アドベンチャラーズ・エンダー その1

329 : ババコンガ ◆Ff7nWZGtso [sage] 2018/12/19(水) 20:53:55 ID:1cT3tdNz

.      /圭圭圭圭圭圭圭圭\
.     /:::::`¨¨≧=‐--‐=≦¨¨´:::::‘,
.   /::::: >―<ニ=-=ニノ:>―く::::::‘ ,
.  __/:::、_/γ;;;;ヽ乂ー‐く::/γ;;;ヽ乂_::::‘,__
 ん:!:::::::::`¨¨⌒¨¨´|::::::|:`¨¨⌒¨¨¨´::::: ‘,::ヽ   ┏  ・ ・                   ┓
 |ンリ::::::::::::::::::::::::::: /:::::::ヽ::::::::::::::::::::::::::::: ‘,:::|      それを見た時、ゴブリンは思った。
 レ'::::::::::::::::::::::::::: (:__::::__::}:::::::::::::::::::::::::::::‘,:: l
 | :::::::::::::::::::::: /::::::::::::::::::\::::::::::::::::::::::::::‘,/       マヌケが来た! と。
 |:::::::::::::::::: /:::::::::::::::::::::::::::::丶::::::::::::::::::::::::|   ┗                       ┛
 l:::::::::_ ノ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: \__:::::::::::|
. ‘,::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::リ
 |‘:,{::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}:::,′
 |:: |:\::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: /::,'::|
 |:: |::::::::ト---- 、_______ イ:::::::l:: |
 |:: |:::::::::マ∧_∧_∧_∧_∧_∧_∧:./::::::: l:: |
 |: ‘,::::::::::寸:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. /:::::::: ,′|
 |::: ‘,:::::::::::ゝ`Y´`Y´`Y´`Yア´ ::::::::: /::::: !
 |:::::::‘:,::::::: ≧=―――=≦::::::::::::::::/:::::::::|
 |:::::::::::‘。::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::/::: |
ノ|:::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ア´::::: /:::: リ、
:: |::::::::::::::::::‘:, ::::::::::::::::::::::::: /:::::::::::/:::::::,′\__
:::‘,::::::::::::::::::::: ≧=‐---‐=≦::::::::::::::/:::::: ,′:::::::::::::
:::::‘,:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: /::::::::,′:::::::::::::::::::::::



                                           ○k、           /^〉
                                           γ^ ̄^ヽ. _  -=Vヘ´
                                             { -、.   Vニ=- ̄ノ ノ
                                 _ ニ=-   _  ->   .} ̄  _ /
                               _ ニ=-    _  -=ニ  \_ ノ.Y>、⌒
                      _ ニ=-    _  -=ニ                ` ○
                 _ ニ=-    _  -=ニ
          _ ニ=-    _  -=ニ
      ニ=-  __  -=ニ
     ̄ ̄

 ┏                                                    ┓
   細く、ひょろひょろとした剣。まるで小枝のような。そんなもので斬られて痛いものか。

   たとえ当たったとしても、すぐにダメになるに違いない。なんてマヌケな!
 ┗                                                    ┛

333 : 梱包済みのやる夫 [sage] 2018/12/19(水) 20:57:06 ID:aQo4f7iy
細剣、突剣!
334 : ババコンガ ◆Ff7nWZGtso [sage] 2018/12/19(水) 20:58:40 ID:1cT3tdNz

    l、,'、:li::::l,  `¨´  '      ,'::::l, - '::イ::.l゙:l.l:.l
     l:.、:!゙、:l      _,    ./.:.:l::l::,i::/ l:,' j! ',i   ┏                エルフ             ┓
     l:.:l、:、:.:l` 、,'^、.     /l::::::l:.i/l,'  i'        しかも、それを振るうのが森人とあれば!
.      l::l ゙、ヽ:.,-'-t, lー,- - '゙l´ ,':::::!l:_,,..-ー-、
      l:!.  , ',_ーt ト'゙./,,-tー-'  jl::::,'、l:.:.:.:.:.:.:.:i       ゴブリンはゲラゲラと笑うと、同族を押しのけて
      .i' .l ._/l ,l.ノ. ,'::::::/、,,、_,,,_ l::,'::::`.:.:.:.:.:.:.i
       iト、゙-'´_,,-'゙ィ:./,XXXXXl'l::,'-:.:.:.:.:.:.:.i       その正面に立った。いの一番にこいつを押し倒し、
       `、ヽ‐-‐´:.:|:':`゙ー--ー''゙:::i:.:.:.:.:.:.:.:.:.i
         i:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,':.:.:.:.:.:.:.:.i       悲鳴を上げさせるのは自分だと。
        .i:.:.:.:.:.:.:.:.:ヾ:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.::,:.:.:.:.:.:.:.:.:i      ┗                               ┛
         i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,':.:.:.:.:.:.:.:.:i
         ー、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,'::.:.:.:.:.:.:.:.i



