文明崩壊した世界で猟師が頑張る ACT8【魔術師-8-】天窓ぶち抜いて装甲スーツと対峙

1661 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [sage] 2016/10/28(金) 19:17:15 ID:/lpg9vTb
一生の手腕が試される時が来たのだよ……いわゆる人間卒業式だな

というわけでただいま
1662 : 名無しの工員さん(改) [sage] 2016/10/28(金) 19:17:50 ID:fx8+yfZo
おかえりーふ
1663 : 名無しの工員さん(改) [sage] 2016/10/28(金) 19:21:31 ID:BrzGExda
おかー
1664 : 名無しの工員さん(改) [sage] 2016/10/28(金) 19:47:43 ID:qgDJstY+
おかえりー
1668 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [sage] 2016/10/28(金) 20:20:16 ID:/lpg9vTb
あ、重装甲スーツだけど追従させたり自動制御もできる。タイタンフォールのタイタンっぽく運営も可能(金次第)

んで、あれ……なにしようとしたんだっけか
1669 : 名無しの工員さん(改) [sage] 2016/10/28(金) 20:23:54 ID:fx8+yfZo
今何気に昔やった大本営ルート見てたんだけど、地下で大本営側で元シックスで死人のメカに強い奴(?)が昨日の特効兵器を所有してるようなシーンがあったんだけど
死ぬべくして死んだんだなーと思ってしまうw 触っただけで装甲スーツを停止させるって昨日のパルスアームよね?
1670 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2016/10/28(金) 20:32:55 ID:/lpg9vTb
ソレに近いものだと思ってくれればいい……というか、よく気づいたなぁ。

あれ選択した後、キャス狐から「死人が最後にすがる十字架」ってからかわれる会話イベントがあったんだ。
1671 : 名無しの工員さん(改) [sage] 2016/10/28(金) 22:06:22 ID:BHj9S7I7
とりあえず、1升が刺されるか刺されないかの瀬戸際…
1672 : 名無しの工員さん(改) [sage] 2016/10/28(金) 22:06:42 ID:qgDJstY+
ソレちょっと見たかったw
1673 : 名無しの工員さん(改) [sage] 2016/10/28(金) 23:03:35 ID:tGtrTHdl
紫雷掌使えたのか…選びたかったな
1675 : 名無しの工員さん(改) [sage] 2016/10/28(金) 23:31:41 ID:cqmInzaZ
>>1673
剣術に頼ればええねん!(刃鳴散らす並感)
1676 : 名無しの工員さん(改) [sage] 2016/10/28(金) 23:35:20 ID:HH8QxKj9
内家を極めれば武器に頼らずともできるで()

実際刃物使うよかメイスとかの鈍器振り回す方がやりやすいよなぁ
ただ戦利品が最低中破以上とかになりそう
1677 : 名無しの工員さん(改) [sage] 2016/10/29(土) 00:20:40 ID:vvO0768X
マイナー所で電磁ブレイカー(出展 コマンダーゼロ)とか出ないかな
1678 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [sage] 2016/10/29(土) 00:57:34 ID:qGz2kScq
完璧に寝過ごした……

>>1163Macガンとかロマンあるやろ?やろ?
1679 : 名無しの工員さん(改) [sage] 2016/10/29(土) 01:02:59 ID:ObtqUrKO
今からでも行けるで!!
1680 : 名無しの工員さん(改) [sage] 2016/10/29(土) 01:06:01 ID:nfO9KlaU
今日は週末やで(´ω`)!
1681 : 名無しの工員さん(改) [sage] 2016/10/29(土) 01:10:35 ID:kqdUrkIy
waitin!
1682 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [sage] 2016/10/29(土) 01:11:50 ID:qGz2kScq
上司来襲
1683 : 名無しの工員さん(改) [sage] 2016/10/29(土) 01:12:40 ID:9Szh2Jc2
イッチもおふとんには勝てなかったか
1684 : 名無しの工員さん(改) [sage] 2016/10/29(土) 01:13:53 ID:9Szh2Jc2
上司サン、フリーダムすぎるンゴ
1685 : 名無しの工員さん(改) [sage] 2016/10/29(土) 01:21:52 ID:ObtqUrKO
シノン好きの上司か!?
1686 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [sage] 2016/10/29(土) 01:23:41 ID:qGz2kScq
寂しかったらしいぞ……
1687 : 名無しの工員さん(改) [sage] 2016/10/29(土) 01:26:25 ID:9Szh2Jc2
理由が可愛いw
1688 : 名無しの工員さん(改) [sage] 2016/10/29(土) 01:27:56 ID:L67ZNTDU
前からだけどこの時間帯に襲来とかほんと仲いいよなあw
1689 : 名無しの工員さん(改) [sage] 2016/10/29(土) 01:29:10 ID:NHKz2XXE
いつもの上司かw
1690 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [sage] 2016/10/29(土) 01:30:12 ID:qGz2kScq
イメージとして、

玄関を開けるとヒゲが生えた原住民がお酒とおつまみが入ったコンビニ袋持って見上げてる感じだな
1691 : 名無しの工員さん(改) [sage] 2016/10/29(土) 01:32:09 ID:9Szh2Jc2
原住民www
これで女子だったら完璧やねんけどな
1692 : 名無しの工員さん(改) [sage] 2016/10/29(土) 01:39:00 ID:L67ZNTDU
原住民ってwww
1693 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [sage] 2016/10/29(土) 06:41:55 ID:XtNdptMn
なんというか、コメントでさっそくあぁ書かれると朝から変な感じだな……

巻き戻しでも望んでるならアレだけどさ
1694 : 名無しの工員さん(改) [sage] 2016/10/29(土) 06:48:54 ID:IG+RqNMm
変なコメントにいちいち反応してもキリが無いで?
1695 : 名無しの工員さん(改) [sage] 2016/10/29(土) 07:50:38 ID:jC79lfbS
多数決安価だしさほど変わらないからへーきへーき
1696 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [sage] 2016/10/29(土) 08:09:52 ID:XtNdptMn
いや、ただ一年越しに再開してすぐにそう出るんだったら地下水道の成功した時のルートでも書こうかなって思ったんだ

絶対アレだけど、あんまり人のいない時間ならいいかなって
1697 : 名無しの工員さん(改) [sage] 2016/10/29(土) 08:32:33 ID:jC79lfbS
成功したらこうだったのになー!は荒れますからね……
1698 : 名無しの工員さん(改) [sage] 2016/10/29(土) 09:00:45 ID:IG+RqNMm
止めようてか今失敗してるんだ割とショックだデプーに会ってルート変更しただけだと思たが
1699 : 名無しの工員さん(改) [sage] 2016/10/29(土) 09:05:32 ID:IG+RqNMm
どうせやるなら前やった一夏と協力しないifルートの方がいいなー
1700 : 名無しの工員さん(改) [sage] 2016/10/29(土) 09:12:22 ID:kqdUrkIy
>>1693
参加出来なかったやつの嘆きはどこでもあるもんやね
各人の好みもあるし
1701 : 名無しの工員さん(改) [sage] 2016/10/29(土) 09:18:56 ID:VOyRvH7W
よしここはアフリカワタリガラスサンが女とひたすらエロエロしてるシーンを(バキューン
1702 : 名無しの工員さん(改) [sage] 2016/10/29(土) 11:29:21 ID:9Szh2Jc2
成功せんかったときの無常感も七色さんの魅力やから
普通のスレ→地雷いっぱいふざけんな!
七色スレ→うっはw七色定期ww、このドキドキ感がたまらんwww
1703 : 名無しの工員さん(改) [sage] 2016/10/29(土) 11:33:00 ID:9Szh2Jc2
>>1698
失敗って全然気づかんかったよね
1704 : 名無しの工員さん(改) [sage] 2016/10/29(土) 11:39:12 ID:aww6tZ+R
人がいない時間帯に見れなかったストーリーを書いてくれるのはすごく嬉しい
こっちのルートを選んで後悔は無いけど、たられば番外編のおまけ程度で文句言う人いるかな?
1705 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2016/10/29(土) 12:02:43 ID:XtNdptMn
しっぱいというのは装甲スーツとの判定に失敗って意味でルート失敗の意味じゃないぞ

まぁ、やってみるかね……
1706 : 名無しの工員さん(改) [sage] 2016/10/29(土) 12:06:48 ID:7755WbJu
安価スレは選択肢があって干渉出来る分、外してしまうと不満が蓄積するってのは多少なりともね
だからといってぶつくさ言い続けるのはダメだが
1707 : 名無しの工員さん(改) [sage] 2016/10/29(土) 12:12:18 ID:kqdUrkIy
ルート自体はいわゆるトゥルールートでしたっけか
1708 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2016/10/29(土) 12:12:24 ID:XtNdptMn









セット:Act【魔術師-8-】……天窓ぶち抜いて装甲スーツと対峙









.
1709 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2016/10/29(土) 12:13:00 ID:XtNdptMn
.         /三三三三三ニ     ヽ
        |三三三三三ニ      |
         |三三三三三ニ-      |
          |三三三三三ニ       ∧  シューシュー
.         |三三三三三ニ  _  -‐ 、∧           鼠め……切り殺してやろう
        /,≦三三三二二ニニ -‐ ¬、 _ヽ
.     ム'ニ|ニγ⌒ヽ三ニγ⌒ヽ /_ |、\`ヽ
.     ,ィ,ィヤ|ニニヽ _,ノ三‐-ヽ _,ノ- '-、/ \ マム冖=-
-‐ 7//〃ニ/ト、/ =三 __|   ヽ /ニヽ  }ニマム  マ
三三{ {{ ニ三|〈三ニ=ニ/|  |\_/三ニ/}  }二} }  }
三三.マムニ三Vムニ三マム|  | /  〉三ニレ' /ニニ} }  }
三三ニマムニ三Vムニ三マ」 -‐|/  /三三- /ニニ/ / =}
三三ニマムニ三Vムニ三マァ=ー、/三三- /ニニ/ / 三}
三三三ニマム三Vムニ三|三ニ|三三ニ  /ニニ/ / 三ム
三三三二ヽ `ヽニVムニ|三ニノ三ニ /ニ/ / 二/マム
三三三三二ヽ、` ーfT|三ニ|ニニl=ニ三/ /ヽ /ニ三
三三≧三≦二ニ=- {」|三ニト、二j ̄ _ - ´\/ ニ二三
三三三≦三三二二ニ||三ニ|ニ|-‐ ''"´ 二> `ヽニニ三
三王三三三三三二ニ||三ニ「/二二二二二二二 ||ニ三
三王三三三三三二ニ|ヽニ_/ 二二二二二二二 ||ニ三






                         ,. ---: ,.、
                        ,'゛   /;;;;;ヽ,      鼠じゃない、猟師さ!
                          |  ,/;;;;;;〆;,l
                         ,ゝ;';゛;;;;;;;/;;;;;;;;,l
                        !,.;;;;;;;〆;;;;;;;;;;,/
                        i;/;;;;;;;;;;;,,ゞヽ、
                        ゛^ヾ;;;;/;;;;;゛;ー;,'ー;;;;-;;;,,、
                         〆;;/;;;;;;;;;;;;,(゛,:::::::::::.....::::::`ヽ
                         V;/,;;;;;;;;;;,,,;,ヾ...::::::::::....::::::::::..`i,
                         /l/;ゞ゛へ,:::::::ゝ;;_;、::::::......::::::::..゛i,
    (,)゛`i;i;‐;;-;;,_,,、.__          i゛:.i;;i,,:::::::://\;;;;;;;;;ゞ::、..:::::::..::::::゛i,
     ゛フ./..:::.:::.::..l.;;;)..::`ヽ,,,、      i゛;;゛::゛゛∨/..::::.ヽ;;;;;;;ヾ;;\...:::::::::::.゛i,
     ゝY‐^^^゛ヽ/::_,ゝ:‐ー∧       i゛...:::::::.//,.\.::::゛i,;;;;;;;;ヾ;::::\〆ー;<
          /〆从..:::,,_|._,_!     .∧.:::::::.::|;i..::::::::フ.;ヾ;;;;;;;;;ヾ;;;;;;;;;,,;;;;;;;;;,゛ヽ,
        /人.::.ゝ‐>从ゝヽ.、  ,_!;ヽ:_::::::,|;|.._,,,〆;;ゞヾ::,;;;;;;;ヾ;;;;;;;;;,,,;;;;;;;;,,;゛i,_
    _,-.、_/:\/フ:ゝ∧.ゞ;;;;;;;`ヽ゛゛;;;;;;ヾ゛!,..::::..i;l...:::::::::::::::..|:::::;;;;;;;ヾ;;;;;;;;;;;;;;,,,;;;;;;;;;;;ヽ,
  _E),。゛へ/.:::.i`.i⌒;,;l三;i,;;;;;;l;;|;>;;;;;;;;;;;;゛!,..::::..|;|..:::::::::::..〆.:::;;;;;;;;;;;∧;;;;;;;;;;;:::::::;;;ゞ゛ヽ
  (・--):):ゝ‐r..::..丿.|ルイノ-、_,ー⌒゛゛`ヽ‐'~`!,,,,..:l:i,,:::::::,〆::::::;;;;;;;;;;;;,,| ∨,,,;;;:::;;;::ゝ、_゛!,
  ゛ ̄゛^ー゛′ ̄ ̄゛~~′  ̄         |,:::::\::_::〆::::;;;;;;;;;;;;;;/;;゛!, ∨;;;;;,'..:::;;;;;;ゝ/l
                          |,..:::::::.|..l::::::::::::.....;;;;;;;..::::゛!, ∨;;_;;_;;_;;;;;,.l.l,l
                         l゛::`;i,,::.,|:|..::::::....;;;;;;;;;;;;;;;;..;;゛! |゛゛⌒;;..::::`::ゝ,、
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃緊急手術用の器具に混じり、ガラス片が降り注ぐ。クリスの目の前に
┃降りた一生は【塗装の掠れた装甲機兵】と刃先を合わせた。

┃相手は大ぶりのボウイナイフ……奇襲を凌いだとなると、間違いなく手練れだ。

┃一生は舌で乾く唇を舐める。頭のなかに轟々と血液が流れ込む音が聞こえた。

1710 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2016/10/29(土) 12:14:17 ID:XtNdptMn


             _,、-───‐-、、
         ,.'´          `ヽ、
        ,イ:::.             \
      ,rイj´::::::.          U   `rィ
      ミミi、:::::::               ノ彡       な、なんだお前は!
      ,ミヾ゙j::::::               イ彡;j
      ゞ,;;:゙ノ::::,、-ー‐-ィ   ,、-===、 イ,ィイ}
      }`Y:::´ ー=・ン;;'   i゙←・=‐   ゙ゞ'¨ヾ
        |人:::..    -‐'´   ,| `` ー    レ,イj
       l゙Y、:::::.     ,ィ::;   ゙iヽ       ,jノ,/
      i ,j::゙,::::::::::::/ ーゞ,,,rー'`ヾ、   / i ,j
        `|::::ゝ::::::′`ー====-'   / !'
       |:::::;;i:::::::..   `ー--‐'     !  |
        ,!、::::}::`、   ` ̄´   ,! ,!  ,!、
      /|`ヽ、::::;;ヽ       / ,ノ /i;:;:\
    /;:;:;:|   \:::\    , イ,イレ'  |.;:;:;:;:\
-‐''"´,!;:;:;:;:;:;|    `ー、`二二彳´    |;:;:;:;:;:;:;:;:ゝ- 、_
;:;:;:;:;:;:;l;:;:;:;:;:;:|     ,イ´.:.:.:.:.:.:`,!     ,!;:;:;:;:;:;:;:;:;:゙i;:;:;:;:;:;:;
;:;:;:;:;:;:;l;:;:;:;:;:;:ト、    /゙ヽ.:.:.:.:.:.:.:/゙i    /|;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:l;:;:;:;:;:;:;
;:;:;:;:;:;:;|;:;:;:;:;:;:| \ /  ヽ.:.:.:.:/  l   / ,!;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|;:;:;:;:;:;:;
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃状況を整理しよう。敵は目の前の装甲スーツ、奥にもう二機。短機関拳銃で
┃武装したテロリストもどき3名。

┃そぁどうする。パンツだけのクリスちゃんと、禿げ頭の博士が狼狽しながら
┃一生の方を見ていた。
1711 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2016/10/29(土) 12:16:39 ID:XtNdptMn
        .: .::.:: .: .: : .: ::. ::. :. :. .:.: :\
       /:: ::: .: ::. :: :. :: :: :: :.: ::. :: :: :: :ヽ
.      /:. :::. : : ::. ::. ::. :: : : : :.: : : : .: : :.: :゙
      |:. :.:. .:.:. :.. : .: .:: .:. ..: .: :::. ::. :..:. :.::::.:l
       |:. :.:. .:.:. :.. : .: .:: .:. ..: .: :::. ::. :..:. :.::::.::!
        |::. :.:. .:.:. :.. : .: .:: .:. ..: .: :::. ::. :..:. ::: :.::|
.      |:.:..):.::).::..:):. ::..:: .: .:.: .:.: .::.: ::: .::. .::::.:::|
     /::. :):.:.)::.:: ):. :.:. :..: .:..: ::. : .: .: :.: .: :..:. :l、      ……チッ、低出力潜入装備か。
.    /:. :.:.ー''": .:.: :r.:ー― ---:.:.::_.:_.:.:_.:._:\
    /:. .:.: :.. .: .:.: :/ :i!:.三l{´   i!:r.:/ lI7:;;l ´          クソ野郎、どこの奴だ?
.   /:, .:..::, :;. .:.::/:. :.、:...::ミ!、 _.ノ'´::\''"::;;;l!
  〈:.. ..::,:. .::..:.:人:. .:,:. .: .:.:. :.:._:.. .:..,/´:V;.「
    `ー― '''::((:..:\ー=:.. .:.コ::::.rf:.. ::/rへ
―- .、 .___/:.. ヽ、:...)。:.へ:. :..ー''":.:.:/::./ :..:>-――- 、
:...: .:.: :77:.:..:Y´::. ̄:.\:..:/:..:rー=ニ二:./:../_:.;/:::l:,.: .: .:;. .: .:\
:. .::.. .:./'::.. .ソ :. :.:. .::.. Y´ ̄ ̄:ヽ,: .:.)]::二レ':));,::}:. :. :,;. : . : .: :\
:..: .::../:;:. ./':. .:___:. .::>-――''";.: .:ヾ_フ':. :‐'''<;. :.:,:. .:.. ...:.: ...:.::\




