やる夫さんは SCAVENGER だいいっかいのおわり

4827 : ◆ToVRCqC0oc [sage] 2014/07/24(木) 23:40:08 ID:P81.OvBY0
浮かれてる馬鹿ってのがどんなキャラを指すのか意図するところが伝わってないけど
確実に「ああ、コイツは間違いなく浮かれてるバカだわ」ってのが一人いるな













                  _.........._ \
              /..:::::::::::::::::>.}ヽ _
             .::::;/:::-‐<7:::::::/::::::.´
                 '::::::{::// /::::::/ヽ:::::::.
      , 、      }:::::::==ミy::イ/_ }::::::::}
      {  }.     从::ト{    {/ =ミ }:::::::ハ
      r ー=ミ     人:{  r―-、   ノ::::イ
      {  ー }  _ 人 乂_ノ ー=彡ハ{
     }     }/   ヽ. }\ _ . イ                  俺のことだよ!
     〈   イ      ト     {
      .′ーィ         ',   ゝ
    ./    {   ´      \ _ >
   /       / ヽ         、, ヽ
   .′   .}  イ           }
   {    // {     乂 _ .:      }
   ヽ   ノ                 ` 、ノ     丶
    ー ´    ',          :   i\     ヽ
                               ',
            i              ′  ヽ  、
            |         }.       , ´    }
           }          {   ./     .′
                  }'    /     /
4828 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/07/24(木) 23:50:51 ID:P81.OvBY0


       ..'⌒⌒ヽ     ヒャッハー
       .| i lレハリi.}∩
      .ノ.(!|●-゚ノ| ノ     ≡ ≪>
      ((.ん}.二⊃    ≡ ≪>
       .〈,_j. ヽ/
         ノ>ノ
        UU

 【パクリスペクトに余念がない姿】
4829 : ◆ToVRCqC0oc [sage] 2014/07/24(木) 23:58:07 ID:P81.OvBY0
つーわけで寝る!
4830 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/07/25(金) 00:10:45 ID:.t2BxXHM0
おやすむ
たしかに全裸は常時躁状態っぽい
4831 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/07/25(金) 00:19:24 ID:QDFU/hcA0
おやすー

浮かれてる馬鹿というのは、スカベンジャーのいろはの「い」も知らずに無謀にも業界に飛び込む素人の事?
とするとナイフ一本とソーイングセットで遺跡に突っ込んだ織莉子とキリカがこの場合該当するかな
4832 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/07/25(金) 10:40:03 ID:hF2fQaoE0
そりゃ無知なだけやで恐らく

キリカちゃんのふとももはムチムチだろうか……
4833 : ◆ToVRCqC0oc [sage] 2014/07/25(金) 21:18:32 ID:7zjEc2o20
アナタがキリカの足がムチムチだと観測したならきっとムチムチなのでしょう
細くしなやかなイメージの人にとってはきっとスラっとしているのでしょう

おりこはむちむちです(確信
4834 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/07/25(金) 21:27:15 ID:.t2BxXHM0
コンビとの差別化としてスラッと支持するぜ!!
4835 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/07/25(金) 21:32:21 ID:oYZ/bR960
ムチムチの鞭使い?(遠くを見つめながら)
4836 : ◆ToVRCqC0oc [sage] 2014/07/25(金) 21:59:36 ID:7zjEc2o20


                                  .r‐ ' ¨¨¨¨¨ ' ー  ,______
                                  .l   ̄ ̄` ー  , `` ー‐,―/.{ ヽ_` ー.  ,_
                                  .∨         丶、  ..`/ |  .ヾー, ./7_},`ゝ
                                   ∨ ヽ      , ‐ 丶  !  ', .',  '.,'.,ヽ,_フ./}
  .やる夫さんには可能な限り手荒にするなと        ..∨ .',   . , '  /.  'ー'¨´ ',  , .',.マ,_ヽヾ
  .言われているのですけれどね……。              ヽ  ヽ _,ノ , '        .∨ ヽ  ',.`','.,.' ,
                                 ー――,.ゝ '´   ,' ,'!      |  .ヽ_    .', ' ヽ '.,
  .生かしておいても後が面倒ですからねぇ。       .¨,フ ´. /   ./ .|/ ',     ..,' ト,  .ヽ`丶 .', ' ' , ヽ
  .アナタにはここで死んでいただきます。      <    ,' ./}    ! .ハ    .‐}/‐ヽ}ヽ,ゝ  .ヽ .'.,.∧ .ヽ
                               ―――‐.| ., ./     , ', .-',   . , ',. r―,',    , ' .`  '., .' , '.,
                               ヽ    .|/ ,'     /'´. _,|   /. 'ー`ー'‐}  ,ィ゙_   ∧.∧ ∧
  .あの人が優しいのは美徳だと思いますが、      `丶, ‐ ' ´  ',  .| ,.ィ´},ィ  ∧}    ./ / .`ト ,_ `丶,.∧.∧ ∧
  .その分だけ私とキリカが厳しくしてようやく   .... _,.イ‐ '゙/   | .ヽ ヾ'ー'´ ,' /ヽ    ./ /  ,'    ,  '´, . '.,
  .釣り合いの取れるのが現実でして。          '´/   ,'   .',  .\ヽ ./ .,.'.  ,  ‐ァ /イ  {-― ' ´   ヾヽ}´
                                !   /{     .'.,',  .`, ' , '  'ー '´ .´ .,'  , ` ー,―‐, '- '´. ト,
                                !  ./`.',     ト}`'./イ`'  ,_, _‐ ', .'!  ト, , ゝ-`ー     `
                                '., {   `ー , .',.イ      , ィ', < '´ {  .ヾ,  ∧`' ー―‐__´
                                 `ヽ  -‐ ' ヽ}     .ァ´ /    }  ,ゝ ,   ヽ .ヽ,  ',´'´



      > "::::::::::::::::へ                          _,..-'''"
.    /:,:::  .´  ̄ ̄へ ミ:.                   _,..-'''":::::_,..-'''"
.  /:./          )::::}              _,..-'':::::::::_,..-'''"
/:/           》:: /          _,..-'':::::::_,..-'''"
/     _   /゙´¨ ヘ/      _,..-'''":::_,..-'''"
  >....:::::::::::::::::ヘ./ /》 ヘ _,..-'''":::_,..-'''"
/:: ∠    ̄ ヘ/ 《/ , -._,..-'''"゙
/     ,, ^ ミ、\_/<
      /" ヽ `\ /
     ./ ヽ  \ 》゙i
    / ヘ. ヽ、  》"》へ                   正直アナタのような豚がどう死ぬか、
    \ 丶_≫"勹 /                   それ自体どうだって良いのですよ。
      \ _ 彡イン
   >:::::::::/                         吐くだけ吐いて楽に殺されるのか、
:::::::::/:::::::/                         ダンマリ決めて苦しんで死ぬのか、
ィ彳へ、 《
〃    /                           どちらでも好きに選んでくださいな。
《    /
.\   \
  ゙ ー─゙
4837 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/07/25(金) 22:00:23 ID:.t2BxXHM0
ひぃぃぃぃいい!!?
4838 : ◆ToVRCqC0oc [sage] 2014/07/25(金) 22:00:24 ID:7zjEc2o20
この子に鞭とか持たせたらアカン
4839 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/07/25(金) 22:17:11 ID:7zjEc2o20


                             `
                              \ ,,_人、ノヽ
                               )ヽ    (
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ - <       >━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                               )     て
                              /^⌒`Y´^\
4840 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/07/25(金) 22:17:33 ID:7zjEc2o20


― -_ ̄― -_ ̄― -_ ̄― -_-_ ̄ ̄― -_ ̄― ― -_ ̄― -_ ̄― -_ ̄― -_ ̄
__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐― ̄ ̄―‐―― ___ ̄ ̄―――  ___―― ̄ ̄___ ̄―==
―― ̄ ̄___ ̄―===━___ ̄―  ――――    ==  ̄―― ̄ ̄___ ̄―===━
__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐―   ――――    ==  ̄ ̄ ̄  ――_―― ̄___ ̄―
 ___―===―___   ――――    ==  ̄ ̄ ̄  ― ̄―‐―― ___
 ̄――――    ==  ̄ ̄ ̄ ̄_――_━ ̄ ̄  ――_―― ̄___ ̄―=‐―
 ___―===―___   ――――    ==  ̄ ̄ ̄  ――_―― ̄ ̄―‐―― ___
 ̄ ̄―‐―― ___ ̄ ̄―――  ___ =―    ̄ ̄___ ̄―===━___ ̄―
__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐―   ――――    ==  ̄ ̄ ̄  ――_―― ̄___ ̄―
 ̄___ ̄―===━___ ̄―  ==  ̄ ̄ ̄  ――_――__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐―
  ___―===―_―    ==  ̄ ̄ ̄  ――_―― ̄ ̄―‐―― ___
  ――――    ==  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ―― __――_━ ̄ ̄  ――_―― ̄___ ̄―=
4841 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/07/25(金) 22:18:06 ID:7zjEc2o20


                              ――やる夫さんは――
      __       __       _    __ __  ___  _    _      __     ___   __
     ./////,\  //// \  /// \  |///|.|///| |///// | |/∧  |///|   //// \  |///// | |/////\
    |///∩///l /// ∩///! ///////ハ |///|.|///| |///| ̄  |//∧. |///| ////∩///! |///| ̄  |///|∨/∧
    ∨//\ ̄  |/// | !///| |/// ̄ ┘ |///|.|///| |///|_  |///∧|///| |'///,| !///|  ///|_  |///|/////
      \///\. |/// |  ̄   |/∧    、 |///|.|///| |///// | l ////////| |'///,|  ̄  |///// | |//r¬/<
     .l777l∨/∧ |/// | !777l |///≧ァ'7{ |///|」///| |///| ̄  |///|∨///| |'///,|「777l |///| ̄  |//| .|//∧
     .|///∪///| ∨//∪///! !///「|///| ∨////// . |///|_  |///| .∨//| ∨//∪///| |///|_  |/i「  |」^l/|
     \'/////  \///_/  |///| l///|.  ∨////   |/////_| |///|  ∨/|   \//l¨℡」 |///rf℡ T」   _|/|
       ̄ ̄       ̄      ̄   ̄    ̄ ̄     ̄ ̄ ̄    ̄     ̄      ̄       ̄            ̄

                             【だいいっかいのおわり】
4842 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/07/25(金) 22:19:12 ID:oYZ/bR960
あかん、冗談でも二人に鞭持たしたらヤンデレ大決戦始まるw
4845 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/07/25(金) 22:20:31 ID:7zjEc2o20


                                      /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\.:.:.:.:.:.:.:.:..┏┓┏┓
   あらあらまぁまぁ――御機嫌よう?              /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ.:.:.:%.:.:..:.:┏┛┃┃┗┓
                                   /:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.{:.:.:.:.:.:.: }:.:.:.:.%.:.:.:.┗━┛┗━┛
   のこのことよく顔を見せに来られましたね。      /:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. /{:.:.:.:.:.:.:.:}.:.:.:.:.:.:.:.:..┏━┓┏━┓
                                        ,'.:.:.:.:.:{.:.:〃.: /.:.:.:.:.:.:/.:.:.:. /  {:.:.:.:.:.:.:.:':.:.:.:. }.:.:.:..┗┓┃┃┏┛
   ずいぶん遅かったじゃありませんか。        ,:.:.:.:.:.:.:{.:.:{ /___彡.:.:.:. /⌒ヽ {:.:.:.:.:.:.,':.:.:.:.:.:.}:.:.:.',:.:..┗┛┗┛
            . .                     .:.:.:.:.:.:.:.乂{_〃⌒ ____/  ,._ {:.:.:.:. /:.:.:.:.:.:.:.}:.:.:.:.',:.:.:.:.:.:.:.}
   見ない間に偉くなりましたねぇ、やる夫くん。    .{.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.} んハ       ノ⌒\{:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:}:.:.:.:.:.',:.:.:.:.:. }
                                    {:.:.:.:/:.:.:.:.:. / 乂り         んハ 乂:/.:.:.:.:.:.:.:.:.: }ミ:.:.:.:.:.:.:.:.:. }
                      __∧               ',:. /:.:.:.:.:. /   ノ         乂zノ 》:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:}ノ}:.:.:.:.:.:.:.:.:.:}
                      i「 ̄               У.:.:.:.:.:. {   `        "" /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:}ノ:.:.:.:.:.:.:.:.:.リ
                   》    /⌒Y          {:.:.:.:.:.:.:.:.{            /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. 八:.:.:.:.:.:.:.:.:/
                     ≪     |  l            {.:.:.:.:.:.:.:∧           /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:\:.:.:.:. /
                      |  |            ̄ ̄「.:.:∧ ーr─┐    ^^⌒\/.:.:.:.:.:.:.:.: /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./
                     _|  |__           |:.:.:. ∧ 乂 ノ        ,.:.:.:.:.:.:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.ノ/
                    /       |            |.:.:.:.:.:込         ´ /.:.:.:.:.:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:彡ヘ、
                   /      _├ミ           |:.:.:.:.:.:.:.:.〕ト  __ ィ   /.:.:.:.:.:.:.:.:./`¨¨¨¨¨¨¨¨¨}
                    {  {  {  (___  Y           |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|        }   /.:.:.:.:.:.:.:.:./.........................../
                     乂_}_}  }_ノ   }          |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|     ノ /.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.........................../


ヤバイでトンガリ! 想像以上にキレっキレや、この姐さん! 暖簾を潜った三人の最後の一人、やる夫の顔を

見た直後の対応である。お怒りは御尤もと言い訳もないが、淑女がその手つきをするのは止めていただきたい。

かつて仕事を蹴り飛ばして迷惑をかけた得意先の一つで、やる夫自身もずいぶん世話になった女性である。

彼女に面罵されることを耐えて詫びねばならないと覚悟したツモリだったが――やはり堪えるものがあった。
4846 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/07/25(金) 22:21:15 ID:.t2BxXHM0
もしやこの直後に…
4847 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/07/25(金) 22:24:53 ID:7zjEc2o20