                    \、
                    \、\
            _ .。-ェェェェュ。.\
             _,ィ升圭圭圭尹:":¨:ミ::、
            ,fr:x寸圭圭紗'.:.:.: : :r:‐:,: ミx_
        /l|:l 矣:Ⅶ紗:´   : :.:.:〈〈{::}'ィ′   ┏                                   ┓
        ,佳》.ヾ:j |㌢: : : : : : .  ヾ=ヲヽ       そして、ゴブリンにあるまじき事に敵と正対したそいつは、
         ,佳㌢ゝ.r:': : : :.:.:.:.:.:.:.: : : : : ,ム: :゚.
        ,:紗'’ : :::小.: : : :.:.:.:.:.:.:.:.: : : :(:_:r:、::j      途轍もない違和感を覚えた。あれ? おかしいぞ?
     .ィ㌢: : : :::::::| :ヽ::::.: : : :.:.:.:.:.:::/: : : : :「
   ,ィ尹゚: : : : :::::: :| : : :ヽ::.:.: : : : ::,': : : : :l :|       何か変だ。あの、ひょろりとした剣はどこへ行った?
  /'´:: : : : : ::::::: :| : : :.::::::::.: : :.::;'::.: : : : j :|    ┗                                    ┛
イ: . :.:.: : : :  : :::::::八: : : :.::::: : : : :l:_:.-‐:-r'
:.: : . : :.:.: : :  : ::.:.:.:.::::\: : :.:.: : :::::ゝ.-:‐ッ:┘
:::: : : : 、: : : : :.:.:.:.:.:.:.:::\::.:.: : : : : : :::{
: : : : : :、:、: : : :.:.:.: : : : :.::::::>━…-‐'’
:.: : : : : : : :、:、. : :.:.:.: : : : /´
::.:.: : : : : : . :.::::.: : :::::::;: イ
: :::::.:.: : : : : : . :::::.: ::/
336 : ババコンガ ◆Ff7nWZGtso [sage] 2018/12/19(水) 21:04:20 ID:1cT3tdNz

                r .、
                  寸/^~ ̄~'' 、
.      Y⌒Yニニ===-./=-      ヽ
.       〉-.イ ̄  ─=.j{=- .r─- 、.  }i==─- .Y⌒Y          ┏                                ┓
                   j{=-  \   =- ''─==ニニゝ-イ             見えないわけでは無かった。ただ、まっすぐ
               八=-   \  -=-
                  ≧=─‐イ\   -=-                 向けられたその剣が、恐ろしく見えづらくなっていた
                         \.   -==-
                           \    -===-            だけだった。ほとんど点のよう。長さが把握できない。
                            \    -====-       ┗                               ┛
                              \    -=====-  
                                \      -=====-
                                 \      -=====-
                                 >       -===-
                                      >      -=-i
                                      >.     -|
                                          > .-|
                                             `



            \__-====/、
           、/二 ̄ ̄ミハヽヘ            ┏                                       ┓
           {フ:::{{●}H{{●}::弌::l              やりづらい! インチキだ! こんなの聞いてない!
           /::::::::::::/l:::、::::::::::::Y
           |::::::::::/:`-´::ヽ:::::::::!               距離感を本能でしか理解していないゴブリンとしては、
           `マ:::/::::::::::::::::’:::::爪
             V::::::::::::::::::::::::::::|::’              武器の間合いが分かりづらいだけで攻撃をためらってしまう。
             、::::::__::::::::::::,::::::’
              マ:´::::::::::`::::ノ::::::::::l \           ただただ、現状の理不尽さに腹を立て喚き散らし――
            /::ヽ、__/::::::::::::/::::::::\       ┗                                       ┛
           /:::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::ヽ
       γ≦ム::::::::::::::::、:::::::::::::::::'::::::::::::::::::::::::::::\--- 、
        /::::/::::::::> 、:::::ヽ::::::/::::::::::::::::::_::__:::::::::::::ヽ
      ,:'::::,:'::::::::::::::::::::::>==::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::ハ
      |:::::l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::{::::::::::::::::::::::::::::::::::ト、
338 : ババコンガ ◆Ff7nWZGtso [sage] 2018/12/19(水) 21:06:54 ID:1cT3tdNz