                                            .,、
                                            /゛!,_,、
                                          人;;,l_,i..::.i
                                       ,,,、 .ゞ;;>;;!.ゝシ!
                            ,,;-;;‐(ニヽ,    /(ヾゝ;;!;;.l;;人,,:::.┤
                           /゛;〆、・ゞ。i,  /~,'∧.i:::,ゞl.:l;;,人、;;tト、    さぁね? 確かめてみれば?
                          ∧/;;;;;,ト,、:∧i/i;;:i::i;::;i::;!,:/`へ,;;;;;/,ゞ |
                          i,;;/イ。。へ;;/,,;;,,::,,,:;;;;;;,;,,;;ヽ,,,:::;;;:_,/ /
                          ,;ゞく;/;;;;;;,ト,;;,<,,ゞ,,ll;;;;;;;,,;;;;;,,,,/ ̄\/
                         ,∨;;i|,;;;;;;;,|,i;;へヾ,,ゞ,ゞ‐;;_./
                     .,,,;;-〆川;;ハ;_;;_;;_ll_∨川;;;`ヽ,:::::`ヽ,
                   ,/~;::://;;;笊;;ハ;゚;;;;::::::::゚;i;;∨,;;;;;:;゛!i,..::::::゛X゛
                  ./..::::::../i゛;;;;;;;;;;て;!。_;;;;_;;・;i;;,,∨;;;;;;.l;;`ヽ,::::,!
                 /..::::::..,,爪,..:::::::..人: ̄::::::;;;:::::..ハ,;;;;;;.|.;;;;;;;.∨
              __.,/^;;;;;'゛~;;人∨;;;.,i`::.:\.::::::::::::./.:::∨;;,|寸;;;;;;;;ト,
              i;;!,;;;;;;;;;;,;,/丿;)),∨/::::::::::,ヽ,::::::::/,::::::::\,i .寸;_;,イ.i
              ヽ,゛=;;∠;ゞ゛>;;/;|~..;;;;;;;;..:::::゛i,::::,|i,::::::::::::::.i (,;:::::〆
                   ̄     >へ::;,i,,;;;;;;:::::::::::::゛!.::.ii,:::::::::::::.;,i   ̄
                        !,::;;:::::::::;;;;;;;;,,!,,,!!,:::::::::::::./
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃一生はただの猟師なので軽く挑発した。ピエロ役は大得意だった。

┃さて、ここから一番安全に妹さんを運ぶには……

┃下2~10   1.よし、この禿博士を人質にしよう.--自動選択
┃         2.敵のリーダー格を狙ってみる--自動選択
1713 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2016/10/29(土) 12:20:08 ID:XtNdptMn
                     -  ̄ ̄` - 、
                 /ー、         ヽ
                , -、     ヽ、_     ハ
                 ノ!o }  !、_         ',
              / >    o`ー--      }
              { /    ヽー- _  _   !
              ヽ`ー〈   }     イ´  ヽ j
               >、  ー'    (  , イ⌒ヽ' |
               <  7ヽー-ァー-ヾ/    .ハi
      r='ヘ      /ヽ!:::{ <´    ハo     i
      ∨l∧     ノ  / 7::`->  /    j     /
       ∨l∧  _/ j / /:;':::〈-イ     〈    ..|
       ,イ )ヘ}-' / j /:::;:r´        !   ...|
       ! ⌒)ヘ  ノ /:::::;/        }   ..|
       ヽ ´ノヘ/  /::::::/       ヾ /    |
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃次の瞬間、一生は稲妻のような反射速度で銃を構えた。
┃同時に、装甲スーツもアシストを駆使し肉薄していた。危険を感じた彼は
┃構えた状態ですぐさま横に飛び退く。同時に引き金を絞った。

┃首に熱い刺激を受ける。一合目は痛み分けだった。

1714 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2016/10/29(土) 12:23:32 ID:XtNdptMn
               __
           /´: : : : : > 、          {}
        r¬く: : : : : : : 〇: : : :ヽ          ||
        _ 〕0))∨: : : : :〇:〇:〇:∨       ||
     /: γヽ:o: 。:∨: : : : : : : 〇: : :|         [〕     チッ!
.     〈: rュヽノ=-‐:.ニ≧x : : : : : : : : ノ         ||
    ,ィァ》: :0: : : : :_;/%/≧x: : : r'ュ _      ||
   /〃´` ‐=ニ _∠∠/.: : : :_: :>'´|: :|: : :>.、   ||
.  {.{{       {ZZ/_; -=ニ三/: : : `´: : : : : : :r、_八
   マム       `}//≦三/: : : :_ -―¬冖,ィ:´.: :}┐
.    \\_rァ'´: : :=ニ二{: :_;\/7: : : {]: : :く: :/:ヽ' :l
.      ` ー/: くヽ: :(ニ>/´: : : : 〈〈: : : : : : : : : ´: : : :}/
      /7: : <ヽ\>: |:{: : : : : : :.マ∨三三ニ=-、 : :/ヘ
     /:/_: <ヽ\>:(ニ>{: : : : :.:/「ニ冖¬=‐- 、∨: : :〉
.    |:.}: : >、\>: : :{_; :`: ー-/:::::|: : : : : : : : : :|:.∨: : ム
     }」/: : ヽ-: : :´: \;_;_;_|:::::::|: : : : : : : : : :| : |: : ム
      |: : : : :|: : : : : : : : : : : : |:::::::|: : : : : : : : : :| : |: :ム






                    ___
                  /        ` 、
               , '              \
                 / ヽ、     _,.. --   ゙ .
             /  _`__     __     ,      なんだどうした。僕の方が6倍速いぞ
                ′  ̄ ̄        ̄ ̄    ,
               {  "'              、、 ∪ }      (やっべー!こいつ糞早い!)
.            、     ゝ-‐ ー- '      /
            _> 、              /
                ∨/r v'´ ヽ _  「/7,<
           /V,l / \ V   」/////〉
.            ,.イ //Y〈_   ヽ.〉 く//////__
            /.:.|///ゝ、 `ヽ./ f⌒o 7¨´///}
            >、:ヽ/ ` `Y !  _! [`__'7´////,j
.      __ /   〉′j .イ /} } / _/ ∨//////,|
     / f´ | ト、` 、ゞ / { {//   У//////|
.     { l  | |  ` ー'‐ = Tl _  〈/>z/_∧,|
     ヾ.、 | |      二 l |   `゙` </_/_j
.          ` ┘^  .   二 //      /  ̄
                ` < {.{ 、 __ ノ
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃背負っている動力炉の装甲部分に命中弾、3発は当たった。伝導ケー
┃ブルは無残に千切れ落ち、増加装甲の留め具を飛ばし、一発は貫通。

┃だが一生も負傷した。不味い、ブレード使いだ。切り裂かれた首には
┃赤い筋ができている。紙一重で生き延びた……飛んでなかったら死ん
┃でたぞ。まったく。
1715 : 名無しの工員さん(改) [sage] 2016/10/29(土) 12:24:37 ID:MEqPkk+2
>>1712
そりゃまあ大本営ルート選んだ際、そっちに行ったら帰ってこれないぞ、本当にいいのか?って何度も警告の選択肢が出たのに
ルート決定の瞬間、分かり難かった、こっちのルートに来るつもりじゃなかったって言い出す連中も居たからね
1716 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2016/10/29(土) 12:26:57 ID:XtNdptMn
               ,::::': ̄::ヽ
                 |:::::::::::::::::{
              _ノ_::::::ニ:::::::)     __
             ノアr= !!(うr(ツL __//う
            / {ニii(ニ)iiコニ==≠''-<
            `Y ヽ/  ハ:::∨  (_)了       首にマーキングされて減らず口を叩くなよ、ガキ
             /ミ / 三弐/:::::∨   ∨
             ヽ=-=少´ ∧:::::::::\___\
              }r==マ /_ノ:::::::::ノ=/7乏
            /{不 jー':::::::::j弌へ //_  7
           / |:フ ー':::::::::::::::::rn <j//  \/
         u爪)' 弋=―=シ::j⌒! //  \/
         ⌒∧:::::::| 乂 〉::::::l :|.// >+< /
          ∧:::::::::!  /:::::::::{少レ込  /
          j/ヽ」::::|ミ=!:::::::::::::7‐八 \/
          ,'  /ーァ! |'⌒ヾY⌒ヽ:テー'
          j__/ !:::::乃‐'   ∨   ∨!
         /゚ヽ.ノ::/      ∨  ‐i!、
         > _ノ`l        (   (
         |ノ\::j         ヾ'::::::ト
            i|  /j           ゞ≠'∧
            l|  //_           ∨ / ∧
            j! ./7イ           ∨ / ∧
        _r/ と うケ            \  ∧
     (__乏___オ'                ∨  j
                              } イハ
                              ト'⌒ヽ
                           弋_ニ_)






                     ,..,,,,,、
                   /゙ヾ::/゛ヽ,
                  /;'゛  ゙!   ゙!
                  l:゙!   ゙!   ゙i;     おじいちゃん、ご飯食べたの覚えてる?
                  !:入.   ゙  /i゙
                  >;i゙::\,,_,,_,,イ::i゙      あ、車椅子も持ってきてあげよう。薬も飲んだかな?
                 __ii ゙i\:::‐:::i::::::人,_
             ,,,;,'';゙~:i゛人:ヾ:\::::;;;;:/::/~;;゙!_,,、
            /:::::::::::..l;:.入ヾ::ヽ;;゛‐;;゙〆:::i:::./.::::::\
            i゙::::::::::::/;:/:::::::\;_;;_;;/;;:::::;i::.i゙.:::::::::::.ヽ,
           ,!::::::::,イ:::ゞ;;;;;::::.i.:゚:::゚:::゙i;;;;:::::::゙!;;ヽ,::::::::::::::゙!,
           ,!゙;ゝ-く:::ハ::;;_;;_;;_~::゙::゛´;;:::::::::::゙!::::゙カ;;::::::::;i゙
          ,/:::(,,..A,~人,,..(:::::::::::::::::....:..`:ヽ:/:::::/:::::∨;:::!゙

┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃いまので足回りのパワーアシストは鈍くなった、とルリが言ってる。

┃背後で控えている装甲スーツ2体は行動を示さない。赤いセンサーアレイが
┃無表情に一生を捉えていた。まったく、とんでもないやつらだ。

┃下2~10    1.フラッシュバンをばら撒き、クリスを抱えて逃げる--自動選択
┃          2.「おっと、博士。何処に行かれるのですか!?」
1717 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2016/10/29(土) 12:30:07 ID:XtNdptMn
           . --ミ  .  ´ ̄`¨¨ ヽ、--、/ ̄ \
          / / ̄´        /i:i:i/ |   | iハ
          | 7´/  / / / 八  {i:i:i:{ |   | |
          |  |/ __从 八/-─\ マi:iム:|   / ,: |
          |  乂 r笊   f爪),ア \\i:i|  / /        これは――
          | |  ,ハfツ     ゞ゚'  ノノ^Y゙|  /  |  |
          | |  {i  ´      /'´_ソ イ /  :|  |
          | /  人  ゝ'        f彡' |/    |  |
          |/ /  `ヽ    . : :   |   .|     l: |
          |  |   / ≧=≦=====ョ   l    l l
          |  |   /  }`Y´辷コ;;;;;;;;;;;レヘ  l_   ∨
          |  |  /--く;;ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/  \: : : ̄`'く
          '. , イ{;;;;;;;;;/≧====彡      \: : : : :\
         /   `ヾ;;;/;;;// ̄_  -‐┐   }lト :_:_:_ハ
       /   /   |//' 「      _」 ::  // :.     、
      /    /    Y    ̄ 77 ̄   : //  :.
     ,     ,′   {     //    . : //   \   _
    /  /  {    ハ    // . . . : : : //〉___>'´〈i:i:
   く  / /  } : : . . {  :. : : :{ { : : : : : ://∧
    \  /   l  |  |  |   乂zzzzz彡' /// '.










            __
       _..-''''゙゙゙´     ゙゙゙゙'''ー,,、
     ./      U       \
    , '     ___     __ .ヽ
   ./    (  ●  .)  ( ● )  '.,        ――ちょっと相性が悪いか
  /  u .    ̄ ̄ ̄     ̄ ̄   '.,
. .,'                        .l
  l   U.    (     人    .)    .l
  .'.,        `.┬‐ ´  ` ┬ ´     .,'
.   ' ,         ̄ ̄ ̄ ̄     /
     ゝ、               /
    | ̄ ̄ ̄ ̄l     .-┬'''"´|
   /\ /' , ̄\     .| /::|-.、
  /     ヽ:::::' ,  \    / ゝ::::|.  ヽ
. /.       |::::::::l__` y '__|:::::|   ',
/        |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|    l
         |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|    |
.        |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|   .|
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃妖精と猟師は同時に判断した。ブレード使い、ナイフを軽やかに扱い
┃獲物を切り裂く……つまり解体野郎だ。一生は猟師、つまり遠距離職
┃だから、今のジョブだと相性的にも性格的にも反りが合わない。

┃しまった、これならジェダイマスターに転職しておけばよかった。
1718 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2016/10/29(土) 12:34:25 ID:XtNdptMn
                       / ̄ヽ
                //ト=〈\
               //     \\__
              ムΩゝ      ` ――、ヽ
                                 \\           作戦変更!
                                  \\
                                    |__|

           _  / \
       _ ..:::::´::::::::`ヽう 。.\
      入ヽ:::::::::::::::::::::::ヽ、 /
.     /::::::::ヾヽ:::::::::::::::::::::::Y'
.     ,'::::::::::::::::`、ヽ::::::::::::::::::i
.      !::::::::::::::::::::::::ヽヽ:::::::::::/
     .!:::::::::::::::::::::::::::ヽヽ:::::/
     ヽ、:::::::::::::::::::::::::::/
        ` ー - - ´
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃一生は判断を下した。戦術的撤退である。逃げ足はいつでも早いやつが
┃得するのは世界の真実だ。信管を弄ったフラッシュ・バンを二人の間に
┃ふっと浮かせるように投げた。

┃バイバーのスモークが視界をシャットアウトする。同時に、イヤーパッドが
┃膨れ上がり耳を覆うと、対ショック機能が働いた。轟音と閃光が部屋を
┃覆う。フォールアウトってやつだな。
1719 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2016/10/29(土) 12:37:23 ID:XtNdptMn
               __,. : : : ¨¨¨¨: : : . 、
             ,. :´: : : : : : : : : : : : : : :`ヽ、
           /: ,: : : : : : : : : : /: : : : : : : : :\
            .': : :/: : :,: : /: :/: /: : : : : :.|: : 、: : :ヽ
          /: : :/: : :/: : ': : :': :i: : : |: ! : |: : : ,: : : : :.
         .': : : ': : :.:|:{: :|: : :|: :{: : : |、|:_/: :|: :|: |: : : ::.    ムーッームーッ!
         |: : : |: : :|:|_l,.ムイ}:/从: { }/ }`ヽ: : ,: \: :.
         |: : : {: : :^{从ィ笊ミ、 ∨ ,ィ笊ミ/}: /: : | \}
         |: : :∧: : | { ん::刈     ん:刈ムイ : : |
         |: : :{ \:、 r弋こソ    弋zソcl:.|、: :|
            从: : 、 '  乂ノ:.:.:.    '   :.:.: |/ \:}
          Ⅵ、: ー: .、    ___     人  `
            乢: : :|  . (__,.---- 、_) イ
             从 :|  >  __.  ´
                  Ⅵ      |、
             /::::::\     ,::::\
            /:::::::::::::::::\___{::::::::::\