         :::::::::::::/ ̄ ̄∨ ̄ ̄\ ::::::::::::::::        その節には操さんにも大変な御迷惑をおかけした事、
   ::::::::::::::::::::::::::::::|  / ̄ ̄ ̄\ |:::::::::::::::::::::::::
    ::::::::::::::::::__|/  _ノ  ヽ、_ \|__::::::::::::::::.     いまさら詫びのいれようもない事も承知してます。
   ::::::::::::::/  / ((>)) ((<)) \  \::::::::::::::::
  :::::::::::::::::|   | o゚  (__人__)  ゚o|   |::::::::::::::::::::::::   けど今日、ここに案内した二人には関りないことですんで、
 :::::::::::::::::(⊥_⊥)\___`⌒´__/(⊥_⊥):::::::::::::::::
    :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: 彼女達の持ち込み品の買取りだけお願い致します。



必死の土下座である。自分は彼女に許しを乞う資格がない。謝罪をするならもっと早くにするべきだったのだ。

だが自分はともかく少女二人に関係のないことで、巻き添えを食らわせるワケにはいかない。

やる夫が遅まきながらも頭を下げることだけを果たし、自分にできることだけはやったはずだと顔も見れない恩人

と事態に戸惑う少女二人に背を向けて店を去ろうとする。その背中へと、操の言葉が溜息混じりに投げられた。



       /  ̄ ̄ ̄ \:
      ::/        ::::\:        操:いちおう官営ですのでね? 買取り拒否はしませんよ。
     ;: |          :::::::| :
      \.....:::::::::    ::::, /
      r "     .r  /゚。            けど、そういう話じゃなくてですね、やる夫くん。
    :|::|     ::::| :::i
    :|::|:     .::::| :::|:               詫びのいれようがないって言ってる時点で、
    :`.|:     .::::| :::|_:
     :.,':     .::(  :::}:            私が怒っている理由を分ってないんですよ。
     :i      `.-‐"
4848 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/07/25(金) 22:26:45 ID:7zjEc2o20


          ____    アウアウ
       / ノ  \\                      操:どうしてもっと早くに言いに来なかったんですかね?
      / (●)  (●)\
    / ∪  (__人__)  \                事情なんて、私に限らず、もう皆が耳にしてますよ。
    |      ` ⌒´    |
     \ /⌒)⌒)⌒)   //⌒)⌒)⌒)            もう仕事はできないなんて一言だけ電話で投げて、
    ノ  | / / /   (⌒) ./ / /
  /´    | :::::::::::(⌒)  ゝ  ::::::::::/               一人で思いつめて何もかも終わったツモリでしたか?
 |    l  |     ノ  /  )  /
 ヽ    ヽ_ヽ    /'   /    /
  ヽ __     /   /   /


返す言葉など最初からないので言われ放題なすがままである。言い訳の一つぐらいしてみせろ、というのが大半を

占める御説教だが、トゲだらけな言葉の裏には『そんなに自分たちは信用ならなかったのか』という悔しさを含んだ

思いやりがあった。――諦観に憑かれた荒んだ日々の中で忘れてしまっていた、浮世の情けがそこにあった。
4849 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/07/25(金) 22:27:38 ID:oYZ/bR960
さあ、反省するなら 仕事しろとか言いそうな姐さんです。
4850 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/07/25(金) 22:28:05 ID:.t2BxXHM0
人情だなぁ
4851 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/07/25(金) 22:28:55 ID:7zjEc2o20


          , 、、  ,,                   丿⌒ヽ、
        , '  ____ " 、、               /⌒     ヽ
         , '   /⌒三 ⌒\  ',          (  す  す   )     操:みんな待っているんですから、
       ;  /( @)三(@)\  ;          )  い    `  (
       ; /::::::⌒(__人__)⌒:::::\ ;  _     /  ま     丿.       ちゃんと連絡してあげなさい。
        |  u   |r┬-|  u  | ;   ヽ 、_ノ    せ    /
       \   u `,. -'"´´ ̄`ヽ ;    ヽ、_ノヽ  ん   ノ.          わかりましたね?
    _   /    (___   | ',          ) :  (
  ,、'  /              |  ;         (     /
 、 ( ̄                |  ;         ヽ、_ノ
     ̄ ̄ ̄|               | ;


遺跡で「どうしてこんなに金になるものを見落としているんだ」とホザいていた自分が恥ずかしくなる。

自分はもっと大事なものを、こんなにも心配してくれる隣人の存在を、すっかり見落としきっていたのだ。

妹を学校に行かせて遊ぶ間もなく仕事に没頭していた自分が、勝手に一人で生きている錯覚をしていただけだ。

自分を見失っている者に、他人を見る余裕も、他人に見られていると知る能もない。そういう間違いへの叱責だった。
4852 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/07/25(金) 22:29:39 ID:7zjEc2o20


                     _ _
                     '´―- 、`ヽ.、
    Y  ̄ ̄ ̄   ` '' ー-- 二ミ:''::::-::゙ヽ::::`ヽ
    |              ...::'´:::::::::::`:ヽ:::::`:::::::::ハ
  /´|   _        ,..:'´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ゝ、
. /  |   フ''''''''''''''''''./::::/:::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ         なんだかスッカリ蚊帳の外って感じだね。
.{ 、______レ '´     ゝ´:::/::::::::/:::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ
.`L_         /://:::::::::/:::::::::/::::::::::::/:::::::::::::/:::::::::::::::::::゙、.     あんだけ叱られるって、やる夫さんなにを
   |     ,  '´ /イ../:::::::::/::::::::/:::::厂:`,i::::::::::::/::::::/::::i::::::::::::::i
  .└- ィ'´    l゙ .|/:::::::::i:::::::/:::Fぇ<´l::::::/::/:::::::/:::::|:::::::::::::::|      やらかしたんだか……。
      .i     | .i:::::::::::i:::::::i:::/ 代_)j`i.|:/i:::i:::::::/ト、:::i:::::::::::::::i
      .i      i .l:::i::::::i:|:::::l::/ `¨''''´  |! .|i_|/、、 i:::::i::::__i
       .i      レ゙i:::/,..|:::::::|、       /小\!ノ:::└─┘
        i     | l/ .` |:::::i ヘ.  _ '   .ヾ辷ソ >:::===:|
        .i     |   |::/r.∧'`'ヽ  u ./::::::::::::::::/.     操:誰にだって事情があって都合もあるんですよ。
         ハ      r‐'´|! .|´  .‐ z-----/::::::::/:/i/
          ヽ  _ ... l  .|、ォィ--― | //:::::::////         いきなり仕事を投げ出されるのも困りますけど、
         _... -‐ ' l /´乂..|    |___/::::/ /
       ,.'   ' ' ' ' ´|::::::::::::|  ,. '´ //ハ                頼める相手が居なくなるのはもっと困るんです。
      /        / ̄::::/'´   イ   i
      i       ./::::::::::/' ' ' ' '  /     i                私が急に店を畳んだら、と考えれば解るでしょう?
4853 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/07/25(金) 22:30:32 ID:oYZ/bR960
わーい、人情に暑いいい人だ(ゼロの心配しつつw)
4854 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/07/25(金) 22:31:21 ID:7zjEc2o20


                        ,  ⌒ヽ
                    __    /      \.      操:なら、やる夫くんも事情から仕事を断る事もあるでしょう。
            _,  ´ - 、  `  {r  、    ヽ
           /⌒    ヽ  \    :.              私達がそれを考慮せず仕事を断られて絶縁するとでも?
         , /       :.        :.
           / '    :     ト、   i   ヽ          i.     大人をバカにすのも大概にしなさい。
          ,  .  ハ i iト    :.厶斗‐   i\     │
.         i  i  i 斗jハ   :i j/ j/i   !  :ト、     !
.         l   ´|     ヽ  !ィ灯汽.!  , -、   :.    i        やる:スンマセン! スンマセンシタ!
.          j! i  |ィ灯汽  :.   炒  ;  ( i   !   :
          ハト   炒   , j/     / / r' /   !    ハ
        /  j ヘ !        ,   / ィ  ´   '   / :i     でも、どこか嬉しそうにも見えるし、今は黙っておきましょ。
         ハ. 人     ー     彡イノ /j!  /   ,  :!
           i l ハ             ィjィ     ,     ; 丿    私達の知らない大事なお話を、ようやくできたみたいだし。
            :j/从{.  ≧  __  ≪ i         i、
                    __|     |      ;  i  | \
             __  イ¨ノ      ーァ=- 、i  ハ !  \
         ヘ≦/////ハ 、_  _,   ///// | i/∧ ヽ    、
        ハ/\/////∧ー――‐一//////∧ i//∧ \
          i////,\////ハ      ////////,j////∧     i
          |///////ヾ//∧     ////≫≦///////,i!       '
          | ////////≫x∧__/x≦////////////,iト、   ∨
4855 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/07/25(金) 22:32:32 ID:7zjEc2o20


 【30分後】


         / ̄ ̄ ̄ \
      /   :::::\:::/\
     /    。<一>:::::<ー>。             ディスパライズ! ディスパライズ!
     |    .:::。゚~(__人__)~゚j
     \、   ゜i⌒i.⌒´,;/゜.             足の感覚よ帰ってこーい!!
    /  ⌒ヽ.ノ ノ'"´(;゚ 。
  :./ ,_ \ l||l 从\ \.                操さんの説教が長すぎんよぉ……。
  :.と___)_ヽ_つ_;_ヾ_つ.;.
         ベシベシベシ


                                      /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
                                         /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ.:.:.:%.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:
                                    /:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.{:.:.:.:.:.:.: }:.:.:.:.%.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::
                                     /:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. /{:.:.:.:.:.:.:.:}.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: }
                                      ,'.:.:.:.:.:{.:.:〃.: /.:.:.:.:.:.:/.:.:.:. /  {:.:.:.:.:.:.:.:':.:.:.:. }.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:}
   はい、ではこちら買取り査定が290円。        .,:.:.:.:.:.:.:{.:.:{ /___彡.:.:.:. /⌒ヽ {:.:.:.:.:.:.,':.:.:.:.:.:.}:.:.:.',:.:.:.:.:.:.:.:.}
                                      :.:.:.:.:.:.:.乂{_〃⌒ ____/  ,._ {:.:.:.:. /:.:.:.:.:.:.:.}:.:.:.:.',:.:.:.:.:.:.:.}
   内訳はやる夫くん150円、お二人140円です。   {.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.} んハ       ノ⌒\{:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:}:.:.:.:.:.',:.:.:.:.:. }
                                    {:.:.:.:/:.:.:.:.:. / 乂り         んハ 乂:/.:.:.:.:.:.:.:.:.: }ミ:.:.:.:.:.:.:.:.:. }
   今日一日分の、命の代金ですのでお大事に。    ',:. /:.:.:.:.:. /   ノ         乂zノ 》:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:}ノ}:.:.:.:.:.:.:.:.:.:}
                                     У.:.:.:.:.:. {   `        "" /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:}ノ:.:.:.:.:.:.:.:.:.リ
                                   {:.:.:.:.:.:.:.:.{            /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. 八:.:.:.:.:.:.:.:.:/
                                   {.:.:.:.:.:.:.:∧           /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:\:.:.:.:. /
        織:はい、ありがとうございます。          ̄ ̄「.:.:∧ ーr─┐    ^^⌒\/.:.:.:.:.:.:.:.: /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./
                                          |:.:.:. ∧ 乂 ノ        ,.:.:.:.:.:.:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.ノ/
                                          |.:.:.:.:.:込         ´ /.:.:.:.:.:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:彡ヘ、
                                           |:.:.:.:.:.:.:.:.〕ト  __ ィ   /.:.:.:.:.:.:.:.:./`¨¨¨¨¨¨¨¨¨}
                                           |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|        }   /.:.:.:.:.:.:.:.:./.........................../
                                           |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|     ノ /.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.........................../
4856 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/07/25(金) 22:32:40 ID:.t2BxXHM0
肉親がまったく尊敬できなくて、他人がすばらしい人格の持ち主…
あるある…
4857 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/07/25(金) 22:34:02 ID:7zjEc2o20


                     _____
               / _ノ  ヽ_\            操:では帰られる前に、やる夫くん、最後に一ついいですか?
              /  (○)  (○)
                 /     (__人__)  ヽ
                 |  U   ` ⌒´   |              なんスか。説教の追加は流石にもう勘弁して下さいよ。
             \         /
             /         \
            /  ,        l  |.          操:今度から困ったことがあったら誰かに相談しなさい。
               /  /|        |  |
           /  / .|        l! .|.            少しぐらい素直に周りの大人を頼りなさいね。
             /  /  |        || .|.                       . . .
          /  く  . |         l'  {.            迷惑かけた分だって、働いて返せばいいんですから。
         (__{ー'   |    |     .|ヘ__)
               |    |!     |
                |    ||    |.               ……ええ、はい。御用があれば安くさせて貰います。
                 |    l.!     |
                  |    l.|    |
                 ノ    l !    ヽ.           操:はい、よろしい。じゃあこの話はオシマイです。
                (___ノ ヽ ___)
4858 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/07/25(金) 22:35:42 ID:7zjEc2o20


