ババコンガ ◆Ff7nWZGtso の物語勉強会 第三回

6737 : ババコンガ ◆Ff7nWZGtso [sage] 2020/06/20(土) 20:49:31 ID:RFFeNyxO

              |ヽ/V\, ヘ
            )ヽ}       \ } 、
.           __ヾ⌒`       \ | ム
         \      |ト::::::ヘ  \| /_
            _) | ハ.(ハ{i:◯::::::}}ヾ   /  ババコンガ ◆Ff7nWZGtso の物語勉強会 第三回
.            ミ `  {|:::::::::::::::::::: ○ヽ//
            ヾ__...\|、○:::::::::::::::u:i/
                 ⊃ ハ::::::::::::_:::::::ハ
                  ハゝu::::::::::::;イ())
              (())  _ ̄|::::|
                 /::::::::::::::7 ̄>、
                 |::i::::::::::/ /:::::',
                     く|:::i::::::/ /λ::::',
                  レ{::/ 「i笊!] ハ:::::',
6739 : ババコンガ ◆Ff7nWZGtso [sage] 2020/06/20(土) 20:52:04 ID:RFFeNyxO

       ./(  ヽ
    (ヽ..ノ  'V(ノ゙ヽノ)
    )`V  .__   __ ヽ.__
 .\(    (ゝ丿 ノゝ )\ / ))   はーい、それでは難攻不落の魔王城へようこそ、を
  ) V  ノ/:::::::::::::| |::::::ヽハ
  ヽ. ヽノリ:::ノ:::::::○レ:`ヽ:}_ハ.    教材とした勉強会、続きと行きたいと思う。
   \ /:::::::○::::::::::○::l小
    )X(⊂⊃:::、_,、_;:⊂li|ノ     今夜は第二章と三章。起承転結の承の部分。
   ((Xへ::::::::::::::i⌒ヽノi|
   /:::::::::>、:::__,ヽ::::::ヽ
  /:::::::::::::::::::::::::::::/ ∧:::::ヘ
  |::::::::|::::ヽ:::::.:://::::::ゞ::::リ



              |ヽ/V\, ヘ
            )ヽ}       \ } 、
.           __ヾ⌒`       \ | ム     で。どの部分を注目するべきかと意識して
         \      |ト::::::ヘ  \| /_
            _) | ハ.(ハ{i:◯::::::}}ヾ   /   作品に触れてみて、あらためて気づいたことを
.            ミ `  {|:::::::::::::::::::: ○ヽ//
            ヾ__...\|、○:::::::::::::::::::i/      さっそくひとつ。
                 ⊃ ハ:::::::::::t'ヘ:::::::ハ
                  ハゝ::::::n_::::イ())       起承転結の承とは、広げる部分だ。もっというと、
              (()) ゙. ̄| K::::|
                 /::{::::ノ::::::7 ̄>、    起の部分で積み上げたものを、広げていくという事。
                 ト/:::l:::::/ /:::::',
                 く∨:::ノ::/ /λ::::',     この作品は、それが非常によくできている。
                  レ{::/ 「i笊!] ハ:::::',
6740 : 梱包済みのやる夫 [sage] 2020/06/20(土) 20:52:30 ID:kl9UO7YU
わぁい^^
6741 : 梱包済みのやる夫 [sage] 2020/06/20(土) 20:55:16 ID:0FNcey49
べんきょうー
6742 : ババコンガ ◆Ff7nWZGtso [sage] 2020/06/20(土) 21:02:54 ID:RFFeNyxO

