情報部シャナのスカベンジ日誌 8th Turn 「ミリタリー」その7

6464 : ◆RD3CAnAM9Y ★ [] 2018/02/24(土) 21:14:14.87 ID:zE2FG+0l
                   /^l
            ,-‐-y'"゙"''゙゙" ´l
       ー二三ヽ、,;'  ・ ω ・ ミ   うおう、やべえ寝過ごした!(←八時過ぎまで寝てたやつ)
         ̄ - 三 ミ====[==]=l==ミ
      ー二三 ∠         ;;   最近時間にルーズんなっててやばいやばい……
       ー二三  ';,        ミ
.        ー二三;;,,      ,;;゙    とまれいつもと時間ちょいとずれてるが、誰かいるかな? てんこー!
.           ドッヒャア _( /"゙'''"゙( /
6465 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2018/02/24(土) 21:18:23.13 ID:XIbdHGMi
6466 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2018/02/24(土) 21:23:22.73 ID:cCqO5LA3
6467 : ◆RD3CAnAM9Y ★ [] 2018/02/24(土) 21:24:41.64 ID:l3kEIdce
  アンサラーアーマー!
  **ミ/~ヽ ゙'゙'/`i'゙* ゙ ブアッ
   ,,/  "''"'` "`;, ゙' *      ういさ、取り敢えず二人確認!
  (ヽ;" ・ ω ・ * ,;/) ミ  ゙
  `ミ =====[=]===="ミ ゙'* ミ   そいじゃあちまちまと、本日の探索パート進めていくぞー!
 ミ*ミ           ミ ミ ゙
 ミ 彡          ミ *゙ ゙ミ*  書き溜めさん? ……ご臨終です。
   (⌒";',,,.,(⌒";'彡 ミ゙*
    `'"'* ミ ゙''' *`"'' ゙  *
* ゙ *゙    * ゙ *
6468 : ◆RD3CAnAM9Y ★ [] 2018/02/24(土) 21:24:53.06 ID:s4AFdc7o
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
 やる夫はスカヴェンジャーのようです二次創作

              情報部シャナのスカベンジ日誌
               8th Turn 《ミリタリー》


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
6469 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2018/02/24(土) 21:24:57.78 ID:inOkbkLG
6470 : ◆RD3CAnAM9Y ★ [] 2018/02/24(土) 21:25:05.98 ID:weg3M+ct
                         \
                  \  .\        .\
.         \        .\  .\        .\
             \        .\  .\        .\
              \        .\  .\        .\      うちらかてな、トラック部隊組んでる様な、
            \ \        .\  .\        .\
      \   .\      \        .\  .\        .\    資材回収専門のスカベンジャーにはすっごい人気者なんやで……?
       \   .\      \        .\  .\        .\
        \   .\      \        .\  .\        .\                    でも一般スカベには持ち帰れないからハズレですよね > コンテナ
         \   .\      \        .\  .\       \
.     \      \   .\      \        .\  .\        .\  ぐうの音も出ねえ……
      .\      \   .\      \        .\  .\._,,,,.、―¬''l
          \      \   .\      \._,,,,.、―¬''l   ..|        |....\
           \      \   .\      .|        |   ...|        |  ..\
            \      \   .\    .|        | .\ ..|        |     .\
             \      \   .\ ..|        |  .\|_,,,,.、―¬'''      .\
              \      \._,,,,..\|_,,,,.、―¬'''.._,,,,.、―¬''l  ..\._,,,,.、―¬''l
               \      .|        |    ..|        |    ..|        |
                     \   |        |    |        |    ..|        |
                       \ ..|        | \ ..|        | \ ..|        |
                        \|_,,,,.、―¬'''  ..\|_,,,,.、―¬'''  ..\|_,,,,.、―¬'''
┏────────────┓
│ 前回のあらすじ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| ゲートの閉じられたC倉庫に、壁に空いた大穴から侵入した一行。
| トラックで入り込んだその中にあったのは、建設用の鉄骨やらプレハブやらといった
| 持ち帰れない建材と一緒に、テントや背嚢、あと何故か風呂関係の品など、
| トラックに積み込めそうな品も幾ばくか。
| それらを回収したシャナ達は、再びトラックを走らせて、
| 今度は向かいにある大型倉庫へと向かい……
┗───────────────────────────────────────┛


   ▼ 現在のステータス   >>6076-6078

      同行者:やる夫      >>5810      チンク >>5814    虎鉄 >>6080

      好感度一覧        >>5817

      このターンの遺跡   >>5789 【ソウカエン】 格納F区画 四級指定

      wiki           ttp://seesaawiki.jp/shana/ (2018/02/03更新)

6076 : ◆RD3CAnAM9Y ★ [] 2018/02/01(木) 00:46:44.48 ID:A/nEFTRw
                   《ステータス》

                                    /⌒≧=‐- 、 、
                                      \\
                       -:.:.:.¨¨  ̄ ̄:.:.:.``丶       }:.:.ヽ
                        /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.丶 __ノ:.:.ノ
                   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\ ̄
                  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
                     //:.:./:.:.:.:.:/:.:.:/:.:/:.:/:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∧
                /:.:.:/:.:.:.:.:/:.:.:/:.:/// /:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.: ',:.:.:.∧
                /:.:.:.:./:.:.:.:.:/:.:.:/:./ // /:.:.:.:.:.:./:.:.l:.:.:.:.:.:.',:.:.:l∧
                /イ:.:.:.:.:/:.:.:.:./:.: /.:,ィ芋ミx、 //:.:.:.:.:./ トx:.:.:.:.:.:.:l:.:.:| :.
           ///:.:.:.:./:.//:.// 《 {::J:::リヾ /:.:.:.://zz/ |:.:.:.:.:.:.:l:.:.:| |:|
            // /:.:.:.:./ ':.: /:.:.:. /   V__ン  /:.://}てハ抃:.:.:.:.:./:.:.:.| l/
       //  /:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.∧  .:::::::::: __彡' / ヒ_ソ ノ》:.:.:.:/:.:.:|:.|
       //    /:.:.:.:./:.:.:/:.:.:.:./、__、        ,  `¨  /:./{:.:.:/:.:|
.     //     /:.:.:.:.-=≦:.:.:.:./:.:.:.込           ..:::::: /):.:.l.:.:∨ ヽ(
  //   -=≦ ̄:.:.:.:. -=≦:.: |三三三三三|  っ     /:|:.:.:.:{:.:.:.、
.// /:.:.:.:.-=≦ ̄:./:.:.:.:.:.:.:. /ニニニニニニ|、   _,.. イ.:.:|:.:.:人:.:.:.、
   (:.:.:.//:./:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:./ニニニニニニニ|  /ニニニニニ≧く:.:.|\:.\
     ヽ(:.:人(:.:.:.:. /:.:.:.: /ニニニニニニニ=|  トニニニニニ/ニ}:.:.|  ヽ:.:.\
      /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ニニニニニニニニニ|___ヽニニニ=/ニ/|:.:.|   }:.:.:ヽ\
.   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: /ニニニニニニニニニニ\---∧ニニ/ニ/ .|:.:.|   /:.:.:.:.)\ヽ
  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ニニニニニニニニニニニニ\- ∧ニニニ{ :|:.:.| //):.:.:/  ):.)
...:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. : {ニニニニニニニニニニニニニ/___}ニニ>:} |:.:.|彡' /:.:∧ //
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:乂ニニニニニニ}ニニニニニニ/---∨ニ/=| 乂\__/:.:/ ∨/
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ニニニニニニニノニニニニニ/-----∨∧=| /:.>―<   }:.}

――――――――――――――――――――――――――――――

 【名前】 衛宮シャナ 【年齢】 15 【出身】 キョウト

 【身分】 4級スカベンジャー

 【能力】(人間準拠)
  筋力:C+  体力:B-  俊敏:B+  知能:B+  運勢:B

  注目度:D 小さい割には腕のいいスカベがいるらしい

 A以上=一流 B=人並み以上 C=人並み D=苦手 E=諦めたら? F=子供並み

 所持金: 1040 円 0 銭

 【所持品】
 ・武器
  零式軍刀 ……養父から譲り受けた将官用の高級軍刀。
             銘有りの真打や単分子刀にこそ劣るが、切れ味と頑強性を高いレベルで両立している。
             耐酸、耐熱、対単分子、耐ビームコーティングが施されている。
  7.62mm.選抜小銃 ……【サイズ:L】 大威力の7.62mm.ライフル弾を使用するマークスマンライフル。モデルG3 SG/1
                   フルオート射撃による牽制・弾幕と、セミオート射撃による精密狙撃の両方に対応可能。
                   簡単に言うと、一丁で突撃銃と狙撃銃の両方として使えるということである。
                   アクセサリに高性能光学スコープ、サプレッサ、ロングマガジン、バイポット、フラッシュライトを装備。
  45口径拳銃       ……【サイズ:S】 威力の高い45口径拳銃弾を使用する拳銃。
                   アクセサリにサプレッサ、ロングマガジン、フラッシュライトを装備。
  テーザーガン      ……【サイズ:S】 ワイヤーを使用する射撃可能なスタンガン。一度の充電で5回使用可能
                   生身の人間や生物を、無傷で捕縛することができる。警備ロボットには無力。
  コンバットナイフ    ……【サイズ:S】 頑丈さが売りの軍用ナイフ。戦闘・工作に使用できるが、単分子カッターではない。
  軍用マグライト     ……【サイズ:S】 本来は暗所を照らすための携行ライトだが、非常に頑丈で警棒代わりにもなる。
  ハンドグレネード(破片、EMP、閃光 各一個 / チャフ 二個) 【爆発物】
  携行爆薬(小)……【爆発物】 壁や床などに設置し、遠隔操作で起爆する爆薬。主にトラップや扉の爆破などに使用する。

 ・防具
  特種防護コート ……防弾、防刃、耐衝撃と、物理攻撃に対し高い防御性能を誇る。また、若干のステルス性能を持つ。
                   銃弾は7.62mm.ライフル弾まで防御し、単分子カッターを含む刃物や破片を防ぐ。
                   対単分子コーティング、耐酸コーティング済み。熱単分子刀、熱振動徹甲刀などは防御不可。
  静音性ブーツ  ……底面が厚く補強され、更に足音がしにくいように加工がされたブーツ。
                   隠密に長けた者なら、足音のしやすい悪路でも無音で歩行することが可能になる。
  マガジンポーチ ……ライフルなどの予備マガジンを収めておける、ポケットなどが付いたポーチ。
                   遺跡に持ち込む予備マガジンが各3個から5個に増える。
  31年式軍用多目的グラス ……望遠、視力補正、赤外線(暗視/簡易金属探知)、PDAとの接続などの機能を備えた、
                       大崩壊以前の軍用装備。軍事品だけあって、耐久性・防弾性も十分。

 ・電子系装備
  高性能PDA ……高い基本性能のPDA。メール以外にもハッキングや情報閲覧、カメラ機能が備わっている。防水、耐衝撃。対EMPコート済み。
  標準ハッキングソフト……PDAの初期ハッキングソフトより優秀。ただし遺跡探索用で、現代のプロテクトに対しては無力。
  標準解読ソフト ……断片化したデータを復元する事の出来るソフト。簡易版より精度は上だが、使用には【電子技術】技能必須。
               断片化したクズデータなどを正常な状態に戻し、閲覧することができる。暗号解読とかはできない。
  文書交流ソフト ……リンクした端末や機体と、文字による会話が可能なソフト。
               所謂チャットソフトとかそんな感じ。虎鉄との会話用にどうぞ。
               多目的グラスとPDAを同期すれば戦闘中もスムーズに会話・連携が可能。

 ・その他
  携行用ガンケース ……【サイズ:L】以下の銃器を一丁しまっておける、緩衝材入りの軽量なハードケース。
                  肩掛け紐と鍵付きで、街中の携帯に便利。
  警邏隊推薦状    ……組合から発行される推薦状。実力ではなく人柄を保証するもの。
                  警邏隊主導の依頼を受ける際に必要。
  救急キット ……包帯やばんそうこう、消毒用アルコール、それに痛み止めやナノマシン製傷薬などが入った救急キット。
.             医療系の技能がなくとも使用可能。傷薬・痛み止めを使用した場合、補充には10円必要。
  ペンライト   ……小型の懐中電灯。太陽電池採用。
  ロープ10m……物を縛ったり移動に利用したりなど、多彩な用途のロープ。
  短距離用無線機 ……いわゆるトランシーバー。ある程度の距離なら離れた位置の人間とリアルタイムに会話できる。
               二つ所持しており、同行者に一方を貸し与えることが可能。
  軍用双眼鏡 ……測量機能と簡易な風向の観測機能が付いた丈夫な望遠双眼鏡。防水、耐衝撃。
  軽量工具セット ……使いやすい工具の揃った工具セット。小型工具セットより高性能で、携行性も悪くない。
  工具用単分子ナイフ ……工具用として実用的な強度を持つ単分子ナイフ。戦闘での使用は想定していない。
  傷付いた獅子章……多大な功績を残して殉死した皇国軍人に贈られる勲章。
                シャナにとって、紛うことなき父の形見。

 ・拠点
  住宅:中層区にあるガレージ・庭付き一戸建て。
        付近の治安はよく、鍵類のセキュリティも十分。電や虎鉄が警備をやっていることもしばしば
        一人で住むには広すぎるくらいで、それなりの人数を迎え入れられるだろう。
  ガレージ:中層区の自宅に付随する車両用ガレージ。
        特別な設備はないが、中型車1台+大型車1台分の駐車スペースを持つ。
        現在、輸送トラック(大型車)1台を収容。

 【技能】
  格闘術   Lv:5 ……素手や小さな武器を使った接近戦能力。
  刀剣     Lv:10……常識的なサイズの刀や剣を扱う技術。
  銃器     Lv:6 ……拳銃や小銃、あるいはそれに準じた火器を使用する技術。
                拳銃、短機関銃、突撃銃、狙撃銃を使用可能。
  狙撃     Lv:3 ……狙撃銃、選抜小銃などを使用して長距離狙撃を行う技術。
  軽業     Lv:5 ……戦闘における身のこなしや、狭い足場での立ち回りのうまさ。
  潜入     Lv:6 ……隠密・気配察知の複合技能。自身の気配を隠し、他者の気配を察知するのに長けている。
  観察眼   Lv:6 ……周囲の状況と照らし合わせ、不自然な箇所をあぶりだす技術。
  聞き耳  Lv:5 ……微細な音を拾い、情報として獲得する聴覚・技術。
  車両運転 Lv:5 ……地上を走行する、一般的な車両を運転する技術。
                バイク、普通四輪車、大型車、軍用車両を運転できる。
  機械操作 Lv:4 ……PCなどの機械全般を操作する技術や知識。極端に専門的なものは含まない。
  電子技術 Lv:4 ……プログラミングやハッキングなど、機械の内面を弄る技術。
  軍事知識 Lv:7 ……軍そのものや軍人、使用される装備などに関する知識。
  指揮     Lv:2 ……状況を確認し、他人に指示を出すことに秀でている。

 【特性】
  ESP【縮地】 ……空間を切り嗣いで割り込み、彼我の距離を一瞬で詰める。一種の空間系テレポート。
  ┃          これを高精度で、かつ連続して行うことができるのがシャナの最大の武器である。
  ┃          移動には重量制限があり、重装備では使用できない。
  ┗斬鉄(偽)……ESP【縮地】の応用により、通常の刀剣類で金属装甲を斬り裂くことが可能。
              ESPの使用できない状況や、高速機動する対象、乱撃戦では使用できない。
  軍人の遺児……皇国軍人の忘れ形見。
              根無し草のスカベンジャーであっても、社会的にそれなりの扱いを受けられる。
  情報部員  ……時に身分を隠し、偽り、軍で暗躍する情報部の一員。
              現在その権限や支援は利用できないが、そこで得られた技術や知識は健在である。

 【装備制限】
  軍刀を固定装備する。
  他に【サイズ:L】の装備を一つまで装備可能。また、爆発物は合計六枠まで携行可能。

 ※スキルレベル参考基準
  1.覚えたて  3.慣れてきている  5.一人前  8.プロ級  10.その分野でのトップクラス
6077 : ◆RD3CAnAM9Y ★ [] 2018/02/01(木) 00:46:59.17 ID:GCkCUmOr
                        【拠点・倉庫】

                                        |    /\
                          ____________A.__// \\
                     _r‐'三三三三三三三三三三三三三三// ┌┐ \\
                  _r‐'三三三三三三三三三三三三三三三三//―‐┤├‐─\\
         _r‐'三三三三三三三三三三三三三三三三三三//     └┘     \\
       ┌<三三三三三三三三三三三三三三三三三三三//              \\
       └─┬───────────―┬────‐'|/    ┌──┬──┐    \|
           |      ┌──┬──┐    |  ┌─┐  |     |    |    │     |
           |      | // │ // │    |  ├─┤  |     | // | // │     |
         ┌┴―──┴──┴──┴─―┤  └─┘  |     |    |    |     |
         |                    |          |     ├──┴──┤     |
         |                    ├─────┤     |          |     |
.      , -‐┴―――――‐-、_________|          |     |          |     |爻爻
   ∠二二二二二二二二二}            ├┬───┬┤     |          |     爻爻爻爻
    ||  ||  |       ┌──┬──┐    ||三三三||     ├──┬──┤   爻爻爻爻爻
    ||  ||  |       | // | // │    ||三冂三||     | // | // |  爻爻爻 爻爻
┌r‐r‐||┬||┬|       | /  .| /  .|  n. ||┨凵三|| ┌─┼─┬┴┬─┼─千┴干┴千‐
├| n || n   | .n   n .|  .n. .| n.  |.n . ||..||┨=三|| ├─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼‐
├| ||====||====||====||====||====||====||l/||..||三三三|| ├‐⊆⊇‐┼─┼─┼─┼─┼─┼‐
├| ||====||====||====||====||====||====||l/||..||三三三|| ├─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼‐
├| ||====||====||====||====||====||====||___/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\├─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴‐
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


 【武器】 ※
  量産軍刀 ……【シャナ専用】 父の形見ということになっているシャナの軍刀。頑強ではあるが切れ味は今一つ。
             数打の量産品であり、軍士官の武装としては少々心もとない。分類、丙種士官用軍刀。
             対単分子コーティング、耐酸コーティングが施されている。
  45口径短機関銃 ……【サイズ:M】 威力の高い45口径拳銃弾を使用する短機関銃。
               アクセサリにロングマガジン、レーザーサイトを装備。他にフラッシュライトを保有。
  軍用スコップ    ……【サイズ:M】 塹壕戦最強と噂の近接武器。誰がどう見ても近接武器である。穴掘りにも便利。
  ハンドグレネード(閃光、煙幕) 【爆発物】

