黒猫は氷の微笑を浮かべるようです 17日目フリーパート その10

2561 : シュマリ ◆zQrF8VDB4U [] 2021/05/03(月) 18:43:42.44 ID:nhhFJ+RT

     _,;;:一´ ̄ ̄ ̄ ̄`ー:;;、_
    /;;;;;' ̄ノ!/|::/ヽ:::|、ヾ`\:::::ヽ
   ,i;;;;/::::::::::::::l':::::::::''::::::::::::::::ヾ;;:!
   ,!;;〔:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〃 !    こんばんは。何事もなければ、明日、4日の午後9時より、
   !;;;;;〕、:::::_:::::::::::::::::;__:::::::::L !    17日目フリーパート:夕の初っぱなを投下します。
   !:;'::::::: ̄::::::ヽ::::::::::/:::::::::`::;;::''; !
   !l::::::::, ' ⌒丶:::::::::':, ' ⌒丶  l!    今回はあまり長くありませんが、途中に判定が1回、
  ,!=!ニ(    ):⌒:(    )ニ!=!    最後に選択が1回存在します。
  ,rイ:::::::丶_,ノ/|:::;::' 丶_,ノ   ト-、
 ! テ!:::;::::::::::::::::'::;|:''         !f ,!   よろしければご参加下さい。
 ヽ、|:::ヽ::::::::::::::::|       ,〃 !ノ
   !:::::::::::;;::;:, ,,`  ′、、 、  ,   !     よろしく御願いします。
   ';::::::`=ニニ二二ニニニ='′ ,イ
    ヾ , ,,           、、/,|
     `、,, " ,      、゛、,r'′ | _
      \",;, ' ;; 、、 ゛/ ノ _y':::::`、
        `ー┬--一'′/ ,r'´::::::::::::::i、
         ,r'´〉    ,r'´:::::::::::::::::::::::i、




                      , ィ _,j 7 i 、  iヾ、>、
                      // 〃 'Ⅵ,'∨ヾ  \\
                  /:/               ',::ヘ
                 7::i               i::::i   そしてあわせて、申しわけありません。
                 |:::i,  ィ ̄ヽ   / ⌒ヽ  i:::::!   
                 i::::,' , -‐‐ 、:i   ,ィ‐‐‐ 、  ヽ::i    前回投下後、ちょいと体調を崩してしまい、
                ,-、!:/-7 ,==ヽ',===i ,==、, |!-- ',i- 、  頂いたレスに無反応のままでした。
                 7/ヽ'"¨ヘ、   ノj  i!、   ノ ̄ ̄,/ヽi  
                i 〃〉     ̄.::::7      ̄     /、:j.7  正確には御礼を申し上げたつもりになってました。
                ヽヽj iヽ   :::::i          /j_, ノ
                ヽ-.i     :::>--‐      i‐'"    いずれのお言葉も、ありがたく思っております。
                       |   ________ u  j
                     ハ   ヽ-------- '"   /      なお、バースデーエロスは考えはしたんですが、
                 _,.....|ヽ           ,ィ,'__        相手を誰にするかで擦った揉んだしたので、
                7::ヽ、i  > .       . イ/ _.i>::>i    エロスなAA作成に留めました。
                j::::::::::::>、    ̄ ̄,'   /i-、::::::::::::|
               /:::::::::::::::/:::|',     ノ  / .|:::::i::::::::::ハ、
          , ィ::'"´:::ヘ:::::::::::::/::::::! ',   '   ′..|:::::|:::::::::::7',::::>--..、__
      , イ:::::::::::::::::::::::::ハ::::::::/:::::::::|--ヽ、    ,---j:::::ヘ::::::::7:::ヘ:::::::::::::::::::::::>-、
    , イ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',::/::::::::::::|__     __,i::::::::ヘ:::7::::::::ヘ:::::::::::::::::::::/:::::\
  7:::::::::ヽ、:::::::::::::::::::::::::::::::::::i::::::::::::::::::::::::|    |::::::::::::::::::::`:::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::ヘ




                             -‐‐- .
                              ´:::::::::::::::::::::::::::::`ヽ      ┌────────────────────┐
                          /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\    │ ちなみにこんな感じです。                │
                    /::::::::::::::::::::::::::::::::\:::::::::\::::::::::.   │ ツイッターには載せたのですが、         │
                       /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::、:::::ヽ:::::::::\:::::::::,  │ 折角なのでここにもペタリ。               │
                      ,′:::::::::::::ト、::::::::::::::::::::ヽ-ャ:、:::::::::::i:::::::::.  │ ちょっと手直しもしてます。               │
                       {::::::::::::::::::i ヽ::::::::::::/ _.、|::::::::::!:::::::::! │ また、腕が少し長くなってしまってしまったのは │
                    !::::::::::::::::::\ \/,ィi爪 ! ! !:::::::::::}:::::::::! │ 反省点ですね。                       │
                    i:::::::::::::::_. -_ゝ    弌_.ノ ・i::::::/i:::::::::i └────────────────────┘
                        ゝ、::::/_ィi弐     ////|/ _ノ::::::::::|
                          T::: 弌 し'         / i:::::::::::::|
                     !::::::::ヽ//// `      /  !::::::::::::|
                         i:::::::::::::>、  -  ´  /   〉 ⌒ヽ
                       i::::::/ }::::`..ー....:- 、´     /     、
                           ゝ´  /:::::::::::::::::::::::::i    /{       }
ニ`ヽ                          ,'. ´ ̄`ヽニ._ } ./  ,      i
ニニニ;                        /             ′  /    /|
ニニニニ                      /    /         /    / |
ニニニニ;                    /    /     ,'     /    / |
ニニニニi                       /    ノ     {  r; /    /  .i
ニニニニi                   /   {      、  /    /    i!
ニニニニヽ                 /    ∧        ゝ/     /    i:i
ニニニニニi                    /    /::::}      /     /    ':::i
ニニニニ.,                   /    /::::|      ./     /    /:::::i
ニニニニ:!                 /    /::::::::i      ./    /     /::::::::i
ニニニニi                 /    /::::::::::i     ./     /     /:::::::::::i
ニニニニi             /    /::::::::::::i    /    /    ,′::::!::::!
ニニニノ             /    /::::::::::::::i   /    /      ;::::::::::i!::::!
ニニニ|              /    /::::::::::::::::i  ./     ./       ,:::::::::::!i::::!
ニニニ|              /     /::::::::::::::::::i  ./    /      {::::::::::::! i::i
ニニニ三三\       /    / ⌒⌒⌒ ,' ./     /        {⌒⌒´ レ′
ニニニ三三三\-─……─‐- /        ' /    ./          、
ニニニ三三三三三./三三三三\    / /    /              、
ニニニ.三.三.三三./.三三三三三三\ / /     /                \
ニニニ三三三三./.三.三.三.三三三三\ /     /                  \
ニニニ.三.三.三./三三三三三三三三三.\  ./从从                 \
ニニニ三.三.三/.三.三.三三三三三三三三\-_从从从._                  \
ニニニ三三三/三三三三三三三三三三三三\.三.三.三\              \
2562 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2021/05/03(月) 19:08:07.19 ID:cn17yWvf
了解です
騎乗位AAいいですなあ
木下嗜好の客や久々のリンク相手に乗るも良し、逆に尻を掴まれ下からガン突きされるも良し…期待が膨らみます
2563 : シュマリ ◆zQrF8VDB4U [] 2021/05/04(火) 21:00:24.01 ID:Ur2sQ7EH

             _,.-―‐―-、_
            ,ィ',.'¨i/i,ィ,i!、!リヾヽ
           ,'::i.、 '´′" `` .ゞ.i   こんばんは。時間になりましたので、投下を開始します。
           |::ゝi,.-、   ,-、__i'、.i   
           _|/:::;::-:、.  , -、 ゙、|.、  今回は途中に判定が1回、最後に選択が1回存在します。
          (^,i゙'(   )=(   )'´i^)  よろしければご参加ください。
          ヾ,|:::::゙ー≠ ヾ:ー'" ,. i'ノ
            i:`::::...::i " |  ´ ,i   投下感覚は10秒~1分程度と考えていますが、板の重さや、
            ヘ;::::;:;:.`¨¨´.. 、、 メ    諸々の事情で相当変化します。予めご了承下さい。
            i!il、:::. ̄ ̄ .、/|
            |i!ili!i、.__._.メ"|     よろしく御願いします。
            ノi!ili!ili!ili!':::::::,' 'ヘ、
        _,.'ヘ'、´::::::::゙ヽ::::::::: /   `メヘ
     .;'´三三三≡=========≠三三三ヽ.
  _,ィ'"三三三三三三三三三三三三三三三三ヽ、
  ノ三三三三三三三三三三三三三三三三三三三ヘ
2564 : シュマリ ◆zQrF8VDB4U [] 2021/05/04(火) 21:00:59.20 ID:Ur2sQ7EH
_________________________________________________
≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≫≪≫≪≫≪≫≪≫
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
【システムメッセージ】
 ・昼の時間帯に元互助会の妨害が発生しました。
  このため夕方の春夏の会話時には、元互助会の妨害は発生しません。

 ・アーチャーから『フード付きローブ』を受け取りました。物品に追加します。
   フード付きローブ(香袋入り)……内側に多くのポケットがあり、中には薔薇の香袋が仕込まれている。
                       外に香が漏れにくい構造らしい。

 ・キョンから『記録媒体(オリジナル)』と『記録媒体(複製)』を受け取りました。物品に追加します。

 ・ローブを脱いだ際のキョンの動揺に気がつきませんでした。
  ルートカウンターが変動しました。溺れた微笑カウンターが-0.5されました。
  キョンとのエロスカウンター(娼婦バレとは別のカウンター)が-1されました。

 ・キョンから“初心者セット”として各種ツールを受けとりました。
  今後、一般的にスカヴェンジャーが用意する者は、基本的に携帯していることになります。

 ・危険人物リストの存在を把握しました。
  自宅での選択肢に、リスト捜索が追加。判定により入手可能になります。

 ・状況による瑠璃の自身の判断により、18日目も強制的にフリーパートになります。
  また、朝、もしくは早朝にスカヴェンジャー組合に行く必要があります。
  なお18日目行動選択時に、早朝行動の可否を選択できます(早朝行動は疲労カウンターが+1)

 ・キョンの店で買い物をしました。所持金が238円64銭になりました。
  購入物品を装備に追加しました。

『17日目:昼』を終了します。
_________________________________________________
≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≫≪≫≪≫≪≫≪≫
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
2566 : シュマリ ◆zQrF8VDB4U [] 2021/05/04(火) 21:01:23.89 ID:Ur2sQ7EH

ステータスを更新します。

                      ,、,、,、、
            。=ニ⌒^⌒^⌒ニ=、く{(芍}リ
           ,イ≫''^゚^⌒^゚^⌒^゚^''く ヾ彡
       x=ミ〃^゚´::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.`く\
      弐Ⅳ :::::::::: :::::::::|::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::Vハ
.       マ彡:::/:::::::| ::::::::|::::::::| :::::: |:::::::::::::::::Vハ
        |:::|i::::::::|_::::::::|::::::::|:/::」L:::|:::::::::::|:::|
        |:::|i:::::::」L::-┴─ イ):::::刀:::::::::i:|:::|
        |::::Ⅵ广i):::ト     ヒツ.|::|::::::i:|:::|
        l:八小 ヒリ  .    ":::::.|ルイノ::::
        |::::::(_', :::"          ,r:::':::::::|
        |::/|八     -     イ:! ::::::::::|
.         `  |:::个  .      イ|::::|::::::::::::|
            |:::::|:::::::|:::{>‐ ´ノ⌒゙八 :::::::::|
            |:::::|::::斗rj  ∨⌒ /⌒\:::::|
            |::_/  \x土x./     `¨ア\
            /下、    {{《莢》}      /:::::::::
         /:::::::::::\__/≫=≪\__.....イ:::::::::::::::