       ./(  ヽ
    (ヽ..ノ  'V(ノ゙ヽノ)      2章冒頭は1章ラストからすぐ始まる。なので実際的には
    )`V  .__   __ ヽ.__
 .\(    (ゝ丿 ノゝ )\ / ))    1章の終わりあたりから承がスタートしていたのだが。
  ) V  ノ/:::::::::::::| |::::::ヽハ
  ヽ. ヽノリ:::ノ:::::::○レ:`ヽ:}_ハ.     高い能力を持つが事情によりそれを表に出せない主人公、
   \ /:::::::○::::::::::○::l小
   . ヘ⊂⊃:::、_,、_;::⊂li|ノ       その「事情」を開示するシーンが冒頭にある。
    i⌒ヽヽ::::::::(_.ノ:::::::ノi|__/⌒)
   .ヽ::::::::ヽ>、 __,::::イ l:::::::::::/
    \:::::::::::::::::::::::/ /::::':/
      ゞ::::ヽ::::::/ /::::::/



             、_
        ヽート、 ヽ\  ィ
   _ -- _/ \}  \}  ∨ { 、
  ,ィ ヽ   !  :|    {  ヽ ヽ! \
  / \_} ∧   ヽ  \,--、{ ∨  }イ   起で準備した伏線をここで回収しているというわけだ。
  !:.   \、 ヽ.  \_/ /ヽj .ィ┐ ' /
  >、   ヾ、ト∨ 厂_| /、}L≧l! |//    伏線。脈絡なく話を動かさないための、読者への道案内。
 ⌒ヽ  \ }}:Yl :{: :)l厶_ミ'Y:()i! !∠
   {`ー- ヾLハ.{ : ヾ(__)ゝ!У} j/     これをどれだけ準備するか。準備したものをいつ出すか。
   _>-、  j/:/: }: :, : : :^`: :{ぅレ
    ̄`ヽj/=ハ: : : :\:_:_:_:_: :>        自分も答えはわからない。たぶん答えなんてないだろう。
      /,Lィヽ:\: : : `¨='/
    /:、ー'ノ: : : :≧:_: _/         強いて目安をだすとするならば、こうだろうか。
   /:/: 「: :|: :/
丶`:/: : :i: l: : :イ\
: :、: : : :/: :l: i : : |: : :\ー┐__         ・その場で出しても問題なく、行数をそれほどとらないもの
: : :\_' : : ヽi : : !: : : : |  !  |        →タメる必要なし。伏線必要なし。
: : }: : : : ̄``ヾ: /-‐¬ /  .!i
: :/: : : : : : : : : : :i: : : / /   / !       ・ある程度行数を取る。話の流れを停滞させかねないもの
:/: : : : : : : :─‐-:─/ /   / .イ       →シーンを変えてから。要伏線。
':.:.:.. : : : : : : :ー-/!  / ./{=〈
、:.:.:.:.:.:....__;..:.ィ | l / ./ /: :.i        ・極めて重要な情報。物語核心部分、あるいはブラフ。
.}:.:.:.:.:.:..._ : : / ! ノ .!/ ./ /: : : !        →山場で。要伏線。
:.:.:.:.: ̄:.:. : :j /  l./ /:.: : : |
6743 : ババコンガ ◆Ff7nWZGtso [sage] 2020/06/20(土) 21:09:23 ID:RFFeNyxO

