ババコンガ ◆Ff7nWZGtso の物語勉強会 最終回

7017 : ババコンガ ◆Ff7nWZGtso [sage] 2020/06/25(木) 20:22:22 ID:hzkdi6ku

              |ヽ/V\, ヘ
            )ヽ}       \ } 、
.           __ヾ⌒`       \ | ム
         \      |ト::::::ヘ  \| /_
            _) | ハ.(ハ{i:◯::::::}}ヾ   /  ババコンガ ◆Ff7nWZGtso の物語勉強会 最終回
.            ミ `  {|:::::::::::::::::::: ○ヽ//
            ヾ__...\|、○:::::::::::::::u:i/
                 ⊃ ハ::::::::::::_:::::::ハ
                  ハゝu::::::::::::;イ())
              (())  _ ̄|::::|
                 /::::::::::::::7 ̄>、
                 |::i::::::::::/ /:::::',
                     く|:::i::::::/ /λ::::',
                  レ{::/ 「i笊!] ハ:::::',
7018 : 梱包済みのやる夫 [sage] 2020/06/25(木) 20:23:04 ID:h6rrzsqo
ひゃっはー
7019 : ババコンガ ◆Ff7nWZGtso [sage] 2020/06/25(木) 20:28:39 ID:hzkdi6ku

       ./(  ヽ
    (ヽ..ノ  'V(ノ゙ヽノ)
    )`V  .__   __ ヽ.__    始めたものは終わらせなければならない。
 .\(    (ゝ丿 ノゝ )\ / ))
  ) V  ノ/:::::::::::::| |::::::ヽハ    いつも終わらせられるなら苦労はない。
  ヽ. ヽノリ:::ノ:::::::○レ:`ヽ:}_ハ.
   \ /:::::::○::::::::::○::l小     重い腰は上げねばならない。
    )X(⊂⊃:::、_,、_;:⊂li|ノ
   ((Xへ::::::::::::::i⌒ヽノi|      というわけで、今回で最後である。
   /:::::::::>、:::__,ヽ::::::ヽ
  /:::::::::::::::::::::::::::::/ ∧:::::ヘ
  |::::::::|::::ヽ:::::.:://::::::ゞ::::リ



              |ヽ/V\, ヘ
            )ヽ}       \ } 、
.           __ヾ⌒`       \ | ム     難攻不落の魔王城にようこそ。
         \      |ト::::::ヘ  \| /_
            _) | ハ.(ハ{i:◯::::::}}ヾ   /    起承転で積み上げたもの末。
.            ミ `  {|:::::::::::::::::::: ○ヽ//
            ヾ__...\|、○:::::::::::::::::::i/      魔王軍幹部となった主人公対勇者。
                 ⊃ ハ:::::::::::t'ヘ:::::::ハ
                  ハゝ::::::n_::::イ())       正々堂々、真っ向勝負の大一番。
              (()) ゙. ̄| K::::|
                 /::{::::ノ::::::7 ̄>、
                 ト/:::l:::::/ /:::::',
                 く∨:::ノ::/ /λ::::',
                  レ{::/ 「i笊!] ハ:::::',
7020 : ババコンガ ◆Ff7nWZGtso [sage] 2020/06/25(木) 20:32:48 ID:hzkdi6ku

