情報部シャナのスカベンジ日誌 8th Turn 「ミリタリー」その4

6225 : ◆RD3CAnAM9Y ★ [] 2018/02/09(金) 19:44:27.11 ID:QtBU1Ghf

   __________
  l|| .|                ||l ゴウン
  i|| !_________||l  ゴウン 本スレの方はまとめてくれてるサイトとかはないんよねー
  l|| \    _ハ,_,ハ,,_ _ハ,_,ハ,,l\.      すまないが、過去の投下はスレの方で確認してくれい!
  l||   \ ./・ω・ 三 ・ω・ヽ \.    ……ないなら作ろうの精神で、誰かまとめてくれてもいいのよ?(チラ(ぉぃ)
  i|| ゴウン\゙'~~~~~~'゙ \ ヽ
  l||  ゴウン \ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \   あとみらいちゃんの方はちゃんと、既に再登場フラグ考えて動いてますぜー。
  i||        .!|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||l  行くとこ行ったら、最低限また会えるのは確実。
  l||        .!||                  ||i  好感度ありのキャラに昇格するかはその後次第だー!

   \
    \
      \ハ,_,ハ,
      ,;゙ ・ω・;,  あ、それと今日はいい加減投下やりますん。
      ミ,;: ~ ̄~ミ
     .c( ,_UU,;ノ   カキタメは全然だが、21:00開始予定な!
6227 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2018/02/09(金) 21:01:29.92 ID:tvlxoKx1
まとめ出来るには何がいるんだろうな?
エロ?
6228 : ◆RD3CAnAM9Y ★ [] 2018/02/09(金) 21:03:48.90 ID:GClWGC1b

==|===i´ i´######i´ i´======∀==∀=====|=
 . Yl | |#######| |:::|    ,;゙ ・ω・ ;,    Y    ういさ、そろそろ時間だな!
 . ||l . | |#######| |:::|    ミ ~ ̄~ ミ    ||
 . ||l . | |#######| |:::|    `'ーu-u‐´    ||   そいじゃあぼちぼち始めて行こうか、てんこー!
 . ||l . | `―――'.. |:::|       °:       ||
 . ||   ゙"'''''''''''''''''''''"゙'"゙       。 :     .||     >>6226
 . ||      :                  ||     それな(ぉぃ  ぶっちゃけ延々と続く系のスレ内容やしこれ。
                                  まあエタるにしても、フジ樹海探索条件満たして最終回とか、
                                  ちゃんと形にして終わらすよう考えてはおるよー。
6229 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2018/02/09(金) 21:05:44.45 ID:0xN5iXR1
6230 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2018/02/09(金) 21:06:11.05 ID:deDVl1Vm
6231 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2018/02/09(金) 21:06:54.46 ID:+ujaSgV2
6232 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2018/02/09(金) 21:07:09.47 ID:h9aqKyt6
6233 : ◆RD3CAnAM9Y ★ [] 2018/02/09(金) 21:09:32.20 ID:PFLh3X8B
         /^l
  ,―-y'"'~"゙´  |
  ヽ   ・ ω ・  ゙':           おお、ささっと四人もそろった!?
  ミ====[==]=l== ミ.,    γ⌒'ヽ
  ':;  ミ;,,.,.,)  (,.,ミ   ~i ミ(二i  そいじゃあちまちまと投下始めていくぞー!
  ミ        :;   ~ヽ、,,_| |ノ
 ミ゙゛';:, ~)   :,,  ~)     r-.! !-、  カキタメ? それってあれでしょ、商売が繁盛する時期……
  `゙ "`'''~^"~'''゙"''"      `'----'
                 【乾燥機】
6234 : ◆RD3CAnAM9Y ★ [] 2018/02/09(金) 21:09:42.63 ID:PFLh3X8B
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
 やる夫はスカヴェンジャーのようです二次創作

              情報部シャナのスカベンジ日誌
               8th Turn 《ミリタリー》


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
6235 : ◆RD3CAnAM9Y ★ [] 2018/02/09(金) 21:10:13.45 ID:PFLh3X8B
     |゚ヽ       【戦闘・索敵以外では出番の少ないロボ枠の悲哀】
    _|::ヽ
    `i::::::::i__
    .|__:::::::::|
    ヽi|:::|::::|
      \\
       \\ シッポピーン
         ヽヽ_
          ` ─_ヽ、 ___   _
        ─ヽ、_.>、|\ \/  ヽ、_
        |  \ \ .〉| \`く::::く┌....i\
         | |ヽ、|ヽ::::::::::\/て ̄\::::::\\ ̄\_
         〉ヽヽヽヽ:::::::,、:::|´||    \| |\__ \ヽ
         | \` ヽヽ:::::| ヽ | | 、  ヽ:::| |──\ |::ヽ
         |.()   ヽヽ ヽ | .|,, ‐>  \|\| ̄ ̄`‐ ミミミ \
     __ ┘.|  //  〉 /`i // \\ ̄ ̄/ ̄`_\ \ミミ \   《厳重警戒》(PDA)
     |::::::::::():ヽ───|´:::::::::|  \// | |   /   >´\ヽ   ,,, \
     .|:::: ─/ ,,|  ,,|ヽ─‐./ ,_  | | | /ミヽ:ヽ\  |´`__ヽ、| ヽヽ                     任せる、虎鉄 > シャナ
    ()___ヽ∠─‐´   | /.//.|()`──´ヽ.|ミミミミヽ、\|‐| | _ヽヽ‐|
     ||___|     .`| |/_.|::::::::::::::::::::::::::\ミミミ  `ヽ \/く__、 ヽゝヽ           相変わらず、何言ってるのかわからないな > チンク
     ():::::::::::::::::::)     | , く::::::::::::::::::::::::::::::::::::\ミ /ミ/ | .| ヽヽゝ,,\  ヽ
     ` 二|__|二     i/  ` ̄ ̄ ヽ:::( )::| ̄`|  \__/‐___/_  `‐,,_ヽ_|      動物が尻尾を立てるのは威嚇だったかお……? > やる夫
     ().| |ヽヽヽヽヽ            |::/ /|二二     |\─__ /ヽ____
      iヽiヽヽヽヽ ゝ             ̄二\ ヽ‐i ヽ    \\_w_ / ヽヽヽヽ、
        ´´´´                |()::::) /_|_/      `─´|__|__i_i__i__i
                           \/ヽ , ‐、─‐、
                            ,| |  | ヽヽヽヽ,
┏────────────┓       ()__|_|‐、|_|_|_|_|
│ 前回のあらすじ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 旧文明の軍事遺跡【ソウカエン】を訪れたシャナ達。
| 遺跡の入り口で皇国軍の兵士から、識別用マイクロチップ入りの初心者
| マークを受け取り車体に貼り付けた一行は、無事に目的のF区画へと到着し、
| まず手始めにと小さな詰所らしき建物へ向かい……
┗───────────────────────────────────────┛


   ▼ 現在のステータス   >>6076-6078

      同行者:やる夫      >>5810      チンク >>5814    虎鉄 >>6080

      好感度一覧        >>5817

      このターンの遺跡   >>5789 【ソウカエン】 格納F区画 四級指定

      wiki           ttp://seesaawiki.jp/shana/ (2018/02/03更新)

6076 : ◆RD3CAnAM9Y ★ [] 2018/02/01(木) 00:46:44.48 ID:A/nEFTRw
                   《ステータス》

                                    /⌒≧=‐- 、 、
                                      \\
                       -:.:.:.¨¨  ̄ ̄:.:.:.``丶       }:.:.ヽ
                        /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.丶 __ノ:.:.ノ
                   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\ ̄
                  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
                     //:.:./:.:.:.:.:/:.:.:/:.:/:.:/:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∧
                /:.:.:/:.:.:.:.:/:.:.:/:.:/// /:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.: ',:.:.:.∧
                /:.:.:.:./:.:.:.:.:/:.:.:/:./ // /:.:.:.:.:.:./:.:.l:.:.:.:.:.:.',:.:.:l∧
                /イ:.:.:.:.:/:.:.:.:./:.: /.:,ィ芋ミx、 //:.:.:.:.:./ トx:.:.:.:.:.:.:l:.:.:| :.
           ///:.:.:.:./:.//:.// 《 {::J:::リヾ /:.:.:.://zz/ |:.:.:.:.:.:.:l:.:.:| |:|
            // /:.:.:.:./ ':.: /:.:.:. /   V__ン  /:.://}てハ抃:.:.:.:.:./:.:.:.| l/
       //  /:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.∧  .:::::::::: __彡' / ヒ_ソ ノ》:.:.:.:/:.:.:|:.|
       //    /:.:.:.:./:.:.:/:.:.:.:./、__、        ,  `¨  /:./{:.:.:/:.:|
.     //     /:.:.:.:.-=≦:.:.:.:./:.:.:.込           ..:::::: /):.:.l.:.:∨ ヽ(
  //   -=≦ ̄:.:.:.:. -=≦:.: |三三三三三|  っ     /:|:.:.:.:{:.:.:.、
.// /:.:.:.:.-=≦ ̄:./:.:.:.:.:.:.:. /ニニニニニニ|、   _,.. イ.:.:|:.:.:人:.:.:.、
   (:.:.:.//:./:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:./ニニニニニニニ|  /ニニニニニ≧く:.:.|\:.\
     ヽ(:.:人(:.:.:.:. /:.:.:.: /ニニニニニニニ=|  トニニニニニ/ニ}:.:.|  ヽ:.:.\
      /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ニニニニニニニニニ|___ヽニニニ=/ニ/|:.:.|   }:.:.:ヽ\
.   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: /ニニニニニニニニニニ\---∧ニニ/ニ/ .|:.:.|   /:.:.:.:.)\ヽ
  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ニニニニニニニニニニニニ\- ∧ニニニ{ :|:.:.| //):.:.:/  ):.)
...:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. : {ニニニニニニニニニニニニニ/___}ニニ>:} |:.:.|彡' /:.:∧ //
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:乂ニニニニニニ}ニニニニニニ/---∨ニ/=| 乂\__/:.:/ ∨/
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ニニニニニニニノニニニニニ/-----∨∧=| /:.>―<   }:.}

――――――――――――――――――――――――――――――

 【名前】 衛宮シャナ 【年齢】 15 【出身】 キョウト

 【身分】 4級スカベンジャー

 【能力】(人間準拠)
  筋力:C+  体力:B-  俊敏:B+  知能:B+  運勢:B

  注目度:D 小さい割には腕のいいスカベがいるらしい

 A以上=一流 B=人並み以上 C=人並み D=苦手 E=諦めたら? F=子供並み

 所持金: 1040 円 0 銭

 【所持品】
 ・武器
  零式軍刀 ……養父から譲り受けた将官用の高級軍刀。
             銘有りの真打や単分子刀にこそ劣るが、切れ味と頑強性を高いレベルで両立している。
             耐酸、耐熱、対単分子、耐ビームコーティングが施されている。
  7.62mm.選抜小銃 ……【サイズ:L】 大威力の7.62mm.ライフル弾を使用するマークスマンライフル。モデルG3 SG/1
                   フルオート射撃による牽制・弾幕と、セミオート射撃による精密狙撃の両方に対応可能。
                   簡単に言うと、一丁で突撃銃と狙撃銃の両方として使えるということである。
                   アクセサリに高性能光学スコープ、サプレッサ、ロングマガジン、バイポット、フラッシュライトを装備。
  45口径拳銃       ……【サイズ:S】 威力の高い45口径拳銃弾を使用する拳銃。
                   アクセサリにサプレッサ、ロングマガジン、フラッシュライトを装備。
  テーザーガン      ……【サイズ:S】 ワイヤーを使用する射撃可能なスタンガン。一度の充電で5回使用可能
                   生身の人間や生物を、無傷で捕縛することができる。警備ロボットには無力。
  コンバットナイフ    ……【サイズ:S】 頑丈さが売りの軍用ナイフ。戦闘・工作に使用できるが、単分子カッターではない。
  軍用マグライト     ……【サイズ:S】 本来は暗所を照らすための携行ライトだが、非常に頑丈で警棒代わりにもなる。
  ハンドグレネード(破片、EMP、閃光 各一個 / チャフ 二個) 【爆発物】
  携行爆薬(小)……【爆発物】 壁や床などに設置し、遠隔操作で起爆する爆薬。主にトラップや扉の爆破などに使用する。

 ・防具
  特種防護コート ……防弾、防刃、耐衝撃と、物理攻撃に対し高い防御性能を誇る。また、若干のステルス性能を持つ。
                   銃弾は7.62mm.ライフル弾まで防御し、単分子カッターを含む刃物や破片を防ぐ。
                   対単分子コーティング、耐酸コーティング済み。熱単分子刀、熱振動徹甲刀などは防御不可。
  静音性ブーツ  ……底面が厚く補強され、更に足音がしにくいように加工がされたブーツ。
                   隠密に長けた者なら、足音のしやすい悪路でも無音で歩行することが可能になる。
  マガジンポーチ ……ライフルなどの予備マガジンを収めておける、ポケットなどが付いたポーチ。
                   遺跡に持ち込む予備マガジンが各3個から5個に増える。
  31年式軍用多目的グラス ……望遠、視力補正、赤外線(暗視/簡易金属探知)、PDAとの接続などの機能を備えた、
                       大崩壊以前の軍用装備。軍事品だけあって、耐久性・防弾性も十分。

 ・電子系装備
  高性能PDA ……高い基本性能のPDA。メール以外にもハッキングや情報閲覧、カメラ機能が備わっている。防水、耐衝撃。対EMPコート済み。
  標準ハッキングソフト……PDAの初期ハッキングソフトより優秀。ただし遺跡探索用で、現代のプロテクトに対しては無力。
  標準解読ソフト ……断片化したデータを復元する事の出来るソフト。簡易版より精度は上だが、使用には【電子技術】技能必須。
               断片化したクズデータなどを正常な状態に戻し、閲覧することができる。暗号解読とかはできない。
  文書交流ソフト ……リンクした端末や機体と、文字による会話が可能なソフト。
               所謂チャットソフトとかそんな感じ。虎鉄との会話用にどうぞ。
               多目的グラスとPDAを同期すれば戦闘中もスムーズに会話・連携が可能。

 ・その他
  携行用ガンケース ……【サイズ:L】以下の銃器を一丁しまっておける、緩衝材入りの軽量なハードケース。
                  肩掛け紐と鍵付きで、街中の携帯に便利。
  警邏隊推薦状    ……組合から発行される推薦状。実力ではなく人柄を保証するもの。
                  警邏隊主導の依頼を受ける際に必要。
  救急キット ……包帯やばんそうこう、消毒用アルコール、それに痛み止めやナノマシン製傷薬などが入った救急キット。
.             医療系の技能がなくとも使用可能。傷薬・痛み止めを使用した場合、補充には10円必要。
  ペンライト   ……小型の懐中電灯。太陽電池採用。
  ロープ10m……物を縛ったり移動に利用したりなど、多彩な用途のロープ。
  短距離用無線機 ……いわゆるトランシーバー。ある程度の距離なら離れた位置の人間とリアルタイムに会話できる。
               二つ所持しており、同行者に一方を貸し与えることが可能。
  軍用双眼鏡 ……測量機能と簡易な風向の観測機能が付いた丈夫な望遠双眼鏡。防水、耐衝撃。
  軽量工具セット ……使いやすい工具の揃った工具セット。小型工具セットより高性能で、携行性も悪くない。
  工具用単分子ナイフ ……工具用として実用的な強度を持つ単分子ナイフ。戦闘での使用は想定していない。
  傷付いた獅子章……多大な功績を残して殉死した皇国軍人に贈られる勲章。
                シャナにとって、紛うことなき父の形見。

 ・拠点
  住宅:中層区にあるガレージ・庭付き一戸建て。
        付近の治安はよく、鍵類のセキュリティも十分。電や虎鉄が警備をやっていることもしばしば
        一人で住むには広すぎるくらいで、それなりの人数を迎え入れられるだろう。
  ガレージ:中層区の自宅に付随する車両用ガレージ。
        特別な設備はないが、中型車1台+大型車1台分の駐車スペースを持つ。
        現在、輸送トラック(大型車)1台を収容。

 【技能】
  格闘術   Lv:5 ……素手や小さな武器を使った接近戦能力。
  刀剣     Lv:10……常識的なサイズの刀や剣を扱う技術。
  銃器     Lv:6 ……拳銃や小銃、あるいはそれに準じた火器を使用する技術。
                拳銃、短機関銃、突撃銃、狙撃銃を使用可能。
  狙撃     Lv:3 ……狙撃銃、選抜小銃などを使用して長距離狙撃を行う技術。
  軽業     Lv:5 ……戦闘における身のこなしや、狭い足場での立ち回りのうまさ。
  潜入     Lv:6 ……隠密・気配察知の複合技能。自身の気配を隠し、他者の気配を察知するのに長けている。
  観察眼   Lv:6 ……周囲の状況と照らし合わせ、不自然な箇所をあぶりだす技術。
  聞き耳  Lv:5 ……微細な音を拾い、情報として獲得する聴覚・技術。
  車両運転 Lv:5 ……地上を走行する、一般的な車両を運転する技術。
                バイク、普通四輪車、大型車、軍用車両を運転できる。
  機械操作 Lv:4 ……PCなどの機械全般を操作する技術や知識。極端に専門的なものは含まない。
  電子技術 Lv:4 ……プログラミングやハッキングなど、機械の内面を弄る技術。
  軍事知識 Lv:7 ……軍そのものや軍人、使用される装備などに関する知識。
  指揮     Lv:2 ……状況を確認し、他人に指示を出すことに秀でている。