【名前】五更瑠璃 【年齢】15 【出身】トウヤコ 【身分】『春夏秋波』所属娼婦兼五級スカヴェンジャー

【能力】※A以上=一流 B=人並み以上 C=人並み D=苦手 E=諦めたら? F=子供並み
 筋力E 体力D 俊敏D 知能C 運勢C 注目度F

【パラメータ】(現在値/最大値)
 行動力(3):各行動判定の基礎数値。探索時には同時にHPとしての役割を持つ
 理性(31/85): 良識、自制心等の値。瑠璃の最大として100。
 性的欲求(98/100):性行為への欲求。性行為の結果等で変動する。

【特性】
 運動音痴:同年齢、同性に比して運動が得意ではなく、体力的にも劣る。
 器用:細かい作業が得意。また、それを続ける根気もある。
 淫婦の素質(中):色事の素質。常人より性行為に適性がある。娼婦関係Lv上限が常人より高い。
 トラウマ(殺害)(軽):人を殺した記憶。時折顔を出し、行動を阻害する。
 ???(破):???
 百合(序):同性に対して性的興奮を抱く性質。女性との性交渉を前向きに行う。

【パッシブスキル】※追加、成長可能。
 武装知識(1/5):武器や遺物に対しての知識がある。武器、遺物の価値判断にプラス判定
 娼婦の手管(6/8):性行為関係の判定にプラス判定。娼婦仕事の各判定にも影響する
 平常心(5/5):咄嗟の判断を要する場合の判定にレベル分のボーナス
 銃器取り扱い(3/5):銃器を取り扱う場合の判定にレベル分のボーナス。
 スカヴェンジャーの心得(2/4):スカヴェンジャーとしての一般常識。交渉ごと、情報収集等の判定にプラス補正
 身のこなし(2/4):素早さ等を要求される場合の判定にレベル分のボーナス。

【アクティブスキル】※追加、削除不能。一定条件で成長可能。
 なし

【装備】
 9mm拳銃 (装弾数8) 威力はそこそこあるが、瑠璃は両手で把持する必要がある。
  弾(ホローポイント) 72発 着弾時に潰れることでストップ力を上昇。ダメージより足止め優先。
  9mm用マガジン×2 戦闘中でも即時リロードできる。通常は2個までしか携帯できない。1マガジン8発。
  フラッシュライト 絞ってあり、光源というよりもエイミングの補助に使う。光源としても使用可能。
  マズルブレーキ 射撃時のガスを散らし、反動を軽減する。連射時に照準が定まりやすい。
 安物防刃ジャケット 斬撃を防ぐ繊維のジャケット。ある程度の耐銃耐衝撃性はあるが、所詮安物の範囲。
 PDA:低機能汎用品。通信とメモ機能程度。
 軍用ガスマスク 残存の薬剤:軍用の薬剤4日分:高濃度のガスでも十分に防毒する。
 安物簡易メディキット 包帯や消毒薬など簡単な治療道具が詰まっている小箱。負傷を一段階回復させる。
 『特殊弾丸:毒』0発 弾頭に即効性の毒を入れ込んだ特殊な弾丸。人間大であれば即痺れ、10分程度で殺害する。
              対象が大きいと効きが悪くなり、体内に入らなければ効果がでない
 『特殊弾丸:石灰』0発 水をかけるor水分のある場所へ当てることで熱を発生させる。
                水分がなければ効果はない。
 『特殊弾丸:麻痺』1発 動物に効果。HIT部に浸透作用し、その部分周辺を麻痺させる。
                 全身まで効果は及ぼさず、効果時間も短い。
 『特殊弾丸:腐食』1発 金属に効果。金属を喰う蟻の蟻酸から作られており、HIT部からジワジワと腐食させる。
                 生物には効果なし。
 『捕縛用即席トラップ』1個 強力な接着力を持つ粘液が入っている。専用の融解剤がなければ、まず外れない。

 フード付きローブ(香袋入り) 内側に多くのポケットがあり、中には薔薇の香袋が仕込まれている。
                   外に香が漏れにくい構造らしい。
 ダガーナイフ 外骨格系や人工物にはあまり効果が無いが、携帯性に優れ、咄嗟の防御には十分。使い捨て。
 催涙スプレー 使い捨て。周囲にも影響が及ぶ可能性がある。植物等や人工物には基本、無力。
 安物暗視ゴーグル 一般的に使われている暗視ゴーグル。ごく僅かな光源を増幅し、周囲を見通すことが出来る

【現在の資産等】
 所持金:238円64銭
 軍用消臭剤(1回):娼婦仕事時に知名度カウンター増加を防ぐ。
 志津香の香水瓶(0回):娼婦仕事時に知名度カウンター増加を防ぐ。
 『瑠璃専用拳銃の設計図』
 伊藤誠との連絡カード
 ビオランテの樹液の結晶
 IAI製と書いてある錠剤瓶
 マリオネットの記録媒体(オリジナル)
 マリオネットの記録媒体(複製)


【売春関係】
 馴染み客数 2人

【好感度】
 リンク   A(守るべき人)
 ルイージ B+(息子の嫁)
 涼宮ハルヒ 涼宮ハルヒ E(覚悟のある蛆虫)
 木下秀吉 好感度:A’(黒猫殿のためならば)
 月村すずか C+(うふふ、頼ってもらえた)
 上条当麻 E(真剣にスカヴェンジャーになりたいんだな!)
 キョン D(大人になったなぁ)
 キノ 好感度:C(色々と放っておけない)
 スネーク  E(気にかけておこう)
 魔想志津香  D(協力させてもらうわ)
 桂ヒナギク 好感度:F(感謝はしてるけど……)
 暁美ほむら 好感度:F(……ごめんなさい)
 伊藤誠 好感度:F(さて、どうなるかね)

【取得済み連絡先】
 リンク
 ルイージ
 木下秀吉
 キョン
 キノ
 魔想志津香
 桂ヒナギク
 アーチャー
 伊藤誠
 柚原春夏
 月村すずか


【ペナルティ】(残日数/治癒必要日数)
 なし

【カウンター】
投薬カウンター:1 平常心カウンター:14 妊娠カウンター:0.5 身のこなしカウンター:6.5
心得カウンター:6 知名度カウンター:3 常連客カウンター:7 香りカウンター:0
銃器取り扱いカウンター:10 百合カウンター:4.5 疲労カウンター:2 娼婦の手管カウンター:4.5

【制限時間日数】
 『遺跡の閉鎖』までの日数 残り31日
2567 : シュマリ ◆zQrF8VDB4U [] 2021/05/04(火) 21:01:56.43 ID:Ur2sQ7EH

::|;   γ ̄| ̄ヽ        γ ̄| ̄ヽ   ;;'            ;          γ ̄| ̄ヽ        γ ̄| ̄ヽ   ;;'      
::|   l!┼┼┼l!      l!┼┼┼l!      [「 二二二二二二二 l]     l!┼┼┼l!      l!┼┼┼l!       [「 二
::|   l!┼┼┼l! '7;,    l!┼┼┼l!    ';; || | ̄ ̄ ̄|| ̄ ̄ ̄| ||     , l!┼┼┼l! 'k;,  ,. l!┼┼┼l!     ;;   || | ̄
::| ;;  l!┼┼┼l!      l!┼┼┼l!        || |┌─┐||┌─┐| ||   ;;  . l!┼┼┼l!      l!┼┼┼l!        || |┌
::|   l!┼┼┼l!      l!┼┼┼l!        || |└┐  ||  ┌┘| || ,     l!┼┼┼l!      l!┼┼┼l!        || |└
::|   [ ̄ ̄ ̄ ̄]      [ ̄ ̄ ̄ ̄]  #  ,;|| |  │Ⅱ||Ⅱ│  | ||     [ ̄ ̄ ̄ ̄]      [ ̄ ̄ ̄ ̄]   ,.   ,;|| | 
::|   `´ ̄ ̄`´   へ  `´ ̄ ̄`´     ::|| |└┘  ||  └┘| ||      `´ ̄ ̄`´   キ  `´ ̄ ̄`´       ::|| |└
::|        メ        ;;     ;;'';     _|| |___||___| ||_         ハ        ;;     ;;'';      _|| |_
::| ';,          ;;                ,,;;''| |ニニニニニニニニニニニニニニニ| | ';,          ;;     .           ,,;; | |ニニニニ
.  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| |ニニニニニニニニニニニニニニニ| | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| |ニニニニ
.  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄Llニニニニニニニニニニニニニニニ|_| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄Llニニニニ

2568 : シュマリ ◆zQrF8VDB4U [] 2021/05/04(火) 21:02:13.51 ID:Ur2sQ7EH

                                       i ||
                                       : ||
___________________________________________________________________________________《笊》i
二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二 ∨∧               :
辷ア⌒辷ア⌒辷ア⌒辷ア⌒辷ア⌒辷ア⌒辷ア⌒辷ア⌒辷ア⌒\i|∨∧             :|
^}i{     }i{    .}i{    .}i{    .}i{    .}i{    .}i{    .}i{    .}i{   .}i| .∨∧           : } |
^}i{     }i{    .}i{    .}i{    .}i{    .}i{    .}i{    .}i{    .}i{   .}i| :l ∨∧             i } |
^}i{     }i{    .}i{    .}i{    .}i{    .}i{    .}i{    .}i{    .}i{   .}i| :|:i:.∨∧         i } |
^}i{     }i{    .}i{    .}i{    .}i{    .}i{    .}i{    .}i{    .}i{   .}i| :|:i i∨∧_______j } |
^}i{     }i{    .}i{    .}i{    .}i{    .}i{    .}i{    .}i{    .}i{   .}i| :|:i i: ∨∧============
三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三∨∧ !: ∨∧: : : : : : : : : : : : .
竺竺竺竺竺竺竺竺竺竺竺竺竺竺竺竺竺竺竺竺竺竺竺竺竺竺_.∨∧.!: |:∨∧=============
     ^辷主ア^            ^辷主ア^          }主o ∨∧ . |:. ∨∧: : : : : : : : : : : : : .
_ _ _ _.}.ニニ.{_ _ __ __ __ __ __ _  }.ニニ.{ _ __ __ __ __ __V云x@爻@爻@爻@x==========
     }   {                }  .{             @爻@爻@爻@爻@: : : : : : : : : .
___________}   {_______________________________.}  .{__________________    爻@爻@爻@爻@爻@x=========
=i=i=i=i=i|   |i=i=i=i=i=i=i=i=i=i=i=i=i=..|   |=i=i=i=i=i=i=i=i|   @辷爻@爻@爻@爻@爻)): : : : : : : : .
     |   |                 |   |冖冖冖冖r=9.!    爻@爻@爻@爻@爻@爻==========
     |   |                 |   |        |_」    @爻@爻@爻@爻@爻@: : : : : : : : : : .
     |   |                 |   |        |     @爻@爻三三二二ニ孑 ============
     |   |                 |   |        |     乂爻@爻!       :|!\ : : : : : : : : : : : .
     |   |                 |   |        |      {二二二|         i|\ `rzzzz=======
     |   |                 |   |        l/ ̄ ̄ ̄ヽ}^o^)(^o|______j|  !刈辷_{: : : : : : : : .
     |   |                 |.____.j__________________!____________j∨     ̄ ̄:  | 7   : i |  i|=========
     |   |                《竺竺竺竺竺竺竺竺竺竺竺竺 ∨      .| .|/     i |  i| : : : : : : : : : : :.
     |   |                 }i/////////////////////////∨o^)(^o^) ! :!    i |  i|============
     |   |                 }i//////////////////////////∨二二二| :| .     i |  i| : : : : : : : : : : : : .
     |   |                 }i///////////////////////////}宍宍宍_! :!    i |  i|==============
     |   |                 }i///////////////////////////}二二二_! :!    i |  i|: : : : : : : : : : : : : : :
     |   |                 }i///////////////////////////}啻啻啻_! :!    i |  i|================

