情報部シャナのスカベンジ日誌 幕間「とある軍人一家のお屋敷」

5877 : ◆RD3CAnAM9Y ★ [] 2017/12/21(木) 21:14:30.00 ID:6TtESaku

==|===i´ i´######i´ i´======∀==∀=====|=
 . Yl | |#######| |:::|    ,;゙ ・ω・ ;,    Y  ういうい、まあどうせ安価もないし、フルメンバーでなくても大丈夫だろう。
 . ||l . | |#######| |:::|    ミ ~ ̄~ ミ    ||  というわけで、そいじゃあちまちまとはじめていこうかー
 . ||l . | |#######| |:::|    `'ーu-u‐´    ||
 . ||l . | `―――'.. |:::|       °:       ||  今回はちと新キャラというか一発キャラ多めになるが、まあ許せ。
 . ||   ゙"'''''''''''''''''''''"゙'"゙       。 :     .||
 . ||      :                  ||  書き溜め? いえ、知らない子ですね
                                                                \カーン!カーン!カーン!/
5878 : ◆RD3CAnAM9Y ★ [] 2017/12/21(木) 21:14:41.78 ID:6TtESaku
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
 やる夫はスカヴェンジャーのようです二次創作

              情報部シャナのスカベンジ日誌
             幕間 《とある軍人一家のお屋敷》


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
5879 : ◆RD3CAnAM9Y ★ [] 2017/12/21(木) 21:15:45.60 ID:6TtESaku
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
5880 : ◆RD3CAnAM9Y ★ [] 2017/12/21(木) 21:15:57.74 ID:6TtESaku
                                                          _______________
二ユ i二二ユ i二二ユ |二コ |                                           {、_______________
二ユ i二二ユ i二二ユ |二コ ト、     ハ                     | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄|,. -‐=.\'///T^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
二ユ i二二ユ i二二ユ |二コ | |     _j_j____    __ __,       | iココココココココ.∠〃〃〃〃l\'/|
二ユ i二二ユ i二二ユ |二コ |_|    | iコ | iコiコiコ |.   | iココ |iiiii|    _| iコココココココ /〃〃〃〃〃〃ll`|―──────────
二ユ iニf爪川ハ:     |:. f爪川ハ.    | iコ | iコiコiコ |三._|__|_iii|二) |iiiiii| iコココココココfjl川川川川川川川|:i:i:i:凵:i:i:i:凵凵:i:i:i凵凵:i:i:i:凵
二ユ iニ川川川:.:...r=≠t川川j八::.   | iコ | iコiコiコ |三| iココココ |ii|三三|iiiiii| iコココココココlレ'W.lレレ'VVWVVW.l|:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i
:. :. .   iハ ハir=≠爻川__z------------──────────────---------------x_   -======================
:::. :. .   || ,.彡爻__: (_)二コ仁二コ仁二コ仁二コ仁二コ仁二コ仁二コ仁二コ仁二コ仁二コ仁二コ仁  /―-<_ノ_ノ>一'┬┴r‐ゝr‐'ー
爻ミ:::.  .:,ハ==(_)=| |工工工工工工工工工工工工工工工工工工工工工工工工工工工.r爻 /¨\_  /_ _フ__匸_jニ二ヽー`r
爻ミ「i元元「i仁仁| |仁仁}.工.,. <>┴┴<> 、工工工工工工工,. <>┴┴<> 、工工工彡爻/\/_/⌒rヘ__ノ、_」、_}ー-ヘ-ヘ
__ 」 -‐=≠、二ソ二ソニ|工,.</三三>'´::.:.. \>、工工工工エ,.</:.:. :. .   . .: .:.:.:.:.:.:.\>、 彡爻爻ノ_ノ>一'┬┴r‐ゝr‐'ーァ┬'ーr'┬'
L二L二L二_ト、\二ソ二|,.<フ三>'´:.:. :. . .     ヽ>、工工エ,.<フ´:.:. .       . .: .:.:.:.:.::::ヽ>x爻爻爻/_ _フ__匸_jニ二ヽー`r―v⌒i⌒)
_」_」_」_」ト、\二ソ|.V三ア´::::.:.:. :....      Vj工工エV. :. .           . .: .:.:.:.:.:::Vミ彡爻rヘ__ノ、_」、_}ー-ヘ-ヘ二フ、⌒>‐`
」_」_」_」_」__ト、\^|/ア:::::::.:. :. .          V工工V              . .: .:.:.:.:.:Vx彡爻ノ_ノ>一'┬┴r‐ゝr‐'ーァ┬'ーr'┬
_」_」_」_」_」__,ト、「i/::::::::.:.:. :. ..          i.工工i               . .: .:.:.:.:i工爻/_ _フ__匸_jニ二ヽー`r―v⌒i⌒)二
」_」_」_」_」x≦三:V::::::::.:.:. :. ..            |工工{                 . .: .:.:.|工メ rヘ__ノ、_」、_}ー-ヘ-ヘ二フ、⌒>‐`
_」_」_」x≦三三三7:::::::::::::. :. ..          . .:.::::::::::::::.:. .               . .:.: ̄\ ノ_ノ>一'┬┴r‐ゝr‐'ーァ┬'ーr'┬
」_」__」x≦三三三三 7::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/_ _フ__匸_jニ二ヽー`r―v⌒i⌒)
_」 x≦三三三三三ア:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::rヘ__ノ、_」、_}ー-ヘ-ヘ二フ、⌒>‐
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 畿内の……ここを某所と呼べば、皇国軍関係者には誤解が生まれてしまうだろう。
|                 某    所
| ここはただの、帝都のとある住宅街。
┗───────────────────────────────────────┛
5881 : ◆RD3CAnAM9Y ★ [] 2017/12/21(木) 21:19:02.20 ID:5AhcQPct
.        /          /           ,. '゚                  __爻;';';';';'
       /         /         _,、<                        ⌒
       /        /        ,  '゜   `   .            し乂ノ´ ̄ ̄`ヽ
丶     /       /        , '゚          `丶、       \/ Yノ;';';'};';';';';';';';';'ヽ
;';';\   /      /       ,. '´   _____ ,、,、,、  \     \jしノ|ノjノレ;';';';';';';';';';'   ラジオタイソウダイイチー
;';';';';'ヘ /ィ´ ̄丶==ii|      , '゜  。s≦ZZZZZZZZ爻i:i:i:i:㍉ ,..+──‐\,ノしj/;';';';'/⌒;';';'
ノ;';';';'゙;)/ {| |)) 从ニ|:|__,,.. - ''′    ̄|┌┐「]|:j;';'爻 爻i:i:i:i:i:i:i:i:)======ァ'⌒ヽ=Y|/⌒;:;:(;';';';';';';';'
;';';';';';';゙)  | |=彡:i:i:, |:|  viv     iTi「「「「「「「「|:{;';';';'爻i:i:i:i:i:i:i:i乂[[[| [] ;';{   ミ淡淡淡淡淡淡淡
⌒;';';⌒ヽ | |..{i:i:i:i:i:}口乂淡ミミ. . : :.::¨丁「「三「 ̄ |乂;';'爻i:i:i:i:i:i:i:i:爻zzzzz爻ゝ _ミ淡淡淡淡淡淡淡
;';';';';';';';゙ソ.:| |.:乂i:i州|:|刈淡淡xX爻爻|xXX爻爻爻爻爻爻爻淡淡:::|:|── ミ:;| |淡淡淡淡淡淡淡淡
--ー…'T | | i:i:i:i:州|:|洲 ̄``'爻爻;';';'爻淡淡''"⌒´          |¨¨¨|「i| ミ;:| |ヾ;:ミ:ヾ;:ミ:ヾ;:ミ:ヾ;:ミ:ヾ;
     | | |ノ'''""~~|:|「:7ニ=- _    `'爻'′  ______」二⊥-‐ ミ;:|_|ヾ;:ミ:ヾ;:ミ:ヾ;:ミ:ヾ;:ミ:ヾ;:
     lH |ヱi┬┐⊥二二二二二=- __广二二ニ=-=ニ“”         ミノノヾ;:ミ:ヾ;:ミ:ヾ;:ミ:ヾ;:ミ:ヾ;:
     | | |^'└|i`|i          ̄ ̄ ̄ ̄                人_ヾ;:ミ:ヾ;:ミ:ヾ;:ミ:ヾ;:ミ:ヾ;:ミ
     | |_|    .└                                 ⌒^^''=- ミヾ;:ミ:ヾ;:ミ:
  __ -二二二二二二=-  : . .                                   ~^^'
二二二二二二二二二二二=-_ : : ..
二二二二二二二二二二二二二-_  : : ..
                          : : ..
_________________     : : .
二二二二二二二二二二二二二二二二二二二=-_   : : . .
二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二=- _   : : . .
二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二=- _    : : . .
                                           : : . .
____________________________      : : . .
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 一定の間隔をあけて、小さくない土地や、家屋が立ち並ぶこの区画……
| それも、多くの家が風情ある外観や、あるいは防犯を意識した様な造りをしたここは、
| 一般に、高級住宅街などと言われる区画だ。
┗───────────────────────────────────────┛
5882 : ◆RD3CAnAM9Y ★ [] 2017/12/21(木) 21:22:09.89 ID:5AhcQPct
                   i
                .傘                            |
               傘傘                          r^t
               .傘∩傘                           /.:::ヘ
              傘傘傘傘                          | : :::::|
 .   |           [IIIIIIIIIIIIIII]_____________________________________________  .r".: ::::`i           おはようであります、主様。
 .  r'^ー --------..i..::::::::::::;;;;i|;;;;::::;:::;::;:::;::::;::::;:::::;:::;:::;::::;::::;::::;::::;::::;::::;:::;ヽ |.:_;_;;;_;;|_____________.
   /::;::;:::;:::;:::;:::; ::;:;::;;;| ..:::;:::::;;;;;i|;;;:;::::;::::;::::;::::;::::;::::;/|\::::;::::;::::;:::;:::;:::;:::;::;..ヽ.;;;;;:;;:;;::;:;:;;::;:;:;;::;;::;\
 . /;;;;_;.;;;_;;:;_;_;;;._;.;;;:;.;;| ∩ ::::;;;;;/;;_;:;;;_;;:;:_;:;:; ;_;::/\|/\;;;_;:;;_;_;;:;;_;:;;:;_:;;_;.:;ゝ.:-:;:-:-::-::-:-::-.-ヽ
  |.::::::: ::::::: : :: :: ::: : :;;| ..:::::::::;;;;;i|;;: : : : : : : : : : :[IIIIIIIIIIIII]: : : : : : : : : : : : : :|;.:;ヘ.;: ;ヘ:.: ;ヘ:. :;ヘ.: :|
  |: : i^i: : i^i: : i^i: : i^i| ∩ .:::;;;;;i|;;::i^i::: i^i::: i^i::::||: i'⌒`i: ||..:i^i::: i^i::: i^i::: i^i::|;.:|_j; :.|_j; .:|_j:: :|_j;: :|
  |: : Ll:.:: Ll::.: Ll:.:: L.| . .::: .:;;;;;;i|;;;:Ll;::;:Ll;.:..Ll;: [IIIIIIIIIIIII] ;Ll;;: Ll;::::Ll;;:::Ll::i;;: : ;: .:.; :.: ;.: .:;.. :.; ;.i
  |≡≡≡≡≡≡≡.| ∩...:::;;;;;i|!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i||: i'⌒`i...||;i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!| ≡≡≡≡≡≡≡|
  |:: ::::: ::::::: ::::: ::::: :.:.;;| . ..:: .::;;;;;i|;;: :: :::: : : ::: :: ::[IIIIIIIIIIIII]:: ::: : : :::: ::: :: :...::::|; ;ヘ;.::;ヘ. :.:;ヘ.: .;ヘ.: .|
  | : :i^i: : i^i: : i^i::...i^i| ∩.. ::;;;;i!|;;.:i^i:: :i^i: .:i^i: :|| r'⌒`.i..||;;;i^i:: :i^i: ::i^i:: i^i:..i:..LI;:.:LI: :..Li; ::LI;:::.|
  | :: Ll;;: .Ll;;:. Ll; ::.Ll| .:: .:: :: ;;!i|;;::Ll:;:::Ll;;::.Ll;:::|| | ...l.....i ||;;:LI;; .LI;;: LI;;:.Li,::|;:; .;:. :;..: : ;.:;.: ;.:;;;.; :;|
  |;;:..,,;; ;:,,.: ;::,,.:;. ;;,:.;;i!i::.:.:::..::.;;i!Ii!;,.:::.:.:.:::;.: : .:: : :|| L...|., 」.||;;::...:.::: .:::..::.:.:;.:... ;;.|"` ""`` ""``"""`"
 '' ;;:;: :::''::.;;'' ;;:;: :::''' ;;:;'''ー----‐:' ''' ' '''' ''''' '''' '::=:/三ヘ =''' ''''' '' '''' ' ''''' ' ''''' ;;:;: :::''::.;;'' ;;:;: :::''' ;;
 .;'":;. :.. ;'"'":;.'''""'''''"''' -.._:、;:;〃":; ,.,,.、;:、;: .;.. . .. . .. . .. . .. ..,.,,.、_,,..-‐'' ::.;;'' ;;:;: :::''::.;;''
 ":;. :.. ;'"'":;..;'":;. :.. ;'"'":;.``丶、_,,_|i. |‐ー─‐───────‐‐‐|i. |,,__::.;;'' ;;:;: :::''::.;;'' ;;:;: :::''' ;;::
 ..:;. :.. ;'"'":;..;'":;. :.. ;'"'":;.;'":;. :.(_|i/ ,,, ,,, ,,       `          \i|_):"'" ̄'"":..'" ̄':‐.:':'"':
 ::..:ー.:..::::..:...::....:ー..:..:::..:.. -::.:..:...::..:./       ,,,,    ,,,,       \.::..:..:..ー::::..:..::.:..:...::..:..::..:..::..
 .::::..:.,.,,..、 ::...::..:..:..ー::::..:.,.,,..、 ::../                         \.  ,.,,.、.::..:..:..::::.ー.:..::.::..:..:
 .::..:..:..:::..:..::...::..:..:..::::..:..::|i. |/       ,,, ,,,,,,     ,,,,,,,  ,,,       \|i. | .::.-.:..:..::::.~:..:..:::
 :.;;''.;;:;: :::'':.;: ::'':.;;''.;;:;: :::''/                               \::.;;'' ;;:;: :::''.::..:..:..::..:..:.:::
 __,,.. .-‐ '''" "~ ~""'' ´~"''~""''' ''"´~"'''"'' (~)~~ ""''´~"''~" "'''' '"´~"''"' ''""~~ ""''´~"''~ ""'''""'''""''
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 存外使う機会もなく、給金を余らせた軍の将校などが居を構えることも多いこの一帯……
| そこに建てられた、とある洋館。
| その、朝のこと。
┗───────────────────────────────────────┛
5884 : ◆RD3CAnAM9Y ★ [] 2017/12/21(木) 21:26:18.22 ID:J8Mmu+FJ
                                ___ _
                              ____ /: : _: :二ニ=─
                          ///:/: : /: : : ̄ ̄ ̄:` : .、
                            |:./:/: : /: : /: : : : : : : : : : : : : : : >.、
                    r─ー< ̄ヽレイ: : /.:/______: : : :´ ̄ ̄`ヽ : : : : `ヽ、
                _ゝ: : : : : :`ヽノ:⌒:.ヽ: : : : : : : : :`ヽ: : : : : : : : : : : : : : : :.ヽ、     うむ、おはよう。
.                 {: : : :'、: : : : : :丶: :ヽ: : : :`.: .、: : : : : : : :\: : : : : : : : : : : : : : : ヽ、
               ヽ: : : :\: : : : : :ヽ: :\: : : : : :`:ヽ: : : : : : :\: : : : : : : : : : : : : :`:ヽ.、   朝食の準備は?
                   ∧: : : : ヽ: : : : : :\: ヽ: : : : : : : :\: : : : : : \: : : : : : : : : :\ヽ : : \
               / ',: : : : :.:トヽ: : : : : :\:\: _: : : : : : \: :ヽ : : :\: : : : : : : : : :\\`ー─                既に整っております、主様。
                | :∧: : : :.:| \\ : : : : \丶`\:_:_:_:_:_\: :\.: : :\ ̄`:ヽ : : : : : : ヽ、             しかし……今日は確か非番では? >
                |.:/:| ヘ: : : :レヘ: \\: : : : :\\ノ__>メ、:.ヽ: : :\: : ヾ. : : : :\: : : : : : i