                       _  -‐-  、
                         , ´       ` 、
                    /               \
     ,. -‐'fフフ           7                `、       食べごろまであと2年かな?
     /   r‐´ r‐、         /                 ヽ
   ノ  _/_ 」  .l      |   ー‐-‐'   `ー‐-─     !
   i   _ _ .) ,'       |   ( ー‐) '" ( ー‐ )   !               ムーっ!? >
   !     `{ ノ        ヽ     ,    !          /
   |  ー ― 、}´; ̄ ̄;` ー‐-/;:;\  ヽ_人__,ノ`   /,.,.,.
   l   ,.-r /;:ヽ:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;/:;/:;:;:;ヽ_ ` ー     __, イ:;ヽ:;:;:;       ははは、収穫はその時まで待つさ!
 /i!    〕〈:;:;:;:;:i:;:;:;:;:;:;:;:;:;/:;/:;:;:;:;:;!  \ _ー‐_,./  i:;::;:ヽ:;:;
´:;:;:!ヽ _∠);;',|:;:;:;!:;:;:;:;:;:;:;:;:;:/:;:;:;:;:;:;ト、 /!;;;;;;;;;;〉、 ,,.イ:;:;:;:;:;:ヽ
:;:;:;:;:ゝ、_  /;;;;ノヽ:;:;!:;:;:;:;:;:;:;:;:|:;:;:;:;:;:;:;ト.`'  ヾ--〈  V  !:;:;:;:;:;:;:;
:;:;:;:;:;O /`:;´/;:;;:;:|:;:;l:;:;:;:;:;:;/└-、:;_:;」    !;;;;;;;!     |ヾ、:;.-‐
:;:;:;:;O:;':;:;:;:;/:;:;:;:;:;l:;:;:!:;:;:;:;/:;:;:;,.-‐´:;:;:|    |;;;;;;;;|     !:;:;\_:;:
:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;/ 、:;_:;_:;:;:;:;:;:;:;/:;:;;:;:ヾ:;:;:;:;:;:;:!   !;;;;;;;;;!   /:;:;:;:;:;:;:;7
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃除染施設の外へ飛び出した。クリスが奇声をあげたが、気のせいだろう。

┃今の混乱がおきた、一瞬のスキをついて青年は半裸の幼女を拉致し返した。

┃別の場所に続くドアを見つけると、一生は脇目も振らずに駆け出した。
┃同時に自分のポンコツ・ニンジャとの通信を開いて後ろの連中をなんとか
┃するよう頼むことにした。
1720 : 名無しの工員さん(改) [sage] 2016/10/29(土) 12:42:21 ID:ItWMe5ZL
青い果実には手を出さないのかw
1721 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2016/10/29(土) 12:44:18 ID:XtNdptMn
                     /⌒7  /〉
                     /_,.。s≦/=〈ミ  ‐=ニア
              ィi〔::::::::≧=‐ァ::冖ミア=>''´
             ィi〔::::::ィi〔/:.:.://::::::::::::ハく
           /:::::ィi〔  ア:.:.:/::仏::|::::::::::i::iマ\          ( 緊急離脱。上で合流。 )
         /:::/    ア⌒),{:::{ゞ从,筏:::}::} ⌒
        /:::/      ({::/::ィゝ∧ 、  ィ:::::/        ( 引き付け役、承知! )
.       /::/      ‐=‐ /⌒  爪泛 !/ヽ
     ,/        ‐=‐从ヽ/   ア二ニニ}
            ‐=ア/辷', \ィi〔二二二ノ
           ‐=‐∨{ィiゝ〈ア人≧=‐≦
              ‐=‐イ乂ア_く 乂‐=≦/宀ニ=‐  __
          ‐=‐{//ィi〔^)ィi〔  /__,/:.:.:.}:.:.:マ气二ニ=‐
           ‐=‐ ィi〔/:ィi〔ハ---,::::::〈:.:.:./:.:.:.}:.:.:.:マ二二二ニ=‐
           ‐=‐,:./:ィi〔:::::::::ハ_,ノ::::::::::ヽ/:.:.:./:.:.:.:.:}`寸二二二ニ=‐
        /:::::(:.:.:ア',:::::::::::::::∧\:::::::::::::\人:.:.:.:.:|  Ⅵ二ニニニニ=‐
       ノ 〉マ:::{〈=| ,::::::::::::::::∧  ,::::::::::::::::∧冖^   ∨二二二二ニ=‐
       ア二}⌒{ニ,| ∨::::::::::::::::.,   、:::::::::::::∧     ∨二二二ニニニ=‐
      ///⌒^=,| ∨::::::::::::::∧__, \:::::::::::::..,      }二ニ=‐ ⌒`寸ニ=‐
    ///   |=,| ハ::::::::::::::::::}  \ ,\:::::::::::乂__ /         \ニ=‐
   ////   {=∧  ∨::::::::::::::}/  ∨ ヽ::::::::::::::::::〕iト、        \ニ=‐
    ///  ,八ニ∧  //:::::::://  ゝ---≧s。:::::::::):.ハ          \=‐
   ////    ∨∧  ⌒///         乂ィi〔:.∧          \}
 /////      ∨∧   //           乂:.:.:.:.:}ハ
   ///  /    \=\  //             `寸:..)K,
  /{二ニニ}  /       ``~、、               ̄アノ:}\
  / {=====( /             \             ⌒ `寸⌒)K
   ノ/⌒ マV ,/                             Ⅵノニ、
  {=|   }=} ,′                                 Ⅵニニハ
  {=|   }=v                                  )rくィi〔ハ
  {=乂  /=/ ′                           ‐=ニ二乂二/ /
   マ二二ア、//                          ‐=ニ二三三三≧=く
   / /   ∨/    ,/                           ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
.  / /    ∨ヽ  /
 / /      ∨∧,/,/
./ /         ∨∧/
.{,〈        Ⅵ }
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃対象は確保した。あとは逃げるだけでいい、さっさと逃げるぞ!

┃翔鶴を起動した二代が一生の後ろを守るように大きく踏み込んだ。
┃戦闘パフォーマンスを引き上げた証に、眼が赤く切り替わる。半身とも
┃言える機械鑓の切っ先を装甲スーツに向けて、重力制御による重力
┃軽減機能が軽快な動きに拍車をかける。
1723 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2016/10/29(土) 12:51:41 ID:XtNdptMn
                               _...-―- 、      n
                                  /       ヽ、     ||
                              /            }    ||       ちっ、今度は戦闘人形か!
                                /_ ===== ._ |     ||
                             //(◯`f_f´◯) 7ヽ」    {_〕       ここは展覧会じゃねぇぞガラクタ!
                           / /-<>'⌒<>ァ-、|∧    ||
                           ヽ fヽ }-/_ム-' / }}]∧    ||_,ィヽ
                           γ}ヽ<《〉‐-〈_》- ー'/-={  /´/、 _|- .._
                           _ -‐ァァくヽママム-=〉ニ〈=/-=≧=‐7   `ー'   `ヽ、__
                    /  〃ニ≧、 \=/ミx/ヽ≧=‐=ニミ|           _ -=¬<
              n_         /     {{ニ[コ]≧≦≧f´/≦[コ]r¬ュミ|       _ -、 \_/
               ///     /  _ - ア´ =- _ヾイrz_ `-=ニ =≦ニ>ミ|>_ - ¨\\\ _/
   __   _///      7ヽ」二/     〃 /      _ _ - ¨      ,ィ 、\\\
 〃⌒ヾヽ`ヽs。]7//      / /.ニl ,、 , 、  {{. {     _ - _ \        《f狼ム \\\
 {{::::::::::刈 } } 三≧s。_    -ムイ二二l{// /   |  |    rヽ二二=\\     \」_》  \〉/
  ゞ=彡' '_ノ三三三三≧s/  /二二ニ\ ' _ ャァ ァャx、   マム二=/ニ\\          //
    ` ¨ 、-=≡ =-ク 三三≧s。/二ニ7ァ」ニ/ |。| ̄|。| ム- _マr≦三ミx \\       //
       `ーr、‐ ´  <三三三三}}7/三=ュ |。|  |。|   ム _∠ア´三ミx マム \\    /, ' ′
       〃タニ=、‐-E}ヌ /Z∧<三///fニ8マ `' └'   〉'´‐- ̄_ ‐ _ マムムV \\  , ′
       {{ {{ 〃 }ニ=7`l三二ニ=- ̄_ヽ/ニ8 マ      f(_) ‐- _ ‐- _マムリ」j/// , ′
       `¨ -' - '__,ノ三三三三三二ニ=- ≧_    /三/ 〉(_)_(_)_(_)_/ミ// .//, ′
                ̄  r-=ニ二三三三三三三.7三/ /三/三 「三}ノ´  〈_, ′
                  ヾミア三8}| l丁⊂ニ⊃/三/ /三/, 三/.三}`l
                  _/_ / 二8ニ| └―‐---{㍉/ー{㍉//㍉/㍉/ /-、
               /=- _/ _8三マ。__   。 lミ/\lミ/{ミ/ミ./‐-r ´|
              /   / .「 8 l三|/   ̄ }、` 、 /`r8`⌒´ - _ | 。゚|
                \_/  | 8/三{ム ‐- /> \/丁r8\   / | 。゚|
               /  /  -‐8 三三| |  |/  〈」」」r8  \ /   |  |







                   {:./:::::})
                   /7....(
               /ア.....∧__   /(
               __/ア⌒( ア::くアア={__
              /辷ァ  /ア::>ミ〕iト:.:./:.:.ア<
             {i:i:if  /アィi〔⌒〕iト〈⌒   }
            ア {   {/::::::::::::::::::::::::::\
           /ハ    ,:::::::::::::::::::::::::::::::∧__乂}    IAI水上展覧会戻りの拙者には響かない言葉でござるなぁ
            /=r冖宀ミ::::::::::::::::::::|:::::::|:::::ハ辷(
             /ニ,)____}::::::\::::::/笊ミ::::::::}_)         【帰国子女~】
.           /二∧_____i:{筏 \{ ゞ' }:::::八ア
         /二/ {___ノ_}\     八:/辷}
          /二/  {二二_}::::::ゝ‐=≦/::/ニ=‐
.        /二/   ‐=ニニ}T{__:.:.:.:/イニ}=‐
.         /二/    ‐=ニ,乂/〕iトアi:i/ _マハ
       /二/      マ二,ア , ――ァ〈 ‐=ニ二ハ
.     /二/      ∧ニ/‐=ニア----く二}:.:.:.:.:∧
.      /二/        ,.:::::アィi〔:.:.:∨=ァ^∨=}:.:.:.:.:.:.八
    /二/        /::::从ミ:.:.:.:.:.:.:ゝ'    辷ア´
    〉ニ,(       ,.:::::::∧ ゝ二二 r-----===(,
.   / }=/       ,.:::::::::::/⌒^∨-r‐≦ }   }...}
  〈__ノ,/     /:::::::::::/    ∨.}   :   ,Ⅳ
   /彡'     ,.:::::::::::::::::/     〉',   l   }..{  __
  ア {     /::::::::::::::/   _  ア..}   :.   {.ハ /二,ハ
  {_/     /:::::::::::/    {二ハア../   }   Ⅵアニニ/
.       /::::::::/     Ⅵニ}{./     }j   マ∧二〈
      /:::::/     /\,∨辷{    }^   }乂_ア/⌒\
       /::/     /:.:.:.:.:.:.r<^:',   ,    /::::::::::/:.:.:.:.:.:.∧
     /     /\:.:.:.:.:.{:::::::::::i   j}    ,.::::::::::∧:.:.:.:.:./:.:ハ
          /:.:.:.:.:.:.ヽ‐={:::::::::八   j}   ,.::::::::::::::::}‐=≦:.:.:.:i
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃すでに十分にほぐされた人工筋肉は素晴らしい動きを発揮している。
┃装甲スーツが3台、一機が機関銃を打ち始めた。が、壁に無残な弾痕
┃を残すだけで、壁を駆け上がるように銃撃を回避し、そのまま3体の
┃中心へと躍り出た。

1725 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2016/10/29(土) 12:56:50 ID:XtNdptMn
      \ :  #  '   #; : .   ', #;.   #  '   '        /
 #;,   ;  \ " ;  '   ;,  ',; ;:.  ', :.     i #;  ,      /
   #;.  ;        , ; '  ; .      ,  : .   l  :" ,:  " , - 、/
> 、     ' ;   \    '   : .     ' :.    ;    ,  .;/:::::::: \
    > 、     " ゙ \ :  ' .  :    ',  :. _  l  .,' " `'<、  ∧
         > 、i    ;,      ' :..:... ;   ', :.'.. .'| ,'        ヽ  |
  *  ..:  `;  >、__ .\____  ________/.  ,.ィ´ ,,
'    ,     #  ; /:             \| l:ヾ     :\   '´
      '    ,||::::::...          ,, .';. ´  | l  .\ ____|  ,,
  l     :. ゚ ;゙ ゚||::::::::::..  ,,  ´    l:   | |  /_    | ´
  l  #  .; :  ;||::::::::::::l´: : : :      l:   | |   |:: : :.l   |   =
―  ―   ― -||::::::::::::| : : :           | |   |:: : :.i:  .|
  #    ;゚ . ヾ  ||::::::::::::|: : .         l:   | |   |:: : :.l   |  ̄
  |  #   :.   ||::::::::::::|ー - 、    l:   | |  _|:: : :.l   |   ー
  i   ;, '    |\::::::人      ` ヽ、 !  ,.| |//!-┴-‐_| ‐-
       _,., -―|: :.. ̄_.ノー- ‐ - ‐ !三三_ | |コ/=≡;/  \
 ,., '’: : : : : >'´ ̄- = ≡ = - ‐   ― - = ≡=/ ∨   .\
'’: : : : : >' ´≡ = -  ̄  ―  = ≡  ー  =  - /: : : : ∨    \
,.>' ´ - = ≡  = _ -      - =‐  = ≡  |: : : : : : :.∨      \
ー  =  =-        -=  =-    - =  - |: : : : : : : :.∨       \
-  =  -    ―=  ≡  =  ―    _   |: : : : : : : ::..:∨         \
 ー = -   _ ― _   =    -  _ -  =  |: : : : : : : : : : ∨         .\
      _ =  ≡  = -       _ -=   ≡  |: : : : : : : : : : : ∨        \
   _ =  ≡ = _ =        ― = _     |: : : : : : : : : : : :..∨          \
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃半裸にひん剥かれた幼女をファイヤーレスキュー式で担ぎながら一生は
┃地下水道を駆け抜けていた。どこからか、自分を追うような足跡が聞こえ
┃る。装甲スーツ3体は二代が相手取ってくれるだろうが、増援がいたら
┃厄介だ。

┃どこか地上へと通じるアクセストンネルがあるはずだが……
1726 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2016/10/29(土) 13:02:55 ID:XtNdptMn
               >─‐-= 、
              .> ´        `<
            /   __ノ   ー‐  ',
          /                  ',
        ./      ,. -―     '―- 、  ヘ        やっばいなー。とりあえず上を目指さないと……
        /      (●_ノ   ヽ●__)  ,
        ,         /   、   、    i      流石に半裸の子供を守りながらだと、いろいろな意味でアレなんだよな。
       ',         {     人   }    }
        ゝ         ` ‐-‐'  `ー‐'     /、
        /\                ,ィ´ ̄}
          /   \  ー- __, z= '´  ∠i
       /      \.  /       ‐' ´ .|
     ,.<ム、_  `ヘ | /    /__>--イ`>-、
  //////.: .: ̄〉  l./   ∠ィ´: : : : : :////////\
 ///////: : : : : : :i  ./   /.: : : : : : : : ://////////;ヘ
 i//////.: : : : : : :{  {   / : : : : : : : : : /////////////〉
 l/////.: : : : : : : :|  |  .〉: : : : : : : : : :i///////////;//
. ,'////.: : : : : : : : :|  |  i : : : : : : : : : : {//,'////////;〉
////,'.: : : : : : : : : :|  |  | : : : : : : : : : : l;/{/////////\
///,i : : : : : : : : : :.:|  |  |.: : : : : : : : : : .∨////-一"///∧
///|: : : : : : : : : : : |  |  | : : : : : : : : : : : ゝ////////////∧
///i:.: : : : : : : : : : :|  }  |: : : : : : : : : : : : : {/////////////∧














               __,. : : : ¨¨¨¨: : : . 、
             ,. :´: : : : : : : : : : : : : : :`ヽ、
           /: ,: : : : : : : : : : /: : : : : : : : :\
            .': : :/: : :,: : /: :/: /: : : : : :.|: : 、: : :ヽ                         こっちだ! >
          /: : :/: : :/: : ': : :': :i: : : |: ! : |: : : ,: : : : :.
         .': : : ': : :.:|:{: :|: : :|: :{: : : |、|:_/: :|: :|: |: : : ::.
         |: : : |: : :|:|_l,.ムイ}:/从: { }/ }`ヽ: : ,: \: :.      !!
         |: : : {: : :^{从ィ笊ミ、 ∨ ,ィ笊ミ/}: /: : | \}
         |: : :∧: : | { ん::刈     ん:刈ムイ : : |
         |: : :{ \:、 r弋こソ    弋zソcl:.|、: :|              一生<げぇっ
            从: : 、 '  乂ノ:.:.:.    '   :.:.: |/ \:}
          Ⅵ、: ー: .、    ___     人  `
            乢: : :|  . (__,.---- 、_) イ
             从 :|  >  __.  ´
                  Ⅵ      |、
             /::::::\     ,::::\
            /:::::::::::::::::\___{::::::::::\
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃あ、やっぱり。くそっ、追っ手が来るのは早いな……そりゃダイナミック
┃エントリーしたぼくが悪いんだけどさ。