             、_
        ヽート、 ヽ\  ィ
   _ -- _/ \}  \}  ∨ { 、
  ,ィ ヽ   !  :|    {  ヽ ヽ! \     積みも積んだりキャラの数。主人公側で参戦するのは
  / \_} ∧   ヽ  \,--、{ ∨  }イ
  !:.   \、 ヽ.  \_/ /ヽj .ィ┐ ' /     ここまでの魔王城攻略で敵側として出したキャラ。
  >、   ヾ、ト∨ 厂_| /、}L≧l! |//
 ⌒ヽ  \ }}:Yl :{: :)l厶_ミ'Y:()i! !∠      設定でフォローしたとはいえ、見事なキャラの再利用である。
   {`ー- ヾLハ.{ : ヾ(__)ゝ!У} j/
   _>-、  j/:/: }: :, : : :^`: :{ぅレ        読むにしても書くにしても理解するにしても、キャラの説明には
    ̄`ヽj/=ハ: : : :\:_:_:_:_: :>
      /,Lィヽ:\: : : `¨='/          文章コストがかかる。前の章で説明しておけば、クライマックスで
    /:、ー'ノ: : : :≧:_: _/
   /:/: 「: :|: :/                ダラダラ書かなくていいというのはとても大きい。
丶`:/: : :i: l: : :イ\
: :、: : : :/: :l: i : : |: : :\ー┐__            ほかの部分に力入れられるからね。
: : :\_' : : ヽi : : !: : : : |  !  |
: : }: : : : ̄``ヾ: /-‐¬ /  .!i           同様のことが勇者チームにも言える。やはり、ここまでの
: :/: : : : : : : : : : :i: : : / /   / !
:/: : : : : : : :─‐-:─/ /   / .イ          魔王城攻略で性格も性能も演出済み。
':.:.:.. : : : : : : :ー-/!  / ./{=〈
、:.:.:.:.:.:....__;..:.ィ | l / ./ /: :.i          ならばあとは殴り合うだけである。
.}:.:.:.:.:.:..._ : : / ! ノ .!/ ./ /: : : !
:.:.:.:.: ̄:.:. : :j /  l./ /:.: : : |
7021 : 梱包済みのやる夫 [sage] 2020/06/25(木) 20:37:26 ID:ng44CDH1
ただ倒したのではなく、後に活躍してもらうために倒したのだ
どこもかしこも見どころさんがおられる良い世界……
7022 : ババコンガ ◆Ff7nWZGtso [sage] 2020/06/25(木) 20:38:31 ID:hzkdi6ku

                        / V \ 、
                      {ゝ',  〈   | },.
                    / U ∥_,,,,,,,,,_| /| }_,、     そして戦闘開始。ここで最後のザマァ要素にして
                  ',ヽゞ_/||::::::∧::::::} } ノ 〈
                  > / ||::::(○):::/::::ヽ ノ      ヘイト処理が入る。
                  ― ',/',Oゝ::::::::O7/  //
                  `つ ',::::::::::、:::::::::::/::/´       主人公が追放してくれた戦士アルバ君へ
                     7|\:ャェェァ::/:|
                       }:`' -''::|           パツイチかますのである。ここまできっちり
                      /',:::::::,'\-‐--''',
                  _,,. -::´:::::',::',:::,'::::::::::| } /|      処理すれば、一部の心に傷をもった読者以外は
                /'":::::::::\:::::::',:::::l:::,::-'| / / 〉
                |:::::,:::::::::::::::::`''-:::'":::::/ / / /::〉     まあもういいかな、という気分になるであろう。
                .|::',:','-、,_:::::、::ミ::::l:::┌ | // |:::::/
                 }__',\:::::::::::っ,-'|  | / /__{      すべての読者の望みには答えられないし、
                 |::::::::|::''-、,::::/:/ |  |/ /:::::::|
                 |:::::::::|`'-,:/::|  |  |/ |:::::::::|      作品的にはこれでヘイト処理は終了でよい。
                 ';:::::::/\::,-''"|  |  .| /',:::::::|
                  >‐‐''"-''" / | |  ,' .| |::::':::/
                /::|__, -'"/〉/  ,' .| γ´::\
              ./::::::::>‐、,_,,. ‐''/ / |,'  | \::::::::\
   ___ ,、ミミミ'ミ'":::::::::::::|  __ / / |   ',_  \:::::::::\
   ヽ--:::::::::::-''',ミミミミ,、-''", -''"_\_/  //_,.、  ',_\_ "'-;;::::::////、,__
  ,..-''"_::::::::,、-''" ̄ ̄`~"''‐   ] ] _///;;;/ 〉_',   `"''‐-////:::、_:::`''ゥ
  ム彡-''-'/            / ', |/ ̄|_\/_/           `''-、,::::::ミ''-、,
     /             /ヽ ヽ `''- 、,// ',____        \ーヽミミ
     |\          / / / |      / | |              \
     | `''‐-、,_    /    / |      |__|  |\____       /
      `'-、,   `"''‐'´   //,-'/        |、 ', \          /
        \-、,     //  /          \ \       , -''"
          \`''>ー  _, -''"            \__>-''"
            ̄ ̄ ̄
7023 : ババコンガ ◆Ff7nWZGtso [sage] 2020/06/25(木) 20:46:21 ID:hzkdi6ku