                |i' | :ヘ: : :ムへヽ\\: :_,,、メ千メァ¬ー \ヘ:.:.:.:ヾ\\`\\\ヽ: : :}  たまの休日を、寝て過ごすのももったいなかろう。
                ¦ |: : :!へ ヘ弌;メヘ7  \ : : ヘ`ー''\   j\:.:./⌒ヽ: \: :\\\ヽj
                 ヾ: : レへ!   /\   \: :ヘ       }: :ヽj⌒ヽヽ: `\: :.ヾ:ヽヾ:ヽ  一度駐屯地に顔を出してから、友人宅へ向かう。
                      ヽj |  ヽ ノ        \ヘ      }: : : }  } } : : : \:.\`\`\
                          ',   ヽ、       `ヽ    ノ: : :.ノゝ_ノノ.: : : : : : :\`\                       左様でありますか >
                         ',                ヾヽ人__イ.: : : : : :___: :ヽ
                      ミヘ  -――-―-         ∨    |: : : :ニニ二ニニゝ
                      ミ、   ___         / /    !: : : : 二ニニ=─
                          ヽ            /  /:/   |: :/
                          ',                 //     レ′
                           ヽ、     ,、<    /       |
                  r=======≧≡≡≦≡x、________r=========ュ
                  |:::::::::::::::::::::: 「:::::::::::::::::::::::::::::::::}:::::::::::::::::::::::::{:::::::::::::::::::::::::::}:::::::::!
                     }────|::::::::::┌───┤::::::::::::::::::::::├─―─┐::」_:::::::|
                   ├─「::::iー‐|L:::::::├───┤::::::::::::::::::::::├───┤:::「::::::::!
                  ∠{::::::::l:::::l:::::::::¨「:::::├───┤::::::::::::::::::::::├───┤::」 _:::::::|、
             _,、-'"::::::::ソ::_」:::::l::::::::::」L:::├───┤::::::::::::::::::::::├───┤:::「::::::::!:::';¨`ー-.,.、_
          _,、-'"´::::::::::::::::ヽソ::L:::」::::::::¨i「:::::|      |::::::::::::::::::::::::::|      |:::::|:::::::{::::::}::::::\: : :\
    __...,,、、=¬|: : : |::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::::「:::::!_____};;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;j  ___j::::::j:::::::::ヽ丿::::::::::\: : :\、、
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 一人の男が、身支度を整えていた。
| こいつが誰かなど、今更語るのもやぶさかだろう……そう、皆さんご存知、准将である。
┗───────────────────────────────────────┛
5885 : ◆RD3CAnAM9Y ★ [] 2017/12/21(木) 21:30:28.83 ID:q35g3Crt
                , '´〈    |  l  ト-‐ヽ
           /  /`ヽ  , 、| _/ヽ‐‐ヽ丶、\
          / ┌く、/ ̄/      ヽ  ヽ ヽl
         /   | ./   /        ヽ     \                         ベイダーの立ち上げ準備と、
            |   _,|_/       / |      !   、  ヽ                        表にジープを回すよう手配は任せた > 准将
        │  | /      /   |       l ! l  !   !ヽ
         !   |/     /  /   /!      !| | | !   |l│  了解であります、主様。
         |    |   /  /   / | !l.   /|レ }イ │  | !|
        │   |    | -/l ‐,t/-、|l |   /, -┬,〉 !   | l   装甲スーツは全機起動コード入力のみで
         |     !   | 〆-;'‐┬ /' | / |ソノ |  !  /
        / /   | |  !` lヽノ'  '  |/  '"´  l /| /       起動できるようセットアップ済みであります。
        / /     ヽト、 ヽ  ̄´     ,    |' !/ヽ、_
      /〃    |   !ヽ`ゝ         , イ :|'´ ̄\二ニ‐ ジープの運転手は手配いたしますか?
       '´/   /| /   |  |`ヽ、      ̄  /,‐| :!     >ー、
      ∠_ , '/  |/|   !  !::`ー.ニ - 、__/ヽ/ | |   /   ヽ               いや、自分で運転しよう、車だけで構わない > 准将
  , ‐=ー ─ ∠. ‐'´ |Λ/ヽ ヽ _::::: ̄`:V:|.=‐- 、| !  /     ∨|
 /    ̄\  ̄ \ レ' /:\ ヽ`ー-、::_丿)::`ヽ! //          { !、 了解であります。
./      |  ー -ヽ/`ヽ:::::ヽ ヽ ー/ヽ}〈 :::::: ! /ヽ      l ヽ / | l
|        .|       \  ヽ:::::ヽヽ:/  ヽ \:::!,イ  ヽ _ - ! l /  ! |
|       /::\  ‐─‐ ヽ  \:::ヽヽ   !  l:/::|   |    / /  ' |
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| そんな彼と、部屋の入り口に立って声を交わす女性が一人……
| 軍人然とした堅苦しい口調と無表情に対し、その身を包むのは侍女服と、
| なんとも乖離が著しい、妙齢の女性である。
┗───────────────────────────────────────┛
5886 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/12/21(木) 21:31:30.48 ID:XMx8+0+U
今日は義父さんの話か
5887 : ◆RD3CAnAM9Y ★ [] 2017/12/21(木) 21:34:52.47 ID:q35g3Crt
                       r─┐
                _ ノ V   ├-┐
               /| ⌒ヽ '"`⌒ー┬1、
             / .ノ y'´      .,::|::::.,ヘ
           / .::「_/./.::.  ``メ、:|::|::::|:::.,ヘ
             /   )/./l:::::.:. i:|:/ ,l/メ|::::|::::|::::.',   朝食は、どちらでお召し上がりに?
          /  , .::::l/ハ::ヽ::. 〈 `トッf|:::/:::/::::::|
         , ′.- 、:::::い::: `ト、:.、 `` |/:::/l:::∧!                        食堂でもらおう。汗を流してから向かう > 准将
       ∠/    L:::::::|::.  |       ,V |/ ′
      <( , -─- V⌒ヽ  |    ‐: /  ′     了解であります。
     /⌒V〃: : : : : : : ヽ  ', |  __/
      /    `l. : : : : : : : : :',. i 厂:.|:. |             着替えは後程、別の者に持ってこさせます。
      l    /. : : : : : : : : : | N|:::::::|:: L_
     ヽ _/. : : : : : : : : : : :ヽ ト、::::| ⊥_,⊥__                              細かな差配は任せた、カルメル > 准将
       l/. : .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: : : 〉/ Lん、_\   |
      lV.:.:.::::::::::::::::::::::::::.:.:.:,〃  !.:.:.:.:. /__」 」     ハッ。
      | \.::::::::::::::::::::::::.:.//   /.:.:.:.:.:'. :. :. Y (
      ⌒ヽ>斗'" ̄``7′/   /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ノ_/:ヽ
        んハi:::: : : : : レ′ ノ _ ニニ、::::,.イ_/:/
          |:::: : : : :L    i     Y: : : :「
             |:::: : : : : :', __」_     j: : : :.|
           l::::::: : : : : ',-─- 二ニヽl: : : : |
              ',::::::::. : : : :', 三二ニ-、|: : : :::|
         , イヽ:::::: : : : : :ヽ`¨` ー 、|: : : :::|
      ,. '´ /   \::::: : : : : \     |: : : :::|
    ,.'´   _/   、 \::::: : : : : \.  |: : : :::|
.  /    ノ /     \ \::::: : : : : :\|: : : :::|
/   ,「 /           \ \:::: : : : : : \: :::ト、
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| この奇妙な違和感を感じさせる出で立ちと振る舞いは、コスプレをしているとか、
| 人間に見えるけれど正体は自動人形であるとか、別にそういうわけではない。
| その服装に見合った職業……いわゆるメイドとか、女中とか、侍女とか、
| そう呼ばれる職に就いているのだ、彼女は。……口調は、少々言い訳しづらいが。
| 名前は、ヴィルへルミナ・カルメル……
┗───────────────────────────────────────┛
5888 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/12/21(木) 21:39:59.49 ID:FHUJLmHl
まあ、将官クラスならメイド付きの邸宅を持っててもおかしくないか。
5889 : ◆RD3CAnAM9Y ★ [] 2017/12/21(木) 21:40:08.05 ID:q35g3Crt
                  __
              . ィ ´: : : : : : : `ヽ、
          , ィ: ´: : :, -――、===ァ、.,_ ヽ、
          _ノ'/: : ://"7/ヽ、/ノ.ノヽ\.\
.       ー'ァ': : : :./' ,ヽ/ _ニ イ>、〉'ニ 、l゙、>ヽ、}                                    ……アイギス > ヴィルヘルミナ
       /: : : :/∠!l/:;イ  , 、ノ': : : :l `ヽ.〈!l.ヽ
.      r'/',/_/,,、;´ ヘ´ヽ ノゞ_}: : : : lヽ: :ヽ、},lヽ、 なんでありますか、侍従長殿!
.       ノ'/_:;>..:::´::::::::l /__ノ,_l´/: : : , /!: : : ヽ: l
    . ....:::::´:::::::::::::::::::; ィ竓ェニ__!'l: : ,/l/_l仆、l: l: lヽ、                  朝食後、主様は外出の予定であります。
. ...:::´:::::::::::::::::::::::;: イ: : ,l 込ツヾ`|/,'ニ二`l /,ノ',|l                            表に車を回しておくように > ヴィルヘルミナ
::::::::::::::::::::::::;:イ;八 .l . 从       込ソ'゙ !'; ,l ,ノ'
:::::::::::::::; ´ ' 'l ∧l!、 八     .,     /l'/,八    了解であります、侍従長殿。
::::::::/     ,l' ,l' ヽ;|o、  、:‐,  /'_ /'l'
::/       _.  ,.ィ:.、 ノ∫.ゝ . _ ,≦-'´:`7
`:::...、 __.....:::´:::::.._ヾ: : : `ヽ.v、 ,、lヲ': : : : : 〈
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}:.:.:_:_:_:_: r'茨:: : : : : : : }ーァ‐‐、
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ: : : : : : :ア、入ー―≦ヲ、:7:::::;:::ヽ
::::::::::::::::::::::::::::::;:イ´;ノ: : : : ;/: `.ニヽ: : : : ノ: ノ'::::::l:::::::
  、::::::::::::::::::::::::iヽ'、〉、 : : /ヽ: : :ヽ::}: : : : j'´、::ヽ':::::::ヽ
.   \::::::::::::::::::.!::::::::::ヽノ':.!|:l,、: : }::{ : :/:::' .ヽ:::.、:::::::.
.    \ :::::::::::.! ::::::::::::::::::.!|::::`ヘ.!::`'´::::::::::::ヽ':::::ヽ.:::`、
       \:::::::.! ::::::::::::::::::.!|:::::::::::::::::::::::::::::::::::||::::::::::l::::::\
        \ ::::::::::::::::::::::.!|::::::::::::::::::::::::::::::::: ||:::::::::;:::::::::::::ヽ
         ヽ ::::::::::::::::::.!l :::::::::::::::::::::::::::::::::||::::::::,::::::::::::::::::` 、
          ` 、 ::::::::::::.!|::::::::::::::::::::::::::::::::::||:::::::{\:::::::::::::::::::ヽ
             ヽ ::::::::.!| ::::::::::::::::::::::::::::::::||:::::::l.  \::::::::::::::::..
           ,ノ ::::::::::.!|:::::::::::::::::::::::::::::::: ||:::::::l     ゝ:::::::::::::ヽ
           /:::::::::::::::.!| ::::::::::::::::::::::::::::::::||:::::::|   /::::::::::::::::::ノ
    ※ 心の綺麗な人にはメイド服のアイギスが見えます
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 扉の奥へ主を見送ってから、彼女が小さく配下を呼えば、
| 侍女服へ身を包んだ自動人形が姿を現して答えた。
| 機械の声帯で、彼女の職名と共に。何用ですか侍従長、と。
┗───────────────────────────────────────┛
5890 : ◆RD3CAnAM9Y ★ [] 2017/12/21(木) 21:44:26.31 ID:GJ78waeH
           /.:.:.: : /.:.:/ : : : : .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. : : .  、\ \
          /.:.:. : : : :l .:/ : : : : :l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: : .   `ヽ⌒ヽ、
            /.:.:/: . : : :l :l.:.:.:.: : : :l: : : : : :.l : : : : : : : :!   ', / !
         /.:.:/.: :.: : : :| :|. : : : : : ト、: , : -ト、‐ :、.:: : : :!    V1. !   車種は軍で使用するジープを、
           l.:./l .: : : : : :ト、ト、. : : : : lく\: : ヽ\:|\: : :!  !  ! !  !
           |.: | : : : : : :|‐|=ト、: : : :.ト、l ,.ィテ〒 ミヽ㍉V. : :/l /.l l!   !  運転手は不要です。用意した後、
           |:l l: : :.:l : : | V  \: :.l イ 1゚いソ_/  l/: ;.イ://.:.l/l  !
          l/ '; .: :l : :,.イ行〒 \|   ` ¨´     /: :;イ/イハ 〉:!  !  そのままゲートの警備に移るように。
            \:l : : l弋辷ソ            // |:. i _ノノ: ::!  ヽ
             \: :ト、    /              j.:. レ' : : : : :.  \                        了解であります! > アイギス
             i |: :ハ     `            /.:.: |:.:.:.:.:.:.:.: : : :.  \
             l |: l: .ハ      ‐       /|.i.:l !l::.:.:.:.:.:.:.:. : : : :.:. ヽ\
              l/: l:/: : .ヽ、           /  |.|.:|.:|.:l.:.:l、.: : :ト、l`ヽ、 . .: : :\
           /: /l : : : : : : 丶、      イ, -─リ:.:l.:l.:l.:.:l:ト、: :.|  ,. " ´ フ´ ̄`
           /: ; イ:/: : :/ : : :.l :、 :> <_/.:.:.:.:   i.://:ノl/lノ \| '´   /    /
         "´   l/. : :/ ト、: : ト、|\| l_/.:.:.:.:.:   _」// _\__, イ    /     /:
         , -─- 、/./ /─-、ヽ|   ノV__ , -‐ "´  l/.:.:.:/  /    /.:.:``ヽ /: :
      /       V.:/    ヽ __∠ ノ⌒L_  -‐─ /.:./    /  _ _L.:.:.:.:.:.:.:V /
       /       V    /.:.:.:.:ノ   「.:.:.:.:.:.:.:.://     /´    ̄`7.:.:.:.:.:.:.V
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| ヴィルへルミナ・カルメル、この帝都ゾンボルト邸にて、
| 侍従長の職を拝命する筆頭侍女である。
| 
| ……なお全くの余談となるが、この一帯の住宅街では、雇用機会の提供ということで、
| 金の余った軍人が、こうして家人を雇うことは珍しくないことであったりする。
┗───────────────────────────────────────┛
5891 : ◆RD3CAnAM9Y ★ [] 2017/12/21(木) 21:48:37.91 ID:ym3CXv2T