.                                              (ああもう、とても人に見せらんねぇ顔だぞコレ)
┼┤│  ││;;;||-|-|-|-|-|-|-|-|-||::::::::::::::::::::::::: ||-|-|-|-|-|-|-|-|-|││
┼┤│  ││;;;||-|-|-|-|-|-|-|-|-||::::::::::::::::::::::::: ||-|-|-|-|-|-|-|-|-|││  クソ共からかっぱいだ得物はくれちゃるから、
┼┤│  ││;;;||-|-|-|-|-|-|-|-|-||::::::::::::::::::::::::: ||-|-|-|-|-|-|-|-|-|││
┼┤│  ││;;;||-|-|-|-|-|-|-|-|-||─────||-|-|-|-|-|-|-|-|-|││  二人とも本当にこの仕事をまだ続けるのか、
┳┥│  ││;;[田田田田][田田田田][田田田田][田田田田] |..│
┻┥└─┘,,|/=======================================;;;|..│  いっぺん家族とキッチリ相談しろな。
 ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ
ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄
 ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄
==@==@==@==@==@==r─ー─‐-──ー┐@==@==@==@==@==@==
─────────‐| 人  形  屋 .│─────────      んじゃ、やる夫は酒と食いモノ買って帰るお。
:: : :| |;;| :::: :::: :____`ー─-─-‐ー─┘____:::::::::::::: :| |;;|
  | |;;|   ::||三三三| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄|三三三||:    | |;;|      お疲れさん、二人とも。気をつけて帰ーれお。
  | |;;|   ::||三三三|__|__,,ノ___,ノ___,,|三三三||:    | |;;|
  | |;;|   ::||三三三三||::::: :::::::: :: ::: ::::: ::||三三三三||:    | |;;|                 ____
  | |;;|   ::||三三三三||:::::: ::: :: :::::::: :::: ::||三三三三||:    | |;;|               /      \
  | |;;|:::: /||三三三三||:::::: ::: :: :::::::: :::: ::||三三三 /:: :::::::::::::| |;;|:::::              ./         \
| ̄ ̄| ̄ ̄|. ||三三三三||:::::: ::: :: :::::::: :::: ::||三三三|| ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄          /            \
|    |    |. ||三三三三||::::: :::::::: :: ::: ::::: ::||三三三||  |    |    |            |   _,   /        |
|    |    |. ||三三三三||::::: :::::::: :: ::: ::::: ::||三三三||  |    |    |            \(ー⊂ヽ、∩  u    ノ
|__|__|/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;||_|__|__|_            |  | ゝ_ \ /  )
                                                        |  |__\  ” /.
                                                        \ ___ \ /


※福本モブ三人の所有物:単分子ナイフ2本と安物の工具一組、最低グレード防弾ベスト3着
4859 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/07/25(金) 22:36:27 ID:.t2BxXHM0
駆け出しにはまあ十分かなぁ 工具もあるのはいいね
4860 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/07/25(金) 22:37:07 ID:7zjEc2o20


           __ __
       , -=        =- 、                 やる夫さん、お酒と食料品を買って帰るんですよね?
     ./   /          >、 _ _
    /   /    l          ヽ    .゛,
    /   / l  ./. l    .l      .ヽ   .ノ
   /  /,  l /,/l     .l  l     .ト   /.             やる:今日はもう出来合いのモンで済ませるけどね。
   l   l   .l/-l-イ   l l l     l   .l
    、  l ィf示k, lヘ  / `ト.l l   .l   .l.                 なんかもう色々と疲れて作る気がせんお……。
    ヘ  .l ヘ辷ソ  ヽ/ 笊勿/  ./l.l   .l
     ヽk k:ヘxxx   ,  ゞ゚ソ / /リ   l
     ヽ  .ト   ‐-  -=イ-イ      l
      ヽ l l> _  -<l/  /l     .l.          でしたら、私に作らせてもらえませんか。
      _,,.ヘ:ト  7^ ト-- l / ヽ    .l
    /::::::::::l::::::ヘ  |フト,|/ kl///l l    l            それぐらいしか御礼できることもありませんので。
   /:::::::::\ヾ::::::>ソ/ヽlヽ/::::::::::::l l    .l
   /:::::::::::=x;<::::::lL/l oゞソ ヽ:::l/:::l l    k
   ヽ::::::::::::::::ヽ/\:liヘ |il:/::::::ヽ:::l l    lト
    マ:::::::::::::::∧::::::li::ヘl/::::::::::::::i:::l .ト、    ヽ         やる:気持ちはありがたいけど親が泣くお、その発言。
    ヽ:::::::::::::::∧:::::::::\:::::::::::::リ::l ヽ    トヽ
     ∨:::::::::::::∧:::::::o::l::::::::::ノ::::l  lヘ.   ヽ \..           今日会ったばかりの男の家にあがりこむなお。
      マ:::::::::::::::∧::::::::::l:::::::イ:::::::l  l l   l  \
      >ヘ:::::::::::::∧::::::::l:::::::l:::::::ム.  l l   ト
      l:::::ヘ::::::::::::∧:::ol:::::::l::::::::::i  l  ヽ  ヘ
      ノ::::::ヘ::::::::::::∧::l:::::,,::::::::::::l    ヘ   l
4861 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/07/25(金) 22:37:28 ID:oYZ/bR960
毒親て言葉もありますし…
身内が問題だらけの分、仕事関係いい人集まってんだよなー
4862 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/07/25(金) 22:37:49 ID:.t2BxXHM0
すでに世話女房(ヤンデレ)の片鱗がwww
4863 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/07/25(金) 22:38:28 ID:7zjEc2o20


                                                   /::/:::::::::::::::::::::::::::::::::i::::::::::i::::::::::::::::::ハ
    まぁまぁ。遅くならないようにして帰るって。                ,.彳::::::/:::::/::::::i::::i::::::::::::ハ::::i::::::゙、::::::::::::::i:::゙、
                                       ,.--- .、. _ ´, /:::::::/::::::/::::/:|::::l::::::::::::|―‐+女::::::::::::::::|::::l
    それに今日会ったばかりの女の子を襲う     ../        //:i::::::/:|:::斗弋´|::::l:::::::::::| | ヽiヘ\:゙、::::::::::|::::|
                                      /     ヽ ヘ   /',l::::::i::::|::/i::::斗 |ヾ:|ヘ:::::::| ,二ニニ、、ヾ ::::::::l:::::|/
    ような甲斐性ないでしょ、やる夫さんは。       .i       ヽ ゙、´ /|::::l::::::l:i,斗代氏` ヽ、\i ´ 代刈 ゙リ::::` 、l::::::|マ
                                     ゙、        ヽi. l |::::l::::::::|:、ヽゞ斗’  \ ヽ  ゙゙゙̄ l:::::::::::i:::/i| マ
                                      ゙、        ヽ  l:::ハ::::::::iハ ´、、、、. '       ./i::::::::::i:::j .|゙、マi
    織莉子だけ行かせられないし私も行くよー。       ゙、        ヽ ∨ i::::::::::::i        _.._   ´l:::::::::/:::l .i  >´
                                        ゙、        ヾ  i:::::::::::ゝ    ヽ´  `'ノ  /i:::::::::i:|:::i /
    女の子二人の御酌付きだ、やったね。            ゙、         ゙>|::::::::::::::\   `  ´   /i:::::::/ !:'<
                                         ゙、           l:::::::::i:::::|.>、 _ ,..  ,´!=l:::::r '´   ヽ、
                                          ゙、   /      l:::::::|と´  |;;;;.-‐ '´ , .i::::∧\     ト
                                        ゙、/        l::::::|、`二´. -‐ ' ´  l:::::|   \   .i
     や:おまえホント痛い目見といた方がいいかお。         .゙、        i:::::| .i _r-、_レi   , /i::/|
                                             ゙、/    >;;';;;´;;;/;;/;;;;/;`;;<´/.∥ .|
.        ちょっと装甲服ゲンコツいってみるか?            i  ,.;;';´;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ/  |
4864 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/07/25(金) 22:39:15 ID:oYZ/bR960
肉食系ヤンデレでないだけ…(今後は進化…)
4865 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/07/25(金) 22:39:26 ID:7zjEc2o20


     ━━━╋╋━┓┓┏┓    ┃┃┃      ┃      ┃┃
       ┏━┫┃  ┃┃┛┗┓      ┣┓    ┃          ╋┻┓
       ┗━┫┃  ┃┃    ┗┓    ┃┃  ┃┃          ┃━┛━━━
         ━┛┃━┛       ┗    ┃┗━┛┗━━┛    ┃


                                           ,  -‐-- 、
                                         , '       `
                                         /          ∨
                                         |  ┌―――┐ .|
                                       , -┤   ̄|| ̄|| ̄  |
                                     /  ::|   iニニニニニニi  |
                                     /\  .::::|   _||_||_  |
                                  /\  |  :::|  └‐――‐┘ |
                                  /\  _:::::::|          |`,_  ,-、_
                                 ,|、 ::::|::::::` `  ー―-- ,__ /:::::.... ̄::つ':::::`i
                                 |  `i-,,|::::::        /  \::::::::::::::::: (:::::::::/
                                 |---' !_!:::::::::................:::/     `ー--'`^´`ー'
                                 `ーt-':::::::::::::::::::::::::::::::/
                                / `V:::::::::: / ̄\:::::::,!
                                  / .,人::::::::/ / ̄ `<’
      ,γ⌒ヽ          ,γ⌒ヽ       `-く/:::`;-`.、/::::::/ ̄∨
     /     )、      ./     )、       .\| /:::\::/::::   |
     {      ,,>    .{      ,,>      .` ー‐' |/ ̄ _/
     ゝ、   ,,ノ      ゝ、   ,,ノ             |_  \
       `‐-‐"         `‐-‐"                       ̄ ̄


   ━╋  ┓        ━┓  ┃┃   ━╋  ┃┃         ╋━  ━┗━━
   ┏┫  ┓        ━┓┓       ┏╋━┓┣┓       ┃    ┃━━━┓
   ┗┫  ┃━━━┃  ┃┃       ┃┃  ┃┃┃  ┃   ┃┏━╋      ┃
     ┗━┛      ┛━┛┗       ┗┛━┛┃┗━┛     ┗━┛  ━━┛
4866 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/07/25(金) 22:39:58 ID:.t2BxXHM0
廠ちょ(ry
4867 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/07/25(金) 22:40:29 ID:7zjEc2o20


【キイ市街・中央部:(元)扇工務店】


.   ____   . |             ./"'' ‐- ,,.._
   |i―ii―i|   . |            /   . |      "'' ‐- ,,.._
   ||_||_||   . |          ./      |            "'' ‐- ,,.._
   ||―||―||   . |        /        .|                  "'' ‐- ,,.._
   ||_||_||   . |      ./          |              ' ‐- ,,.._      "'' ‐- ,,.._
   '―――'  ...|     ./           |        ーー''''"゙゙ |     "'' ‐- ,,.._      "'' ‐-
           .|   /      〆|      |        |_,,,、--''"゙゙' ‐- , ,.._       "'' ‐- ,,.._   |
           .|  .|     .〃  |      |    .∩         ‐- , ,.._  " '' ‐ - , ,.._       "'' ‐.
.━━━━━┓ . |  .|  >、  |_ソ     . .|     | |                      " '' ‐ - - , , .. |
.工 務 店  ┃ . |  .| | 丿           .|    .∪           ┌ ,,.._              __.
.━━━━━┛ . |  .|              |              |       ||"'    ,. - 7///////7‐,、
           .|  .|              |              |       ||.  ,.ィ/////////////////>,、
  ┌───┐  |  .|              |              |       |.///////////////////////,ヽ
  |      |  |  .|              |              |       //////////////////////////,'∧
  |      |  |  .|              |              |      ///////////////////////////////',
  |     .0|  |  .|              |              |     .////////////////////////////////,'l
  |      |∩ |  .|             |              |     ./////////////////////////////////l
  |      |.|.| .|  ミ、、           .|              |     .l/////////////////////////////////!
  |      |∪ ||       ミ、、      |              |     .リレ!'//////////////////////////////,l
 """"""""""""""""          ミ、 .|              └    ..{.l'//////////////////////////////,l
    """""""""""""""         """""""""""""""""""""         .!'//////////////////////////////,!
          おー、けっこういい家に住んでるねー。                V/////////////////////////////,l!
                                                 V////////////////////////////,l!
          人形屋の店主さんとも仲が良いみたいだし、             .V,∨///////////////////////'"/'
                                                   V, ∨/,lヾ/////////////}////' ,゙
          工場まで持ってるってスゴイね、やる夫さん。            ゙、 ∨,l _,} V从从//V {._ ///〃 ,
                                                  ,     `   ̄ ̄  ´   .、′
         (……なんでスカベンジャーやってるんだろ)             ´                       、
                                               /                        \
4868 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/07/25(金) 22:41:52 ID:7zjEc2o20


                  ホントに家まで着いてきやがった……。                      ´  /ハ
         ____                                       ____ _    ,/   { {
       /      \.    キミら貞操観念とかどうなってんだお。   ...´          ` , i      i
      /三_',!`zx二 \                            /              ヽ∨ /  _{、
    / ´ー¨‐` ´ー¨‐'' \                          /  /       ト、 ヽ  ' ,   '.,V /   ノ
    |      (__人__)     |                           / / .,   /   i   | ヽ、}    i  iV    i
     \    ´ニニ`    ,/                      ,' / i{  ./{i.  l、  .i V  、   |  i ∨   |
     /⌒ヽ    ー‐   ィヽ                         レ'i  i{ 笊芋ミ{i. l、 i 笊芋ミ|  i/ |i } !    |
                                           |  iレ! イJ::::i}、  iVイJ::::::i} 》 ,.イ !/ i   |
    変なことする気になる人なら遺跡でされちゃってますし。    |   i .乂_ノ ` 、l ! 乂__ノ/'´ } ,/ i    i!
                                         ノi   i人          厶  /    i    |
    命まで助けられた、相応の信用を置いた結果かと。            ゝ ______ ノ      i   i




