チンクは大人の男になりたいのです その24

4949 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/07/28(月) 21:12:49 ID:nWfoccts0


            _
           / ,.ィ__
         l. /ィ´:´_.:,:.:>.、
         Уl、'´‐-:、:`i:.\:.:>
        ,'.:i:l::ヘ>-:、>:.:i:.ヽミ、
        l:.:lYヽ:ヘィtッヘ|l:.:ハヘハ                       颯爽といま……一日遅刻した。
        ∨V`| `   ノ|イ',ィ/`
           .リY=-   -  リ ト.〉 ,ィ                      んじゃまー投げますかね。
             ヽ´    イ l ∨/ ,|ィ‐ァ                   ザックリいこうザックリ。
            ,、>‐i. r=テ/ 〈_' 三≧
            ,'/,ニニリ'`K<=ニ=ヘ  x〉ヽ             姉ちゃん出してからそれまでの
           r‐:く:〈./ /三三ニ7ニ≧ll_〉}:}ミ           倍近くレス使ってんだよな。
         ,.ィY// :〉,.イ/_ニ三'〈三三ニYヘヘ〉           まぁじやべー。
           l三リ'リ ; l三ニl〉l」ニ'∧三三三Y、
           |ニリ'l' .;:_lニl三三三三〉三三ニイ
         Y/;l' .:: ,|三三}{三三ニ∧Z三ニ!
        .,jl/,|」_.j ;l|三三lil三三'/ . ';三三l
         ;.イリ'l` ;'.l|=キ三l{!ニ=/   ';ニ三|l
        ,'/|リ |  i ∨l三ハVニ/     ∨三ハ
        .;ニリ.lY  l   Ⅳ=ニハVl!    ノ三三〉
        .,'ニ;' .|:| | ./ ,|lニスヘK     V三ニl|
      /ニ;' : |:| |/'´/iリ/∧'リ     lニ三l|
     ./ニリ!/r'.′.ノ-=/ニ三爪ニ{_      lニ三l|
      ./ニr' ,'| ノ三≧l三三三三ヘ___ lニ三l|
4950 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/07/28(月) 21:15:41 ID:nWfoccts0


         /:./:...............:.:/:.∧:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:{:.:.:.:.:.:.:.\‘;.:.:.:.:.:.:.:.......
          /; ';.....:.:.:.:.:.:.:./:./ ‘;.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:‘.\:.:.:.:.:.:.:.:‘;.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..
.          // :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:/   ‘;.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:‘, \:.:.:.:.Ⅵ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.    ザックリ終わらせる為に見所らしい見所がない。
         i/  i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/   U ‘;.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:‘,  ‘;.:.:‘;!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
        {  |:.:.:.:.:.:.:.:.:.{\    ‘;.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i    }:.:Ν_:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:     しゃーないねん、しゃーないんや、マジカンベン。
、       ;.   :.:.:.:.:.:.:.:.:.:{  ≧z __ \:.:.:.:.:.:.:.:._|__ 斗:.ハ:!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ハ:.i
 ` 、    jレ  ';.:.:‘;.:.:.:.:.:レ乍 ⌒ヽ  }:::::.:.:.:.:.:.F ^ミ/ j:.:.:.:.:.:.:.:.://};′   そんな感じで早速いってみよう。
    ヽ  / ∨ノ:.:.:‘;.:.:.://  (_)   i::::ハ:::.:.:.; (__) ^Xト、:.:.:.:.:.:.//{ リ
     ,、/   Y:::::::.:‘;.:.:ー:. -== ''  /ィ {‘;:./rー- __ ハj}}:.:.:.:.:':::::::v
.     /     |「^}\‘;.:.:.:{          j/    ̄ 7:.:.:./:::::::{\{
.           ⅱ り\ 、:{\                 厶ィ7:/}:::{  ー
          ⅱー  7ハ\             U ィ厂/\{_
----  _     j レ 1〃 \  、          ,  /] 「     ̄     イ
      \   /  /==-   ト     ̄ ̄ ̄   ̄ ./  }{        / /
       /:\    /ニニム/ \;\         イ{   }_{       / /-‐…
.    /:::::::::::::\ ̄ ̄\\}   \;\    /  /           / /
4951 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/07/28(月) 21:16:01 ID:nWfoccts0


                             `
                              \ ,,_人、ノヽ
                               )ヽ    (
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ - <       >━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                               )     て
                              /^⌒`Y´^\
4952 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/07/28(月) 21:16:23 ID:nWfoccts0


― -_ ̄― -_ ̄― -_ ̄― -_-_ ̄ ̄― -_ ̄― ― -_ ̄― -_ ̄― -_ ̄― -_ ̄
__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐― ̄ ̄―‐―― ___ ̄ ̄―――  ___―― ̄ ̄___ ̄―==
―― ̄ ̄___ ̄―===━___ ̄―  ――――    ==  ̄―― ̄ ̄___ ̄―===━
__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐―   ――――    ==  ̄ ̄ ̄  ――_―― ̄___ ̄―
 ___―===―___   ――――    ==  ̄ ̄ ̄  ― ̄―‐―― ___
 ̄――――    ==  ̄ ̄ ̄ ̄_――_━ ̄ ̄  ――_―― ̄___ ̄―=‐―
 ___―===―___   ――――    ==  ̄ ̄ ̄  ――_―― ̄ ̄―‐―― ___
 ̄ ̄―‐―― ___ ̄ ̄―――  ___ =―    ̄ ̄___ ̄―===━___ ̄―
__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐―   ――――    ==  ̄ ̄ ̄  ――_―― ̄___ ̄―
 ̄___ ̄―===━___ ̄―  ==  ̄ ̄ ̄  ――_――__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐―
  ___―===―_―    ==  ̄ ̄ ̄  ――_―― ̄ ̄―‐―― ___
  ――――    ==  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ―― __――_━ ̄ ̄  ――_―― ̄___ ̄―=
4955 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/07/28(月) 21:18:41 ID:nWfoccts0


  /  | |        / | |: : : |
/  /| |      /   | |: : : |
  /  | |┐  /  / | |: : : |
/    | |┘/  /   | | : : :|
      | |/  /     |〉==:|                         ワワワ ウワー ウワー
      | |  /       | |: : : |
    /| |/         | |: : : |            ⌒ィハ‐-`ヽ─ 、丿     ナントイウコトヲー
_//| |________________| |: : : |            ./           ヽ
_|「 ̄ ̄||_____rl___|:_:_:_|     .      / / /i .、       ヽ
 ̄|l___|| *==== r」 [] cx   \        ,'  l / lハ ヽ      .}
   ̄ ̄ ̄                \      !l  l.__/り. `ヾ!  .l  レ
 ̄ ̄ ̄「.「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄「「      Иi | ニ   @ |  !  i ----------------
     ||               | |       l | ##   ## |  !  i´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   []|| []            | |       l ヽ. r‐‐,  イ  /.  |
     ||               | |       | .i.`≧=r /  /   |
__ ||.___________|_|        __ヽ l! l . /v<i ./ `ヽ  |ヽ'"`ー‐- 、-- 、__
────────、                / r'二 ゝ〃爪 ! イ   l. |                ̄
\           \        ,. -‐'ー-(_、_f´〈ゞ小/ !/ ', ∧ _`ー、
  \       ×     \  ,. -‐'"´: : : : : : : : : :`^ー'´^`~'ヽ、 '"    ̄`ヽ
   \             ,.-‐'"´: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ        ヽ

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM :   シスタースマイル    ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

なぜあんな醜態を晒してしまったのか。自分はどうかしていた。目覚めて最初にチンクがしたことは反省だった。

一人で頑張ろうと意気込んだ反動が出たにしろ、一日ずっと一緒に行動して手助けを多く受けながら、入浴まで
共にした時点で過剰な甘えようだ。挙句、一緒に寝ていいと強請るのは、どうかしていたと狼狽せずにいられない。
幼子さながらの振る舞いを思い出し、羞恥に赤面して頭を抱え、しばし身悶えする時間を過ごした。

ウーノが変に拗らせていたように、チンクにも耐える事が慢性化して心の隅へと溜め込んできた、甘えたいという
衝動が心にあった事は認めるが……大人の男になるために家を出たのに、子供に帰っては逆効果すぎるだろう。
4956 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/07/28(月) 21:20:12 ID:jWN3oB0c0
15歳と考えるとあれだが メンタル的に拾われてからを換算すると6~9歳ぐらいかな?
じゃアリじゃねw
4958 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/07/28(月) 21:21:20 ID:nWfoccts0


         〉‐' ト ト::!!     :::∧   Y!:: i!:::: !
         /     \!      /  |  /\l!::::::!
        √ ̄ ¨-   \  r‐<  ノ .   \: !
       /       ¨  -  (_ ̄ `ヽ/      ハ!       あと五分……いえ、五時間このままで居ましょう。
        .′            `Y__`   \   ) /  !、
      !          (__ `      ヽ_ j /   !
       ヽ        ヽ \`ヽ      Ⅴハ   !
          \       |   \ \   | V  !
          !:::\       ー┐  !/⌒\ /   \_ ヽ  <邪悪な神様の『こんなのどう?』みたいな作為を感じるな!
          !::::::|       |  |!::::::::::::/       |   起きろウーノ姉、今日もやるべきことは沢山あるんだ。
          !:::::ハ          ⌒ー|!:::::::::/         /
           |:::{ ∧         ヽ___/          (
           |:::::)  ヽ           ̄ ̄ヽ      ノ
          /    \           イ `ー一'
        ハ      \      __ ノ´   |.            まーまーまーまー、そうツレないこと言わずに。
       /::::ノ          `ー‐イ「       ト.            ちょっとだけ、ちょっとだけですからー。
        ノ/                ! ヽ         \__ __
     /                  |  人         /___ \
    .′                |/::ノノ\     /       \
    |                  /o::ノノ   \__ /          ヽ
    |                /=テ'                   i
    l                   /ーく                    ノ
    ト、             /    ` ‐-__ ..__ __        __..'
    ′\          /          ` .   ` . ̄ ̄
     ヽ  \          /             ヽ     \

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM :   シスタースマイル    ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

起床時刻は普段よりはやや遅いぐらい。隣を見れば、すやすや寝息を立てているウーノの姿がそこにある。

自動人形としてのウーノのボディは高級品である。さらに人に触られることを前提とした、との枕詞がつく。ギュっと
抱きしめられれば男女を問わずフニャフニャにされかねない感触は、抱きマクラとしても極上だと断言できる。

しがみついて二度寝したら最高に気持ちよく眠れるぞ、という本能的な誘惑に、必死の抵抗をするのも本能だった。
寝たら死ぬぞ。なんだか言葉にしづらい身の危険が今日も絶好調でチンクの惰眠をインターセプトしてみせた。

朝食の支度をしようとベッドから足を投げたところで背後のウーノに強引に引き倒されたので、無駄な抵抗だったが。
4959 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/07/28(月) 21:21:52 ID:jWN3oB0c0
さきっちょだけ!!
4960 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/07/28(月) 21:22:42 ID:nWfoccts0
>>4956 男の子にはね、意地があるんですよ 張ってもあまり意味のない意地ですがね!
4961 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/07/28(月) 21:24:40 ID:nWfoccts0


                   __ -、, ―   ̄`ヽ、
               /        ヽ、 ヽ
               / / /`    ヽ、 ヽ、 ヽ
            / / / ,   .ト、 ヽ ヽ ヽ ヽ
            / / / l .l  |. l  |  ヽ | l .l          ウ:もっとキャッキャウフフしませんか?
           l l /  |  |   |  l  ト __|_|_ l l             きっと世界が待ち望んでいますよ。
             | l |  |  ,l、 ヘ l 7´| ..| _|_ l l
             | | |  | / ノ/ ノ レ'  イ´ク.|'  l l
             l | l   .`| |/ /,--っ   `´ .|  | l
             l ∧ ヽ、.r'´! l' lノ l´-‐っ ## |  |  l           キャッキャウフフってどういう擬音語だ。
             l/ \l. | / r‐、`> / ̄   ,.|  |__l          私は朝のトレーニングに行ってくるから、
                   |_!_ ヽ' // _ _ / |  | 7 ∧        ウーノ姉もはやく服を着替えてくれ。
               _/    ̄`ヽ、ー||- ||'  |  |//  .\
               l, ´  ̄ ̄`ヽ、 ,>||ー||' ̄|  |´ 〉ー‐、ヽ
           ,「|         > ||ニ=||=ニ.| //     ヽ\
            / l         /l < /´`ヽ | |― 、       l \
         _,ノ /       / |`/:::::::::::::::|.| l ̄//       \ \
       , 「  /         /、 |. \::::::::::::,l レ' //.  l      \ ヘ
       〈 {, -'         ∧ヽ | , -ニニニ,,_r ⊥!  l       /ハ
       〉'|       / ヘ l/t_ノ,ニゝ.,-`| |\ ,|       //  ヘ
.       l |       (   `/ /,-=- | l l  \   //|  ハ ヘ
       / l !       ∠--、__/_ .ー' r ‐ |__| |   \ //´  l   l| l
      / ハ     / T  ̄7/_/ ||  レ´`iー./ /     \   l   |l l
.      / /  `ー‐‐'   |  //7   ||    ∨ /          `  l  | l. |
.    / ,|   /    / //_/   ||   _ ̄ lヽ            l /. リ
    l /´.|  ∧   /  //f、_,-/ ̄/ ̄ヽ `ーヘ ` - 、     / / /

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM :   シスタースマイル    ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

ベッドの上で真後ろに引き倒されてウーノにしがみつかれ、「離せ」「もう少し寝ましょう」とモミクチャにジャレあって、
数分後にようやく起床を果たしたチンクは身だしなみを整えて、今日も補助電脳の右目に装甲眼帯を纏わせた。

気を引き締めなければならない。あまりにも緩みすぎだ。自己を戒め昨日の醜態を頭から追い出すべく義体と電脳
にチェックプログラムを走らせ、整理体操を始めた。トレーニングはただ漫然と体を動かせばいいというものでもなく、
集中力が欠けては効果が薄くなる。チンクは合理的な思考を追求することで精神状態を平時の自分へ回復させた。

部屋に戻れば朝食が待っているが、そこで頬が緩まないよう強引に引き締められる程度に今は平常だ。
4962 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/07/28(月) 21:26:18 ID:nWfoccts0


                  /lニニニニ二二二二二二二二二二Eヨ二二二二二二二二二二ニニニニ∧
               / /                                              ∧
                  / /                                               ∧
               / /                                                ∧
            / /                                                  ∧
           r'―――――――――――――――――――――――――――――――――――',
           ,' l                     _,.ィニ==イニ三三三三三}}                       l ',
           ,'  l __       ,r,====={三{三三i三三三三三ニ}}.              __      l  ',
          ,'   l(( ̄`7ュ==彡'  } l´`l |⌒| l゙ ゙̄l`l⌒l―-----<´ .____     ,r=ヘ'⌒ヽ>x  l  ',
         ,'   {二{´ネミ/二二|⌒! {=} |: . | |: . | .|: . |____}='´ {ニ}_x>r=ヘ'⌒\r=ヘニ}ニニニニ}二}   ',
         ,'   r‐、斥ミ/,rニニニ|: . ! |: . | |: . | |: . | .|: . |-‐'''´,-=r=ヘ'⌒\f ヘ , ‐=‐ミ、二{二}ニニ)二)    ',
         ,'   /⌒ムニ/!'::::::::::::::゙○':::::○' ○' .(二) ゙○三f´`\ヘ,r=ミ,r=ミ,r/  rニニニl―ァ二二}}}}}}}}}}}   ',
        ,'   ./  i ミ}{_{:::::::::::::::::::::::::::::::::r―f ̄ ̄ ̄ ̄l:i:i:i:}\f´`\::::::::}{:::::/r=ti  レ=フニ二)__),r=≪.   ',
        ,'   ⊂ニミ、<=====(ニ ̄{ 二|三二三二l:i:i:i:}=ニ≫z. \>'´  .|三|  ,r=彡<  ,r< {;.;.;.;.;.;.;.{.     ',
        ,'   ⊂ニ´ニ二二二∠ニ∠ニ二二二二二二二二)∠三三三ネ{_}_____Ll  ノノ /.三}`}ヽf´;.;.;.;ヽ   ',
        ,'   (                                           )⌒//´゙ヽ三}_,} };.;.{;.;.;.;.;.`ヽ  ',
       ,' ∠二コ=―-.tz―――‐ァ ――――― 、――――――┬――――――''''^ヽニ二ソ ̄ ̄ ̄ヽゝ==<}.  ',
.     ,'  f==-'´  (≠)   ̄二ニ´,x-―――――- ミ二ニ> 三三三| ; ,    . : : : . : ; ;   , ; ; ; ; ; ; ; ,x≦´ ̄ ̄ヘ  ',
.     ∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨
      ∨       ,{二二}、         ___        rニニニユ        ___      ,{二二}、        ∨
.       ∨      { {ー‐ '} }           {   {―-、     {(ニ)}     , -―}   }     { {ー‐ '} }      ∨
       ∨      ー=―'         ー―ー-、`ー――――――‐' ,r―'―‐ '      ー=―'      ∨
.         ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ー―――――――'  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM :   シスタースマイル    ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

朝食と食後の一杯を済ませれば、次は最初の戦利品でもある工具箱の出番である。中にギッシリ詰まった工具は
どれ一つとっても抜群の使い勝手と性能・精度で、材料さえ揃えば作れない道具はないと思えるスゴイ代物だ。
明日の遺跡潜りにも是非もっていきたい所だが、やや重くて嵩張るのが悩みどころである。

まずはウーノの来訪により横に置いたままだった銃器と熱単分子ダガーのメンテナンスを、次にフォトンチェーンの
状態確認とメリクルソードの修理を行う事にした。

長期依頼に備えて手持ちの材料からスティンガーを補充作成するのは、夜の空いた時間にしようと思う。
4963 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/07/28(月) 21:26:25 ID:ZLZuylWo0
えーい なぜそこで寝技を仕掛けない ウーノ姉さんw
4964 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/07/28(月) 21:27:34 ID:nWfoccts0


                              //ヘ、   //
                               ×´¨//ヘ、 ヘ//
                            κ`ヽ//ヘ、 ヘ//k`ヽ   ガチャガチャ ジャコン
                          人 //ヘ、 ヘ// :::ヾ/
                         Y´.//ヘ、 ヘ//  ヽ/
                    γ´//ヘ、 ヘ/"´   〃
                          >´/ ヘ ヘ/    :::::::::〉
                   //丶´`ヽ ./     :::::::/     ロングマガジンに弾詰めて~。
                       /\   //: : :    :::::::/
                /;;;;;;;゚ .\//ノ: : :    :::::::/        もいっちょ予備にも弾詰めて~。
               /;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;)/       /
             /;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;'/}        /
            /;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;'/ /       /           撃ちっぱなす準備は万全にー。
           /;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;'/   /       ,'
           /;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;'/   〃       ∥
         /;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;'/    ∥        ∥
     ./;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;'/     ∥        ,'
  ____,,,-‐'''"ヽ,;;;/;;'/      ∥        ,'
       ヘ   } .;;'/         ,'         ,'

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM :   シスタースマイル    ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

名も知らぬ同業の勝手な形見、45MAG。沼蘭さんが御勧めしてくれたPDW。房八がわざわざグリップを削りだして
くれた二丁の銃はブルファンゴの始末で大いに役立ってくれた。実績を上げた今なら信用の置ける良い銃だと言える。