       _ ,:'::::::::::::/           |:::::::::::::::::: ;'
.       /〈:::::::::::::/            |:::::::::::::::: ;'
      〈  ゙、::::::::i'                 |::::::::::::::::'
      `;. |:::::::::i                 |::::::::::::::;'    さて、残るは着替えの手配と装甲スーツの最終調整でありますね。
    :::... l| l::::::::::{             l::::::::::::;'
     ::::l| ヽ-―',::..           !:::::::::::;     今日の洗濯当番は……
      ::ヾ、   ノ::::::::::..           ;::::::::::::'
       :::::` ̄´:::::::::::::::::::......     ,!::::::::::i
         : : ::::::::::::::::::::::::::::::::::..... ノ::::::::::::;
           : :::::::::::::::::::::::::::::::::::∧::::::::::::::、
              :::::::::::::::::::::::::::::::| ヽ::::::::::::':,
              :::::::::::::::::::::::::::'、  ヽ:::::::::::ヽ
                 ::::::::::::::::::::`"ヽ. \, -‐''\
                      ::::::::::::::\       ',:..
                        :::::::::::ゝ    ノ:::::..
                                `  ̄´
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
|                        アイギス
| 拡張領域に奉仕ルーチンを搭載した警備人形に、そうして仕事を差配してから、
| 一切の隙も無駄もない動きで、ヴィルヘルミナは踵を返す。
| それは一流の侍従が持つ流麗な所作とはまた別の……
┗───────────────────────────────────────┛
5892 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/12/21(木) 21:48:43.80 ID:FHUJLmHl
侍従長! 侍従長殿! 筆頭侍女殿!!(唱和)
5893 : ◆RD3CAnAM9Y ★ [] 2017/12/21(木) 21:51:59.66 ID:PdXM5N/t
       ::|::|:::::::::::::::::::|                          ::|::|:::::::::::::::::::|
       ::|;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;/                        ::|;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;/
       :;;| | ̄ ̄ ̄|                         :::| | ̄ ̄ ̄|
       :;;| |      |                         :::| |      |
       :;;| |      |                         :::| |      |     確かシャーリーでしたか。
       ::;| |      |                         :::| |      |
       ::;| |      |                         :::| |      |     では、そのまま伝達すれば十分でありますね。
       ::;| |      |                         :::| |      |
       ::;| |      |                         :::| |      |
_____|_|___|______________|_|___|_________
: :::::::::::::::::::::;;;|;;|::::::::::::::::|;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: :::::::::::::::::::::::::: :::;;|;;|::::::::::::::::|;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
: ::::::::::::::::::::;;;;|;;|;;::::::::::::;;|;;::::::::::::::::::::::: :::::::::::::::::::::::::::::::: ::::::::::;;;;|;;|;;::::::::::::;;|;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`'―――'  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`'―――'  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄





――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| こうした廊下で、室内で、戦闘となったらどうするべきか、どこを警戒しておくべきか。
| そんな荒事慣れした人間特有の、最適化された足運びで、
| 彼女は自身の仕える屋敷の中を、仕事をこなすべく歩いて行った。
┗───────────────────────────────────────┛
5894 : ◆RD3CAnAM9Y ★ [] 2017/12/21(木) 21:56:06.72 ID:PdXM5N/t
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
5895 : ◆RD3CAnAM9Y ★ [] 2017/12/21(木) 21:56:20.98 ID:PdXM5N/t
                   _
                    j´   `:
                  ノ`≧≦:
                 /、/ヾr‐iヽj、           ―― 消耗部品全点確認完了
               /_>,≡イー‐`、
              //´ ヽヽ  l ト、__.〉            ―― 重力制御含め全システムにエラーなし。
               //、____j l__l l  l!
             j/:::ハ    l [ ] j  l!          ―― 無事主様の出立には間に合いそうでありますね。
             l!:::::::У¨`ヽ、 /  リ!
             l!:::::::{ト, --、! `ヽ/::l
             l:::::::::〉∧_∧}-ュ_j \:l
             l:::::::::l     j    ヽ
             /::::::::ハ    j、     キ
           /::::::::::::ハ   /::::ヽ     ',
          /:::::::::::::::::::::}  {:::::::::l\    ',
         /::::::::::::::::::::::::::ノ´ `j:::::::::ゝト、___j
       ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 軍人一家の朝は早い。
| いや、夜勤等不定期な生活になりがちなものは多いし、NOUKA等比較対象によっては
| さらに早い家も珍しくはないが……
| デスクワークも多く、非常時に備えて詰所に詰めているような将校というのは、
| 一般に見て規則的で、早い朝を迎えるものだ。少なくとも、この家はそうだ。
┗───────────────────────────────────────┛
5896 : ◆RD3CAnAM9Y ★ [] 2017/12/21(木) 22:00:29.54 ID:zslcipm2
:::|                  }〃/.:.:/.:.:.:/://:.:.!:.:.:.:.:.:.:.l:.:.:..:.:.ヽ.:.:.:.:.:.:.:ヽ ヽヽ
:::|                    /i.:.l.:.:/.:.:./.://.;イハ.:.:.:.i:.!:.:l.:.:.:.:ヽ.:.',:.:.:.:.:.:.:.:ヽ  ヾ;
:::|                    / l:.:|.:.i.:.:./i7`ト/j:i !:.:.:il:.ト;.:l、.:.:.:.:.', ハ:.:.:.:.:.:.:ハヘ   ヽ
:::|                 { /!:.l.:.|:.:.ム」__レ_ !!`i:.:.:.!l.:!_i:.L',:.:.:.:.',. ハ.:.:.:.:.:.:.lハi     では、残りの分解整備は主様の出立後にするとして……
::::!                   レ, N.:.:! /ヾi弋_dヽ, !:. :l 斗|:.! ',:.:.:.:i.:.:.i、:.:.:.:.:.:! |
::::l           /l\  //|.:.:.:i :|ハ  ゞ‐‐'  ',:. ! ィ'N‐d、',:.:.:!.:.:|:ヽト,、:.l                                 侍従長ー > メイドA
:::::i          / !  ヽ// l:.:.:.:N :.ハ      '.:l  ゞニ゚ソ 〉ハ:ト;.:.!ヘi! i/!!                           侍従長殿ー > メイドB
:.:.:.!          l  |   `ヾ、.:.:.:.:ハ :.ハ      ! '、    ∧':ハi i | 廴_リ             /
:.:.:.:!         ∧!  ',       ヽi , i :. ハ、   _ _      イ:.:.:!.:.:| N゙、、_`_、_,         /  ……二人でありますか。
;.:.:.:.i        i  \ ヘ   r;、_  ヽj.:.:i.:..iゝ.  ` _ . イ.:.:.i:.:. !ニ=-'_ス\__         /  /
.',:.:.:..',         !   `/\ { ヽ`ヽ 〈ヾハ l::::ヽ,==´7__|;-‐"-┴{ .r'7-'´_, ‐'_     /  /  さて、片方はともかくもう一人に、
. ',:.::.∧      ヽ _ .!::::::::.`-‐;ヽ_ `ヾ、ヘ!j -―'´ ̄___ ---r:‐ | y' ∠_____` ‐∠. _/
  ',.:..:.ヘ.        Nヘ`|::::::::::::::::::.`>-'´ ̄ _ -‐r´ ハハ /__l:::./  ´ , ---;- ' `>- 、_ `ヽ    報告の必要な仕事は言いつけていないはずでありますが……
  ', : : ヘ         _.'i:::::::::::::./    -'´<l:| | ヽヽ::::::i ハ/ ヘ/    _,, ‐'´  / / `ヽ \
   ∨: : ヘ      \|_, -'´    -'´.:::::::::/N |  ` ヽ、|. ハ___ ノ   r'´   / /     ヽ:..
    \: : :\     /    /.:::::/.:::::/ \_! ヽ  iヽ  !/`ヽ.  /(.  / /       ノ:::}
      \: : :\ /    /.::::::/.::::::::::ゝ   |  〉  _ '-'´.:::::::::::}ノ::::.`Y  /       /.:.:/
       \: /    ∠___/.::::::::::::ヾ    kエレ,-'´.::::::::::::::::::oノ.:::::::::://       /.:.:./
       /    /     〈.::::::::::::::::::∧   -'´.:::::::::::::::::::::::::o/.::::::::/       /.:.:./
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| そしてそんな早起きの軍人を支える家人……侍女やら執事やらといった人間は、
| 得てしてそんな主人達より早起きである。
| 屋敷に格納された装甲スーツの整備を整え、道具まで片付ける今、
| 侍女服に仕舞われた懐中時計の短針は、7の数字を指してもいない。これが定刻通りである。
┗───────────────────────────────────────┛
5897 : ◆RD3CAnAM9Y ★ [] 2017/12/21(木) 22:04:46.79 ID:zslcipm2
:::::::::::::_______________:::::
::::::::::::|\\        .|:::::::::::::::::::::::::::::::: |::::
::::::::::::|:::::\\ノノノ    ! :::l ̄ ̄ ̄ ̄|:::::|::::
::::::::::::|:::,、::::\\      |:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|::::   ともあれ、あの娘ならば聞けばわかることであります。
::::::::::::|:::||\:::::\\    !:::::!:::::::::::::::::::::!:::::!::::
::::::::::::|:::||:::::\:::::|lll|     |:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|::::   ……二人とも、扉の外で待つように。
::::::::::::|:::||::::::::::|::::|lll|     |:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|::::
::::::::::::|:::||::::::::::|::::|lll|     ||]::|:::::::::::::::::::::|:::::|::::                                 はい! > メイドA
::::::::::::|:::||::::::::::|::::|lll|     |:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|::::                            了解であります > メイドB
::::::::::::|:::||::::::::::|::::|lll|     |:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|::::
::::::::::::|:::||::::::::::|〔 !lll!     !:::::!:::::::::::::::::::::!:::::!::::
::::::::::::|:::||::::::::::|::::|lll|     |:::::|______|:::::|::::
::::::::::::|:::\:: :: |::::|lll|     |:::::::::::::::::::::::::::::::: |::::
 ̄  ̄:\:::\::|::::|lll|       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
::::::::::::::::::\::::`:::::!lll!     :::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::: \:::: !lll!     ::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::\|lll|       ::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::       ::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::        :::::::::::::::
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 早起きをする主人を持つと、従者は苦労するものである……等とはおくびにも出さず、
| そのタイムスケジュールを管理する立場にあるヴィルヘルミナは、
| 部下が呼びかける声に応え、装甲スーツの整備・保管室の扉を開く。

| ……何分、仕舞われているのはどんな低級品でも数千円――無論将官の家にあるものが、
| そんな場末の中古品と同レベルなわけもない――はくだらない、貴重品である。
| 保管室への立ち入りは、館の者でも特に限られているのだ。
┗───────────────────────────────────────┛
5898 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/12/21(木) 22:05:03.58 ID:xbVJ9hVM
戦闘も家事も整備もござれなパーフェクトメイドか

