やる夫は戦車でハンター その38

638 : ◆Ff7nWZGtso [] 2011/10/01(土) 20:00:58 ID:E2hZ6Rh6
KKKひとシナリオおわりました。
そんじゃやりますか。点呼。5名でスタート
639 : 名無しのやる夫だお [sage] 2011/10/01(土) 20:01:51 ID:ilFwC7NM
640 : 名無しのやる夫だお [sage] 2011/10/01(土) 20:02:22 ID:7BS9dmD2
ほい
641 : 名無しのやる夫だお [sage] 2011/10/01(土) 20:02:28 ID:Eua4z9Bs
642 : 名無しのやる夫だお [sage] 2011/10/01(土) 20:02:30 ID:kUVWHSOQ
いるさ!ここにひとりなっ!
643 : 名無しのやる夫だお [sage] 2011/10/01(土) 20:03:07 ID:qEOPyBOk
そうか
644 : 名無しのやる夫だお [sage] 2011/10/01(土) 20:03:22 ID:c1g7pXQ.
ノシ
645 : ◆Ff7nWZGtso [] 2011/10/01(土) 20:04:54 ID:E2hZ6Rh6



      『それでは、今宵の即興劇をはじめよう』



.
647 : ◆Ff7nWZGtso [] 2011/10/01(土) 20:09:44 ID:E2hZ6Rh6

┌───────────────┐
│ケンザン:23日目:5030G:朝    │
└───────────────┘


                         ____
                       /      \
                      / ─    ─ \ 
                    /   (●)  (●)  \
                    |      (__人__)     |
                    \     `⌒´    ,/
                    /     ー‐    \

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

・一日が経過しました。

・治療を受けました。

・装備を返却されました。

・現在、ケンザン軍、輜重部隊舎にいます。
648 : ◆Ff7nWZGtso [] 2011/10/01(土) 20:11:57 ID:E2hZ6Rh6

                        __
                    _x≦´ヽ、::゙ハ
                    i::::i',ヾ',\ヽ,=、i
                    |::::l武,赱,:,'/i!ヽ:ゝ、
                    ':,∧'゙ ___∨'i´:::::ミ´
                      `'ヽ、イ,'―幵ミ
                        ヾ∨i! />―--ァ、
                      _>,'フ幵`ヽ/   /´, '|
                     i!´   ll        |, '≠ゝ
                    ム',___ ll  i-u¬, '|:::::::::::\
                    く`ヽ゚' |-llーl ̄´ j彡ヽ、::::::::::ヽ
                     j} ムィ :::ll::: ヽ、/ ,':::/ \≠ニハ
                     i! i!',  ii  ,'  ,':::/ /、 ' ,:::/
                    j}, '/ ,  ii  ,  ,':::/乂  ',  /
                    ハ ハ '  ii  , _,.≧,'´ヽヽ  ハ/
                   ハ / ,'  :ii:::' '  ̄/〃乂ハ,/
                  /ー/_,'  ii  ,'  厶〆i  `'´
                  ハ i 三三三ニ=-‐==ニヽ
                 /  /   ̄二ニ=-‐==ニ二ハ
■湊斗景明 ケンザン 中尉
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「お体は大丈夫ですか?」

やる夫「はい。治療、ありがとうございましたお」
                                  ひっぱく
「結構。本来なら、無罪放免としたいところですが、事態が逼迫しております」
651 : ◆Ff7nWZGtso [] 2011/10/01(土) 20:15:52 ID:E2hZ6Rh6

             ,.ィ=,:<:ノ:ヘ.,.-‐::::、':`ー-.、::::::::::::::::::、
            /: ̄`'ーr'´:::::::::ヽ::::::::::::::::::::::::`ヽ::::::::::::::ヽ
           ,:'::::::::::::::::|:::::::::::::::::|::::::::::::::::::::ヽ:::::l:::::::::::::::::|
           !::::::::::::::::::|:::::::::::::::::|::::::::::ヽ:::::::::l:::::ヽ::::::::::::::|
           l:::::::::::::!::;ム::::::::::ヽ::l、___::::::::::、:::::ヽ::::::`:ー;.':::|
           |::::::::::::|::|__ヘ:::::::::::lム._、::::::::::::ヽ::、:\::`ヽ.:::|
           |::::::::::::l::トゞ八::::::::|亠゙ヘ:::::::::::::::}- 、:::`ヽ::::ヾ.
           |::::l::::::::!:| /  \ハ!   |::l:::::::::/ハl ト、::::::::ヽ:rヽ
           l:::ハ:::l:::トlヘ、 、      |;ハ:::::/_, //::::ヽ::ヽ::::>
           l/ ヘ|::ヘ           l::/rン'´:::::::::::}:ノ`rヽ
              ヘ:;ハ ´ ̄`ヽ     ' / ノイ::}::::;ハノ'::::::|
                 l         , イ   ノイル':::::::::::::::|
                 l_ _,..- < ,ィ==-.、__|::::::::::|:::::;ハ!
                   ̄「`l   f'ノ|三三三`l:::::;ハノ'
                  〈|ヾト, f';'ニ|三三三=|::/
                   j|ニk} f'/ニ.|三三三ニヘ、
                __,ィ≦j三r'イ 三|三三三三ニヽ
        ,..-―=≦三/三//´/ 〉.三ヽ三三三三三≧ー-
■湊斗景明 ケンザン 中尉
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「件の謀り、上のものたちによって動いております。それも加速度的に。

それの成功度合いを上げるため、やる夫殿、そして士郎殿の力をお借りしたく」

士郎「自分達が言い出したことだ。勿論、やれることは何でもいってくれ」

「助かります。端的に申し上げまして……上の連中の余裕をぶっ飛ばすために、

吸血鬼をこの町、奴らの会議場に引き入れます。そのために、壊していただきたいものがあります」
658 : ◆Ff7nWZGtso [] 2011/10/01(土) 20:21:12 ID:E2hZ6Rh6

                         ____
                       /      \
                      / ─    ─ \ 
                    /   (●)  (●)  \
                    |      (__人__)     |
                    \     `⌒´    ,/
                    /     ー‐    \

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「何ぶっこわしましょ?」
           ・ ・ ・ ・
景明「吸血鬼を払うまじない。その起点が、かつての軍駐屯地、今はジャンク山となっている

  クレーターの奥底に存在します。この基地にあります、地下通路、そこより

  向かうことができるのですが、常人には通ることが出ませぬ。しかし、首領殿、副首領殿、そして

  藤井殿を宿すあなた方ならば」

士郎「いけるってわけか……っていうか、スンマセン。どうして俺たちの背後霊のことを?」

景明「単純な話です。かつて、首領殿の率いた兵の魂が、私に宿っている。それだけの話です」

士郎「あー……背後霊仲間か」
661 : 名無しのやる夫だお [sage] 2011/10/01(土) 20:22:55 ID:.D2CN6Ks
背後霊仲間
いやな、つながりだなwwww
662 : 名無しのやる夫だお [sage] 2011/10/01(土) 20:23:15 ID:XcuD/qYo
背後霊仲間wwwwwwwww
665 : ◆Ff7nWZGtso [] 2011/10/01(土) 20:26:06 ID:E2hZ6Rh6

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、
:::::::::::::::::::::::::::::::ヽ':::-‐::::::::::::::::::`ニ=‐   ,
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ_  ´
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ:;ゝ
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ::::::::::::::::ヽ::l,
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ::::::::::::::::}
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i::/
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;:::::!:::ト
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;rィ )::/:;ィ|::/
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;ィ/ /,ィ'/'',r'/'
:!::;:::::::::;;:::::::::;::::::;ィ' }! |/ ' /
'Vl;ィ〃//' "´   `'′ /
           /      ノ
         /   ,. '´
-.、    { / 、_/
:::::::`ヽ.、 '〈
‐-、:::::::::::`:ー-、
  |::::::::::::::::::::::`ヽ、_
   l:::::::::::::::::::::::::::::::::`::‐:..、
   l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;:>=‐-...、
    l::::::::::::::::::::::::::::::/´::::::::::::::::::::::ヽ
    l::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
     l:::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
■衛宮士郎
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「しっかし。なんでまた、この町に吸血鬼払いのまじないが?」

景明「これまたたやすい話なのですが。アリス女史。彼女が上層部に泣きつかれまして。

   いやいやながら、そのような技をつかったと聞いています……ガチャピン殿から」

やる夫「ガチャピンさん何者だお……」

景明「本をただせば、敗残寸前に追い込まれた旧解放軍、いまのケンザン軍の前身ですが。

   それに随伴し、ノアモンスターと共に戦った仲間であったと聞き及んでいます」

やる夫「ッパネェ。歳いくつだあのヒト」
667 : 名無しのやる夫だお [sage] 2011/10/01(土) 20:28:11 ID:c1g7pXQ.
ガチャピン・・
流石、大昔、宇宙まで行って、スパースデブリにまで成った漢だなw
668 : 名無しのやる夫だお [sage] 2011/10/01(土) 20:28:54 ID:ulI1OnQU
ガチャピンなら上層部を殴って追放してもいいんじゃないか?
背景的に。
669 : 名無しのやる夫だお [sage] 2011/10/01(土) 20:30:38 ID:kUVWHSOQ
>>667
ハチマキ「なんだこの緑の化けモンはーッ!」
670 : ◆Ff7nWZGtso [] 2011/10/01(土) 20:31:14 ID:E2hZ6Rh6

