やる夫は呪われた忌み子のようです その9

185 : ババコンガ ◆Ff7nWZGtso [sage] 2013/05/31(金) 21:42:35 ID:09PDTegE

              / ̄ ̄ ̄\
             / (●) (●) \
             |  (__人__)   |
        l二二〉〉〉>,、 ____\ ̄ 7三三三三三三三三三三>
             ゞソ_,ヽ______/   \
                l彡´イ¨¨¨¨\    \        「やる夫は呪われた忌み子のようです」
                 ┌┴‐‐v‐‐‐\   `丶、 _
              〕二ニ,◇、ニ二〔`丶、_ -‐
             /   / /\\  ヽ
                /     ∧       !
            /     / |     |
              〈     / /    /
           /`ー'l'"   `ー、''"ヽ、
           `ー''"´      `ー''"
186 : ババコンガ ◆Ff7nWZGtso [sage] 2013/05/31(金) 21:42:51 ID:09PDTegE

                |: : : : : : : : : : : : : : : : : :\
             : : : :|: : : : : |: : : : : : : : : : : : : : \
            /: : : : : : :.|: : : : : |: : : : : : : \.: :.\: : : : .  
          . : : : : : |: ∧: : : : :!: :\: : : : : :.\: : \: : : , 
            |:/: : : : :| :| |: : : : |\: :\_: : : :.\: : \ : :|
            /: : : : :/!: ! ∨: : :', _,.ィ´ \ 、.: : : : \: :.\:',
         /:/: :| : :| ―-- ∨: : ', ,ィ禾f ヾ\: : : :..\: : \      お前は、織斑の当主だ。
          _//|: : :!: :.. ,イいfト∨\:\ `¨  '  }\: : : : \: :'.,\ _
       ´  |: :/!: :.{ `  ¨ /   `\    /: : :  ̄.: ̄:\|      故に、織斑をどうしようと、お前の勝手だ。
            !:/}|!: : :',     ヽ           : :/.: : : : : : : :.|
            }  |:.\:\             // }: : : :/: : : : : ',      好きにしろ。破滅させたいならやれ。
             /.: : .\ト、  ー ---       /.: : /: : : :| :| :.',
          /: : /: : : :..\             /: :/.: : : :..|:..!: : |     私は、地獄まで付き合おう。
             . :/: : : : : : : : .          / ´: /.: : : : : |:..!:|!:.!
             }: : : : : : :|: : : :.`:-  '    ._廴:/.: : : : :../: : /',.!
              ∧: : |.: :..人: : : .ィ=} r-=ニ'  /.: : : : :./: : / |  ┏                            ┓
             }: : : : ://  \∧ ! ∧    /: : : : /: : /       唐突に、何を言い出すんだ、と最初は思った。
             乂: : :{'   .イ| ∧,'/  :,.   /: :////: :.∠_      ┗                            ┛
              \:{ イ/// /{: : :}¨¨¨|  ./´ ////|/////≧.
         _ ...イ//////_ノ VV  ∧   /////!////////≧=…z、
        ////////////   /: :.|    '., //////∧////////////∧



                -‐…・・…‐-
             /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`: 、
            /:::::::::::::::::::::::/´::::::::::::::::::::\
           /::::::::/:::::::::://:::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ     しかし、一つだけ心に留めておいてくれ。
            / ::::::/::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::.、
           ノィ:::::/:::::::/::::::::::::::/:::::::::::/ |::i:::::::::::::::.   その当主の座に、就けなかったものがいる。
          |::::′/-─ァ‐::::´::::::::::/ヽ |::|、:::::::::::::|
          |:::|i:::::::::::/:::::::::::::::::/ ァ=ミ、jノ |/::::::::::|   本人にはどうしようもない理由で。
             ′|l:::::/───::::´{   Vリ  /: ::::/:::′
.          /::::/|l:::::::::::::::::::::::::::|ヽj        ,{リ!::/j/    望んでもそいつにはその座を得られなかった。
          /::::/:::|l:::::::::::::::::::::::::::|       ヽjノ
        /::::/ :::八:::::::::::::::::::::::::|     、__ /        お前が奪ったわけではない。が、まあ……
       ′:::i|::::::{::::::ヽ:::::::::\::::::| 、   `/::\
      〈::::::::八::::::ヽ:::_/\ :::::::\! ,ヘ __ /::::::::::ヽ       ぶち壊そうと思ったら、ソレを一回、思い出してくれ。
.      \(  ヽ:::/_\ \::::::::\!、::::::::::::::::::::::::}
        ,ィニニニ\ニ\ >‐一ヽ`ニヽ\:::::::′ ┏                                     ┓
        /ニニニニニ\ニ\   |∧{ニニ\)ノ    言外に込められた意味を理解するのに、時間はいらなかった。
.        |ニニニニニニニ\ニ\  !ヽ:Vニニム    ┗                                     ┛
.        |:ニニニニニニニニニ\ニヽjニ}:Vニニ|
188 : ババコンガ ◆Ff7nWZGtso [sage] 2013/05/31(金) 21:45:34 ID:09PDTegE