┃駆ける脚を止めること無く、暗視機能をオンにして排水路の通路を抜けた。
┃緑色にライトアップされた映像を食い入るように見ながら走り続け、今度は
┃一本道と呼べるような、置くまで続くロングストレートに差し掛かった。
1727 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2016/10/29(土) 13:08:35 ID:XtNdptMn
____________________
───────────────
                 ──===二二二,゙
                     ̄´,゙二 --ー'''"゙´  . _,,...
              _,,,,.. -ー''''"゙´    ._,,,.. -‐''"´
      _,,,.. -ー'''''"´       _,,.. -‐''゙,゙.. -'''".,
 -ー'''"゙´         _,,.. -‐'''"゛     ._,, -'"゛              /
           _,,, -‐''"´       _.. -'"゛  _..-';;. .、   .,.. / ´        / /             ┐ヽ,.
   _,,.. -‐'''"゛              彡‐ ._..-'',゙xr'',゙ ‐'´  .,/ン"., ‐     ./  /               ヽ .`
'''"゛                _.. ;;メ!~_.. ‐'',゙ ‐'二./ ゛   ._/ / .../       ./  ./      、            、.ヽ
               _.. ‐'彡彡-''゙ / ´ メ'" ,..-,,..,/ / ., / |ゞ,     /   /       !            / !、
        ,.. -''゙´,,,iッ゙‐'゙゙,..-'"゛    .,/゙./,/ / .,y!'".///   /   ./        l|  |    L   ヽ
    _.. -''″  .-゙~゙.,..-'"゛    ._..<‐ン'ン'゛,/ .,ノ“ /// .,/ ./   ./ i' 、    .j.|,! | .! .l,  .リ、   ヽ
._.. ‐''″     _..-'"゛     ,..-'゙-'゙, 彡'´ / .,/ ./〃 /  ,ノ/ /   .,// / / .i|   !l゙,! .ili .! |}   .lヽ..l、 .ヽ
      ._..-'"゛      .,/´  _ /r'" /   ゛ .,/ 〃./.、 ./ /./    /./ / .l゙./.| ;; .il゙.!l゙.| !.! .! !.!   l,.ヽ.l<
   _..-'"゛         _/´  .,xツ" ...‐゛    ./  ゛../ ./ ,ノ゛ /   ./ / / ././│|| l,!il,!│.! l .l|.| l ...i .l リiヽ
.-'"゛       , /    .,y!″ /     . /    ./ / /  ./    / ./ ./ l/ /l゙/.ゞl.l|l !│.! |.!| .!.l.l 'lL .l .゙ミ、
          ,/´    ,/゛ ./゛    /    ./ ./ .,ノ゛ /     / ./ ./ 〃 l l |  |,!l" ,!.l .!.! !| .}|..l,.lヽ !
     .,/゛    ./  /      /     ./ ./ . /   /     ./ / ./ / .l. l !  |l゙l゙ ,!,! .!l゙ || l.| . l.!..l..l
  _/゛        ,/     . /      /   ゛ /   ./     /  ゛ /  ゙  ! .l/  iリ.! ,!|  .l| ll .l| . ゙ll、..l.l
./ ゛        . /      /     /   /   ./     ,/   /   / .|.! ,.ll ゛.| :l!  .'l  l  |l ! ゝ .゙ト
        ,/      ./      ,./    ./   .,// ̄/-/ /    /    ! テ .! .l!  ! .}  } " 、.ト .l  !
      . /       ,/      ./   . /   /      i/     /    .l゙   l l゙  l }  .!   ! .l  !  l
    . /       .,/       /     /   ///    /     /    .l゙  ││ l  !   |   .! .l  |  l
  . /       /       ./    ./   ./   // ./     /    l   !   ,! :!  │  .!   .l  l
./       ./       /    ./    //    // /     /    l   l    !  !   .|   !   !
       ,/        /    /     .|      /     /     !   !    !  |   !   !   .!
     .,/        . /     /      .,!    . ,,ノ     ./     l   ,!    !  :!   .,!   .!   .l
   /         /    ./       弋__,,,-'´       /     ,!   l    .!  .|   ,!   .l    .!
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃次の瞬間、背が凍るような悪寒がして一生は壁に突撃するような格好で
┃通路の端へと伏せた。パス、パスパスと間抜けた音を集音装置が拾った。

┃消音器と亜音速弾を用いたときのアレだと気づいたのと、自分が姿の
┃見えない誰かに狙われてることに気づくのは同時だった。
1728 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2016/10/29(土) 13:14:15 ID:XtNdptMn
                    _
         >-‐…‐-<≧<   `ヽ
        ´        `ヾi:ム     ',
   。s≦≧x   /     `ヽマム.     }
 >'´ ̄`ヾi:ム  /  / ハ.  ̄}`ヽⅥ    ′
/  /    }i:l} / ,.ィ´/ }  /斗ャイ    ′       飛来した方向から姿は見えず――光学迷彩ですね
  /    /i:ア {// / / .ィ_):ハ '.
. /    /彡'__{,.ィ笊示x' /´Vツ  '    :|
::/    ,八 { l{⌒ゞzツ / 、  ,' │   |                           言ってる場合か! >
/    /  `ゞ㍉__     r_,.イ   |
    ,'    __二二≧s。 .../\_」_
       /⌒   `寸7777ヾ〃ヽ::::::\ ヽ
   |   /  `ヽ、  `マ/.{ {- マ{  ',:::::::::ヽ、 \
   |   {     ヽ  `<≧s}ム  \,-w' `ヽ、
   |  ,ハ  ゝ、__',  ─--ミム 〈 ヾ(、   Y、
     ./ ハ       }      ヾ  `ー{ヾ:、  }、ヽ
    ∨ ゝ、`ー---``丶、      :. ‐=}}{__ヾ:、'ノ  \
    ゚。           ≧x-=≦    _,彡x`'ヾ:、',   ヽ
     ヽ     ,.--<i:i:i:7 __,, '´   ヾ:、 ㍉
\     ヽ  /,     ヾ>く、  `ヽ     ゞ:、'}l    |
        \j'i:iム   /⌒)ヽ ヾ:、 }   。o< )ソ
   \      寸'ニ',  ゝ'/⌒マ l::l /,.'´   ヽ      |
    \     `寸;>、  ゝ‐<ハ__リノ,ハ      '.      |
      \.     `寸>、    ヽ ムニ',      |    :|
.       >、        マム     `寸ニ,          从
       /ニム      マム    _ `寸}    /    /
      ムニニム     .lニム /   ̄`ヽ、  /    /
      {ニニニl}     |ニ∨ /二二二.{ /    /
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃バイザーのなかで報告してくれるのは嬉しいが、相手がインチキ使ってる
┃以上はどうしようもない。間一髪で眉間に風穴が開くのを防げた。

┃どんだけ本気なんだアイツ。幼女の体に対する情熱が熱すぎるぞ。
┃ロングストレートは危険だと判断し、機械室と書かれた扉を見つけると
┃飛び込むように中へ押し入った。
1729 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2016/10/29(土) 13:24:50 ID:XtNdptMn
                __
               _,   ´     `    、              r 、_ ┐
          ,.´               \              //´  `ヽ
            / /        、   \\           { {      }      ……恐ろしく運の良い奴
       / /  / /       \\_ \ ヽ'          ヽ 、__ノ
       ´7 /  / /  / ∧   Y´ `Y  __⊥_          ]≧≦、
         ∨   | ′  ' /  \」 、 __乂 └ェェェ,.三≧ -= 7´/´: :`ヽ∨
       /     {   l/ ―- _ |, ァ¬ 、-< r‐' /  /     | |: : : : : :} |
     <_   / ┌= ニTx云ミ、 { { 〔| l| ℡三 {  、     ヽ ヽ.;_;_;ノノ _ ____
       /-┴ 、|三三| 、{炒 ヽヽ-ヾ'-_'-_-ヽr‐_‐_>‐_‐_‐`_ー_=_´__{{_-{{   {{Θ}⊃
      _ノ‐-、   / ̄|`\       rェェ[0_0_0]]ェ=土/       / /‐/ /´= ァ,.´-―――――――――――――
    /-‐ヽ . . 〉-′ |-―┬‐┐ /―r/ / r――――「 ̄ ̄ ̄ |/ 「/ /   .'.′
-=ニ/./. . . . . \| ||  |⊂ニ  |´-=≦|  `ー====' ____|_/ /    、
\/ イ. . . ..\.r=| ||  |Τ()) f⌒T"´ニ┘ ̄ ̄ ̄ ̄     f´ ̄ ̄f´ ̄f∩┬――`「「「¨丁  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
=ァ}::::| . . . . . 、}} | |l、 |├―r_ー_' _|__________`_ー_‐_‐_‐_‐エ´_|0__0」」」ー }
/〈}::/. . . . . . . .》| l \|'´  >―‐≧=- 、| ||  ||  __|三三三三三‐_┘    {-‐ }
/〉:/. . . . . z=〃 、| {_{/7´:::::::::::::r_r_r‐-_′| |l |L_|___| /7〔≧==≦〕   {-‐ }
/:/==、 〃 : : : : 》|/´. . ./::::::::::::::::::::/`T {{: ̄:L_||  || | |   〔}/  /  ∨/∧.  {-‐ }
:/ . . . . ヾ'、: :,.'´ / /. . ′:::::::::::::::::::フΤ }}:/ :|_ _|⊥ ┴._」  〈 /  /    ∨∧〉   }-={
. . . . /-‐/ . . /. .{. . ..{:::::::::::::::::::::Tフ´ 〃: : : : :`}} ̄} ̄    //\/      ∨∧  |  |
. . _/. . /. . . . 〈. . . . . .∧ ⌒ス¨¨_´〉='":>‐- 、:{{. . .{      //  /        ∨∧ f ー^l
./. . .{. . . . . ./. .\. . . . .∧/: : : : : :.>≪´ ̄\:}}. . .〉    //  /          ∨∧ |  |







            /       ___
           (: :{  _  : : : : : : : : : : : : : : : . . _        /
            >: ´: : : :―: : : : : : : : : : : : : : : : : : :≧=ー
          . : : ./: : : : : : : : : : \; ; ; ; ; _: :\: : : :\
          ´ /:/: : :|i : : \: : : : : : :ヽ/斗==ミ、: \: : : :\
      /: :/: : ' : : : : |i : : : : :\: : \:/=/:i:i:i:i:i:i:iヽ: : \: : : :\
     ' /:/: : |i : : : : :|i: : : : : : :.:\: : :iニ{:i:i:i◎:i:i:i:i:i}: : : \: : : ≧=ー      外したんですか?
    / ,. ,.:./: : : |i : : : : :|i: : : : : : : : : :ヽ人 ゝ :i:i:i:i:i:i/=l: : : : : \: :\
.   i /:/: ,: : :.__|i: : : : : |i: : : ヽ : : : : : i={:i:i:iY≧=≦彡': : : : : : :.i\: :\                         ジャム
.     , / i.:i: : :.i,八: : :.:.:.|i: : : : |i : : : : :乂辷彡---<: : \: : : : : |   ̄ ̄                      排莢不良った >
.     i:i |i:|i : :.|i___\: : : :.:―-|ミ: : : i: : : |i : : :|i : : : :\: : \: :.:.:|:\
.     |:| }:八: :灯心: \: : : : : | ∨: |ヽ: :|i : : :|i : :|i: : : :\ ̄ミ、:{⌒ヽ
    乂/: : : : :i ∨ソ \:\:,ィf示ミx:.:| i:.:|i\: |i : 八: : : : :: :/: : ::Y         あら、珍しい。
--==== i: : : : :.:}      ̄`ヾ う 心㍉ 乂/}i\:/: : : :}: : :./: : : :.八
  / ハ\: : :.| ノ       ゞ-'゚ " /{ .:|i: :/ :.:/: ノ: : /: : :/: :.:)
 /  iニi  \ . `               ii | .:|i:.,. :.:/:.´:-=ミ:/: :.彡'                             ホント >
ノ'   |=∧. \∧                 乂、 |i/: :// >≦ ̄ヽ
ニ∧  /: :i≧ _ム `           ⊂ヽ_,彡'|i: :/' // ,,斗≦ノ
ニニ: /i: : |i : : : i : ヽ       _    ̄  rヘ // /: : : :}\
=,,,/:/ニ|: : |i : : : |i : : :≧=---r        ハ / /  /ノ: : : :/: : :.\
ニ/:.,==:|: : |\: :人: : : i/>: :}           i }ヘ/ /:): : : /: : : : |: :\
_,. : iニ:|: : |ニ/  \: : : :彡イ }        八ヽ/: :/: : : :i : : :.:.人: : :.\
_ii : |ニ:|: : |'| {     ̄ \ |/l       // , . : :/: : : : :|: : : : : : :\: : :
八: ∨,'|: : |:|  }         |/|  。r=彡イニ/: :/: :ゝ彡 ̄ ̄:ミ: 、: : \
ニ\:ヽ|: : |:{--| /'     __|/=彡 ´__/ニ=乂(ニ≧=-----=ミ: : :\: : :




┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃光学迷彩でロングストレートの端に陣取っていた二人が短く呟いた。

┃特殊消音構造のバトルライフルを構えてた少女が眼を真ん丸とさせて
┃銃身を眺めている。ファクトリーリロードなのに、排莢不良を起こした
┃空薬莢がチャンバーでぶざまに突っかかってた。

┃検査を通ってきた正規品なのに。シノンは短くぼやいた。
1730 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2016/10/29(土) 13:29:53 ID:XtNdptMn
                                      ,./
                                     _//
                             ヽ ‐-  _/´ ノ  ̄  ‐- _  _
                              \           -‐ _´/     アーチャーとJrにパスしておく
                              /             \
                                 /         \      |  ヘ                    はいはい >
                            -_‐ ´_/     _「Χ \    _|  | ̄
                                 ̄|   トx  { ==ミx   |彡リv '-‐、
                             |  |==ミx \イ刃ノ|l リ-‐ ´     ̄二> 、
  _ - 、                        ∨ム、〉仭リ  ̄   ,リ/      -‐ ´ :\ヽ、
 |二ニl(≧=‐- ... _        _    r‐- _    n \|彡ヽ `   / _ -<´ \: : : : : :∧ ヽ
       ¨  ‐-= _≧=‐-┘三ニ=-L三三_¨fニ|」≡== >´ > _`/ ィ´: : : : : :.\  \: : : : ∧ |
                ¨   ュ_ 三三三三‐-=二ニ=-ェ-|/| l||Vマ   |: : : : : : : : : :l   ヽ: : : :∧」_      _...-‐
                  └ァ‐- 三三三三三三fヨ \l|ヽ〈_ 」: : : : : : : : : :|、   ヽ: : : : ヽ:\-ァイ::/::::::::::
                   //^マャ     ‐- 三三|三ニヽ|三三 〉V: :、: : : : : : :|:l    |: : : : : l: : / /:/:::::::::::::
                     //   マャ     Lr(二}ニ(`ヽ〈二ニ= | : ∨: \ : : : :り    |: : : : : : :ノ  l::l::::::::::::::::
                 //.     マャュ       〉三}三}` ー= マ : ∨: : : : : :.∧     |: : :/: :/㍉、|::|::::::::::::::::
                   //      `       r、ヽr_' 」L_ -'_ー-\ :∨: : : : : : l   /: :/ : :|  〉l}::|:::::::::::::::::
                     //                rf三二=-/  /: ̄: .┴-}: : : : : : :|    |: / : : :| // |::|:::::::::::::::::
                〉>              r_ ニ仁三三|   |: : : : : : : : \: : : : :|    |: : : ァく // . |::|:::::::::::::::::
                ´                 ` ̄└- _ヽ;_;_; : : : : : : : : : :/   l: : /  ` ‐、|::|:::::::::::::::::
                                           ̄ フ ¬ ´  /- ´      ` ー 、:::::::::
                                          /      ̄`  ‐- ―- _       ` ー
                                         └-  _              >
                                               ̄   ¬‐-    _/

┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃あとで文句でも言っておくか。今は後ろから対象を追ってきた連中を排除
┃しなければいけない。強制排出させ別の弾倉に切り替えながら相方に
┃アレの対処を投げた。

┃あっちにはもう2人いるから、そのどっちかがやってくれるだろう。
┃そう判断すると、ノコノコやってきた追っ手の眉間に弾をぶち込む作業に戻った。
1731 : 名無しの工員さん(改) [sage] 2016/10/29(土) 13:31:42 ID:9Szh2Jc2
スナイパーシノン怖すぎ
1732 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2016/10/29(土) 13:33:51 ID:XtNdptMn




               __,. : : : ¨¨¨¨: : : . 、
             ,. :´: : : : : : : : : : : : : : :`ヽ、
           /: ,: : : : : : : : : : /: : : : : : : : :\
            .': : :/: : :,: : /: :/: /: : : : : :.|: : 、: : :ヽ
          /: : :/: : :/: : ': : :': :i: : : |: ! : |: : : ,: : : : :.
         .': : : ': : :.:|:{: :|: : :|: :{: : : |、|:_/: :|: :|: |: : : ::.
         |: : : |: : :|:|_l,.ムイ}:/从: { }/ }`ヽ: : ,: \: :.     ……
         |: : : {: : :^{从ィ笊ミ、 ∨ ,ィ笊ミ/}: /: : | \}
         |: : :∧: : | { ん::刈     ん:刈ムイ : : |
         |: : :{ \:、 r弋こソ    弋zソcl:.|、: :|
            从: : 、 '  乂ノ:.:.:.    '   :.:.: |/ \:}
          Ⅵ、: ー: .、    ___     人  `
            乢: : :|  . (__,.---- 、_) イ
             从 :|  >  __.  ´
                  Ⅵ      |、
             /::::::\     ,::::\
            /:::::::::::::::::\___{::::::::::\