  ※ 自家用車で移動する場合、車載して遺跡・依頼に持ち込み可。


 【防具】
  戦闘用耐熱グローブ ……戦闘用に防刃などの防御力をある程度備えた、五指が自由になる耐熱グローブ。
                   生身の人間でも熱振動徹甲刀などの高熱を発する武装を使用可能になる。
  登山ブーツ          ……底が厚く、滑り止めの付いたブーツ。特別な加工や補強はされていない。


  【ロボット用装備】
  二連装エアショック砲 ……【ハードポイント1】ライガーゼロ専用装備。
                      圧縮した空気を発射する、打撃・衝撃の特性を持った非殺傷の実験火器。
                      弾薬費やリロードは必要ないが、射程や威力に劣る。
  アイアンクロー     ……四足獣型警備ロボットの標準的な格闘装備。クローだけど牙とかも含む。
                      刃物として使用することが可能だが、単分子カッターなど特殊な加工はされていない。
  12.7センチ連装短機関銃 ……【ハードポイント:1】 電専用 背部の武装ユニットに装備された、二連装の銃身が特徴的な短機関銃。
                          ちなみに12.7センチとは銃身の長さであり、口径ではない。口径はありふれた45口径。
                          火力や射程が不足するなら、素直に他の武装に換装しよう。装弾数:50。
  三連装グレネード発射機×2 ……【ハードポイント:1】 両腰のあたりに装備される、40mm.グレネード弾を使用するグレネード発射機。
                         三連射、ないし三発同時発射により瞬間火力は期待できるが、経費も掛かる(グレネード弾は有料である)

  有澤重工製乙種水兵服 ……自動人形用のセーラー服。ぶっちゃけIAI製の侍女服のマイナーチェンジ版である。
                     汚れなどを自動で分解し、45口径拳銃弾までを完全にストップする防弾性能を持つ……
                     のだが、防弾性能については、今更な代物である。
                     耐酸コーティング済み(このターン使用不可)
  装甲ガントレット      ……金属装甲を手甲足甲の形に加工したガントレット。
                     局所的だが、7.62mm.ライフル弾以下の物理攻撃を完全に無効化する。
                     特殊な攻撃機構などは有していないものの、金属製で固い分、殴られれば相応に痛い。
                     耐酸コーティング済み(このターン使用不可)

  カートリッジ(50口径弾)×2
  カートリッジ(45口径弾)×2 (12.7センチ連装短機関銃に使用)
  40mm.グレネード弾:6発


 【その他】
  最低性能PDA ……ウジ虫に広く流通するPDA。性能は極めて低く、簡易なメール機能しかない。
  技術書【機械操作】【電子技術】 ……該当技能のレベルが3~5の時に使用できる。各二冊。
                           コミュなどフリーパートで読み込むと、技能の成長に役立てることができる。
                           同じ人間が同じ本を繰り返し読んでも意味はない。
  スカベンジャーの手記 ……コミュなどで勉強の機会があれば使用可能。読み込むことで一部の技能のレベルが上昇する。
                       レンタル品につき使い捨て扱い。
6078 : ◆RD3CAnAM9Y ★ [] 2018/02/01(木) 00:47:16.58 ID:k7NRPz5o
  【車輌ステータス】

              :r‐---‐r―---―r―---‐r―---―r―--―┐
    =fhュュ――zz  il    ;  ロ   ;  ロ  ;      ;     |
  [lj .|i'~i`    .i  |   il    ;     ;     ;      ;     il
  lコ ||__|__________|__|  :il    ;     ;     ;      ;     il
  t_/o .i,.----.、|  |  il    ;     ;     ;      ;     il
  /   ii>< ||j .|) | ̄ ̄ ̄|| ̄ ̄ ̄|| ̄ ̄ ̄|| ̄ ̄ ̄`|| ̄ ̄ ̄`|
 _/___i`ニニニ´ |  .| . |ェェェェェェ||ェェェェェェ||ェェェェェェ||ェェェェェェェ||ェェェェェェェ|
 λ~。 ̄i―‐_-_-.!二| .!___!!!二ニ_ニ二!! | |/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; \| |_
 [λ___γ ´⌒`ヽ.ヽ三|三|三i「有澤[ |   〆´⌒゙ヽ 〆´⌒゙ヽ  | |
      :i (∴) i |三|三|三三ニ|ニ [   i (∴) i i (∴) .i
       ヽ、.____,ノ .             .ヽ、.____,ノ :ヽ、.____.ノ


 輸送トラック

 ありふれた輸送用の幌付トラック。
 大きな荷台による高い輸送力が特徴で、スカベンジの成果を持ち帰るのに向く。
 荷台には簡易であるが人間用の座席も完備。エンジンパワーもあるため、車両の牽引も無理なくこなせるだろう。

 ……ちなみによく見ると、ベースとなった車両は有澤重工製。水月という型式らしい。
 とはいえ流石に、無改造状態ではただの輸送トラックに、装甲車並みの防御力や、
 大口径機銃を積んだりはしていない……改造で追加することが出来ないとも言っていないが。


――――――――――――――――――――――――――――――

 【名前】 輸送トラック  【分類】 大型車両  【製造企業】 有澤重工

 【所有者】 衛宮シャナ

  【特性】
  輸送能力:A ……背部に荷台を備え、多数の、また大型の荷物を問題なく輸送できる。
               人員や探索の成果物の運搬の他、複数の装甲スーツを遺跡へ持ち込める。
  牽引能力:B ……高いエンジンパワーにより、他の車両などを牽引する余力を持つ。
               ワイヤーなどで接続することで、大型車両の牽引を無理なくこなすことができる。

 【装備】
 ・手動銃座:車載用20mm.機関砲
   ……荷台に取り付けられた20mm.機関砲付きの銃座。
       このタイプは有人式であり、射手が使用することで高威力の20mm.機関砲弾をばらまく。
       後方から斜め前方までをカバーするが、車体真正面は死角となる。

       高い威力と連射性能から装甲目標に対しても有効だが、戦車や重装甲車クラスには力不足。
       使用するには【銃器】技能で突撃銃、または軽機関銃を使用できるか、もしくは【重火器】技能を持った射手が必要。
       (射手が後者の条件を満たすほど、射撃の精度は上がる)

 ・防具 その他
  軍用装甲 ……軽装後者級の、ある程度頑強な軍用装甲。
             最低限の防弾性能を有し、ライフル弾でも簡単には貫通できない。装甲化されていない部分に影響はない。
             また、車外からのEMPに耐性を得る。
  増加装甲 ……より頑強な装甲を追加、もしくは換装することで、純粋な車体の防御力を増す。
             純粋に防御力が増し、7.62mm.ライフル弾以下の銃撃を完全に遮断する。装甲化されていない部分に影響はない。
  幌       ……何の変哲もない覆い布。荷台部分を覆い視線を遮るが、防御性能はない。内部からは隙間から周囲を覗ける。
             また、射撃用に、人力でワイヤーを引くことでカーテンのように幌全体をめくり上げ、畳むことが可能。

 ・車載品
  ワイヤー10m    ……ロープよりも頑丈だが、遺跡に持ち込むにはやや重い。車載用・牽引用にどうぞ。
  高級座布団×8 ……座席に設置するふかふかの座布団。長時間の運転でもお尻に優しい。荷台含め四座席分。
5810 : ◆RD3CAnAM9Y ★ [] 2017/12/01(金) 23:39:27.24 ID:9/+KXinX
  【NPCステータス】

                          / ̄ ̄\
                        /  /    ,\
                         (●)     \
                        (人___)       |
                        |!ilili!|      入
                         `<!レ'´ニ ̄``''ーl.||
                    _,,..、-''"^丶、丶、 ̄三!L、
        __,,.. -ァ''" ̄`「´`ヽ丶、      ヽ.  i  ̄|ヾ!
  ⊂ニ" ̄     i |                /  |  | |′
     \   >ー-ゝ、__           /   |/||!
       `ー'´      _  ̄ ̄ ̄ ̄| ̄\ / ヾ 、 l三_| |
              /  _ヽ    _/__r「丁丁x!   rェ 工_
          .  / ヾ/_  ̄ ̄ | if !二エニ´  l  `7 ) )
          /./ へチ、_`ヾ、 _| 」 ||| |_x]  j  l/・/./
          `</ ` ̄`<Yナ''´ ト| rィT T x]  i’ i ̄厂!
                      |_∟フ 天_ └=ァュノ
                      下-‐"__ ̄`"''f_

  入即出やる夫 3級スカベンジャー

 フジノミヤで活動するソロのスカベンジャー
 戦闘能力や工作技能に特筆するほどのものはないが、経験豊富で技術は幅広い。
 気質は善良で、新人スカベンジャーの指導を買って出ることも多い。


 【装備・技能 一部のみ抜粋】
  5.56mm.突撃銃URカスタム ……5.56mm.突撃銃にアンダーマウントレールを追加したカスタム品。
                      フラッシュライト、ロングマガジン、高性能光学スコープ装備。
  5.7×28mm.軽機関銃    ……貫通力の高い5.7×27mm.高速弾を使用する軽機関銃。装甲目標に対してもある程度有効。
                      100発規模の装弾数と連射能力により、制圧射撃で特に効果を発揮する。
                      アクセサリにバイポット、フラッシュライト、ロングマガジンを装備。
  5.7×28mm.拳銃.         ……貫通力の高い5.7×27mm.弾を使用する拳銃。装甲目標に対してもある程度有効。
                      アクセサリにロングマガジン、サプレッサーを装備。
  単装グレネード投射器    ……専用のグレネード弾を発射できる装備。
                      アンダーマウントレールに装備可能で、上記5.56mm.突撃銃に装着中。
  工具用単分子ナイフ
  ハンドグレネード(破片・閃光・煙幕・EMP・チャフ 各2個)
  グレネード弾(破片 2発)
  携行爆薬(小)

  銃器    Lv:6……拳銃や小銃、あるいはそれに準じた火器を使用する技術・知識。
               拳銃、短機関銃、突撃銃、軽機関銃を使用可能。
  重火器   Lv:4……重機関銃や機関砲など、生身の人間が単独では使用できない武器を使用できる。
               携行使用はできず、主に銃座の物を効率的に運用する。
  投擲    Lv:5……物を投げるうまさ。グレネードなどに使用する。
  機械操作 Lv:5……PCなどの機械全般を操作する技術や知識。極端に専門的な技能は含まない。
  機械解体 Lv:5……停止した機械を解体し、パーツ取りする技能。
               起動しているものを解体したり、停止させることはできない。
  統合知識 Lv:7……遺構知識、機巧知識、生物知識の複合技能。
               遺跡や自立機械、突然変異を含む生物に関する知識を持ち、考察できる。
  爆発物取り扱い……爆薬や爆発系の武器を適切に扱うことのできる技術・知識。
                   携行爆薬や一部の爆発武器の効率的な使用が可能になる。
5814 : ◆RD3CAnAM9Y ★ [] 2017/12/01(金) 23:40:50.29 ID:9/+KXinX
  【NPCステータス】

           ,     ̄ ̄ ̄` ‐- ._
         /             ` 、
        /                    \
       /                    ハ
       / /        / ハ   、   ヽ  ',
      .l  |   i    / l l ハ |  ! ! !.ハ.  |
      .|  !   」__i_! l  !.!   } ハ | ,! .! .|  |  ,イ     ,ィ
      .|  |  ‐キハ-ハ.ト=ハ| ._」/.」z'ェzェF、 |  ! ハ|    ,イ/
      .|  l   .li{::V::i{:ヽ{ヽ´  .≠テ丐ミl i /  ! .ハl   ,イ /
      .| .f^l   l:::::::::::::::::::リ    ら::::リ 'l.//  l .ハil   .///     , イ
      .| ヘ .l   l_::::::::::::/   弋.ン /'イ  l ハ ll  ///    .,イ./ ,.ィ
      .|  `.l   l´`¨¨´   ,      /!  l〈ol | /,//    // ,ィ /
      .l   !    !     __ _    ./ l  l./ {,⊥}´'イ  ./,/ /,/
      .!   ∧   ト、        ,.イ、_l  /`/:::::/ {‐、/´,/ /,/
      /!   ! ハ   lヽ>  _ r<  `ヽ! /:::/:::::::':':::::/' ,r'_/,/
     .//   >l  ∧i|== i r_'1_    ! .{:::/:::<^ヽ、::::`´:/,ィチ'
    // ., r ´  .∨ ∧::::::!_ー」:::|ヾi /ニl |::::::__ノ,r^i}. ヽ;:::´ノ
   .// ./      ∨ .∧=,ヽ__,〈V〈  l .l:::::| {{_,ン .r'::::::/
   .// /      ヽ∨ ∧', 1   ヾl:l`ヽl,r┴...、`ヽ、/:::/
  // ./        ヾ、  l  l    /:::l,∠:::::::::::::::ヾ、__/
  // ./          ヽ l  l_/__./   `ヽ:::::::::::ヽ>
. // /           ヽl  |´ヽ/ /     `ヽ::::::::ヽ.}


  チンク・スカリエッティ 4級スカベンジャー

 フジノミヤで活動するソロスカベンジャー。
 新人の頃にやる夫の教えを受けた、いわゆる『やる夫教室』の生徒でもある。
 隠密行動とナイフの扱いを得意とする一方、正面戦闘はやや苦手。


 【装備・技能 一部のみ抜粋】
  単分子ナイフ『カネナガ』 ……畿内で製造される高級単分子ナイフ。戦闘・工作どちらにも活用可能。
                        対単分子コーティングは突破できないものの、他の単分子カッターと正面から斬り合える逸品。
  戦闘用単分子ナイフ ……近接戦闘用に、ある程度の強度を持った単分子ナイフ。二本所持。
                    戦闘用の中では低級品で、単分子カッターと切り結んだり、乱雑に扱うのは危険。
  投擲用単分子ナイフ ……低質な単分子ナイフの柄を加工し、投擲使用できるようにしたもの。五本所持。
                    金属装甲にも有効だが、刺さろうが外れようが確実に使い捨てになるのが難点。加工も面倒なので虎の子。
  コンバットナイフ    ……頑丈さが売りの手持ち式ナイフ。単分子カッターではない。戦闘・工作どちらにも使用可能。二本所持。
  投げナイフ30本   ……ポーチに入った投擲用の小さなナイフ30本セット。
                  柄が小さく、近接戦闘や工作には向かない。また、単分子カッターではない。
                  回収して破損がなければ再利用できる。破損・紛失したものは次のターンに補充済み。
  45口径短機関銃   ……威力の高い45口径拳銃弾を使用する短機関銃。
                  フラッシュライト、ロングマガジン、サプレッサーを装備。
  45口径拳銃.     ……威力の高い45口径拳銃弾を使用する拳銃。
                  アクセサリにサプレッサー、ロングマガジンを装備。
  ハンドグレネード(破片・閃光・煙幕・EMP・チャフ 各1個)
  暗視スコープ ……夜間や室内など、暗所での視界を確保するスコープ。突発的な光に対する防御機能有り。
               暗視以外の特別な機能は有していない。EMPで破壊される。

  格闘術  Lv:5……素手や小さな武器を使った接近戦能力。近接戦闘でのナイフの扱いもこれ。
  銃器    Lv:3……拳銃や小銃、あるいはそれに準じた火器を使用する技術・知識。
              拳銃、短機関銃を使用可能。
  投擲    Lv:5……物を投げるうまさ。投げナイフ、グレネードなどに使用する。
  隠密    Lv:4……影に身をひそめ、姿を隠す技術。自身の気配を殺し、隠れることに秀でている。
  探索    Lv:4……能動的に何かを探し出す、総合的な技術や知識、観察眼など。
               単独では特筆するほどでなくとも、それらを組み合わせることで有用な技能となる。
  機械解体 Lv:3……停止した機械を解体し、パーツ取りする技能。
               起動しているものを解体したり、停止させることはできない。

  ナイフ使い ……個人的な資質として、ナイフの扱いに秀でている。
6080 : ◆RD3CAnAM9Y ★ [] 2018/02/01(木) 00:47:58.77 ID:BnV9Ukc0

  【警備ロボットステータス】

                                           _ -=ニ ̄〉
                                         、ヽ`  /{〉⌒>
                                       //〈〈/{ノ:::::/v
                                      //  `/`¨¨/
                                   ィi〔 / `≧=./:::::/≧=-^、
                              __/  /=〉/ /::::::〉r、〉〉〉\ノ
            /〉           _ -=ニ ̄    〕 〕= / /:::::::::/)  \ ̄
          _ //          ≪>''" ノ   〔 〕 /\/ /:::::::::/´  /  〉
          〈〈 乂           / >''"⌒〉   〔\/ /:::::::::/乂 〉 /  /
           }}/         〈\ /〈i:i:i:/\>''" \}⌒¨¨\/ //// ノ___/
           }}{          ゝ乂/ ̄/i:i:i:i:i:i:i:i:〉`Y 〔 ] }=  ̄ヽ___
           }}{             〈=/ //ヽi:i:i:i:/i:i:i:{ .〔 ] }/⌒乂}   〉
           vA   _ -==- _     ⌒〉 / /i:i:i:i/i: / 〔 ]\〉 /\{  /
           vA // /i:i〉 / 〉 r== /\./i:i:i:i:〔⌒   / /¨¨¨¨¨  ̄
             〈//〉  ̄ //__/::::::::/  /.\i:i:i:i:\ /⌒¨´ /-_-/〉
           }/ 《_/ 〈/〈  《 :/ /   .\i:i:i:/::::::::::::/〉-_//
           }==//  \\::`乂_ /⌒≧s。 》/::::::〔::// ̄ /
         _r ミ《 /  / \\i:i:/\〉 〉≧s。 〕 >''"⌒¨`ー‐‐彡 \__
        〈〈/ ⌒/:::/\ /}i:i:i:i:i:\ 〈/::/ //}h、  \      乂i:i:i:i:i:リ   〕
        / 〉/⌒{i:i:i:i〉 ⌒乂____/ / { }i:i:i:}> 〉      __/  /
     _ / /__ 八i:i:i:/〉       〈 /《 ̄ ̄ヽ/__/)}h、     ̄ ̄ ̄ ̄  ⌒〉
     〈〈 /  \\〉 \/       }}\/^Y / \/:::\r= ミ      ∨//\ 〈⌒Y
   __》}h、   》 ̄ ̄        リ  {⌒}〈ヽ:::∧:::\\:::::\     ∨///)) 〉ノ_
   〔_L__」⌒ /           〔〔  〔⌒} ∨::::::}\:::\:Y:::::::〉     \//i:i:i:〕 ≧s。__