       ./(  ヽ
    (ヽ..ノ  'V(ノ゙ヽノ)
    )`V  .__   __ ヽ.__     あとはもう、魔王軍側も勇者PT側もガチンコ殴り合い。
 .\(    (ゝ丿 ノゝ )\ / ))
  ) V  ノ/:::::::::::::| |::::::ヽハ     勇者側も魔物側も見せ場作りつつバタバタ倒れる。
  ヽ. ヽノリ:::ノ:::::::○レ:`ヽ:}_ハ.
   \ /:::::::○::::::::::○::l小      まあ一部ワリを喰ったやつもいるがそこはそれ。
   . ヘ⊂⊃:::、_,、_;::⊂li|ノ
    i⌒ヽヽ::::::::(_.ノ:::::::ノi|__/⌒)   最終的に主人公VS勇者。ガチンコタイマン勝負と
   .ヽ::::::::ヽ>、 __,::::イ l:::::::::::/
    \:::::::::::::::::::::::/ /::::':/      なるわけである。
      ゞ::::ヽ::::::/ /::::::/



       ./(  ヽ
    (ヽ..ノ  'V(ノ゙ヽノ)
    )`V  .__   __ ヽ.__
 .\(    (ゝ丿 ノゝ )\ / ))    ここまでくれば、もはや語るべきことはない。
  ) V  ノ/:::::::::::::| |::::::ヽハ
  ヽ. ヽノリ:::ノ:::::::○レ:`ヽ:}_ハ.     ただお見事というだけである。
   \ /:::::::○::::::::::○::l小
    )X(⊂⊃:::、_,、_;:⊂li|ノ      そして、エンディングへと流れていく。
   ((Xへ::::::::::::::i⌒ヽノi|
   /:::::::::>、:::__,ヽ::::::ヽ
  /:::::::::::::::::::::::::::::/ ∧:::::ヘ
  |::::::::|::::ヽ:::::.:://::::::ゞ::::リ
7024 : ババコンガ ◆Ff7nWZGtso [sage] 2020/06/25(木) 20:55:00 ID:hzkdi6ku

             、_
        ヽート、 ヽ\  ィ
   _ -- _/ \}  \}  ∨ { 、
  ,ィ ヽ   !  :|    {  ヽ ヽ! \
  / \_} ∧   ヽ  \,--、{ ∨  }イ
  !:.   \、 ヽ.  \_/ /ヽj .ィ┐ ' /
  >、   ヾ、ト∨ 厂_| /、}L≧l! |//    総評に移る前に、キャラクターのコストについて
 ⌒ヽ  \ }}:Yl :{: :)l厶_ミ'Y:()i! !∠
   {`ー- ヾLハ.{ : ヾ(__)ゝ!У} j/      もう少し語っておきたい。上記にある通り、
   _>-、  j/:/: }: :, : : :^`: :{ぅレ
    ̄`ヽj/=ハ: : : :\:_:_:_:_: :>        キャラを説明し活躍させるのにはそれなりの
      /,Lィヽ:\: : : `¨='/
    /:、ー'ノ: : : :≧:_: _/         文量が必要となる。重要なキャラにはそれなりに
   /:/: 「: :|: :/
丶`:/: : :i: l: : :イ\               データを出していかなければならない。
: :、: : : :/: :l: i : : |: : :\ー┐__
: : :\_' : : ヽi : : !: : : : |  !  |          逆に、サックリ退場させるキャラに細かい設定載せても
: : }: : : : ̄``ヾ: /-‐¬ /  .!i
: :/: : : : : : : : : : :i: : : / /   / !         作者が大変だし読者も混乱する。
:/: : : : : : : :─‐-:─/ /   / .イ
':.:.:.. : : : : : : :ー-/!  / ./{=〈          そして、キャラが多ければ多いほど、物語の流れは
、:.:.:.:.:.:....__;..:.ィ | l / ./ /: :.i
.}:.:.:.:.:.:..._ : : / ! ノ .!/ ./ /: : : !          停滞してしまう。
:.:.:.:.: ̄:.:. : :j /  l./ /:.: : : |



