チンクは大人の男になりたいのです サイドストーリー「ちいさなけもの:誕生編」

2349 : ◆ToVRCqC0oc [sage] 2014/05/18(日) 12:21:47 ID:KvBewFxs0
こんちゃす 今日は前言ったよーにサイドストーリーでお茶を濁すよ ヨ
時間はいつも通りだよ 21:00~22:00で投下するんだよ YO SAY HOっ
2350 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/05/18(日) 12:49:19 ID:gNrlQOw.0
了解
戦利品の売却
外付け常識回路の登場ですね。(ウーノ姉なのでチンクたんラブの可能性に期待)
2351 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/05/18(日) 14:28:10 ID:rJwmOWWM0
把握
2352 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/05/18(日) 22:02:48 ID:KvBewFxs0


                    . .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ハv-:ァ
                   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:く
                     /:.;.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.;.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ         え? もうカメラ回ってる?
                 /:./:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.-、:.:.:.:.:.:,
                  |:/ :::::::::::::::::::::::::::::::|:.:.:.:,: /、 '′:.:.:.::.        投下の時間。あー、そうだっけ?
                  iハ:::::::::::::::::::::::::/レイ!::::/:/  }! }:.:.:.: |:.i
                  ';::::::::::::::::::::::ハ Vハ:.:|斧圷 /:.:.:.:./!/        あーうん言った言った。今日やるって。
                   }::::::::::::::::::/::::〉タ ヘ{^`¨ /}:.:.:.:.{:/   ‐‐--  __,  rミ
                       }:::::::::::::::::/〃  !    {:.:.:f^ー`/   -=ニ=┐ {フ_ /'r‐‐┐
             fニ===-、/ !}:::::::::: /     ゝ    Ⅵ{  }      /:i:i:i/:i:i/VY^ |
.              ,. L., //≫y^^⌒  i!      ン'′    !      }=彡ノ::{:i:i:i:i:|i  i
.         f  ̄ ー-''///人/≫x.. __ , - j]ト、 / ニL...   ァ      {:i:i:i\:::レ‐ぅ/ |
         \  -‐{///   `ー-r‐//////Yv/ /   __ / |      ≧=ミ:i\__/  ,′
           У  ノ巛}     T^/////L.    ´   二ニ=一   f:i:i:i:i:\\/    !
             厶-‐:i':i:i:i:i:i≫x  -‐个=-/       ー-    \  :}:i:i:i:i:i:i:i:\}
            }:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:iー‐i:i:i<,___/_j{    }   ヽ   \_}_:i:i:i:i:i:i:i:i:i:}   |
            }:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:'⌒{    j    }  __, '⌒i:i:i:i:i:i:i:i:i/    !
            }:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:iハ   /:i:i\  「 ̄!!  /:i:i:i:i:i:i:i:i:i'    {
                }:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i\/:i:i:i:i:i:.,` ー{___j} /:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i!    {
2353 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/05/18(日) 22:08:21 ID:KvBewFxs0


                       -‐…‐- .
               /:.:.:.:.:ー-:./:.:/:.:.:.:.:.:...
             /:.:.:.:.:.:.:.:.:.ゝ-:.ム-:.:.:.:.:.:.\         よし、見たいスレの投下と被ってねーな。
              /:,:.:.,:.:.:.:./:.:.:./:ヽ:.:.:.:.:.:.、:.:.:.:..、
           ト、.  /:./:./:.:.:.:.:/:.:.:.:.|:.:.:.:.:,:.:.:.:.:.i!:.i:.ヽ{        んじゃまぁテレっとダラっと流していこーか。
         _ }  \{:/ /:.:.:.:.:.:.,:.: .:.:.!:.:.:.:.:.:,:.:.:.:.:.:.|:.:.:i'
      _ -‐--`    }:./{:.:.:.:.:.:/:. :/^}:.:.:.:.:. ト、:.:| :i:.:.;′
     .,.ヘ.,_     j/  \:.:.i:.:./_  \:.:.:.レヘ:レ' ̄)
  ../:::::::::/⌒  ,     ) |:.:{   ̄ }:.:.:L////Xヲ        サイドストーリーはーじめーるよー。
 /::::::::::::::ー--┬ー‐ヘ Y:. :.ト、r‐ ''  jハ/ j{////⊆
...::::::::::::::::::::::::::::::::|    ハ爪≧-     ' )レヘ /!^         え? 本編? まだ5レスしか出来てねーよ?
.:::::::::::::::{::::::::::::::::::i -ュぅ /:/Y/=介x  -‐ /}-ミ;i/リ
:::::::::::::::::\::::::::::::::{ {  }}:/ーく‰/:::xヘ/:/⌒ヽ Y
.:::::::::::::::::::::::≧x::::::::ー-'::::///:/:::/ 厶ィ./::::::::::::Ⅵ
::::::::::::::::::--:::::ヘ::::|j:ij::::}j:::Y::/:::/'´::::::::/:::::::::::::::。ヽ
.:::-‐:::::::::::::::::::::::::::::;:::::::::::::::::V:::::}::::::::/::::::::::::::::。/
.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;::::::::::::::::V:/: /:::::::::::::::::゚/
2354 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/05/18(日) 22:09:29 ID:KvBewFxs0


                             `
                              \ ,,_人、ノヽ
                               )ヽ    (
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ - <       >━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                               )     て
                              /^⌒`Y´^\
2355 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/05/18(日) 22:10:14 ID:KvBewFxs0


― -_ ̄― -_ ̄― -_ ̄― -_-_ ̄ ̄― -_ ̄― ― -_ ̄― -_ ̄― -_ ̄― -_ ̄
__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐― ̄ ̄―‐―― ___ ̄ ̄―――  ___―― ̄ ̄___ ̄―==
―― ̄ ̄___ ̄―===━___ ̄―  ――――    ==  ̄―― ̄ ̄___ ̄―===━
__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐―   ――――    ==  ̄ ̄ ̄  ――_―― ̄___ ̄―
 ___―===―___   ――――    ==  ̄ ̄ ̄  ― ̄―‐―― ___
 ̄――――    ==  ̄ ̄ ̄ ̄_――_━ ̄ ̄  ――_―― ̄___ ̄―=‐―
 ___―===―___   ――――    ==  ̄ ̄ ̄  ――_―― ̄ ̄―‐―― ___
 ̄ ̄―‐―― ___ ̄ ̄―――  ___ =―    ̄ ̄___ ̄―===━___ ̄―
__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐―   ――――    ==  ̄ ̄ ̄  ――_―― ̄___ ̄―
 ̄___ ̄―===━___ ̄―  ==  ̄ ̄ ̄  ――_――__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐―
  ___―===―_―    ==  ̄ ̄ ̄  ――_―― ̄ ̄―‐―― ___
  ――――    ==  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ―― __――_━ ̄ ̄  ――_―― ̄___ ̄―=
2356 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/05/18(日) 22:10:19 ID:rJwmOWWM0
ひゃっはー!
2357 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/05/18(日) 22:12:15 ID:KvBewFxs0


                              ―― サイドストーリー ――
      __       __       _    __ __  ___  _    _      __     ___   __
     ./////,\  //// \  /// \  |///|.|///| |///// | |/∧  |///|   //// \  |///// | |/////\
    |///∩///l /// ∩///! ///////ハ |///|.|///| |///| ̄  |//∧. |///| ////∩///! |///| ̄  |///|∨/∧
    ∨//\ ̄  |/// | !///| |/// ̄ ┘ |///|.|///| |///|_  |///∧|///| |'///,| !///|  ///|_  |///|/////
      \///\. |/// |  ̄   |/∧    、 |///|.|///| |///// | l ////////| |'///,|  ̄  |///// | |//r¬/<
     .l777l∨/∧ |/// | !777l |///≧ァ'7{ |///|」///| |///| ̄  |///|∨///| |'///,|「777l |///| ̄  |//| .|//∧
     .|///∪///| ∨//∪///! !///「|///| ∨////// . |///|_  |///| .∨//| ∨//∪///| |///|_  |/i「  |」^l/|
     \'/////  \///_/  |///| l///|.  ∨////   |/////_| |///|  ∨/|   \//l¨℡」 |///rf℡ T」   _|/|
       ̄ ̄       ̄      ̄   ̄    ̄ ̄     ̄ ̄ ̄    ̄     ̄      ̄       ̄            ̄

                              【ちいさなけもの:誕生編】
2358 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/05/18(日) 22:13:53 ID:rJwmOWWM0
気分悪めのサイドストーリーだよな…?
小さな獣…?
2359 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/05/18(日) 22:14:15 ID:KvBewFxs0


                                       、i;:;:;l: : :.l l: : : : : : : : : : : : : : : :.r'/: :./;:;:;
              ,. -‐―  》             .       ヽ;:;l: : //: : : : : : : : : : : : : : : :.l |: : :/;:;:;:;
             /        ノ                   `、:.//-、: : : : : : : : : : : : : : //: : /:;:;:;:/ ...
             ',                    ‐==-  、     ',/    ̄~    ~ ̄//: : /:;:;/: :
             .∨             ,,..-''"´          ヽ  i            i i: : //: : : :
               ∨            /                     .《              l l:/: : : : : : :
               ∨l       /                    l ',: : ‐-. . . . . . . . . . . .l l: : : : : : : : : :
               iハ       ,'      ´ ̄`     ´ ̄` l ∧::::::::.... : :.:.:.::::::::::::::::l l: : : : : : : : : :
               l ∨      {     ,_    _     、,,__.、 lハ `ヽ、::::::::::::::::::::::::::::l l: : : : : : : : : : .
              ∧ ヽ、_.    l         `¨¨´         ',、   ヽ::::::::::::::::::::::::::l l: : : : : : : : : :
              / ∨    ̄` ' ー- 、  ⊂つ        ⊂つハ   ヽ: : : ::::::::::::::l l: : : : : : : : :/:
             / , '´:∨         `ヽ        cっ /´`ヽ     ト、: : : : : : :.l l: : : : : : : /: : ..
            .//: : :/ヽ、          ',  /´`ヽ、  ,.ゝ',"   i^ti    `ー- 、: :l l: : : : : :./: : : ..
           .《: : : / /: : ヽ、          '>i_,.....,_  ト,´o_,<.ト'"ノ、 /         ` ^' ヽ、::/: : : :
            \/  i:.:.: : : /`ヽ、       ゝ   `゙'ー--  --y'                   /  `゙
              \ i::::::::::::i   /` ー- 、             /              r-'´¨
                ー-、:i   .l      ` 'ー-- .,,__    ./              /: : `ヽ、

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM. :    ぼくがしんだひ    ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

本領は畿内、キイの開発が皇国軍のハシゴ外しを受けていくらかの年月が過ぎた頃のこと。

とある集落で一人の子供が生まれた。珠のように愛らしい男の子だった。

独立集落にあって新生児の出産は大いに祝うべきハレ事である。私生児のような不慮の産出であっても子供に
辛く当たることはない。この男の子の出自は父母はっきりしていて何の問題もなく、集落の人間はこぞって両親と
生まれたばかりの子供を祝って口々に誉め称えた。
2360 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/05/18(日) 22:14:57 ID:rJwmOWWM0
あっ(察し
2361 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/05/18(日) 22:18:09 ID:KvBewFxs0


        /.: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.:.ヽ                      { 〈     ___
    .ー=彡.: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.'.,                  > r  ´       `
   ./.: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.'.,                ./        .\         \
.  /:/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ',                :/     : .、   \    ヽ
.∠/, '.: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.:.',             ′    :/ :}    :、 .:\   ヽ    ∧
  ./.: : : : : : : : : : : : : : : :.:__: :,.-‐‐ァ : , /.: : : : :.:.}.: : : : : :.}               /  ′:イ  : :  |  ._」ヽ    iハ  :ハ
  /: : : : : : : : : : : : : :.:.:.// 、 /:://.: : : : :.:./: : : : : :.:.|            i  :′ :| :八  : : } |.ィ :|  V  :| :∧   .:i
 /.: : : : : : : : : : : : : :./ ./..r=ト、\イ /: : : : : :./: : : : : : : :|           |:/ : |   ┼{ー- 、 .: :|リ...\j   .} :.:| :ハ:  :i
 .: : : : :.:.:,ィ: : : : : :/  ' .{. (_心 ヽ./ : : : : //: : : : : : :从          }′ :|  : :|::::::::::::::::::::::.|  .....‐-、  ..:|   :i  :|
 : : : : //: :/|::/       弋___ノ /.:.:.: ,斗-‐,'.: : : : : : :} |          i    f.:::::.〇.::::::\j.:  ...(i)  }..i 小、 : |  :|
. \_/ ..{ ./  {,'          ,_イ__:,:.イ'fそ歹.: : : : : :.:.,' .|           |    :|.::::::::::::::::::..:::::   .、_ , '..ハ} :.\:}  :|
   .\ .|/  ∧             |. `¨´/.: : : : : :./ . |            .|   :Ⅵ.:::::::::::::.、.:.`.:::   Uー =イ :i |   :|
.      .\.   .∧.    , -、      !  //: : : : : / . ノ          |   个ー.:::::.〈V ̄ ̄`vソ    .ノ | | {   :|
        \.   '.,   ヾ、`ー--ァ ¨´ .//:,:-一¨´                 |  : i  込、::::\、_ ,ノ  ..../.: :| |:ハ    |
         \  \   ` 一′, イl /´                       |  :∧   i >: . .      イ | :.| |:. |   :|
          \./.\   ,. < .jノ                     |:ハ :∧ ハ:.:.   | `¨    |〉.:.| |:: |   :|
             .\.  ` ¨.´   ヽ、                         ∨ハ  :|: :   i/|       /  :| |:: |   :|
                 \       〉、                         ,.-‐=ニニ|: :   |∧     ./  ./| |:.ノニニ=‐- 、
              `ー‐----一′\                     ∠ニニニニニニニ|: :  | ハ __∧ /_:| |ニニニニニニアヽ

  浮気とかマジ冗談じゃねーぞ!!                    あんた自分で膜破ったの忘れたんかボケェッ!

                      【元処女・童貞カップルが自爆する図】  ※このあと滅茶苦茶○○○した。

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM. :    ぼくがしんだひ    ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

生まれた赤子が愛らしいと思われたのは毛や歯が揃うまで。すくすく育つ子供の姿が、両親どちらにも似ない
別物な美しさの片鱗を現し始めた頃には、集落に居る多くの大人達が、誰より実の両親二人が恐怖を覚えた。

まさかミュータントなのでは。この疑念はあまりに恐ろしい。キイにおいてミュータントは最大の害悪である。
集落の中から生まれた子供が、その化物の一人ではないかと疑念が生まれれば、安息できようはずもない。

大人達の社会的な恐怖と、それでも大事な子供だという葛藤。当の本人はなにも知らないまま、益々とその美
しさに磨きをかけて成長を続けた。時に間男との不義の子ではないかと諍いが起こりかけたが、両親は互いが
古い馴染みで、互いの他に相手などないことを知っていたから、これはすぐ話題にもならなくなった。
2362 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/05/18(日) 22:19:52 ID:rJwmOWWM0
えっ 両親ルサルカさんとレン…?
チッ バカップルか…
2363 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/05/18(日) 22:22:35 ID:KvBewFxs0


                         【名前:■■■■■→改名:アンナ】

                     /                _,,,,,,,,.....,,,,             ヽ
                     |             , -''"    - ''"`''-、,               ',
                     |      _ __, -''"     , -''"    \           ',
                     |          フ ,、-''",、-''"   _ /   | \          ',
                     |      , -''" フ/   ,、-''"/ / "'x/  /|  ヽ           |、`''-、,
                      ',       /   -''" ///にゝ/ / |               | \  ` '' -、,
                      \    / , -''" ヽ//__      / /  |           ∧  \  / ̄
                        \ /   /   ',  {:::::`ゝ / / ',  |           ∧ ',   \|
                       , -''" , -/       ゝ "''‐´ / / ', ',  ',          /  ∨',
                     , -''"  ''" / /    _| `-‐/ /,, -ー、', ',          /   |_|
                  ,、-''"     / _/ _,,、|    / /`  // \  -''"\   /   /ヽ|
            .-''" /     /  | ヽ´   -''"//!!   /   , -''" , -''"/ -''"    /  /
                -''"    / ,、-''-∧iiiiii,!!!! -''" ゝ  !!  /  ,、-''",、-''`''-、,!!!      | /
                     /  ,-'!!!!! |  -''"/ い \ !!!!          !!!\
                 ,、-''/, -''"    -''"|''"/!!  i i   !!ゝ /''''!!!!!!!!!!!iiiiiiiiii彡''  \
            ._,,,, /、'" |, -''"  -''"-''"  !!!!iiiii!!!'''  ',|   /!!!!!> 、     _ `^"'‐- 、.,_
              ./"    / /     | l l l l l  l  l   / /    |  `''-、,     ̄ ̄   ` " '' ‐ - 、.,,_
                 / / /  /| l l l l l  l  l   / /`''-、   |    \'-、
                     /  /  / | l l l l l  l  l  / / | | \\|  \  \ `'-、
                    / / / /  |  l l l l l  l  l   /  レ  \    \  \  `''-、''-、,
                / /  / /   |  l l ll l  l  l   /      \  \ \ \\   `''-、
                  /      /    |  l l ll l  l  l  |      ,、 -''"\  \ \ \      `''-、

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM. :    ぼくがしんだひ    ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

誰にも似ない美しいその子供が少年と呼ばれるにはやや早い、男の子と呼ぶほかない年になった頃。
彼は自身に与えられる衣服や呼ばれる名の変化に疑問を持ち、これを母に尋ねたことがある。

「ねぇ、ムッター。ぼくの服はなんで女の子の服なの? なんでぼくのこと女の子みたいにアンナって呼ぶの?」

男の子の中で乱暴な遊びを覚えさせてはいけない。大人しくあってほしい。なんとかならないだろうか。

集落の寄り合いで話し合い、決められたことだった。半ミュータントであるかもしれない。だが彼はとても素直で
人の言うこともよく聞く、大人しくて危険性が見受けられない子だ。ならば、大人しいこのままで生育することは
できないだろうか。――人々はアンナの成長に恐れを抱きながらも愛情を持って接し育てることを受け入れた。
2364 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/05/18(日) 22:24:04 ID:rJwmOWWM0
ああ… なんとか暮らしていけるように努力はしてたのね…
しかしこの時点で女装ww 運命付けられてますなw
2365 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/05/18(日) 22:25:21 ID:KvBewFxs0