 【特性】
  ESP【縮地】 ……空間を切り嗣いで割り込み、彼我の距離を一瞬で詰める。一種の空間系テレポート。
  ┃          これを高精度で、かつ連続して行うことができるのがシャナの最大の武器である。
  ┃          移動には重量制限があり、重装備では使用できない。
  ┗斬鉄(偽)……ESP【縮地】の応用により、通常の刀剣類で金属装甲を斬り裂くことが可能。
              ESPの使用できない状況や、高速機動する対象、乱撃戦では使用できない。
  軍人の遺児……皇国軍人の忘れ形見。
              根無し草のスカベンジャーであっても、社会的にそれなりの扱いを受けられる。
  情報部員  ……時に身分を隠し、偽り、軍で暗躍する情報部の一員。
              現在その権限や支援は利用できないが、そこで得られた技術や知識は健在である。

 【装備制限】
  軍刀を固定装備する。
  他に【サイズ:L】の装備を一つまで装備可能。また、爆発物は合計六枠まで携行可能。

 ※スキルレベル参考基準
  1.覚えたて  3.慣れてきている  5.一人前  8.プロ級  10.その分野でのトップクラス
6077 : ◆RD3CAnAM9Y ★ [] 2018/02/01(木) 00:46:59.17 ID:GCkCUmOr
                        【拠点・倉庫】

                                        |    /\
                          ____________A.__// \\
                     _r‐'三三三三三三三三三三三三三三// ┌┐ \\
                  _r‐'三三三三三三三三三三三三三三三三//―‐┤├‐─\\
         _r‐'三三三三三三三三三三三三三三三三三三//     └┘     \\
       ┌<三三三三三三三三三三三三三三三三三三三//              \\
       └─┬───────────―┬────‐'|/    ┌──┬──┐    \|
           |      ┌──┬──┐    |  ┌─┐  |     |    |    │     |
           |      | // │ // │    |  ├─┤  |     | // | // │     |
         ┌┴―──┴──┴──┴─―┤  └─┘  |     |    |    |     |
         |                    |          |     ├──┴──┤     |
         |                    ├─────┤     |          |     |
.      , -‐┴―――――‐-、_________|          |     |          |     |爻爻
   ∠二二二二二二二二二}            ├┬───┬┤     |          |     爻爻爻爻
    ||  ||  |       ┌──┬──┐    ||三三三||     ├──┬──┤   爻爻爻爻爻
    ||  ||  |       | // | // │    ||三冂三||     | // | // |  爻爻爻 爻爻
┌r‐r‐||┬||┬|       | /  .| /  .|  n. ||┨凵三|| ┌─┼─┬┴┬─┼─千┴干┴千‐
├| n || n   | .n   n .|  .n. .| n.  |.n . ||..||┨=三|| ├─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼‐
├| ||====||====||====||====||====||====||l/||..||三三三|| ├‐⊆⊇‐┼─┼─┼─┼─┼─┼‐
├| ||====||====||====||====||====||====||l/||..||三三三|| ├─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼‐
├| ||====||====||====||====||====||====||___/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\├─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴‐
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


 【武器】 ※
  量産軍刀 ……【シャナ専用】 父の形見ということになっているシャナの軍刀。頑強ではあるが切れ味は今一つ。
             数打の量産品であり、軍士官の武装としては少々心もとない。分類、丙種士官用軍刀。
             対単分子コーティング、耐酸コーティングが施されている。
  45口径短機関銃 ……【サイズ:M】 威力の高い45口径拳銃弾を使用する短機関銃。
               アクセサリにロングマガジン、レーザーサイトを装備。他にフラッシュライトを保有。
  軍用スコップ    ……【サイズ:M】 塹壕戦最強と噂の近接武器。誰がどう見ても近接武器である。穴掘りにも便利。
  ハンドグレネード(閃光、煙幕) 【爆発物】

  ※ 自家用車で移動する場合、車載して遺跡・依頼に持ち込み可。


 【防具】
  戦闘用耐熱グローブ ……戦闘用に防刃などの防御力をある程度備えた、五指が自由になる耐熱グローブ。
                   生身の人間でも熱振動徹甲刀などの高熱を発する武装を使用可能になる。
  登山ブーツ          ……底が厚く、滑り止めの付いたブーツ。特別な加工や補強はされていない。


  【ロボット用装備】
  二連装エアショック砲 ……【ハードポイント1】ライガーゼロ専用装備。
                      圧縮した空気を発射する、打撃・衝撃の特性を持った非殺傷の実験火器。
                      弾薬費やリロードは必要ないが、射程や威力に劣る。
  アイアンクロー     ……四足獣型警備ロボットの標準的な格闘装備。クローだけど牙とかも含む。
                      刃物として使用することが可能だが、単分子カッターなど特殊な加工はされていない。
  12.7センチ連装短機関銃 ……【ハードポイント:1】 電専用 背部の武装ユニットに装備された、二連装の銃身が特徴的な短機関銃。
                          ちなみに12.7センチとは銃身の長さであり、口径ではない。口径はありふれた45口径。
                          火力や射程が不足するなら、素直に他の武装に換装しよう。装弾数:50。
  三連装グレネード発射機×2 ……【ハードポイント:1】 両腰のあたりに装備される、40mm.グレネード弾を使用するグレネード発射機。
                         三連射、ないし三発同時発射により瞬間火力は期待できるが、経費も掛かる(グレネード弾は有料である)

  有澤重工製乙種水兵服 ……自動人形用のセーラー服。ぶっちゃけIAI製の侍女服のマイナーチェンジ版である。
                     汚れなどを自動で分解し、45口径拳銃弾までを完全にストップする防弾性能を持つ……
                     のだが、防弾性能については、今更な代物である。
                     耐酸コーティング済み(このターン使用不可)
  装甲ガントレット      ……金属装甲を手甲足甲の形に加工したガントレット。
                     局所的だが、7.62mm.ライフル弾以下の物理攻撃を完全に無効化する。
                     特殊な攻撃機構などは有していないものの、金属製で固い分、殴られれば相応に痛い。
                     耐酸コーティング済み(このターン使用不可)

  カートリッジ(50口径弾)×2
  カートリッジ(45口径弾)×2 (12.7センチ連装短機関銃に使用)
  40mm.グレネード弾:6発


 【その他】
  最低性能PDA ……ウジ虫に広く流通するPDA。性能は極めて低く、簡易なメール機能しかない。
  技術書【機械操作】【電子技術】 ……該当技能のレベルが3~5の時に使用できる。各二冊。
                           コミュなどフリーパートで読み込むと、技能の成長に役立てることができる。
                           同じ人間が同じ本を繰り返し読んでも意味はない。
  スカベンジャーの手記 ……コミュなどで勉強の機会があれば使用可能。読み込むことで一部の技能のレベルが上昇する。
                       レンタル品につき使い捨て扱い。
6078 : ◆RD3CAnAM9Y ★ [] 2018/02/01(木) 00:47:16.58 ID:k7NRPz5o
  【車輌ステータス】

              :r‐---‐r―---―r―---‐r―---―r―--―┐
    =fhュュ――zz  il    ;  ロ   ;  ロ  ;      ;     |
  [lj .|i'~i`    .i  |   il    ;     ;     ;      ;     il
  lコ ||__|__________|__|  :il    ;     ;     ;      ;     il
  t_/o .i,.----.、|  |  il    ;     ;     ;      ;     il
  /   ii>< ||j .|) | ̄ ̄ ̄|| ̄ ̄ ̄|| ̄ ̄ ̄|| ̄ ̄ ̄`|| ̄ ̄ ̄`|
 _/___i`ニニニ´ |  .| . |ェェェェェェ||ェェェェェェ||ェェェェェェ||ェェェェェェェ||ェェェェェェェ|
 λ~。 ̄i―‐_-_-.!二| .!___!!!二ニ_ニ二!! | |/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; \| |_
 [λ___γ ´⌒`ヽ.ヽ三|三|三i「有澤[ |   〆´⌒゙ヽ 〆´⌒゙ヽ  | |
      :i (∴) i |三|三|三三ニ|ニ [   i (∴) i i (∴) .i
       ヽ、.____,ノ .             .ヽ、.____,ノ :ヽ、.____.ノ


 輸送トラック

 ありふれた輸送用の幌付トラック。
 大きな荷台による高い輸送力が特徴で、スカベンジの成果を持ち帰るのに向く。
 荷台には簡易であるが人間用の座席も完備。エンジンパワーもあるため、車両の牽引も無理なくこなせるだろう。

 ……ちなみによく見ると、ベースとなった車両は有澤重工製。水月という型式らしい。
 とはいえ流石に、無改造状態ではただの輸送トラックに、装甲車並みの防御力や、
 大口径機銃を積んだりはしていない……改造で追加することが出来ないとも言っていないが。


――――――――――――――――――――――――――――――

 【名前】 輸送トラック  【分類】 大型車両  【製造企業】 有澤重工

 【所有者】 衛宮シャナ

  【特性】
  輸送能力:A ……背部に荷台を備え、多数の、また大型の荷物を問題なく輸送できる。
               人員や探索の成果物の運搬の他、複数の装甲スーツを遺跡へ持ち込める。
  牽引能力:B ……高いエンジンパワーにより、他の車両などを牽引する余力を持つ。
               ワイヤーなどで接続することで、大型車両の牽引を無理なくこなすことができる。

 【装備】
 ・手動銃座:車載用20mm.機関砲
   ……荷台に取り付けられた20mm.機関砲付きの銃座。
       このタイプは有人式であり、射手が使用することで高威力の20mm.機関砲弾をばらまく。
       後方から斜め前方までをカバーするが、車体真正面は死角となる。

       高い威力と連射性能から装甲目標に対しても有効だが、戦車や重装甲車クラスには力不足。
       使用するには【銃器】技能で突撃銃、または軽機関銃を使用できるか、もしくは【重火器】技能を持った射手が必要。
       (射手が後者の条件を満たすほど、射撃の精度は上がる)

 ・防具 その他
  軍用装甲 ……軽装後者級の、ある程度頑強な軍用装甲。
             最低限の防弾性能を有し、ライフル弾でも簡単には貫通できない。装甲化されていない部分に影響はない。
             また、車外からのEMPに耐性を得る。
  増加装甲 ……より頑強な装甲を追加、もしくは換装することで、純粋な車体の防御力を増す。
             純粋に防御力が増し、7.62mm.ライフル弾以下の銃撃を完全に遮断する。装甲化されていない部分に影響はない。
  幌       ……何の変哲もない覆い布。荷台部分を覆い視線を遮るが、防御性能はない。内部からは隙間から周囲を覗ける。
             また、射撃用に、人力でワイヤーを引くことでカーテンのように幌全体をめくり上げ、畳むことが可能。

 ・車載品
  ワイヤー10m    ……ロープよりも頑丈だが、遺跡に持ち込むにはやや重い。車載用・牽引用にどうぞ。
  高級座布団×8 ……座席に設置するふかふかの座布団。長時間の運転でもお尻に優しい。荷台含め四座席分。
5810 : ◆RD3CAnAM9Y ★ [] 2017/12/01(金) 23:39:27.24 ID:9/+KXinX
  【NPCステータス】

                          / ̄ ̄\
                        /  /    ,\
                         (●)     \
                        (人___)       |
                        |!ilili!|      入
                         `<!レ'´ニ ̄``''ーl.||
                    _,,..、-''"^丶、丶、 ̄三!L、
        __,,.. -ァ''" ̄`「´`ヽ丶、      ヽ.  i  ̄|ヾ!
  ⊂ニ" ̄     i |                /  |  | |′
     \   >ー-ゝ、__           /   |/||!
       `ー'´      _  ̄ ̄ ̄ ̄| ̄\ / ヾ 、 l三_| |
              /  _ヽ    _/__r「丁丁x!   rェ 工_
          .  / ヾ/_  ̄ ̄ | if !二エニ´  l  `7 ) )
          /./ へチ、_`ヾ、 _| 」 ||| |_x]  j  l/・/./
          `</ ` ̄`<Yナ''´ ト| rィT T x]  i’ i ̄厂!
                      |_∟フ 天_ └=ァュノ
                      下-‐"__ ̄`"''f_

  入即出やる夫 3級スカベンジャー

 フジノミヤで活動するソロのスカベンジャー
 戦闘能力や工作技能に特筆するほどのものはないが、経験豊富で技術は幅広い。
 気質は善良で、新人スカベンジャーの指導を買って出ることも多い。


 【装備・技能 一部のみ抜粋】
  5.56mm.突撃銃URカスタム ……5.56mm.突撃銃にアンダーマウントレールを追加したカスタム品。
                      フラッシュライト、ロングマガジン、高性能光学スコープ装備。
  5.7×28mm.軽機関銃    ……貫通力の高い5.7×27mm.高速弾を使用する軽機関銃。装甲目標に対してもある程度有効。
                      100発規模の装弾数と連射能力により、制圧射撃で特に効果を発揮する。
                      アクセサリにバイポット、フラッシュライト、ロングマガジンを装備。
  5.7×28mm.拳銃.         ……貫通力の高い5.7×27mm.弾を使用する拳銃。装甲目標に対してもある程度有効。
                      アクセサリにロングマガジン、サプレッサーを装備。
  単装グレネード投射器    ……専用のグレネード弾を発射できる装備。
                      アンダーマウントレールに装備可能で、上記5.56mm.突撃銃に装着中。
  工具用単分子ナイフ
  ハンドグレネード(破片・閃光・煙幕・EMP・チャフ 各2個)
  グレネード弾(破片 2発)
  携行爆薬(小)

  銃器    Lv:6……拳銃や小銃、あるいはそれに準じた火器を使用する技術・知識。
               拳銃、短機関銃、突撃銃、軽機関銃を使用可能。
  重火器   Lv:4……重機関銃や機関砲など、生身の人間が単独では使用できない武器を使用できる。
               携行使用はできず、主に銃座の物を効率的に運用する。
  投擲    Lv:5……物を投げるうまさ。グレネードなどに使用する。
  機械操作 Lv:5……PCなどの機械全般を操作する技術や知識。極端に専門的な技能は含まない。
  機械解体 Lv:5……停止した機械を解体し、パーツ取りする技能。
               起動しているものを解体したり、停止させることはできない。
  統合知識 Lv:7……遺構知識、機巧知識、生物知識の複合技能。
               遺跡や自立機械、突然変異を含む生物に関する知識を持ち、考察できる。
  爆発物取り扱い……爆薬や爆発系の武器を適切に扱うことのできる技術・知識。
                   携行爆薬や一部の爆発武器の効率的な使用が可能になる。
5814 : ◆RD3CAnAM9Y ★ [] 2017/12/01(金) 23:40:50.29 ID:9/+KXinX
  【NPCステータス】

           ,     ̄ ̄ ̄` ‐- ._
         /             ` 、
        /                    \
       /                    ハ
       / /        / ハ   、   ヽ  ',
      .l  |   i    / l l ハ |  ! ! !.ハ.  |
      .|  !   」__i_! l  !.!   } ハ | ,! .! .|  |  ,イ     ,ィ
      .|  |  ‐キハ-ハ.ト=ハ| ._」/.」z'ェzェF、 |  ! ハ|    ,イ/
      .|  l   .li{::V::i{:ヽ{ヽ´  .≠テ丐ミl i /  ! .ハl   ,イ /
      .| .f^l   l:::::::::::::::::::リ    ら::::リ 'l.//  l .ハil   .///     , イ
      .| ヘ .l   l_::::::::::::/   弋.ン /'イ  l ハ ll  ///    .,イ./ ,.ィ
      .|  `.l   l´`¨¨´   ,      /!  l〈ol | /,//    // ,ィ /
      .l   !    !     __ _    ./ l  l./ {,⊥}´'イ  ./,/ /,/
      .!   ∧   ト、        ,.イ、_l  /`/:::::/ {‐、/´,/ /,/
      /!   ! ハ   lヽ>  _ r<  `ヽ! /:::/:::::::':':::::/' ,r'_/,/
     .//   >l  ∧i|== i r_'1_    ! .{:::/:::<^ヽ、::::`´:/,ィチ'
    // ., r ´  .∨ ∧::::::!_ー」:::|ヾi /ニl |::::::__ノ,r^i}. ヽ;:::´ノ
   .// ./      ∨ .∧=,ヽ__,〈V〈  l .l:::::| {{_,ン .r'::::::/
   .// /      ヽ∨ ∧', 1   ヾl:l`ヽl,r┴...、`ヽ、/:::/
  // ./        ヾ、  l  l    /:::l,∠:::::::::::::::ヾ、__/
  // ./          ヽ l  l_/__./   `ヽ:::::::::::ヽ>
. // /           ヽl  |´ヽ/ /     `ヽ::::::::ヽ.}