                    / V \ 、
              .'..{ゝ:::::::::::::::::::::: },...,)´     ,        説明不足を嫌がって文字を増やしてしまい、
                  / U::::::::::::::::::::::::::::: }_,、
〃'           ',ヽゞ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::〈.:ー-.、 ,    ,ヘ      話の流れを遮るなどという事は嫌というほど
 `      ,〃" ..>::::::::::::::(○)::::::::::::::::::::.::::::::::`ヽ    ´,
     彡"     ―:::::::',Oゝ::::::::O7:::::::::::::::.::::::::::::::::i    〟     あるもので。戦闘シーンで長々と背景設定を
.   メ        `つ::::::::::::::::::::.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ、     ・,
   ノ"          !:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`、〟'        垂れ流すなどはその具体例。
. 〃            }:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ`
 l|´              i:::::::::::::/`ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'、    〃    読者の求めるものなどは人それぞれであるが、
 i             i::::::::::/, ′ヽ、::::::::::::::::::::::::::::::::::::i    ´、
、,ヽ         ¨  /::::::::〈     ハ:::::::::::::::::::::::::::::::::::|     `,    だからと言ってくど過ぎれば間口は狭まる。
         ,    ./:::::::::::::i ,、 ,. i::::::::::::::::::::::::::::::::::| "  冫,
     .   ,/′   !:::::::::::::i ´     」::::::::::::::::::::::::::::::::::i、〝 ノ      悩ましい所ではある。やりたければやればいい、
       '´       i::::::::::/     f^:::::::::::::::::::::::::::::::::::::| : ".
              !:::::::::i__..=-‐:'´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`、 !        ともいえる。突き抜ければそれが良いという
          ,.=-‐'´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V
       ,.='´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V   ;′    読み手もいるだろう。
        /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∨,〝.
        /::::::::::::::::::::::::::;:::::::::::;、_――'"´`゛ー-、_::::::::::::::::::::::::::::::::∨,        なので伏線やら描写の盛りについては、
     .∨:::::::::::::::,-'"´ |:::::::::,-、i       ,ー-':::::::::::::::::::::::::::::::::∨
     /::::::::::::::/   _ノ:::::::::i .リ      'つ:::::::::::i`、::::::::::::::::::::::∨       もう書き手それぞれ自分のやりたいように
     }::::::::::::::/   ヾ´(/|:iヾ'-       /,'フ:,:::,、::|. ヘ::::::::::::::::::::::∨
 .   /::::::::::::::7     `゙ `゙ヽ       ` i::i i::i ヾュ ヘ::::::::::::::::::::::〉        やるしかないのではと思う。
、.   丿::::::::::::/      i〉  ,           `゙ `゙`    ヘ、::::::::::::::::ヽ
ー‐-、.):::::::::::::::>      ,                  〉::::::::::::::::∨_
::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、                  ,     ヽ::::::::::::::::゙´:::::`ー--ゝ-
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`::ヽー.、_         .〝,   ./::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`¨゙ヽー、_  〈l '   ,、  ,、/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
6745 : ババコンガ ◆Ff7nWZGtso [sage] 2020/06/20(土) 21:17:55 ID:RFFeNyxO

              |ヽ/V\, ヘ
            )ヽ}       \ } 、    で。この承の部分。先ほども上げた通り起の
.           __ヾ⌒`       \ | ム
         \      |ト::::::ヘ  \| /_   伏線を丁寧に拾う事で物語が進んでいく。
            _) | ハ.(ハ{i:◯::::::}}ヾ   /
.            ミ `  {|:::::::::::::::::::: ○ヽ//     技術としては、それこそが見習うべき
            ヾ__...\|、○:::::::::::::::u:i/
                 ⊃ ハ::::::::::::_:::::::ハ       所といえる。それだけしっかりやってれば、
                  ハゝu::::::::::::;イ())
              (())  _ ̄|::::|         話を動かすのも楽なのだなぁと
                 /::::::::::::::7 ̄>、
                 |::i::::::::::/ /:::::',     感心する事しきりなわけで。
                     く|:::i::::::/ /λ::::',
                  レ{::/ 「i笊!] ハ:::::',



