やる夫はVRゲーレベルカンスト暗殺者のステで異世界入りしてしまったため苦労するようです その23

565 : ババコンガ ◆Ff7nWZGtso [sage] 2014/01/14(火) 21:16:40 ID:beyBmZk2

               ____
             /      \    「やる夫はVRゲーレベルカンスト暗殺者の
           / ─    ─ \              ステで異世界入りしてしまったため苦労するようです」
          /   (●)  (●)  \
            |      (__人__)     |
          \     `⌒´    ,/
          /     ー‐    \
568 : ババコンガ ◆Ff7nWZGtso [sage] 2014/01/14(火) 21:17:32 ID:beyBmZk2

  ― 地図 ―


             ↑ 地方都市


                  ●やる夫の屋敷

          シンジュウ区
          ■■■■■■
          ■■■■■■
          ■■■■■■
          ■■■■■■
          ■■■■■■
          ■■■■■■


           狩場

             △やる夫現在位置



             ★暴走モンスター
576 : ババコンガ ◆Ff7nWZGtso [sage] 2014/01/14(火) 21:28:56 ID:beyBmZk2

         ____
       /     \
      / \   / \      『やる夫はモンスター達へ、正面から向かった。
    /  (●)i!i!(●)  \
    |  u , (__人__)    |      無策である。ただ、足止めという目的だけで走っていた。
    \    .`⌒´    〆ヽ
     /          ヾ_ノ    賢明な行動が、正しい結果を生むとは限らないように、
    /rー、           |
   /,ノヾ ,>         | /    この時、この愚考がやる夫を「ソレ」へと導いた』
   ヽヽ〆|         .|



               ____
             /      \
           / ─    ─ \     (……あれ? ……なんだか、変じゃないかお?)
          /   (●)  (●)  \
            |      (__人__)     |
          \     `⌒´    ,/
          /     ー‐    \
578 : ババコンガ ◆Ff7nWZGtso [sage] 2014/01/14(火) 21:33:01 ID:beyBmZk2

                ,-―――――――‐-、
        ___,-―'´ィ≦三三三三三三ミ、 ヾ、ィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィ,
      , ´   ≦三三三彡'´      `ヾ≧=-‐              `ヾミ、_
   ,ィ≦´                        ィイイ               `マ
ヤ^ーゞ'  ,====ニ彡               シ´                    マ
`゙゙゙゙゙゙゙ヘフ´       : : : ::::::::::|   /:::    /      ヽ::: . .              マ
 ャャイシ ____ : : : :::::::::::l   ヾ::::: : :   l       l:::::::::               ヽ
 キキキル'´      ヽ_:::::::::::::::ヽ、_  l:::::::::::::::::|       |::::::::::::               {
  `ー'´          ( ̄ヽ:::::::::::::) |:::::::::::::::::::\     (,-tjtj´"¨"¨"¨"ゞ、:::::::::::::::: : : : : ',
                  ゝ::::|`ー-/ /_::::::::::::::::::::\     \        "`ァャャャ: : : : : :|
              /:::/   t__j |:::: ̄¨フー、,-‐ヽ     |          7 弋 : : /
              ヾァ     ママ .\::::::::ヽ     `ー、   |         7   7::/
                         `7::::{       .|  .}        シ    7/
                          ):::::ト       ノ  .|       メ    イ´
                          寸ム      〈    .|       ム__メ、
                           \彡     ス   |
                                 ムムハノ
                                    `´

  『望遠鏡の類があれば、あるいはこの距離まで近づかなくても分かったかもしれない。

   しかし、ソレがなかったため、今の今まで気づかなかったが。

   先頭を走るモンスターと、ソレに続くモンスター。明らかに、違いがあった。それは』














            :,:           :(::)
            /⌒''⌒) :,,゜      '         ,,,,,,,
           (:::::::::::::::!'                 (::::::)      『先頭を走るモンスターは、他のモンスターから
           ヽ::::::::';'''                 ''``   。
           τ'::/ .;:                           攻撃されていた。にも、かかわらず。
            )/
         。            '  、       ;: 。        先頭はひたすら、町へ向けて走っている』
                               `'''`~''・    ' `
     f''`⌒(     ,,,,               !:(',,,,、              ::,,,,,、...
     ,!,,,、(     /::τ             ノ:::::::::::::::::)          。  !::::::::::`! 、
 :.、          !:::(     ノ::`!   o   (::::::::::::::::::τ            (:::,,;,;,、; 。
       ゜     (/      ⌒・ .   ・、;::::::::::::;;.;`` ''
     ,,、..   //   ノ'          //'''`'`'` `       ..,,.. _,,,.、 ・         ,, ...:・..
  π /;::::::::(,.,.(;;;::::(   ,,.,  ・っ                    ;,;;( ):::::;.    c::── '`'''::::::::::;''
   ):::::::::::::::::::::::::::/  '''''`   `        '`                     ⌒ ` !.:::τ'' ``
 τ !::::::::::::::::::::::::::::)/,,,,, γ               :'`'``:!
   (::::::::::::::::::::::::::::冫 `'`'    、,:'::::::`:::,,,,        !:::::ノ         ・
 :::':'::::::::::::::::::::::::::::;(,,,,,,,、:::::::-ー''''`'`''''''''"
582 : 普通の名無しさん [sage] 2014/01/14(火) 21:34:41 ID:0z5VTQww
ペジテが持ってきた王蟲の幼生的なサムシングか?
583 : 普通の名無しさん [sage] 2014/01/14(火) 21:34:46 ID:NIxXVG/s
何かの仕込みか?
584 : 普通の名無しさん [sage] 2014/01/14(火) 21:36:51 ID:IyWNvxRs
仕込みっぽいなぁw
586 : ババコンガ ◆Ff7nWZGtso [sage] 2014/01/14(火) 21:37:51 ID:beyBmZk2

