できない夫は崩壊世界で掃除をする様です その2

8576 : 初心射 ◆nA.J2eAL26 [sage] 2015/04/29(水) 20:00:32 ID:EG7xXpYo
では、お粗末ながら初めて行こうと思います。
8577 : 初心射 ◆nA.J2eAL26 [sage] 2015/04/29(水) 20:01:05 ID:EG7xXpYo

                 /: : i: : :i: : :|∨: : : :.∨: : ム: :ハ   ∨ム. ‐-r   ヽ
                  ,': :i: :l: : :{: :.:|: ハ: : : : :.Ⅷ: : i: : :}    ∨ム\ゝ..,,.イ>
              i: : l: :{: : lマ:.:|: : ハ: : : : :Ⅷ:.:.l: : :i∨  r‐∨ム: .ヽイ´
               |: : l: :{: :.l Ⅵ: : :.}:l : : : }: : :.l: : :l .∨__{: : : : : : : :}
               |_{:_」マl  `}: : :,':.l: : : :} : : :}: : l: : : : : : : : : : : : :i
                 `¨}¨ }  'ー,': :l: : : : : :__,'}: : >: : : : : : : : : : :ノ
                      { ノ     レ' }=-‐ ´ ヽ レ´‐-===-‐: ;イ    _
                  └ヽ     ,': :,'    ヽ :ヽ: : : : : : 才   >´   \
                    `ヾ)   {: :.{      `マ‐--‐´  >´ /      ',___
                         ∧  {: :.{   __,,... -‐== ヽ>´   \      ト、,イ `ヽ   まずは御身の治療をさせていただきます
                  ,-‐,' ゝイ: :.{゙´∨  ___/       \          }   横になれる寝台を出しますので少々お待ちを
                     /  ;: :r'´:{: :.{/,'  /   _,イ    __ ,,,..    /,        ∨  
             { ̄ ̄ ̄ ̄,': :/ /{: :.{//{__ ノ  ./ { > ´   /__ヽ ノ/ム       }
               {      ,': :.{-‐'/{: :.{//ヽ、_ / r'´     //////////ハ    _ ノ
               >-‐==/: : ∧.//{: :.{ -‐      ∧ \  ,'///////////ハ    {
             /       , ': :, './{才∨ム         ∧   \ ト、///////////}    ≧x
              ,'      ,イ: :,イ/-‐= ∨ム         }    ``゙‐-∨//////,'!      ,'
             ‐-  才才 ´/     ∨ム       ヽ      /////////!     ./
            | /   /        ∨:ヽ       ヽ    //////////| `゙</
            , '    /             ∨ム   γ´ ̄ マ   {、/////////|、 ./
.          //     ,'               ∨ム  ./       マイ//≧ュ、/////.}<
.        /: :,'     {              ∨:ム/      {////////`777777}、
.         /: : {     ',                ∨:ム_ ノ ̄ ̄∨{///////////////,'
       ,': : :圦      ヽ              ∨:ム        {//////////////∧
.         ,': : : i 个     ヽ  >‐<_ ___ Ⅷ:ハ   / ̄ /{//////////////,'∧
      ,': : : ,'  {//≧=--=≦     ゝ_      Ⅷ:ハ¨´   //{////////////////∧
      ,': : : :{   |////∧_/-‐==ニ  7ニ77777.Ⅷ: } ̄ ̄///}/////////////////ハ
┏━━━━━━━━━━┓
  鹿角
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃  
┃  鹿角と名乗った自動人形は、説明を求めようとしたできない夫の手をそっと取り
┃  背中を支えながら、近くの壁まで誘導する
┃  不意に鹿角の手が青く発光すると、壁が横にスライドし中から寝台が飛び出す
┃  混乱するできない夫が寝台に乗る様に優しく補助する彼女と
┃  混乱しながら 乗ろうとしたら痛みが・・・ と目を閉じる彼。
┃  自動人形の完璧な補助の前に痛みなどある訳が無く
┃  乗せられたできない夫は、パチクリした目のまま
┃  棚から引っ張り出した治療キットらしきモノを広げる彼女を見続けた
8578 : 初心射 ◆nA.J2eAL26 [sage] 2015/04/29(水) 20:12:55 ID:EG7xXpYo

       __
     /二二\
   / ヽ/ / \
   | ヽ/ / )(●)   いや・・・あの・・・
.   | ゙ー‐'′  | |
    |   u. __´___ノ   「何でございましょうか?」
   .l^l^ln   `ー'´}
.   ヽ   L    }    これ極小機械郡の治療キット・・・
    ゝ  ノ   ノ
   /  /    \    「ご明察の通りであります、数分もすれば完治するかと」
  /  /       \
. /  /      |ヽ、二⌒)、
 ヽ__ノ

┏━━━━━━━━━━┓
  できない夫
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃  
┃  目の前の自動人形は敵ではない。それだけしか情報が無い
┃  が、それでも自動人形。というモノは文明崩壊前に作られた至高の一品だ
┃  それが目の前で完璧に作動して、自身の治療をしている・・・しかも鉄火場で
┃  それがどうにも現実離れしていて、彼は何から聞くべきかを思考した
┃  




  \//>x __      ト、
ト-- 、 ⌒V////> 、  |人
` < ////////////\トミ/> 、
    ` ー─=ミ //////\}///∧
          \r‐ミ/>ヘ>=┴-ミr‐ァ─-ミ
   {>─‐=≦\_r─}し ´        ´   7  ヽ、
   ∨//////_,厶ア´     /     /r 、 く
     \//≧=- 、{ / /   / :/    /'ヘ   ヽ \
      >─=ミ/∨ /    { /   :イ ′| | ト  ヽ  「えーと鹿角さんの持ち主は・・・」
      /⌒>//// ′.′ { 仄¨⌒刈 :′ | | | ヽ__j
.     /⌒>////, ′   :i守示ミト jト{ //^ソ l }ハ   私は出雲社が重力操作技術の搭載の為に
    /⌒>///   i |  i| トnぅ    仏ヘ / ハ ,   IAIに引渡された実験機です
   \/^゙く_,、_/| |  i| |       {h_jY^   } }   とは言いましても、この度が初回起動となります
      { 、__,.  トミト廴__ト{       ヽ 7   // /
.    八     ,   |  |          ′  /⌒′  先程言いました通り
       丶 -=彡'   |  |        ‘’  人_/      私の状態保存用の極小機械郡が経年劣化で作動しない為
        ` ‐--‐< |  | \     ,.ィ |         そして、何より貴方様の安全の為、起動致しました
      _      |  |   ` ト  イ ||
    > ⌒>\r‐=≦ |  ト、   :|:     ||
   (     人   ヽ _|  |_ 〉  |:_   ||
==ァう >──<⌒)ヘ八 ∨77V〉 ∧ 人 、
  `ーァ′   、   ア´ \ヘ V///∧ 〉ーヘ マ ヽ
 _ {       ヽ(      ヘ V////〉{    ヽ\}

┏━━━━━━━━━━┓
  できない夫
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃  
┃  気が遠くなる程昔に起きた事だ。
┃  だからこそ、その昔の技術が眠る場所を【遺跡】と呼ぶ。
┃  そこにお宝が眠っている事も知っている・・・が
┃  だからといって、納得は出来ても理解は難しい
┃  
8579 : 初心射 ◆nA.J2eAL26 [sage] 2015/04/29(水) 20:21:39 ID:EG7xXpYo

             / ̄ ̄\
            / `ー    \
.         (●)(● )  u. |  (数千円はするぞこの治療キット・・・)
          |  |    u  |
          l___`___     |   鹿角さんは・・・えー、その・・・・・・
             {         |    現在の外の状況は分かっているかい?
          {      u. /    それと・・・その。これからの事も
          __\     /リ 厂`'‐- .._
      / :  : :介ーz<__」// |: : : : : : :ヽ
       | : : : : ::〈 「`乂/  / 丿: : : : : : : |
      | : : : : : /: | {::::} / `7: : : : : : : :│
      | : : : 〈: :│ {::::l /. :/. : : : : : : : : |
┏━━━━━━━━━━┓
  できない夫
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃  
┃  まず1つ。聞くべき事だろう事を聞く。
┃  文明は崩壊し、世界は分裂し。今世界は世紀末状態だ
┃  そうした世界で。彼女はどうするつもりなのだろうか?
┃  彼女を作った本社は無く、彼女の帰るべき場所も何も無くなってしまった
┃  その不安は痛いほど理解できる。だがそれ以上に辛い場所に彼女は居るのだ