  チンク・スカリエッティ 4級スカベンジャー

 フジノミヤで活動するソロスカベンジャー。
 新人の頃にやる夫の教えを受けた、いわゆる『やる夫教室』の生徒でもある。
 隠密行動とナイフの扱いを得意とする一方、正面戦闘はやや苦手。


 【装備・技能 一部のみ抜粋】
  単分子ナイフ『カネナガ』 ……畿内で製造される高級単分子ナイフ。戦闘・工作どちらにも活用可能。
                        対単分子コーティングは突破できないものの、他の単分子カッターと正面から斬り合える逸品。
  戦闘用単分子ナイフ ……近接戦闘用に、ある程度の強度を持った単分子ナイフ。二本所持。
                    戦闘用の中では低級品で、単分子カッターと切り結んだり、乱雑に扱うのは危険。
  投擲用単分子ナイフ ……低質な単分子ナイフの柄を加工し、投擲使用できるようにしたもの。五本所持。
                    金属装甲にも有効だが、刺さろうが外れようが確実に使い捨てになるのが難点。加工も面倒なので虎の子。
  コンバットナイフ    ……頑丈さが売りの手持ち式ナイフ。単分子カッターではない。戦闘・工作どちらにも使用可能。二本所持。
  投げナイフ30本   ……ポーチに入った投擲用の小さなナイフ30本セット。
                  柄が小さく、近接戦闘や工作には向かない。また、単分子カッターではない。
                  回収して破損がなければ再利用できる。破損・紛失したものは次のターンに補充済み。
  45口径短機関銃   ……威力の高い45口径拳銃弾を使用する短機関銃。
                  フラッシュライト、ロングマガジン、サプレッサーを装備。
  45口径拳銃.     ……威力の高い45口径拳銃弾を使用する拳銃。
                  アクセサリにサプレッサー、ロングマガジンを装備。
  ハンドグレネード(破片・閃光・煙幕・EMP・チャフ 各1個)
  暗視スコープ ……夜間や室内など、暗所での視界を確保するスコープ。突発的な光に対する防御機能有り。
               暗視以外の特別な機能は有していない。EMPで破壊される。

  格闘術  Lv:5……素手や小さな武器を使った接近戦能力。近接戦闘でのナイフの扱いもこれ。
  銃器    Lv:3……拳銃や小銃、あるいはそれに準じた火器を使用する技術・知識。
              拳銃、短機関銃を使用可能。
  投擲    Lv:5……物を投げるうまさ。投げナイフ、グレネードなどに使用する。
  隠密    Lv:4……影に身をひそめ、姿を隠す技術。自身の気配を殺し、隠れることに秀でている。
  探索    Lv:4……能動的に何かを探し出す、総合的な技術や知識、観察眼など。
               単独では特筆するほどでなくとも、それらを組み合わせることで有用な技能となる。
  機械解体 Lv:3……停止した機械を解体し、パーツ取りする技能。
               起動しているものを解体したり、停止させることはできない。

  ナイフ使い ……個人的な資質として、ナイフの扱いに秀でている。
6080 : ◆RD3CAnAM9Y ★ [] 2018/02/01(木) 00:47:58.77 ID:BnV9Ukc0

  【警備ロボットステータス】

                                           _ -=ニ ̄〉
                                         、ヽ`  /{〉⌒>
                                       //〈〈/{ノ:::::/v
                                      //  `/`¨¨/
                                   ィi〔 / `≧=./:::::/≧=-^、
                              __/  /=〉/ /::::::〉r、〉〉〉\ノ
            /〉           _ -=ニ ̄    〕 〕= / /:::::::::/)  \ ̄
          _ //          ≪>''" ノ   〔 〕 /\/ /:::::::::/´  /  〉
          〈〈 乂           / >''"⌒〉   〔\/ /:::::::::/乂 〉 /  /
           }}/         〈\ /〈i:i:i:/\>''" \}⌒¨¨\/ //// ノ___/
           }}{          ゝ乂/ ̄/i:i:i:i:i:i:i:i:〉`Y 〔 ] }=  ̄ヽ___
           }}{             〈=/ //ヽi:i:i:i:/i:i:i:{ .〔 ] }/⌒乂}   〉
           vA   _ -==- _     ⌒〉 / /i:i:i:i/i: / 〔 ]\〉 /\{  /
           vA // /i:i〉 / 〉 r== /\./i:i:i:i:〔⌒   / /¨¨¨¨¨  ̄
             〈//〉  ̄ //__/::::::::/  /.\i:i:i:i:\ /⌒¨´ /-_-/〉
           }/ 《_/ 〈/〈  《 :/ /   .\i:i:i:/::::::::::::/〉-_//
           }==//  \\::`乂_ /⌒≧s。 》/::::::〔::// ̄ /
         _r ミ《 /  / \\i:i:/\〉 〉≧s。 〕 >''"⌒¨`ー‐‐彡 \__
        〈〈/ ⌒/:::/\ /}i:i:i:i:i:\ 〈/::/ //}h、  \      乂i:i:i:i:i:リ   〕
        / 〉/⌒{i:i:i:i〉 ⌒乂____/ / { }i:i:i:}> 〉      __/  /
     _ / /__ 八i:i:i:/〉       〈 /《 ̄ ̄ヽ/__/)}h、     ̄ ̄ ̄ ̄  ⌒〉
     〈〈 /  \\〉 \/       }}\/^Y / \/:::\r= ミ      ∨//\ 〈⌒Y
   __》}h、   》 ̄ ̄        リ  {⌒}〈ヽ:::∧:::\\:::::\     ∨///)) 〉ノ_
   〔_L__」⌒ /           〔〔  〔⌒} ∨::::::}\:::\:Y:::::::〉     \//i:i:i:〕 ≧s。__


 試作ライガー型警備ロボット ライガーゼロ

 T.トミー社製試作警備ユニット モデル:ライガー シリアルナンバー「0」

 新開発の技術試作機ということで大変貴重な機体であるが、
 反面、実用には遺跡などで配備されている警備ロボットより不便な面も多々。
 最たるものは、外部スピーカーを持っていないということだろうか……


――――――――――――――――――――――――――――――

 【名前】 虎鉄  【モデル】 試製ライガー型  【製造企業】 T.トミー

 【マスター】 衛宮シャナ

 【能力】(警備ロボット基準)
  頑強性:C+  破砕力:B  精密性:C+  俊敏性:A  応用性:D+

 A以上=一流 B=人並み以上 C=人並み D=苦手 E=諦めたら? F=子供並み

  【特性】
  自動成長型AI.  ……環境に応じて学習し、自我を発展させる高機能AI。
  獣型警備ロボット ……T.トミー社特有の四足獣型警備ロボット。修理には装甲や機械部品を使用。
                 人型のロボットに比べて汎用性は劣るが、その分用途特化に仕上げやすい。
                 極度の損傷(四肢欠損等)であっても、『アナグラ』で十分な修理が可能。
  CAS.         ……チェンジング アーマー システムの略。
                 機体各所に多くのハードポイントを有し、まとめて換装することで機体性能を大きく変更できる。
  ゼロアーマー   ……ライガーゼロの基本アーマー。柔軟な動きと高い格闘能力が特徴。ハードポイント1枠を有する。
                 半面、固定武装や射撃用ハードポイントが少ないため、武装は貧弱。
                 ブースターによる極短距離の直線飛行(というか大ジャンプ)が可能。
  無口.          ……寡黙で口数少ない性格設定……なのではなく、スピーカーと音声データが搭載されていない。
                 こちらの言うことは理解できているようだが、このままではコミュニケーションを取るのは難しそうだ……


 【装備】
 ・武装
  熱振動徹甲クロー    ……四足獣型警備ロボット用の対装甲近接兵器。クローだけど牙とかも含む。
                      発熱と微細な振動により攻撃力を向上させ、装甲を削ぎ切る。対単分子コーティングを貫く。
  12.7mm.チェーンガン  ……【ハードポイント:1】 12.7mm.機関銃弾を使用するチェーンガン。
                   弾詰まりに強く、また自動装填装置の装備により全弾撃ち尽くしても自力でリロード可能。
                   通常カートリッジ装填、同予備2.装弾数:50。自動装填装置装備。
 ・防具
  ゼロアーマー ……装甲用ハードポイントに装備されたアーマーパーツ。こちらは防具としての解説。
               機動性が売りの四足獣型としては標準的な防御性能で、45口径拳銃弾までを完全にストップする。
  耐EMP防御  ……自動自閉機能があるのか、対EMPコーティングが施されているのか、電子回路の強度が強いのか……
               理由は様々だが、この機体はEMPによって電子回路を焼き切られることはない。


  【ルーチン】
 ・固有ルーチン(着脱不可、アップグレードは可)
  格闘戦闘:A ……爪や牙を使った格闘戦能力。補正値:30
  射撃戦闘:C ……口径や反動の小さな(銃器相当の)固定火器による射撃戦能力。補正値:10
  砲撃戦闘:C ……大口径・大反動(重火器相当の)固定火器による砲撃戦能力。補正値:10
  獣性:A     ……より獣らしい動作やしぐさ。本来は四足機動のための補助ルーチン。
               Aランクはさながら野生の獣のような癖やしぐさを示すことがある……ペットみたいで見てるとなごむ。
  汎用警備:B ……施設・物資・要人など、多様な警護任務に対応したルーチン。索敵能力を兼ねる。
               このルーチンひとつでほとんどの状況に対応できるが、同ランクの特化ルーチンより専門分野では劣る。

 ・後付けルーチン:追加不可
5817 : ◆RD3CAnAM9Y ★ [] 2017/12/01(金) 23:45:36.75 ID:9/+KXinX
 【好感度一覧】

   クーデリア.   ……A     (近いうちに、電と三人で仕事に行きたいわね)
   やる夫.    ……B     (相変わらず慎重派だおね、いいことだ)
   ヴィルヘルム ……B     (次は本気を見せてくれよ)
   チンク.      ……C     (お人好しめ……勉強会、楽しみだ)
   シン       ……D     (相変わらず落ち着いたやつだ)


   シノン      ……D     (機会があれば、またご一緒しましょ)
   アリス       ……B-   (本当にいい目をしていますね、衛宮さんは)
   聖十郎     . ……C     (良い人脈に恵まれてるね、よしよし)
   スカサハ.    ……C     (存外甘い子だが……嫌いではないよ)
   リッカ.       ……B-   (これはうちも、気合い入れないとかな?)
   リリィ       ……C-   (いつも余裕綽々だなぁ……)
   ダリアン    ……D+   ( 期待しているのですよ、クロスケ)
   愛歌..     ……D     (どっちのお店も、また来てねー)
   ピアニィ      ……D-   (……あ、先輩馴染みの人なのか(察し)
   クルーゼ   ……E+   (さて、お手並み拝見といこうか)
   マティア     ……E+   (信頼できる屍肉喰らい……ならいいのですが)

5789 : ◆RD3CAnAM9Y ★ [] 2017/12/01(金) 23:14:54.48 ID:9/+KXinX
《仕事一覧》
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 【遺跡情報】

 【名称】 旧自衛軍演習所跡【ソウカエン】 格納C区画 三級指定

 【探索条件】 等級の他に規定なし

 【解説】
  旧文明時代の皇国に存在した自衛軍の大規模演習所跡……の一角。
  この区画は軍需品の発掘率が高く、獣型警備ロボットが未だに徘徊している。
  理不尽に高性能な機体はいないが、ある程度の戦闘は覚悟しておくべきだろう。

  なお、ソウカエンは他区画で既に発掘された破損データから決定された名称で、
  現役時代には別の名称が存在したと思われる。

 【備考】
  遺跡内部への車両の乗り入れ可能

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 【遺跡情報】

 【名称】 旧自衛軍演習所跡【ソウカエン】 格納F区画 四級指定

 【探索条件】 等級の他に規定なし

 【解説】
  旧文明時代の皇国に存在した自衛軍の大規模演習所跡……の一角。
  この区画はある程度発掘が進んでおり、ごく最近四級に位落ちした。
  驚異の排除も進んでいる分発掘品の期待度は落ちるが、
  それでも探せばまだ何かあるかもしれない……

 【備考】
  遺跡内部への車両の乗り入れ可能

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 【遺跡情報】

 【名称】 フジノミヤ学校遺跡 四級指定

 【探索条件】 等級の他に規定なし

 【解説】
  旧文明における学校であったろうと推測される遺跡。
  警備ロボット、タレットなどの脅威はさほど残っていないが、
  遺跡が広く、何階層もある為探索には時間がかかることだろう。

  噂レベルだが、どうやら本校舎以外に、風変わりな建造物が敷地内にあるらしい。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 【遺跡情報】

 【名称】 ヤシロ遺跡(浅) 三級指定

 【探索条件】 等級の他に規定なし

 【解説】
  霊峰フジを祀る、寺社関係の遺跡。
  遺跡の造りはさほど複雑ではないが、
  警備ロボットやセキュリティが多数生きており、激しい戦闘が予想される。

  ヤシロは漢字で書けば『社』。入り口の柱には他に、『浅』の文字が見て取れた。
  ……ということは、やはり深い何かもあったりするのだろうか?

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 【依頼情報】

 【名称】 チナガレ川流域の定期掃除

 【依頼人】 フジノミヤ行政および駐留軍

 【受諾条件】 戦闘能力について自信のある者

 【報酬】 出来高制

 【解説】
  フジノミヤの近辺に存在するフジ川支流。
  そのうち一つの定期掃除……つまりはミュータントの駆除を行う。
  軍や警邏隊からも人員は出すが、さすがに場所も広いのでな……有志の協力者を募集する。
  基本的に索敵と対ミュータント戦闘を任せる、気を抜かんようにな。

  ……武芸者連中のために言っておくが、くれぐれも遠距離攻撃の用意を忘れるなよ。
  洗剤と嫌忌剤は、タダでも無限でもないのだ。

 【備考】
  他チームとの共働有り
  状況により、乗車状態での依頼遂行可能

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 【依頼情報】

 【名称】 地下施設のミュータント駆除

 【依頼人】 シズオカ地方生態研究所

 【受諾条件】
  四級以上のスカベンジャー、もしくはマーセナリーで、戦闘に自信のある者。

 【報酬】 成功報酬:チームで300円
              群れの規模に応じて危険手当、学術的発見で特別報酬等増額有り

 【解説】
  うちの研究所が使っている研究施設の一つで、実験用ミュータントが予想以上に大繁殖してしまってね……
  まあそれについては繁殖に関する事例としてデータが取れたからいいんだが、数が多すぎて施設が使えなくなってしまったんだ。
  そこで君たちには、その施設で増えたミュータントの間引き……つまりは駆除をお願いしたい。
  施設は頑丈だから、多少派手にやっても大丈夫なはずだ。その分、全て殲滅するようにお願いするよ。

  実験初期では、下記のミュータントが飼育していた。
  ・大ネズミ:外の一般的な個体より大型のもの多し。繁殖力が高く、数が多いことが懸念される。一匹一匹はまあ弱いはずだ。
  ・大ナメクジ:ネズミより足は遅いが、壁や床も這って移動する大型のナメクジだ。ネズミ同様、繁殖力が高く、数が多いことが懸念される。
  ・野犬:何の変哲もない、犬のミュータントだ。他の二種より力は強く、すばしっこいが……数の暴力で、とっくに全滅してるかもな。

  追記:異なる種類のミュータント同士は、互いを外敵兼餌として認識するため、敵対している可能性大。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 【依頼情報】

 【名称】 野盗の夜襲--下準備

 【依頼人】 独立傭兵機構

 【受諾条件】 戦闘に自信があり、隠密行動もできる者。

 【報酬】 一人頭100円+チームに獲得物資から半額分

 【解説】
  諸君、稼いでいるかな? 仕事の時間だ。
  この度、このシズオカ地方でやんちゃをしている野盗どものアジトの一つが判明したから、
 奴らお得意の夜襲で逆に仕留めてやろうじゃないか。
  ついては真正面から連中を叩きのめす戦闘チームと、その下準備を行う隠密チームを募集する。
  これは隠密チーム分の募集だ。

  受けるつもりなら五人未満の少人数で、奴らのアジトに侵入。
  とある貴重品の奪還と、敵車両への仕込みを頼むことになる。
  人数は少なくリスクは高いが、その分物資半額分と人数費で言えば報酬は融通しておいた。
  無謀とはき違えていない、真なる勇者の立候補を待っている。