                    ,、ヾ、キ∨iyi,_               ┏┓┏┳┓  ┏━━┓
                 ノ=ヾ``ヽi7〃≠ク7≧k.           ┏┛┗┻╋┛  ┗┓┏┛
               _ノ ,彳 ̄ ̄``´ ̄ ̄ ̄`ヽ斗           ┗┓┏┓┃  ┏━┛┗━┓   ┏┓
              ≦7   ,;          ヾ辷、         ┏┛┃┃┃  ┗━┓┏━┛ ┏┛┗┓ ┏┳┳┓
              彡ィ j;;;〃¨` -∨--彡´ ̄ ヘ ijキ..      ┗━┛┗┛    ┏┛┃     ┗┓┣┛ ┗╋┛┃
              jイiN〃イ...__ ヽ  ′_,---ニキi=ル                     ┗━┛       ┗┛     ┗━┛
              彡斗'´七=≧ヾ、,i,_ '´匕ニ-、ヽキ三f
               テ仆 ,-rッ-t  ,; ::::r-rッ-,t ヾ乍
              キj!   `‐‐彳 :| !::ヽ`‐‐彳 i孑'
                キ;i        / | !ヽ 丶   jハ′
               j !',: : : : ,:' ノ-、__z-':, ヾ:::::::/ ).j.      なぁに玄関口でグチャグチャ言い合ってんだ、おめぇ。
               Ⅵ、:',:::::r' ,=ニニニニヾ ':,::,':::i 7
                  ヾ、i. ',::: ;::i' ,ィニニマ、',; i : :.j/      女でもテイクアウトして来たってーなら席外してやろうか?
               ヾj、 j::: j; ;i .:‐‐‐‐、 j:; i  .从
                    | ヘ: j; l  7; ;; ;ヾ,ノ; ;i :/if'
                j  ヽイ7〃;; ;; ;; ;; ;; ; i |
              ,--ノ  〃! ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;;,j .!
         _,-、_, ィ  > 、__  j;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;;〃.八==、
    ,-‐ '"   i   ',     ≧----i、ノリヾイ-----≦ >、_
  . イ7        i   .',      |   l|--|l   j   /´    ``ー 、
4869 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/07/25(金) 22:42:19 ID:.t2BxXHM0
こういう時だけ気遣いのできるオッサンwww
4870 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/07/25(金) 22:42:48 ID:7zjEc2o20


          _ -=ミヾ弋j i / } Viー-z
       _,r ´ー=ミ、ヽ\?/}/斗≦?
.        〃, -彡'⌒^`` ヾ i '´ '^  冖?、,ハ                    ┃ ┏━┓
     _/_彡'´           _--__  `ミi                ┃   ┏┛
.     _フ/チ :.         /    `丶Y{_                ┃   ┃
     ≦:!/i ;::      T { /´二二ニ、 },Z                 ・     ・
     /_リ L r=ニニ二ユノヽ、`´r'___ 、 〈ヾ{
      {彡イ /_, tzr-、:::ヘ    / @ ヽ  iミリ
.       }_斗 二ニ ̄´;::;:::::}  :::` ー一 ´  !ハ.      お、おう? ――やるなぁ、オイ。いきなり3Pとは予想外だ。
.      |`Y     .::/ :::::!   :::::::::    }: }
.      l.从    :::::′!:::i     ::::    从!      見たところ良いトコのお嬢さんで、ちょい年下か?
        l 「:}::::..     {_ 、゙゙,. -     ,..:/i:: |
     从 !i、 ゙ 、::.  ,. -=チ 匸_ー 、 .::::::i:ノ リ
.      /゚。 i  ゙::. 〃r '_ -─-、ヽ‘,.:/ ! /         ……変なとこばっかりオヤジに似てやがんなぁ、マジで。
 _ -=「「{  \',  :j {   ̄ ̄`` { !  i/i:] ]iト ,_
「............[ [{  ::{ ∧  ! {   ̄/ ヽ`  !八 从 }:] ].........]]iト
{......... . [ [:i  ∧ ∧/ { ,ィ'’   ∧ } V::リ j !] ]..........]]..     \_人_人∧从_人_∧_人_从_人_人从_人∧_人_从_//
.i.............[ [ム   ‘, i/ 〃´ l j /  ヾ  }/  j.] ]...........]]       )                                >
|..........[ [..ム   \{ / j / { Vハヽ リ'  /...] ]...........]].    < やる:オッサン、なにアホなこと言ってくれてんの!? >
i !.......... [ [....ム    八 { { { 儿 Y ,ノ´  ./......] ]...........]].     <                                (
i |............[ [........\   \从 ´  jノ’  /..... . ] ]...........]].     /^Y ̄∨ ̄∨^Y^⌒Y^YY^^Y^Y ̄∨ ̄^Y^⌒Y^YY^^Y^
|-─  T{..............\      `Y´^   /..............「 二ニ=┤
4871 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/07/25(金) 22:43:15 ID:.t2BxXHM0
つーかオヤジぃ!!!wwww
4872 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/07/25(金) 22:44:33 ID:7zjEc2o20


    ....r、      ___{(_
      乂__  -=ニ    `ー=ミ、 }\
  .....x≪⌒`ヽ、 ..,,___\___    `ヽ }⌒Ⅵ
 _,/ -=ニ=-  \_  ̄ ̄ヽ、”ミ*、 \ |.ト、
. x≦” ̄ ニ=-≧x `ー=ニ..,,__ァ^ー‐ `ー V | V{
〃 / -=ニ二ニ=- `ー‐=≦´        .`^ヽ )
{/x≪ -====---≧=-く         ∨i:iV       .だってなぁ……テメェのオヤジ、あちこちで女に食われてたんだぞ。
.xく r≦” ̄ ̄ ̄”“ニ=‐=≦           .}i:i:i:∨
._/_,.斗*''“⌒x≦-=ニニ辷_           }i:i:i:i:i∨.   知ってたか? テメェと一緒にココに居た妹、あれ腹違いだって。
.. .´ /   /_,., -‐=ニニミ*、    ‐- ._ノi:i:i:i:i:i}
._,.イ -=≦-‐=ニ二三二ニ=‐‐\    /i:≫xi:i:{
.,..斗*''“-=ニ二ニ=--   -=ニニ=≦   r气i:i:i:i:i:i:/     \_人_人∧从_人_∧_人_从_人_人从_人_人_从_人从//
..ニ=‐ァ'^  _,.,-‐㍉、______/⌒´   乂_ ヽ:i:i:i{        .)                                  >
.ニ=- ,x≪'′⌒ヽ V≧=‐  =‐ .,_ _,≫㍉jハi:i{      .< やる:なにその無駄な家庭の秘密!? 初耳だよっ!! >
  /  //   __ノ} .}ニ=‐       `r‐=ミ_j ∨〉}       .<                                  (
イ   // /r‐‐┘_彡′        ヽ rjえ.:iV′     ./^Y ̄∨ ̄∨^Y^⌒Y^YY^^Y^Y ̄∨ ̄^Y^⌒Y^YY^^Y^^Y^
. _,,..イ{ { .{/ r‐ァ \..\         .}i:`′iY
.  ..|.{ ト、   {_(   }i:i:i:i:ヽ     /i:i:i:i:i:i:i{
.  __ノハ      )  くi:i:i:i:i:i:i:\____/i:i:i:i:i:i:ハi{      確かどこぞの集落の、酒場で助けた歌姫姉妹だったかなぁ……。
 /イ. \       ∨i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:/ };{
./     ` 、_.      Vi:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i( _,ji{       謝礼に酒と飯奢るって言われてホイホイ酔い潰された結果だ。
..x_      /       }i:i:i:i:i:i:i:/⌒ハf≫x_,,ノ
. `≫x_   {      }i:i:i:i:i:iイ_/イノハj「
.__ . \_八      .}i:i/^Ki:i:`ヽー''′         \_人_人∧从_人_∧_人_从_人_人从_人_∧_人_从_人_∧//
.  ̄ ̄ ̄ ̄”ミ*、     }i:{ノ /i:i:i_,,.ノ             )                                     >
              \_,. /./7Y' {´               < やる:知りとうなかった! ずっと秘密にしてて欲しかった!! >
              .`く / / 八ハ                  <                                     (
               \ .{,/  )ノ               /^Y ̄∨ ̄∨^Y^⌒Y^YY^^Y^Y ̄∨ ̄^Y^⌒Y^YY^^Y^^YY^^^Y
                    \ イ
                  ヽ
4873 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/07/25(金) 22:44:35 ID:oYZ/bR960
師匠 居るんかい
4874 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/07/25(金) 22:45:29 ID:oYZ/bR960
フラグ遺伝子だと!
4875 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/07/25(金) 22:45:46 ID:.t2BxXHM0
なにその妙なフェロモン体質wwww

というか「食われる」方かよwww
4876 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/07/25(金) 22:46:11 ID:7zjEc2o20


            _,,..-―――‐-..,,_
       ,,-''´              `ヽ
.    /     u          u ヽ、
.   /| | | | | -..,,_       u   __  '.,           ……ホントなんなんだよ、今日はよ。
   /| | | | | |     `゙''‐' ′ ヽ-'"      ',
  ,'| | | | |.|≡=-.,,_  .三三三 _,,..-=≡  ',         どいつもこいつもオレのメンタルばっか殴りやがって。
  l.| | | | | |   . `゙ .三三 "´  .     l
  |.| | | | | |====≡ 三三 ≡====  |.          マジで胃に穴空きそうなぐらいボコボコだぞ。
.   ',  u | |     /       ヽ      .l
.  ヽ         {     ,.、   }     ,'.          あ゛ーもう、はよ飯くって酒のんで寝るよ、オレぁ。
    \      ゝ-ィ´ `"j-.'′ u   ,.'
      `'',-..,,       |.r-‐''"     ,,..-''
      /  `゙"''―‐.U――― ''"´ヽ
     ./                 ヽ
    /                  ヽ




        _、__ _ノ}、_
      ,イ=ミ ーz 、ミrリヾ斗
    ゝ彡       `Y!j |/ハ
   /z==ミ、  ` 、ヽノ リイノハ            布団と枕だしといてやろうか? 三つ並べとけばいいよな?
   ノ /  ̄ヾミ、\`ヾ,リ彡゙  ヾi|
  イ彡ノ  ミゝ-`゙´ ̄`'      ',
 Z,イ '´三シ         ,;=ミ ,
 ヾ彡イ/ j .:;  ,.z=ミ   イ >- {                や:この二人そーいうので連れて来たんじゃねーから!!
  ゞ=彡'´ ハ /, - 、ヽ  !,' 彡チ '
   \.彡イ;ソ  _彡-、ヘ ハミ=`゙  i__              マジちげーから、ホントもう勘弁しろよオッサン……。
  / ゞr 、{  ゝ-ゞ´ノ   マ    ,'////`:.、_
  ノ///,:| {ヘ:、      j   ヽ  ,://////////へ
./////,八.ゞへ      、  _/zミ、{//////////////`  、
////////へ ハ    ,,彡' ,._i||{////////////////// `ヽ    ケッ ヘタレメ
//////////ヘー 、  {i|| /r-=zリハ/////////////////////` .
///////////>、 .\}iハ._ノハムミヾり////////////////////////\
//////////////>、ヾミ从从从从//////////////////////////∧
4877 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/07/25(金) 22:48:01 ID:7zjEc2o20


 うっす、私は呉キリカって言います。やる夫さんには遺跡の中で色々と助けてもらいました。

 二人でなにか御礼しなきゃって勝手について来たんで、やる夫さんに呼ばれたんじゃないです。


              ,...-―ー-、
                /:::|::::::::::::::::::ヽ                                    ,  ⌒ヽ
              /:::::::::|l:::::::,ィ-i<>l                                __    /      \
           /:::/:::イ´\:::lrュト<!                            _,  ´ - 、  `  {r  、    ヽ
            /l|::l:::: くヒリ ヾ'`¨l::::|                         /⌒    ヽ  \    :.
.          | |li|l::i::: |、 <´フ ノ::::l                     , /       :.        :.
             `|l:|l::::l::>-r イ|i::/                      / '    :     ト、   i   ヽ          i
              ヽ∨ /ll´ ̄>、_                     ,  .  ハ i iト    :.厶斗‐   i\     │
             /,"´ >'7`-'´  /ヽ                 i  i  i 斗jハ   :i j/ j/i   !  :ト、     !
              /´ / /     (   ',                    l   ´|...}/|.:イ: ヽ  ! . ミ、: : !  , -、   :.    i
               ,〉'′ / __  ノ-r、  l_                j! i .{l 汽沁   .Ⅵ トイ沁 .メ  .( i   !   :
            ノ′ //     / 冫´   `i                  ハト .八 トイ}   j/ .込z ./ / r' /   !    ハ
         </_γヽ/    / く     __冫            /  j ヘ ! Vリ        ""./ ィ  ´   '   / :i
            `〈(_)、_ノ|     /  `i_≦´ ヽ                     ハ. 人.""  '     .彡イノ /j!  /   ,  :!
         ,/``/  l    l     /  /                    i l|i 圦    。      ..jィ     ,   ...; 丿
.        //77    |      ヽ   /   /                  :j/从{ .ヽ.         イ.i         i、
        ////         _ヽ/ヽ/                  八 |    >r‐    }イ /=- x..;  i  | \
      ノ//ノ、   /\    ./(`ヽ'"                          _ノ      〉>- 八
                                                 __r<´:: :,____/:: :: :: :/`::ヽ  /
                                                _/:: :\:: :: :: .   /:: :: ::/:: :: :: :∨
  美国織莉子と申します。突然お邪魔してすいません。         .{:: :: :: :: :: \: ∧ / :: :/:: :: ::ヽ:: : 乂
                                             ):: ::/:: :: :: :>_∨_<:: :: :: :: :: :: :: :: ::ヽ
                                               /:: :: :: :: :: /:: :: } {:: :: ::\:: :: :: :: :: .,:: :: ::\
  やる夫さんもお疲れだと仰られるので、せめてお夕飯       /:: : ′.: ::./:: :: :: xヘ、:: :: ::∨ :: :: :: ::}:::. :: :: :)
                                           〈/:: ::i{ .: ::.〈:: :: :: ,仆} ∧:: :: :.:.〉:: :: :: ::ノ:::::. :/
  の支度で御礼をさせて頂こうと伺いました。           ./:: :: ::ヽ::..:...::.ヽ:: / |:i | |:i ト、:.:./:: :: ::(\:::::::::(
4878 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/07/25(金) 22:48:47 ID:7zjEc2o20


