書籍紹介:難攻不落の魔王城へようこそ~デバフは不要と勇者パーティーを追い出された黒魔導士、魔王軍の最高幹部に迎えられる~

6078 : ババコンガ ◆Ff7nWZGtso [sage] 2020/06/12(金) 19:55:53 ID:Zxq/SHql

       ./(  ヽ
    (ヽ..ノ  'V(ノ゙ヽノ)
    )`V  .__   __ ヽ.__
 .\(    (ゝ丿 ノゝ )\ / ))
  ) V  ノ/::::::::::::::| |:::::ヽハ
  ヽ. ヽノリ:::ヽ:::::::○レ/:::}_ハ.    書籍紹介:難攻不落の魔王城へようこそ
   \ /:::::::○::::::::::○::l小
   . ヘ⊂⊃:::、_,、_;::⊂li|ノ        ~デバフは不要と勇者パーティーを追い出された黒魔導士、
    i⌒ヽヽ::::::::(_.ノ:::::::ノi|__/⌒)
   .ヽ::::::::ヽ>、 __,::::イ l:::::::::::/       魔王軍の最高幹部に迎えられる~
    \:::::::::::::::::::::::/ /::::':/
      ゞ::::ヽ::::::/ /::::::/
6079 : 梱包済みのやる夫 [sage] 2020/06/12(金) 19:56:48 ID:71HrFKc6
ああ、あれか
面白いよね、不落城
6080 : ババコンガ ◆Ff7nWZGtso [sage] 2020/06/12(金) 19:59:46 ID:Zxq/SHql

       // || || \\| | \,,\ |,, |  , \    // ||   ||   ||     /(                  |   |  |
       // ||  ||   ) ̄i´ i ⌒ ヘ.⌒i   ; \//  ||    ||   ||   |  |_  __   / |          |   |  |
       // ||  || /⌒) ̄ !    (_    _)|/( ヾ \    ||    ||   ||  へ\. \ ̄ヽ ヽ/  |         .|   |  |
      // ||  |/ , )二( ⌒l ( \i/ )ヾ_( ,, ´⌒\/|| |    ||   || />  \ノノ ヽ ヽ_ ゝ/         .|   |  |
     // ||  / ;     { ./| ヽ一゚ ;゚ー )      / || .|    ||    ||T7ー_ o ゝノ ミ( _,,)            |   |  |
   (v)、 ||/⌒,,    ,, }` |7ヽ _;  ;/ )  ヾ/⌒i/ ||  |    ||     |・) || ̄     ミ( _,)            |   |  |
   //ヾ L-― 、    /  ヽ |7 vヽ  -.´ヽ _/ーv/  ||| ||     ||    「_゙ _l|     ミ) )             |   |  |
  (v)_^   ノ--´ _ノ    | |7ヽ v\ ,`, 〉( > /^|  .||ヽヽ~ゝ  ||    }++}||_  三三 /           |   |  |
  // 7 /  ̄ ̄ /  ,,    | |7 ヽ v`v-´   ̄| |  || { ,ヽヽ}_,-―ヽ` ̄-  ̄ -三二ノ_               |_   |  _|
 ///(vノ    , -/ ;    ミ  | |777\\  ミ  | |  || {/ /   \_,, ノ      -ニ二/ / ⌒,-―、      |  |  |
       / ミ| ;       l、二二/ V      ヽ|  ||  (       /  ヽ 彡三-´ /  /    \  /`===´ ̄ ヽ
       /    | ;-    ,,           _ |  || | `ー _ /      /      /=====<  \       |
      /      |, -  ー                | || |      / ,,     /      /i       /⌒/ ̄/ ̄ ̄ ̄)^| |
      |     ,; |,      _              | || |    /    、_/      イ   |       |  |   ̄ ̄)_/| |
      |   ミ;  ヾ,,- __         < ̄\ || | _/            /-l――ヽ    ,   |  |    ̄ ̄) | |
      ヾ  ミ;    ,,      ̄ ̄ ̄_, -―|    \´ ̄            /     ミ|  ̄`ー- __|  .|     ̄)  | |
      ヾ  ;   ヾ      /     |      \_            / ̄ ̄|| ̄--|          `―-〒=〒= / /
        ヾ ;    ヾ     //⌒)    |        ̄` ー―- ´ ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ -|             |  |ニ∠/

 人間と魔物が殺し合いをしていたのも昔の話。冒険も、ダンジョンも、エンターテイメントとなった時代。

 ダンジョン攻略はライブ配信、動画配信はあたりまえ。人気冒険者にはファンが付き、ランキング上位の

冒険者チームなどアイドルのよう。そんな世界、そんな時代。
6081 : ババコンガ ◆Ff7nWZGtso [sage] 2020/06/12(金) 20:05:23 ID:Zxq/SHql

. 、 丶 ヽ  / ;、   ` 、 ヽ   ',ヽ丶 :ゝ
   、 丶 ヽ′ { 、   ト ., 丶 ヽ  ',ゞ,、ヽi`
    、 丶  ヽ ‘, 丶 l  `, '´斗 j |i_.リ lヽ
      、 丶 ヽ 、   `丶、 ' 弐ソV j: |f´|i`≧; 、
       、 丶 ヽ丶< ``ヽ   Vヽ!jVハニ/ァノヽ   , --ァ´>' ` <           『ランキング4位。炎の勇者フェニクス率いる
        、 丶 ヽ 炒``i:     / i彡'.イ `)γ=≠  /:i:/    / `l
        、 丶 ゙、ゝ ヽ _ -‐ / /〔 ( fi薇メj ,′ /:i:i:/    /  |          パーティのメンバー。魔法剣を使う戦士、
          `、 丶 ゙、`>‐- - '< <ャi:i:`ヾ:,`´イ i   !:i:i:7    /   .k
          `、 丶 ゙、  r '  ̄ 7ヾ:i:i, へ}i    ‘,_.. -‐'   /   / 乂 _,..,     _ .. -   鉄壁の聖騎士、弓使いのエルフ。
               `、 ム ゙< ,  'i´、_ .イ:i:i:i:i丶、  r、、ゝ   /    /    //__ > ' ´ , イ´/
          __ .ィ〈fi薔メ〉/、_ヽl |i:i(X)i:i:i:i:i:i:i:`!´ヤzxヽ , '       /    //     , イ/////   そして……』
          >  ゞ‐ヾ、/ヘ  ヘ l:i:i:iキ:i:i:i:i:i:i:i:7 〈f包jソヽ、_.. -‐ ´   ,彳   , イヽ///////
          ー '' ¨!V  ヽ`ィーャ:,!:i:i:-‐ 'i:i:i:iメッ  ヾ彳‘,、 ヽ L _-_ 彳    , イ   γ、//// 
              ‘,  /〉ィ〈´,.ムヽi:i:i:i:iャ/   /  `、' ヽ`:,<    , イ/ゞ__ ィ<i:i:iヽ///
                〉'´ }ヘノメヽ‐ヘ ` ̄ ヤ  /    ` 、 ヽ、/ `¨ ´/メr〔´‘,    ``'"、//
             l,.-‐ハ':,ヽ'_ゝ.イ´、 ___ /        丶 `、 <'//〉 ゝ、' ¨  ‐-  ..|/
             .ィセメ ヽ':,゙___.リ、 丶              〃ヘ` 、.ゞ'_∨ ! iヽ、    ノ/
           ノ'/´‐:、   _.〉 ‘,丶 斗、          〃   ヽ'////{_ノ .ヘ ` ー ァ '///
             f .!   i γ /'//‘, |ヽ ヘ          }i      >、,、/     ゝ.. ィ/////
           ! /ヽ、.ノ  iィ//// ‘.l/ `ー'、、       〃    ///.7      γ´///////
           ト、´   `` 7///////'i,///‘,ヾ:,     〃    | l l.〈     /冫 、//////
            `` ー '//////// l ∨/,‘, ヾ = = ≠'     | l l/    //    ` <//



              /: :|: :|: : :|: : : : :ヽ: : : ゚:,: : :‘。:::::. ::::::: ::::::::::::::トv'⌒⌒)
                /ィ:..:|: :|: : :|: : : : : : :,: : : :゚, : : ‘。:::::. :::::::::::::::::::{......_,ノ......う、    『画面映えのしない、黒魔導士。パーティ人数は5名が
            / |:..:|: :|: : :|: : |: : : : | : : : :゚,: : :..:}ヽ::::..::::::::::::::::{ζ..............ノ
                 |: : : :{: : :|: : |: :|: :.:ト、: : : :.}: : :∧ }:::::::::::γ⌒ .......__,う′     定石とされるこの時代。強さだけでなく人気も重要な
                 |:j|: :トヘ: :|\|: :}: : ハ \: :.|\: : }ノ}:γf´   y-ぅイー==ミ
                 |八.:|: \: :{ \: : : }  ∨|  ト::::}rf     _,..-=/ニニニヽニ}     この世界において、派手さがないというのは
                 |  ∨: : }\}  ヾリ  Ⅵ .|ζ   _ノイ/ニニニニ/ニjヽ
                   ∨:l:| く\   }     ζ   ノニニ/> -=ニニニニニニ\   死活問題であった』
                 リリ  \__ ___   ζ   ノニニ/ニニニニ二二二二二二
                     う ゝ   ζ   う//------ ニニニニニニ
                      ⌒ぅ_r丶イ{     /ニニニニニニニニニニ丶ニ二二
                          {\ニ{う、~{ニニニニニニニニニ二二/\=二
                            〉ニニ}ニ(  ∧ニニニニニニニ二二/ニ二ヽニ
                             {ニニ∧=( |l }ニニニニニニニニニニ/ニニニニニ
6082 : ババコンガ ◆Ff7nWZGtso [sage] 2020/06/12(金) 20:13:30 ID:Zxq/SHql
 
  ..,,,_ | | .ィ ''' ‐- 、    { ',
  ―ァ、-.ニ/: : : : : : : : : :ヽ _  ', ',      『決して、何もしていないわけではない。実力がないわけでもない。
    i.++!  /: : : : : : : : : :>"´_>=-、l
    | ! !| ,: : : : : : : : : //´     ` 'ヽ    しかし黒魔術師のデバフ、敵への能力低下や妨害というのは
   ゞ_リ l; : : : : : : : /-"――――    `ヽ
       ; : : r 、/""ィ=-‐‐              ',   見ただけではわからない。加えて、彼は諸事情により
  ゛゛'''''''rrrf''''ハ//    __,,,           ',
     〈〈〈 |__!"´ニニニニ__.ノ         ',.,,,_        己の行動を大きくアピールできない理由もある。
    r"`''´´ ‐-.,,_                  ',__,,.= ̄≧'''i・‐-- .,
   i ハ \    , -‐'''´` 、        .i''''''r ̄'''""´  __,,.|        さらにこの時代、黒魔導士は不人気職。
   '、( ゝ  , -''´       ',       .|  | r‐・''"´ ̄ .||,, .--‐
     ヽ-‐''´           ',       .|  | |        |..|-‐・''' "     八方ふさがりだった』
            __,,  --‐‐ ',     |  | |        |..|
  ,, --‐‐ ''''''_"´ --‐‐ ''''' "ス     |  | |        |..|
  -‐‐ ''''' "´            /´      .|  | |        |..|
         ,,.--‐‐・・・・'"       |  | |        |..|
        /                |  | |        |..|