 試作ライガー型警備ロボット ライガーゼロ

 T.トミー社製試作警備ユニット モデル:ライガー シリアルナンバー「0」

 新開発の技術試作機ということで大変貴重な機体であるが、
 反面、実用には遺跡などで配備されている警備ロボットより不便な面も多々。
 最たるものは、外部スピーカーを持っていないということだろうか……


――――――――――――――――――――――――――――――

 【名前】 虎鉄  【モデル】 試製ライガー型  【製造企業】 T.トミー

 【マスター】 衛宮シャナ

 【能力】(警備ロボット基準)
  頑強性:C+  破砕力:B  精密性:C+  俊敏性:A  応用性:D+

 A以上=一流 B=人並み以上 C=人並み D=苦手 E=諦めたら? F=子供並み

  【特性】
  自動成長型AI.  ……環境に応じて学習し、自我を発展させる高機能AI。
  獣型警備ロボット ……T.トミー社特有の四足獣型警備ロボット。修理には装甲や機械部品を使用。
                 人型のロボットに比べて汎用性は劣るが、その分用途特化に仕上げやすい。
                 極度の損傷(四肢欠損等)であっても、『アナグラ』で十分な修理が可能。
  CAS.         ……チェンジング アーマー システムの略。
                 機体各所に多くのハードポイントを有し、まとめて換装することで機体性能を大きく変更できる。
  ゼロアーマー   ……ライガーゼロの基本アーマー。柔軟な動きと高い格闘能力が特徴。ハードポイント1枠を有する。
                 半面、固定武装や射撃用ハードポイントが少ないため、武装は貧弱。
                 ブースターによる極短距離の直線飛行(というか大ジャンプ)が可能。
  無口.          ……寡黙で口数少ない性格設定……なのではなく、スピーカーと音声データが搭載されていない。
                 こちらの言うことは理解できているようだが、このままではコミュニケーションを取るのは難しそうだ……


 【装備】
 ・武装
  熱振動徹甲クロー    ……四足獣型警備ロボット用の対装甲近接兵器。クローだけど牙とかも含む。
                      発熱と微細な振動により攻撃力を向上させ、装甲を削ぎ切る。対単分子コーティングを貫く。
  12.7mm.チェーンガン  ……【ハードポイント:1】 12.7mm.機関銃弾を使用するチェーンガン。
                   弾詰まりに強く、また自動装填装置の装備により全弾撃ち尽くしても自力でリロード可能。
                   通常カートリッジ装填、同予備2.装弾数:50。自動装填装置装備。
 ・防具
  ゼロアーマー ……装甲用ハードポイントに装備されたアーマーパーツ。こちらは防具としての解説。
               機動性が売りの四足獣型としては標準的な防御性能で、45口径拳銃弾までを完全にストップする。
  耐EMP防御  ……自動自閉機能があるのか、対EMPコーティングが施されているのか、電子回路の強度が強いのか……
               理由は様々だが、この機体はEMPによって電子回路を焼き切られることはない。


  【ルーチン】
 ・固有ルーチン(着脱不可、アップグレードは可)
  格闘戦闘:A ……爪や牙を使った格闘戦能力。補正値:30
  射撃戦闘:C ……口径や反動の小さな(銃器相当の)固定火器による射撃戦能力。補正値:10
  砲撃戦闘:C ……大口径・大反動(重火器相当の)固定火器による砲撃戦能力。補正値:10
  獣性:A     ……より獣らしい動作やしぐさ。本来は四足機動のための補助ルーチン。
               Aランクはさながら野生の獣のような癖やしぐさを示すことがある……ペットみたいで見てるとなごむ。
  汎用警備:B ……施設・物資・要人など、多様な警護任務に対応したルーチン。索敵能力を兼ねる。
               このルーチンひとつでほとんどの状況に対応できるが、同ランクの特化ルーチンより専門分野では劣る。

 ・後付けルーチン:追加不可
5817 : ◆RD3CAnAM9Y ★ [] 2017/12/01(金) 23:45:36.75 ID:9/+KXinX
 【好感度一覧】

   クーデリア.   ……A     (近いうちに、電と三人で仕事に行きたいわね)
   やる夫.    ……B     (相変わらず慎重派だおね、いいことだ)
   ヴィルヘルム ……B     (次は本気を見せてくれよ)
   チンク.      ……C     (お人好しめ……勉強会、楽しみだ)
   シン       ……D     (相変わらず落ち着いたやつだ)


   シノン      ……D     (機会があれば、またご一緒しましょ)
   アリス       ……B-   (本当にいい目をしていますね、衛宮さんは)
   聖十郎     . ……C     (良い人脈に恵まれてるね、よしよし)
   スカサハ.    ……C     (存外甘い子だが……嫌いではないよ)
   リッカ.       ……B-   (これはうちも、気合い入れないとかな?)
   リリィ       ……C-   (いつも余裕綽々だなぁ……)
   ダリアン    ……D+   ( 期待しているのですよ、クロスケ)
   愛歌..     ……D     (どっちのお店も、また来てねー)
   ピアニィ      ……D-   (……あ、先輩馴染みの人なのか(察し)
   クルーゼ   ……E+   (さて、お手並み拝見といこうか)
   マティア     ……E+   (信頼できる屍肉喰らい……ならいいのですが)

5789 : ◆RD3CAnAM9Y ★ [] 2017/12/01(金) 23:14:54.48 ID:9/+KXinX
《仕事一覧》
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 【遺跡情報】

 【名称】 旧自衛軍演習所跡【ソウカエン】 格納C区画 三級指定

 【探索条件】 等級の他に規定なし

 【解説】
  旧文明時代の皇国に存在した自衛軍の大規模演習所跡……の一角。
  この区画は軍需品の発掘率が高く、獣型警備ロボットが未だに徘徊している。
  理不尽に高性能な機体はいないが、ある程度の戦闘は覚悟しておくべきだろう。

  なお、ソウカエンは他区画で既に発掘された破損データから決定された名称で、
  現役時代には別の名称が存在したと思われる。

 【備考】
  遺跡内部への車両の乗り入れ可能

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 【遺跡情報】

 【名称】 旧自衛軍演習所跡【ソウカエン】 格納F区画 四級指定

 【探索条件】 等級の他に規定なし

 【解説】
  旧文明時代の皇国に存在した自衛軍の大規模演習所跡……の一角。
  この区画はある程度発掘が進んでおり、ごく最近四級に位落ちした。
  驚異の排除も進んでいる分発掘品の期待度は落ちるが、
  それでも探せばまだ何かあるかもしれない……

 【備考】
  遺跡内部への車両の乗り入れ可能

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 【遺跡情報】

 【名称】 フジノミヤ学校遺跡 四級指定

 【探索条件】 等級の他に規定なし

 【解説】
  旧文明における学校であったろうと推測される遺跡。
  警備ロボット、タレットなどの脅威はさほど残っていないが、
  遺跡が広く、何階層もある為探索には時間がかかることだろう。

  噂レベルだが、どうやら本校舎以外に、風変わりな建造物が敷地内にあるらしい。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 【遺跡情報】

 【名称】 ヤシロ遺跡(浅) 三級指定

 【探索条件】 等級の他に規定なし

 【解説】
  霊峰フジを祀る、寺社関係の遺跡。
  遺跡の造りはさほど複雑ではないが、
  警備ロボットやセキュリティが多数生きており、激しい戦闘が予想される。

  ヤシロは漢字で書けば『社』。入り口の柱には他に、『浅』の文字が見て取れた。
  ……ということは、やはり深い何かもあったりするのだろうか?

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 【依頼情報】

 【名称】 チナガレ川流域の定期掃除

 【依頼人】 フジノミヤ行政および駐留軍

 【受諾条件】 戦闘能力について自信のある者

 【報酬】 出来高制

 【解説】
  フジノミヤの近辺に存在するフジ川支流。
  そのうち一つの定期掃除……つまりはミュータントの駆除を行う。
  軍や警邏隊からも人員は出すが、さすがに場所も広いのでな……有志の協力者を募集する。
  基本的に索敵と対ミュータント戦闘を任せる、気を抜かんようにな。

  ……武芸者連中のために言っておくが、くれぐれも遠距離攻撃の用意を忘れるなよ。
  洗剤と嫌忌剤は、タダでも無限でもないのだ。

 【備考】
  他チームとの共働有り
  状況により、乗車状態での依頼遂行可能

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 【依頼情報】

 【名称】 地下施設のミュータント駆除

 【依頼人】 シズオカ地方生態研究所

 【受諾条件】
  四級以上のスカベンジャー、もしくはマーセナリーで、戦闘に自信のある者。

 【報酬】 成功報酬:チームで300円
              群れの規模に応じて危険手当、学術的発見で特別報酬等増額有り

 【解説】
  うちの研究所が使っている研究施設の一つで、実験用ミュータントが予想以上に大繁殖してしまってね……
  まあそれについては繁殖に関する事例としてデータが取れたからいいんだが、数が多すぎて施設が使えなくなってしまったんだ。
  そこで君たちには、その施設で増えたミュータントの間引き……つまりは駆除をお願いしたい。
  施設は頑丈だから、多少派手にやっても大丈夫なはずだ。その分、全て殲滅するようにお願いするよ。

  実験初期では、下記のミュータントが飼育していた。
  ・大ネズミ:外の一般的な個体より大型のもの多し。繁殖力が高く、数が多いことが懸念される。一匹一匹はまあ弱いはずだ。
  ・大ナメクジ:ネズミより足は遅いが、壁や床も這って移動する大型のナメクジだ。ネズミ同様、繁殖力が高く、数が多いことが懸念される。
  ・野犬:何の変哲もない、犬のミュータントだ。他の二種より力は強く、すばしっこいが……数の暴力で、とっくに全滅してるかもな。

  追記:異なる種類のミュータント同士は、互いを外敵兼餌として認識するため、敵対している可能性大。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 【依頼情報】

 【名称】 野盗の夜襲--下準備

 【依頼人】 独立傭兵機構

 【受諾条件】 戦闘に自信があり、隠密行動もできる者。

 【報酬】 一人頭100円+チームに獲得物資から半額分

 【解説】
  諸君、稼いでいるかな? 仕事の時間だ。
  この度、このシズオカ地方でやんちゃをしている野盗どものアジトの一つが判明したから、
 奴らお得意の夜襲で逆に仕留めてやろうじゃないか。
  ついては真正面から連中を叩きのめす戦闘チームと、その下準備を行う隠密チームを募集する。
  これは隠密チーム分の募集だ。

  受けるつもりなら五人未満の少人数で、奴らのアジトに侵入。
  とある貴重品の奪還と、敵車両への仕込みを頼むことになる。
  人数は少なくリスクは高いが、その分物資半額分と人数費で言えば報酬は融通しておいた。
  無謀とはき違えていない、真なる勇者の立候補を待っている。