       ./(  ヽ
    (ヽ..ノ  'V(ノ゙ヽノ)
    )`V  .__   __ ヽ.__    キャラ描写にはコストがかかる。コスト削減にはどうすればいいか。
 .\(    (ゝ丿 ノゝ )\ / ))
  ) V  ノ/:::::::::::::| |::::::ヽハ    「魔王軍」においては活躍場面と説明場面を分けることで解決していた。
  ヽ. ヽノリ:::ノ:::::::○レ:`ヽ:}_ハ.
   \ /:::::::○::::::::::○::l小     また、再利用できる理由を用意する事で何度も戦闘で使用できるという
    )X(⊂⊃:::、_,、_;:⊂li|ノ
   ((Xへ::::::::::::::i⌒ヽノi|      素晴らしいリサイクルガジェットまで見せてくれた。参考にするべきである。
   /:::::::::>、:::__,ヽ::::::ヽ
  /:::::::::::::::::::::::::::::/ ∧:::::ヘ
  |::::::::|::::ヽ:::::.:://::::::ゞ::::リ
7025 : ババコンガ ◆Ff7nWZGtso [sage] 2020/06/25(木) 20:59:06 ID:hzkdi6ku

             >i\- ─ <  ̄ ヽ
          > ´  ヘ \ ./       ヘ´  >〆    「余談ではあるが。どれだけ残虐にぶっ殺そうとも、
      , >´    _ ヘ、 /        ヘ< /
     i´   ∠´ ̄    〆〈 ,、ヽ    ,γ  .〉 /       いくらでも出てきていくらでも暴れてくれる
     { ´イ,i´       ∧〈( Θゝ  ノΘ) ソ凹ヽ
      ノ i          i ヽ ̄`,i巛、 ̄ ソ    ヽ      ゴブリンというキャラは、作品制作、進行において
     /  i          i   ゾ    iゝ-/      ヘ
    ∨  i          ヘ   i_ヘ   /卅ソ       .∨    非常に便利なユニットである。
    ∨  .i           ヽ _ ヘ_/ ̄ __     ∨
   ∨  i            i           ハ    ∨    たくさんいるから、という雑な理由で再利用可能な
   ∨   i          , <i         / ヘ   ∨
  ∨    i    |\_  /ニニ|          ハ  ヽ ,  ヽ    所も極めてポイントが高い。こういったユニットを
   {    }    ノニニニ ニ ニ/        .∨ニヽiヘ|   i
   ゝ _ノ  <ニニニニニニニヘ        /ニニ | |  /    覚えておくことは創作者としてテクニックになるのでは
          ヽヘ〆iハニニニニ-=____>ニィァ亡|ヘiヽ|ヘiヘ、
           /  \ニニニニニニニニニニ   ∨ |/ ∨    ないかなどと思う昨今である」
           /     /ニニニニニニニニ二ニニニニニニ>
         /     /ニニニ/ ̄ ̄ヽニニハ ̄ ̄ ̄ヽ ̄
7026 : 梱包済みのやる夫 [sage] 2020/06/25(木) 21:00:59 ID:4MO38/u4
特撮のような雑魚敵は便利だねぇ
いくらでも呼べる。倒されることで相手の強さ、カッコよさをアッピルできる
7027 : ババコンガ ◆Ff7nWZGtso [sage] 2020/06/25(木) 21:03:30 ID:hzkdi6ku

       ./(  ヽ
    (ヽ..ノ  'V(ノ゙ヽノ)
    )`V  .__   __ ヽ.__
 .\(    (ゝ丿 ノゝ )\ / ))
  ) V  ノ/:::::::::::::| |::::::ヽハ
  ヽ. ヽノリ:::ノ:::::::○レ:`ヽ:}_ハ.   なお、戦士アルバ君をはじめ勇者PTは1巻後も出番がある。
   \ /:::::::○::::::::::○::l小
    )X(⊂⊃:::、_,、_;:⊂li|ノ     見せ場もある。いやあ、何と見事な再利用であることか。
   ((Xへ::::::::::::::i⌒ヽノi|
   /:::::::::>、:::__,ヽ::::::ヽ      こんな追放物みたことない。
  /:::::::::::::::::::::::::::::/ ∧:::::ヘ
  |::::::::|::::ヽ:::::.:://::::::ゞ::::リ