アイギスは本社の奴は原作再現というか機械パーツむき出しだが、普通の人間もしくは自動人形みたいな外見はもっと人間らしい個体もいるんだっけ
5899 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/12/21(木) 22:06:12.61 ID:xbVJ9hVM
自動人形や義体なら不規則なスケジュールでも問題ないが、生身には辛いよな普通
5900 : ◆RD3CAnAM9Y ★ [] 2017/12/21(木) 22:06:49.16 ID:zslcipm2
>>5898
本社のはあり合わせパーツでのリペア品でもあるからねぇ。
本来のアイギスのシリーズは完全生体式だから人間っぽい見た目やね
5901 : ◆RD3CAnAM9Y ★ [] 2017/12/21(木) 22:09:03.31 ID:zslcipm2
                       r─┐
                _ ノ V   ├-┐
               /| ⌒ヽ '"`⌒ー┬1、
             / .ノ y'´      .,::|::::.,ヘ
           / .::「_/./.::.  ``メ、:|::|::::|:::.,ヘ             ご主人様のお着替えは終わり、今は朝食を摂っています > メイドA
             /   )/./l:::::.:. i:|:/ ,l/メ|::::|::::|::::.',
          /  , .::::l/ハ::ヽ::. 〈 `トッf|:::/:::/::::::|  結構であります、シャーリー。
         , ′.- 、:::::い::: `ト、:.、 `` |/:::/l:::∧!
       ∠/    L:::::::|::.  |       ,V |/ ′  では、後はスケジュール通りに屋敷の家事を。
      <( , -─- V⌒ヽ  |    ‐: /  ′
     /⌒V〃: : : : : : : ヽ  ', |  __/                                          かしこまりました > メイドA
      /    `l. : : : : : : : : :',. i 厂:.|:. |
      l    /. : : : : : : : : : | N|:::::::|:: L_       それと……
     ヽ _/. : : : : : : : : : : :ヽ ト、::::| ⊥_,⊥__
       l/. : .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: : : 〉/ Lん、_\   |                                            侍従長殿 > メイドB
      lV.:.:.::::::::::::::::::::::::::.:.:.:,〃  !.:.:.:.:. /__」 」
      | \.::::::::::::::::::::::::.:.//   /.:.:.:.:.:'. :. :. Y (
      ⌒ヽ>斗'" ̄``7′/   /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ノ_/:ヽ
        んハi:::: : : : : レ′ ノ _ ニニ、::::,.イ_/:/
          |:::: : : : :L    i     Y: : : :「
             |:::: : : : : :', __」_     j: : : :.|
           l::::::: : : : : ',-─- 二ニヽl: : : : |
              ',::::::::. : : : :', 三二ニ-、|: : : :::|
         , イヽ:::::: : : : : :ヽ`¨` ー 、|: : : :::|
      ,. '´ /   \::::: : : : : \     |: : : :::|
    ,.'´   _/   、 \::::: : : : : \.  |: : : :::|
.  /    ノ /     \ \::::: : : : : :\|: : : :::|
/   ,「 /           \ \:::: : : : : : \: :::ト、
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| そういうわけで、危なっかしい部下を室内に呼びつけることなく、
| 自ら廊下へ姿を現せば、二人並んだメイドの一人が仕事の経過……主である、
| 准将の現在の状況について報告をよこす。
| 業務規程、型通りの確認事項で、それに一つ頷いて仕事に戻るよう促し、
┗───────────────────────────────────────┛
5902 : ◆RD3CAnAM9Y ★ [] 2017/12/21(木) 22:13:28.27 ID:zslcipm2
                                         _ .....---....,_
                                 /ヘ .>.:´: : : : : : : : : : : : :ヽ
                                 />.:´: : ;.': : : : : : :,: : : i : : : : : ':,
.                              /ニ/: ; ': : ,:': : : : : :,:.:.ハ l: :i : : l: : : : ',  ゲートのアイギスから、来客の報告であります。
.                              /ニニ/ : ; : : ;': : : : : : ;': ムl :!: l.: : :|〕iト:、:.',
                          /ニニムァ': ; : l: : : : ;': /:ムニA:.; : : :ト:ミi」: :i              続きを言う前に、屋敷の廊下で不用意に
                       、oo。/ニニニニ/,': :,:': !:|: : : ;/7'゙7うュ/.: :,'.:!: : : : : |      刀に手をかけない様にと前に言ったはずでありますが > ヴィルヘルミナ
                     ,.| 1∞oニニニ/ .,.イ / : {リ|: / ' ._にツ'/: :,:': f¨V: : : !
                  _rベ、゙×:.゚∞o_/ ./: :l/: .:.:r' " ′    /: ; ': :/ ' ,!:. : :!  それも併せて報告であります。
                  「 ,.、ヘイ:.:f.i:.:.〉∞ / : : : '.ィ:.:人.  、  ,  /:, ': : /-イ: : : ヘ
                 /,、V::::::〉Υ∞゚ : : : : .: .: .: .: .:.rヽ    / , :' : /:. : : : : : :!:ヘ、          (でありますでありますって、なんだこの空間) > メイド
                /、丶  Vイ ノ /: : :_:_: -  T.:ヘ:」 ,ィヽ::ァ': ; ': : :,イ┴v_:_:_: : : :';. : :丶. ., _
                  ムィ、 `   l {   ̄      イ ,.} W::i:': :,:': : :/イ===z、}:. : : :':,: : : : : : : :`ヽ、
               /:::::::::|.     lニi           ,ィ=‐>' 寸', ': : .:/:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:A:.ヽ、: : ': :, : : : : : : : :',
              /::::::::::/',    |:i|      ,.ィ:i:i:i:i:>: :〉r: r:i:>.、_{:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:}: : : :丶.、 ̄  ヽ:ト: :!
             /::::::::::/  λ ,.ィzマ       (:i:i:i:>'7: r' ∧:.{:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i7 ー ‐ - -':,
.         /::::::::::/.     |:i〈:i:i:i:i:ム     Υ  /: / ./: ノ、_〉:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i       ':,
.       /::::::::::/.      |:i:iヘ:i:i:i:i:iム、  ,.ィl. ム/ ./: /. ,ィ゙i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i|
        /::::::::::/.       |:i:i:i:ヘ:i:i:i:i:i:i:i゙K:i:i:i:iヘ    ¨´ ,.イ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:/:i:i:r;‐┘
      /::::::::::/          |:i:i:i:i:iヽ;i:i:i:i:i:i:i:iヾ:i:i:i〉     ,.イ:i:i:i:i:i:i:i:i:i/:i:i:i:i7/
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| もう一人、侍女服の腰に軍刀を提……げずに、現在は嬉々とした様子で手に取った、
| 片目を眼帯に覆った侍女に、視線を向ける。
| 来客を告げる彼女は、腕はいいが、何かと問題点もある侍女である。
| 名前は白井沙穂。
┗───────────────────────────────────────┛
5903 : ◆RD3CAnAM9Y ★ [] 2017/12/21(木) 22:19:15.59 ID:8ksExpxt
     ''"''"'" ;:. :: ... .,..,.     ''"''"'" ;:. :: ... .,..,.     ''"''"'" ;:. :: ... .,..,.     ''"''"'" ;:. :
''"''"'" ;:. :: ... .,..,.     ''"''"'" ;:. :: ... .,..,.     ''"''"'" ;:. :: ... .,..,.     ''"''"'" ;:. :
     ''"''"'" ;:. :: ... .,..,.     ''"''"'" ;:. :: ... .,..,.     ''"''"'" ;:. :: ... .,..,.     ''"''"'" ;:. :