 【アンナの情操教育:絵本編】

                        .,,r‐ ''" '. ̄゛゛ヽ ゙ ヽ
                       /        |  |    \       ある日、三匹の子豚が家を追い出されたの。
                      /  . /   .   | /ヽヽ ヽ  \
                     /  . / /  / イノ   / |ヽヽ\ ヽ     兄弟三人は仕方なく自分の家を建てたわ。
                     /  . / /  イ イ//| / 入 ソ ヽヽ
                    / .  / /   /‐/‐/、|. / / イハ イ /
                 / .  / /   イ/ ∥_,、|/ ソ タソ// ト      <なんで仲良く一緒の家じゃいけないの?
                /   / / .  / |弋ぅタ     // / ソ
                  /   / /    .  |       ヽ /ヽ/|
                  /  イ      イ  ト、    -‐' /|   |       男の子にはね、甲斐性っていうのが必要なの。
                 / //   丿 __| {  丶、  _ _ /,、 . /
                // /  / / ト |ソヽ、  /-、 ..l .l . /         女の子は甲斐性のある男を捕まえる愛嬌が
             ソ  /  / 、`ヽ、._ Yi´ .ヾ ̄:>‐ッ_ ./、ノ./           大事なの。ムッターみたいに可愛くないと。
              /_,.-''' :::::::::ヽ  ,iレ、 .l:::::::l i´,i .l l              ファータの甲斐性ちょっと残念だけどね。
             i''"::::::::::::::::::::l、ヽノ,i' `ヽノ::: / ー-i/i/ー',二ァ
            イー| ヽ::::::::::::l :::: `ヽ、l ,.-=://  !/  /l      _...-=-=ー=''  ̄フ
              レ'´i ::::::::::::::::::::::ノ≧i!_/ l>¨  ノー‐ ´:: ,、i! z≦三三三三三三>-ミi i! i i!/7z_
              ノ ::::::::::: /`ヽ__,>ー':: ¨ _ノ   / i,.イ>ー<ヽ ,/三三三三=ー ̄ヽ、ヾiヽi!.i! レ//フ
           ./ーiヽ. .∧  / /´ ::::: l/  ,.-'´: : __i!.|;ヽ  .i!ー''''' ̄         ヽ、ヽヽi l////≧
    / ̄l ̄i_  < ::`´:: ヽi!::::::::::::::::::::゙ー<_ :: 、 :::j ,イ|:ヽ',. ノ `ヽ、            ヽ、',il!i!///´
  /  /l ̄ヽミー'_ヽ /ー-ト、:::::::::::__,.ィー、l_/トノ l.iレー)、_,,,i-ァヽ       /7 ,rァ_..ヽiii/
   ̄lー‐' l.   ヽヘ/    ',`ー''´:::::::l ノ    ヽノiレ´ ::::::::::::: ヽ ̄ヽー==三r'./ヲ'.ノー、ー''´
  /レl ̄ ̄ヘ      l.ヽ、   ,...〉、 ::::::::::::l       | i!::::::::::::::::::-.),,.. -‐‐, ...,,...‐'ー'´ ̄

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM. :    ぼくがしんだひ    ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

アンナの教育にあたって父も母も、口を酸っぱくして繰り返し、厳命するように「人に暴力を振るってはいけません」
と教え込んだ。優しい子であるように。命を大切にするように。家族を、集落の皆を、大事にして接するようにと。

これにアンナはいつだって輝くような笑顔で「うんっ、乱暴なことはよくないんだね!」と答えた。集落の同年代と比較
して知能がとても高かったので、多少むずかしい言葉を使っても理解したし、理解できない場合は問い返して理解で
きるように何度でも聞きなおした。――自分がされて嫌なことを人にしてはいけません。当たり前をよく教え込んだ。

もしかしたら半ミュータントなのかもしれない。でも、この子なら大丈夫かもしれない。両親や集落の大人達はアンナの
素直さと純粋さ、聞き分けの良さにいくらかの安堵を覚え、彼の成長を前向きに喜べるようになりつつあった。
2366 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/05/18(日) 22:26:38 ID:rJwmOWWM0
自称カワイイ人は… その…
しかしフラグ立ってますな
2367 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/05/18(日) 22:29:22 ID:KvBewFxs0


                                                  _ _
                                                 /´     `ヽ     ヽ人_从人__从_从
                                               / ィ⌒ヽ   ノ:、    Y
                                                { __.l::::::::::::::.`¨´.::::'.  _ノ  畜生共がっ!!
                   _ _               V ィイ            レ'´ ̄ `ヽ::::77:}::. . ヽ
                 /´     `ヽ        ` 、  `ィイ        ... . '、r'⌒ー'.::://:ノ;; .:   Y⌒YW⌒Y⌒W
                / ィ⌒ヽ   ノ:、       <  c  >ヾ     ,、 .: ´`i ';;;;.:.:.:.:.:.//:i;;: .
                 { __.l::::::::::::::.`¨´.::::'.        ィイ, ヽ\ :::'、^ヽ  。'  ヽ。  ';;;.:.:.:ノノ::::ヽ_ ,. ‐‐‐‐、:.
   V ィイ            レ'´ ̄ `ヽ::::77:}::. .        イハヾ` 、 :j ト、 ,′   ,,....イ.:>= ':::::::/::/ ´  ̄ `ヽヽ
、 、  `ィイ        ... . '、r'⌒ー'.::://:ノ;; .:             ヽ:::r‐r': `ー- 、 「:::::リ:::::::::::::::::::リ:::レ'´    ヽ;}..
<  c  >ヾ     ,、 .: ´`i ';;;;.:.:.:.:.:.//:i;;: . .            (`7: : : : : : : : Vヽ:::ji:::::::::::::::::::ji::::L_ .j警〉}  リ;;.
  ィイ, ヽ\ :::'、^ヽ  。'  ヽ。  ';;;.:.:.:ノノ::::ヽ_ ,. ‐‐‐‐、:.         ヽ: : : : : : : : :}: : :`Y´¨¨  ̄ ̄  ̄ `ヽヽ  ハ;;.
   イハヾ` 、 :j ト、 ,′   ,,....イ.:>= ':::::::/::/ ´  ̄ `ヽヽ::            `ーr‐rヽノ. . :, ′          `¨ jハ;.
       ヽ:::r‐r': `ー- 、 「:::::リ:::::::::::::::::::リ:::レ'´    ヽ;}. :. :.        i:liiiil  `ー: : : : : : : : : : : . . . . . . . .. . .j /;;.
        (`7: : : : : : : : Vヽ:::ji:::::::::::::::::::ji::::L_ .j警〉}  リ;;:.: . .        i;llllll   i`゙゙゙゙ ー-      . :. :. :. :ノ!;.
        ヽ: : : : : : : : :}: : :`Y´¨¨  ̄ ̄  ̄ `ヽヽ  ハ;;;; .: .        ノノ::ノ   i:::::j::i::::::::::j::::i::`゙゙"""""""´.:j;;
          `ーr‐rヽノ. . :, ′          `¨ jハ;;;;;;: .: ..            {:::::j:::i:::::::::j::::i:::::::::「「TTi:::「「TTi;
           i:liiiil  `ー: : : : : : : : : : : . . . . . . . .. . .j /;;;;;;;: :. :.              ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::LLj..jj:::i i::l::l」;;:.
           i;llllll   i`゙゙゙゙ ー-      . :. :. :. :ノ!;;;;;;;: .:.              ゞjji;:ji;:ji;:ij;:ji;ji:;ij:;ji:ji;:ij;:ijノ;;;;;;
           ノノ::ノ   i:::::j::i::::::::::j::::i::`゙゙"""""""´.:j;;;;;;;;:. :. .              `T ニ二二ニ二二二ニL;;;;;;;
                {:::::j:::i:::::::::j::::i:::::::::「「TTi:::「「TTi;;;;;;;                 /. : .:. :. : .: .: .: . :. :. : .: .:i;;;


…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM. :    ぼくがしんだひ    ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

絵に描いたような平穏な日々が続いた、ある日のこと。
アンナと呼ばれる可憐な子供が5歳になった頃。ある大きな事件が起こった。

この頃、集落が自治警備する農場の近くに野生動物のミュータントが姿を見せ始めていた。大きな変異猪や巨大兎、
変異した熊などの凶悪な生物達である。これらの対応に集落は緊迫化し、対応を考慮して戒厳令のように外出規制
をかけ、傭兵を呼び雇えないかと予算会議も重ねていた。

起こった事件とは、誰しも固唾を呑んで昼夜を越していた中、一匹の変異猪の集落侵入を許してしまった事に始まる。
2368 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/05/18(日) 22:30:35 ID:rJwmOWWM0
うひぃー あのクズ集落とここ 何が違ったのか…
2369 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/05/18(日) 22:32:00 ID:KvBewFxs0
フラグは立てて立ててビール瓶切りするもの 極限流カラテの基本メニュー

村岡とことの違い……本気で零細の集落と、裏に企業がついてて逆上せてたの かな
2370 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/05/18(日) 22:33:02 ID:rJwmOWWM0
あー 資金力か…
でもここがヤタガラスに助けを求められなかったのは何でだろう?
2371 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/05/18(日) 22:34:06 ID:KvBewFxs0


彡/ /ll;ll;ll;ll;ll;ll;ll;\ \ \r-\,','},',',',',',',','ハ,',',',',',',',',',','7,',',',',',','/ /\\
/ /l;;l;l;l;l;l;l;l;l;l;l;l;l;l;l;l\ \/ヽ、__\ ̄ ̄∨ \,',',',',',',','|,',',','/ /ll;ll;ll;ll;ll
;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\ \,',',',',',',\,',',','\,',',','\,',',',.ヘ,/ /l;l;l;l;l;l;l;l;l;l;
:_:_;:;:_:_;:;:_:_;:;:_:_;:;:_:_;:;:_:_;:;:_:;\_ゞ;; iiニ三f;|_/__ヾ´/ ,/_;:;:_:_;;:_;:;:_:_;:;:
_;:;:_:_;:;__:_;:;:_:_;:;:_:_;:;:_:_;:;:_:_;:;:_:_;:_|; ||k三三|_;;:_;:;:_:_;:;:_:〈__/:;:_:_;:;:_:_;;:_;:;:_:_;:;:                    __
_;:;:_:_;:「_,:,.,:,.,:,.,:,.,:,.l!;:_:_;:;:_:_;:;:_:_;:;|; ||三三ミ|_;;:_;:;:_:_;:;:_:_;:;|:_:_;:;:_:_;;:_;:;:_:_;:;:,.-'"                /:l:∧
_;:;:_:_;:l.,.,.,:..,:,..:,..:,.,:l!;:_:_;:;:_:_;:;:_:_;:;|; ||_三三|_;;:_;:;:_:_;:;:_:_;:_|_:_;:;:_:ri―":.:.:..:..                 /∨:!: :l/}
_;:;:_:_;:l_:_,:_,:_,:_:,:__」!:::::_;:;:_:_;:;:_:;:;:|; ||三二t|_:_;:;:_:_;:;:_:_;:;:;:|_;:;:_:_|;|:.:.:.:.:.:                  {\{/\l/{/∨}
_;:;:_:_;:; ̄ ̄ ̄ ̄:_:_;:;:_:_;:;:_:_;:;:_;:|; ||[三三|;;γ⌒ヽ_;:;:_:;:|:_;:;_;_|;|:.:. .                 ∧ /:.:.:.:.:.:.:.:.:/\/
_;:;:_:_;:;:_:_;:;:_:_;:;:_:_;:;:_:_;:;:_:_;:;:_:_;:;:|; || 三二|_; | ____|__:_;:_|_:_;;:;_|;|::                      /: : :{:.:.:.:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:}: :.、
_;:;:_:_;:;:_:_;:;:_:_;:;:_:_;:;:_:_/ ̄/ ̄ ̄`!;;;;;;;;;;;;;;|_:;:|__ __|;:_;:;::;|:;:_:__:|;|.                 ___ ∠____V:.:.:.:.:.:.:.:./ハ: : \_
_;:;:_:_;:;:_:_;:;:_:_;:;:_:_;:;:__|  i;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;;;;;/;|_;:;|___  |:;:;:;_:;|;:_:_;:_|;|      /     .< . ´   ィ乂_|:.:.:.:.:.:.:.:.|彡’: : : : : : :>
_;:;:/ ̄ ̄ ̄/l:_;:;:_:_;:;,ィ´⌒i;;;;;;;;;;;;;|;;/,.;;;;;;|_;{  ___};:;_:_;::|_;:__:;:i;|    ,.-''"     /  イ: : : }: : : |:.:.:.:.:.::.:/: Χ: : : : : : {
_;/_;:;;_;;:;;:;_/__:_;:;:_:_;:_|ミ_ ノ..{   {     {  ゙ミ、 ン::::--┴-―┴'""´        /  /  レ: : ∧: :ハ:.:.:.:.:ハ/: : \: : : 「
             ` ┴―┴――┴―'''"´                      ,    {   }/  }: : ∧:.:./: :} \ :l \ ′
                                               i     ̄    }: /: : V : : l:   \  Y
                                               |          /'《: : : : : : :.ト .      |
                                             \        个ト .: : : : : :/  \   /
                                                 ̄ ̄「:.:.:./ |:.:.:.:\__ .イ__/:.:.:「:.:.:|
                                                  /:.:.:.:{  }:.:.:/     }:.:.:.:/|:.:.:.:.、
                                                    /:.:.:.:.:.V/:.:.:.{      〈:.:.:/ ハ:.:.:.:\
                                                   V/:.:.:.:.}{:.:.:.:.:〉     ∨   ̄ ̄ ̄
                                                   ̄ ̄   ̄

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM. :    ぼくがしんだひ    ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

追い込みが不味かった。包囲が甘く、隙をつかれた先が集落への入り口だった。連日の警備で自警団の体力が
限界に近かった。猪の逃走の足にはとても人間の脚力では追いつけない。――数え上げればキリがない。

だが何よりの失態は、そんな不可抗力の積み重ねなどでは、決してなかった。

アンナが辻の通りの真ん中でポツネンと突っ立って見ていたこと。数日ずっと家の中に押し込められ続けた彼が
日中の陽を浴びたくて、ほんの一時フラリと外へ出た、最悪のタイミングで猪が辻の通りへ踏み込んだことだった。
2372 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/05/18(日) 22:36:04 ID:KvBewFxs0
ヤタガラスどこでも根張れるほどまだ大きくない時期であること
弁務官がキイ再開発のために戦力を投入する前なので間引きがされてないこと

この頃のキイはハンターがいないポッケ村のような集落ばかりとイメージしてくださいな
2373 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/05/18(日) 22:37:05 ID:KvBewFxs0


       ┏┓
       ┃┃
 ┏━━┛┗━━┓
 ┗━━┓┏━━┛
 ┏━━┛┗━━┓ ┏━━━━━┓┏━━━━━┓ ┏━━━━━┓
 ┗━━┓┏━━┛ ┗━┓┏━┓┃┗━┓┏━┓┃ ┗━┓┏━┓┃
       ┃┃  ┏┓     ┃┃┏┛┃    ┃┃┏┛┃     ┃┃┏┛┃
       ┗┛┏┛┗━┓ ┃┃┗━┛    ┃┃┗━┛     ┃┃┗━┛
           ┗┓┏┓┃ ┗┛          ┗┛           ┗┛
             ┃┃┗┛
             ┗┛
                                           /
                                              i               ヽ
                                         |、                 /iヽ ,-、
                                         ,.ィ三ニ=-z、    f⌒`ヽ、  / ノ/  !_
                                          ,  ´ {三三三三ニニニ=|    ヽ'}-〈    | \
                                       , ´    ヾ.ニ三三三三三|    ,イ (i{ヾ、__{   ヽ
                                       /            ̄`ー‐===ヽ   /ニ| i {, { ヽ\     '.
                                     /                    }_ノ   | ヽ {,、 ` .\    }
                                 {                          |   \\   `ー '、
                         トサッ     .` ‐                    |   |  \    i
                                         ` ‐-                 {   }  __>‐- 、{
                                              `  ‐-           _ヽ   /‐ ´      ヽ
                                                     ̄ ̄ ̄ ̄  } /
                                                           V

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM. :    ぼくがしんだひ    ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

はやく逃げろ、家の中へ駆け込め。悲鳴のような呼びかけが周囲から投げられる。
事態を把握していないアンナはなんだか皆がひどく楽しそうで、なにかの鬼遊びでもしているのかなと思ってしまった。
ニコニコと花のような笑顔で振り向き、「は~い」と呑気に手を振って答える彼に――

ミュータント猪の砲弾のような体当たりが直撃した。

誰しもが惨劇に悲鳴をあげた。アンナの白い帽子が宙に舞ってひらりと泳いで地に落ちた。猪の突進は辻の向こうへ
土煙をあげて過ぎ去った。アンナの姿は通りのどこにも無くて、まさかバラバラになってしまったのではないかと目撃者
一同は恐れ慄いた。
2374 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/05/18(日) 22:40:04 ID:KvBewFxs0


                        ┏━┓
                        ┃□┃    ┏┓  ┏┳┓
              ┏━━━━╋━┛┏━┛┗━╋┻┛
              ┗━━━┓┃    ┗━┓┏━┛                      ┏┳┓
                    ┏┛┃    ┏━┛┗━┓      ┏━━━━┓    ┃┃┃┏┓
                  ┏┛┏┛    ┗━┓┏━┛      ┗━━━━┛    ┗┻┛┃┃
                ┏┛┏┛          ┃┗┓                         .┏┛┃
                ┗━┛            ┗┓┃                      ┗━┛
                              ┗┛

      .'´ ⌒``ヽ、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_r'⌒(
                ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: : ノ`...:.:::::ヽ
            :::     ):::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: r‐‐‐--、:::::::::::::::::::::::::::::: : r' .:     `ヽ
          .`:::::::::::: ノ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: -‐''''''´     ヽ_::::::::::::::::::::::::::::).::.:.   .:.:.:::::::::)
                ヽ,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: : /           ``-、::::::::: : く.:.    .:.:.::::::  ⌒
                 --、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: : !,:´      ::::::::::::::.   ...::::::::::::::::::: ヽ  .:.:.:::::::.:. .:.:.::::::
                   `ヽ、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l       `:::: ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: : ).:.:.....
                 :::   ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::j              `;:::::::::::::: _r'⌒    .:.:.:::::::::.
           ::     ...::::::::.... }:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: !/       .............::::::::::: _r‐-、!  ....    .:.::::::::::...:.:
          .::::: ::::::::::::::::::::::::::::::<::::::::::::::::::::::::::::::: : /    ......:::::::::::::::::::::::    _ノ .:::.....  .:.:.:.:.   .:.:::::::.:.:..
      :´    ` :::::::::::::::::::::: ヽ::::::::::::::::::::::::::: : {   .....:::::::::::::::::::..    _,.-‐'.:.:.::::::::::::::..    ... ..:.:.:::::::.:.:.:
                 `;::::::::::::::::...........:`ヽ_.      >ー  ::::::::::::::::::::_rヾ⌒Y´    .:.::::::::::::::...     :.:.::::::
                   :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::    ::::..   __r'  .:.::.:.:.   .:.:.::::::....   .:. .:.:.:..... .:.:

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM. :    ぼくがしんだひ    ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

悲鳴があがった。必死の声だった。命が絶える恐怖に打ちひしがれた嘆きの音だった。

まだかろうじてアンナが生きてあげた悲鳴などではない。豚を締めるような声。小さな子供が猪の体当たりを直撃
されて、生きていたとしてもあんな声をだせる余力などあろうはずがない。

故に集落の大人達は混乱した。土煙の向こうで起こっていることがなんであるのか。理解が及ばなかった。
――理解などしたくなかった、と正すべきだ。誰しもが現実を直視することを拒み、土煙が晴れないことを祈った。
2375 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/05/18(日) 22:43:54 ID:KvBewFxs0