                     _          /ニニニニ/
                    ,<::::::::::::ヽ-―- <  `ヽニγ´ ̄
                    /:::::::::::::::::/:Y:::::::::::::::::::::ヽ\\/≧=-=≦二二ニ7
.                /:::://:::::::/:∧/V::::: ::',::::::::::::':,:::, ト、二二二二二/
             /::::/:::/::::/:/:/   ∨:|:::::',::::::::::::ハ::::,   ',二二二>´
.             /:::::::/:::/::i!::::i!::l::i     }::|:::::::}:::::::::::::::i::::,  ',¨¨ T´
            `7::::/:::::i!::::i!::l::|  -=TT==-:::::::::::::l::::}  :l、  V
               ,::::/::::::::i!::::i!::l::|   /,ィf芹芋ゝ:::::::::l:::{    l〈  ∨     大凡の検討は付きますが不確定の為ご容赦を
                {:::;::::::::::::i.,ィ芹ミ     r__ン ´:::::::::::l:/    l/   V   
               ト:{::|:::::::::ヽ廴ン         ,::::::::::::::::/|  :i_  {ヽ  _}
              }::|:::::::::ハ  /       /::::::::::/,イ./}_|└:::ナ´
                八:l:::::::::::ハ         7_:::::::/イ::::::::::::::::::/
                ̄{:::::::::ヽ   r ,      /:::::/::::::::::::::::::::::/
                `7:::::::::\       /:::::/|::::::::::::::::::イ
                   }::::::}ヽ::::\  /./:::::/ :|`¨¨¨¨´       , -‐ r 、´ ̄/`ヽ
              _      j::::::l _`¨¨|   /:::::/,イ´ ̄ ̄ ̄ヽ   >''´   /. . .}. ./. . . .‘,
.         r'´      `ヽ ,:::::::jilililililili,'|  ,'::::://ililililililililililili∧/    /. . . ._,.ゝ . . . . . .}
        ′       ,::::::,'ililililil/ i ,::::::;'/ililililililil厂 ̄/      (-‐=''. . . . . . . . .
       {. . . . . . . . .   ,::::::,' ̄/////,::::::::l:{`¨¨¨¨´ r'´ ̄       `ヽ. . . . . . . . . .ノ
       `¨} _,,.. -‐  ,::::::,' //////,:::::::::l∧    /            }/ヽ-‐―. r'
.        >''´       ,::::::,'ー|///// |:::::::::l/`¨¨¨´      /`ヽ_ >´//ハ. . . . .{
      Y´        /,:::::::j  :l,'//////|:::::::::|     ノ \    /ヽ//////////,|. . . . .ヽ
┏━━━━━━━━━━┓
  できない夫
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃  
┃  そうして、彼女の口から出た言葉はまさしく現状のこの世界の状況だった
┃  世界大戦による甚大な被害。それは長く世界に爪痕を残した
┃  もし、それが起きなければ自分も、彼女ももう少しマシな状況に居ただろう
┃  できない夫が偶に補足を入れながら話は一段落ついた
┃  
8580 : 初心射 ◆nA.J2eAL26 [sage] 2015/04/29(水) 20:24:43 ID:EG7xXpYo

                 ∧                  ∧
                  ∧ム                ∧ム
                {'//{                 }'//}
                ∨/ム              ///,'
                     ∨/ム          ////
                _ ゝ、/ヽ          ノ/γ_
                   ゝ、 _`゛///ヽ     ////'´//ノ
                 }/////ハ     ,'//////厂
                     }/////.ハ    }//////
                    ゝ、////r==‐==、///ノ
.              人`゛ー-、 /心//,'ゝ-‐-= ,ェ≦_ヽ、 -‐=''´ノ
              ヽ////>: :´.: : : :.`゙: : ´: : : : .<///,‘
                `/: :/.: : : : : :. :.Y.: : : : : :. :.ヽイ      「ええっと・・・その・・・」
               ヽ, ': : : : : : : : :.,'  マ: : :', : : ハ ',∨
               /.,' / : : : : : : /!;   |: : : :', : : ハ ',∨
                 / ,' /: :!i: : :.,イ { i!    !: : : :}: : :.ハ :',∨
                 ,' {_{: : :|! ─{:Ll     :リ― :}: : : ::}_:} ∨    ・・・・・・・・・
                i: : : ;ィ芹云ミ   ,ィ芹气 : : : :}  _/
                `¨'、_l : : : i ゙ー゚     ゙ー゚ i : : : i彡'
                  !l::`ー-゛      i       '-‐=;
               八::::::::::::.     _._    ,イ:::::::::,'
                ゝ::::::::::ゝ      イ:::::::::ノ
.           γマ`゙<   .`l:::}=‐ 个. 、_, イ{‐-‐}::::|      -‐=.、
           {  マ  `゙< !::| r 、 }    :{,、r=|::::!-‐ ´     /:}
.         γヽJ  ,'      ,:::} }///ヽ   //:| |::::{       ,' . ト、
        ,'_    { _____   ,':::;¨}∨///y'////:ト !:::::ト、    {  レ' }
       圦  γ´ゝ ,,...=.,'::::;' >、 /// .<ゝ';:::::', ``    }ハ  ,'
        ゝ ,'///,:}   ,'::::;' `゙ <>< > ´.ハ::::',   `,イ /}〈
.          {  {///,圦  ,'::::,'   {´  > ´     ハ::::',ヽ  } //l }
.        ヽ i/////:ゝ,'::::;'   γ ´.          ハ::::', `ノ///__」
┏━━━━━━━━━━┓
  できない夫
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃  
┃  彼女の現在の状況を分かりやすく言えば
┃  目が覚めたら家の周囲だけが白亜紀になっていた様なモノだ
┃  これからどうするか?という問いに対して、鹿角は何も言わず
┃  唯、大間抜けな男を見つめ続けた
┃  
8582 : 初心射 ◆nA.J2eAL26 [sage] 2015/04/29(水) 20:38:56 ID:EG7xXpYo
                           ヽ////{         ///!
                      /ハ    }//,'〈        ////
                      {/∧  〈////      __,,ノr''"´ _ノi
                   ____∨/ミ ̄ }//{ ̄`ヽ. /////ー=彡//
                 }> ´ >.:::>.:´:::::::::`ヽ__`__У////r====彡'
                く---/::::/:::::::::::/:::/:::::i::::::::`V==<  _ ノi{
                rーミ/::::/::::/:::/::/::/:::::::::}:::::i:::::∨   ∨/////
               乙/:::::::/:::::::/:::/::/::/"´`~/::::::}::::i::∨ ///厂´
               /:/::::/::::::::;:::::i::::i::::{    ,:::::::/:::::;::::i<//,ハ
                 〃i::::::i:::::::::i!:::::|::::i!::;   j:::::メ、:::/:::::| } ̄i: : ,    あぁ・・・・・・貴方は・・・・・・
                  /  ト:/{:::::::ハ::::::!:::|ヾ!  ./イ__ヽ:/:::::/_.ノ   }: :i    いえ、仕え甲斐がありますね
                 /ヾ/:::::ヾ:::N!  ,   ´赱メ::::イN.    !: :|
               /::::::/:::::::ハ    __    ノ::::::/,N i   |: :|    「えーと、どういう・・・」
              /:::::::::/´ ̄ヽ \  ゝ- '  ヾ::://.N }   j: :!
           ,.ィ/::::彡イ.{   厂  ヽ _ r≦く::::/~~i ヘ.__ ノiH    貴方様のお名前をどうかお教えくださいませ
           ノ::/´     〉  .乂__r-ノ .//⌒ヽ/  "´  ̄`i
          /:/::/     r''´ ̄ ヽ /ニ{/ニニ〉==/ ー 、r'⌒V       「俺は小野できない夫だけど・・・」
        /::::/:::/    /{_   ノ j/ニニ彡'  {    ノ.、 /
     ./:://:::/ __ /ニニ}>'' j/ , --、__,,.ィニ彡´ニニ∨
   /::/  {::::{ /ニ//::::> ´  ´  ノ  __{  ヽニニニ\ニニ乂__
  ./::::/    ';::/ニ//::/  /   ,/(_ イ´__.メ.  \ニニニ\ニニニニ}
 ./:::/      ./ニ//::i′  /    ./   {_j 〈 r\   \ニニニヽニニニ!
  {::::{     ./ニ., ,:::::!   ,:    i     i. `´   ヽ  ヽニニニニニニミ!
┏━━━━━━━━━━┓
 system
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃  
┃  そう呟いた彼女と、ゆっくりと体を起こした彼は向かい合う
┃  そっと彼女は白魚の様なと形容すべき白い両手を前に重ね
┃  小さく頭を下げ・・・
8583 : 初心射 ◆nA.J2eAL26 [sage] 2015/04/29(水) 20:39:09 ID:EG7xXpYo

                     }从:::::::::::::::,             /:::::::::::::/   〉
                /  {::::::::::::::::,            7:::::::::∧ィ-‐
                 }_   }::::::ハ::::::ゝ             /:::::::::/:::::,'_{
                     ∧:::: :}:::}:::::..        .イ {::::::::::::/
                    ゝ、.}:::}:::::::::::ト 、   イ  {ィ::::/´- 、       -‐ 、       純古風式侍従自動人形「鹿角」
                          ,'::,'‐-=ハ  `´    _{.}:::{: : : : ,}  ,. ' ´     ゝ、
                           ;::;'´ ̄ ¨¨}    イ///}:::{-‐-=.レ' ´. . . .   -‐=='''´ ̄   小野できない夫様を主と慕い
               -‐-==....,, ,'::,': : :/¨人ヽ ////// }:::{   }-‐. .
             _/_       ,'::,'-‐- {////..///////}:::{   ,'. . . . . . . .           貴方様の血と瞳に誓い
          /          ,':∧    }////////>''´.}:::{`¨¨ヘ‐-
           ,イ          ,':;' 7ー='`゙'<//>''´ >''´';:::,    ヘ. . .              我が身朽ちるその日まで・・・
       r'. . . . . . . . . . .     ,':;'゙´/   \>''゙´ >''´    ';::::,  八. . .             
       {. . . . . . . . . >''´  ,':;'./  r''゙´ >''´         ∨ヽ   \. . . .\. . . . .       貴方にすべてを捧げます
          ゝ、 ,.>''´    /:/    />''゙´             ∨::ヽ   `ヽ . . \. . . . . . .    
           }       ,イ,'::;'    /                  ∨:::ヽ    ',. . . . . . . . . .    
         斗       / ,'::;'   /                  ヽ::::ム     ',. . .
       r'´         ,' ,'::;'    i                  ∨::ム     }. . . . .