仕事あがりに姉が登場して一日放置したが、キチンと状態を確認して次の仕事に備え、確りとクリーニングを行った。

昨日購入した50口径対物ライフルⅢ“メタルイーター”については、ひとまずシノンの報告次第である。遺跡潜りには
有用な装備と思えないが、屋外での護衛任務なら期待ができる銃器だ。そういえば弾を購入していなかったと今更に
思い至ったが……なに、いざとなればシノンが部屋に溜め込んでいる弾をかっぱいで持っていけばいいだろう。
4965 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/07/28(月) 21:28:49 ID:jWN3oB0c0
ベッドで女が離さない色男ぉ!(棒
4966 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/07/28(月) 21:30:37 ID:jWN3oB0c0
弾代はシノンもち!(非道
4967 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/07/28(月) 21:31:17 ID:nWfoccts0


        .、./       .‐                 ´ ̄ ̄`       `''-、         `'-,
      .,rゾ !      /             ./ /   ヽ  \     `\            `'、
     _〃  .      ″            / // .//^i i  ハ           ヽ.\            \
    .〃   |      l゙ 〈:V:::∨        .' |_|_//  | i!,イ/|_.| |        ゝ .:ヽ、         \ー―ー
   .,i./    .l      i′.ヽ`::::「i        | .|f¨¨`Y j/r≦ミ7 j  ._,,,.. -ー''ゝ ゙、\            \.、
   ,/    .|         !  `ゝ―‐.、      ,| 从_:ノ   ヒン/ ./..゙´ . .....丶丶'.l l`゙゙''、         `'、  .'''
  i.l′   .!         |  { ./ ̄`ヽ    ./| |圦    __∠. ┐|..`´        l .l   \            ヽ
  /′    .l       l  .∨/´ ̄ \=彡',| |ャ个 _‘{:>'⌒ヽ{ {           l. ..l   \         \
 〃     .|       | ≧=.ー\    \/.从{ }::}r_く        Y\            l : 、   ヽ.         .゛
. 〃     .l゙       |. _____ヽ      >´ ̄ Vハ     ,.⊥.、 \        .゙l, .'.    .ヽ
. l゙      |       .,!       \ /´     Vハ_ ∠ス⌒7ヽ.ミニニ.¨ヽ   ..l .'、     ヽ
..!     . l       ,!.  / ̄ア¨¨\__.,...┬r‐=≧rミア  ∨  \  \.\  |, .}      ヽ
   ...-" .!       !./   / / ̄`,|: :./:::::}}::N.   {\    ∨   ヽ  ヽハ.  l l      ヽ
..'"゛    .l          |  ....{ /  /7/:::::::{{:::Vハ ヽ/ ゞー  .〉    }   )リ  .| │       ヽ
      |.|..|        |   V  ./ 人__, ‐ 、}}_::Vハ ^<.__ /    ./‐=彡'    .l .〉      ._-ヽ
      .ヾ. |       │.   { _.∠ニ彡/ ̄`:.ー〈/ニ}}∨       \   / ̄      ..| .、    /   ヽ
       |           |.¨,ニ≠‐:7´  ./:::::::―..、::::::::::::::\      \/   _./ ̄ ̄ ̄\ /      ヽ
       |        !..: : : : :/  /:::::::::>≦≧x::ヽ:::ハ\____\ ` ̄ ̄/      .,.ト″        ..ヽ
      │       │: : :/   {::::r≦三三三劣x:\i  \: : : : :\        .,..-'´           l,
       .!           l ¨´     Ⅷ{三三三三三=ハ___}    \___ヽ   ...._..-'″             _.ゝ
       .|            !       Ⅶ三ニ∠三三三リニハ          _..-'"゛            ,.-'´
       !            l       .`ゞァ仁三三=/=三∧   .._..-'"゛                 ,/
          !         !        .,.仁三三ア三三三._.. -'"゛                   ..r'"
        !             !      ,.仁三=ア _,, ‐''"                  _ /
        .l            l,    _,. _,, -'''"゛                     _..-'"

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM :   シスタースマイル    ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

フォトンチェーンは単純な光子発振装置と触媒を組み合わせただけの投擲兵器である。単一指示を組み込まれた
発振装置より意図的に触媒を暴走させて過剰出力を生み出し、防壁として光子の網を空間に投射する仕組みだ。

6つあるフォトンチェーンとメリクルを解体し、状態が特に良い触媒を抜いて、メリクルの劣化したものと交換して全て
を組みなおす。メリクルの触媒と一番状態が悪い発振装置の組み合わせを廃棄し、メリクルの動作を確認してみた。

青白い光を鍔元から刀身に纏い、軽く剣撃を重ねて振れば斬撃が光の尾を引いて幾重にも弧を絡める。
重量バランスが良く、振った感覚も素晴らしい剣だ。だが刀身の発光と特有の駆動音には注意しなければならない。
4968 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/07/28(月) 21:33:06 ID:jWN3oB0c0
フォースの導きがあらんことを…
4969 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/07/28(月) 21:34:40 ID:nWfoccts0


                                 :::::::::::|:::::::||||                             |:::::|::|
                                 :::::::::::|:::::::||||           , -―‐.-               |:::::|::|
            よぉ来たのう、ゲーメ○ト。    :::::::::::|:::::::||||         /   _  ∧.           |:::::|::|
                                 :::::::::::|:::::::||||          __l .M∨ハ __.',            |:::::|::|
                                 :::::::::::|:::::::||||        ヾ| lテⅣナレl|,イ.l.           |:::::|::|
    誰がゲー○ストか。                 .:::::::::::|:::::::||||      ./⌒Vム. -- .,|/|ノV!.           |:::::|::|
                                 :::::::::::|:::::::||||    ./ ./  ̄ l.`´ / .少::l...           |:::::|::|
                                 :::::::::::|:::::::||||    ., '  / _,-‐イ:::! .//:::::/:::::::...       |:::::|::|
                                 :::::::::::|:::::::||||   /   L´.:.::.:.:.|::::l/::::::,::':::::::::::::::`、     |:::::|::|
  /  /   l   l l   !i  !   ! l  .!          .:::::::::::|:::::::||||  /    }::::::/:::::l/:::::/::::::|li::::::::::::::::.       |:::::|::|
. i  .ト、  ハ  .l  l  ,イ lxrzi=-  l l  .|        .:::::::::::|:::::::||||. {.   ,'::::;'::::::/:::::/::::::::::::!ill::::::::;:xXi,.     |:::::|::|
 .ト、 ,l ヘ ! .l l/.l ./ ∧ ハハ   ./ l  .l         :::::::::::|:::::::||||. 弋_,.イ:::::i:::::/: /:.:.:.:.:.:.:.:.:|li|!x+':.:.:.:.:.',.    |:::::|::|
Ⅳ三ヾ}三ヘ}ヾ/  .l/ 孑气く. ', ./ /i   l         :::::::::::|:::::::||||.  ∨:.:.;.:.:;イ:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;lイ´li:.:.:.:.:.:.:.::,.   |:::::|::|
三三三三三ニ}.    l f:::i lヾ iイ ./ .l   l        :::::::::::|:::::::||||.   `¨  /:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..,':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::',.  .|:::::|::|
ゝ三三三三/      .、辷ン   l/  l   l          .:::::::::::|:::::::||||      .i:.:.:;':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:',  .|:::::|::|
 ` ーーー ´      .`" ̄  /  i|   i         .:::::::::::|:::::::||||      .|:.:,;:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:; -― T.. .|:::::|::|
:::::::::::::::         ′      .i   i|   l           :::::::::::|:::::::||||      .>、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.<ヽ!:.:.:.;ハ:.:/    )  |:::::|::|
::::::::::                  ,'   l   .l
                 ./i    .l    l
\      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   .イ |   l    i

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM :   シスタースマイル    ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

工具箱を担いで姉を伴い、ブロントさんの部屋の扉を数度ノック。すると奥でガザゴソうごめく音がしてから間延びた
「いま行くんだが~ぁ?」などと欠伸まじりの声が返った。なぜだろう、アルパカのイメージが鮮明に思い浮かぶ。

しかし寝坊助にもホドがある。普段ずいぶん短気な言動が目立つが、大男にありがちな朝に弱い低血圧のようだ。

戸口にヌボーっとした顔で現れたブロントさんは、視界にウーノの姿しか見えずに二度三度と左右を見回すと、ポンと
手を打って視線を下へと降ろした。たいへん良い度胸である。剣呑な視線と真っ向ぶつかりながらも寝惚け眼なまま
「おはよぉ」と締まりない挨拶をした顎に、チンクは垂直発射式ジャンピングアッパーの目覚ましをプレゼントした。
4970 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/07/28(月) 21:35:48 ID:jWN3oB0c0
これは痛い! ブロントさんの意識も有頂天!
4971 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/07/28(月) 21:37:58 ID:ZLZuylWo0
チンクさん、やるならチンでなく 球ですぜ。
4972 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/07/28(月) 21:38:09 ID:nWfoccts0


                ,イ _
               /イ´  >
                 ,イ       `ヽ
               イ       l /  ∧              ホレ、これが義師から貰ったハンドブックなんだが。
            il    ト、  レ  i| ト
            |!.    l >、   ハⅣ
             ヘ,!   |.  ヽ/て.|二ニ=-
              , へ   |-‐tテ    |:.:.:.:.:.:.:.:\        <……これはヒドイ。反動のキツイ機構しかないな。
            -==ニjイ. l       /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..ヽ,
.            ,イ:.:.:/   >、!>、. --イ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ェ|.         右腕にレールガンナックル『メガトンパンチ』。
           .,':.:.:.::'  .,':.:.:.:.:.,  `¨ . }:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./イ:.l!        左腕は高電圧スタンコレダー『ギガトンパンチ』。
           .}:.:.:.:.|.   |:.:.:.:.:.:.',    ':.:.:.:.:.:.:.:.:.://:.:.|!        両脚が緊急展開用エアブラスター『とんずら』。
.           i}:.:.:.:|.   !:.:.:.:.:.:.:..   ,':.:.:.:.:.:.:.:.:./´:.:.:.:|!
.          l:.:.:.:.|  .|:.:.:.:.:.:.:.:'. ./:.:.:.:.:.:.:.:.:,':.:.:.:.:.:.:|!          こんな物ばかり使ってよく生身が保つものだ……。
.           |:.:.:.:.|   l:.:.:.:.:.:.:.:..∨:.:.:.:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:|!
.           |:.:.:.:.;    !:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:|!
.          l:.:.:./     ,:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!__:.:.:.:.:\
           !:.:/    .|,/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:ヾ>、:.:.:'.,   使いたくて使うんじゃない。使ってしまうのがナイト。(キリッ
          ';:.',     ,イ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ ̄`ヽ:ヾリ:.:.:.:|
     _____|__',  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.>´     ∨:.:.:/―― -、
  /- ― 、.:.:.:.:.:.:.:.:`´|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.> ´         |./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
 /:.:.:.:.:.:.:.:.:>:.:、:.:.:.:.:.:.:.!:.:.:.:.:.:.> ´     _,. ,. < ̄´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|
 |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.>、:.:.|:.:.:.:.:./   ,.ィ<ア´ \:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|
 ',:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./  ̄ `マ´ ̄`-‐ ´      \:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./
  \:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/     > 、    _____|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.> ´
   \:.:.:.:.:.:/=-ァ、 _      ー‐′  `ー――ェュ、::.:.:.:.:.:>´
.      \:.:/:./    ` ー-  、      ニ二 三ヨ}ー一 ′
       `´            > ー――‐´

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM :   シスタースマイル    ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

しじら織の作務衣というザックリしたラフな部屋着姿で、義体となっている両手足に負担を掛けないのは良い選択だ。
義体に違和感を感じたとき、すぐに付け根から様子を確かめられるという大きな利点があるのだが、ブロントさんが
言うには「両手足のバランスと体格の大きさ的にゆったりした服のほうが楽だから」というだけだった。

本人に気遣いがなくとも調整する者として都合がいい格好なので、チンクとしても作業の際はその格好でいてほしい。

ブロントさんの部屋は装備一式が洋風鎧と洋剣であるのと裏腹に和風に設えられていた。意外と整理整頓もしていて
整備前の確認に義体の仕様書を要求すると、すぐに両手両足、それぞれの説明書付きで揃えて提出された。
4973 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/07/28(月) 21:39:48 ID:jWN3oB0c0
なんというピーキーなw
4974 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/07/28(月) 21:41:02 ID:ZLZuylWo0
往年の川崎2スト並みのピーキ仕様ですなw
4975 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/07/28(月) 21:41:55 ID:nWfoccts0


         ,-.、
   l´ヽ_  .l  ヽ
   \_ \`l .|       <どの機構もエネルギー供給設定が受容限界いっぱいって……。
    ___> 、\ |         起動基準値はこの三分の一だぞ。使うたび壊れて当然だろう。
   ヽ__,.‐''>――ヽ、
      //\   .\      セーフティーかけとくから、イザという時以外は外すなよ?
     .`´  .| `l.   \
         ..|  l    \                               , -== :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:
         /  l      ヽ―――――――――==ニ二二二ニ=-‐- .、.,, ___,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.
        /   l                                  ./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.
  .,------´    \               ‐- .、.,, _              |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.
   '------------‐.`‐‐.'`―-.、.,, _            ‐- .、.,, _        .|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.
                      `' ‐- .、.,, _           ‐- .、.,, _   ヽ、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.
                           `‐- 、., _.               .ヽ、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.
                                .`' ‐-、.,,             |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.
        マッド                                `' ‐-===-‐――ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.
    あの駄猫、ハイスラでボコって三味線にしてくれる……。               ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
                                                  ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:



…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM :   シスタースマイル    ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

リビングの床に敷かれた畳マットの上で胡坐をかいた彼の両手足に、義体の仕様書と見比べながら検査装置を
取り付けていく。ウーノには両足の蓄積ダメージ測定から頼み、チンクは両腕の動作チェックと筋出力値の走査
を開始した。――美人と美少女を侍らせる浅黒い肌の巨漢、という犯罪的な姿にツッコミをいれてはイケナイ。

ブロントさんの義体は外装が人工筋肉と人工皮膚の生体部品、内部はフレームに特殊機構が付随した機械部品
の半機械式と呼ばれる構成であり、戦闘用義体でありながら日常の汎用性を伴ったスタンダードな範疇の義体だ。

反動の大きな特殊機構を組みこまれている義体は、データ取りと修理費稼ぎの為か、意図的に制御プログラムを
バカにされてセーフティが働かなくなっていた。調整と説明を受けた後のブロントさんの乾いた笑顔が印象深い。
4976 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/07/28(月) 21:43:35 ID:jWN3oB0c0
両手に華! うらやましいなぁ!

むしられておるw
4977 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/07/28(月) 21:44:52 ID:nWfoccts0


               ___
          ,  ´     `ヽ.           どうだ、ブロントさん。うちのアールは良く働くだろう。
        /           ヽ         ――おい、どうした。なんで椅子の陰に隠れるんだ?
         /  / /   ,イ       ',
      / /!ニlニト、 .l ,l  i! l ヽ
.     /,イ ハi_∧.| .l≠ l ,l i 斗ー .l  l          ブ:ソイツにはロビーで散々に頭小突き回されたからよ。
.     〃.i! r≦¨{,'く   .レ ハ._, .ヾl  .l         目の前フィヨフィヨされると気がひゅんひゅん行く不具合。
     /. 从 .{:::::::::::::リ   ィ=ミ  l  .!
.       |i  ヘーー´          ./i   |
.      |i  i^ixx  、__,   xxrvィ l   !                 ランチタイムダヨー タダイマー
        |i  〉、`ー-、 .___ ,.-‐' /} i  .!   オカエリー
        |i. / `ァ  〉=v=|  r‐':./}  .l                         ___ _, -、
        |i |  ./   /i   .|  | /  |   |                      , -'~/~ ̄ヽ,~ヽ-l、                 、
        |i.| /   ∧ii   .l  |/   |   |                     /`'''' ''''''''''''''''`'''''~ ヽ、     .ヽ  ヽ    ヽ
                                            ///⌒l~|^l         ヽ,      .l    l      l
                                            //.|'-‐' /,/          _i     ノ   ノ    ノ
                                            |-l'三=i/=-,| ̄||~~l~~l ̄ l.l           ´
                                          /=|=]-'=(_).ヽ'='|_|l___|=-'-‐'._|
                                         // >-ニニ''ー------ーー '''''~~-'-- 、  フィヨフィヨフィヨ
                                         | | |:l~''''==- ̄二',','''''''~~ ̄/ // _ l
                                         | | |:|ニ=--====--'     l .l l./ .):|
                                         | | |:|'‐-=,,,,|=ニニニl    .| .| |:>-'=|
                                         `-=:|l  .|'''=-,        | .| |:|::::::j|

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM :   シスタースマイル    ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

珍しいシステムの義体というオモチャを堪能したチンクは上機嫌で自室に戻り、ウーノが用意した昼食を楽しんだ。

午後からの作業にブロントさんも同行するため一緒に舌鼓を打ちながら彼の面白可笑しい武勇伝に耳を傾ける。
彼が主とする仕事は護衛関係の為、明後日以降の自分の仕事にも役立つ情報が多く、実に有難いものだった。

食休みしている間にアールが館内清掃を終えて戻り、クレードルに収まって待機充電を開始する。今日もよく働く
彼に刺さるウーノの物欲しげな視線を無視し、愛らしいズン胴ボディの稼動各部に感謝のオイルを挿しておいた。

アールに負けてはいられないな。――館内備品の修理にも精をだそうとチンクのやる気がバッチリ充填された。
4978 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/07/28(月) 21:45:57 ID:jWN3oB0c0
何があったんだよブロントさんw
4979 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/07/28(月) 21:47:34 ID:nWfoccts0


 おい、こま。おまえ先刻から俺が壊したのと関係ない物まで持ってきてんだろ。
 ヨミヨミですよ? お前の作戦は。修理品水増しとか汚いなさすが管理人きたない。

                                                        , '´  ̄ ̄ ` ヽ  アワワワワ
                 - ― ―― - 、                           / ,  , -  ∧.  ヽ
               ,..ィ ´ / \  >、   ヽ、                  C     / /.l l l   廴).ヽ l      ーっ
              ´ ,イ. /    へ   \ヽ、ーヘ            c   C.     /,イ{ ト、N l_/l ト、N、l } l     -=ニつ
              /.  ,'       \.   ',   `ヽ          c   C.     レ!小l:::::::j  リ ○ リ l l
                 l .i,イ  il |i ヘ    \   !   |i         c.         ヽ|⊃ー'゙、_,、_, ⊂|ノ  l
                 Ⅵ .|  ル' i! ∨   l \    |!                   /⌒ヽ__|ヘ   ゝ._)  | lノ⌒l   ーっ
                  l  | ./ ー=幵、   |   \__ i|               \ /  | イ>,、 __,. イ| l_/      __
             | .У .ィテ > |   r‐- _>::.:./.i                    从 l||l N  コ ヽ/lニ  l||l人∧    `、_)
              | /    `   .!.  ':::::, - ――┴‐=-            ( ⌒ ). / `l (_V _) l´ヽ ( ⌒ )
              |`┐     /|  ./レ´ 7ニ 厂, <´
              | /{__     | /  r- ‐.< \__二=-
               |/ .|  `    | / / |  ,  i_   ` >.           おおおおお!? なんだこの数!
               |.  '   _, - i/- '  !/\ムュ  ̄´
                    `フ -、      l   Ⅳ:::::::.,             一つ直す間に二つ三つと追加が
            ,..:::.:.:.:.:.:.:.:.:.ハ      l    .| ';:.:.:.:.:.`:.:.:.,,           やってくるのはどういうことだ!?
         ,,.. -‐:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:; ト 、   l    , l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.>:.:.:.:.,,_
       ,..:':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:l. ! .ヽ  .l    /  !:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:-―:.:`:.:..,_
     ./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:| ヽ    l  /   l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
    ./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!:.:.:.: ト 、       _, .|:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i
    /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:|、 `丶、::; -.‐ ´ _ ,. l:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∧__
  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::!:.:.:.:.:l    ;::'   ´  ,:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:._,:.- ‐:.:´:.:.:.:

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM :   シスタースマイル    ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

危なかった。やる気が充填されてなかったらアウトだったZE。――保全の修理作業を開始して一時間後、一階ロビー
には要修理の備品が山と積まれて尚まだ追加が止まらない惨状が出来上がっていた。

ブロントさんを伴ってロビーに陣取り、工具を広げて作業スタンバイ! したまでは良かったのだが、当初ブロントさん
から聞いていたのと無関係な私物が一点二点と加わって、それを見た他住人達が我も我もと私物を持ち込みだした
結果である。

どうしてこうなった!? 叫んだチンクに「機械の修理頼んでた店がちょっと前に看板下ろしたから」と こま が大袈裟な
溜息をつきながら事情を溢した。「扇工務、安くていい仕事する店だったんだけどニャー」――世知辛い世間話である。
4980 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/07/28(月) 21:47:37 ID:ZLZuylWo0
悪徳改造屋か改造も正規費用でふんだくり
修理でふんだくりか
チンクとウーノに診断してもらわなきゃ、十一よりひどい状態でしたね。
4981 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/07/28(月) 21:48:53 ID:jWN3oB0c0
おぃぃぃwww こんなところで余波がww
4982 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/07/28(月) 21:50:15 ID:nWfoccts0


【4時間後】


            , -‐  ̄ ̄ ̄  ‐- 、
           /             ` 、       バカものー、幾らなんでもいい加減に遠慮をせんかーっ!
         ./               ヽ ヽ       さっきからなんだ、この数は!? 一日で終わる量じゃないぞ!
        /  /                ハ ',
        / ./    /   ハ    .!     ', l    一体どれだけ故障品を溜め込んでたんだ、おまえ達は。
       .′/  、__./  / / ',   ト、ヽ,ィ   ', ト、
       .′ i  ≦,イミヽi /   ! l / Xレ´ i  i i \
       {  |   /__|  「ト、 /| ! /,≦zキミ、!  |    ヽ
      .ハ  ハ  f:::::`ヾ ̄ハ  iル'イfチ.ハ }'| / .ト、    ハ
     ./ }   N、ハ:::::::::::::::::リ     V__ノ  | /  l:::ヽ   i}   こ:どれだけ? もちろん山程っ! ですのニャ。
     /  !    ハゝ―― ´  i   ////./イ  ハ―}   ||       タダで修理して貰えるって聞いて倉庫引っくり返して、
   /  ./   /`ヘ   ,.., -‐ ⌒iヽ  /´ハ  ヘ::::|  ,リ      直してほしいのみーんニャ掻き集めてきたのニャー。
 ./   ./   /`ヽ::\ {:/       ´:},.イ::/:::::\  \  /
./    /   /::::::| ヾ:| ≧  __  ≦! l:::i¨`ヽ:::::\  ヽ'
{   ./   /V:::::::::l  i:l ヾヽ></ノ |:::{   }:::::/ \ ヽ
.',   {   {  V:::::::l  l:廴 ヾ⊥⊥/./ }  /__:/ / ヽ ',
. ∨ .\  ヘ   ヾ¨  ト,  `ー≠― ´  ./   /' ./   Y .}
  ∨  \ \  ,ヘ   〉i   o }   r/    ハ {  从{ .| |
 .―――‐\ \__f=='1――――‐.|ヾ=´イ‐┴‐{ .ヘァ' /―
        `ー―‐_ミi_,イ       `トー<   弋z彡.'
            / }ル ィ}          {   ヽ
              〈////u         uヘヘヘヘ〉
             ̄´            ` ̄´
4983 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/07/28(月) 21:50:38 ID:ZLZuylWo0
やる夫に請求書回さないとwwww(被害者チンクかよ)
4984 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/07/28(月) 21:51:18 ID:nWfoccts0


                                              r 、
                                              )ヾ\             _.. -‐…‐ァ
                                             _|_}ヽ>-‐‐-‐‐…‐- 、 /    /⌒\
       ニャっはっは。立ってる者は猫でも使え。               >'"_ /    |       く   //  /
       使える者はなんだって使えの精神ニャ。              // /\   /|    / ヽ/   ̄_>
                                           /ィ´   l /_≧/ |/辷≦从 }  ∨ </
       カッコつけた代償は安くないのニャ、                   {/   |ヘ/ /     / /| /  } ト く/ ̄
       がんばって修理するがいー。               //  __ 从| { / / /     / / (⌒V |  ___\
                                        / __((_)`r‐/,,,.'-',__,、_____,`z'xf⌒ヽ o Ⅵ⌒トミ
                                         { (⊂ゝ 入{XXフ  |   Ⅵ `X>‐   Vヘ/ |○  ヽ
       あ、お茶とお茶請け持ってきますニャ。             ((ニゝ ヽノ\    |   }  冫- O o}:..:..:..|     } }
                                          ̄((_ノノz今x、  \__ノ  />zr___ノハト从   //
                                              ̄ / ハ:::::|`≧ァzxャチ::::人`匚ノ / ,ィミ
                                             { j/∨ }( テ `){:::/  `-x/// ノミx、
                                               ̄!/ ̄⌒トミ=く Ⅴ __≧テO´/j//フ
           <狂おしいほど熱くて渋いお茶と、                  ○  /^マヌ又又ヌメ j}^\>二..∠匸___,,
             胸焼けするほど甘いお菓子な!                    / !| ` ̄ ̄´  〃  ヽ`ーァ‐r弋ャ'"
                                                  >x{{ { ̄ ̄/ // /  _〉-ノミノ\彡
                                                   /ミ》\`ー彡_.xく-z≦彡f
                                                ‘-'    ̄ ̄   ̄ ̄ヽ-'
4985 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/07/28(月) 21:52:29 ID:jWN3oB0c0
ちょっとそれはひどいなw
いくつかやる夫に押し付け…
依頼してふんだくろうぜw
4986 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/07/28(月) 21:53:40 ID:nWfoccts0


:::::::::::::>'"                >'" . イ   /      i  ヘ ヘ
::::::::::::>'"   __     _ ,.....::::::>'" -‐'     ./ ./ //   .j i 7', ヘ
:::::, イ__, -- フ  , ... -‐:::::::::::::::7 _i:::/ /     /  / .//  ≠7 i i',',\\
:::::::::::::::::::/ ィ'´:::::::::::::::::::::::::::::i ', ン ,  y  /  //=、// ≠' / 7 ! i:|  `ヽ、
::::::::::::::::'´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i /// // .ン〃弋Zフ¬   ハ  / .7', .! .i.!
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::フイ7://≠ 〃.//  ̄ ///ij: ヘ/7:7 ハ.i リ.   ご苦労さん。中々に難儀してるじゃねぇか。
::::::::::::::::::::::::::::::::::>-イ::::::;;::::;:::7 .// i:! イ 〃     イ    ヘ:7  .ヾ
::::::::::::::::::>'"´‐ /:::;:イ≠ /i::| 〃 :レ' ,              , イ7         ま、元々はおまえさんが自分で撒いた種だ。
:::::::;:イ´   ./イ´≧---'-、ヾ       ヽ         _, -‐ jイ i,'          精々気張ってキッチリ刈り取るこったな。
イ´     彳 ,、/: : : : : : >-、>、 i    ::> .        /
          /: : : : : : : : : : : : >、\   ヾ:::/ >  _/
       ./: : : : : : : : : : : : : : : : : : \\ ./ヘ_                  私物の修理についちゃ各々から謝礼を
    . イ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\\ヽ .',>.、                   出すよう言っといてやるからよ。
4987 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/07/28(月) 21:56:17 ID:nWfoccts0
やる夫くんは悪ないで! 仕事畳むのは彼の自由だし!!

ただ辞めます! とはアチコチ伝えたけど 復業します!って、ほぼ誰にも言ってないってゆー
4988 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/07/28(月) 21:56:47 ID:jWN3oB0c0
おいww
4989 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/07/28(月) 21:56:52 ID:nWfoccts0


                                 ┌―┐00          __                   | | | | |
                            `フ∠   に二二l    └┘/7  ○ ○ ○.   | | | | |
                                 └'^ー┘            <ノ.        _     | | |   |
                                                      ,r≦´ ` - 、 __  |   |
   あのね、孫一殿。貴方の持って来た物が一番      .| | | |       ./== 、、    ヾ ノ
   困り物なんですよ。文句言っていいですかね。        .| | | | .__ , イ´¨¨ ヽ ヾ、   Y γ7r、
                                         | | | | |      `ヾ   !ヽ  ',| | リ } f"   /
   外傷用極小機械群の生産装置でしょう、コレ。     .| │ | |.         ヾノ ノ  } | |ノ リ. /  /
                                   │ | .r"-       、   ハ´  /ミニニニ}/   /
   いつ壊れたとか横に置きますが、本職の店に      .|.  ,i r     、 i   ,r、',彳 ` :ヾー‐tリ  ,
   持って行きなさいよ、こんな重要物品は。           _ノλ N !、 ト、 ', lヾ,'  }ヘ{   i!   i!   ,
                                    `¨ .ヾ} {i ヾ! Ⅵ |:i   ∧ヘー´i!   ' , '
                                         / /i iゝ--‐´! !l  i  `ヘ ヘ   ン
                                      / / .l .!    l i!  l    ',}  ` ´
      孫:おめぇさんは直せないのかい?           ,' i! .! |    l .!  i!    リ
                                    { N.  | |     l!、 l  i   '
                                       ',! i / {    i ヽ! .リ
   時間を貰えればなんとかならなくもないが……、      ./, ,イ!、}   , ‐ ' ソ
   責任が負いきれないので勘弁して頂きたいなぁ。     .``     '"μノ
4990 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/07/28(月) 21:57:14 ID:jWN3oB0c0
ブッーー!!?
プラントぉ!!!?
4992 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/07/28(月) 21:58:11 ID:nWfoccts0


     /       \                      >::::::::::::::::::::::::::::::::
   /           \                     <:::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  ./               \         _ , ... -イ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::<
.  /                 ヽ        \::::::::::::::::::::::::::::::::_,-‐=≦ ̄
 / ./|       |  ∧   ヽヽ\.         \::::::::::::::::::::::<
.//  i      | / .V ∧ ヽi  \ \ \  \::::::::::::::::::::::`‐-、
,'     i  ∧  |./─‐-V/ V ゝ,-‐─ .\ ヽ\ \_,-‐=≦ ̄ `
    i  /vV |ミ≡== V   ミ==≡彡ヽヽ\ |:::::::::::::`‐-、
    i ./ V\|      i       / ミ -‐=≡二 ̄´         ん、まぁ直せりゃ運が良かった程度のツモリだ。
    i/  Vゝヽ      |         ハ::\\             無理だってーならかまわねぇよ。
          \           /V V:::|\\
            >  ー─‐´ ./.l    Vj  `ヽ              組の活動を減らして、その間に修理に出すさ。
             | ≧   /  |─、
         ,-‐<¨|    ̄     | | ≧‐- 、
        ,-‐≦:::::::| |          | |::::::::\: :\
    /: : : /::::::::::| |          .| |:::::::::::::|: : : :\              <はよう専門家のトコに持っていってください。
   ,イ: : : :. /::::::::::::| |        | |:::::::::::::::i: : : : : \.            お宅の組員さん達の命かかってますんで。
 <: : : : : :/:::::::::::::::| |          | |:::::::::::::::::i: : : : : : : >
, ': : : : : : :/::::::::::::::::::| |         .| |::::::::::::::::::i: : : : : : : : : : 丶
: : : : : : :./:::::::::::::::::::::| |        | |:::::::::::::::::::i: : : : : : : : : : : : : : : ヽ
: : : : : :./::::::::::::::::::::::::| |          | |::::::::::::::::::::i: : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ
4993 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/07/28(月) 21:58:51 ID:ZLZuylWo0
頭はしっかりしてるな、謝礼は出させるか

あかんだろ、街一番の修理屋が再稼働して連絡なしは。
ひとなりやに知れたらお説教ですね
4994 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/07/28(月) 22:00:12 ID:ZLZuylWo0
孫一さんが一番鬼だった。
4995 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/07/28(月) 22:01:12 ID:nWfoccts0
プラントほど大層なもんじゃないんよ

【医療用極小機械群生成装置】
正式名「治るンです」電力バカ食いするけどケガの初期治療に使われてる
一個700円ぐらい ワンサイズでかいヤツだと1500円とかする

てのが雪モグラの回収品にあったから それの1500円の方
4996 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/07/28(月) 22:01:56 ID:jWN3oB0c0
な、なるほど…
びっくりしたw
4997 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/07/28(月) 22:02:44 ID:nWfoccts0


                 -―  -=- 、
              ,.イ           =<-
              /                ∧
           /  /  ,.へ.       ∧    ト、.         チンクェ! ウーノ姉が帰る支度はじめたぞぉ!!
             / ,イ  /.へ .\!∨  /_,.Ⅵ i |i           ほれ、作業はもう止めて見送りに出るべ。
          ,イ  | /弋.lヨ  > !Ⅳ>.‐-.,l ! リ
             /  ∨|.  ̄ ̄   レ' .{.iヨ. /У ,'
    <  ̄ ̄ ̄ ̄.` ! !        ..::::i.`¨´ | .|┴ ―‐ァ
     ` < ` ー= |Ⅴ            , |リフ ./      <待って。ちょっと待って。見送りのことじゃなくてネ?
         ,イ/ `.<| |   ,ィ ' 二二ヽ  / .|> ´          ……なんでブロントさんがウーノ姉って呼んでるの。
         イ _  Nト、  ` ー ‐ 一´.,イ /N
         /  ヽr― 、丶、      ./ |/.| |!
      r‐-./ /.   !.  ├ .、 ー ‐ 一   !/i|
    / .:::/   i}     }  .∧_     !  !            おっとっと。俺の姉もあんな姉ちゃんだったら良かった
  __,.{  ./     /   /  ハ  ',     l  |―― - 、       という本音がついつい心から口から溢れてしまった感。
,イ:::::::',      ./   /    }  |     l  l ` :<::::::::::::>..、
`ヽ::::::::,      ./   /    /  .!           ∧:::::::::::::::::::>.、_
  `;:::::.,         ./    / ,イ\          ∧::::::::::::::::::::::::::::::::\
   ';::::::>、          ./У::::::\....       ∧:::::::::::::::::::::::::::::::::::> 、
    i::::::::/            /::::::::::::::::\:::...    ∧:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

     【世界で一番恐いもの=自分より強くて理不尽な姉】
4998 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/07/28(月) 22:03:57 ID:jWN3oB0c0
ブロントさん姉怖いのかww
4999 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/07/28(月) 22:04:26 ID:nWfoccts0


              ´:.:.;r‐::y──.:.:.:.:.`
          /:..:‐/.:.:../.::.::.:.::.:.:.:\.:.:::\
.         /:/.:..::.::.::.:.::.:.:.:.:..::.::.::.:.::.::.:\.:.::丶
        /./:.:.:..::.::.::.:.::.:.:.:.:..::.::.::.:.::..:.:.:..丶:..:.::..
          /.:.{:.:/.::.::.::.:.::.:.:.:.:..::.::.::.:.::.:.:.:.:..::.::.::.:..::.::..        ブ:今日は世話んなったし荷運びを手伝ってやるべ。
.         / .:.:∨! .::.::.::.::.::.:.:.:.:..::.::.::.:.::.:.:.:.:..::.::.! :.:.:.i        まず一番大きなモノから運んできてやったぞ。
       ,イ.:.:.:..:八::.::.:.::ハ .::{ :..::.::.::.:.::.:.:.:.:}..::.::.|:.:..::.|         この働き者っぷりがナイトの人気の秘訣かも!
     / :|.:.:.:..::.::.::._/ _}:八 ::.:.:ト、八_:|..::.::.|:.:..::.|
       |.:..:}.:.:.:..:.:∨  `  ',.:..i  ´ \}.:.:.::.{::.::.::|
       { :.八.:.:.:..:i|rア不、  ∨  ,rア不、.:.八.:..:.:!           「|
       ∨ |\.:..:{ 乂ソ      乂ソ.|.:./.:.:.\八         .| l r n
          | .:ヽ八       i       !/ .:...:.:::.}           | l |_| l   <おい、やめろ馬鹿! 人の妹を投げるな!
          |{:.:..:.:.:.ゝ   、  ,    /.::.:.:.:}:.:.:|           l ヽ└'      精密部品もあるんだ、丁寧に扱ってくれ。
          .八.:::..:.:.:|ア> ,.     , イ|::...:.:.:八:ノ           | lヽ \
           /\.:..:| 人 \. ̄/ / |.:.:.../'\           .| l  ヽノ
.        /     ヽ{  \_Υ_./  .!i.:./   \         .|_j
       /       {     |       }/     丶       _「l「L. _
                    /[]\                     └‐┐i r‐┘
      |          <__/|:ト、__>           |        L| |
      |i             /r|:| ∨          |       └‐'
      |i              ∧               |
      |i          /.:./.               |.     ブ:……善意が空回りブロントは深い悲しみに包まれた。

       【あのアルパカ、戻ってきたら〆てやる】
5001 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/07/28(月) 22:06:59 ID:nWfoccts0


                            ____
                              ,lフヘ. ヘゝ
                          | { {从リノ!〉       チンクちゃんの収穫品も残さず積み込みOKっと。
                        _エ.ソ,|.| ゚ -゚ノ|          燃料・弾薬も補充したし、いつでも出立できますね。
                        /o,o,o,o ̄ ̄[□゙ヽ
                           / ゞゞゞゞ.、╋ i ヘ)(ニ(==========(ニO
               /二二/二/゙/____ヘ_i_,,ヘ_ソ、__
    ./ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄((ニニニニニニニニ(()'''‐-、、、,,,,__゙゙゙'''‐-、、、,,,,__
  /______________________二ニ''‐、三三三ヽ
  !--、、,,,,___  __/゙ヘ_       ____  ____\/(()/    ./
  §=;;y'´゙`ヾ;;゙ヘ_/y'´゙`ヾ;;;;ヘ      ./y'´`ヾ;;゙ヘ_/y'´゙`ヾ;;;ヽ/\''/___/
.  ヘ、,,_i;;;;;-、;;゙i;;;;;i...i;;;;;-、;;゙i;;;;;iヘ      /゙'i;;;;;-、;;゙i;;;;;i...i;;;;;-、;;゙i;;;;;i /____,,イ
.   \|;;;i.0.i;;;|;;;;;| |;;;i.0.i;;;|;;;;;|‐`ー―゙'―|;;;i.0.i;;;|;;;;;| |;;;i.0.i;;;|;;;;;|)二)ニ)).i;;;|;;;;;|
     !;;゙'‐'゙;;;!;;;;;!'''!;;゙'‐'゙;;;!;;;;;! ̄'!;;゙'‐'゙;;;!;;;!;;゙'‐'゙;;;!;;;;;!'''!;;゙'‐'゙;;;!;;;;;! ゙̄!;;゙'‐'゙;;;!;;;;;!
     ヾ、;;;ソ;;ソ;;;;ヾ、;;;ソ;;ソ  ヾ、;;;ソ;;;;;ヾ、;;;ソ;;ソ;;;;;ヾ、;;;ソ;;ソ  ヾ、;;;ソ;;ソ