            :,:           :(::)
            /⌒''⌒) :,,゜      '         ,,,,,,,        ┏                            ┓
           (:::::::::::::::!'                 (::::::)          頭蓋を穿たれて、何も考えられなくなった。
           ヽ::::::::';'''                 ''``   。
           τ'::/ .;:                               自らが侮った細剣が、いつ突き込まれたか
            )/
         。            '  、       ;: 。           理解することはなかった。
                               `'''`~''・    ' `   ┗                           ┛
     f''`⌒(     ,,,,               !:(',,,,、              ::,,,,,、...
     ,!,,,、(     /::τ             ノ:::::::::::::::::)          。  !::::::::::`! 、
 :.、          !:::(     ノ::`!   o   (::::::::::::::::::τ            (:::,,;,;,、; 。
       ゜     (/      ⌒・ .   ・、;::::::::::::;;.;`` ''
     ,,、..   //   ノ'          //'''`'`'` `       ..,,.. _,,,.、 ・         ,, ...:・..
  π /;::::::::(,.,.(;;;::::(   ,,.,  ・っ                    ;,;;( ):::::;.    c::── '`'''::::::::::;''
   ):::::::::::::::::::::::::::/  '''''`   `        '`                     ⌒ ` !.:::τ'' ``
 τ !::::::::::::::::::::::::::::)/,,,,, γ               :'`'``:!
   (::::::::::::::::::::::::::::冫 `'`'    、,:'::::::`:::,,,,        !:::::ノ         ・
 :::':'::::::::::::::::::::::::::::;(,,,,,,,、:::::::-ー''''`'`''''''''"
339 : 梱包済みのやる夫 [sage] 2018/12/19(水) 21:08:34 ID:RpN1q89S
ささっきーはなんか珍しい気もする
以前のにも出た記憶はあるが
340 : 梱包済みのやる夫 [sage] 2018/12/19(水) 21:08:59 ID:gS2KfC5Q
最短最速、ライトセーバーの効率の良い使い方でもある刺突!
342 : ババコンガ ◆Ff7nWZGtso [sage] 2018/12/19(水) 21:13:36 ID:1cT3tdNz

        ↑洞窟奥


     ゴ   ゴ   死

       盗    戦


         ↓洞窟入り口


 ┏                                           ┓
   四方世界で星の数ほど繰り返された、ゴブリンの巣穴での攻防だった。

   森人の戦士と、只人の盗賊。二人の女冒険者が、ゴブリンの巣穴に

   攻め入った。
 ┗                                           ┛



             / /: : :xfチ! ヽヽ    , ``}イ/ イ,ヘ {
.            /:′: : :/::::v |  {`  `..‐   /ィィ/ }/ ヾ、
           /: : : :./:::::::::ヾ  ! >z‐=≦ィ´イ   ′      ┏                                 ┓
.          /,.-‐く:::::::::::::::::1 | ‘ フ::::::`ヽ!. |            不意を撃たれたものの、ゴブリンたちの士気、
         〃:、::::::::ヽ::::::::::::::l .|` ̄ヽ::::::::::ヽ. x:、
         /{::::‘,:::::::::ト、::::::::::| .!..イ::::\::::::::}、 i:}!          というより欲望は燃え上がっていた。
.        / !:::::::ト:::::::::i::::\ 才 /:::::::::::::::::::`i:Y:::ヾハ
       / .:j::::::::ハ::::::,'::::::::::ヾj/:::::::::::::::::::::::::ヾヽ(){:::.          若い牝が二匹、向こうからやってきた。
.      /  /:!:::::::;:::Ⅵ:::::;::O::))::::::::::::::::::::::::::::::::ハ:`ミヾ}
     /  /:.:}:::::::::;:::圦::::{:::/'::::::::::::::::::::::=≠≡=キ:::ヾハ         こちらは数が多い。あっという間にやっつけられる。
.    / /!/: : |::::::::::;:;卞:::::X::'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::j::::::ノ:‘, 
   / / /: : :.j:::::::::::;:::|:ハ::{::ヾ:::::::::::::::_;:.=ニ三rミ丁升::i:::ヽ       ゴブリンたちには珍しく、根拠のある考えだった。
.  / / {!: : :/::::::::::::;::j:;::N:::::::::`:ー彡::::::::::::::::::::`":i:::::{X::::::{     ┗                                 ┛
  , /  .|: : ん:::::::::::::Ⅵ::|:ヾ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::∨:イ:ヽ
343 : ババコンガ ◆Ff7nWZGtso [sage] 2018/12/19(水) 21:22:09 ID:1cT3tdNz

   ┃
   ┃
   ┃        ↑洞窟奥
   ┃
   ┃           ゴ ←new!
   ┃
   ┃     ゴ   ゴ   死
   ┃
   ┃       盗    戦
   ┃
   ┃
   ┃
 ゴゴ■
 ゴゴ■←擬装壁
   ┃

         ↓洞窟入り口


 ┏                                                  ┓
   奇襲用の横穴の存在である。ここから飛び出て背面を取る。以前、これをやって