                 ,r----个ー─-z_
           /-=ニヾ{ ( 〃ノ/イ-ニニ{
          ,イ-=ニz--ヾ`ヽ '´´``㍉-=ニヘ           おう、挨拶しっかりする躾けのできた娘っ子じゃねぇか。
            _ノ-=ヲ'      _,. ---- ヾヽハ
         7_,.-{   __    r;彳卞x、, 气 7           夕飯だけじゃなく美味しく丸っといただいちまえよ。
            イ彡k,.ィ´ ̄`ヽ  '::::r--- 、 ミ={
         チ='i  / _zzx` ',    z===x  {ヾミ
         ルjf  '´.:::::''  .:i   ''''':::   Vハ
         キi'´!       ,:::| ::.        !.|リ           やる:……もうツッコミいれてやらねぇからな?
          |i=.     :__:i ,.:',     7ノj'
          ∧ハ r ニニニz `´弋ニニ.勹 iy/,                   オッサンも挨拶ぐらいちゃんとしろや。
            ヽ.i { { (--─  ニニ7 i.{ jイiリ
         ,.----ハヘY:i  ̄ ̄___ ̄   i.j rY:::::ー-z、
     r--::/::::::::::::::ハ i ト、_,.ノ i {ヽ、,..ノ Y,{::::::/XXハ_
    ,イXX>--z_:::::::ル i 〃{i ',i ヾ i ,'リ:/Xイ::::::::::::\ .     俺ぁアシェラッド。やる夫のオヤジの友人で今は居候だ。
    {::::::::::::>--z_XX>xj {i ハ  Y j. <X,.イ:::::::::::::::::::::::::`ー
..,.イ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>x_X>ル'V/レ'X<:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::   そこのバカと、まー仲良くしてやってくれや。
4879 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/07/25(金) 22:49:34 ID:7zjEc2o20


【現アノー家リビング】

:::::::::::::::::::::::| |l____l____l___/      /_l____l____||   |──┴──
:::::::::::::::::::::::| |__l____l____/      /___l_____,l__||   |  r─‐┐ _r
:::::::::::::::::::::::| |l____l____l/      /__l______l____||   |三|    |三|
:::::::::::::::::::::::| |__l____l_/      /_l____l____,l_||   |_|    |_|
:::::::::::::::::::::::| |l____l__/      /_l____l____l___||   |_|__|_|_
:::::::::::::::::::::::| |__l___/      /___,l____l____l__||   | | || ||li|| | | ||
:::::::::::::::::::::::| |l____l_/      /__l____l_____l____||   | |_||_||i」|_| |_||
:::::::::::::::::::::::| |  l  /    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\: : :
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/     :|                                   |
            〈___/|                                   |
                  |_________________________|
                   /                                         \
                 l´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`l
                 |                                      |
                 |_________________________|
                |_|: : : : : : : : : , -───────────- 、: : : : : : : : : |_|
                        /                      \
                           l二二二二二二二二二二二二二二二l
                        |  |: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : |  |
                        |_|: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : |_|
4880 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/07/25(金) 22:53:06 ID:7zjEc2o20


       ____
     _,.イ      x===ミ 、                んじゃあ今日の仕事のあらましをキッチリ言ってもらおうかい。
    7 __ヽ j}     \Y
  /./´     `ヾ        ',、                  どうして複数人エントリーの遺跡を選んだのか、そこからな。
  i  '              ', r===ミ
 j  { ',  ,,::::::::::::..   , z==- Yi;;;;;;∧`ヽ__.       候補は他に幾つもあったよな? どうして目立つマネをしたよ。
./_ | :',   __    !::, -─  !{;;;;;;;;∧  ', 〕iト _
/;;;ミ {__,. チ '´二二 、  !:ir-tj'´フ ヾY;;;;;;ハ  ',     ,\
;;>- 、/ __,. -trナ }  ',ト-¬´  }|;;;;;;;;;;;}        ∨ \
ハ ヽ__Y    ̄-=チ   ,:..    /,';;;;;;;;;;′ /.      ∨
ヽ', 、_  ̄   -、    r   〉:.   .イ{j;;;;;;;;;/  ,'.       }
、 ー- _     ヽー-y ' -=ニヽ |;;;;;;;;/  /      /
ヽニ=-::::::::>、   ', { ー=ニニコ Y{ 从;;;,'  ,:'      /    やる:見下されてカモにされるより先に釘を刺そうと思った。
ト:_::::::::x====ミ  Ⅵ  ーrt  i { イ ./         /
ト:::_/:::::::::::::::::::\_j ヘ、 j ヽ_j {<           /          最初に舐められたら面倒が増えるって思ったんだよ。
.  {::::, -── ミ::::::::ヽ  ̄    l.           /
  Vzニ二ニ=  \:::::ト、  、   「          /
-=/:::::::::::::::::::::::::::ヽ>' _ヾ\ト j     _彡'
rり::::::::::::::::::::::::::::::::|: :>- _-== zzz≦___
7:::::::::::::::::::::::::::::::::リ` <: : : : ≧=─────


台所で少女二人が慣れないキッチンを使ってキャッキャウフフと調理する傍らで、野郎二人はむさくるしい顔を突合せ、

初めての遺跡探索における顛末の反省会を始めていた。行動を簡潔に述べて、主観的にどう思ったのか補足する。

そして間違いを指摘されて対応策が返る。――反省会というよりはテーブルゲームの感想戦のような話し合いだった。
4881 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/07/25(金) 22:54:00 ID:.t2BxXHM0
これはいいな 添削してくれる師匠が存在するからこそのメリット
4882 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/07/25(金) 22:54:48 ID:7zjEc2o20


                   _,,..-―‐-..,,_
             ,,-''"       `ヽ、         ア:バカが、くだらねぇ芋引きやがって。ツケは必ず帰ってくるぞ。
           /              l| \
             /            U  .ヽ        恨み買うなんざ十年早ぇ。嫉妬を買わねぇように目立たない。
             ,'           l        ヽ
          l ____l  ヽ-―‐tイ''"´  ',‐-、   恨みを買わねぇように出しゃばらない。俺ぁちゃんと教えたな?
       ,-''"|       `′        `′ .〃 .lヽ .'.,
       | l'´.',  ≡≡/       ヽ≡≡彡 ,'  ヽヽ_
       / |  .'.,    (    .,、   )     /  ./  ヽ、
       / \  ヽ、   ` ̄ ´ `  ̄´   / /  _,,..-'
        {   `''-‐"ヽ-..,,__      __./ ̄ ̄´ .,,..イ ∨     買い叩くのは腕に覚えができてから、だろ。
      /.T ‐-..__    _.ヽ ̄ ̄ ̄/,..-――‐'" /  ∨
    r┘ ',.    ̄ ̄  〈 ̄\ ./イ´       / /  ∨     わかってるし、ちゃんと聞いていたさ。
    | ヽ-、',       /      .ヽ      //   ∨
   ./  ヽヽ .',      ロ       `ロ ヽ、 /      .∨..  穏便にカタつけなかったのはオレの落ち度だ。
   /   、__ ', _/                \|    L__ ∨



アシェラッドの追求は厳しかった。気怠げな薮睨みだというのに視線には強い圧力を感じる。気まずさを感じて

つい目を逸らしては「どこ向いてんだタコ」と即座に前を向くよう窘められる、小さな子供のような無様を晒す。

彼の言葉は正しい――イヤになるほど正しいのだ。今回のやる夫がとった男性スカベンジャー三人への対応と

処置は、どうしようもないほど中途半端で御粗末にすぎる。やる夫自身にも指摘の釘を刺される自覚があった。
4883 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/07/25(金) 22:58:08 ID:oYZ/bR960
3級までは目立つな、やるなら徹底的にか心理だなー
4884 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/07/25(金) 22:58:43 ID:7zjEc2o20


         __,.z-===ニニヾヘヽヽ、         四六時中、気ぃ張って警戒してられねぇから、
        _Z_-=ニニニニ=z_ヾ\ヽ Viハ
       T于-=彡厶斗-z_ニ=z-xヘj/yj7         鉄火場のいざこざは日常に持ち込ませない。
     zイ/, ィ-=ニニニ>'´      :',
      〉彳个=彡ji'チf         .::',          故に飛び火しないよう始末はキッチリつける。
      〃-=彡'x-<ニヘ   ,.===x'  /ィ
     ノz--=ニニ==ヲィ'´ -:、:::'  7::::|
     チ-=ニ彡__彳≠  _,-tッヽ   {:::::i        それができねぇ奴に装甲スーツは扱えねぇよ。
     ヾニ=-7  ∨{    `テ´    V::i
      \=-{.i ィzY'::.          /  V.          乗ってねぇ時こそ一番狙われるんだからな。
       `八',:{ t:<ヽ:::::.      `--zK:\
       >'ヾ\ 、      〃r-_'´z=イ: ヽ、\          >'´::::::;::<ヘ
     /X/>-────- i {` _,.. k{: : : :ヘ .N           (_ -z≦     V
      {XXX>-77777777>xX>x::'ji {: : : : 7∧iヽ、        .∨        V
    イ////////////////////>、ヽミ: : : :i i////ム       .∨         V-
     ∨//////////////////////>x ヽ.j/ ヽ////>x      ∨      ,イ
     i////////////////////////////´  ィ////////i     ∨   /ヽ
     7//////////////////////////i{__/Vヘxヽ//////j>t  / ∨../:::::.. /
     {///////////////////////////////∧ハ、 ヽ//,'/::::::::::::y' _i{,イ   .=/
      !///////////////////////////////ハ V\ y' ̄ヽ、::7 '´


禍根を残すような結末は自身のみならず周囲の人間をも巻き込んで面倒や災難を齎すだろう。

殺せないなら手をだすべきではなかったし、手をだした以上は殺すべきだった。……特に殴りのめした奴だけは。

殴られた者はその痛みを忘れない。帰路で野垂れ死ぬなり心が折れるなりしたなら二度と手を出してくる事もなく

なるだろうが、確認していない以上は都合のいい期待でしかない。見通しの甘さが今回の遺跡潜りの失点だった。
4885 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/07/25(金) 22:59:33 ID:5dTlLk6E0
そして腕が立つようになってからも、無暗に恨みを買うのは愚の骨頂と……
4886 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/07/25(金) 23:00:04 ID:.t2BxXHM0
でも福本ズだしなぁ… 生きてたとしても折れてるんじゃないかなぁ
4887 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/07/25(金) 23:01:06 ID:7zjEc2o20


                 r=‐-..、 xヘ _,,,,
            _   -‐yイ/∧:::::Yi;i;i;iヘ:::::::}:::ヽ―- 、               織:先に摘めるモノを用意してみたので、
       ,  ¨ ̄ ,. -‐rv'/r―yУ⌒⌒7ニヽ⌒ヾ77ヽ
      /   、_/r―”/i;iヽ、__ヽr――’:::Y__i_r―v'i;i;ヘ    、.        夕飯が出来るまで御待ち下さいね。
.    ‰   `yi;i;iヽニУi;i;i;i;i;iァY:::::::::::::, ヘ:!:::::::i::::/...{ヾハ、    ヽ
.   /     /{i/`Y くi;i;i;i;i_/- 乂::::/i;i;i;i;i;iヾ/:V.......ヽ.〉 i Y    ,
          {;///⌒i  ヾ;/::::::::::_/ーi{、>.、i;i;i;i;〈:::::i............iー-、ノ   /
   \.   〈/く::::::::}―-乂::::::///≧i:::::::::::`ヾ:::\!._/:::/    '
         ` ヾ::i―-   ⌒i/////!:::::::::::::::::i::::::::7-- ´   イ
         `    `ー―==く'////人:::::::::::::人:::ノ⌒    ´
               ̄¨  ――--   --――  ¨ ̄
                                             ア:まぁそれでも、だ――女を守った、助けた。

                                               そこは誉めてやる。心底お手柄だってな。
                      / ̄ ̄ ̄ ̄\
                    /  ,,..--ー-..._, \.             屑共を始末して遺跡潜りとして成功しても、
                   |\,〃'i;'"~ ゙;ミ;:..::ヽ/|
                   l  \゙ゞ-ノノ彡:/  l               女を見捨てて成り上がる奴は男じゃねぇよ。
                    |    l ̄ ̄ ̄l   |
                    ヽ  .l     !   /            どうせ成るなら遺跡潜りの一流なんかより、
                     ヽ二l________l二ノ
                       `‐-ニニ-‐'.                 男として一流に成るほうが大事な事だろうさ。



それでも失態に腐らずにいられたのは、長らく一つの組織のトップであり続けた機微の上手さ、アシェラッドが

説教を回すことに熟達していたからだろう。よくやった、誉めてやる。たった一言を最後に沿えるだけでも救い

が見える。他人事であれば小さな子供をあやすようだと笑ったかもしれない。だが実際、この上なく効果的だ。

叱るべきところは叱り、誉めるべきところは誉める。認めるべきを認める。それが次への自信に繋がるから。
4888 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/07/25(金) 23:02:26 ID:oYZ/bR960
師匠もしかして1級か準2級クラスか、ホントすごい人に師事してんじゃ…
4889 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/07/25(金) 23:02:33 ID:.t2BxXHM0
すごい女子力を感じる…!