           【スカえもん魔改造済み装輪装甲車】


【SYS:スカリエッティの元へ以下のアイテムを搬送します。セインが戻って来るのは約一週間後になります】

【愛玩用自動人形セイン:セイン本体・小型反応炉・熱光学迷彩スーツ・T-25エナジーピストル・Bクラスルーチン3種】

【真・義体素材:ヒヒイロカネ製チェインソード・4装中折れ式リボルバー(ヒヒイロカネ製シリンダー)】

【イベント用アイテム:データクリスタル製リング】
5003 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/07/28(月) 22:08:18 ID:nWfoccts0


          ,. .-‐: :  ̄ ̄ ̄: : :‐-. 、
        _..∠,: : : : : : : : : : : : : : : : : r≧x
       ,/:::/: : : : : : : : : : : : : : : : : : ̄`ヽヽ
      ./i:::/: : : :/ミ: : : : : : : : : : : : : ヘ: : : : i:::ト.
      /: |:;i: : : :/: : : : : : : : : : : : i: : : :ハ: : : :ト:|ハ      それでは皆さま、突然の来訪を快く迎えていただいた事、
    /:/: !:i!: : : !: i: /.:!: i!: : : : ://: : : : :|: : : :!リ: |       またこうして御見送りいただける事に御礼申し上げます。
   ./:/: :.{」: : : :|: :|:|: :|: :|: : : :.//: !: |: |: !: : : |': :i!
   i:/|: :/:i!: : : :|: ハト、:!: i!: :/'1::/: i!: i!:.|: : : !: :i!.       一週間ほどした後に今度はセインちゃんを送りますので、
   |{ |: i!: |: : ´丁i丁¨≧∨ヾ/;イ7フ'|丁丁`: |: :i!.      弟共々、御面倒おかけしますが宜しくお願い致しますね。
   |' i!:.|!: !: : : ィ==ミx ヽ/'.,ィ==ミx: : : !: :|
     Ⅵ: |: : : :.!ゝ           /'|: : : i!: :|
      ヘ:|: : : :i!       i      i!: : : :!: :.!
       }!: : : :ト.      |      |: : : :|ヽ:|
      /|: : : :|: \   ャ―‐.ァ   /|: : : :|: :}|
     ./: !: : : :|: : : :i:.   `  ´  ィ: : : |: : : :!: 八
    ./ /:|: : : :i!: : :rト、`  __  ´_」、: : :|: : : :!/: : \
  r:´: : /: :!: : : :|: :./^<≧=≦>^∨:i!: : : |: 、: : : :\
  ヽ.: :/: : i!: : : :!_〈:::::::::`:<>:´::::::::::〉」: : : :!: :.\: : : : ヽ
   )/: : :」: : : :.|=ハ::::::::::::/⌒ヽ:::::::::/ニi!: : : |: : : : ) \: :.}
  ,∠ィ≦=|: : : :.!三}::o::::/r―i'ヘ:::o::{三|: : : :i!≧<: : : :)'
.≦三三三_|: : : :.|三|::::::∧{Ⅰ} ∧:::::|三!: : : :|三三≧<
三三三三./: : : : } ´.!/   冂/  ヽ/`/: : : : {三三三三≧
三三三./: : : /      ii ii     {: : : : 八三三三三三
5004 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/07/28(月) 22:09:23 ID:nWfoccts0
チンク帰ってきたらもうウーノがいて駐車場に放り込んだ後だから初出ですな
5005 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/07/28(月) 22:10:27 ID:jWN3oB0c0
サンクス!
でもなんかスカさんやナンバーズだったらまったく不思議じゃないからなぁw
5006 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/07/28(月) 22:10:29 ID:nWfoccts0


                     ,イ
                    //
           /| ,. < ∠ --  フ
             _{/─-  _  ー─- _
            ーy  弋=-----      ≧x
            ./ ト、 マ<_\  \ \ \  ーミメ、           チンクは俺達が面倒見る以上に役に立ってくれてるよ。
            厶ハtッ 亠' `ヽ^ヽ:::..::::::::::::\   \.           それこそ宿の一つや二つで返せるなら安いもんさ。
            ∨:i `     ,r='::::::::::::::::::::::::\ヾ  \
             \⌒ / トミ:::{\⌒≧=- ::\\ ヘ      もちろんアンタ達ナンバーズも俺達に遠慮しなくていい。
             }ニ´::::::::L__\       \::::\‘,     ヤタガラスの助力が欲しい時はいつでも言ってくんな。
          _r=//   / l l::} \_          ゙マ::i∧゙,
        ,.</ ∧{_   _,//::|  / > .        Ⅵマ: i.     受けた恩義は返せる時に返す主義の組織だからよ。
        /  :/ ,:::::l l   //:::::! ′   \      }' Ⅵ
    ..../::  :/ /:::::::l l  //:::::::| |      >,           ――俺からの見送りの言葉はこのくらいかね。
     .′::../ /V::::::::l l //:::::::: | |        { ヘ
   ....l: : // /:::::V::::: lV/:::::::: : | |      i l  \
    .l: :// /:{::::::::V::::::::l:::::::::::::::l l     ,' l ∨  \
   _/// /::::l::::::::::∨:::l:::::::::::::::::Vム   {  |  ヽ   \
  }  , ' /:::::_;斗┐: V/:::::::::::::::::::Vム   L_ {__   \   \
 / //::::rチ::::::: / ̄r/:::::::::::::::::::::::∨.\     ≧=- \   \




        ,.             、
      /             -ー=彡、
    ,                  ー=≡ミ彡
   ,                          ヽ_             こんどはおかしつくってね! さくさくしたおかし!
         /i: : :i:. : : : : : : :.\ : : :   : : : : : :ii::::::`              みんなといっしょのおかしはサイキョーなんだよ!
  / :  .: : /‐|: ./ヽ: : : :i\: : :.i\:..   :.: :. :. :.|ヽ::::::::::ヽ
  i i : ..::/  |:/_ \: :!  ヽ,ーミ\  :. :.:. : :.| i:::::::::::::::`..、
  |/!: : :.リ /  -、ヽ. ヽl  イ ―、ヽi .: : : :. :.ト、{::::::::::::::::::::::\
   |: : : i i  ( ○)リ   i ( ○ )}! .: : /⌒Y: ii:::::::::::::::::::::::::/       孫:よーしよしステイステイ、つららステイ!
   |: : :.ヽヽ ー´ノ    ヽ ― ノ ! .: / ゝ i:.:l|::::::::::::::::::::::/           ウーノ姉ちゃん帰るからサヨナラ言おうな。
   /:.:. : /j xwxz  ┌─┐  xwx/:.:./..-一´/{{::::::::::::::::::/
.  /:.:. : / 介 。。__,―´―――´: : .i:_:_:_/{{{{{{{{:::::::::::/
 /: : /◇◇ /{{{{{{{{{{{{{{{{{{{{{{{{{{{/: : :i{{{{{{{{{{{{{{{{{{{{{::, ': `ヽ
ノ:./◇    / ̄ ̄ヽ_){{{{{{{{{{{{{{{|: : /{{{{{{{{{{{{{{{{{{ /: : : : /.      ハイ! サヨナラのまたこんどです!
: :/       /     i/  ̄ ̄ ̄}: :i ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  i `ヽ: i
:/、       i     |     i  i: (     ! ◇ ◇ ヽ )ノ
j . \    〈   _/.‐――‐ト. ヽ´     l ◇ ◇ ◇| イ'
   `ー――´´==介====== | \_, -― '´  ◇ ◇ !
       {.―――――― |   `へ_}      ◇  !
         ヽ i        |    \__    /
5007 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/07/28(月) 22:11:41 ID:nWfoccts0


                    ,. -――- 、
                   ,..:´_ :. :. : 、 :. :. :. :\
              /:. :. .|:. :.、:. :. \ :. :. :. :.ヽ           おっしゃー間に合ったーっ!
                /:. :. :. ,,,!  i゙、:. ト、:. .、:. :. 、: ハ
              }:. :. :./ V:ハ \x<´ヾ=!\}         ウーノさんが帰る時間までになんとか
                ハ:. :. i`ヽ Vハ./`>、-、!Xト、 _ヽ           仕事終わらせて戻ってきたわよ!
             /ノ!:. :ハ,仍ミ、ヾ、 ´ヒー'リ.|:. |ソ:. :!
          , - 、_ " ,.|:. :..ハ.弋リ ,   `¨´,: :. !:./!ハ
       ,rv´ +‐、レ’./ メ、!:. 圦  r==、  /:. r^ーレヘ__.          又いつでも遊びに来てちょうだい。
      ソ i  〕二)、レ´iハ|:. i:. :.> ゝ-’イ:.‐==>-ヘ}、.        そんでもって美味しいゴハン作って。
     〉 ハ   ,) ソ >  i!:. l1:./^Zァ'__,/(  f^´ rァー-'⌒)_
     ム  ゝ--'  ノー―マ:.:トヘ/,ノ ,l ハ_ノ_,/ へー‐(´ 〈
     ラ_. ,、  ノ     ヾ、 〃゙ー‐.|Y(   ノ   ゝ ` ̄)
        ゙〈 i`"゙       /l  i  ヽヽ`¨  `ヽ-r i ヽ¨
         ヾ、 ,.-― ´フo∧  ',   iヽヽ゚ `^´`' ! lヘ._)
             ̄    /// ∧ i、  l  \\   ` `ヽ、
               ,/o'/  ,、! !  ! __ i iヽヽ゚     \


        \_人_人∧从_人_∧_人_从_人_人从_人_人_从_人从//
          .)                                  >
         .<  孫:テメェらソレ見送りじゃなくて飯の催促だよっ!!  >
         .<                                  (
        ./^Y ̄∨ ̄∨^Y^⌒Y^YY^^Y^Y ̄∨ ̄^Y^⌒Y^YY^^Y^^Y^


                            ,
                    - `ー- 、 イ{
         , -=ュフ   -=≦   -― 一 ≧=-
           /ー-rっ   /_ イ/  ./ノ |! ヽ ー-
       イi:i:i:i:iノ   // .イ  // .シ }  !ヽ                  渡世の仁義を疎かにするほど、
      / ̄ ̄ /    ノ 仄 / イ芯// ,_ノ /\|              スレても腐ってもないからね。
.     〈___.ノ      / (/イ `´ ´ , 炒!/i:、|
      |: : : : : |    ー彳 ̄ヽ\ー- ., イ人 ヽ                 だから私も美味しいゴハン、
     : : : : : :|___<.,,\   \\   ̄ 7 \\             また来て作ってオナシャス。
      |: : : : ノ: : : : : : : : } ト、`ー- ≧'._   ∨ー ≧' ―-  _
     マ__: : : : : : : : :| !:  ̄7,:i⌒ヽ  ̄ヽ≦、         \
                ̄ ̄ ̄: : : /i:i:i:i:i:i:iム;' /i:i:i:i:i:ヽー―――- 、_\
               ノ: : :/マi:i:i:i:i:i:i:ノ-{i:i:i:i:i:i:i:|!ー-、  \  ヽ ̄\ー――--
               /: : : ハ  ̄`Y´ ヽ.〉-、i:i:ノ: : : /ヽ _  ` ー- .、 \ _
                 /.: : :/: :.ハ   !  |  }7: : : : :{    ` ー- 、ノー--
             <´.,_: : : :ト- イ   {!  i;': : : : :.ノ        ( ー 、
                 ̄/  /    i!  マ_/            `ヽ
5008 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/07/28(月) 22:11:55 ID:jWN3oB0c0
つららはかわいいなぁ…(和み
5009 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/07/28(月) 22:12:54 ID:ZLZuylWo0
キイのヤクザモンはナンバーズに義理あるしね。
つららがw 幼女すぎるw
5010 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/07/28(月) 22:13:58 ID:nWfoccts0


         ̄ ̄`´ ̄ ̄
      ./            \
   /              \ ヽ
  /  /    ,ィ      |   |  i            野盗如きに遅れを取るとは思えんが、
    / ./  / / |   i!   |   |  |              帰りの道中は気をつけてくれ。
  | / ./  /〃 ! .ハ 小   |   |  |
  | | | ,イ/{   }/ 从i!ハ_斗z | !           姉と妹を失うのはゴメンだからな。
  | { i! !≧=ミ `¨ ̄iル¨?   |  |
  | 八从|ilililililリ   ===.|   |  |.             それと、その、なんだ……。
  |   .}|ゝ-‐'///////|   |  |.             来てくれてアリガトウ、助かったよ。
  |   八            |   |  |
  |   {r个        _...</  ,.イ  |
 ./   /|    >r‐=≦||  /  / |   \
 {   / .!    Fiz'」::::|| ./  / / ̄`ヽ \



                                                    _. . -―――――-. . ._
                                               /⌒ァ:´: : : : : : : : : : : : : : : : : : ≧x‐.、
                                           /:::/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : `ヽ/∧
                                    |        {:::/: : : :./.:/: : : : : : \: : : : \: : : : : ∨∧
   ひゃあっ! もう我慢できません!!           _ 人 _   /:Y: : : :./: : /: :/: : : : : ヽ:ヽ: ヽ: : ヽ: : : : Y//ハ
   ハグしましょうハグ! 帰る前に補給しなくちゃ!  . `Y´    ./:/: :|: : : /: : /: :/: : : : : : : :i!: ハ: ハ: : :i: : : : :|//: :.
                                         |   ./:/: : :|: : :i!: : /: /: :./: : : : : : |: : |: : !: : |: : : : :レ': : : }
                                       /:イ: : :/i!: : |: : !: :|: : :|: : : i!: !: :i!: /: : |: : i!: : : : |: : : : i!
                                          i:/ !: : |: :i!: :{: : |: :ハ: : !: : :i!:/: ;イ: ハ: :.ハ: :|: : : : :|: : : : i!
     <わっぷ! 埋まる! 埋まる!!              |{ |: : i!: :i!: :∨i「丁iヽト: ://!:7 T/丁/丁:|: : : : :|: : : : i!
                                          |! ∨:ハ: :i!: : ?ヽN {ヘ/' .}/ }'  }'  }/!: : : : i!: : : :/
                                          |  ?ハ: :i!: : ヘ{三三     三三三 ,|: : : : :リ: : :/
                                             ヾ ?: : 从    i        //: : : :/: : :.i!
   はー、この素晴らしい感覚。たまりませんね。                    |: : : :人          イ/: : : :/: : : :i!
   一週間そこら顔合わせないだけで、このデレっぷり。             |: : : : : |\  ▽       /: : : :/: : : : :|
   今から次会う時が楽しみだなー。                        ノ!: : : : :.|: : :>.     ..:´/: : : :/: : : }: : {
                                              /: |: : : : :.|: :/:_rノ‐≧≦―/: : : : {: : : /: : :ハ
                                             (: : : :|: : : : ├::7:::{三三三>{: : : : :ト<: : : : 八
                                               \:/: : : : :/::/::::::〉r:::::´::::::::::|: : : : :!::::::::`:<: : :\
                                               /: : : : :/ 7:::/¨ヘ::::::::::::::/|: : : : :ト 、:::::::::::::`:<^
5011 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/07/28(月) 22:15:10 ID:nWfoccts0


                  __
               , . :, ´{
            、--//___ }
          >: ー: : : : : : : <,′
          /: : : : : : : : : : : : : : :ヾ                  仲良きことは美しきかな、ですニャ。
         /: : : : : : : : : : : : : : : : : : }Vト. . _
       i{ : : : : : : : : : : : : : : ミ、: : ヽハ:/                 こちら我輩が用意した時雨煮と干し肉、
       >: : : : : : : : : :ヽー'`vrvヾ,ィ :ト                   どうぞ持ち帰って御賞味くださいニャ。
     r=ミ: : : : : : : : : :〉       /  \
    r}ニ>、  <: : : /      r  v{     ',
=≦  /   ヽ  } \        ゝーy'     }
    /       V______,______   イ                      <は、離せぇ! って、ちょ、マジで離して!?
  ,/       i}ハ   /'ニハ                               出力やばいウーノ姉、フレームが折れる!
  〈         i{ :i  /ニニ}ノ\_
///ヘ       i{ :{ {!ニニ/  「           _
////,ヘ      i} ! }!ニ/  ィ            ./_.}'':,
'/////,〉    'ヘ } i{ア'〔           ./_゙''i゙ノ、ノ             別れが惜しいですがキリもありませんし、
/////,}!       ′,′: :ヘ        ,:'  ノ゙ノブ           そろそろ出立された方がよろしいかと。
/////,}!     / ∧: : / ∧       ./ でノ-〈
/////,}!     / /': : :./ ∧       .,'   ~ /
/////,}!      /{!: : : : / ∧      /    ,:'゙
5012 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/07/28(月) 22:15:32 ID:jWN3oB0c0
羨ましい様な… やましい気持ちがないからこそだし…

キマシ
5013 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/07/28(月) 22:17:35 ID:nWfoccts0