   別の冒険者を壊滅させたこともある。極めて残念なことに男しかいなかったが、

   今回は別だ。すぐに、同族たちが奇襲を仕掛けるだろう。それまで上手くやればいい。

   ゴブリンたちはみなそのように考えていた。さっき死んだ一体も。
 ┗                                                  ┛
345 : 梱包済みのやる夫 [sage] 2018/12/19(水) 21:24:00 ID:aQo4f7iy
勝ったな!
346 : ババコンガ ◆Ff7nWZGtso [sage] 2018/12/19(水) 21:27:43 ID:1cT3tdNz

.        /    /
      /  /
       /x≦圭圭≧x  _            ┏                                  ┓
     ∠ニ=::::`寸圭圭ア:::}             そして、奇襲をかけるべく裏道に集ったゴブリンたちは、
    ミ{● >::::::::::::` 寺l7::::ハ
   /::i:::::::::::::::::::::::::::::::::::;〈圭i、           下卑た笑いを浮かべながら、今まさに壁を打ち破ろうと
    {:::::)::::::::::::::::::::::::::::):::::::`ヾュ
    `!:::::\::::::::::::::::/:::|i::::::::::::::\          していた。森人を、只人を引き倒し、悲鳴をあげさせ、
.     |:::::::::::ヽ::::::::/:::::::::ll:::::::|i:::::::::::\
    ヽ:::::::::::}:::::::::::::::;:::::::::::|:!::::::::::::::::\       孕み袋にする。その欲望をたぎらせながら、壁に向かって
     辷=‐-:::::::::/:::::::::::从:::::::/::::::::::::\
      i::::::::::::; イ:::::::::::::::/:::::::::/:::::::::::::::::::::\_  道具を振りかぶり――
         ̄ ̄  \::::::::/:::::://:::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ                                  ┛



                     |
                     |、
                     /:::\     |       ┏                                ┓
                    ヾ:::::::i|、   /         唐突に、壁に穴が開いた。もちろん、ゴブリンたちは
                    |::::::ヾ\,/!
                、/::::::::::`i/!ニヽ、        まだ何もしていない。これはなんだ。
                 i|:::::::::::::`:::::::::i|
                ヾ、:::::::::::::::::::マ         首をかしげてその穴に注視する。すると、
                ー<Y::::::::::::::::::イ}       ┗                               ┛
                    !|::::::::::::::::::|、!
                  \:::::::::::::/N.   /
                   i、:::::::::ヾト、_/
                       N!::::::::::::::`!
347 : ババコンガ ◆Ff7nWZGtso [sage] 2018/12/19(水) 21:30:32 ID:1cT3tdNz

                             ____
                            /      \      ┏                    ┓
                          / ─    ─ \       穴の向こうに、獣の瞳が見えた。
                         /   (①)  (①)  \    ┗                    ┛
                         |      (__人__)     |
                         \     `⌒´    ,/
                         /     ー‐    \
348 : 梱包済みのやる夫 [sage] 2018/12/19(水) 21:33:55 ID:RpN1q89S
ハァーイジョォージィ
349 : ババコンガ ◆Ff7nWZGtso [sage] 2018/12/19(水) 21:34:52 ID:1cT3tdNz

   ┏                                       ┓
     ぎょっとするゴブリンたちの中に、穴から何かが投げ込まれた。

     それがなにか、理解する時間はなかった。
   ┗                                       ┛



                   i
  l\        ┌:,    ,!'|   ` .
   ! | !ヽ. ,、 |\_|| ’ j  i! i    ,-、、
    ! .| l l.|゙i |「`ヽ`i   { ||   /  /
   l | l |! l └′/,/ :、,ィl! l! {′/  ;/
    ! ヽ、 ̄ `'''  , `   Yl!|:  | |. /  /
     ! r 二コ    | 、 ゙リN: ; !li└ヽ/ /゙:、
    | |      }'′    i  ;}|! ,/ ,/     ┏                              ┓
    ``'     ,:;:;:,!     ''′ ,. !/ _,,.-''   ヽ    狭い中に爆発物を投げ込まれるとどうなるか。
            (''゛ j! ..:;;:==-:、  ゙''"ィi {ヘ!,l .
       〃’ :; {`' ,ィ゛ '′.  ) jj」li|liY、⌒}       それも、ゴブリンたちが理解することはなかった。
             j∨il!ィ' {’      へヾ;;イ      ┗                             ┛
       ’ λ' ,j、l! / 、     ., ,il{ ,゙!j!;|   :
          ゙ハ! ;. ゙:、     j|   '/'}′ ,
            じ:、 i,'  ゙:、 ,,.,   ′彳レ/
         丶、v{ ヒ!   i!||il.   , 八 Z
        __   _,ゝ、;_    ゛:|!  ゙ ,rカ  ̄
      _  ̄`ζ」'(´ ヽ  j! ゛ ,ィ彡′_.. -
        二 ニ ゙て∠rιク_;.,、_,ー-'^- =ニ_

350 : 梱包済みのやる夫 [sage] 2018/12/19(水) 21:34:59 ID:aQo4f7iy
マカカジャ
351 : 梱包済みのやる夫 [sage] 2018/12/19(水) 21:36:02 ID:H06/DoXU
洞窟でボンバーはアカンって!
352 : ババコンガ ◆Ff7nWZGtso [sage] 2018/12/19(水) 21:37:19 ID:1cT3tdNz

 ドォンッ!