                      _ _
                    , ..´::/ __
                 _/::::::::: ̄::::::::`丶
                /::::::::::::::::::::::__ ― 、:::::::ヽ      『じゃあ転職すればいいではないかという話に、
                 , '::::::::::::::::::::::/ ,r'⌒ヽ\:::::ヽ
            /::::::::::::::_ - ´   !ゞイ;;;;;!  `ーヽ,     ならないのがこの世界。10歳になると
              !:::::_ -‐         ゝ三-'       |
            ト‐´     __ -‐、T´ハ 、 ̄` ー- .._!     適正職業が神殿でわかるのである。
                l   _ - ´:/ー--ヾ;::| |:lヽ;:::ト、:::::i:::l
               ヽ/:::::::,- :! ,.'⌒ 、 リ '´ ,rヾトi::::ノ;リ     どんなに頑張っても、適正職業を持つ者を
                |:::i:::::(  ゝノ;;) !    i.ノ;;! |く '´
             |:::i:::::::::i ー.、 ` ´  ___, `´ /:::ヽ       超えることはできない。
                |:::i::::::::::::r‐ _ゝ _    ,.-∠_:ヽ:::ヽ
        /\  |:::i:::::::::::::l : : : ̄: ー`二ト-_ /´,ヽ,;、\)⌒ヽ.   はっきりと才能が分かるという事は
         /:::::::::::ソ::__..-.:´ ̄:`:ー:- :、_: : : :__:ト、V / |::ヽ:_::):::::!
       !、:::::::::::::,::| : : : : : : : : : : : : : :  ̄ : : : ゝ´Y ヽ::::::::::::::l    幸福でもあったし、不幸でもあった』
      |:::`:ー ' ´:::!:/  ̄  ̄ ` ー-,.、_: : : _: ;/ヽ    \_:ノ
      ヽ::::::::::::::/      ,  /    ̄    !\ / ヽ.
        `ー /       /ヽ'´          /: : :`ゝ   l
          !       く: : : :ヽ     _ ___ l: :i : : : i` ー'
          ,\     \ : : Y´  ̄    `i : ! : : : |
         /: : : \_ __,, ノ \/ー ‐- -- - ‐j、: :! : : ハ
        /: : : : : : : :\      ヽ \    / !: ',: : : :l
6083 : 梱包済みのやる夫 [sage] 2020/06/12(金) 20:13:31 ID:KeTZ25mO
勇者と主人公がちゃんと親友なのいいよね
6084 : ババコンガ ◆Ff7nWZGtso [sage] 2020/06/12(金) 20:21:19 ID:Zxq/SHql

: : /: : : : : : :_;_: : : : : : : : : :.__: : : : : : :\: : :ヽ: :i
: /: : : : : : :/:::::\: : : : : :/:::::\ : : : : : 丶: : :|: i
/: : : : : /_;;::---、:\: /_;::----'\: : : : : :ヽ: :ヽi     『そして、その日はついにやってきた。普段からソリの
|: : : : : i''´     `'' ''´      i: : : : : : i: : :i
|: : : : : i                i: : : : : : !: : :ヽ_     合わなかった戦士アルバからのPT脱退要求。
|: : : : : !                i: i : : : : !: : i\:、
| : : : : i                 ヾi : : : : i: :i:i  `\   エルフも、聖騎士もそれを止めない』
| : : : : i"'''-__          __,,.-‐'"i:!: : : : i: : i
| : : : : i_, -r.云=、,    、,.‐ニrェェァ--、!i: : : : :!:./:i
| : : : : i`ゝヾ歹-'     ' ゝヾ歹'‐' i:i: : : : :i/ リ
.!: : : : i:i         i         ',:!: : : : iー--、___
.i: : : : :リ          |         /i: : : : :i     ``丶、__
..!: : : : :!          |          /-i: : : : :i---、_      "'''- 、___
-!: : : : :!',        -'        ./i .i: : : : :i.∧  ` 、ー----、__   `i
. i: : : : :i.i ' ,     ,------、   , ' / .i: : : : :リ、 ヽ   `、     ``丶'、
 !: : : : iヽヽ\   ヽ=====″ / ./i  .i: : : :i i .|  |    i         ` 、
 !: : : :/ 丶ヽ.` 、     ,. -'"/ //  .i/i: : :i::i .! .!    i           .` 、
 i : : /   \\ `゙''ー''" ./ i /  〃i: : :i: i i  i    .i             '、



                  /.   ,  .     |      |         .∨/
                     /.   /  . /. i  |      |       ,  ∨/
                   ′ /  . / | , ‘,    |      ‘,   .W
                    :   ′ / /∨/, .      | : i 、 、  ‘,   :   『唯一それに否を唱えるのはPT
               i   l  |/   ∨/, :    . l :/  \'.    ' l  i
               |   |   l/    ∨/,: . . : :/     '/   l  |    リーダーたる勇者フェニクス。
               |  '  〈  ̄``≧.∨/, : : :/x≦´ ̄ '/   | 从
                  从  ', ‘, 灯芥ぅ㍉∨v. :/ ィ巧芥灯 |′  〈     しかし、だからこそアルバは反発する。
                     }ハ ',. ' 乂ツ    ∨   乂ツ ' /  . . :/丶
                   Ⅵ\\ \               /  , . :/      なにせ、黒魔導士は彼の幼馴染だ。
                     ㍉ヾv}iト .\    :l       /. イ}/
                      V::.                  .:.:/        不人気職が寄生している、世間も
                       ,Vヘ       __       /V、
                   〈 <:.\    ´   `   / > 〉        アルバもそのように見た』
                      | > .,` }iト        イi{´ , <|
                      |  ニ}i |L__>_ _<__」| i{ニ  |
                      | / r.┘::=┐ ̄! ̄ r= :└ , V. |
                    ノ  { {乂.: :: : |__ | __|:: :: :.乂} }  ∨
6085 : ババコンガ ◆Ff7nWZGtso [sage] 2020/06/12(金) 20:23:31 ID:Zxq/SHql

            //:::::::::::::::::::::::::::::::::::\:::::::::::::::::::::::::::::::::::
          /:::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\:::::::::::::::::::::::::::::
        /.:::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\::::::::::::::::::::::::
.         /⌒7/.::::: ┐::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\::::::::::::::::::
         //::::/ ノ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::、:\::::::::::::   『このままでは、ランキング4位にまで上り詰めた
           // ̄__)::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::::::::\:::\:::::::
.         /  /_:_:_:_:_:_:_:_:::::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::}ー―::::    PTが崩壊してしまう。その様に感じた彼は、
        _/ /     _丿::::::::::::::::::::::::::|\:::::::::::}:::::::::::::::
       /`::{  / ̄ ̄::::|::\:::::::::::::::::::::::|  \::::::}:::::::::::::::    決断した。子供のころに、共に1位になると
.    /:::::::::人_ノ_:_:_:_:_:_::八:::::|\:::::::::::::::::レ'⌒i \:}::::::::::::::
    /::::::::::::::::{  _______.ノ\|  \::::::::::::   } /:::::::::::::::::    約束した友のPTを、止める決断を』
   /::::::::::::::::::レへ:::::::::| \}       }::::::::/  ソ /\::::::::::::::
  .::::::::::::::::::::::八  ヽ ::|        ハ::/ //::::::::\:::::::::
. /::::::::::::::::::::::::::::               }′ /|::::::::::::::::::::::::::
 .::::::::::::::::::::::::::::::::ノ              : : |::::::::::::::::::::::::::
 ::::::::::::::::::::::::::::::::\              . : : : :|::::::::::::::::::::::::::
/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::Y `           . : : : : : : |_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::{       . .「 ̄ ̄ ̄___________________
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::     : : : : |  _________________________
:::::::::::::::::::::::::::/ ̄ ̄[L..... -―…く:| ___________________________
\:_:__::::/:::/    l[_________________:|_____________________________
:::::::::::::::::::/       [_________________|_____________________________
:::::::::::::/        l[________________:|_____________________________
_:_:_:_/           l[________________|____________        ___
  /          [__________ノ ̄|_____ (____) ̄ ̄ ̄(____)
  /             [__/      |__/    (____)
6086 : 梱包済みのやる夫 [sage] 2020/06/12(金) 20:23:50 ID:2SZBtcDn
あー、ある種悲しいすれ違いが
6087 : 梱包済みのやる夫 [sage] 2020/06/12(金) 20:23:50 ID:Tw/r9rD9
悲しくも友情
6088 : 梱包済みのやる夫 [sage] 2020/06/12(金) 20:27:00 ID:QynsVwai
悲報!親友もデバフ理解してくれてなかった!!
6089 : 梱包済みのやる夫 [sage] 2020/06/12(金) 20:32:22 ID:aa58mxMR
親友がPT脱退に否を唱えてるのは主人公の有能さを知ってるからでもある
6090 : ババコンガ ◆Ff7nWZGtso [sage] 2020/06/12(金) 20:32:55 ID:Zxq/SHql