(ちゃんとした)父性に飢えてるだろうしなぁ…
4890 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/07/25(金) 23:04:33 ID:5dTlLk6E0
ダンディズムって意外と大事なんですってね
愛嬌のある奴は泥に染まらない、とか誰かが言ってたけど何かしら一線を守っている事は有る場面でとてつもない強みになると思う
4891 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/07/25(金) 23:05:17 ID:oYZ/bR960
二人嫁にして、自動人形も嫁にして「ぱらだいす」作ろうw
4892 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/07/25(金) 23:06:18 ID:7zjEc2o20


             _ _
            /      ` ,              あの二人さ、まだスカベンジャー続けるらしいんだ。
            {       }
          __rニ二二ミメ、_
         /:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ̄\.          きっと今日みたいな事が何度だって起きると思う。
          /:.:.:|/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.ヽ
         /:.:.{:.:!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.〈.        俺の今日の不始末が原因で起こるかもしれない。
        /:.:.:.:.V:.:.://:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!/ハ
      i:.:.:.:.:.:.:|:.//:.:/:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.∧       面倒だろうし頼める筋もない……でも、お願いだ。
       |:.:.:.:.:.:.:|:./:.:/:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.}
      \__//:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:./
         \___〃:.:.:.:.:.:.:.:.:.├‐ '         せめて身を守れるように鍛えてやってくれねぇか。
         `T「 ̄| ̄「 T`ミ〒彳
          ||__j  | |   | |
          |     |   ̄´  |


いま自分にできる最善はなんだ。それを考えたとき、自然と口をついたのは嘆願だった。目の前の経験豊富な大人に

頭を下げて助力を乞うて頼ることだった。情けない、と思う気持ちが胸にある。ずっと一人だと耐え忍んで育んだ意地が

悲鳴をあげ、悔しさに握り締めた拳は血が滲み……それでも先達に頭を下げるべきだと、今なら認める事ができた。
4893 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/07/25(金) 23:07:47 ID:.t2BxXHM0
まぁそうくるかぁ

ということは本編ではすでにアシェラッドはそばにいないのかな?
4894 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/07/25(金) 23:07:58 ID:5dTlLk6E0
恥を呑める男は良い男(確信)
恥知らずになっちゃ駄目っぽいが
4895 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/07/25(金) 23:08:19 ID:oYZ/bR960
丸い卵も切りよで四角 モノも言いよで角が立つ
師匠タイプのいい親父だから、頼めるんだよな二人のこと…
4896 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/07/25(金) 23:08:22 ID:7zjEc2o20


          _,. -‐'`ー-'ミ、,_
        _,≧: '´ ̄ ` ー:く
         彡::{  /≠‐ - ヽ
          イ三≧ァニ ニ‐、 -:ヘ                  家主に頭下げられたら居候としちゃ断れねぇやな。
         .!≦彡' 'ー゚‐'  ir。Y′
          ムイ:Y :.::.::r .' }  !
         シヘト、::ノ.彡'三ミ;′               見たところ黒髪の嬢ちゃんは動きのキレがいい。
         }小 .::{ j:Y´こ.j:}
         '! `'冬彡彳ミi:!                仕込みによっちゃオメェより使い物になる目がある。
        .ィ六ー 、::ヾミミ洲i{     ,-.     rt.、
      /   . `::守≦-f゙   / }  ./ j: i     ついでに鍛えてやるぐらいワケねぇ話だろう。
     .′;  ..:.:.:.:... ヾ::「 ト、./ /  /::/ }
    {         :.:.::.:...∨ヨY   辷'´ / ,イ
    i    ; ;. -‐- .、ヘヨ.′     .::.:.  /:,′       おっとりした方の嬢ちゃん、ありゃ荒事の見込みはねぇぞ。
    ヤ   <   . -‐::::::j   ..: .:.:.::.:::.. /
     i     >::´::::::::::::::/  ...:..::.:.::.:::.::.:ノ.          運動神経ブチ切れてる類だ。遺跡潜りの稼業を続けるなら、
     ヤ   ,´:::::::::::::::::::::::{ . .: .:.::.::::::才´
     i  ,/:::::::::::::::::::::::::`:: .、__,.ィ::!´              誰かに守られてなお価値あるスキルを身につけねぇとな。
     ヤヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,r‐f′
      i  ヽ::::::::::::::::::::::::::::::才´i :.{
      ヤ  ヾ::::::::::::::::::才´: :. }:∧
       i   ` ー=- ''´   :.::ノk!:i   __
      ヘ   :. :.::::.     ::.     { X!{ ./:::::ハ

「ちったぁマシな顔するようになったじゃねぇか」とアシェラッドが嬉しそうに笑った。なにかを守る為に胃がもたれるほど

苦くて重い恥を飲み込んで受け入れる――そういう我慢を覚えて、男はようやく一人前の入り口なのだと。
4897 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/07/25(金) 23:09:15 ID:.t2BxXHM0
渋いねぇ…
4898 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/07/25(金) 23:10:14 ID:7zjEc2o20


                    _
.                > ´     ` 、
               /          ヽ
.              / .____    ----   ∨            キリカだけでも動けるようになるなら助かるよ。
.                l   _      ___   ',
               i  fi:::::}`   '、l::::リ,`   .!           元々あいつ、織莉子を一人で行かせない為に
.             ;   `ー/   ヾ ̄    リ
.              l     ゝ__ノ、__ノ    /              スカベンジャーの免状もらって来たくらいだ。
               ゝ    └─‐┘   ィヘー‐ヘ
             ノi7>...、 ____, --≦彡::y:::::`ー
           r´::::ヘ::::i::::f_      _ノ/::::::::::::::::::.        役割さえちゃんと分担できたなら時間稼ぎや
     _>-ヘつ j‐‐、:::::\:::{  ̄ ̄ ̄//:::::::::::::>´:::
      i   ̄ __}/:::::::::ー-、::ヽ! ̄  ./::::::>:≦:::::::/::          助けを呼んだりする手数が作れると思うんだ。
     l  ´ .ク、::::/:::::::::::: ̄l`!  f´≦´:::::::::::::::::::/:::::
.      _l   ´ ノ:::i:::::::::::::::::::ハ !  /:::::::::::::::::::::::::::/::::::::
     i::f     ト、::::!:::::::::::::::::::::i l ,':::::::::::::::::::::::::::/::::::::::
    r´i:::ゝ   f):j:::i::::::::::::::::::::::ヘ∨::::::::::::::::::::::::、:i:::ヾ、:::
    i::::ヽ:::`ー ´::i:::i::::::::::::::::::::::::::} !{::::::::::::::::::::::::::ヾ::::::::::
4899 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/07/25(金) 23:11:25 ID:7zjEc2o20


                                                   __,.............,,_イi
                                               ,.- '""”.:.: .: .:.: .:::.::`.:-..、
                                             ,.-" .: .:.: .: .:.:.:.:、.:.:::.:.:::.:.:.:.::`--、
    呼ばれた気がして私、参上。                      ,.:' .:.: .: .: .:.: 、.:.、.:\.: .:.: .:.:::.:.:.::::.:.`;,
                                        ,:'.: .:./.:.:.:.::: .::^i.:::.j::,.:.. Y.::: .:.:\.:::.: .:.::`,
    なんか用事ありました? お酌?                  / .:.:.イ ..::i.:.: .:.: .:i.:.::i::ハ:.::.i ======..::::i.::.::i
                                       i .i.: :..i ..:.:.i.:::.:.:.:::ハ-iノ-ト--、;:.i====i::::i.:::::i
                                       i ..i: .:::i.:. :i.::: .::イ i.:i  i/i.:::.::.i..i:. .:::; 'i.::i.:::::i
     やる:ちげーお。今日みたいなことならんよーに、       i:..i:..:.::i;ト、'i.::. .::i x- ""`y、i:i. i:..:::.:i. i.::i .:::i
                                             i..:i::.::.i:;i-、;.::.::.i V i-イ ハi:i:...i.::.::.i...:i.:i.:::.:i
         おめーを鍛えてやってくれって頼んたんだお。     .i..:i.::.:/ i. `x.:: イ  ヽ--" i:i.::.i.:.:::.i.:::i..i.:::.::i
                                        i.::i.:.::.::r"`''i `'       .i:i,.::i.::..::i.:::i.::i.::::..i
                                           i.:.i.:::.:キ. トソ 、    "" i/i.:::i.:::.:i.::::i.:::.::::::i
    マジすか。やる夫さん、なにが目的ですか。              i.:i.:::.:::X "         i.::.:.:.::ノi.:::.:::.:::.::::i
                                            i.:::.:.:::::.ヽ"        ノi.::.::/ .i.:ハ.::.::.:::.:i
    恩に着せてイヤラシイことする気ですか?              イ.:::.: .:.:::.\   `     i.::/  i/’Vr- '"` :,、
                                            i.:.ト、.: .:::i:.i`r:..,._   ,.<、i;/  ./ /”-    .\
    手ぇ出したらキッチリ責任とらせますよ。               i::i \ト-i.:i.::.::.::.:i^`".::.::\ / /    ` 、 \
                                             Y    .i.:iイ.::.;/i/Vi.:::./ `><  i      \  ';、
     \_人_人∧从_人_∧_人_从_人_人从_人∧_人_从_//        i/ \i   i/i  i\>、 Y _    .i  >
       )                                >            /  i  i.;;.;.;;.ヽ i  `    i   i
     < やる:おまえホントいっぺん痛い目みせんぞゴルァ! >             /   \i.;.;.;.;;;/i/       ;  i
      <                                (           ヽ  ヽ  く.;.;.;i          ;
      /^Y ̄∨ ̄∨^Y^⌒Y^YY^^Y^Y ̄∨ ̄^Y^⌒Y^YY^^Y^             ゝ  \ .i.;.;.;i
4900 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/07/25(金) 23:11:43 ID:oYZ/bR960
ハッキングとか索敵や解体覚えれば、後衛で行けないかなー
4901 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/07/25(金) 23:12:33 ID:7zjEc2o20


                , -‐- 、       ____
                  /     :.    /       \
               '       : /  \   /  \        キリカは明日から護身術とか護衛の訓練な!
                  |       }   (○) (○)  \
            , --‐‐ヘ:.     .:}  ⌒(__人__)⌒    l.      アシェラッドのオッサンに頼んでおいたから、
          __/      ヽ::.   .:::ハ   |il!il!il|    /
       /        |.:\ .:.:://∧   |ェェェェ|    ァ ト、      スケジュールちゃんと組んで織莉子を守れ。
      __/  、     ∨::;::::::::〈             / i |  ヽ
     /     ヽ     ∨:/.:::::::\ ∧  x个x'^ヽ.j j|  i
.   〈  ヽ   ヽ.      ∨.::::::::::::::)ー=彡' |  \フ ゝ、   !




                                                          _ _
                                                          '´―- 、`ヽ.、
   そりゃ教えてくれるのはありがたいんだけど、      .Y  ̄ ̄ ̄   ` '' ー-- 二ミ:''::::-::゙ヽ::::`ヽ
                                         |              ...::'´:::::::::::`:ヽ:::::`:::::::::ハ
   織莉子にもなんか教えてくれないかな。        /´|   _        ,..:'´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ゝ、
                                   /  |   フ''''''''''''''''''./::::/:::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
   あの子、自分でなんとかしなきゃってスグに    { 、______レ '´     ゝ´:::/::::::::/:::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ
                                  `L_         /://:::::::::/:::::::::/::::::::::::/:::::::::::::/:::::::::::::::::::゙、
   思いつめちゃうタチだからさ。                |     ,  '´ /イ../:::::::::/::::::::/:::::厂:`,i::::::::::::/::::::/::::i::::::::::::::i
                                    └- ィ'´    l゙ .|/:::::::::i:::::::/:::Fぇ<´l::::::/::/:::::::/:::::|:::::::::::::::|
                                        i     | .i:::::::::::i:::::::i:::/ 代_)j`i.|:/i:::i:::::::/ト、:::i:::::::::::::::i
                                        i      i .l:::i::::::i:|:::::l::/ `¨''''´  |! .|i_|/、、 i:::::i::::__i
   やる:なら織莉子には車の運転を教えてやるお。       i      レ゙i:::/,..|:::::::|、       /小\!ノ:::└─┘
                                             i     | l/ .` |:::::i ヘ.  _ '   .ヾ辷ソ >:::===:|
       市街の地理を覚えて顔繋ぎが増えれば少しは        .i     |   |::/r.∧'`'ヽ  u ./::::::::::::::::/
                                              ハ      r‐'´|! .|´  .‐ z-----/::::::::/:/i/
       身を守れるよーになるからお。                     ヽ  _ ... l  .|、ォィ--― | //:::::::////
                                              _... -‐ ' l /´乂..|    |___/::::/ /
                                            ,.'   ' ' ' ' ´|::::::::::::|  ,. '´ //ハ
                                           /        / ̄::::/'´   イ   i
                                           i       ./::::::::::/' ' ' ' '  /     i
4902 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/07/25(金) 23:12:42 ID:.t2BxXHM0
つまりバッチコーイじゃないですかぁーー!ww
4903 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/07/25(金) 23:13:38 ID:5dTlLk6E0
思いが重い(確信)
4904 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/07/25(金) 23:13:41 ID:7zjEc2o20