             ,.ィ=,:<:ノ:ヘ.,.-‐::::、':`ー-.、::::::::::::::::::、
            /: ̄`'ーr'´:::::::::ヽ::::::::::::::::::::::::`ヽ::::::::::::::ヽ
           ,:'::::::::::::::::|:::::::::::::::::|::::::::::::::::::::ヽ:::::l:::::::::::::::::|
           !::::::::::::::::::|:::::::::::::::::|::::::::::ヽ:::::::::l:::::ヽ::::::::::::::|
           l:::::::::::::!::;ム::::::::::ヽ::l、___::::::::::、:::::ヽ::::::`:ー;.':::|
           |::::::::::::|::|__ヘ:::::::::::lム._、::::::::::::ヽ::、:\::`ヽ.:::|
           |::::::::::::l::トゞ八::::::::|亠゙ヘ:::::::::::::::}- 、:::`ヽ::::ヾ.
           |::::l::::::::!:| /  \ハ!   |::l:::::::::/ハl ト、::::::::ヽ:rヽ
           l:::ハ:::l:::トlヘ、 、      |;ハ:::::/_, //::::ヽ::ヽ::::>
           l/ ヘ|::ヘ           l::/rン'´:::::::::::}:ノ`rヽ
              ヘ:;ハ ´ ̄`ヽ     ' / ノイ::}::::;ハノ'::::::|
                 l         , イ   ノイル':::::::::::::::|
                 l_ _,..- < ,ィ==-.、__|::::::::::|:::::;ハ!
                   ̄「`l   f'ノ|三三三`l:::::;ハノ'
                  〈|ヾト, f';'ニ|三三三=|::/
                   j|ニk} f'/ニ.|三三三ニヘ、
                __,ィ≦j三r'イ 三|三三三三ニヽ
        ,..-―=≦三/三//´/ 〉.三ヽ三三三三三≧ー-
■湊斗景明 ケンザン 中尉
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「さて、最低限の準備は用意しました。申し訳ありませんが、急いでいただきたい。

何せ、情報が漏れれば多くのものが共倒れになる謀り事。時間がたてば、

それだけ危険も増えます」

やる夫「自分らが始めたことだけど忙しいなー。というか、いまさらだけど、良くみんな乗ってくれた

     もんだお」

「破滅は目前。そして示された逆転の目。皆、先がほしいのですよ」
672 : ◆Ff7nWZGtso [] 2011/10/01(土) 20:34:27 ID:E2hZ6Rh6

                         ____
                       /      \
                      / ─    ─ \ 
                    /   (●)  (●)  \
                    |      (__人__)     |
                    \     `⌒´    ,/
                    /     ー‐    \

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

>>668

カゲアキ「あの方は、優しすぎます。あの方にとっては、この町に生きる全ての人間が、

     自らの子のような存在。慈しみすぎているのです。故に、苛烈になれない

     皆が辛い状態にあっても、それを成しているのもまた己の愛する人間なれば……」
674 : 名無しのやる夫だお [sage] 2011/10/01(土) 20:36:25 ID:mij0fC7U
ガチャピン…これが終わった後で彼と1杯飲みたいな…
675 : 名無しのやる夫だお [sage] 2011/10/01(土) 20:38:18 ID:AJuZRzhs
ガチャピンもムックも子供の夢を守るHEROだからなぁ。
676 : 名無しのやる夫だお [sage] 2011/10/01(土) 20:39:10 ID:TmjAWfXY
ガチャピン・ザ・スタンピード…
677 : ◆Ff7nWZGtso [] 2011/10/01(土) 20:39:51 ID:E2hZ6Rh6

             /: : : : : : : : : /: : : :ハ: : ハ: : l : : : : : : : : : :\
             ア: : : : : : : : : :l : :/l/ レヾ ; :リ、: : : : ヽ: : :.ト: :ヽ
             //: : : : : ; :ハⅥ  ̄ ̄≧、'   \: : :冫: リ: : : :ト、
             | : : : : ;ィ⌒l : :レヘl マ ̄仡弌ャ丶 //レレ|: : : :.:|
             レ1: : / ^〉l : :|    ', ゞ夾 iトヾ>ィ  z=ャレ1: : リ
              レ1人 ヘ´`"    ` 、二ソ'    トこヤハノ
               レ:ハヽ               代リ〉
                |: ム                、`‐'' |
                |1人 |             ` '   /
                レリ   ヽ           r――ュ   /
               ハ    \        ―‐    /
             二三三 ̄ ̄`にト、           /
                     に| 丶        /
             、       に|  > _ _/
             ^ヽ         に|    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
■衛宮士郎 メカニック
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「よし、それじゃ潜るか。あ、俺メカニックだけど……」

やる夫「ハンターだお。戦車がないとなー」

カゲアキ「さすがに、用意はできません。ATも、訓練なしでは……」

藤井蓮『あー。そのことなんだけど』
678 : 名無しのやる夫だお [sage] 2011/10/01(土) 20:41:06 ID:c1g7pXQ.
その、ガチャピンだが、昔、子供を食べちゃうぞって、歌を歌ってたんだがなw
679 : 名無しのやる夫だお [sage] 2011/10/01(土) 20:43:23 ID:mmII5GY.
>>678
それ、ガチャピン本人が「記憶にございません」ってなんかの番組で言ってなかったかw
680 : 名無しのやる夫だお [sage] 2011/10/01(土) 20:44:20 ID:TmjAWfXY
>>679
トリビアw
681 : ◆Ff7nWZGtso [] 2011/10/01(土) 20:45:03 ID:E2hZ6Rh6

                         ,....-‐‐…‐‐-=‐┐
                      ,. :':´: : : : : : : : : : : : : ',l`: 、
                     /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.'.,
                    /: : : : : : : : : : : : : : : : : : l: : : \.:'.,
                   /: ,: : : : : : : : : : : : : : : :.:,斗-‐|.:',:ヾ:ゝ
                  .///: : : : : : : : : : : : : : :./:/.,仆|:.:}ト、:}
                  ´ /: , : : : : : : : : : : : : :./..´<_lノ.jノ、_.リ
                   ///: : : : : : : :_: : : : :{        /
                   ´ /:/.: : : : : : :i ',: : :.:.',         }
                    /´{: {.:.: : : : :.i、 ',:.:.,、:.',      ' ´|
                     |: ト、: : : : :i `ヾゝヾ.、     |
                     |^l. ',: : ト、i.     ¨ .…‐- ‐ ′
                     {`>ヽ,/.       ,.' ´
                  ┌‐┴‐‐- .`> , .   /
                  〈         `> , `>- .._,ィ´ヽ、
                   ∨             `> .,   `7ヽ ゝ、
                   ,└‐‐‐‐- ... _____   > .,_/(_ノ`. `i
                  /      / :::::::::::::: 、\‐- ...._>(_ノ` . ト、
                 ./      .//:::::::::::::::::::::::\\.   \(, イ .ハ.∨
                /    ./:::/ ::::::::::::::::::::::::::::::\\.   \   ハ.∨
                | .   /::::::/ ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}::/\.   \ ./∨
                .|  /:::::::::::{::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,':,' .|:{ \.   \:::::|
                .|  /::::::::::::::!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:,' . !:ト-‐\.   \!
■ツァラトゥストラ 藤井蓮
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

『ザコとか、力技でどうにかなるような場所、俺がやろうか?』

やる夫「……まじで?」

『いつもの金稼ぎとかじゃないしな。ああ、別にそういうのがマズイなんていわないけど。

本来なら、俺の力なんて使わんほうがいいと思うんだ。やる夫の経験にならんしな。

でもまあ、今回は急ぎだろ? ヒトの命がたくさんかかってるし。やる夫自身もちょっとは

強くなってきたから、負担も減ってるだろうし。どうだ?』

1 KKK発売記念であばれてくれ

2 旧主役は寝ててください。

↓@3
682 : 名無しのやる夫だお [sage] 2011/10/01(土) 20:45:23 ID:dLxbdPUc
1
683 : 名無しのやる夫だお [sage] 2011/10/01(土) 20:45:45 ID:c1g7pXQ.
1
684 : 名無しのやる夫だお [sage] 2011/10/01(土) 20:45:47 ID:9k2eMn/Y
687 : 名無しのやる夫だお [sage] 2011/10/01(土) 20:46:59 ID:Zz2dsxb.
寝とけとかw
688 : 名無しのやる夫だお [sage] 2011/10/01(土) 20:47:58 ID:mij0fC7U
昨日と同じ臭いがする…
689 : 名無しのやる夫だお [sage] 2011/10/01(土) 20:48:07 ID:mkimJPUo
おいいいい!?