  _爻ゝ|\∧) V \
  >ヽミ爻{ゝ',  〈   |},ノノ     承でやるべきことはまさにこれ、というのが
,ゝ`. ミ ヾU ∥_,,,,,,,,,_| /| }._,、 
\  ',ヽゞ_/||::::::::::::::∧:::} } ノ〈     お手本なので。その、中々に特別凄い
  >   /::||::::::::::::(○)/::}ノ
彡     /::::イi/,r-ヾ, l l/‐、       技術というのをピックアップしずらい。
>   ミ:::i/u {.   } l l.  }
\  √ii:::u::u`'ァt'′l lゞイ       やれるとしたら……承からどれだけの
 ミ  イモi|:::u:::__:::::::::'ゥti:::;|
..< '} .ド^i|ヘ::'"ィ'TT丁丁i||       伏線を拾い上げたかを書き出す事か?
.  メ`!ilハ .|::::i'´lr‐'‐'┴'サl|
    }《_》|::::|Y     ̄ ||       あまり技術的ではないが、目安としてやってみよう。
    / ::::: |::::iニ _,__  ||
  / :::::::: |ヽ∀´   `ヾ||\_
::::::::::: u.::::::::: ヽヾェュ-tイj|| ::::  ̄
.:::::::::::::::::::::::::::::\::::::::::::::/:::::::::::::::
6746 : ババコンガ ◆Ff7nWZGtso [sage] 2020/06/20(土) 21:28:23 ID:RFFeNyxO

             、_
        ヽート、 ヽ\  ィ        ・主人公の強さと秘匿しなければならない事情について
   _ -- _/ \}  \}  ∨ { 、
  ,ィ ヽ   !  :|    {  ヽ ヽ! \     ・マスコットヒロインの事情。そこからより主人公に近いキャラへの
  / \_} ∧   ヽ  \,--、{ ∨  }イ     移動とその理由付け
  !:.   \、 ヽ.  \_/ /ヽj .ィ┐ ' /
  >、   ヾ、ト∨ 厂_| /、}L≧l! |//     ・序章のバトルシーンで出てきたモンスターの再登場。さらにここで
 ⌒ヽ  \ }}:Yl :{: :)l厶_ミ'Y:()i! !∠      ほかのモンスターキャラ運用への説明付け
   {`ー- ヾLハ.{ : ヾ(__)ゝ!У} j/ 
   _>-、  j/:/: }: :, : : :^`: :{ぅレ
    ̄`ヽj/=ハ: : : :\:_:_:_:_: :>          ……書き出したらあまり多くなかった件について。
      /,Lィヽ:\: : : `¨='/
    /:、ー'ノ: : : :≧:_: _/            まあ、物語部分の多いシーンだから致し方がないか。
   /:/: 「: :|: :/
丶`:/: : :i: l: : :イ\ 
: :、: : : :/: :l: i : : |: : :\ー┐__
: : :\_' : : ヽi : : !: : : : |  !  |
: : }: : : : ̄``ヾ: /-‐¬ /  .!i
: :/: : : : : : : : : : :i: : : / /   / !
:/: : : : : : : :─‐-:─/ /   / .イ
':.:.:.. : : : : : : :ー-/!  / ./{=〈
、:.:.:.:.:.:....__;..:.ィ | l / ./ /: :.i
.}:.:.:.:.:.:..._ : : / ! ノ .!/ ./ /: : : !
:.:.:.:.: ̄:.:. : :j /  l./ /:.: : : |
6747 : ババコンガ ◆Ff7nWZGtso [sage] 2020/06/20(土) 21:37:21 ID:RFFeNyxO

              |ヽ/V\, ヘ
            )ヽ}       \ } 、    承 は以上となる。……何となく物足りないので
.           __ヾ⌒`       \ | ム
         \      |ト::::::ヘ  \| /_   このまま転もやってしまおうか。
            _) | ハ.(ハ{i:◯::::::}}ヾ   /
.            ミ `  {|:::::::::::::::::::: ○ヽ//     第四、五、六章。幼馴染の勇者パーティの
            ヾ__...\|、○:::::::::::::::u:i/
                 ⊃ ハ::::::::::::_:::::::ハ       再起動。魔王軍に入った主人公の働き。
                  ハゝu::::::::::::;イ())
              (())  _ ̄|::::|         そしてクライマックスへの布石、と
                 /::::::::::::::7 ̄>、
                 |::i::::::::::/ /:::::',      やはりお手本そのものと言える構成になっている。
                     く|:::i::::::/ /λ::::',
                  レ{::/ 「i笊!] ハ:::::',