 【備考】
  シンは同行時、基本的に装甲スーツを使用しません。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
6471 : ◆RD3CAnAM9Y ★ [] 2018/02/24(土) 21:25:18.24 ID:9WG1PtYA
             _
          ,.ィi〔::_≧x  __
          '´     ';:::!´      `   、
            ィ ´ }/_   _     \-s。
          .ィi〔i:/ ォ'´::::≧=≦、_、     ヽ_:i:i≧s。
        ‘,:i:i://::::::::::{::::::::\::::::`ヽ     Y:i:i:i:i:i:/
           ヽ.'´::::::::::|:::‘,:::::::::::‘,、::∨‘,ゝ_  ,}∨:ir'
          .':::::::::{:::i|ヽ_:\::::::::|_}:::ハ:::}:::ゝ, ヽ∨
          , イ::::::‘,::{:::i!´ \::ヽ::::| Ⅳ ヽ|:::::::{_, Y!    おいボンクラ、テント類の販路確保に、
        /' |::!:::::‘,∨ヽ  `ヽハ:{x笊㍉|:::::::::::}_ノ:{
        }! /::ハ:::{::::‘,笊㍉     r' :り|:::::::::::|从ヽ    その無駄に広い人脈を使って軍や行政と話を付けてくるのです。
         ヾ.':::' }\、::ヽ vり     `¨,,, |:::::::::::|Yノヽ)
         .'::::{ j!::::::}ハ`..   、      '|:::::::::::|:|!:::|!|                         唐突だねダリアン……どうしたんだい? >
       .':::::{ /::::::/::::介s。   、  .ィ, 、|:::::::::::|:o:::o|
       .':::::::{.'::::::/:/:::|:::_r-≧≦-.'=.ァ|:::::::::::|_::::::::!    何、ちょっとした勘なのですよ。
      .':::::::::!:::::/:´:::::::::!:|三三Y:三三:j!:::::::::::i: : : :≧: .、
      .j!:::::::;'::::;'::::::::::::>:{r;!}三i{三三 j!::::::::::::' :, : : ´: :/  今はスラムの復興もだいぶ進んできましたので、
       .j!::::::;'/:::::::::::/  {r;!}` ーー‐イj!:::::::::;': : : : : : :/
      j!::::/::::::::::::::::::}   Yニニニrニニヽ,'::::::::/: : /: : イ   脳死でテントを流すわけにもいきませんが故。
       j!::/::::::::::::::::::_>:≦|ニニ 「ニニニ/:::::::/: : /: : : : :‘,
     j!:/:::::::::::::::::∧.::. .: :.|ニニ }.ニニ .':::::::/ ヽ: :` : : 、: ‘,
     j!/::::::::::::::::::/::∧ヽ: {r;!}ニ.{ニニ./::::::/: :./‘:,: : : : : : :‘,
     /::::::::::::::::::::::::::::::/: ‘{r;!}i:i:i:i:}〈/:::::;イ: : : : :∧: : : : : : ‘,
┏────────────┓
│ 取得物
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 9mm.特殊消音拳銃      ×1 >>6286
| ノートPC?            ×1
| 銃器改造キット          ×1
| 銃器改造パーツ(箱入り)  ×5
| 銃器整備キット(箱入り)    ×2
| 組み立て式ガンラック      ×1
| 弾薬入りコンテナ         ×2
| 銃器消耗部品入りコンテナ ×1
| 金具セット              ×2
| 四人用携帯テント         ×3
| 香り付きテント(一人用)   ×3
| 香り付きテント(二人用)   ×1
| 軍用軽量背嚢           ×4
| 保存用コンテナ(空)     ×6+?
| 有澤印の入浴剤         ×10
| 車載携行バスセット      ×3
| 旧文明のエロ本(雑誌)     ×1
┗───────────────────────────────────────┛
6472 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2018/02/24(土) 21:26:00.94 ID:qntZHFpe
書き溜めさん… どうして死んでしまったんや…(震え声
6473 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2018/02/24(土) 21:26:35.96 ID:XIbdHGMi
書き溜めさん御愁傷様なのです
6474 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2018/02/24(土) 21:27:07.15 ID:xjdSjJez
……ダリアンの感すごすぎね…?
6475 : ◆RD3CAnAM9Y ★ [] 2018/02/24(土) 21:28:51.06 ID:L2UAv0O6
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
6476 : ◆RD3CAnAM9Y ★ [] 2018/02/24(土) 21:29:12.20 ID:8O8HHKCQ
                      [ ̄ ̄`i´ ̄.]          [ ̄ ̄`i´ ̄.]         [ ̄ ̄`i´ ̄.]
                      iエ:,.;. i,;: ェi          iエ:,.;. i,;: ェi         iエ:,.;. i,;: ェi
               ,,,-‐-,,,‐‐‐‐‐‐‐‐、ェi エ;:]‐‐‐,,,,,-‐-,,,‐‐‐‐‐‐‐‐、ェi エ;:]‐‐‐,,,-‐-,,,‐‐‐‐‐‐‐、ェi エ;:]‐‐‐‐‐
            ,,,-‐'''.,-‐-、.'''‐-,,,三三三三 ,,,-‐'''.,-‐-、.'''‐-,,,三三三三 ,,,-‐'''.,-‐-、.'''‐-,,,三三三三三三三
        ,,,-‐'''    {三三}   '''‐-,,,_,,,-‐'''    {三三}   '''‐-,,,_,,,-‐'''    {三三}   '''‐-,,,三三三三三
     ,,,-‐''.'==ニニニ二二二二二ニニニ=====ニニニ二二,二,二二ニニニ=====ニニニ二二二二二ニニニ==.'''‐-,,,三三三   一番奥にあるからか、
  ,,,-‐''' ̄i_i ̄i_i ̄i_i ̄i_i ̄i_i ̄i_i ̄i_i ̄i_i ̄i_i ̄i_i ̄i_i ̄i_i ̄i_i ̄i_i ̄i_i ̄i_i '''‐-,,,三
 <二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二>   本当に図抜けて大きいな、これは。
  |l:ヽ/:l|__j,;:.;_j_,;:.;.,:j,;:,;_j__j,;:.;_j_,;:.;.,:j,;:,;_j__j,;:.;_j_,;:.;.,:j,;:,;_j__j,;:.;_j_,;:.;.,:j,;:,;_j__j,;:.;_j_,;:.;.,:j,;:,|l:ヽ/:l|
  |l:/ヽ:l|_j,;:.;,;_j__,;.j__j,;:.;,;_j__,;.j_,-‐‐‐‐‐‐‐‐‐v‐‐‐‐‐‐‐‐‐-、_j,;:.;,;_j__,;.j__j,;:.;,;_j__,;.j__j,;:.;,;_j__,;.j__|l:/ヽ:l|
  |l:ヽ/:l|__j,;:.;_j_,;:.;.,:j,;:,;_j__j,;:.;__i: ゚ ゚ ゚ ゚ ゚ :.i.: ゚ ゚ ゚ ゚ ゚ .:i:,;_j__j,;:.;_j_,;:.;.,:j,;:,;_j__j,;:.;_j_,;:.;.,:j,;:,|l:ヽ/:l|
  |l:/ヽ:l|__,;.j__j,;:.;,;_j__,;.j__j,;:.;,;_ji: : : : : : i ______i__,;.j__j,;:.;,;_j__,;.j__j,;:.;,;_j__,;.j__j,;:.;,;.|l:/ヽ:l|
  |l:ヽ/:l|__j,;:.;_j_,;:.;.,:j,;:,;_j__j,;:.;__i: : : : : : i. :|   ...:::::::::::::l:,;_j__j,;:.;_j_,;:.;.,:j,;:,;_j__j,;:.;_j_,;:.;.,:j,;:,|l:ヽ/:l|
  |l:ヽ/:l|__j,;:.;_j_,;:.;.,:j,;:,;_j__j,;:.;__i: : : : : : i. :|...::::::::::::::::::::l:,;_j__j,;:.;_j_,;:.;.,:j,;:,;_j__j,;:.;_j_,;:.;.,:j,;:,|l:ヽ/:l|
  |l:ヽ/:l|__j,;:.;_j_,;:.;.,:j,;:,;_j__j,;:.;__i: : : : : : i. :|:::::::::::::::::::::::l:,;_j__j,;:.;_j_,;:.;.,:j,;:,;_j__j,;:.;_j_,;:.;.,:j,;:,|l:ヽ/:l|
  |l:ヽ/:l|__j,;:.;_j_,;:.;.,:j,;:,;_j__j,;:.;__i: : : : : : i. :|:::::::::::::::::::::::l:,;_j__j,;:.;_j_,;:.;.,:j,;:,;_j__j,;:.;_j_,;:.;.,:j,;:,|l:ヽ/:l|
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| ぽっかりと、大口を開けた倉庫が一つ。
| 今シャナ達が乗っている輸送トラックはおろか、トレーラーを牽引するような大型のトラックすら、
| 堂々車列を組んで侵入しえるほどに大きな倉庫だ
┗───────────────────────────────────────┛
6477 : ◆RD3CAnAM9Y ★ [] 2018/02/24(土) 21:33:25.83 ID:jGAnRMCq
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
><.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
    ><.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
 .;     | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     .; |             #;                (   )                        .;    倉庫のど真ん中は、綺麗にスペース空いてるおね > やる夫
     .; |                     .;                       ξ                      .;
  .;    |   .;
    .;  |                 .;                                   .;
  .;    |                       .;                  .;                   #;
 .;     |    .;       ┬───┬───┬───┬───┬───┬───┬───┬
 .;     |       .;    |      |      |    :::::::::|:::::::::::::::  |      |      |      |       .;
     .; |           .;|      |      |    :::::::::|:::::::::::::::  |      |      |      |  .;
  .;    | .;          |ニニニニニニ|ニニニニニニ|ニニニニニニ|ニニニニニニ|ニニニニニニ|ニニニニニニ|ニニニニニニ|__________
ニニニニニニニニ/ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|\======|\======|\======|\======|\======|\======|\======|\======|
ニニニニニニニ/   ...│         .;  .|==\====|==\====|==\====|==\====|==\====|==\====|==\====|==\====|
ニニニニニニ/     ...|;:.      .;     |====\==|====\==|====\==|====\==|====\==|====\==|====\==|====\==|
ニニニニニ/       ...|:;:;.       . ;   |======\|======\|======\|======\|======\|======\|======\|======\|
ニニニニ/   >< . ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
ニニニ/><
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| そんな倉庫の中に、一歩足を踏み入れて……というかトラックで乗り入れてみれば、
| まず目につくのはがらんどうに何も置かれていない中央部分。
| 先漁ったスカベンジャー達の手によって、既にそこにあったものを持ち帰られた後……
| というのもあるのだろうが。
┗───────────────────────────────────────┛
6478 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2018/02/24(土) 21:34:40.39 ID:xjdSjJez
車両とかがあったのかな? 戦車や自称装甲車とか…(棒
6479 : ◆RD3CAnAM9Y ★ [] 2018/02/24(土) 21:37:32.07 ID:ghI2+Tlc
              ,イ                 ヽ
         /              、   ヘ
        /        ,イ ヽ  ヽ   ',    ハ
           / ,イ_/ ,イ ,/ ! ト、xr=≦ト   !
         i i ,F≧xr=-i{/l/≠笊ミァ ,!   l    i  ……車止めの跡や、白いラインがあるな。
         | .! |i ,Ⅶililiヾ ` / ん:::::ら Ⅵ   ト、   |
         |  !从{ilililililiリ   う::::::::リ .!   l/   .|  元々車で乗り入れて、あれこれ運ぶような倉庫だったとかか?
         |  レ' ゞililiフ    ゞ-‐´  l   .!    |
        |    ∧   ヽ        .l   .l     !  壁際まで目を向ければ、棚なんかもまだ残ってるし……
        |     _入  __r_=__    ,.!   !___」_
        |  ,>´ : :ゞ,´z-_―´, イ l     i!  ̄ ̄∥                                  ……いや、どうだろう > シャナ
        | < : : : : : :,/´二 <´r=i l    リ    ∥
        |  \: : : :´    ´/.i_ ノ.l   / /  ̄ `ヽ
        |     iヾ _|    i∪  l   /  '        ヘ
        |  ,/   ,!     |-‐.´l  /         ヘ
        |. /    / }     /   | /ヽ、          ヘ
        !/.    《/ \   i   {'  》             ヽ
       /     / \ \/   li ,彳            \_
      ∧    /    \ /    li"                / 〉
      ゞ ` ─-/       /     lL               , イ /
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| そのがらんどうの中央にトラックを停めて降り、周囲を見渡してみれば、車の駐車スペースを
| 示す消えかけの白いラインや、天井もどこも崩れていないのに転がるコンクリート片など、
| 旧文明の頃からここに車両を何台も停めていたのだろうことが察せられる痕跡が多々。
| それらの痕跡と壁際の棚に視線を投げながら、チンクがここは車で運び出すようなものが
| 多いのかもしれないなと予測を口にして……シャナがそれに、疑問を呈する。
┗───────────────────────────────────────┛
6480 : ◆RD3CAnAM9Y ★ [] 2018/02/24(土) 21:41:44.16 ID:ghI2+Tlc
:::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::\::::\::::\::::::::::\::::::::\
::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::|:::::.:::::::::ヽ:::::ヽ:::::ヽ:::::::::::::\::::::::ヽ
::::'::::::'::::::::::::::::::::::::::::|i::::|::::::::::::∨:::::∨:::∨\:::::::::ヽ、:::::',
/::::/::::::::::/::::::::::::::::::':::::|i:::::::::::::|、:::::::!:::::::}、:::::\::::::::.\::}                             どうしたシャナ、何かあったのか? > チンク
::::::'::::::::::/:::::::/:::::::/:::::.::::::::::::::::|::ヽ:::!.ヽ./::::、:::::\::::. ヾ
::/:::::::::/::::::::/:::::::/:::::::::|::::::::::::::|:::::マ{/::::|::::::ヽ:::::::ヽ.ム  うん、持ち帰れない推察材料が一つ。
:':::::::::::|:::::::::':::::::/i|:::::::∧:::::::::::::':::::,イ|:__ヽ}、::::::::.::::::::|:マ}
|i:::::::::!i:::::::,|::::::/ |::::/  ∨:::::/:::/ }/斥ヽァ∨:::::.::::::|::}|  車を何台も呑み込んでたってのは間違いないだろうけど……
|:::::::::,!ー /|-/― }/ー '  |:::::'.   ,イr ,ら i} ∧::::|:::::!:/
|:::::::/!::::/ ,.ィテ笊芯ヽ |::/    比刈  ハ|::/:::::|    物資の集積倉庫にしては棚の数が随分少ない。
|:::::::'::|::/ ,イ/ 忙_-、ら  j/      込ソ ::::::|ハ:::::;'
|::::/::::{ハ Y  比し'刈  /           {:::::| .∨     持ち去られた分があるのだとしてもね。
{Ⅵ:::::::::{    込_z斗       、       |::::::.
|::::::::::::::|                     人:::::i       何より……
ム::::::::::::::.            ,. v   /  :.::::::.
,∧::::::::::::ム                イ___|_::i                                               なにより? > チンク
i/∧:::::::::::::', ̄ ̄\      //////////|:ヽ
///::.::::::::::::.∨/////| ̄ 7  - '///////////i!::::.\
///∧:::::::::::::∨////|   ト、//////////////|:::::::::::.ヽ
////∧:::::::::::::∨///|  |: :\/////////// /\::::::::::::.\
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 運転席を降りたシャナが、トラックの前方広範囲に視線を巡らせながら、
| 問い返してくるチンクに応える。
| 倉庫のサイズに対して棚やその跡の総数が少なく、翻って言えば
| 駐車スペースが異様に広い、と。そして何より……
┗───────────────────────────────────────┛
6481 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2018/02/24(土) 21:46:41.28 ID:bYly+pvJ
やっぱ整備場だったのか…?
6482 : ◆RD3CAnAM9Y ★ [] 2018/02/24(土) 21:47:03.09 ID:+94VdVrP
      ,-――‐、              ,-――‐、
   r―、f,',' ,-‐―`、;f―――――――- f,',' ,-‐―`、;r―,"ヾ、
   f l   k,,l;;;frkヽi;;' ________k,,l;;;frkヽi;  \ ヽ、
  |l    入 ̄ヽ    ,=――、               ヽ \             そこ、トラックの正面に壊れた車が転がってる > シャナ
   | l     ^,r、二ヽテ===))   l                ヽ \
   |   _ヘ二ヽ入_ヽ====`=))))                 ヽ ヽ                              うわっ、本当だ。
   l、   ̄''―-",-――‐、              ,-――‐、   r―'  ,'l                         昔潜った人間のか? > チンク
   、ヽ      f,',';;,r―-、;;k、――――――――i;; r" '⌒ヽ ゝ―k__/
   `、ヽ、__ l;;;;;(   );;i |           l;; (    ) l   l//ノ                   いや、そんな話は聞いてないお > やる夫
     !、__l  ヽ'';;;;;;;;;;;;;"ノ/            ヽ、_二二_ノ ,,,;;;;;''''"《
      `―-、 ==   イヽ            k__,,,k"     》
      `、_/ ⌒^``ヽ__《            <   》      《
                 》                 《
                《                  》
                                ,、/`-、
                              ''/ 、⌒`、\
                            \   \ \\
                             \   / '',,ア》
                                  \,,// 《
┏────────────┓               `"》
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 何より、とトラックの後ろから降りた二人に向けて、トラック正面を示すシャナ。
| そこに文字通り転がっているのは一台の自動車だ。ただし、とうに壊れて使い物にならない。
| 目につく範囲ではこの一台だけ。そしてこの自動車の傍には
| やはり駐車スペースを示すラインがあって……
┗───────────────────────────────────────┛
6483 : ◆RD3CAnAM9Y ★ [] 2018/02/24(土) 21:53:56.46 ID:FT7pxA+v
         ___
     ,  ´         \
    /              ヽ
   ./   -- ..,_       _‘.    金属の腐食具合とかを見る分にも、
  ,'         _    __´_ ‘.
  ,    t''tzj´       ̄ ̄  ‘.   少なくともやっぱり最近の物じゃないおね。
  {    "'`¨¨´           、、 }
  ヽ       ゝ-‐ ー- '     '    倒れた向きと方向、ラインからの距離を考えるに……
   \              、 <_
    >,7/1  _ ,r' `'rv////    多分シャナの予想してる通り、壊れた旧文明の車両が放置された、
   〈/////」   V / l///\
   __//////ン 〈,r'    _〉Y// ト、  って線も十分あるお。
  {//\`¨7 o⌒f \,r'´ 、ゝ///|.:.ヽ
  j,////`7'__`] !_  ! Y´ ` \,r':、<                                       ということはこの倉庫…… > チンク
  |,//////∨ ヽ_ヽ.{ {ヽト j′∨ ヽ __
  |//////У   ヽヽ} } ヽ ィ、 ,ヘ | `fヽ ヽ  車両倉庫か、もしくはその整備場、
  |,∧_/z</〉  _ lT = ‐'ー ´  | | l }
  j_/_/> ´゙´  | l 二      | | / ,r'   って線が濃厚だお。
    ̄ヽ      ヽヽ.二   . ^└ `´
      \ __ 、 }.} >´
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 鉄板がへこみ、はがれ、所により腐食した車両に歩み寄って、
| やる夫がざっとその状態を調べる。
| ……ここが屋内で雨ざらしにされているわけではないことを考えれば、
| ここ数年で壊れ、捨てられたものではないだろうとのことだ。
| そうして導き出される解答は、この倉庫は車両関係の倉庫か整備場だったのだろうというもの。
┗───────────────────────────────────────┛
6484 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2018/02/24(土) 21:55:41.25 ID:l7ak59Sd
つまり敵は整備済みの戦闘車両の可能性が…?
6485 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2018/02/24(土) 21:59:41.96 ID:XIbdHGMi
クルマ牽引して持って帰れるかな? ひっくりかえってるし無理か
6486 : ◆RD3CAnAM9Y ★ [] 2018/02/24(土) 22:00:24.41 ID:37kmkYX8
        _  -――- _
      /          `ヽ
     //   ,イ/{.i .ハ i    ヽ
     l.lイz/≧{' Ⅳ-{ェト、 |  ',
     | .{/:::::::}   7テミ、ヾ. |   ',      なるほど車両倉庫……。
     | .{__/,   込ンi   ト   l
     |圦'''''    ''''''''|''' lリ   l      ということは、このだだっ広い空間は……
     |  ト、 ‐    _.」  .l    l                                      自動車
     |  | ` ,=r ≦_」   !    .!                             先人が既に目玉商品を持ち帰った跡だお > やる夫
     |  |  /:i::::ト|ヘ::::l  !    l
     |  |/:7l::/ l:《´:l  !\    !     ですよねー。
    . ハ .|:::/,イ/__l::ヾ:l  !::::::ヽ  l
    .l l |::《::/ヽ l/':l   !::_::-=ヽ l
    l ム l__Y   レ'__」  lニ..-::´:::ト、 l
   . l  ||ヘ{ー|   |-‐ | ハl:ト、::::::::::}:::} .l
   . ! .l:!::::::::|   !:::::::l':::::::l:ヘ:::::::/:::l l
   ..l  l:|::::::::l   l:::::::::::::::::l:::ヘ:::/::::::l l
    l .l:::!:::::::l   .l:::::::::::::::::l::::::::::::::::::l i l
   .lハ.l:::::〕::::l〔〇〕l::::::::::::::::::l:::::::::::::::::::lN
   .{ l.l::::l:::::::l   l:::::::::::::::::::}::::::::::::::::::l
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| そうした推測に基づいて、倉庫の中を今一度見回してみる……
| 壁際にある棚は、おそらく整備道具などをしまっていたのだろうもの、
| 広い入り口とスペースは文字通り車が何台も行違っても通行し、整理できるようにするため、
| そしてがらんどうの中央は……それなりにあったのだろう旧文明の車両たちが、
| 軒並み持ち帰られた後だということ。
┗───────────────────────────────────────┛
6487 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2018/02/24(土) 22:02:15.20 ID:Ly+puBeP
どんなものが残ているのかな
6488 : ◆RD3CAnAM9Y ★ [] 2018/02/24(土) 22:06:44.67 ID:MbJuaQFt
|  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  | | |  |._ ._  | |  | : | | | |
|  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  | | |  |l  ll  l | |  |__,l | | |
l,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,l | |  ||  ||  | | |  |_| | |
______________.| |  ||  ||  | | |  | _,,| | |   ま、軒並み車や大型工具は持ち去られてるけども、
._. _. _ ._ ._. _. _ ._ ._  | |  ||  ||  | | |  | : l | | |                  棚の類は残ってるし…… > やる夫
l  ll  ll  ll  ll  ll  ll  ll  ll  l | |  |l,__,ll,__,l | |  | : | | | |
|  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  | | |  | ___| |  | : | | | |            整備道具や部品はまだ期待できますか > チンク
|  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  | | |  |._ ._  | |  |__,l | | |
|  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  | | |  |l  ll  l | |  |_| | |                              だお。
l,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,l | |  ||  ||  | | |  |  | | |        ああシャナ、この廃車を持ち帰るのは…… > やる夫
______________.| |  ||  ||  | | |  |  | | |:::.....
._. _. _ ._ ._. _. _ ._ ._  | |  ||  ||  | | |  |  | | /;;;;;;;;;;:::          ……そのひっくり返ってるのですか > シャナ
l  ll  ll  ll  ll  ll  ll  ll  ll  l | |  |l,__,ll,__,l | |  |  | |/;;;;;;;;;;;;::::::
|  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  | | |  | ___| |  |
|  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  | | |  |       | |  |
|  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  | | |  |       | |  | :::::...
l,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,l | |  |       | | /;;;;;;;;;;;;;..
______________.| |  |       | |/;;;;;;;;;;;;;;;;::::
                         | |  |
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| まあ、車なんていう目に見えて高価な品が軒並み残っていないのは残念だが……幸いにも、
| 壁際の棚などはいくつも並んで残っているし、遠目には中身も多少なりとありそうに見える。
| こちらを漁れば、成果0ということにはなるまい。
| あと、廃車とはいえ目の前の車をけん引なりして持ち帰ることも考えられるが……
┗───────────────────────────────────────┛
6489 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2018/02/24(土) 22:08:20.47 ID:XIbdHGMi
クルマに乗りそうなもんはクルマに詰めて持ち去りそーなもんだが
6490 : ◆RD3CAnAM9Y ★ [] 2018/02/24(土) 22:10:41.13 ID:MbJuaQFt
先人A「他の倉庫のブツも運び出したかったし……」
先人B「車とか持ちかえれば金なるし、必要以上働きたくなかったんで……」
先人C「面倒だし棚丸ごと一個だけ載せて帰ればいいや」
という感じだったということで……(ひょっとして:ご都合主義)
6491 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2018/02/24(土) 22:12:00.71 ID:77fSaLTl
ご都合主義 大事
6492 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2018/02/24(土) 22:12:42.85 ID:XIbdHGMi
戦闘とかあったんだろうしチマチマしてたら日が暮れるとかそういうアトモスフィアやろきっと
6493 : ◆RD3CAnAM9Y ★ [] 2018/02/24(土) 22:15:50.24 ID:v06KkuKK
  〃::::::::::::::::/:::::::|:::::::::::|::::| 斗\:::::::.|  ∨::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::|
    |:::::::::::/:::::::::::|:::::::::::|::::| |厂  \::|  ∨:::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::|
    |:::::::/|:::::::::::.从:::::::::|::/ 〃云弍゛X}ア   ∨::::::::::|::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::|   三人がかりで押せばひっくり返るでしょうし、
    |::::/ |:::::::::::/ N:::::::|    iレ i  /   ∨:::::::.|::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::|
    |/  |:::::::/  .ヽ::::|     込/      ∨/.|   ..ヽ:::::::::|::::::::::::::::::|   向きはそれでどうにか……馬力も多分足りると思います。
    i!   |::::/      ヽi                /:::::::::::|    /::::::::::|::::::::::::::::::|
       |/    ,ィ'             /::::::::::::::.|b 〆:::::::::::::|::::::::::::::::::|   ……ただ車輪が欠けてるので、引き摺って行くことになります。
             ヽ                /::::::::::::::::::|_ ..:::::::::::::::::: |:::::::::::::::::.|
                ヽ               /::::::::::::::::::::.|:::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::.|   軍事遺跡の中で、ガラガラと騒音を立てながら。
             丶ヘ         /::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::|
            /  ̄\     ー――――――――――,ィ'|::::::::::::::::::|                       おし、持ち帰るのはなしだお > やる夫
              //////.ハ    |ヽ//////////////////////|::::::::::::::::::|
          ////////ヽ  .斗/ヽ/////////////////////|::::::::::::::::::|
          |//////// : : : : : ///i/////////////////////i::::::::::::::::::i
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| ……以前の【大口の遺跡】で見付けた装甲車と違い、正直こいつは損壊著しい。
| そのうえ持ち帰ろうとすれば引き摺る羽目になるのだから、未だ未探索領域すら存在する
| この軍事遺跡の中を、騒音を立てながら外に向かうことになるわけで……
| 本来の警備エリアを飛び越えて、警備ロボットの類が殺到しないとも限らない。
| これでは少々、丸ごと持ち帰るにはリスクとリターンが見合わないだろう。
┗───────────────────────────────────────┛
6494 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2018/02/24(土) 22:18:55.90 ID:b6b9LDIH
パ、パーツは……  剥ぎ取れないか
6495 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2018/02/24(土) 22:19:05.83 ID:XIbdHGMi
牽引できないんじゃそら放置するわなぁ……    部品剥げるかな
6496 : ◆RD3CAnAM9Y ★ [] 2018/02/24(土) 22:22:43.19 ID:9mFitivD
                 ,,..-――-..,,
             /          \
            /            ヽ
         /      ___)   ヽ- l
          l       '´       r  .l   それじゃああの車はせめて、
        .|.      =-=   =--'' ',
.          ',             ヽ   l   使えそうな装甲や部品がないかだけ、
.           ヽ.     (_ノ--'  ノ
.       _ ---‐| \、 ____ ,,..-<    ちょいとバラして見てみるかお。
    /´     l l  \    | r-ヽ  `ヽ
.   /      | ヽ   .>、 r'__..>>   |                            あ、やる夫さん。私の工具使いますか? > シャナ
    |   ヽ   .|_ヽ.イ .〈Y´ i `''1 |  |
    |.     、  < ´  .i  |  i  | |  |   おっお、リッカんとこの工具セットかお。
    !.      ヽ  ヽ  .i  .|  .i  .|.l  |
.   |    /   ヽ  i  .|   i  |l ..|   ありがたく借りてくお。
..  j    /,.    ヽ .l  .|   .i |`ヽ|
   |     |:        l/  .|   ヽ|  .l
   |     |:       /   l     /.\ ヽ
   |     |      /   .l   〉  \l
   |     |     /__,..--'┬-イ    |
   |===:|   /―‐┴''"´ ̄ ̄l     |
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| と、いうわけで地面に転がる唯一の廃車については持ち帰らないことが決定。
| せめてパーツで使えそうなものが残っていないかだけ、やる夫が解体してみることになった。
| 廃車の傍に座り込んだ彼に対し、シャナが懐から取り出した軽量工具セットを手渡すと、
| 礼を言って受け取った。……相変わらず、普段の解体は単分子ナイフ一本のスタイルらしい。
┗───────────────────────────────────────┛
6497 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2018/02/24(土) 22:23:37.59 ID:/g4Qc6+j
やる夫さんは工具買わないのかねぇ…
まあ単分子ナイフの方が手っ取り場合だろからスタイルに合ってんだろうけど
6498 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2018/02/24(土) 22:28:58.18 ID:XIbdHGMi
工具っても持ち運び考えると弾薬とかとトレードオフだろうしなぁ
6499 : ◆RD3CAnAM9Y ★ [] 2018/02/24(土) 22:29:58.08 ID:BfBaYpv5
        _   -‐   ̄ ̄ ̄  、
       ´             ヽ-.、
   /                   \    \
  /                     i       ヽ
      /    |     ハ    |        ふむ、先生は車の解体か。
  | / / / ! |  i!  i! i |    |     |
  | / ! i! ,イ .i!  i!  ! i! i!    |      |  それじゃあシャナ、先生が作業をしている間に、
  | |_{ | ハ! Ⅵ  ト. ト、 ||     .|      |
  | Fi≧x{/{!z≦キ仁≧⊥.__   |      |  私達も棚の方に使えそうなものが残ってないか、
  | { Ⅶilハ   `x芹テミx从!    r,、     |
  |  {ilililiリ    .ぅ::::::} }' |    .i!' ハ    |  探索を進めてしまうとしよう。
  |  Ⅷル      辷zソ  |    iリ ノ     !
  |  Y<             !   i!/    \|                       他に気配もしないし……そうだね、そうしようか > シャナ
  |   人            |   i!::!        \
  |   ,/ iヽ ´`       |   i|├─<
  |  .i! | i\    _....::::|   リノ ス/.rfヘ     ヽ
  |  .i! | 「「 ̄`¨¨´ `i:::::::!   //:/ |:| ! }    i!
  |  ハ | |:|       ,F廴「!  ./´: :/  ,|:|_ノ リ    |
  |  { Ⅵ_,ゞ=ミ、  ,/:|:廴./ ./: : :/r=≠^ <     !
  |  |¨´    i:| 〃:ノ: :./ //: : ://       ` <. |
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| さてそれでは、やる夫による車の解体・調査の傍ら……
| こちらはこちらで、車両倉庫の探索を進めるとしよう。
| 四輪自動車の類はもう残っていないが、他の物……例えば整備部品や道具などは、
| まだ棚の方に残っているかもしれないのだから。
┗───────────────────────────────────────┛