               ___
             . -='´:::::::::::::: `::...、
            /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::. \
.         /.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::... \
         /:::........./.....................}......ヽ.........:::::::ヽ
.        /:::/::::::::::::::::::: /:::::::::::::::::∧::::::::::::::::::.
.      ':::::::::::::::::i::::::: /イ:::: /:::/  ';:::::::::}:::::::',
      .::::::::::::::::::|::: /' |:: //   ⌒|:::::::::::::::: |
        i:::{::::::::::::∧/  }:/´   ィ ⌒ }イ::∧:::::::|
        |::::::::::::::::iィ ⌒       乂r ノ }/::::iヽ::::     やったか!?
        |::::: \::::|乂r ノ          |::::: |イ:::::.
        |::::::::: {ヽ{      ′    /:::::::::::::::::{
        |::::ハ:::::::个:.、  /ヽ一'  .イ:::::::://}∧
       }イ }\ト{ V≧/   ̄}  <}/イ}イ´
             /   ̄} ̄ {:′
                i    7    \
.          _, r7-/|     ′    \ _rx _   ビクッ!
       /   }マr{^ゝ==イ丶  r‐一   r「7  \
         ヽ  マ:ハ     :}       r「7´ / ^ヽ
     i   \/′     {____,r「7´        }
     |   /    -=7 ⅩⅩⅩⅩ {′/       /
     |  /         /ⅩⅩⅩⅩⅩ{        }
     | ./         /=ー―――‐={ {      {



                              __
                           '"
                        /             \
                        '
                          /    /                ',
                     /     '    /|
                          '     i j|=ミメ,,,|    /   i     i
                   /  |   |/,,、|/⌒|   /x|=ミk   |
                   ―――=|    ,イfぅ㍉ l / '⌒| ,ノ|
                     /八i、   乂ソ  | '  x=≠午/   |    っと五月蠅いなぁ!
                    ,   | \ ゝ     ,  辷シ /  从 |
                    /  | 人⌒ _     ∠ _彡< (ヽ    聞いてたけど!
                     /    ハ    \   ‐    イ | / ⌒ヽ
                   ,    / i    ;  ー‐=r≦  |            洞窟崩れないだろな!?
                         |   ∧   ∧  ∨ /∨
                    /  __/ /:|  、 / ∧   V―‐‐ 、
                     /  /   / /、: : : .、/  /: : :、  ',
                /   ,   / /i \: 〈   ,: :/ |ハ i }    i
                 /   i   i ' ||   \}_/''"  || Ⅵ /
353 : 梱包済みのやる夫 [sage] 2018/12/19(水) 21:37:20 ID:Y+dE0tF2
きっと消臭スプレーだ
355 : ババコンガ ◆Ff7nWZGtso [sage] 2018/12/19(水) 21:45:21 ID:1cT3tdNz

        / ̄ ̄ ̄ `\
       /         ヽ、
      /         _  ヽ
     /       ,イ´::::::::ト、 ヽ     待たせたな。
    {      /:::::::::::::::::::::ヘl 〉
     ヽ   | /:::::::::::::::::::::::::::::} /     上手くいったぞ。
      λ_ゞ\ゝ、.:::::::::::::::::::,/У
     イ ー ̄三  ̄二三[]=イ"ゝ
     /弋_ー  = ー─ヤ彡ヽ

 ┏                                                          ┓
   二人の元に、奇妙な風体の青年が飛び込んできた。手には抜き身の長剣。背にももう一本、

   長剣を背負っている。薄い鉄板で補強された皮鎧に、腰にはしっかりとした作りの革の道具袋。
 ┗                                                          ┛