       ./(  ヽ
    (ヽ..ノ  'V(ノ゙ヽノ)     まず、勇者PTシーン。追放テンプレでいうザマァシーンであり、
    )`V  .__   __ ヽ.__
 .\(    (ゝ丿 ノゝ )\ / ))    同時にヘイトコントロールシーンでもある。
  ) V  ノ/:::::::::::::| |::::::ヽハ
  ヽ. ヽノリ:::ノ:::::::○レ:`ヽ:}_ハ.     主人公のデバフがなくなったことで不調をきたす勇者PT。
   \ /:::::::○::::::::::○::l小
   . ヘ⊂⊃:::、_,、_;::⊂li|ノ       そういった無様を出したり、友人のために勇者が怒ったりと
    i⌒ヽヽ::::::::(_.ノ:::::::ノi|__/⌒)
   .ヽ::::::::ヽ>、 __,::::イ l:::::::::::/     当たり前のことを丁寧に、やり過ぎないようにこなしている。
    \:::::::::::::::::::::::/ /::::':/
      ゞ::::ヽ::::::/ /::::::/
6748 : ババコンガ ◆Ff7nWZGtso [sage] 2020/06/20(土) 21:44:14 ID:RFFeNyxO

              |ヽ/V\, ヘ
            )ヽ}       \ } 、     追放シーンでガッツリ稼いだヘイトをここで消費するべく、
.           __ヾ⌒`       \ | ム
         \      |ト::::::ヘ  \| /_    ほどほどに無様をさらしている。作者としてはメインキャラを
            _) | ハ.(ハ{i:◯::::::}}ヾ   /
.            ミ `  {|:::::::::::::::::::: ○ヽ//      消費する気はさらさらないので、ここである程度のガス抜きを
            ヾ__...\|、○:::::::::::::::::::i/
                 ⊃ ハ:::::::::::t'ヘ:::::::ハ         図る腹である。そして、とても大事な事。
                  ハゝ::::::n_::::イ())
              (()) ゙. ̄| K::::|          「追放テンプレ」はここでおしまいである。
                 /::{::::ノ::::::7 ̄>、
                 ト/:::l:::::/ /:::::',
                 く∨:::ノ::/ /λ::::',
                  レ{::/ 「i笊!] ハ:::::',



       ./(  ヽ
    (ヽ..ノ  'V(ノ゙ヽノ)       終わっていいのか? と思われるかもしれない。いいのだ。
    )`V  .__   __ ヽ.__
 .\(    (ゝ丿 ノゝ )\ / ))     テンプレは、作者にとっては客引きと作品設計図。
  ) V  ノ/:::::::::::::| |::::::ヽハ
  ヽ. ヽノリ:::ノ:::::::○レ:`ヽ:}_ハ.      読者にとっては読み始めるためにきっかけ。
   \ /:::::::○::::::::::○::l小
    )X(⊂⊃:::、_,、_;:⊂li|ノ        作者が自分で図面を引けるなら、テンプレにこだわる必要ない。
   ((Xへ::::::::::::::i⌒ヽノi|
   /:::::::::>、:::__,ヽ::::::ヽ         読者も、ここまで見たし先も気になるから
  /:::::::::::::::::::::::::::::/ ∧:::::ヘ
  |::::::::|::::ヽ:::::.:://::::::ゞ::::リ        読み続ける。
6749 : ババコンガ ◆Ff7nWZGtso [sage] 2020/06/20(土) 21:49:12 ID:RFFeNyxO