        ,、-''" ̄ ̄ ̄`"'‐-、、.,,_
     ,、''"             `~ ^ " '' ‐=====
    /  ''‐-、、,     `^"''‐-、、.,,_ `^"''‐-、.,,_
   ./     ヽ `"''-、        `^"''‐-、、.,,_` ^"'' ‐ - 、、.,,_
  /           `"'-、,        `''-、,`^"'-、.,,_     `~ ^ " '' ‐ - 、、.,,_______
  ,'               `''-、,  `~^"''‐  `''、   `^"''‐-  `~ ^ " '' ‐ - 、、.,,
 .|      ',      ヾ                              ――イタイ? そう、ぼくはイタイんだ。
 |       γヽ  ヽ 'l\ i;\ `"、.`"'-、.,,_                       とってもとっても痛かったんだ。
 |       ノ }   /} 'l ./ ̄ヽ`'、,`'、,   `^"''‐-、.,,_   "'-、,'‐-、、.,,_
 |   /九/ l/   / ./l  / 豸  ノヽ `''-、,              `'-、,_ `^" '' ‐ - 、、.,,       __
 'i   / 〈  /  / / 'l "ヽ、X,、'' \  |/',ヽ`^"''‐-、、.,,_         `' 、        `^"''‐-、_/ ,、-''   ,、-、
  'i / /',  〉 /  }/', ,.、-‐''"")     | ', :::::::', V  ',`^"''‐-、,,_      `''-、,_         /  |ヽ ,、-''; ,、l'
  '〈 K ', ヽ |  ,ノ|||||/ ,、-‐''"   /| |  ',:::::::',    ',:::::,:::'::', \`'‐-、、.,,_    `'-、_     ./-‐  ̄  ヽ_,,__
   |\ `''- ゝ- /_,、-' /   ,. -‐''" | /|   ',::::::::', ∠_':;,::::::::::::', \  \`"'-、,_   `´-:::::|/   /   ___{_}
   |, ',         /|||,-'"''"  ,.、// |   |::::::';i;i,   / ';,::::::::::://´',|   丶_,.、-"'-、,_  "'-、 ´ ヽ  `^〈"''‐、
   | 'i ヽ/ ̄\    '/ゞ  ,、'"ノ/ |    |:::::::';i;i;  __ ';,:::::/ |  }|_,、-''":::::::::::::::|::"'-、,_  '-、__ヘ`‐-、┘
   | 'i |ヽ   \   ',`'-、、、-_"._/ /    |::::::::'i;i;i', \ | ';/ ', / |::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::::::::"'-、  \ ヽ/
   |  'i ';,ヽ    ';,   ', ̄ ̄`''-、,  | |''-、., |_,,.、、、.,,_\ / ヽ ';, ""/::::::::::::::::::::::::::,、-'"':;::::::::::::',ヽ|
      i/ ', \   }  ',     |\ | | /ソ''ソ::::::::`"''‐-、`'、_|_ \ |::::::::::::::::::,、-''"    ';:::,、-'"
     /:::::/_ヽ`"''"_,,、 ヽ.,、  |::::::/::: ̄ } ,'::::::::::::::::::::::`'-、  ヽ \::::,、-''"
     `''-、,::::::::::|:':、     〉ヽ\ レ:::\,、-'"/::::::::::::::::::::::::::、-'"\ヽ/ヽ \
       | ':、:::::| ',`"''-、-,´ ',| ', |',\:::::::::',:::/:::::::::::::::::::::::,、'"::::::::::::::',\:::::::::;;\

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM. :    ぼくがしんだひ    ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

アンナは生きていた。満面の笑みを浮かべて。誰も見たことがない、怪物のような晴れがましさの、喜びの表情で。

痛かった。思い切りぶつかられた。こんなことをしてきた相手は集落で一人も居なかった。乱暴を振るわれたのだ。
なら彼は乱暴を振るわれても嫌じゃないんだ。おや? よく見ればキミは人じゃないんだね。見たことない子だものね。
だったら、いいんだ。思い切り遊んでも、いいんだ――そうだよね、ムッター? 暴力でもいいんだよね、ファータ?

未知・未体験の痛みがアンナへ長年に教えられた道徳・節理の枠を潜り抜けて、汚い鼻を押しつけ牙で衣服を裂いた
目前の猪ならば思い切り遊んでいい相手だと認識させた。がんじがらめに封じられていた彼の野性が目を覚ました。
2376 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/05/18(日) 22:46:14 ID:KvBewFxs0


                                                            r 、     _
            :,:           :(::)                                   ||: |  _〈:_]_
            /⌒''⌒) :,,゜      '         ,,,,,,,                      ||: |   | ::| [_:〉
           (:::::::::::::::!'                 (::::::)                     ||: |  \゙|
           ヽ::::::::';'''                 ''``   。                     ||/
           τ'::/ .;:                                                      |l:\
            )/                                                     _||: |_
         。            '  、       ;: 。                               ∠.._  _》
                               `'''`~''・    ' `                          ̄ ̄|l: |/|
     f''`⌒(     ,,,,               !:(',,,,、              ::,,,,,、...             |; ̄   _|
     ,!,,,、(     /::τ             ノ:::::::::::::::::)          。  !::::::::::`! 、          |;,/|  | ̄
 :.、          !:::(     ノ::`!   o   (::::::::::::::::::τ            (:::,,;,;,、; 。             |:/
       ゜     (/      ⌒・ .   ・、;::::::::::::;;.;`` ''
     ,,、..   //   ノ'          //'''`'`'` `       ..,,.. _,,,.、 ・         ,, ...:・..    | ̄|/| _
  π /;::::::::(,.,.(;;;::::(   ,,.,  ・っ                    ;,;;( ):::::;.    c::── '`'''::::::::::;''    |/|_|| ̄lf
   ):::::::::::::::::::::::::::/  '''''`   `        '`                     ⌒ ` !.:::τ'' ``   ...| ̄ _i{
 τ !::::::::::::::::::::::::::::)/,,,,, γ               :'`'``:!                                 ̄ ̄
   (::::::::::::::::::::::::::::冫 `'`'    、,:'::::::`:::,,,,        !:::::ノ         ・
 :::':'::::::::::::::::::::::::::::;(,,,,,,,、:::::::-ー''''`'`''''''''"

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM. :    ぼくがしんだひ    ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

壁に押し付けられたままでアンナは目に付いた二本の牙へと手を伸ばす。超硬度金属にも匹敵する硬さを有している
変異猪の牙を掴み取ると、一息にこれを引き抜いた。付根から血の泡を吹いて変異猪が苦痛の悲鳴をあげる。

目を白黒させて突然の激痛に転げまわる猪を横目に、手にした牙の一本を落とし、残る一本をしげしげと眺めて弄ぶ。
折るツモリだったのに抜きだしてしまった。ちょっと納得いかない。アンナは手にした牙を両手で掴み直し、ふんっと息
を吐いてこれを二つにヘシ折った。――うん、今度はちゃんと折れた。用が済んだので折れた牙を手から滑り落とす。

なんとか立ち上がった変異猪が恐慌に陥り、この子供から逃げ出そうと背を向けて地を蹴った。
2377 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/05/18(日) 22:47:33 ID:rJwmOWWM0
>>2372 もろもろの偶然が重なってか…

(ノ∀`) アチャー
2378 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/05/18(日) 22:48:02 ID:KvBewFxs0


                  _  /し'i  /⌒i   _,,..、        ,..、
          .,r'⌒''"´  j /  /i |  / ,..-、ヽ `ー、    / ア
        /     ,く(   { l | /´ l,、_ノ ヽ、  'l  / /
      ../  ,,   ,イ l|  /  i' '´_,,、   ,  `ー',/  /                          ,.:.::;: .: ;: ;:;、、
        / // / l l|  _」  し''´ 」      /  /´                     ,,,、、jNレ'.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ
    ..../ / / / l  lレ′|  ,,.-''´        「  /                      ,〃;:;:;jiト、.:.:::::::::::::::::::::::::::.:.ヽ
     ."′/  ヽ レ、ゝ  | .|           `''"                       〃.:;:;:;:;jjト、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::::::::::::::::::ト、
       ./ ハ ヽ、   ..l、_ノ                                     !:::::,! リリ^ハ⌒ヾ)`ヾミミミミミミヽヾ
        / /  ヽ  {                 ,.-‐'''"´  ̄ ``ヽ、              リ:::!          `ヾミミミミミヾ;!
      .l /   ヽ-'              .,.ィイ           `ヽ            !::!,,、=イ  ``'''''`ヽミ  トトト;;;;;;;;;;;;!
      .レ′                  イ   ,ィィ、       iNi            ヾ! ィホ!   乏ユ、~  トトハ;;;;;;;;!
                            ,..ィイハハ   `ヾ  iNi!            ,!  l ,'  ´ ̄  .  ミ  !;;;;/
                          V V_,,ノ  トトト、、_ ``ヾ i:|;;|  ,.'"´二 `ヽ    l  j!.:,        リ_ノ/V
                              Vハrモ  `モュ、 `ヾ;r 、 :l:::! /   ,,     ',   ', /`''''''´ヽ     j ,,ノ;V
                               `1 ノ       l:l l  ! ! ,r彡  ミヽ  .ト、   ! ' rニニユ     /;;;;;;;;/
                                ', `      リソ   ! )`'ソ ''`~  ,イ;;;!   ',  ー      /.:;;;;;;/
                             i、 rニュ    ノ  、  ヘ ', /`'''ヽ   H;;ノ    ',.j      ,.イ   ハ、
                             |.ヽ   ,. イ i..:l::::::';.::::::', l ! ニニ !  jレ      コ"""""´    /  Vヽ
                             |::l:ll:`T´ ,′!::l:::::::',::::::::',ヽ   ,. イ L       /  !      /  /  |\
                             |::l:ll:::::|     V::::::::l:::::::::! 「 ̄  / 〉    ,. イ /        /  |
                              >_ソ     ` ー-r <〈     /,、-‐'´ / 〈       /    |
                           ,. ィ´           // ⌒ヽ ,、-'´      /   ヽ    /       |

                      う、嘘よ。あれはアンナじゃないわ。

                                               なんだ、なにが起こっているんだ……。

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM. :    ぼくがしんだひ    ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

地を蹴った変異猪が体を掴んで引き止められた。まだ遊び始めたばかりじゃないかとアンナが首根っこを掴んでいた。

服は裂かれてボロボロ、泥をこすられてドロドロ。だというのにアンナは怪我らしい怪我もなく血の一筋も流していない。
土煙も晴れてきて状況を知ろうと顔を覗かせた集落の者達は、アンナが無事でいることにまず喜び、次に事態の異常
さに目を疑い、最後に彼の凶行を目撃することになった。

アンナは変異猪の成体を逆さに返して両手で持ち上げ、足元に思い切り――彼なりの思い切りで叩きつけたのだ。
2379 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/05/18(日) 22:48:50 ID:rJwmOWWM0
ギャップで余計に恐怖するよなぁ… 普段が大人しかっただけに…
2380 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/05/18(日) 22:50:39 ID:i7w9miwc0
しかもまだ五歳の子供だからな
2381 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/05/18(日) 22:52:04 ID:KvBewFxs0


       .l;;i′      /     .!圭/ .イ、圭圭圭/ |圭/       ィ幺才     ,イ゙ .,〃      ィ幺才
       .|/       ノ      .l圭!  l圭圭圭ゝ !Ⅳ           ,,ilr'"     ,i'./        ,ィ幺才 .,.
   ..r┐ :l゙                 | !  /圭圭Ⅳ  /Ⅳ         '″      .,l./        ,,ノ才  ィ幺圭
   ..| 二[][] 匚] 厂}.,,          !゙.,,.,i圭圭Ⅳ  .iУ                             ,i'㌢ rィ幺圭圭
   .i}.凵 l |  匚]/ / _n__     ./圭圭Ⅳ.r┐..l″            ,ν         /Ⅳ_ィ幺圭圭圭圭
   `  ...|__|  匚.../└i┌z」     ./圭圭Ⅳ  | 二[][] 匚] 厂}     il l′         ィ幺圭圭圭圭圭才㌢
           lⅣ  ∪..    /圭圭Ⅳ  .凵 l |  匚]/ / _n__.,i!!″     . ィ幺圭圭圭才㌢ー'″
          /./    l「    ../圭圭Ⅳ      |__|  匚.../└i┌z」..      ィ幺圭圭圭才'"
     .,i''l   .,〃    .〃 /  ./圭圭Ⅳ     .,.     _ /″. .∪     .ィ幺圭圭圭才 ´        _ン'
    ,lⅣ  〃   .,〃 ./  ,/圭圭/     ./     ,r'./     .,    ィ幺圭圭圭才゛        . _,,-へ.iii
   .〃   ./l   、〃 ,ir /圭圭/    .,〃    .,ノン′  .,,ir'"  ィ幺圭圭Ⅳ'″      ィ幺圭圭㌢''圭圭
   〃  .,ノ~;/  .,/./ .,ノ/ /圭圭Ⅳ .,.. |″    ,i'ン"   ,ii'" .,..-'イ圭圭Ⅳ゛   ___i才"       `'''″
  .il″ /圭Ⅳ ,ィ彰i彡'゙i/'"圭圭圭込才Ⅳ    ,-/'" ,.. ;;/!"._.刈圭圭圭Ⅳ_..-、.,才㌢'"゛
. ,i|′ ,/圭圭レ圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭|  ,il!ン''/...-彡 '',゙..ィ幺圭圭圭,ィ幺圭才"'"
// 幺圭圭レ゙圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭Ⅳ. |/‐才ンィ幺゙‐'゙圭圭圭圭才゙‐'''^゙゙''″         _..i
/幺;圭圭〃圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭込ィ幺,iテア´圭圭圭圭圭圭才"      _,,,...i;;;;iv=ゞ´
圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭才  __..;;メ`-ー'"゛            _,,..ィ幺圭圭圭圭λ
圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭i彡ィ幺圭才               ィ幺圭圭圭圭圭圭圭圭
圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭才'´             _r┐.ィ刈圭圭Ⅳ   .゙'''゙゙゙´ ,,-''"
圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭才″_____.圭圭彡.| 二[][] 匚] 厂}    ‐‐‐'"
圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭才_,,ィ幺圭圭圭圭才 ゙゙゙̄‐'".凵 l |  匚]/ / _n__
圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭才'"        .|__|  匚.../└i┌z」
圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭才㌢ ̄,,                    ∪
圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭才 '" ̄゛ . _..yrー''“''''"    . _,,.. -;;ニニコニ;;r‐
圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭_.-‐'' 二ニ  ―ニニ`-'”'"゛     .,_iiir=`-''''"´

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM. :    ぼくがしんだひ    ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

変異猪の体が地面を打って激震させた。豚のような悲鳴が轟音と共に洩れる。牙が抜かれた血の泡に唾液の白い泡
を混ぜて気を失った変異猪に、しかしアンナは不満げな表情をして許さない。

もっと遊びたい。やっと思い切り遊べるのに、勝手に寝るなんてヒドイじゃないか。この服を見てよ、ムッターとファータに
怒られるよ、きっと。せめてその分ぐらいは相手をしてくれないとダメじゃないか。ねえ、聞いてるの? 人の話はちゃんと
聞かないのは悪い子なんだよ。ねぇったら――返事をしろよっ!!

アンナは折っていない方の牙を拾い上げ、気絶した猪の無防備な腹に突き立てた。悲鳴をあげたのは猪か、凶行の
目撃者達か。かまわずアンナは、自身の衝動をブチ撒けるように何度も何度も、痙攣する猪の腹を抉って繰り返した。
2382 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/05/18(日) 22:53:46 ID:rJwmOWWM0
まあ押さえ込まれた感情の爆発もあったんだろうけど…
こうしてみるとチンクちゃんの豚狩りは随分と洗練されてたな
新しい家族の薫陶ってすごい
2383 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/05/18(日) 22:55:18 ID:KvBewFxs0


                     /                _,,,,,,,,.....,,,,        /\  .ヽ
                     |             , -''"    - ''"`''-、,    ./  /
                     |      _ __, -''"     , -''"    \   \/ /> みんな、なにかごよーですかぁ?
                     |          フ ,、-''",、-''"   _ /   | \   .</    ,
                     |  ## , -''" フ/   ,、-''"/ / "'x/  /|  ヽ   ┌─┐  |、`''-、,
                      ',       /   -''" ///にゝ/ / |.      └─┘   | \  ` '' -、,
                      \    / , -''" ヽ//__      / /  |           ∧  \  / ̄
                        \ /   /   ',  {:::::`ゝ / / ',  |    ##    ∧ ',   \|
                       , -''" , -/       ゝ "''‐´ / / ', ',  ',          /  ∨',
                     , -''"  ''" / /    _| `-‐/ /,, -ー、', ',          /   |_|    民:ひ、ひぃっ!?
                  ,、-''"     / _/ _,,、|    / /`  // \  -''"\   /   /ヽ|
            .-''" /     /  | ヽ´   -''"//!!   /   , -''" , -''"/ -''"    /  /
                -''"    / ,、-''-∧iiiiii,!!!! -''" ゝ  !!  /  ,、-''",、-''`''-、,!!!      | /
                     /  ,-'!!!!! |  -''"/ い \ !!!!          !!!\              -_-. 、
  (´ ニ=‐-        .,、-''/, -''"    -''"|''"/!!  i i   !!ゝ /''''!!!!!!!!!!!iiiiiiiiii彡''  \             `i 丶
  `ー- ..,,_     .._,,,, /、'" |, -''"  -''"-''"  !!!!iiiii!!!'''  ',|   /!!!!!> 、     _ `^"'‐- 、.,_    ._ ,ノ ) )
  ` ー- ..,,_~゛''‐- ..,, __ ___./ /     | l l l l l  l  l ##/ /    |  `''-、, ##   ̄ ̄   ` - ---´, ´
         `~"' ー‐ ‐― - ニ==   /| l l l l l  l  l   / /`''-、   |    \'-、        --==''''' "´
                     /  /  / | l l l l l  l  l  / / | | \\|  \  \ `'-、   ##
                    / / / /  | #.l l l l l  l  l   /  レ  \    \  \  `''-、''-、,
                / /  / /   |  l l ll l #.l  l   /      \  \ \ \\   `''-、
                  /      /    |  l l ll l  l  l  |      ,、 -''"\  \ \ \      `''-、


…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM. :    ぼくがしんだひ    ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

ひとしきりのフラストレーションを目前の肉塊に叩きつけて発散したアンナは、とても晴れやかな気分に至った。
すこし消化不足だが、はじめて遠慮なく遊べたのだ。不満も残るが十分と思えるだけは楽しんだ。

集落の皆が褒め称える咲き零れるような笑顔で、さっきから自分に注がれている視線に振り返る。青褪めた大人達
と友達の顔。そういえば早く家に入れと言われて返事をしたんだった。アンナはさっきのように手を振ろうとして自分の
手がべっとり真っ赤に染まっていることに気づいて……やはり皆に向かって手を振った。

全ての戸口が一斉に締め閉ざされた。窓のカーテンまで引かれて、辻の通りに人の気配はまったく無くなった。
2384 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/05/18(日) 22:56:00 ID:rJwmOWWM0
残当 ホラー映画だよ!!
2385 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/05/18(日) 22:58:07 ID:KvBewFxs0


                                        _                       // ヘ
   /7,、  /7,、                       _          // ヘ                      レ  ヽ>
  ./_/ヽ> ./_/ ヽ>                   //         ./ノ ヽ>
   _                            // ヘ                         /7
  // ヘ                           レ  ヽ>                           /./ r、
  /ノ ヽ>                                    /7,、                 /_/  ヽ.」
                                 /7         ./_/ ヽ>
                             /./ r、
  /7,、                         /_/  ヽ.」
 ./_/ ヽ>

                     ∧二二二二ヽ            ______
  ________ l二ニi     / ヽ二ニ二二ニ\,───冒─A ./::::::::::::::::::::::::::::::::
/ニ=ニ=ニ=ニ=ニ=ニ/ヽ|::  |____/__丶二ニ二二/___    / ∨:::∧:::::∧:::::∧:::::
三二三二三二 /   |::  |'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'. .:' .:'     /\─イ i!i!.| ̄|「l ̄|「l ̄|「l ̄
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ , -'゙´\ |;:;/;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;' .:' .:'   /   \| i!i! |  |「l  |「l  |「l
[日 「l.ィ=ュ.'´     `/.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;',:',:',:',:',:',:' .:'___/____ヽ_/'ニニニニ'i________
  , '".ト- イ       /.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;',:',:',:',:',:',:'/.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.':':':':':' |     |.'.'.'.'.':':':':':'.'.'.'.'.'.'.'
'"    l::: |      ,:/.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;',:',:',:',:',:',:'/.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.':':':':':':':゙|     |.'.'.'.':':':':':':':':':':'.'.'.'
     l:::.. |    //,:',:',:',:',:',:',:',:',:',:',:',:',:',:',:',:',:':'/.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.':':':':':':':':゙:|     |.'.':':':':':':':':':':':':':':'.'
____.\;;!  /__  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.':':':':':':':゙:'゙|     |.'.':':':':':':':':':':':':':':'.'
',:',:',:',:',:',:',:',:',:' //ヽ   「i  「i  「i  「i   /.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.':':':':':':':':':':'|     |.'.'.'.':':':':':':':':':'.'.'.'.'
',:',:',:',:',:',:',:',:' //  |  |.l  |.l  |.l  |.l ./.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.':':':':':':':':':':':':':':゙|     |.'.'.'.':':':':':':':':'.'.'.'.'.'
,:',:',:',:',:',:',   //   .|  |」   |」   |」   |」 /.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.':':':':':':':':':':':':':':':':|     |.'.'.':':':':':':':':'.'.'.'.'.'.'