┏━━━━━━━━━━┓
 system
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃  
┃  彼できない夫の瞳、手に付着した血から生体情報を読み込み
┃  彼を絶対の主へと自身の最上位存在に書き込んでいく
┃  本来、機械的に行われるその作業と文字の羅列さえ
┃  彼女を生み出した者達の妥協なし姿勢により
┃  絶対の忠誠の誓いの言葉へと変換された
8584 : 初心射 ◆nA.J2eAL26 [sage] 2015/04/29(水) 20:47:11 ID:EG7xXpYo


                / ̄ ̄\
                 -‐'  ヘ   \
                (ー)(ー )    |
                 |  |      |
               |__`___    |
                   |       .|            ・・・・・・・・・
                l       /_.{
                アニニ<//〉、__ __
               ,./ /\  / : : : : : : > : :\
            _/ /|イ:::::/∨. : : :l: : : : : : : : : : :.丶
          /. : : : :| ./`Y / : : : 」: : : /: : : : : : : : }
         ,´ : :/: : : :| i::::::|/ : :/: : : /: : : : : : : : :|
          { : :/. : : : :|/:::::/ : : : : : : : | : : : : : : : : : ,'
        / : :,' : : : : : |::::/ : : : : : r---く´ニ\: ヽ:ノ
       、'ーr,_| : : : : : :|:/ : : : : :_/二ヽ V: : : : ` :´
      / :./ ̄>< :./ : : : : :/ 二 ヽ_」┘: : : ∨}
     / : : :ム / : : : : ̄ ̄ ̄ ̄~゙''-ゝ.」: : : : : ∨ :}
    { : : : : : :\、 : : : : : : : : : : : : : : : :\. : : :∨ : :l
    ヽ: : : : : : : : ̄"\ : : : : : : : : : : : : : : : / : : :{

┏━━━━━━━━━━┓
 system
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃  
┃  彼女は自動人形であり。誰かに仕える存在である
┃  だが、仕える存在は無く、又彼女を本来管理する人間さえ死に絶えている
┃  だからこそ、初回起動をした自分を主としたのだろう。
┃  理解は出来る。納得もした・・・
┃  が




                / ̄ ̄\
                 「   `ヽ  \
                (≡)(≡ )   |
                 |  |    u. |         えっと・・・その・・・よ、よろしくね・・・
               |、`__ ,    | 
                   |       .|
                l       /_.{
                アニニ<//〉、__ __
               ,./ /\  / : : : : : : > : :\
            _/ /|イ:::::/∨. : : :l: : : : : : : : : : :.丶
          /. : : : :| ./`Y / : : : 」: : : /: : : : : : : : }
         ,´ : :/: : : :| i::::::|/ : :/: : : /: : : : : : : : :|
          { : :/. : : : :|/:::::/ : : : : : : : | : : : : : : : : : ,'
        / : :,' : : : : : |::::/ : : : : : r---く´ニ\: ヽ:ノ
       、'ーr,_| : : : : : :|:/ : : : : :_/二ヽ V: : : : ` :´
      / :./ ̄>< :./ : : : : :/ 二 ヽ_」┘: : : ∨}
     / : : :ム / : : : : ̄ ̄ ̄ ̄~゙''-ゝ.」: : : : : ∨ :}
    { : : : : : :\、 : : : : : : : : : : : : : : : :\. : : :∨ : :l
    ヽ: : : : : : : : ̄"\ : : : : : : : : : : : : : : : / : : :{

┏━━━━━━━━━━┓
 system
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃  
┃  全く自身が仕えられる。という事に対し自信が持てなかった
┃  だがそれでもそう口に出たのは。彼女を起こしたのが自分の責任であり
┃  何より・・・起きて何もかも失った彼女にこれ以上何かを失わせる事に
┃  抵抗があったからだ。
┃  
8585 : 初心射 ◆nA.J2eAL26 [sage] 2015/04/29(水) 20:47:47 ID:EG7xXpYo
        ゞ圭ゝ、ニヽ  /ニゝ圭ノ
         `ー圭:ニ!_|二圭i´
      !^ニ=、_>圭ニト-イニ圭ノr=三ノ
       `ニ三彡>=、,.-..、ミ/三シ
          /<´"::::::::::::v::::::::\ヽi
       //:::;:::::;::::::::i^ヘ:::ヽ::::ヽヽ
        < i:::::l:::::|::::::::| 」:::::|::::::l ヽ
       \┤:::!三`i! 、三,l::::::l!/
         ヾ:::l;ゝ  !  〈::::::/
      i⌒i\_T个 、 -  イTT/⌒ヽ      tes.・・・
        )(___ !::|: :|\/:|: !::l ̄ /ヽ7
     ( i:|  //\'//;'ー|::|==ュ:::l(
       i|:>'´//, \/ノ.  |::l  (::::::!7
      〈l:\//  </    ヾヽ´:::::|'
        ノ:::://   i       l:::|:::::::l
      ヽ//ゝ、 !、      ,l::::|::::::|
      /':/::::::ムニニ ̄ニニ彡!:::|:::::|
        |::::l::::::::::ム!ノ  |  | !/::|:::|::::イ
        l::::|::::::::::::ム  !   r::::|::::|:::i:|
      ヾヽ::::::::::::ム  i  /.:::/::/:::|::|
     /|\\:::::::::i  | /:::::/::/:::::::::|\
    /  |:::::::^':::::::::_| | /:::::::`'`:::::::::::|  \
  /    !::::::::::::::/⌒Y⌒\::::::::::::::::::|   \
./      i'::::::::::::/  ,y'    ヽ::::::::::::::|    |
        |::::::::::::|  ,イ 〈⌒ヽ  |:::::::::::::::|     !
        !::::::::::::l  iヘi´   i  l::::::::::::::::|     !
      |:::::::::::::|  | !|   i|   !::::::::::::::::|    |
       |::::::::::::::l  | /u_!」ノ.|  i::::::::::::::::|    |
       |::::::::::::::|  |'  | ヽヽ  |::::::::::::::::|    |

┏━━━━━━━━━━┓
 system
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃  
┃  目の前の彼女を迎え入れる事はきっと良いことだ
┃  だがそれ以上の厄介事は確実であろう
┃  それでも迎え入れたのだから・・・
┃  そう思う彼は間違いなく間抜けであり
┃  損得感情より先に違うモノが動く人間であった
8586 : 名無しの工員さん [sage] 2015/04/29(水) 20:48:08 ID:yLACjINY
その辺を歩いてただけの男を軽々とマスターにしてしまう自動人形…
スカベではよく見る光景だが、それに違和感を覚える主人公は斬新だな
8587 : 名無しの工員さん [sage] 2015/04/29(水) 20:49:17 ID:9QKcwZec
へたれな感じだが、だからこそ仕え甲斐があるのだろう
8588 : 初心射 ◆nA.J2eAL26 [sage] 2015/04/29(水) 20:55:32 ID:EG7xXpYo


                         / ̄ ̄\
                         / 「   へ  \
              _           | (● ) (⌒ )  |
             | !        |     |       |   と、言う訳で出来ればこの中で待っていて欲しいんだけど・・・
             | !        |   __`___   |
             | !   ,.-,    |   `ー'´    |   「ご安心くださいませ、私単騎で最新鋭戦闘車両3機程度であれば撃破しましょう」
           _,ノ ┴、/ ,/       ヽ       /
          r `二ヽ ) i      ヽ _ _ ,  ト   ・・・・・・・・・何それ怖い
           |  ー、〉 /     _,,,,ノr  `   /i\,,,,_
            |  r_,j j__,,.. r''''"/::;| \`'/   ,'::;;;r;;;;;;;;;;;;:: r ‐-、
            |   ) ノ ::::::::;;;;;;;/::;;;;|  /\  /::;;; l;;;;;;;;;;:: ::;;;;;;;:: ヽ
          ノニ-、 ,/::;;|:::;;;;;;;;;>::;;|/(::::ノ \/::;;;く;;;;;;;;;;;;:: i::;;;;;;;;;;;:: }
       √..:::;;; ヽ、〉;:;;|::::;;;;;;;;{ ::;;;;;|  "::く  /:::;;;;/;;;;;;;;;;;;:: |::;;;;;;;;;:. ノ }
        /..:::::;;;;;;;;;;;;;;;〉;;;;|::::;;;;;;;;;:{ ::;;;;| |:::::::| /:::;;;:/;;;;;;;;;;;;;:: |::;;;;;;;;;;;;;;;;:: }

┏━━━━━━━━━━┓
 system
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃  
┃  自身の状況の説明をしてから。もう一度最後に後悔しないか聞くと
┃  予想の斜め前方100m先の答えが帰ってきた。
┃  が・・・それでも戦力は戦力だ。どうやら連れて回れそうだ・・・
┃  この下水道の全貌を知っているらしいので
┃  外を案内して貰う前に。聞くべき事は急いで聞いてしまおう