                   _____ --ミ      ______
                 /:: :: :: .\__)    /_/-‐‐‐-ミ
                .: :: :: :: _____  -‐‐‐-ミ_〉--ミ:: :: :: :/,
                .: :: :: __) /〃::\:: :: :: :: 〕h、__)_:: :: :: /,
               .: :: :: :「ア:: ::八_:: :: :ヽ:: :: :: :: :: ヽ人:: :: ::./,     『しかし、捨てる神あらば拾う神あり。彼を、
             //:: :: ::/:: :: /    \ハ:: :: :: :: :: ::∨〉:: :: ::/,
            .: : /:: :: :: ′:: /     ヽ -‐:: :: :: ノ:: V〉:: :: : /,     彼の秘めたる実力をしっかり見抜いて
             .: :: :/:: :: :: .l:: ‐-ミ    /__V:: :: :: l:: :: : {:: :: :: :: /,
           .: :: :: ′:: :: : |:: ::{~ ヽ    /  .V:: :: :|:: :: : {:: :: :: :: ::/,     いた者たちがいた。ほかならぬ、
         /:: :: :: l:: :: :: :: |:: ::{=ミ     ィ={:: :: ::|__:: :八:: :: :: :: :: .
          /: : : : : |:: :: :: :: |:: ::杙沁    〃vリ:: :: ::| 〉)/⌒:: :: :: :: :: :: .    魔王とその配下である。
       .: :: :: :: :: : |:: :: :: :: |:: :: .        """{:: :: ..|/:: :: :: l:: :: :: :: :: :: .
     /:: :: :: :: :: :: :|:: :: :: :: |:: ::込、  、 ./ .{:: :: .从: : : : : |:: :: :: :: :: :: /,   繰り返すが、この世界において
    /:: :: :: :: :: :: :: :::|:: :: :: :: |::..::.ノ{ >     ィ{:: ::/(__:: :: :: : |:: :: :: :: :: :: ::/,
  /:: :: _r〉:: :: :: :: :: ::|:: :: :: ::ノ:/_______ノ ¨¨´ /:: / ̄  ヽ..:.: |:: :: :: :: :: :: :: :: .  /   冒険者と魔物の戦いはエンターテイメントである。
.ィ(:: :: ::「ヽ(ヽ:: :: :: :: :: :|:: :://-_-_>く    Y/:: /-_-_-_-_:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::∨ /
:: :: :: ::〈∨ ヽ ∨:: :: : 从ィ:/ __ r--ミ ____    }.: ..′-_-_-_-{:: :: :: :: :: :: :: :: : : : ::∨ /   ダンジョンの戦いから離れれば、
:: :: :: :〈\) }  `、. : :: :/i:i:i:Yi:i:i:i:/i:i:i:i:i:i:i:)____}.: .{-_-_-_-_--____:: :: :: :: :: :: :: :∨ /
:: :: :: ::〈\〉 ヽ  Y::/ヽi:i:i:i人-‐‐-ミi:i:i:(i:i:i:i:i}:: :{-_-_-_-_-_∧____〉ハ:: :: :: :: :: ノ:: :∨ /   争う事はない』
:: :: :: :: :\)⌒v  ノ´ \_/: : :/-_〉 :..``~、i:}:: :{ハ-_-_-_-_-.∧ / .}:: :: :: :/:: :: : ∨ /
:: :: :: :: :: :: /  '. (( V∧⌒ヽrY-_-/___\.: : : }i}:: :{ V-_-_-_-_ /  人:: :/:: :: :: :: ::.∨ /
:: :: :: :: :: :/    ヽ V∧-_.ノ人-_/-_-_-_\: 从: :{  V-_-_-/  /:: :: :: :: :: :: :: :: :: ::.∨
:: :: :: :: ::/    l  \ ∧´}}⌒¨´: : ``~、、ヽ:: :人  V-./  /人ニ=-----------



                                  ,ィ
                                /、l
                                  {、〈                 『そう。かつてたった一人で冒険者の大軍、
                      、    ,、r、´ヽ /l /ミ/
    .∧                     〉ミ! r、/{。、!个 /l l 、/           ___     レイドを蹴散らした最強の魔王が。
\  l | l                   {彡=!,.ィェト'゚ミォliミ/- '      _ ,...-―=-, ,... >
.ヽ、\} | {  ,              `ヾ=ト ,{ -‐ヽli l|ヾ,_,..-x-'''´:::::ヽゝ>´∧/     あまりの最強っぷりに世間から疎まれ、
.  \〈 l__ゝ/ l                    ///li||i|lミ|i |i::/二/::::::::::,-´ー_,> ''´  〉
  ミヽミ/!オ /                _/// li|,i l ||i l|/三/,イ!/`- レ'      /      世捨て人となってド田舎に隠居し。
   ∨ミ! 从!}_     _  ,.........:::::::::::∨///::li//,イi ,l|{-〈/_,/          /
   ヾ/> ∨lミ /  < <__,..-- 、:::::::::////:}、:l/イ:l i l |,-/、 l´`ー、_       、ヽ       本当は勇者になりたかったのに、
    レlヽミヽlミ/   / `ヽ、_l { /イ-////:.:.:./´:.:.:| i | r-,-,/ / , }__     \
    ヾ{ ,トミlソ_   {  _    ////:.:.:.:.l:.:.,: -|i l |、-' ト-'_ノ_ノ, }   `ヽ、  /       「黒魔導士」の職となってしまった少年に、
      〉-rVヽ、  〉'  _   ,///:./:.:.:l:.´:.:.:.:| i | |:.: ー-、__ ノ | |    ヾl  }
       {|ill lll 、__>、ヽ./    l //:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.l i ,.イ´ ̄lヽ l\ ,| |      ', \      技術を教え込むことだって、あるのだ。
       ヽ,l, -ミ、__}l´     l//\:.:.:.:.l:.:.:.:/l | /   .|  | j`| | /    ∧  ‘,
       /,ニlソ-' {ヽ}ー '''´ /l从.  \/:./  | レ     |  | | .| |'    /∧        ……あったのだ!』
       {' r-‐'、 lヽ/ l ー--/      `´    l/     |  、 V /    /∨∧
       `_´,r-,}/Vl |   イ    ',         /   /   ヽ'_l__/l  ∨∧
        - l:::/ゝ/! !   |      ,        /   /    ゙、.       |   ∨∧
       / / / .! イ   l   ヽ  、      /   /     l      |   ∨∧
        / /l__/::,∨ /   .|    、        /   /        ',      |.    ∨∧
      / {__ノl:::::l∨_/- ´'|      、      /   /        !    |     ∨
    /   ヽ_,∧:::∨l    .|            /   /        |     .!     ∨
6091 : 梱包済みのやる夫 [sage] 2020/06/12(金) 20:33:33 ID:rOr6y6m6
そうだねプロテインだね
6092 : 梱包済みのやる夫 [sage] 2020/06/12(金) 20:36:34 ID:2SZBtcDn
何してんだ元魔王wwww
6093 : 梱包済みのやる夫 [sage] 2020/06/12(金) 20:37:19 ID:aa58mxMR
主人公は親友大好きだし、親友は主人公大好きだしでいいPT追放物だよな
6094 : 梱包済みのやる夫 [sage] 2020/06/12(金) 20:38:11 ID:6n17tpoS
わかります これエンタメごっこしているために、真の敵が出てきたらフルボッコされて世界やばくなるフラグだ
6095 : ババコンガ ◆Ff7nWZGtso [sage] 2020/06/12(金) 20:39:22 ID:Zxq/SHql

    ∨.,                       >/`/ーry
     マニ、                           / ./ ./ / ム     『そう、黒魔導士の実力は人類の限界を超えていた。
      .iニム  〃∨     /           /¨≧‐‐ 〉-' .ム
      .lニニi'ヘ//∧,ヘ__//              ー、  ..{    .}    10歳になってから、引退魔王による限界ギリギリの
     iニニ≧、_/_ \ニニ≧x                 ヽーrゝ、_ノ〈
      \三三三ム  \ヘ/ l                   l    i     修行を根性でこなしたのだ。
        i>、i ヽニ〈 x≧_|   l               i    .l
       〉: : |いi: :iヽ'≧=、/ノ               _}    ',     そして、世間で疎まれる、恐れられるレベルの
      /: : : :\,': :l:.:.゙r‐、ゝr'             〃.ノ      ',
≦、‐- _./: : : : :/ i : :|、,,'、,、 r`              i i      ,    デバフを身に着けてしまったのである。
ニニ\ `ヽ≧、/ .l : :l: : : : : ム         xz≦(/l ;      .i
ニニニ\  \ニニi : : l: : : : : : i    >r≦ニニニ/ /: , ',     ハ    実力がバレれば、魔王とのつながりを疑われる。
`≧‐-=≦、  フ l:.: : l: : : : : : ',\つ)   iニニニ/  ., : : , ∨   / .l
___>、ー-、 i: : : :lヽ : : : : i: : ∨_  .lフニ/  ..イ: : : i  .∨ ..イ  l    繋がりがバレれば、世間から排除される。故に
      ̄ ̄7 (!: : : :lYム: : : !: : :マ.i___.i./    イ: : : l:',  .\ー'   .l
          7¨.l : : : iニニヾミ;'ヽ: : ム≧'___>'´/: i: : : :l: ',    マ   l    師たる魔王は己とのつながりを秘匿せよと命じた』
         /l}_ハ: : : :lニニ',ニ≧x',: : : ,ニニニi: : : :/: : ',: : : : : マ   ヽ  l
       /i}゚〃ム: : : lニニ,ニニil',: : ∨ニニl: : : : : : : ,: : : : : :ヽ   ヽ !
      /i}゚〃ニニム: : lニニ',ニニilム: : ∨ニl: : : : : : : : : : : : : : :\   . ヽ!
    ../i}゚〃ニニニニム: lニニニ,ニニilム: : ,ニl: : : : : : : : : : : : : : : /:\_/ l



        / ./----――……: :j:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.
       / / /,.   |  ´: : :‘,: : : ハ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.
      / /′: : : /:::ハ::j|:::::::::::::::::::′ 、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}
.     /   1:/: : :/:::/│i|{:::::::::::::::::l    \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: }\     『この約束があったせいで、彼はPTメンバーにも
    /   | |: : : |:::i  Ⅵ∨::::::::::: |ー‐'"´ \}、:::::::::::::::::::::::::::::::::}:i:i:ム
.        | |: : : |:::|-―リ‐∨::::::::::|   x==ミ ‘。::::::::::::::::::::::::::::, :i:i:i《     己の実力を伝えることができなかった。
.        | |: : : |:::|  x=ミ ∨:::::::ト 〃 rハ  ㍉∨:::::::::::::::::::::::/│i:i:i|
          / }: : :.:|:::| 〃 rハ丶∨:: }   弋リ  / |::::::::::ハ::::::::: ゝ |i:i:i:i|     知っているのは友人たる勇者のみ。
.        / イ: : : :|:::|   弋リ  ∨:{     ==     l::::::::/ V:::|八::::|i:i:i:i|
       / /八: : ::::::..  ==    \        ι/ィ::/   Ⅵ  │i:i:i|     追放、離脱はなるべくしてなったともいえた』
        /  ∨:|ヾ::}      〈            |/  ィリ  │i:i:i|
           }::l  リ                厂:::::ハ::{    |i:i:i:i|
           ∨   、ι        _,.lニニニニニニニニニニニニニ二|i:i:i:i|
                 \    t‐__´__,|ニニニニニニニニニニニニニ二|i:i:i:i|
                    vュ、     |ニニニニニニニニニニニニニ二|i:i:i:i|
                 Ⅵ个ュ,__,.ィ|ニニニニニニニニニニニニニ二|i:i:i:i| ,=ミ
                  Ⅵニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ/|i:i:i:i|/:i:i:i:∧
                   γ´ /=ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ| |i:i:i:i|:i:i:i:i:i:i∧
                  ノ イニニニ二二{ ̄`ヽ=ニニニニニ二二二|/i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i∧
               /ニニニニニニニニニゝ __,ノ=ニニニニニニニニニニ}i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:
6096 : 梱包済みのやる夫 [sage] 2020/06/12(金) 20:39:55 ID:EHm70NE6
親愛があるからこそ苦しい決断をする、いい……(うっとり
6097 : 梱包済みのやる夫 [sage] 2020/06/12(金) 20:40:43 ID:aa58mxMR
追放の流れが不自然じゃないのいいよね、どっちにもちゃんと理由がある
6098 : 梱包済みのやる夫 [sage] 2020/06/12(金) 20:41:51 ID:rOr6y6m6
このわざとらしいなろう味! 嫌いじゃないわ!
6099 : 梱包済みのやる夫 [sage] 2020/06/12(金) 20:43:02 ID:fSGvqDDx
ちゃんとした理由のある設定いいよね…
6100 : 梱包済みのやる夫 [sage] 2020/06/12(金) 20:43:36 ID:B8Tzdy7N
当時見てて思ったが一回こいつ抜きでやってどれ位役立ってるか様子みろや、とは思ったなw
6101 : ババコンガ ◆Ff7nWZGtso [sage] 2020/06/12(金) 20:44:02 ID:Zxq/SHql