 ;;):.:'. ;;:.:. ;(';:.:. ) ; ;;:.:.'` ;);:.:.:. ),.,.,,.,,.  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 ;;:'.`):. ; ;:.:. ;;:.:.:;;:,;:;;;:;; ;:;;;:';;;:; ;) ';:.:.'.:). ,.,,.,.,,..  ::::::: ::::: :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ::::::::::::: :::::::::::::::::::::::
 ;;:.:. ;;:.:)`).( ;;:.:;;;):;;;: ;';;:;;;;: );;;:;:;;;:;;; .);:.:.` ;;:,.:)   :: :: : : :: :: : :: :: : ::: : :: : : : : :: : :   .(:. ;;:.';:.
 ;;:.:. ';;:.:;:.):. `;;:'.:. ;;:.:. ;;:.';:. ;;:.):. ,,,';;:.;ヽ:. ;;:`.:. ;;:.:.)  . . . . .. . .. ... . . . . . . . . . . . . . ;:(.:. ;;:.';:. ;:.:.
 ':;;`;:;;;:;;:;;)';;:;;;. ;';:.):. ;;:.ヽ;`;:.:;. )''''                     , .,.., ., ;:.(:. ;;:.';:. ;:.:.
 :;;;:;;:;`);ヽ';;;: .) '''|| ' ''' '''            ブロロロロ…     ., .,.., .,(;:.:. ;;:.';:. ;:).:. ;;:.(';:.
 ;;:.:. ;;:.;;;;;;:. )゙,,, ,||. ,,., .,.., .,., .,.,               , .,.., ., (;:.:. ;;:.';:. ;:).:. ;;:.');:.   (;:.:. ;;:.
 i! ii!! i!i,. ;i;';;. ,,.;||;.;i;';.,,;;`;;;;`;;      ___  __  (;:.:. ;;:.'(;:. ;:.:. (;;:.';:;:.';(:. ;: ( ;:((.:. ;;:.';:. .:.
 i!i!i! i!i,.;;.;i;' . :;,||.;;.;,.;;. i;'; ,;;`;;`;;   |iiii| |!!!!!!!!|(;:,;:;;;:';;;:;:,;(:;;;:;; ;:;;;:';;;: ;.;;.:;;`;(;,.;;.;;.:;;`;;,.;
  i!i!i!|/ ,.;;.;i;;.,; ;;;;||;;;,;;`;,.;;;;;;;i`.;;.;i;';.,,;;`;;;.゙ii| |!!!!!!!!|.;;.;,.;;.;.;;.;:;;`;,.;;.;.;;.;,.;;.;ii|;.:;;`;;,.;;.;.;;.;,.ii|;;.;
  `i!i!i ,.;;.;i;';. :;;`;||;,.;;.;|i |i;';.,,;;`;;,i;';.,,;;`;; 「 ̄ ̄.;;.;,.;;.;.;:;;`;;.;,i|.;;|ニニニ|i;.;;.;,.;;.;.;;;;;;;;; ;;iii|;,:;
  |!i!i,.,;:;;`;`;;i`,||.,;:;;;|i;`;;|i`,.,;:;;|i`;;;;;;;;;;;`;;i`.;;.;,.;;.:;;`;;i|.;;.;,.;:;;;i|;;;;||;:::`;.;||i|;,.;;:;;`;.;.;:;;`;;.;,.;;.;.
  |!i!i,.,;:;;`;`;;i`,||.,;:;;`|i;`;;|i`,.,;:;;|i,;;;;--`      -- ;;;`;:;;;:;;:;':;;:;`;:;;;:;;:;`;:;;;:;;:;`;:;;;:;;:;`;:;;;:;;;;;:;`;:;;;:;
__,,,,,,,,,,-----;;;;:::::::)''''''''''''''"""""~~  /     ヽ        ~~~~"""'''''''''--------,,,,,,,,,,__
:::::::::::::::::::   ,, --''''''"       /        ヽ
  _, --'''""~           /           \
~~
                __
              ´     ` 、
        ./           ヽ                   なんだか見送り一つに凄く疲れたな……。
          l                 l
       |              l                    もうすこし弟離れしてくれてもいいと思うんだが、
       l               l          __,         私はそんなに頼りないように映るのかなぁ。
       .l               l          <| ! ヘヘ-、
       .l                  l       〈 >、} 〈 ̄` }
       .l/                l_       ヽ  〈 ,°-、
      ./                l   ` 、   `ヽ/≠´ヽ〉
      ./                    l     ` 、__ </    l
     .,ィ'                  l     / ./`ー、- 、   l
   .//                   l   //    \ ヽ  l
  ./、/                     l //          |
  .入/                        V ` ‐- _        〉
 ./ /                        l     ` ‐- _/
5014 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/07/28(月) 22:18:38 ID:jWN3oB0c0
というより容姿が庇護欲そそりすぎ(ry
5015 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/07/28(月) 22:19:13 ID:ZLZuylWo0
おかあちゃん属性解放ちゅうだしなー
チンクに甘々は仕方なし
5016 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/07/28(月) 22:21:10 ID:nWfoccts0


                       ,、  ☆
          , -――- 、       n// /'
         /::::::::.ィ :::::l:::::::ヽ    l/⌒ヽ
      ,:::/::::::/ !:::::∧:::::::::l    〈 `ァー/            頼りないってーか寂しがりのシスコンでしょ?
      l::|==/ー‐|:::/ ー ::::::|   {7777}
      ≦|×!  l;/    .|::::!   Y¨¨ オ          世間ズレしてなさすぎだから不安にもなるわよ。
      ム(|:::::|ー─  . ー‐'l::::|    |  l|             そりゃ色々と危なっかしいし、重度ブラコン気味の
      从|::::i|""〈` ァ _ィレ'._  |  l|             ウーノさんが心配になるのもしょーがないわー。
     iY7川l{≧ァー ャ´      ̄´  l|
      {厂/)  |二二|0   >─一… '
      ゝ//   |7777|   /
.     // ,   |////|0 イ
     〈 ' l/  |////|  {
       ヽ/   .|三≧|  |



                ,イ> __ __
            / ./ .:::::      `ヽ
             ,イ /:::::::...    \ \            うむ。昼飯のときもイチャイチャすぎて凄かったんですわ。
           / ヽ、_丶:;:::^ ‐-   ',   ',            飲んでたブラッこコーヒーがMAXコーヒーに化ける有様。
        / /  / :::..  \::::..   ,::...::,
        l ./ .,.' .ヽ ::::::..    \::..   l          どっちもひでぇレベルのシスコン&ブラコンだんな。
        | | l  i `ー- .z ー´ \   .|           今夜は姉ちゃんが居ないからって夜泣きすんなよ?
        | | | l .∧   .|\::::..:::..ゝ r┴‐-イ
          <| | |-ル=-ト、. .|-キ幵‐   !ア /
          .Ⅵ. ! l.ー-‐Ⅵ\!ー-‐.!   |/:.:\
          /Ⅵ ',           .| ! ,.':.:.:.:.:.:.:.:.:>.._、
        /:.:.:.:.:|. >、  `     ,.| ,レ./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:\
      /:.:.:.:.:.:.:.:!∧ ,へ ー 一/::|/ /:.:.:.:.:.:.:; -‐..:.:.:.:.:.:.:\
    /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∨:.:.:.` ー ..::::..:/:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:,
    /:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:.:.\  ./:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::x:X:,
   .∧:.:.:.:.:.;.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:.:.У:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:;X´:.:.:.:.:i
  .:.:.<X> 、:.:;.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:\/:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:>xX´:.:.:.:.:.:.:.!
  ,:.:.:.:.`<X>;:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::/:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.>X´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l
  ,:.:.:.:.:.:.:.:.:.`.;.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:./:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!
5018 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/07/28(月) 22:22:38 ID:nWfoccts0


           ___{\__  ――=ァ___
          /           ニ=-<
       -=         -―=ニ      >
  <  /    /        ―     {
    ノ     ,        |    \     人ヽ          どーしても寝付けないってーならウチの部屋で寝る?
    { / /        )ノ            \        三人で川の字になるのも面白いかも知れないわ。
    y  /   {    イ |  /\ r――― 、 \ |i
   / ,/i   ∧    r==ァ/___\ ニ oニ/   ハ      だってアンタちっちゃいから真ん中確定だもんね。www
     从  / ̄\ r===ァ      Y===彡     \
  |/{ 八 }  {丁 ̄丁   i|  丁 ̄丁   {    \ r―
  {  |从Y|  ,八_ソ \ i{  廴zソ |i / \    从
       }ノ| /⌒ヽ   、 ⌒        l/    \ {、 ヘ|⌒       ┏━━━┏━┓┏━━┓
.     人i|ノ人⊂⊃      ⊂ニ⊃人    \         ┗━━┓┃○┃┗━┓┃
   /}    }  ̄ ⌒ー⌒ー――=≦   ',     Yヽ             .┃┗━┛  ┏┛┗┓┏━━━┓
     八    |)                ',    |⌒ヽ         ┏┛┃      ┃┏┓┃┗━━━┛┏┳┳┓
                                          ┏┛┏┛    ┏┛┃┃┃          ┗┻┫┃
                                          ┗━┛      ┗━┛┗┛              ┗┛




                                            .                   ┏┓┏┓
                                            ´                ┏┛┃┃┗┓
      三人揃っていい態度をしてくれるな、貴様ら。         /                 .┗━┛┗━┛
      ケンカを売りたいのか? 纏めて買ってやるぞ?          ./                ┏━┓┏━┓
                                         i   l l   l  l   ,ハ  l  l l ┗┓┃┃┏┛
      貴様らが売った、私が買った。相手をしてやる。      .|    l l   l  l  /  ', ト、 l l... ┗┛┗┛
                                          |  ≦zキ=∧=l. / / ', l≠十十≧  |
      ――やるとなれば徹底的にだッ!!                |   |xⅣ三ヽlヾ/:::::::::::',}:::::::::::::::::::|  .|
                                            |   {三三三三}::::::::::::::::::::::::○:::::::::|   |
                                             |   .i辷三三 ヲ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: !  .|
                                         |    ト`‐ー‐ ´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l   .l
                                        ハ     l∧   . 、..,,________,,  ,イ   . l
                                      /. l    l  \ 、ヽVvーーーvソ/ ,/ i    ハ
.                                       /.  l    l   __> ヽyー‐r´ .<_  .!   l ヘ
                                       /   /l    l´ ̄  r|:`:::≧-≦´:::|ネ.  ̄`l   .l .ヘ
                                    /   / .l    l     .,i≧ーi::::::::r‐≦i     l     l  ヘ
.                                   / ., -‐´l    l   /r‐/ .`¨i 凵 「´  {‐r、 .l    l‐- 、.ヘ
5019 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/07/28(月) 22:23:53 ID:nWfoccts0


        ┏━□     ┏□   ┏━□     ┏□   ┏━□     ┏□             ┏┓
        ┃┏□   ┏┫□   ┃┏□   ┏┫□   ┃┏□   ┏┫□             ┃┃
        ┃┗┃   ┃┃┃   ┃┗┃   ┃┃┃   ┃┗┃   ┃┃┃             ┃┃
        ┃┏┃   ┃┃┃   ┃┏┃   ┃┃┃   ┃┏┃   ┃┃┃   ┏┳┳┓  ┗┛
        ┗┫┃   ┃┃┃   ┗┫┃   ┃┃┃   ┗┫┃   ┃┃┃   ┗┻┫┃  ┏┓
          ┗┛   ┗┻┛     ┗┛   ┗┻┛     ┗┛   ┗┻┛       ┗┛  ┗┛

                                                   、r'"´::::::::::::::::ヽ _      ,, -‐ 、
                                                 )::::::::::::::::::::::::::::::`´ミ,- '' "    ヽ
                                                   _'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ゝ      ヽ
                , - ,                               `f:::::::,,, -‐- 、,---ゝ:::ゝ   , 、     \
          r‐ ''フ'`''' '‐、,ノ,--‐ ''ヽ                             ´ヽ,′   │    `i "  `ヽ    ゙‐
          ,!'"´ ̄``'ヽ、  .,、‐‐',. ',                             /      |     ー ‐- 、   ` 、 /
          ノ  ,r'7 ̄ヽ、ヽ'_- 、 ヽ '                        ,/      .丿  .     `゙ ゙ ヽ. ` ,i´
          ' ‐ ' ノ     '´ )''  `                    rメ'"     ,,-ィ″  /` , -      ヽ、`‐
.            7 ̄`` ` r‐ ''                        〔     , ‐ ´  `.ー、/,,/       ,. t- ミ、
             jゝ    ノ                    r'"'i     ゝ ._,/       . l″      ,/  }  `}
            ,'  j  /                 r_''ニ'''´ ' ''‐. 、    .`´            ハ. ,,_   .,/  |,/-‐‐ ′
.           i  ,' .ノ                   ' ィ .,,.,,_>`''ヽヽ              { { .゙゙゙゙゙゙^   .ヽ
           j. .,' ィ                    /  f    "´                ゝ ヽ.       \
.          j.  r' ,'                    / ,.'.ノ                    │` ヽ         }
          ,' /し'                    ,' .,.' /                     i   ` 、、    , - '´`、
.          i . ,'                     ヽ,`.i'                        ` 、   ヽ.       ヽ
.  _ _    / '、  _ _ , , , , 、、 、  ‐ ‐  - .' '- -     、 、、、、            .` 、    \
           ̄                                                   ` 、.  ヽ

                             ブ:とんずらァっ!!(カカカカッ


 シ:やっべ、ドS(シスコン)がキレた! 逃げるわよ!!

                                          ア:ひゃっほーう!! 晩ゴハンにのりこめー^^
5021 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/07/28(月) 22:25:52 ID:nWfoccts0


                                     /  /      /    /   /|.    ,l  .l     l   .i    .丶
                                     /  /     ,イ   /    / l    !i  .|     l   l     l
                                 { ,イ     / |   / |   /  l   l .l  iヽ    iヽ   l     .l
                                     | / !.    / .!   / ! /    l   l/l, | ヽ . _l_ ヽ_ l     |
    わざわざヘタな芝居を打ちおってからに。   .|/ |   /  .|  /ニi ./マ=-  l  l   l _Lzrキiニlニニニ≧   l
    アレで慰めや気を使ったツモリなのか?    |!  l  /    |. /ーー:i/ー丶. /.! ,|.   l .l≠ i∧ハキ Ⅵ    !
                                     |!  l  /    .!/::::::::::::::::::::::ヾ  i l   l .l  ィテ示笊ミヽ、l     !
    ドッチが子供だか知れたもんじゃないな。   丶 ', .iヘ    .N:::::::::::::::::::::::::}  ヾ}   {/   i. ir::::::::::i / |     .ト、
                                        ',} ヘ   iハ:::::::::::::::::::::ソ            い.ヾ_::リ  .!     l .}
                                       |   |弋___/          乂zェェン  .|     l.リ
                                       i    | ハ                    ̄ ̄    .!    l'
    だが気持ちだけは受け取っておくか。             |    | ハ        '       ::::::::::::::::::::::: |      l!
                                       i   |  \                   , l      !
                            _y⌒ヽ-一ッ      |   |    i> 、   ヽ          イ !       !
                              ´      <´      .i   |    |   丶、          , <  ! !     .l
                             (        }        |   |    |       > 、 _ ,,  <     | |      l
                              ヽ   _,,ノ       .i   |    |         l.         l !     .l
                               ゝ一''            i   |    |    :z=ー―''冫         ヽ.|       l
5022 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/07/28(月) 22:26:58 ID:nWfoccts0


        \/     /          圦        \    \    八{
  〃⌒Y  ノ /  / ¨¨¨¨¨¨¨    | \   ¨¨¨¨`   ∨   丶 /
  乂 ノ ̄〃        //}       |   }   /    ∨    \
        {/}/}/}/イ x=≠ミ /)ノ   从{ ∧  }\  V  \   }
.         /       l| / 〃⌒ Y`      x=≠=ミ  \ノ\{\{\リ
        /        i《 {::::しノi}       / 〃⌒ Y `Y       }    いや、カッコつけてる場合じゃないですニャ。
.       /   /     |  乂:::::ノ        {::::しノi}  }|     |
       /   /     i|  ゝ… ´     ’     乂::::::ノ ノ|     |    チンクさんも早く食堂にいって晩御飯にしないと、
.     /        |三≧                ⌒ヽ   |     |    今度こそマジ食いっぱぐれますのニャ?
     {   i|    |   ||三三}              Y三三三八     l|
.    八{∧|    |  i圦三ソ     ⌒     乂三三/      l|
       │       |  \                 /       |
       │       ト .  ≧o。 __      __ .。o≦/              <食いっぱぐれるって、まさか夕飯をか?
       │    从 \{\{ __  ̄ ̄}    /        /.       誰か気を利かせて買ってきてくれたのか。
         八 │     \≦〃´   `Y: :.八ハ/         /
         \{\   ト三{====}/.../ /        /
            /\  |三 乂  ¶   ノ.........i三7}     / /
.             /: : ノ: :\!三/...≧==≦........... |三ム  /}イ.        ウーノさんが『皆でどうぞ』って作ってくれた
          ノ: :x≦三/⌒ヽ.........ソ................ . l三三ノイ: : 乂.           御馳走、食堂のテーブルに出してますニャ。
         /: : /三三/     )─────‐l三三三{: :{ : : `Y
.       /: : /三三/ ⌒`Yゝ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ノ⌒マ三三三ミi: : 八.         みーんなバカ共に平らげられますのニャ?
       / : :.:{三三 {   乂_______<( _  Y三三ニi|`ヽ: :}
     /: : : : : |三三 |  ̄`Y.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.く(  `ヽ}三三三|: : : : Y
      i : : : : : 乂三ニ|   ノゝ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:<(⌒ヽノ三三三| : : : : }
5024 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/07/28(月) 22:28:00 ID:nWfoccts0


 <もっと早く言ってくれ、そーいうことはぁっ!? ……わーん、もう私の分が少なーい!!


    ア:一足遅かったわね、チンク。もはや御覧の有様よ。こいつらバカみたい食べるわ、あっはっは。


       ブ:ハムッ、ハフハフ、ハフッ!!

                                シ:うめぇ! クリームコロッケうめぇ!


                                   ‐ ‐ - ニ 二三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三
                                     ‐ ‐ - ニ 二三三三三三三三三三三三三三三三三三三三
,_ ___ _                                       ‐ ‐ - ニ 二三三三三三三三三三三三三三三三
|  |:::::|  |\                                          ‐ ‐ - ニ 二三三三三三三三三三三三
|  |ニ|  |  |                                                  ‐ ‐ - ニ 二三三三三三三
|  |:::::|  |  |                __                                    ‐ ‐ - ニ 二三三三
|  |:::::|  |  |   (oXo)           /|    |              _ _                         ‐ ‐ - ニ 二
|  |ニ|  |  |     ,||________| |[囗]|                | | \                           ‐ ‐
|  |:::::|  |  |  y仁|| : : : : : : : : : : : : : : | |    |─┬─┬─┬─┬┴┬┴─┬─┬rヘ
|  |:::::|  |  | f| | || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄.]:|    | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| |
|  |ニ| に二二二二二二二二二二二.| |    |二二二二二二二二二二二二二二二二コ
|  |:::::|  |三}| | rュ tュ | l |=i=i=| l | |    |==| l |=i=i=i=i=| l |=i=i=i=| |
|  |:::::|  |三}| |  □  | l |=i=i=| l | |    |==| l |=i=i=i=i=| l |=i=i=i=| |
|  |ニ| に二二二二二二二二二二二.| |    |二二二二二二二二二二二二二二二二コ
|  |:::::|  |三}| | rュ tュ | l |=i=i= ィ升爻彡癶 =| l |=i=i=i=i=| l |   ┌┐   | |
|  |:::::|  |三}| |  □  | l |=i=i= ミ爻彡ミ爻彡ミ | l |=i=i=i=i=| l |   └┘   | |
|  |ニ| に二二二二二二二二二 彡ミ爻彡ミ爻彡ニ二二二∠二ヽ二ヽ二ヽ二二二二コ  ....._____
ッメ从xj  || ̄| | ̄ ̄ ミ爻彡ヘ. ̄ ̄ 爻彡ミ爻彡ミ爻 | l |=i=i ||::::::::||::::::::::::::::||=i=i=| |    .}二=\       ,…┐
ミ爻彡  ||  | |   巛爻彡ミ   ミ爻彡ミ爻彡ミ.=| l |=i=i ||::::::::||::::::::::::::::||=i=i=| |    .}二=->\__  __//二{
ーVV「 ̄下vtrvtrvtrv゙`}i:i:i{´rvtrvtrミ爻彡ミ爻彡tzvtrvtrvtrk||::::::::||::::::::::::::::||rvtrvtrvtr    .}二/⌒^     `ヽニ二{
 }i:iil匕L上=====ッ仁工工工工工工工工工工リ───:||::::::::||::::::::::::::::||────  ......乂メ             Xニく
 ̄ ̄∠三三三三三三ア  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄    /  -‐  八} -‐ミ  У
  ∠三三三三三三ミア     ==     ==     ==     ==     =   ノイ  {/{/{/  }ハ}ハ    }
∠三三三三三三ミア                                             从レ{ ┃   ┃  V }   }
                                         バ カ               {  {⊃       ⊂}从ハ}
                      全く、ウチはどいつもこいつも子供ばっかニャ。     { 八  __人__,   儿  }
                                                           从{ 个o。 ___  イ} }  }
                                                           八{乂/( ¶ )I〔ノイノ}ノ}ノ
                                                         /::::::::::::::::::::::::::∧
5025 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/07/28(月) 22:29:30 ID:jWN3oB0c0
そういうコマさんは先に自分の分確保しているんでしょw
5026 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/07/28(月) 22:29:43 ID:nWfoccts0


