f::::八:::::|:::::.,
                  /:::\////<´ ̄´///////|::::|::::.ヽ{:::::::..,  色々と、良く見えているようで。
                /:::://///〃`ヽ//////// !::::|:::::::::.、::::::::,
.            /:::::::/ V;/ 〃 ////////∧::|:::::::::: i:::|:::::::'.                     まあ、剣は爺さんに昔から仕込まれてるしね。
.           /,.イ::/  // 〃 く/////////// '、!:::::::::::|:::|::::::::::,                                    単純に年季の違いだ > ボンクラ
            // |::i  .// 〃   ハ////////////ヽ::::::::|:::|::::::::::::::,
          //   |::|  |/{ {{  〃i /////////////:::::::::,|ヽ:::::::::::′
        if    |::|  |/}   }}   i | ///////////ハ:::::::::::|∧::::';:::::::::!
        ||   |::|  |/{   ||   | | ///////////} .:::::::ノ  ::::|i::::::::|
.       /\||   |::|  |/|   ||   | !///////// ∧\\   }:ハ::::::|
     \() \   |::! ノ/|   ||   |:从//i ////////∧:::\\  |′  ': |
       \() \ |/ //  :||   || {//| /////////∧ :::::\\    !|
        ||\ ////   :||   |! |//| //////////∧:::::::::\\  |
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| そしてもう一つ、剣の腕も立つようだし、一度手合わせしてほしいという願いは……
| どうやら曖昧な言葉で、断られてしまったようだ。
| 殻に囚われている自覚はない。
| けれど、『君の型』にならないという彼の言からすると……一流のその先へ踏み出すには、
| 今一歩、欠けている何かがあるということか。
| ……隙のない所作といい、剣に関する目といい、若いわりには油断できそうにない相手だ。
┗───────────────────────────────────────┛
5023 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/10/21(土) 18:00:14.82 ID:QXMZLR1B
             /
              /:/   , <´  ̄ ̄ ̄ `> 、
             Y::::::{  /              \
          人:::::',/                  \``: ヽ.、
         ,. ィ"::>、:ヘ                    ヽ: : : : : :>、
     __,, ィ.´: : : : /  ヽ\  ハ  。  。 ノヘ`        ',_:,:,:ィ:´:./
     l : :`:`:‐:‐:./  , ィ `oノ::::::ヽ、_゚_,,...ィ::::::::::\。o ヽ、.   ',: : : : /  ふん、年季の差ですか。
     \: : : : :.,' イヽ___,,./:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ゝ..、_ノ、\  ',: : :/
       \: : /o゚/:::::::::::::::::::::ヘ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ゚o  ',/    何を格好付けているのですか、
        ヽ}_ノ:::::::::::::::::::::::: |:,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ゝ-ヘヘ
         /ソ:::::::::::::::::::::::::::::|ヘ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: i::::::::::::::ヘ。、    この青二才のボンクラは。
        /ノ::: ::::::::::::::::::::::::: | ',:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ::: |:::::::::::::::::ヘヘ