               ____
             /      \
           / ─    ─ \     (ん、ん? あれは……つまり……操られてる?
          /   (○)  (●)  \
            |      (__人__)     |    ゲームでも、モンスター操って、殴り合わせるやり方があったけど
          \     `⌒´    ,/
          /     ー‐    \     ソレと同じ?)



      ___
    /       \       (で、何をどうしたかわからないけど、先頭のやつが、
   /          \
 /   ノ  ヽ、_    \     周囲のモンスターのタゲとって……町に、突っ込ませようと?
 |   ( ●) (● ).     |
 \ l^l^ln__人__)     /     って、こーとーはー……)
  /ヽ   L⌒ ´
      ゝ  ノ
590 : ババコンガ ◆Ff7nWZGtso [sage] 2014/01/14(火) 21:40:20 ID:beyBmZk2

         ____
       /     \
      / \   / \
    /  (●)i!i!(●)  \     (正面のヤツを止めれば、暴走も止ま……)
    |  u , (__人__)    |
    \    .`⌒´    〆ヽ
     /          ヾ_ノ
    /rー、           |
   /,ノヾ ,>         | /
   ヽヽ〆|         .|











      / ̄ ̄ ̄\        (いや、だめだ。止めると、先頭のヤツが死んだ後、
   γ⌒)      (⌒ヽ
   / _ノ ノ    \  \ `、      モンスター共が無差別に暴れる……こんな、町に近い場所で!)
  (  < (○)  (○)   |  )
  \ ヽ (__人__)   / /
595 : ババコンガ ◆Ff7nWZGtso [sage] 2014/01/14(火) 21:43:34 ID:beyBmZk2

     ____
   /      \      (止めるだけじゃ、だめ……
  /         \
/           \    あんなふうに操られてるんじゃあ殴ってタゲを取ることも
|     \   ,_   |
/  u  ∩ノ ⊃―)/     でき………………)
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /



























          ; ____;
         ;/      \;
        ;/   /   \\;     (あ。……あああ、ああああ。あ、ある。町を、救う、方法が)
      ;/   o゚((○) ((○)゚o
      ;l        (__人__)   |;
      ;\     ` ⌒´   /;
      ;/             ヽ;
601 : ババコンガ ◆Ff7nWZGtso [sage] 2014/01/14(火) 21:46:38 ID:beyBmZk2

      メ ,, -──- 、._\       『その方法ならば、町にモンスターはいかない。しかし、
    メ/ u    ゚ 。 \\
  / /    ノ  ヽ、   \\    間違いなく、己の身が危うい。恐ろしい。ソレはとてつもなく恐ろしかった。
   ! |  o゚((●)) ((●))゚o  |
  \\    (__人__)   /く<    出来うることなら避けたい。危険を避けるのは生命の本能。当然の気持ち』
   ノ メ/   ` ⌒´   ヽヽヾ



          ____
        / _ノ ヽ_\      『だが、とやる夫は絶望と恐怖に震えながら思う。
       / ∩l^l^lnnl^l^|\
     /  。ヽ   ∥  ノ \    自分はできる。できてしまう。他の誰にも出来ないが、自分は
     |   /   人   l   |
     \ /   /|ii!i!|\ \/    それができてしまう。そして』
.      |    /. |;;;;;;|  \ |
            `ー´
607 : ババコンガ ◆Ff7nWZGtso [sage] 2014/01/14(火) 21:49:31 ID:beyBmZk2

┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━
┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━
                ___   -===‐-
               }  i〔-‐==ミ  \ \
                 _,/  | \   \:_.  乂 ___,
                {  j/ 八 \j≧=ミト、: : : :、: : 〔
              } / /仝=-く沙'^Xハハ: : : :}: : ハ
.             / /汽iト、     i{  }ハ!|: : j/: .
             // }; 小       乂___八:{V: /       『守りたい人達がいた』
.            { }∧ ハ  '' '’    r┛ ≧=ァ
                乂}  \ }\    : :{__: :ア´ ̄`丶、_
                    \  ̄)ハー1/:jレ       }/
              __,, -‐: : 7: : /: イ[__/ 7⌒\  ./\
.              < _____j」L -=≦ |:7 ′  /``丶 /__
            _,,   '゙        }_i{_/    ;       、
          //           〔__/    {  _    {
          /  { . : : : : . .      く__Y     }: . . . . .  {
        i{   : : : : : : : : : .   / 」L」j____,, /.  . . . . . .{
        :.   : 、: : : : : : : /\__/‐- ミトミ--=ニ ,,__,: : :{
       __公x.,___: :\__,,  -‐==¬: 〈\    \j」ニニニ=-