                                        _.._
                       ,ィ::`:-r¬__ ,...:≦:::::::ト、≦フ7:::::::::丶
                      ./::::::::::,(、 ソ:::::::/ヽ:::::::::::ヾィノ_:::::::::::,    『しかし、それを今代の魔王と部下は見事に見抜いた。
                      ,::::::::::{  Y:::{::/   \:::i:::Y⌒ ):::::::::.
                    /,::::::::::::::)ニ':::::i'      _.,ヾ:::::ト(ニ::::::::::::.    最強のデバフ能力をもつ、魔王の弟子。彼女は
                  , ィ::::::::':::::::::::::ゝ-{::::i⌒`    ´  .}:::::j_ノ:::::::::::::::、
             _...ィ::ト:::::::::::::::::,'::::::::::':::::::ハ::::代芯    乏 ii:::r'::::::::::、::::::::::ヽ    黒魔導士を魔王軍の幹部に招いた。
          , イ:::::r 、:ヽヽ:ヘ:ノ:'::::::::::/::::/:::::i:::i、""  ' "" i:::i):::::ヽ::::::::::::::::::\
         /:::::/:::::::`:-..` r,ヽV::::::::r ´/⌒ヽ::i ヘ   ―  ノ:i::i:::::::}::::、::::::::ヽ::::::::::丶.、      
        /::::::/::::::::::` フ,、ヽ{ ヽY l  {、  ,i::-ミヽ、 _ イ {::::i:i:::::::i:::::::i::::::::::、::::::::::::::::::::::::::≧ .._
        '::::::::::{:::::_::::::ィ(  { 弋 Vハ   、 /ヾ:'  `~ 、  {`<i::i::::::':::::::}::::::::::::、 ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ...  
        {::::::::::ヽ´/::::::、  V }ヽi/ハ  、///ハ_,   ` ´ ヽ`:::`ヽ::::::ハ:::::::::i::ヘ  `<:::::::::::::_:::==:::―
       ヘ:::::::ィ:::::::::::::::::::} ⌒} ヽi//ハ  、//i!/!        V::、 ヽi::::::::::::i::::ヽ    二 ̄        
      ィ::´,:ィ:´::::::::::::::::(`^ ̄ ヽ }.//ハ  V::'//}'´⌒≧-ゝ、  ヽ:: }  ハ :::::::::i::::::::ヽ  イ::::::::::::`:ヽ.、
    /:::::/:::::::_:::::≦:::::::::Y}    ノ///ハ  ,:///}  }ごノ_ノ, ̄フ7ヽ } }:::::::::i:::::::::::ヽ {:::::::::::::::_::::::_::}     
   /:ィ::::/::イ  ヽ:::::::::::r¬  ) ノ/////ハ /::iV//≦ニニニニニ≧::::、ノ i::::::::::i::::::::::::::ヽ:::::::イ    ヾ!
    ,:::::::/:::{      .7   、ノ/////////::::' Vニニ≠=―ン-ニハV ノ:::::::::::i:::::::::::::::::::\:、   ノ  /:   
   .{::::::{::::::::、   ィ:::{__ ノ ///////ノ::::人  i }≦ニ(rフ束く ヽ/ハ::Vハ::::::::::i:、:::::::::::::::::::::≧::、ー <:::::
    i:::::i::::::::::ヽ    ノ)ごン-::::: ̄:::::::::::::///}  iノニニニニ'/i ト、ノ / V  、:::::::、\:::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::ノ
    、:::i:::::::::::::::::`¨:/  /:::::,::≠-::-</イ./// ヘ iニニニニ/'ニi i/ / ./ ヽ::::ヘ:::::::ヽ \:::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
     ヾ::、:::::::::::::::::::>' /::::::::'/////////.ノ / } iニニニニ'_/ニ' !イ  ':::::、 > ― ⌒ ヽ≧::x:::::::::::::::::::ハ
     /:ヽ::::::::::::/ /i::::::::{//////// /  .i .{ニニニニ/_/ニ'_.i_( ノ'"´          .v::::::::≧::::::::::::::ハ
    /:::::::::::> ―i {/i'::::::::V//////  '   ' .ハニニ'_./ニ'_.iニ/       ノ     ノ::::ヽ:::::::::::\:::::::ハ
   /::::::/. \/ハ i/i:::::::::::ヽ///  '     ' / 、ニ/_/ニニ'_.iニ,       /     /::::::::::::Y::::::::::ハ:::::::::}
   /::´::{     ヽヘ}/人:::::::::::ヽ ' /i    './   vヘ {ニニ´/ニ:      ./     /:::::::::::::::::}::::::::::::::}::::::ノ
  ':::::::::::ヽ     ヽ//ハ:::::::::::::ヽ ハ ヘ   '{    ヽヽニ' {ニ      ./     :'::::::::::::::::::::'::::::::::::::::i::/
  ':::::::::::::::::≧ ..  ノ:'::::/ ヽ:::::::::ヽ:、  ヽ i .{    ヽニi ニニ    ./!    ./:::::::::::::::::::ノ:::::::::::::::::ノ-..、
  {:::::::::::::::::::::::::::: ̄::::::::/  .i. ヽ:::::::} \  ヽi 、     ヽヾ!ニ、_. イ ヽ/    ,:':::::::::::::::::/::ヽ::::::_::ィヽ::::ハ
  ヘ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ   {  ノ::::ノ、  \ i  :.      v}ニニ、   ./   /.{:::::::::::::::/ ヽ::::::::{  ノ:::::::::}
   \:::::::::::/::´:::: ̄:::::: ̄::::::::/  ヽ   ソ  i       Vlニニヽ /   / :、:::::::::::{   \::::ト:-'::::::::::::ノ
    `ー /::::::::::::::::::::::::::::>"i      ヽイ   i、       VニニニV  /    ヽ:::::::≧::-:::::ヽ:::::::::::::::::ノ
      ':::::::::::::::::://i   i    /     人       Vニニィ  /ヽ    } ヽ ̄ ̄ヾ:::::::ヽ }::: ̄::
6102 : ババコンガ ◆Ff7nWZGtso [sage] 2020/06/12(金) 20:47:13 ID:Zxq/SHql

                      _, ---―--------ァ
                      , ..::':.:/: /ヾ ::.:.:.:.:.:.:.:.:..<
                      /彡 ' : : i: i: : :ヾ .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ     『不人気職ゆえに、どこのPTにも入れなかった彼。
                /: : :/ : : :i :i :i : : : :ヾ:.:.:ヾ.:.:.ヾ : : \
             -=イ: // : : :i :i :i i: : : : : :.ヾ :.:.ヾ:. :ヾ:.:.:.、\   しかし、夢をあきらめることはできなかった。
                  / /: : :ハ: :i :i :i i: :.:i: :iヽ.:.:ヾ.:.::ヾ: : ヾハ\゙、
                 ∠/: : : : ハ::ヾ:、ヾ:.: :i :|  \: : : ! : i: : ヾヘ \  1位になる事。勇者になる事。
                  /:.:./i: . .:.ハ: :.ヾ:.ヾ: i.:|   V:.:.:.:.:.:i:.i:.::ヾヘ
              /イ:ハ: :.:.|  ヾ:.:.:ヽ:.ヽ::!     V:.:.:.:.:i.:i.iヽ、:ヽ   だから、彼は成ることにした。
                 |小',:.:..:|゙'ー--ヾ.:.:.:.ヾ;\-‐''¨´Vハ:.:.:.:iハ:::.}\
                 1ハ:.',.::::戉元ミ \:.:.:ハ` 夊行テト:ハ: : | V     魔王軍で、一番に。魔物たちの、勇者に。
                   !ハ:.',.:ハ ゞ ┘゙  \:.:',   ヾ‐' 'リ ハ:.リ
                     ハ、ト、ハ     i `ヾ    r_ソハ:|       難攻不落の、魔王城。黒魔導士レメの
                  ヾ:\ハ    `       /:::/リ`!
                       V\`    ‐  ‐   ./ハ::|         新たな挑戦が始まった』
                       、      ,. ':!_/ リ
                        ,,..イリ `:  -  '   | ∨
                       > __/ i           ` }\
                ._____/r‐'´   {  ';         }  `<`ヽ、
               /    \   ∧____';  / __  /    /   `ー、
            r'´`ヽ、    \  ∧  `  '´  /   /     }‐、
          /  i  .`ヽ、    \ ∧      /   /      ノ   i
6103 : 梱包済みのやる夫 [sage] 2020/06/12(金) 20:48:16 ID:aa58mxMR
この世界、色んな勇者PTがいるけど皆個性的で面白いんだよな
6104 : 梱包済みのやる夫 [sage] 2020/06/12(金) 20:48:27 ID:SNZrgoPg
まあ、バッファーやデバッファーは地味だしなあ。
映像映えまで考えたらアタッカーとか派手な方が解りやすい。
6105 : 梱包済みのやる夫 [sage] 2020/06/12(金) 20:50:03 ID:rOr6y6m6
>>6100
様子見た結果実力バレル>コイツ元魔王とつながりがあるぜ! チートや!ビーターパーカーや!
6106 : ババコンガ ◆Ff7nWZGtso [sage] 2020/06/12(金) 20:51:22 ID:Zxq/SHql