            __
       _..-''''゙゙゙´     ゙゙゙゙'''ー,,、
     ./      U       \
    , '     ___     __ .ヽ
   ./    (  ●  .)  ( ● )  '.,       地下水道ってこんなコワイ場所なのかよ……
  /  u .    ̄ ̄ ̄     ̄ ̄   '.,
. .,'                        .l
  l   U.    (     人    .)    .l
  .'.,        `.┬‐ ´  ` ┬ ´     .,'
.   ' ,         ̄ ̄ ̄ ̄     /
     ゝ、               /
    | ̄ ̄ ̄ ̄l     .-┬'''"´|
   /\ /' , ̄\     .| /::|-.、
  /     ヽ:::::' ,  \    / ゝ::::|.  ヽ
. /.       |::::::::l__` y '__|:::::|   ',
/        |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|    l
         |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|    |
.        |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|   .|
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃機械室と書かれたプレートが壁につけられている。狭い部屋が団子続き
┃で連なっている部屋を通っていた途中で一生は足を止めた。

┃口元が引く付いている。恐怖と言うか、呆れというか。目の前のトラップで
┃死んでいる哀れな男を見て、自分がどんだけ恐ろしい場所にいたのかを
┃思い知らされた。
1733 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2016/10/29(土) 13:38:13 ID:XtNdptMn
         ,,..、._,ii、 -,,..-'';,i'   |;;;;;;;;;;;;;.;v―ーi;;,,v-ー'"          ,,-- 、
         ヽ./   `゙ヽ,;;;;__ゝ,, ..,,l゙;;;;;;;;;;./              _,,iiiニソ一'" : ii、
、             _,,ミ/゛  ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;゙‐'―― .... r;;;;ッr‐'''''"゛  .y、_
;ヽ、  .,ノ7       ヽ‐゛   ,r''゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,i‐'"         ヽ;.|
'''-、゙゙ア'"             {,゙二、,,-、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;r‐┘ : :lニ;;.         ゛
  ...l′   :l";二゙''''┐       ,l´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ-'''''-、           ['l、
._...   _.  ´ ,〉;;;;;;゙'ー、,  . _,._..ミ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;7            `゙"
;;;l゙   .ヽ;; ̄ ̄;;;;;;;;;;;;;;;;;.!  .l、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.!                     _,,
.、!、   .,i┘;;;;;;;;;;;;;;;;;ノ^'''"   ,|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,..;>ー'゙゙゙゙゙ヽ             ゙‐' |.l
..l;;;;゙ゝy レ;;;;广'L;;_..コ    l;;;;ン'ッ;;;;;;;;;;.,,.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;./  `''、_;;;;;;;;|        .,,,     . l、;゙¬.
. ゙'''''″ .ミ、;;;;゙''''l:゙'"  ` .、  `''" : l.;;;;;;;;;;l゙ ゙'<;,v、;;;;;;;;;;/'    .`''''"        !;;゙''┐    .゙'ー'"
    ,-シ、;;_ノ   . _, `    .tナ‐' ̄″ ∥ .`'―ー!llt;;. .'          !、;;;丿
;/  ,r./  l;/    '!┘            リ'i                       ´   ,,、   ,、
,! ./  ,i";;{_                  =!.!.l               ,i''';     .|;;;;゙゙''''''";;.l、
!     ゙L;;;;;゙>                    マ , 、,,,           `''".ィ;;-一'´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
..,i¬―''>.l..、/゙    i'゙゙~゙゙゙'-|!!ゝ         i'''j  .!、,,;l,゙,,r‐ー、        `''-、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ィ
: };;;;;;;;;;;'\_ ゛   .〈;;i ゝ、;;;;;;;;;.ア   ,......、   ,iミ;;/  ,r'''";;;;;;;;;;;;;} ._.. ;;i       .};;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、
.l゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!    .,ン-. : '!''L,l゙    l.;;;;;;゙ゝ、,i''";;;;; ! !;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; l!´二..,,,_,..--'''";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゛
.;;‐;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;| l゙;l ,!;;;;/   .|'ヘ,    `''''''i_;;;;;;;;;i;;,゙  l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,! ゙'―'''''''^゙゙゙゙゙゙'l,,_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
..!、_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙!-゙;|,`''″  .,/;;;;;ゝ..r‐┐   i";;;;;;;;i┘  ゝ、;____,,/´        : ,ii;;,゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
 .ィ";;;;;;;;;;;;;;;;;,,、;;;;;.! ---'''゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; !   .〔;;;;;;;;;;;;ヽ :lニ二'゙'';;.    .,.. -ニ=''"゛ ./;/''''i;;;;;;;;;;;;;;;;
.ー'゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;∨;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/    l;;;;;;;;;;;;;;;ヽ,  ヽ!      "'"     ..   . l-x,;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.;v ..,,,,、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙'―- -ヘ;;;;;;;;;;;;;;;;;゙'---、                "  .'|゙゙''、
.l´|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.ン- /     ゝ-..、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;¬';;ナ'             l7   l
;;;;;;.,,_.;;;;;;;;;;;;;/             |;;;;;;;;;;i¬ー-,,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;{´                    !
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ちょうどバッタリ遭遇するかたちでテロリストだが野盗だか分からない
┃やつと会ったのだが……幸運なことに誰かがトラップを仕掛けていたらしい。

┃男が扉からぬるりと入ってきた時には、糸のようなのが絡みついていた。
┃チャーシューを煮るときの豚バラ肉の塊みたいな形で、全身に巻きつけ
┃られた箇所から血を流して死んでいる。ピアノ線トラップってやつか、これ?
1734 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2016/10/29(土) 13:43:12 ID:XtNdptMn
                     -  ̄ ̄` - 、
                 /ー、         ヽ
                , -、     ヽ、_     ハ
                 ノ!o }  !、_         ',     バイオハザードでサイコロにされた隊長みたい。
              / >    o`ー--      }
              { /    ヽー- _  _   !     あっちはレーザーだったけどさ。
              ヽ`ー〈   }     イ´  ヽ j
               >、  ー'    (  , イ⌒ヽ' |
               <  7ヽー-ァー-ヾ/    .ハi
      r='ヘ      /ヽ!:::{ <´    ハo     i
      ∨l∧     ノ  / 7::`->  /    j     /
       ∨l∧  _/ j / /:;':::〈-イ     〈    ..|
       ,イ )ヘ}-' / j /:::;:r´        !   ...|
       ! ⌒)ヘ  ノ /:::::;/        }   ..|
       ヽ ´ノヘ/  /::::::/       ヾ /    |
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃なんでこんなにアレなのか。腹をかっさばいたり線で吊し上げたり。
┃サイコパスに触れた連中が多すぎませんかねココ?

┃一生はククリナイフを取り出し糸に切っ先を押し付けると、ぐっと力をこめた。

┃ピンと張っていた糸はさほどの抵抗もなく切ることができた。強引に奥への
┃通路を作ると、そのまま彼女を担いで奥へと進む。出口はどこだろうか?
1735 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2016/10/29(土) 13:48:44 ID:XtNdptMn
              .: .                        -‐   ̄ ̄  > 、
                                 ,.イ//////////////////>、
             .:    ,:                  /////////////////////////\    、
        :.                     /////////////////////////////,ヽト、 }i     ……アレ?
              ';   :               './//////////////////////////////∧∨!
          :.    . '                ////////////ィ//////////////////////ノ   ワイヤーちょん切られた?
           .       :.                   l/////////‐/-/'/////////////////////ヽ
           '  :'  、. ヽ              l'!/////// /' / .l/////////////////////ハ           『どうしたんですか?』
           :.   :..  :.  .            レ'l/i// 、'.;アー- , !/////////////////////}ソ
            :. `  :  .   .          '"´ レ'′ ` ー   }/////////////////////    ごめんドク、こっちもトラブル。
                    、 :. 、. :. __  .r 、  〉        ,.イ/////´ヽ }'///////////
                  .. :   ゙‐-ニ ‐-ヽ.〈 、      ,イ//////; ) ,イ//////////     そいつの対処はアーチャーに言っておいて。
                          , ‐ヽ ィ ヽ'⌒〈 `     ///////ー,.イ//////////
                   .'"/ .,イ_.} ¬'  / }      '//////´//////////,/
                     /.ノー' ー- / ̄ヽ. 、  __ ,./イ//l'  ,'/////////
                   /  ,. ,. "`ヽ/    ;ハ//ハ   !/   l/!/////
                   .'   /     /     .l/ リ .!  '      l'///
                   {   {     ノ     ,. '".!     _.!//
                   _r'      ,.ィィニ==―-ヽ /  ,.ィ ̄ ,,,,,,,,,,,l
                  /  ` ーヽ.i イニニニ二二/ !.レ,、  l,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:!、
              _,,.. ヽ      /二二二二/ ,;;;;;;;;;;;;;;;;`'"'''" ,. <ニニ\
            / ̄  ―-> __/ニニ二二/  ;;;;;;;;;;:'"  ,.<二二ニニニ\
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃別室で線を手繰っていた青年が呆気にとられるように通信相手に状況を
┃報告している。ネストトラップのひとつが、ほんの一瞬で破られたのだ。

┃気づいて再構築しようとしたが、どうもトラップの生命線だった主軸を切ら
┃れたらしい。糸を引いてもうんともすんとも手応えがない。

┃運が悪いなぁ、とぼやきつつ最後のもうひとりに処理を頼むことにした。
1736 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2016/10/29(土) 13:56:35 ID:XtNdptMn
           ____
         /       \
        /           \          このまま進めば機材搬入用の大きな扉があるはずだけど……
      /           \
      |               |
      \           /
       ,> 二二二二二二ヽ
      / Y          / ⌒ヽ
    /  |         |    |
    |    |         |    |-、、
    ヽ_,/         ヽ、   ||
      /           ヽ   /'
     /    _∧___  ヘト―'
     | ,-'´=     =\ \|
     ヽ|/|     ||      | /
        |    |       レ'
         | /__     |
         | |/ ⌒ ヾi    /
          |)三三 ||| /
         /三三 / |'´
         |三三 | /
          、_ノ''
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃幸運に助けられつつ一生とクリスは罠まみれの地下水道を驚くべきテン
┃ポで駆け抜け、出口までもう一息というところまで来た。

┃人質救出作戦みたいなスタイルになったが、このまま地上に出ればOKだ。

┃二代たちと装甲スーツはどうなってるか不安だが、まぁ火力なら凄いしなん
┃とかなってるだろうと気にせず進むことにした。いまさらだったが。
1737 : 名無しの工員さん(改) [sage] 2016/10/29(土) 14:06:25 ID:kqdUrkIy
良い感じに皆の面子を潰してるw
1738 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2016/10/29(土) 14:09:53 ID:XtNdptMn
        Ⅵ           .-‐ニ=‐'´
         Ⅵ       . /´ ̄ ̄´  ̄¨¨`ヽ、
         Ⅵ   ..r‐ '            ヘ
         Ⅵ    i ..,      .  ..、 ト、 .ヽ
       Ⅵ   .,' ::;'   . . ヽ. 、 .ヾ: ::|`.:. ヽ
       Ⅵ   .ノ ./  . :i .:i、i、:.ヽ. \ i ::!:.、ヽヾ.、          『で、見えますか? 潜入戦闘服の男ですけど』
         .Ⅵ   (, .,'.: :. :. :!:::i`´i:、 :ト、 :ヾ |::. :. :.ヾヽ、
          Ⅵ  .,'〈 ::i::.:i. i. ::!:i:!  !i゙、i_,ム :l |:::. :: ::.ヽ     見えるよー。ってか皆抜けられすぎじゃない?
        Ⅵ ,' ∨、::i、. l、::!!ヾ、 '゙!弋ツヽ!.|::::. :: ::: }
        .Ⅵ  ..ヘ::iヾ、ヾヾ、  , !   ム !:::::.:: .:丿
        Ⅵ   !:| i:ハ.,ィ`ヽ_  __  ,ムゝ┐;'/
          Ⅵ   .ノ:l i:::i'.:iト,、     . ィ、i:::::::/,ヾ'、
           .Ⅵ  i :! |::i!::i|イi>-<,」,〉:::::i'!:i:::::.'、ー-、
           Ⅵ  .ヽ!ノノ、::i:|ililiー'ililiili/':;、:::!l:|::.i|: : \ゝ
.          Ⅵ<.:://r,ィ::〉ililil|i|i|liィメ:::;::=':ヾ .'i゙: : : : ヽ、
           ./Ⅵ:::::::`ヽメ┼==匕x孑:::::::;': .ヽ: : : : : : i
          /::::Ⅵ:/,'ゝ::ム:i!ililili/.:::ムヽ、::::::.人 ヽ: : //
        .{/::::Ⅵ:::::::::::::}ilil/.::::::/:::::::::::ヽ::.: :ノ ノ:':´: /
          /:::::::Ⅵ:::::::::::::i  .:::::::::,':::::::::::::::::}.: :ノ/ノ : : /
       /_.ニ=-Ⅵ:::::::-=j.、::::::::::i::::::::::::::::.|:,ィ'/. : : /.`ハヌー、
       /´.ヽ,;;;;;Ⅵ:::::::::::{...、::::::::i::::::::::::::/´.: : : : : /.ヾヽ`i_メム
     /,"    : Ⅵ.イノililiヾヾゝ┴‐::: ./. : : : : : :/   \、`iミ、〉.
     ,'(       ; Ⅵ;;;;;;;;;‘.li\:::::::;;;.彡. : : : : : :/    ..ヾ、`ヾイヽ._____........_
     ! ゙       Ⅵ;;;;;;;;;‘li|i|il`ヽ、::./. : : : : : /       .`ーゝ、iミヽ ̄ ̄ ̄ ̄ ノ '
     ゝ        ' Ⅵ;;;;;;;;;‘illiil|i|illi./. : : : : : :,'               `ーハミ、   ./´
.              .Ⅵ;;;;;;;;;;;‘.┐ /. : : : : : : ,;               ゙、ヾiヽ. '´
            /..Ⅵ;;;;;;;;;;;;;L_/. : : : : : : :.'                 _, .i、ヾメハ_
            ..ノ.〈 Ⅵ=<{:./. : : : : : : : :!!__,ノ)_ _.....ゝ‐'´ ̄ ̄イ_,ハ、ゞ-イ__    __
.           ./.:: .//Ⅵ //.ノ. : : : : : : : : :!.;;;;/;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;i;;;ノ.:::`ヽー'´::::`ゝ
           ,./,.- {////// ド=―-、: : : :i.'´.::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;/;;ー=ミ:;フ;;;;::/´__
.     ..∠-:::';;;;;;;;;ハーt-イ.!三三,'⌒;メ/.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;ー'::::::´/
         、::::::::::/i|il.{ー廴ノ〈ミ三,'  ノ.|lililili`ヽ、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;メー、`ヽー、
.          ヽ::::ililililili`ヽー.∧、__弋ノ'.lilililili|il|ililili`ヽ、::::::::::::::::::::::::::::: :::::::: :::::::::: ::::::::;;;;;;;;;;`;';;;;;ゞ´-‐-...、
            イ::i|lilililililililili., ′` ̄´ ∨lilililililililililili|   ` ヽ 、::::::: :::: ::::: :::: :-=ニ>::<>;;;;;;;;;;_:::::::,='
          .ノ/lilililililililili.ノ ,、.     ∨.ililililililililii/        ̄`>:::::::::__) `ヽ、:::::;=-'´¨ヘメゝゝ
          '´ |lililililililiノ ,/ ! .r、 n ト、ヽ.lilililililil,′         ` ヽ、_>     ¨    〈ハ〉
            |lililililililili.¨  .| !. ! .iゝij ,′ ´iヽ                          トイ〉
             'ー┬-―、lililil.| ! j /`¨`.:::::::::::i                          〈Yノ
               !   `´::.'、_!ゝ'   .,.イ:::::::i                         メ〉‐'
            !     ::::|: ..-ィ /-':::::::;                         __,ゝメ-'
               ヘ      _:/´;;;;;//ヽ:::::::,'       _,、/ヽ.       _...、-'メ´,-'`¨
             ト--‐‐'´;;i;;;;;;;;;,.';;;;;;;;;ヽ、,'  ィ‐‐-.、_イ:::::ヾi::::ノ_,ィ-‐メ彡ミハーノ`¨´
                !;;;;;;;;;;;;;;;;i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノ  ノ,ゝィ;;;;;;;;;;;`ヽiメ:イ彡、メ、ノ´`¨¨
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃通路に段々と灯りが付き始めている。人の手が届いている証だった。
┃SPIアーマーの暗視バイザー機能を落として最後のひと踏ん張りをしてい
┃る青年と幼女の後ろで、コンバットボウを構えている女性がいた。