           /_,, ノ/  〈/``丶、  ̄”¨К
          / |      }\ 、 \   {/
            / , |      }  V \ \  ,
.          |i {       ハ  〈   __  ,  ′
.          |i { j:′   /{_{  !「\ } ′   ,
.          /  v′   ィ爪.「\ ハ{__ハ} }    ′
         {  〉/ /  ハ k」L }/ ^⌒7 ′   } .,    『いとおしい人達がいた』
.          \// /  {x<^   ‐- 、  }/.  }  ハ |
.         ;八{   {, ≧=-  __' /イ / / / }′
            / , \   {   「    ’ /」/ / / /
.       / /// \乂Z.|ト  .,_/// / /
        } /イ{   /小 |i   }ニア /{ /}} __
.        /\ |.{___ j// }|   ニ / { { {-‐ ⌒ヽ
       ((  /-‐=¬   /   ニ {  \{      ,
         \ { / { r‐==彡x xく  -=ミ、  \    ′
            「{  ー=彡  /   〈 ー--‐   /
┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━
┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━
610 : ババコンガ ◆Ff7nWZGtso [sage] 2014/01/14(火) 21:51:55 ID:beyBmZk2
┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━
┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━
                                       / :::::::::::::::::::::::::::::::::: /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧
: : : : : : : : : : : : : : : :>                     .    /:::/:::::::::::::::::::::/ ::::::/ ::::::∧ ::::::::::::::::::::::::::::::::::: /::∧
: : : : : : : : : : : : : : : :.\                         ::::/:::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::/  、 ::::::::: |:::::::::::::::::::::::::::::::|
: : : : : : : : : : : : : : : : :ヽゝ                        |/| ::::::::::::::::::: ::::::::/|::::::/    '、:::::::::|::::::::::|:::::::::::::::::: |
: : : : : : : ,ィ: : : : 、: : : : :ハ                         | ::::::::::::::::::::| :::/ :|:::/      、:::: |::::::::::|:::|::::::|::::::::|
: : :/}ィ/i:N´}ハ/ヽ : : N                         l ::/:::::::::::::/|::/  |/       \|\ :::|:::|::::::|::::::/
iィ/i:i:i:i:i:i/   \, V}/                          ∨ハ:::::::::/¬トk,,,_          _,,,>¬∨::::/ ::/
i:i:i:i:i:i:i/    トミ  }                             「ハ::{ 灯芹卞r≧''   x≦芹卞汀 }:::// }
i:i:i| ̄       ` -゜.〈     『仲間達がいた』              } ∧{ ゝ乂,,ン ` ::l   ´ 乂,,ンノ }/イ }
ヽ」.            ∨                              ハゝ  `¨¨´''"  |  `' `¨¨´   '  ,ノ
            ∨                    .          \ 、       j            ム /
             r ´                              ゝヘ                /-'′
.        r-、 _」                                   、       ` ´      /
   \ .     `'}                                   _ゝ    -─ ─-    .イ_
    \    /                                  /  iiiii|\     ー     /iiiii、 \
    /´.>-'                                  /   iiiiii|  丶     /  |iiiiiii、
   ./                                      /   iiiiii|       ー    / |iiiiiiii|   、
                                        /   iii/         /  \iii|    \
                                  .       /∧    「                  |   ∧ }
┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━
┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━
612 : ババコンガ ◆Ff7nWZGtso [sage] 2014/01/14(火) 21:53:43 ID:beyBmZk2
┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━
┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━

           /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::/::::::::::::::::::::::::\
.          /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ::::::::厶ミト::::::::::'. :::::::::::.
         /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i::::::/ j:::::::′   ` ー=ミ'. :::::::::::.
        ::::i:::::::::::::::::::::::::::::::::::jl::|i:::′1::/         |i::::::|i::::i
        i:j{:::::::::::::::::::ji::::::/|八|イ| __jハ{__         |i::::::|i::::|
        |八:::i|::::i:::i//⌒ヽ..|  |   ___―`丶.,__,j    }i::::::|i::::′
              リi::i|::,...{  ハ |/    弋赱 ¬ノ  入__ji::::/}:/
            |:i|/....、 い         ̄     {赱ァ'::://リ
            {八.......\__             :、/ハ′
              }....../  {                / ′
              }- ′   、             /
            __/_____ \       ´  ̄
         r===ニニニニニニニニニ==--  __   /
        /ニニニニニニニニニニニニニニニニニニ} __/
       __/三三二ニ=- -=ニ二三三三二ニ=--- 、
    /ニニニニニニニニニニニニニニニニ=- -=ニニニニニニニ二\
    |ニニニニニニニニニニニニニ=- -=ニニニニニニニニニ二二二\
  __jニニニニニニニニニニ=- -=ニニニニニニニニニニニニニニニニ二∧
 /ニニニニニニニニニニ=- -=ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ二∧