   ▼ 探索/解体判定 1D100+観察眼(18)+軍事知識(24)+機械解体(15)+探索(9) 目標値:80/110/140

   ↓1~3 シャナ・チンクの探索と、やる夫の解体作業について自由記述
   ↓3    ダイス採用

6500 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2018/02/24(土) 22:35:55.85 ID:G16xPPsb
【1D100:97】
解体する時は軍手等で手を保護しある場合は防塵マスクやゴーグルで防護しながら行おう
車両は錆びているしひっくり返っている、バランスを崩さないよう解体する順番(外側からor重い物は先になど)にl気を付けて
棚はその裏や一番上など見づらい部分に注意して探索
棚板の裏などもなにか貼り付けてあるかもしれない 見落とさないように
高い部分は肩車(定番)   が無理なら虎鉄に台になってもらおう
戦闘などを加味して銃器などの配置場所が決めてあるのかもしれない、そのような場所は重点的に探索
6501 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2018/02/24(土) 22:38:23.73 ID:E/QmaxuM
【1D100:20】
6502 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2018/02/24(土) 22:38:47.85 ID:Ly+puBeP
【1D100:96
廃車の方は装甲や部品だけでなく物入れや隙間に物がないか確認しておく
棚の中で乱雑に置かれている場合は値打ち物が混ざりこんでいないか注意する
6504 : ◆RD3CAnAM9Y ★ [] 2018/02/24(土) 22:39:52.22 ID:BfBaYpv5
>>6500,6502
なぁにぃ、このダイス値……よりによってここでこのダイス値か……!!
オーケー、ではしばしまたれよ
6505 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2018/02/24(土) 22:40:10.79 ID:E/QmaxuM
目標値の140を超えたね
6506 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2018/02/24(土) 22:40:19.54 ID:XIbdHGMi
余裕ですなー…
6507 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2018/02/24(土) 22:40:53.09 ID:G16xPPsb
ktkr!!!
6508 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2018/02/24(土) 22:40:55.30 ID:Ly+puBeP
やったな!
6509 : ◆RD3CAnAM9Y ★ [] 2018/02/24(土) 22:45:37.61 ID:BfBaYpv5
   ダイス【96】+安価【25】+特技【76】 > 80/110/140 第三段階クリア!

   /://: : : : : : : : :、: : : : ;.: : : : :.,: : : : : : : : : :\: : : : :':,
.  /:// : , : ,: ,: ; : ,ハ : : : {: : :,: : :{ : : : : : : : : : : : ':,: : : : }
  ∨,' : /.:./:/: {: :{  }: : : :|: : {: : : ', : : : : : : : : : : : :} : : : |
.   {: ::{: /:::{: ;ハ.:.} .{: : : :|\:\: : \: : : :、 : : : : :|: : : |   それじゃあまずは手分けして
.   |: ::|.:{::::::V__}/\ \: :|: :,'\:\: : ',: : : | : : : : : | : : :|
.   |: ::}.:|::::::::【 ̄`ト、ヽ }: }V, '"\}\}ヽ: :} : : : : : | : : :|   ざっと見て回るところから行こうか。
.   |: /り:::::::::| 抓ノ|  |;ノ  ,. イ¨゚゚翔ミッ∨\ : : : | : : :|
.   {/  |: : : :|. 弋,リ        f爪;ノ:| / } : : \: :} : : :|   何か見つかったら、その時は遠慮なく呼んで。
        |: : : :|         弋__夕   ,': : : : : Ⅵ : : : |
        |: : : :|     {              ,': : : : ::::::::| : : :|                  ああ、それじゃあ私は入り口右の方から見ていこう > チンク
    -‐…|: : : :|\                /: : : : ::::::::::| : : :|
.   \::::::|: : : :|::::::\ ' -   ___/_,,,,...  -‐ァ : : |    なら遠すぎず近すぎず、右奥の一帯を見てみる。
      \|: : : :|::::::::::::\   |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ : : : |
        |: : : :|::::::::::::::::::`¨¨「 |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::;:':::|: : : :|
        |: : :り、::::::::::::::::::::::::|T!:::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::'; : : :|
        {: : :}:::::\::::::::::::::/;';':::::::::::::::::::::::::::::::;:::::-―-、 : |
      ',: :,'::::::/ ̄::::;:'|:::;'/:_:_:_:_:_:_:_;;::::::'"::::::::::::::::::::::ヽ|
        ∨::::::{::::::::::::/:::!:;':{:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}|
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| さて、それではやることは決まったことだし、早々に活動を開始するとしよう。
| 何か――例えば高所の物を取るとか、重いものを運ぶとか――あれば協力しあうことを約束し、
| チンクとシャナは一旦分かれて壁際の棚を探索することにする。
| さて、一体何が残っているやら……
┗───────────────────────────────────────┛
6511 : ◆RD3CAnAM9Y ★ [] 2018/02/24(土) 22:52:02.22 ID:BfBaYpv5
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