なぜそこで2を選ぶんだwwww
690 : ◆Ff7nWZGtso [] 2011/10/01(土) 20:48:23 ID:E2hZ6Rh6

                         ,....-‐‐…‐‐-=‐┐
                      ,. :':´: : : : : : : : : : : : : ',l`: 、
                     /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.'.,
                    /: : : : : : : : : : : : : : : : : : l: : : \.:'.,
                   /: ,: : : : : : : : : : : : : : : :.:,斗-‐|.:',:ヾ:ゝ
                  .///: : : : : : : : : : : : : : :./:/.,仆|:.:}ト、:}
                  ´ /: , : : : : : : : : : : : : :./..´<_lノ.jノ、_.リ
                   ///: : : : : : : :_: : : : :{        /
                   ´ /:/.: : : : : : :i ',: : :.:.',         }
                    /´{: {.:.: : : : :.i、 ',:.:.,、:.',      ' ´|
                     |: ト、: : : : :i `ヾゝヾ.、     |
                     |^l. ',: : ト、i.     ¨ .…‐- ‐ ′
                     {`>ヽ,/.       ,.' ´
                  ┌‐┴‐‐- .`> , .   /
                  〈         `> , `>- .._,ィ´ヽ、
                   ∨             `> .,   `7ヽ ゝ、
                   ,└‐‐‐‐- ... _____   > .,_/(_ノ`. `i
                  /      / :::::::::::::: 、\‐- ...._>(_ノ` . ト、
                 ./      .//:::::::::::::::::::::::\\.   \(, イ .ハ.∨
                /    ./:::/ ::::::::::::::::::::::::::::::\\.   \   ハ.∨
                | .   /::::::/ ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}::/\.   \ ./∨
                .|  /:::::::::::{::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,':,' .|:{ \.   \:::::|
                .|  /::::::::::::::!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:,' . !:ト-‐\.   \!
■ツァラトゥストラ 藤井蓮
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

『おっけ。それでいいとおもうぜ。ま、必要になったら呼んでくれ』


              * ジャンク山地下に出発します *
691 : 名無しのやる夫だお [] 2011/10/01(土) 20:48:28 ID:e1dgU65A
スナイポーw
692 : 名無しのやる夫だお [sage] 2011/10/01(土) 20:49:04 ID:9k2eMn/Y
旧主役に出張られても、正直困る・・・
694 : 名無しのやる夫だお [sage] 2011/10/01(土) 20:49:13 ID:AJuZRzhs
人のちからで成し遂げるか…
701 : ◆Ff7nWZGtso [] 2011/10/01(土) 20:51:14 ID:E2hZ6Rh6

____| |___________| |_________________|  |____| |_____
二二  二二二二二二二二二二}  { 二二二二二二二二二二二二二二   l二二二 | |二二二二
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄//\l  l__/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ll   l ̄ ̄ ̄ | | ̄ ̄ ̄ ̄
ニニニニニニニ二二二//二二|  |二二二二二二二二二二二二二二二二二二二 l| |二二二二
    ◯   \\    ̄ ̄厂厂l|  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ll  l ̄ ̄ ̄l| | ̄ ̄厂 ̄
 ̄ ̄厂厂 ̄l l \\ ̄ ̄l  l ̄l  l ニニニニ 二二二二二二二二二二l|  |_____l| |    |
____l  l___l l______\\ .l  l  |  l  ̄ ̄ ̄ |l l|   //  ̄厂厂厂  ̄ ll  l ̄ ̄ ̄l|_|    |
―――――l l―――\\l l―|  l_____||__ll //   l  l l     ll  |      |    |
________________l l_____________\l l  |  |    | | ̄ ̄ ̄ |     l  l l     ll  |      |    |
ニニニ二二二l lニニ二二二l l二|  l二二V {      }二二 l  l l 二 二ll  ll二二二 ]|    |==
    l     l ll   \    l l  |  l ̄ ̄ Vll       / ̄ ̄ l  l l  ̄ ̄ ll  l      | ||    |
    l     l ll     \_l |/|  |     V    /     ll  l l     ll  l===| ||    |==
   _l____l ll_ ___l}二{l l_|  |   [二 \___/      .ll  l l     ll  l      | ||    |
  | []   []l ll___| [ ] ll |::|  |   l l \l____/     .ll  l l__  ll  l      | ||    |
  | ::  :::l ll ::::| : .l |::|  |   l l ̄厂 ̄ ̄l}    ll ̄ ̄ ̄ l}  ll  |     __| ||    |
  | ::  :::l ll     | |  ̄ ̄ ̄|  |   Ll ll二二二l     .ll       l|  ll  |   [ =| ||    |
_[ 二 ] ― l l|::::」  | |       |  |_ | |__ll二二/_____.ll____l|_l|二 l__ll   | ||    |
二二二[ 二二二二二二二二二 |  |[ニニ二]_____________]ニ二二二l]|| ̄ ̄|_____
          l ̄ ̄ ̄l l ̄ ̄ ̄ |  |二二>}:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/= = ==l||    |二二
______________ |_____l |_____ |  |___//:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::/  ̄ ̄ \ l||    |
          l      l |     .|  |  [  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\       l||    |
          |_____l |______|  |  | | 二二二二二二二二二二二二二 ] ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
          l      l |     .|  |  | | | |              | | | | LI
         ` ̄ ̄ ´ |______|  |  |_| |_|              |_| |_|
                     |  |
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

・地下道に入った。旧時代の遺跡。壊れた機械が長々と放置されている。

・よどんだ空気が、死んだ世界がそこにあった。だがまあ、それは見るものによって違うのだろう。

たとえば。
705 : ◆Ff7nWZGtso [] 2011/10/01(土) 20:55:51 ID:E2hZ6Rh6

                 / ,.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,:.:.:.:,.:.:.:.:.,:.:.:.:.:.:.:.:.
                ,'/r.:.:.:.:.:.ト、.:.:χ:.:.:.:.:.:.:.:И:.:.:.ハ.:.:.λ.:.:.:.:.:.:.:.:
                 i´:.:.:.:.:.:i ',:.:.l ヽ.:.:.:.:.:./ .i.:.:ノ ',:.ナ. ',:.イ.:.:.:.:
                 レ、λ |  χ| `、.:.:/=レ'=-レ'__り|.:.:.:.:.
                  ヽ i,弋 ̄'゙~「  ヽ/          l,i:.:.:.
                   `', -==≧     ≦=======‐-. |:.:.
                   ,i 三三三        三三三三三 レ⌒ヽ
                   i                      〈⌒i i
                   {                     ,ヲノ
                    、                   ナ ‐´
                      、.    ⊂⊃      , メ
                       ` 、         - '<
                         `>`、- ' " フ;;;;;;;;;;;;;;;,,` 、
                       ,,,;;;,´,へヽ_/ , へ、;;;;;;;;;;;;;;,ヽ、
                      , ';;;;;,'/   \/   \;;;;;;;;;;;;;;,,,ヽ
■衛宮士郎 メカニック
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「あー。こんな時じゃなければなぁ。アレもこれも拾っていくのに。もったいない」

やる夫「治せそうなのかお?」

「おう。使えそう。直したいなー。超直したいなー」

カール『獣殿。今代の御身は随分とおもしろいな』

ラインハルト『だろう? マメな男でな。直せる機械は片っ端から手を入れたくなる性分らしい」
711 : ◆Ff7nWZGtso [] 2011/10/01(土) 21:00:20 ID:E2hZ6Rh6

             /: : : : : : : : : /: : : :ハ: : ハ: : l : : : : : : : : : :\
             ア: : : : : : : : : :l : :/l/ レヾ ; :リ、: : : : ヽ: : :.ト: :ヽ
             //: : : : : ; :ハⅥ  ̄ ̄≧、'   \: : :冫: リ: : : :ト、
             | : : : : ;ィ⌒l : :レヘl マ ̄仡弌ャ丶 //レレ|: : : :.:|
             レ1: : / ^〉l : :|    ', ゞ夾 iトヾ>ィ  z=ャレ1: : リ
              レ1人 ヘ´`"    ` 、二ソ'    トこヤハノ
               レ:ハヽ               代リ〉
                |: ム                、`‐'' |
                |1人 |             ` '   /
                レリ   ヽ           r――ュ   /
               ハ    \        ―‐    /
             二三三 ̄ ̄`にト、           /
                     に| 丶        /
             、       に|  > _ _/
             ^ヽ         に|    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
■衛宮士郎 メカニック
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

やる夫「メカ、好きかお」

「おう。やっぱさ、もったいないじゃん。使えるものは最後まで使いたい」

やる夫「……ガンヘッドって、知ってるかお?」

「おー。知ってる知ってる。変形戦車だろ。ロマン戦車」

やる夫「この騒動終わったら、パーツ掘り出して直すんだお。ウチ」

「マジで!? うわー、みてぇー」

藤井蓮『おーい。仲良くなったのはいいけどさ。なんかきたぞ』
712 : 名無しのやる夫だお [sage] 2011/10/01(土) 21:04:13 ID:xYj8Xu3o
背後霊仲間を増やしたいのかやる夫
714 : ◆Ff7nWZGtso [] 2011/10/01(土) 21:05:51 ID:E2hZ6Rh6

                  ┌───────┐
                  |              |
                  |       M.    |
                  |     �堯?毓邸�   |
                  |       W.    |
                  |■■■  ■■■|
                  |     ||     |
                  |     ||     |
                  |     .=    |
                  |   ┌――┐   |
                  |   └――┘   |
                  └───────┘
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

・労働神話(ロボ)が現れた!