                         『友人達がいた』
613 : ババコンガ ◆Ff7nWZGtso [sage] 2014/01/14(火) 21:53:54 ID:beyBmZk2



                                  //  __ノム__,,,,,
                                 / / /:::::::::::::::::::::::::::/
                                 >‐乂::::::≧x::::::::::::::::::::::::≧s。_
                                ム:::::::::::::::::::::::::::\::::::::::::::::::::::ヘ ̄
                                |:ヘ:::::::::::::::::::::::::::::::\:::::::::::::::::::ヘ
                                |:::ヘ:::::∧::::::::::::::::::::ヘ::::::::::::::::::::::ヘ
                              .  /:::::::ヘ:::{ニ、:::ム::::::::::::::ヘく::i-‐ ''::}   _ ,,... -───、
                               //}:::::∧{!√ヘi‐}:ハ::::iムヘ:ム   |::;。r≦          Y
                                 |::ノ ゝ'    ! ヘ::| r〈≧',   |           ___」
                                 |/ヽ.        ><   ',  |           |─┤
                                   ヘ r‐''ツ  /       }  }            ̄"`\
                                    ', ̄_/"》 //   ,'  ',                    }
                              .      ´/ヾ  `ヾ ,,-‐--マ_ (                    ,'
                                   く⌒ヘ::::::::))/   / /"'' ‐- ,,..___          /
                                   ヘ.   ヘ:::::/    / /         ≧s。.     /
                                    ヘ 〈:::/    {  {               ̄ヘ
                                     ゝ、/     |  |                ヘ
┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━
┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━
615 : ババコンガ ◆Ff7nWZGtso [sage] 2014/01/14(火) 21:57:36 ID:beyBmZk2

       ____
     /      \     『彼は英雄ではない。物語の主人公ではない。タダの学生でしかない。
   /  _ノ  ヽ、_  \
  /  o゚⌒   ⌒゚o  \   だけど』
  |     (__人__)    |
  \     ` ⌒´     /



               ____
             /      \
           /  \   /  \    『覚悟を決める理由は、十分に足りていた』
          /   (●)  (●)  \
            |      (__人__)     |
          \     `⌒´    ,/
          /     ー‐    \
616 : 普通の名無しさん [sage] 2014/01/14(火) 21:58:58 ID:SqaQmBwc
覚悟完了
617 : 普通の名無しさん [sage] 2014/01/14(火) 21:59:20 ID:0z5VTQww
やる夫「当方に迎撃の用意あり」
618 : 普通の名無しさん [sage] 2014/01/14(火) 21:59:30 ID:ZhSwG5VI
英雄に成るんじゃない
英雄に堕ちるものだ
633 : 普通の名無しさん [sage] 2014/01/14(火) 22:19:48 ID:mdmRO5Vo
やっぱり、人為的な襲撃でしたか、
ただ、そうすると、ザイゼンの目的が見えないんだよなあ、
このままモンスターに町を壊滅させられたら、
「価値がなくなる」のに、そこを売っても意味がないと思っていたんだけど
だから、人為的か偶然かわからなかった
638 : ババコンガ ◆Ff7nWZGtso [sage] 2014/01/14(火) 22:27:04 ID:beyBmZk2
ザイゼンのメリット? 金その他もろもろで買収されました、まる
641 : 普通の名無しさん [sage] 2014/01/14(火) 22:29:20 ID:DavvgZeM
そういえば、町にいるはずの新人班のうちでスグハだけ出てないのはなんで?
642 : ババコンガ ◆Ff7nWZGtso [sage] 2014/01/14(火) 22:30:02 ID:beyBmZk2
まだ描写してないだけだべ(目をそらしつつ
647 : ババコンガ ◆Ff7nWZGtso [sage] 2014/01/14(火) 22:34:29 ID:beyBmZk2

                          ____
                        _/      \
                   /./          \
                  /./  \_   _/  \
                _,イ __|   ( ●)  (●)   |     『それからの行動は、
                   {__  イ´ \    (__人__)   /ヽ
                    ゙´    ` t──‐ ,イ´ ⌒ /  .i     まさに風の如し。
                    / iー -  {    ./   {
                       /   .、.   .}   ィ'    ヽ     よどみなく、舞う様に。
                    __ノ     ,ヘ.  i   .i    ∧
                   /    >'´   ̄}   .{、    ∧     瞬く間に行われた』
                   /    ./´      .i   } ヽ     .i
               /  .,/         i   i   {ヽ..__/
               /   ∠              i   i   ヽ._}
           {_____ノ         __,ノ   i
                            '‐‐{_エ_}_)つ
648 : ババコンガ ◆Ff7nWZGtso [sage] 2014/01/14(火) 22:37:46 ID:beyBmZk2

                ,-―――――――‐-、
        ___,-―'´ィ≦三三三三三三ミ、 ヾ、ィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィ,
      , ´   ≦三三三彡'´      `ヾ≧=-‐              `ヾミ、_
   ,ィ≦´                        ィイイ               `マ
ヤ^ーゞ'  ,====ニ彡               シ´                    マ
`゙゙゙゙゙゙゙ヘフ´       : : : ::::::::::|   /:::    /      ヽ::: . .              マ
 ャャイシ ____ : : : :::::::::::l   ヾ::::: : :   l       l:::::::::               ヽ
 キキキル'´      ヽ_:::::::::::::::ヽ、_  l::::::::::::::.         , |::::::::::::               {
  `ー'´          ( ̄ヽ:::::::::::::) |:::::::::::::::.     ,/ (,-tjtj´"¨"¨"¨"ゞ、:::::::::::::::: : : : : ',
                  ゝ::::|`ー-/ /_::::::::::::::::::::\ i!    \        "`ァャャャ: : : : : :|
              /:::/   t__j |:::: ̄¨ .     i!{     |          7 弋 : : /
              ヾァ     ママ .\::::::::.      {し'{ ,/i!  |         7   7::/
                         `7:::.     ∨V i! .}        シ    7/
                          ):::.       \ j/iハ       メ    イ´
                          寸ム      〈 `< レ'しヘ、    ム__メ、
                           \彡     ス   ≧= _≧
                                 ムムハノ
                                    `´