2569 : シュマリ ◆zQrF8VDB4U [] 2021/05/04(火) 21:02:31.63 ID:Ur2sQ7EH

    .─────────────────── ───────────────────
    ||: : : : : 王王王王王王王王王王王王王王:.: : : :||: : : :.:王王王王王王王王王王王王王王 : : : : :||
    ||: : : :.>==========<  >==========<: : : :||: : : :>==========<  >==========<.: : : :||
    ||: : : :|\        ./| |\       /|: .:.:.||.:.:. :|\       /| |\.        /|: : : :||
    ||: : : :|. .|. ̄ ̄ ̄ ̄.|  | |  | ̄ ̄ ̄ ̄ |  |: .:.:.||.:.:. :|  |  ̄ ̄ ̄ ̄|  | |  |. ̄ ̄ ̄ ̄.|. .|: : : :||
    ||: : : :|. .|        l .:| |  l        |  |: .:.:.||.:.:. :|  |        l  | |:. l        |. .|: : : :||
    ||: : : :|. .|        l .:| |  l        |  |: .:.:.||.:.:. :|  |        l  | |:. l        |. .|: : : :||
    ||: : : :|. .|        l .:| |  l        |  |: .:.:.||.:.:. :|  |        l  | |:. l        |. .|: : : :||
    ||: : : :|. .|        l .:| |  l        |  |: .:.:.||.:.:. :|  |        l  | |:. l        |. .|: : : :||
    ||: : : :|. .|        l .:| |  l        |  |: .:.:.||.:.:. :|  |        l  | |:. l        |. .|: : : :||
    ||: : : :|. .|_____| .:| |  |_____|  |: .:.:.||.:.:. :|  |_____|  | |:. |_____|. .|: : : :||
    ||: : : :|/        .\| |/       \|: .:.:.||.:.:. :|/       \| |/.        \|: : : :||
    ||: : : :|>==========<  >==========< 人 || 人 >==========<  >==========<|: : : :||
    ||: : : ::::::::王王王王王:::: 只 :王王王王王王: |◇||||◇| :王王王王王王:: 只 :::王王王王王:::::::: : : :||
    ||: : : :|>==========<  >==========< У || У >==========<  >==========<|: : : :||
    ||: : : :|\        ./| |\       /|: .:.:.||.:.:. :|\       /| |\.        /|: : : :||
    ||: : : :|. .|. ̄ ̄ ̄ ̄.|  | |  | ̄ ̄ ̄ ̄ |  |: .:.:.||.:.:. :|  |  ̄ ̄ ̄ ̄|  | |  |. ̄ ̄ ̄ ̄.|. .|: : : :||
    ||: : : :|. .|        l .:| |  l        |  |: .:.:.||.:.:. :|  |        l  | |:. l        |. .|: : : :||
    ||: : : :|. .|        l .:| |  l        |  |: .:.:.||.:.:. :|  |        l  | |:. l        |. .|: : : :||
    ||: : : :|. .|        l .:| |  l        |  |: .:.:.||.:.:. :|  |        l  | |:. l        |. .|: : : :||
    ||: : : :|. .|        l .:| |  l        |  |: .:.:.||.:.:. :|  |        l  | |:. l        |. .|: : : :||
    ||: : : :|. .|        l .:| |  l        |  |: .:.:.||.:.:. :|  |        l  | |:. l        |. .|: : : :||
    ||: : : :|. .|_____| .:| |  |_____|  |: .:.:.||.:.:. :|  |_____|  | |:. |_____|. .|: : : :||
    ||: : : :|/        .\| |/       \|: .:.:.||.:.:. :|/       \| |/.        \|: : : :||
    ||: : : :|>ー──── ≦ ≧─────<|: .:.:.||.:.:. :|>─────≦ ≧ ────ー<|: : : :||
    ||: : : : : 王王王王王王王王王王王王王王:.: : : :||: : : :.:王王王王王王王王王王王王王王 : : : : :||
 ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

2570 : シュマリ ◆zQrF8VDB4U [] 2021/05/04(火) 21:02:56.85 ID:Ur2sQ7EH

             -‐=   ¨¨  ̄ ̄ ̄ ¨¨   =‐-     ____ ____ __ _____
         (                        )   レ―― 、   i    ノ/__/   \
        | ≧=‐--  __    __  --‐=≦ |V´/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄        \
.          !           ̄ ̄           }_f´乂______                 \
        ‘,                          / \__/ /__,ノ  ̄\              \
                               / f´ ̄   / /  「 ̄ ̄ \
.      ¨¨  ̄ ヽ                        / ̄ ヽ__/ /_ノ___ノ_  ヽ
.  /          \                   / ̄ ̄ ___/\     {  \  \___
 /          - `                 ´ ̄ ̄ ̄       ∧     \    ̄ヽ \ ̄ ̄
. ∨      /       _〕≧― -  - ―≦〔_     \      /     `ー‐―'’_____
.  \     {       乂_       _,ノ       }    /
    `’< \            ̄ ̄ ̄ ̄           / >‘´
             ‐-=  _________  =-‐        カチャ
                   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄




              __,...::――::::::.......__
           /__:/⌒\::::::::::,---┴ 、
         r:T::::|:::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::ヽ
          ':::|:::/::::/::::::::::::ハ::ハ:::::::::::::::::: ∨::}
        , |:::∨:::::':::::|::|::::|  |::::|:::::::::::::{:::VI
        /::|:::/:::::/:: /__ノハ  {、_|__|:::::::::∨::、
        {::::|/::/:/:::/|´/:/|:|   }:::|、:|`V::::::V、:\
        }:/://:|:::::|ィチ斧从 /イフ斧ミ|::|::::ハ }::::)   なるほど、そういうことだったのね。
       /::{イ::{::八::{ Vzリ    ヒzり '}::|::ハ:|//
        {::::ハ:V:::、\    ,     /:イ'::::リ:{     簡単には昨夜聞いてたけれど、
       ヽ {:{ヽ::}込     __    人::/}::/}:/     それなら寝床を変えたのは正解だわ。
          ⌒} ー、}::::::r     ィ:::::::{ /:イ{'
              / イ}|  `´ |⌒)/ {'
            r< ´      `<r-、
           <|::::{ -、__ 、  ,. -- }::::|>
        /   |::::|、______ |::::|   \
      ,:       |::::| \: : : : : : : :/|::::|    ヽ
       |     〈:::〈   `  -r ´  〉:::〉
       |⌒\  r}O:}⌒\_。{_/{O:{、  / ⌒}
       |   \/  ̄     /     ̄/- ´   ∧
       |      {  r=====≠====r /     / }
     /       |  ||    l l    ||{         /
      { \   人  ||    ::. |     ||V     イ
_________________________________________________
≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≫≪≫≪≫≪≫≪≫
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 店に到着し、昨日の探索での出来事――アーチャーやキョンに話したものと同じ内容――を全部伝えた直後。

 苦笑というには苦味の強すぎる口調で、春夏はそう言った。

 言葉尻に、嘆息のおまけつきで。

2571 : シュマリ ◆zQrF8VDB4U [] 2021/05/04(火) 21:03:36.09 ID:Ur2sQ7EH

            ((爻ソい////// ̄´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`丶/∧}い
            〔`ー=彡リ/⌒:::::/:::::::::::::::::::::::::丶:::::::::::\:::::::\}〕リ
             `7::ァァ7´::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::ヽ
              ,::: |// :::::::::::::/ ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| ::::::::::::::!ハ::::::::::::
               | :::|/| :::::::::::: i::::::::::::::::::::::::/ :::::::::/::|::| :::::::|::i:::| :::::::i:|
              |::: V|:::::::::i:::i:|:::::: ─―-/ /:::::::::::/|:」:: ___|::i:::| :::::::i:|
             |:::/^|:::::::::i:::|从::::::::::_/|/|::::::/|/ :|八_::::」八:|_::::从|
                  |::{{ |:::::::::i:::| テー≠=≦   ̄   ィ=ァ≦テ :::i:::|
                  |:: ヽ|::i:::::::i::| {{  ,_ノ/リ       ,_ノ/リ / /:::i:::|
             |::::::::|::i:::::::i::|  弋:(ソ       Vソ .::::: i:::|   突然だったのに対応してくださって
              | ::::: i八 :::::i:| \\\      ,  \\'::::::j::::|   ありがとうございました。
               | :::::::i::::::\从               八|/|:::'
                |:::::::::i:::::::::::::r仆       _        イ:::::|: |/     助かりました。
                 |:::::::::i::::::::::::::}゚\ 丶、    ー’   イ::::i::::::|     
.               |:::::::::i :::::::::::∧  ゚⌒ヽ`  .__, x<}!:::i:::::| ::::|
             |:::::::::i::_厶イ 〈      ゚\  /゚   ゚人 i:::::| ::::|
           __|_r'⌒´      \      ゚∨゚   /    ̄ ト-┴‐- 、
        /⌒ヽ.::.:\゚。       \   _ノ-、/    。゚}.::.::./::.::.::.:ヽ
.        /.::.::.::.::.::.::.::.::.:\゚。       ー/YこYハ    。゚/.::.::.::.::.::.::.::.::.:.
       /.::.::.::.::.::.::{.::.::.::.::.::\゚。        V込人ソ  。/.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:.}