┃  何か聞きたい事があれば      21:00まで
8589 : 名無しの工員さん [sage] 2015/04/29(水) 20:58:21 ID:lr/avm7A
特に弱点といえるものはあるのか?
また”色々と有名な”IAIは君に何を設置したのか?
8590 : 名無しの工員さん [sage] 2015/04/29(水) 20:59:30 ID:Jm491TcU
武器や装備のある場所
8592 : 名無しの工員さん [sage] 2015/04/29(水) 21:03:42 ID:PAjS4o5A
鹿角は Jud. じゃない?
8593 : 初心射 ◆nA.J2eAL26 [sage] 2015/04/29(水) 21:06:11 ID:EG7xXpYo
つ IAI
8594 : 初心射 ◆nA.J2eAL26 [sage] 2015/04/29(水) 21:08:19 ID:EG7xXpYo
スカベンジャーwikiを見る限り出雲とIAIは別会社とされていますので
IAIのsf様を見習いtesとさせていただきます


                 /: : i: : :i: : :|∨: : : :.∨: : ム: :ハ   ∨ム. ‐-r   ヽ
                  ,': :i: :l: : :{: :.:|: ハ: : : : :.Ⅷ: : i: : :}    ∨ム\ゝ..,,.イ>
              i: : l: :{: : lマ:.:|: : ハ: : : : :Ⅷ:.:.l: : :i∨  r‐∨ム: .ヽイ´
               |: : l: :{: :.l Ⅵ: : :.}:l : : : }: : :.l: : :l .∨__{: : : : : : : :}
               |_{:_」マl  `}: : :,':.l: : : :} : : :}: : l: : : : : : : : : : : : :i
                 `¨}¨ }  'ー,': :l: : : : : :__,'}: : >: : : : : : : : : : :ノ
                      { ノ     レ' }=-‐ ´ ヽ レ´‐-===-‐: ;イ    _         (モラルの崩壊した世界で尚、この姿勢・・・)
                  └ヽ     ,': :,'    ヽ :ヽ: : : : : : 才   >´   \       (自動人形を一個人として見る方は大勢おりましたが)
                    `ヾ)   {: :.{      `マ‐--‐´  >´ /      ',___     (それでも、現情勢でそう考えられる器がある・・・)
                         ∧  {: :.{   __,,... -‐== ヽ>´   \      ト、,イ `ヽ
                  ,-‐,' ゝイ: :.{゙´∨  ___/       \          }  (幸運・・・というべきなのでしょうね)
                     /  ;: :r'´:{: :.{/,'  /   _,イ    __ ,,,..    /,        ∨ (そして何より、仕え甲斐がある主の様です)
             { ̄ ̄ ̄ ̄,': :/ /{: :.{//{__ ノ  ./ { > ´   /__ヽ ノ/ム       }  
               {      ,': :.{-‐'/{: :.{//ヽ、_ / r'´     //////////ハ    _ ノ  Tes.データベースには侍従の嗜みだと書かれております
               >-‐==/: : ∧.//{: :.{ -‐      ∧ \  ,'///////////ハ    {
             /       , ': :, './{才∨ム         ∧   \ ト、///////////}    ≧x  「えーと出雲のIAIの?」
              ,'      ,イ: :,イ/-‐= ∨ム         }    ``゙‐-∨//////,'!      ,'
             ‐-  才才 ´/     ∨ム       ヽ      /////////!     ./   両方で御座います。
            | /   /        ∨:ヽ       ヽ    //////////| `゙</
            , '    /             ∨ム   γ´ ̄ マ   {、/////////|、 ./      「お、おう・・・」
.          //     ,'               ∨ム  ./       マイ//≧ュ、/////.}<
.        /: :,'     {              ∨:ム/      {////////`777777}、
.         /: : {     ',                ∨:ム_ ノ ̄ ̄∨{///////////////,'
       ,': : :圦      ヽ              ∨:ム        {//////////////∧

┏━━━━━━━━━━┓
 system
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃  
┃  >>8589 現在機体情報を開示します
┃  
┃  >>8590 Tes.・・・警備室が御座います
┃  元元この地下はIAIが買取工事予定で御座いましたので
┃  それに伴い、各場処の生体データと音声データを収集していた場所です
┃  IAI機体かIAI職員でなければ開きませんので荒らされて居ないかと
┃  
8595 : 名無しの工員さん [sage] 2015/04/29(水) 21:10:21 ID:PAjS4o5A
ああ、なるほど了解です
8596 : 初心射 ◆nA.J2eAL26 [sage] 2015/04/29(水) 21:17:10 ID:EG7xXpYo

                           ///////    //////////|
                           }/////   //////////// !
                       ,,.. -= ミ//ム___ ///ムム////////    ,ィ
                    ,..ィ:::::/:::::::ミ、}:::::::::::|::::::::::∨ハハ∨(⌒ ´,r-==.彡/
                     //:/::::::/:ミ、i;!::::::::::i::::::::::::::Vハハ∨ミ=彡//////
                  〈:/:::::/::::/:::/''"´  |::::::::::!:::::::::::::::∨ィ''//////////
                    /:::::/:::::;:::::;      !::::::::;::i:::::::::::i:::|', ∨/////> ´
                  ,::::::;::::::::i:::::i    _|::!:::/::|:::::::::::!:::|::', ∨/厂 ∧
                  {::::;:::::::::i!:ハ!   ´,.:リ::/_|::!::::::::::|::::!:::! V Vハ ,∧  
                     ヾ|i::::::::|;j__`     イ沙ア:::::!::::::::::!彡  ';:::Vハ' ∧
                     |j::::イ 迩)       /::::::|:::::;:::ハ i   ';::::Vハ' ∧
                   ,::::::::i  〈      〃;:::::!:::/-'  i!   〉::::V>=∧
     _,.へ、              i::::::::::.       / /ィ:<::::ハ  {ミ/:::::::::}/////〉
     {_、 ヽ \          |:::::::::ハ     __    ,::::::::::∧::! /:::::::ヽ;;:::ハ/彡'
   、⌒ヽ}     .>-= ミ      レイ::::::ヽ ´     /::::::::/、::::レ':::ミニ=::::/
    ヽ.   / >=--ヽ       ,:::::::::/ \ __  .イ,::::::::/ i>==-- 彡
     > ../  ./ニ/ニ.>ミ=-- ./::::::::/ __,,.ィ/} ,..:i:::::::;77///////ハ
        i  iニ/ニニ/ニニニニニ./::::::://///////!///!:::::i///>'' 二ミ、 }  _
        |  |/ニニ:i!ニニニニニ/:::::/i///{ ̄ ̄ ////!:::::|' /     ` ̄ __ノ
        |  |ニニニ{ニニニ ./::/__ハ___,, /´ ̄ヽ ̄ |:::::| /   ー-- ==<ニ', ヽ
          .!  !ニニニ!ニニ/ ̄i ̄///>''´      |:::::| {           \!  )
        i>''´  ̄      ,}>''´             |:::::! ,  ___        } .イ
       r''´         /               |:::::|. ',     ー- 、 ノ´
       !             /                 ;::::::! /ヽ _     く       _
     ,          ,                     ';::::::.ニニ}ニニ≧=:..  ノ   r-、 ´ __ \
【パーソナルネーム】 鹿角 【稼働年数】0年 【制作】1000年前 【型番】実験機の為型番無し

【能力】
 頑強性C 破砕力A(D) 精密性B+ 俊敏性A(B+) 応用性A
※重力制御により、能力値に補正が入っています
 A以上=一流 B=人並み以上 C=人並み D=苦手 E=諦めたら? F=子供並み

【特性】
 実験機AI:実験機である為遊びが多く、通常のAIに比べ思考への縛りが薄い
 生体自動人形:蛋白質で構成される肉の身体を持った自動人形。生体部品で修理可能
 自動人形:パッチを当てることによってスキルの習得や成長が可能

【スキル】
 通常奉仕LvA:家事炊事などに長ける。和食であればさらなるご奉仕を
 白兵戦闘LVA:状況によっては人型戦車であっても対応可能
 ハッキングLvB:ハッキングを行える
 無垢:まだ殆ど精神に手が加えられていない。貴方好みに調整できます
 重力制御LvA:IAI製自動人形標準搭載機能。重力に干渉することが出来ますが彼女の場合戦闘型の為
          通常の自動人形よりも強力に、精密な重力制御を可能とする
【装備】
 AIA製乙種侍女服:汚れなどを自動で分解し、ある程度の防弾性能を持った侍女服。9mm口径弾までならストップする
 零式重力崩壊指:指先20cm程にマイクロブラックホールを数秒のみ産み出し触れるモノを消滅させる。彼女の切り札
8597 : 名無しの工員さん [sage] 2015/04/29(水) 21:19:23 ID:Jm491TcU
零式重力崩壊指がやべえ…
8598 : 名無しの工員さん [sage] 2015/04/29(水) 21:20:13 ID:JE.l41CY
AIA製だと!?メイド服の専門的企業なのか?
8599 : 初心射 ◆nA.J2eAL26 [sage] 2015/04/29(水) 21:27:36 ID:EG7xXpYo