                                                  /      `  {     \
                                               ,            |       \
     色々と気を使っていただいて申し訳ありません。               /              |i          i
                                                  / /              八          |
                                                / /   _{  i    _i_   \   i    |
                                                ノイi  (爪八  i{   |ヽ八`   \i{     |
     ア:気にすんなよ、嬢ちゃん。今回のはコイツのケジメだ。     八  ) 斗ぅミ八  | Tぅミヽ i{   \   |
                                               {  )}レ狄,辷」  ヽ | 辷ソ,〉 八     !
       拾った犬猫の面倒は最後までちゃんと見ろっつー話さ。    ./八(∧   '  ノ  厶イ  i{ヽ  \
                                              (   丶   、 _   ( ノ  八      \
                                              ヽ i{  > `_  イ ヽ, / | ヽ
                                                    )八_彡イ |i   |__  )/ i|
     やる:もうちょっと別の言い方ねぇか、オッサン。                     ノ_ノ    〉>- 八
                                                __r<´:: :,____/:: :: :: :/`::ヽ  /
         ひどい誤解を招きかねねーお。                   _/:: :\:: :: :: .   /:: :: ::/:: :: :: :∨
                                              {:: :: :: :: :: \: ∧ / :: :/:: :: ::ヽ:: : 乂
                                                  ):: ::/:: :: :: :>_∨_<:: :: :: :: :: :: :: :: ::ヽ
                                              /:: :: :: :: :: /:: :: } {:: :: ::\:: :: :: :: :: .,:: :: ::\
                                             /:: : ′.: ::./:: :: :: xヘ、:: :: ::∨ :: :: :: ::}:::. :: :: :)
                                          〈/:: ::i{ .: ::.〈:: :: :: ,仆} ∧:: :: :.:.〉:: :: :: ::ノ:::::. :/
4905 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/07/25(金) 23:14:52 ID:7zjEc2o20


            __
       _..-''''゙゙゙´     ゙゙゙゙'''ー,,、
     ./      U       \
    , '     ___     __ .ヽ          けどまー実際ね? やる夫あの三人に恨み買ったと思うのよ。
   ./    (  ●  .)  ( ● )  '.,
  /  u .    ̄ ̄ ̄     ̄ ̄   '.,.         生きて帰ってきたら報復間違いなしってくらいのスゴイやつ。
. .,'                        .l
  l   U.    (     人    .)    .l
  .'.,        `.┬‐ ´  ` ┬ ´     .,'       そんで逆恨みの対象にキミらが酷いことされると寝覚め悪いの。
.   ' ,         ̄ ̄ ̄ ̄     /
     ゝ、               /          勝手な話なんだけど、自衛できる程度に鍛えられてくんねぇ?
    | ̄ ̄ ̄ ̄l     .-┬'''"´|
   /\ /' , ̄\     .| /::|-.、
  /     ヽ:::::' ,  \    / ゝ::::|.  ヽ
. /.       |::::::::l__` y '__|:::::|   ',
/        |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|    l
         |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|    |
.        |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|   .|
4906 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/07/25(金) 23:16:24 ID:7zjEc2o20


         .,、ヾ、キ∨iyi,_
      .ノ=ヾ``ヽi7〃≠ク7≧k
    ._ノ ,彳 ̄ ̄``´ ̄ ̄ ̄`ヽ斗              いっそバイトで雇っちまえばいーじゃねぇか。
   .≦7   ,;          ヾ辷、
  . 彡ィ j;;;〃¨` -∨--彡´ ̄ ヘ ijキ.            運転と銃の整備ができりゃ十分使えるだろ。
  . jイiN〃イ...__ ヽ  ′_,---ニキi=ル
  . 彡斗'´七=≧ヾ、,i,_ '´匕ニ-、ヽキ三f           あとは家政婦の真似事なんぞもしてくれりゃ、
   .テ仆 ,-rッ-t  ,; ::::r-rッ-,t ヾ乍
   .キj!   `‐‐彳 :| !::ヽ`‐‐彳 i孑'             金出すだけの値打ちがあると俺ぁ思うがね。
   キ;i        / | !ヽ 丶   jハ′
    .j !',: : : : ,:' ノ-、__z-':, ヾ:::::::/ ).j
    .Ⅵ、:',:::::r' ,=ニニニニヾ ':,::,':::i 7
    ヾ、i. ',::: ;::i' ,ィニニマ、',; i : :.j/               やる:オッサン、メシの味が気に入ったんかお?
    .ヾj、 j::: j; ;i .:‐‐‐‐、 j:; i  .从
      | ヘ: j; l  7; ;; ;ヾ,ノ; ;i :/if'
     .j  ヽイ7〃;; ;; ;; ;; ;; ; i |
  . ,--ノ  〃! ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;;,j .!                オメェの味付けは年寄りにゃ濃すぎでなぁ……。
..ィ  > 、__  j;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;;〃.八==、
4907 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/07/25(金) 23:16:57 ID:oYZ/bR960
逆に考えるんだ、新生ナンバーズのお抱え技士で名前売って
手出すとチンクが来るきっとくるになればw
4908 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/07/25(金) 23:17:10 ID:.t2BxXHM0
苦労をかけるねオヤッサン…w
4909 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/07/25(金) 23:17:26 ID:KfQCHRPg0
あ、これガチの目だ
4910 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/07/25(金) 23:19:08 ID:7zjEc2o20


               ,  - ──  、
               /         \             まー女の子二人で遺跡潜るよりゃずっと安全な話だお。
               /      ー- 、    ヽ
            /ノ          し   |.            さほど給金も出せねぇけど準備期間の修行と思えば、
             |      (ー‐)      |
             |( ● )     〃    l            悪い話でもねーと思うんだお。
             |〃      ,      /
          , ヘ   (_ノ`ー'      /
           ,/   >-ヘ-ー―   <_.             バイトするしない別にして、帰ったら親御さんと相談な。
      ,.. '´   /ー:::'7.  |o   ,/::::/ ̄\
    r'"     ィ    /│  |   /:::::/  〃⌒ヽ、.     話がまとまってからうちに電話してくれりゃいーお。
    |    / |   / .|  |o /:::::/  /     \
    ゝ--<!  l  /::::::: ̄ ̄ ̄:::::/   l        ヽ
        ヽ__>-/::::::::::::::::::::::::::::::|   |         ノ


やる夫とてスカベンジャーとして同じく駆け出しの身、人に教えたり雇ったりする余裕がある分際ではない。

だが人手があることで可能となる事の多さを知った彼は『信用の置ける人物を育てる価値』を少しだけ理解していた。

受けた恩義の返済をマジメに考える二人なら、見知らぬ他人と手を組むよりずっと安心して役割を任せられるだろう。
4911 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/07/25(金) 23:19:28 ID:oYZ/bR960
あ、師匠が嫁取り考えてる 飯込みで嫁にさす気だ
4912 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/07/25(金) 23:21:46 ID:7zjEc2o20


                                                       __    /      \
                                               _,  ´ - 、  `  {r  、    ヽ
                                              /⌒    ヽ  \    :.
                                            , /       :.        :.
   コチラで働かせてもらえるよう父を説得してみます。        / '    :     ト、   i   ヽ          i
                                             ,  .  ハ i iト    :.厶斗‐   i\     │
   御近所にも迷惑はかけられませんから……。           .i  i  i 斗jハ   :i j/ j/i   !  :ト、     !
                                         l   ´|...}/|.:イ: ヽ  ! . ミ、: : !  , -、   :.    i
                                          j! i .{l 汽沁   .Ⅵ トイ沁 .メ  .( i   !   :
                                             ハト .八 トイ}   j/ .込z ./ / r' /   !    ハ
    やる:うちにいる間はアシェラッドのオッサンが居るから。    j ヘ ! Vリ        ""./ ィ  ´   '   / :i
                                            ハ. 人.""  '     .彡イノ /j!  /   ,  :!
        あんな雑魚にどうこうできねぇし、安心していいお。     i l|i 圦    。      ..jィ     ,   ...; 丿
                                               :j/从{ .ヽ.         イ.i         i、
        一月くらい様子見して何もなけりゃ後は大丈夫だお。   八 |    >r‐    }イ /=- x..;  i  | \
                                                      _ノ      〉>- 八
                                                 __r<´:: :,____/:: :: :: :/`::ヽ  /
                                                _/:: :\:: :: :: .   /:: :: ::/:: :: :: :∨
   御世話になってばかりですが、よろしくお願いします。        .{:: :: :: :: :: \: ∧ / :: :/:: :: ::ヽ:: : 乂
                                             ):: ::/:: :: :: :>_∨_<:: :: :: :: :: :: :: :: ::ヽ
                                               /:: :: :: :: :: /:: :: } {:: :: ::\:: :: :: :: :: .,:: :: ::\
                                              /:: : ′.: ::./:: :: :: xヘ、:: :: ::∨ :: :: :: ::}:::. :: :: :)
                                           〈/:: ::i{ .: ::.〈:: :: :: ,仆} ∧:: :: :.:.〉:: :: :: ::ノ:::::. :/


先を見据えても明日にだって死んでしまうかもしれない業種だが――死ぬわけにはいかない理由、には都合がいい。

この二人を気にかけている間は根付いた諦観が顔を覗かせることもないと思われるからだ。

足手纏いがいて必死になっていれば余計なことを考えずに済む。命の値踏みが軽いやる夫に丁度いい錘だった。
4913 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/07/25(金) 23:23:51 ID:7zjEc2o20


                                                    '"´  ̄ ̄ ̄ ̄ `丶、
                                               / : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ、
                                               /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
   まーまー。片っ苦しい話はそのへんでいーじゃない。      ./: : : : : : : : : : : :l: : : : : : : : : : : : : : : :ヽ
                                            /: : : : :.:l: : : : : : : : |: :l: : : : :ヽ:\ :   l: : :l
   おいしいゴハンが冷めないうちに食べようよ。          /://: : : |:| : : : |丶: : : .ヽ: : : : :l/∨二|: : :l
                                     // ./::| :| : |:| : : : |...ヽ: : : : 丶 /|_ | ==|_ : :|
                                    /  // |: :|: : |:l`ー‐ト、 ヽ : : :/化仗「j}| : : | } :│
                                       /  .V: :_|:L‐fr〒仗仆'∨ 弋辷ソ ノ!.:.: :レ: : :|
     やる:え、なに。キミら食ってくの?            .__  _   .|ヘ:.:.ヘヾ弋辷ソ    ` …'´│: : !: : : |
                                   ヽ._| |_/ /〉 |:(ヘ : ヽ`…‐'´   .._   |: : /: : : :|
         そろそろ帰った方がよくね?                `‐′|: :`ヘ: :丶   マ   Ⅴ ) .イ!: /: : :∧!
                                    ,.ヘヘrー、  |: : :ハ: : :l≧=- ゝ _, <|: :j:|/ : Ⅳ
                                      ///⌒V  |: /ヽ∧ : l \ `く―-、 ヽ厶ヘ∨
                                  〈    '´r〉  '´ / \|    ∧`ーrrュノVヘ`ヽ
   お腹減ってるからね! 食べなきゃ帰らないよ!  ...ヘ     }   / ̄        ∧ミヘ l |彡Vヘ \
                                         ヽ   く  /           ヘ    |:::::|   ヘ  ヽ
   ていうか、お酌するって言った時点で気づこうよ。      .\  `く二ヽ      __.       |:::::::|  ヘ  )、
                                      ヽ  ノ〉 人    /「´     ヘ  ..|:::::::|  ヘ   \
                                           (〈^彡'      /  l        |:::::::|   .,}    \
                                            ヽ {      /    l     ヘ   .|.○ ‐:、 ..} /    `
                                         \__/       〉.         | 弋_丿´l
                                                    〔    ./     ̄ ̄  |\_


これから二人がどうなっていくのか。そんなこと自分がどうなっていくのかだってワカらないのに考えたって仕方ない。

いつだって最善の努力をする以上のことは誰にもできないし、それが正しい行いかどうかも結果を見るまでは判断の

しようがない。……そして人は、自分の行いの報いを受けて責任を取るしかできないと、後になってからボヤくのだ。
4914 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/07/25(金) 23:24:42 ID:.t2BxXHM0
なんか朝チュンフラグくせぇwww
4915 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/07/25(金) 23:25:45 ID:7zjEc2o20


  ア:おう、なかなか見栄えのいい凝ったメシじゃねーの。

    こいつ雑な盛り方しかしねーから新鮮な感じがするな。


                                        キ:はっはっは、織莉子のゴハンは美味しいぞう。

                                          ……具体的には、うちのカーサンよりも美味しい。


      やる:作ってもらえるだけありがてー話だろうがお。

          こちとら男やもめの野郎メシオンリー生活だお。


                 r=-ーーーー‐‐---ー--ーーーーーー--==---=ー--ァ
                 ∥    _ノ三ニ=-―'''三二ニ=-ー--v- 、__        }
                ノ     i,二二三三三三二二ニニ==--==ニ=、    ヽ,
                ij     /二二三三二二二二ニニニニ==---===j__     ソ
                ∥_   ソ三三三三ニニニニニ,,=-―‐- 、三三ニ=-,ヽ   ハ
            _, - ' ´   `" ' =,,,_`ー---ー---ァ"´::::::::::::::::::::::`"'ヾ        )
          ,, '´     _,、=-、   `"' 、-==-ァ":::::::r==、ハ__,.:.:.:.:.:.:.:'ヽ==--=-=-"´
        /   ,、_、/ / : : : `-v、   ヽ、 ∥:::::::∥  そヲヽーァ.:.: ハ
       ./   _i^: : : : : /      `ー、  ', .i.{:::::::〃 <くi !フ}__ノ.:.:  i     _
      ../  ,、ノ: : : : : : j    : : : : : : : 7 ハ .ヽ 、::ト、__ノ iVハ八.:.: _,,=-^~ ̄  `"' - 、
      ∥ ,,j: : : : : : : ,,ノ   . ::::::::::  ∥ ∥ .ヽヽーvn、__V、 ノ / ,;;;;;;'" ̄ ̄`"' - 、 ヽ、
      i  {   : : : : : i ヾ..  :::::::   / ∥ __ `'-=,,__  >__,,=ァ/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヘv:;:;:;`ハ ハ
      ∨ `}   : : : ::::::ゝ..       ソ /;;;;´::::::::`::ヽ、ー二ニ=イ i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:O:;:;:;:;:;:;.', .ハ
      ..∨ ヾ,: : : : : ノ  ::::..      ノ /〈三三ニニコ;;;;;ヽ     .i|.:.:.:.:.:.:.:.:.:@o。:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;ハ リ
        ヽ、 `,_: : : : : : :  ::::;;;,,,''"´_/;;;ノ,ニニ>、ヽ,,/i     ヽ、:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;Cハ:;:;:;:;:;:;:;リ∥
         ヽ,  `ー==-~´_,, -' " ヾ;;;((_,-----、::::/∥      ヽ:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;/./
           ` ー--==‐'"´      `ヽ、t____ノノ:::ノノ        ヽ、:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;..//
                           `ー-=-'"´           `ー-...,,,___,,,...=‐"´
                    | ̄^i
                  -=ニニ二二二二二二二二二二二二二IIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIII
                  -=ニニ二二二二二二二二二二二二二IIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIII
                    !n___j