  ;;';,     √    |   ||/£/∀/li_l //    // ━┳━
       ;;   /|  |   ||В/♀/li_l //    // ::/ ┻      ― 塔周辺 今川家塔攻略待機所 ―
         /:l |  |   ||/Ω/li_l //    //  /
  ;;     /  :l |  |   ||凵/l_l //    // ━┳━         | ̄ ̄|__
    ;';,; |    l |  |   ||/l_l //    // ::/ ┻           |    l  ̄
        |    l | ;; |   ||l_l //    //  /              |__|_
     × |    l |  |__|l//    // ━┳━            |l---l| l|
        |    l_,,l/    /    // ::/ ┻
  ,'.;,   |  ::::/   ./    //  /                   | ̄ ̄|
        | ::/   ,/    // ━┳━         | ̄ ̄|___|_  |
     / ̄ ̄ ̄ ̄     . // ::/ ┻           |    |  ̄|| ̄ ̄´ __|
  #;/彡ミ 彡ミ     //  /              |__|_ ||_---l| l|
   |二 lヽ二lヽ二二二l/ ━┳━            |l---l| l| ̄      /
   |   |ヽ  |ヽ     l|  / ┻                            /
  ;; l_⊥_⊥___ll/                              /
  ./  |__| .|__|



               ____
             /      \
           / ─    ─ \    ┏                                       ┓
          /   (●)  (●)  \    だから今、こいつを目の前にして。かろうじて。本当にギリギリで。
            |      (__人__)     |
          \     `⌒´    ,/    平静な「ふり」をしていられる。
          /     ー‐    \   ┗                                       ┛
189 : 普通の名無しさん [sage] 2013/05/31(金) 21:46:30 ID:u7.Fj/ik
出会ったか
190 : 普通の名無しさん [sage] 2013/05/31(金) 21:47:59 ID:Lih7cad6
どういう態度で相手せざる終えないのだろう…
191 : ババコンガ ◆Ff7nWZGtso [sage] 2013/05/31(金) 21:49:03 ID:09PDTegE

   ヘ:::!::::::ハ /             f/ /::::::::;ィ|  ┏                                 ┓
    ヾ\:::圦 ヽ            r イ:::/::::::/ }!    本当は。叫びたい。泣きたい。無事を喜びたい。
       ヽ{.      , -―,       /  ∨::::::/  |
            \ └‐ ´     /   _ヾ-ヘ      だけどできない。してはならない。俺はサムライで。
             \         _.....::´x≦三|    ┗                                 ┛
                ヽ.__.  イ _..::´:x≦三三三}ーュ___     
               r≦r::´x≦三三三ニ./アニニニ≧ュ≧‐、
               Ⅶ.ハ≦三三三三/アニニヽ./ \\  \



               ____
             /      \      ┏                                     ┓
           / ─    ─ \       やる夫はドレイだから。そんなことをすれば理由を問われ。
          /   (●)  (●)  \
            |      (__人__)     |      家の恥を曝す。そうなれば、織斑の名が落ちてしまう。
          \     `⌒´    ,/    ┗                                     ┛
          /     ー‐    \
193 : ババコンガ ◆Ff7nWZGtso [sage] 2013/05/31(金) 21:54:56 ID:09PDTegE