 【備考】
  シンは同行時、基本的に装甲スーツを使用しません。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
6237 : ◆RD3CAnAM9Y ★ [] 2018/02/09(金) 21:13:35.76 ID:PFLh3X8B
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
6238 : ◆RD3CAnAM9Y ★ [] 2018/02/09(金) 21:13:46.92 ID:PFLh3X8B
                |  ┃'-|     |,'''"";;∧;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;""''|:::   ┃
                |  ┃;;;|     |;;;;;;/´。 `ーァ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|:::   ┃
                |  ┃;;|     .|;;;;;{  々 ゚l'∧、;;;;;;;;;;;;;;;;;|    ┃     __________
                |  ┃;;|     |;;/∪ ∪/゚々゚*`ァ;;;;;;;;;;|   ┃    /: : : : : : : : : : : : : : : : : : /|
         /|   |  ┃ ̄ ̄ ̄ ̄/   /⊂   ノ ̄ ̄ ̄:::  ┃  /_________/  |
       ../  |   |  ┃::::::::::::::::::::∪^∪:::(_(_つ::::::::::::::::::::::::::: ┃  ||    |    |    ||  |
      /   |   |  ┃::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::┃  ||  □|  □|  □||  |
      /||     |   |  ┗━━━━━━━━━━━━━━━┛  |│[]  │[]  │[]  │|  |
    /  ||     |   |                                ||    |    |    ||  |
  /    ||     |   |___________________||__|__|__|| /
  |    ||[]   | /
  l.    []||     /                              さて、ド定番なら二重底やら隠し戸ってとこだけども……
  |    ||   /
  |    || /                            ______
  |.     /                              |\=\   Q\
  |  /         ., ────-、, ─────、        |  \ ̄     \ ||\
  | /        ., -i ̄ ̄ ̄ ̄ ̄Υ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄├─┐     |    \       \  ||
 /       /  '─────┴─────┘  |     |      \       \||
        i´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`i     \      | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄]
        |                          |       \    |   / ̄ ̄|
        |________________|        \  |   |l ̄ ̄|
         └─┘                  └─┘
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 既にすっかり、少なくとも表面上は浚われた後の遺跡の詰所内。
| 書類も資材も、目につくような品はすでになく、残っているのは空のデスクとロッカー、
| 穴の開いたソファーに、所々はがれた写真付きの壁掛けボード……
| そんな寒々しい家具ばかりが、鎮座している。
┗───────────────────────────────────────┛
6239 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2018/02/09(金) 21:14:25.69 ID:GOaBn5w7
ならばカキタメの無いこのスレは常に閑古鳥が鳴いてることになるな!
6240 : ◆RD3CAnAM9Y ★ [] 2018/02/09(金) 21:17:58.97 ID:PFLh3X8B
.          /                 ヽ
.           /                   '
.          , ,                 ',
        i ゝ ̄ ''ー-                !     さ、お宝探しを始めるかお。
         {   {__  ヽ             .}
.         ',   マj  ̄ノ           /       やる夫はデスクを調べるから、チンクはロッカーを頼むお。
         ゝ  `   ´           ∠ _
         { i                ,ィ´::::::::::::::`ヽ                               わかりました、先生! > チンク
           ゞ.、 _   ノ       ィ/:::::::::::::::::::::::::::\
.            `ヽ  ̄     ,.ィ≦/::::::::::::::::::::::::::::::::::::\                じゃあ、床や壁の仕掛戸がないか見てみる > シャナ
             ` ー-  イ:::::::::::,{:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                    }:::::::::::, ト、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.,  おう、任せたおシャナ。
                    j:,ィ彡:::::::::ヾ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
                     /:::::::::::::::::::::::::\:::,ィ":::::::::::::::::::::::,.ィ≦`ヽ                               《周辺警戒》 虎鉄
                 {:::::::::::::::::::::::::,.::ィ:´::::::::::::::::::::::::,.イ /   ハ
                    !::::::::::::::,.:ィ.:´::::::::::::::::::::::::::::/ /´      i                          任せた、虎鉄 > シャナ
                   |:::::,.ィ.:´:::::::::::::::::::::::::::::::::::/  /        |
                  |:::{::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|  |          |  (シャナの警備ロボットは警戒担当……かお?)
                      }:ィ!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:|  |          |
                    !ハ::::::::::::::::::::::::::::::,.ィ´:::::!  |          |
                    /  ゝ.::::::::::::::::::::,.ィ´:::::::::::|  |          !
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| そんな閑散とした室内に、スカベンジャーの影が三つ。
| シャナと、やる夫と、チンクのものだ。
| すっかり荒らされた後のこの詰所だが、幸いデスクやロッカーなどの入れ物は残っている。
| そうした場所になにがしかの物品が隠されていて、先達の探索を
| 免れた可能性は否定できない……そういうわけで、三人は室内の探索を開始する。
┗───────────────────────────────────────┛
6241 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2018/02/09(金) 21:19:47.85 ID:0xN5iXR1
捜索済みだと安全なんだけど実入りが少ないんだよな
6242 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2018/02/09(金) 21:21:53.72 ID:tvlxoKx1
ロッカー動かせないかな?
裏に何かありそう
6243 : ◆RD3CAnAM9Y ★ [] 2018/02/09(金) 21:22:17.31 ID:PFLh3X8B
          ___________________
           //////////////////////////////////////∧
        ////////////////////////////////////////∧
          lニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニl  さて、引き出しの仕掛けなら、
.          /  l___________l ∧   ⊂ニ⊃    |
.       /  /                 ∨ ∧.            |  よくあるのは二重底に……
       /  /                  ∨ ∧======:|
      i=================i  ⊂ニ⊃   |  あるいは奥のスペースのほうに、
.  ガラー !             ⊂ニ⊃             |           |
.       |                           |======:|   何かを張り付けたりってとこかお。
.      └―――――――――――――――‐ ┘ ⊂ニ⊃   |
.          | |                   | |          |   アラームなんかの仕掛けがないか慎重に……
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| そうして各々探索を開始した三人の内、まずやる夫が手を付けたのはデスクだ。
| 空の引き出しを引っ張り出し、側面や裏面にスイッチや妙な穴がないか、
| そも横合いから見た高さと、内部の深さが噛み合っているか……
| それに加えて引き出しの奥にも何か隠されてはいないかと、一つ一つ、
| 全てのデスクの全ての引き出しをチェックして……
┗───────────────────────────────────────┛
6244 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2018/02/09(金) 21:24:51.43 ID:h9aqKyt6
まあ、ボスの一つや二つ狩っていけばそこそこの儲けになるでしょ(慢心
6245 : ◆RD3CAnAM9Y ★ [] 2018/02/09(金) 21:26:47.71 ID:PFLh3X8B
                 ̄ ̄ ̄
           ./              \
            /  /        / ハ     \
         /  '  ./   ./ / Ⅵ  ハ
         i  .!  」_ ||  .,!/   | ! .! !   .!   先生、ロッカーの方は、
         |  |  |7iハト/.||  /|ハ |_L  .|
         |  |  |zi!z|ト、i!/  j'七f T   |    底も奥も仕掛け有りませんでした!
         |  |  |{三三.}   7うiY},|  /:\
         |  |  |入三フ   .〈zン //  /:_:_:_:\                             お、おーそうかおー > やる夫
         |  |  ト、           〃  /´ ̄`: : :ヽ
         | .从 八 iト...   ‘’  _イ_|   |: : : : : : : :ノ デスクの方はどうですか?
         |/ |. \ \zz.≧f´ヽ\ !   !: : : : : /
         /  |_」´:\ \L! |: : : \| .人: : :/                 いやー、どうだか……まだ見てるとこだお > やる夫
        ./   ,f廴__ i\ \ハ: :.≦入.  \
       / /: :`¨¨アヘー\ Yi: : : :7/\   \    そうですか……
      ./  i: : : : :<<: : ∧   ハ | !: : //: /ハ\   ヽ
      /   {: : : : : ヽ\:.∧   }! |: //: // .{  \  i   (今のところは何もないのか……)
     ./   ハ: : : : : : :ヽ\∧ j! レ./: :/∧.八   ヽ|
    /   /: :: : : : : : : : :ヽ\i  レ: ://: :ノ{  \   }|                     (声のトーン、震え、何かあったな……それも微妙なものが) > シャナ
   ./   ∧: : : : : : : : : : : : Y|  [iレ/: イ ト、  \_j!
   /    .廴\: : : : : : : : : : :.||  [|/: : :|  ! \   \               ロッカー、上の方もチェックするんだおー > やる夫
  ./      iヽ\_.⊥____」|   ||: : : 〉.∧  \  ヽ
 /       .|: :\_. ィ⌒ー―i|YrヘY||:./ト、  \  \  ', はい、先生!
./        |: : : : : :|ー=: : : :||^`´^.||: : ノ: i   \  ヽ i
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| そんな作業を続けて、いくつ目か。引き出しの底をいじっている最中のやる夫に対し、
| ロッカーのチェックを終了したチンクが遠く、声をかける。
| どうやら、ロッカーの底や壁に隠し戸の類はなかったようである。対して、デスクはどうかと
| 問われたやる夫は、常人には気にならない程度に微かに声を震わせていて……
┗───────────────────────────────────────┛
6246 : ◆RD3CAnAM9Y ★ [] 2018/02/09(金) 21:31:57.74 ID:PFLh3X8B
.        _ -――- _
.       ´        `
   / \  U      \
.   /     `ー   `ー'´ ̄` ‘,  (い、言えねぇ……)
  {   三三   三三   }
  ‘,    (__人__)    J/                          (すっかり固まって、一体何が隠されていたのか……)
   \ u           /                                   (……まあ、なんとなく予想はつくけど) > シャナ
     `¨7    ̄    ‘,
      /          ‘,
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 仕掛けを解いた二重底、薄い偽装用の金属板を片手でつまみ、
| うっすら額に汗など浮かべながら、やる夫は引き出しの底を……
| 正確には、そこに隠されていた旧文明の遺産を、固まったままじっと見つめている。
| 思わず、チンクにはまだ見つかってないと取れるような返事をしてしまったが、そこには……
┗───────────────────────────────────────┛
6247 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2018/02/09(金) 21:33:07.85 ID:0xN5iXR1
なるほどアレか
6253 : ◆RD3CAnAM9Y ★ [] 2018/02/09(金) 21:56:35.81 ID:hufTm3we
┌────────────────────────────────────────────┐
│                                                                      |
│    ___  __     _   __  __   _  00                                     |
│   ..└ マノ └┘/7 ヽ〉/ / | 匚] |  辷l /7 に二二l                                 |
│    ..くノ    <ノ   く/    ̄ ̄    くノ  ∧                                        |
│                               | ∧                                        |
│                               |:/∧       ┌―‐┐  _,n_00 _  00 __           |
│                               |::::::∧=- _ / └Fマノ └l n |   辷l /7 └┘/7        |
│                          >乂::/:::::::::《:::」 、 .` ┘   U U    くノ   <ノ         |
│                         、h、/:::::>''"⌒“''*、:∧ \                             |
│                          \::)::/       \〉  `、       ._|__|__            | (旧自衛軍人んんんんんん!!)
│                           《::/  .|i | |      ∨    /       .-―┼―-               |
│                          /   |  .|i |人 \    }   V /     .――┴――             | (なんっつうもん職場にもってきてんだお!?)
│                       |  |  八 }  \ \     ∨ /   ...-千―┼-ヽ             |  こんなの
│                          ′ |  |  /__   ィチ 苡 { |  ∨     .┼  乂/                | (幼女ものとか、絶対に)
│                       /  |  |ィぅチ ハ     乂ツ  !〉  \                       |
│                       /  ..|  |  乂 ソ  ,   '""' | | \  \   ./ __|__             | (シャナやチンクには見せらんねぇお……)
│                     /   .|  | ヽ '""'    __ u. 人    \   ./|   /|ヽ                 |
│                   /   /  ハ `、乂   r   )/..| |   \ \  .|  / | ヽ                | (セクハラ所の話じゃねえ……)
│              ./   /   ノ V ∧  ≧=-  ィ( | / |        |  / ┼ ヽ               |
│             ,イ     ハ  ./  V ∧ -|, -‐ 、 ` -‐ /  .! ハ. \       ____             | (男パーティーナラ笑イノ種ニモナルンダケドモ)
│             ′   ./   ./   _ .V  /   `ミ、  /   〉 ,  \   / ̄7 / ̄             |
│               .{    /    /   .ノ、 /    ム_}  {   /      \   ./ /..{                  |
│                     /   .'   ./ ,_-──-、 八  /、   ,    ).} . ̄ /                   |               (……難儀な(察し) > シャナ
│             \  { __     ./   ′ /}     丶 ∨ ∨   __ __  . __                 |
│                  ヽ/  \  { /   ./[   __,     \. ;c;}  ./     / /_                |
│               /       、/    /   `¨´ ` 、    \'  '     .___7 /               |
│                 /             ' -‐  ^   \   `'       .  ̄ ̄                  |
│                   / ______   ,.  丶  /             \ . '       '::::::::::`∨                  |
│               ../´:::::::::::::` 、 .幼 ロ ・/               , /      ∨:::::::::::::::::::::.              |
│            /:::::::::::::::::::::::, . 女 リ  }      .:       {/        ∨:::::::::::::::::::::.               |
│            ,:::::::::::::::::::::::::, ..ボ          ..:;j       /       ∧::::::::::::::::::::::::.                |
│             ../::::::::::::::::::::::::'  デ     ‘,          /          ,  ∨::::::::::::::::::::::.             |
│          /::::::::::::::::::::::/`.   ィ               ./             ∨::::::::::::::::::::::.            |
│             /:::::::::::::::::::::, ′  ..特      ,       /        ,    ヽ:::::::::::::::::::::::.             |
│         /:::::::::::::::::::, '    ' .集       .∧     ′               、::::::::::::::::::::.          |
│          ./::::::::::::::::/               ∧:..   .:′        ′       丶:::::::::::::::::.             |
└────────────────────────────────────────────┘
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| そこにというか、どん底にというか、とかく見つかったのは一冊の本。
| といっても真面目腐った秘匿資料でもなければ、赤裸々な隠し日記でもない、ただの雑誌だ。
| ……ただし、R18指定とか大人のとか、そういう言葉が前後に付随する類の。
| 申し訳程度のTS要素である。
| しかもよりによって、今日やる夫に同行しているのは背の低いシャナとチンク……
| 幼女ボディ特集とかセクハラ通り越して処刑案件待ったなしである。
┗───────────────────────────────────────┛
6254 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2018/02/09(金) 21:58:02.98 ID:vmANJK5i
イッチ…職場にそんなもの持ってきたら駄目よ?(呆れ
6255 : ◆RD3CAnAM9Y ★ [] 2018/02/09(金) 22:02:15.07 ID:wkqyi2NE
だって前にスレ民が本スレにもTS要素欲しいっていってたから……(
6256 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2018/02/09(金) 22:02:54.41 ID:0xN5iXR1
どうしようかw
6257 : ◆RD3CAnAM9Y ★ [] 2018/02/09(金) 22:03:47.57 ID:iLYfm0Sa
                 ,..-―-- 、
               /
                 {{
             ',
              {|_____
              ,..:'´:::::::::::::::::::::::::`ヽ、
              /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::、:::::.
            ,.:':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}::::ヽ
        /----------- イ::::::::::::::|:::::::} ……やる夫さん。
          {        _ノ:::::::::::: リ:::::/
          |::::....i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}:::イ                                      ……な、なんだお? > やる夫
          |::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|从
          |::::::::|:::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::}/   何が見付かったか見せろとは言いませんけど、
          |::::::::|:::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::|
          |::::::::|:::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::|    一応、カモフラージュに使われてる可能性があるので、
          |::::::::|:::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::|
          |::::::::|:::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::|    中にカードとか挟まってないかだけ確認しておいてください。
          |::::::::|:::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::|
          |::::::::|:::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::|__   (実際、企業の連中が使ってた手だし)
        ,イ{::::::::|:::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::{.//`ヽ
      ///..,:::::::|:::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::|/////}                                ……お、おう、わかったお > やる夫
     {////,:::::リ:::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::|/////|                              (教え子の気遣いが痛い!!)
     |////∨ ::::::::::::::: |::::::::::::::::::::::::::::|/////|
     /./////} :::::::::::::::: |::::::::::::::::::::::::::::|/////{                             あ、先生何かあったんですか? > チンク
     ,///////| :::::::::::::::: |::::::::::::::::::::::::::::|./////',
┏────────────┓                                              あー、うん…… > やる夫
│ システムメッセージ                                         (無邪気な態度も痛い!!!!)
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 思わず思考停止して今は亡きこのデスクの持ち主へやる夫が抗議を入れていると、
| そっと、壁の方を向いたシャナから声がかけられる。
| ……多分、壁を向いているのは隠し戸捜しだけでなく、見ていませんよというポーズなのだろう。
| 口ぶり的に、なんだかすっかりばれているようだし……その気遣いが正直痛い。
┗───────────────────────────────────────┛
6258 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2018/02/09(金) 22:04:11.74 ID:RQsdBh0a
え?売るんじゃないの?(すっとぼけ
6259 : ◆RD3CAnAM9Y ★ [] 2018/02/09(金) 22:06:01.96 ID:g15DWFux
……なお、一行の馴染みの故買屋の店主も幼女である(トドメ)
6260 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2018/02/09(金) 22:07:16.97 ID:deDVl1Vm
エロ本も立派な成果だよな
6261 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2018/02/09(金) 22:09:02.06 ID:b1LgML36
その幼女相手に百合本の買い取りをさせてしまったクーちゃんよりは……異性と年齢の分、まずいか
6262 : ◆RD3CAnAM9Y ★ [] 2018/02/09(金) 22:10:33.36 ID:/hdQ/ntt
                   .  --- .
               ,   ´   、__   \
              /       Lノ )   ヽ
               ___,ノ           ',      見付かったは見付かったんだけども……
             , ‐| (Lノ  ___ . ィ U    i
               f {__|  ゝ __ノ- '           |     (すっげえ言いづれえお!!)
           j  |     ー ´        ノ
           ' ̄ ヽ {li、 u            /Y=-  .._                             おお、それで何が…… > チンク
       /     ∧ .ィゝ _      ィ  /   |     ヽ
      ′       〉 |l!_ -/}¨¨ ..<:/     |     /  \ その、旧文明のただの本というか雑誌というか……
    , ′     /-=f /  '`::´::::::::/    ;        〉
.    /        /    /   ′::::::::::::′ <  ===       ヽ             本ですか。それならダリアンがいい値で…… > チンク
   /     彡        > ,':::::::::::::::::|     ./  、        \
  {           ヾ,f   ′:::::::::::::::|    /   ヽ          Y                              ……チンク > シャナ
   ゝ ------- -= ニリ  ,'::::::::::::::::::::|    /     \      }
                /  ./ :::::::::::::::::: |   ./       ヽ     ヽ
                 /  ./ ::::::::::::::::::::::|  /         |“,      ゝ
            /} ./::::::::::::::::::::::::::| ,′        `} l        `
             / { ′:::::::::::::::::::::::::| /             { ゝ      ‘,
              /  y ::::::::::::::::::::::::::::::|′           ', ' 、      ヽ
.            / o/:::::::::::::::::::::::::::::::::| ゙      {ニニニニ}\ .Y      ヘ
          /  ′:::::::::::::::::::::::::::::::ハ              ヽ }     __ ヽ
           / o/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧゙               |   /    ヾ!
.          f   f::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ             ハ ./     ヘ
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
|              身長140くらいの子
| なんかすごく察しの良い シャナ の態度は心が痛かったが、
|                           もう一人のチビッ子
| 無邪気に何が発掘できたのかと問いかけてくる  チンク  のそれも、それはそれで心が痛い。
| というか大変、いたたまれない。
┗───────────────────────────────────────┛
6263 : ◆RD3CAnAM9Y ★ [] 2018/02/09(金) 22:17:08.29 ID:lPvehEtt
:::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::\::::\::::\::::::::::\::::::::\
::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::|:::::.:::::::::ヽ:::::ヽ:::::ヽ:::::::::::::\::::::::ヽ
::::'::::::'::::::::::::::::::::::::::::|i::::|::::::::::::∨:::::∨:::∨\:::::::::ヽ、:::::',
/::::/::::::::::/::::::::::::::::::':::::|i:::::::::::::|、:::::::!:::::::}、:::::\::::::::.\::}                                 どうした、シャナ? > チンク
::::::'::::::::::/:::::::/:::::::/:::::.::::::::::::::::|::ヽ:::!.ヽ./::::、:::::\::::. ヾ
::/:::::::::/::::::::/:::::::/:::::::::|::::::::::::::|:::::マ{/::::|::::::ヽ:::::::ヽ.ム  あまり、今の発掘品について聞かないでおこう。
:':::::::::::|:::::::::':::::::/i|:::::::∧:::::::::::::':::::,イ|:__ヽ}、::::::::.::::::::|:マ}
|i:::::::::!i:::::::,|::::::/ |::::/  ∨:::::/:::/ }/斥ヽァ∨:::::.::::::|::}|                          ん、なんだシャナ、わかるのか? > チンク
|:::::::::,!ー /|-/― }/ー '  |:::::'.   ,イr ,ら i} ∧::::|:::::!:/
|:::::::/!::::/ ,.ィテ笊芯ヽ |::/    比刈  ハ|::/:::::|    ああ、まあ……多分猥本の類だ。
|:::::::'::|::/ ,イ/ 忙_-、ら  j/      込ソ ::::::|ハ:::::;'
|::::/::::{ハ Y  比し'刈  /           {:::::| .∨                                       ……ワイ本? > チンク
{Ⅵ:::::::::{    込_z斗       、       |::::::.
|::::::::::::::|                     人:::::i        わいせつのわい。他の言い方なら、
ム::::::::::::::.  u          ,. v   /  :.::::::.
,∧::::::::::::ム                イ___|_::i      春画本とか、発禁ものとか、直球で言えばエロ本とか……
i/∧:::::::::::::', ̄ ̄\      //////////|:ヽ
///::.::::::::::::.∨/////| ̄ 7  - '///////////i!::::.\                                       エロ本…… > チンク
///∧:::::::::::::∨////|   ト、//////////////|:::::::::::.ヽ
////∧:::::::::::::∨///|  |: :\/////////// /\::::::::::::.\                   (だからすっごいいたたまれねぇ……!) > やる夫
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| あまりに無邪気に話しかけてくるチンクに、さてどうしたものかとやる夫が苦慮していると、
| 察しの良い子ことシャナがまた助け舟を出してくる。
| 取り敢えずセクハラ発言せずに済んだことは感謝したい。したいが……
| 目の前で猥本だの春画だの少女同士で話されていると、すっごいいたたまれないのですが。
┗───────────────────────────────────────┛
6264 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2018/02/09(金) 22:18:14.41 ID:tvlxoKx1
この本、敵兵相手に使えないかな?
敵兵の巡回ルートに縮地で移動してエロ本を置いて離脱。敵兵が「!? これはぁ!」と見始めたら縮地で接近して無力化
6265 : ◆RD3CAnAM9Y ★ [] 2018/02/09(金) 22:20:25.15 ID:lPvehEtt
そんな事せず、しょっぱなから縮地で無効化した方が早いと思います(小並感)
6267 : ◆RD3CAnAM9Y ★ [] 2018/02/09(金) 22:24:01.80 ID:lPvehEtt