なんにせよ今は目の前の暖かい食事を堪能しよう。誰かが用意してくれた暖かい食事は、ずいぶん久しぶりだから。

キリカが大皿に盛った揚げ物をパクつきながら片手酌でアシェラッドのグラスに酒を注ぎ、アシェラッドはヘラヘラした

締りない顔で酒を煽っては漬物を齧る。ライスをよそって茶碗を手渡す織莉子はやけに楽しそうでニコニコしていた。

ひどく胸が痛む情景だが、不思議と悪くない。つい口元が緩んでしまう。ああ、こんな風に過ごした時期もあったな、と。
4916 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/07/25(金) 23:28:26 ID:7zjEc2o20


                                  ‐ ‐ - ニ 二三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三
                                    ‐ ‐ - ニ 二三三三三三三三三三三三三三三三三三三三
                                            ‐ ‐ - ニ 二三三三三三三三三三三三三三三三
.   ____   . |             ./"'' ‐- ,,.._                     ‐ ‐ - ニ 二三三三三三三三三三三三
   |i―ii―i|   . |            /   . |      "'' ‐- ,,.._                    ‐ ‐ - ニ 二三三三三三三
   ||_||_||   . |          ./      |            "'' ‐- ,,.._                    ‐ ‐ - ニ 二三三三
   ||―||―||   . |        /        .|                  "'' ‐- ,,.._              ‐ ‐ - ニ 二
   ||_||_||   . |      ./          |              ' ‐- ,,.._      "'' ‐- ,,.._             ‐ ‐
   '―――'  ...|     ./           |        ーー''''"゙゙ |     "'' ‐- ,,.._      "'' ‐-
           .|   /      〆|      |        |_,,,、--''"゙゙' ‐- , ,.._       "'' ‐- ,,.._   |
           .|  .|     .〃  |      |    .∩         ‐- , ,.._  " '' ‐ - , ,.._       "'' ‐.
.━━━━━┓ . |  .|  >、  |_ソ     . .|     | |                      " '' ‐ - - , , .. |
.工 務 店  ┃ . |  .| | 丿           .|    .∪           ┌ ,,.._                  .|
.━━━━━┛ . |  .|              |              |       ||"'    ┐       . |
           .|  .|              |              |       ||     |        .|
  ┌───┐  |  .|              |              |       ||     |        .|
  |      |  |  .|              |              |       ||     |       ロ |
  |      |  |  .|              |              |       ||     |        .|
  |     .0|  |  .|              |              |       ||     |        .|
  |      |∩ |  .|             |              |       ||     |        .|
  |      |.|.| .|  ミ、、           .|              |       ||     |        .|
  |      |∪ ||       ミ、、      |              |       ||     ┘""""""""
 """"""""""""""""          ミ、 .|              └             ∥∥∥∥∥∥
    """""""""""""""         """""""""""""""""""""             \       \


食事を終えて少女二人を見送ると、もはや全身にかかる疲労の重みも耐えがたく、やる夫はシャワーで汗を流した

だけで使った装備の点検もせずにベッドへと潜りこんだ。――今日という騒がしい日が、穏やかな流れで過ぎていく。

心はボコボコにされて体も疲れ切っているというのに、瞼と同時に意識が落ちる感覚がとても心地よく感じられる。

走馬灯のように駆け巡る一日の記憶に苦笑しながら、ヤルオット・アノー初めての遺跡潜りが幕を閉じた。









オワール
4917 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/07/25(金) 23:29:10 ID:.t2BxXHM0
乙ー!!
4918 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/07/25(金) 23:29:48 ID:oYZ/bR960

貴重な事務員と警備員ゲットw
4919 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/07/25(金) 23:31:17 ID:7zjEc2o20


┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━
┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━


          , ィニ=|´i=- 、{`i
         r'/ ̄ し'  ̄ }/-、
         j .{‐ニニニrFニニ=r-__}
       rイ}´ ___r┐_____ } }ヽ                               _,. -∧- .、
         j k´`ー‐‐‐{__}――{.ky}                                 _., ´   _   ヽ.
       〔}] .}  ____ ij  i                              i'<_.゙ ̄(⌒) ̄`>;}
         Y个エニニr‐iニニニr‐ー{                            r!_ `o ―‐ o´ ,j、
        {、 `i    { }   | |`i                          rヽ}.! }_       _{ !.,-.
        ト、」――――--、 i i                             / ヽ_,i、 ∨∨∨∨ !_,/  !
        i: : : : : : : : : : {  `ー                           /ヽ  ヽ 丶. __ .,´ /  /ヽ、
      , ィ: : : : : : : : : : : : ト、_                          {  ヽ ノ.\    i   /ヽ、_   }
_ -イ7{: : : : : : : : : : : : : : : : : : :>‐-- 、                     _,〕 _,/!    \   /    !\,〔
ヘ////∧: : : : : : : : rF=====、___r彡^}: :Y}ヽ_                    { !、   ト.     ` ´     {  ,-!
: :∨////}: : : : : : : :ト、`ヽ)`コr‐‐イ 7´: :ノ  /`i_               ,..r-;''|  ´ー-j .|-._ \  / ,./!´_,.' 」-、.
: : :∨===――‐{´` ゴ`¨  }  / ./ ̄ ト` ノ /ヽ            r_.._,ーヽ.-――'ヽ   ̄ ̄ ̄ ̄ /ー゙-'' ̄ヽ-`,
: : : :}ニニニニニニニトく     }  { /    }ヘ 「 ノ }              'ー7<ーヽヽ.    ヽ ヽ   ,/ !     /´ ,/!_,.、
: : : :|ニニニニニニニニ} >-------'――‐┐∧´ ノ 〉              .,.┘;\ ヽヽ    ゙l 丶.  / !    /  / ヽヽ /
: : : :r‐┬‐‐‐ ´ ̄ _ ――― .エニニニニ7/.∧{__ノヘ              ゙、 \} .゙、 } }   ,.!|       |     |.._/  /./
r У}--}==ニニニ彡'´ ̄ ̄ ̄_ ― ┬ }///∧{__ノヘ            .\  \} l .| _,.''´!\   ,  |‐--...,,_!  /,.'
 ∨´{ } ̄    ,zニニニ二 ‐‐  ̄ ] ∨//∧く ノヘ             \__ノ''゙`''´    ̄`ー' "´       ̄` '
  {ニY ̄ ー―‐´  __, r‐ニニニニヘ ∨//∧イ  ノ


   〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

【アイテムカード:エンジニアスーツ】

今日も皇国の暮らしを支える大型機械の技術者が御用達、みんな大好き工務用スーツ。

公式設定から『宇宙船の船外活動用。本来は宇宙用でエンジニアを溶接熱や火花から護る事から地上でも使用され、
戦車や車など大きな部品を扱うエンジニアから人気。パワーアシストや鉄片から身を護るので大変性能が高い』など、
どう考えても機動性がない装甲スーツもどきな記述がなされている代物。そりゃ兵器転用しても性能抜群である。

とはいえ社会的にそんな凶悪な代物であると認知している人間が多いとも思えない、ニッチ層の為の全身装甲服。
これを武装として扱えるのは、存在を知っていること、性能を理解していること、人前に出て恥ずかしいと思わない鉄の
精神を持っていること、この三要素が揃っている人物に限ると思われる。たぶん、きっと。

やる夫が使用している物は、荒事から足を洗って店を開いた叔父へと現役の父親が贈ったLv3の上等な品である。
こと防御力の一点に限ればヘタをすると装甲スーツよりも上を行きかねない初期チート装備の可能性も微レ存。

キイで自動車工場主の弟が使用している物は中古品かつボイスチェンジャーが不評だった為の叩き売り品だった。


┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━
┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━
4920 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/07/25(金) 23:33:53 ID:.t2BxXHM0
> この三要素
最後が致命的じゃねーかw
4921 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/07/25(金) 23:33:55 ID:oYZ/bR960
めちゃくちゃ、上等な一品じゃないか
戦闘用に劣るけど蛆虫の装備じゃねーよ
4922 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/07/25(金) 23:36:13 ID:7zjEc2o20


┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━
┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━


       ,  '´: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : `ヽ、
       {: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : }
.       }: : : : : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: : : : : : : : : `}
      /: : : : :, _ - ‐ -`、::::::::::::::::::::::::,:::::::::::::::::::::::: : : :く
      lー ´       `ー ''- ‐- '´ー 、:::::::::::::::: : : ソ
        l_ _                ヽ、 , /´: : :,'
       l: : : /,, ̄  ̄ ー -、- ー 、_    /: : : , '
       /,: : ´/,-‐=== = 、ゞ: : : :, '二 `ーV、: : ´
      { ',ゝ::/   ,= = ヾ   ゙-- ´r - 、㍉/) `´
      `、i: :ヽ,  、f´ヒソ`    i  f心 ソ /,'ケ
       ヾi: : ゞ.      ´    l  `゙ ´ ./} /
        ヽ:',         ,,. |:     /ン
      ,一´、:',        、 /::    /
   , '  / l::ヽ  、             ,.' 、
 , '.    /  ,!, ,' ヽ  `ー ――――' , ' 、 \
/.    イ//  '.  ヽ    ゙゙゙゙  , 'ト  l  ' ,
     l     !   ヽ     , ' l \ l   ',
.     |.     ',    ヽ _ _, '  /    |    ',`‐
     |      l          |      l    ' , \
     |        |                 l    \. \


   〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

【キャラクターカード:扇 要】

やる夫ことヤルオット・アノーの父親の弟、叔父にあたる人物だが、血縁関係を怪しまれるほど顔立ちが似てない。

かつてはスカベンジャーとして兄のチームに所属していたが早い時期に鉄火場歩きよりも機械工作などの雑務へと
逃げを打ち、チームの装備面と財政面を支えることで貢献していた。作中では屑同然の人物に成り下がっていたが、
当時の彼は人当たりのいい優秀なメカニックであり、後進の面倒をよく見て教育も施すような穏健な人柄だった。


現役時代に交際関係のあった女性が敵対チームのスパイだった為にそのチームごと兄達に排除され、信頼関係に
決定的な溝が発生したことからスカベンジャーを引退。足を洗って自分の機械修理の工場を開業することに。

もっとも勢いで足抜けして勢いで始めた店がそう上手くスタートを切れるワケもなく、けっきょく心配して見かねた兄が
浅い付き合いだが信用のおきる同業者達の顧客を紹介することで、なんとか経営が軌道に乗る形になった。

善意であっても袂を別った弟からして見ればたまったものではない。礼を述べて右手で握手をしながら左手では血が
滲むほど拳を握り締めて『バカにしやがって』と憤懣を堪えるような、そういった行き違いを多く積み重ねていった結果
が後に『兄から預かってくれ』と頼まれた甥と姪へと向けられたと思われる。彼は彼なりに、追い込まれていたのだ。


扇 要は足抜けにより同業者のいざこざに巻き込まれないよう改めた名であり、死んだ元彼女が呼んでいた略称の
オーギからつけた。彼の生来の名前はオーギュスト・アノーという。


┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━
┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━
4923 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/07/25(金) 23:38:38 ID:.t2BxXHM0
オウフ… ヴィレッタいたのか…
善意でも確かにそれはきついな…
4924 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/07/25(金) 23:39:24 ID:oYZ/bR960
あー、いっちゃいけない道に迷い込んだのか叔父さん…
4925 : ◆ToVRCqC0oc [sage] 2014/07/25(金) 23:42:13 ID:7zjEc2o20
エンジニアスーツはアレですよ Lv1グレードが50円で買えちゃうから ガションガション煩いし

ドキっ! IAIだらけの北領生活24時 では工務スーツのVerUP結局やらんかったからなー
高いグレードの性能ってどんなもんかワカらんのでLv3でも実は大したことない可能性も微レ存
4926 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/07/25(金) 23:43:46 ID:.t2BxXHM0
アルのがLv1かな?
4927 : ◆ToVRCqC0oc [sage] 2014/07/25(金) 23:48:21 ID:7zjEc2o20
>>4917-4918 乙さんくーす

愛はAIより哀しいモノなのデース

アルのはもしかしたらメーカーの違うLv2かもしれんが細かく決めてないよ!
4928 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/07/25(金) 23:49:54 ID:.t2BxXHM0
回答ありー
なんかボイスチェンジャーあたりがボン太君スーツを連想したw
4929 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/07/25(金) 23:50:42 ID:JUBO6wO.0
あぁ
末っ子が追い込まれて腐ったのか

でもそれって8,9割は自業自得ですよね?
4930 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/07/26(土) 00:01:56 ID:Kcu7Unaw0
乙おっつ
4931 : ◆ToVRCqC0oc [sage] 2014/07/26(土) 00:03:38 ID:.AWeomT20
おおよそ扇くんの優柔不断や甲斐性なしや根性なしや考えなしによる自業自得です
関連記事
スポンサーサイト




コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://yarucha.blog.fc2.com/tb.php/6242-97d1fc35