            【数分前の表門】

            ...-―:::´ ̄`:::..、ー:...
         ....:::´::::::::::::::::::|::::::::::::::::::\:`::...
        /::::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::\::::\
      /:::::::::::::::::::::::::::::i::::!:::::::::::::::::::::::::::::\::::\
     //:::::::::::::::::::::: |:::::∧::∨:::::::::::::::::::::{::::::::\::::ヽ   失礼、第一独立混成旅団の、
   /:::/::::::::::::::::::::::::::|::::::::∧::∨::::::::::::::::::∨::::::::::ヽ:::::.
  / ´ /:::::::::: :::|::::::::::/|:::::::::::∧::∨ :: |:::::::::::∨:::::::::∧:::::.  織斑大尉だが……
    ./:::: :::::: |:::|::::::::/ i!::i!:::::::::∧::∨|:|:::::::::::::∨::::::::::::.\:.
   / !:: |::::::::|:::|::::::/  Ⅶ::::::::::::::\:.|:ト、::::::::::::∨::::::::::::. `\        主様の部下の方でありますね。身分証を > アイギス
  ./::::|::::|::::::::|_ハ__/   i从::::::::::::!{:|`\.\::_::∨::::::::::!
  / /|::::|:::::::::!| V ̄¨≧{. \::::::|斗≦¨ ̄\ヽ:、\:::::::!   ああ、確認してくれ。
. /'   !::::i!:::::::::i!,.イテぅトミ   \:! ィテ卞ミ、 iヾ`\i\{
    .::::八::::::::ト、弋z少     `  .込zソ /'.!:::}'::::::|ヽ `
    ./:::;イ{\:∧                /:/ハ::: |                        つい先ほど、表門に主様の副官の、
   // .|| {'6\:.         |        /イ} ,リ:::::|                        織斑大尉がやってきたのであります > 沙穂
  ./'   込. ゝ∧`                /' /:ト、::{
       |/ |>ー..             /..イ:::::| `\                 ああ、彼でありますか。では問題はありません > ヴィルヘルミナ
        |:::::ハ:::\   ´  `    /:::::::ト、:リ
        |:/ ヘ::::::i\      .イル'\:::{ }'                                        は、では…… > 沙穂
        '  r┴‐┴┐ 、   /r┴―┐ヾ
          .|―――!_.`¨´_|――‐.|
          .|三三三|  fi fi  |三三 7
        ,ィ≦ゝ三三.!  || || .|三三リ≧i
       /三三\三ニ.! / V ヘ i三./三'∧\
     ''"''"'" ;:. :: ... .,..,.     ''"''"'" ;:. :: ... .,..,.     ''"''"'" ;:. :: ... .,..,.     ''"''"'" ;:. :
''"''"'" ;:. :: ... .,..,.     ''"''"'" ;:. :: ... .,..,.     ''"''"'" ;:. :: ... .,..,.     ''"''"'" ;:. :
     ''"''"'" ;:. :: ... .,..,.     ''"''"'" ;:. :: ... .,..,.     ''"''"'" ;:. :: ... .,..,.     ''"''"'" ;:. :
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 沙穂が語ることに、数分前。
| ジープの用意を済ませて車と表門を警備するアイギスの下へ、
| 主である准将の知人……より正確に言えば部下である、一人の士官が訪れたという。
| 奇人変人も珍しくない准将の旅団で副官もやっているその名前を聞いたところで、
| ヴィルヘルミナが小さくうなずけば。
┗───────────────────────────────────────┛
5904 : ◆RD3CAnAM9Y ★ [] 2017/12/21(木) 22:24:40.85 ID:4FvAhirb
                                                                   , </
                                                               , <> ’
                            ヾ=、、   _      ,、                     , < > ’
                          , >==ヾ/=‐-、  ,ィ'//ハ                 ,m< > ’
                       >'-: : .: .:_.: .: ::,-、:: :: :ヽ</////゙'             ,  'i'!ノ!i! '’
                      ´/: .: .:/.:/´`_,、:: ヽ:: 、:: ム////`}         , < >シ.!.'/!
                      /: : .:/.: .:/´,.:イ/ニ∨::ヘ:、ヾ、ム ゙̄ヾノ      , < > ’/´ィシ´
                       イ': :/: : .:/´.:/.:/!iニニヾ:/=∨!::i:ハ      , < > ’    }三/
                    /'!:/イ://.: .:イ.:i! リニ/リ云刈ヘ!:::ハ   , < > ’      /三/  斬 っ て い い で あ り ま す か ?
                     i/',!イ/ハ.: /i.:i、!=/...゙ いノ/ムヽ:; ゙< > ’        /三〃
                     i!ノ/.i.:iム.:i:ム!ム/-‐' ‐-¨´/ < > ’、_         /三ニ/                (おいいいいいいいいいいい!!??) > メイド
                    , ィ'/'<i/i!i:!ヾ{ニ/ ` _ __ < > ’<ヾ=-`゙ー,      ,ィ三ニ/
                  <´-、<::/ \ヾ!ヾ!≧、 < > ’ソ,ゝ.:ヾヽ}'.:ィ'     ,イ三三/       軍曹、何をバカなことを言っているのでありますか。
                  ).:ィ/.:ノゝ< `゙ー < >’='-//ノ.:'.:/.:(>三ニゝ-―={三三シ        先ずは丁重に、応接間にお通しするのであります > ヴィルヘルミナ
                 <'ゝ<,-'`¨!, < > ’ ..} ̄{/ ̄`゙}-'ヾ>).:>三三i!三三ニi!三/
                  _ ヾ{ニ>'< >’{  ,/!三!\ ー }'ヾ' <'ヽ三ニニリニ==―'´   ……そうでありますか。
               _,、n/,、ムヽ'>’ニ<、ー∨'/ ハ:ハ:∧ー' ´'  }三三/
             .<、}、!_!|(゙!ll}}'ノ、三三'-、i!./__/ マ ∨ヘハ'´イニ> `゙´                               (よかった、侍従長はまともだった!) > メイド
           , ィニ´゙三>'´゙/-'イ三>=三ム/ ´ _, 、_`¨゙ 〉'´¨
        , ィニ三ニ>゙´ゝ=三ヾ三ニイ  '´ヘr'´: : : :.,、: : :`゙:7/`
     , ィニ三>゙´     \三l}ニイ       ∨: : /.:.\: : :/!_
  ∠゙}三>゙´          `ー'   ,ィ==‐ゝ、!ー-、=‐=='.ハ//>、
  く_>゙´               _,ィ´///////}`゙ ´ ̄   _,, ハ/////>‐-、__
                 ヾ´///////////<i!   `゙ー  ,ィ∨//////////
                  `゙<///////∧ヽ  、_  / /}、///////〃
                    ∨/////∧ `゙ー     '´  i!ハ///////}
                      ヾ///∧  、        ,' ∧/////ハ
                      マ∧   ヽ_      , '  .∧///ソ'
                       /       ヾ==-='       ハー'
                     /          `¨´        ハ
                        /           ,           ハ
                    /           /ム           ハ
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 斬っていいでありますか?
| 一瞬のためらいも遠慮もなく、いつの間にか鞘から軍刀を抜き放って、
| おもちゃを前にした子供のように、沙穂はそう尋ねた。
| ……期待しているこの問題時には悪いが、相手は主の客である。
| そんなバカな許可を出せるわけもない。まずは来客のセオリー通り、応接間で迎えて……
┗───────────────────────────────────────┛
5905 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/12/21(木) 22:24:59.36 ID:R8XGEdnq
……先ずは?
5906 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/12/21(木) 22:27:49.91 ID:xbVJ9hVM
軍曹ってことは軍属なのにメイドしてるのか
5907 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/12/21(木) 22:28:45.37 ID:GTfE53l3
うわ、剣神様がメイドやっとるw
5908 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/12/21(木) 22:31:24.28 ID:GTfE53l3
まさか沙穂にもAAあったとはなw
5909 : ◆RD3CAnAM9Y ★ [] 2017/12/21(木) 22:32:28.70 ID:4FvAhirb
         ,r─r'´V  ̄ YTヽ
         rく ヽ }_..⊥∠.⊥L_ Yヽ
       ィ .._ヾ/:::::::::::::::::::::::::::\人
     ,:´::} =/::::::::::::::::、:::::::::::::::::::\}                   しかる後に、主様にその許可は取るのであります > ヴィルヘルミナ
    /::::::::∨::::::ハ:::l::::l:::ハ::::i:l:l:::jl::l:::i::ヽ          /´ ̄ ヽ
    ,..::::::::::::l:::::::ィ卅ァメ八リ从7ナナメ::::ハ          | .な |                    主様にでありますね!! > 沙穂
    i .:::::::::::l:::::::l ィ≠x    r≠xl .::::i          l .ん !
    |.::::::::::「l:::::::l《 f::;::}     f::;:} l .::::|     , ´ ̄ ヽl  : .|
    l.::::::::::{ l:::::::l  ー′    ー′l .::::l    l   だ    .: .|
    .::::::::::`l:::::::l J     '   , :::::八.   l   と     ノ
   八::::::::::::: 、::::l    -=-   /::::/       |   : トー ´
     \ハ从::ハト 、     /:::::/      |   : |
       /\  \≧r ー セ刋ハ:ノ      く   ? |
      , '::::::::` .._V≠z- 、             ヽ _ノ
     ∠z―- 、:::::::::::ト、 \}
   /ア⌒不ト、\::::∧ l   /
  // / / j! \\:∧_/
  傍にいた一般メイドさん
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| この屋敷の主である、准将に許可を取るのが正しい判断である。
| まあ生身でもなかなかの剣士である大尉のことだ、軍曹……
| 沙穂のお気に入りでもあるようだし、恐らくどうにかなるだろう。
┗───────────────────────────────────────┛
5910 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/12/21(木) 22:34:09.02 ID:GTfE53l3
生物兵器設定は流石にないかw
5911 : ◆RD3CAnAM9Y ★ [] 2017/12/21(木) 22:38:32.63 ID:4FvAhirb
                 / _ , -=ニ二ニー
                i // // /∠二二ニ=ー
                ∨:{/ __...............__    ̄`ヽ
           ∠二ヾ     :.         二ニ \                            であれば早速主様に…… > 沙穂
               //  :ハ、   :..     \ \  :`ヽ\
             / /イ:ハ ヽ   ヽ    \ \ ヾ\                    (やべーよお客様どうすんだよこれ!?) > メイド
.            /:/ /:  小ヽ:.ヽ\ \ \  \ ヽヾ\
            ′ //: /ハ∧ヽ:.\\ \_\   ヽヽヽ\  私の名が聞こえたが、どうかしたか?
                /// /ハ | ̄ゝ_ヽ:.\\_\_\  \ヾ
           //イN∨ヘ ー='' |\\=ーヘ/ Υミヾ                                    おお、主様! > 沙穂
                _,ゝ:ヘ      !:  `\ ム,ノ⌒
               ⌒ゞ小    ^'^     /ミヘ
                   r‐| ヽ  ´  ̄ `  イ |-ュ
                    |=iト、 \ `´ /_,,イ=|
               /ヽ=「三ミ_ー‐_イ三 i:|=ヘ、
             _//ヽノi:| 三ミ!:::::::::イ三 :|:iく.:.ヘゝ、_
       ___ ,,, .:-.:.:.´:.:ヽ/ : :_ノ:.ーュ |:::::: : j  r‐:.ヽ、: : /.:.:.:.`:.:.:.:-:. ,,, ___
     :.:.:.l l .:.:.:.:.:.:.:.:.:`:. <´⌒\\::://⌒`>.:´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. l l.:.:.:.:.
     .:.:.:.l l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`:. <:.:.:`Y´:.:.:>.:´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l l.:.:.:.:.
     :.:.:.:.l l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:., ´___`ヽ|/´___`   、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: l l.:.:.:.:.
     .:.:.:.:.l l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.://:..:..: : | | |:..:..:..:. \\.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l l.:.:.:.:.
     :.:.:.:.:.l l.:.:.:.:.:.:.:.:.//:..:..:..:..: : | | |:..:..:..:..:..:. \\.:.:.:.:.:.:.:.:.l l.:.:.:.:.
     .:.:.:.:.:.l l.:.:.:.:.://:..:..:..:..:..:..: : | | |:..:..:..:..:..:..:..:. \\:.:.:.:.:.l l.:.:.:.:.
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| なんか今のところメイドさんの3/4が『であります』口調で、しかも約一名
| 思考がぶっ飛んでんだけどどうすんだこれ……などと、残る1/4のメイドが頭を悩ませている
| うちに、既に食事を終えたのだろう、話題に上がっていた准将が姿を現す。
| 元々、ヴィルヘルミナに中装甲スーツ【ベイダー】の準備を頼んでいたのだから、
| その保管室前の廊下に姿を現すのに、何も不可思議な点はない。
┗───────────────────────────────────────┛
5912 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/12/21(木) 22:43:09.65 ID:xbVJ9hVM
常識人が苦労するのは何処も同じかw
5913 : ◆RD3CAnAM9Y ★ [] 2017/12/21(木) 22:43:35.40 ID:4FvAhirb
                                             __
                                         ,> ´ ./
                                         // ./
                                          // ./
                                     // ./
                                      // ./
                                 //  /
                                  //  /
                             //  _ .....---....,_
                             /, >.:´: : : : : : : : : : : : :ヽ
                              /,.ィ:´: : ;.': : : : : : :,: : : i : : : : : ':,
                         /, /: ; ': : ,:': : : : : :,:.:.ハ l: :i : : l: : : : ',   主様、今来客があるのでありますが、
                          //./ : ; : : ;': : : : : : ;': ムl :!: l.: : :|〕iト:、:.',
                    // .ムァ': ; : l: : : : ;': /:ムニA:.; : : :ト:ミi」: :i    斬っていいでありますか?
                 、oo。//  ./ ,': :,:': !:|: : : ;/7'゙7うュ/.: :,'.:!: : : : : |
               ,.| 1∞o '  / . ,.イ / : {リ|: / ' ._にツ'/: :,:': f¨V: : : !        (躊躇なく聞いたああああああああああ!?) > メイド
            _rベ、゙×:.゚∞o/ . /: :l/: .:.:r' " ′    /: ; ': :/ ' ,!:. : :!
            「 ,.、ヘイ:.:f.i:.:.〉∞ / : : : '.ィ:.:人.  、  ,  /:, ': : /-イ: : : ヘ                             む、来客? > 准将
           /,、V::::::〉Υ∞゚ : : : : .: .: .: .: .:.rヽ    / , :' : /:. : : : : : :!:ヘ、
          /、丶  Vイ ノ /: : :_:_: -  T.:ヘ:」 ,ィヽ::ァ': ; ': : :,イ┴v_:_:_: : : :';. : :丶. ., _ そうであります。
.         ムィ、 `   l {   ̄      イ ,.} W::i:': :,:': : :/イ===z、}:. : : :':,: : : : : : : :`ヽ、
         /:::::::::|.     lニi           ,ィ=‐>' 寸', ': : .:/:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:A:.ヽ、: : ': :, : : : : : : : :',
        /::::::::::/',    |:i|      ,.ィ:i:i:i:i:>: :〉r: r:i:>.、_{:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:}: : : :丶.、 ̄  ヽ:ト: :!
      丶、::/  λ ,.ィzマ       (:i:i:i:>'7: r' ∧:.{:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i7 ー ‐ - -':,
        `     |:i〈:i:i:i:i:ム     Υ  /: / ./: ノ、_〉:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i       ':,
.              |:i:iヘ:i:i:i:i:iム、  ,.ィl. ム/ ./: /. ,ィ゙i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i|
                |:i:i:i:ヘ:i:i:i:i:i:i:i゙K:i:i:i:iヘ    ¨´ ,.イ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:/:i:i:r;‐┘
              |:i:i:i:i:iヽ;i:i:i:i:i:i:i:iヾ:i:i:i〉     ,.イ:i:i:i:i:i:i:i:i:i/:i:i:i:i7/
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| そうして姿を現した准将に、軍刀を構えた侍女は渡りに船とばかりに嬉々として、
| 来客を斬っていいかとか傍目にどう聞いてもおかしなことを尋ねる始末である。
| それでいいのかおい。

| というかこいつマジで躊躇ねえよ、どうすんだこれ by 一般人メイド
┗───────────────────────────────────────┛
5914 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/12/21(木) 22:46:15.35 ID:XMx8+0+U
シャナ相手にも突っ掛からないか心配だw
5915 : ◆RD3CAnAM9Y ★ [] 2017/12/21(木) 22:51:45.20 ID:4FvAhirb
                       r─┐
                _ ノ V   ├-┐
               /| ⌒ヽ '"`⌒ー┬1、
             / .ノ y'´      .,::|::::.,ヘ
           / .::「_/./.::.  ``メ、:|::|::::|:::.,ヘ                                    カルメル、相手は? > 准将
             /   )/./l:::::.:. i:|:/ ,l/メ|::::|::::|::::.',
          /  , .::::l/ハ::ヽ::. 〈 `トッf|:::/:::/::::::|  主様旗下の一一一装甲歩兵中隊中隊長、
         , ′.- 、:::::い::: `ト、:.、 `` |/:::/l:::∧!
       ∠/    L:::::::|::.  |       ,V |/ ′ 織斑一夏大尉であります。
      <( , -─- V⌒ヽ  |    ‐: /  ′
     /⌒V〃: : : : : : : ヽ  ', |  __/       ……それと軍曹、仮にも准将の前です、
      /    `l. : : : : : : : : :',. i 厂:.|:. |
      l    /. : : : : : : : : : | N|:::::::|:: L_       いい加減鞘に刀をしまうように。
     ヽ _/. : : : : : : : : : : :ヽ ト、::::| ⊥_,⊥__
       l/. : .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: : : 〉/ Lん、_\   |                     本音を言えば主様ともシ合したいであります > 沙穂
      lV.:.:.::::::::::::::::::::::::::.:.:.:,〃  !.:.:.:.:. /__」 」
      | \.::::::::::::::::::::::::.:.//   /.:.:.:.:.:'. :. :. Y (    また別の休日に頼めばいいであります。
      ⌒ヽ>斗'" ̄``7′/   /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ノ_/:ヽ
        んハi:::: : : : : レ′ ノ _ ニニ、::::,.イ_/:/
          |:::: : : : :L    i     Y: : : :「
             |:::: : : : : :', __」_     j: : : :.|
           l::::::: : : : : ',-─- 二ニヽl: : : : |
              ',::::::::. : : : :', 三二ニ-、|: : : :::|
         , イヽ:::::: : : : : :ヽ`¨` ー 、|: : : :::|
      ,. '´ /   \::::: : : : : \     |: : : :::|
    ,.'´   _/   、 \::::: : : : : \.  |: : : :::|
.  /    ノ /     \ \::::: : : : : :\|: : : :::|
/   ,「 /           \ \:::: : : : : : \: :::ト、
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| そしてどういうわけか、おかしな質問を受けた准将は、扉の傍らに立つ筆頭侍女に、
| その来客は誰なのかと質問を投げる。