. |  |    i  ト、 ヽ.  ト. ハ、rェ」z|  ', .l
. |  | .| l  l  i |. ヘ. |  l ヘ,rムヘ. |`l   ', l
. |  l  !.!  ハ ト|  ヘト, レ'ヘ. | ヘト、!   ',.!
. |  .! |,ト |_ヘ」__  / l |  」斗ャヤl|i、  ヘ   ……あの、その、すいませんでした先生。
 l  | シ「「.「|,r≦三ハ  }/ <{:::::::::リ/'l}i|\_ ハ
 li   !  |{/Ⅷ三三ニ}.    マzzソ  ||,イヽ\i                            あーいや、うん、こっちこそ。
 l l  !  |{三三三ニ////////l ! |\}                            変なもん見付けてすまんかったお…… > やる夫
 .! l |  トゞ<三>'/丶 /// イ.i i | | | }i
 .| l |  |>///   __ .,  / l`i 「ヽ⊥! |i  や、先生は持ち場を探索しただけですから……はい。
 .|  l|  |ilil_..≧i:..... _ ` _ /x≦1::i.i:::::/:/1 |i
 .|  l  |/\:::::::_F===ヽ::::|i ´:::::::!i i 、/:::::;| .!i  _
 .|  」  l:::::::〉i´ ヽ:::::::::::ヽ=":::::::::::_i i  }ヽ'イ ii ̄ヽ::                         ……二人とも、いいから探索に戻ろう > シャナ
 .| /::|  l:::://{  ゝー――― ´ i i\.!:::::l i .ト}ヽ::::::
 l ./:::::l   l':/:::l´<   ヾ∨/   i.i/ |:::::l ii |:::::::}i::::   あ、ああ。
 l/:::::::::l  l::::::::ト、::::`ヽ、  ヽ'  /}'::::_:」::::::| ハ{:::::/:|:::
. /::::::::::::l  l:::::::::l ` ー-`、ー-´r ´   l::::::}':/:::::/:::}:::                                      そうだおね…… > やる夫
. l:::::::::i:::::ヘ ト、:::::::l     i::::::/     l:::::::/:::::/:::/::::
. !::::::::l:::::::::ヘ l:::\::l     ー'     l:::::/:::::/::::/:::::
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| シャナから説明を受けて、追及をやめたチンクが素直にこちらに謝罪を寄越してくる……
| のだが、正直言ってそっちの方が何というかいたたまれないのだけどあの。
| 詰所内にちょっと微妙な空気が流れ出しそうになったところで、シャナが三度、
| 助け舟とばかりに仕事に戻ろうと叱咤してくる。……本当に助かりましたお、はい。

| なお、雑誌にカードキーの類は挟まれていなかった模様。
┗───────────────────────────────────────┛
┏────────────┓
│ 取得物
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 旧文明のエロ本 ×1
┗───────────────────────────────────────┛
6268 : ◆RD3CAnAM9Y ★ [] 2018/02/09(金) 22:30:53.30 ID:MRWlCpj8
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

                 く>
        ┌────┐ く>
        └──┬─│
            ┌┘┌┘
            │┌┘
            │└┐
            └─┘
6269 : ◆RD3CAnAM9Y ★ [] 2018/02/09(金) 22:31:04.14 ID:7dZNENUE
  〃::::::::::::::::/:::::::|:::::::::::|::::| 斗\:::::::.|  ∨::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::|
    |:::::::::::/:::::::::::|:::::::::::|::::| |厂  \::|  ∨:::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::|
    |:::::::/|:::::::::::.从:::::::::|::/ 〃云弍゛X}ア   ∨::::::::::|::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::|
    |::::/ |:::::::::::/ N:::::::|    iレ i  /   ∨:::::::.|::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::|  取り敢えず、何もない床と壁に異常はなし。
    |/  |:::::::/  .ヽ::::|     込/      ∨/.|   ..ヽ:::::::::|::::::::::::::::::|
    i!   |::::/      ヽi                /:::::::::::|    /::::::::::|::::::::::::::::::|  印になるようなものもなかったし、
       |/    ,ィ'             /::::::::::::::.|b 〆:::::::::::::|::::::::::::::::::|
             ヽ                /::::::::::::::::::|_ ..:::::::::::::::::::.|:::::::::::::::::|  そもそも壁はすぐに外につながってる……
                ヽ               /::::::::::::::::::::.|:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::.|
             丶ヘ         /::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::|  隠し部屋の類は、これでないと断定出来た。となると……
            /  ̄\     ー――――――――――,ィ'|:::::::::::::::::|
              //////.ハ    |ヽ//////////////////////|:::::::::::::::::|                     (全然動じてない……) >> 二人
          ////////ヽ  .斗/ヽ/////////////////////|:::::::::::::::::|
          |//////// : : : : : ///i/////////////////////i:::::::::::::::::i
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| で、こちらところ……は変わらず、同じ室内のシャナサイド。
| 詰所の隅から隅まで床を、壁を調べて回ったが、少なくとも何もないように見えて実は……
| という路線での隠し戸はなさそうだ。
| 遠隔操作のスイッチで開く、地下室への入り口が絶対にないとは言い切れないが、
| 壁は一枚ですぐに外につながっている……他に隠し部屋の類はないだろう。
┗───────────────────────────────────────┛
6270 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2018/02/09(金) 22:35:47.82 ID:Rf67uyui
売るのはシャナなんだから問題ないだろ?(幼女が幼女モノのエロ本を幼女に売ると言うシュールな光景
6271 : ◆RD3CAnAM9Y ★ [] 2018/02/09(金) 22:36:28.76 ID:PNfSvA/Y
                |  ┃'-|     |,'''"";;∧;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;""''|:::   ┃
                |  ┃;;;|     |;;;;;;/´。 `ーァ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|:::   ┃
                |  ┃;;|     .|;;;;;{  々 ゚l'∧、;;;;;;;;;;;;;;;;;|    ┃     __________
                |  ┃;;|     |;;/∪ ∪/゚々゚*`ァ;;;;;;;;;;|   ┃    /: : : : : : : : : : : : : : : : : : /|
         /|   |  ┃ ̄ ̄ ̄ ̄/   /⊂   ノ ̄ ̄ ̄:::  ┃  /_________/  |
       ../  |   |  ┃::::::::::::::::::::∪^∪:::(_(_つ::::::::::::::::::::::::::: ┃  ||    |    |    ||  |
      /   |   |  ┃::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::┃  ||  □|  □|  □||  |
      /||     |   |  ┗━━━━━━━━━━━━━━━┛  |│[]  │[]  │[]  │|  |
    /  ||     |   |                                ||    |    |    ||  |
  /    ||     |   |___________________||__|__|__|| /
  |    ||[]   | /
  l.    []||     /                           となると、後怪しいのはいかにもな……
  |    ||   /
  |    || /                            ______
  |.     /                              |\=\   Q\
  |  /         ., ────-、, ─────、        |  \ ̄     \ ||\
  | /        ., -i ̄ ̄ ̄ ̄ ̄Υ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄├─┐     |    \       \  ||
 /       /  '─────┴─────┘  |     |      \       \||
        i´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`i     \      | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄]
        |                          |       \    |   / ̄ ̄|
        |________________|        \  |   |l ̄ ̄|
         └─┘                  └─┘
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| そうして厄介な可能性を真っ先に潰して、ではあと何かが有り得るとすれば、と
| 壁一面にざっと視線を巡らせ、一カ所で止める。
| それはチンクが探索していたロッカーの並び。
| 四方の壁の内、他の三面と違って、ロッカーと壁掛けのボードのために、
| 窓も扉も設置されていない、ともすれば壁の厚みを確かめにくい一面の、劣化したボード。
┗───────────────────────────────────────┛
6272 : ◆RD3CAnAM9Y ★ [] 2018/02/09(金) 22:41:45.36 ID:Y80TWWQZ
        _  -――- _
      /          `ヽ
     //   ,イ/{.i .ハ i    ヽ
     l.lイz/≧{' Ⅳ-{ェト、 |  ',
     | .{/:::::::}   7テミ、ヾ. |   ',                                        チンク、少し手を貸して > シャナ
     | .{__/,   込ンi   ト   l
     |圦'''''    ''''''''|''' lリ   l  ん、ああ分かった。
     |  ト、 ‐    _.」  .l    l
     |  | ` ,=r ≦_」   !    .!  何をすればいい?
     |  |  /:i::::ト|ヘ::::l  !    l
     |  |/:7l::/ l:《´:l  !\    !                       そこの壁掛けボード、剥がすから反対側を持って > シャナ
    . ハ .|:::/,イ/__l::ヾ:l  !::::::ヽ  l
    .l l |::《::/ヽ l/':l   !::_::-=ヽ l  しっかりと固定されてたらどうする?
    l ム l__Y   レ'__」  lニ..-::´:::ト、 l
   . l  ||ヘ{ー|   |-‐ | ハl:ト、::::::::::}:::} .l                                いかにも怪しいから、斬り捨てる > シャナ
   . ! .l:!::::::::|   !:::::::l':::::::l:ヘ:::::::/:::l l
   ..l  l:|::::::::l   l:::::::::::::::::l:::ヘ:::/::::::l l なるほど、確かに怪しい。
    l .l:::!:::::::l   .l:::::::::::::::::l::::::::::::::::::l i l
   .lハ.l:::::〕::::l〔〇〕l::::::::::::::::::l:::::::::::::::::::lN じゃあ正攻法でまず行ってみようか。
   .{ l.l::::l:::::::l   l:::::::::::::::::::}::::::::::::::::::l
     l::::l:::::::l    l:::::::::::::::::{::\:::::::::::::l
    .l:::l:::::::::|    |::::::::::::::::::l:::::::::::::::::::l
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| ロッカーと並んで設置され、壁のほぼ一面全てを覆うボードを前に、
| このまま外すのは普通では大変そうだと、シャナは近くにいたチンクに声をかける。
| 返事の声は平静で、顔にも過度な赤みを帯びていない……どうやら、平静を取り戻したらしい。
| 二人で普通に外せれば、そのまま裏を探ればよし。
| 外せないほどがっちり固定されていたなら、裏にはいかにもありそうだと強引にいくが、さて。
┗───────────────────────────────────────┛
6273 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2018/02/09(金) 22:43:31.21 ID:2H91ofDx
そういや、受付のアリスも(見た目は)幼女だな!
6274 : ◆RD3CAnAM9Y ★ [] 2018/02/09(金) 22:47:47.74 ID:CbDknY0b