                 く>
        ┌────┐ く>
        └──┬─│
            ┌┘┌┘
            │┌┘
            │└┐
            └─┘
6512 : ◆RD3CAnAM9Y ★ [] 2018/02/24(土) 22:52:14.28 ID:BfBaYpv5
     |                     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     |                       | |二二二二二二二二二|| |二二二二二
     |  ______         | |=|≡=y=]         .|| |
     |  ||         ||       .| |==================|| |==========                ……おーい、シャナ。
     |  ||         ||       .| |       .━=γ=γ .|| |                 早速で悪いが、ちょっといいか? > チンク
     |  ||         ||       .| |======/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/ ̄ ̄
     |  ||         ||       .| |     : | |二二二二二二二二二|| |二二      うん、別にいいけど……何かあった? > シャナ
     |  ||         ||          | |===== | |-≡≡y≡y        || |
     |_||         ||_____| | : 口 :: | |==================|| |===        ああ、明らかに重いものがちょっとな > チンク
   /                           |_|ニニニニ::| |=|≡=y=]  .|| |
  /                            | |==================|| |==
/                              | |        ━=y=y=]|| |
                                | |==================|| |===
                                | | ===≡γ≡]       || |-
                                |_|二二二二二二二二二|| |二二
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| で、探索を始めようとしたその矢先、チンクと別れてまだほんの数十秒というタイミングで、
| 早速シャナは声をかけられた。
| 声に若干覇気がないのは、あまりに早い声掛け故に、だろうか。
| そんなチンクに対して、物があったのはいいことじゃないかと肩をすくめながら、
| シャナがそちらへ足を向けると……
┗───────────────────────────────────────┛
6513 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2018/02/24(土) 22:53:38.83 ID:G16xPPsb
体格的に重過ぎるものを動かせないのは仕方ないしね…
6514 : ◆RD3CAnAM9Y ★ [] 2018/02/24(土) 22:58:16.31 ID:BfBaYpv5
                            _
                        ___h|―‐ェ――――――┬‐n
     0)ニニニニニニニニニニニニ)三)。゚。゚。゚。_)=圭}_ ̄_ ̄_ ̄_==_==|l) |:|
                         ̄ ̄ ̄〉》=圭}―――――┬┴‐U       ……見ての通り、機関銃が残っていてな > チンク
                               |_| ̄ | ̄ ̄|手 ̄ ̄ ´
                               {ミ|__|__|"                        12.7mm.……重機関銃か。
                            「「「|Τ´ ̄´                     確かに、私達にはちょっと重いね > シャナ
                            |,|」」⊥_____
                           _|」_○_○_○_○__\____________       パッと見状態もいいし、
                        ,.≦三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三  持ち帰ってみようと思うんだ > チンク
                            /三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三
┏────────────┓                                             うん、悪くないと思う > シャナ
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| というわけで、ひとつの棚の前で立ち止まったチンクの横に立ち、その視線の先を追いかれば、
| そこには重火器がぽつりと鎮座していた。
| 12.7mm.重機関銃。主に銃座に据え付けて使用されるそれが、二丁だ。
| これをシャナやチンクの体格で運ぶのは不可能に近いし、
| まったく声をかけられて納得の事態である。
┗───────────────────────────────────────┛
┏────────────┓
│ 取得物
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 12.7mm.重機関銃 ×2
┗───────────────────────────────────────┛
6515 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2018/02/24(土) 23:03:09.51 ID:G16xPPsb
…(絶句
これおいてった前任者達にはどんだけの獲物が…
6516 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2018/02/24(土) 23:03:37.04 ID:XIbdHGMi
クルマもってった人たち、よほど急いでたんだなって
6517 : ◆RD3CAnAM9Y ★ [] 2018/02/24(土) 23:05:12.48 ID:BfBaYpv5
                                    /⌒≧=‐- 、 、
                                      \\
                       -:.:.:.¨¨  ̄ ̄:.:.:.``丶       }:.:.ヽ
                        /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.丶 __ノ:.:.ノ
                   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\ ̄
                  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ      トラックには20mm.があるから、
                     //:.:./:.:.:.:.:/:.:.:/:.:/:.:/:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∧
                /:.:.:/:.:.:.:.:/:.:.:/:.:/// /:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.: ',:.:.:.∧   私からすれば完璧売り物かな。
                /:.:.:.:./:.:.:.:.:/:.:.:/:./ // /:.:.:.:.:.:./:.:.l:.:.:.:.:.:.',:.:.:l∧
                /イ:.:.:.:.:/:.:.:.:./:.: /.:,ィ芋ミx、 //:.:.:.:.:./ トx:.:.:.:.:.:.:l:.:.:| :.                私は運用予定が全くないし同じくだ > チンク
           ///:.:.:.:./:.//:.// 《 {::J:::リヾ /:.:.:.://zz/ |:.:.:.:.:.:.:l:.:.:| |:|
            // /:.:.:.:./ ':.: /:.:.:. /   V__ン  /:.://}てハ抃:.:.:.:.:./:.:.:.| l/  (あとはやる夫さん次第だけど……)
       //  /:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.∧      __彡' / ヒ_ソ ノ》:.:.:.:/:.:.:|:.|
       //    /:.:.:.:./:.:.:/:.:.:.:./、__、        ,  `¨  /:./{:.:.:/:.:|    (それにしても一丁は売却確定かな)
.     //     /:.:.:.:.-=≦:.:.:.:./:.:.:.込            /):.:.l.:.:∨ ヽ(
  //   -=≦ ̄:.:.:.:. -=≦:.: |三三三三三|  っ     /:|:.:.:.:{:.:.:.、      それじゃあチンク、そっちの銃床の辺り持って。
.// /:.:.:.:.-=≦ ̄:./:.:.:.:.:.:.:. /ニニニニニニ|、   _,.. イ.:.:|:.:.:人:.:.:.、
   (:.:.:.//:./:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:./ニニニニニニニ|  /ニニニニニ≧く:.:.|\:.\     せーので持ち上げよう。
     ヽ(:.:人(:.:.:.:. /:.:.:.: /ニニニニニニニ=|  トニニニニニ/ニ}:.:.|  ヽ:.:.\
      /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ニニニニニニニニニ|___ヽニニニ=/ニ/|:.:.|   }:.:.:ヽ\                         よし、わかった。
.   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: /ニニニニニニニニニニ\---∧ニニ/ニ/ .|:.:.|   /:.:.:.:.)\ヽ                          いっせーの! > チンク
  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ニニニニニニニニニニニニ\- ∧ニニニ{ :|:.:.| //):.:.:/  ):.)
...:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. : {ニニニニニニニニニニニニニ/___}ニニ>:} |:.:.|彡' /:.:∧ //  ……っと。
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:乂ニニニニニニ}ニニニニニニ/---∨ニ/=| 乂\__/:.:/ ∨/
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ニニニニニニニノニニニニニ/-----∨∧=| /:.>―<   }:.}
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| トラックの銃座にはより高威力の20mm.機関砲が積んであるし、これの用途は売却品だろう。
| 官営武具店などで買えば120円。売り払うとなればそれよりいくらも安くなるだろうが……
| それでもそれなりの値段が付くはずだ。
| チンクと声を掛け合って、一丁ずつ、順番にトラックへ運び込むことにする。
┗───────────────────────────────────────┛
6518 : ◆RD3CAnAM9Y ★ [] 2018/02/24(土) 23:12:41.02 ID:BfBaYpv5
              ´ ̄ ̄ ̄`ヽ―‐-
          ´              \
        /                       ‘,
    /               \      ‘,
  ./                    \        っと、ふう……名前の通り重いんだな、重機関銃って。
  /                \   ‘,     i
 ′  ./           \    !     |     |                   まあ、銃座に据え付けて使うのが前提のものだし。
. {    | ! .j | ハ  ヽ  \ .|   |    |     |                           あとは、装甲スーツや戦闘義体用か > シャナ
 ',   |」 ,イ  ! | ',   ト.   | |   !    |     |
  |  .|tf≧ミ|| ∧ |_ヽ__ト、ハ_」_   .|     |!   それじゃあ私は一生使う機会はなさそうだ。
  |  从|≧v.i`!/  Ⅵ ̄丁¨| ト、T`    ト、    八
  |    Ⅶ三≧x   r===ミx |ヽ   | ハ     \  先生ならどうかとも思ったけど、流石に重そうか。
  |     `i<三リ     ゞ之ンゝ|    .! リ      \
  |     i!    i'     `¨¨¨´ i!     L∧           \                         まあ、生身の人間には、流石に > シャナ
  |    圦               |    |   マ7ュ       \
  |    | |ゝ    ャ― 、     ,|    |  .////\         ヽ     (普段から軽機関銃とアサルトライフルを背負ってるから、)
  |    | |!  /`     ’  イ !     |  ///////,\                   (一丁だけなら意外といけそうな気もするけど) > シャナ
  |    | |! .//////,`¨´/ト, !::|    | .//////////∧
  |    | |! {/∨/////,{/ハ  i!     |////////////∧     なるほどな……
  |    | |! ト、∧/////ム'∧  |     i!///////////_∧
  |    | |! ∨,'ーV´ ̄  ∨ハ_」    .リ\///////////∧  |
  |    | |! ∧//,ハ    \/」   ./  \//////////,'〉 .i!
  |    | |! \///,!         |  /   .////////////  }!
  |    | |!   Ⅵ,圦        j  /   〃,///////////   ハ
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| そうして二丁の重機関銃を順番に、トラックの荷台まで運び込めば、チンクが大きく息を吐く。
| 流石に、これを二個連続で運ぶのは堪えたらしい。
| 二人がかりでどうにか運んだ重機関銃だが、やる夫なら一人でも運ぶくらいは
| なんとかしてしまいそうだ。
| 遺跡へ装備として持ち込むのは……流石に弾薬込みの重量だと、厳しいだろうか。
┗───────────────────────────────────────┛
6519 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2018/02/24(土) 23:12:44.47 ID:XIbdHGMi
てことはココ、相当残ってるな……?
6520 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2018/02/24(土) 23:14:13.97 ID:Yq5xMD7K
少女二人じゃなぁ…
やる夫さんはもしかして全盛期のシュワルツネッガー張りの肉体をしている…?
6521 : ◆RD3CAnAM9Y ★ [] 2018/02/24(土) 23:20:21.47 ID:ohTjaBVC
          , '´ ̄ ̄ `ヽ
        /
      {!      _,....:::::―――::::...._
       \__,...:'´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`丶、
       /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::、::::::::::::::::::::::::ヽ、                                 あとあのあたりで残ってたのは、
     ,:':::::::::::::::::,:::::::::::::::::::::::::::::;:::::ヽ::::::::::::::::::::::::::\                       一人でも運べるような工具類ばっかりだ。
.    /::::::::::::::/:::::::::::::::/::::::::;::,:|::::::::∨::::::ヽ::::ヽ:::::::::ヽ                     シャナも探索に戻ってくれて構わないぞ > チンク
   '::::::::::::::/::::::::::::::::::/:::::::/:/::!:::::::: |:::,:::::,::∨::∨::ヽ::::.
   |::::::::: /::,:::::::::::::::/__/_/::::|::::::::::|!::|:::::|:::∨:::',::::::∨',
   |::::::::/::/::::::::::::ィ:::::::/〃 i:/|::::::::::}イ⌒iヽ:|:: |::',::::: |、::.  わかった。
   |:::::::|::/|:::::::;::::/!::/ / / |::::::::/ }:i Ⅵ|:::}:: |:::!::::: ! マ
   |:::::::{/::|:::::::|:/,ィチテ芯ヽ  |:::::/  リ   |/|::::|:リ:::::::| }!  それじゃあチンク、また後で。
   |:::::::'::ハ!::::/|:圦 比j刈   }::/        ,|::/:::|:!:::リ /
   |::::::::::{ |::/::::::. 弋こツ  /'   、_,  ム:/:Ⅵj::/                         ああ、何か見つけたら呼んでくれ > チンク
   |::::::::人!'ハ::::::::.             {:::::|:::.リ /
   |::::::::::::::`¨}:::::::i         `     八::|:::|    そうだね、そうする。
   |::::::|::::::r7∧:::::::.、    v  ァ    イ|::::::|:::|
   |::::::|::::::|/// ̄>、>   __,. ィ//>|::::::|:::|    流石に、もう重機関銃は残ってないだろうけど。
   |::::::|:::://////////rrハ  |//////イ/l|::::::l::リ
   |::::/::/-<///////|//| ,ト、//// //リ:::|::|/
   ,:::::'/////\/////!//!,.‐: 、\/ ///:: /::|
.  /:///////// \//ム/ |:, -- Y:∨//:::/:: リ
  {//////////////\{//∧: : : :|: :} /:::イ::::∧
  |////////////////////ト,: : :!: :|'///::∧/}
  |////////////////////|: i: /: : |/,イ::////|
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| とまれ、これでチンクの方の用事は終わりのようだ。
| 彼女は他に残っていた工具類を一人で運び込むようだから、その間のシャナの方でも、
| 今度こそ探索を開始するとしよう。
| 流石に重機関銃ほどの大物はないだろうが、チンクのおかげで出物の存在自体には、
| 十分期待が持てそうだ。
┗───────────────────────────────────────┛
┏────────────┓
│ 取得物
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 車両整備用工具 ×3
┗───────────────────────────────────────┛
6522 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2018/02/24(土) 23:21:16.22 ID:Yq5xMD7K
> もう重機関銃は残ってないだろうけど。
フラグ乙…?
6523 : ◆RD3CAnAM9Y ★ [] 2018/02/24(土) 23:25:19.92 ID:QqwieyW4
    | |                                          | |   |
    | |                                          | |   |
    | |                                          | |   |
    | |___________________________| |   |
    | |___________________________| |   |
    | |                                          | |   |
    | |                                          | |   |
    | |                                          | |   |
    | |                                          | |   |
    | |                                          | |   |
    | |___________________________| |   |
    | |___________________________| |   |
    | |                                          | |   |
    | |                                          | |   |
    | |                                          | |   |
    | |                                          | |   |
    | |                                          | |   |
    | |___________________________| |   |
    | |___________________________| |   |
    | |                                          | |   |
    | |                                          | |   |
    | |                                          | |   |
    | |                                          | |   |
    | |                                          | |   |
    | |___________________________| |   |
    | |___________________________| |   |
    | |/                                        | | /
    | |                                          |. .|/
       ̄                                              ̄
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 十分期待が持てそうだ、と……そう思ったのだが。
┗───────────────────────────────────────┛
6524 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2018/02/24(土) 23:28:40.77 ID:WqJZvSPX
あるぇーーー?
6525 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2018/02/24(土) 23:29:06.29 ID:Ly+puBeP
空なのか?
6526 : ◆RD3CAnAM9Y ★ [] 2018/02/24(土) 23:29:25.37 ID:AHdnwvOM
                 ,..-―-- 、
               /
                 {{
             ',
              {|_____
              ,..:'´:::::::::::::::::::::::::`ヽ、
              /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::、:::::.
            ,.:':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}::::ヽ
        /----------- イ::::::::::::::|:::::::}
          {        _ノ:::::::::::: リ:::::/  ……この辺りの棚は素寒貧か。
          |::::....i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}:::イ
          |::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|从   チンクの探した辺り、入り口傍で逆に探索忘れ去れてただけ……?
          |::::::::|:::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::}/
          |::::::::|:::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::|
          |::::::::|:::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::|
          |::::::::|:::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::|
          |::::::::|:::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::|
          |::::::::|:::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::|
          |::::::::|:::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::|__
        ,イ{::::::::|:::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::{.//`ヽ
      ///..,:::::::|:::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::|/////}
     {////,:::::リ:::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::|/////|
     |////∨ ::::::::::::::: |::::::::::::::::::::::::::::|/////|
     /./////} :::::::::::::::: |::::::::::::::::::::::::::::|/////{
     ,///////| :::::::::::::::: |::::::::::::::::::::::::::::|./////',
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| ……どうも、少なくともパッと見た限りでは、探索予定のエリアにある棚はどれも空か、
| ナノマシンも死んでいる空のコンテナが残されているばかりのようだ。
| これは、期待がどうのと気を抜かずに、本腰を入れて探索をした方がよさそうだ。
┗───────────────────────────────────────┛
6527 : ◆RD3CAnAM9Y ★ [] 2018/02/24(土) 23:34:30.18 ID:AHdnwvOM
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


          【一方その頃】

6528 : ◆RD3CAnAM9Y ★ [] 2018/02/24(土) 23:34:42.93 ID:AHdnwvOM
          ____
        /      \
       /  \    /\    さてそれじゃ、シャナに工具も借りたことだし、
     /    (●)  (●) \
     |       (__人__)    |  本腰淹れて解体やっていくかお。
     /    _nnm´   /
      (  \≦フ _ノ]二二フ   まず邪魔臭い欠けまくりのホイールを切り離して……
     |\ “ ム∠,__|  |
     |  \(三___/
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 一方その頃、倉庫のど真ん中にある廃車の傍ではやる夫が工具を握って、
| その解体作業をサクサクと進めていた。
| まずは鋳潰すしかないような、壊れた金属部分は単分子ナイフでさっくりと切り離し、
| 切り落として、後々の工具での解体に邪魔にならないように外しておく。
┗───────────────────────────────────────┛
┏────────────┓
│ 取得物
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 鉄塊 ×2
┗───────────────────────────────────────┛
6529 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2018/02/24(土) 23:38:06.88 ID:WqJZvSPX
サックリサックリ!
6530 : ◆RD3CAnAM9Y ★ [] 2018/02/24(土) 23:41:43.35 ID:eZlILDkY
.          /                 ヽ
.           /                   '
.          , ,                 ',    んで、後の工程は……
        i ゝ ̄ ''ー-                !
         {   {__  ヽ  J           }    ひっくり返って危なっかしいから、バランスに気を付けないといかんおね。
.         ',   マj  ̄ノ           /
         ゝ  `   ´           ∠ _   ばらすときは前後順番に……転倒して押し潰されたりしたら敵わんお。
         { i                ,ィ´::::::::::::::`ヽ
           ゞ.、 _   ノ       ィ/:::::::::::::::::::::::::::\   ……っとお、この辺の装甲、割といい状態で残ってるおね。
.            `ヽ  ̄     ,.ィ≦/::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
             ` ー-  イ:::::::::::,{:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\ ここは丁寧に切り離して取っとくかお。
                    }:::::::::::, ト、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.,
                    j:,ィ彡:::::::::ヾ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
                     /:::::::::::::::::::::::::\:::,ィ":::::::::::::::::::::::,.ィ≦`ヽ
                 {:::::::::::::::::::::::::,.::ィ:´::::::::::::::::::::::::,.イ /   ハ
                    !::::::::::::::,.:ィ.:´::::::::::::::::::::::::::::/ /´      i
                   |:::::,.ィ.:´:::::::::::::::::::::::::::::::::::/  /        |
                  |:::{::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|  |          |
                      }:ィ!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:|  |          |
                    !ハ::::::::::::::::::::::::::::::,.ィ´:::::!  |          |
                    /  ゝ.::::::::::::::::::::,.ィ´:::::::::::|  |          !
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 金具を外したり、然りと固定して切り離したり……そうした工具を使った繊細な作業は、
| 金になりそうな部分で集中するときだけ。
| 不要な箇所を切り離すには単分子ナイフの刃をさらりと滑らせて、時折工具箱の中から、
| 適切な道具を取り出しては単分子ナイフと組み合わせて分解し、取り外し、取り置く。
| 作業中に注意すべき点には気を配りつつも、やる夫の動作にはよどみがない。
┗───────────────────────────────────────┛
┏────────────┓
│ 取得物
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 軍用装甲板 ×2
┗───────────────────────────────────────┛
6531 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2018/02/24(土) 23:45:17.39 ID:WqJZvSPX
うーん流石ベテラン… よどみない
6532 : ◆RD3CAnAM9Y ★ [] 2018/02/24(土) 23:50:07.13 ID:vCnSqFDU
    | |     |
_/ /       └‐┐
____/         _____|
          /        さて、この下の辺りは確か……っと、エンジンは持ってかれてるのかお。
            <
      , へ.  >       下に潜りこんでやったのかお……? また無駄に器用な。
__   r''´   `'´
  |__|              だったらこっちの方にぶっといケーブルと、電子系のパーツが……


                                                            | ̄ ̄ ̄ ̄|
                                                            |        |
                                                   .   /\     |        |
                                                    /     \、‐''゛`
                                                   <
                                                    \
                                                      >         . ‐''゛~ ̄ ̄`゛'
                                                     ,.´       /
.                                                      _/       ,.´    ___________
                                               | ̄        /      .|       |
                                               |          !     |       |
                                               |          !     |,_________|
                                                ̄ ̄厂      ',
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| これまでの経験から、車のどこを解体すれば、どのパーツに行き着くのか……
| その辺りも思い出しつつ計算に入れて、重要部品の傍ではナイフを入れるにも慎重に。
| 剥がした鉄板の下にあったエンジンルームに、しかし大きな空洞があっても慌てない。
| そのままさらに刃を滑らせて、他に残っているやも知れない部品へと、
| 着実に手を伸ばし、解体作業を続けていく。
┗───────────────────────────────────────┛
6533 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2018/02/24(土) 23:56:13.20 ID:WqJZvSPX
流石に大物は持って行かれているか…
6534 : ◆RD3CAnAM9Y ★ [] 2018/02/24(土) 23:57:02.50 ID:Xi+xUNuj
                   .  --- .
               ,   ´    /   \
              /       イヒリ )   ヽ
                  ー 、            ',    おっお、こっちは手付かずだお。
             , ‐| (ヒリ  ____.ノ        i
               f {__|  ゝ __ノ- '           |    別に車の重要部品は、エンジンだけじゃないからおね。
           j  |     ー ´        ノ
           ' ̄ ヽ {li、           /Y=-  .._ この辺はしっかり回収させてもらうお。
       /     ∧ .ィゝ _      ィ  /   |     ヽ
      ′       〉 |l!_ -/}¨¨ ..<:/     |     /  \   ……む、このケーブル抜けんおね。
    , ′     /-=f /  '`::´::::::::/    ;        〉
.    /        /    /   ′::::::::::::′ <  ===       ヽ  軍用車だから、故障対策に頑丈なやつでも使ってるのかお……?
   /     彡        > ,':::::::::::::::::|     ./  、        \
  {           ヾ,f   ′:::::::::::::::|    /   ヽ          Y 無理する場面でなし、必要ならナイフで切り離すかお。
   ゝ ------- -= ニリ  ,'::::::::::::::::::::|    /     \      }
                /  ./ :::::::::::::::::: |   ./       ヽ     ヽ
                 /  ./ ::::::::::::::::::::::|  /         |“,      ゝ
            /} ./::::::::::::::::::::::::::| ,′        `} l        `
             / { ′:::::::::::::::::::::::::| /             { ゝ      ‘,
              /  y ::::::::::::::::::::::::::::::|′           ', ' 、      ヽ
.            / o/:::::::::::::::::::::::::::::::::| ゙      {ニニニニ}\ .Y      ヘ
          /  ′:::::::::::::::::::::::::::::::ハ              ヽ }     __ ヽ
           / o/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧゙               |   /    ヾ!
.          f   f::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ             ハ ./     ヘ
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| ……とまあ終始こんな調子で、締めるべき場面は締め、そうでなければ速度も重視して
| さくさくと作業を進め、やる夫の作業に危なっかしいところは何もない。
| このまま続けていけば何事もなく、有用な部品を引っぺがし、持ち帰ることができるだろう。
| とても1st Turnで解体判定ミスったやつと同じとは思えない手捌きである(なに
┗───────────────────────────────────────┛
┏────────────┓
│ 取得物
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 軍用高強度ケーブル ×1
| 電子制御ユニット     ×1
┗───────────────────────────────────────┛
6535 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2018/02/24(土) 23:58:15.52 ID:WqJZvSPX
> 1st Turnで解体判定ミス
ヤメテサシアゲロ!!! ダイスの結果だし!
6536 : ◆RD3CAnAM9Y ★ [] 2018/02/25(日) 00:05:55.80 ID:ju/6CpcF
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