       ./(  ヽ
    (ヽ..ノ  'V(ノ゙ヽノ)
    )`V  .__   __ ヽ.__     と、いうわけで今夜ご紹介するのはGAノベルで発売中、
 .\(    (ゝ丿 ノゝ )\ / ))
  ) V  ノ/:::::::::::::| |::::::ヽハ     なろう連載中の「難攻不落の魔王城へようこそ」
  ヽ. ヽノリ:::ノ:::::::○レ:`ヽ:}_ハ.
   \ /:::::::○::::::::::○::l小      上記の通りの、一見するとありがちな追放テンプレ
    )X(⊂⊃:::、_,、_;:⊂li|ノ
   ((Xへ::::::::::::::i⌒ヽノi|       作品です、が。
   /:::::::::>、:::__,ヽ::::::ヽ
  /:::::::::::::::::::::::::::::/ ∧:::::ヘ
  |::::::::|::::ヽ:::::.:://::::::ゞ::::リ



       ./(  ヽ
    (ヽ..ノ  'V(ノ゙ヽノ)
    )`V  .__   __ ヽ.__      とにかく、作品の作りが丁寧です! 上記にもあるように、
 .\(    (ゝ丿 ノゝ )\ / ))
  ) V  ノ/::::::::::::::| |:::::ヽハ       追放されるまでの経緯や理由、それぞれの心情が
  ヽ. ヽノリ:::ヽ:::::::○レ/:::}_ハ.
   \ /:::::::○::::::::::○::l小         しっかり描かれている。正直にいえば、これは
   . ヘ⊂⊃:::、_,、_;::⊂li|ノ
    i⌒ヽヽ::::::::(_.ノ:::::::ノi|__/⌒)     大変に珍しい。
   .ヽ::::::::ヽ>、 __,::::イ l:::::::::::/
    \:::::::::::::::::::::::/ /::::':/
      ゞ::::ヽ::::::/ /::::::/
6107 : 梱包済みのやる夫 [sage] 2020/06/12(金) 20:51:33 ID:aa58mxMR
>>6100
実際にその展開作中であるやん>主人公脱退で判明した本来のPTの実力
6108 : 梱包済みのやる夫 [sage] 2020/06/12(金) 20:51:42 ID:FYDd4upQ
この話、パーティを追い出されたのは割と自業自得なんだよね……。
だから、後に共闘展開とかあっても普通に納得できる。
6109 : ババコンガ ◆Ff7nWZGtso [sage] 2020/06/12(金) 20:57:19 ID:Zxq/SHql

              |ヽ/V\, ヘ
            )ヽ}       \ } 、     ぶっちゃけ、追放ものは「不当に評価されていた主人公が
.           __ヾ⌒`       \ | ム
         \      |ト::::::ヘ  \| /_    抜けたことで、チームがひどい目にあってザマァ」を
            _) | ハ.(ハ{i:◯::::::}}ヾ   /
.            ミ `  {|:::::::::::::::::::: ○ヽ//      やるためのテンプレです。
            ヾ__...\|、○:::::::::::::::u:i/
                 ⊃ ハ::::::::::::_:::::::ハ        なので、入りこそテンプレですが中身はかなり違います。
                  ハゝu::::::::::::;イ())
              (())  _ ̄|::::|   
                 /::::::::::::::7 ̄>、
                 |::i::::::::::/ /:::::',
                     く|:::i::::::/ /λ::::',
                  レ{::/ 「i笊!] ハ:::::',



                    ,.....,
                ≠ ヽ~、`ヽ   `' 、
            , ,′   .  、 ヽ` 、   丶
           / !     iヽ、ヽ ヽ ヽ丶ヘ、`        『特に上げられるのは幼馴染勇者との関係でしょう。
.          /.イ i:     j  .斗∨ハ  ヽ` ,ー
          〃! i |丶_、 j ´ィf示ぇ、i f;ヽミ、゙,         友人で、ライバル。かつては主人公が守る側で
          i{ Ⅳ!ヘ'´ィぇヾ、 ゞ' レヽjrノⅵ`
          `' Ⅵ、ヘ乂ソ ,        i´/_ヾ           今は逆。お互いをリスペクトする間柄。
            ヾ、 从  ` _ . '   イ"´ィ〉
          ,...,   _ " ゝ、   // f´薇弋.メ、___,.、 _     PTを抜けることになりましたが、互いの事を
       γ  ヽ ̄ ㍉r-V〉>.ィz≦`vi   /  〈 イヤ´  `
..      ノ   ‘,  ヤ  f´(十)ニニ弋i! , ' _ ,.ィ 〃,'  γ´    心配こそすれ憎んだりはしません。
    ,. <  `ヽ   ‘,  弋.ノ=ニ1ニ二二ニ>f薔!、ゝ- ''_;   /
 ,.ィ-‐- 、ヽ  ‘,   ヽ包ノ、=ー一=>' ´  l乂lハ ゚´ .. ィ/       この友情関係ひとつとっても、テンプレ惰性
/,:〈, -‐- 、ヽ:、  ‘, ィ´!ィ  ` † ´      l∨! γ´  ヽ  ィ
/  乂_ノ ヽ'! :、ィ´ i /、          ,. イハ  V  j!` `k ´       作品とは違いがあります』
  ,、。≦ミミ:、/i    ,'/! 丶、   ,. <    ハ  V ハ  ヽ _ イ
 i | Y/.! ァ'ハム:,   ,/ l    i ´         ヘ  マ ハ
 l !//〃/ /, ヘ` 、/! 7    i          ヘ  ヽハ
 `'i// / .イ/ ,' 〉;7 l;f ,、 /!          ,..., ヘ(X)〉ハ
. ,; ´` ´!{/、'_/`トヽlヘ/,、!` ィ__    ,. <´  /ツヽ/,; ∧
  ,; ,; ,; ヽ_'_/;`ト ., メ〉斧ミ、/"´  ィ        ′,; ,; ,; ,; ,; ヽ、
  ,; ,; ,; ,; ,; ,; ,; ,; ,; `ト収薇ツ:,` 、´         i ,; ,; ,; ,; ,; ,; ,; ,;ヽ
. ,; ,; ,; ,; ,; ,; ,; ,;<メk ゞ.,´ 一  ` 、   .。-‐-:、 ,; ,; ,; ,; ,; ,; ,; ,;
 ,; ,; ,; ,; ,; ,; ,; ,; ,イY ハ  `' .,     ` 、´     ∨ ,; ,; ,; ,; ,; ,; ,
. ,; ,; ,; ,; ,; ,; ,; 7,イ、〉'V‐--‐ " `'  .,   ` 、    V ,; ,; ,; ,; ,; ,;
6110 : 梱包済みのやる夫 [sage] 2020/06/12(金) 20:58:03 ID:6+wQacql
このなろう味が設定ちゃんとある・・・だと・・・
6111 : 梱包済みのやる夫 [sage] 2020/06/12(金) 20:58:49 ID:aa58mxMR
ヒロイン差し置いて読者から正妻扱いされるで相思相愛な主人公と親友
6112 : 梱包済みのやる夫 [sage] 2020/06/12(金) 20:59:21 ID:rOr6y6m6
まぁ実力隠そうとしてたんだから評価は正当だよな。

一部のなろう追放モノとか追放した後で能力に目覚めるってそら追放されるわ状態なのがあるがw
6113 : 梱包済みのやる夫 [sage] 2020/06/12(金) 21:01:25 ID:2SZBtcDn
この辺他の作品だと勇者がクズ過ぎて「お前よく勇者として認められたな?」って奴が多い事多い事
6114 : ババコンガ ◆Ff7nWZGtso [sage] 2020/06/12(金) 21:01:48 ID:Zxq/SHql

       ./(  ヽ
    (ヽ..ノ  'V(ノ゙ヽノ)
    )`V  .__   __ ヽ.__       また、この作品においてダンジョン攻略は競技、冒険者は人気商売
 .\(    (ゝ丿 ノゝ )\ / ))
  ) V  ノ/:::::::::::::| |::::::ヽハ       という所も、他との大きな違いです。
  ヽ. ヽノリ:::ノ:::::::○レ:`ヽ:}_ハ.
   \ /:::::::○::::::::::○::l小        ショービジネス的な面があるがために、冒険者も魔王も縛りがあったり
   . ヘ⊂⊃:::、_,、_;::⊂li|ノ
    i⌒ヽヽ::::::::(_.ノ:::::::ノi|__/⌒)     見せ場があったりして、それが作品にもいかされています。
   .ヽ::::::::ヽ>、 __,::::イ l:::::::::::/
    \:::::::::::::::::::::::/ /::::':/
      ゞ::::ヽ::::::/ /::::::/



              |ヽ/V\, ヘ
            )ヽ}       \ } 、
.           __ヾ⌒`       \ | ム      ダンジョンから離れれば平和な世界。魔物も人も
         \      |ト::::::ヘ  \| /_
            _) | ハ.(ハ{i:◯::::::}}ヾ   /     共存する世界。だからこその交流があり、
.            ミ `  {|:::::::::::::::::::: ○ヽ//
            ヾ__...\|、○:::::::::::::::::::i/        主人公も魔王軍入りできたわけです。
                 ⊃ ハ:::::::::::t'ヘ:::::::ハ
                  ハゝ::::::n_::::イ())         人類の敵になったわけでなく、相手チームに
              (()) ゙. ̄| K::::|
                 /::{::::ノ::::::7 ̄>、      移籍しただけなんですよね。
                 ト/:::l:::::/ /:::::',
                 く∨:::ノ::/ /λ::::',
                  レ{::/ 「i笊!] ハ:::::',
6115 : 梱包済みのやる夫 [sage] 2020/06/12(金) 21:02:09 ID:EHm70NE6
うん、人間関係に理性と感情がちゃんと設定されているのは良作だと思う。
当たり前だと思うでしょ? 当たり前じゃないのよなろう界隈では(血涙
6116 : 梱包済みのやる夫 [sage] 2020/06/12(金) 21:03:50 ID:b4s4zRsl
元はアマチュアが手軽に作品発表できる場だったんだから仕方ない
6117 : 梱包済みのやる夫 [sage] 2020/06/12(金) 21:05:28 ID:fgeUOcRh
某やる夫スレダンジョン運営記を思い出すなぁ
6118 : 梱包済みのやる夫 [sage] 2020/06/12(金) 21:05:41 ID:rOr6y6m6
ヒロアカのデク君みたいなもんだよな・・・。
6119 : 梱包済みのやる夫 [sage] 2020/06/12(金) 21:07:33 ID:4I46Fovv
プロレスのヒールターンってやつだろうか?
6120 : 梱包済みのやる夫 [sage] 2020/06/12(金) 21:07:43 ID:aa58mxMR
魔王軍の幹部のくせに冒険者のファンとかいたりするからな
6121 : ババコンガ ◆Ff7nWZGtso [sage] 2020/06/12(金) 21:07:53 ID:Zxq/SHql