                   _,...--....._ __
               ,.ィ::::⌒ヽ::::/ヽ:::::::`ヽ、-ミ、_
             ,...:,'::::::::::::::::::∨:::::::\:::::::::::\}:`ヽ
            //:::::,::::::::::::ハ/i}::::::::::::\::::::::::ヽ:::::.
             {/:::: /:/::}:::::::/Yi{/:::::::::::i::::::ヽ::::,::::ム:::::.
           /:::/:/::/::|Ⅳ  /:::,::|::::::|:::::::::∨:::::::ハ:::::..
            ,.:'/:/-/-、!::| /:'::::|::|::::::|:::::::::: ∨::/:::!::::::i
         /:/::::/::::::/:::/:i:::| }':::__|::{::::::|::::::::::::::∨::/}:::::::}
           {/I::::{::::/仆芹、:/ |ハ::/!::|`ヽ、::::::::::::}:∨/::::::/
         )' {:::ト::{从弋(リ'   !/'ィ斥ミ、ハ::::::::::/}::}:'::::::,
           ヽゝ//{ :.:. /      込zソノム::::://:::|:::|:::{   昨夜も言ったけど気にしないで。
               /イ:人 `     :.:.:.:. /' /イノ:::/::::|:::|
           /'   )::}:\ マ::ァ     ィ /7´:/:::::人::.   普段使ってない予備の部屋だもの。
                /'__|从{ヽ _....  ´  /::{::::::::::/  ):}
            _/´/i:i:/ ̄´ }       {:::ハ::::::/   /イ   こっちとしても掃除とかの良い機会だったから。
            ハ /i:i:/ 、  .ノ   /    ヾ }:从
            '  ∨i:i:/   ヽ   / __   /≧、_
          |  ./i:i:/、     ´ ̄     /i:i:i/  ∧                             
          | ,.:i:i:i/  \  __    /i:i:i/ ,.:'  .
         /i:i:i/      /o      ̄¨/i:i:i/¨´     }
       r‐'¨{ioi/  ̄ ̄ ̄`ヽ       /i:i:i/ ,      ;
       /  __¨____   ̄ ̄ ̄/i:i:i/ Y       i
        {  / ¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨ ̄ ̄ `ヽ、 {i:o:{ .{!      :
_________________________________________________
≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≫≪≫≪≫≪≫≪≫
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 予備の部屋、というのは本当だろうが、掃除については日常的に行ってきたに違いない。

 しかしそこに突っ込みを入れるなど、野暮を通り越して、厚意を踏みにじる行為だ。
_________________________________________________
≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≫≪≫≪≫≪≫≪≫
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

            /:::::::::::;;;;;;;r--‐'´圭圭圭`ー.、ヽ  ヾ、,!il
               /:::::::::::_/圭圭圭圭r―‐'´::`ー‐ヾ>、_/,!'
           /ムミr <圭圭/ ̄:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
            /く,<iヾ/トヽ/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.、
             |ヾ三彡/ノ:::::::::::::;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::、:::::i
             |:::::`7''}/::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!::::|
             |::::::::!}}/::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: !::::|
           !:::::::|}}|:::::::::::::/:::/::::::::::::::::::::::::::: !:::::::::::::: !::::!
          ';:::::;r''|:::::::::::::!::::|::::::::::::::::|::::::::::: |::::::::::l:::::! :;!
           ';:::|l`.!::::::::::: !::::|::::::::::::::::|:::::::::!: !::::::::::!:::;レ':|
           |::ヾ.|::::::::::: ト、:|::::::::::::::::|:::::::::!: !!:::::::!レ':://  
           |i:::::ヾ、:::::::::! ``ー 、_;'|::::::/レ'|レ,,,,!`ソ/      本当に、ありがとうございます。
           |l::::::;rヘ::::小 ,,,,,     ̄  '  ノフ'/  
           |l:/  ヾ .|ヾ 、         , ' {:::l:::ヽ 
         __r'´       \ 、 ` ー- ,, イ    }::!::::::i
        /::::::`ヾi__      \丶、 `∨/_    }:::!::::::|,  ペコリ
          i:::::::::::::::\ヽ      ` ー=/',r_=!ヽ _ノ、l::::: ト‐,
          |::::::::::::::::::::ヽ::ー、        /!.トlr彡ノ'、:::: il:::::::!::ヽ
          |:::::::::::::::::::::::::i::::::ー、_,r-‐./  `rt<`ヽ \:!::::::|::::::l
       .r、!:::::::::::::::::::::::::!:::::::::::::::::::::/    l | .ヽ \l:!::::::!::::ノ
      .! `r,、:::::::::::::::::::|:::::::;::::::::: /       i  .〉::::::/、
_________________________________________________
≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≫≪≫≪≫≪≫≪≫
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 だから瑠璃は小さく頭を下げるに留めた――先ほど、キョンに対して感謝を伝えた時と同じように、心を込めて。

 何度も言われた言葉である“気にしないで”を、決して当たり前だと思わぬように。

2572 : シュマリ ◆zQrF8VDB4U [] 2021/05/04(火) 21:04:23.65 ID:Ur2sQ7EH

        ,.. -''"´ ̄`ー――- 、__
      /:/::::::::::::::::::::::::::/`ヽ:::::::::::::}
     /:::/:/:::::::::::::::::/ ̄:::::::::::::l:,..-‐、:::ヽ、__
     /:::l:,イ:::::::::::::,ィ'´:::::::::::::::::::::l;l´!:::::::、`ヽ、::l
    ,}::::/::::::::::::/::::::::/:::::::l::::l:::::l  l::::::::',:::::::\
   {::::/:::::、:::、{::::::::::::/:::::::::|:::|:|::::l  l::::::::::ヽ::::::::ヽ
    ',:l::::::ヽ、:::l:::::::::::l:::::::::::|:::|::|:::::l  l::l:::::',:::',:::::::ヾ:、
    }!::::::::::::::,'::::::::::|::::::::::l:/'|:::!:::::l .|:l::::::l:::::',::::::} \
   //:::/::::/:l::::::::::::|:::::::::/ !l,レl:/l  l,l:、:/::::::l:::::/
  /::::/::::l::::/::,':!:::::::::::l::::::/リ-''ィォ!::/! l{::1'|'::::::/!::/    でも、ほんと困った人たちね。
 l:::::::l::::::l:::l::l'l:|ヽ::::::::::l::::|,イ::::ノ l:/ / `´ !::l::{ l/
 ヽ:\ヽ::ヽ::ゝl、 ヽ:::l:::|:::{  ̄´ ヽ   ' /::l:l:::ヽ、     少しは大人しくなったかと思ってたのに。
  \ }:>ヽ::):::`ヽl::/::|l:::l`ゝ      - /:/l::} ヽ:/
    )' |::/l:::|ヽ::::| l/`リ> _     ,イ/l {、  ヽ
      l ヽヽ:', ヾ|       l  ̄_
         ゙} .,/          |-ヽ、 ̄`ヽ、
         /     ヽ    l`  \ 、 \
       ,、'´        \ ' ,/ l  ヽ  ',
     / `ヽ、 ` ー―― - 、    l   ',  l、
    /     \、          /、   ヽ. |




              _,. '":::::::::::::::::::::::::::::::"ヽ{ゞ〉´、ヘケ
     ,、  _,. '":::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ ^ヾ、〃〉
  /ヽ,',ノ、/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`:ー.."´
  「jヘ〃:/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
  ト〉ゝ /::::::::::::::::::::ii::::::::::::::::::::::::::::::ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ
  V-‐´:::::::::::::::::::::ハ:::::::::::::::::::::::_i {::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ
    ,':::::::::::::::::::::::::| 从_::,. '"_ ,, ..zュ=ュ, ̄|:::::::::::::::::::::::::::}
   ::::::::::::::::::::::>、゛´    〃´ん::::::} } |:::::::::::::::::::::::::::::l
  ,::::::::::::::::|l/__.,,z.    .′ ヘ:::ソ   .j:::::::::::::::::::::::::::::|
  i:::::/:::!  /て::::}`        ///. /,::::::::::::::::::∧::::::|    ……
  {/::::::∧〈. 弋::リ           /ノ::::::::::::::::ノi }:::::::|
   '´ヾ,::::ヘ`     、           ̄ ̄,'厂 ノ::::::::::|
     /::::::::}.///               _,.ノ´::::::::::::::|
    /::::::::::l υ       ,,. -   υ /:::::::::::::::::::::::::|
    ´"ヾ,::::ヘ       -‐ ´       ヘ::::::::::::::::::::::::::::i
       ヾ:::ゝ、               _,.  |:::::::::::::::::::::::::::i
           |::::::: ゙‐ .,_      ,. '" ,‐´ l:::::::::::::::::::::::::::i
         i::::::::::::::::::: _` t  ' ,、/´゚`  |.,_:::::::_:::;;:::::_:::.!
            ',::::::::::::::::::ヘ`、 ,、/ ゚ ゚  , - ´::.: ̄:::.::::.::.:
       ヾ 、Ⅴ::::::::_::_::ヘ V ゚  _,. '":::.::::.::.:::..::
    /:: :`ヤ:::.:`:‐´/´,ゞj`〉`>/:::.::::.::.::
    /::.:.:.:.:〈::.:: :::. :::{`<,'ヾノ'ノ´j:::.::::
   { :.: :.: :.:.:>:::.:::::.:::ーヘ
_________________________________________________
≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≫≪≫≪≫≪≫≪≫
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 呟く春夏。時折見せる厳しさとも異なる嫌悪の滲んだそれは、瑠璃にして初めて見る珍しい表情と声色。

 彼女であっても取り繕いきれない反応を見せている辺り、やはり、この赤線も相応の迷惑をかけられていたらしい。

2573 : シュマリ ◆zQrF8VDB4U [] 2021/05/04(火) 21:04:49.70 ID:Ur2sQ7EH

                                ______
                          _/`:<: : : : : : : :>、
                      . :'7 : : : : : : : : : :  ̄\:`ヽ
                       ' : / : : : : : : /V'7 : : : : :\: ヽ_
                     |: / : : : : :} : 仔‐i{ : : ! : : : : :Y: :ト、
                     |/:./ / : :_/:_;ノ`´}} (、:|i: : : : : |: イ: |   
                      //.:/ : ´//:i ノ 〃/i`|i、: : : :├イ:|   ……ごめんなさいね、変な顔をして。
                     〃〃 :/ : :,八{:(:(   l }=ミ八}: :} : :|i/.:/
                  {八{ : { : : {ゝ==' ヽ ノノ }r心刈ハ : リ /    
                    ヽ >): : : ゝ     ,    `゙' ,ノ丿:イ:{                   「あ、いえ……」
                       〃:人∧     _   u.んく: (人{     
                     V(   ) 丶、    .イノ:ノ: :):) )
                       )   _}≧ ´ 人(⌒フ´       赤線全体で言えば
                      __,.<Y:´:::::/ j     i::>- 、        そこまで被害が遭ったわけじゃないんだけど、
                /   i::::::::::i   、      i:::::∧ \        やっぱり、あの頃のことを思い出すと、ね。
               /      i::::::::::i   ゝ '´ ̄i::::::::::i  \




               __,,,,,,,,_,,,,_,,,,__ . i、<i>、
          ,r、 _..r''´::::::::::::::::::::`ヽ、`!_`iヽ,>
         /i/::::::::::::::::::::::::::::::\::::::`ヽ王ヽ
         '/:::::::::::::::::;:::::::::::::::::: !::::ヽ:::::::::ヾ}}ヾ、
        /::::::::::::::: /:::::: !::::::::::::!:::::::ヽ::::::::::ヾ}|:ヽ
         /::::|::::::::: /|:::::::::|:::;::::::::|:::::::::|::::::::::::::l}|::::i
       .l::::::|::::::::|:| |、::::_;lv'l_;::'::l、__::::!::::::::::::::ト、::::!     え、そうなんですか?
       .|::::::!::::::_N ``´ ./, ィ.‐ti'`l::::::::::::: ト、ヽ:i
          l::l::,レ'i´ー_-_   ´ '  じ ' .|::::::::::!::,ト,. i::::!
           '`ー:i イ じ'        〃 ノi::::__ル'ノ /::::i                              「? 何が?」
           |l    ,        ' ´ _.'_/::::::::l
           |:l´´           u.   /i::::::::::::::::::l
           |::ヽ    こ二つ      _/l:::::::::::__l     いえ……そこまで被害がなかったって……。
           ''´ \       ,  _ノ' .,!.'/::::::::::::`ヽ
                  i::..、 _ ,.., ´ /  / ,i:::::::::::::::::::::::::.、
                    ヽ::::::::::〈ヽ./   ./ .i::!:::::::::::::::::::::::::::ヽ
                丶__;; ',ヽ!  ./ /::|::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
                 /´! i彡i'ヽ./ /:::::!:::::::::::::::::::::::::::::::::>ヘ
                   i:::::! レ、, ヘ ./:::::::!:::|:::::::::::::::r―rイ __,〉
                   |:::::ヽ/´ |  ∨:::::::: ヽ!:::::::::::::::ヽ..,!´`ヽ、>
                 ヽ//      ヽ:::::::、:::!::::::::::::::::::<_!::::::::::::ヽ
                <  ,   ,.,、| ,..〉:::::::`ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::
               /``´`ー'  `´l:::::::::::::::::::`ー::、::::::::::::::::::::::::