コマンド(やる夫のみ 士郎はオート)

やる夫の武装

装備1:電撃銃 1グループ 攻撃力50 電気
装備2:MGウージー  1グループ 攻撃力45 通常
装備3:ショットガン 1グループ 攻撃力35 通常


↓@5 行動指示
715 : 名無しのやる夫だお [sage] 2011/10/01(土) 21:06:15 ID:SA9IvUz.
1で
716 : 名無しのやる夫だお [sage] 2011/10/01(土) 21:06:18 ID:1/8/Frtk
1 電撃銃
717 : 名無しのやる夫だお [sage] 2011/10/01(土) 21:06:35 ID:Zz2dsxb.
ウージー フルバースト
718 : 名無しのやる夫だお [sage] 2011/10/01(土) 21:06:48 ID:kUVWHSOQ
1電撃銃
719 : 名無しのやる夫だお [sage] 2011/10/01(土) 21:06:49 ID:XcuD/qYo
1:電撃銃 1グループ 攻撃力50 電気
725 : ◆Ff7nWZGtso [] 2011/10/01(土) 21:10:51 ID:E2hZ6Rh6

                  ┌───────┐
                  |              |
                  |       M.    |
                  |     �堯?毓邸�   |
                  |       W.    |
                  |■■■  ■■■|
                  |     ||     |
                  |     ||     |
                  |     .=    |
                  |   ┌――┐   |
                  |   └――┘   |
                  └───────┘
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

・やる夫の電気銃! 労働神話に大ダメージ!

・シロウの電気銃! 労働神話に大ダメージ!

撃破!
726 : ◆Ff7nWZGtso [] 2011/10/01(土) 21:12:04 ID:E2hZ6Rh6

                         ____
                       /      \
                      / ─    ─ \ 
                    /   (●)  (●)  \
                    |      (__人__)     |
                    \     `⌒´    ,/
                    /     ー‐    \

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「わーい。メカに電気はめちゃきくおー」

士郎「……でも、一発は耐えるな、こいつ」

「……両方もってなかったら、一発もらってたかもなぁ」
727 : 名無しのやる夫だお [sage] 2011/10/01(土) 21:14:27 ID:SA9IvUz.
基本だよねー…絶縁処理済みのには注意だけど。
728 : ◆Ff7nWZGtso [] 2011/10/01(土) 21:14:34 ID:E2hZ6Rh6

                         ,....-‐‐…‐‐-=‐┐
                      ,. :':´: : : : : : : : : : : : : ',l`: 、
                     /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.'.,
                    /: : : : : : : : : : : : : : : : : : l: : : \.:'.,
                   /: ,: : : : : : : : : : : : : : : :.:,斗-‐|.:',:ヾ:ゝ
                  .///: : : : : : : : : : : : : : :./:/.,仆|:.:}ト、:}
                  ´ /: , : : : : : : : : : : : : :./..´<_lノ.jノ、_.リ
                   ///: : : : : : : :_: : : : :{        /
                   ´ /:/.: : : : : : :i ',: : :.:.',         }
                    /´{: {.:.: : : : :.i、 ',:.:.,、:.',      ' ´|
                     |: ト、: : : : :i `ヾゝヾ.、     |
                     |^l. ',: : ト、i.     ¨ .…‐- ‐ ′
                     {`>ヽ,/.       ,.' ´
                  ┌‐┴‐‐- .`> , .   /
                  〈         `> , `>- .._,ィ´ヽ、
                   ∨             `> .,   `7ヽ ゝ、
                   ,└‐‐‐‐- ... _____   > .,_/(_ノ`. `i
                  /      / :::::::::::::: 、\‐- ...._>(_ノ` . ト、
                 ./      .//:::::::::::::::::::::::\\.   \(, イ .ハ.∨
                /    ./:::/ ::::::::::::::::::::::::::::::\\.   \   ハ.∨
                | .   /::::::/ ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}::/\.   \ ./∨
                .|  /:::::::::::{::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,':,' .|:{ \.   \:::::|
                .|  /::::::::::::::!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:,' . !:ト-‐\.   \!
■ツァラトゥストラ 藤井蓮
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

『こんな感じでやる夫たちは順調に進んでった。出てくるモンスターの大半が狂った機械

だったから、二人だけでも何とかなったみたいだ。なんだ、俺が出張る必要なかったか』

カール『ここは、やる夫の武装に苦心したものこそをほめるべきだと私は思うがね』
733 : ◆Ff7nWZGtso [] 2011/10/01(土) 21:18:41 ID:E2hZ6Rh6

                :::::::::::::_____________:::::
                ::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::: |:::::::::::::::::::::::::::::::: |::::
                ::::::::::::|:::::l ̄ ̄ ̄ ̄|:::::i:::::l ̄ ̄ ̄ ̄|:::::|::::
                ::::::::::::|:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|::::
                ::::::::::::|:::::i:::::::::::::::::::::i:::::i:::::i:::::::::::::::::::::i:::::i::::
                ::::::::::::|:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|::::■
                ::::::::::::|:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|::::
                ::::::::::::|:::::|:::::::::::::::::::::|::[|||]::|:::::::::::::::::::::|:::::|::::
                ::::::::::::|:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|::::
                ::::::::::::|:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|::::
                ::::::::::::|:::::i:::::::::::::::::::::i:::::i:::::i:::::::::::::::::::::i:::::i::::
                ::::::::::::|:::::|______|:::::|:::::|______|:::::|::::
                ::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::: |:::::::::::::::::::::::::::::::: |::::
                 ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

・扉だ。扉には鍵がかかっており、扉の横にはキーボードがあった。

やる夫「……パスワード用なんだろうけど、キーボードかお」

士郎「入力するのは、文字みたいだな。あ、カゲアキさんからパスもらってきてるから、

   安心しろ」

やる夫「おー」
735 : 名無しのやる夫だお [sage] 2011/10/01(土) 21:19:00 ID:VaIygFRk
さくさくだねぇw
738 : ◆Ff7nWZGtso [] 2011/10/01(土) 21:23:44 ID:E2hZ6Rh6

                 / ,.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,:.:.:.:,.:.:.:.:.,:.:.:.:.:.:.:.:.
                ,'/r.:.:.:.:.:.ト、.:.:χ:.:.:.:.:.:.:.:И:.:.:.ハ.:.:.λ.:.:.:.:.:.:.:.:
                 i´:.:.:.:.:.:i ',:.:.l ヽ.:.:.:.:.:./ .i.:.:ノ ',:.ナ. ',:.イ.:.:.:.:
                 レ、λ |  χ| `、.:.:/=レ'=-レ'__り|.:.:.:.:.
                  ヽ i,弋 ̄'゙~「  ヽ/          l,i:.:.:.
                   `', -==≧     ≦=======‐-. |:.:.
                   ,i 三三三        三三三三三 レ⌒ヽ
                   i                      〈⌒i i
                   {                     ,ヲノ
                    、                   ナ ‐´
                      、.    ⊂⊃      , メ
                       ` 、         - '<
                         `>`、- ' " フ;;;;;;;;;;;;;;;,,` 、
                       ,,,;;;,´,へヽ_/ , へ、;;;;;;;;;;;;;;,ヽ、
                      , ';;;;;,'/   \/   \;;;;;;;;;;;;;;,,,ヽ
■衛宮士郎 メカニック
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

メモ『ダンテの「神曲 地獄編」にて、カロンが渡し守をする川の名』

「……なにこれ」

やる夫「わーい、リドルキタコレ」

↓@5 名前の入力
739 : 名無しのやる夫だお [sage] 2011/10/01(土) 21:24:14 ID:mkimJPUo
レテ だったかな?
740 : 名無しのやる夫だお [sage] 2011/10/01(土) 21:25:16 ID:1/8/Frtk
ネズミクラスの雑魚敵に1回だけ使ったよ
その後の依頼での黒ありには、ガンヘッドで瞬殺だったけど
741 : 名無しのやる夫だお [sage] 2011/10/01(土) 21:25:16 ID:mkimJPUo
あ、ちげぇ、ステュクスだ
742 : 名無しのやる夫だお [sage] 2011/10/01(土) 21:25:41 ID:dLxbdPUc
冥府の河ステュクス
743 : 名無しのやる夫だお [sage] 2011/10/01(土) 21:25:53 ID:RPZo7sH.
冥府の河ステュクス
749 : ◆Ff7nWZGtso [] 2011/10/01(土) 21:30:07 ID:E2hZ6Rh6