           ____ , 彡三l
          く川三三三≡ヽ彡シ
       , - 彡=≡ 三彡彡彡` <     
    , ' 彡彡彡彡彡彡彡彡彡シシl   , '⌒  ┏                                     ┓
  /ノノl〈〈从川シシ彡彡彡彡シシl_ノ      俺は織斑が嫌いだ。村の人間が嫌いだ。一族が嫌いだ。
,'`〈ミミミミl|l|//彡 '´:::):::::`彡彡シシシソト、   
  ミミ゙゙゙l゙゙"     / :::::::::=彡彡彡シ_シl ヽ、_    忌み子として生まれたが故に、徹底的に忌避し、
 /:ミ  ヽ、    l ::::::::::::::::::::::彡/r.ヽ|    
 ! l   `    !._z‐'´;::::::::::::::〉/i : }|       生まれたことさえ伏せられたやる夫。そうさせた
   ヽ....__   、..,zィ て刀´::::/::!! )ソ/ノ  
    ∧fてハ.、 :::::`ゝ' ´:::::::/:::::::::::/,イト、      すべての連中が嫌いだ。
    l ヽ‐ '´:l ::::..    ::::::::::::::::::y'´:::F 、 
   l   '、  } ::::: ::   :::::::::::::::::l::::::::∧ !     潰れてしまえ。潰してしまいたい。はっきりとそう思う。だが。
   `  \ ゝ-:'´     ::::::::::::;:::::::::/:::ヽ    ┗                                      ┛
        \ ←-..→  ::::::/::  ::!:::::::ヽ
           \`´   .:/ ::  :::::::::::::\-、
            ゝ-- イ::  :  ::::::::::::::/  \
                 l   :   .:::::::/     \
           ,  - //|::  :  .:/      /  ̄ ̄` ー
         /  / / ! : :: /      /



               ____
             /       \
           /  ⌒   ⌒  \     やる夫は別に、怨んじゃいねーお。
          /  (●) (●)  \
            l    ⌒(__人__)⌒    l   ┏                                   ┓
          \     `⌒´     /     当の本人がこういった以上、俺はやらない。そう決めた。
          /              \    ┗                                   ┛
195 : 普通の名無しさん [sage] 2013/05/31(金) 21:56:14 ID:NCoCKl1o
あれ?やる夫がヒロインに見えてきたぞ?
197 : 普通の名無しさん [sage] 2013/05/31(金) 21:59:20 ID:KXi9MxqQ
やる夫マジ天使
199 : ババコンガ ◆Ff7nWZGtso [sage] 2013/05/31(金) 22:00:20 ID:09PDTegE

 .     ,:::::::::::::/ r\:::{                |          /:::/、::l::::::::::|
     ,:::::::::イ::| .| ハ\               l        ./.イ}  ノ::|:::| \
   .  ,:::/ .|::ヘ { {               〉        /.ノ /::/ |::|   ┏                       ┓
    ./   |::::ヽ \ .ヘ                     / /:::/ .|:|     だから、俺は平静なふりをする。
         ',:::::::ヽ、 .‐.ヘ u                  //ハ:/  |l
         ',:::::::::∧`ヽ\          -- 、      /´:::/ '         俺の目の前にいるのはただのドレイ。
          ',:::::/ ',::::::::::::ヽ.        ̄.__ ̄     イ::::::/
          ',/   ',::::ハ:::::| \           /::::/|::/            他人であると、自分に言い聞かせる。
              ∨ .、:::|   ヽ       / .|::::/ .|/           ┗                       ┛
                      |     `   _ ィ   .|:/ 
                      |             .|



    ./:::;イ{\:∧                /:/ハ::: |
   // .|| {'6\:.         |        /イ} ,リ:::::|    ドレイよ。俺の質問に答えよ。
  ./'   込. ゝ∧`                /' /:ト、::{
       |/ |>ー..             /..イ:::::| `\
        |:::::ハ:::\   ´  `    /:::::::ト、:リ      ┏                         ┓
        |:/ ヘ::::::i\      .イル'\:::{ }'         しっちゃかめっちゃかになった頭で、
        '  r┴‐┴┐ 、   /r┴―┐ヾ
          .|―――!_.`¨´_|――‐.|            なんとか体裁を整えて、声をかける。
          .|三三三|  fi fi  |三三 7
        ,ィ≦ゝ三三.!  || || .|三三リ≧i           ……どうしようもない怒りがこみ上げる。
       /三三\三ニ.! / V ヘ i三./三'∧\       ┗                         ┛
201 : ババコンガ ◆Ff7nWZGtso [sage] 2013/05/31(金) 22:05:46 ID:09PDTegE