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM. :    ぼくがしんだひ    ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

彼等がなにを思い、どのようなつもりで戸口を閉じて鍵までかけたのか。アンナには解らない。きっとそういう遊びなん
だろう。ただ家に入れと言われてはいた。服もひどい有様になってしまったので、両親に謝らなければいけない。

だからアンナは意気揚々と通りの真ん中を歩いて帰宅することにした。笑いがこみあげて止まらない。とても楽しかった。
またあんな風に遊べる相手が来るといいのに。ついさっきの出来事を思い出して声をあげて笑った。無邪気で大きな声。

知らぬは当人ばかり。彼の鈴を転がすようなきれいな笑い声は、しかし恐れ隠れた人々の心臓を掴み上げる、骨身に
染みこんで怖気を感じさせる――絶対的強者が畏怖を刻み付ける、化生の声である。
小さな女児のごとき男の子の歌い笑う声が、小さな集落に響き渡り、耳にした全ての住民を恐怖の底へと叩き落した。
2386 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/05/18(日) 22:59:01 ID:rJwmOWWM0
火に油ぁ!!
2387 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/05/18(日) 22:59:07 ID:KvBewFxs0


                                ┃
                                ┃
                                ┃
                                ┃
                                ┃
                                ┃
                                   ・
                                   ・
                                   ・
                                  :
                                  :
                                  :
                                |



                                |
                                ¦
                                     !
2393 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/05/18(日) 23:09:45 ID:KvBewFxs0


             ,,,、、、、、,,,,
          ,.: .:;;:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:.、
         ,f;:;:;ミミヾ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:',.
        ,;:;:;;;;ミミヽ:;:;;;;;;;f⌒'^^リN;;      あの子が悪い子だとは思っていません。
       ,;:;;;;;;;;;;;;ヲヲ'''ィイハ、  ノi;;;;;!      ……でも無理です、怖いんですよ。
       ',;:;;;;;;;;;ィイ ,,、、、、   ,r- 、;;;;!
       V;:;;:;;;ル'゙゙,rモテ.:;' ノッャ''';;シ             ,. '"´  ̄¨```ヽ
         Nいiij       ~` リ           /       .:.:.:..`ヽ          ,.'"´
        Nいii!':,    、;::′ ,j!           /::      ノノリハ.:.:.::::',        /
        ル:;;;;{,    ,, --、  1             i:::::    ,ィソ ′ `トト;!         !    ,
        ルハシヽ   ´ 二`` ,′          |::::::.  ,.ィイ´_,,,,ノ 、,,,_ .リ        |    j
        `フリハ `丶、.    /            ',::ハ:r'゙ ´,ィtr   {ィtr1        ! .:;;ィイ
       ,/ i ',     ``ーイ                i1    ` ´   「` !        ', {^^リ
  _,.. -‐''ニ7.  ヽ ヽ     i ヽ             ヾシ i     `''´  l         ヽ い
 ̄ `ー─'"7_ _ \\    ハ  \_          /:: い    ''ニニ` ,′         V^',
  ',        _>\     /7⌒゙```ヽ、         /:::::.ヽ、 ゝ     ,.イ          ,.イ^ヽ
   i        <_   \  / \      ト、 -‐''"´:.ヽ:::::.:.:.``ー ニニニ彡ヽ     ,.-‐''"´1
 .  l        ``ヽ,  ', ! /      l ',:::::::::::::.: .: .\::.:′        7ヽ<"´      l
   l           \リ /       l  i           _ _,   ′  ``ヽ     l/
   l            V!        l  l                     ト、
   l             i!           l  l                     i::1

 頼むからアンナを表に出さないでくれ。
   妻がひどく怯えてしまってるんだ。       【集落の大人達の直談判】

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM. :    ぼくがしんだひ    ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

アンナが示した能力と、子供らしい無邪気さと、残酷さ。彼の暴威に対する集落の怯えようは尋常では済まなかった。

超硬度金属の塊に等しい変異猪の牙を、素手で他愛なくヘシ折る膂力はいったいなんだ。
家壁を平気で突き破って車も引っくり返す体当たりを受けて、傷ひとつも負わない体は頑丈という言葉で表せない。

だが彼等をなにより心胆寒からしめる、あの笑い声――ダメだ、アレを思い出してはいけない。自然と喉を詰まらせ
息をすることを止めてしまう恐怖、本能が訴える生存の危険。骨身に染みこんだ悪夢が呼び起こされてしまう。

アンナはもう誰の目にも触れさせることができなかった。両親を除いて集落全ての者が彼の存在を忌避していた。
2394 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/05/18(日) 23:10:47 ID:rJwmOWWM0
そりゃ… こんな反応しちまうよ
家族ごと追い出さないだけまだ理性的だ…  報復が怖いだけかも分からんが
2395 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/05/18(日) 23:12:24 ID:KvBewFxs0


                                                 皆には迷惑かけらんねぇだろ。
         私達はなにも言わない。                           おまえにも悪いと思ってるよ。
          本当にこれで良いのね?
                        _,,..-‐ 、                      //;;;;;;l;;;;;;;;;;l;;;;/,、-''";;;/;;;/;;;;;;;;/;;;/./;;;;;トヽ
                        /.x-‐  、.ヽ                        |;;;;ノ;;;;;;;;;;;|;;;;;;;| /;;/;',,;;;;;l;;;;;/|;;;;/;∧|
               _  -‐       ` //、     ヾi                    /;;/;;;;;;;;;/|;/i ソ  |;;;;',;;;;|ヽ/ /;;∧;;;;| ヽ
          イ               ヽ                       ノ /;;;;/;;/ |  i   |;;;;;;;',;/  イ/ 、,ゝ;;|
               /             ヽ                    ///       ヽ ノヽ;ヽヽ-- 、,ゝ;;∧|
      ./         / :/   .    : .  ':,                      /`"''‐-、_        _ヽ V   / |;;/
    .〃//    /X.. :/   . : :      :  .:',                   /: : : : : : : :`''-、,    _/ ̄`'-、  /  |/
    ハ/ .{ ,'  ネ/.. :∨    . : :/i     : :   : :}                 /: : : : : : : : : : : : :`'- 、/     `´
       ∨{ 从弋心 /   . :∠._j   . :/  : ::j                  /`"'‐ 、.,,_: : : : : : : : : : :\
         i 〃,'     {∥厶イリ ノ|  . :/   : :'               /: : : : : : : : `"'‐、: : : : : : : : : ;\
         | 从         于ミx 八: : :}   : :ヽ              ./: : : : : : : : : : : : : :\: : : : : : : /:〉
         |   ',   '       `‐爻' 个 ゙  .: :|ヾ;             /: : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ、: : :/: :/
          i     〉、 ´ヽ  ー=彡   /       : :|             /: : : : : : : : : : : : : : , -''":ヽ: :\| : : :〈
        .,'   ,'. : : i  ‐=≦   ./       : : :|              /: : : : : : : : : : : , -''" : : : : : |: : : : : : : :ヽ
       .,'  /-‐∧ ,-‐ '"/  /─- 、  : : :|            ./: : : : : : : : , -''": : : : : : : : : : | ̄''ヽ: : /
        { .,':::::::::',.八 /{  ./:::::::::::::/∧  : : :}          .|: : : : : : :/: : : : : : : : : : : : : : :|: :o: :ヽ\
        i {.マ:::::::::{i:i:/::::::|  i::::::::::::::// ハ : : :',         | : : : : : /: : : : : : : : : : : : : : : : :|: : : : : \|
        | i ,.マ/i⌒',ヽ:::!  |:::::::::::/   i : :从           .| : : : : : |/: : : : : : : : : : : : : : : / : : : : : : :/
       八 /    |i:i:i:',  |  |、:::/i    |  : : 乂          |: : : : : :/: : : : : : : : : : : : : : : /| : : : : : : /:|
        { .,'    |i:i:i:i:', | リ    ト、   ト 、 ;
       .ゝ{     |i:i:i:i:i} レ'    .|  ≧ 一 .1
                           謝んないでよ、バカ。

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM. :    ぼくがしんだひ    ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

集落の寄り合いでは連日にアンナを村から消す方法が議論された。
小さな子供だから様子見してあげたいという庇護の声は明らかに少数派だった。だが少数でも憐憫をかけてもらえる
だけ自分達の子は幸せなのだと信じ、両親は彼等の口論に一切の口を挟まなかった。

彼等が怯える気持ちが理解できる二人は、ただ結論を受け入れることを決めていたから。

一週間続いた口論の末に出された結論は、集落からの追放――それも野生ミュータントの縄張りである山中まで連れ
出して放置してくること。アンナを捨てて自分達の外敵であるミュータント達に始末させようという案だった。
2396 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/05/18(日) 23:15:12 ID:KvBewFxs0
独立集落とは、言うなれば運命共同体。
互いに頼り、互いに庇い合い、互いに助け合う。

一人が集落の為に、集落が一人の為に。
だからこそキイで生きられる。集落は兄弟、集落は家族。

……嘘じゃないんだよー?
2397 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/05/18(日) 23:16:38 ID:rJwmOWWM0
嘘を…  いやでもなぁ…
2398 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/05/18(日) 23:16:55 ID:KvBewFxs0



                  <ねぇ、おじさん達。ぼくになにか御用があるの?
                      刃物とか鉄砲の匂いがするけど、なにに使うの?
                        ねぇねぇ、なんで? どうして怖がるのか教えてよ。


              ,> ̄`ヽr'´ ̄<    ,._- 、r'''Z.._                      __、─ v─z..__
             ィ          ゝ  /        \      ,._-─ v'''Z.._      ,> `      <
          l     l'´`^ヽ   ヽ ./  , j'^^ヽ     \   <       >     イ ィ'`^'^'^'^'^'^'ィ ゝ
            |   ,イノ u  l ト、 N l  ル'uニニヽトゝ、  .}  ∠´  , ,.、   \     l.1  u     1.!
          .|   ノ‐'-、_, 、_,リ‐W. │ .ノ∠ニニフバニニぅレ'  イ ,イ/ l/ ヽ}ヽl、 !`    | |'⌒'ー'  ー'⌒ | |
            |r=i| ⊆ニ・, .・ニ⊇|.  |r=Tモ=。TニF。=;T!   | /-─-' '-ー-‐| |   r=i| ⊂ニ・  ・ニ⊃ |i=、
          .||{^||     | | v |   ||L|lヽ.三./ vヽ.三.ィ′ r=T¨モ。fニf。テ¨T=、  {ft|| v   |.|  u |f リ
           ノ 'ー|! `! u L_」  r1   |`7|!rー'‘‐~‐' ‐-|   |h||`ー-イ  .ト-‐'||ヲj   `7l.   '-U-'   :|く
       .,ノ/|  l、  -‐-ー- ,'_/|./ |  -ー~~′ !   ゙ー|! u ‘ー-‐' u ll‐' -‐''7 |  -──-   |. ヾ''ー-
     .-'‐1|  |  |ヽ.  --  ∧ l  |'  l u  ー‐   ,l   rー:l  -一ー-   l-、  l   ヽ._   ̄  ,ノ   |
       |.!   ! l. ヽ    / l||ー- ⊥_  ` ー 、__,. イ `f⌒\l` 、 一 , イ /´ヽl     |、 ̄ ̄ ̄ ,|   |
       !|   Wト、 `ー-‐1V ||    ヽ、_    .|  l/⌒ヽ  ト、 ` ー ' _,|  / ̄\.__ ド.エエエエエ.イ    |
       .||    | ` ー--‐イ   ||     ハ、゙エエエ'ヌ'´ヽ、_   K.エエエエエン!    _,ノ ∧      レ‐- 」
      ..|L ==、、|     |   ||     .l l |│| / |       ̄\l十十十十レ'´ ̄    l ヽ       |
       .´   |ヽ|    |.r;='」     |  ||│/  |       ソl‐十十十|         |  ,ヘ      |

     【拳銃をベルトに挿してる・家から包丁を持ち出した・スタンガンを用意した・ロープを後ろ手に隠してる】

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM. :    ぼくがしんだひ    ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━


直接に手にかけることを躊躇った理由は、もちろん素直で愛らしい子供を殺すのが忍びないという気持ちもある。
だがそれ以上に、殺せる手段がなにも無かったというのが大きかった。どうすればあの化物を殺せるというのか。

変異猪の突撃を受けて傷一つつかない生物を抵抗もさせずに葬る術が思いつかない。寝込みを襲うこともできない。
あの日以来、アンナの生命危機に関する直感はそれこそ野生動物じみていて、わずかでも悪意を持った人間の気配
に敏感に反応していたから。――物理的な手段でアンナを殺す方法が、まるで検討をつけられなかった。

今はまだ両親の教育から「人間に暴力を振るってはいけない」、「乱暴はいけない」、「人の嫌がることをしてはいけ
ない」という道徳に沿っているが、これを人間から破ればアンナにとっても破ってしまっていい教えに成り下がるだろう。
2399 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/05/18(日) 23:17:58 ID:rJwmOWWM0
イノシシの件で野生が目覚めちゃったか
2400 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/05/18(日) 23:19:25 ID:gNrlQOw.0
致し方ないよな、村の人間が怯えるのは。
(今本社で独立農家で何故か盛り上がってる。w)
2401 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/05/18(日) 23:20:17 ID:KvBewFxs0


                                          〉へ::.:/ヌ/〉
                                            /'个y´ ̄Lム、
                                         |:.'.;| [] . :::.ヒ!
                _                         |;'.:.| . : : : :ロ.::|
                   /:/\                       |.:::;|.: :.: :.:.::.:.::.:|
              ┌个┐| | .:_|___.                   |_.' |.::.:..:.[]::.:.::.:|
              | .:|...:|/:/...:.:|..: : : : : :.:`L..r─┬i            .//| |.: :.: :.:.:.:.:..::|
\             | └┴┬i::::|==========|: : ://__.        rr┴' | |.:.::.[]:.:: : : :|
:::...>、           |[]..::[]. 〈〈::::|::::::[]::::.:.:[]..r、]: :.[_[;;::::.}      ]:]:: : | | :.:: ::..::.::.:::.|. ┌::、     /〉
‐く.:〈     ,、   |. : : : :.: :\:|:::::::::::::::::::::/. : : : : :〉〉       //:: : :| | : :.::.::.:::..::.:|-┘:::L、r‐//┐ ,、
.: ::L└i   _ .||_ | : : : : : :、 〉〉/〉::::::;;:::〈 : : : : :〈〈      rく〈:.;:..::..::.::_|:::/Tl::::;二/ム、|  || _r─
::.: :└i:| //\| ::::ト、__ : : :||_'//、п∥::.:l| : : : : 〉〉      | :.|::|..::./rへ/レYL;/:>┘/ト┘.//::::.`L「|-┘/:::トyィ
工エ::「 /〈. ::〈|-、_/::::::..\r':.|.::[,/T>.:/ロ〃乢.: :: :〈〈       ̄└─匚|__| :| |:L:冂_| :|┐ .::::::ir==| |.:::.「.:[]:}il|{´
: :∠7ヘlコ:::|:.:..|-i_::_r√ソ\>へ:| :|:ln| :]:|:П叮  ̄               。l;_|_|ー|__!」====l|_<>‐┴─|i|l|
: :|ェ| .:::::|:.:.|:::..|::::.|\.::::》: :::L;:.::r| .L/∟ロ⊥!        rュ    ´         '                 ルヘ:
: :|ェl:∩ トi:.|::::.l\|_;;||;;:|L:<)┴‐'''"~                       .
: :|ェ|_|::|/<>。                                         .             .
: :レ|[:::《   '     、                    /レ:ヘ       '               .
_〈l〈V\|コ                          _,‐| .: : .:.| 7!_                      、
:ト|ェ|:|;;レ' rュ      ´         '       / / ゙'ー-‐''´//  /|          、
: :|ェレ                        /  lニニニニニニl/  //
/       '  、       `         lニニニニニニニニニl/                    、
                                            `     、

             【アンナが力の限り暴れた場合に予測されうる被害:集落壊滅】


…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM. :    ぼくがしんだひ    ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

毒殺も提案にあがったが、やはりすぐに考慮から外した。アンナの生命力の枠と桁がまるで読めなかったからだ。

仮に毒が効果を表したところで致死に至るだろうか。彼の力を大きく削ぎ落とせるものだろうか。もし、無闇に苦しめ
ただけに終われば後の惨劇は想像するだに恐ろしい。藻掻き苦しんで力の限りにのたうち暴れれば、超硬度金属を
素手でヘシ折る身体能力が無軌道に荒れ狂って、力尽きるまで周囲を薙ぎ倒し続けるだろう。

人の手に負えない化物の始末は、やはり同じく人の手に負えない化物達に任せるのが最適解であった。
2402 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/05/18(日) 23:21:16 ID:rJwmOWWM0
そしてその結果が大雷怨だよ!!
2403 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/05/18(日) 23:21:38 ID:KvBewFxs0
>>2400 ロストグラウンド基準なので気にしない!
2404 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/05/18(日) 23:22:44 ID:KvBewFxs0