                         ____
                       /      \
                      / ─    ─ \ 
                    /   (●)  (●)  \
                    |      (__人__)     |
                    \     `⌒´    ,/
                    /     ー‐    \

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「お。開いたお。ステュクスであってたお」

士郎「……あれ、アケローンでもあくぞ」

カール『ふむ。どちらにしても、学がなければ開けられぬ。まあ、観客殿たちのような

    存在は例外だが』
752 : ◆Ff7nWZGtso [] 2011/10/01(土) 21:33:26 ID:E2hZ6Rh6

                :::::::::::::_____________:::::
                ::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::: |:::::::::::::::::::::::::::::::: |::::
                ::::::::::::|:::::l ̄ ̄ ̄ ̄|:::::i:::::l ̄ ̄ ̄ ̄|:::::|::::
                ::::::::::::|:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|::::
                ::::::::::::|:::::i:::::::::::::::::::::i:::::i:::::i:::::::::::::::::::::i:::::i::::
                ::::::::::::|:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|::::■
                ::::::::::::|:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|::::
                ::::::::::::|:::::|:::::::::::::::::::::|::[|||]::|:::::::::::::::::::::|:::::|::::
                ::::::::::::|:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|::::
                ::::::::::::|:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|::::
                ::::::::::::|:::::i:::::::::::::::::::::i:::::i:::::i:::::::::::::::::::::i:::::i::::
                ::::::::::::|:::::|______|:::::|:::::|______|:::::|::::
                ::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::: |:::::::::::::::::::::::::::::::: |::::
                 ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

・しばらく歩くと、またもやキーボード付きの扉があった

やる夫「もしかして、また?」

士郎「っぽい。ほら、メモ」

メモ「室町幕府第13代征夷大将軍の名」

↓@5
753 : 名無しのやる夫だお [sage] 2011/10/01(土) 21:34:06 ID:mkimJPUo
レテはステュクスのアケローンとは別の支流だったわ・・・。
うろ覚えでやっちゃダメだな。

足利義輝で。
754 : 名無しのやる夫だお [sage] 2011/10/01(土) 21:34:13 ID:iTbfMufk
足利義輝
755 : 名無しのやる夫だお [sage] 2011/10/01(土) 21:34:20 ID:M8EjUPY2
足利 義輝
756 : 名無しのやる夫だお [sage] 2011/10/01(土) 21:34:31 ID:dLxbdPUc
足利義輝
757 : 名無しのやる夫だお [sage] 2011/10/01(土) 21:34:32 ID:XcuD/qYo
足利義輝
760 : ◆Ff7nWZGtso [] 2011/10/01(土) 21:36:53 ID:E2hZ6Rh6

                 / ,.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,:.:.:.:,.:.:.:.:.,:.:.:.:.:.:.:.:.
                ,'/r.:.:.:.:.:.ト、.:.:χ:.:.:.:.:.:.:.:И:.:.:.ハ.:.:.λ.:.:.:.:.:.:.:.:
                 i´:.:.:.:.:.:i ',:.:.l ヽ.:.:.:.:.:./ .i.:.:ノ ',:.ナ. ',:.イ.:.:.:.:
                 レ、λ |  χ| `、.:.:/=レ'=-レ'__り|.:.:.:.:.
                  ヽ i,弋 ̄'゙~「  ヽ/          l,i:.:.:.
                   `', -==≧     ≦=======‐-. |:.:.
                   ,i 三三三        三三三三三 レ⌒ヽ
                   i                      〈⌒i i
                   {                     ,ヲノ
                    、                   ナ ‐´
                      、.    ⊂⊃      , メ
                       ` 、         - '<
                         `>`、- ' " フ;;;;;;;;;;;;;;;,,` 、
                       ,,,;;;,´,へヽ_/ , へ、;;;;;;;;;;;;;;,ヽ、
                      , ';;;;;,'/   \/   \;;;;;;;;;;;;;;,,,ヽ
■衛宮士郎 メカニック
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「けんごーしょーぐんけんごーしょーぐん」

やる夫「歴史に名を残すとどんな改変喰らうかわかったものじゃないという話」

カール「耳が痛くないかね、獣殿」

ハイドリヒ「何。それもまた愛よな」
761 : 名無しのやる夫だお [sage] 2011/10/01(土) 21:38:50 ID:mkimJPUo
愛ならしょうがないな
763 : 名無しのやる夫だお [sage] 2011/10/01(土) 21:39:56 ID:xYj8Xu3o
別の人はロボにもなったりするしね
765 : 名無しのやる夫だお [sage] 2011/10/01(土) 21:41:43 ID:Galg7GAY
>>763
忠勝!忠勝ーっ!
766 : 名無しのやる夫だお [sage] 2011/10/01(土) 21:42:55 ID:mkimJPUo
機動戦士ホンダムだから仕方が無い
767 : ◆Ff7nWZGtso [] 2011/10/01(土) 21:43:03 ID:E2hZ6Rh6

                         ____
                       /      \
                      / ─    ─ \ 
                    /   (●)  (●)  \
                    |      (__人__)     |
                    \     `⌒´    ,/
                    /     ー‐    \

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

・しばらく進んだ後

カール『二人とも、止まりたまえ。どうやら、ここにきて道に罠が仕掛けられいるようだ』

「マジ?」

ハイドリヒ『我よ。こういったものをどうにかするのは十八番ではなかったか?』

士郎「…同調・開始……だめだ。制御が全部奥にある。ここからじゃ解除できない」

「つけたやつ、どうやったんだお……」

カール『はてさて。通す気がないのか戻る気がないのか。あるいは、やる気がないのか。

     何はともあれ、これはもう、力技だな』

  * 秒数アンカやりますよっと *
768 : 名無しのやる夫だお [sage] 2011/10/01(土) 21:43:25 ID:xxsBwJF2
しかし、さっきまでHPが減るほどの拷問受けてたのにやる夫出歩いて戦闘までして大丈夫なのだろうか
HPが減るって炎で焼かれたり銃で撃たれるレベルでしょ?
771 : ◆Ff7nWZGtso [] 2011/10/01(土) 21:45:07 ID:E2hZ6Rh6

>>768 カール・クラフトが一晩でやってくれました

                   _____
                  /三      \   ―― [] ]
                  \三 /    三 | l ̄ | |
                 '(○) (○ )   三. |_| 匚. |
                 | (__人__)   u  三    | |
                 \ `⌒,/ゝ  /⌒ヽ    |_| [] [] ,-
                  /  | \|    三       //
                ≡(    ヽ   三   三      匚/
                . ≡\   \  三  三
                 (⌒、\   \.__、≡二
                  ̄ /         三
                  /    /ヽ    三
                 三   三 / ニ ヽ    三
                  \__二_ニ  ヽ    三
                            \  ≡
                             \ ≡
                               ` 、_三
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

まずはとにかくダッシュ!

↓@3,4,5 ゾロ目
772 : 名無しのやる夫だお [sage] 2011/10/01(土) 21:45:22 ID:.EkpBjnw
調整
773 : 名無しのやる夫だお [sage] 2011/10/01(土) 21:45:33 ID:1/8/Frtk
33
774 : 名無しのやる夫だお [sage] 2011/10/01(土) 21:45:44 ID:XcuD/qYo
ぞろ
775 : 名無しのやる夫だお [sage] 2011/10/01(土) 21:45:55 ID:1/8/Frtk
55
776 : 名無しのやる夫だお [sage] 2011/10/01(土) 21:45:55 ID:.EkpBjnw
ぞろ
781 : ◆Ff7nWZGtso [] 2011/10/01(土) 21:49:04 ID:E2hZ6Rh6

                 /⌒\
                /      \
                /  人    \
               / / |      ⌒ヽ、
              /__)  入        \
             (__/ / ヽ、        \______
             / /   /            ____つ
            / / ( \/ /     .,ー、   \
           /__)   ヽ、__ ノ|      |ーiー|  ::::: |
          (__/        \ ::::_( ̄γ ̄)_/
                       \ ( ●)  ( ●)
         //             \_ / \/
         /                    ̄ ̄ ̄
       〃
    、ハ/|,,、
    ̄ ̄´´ ̄
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

・今度はとんでみるっ

↓@ 3~6 秒数1,10の合計が4
782 : 名無しのやる夫だお [sage] 2011/10/01(土) 21:49:22 ID:dLxbdPUc
22
783 : 名無しのやる夫だお [sage] 2011/10/01(土) 21:49:40 ID:M8EjUPY2
784 : 名無しのやる夫だお [sage] 2011/10/01(土) 21:49:40 ID:dLxbdPUc
40
785 : 名無しのやる夫だお [sage] 2011/10/01(土) 21:49:40 ID:AJuZRzhs
40
786 : 名無しのやる夫だお [sage] 2011/10/01(土) 21:49:40 ID:r.aChBX2
40
787 : 名無しのやる夫だお [sage] 2011/10/01(土) 21:50:04 ID:dLxbdPUc
04
792 : 名無しのやる夫だお [sage] 2011/10/01(土) 21:51:00 ID:mkimJPUo
おまいらホントに美しいなw
793 : ◆Ff7nWZGtso [] 2011/10/01(土) 21:51:11 ID:E2hZ6Rh6

                         ____
                  _    /:::::―三ーヽ
                 _    /::u( 〇)三(〇)
                 _ .__|:::u:::::: (__人_) i
                   / ヽ、;;;;;;  ノ__{ /
                  〈_/\      , \/゛〉
                      )      /\__/
                     /  _ /
                 三 / __ ヽ
              三   ! /r .)
                   ヽヽ _/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

・ラストはなんだかきつそうだ!