  『まず、先頭の足を止めた。あっというまに、後続のモンスターたちの牙が、爪が、

   操られていたモンスターの肉を削り血をあふれ出させる。致命傷を負うまで、

   時間はかからなかった』
650 : ババコンガ ◆Ff7nWZGtso [sage] 2014/01/14(火) 22:40:54 ID:beyBmZk2

           ,!  ,!     ____ ヽ.ヽ
           ,!  .!    /     \  ヽヽ
           |  │  / /        \  ヽヽ
          │  .!   ' (●)      \  ヽヽ
              |   ! (l、__)          |   i i     『そして、その僅かな時間で、
              |   .!  ⌒´         /    i i
           l    !  `l         〈      i i    やる夫は群がるモンスターたちに攻撃を加えた。
              l    l   l  r  、  i  \    l !
           │   l   |  ヽ  ヽ |\ \    l|    全力である。もてる全ての知識、技術を駆使し、
            !    l   |   〉  〉 |  \ \ /\
               !    .!  |  /  / ハ ≦(_ノ]二二フ  モンスター達に攻撃を加える。
                !    .! / (_ノ ノ ヽ
             l   ..l,    /\   \          ……だが、倒せない。この程度で倒せるならば、
              l (  .l, <´    \   \
              l  \  l ヽ     \   \       危険領域で生きていけるわけがない』
               l.   >.l  }      ヾ   j
               l. ゞ、_.l´        }  ,イ
                   l    .l,        し´
653 : ババコンガ ◆Ff7nWZGtso [sage] 2014/01/14(火) 22:44:01 ID:beyBmZk2

                       i^ヽ ry、
                       | , ヾ_| ヾ_i´ヽ _
                   ,へ斤ー<_k ´ | へ|ヾi!
                     ヾ/ ゝ   ゝ `ヽト、 /|, |ゝ、,∧
      , ヘ、          __/   ゝ  { `{、∟∧|,、ノ i/ ,∧
 rーへ´  \ヽー-ィ´⌒`ヽ、     ゝ  {  く|_/ ∨ ゝ´r-、,i、       『モンスターたちの敵意が、やる夫に集まる。
ふ、 \ヽ  \ヾ、{/`´ヽ、_ヽ      ゝ {, └|__ヘ|/ /´ヽ.ヽ ヽ /!
ゞ ヽ_   \ヽ  \K r'´ヽ,  ̄`ヽ、  `ゝ{,   ,、__,|__/  `゚ヘ,ゝ ̄ /    これこそが、町を救う方法。
ゞ\ヽ___  \ヽr'´イ |   i_,へ,   |     `Y__/L_l./ヘ/{   ∟__/
へゞ<ゝ ̄´⌒’ヽi|  ,l!r-、!   }  ,〉     /__ゝ_∠〈    く!ー´\    自らがおとりとなり、町から離す。
    ソ⌒ヽ,   _|  lL|  !}   {.r=/    ,∧     `[     /ーソ、.\
   ,/   /`⌒´ヽ ト_ヽ {/   ト!/    / ∧     `ヽ、 |⌒`ーヾツ   やる夫が思いついた、たった一つの
   / /{  .ノ   ヾ_ツ V'   レ'  _ノ   |       `ヽ|
  ,// /}  |            ,/      「                   冴えたやり方』
  ´ /    {        i     /!       ノ
  /'      ,}       { ___/ /      {'´
, ´      {  ,ゝ _ ト、   { ,k    |
          ` 、 r=ゝ Y`ゝ  ∨  k `ゝ、
             `ー`='!ソ    ヽ、_∟f升}
654 : 普通の名無しさん [sage] 2014/01/14(火) 22:44:36 ID:FVcuSm7A
うわあ……
655 : 普通の名無しさん [sage] 2014/01/14(火) 22:44:49 ID:Sk.8cN0U
たった一つの冴えたやり方は心中フラグじゃないですかー!
656 : 普通の名無しさん [sage] 2014/01/14(火) 22:44:56 ID:qWWWxJ4s
たった一つの冴えたやり方はあかん・・・
657 : ババコンガ ◆Ff7nWZGtso [sage] 2014/01/14(火) 22:46:11 ID:beyBmZk2