       ./(  ヽ
    (ヽ..ノ  'V(ノ゙ヽノ)
    )`V  .__   __ ヽ.__      なので! ここからは作者がおそらく本当にやりたかった
 .\(    (ゝ丿 ノゝ )\ / ))
  ) V  ノ/:::::::::::::| |::::::ヽハ       物語(いや、テンプレもやりたかったかもしれないがさておき)
  ヽ. ヽノリ:::ノ:::::::○レ:`ヽ:}_ハ.
   \ /:::::::○::::::::::○::l小        である「親友同士のガチバトル殺し合いなし!」を
   . ヘ⊂⊃:::、_,、_;::⊂li|ノ
    i⌒ヽヽ::::::::(_.ノ:::::::ノi|__/⌒)     やるために話を動かしていくことになる。
   .ヽ::::::::ヽ>、 __,::::イ l:::::::::::/
    \:::::::::::::::::::::::/ /::::':/
      ゞ::::ヽ::::::/ /::::::/



       ./(  ヽ
    (ヽ..ノ  'V(ノ゙ヽノ)
    )`V  .__   __ ヽ.__     魔王城の攻略を苦戦していくことでヘイトを削り、
 .\(    (ゝ丿 ノゝ )\ / ))
  ) V  ノ/:::::::::::::| |::::::ヽハ     かつ、ラストバトルに向けて強敵に仕上げていく。
  ヽ. ヽノリ:::ノ:::::::○レ:`ヽ:}_ハ.
   \ /:::::::○::::::::::○::l小      実は第四章から新キャラ、主人公の代わりに入った
    )X(⊂⊃:::、_,、_;:⊂li|ノ
   ((Xへ::::::::::::::i⌒ヽノi|       新メンバーがいるのだが、この子もいるだけ参戦では
   /:::::::::>、:::__,ヽ::::::ヽ
  /:::::::::::::::::::::::::::::/ ∧:::::ヘ      ないように動かしているのがまたすごい。
  |::::::::|::::ヽ:::::.:://::::::ゞ::::リ
6750 : ババコンガ ◆Ff7nWZGtso [sage] 2020/06/20(土) 21:58:02 ID:RFFeNyxO

             、_
        ヽート、 ヽ\  ィ
   _ -- _/ \}  \}  ∨ { 、
  ,ィ ヽ   !  :|    {  ヽ ヽ! \
  / \_} ∧   ヽ  \,--、{ ∨  }イ
  !:.   \、 ヽ.  \_/ /ヽj .ィ┐ ' /   第四章が勇者PTの準備回なら第五章は主人公。
  >、   ヾ、ト∨ 厂_| /、}L≧l! |//
 ⌒ヽ  \ }}:Yl :{: :)l厶_ミ'Y:()i! !∠   魔王軍の参謀としてどのように戦っていくかというのを
   {`ー- ヾLハ.{ : ヾ(__)ゝ!У} j/
   _>-、  j/:/: }: :, : : :^`: :{ぅレ     読者に示すシーンとなっている。
    ̄`ヽj/=ハ: : : :\:_:_:_:_: :>
      /,Lィヽ:\: : : `¨='/       主人公アゲシーン。やはり活躍してこその主人公。
    /:、ー'ノ: : : :≧:_: _/
   /:/: 「: :|: :/             ついでにヒロインとのデートシーン。このヒロイン、
丶`:/: : :i: l: : :イ\
: :、: : : :/: :l: i : : |: : :\ー┐__        主人公の実力を見抜いていていたのだが、
: : :\_' : : ヽi : : !: : : : |  !  |
: : }: : : : ̄``ヾ: /-‐¬ /  .!i       その理由についてもここで開示されている。
: :/: : : : : : : : : : :i: : : / /   / !
:/: : : : : : : :─‐-:─/ /   / .イ
':.:.:.. : : : : : : :ー-/!  / ./{=〈
、:.:.:.:.:.:....__;..:.ィ | l / ./ /: :.i
.}:.:.:.:.:.:..._ : : / ! ノ .!/ ./ /: : : !
:.:.:.:.: ̄:.:. : :j /  l./ /:.: : : |
6751 : 梱包済みのやる夫 [sage] 2020/06/20(土) 22:00:16 ID:kl9UO7YU
理由という情報は大事だな それがないと説得力が伴わないもんな
6752 : ババコンガ ◆Ff7nWZGtso [sage] 2020/06/20(土) 22:00:57 ID:RFFeNyxO