_________________________________________________
≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≫≪≫≪≫≪≫≪≫
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 意外。むしろ、こういうサービスを求めるところでこそ、高圧的そうにきそうなイメージがあるのだが。

2574 : シュマリ ◆zQrF8VDB4U [] 2021/05/04(火) 21:05:50.91 ID:Ur2sQ7EH

                . ∠´ .::: ::: :: : ̄: `  、
              /.:::::::::/⌒> 、 .::::::: :: ´≦ ≠─┐
              //⌒/.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト、
            r「 .::/.:::::::/ .::::: ::::::::::: ト、.:::.ィ! :::::::::::::::::::::: |::ト、
            i:| :: |.::::: / .:::::::::::::::::::: |ハ://}.::::::::::::::::::::::: |::|∧
           ノ:l :: |.::::/.::::::::::/ .::::::::: |´`¨´リ .::::::::::::::::::::: l::|::::i
          /.:: |.:::リ::/.::::::::: /:/::/ :::: l   / l::::::::::i :::::::::: l::l::::|
           {::::l:|::/:/.: :::::::::/:/::/i__:::!:|  |::::|::::::::::l :::::::::::从::::}
            从lリ/:/:// !:::/7´/::ノ! `lノ  l:::「:::::`メ、:::::::(::ハハ      んー……まぁ、
          人::/:/!:!:::|/ .ィ升芹ト.: |   l|::ムテKノハ.::::::}::::::i: ∧      東方街区の赤線は軍人さんが多いし、
           ))::l:i从:人 入 .__i::| 从  ノj|r'__i:j「 Yハ:::::|:::::j:/:∧     うちは……
         //::ハへ } ヽ `ー'      ゞ--' /:!::l:::::l::::リ:::/:::}
         (:::/⌒}::i:\从{ /j/j/j/   , /j/j/j/イノ!:リ::::リ:/ル'}::ノ
         )'  ノ:ノ::}::li:::::\     _       /!:::ノ/:::/::(
           (:: ( ノ:ム\:::::\   ´ `    イ::::Y:〈:::〈::::::)
           ヽ.:) ⌒}::ノ:):::::|._> ._ . ィ ::: 人:: |  )::::)´   チラ
                }イ彡':::|      j⌒}j  )ノ (⌒´
              ,ィ升レ' ´        \ _
            /|:::::::|             「 \
_________________________________________________
≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≫≪≫≪≫≪≫≪≫
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 言いながら、春夏が視線を部屋の隅に移す。
_________________________________________________
≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≫≪≫≪≫≪≫≪≫
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

           ,ィ ,.イ, イ
.           / { /  /_,. イ/__,. - フ
.       |! ,'  '′        ∠.._
.       |∨  _   y===ミ     ≦-z
.      {ヽ、|  /  /::::/, ':::::::\    <_
       `Y ./    7:: //:::::::::/.:ヘ     >x_
.       / 7    i:::::i/::::::≠:::::::::∧    <_⌒
      '´} i    .i::::::::::::::::::::::::::>'´i    弋_
       | |    |::::::::::::::::::::::::'´:_彡!r、  ヘ⌒ヽ
      ノイト、  .i:::::::::::::::::::> '´,...::| リY  ヘ
.      ハVトt; !:::r ニニtッ:::フ∠::=j ノ}  jヾ',     ……
         ヘ `= !/ ゝ-ニ彡::::::zチ/ /  {
          ',、  {i Y:::::::::::::>i´,イ ,'....}  リ
.         { |V:、ハ,ハ ハハA{ } |::::'......Vリ{
.         弋{_ | Y | j.リ jW{:イ..'  j ル'
.          从ヾ从! ノレレ,. <....i..   i{ヘ、_
.           Vヽ__ <:::::.......,'..   V ヽヽ
               _,.V:::::::::........,'..    ノ  /ニ\
          xKニ//',::::::.......,'... ..../ /二二二:、
.        xくニニ彳...}:::........,'......./ /二二二二二ト、
.     x<二二≠:::::::::................./ /二二二二二二二\
. γ二二二r' |............ r===/ /二二二二二二二二ニニ=- _
.. |二二ニニ|  |................../ /二二二二二二二二二二二二二x
.. |二二ニニ|  |............/ /二二二二二二二二二二二二二二二\




          /`ヽ-/`∨‐-/`ヽ、_
         /:,::- '"´::::::::::',::/::::::::::::::ヽ::`ヽ、
        /::/:::::::::::::/::/:∨,::::::::::::::::::::::l:::::::::::::ヽ
     /::::/:::::::::::::/::::::/;;l/:|:::::::::::::::::::::::',::::::::::::::::',
    /:::::/:::::::::::::::/:::::::/`´`,'::::::::|::::::l::::l::::l:::::::::::::::::',
   /:::::/::/::::::::::::::/::::::::{'   |::::::::::|::::::l:::::|:::l::::::::::::::::::|
  /:::::/:::/:::::::::/::/!:/::::::|   .|::::::::::|:::::::l:::::l:::!::::::::::::::::::l
 /::::::/::/:::_/,イ:/´!l:::::::l:|  、l::::::::::l:::::::::l:::::l::',::::::::::::::::::|
//::::/:::/::::/:::/:/  |:!::::::l:|   ,::`:ヽ、::l:::::::l::::::::',::::::::::::::::|
..l::::/:::/:::::l::/!l:/--、|:!::|::|:!  ,'::/::::/:`l:::::::|::::l:::',:::::::::::::::l
/:イl:::::l::::::l:/ッ,ニニ=ミ.l:::|:l |  /:/::::/l::/!:::::::l::::|:::::':,:::::::::::::|
|:{l::|:::::|::/l:l      l:/'  /;イ/:イ、/ .|:::::::|::::|:::::::ヽ::::::::::|    ね?
/::/::::::l::l、|{     / , /  l:/`ヾ;、,':::::/::::l::::::::::::l::::::::::|
/l:::::l:::ヽ:八        '    /   ./::::/!:::/l::::::::::::l::::::::::|
.ヽ:::::l::::::ヽ:ヽ   、_         /:/ l::/.:':::::::l::l、:::::::::::l
  ',:::|::::::/!::::l 、   ` ー     /'/`´/:::l:::ヽ::ヽ \::::::',
 /:,イ:::::{ l:::ト:}. \     _,..ィ"´::/::/l::ト、::lヽ:::',:::}  j::::/
/  ヘ::::', ヽ |   ` ー ''"´  l:::/:/ ソ !:} ヾ! /:/l/  l::/
、:{   ):/ /,.|          {/|::{  /-'"´ ̄`ヽ、 /
_`,.._ /,.-'   ',        `ー ''"        ヽ
 ´ {、 ̄´    }    /    ,.-'´|         /|
   !  ̄ ー 、     ,..-'"´  /         / !
   ヽ     `         /         /   |




      ’ー、   ,..:´:::::::::::::::::::::::::::::::::,::::::::::::::::::::::::::::::::::::、::`:::i  、ミゝー} }
         `,´:::'::::::::::::::::::::::::::::::::::/!:::::::::::::::::i::::::::::::::::::i:::::::::ゝ_ ヽ,、ヽ〉
         /::::':::::::::::::::::,':::::::::::::::::' l::::::::::::::::::l:::::::::::::::::::l:::::::::::!/`:::i `
.          ,::::::,:::::::::::::::::i::::::::::::::::::' .|::::::::::::::::::l:::::::::::::::l:::l::::::::::::,./l:::l
        i::::::i:::::::::::::::::l:::::::::::::::::i :,::::::::::::::::::l:::::::::::::::l:::l::::::::::::i/i::::l
         |:::i::l::::::::,,-─-....、:::::l  :,:::::::::::::__:::::::::::::l::l:::::::::::::l,/::::!
        !::::,:l::::::::_,._ニ二 ̄   `ー´--' !_:``:::::':::l:::::::::::::i'::::::'
        :,::::,:´, .l .「ト:::::(`        ィチテァー、`┤:::::::::::l::::::'    ……なるほど
          :,::::,::. i ! l:::;;:::リ          ト::;;:::.'i  l ,'::::::::::::::!:::::'
         :,:::::,:: l  ゝー'        弋_ソ ノ ':::::::::::::::|::::'    (そういえばオーナー、
          :,:::::、.. !          ,        ・ '::'i::::::::::::l::::'      この自動人形をつれて赤線を巡回してるんだっけ)
         ∧:::::,ヽ.                  //,::::::::::,,:::!
            Vi::::::::、                ソ /_,,'´:::::::l
              |::::::::::ゝ      , 、        イ::::´:::::::::::::::::l
              |::::::::::::::::i>..          イ:::::::l::::::::::::::::::::::!
              |::::::::::::::::l:::::i`-、::... ..  ≦´, '、'!::::::::l:::::::::::::::::::::|
             l::::::::::::::::l::::::!  `ー、 _, '´`´  .l:::::::::l:::::::::::::::::::::,
           !:::::::::::::::,,-!    Y      .!-、::::l::::::::::::::::::::::,
           !::::,, '´  ヽ    _,、    ,, '´  ゝ、::::::::::::::::::::,
_________________________________________________
≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≫≪≫≪≫≪≫≪≫
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 目配せの先に佇む自動人形を見て、春夏と初めて会った顛末――チンピラから助けてくれた時のことを思い出した。

 トウヤコの基幹産業を担う責任感ゆえか、彼女はこの自動人形とともに赤線を巡回している。

 ヴェクターインダストリー製純戦闘人形“仮面の軍勢”シリーズ。これと相手取ると思えば、踏み入る気にもなるまい。
2575 : シュマリ ◆zQrF8VDB4U [] 2021/05/04(火) 21:06:23.34 ID:Ur2sQ7EH