                                            /    ._..-‐'"         /  ,.ツ..、
                                      _/゛ ._..-'"゛           /  ,/./ ./
                                     ,,, /    ./              / .,r'"/ /
                                 /     ,..‐′              / .,,;;彡'゛ ./
                               /    .,..-'´                /゛    _..-"
                             /    ,/゛                 /    ._..-'"゛
                              /     /               ,/  ., /
                           _/゛  ,.. ,,‐゛            _/.l-゛  . /
                     _ /    /                 ,/゛    ./              ,..-''"
                     _ /    . /                 /       /            ,..-″
                ,..-'"     ,/            , ‐'´      /           ,, -‐'´  ,..〃../
                _..‐″    .,..-'″            /       ./           /    .,/ ././
             ,/`゛    , /                  /       /         . /    ./  〃
           /     _/´              / '"       ./          /     /    /
          /     /                  /       _..-- ,./         /     ./
       /    ./              /      .,..‐″           ,- -'゛   ,、 /
     ./   ., -/            _..-"     . /          /     .,/゙,レ゙
  ,、r'"   /           ,―‐'″      ./             ,/     ./  i″
../ ゛  ., '''"              /      .,.. 、  /            ,/´     .,/   ."
゛   ./           /      _/  シ'゛         /    _..-、 /
  ./              /     ./                _/ ̄ . /   ″   『怒れるモンスター達の攻撃が、
/              ,/    . /                _/゛  .,/゛
           /     ./゛               /   . /            やる夫を襲う。
         ,/    /                /   .,/゛
      ン‐'゛     ./               /  _..-'´                生半可なスキルによる行動など、
   _ _/      . /              _,,/  .il゙
 ./  .,,,,,..イ′ . /          . /     /                    看破、突破するのが危険領域の
'"  .,/゛ / _ /           ..../   . /
..,/゛ /. /             /    /                        モンスター』
662 : ババコンガ ◆Ff7nWZGtso [sage] 2014/01/14(火) 22:51:06 ID:beyBmZk2

                                _
                   __           /´  \
                  /´     ̄ \   , ==''´      \
                    /   /      V´       ., -ヽ -‐‐ヾ
               |   ./             /  .{.| .}..} リ
               i、::::::/○ )          \   .`  ̄
                    ヽ(入___)               \
                  ``⌒´ -‐ <........        ヽ
                    r=y‐、\::::::          \
                       {二{丿i ̄ヽ:::::::.         \
                     ゞニ==ー--〉::::            \
                          /       、        .\
                            /     ./`=、      .\
                        /     ::/    `=、       \
                           {     ::''=,,     `=、       .\
                        \    ::::::''=,,      `=、     .\
                               \      ::::''=,,      `=、      \

  『やる夫は避けた。己の全てを出しきって、避けた。この世界に移動させられた、数多くの

   転移者達。やる夫は、今、その頂点に立とうとしていた。彼ほど、己の性能を使いこなせた

   者はいない。心理的リミッターが解除され、レベルシステム、否、

   「成長式生体強化システム:エヴォリミット」による恩恵の全てを発揮していた』
663 : 普通の名無しさん [sage] 2014/01/14(火) 22:51:58 ID:2S4u6hB.
階段を登っちゃうのかw
664 : 普通の名無しさん [sage] 2014/01/14(火) 22:52:31 ID:9IlxPVmI
おい、なんか螺旋階段が出てきそうな単語が出たぞw>エヴォリミット
667 : 普通の名無しさん [sage] 2014/01/14(火) 22:53:40 ID:0z5VTQww
なんだその愉快な名前のシステムは。
668 : 普通の名無しさん [sage] 2014/01/14(火) 22:54:45 ID:ZhSwG5VI
エヴォリュダーにでもなる気か?w
669 : ババコンガ ◆Ff7nWZGtso [sage] 2014/01/14(火) 22:55:19 ID:beyBmZk2

      i..:::/  ',      ` ー ' , - ──ァ - 、',:::ヽノ \:::',ノ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\  \:::::l
      !::/   ヽ 、         / ...:::::::::/ Z´  ',ヽ::::', ノ ヽ::i \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ    ヽ:l
      l:;'      \       ,'..:::::::::/ 、 ___ノ::/';:::i   ';:l   \:::::::::::::::` 、::::::::::::::::::::::::::::::',     !
     l          `   、 _ i.:::::::;:'   ,':::::::::';:/ーi::::l   リ    \:::::::::::::::::::\:::::::::::::::::::::::::i
       l             l::::::/    i:::::::::::::ヽ l:::/         ヽ:::::::::::::::', \:::::::::::::::::::l
        ',       ,  -rー '´l:::/     ';::::';:::ヽ::〉ノ             ' ;:::::::::::i   \:::::::::::::l
           /: : : : : ',   l:/      ヽゝ‐'´                 ';::::::::l    \::::::::l
           ,': : : : : : : : ',ヽl;'         \                ';::::;'      ヽ:::::l
           i : ヽ: : : : 、: :ヽl    ,  -‐ ' ´: : \                   i:/        ';::l
              '; : : '; : : : l` ーl  /; -: : : : : : : : : : :ヽ             ノ         ';l
               ヽ: : i: : : l     ̄/ : : : : : : : : : : : : : ',                           !

  『ネクストライフオンラインが、プレイヤーのデータを収集し、転移時に強化を施す。

   いくらゲーム内で無意識下に訓練を施していたとはいえ、早々使いこなせるものではなかった。

   しかし、やる夫はソレをなした。激しい戦いの中に身を置き続けた成果が現れたのだ』
679 : ババコンガ ◆Ff7nWZGtso [sage] 2014/01/14(火) 23:01:02 ID:beyBmZk2

  ~ ''' ‐- . ,__              _ . .-‐ ''' "
            冫           _ - -     - - - -
 _ ,,.. -‐ '' " ,  '"         i`     - ._
       ,  '   ,'            ` 、    " - .._
    ,  '"                _,,..--'- .._ `     " - . _
 , '"   , "  /_ ___,..-'''""`、 /      ヽ   ` 、  `
     ,     (____    / ヾ、   /' 、ヾ` 、   ` 、  `
    ,     ,'  ,'    \   i ゝ○;、 ,´ ○,;  i  `
   ,     /         \ ゝ "(__人___)  /     、     ` 、
  ,        ,'  '       \|ゝ、 `⌒´  /ヾ 、    ヽ
   ,   ,'  ,    ,―――――{          ヽ  、      、
  ,   / , ,'  ,' i       -ヽ     ,,ー、_  ゙''-、   、
            ヽ、       ヽ、    i       i
              ´~"''‐- 、..,,,_     ゙-ー-----"
                    ゝ|゙、    /
                     /     /
                     /    /
                    /   /