↓ レス一分以内に秒数ぞろ目三つ
794 : 名無しのやる夫だお [sage] 2011/10/01(土) 21:51:33 ID:dLxbdPUc
33
795 : 名無しのやる夫だお [sage] 2011/10/01(土) 21:51:33 ID:.D2CN6Ks
ぞろ
796 : 名無しのやる夫だお [sage] 2011/10/01(土) 21:51:44 ID:M8EjUPY2
ぞろ
802 : ◆Ff7nWZGtso [] 2011/10/01(土) 21:56:23 ID:E2hZ6Rh6

                       ___
                      / .u   \   
                    /((◎)) ((◎))\
              /⌒)⌒)⌒).::::  (__人__) l_j :::\     /⌒)⌒)⌒)
              | / / /     |r┬-|     | (⌒)/ / / //|
              | :::::::::::(⌒) U .| |  |    /   ゝ  :::::::::::/
              |     ノ    | |  |    \  /  )  /
              ヽ    /    └ー.┘    ヽ /    /
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「つ、つかれたおー」

士郎「お、お前結構すごいな……」

「や。やる夫は手伝ってもらってるからー」

ラインハルト『そういえばカール。再開より気になっていたのだがな。我らを見るこやつらは何だ?』

カール『観客にして参加者。我らの物語をつむぐに必要な因子のひとつ。まあ、その話はおいおいと。

    ほら、ゴールだ』
813 : ◆Ff7nWZGtso [] 2011/10/01(土) 22:04:11 ID:E2hZ6Rh6

     |                     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     |                       | |二二二二二二二二二|| |二二二二二
     |  ______         | |=|≡=y=]         .|| |
     |  ||       :fニニ||          | |==================|| |==========
     |  ||     :fニニニ||          | |       .━=γ=γ .|| |
     |  ||:::   fニニニニ||          | |======/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/ ̄ ̄
     |  ||   fニニニニ:::||          | |     : | |二二二二二二二二二|| |二二
     |  ||  fニニニニ||       :| |===== | |-≡≡y≡y        || |
     |_||/       ||_____| | : 口 :: | |==================|| |===
   /                           |_|ニニニニ::| |=|≡=y=]  .|| |
  /                            | |==================|| |==
/                              | |        ━=y=y=]|| |
                                | |==================|| |===
                                | | ===≡γ≡]       || |-
                                |_|二二二二二二二二二|| |二二
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

・そこは、単なる倉庫、にみえた。しかし、やる夫の目には、そこがまるで神聖な場であるように見えた

カール『その見識でまちがっていない。一見なんともない場であるが。一定の儀式によって

    清められている。そして』

・やる夫は、床に落ちた銀十字をみた。

カール『それこそ件のまじないのモトだ』
814 : ◆Ff7nWZGtso [] 2011/10/01(土) 22:07:31 ID:E2hZ6Rh6

                  \       > ´       ,   ',/   .∧.\\
                  ―\__> ´          /  /',      ∧、j丿
                    /   > ´   ./  / l. ',.    ', .∧\
                  ___> ´       //   ´   .l  丶   ',  \.ヽ
                   /         / /   // .ハ   ハ   } ト、 }
                  /   /  ,     /  /.=-、.ノ | / ./ }  / .}.jノ
                     /  /  //  / .//` / / .rチノ| ハ |¨ニ=‐-y')
                   /  // ./ / ./<ー'_,>/ノ /`´ .!./ .∧|.   /_ノ
                  /  / ./ / , ./ /     ./´ .八   jノ  .∧ /_ノ: :
                   /  / / /./ /   ./    /  〉./     \ノ: : : :
                  /  ./ //,ヽ/./´  ./       ´./ V.     \.: : :
                   /././: : : :',/´\./   ー==ニニフ./: : :V ト、\   \.:
                  /ヽ//: : : : : :',:::::::::\.        /: : : :.|V ', \.\.
                  \l//l\: : : : : ', --―\二ニ=‐--': : : : :.| lV.',: : \.\
                  : : { { l .l\: : :// ̄ ̄./´ /、.', .\ : : : : | |.:ヽ',:.:.:.: \.`ー
                  : : :',', \l .l\./、  /\ノ  〉',  .\: : :| |\.:\:.:.:.: :`ー
                  .: : :`\ :\l .l\\./   `Yl.,' .',   .\:| |、.弋ー,―,-,-、_
                  : : : : : : : : :.\l .l\`ヽ   || l\',. ,―‐\ `ー'―┴'--、_
                  : : : : : : : : : : : \l .l\ \ \\././ ̄ `、: : : : : : : : :
■ラインハルト・ハイドリヒ シロウの前世
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

『カール。こやつら、存外軽いな』

カール『楽しい方がだよ。得がたき人々だ。さてやる夫。その銀十字を壊せばおしまいだ』

やる夫「あいあい(ぺき)それにしても、こんなもの、なんで吸血鬼が怖がるんだお?

     吸血鬼ってあれだお? この間の真っ白お化け」

カール『そのとおり。そして、この程度で十分なのだよ。この世は、アンデットが沸きづらいのだ』
815 : 名無しのやる夫だお [sage] 2011/10/01(土) 22:09:41 ID:mmII5GY.
生物兵器のなれの果てっぽいゾンビもどきは大量に湧くけどなw
816 : ◆Ff7nWZGtso [] 2011/10/01(土) 22:11:34 ID:E2hZ6Rh6

                 _____     ━┓
               / ―   \    ┏┛
              /ノ  ( ●)   \  ・
            . | ( ●)   ⌒)   |
            . |   (__ノ ̄    /
            . |         /
              \_      _ノ\
                /´         |
            .     |  /      
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「なんでだお?」

カール『女神の愛だ。この世の理を決める彼女は、この大地に生きる全てを抱きしめている。

    負けないで。今は辛くとも、先には希望がまっている。ああ、彼女の抱きしめるこの世界は、

    がんばるものはむくわれる。そのようにできている。たとえ今生でダメでも、来世で必ず。

    それがこの世の神、マルグリットの法』
817 : 名無しのやる夫だお [sage] 2011/10/01(土) 22:12:47 ID:mkimJPUo
あー。だから新しくアンデッドが生まれないのね。

つまり今いるミディアンさんはカールがいた時代のエルダーしかいないのね・・・。
818 : 名無しのやる夫だお [sage] 2011/10/01(土) 22:12:57 ID:XcuD/qYo
ものすごい良い法則に見えて実際かなり危なくないかそれ
世界を滅ぼそうと頑張る人間がいたら報われちゃうw
819 : 名無しのやる夫だお [sage] 2011/10/01(土) 22:13:46 ID:kpfgO/QA
大破壊が起きてる時点で御察しというか…
820 : 名無しのやる夫だお [sage] 2011/10/01(土) 22:14:48 ID:QoLpg86o
マリィは天然さんだからしかないwww
821 : ◆Ff7nWZGtso [] 2011/10/01(土) 22:16:02 ID:E2hZ6Rh6

__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐― ̄ ̄―‐―― ___ ̄ ̄―――  ___―― ̄ ̄___ ̄―==
―― ̄ ̄___ ̄―===━___ ̄―  ――――    ==  ̄―― ̄ ̄___ ̄―===━
                     | : : |.: : :.|.  .ノ: :/|从   | :| : : : | |
                    |: : :.|.: : :.|   /j/|    .ノィ'.: : :./: |
                    |: : : | : : ∧.     !    ´./|.: : :.{: : |
                    |:.: :.:.|: : :.|l. ' , ー- = -‐ , ' /: : : :|: : .',
                    | : : : !: : : '.,  \   / .{: : |: :.|.: : :.',
                    |: : : :.|: : : : }   个 イ    |: : i!: :|.: : :.:.',     .x‐z
                    |: : : : |: : : : |. ',.       ,'  |: : ||: :|ー‐-、_',__,   /
           ⌒Y .   ∧,-‐亠‐./|: :.i!: :| . ',    ,'  |: : l.|: :',\////__〆、
            .|   .//∧斗<´ . |: :.||: :|.  ',    ,'   |: : |.|: : ', . \////〈
           x-キ=≦///{     ,': :,' |: :!.   ',   ,'   .|: : | |:ト、::',  .>/,....-}
          .///,ヽ/////∧   /: /| .!:.:|          |: : | .l:| ',::`¨¨¨´: : : : :>-x
          {/////ヽ/////≧‐./: /l l. l: :| ̄.¨ヽ r'¨ ̄|: : | |:!/ヽ、: : : : : /,'///}
          ∨/////ヽニ二二彡.イ .| l. l: :|         ,': :,',.<l:|////`¨¨¨¨´/////,'|
          }///////////////\| l. l: :|         /: ///,|:!///////////////,'|
          |/////////////////| lxl: :|    ハ  ./: ////,l:|////////////////|
          |/////////////////| l. l: :|≧=‐-.-‐/: /////,|:!////////////////|
__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐― ̄ ̄―‐―― ___ ̄ ̄―――  ___―― ̄ ̄___ ̄―==
―― ̄ ̄___ ̄―===━___ ̄―  ――――    ==  ̄―― ̄ ̄___ ̄―===━