   ┌──────────────────────────────── ── ─
   └────────────────────────── ── ─
   ┌──────────────────── ── ─
   └──────────── ── ─
   ┌──────── ── ─
   └── ── ─
5027 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/07/28(月) 22:31:52 ID:nWfoccts0
>>5025 人にメシがなくなると告げるときは自分がすでに食べ終わった時だけだ!
5028 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/07/28(月) 22:33:48 ID:jWN3oB0c0
dsyn-ー
5029 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/07/28(月) 22:36:03 ID:nWfoccts0


    ヽ `'=i 、,_,,イ'ヽ、       _  , _, \   ._
    ヽ: : : `: : : v、`'\i    ! ` ‐:::::::::::::::\/ ヽ
     ゙‐‐ニュ 、: : ヽ: : 'l‐--─‐':::::::::::::::::::::::::::::::::::\                 コッチに向かって来た警備ロボ連中、
       ニ|∨: : .!: : .ヽ-、_,;;;;;;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ             片っ端から叩き潰したんだけどな。
         └= 、: : : : : `<:::::::::.,/::::::/:::::::::::::::::::::::::::!
           /∟: : : ヽ_ニ::::::::'::::ヽ::::::/:::::::::::::::::::::::::/.            持ち帰れる量にゃ限度があるしよ。
          ''lll||ヽ.-‐: : : :ヽ::::::ミヾ,:::::i:::::::,≦彡:::::::::ヽ
            `´ ̄`''リ:::::::::::ヾ _ヽ::|、‐´'=''´/::!:::,_:::/           フードコートの奥に残ってた軽食用の
                  <__:::::::::.|  /   ̄''''ノ::t'l|t|}::i'´.           プラント引っこ抜いた後はもうさっさと
                 =‐:::::ヽ 丶   ,レ:::|} `'ト-ュ,.          引き返して来たんだよな。
               , -ノ-ヽ\_ヽ ‐-  .ん'||      'l 、
              /゛ ;;ヘ .'─=「 ̄  ̄'~ ヽ      !           情報料? 別に金にゃ困ってねぇよ。
          -二こ    ;;/ゝ 、: : : : : : : ─‐'''゙||     ,rヽ
        , -' '";;;;;;;`-, -''゛: : : : : : : ´: : ___〕    /  `ー 、.       収穫物を売りに出すより先にリストを
      /     ;;;‐─'  ゙゙̄/|l`>'´'l「 ̄       ,.-'゛     \、...   俺らに回して買取り優先させてくれや。
      /     , -‐'゛    lゝ: : : : : .\    ;;;-‐'          \
     ./     `丶、    .lヾ ---: : .ヽ ||  ;;/           /  ヽ
    _/ニ=ニッ    ;;;;! _-彡‐: : : : : .ノ .||  /           /       l
   /''' .∠_ .|‐'t_ ;;;;;/ .l、、: : : : : __ /           ノ  _,-    .l     でき:ぷ、プラント獲られたんですか。
  ,il ̄ / 、 . /`゙'|ヘ !;;;/: : : └- 、_,/ ̄;;;;;||           l ./      |        そりゃ金に困らないでしょうねぇ。
  ||`' yヘ' ./  ̄ナ- t|: : : : : : : : : : : `丶;;||             !./        !
 ./ュ ll,   |  ゙ヲ‐ ./|: : : : : : : : : : : : . 、 人         , -''        !
''´ ;;;ヽ =l| 、ィ||__, l !: : ,: : : : : : : 、: : : :'´´         /           |
、  ;;;;ヽ::::::::::::::::::::::7, : : : : : : : : .-.': : ,´l          l゙             ,|
ヽ、  ;;ゝ_:::::::_,-'|: : :/: : : : : エ /, /  │        !          ナ
  .!  __,;;;;-‐' ´  |: : /: : : : : '  '´    |        /            |

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM :   シスタースマイル    ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

飽食の休日、楽しい時間は過ぎ去った。夜が遅く更けたなら、爪を研ぎ牙を磨いて、明日の戦いに備える時間である。

欠食児童二名を殴り倒して半泣きになりながら夕食を終えたチンクの元に、2ch’sが約束した遺跡の情報が回された。

ゲッターチームによる大乱獲。そのルートと回収された物資、取り残された物の中からより価値が高い物、予測される
現場の警備システムによる抵抗。更に追加情報として、同じ遺跡を狙っている四級スカベンジャーが2チーム有り。

以上の情報に基づいた行動予定を、できる夫はすでに組み上げていた。
5030 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/07/28(月) 22:38:27 ID:nWfoccts0


操:推進器が稼動すれば逃げられると思いました?
  その拘束ケーブルは由貴彦さんでも千切れませんよ。
  ざぁんねんっ! さ、出力チェック続けましょうねー。
                                             ,,,‐'''''' ̄‐ニ‐‐,-,--、     キャインキャインっ!?
                                          ,,-ー''´|  ,,,‐i,,‐''''´ | | | |ヽ
                                         lニ二| l lニ‐''´  __,,,,,,l_l_l_lヽ j.   ヘルプミー、マスター!!
                                         __l二| ̄   ∠ll .| | || |ヽj
                                   l‐‐‐‐、  / | |三| /| | j .| l l ll /| .| ||‐、
    【もう一日だけガマンしましょう】        /____ゝ∠ |.|三l | |/ l/ /l/、 、 |// |Ξ|
                         ニニニ三三三三三|  | | |三| | ∧∧/_| ||__|/|| | |ニ|ニ、_
                            三三三三三三三|  | ヽニ/  | ̄ ̄ ̄|__ // |--l l l ヽ、
                            三三三三三三三|  |‐--、   ヽ二-''´ ̄ ̄ フ | |‐'´ |.| |三三三ニニニニニ
                           ,‐l二二二二二二二二二ニニ|ヽ-∠ ̄ー‐‐‐‐--'__ヽ|ニニニi ヽ三三三三三三
                        l /| ||   | |ヽl ∠| |-‐‐‐'‐二二二二二二ニ|二l ヽ、 ヽ l‐‐||  _ ̄ ̄
                           ||l  l /‐‐‐‐| |ニl二|/ヽヽl l ll | | | | | | | | | ||‐‐i‐‐'l二l /| |─l|''''/.|二|__∠-、 _
                           ll.l/ /__ | .| ||ニニニ| .|__| |/|| | | | | | | | | | || /∠j二| |'''''|  | / / //  ゝニl´ ヾヽ
                       |l  l  _|--!‐‐‐‐; ̄ |  /l l/ |===========| | ///三l .l  .| /  /  /  /  / ̄|
                         ┌| /-‐∧____ヾ | |  / /       /| || l /=/ /|_| /  / / /  / __/
                          |=|// | | / ニニニニニニニ_ ヽ|  / ̄ニニニニニ/ 7 |__/--/ /  /‐-/__|二|-l‐‐/ ∠__/
                          '''ニl三| | |ヽヽ-、──==ヽ ゝ‐‐、-‐‐‐‐、´ヽ/ | l|三/ ///   /     /   //
                          /| |三|__| ll j |二ヽ / ヽ‐ヾ''' ヽl二l ヽ二| /- |,,,,|三 // / \/__  /   //
                          | .| iニ/ヽ三l l  l l .l  l_/  /‐/ / /二l__/ / / ヽ_/  //ニi|   /''
                ._,,,,,,,,--‐‐‐''''''''´j il.l三|  |  |  /  / / / / /゙ヽ'''''i/'''''/ /‐‐__///  ヾ‐‐´
                .''''''ーーーーーーiーーーーl ニニl l l  | / / / //三l | ヽー'7 |ニl_//二 ‐- 、__ //
                          |_| /二|_/ ̄|  ||二|ニ|二|ニ|二|ニ|二//  //‐/二二‐‐‐‐‐-----ニ/
                           | lニニ| |_/   /     /  /ニニニ/三|/ー||
                           | |二二|/''|_/  /------、'''´ /-i_∠  /

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM :   シスタースマイル    ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

まっとうに探って帰れば相当な稼ぎが見込めると言うが、人数が5人で頭割りとなる以上、少々多目に稼いだ程度では
タカが知れるというもの。漁れる限りは漁って拾って、元本を大きくしたいものである。

戦力と情報は十分に整っているが戦力と手数が多いに越したことはない。勢い込んで徹夜修理にかかった人形屋の主
に作業の進捗を問い合わせると、コール5回目でテッペン決まったヒャッハーな操嬢が電話口に飛び出した。躁状態の
彼女は常人が出してはいけない量の脳内麻薬でトリップしたまま作業を継続しているようだ。……ヤクすぎる。

楽しげだが要領を得ない操嬢のコメントを整理した結果、残念ながらゼロの修理にはまだ明日一杯かかるようだった。
5031 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/07/28(月) 22:41:17 ID:nWfoccts0


             __  ___
              ⌒´. . . . . . . . .`丶.        アサギは装備どうするか、もう決まったの?
           /. . . . . . . . . . . . . \.\      明日もっかい私のPDW使ってみる?
         /. . ../. ./. . . . . .V. . . . . . ∧
      -=彡. . /| | | . . /. . . |. . . . .}. V∧
        ' . . ‐-| { =/ \. .{. . . . .|. . V∧         ア:うーん、貸してくれるのは助かるんだけどさ……。
.      |. .|イt =/ニ=-丶. . . . {. . . ∨{          レンタル料にライフルの弾代だせって言わないでよ?
        ノイ | 炒∨{ ィ仍tx }. . . . |\. . \_
         何}、,  V   Vソ[叩[Ⅳ. . .>r‐=-
       ノ..∧      /7 . . |ノ. .∧「⌒    ……え、ダメ?
       {. . Ⅵl 、`     イ. . ..{V^^  ̄`丶                        -―‐-  _,  -、__
         \ 「リ:::.ヽ-‐<´ j. . . ./       ヽ、            _/     -―‐-  _  丶 `ー
  / ̄\-/ }}\/´     丶∨..〃  {      、 {:\  ___  __ノ´‐-   ァ'´            \
 /   /    /   ヽ    |/    、       〉::::\≧ー 、`ヽ    _/
/    /     /     /ヽ ┐{   ┌=ヽ    ∨::::::::::∧   \
>‐、/       ′ _ -_´_ 、{≧=y=≦三ニ=∨   ∨::::/::::::}    }     丶、         〉
 =ニ二> ´ ̄`\__`ニ=-:\\::{:::::::::::::::::::::マ∨   ∨:::::::/   /          \    / /
             └-_ =-:::::::`ー 、、::::::::::::::::::::マ}    }::/   /            〉  / / 、
             └‐乞、::::::::::::::::} ー- -==- 、  {´―_‐-/    丶 __   / _´  く_   丶
    __            `丶∠            \V´   丶        ‐=ニ     ̄ ¨¨ ‐- _ ー-
_ ̄     >――--      _/ ¨ ‐- _        }  ‐-   \‐-、_                \
   ‐=<_____..  -‐<       _`>-‐  ´          ̄\ ‐-
-‐   ̄         ̄ ̄   ‐-‐                       ̄ ̄  ―-  _

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM :   シスタースマイル    ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

アサギと共に盗賊狩りへと出ていたシノンは借り受けていた対物ライフルⅢの分解整備と給弾作業を終え、ベッドに
寝そべり使用感をテンプレート書式に沿って埋めていた。だらしねぇなこの女だらしねぇ、とアサギが眉を顰めている。

食後、入浴後となれば疲労が睡魔に変わっていく頃合。PDAを見つめる瞼が徐々に重くなるのをアサギとの雑談で
誤魔化しながら文面を整えようとするが、ながら作業では効率も上がってはくれない。威力と精度は抜群だが連射の
反動とリコイルの制御、さらに専用スコープの重量が負担になりすぎる事を記述したところで彼女の意識は落ちた。

かまいやしない、明日も撃ちっ放し目的で仕事を探すのだ。――アサギが面倒臭そうに彼女の腹へシーツをかけた。
5032 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/07/28(月) 22:41:29 ID:jWN3oB0c0
キャインwww ゼロェ…w
5033 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/07/28(月) 22:42:37 ID:jWN3oB0c0
…だらしエロス!
5034 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/07/28(月) 22:43:39 ID:nWfoccts0


                    -───- .
               .イ:i:i:i:i:i:/:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:`:..、   ロ ./>
               /:i:i:i:i:i:i:i:i:|:i:i:i:i:i:|:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:\   く/
                l':i:i:i:i:/:i:i/!:i:i:i:i:i:|:i:i:i:i:i:i:i:i:.、:i:i:i:iヽ   <>
                 /:i:i:i:i/:i:i/、|:i:i:i:i:i:|ヽ:/:i:i:i:i:i\:i:i:i゚,           週一で持ち込み買取りした銃器のリスト、
             /:i:ィ:i:i:{:i:/_\:i:i:i:i∨ > 、i/ /i:i≧==ァ        やっぱ頼んだ甲斐があったわー。
            //:i:i|i:i:i:V {扞弌:i:i:i:i:i:Vk扞}V_/:i:i:i:i:i:<
     ト.../廴   /:i:i: -=ヘ| 込ツ \iト、}込ツ |\/l|:i:T.          蛇の抜け道は蛇に聞くのが一番よねぇ。
   __r/⌒ヽづ'.ィi〔      ∧""  _'__ """|/\l|:iィ:\
  _):::::厂` ノ´          ∧  {′   !  .ィ|:i:i:i:i:i:i|::::Ζ_.       試せるだけ試してから師匠に相談しよっと。
  \::{   ノ            ∧、 ゝ _.ノ.イZ:::|:i:i:i:i:i:i|::/::::::::7
    /::≧=v           ∧ ⌒V//⌒7::::/:i:i:i:i:i 从::::::イ
   ⌒l:::::∧              ∧、 {「  ム八:i:i:i/Vヽ:::::<》
     ' ̄ヽ∨             ∧…==彡:/  \{ {{ lり ̄'《
        ∨           ( ̄ ̄「::V/廴 |   ゝゞト、.ノ
            ∨          厂¨  、::::::::::/----   {
          ∨           x{     /::::::::::{       {           【月額4円契約の週変わり商材リスト】
              ∨   ィi〔/こ ).ゝ ___.′::::::::::>===彳 {
          _ ̄/_  / ハイ//|::::::{::::::::::::::{     ノ/{
         _}::::::::V/ / |//「¨ V/{::::::::∧ノ -‐=≦{:::::::廴
         〉::::::::/  /  .| ̄| に  ⌒l    |:  \{::::::::::/

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM :   シスタースマイル    ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

アサギはスコアを誤魔化しながら3級昇格に備えてキッチリ貯金をしていた稀有なスカベンジャーである。

彼女の稼ぎと、生活や娯楽に費やした額、そして貯えていた額の割合を耳にすれば、かなりの割合でせせこましい努力
だと笑う者が出るだろう。スカベンジャーとは業種と呼ぶのもおこがましい、些細なヘマ一つで簡単に命を失う分の悪い
賭けである。故に、明日を夢見て眠るよりも今日一時の夢を謳歌する者で多数を占める、ゴロツキ・チンピラが殆どだ。

だがアサギは貯めこむ事を選んだ。下級の間はマトモな銃ならば拳銃程度で火力は足りる。動き方でいくらでも不足を
補える。拳銃で補えなくなる昇級後の為、可能な限りの装備を余さず揃える為。――彼女の備えは誰よりも周到だった。
5035 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/07/28(月) 22:45:17 ID:jWN3oB0c0
アサギはしっかりしてるよなぁ
こういうのが順当に頭角あらわすもんだよな 世の中
5036 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/07/28(月) 22:47:16 ID:nWfoccts0


                                 ゝ´ ´ ̄`ヽ<
                             冫′     ヘヾ
                            /       ミ、 ゞ...:ャ         .l‐‐--====-‐ゞ 、_
                              l   i   ト.、  ヾゞ:::/_.二===二_ ∥∥ ̄二ニニ二 ̄二==‐--.、
                           -=、 _i_l_、l>ョチ、ヾ"ゞ゛::::ゝ:::::.ゝ .ィヒ心∥∥  _二ニ==‐:ゞ、:::: :     l
    ,.イ ., =7            .く`l        `ヾ、ゞ:゙;`: `: ' li/,ゞ-=⌒===‐ -∨.∥  ∥:::. .::. . .:. .:.  ..>、   l
    | |//          く´二  二´>         ヽ:'_:_:_: /〃ゝ‐=/ ゝ. .;::. .:l∥∥  ∥:::::. ゙::: :::.::.::: ::::: :::::::l   l
    | / , =7   ,イ二.7   //| |            / ヾ-'彡 |  lョ彳ノ ,,{ {:::l、/∥∥  ∥:::::::   ::::::::::::::::..  ::::::l   l:\
    | |//   _/ム_.  <__,/_| |   .,イ,イ ,イ   /l/斧ミ彡 l  (_, <イ∪:::::::∥∥  ∥:::: .::::::::::.. ::::::: ...:::::. ::::l   l:/
    |_,/    '──‐'     ヽ,_!   レレ //.  / ,,::俐洲洲斧l、心洲洲洲リ:::::::l ̄l  ll::::::: : ::. :::::::::::::::::::: ..:::: ::::l.  l、
                             /'  //::; 昨洲洲洲洲洲洲||少゙:::::::::::l::::::l   ll: ......:: ::::::::::::::::::::::.  ..:::::::l 〃
                             i_  ̄ゝ.俐洲洲洲洲洲||少 ヽ::::::::::::l::::::l  .ll:. : :: . :::::::::::::::::: ::... .. ::l .∥
                             ̄ヾ-、_寸洲洲洲少l"´::l::::ゞ"''_''-:l::::::l  ll:: : .: ... .:::::::::::::::::. . .. : ::l .∥
                               ゝ、l l ゙゙̄''''゙゙ ̄ ll  l::::::::::::::: : : l: : l  ll::::::  :::::::::::::::::::::::::. :: .::. l .∥
                             _. < l l::: `.´ ´: :::ll  l: ゙::::::.: : : :::::l>、 ヽ::::. .:: ...... ::::: .... ::: .::::/ ∥
                l\_ _,     ,-‐< ̄   l l::: : : :: ::::ll   l:   ゙ : : :::/ヾ::::ヽ. ヽ.::::::. : : ::: : :: .::.::::/ .∥
       __二==‐"( l    ̄ノ,ィ==<: : : : :-‐===:l l:::. '' .:::::::ll  l:  .: : /:l、  ヾ:::ヽ.  ヽ、:::.::... . ..::.....::::/ ∥
  .. ̄ ̄  ̄       ヾ  ´_ニ=   , 、ゝ-‐l"  ̄ ̄l l、:::::::, ´`:ll  l:: : : :/:::::::::::ヽ、 ヾ:::ヽ   へ :::::::::; "< .∥
  二二二二二 __ ̄ , ;   ャ‐ヽ、-,ニ. .ニゞ=ニ"      ヽ、‐::...、 ll  l: : /::::::::::::::: :./ ヾ::::ゝ‐ 、  : :`l´   , ‐、∥
             ̄` '-‐"`'                 ヽ,: : :` <l:/:::::::::;ゝ俐毛、   ''"´へ、`ヽ、 l ./ ̄ヽ"
                                    昨俐洲斧俐拆洲洲洲、
                                   ,俐洲洲弍刃洲少'':": : : ゝ.、