       ./(  ヽ
    (ヽ..ノ  'V(ノ゙ヽノ)
    )`V  .__   __ ヽ.__
 .\(    (ゝ丿 ノゝ )\ / ))     というわけで、総評である。この作品はなろうテンプレである
  ) V  ノ/::::::::::::::| |:::::ヽハ
  ヽ. ヽノリ:::ヽ:::::::○レ/:::}_ハ.     「追放物」をやりつつ、独自の物語を描いている。
   \ /:::::::○::::::::::○::l小
   . ヘ⊂⊃:::、_,、_;::⊂li|ノ       主人公と親友の全力ガチンコバトルという、男子の夢を
    i⌒ヽヽ::::::::(_.ノ:::::::ノi|__/⌒)
   .ヽ::::::::ヽ>、 __,::::イ l:::::::::::/    見事にやり遂げている。
    \:::::::::::::::::::::::/ /::::':/
      ゞ::::ヽ::::::/ /::::::/
7028 : ババコンガ ◆Ff7nWZGtso [sage] 2020/06/25(木) 21:10:23 ID:hzkdi6ku

              |ヽ/V\, ヘ
            )ヽ}       \ } 、
.           __ヾ⌒`       \ | ム     特に、物語冒頭において作品の特色と
         \      |ト::::::ヘ  \| /_
            _) | ハ.(ハ{i:◯::::::}}ヾ   /    流れをしっかり作っている点においては
.            ミ `  {|:::::::::::::::::::: ○ヽ//
            ヾ__...\|、○:::::::::::::::::::i/       見事というほかにない。
                 ⊃ ハ:::::::::::t'ヘ:::::::ハ
                  ハゝ::::::n_::::イ())        中盤から終盤まで、その流れのままに
              (()) ゙. ̄| K::::|
                 /::{::::ノ::::::7 ̄>、      進んでいく。脱線もない。破綻もない。
                 ト/:::l:::::/ /:::::',
                 く∨:::ノ::/ /λ::::',      整っている。
                  レ{::/ 「i笊!] ハ:::::',



       ./(  ヽ
    (ヽ..ノ  'V(ノ゙ヽノ)
    )`V  .__   __ ヽ.__      登場キャラクターの多い作品だが、登場シーンと
 .\(    (ゝ丿 ノゝ )\ / ))
  ) V  ノ/:::::::::::::| |::::::ヽハ      活躍シーンを分けることである程度の文書の
  ヽ. ヽノリ:::ノ:::::::○レ:`ヽ:}_ハ.
   \ /:::::::○::::::::::○::l小       省エネ化を図っている点もすばらしい。
   . ヘ⊂⊃:::、_,、_;::⊂li|ノ
    i⌒ヽヽ::::::::(_.ノ:::::::ノi|__/⌒) 
   .ヽ::::::::ヽ>、 __,::::イ l:::::::::::/
    \:::::::::::::::::::::::/ /::::':/
      ゞ::::ヽ::::::/ /::::::/
7029 : ババコンガ ◆Ff7nWZGtso [sage] 2020/06/25(木) 21:15:33 ID:hzkdi6ku