| いや、来客を確かめるのは大切だけど、先に目の前の危険人物を止めた方がいいのでは?
| というかシアイって試合だよね? もしくはせめて仕合(実戦想定)だよね?
| まかり間違っても死合とか、殺し合いではないよね!?
| ……と、内心穏やかではないのは新人メイドのシャーリーさん(一般人)
┗───────────────────────────────────────┛
5916 : ◆RD3CAnAM9Y ★ [] 2017/12/21(木) 22:58:23.24 ID:4FvAhirb
                    /_  -―‐,__
                     / / /           \
                 /V / -―――      \
                    { { {/ ――=ミ  :\   \     なるほど、大尉か。
                 >   、      \  :\    \
                /   :、  \  \ /、  \    \ なら問題はないだろう。
                i /   {\--\  ィセッフ\へ ―<⌒
                |ハ  从:rtッ' ハ\ ー   } しV⌒>                                      (えっ) > メイド
                |  V ∧    { _     ミV / /
                   V ∧    ^    >  ミイ /         軍曹。
                   \彡  -  こ     八:|''
                     \ji、        /:. :.|                                  ハッ > 沙穂
                      ヽ:\      ノ: } ハ_  -―‐
                       } 个ー< : : : /-=ニニニニ\ ほどほどにな。
                ___ /_  へ⌒ヽ-=/-=ニニニニニニ=\
        ____/-=ニニ /  ̄ \  \ \{-=ニニニニニニニニヽ              了解であります!! > 沙穂
      /   /-=ニニニニニニニ \ノ>- '-=ニニニニニニニニニニ }
      {     /-=ニニニニニニニニニニニニニニニニ/-=ニニニニニ:       (ええええええええええええええ!!!???) > メイド
     人 \_,/-=ニニニニニニニニニニニニニニニ /-=ニニニニニニ:|
    /-‐≦三≧ -=ニニニニニニニニニニニニニ:/-=ニニニニニニニ ,
   /-=ニ=/-=ニニ=- -=ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ /|
  '-=ニ/-=ニニニニニ=- -=ニニニニニニニニ===------―――=≦ニ|
 ノ-=≦ -=ニニニニ=- /-=ニ=- -=ニニ=-‐ -=ニニニニニニニニニニ:/
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| ともあれヴィルヘルミナの口から准将に返ってきたのは、その来客が彼自身目をかけている、
| 剣士でもある配下の副官兼中隊長の名前。
| ならば問題ないだろうと、鷹揚に頷いて見せれば、獅子に追われる兎もかくやという速さで、
| 刀を手にした侍女は走り去っていってしまった。
| 
| ……お母さん、ちょっと私就職先失敗したかもしれません byシャーリーさんじゅうさんさい
┗───────────────────────────────────────┛
5917 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/12/21(木) 22:59:12.95 ID:XMx8+0+U
知ってた
5918 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/12/21(木) 23:00:57.99 ID:R8XGEdnq
知ってた
5919 : ◆RD3CAnAM9Y ★ [] 2017/12/21(木) 23:08:01.19 ID:4FvAhirb
  \//>x __      ト、
ト-- 、 ⌒V////> 、  |人
` < ////////////\トミ/> 、
    ` ー─=ミ //////\}///∧
          \r‐ミ/>ヘ>=┴-ミr‐ァ─-ミ     ……先程軍曹が廊下を走り抜けていきましたが、何かありましたか?
   {>─‐=≦\_r─}し ´        ´   7  ヽ、
   ∨//////_,厶ア´     /     /r 、 く                                おお、鹿角か、どうした? > 准将
     \//≧=- 、{ / /   / :/    /'ヘ   ヽ \
      >─=ミ/∨ /    { /   :イ ′| | ト  ヽ  Jud.
      /⌒>//// ′.′ { 仄¨⌒刈 :′ | | | ヽ__j
.     /⌒>////, ′   :i守示ミト jト{ //^ソ l }ハ  旦那様がいつまで経っても戻ってきませんので、
    /⌒>///   i |  i| トnぅ    仏ヘ / ハ ,
   \/^゙く_,、_/| |  i| |       {h_jY^   } }  スーツの調整を手伝いにまいりました。
      { 、__,.  トミト廴__ト{       ヽ 7   // /
.    八     ,   |  |          ′  /⌒′  シャーリー様、あなたはなぜここに?
       丶 -=彡'   |  |        ‘’  人_/
        ` ‐--‐< |  | \     ,.ィ |                                   ……離脱の機会の逃して? > シャーリー
      _      |  |   ` ト  イ ||
    > ⌒>\r‐=≦ |  ト、   :|:     ||         Jud.左様でしたか。
   (     人   ヽ _|  |_ 〉  |:_   ||
==ァう >──<⌒)ヘ八 ∨77V〉 ∧ 人 、
  `ーァ′   、   ア´ \ヘ V///∧ 〉ーヘ マ ヽ
 _ {       ヽ(      ヘ V////〉{    ヽ\}
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| と、そんな色々おかsh、個性的なメイドと家主の集う廊下に、また一人……
| より正確には、一体。
| 他の面々とは少しばかり意匠の異なった侍女服に身を包んだ侍女人形が姿を現す。
| Jud.と、特徴的な応答の声は、IZUMO製自動人形などに見られる言語パターンだ。
┗───────────────────────────────────────┛
5920 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/12/21(木) 23:09:18.18 ID:FHUJLmHl
うん、アンタならそう言うと思ったわw
5921 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/12/21(木) 23:12:21.90 ID:FHUJLmHl
おぉ、本舎の某所では嫁さんなお方がこちらでも見れるとは。
5922 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/12/21(木) 23:13:30.60 ID:xbVJ9hVM
色んなスカスレに出番の多い鹿角である
まぁ、本社のsfは本社の象徴みたいなものだから、パラレルだとしても出し辛いのかもしれんが
5923 : ◆RD3CAnAM9Y ★ [] 2017/12/21(木) 23:16:50.15 ID:4FvAhirb
(というかヴィルヘルミナと鹿角さんについては、過去の>>1000の伏線の為の登場なんやで)
5924 : ◆RD3CAnAM9Y ★ [] 2017/12/21(木) 23:17:02.03 ID:4FvAhirb
              __,, = ' ̄`` > ニ!
           ,/  `ヽ,x≦::::::::::::::::::::::≧x
         {    /:::::::::::::::::: ::::::::::::::::::::::`ヽ
        / \/::::::::::::::::::::::::: :::: : :::::::: : .::: ヽ                 旦那さまやその侍従の奇行には一々付き合わないことをお勧めします。
.        ノ =-,/:::::::::::::::::::::::::::.. .: : : :: :: :: :: ..::.. ',         無論、そんな特徴的……いえ、頭おかしい面々の同類になりたいなら止めませんが > 鹿角
      (  ´∨::::::::::::::::::::::::::::::::: .: .:::: .: ::: :: ::::::',
      弋 ,'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ::::::: ::::::::::::::::::!  は、はぁ……
       乂{::::::::::::::::::::, | ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
.           |::::::::::::::::::::l l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!  (というか言い直した後の方が口悪い……)
         ::::::::::::::::::::`´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,::,'
          、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハリ                         相変わらず口の悪い侍女人形でありますね > ヴィルヘルミナ
           ヾ:::ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,;;彡' ´
             ヾハ::::::::::::ハ/ヾ/''¨´ ̄_,二\                                   Jud.仕様ですので、侍従長 > 鹿角
           |! ∨l/'゛  ノ==ニ二二二二\
                  /ニニニニニニニニ≧x= -- 、 と、ともあれ、私は業務に戻りますねー……
              , x ==乂ヾニニニニニニニニニ| ',__ ,}
              / `ヽ /  `/ヽ≧xニニニニニニ!  )___ ヾ 、
            弋  ∧   _´  ヽ  \ニニニニニ} '二   }
               ゞ/ニゝ='_ヽ    / \ニニニニ,'   `  ノヽ
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| ようやくまともな人……人? がやってきたかと期待は一瞬、
| すぐさま屋敷の主である准将……侍女人形曰く旦那様と侍従長たちをこき下ろす
| 言葉が聞こえれば、「ああ、今回もダメだったよ」と一般人メイドシャーリーの心に暗雲がかかる。
| ……折角、ようやく会えた「であります」口調じゃないメイドだったのになぁと、
| 落胆を隠しつつ、助言に従いこの場を離脱するシャーリーであった。
┗───────────────────────────────────────┛
5925 : ◆RD3CAnAM9Y ★ [] 2017/12/21(木) 23:28:10.34 ID:4FvAhirb
            _                     _
         |∧                       /,|
          |/∧                    //,|
           |//∧                   /// |
           |///∧                /////|
           |////∧           ///////|
           |// ///|             |/////// |
         _`T////|               |///////|
         //7/////|   _r―‐-  __   |//// ̄二_
     __.二ニ=-ァ=-ヘ_/三三二=- 、ヽノ////7´///
     \/////{/,.'´:::::::::`ヽ-‐¬=≦ニ ヽ//¬∠ィ7
       ` ーァ'/::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::\ \ヽ77///
         У:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ ∨=<´   それで最初の質問に戻りますが。
          /::::::::::::/::::::::/^ ^ヽ::::::::::::::::::::::::::l┤:::∧
        /:::::::::::::/::::::::,′   V:::::::::::::::::::::::| `\:|                                      ああ、軍曹であったな。
       /::::::::::::::::|::::::Ν      И:::::::::::::::::::|    \                     先程正門の織斑大尉を迎えに行かせたのだ > 准将
       , ::::::::::::::::::|:::::_l |  _  -j┼::::::::r 、:::j_ _     ヽ
      , ::::::|:::::::: =_= |   ≧=ミ :::::::::\\ヽヽ┐  ヘ Jud.左様ですか。
.     |::::::::|::::::::: ´疋fゥ,   ´ 匁フ ::|::::::|:::::〉 〉〉∨  | ̄
.     丁Τ::::::|::ム `¨ノ     ¨´/::l::::::l:::/  ,  」  ̄   しかし、織斑様でしたら既に応接間にお通ししましたが……
      |  |:::l::::|::::ム         フ:::::/:/  ′/
         ̄レ'|::::|:::、::::l\ ‐-   イ:::_/:r'|   /                                           ほう、仕事が早いな > 准将
       「 ̄`И」/∨` `T ´ /フ:::::::| |  ヽ{ヽ_  -‐┐
       | = - |:::::::/:::`_>∧//ィ::::::/Ν   /.:|    ト、  Jud.これでも筆頭侍女ですので。
.   ┌┘   /::::/:::::/ ∨ヘ/::::/:::::/::::/|/: : : :|   _||
     |    /::::/==|  ∨:::::::/::::::/ イ/: : : : : : j  ̄/:ヽ」  幸い現在は身辺も軽いですし。
    |   /::/    ヘ  ヽ イ::::::/ 〈/: : : : : :/::|  |::::::::〉
    └ァ':/  >   _>'´/::::::/   |: : : : : /:::::|ニ┘:::イ
    /ィV /    ∠ ァ'::::::/    |: : : : /::::::::l::::::::/::|
.  /   |:/     /´ /:::::/      |: : : /:::::::::::|::: /:::::|
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| と、まじめなメイドさんが無事に業務に復帰したところで、
| 頭部の角型センサーと、和風の侍女服が特徴的な自動人形……
| IZUMO製三河型侍女人形の鹿角が、先程擦れ違ったという沙穂の話に戻す。
| 准将の許可を取って、沙穂は表門の織斑大尉を迎えに行ったのだが、
| 先に鹿角が案内を済ませた後らしい。と、いうことは……
┗───────────────────────────────────────┛
5926 : ◆RD3CAnAM9Y ★ [] 2017/12/21(木) 23:35:32.69 ID:4FvAhirb