    __       ,ィ⌒:i:i:i:i:i:i:i:iz‐、:i:i:irx:i:i:i{``ー‐'ー'r‐'
    r{__ ゝ   r‐':iz-‐'⌒¨¨¨´::::::` ̄::::::`ー`ー-ィ:く
  ノr'} リノヽ/x-'′::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∨::::::マハ::',
  〈 込ツ´ / .:::::::::::::::::::::::::i!::::::::::::::::::::::::::::::::∨::::::∨::::',
   }≦==イ:::::::::::::::::::::::::::::::!i:::::::::::i:::::::::::::::i!:::::V:::::::∨::::',
      ,′:i:::::::::::::!:::::::::::::!i::::::::::::!::::::::::::::ト、:::∨:::::::∨::}
     ,′:::!::::::::::::|:::::::::::::| i::::::::::::!:::_;斗'千}二}:::::::::::}:::!
      {::::::::|::::::_」__:::::」 !_;z=‐'´-‐'´,_,_,_,_,_!::::::::::!:::!   
      {:::{::::!::_´-‐' ¨´ ̄`     ,ィ"”艾芋¨}}|:::::::::::!::|
     !:::ヘ::ハ ィ歹芋芹ト       {.:.{}.:.} }}|::i::::::::}::!   (最初はちょっと怖かったけど、
     |:::::ヘ:!:i! {{   r'.{}.:}          辷タ ・/イ::::;_r}:|    慣れたらやっぱり頼もしいわ)
     |:::::::::Nヽヾ  辷タ            〃千ノ/::::
     Lz≠Tヽ.}        ’         __/::::::i    
.         |:::八        x‐- 、_     ノ::::::::::::::::!
.         |::::::::ヽ、   /  ,、__ \   /::::::!:::::::::::|
.         |:::::::::::i!:`ヽ∠ -≦‐'^ヾ ー'/_レi:::::::!:::::::::::!
.          j::_:_:::::i!:::::{´ ー--= __ 弋__/。. {:::::::i::::::::::::,
        /-〉  ̄¨¨¨}    `ー- 、 }.}。   {::::::::!::::::::::::!
.       /i:i:i:ム    ',   、__`ノ.{    / `<、::::::,
      /:i:i:i:i:i:ム    }   イ、"ノ!`¨ . イ      `<:,




    丶:::/::::::::::::::::::::`ー―丶===` 、
.      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ーー==`
.    /..:::::/::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::`ー==
   /:::::::/::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ー
.  /:::::::/::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
.  /::::::/::::::::::::/::::::::::/l::::::::::::::::::l::::::::::::::l:::l:::::::::::
  ' 、::/__:::::/::::::::::/ :l::::::::::::::::::l::::::::::::::l:::l:::::::::::
   |::::::::| "'''- ./  i::::::::::::::::::l::::::::::::::i:::l:::::::::::
   l:::::/.|..{价kミ_.    !::::::::::::::::l::::::::::::::l:::l:::::::::::
   i::::{ { ヒzノ ヾ   ~""''' ‐- ...,,_|:::!::::::::::   (さっきもわたしのローブを掛けてくれたりしたし。
   i::::ヽ.             价ミk_    /::::::::::::
   |:::::::!.////          トイヘi ヾ  /::::::::::::::   ……おっかなびっくりっぽいところなんか、可愛かったけど)
   ` 'ハ    、       `一' ノ /:::::::::::::::::
      ハ          ////・ /__,,.. .-‐
      |:::\            _.   ,.-‐''" ̄
      |:::::::::\ `    ./ ノ ./,~::::::::::::::
      |:::::::::::::::`_-_―. / / ,~^ /^\-―
      |:::::::::::と___ \/ /~^  /   }:::::::::
     / ̄::::こ_. へ \ ./     /   /^:::::::::
    ./:::::/   {_,ヘ \  〉}  /    ):::::::::::
    .|:::::(     /    /_〉/    /^:::::::::::::
    .|:::::^\  /     / /      ):::::::::::::::::
_________________________________________________
≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≫≪≫≪≫≪≫≪≫
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 この店まで何事もなく移動できた要因の一つであるローブはいま、この部屋に似合う豪華なコート掛けにかかっている。

 それを為してくれたのは、日常生活への適応力を極限まで削っているはずの、この純戦闘用自動人形だった。

 そのかなり覚束ない手付きが、髑髏面とのギャップでかなり微笑ましく見えたものだ。閑話休題。
2576 : シュマリ ◆zQrF8VDB4U [] 2021/05/04(火) 21:07:13.03 ID:Ur2sQ7EH

               ___
           /⌒´ー::::::::::/⌒ヽ-- 、
         /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::、::::::'.__、
        /:r-、/⌒:ヽ::::::/⌒ヽ´:::::::\:::V::\
       /:,:::,'::::/:::/:: ,::|、∧:::::::::V::::::::::::::: ∨::::\
     ,:'::::/::/:::/:::/::::イ::|  V::::|:::V:::::::::::::::::∨::::::l
     /::::/::/::,/::,::|:::/ |::|   }::::}:::::}:::: |:::::::V:::V:::::|
     |::::'::::':: |{::::|∧{ |::l   |::∧:::∨::|:: |::::V::|::::/    ただ、それでも結構ゴタゴタしたのよ。
     |:::|::::|::::|:V:|ィチ雫ミ{   }イテ雫ミV :: |:::::|:::|:〈
     |:∧::{::::|::|::| Vzリ       ヒzり }::::∧:::|:::|:::ヽ    彼ら対策は私だけじゃなくて
     l'  Ⅵ、:: 从     ,      /::イ| }Ⅵ:∧::|:::.    西方街区の赤線全体でやってたんだけど、
          ∨::/:.    _     /:,:/イ,:::リ:':::l:∧:|    店を持たない夜鷹の人たちを護るのは難しくて。
          {::/ 个 .  ` `   ,ィ/::|::∧::::::::/' リ
          |/  ∨:`:... __  ´ |::{::∧{ }イ:::{
             {::∧::::|      |::|/ }'   ∨
              ∨   /  |/
          , --<    ,   `}> 、
        イ//i:i:i:/ `   ´ ̄ ̄/i:i:i:/` 、
       / `Vi:i:i:i/____,.ィ/i:i:i:i/__`ヽ、
        ,   {i:i:i:i{............................{i:i:i:i:{     ∧
        /  /i:i:i:/` ーr r ― ´|i:i:i:i:|      / |
      ,  ∧i:i:i{__Y_,.---/i:i:i:i∧   ,:  |
       | ,   `¨´_  |__」__,.. -`ー '  . /
      「 / / ̄´ `゙'| 「     ヽ   ∨     |
      |/  ,       V        :    .    ∧
     {  {        }!        l     }   /  }




          }/ノ ._>''::::;::::::::::::::::::::::::::::::::、::::`:ヾー.、 __
        `´.>'//::::::/::::::/::::::::::::::::::::::::::|i:::::::::::::\!ミミ.、
         ///:::::::/::::::/:::::::::::::i:::::::::::::::||!:::::\:::::::\!、}
         ./://::::::::|::::::イ:::::::::::::::|l::::::::::::/!|::::::::::|::::::、:::ヾ'
       ,':::{{::::::::::::!:::::||___||___// |::::::::::|::::::::!::::::i
       i::::{l:::::::l::::l ̄'i´ 、乃`ヾ    , ><i:::::i::l:::::::l
        |:::::}:::l:::|::::l.  !  辷ノ '      テ、=、`i、ノ::::l:|
        |:::::|:::l:::|::小 、、、、         l:'::! l l::::::ヽノ
        |::::i|:::|:::!:::|::ヽ            '   ゙´ '.::::i:::l    ……そっち、でしたか。
        |::::!`ミ_ .小 ヾ、          ```.l::::::!::|
        |:::|::`ー`_,、` u                 ,'::::/!:,!
        |:::|::::::::i::::|:ヽ        ´ `    /::|へ/                                  「ええ」
        |:;':::::::::,!:::|:. 丶         /::::::::|
       !'::::::::/:!:::ト、,r、,.、  、  , ....::'i:::::::|::::::|
        /:::::::/::::!:;'    `´ヽ_` ´_!;、::::|:::::::|::::::|
 ,...‐--、,、,':::::::/,又ノ- 、      ,}r',、_{:::/:::::: !::::::!
..'::::::::::::::::ヽ_。 ̄ ̄    `ヽ、  ,.トli<mヾ.':::::::::;'::::/
::::::::::::::::::::::::::`ヽ。       >' !ヽニ='、:::::;':::/__
::::::::::::::::::::::::::::::::`'-、。    /   \-'、' 、 `ヽ<´:::::丶
::::::::::::::::::::::::::::::ト、:::::`´ー、。 /   !  ヽ i \.  ヽ:::::::::ヽ
::::::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::`/     .レ'  `i     ヽ:::::::::i
_________________________________________________
≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≫≪≫≪≫≪≫≪≫
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 夜鷹は店舗所属の者とは営業事情も形態も異なるため、どうしても目の届かない部分があったとのこと。

 組合長権限まで用いて赤線全体でフォローしようとしても限界があったようだ。主に、人数の面で。無理もない。

 夜鷹は客引きも接客場所も、その時刻すら各々で変わってしまう。全てカバーするのは不可能だと容易に想像出来る。

2577 : シュマリ ◆zQrF8VDB4U [] 2021/05/04(火) 21:08:25.18 ID:Ur2sQ7EH

                . ∠´ .::: ::: :: : ̄: `  、
              /.:::::::::/⌒> 、 .::::::: :: ´≦ ≠─┐
              //⌒/.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト、
            r「 .::/.:::::::/ .::::: ::::::::::: ト、.:::.ィ! :::::::::::::::::::::: |::ト、
            i:| :: |.::::: / .:::::::::::::::::::: |ハ://}.::::::::::::::::::::::: |::|∧
           ノ:l :: |.::::/.::::::::::/ .::::::::: |´`¨´リ .::::::::::::::::::::: l::|::::i
          /.:: |.:::リ::/.::::::::: /:/::/ :::: l   / l::::::::::i :::::::::: l::l::::|
           {::::l:|::/:/.: :::::::::/:/::/i__:::!:|  |::::|::::::::::l :::::::::::从::::}
            从lリ/:/:// !:::/7´/::ノ! `lノ  l:::「:::::`メ、:::::::(::ハハ    幸い、志津香さんにとっちめられてからは
          人::/:/!:!:::|/ .ィ升芹ト.: |   l|::ムテKノハ.::::::}::::::i: ∧    殆どそういう被害は起こってないけどね。
           ))::l:i从:人 入 .__i::| 从  ノj|r'__i:j「 Yハ:::::|:::::j:/:∧
         //::ハへ } ヽ `ー'      ゞ--' /:!::l:::::l::::リ:::/:::}
         (:::/⌒}::i:\从{ /j/j/j/   , /j/j/j/イノ!:リ::::リ:/ル'}::ノ
         )'  ノ:ノ::}::li:::::\     _       /!:::ノ/:::/::(
           (:: ( ノ:ム\:::::\   ´ `    イ::::Y:〈:::〈::::::)
           ヽ.:) ⌒}::ノ:):::::|._> ._ . ィ ::: 人:: |  )::::)´
                }イ彡':::|      j⌒}j  )ノ (⌒´
              ,ィ升レ' ´        \ _
            /|:::::::|             「 \