  『しかし、それでもなお、モンスター達からの攻撃は熾烈を極めた。

   やる夫はそれでも避けた。猫の額ほどの安全地帯目がけ、

   身体を滑り込ませる。体格のあるモンスターの影に飛び込む。

   ほんの僅かな判断ミスが、生死を分かつ』
682 : ババコンガ ◆Ff7nWZGtso [sage] 2014/01/14(火) 23:03:39 ID:beyBmZk2





















               ____
             /      \
           / ─    ─ \
          /   (○)  (○)  \     『そして、避けられぬ一撃が、やる夫の身体を捉えた』
            |      (__人__)     |
          \     `⌒´    ,/
          /     ー‐    \
685 : 普通の名無しさん [sage] 2014/01/14(火) 23:04:03 ID:3ku6ZaQw
やる夫ォーー!!?
687 : ババコンガ ◆Ff7nWZGtso [sage] 2014/01/14(火) 23:04:21 ID:beyBmZk2
以上! ヒキ・ジツ! イヤー!
688 : 普通の名無しさん [sage] 2014/01/14(火) 23:04:27 ID:zmfxf7YE
…意図的にカニヘアーがやる夫をシンジュウ区に放り込んでないかって気がしてきたぞ
689 : 普通の名無しさん [sage] 2014/01/14(火) 23:04:59 ID:36sZ5tNw
乙 アイエエエッ!?グワーッ
713 : 普通の名無しさん [sage] 2014/01/14(火) 23:14:52 ID:lSIwiqQI
乙でしたー

この鬼引きwww
714 : ババコンガ ◆Ff7nWZGtso [sage] 2014/01/14(火) 23:15:16 ID:beyBmZk2

                       __
.                 ,......::::::::::::´::::::::::::::::::_,::≧=-..、
             ,...::::::::::::::::::::::::::::::::::>´,≧´:: ̄::`:::...ヽ、
.           ,.:::::::::::::::::::::::::::::, -‐´-‐´::::::::::::::::::::::::::::::ヽヽ
            /::::::::::::::::::::::::://´ ̄:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`.ヽ
.         ,';;i::::::::::::::::: /.:´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∨
          i;;;ヾ、::::::: /´::::::::::::::::::::::,- 、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∨
           |:::::::::`ー ´..:::::::::::::::::::,... ´/;,;,;`;,ー- _____, -ヘ::::::}
          i::::::::::::::::::::::::::::::::::/....., ヘ、,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,i::::::::,ヘヽ:i
         ',:::::::::::::::::::::::::::/...../    `ー────一´  i::::|
          ',::::r=i:::::::::::::/......./                 }:::リ
           ',/ ̄}:::::::::/......, '                  .ノ::ノ
.          ////j:::::::,'......_i                  ./::/
         ////´i ̄ゝ、......ヽ              r':::::ノ
.        //// ヽ\::::::::::::::::ヽ、            i:::::l′
.          ////.  ヽ \:::::::::::::::::\            j::::リ
         ////    ' , \::::::::::::::::::\         .ノ:::/
.        ////      .}   `ー──イ      , -‐'::/
       ////       ト、  `ー' / /} .|      r'  |-′
.      ////.         \・// .l i `l  / ,i l
     i l l |              `ー´  i_| ト-´__ノ.|__!
      l l l |               {H}     {H}
.    l l l |                     ̄     . ̄