                _____________
               /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
             /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\                            せー、のっと >> シャナ・チンク
            /,. - 、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
          ///1.|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\            手間もかからずに、ビンゴだ > シャナ
         ///::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
       ./:::::l .l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
     /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
    /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| いっせーのと、声を掛け合いタイミングを計って、ボードを少し浮かせてみれば、
| 大きさに見合った重量はありつつもあっさりと外れ、その下にあったものをのぞかせた。
| それは窓のない真っ白な壁と、取っ手の付いた小さな隠し戸だ。
| 隠し部屋……ではなく、隠し金庫の類だろう。
┗───────────────────────────────────────┛
6275 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2018/02/09(金) 22:51:33.14 ID:QMS9AUvm
崩壊前から物騒な世情だったからこういう隠し金庫とか多いよなあ。
無いと遺跡探索が面白くないという事情もあるんだろうけどw
6276 : ◆RD3CAnAM9Y ★ [] 2018/02/09(金) 22:56:14.67 ID:CbDknY0b
   /://: : : : : : : : :、: : : : ;.: : : : :.,: : : : : : : : : :\: : : : :':,
.  /:// : , : ,: ,: ; : ,ハ : : : {: : :,: : :{ : : : : : : : : : : : ':,: : : : }
  ∨,' : /.:./:/: {: :{  }: : : :|: : {: : : ', : : : : : : : : : : : :} : : : |                          おっ、シャナのは当たりっぽいおね。
.   {: ::{: /:::{: ;ハ.:.} .{: : : :|\:\: : \: : : :、 : : : : :|: : : |        先に入った連中、見付けてたらボードをわざわざ戻さないだろうし > やる夫
.   |: ::|.:{::::::V__}/\ \: :|: :,'\:\: : ',: : : | : : : : : | : : :|
.   |: ::}.:|::::::::【 ̄`ト、ヽ }: }V, '"\}\}ヽ: :} : : : : : | : : :| そうであることを祈ります。
.   |: /り:::::::::| 抓ノ|  |;ノ  ,. イ¨゚゚翔ミッ∨\ : : : | : : :|
.   {/  |: : : :|. 弋,リ        f爪;ノ:| / } : : \: :} : : :| さて、ロックの類は……ついてないのか。
        |: : : :|         弋__夕   ,': : : : : Ⅵ : : : |
        |: : : :|     {              ,': : : : ::::::::| : : :| 非常時に即座に取り出すことを優先したか……?
    -‐…|: : : :|\                /: : : : ::::::::::| : : :|
.   \::::::|: : : :|::::::\ ' -   ___/_,,,,...  -‐ァ : : |  壁の中も配線は通ってなさそうだし、
      \|: : : :|::::::::::::\   |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ : : : |
        |: : : :|::::::::::::::::::`¨¨「 |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::;:':::|: : : :|  アラーム類はセットされてないか。
        |: : :り、::::::::::::::::::::::::|T!:::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::'; : : :|
        {: : :}:::::\::::::::::::::/;';':::::::::::::::::::::::::::::::;:::::-―-、 : |
      ',: :,'::::::/ ̄::::;:'|:::;'/:_:_:_:_:_:_:_;;::::::'"::::::::::::::::::::::ヽ|
        ∨::::::{::::::::::::/:::!:;':{:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}|
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| さあ、発見した隠し金庫、早速中身を見てみよう……とする前に、
| 余計な手間がかからないよう、前もって金庫の周囲を改める。
| 工具用単分子ナイフで壁を削ってみるが、特に配線類の姿はなし。
| 扉には電子的、また原始的な鍵もかかっておらず、このまま取っ手を引けば素直に開きそうだ。
| ボードも大きな割にあっさり外れたことだし、取り出しやすさを優先したものだろうか……
┗───────────────────────────────────────┛
6277 : ◆RD3CAnAM9Y ★ [] 2018/02/09(金) 23:01:49.14 ID:CbDknY0b