        /ハ::::::::::::::::::::::::::::::: |=-|:::::::::::::::::ハ::::::|l:::::/テ : |:::::::::::::::::::::ヽ                 ……戻ってくるなりひどいな、ダリアン > ボンクラ
       〈/.|::::::::::',::::::::|:::::ヘ:::|  ||、:::::::::::::| |::::ハ:/ .ハ::|:::::::::::::::::::::|}
       /::||:::::::|::::',:::: |`,  `-  リヽ:::::::::l {::/,  -  、 |::::::::::::::::::::{{ヘ   お前にはこれくらいでちょうどよいのです。
       ||::||:::::::',:::::',::::| ー─t_ッー, ;:::::ハ| ,リr‐t_ッ─ァ|:::::::::::::::::::::{{}}〉
       ヘノl:::::::::',:::::',::|.`  ー  '  ∨   `' ー ´ |::::::::::::::::::::::∨{   どうせ外に出るなら、たまには武芸者とやり合えばいいものを……
         ||`}}:::::::::::',::::::.ヽ                   |:::::::::::::::::::::::||:}}
    .  ,'}}::::::::::::::::::',:::::::|、          ,          /:|:::::::::::::::::::::::0:0                  いや、僕が外に出るのは基本的に、
       ,':0::||::::::::::::::::',::: |.ヘ.                ∠:::|::::::::::::::::::::::::::::::',                 営業や販売のためなんだけど…… > ボンクラ
      ,':::::::0::/::::::::|:::::ヽ|/::{.ヽ       _ _    //::::::|:::::::::::::|ヽ|、::::::::::',
     ,::::::::::ィ .|:::::: |:::::::::|{:::ヽヽヽ>..、   , <ィィ::::::: |:::::::::::::|:..:|: :人::::::',   ともあれクロスケ、約束の手記なのです。
     ,:::::/ノ .ノ:::::,'.|::::::: |ヽ:::::::::::``::-.._""__, ィ´::::::::::::::>|:::::::::::::|: :.{: : : : 〉:::',
    ,:::/::::<_,イ::::::/ヘ:::::::::|/ヽイ>:::::::::::::::||:::::::::::::::::::<ヽ〕 !:::::::::::::!: : ヽ: : ノ::/:ヽ  近日中に返却するというなら、
    ,::::ヘ ヽ=ノ:::ノ  Y : |〕〕` =<::::::::::::::》:::::::::::>'":.〔〔.|:::::::::::::|: : : :ヽ/::/: :/
   ,::::::::ハ-'"´     ',:::::{l 〕-、、_``""""""ィ/: : : : :>〕〕::::::::::::ヘ_;,;/:::/: :/:|   販売ではなく貸し賃として値段はまけてやりますよ。
   ,::::::::/ ヘ    >': :',:::::|ニ〕〕ニ、ニ=────‐∠>イ〉〉:',::::::::{ヽ、:::::/: :/:::::|
  .,::::::/__〈,,. ィ´: : : : : ',::::',<<|____| || |___ニ<: : :.',:::::::|: :  ̄: : ノ}:::::::|            助かる。来週の頭頃に返したのでいい? > シャナ
  ,:::::::ヽ: : : : : : : : : :ヽ:|: ',::::', Y ◎ <>‐}}.}}.}} ‐<> ◎.|: : : :',::::::|: : : : : : :/:::::::::|   イエス
  !:::::::::::\: : : : : : : : :Y: :.,:::::, ∨ミ   { { {     ミ .|: : : :}::::::}: : : : : : /:::::::::::|   是。問題ありません。
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| とまあ、青年にはすっかり振られてしまったわけだが……そんな話の途中で、
| 奥から一冊の手帳を手にしたダリアンが出てきた。
| 質流れしたスカベンジャーの手記だというそれは、レンタルということにするなら、
| 買取より安値で提供してくれるとのことだ。
| 近々チンクと勉強会の予定もあるし、それをめどに借りることにしよう。
┗───────────────────────────────────────┛