 ・ネクストライフオンラインと「成長式生体強化システム:エヴォリミット」

 VR・RPGとは仮の姿。その実態は「成長式生体強化システム:エヴォリミット」の訓練プログラムである。

 生体強化とは、単純に表現するとサイボーグ強化のことである。ただし、その技術力は非常に高く、

 外見上は、生身の人間と見分けがつかない。機械的な違和感はまったくなく、ソレにより発生する

 ストレスもほぼないといってよい。

 「成長式生体強化システム:エヴォリミット」とは、これを段階的に行っていくシステムである。

 体内に「プラント」を仕込み、成長にあわせて強化していき、使用者の習熟度によって

  性能が開放されていく、というものである。

  この世界に送り込まれたプレイヤー、および、この惑星の住人すべては、このシステムの

  恩恵を受けている。
715 : 普通の名無しさん [sage] 2014/01/14(火) 23:20:32 ID:z.GPGwxw
…………えっ、サイボーグ?
716 : 普通の名無しさん [sage] 2014/01/14(火) 23:21:11 ID:PqPpvBuQ
ゲームで遊んでるつもりがいつのまにか改造されてた
ショッカーよりも恐ろしい恐怖を味わった
718 : ババコンガ ◆Ff7nWZGtso [sage] 2014/01/14(火) 23:21:27 ID:beyBmZk2
ゲームじゃないんだから、モンスターたおして能力があがるなんて、あるわけないじゃないですか。
719 : 普通の名無しさん [sage] 2014/01/14(火) 23:21:59 ID:tFpslHug
なんか変な樹の種とかじゃないですよね、そのプラント
720 : 普通の名無しさん [sage] 2014/01/14(火) 23:25:20 ID:NJ2L0hk2
死地を乗り越えれば体もそれに適応していくという……
721 : 普通の名無しさん [sage] 2014/01/14(火) 23:27:12 ID:CGMDKn92
天地無用って若い人知ってるのかな?
いや前からババコンガのには出てたが
722 : 普通の名無しさん [sage] 2014/01/14(火) 23:28:06 ID:/ANPWf7g
乙でした。
723 : 普通の名無しさん [sage] 2014/01/14(火) 23:29:24 ID:E.JK.Cxw
生体強化済みか、一番最短でも寿命が1000年な時点で問題有るよな。
精神も強化しないとおかしくなるらしいが、どこまでいじっているのかな。
724 : 普通の名無しさん [sage] 2014/01/14(火) 23:30:53 ID:gffumNzI
>>723
っ 壊れそうになるたびに自動修復・再構築
725 : 普通の名無しさん [sage] 2014/01/14(火) 23:32:33 ID:gPP.ahNY
ヘイ待て、『この惑星の』ってまさかあのカニさん、惑星一個丸ごとこのために原始の生命発生段階から整えでもしたのか?
726 : 普通の名無しさん [sage] 2014/01/14(火) 23:35:20 ID:OmW3zjcs
>>721
えるしっているか
今月の富士見ファンタジア  真・天地無用!魎皇鬼外伝 天地無用!GXP 10
727 : ババコンガ ◆Ff7nWZGtso [sage] 2014/01/14(火) 23:35:56 ID:beyBmZk2
いや。さすがに実験惑星とかではない。まずこの異世界、惑星があり、偶然(美星)発見し、

悲惨な有様だったが介入はいけないとそっ閉じしようとしたら事故(美星)により、

コレクションが落ちてしまった、というのが偽らざる真相である。

そしてさらにココから不幸(西南)が加わるが……まあ、それはまたあとで。
728 : 普通の名無しさん [sage] 2014/01/14(火) 23:36:16 ID:cw0ltxAw
>>723
真天地でだっけか?
遥照の地球妻が100年過ぎたあたりから精神が不安定になってきて延命止めたっての
729 : 普通の名無しさん [] 2014/01/14(火) 23:37:20 ID:6QlG6uzI
>>691
又懐かしいのをwやる夫はハイスピードタイプかw
あぁ、でもあれ最後はハイスピードとパワーのハイブリッドになったなたしか。
730 : 普通の名無しさん [sage] 2014/01/14(火) 23:38:04 ID:PCThsjA.
美星の万能っぷりよw
731 : 普通の名無しさん [sage] 2014/01/14(火) 23:38:16 ID:qWWWxJ4s
西南なら仕方ない
732 : 普通の名無しさん [sage] 2014/01/14(火) 23:39:21 ID:gPP.ahNY
天元突破クラスの幸と不幸がぶち込まれたんかいw
733 : 普通の名無しさん [sage] 2014/01/14(火) 23:39:22 ID:/lKLUnWM
美星と西南、混ぜるな危険
734 : 普通の名無しさん [sage] 2014/01/14(火) 23:40:06 ID:pw/kF5VU
そのコンビなら仕方ないw
というか美星母ならひょっこり掃除しながら現れそうだわw
735 : 普通の名無しさん [sage] 2014/01/14(火) 23:42:53 ID:cw0ltxAw
美星って鷲羽から何代目だっけ?
736 : 普通の名無しさん [sage] 2014/01/14(火) 23:46:02 ID:3ku6ZaQw
消防のころにアニメやってたからうっすら覚えてるけど
ほとんどないに等しい二十代中盤…

新刊出るって言われてもなぁ… 異世界の聖機師物語もシナリオの根底にそれあるって聞いて
視聴しなかったし
737 : 普通の名無しさん [sage] 2014/01/14(火) 23:50:21 ID:Sk.8cN0U
>>705
やる夫とカヤバだけとは誰も言ってなくね?
738 : 普通の名無しさん [sage] 2014/01/14(火) 23:52:10 ID:NJ2L0hk2
少なくともやらない夫が把握してる限りで激戦区の辺境にいるのはやる夫たちだけだな
739 : ババコンガ ◆Ff7nWZGtso [sage] 2014/01/14(火) 23:52:58 ID:beyBmZk2
転移者? 数十万人いるよ。惑星全土に散らばってるけど。この国には1000人というだけ。

確立の方よりは、あれだ。美星のせいにしておけばいい。
740 : 普通の名無しさん [sage] 2014/01/14(火) 23:54:25 ID:dnQlmo5A
数十万wwww
741 : 普通の名無しさん [sage] 2014/01/14(火) 23:54:44 ID:Sk.8cN0U
>>738
だから、やらない夫がすべての辺境をしってないと・・・って美星のせいならしゃーないなww
743 : ババコンガ ◆Ff7nWZGtso [sage] 2014/01/14(火) 23:59:44 ID:beyBmZk2
エヴォリミットシステムのこと。異世界から回収して自分の技術でフォーマットしなおした。

だって、そのままだと、色々不味いし。
関連記事
スポンサーサイト




コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://yarucha.blog.fc2.com/tb.php/3880-bac83747