           /.:.:.: : /.:.:/ : : : : .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. : : .  、\ \
          /.:.:. : : : :l .:/ : : : : :l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: : .   `ヽ⌒ヽ、
            /.:.:/: . : : :l :l.:.:.:.: : : :l: : : : : :.l : : : : : : : :!   ', / !                                  見付けたであります! > 沙穂
         /.:.:/.: :.: : : :| :|. : : : : : ト、: , : -ト、‐ :、.:: : : :!    V1. !                          げぇ、軍曹!? 応対はさっき別の > 織斑大尉
           l.:./l .: : : : : :ト、ト、. : : : : lく\: : ヽ\:|\: : :!  !  ! !  !                      主様から許可は頂いたので、斬らせて…… > 沙穂
           |.: | : : : : : :|‐|=ト、: : : :.ト、l ,.ィテ〒 ミヽ㍉V. : :/l /.l l!   !
           |:l l: : :.:l : : | V  \: :.l イ 1゚いソ_/  l/: ;.イ://.:.l/l  !                         准将おおおおおおおおおおおお!? > 織斑大尉
          l/ '; .: :l : :,.イ行〒 \|   ` ¨´     /: :;イ/イハ 〉:!  !
            \:l : : l弋辷ソ            // |:. i _ノノ: ::!  ヽ   無事に捕捉されたようであります。
             \: :ト、    /              j.:. レ' : : : : :.  \
             i |: :ハ     `            /.:.: |:.:.:.:.:.:.:.: : : :.  \     Jud.早速剣撃の音をセンサーが拾いました > 鹿角
             l |: l: .ハ      ‐       /|.i.:l !l::.:.:.:.:.:.:.:. : : : :.:. ヽ\
              l/: l:/: : .ヽ、           /  |.|.:|.:|.:l.:.:l、.: : :ト、l`ヽ、 . .: : :\           うむ、双方良い修行になるだろう > 准将
           /: /l : : : : : : 丶、      イ, -─リ:.:l.:l.:l.:.:l:ト、: :.|  ,. " ´ フ´ ̄`
           /: ; イ:/: : :/ : : :.l :、 :> <_/.:.:.:.:   i.://:ノl/lノ \| '´   /    /
         "´   l/. : :/ ト、: : ト、|\| l_/.:.:.:.:.:   _」// _\__, イ    /     /:
         , -─- 、/./ /─-、ヽ|   ノV__ , -‐ "´  l/.:.:.:/  /    /.:.:``ヽ /: :
      /       V.:/    ヽ __∠ ノ⌒L_  -‐─ /.:./    /  _ _L.:.:.:.:.:.:.:V /
       /       V    /.:.:.:.:ノ   「.:.:.:.:.:.:.:.://     /´    ̄`7.:.:.:.:.:.:.V
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 沙穂が走り去ってから、しばし。
| 侍従長であるヴィルヘルミナの「まずは応接間に案内してから」という指示に、
| 一応状況的には従った形で、応接間の方角から若い男女の声と、
| ギシギシと床がきしむような音や、剣と剣を激しく打ち付ける音が響いてきた。
| お客様を退屈させない応対はばっちりですね(白目)
┗───────────────────────────────────────┛
5927 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/12/21(木) 23:37:20.87 ID:R8XGEdnq
モテモテですね(
5928 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/12/21(木) 23:39:32.80 ID:xbVJ9hVM
筆頭侍女と侍従長はどっちの方が権限上なんだろ?
5929 : ◆RD3CAnAM9Y ★ [] 2017/12/21(木) 23:41:29.45 ID:4FvAhirb
>>5928
つ「>>5890」
※ >>5925含め誤記は(多分)ありません
5930 : ◆RD3CAnAM9Y ★ [] 2017/12/21(木) 23:46:52.83 ID:4FvAhirb
                 ∧                  ∧
                  ∧ム                ∧ム
                {'//{                 }'//}
                ∨/ム              ///,'
                     ∨/ム          ////
                _ ゝ、/ヽ          ノ/γ_
                   ゝ、 _`゛///ヽ     ////'´//ノ
                 }/////ハ     ,'//////厂
                     }/////.ハ    }//////
                    ゝ、////r==‐==、///ノ
.              人`゛ー-、 /心//,'ゝ-‐-= ,ェ≦_ヽ、 -‐=''´ノ
              ヽ////>: :´.: : : :.`゙: : ´: : : : .<///,‘  時に旦那様、装甲スーツをご用命とのことですが、
                `/: :/.: : : : : :. :.Y.: : : : : :. :.ヽイ
               ヽ, ': : : : : : : : :.,'  マ: : :', : : ハ ',∨   今日も野盗狩りやミュータント狩りでしょうか。
               /.,' / : : : : : : /!;   |: : : :', : : ハ ',∨
                 / ,' /: :!i: : :.,イ { i!    !: : : :}: : :.ハ :',∨             いや、単に駐屯地と、友人の家に顔を出すだけだが? > 准将
                 ,' {_{: : :|! ─{:Ll     :リ― :}: : : ::}_:} ∨
                i: : : ;ィ芹云ミ   ,ィ芹气 : : : :}  _/  ……先日の遠征以来、すっかり落ち着きましたね。
                `¨'、_l : : : i ゙ー゚     ゙ー゚ i : : : i彡'
                  !l::`ー-゛      i       '-‐=;     関東で風邪の病原菌でも貰ってきましたか。
               八::::::::::::.     _._    ,イ:::::::::,'
                ゝ::::::::::ゝ      イ:::::::::ノ              お前の性格設定をした技術者は中々腕のいいAI技師だな > 准将
.           γマ`゙<   .`l:::}=‐ 个. 、_, イ{‐-‐}::::|      -‐=.、
           {  マ  `゙< !::| r 、 }    :{,、r=|::::!-‐ ´     /:} Jud.恐れ入ります。
.         γヽJ  ,'      ,:::} }///ヽ   //:| |::::{       ,' . ト、
        ,'_    { _____   ,':::;¨}∨///y'////:ト !:::::ト、    {  レ' }
       圦  γ´ゝ ,,...=.,'::::;' >、 /// .<ゝ';:::::', ``    }ハ  ,'
        ゝ ,'///,:}   ,'::::;' `゙ <>< > ´.ハ::::',   `,イ /}〈
.          {  {///,圦  ,'::::,'   {´  > ´     ハ::::',ヽ  } //l }
.        ヽ i/////:ゝ,'::::;'   γ ´.          ハ::::', `ノ///__」
            `∨//// ,'::::,'     ,'              ハ:::∨///{
            ∨///:,'::::,'     :{                 }:::∨//∧
             {////;:::::{..::::::::::::.i:::::......................::::::::::::::::..}::::ハ///ハ
             ヽ///;:::::iゝ _:::::::::',:::::::::_ ,,:::::::::::::::::::::::::ノl:::::::i////
           {//:;::::::l/∧`ニニ´)ニニニニ(`ニニ´ノノ }:::::::}//{
           |//:{::::::ト、/ハ/} }::::::::::::: |::::::::::::: { {/ム/,'i:::::::|//|
           |//:|::::::{/,ヽ } | |::::::.        | | ム//|:::::::|//|
              ,イ//:|:::::::∨/ヽノノ           | レ///:l::::::::|//|
.             ,':////i:::::::::∨//ヽ     |      Y'///,':::::::::l:/∧
           //////i:::::::::::∨//ム    |     {////:::::::::::|//∧
.        //////八:::::::::::∨//}    |    ////::::::::::::::|///∧
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| まあともあれ、これで装甲スーツ着脱程度の時間は、客人も退屈しないであろうし……
| 残されたのはこの館の主と、侍女の中でも格別の裁量権を持つ者が一人と一体だ。
| 准将の予定を確認するかのごとき雑談は、
| 保管室の中へと歩を進めながらの物へと形を変えて続行される。
┗───────────────────────────────────────┛
5931 : ◆RD3CAnAM9Y ★ [] 2017/12/21(木) 23:54:02.92 ID:4FvAhirb
                       r─┐
                _ ノ V   ├-┐
               /| ⌒ヽ '"`⌒ー┬1、
             / .ノ y'´      .,::|::::.,ヘ
           / .::「_/./.::.  ``メ、:|::|::::|:::.,ヘ   そういえば、まだ鹿角は聞いていないのでありましたか。
             /   )/./l:::::.:. i:|:/ ,l/メ|::::|::::|::::.',
          /  , .::::l/ハ::ヽ::. 〈 `トッf|:::/:::/::::::|                                       何をでしょう > 鹿角
         , ′.- 、:::::い::: `ト、:.、 `` |/:::/l:::∧!
       ∠/    L:::::::|::.  |       ,V |/ ′   先日の関東出兵、
      <( , -─- V⌒ヽ  |    ‐: /  ′
     /⌒V〃: : : : : : : ヽ  ', |  __/          主様は司波の御兄妹と共に、
      /    `l. : : : : : : : : :',. i 厂:.|:. |
      l    /. : : : : : : : : : | N|:::::::|:: L_        帰路でフジノミヤに寄ったそうであります。
     ヽ _/. : : : : : : : : : : :ヽ ト、::::| ⊥_,⊥__
       l/. : .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: : : 〉/ Lん、_\   |                                       ……フジノミヤ > 鹿角
      lV.:.:.::::::::::::::::::::::::::.:.:.:,〃  !.:.:.:.:. /__」 」
      | \.::::::::::::::::::::::::.:.//   /.:.:.:.:.:'. :. :. Y (     フジノミヤであります。
      ⌒ヽ>斗'" ̄``7′/   /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ノ_/:ヽ
        んハi:::: : : : : レ′ ノ _ ニニ、::::,.イ_/:/
          |:::: : : : :L    i     Y: : : :「
             |:::: : : : : :', __」_     j: : : :.|
           l::::::: : : : : ',-─- 二ニヽl: : : : |
              ',::::::::. : : : :', 三二ニ-、|: : : :::|
         , イヽ:::::: : : : : :ヽ`¨` ー 、|: : : :::|
      ,. '´ /   \::::: : : : : \     |: : : :::|
    ,.'´   _/   、 \::::: : : : : \.  |: : : :::|
.  /    ノ /     \ \::::: : : : : :\|: : : :::|
/   ,「 /           \ \:::: : : : : : \: :::ト、
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| さてそんな軽口混じりの会話の中で、数週間前はいつもせわしなく畿内を歩き回っては、
| 野盗や危険ミュータントといった善良なる臣民の敵を、出会うを幸いに
| 斬り捨てて回った准将の奇行が、ここ最近は落ち着いていることを鹿角が口にすれば、
| 横からヴィルヘルミナがその理由を舌に乗せる。
| 曰く、とあるところに寄り道をしたからだと。
┗───────────────────────────────────────┛
5932 : ◆RD3CAnAM9Y ★ [] 2017/12/21(木) 23:59:53.28 ID:4FvAhirb