┃通信相手をからかいつつ、矢をつがえて狙いを合わせる。光学迷彩に
┃加えて近くには排水が落ちる音が絶えない。音と視界を消した状態の
┃アンブッシュなら避けようがない。幸いクイーバーにはあと3本残ってる。
1739 : 名無しの工員さん(改) [sage] 2016/10/29(土) 14:12:21 ID:ItWMe5ZL
これifだから判定ないけどこっち行ってもやばい感じだったんじゃ…
1740 : 名無しの工員さん(改) [sage] 2016/10/29(土) 14:13:43 ID:MEqPkk+2
装甲スーツ判定成功しても失敗しても、地雷常駐ですねw
1741 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2016/10/29(土) 14:18:44 ID:XtNdptMn
     |;;;l::::::::::::::|
     |;;;l::::::::::::::|                _____
     |;;;l::::::::::::::|         ,ィニ゙ー‐´ ̄      `> - 、
     |;;;l::::::::::::::|       /"  > ´  ,-――‐<     \
     |;;;l::::::::::::::|      /"  /      ┌-、         ゚,           『じゃ仕留めて下さい。男だけ』
     |;;;l::::::::::::::|    /"  /  ,  ,  ,、y|              └、
     |;;;l::::::::::::::|   //   〈  / /,' /゙゙゙`!          i   ,    あー、即死は無理だね。女の子が邪魔だわ。
     |;;;l::::::::::::::|   //     .} /、 !i  {   !、 i   i       l   i
     |;;;l::::::::::::::|.  //     ノ.{i `,ト.、 |   ji_i_ハ_i_l__     l   |      でも、致命傷なら、いけそうかな……いったね。
     |;;;l::::::::::::::| /,'       ,/ハ、,ィ=ミ、{   リ_|'__リヽ |i `ヽ.   | i ,
     |;;;l::::::::::::::| { !     〃  ヘト i゚ }`  ' 〃Tヾ、ソ;  /i  | ヽ ヽ
     |;;;l::::::::::::::| ヾ:、_,   ノ  /゙|`¨″   ノ' ,.{゚__ゾ`メィ`{  ト、 ゙、 Y
     |;;;l::::::::::::::|======= V //二!、  '    r---/∠,ィ=<._ j、 ヽ.  ト、
     |;;;l::::::::::::::|        Уイ、(__,リi\  ャ ァ|lブク/ ̄`¨`ヽ\` ̄`ヾソ ヽ._
     |;;;l::::::::::::::|     //ヽメ.ニノイハ__丶,ィ'´ ̄ ̄`  、    ヾ. i____ \ノ 〉
     |;;;l::::::::::::::|_    //_.ィ< ̄´ ` ̄__       `ヽ   iリ_____`ヽYー 、
  _,<.j;;; :::::::::::::jく \ヘ-イ      ̄     `ヽ       ,   リト、 ̄  `ヾレ′〉
. / .r―┴┴< ̄    .〉、`゙                 /   | {、ゞ、      辷、
〈  {           ゝ'`ヽ                〃  / | ヽ.ミ、 ー-、 y'´  〉
. ヽ `ァ-.___.='   〉゚c}                '  /  ハ 〈  ̄ `ヾv′   }
  }ノi  ′        /i| ハ                  /  ./⌒ヽ 廴_   j! ,′ ∧
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃サイトを覗きながらどこを抜くか考える。相手は少女を両肩で背負うように
┃して走っている。心臓か脳天を射てば女の子もろとも矢ガモになる。

┃となれば、他か。ぱっと軸をずらして男の中心へ……バックパックでも
┃貫通する装甲の薄い部分に矢を放った。小気味いい飛翔音が鳴る。

┃すいこまれるように真っ直ぐに飛んだ矢が男の身体を貫くをしっかりと見届ける。
1742 : 名無しの工員さん(改) [sage] 2016/10/29(土) 14:25:49 ID:HPxDKWwa
むしろ装甲相手ですんで良かったような
1743 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2016/10/29(土) 14:26:16 ID:XtNdptMn


                , -  二__!i!i!!i!i!i_!i!i!i!i!i!i! \
                    /≠"´ ̄ ̄ ̄((::))、 !i!i!i!i! \
                  /   /       ̄' `ヾ.、!i!i!i!i!i .
                /    }             ヾi;!i!i!i!i!i! !
            /    /               }}. !i!,;r=}     おっ……
              !   〈                {:〉!i!i!i!i!i|
               |   }                _,、人!i!i!i!i 』
              | . │                i},≠"!}
                .  〈              _,...,/!i!i!i! ;/
               ,   }        ___,ィz"´`´.!i!i!i!i./!
             ∨ 〈       _,.イ圭〃..;i}「!i!i!i!///|
                ヾ  }  _,.イ圭〃.,/!i!i!i!  /'////|
               ヾ.';':,._,/;彡''''¨´._i" r'i  //////,|、
                  ヽ.';':,!//////.i((::)) ' ,:/'//////∧
                 丶;:':l|.//////../ ,.::'/'////////,∧
                 ヽ;:';,!///∠' _,/,///////////´\
                   'ミ三三ニテ≦_`}}、////,_''"     \
                      }////´ ̄{___"´      /´`.
                      /////      i}      /i!  ;
                        /////_____,ィト≠=="}!. i!  !
                     /´ ̄7 7ト==イ!      ||  !|  i|
                    /   /  イ!   {[ ]|       i ! | | |
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃背後からの空裂音に気づいた時には矢に貫かれてた。

┃一瞬だけ反応できたが、無意識で後ろを向くように身体を曲げるだけだった。
┃腹部から矢が飛び出るのを確認して、それから数泊開けてから身体がよろ
┃けた。バッテリー部分を撃ち抜かれたせいでバイザーがちらつき、視界が
┃暗く閉ざされる。アシスト機能もシャットダウンされた。
1744 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2016/10/29(土) 14:31:43 ID:XtNdptMn
                    _
.                > ´     ` 、
               /       U  ヽ
.              / .____    ----   ∨      ( やばっ、なにか駄目な部分を抜かれ、た? )
.                l   _      ___   ',
               i  fi:::::}`   '、l::::リ,`   .!      ( 背骨とか、動かないって、これはちょっとまずい…… )
.             ;   `ー/   ヾ ̄    リ
.              l     ゝ__ノ、__ノ    /
               ゝ    └─‐┘   ィヘー‐ヘ
             ノi7>...、 ____, --≦彡::y:::::`ー
           r´::::ヘ::::i::::f_      _ノ/::::::::::::::::::
     _>-ヘつ j‐‐、:::::\:::{  ̄ ̄ ̄//:::::::::::::>´:::
      i   ̄ __}/:::::::::ー-、::ヽ! ̄  ./::::::>:≦:::::::/::
     l  ´ .ク、::::/:::::::::::: ̄l`!  f´≦´:::::::::::::::::::/:::::
.      _l   ´ ノ:::i:::::::::::::::::::ハ !  /:::::::::::::::::::::::::::/::::::::
     i::f     ト、::::!:::::::::::::::::::::i l ,':::::::::::::::::::::::::::/::::::::::
    r´i:::ゝ   f):j:::i::::::::::::::::::::::ヘ∨::::::::::::::::::::::::、:i:::ヾ、:::
    i::::ヽ:::`ー ´::i:::i::::::::::::::::::::::::::} !{::::::::::::::::::::::::::ヾ::::::::::
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃全身から一瞬で力が抜けた。血液が全部、氷水にでも差し替えられた
┃ような寒気を覚えた。身じろぎ一つできずに一生は通路の上に倒れた。

┃バイザーがブラックアウトしたらしい。視界は暗いままだ。ヘルメットを
┃外そうと腕を動かしたが、実際は1mmも動いてなかった。

┃下半身に限っては感覚すら無い。まるで石にでもされた気分だ。
1745 : 名無しの工員さん(改) [sage] 2016/10/29(土) 14:34:12 ID:dY24Fu4U
どこへ進もうと死地の一生君に合掌
1746 : 名無しの工員さん(改) [sage] 2016/10/29(土) 14:34:15 ID:p6MhbmG7
こっちのルートでも重傷は変わりなしか
1747 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2016/10/29(土) 14:36:26 ID:XtNdptMn
                 '"  ̄ ̄`ー
              '"/            \
             //          \
           /  ' /   ヘヘ    \    ',       背中から殺れれると声がでないってのは、アレ。
             〈     j|   ', , 斗ヽ\
            i  | ―从‐  '  x≠ミ \ i       なんか張り合いがないねぇ……
            |  l _,{ x=ミ、 ∨ vリi   \
            | 人 人 vリ       从;  ^\
            ,  i ヽ ヽ     '    / | {
            {   |\|   ト  ‐ '  イ |ノ
              \ |  | ハ|:i:i:i≧ー:' ̄|  |―  、
               \ ,  |从/: /|人_/|  |: : : /: :i
                    /  /: : ノ彡 : : : |  |: : /: : :|
                / /: : ///: : : : : 、  、: : : : |
   _            /: : : ////: : : : : : : : :.  i: : : : : .
 r//__       /: : : : :///イ: : : : : : : : : :|:. : : : : : :ヽ
 〈 {-{-{-┴       ∧: : : ノ//'八: : : : : : : : :人i 、 : /: :人
  i//// へ/,〕     /ゝ : {///{_>――<_ノ,|  ∨: : : : :)
   ̄\-=彡へ  ' / | r|/\/'≧―┐{E{i/// |  |/ ̄〈
      ̄\  // | |ノ:|/| \////|ー=〈/ / |  |i
         \, ,  | | | : : Y: :  ̄ : : : : : v{i |  |ハ   i
           i i、 从 V゙: : : :|: : : _: : : : : }ノ 从  i i    |
          V \ /: : : : :l/: : : : : : : : :∨  i 人 |    |
                 /: : : : :/ー: : : : : : : : : : .  / i_ |    |
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃腹部から間抜けに鏃を出した格好で倒れた一生に近づいていく。
┃少女もまだ麻酔が抜けきってないのか、声はだせるものの芋虫にように
┃通路の上で藻掻いてるだけだった。

┃一瞬とは言え反応できたのは素晴らしかったが、軽装甲の潜入スーツでは
┃対抗力に乏しかったようだ。
1748 : 名無しの工員さん(改) [sage] 2016/10/29(土) 14:39:44 ID:DkHFNsSE
まあデップーの誘いに乗った時点でルートは決まってたっぽいし
1749 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2016/10/29(土) 14:43:45 ID:XtNdptMn
                       \
                          |
                 _____,ノ
               . . : :´ : : : : : : : : : : :` . 、、
           /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ..
           /: . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . ::.ヽ\
         /': : :. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .',:.ヽ
       // : . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . : : : : l: : :.
       ´/ : . . . . . . . . . . . . . . . . . . : : . . . . . . . . : : : l: : : l!      『終わったなら、さっさと離脱して合流して』
       /.: : . . . . . . . . . . : . . . : : : : : : : . . . . . . . . : :.:l:.: : :|!
      ノ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :l: : : :||    『警邏隊と衛戍地の実動隊があちこちから来てるんだから』
     ノ}: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :, : : : : : , : : :.:||
      |i: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : /: : : : : /: : : : : / : : : :||
      リ: : : \: : : : : : : : : : : : : : /: : : : : /: : : : : / : : : :/||
      //V: : :\ :\ : : : : : : : :/ : : : : :/ : : : : :/: : : : : l∥           念じるだけで通話ができるのは便利だねぇ >
       /\: : : : : : : : : : : : : /: : : : /: : : : : /|: : :|: : :|'
       //`〉: : : : \: 丶 : : : : : : : :/; ::从/' |: : :|: : :|
            //`ヽ : : ヽ: : : : : : : : :/ /! :/   |: : :|: : :|
      ____ 从 : : : : : : : : : 从/ i|/    ,|: : :|: : :|
    /'´ ̄ ̄ ̄ ̄\}、: :l:l l:l:l : :/ r'、__,.   ´|: : :|: : ノ
   //          ,|ヽ从从|/ /      《三三三》
 /二|   \  r――《      __|         |: : :|: : |
_-ニニ|     \ゝ    ゛ー―,,.、丶´ ̄ ̄ ̄ ̄~"''~、: !
ニニニ!        ̄ ̄ ̄ ̄        _、‐''゛ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
ニニニ|                     _ ‐=ニニニニニニニ|
ニニニ|                    /ニニニニニニニニ=‐!
二二二\                /ニニニニニニニニ=‐ニニ\
二二二二\______/ニニニニニニニニ=‐ ´ニニニニ',
\二二二二二二二二二二二二二二二二ニ=‐ ´ニニニニニ!
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃初動のスカベンジャー・マーセナリーたちは上手く排除したが、今はよろ
┃しくない状況だった。元々急な作戦で、支援体制のない独立作戦だ。
┃既に警邏隊の実働部隊とセンダイ衛戍地からの増援が各所から突入
┃してきている。電子戦担当がいないせいで相手の対処を遅らせることが
┃できないせいだ。

┃さっさとパッケージを回収して合流地点に向かうべきだろう。ゆっくりと死に
┃かけている男の隣へと向かったときだった。
1750 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2016/10/29(土) 14:49:41 ID:XtNdptMn
     /: .: .: .: .: . : ./    _,,.-‐''"    / /         / ̄||           |: .: .: .: .
    /: .: .: .: .: .: . _,,.-‐'': : : : :  三 二 ニ ―     /  ||   | ̄|| | || | || |: .: .: .: .
    /: .: .: .: .: .: .//:: : : : : : : : / /     三 二/  || ― |  || |_|| |_|| |: .: .: .: .
   /: .: .: .: .: .: .//: : : : : : : : / /         /  ||    |  ||  .|   |: .: .: .: .: .
   /: .: .: .: .: .: .//: : : : ヽヾ`;;:} 三 二 ニ ―    /__||    .|  ||  .|   |: .: .: .: .: .
  /: .: .: .: .: .: .//: : : : Z::::Z,,, / /        = ̄     .|_|| 三 二 ニ ―: .: .: .
  /: .: .: .: .: .: .// : : : : <:::::::ヽ:::>'                       _ l   || ̄|| .: .: .:
 /: .: .: 三 二 ニ ― : : <:::::/ ̄,                       |_||   / // .: .: .
_/: .: .: .: .: .: .//: : : : : Z:::::{                        l  / // .: .: .
/ : .: .: . : .: .:,'/: :  _,,.-‐>::::::ヽ                       __/ //.: .: .: .: .
: .: .: .: . : .: //_,,.-‐''":  Z:::::}ヽ、::::{、                         |___// .: .: .: .: .
: .: .: .: . : .://: : : :  ノ/ /ー/ヽ                        |   |: .: .: .: .: .
: .: .: .: . : // : : : : : :  / /                        |   |: .: .: .: .: .
: .: .: .: .: ,'/ : : : : : : : ./ /                        |   |: .: .: .: .: .
: .: .: . : .:l | : : ―二: : ./ /                         |   |: .: .: .: .: .: .
: .: .: . : .{ l: : : : : : : {  {                            |   |: .: .: .: .: .: .: .
: .: .: . : .| |: : : : : : : |  |                              |   |: .: .: .: .: .: .
: .: .: . :..| |: 三 三 二 ニ ― |                              |   |: .: .: .: .: .: .
: .: . : . :| |: : : : : : : |  |                             |   |: .: .: .: .: .: .
: .: .: .: .| |: : : : : : : :|  |                         |   |: .: .: .: .: .:
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃強制ダウンさせられたヘルメットのせいで聴覚だけが周囲を探れる手段
┃だった。一生の耳は足音をしっかりと捉えていた。同時に逃げろと体に
┃命じているが、一切言うことを聞かない。

┃自分の死が近いと悟ると同時に、彼の少し先で落とし戸がブリーチング
┃され誰かが地下水道へと突入した。
1751 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2016/10/29(土) 14:54:56 ID:XtNdptMn
               , -‐==ニ=-、_
               /≦ニニニニニ>ィニ≧、
            //ニ⊂二ヽ-く'/ニニニニ≧、
         /ニ/ニニニニニ勹 /´ニニニニニニニニ≧、
         /ニ/ニニニニニニニ´`×ニニニニニニニニニニ\
         /ニ〃ニニニニニニニ>‐ニニニ=‐-<ニニニニ\
      //ニニニニニニ>'-'´-ィr 、ヽ} ̄ ̄7::::マニニニニニ}
     /ニ/ニニニニニニ/'<´ }、ゝ=' -ゝ-‐='―‐‐マニニニリ
    /ニ/ニニニニニニ/:::::`ヽィ-'´ __,>――――‐-\_ノ       見えんぞ、どっちだ?
.   //ニニニニニニ/::::,ィ´ >‐'´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
   !/ニニニニニニ//´ >'´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>-‐ '´ヾー'
   /ニニニニニ///:::::::::::::::::::::::>i‐_‐、‐'´   i    iハ
  {'ニニニニ/ィ_/___,>‐'´!'_,zzヽ!`゙∨!、  从   !、ヽ
  /ニニニニ/:::::>'__ !      、'〈 弋.リ゜ヽ ヾ!∨ /-マ .i、.! `ー
  ヽ-、ニマ::::/ l r- !ii     i i`¨ ‐‐'   `_}゙斤ヽ!! /ヽ!
    `ーヘ/ .l .! ィ!ハ ,   /ヘ!   ―=='´ヾー'.!i iハ
       !  ! ゝ ! ヽ!   ! ヽ        /゙`i '  !
       ∨!`ー-、´,、!  !            i    !
        ヾ!、.   i ∨ !     ⊂ ラ    /i、  !
         ヾ!、  .! ∨!ゝ、         /ヽ!ヽ .!
           ,-ヽ-シ! ヾ!  > __   /  /  ヽリ
         /:::::ハ/ニ≧ュ、_    / ̄  ´
          〈::://ヾ、_ニニニニ≧ュ、 !、
         `У::::::::::\ニニニニニハム
         /:::::::::::::::::::::::\ニニ/ゝ’マム
        /::::::::::::::::::::::::::::::::::\!_ヾ:lレヘ!、_
       /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\,、 、t-':::::>、
