       \
        \          /
         _,,xr==ニ==‐x  /
     x≦圭圭テ´:::;;;;`'寺圭ミ7、
. /::`Y圭圭ア:::::::::彡''"ヾ:::::::::::`ト、
 i:::ト、:Vエア:::::::::::::::ミ ● }}ミ;;彡'' ミ:i
 {:::i〈i:::}l/::::::::::::::::::::::::=彡仆iミ、● i}   ┏                                     ┓
 ‘;:V::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::{i::::::|!::彡イ     ゴブリンたちは、驚き戸惑った。女が二人だったはずだ。
. ∧z=::::::::::::::::::::::::::::::::;ィf::::::::::}:::::::::i
. /l7::::i:::::::::::::::::::::::::::/:::`¬=イi:::::::::}     そんな匂いはしなかった! と。当然である。臭い消しを
/l7:::::::|:::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::|::::!:i::::::ノ
lア:::::::::l:::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::i::::i::i::/      体に振りかけていたのだから。悪臭漂うゴブリンの巣穴に、
´:i:::::::i:i:::::::::::::::::::{::::::::::::::::::::::i::::i::/
:::ハ::::从::::::::::::::::::::::--=====:/        女が二人入った。臭い消しで誤魔化された男の存在など
;::::::V::::::\::::::::::::''"`ー――--7
`丶:{::::::::::::\;;;;;;::::::::::::::::::::::/         気づけるはずもないのだ。このように目の前に現れるまでは。
::::::::::\::::::::::::三≧;;、;;;;;;;;;;;/        ┗                                     ┛
::::::::::::::::\::::::/::ミ三ア´
:::::::::::::::::::::::V::/::::::::::}
:::::::::::::::::::::::::V::::::::/
356 : 梱包済みのやる夫 [sage] 2018/12/19(水) 21:45:58 ID:M+kCmPo3
120本のスプレーのお陰だな
357 : 梱包済みのやる夫 [sage] 2018/12/19(水) 21:47:06 ID:wLZ8g28K
匂い消しにも爆発物にもなる消臭スプレー
358 : 梱包済みのやる夫 [] 2018/12/19(水) 21:47:53 ID:w69KQPvs
簡易火炎放射器よね、消臭スプレー
359 : ババコンガ ◆Ff7nWZGtso [sage] 2018/12/19(水) 21:48:46 ID:1cT3tdNz

          __
        /´  \\`\
       /      ヾヽ ヽ
      /        _ヽ_、  ヽ     とりあえず数は減らせたはずだ。
     /       ,イ´::::::::ト、 ヽ
    {      /::::::::::(①)ヘl 〉    あとは目の前の連中だけ、だといいが。
     ヽ   | /::::(__人__):::::::} /
      λ_ゞ\ゝ、.`_⌒´__,/У
     イ ー ̄三  ̄二三[]=イ"ゝ
     /弋_ー  = ーノヤ彡ノヽ



 /                  \     \  ヽ
/
                   \          ',   ',
             |
             |   i         ヽ  |   ',
|i       |     |   |            |    、      \       頼りねぇなぁ! 怪物退治の専門家なんだろー!?
|l       |      从__|\\   __,|_|      i\     \
|l       |      人__≧彡\''  ̄|'⌒     |  \     \    ゴブリン退治ぐらいチャッチャとやってくれよ!
      ___ノ^ヽ    '  | ̄ ̄\、   |  |      |/ゝノ } 丁  ̄ ̄
     /⌒'!<     Ⅵ       \|  |      l⌒Y '  |
      从  \     、   }     ,,.ノ    |_ ノ ,/ |
| 、   八 \  \   \ x====彡とつ   r=彡'  |
|  i\    、、      ̄ ̄ ̄ ^⌒^´/ i      j\   人
j\|\\   ゞ==彡 } ///////// |    '   \   \                       こっちの怪物は、初体験でな>
,    \\ とつ //ヽ          ノ  /  /i
     )x \  \      _   /⌒7'  /       \   \
     /⌒ヽ  ――   '      /   /' |        \   \
        |≧―‐个        / |  /   |         \   \
        |i     |      --イ    | ,゙   |          \   \
362 : 梱包済みのやる夫 [sage] 2018/12/19(水) 21:51:41 ID:hcdNjL7B
2振りの剣を持ち怪物退治の専門家で獣のような瞳孔……ウィッチャーか?
363 : 梱包済みのやる夫 [sage] 2018/12/19(水) 21:52:23 ID:nlslD4yo
獣目の怪物狩り?
もしやウィッチャーか?
365 : 梱包済みのやる夫 [sage] 2018/12/19(水) 21:57:02 ID:aQo4f7iy
獣の瞳を持つ怪物退治の専門家か……
366 : ババコンガ ◆Ff7nWZGtso [sage] 2018/12/19(水) 21:57:44 ID:1cT3tdNz

            __
         / ̄´   `\       ┏                                          ┓
        /          \       青年は、空いている片手の指を奇妙な形に折り曲げ、ゴブリンたちへ
       /    ィヘ、       ヽ
      /   /:::::::::::ヾ       ヽ     突き出した。途端、衝撃がゴブリンたちを襲った。魔術だ。
     / |/(①)::::::::::::\      ヽ   ┗                                         ┛
     { 〈  (__人__)  >  /  イ
      ト ゝ_ ` ⌒´ イ_∠_ィ_イ´
      イミ ー ̄フ二 ̄´_〆゛ゝ
      ん_ = ー三 イ、__─\