       ./(  ヽ
    (ヽ..ノ  'V(ノ゙ヽノ)
    )`V  .__   __ ヽ.__
 .\(    (ゝ丿 ノゝ )\ / ))    ……やっぱヒロインとのデートシーンの一つぐらい
  ) V  ノ/:::::::::::::| |::::::ヽハ
  ヽ. ヽノリ:::ノ:::::::○レ:`ヽ:}_ハ.     入れられなければならんのだよなぁ。
   \ /:::::::○::::::::::○::l小
    )X(⊂⊃:::、_,、_;:⊂li|ノ       ヒロインは作品の看板、出せるときには
   ((Xへ::::::::::::::i⌒ヽノi|
   /:::::::::>、:::__,ヽ::::::ヽ        出していかないと。
  /:::::::::::::::::::::::::::::/ ∧:::::ヘ
  |::::::::|::::ヽ:::::.:://::::::ゞ::::リ



              |ヽ/V\, ヘ
            )ヽ}       \ } 、
.           __ヾ⌒`       \ | ム      ヒロインが主人公に好感度高い理由も
         \      |ト::::::ヘ  \| /_
            _) | ハ.(ハ{i:◯::::::}}ヾ   /     ここで出している。出せている。
.            ミ `  {|:::::::::::::::::::: ○ヽ//
            ヾ__...\|、○:::::::::::::::u:i/       物語のタイミング的にもこのあたりじゃないと
                 ⊃ ハ::::::::::::_:::::::ハ
                  ハゝu::::::::::::;イ())        やれないか。本当にうまくできている。
              (())  _ ̄|::::|
                 /::::::::::::::7 ̄>、
                 |::i::::::::::/ /:::::',
                     く|:::i::::::/ /λ::::',
                  レ{::/ 「i笊!] ハ:::::',
6753 : ババコンガ ◆Ff7nWZGtso [sage] 2020/06/20(土) 22:07:51 ID:RFFeNyxO

             、_
        ヽート、 ヽ\  ィ
   _ -- _/ \}  \}  ∨ { 、
  ,ィ ヽ   !  :|    {  ヽ ヽ! \
  / \_} ∧   ヽ  \,--、{ ∨  }イ    で、いよいよ転のラスト、第六章。冒頭部分はまあ、
  !:.   \、 ヽ.  \_/ /ヽj .ィ┐ ' /
  >、   ヾ、ト∨ 厂_| /、}L≧l! |//     次巻以降の伏線がちょっと入ってるところなので今回割愛。
 ⌒ヽ  \ }}:Yl :{: :)l厶_ミ'Y:()i! !∠
   {`ー- ヾLハ.{ : ヾ(__)ゝ!У} j/       重要なのはその後。親友勇者とメシを食うシーン。
   _>-、  j/:/: }: :, : : :^`: :{ぅレ
    ̄`ヽj/=ハ: : : :\:_:_:_:_: :>         仲直りし、現状を確認し合い、今後について話し合う。
      /,Lィヽ:\: : : `¨='/
    /:、ー'ノ: : : :≧:_: _/           この時点で勇者はまだ主人公の新しい職場について
   /:/: 「: :|: :/
丶`:/: : :i: l: : :イ\                わかっていないが、そこはあまり重要じゃない。
: :、: : : :/: :l: i : : |: : :\ー┐__
: : :\_' : : ヽi : : !: : : : |  !  |           彼らは変わらず友人であるという事を出すシーンなのだから。
: : }: : : : ̄``ヾ: /-‐¬ /  .!i
: :/: : : : : : : : : : :i: : : / /   / !           そうであるが故に、クライマックスが映えるのだ。
:/: : : : : : : :─‐-:─/ /   / .イ
':.:.:.. : : : : : : :ー-/!  / ./{=〈
、:.:.:.:.:.:....__;..:.ィ | l / ./ /: :.i
.}:.:.:.:.:.:..._ : : / ! ノ .!/ ./ /: : : !
:.:.:.:.: ̄:.:. : :j /  l./ /:.: : : |
6755 : ババコンガ ◆Ff7nWZGtso [sage] 2020/06/20(土) 22:16:46 ID:RFFeNyxO