    . .. . .. ... .. .. ,                   ヾ(;ゝヾミ;;;ヽ ヽ::;;ヾ::;;;:;;`;;ヾヾ※ヽゞ;;ゞヾ|::i:i :ゞゝ/
   . .:: ::. ,. - /                     ゝゝゞヾ;;::;"ゝゝ;;:※;;゚::ヾヾ※。ゝゝ;;:;;ヾヾ:|::;ii:: :;;ゞゝ
    -― ○ ── ‐                       ゝ;;ヾ::ヽゝ;;';ヾ;;ゞ::'ゞヾミミ;;:'ヽ;;゚ヾ⌒;;:ゞヾゝヾヾ
    .. .. /  \  ;;;,,'':::''."゙""''::::,;;.;.;.;,.,,....              ミゞゝ;;:;'';;ゝ;;:ヾ;;ヽ;;:;ゝヾゝ;ヾソ;;ヽソ;;'ヾ
     ..:: ' _,,,,,,;;;;;丶;;;,,,.... ";;;,;,,,,..'''"::';;''' ";;";;'';;;;,.,.,.,_   ,..,,, '''""''";;;'''. ゞゝ;;::';:ミミヾヾ※ヾヾヾヾゝ"
    :::....::::::........ . .::::::...."'';;,...::::;;;.:::'''""゙'"  _,,,;;;;;''""'.;;;;;,,..... ...... ... . . ...::.:.,.,,..,, ゞゞ;;ヽヽ゚彡ヾ:;;ゞゝヽ
   .゙''、,,_,,,,-‐'゛``''、,....                "'' ;;; ,,,,.::::.,,;;,_.""'' "'' ,:,:;,::..;.;;;; ''"" . ......;;;;|ii; :;;::;:iii:
   .;'' ;~'',;'''',;'';'' ;~'',;''゚ ;~'',;;..                    "''' '"''::;,,..,,,. ;;:::'''''"''"゙゙"'''゙  |i ;;:::.:: ::ii::
   .,;'',;''゚ ;~,;":;;;: : ;: ;: ;::::::``゙''::;.-‐'゛~゙`゙''-、                             |:: ::;;ii:::::i;;:
   .::;.:".:;.:'"゙:.:゙,:;、,"'.:.:;,`:;,':,:;.,:;.:::;.:"゙''、,;.:'"゙:.:゙,:;、,"'.:.:`;'' ;``'‐.、                     |::;;:;::i:::i::::;;
   .:;,':,:;.,:;'' ;~'',;''゚ ;~'',;;~'',;';~.:.:;,`:;,':,:;.゙:.:゙,:;、,"'.:.:;,`:;,':,:;.゙:.:゙ :: :;":;; ~゙"'ー- ..,,_     γ;;⌒;; (;(;|;;::::;ii:::;:::;;
   ":;;;: : ;: ;: ;:  ; ::; : ;:; :; :  :: :; '' ;~'',;''゚ ;~'',;'',;' v'゚ ;~,;''゚ ;~゚''゚ ;~'',;'',;'~,;゙''、,. ..  (;;(::;ミ;ソ:ミゞ|:::: ::;;:;:::
   ::;...;;.;;ii:i;;:;i,'' ;~'',;''゚ ;~'',;'',;' '゚ ;~,;''゚ ;..;;.;;ii:i;;:;i'',;'',;''゚ ;~,;::;.:".:;.:'::;...;;.;;ii:i;;:;i|゙:.:゙,:;、,;,;';⌒;;ミ彡ヾ;。;|i:::ii:::i:: :::;
   ゙ゞ:.ミ,,;'',;' ;~,;''゚ ,:;,`゙ゞ:.ミ,,;'',;' ;~゙ゞ:.ミ,,;'',;' ;~,;''゚ ;~゚''゚ ;"i|:;.::;,,;''゚ ;~゚''゚ ;":;.::;,゙ゞ:(ミ;;;⌒;;*;;((::;ゝ|iii::; ;i;::::;i;
   :.ミ,,;'',;' ;~,;''゚ ,::.ミ,,;'',;' ;~,;:.ミ,,ii;'',;' ;~,;''゚ :.ミ,,;'',;' ;~,;''゚ ,:;,`゙ゞ:.ミ,;'',;' ;~゙ゞ:.ミ,,;'',;ゞ⌒;;ミミ;;;⌒);;|ii:::;; ::::ii::i
   .:.:;,`:;,':,:;.゙:.:゙,:;、,"'.:.:;,`:;,':,:;.゙:.:゙.:.:;,`:;,':,:;.゙:.:゙,:;、,"'.:.:;,`:;,':,:;.゙:.:゙.:.:;,`:;,':,:;.゙:.:゙,,.vw(((;;;ミソ;;);;:ヾ;ミイiii:::;; ii:;;::
   叮品凸ョュョエョTTlliI且巫Πェヶュ櫓鬥櫓壁nri㍊叨森森(○)(○)~  wfwヾヾ`"''”`''`ソ::;;;/;;;;i!:::;;:
   二Fⅶ个∧∧幵森森ΓA日旧コヨ:::皿コTュΠ「li棚ニ,vwヽ|〃ヽ|〃        ,.,,.rー''゙/::;;/;;彳;; ::;i
   同冂館℡只凹ⅷ四イイli俎益rrn間搭ォF! ,,.,wvf'"~               `''"ソ´://::;:;∧;;:;ヾ

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM. :    ぼくがしんだひ    ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

寄り合いから結論が下された数日の後、よく晴れた日を選んでアンナの一家は手近な山へとハイキングに出かけた。

本来ならば危険極まりない野生ミュータントの生息地へ足を入れて奴等を刺激しないよう、固く入山を禁止されている
のだが、この時ばかりは寄り合いが許可を出した。山の入り口で残して戻ればアンナが歩いて戻ってきてしまう。だか
ら両親は、山に入るに当たって子供に目隠しをして両手を繋ぎ、バスケットケースを持って三人並んで山へと進んだ。

三人揃ってのハイキングに上機嫌なアンナが両親に何度も何度も「ねぇねぇ、今日はどこへ行くの?」と無邪気に訊ね
ると、父も母も小さな手をギュっと握り締めては「ステキなところだよ、きっとアンナも喜ぶよ」と答えるだけだった。
2405 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/05/18(日) 23:23:51 ID:rJwmOWWM0
(´;ω;`)
2406 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/05/18(日) 23:25:37 ID:KvBewFxs0


. -=彡: : : : : : : : : : : / ',:.:.| ̄|: : : : : : : : : .',
  /: : : : : : : : : : : /-‐-',: ! .|: : : : :,:、: : : :.:',       さすが元・酒場の看板娘。まだ声も勘も錆びてないな。
../:.:___: : : : : : : : : /    ',{  |: : :/ /:.:,、: : :',
`¨ ̄./: : : : : : : : : i.z===ミ  j:/-‐/,:イ、}: : :.}
    { : : : : : : : ,_:.:|          l z==ミ/: : :.,'                           /  ̄ \
   | : : : : : /八{          |  /:./:.:.,'                        / :/ ̄`ヽ)
  .∠: : : :./:ヒ/.   ____ ´ ∠: イ:.: :.:/                           { 〈     ___
 ...//|/l: : :∧   ∨ ̄ ̄ `丶  /: :.:/                        > r  ´、     `
  ′    l: : : : lヽ.   \____/  ,.': : :/                          /        \         \
        |:.: : 从 \       ,.イ: :.:./                           :/     : 、   \    ヽ
        レ|:八| `  .> _  .<|/}/|/                     ′    :/ :}    :、 :\   ヽ    ∧
         ′_|         ├‐‐…''7',                     /  ′:イ  : :  |ハ _」ヽ    iハ  :ハ
.     ┌‐<_|          |::::::::::::::,'::::',                   i  :′ :| :八  : : } | ィ :|  V  :| :∧   .:i
   ...ノ:::::::::::::::: ̄∧.        ト-、:::::,'::::::::',                  |:/ : |   ┼{ー- 、 .: :|リ \j _,.、} :.:| :ハ:  :i
 ..,..-<:::::::::::::::::::::::,'::::',      , |   ∨::::::::::::\____            }′ :|  : :| ___    : :|   ィ:升jぅ〉 .:|   :i  :|
<ノ:::::\::::::::::::::::,'::::::::',   / .|   .}:::::::::::::::::::::::::::/ヽ             .i    f爪::f;:ハ` \j   辷::ツ i 小、 : |  :|
::::::::::::::::::::\:::::::::i::::::::::::〉    .|   .| :::::::::::::::::::::::/:::::::',            |    :| 乂zツ  .:    , , , , ハ} :.\:}  :|
                                          .|   :Ⅵ , , ,   `      ー =イ :i |   :|
                                           .|   个ー    r ー  フ    ノ | | {   :|
  ばっか。私がどんだけの間、喉鳴らしてたと思ってんの。         |  : i  込、     ー=イ   ./.: :| |:ハ    |
   数年ブランク空いたからって一曲二曲は余裕でイケるわよ。    .|  :∧   i >: . .      イ | :.| |:. |   :|
                                             |:ハ :∧ ハ:.:.   | `¨    |〉.:.| |:: |   :|
                                                 ∨ハ  :|: :   i/|       /  :| |:: |   :|
                                           ,.-‐=ニニ|: :   |∧     ./  ./| |:.ノニニ=‐- 、
                                          ∠ニニニニニニニ|: :  | ハ __∧ /_:| |ニニニニニニアヽ

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM. :    ぼくがしんだひ    ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

父の「さぁ、着いたよ」という声に、母が後ろからそっとアンナの目隠しを取り払った。目の前に広がる光景に思わず
「わぁっ」と感嘆の吐息がこぼれる。両親がずっと繰り返したステキなところとは、ほんとうにステキなところだった。

一面の花畑があった。色とりどりに群生している、おおきな大きな色彩の園が広がっていた。
まるでムッターの読んでくれる本みたいだと喜び笑って駆け出すアンナに、両親は顔を見合わせて小さく吹きだした。
固まっていた表情がゆっくりとほぐれ、父は手すさびに楽器を器用に奏で、母はそれに合わせて優しい歌を紡いだ。

夢のように幸せな時間が穏やかに、ゆっくりと……三人家族の終わりへ向かって流れていった。
2407 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/05/18(日) 23:26:26 ID:rJwmOWWM0
もしや両親も…?
2408 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/05/18(日) 23:29:01 ID:KvBewFxs0


   ....::::::...:::: ::::.:....::::::....::::. .::::::::::..::::. ..:::::::::::::::::....:::::::::.... :::: :::::... .::::::...::::..::::::::::....::::::::....::
   .. .. . ... .::::.. . . .:: : :.. . ... ::: :::.. ... .. .. . ... ... ..::. .. . .. . .. .::::: :: :. ... .:::::
   ....::::::........ . .:....::::::........ . .::::::... .... ..::::::::::::::::....::::::........ .   .:::::... . ::::... .... ..::::::::::::::::....::
   .. . . . ... .::: :.. . .  .:: : :.. . ... :::  :::.. ... .. .. .. ..::. .. . .. .  ..  .:: .. .:::
   .. . . . ... .::  :.. . .  .:: : :.. .  :: :  : ::.. ... .. .. .. .. ::. .. . .. .   ..  .::
   . .  .. . . . ... .  :.. . ... .. .  .  .: : : :. .. .. .. .. . .  :: : ... ..    ..  .

                  <ファータぁ? ムッターぁ? ねぇ、ドコいったのぉ?
                      ……さむいよぉ。ねぇ、ムッタぁ。ぼくさむいよぉ……。

   。.:;,:; ,:: .., ,..;,:: .:. 。.,:; ..;;: ..,, ;..,, ..,, .., ,, .., ,..;,:: .:. 。,:; ,::  .., ,..;,:: ..;;: ..,, ;..,, ..:.::  .., ,..;,
   ,:,。o。'.:o。o:'。,゜.; o。o.:;,゚。.:. ::o:;,:,0。o.: .:@。.:;,::o゚.,。,:,0。o.: '.:.。:。o0o。o:.:.::o。o.:;,゚。.:.,:; ..;;:o。
      :.:゙,o。o0;、,:'.:o。o:'"'.:@。.:;,:;(@)o,:'゚.,。o;:;,':,:,。o。.:.::o゚.,。。(@)o゚;.,:;o ;;:;,:,0。o.: '.:.。`:。o0;。o。.:.
   :.:゙,o。(@)o0;、,`:'.:o。o:'"'.:@。.:;,`:;(@)。(@)o,`:'.:.::o゚.,。o;:;,':,:,。o。(@)o゚;.,:;:,0。o.: '.:.。o ;;:;,`:;,
   :(@).:゙,:;。(@)o゚,。o。(@)o゚,"'.:.:;,。(@)o゚`:;,`:'.:o。o:'.; (@)∴@:.:;,`:;,':,:;.,:;.:(@):o: '.:.:∴@:.:;,`
   o ;@。(@);; ∴o。o゚。o゚@ ;; o(@)。,゜.; ∴@;; o゚.,。(@)。o ;; ゚:,0。o ゚(@)'.:o゚.,。;;`(@):o。o:'
   。o゚@ ;; o(@)。,,0。o ;; ∴o。゚(@)'.:o゚.,。o ;@。(@)o゚;;`゜(@)。o ;; ゚:(@):o。o:'.; ∴@;; o゚.,。
   0。(@)o ;; ∴@ o(@) (@)(@)。o:'.; o(@)゚:. o; o(@)。,(@)o゚:(@):(@)o0。゚(@)o ;; ∴
   (@)o ;;.; o(@)゚:. o ∴@ o(@) (@)。,(@)o゚:(@)(@)。o:'.; o(@)゚:. o; o(@)。,(@)o゚:(@):
   。o゚@(@)o0。゚(@)o ;; ∴(@)o0。゚@(@)。,(@)o゚:(@)(@)。o:0。(@)o ;; ∴o(@) (@)(@
   (@)(@)。o;;.;@(@)。,(@)o゚:(@) o(@)゚:. o0。゚(@)o (@)o ;; o(@) o:0。(@)o(@),(@)o
   ヽ|〃ヽ|〃ヽ|〃ヽ|ヽ|〃ヽ|〃ヽ|〃ヽ|ヽ|〃ヽ|〃ヽ|〃ヽ|ヽ|〃ヽ|〃ヽ|〃ヽ|ヽ|〃ヽ|〃


…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM. :    ぼくがしんだひ    ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

遊び疲れて母の膝で眠ったアンナが目を覚ましたときには、もう陽がとっぷり暮れてしまって、空は一面の星が瞬く
ような時間になっていた。自身の体は大好きな母の膝ではなく、母が背中を預けていた木の根に寄せられている。

頑丈な糸地で織られた毛布が一枚かけられていることに気づき、次いで、どこにも両親が見当たらないことに戸惑う。
毛布だけでは肌寒い。ギュっと胸元で合わせを握り締めて立ち上がり、呑気な調子で二人はどこと呼ばわった。

返事はいっかな返る様子もなく、不思議に思いながら――自分が山に置き去りにされたなど露とも思わず、くりかえし
大きな声で両親を呼びながらアンナは花畑の付近を歩き回った。
2409 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/05/18(日) 23:31:25 ID:KvBewFxs0
>>2407 これ続けばワカるで工藤!
2410 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/05/18(日) 23:32:34 ID:KvBewFxs0




         ___,,_,_,,._...、 、、、、、、  --- ―――┐   カサッ
        .|                         | :. ::.
      .|  ____                     |         ::.
     ::  |            __,,_,_,,._..、、、、   |   :.         <……くらくて見えない。ダメだよファータ。
    :  :. |  '''' ""゙ ´´ ̄ ̄                 |     ::.::.         ぼく読み書きはちゃんと覚えたけど、
     :: : : |                __,,_,_,,._..、、、   | :.::.               ランプもなくっちゃ読めないよ。
       .::.: |   '''' ""゙ ´´ ̄ ̄               .|´`""''' ―- 、
       :. ::..|                _,,_,_,, _、、、 |     _,. -''´ヽ
       .: : |   '''''_""゙_´´ _ ̄_ _,._,.,, 、,、、 -z- =-'、,. -''´:::::::::::::::::::\
   :     ゙、"``""´´ ̄ ̄    ̄__,,_,_,,._..、、、、  ゙、:::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
   ::       ゙、  '''' ""゙ ´´ ̄ ̄              ゙、::::::::::::::::::::::::::::::::::: \
   ::      ゙、   __,,_,, _、、、、  ----- ―――   ゙、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
 ::..    .      ゙、              __,,_,_,、、、、  ゙、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
            ゙、   '''' ""゙´´ ̄ ̄                ゙、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
   ::        ゙、    __,,_,, _、、、、  ---- ――― .  ゙、:::::::::::::::::::::::::::::::_,. -
     ::    .   ゙、          _,,._,,. 、、、、、、 --――''`::::::::::::::::::_,. -''´
            ::::   `'''' ""、´´:: ̄ ̄:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_,. -''´


…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM. :    ぼくがしんだひ    ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

両親が残したバスケットが木の真裏にあることに気づいたのは半時間も過ぎた頃。見つけたアンナは自分のマヌケさ
にクスクス笑って中を開けてみた。きっとなにか入れてあって、自分を驚かそうとしているに違いないのだ。

もしかしたら木の上に隠れてずっと自分を見ているのかもしれない。父は普段やさしい人だが不意に子供のような意地
悪を母にして怒られていたし、母は母でしょっちゅう父を驚かせるためよと自分にナイショにしてねと協力を求めていた。

今日はきっと自分のことを驚かせる日なんだな、そうはいくもんか。いつ両親が自分を驚かせに現れるのかをワクワク
しながらアンナはバスケットの中にあったサンドウィッチと紙切れを取り出し、これに目を通そうとした。――光源もない
夜闇の中では、残念ながらなにを書いているのか読めもしなかった。
2411 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/05/18(日) 23:34:16 ID:KvBewFxs0


        / ̄ ̄/ ヽヽ                                               //  //
            /     ─┼    ─┼    ─┼    ─┼    ─┼    ─┼     //  //
           /        /|    /|    /|    /|    /|    /|    o    o
             {\ ト 、
           {\、 \、 }\
           {\ У⌒^ \}                   , =ミ
            \}′⌒ : : /\/}             ,. -‐/z^z}
             \: : : /りり\}/}         ,.ィ  ∠}_从― ぅ
              { ̄りりくアり \}        %  / ̄ ̄ }丁
               \りりりりくア: }      ≠  / : : : : : : : } {
                   く\りりりりりj≧=- __ ノ   ./: : : : : : : : :j {          /}
                    ̄\りりり: : : : : : : : `ー 彡: : : : : : : : / /       /⌒}ア
                       \: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : / /   }\,.xく⌒',: : )ア
                        \: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :乂廴}>''“りりくア:',: )ア
                     /\: : : : : : : : : : : : :_: : : : : : : : :りりりくアりり}ィア
                       /  ‘,: : : : : : : : : /   }: : : : : : : : :りりりり/} ̄
                      \  }: : : : : : : : : : }  /: : : : : : : : :りりり/}V
                         }  , : : : : : : : : : : V/: : : : : : : : : : : : / ̄
                         / /: : : : : : : : : : : : : : : : / ̄ ̄ ̄        <わぁっ! 森のクマさんだ!
                     / ,': : : : : : : : : : : : : : : : :,                 すごいなー、おっきいなー。
                    / /: : : : : : : : : : : : : : : : : :{
                      /  ./ : : : : : : : : : : : : : : : : : : !
                  /  ./ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : |

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM. :    ぼくがしんだひ    ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

草を踏む大きな音がして、小さなアンナの体を大きな影を包み込んだ。ははぁ、きっとムッターが痺れを切らしたなとほ
くそ笑む。アンナが大好きなムッターという人は、子供より我慢のきかないところのある、かわいい人だった。