                  , -‐― ‐- 、
                      /    u   ヽ
                    _'  u        i
               < _ \          i
              <__ \ \     u  i    こ、これ何・・・?
             <__ \ \ ヘ /⌒/  ./
           └--ミ ヽ、\ - \ |  ./    「文字通り、触れればあらゆる存在を消滅させられます」
             /   丶  -       〉/
         ,.-/|     ( \   u  !       侍女に必要でしたっけ・・・?
       / | \ヽ    \_ヽ     {
     ̄<   !  `\   、ヘ   u ..> 、     「浪曼かと」
    _ \   !    > ー-- イ\  .∠/ヽヘ
    !  ̄ ̄ ヽ /{  )\ | ..\(⌒)   ノ \
           \ /⌒\ 〉   ヾ、 /     \
             \ い /    \/ \(
              \ /     / \
┏━━━━━━━━━━┓
 system
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃  
┃  重力崩壊指・・・その性能とはつまる所
┃  重力崩壊を局地的に起こし、その被害さえ重力によって抑える。単純である
┃  それを起こす為だけに彼女の全能力は割り振られており武装も与えられていない
┃  何せ、超質量で無い限り彼女が触れたモノは無かった事になるのだ
┃  最強の矛であるが・・・そんな都合の良いモノがあるとは
┃  街の掃除屋をしていた彼には思えなかった
┃  


           / ̄ ̄\
.            ノ  `ヽ  \
         (●)(●.)    |
.           |  |       |
            l __`___  u. │       デ、デメリットは・・・?
              l _ ノ     {
            、______ .ィ-ート、      「直系10cm程の為、盾として使用できず対大質量には向きません」
            V/_:_ュ:-:-: ヽ
            {ャ< : : : : : : : : :.     重力制御での防御は・・・?
           /ー-、: : : : : : : : : :'.,
   「r'、     / : : : : :`、 : : : : : : : : :'.,   「専念すれば戦車砲、通常戦闘時には個人火気ならば防げるかと」
   } r'、 ヘ、 / : : : : : : : : : : : : : : : : : : i
   i/ ム、} .{ i : : : : : : : : : V : : : : : : : : |   こ、攻撃は。そのブラックホール発生装置以外には・・・
   { い、{  Y : : : : : .\ : V: : : : : : : : |
   \  ヽ {|V : : : : : : \V: : : : : : : :|   「通常戦闘においては・・・」
     \  ノ|:.V: : : : : : : : :〉 : : : : : : :|
┏━━━━━━━━━━┓
 できない夫
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃  
┃  聞けば聞く程、異常なスペックである。何と戦うつもりだったのだろうか
┃  重力制御の実験機である為、惜しみない金額を投与された彼女は
┃  他機体とは頭1つ抜けた防御力、制御能力を持っている事は分かった
┃  此れならば戦闘でも相棒としてやっていけるだろう
┃  足手纏いにはならないとは思うが・・・
┃  
8600 : 名無しの工員さん [sage] 2015/04/29(水) 21:29:04 ID:yLACjINY
彼女が1000年前に起動していれば世界の崩壊は防げたのでは
8601 : 名無しの工員さん [sage] 2015/04/29(水) 21:32:25 ID:qt4x8gas
いや狂ったこいつらが暴れたんでは
8602 : 名無しの工員さん [sage] 2015/04/29(水) 21:33:36 ID:Jm491TcU
物量には勝てません、
8603 : 初心射 ◆nA.J2eAL26 [sage] 2015/04/29(水) 21:33:37 ID:EG7xXpYo
あくまで、20cm前方の10cm球を消滅させるだけの為、爆風等も防げません。
何より、数秒のみしか使用できません。


                             /i{!
                                 /ニニ|        ノi{
                         __  {ニニi!        /ニ/
                         ヾミ、 )ニニ!     __ノニ/
                          }ニ=ニニ{   /ニr''  ,ィニ>    大質量の物質を超圧縮し武装化します
                    r.、__   `ヾ、ニ/´ ̄ `くニニ≧='ニ/
                     ヽニ≧-r'>.:--==ミ、 __{_r--<⌒´      又、重力操作による遠距離攻撃手段にもなります
                     _>,彡::::;:::::::::;::::;.ヘvi:::::::::\ _メ-≦ニニニフ
                  i´ ̄>''::::::/::--/{::/ --`i:::i:::::::',::ヽ⊿\ニ彡 '
                  {__ ヽ/::::ト/:::::/ .レ    j::ハ::::::}::::::∨  `ーァ
            -‐=≦三三ニ} /::/::::::伝f弐    伝f弐 ァ-'::::|::::i  /
      -‐=≦三三三三三三三 く:::j:::::i::乂_.ツ    乂_.ツ,.::::::::::!::::!  {
  /三三三三三三三三ニ>''二>、{:::::iヽ! ' ' ' , 、 ' '/::::::::::::/イ__.ノ
  /三三三三三三三三三>、:::::::::::r::彡::::::≧=- _ -=>--- '::::::::} }
. /三三三三三三 > ''"´   __,,..-=彡'    ( У  /::/イ:::::::::::ノ ノ
 ヽ三三三> ''"´    ,.ィ:::彡"´  -――ミv }ミ==/::/ < {手二.イr- 、__
   \>"´         乂_{    /   {~´{ハ / 〈. {::::::{´ ̄´ r--、__ノ三三三≧=-- ,,  ベキベキベキベキ
                   /    }  レ'Y ゝヽ::::\   \三三三三三三三三≧=-- __
                      /    /  ハ. {  /::i.ヽハ}ー-''´ \三三三三三三三三三三三!
                 /__ /    {:::jヽ/、::::::::} 乂__ .ノ  \三三三三三三三三三三!
                         /// ハ__ト-ヘ__ ...イ     \三三三三三三三三三|
                           `¨¨  ゝ'                \三三三三三三三三!
┏━━━━━━━━━━┓
 system
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃  
┃  勝手に扉が開くと、外の装甲板が弾け飛び、瞬時に変形。
┃  彼女の前で人間大の程の鉄板・・・いや剣へと代わり停空する。
┃  これも重力操作能力の恩恵らしい。
┃  重力崩壊指はかなりのエネルギーが必要らしく、通常時はこの様にして対処する
┃  そう言う彼女に対し、思わずできない夫の頬が引きつったのは仕方なき事だろう・・・
┃  
8604 : 名無しの工員さん [sage] 2015/04/29(水) 21:37:51 ID:LPVBDskY
ほぼ原作準拠!
8605 : 初心射 ◆nA.J2eAL26 [sage] 2015/04/29(水) 21:37:57 ID:EG7xXpYo

                   i:::::::::::マ:::::::::i > < i::: : /::: : i
             个 、       マ::::::::: マ .r ニ    ヽ ./: : ,イ       _ -‐
           { ≧ェニ __   ヽ:::::::::::マ∨_ ,,...,, _ / /::: : {    > ´:::::::::::}
            八::::::::::::::::::::ゝ、<´¨ニマ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ-  ヽ、イ:::::::::::::::::: /
            ゝ::::::::::::::::::::ム>: : ¨¨: : <:.:.:.:.:.: ニ/  \\\::::::::::: /
              ` <:: > ´: : > ´ : : : : : : `´.: : : :.` <\\> ´
                /: : >´ : : : : : : : : : : : {: : : : : : : : : :ヽ >
               /: : /: : : : : : : :/: : : : : : : : : : : : : : : マ ハ
                   ヽ、/ : : : : : : : : ,'.: : : :. :./`Yマ: : ハ: : : : マ: : :',∨
               /: : :.,'.: : : :. :.,'.: : : :. :.,'   ', : : ハ: : : : マ: : : ∨
               ,'.: : :.,': : : : : : i: : : :,': :      |: :i: :ハ: : : : ',: : : ',
                 : : : : i.: : : :.i: : l: : : :i: .:      |: :|: : i |: : : :}: : i .',
                  : : : : |.: : : :.l: : |ニェL.!      |__|ニ.l |: : : :i: ::l  ,
                 | : : : : : : : : {: :,ィ==ミ_|     lィ==ミ: : : : :l: :l   i     この施設はあくまで予定地でしたので
.                ,'ゝ.: :',.: : : :. :.{乂r汐      乂r汐 |: : :.;: :,'   :|
             ,'  _`¨マ: : : :', ',     |        /,イ: : /|¨rヽ_彡     私の研究施設と、警備室。
             ≧´ マヽマ: : :.ヽゝ          Z/ |: :/:: ¨: : /
                    ゝ:: \:_:_∧    _ _      .: : ヽ´: : : :ノ        後は地下の特殊貨物庫以外は何もございません
                  ,'> |: : 个 、       イ |: :.|≦、´_ ニ -‐┐
         -‐─ ´ミ ミ <  {'//,|: :.|  ! |\    /|ハ:. |: :.|//ハ >== ‐- = 、
         ,'       ヽ l///,|: :.|:. ム マ .`ニ´ ,イ.イ : |: :.|///|            ',
.         {           l///,|: :.|:. : :ム マ   ,イ.,イ:.:. : |: :.|///| ニ=‐- .       :}
        _`ユ== -‐ ¨   l'//,'ム:.,':.:.:.:.: ム ヽ ,イ.,イ:.:.:.:. : {: :.{///|      ` < ,イ
       ´           l///ム:,':.:.:.:.:.:.:. ム,イ ,イ:.:.:.:.:.:. : iマム// |            `
      ',           l//,ム:,'}マ:.:.:.:.:.:.: ヽ,イ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l マム//|   ` <        ム
       マ _ > ´     :l/,/:.,' {:. マ:.:.:.:.: /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. |ゝマムイ      \    _ノ
.            .<´     ゝ:.:,'_.仆 、マ /:.:.:.:.:.:. : > ´ ゝニマム ∨       \/
         {.           /:/ ` < > 、> ´   > ´ ∧マ ∨\      .>
           \       /     マ ´    > ´      ム     .\   /
           ヽ-‐   , '        マ> ´            ',   く ヽ ´
┏━━━━━━━━━━┓
 system
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃  
┃  さて・・・頼りになる相棒は手に入れた
┃  自身の武装のメドも、敵の情報も手に入る。
┃  後は行動のみだろう
┃  
┃  ①警備室に(武装、及び敵現在地が分かります)
┃  ②その他(常識フィルター入ります)
┃                           下3
8606 : 名無しの工員さん [sage] 2015/04/29(水) 21:39:31 ID:Jm491TcU
8607 : 名無しの工員さん [sage] 2015/04/29(水) 21:40:10 ID:SPtd437w
1
8608 : 名無しの工員さん [sage] 2015/04/29(水) 21:40:24 ID:BMocfcAU
8610 : 初心射 ◆nA.J2eAL26 [sage] 2015/04/29(水) 21:45:12 ID:EG7xXpYo