  へ_________________                               _
 /:: ̄                          | ,' ̄'--------------------------------------' '--、
 ||::                            |i| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~||||||||||||||||||~ ̄'i,ーク
  ', ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|l| ̄ ̄ ̄~`ヽ_____,-ュ_,..,______!!!!!!!!!!!!!!!!!!_ヘ_'l'     それじゃあ中身は……拳銃一丁にサプレッサ、
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄└--------|          ,_(___,,,,'ニニニ」,..-ー'''''ー-.,iヾ`''-'、__
                                         ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ .,'´ ̄'i lヽヽ i,  ①  'i, i,  ,.-'>ー、 あとは銃器の整備……いや改造キット、かな?
                                                i l    j lノiノ  'i,      'i, `´,i'´ ̄´
                          .                      ヾ'==='=( ( ○.'i,      'i, ,i
                          .                           `ヽ, ヽ.'i,      'i」
                                                       'i,  'i,.      'i,
                                                       'i,  'i,.      'i,
                                                        'i,  'i,     . 'ii,
                                                        'i,  'i,       'i,i
                                                         'i,  'i,  ①   r''i,j
┏────────────┓                                         'i____'i,,,... --ー'''''゙´
│ システムメッセージ                                                 ̄
┣────────────┻──────────────────────────┓
| さてでは、そんな取り出しやすい隠し金庫、一体何が入っているのやらと開いてみれば、
| 小さな空洞に入っていたのはサプレッサーを装備した一丁の拳銃。
| あとはこれに使うものだろうマガジンと9mm.拳銃弾、銃器整備の工具と、
| 見慣れない改造用と思しき部品が数点……
┗───────────────────────────────────────┛
6278 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2018/02/09(金) 23:05:46.56 ID:0xN5iXR1
非常時の武器庫かな?
6279 : ◆RD3CAnAM9Y ★ [] 2018/02/09(金) 23:08:42.63 ID:Jg60RbVm
         ___
     ,  ´         \
    /              ヽ
   ./   -- ..,_       _‘.
  ,'         _    __´_ ‘.   拳銃に銃器の整備関連キット……
  ,    t''tzj´       ̄ ̄  ‘.
  {    "'`¨¨´           、、 }  軍事施設らしい真面目な品だけども、
  ヽ       ゝ-‐ ー- '     '
   \              、 <_    取り立てて価値のありそうなものかお?
    >,7/1  _ ,r' `'rv////
   〈/////」   V / l///\                                         改造キットの方は何とも。
   __//////ン 〈,r'    _〉Y// ト、                    あまり見ないパーツですから、専門家に見てもらわないと > シャナ
  {//\`¨7 o⌒f \,r'´ 、ゝ///|.:.ヽ
  j,////`7'__`] !_  ! Y´ ` \,r':、<    そうかお……拳銃の口径は?
  |,//////∨ ヽ_ヽ.{ {ヽト j′∨ ヽ __
  |//////У   ヽヽ} } ヽ ィ、 ,ヘ | `fヽ ヽ                               汎用の9mm.弾、ですけど…… > シャナ
  |,∧_/z</〉  _ lT = ‐'ー ´  | | l }
  j_/_/> ´゙´  | l 二      | | / ,r'
    ̄ヽ      ヽヽ.二   . ^└ `´
      \ __ 、 }.} >´
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| やる夫の見付けたエロ本と比べて、銃火器関係となれば、軍事遺跡らしい真面目な出土品だ。
| とはいえ、汎用の歩兵火器ならば現状、皇国内ではプラント産の皇国軍払い卸し品で、
| 十二分に賄われている。整備キットもまた然り。遺跡で見つかったからといって、それそのものに
| 付加価値がなければ、むしろ劣化している分流通品より無価値ということもある。
| やる夫はそう心配しているようだが……
┗───────────────────────────────────────┛
6280 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2018/02/09(金) 23:13:38.67 ID:tvlxoKx1
この拳銃は囮で、金庫の中が二重底だったり?
6281 : ◆RD3CAnAM9Y ★ [] 2018/02/09(金) 23:17:29.73 ID:yyglpLV6
:::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::\::::\::::\::::::::::\::::::::\
::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::|:::::.:::::::::ヽ:::::ヽ:::::ヽ:::::::::::::\::::::::ヽ
::::'::::::'::::::::::::::::::::::::::::|i::::|::::::::::::∨:::::∨:::∨\:::::::::ヽ、:::::',
/::::/::::::::::/::::::::::::::::::':::::|i:::::::::::::|、:::::::!:::::::}、:::::\::::::::.\::}
::::::'::::::::::/:::::::/:::::::/:::::.::::::::::::::::|::ヽ:::!.ヽ./::::、:::::\::::. ヾ ……消音拳銃、でしょうか。
::/:::::::::/::::::::/:::::::/:::::::::|::::::::::::::|:::::マ{/::::|::::::ヽ:::::::ヽ.ム
:':::::::::::|:::::::::':::::::/i|:::::::∧:::::::::::::':::::,イ|:__ヽ}、::::::::.::::::::|:マ}                           ん? サプレッサーを付ければ、
|i:::::::::!i:::::::,|::::::/ |::::/  ∨:::::/:::/ }/斥ヽァ∨:::::.::::::|::}|                     自動拳銃なら大抵発砲音は抑えられるが…… > チンク
|:::::::::,!ー /|-/― }/ー '  |:::::'.   ,イr ,ら i} ∧::::|:::::!:/
|:::::::/!::::/ ,.ィテ笊芯ヽ |::/    比刈  ハ|::/:::::|   そういう音を抑える汎用品じゃなくて、
|:::::::'::|::/ ,イ/ 忙_-、ら  j/      込ソ ::::::|ハ:::::;'
|::::/::::{ハ Y  比し'刈  /           {:::::| .∨    本気で銃声がしなくなる類のものだよ、チンク。
{Ⅵ:::::::::{    込_z斗       、       |::::::.
|::::::::::::::|                     人:::::i      (情報部でも、外装を偽装したうえ壊れやすくしたものが、)
ム::::::::::::::.            ,. v   /  :.::::::.
,∧::::::::::::ム                イ___|_::i     (少数の諜報員に回されてるけど……)
i/∧:::::::::::::', ̄ ̄\      //////////|:ヽ
///::.::::::::::::.∨/////| ̄ 7  - '///////////i!::::.\
///∧:::::::::::::∨////|   ト、//////////////|:::::::::::.ヽ
////∧:::::::::::::∨///|  |: :\/////////// /\::::::::::::.\
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 専門家の目がなければわからない改造パーツはともかく、拳銃の方は確実に価値がある。
| プラントで製造され、一般の軍人や民間に回されている汎用の9mm.拳銃とは違う、
| これは専用のサプレッサーを装備することで、正真正銘"音が消える"、
| 特殊部隊用の消音拳銃だ。
| 鹵獲対策に、偽装と脆弱化処理を施されたものを、情報部で見たから間違いない。
┗───────────────────────────────────────┛
6282 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2018/02/09(金) 23:19:11.61 ID:deDVl1Vm
おお、良いものだ
6283 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2018/02/09(金) 23:20:50.46 ID:tvlxoKx1
銃身まで全部サプレッサーになってるタイプか
そりゃいいもんが出てきたな
6284 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2018/02/09(金) 23:25:30.32 ID:tvlxoKx1
RDさん見つけたパーツに排莢受けも追加してくれないかな?
自動拳銃だと薬きょうが落ちた時に音がするので
因みに、これがリボルバータイプだと薬きょうも落ちなくて本当に無音銃になります(たしかソ連が作ってた
6285 : ◆RD3CAnAM9Y ★ [] 2018/02/09(金) 23:26:03.73 ID:daHtpLrG
              -――-
           ´        ` 、
       // /  ,イ        \
      /, イ z/ト、/ 」_z,イ__  l   ヽ.ハ
     .〃 / ./ l / / l / 「` ミトヽ、}  } }  本気で音がしない……というと、
       l ./「:l/`i  l≠テ云ミ、!ヾ/ / .l
       ハ/ |::::::ノ     ら .}ム/ / .l   ひょっとしてあのプシュッって音すら……
     // ./|¨´ ,    辷ンイ / ./  /
   / / /込    ,、.   /レ',イ  /                                    しない……と、思う > シャナ
 _/, ィ / ./~i:|.\`_/ハ:}>´, ィー ' ./!
´ ̄ /,イ _/ 」:|_」¨/// /ニ、>  / .l     なるほど……それはすごい。
   /イ l lムニ{⊆ヽ./ /´ ̄ヾ  /  |
  / l | 「//::/イ /       }    l
  {  ll /i ┌// {//      /    ハ
  ヘ | {::| .|::::::《  /     /|     ヘ
   ヘ.ハ| .|:::::::ii /     / |      \
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 情報部で実際に発砲する様を見ているし、聴力に優れた半ミュータントの同僚ですら、
| その発砲音を感知できなかったというお墨付きの品だ。
| が、チンクの問いにはそうだと思うと、あいまいに答えるにとどめておく。
| ……流石に特殊部隊でもめったに配備されないような拳銃のスペックを、
| さも自分の知識として知っているのは軍人の娘でも無理がありそうだ(今更)
┗───────────────────────────────────────┛
┏────────────┓
│ 取得物
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 9mm.特殊消音拳銃   ×1
| 銃器改造キット       ×1
┗───────────────────────────────────────┛
6286 : ◆RD3CAnAM9Y ★ [] 2018/02/09(金) 23:26:38.77 ID:l5DhYF6n
【アイテムデータ】
 9mm.特殊消音拳銃
 > 威力は対人レベルだが、専用サプレッサーを装備することで正真正銘無音で動作する自動拳銃。
    マガジンや弾薬は汎用の9mm.拳銃と共通規格。専用サプレッサー装備。
6287 : ◆RD3CAnAM9Y ★ [] 2018/02/09(金) 23:27:37.80 ID:9Cntt4GX
>>6284
……よし、隠密用に官営武具店でケースレス弾とかも売ってることにしよう(手間を抑えたい)
6289 : ◆RD3CAnAM9Y ★ [] 2018/02/09(金) 23:35:02.43 ID:Qu2qVCQF
         /::::::::::::::::'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\::::::::::::ヽ::::::::::: \
      /:::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::∨ ̄ __,.ヽ\
        '/}_:::::::::/::::::::::::::::::: |::::::::::::::::|:::::::::::::::∨ ̄__|..:::ヽ::::::::ヽ:::.
      {  ,_ ̄/ ̄  _:::::::|::::::::::::::::|__ ̄_},.ィ::: |:::::::::',:::::::,::::.
       |:::::::::::::'::::/:::::::::/  ̄| ̄_ ̄|_l:::::::::: |::|!:::::|:::::::::::|}:::::::|,:::}
       |::::::::::::|::/!:::::::: |::::::/}:::::::/;:::: |:::::i::::::::::::}::|!:::::}ヽ:::::::|!:::::::|マ:| ただ、中のバネとか、消耗品が一部ガタが来てるかな……
       |::::::::::::i/::|::::::::::|:::://:::ト、/:::/|:::/::::::::::/イ}:::/_ マ:::::i:|::::::; リ
       |::::::i::::::::: |::::::::::Ⅳ/:::/ }:\_,}/ |:::::::/ }/ィチヽ〉|:::/::|::::/                              む、そうなのか? > チンク
       }::::::|:::::,.ィ|::::::::: |/ィチ笊ミ、 /  ;::::/ ´ヒ刈  /:イ::/}:/
      ,::::::::|:::::{ (,!::::::::::圦 比J刈    /::/   込'   ':::::/ /     うん……けどガタが来てる部品は、
     /::::::::|:::::乂|:::::::::::|  込)_ソ   / '         }::/|
     ,:::::::::: | ::::::: |:::::::::::|              、      八::!         多分(というか確実に)通常規格の拳銃と共通の部品だから、
    /:::::::::: |::::::::: { :::::::::|\              イヽ:::|
    , :::::::::::: |:::::::_八::::::: | } >       ´   イ::::::|//∧         町まで持ち帰れば修理はできるよ。
   ,::::::::::::イ´ ̄///}::::::{ |    `    _...イ: .:|:::::::|////:.
.  {:::::::::::{////////|::::::|: \        /   j: : |:::::::| ////!      どうせ、警備ロボットとかには9mm.じゃ力不足だし。
   |::::::::://///////|::::::{\: :\     _,..ィ/: : :|::::::リ'////;
   |:::::://////////|::::::|//\: :.\イ  ̄ ∨: : : :!::::/{/////
   |::::::{//////////!:::::|////ヽ: : \   }: : : : :|::/ !///{
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 簡単に外装を外して、中のパーツを改めてみる。
| 大概の部品は大丈夫だが、一部の消耗部品が経年劣化故にか大分傷んでいる。
| 自前では9mm.弾やそれを使う銃器は持ってきていないし、
| この遺跡では無理に使わず、使うとしても持ち帰って修理をしてからにしよう。
┗───────────────────────────────────────┛
6290 : ◆RD3CAnAM9Y ★ [] 2018/02/09(金) 23:41:01.21 ID:XPGdba2/
       /                       \
.      /  / / / ∧   i!       ヽ    ',
      / / ./  |. ,!  .!i_   ! ,イ   l
    |  l  | l  |/ | / ヘ l l l   .!    l                     ところで、作業中に呼んじゃったけど……
    |  l .≧xziェ./ .{∧ -=キエFi≦  l     .l                             チンクの方は、ロッカーどう? > シャナ
    |  レ'Ⅷlilハ/  /  ∨ ハ ∧Ⅵ   .l      !
    |   {ilililii|リ /  ィテ芸ミァ、.|    !ヽ   |  あー、それなんだが……
    |   .Ⅷilフ.     い::::::} / l    | }    !
    |   .i!         弋:ン   |    | /    .l                                     何か問題でも? > シャナ
    |  .圦   ′    ,,,,,,,   |    |/     !
    |    l    _           |    |     .|  うん、まあ少し、な……
    |    l. iヽ  `         ,イ   .|      !
    |    l __l_ゝ       _|__|__    l
    |.   i´: : : : : ≧ー-‐≦i´       `il   l
    |   i:i : : : : : : |fr、_:r-|i         .l|  .l
    | __, -ゞ、___: :lヽ__/ |ヽ、     ,, -┴- 、i
    ,イ       ̄≫i ヽ/ ヽi!  ヾ, ´ ̄       .ヽ
.   f       ≠ l`--ー" .!  〃          ヽ
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| さて、チンクの協力も得て壁と床の探索は終わったし、後はソファーの中に
| 何か仕込まれてないか確認してみようか……
| そう段取りを組み立てながら、ふとそういえばボード外しに協力を頼んでしまったが、
| チンクはロッカーの探索作業中だったはずだとシャナは思い出す。
| 彼女の成果はどんなものだろうかと問いかければ……
┗───────────────────────────────────────┛
6291 : ◆RD3CAnAM9Y ★ [] 2018/02/09(金) 23:45:12.41 ID:AaemY26H
                |  ┃'-|     |,'''"";;∧;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;""''|:::   ┃
                |  ┃;;;|     |;;;;;;/´。 `ーァ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|:::   ┃     __________
                |  ┃;;|     .|;;;;;{  々 ゚l'∧、;;;;;;;;;;;;;;;;;|    ┃    /: : : : : : : : : : : : : : : : : : /|
                |  ┃;;|     |;;/∪ ∪/゚々゚*`ァ;;;;;;;;;;|   ┃  /_________/  |
         /|   |  ┃ ̄ ̄ ̄ ̄/   /⊂   ノ ̄ ̄ ̄:::  ┃  ||    |    |    ||  |
       ../  |   |  ┃::::::::::::::::::::∪^∪:::(_(_つ::::::::::::::::::::::::::: ┃  ||  □|  □|  □||  |
      /   |   |  ┃:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.'⌒⌒ヽ   |│[]  │[]  │[]  │|  |
      /||     |   |  ┗━━━━━━━━━━━━.| i lレハリi.} .||    |    |    ||  |
    /  ||     |   |                    ノ.(!|●-゚ノ| ...||    |    |    ||  |
  /    ||     |   |______________.((.ん}Ⅴ{,〉.._||__|__|__|| /
  |    ||[]   | /                       〈,_jし'Jゝ
  l.    []||     /                              ロッカーの上、私の背では見えないんだ……
  |    ||   /
  |    || /                            ______                         あー…… >>
  |.     /                              |\=\   Q\
  |  /         ., ────-、, ─────、        |  \ ̄     \ ||\
  | /        ., -i ̄ ̄ ̄ ̄ ̄Υ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄├─┐     |    \       \  ||
 /       /  '─────┴─────┘  |     |      \       \||
        i´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`i     \      | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄]
        |                          |       \    |   / ̄ ̄|
        |________________|        \  |   |l ̄ ̄|
         └─┘                  └─┘
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| すこし言葉を濁した後、観念したようにぽつりとつぶやく。
| 私では身長が足りないんだ、と……
| チンクとしてはやる夫に言われた通り、ロッカーの上に何かないかと確認したかったのだが、
| どうやらそれを見るには背丈が少々足りなかったようである(安価並感)
┗───────────────────────────────────────┛
6292 : ◆RD3CAnAM9Y ★ [] 2018/02/09(金) 23:52:55.16 ID:d6yu+U4C
          , '´ ̄ ̄ `ヽ
        /
      {!      _,....:::::―――::::...._
       \__,...:'´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`丶、
       /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::、::::::::::::::::::::::::ヽ、
     ,:':::::::::::::::::,:::::::::::::::::::::::::::::;:::::ヽ::::::::::::::::::::::::::\
.    /::::::::::::::/:::::::::::::::/::::::::;::,:|::::::::∨::::::ヽ::::ヽ:::::::::ヽ
   '::::::::::::::/::::::::::::::::::/:::::::/:/::!:::::::: |:::,:::::,::∨::∨::ヽ::::.
   |::::::::: /::,:::::::::::::::/__/_/::::|::::::::::|!::|:::::|:::∨:::',::::::∨',
   |::::::::/::/::::::::::::ィ:::::::/〃 i:/|::::::::::}イ⌒iヽ:|:: |::',::::: |、::.  チンクと私じゃ、身長はほとんど変わらないし……
   |:::::::|::/|:::::::;::::/!::/ / / |::::::::/ }:i Ⅵ|:::}:: |:::!::::: ! マ
   |:::::::{/::|:::::::|:/,ィチテ芯ヽ  |:::::/ィチ芯ヽ|/|::::|:リ:::::::| }!  (まあ【縮地】を使えば覗くくらいは簡単だけど、)
   |:::::::'::ハ!::::/|:圦 比j刈   }::/ 比刈   ,|::/:::|:!:::リ /
   |::::::::::{ |::/::::::. 弋こツ  /'   弋zソ  ム:/:Ⅵj::/     (天井と隙間がほとんどないから上に乗るのは……)
   |::::::::人!'ハ::::::::.             {:::::|:::.リ /
   |::::::::::::::`¨}:::::::i           `   u  八::|:::|                          ……よく見れば、やる夫でもちっと、
   |::::::|::::::r7∧:::::::.、     r   っ     イ|::::::|:::|                           軍用ロッカーはデカいおね > やる夫
   |::::::|::::::|/// ̄>、>   __,. ィ//>|::::::|:::|
   |::::::|:::://////////rrハ  |//////イ/l|::::::l::リ                                    ですよねー > チンク
   |::::/::/-<///////|//| ,ト、//// //リ:::|::|/
   ,:::::'/////\/////!//!,.‐: 、\/ ///:: /::|        と、なると……
.  /:///////// \//ム/ |:, -- Y:∨//:::/:: リ
  {//////////////\{//∧: : : :|: :} /:::イ::::∧
  |////////////////////ト,: : :!: :|'///::∧/}
  |////////////////////|: i: /: : |/,イ::////|
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 部屋の隅に安置されている三つのロッカー。
| 元々長物のライフルなどもしまっておくものだからか、このロッカーは高さが大分ある。
| おかげで身長140前後のシャナ達はもちろん、成人男性であるやる夫ですら
| 上を覗くのは容易ではなく、天井との隙間も物を置けないほどではないが狭いため、
| 【縮地】で入り込むのは少々厳しい。となると、取れる手段は限られるが……
┗───────────────────────────────────────┛
6293 : ◆RD3CAnAM9Y ★ [] 2018/02/09(金) 23:59:15.31 ID:2d4pmXux
                 ,,..-――-..,,
             /          \
            /            ヽ
         /      ___)   ヽ- l
        /l       '´       r  .l   比較的デカいやる夫ともう一人とで、
      / ..|. U   =≡=   =='' ',
     /`ヽ、__.',             ヽ   l   肩車でもして覗いてみるかお?
    ./   \ .ヽ.     (_ノ--'  ノ
   /     /-‐| \、 ____ ,,..-<                                       ……肩車ですか > チンク
  ./    ./   l l  \    | r-ヽ  `ヽ
 /    l    | ヽ   .>、 r'__..>>   |  おう、多分それが一番高さを稼げるお。
./     iヽ   .|_ヽ.イ .〈Y´ i `''1 |  |
'      l  、  < ´  .i  |  i  | |  |   ぎりぎりロッカー上まで届くとは思うけど……
\   / _,,-ヽ  ヽ  .i  .|  .i  .|.l  |
  .ヽ∠-''"ヽ    ヽ  i  .|   i  |l ..|   (エロ本の話題があったせいで気まずいお……)
        〉    ヽ .l  .|   .i |`ヽ|
        /       l/  .|   ヽ|  .l
     ./         ./   l     /.\ ヽ
    l           /   .l   〉  \l
      ヽ     /__,..--'┬-イ    |
        \  ./―‐┴''"´ ̄ ̄l     |
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 何か物品があったなら取れるように、できる限り落ち着いた体勢が好ましい。
| それを踏まえて、やる夫が提案したのは肩車である。
| 先程エロ本がどうのと話があった直後だけに若干やる夫的に気まずいが、
| 軽機関銃とライフルを担いで遺跡に来るやる夫だ、装備を降ろせば人一人担ぐくらい訳もない。
| シャナやチンクのような小さい相手ならなおのこと。……幼女特集のことは忘れろ。
┗───────────────────────────────────────┛
6294 : ◆RD3CAnAM9Y ★ [] 2018/02/10(土) 00:04:07.11 ID:PoCGxtLs
               ,イ                 ヽ
          /              、   ヘ
         /        ,イ ヽ  ヽ   ',    ハ
            / ,イ_/ ,イ ,/ ! ト、xr=≦ト   !      確かに先生なら背丈もあるし、
          i i ,F≧xr=-i{/l/≠笊ミァ ,!   l    i
          | .! |i ,Ⅶililiヾ ` / ん:::::ら Ⅵ   ト、   |  私達なら重さと高さのつり合いも足りるか……
          |  !从{ilililililiリ   う::::::::リ .!   l/   .|
          |  レ' ゞililiフ    ゞ-‐´  l   .!    |  じゃあシャナ、もともとロッカーは私の探索範囲だし、
         |    ∧   ヽ        .l   .l     !
         |     _入  __r_=__    ,.!   !___」_  私は先生に肩車してもらう。
         |  ,>´ : :ゞ,´z-_―´, イ l     i!  ̄ ̄∥
         | < : : : : : :,/´二 <´r=i l    リ    ∥                                 ……え、あ、うん > シャナ
         |  \: : : :´    ´/.i_ ノ.l   / /  ̄ `ヽ
         |     iヾ _|    i∪  l   /  '        ヘ その間、無防備になるから
         |  ,/   ,!     |-‐.´l  /         ヘ
         |. /    / }     /   | /ヽ、          ヘ 警戒を強めてもらって良いか?
         !/.    《/ \   i   {'  》             ヽ
        /     / \ \/   li ,彳            \_                      ……まあ、構わないけど > シャナ
       ∧    /    \ /    li"                / 〉
       ゞ ` ─-/       /     lL               , イ /
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| ともあれ、やる夫の背丈と膂力については、シャナより付き合いが長い分
| よく理解しているチンクである。
| しばしその提案を吟味して、現実的であると判断、肩車をするやる夫も、されるチンクも、
| その間無防備になるから念のため警戒を強めてくれとシャナは頼まれ……
┗───────────────────────────────────────┛
6295 : ◆RD3CAnAM9Y ★ [] 2018/02/10(土) 00:10:31.69 ID:6yQ5vX4P
            _────
          / ‐─ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄,,,´
        /  /|___── ̄/
      /::/  //:::::::::::_:  __‐´‐‐,
     /      , ‐´ |::::  | /   ./:ヽ                《提言。足場構築》
    /     /   |:::| /  ‐´ ` |::::|_, ─‐‐,
   /   /  , ‐==  ̄ /.,‐  ,‐´_ ‐´  ,‐彡 、                    うん、机を踏み台にすればいいと
  /  /__,,;‐´ ̄.┌ /´ /___| |  ┌彡彡彡 | ヽ──´ ` ヽ 、                   思ったんだけど…… > シャナ
  |:::::::::|  ,─´ ̄. | .ヽ   | |二二|  |彡彡彡, .| | \ ̄ヽ ̄ ̄ \
   |:::::::::|__└─`─ └── |二二|  .|彡´‐´| ./  | / ̄ \   \
   | | |  |www ヽ::::::::::└ |─__─´二.|/  ┘´:::::::::::::|__\   \                    じゃあ先生、ちょっとかがんでもらっても…… > チンク
   ヽ_|wヽ_|w  / ̄/::::::::::::::  ̄ヘ\/‐、 ̄  /:::::::::_,‐´ _ ,‐ ̄ ̄` ┐|
    | ̄ ̄|/   /_─‐┘::|  | |  | |/    __‐ ´,, ‐ ´> /‐ 、 ,─‐‐                               おう、わかったお > やる夫
      ̄ ̄ ヽ|____|_:::::::|  | |_| |   .|二二  | .└─´ /_/| ̄ |   |
          |     |  / |  | |    |   |   | .| .,──´,── /::::::::|   |.| ._        今更、少し言えない > シャナ
          ヽ    .|  |/ __| |    |   |   .| .|/( ( )/´ ̄ ̄|::::::::::|  | | |::└─、
           ヽ   |/ /─〈    | \_`‐‐┘ | |  :::::|  ./二::::::::|   |  :::::::::::::::|ヽ 《承諾》
             `─‐.´‐´__ヽ__ヽ  /  /::|:::`─._ |/::/::::::::|  |::|  ̄`|   | |::::::|‐|:::/
           ◎ヽ◎/::::::::::::::/:/::\/  /:::|:::::::|::::::::::::::::|:::::::::::`| .|::| ̄─|   .|  | ( ()
            `‐ 、`‐、::::::::(:(:::/ `‐´:::::|:::::::|:::::::::::::/、::::::::::::|_:|::::::::::|   .| |()                  ではそーっと、そーっとお願いします > チンク
             .|  ̄`‐|`‐´  ̄/ / ̄ |:::|:::::::|:::::/::::::|:::::::::::::::::::::|:::::::::|   |  ̄|
             └|──|─‐:::|´_ヽ  __|::::::::::::::|__|::::::::::::::::::::::,─、|   |‐´ ̄__                     おう、しっかり掴まっててくれお > やる夫
              //─‐´ /:::|/ / ̄| |‐ 、_,‐.(三( )──、_|    //(三()
              .| ___ | | ( (_)_/  |      /─‐/  __ ,|‐ 、_/:::::(三()
             └|__|_|_|/ |_/ヽ__    / ./   ,‐‐ 、_ _ ̄|::|  ̄
             _/__/└‐、    //ヽ‐、/ //:|  / / ./ / / |  .|()
           // ,   _ ̄ヽ/     |    | .|(三() |_| ./ / /  |_| ̄
           / / / /`/ |  .|( (_)   .,‐| |` ‐、 | ヽ─´  `´└|_|_/
           |_| | | / _.|_,|/   /,‐‐‐ 、_´  〈:::::|
            `´‐‐|_.|/      // / ./ / ,`┐  |( (_)
                       | / / / /  |  |
                       `└ | | | /─‐´
┏────────────┓       ̄`‐´
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| やる夫がしゃがみ、その首をまたぐようにチンクが肩に乗って肩車を始める。
| ロッカーに手をついて少しずつ、少しずつ立ち上がっていく二人を眺めて……ぽつり。
| 虎鉄と小声で、別にそんな不安定なことをしないでも、そこらに転がっている机を運んで、
| 足場代わりにしたらよかったのではと、今更言えない解決策を話し合う。
┗───────────────────────────────────────┛
6296 : ◆RD3CAnAM9Y ★ [] 2018/02/10(土) 00:16:47.01 ID:f4Ug3QCP
               _,. - ── - 、
               /            \
                _..  -─────‐}‐- 、
              , '´ _   -‐               \
             / ´  _,. -‐             \
             /     /   ,.- l     、    \   ヽ
         /    /   / / / l   l  l   l   ヽ  、 l                              っとと、どうだおーチンクー > やる夫
      /     /   / / / / l  /l |l   l   l  l l
      /       /   / / l /   l / _l / l ─ l   l  l l  ちょっと待ってください……
.   /         /   //l /:l/:ヽ'´l / ´ l/_l_.{、 l   l   l l
  /       /   / l l |{:::::::::::l l/  '´t'z弌l ヾ、 l__ l /   あ、何かありました!
          l    /l l l N、::::::ノ     迅シl l r、ヽ/-、}/
            l   / l l {.  l ̄ '         │l l::\ヽノ/    ノートPC……ですかね。
         l  / l _ -_,.ニヽ、 ー -    ,.l l l::::::::ヽ、丶、__
.          /l  / <<´::::::::::::`ヽ _,. __´_l  l l::::::::::::::` ー/  バッテリーは入ってないので、起動はしなさそうですけど。
      /  l /   ` ー ニヽ、__::ヽ: ハ { V l  l } l:::_ _,. -┴- 、
     //   l/   /  / / /`ーァヽl l ヽ`ーl /-l_└ 、´::::::::::::::::::l それぐらいです!
    / /       /  / / /   !//il: : : レ/ / : l:::`ヽ \::::::::::::::::l、
  / /    /  / / /   //:::li、: : :〃 : : :l::::::::/ /::::::::::::::::ノ┐                     おーし、じゃあゆっくり降ろすおー > やる夫
.     /    /    / / / /   //::::::l;ヽ: / : : : : :l:::::/ /:::::::::::::::::::::::::`>、
    /    /    / l.  /   く.ヽ、::::l;;;;ヽ: : : : : : l:::{ /::::::::::::::::::::::::::::/ ハ
.   /    /    / │ /      〉.、\l;;;;;;ヽ._: : : : :V {:::: _ :::::::::::://::::\                      ……まあ、無駄でないだけよかったか > シャナ
.      /    /  l /       /::::::\ {;;;;;;ト、} : : : : :}_!イ─-`- 、´/:::::::::::::::\
       l   /    {l      /:::::::::::/`i}V、`i : : : /} { ノ ̄ヽ   \ヽ_ :::: _,. .::ヽ、                                     《同意》 虎鉄
       l    /     l     r'::::::::::::〈 / 〉_´: : : ⊂エしクヽ_  l   l l:l:: ̄:::::::::::::::ヽ
      l   /         /.:_,. - ´ /  `丶、: : l:l`ー´-、____ノノ:l:::::::::::::::::::::::::
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| まあともあれ、無事に彼らは立ち上がり、ロッカーの上を確認することに成功して……
| その隙間に押し込むように置かれていた、一台のノートパソコンを回収することに成功した。
| バッテリーが付いていないということで、中身の確認はできなかったが……
| 持ち帰ってみれば、何か価値のあるものだったりはしないだろうか?
┗───────────────────────────────────────┛
┏────────────┓
│ 取得物
┣────────────┻──────────────────────────┓
| ノートPC? ×1
┗───────────────────────────────────────┛
6297 : ◆RD3CAnAM9Y ★ [] 2018/02/10(土) 00:20:55.04 ID:f4Ug3QCP
   ダイス【26】+安価【30】+特技【87】 > 70/90/120 第三段階クリア!