                        / V \ 、
                      {ゝ',  〈   | },.
                    / U ∥_,,,,,,,,,_| /| }_,、    この作品に使われた技術のすべてを使え、
                  ',ヽゞ_/||::::::∧::::::} } ノ 〈
                  > / ||::::(○):::/::::ヽ ノ    などとは言わない。自分もできない。
                  ― ',/',Oゝ::::::::O7/  //
                  `つ ',::::::::::、:::::::::::/::/´     だが、物語冒頭の作り込みや
                     7|\:ャェェァ::/:|
                       }:`' -''::|         中盤までで大半の説明を終らせる等は
                      /',:::::::,'\-‐--''',
                  _,,. -::´:::::',::',:::,'::::::::::| } /|    大いに参考になるだろう。
                /'":::::::::\:::::::',:::::l:::,::-'| / / 〉
                |:::::,:::::::::::::::::`''-:::'":::::/ / / /::〉   自分が求めるクライマックスはなにか。
                .|::',:','-、,_:::::、::ミ::::l:::┌ | // |:::::/
                 }__',\:::::::::::っ,-'|  | / /__{    そこからくみ上げていくのも目安に
                 |::::::::|::''-、,::::/:/ |  |/ /:::::::|
                 |:::::::::|`'-,:/::|  |  |/ |:::::::::|     なるのではないだろうか。
                 ';:::::::/\::,-''"|  |  .| /',:::::::|
                  >‐‐''"-''" / | |  ,' .| |::::':::/
                /::|__, -'"/〉/  ,' .| γ´::\
              ./::::::::>‐、,_,,. ‐''/ / |,'  | \::::::::\
   ___ ,、ミミミ'ミ'":::::::::::::|  __ / / |   ',_  \:::::::::\
   ヽ--:::::::::::-''',ミミミミ,、-''", -''"_\_/  //_,.、  ',_\_ "'-;;::::::////、,__
  ,..-''"_::::::::,、-''" ̄ ̄`~"''‐   ] ] _///;;;/ 〉_',   `"''‐-////:::、_:::`''ゥ
  ム彡-''-'/            / ', |/ ̄|_\/_/           `''-、,::::::ミ''-、,
     /             /ヽ ヽ `''- 、,// ',____        \ーヽミミ
     |\          / / / |      / | |              \
     | `''‐-、,_    /    / |      |__|  |\____       /
      `'-、,   `"''‐'´   //,-'/        |、 ', \          /
        \-、,     //  /          \ \       , -''"
          \`''>ー  _, -''"            \__>-''"
            ̄ ̄ ̄
7030 : ババコンガ ◆Ff7nWZGtso [sage] 2020/06/25(木) 21:18:21 ID:hzkdi6ku

              |ヽ/V\, ヘ
            )ヽ}       \ } 、
.           __ヾ⌒`       \ | ム
         \      |ト::::::ヘ  \| /_   以上をもって今回の勉強会を終了する。
            _) | ハ.(ハ{i:◯::::::}}ヾ   /
.            ミ `  {|:::::::::::::::::::: ○ヽ//     読者にとってはたいして面白くも無かったろうが
            ヾ__...\|、○:::::::::::::::::::i/
                 ⊃ ハ:::::::::::t'ヘ:::::::ハ       自分にとっては大変勉強になる試みだった。
                  ハゝ::::::n_::::イ())
              (()) ゙. ̄| K::::|
                 /::{::::ノ::::::7 ̄>、
                 ト/:::l:::::/ /:::::',
                 く∨:::ノ::/ /λ::::',
                  レ{::/ 「i笊!] ハ:::::',



  _爻ゝ|\∧) V \
  >ヽミ爻{ゝ',  〈   |},ノノ
,ゝ`. ミ ヾU ∥_,,,,,,,,,_| /| }._,、
\  ',ヽゞ_/||::::::::::::::∧:::} } ノ〈
  >   /::||::::::::::::(○)/::}ノ
彡     /::::イi/,r-ヾ, l l/‐、
>   ミ:::i/u {.   } l l.  }      まあ、どんなに勉強しても、書かなきゃ意味がないわけだが。
\  √ii:::u::u`'ァt'′l lゞイ
 ミ  イモi|:::u:::__:::::::::'ゥti:::;|      とりあえず一つ書け。いつもそういわれているのだ。
..< '} .ド^i|ヘ::'"ィ'TT丁丁i||
.  メ`!ilハ .|::::i'´lr‐'‐'┴'サl|      書こう。
    }《_》|::::|Y     ̄ ||
    / ::::: |::::iニ _,__  ||
  / :::::::: |ヽ∀´   `ヾ||\_
::::::::::: u.::::::::: ヽヾェュ-tイj|| ::::  ̄
.:::::::::::::::::::::::::::::\::::::::::::::/:::::::::::::::
7031 : ババコンガ ◆Ff7nWZGtso [sage] 2020/06/25(木) 21:19:23 ID:hzkdi6ku