       / ̄ ̄ ̄ \
     /       . \
    /  _ ノ   ヽ、_   \    はい、何なりと。
   .|   (ー)  (ー) .  |
    \    (__人__) .  /   ┏                           ┓
     /    `⌒´    ヽ     サムライがドレイに聞いても問題のない内容。
    ヽ、二⌒)   (⌒ニノ    ┗                          ┛



   ヘ:::!::::::ハ /             f/ /::::::::;ィ|
    ヾ\:::圦 ヽ            r イ:::/::::::/ }!   貴様は塔に入っているのだろう?
       ヽ{.      , -―,       /  ∨::::::/  |
            \ └‐ ´     /   _ヾ-ヘ     どのような所だ?
             \         _.....::´x≦三|
                ヽ.__.  イ _..::´:x≦三三三}ーュ___       ┏                           ┓
               r≦r::´x≦三三三ニ./アニニニ≧ュ≧‐、     他人に聞かれても不振に取られない内容を。
               Ⅶ.ハ≦三三三三/アニニヽ./ \\  \  ┗                           ┛
203 : ババコンガ ◆Ff7nWZGtso [sage] 2013/05/31(金) 22:11:15 ID:09PDTegE

        ____
      /      \
     /  ─    ─\    戦場にございます。暗ろうございます。
   /    (一)  (一) \
   |       (__人__)    |   明かりのとどかぬ先に、気が付けば魔物が潜んでおります。
    \      `_⌒ ´  /
.    ノ    / )ヽ   く     気を抜けば後ろを取られ、ともすれば前方より不意打ちを受けます。
   (  \ /__ノi ) , )
.   \  ゙ / ヽ ヽ/ /     刃を拭う暇もない、修羅場にございます。
     \_/    \_ノ



    ./:::;イ{\:∧                /:/ハ::: |
   // .|| {'6\:.         |        /イ} ,リ:::::|
  ./'   込. ゝ∧`                /' /:ト、::{     ……貴様はそのような場所で、戦えているのか?
       |/ |>ー..             /..イ:::::| `\
        |:::::ハ:::\   ´  `    /:::::::ト、:リ
        |:/ ヘ::::::i\      .イル'\:::{ }'
        '  r┴‐┴┐ 、   /r┴―┐ヾ
          .|―――!_.`¨´_|――‐.|
          .|三三三|  fi fi  |三三 7
        ,ィ≦ゝ三三.!  || || .|三三リ≧i
       /三三\三ニ.! / V ヘ i三./三'∧\
204 : ババコンガ ◆Ff7nWZGtso [sage] 2013/05/31(金) 22:15:26 ID:09PDTegE

          ___
         /::::::::::::::: \       主である篠ノ之様より、特別の鎧を貸し与えられております。
        /::::::::::::::::::::::::::::\
      /::::::::::::::::::::::::::::::   \    又、錬金術士殿や周囲の機微に聡い方がいらっしゃいます。
     .|:::::::::::::::::::::::::::(ー) .  |
      \    (__人__) .  /    故に、私ごときでも、どうにか生きながらえております。



   .  ,:::/ .|::ヘ { {               〉        /.ノ /::/ |::|
    ./   |::::ヽ \ .ヘ                     / /:::/ .|:|   ……左様であるか。
         ',:::::::ヽ、 .‐.ヘ u                  //ハ:/  |l
         ',:::::::::∧`ヽ\          -- 、      /´:::/ '      ┏                ┓
          ',:::::/ ',::::::::::::ヽ.        ̄.__ ̄     イ::::::/          しばらく、考える。が、
          ',/   ',::::ハ:::::| \           /::::/|::/
              ∨ .、:::|   ヽ       / .|::::/ .|/            コレが俺の限界だった。
                      |     `   _ ィ   .|:/            ┗                ┛
                      |             .|
208 : ババコンガ ◆Ff7nWZGtso [sage] 2013/05/31(金) 22:17:33 ID:09PDTegE