               , 、_..,
              / {rf >fソ、
              } ヽ,-‐' .l.....;::::…_::........_
               >、  _..ノ..':::::::::::::::::::`:::...、`_ 、   ,__
             ..:´:/lll/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ..〉Y〉ヽ
.              /:::::/llll/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::八 !ゞ《
            /::::::/ll/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ゝ _r'
            .':::::::/l/::::::::::::::/:::::::::::::::::i:::::::::::::::::l:::::::::::::::::::::.
             .:::::::::fll/::::::::::::::i!::::::::::::::::/!:::::::::::::::::l!:::::::::i:::::::::::
          .::::::::::ll/::::::::::::::::l ::::::::::::::' i::::::::::::::::ll::::::::::l!::::::::::
           l::::::::::l,':::::::::::::∧「ヽ:::::::i!ト、 i::::::::::/:/l::::::::::ll::::::i::::.
           |:::::::::l!::::::::::::::! ,rfテュ:_::l ゝ`!:::::/l:/ ,::_:/ !:::::!::::.
           |:::::::::|:::::::::::::::l 仡示(⌒ヾ .}/ / /:_:::/``i::::∧:::!
           |:::::::/!::::::::::::::l 杙::::::ソ       んr= 、/:/:::::V
           |:::::::、!_::::::::::::::. .....         fテソ .il 7::::::!
           |::::::::ヽ` 、:::::::::: u           ゞ ' /./::/:,'    ……ですか。
           |:::::::::::::丶-.ヽlヽ}        '  ..... ・.:::/:::!
           |:::::::::::::::::::::::ト、               ,:::/::i:;   (殆どってことは、ゼロってことじゃないってことよね。
            i:::::::::::::::::::::「.ヽ\   ` ー--      .イ` ヽリ    
            !:::::::::i::::::::::|   ´ >       <i:::|        木下さんだけにしておいて良かったわ)
          ,:::::::::::l::::, 'ヽ、    ヽ` i、:::´:::::::::::l.l:::!
.          ;:::::::,. ' .三三 ` 、   Y fト、:::::::::::::! l::!
.        , - 、´ゝ、.三三三三.` 、 /  ヽ-_` 、i,ノ/
        /三三ヽ≡.、三三三三三ヽ/´、ソ.ゝ三`ゝ、_
.        .:′=三三ヽ三`ゝ-、三三三.〉、`<´/、三=〈ニ. ヽ
        i 三三三三ハ三三三`ー、三.f i!`ー'ヽ ヽ、ニ{ニi三i
.       /!三三三三三i三三三三` 7!  !   ヽ .>ニ、ニi!
     ,:r' 三三三三三!三三三三=ム  _,.. -'´</ヽ三ハ.ハ
      , l_三_三三三、 ノ三三三三三 7T´/ _..=〉l_,. 〉ニ、三i!
      〈 〉只〈三三ニ{ヽ三三三三三└-ゝ'´ !l ` ´三三.ハ三i!
       Y三`三三三i三〉三三三三三三三,/ ヽ三三三ニ}三ヽ
       {三三ヽ 三三/三三三三三三三f〈! ハ\三三ニi三.ノ
.       i ヽ三三ヽ./三三三三三三ノ ̄〈l! ゝ'!l{. \三ニl!::/
.      |ニ三三三!三三三三三三/i   〈l!  l!{  l!\!ソ:f!
       !三三三/三三三三,- '´  l!  , 〉!  l!{ .l! iニ〉ニl
.      i三三三ト,ヘ_,,、/ー '    _;!,,'´ .〉! Ol!}  l!f,/三.{
.      {三三三 i }、     _,  ´ l!   〈l!  l!{ l〈三三l,γ
      i!三三三 ト、!、ー ' ´     ∥   〈!  〉〉 ヾ、三ニi`
       i三三三ニ!三`ー--  __/___/ O/  ノ三三!〉
_________________________________________________
≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≫≪≫≪≫≪≫≪≫
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 殆どということは、逆に言えば僅かではあるが、被害が起こっている、ということである。

 現状を鑑みるに――結果論ではあるが――練習目的で木下だけに夜鷹営業をかけたのは、正解だったと言えよう。
_________________________________________________
≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≫≪≫≪≫≪≫≪≫
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

                  _,rn豸>    _ .................... _
                    <_彡く⌒} -=ニ二二ニ=-::::::::::`:..、
                  'ー=ア´ ...::::::::::::::::::::::¬-=ニ=- :::::ヽ,_
                         ...::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::-=ニマ⌒苡ヘ
                   (  ..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::{ ヘ¬'’
                      丶 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノヘr┬'^
               '⌒ 、____ / ____   ̄ ̄ ̄  ノマニ7⌒
                  i :::::::::i:::::::::Λ :::::::::::::::ii::::::::::::::i::::::::::::::::V:::::::: .
                   j.::::::::::l::::::::「^| i:::::::::::::il :::::::::::::l;:::::::::::::: l::::::::: :
                 ⌒T:::::|:::::::iト | i:::::::::::::i| i::::::::::::|i:::::::::::::: l::::::::: i
                i ::::「「`汎 Li:::::::::::::iLi:::::::::::」i:::::::::::::: l::::::::: l
                ∧::::}   り     ̄ ¨^汀J了 i:::::::::::::: l:::::::::¦  (今の状況でもし夜鷹をするとしたら、
                    '⌒W//        乂,_ソ i:::::::::::::: l::::::::: ;     木下さんか、お店の常連さんくらい?
                  从   '     ///・ .'::::ぅヘV::::::: /
                      ^⌒            厶イ_ ィ:::::::::: ′     でも常連さんは普通にお店に来てくれるから……
                          、 、        / 「:::::i:::::::::::i      切羽詰まったら考えようかな)
                        「心.         r ´¬〔:::::::l:::::::::::l
                      ノヘ::::〕Tマ 瓜<⌒'ー< __::厶:::::::::l
                        , <⌒ⅵ 」「∵_,   ∴ン'⌒ <
                       ∠{f芒,ノ厂「 フ⌒  :,ジ~        .
                 ー£=辷彡ヘ〈ア^   ∴ジ  _,       i
                    /-‐冖勹¬'~ __ ∵ジ~ /~ .....:::::::..  ¦
                   , '^ア⌒7⌒7い⌒'  7> '⌒ ...:::::::::::::::::::  ¦
              <⌒ √ /   ′ `V::::〃 .......:::::::::::::::::::::::::::  Λ
              〈 ⌒'ー〈  j'   小/´ .:::::::::::::::::::::::::::::::::::  /::::: .
            /´::>、_/`ーァ'^ーァ'⌒7 .::::::::::::::::::::::::::::::::::::: 〈:::::::: :
              X´:::::⌒>、_∧__,/ _,.ゝ、, xヘ、 _::::::::==-ァ仁  }i::::: ;
            / :::::>:::⌒7¨⌒~て >'⌒ <⌒ <>、  __彡'⌒:: /:l::::: i
             , ⌒¨´ ,...::::::/´__,√/ .::::::::::::`¨¨「\_>::::::::::::::: ィ゙::::|::::: l
           / ::::::::/:::::::::::〉'⌒>'⌒...:::::::::::::-=ニL 小::::::::::ア〔:::l::::::|::::: |
_________________________________________________
≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≫≪≫≪≫≪≫≪≫
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 そして、事こここうなった以上、例のデータを入手し、元互助会を判別できるようになるまで、夜鷹は行わない方が吉だ。

 というか木下以外はやめた方が無難である。もしどうしても行う必要があるにしても、この店での常連相手くらいか。

 まぁ常連であれば店に来るだろうし、今は木下以外に営業をかける必要があるほど切羽詰まってはいないが。

2578 : シュマリ ◆zQrF8VDB4U [] 2021/05/04(火) 21:09:38.81 ID:Ur2sQ7EH

       |:::::::::::::::::::::/::::::::/::::::::::/::::::::::::::::::://:::::::::::::::::::::::l:!:::::::::::::::!:::::’.
       |:::::::::::::::::::':::::::::/::::::::::/::::::::::::::::::://:::::::::::::::::::::::::l::!::::::::::::::::::::::::i
       |:::::::::::。+・:::::::::':::::::::::├‐=ニ=s。:iVi::::::::::::::::::::::::/}:i:::::::::::::::i:::::::::l
       |::::::::/   !:::::::i::::::::::::::l .ュ._ ¨`' ゝ、::::::::::::::::/ 从::::::::::::::!:::::i:::!
       l::::::::{   ::::::::l:::::::::::i::! 了示(¨゚ヾ    >- '.-/ ̄`::::::::/::::,'リ
       !::::::::h.  l::::::::l:::::::::::l::l .乂_少        ュ._¨7─'ヽ/
.      i::::::::::::ヽ ー 、:::::::::::l::!           了示' //::::::::i´   それでその、
.       l:::::::::::::::::::ーt ≧s。从 .:.:.:.         弋ソ /::::::/リ    色々とお願いすることばかりで
     l:::::::::::::::::::::::::l∧              , .:.:.: ・:::::::/:/      申し訳ないんですが、その人たちをですね……
      !:::::::::::::::::i:::::::l  ヽ   u                /:::/:/
.     /::::::::::::::::::l:::::::!、  ih.、       , -、     ..:′ヽ:/      
    /:::::::::::::::::::::!::::,: `¨ヽ_ 个o.   ゝ ノ    。o个
.   /::::::::::::::::::::/i:::/      i__  〕iト. _ .。s≦i::::::::!
  /:::::::::::::::::/.:/       i_ .,r' /  〕iト.__!>─ 、
. /:::::::::::::/ ,ィf \        li /        /.::.::.::.::.::゚v
_________________________________________________
≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≫≪≫≪≫≪≫≪≫
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 それはそれとして、瑠璃は今日、春夏と絶対に会わなければならなかった用件を言うために、口を開いた。

 接客制限。

 部屋を借りた上、さらに”お願い”をするのは――今更とは言え――心苦しいもの、これは承諾してもらう必要がある。

2579 : シュマリ ◆zQrF8VDB4U [] 2021/05/04(火) 21:10:11.23 ID:Ur2sQ7EH

              _.......:::::::´ ̄ ̄≧=-、
            _,._:´_:::::::::::::::::,..---、:::::::::::`:::.、_
           ,./::::::::::::::::`::::::::::´::::::::::::::\:::--::、:::\::..、
         /::|::::::::::::::::::::::,:::::,ィ::::::::::::::::::::::\:::::::'.:::::ハ:::l
       .'::::|:::::::::::::::::::::{ミY∧:::::::|::|:|:::::l::::::\:::{::::;::|::|
       }:::::}::,:::::::::::::}:::∨´ {::|:::|::|:|:::::{:::::::::::::::∨::}::{
       /::,:'::/::::::,::::/::::!ム   ∨_}:|__::∨::::、:::、::Ⅵ::::::、
        /::/:::::::::::::|:_,l-:::|:|:|   マ、::从}\}::、:::'.:::}:::∨::::::}
     .:'::/'::::'::::::::イ:::{从{_ト{   } },ィ斧(_;ヽ|:::l|::;:、:::∨:/
     |:イ {::::ト、::::::|:イ「笊_;ヽ       Vー'り' }:/}/∧::::}::{    ああ、大丈夫よ。
     { { 、::|∧::::{:ト、 Vzソ       `¨¨ /' イ/::|:}:/::::.
     | ` Ⅵリ 、:从ム :.:.:       :.:.:.:  ムイ:::://'\::{    元互助会の人はお客様として通さないでほしい、でしょう?
         {  }' ノ:∧     `_     イ/:::{::{ \、`ヽ
           /::イ::个::...  `こ´  ..:: |{::从` \   ノ
             {/ {∧{ヽ} }> _...イ   !乂     }
             乂  ) /  /}      乂__
                 ,.ィ> ´        }/\
        ,.. --rr‐ ///             |///|`¨>- 、
        /   乂////- 、    ___.....::j///j/    `:.
     / |     ////   `  ´¨¨    /// /    /⌒ヽ
      {  、 |  //// \::::::.......____,ィ/// /   /    {
      |   Ⅵ ,イ///      、:::::::::_...イ {// / / /        :
      /   } {///{       oT     //// / / |      }
     ,   / j/(_)/!----、__o_|___{//イ  {,/ : /     /
     { /   ` ̄ ´    〃         |(_)/〉 |  |/    , 
    / '     「 ̄ ̄ ̄`~'~―===、 ̄ \}l  /     {
    ! {     {{       l         }}     } ,:      ;
    / 八     マ、      |          ||     | /       /