         |        |             ..::::: .:::::;'
.          |       :|            ..::::: .::::::i
          |       |            .::::  .::::::::!   ……フジノミヤというと、もしや。
          |       |           .:::   .::::::::|
          |       |         ..::     ::.::::::::|                   カルメル以外には話していなかったな > 准将
          |       ::|        ..:      ::::::::|
          |       ::|               :::::::|
          |       ::|                :::::|
          |       ::|                ::::ノ
          !,       :::| :              :,ィ
          \     :::| ::.            ,/:::'.、
           /> 、,_:::| ::::.        _,,、イ   :::'、
           ',   :::::ノ.| ::::.._,,、--zz<:::      ::::'マi、
           /   ::::| .レ''"´     `マzz、,____ :::マト、
           .i    :::::|           `≦マ≦===ニニマ{:::::ヽ,、
          .,{    :::j、              `≦z、,_  ''t、..:jリ
.          }ム   ./ィ                `ヽ≧z._ノ}マ'
.          ,' マト, __/マ::|                   ̄ ̄´ スッ
           ,{  `マ/´::::;!
          乂  }|...:::,iリ
          \≧ニニ'イ'
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| その寄り道先、フジノミヤという地名を耳にすれば、ひたと。
| 准将の半歩後ろを歩いていた折り目正しい侍女人形は、疑念の声と共に足を止めて
┗───────────────────────────────────────┛
5933 : ◆RD3CAnAM9Y ★ [] 2017/12/22(金) 00:06:41.71 ID:Y9MxM8eq
           ム
          /ニl          ィ/
         /三/        ,ィ彡'
.       ム,〈三/          ィ彡'
       マニニニ{      ィニニ' ,_
       /三ニ 〉  ィ三三ニニ夕''
   ム.   /三三(ーム三三マ/   ……お会いになったのですか、お嬢様に。
   {三=〈 〉三三三三三=-
   ィヾ三三= ̄ ̄ ̄ ̄ミ     旦那様だけ、抜け駆けで。
.    〉 :〉三ニ        \
   /::::|.‘「三ニ   ,,≦≧、、 \                                 うむ、環境は変わったが元気そうであったし、
  l__:::|ィ-∪三三ニニニニニミミ                                              良い表情をしていたぞ > 准将
   | l::〈::: : |/:::::::::::: : }::::::::::: l ミ
   {_|_,i Y//::::::::::::: ,ソ、::::::l ツ ミ  ギリィ
     | |ムト,,:::::::::::≧::: : _,ツ'
     | |,,=ニ≧ ̄⌒∨____
     |/ィ〈三≡ニニニニ三ヘ
     リ∠ヾ三/ izumo 〉三
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| ぽつり、これが機械のものかと人によっては驚くほど感情を含んだ……
| それも底冷えするような冷たい声で、鹿角は声を漏らした。
| それに対するあっけらかんとした准将の言葉に、重力制御で歯軋りに似た音を
| わかりやすく立てるおまけつきである。
┗───────────────────────────────────────┛
5934 : ◆RD3CAnAM9Y ★ [] 2017/12/22(金) 00:15:54.98 ID:Y9MxM8eq
        ゞ圭ゝ、ニヽ  /ニゝ圭ノ
         `ー圭:ニ!_|二圭i´
      !^ニ=、_>圭ニト-イニ圭ノr=三ノ
       `ニ三彡>=、,.-..、ミ/三シ
          /<´"::::::::::::v::::::::\ヽi
       //:::;:::::;::::::::i^ヘ:::ヽ::::ヽヽ   旦那様、今日までお世話になりました。
        < i:::::l:::::|::::::::| 」:::::|::::::l ヽ
       \┤:::!三`i! 、三,l::::::l!/                            まずは落ち着くことからであります、鹿角。
         ヾ:::l;ゝ  !  〈::::::/               自動人形一人旅など、万が一があれば即刻ジャンクでありますよ > ヴィルヘルミナ
      i⌒i\_T个 、 -  イTT/⌒ヽ
        )(___ !::|: :|\/:|: !::l ̄ /ヽ7 Jud.ですが侍従長……
     ( i:|  //\'//;'ー|::|==ュ:::l(
       i|:>'´//, \/ノ.  |::l  (::::::!7
      〈l:\//  </    ヾヽ´:::::|'
        ノ:::://   i       l:::|:::::::l
      ヽ//ゝ、 !、      ,l::::|::::::|
      /':/::::::ムニニ ̄ニニ彡!:::|:::::|
        |::::l::::::::::ム!ノ  |  | !/::|:::|::::イ
        l::::|::::::::::::ム  !   r::::|::::|:::i:|
      ヾヽ::::::::::::ム  i  /.:::/::/:::|::|
     /|\\:::::::::i  | /:::::/::/:::::::::|\
    /  |:::::::^':::::::::_| | /:::::::`'`:::::::::::|  \
  /    !::::::::::::::/⌒Y⌒\::::::::::::::::::|   \
./      i'::::::::::::/  ,y'    ヽ::::::::::::::|    |
        |::::::::::::|  ,イ 〈⌒ヽ  |:::::::::::::::|     !
        !::::::::::::l  iヘi´   i  l::::::::::::::::|     !
      |:::::::::::::|  | !|   i|   !::::::::::::::::|    |
       |::::::::::::::l  | /u_!」ノ.|  i::::::::::::::::|    |
       |::::::::::::::|  |'  | ヽヽ  |::::::::::::::::|    |
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 冷えた声音、疑似歯軋りと大よそ侍女らしからぬ所作が続いてから、
| 極めつけにコンボの最後に持ってきたのは楚々とした一礼……からの唐突な退職宣言である。
| 思わずというわけでもないが、鹿角が立ち止まった分前を歩いているヴィルヘルミナも、
| これには落ち着けと声をかける。
| 主同伴であったり、街中ならばともかく、自動人形のみで遠出など自殺行為だと。
┗───────────────────────────────────────┛
5935 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/12/22(金) 00:19:09.03 ID:s6HJOYI4
推定おかんが病んでる!?
5936 : ◆RD3CAnAM9Y ★ [] 2017/12/22(金) 00:23:21.38 ID:Y9MxM8eq
               _ , -‐ __ ヘ
            __/´ヽ |1  乂ノ  〉ムヽ
            <, ヘ /´`ー´::::::::\ / /  \
         ,、 へ/::::::::/::::::::::::::::::::::::::::: ̄ ̄∨マ ,、
         /::::`/:::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∨/ |  まあ確かに、シャナお嬢様にすぐ会いたいという気持ち、
        /::::::::::::::::::::::l:::::::::::::::::::l:::::::::::::::::::::::::::ヘ __」
       /:::::::::::::::::::::::::l:::::::::::::::::::l::::::::|::::::ヽ:::::::::: ヘ::ヽ  わからなくもないのであります。
       l::::::::::::::::::::::/l::lヘ:::::::::::::::::ト、:::l>、::ヽ::::::::::ヘ::l
       l::,l:::::::::::::l`ナ サ ‐l:::、::::::::-l‐マィェ込::l::::::::::::ヘ:l  かくいう私も先日、お話を伺って以来
       l:l |:::::::::::::l:レr==、ヘ{\:::::::ヽ1 ー ノンl::::::::;イ:::ll
       `{ .\::::::::l` マムリ    \:::ヽ ̄   l:::::/:l::/:l  まとまった休暇を申請中でありますから。
          l\::{      、  \{    /イ::::::リ::::l
          l:::::l::l`                 イl::l::::::::::::::ヽ
         /:::::|:::ヘ     - ‐      /::l::l:::::::::::::::::::\
         /:::::::|:::l::::\         /::::l::l:::::::::::、::::::::::::\
       /_:::::l:::l:::::::::::>..、    /.|::::::::l::l::∧{ー`ー――`
      _ ̄  //l::lヘ:::::/、::,⊥、 ー / ̄:|::/l::lレ    --―  ̄ ̄`〉
    / ̄  \ '´  .l::l ∨ l::::::::V´::::::::::::人 l:l  /     /   /
   /      \ー l::l-- <`ー「 7-― ´  / ll ̄〉     /    /
  /          l:l  /:::::>'/L/\―:::::7 / /      ム-、 <`ー-、
  ヽ        / `{ /::::/  V  l:::::::/ / / /     ∨ l   ̄ ̄ }
   ヽ    \ /  /::::/  /   l::::/  // ̄ ̄ ̄,    l    /
  r―┴  ̄  ∨  l:::::/  l     l/   l      l::::\__∧  /
  l        /   L/   l      l   l      |:::::::::::::::::∨
  l      /    /   l     l   l`ー- _  ゝニ=‐‐、::::ー-、
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 本領皇国軍という秩序の守護者はあれど、それでも無法者というのはいくらでも存在する。
| その中にはスカベンジャーという、自動人形を嬉々として遺跡産のそれを狙う者も多くいることを
| 己の経験からよく知っているヴィルヘルミナが窘めながら、鹿角の気にする存在……
|   シ ャ ナ お 嬢 様
| 主にとって娘のような存在に合法的に会いに行こうかと、
| かくいう自分も休暇申請中だと告げれば
┗───────────────────────────────────────┛
5937 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/12/22(金) 00:24:31.03 ID:s6HJOYI4
姉ポジもあかんこれ!
ヤメテ! シャナのお仕事の邪魔しないで!!www
5938 : ◆RD3CAnAM9Y ★ [] 2017/12/22(金) 00:31:24.32 ID:Y9MxM8eq
             _
             //  ̄`ヽ
          /_ ,'     ',
             j___Y´二 =‐-、l            セットアップ、オールグリーン。
          i!〔 _〕〔__,,]ヽ ∧               r‐‐、‐-y---、
          l 〈 仝、-/ ∨.∧ ___         k‐ ' ‐-ゝ-=≡                           Jud.では…… > 鹿角
           └/,皿、〉彡-=ゝ-‐´ /´ ̄ヽ     ___r‐≡二'' ‐ 、 ) l
           ィ’--イ/ /  /´ ̄`'' ‐- 、,, -/´   ` ,-- ,,_ `ミヽ ノ
          r''´ / / / /__./         , ´ l!     ゝミ  `ヽ  ノ 
          /   / /ィ´ ̄   l 、         ヽ       >- ,,__ノ
        l!-‐─''´ /     ∨ `¨''y、,,       \   /
        j!r──l/       ∨_,//  ̄¨''‐-----'\/ カルメル、もう一度言っておくが、
        l l.    l!          /   l |
        l !   l!          /   .l !           休暇の前の引継ぎ、忘れんようにな。
        l !__l!          /    l .l
       /l!----、            }       l .!        現在、アイギスにインストールする筆頭代行のデータを準備中であります > ヴィルヘルミナ
     /  l!__| ` ̄ ̄ ̄ ̄ 7      l l
    /   /     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ l       ll                    Jud.電子処理でしたら得意分野です。手伝います、侍従長殿 > 鹿角
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 装甲スーツの装着を終えた准将が、屋敷の業務が滞らないよう気を付けるようにと、
| 一応の釘差しを告げる。
| ……が、結託した筆頭侍女兼侍従長と、もう一つの筆頭侍女の手にかかれば、
| スケジュール調整を合わせても、数か月とかからず今後の準備は整うだろうと、
| 主の頭脳には解を導き出されるのだった。
┗───────────────────────────────────────┛
5939 : ◆RD3CAnAM9Y ★ [] 2017/12/22(金) 00:31:37.37 ID:Y9MxM8eq
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


   ▼ 本日ここまで

5940 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/12/22(金) 00:33:29.53 ID:s6HJOYI4
家庭訪問の時間だぁーーー!!ww
乙ー
5941 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/12/22(金) 00:35:26.13 ID:GN8B5Soq
乙ー
果たしてどうなるのか
5942 : ◆RD3CAnAM9Y ★ [] 2017/12/22(金) 00:37:29.84 ID:Y9MxM8eq
                  , 、_  -ヘー―,イ´. ヾ 、
.              /   ,>匕ィ、_ `フ    ヽ ヽ
.             /  >'ー'´__二ニフ ',.   ヽ \
         /ァ=ァ'    _  -ーヲ  iト,  '., ヽ ` ,
.          ,イ/  i′   , -ー  ̄ ´ i、 i! i! '.,.  ', ',  ',       ……はい、以上で幕間第七弾、《准将さんちの朝》はおしまいです。
       ,イ! l!ニ i! _, イ i i! !、   |マ | |. '.,  i! i  i
     ,イ三i| l!ニ i!;';';  | ||斗ヤ| ∨ ´「 マ¬ー-ト i i!  i!       おかしい、一日まるっとやりたかったのに、気付いたら朝のうちに全部終わってた……
   ,イ三三ヲ! i!ニi!;';';  i个!i ! ', i! V  i メ/|マ  i!', i! i!  i!,
.,イ三三ヲ'´. ! l!ニi!;';';   i !| !| ',.|  ∨ | ,!∧! マ | ', |. |.  i',       アイギスとかシャーリーの出番……
ニ三ヲ'´    | l!二i!;';'  i!. i!| ` ヽ!   V.!==ェュマ ! i! ! i ', ',ヽ
ヲ'´    ,'  i l!二i!;';.  i、|,ィ=≡ゞ  ヽ!       /. | |  | ヽ , ヽ     とまれ、うむ、准将に続いて次回の畿内からのお客さんフラグですね!!
     ,'   i l!二i!;.   i!ヘ|              //! |  i! ヽ\`\
     ,'    i!. l!二i! ,イ!\'、  _,.-‐   ̄ ̄i /'  ,'i! i!. | !  、\',  \  これで前スレ>>3000とか>>8000の為のフラグ建築はできたはず。
    ,'     マ i!. 爪,ノi| ト、ヽ V   ´  - ′  / !| i!  ! iト、 \l\   `ー
             ゝ.ヾ二,ハ  ',、  `          <ト,i|.i,'  |',i=ミヽ  ヽ、`ヽ  なお、登場はともかく完全な仲間化は確約されていない模様。
.            ,ィ <ミミミト,. ∨>-   _ , <ミミゞュ !  l i!  ! ヽ、  `ー=、
_  ー   =./     ヾミミi!ヘ ∨ill  ℡ミゝ_ィニ彡 「il彡  i!',}  | i  !ヽ、   li. そして今気づいたが前スレ>>3000だとヴィルヘルミナさん義体キャラだったか……
                   ヾ! !ミゝill. |!   |    i| ill |,ィ―'――i ,'  /i  /
                  /j | i! ill         illl i'  ゝ、_  ∨、 / !/  ,ィ 打撃力に乏しい原作設定から、技巧派フレッシュキャラで設定練って書いてた、やべぇ。
.              /   ,' / ,ィij           ,illl、>'´ ̄´    l!ニト\/ ,イ/
                 ノイヲ',==ュ、. i|i  ,ィ==ュ</|イ ̄ ̄ ̄  l!三i|ミ!ヽノ
  ゛'' ‐-  ,,_.      、  ヽ )>/ゝ¬ミヽ!|i,ィヲ'¬ヾi/li| ゝ――  i マニ!ミ!. ト、
- .....,,,,__         \  ) >ニ>   `.|ll|゙´  ,ィ//メ、 ゝ- て´  マiミ! | \
5943 : ◆RD3CAnAM9Y ★ [] 2017/12/22(金) 00:48:23.75 ID:Y9MxM8eq
                ___
            〃`<    __ `
          _/ __        __  ヽ  \
.           // /:           ,  ′  ヽ
         // /    .!        ′  ,      ま、まあともあれ皆さん、お疲れさまでしたー。
           ′′ i__/| ! ト   ',  ,   ′
        i | i ´| l.¨! :| :| ¨',‐-.| i   |   i   さてさて、無事7th-8th Turn間の幕間は終わったわけですが……
        | l | 小.! Vヽ i  ', ト .|   |    |
          И i .i ==   ` __.V .リ:   |    !    ……すまんな、8th Turnの準備、まだ全然やってない(ぉぃ
         | V        ̄` /    |    ト.
         | 人          7   |     〉   まあいつも通り、前日にはこのスレと宣伝スレとで、
            ,|   > _ ー '  ィ'|         、/
        /:i/\  |  :i≧r  //  / /      \  投下日時の予告はするのでそれを待たれよ。
             ヽ | /├|==/ / / |/    ヽ   ヽ
        \  /.` / :├|*/{ 'イ: : : : ヽ   i }.      その前にも「今週ぼちぼちやってきたい」とか、小さくこぼすかもしれんが。
.            ヽ { i l : :├|/yヽ  ヽ/: : i  /  /  
            } V、 | i: :.|。!/: : }  }: : : : | /        なお、今回の鹿角さんの矛盾や自動人形的におかしな言動は、意味があるので安心召されよ
         /   ゝ: !: :|。!: : /イノl: : : : :i     {
        /     !: :|: :|。!: : : : : : i ノ: : :!    、        ともあれ、スレ主はそろそろお布団行きますん。
           イ  |: : l :|。|: : : : : <.: : : : :i      \
       i / !  ′ :V.-! : : /: : : : : :人  i    ヽ   みなさん、おやすm(すやぁ……
.        V    /: : : : V、>/: : : : : :/ 〉  :l   l
関連記事
スポンサーサイト




コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://yarucha.blog.fc2.com/tb.php/4135-9ab1c98f