                                    /⌒≧=‐- 、 、
                                      \\
                       -:.:.:.¨¨  ̄ ̄:.:.:.``丶       }:.:.ヽ
                        /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.丶 __ノ:.:.ノ
                   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\ ̄
                  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ                 ……さて、ざっと見てこんなもんかお > やる夫
                     //:.:./:.:.:.:.:/:.:.:/:.:/:.:/:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∧
                /:.:.:/:.:.:.:.:/:.:.:/:.:/// /:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.: ',:.:.:.∧  そうですね……
                /:.:.:.:./:.:.:.:.:/:.:.:/:./ // /:.:.:.:.:.:./:.:.l:.:.:.:.:.:.',:.:.:l∧
                /イ:.:.:.:.:/:.:.:.:./:.: /.:,ィ芋ミx、 //:.:.:.:.:./ トx:.:.:.:.:.:.:l:.:.:| :.  ソファーも特に仕込みはなかったですし、
           ///:.:.:.:./:.//:.// 《 {::J:::リヾ /:.:.:.://zz/ |:.:.:.:.:.:.:l:.:.:| |:|
            // /:.:.:.:./ ':.: /:.:.:. /   V__ン  /:.://}てハ抃:.:.:.:.:./:.:.:.| l/ 二重底に隠し金庫、ロッカー上の死角と、
       //  /:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.∧      __彡' / ヒ_ソ ノ》:.:.:.:/:.:.:|:.|
       //    /:.:.:.:./:.:.:/:.:.:.:./、__、        ,  `¨  /:./{:.:.:/:.:|   荒らされた後の部屋としては上出来でしょう。
.     //     /:.:.:.:.-=≦:.:.:.:./:.:.:.込            /):.:.l.:.:∨ ヽ(
  //   -=≦ ̄:.:.:.:. -=≦:.: |三三三三三|  っ     /:|:.:.:.:{:.:.:.、                 じゃあ、そろそろ次の場所に向かおうか > チンク
.// /:.:.:.:.-=≦ ̄:./:.:.:.:.:.:.:. /ニニニニニニ|、   _,.. イ.:.:|:.:.:人:.:.:.、
   (:.:.:.//:./:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:./ニニニニニニニ|  /ニニニニニ≧く:.:.|\:.\    じゃあ、一回トラックに全員戻って。
     ヽ(:.:人(:.:.:.:. /:.:.:.: /ニニニニニニニ=|  トニニニニニ/ニ}:.:.|  ヽ:.:.\
      /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ニニニニニニニニニ|___ヽニニニ=/ニ/|:.:.|   }:.:.:ヽ\
.   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: /ニニニニニニニニニニ\---∧ニニ/ニ/ .|:.:.|   /:.:.:.:.)\ヽ
  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ニニニニニニニニニニニニ\- ∧ニニニ{ :|:.:.| //):.:.:/  ):.)
...:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. : {ニニニニニニニニニニニニニ/___}ニニ>:} |:.:.|彡' /:.:∧ //
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:乂ニニニニニニ}ニニニニニニ/---∨ニ/=| 乂\__/:.:/ ∨/
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ニニニニニニニノニニニニニ/-----∨∧=| /:.>―<   }:.}
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| ……さて、既に先達に荒らされていたこの詰所、見て回るのはこんなところだろうか。
| 二重底の本に隠し金庫の消音拳銃、ロッカー上に忘れ去られたノートPC……
| 後追いの見付けた物品としては、十分な成果と言えるだろう。
| それにまだまだ探すべき場所はある、そろそろ移動を開始するとしよう。
┗───────────────────────────────────────┛
6298 : ◆RD3CAnAM9Y ★ [] 2018/02/10(土) 00:26:00.72 ID:f4Ug3QCP
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
6299 : ◆RD3CAnAM9Y ★ [] 2018/02/10(土) 00:26:53.73 ID:f4Ug3QCP
     【MAPデータ】

 ┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 |
 |  ┌―――――┐     ┌―――――┐     ┌―――――┐
 |  |          |     |          |     |          |    ;;; 瓦礫
 |  |          |     |          |     |          |
 |  |          |     |          |     |          |
 |  |          |     |          |     |          |
 ■  └――┤1 ├┘     └――┤2 ├┘     └;;;;3;;;┼―┼┘
                                         
 0.            7.

 ■    ┌┤4 ├┐       ┌┤5├‐――┐     ┌┤ 6  ├――――‐┐
 |    |      |       |          |     |                |
 |    |      |       |          |     |                |
 |    └―――┘       |          |     |                |
 |                     |          |     |                |
 |                     |          |     |                |
 |                     |          |     |                |
 |                     └―――――┘     └――――――――┘
 |
 └――――――――――――――――――――――――――――――――――――


  0.区画入り口
    警備の兵士に案内された、探索エリアの入り口。帰りはここから出ていくことになる。
  1.統一倉庫A
    サイズ等規格の統一された三つの倉庫の内、手前にあるもの。パッと見、あまり物が残っているようには見えない。
  2.統一倉庫B
    サイズ等規格の統一された三つの倉庫の内、中央にあるもの。……時折、何かの動くような音が響いてくる。
  3.統一倉庫C
    サイズ等規格の統一された三つの倉庫の内、奥まった位置にあるもの。ゲートは閉まっているが、壁の穴から中に入れそうだ
  4.入り口脇の小屋 【現在位置】
    区画の入り口傍にある、倉庫よりも小さな小屋。既に荒らされた後だったが、引き出しの二重底や隠し金庫から多少の成果を得られた。
  5.縦長の倉庫
    他の倉庫よりも奥行きがあり、その分面積の広い倉庫。反面、入り口はやや狭く、車では入れないだろう。
  6.大型倉庫
    入り口も倉庫内も、他の物よりひときわ大きな倉庫。大型車両数台が余裕を持って侵入できる広さがある。
  7.車道 【探索不要】
    二列に並んだ倉庫の間を通る大きな道路。戦車や大型の輸送車両が余裕を持ってすれ違えるようにできている。

  ※ 特筆されていない限り、車両に乗ったまま探索可能

┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| ……さて、数は少ないが発掘品はトラックの荷台に積み終え、やる夫達も乗り込んだようだ。
| まだまだ探索するべき倉庫の類は残っている。
| 太陽の位置はまだ伸びり切っていないが、広い倉庫を探すのだから、
| 探索できるのはあと三カ所か無理して四ヵ所
| さあ、次はどこへ向かおうか?
┗───────────────────────────────────────┛


   ▼ 選択安価 ↓1~3 1D100を添えて、最も数字の高い選択肢
      次に探索する場所は?

   1) 統一倉庫A
   2) 統一倉庫B
   3) 統一倉庫C
   5) 縦長の倉庫
   6) 大型倉庫

6300 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2018/02/10(土) 00:29:23.40 ID:Tcj7Zgdw
【1D100:37】
3
6301 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2018/02/10(土) 00:32:48.35 ID:bGdNdPSD
2
【1D100:7】
6302 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2018/02/10(土) 00:35:33.56 ID:4Pf2z/+1
5
【1D100:43
6303 : ◆RD3CAnAM9Y ★ [] 2018/02/10(土) 00:36:51.52 ID:f4Ug3QCP
五番の縦長倉庫になりましたか、了解了解。
そいじゃあちょいと手直ししますんでお待ちをー
6304 : ◆RD3CAnAM9Y ★ [] 2018/02/10(土) 00:41:12.84 ID:f4Ug3QCP
            ___
           ´     `
        /             \
       /         |  |  ‘,                            じゃあ次の行き先だけど、希望はある? > シャナ
      ./   |  ハ__!斗‐|z  |   i
      | | ハ ト、 「「 「¨!_]ト. |   |  そうだな……順番に、この隣にある縦長の倉庫、
      | 芋ミi{ X{.七爪Ⅵ   |^i  |
      | |.r从く   マzンi |  |リ  .|  次はあそこから回ってみるのはどうだろう。
      | |ハ::::::ノ    "" |  |   |
      |  ,小´'        |  |=i. |  移動時間は最小限だし、入り口が狭い分、車で押し入って全回収とか、
      |  .|_.ゝ―::::ァ .「r|  |  | .!
      |__..斗 っ::::/ーi'!|.|  |_ ⊥. |  そういう力技はされてなさそうだ。
    /ニヽJーi:1  Fii_|:i.|  |   >-、
   /::::::};:し' |  i:i ̄/ー |:|j  /  /   \                                   やる夫も異存はないお > やる夫
  ,イ::::::::j∧ |  |:ト.〈  .」/ /        \
. r/\zィ〉、:::j从 .!:! ヾー'/.イ              \                             じゃあ、次はそこに行こうか > シャナ
〃\_7》\\ |:|  `´//            /\
|:{  /://:| /\ヽ!:!     !:|        |     /::::::/}
|::\i:/:/!イ   〉/    /:::\     i!   ./::::::/ /
i\::::::::/イ {   |:|_.ノ 、|:|\::::::ー―‐'|ー‐:'::::::/ /
.\  ̄ / .!   .|:|    |:|  `ー‐┬‐个ーi―‐ヘ イ .}
  `¨´  ∨ |:|    [|:|       |  ハ .|   ∨ /
         } //     |:|       } ./ } !    ∨
      /  |:|>=<^ヽ!:!    /\ ./ .|    ‘,
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| では、残る五つの倉庫の内、次はどこを探索しようか……
| そう車体後部の二人に問いかければ、帰ってきたのはチンクからの隣の倉庫という答え。
| 移動時間と、狭い入り口のため人力で荷物を運び出すしか方法はないため先に入った人間が、
| 全て根こそぎ持ち去った可能性は低いだろう、という推測をもとにした提案だ。
| その考えに否やはないし、それはやる夫の方も同様らしい。では、いくとしよう。
┗───────────────────────────────────────┛


   ▼ 5.縦長の倉庫を探索します。

6305 : ◆RD3CAnAM9Y ★ [] 2018/02/10(土) 00:41:25.24 ID:f4Ug3QCP
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


   ▼ 本日ここまで

6306 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2018/02/10(土) 00:42:21.08 ID:bGdNdPSD
乙でしたー
6307 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2018/02/10(土) 00:43:20.09 ID:+ybFv60z
おつ

三弾回突破して手に入るレア物つーことは、PCはただのPCじゃないか
6308 : ◆RD3CAnAM9Y ★ [] 2018/02/10(土) 00:47:29.39 ID:zxB9Wsfm
                  , 、_  -ヘー―,イ´. ヾ 、
.              /   ,>匕ィ、_ `フ    ヽ ヽ
.             /  >'ー'´__二ニフ ',.   ヽ \
         /ァ=ァ'    _  -ーヲ  iト,  '., ヽ ` ,
.          ,イ/  i′   , -ー  ̄ ´ i、 i! i! '.,.  ', ',  ',        はい、というわけで……次回の行き先が決まったところで、
       ,イ! l!ニ i! _, イ i i! !、   |マ | |. '.,  i! i  i
     ,イ三i| l!ニ i!;';';  | ||斗ヤ| ∨ ´「 マ¬ー-ト i i!  i!       本日のスカベンジャーはここまでです。
   ,イ三三ヲ! i!ニi!;';';  i个!i ! ', i! V  i メ/|マ  i!', i! i!  i!,
.,イ三三ヲ'´. ! l!ニi!;';';   i !| !| ',.|  ∨ | ,!∧! マ | ', |. |.  i',        ……結局最初の探索場所しか終わらなかったな!
ニ三ヲ'´    | l!二i!;';'  i!. i!| ` ヽ!   V.!==ェュマ ! i! ! i ', ',ヽ
ヲ'´    ,'  i l!二i!;';.  i、|,ィ=≡ゞ  ヽ!       /. | |  | ヽ , ヽ.     しかもそれなのに肩車の所さっくりになってしまったし……
     ,'   i l!二i!;.   i!ヘ|              //! |  i! ヽ\`\
     ,'    i!. l!二i! ,イ!\'、  _,.-‐   ̄ ̄i /'  ,'i! i!. | !  、\',  \  >>6202さんごめんなさい。
    ,'     マ i!. 爪,ノi| ト、ヽ V   ´  - ′  / !| i!  ! iト、 \l\   `ー
             ゝ.ヾ二,ハ  ',、  `          <ト,i|.i,'  |',i=ミヽ  ヽ、`ヽ 大体スレ主がエロ本の所で悪乗りしたせい
.            ,ィ <ミミミト,. ∨>-   _ , <ミミゞュ !  l i!  ! ヽ、  `ー=、
_  ー   =./     ヾミミi!ヘ ∨ill  ℡ミゝ_ィニ彡 「il彡  i!',}  | i  !ヽ、   li  にしても今回、最大120の三段階突破の割に回収品少なかったなぁ……
                   ヾ! !ミゝill. |!   |    i| ill |,ィ―'――i ,'  /i  /
                  /j | i! ill         illl i'  ゝ、_  ∨、 / !/  ,ィ やはり探索済みだからなのか、それとも個々の品がそれだけいいのか……
.              /   ,' / ,ィij           ,illl、>'´ ̄´    l!ニト\/ ,イ/
                 ノイヲ',==ュ、. i|i  ,ィ==ュ</|イ ̄ ̄ ̄  l!三i|ミ!ヽノ   さてさて、答えはどっちなのやら。
  ゛'' ‐-  ,,_.      、  ヽ )>/ゝ¬ミヽ!|i,ィヲ'¬ヾi/li| ゝ――  i マニ!ミ!. ト、
- .....,,,,__         \  ) >ニ>   `.|ll|゙´  ,ィ//メ、 ゝ- て´  マiミ! | \ ……なお特殊消音拳銃だけども、遺跡では詫び石案件無かったら

                                                ここで第三段階突破しないと取れない様なアイテムの予定でした。
                                                (今回は詫び石案件ありだったので第二段でも入手予定でしたが)
6309 : ◆RD3CAnAM9Y ★ [] 2018/02/10(土) 00:55:00.60 ID:zxB9Wsfm
                ___
            〃`<    __ `
          _/ __        __  ヽ  \
.           // /:           ,  ′  ヽ
         // /    .!        ′  ,      ともあれ皆さん、お疲れさまでしたー。
           ′′ i__/| ! ト   ',  ,   ′
        i | i ´| l.¨! :| :| ¨',‐-.| i   |   i  ……さて、次回の投下予定についてだけども。
        | l | 小.! Vヽ i  ', ト .|   |    |
          И i .i ==   ` __.V .リ:   |    !  ふむん……またいつものガレージで遊びたい病が発症してるし、
         | V        ̄` /    |    ト.
         | 人          7   |     〉 明日はなさげかなー。明後日夜か、明々後日の昼or夜になると思われる。
            ,|   > _ ー '  ィ'|         、/
        /:i/\  |  :i≧r  //  / /      \  本スレはやる、ガレージの連載もやる、思い付きネタもやってみる……
             ヽ | /├|==/ / / |/    ヽ   ヽ
        \  /.` / :├|*/{ 'イ: : : : ヽ   i }    全部やらなきゃならないのが、つらいところだな!
.            ヽ { i l : :├|/yヽ  ヽ/: : i  /  /
            } V、 | i: :.|。!/: : }  }: : : : | /       まあ折角の三連休だ、活用させてもらおうじゃないか。
         /   ゝ: !: :|。!: : /イノl: : : : :i     {
        /     !: :|: :|。!: : : : : : i ノ: : :!    、      ともあれ、スレ主はそろそろお布団行きますん。
           イ  |: : l :|。|: : : : : <.: : : : :i      \
       i / !  ′ :V.-! : : /: : : : : :人  i    ヽ みなさん、おやすみなさい……(すやぁ)
.        V    /: : : : V、>/: : : : : :/ 〉  :l   l
6310 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2018/02/10(土) 05:11:03.41 ID:rIQtl2A5
乙でした
6311 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2018/02/10(土) 08:13:28.38 ID:0XGBsySI
6312 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2018/02/10(土) 18:02:19.49 ID:FORKWD8t
乙ー
ナチュラルに肩車されにいくチンク可愛い
関連記事
スポンサーサイト




コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://yarucha.blog.fc2.com/tb.php/4252-76959c4d