びっくりなんかしてやるもんか、と男の子らしい意地を張って後ろを振り返る。どんな悪戯を仕掛けるツモリだろう。

アンナにのしかかるように大きな体を屹立させて居たのは、青い毛皮をした大きな熊だった。熊なんて初めて見た。
さすがに驚いたアンナは「すごいやファータとムッター、ぼくビックリしちゃったよ」と、あどけなく笑い――殴り飛ばされた。
2412 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/05/18(日) 23:35:11 ID:rJwmOWWM0
Pさん! Pさんじゃないか! 青いけど
しかしかませ臭しかしない!
2413 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/05/18(日) 23:36:47 ID:KvBewFxs0


                                           ,/゛    ._.     _.
                                            ,/゛    . /     _/゛
                                        _,..ir・゛    _ /    ._..‐"
                                     / /   __/_フ″  ,、-;;メ″
                                   _//'゛  _/ /   _//゛                ,、┓
                            ,―-‐'' / ___/ /   _//                  ┏・'’ ┃
                            /   .,/  ./   . / / .`゙´,/                    ||   , ┏ー-┓
                         /゙" ./  ,i ./  ./..i、/  /                        ┃  ┃  ・  ┃
                           / . /   ./  ./  ./  /     ..┏─・・┓.           :  ⅰ ┃  ┃
                     /ヽ__ ",/ ,i、  ./ ., ''./   ./ ./          .┃    ┃             ┃  ┃ :  ;
                       /   ./  ./ .`'''゙/ / ゙'ー''./           .;     ┃   ,-…━=┫  ! ┃  ⅰ
                   ,i" ./   /   ,/ ./   ./               ┃    ┗・ “”        ┣=・'’ ⅰ  ┃
                  i、  ,./ . /   ./  ,/  /  /          .┏=-‐ ・┛      ,-=━┓   ┃     ┗━┘
                 / .`゛ ./ l~―'" ./i\___/ /            .;            r '’      ┃   ┃
                 /  /  ./   ,./  l   ./               ┃  , -‐┓   ┃      ;    i!
                /  ,./    /  /  /  ./                ┗“´    ;   ⅰ     ┃  ┃
            ,i、 ._./ /..  ./  ./   ,i″./   .,〃     .,ィ     ,i      :   ┃      ┃   :
            / ´ /  l.゙ー'" ./ i!r--'゙ /   //     //   , //     .┃  │       ⅰ ,┛
        /   /   ./   / ,/  ./  ./ /     / /    /ノ゛      ┃  ┃     ┗'’
      . /   /   /   /  ./   . /   ./ ./    ./ ./    / ./          ;  ,┛
    .r‐‐"  ./ _/  ./ . ,/  /  ,/  ./   . /  ,i′ .,/  /          .┗'’
    .!    ,i′l    / ,!.´   / ./゛ ,,‐i./  /゛ ,、,i" ./ 、./
    l   ./   .l   ./  !   ,iシ´ ./ " /  ,./ .l' /  /iゞ
   .!  /   .l   /゛  l  .,/゛  /   /   ./ ,/  /
 .i, il  /  .il l゙  ,i′  iン'゛  , ‐'゙. /   ._../ /   _./
 し‐' /    .|.!! ./ _/´   ./., /   _/ /    /

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM. :    ぼくがしんだひ    ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

丸太のような太い腕とナイフのように鋭い爪がアンナの胴体を無遠慮に殴りつけ、小さな体を木の幹へと叩きつけた。
激しい衝撃に木が軋み音を立てる。不意を打たれたアンナはしたたかに背中を打ち付けて肺から息を盛大に溢した。

むせぶように咳き込んで、自分がなにをされたのか、いま何が起こっているのか一生懸命に考える。
木は大きく揺れたけど両親は上に隠れてはいなかったのだろうか。居たらきっと落ちていたに違いない。

あれ? じゃあ、ぼくが暴力を振るわれて乱暴にされてるのに、二人はここに居ないのか。暴力はいけないことだと乱
暴なのはいけないことだと、優しく教えてくれた二人が居ない。ならぼくは、こいつを――もう、■■てもいいのだろうか。
2414 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/05/18(日) 23:37:16 ID:KvBewFxs0
蜂蜜ください^^
2415 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/05/18(日) 23:38:01 ID:rJwmOWWM0
>>2414
つ こやし玉orモンスターの○ン
2416 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/05/18(日) 23:39:33 ID:KvBewFxs0


                                         ,i,,_ _,liiiil    .iiii,                         iiliil
                                      ___,,,,lllll,,,,,,゙゙゙゙  ,,,,,,,,,,,,,llll,,iii,,、           _           illll゙
                  _,..,,,,..,,,__                  ゙゙lllll!゙~゙lllll゙   `゙゙゙lilll!lll ̄~゛ lliiiiiiiiill!!!!!!!!l  '!iii !ll! ,llll     illll
           ,/´       ´゛                  ,,iil!!゙___,illl!゛  .,,iii!!゙゙__llll               _,iil!゙゛     ,l゙′
           ./ _,..,,,,..,,,__                      ´  .゙゙!!!!゙´      .゙゙!!!l             rll!゙゙´      iillli
       .,/´ !        ´゛'''     .___}\}\_}\_从ィ__                                      `
     ../   |           /Y⌒Y⌒/⌒ー―_―‐- Z≫く}_
     ..!     l           ./Y⌒Y⌒._/ _ /: }: }__ ̄:}”“''ミ、: :\_
        |     ヽ         .く{{⌒Y⌒_/_{/: : : : : : : Y(⌒)}: : :/ \ : \}___
        .l,      ヽ、      厶V⌒弋フ‐‐tぅィ: : : : 」 \人:/ : : : :/: 、 : \}___
      ..ヽ                 V⌒ {___/_:\ー  ̄__   {  ^Y{:/ : : \: : \}
         .ヽ、               VVV/ ̄ア´/V⌒\、   ^\: : : :‘,: : }ア             //
                           从乂_ ̄): : : : : : :\、   ^V}: : :}: : 从               // ヘ
                           弋¨_/ \ \: : : : : : : : \    ‘,:}/⌒                レ  ヽ>
                                /\ }: : : : : : : : : :\   }/
                              / /: :V: : : : : : : : : : : : }   .!               /7
           ./7,、  /7,、          ./ /: : : : :\_: : : : : : : : /⌒V,′              /./ r、
          /_/ヽ> ./_/ ヽ>       ./ /{: : : : : : : : : : \: : :/⌒Y⌒ア               /_/  ヽ.」
           ._               {{/: : {: : : : : : : : : : : : }⌒Y⌒Y⌒Y⌒\
          .// ヘ              /: : : : {: : : : : : : : : : : :人_j⌒Y⌒Y⌒Y ̄ ̄\
          ./ノ ヽ>            /: : : : : : :!: : : : : : : : : : く  {⌒Y⌒Y⌒Y⌒V  ̄
                       /: : : : : : : : :|: : : : : : : : : : : :\}ア⌒Y⌒Y⌒Y^}
                        /: : : : : : : : : :!: : : : : : : : : : : : : :V⌒}⌒Y⌒Y⌒⌒>
          ./7,、         {: : : : : : : : : : |: : : : : : : : : : : : : : {/{/⌒く⌒Y⌒{
         /_/ ヽ>         |: : : : : : : : : : |: : : : : : : : : : : : : : : { : : : : : : \j⌒.}
                    |: : : : : : : : : : |: : : : : : : : : : : : : : : :\: : : : : /⌒/

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM. :    ぼくがしんだひ    ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

激流に翻弄される木の葉のように右へ左へ、または地べたへと青熊は執拗な攻撃をアンナに加え続ける。
不思議だ。なぜこれだけ殴ってこの幼生は形が崩れないのか。なぜこれだけ傷めつけられて笑っているのか。
青熊の野性に疑問が……むしろ恐怖が湧き上がり始めた。聞きたくないのだ、この耳障りな笑い声を。

なおエスカレートした攻撃を続ける青熊は、過日の変異猪のような体当たりでもってアンナの体を遠ざけた。

動くな、立ち上がるな、死んでいろ。青熊の感情が色濃い恐怖に染まり怯えて竦む。その笑い声を止めろ!!
2417 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/05/18(日) 23:40:12 ID:rJwmOWWM0
やっぱかませやないか!w
2418 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/05/18(日) 23:41:22 ID:KvBewFxs0


                               liiiii,        _、
                            llllll!  l!llli!゙゙゙´      _,illllllliiiiiiiiii、         ゙!llllliii
               ,:::::::::::::::::::::::::::!     ,lllll゙_           _,,iiii!!!゙゙´ .,iillll!!゙           ゙゙゙´
               i:::::::::::::::::::::::::::      lllll!!!llllllii             ,,iilll!!゙゛           _,,,iiill'
               ::::::::::::::::::::::::::::i   ..illll!゙  ´            ,,iiilll!!゙゛       ,,,_,,,iiiiiill!!!゙゙゛
            ;::::::::::::::::::::::::     .illllll′           ,,,iiii!!!!゙~         illlllll!!!!゙゙´
            ,::::::::::::::::::;:        ゙゙゙゙                        ゙´
          .ノ::::::::::::::::::::!  _                __
         /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`:::::::..............................::::::::::::::::::::::::::::::::::::::........、
       ./::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::-- 、 _ _
    .../:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;ゝ-‐ー‐-    、  _ ,. . -‐ー=ニ  ニ=-、::::::;:ゝ-ーー  '
     /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/                      liiiii,        _、.、:(ゞ,´・〉
  ......,:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/                  llllll!  l!llli!゙゙゙´      _,illllllliiiiiiiiii、         ゙!llllliii
  .....i:::::::::::;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;'                ,lllll゙_           _,,iiii!!!゙゙´ .,iillll!!゙           ゙゙゙´
  .....!::::::::::; 、::::::::::::::::::::::::::::::::::::;'                .lllll!!!llllllii             ,,iilll!!゙゛           _,,,iiill'
    ,':::::::::/ i:::::::::::::::::::::::::::::::::::                 illll!゙  ´            ,,iiilll!!゙゛       ,,,_,,,iiiiiill!!!゙゙゛
   ,'::::::::/  .i::::::::::::::::::::::::::::::::::i             illllll′           ,,,iiii!!!!゙~         illlllll!!!!゙゙´
  /:::::::/   i:::::::::::::::::::::::::::::::::i                  ゙゙゙゙                        ゙´
  :::::::::i   .i::::::::::::::::::::::::::::::::i

      あはは――は、ハハハ――ふ は あ はは ハハハhahaHAHA――ひはハハァッ!!

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM. :    ぼくがしんだひ    ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

変化は急に現れ、爆発的だった。もはや抑えることのない巨大な感情が全身を満たして血肉となって駆け巡っていた。

目が覚めた。自身が生物としてあるべき本来のカタチを取り戻した。
もはや理性・節理・道徳といった長らく彼を縛りつけていた鎖は粉々になって砕け散った。
変異猪の突撃で瞼を開かせたアンナの野性にようやく火が点もり、いまや熱く、激しく燃え上がっていた。

爛々とした眼光に吊り上っていく口角。愛らしさなどどこにもない獣相が満面に滲み、狂気的な怪笑を高らかに歌う。
2419 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/05/18(日) 23:42:57 ID:gNrlQOw.0
大雷怨爆誕
そしてを大雷怨義体化までに追い込んだウーノ姉(ガクブル)
2420 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/05/18(日) 23:43:47 ID:rJwmOWWM0
>>2419
い、一応姉妹のチームで追い詰めたはずだから…(震え声
2421 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/05/18(日) 23:45:03 ID:KvBewFxs0


                                                 \\   ヾ{、     | l|
          `'-、     \.   ヽ,   ...l   ! } }⌒\.!      l      /.\\   ヾ{、   | l| ゛
   `'‐、、      ゙'-、     \   .\   ヽ  .l,.} }/:⌒:ヽ  _.. .l      /  ....\\ ヾ{    | l|    ._..-''
      .`''-..、     `'-、   .\   ヽ,  .ヽ r{_ア\gノ: `く_⌒}./     /    /...\二ヾ{   | l|  _..-'″
         .`''-、、    `'-、   `-.  ヽ  ヽ.}} r‐=ミ、 ̄ ̄ ̄ `  ..../.   ,. -=<二>'"ヾ===' l」"
   - ..,_       ゙゙'-、、   .`'-、   \  `!、  {ク{{^^^^}ア⌒ 、   {  ./. <二> '"´      \\
      .`'''ー ,,_     `''-..、   \   .\  . / 人vく⌒V(_)ハ   、.  〈 〈                \\     ._,,
          `''ー ,,    `'-、、  `'-、 .\.}   {:\¨¨\}/: : :‘,   \. \\                | i|,.. -''''"゛
                 `''ー ,,.   ゙゙'-..、 . \../  j: : : : ̄: : : : : : : ‘,    >.゛..\\              | l|
   ‘''''―- ..,,,,_,            `''ー ..,,. `  /  /: : : : : : : : : : : : : : :\   \...  \\    /,ヘ  | lL__ _,,
           `゙゙"''―- ....,,,_     `゙''ー /  /: : : : : : : /\: : : : : : : ⌒\ {...ー'''".\\ / ハ ',     | l|.゛
                   `゙゙"''―- .....}  ./: : : : : : : 〈  }: : : : : : : : : : : \..... --ー'.\V /  .| l|       | i|
   ________________.}./: : : /: : : :.{: \/: : :\: : : : : : : : :‘, _. ____ | l|  } lト、 / i|. _
                          _、./: : :\    |l|w/L ,r_/. : : : : : : : :く/___       .\\| l| `¨¨´
            _,,,,.... -―'''''|\}>イ\ : : : \\{w└ ¨ ´ /.: : ‘,ィ⌒Y⌒ \/.
   ..... --ー¬''^゙ ̄      _.|\/Y⌒Y⌒}⌒/⌒ \´     彡x.: : :}⌒Y⌒Y⌒Y^\__.゙゙''''―. r<二二二77
            _,,, ー'''.}>イ⌒Y⌒Y⌒Y⌒,.i:i:i:i:i:i:i>  ; ’  ∠─i}: :V⌒Y⌒Y⌒Y⌒V___  . | lr'"   //..,,,_
       _,,, ー'''"゛   ./⌒Y⌒Y⌒}ア⌒Y ./i:i:i:i:i./      }|.i:i:i:i:i}: : Vア⌒Y⌒Y⌒Y',/..,,. | l|    // }二77
   -‐''"゛       ._../⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒ ./i:i:i:./´ヾ,  r、r‐|^`i:i:i:i:i:i7:ハ}⌒Y⌒Y⌒Y⌒',.  `.| l|   .// .// //
          ._..-'"´./⌒Y^厂}^>⌒Yノ⌒Vi:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i.//  }´.:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i7: :j⌒Y⌒Y⌒Y⌒ }.'-、、.| l|  // .// //
      . _..-'"´   ..{⌒ト、厶イ人__/⌒V/i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:./.i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i', {入j⌒Y⌒Y⌒V   `'.| l| ./ムイ/ //
   .. -'"        {_', }/   } /i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:}: :く }\j⌒}に}=}.`'-、. | l|   ̄   { {
                 ', ∨    j/i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:\ } .}/}⌒}} }/   ... .| l| ,.ィニ7  〉〉

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM. :    ぼくがしんだひ    ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

踏み込んで、まっすぐ飛んで、ブン殴った。アンナがしたことは、ただのそれだけ。

繰り出した右拳の一撃は強靭な青熊の腹筋を突き破って臓物を掴みだす。小さな幼生が自分の身に何をしたのか
激痛によって理解した青熊は、必死になってアンナを振りほどこうと身をよじり転げ回る。一緒になって花を押しつぶ
しながらアンナは何度も下敷きにされたが、まるで構うことなく彼の怪笑は続いていた。

臓物の一部がちぎりとられたが、このままこの怪物に嬲られるよりはマシだと、青熊はアンナに背を向けて逃走した。
必死で走って花畑を抜けて薮へ逃げ込もうとしたところまでが、彼が生存できる命の限界だった。
2422 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/05/18(日) 23:46:35 ID:KvBewFxs0
>>2420 せやな! チーム壊滅の判定でるまでやって なんとかな! なお主戦力はトーレとクアットロ
2423 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/05/18(日) 23:46:35 ID:rJwmOWWM0
やっぱり森の熊さんは勝てなかったよ…
2424 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/05/18(日) 23:48:10 ID:KvBewFxs0


...,,、            `''-_ヽ`'-、;;;;;;;;;.;_;;;;;ヽ,  ゙'ヘ   . l;;;丶;;;;} `  .,;;ソ゛               ´  /゙;;;;;;;; /
ー 二゙゙ヽ ,,、         `'!‐ `'-,;;;{. `'-、;゙!、    .l-'、.l.;;;;;;;;;.!  .,il″               _,, -'";;;;;;;;;;;`¬
..,,..........フ;;;;;;;;`''‐ ,,、             ,゙li/、  `'、.l,    .`'/'./ ;;;;;l゙゙ ./               , r二-''''" ̄ ̄´゙''y;;;;;
^゙゙゙゙゙゙'''''".'''''.'''ヽ-..;,゙ニ_        `゙゙''''>x, ゙ ll、    .!、/.l;;;,! i'               ''"          `-¬'''
             `'''`-ヽ,,       |、`''ニi几     ″|;;'!
..,......xi,            `'''ミ;;x、    ´   .` l、     l、;.lz'ア   .,i;;|lrl!!!!¨'″   ,,,
  ̄  ..,,u..-..、          `''スッ、  y ..、   !li     `l/ l/   ..il′       ,,il'"´
:ニニ;;;;ュix..,,,,,_. .`'s、           ゙''く、 |;,_}  /⌒i..    .″,l′.,,         .,.″ .=  .r!″ '.ly
      . `''-゙二;;;;`゙''''、             ゙"._,,..、 .|  / ,..-、            /`l _.., .` j,i′         l!
___,________i;;;;;;;;;;;;"― ..,_        l   l | /´ l,、_ノ         l  |/ 〉 _,/.l_、 ,,irー     .∧ ._.
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.xッ----`-=- ... .|  i' '´_,,、    . ,-、,-‐'''"\ l  |レ'..'"゙'-ぃ〈 ̄.コ;;-、___,.. -";;;;;~゙ィ
.,ン;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,..一'''''''ー、,;;;;;;;;`'ー- ..,,、     |  し''´ 」    . l  ._‐t  .|  ヾ'.゛      \;;ヽ \ ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;./       `くv-¬'''"゙゙´    .|  ,,.-''´      ヽ┘ l  /  . !.i''~lュi,,、     ヽ,,,,゙' \ ;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i‐′                 | .|                ! .!.   !;ヽ   `'L     ゙".! ! `ぃix,;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;/       : _,i〟           .l、_ノ         、  __/  l   |;;;;;;;゙''-、、.リi    !>   ゙'i lヽ.;;
;;;;;;;;;;;;./      ,..r/「″         ,,rj″     Y''フ'´  ...| ̄  __,!  ,i";;;;;;;;;;;;;;.l'!ミiv 、   ,.l|x,    ヘ.l.ヽ
;;;;;./     .,r彡'"           '!レ'"      .//   .,r、 └-...‐''゙ ... .f'"`''./ ;;;;;;;;\.゙'-、''-..,,,};;;;;ヽ    l"l,.
/       ´            、     ,ノ;/    ¨゛     .,,〟    .ヽ;;;;;;;;.l゙'!)i、`\;;;/'''''-\,  ∨
                  ,,、   ,,〃   .,..;;ニi /              ´       ヽ;;;;;;;゙;;、 `   ゙'ミ、   ゙゙'ニ;;、
             ,i彡   /│    ″.,〃   .,i;;    .,-、   .i;;;;;i     .l.;;;;;|..゙'|l、   ゙'li、    ゙'ミ
               ,iク゛    l";!I ., ―--グ  .n /゛    l/     .゙‐'"     .l;;;;;.l .゙'f、   ゙.lx    ゙'
     .,l    .,ング  ,.  / ;;;;゙‐',,、;;;;.;i′   :!┤ .lL  .`               l;;;;;.l  ゙|''、   . lヽ