                   _
.            /     \
.             i        i
            _.l          .l._
       ,. . .、:::::::l  「   ヘ   .l:::::::;: : : . .、
      ィi: : : : ',::::::  、__,  、__,   ::::::/: : : : : iヽ
.      i: : i: : : : :',:::::\  !   /::::::/: : : : : i: : : !
     i: : : i: : : : .〉::::i  `二´  i::::〈: : : : : :i: : : : !
.     i: : : : i: /:::::::::i./{;.;.;.}\i:::::::::\: : :i : : : : i     怪我もお陰で治ったよ。ありがとう鹿角さん
     i: : : : : i: ',::::::::::::!. i;.;.;.;.!. !:::::::::::/: : :i: : : : : :l
.     l: : : : : i::::',:::::::::::!. i;.;.;.;.;i !::::::::::/: : ::i: : : : : : l    「鹿角で結構です」
.      l: : : : : :i : :',::::::::::! i.;.;.;.;.;!!::::::::/: : : :i: : : : : : :.{
     l: : : : : :,、: : :',:::::::::!l.;.;.;.;.;!::::::/: : : : :t、: : : : : ::l    ぅ・・・呼び捨ては慣れないなぁ・・・・・・
.     i : : : : : | l: : : :',:::::::!;.;.;.;.i::::::/: : : : : :| } : : : : : l
.    {: : : : : ´v: : : : :',::::::!;.;.;.!::::/: : : : : : :l/:`: : : : :|    「主でありますが故」
    ヽ: : : : : ∧ : : : : ',::λ/::/: : : : : : : ./: : : : : : :l
     ∨: : : : ∧: : : : :.',::l:::/: : : : : : : :/: : : : : : :/     
      ∨ : : : :.∧: : : : : :i/: : : : : : : ./: : : : : : :/
.      ∨ : : : : :ヽ : : : : ; : : : : : :./: : : : : : : /
       ∨ : : : : :ヽ : : : ;: : : : : /: : : : : : : :/
.         ∨: : : : : :ヽ: : ;: ; -、/ : : : : : : : /
         ∨ : : : ノ` ヽ<   \: : : : :/
         ヽ 'i    ヘ     ./` -
.             \    ヽ__/
             ヽ 、ヽy-"
                ̄
┏━━━━━━━━━━┓
 system
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃  
┃  ベットから起きあがり軽く体を動かす
┃  先程の死体っぷりが嘘の様だ。
┃  部屋自体に撒かれている状態保全の極小機械郡達が血と汚れを落とし
┃  自分自身の服も鹿角が軽く服に手を触れると弾け飛ぶ
┃  完璧とは言えないが、不潔さは無くなった
┃  
┃  そう思い、頭を下げてしまう。人間、慣れしんだ性格は抜けないモノである
8611 : 名無しの工員さん [sage] 2015/04/29(水) 21:47:01 ID:JE.l41CY
なんでスイーパーに為った?礼儀正し過ぎだろw
8612 : 初心射 ◆nA.J2eAL26 [sage] 2015/04/29(水) 21:49:11 ID:EG7xXpYo
スイーパーに関してのみ、師匠や多少の交友関係は決まっていますので
今日終わりましたら、スイーパーの師匠について、出しましょう

                     __
                      ./   \-一ヽ、 __r‐- 、
                     ./   ノ  \ 7    7 } : : : :\__
                  |   ( ─)(─)/` ‐  / /: : : : : : : : : :` '' ‐-、__
                  | U     |  |‐-─≦/ : : : : : : : : : : : : : : : : :丶、
                  |     __´__ |    └‐-、__:.:.:.:.:.:.:.:.:.: : : : : : : : : : ヽ
                  |          |         `ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: : : : : : : }   (その主ってのがピンとこないんだよなぁ)
                  } 、      /        _,. -<`丶、.:.:.:.:.:.:.:.:.: : : : :/
                  ハ、 `  ─ ィ--─一⌒V : : : : : : : : : : : : : : .:.:.:.:.:.:.:.:r´
              _ ,.-=〈:.:'、`ヽ、___  ヘヽ:.\: : : : : 、: : i:: : : : : : : : : : :.:.:.:.:.:.:.:/
           _< : : : : ∧ :ヽ   /:::ヽ  Vヽ:ハ : : : : :ヽ: : : : : : : : : :.:.:.:.:.:.:./
       , -‐ '´: : : : : : : : : : :∧、 ∧::::::∧ l: : <:_: : : : :i: : : : : : .:.:.:.:.:.:.:.:_r'´
        /: : : : : : : : : : : : : /: : l V  !::::{ `!: : : : : : l: : : i:: : : .:.:.:_、-‐''゙´
      f : : ヽ : : : : : : : / : : : : l   l::::::i  l: : : : : /. : : :!/  ̄
      ゝ: : : i: : : : : : :〈: : : : : : : l  {::::::i !: : : : /: : : : :l
       j : : : : i: : : : : : : ヽ: : : : : : ゙、 !:::::::i l: : : :./ : : : : :!
┏━━━━━━━━━━┓
 system
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃  
┃  どう思おうが、結果は結果である。
┃  彼女は自分の従者となり、彼はスイーパーだ
┃  彼女が望む限り、彼が受け入れる限り
┃  詰まる所茶々さえ無ければ永遠に二人は共に居るのだ
┃  
┃  どうしようもなく、一般人な掃除屋は声に出さないまま後ろ髪をかき
┃  部屋の扉を潜り、汚い下水へと降りていった
8613 : 初心射 ◆nA.J2eAL26 [sage] 2015/04/29(水) 21:59:07 ID:EG7xXpYo

    ////////////\==ァ ´ ̄ `<//////
    \////////////{´   _  ∨///
    /\////////厂 ア::::ア:::::::::ミ__}//,{
    ト..,,___ ` ̄ フ///./::/:::/:::::::>:、:.<
    ∨////ー-'///:/::/:::::::/:::::/:::::/iミ::ヽ
    ::\////// ∨:::;::::::::/::::/::/:::/`ヾ}::::';:::',
    :::::::::> ´/  /i::::i:::::::/ーr'-'ミ::{   !:::::i::::i
    >´/ ./   ハ|::::|::::::i  i! 伝ミヾ  |:::::|::::!
    { く  ム ∧_|::::|::::::|   `ゞ'   ,.|::::::;:::|  主、失礼を
    :ゞ´乙{ ハ/::::::|::::!::::::!      (赱:;;;!イ
    ヽ:::::::::::三三彡|\!:::::|        ′i::::::!   「ん・・・?えっ・・・?」
     .>:::;;;;;;,:::イ |::i:::|ー'   -- 、  /|::::::|
    -=ミ三≦/   !::|:::! ヽ       .イ:::!::::リ   重力操作にて、コンマ数mmのみ浮かしました
       ', ヽニヽ. |:::|::|   >:. __/:::|:::|¨´
       __}  \ニト|:::|::! /´  ̄  {{::::::!:::!    「あ、ありがとう」
    /rー’  ハ ニ|:::|::! ト.ニニ\人:::::|:::|
    : : 乂_r=、ヾミfハ:::';:∨: :}ニニニ}´ ̄ }:::!    tes・・・そのお言葉があれば
    : : \: : : :}  ヽハ::::::',: :.トニニリィ⌒ヽ::|
    : : : : V^ソ   }\:::::∨´ ̄ハ、__..二::!
    : : : :.:{  二二)ー ';::::∨ //       ヽ
    : : : : ハ_/>、   ) >::::',-―- ..       \
    : : : /: : :r≦} =く /  ';::::',     `ヽ     ',
    : : /: : : ハ   __.)  ';::::', \      ∨  .i
┏━━━━━━━━━━┓
 system
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃  彼女と下水道を歩く。
┃  今、文明が崩壊したとはいえ、様々な科学薬品と
┃  あらゆる汚染物質が撒きちらかされ続けているこの場所は
┃  既に、一種の地獄である。
┃  様々な匂いが混ざり合い、川には訳も分からない生き物が浮かんでいる
┃  自分はともかく、和服メイドの絶世の美女が此処を歩いている事が
┃  異常な光景であるが、何処か怪しい雰囲気を醸し出していた。
┃  彼女の案内に従い、何度か道を曲がり、歩き、水路を渡り・・・・・・
┃  すると、行き止まりの場所で彼女は止まった
┃  
8614 : 初心射 ◆nA.J2eAL26 [sage] 2015/04/29(水) 21:59:21 ID:EG7xXpYo