   ▼ アイテム『スカベンジャーの手記』を一冊獲得しました。
      > コミュなどで勉強の機会があれば使用可能。読み込むことで一部の技能のレベルが上昇する。

5025 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/10/21(土) 18:11:55.39 ID:H0veg+Vt

   /://: : : : : : : : :、: : : : ;.: : : : :.,: : : : : : : : : :\: : : : :':,
.  /:// : , : ,: ,: ; : ,ハ : : : {: : :,: : :{ : : : : : : : : : : : ':,: : : : }
  ∨,' : /.:./:/: {: :{  }: : : :|: : {: : : ', : : : : : : : : : : : :} : : : |
.   {: ::{: /:::{: ;ハ.:.} .{: : : :|\:\: : \: : : :、 : : : : :|: : : |   じゃあダリアンと……ボンクラ。
.   |: ::|.:{::::::V__}/\ \: :|: :,'\:\: : ',: : : | : : : : : | : : :|
.   |: ::}.:|::::::::【 ̄`ト、ヽ }: }V, '"\}\}ヽ: :} : : : : : | : : :|  私はそろそろ出るよ。
.   |: /り:::::::::| 抓ノ|  |;ノ  ,. イ¨゚゚翔ミッ∨\ : : : | : : :|                           イエス
.   {/  |: : : :|. 弋,リ        f爪;ノ:| / } : : \: :} : : :|                           是。何かあればまた来るといいのです。
        |: : : :|         弋__夕   ,': : : : : Ⅵ : : : |                                 特に、書籍関係については是非に > ダリアン
        |: : : :|     {              ,': : : : ::::::::| : : :|
    -‐…|: : : :|\                /: : : : ::::::::::| : : :|           次回は僕も、ちゃんと名乗って、仕合でもできるといいんだけど……
.   \::::::|: : : :|::::::\ ' -   ___/_,,,,...  -‐ァ : : |                         ともあれまた、機会があれば会おう、シャナ > ボンクラ
      \|: : : :|::::::::::::\   |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ : : : |
        |: : : :|::::::::::::::::::`¨¨「 |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::;:':::|: : : :|   うん、二人とも、また今度。
        |: : :り、::::::::::::::::::::::::|T!:::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::'; : : :|
        {: : :}:::::\::::::::::::::/;';':::::::::::::::::::::::::::::::;:::::-―-、 : |
      ',: :,'::::::/ ̄::::;:'|:::;'/:_:_:_:_:_:_:_;;::::::'"::::::::::::::::::::::ヽ|
        ∨::::::{::::::::::::/:::!:;':{:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}|
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| さて……一通り、ダリアンに頼んだ品について、解をもらったり、実物を渡されたり、
| そういったやり取りは終了した。
| そとでは上った太陽が徐々に空気を温め始めていることだし……
| そろそろこの店からはお暇して、他の場所でも情報収集をするとしよう。
┗───────────────────────────────────────┛


   ダリアンの好感度がD+に上がりました。   (期待しているのですよ、クロスケ)

5026 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/10/21(土) 18:13:09.80 ID:yzYG7Tme
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
5027 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/10/21(土) 18:13:20.37 ID:5XV7JAnH
                        【フリーパート】1/2

                           只 只
                            | ̄ ̄ ̄ ̄| ̄|
                | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄|
                |  []  []  []  []  []  []  []  | ロ
                |                        |  |
        ┌―――|  []  []  []  []  []  []  []  | ロ___________
    ┌―|      |                        |  | = = = = = = = = | || | | || |_
三三三三三三三三三三三] ]   []  []  []  []  []  | ロ = = = = = = = = | || | | || |┴┐―┐
 __________|                   |  |______=_|_||_|_|_||_|  |  |
                     | ]  []   ┌―――――――┬―――┐_ | ∩ ∩ ∩ ∩ ll  |  |
               |         |              |二二ヽ二二ヽ 三三三三三| ̄ ̄|   |   _____
      ,..――――,.┬ 、   []   [|              |||冂l_g|_ _|g ∩ ∩ ∩ | 「| 「||   |/´ ̄ ̄ ̄//
      /_____/__ |_|_l´|__  |             _|||_| |     |_|_|_ ∠7エヽ_|_|」|_/        //
    |]    _    [[|i ,-、 | | 「_|-、f|==={叮 六‐r┬┬┬‐f7六ヘ _ヒl__ヒ!=== ‘=“0-( 匚〕'_____ //_
 ――|ェ_____ェ|_| l |_|_|_|_,|.l |_l    └ヽ゚ノノ┴宀┴乍{ヽ゚ノノー┴――┘  _ ....-‐ ''"´ |           | |
    ` ー'     ー'´ ー'     ー'                              /┐         |       = | |
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 太陽も徐々に高みへと昇っていくフジノミヤ市街。
| 日が昇るのにつれて街中も徐々に活気を増してきた。
| さて、次はどこへ行ってみようか?
┗───────────────────────────────────────┛