                   ____
                 ,..::'´:::::::::::::::::::::::`::...、
           /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\     ┏                                 ┓
              /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ     体制を崩したゴブリンたちに攻撃を当てることは、
          /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::ヘ
           .':::::::::::::/:::::::::::::::/::/、::::::::::::::::::::::',    難しくなかった。乙女たちの動きは、熟練の戦士の
           i::::::/::イ}イ/}ィ:::://イ⌒ヘ::::::::::::::::::::::
           |::}イ:Ⅵ} rfハ}イ/ r示ミ、}ィト{ヽ:::::::::::i    それではなかった。それでも問題なく当てられた。
           |::|:i:::}::ト ゞ゚'   弋zりイ:::::|イ::::::::::::|   ┗                                 ┛
         ノイ::::ハ∧ '        |:::::::::::::::i:::::′
       /:.:.}イ从}イ\ `  ´   イ::::ィ:::i::/:::/
      /:.:.:.:.:.:.:/   _≧-r‐ ' /イ从イ/イ/
     /:.:.:.:.:.:.:/ ,..::ー:.:':.:./ }    \
.  /:.:.:.:.:.:.:.;ィ:-‐':.:.:.:ヽ/ 、    _rf>=ヘ
  /:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:/ヽ_´ ̄//.:-:.:‐.:.:\
. /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./\ __... 7イ:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:}
. ゝ=ー- ---‐一 ¨7:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.{:/:.:.:.:.:.:.:.:.:./
           {:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:./
.            ゝ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:./
367 : 梱包済みのやる夫 [sage] 2018/12/19(水) 22:02:21 ID:/IJBPKEz
こんがPTでおっぱいがない・・・だと?幻術か?
368 : ババコンガ ◆Ff7nWZGtso [sage] 2018/12/19(水) 22:03:20 ID:1cT3tdNz

                    \、
                    \、\
            _ .。-ェェェェュ。.\
             _,ィ升圭圭圭尹:":¨:ミ::、
            ,fr:x寸圭圭紗'.:.:.: : :r:‐:,: ミx_     ┏                                ┓
        /l|:l 矣:Ⅶ紗:´   : :.:.:〈〈{::}'ィ′      刃を突き立てられたゴブリンたちは悲鳴を上げた。
        ,佳》.ヾ:j |㌢: : : : : : .  ヾ=ヲヽ
         ,佳㌢ゝ.r:': : : :.:.:.:.:.:.:.: : : : : ,ム: :゚.      痛い。ひどく痛い。傷が燃えるかのよう。毒だ、
        ,:紗'’ : :::小.: : : :.:.:.:.:.:.:.:.: : : :(:_:r:、::j
     .ィ㌢: : : :::::::| :ヽ::::.: : : :.:.:.:.:.:::/: : : : :「       毒に違いない。奴らの刃は、血以外のもので
   ,ィ尹゚: : : : :::::: :| : : :ヽ::.:.: : : : ::,': : : : :l :|
  /'´:: : : : : ::::::: :| : : :.::::::::.: : :.::;'::.: : : : j :|       べったりだ。なんてひどい! 許せない!
イ: . :.:.: : : :  : :::::::八: : : :.::::: : : : :l:_:.-‐:-r'
:.: : . : :.:.: : :  : ::.:.:.:.::::\: : :.:.: : :::::ゝ.-:‐ッ:┘       自家製の毒を塗りたくった武器を振り回しながら
:::: : : : 、: : : : :.:.:.:.:.:.:.:::\::.:.: : : : : : :::{
: : : : : :、:、: : : :.:.:.: : : : :.::::::>━…-‐'’         ゴブリンたちは自分たちの言葉で批難した。
:.: : : : : : : :、:、. : :.:.:.: : : : /´              ┗                               ┛
::.:.: : : : : : . :.::::.: : :::::::;: イ
: :::::.:.: : : : : : . :::::.: ::/



        ィ-────-、
       /         ヽ     ┏                              ┓
      /   i、____,、   ヽ     そんなゴブリンたちの素振りなど気にする事もなく、
      /   /::::::::::::::::::::::::ト、  ヽ
    /   |:::::::::::::::::::::::::::::\   〉    青年は長剣を振り回した。剣を壁に当てる様な
    |   、 k:::::(__人__)::::::/  /
    \_  \`\:`⌒:´:::_/ ィェイ     ヘマもせず、一時たりとも止まらず。
     イ⌒ー ̄三 ̄二三[]=イ"ゝ   ┗                             ┛
     /弋_ー  = ーノヤ彡ノヽ
371 : ババコンガ ◆Ff7nWZGtso [sage] 2018/12/19(水) 22:05:51 ID:1cT3tdNz