                 く>
        ┌────┐ く>
        └──┬─│
            ┌┘┌┘
            │┌┘
            │└┐
            └─┘
6537 : ◆RD3CAnAM9Y ★ [] 2018/02/25(日) 00:06:07.03 ID:zyn94dFc
 | |                | | |                | | |                | ||
 | |                | | |                | | |                | ||
 | |                | | |                | | |                | ||
 | |___________| | |___________| | |___________| ||
 | |___________| | |___________| | |___________| ||
 | |                | | |                | | |                | ||
 | |                | | |                | | |                | ||  所々に小物はあっても、大半は見事に空の棚、か。
 | |                | | |                | | |                | ||
 | |                | | |                | | |                | ||  まったくの成果0は避けれたけど……ん。
 | |                | | |                | | |                | ||
 | |___________| | |___________| | |                | ||
 | |___________| | |___________| | | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ||
 | |                | | |                | | | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ||
 | |                | | |                | | |                | ||
 | |                | | |                | | |                | ||
 | |                | | |                | | |                | ||
 | |                | | |                | | |                | ||
 | |___________| | |___________| | |___________| ||
 | |___________| | |___________| | |___________| ||
 | |                | | |                | | |                | ||
 | |                | | |                | | |                | ||
 | |                | | |                | | |                | ||
 | |                | | |                | | |                | ||
 | |                | | |                | | |                | ||
 | |___________| | |___________| | |___________| ||
 | |___________| | |___________| | |___________| ||
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 一方その頃、シャナはといえば……
| チンクが重機関銃を発見し、やる夫が順調に解体作業を進めるのとは裏腹に、
| 多少の小物は見付けっても、大きな成果物は特になし、という状況のまま、
| 空白の目立つ棚の間を練り歩いていた。
┗───────────────────────────────────────┛
┏────────────┓
│ 取得物
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 車両用配線10m  ×1
| スピードメーター ×1
┗───────────────────────────────────────┛
6538 : ◆RD3CAnAM9Y ★ [] 2018/02/25(日) 00:12:02.51 ID:cYBB5etN
     /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
    ,'::::::::::::}::::::::::::::::::::,:::://::::::::::::::::,:::::::::::::::i::::',::::ヽ
    }::::::::::/:::::::::::::::::::/::/:::/::::::::::::::::/::::,:::::/:::|::::::',:::::::,::::..
    /::::::::/:::::::::::::::::::/::/:::/::::::::::::::::/::::/:::/!::::}::::::::|::::::::.Ⅵ:.
.   ′:::/:::::::::::::::::::/::/:::イ::::::::::::::::/::::/__/_}_/:::::::: |::|::::::. マ}  ……ここの棚の列、他よりも若干前にずれてる?
    '::::::/:::::::::::::::::::::|:/:´ _|:::::::::::::,ィ::::/!::/ /イ ト、 :: |::|:::: | }|
  ,:::::::/:::::::::::}:::::::::::l::::::::{ |::::::::::/::{::/ |/圷斥/:::::::/:::|::::リ  |  先人がずらして漁った……って可能性がないわけじゃないけど、
. /:::::/:::::::::::/:::::::::::j!:::::: 乂:::::::/::::|/|   メソ {:::/:/{::/!::/
../:::::/:::::::::::/:::::::::::::|::::::__|:/|/::::: ::::|   ヾ /イ:/ / j/     だとしてもなぜここだけと、疑問は残る。
,':::::/:::::::::::/:::::::::::::: |//////≧ー――-ァ    ヽ /
::::/:::::::::::/::::::::::::::::: |////////////////    r '          それに……
:/:::::::::::/:::::::::::::::::::: |///////////////   ´´ノ
':::::::::::/:::::::::::::::::::::://≧ 、//////////、._//>、
:::::::::/:::::::::::::::::::::://>―‐> 、/////|::::|////////\
::::::/::::::::::::::::::::::/イ//////////\/{::::,:::{/////////
:::/::::::::::::::::::::::::{/////////\///\:::Ⅵ_///, ´
/:::::::::::::::::::::::::::|//////////∧////〉::|====!/_
:::::::::::::::::::::::::::: |///////////∧///{!::|ヽ: : :|、/ム
:::::::::::::::::::::::::::/|//////////// }///|:::|\:Ⅵ/\|
::::::::::::::::::::::::/:::|/////////////!// |:/イ⌒ヽ、/_|\_
:::::::::::::::::::::/::::::|////////////////{' {` ー '介 、 \〉
::::::::::::::::::/:: //|/////////// {////|: |   イVヽ \ }
:::::::::::::::/::::///|///////////Y////|: ∨   ∧    ヽr、
::::::::::::/::::////j/////////// !////j!: : \/ | }\___/ {Ⅵ〉
:::::::::/://///|/////////// |////|: : /   /: |   ヽ ゞ'
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| そんな風に棚の探索を進める中でふと、とある空っぽの棚の前で、シャナは足を止める。
| じっと見つめるその棚は、確かによくよく見てみれば、他の物よりわずかに前に出ている……
| ような、気もする。連なった列は丸ごと前に出ているから比較が難しいが、
| 少なくともシャナには、それが気掛かりなこととして目に留まり
┗───────────────────────────────────────┛
6539 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2018/02/25(日) 00:13:27.89 ID:oQx5fM/7
戦略眼!
6540 : ◆RD3CAnAM9Y ★ [] 2018/02/25(日) 00:17:28.29 ID:SasouXzZ
 | |                | | |                | | |                | ||
 | |                | | |                | | |                | ||
 | |                | | |                | | |                | ||
 | |___________| | |___________| | |___________| ||
 | |___________| | |___________| | |___________| ||
 | |                | | |                | | |                | ||
 | |                | | |                | | |                | ||  右端の棚だけ、明らかに三段目の位置がずれてる。
 | |                | | |                | | |                | ||
 | |                | | |                | | |                | ||  ……何か仕込んである?
 | |                | | |                | | |                | ||
 | |___________| | |___________| | |↓ここ                | ||
 | |___________| | |___________| | | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ||
 | |                | | |.             ここと↑| | | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ||
 | |                | | |                | | |                | ||
 | |                | | |                | | |                | ||
 | |                | | |                | | |                | ||
 | |                | | |                | | |                | ||
 | |___________| | |___________| | |___________| ||
 | |___________| | |___________| | |___________| ||
 | |                | | |                | | |                | ||
 | |                | | |                | | |                | ||
 | |                | | |                | | |                | ||
 | |                | | |                | | |                | ||
 | |                | | |                | | |                | ||
 | |___________| | |___________| | |___________| ||
 | |___________| | |___________| | |___________| ||
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 加えて言えばその棚の中で一つ、(情報部の目から見れば)明らかに、
| 何か仕込んでありますよと言わんばかりに、一段、高さの違う場所がある。
| 矢印で示してみたけど、わかったかな?
┗───────────────────────────────────────┛
6541 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2018/02/25(日) 00:18:10.20 ID:oll2bZjP
AAで仕込むとはやりおる
6542 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2018/02/25(日) 00:18:59.33 ID:L4jk6NJ8
言われてみないとわからないなw
6543 : ◆RD3CAnAM9Y ★ [] 2018/02/25(日) 00:23:32.33 ID:82/tPmKa

 γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
 │i:i:i:i::::::::::::::::::i:i:i:i│
 │i:i:i: 開閉用 i:i:i:i |   ……で、板の裏をのぞき込んでみれば、
 │i:i:i:i::::::::::::::::::i:i:i:i│
 ├──二二―─┤   予想通りスイッチが仕込んである。
 │         .│
 │         .│   開閉用、か……
 │         .│
 │         .│   (ダミーで警備につながってる可能性はあるけど……)
 │         .│
  乂______.ノ

┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| そういうわけで、いかにも怪しい段をのぞき込んでみれば、案の定というべきか、
| 隠しスイッチがぽつりと置かれ、ご丁寧に開閉用と用途まで書かれている。
| さてこのスイッチ、文字がブラフで警報装置という可能性も、全くないではないのだが……
| どうしたものか。
┗───────────────────────────────────────┛
6544 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2018/02/25(日) 00:24:53.98 ID:oll2bZjP
なんにせよ報連相案件である
6545 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2018/02/25(日) 00:25:30.36 ID:6v/mhQW1
他の人に報告して警戒態勢を取ってからぽちっとなって感じかな
6546 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2018/02/25(日) 00:25:31.06 ID:myw1ctk2
押せ、押すんだ
6547 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2018/02/25(日) 00:25:34.99 ID:vCV+/Au1
呼んでやるしかないだろう
6548 : ◆RD3CAnAM9Y ★ [] 2018/02/25(日) 00:27:48.53 ID:c+t0ckzq
                      __
                ,..-''"´     `"''-、
               /-――-     -―\
              /   _       _ .',   ふぅ……無事に基盤抜き取れたお。
                ,'   イ::::)`     イ::::)` ',
             l    `¨¨´/   .\ ¨¨´  l   っとシャナ、どうしたんだお? そんな棚覗き込んで。
             l     (   ,、  )     l
                '.,     `¨¨´ `¨¨´    /                                      ああ、やる夫さん。
              ヽ、            /                                   棚の天板の裏に、スイッチが > シャナ
               `ァニニ<// _,,..-'' __
               ,./ /\  / : : : : : : > : :\  ……なるほど、悩ましいところだお。
            _/ /|イ:::::/∨. : : :l: : : : : : : : : : :.丶
          /. : : : :| ./`Y / : : : 」: : : /: : : : : : : : }
         ,´ : :/: : : :| i::::::|/ : :/: : : /: : : : : : : : :|
          { : :/. : : : :|/:::::/ : : : : : : : | : : : : : : : : : ,'
        / : :,' : : : : : |::::/ : : : : : r---く´ニ\: ヽ:ノ
       、'ーr,_| : : : : : :|:/ : : : : :_/二ヽ V: : : : ` :´
      / :./ ̄>< :./ : : : : :/ 二 ヽ_」┘: : : ∨}
     / : : :ム / : : : : ̄ ̄ ̄ ̄~゙''-ゝ.」: : : : : ∨ :}
    { : : : : : :\、 : : : : : : : : : : : : : : : :\. : : :∨ : :l
    ヽ: : : : : : : : ̄"\ : : : : : : : : : : : : : : : / : : :{
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 棚の裏のスイッチを見付け、さてどうしたものかとシャナが頭をひねっていると、
| 解体作業に一区切りついたのだろう、やる夫が声をかけてくる。
| 棚から頭を引っこ抜いて、彼の方へ向き直りながらスイッチがあったことを答えれば、
| 彼も同様、押していい物かと思案顔になる。
┗───────────────────────────────────────┛
6549 : ◆RD3CAnAM9Y ★ [] 2018/02/25(日) 00:34:32.12 ID:EtllQ6Dl
:::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::\::::\::::\::::::::::\::::::::\
::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::|:::::.:::::::::ヽ:::::ヽ:::::ヽ:::::::::::::\::::::::ヽ
::::'::::::'::::::::::::::::::::::::::::|i::::|::::::::::::∨:::::∨:::∨\:::::::::ヽ、:::::',
/::::/::::::::::/::::::::::::::::::':::::|i:::::::::::::|、:::::::!:::::::}、:::::\::::::::.\::}  ……やる夫さん。
::::::'::::::::::/:::::::/:::::::/:::::.::::::::::::::::|::ヽ:::!.ヽ./::::、:::::\::::. ヾ
::/:::::::::/::::::::/:::::::/:::::::::|::::::::::::::|:::::マ{/::::|::::::ヽ:::::::ヽ.ム                                      なんだお? > やる夫
:':::::::::::|:::::::::':::::::/i|:::::::∧:::::::::::::':::::,イ|:__ヽ}、::::::::.::::::::|:マ}
|i:::::::::!i:::::::,|::::::/ |::::/  ∨:::::/:::/ }/斥ヽァ∨:::::.::::::|::}|   トラック、運転できますか?
|:::::::::,!ー /|-/― }/ー '  |:::::'.   ,イr ,ら i} ∧::::|:::::!:/
|:::::::/!::::/ ,.ィテ笊芯ヽ |::/    比刈  ハ|::/:::::|                トレーラーは無理だけども、シャナのやつくらいなら > やる夫
|:::::::'::|::/ ,イ/ 忙_-、ら  j/      込ソ ::::::|ハ:::::;'
|::::/::::{ハ Y  比し'刈  /           {:::::| .∨   ならチンクにも声をかけて、運転席に座ってください。
{Ⅵ:::::::::{    込_z斗       、       |::::::.
|::::::::::::::|                     人:::::i     開閉用とあるので押してみますが、ブラフだった場合、
ム::::::::::::::.            ,. v   /  :.::::::.
,∧::::::::::::ム                イ___|_::i    すぐさま逃げ出せるように。
i/∧:::::::::::::', ̄ ̄\      //////////|:ヽ
///::.::::::::::::.∨/////| ̄ 7  - '///////////i!::::.\                               ああ、なるほど。了解だお > やる夫
///∧:::::::::::::∨////|   ト、//////////////|:::::::::::.ヽ                                  (つっても軍事遺跡なら、)
////∧:::::::::::::∨///|  |: :\/////////// /\::::::::::::.\              (事故につながる偽装スイッチはないと思うけども)
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| ふと思い付いて、やる夫に車の運転はできるのかと問い掛ければ、帰ってきたのは幸い肯定。
| なら、彼に一旦トラックの運転を任せて……万が一警備につながっていた場合に、
| 即座に離脱できるよう準備を済ませてもらうことにしよう。
| 自分一人だけならば、【縮地】で即座に離脱することも可能なのだし。
| そう告げればやる夫は一つ頷き、解体した部品等を抱えて移動を開始した。
┗───────────────────────────────────────┛
6550 : ◆RD3CAnAM9Y ★ [] 2018/02/25(日) 00:39:58.56 ID:qtHiUJAz