                    /|                     /ニニニニ
                   .........         ,             /ニニニニ
                 /........        /{            厶 -‐‐-ミ
                   /.........      /...{          {
               /........ノ ̄`    .......{            人
                 /'^´         `丶           /ニニ〕iト .__
           /     /            \      /ニニニニニニ
              /       | 、      /         /ニ〔_______〕ニ
            ′     ∧{\  !_. イ           /ニニニニニニニニ      左
               |  { rテ恣k人 {  l|   「\〉.ニ@ニニニニ/〕
           厂V|  { ヒ::ソ^'  \〉_」L. |  ! _/ニニニニ二7  '^
           { .ぅ人 {          xテぅ.八 |く/__〉ニニニニ7___
.           i 人 _) \〉        , vシ . . .  l./__/@ニア^⌒. . \
         |   `¨¨^- 、     _   ん. . . ./__/ニ二7‐-ミ. . . . . .
          |   /. . . . \  ´    人. .r‐〈__/ニニア. . . . .`丶 . .
           |  . . . . . . . . . . \__ . . 个 . . .∨ニニニア. . . . . . . . . .〉′
.         |  {. . . . . . . . . . . . ⌒ニ=‐-ミ. /ニニア. . . . . . . . . /
.          |  { . \. . . . . . . . . . . . . . . . /⌒7^. . . . . . . . ./
        |  {. . . . ` . . .__ . . . . . . . . . . . . ./ . . . . . . . ./
        |  !. . . . . . . ⌒ニ=- . . . . . . . . . . . . . . . /
        |   ‘, . . . . . . . . . . . . . . .〕iト . . . . . . .
.          |   . . . . . . . . . . . . .}. ./::::::::::: ‐-‐く
         八     \ . . . . . . ._//:::::::::::::::::::::::::::〉
         \∧ ハ . . . . ⌒. {::::::::::::::::::::::::::::::{
              V  } . . . . . . . . ー--‐‐-ミ::::::::{
.                /. . . . . . . . . . . . . . . . . .i\丿
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃機械課航空歩兵用の軽量構造機関銃を携えた二人が引き金を絞る。
┃光学迷彩を起動していても、未来予知のが一枚上手だ。片方が位置を
┃教えると、二丁のLMGが唸りを上げる。

┃げぇっと、外套を着込んでいたアーチャーが悲鳴を上げた。同時に、防御
┃機能を発動しすぐさま撤退する。
1752 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2016/10/29(土) 14:59:30 ID:XtNdptMn
           / ̄.:へ二ニ=-‐…¬冖¨ ̄\
         /.:.:.:.:.:/ ::.:\   -‐==:. .    \
       r‐〈__{--へ  :: :: :\_.: .: .: .: .: .: .:      、
        / : 八 :: :: :: :.  :: :: ::.:〈⌒ .: .: .: .: :.\:.    \
      '.: :/  \:: :: ::.  :: :: :::.:.\:: :: :: .. :: : : \:.    \           しゃーない。逃げるか。
.      / .: :    | \.:―  .::.::|.: : \:: :: .. .. :: .. ..\: ∨/\__
     / .: :|:.   :|/x=ミ   .:.: 八 .: .: \:: :: :: .. .. .. ::\ ∨///⌒ヽ
      .: :八:   : |〃 ノリ| .:.:./Y \:::::........ --―…==冖\'{
    i : /  \ :八  j'  |   :/ | ::::::.  ̄ ̄ ̄ ̄ ``丶、  ::.\
    人(    \ ヽ   | .:/( ノ\ :._ :.=- --   ::.\ :::.....〉
.      \   ノ ⌒   , :// j八/:i:i:| --―…=¬=冖冖_彡⌒ヽ
         丶   //   /:i:i:i:i:i:|--―…=¬=冖冖
           八 //   /:i:i:i:i:i:i:i:i:|______,,.、丶´--―…
.         /://-―.<:i:i:i:i:i:i:i:i:/:i:\:i:i:i:i:i:i\  --―…=¬=
        // ̄\:i:i:i:i:i:`< ̄ ̄ ̄_i/:\:i:i:i:i|:i:iト ―――┐ ー
        //.: .: ,;;i:i:i:iヽ:i:i:i:i:i:i:i:i\/∧{ {7〉:i:i:i 人:i:i:i:〉     \
    _//.: .: .: ;i:i:i:i:i:i:i:i∨:i:i:i:i:i:i:i:{〈_O≪))/:i:i:i:Y〈        \
   /二ニ=-.:.:.:__i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:7 | |《:i:i:i:i:i:i:((^∨》
  /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,,;i:i:i:i:iニ=-:i:i人:i:i:i:i:i:i:i:i://i| |_》:i:i:i:i:i:i:i:i:O≪))
ノ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,;;i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i\:i:i:i:i:i⌒7〈:i:i:i:i:i:i:i:i:i//| |:i八
-==ニ二:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i/:i\:i:i:i:i:i○__:i:i:i:i:i:i⌒:i○:i:i:i:\
:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i-====-:i:i:i: へ//7〉:i:i:i:i:i://⌒)):i:i:i:i:iヽ
:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i.:.:.:/.:.:.:.:.:/:i:i:i:i:i:i:i:/厶 }L∠:i:i:i:i:i:〈厶∠(:i:i:i:i:i:i/|
:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i.:.:.:/.:.:.:.:.:.::/.:.::i:i:i:i:i:i:i:i ̄/〈≪〉〉:i:i:i:i:i》{<)):i:i:i:/:i|
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃短時間に大量の弾丸を浴びせることを目的としたウィッチ特有の銃は
┃特徴的な発砲音を鳴らす。電動ノコギリのようなそれは、生身なら数秒
┃で哀れな肉片となってしまう。

┃少女を拾おうとしたが、まぁいい。主目的は果たしてるのだから。
┃射界を防ぐためにスモークグレネードをばらまくと、アーチャーは地下水道の
┃奥へと走り去っていった。
1753 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2016/10/29(土) 15:05:57 ID:XtNdptMn
                   /:ヽ
                  /:::::::::!
                  |::::::::::|
ヽ、         , -   ´ ̄|::::::::::|
 ヽ::::\    /       `\:::::::::|ヽ
  ヽ:::::::\/     丶\     ヽ::| ヽ
   `:::::::::/  、     Vヽ ヽ   ヽ  ヽ     ダメだ。逃げられた。
   \::/   i.、ヽ  丿∧`\ヽ  i i  i
     |  | |\ \/ i ,,xヽ--ト-- i リ  i
     |  ヽ .! ヽ ノ人   > L_v i iへ i
     | ∥ |ヽ」 ̄ヘ\\ ´|´ト::。i.フ | リく`| i
      ii ! X V,イヌ< `\ ` `-´  Vν/ i
      ii ヽ|\{_ i、゚リ         ノ/i i
      ヽ ヽ||くヽ    ヽ      / i  i .i
          i トヽ     _    イ  ii  i i
          v i 丶      /, i  ii  i i
          | i  / ` ト ̄/  ヽ  ii  i |
          i |_/_ンo ゚i∥i゚ o   .>====-,、
        /== ̄ ! o/∥、 o /   /    ./ i
        /| i i   ヽ/∥゚ \/   /    /  i
       /|/ ,,!、    //    _ /    !/   i
      ///─,─-ゝ //ο    ´- _ `ヽ、  v i  .i
    /´//: : :!: : : : : :| : : : : : : : : : : /: : :.丶ノ i i   i
   /// i : : :| : : : : :|| : : : : : : : : :;/: : : : : : : :i i    i
 // /∧ ヽ: : :ヽ: .  ||ο : : : : : : / : : : : : : :/ i    i






     _.-=≦///≧t  ,
    ∠///////,//-λ/::}
  -、|/t.f/-/"///////:::::!
  ';:::i`t'。////=-‐'''"/:::::;'t、
   ';:;i-=ニ-'" .ヘ ヽヽヾ;;'  ヽ
.   ./ ., , ! ',  ヘ ヘ ヽ.ヘ  ヘ        光学迷彩で見えなかったとはいえ
  ; .; .; !、 i'、  ヘ, .ヘ ヘ .',   ',
  | i iヘ V ', V_,.-, | ', .',..;   .i      あれだけ撃たれても逃げられるとは面倒だな
  リ, ; !-'、.\. ,rヒサ i .; i i   .;
   V .it_テ _ . ̄ .| ; .! !  ,'
    V ヘ.´"'  ̄  i , .,' ; ,rv
    V i`.、 -   //i ;-"-,
     `、! V> _ イ _.-/≧t、_
       ' // rt:::/::/::::|/" _\
       r' ;>,'i=!/:::::::'.i、/! r"  ヽ
      ,'/`;::::i:/::::=-t";/!;     ヘ
.      ,i'_. '/::-'".---|//| ',.    .ヘ
     /-/.,'   ,'ー---!/j|       ヘ
.    ,' . ; .;   ;    |/i|  ヘ     .ヘ
    i  .', ',   ;    .i/|   iヘ     .ヘ
     it、_ヽヽ  _ _, -/i  .,'  ヽ     ヘ
     |j|   ; ;    j// 、/   ヘ     .',
    ,'|j|   ; ;    j/f  i    .,ゝ    |
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃未来予知というESP能力は優秀だが、こと直接戦闘力には直結しない。
┃ストッピングパワーに優れるリーネでも連れてくれば良かったかとエイラは
┃短く後悔した。いや、ルーデルがいても仕留められなかったから結果は一緒か。

┃警戒を彼女にまかせエイラは地面で倒れてる男の側に駆け寄った。
1754 : 名無しの工員さん(改) [sage] 2016/10/29(土) 15:07:34 ID:ObtqUrKO
エイラすげぇ
1755 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2016/10/29(土) 15:13:30 ID:XtNdptMn
       /            |          |     \
.        ′          ∧   |     | l \     ゚。
                      |     人|-‐-ミ
                 |   \-{\  / ¦    .   i
     |       |       |/  \〉 \    ! x=弌 }  |     大丈夫……そうじゃないな
      |     |      Ν  斗r云       ん( j} ハ
     |     |     | / ん(__    }丿 v:ソ   }/      スーツが落ちてるのか?
.       |     人    Ν〈,   V::ソ         {
.      !     /⌒丶 {             '
.       ‘,    { /⌒ \〉                }
         八  〔::::(_    ι       __   人
              `  二. __          ´
               . . . . . . .〕iト            /
          }     . . . . .厂|    ≧=‐--‐く |
         }    |. . . ./ .V         ト、 .{ |_____
        }     |. . ./ . . .\       丿. 〈 ̄`⌒V^丶
        }     |/{. . . . . . . ー-‐r‐く. o. .oV⌒ー┘. . .゚。
         } .     〉. . . . . . . o./. {. \. .o.. . . .i . . . . . .
      ___rく      . . . .\. . .o. ./. . {_ . . \__〉 . |. . . {. . !
      /⌒丶 \__/. . . . . . \_o/. . . . . }O. . . . . .| . . .{ . .|







                    _
.                > ´     ` 、 パクパク
               /       U  ヽ
.              / .____    ----   ∨     …………
.                l   _      ___   ',
               i  fi:::::}`   '、l::::リ,`   .!
.             ;   `ー/   ヾ ̄    リ                  声出ないのか? >
.              l     ゝ__ノ、__ノ    /
               ゝ    └─‐┘   ィヘー‐ヘ              無理すんな、もう大丈夫だぞ >
             ノi7>...、 ____, --≦彡::y:::::`ー
           r´::::ヘ::::i::::f_      _ノ/::::::::::::::::::
     _>-ヘつ j‐‐、:::::\:::{  ̄ ̄ ̄//:::::::::::::>´:::
      i   ̄ __}/:::::::::ー-、::ヽ! ̄  ./::::::>:≦:::::::/::
     l  ´ .ク、::::/:::::::::::: ̄l`!  f´≦´:::::::::::::::::::/:::::
.      _l   ´ ノ:::i:::::::::::::::::::ハ !  /:::::::::::::::::::::::::::/::::::::
     i::f     ト、::::!:::::::::::::::::::::i l ,':::::::::::::::::::::::::::/::::::::::
    r´i:::ゝ   f):j:::i::::::::::::::::::::::ヘ∨::::::::::::::::::::::::、:i:::ヾ、:::
    i::::ヽ:::`ー ´::i:::i::::::::::::::::::::::::::} !{::::::::::::::::::::::::::ヾ::::::::::
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃身体を横にしたままの一生を自分に寄りかからせるようにして体勢を楽に
┃させてやる。一生はありがとうと言おうとしたが、声が出ない。

┃ついでにいえば冷や汗も止まらなかった。エイラは状態を察したのか
┃頬に手を添えてやった。顔色が悪いが、大丈夫。予知能力は嘘をつかない。
1756 : 名無しの工員さん(改) [sage] 2016/10/29(土) 15:14:41 ID:xeHzK3dd
インド人、嘘つかない。
1757 : 名無しの工員さん(改) [sage] 2016/10/29(土) 15:15:02 ID:kqdUrkIy
やはりエイラのヒロイン度は高い
1758 : 名無しの工員さん(改) [sage] 2016/10/29(土) 15:21:15 ID:OSXAik5i
装甲スーツから逃げてもシノンにJrにアチャ子が来るよ!
これから生き延びるとか、なんて難易度wwwエイラはマジ女神(ヒロイン)
1759 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2016/10/29(土) 15:21:34 ID:XtNdptMn
    V///\.   /              `丶'/\
    V////,\ ,.'            `丶    \ \
    V//////\/          ヘ ヽ \     \ ヽ
     ヽ///////′   ',        l | \ \    ヘ ハ          安心しろよ、助かるぞお前。
      ヽ/////′    ヘ      l |  \ \   ', |
         \//l      ∧      ' ハ    >'´ \  ト'、       私には未来が分かるんだ、な?
        | \|   l   i  \  丶/ ヘ    _,.ィ゚ラ` |  \
        |   |   |    |   \斗'\  '.  / ヒャリ ヽ|   \
        |  |   i    |  / 丶 _ \ ヽ   ´:::: i:..    _`ー── ---- 、
        ',  ヘ   ',   |     _,.ィ゚::i`  `       }:.:.:......    `丶、 ̄ ̄  ̄`丶、_
        ',.  ヽ 丶  }!   ,ィ゙弋rャノ      、   ハ:.:.:.:.:.:.:.:......    \
         ヽ :.:.\ \',      :::::::          ∧  ̄ ̄ ̄  ̄ 「 l`丶 \
             \ :.ヾ\  ヘ         - ´   ′ヘ.        } !   ヽ \
             \:.>\i='ァ> ,、         イ    i_____} !   ヽ丶\
             \:.:.:.:/   i \≧ ─‐‐'´     |   !     . |     \ゝ、`_─ 、
.                >''   /l   \ __/ o    |   i     i |      \   ̄`)
               |   /.  ',  o  |{{`丶  o   |   i     | l        丶 ´
               ト、/ ',   ヘ  o  | }}  \ o/   j    | ′         \
                    ',  、  ヽ   ヽ o | }}    >'    l     |::::...          \
               ヘ 丶  \  \_ノ  }} o      l    へ:::::::::.......         丶、








                ___,,___
            _ -≦/////////≧t、
          .r"//////////////////≧t、
  ,_        |//////////////////_////!
  /:::::≧t-..、  /≧、////////ニ=-‐≦三三三f!
 ,':::::::::::::::::;:::-'"\ニ≧-≦三三三ニ=----‐‐‐t_ 斗 -‐=≦!     私だ。救急車を二台、東4の表通りにまわしてくれ。
 |::::::::::::/     `=三ニ=‐''" ̄      .t≦::::::::::::::::::::::::::i
 !:::::::,:'       / !     |    、    ヾ:::::::::::::::::::::::::::;'      先行してたスカベンジャーと、拉致されてた娘だ。
 |::::/     ," / |     .ハ .,   .',    .ヾ:::::::::::::::::::::/
 .V     / | ,'. .| ,    i .! .;i   ,'.!    ヘ:::::::::::::::::/
  .|   ‐‐/‐t,'- .、|_.,'!   i_ ,!,' t ‐ ,'‐!‐-   ヘ:::::::::::;:'
    |    ,' _ i   i; i   'i  '  ! .,'  i._,    ヘ::::;::i
  |  i .i  ホft.、  ! ',   ; ,斗tホキ" i     '," .!
  .!  ハ i モ::i::テ   ', ,' ヽモ::i::テ  ,'  .,'  , i ..!
  .| ./ .i ! 弋ツ   _ '_' .   弋ツ  '.! ./   !', i .i
   i/  .'|.    --‐ '´ `' ‐-       i ./   i ;  !
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃なに? 手一杯だと? スワン・プロトコルを知ってるだろ、軍人の方が
┃優先だバカ。いいからさっさと回せ。死んでるシカベンジャーはあとにしろ。