   ▼ 選択安価 @2 ↓1~3 1D100を添えて、最も高い選択肢

   1) スカベンジャー組合事務所 【アリス】
     我らスカベンジャーの仕事場。
     依頼の張り紙を見に立ち寄れば、休憩中らしきアリスの姿がある。昨日の意味深な言葉について、聞かせてもらおうか
   2) 官営武具店 【スカサハ・リリィ】
     武器・防具やスカベンジ向けの備品を取り扱う店。
     店の前を通りがかってみると、店長が何やらご機嫌な様子で店の奥に向かうのが見えた……どうしたのだろう?
   3) 工房『アナグラ』 【リッカ】
     車両・警備ロボット専門の町工房。
     昨日リッカに預けた虎鉄が、どんな調子に仕上がったか……様子を見に行ってみよう。

   ×) 雑貨屋『ディスワード』 【ダリアン・ボンクラ(?)】
     下層区と中層区の境目付近にある雑貨屋。
     ダリアンと、彼女にボンクラと呼ばれる青年から、図書遺構の地下書架について情報をもらうことが出来た。
   5) 下層区:警邏隊詰所 【マティア】
     フジノミヤで活動する警邏隊、その下層区にある詰所。
     何か仕事はないものかと足を運べば、窓口に以前も見た影が……余程暇な部署らしい。

5028 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/10/21(土) 18:13:58.51 ID:ADd89lOC

【1D100:85
5029 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/10/21(土) 18:16:13.44 ID:GIQrwOAs

【1D100:18】
5030 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/10/21(土) 18:16:44.64 ID:hrsw3am9

【1D100:73】
5031 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/10/21(土) 18:18:09.39 ID:m6RYhX/f
ういうい、次回は3の工房『アナグラ』行きですね、了解了解……というところで
5032 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/10/21(土) 18:18:21.03 ID:5pMBmdfC
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