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM. :    ぼくがしんだひ    ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

逃げを打った青熊の背中に容易く追いついたアンナが飛び乗り、太い首に両足をかけて廻していた。
青熊には見ることができない背中でのこと。両手を組んで大きく振りかぶったアンナの鉄槌は、一撃の下に青熊の
頭蓋を砕いて脳を潰し、眼球を薮の向こうまで吹き飛ばした。

たった二撃。銃器では倒すことも難しい準大型野生ミュータントの熊を、この花畑付近一帯の主であった彼を死に
至らしめたのは、ちいさなアンナの素手による、たった二撃だった。

身の内で燃え盛る野性に煽られ、蒸発していく理性と知性の片隅で、アンナは自分が空腹であったことを思い出す。
2425 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/05/18(日) 23:48:28 ID:rJwmOWWM0
一人でチーム壊滅寸前www 良くそんなのと生活して常識教え込もうと思ったなぁ
2426 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/05/18(日) 23:51:26 ID:KvBewFxs0


                                   乂__,>{   \  \       \
                                     /      \  `           ,
                                   /  ./         \          ′
  父:……まだ書けないのか。             //  {      }                }
     やっぱり俺が代りに書こうか?         ′         | i|V,           !
                                    ,    |     | ,/| _j|,_V, :}:l_      、
                                   { ′   |   ,j/ィfテ斧 V }:! )      \
                              |:i{     ,,zzミ /^ 戈rツ } }:|:l'          \
                               j八    ^ 佗}'′  ¨´  | |从    \      `=- ..,,_
                                       ハ  '        | | 》,    `          ミト、
   ……もう少しだけ待って。ちゃんと書くから。       \ 込、   '"~   i| |,/ 〉≦7 7⌒ヽ]ニ=- ,,_      \
    あの子にちゃんと、伝えたいから、書かせて。    `   ≧= <ヽl| ! ,/i:i:i/ /    }     \]ニ=-ミ   `、
                                     /,fニつ-/  /八 ∨i:i:/ /    .!      ヽ.   `、   、
                                     __rf/,/⌒ヽ/:i:i:7/^Y{ `、 V/ /{     |:        ,         `
                                「i:iY´ ¨才^i:i:i:i/〈__/|:!_/}  }φi:i\ ___|,_      ′   i   }
                                   /|:i:i:| √i:i:i:i://ニ/ }:i:i:i:i|  |/≫'"≠ミト└‐┐        }  ノ
      【前夜の母の苦しみ】            / , |:i:i:ミ7^¨¨´ /ニ/ /==イ}  |〈 { /   〉 }   }     }     /
                             ,:'  / .}:i:i:i:i{    ,.イニ/  ^´  /   }iハ 乂_,/_ノ  }     ,   /
                              /   ′,i:i:i:i八.___/ニニ7    /  イi:i:}   ,,xくi:}}   }      ′
                              i{:   {: /:i:i:i:i:i:i:iT〈ニニニ}ー‐---:′/i:i:i:i:i:-r≦i;i:i:i:i:i:,≫┛    /
                            八   { {i:i:i:i:i:i:i/i:{i:iVニ=}:i:i:i:|:|i:i{: ,:i:i:i:i:i:i:/ Ⅶ|i|i;i:i:i:i:i,    ,
                              \ `,:V/;i:i:i:i:i:〈i:i:\_}:i:i:i:|:| 八{:i:i:i:i:i:/,  Ⅶ|i|i;i:i:i:i:,   /
                               \{_ `¨¨¨´ 〈i/i:i:i:i:i:i:i:{:{i:i:i:i:i:i:i:i:i/i:i:ヽ. Ⅶ|i|i;i:i:i:i:,イ
                                     〈:i:i:i:i:i:i:i:i:|:{i:i:/i:i:i:i:i:i;i;i;i;i;}: Ⅶ|i|i;i:i:i:i:,
                                        }i:i:i:i:i:i:i∧∨i;/i;i;i;i;i;i;i;i;i乂._Ⅶ|i|i;i:i:i∧
                                         〈i:i:i:i:i;i;i;i;i∧∨/;i;i;i;i;i:i:i:i:i:i:i:i:iⅦ|i|i;i:i:i:∧

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM. :    ぼくがしんだひ    ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

なんだったか、あのばすけっと。たべものがはいっていたはずなんだ。

アンナがのそのそとバスケットが置かれていた木に近寄ったが、青熊に叩きつけられたときに全部ひっくりかえって
ダメになってしまっていた。手に取った紙を夜目に慣れた今、月明かりに照らして眺めて見る。

「ごめんなさい、つよくいきて ■■■■■」と書かれていた。つよく いきて たった六文字が目を覆う。

アンナにはもう意味が理解できなくなっていた。彼の知性はすでに大部分が燃え立つ野性に焼かれている。
2427 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/05/18(日) 23:53:06 ID:rJwmOWWM0
知性が野生に焼かれてしまっている…
2428 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/05/18(日) 23:53:42 ID:KvBewFxs0


                                   } }/:⌒:ヽ  _
                               r{_ア\gノ: `く_⌒}
   _;;;;;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_:::::::::::::::::::::::::::}} r‐=ミ、 ̄ ̄ ̄ `.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|_ 。。 、 __、
   j::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.{ク{{^^^^}ア⌒ 、   {.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.}
   ,.:::、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::./ 人vく⌒V(_)ハ   、.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ゝ
    ~つ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.}   {:\¨¨\}/: : :‘,   \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`‐-,,.
      ,. -‐-.,:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::./  j: : : : ̄: : : : : : : ‘,    >.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_)
        (,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::./  /: : : : : : : : : : : : : : :\   \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::廴 ̄
        {:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/  /: : : : : : : /\: : : : : : : ⌒\ {.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::丿
      _;;::::::;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}  ./: : : : : : : 〈  }: : : : : : : : : : : \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|、
      j::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}./: : : /: : : : : \/: : :\: : : : : : : : :‘, _::::::,:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.}
       ,.:::、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::./: : : : :/: :,,:;;#圭#;;: : : : : :\: : : : : : : :く/___.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ゝ
       ~つ::::::::::::::::::::::::::::::::::::.|\}>イ\ : : : /: : : : : : :.;;;#圭#;; : : : ‘,ィ⌒Y⌒ \/.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`,,..
         ,. -‐-.,:::::::::::::::::::.|\/Y⌒Y⌒}⌒/⌒\..:;;;#圭圭圭#;;._: : :}⌒Y⌒Y⌒Y^\__:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
           {,::::::::::::::}>イ⌒Y⌒Y⌒Y⌒,.i:i:i:i:i:i:i:i:i:i::;;;圭圭#;;:.:i:i:i}: :V⌒Y⌒Y⌒Y⌒V___::::::::::::::::::::::::::::} ̄
          /::::::::::::/⌒Y⌒Y⌒}ア⌒Y ./i:i:i:i:i.;#;;.i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i}: : Vア⌒Y⌒Y⌒Y',/.:::::::::::::::::::::::::::}
          ヽ::::::::./⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒ ./i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i7:ハ}⌒Y⌒Y⌒Y⌒',.:::::::::::::::::::::::l`
        _ノ;;;;;:::./⌒Y^厂}^>⌒Yノ⌒Vi:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i7: :j⌒Y⌒Y⌒Y⌒ }.:::::::::::::::::::::::|__
       j:::::::::::::::::::{⌒ト、厶イ人__/⌒V/i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i', {入j⌒Y⌒Y⌒V:::::::::::::::::::::::::::::::::::::.}

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM. :    ぼくがしんだひ    ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

そんなことよりお腹が減ったんだ。もはやアンナは手紙にもバスケットにも興味を持たなかった。なにを食べれば
いいのかだけに頭を捻って辺りを見回し――さっき打ち殺した青熊の残骸に目をつけた。

うつ伏せて倒れている毛むくじゃらの背中に用はない。両手で毛皮をひっつかんで裏返し、まだ柔らかいはずの腹
に打ち明けた穴を大きく引き裂いて拡げる。湯気を立てる内臓。血脂でべとべとになったことも構わずにこれを掴み
あげた。心臓、肺、胃袋、腎臓。腸はさすがに食べる気にならないが、他の臓器は十分食べられると思った。
2429 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/05/18(日) 23:54:55 ID:rJwmOWWM0
うひぃ!!? 一瞬でケダモノに…
母親の最後の手紙も見向きもしない…
2430 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/05/18(日) 23:57:05 ID:KvBewFxs0


                        お、俺の嫌いな■■で夕飯固めやがったこのアマ。
     / .:/       >′ー-        ■■くねぇ? この扱いは■■いと思わねぇ?  ..-=≦=ミ   ./ー'(_
    ./ :/       ´          `                                    /: : : : : : : : :.\ \. て
    ′′   / __  \       \                              /: : {:.:∧: : : : \: ;ゝ  ヽ__(
     {    /   |     ヽ        ヽ                              イ: : :■■■■■.:.‘,
       ,     :八     :、                                     {: : :.■■■■■.:Ⅳ
       .′   i ヽ    \   i }                            八: : ;ゝ  '  ¨´/:リ .>イフレ'7
            :∧     :i ヽ/: |  i  ',                       γ⌒ヽト、 こ二ヨ .∧/     fっ
       ,    i-‐- 、:j: .  | / __i: |:i    i                     /     ‘;:>-=≦´ ‘, ⌒ヽ _/
      ./    :|__  \   ■■■.|:|   {:ハ|                        /.     ‘;。<´‘,  ‘,ー―一′
     厶イ!    ■■■. ヽ:j.■■■.:ハ  } |                    / y―=≦     ‘,> ´
       |   ■■■  .:     | | } ; ノ                     /  '        >i:´/::::\
       Ⅳ|  人     ー '  .ィ :| | ノ /イ                    {.        >‘,  {:/ヽ::/}}
       |:{ ハ: |  ≧=‐-- <し、 :| | ≪ニ⊃}                       ≧=‐--<   ‘, ./  .//
        乂'⌒V :\ノ    `¨ |: ノ}:ハ⌒´\                        } |        ∨ ./ /
      /     }  { ー-   _ .}  { {〉    \                   | |        {.// . /
    /    /: ヽjー、 _ __´rv ⌒|  } }.     \                    | |.        / / /
  _/       /    iヽ〔_〔__}_{__〕_〕|  {_,」         `ア                | |       {. i ´
 〈       .′ :イ iト、        /|  |ハ       /⌒}            | |          〉 .ト、
⌒ヽ     /   /.:| |: :>-‐‐‐< : |  |: }      /ヽノ               | |.         i  { \
f⌒\    /  / : | |: : : : : : : : : : : |  |:/_    r ' :V´ 、                | |        ‘,. ‘。/ ヽ
∨⌒ヽ>/   :/{ : :|i .|: : : : : : : : : : : |  |′ >‐f  〉‐'   \              ト、{.          ‘,. \/ー‐=ミ
/ \⌒/   : |: :.ルj: : : : : : : : : : :.:|  |  _` ̄ \    .}
     イ    :{ ノ: : : : : : : : : : : : : : : :|  |/  ∨  /    /  ちゃんと好き嫌いせず食べないと
    ./.}     i: : : : : : : : : : : : : : : : : |  |      i  /    /    ■■■■みたいに■■な大人になるわよ?
   ,′|     |: : : : : : : : : : : : : : : : : |  |⌒    | ./    /      ■■■はいい子だから、ちゃんと食べるわよねー。

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM. :    ぼくがしんだひ    ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

記憶の片隅でなにかが囁く。「ゴハンを食べるのは命をいただくってことだから、ちゃんと感謝して手を合わせなさい」
うん、そうだね。ちゃんと手を合わせるよ。この命をいただきます。

おいしいなぁ、すごく食べてる気になるなぁ。■■■■、好き嫌いとかしないよ。えらいでしょ? たくさん食べて強い子
になるよ。■■■■みたいに嫌いなものよけないよ。だからぼくの頭を撫でて■■■■、えらいねっていつもみたいに。

消えていく。集落の大人達が教えてくれた知識、友達と遊んだ記憶、家族と過ごした大事な思い出。なにもかもが灰に
なって■■■の頭から消えていく。涙が止まらない。こんなに楽しいのに、こんなにも悲しい。どうしてか誰か教えてよ。
2431 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/05/18(日) 23:58:05 ID:gNrlQOw.0
獣の血を抑える方向で育ててれば抑えが効いたんだろうが
力の制御知らずに、力に目覚めて飲まれたか…
2432 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/05/18(日) 23:58:26 ID:rJwmOWWM0
今のチンクにはもう… ないのかこの記憶は
2433 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/05/18(日) 23:58:56 ID:KvBewFxs0


                     ゞ:ヾヾ.: ;ミ;;ヾ ;※ヾゞヾ.,;;;ゞヾ;;;ヾ.ヾヽ;;;ヾ ; ; :ヾゞヾ.ミミゞヾ;ゞ;;/::⌒;;";;
 +.        ゚.          ゞ:。"※゚ヾ⌒;;:ゞヾゝヾヾ;;⌒゙ヾ:: "ヽミゞゞ;;:)::)ゞゝ;;ヽヽ"; ; ;ヽ丶;;ヾ※::;:
     *.     .  。  . .     ヾ;;;ヾ.ヾヽ;;;ヾ ; ; :ヾゞヾ.ミミゞヾ;ゞ;;ヾ;;;ヾゞ:ゞゞヾ;;:. ヾ::ヽ;;"):::;ヾヾヽ;;
    .      .               (ヾ; ;ヾ:;゙;;ゞミ"ヾ;;;;; ゞ゛;ゞ:.; ;ヾ ;※ゞヾヽ;;;:ヽヽ;;::ゝヾ;;ゞヽ;;ヾヽ::.;;
    ,. - 、 .   。  .  ゚      +    ゞ:ヾヾ.: ;ミ;;ヾ ;※ヾゞヾ.,;;;ゞヾゞ;ゞヾ;ゞゞ;ゞ⌒;;.ミ;;:;;;ヾヽ ; ;ミ;   __  __
    {  ..:: }     .    .   . 。.     ヾ ;";ヾ; ;ゞ;;":::;;ゞ;;;゙。ゞヾゝヾ ; ; ヾ ;ゞ ゚ゞ;ゞ ※゙ゝ;;ヾ'';;ヾ;;::ゞゝ  // //_
  . ..` ‐ '゙  .   *     .           .__  __;;ゞヽヾ※;;ゝヾ;;::゚;;\:ヾヾ※ゝ";;ゝ;;::ゞゞヾ;;:. ヾ::ヽ";;:゚;;.: //∠ 〆
.         .    。   .      .  ...// //_..;;:.:";;ソ;;ゞ;;;ヽヾヾ::ミミ;;ゞゝ;;゙ゝ;;ヾ'';;ヾ;;::ゞゝ::;ノ);;ゞン.// __/∠
     .  ..__  __   .    . ゚  .   ..//∠ 〆        .ゞヾヽ;;ィソ;;::ヾヽ゚;;ヽ::ゞ;;ゝゝゝ;;;;゙ii:;:レ::;;/;;: レ (o丿 ̄
    .  ....// //_   .* .    。   // __/∠                ミ;;ソ::ゞヾ:::ゞ;;ゝノ:ヾヾソン;:::: fゝヘ __  __
  。    //∠ 〆.    . .     ... .レ (o丿 ̄.  +         .        |::::;;:.;...;;.;;ii:i;;;:;i|ゞゞ.// //_
     ...// __/∠  ......。   ゚ .     .__  __      ゚  .    . .          |::;;:::::;..;;.;;ii:i;;;:;i|;;;..//∠ 〆
      .レ (o丿 ̄. .     。.  .  .// //_.:;ヾゝヽ;;:.:;;ヽ※⌒;;。.;;゚:ヾ         |::::;;:i::::.;;:::.;:;iii;i|::.// __/∠
    ..  __  __  .               //∠ 〆.; ;ゞゝ::;:ミ:;ヽ;;:;;ゝゞ;;ヾ::;;ゞ;:ヽ       |.;...:i:i;;::.:;;:.;:;iii;i| レ (o丿 ̄
       // //_         .,.:ヽヾ.// __/∠..ゝ;;';ヾ;;ゞ::'ゞヾミミ;;:'ヽ;;゚ヾヾゝ;;ヾヽ二二二ゞヾ⌒ヾヾ  __  __
      .//∠ 〆      ..:.;ツヾヽ※;;.レ (o丿 ̄;ゝヾ⌒;;;ゞゞミヽ::ヽ※ヽ;::ヽ;;ヾヾ::;;⌒;;ゞ::ゞ:ゞ;;;ゝヾヾ. // //_
     // __/∠ .       ッ;;ヽ::;";;ゞ::'ゞヾミゞゞ;;ゞヽヾ※;;ゝヾ丶(;; ※:ヽゝ;;';ゞ::'ヽ;;'"丶ミ;;:'ヽ;;゚ヾ //∠ 〆
    .レ (o丿 ̄     ,,ィソ;;ゝ;;ヾ::ヽゝ;;';ヾ;;ゞ::'ゞヾミミ;;:'ヽ;;゚ヾ⌒;;:ゞヾゝヾヾ;;⌒゙ヾ:: "ヽミゞゞ;;:)::)ゞ...// __/∠
  +. __  __   .   イ;;:ゞ::ゝ::;"ヽ:::;ミ;;ゞゝ::ヾ "※ヽ; ; ;ヾ::;;"ゝ;;';ヾ;;ゞ::'ゞヾミミ;;:'ヽ;;゚ヾ⌒::\:ヾ⌒;;ヾ.レ (o丿 ̄
  .....// //_    .,:.。ゞ;;ヾヽミ::; ヽ "ヽ⌒:: ; ;ゞ::;';ゞ\;;:(:.(;;;ゝ; ;ヽ::.;ヽ;;ゝヾ;;※ ;;ヽゝ;;ヽ::;ゝ::;;ゞヾ::ヽ;;ゝヾ
.   //∠ 〆  ..       ソ;; ::" "ゞ; ; ; ゞ゛;::ゞ:ゞ;;;ゝヾヾ※;;ヾ;゚::;;ゞヾ::";;;ゞ::ヽゞ;;\ ゝ; :゙ヽ:::;;※::゚;;ゝヽ;;
。. // __/∠. .          ン;;ミヽ.;ヽ;;ゝヾ;;※ ;;ヽゝ;;ヽ::;ゝ::;;ゞヾ::ヽ;;ゝヾヽ::.;ヽ;;ゝヾ;;※ ;;ヽ..:::ii: ;; ;i|ゞ;ヾ
.  レ (o丿 ̄    ..    ,.;く";; ゝヾ;;:※;;"へ;;;;⌒;;"ミ⌒::ヾゝゝ:; ; ;ヾヽ;;:;※;;ゞゝ; `;ゝ;;".:.:ゝヾ;; ; "):);;;.ii|;;V::;

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM. :    ぼくがしんだひ    ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