『輪廻転生が定められいる。故に、死にきれぬ、迷うということが、基本ない。

幾多の枝分かれの先に、生物として確立するに至った一部の吸血鬼、

たとえばレミリアなどがその代表であるが。そういったものを抜かせば、

彼女の世界でアンデットは沸きづらいのだ』

ラインハルト『ああ、カール。そうだ、彼女について聴きたいことがあったのだ』
822 : 名無しのやる夫だお [sage] 2011/10/01(土) 22:16:30 ID:XAP.TSzo
>>816
優し過ぎたせいでいいように付け上がらせちったわけだしなぁ
残酷ではあったが、ニートがいかに世界を上手く廻してたかがわかる
823 : ◆Ff7nWZGtso [] 2011/10/01(土) 22:19:52 ID:E2hZ6Rh6
.
                  \       > ´       ,   ',/   .∧.\\
                  ―\__> ´          /  /',      ∧、j丿
                    /   > ´   ./  / l. ',.    ', .∧\
                  ___> ´       //   ´   .l  丶   ',  \.ヽ
                   /         / /   // .ハ   ハ   } ト、 }
                  /   /  ,     /  /.=-、.ノ | / ./ }  / .}.jノ
                     /  /  //  / .//` / / .rチノ| ハ |¨ニ=‐-y')
                   /  // ./ / ./<ー'_,>/ノ /`´ .!./ .∧|.   /_ノ
                  /  / ./ / , ./ /     ./´ .八   jノ  .∧ /_ノ: :
                   /  / / /./ /   ./    /  〉./     \ノ: : : :
                  /  ./ //,ヽ/./´  ./       ´./ V.     \.: : :
                   /././: : : :',/´\./   ー==ニニフ./: : :V ト、\   \.:
                  /ヽ//: : : : : :',:::::::::\.        /: : : :.|V ', \.\.
                  \l//l\: : : : : ', --―\二ニ=‐--': : : : :.| lV.',: : \.\
                  : : { { l .l\: : :// ̄ ̄./´ /、.', .\ : : : : | |.:ヽ',:.:.:.: \.`ー
                  : : :',', \l .l\./、  /\ノ  〉',  .\: : :| |\.:\:.:.:.: :`ー
                  .: : :`\ :\l .l\\./   `Yl.,' .',   .\:| |、.弋ー,―,-,-、_
                  : : : : : : : : :.\l .l\`ヽ   || l\',. ,―‐\ `ー'―┴'--、_
                  : : : : : : : : : : : \l .l\ \ \\././ ̄ `、: : : : : : : : :
■ラインハルト・ハイドリヒ シロウの前世
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

『何故、彼女の加護が弱まっている。彼女が悲しみにくれている。それはわかる。

だが、それ如きで覇道の流出が止まるか? ありえんだろう。座にいる者の感情程度で

それはどうにもならない。そんなことはカール。お前が一番知っているはずだ』

カール『……』

『……』

カール『……判らぬ』
824 : 名無しのやる夫だお [sage] 2011/10/01(土) 22:20:01 ID:c1g7pXQ.
>>822
その代わり、なんの希望も無い世界だったけどな~
まだ、未来に期待がもてる世界の方が好ましいさw
825 : 名無しのやる夫だお [sage] 2011/10/01(土) 22:23:03 ID:mmII5GY.
カールにだって……わからないことぐらい…ある…
826 : ◆Ff7nWZGtso [] 2011/10/01(土) 22:23:07 ID:E2hZ6Rh6

__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐― ̄ ̄―‐―― ___ ̄ ̄―――  ___―― ̄ ̄___ ̄―==
―― ̄ ̄___ ̄―===━___ ̄―  ――――    ==  ̄―― ̄ ̄___ ̄―===━
                     | : : |.: : :.|.  .ノ: :/|从   | :| : : : | |
                    |: : :.|.: : :.|   /j/|    .ノィ'.: : :./: |
                    |: : : | : : ∧.     !    ´./|.: : :.{: : |
                    |:.: :.:.|: : :.|l. ' , ー- = -‐ , ' /: : : :|: : .',
                    | : : : !: : : '.,  \   / .{: : |: :.|.: : :.',
                    |: : : :.|: : : : }   个 イ    |: : i!: :|.: : :.:.',     .x‐z
                    |: : : : |: : : : |. ',.       ,'  |: : ||: :|ー‐-、_',__,   /
           ⌒Y .   ∧,-‐亠‐./|: :.i!: :| . ',    ,'  |: : l.|: :',\////__〆、
            .|   .//∧斗<´ . |: :.||: :|.  ',    ,'   |: : |.|: : ', . \////〈
           x-キ=≦///{     ,': :,' |: :!.   ',   ,'   .|: : | |:ト、::',  .>/,....-}
          .///,ヽ/////∧   /: /| .!:.:|          |: : | .l:| ',::`¨¨¨´: : : : :>-x
          {/////ヽ/////≧‐./: /l l. l: :| ̄.¨ヽ r'¨ ̄|: : | |:!/ヽ、: : : : : /,'///}
          ∨/////ヽニ二二彡.イ .| l. l: :|         ,': :,',.<l:|////`¨¨¨¨´/////,'|
          }///////////////\| l. l: :|         /: ///,|:!///////////////,'|
          |/////////////////| lxl: :|    ハ  ./: ////,l:|////////////////|
          |/////////////////| l. l: :|≧=‐-.-‐/: /////,|:!////////////////|
__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐― ̄ ̄―‐―― ___ ̄ ̄―――  ___―― ̄ ̄___ ̄―==
―― ̄ ̄___ ̄―===━___ ̄―  ――――    ==  ̄―― ̄ ̄___ ̄―===━

『そもそも。何故我々はマリィの元へいけぬのか。これ事態がわからない。彼女の性質上、

いけぬ理由がない。拒まれはしないのだ。にもかわらず、会いにいけぬ。言葉をかけることもできぬ。

何かしらの障害があるのか。まったく知覚できない。未知だ』
827 : ◆Ff7nWZGtso [] 2011/10/01(土) 22:24:34 ID:E2hZ6Rh6

                         ,....-‐‐…‐‐-=‐┐
                      ,. :':´: : : : : : : : : : : : : ',l`: 、
                     /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.'.,
                    /: : : : : : : : : : : : : : : : : : l: : : \.:'.,
                   /: ,: : : : : : : : : : : : : : : :.:,斗-‐|.:',:ヾ:ゝ
                  .///: : : : : : : : : : : : : : :./:/.,仆|:.:}ト、:}
                  ´ /: , : : : : : : : : : : : : :./..´<_lノ.jノ、_.リ
                   ///: : : : : : : :_: : : : :{        /
                   ´ /:/.: : : : : : :i ',: : :.:.',         }
                    /´{: {.:.: : : : :.i、 ',:.:.,、:.',      ' ´|
                     |: ト、: : : : :i `ヾゝヾ.、     |
                     |^l. ',: : ト、i.     ¨ .…‐- ‐ ′
                     {`>ヽ,/.       ,.' ´
                  ┌‐┴‐‐- .`> , .   /
                  〈         `> , `>- .._,ィ´ヽ、
                   ∨             `> .,   `7ヽ ゝ、
                   ,└‐‐‐‐- ... _____   > .,_/(_ノ`. `i
                  /      / :::::::::::::: 、\‐- ...._>(_ノ` . ト、
                 ./      .//:::::::::::::::::::::::\\.   \(, イ .ハ.∨
                /    ./:::/ ::::::::::::::::::::::::::::::\\.   \   ハ.∨
                | .   /::::::/ ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}::/\.   \ ./∨
                .|  /:::::::::::{::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,':,' .|:{ \.   \:::::|
                .|  /::::::::::::::!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:,' . !:ト-‐\.   \!
■ツァラトゥストラ 藤井蓮
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