   ▼ 本日ここまで

5034 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/10/21(土) 18:22:00.73 ID:ADd89lOC
乙乙
アリスの発言もちょっと気になる
5036 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/10/21(土) 18:23:23.60 ID:st8H34np
                  , 、_  -ヘー―,イ´. ヾ 、
.              /   ,>匕ィ、_ `フ    ヽ ヽ
.             /  >'ー'´__二ニフ ',.   ヽ \
         /ァ=ァ'    _  -ーヲ  iト,  '., ヽ ` ,
.          ,イ/  i′   , -ー  ̄ ´ i、 i! i! '.,.  ', ',  ',        はい、というわけで……
       ,イ! l!ニ i! _, イ i i! !、   |マ | |. '.,  i! i  i
     ,イ三i| l!ニ i!;';';  | ||斗ヤ| ∨ ´「 マ¬ー-ト i i!  i!       本日のスカベンジャーはここまでです。
   ,イ三三ヲ! i!ニi!;';';  i个!i ! ', i! V  i メ/|マ  i!', i! i!  i!,
.,イ三三ヲ'´. ! l!ニi!;';';   i !| !| ',.|  ∨ | ,!∧! マ | ', |. |.  i',        うむ、相変わらず途中で集中切れる現象、厳しいね!
ニ三ヲ'´    | l!二i!;';'  i!. i!| ` ヽ!   V.!==ェュマ ! i! ! i ', ',ヽ
ヲ'´    ,'  i l!二i!;';.  i、|,ィ=≡ゞ  ヽ!       /. | |  | ヽ , ヽ.      そしてブレードライガーとの対決での成長が???+1だったり、
     ,'   i l!二i!;.   i!ヘ|              //! |  i! ヽ\`\
     ,'    i!. l!二i! ,イ!\'、  _,.-‐   ̄ ̄i /'  ,'i! i!. | !  、\',  \   今回プロトセイバーさんに仕合断られたりと、
    ,'     マ i!. 爪,ノi| ト、ヽ V   ´  - ′  / !| i!  ! iト、 \l\   `ー
             ゝ.ヾ二,ハ  ',、  `          <ト,i|.i,'  |',i=ミヽ  ヽ、`ヽ   見事に足踏みしている【刀剣】技能の成長……
.            ,ィ <ミミミト,. ∨>-   _ , <ミミゞュ !  l i!  ! ヽ、  `ー=、
_  ー   =./     ヾミミi!ヘ ∨ill  ℡ミゝ_ィニ彡 「il彡  i!',}  | i  !ヽ、     ……い、いやね? 特化技能習得に関するフラグがね、立ってないからね?
                   ヾ! !ミゝill. |!   |    i| ill |,ィ―'――i ,'  /i  /
                  /j | i! ill         illl i'  ゝ、_  ∨、 / !/  ,ィ お陰でなんというかこう、それ関係のイベントを起こせないというか……
.              /   ,' / ,ィij           ,illl、>'´ ̄´    l!ニト\/ ,イ/
                 ノイヲ',==ュ、. i|i  ,ィ==ュ</|イ ̄ ̄ ̄  l!三i|ミ!ヽノ  だってフラグ立つクエの前提クエ、ずっとスルーされてるんやもん……
  ゛'' ‐-  ,,_.      、  ヽ )>/ゝ¬ミヽ!|i,ィヲ'¬ヾi/li| ゝ――  i マニ!ミ!. ト、
- .....,,,,__         \  ) >ニ>   `.|ll|゙´  ,ィ//メ、 ゝ- て´  マiミ! | \
5038 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/10/21(土) 18:26:09.18 ID:ADd89lOC
やっぱ弟子入りせんとあかんのかな
5039 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/10/21(土) 18:30:18.76 ID:nOqNdQDJ
                ___
            〃`<    __ `
          _/ __        __  ヽ  \
.           // /:           ,  ′  ヽ
         // /    .!        ′  ,      ともあれ皆さん、お疲れさまでしたー。
           ′′ i__/| ! ト   ',  ,   ′
        i | i ´| l.¨! :| :| ¨',‐-.| i   |   i  次回の投下は……すまんな、今夜はスレ主、ゲームやって遊びたいんだ。
        | l | 小.! Vヽ i  ', ト .|   |    |
          И i .i ==   ` __.V .リ:   |    !  というわけで、明日か明後日の夜にやってきますよー。
         | V        ̄` /    |    ト.
         | 人          7   |     〉 え、明日の昼間? 昼寝します(ぉぃ
            ,|   > _ ー '  ィ'|         、/
        /:i/\  |  :i≧r  //  / /      \ wikiのページ作成も滞ってるし……ぐぬぬ、二、三人くらいに分身出来たらいいのに。
             ヽ | /├|==/ / / |/    ヽ   ヽ
        \  /.` / :├|*/{ 'イ: : : : ヽ   i }      >>5038
.            ヽ { i l : :├|/yヽ  ヽ/: : i  /  /
            } V、 | i: :.|。!/: : }  }: : : : | /        うんにゃ、スレ主的にはどっかの流派に弟子入り的なのは考えとらんよー。
         /   ゝ: !: :|。!: : /イノl: : : : :i     {
        /     !: :|: :|。!: : : : : : i ノ: : :!    、     実戦と実践で、示現流や軍隊剣術の混じった我流剣術を
           イ  |: : l :|。|: : : : : <.: : : : :i      \
       i / !  ′ :V.-! : : /: : : : : :人  i    ヽ 一つの極地に昇華していく的な感じでこう……ね。
.        V    /: : : : V、>/: : : : : :/ 〉  :l   l
                                  あれだ、スレ主的に剣術ライバル枠とか出して、そいつと高め合う的なのを想定中。
                                  というのを過去の雑談でも言ってたはず。
5041 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/10/21(土) 19:14:34.09 ID:ujtViC/c
乙!
5042 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/10/21(土) 20:47:37.27 ID:1nXpNXxN
オツ
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://yarucha.blog.fc2.com/tb.php/3860-1b5deeda