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM :   シスタースマイル    ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

月明かりだけに照らされるレイヴンズネストの中庭で、一人の巨漢が目にも鮮やかな白亜の鎧姿で漆黒の剣を振るい
型稽古を繰り返している。義体の性能は使う者がどう活かすか。生身を越える高性能なハードから、どれだけスペック
を引き出せるかはソフトウェア――当人のスキル次第。ブロントは自分の驕慢を振り払わんと鍛錬に熱を入れていた。

道具として使っている内は三流もいいところ。自らの肉体として操れてようやく二流。性能を引き出した上で己の技術を
組合わせ、初めてランナーと呼ばれる一流の領域に至る。初対面でチンクが述べた、義体使いとしての心構えだ。

彼は義体の先達に手ずから調整を施された事を感謝すれど、若輩からの手解きに悔しさを感じない鈍磨ではなかった。
5037 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/07/28(月) 22:48:50 ID:jWN3oB0c0
さすがはブロントさん…
やはり追うgんの鉄の塊なだけはあるな
5038 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/07/28(月) 22:53:40 ID:ZLZuylWo0
伊達に烏寮の住人じゃないな、アサギもブロントさんも。
5039 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/07/28(月) 22:54:31 ID:nWfoccts0


                                      __
                                 /  .`ヽ、
                                      ,'    \_ i
                                 li   ( ●.l
                                 li.    (_人)
                                 li l .、     l                           _ノ7フ
                                 。・´.li l ゝ _.ノ                        .,・´//ク
                           , -一・.´. , ' ', .l  尓 `ヽ, ー- 、               /^¨⊃ ././
               , - 、_, -,・⌒´  一 ´ .`ヽ 〉、 , - '´   `ヽ  ゜・.-。、       .__  ._ ,〈 ネ, -, '´
        , - 、_。・ ´      ., ´       ` ー 、        , ^ - 一´     `ヽ, '⌒´ 孑´     } /
      ,。・´ 、     '   -  '´_    .,_、不´{::`     、    } -  ー = = 、, ` ´    ,> ´ ¨´
    ,・,  、  , t-ー -一・ ´   ` ¨¨´ 弋`ヽ`ヽ- ・ ´  ヽ ,彡´ '´,仆、  , _ _> 、_ , ー・ ´
    /.//// ノ                      V:::{::  ,ー.,一.、  ::::// ノ  `¨´
   f////,・´                      V:::ヾメ  .:i   ヽ,::/V・´
   . ゞ≠´                         V:{:',l   :l   ./:´V
                             li  { .   l  y´.∨             _____
                            {`ー--------一.}             \__   /
                              ┌-ノ ー-------一 `-。              / 〈     .,、
                            ノ彡´   _ , -一 ,斗・^ヽ、           / /マ∧ ,x=' 'ーx
                        ,・´ --・ ゜´     彡´。・ ´  > 、     . ̄   マ:| |/ ̄ 7/
                           。<          _               >。         .`     ,/′ O o 。
                    >´        , 。・ '゜   , 。- ・ ´       >、
                       , ・゜ , -     ー・´   , 。・ ´   ,彡´              ヽ、
                  ./                 ,。≧≦-- 。、_      __, -一   ・。
                 ,・゜             ><           `<、,彡´  ,・´    ..il
               /           。・´                `>、,・'        .li
                   li        , ・´                        li彡´     .il

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM :   シスタースマイル    ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

常に鍛えよ、常に備えよ。変事に応じられるように。練磨を忘れて立ち止まるは後退するにも等しい蒙昧の所業だ。

一日怠ければ取り戻すに三日を要するとは、後ろから迫って追う者達が存在するから。勝ちて生くるに弱者を討つ
は当然の理、自分より強い者とは争うべからず。勝てるハズのない者に勝つなどという無様な精神論など必要ない。
ただ鍛え、ただ備え、偏に研鑽を怠ってはならない。強者を減らすには自分がより強き者となるしかないのだから。

カラテの道は一日にしてならず。人間よりも生物として優れた体躯に恵まれた半ミュータント、やらない夫は自身が
愚かと認めている。故に武を極めんが為、より純粋で愚直たらんとカラテを練る。彼にも追うべき背中が見えていた。
5040 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/07/28(月) 22:55:14 ID:nWfoccts0
シノンだけが残念とか言わない優しさに俺が泣いた!
5041 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/07/28(月) 22:58:36 ID:nWfoccts0


         ̄
  /          ヽ                 ?:――聞いて回ったところはそんな感じやな。
 /
                    !                     飛び込みがおったら更に増えるやろうけど、
|       ――≧ ―-|                     組合もアホやないし、被せてこんやろ……。
        匸Τ  匸Τ !
.∧          丶
 ∧             ´ !
.  ∧__           _  /
   〉 : ≧    ニ  /                :::.....
 √ ̄ ̄≦! ≧ー >        __      .:::::
, へ   /  ヒ 〈 Y  ≧-、  r / ≦ニニエコ.::     タチの悪い噂がつきまとってる4級の大人数チーム。
  \`^   |ー '´У       /  ´ ̄_ >
   \ !   \ _〃     i /     ´ ,´ !.          最近になってケツに火がついた4級の少人数チーム。
     ヽ    Y      ,''     イ- ´
      λ    |       /  ̄ V ´               遺跡の中で人殺しなんてさせないで欲しいもんです。
      ∧   !    /ー 、  〉               いやだ、いやだ。カチ合わないことを祈りましょう。
:..       ∧  i!   イ    У
 \        \_ /      /.               ご苦労様でした。追加情報があれば、またよろしく。
   \      y'      /

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM :   シスタースマイル    ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

孫子に曰く、己を知り敵を知れば百戦して殆うからず。――盤を挟んで座す敵の存在を決して見落とす勿れ。

ゲッターチームより遺跡の構造、地勢状況を聞きだしたできる夫は、しかし休むことなく新たな情報を洗い始めた。
彼が独自に持つソースから得た、明日に備えて同じ遺跡を狙っている者達、その装備や構成と風評である。遺跡潜り
は“早い者勝ち”で“拾った者勝ち”、それが基本的なルールだ。……だが破った所で厳密に罰があるわけでもない。

負けが込めば盤面をひっくり返して零れた物を拾って逃げる者も出るだろう。今の仕事は同業者によるルール破りと
盤面返しをさせない為の下調べ。効率的な仕事の為に、面倒な足引きをする草の結び目を明らかにする事だった。
5042 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/07/28(月) 23:00:18 ID:nWfoccts0


                                  _
                                /   \
                               _____ /      \ _______
                     _.........-‐::::::::::::l:         l:::::::::::::::::::`:‐-.、
                   _∠_::::/::::::::::::::::::l  「   へ   l::::::::::::::::::::::\:::::`:..、
                 /::::::::::::::\==:、、:::::::l (●) (ー) l::::::::;,ィ'=="::::::::::::\
               _∠::::::::::::::::::\ヽ::::::::ヽ、:::',    |    /:::〃:::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
            , ==:/::::::::::::::::::::ヽ::::ヽ:::::/:::::::::l ゝ.  ‐`‐ .//l:::::::::::/:/:::::,:::-‐::::::::::::\
          / '::::/::ィ==テ:::ヽ_:::, - レ::::::r‐、∨ .〉i- 、イ ヽ'/!::::::::::l::レ/:::::::::::::::::::::::::::\
                _ / ̄/ /   ヽ:::! l ヽ! ! l.  ! l  ∨:::::::::::/, -‐、_ :::_::::::ヽ、::::ヽ
─────'── ------/ /  /  i ⌒ ャ__ リ l l_',.⊥!__⊥l_/_ , '´,   `  ` ヽ- 、:!l::::::)
::::.::::,、::::::,、:::::::,、:::::::,、::::::::,、/ /  .!ー l  リ::::::::::l l 〈 !_  /:::::::::::::::: ̄:::V  ^〉  !  ! '、]/_
───── --- ::::_:::ヽ ヽ  ',  ゝ‐<⌒ヽ::l l l l_.  ̄l::::::::::::::::::::::::::::j   / - j  l  〉:::::::::::: ̄:::::::::::.‐-..........__
    〃::::::::::::::::::::::::::::::: ̄::`-`--`ー--ゝイー' Ⅵ ! ゝィヽ  7::―_--γ⌒ヾ_ ノ  ./  / /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ̄
.   〃:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_:::::::::ヾ彳 '::ヽヽノ::::::Y/::::::::::ヽ、:ゝニフゝィ_ ,イ_ ./, イ-  _::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
   〃::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!l´!l/ '::::::::::::::::::::::::::::::!l::::::::::::::::ヽv 彳::::::::::::::::::::::::::: ̄::::::::::::::::::::::::::: ̄:::::::‐-:、、:::::_::::::::::
.  〃:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,-、:::::::::,::イイ '´::::',::::::::::::::::::::::::::::::!l::::::::::::::::::::ヽ 、::::::::::,-、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、    ̄
,〃:::::::::::::::::::::::::::,-、:::::::::::::::ゞ!l-‐ '::´::::::::::::::::::ゝ:::::::::::::::::::::::::::!l::::::::::::::::::::::::::``ゞ彳《_::::::::〃!l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!l
/:::::::::::,‐、::::::::::_⊥ゞ -‐'i:::´:::::::::::::::::::::::::::::::::::: 〈::::::::::::::::::::::::::〃::::::::::::::::::::::::::::::イ::: ̄ ``:::::テ-'.'‐-- 、:::::::::::::::::::::::::::::::::〃
::::::::::-'‐'' ' ´      `  ─--- 、::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::ゞ::::::::::::::::::::::::::::::::l::::::::::::::::::: /        ̄  ̄  ̄  ̄´
                       ̄ .厂〕`` 、、::::::::::::::::l l:::::::::::::::::::::::::::::::ゝ::::::::::/
                       l:::::::::::::::::``== 彳ヽ、_==彳´´::l::::,  '

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM :   シスタースマイル    ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

求道者というのは、どんな時代、どんな場所にも必ず居る。自らの道を見出し、選んだ者。一転それは他の悉くを
投げ捨てた者でもある。――銃砲轟き止まぬ皇国の地にあって古き剣の道に生きるを選んだ数奇者もまた然り。

抜かば斬れ、抜かずば斬るな、ただ斬ることに大事こそあれ。野生ミュータントひしめく山奥に住まう偏屈な男から
師事を受け、誰知ることのない剣の奥義を伝授されたできない夫は、平時をこそ自らの鞘と見立てて技を封じた。
だが抜かず刀を平穏の証として己を鞘内へ仕舞い、錆び朽ちさせるには彼はまだ若く、枯れ果ててもいない。

色即是空、空即是色。戦場にあって抜き放たれることを待ち望むのも、一振りの剣として正しくあるべき姿である。
5043 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/07/28(月) 23:00:18 ID:jWN3oB0c0
どう考えても不穏な雰囲気!w
5044 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/07/28(月) 23:02:29 ID:jWN3oB0c0
お仕事だとむっちゃ斬れそうだなぁ
5045 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/07/28(月) 23:04:08 ID:nWfoccts0


                                           rイ T `ヽ      __ _
                                              { {__j   }.  , ' ̄      ̄``  = _
                                          ヒ.、___ --' }.,              `  、
     ああ、もしもし。すまんお、こんな時間に電話して。       i、_ ̄_ -../                    \
     悪いけど明日の仕事ちょい手伝って欲しいんだお。        .i` T ̄. /                      ,
                                           r}-┴. /                     ,
     ……うん。連絡回しといてくれお。んじゃ、また明日。       {__,ィニ7/                        ,
                                           _==乂.. ./                      ,
                                        乂{_7、./                      /
                                          /xY../                      /
                                    __ _,-、- {ニミ./                      /
                                  ____jE}_}γ`Y ´フテ.,、   , i                     /
                           rァ, r=、 <≫‐=ユ- ー'ーi `´/ .ヽ / ,!                    /
                            「|{ {i_ j ̄}  {_〉〉フ>く´〉.../  `. l  /           ,、.     /
                            |.U {7__ イr'´   {>‐'´`./    l/`  、       , ' l   イ
                           {r┐br イ__ -‐´     /             _   / /  ,イ
                           Lト〔}彡'´        .l                ./ ,.'--,イ
                            ` ー′            !                   ー" ,イ

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM :   シスタースマイル    ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

道具を揃えて磨き、万全に整える事。内から鍛えるのではなく外付けて強化する。それも弱者が強者に抗う為の術だ。

何度も蹴躓こうと、次に繰り返さぬよう対策を打つ度に、人はいくらでも進歩する。決定的な失態で終わらないない限り
トライアンドエラーを続ければいい。小さな失敗をしないで成功を重ねる者にこそ致命的な失敗が回ってくるものだ。

ならば最優先とするべき事柄も見えてくる。――生きて帰ることだ。まだ死ねない理由がある。目的意識と生存本能が
合致した時こそ人は十全の能力を発揮できる。そして十全の能力と確かな備えを揃える事こそ弱者が強者への対抗
を可能とする唯一絶対の条件だ。恐れることを忘れてはいけない。自身が弱者であることを受け入れろ。

やらない夫やできない夫、チンクのような人外の“闘争者”ではない。ただの人間として、やる夫が選んだ戦い方だ。
5046 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/07/28(月) 23:05:48 ID:jWN3oB0c0
凡人は堅実に積み重ねよう
ところで連絡先は…
5047 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/07/28(月) 23:06:56 ID:nWfoccts0


                      /.ヘ        >,
                     / .ハ      / リ           カード               スティンガー
                     /  ハ     /  リ          切り札は常に手の内に。我が意思は竜をも討ち貫く。
                /    .i   /   /
                   ,'    .l /    ./     ___             ハ
                /  │ .レ'  /  /  ,斗<´ ,.'           ハ   l
                   l i  o. ´-、 o   ル< , '   ....l        i  ,l
                 l.  l .l_-、 .,_i=´ .,-、.ソ  ./.   l.   l l  l  l   l  l
                iニ´l `フ´ !`ニi  /  ./. l   ,li.   i .l  .l   l   l  l
                   i/ l ,Y  /ゝ´ o   /..l.  l  i l  i! i゙、  l  l  l  l.i
                   ,ル'´/゙ゞ´¨ .,、 .!^-<. __i_ l.  / .l  /', l.ハ  l≠ニ- .l  l l
              , '丶, ' ,'、_>´ `´..l   ト≦斗ミz_/  l ./ ',.l .ハニメハ´i l  l l
                ,r ':::::, ' `.x' 〉   ハ. |  i! | ', l|i/=-、l// ',}≠云ぅミ、 l.  l ∧
              i::::,.、::::::::/::::゙y、ヽ../  /i   Ⅵ::::',li::::::::::::メ   イ:::::::::::リ / l   l .∧
            ./::i´. \:::::::/ヽ〉ハ.  / l.   ヘ::::::::`::::::::::::リ.  弋z__ン  l    |  ∧
           /.:/ ,.、  ヽ´:::::|../ / /l   ヘ::::::::::::::::::ヲ         l   ト、   ∧
           /_/ ,.'. ノ  _i:::::,/./ / /_」    ヘ` - ´   ‘      イ   ハ ` - .. 、
           .〉i.  `´   ,':::::::/ /, -‐ ´ ,'l     ト             / i   l ハ     丶
        .,、ノ\ヽ  〈:::::::/./´     ∥l     i .\    ´ ̄`   , イ. l   l  ハ      ハ
      .,<´:: \ ゙:::ヽ-´::::/./.    _,.‐_,' .l    l  >       <   l    .l.  ハ._       ∧
      ./::::::ヽ :::: \:::::::::, '.,'   ≪´    .l    l    |l` ´∥   .l    l    ,≫     ∧
    .,〈::::::::::::::::::ヽ :::: \ノ:::ヽ    .ヾ    l     .l\.   |l. ∥  ./l   .l    //         }
    ./ ,` 、::::::::::::::::ヽ :::: >::::::ヽ   .ヾ   l     l \   ∨  / l    l    //       .i
  . /,/   ヘ、:::::::::::::ヽ´ヽ:::::::::ヽ    .ゞ<、l.     l  `>.-<´  .l  ., 匕 ^l-、´ ..-ーア´へ、 ∧
           ヘ::::::::::::::ヽ ヽ::::::::ヽ.   ゙、   l   ハ-<        .,≠::::::::::::::| :: ̄r-、__r、゙ー-ゝx

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM :   シスタースマイル    ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

誰しもが明日に備える中、夜明けはまだ遠く、チンクも一人の部屋で明日より続くことになる長い戦いに備えていた。

最初に買い込んだ10本の単分子ダガーを床に敷いたシートの上に並べ、刀身の肉をリューター抉って骨組みとし、
練った火薬に削り抉った破片と共に盛って固める。遠隔信管の周波数毎に柄へ巻くテープの色を変えて補助電脳
に登録を済ませた頃には、すでに日付が変わっていた。完成したスティンガーの出来に満足げに一つ頷いた。

工具を片付けてシャワーを浴びるとウィンチがワイヤーを巻き上げるようにキリキリと気持ちが引き締まっていく。
ベッドに潜りこんだ彼は、一瞬だけ二日間のスナップを表示して口を緩め、躊躇わず義体をスリープへと落とした。
5048 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/07/28(月) 23:07:34 ID:nWfoccts0


   ┌──────────────────────────────── ── ─
   └────────────────────────── ── ─
   ┌──────────────────── ── ─
   └──────────── ── ─
   ┌──────── ── ─
   └── ── ─
5049 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/07/28(月) 23:07:47 ID:RlGR0Tvg0
・・・山奥に棲む偏屈な男で刀使い・・・。

某所の二次元さんに続くルパン一味の一人?
5050 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/07/28(月) 23:09:08 ID:nWfoccts0