   ヘ:::!::::::ハ /             f/ /::::::::;ィ|
    ヾ\:::圦 ヽ            r イ:::/::::::/ }!   聞きたいことは終わりだ。せいぜい主に恥をかかせぬようにな。
       ヽ{.      , -―,       /  ∨::::::/  |
            \ └‐ ´     /   _ヾ-ヘ        ┏                         ┓
             \         _.....::´x≦三|         礼を言えない。無事を祈るともいえない。
                ヽ.__.  イ _..::´:x≦三三三}ーュ___ ┗                         ┛
               r≦r::´x≦三三三ニ./アニニニ≧ュ≧‐、
               Ⅶ.ハ≦三三三三/アニニヽ./ \\  \



            | | |

          / ̄ ̄ ̄ \  ペコッ
        /       . \        はい。失礼いたします。
       /   \   /   \
      .|   (ー)  (ー) .  |
       \    (__人__) .  /
        /    `⌒´    ヽ
209 : ババコンガ ◆Ff7nWZGtso [sage] 2013/05/31(金) 22:20:26 ID:09PDTegE

















            ...-―:::´ ̄`:::..、ー:...
         ....:::´::::::::::::::::::|::::::::::::::::::\:`::...
        /::::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::\::::\
      /:::::::::::::::::::::::::::::i::::!:::::::::::::::::::::::::::::\::::\
     //:::::::::::::::::::::: |:::::∧::∨:::::::::::::::::::::{::::::::\::::ヽ      ┏                               ┓
   /:::/::::::::::::::::::::::::::|::::::::∧::∨::::::::::::::::::∨::::::::::ヽ:::::.
  / ´ /:::::::::: :::|::::::::::/|:::::::::::∧::∨ :: |:::::::::::∨:::::::::∧:::::.       これから俺は、塔に入る。強くなろう、そう思う。
    ./:::: :::::: |:::|::::::::/ i!::i!:::::::::∧::∨|:|:::::::::::::∨::::::::::::.\:.
   / !:: |::::::::|:::|::::::/  Ⅶ::::::::::::::\:.|:ト、::::::::::::∨::::::::::::. `\     織斑の誰が何を言おうと、どうにでもなる力を。
  ./::::|::::|::::::::|_ハ__/   i从::::::::::::!{:|`\.\::_::∨::::::::::!
  / /|::::|:::::::::!| V ̄¨≧{. \::::::|斗≦¨ ̄\ヽ:、\:::::::!        あいつと、昔のように。普通に笑える日を
. /'   !::::i!:::::::::i!,.イテぅトミ   \:! ィテ卞ミ、 iヾ`\i\{
    .::::八::::::::ト、弋z少     `  .込zソ /'.!:::}'::::::|ヽ `        取り戻すために。
    ./:::;イ{\:∧                /:/ハ::: |
   // .|| {'6\:.         |        /イ} ,リ:::::|        ┗                              ┛
  ./'   込. ゝ∧`                /' /:ト、::{
       |/ |>ー..             /..イ:::::| `\
        |:::::ハ:::\   ´  `    /:::::::ト、:リ
        |:/ ヘ::::::i\      .イル'\:::{ }'
        '  r┴‐┴┐ 、   /r┴―┐ヾ
          .|―――!_.`¨´_|――‐.|
          .|三三三|  fi fi  |三三 7
        ,ィ≦ゝ三三.!  || || .|三三リ≧i
       /三三\三ニ.! / V ヘ i三./三'∧\
210 : ババコンガ ◆Ff7nWZGtso [sage] 2013/05/31(金) 22:20:59 ID:09PDTegE
いじょーう。ふう。かきたいシーンだけなので、短い。
211 : 普通の名無しさん [sage] 2013/05/31(金) 22:21:37 ID:Lih7cad6
乙ー ところで一夏の塔探索パーティーは…
まさかISメンバーじゃw
212 : 普通の名無しさん [sage] 2013/05/31(金) 22:22:05 ID:X6ALcLeA
乙っすー

頑張れ一夏、頑張れやる夫、頑張れ男の子
213 : ババコンガ ◆Ff7nWZGtso [sage] 2013/05/31(金) 22:22:59 ID:09PDTegE
いや、特に考えてはいない。今川の若侍2、3人と錬金術士、盗賊。あとドレイ数人って所だと思う。
214 : 普通の名無しさん [sage] 2013/05/31(金) 22:23:24 ID:A6I2hGIs
嫁が箒と血冬さんだったか
215 : 普通の名無しさん [sage] 2013/05/31(金) 22:23:57 ID:zniSmKpU
乙ー
216 : 普通の名無しさん [sage] 2013/05/31(金) 22:24:24 ID:Lih7cad6
なるほど若殿の極平均的なパーティーなんだな
関連記事
スポンサーサイト




コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://yarucha.blog.fc2.com/tb.php/4417-4167be0c