┃……どうやら一区切りついたらしい。状況が落ち着いたことを知ると、どっ
┃と身体の痛みが襲い掛かってくる。ボウで背中を撃ち抜かれたらしい。
┃背骨を砕かれたか? 頬をなでてくれるエイラの手が暖かかった。
1760 : 名無しの工員さん(改) [sage] 2016/10/29(土) 15:23:01 ID:p6MhbmG7
中身が一生だとは気づいてないのかな
1761 : 名無しの工員さん(改) [sage] 2016/10/29(土) 15:25:34 ID:ObtqUrKO
それが問題だ
1762 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2016/10/29(土) 15:30:49 ID:XtNdptMn
      \ :  #  '   #; : .   ', #;.   #  '   '        /
 #;,   ;  \ " ;  '   ;,  ',; ;:.  ', :.     i #;  ,      /
   #;.  ;        , ; '  ; .      ,  : .   l  :" ,:  " , - 、/
> 、     ' ;   \    '   : .     ' :.    ;    ,  .;/:::::::: \
    > 、     " ゙ \ :  ' .  :    ',  :. _  l  .,' " `'<、  ∧
         > 、i    ;,      ' :..:... ;   ', :.'.. .'| ,'        ヽ  |
  *  ..:  `;  >、__ .\____  ________/.  ,.ィ´ ,,        ごめんな、痛かっただろ? >
'    ,     #  ; /:             \| l:ヾ     :\   '´
      '    ,||::::::...          ,, .';. ´  | l  .\ ____|  ,,          ありがとな、いっせー >
  l     :. ゚ ;゙ ゚||::::::::::..  ,,  ´    l:   | |  /_    | ´
  l  #  .; :  ;||::::::::::::l´: : : :      l:   | |   |:: : :.l   |   =
―  ―   ― -||::::::::::::| : : :           | |   |:: : :.i:  .|
  #    ;゚ . ヾ  ||::::::::::::|: : .         l:   | |   |:: : :.l   |  ̄
  |  #   :.   ||::::::::::::|ー - 、    l:   | |  _|:: : :.l   |   ー
  i   ;, '    |\::::::人      ` ヽ、 !  ,.| |//!-┴-‐_| ‐-
       _,., -―|: :.. ̄_.ノー- ‐ - ‐ !三三_ | |コ/=≡;/  \
 ,., '’: : : : : >'´ ̄- = ≡ = - ‐   ― - = ≡=/ ∨   .\
'’: : : : : >' ´≡ = -  ̄  ―  = ≡  ー  =  - /: : : : ∨    \
,.>' ´ - = ≡  = _ -      - =‐  = ≡  |: : : : : : :.∨      \
ー  =  =-        -=  =-    - =  - |: : : : : : : :.∨       \
-  =  -    ―=  ≡  =  ―    _   |: : : : : : : ::..:∨         \
 ー = -   _ ― _   =    -  _ -  =  |: : : : : : : : : : ∨         .\
      _ =  ≡  = -       _ -=   ≡  |: : : : : : : : : : : ∨        \
   _ =  ≡ = _ =        ― = _     |: : : : : : : : : : : :..∨          \
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃締まらない最後だが、とりあえず……僕も彼女も死ななくてよかった。

┃一生は頬を撫でられながら考えた。エイラと目が合う。こちらをずっと
┃見ているが、鼻の下あたりに赤い痕がのこってる。拭ったが隠しきれて
┃いなかった。どうやら彼女も結構無茶をしていたらしい。

┃僕もお疲れ様。バルクホルン大尉の妹さんも、無理したエイラも。
┃たぶん僕の眼の届かないところで素晴らしい働きをしてくれた仲間たち
┃全員に……とりあえず、お疲れ様と言っておこう。プロポーズのことは
┃頭から完全に抜け落ちていた。
1763 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2016/10/29(土) 15:33:56 ID:XtNdptMn








         Act7【クリーンナップ】 : 通常ルート









.
1764 : 名無しの工員さん(改) [sage] 2016/10/29(土) 15:37:12 ID:p6MhbmG7
うーん、王道?
1765 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2016/10/29(土) 15:38:45 ID:XtNdptMn

二二 =-: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .:∨ ∧.: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .:∧ ∨.: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: ./ /
二二二二ニニ =-.: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .∨ ∧.: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .:.:.∧ ∨.: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: ./ /.:
二二二二二二二ニ「\: .: .: .: .: .: .: .: ∨ ∧ : .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: ∧ ∨.: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: ./ /.: .: .:
二二二二二二二二|ニニ\..: .: .: .: .: .: .:∨ ∧.: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: ∧ ∨.: .: .: .: .: .: .: .: .: .: ./ /.: .: .: .:
 ̄ ̄ ̄^≧s。ニニニ」二二 \..: .: .: .: .: .:∨ ∧: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: ∧ ∨.: .: .: .: .: .: .: .: .: ./ /.: .: .: .: .: .:
 ̄ ̄ ̄\ ̄ ̄ ̄ ` 、ヽ ニニニ\..: .: .: .: .:∨ ∧ .: .: .: .: .: .: .: .: .: ∧ ∨.: .: .: .: .: .: .: .: ./ /: .: .: .: .: .: .: .:
  ̄ ̄ ̄          \\二二」..: .: .: .: .: ̄ ̄.: .: .: .: .: .: .: .: .: . ̄ ̄ .: .: .: .: .: .: .: .:  ̄ ̄.: .: .: .: .: .: .: .: .:
二二二二二二二」}__\\ニ」.: .: .: .: .: ..: :r‐k .: ..: .: .: .: .: .: .x‐ァ.: .: .: .: .: .: . .: x‐ァ.: .: .: .: .: .: .: .: 。s≦'i
/ / / / / / / / / / / / i| ``^¨「`ーr‐、.: .: .: ∨∧.: .: .: .: .: .: .∧/. .: .: .: .: .: .: //: .: .: .: .: 。s≦    | |
/ / / / / / / /,,,__,/ ||     | | |  |_: .: :.:.∨∧.: .: .: .: .: ∧/: .: .: .: .: .: //.: .: .:。s≦   |     | |
 ̄| / / / / / /i * * *|!/i|     | | |  | }\: :. ∨リ . .: .: .: .∧/ .: .: .: .: .: 〈/ 。s≦ i  ||  |     | |
_|__, / / / / /| **.. |!/i|     | | |  | |  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄i   || |  ||,_,|     | |
 |.:.:.从ハ / / / ` ̄ ̄,/ i| Yハ;;ヘ | |  | |  |__ . ┌──────┐.   |   ||‐;|  || l :|.   ___  | |
 |. (;;;;)(;;;) / / / ┌─┐i| 从;);ソ | |  | |  |ハハ | |i ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ i|   ,,,| N|| l:|  || l :|  |。。| | |
 | ´ Yルr‐‐、 / / | …爪|!|!}(:i:i:i:)| | |  | |  |r r i| |i:::::::::::::::::::::::__|| `Y从,/lo|| l:|  || l :|  |。。| | |
二二二「ベ゙;:,}二二二i「 二二二ニ〕| |  |_|_l扞ハ|   ̄ ̄______「   「 |─┐'リ≧s。i:|  || l :|.   ̄. | |
ニニニニニニニニニi|ニニニ二 ̄ | | |/    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|込____}|込ニ≧┼  __|l≧sfk__r ‐=-    | |
| | ..................................... i|........................| ̄_-:_-:_-:_-:_-:_-:_-:_-「\|二二二「 ̄ ̄广}ニ二| __|_    ` 、
| | ....... | ̄ ̄ ̄|. ....... i|........................|_-:_-:_-:_-:_-:_-:_-:_-:_-:   〕, ___i___,/  }ニ二| | ̄ ̄ ̄____〕
| | ....... | .;,, ;.;.;:; | ........ i|.................../_-:_-:_-:_-:_-:_-:_-:_-:_-:_-:_:¨}幵}|二二二二,イ ─┘|≧s。 {ニニニ二二|
| | ....... | '':.;.;.::" | ........ i|............./_-:_-:_-:_-:_-:_-:_-:_-:_-:_-:_-:_ \|〕ニニニニニ|-_-_ } ̄`-_≧s。二二二|
| | ........  ̄ ̄ ̄.............i|......./_-:_-:_-:_-:_-:_-:_-:_-:_-:_-:_-:_-:_-:_   }ニニニニニ|-_-_-_-_-_-_⌒」|ニニニ |
| | .....................................斗 '"_-:_-:_-:_-:_-:_-:_-:_-:_-:_-:_-:_-:_-:_-:_.  」ニニニニニ|-_-_-_-_-_-_-_ ̄ ̄ ̄ ̄
|_r -=≠ニニ二二~¨_-:_-:_-:_-:_-:_-:_-:_-:_-:_-:_-:_-:_-:_-:_-:_-:_-:_- ̄ ̄ ̄ ̄ ̄-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_
-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-
-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃センダイ中央病院の受付は混乱から回復していた。昨日の晩、地下水道
┃で起こった事件で多くの死傷者が運び込まれたが、お昼になるとだいたい
┃片付きはじめていた。死体は警邏隊が立会の元で様々な検査が行われて
┃いる。

┃エイラが病院に来れる時間が取れたのは、12時を過ぎた頃だった。
1766 : 名無しの工員さん(改) [sage] 2016/10/29(土) 15:40:53 ID:ObtqUrKO
もうただのエイラルートである
1767 : 名無しの工員さん(改) [sage] 2016/10/29(土) 15:40:55 ID:xeHzK3dd
このルートだと、強敵フラグが立って
次に続く…みたいな感じだね
1768 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2016/10/29(土) 15:44:08 ID:XtNdptMn









            i':.
.          |::ヘ              ,:,
.           |:::::ヘ                //
         |::::::::ヘ-―..-....._     ,/:::/
.         ,小/ : : : : : : : : :` :.._/::::::/
         , ': : : : ::; :;ヘ,: : : : : : : : : ::..:::::/
      /::;': :;': : :j;'   ',:::i: : : :/ :}: : : ;:.'       中佐もわざわざ図らなくていいのにさぁ。
      ,': :i:: :i: :‐ナ二 ̄i:i';::/::i::|ヘ: : :!:!
       i:: :i : i::;f≦外ミ ヘiヘ:::::/ド、i: : :!:i      一応、メッセージで全快してるのは知ってるのに
       レテi;/!' 弋ノ    ^i;冬、ヽ: :/:i
      ! ィt  ヽヽ丶     乂父 i: /i:;'
.     |\_ u       ′    ,;i:::! !'
.      i : : : ::.     - 、   ,、/ソ::i
     i: : :; :::::ゝ、     _ .ヽ\:::i
     レ: ; : ::ハi_ 丶.. - .フニニヾi |:i
      /: ;:' :/。゚ハ。 ̄ ̄|,ヶ`ヾ丶!;!
.   /lニニニ二ピ´ll i 。゚ ,//   ./-、
  / i  ;    ∥ ヽ/  i   .// ヘ
. /  ! ;    .∥o    .,ヘ. _i、    i
/ /, '    〃     ,/´   ヽ  .i
. /二二l   ∥o iー‐-∧,イ ̄  ヽ .!
..i  ;     .ii   T ‐‐-∧     ヽ !
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃軽装甲車で病院に立ち寄ったエイラは、中佐から手渡されたお菓子を
┃腕で抱きながら受付で必要な処理を済ました。

┃一生が昨晩、培養槽に突っ込まれて治療を受けたところまで見届けたし
┃早朝には自動人形から後遺症もなく治療が終わったことを知らされた。
┃……要らぬお節介を、と言おうと思ったが、嬉しくないわけではなかった。
1769 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2016/10/29(土) 15:52:17 ID:XtNdptMn
                ト、
                 {::::ム
     、          V::::ム  __
     \::::...、      > V::::ム      ` メ、
       \::::::`::::>'"   -ミ::::ム
        \:ア        `ヽ:、      ヽ
         /    〉       V       ,
         '    //         ,               ……イヤイヤ。
       / // V/|ヽ\/   |  ,
      /'"{ | , / :| /、ヽ, i  |  |:         }     これじゃあ私が御見舞したがってるみたいじゃないか?
       八 ! V ', :|' 斗r‐ミv |  | .ハ!ヽ
         { ヽ)レ  V' ’}ハ  | ' j| )}     '       そうじゃないゾ? これはお礼に行くだけだからな。
          /ノ '///// '  Vj ' ,/     '
           ヽ    _   j从{ |   /   ,{
            ヽ (   ノ / _v、 '  | i:|
              ヽ_ , イ,ィ 斗-ミ メ、:| i:|
                 //     ヾ} :| i:|
               ,.ィ´ //       v:| i:|
              ノ  , '        } | i:|
             〃ぅ_,ノ /        } | i:|
             (/'   ,         ,  i:|
           / /'   ,         /!  .i:|
          ,  /'   /            /,'  i:|
         /  /'   ,            / ,  .i:|
         {   /'    '        ,ノ .八  i:|
        八 (,)    }         / / ' /  j:|
          ) レ{ ',  '        / /' / ,' |
          {   ∨        / /{/  , | '
          {   /        / / ノ  / j/
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃と、自分で口に出すとまた変な感じが……いやいや違うから。センダイ
┃衛戍地を代表して、おっとり刀で駆けつけては負傷してまで救出をした
┃あいつにお礼をいうだけだから。

┃あと、損傷したSPIアーマーの修理とかも軍がやってあるとか、そういう
┃必要事項を伝えに行くだけだから。
1770 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2016/10/29(土) 15:55:53 ID:XtNdptMn
とまぁ、選択しなかった場合はアーチャーたちとは敵になったりならなかったり。
ルート自体は普通のになって、適当にエイラと病院でイチャイチャしたあと
プロポーズのアレを思い出して……って感じで続く
1771 : 名無しの工員さん(改) [sage] 2016/10/29(土) 15:57:57 ID:ObtqUrKO
なるほどな……
1772 : 名無しの工員さん(改) [sage] 2016/10/29(土) 16:00:29 ID:eAEc/55G
ふむ、こちらもこちらで面白そうでしたな。
あと今のルートよりドタバタ成分多目っぽそう
1773 : 名無しの工員さん(改) [sage] 2016/10/29(土) 16:00:53 ID:ObtqUrKO
装甲の奴どうするかが分岐だったのか
1774 : 名無しの工員さん(改) [sage] 2016/10/29(土) 16:03:35 ID:xeHzK3dd
イチャイチャイイゾー
1775 : 名無しの工員さん(改) [sage] 2016/10/29(土) 16:04:24 ID:ItWMe5ZL
でもこのルートだと少佐から色々もらったりはできなくなっちゃうのかな
1776 : 名無しの工員さん(改) [sage] 2016/10/29(土) 16:04:27 ID:p6MhbmG7
ラブコメ多めのこっちの方が見たかったなぁ
…当時の安価で大本営選ぶのに参加した口だから文句言えねぇな
1777 : 名無しの工員さん(改) [sage] 2016/10/29(土) 16:11:04 ID:kqdUrkIy
少佐から貰えない代わりに軍からの支援が増えそうだね
まあ、事件の裏側からは離れるからルートとしては現行の方が楽しみだ

ラブコメ分はどっちも変わらんのじゃない?対象となるキャラが異なるだけで
1778 : 名無しの工員さん(改) [sage] 2016/10/29(土) 16:13:21 ID:aww6tZ+R
やっぱり大本営ルートに進んでよかった
イチャイチャよりバトルの方が好きだ
1779 : 名無しの工員さん(改) [sage] 2016/10/29(土) 16:30:56 ID:7sbgBX26
バトル終えて存分にイチャイチャすればええんや
1780 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2016/10/29(土) 16:47:50 ID:XtNdptMn
ラブコメはあるぞー、ちゃんと用意したんだぞフェイトもギンガもあの娘もイベントも……

新しいAct始まったらだけど

1781 : 名無しの工員さん(改) [sage] 2016/10/29(土) 16:48:03 ID:c/72H4jK
一生があんまり黒化してないから安心だがなんか物足りない…
面白かったけど大本営ルートのひりつく緊張感が七色スレらしくて好きだなぁ
でも一生が心配だが
1782 : 名無しの工員さん(改) [sage] 2016/10/29(土) 16:49:59 ID:eAEc/55G
一生今のとこ精神的にアレだしなぁ、危なっかしく見える
1783 : 名無しの工員さん(改) [sage] 2016/10/29(土) 16:53:25 ID:ObtqUrKO
シノンとゆかりとアチャ子とイチャイチャしたい相手多すぎW
1784 : 名無しの工員さん(改) [sage] 2016/10/29(土) 16:54:19 ID:eAEc/55G
自分は全力でフェイトそんへの生け贄に捧げたい
1785 : 名無しの工員さん(改) [sage] 2016/10/29(土) 17:33:19 ID:MEqPkk+2
ゆかりとイチャイチャしたい、かりに仕事の一瞬だとしても!
1786 : 名無しの工員さん(改) [sage] 2016/10/29(土) 17:35:13 ID:luOAvYrC
だが一生のトレンドは『胸の大きな娘』なんだ…
1787 : 名無しの工員さん(改) [sage] 2016/10/29(土) 18:13:48 ID:xeHzK3dd
なに?ゆかりんが見栄を張って、大きいパッドをいれた途端に
一生の反応が良くなって、戸惑いながらイチャコラし始める、ゆか生だって?
1788 : 名無しの工員さん(改) [sage] 2016/10/29(土) 18:14:36 ID:c/72H4jK
>>1787
脱がした瞬間、離婚不可避w
1789 : 名無しの工員さん(改) [sage] 2016/10/29(土) 18:29:29 ID:jC79lfbS
このルートだと本格的に大本営チームに個人的な理由で狙われそうだなぁwww

ルリとイチャイチャ死体だけの人生だった……
1790 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [sage] 2016/10/29(土) 19:25:02 ID:QvSdXgLy
脳味噌にAI入れるか電脳化すればええんやで……

今ならなんと、武蔵さんと脳内会話できたりしちゃう。普通だけど。
関連記事
スポンサーサイト




コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://yarucha.blog.fc2.com/tb.php/6318-e4742be0