                    / V \ 、
              .'..{ゝ:::::::::::::::::::::: },...,)´     ,
                  / U::::::::::::::::::::::::::::: }_,、
〃'           ',ヽゞ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::〈.:ー-.、 ,    ,ヘ    ババコンガ ◆Ff7nWZGtso の物語勉強会 完
 `      ,〃" ..>::::::::::::::(○)::::::::::::::::::::.::::::::::`ヽ    ´,
     彡"     ―:::::::',Oゝ::::::::O7:::::::::::::::.::::::::::::::::i    〟
.   メ        `つ::::::::::::::::::::.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ、     ・,   だが、戦いは続く。地獄も続く。
   ノ"          !:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`、〟'
. 〃            }:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ`
 l|´              i:::::::::::::/`ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'、    〃
 i             i::::::::::/, ′ヽ、::::::::::::::::::::::::::::::::::::i    ´、
、,ヽ         ¨  /::::::::〈     ハ:::::::::::::::::::::::::::::::::::|     `,
         ,    ./:::::::::::::i ,、 ,. i::::::::::::::::::::::::::::::::::| "  冫,
     .   ,/′   !:::::::::::::i ´     」::::::::::::::::::::::::::::::::::i、〝 ノ
       '´       i::::::::::/     f^:::::::::::::::::::::::::::::::::::::| : ".
              !:::::::::i__..=-‐:'´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`、 !
          ,.=-‐'´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V
       ,.='´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V   ;′
        /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∨,〝.
        /::::::::::::::::::::::::::;:::::::::::;、_――'"´`゛ー-、_::::::::::::::::::::::::::::::::∨,
     .∨:::::::::::::::,-'"´ |:::::::::,-、i       ,ー-':::::::::::::::::::::::::::::::::∨
     /::::::::::::::/   _ノ:::::::::i .リ      'つ:::::::::::i`、::::::::::::::::::::::∨
     }::::::::::::::/   ヾ´(/|:iヾ'-       /,'フ:,:::,、::|. ヘ::::::::::::::::::::::∨
 .   /::::::::::::::7     `゙ `゙ヽ       ` i::i i::i ヾュ ヘ::::::::::::::::::::::〉
、.   丿::::::::::::/      i〉  ,           `゙ `゙`    ヘ、::::::::::::::::ヽ
ー‐-、.):::::::::::::::>      ,                  〉::::::::::::::::∨_
::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、                  ,     ヽ::::::::::::::::゙´:::::`ー--ゝ-
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`::ヽー.、_         .〝,   ./::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`¨゙ヽー、_  〈l '   ,、  ,、/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
7032 : 梱包済みのやる夫 [sage] 2020/06/25(木) 21:20:42 ID:V82PKSee
乙でした
7033 : 梱包済みのやる夫 [sage] 2020/06/25(木) 21:20:50 ID:4MO38/u4
乙でしたー
オレたちはようやくのぼりはじめたばかりだからな このはてしなく遠い創作坂をよ…
7034 : 梱包済みのやる夫 [sage] 2020/06/25(木) 21:20:55 ID:AMXQAeQf
おつですー
かかな……
7035 : 梱包済みのやる夫 [sage] 2020/06/25(木) 21:31:42 ID:IxqFM8cy
おつですー
かかねば……
7036 : 梱包済みのやる夫 [sage] 2020/06/25(木) 21:33:42 ID:ng44CDH1
乙にござるよ
7037 : 梱包済みのやる夫 [sage] 2020/06/25(木) 21:36:40 ID:At4E2y+4
おっつおっつ
俺達の戦いはこれからだ……!
7038 : 梱包済みのやる夫 [sage] 2020/06/25(木) 21:37:44 ID:h6rrzsqo
乙でした
7039 : 梱包済みのやる夫 [sage] 2020/06/25(木) 21:49:23 ID:JXBdgFVt
乙でした
主要キャラが皆目的をもって動いていて雑なネームド敵が殆どいない不思議な作品でございました
7040 : 梱包済みのやる夫 [sage] 2020/06/25(木) 22:27:37 ID:0urhJZoz
おつです
ババゴンガさんの創作にかける情熱とかだからこその考察への真摯さ
関連記事
スポンサーサイト




コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://yarucha.blog.fc2.com/tb.php/5519-863642a4