『だからまあ、俺たちはとりあえずマリィを元気付けようとここであがくことにした。

マリィが元気になれば、そんな不調なんて消し飛ぶ。俺たちの女神はそんなヤワじゃない。

そう信じるからこそ、この大地でがんばろうと思った』
828 : ◆Ff7nWZGtso [] 2011/10/01(土) 22:26:58 ID:E2hZ6Rh6

             /: : : : : : : : : /: : : :ハ: : ハ: : l : : : : : : : : : :\
             ア: : : : : : : : : :l : :/l/ レヾ ; :リ、: : : : ヽ: : :.ト: :ヽ
             //: : : : : ; :ハⅥ  ̄ ̄≧、'   \: : :冫: リ: : : :ト、
             | : : : : ;ィ⌒l : :レヘl マ ̄仡弌ャ丶 //レレ|: : : :.:|
             レ1: : / ^〉l : :|    ', ゞ夾 iトヾ>ィ  z=ャレ1: : リ
              レ1人 ヘ´`"    ` 、二ソ'    トこヤハノ
               レ:ハヽ               代リ〉
                |: ム                、`‐'' |
                |1人 |             ` '   /
                レリ   ヽ           r――ュ   /
               ハ    \        ―‐    /
             二三三 ̄ ̄`にト、           /
                     に| 丶        /
             、       に|  > _ _/
             ^ヽ         に|    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
■衛宮士郎 メカニック
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「やる夫ー。そっちの電源落としてー」

やる夫「落とすおー」

「おっけ。これで罠止まったわ。帰り楽になるぞ」

やる夫「ラッキー」

蓮『おい。さり気に世界観的重要発言してるのに、聞けよオマエラ』

やる夫「難しい話は任せたおー」

「背後霊の長話はもうミミタコなんだよ」
829 : 名無しのやる夫だお [sage] 2011/10/01(土) 22:28:38 ID:.udZoesI
直接関係する事じゃなければ、今生の人間にはどうでもいい話だしなw
830 : 名無しのやる夫だお [sage] 2011/10/01(土) 22:28:39 ID:9k2eMn/Y
背後霊ェ・・・
831 : 名無しのやる夫だお [sage] 2011/10/01(土) 22:29:14 ID:QoLpg86o
蓮とん俺等は聞いてるから安心してくれw
836 : ◆Ff7nWZGtso [] 2011/10/01(土) 22:31:41 ID:E2hZ6Rh6

                         ____
                       /      \
                      / ─    ─ \ 
                    /   (●)  (●)  \
                    |      (__人__)     |
                    \     `⌒´    ,/
                    /     ー‐    \

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「んー。やる夫にゃよくわからんけど。前にも行ったとおり、がんばってればいいんだお?

じゃ、がんばるお」

士郎「とりあえず、この問題が解決すれば、この町の人たちが腹をすかせることもないしな。

これって結構おおきいじゃないか?」

カール『……然り。ふふ、よもや励まされるとはな

「さーて、なんのことやら」
837 : 名無しのやる夫だお [sage] 2011/10/01(土) 22:31:43 ID:iTbfMufk
やる夫は自分の好きなように考えて動けばそれで良いんだよね
小難しいことを考えて悦にはいるのは俺達の仕事だw
838 : 名無しのやる夫だお [sage] 2011/10/01(土) 22:33:44 ID:.D2CN6Ks
やる夫はとにかく金稼いで女をコマすだけだもんなw
839 : 名無しのやる夫だお [sage] 2011/10/01(土) 22:34:19 ID:AJuZRzhs
やる夫の多少無茶も、こっちの知識で埋めてやるよ
840 : ◆Ff7nWZGtso [] 2011/10/01(土) 22:35:00 ID:E2hZ6Rh6

                 / ,.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,:.:.:.:,.:.:.:.:.,:.:.:.:.:.:.:.:.
                ,'/r.:.:.:.:.:.ト、.:.:χ:.:.:.:.:.:.:.:И:.:.:.ハ.:.:.λ.:.:.:.:.:.:.:.:
                 i´:.:.:.:.:.:i ',:.:.l ヽ.:.:.:.:.:./ .i.:.:ノ ',:.ナ. ',:.イ.:.:.:.:
                 レ、λ |  χ| `、.:.:/=レ'=-レ'__り|.:.:.:.:.
                  ヽ i,弋 ̄'゙~「  ヽ/          l,i:.:.:.
                   `', -==≧     ≦=======‐-. |:.:.
                   ,i 三三三        三三三三三 レ⌒ヽ
                   i                      〈⌒i i
                   {                     ,ヲノ
                    、                   ナ ‐´
                      、.    ⊂⊃      , メ
                       ` 、         - '<
                         `>`、- ' " フ;;;;;;;;;;;;;;;,,` 、
                       ,,,;;;,´,へヽ_/ , へ、;;;;;;;;;;;;;;,ヽ、
                      , ';;;;;,'/   \/   \;;;;;;;;;;;;;;,,,ヽ
■衛宮士郎 メカニック
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「んじゃ、かえるかー。……なあ、途中でスクラップひろってっちゃだめかなぁ」

やる夫「今は急ぐお。情勢安定したら、潜らせてもらうお。台車とかもって」

「おー。そっちのほうがいいな」

    * 帰還します *

                    本日ここまで  次回、ケンザン編決着
847 : 名無しのやる夫だお [sage] 2011/10/01(土) 22:38:01 ID:c1g7pXQ.
乙、しかし安価精霊は、やる夫の外付け智恵袋機能も兼ねてるよな~w
848 : 名無しのやる夫だお [sage] 2011/10/01(土) 22:38:08 ID:xYj8Xu3o
乙~

全部ノアって奴の所為だ
850 : 名無しのやる夫だお [sage] 2011/10/01(土) 22:38:58 ID:XcuD/qYo

士郎は背後霊だけじゃなくてもったいないお化けも憑いてないか?w
851 : ◆Ff7nWZGtso [sage] 2011/10/01(土) 22:39:23 ID:E2hZ6Rh6
決着ですが。これこれこういうふうになりました、と
軽くするつもりです。ちょっと長くなり過ぎましたので、
明日からは通常運転に戻りたく思います。

さあ、ガンヘットパーツ、掘ろうか。
853 : 名無しのやる夫だお [sage] 2011/10/01(土) 22:40:09 ID:mkimJPUo
乙ー

神の手を経ずに完成して純粋知性獲得してるノアさんって神の能力きかないんじゃね?
856 : 名無しのやる夫だお [sage] 2011/10/01(土) 22:42:25 ID:kUVWHSOQ
これから毎日ガンヘッドパーツ掘ろうぜ?
857 : ◆Ff7nWZGtso [sage] 2011/10/01(土) 22:45:19 ID:E2hZ6Rh6
この世界にゃ不思議パワーの源が三つほどありまして。

ひとつは、ディエスイレ系の魂エネルギーを使う方法。

二つ目は、フェイト、東方系が使う魔力を使用する魔術。

ラストはマスラヲのカミがつかう理不尽カミサマぱうぁ。

ケロロの宇宙パワー、アナブラの外世界パワーは、また別物です。
858 : 名無しのやる夫だお [sage] 2011/10/01(土) 22:52:53 ID:Zz2dsxb.
捜せばもっと他にありそうだな
859 : 名無しのやる夫だお [sage] 2011/10/01(土) 22:54:45 ID:QoLpg86o
パラロス的な超科学みたいなのも出てきそうだよな
860 : 名無しのやる夫だお [sage] 2011/10/01(土) 22:56:54 ID:.udZoesI
スペースケロロパワーは結局、この世界の法則の上に乗ったモノでしかないって事かな
技術レベルが激高いから凄いことができるけど、不思議な事など何もない、と

魂エネルギー>強力だけどやる夫の消耗が激しい
魔術>強力だけど才能とか専門知識必須、習得するには長い年月が必要で実になるかはやってみないとわからない
理不尽>強力だけど神様かそれに類する者でないと使えません
ケロロ>リスク低いけどケロロ達は公人なので気軽には使えません
てな感じか?
862 : 名無しのやる夫だお [sage] 2011/10/01(土) 22:59:12 ID:dLxbdPUc
そういや50連安価のボーナスってどこで使われるの?
863 : ◆Ff7nWZGtso [sage] 2011/10/01(土) 23:02:28 ID:E2hZ6Rh6
>>860
魂だけちょっとちがいまして。聖遺物と称される特別なアイテム。
過去ヒトを数多く殺害せしめたもの。ヒトより上であると
定められた道具があると、倒した対象の魂を回収できます。
これにエイヴィヒカイトという術を加えると、その
回収した魂を燃料として消費できるようになります。

>>862
まだきめてない。どーしよう。
864 : 名無しのやる夫だお [sage] 2011/10/01(土) 23:08:45 ID:ilFwC7NM
>>863
特定スレの1000の願いを少し広めに叶えるとか良くあるパターン
865 : ◆Ff7nWZGtso [sage] 2011/10/01(土) 23:12:24 ID:E2hZ6Rh6
ねるっす。であまた
関連記事
スポンサーサイト




コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://yarucha.blog.fc2.com/tb.php/4797-c719b376