誰もいない花畑で独りの獣が笑い啼く。心底おそろしい怪物の嗤う声。ちいさな子供の憐れな泣き声。

誰も知らない子供の涙。――ぼくの思い出が零れて落ちる。
誰も知りたくない化物の心。――ぼくの気持ちが灰になって飛ぶ。
誰かに知って欲しい最後の叫び。――ぼくの名前が、もう、おもいだせない。

寂しい夜風が花を揺らす山中で、一人の子供が死に至り、独りの獣が生まれ落ちた。
2434 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/05/18(日) 23:59:10 ID:fX3s8lAg0
むしろ獣の血を制御して人を超え獣を超え神の戦士になるしかない!
2435 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/05/19(月) 00:02:01 ID:j2qSdKM.0


┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━
┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━


                     |             , -''"    - ''"`''-、,               ',
                     |      _ __, -''"     , -''"    \           ',
                     |          フ ,、-''",、-''"   _ /   | \          ',
                     |      , -''" フ/   ,、-''"/ / "'x/  /|  ヽ           |、`''-、,
                      ',       /   -''" ///にゝ/ / |               | \  ` '' -、,
                      \    / , -''" ヽ//__      / /  |           ∧  \  / ̄
                        \ /   /   ',  {:::::`ゝ / / ',  |           ∧ ',   \|
                       , -''" , -/       ゝ "''‐´ / / ', ',  ',          /  ∨',
                     , -''"  ''" / /    _| `-‐/ /,, -ー、', ',          /   |_|
                  ,、-''"     / _/ _,,、|    / /`  // \  -''"\   /   /ヽ|
            .-''" /     /  | ヽ´   -''"//!!   /   , -''" , -''"/ -''"    /  /
                -''"    / ,、-''-∧iiiiii,!!!! -''" ゝ  !!  /  ,、-''",、-''`''-、,!!!      | /
                     /  ,-'!!!!! |  -''"/ い \ !!!!          !!!\
                 ,、-''/, -''"    -''"|''"/!!  i i   !!ゝ /''''!!!!!!!!!!!iiiiiiiiii彡''  \
            ._,,,, /、'" |, -''"  -''"-''"  !!!!iiiii!!!'''  ',|   /!!!!!> 、     _ `^"'‐- 、.,_
              ./"    / /     | l l l l l  l  l   / /    |  `''-、,     ̄ ̄   ` " '' ‐ - 、.,,_
                 / / /  /| l l l l l  l  l   / /`''-、   |    \'-、
                     /  /  / | l l l l l  l  l  / / | | \\|  \  \ `'-、
                    / / / /  |  l l l l l  l  l   /  レ  \    \  \  `''-、''-、,


   〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

【キャラクターカード:■■■■■】

キイの独立集落に生まれた半ミュータントの子供。男性。顔立ちが良い両親の元に生まれ、なお似つかわしくない
見目麗しさに育ち周囲を困惑させた天性のトラブルメーカー。地頭が良く大人の言うことによく理解を示し、特に母
親の言いつけや教えは必ず守った。素直で気性も大人しく、すこし天然気味の性格で集落の皆に愛されていた。

両親の情操教育の賜物か暴力を振るわないよう自身を強く戒めていたが、人間社会のルール外にある野生ミュー
タントとの遭遇と襲撃により本性が深い眠りから叩き起こされることになる。騙されて山に捨てられたその日に野生
ミュータントの再度の襲撃に会い、自身の本性と能力に開眼。――代償として培ってきた人間性のほとんどを失った。


彼が昂揚時に放つ哄笑は本人に一切の自覚がないものの、生物界においてヒエラルキー最上位の強者が示威的に
行うものである。故に耳にした者は存在の強弱差が本能レベルで刺激され、彼より下位にあたるモノは全てが総毛だ
って怯えや恐れを抱き、時には絶望感から自滅を選ぶ。

そして彼と同等以上の生物というのは、恐ろしいことに自然界には大型種のミュータントの一部ぐらいである。


┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━
┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━
2436 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/05/19(月) 00:02:12 ID:5CnrVZ6s0
それを不完全とは故おこなった、スカ衛門とナンバーズと村人…(ガクブル第二弾)
2437 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/05/19(月) 00:03:33 ID:4jnU6xAY0
不完全? 十分社会と適応できてるやん あれ以上の教育はないな
2438 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/05/19(月) 00:04:33 ID:j2qSdKM.0


        / ̄ ̄/ ヽヽ                                               //  //
            /     ─┼    ─┼    ─┼    ─┼    ─┼    ─┼     //  //
           /        /|    /|    /|    /|    /|    /|    o    o

     }爪
     叶f^ぅ
    rーjニ{{_H{_                  __/{.. ..,       やっふーい ひさしぶりにお涙頂戴話だったぜ!
    ⌒ヽjjニニニ=- __              /:./メヽ:.:.}:\
      ^^ー=ニニニニ=- .        _ト、_ {:i:.{{⌒'j/ミ}从     人情が身に染みらー。渡る世間に鬼は居なかったぜ?
          ``丶ニニニ=- .  __ _,.-= }  }/}`' f 7 /′
             `ー=ニニ=≦≧=-‐=ァ{ {j\ ー/ /{___,     どーよ。ちっと気分悪くなったりした? 問題なきゃいい。
               `ー=ニニニニニニニハ__}ニ\≫x__} ∠
                  `ー=ニニニニ7ニニニ}ヽハ{ rz \_,                  _j }j
                      \ニ/ニニニニニ{  } }Ⅳニニ===-、_______,.:/::X/
                       };'ニニニニニニ}  } }ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ7/ムァ
                       iニニニニニニ{   }}ニニニニニニニニニニニニニニニニニ=='⌒^´
                       |ニニニニニニ}  } }ニ/    ̄ ̄
                          /ニニニニニニニ{  / }i{
                    /ニニニニニニニニ{  ) }i{
                   /ニニニニニニニニニニ/__ 天jり
               -=ニニニニニニニニニニニニ/ ]:::rKヘ,{_
           -=ニ二二二二二二二二二二,∧, !: !\ヽニ=- .
         /ニニニニニニニニニニニニニニニニニニ/ニム j:::|   ヽニニニ=-  _____
.          /ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニム:/    マニニニニニニニニニニニニニ=- .
.         /ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニム     マニニニニニニニニニニニニニニニ=- .
        /ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニム     マニニニニニニニニニニニニニニニニニ\
2439 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/05/19(月) 00:05:57 ID:5CnrVZ6s0
まだ、野性が抜けきってないような…
2440 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/05/19(月) 00:06:25 ID:4jnU6xAY0
今まで大分暗示された情報だったからなぁ
乙おつ
2441 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/05/19(月) 00:08:34 ID:5CnrVZ6s0
2442 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/05/19(月) 00:09:52 ID:j2qSdKM.0


               /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\:.:.:}:-<:.:.:.:.:.:\
. }\         .:':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.-‐:.:.:Y:.:\:.`:.:.:.:.:.:.:.:,
. i   丶.       /:.:.:.-‐:.´:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.':,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.       ぐっは 本家でなんぞ検索ワード出されてんぞ。
. }_  }\ヽ、   レ':.:.:.:.:.:.:./:.:/:.:.:.:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
.  ヽ j  \} /:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;.:.:.:.:{       どーゆーことだよ姉ちゃん! 俺、粛清されんの!?
    }    V:.:.:.:.:.:_:_:.:.:.:′:.:.:.:.:.:.:.:.:/イ!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i:.:.:.:.:..
.__  ヽ   ∨:./⊂イ:{:.i:.:.:.i:.:.:.: .:.:./ililil|:::.:.:.:.:.:.:.:.:.:i:.:.:,:.:.:.:.:.:.i
.   `  }   /^{{ ≦] i:.:.:.:.:|:.:.:.:.:../ilililil|:::::.:.:.:.:.:.:.:.;':.:.,:.:.:.:.ハ:.!      やばいやばいやばいやばい。
     \ /  Ⅵ! ( ;. :.:.::ト、:.:.:.:{i l i l |:::::::. :.:.:.:./:.:/:.:.:.:.{ };        3級昇格前のアサギさん並にやばい気持ち。
        λ  }トx._ ' ;:::::|ili\{i l i l j:::i::::.:.:.:./:.:/:.:.:.:.:.;' j/
..       }L. 」://^!  \Vi l i\l i /^:|::::./}:./:.:.:::::./ /
        }:::「 ̄`ヽ i,    ヽ  `   //l i/:.:::::: :/ /        >>2440 >>2441
...      ;::::::|     ‘,     -‐ 、_    ィーァ::::: 人′
..j{,       ;::::::!     r入  {    ア  < /::::/  ^≫         あいよー乙ありがとよー。
.  >    /::::::|     f^ \  ー イ,}:    /^\ー‐ '            今夜も付き合ってくれて感謝してるぜー。
.,__{ \, /::::::::八    {    7 フ///ハ      :.
   :} }::::::::::::/^V\   Y^ { /////^ }      \
2443 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/05/19(月) 00:11:27 ID:4jnU6xAY0
話題が話題だし…  (・ω<) テヘペロ
2444 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/05/19(月) 00:13:23 ID:5CnrVZ6s0
だって、本社でタイミングよく農家談義なんだもんw

二次で農家取り上げたのここと、グンマ上がりの某スレ位だよ。
2445 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/05/19(月) 00:14:54 ID:4jnU6xAY0
しかしあまりにグンマーは異常だからなw
まだ何ぼか一般人居るこっちに話題が飛ぶのはしょうがないw
2446 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/05/19(月) 00:21:19 ID:j2qSdKM.0


                                                       /{r=ァ
                                                       -ァ‐…:.:.:‐- ..
    チンクは野性が抜けきってないんじゃなく、                     /:.:.:.:}:.:.:._:.:.:.ヽ:.:.:.:.\
    野性を取り戻さんと頑張っている最中だしな。                    /;.:.:.:.:.:.ハ:.:.:ヽ 、:.:.;.:.:.:.:.:.:.\
                                                   { }:.: !:.∧ ヽ:.:.レfヘ!:.:.:.:.:.:.i
    人間の社会とスキルを修学することを覚えた、                 ノ:.:.:トj≫j ハ≪ j:.:.:.:.:.:.:{_
    次は失った能力を逐次取り戻すための修行なう。                    厶ィ}ヾ      /:.rヘ:.:.:.r一
    人生は死ぬまで勉強と修行の旅ってことだな!                   ]   ,--、   /ムィ⌒
                                                   ト、 \  ″  イ]「^
    ケダチクだけど! ケダチクだけど!!                      ー―┘ V^L.\   '′{___/レ‐=ァ
                                                ≫-  ////Y! -‐√/{     ∠
                                             -=≦, イ { L/r‐   -、__/ ,     \_,
      うちは特殊な生態系事情なので!                         /:i:i:i'^:i:i:i:iハ r‐ '´/:i:i:レ':i:{__ ヽ__\ ̄
       特殊な政治環境の下なので!                    /:i:i:i:i/:i:i:i:i:i/   {:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:)   ̄`
     .他所の農業事情は知らねーっ!!                  fi:i:i:i:i:i/:i:i:i:i:i/  /  「i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:{__r==x
2447 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/05/19(月) 00:22:28 ID:4jnU6xAY0
だが独立農家だ   だよな?w
それっぽいんだもんw
2448 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/05/19(月) 00:29:24 ID:j2qSdKM.0


            、__//__
             _,.>-:.:^:.:.:.:.:.:.:.:.:..、
          ーァ':.:./:.:/:.:.:.:.:.:.:.ヽ:\:\
         /:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.;.:.:.:ヽ:.:.       }           >>2432 ないぜ! きれいサッパリないぜ!
          /:.:.:/:.:.ハ:.:.:.:.:.ト、:.:.:.:.i:.:.:.:.:}:.:.:,     ,ノ \_
      .〃i.:.:{:.:./⌒';.:.:.:..「 }:.ト:.|:.:.:.:.i:.:.ハ!  ー- 、 f⌒                                  ケモノ
      .{{ Ⅵ}/__ _ }:.:.:.弌ミハ|:.:/小:{ j.      ヽ{        たった一つの命が消えて、生まれ変わった怪物の体
       | j从 f⌒` 'ハ:./ 辷沙:.:/:./:.:.{_
            ヽ       ー'"^7⌒}: f⌒ヽ      -‐ 、            大型種を越えうる災厄種
             :. ー--- ァ   (_/ヽ{  -― ァ /    /
              〉、 ー‐  /!}「   /_   /- /    /          ナンバーズが討たねば誰が討つ?
   ....、ー- ー--=ニ\    '  」^∧_/ ̄j  / ,/    /
    .-‐一 -=ニ二三三} r=ニ二/  '      /    /\
  . /    /ニニニニ/ノ-‐ /ニニニハ/ ,   ___jノ___/^´     /{     弁務官が来るまでは野放しだったな。
.  ' 7   マニ=- /'"   マー-'"/   {  /⌒`       ‐- /:.:.:.:}
  厶--1_/ーr'’{   -‐ュー‐’}  /:i:ー>-         }:iヽ:.:.:.:\     まったく別の生き物になったので、
.  {:i:i:i:i:i:i:/:i:i:i:ハ >‐'" /^:i:i:i:i:i:i:レ':i:i:i:i:i:/   `ー- ___/i:i:i/:.:.:.:.:.:/     古いからだのことは忘れましょう。
.  }:i:i:i:i:i:/:i:i:i:i:/ /    /:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i{          }:i:i:i:f^:.:.:.:.:.:.{
.  }:i:i:i:i:/:i:i:i:i:/ /    /:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:/^  ー-    _/:i:i:i:リーr―‐'     覚えてたってロクなことならねぇって。
2449 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/05/19(月) 00:33:30 ID:4jnU6xAY0
じゃあもしかしてもしかすると… 両親も生きて……
居ても遇わせる顔がない罠…
2450 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/05/19(月) 00:37:29 ID:5CnrVZ6s0
チンクたんの最終到達点が虎に見えてきた。
いかん、いかん
2451 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/05/19(月) 00:39:48 ID:j2qSdKM.0


.            /:.:.:./:.:.:.:./\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:', \:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:..ヽ
.              /:.:.:./:.:.:.:./ __ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.L,.___j: ト、:.:.';.:.:.:.:.:.:.        心配すんなよー。だーいじょうぶだって。
.           ':/: :.!:.:.:.:/^´ ̄ ヘ:.:.:.:.:.:.:.「 ̄ ]:.:トヽ:.|:.:.:.:.:.:.:.
           ':.:.:.:.:i:.:.:.:{      〉:.:.:.: :.|  ノ/   }:.:.:.:::.:.:.i        このサイドストーリー中で幸福になるヤツ、
              |::::.:.:.:!:.:.:.{ -==ミ jハ:.:.:/ r=ミ、  ':.:.::::::.:.:.!
           从:::.:.:.:.:.:.:Y    /  }V^      V:.::::::::::::::{        ひっとりも居ねーからよ。フルボッコだ。
.           // }:ハ:::::::トミ、           /:ィ:::::::::::八
                { { ト、:::.、            '´  /:/:::::ハ{  ヽ
             \ー- ^`  ー ―   -一'   ノイ:/  `         かのブチウロさんはFate/Zeroの巻末で
                   \_>、                 ムr'             このように後書きを残し感銘を受けました。
                }}  \          / {{
                }}    }\.      イ    }}              後で救われるってワカってりゃ、どんだけ
                        |       ' |                 不幸でドイヒーにしても大丈夫だって。
__    rー―ミ    __    }     ¨    {          -‐ ア    なんの遠慮もしなくていいって素敵だねと。
   ー- }     \fニニニニニニ=- ,ノ         人 _ -=======-'    厶-―---
      }    /ニニニニニニニニ/^`ヽ      イ⌒ヽニニニニニニニニ∧ '´
2452 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/05/19(月) 00:43:10 ID:4jnU6xAY0
Oh… つまりチンクも…
2453 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/05/19(月) 00:48:48 ID:j2qSdKM.0


           , -‐ァ:.:.:ー:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..
          /:.:.:.:.:.:.\:.:.:.:.:.:.、:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ       パトレイバーの後藤さんが言ってた。「みんなで幸せになろう」って。
.         /:.:.:./:.:.:f⌒ヽ:.:.:.:.:{\:.:.:.:.:.:.:i
         i:.:.:.:.{:.:.:/-- _';.:.:.:.|__ }:ハ:.:.:.:.:.          だったら幸せになるよう皆が不幸にならないよーにしなくっちゃ。
         |:.:::.:.';.:.{ _ 云 jハ:j=-/ ;.:.:.:.:|       相対的に見て不幸のドン底スタートすりゃもう不幸はねーのよな。
         |:.:::::.:.刈辷7   {/ 辷圦}:./:.:′
          j:.:.rヘ:{ ハ    ′  /}:.:./        あとは幸せになるしかできねーんだもん。おっけー、問題ねーや。
        ⌒} ハ\         /7:f`
          ヽrt    r っ  /Y          これからがんばって幸せになろーぜ、チンクたん!
  、____ト、  }} \     / {{   - ア
 __}    \ ヽ____  } `   イ    /  /ァー==--ァ
-‐¬       /ニニ}__ノ- ,  L...r=ニム      -=<_          つーわけでイー時間なんで寝るわー。
  , -―   -‐ {ー--{   -‐'   マー-,}   ___    ー- _    もう手持ちの書き溜めもなにもねーからよ。
7     /   入__/ー-<     -‐ ァ^ヽ  ヽ    \__ -‐⌒    次の投下はちょー間が空いちまうな。
ー----:ァ__ -‐::::::::::::\  ーr‐ '   /::::::::::ー- {ー----=ミ
7:::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::i|   |    |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ}          予告は出すから気長に待ってくれな。
′:::::::::::::::::::::::{:::::::::::::::: | !|    |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}}
2454 : ◆ToVRCqC0oc [sage] 2014/05/19(月) 00:50:15 ID:j2qSdKM.0


┏┓                                            ┏┓
┗╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋┛
┏╋────────────────────────────╋┓
┃|                                            |┃
┃|   本日の投下は終了しました。またの御来訪をお待ちして候    .|┃
┃|                                            |┃
┗╋────────────────────────────╋┛
┏╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋┓
┗┛                                            ┗┛



                          ,.r――--r----- 、
                   ,.ィ'  ̄| ̄´ |     |     | ヽ、_
                ,...ィ´ |   |   .|     |     |    |ー-,、
               /  |  |   |    |     |    .|    |  | ヽ
             ,イ   .|  |   |    |     |    .!    !  |  \
      _,. _   / |    |  |   |    |     |    .!    !  |  |\
   vイ::::::::>'` ,!ヾ  |    |  |   |.   |     |    /   /  |  |   lヽ
   >:::::</ ∧,.  / .!    .|  .|   .|   |     /   /   /    !.  |  | ヽ
   !:::ヽ::::_::フ、、,'!  ヽ    !  !   |   |    /   /   /    /  /   .!   lヽ
    ヾ::::::::::::::`´:ノ! '、  ヽ   .!  .!   .| _|,. ―――---- 、__,/    /  /   ./  / \
     `::::::::::__ァ ヽ、\ ヽ _>―‐ '´  ̄              ̄` ー-<_  /  /  / |
      ``        ̄                             ` ー-<___/__ノ
2455 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/05/19(月) 00:53:51 ID:4jnU6xAY0
おやすみー!
関連記事
スポンサーサイト




コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://yarucha.blog.fc2.com/tb.php/5826-e9118b51