                     /{           }ヽ
                     {/!        !/,
                         |'ム         |//,
                     !//,       .!//!
                   __  !/ム        }//しイ}
                     \≧__)∧     ノ////
                    \///'ハ    i////!
                        }///∧   }///ノ .ィ
                      `Y///}, --く///__ノ/}
                   }≧x..__ノ--く ___ 〉- ― - 、
                   `ヾ//  /::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::ヽ
                       / У:::::::/::::::::::::}::::::::ヽ::::、/
                      ./  /::::/::::':::::::::::i::/^ヘ::::::::',::::ヽ\
                    〈  /.{:::/:::::i::::::i:::::|:{   }::::::::}:::::::〉 〉
                    乙. V::::::::{:::ー-:从 斗:::!:::」{´ /
                     {ヽハ::::::::マ茫ナ  泛ソ/::::::| /  --、
                     {:::::::ヘ:::::::ヽ    {  /:::::::::!イ/   ',       此処です、お下がりを
                 __  ゝ::::::\;;;;::> _ _ .イ从:::::」     r _
               / _    `''<:i:iハ::', ヽ. _ イ {::::::{/   ,  ´ ̄  ヽ
              ∠ / Vニノ --乂:i:i',::',--、/'ハ ',:::::V         }
          i^ヽ    __ノ ′ V/ヽ-へ  }  ,:::ヽ////} ',::::::.、    _   ノ
        :  マ   i  i!   iニニニ} .ハ i:::::::',//  ヽ::::::ヽ、--   匚
          ',  ヽ { /:{    !ニニ{ソ __ ヽ}::::::::i  /  `''<:ミz_   }
           ,   \ニニ,   |ニニ ゞ'ニ/ ,::::::::::}イ`ヽ      ヽヾミ///、
     _,, ≦ニヽ   ヽ--',  !=ミニニ/  ,:::::::::∧        ',//////\
  rー-= ニニニニ\         ヽ \V  /:::::::/  ,        }////////\
  ゝ.             --    ', }:{/:::::/   }       /、//////////≧z.__
   > .. _ .. -   /       ー --<    ノ .ィ:. _ イ  マ//////////////≧
    -=   /   j     入 _ 、      \-=≦三三ヽ.__ 」  .∨//////////////
 <     /   .イ≧=-=≦ニ>  >-   __ .イ--イ   i  }::}    ∨/////////////
    > ´  イ __ -=ニ>          }///}:::::}    |  .|:::!    V/////////////
  __ =` -=≦ニニニ>            /////!::::!   !  .!:::     i/////////////
                           //////:::::;     |:::j     }////////////,
┏━━━━━━━━━━┓
 system
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃  鹿角が軽く手を振ると、レバーが現れるでなく。唐突に彼女を光が覆った
┃  それを見、できない夫が思わず手を出し、彼女の手を引こうとするが
┃  そっと鹿角はそれを手で制する
┃  生体証文式特殊解析光が彼女を何度か往復すると唐突に消える
┃  できない夫はその間、心配げに彼女を見続ける
┃  数秒後、ゆっくりと扉が開いたのを見、できない夫は安堵の表情をした
┃  そうして開いた先は暗闇であったが・・・
8615 : 初心射 ◆nA.J2eAL26 [sage] 2015/04/29(水) 22:08:14 ID:EG7xXpYo


                                             _-= ̄                ||
                                         _  i-= ̄                 ||
                                    _ -=  ̄|| ||                  ||
                             _ -==  ̄      || .||                  ||
                     ___ _ -=  ̄              .||  ||                  ||
     ____    -==     ̄ ̄|| ||                  ||  ||                  ||
    || ̄ ̄                  || .||                  ||  ||                  ||
    .||                  || ||                   ||  ||                _」|
     ||                   || .||                   ||  ||          _..  -=  ̄
     .||                     ||  ||                   ||  ||    _ -= ~~ ̄  _ -=#
     ||                       ||  .||                 _||  ||_..-=~ ̄   _ -= ~ ̄   .||
     .||                   ||  ||      __.. -==   ̄ ̄   _..  -= ~ ̄           ||
      ||         ______.」|  #==-‐   ̄   ___.  -==||  ||                      ||
      .#==―      ̄ ̄ ̄ ̄____  _   -==   ~~ ̄      .||  ||                      ||
      #======―     ̄ ̄ ̄ ̄|| || ̄                     ||  ||                      ||
      ||                    || ||                       ||  ||                      ||
      ||    -―-ミ           || ||                       ||  ||                      ||
      ||  ./::::::::::::::::::ヽ   _      || ||                       ||  ||                      ||
     | ̄ ̄`┴----―r  ̄    |_     .|| ||                       ||  ||                      ||
     |   /      、     | `ー=''"{__.ィ                     ||  ||                      ||
     |           、     .| ̄ノ _、、 {/ {、                ||  ||                    _||
     ∨ .i        丶、   |ー< ̄ノ」 r vへ  `ァ -====       # ||_ ..    -=====      ̄ ̄
      .∨ l             |    ̄ ̄ ,〕」こ^l {  | ̄| | |百「|朋| ̄| |[]| ̄| ̄| ̄| 「| ̄||叮| ̄|
        ∨               .辷=--  ≦ /二) { |旦| | |日l |朋|  | |o|  |Ξ|┌┐|:|  ||昨| 冂
┏━━━━━━━━━━┓
 system
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃  中に入ると一人でに電気が付き中の様子が目に入った
┃  周囲にはガンロッカーや荒らされている棚等がある
┃  そして、何より目に付いたのは・・・椅子に座りこんでいる白骨死体だった
┃  遺跡では良くある事だ。文明崩壊時、何とかシェルター等に逃げ込んだが
┃  出るに出られず、食料も付き絶望し自害する・・・
┃  鹿角はそれを一瞥し、できない夫に視線を戻す。
┃  
┃  ①まずは武器を探そう   (ガンロッカーを見る。判定無)
┃  ②人質が心配だ・・・一旦敵を探そう (ハッキングによる探査。判定有)
┃  ③少し待ってて・・・・・・(白骨死体を探す)      下3
8616 : 名無しの工員さん [sage] 2015/04/29(水) 22:08:56 ID:eH4xeM62
8617 : 名無しの工員さん [sage] 2015/04/29(水) 22:10:14 ID:eH4xeM62
8618 : 名無しの工員さん [sage] 2015/04/29(水) 22:10:28 ID:JE.l41CY
3
8619 : 初心射 ◆nA.J2eAL26 [sage] 2015/04/29(水) 22:15:33 ID:EG7xXpYo


                -‐ -
               ,  ´      ` 、
            /             ヽ
            .′              i
              ,   ___   -‐ 、:
          {   ´          }
              (● )  : (● )|
                   {    i      (・・・・・・俺は本当に間抜けだ・・・)
            :        _ }     :
            、       __   /
             .、} \  ¨ ‐ ` /
          ∧\ ヽ、_  /
         /ニム  ヽ      |}マニ=- _
    _ -=≦ニニ|ニニム   ` ┐_〈  ト、ニニニ≧-
    ≦ニニニニニニiニニニム   :i:::::::.、 }ムニニニニニ
    ニニニニニニニ|ニニニム、 .' ー‐'::. !ニムニニニニニ
    ニニニニニニニ ニニニニムヽ ::::::::::::.'ニニ=マニニニニ
    ニニニニニニニニiニニニニム \::::/ !ニニ7ニニニニニ
┏━━━━━━━━━━┓
 できない夫
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃  感傷等愚かだ。彼のような人物が世界に何万人居たか
┃  それどころか彼はまだ幸運だっただろう。死に方を選べたのだ
┃  だが、そうだとしても自分は、彼がどうしようもなく切なく見えた
┃  理屈ではなく。感情で。彼が哀れに見えた
┃  誰も知らぬ暗い部屋の中で誰も来ない施設の地図だけの世界で
┃  唯死ぬか何もせずに生きるかの二択を与えられた彼が・・・
┃  そっと、白骨死体のだらんと下がった手を握り合わせる
┃  自身が何人撃ち殺したか。それさえ知ってる癖に。これを行う愚行。
┃  彼はそれを正しく知りながらそうせずに居られなかった。
┃  ふと、彼の椅子の下に何かが落ちているのに気付く
8620 : 初心射 ◆nA.J2eAL26 [sage] 2015/04/29(水) 22:22:33 ID:EG7xXpYo