       ./(  ヽ
    (ヽ..ノ  'V(ノ゙ヽノ)
    )`V  .__   __ ヽ.__      まあ、とはいえ。ザマァ展開がないわけではありません。
 .\(    (ゝ丿 ノゝ )\ / ))
  ) V  ノ/::::::::::::::| |:::::ヽハ      調子に乗っている品のない冒険者などは当然いるもので、
  ヽ. ヽノリ:::ヽ:::::::○レ/:::}_ハ.
   \ /:::::::○::::::::::○::l小       そういった連中にお仕置きする事もなくはなく。
   . ヘ⊂⊃:::、_,、_;::⊂li|ノ
    i⌒ヽヽ::::::::(_.ノ:::::::ノi|__/⌒)     求められた所を抑えたうえで、違う事をやっています。
   .ヽ::::::::ヽ>、 __,::::イ l:::::::::::/
    \:::::::::::::::::::::::/ /::::':/
      ゞ::::ヽ::::::/ /::::::/



       ./(  ヽ
    (ヽ..ノ  'V(ノ゙ヽノ)
    )`V  .__   __ ヽ.__
 .\(    (ゝ丿 ノゝ )\ / ))    巨乳ヒロイン、ロリ、美少女、エルフ等々、きれい所盛沢山。
  ) V  ノ/:::::::::::::| |::::::ヽハ
  ヽ. ヽノリ:::ノ:::::::○レ:`ヽ:}_ハ.    勇者君に魔王軍のナイスガイ狼男、魔王師匠などいい男も
   \ /:::::::○::::::::::○::l小
    )X(⊂⊃:::、_,、_;:⊂li|ノ      キッチリ配置。キャラ多いのですが、どれもしっかりいきてます。
   ((Xへ::::::::::::::i⌒ヽノi|
   /:::::::::>、:::__,ヽ::::::ヽ
  /:::::::::::::::::::::::::::::/ ∧:::::ヘ
  |::::::::|::::ヽ:::::.:://::::::ゞ::::リ
6122 : 梱包済みのやる夫 [sage] 2020/06/12(金) 21:13:49 ID:aa58mxMR
追放させた勇者PTのメンバーも本気で勇者の事慕っててこいつをランキング1位にしたい!って思ってたのがいいんだよな
6123 : ババコンガ ◆Ff7nWZGtso [sage] 2020/06/12(金) 21:14:09 ID:Zxq/SHql

                               __斗≦=ー―ヽ 、
                              -=≦::::::::::::::::::::::::::::ヽ
                               /:::::::::::::::::::::::}:::::::::::{    『そして、物語の作りも素晴らしい。
                             _彡イ:::::::::::/</:::::::/::::.
                              /从r、::} ゞツ':::::/_}::::{    魔王軍の幹部として迎え撃つ主人公。
                               _/イゝ!::|  - ' ,ゞ'从/
                              {:\::ル:}ヽ___ -、 イル'     魔王城攻略のために突き進む親友勇者。
                             _ V//////シ-≦ゝ
                           /へ:`.</{/{.   }'///\     最高のデバッファー対、最高の勇者。
                          //////> :: <ヽ  {///⌒
                      __斗≦///////////>r=ゝ __}//\     親友対親友。全力のぶつかり合い。
                      )\::::::V////////////≧ 寸/////ヽ
                      ////ハ:::::V/// -、/////r '' , 人`。ヽ// ゝ   クライマックスは、正に男子の夢』
                  _ r<//////}:::::}/    Y///、_ノハ V ゞイ >ヾ
          ____  r= 7//////////`´      {=彡///∧ V////≧ュ:>.          ハ
         { <//><//////≫ ´         ゞ//////∧ V////∧/ハ/>ュr-..、_ .| |_
  ⌒ヽ  _r==≦/// > //// Y ./               V/////∧ V////∧{r≦/////r<V-V}≧-ュ____r 、
 ゞ-</{ { .{ .{-、'/////,Yニ /´          r:イ     _ V/////∧ V////∧v ̄ ̄ ̄ } ){  }_{ { {ヽ.}- 、ノ
     |__|. |. | }ニ>==}}ミx \ ̄ヽ - ―==/≧  ̄   {\/////∧ V////∧V} ̄ ̄ ゞ´ヾ|. | `¨¨´
 _  - ― `ゝゝ へ{ {イニニニ≫ <ハ-<////////>-- ゝ::::\ ///∧ V////∧Vヽ______.   V
≪____ 斗へ--彡イニニ./ニ≫ <ニニニ≫< ////////////\::::<'/∧ V/////////≦
-<///// r ⌒ヽ==/ニニ三三三三ニ≧====ヽ-</////////>:::::::::< V//////////.}
///////// \ニニ ≫<77//////////≧ -=ニニニニ=-   _///////> ::::::::::::<//////{
/////////// ヽ////////////////////////≧ -=ニニニニ=-<//////> :::::: ̄V/∧
/////////////////////////////////////////////≧ -=ニニニニ=- <∧ V>:::}//∧
////////////////////////////////////////////////////≧ -=ニニニ=- </////}
//////////////////////////////////////////////////////////≧ -=ニニニニ=-
////////////////////////////////////////////////////////::////|::::::≧ -=ニニニニ=-



                                        .イ >'"
                                    f;'!  .イ >'"
                                〈ハiイ>'"
                                 ,.rfメイ>k´
                             ,.r{{{{〈:ハバ'
                           ,イ  〃´  `'      _ ‐ ¨   『そこに至るまでの彼らのやりとり。
         _ .ィ,..., __           _ァ'ー-r‐、'        _ ‐ ¨
        〃/ ´ `"ーァ      _ _ __r‐' 、` く }__/    _ -‐ ¨          物語の作り込み。勇者パーティの
       i/;/  ´´ >ミ、_,   ∠.,`ヽヽヽ `` <、 -‐ ¨
..      { ', `ヽ、`_メ ヽミ、_fメ,{ ‐-i__,:‐' ¨´`ヽ、 丶      _           誤解の解消。新たな戦力の追加。
..      { ‘, 、 ` 、炒V',r' ;' ) i!/`ヽ  `ヽ    〉       ¨ ‐- _
        Ⅵ`ー;芍,` _ 〉 i.ノ_ イ  j  /    ,'                  クライマックスまでの流れも読み応え
         ヾ` ~、 _`_'ァ ´⌒`^V  _ >'"      '    、、
              }  __   イ `  、      '      `` ~ 、、         十分です』
             ≠´- ≧´ニ 二  `  ̄ ´            ``~、、
             !≦、´ヽィ`¨´  ̄ ¨ ァ‐- _
           >"t‐-'ー〈 |゙iヽ__,..,__ .イ   〉、 ¨ ‐- _
         ,ィ´ ノ }ハ  / L! /k   ,. -‐‐ '´ V/     ¨ ‐ _
    ,ィ:ァメ、¨ヽィ ´  ィゞ'≠ <´ >ハ≦ム、__ ..ィ V/      ¨‐_
   tjイメイメ〉、ノ‐ ' ´<≧ Y⌒、´iムヾミ:、 /    ノソi!           ¨_
.    `´`゚゙'イ≦<´  ̄ ̄ ヤ!`7^ヾ二i-=‐-<>ニ彡' }i             ¨_
    / : f´/// ヽ<√{/,〈   >.ト、  ヾ:、、  ソ          ¨_
    ` 、 ハ////‐-ァ‐rf ¨¨ ヽ__.///} ゝ‐--‐`'"¨´!〉、           ¨_
      ヽー ^ ‐ ;´ノ' j __ .ィ´7`!i'ヽrセハ    | ,'  ヽ,、         ¨_
        ` ー - 一'`´  .  (´ム! `´`; ヽ  l /     ', ヽ         _
                  Y/l    ,'   `´      .',  .V         _
                  /|/ヽ-‐ ,'          ',   V          _
.                 i/ヽ、///i            ',  V        _
6124 : ババコンガ ◆Ff7nWZGtso [sage] 2020/06/12(金) 21:17:32 ID:Zxq/SHql

       ./(  ヽ
    (ヽ..ノ  'V(ノ゙ヽノ)
    )`V  .__   __ ヽ.__    こんなに高品質のライトノベルは正直めったにない。
 .\(    (ゝ丿 ノゝ )\ / ))
  ) V  ノ/:::::::::::::| |::::::ヽハ    なろうテンプレでありながら、正統派。
  ヽ. ヽノリ:::ノ:::::::○レ:`ヽ:}_ハ.
   \ /:::::::○::::::::::○::l小     多くの人に満足していただける一品と
    )X(⊂⊃:::、_,、_;:⊂li|ノ
   ((Xへ::::::::::::::i⌒ヽノi|      お勧めできる作品です。
   /:::::::::>、:::__,ヽ::::::ヽ
  /:::::::::::::::::::::::::::::/ ∧:::::ヘ
  |::::::::|::::ヽ:::::.:://::::::ゞ::::リ



       ./(  ヽ
    (ヽ..ノ  'V(ノ゙ヽノ)
    )`V  .__   __ ヽ.__
 .\(    (ゝ丿 ノゝ )\ / ))    GAノベルで1,2巻。なろうでも連載が続いています。
  ) V  ノ/:::::::::::::| |::::::ヽハ
  ヽ. ヽノリ:::ノ:::::::○レ:`ヽ:}_ハ.     さらに、ノベルUPで漫画版も公開中。
   \ /:::::::○::::::::::○::l小
   . ヘ⊂⊃:::、_,、_;::⊂li|ノ        一読されてはいかがでしょうか。
    i⌒ヽヽ::::::::(_.ノ:::::::ノi|__/⌒)
   .ヽ::::::::ヽ>、 __,::::イ l:::::::::::/
    \:::::::::::::::::::::::/ /::::':/
      ゞ::::ヽ::::::/ /::::::/
6125 : 梱包済みのやる夫 [sage] 2020/06/12(金) 21:17:59 ID:aa58mxMR
漫画版あったのか!読まなきゃ
6126 : ババコンガ ◆Ff7nWZGtso [sage] 2020/06/12(金) 21:19:10 ID:Zxq/SHql