              :r‐---‐r―---―r―---‐r―---―r―--―┐
    =fhュュ――zz  il    ;  ロ   ;  ロ  ;      ;     |
  [lj .|i'~i`    .i  |   il    ;     ;     ;      ;      il    っと、よーしシャナ、こっちは回頭も終わって、
  lコ ||__|__________|__|  :il    ;     ;     ;      ;     il
  t_/o .i,.----.、|  |  il    ;     ;     ;      ;     il    いつでもケツまくって逃げれるおー!
  /   ii>< ||j .|) | ̄ ̄ ̄|| ̄ ̄ ̄|| ̄ ̄ ̄|| ̄ ̄ ̄`|| ̄ ̄ ̄`|
 _/___i`ニニニ´ |  .| . |ェェェェェェ||ェェェェェェ||ェェェェェェ||ェェェェェェェ||ェェェェェェェ|                               わかりました!
 λ~。 ̄i―‐_-_-.!二| .!___!!!二ニ_ニ二!! | |/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; \| |_                   それじゃあ、こっちも始めます! > シャナ
 [λ___γ ´⌒`ヽ.ヽ三|三|三i「有澤[ |   〆´⌒゙ヽ 〆´⌒゙ヽ  | |
 ブルン  :i (∴) i |三|三|三三ニ|ニ [   i (∴) i i (∴) .i
       ヽ、.____,ノ .             .ヽ、.____,ノ :ヽ、.____.ノ
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| で、それから荷物の積み込みやメンバーの搭乗に、トラックの頭を入り口側に向け直して、
| 即座に逃げ出せるように準備を整えるのに、数分。
| いよいよ準備が整って、運転席でハンドルを握ったやる夫がシャナに声をかけて……
┗───────────────────────────────────────┛
6551 : ◆RD3CAnAM9Y ★ [] 2018/02/25(日) 00:44:34.49 ID:qtHiUJAz
ー - 、
     \
      \                 (表示の通りなら、当たりの可能性もあるんだけど……)
          ヽ        ____
       r  \        《  ポチッ  》
`ヽ      ヽ.  \      ̄]/ ̄ ̄
  |  l ヾ  .Ⅵ、.  \              《開閉ボタンを確認。棚の移動を開始します》
`ヽl  /  .〉.У  \  \  ′'
ヽ_ノ_//    `ー-..,,ツ.   ´        《操作者はその場から後ろに下がってください》
               _____
________//////////∧____                          音声的にはセーフっぽいおね > やる夫
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄:::::::.:.:.:. . .
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:. . .   ……はい。まだ、油断はできませんが。
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 天板の裏のスイッチを、腕だけ差し込んで、ぽちりと押す。
| それと同時に後ろに跳びのくも、ブザーも鳴らななければ、タレットが壁から生えることもなく、
| 倉庫内にだけ届く程度の音量で、機械音声によるアナウンスが僅かに響く。
| ……まだ油断はできないが、これはひょっとすると、当たりかもしれない。
┗───────────────────────────────────────┛
6552 : ◆RD3CAnAM9Y ★ [] 2018/02/25(日) 00:51:11.14 ID:qtHiUJAz
                                  _____
                               /      `ヽ
                               〃
                            __||____
                         ,..::::::´:::::::::::::{':::::::::::::::`ヽ、_
                     /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、
                     /:::::,::::::::::::::::, -:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                     ':::::/:::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ    (逃げることも斬ることも、)
                     /,.イ:::::::':::::::::イ::::::::::::::::::::::、::::::::::::::、:::::::::::::::::::::.
                 // /:::::/:::::::::/{::::::::::::::::::::::::::\:::::::::::',::::::::::::::::::',  (棚の向こう側次第で、)
                 ,'/ /:::::/::/:::イ::::|:::::::::::::::{、:::::::::::::ヽ::::::::::.:::::::::::::::::::.
                  {i |:::::イ::!:::/ |::,ハ::::::::::::::| ヽ:::::::::::::∨::::::.::::::::.::::::::::::.   (どっちもあり得る状況だけど……)
                  |:::::,|::| ,\{ i {::i::::::::::|{ ∨ 、.:::::∨::::|:::::::ハ::::::::::::.
                  {:::/|::{ | {イト、Ⅵ:::::::::| ∨」<\::::!:::::::::::::|マ:::::::::::::::.                        《スペースの開放、完了しました》
                  |/ | i.ハ 比ハ リ \ i|,ィチ芯ヽ Ⅵ |:::::::':リ:::::::::::::::::::.                                          ガコン
                         |/Ⅵ マり     \比J刈 / マ!/:::::/::/::::::::::::::::::::::.
                         }八           込zソ/_,/}:::::':::::::::::::::::::::::::::::::.
               __  __r_、| /\  ´ _  _,...ィ升// /::|::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::',
                ,.ィ7///>´ / / {//>、`ー`'/////////::::j/::::':::::::::::::::::.:::::::::::::::::.
            //_//// ∧/ , ,.|//////77{////////:::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.
          _,  ´ー-、 >//// //:i:|/////-、/////// /:::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.
        ,.  ´ ,...:::> ´//// / /`{ {|: ̄: : : /////// /:::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::.::::::::::::::::::::\
     , <r 、__( ヽ´  `ー― '/ イ  \__:_: : //////// /:::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::: i:::::::::::::}::::::::::::ヽ
 .  ´ r 、__ヽ、 \、 ヽ {ヽ   { /       ∨/////// ,::::,:::::::/{::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.::::::::::::::::\
´  ,..::::,:> 、 ` ー   `' 〉  从      {/////// /::/::::://|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.\:::::::::::::::.
.::´>´  r_―`-      {         「/////// /::/::::://∧::::::::::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::: }::::}::::::::::::::::.
´        ̄ヽ      /_           ∧///////::/:::::////∧:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/∧:::::::::::::::.
          ヽ /´二二>、      /: :∨/// /::/{:::://////∧::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|//∧:::::::::::::.
             {//:イ: : : : :`ヽ、   /: : : :∨/ /:://|::::{////// ∧:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|///∧:::::::::::|
            Y': : : : : : : : : : :`:./: : : : : :∨,'::///|::::|/////// ∧::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|////∧:::::::,
            \: : : : : : : : : : /: : : : : : : `{イ///|::::|//////// ∧::::::::::::::::::.:::::::::::::::::::;///// ∧:://
                 、: : : : : : : ∧_: : : : : : : ,|{∨/ |::::|///////// ∧:::::::::::::::/::::::::::::::::::'///////}///
               \: : : : :': : :`: : : : :/:||: :\ハ.::∨///////// 〉:::::::::::/::::::::::::::::////////////
                 ` 、: : : : : : : / : : |{: : : :ヽ!::::∨/////// /:::::::::::/:::::::::::::::://///////////
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| アナウンスの終了から数秒、棚が案内の通りまず前に動いて、
| そのあと横へとスライドしてと移動し始める。
| どうやら、開閉用、との表示に嘘はなかったようだ。
| 後はその後に出てくるものが、稼働中の敵対的な警備ロボットなどでなければ
| 何も問題ないのだが……距離を取り、別な棚に身を隠しつつ、じっと推移を見守ると……
┗───────────────────────────────────────┛
6553 : ◆RD3CAnAM9Y ★ [] 2018/02/25(日) 01:00:25.21 ID:qtHiUJAz
                           ,zY^Y
                          //ゝ_ノ
                       ,ィケxヘ
                     __,ィタく⌒ゝ、≧zs。,__ ,ィ⌒ヽ              ……二輪バイク? しかも一台だけ…… > シャナ
              ____/ //-、 〉  。o≦ニミ-</ゝ--'
               | /   (_/λxヘrt彡イ===ミ`<≧s。                      シャナー、どうだったおー? > やる夫
               | {   /⌒7⌒ヽ〉 ////////ヘ、`<ミ
               | |  ./  /::∩,ノソ///////////,>s。                   見たところ、危険はなさそうです > シャナ
              弋_|_/  / ̄ \{////////////////,≧x=ミ           ,斗弌━──-  ...,,_
               {  `ヽ、/弌<О∨//////////////////ハ:::\        /::::::::::l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.)    | ̄|
               ア⌒ヽ ヽ-∨i:7-'寸三三三三三三三二ニム::::::::`ー──=彡:::::::::::::{-─━─----ェケ──-{:::::|
       >-‐……‐-/  /´ ,ハ__∨{  >-‐‐ァ'´,.--、` ミ=-`Y¨∧::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ ̄¨''…ァ───-ミ`ミー|__」
.   ,--≦,'//////////  ,ヘ / /  VA´ ,ィ彡´γ::::::: ム  )ミ=--/ ヽ::r─────////////////////////` <>ャマ
   {_二二二二二ニア ,イ//,/ メ、   VA辷彡{ 弋::::::::::ノ Xミ7ミハzzz-\-_-_-_-_-_〈`ー─‐∠///////////////////≧s。
    ,イi:i:i:i:> ´ ̄`/ /i:i:`ヾ{ {/ハ  ./VA辷彡>s。`¨´,.イ=ミ/ミハ ∨三三>、-_-_-_-_-寸////ヘ7777777777777777ム
   ./i:i:i:iア  ,ィ´¨7 ∧ムi:i:i:)) }/,ム /∧/∧ マ辷彡'⌒ゝ-=ミ/ミ'∠', マ三r-、ム/ )-_-_-_`マ///ヘ/////////////////////,'ム
.   ハi:i:i:ア /γ´/ /ヽ彡イi:{ {//ハ{ .l〈`マム ∨彡'⌒'ー'⌒V ̄¨7⌒ヽ ∨,)ー(ア xく-_-_-_‐Ο ̄寸ヘ////////⊂ニニ⊃///////}
.   i:i:i:i:,' /  { ./ /)、,,,},)∧i:, Ⅵ/,}\ヽ\\ ヽ弋ィ⌒ヽ_ノ ̄V ノ ̄ヘ ゙寸´(/ヽ \__>`ー`<≧s。///////////////彡イ
..  {i:i:i:i{  {  辷彡'   }  }i:ゝ `ミl  \/ヽ__\_λ_人)つ_}_∟辷ニヘ 寸弋__ノ三三三三三三三三三三三三三三三三) `Y
.   マi:i:ム ヘ       /  /r─'-'--s。`<≧=--  __二二二二二二二____________________,ノ
.    ∨i:i:ヘ  ゝ _ /  イi:弋    | >弋三○ 三三三二=zzzzzzzz=≦三三三ノ   マi:i:i:i:i:i:>、 ゝ⊂⊃'  ,ィ´i:i:i:i:ア
.     寸i:i:i>s。    。o个i:i:i:i:ア ̄ ̄          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄       ゙マi:i:i:i:i:i:≧=- -=≦i:i:i:i:i:ア
      ゙マi:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i彡'                                    `<i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i彡イ
        ` <i:i:i:i:i:i:i:> ´                                        ≧=-   -=≦
           ̄ ̄
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| さて、いったい棚の裏手に、わずかなスペースが現れる。
| そしてそこに鎮座していたのは、危惧していた警備ロボットの類などではなく……
| 一台のバイクだ。おそらくは、軍用の
| 続けて何が起こるわけではなく、ただこれを置いておくスペースを開放しただけらしい。
┗───────────────────────────────────────┛
6554 : ◆RD3CAnAM9Y ★ [] 2018/02/25(日) 01:07:01.07 ID:qtHiUJAz
.       /::::::::::::::/:::::::::::::::/:::::/:::::::::::::::/:::::::::::`ヽ、::::\::::::::::::::::::::::::::::::::::::Y
      / ,'::::::::::.':::::/:::::::::/:::::::|::::::::::::::::|:::::|::::、:::::::::\:::::ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::}
.     / /::::::::/:::::/:::::::::/|:::::::::|::::::::::::::::|:::::{::::::::\:::::::::\::::\ :::::::::::::::::::::::|              さて何が……っと、中身はバイクかお > やる夫
    / イ::::::::/::::/:::::::::∧!::::,|::{i::::::::::::::::|!、::∨::、:::::ヽ:::::::::::ヽ::::ヽ:::::::::::::::::::::|
     |:::::::::::::::!:::::::::::| |、/|::|マ::::::::::::::|{ i\\\::::∨::::::::∨::∨::::::::::::::::::{    はい……取り敢えず、
     i:::::::::':::::|:::::::::::| |::\.|::∨::::::::::| リ  \}/\}ト、:::::::}:::::〉::::::::::::::::::::、
     { :::::::|:::::|:::::::::::|{ {/_\::::.:::::::::|    /,..ィ芯下ヽ:://::/ :::::::::::::::::::::ヽ  荷台に積んで帰ろうと思うので、
      Ⅵ::i|:::::{:::::::::::|圦 {ら気、:.:::::::|   ,イら__rメ} /|::|/::イ/}::::::::::::::::::::::::::::.
       {从{从i:.:::::::::ト、   比j刈 ∨::{     比j刈   }::|::{// |:::::::::::::::::::::::::::::.  手を貸してもらってもいいですか?
          八:::::::| ム   込ソ  \〉     ゞ-゚ '  /イ{::|// !:::::::::::::::::::::::::::::::
              ∨::j!:::ム        ,        /// リ///::::::::::::::::::::::::::::::::::.                        おう、任せるお > やる夫
         _,ィ//∨|:::::人       __       ///////// |__:::::::::::::::::::::::}
         ///////リ:::::::::{>    ゝ-`     {///////// ///////`ヽ、:::::::::|  (試作品……にしては隠し場所がずさんだし、)
      /////イ/// |:::::::::|/////>     イ |//////// //////////∧:::::::::|
        {/////////{|:::::::::|//////////「 ´  {//////// {///////////}:::::::::   (細部は違うけど皇国軍の一部歩兵隊で似た型のものが使われてる)
       ////////// |:::::::::|//////|/// |\__|////////////////////|:::::::::::|
      , ///////////|:::::::::|//////|///ム    j!////////////////////!:::::::::::!   (となると、単なる保管スペースにただのバイクを置いていただけ……?)
┏────────────┓
│ システムメッセージ                                  (……まあ、持ち帰って、調べればわかるか)
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 隠しスイッチを押した先にあったのは、一台のバイク。
| これが隠された試作品などの重要品なのか、それとも単なる駐車スペースであったのか、
| その辺りの判断は難しいが……まあ、持ち帰ってリッカに見てもらえば、
| その性能が珍しい物かどうかについては、判断してもらえることだろう。
| 協力してバイクを積み込んで、この倉庫もそろそろ離れることにしよう。
┗───────────────────────────────────────┛
┏────────────┓
│ 取得物
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 軍用バイク ×1
┗───────────────────────────────────────┛
6555 : ◆RD3CAnAM9Y ★ [] 2018/02/25(日) 01:11:40.48 ID:qtHiUJAz
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
6556 : ◆RD3CAnAM9Y ★ [] 2018/02/25(日) 01:11:52.77 ID:qtHiUJAz
     【MAPデータ】

 ┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 |
 |  ┌―――――┐     ┌―――――┐     ┌―――――┐
 |  |          |     |          |     |          |    ;;; 瓦礫
 |  |          |     |          |     |          |
 |  |          |     |          |     |          |
 |  |          |     |          |     |          |
 ■  └――┤1 ├┘     └――┤2 ├┘     └;;;;3;;;┼―┼┘
                                         
 0.            7.

 ■    ┌┤4 ├┐       ┌┤5├‐――┐     ┌┤ 6  ├――――‐┐
 |    |      |       |          |     |                |
 |    |      |       |          |     |                |
 |    └―――┘       |          |     |                |
 |                     |          |     |                |
 |                     |          |     |                |
 |                     |          |     |                |
 |                     └―――――┘     └――――――――┘
 |
 └――――――――――――――――――――――――――――――――――――


  0.区画入り口
    警備の兵士に案内された、探索エリアの入り口。帰りはここから出ていくことになる。
  1.統一倉庫A
    サイズ等規格の統一された三つの倉庫の内、手前にあるもの。パッと見、あまり物が残っているようには見えない。
  2.統一倉庫B
    サイズ等規格の統一された三つの倉庫の内、中央にあるもの。……時折、何かの動くような音が響いてくる。
  3.統一倉庫C (済)
    サイズ等規格の統一された三つの倉庫の内、奥まった位置にあるもの。建材などが山積みの倉庫で、テントや屋外バスセットなどを発見した。
  4.入り口脇の小屋 (済)
    区画の入り口傍にある、倉庫よりも小さな小屋。既に荒らされた後だったが、引き出しの二重底や隠し金庫から多少の成果を得られた。
  5.縦長の倉庫 (済)
    他の倉庫よりも奥行きがあり、その分面積の広い倉庫。人でも運搬できる、保存用コンテナに入った銃火器用部品等が手に入った。
  6.大型倉庫 (済) 【現在位置】
    入り口も倉庫内も、他の物よりひときわ大きな倉庫。大型車両数台が余裕を持って侵入できる広さがある。
  7.車道 【探索不要】
    二列に並んだ倉庫の間を通る大きな道路。戦車や大型の輸送車両が余裕を持ってすれ違えるようにできている。

  ※ 特筆されていない限り、車両に乗ったまま探索可能

┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| かくして大型倉庫の探索も無事に終わり……今の所危機的状況のきの字すら見えず、
| そこそこの発掘品が見付かり、また時間もだいぶ過ぎてきた。
| 今のうちに切り上げれば明るいうちに遺跡を出て、夕方にはフジノミヤに帰れることだろう。
| 帰りの時間が遅くなるのを覚悟すれば、もう一ヵ所くらい探索することもできるだろうが……
| さて、どうしたものか。
┗───────────────────────────────────────┛


   ▼ 選択安価 ↓1~3 1D100を添えて、最も数字の高い選択肢
      そろそろ帰ろうか、それともまだ探索しようか?

   0) 今日は切り上げて帰る
   1) 統一倉庫A
   2) 統一倉庫B

6557 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2018/02/25(日) 01:13:02.05 ID:myw1ctk2
0
【1D100:19】
6558 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2018/02/25(日) 01:13:53.16 ID:fGdCUy4m
0
【1D100:54
6559 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2018/02/25(日) 01:16:16.99 ID:KMg5gleW
0
【1D100:16】
6560 : ◆RD3CAnAM9Y ★ [] 2018/02/25(日) 01:22:49.61 ID:qtHiUJAz



                                                        で、シャナ、次はどうするんだ? > チンク

                                             ……発掘品はそれなりにあるし、今日は帰ろうか。
                                   暗くなってから、警備の機体と鉢合わせると何があるかわからない > シャナ
            i  i!  ! }ム:斗              マ.', ∨  .∨
              i  i!  ! }ニ}                   マ.', ∨   i!                   安全第一、だおね。了解だお > やる夫
           > ,_{_{_i!'''                    マ斗-七'"
              {ニ(:)'                     いア
                 ̄                      ̄ キュイイイイン
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| ……暗くなってから、軍事施設の警備ユニットと戦闘になるのはできれば避けたい。
| 発掘の成果物としてはもう十分な量を見付けられたことだし……
| 今日の所は、そろそろ引き上げて帰ることにしようか。
┗───────────────────────────────────────┛


   ▼ 次回、7.車道を経由して帰路につきます……?

6561 : ◆RD3CAnAM9Y ★ [] 2018/02/25(日) 01:23:01.01 ID:qtHiUJAz
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


   ▼ 本日ここまで

6562 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2018/02/25(日) 01:24:10.06 ID:myw1ctk2
乙でした。
6563 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2018/02/25(日) 01:24:49.93 ID:KMg5gleW
6564 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2018/02/25(日) 01:26:25.45 ID:oll2bZjP
乙であります
6565 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2018/02/25(日) 01:26:40.91 ID:hClcNf+s
乙でした
6566 : ◆RD3CAnAM9Y ★ [] 2018/02/25(日) 01:27:42.93 ID:qtHiUJAz
                  , 、_  -ヘー―,イ´. ヾ 、
.              /   ,>匕ィ、_ `フ    ヽ ヽ
.             /  >'ー'´__二ニフ ',.   ヽ \
         /ァ=ァ'    _  -ーヲ  iト,  '., ヽ ` ,
.          ,イ/  i′   , -ー  ̄ ´ i、 i! i! '.,.  ', ',  ',        はい、というわけで……すっかり遅い時間ですし
       ,イ! l!ニ i! _, イ i i! !、   |マ | |. '.,  i! i  i
     ,イ三i| l!ニ i!;';';  | ||斗ヤ| ∨ ´「 マ¬ー-ト i i!  i!       本日のスカベンジャーはここまでです。
   ,イ三三ヲ! i!ニi!;';';  i个!i ! ', i! V  i メ/|マ  i!', i! i!  i!,
.,イ三三ヲ'´. ! l!ニi!;';';   i !| !| ',.|  ∨ | ,!∧! マ | ', |. |.  i',        ふむふむ、無理してもう一カ所行かずに、今日はもう帰るんね。
ニ三ヲ'´    | l!二i!;';'  i!. i!| ` ヽ!   V.!==ェュマ ! i! ! i ', ',ヽ
ヲ'´    ,'  i l!二i!;';.  i、|,ィ=≡ゞ  ヽ!       /. | |  | ヽ , ヽ.     皆安全志向だなぁ……統一倉庫Bの警備システムとも戦闘無かったし。
     ,'   i l!二i!;.   i!ヘ|              //! |  i! ヽ\`\
     ,'    i!. l!二i! ,イ!\'、  _,.-‐   ̄ ̄i /'  ,'i! i!. | !  、\',  \  ……ということで、次回はこのターン初戦闘にしてボス戦だ!
    ,'     マ i!. 爪,ノi| ト、ヽ V   ´  - ′  / !| i!  ! iト、 \l\   `ー
             ゝ.ヾ二,ハ  ',、  `          <ト,i|.i,'  |',i=ミヽ  ヽ、`ヽ    何事もなく帰れるなんて、戦闘系スカベ主人公であるわけがあるめぇよ。
.            ,ィ <ミミミト,. ∨>-   _ , <ミミゞュ !  l i!  ! ヽ、  `ー=、
_  ー   =./     ヾミミi!ヘ ∨ill  ℡ミゝ_ィニ彡 「il彡  i!',}  | i  !ヽ、   li まあ安全志向の分、もう一カ所行った時と比べて、
                   ヾ! !ミゝill. |!   |    i| ill |,ィ―'――i ,'  /i  /
                  /j | i! ill         illl i'  ゝ、_  ∨、 / !/  ,ィ 難易度ととかは有情になってるかんな、そこは安心していいぜよ。
.              /   ,' / ,ィij           ,illl、>'´ ̄´    l!ニト\/ ,イ/
                 ノイヲ',==ュ、. i|i  ,ィ==ュ</|イ ̄ ̄ ̄  l!三i|ミ!ヽノ   しかしあれだな、帰りなら今日ボス的紹介まで行きたかったが……
  ゛'' ‐-  ,,_.      、  ヽ )>/ゝ¬ミヽ!|i,ィヲ'¬ヾi/li| ゝ――  i マニ!ミ!. ト、
- .....,,,,__         \  ) >ニ>   `.|ll|゙´  ,ィ//メ、 ゝ- て´  マiミ! | \  バイク捜索の辺りで尺使いすぎたかなこれ。
6567 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2018/02/25(日) 01:30:52.73 ID:gKw2txM+
乙!
6568 : ◆RD3CAnAM9Y ★ [] 2018/02/25(日) 01:32:16.66 ID:qtHiUJAz
                ___
            〃`<    __ `
          _/ __        __  ヽ  \
.           // /:           ,  ′  ヽ
         // /    .!        ′  ,      ともあれ皆さん、お疲れさまでしたー。
           ′′ i__/| ! ト   ',  ,   ′
        i | i ´| l.¨! :| :| ¨',‐-.| i   |   i  さーて、次回の投下予定はー……
        | l | 小.! Vヽ i  ', ト .|   |    |
          И i .i ==   ` __.V .リ:   |    !  明日の昼間はお出かけ予定故なしだな。夜は……どうしようか。
         | V        ̄` /    |    ト.
         | 人          7   |     〉 ボス戦直前くらいまででボス敵紹介の短い内容だし、
            ,|   > _ ー '  ィ'|         、/
        /:i/\  |  :i≧r  //  / /      \ 近々投下したいが……んー……
             ヽ | /├|==/ / / |/    ヽ   ヽ
        \  /.` / :├|*/{ 'イ: : : : ヽ   i }    よし、月曜の夜か、火曜の夜! その辺で短めの投下をやってこうか!
.            ヽ { i l : :├|/yヽ  ヽ/: : i  /  /
            } V、 | i: :.|。!/: : }  }: : : : | /       ボスキャラ紹介な内容だが、ひょっとしたら奇襲判定あるかも? という感じで覚悟しておいてくれ!
         /   ゝ: !: :|。!: : /イノl: : : : :i     {
        /     !: :|: :|。!: : : : : : i ノ: : :!    、      ともあれ、すっかり遅いしスレ主はそろそろお布団行きますん。
           イ  |: : l :|。|: : : : : <.: : : : :i      \
       i / !  ′ :V.-! : : /: : : : : :人  i    ヽ みなさん、おやすm(すやぁ……
.        V    /: : : : V、>/: : : : : :/ 〉  :l   l
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://yarucha.blog.fc2.com/tb.php/4255-73fb3f1f