  .∠二二Z_                       ________八
  ├――――`―――――――───―‐―──′ ___・_ | ||     __
  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ __)| ̄ ̄ ̄凸|λ⑦レ^ー´⌒
  └───────────────、   | こコ||―‐‐、  |^ヘ \ (
                          \   |λ①.|l―‐‐´  |」 \_> ̄⑦7
                           \,| 〈o〈 ||___凸|      , ´⌒`\
                          `( \O)(⑦_ ①     (       \
                               ̄`V´  ̄~ ̄)ノ`ヽ/´⌒ヽ;;...     ヘ
                                 ||    ノノ  ||    ヘ;;:::     λ
                                 ヾ== .____ノノ     |;:      λ
                                       ̄ ̄       |;;:      λ
                                                   |;:       λ
                                                  |;:       λ
                                                |;:       λ
                                                /;;;:::       ヘ
┏━━━━━━━━━━┓
 できない夫
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃  それは、自身も愛用しているマグナムリボルバーだった。
┃  火力として、別に優れて居る武器があり、連射力は低く
┃  中途半端。そう周囲から言われている拳銃。
┃  彼は好事家だったのだろうか、こんな拳銃を持っていたのは・・・
┃  普通の拳銃や小銃でなく、コレで自害したのは・・・きっと苦しく無いからだろう・・・
┃  そっと拾い上げると、静かに確認する
┃  部屋の状態保全の極小機械郡が動いてるからだろう
┃  奇跡的に無事だったその銃を分解し、確認するが問題無く組み立て治す
┃  弾丸は床に散らばっていたのを拾い集め
┃  そっと1発1発装填していく
8621 : 名無しの工員さん [sage] 2015/04/29(水) 22:24:00 ID:JE.l41CY
マグナムなら一撃必殺だしな
8622 : 初心射 ◆nA.J2eAL26 [sage] 2015/04/29(水) 22:28:50 ID:EG7xXpYo

       ./__r''./:::/::::::::/::::::::::::::::::::ハ::ノヽ:::::::::`ヾ    ノi!
      / / /::::::/::::::::/:::;:::::::/:::::i::{`゛ヾ}:::::::::::::i::::ヾir'///,!
     ./ヽ/,.:'::::::/::::::::;'::::/::::;イ::::::ハ::!   !::::::::::::|:::::::';:V///
    /__./ i!::::::;':::::::::::|::/i/::{ヽ:::/ }!   ;::|::::::::::!::::::::', `ヾ
    .ム/ i:::::::i:::::::::::::|rfミ、 !/     _/::i:::::::::;':::::::::::i  \
    /::::\ >::!:::i::::|:::|ゞソ ゙      /イ`:::::/:::::::::i::::|  /
    !::::::::::::乂::|::::!:::|:::|          r弍/:::::イ:::::::::::;:::::! ヾ
     ';:::::::::::::::::|:::ハ- く     '    ヾソ イ:::::::::::::/::::::!  !
     ゞミ:::/::!人::::::::〉  _ _      /:::::::::/::::/::| ン
      ./:::::/i::::| ̄ 、  ` ´    <;;;;;;;;::イ/:::::/ ,リ
    /::::::/  ;::::;  } ヽ. __  .. イ::::/:::::/:::::ノ /
   /::::::/  ./::::ハ三ミ:.、 ,.i 、ー-、/:::::/::/´
   ::::::/   /::::/  }゙ヽ:::::::\:::!!ヽ /イ::::',/ ̄ {             ・・・・・・・・・
   :/    /::/! /   ー-、:::/ !   ヽ:::ヽ / ヽ
      /::/ , i:',        \. { ー '' \:::',   }
     ,:::::::/  / ,!::;        ∨     ';:::! =≦ァ
    ./::::::/ ,ノ /::::}     ー- .、     ` <:!   {
    ::::/ /ィ::彡′         \     \  ノ
   ///´                 ヽ      ∨!
   ///{′                  ',      ∨
   /,'{:::!                  !      !
   '/,}::!  _          . : : : : : : . . ,: .      ハ:、
   /,'|::K    `ヽ   . : : : : : : : : : :/: : : . . . : : イ::Vハ
   ./,'i::!∧__    ', . : : : :,;.: : -=-≦、: :_ : .:イハ::::::∨}
   //|::!/∧ `ー- }-==≦/三三{ __i ‘ー/,'//∧::::::ヽ
┏━━━━━━━━━━┓
 できない夫
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃  
┃  主を見つめる完璧な従者の目に
┃  その行為が、何れ程の事よりも、。とても大事な儀式に映った
┃  唯、死体を慰め。その死因を見つめて
┃  真剣に人を量産的に殺す為の準備をし続ける
┃  それを理解しても苦悩しながら進む主が
┃  彼女にどういった変化をもたらすかは・・・これから決まる事である

┃  44口径マグナム・リボルバー を手に入れた


ほとんど進みませんでしたが。これにて切ろうと思います
8623 : 初心射 ◆nA.J2eAL26 [sage] 2015/04/29(水) 22:29:53 ID:EG7xXpYo
二日目。おっかなびっくり続けている初心者をお見守りしてくださりありがとうございます
今回は安価は少なめでしたが。次からは多くなると思います
長時間。お疲れ様でした
8624 : 名無しの工員さん [sage] 2015/04/29(水) 22:30:00 ID:JE.l41CY
乙でしたー!
神父が似合うなできない夫…
8629 : 初心射 ◆nA.J2eAL26 [sage] 2015/04/29(水) 22:38:56 ID:EG7xXpYo
スイーパールートの師匠枠はこの二人です。
ちなみにネウロは魔人形態にも変身出来る特殊なミュータントです


        ,. -- 、、    __
      /, .:'"⌒ヾーァty'´::`ヽ
   -‐ァ'/::::::::::,ィ:、:Y;.::|;、:::::::::::',、
   /' /::::::::::/ ̄`リ::/`''i::::::::::l ヽ
  ,イ ,ィi:.:.:.:.:./_     l:ノ   !::::::::::l ハ
z彡ィ'/ !  /、`ヽ /,..-―|::.:.:.:.::!  |
 イ/ ,j|:.:.:.ィ;ミiヽ`//.:,==l: :.: .:!.  ':、
 /l ,イ,'::::/ ̄´/ ,'   、fti   /// r\
 ´レイlノ:::/     ;.:.   `7:.:.:.:/,'./イ :.  ヽ
  彳lメ:ノ     丿:  /:::::::イ//彡| ∧
 /l/イト、 ヽ――- 、_ /:::/l// /イル'!ヾ:.      スイーパーではなく、できない夫の
△イ「l/リl>、 `` ニニ ‐ シ//,イイハ从 | リ      初めての上司①
  ▽ /ル'|i\ ゙"゙ /:/,.ィfテ八l>/レヘ !        半ミュータントであり重サイボーグを捻り上げる身体能力
    ▽ リ| ` ―△'´/|▽    ▽      
     _/    '´_∠ ┴z_    '′       それ以上に恐ろしいのは
    /く彡'´Lr‐ '´ __,、   人            彼は、あくまで本来はESP能力持ちの
  ,-‐{/|   /_,. - '´  ,. -'´:.:.:ゝ、          頭脳特化型ミュータントである事
. | // / ,'_,. -彡'":.:.:.:.:/:.:.:.:` ̄`` 丶 、
. リ ,' /i  !::::, -'´:.:.:.:.:.:./、_:.:.:.:.:.:.:.:.:.,. -‐ヽ
. / / ,/::| ,l/:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:`>‐ '"´:.:.:.:.:.:.'、
/  ,'/::::l/:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:, - '´:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
  ,:'l::/⌒!:.:.:.:.:.:.:.:/:,. - '´ ̄):.:._,. :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ


          / /::/           、、   ヽヽ
           ' {:/ ι  / l i   |  | l   i i, l `
             | /     / l ィ!  l 、|ト、 l 、l ト、
             | 'イ   / /ィ/!/ lト、 ! ハ トl!ヽ トト、.| ヽ
             ', i!  ,'//サトil、__lヽ | | l !_l|-t lTヽ.ト、、
          l'i ll   l l lィキテiミz{`丶l | ',!,zキ士ミK'| 、',
          lハ/!i l ,i l{、l ・ l`'   ヽj  '´ l ・ l イ!/ト、      できない夫の初めての上司②
            ト、l ハ,ノ ゞ=' '       `'='′/,りト、      立場は彼女が経営している探偵事務所の(お飾り)所長
              ヽ∧             u '/イ、|       独特の交渉術と価値観を持つ
               Nトi、ι     、_       /,i |     
               l八ゝ、  、____,,  /l/リ        唯の人間であり、拳銃も撃てないながら
                l小j\ ` ‐--‐ ´ ,.イ`'′          それでもできない夫が昔居た街の重鎮であった
                   rョ}丶、`"´. イ |トヽ           できない夫の尊敬する人物
                , -:/ 〈!      l/ ヽ
  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|   , ==≦_ヲ   ヽ     / | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
  |          |_,.. /,-- 、_r三ニ==. 、、  / |          |
  |    無    | //ⅩⅩトfミヽィっ‐- 、_`ヽ.. |    お    |
  |          | /Ⅹイ,'-、 }ィ^i彡'ⅩⅩⅩⅩ}ヽ、|          |
  |          |/Ⅹ∨し//`7vⅩⅩⅩⅩi/三_|    金    |
  |   い    |<Ⅹ/  // /-イ、ⅩⅩⅩ/ニニ.|          |
  |          |Ⅹ/  // /  し!ⅩⅩl /|ト、ミミ|   が    |
  |_____|、/  //,,, /  / l、_Ⅹj/N|ミlミトJ!       |
          /  〈/ "/  /  ノ―イ 川川}/.|_____|
8631 : 名無しの工員さん [sage] 2015/04/29(水) 22:42:36 ID:2DSoxbfQ
なんというコンビwwwそりゃ
できない夫は謙虚になるわw
関連記事
スポンサーサイト




コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://yarucha.blog.fc2.com/tb.php/3980-0fea4478