                         ___     __,
                       , -‐‐ヽ::ヽィ':::≦:...、
                      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
                   ,.::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::\
                       /:::::;::::::::::::::::::::::::::::::::::\::::::ヘ:::::::\
                    ,.::::::/:::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::ヘ::::::ヘ:::::::i^      紹介 おしまい
                      {:::::;:::::::::::l::::|:::::::::::::::::::l:::::::::}::::::::}:::::::\
                      /:::::{::::::|::/|:l:l:::::::::::::::::::ハ:::::::}、::::::}::::::::|¨`
                  /イ :::{::::::lー|:l:iヘ:::|:::::::::;'_」ハ:/┤::::}:::::ハ}
       r-、f¨ヽ   _,ィ㌻ニ'}:::::{::::::;ィ'ぅ芯ハ、l:::::/|ィぅ芯㍉:::: }::::}ソx、__    , 、
    .γ¨! l:.ゝt'lィニニニ=ルj:ハ::::{ヽ弋rjリ 乂ル' {:rj:リ ノj丿ル二二ニニ/ _уヘ,
     r| i'ヘJ:./:.:.`ー‐::⌒)ニニニヘ∧   ¨´  .::!   `¨´ ∧ノニニ=f¨ヽ、ゝ‐'〉/ //¨l
   /|ヘ、):.: /:.:.:.:.ノ ̄_´ニ二二二∧    _          ∧二二 >s、_¨¨: ゝィ:/ ./´〉
  ,   ヘ、)、___ノーヘ"=ヘマ二ニニニニニ\ ゞ`二二つ /二二二ニニ∥ニ\:.:.:.:.ゝ/ ./\
  {        /  ∧||=||ニ二二」ニニニ/X:>:.....__.....:<´二二二二二∥_∥ , ̄`¨ゝィ'   }
  ゝ、__,ィ'¨¨¨¨  ̄ ̄ ̄ ̄´}ニニ,/Ⅹ/ニ=zzzz=ニ二二二ニ}>x_〃_〃/__ヘ      }
                  ∧ニニ/Ⅹ/二二二二二二二ニ∧  ` ̄ ̄   `ー――‐'
                  ∧ニニ∥ニ二二二二二ニニニ∧
                       ∧ニ∥二二二二二二ニニ∧
6127 : 梱包済みのやる夫 [sage] 2020/06/12(金) 21:20:46 ID:Tw/r9rD9
おっつおっつ☆
6128 : 梱包済みのやる夫 [sage] 2020/06/12(金) 21:21:45 ID:6+wQacql
おつやねんで
6129 : 梱包済みのやる夫 [sage] 2020/06/12(金) 21:26:01 ID:nHTFl72J
おつでーす
6130 : 梱包済みのやる夫 [sage] 2020/06/12(金) 21:26:14 ID:aa58mxMR
乙です
6131 : 梱包済みのやる夫 [sage] 2020/06/12(金) 21:26:27 ID:8KL1IRN2
おつなんよ
6132 : 梱包済みのやる夫 [sage] 2020/06/12(金) 21:26:58 ID:SqDqcSFQ
1巻一気読みした。まぁ、理由はあるにしても実力隠して周りに説明も出来んのでは評価が低くなるのもやむなしかな、とは思った。
ライブダンジョンとか他にもあるけどダンジョン中継は好きな設定。

6133 : ババコンガ ◆Ff7nWZGtso [sage] 2020/06/12(金) 21:27:26 ID:Zxq/SHql

          \   \  \   :/ ̄ ̄ \〈 }..:/ :/: ̄\  ∨ //   (
           )    \  > :./ /\   \川: /: : :./:.\ ∨(
        /⌒     <: : :.:/ /__〕 〔⌒从ノ(:.:./(/⌒:i  \__/
          ⌒\ \   .:/⌒/ /: : : : _) /:\/⌒))__ノ: :}   :>/
         __ )    ノ  :/ /⌒廴_∥::::::::::::∨⌒ヽ__: :./  从
          \ ノ   7 / ノ))___〕:γ⌒ヽ::〔))===:/ __ ノ⌒__ノ
          \    ___/て: : r‐''⌒〕|:乂 ノ :|〔⌒: / /: : {: /(⌒
             ( ) r㍉ 〕:Y冬===ミ: : ノ八::::::::::::::八( ィ芋冬ミ: }/〈 /: }     さて。次は、この作品の恐ろしさについて
      (___/ノ八: : :{ Ⅵ:::γ⌒\: : 从、:::::ィ(^: :ィ㌣⌒ヽ沁(.::∥: :/
       \       ): ∧ 圦:.乂  :ハ:\ /:Y:::::::ィ公乂 ノ仗〉:∥: /      述べさせてもらおう。そう、今回の投下は
        \   ̄ ̄∨ 〉 ⌒>====ミへ:.:川://⌒丈辷彡^.::∥:.:.|
           ̄ ̄) / ∧  〕: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :Y: : ∨/ ::|J-<     ここからが本番。ここからが、>1の
            ⌒/ /: ∧ 〔: : : : : : : : / ::{:i:i: : : : : : : : : : :./∧.:.|\
             / //| : : ∧八: : : : : : :人: :i:i:i: : : : : : : : : : ///∧∨ \      言いたかった所。なんのためにヤルオでなく
          / / √三.込 ∧ (、 : : : : : :`: ´: : : : : /: :// 〔三', i
            /./   {: : : : } \ : :\二二二二二二/: : /  {: : :.i:|        はじゅーんアバター使っていたか。
              八: r㍉   :\: : :  -------. . ..:.//: \{: : :.}:}
               〕ト 〕 }/: :.}: \: : : : :---: : : /: :/: : : :.乂__ノ
            ___{ {: :〕 }: : : :.{::::::: \: : : : : : / : : :.{: : : : : {〔: 〕}__
__        /: : : ;乂__,ノ: : : : {: : : : : :  ̄ ̄: : : : : : :.{\: : :人__,ノ: : : : :\
: : : : :\__,,.、丶´: : : : : : : : : : : :/ ∧: : : : : : : : : : : : : : : : {: : \: : : : : : : : : : : :\
6134 : 梱包済みのやる夫 [sage] 2020/06/12(金) 21:32:14 ID:8KL1IRN2
スッ… (無駄のない正座移行
6135 : 梱包済みのやる夫 [sage] 2020/06/12(金) 21:33:33 ID:fgeUOcRh
なん… だと…?!
6136 : ババコンガ ◆Ff7nWZGtso [sage] 2020/06/12(金) 21:35:57 ID:Zxq/SHql

              |ヽ/V\, ヘ
            )ヽ}       \ } 、
.           __ヾ⌒`       \ | ム     読み始めてからすぐに、恐ろしくなった。
         \      |ト::::::ヘ  \| /_
            _) | ハ.(ハ{i:◯::::::}}ヾ   /    何だこれは、普通とは違うぞ。
.            ミ `  {|:::::::::::::::::::: ○ヽ//
            ヾ__...\|、○:::::::::::::::u:i/      外観はテンプレだが、中身がちがう。
                 ⊃ ハ::::::::::::_:::::::ハ
                  ハゝu::::::::::::;イ())       否、テンプレを作品として作り上げている。
              (())  _ ̄|::::|
                 /::::::::::::::7 ̄>、     これは、惰性で作られたものじゃない。
                 |::i::::::::::/ /:::::',
                     く|:::i::::::/ /λ::::',      技術で、書かれたものだ。
                  レ{::/ 「i笊!] ハ:::::',



         へ  ∧ゝ  \  l l k /
         ゝ へ ヽ   へ lz_,l_,zl_l
          \   \  <::::::::::乂::ヽ      技術で書かれたものという事は、どいう事か。
          ゞ {   ハ=  x::::::::::::::/メ:ヽ_
         -=ニソ ミ    z:::::::::::::ム:マ::::::::::l    話の流れ、キャラクターの心情、クライマックスへの
            ノ  ヾ   >:::::::::::::::::::::::/ッ゙、
       -z---ノ    ヾ  : へ-__x::::::::'イ:::::ヽ   伏線。それらがロジックによって配置されている。
         ̄--z__,zx--ヘ   く ̄::::::::::::::::::::::/
              -=彡}/- -`::::::::へ::::/      そういった技術は、模倣ができる。パクリやコピペと
                __,}:::::::::::::ll:::::::::ノ 
         / ̄__フ ̄::::ト:::::::::::::::::ll::/          いう意味ではない。学び取れるという事。つまりこの小説は、
        /  /::::::::::::::::/:::::::::::::::::::く
      /  /::::::::::::::::::::::l::::::::::::::::::::::>           ライトノベルの、教科書といえる存在。>1はそう感じ取った。
     / ll  l:::::::::::::::::::::::l::::::::::/ ̄`
     j  ll  {::::::::::::::::::::::l:::::::/:::::::::::::::ヽ
     l   l  l:::::::::::::::::::::::::::::l:::::::::::::::::::::\                 , .ヘ
    /  jl  l::::::::::::l::::::::::::::::ゝ::::::::::::::::::::::ゝ              //_ュッヽ
    l  ∥  l:::::::::::l:::::::::::::::::ゝ:::::::::::::::::::::::ゝ_ _ _ n__n n_ /:::/_:::::/ィェリ
    l ∥  /::::::::::::ヽ::::::::::::::::ゝ::::::::::::::::::::ノ::::::::::::::::::::::::::::::l l:::l l:l l:::::::::::::/ヽ.l
    /    l::::::::::::::::::\:::::::::::::::ゝ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l l:::l l:l l::::::::ノ   `'
   丿    l:::::::::::::::::::::::::\::::::::l  \::::::::::::::::::::::::::_;。*¬ノノ-ノノノノ ̄
  丿     {::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l    X---‐''^^゚    `  ` `
 /      l::::::::::::::::::::::::::::::::::::\  l  l \
6137 : 梱包済みのやる夫 [sage] 2020/06/12(金) 21:39:01 ID:Tw/r9rD9
なんやて……
6138 : ババコンガ ◆Ff7nWZGtso [sage] 2020/06/12(金) 21:42:39 ID:Zxq/SHql

              |ヽ/V\, ヘ
            )ヽ}       \ } 、     正直言えば、なろうの作品のほとんどはまず
.           __ヾ⌒`       \ | ム
         \      |ト::::::ヘ  \| /_   「自分が書きたいもの」を書き起こしているだけ、
            _) | ハ.(ハ{i:◯::::::}}ヾ   /
.            ミ `  {|:::::::::::::::::::: ○ヽ//     というものがほとんどだ。
            ヾ__...\|、○:::::::::::::::u:i/
                 ⊃ ハ::::::::::::_:::::::ハ       テンプレ通りの流れ、代わり映えのしない設定、
                  ハゝu::::::::::::;イ())
              (())  _ ̄|::::|         置いてあるだけのキャラクター。しょうがない、
                 /::::::::::::::7 ̄>、
                 |::i::::::::::/ /:::::',     だってそこには技術が、ロジックがないのだ。
                     く|:::i::::::/ /λ::::',
                  レ{::/ 「i笊!] ハ:::::',