              ,. -── -
             , ´          ` 、
          , '               丶      きょ、今日だけだからな。
       〃                         こんな格好してあげるの。
.       /,,イ  / /|     ハ   ヾ     ',
.       〃 N .i .ハ l  ト、/ l ト、 Nヽ   l       ウーノ姉の頼みじゃなきゃ
         从 i {三三ムヾ .i/二≧ |    .i       ぜったい着ないんだぞ?
          i,  i弋三ン.   ヒzソ/.   l
         i.   ト、/// ,   ///./      l
         |  l ヽ 、 -    ,イ      l
         |  l_, i __ ,>一<、. ! ト、_jLiァゝ-、
         |/ )   _,≧r=≦チ { / ル´(、
       ({   |     人    l/  ./  ぅ{
          _,) 、  ヽ  /_ \     {   ∨
       {  >‐、,ゝ=亠== r/>、/   〉        )           うん。次はきっとこれぐらいイケますね。
       人_ァヘ ヽJ       〈 { / ヽ   \        (
       ヽ f_ンー'        ヾ{イ__j    〉       ).          セインちゃん送る時も同行しようかしら。
       ハ 〃            マヽ   r'       ノ
       ,' /:{{             }} l-、   !      (.     ○             _ ――― 、
       !/ヽム            〃 r亠-、}        ヽ         о       _r‐ ´    ヽ  「:`ヽ
       l! 〔_ ヾ            /'_r、7   j.         )          。    ∠/l     ト、 ハ  l:::::∧
       \_`フ\        /ヽヽ __/        (               /./l 」__l  _」-t7´「 ∨ |
         {_/ヘ>== =<   ∨ヽ           ヽ              l イ | |ヽト、 /rセ7アl  l.  !
         // l ヽ    / /   \亠-、         )             |'.|/ヘ<マフ`l/ `´,,,/l  !  |
        厂/  ヘ \ _ノ /     ヽ__人       (                |  l,,,,     /'| l   l
       / /     ヽ     /       ヽ レ         )                 l  ト   _  _/ ./  ヽ
                                  ノ                  /  /  ` ー r ´/ /\   \__
  ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ                / /   _ イ〉r./ /:::::::::\    }
                                                   /| /_ r‐-⊥、l/メ/ /\::::::::::::\  /
                                                  / !/∧ ニニュ_ / /   \::::::_ヽL _
                                             /   ll,〈/ ,ニ=ヲ l .{ {     `/:::::::::l  /
                                                /    「ー-ィ l   l l l __ ,イ:::::::::::l {
                                               \   「\__|ヽl  l  \_  } |:::::::::::l \
.          ――エンドカード――                             ̄ } l:::::::|  {.〉 l    / / l l::::::::::l   )
        【シスタースマイル:終了】                         / }::::::l  /  〉   /./  l l::::::::::l  /
                                                 /   l::::::::∨   l   {'   | .l::::::::::l l
                                             {    \::/   l          ハ l:::::::::::l }
5051 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/07/28(月) 23:10:19 ID:jWN3oB0c0
乙?
エンドカードひどいなおいw
5052 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/07/28(月) 23:10:31 ID:f0D2AKBI0
乙乙
5053 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/07/28(月) 23:10:41 ID:nWfoccts0
>>5049
比古清十郎でも石川のゴエモンでもどっちでもいいよ! 登板の予定ないしね!
5054 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/07/28(月) 23:14:43 ID:nWfoccts0


┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━
┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━


                                   /.  ̄ ̄\
                                /     | |  ← ここから折れている為、突けない。
                                 〈     | .!.    剣じゃなくて鉈のような状態。
                               }\    ,' ,'
                                 / V  / /
                              /  /  / /
                                /  /  / /
                             /  /  / /
                               /  /  / /
                           /  /  / /
                              /  /  / /
                          /  /  / /
                            /  / ./ /
                          /  /  / /
                            /  /  / /
                       ∧ /  / /
                     /  \_/ /
                    ,__ノ⌒ヽ / / ← 結合線。本来ここから上がスライドして前に落ちる。
                  /fーニL_. ∨ /
                  /‐マ{_}_} 〉./ /
               _,、-く‐┘リ,rァ〈/ /
             ,イj}ト、リj\ フ}∨. /
            {三ソミ}、ノ_ノ}. 〈  /
             ∨}シ!  r‐'  ∨}
               ̄ }-、_〉  了レ′ ← 鍔。ナンバリング削ってデルフィングと銘が彫ってある。
              /くニ/`ト、 ´f.       縁起悪いってレベルじゃねーぞ。
                 /くニ/`-'-、イ
             /くニ/`
               /くニ/`
              /くニ/`            【やる夫の装甲スーツ装備:ブレイクブレイド】
           /くニ/`
        r'ニヽ/くニ/`
        { f'´〈二,/
        } r'、」´
          //


   〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

【アイテムカード:SW―ティアダウナー】
                                        カウリングソード
刀身中央からスライドして半分の長さに収納できる可変・展開型の 対装甲剣。
内部には重量と慣性をコントロールする工夫がしてあり、持ち上げられるなら見た目より楽に振り回せる。

ニッチ層から熱い支持を集めた独IAI製光子刀リヒトメッサーの販売を知った米IAIが、SAMURAIとNINJAの市場は
ウチのもんでしょ! と嫉妬にぐぬぬ顔しながらオリジナルの製作者シャックー・アライを招聘して製作を開始した。
                              コンセプト
なお製作にあたってスタッフがシャックーにつけた 注文 が『デカくてスゴいやつ!』だった為、刀匠なりに解釈した結果、
『剣術を極めて人類の限界点まで鍛えたなら使いこなせる刀』が作り出された。超重巨大な斬馬刀のごとき拵えを見た
米IAIのスタッフは是を見て喝采を叫び、会議の時間わずか10分でデチューンモデルの製作・販売を決定したという。

まず義体か装甲スーツでなければ扱えない化物刀だが販売デモにてMBTを叩き割った事から『戦車切り包丁』の異名
を博し、完全受注生産品なのに都合5000本が販売された。購買層は主に、義体・装甲スーツ部隊のガイキチ共。


真打・落涙刀の名の由来は『斬られたら涙でるほど痛そうだから』というシャックーの雑な感想による。


┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━
┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━
5055 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/07/28(月) 23:15:02 ID:RlGR0Tvg0
乙ー

●REC
5056 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/07/28(月) 23:16:28 ID:jWN3oB0c0
実に米リカ製っぽいw
というか刀匠の感想ェ…w
5057 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/07/28(月) 23:17:25 ID:U6rG.cgg0
カウリングほにゃららって終わクロだと良く聞いた単語なのに境ホラになると滅多に聞かなくなった気がするな
5058 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/07/28(月) 23:20:02 ID:dRWhvO4g0
乙乙
5059 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/07/28(月) 23:20:44 ID:nWfoccts0


┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━
┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━


                             `¨ -、                ,.......       ,'       /
                               `¨ -、.      /ヽ/.:::::::::::::`..ヘ. /  /./
                      _______        `丶、  /  r':::::::::::::::::::::::::::::.`、   /
            __--――¨¨ ̄ ̄         ̄``丶、.  r‐У  Y |:::/::::::::://:::imm1::ト、/
     --  ̄ ̄ ̄                          ,>' \  丶!7.:::::::/|/|::!| _,,-|:i、/7>、_
_ … ̄                           ,,..、,、,,、,、.、,,r'777777∧.\  ヾ::::::::|´|!`i!!"イラ7:| |////l
                               ,○"'"~"´´¨´〉///////∨\\.|:::i::::|`ー´ 〈   i:| .|///∧
                          〈:;;ゝ    ,////////\∧∨i. `|:!i:::::||゙==ァ./リ  |////∧
                                ////////ム///////l、 .i|ヽ:|\ー/ノ ,‐―、////∧,
                               /イ/////////〉///////77777777、―‐‐' .デー'-.////∧
                            ∨//////////////////////////|/     〈⌒!_|/////∧,
                            ∨/////////////////////////ll        二ヽ///////∧
                             ー∨/////////////////ooo//||‐、__, _`ヽi } ∨//////∧
                                  ̄ ̄/77777777707777¨      `!_|´  \//////∧
                    r-――-- .._     ,」///////////0//////´              \//////ミ、
                     /////∧/////77><7////////////////////!_...,,--┐          ∨/////∧、
                     /////////∧///////////////////0/////////////._|__             ∨//////8、
                  ////////////}////////////////////////////////////77z、、、.      ∨//////9〉
                 //////////////!//////////////////////////////////////////77z、.     `ーテ≠''丶


   〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

【キャラクターカード:長谷川 虎蔵】

皇国でも指折りの戦闘力を誇るマーセナリー。絶大な強さを誇るが反面かなり大雑把でいいかげんな生き物である。

人間離れした身体能力に裏打ちされた格闘・白兵・投擲能力に秀でており、人外魔境と揶揄される近衛ともタイマン
張れる怪物。量子変換ストレージによる無尽蔵を思わせる武装の使いきりを主要戦術に置くが、彼の最大の手札は
隠し持った気象兵器“おおうちわ”による戦場構築とESPによる強大な雷電放射にある。

つまり正体バレたら指名手配確定なヤクネタ持ちで、大雷怨ifのライチョウ以上の戦闘スキルを持つ変な一個人。


基本なまけ者で社会に影響を及ぼす発想を持たず、飯食う酒飲む女買うゴロ寝する、金なくなったらお仕事ちょうだい、
というチンピラそのものな生き方をしている為、美津里あたりに都合よく使われているのが実情。だがまぁ、当人それで
満足しているなら平和で面倒もなくていーんではなかろうか。

請けた仕事はマジメにこなすし筋も仁義も弁えている根っからの渡世人だが、ヤタガラスと懇意というわけでもない。
仕事がない時はだいたい眩桃館で呑んだくれてるか娼館で遊んでいるかニッセキ病院の院長自宅でゴロ寝している。


こんなんだけど能力と実績はマーセナリーとして一級なのだ。こんなんだけど。


┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━
┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━
5060 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/07/28(月) 23:23:16 ID:RlGR0Tvg0
>>5057
せつこ。それはちゃうで。

終わクロだと聞いたけど境ホラだと喪われた知識、なんや。
宇宙進出の技術含めて喪われた技術が多いのがあの世界。でも残った技術がヤケに高度なのでちぐはぐ。
5061 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/07/28(月) 23:24:44 ID:ZLZuylWo0
5062 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/07/28(月) 23:27:19 ID:jWN3oB0c0
なにこの世捨て人の実力者w
というか大雷怨の上位互換じゃねーかwww
5063 : ◆ToVRCqC0oc [sage] 2014/07/28(月) 23:27:24 ID:nWfoccts0


              /.,.:.:.:.:.:/.:.:.:|.:.:.:.:.:.ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:'N
.              /.:.:/.:./.:.:.:.:.:.:.:|.:.:.:.:.:.:.:.ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ.:.:.:.:.:.:.:.',:.`
          i!//.:./.:.:.:.:.:.:/l.:.:.:.:.:.:.:.:.:iト、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ.:.:.:.:.:.:.',:.    やっと終わった! 次の遺跡は短くすっぞチクショー!
          i!:.:,':.:,'.:.:.:.:.:./   ',.:.:.:.:.:.:.:.:.:i! \.:.:.:',.:.:.:.:l.:.:.:.:.::.:.:l:.:.
          i!:.,'i!.:.:{.:.:.:.:./    ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.i!  ヽ:::l::::..:.:l.:.:.:.:.:.:.:l:.:l     >>5051 >>5052 >>5055 >>5058 >>5061
.          i!:.!.il:.:.:l.:.:.:.:{ ヽ    \.:.:.:.:.:.:l   l::lヽ::/.:.:.:.::.:.:l:.:l    乙さんくーす!
`ヽ,..-、 ,.-、   i!:.l l:l:.:.::l.:.:.:.l    \  〉.:.:.:.:.:l   l:l/ヽl.:.:.:.:::::.:.l:.:.',   これが言える開放感はスんバラシーっ!
=/三=/三==ニ=、l:.{.:::::::l..:.:.l,..rf恣茫ヾ/∧.:.:.:.l ,.'斥恣芯ト.:.:::::::.:.l:.:.:ヽ
-'´_,..-..,,__ ̄ ヽ=}.:.',:.::::::l:.〈l 辷:::炒 /'  ヽ::::l   辷::_炒.:.::::::::::.:八ヾ{
ニ三=l三ニ,-==', ll.:.:.lヽ.:::ヽ::ヽ         l Ⅵ     ノ:.:./:,l::.小 ヽ
/ヽ=l三/. :. :. \:ノヽ、ヽ::::.ヽ:{       ` `    / ' / l:.ノ ヽ:.:.',
. :. :. i::lニ'. :. :. :. :. :ヽ   ヽriヾ      ____       / /,'  `ミ=-
. :. :. :i!:li!. :. :. :. :. :. :.〉   .l.l¨ヘ   i´  ̄ ̄ ̄ ̄ `i     ,'、ri/
:. :. :. :.i!i!. :. :. :. :. /   l.l  ハ  ヽ ; : : : : : : ; ./   /  l.l     ,、
. :. :. :. :i!. :. :. :/='___ `.   lヽ  ヽ.、:_:_:_ノノ  ,イ  ,==l.l==、ノヽノ }/
ヽ。:._:. ,l、:.:, -二='--ーl ,.-、__l.......:... `  ̄ ´ ..:...../,=、l;lヽ´;;;;;;;;ヽ/ /
=}三`ニf三三三l::}\-i'´.l三三ノ.....i......> .. <....i....l三ニl;l;;;;;ヽ;;;;;;;;;;ヽ    /
ヽ!=/三=i==>ニ三/;;;;l;;;;;lニ/\....ヽ  .........   /...>'ヽl;l\;;;',;;;;;;;;;;;i   ノ
三三ニ=ニ三三三ニl;;;;;l/ l/   >....、_    /,<   ヽ \;;;;;;;;;;;l/_ノ
5064 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/07/28(月) 23:36:15 ID:RlGR0Tvg0
>>5062
おう原作のほうが強いから安心してくれ(震え声)
5065 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/07/28(月) 23:36:19 ID:P4TIAv4c0
ちょっと遅れたけど乙―
5066 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/07/28(月) 23:38:31 ID:0TxeA2.g0
乙!
遺跡ではどんな罠が待ち受けている事やら……
5067 : ◆ToVRCqC0oc [sage] 2014/07/28(月) 23:38:53 ID:nWfoccts0


                                                 >ハ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.、:.:.:...
                                                 /:.]:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:.\:.:.\
   ..目下ごりごりとなぜなにスカベ作成なう。                     /:.:.:.:.]:.:.:.:.ト、:.:.:.:}:.:.:.:.‘,:.:.:‘,
   ..これやっとかねーと話進めにくいんだよ。                /:/:.:.:/‘,:.:.:| r≦「:.:.:.:.:.:.}:.:.:.:‘,
                                            |:.{:.:.:/〕≧:.:| V炒:.:.:.:.:人:.:.:.:‘,
   ..大雷怨の二回目も途中まで出来てるし、               |/Ⅵ{Y炒 }    厶ィ:.:.:.r┐ミト
   ..そのへん投げたら続きを始めるぜ。                         \:.、    _, ノ/}/ }/
                             ,,___                      圦  V : : }  ___n '
                            「 { r┬┐                  /\ ヽ  /  {{
                          _| 」 |  ‘ー┐                 ____、/   〔r‐- ミ
                          く_,_,、     」ト               /////}〕__,、丶`]/////}
                               ̄〕iニ=彡} }i           r====「  /___/    〕二アニ=-  __
                                〕_「  / 》          //ニニニニニ\_ -=ニニニニニニ=- \
                                〕     .〈.         __//ニニニニニ}ニ◯ニ}ニニニニニニニ∧ ‘,
                               \__,, -=∧       rァニニ=- ニニニニ.}ニ二ニ}ニニニニニニニ/ニ_ ‘,
                                 }ニニニ∧    /ニニニニ}二ニニ }ニ◯ニ}ニニニニニニ./ニニY⌒
                              ニニニ∧-=ニニニニニニニ}二ニニ }ニ二ニ}ニニニニニニ /ニニニ「{\_
   投下中のレスは明日がつーんとつける。  .ニニニニ∧ニニニニニニアニニニニ }ニ◯ニ}ニニニニニニ《ニニニ「{ニ
                                  ニニニニ}ニニニニ=‐    }ニニニ.\=/ニニニニニニ∧ニニア......
   そして>>5065 サンも乙ありがとーう!      ニニニニニ=‐      }ニニニニニニニニニニニニニ}-=ァ............
                                    \ニニ=‐         ニニニニニニニニニニニニニ「 〈...............
                                     ̄            ニニニニ∧ニニニニニニニニ|  \........
                                                \ニニ/ { \ニニニニニニニ|   \
5068 : ◆ToVRCqC0oc [sage] 2014/07/28(月) 23:42:21 ID:nWfoccts0


       ,. ヽ   /'l///_/////////////,ィ///////////'ヾ //////////∧   _
       .i   ',  /' !//  .マ///////// .///////////   ∨////⌒∨/!∧  ,' ヽ
       .l.    ,  .l'/!   .!'///////    .l'/////////    ∨//l    l'/lVム .l   .!
      .l     ,  //,!    !{/////,|    .l////////   _,..V//!    !'/!l/,!.!    l
       l     l .///!    l,l/// ∨!`` 、 l/////,〈 ,.イ'"    .l//,!    l'/! !/l!    .!
         l   .l///,.!    l,'l'/ _,ゝ!-ァ、 l'////'∧ ,ィ―- 、 l'//l    .l'/ヽ/!    .l
.         l   .l' //,!    !/ {イ乂;;;;リ.ノ  マ//   ヾ、 { {;;;;;リr 〉// !    lハ'/l    l
         l   .l//!    !/ハゝー―    ∨ !     ―一'/// l    .!ヾ/,!   .l
.         l___!、 ,!__! /∧           |        //イ/,l___! //     l
.      _ - マ二二,!_ !二二,lハ<ム               '" ///!ニニニl'/二―-,!_
.    _{   マニニ/ \ニニムゝ ``ヽ              ,イ/ |二二ニ|/ニニニ.リ  ヽ     --
- _ / .l     !ニム   `'マニム 、                   '" /ハlニニア´ マニニ;   l- 、´  '
  l    !   マニニム.     `マ∨ 、     ヽ        ノ      // ム>'"   }ニニ/    ,   , '   ,
、       、    .マ二ニ\    ,〉ム{V\             // ././     ,イニア   /   .!  '"
   、   .    }二二ニ{ニニニム',∨ !ヽ            .イ//!' .//、   ィ'ニニ/   /   .l
   .lヽ  ヽ _ .イニニニ,イニニニニムi、_, ヾl             l/,.!'、,../ニニニニ7ニニム   . '     .イ
    lニム_イ二二ニニ,イ二二ニニニ}'゙   > 、      ,. <.   Y二ニニニム二二ニ(.  ,ィニ|
.     l二ニニニニニ{二二二二ニリ       >、 , <      マ二二二ニニマニニニニニニ!、
     マ二二二ニニニ!ニニニニニー}          \       .マニニニニニ!ニニニニニヲ' !_\
.   ,イ.マ二二二二二二-‐''"´_,ィ,'          \      {マニニニニニニニニ>',.ィリマニム

  レスつけた直後に増えた>>5066 サンの乙。こりゃもう感謝のWピースっきゃねーな、ホライゾン!

  そろそろOSAKAと学園都市にいかなきゃ! 皆もはりあっ!!
5069 : ◆ToVRCqC0oc [sage] 2014/07/28(月) 23:42:58 ID:nWfoccts0


      ┏┓                                            ┏┓
      ┗╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋┛
      ┏╋────────────────────────────╋┓
      ┃|                                            |┃
      ┃|   本日の投下は終了しました。またの御来訪をお待ちして候。   .|┃
      ┃|                                            |┃
      ┗╋────────────────────────────╋┛
      ┏╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋┓
      ┗┛                                            ┗┛




                、 ,.__,..、___
                ,.}::::::::::ヽ::ヽ:::ヽ`ヽ
              /::::/ヽ::::iヽ:::ヽ:::::\
             //:::/ ノ   i;|三|:i::ヽ::::ヽ|
             |:/:|,,三 _, ==|::::r i |
               ||  |  ヽ  ` >'
               `ヽ ヽr-'―' ̄`ヽ、
               / ̄        ヽ
              /            ヽ
             /    /          |
             |    /           /ヽ、
             |  //          / /   !          ___
             ヽ//         / /    |      ,. <      `ヽ
              V         / |     |`ヽ_/´   `ヽ      \
               |           !     |ヽ ヽ `      ヽ      |l
               ヽ               ,/ |, ヽ_       |      ./.|
                ヽ             /  l |  ヽ\      |     / |
                 !            /   !   ヽ \    | r     ,!
                 \                        | ,|     /
関連記事
スポンサーサイト




コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://yarucha.blog.fc2.com/tb.php/6243-bb4c979d