                //.:彡.:.:.:.',    /  ',
ー=≠≡=¬一‐ー-=ミ//.:.彡.:.:.:.:.:',   /   ',
 ミ  .,__           i' {.:.从:.:.:._:.:.:.Vー<    ',     ┏                              ┓
      ニ =   :...  从ハ:ノ.:.:.:.:.:.:.:ノ   `ヽ  i       青年の胸元で、狼を模ったメダルが揺れていた。
   "";;..   〃    x彡   .:.:.:.:.>'´     ヾ \!     ┗                              ┛
..         ''" ミ彡    ー'"    ,,, ""   ヽ
:.:...         彡      x≠    ''     、 ',
:.:.:.:...  '' ""   ミ     彡     t  、__   ', ',
:.:.:.:.:.:.:.:... //   ≫   ,, "''x      ヾ 弋Zテt  i! 〉
:.:.:.:.:.:.:.:.:...     ミx   `  〃 ,,;: ミ   `二¨   〈
≧x:.:.:.:.:.:.:.:..    _爻.........:.:..:ミ{             ;,.、 \
:.:.:.彡:.:.:.:.:.:.:.:...  〃.:.:.≪.:.:.:.:.:.:从..  ミ         "'''  \
:.:.:.:州:.:.:.:.:.:.:.:.:....{{::  .:.:.爪:.:.:.:.:.:.ミ:......./........            \
:.:.:.:.:爪x彡父爪ツ:..    `≧:.:.:.:.:.:.:.:.:{:.:.:==ミ、       ,r=\
:.:.:.:.:.:戈:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..     ミ:.:.:.:.:,、イトー─-:.:,_:.:\      {::::::::::::::〉
:.:.:.:.:.:.:.:.ミ:.:.:.:.:.彡:.:.:.:.:...   ミr‐'´       ``ーゝ. ___ .:ゞ--‐'′
:.:.:.:.:.:.:.:.:.ミ:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:...  :.{{
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:从:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:...爪
373 : ババコンガ ◆Ff7nWZGtso [sage] 2018/12/19(水) 22:10:20 ID:1cT3tdNz

ttps://www.youtube.com/watch?v=PY-BvPriIBo




                         ィ-────-、
                       /         ヽ     ゴブリンスレイヤー・ウィッチャー
                       /   i-──--、   ヽ    クロスオーバー二次創作
                      /   /(①):::::(①ト、  ヽ
                     /   |:::::::(__人__):::::\   〉   「アドベンチャラーズ・エンダー」
                     |   、 k  `⌒ ´   /  /
                     \_  \`\__ー‐ _/ィェイ
                      イ⌒ー ̄三 ̄二三[]=イ"ゝ
                     /弋_ー  = ーノヤ彡ノヽ
374 : 梱包済みのやる夫 [sage] 2018/12/19(水) 22:10:54 ID:hcdNjL7B
おおおおお!!!!
375 : ババコンガ ◆Ff7nWZGtso [sage] 2018/12/19(水) 22:11:12 ID:1cT3tdNz
今宵はここまで。つい、やりたくなった!

あと、資料としてウィッチャー小説版読んでるとウィッチャー3やり直したくなる。
377 : 梱包済みのやる夫 [sage] 2018/12/19(水) 22:11:55 ID:gS2KfC5Q
おつです
して、ヒロイン達のバストの件についてなのですが……(揉み手ごますり
378 : 梱包済みのやる夫 [sage] 2018/12/19(水) 22:11:56 ID:m2+SpCCR
狼流派のウィッチャーだぁっ!!!
390 : 梱包済みのやる夫 [sage] 2018/12/19(水) 23:39:37 ID:c+zBYvGA
茶々丸さん、表向きはドMハーフドワーフだがエルフ耳だし、エルフかな?
391 : ババコンガ ◆Ff7nWZGtso [sage] 2018/12/19(水) 23:49:06 ID:1cT3tdNz
ああ、ササキーが森人で、茶々丸が只人ね。ヤルオはウィッチャー。
393 : 梱包済みのやる夫 [sage] 2018/12/20(木) 00:09:43 ID:Y7agS5Lo
四方世界のエルフは、普通に乳が盛られてるんだよね
金床さんが金床なだけで
394 : 梱包済みのやる夫 [sage] 2018/12/20(木) 00:12:40 ID:PBl1jwb6
なるほど
ドMさんは只人かー
396 : ババコンガ ◆Ff7nWZGtso [sage] 2018/12/20(木) 00:41:21 ID:nvytNnSe
金床さんの姉は豊満だしな。
関連記事
スポンサーサイト




コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://yarucha.blog.fc2.com/tb.php/4370-a335d1bf