             '; { ヽ、ヽ `´ ::{i  {  !   :\   :)  j :{ Y ::/
          (    ';  、  \ヽ ;ハ ,、ヽ    !、 \  ( :;' { :{ ;ハ
          ヽー-、\ ';  ::ヽ   ∧.';:  :/  :ヾ、,, ヽ  {  } .! { .}
            ` ̄ヽ;ヾ ゝ; .| {  :;/ { |  :/ ヽ;;-、{ ´`ヽ、 ヽ;/  /ノ  , -‐
               ヽ、  ゙i .{:{ / , ‐{,j :/'´`´` __  , {゙ヾ,,,,{ ∠ミニソ´
     __         ) / / j' {,  { /    ヽ,,_ヾ人'YA_Y';__,,,,_   /
ー-‐''´     ` ヽ 、   _,ノ,/,ィ/i/ /゙  {'     `r-ミヾベ、{フ{  ノ . /   技術が無くても物語は書ける。
'´     _,, .. -‐''´  ̄ ´ ,ノ'´ '゙,、 :/   .{       ト、゙ヾマ>フ;;/}  / . /
-ー‐, - '´          /  ,.,ィ゙、ミ;7.    {    ..__ /rホv{ノx{ソ''´,イ /     だが、技術がないから質の
‐ ´             ./ //{  {゙Y        `ヾt;;シ /´ / ,j ./
      i         ;' // `´} .}、   c‐、    {ハi´/´ /// /       良いものが書けない。
      |        j  { ',_ ,ノ / ヽ   ヾ,、      { /'´  /ノ
   /   ヽ    ',  /  >‐-ベー-、    ヾミヽ,,__,-‐'(   /´         起承転結、キャラクター、
  ./      ヽ   ヽ/  /´i  {  ',   \    _〉'´     ´
,/           .{  .|  ',   .',    \_,ノ                   クライマックス。物語をよくするための
          i   :|  {{  .';   :}
          |   :| ,',j  ヽ、 :|                          知識がない。何を学べばいいかすら、
         :,'   :| ./|  j ', :|
         :/   :ノ :/ |  :/  ', ',                          わからないのだ。
        /  ;/ ::/ | /   }、 ',
        {  '´  /  j,ノ   | ', ヽ
       /   //  ./    ,' .',  :',
      :/    / /     /  {',  :',
6139 : ババコンガ ◆Ff7nWZGtso [sage] 2020/06/12(金) 21:47:02 ID:Zxq/SHql

      . :|       |: .         . :/       /!    ハ
     : :|       |: : .       . :/     /! ,ィ  | ト、 ./ !
     : : :∨       l: :       . :/    .| ∨リ  \ У ム
       : : ∨     l: : .    . : :|     ハl  `ヽ   :Y   :l !ヘ
: .     : : ∨    |: :     : : :l  .ト、_| | |   !  へ:|  :У レ    だが。この作品は技術によってなっている。
、: :     : : ∨    |: :     : :l   \ | ヽ y^/ __ヽ∠_ \{
∧: .      : : ∨    l: :     :l < ̄ ‘,N / ./ヘuy'゙ヾメ;ヘ  :i    この作品で使われている技術がどういうものか。
. ∧: .      : : !    |: : .     :|   > \Y: :l /:≧]|( )}Xy! :!
  ヽ: .    : : ∨   .!: :    : :| 丈_ 「ヽ」|: :j/_z=ヘヘ`´/ごハ :l    それを自作に取り入れることができれば、
    ヽ:.:    : : ∨  /.:.:    : :|   ≧、:j|!:ヽ( )ヽ: : X'_)〕! ヾ
      \    : : `¨:.:.:.:.:.    : :ヘ.    厶:∧: :  ̄(⌒: :.l〉テ:f_       確実に、物語は良くなる。
       ヽ   ;.:.:.:.:.:.:.:.:.   :.:.:.:∨< ̄/:.∧: : : : : : : : : :/!::「:ト、
-. . _     ノ:.   :.:.:.:.:./      : :.∨ヽ∨7))、:\: : ー==: イ<>、::!:/    そして、技術は使いまわしができる。
: : : : : ̄ ̄:.:.:.:.;      /       .:.:.:∨_ソ、{:} }:\:{:>ーf:ノ:{(__)}lハ
    : : : : :.:.:!             /:.: : :\\ソノ:\:ヽU厂:/}ー-イ/ノ、    物語がかわっても、物語をよくする技術は
       : : : \            /:.: : : : : :\\ : : ヽ: : /: :/ i! l!: : : ヽ
 ̄.才¨¨               _/´     : : : `¨¨¨¨¨¨¨¨:.<__/ l、: : : : ‘,   変わらないからだ。
/::::::.:.:.:.:、       、丶`             : : : : : : : : : : ``ヽ\: : :ハ 
:::   _       /           ____: : :       : : :\、´ノ:ヽ
  ベ:::::....     /    _ <三才 ̄ノノ:ヽ:ヽ:_:_/、\         . : :∧: : : ‘,
/    `ー------─<___  <.イ:ヽ:ヽ:У ! ! ! ! ヾー┬---=≦  ヽ: : i:У!
                  ∠ー─一" |  | | | |  |:  |          〈彡イハ
                / ノ厂二二才 7 / .| | |  |:  |         ヾ彡:.ヘ



              |ヽ/V\, ヘ
            )ヽ}       \ } 、
.           __ヾ⌒`       \ | ム
         \      |ト::::::ヘ  \| /_    というわけで、これよりしばらく。
            _) | ハ.(ハ{i:◯::::::}}ヾ   /
.            ミ `  {|:::::::::::::::::::: ○ヽ//      >1はこの作品の研究をしようと思う。
            ヾ__...\|、○:::::::::::::::::::i/
                 ⊃ ハ:::::::::::t'ヘ:::::::ハ        物語を作らない人には退屈な投下に
                  ハゝ::::::n_::::イ())
              (()) ゙. ̄| K::::|          なるだろうがご容赦願いたい。
                 /::{::::ノ::::::7 ̄>、
                 ト/:::l:::::/ /:::::',       これは>1にとって必要な事なんだ。
                 く∨:::ノ::/ /λ::::',
                  レ{::/ 「i笊!] ハ:::::',
6140 : 梱包済みのやる夫 [sage] 2020/06/12(金) 21:49:05 ID:xXH6kbXn
より良い作品を作るために勉強するのは大事ですもんね
それで私たち読者も更に面白い作品を読めるようになるし嬉しいです

ただ、研究するなら細かい部分までネタバレすることになりそうですしその事については注意書きか何かした方が良いかも?
6141 : 梱包済みのやる夫 [sage] 2020/06/12(金) 21:49:15 ID:EHm70NE6
わかる、凄くわかる<技術がなくても~
書きたいものがあって書くけどうまく出来ない書き起こせない、書くことは出来るがその先がわからない。
そしてもがいている内に情熱も無くなって燻るのよねorz
……明日本屋行って探してみよう。
6142 : ババコンガ ◆Ff7nWZGtso [sage] 2020/06/12(金) 21:50:30 ID:Zxq/SHql

              |ヽ/V\, ヘ
            )ヽ}       \ } 、
.           __ヾ⌒`       \ | ム     とはいえ。わけのわからん話をされても
         \      |ト::::::ヘ  \| /_
            _) | ハ.(ハ{i:◯::::::}}ヾ   /    住人も困るだろう。そもそも、何が技術で
.            ミ `  {|:::::::::::::::::::: ○ヽ//
            ヾ__...\|、○:::::::::::::::u:i/      何が物語か。その区別も難しいだろう。
                 ⊃ ハ::::::::::::_:::::::ハ
                  ハゝu::::::::::::;イ())        ぶっちゃけ、専門書とか使ってるわけじゃないし。
              (())  _ ̄|::::|
                 /::::::::::::::7 ̄>、
                 |::i::::::::::/ /:::::',
                     く|:::i::::::/ /λ::::',
                  レ{::/ 「i笊!] ハ:::::',



                     ト、
                  _z--┴`ーァ‐、   __
              ,.-=ニ-ァ:.:.:.;.。*'"二二∠_\
              /⌒ > ̄;/,.。*z=、_」!     \
              、_/:.:./f / ∠  -──-   _  l!     『というわけで次回。
              /イ:/!:.>←<ヽ  _  r==、 / ヽ}
              /´ r:/ ヾ必メ-} }/ヘ  |:| ∥ 7ァァヘ |     ゴブリンスレイヤーに見る、物語とその技術。
              ソ   ヾ丈ノ  ヽヽ |:l l:| ///'/|/
             、ト _  ト、 }    〉〉N l:l l:{//',イヾニミー-..、  次回も>1と一緒に地獄を見てもらおう』
           _>==、ヾ、 \/ヽ. {.{ ヽへ-┐/ノ   '⌒ヾ}`
         /──- _ \.\ ヾW{≧xト<⌒¬// ,ィ __,
        ノ        `~、二ヽ 乂 ヽ;i;i;≧≦f》'/ァ<
       /⌒ヽ           \ ̄\_」|;i;i;i;i;i;〈∥,/<⌒_
        〈'    }             /;\:.:.:ヾ>─-'∨≦'∧≧! \
      /     \   / ̄ 7'';i;i;i。*'" ○    `ヾ´ \r┘  ∨
        |ニ=-  _   ヽ/  _/;i;i;i/          ',   ヽ.   ∨
       _>;i;i;i;i;i;i\_ -=;i7;i;/'xx/             /ヽ    ',  /
     _∨/_//:ヾ;i;i;i;i;i;i|;i;/イxxxx/7- _    _  -‐     \.  |、./|
    〈ニ=- _\ノ\;i;i/´  l\x//   〈`'''´             ` イ└ .!
    r≦ニニニヾ\:/ノ   \へ,.。*'":.\O    _ - ¬、  /|ヽ_ |
    |'" /O | ̄``ヾ〉      f: : : : : :,.。*'ヽr "      | Y∨;i;i;i「
6143 : ババコンガ ◆Ff7nWZGtso [sage] 2020/06/12(金) 21:51:32 ID:Zxq/SHql
そうだなぁ。なるべくネタバレはしない方向でいくわ。まあ、今回の投下、ちょっとネタバレって多が許してほしい。
6144 : 梱包済みのやる夫 [sage] 2020/06/12(金) 21:54:16 ID:rOr6y6m6
技術による作品っていうと多崎礼が好きかな・・・。

本の姫は謳うとか大好きだわ
6145 : 梱包済みのやる夫 [sage] 2020/06/12(金) 21:55:29 ID:BoGmoUUD
熱意や発想一本槍で突き抜けるような作品も無いではない
でもそういうのは技術不足を無視出来るほどに「作家の味」があってこそなんで、いわゆる天才の技ですからね
起承転結のバランス、描写の意図、全体を通して何を伝えるのか・どう伝えるのかなどなど
「なぜそうなっているのか」を突き詰めることが物語作りの基礎技術であり、ロジックなンすよね
6146 : 梱包済みのやる夫 [sage] 2020/06/12(金) 22:00:44 ID:8KL1IRN2
一緒に創作沼地獄に落ちようぜってね 乙つヴぁい
関連記事
スポンサーサイト




コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://yarucha.blog.fc2.com/tb.php/5485-37764caf