       ./(  ヽ
    (ヽ..ノ  'V(ノ゙ヽノ)       とまあ、以上が転、クライマックスへ向けての準備。
    )`V  .__   __ ヽ.__
 .\(    (ゝ丿 ノゝ )\ / ))     3章使って盛り上げているわけである。
  ) V  ノ/:::::::::::::| |::::::ヽハ
  ヽ. ヽノリ:::ノ:::::::○レ:`ヽ:}_ハ.      やるべきことをやっているだけ、ともいえる。
   \ /:::::::○::::::::::○::l小
    )X(⊂⊃:::、_,、_;:⊂li|ノ        やるべきことをやれている、と>1は驚愕する。
   ((Xへ::::::::::::::i⌒ヽノi|
   /:::::::::>、:::__,ヽ::::::ヽ         やっぱこれ、しっかりプロット立ててやってるよ。
  /:::::::::::::::::::::::::::::/ ∧:::::ヘ
  |::::::::|::::ヽ:::::.:://::::::ゞ::::リ        プロット無くてやれるなら怪物だよ。



              |ヽ/V\, ヘ
            )ヽ}       \ } 、    クライマックスでやることは、もう殴り合いだけ。
.           __ヾ⌒`       \ | ム
         \      |ト::::::ヘ  \| /_   伏線とかも終わってる。あとは好きなだけドカンと
            _) | ハ.(ハ{i:◯::::::}}ヾ   /
.            ミ `  {|:::::::::::::::::::: ○ヽ//     やればめでたしめでたし。
            ヾ__...\|、○:::::::::::::::u:i/
                 ⊃ ハ::::::::::::_:::::::ハ        まさに物語、かくあるべし、である。
                  ハゝu::::::::::::;イ())
              (())  _ ̄|::::|
                 /::::::::::::::7 ̄>、
                 |::i::::::::::/ /:::::',
                     く|:::i::::::/ /λ::::',
                  レ{::/ 「i笊!] ハ:::::',
6756 : ババコンガ ◆Ff7nWZGtso [sage] 2020/06/20(土) 22:18:58 ID:RFFeNyxO

       ./(  ヽ
    (ヽ..ノ  'V(ノ゙ヽノ)      今夜はここまで。次回はクライマックスだが、
    )`V  .__   __ ヽ.__
 .\(    (ゝ丿 ノゝ )\ / ))    正直語るべきことがあるかどうか。
  ) V  ノ/:::::::::::::| |::::::ヽハ
  ヽ. ヽノリ:::ノ:::::::○レ:`ヽ:}_ハ.     というわけで、次回も自分と地獄に付き合ってもらう。
   \ /:::::::○::::::::::○::l小
   . ヘ⊂⊃:::、_,、_;::⊂li|ノ
    i⌒ヽヽ::::::::(_.ノ:::::::ノi|__/⌒)
   .ヽ::::::::ヽ>、 __,::::イ l:::::::::::/
    \:::::::::::::::::::::::/ /::::':/
      ゞ::::ヽ::::::/ /::::::/
6757 : 梱包済みのやる夫 [sage] 2020/06/20(土) 22:24:56 ID:GrhcaGKv
乙でした
6758 : 梱包済みのやる夫 [sage] 2020/06/20(土) 22:26:34 ID:VEr/UIeQ
乙ー
6759 : 梱包済みのやる夫 [sage] 2020/06/20(土) 22:29:52 ID:kl9UO7YU
乙でした 設計図ってやっぱ大事ですね
関連記事
スポンサーサイト




コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://yarucha.blog.fc2.com/tb.php/5502-6f8ddc70