              _,. '":::::::::::::::::::::::::::::::"ヽ{ゞ〉´、ヘケ
     ,、  _,. '":::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ ^ヾ、〃〉
  /ヽ,',ノ、/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`:ー.."´
  「jヘ〃:/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
  ト〉ゝ /::::::::::::::::::::ii::::::::::::::::::::::::::::::ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ
  V-‐´:::::::::::::::::::::ハ:::::::::::::::::::::::_i {::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ
    ,':::::::::::::::::::::::::| 从_::,. '"_ ,, ..zュ=ュ, ̄|:::::::::::::::::::::::::::}
   ::::::::::::::::::::::>、゛´    〃´ん::::::} } |:::::::::::::::::::::::::::::l
  ,::::::::::::::::|l/__.,,z.    .′ ヘ:::ソ   .j:::::::::::::::::::::::::::::|    え。
  i:::::/:::!  /て::::}`        ///. /,::::::::::::::::::∧::::::|
  {/::::::∧〈. 弋::リ           /ノ::::::::::::::::ノi }:::::::|
   '´ヾ,::::ヘ`     、           ̄ ̄,'厂 ノ::::::::::|
     /::::::::}.///               _,.ノ´::::::::::::::|
    /::::::::::l υ       ,,. -   υ /:::::::::::::::::::::::::|
    ´"ヾ,::::ヘ       -‐ ´       ヘ::::::::::::::::::::::::::::i
       ヾ:::ゝ、               _,.  |:::::::::::::::::::::::::::i
           |::::::: ゙‐ .,_      ,. '" ,‐´ l:::::::::::::::::::::::::::i
         i::::::::::::::::::: _` t  ' ,、/´゚`  |.,_:::::::_:::;;:::::_:::.!
            ',::::::::::::::::::ヘ`、 ,、/ ゚ ゚  , - ´::.: ̄:::.::::.::.:
       ヾ 、Ⅴ::::::::_::_::ヘ V ゚  _,. '":::.::::.::.:::..::
    /:: :`ヤ:::.:`:‐´/´,ゞj`〉`>/:::.::::.::.::
    /::.:.:.:.:〈::.:: :::. :::{`<,'ヾノ'ノ´j:::.::::
   { :.: :.: :.:.:>:::.:::::.:::ーヘ
_________________________________________________
≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≫≪≫≪≫≪≫≪≫
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 しかし本題を言う前に、春夏に先回りされてしまった。

2580 : シュマリ ◆zQrF8VDB4U [] 2021/05/04(火) 21:10:32.28 ID:Ur2sQ7EH

              __,.-r-- 、―-‐,.--、
             ,..:-:「/:,:/:::::::::::::::`´:::::::: ̄|-、
          /:::::/://:::::::::::::::r、:r::::::::::::::V:}
          .':::::::':::::::::/:::::::::::::: ,:|-' |:::|:|::::::::V
          |:::::::|::::/:::::/::/__/::}  |:::|:|::::::::::\
          {:::;::::V:,:::::::/イ/}::{:/   }:T:lヽ::V:ヽ:l
           V:::/:/:{::: |ィチ斧ミ   ィ斧、}:::::}:::}リ   あ、あら?
          /:/{:::{从:::{ Vzリ    ヒソ /:::/:/
         {:::::,:::乂::、_\ u      '   彡イ:/     違ったかしら。
         乂:{:::::ノ:/:::VI 、   r::っ  人(:{
          }ヽ:{∧:イ:::| `  .    ィ   \
            ` }'_ ノ     `「 }/
        , - く/∧ __....\  乂_
         /     ∨∧\----- 、´__> 、
        , ⌒\  ∨∧ ` ー---,__|//|ヽ
        /    、   \/\  \o}}  }//} l
      ,     ヽ   }//}____/'   V∧
       |       、 | 「\」     ` ー}//} 、
       |         V |  ____`V   ーく  ヽ
      ,:        ,: |  |        ―- , ヽ |
      /  \    / ,:  |             |  } |
     ,     \  , /  /      /    ,: 人{
      |          {'   /   / /    / ,   \
     、       ヽ 〈    イ     /イ      }




               __,,,,,,,,_,,,,_,,,,__ . i、<i>、
          ,r、 _..r''´::::::::::::::::::::`ヽ、`!_`iヽ,>
         /i/::::::::::::::::::::::::::::::\::::::`ヽ王ヽ
         '/:::::::::::::::::;:::::::::::::::::: !::::ヽ:::::::::ヾ}}ヾ、
        /::::::::::::::: /:::::: !::::::::::::!:::::::ヽ::::::::::ヾ}|:ヽ                
         /::::|::::::::: /|:::::::::|:::;::::::::|:::::::::|::::::::::::::l}|::::i
       .l::::::|::::::::|:| |、::::_;lv'l_;::'::l、__::::!::::::::::::::ト、::::!
       .|::::::!::::::_N ``´ ./, ィ.‐ti'`l::::::::::::: ト、ヽ:i   
          l::l::,レ'i´ー_-_   ´ '  じ ' .|::::::::::!::,ト,. i::::!    い、いいえ、その通りなんですけど……良いんですか?
           '`ー:i イ じ'        〃 ノi::::__ル'ノ /::::i
           |l    ,        ' ´ _.'_/::::::::l    というか、なんでわかったんですか?
           |:l´´           u.   /i::::::::::::::::::l
           |::ヽ    こ二つ      _/l:::::::::::__l
           ''´ \       ,  _ノ' .,!.'/::::::::::::`ヽ
                  i::..、 _ ,.., ´ /  / ,i:::::::::::::::::::::::::.、
                    ヽ::::::::::〈ヽ./   ./ .i::!:::::::::::::::::::::::::::ヽ
                丶__;; ',ヽ!  ./ /::|::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
                 /´! i彡i'ヽ./ /:::::!:::::::::::::::::::::::::::::::::>ヘ
                   i:::::! レ、, ヘ ./:::::::!:::|:::::::::::::::r―rイ __,〉
                   |:::::ヽ/´ |  ∨:::::::: ヽ!:::::::::::::::ヽ..,!´`ヽ、>
                 ヽ//      ヽ:::::::、:::!::::::::::::::::::<_!::::::::::::ヽ
                <  ,   ,.,、| ,..〉:::::::`ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::
               /``´`ー'  `´l:::::::::::::::::::`ー::、::::::::::::::::::::::::

2581 : シュマリ ◆zQrF8VDB4U [] 2021/05/04(火) 21:11:04.43 ID:Ur2sQ7EH

                      ,. -‐=::::::::::::::‐-ミ
               />.:::::``丶、::::::::::::>-‐=ミ
                 ,∠/.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.ヽ
           ,..イ::::/.:::::::::::::::::::::::::::ト、::ヘ::::::::::::::::::::::::: ト、
              {::::{:::/./,::::::::::::::::::::::::::|∨/}::::::::::::::::::::::::::l::|
              ∧::∨//.:::::::::;::::::::::::::::「`゙7.::::::::|:::::::|::::::::|::|
.            ;::::∨//.:::::::::/.:}:::::::::}:::j  ':::::i:::: |:::::::|::::::::|::|
           {:::::::/.'::/.:::::/7フ.::厂{:::'  {:::T|¬ト、::::l::::::人|
          い::i:{:::{::::::/ ;イ|::/_,八{   }::八 ハハ:::|:::::::::::::.、    それはわかるわよ。
            }::{八八{::{ ,斗=ミ ヽ ノ'゙=ミ、 川ハハハ:ハ
           ノ人::::.ヽ 八                /.::リ::::ノ:}::}ヽ:}    事情を考えれば当然だもの。
           (   ):::::::ーヘ.u     '    ー=彡イノ ノノ ノ
            ((:::::(\込、   ー ‐    .イ::::::::::(         
             ) ヽ:;ゝ):::::|      .イ::::ノ八::::::.ヽ
                  ( (人:j   ` ≦|:人(   r‐=彡'
               _゙斗 '′      、 _)__ ヽ
              ,r‐=7.:::/        `¬:::.ヽ、
            /  .::::/  ‐- 、_ ノ -‐ |:::::::| `丶、




                              , -rヘ、
                    ...-‐……‐- .... くヽ_ゞヘ ゝ、
               ,..:."´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::`{ λノーr'
.      ,rヘ、 /::::::::::::/:::::::::::::::::::::::l::::ヽ::::::`マ弖ゞ'
     r〈∨〉У::::::::::::: /:::::::::::::::::::::::: l:::::::‘::::::::::::V》:::..
     {K/r'/:::::::/:::::::/::::::::::::::::::::::::::: ト、::::::‘ ::::::::::V》:::::.
.     V_,/:::::::/::::::::ハ::::::::::::::::::::::::::::| l_:::::_|:::::::::::: V》:::::.         
        ,′:::: !:::::::::| l:::::::::::::::::::::: ,斗=ミ |:::::::::::::: V》:::::       「そこにさっきの瑠璃ちゃんの顔を見れば自ずと、ね」
        ,':::/::::::|!::::::::l  ー''"´ ̄ィ´トrj } i} |:::::::::::::::::l:::::::::
.       i::/:::::: 」ー,斗=ミ      乂ソ ' ・|:::::::::::::::::|::::::::: 
.       l:レ'"ハ 〃トrj }         ^¨´   |:!:::::::::::: ハ :::: i      ……。
       从::::::::::. {{ V_ソ           '''  从::::::::::/ノ}:::::::|
.         `7::::::.` ^¨´ ヽ            ` ̄ ノ::::::::|     (わたし、そんなにわかりやすい顔してたかしら)
.        /:::::::::} ''''             u rー:'´:::::::::::::|
.       从::::爪 u     _   -‐    厶ィ::::::::::::::::: |
         `ヽl::::...    ´         / l:::::l::::::::::::::::::::|
            ` |:个:......       イ⌒⌒Y:!:::::::::::::::::: | _
           |:::l::::::::::l`::::ー:.:.: ´ ,ノ∴∴人:ノ⌒ーァ_/:.:.:.:.'.,
           |:::l::::::::::l::::::rヘ}  ノ∴  /i:i:i:i:i:i:・ノ /:.:.:.:.:.:.:.:.:',
           |:::l::::::::::l:/ヽ:V=== /i:i:i:i:i:i:i:・ノ:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.',
       /`ヽ了ー―/⌒YY⌒Y /i:i:i:i:i:i:i:i:・ノ:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.}
.        /:.:.:.:.:.:.{・i:i:i:i:i:{ゝζψζ〉i:i:i:i:i:i:i:i:i:・ノ:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|
       /:.:.:.:.:.:.:.:{・i:i:i:i:i:ゞ=≦≧ソヽ:i:i:i:i:i:・ノ:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. |
     ,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l:}i:i/ // ノ   ヽ \:iノ:.:.:.:. /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: /
...    {:. :.:.:.:.:.:.:. |:У   ノノ_ノ⌒) ゝ ノ:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ハ:.ハ:l
.     ___l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:ヽ)ー'ー'ヾ  ヽ ー' ヽ:.:.:.:. {ー=彡:..:.:.:. (・ω・)
    》:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:У   ノノ     ヽ   〉:.:.:.:У:.:.:.:.:.`ヽ:.:.:.:.:.:.:/::゚,
   《/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:く(`ヽ // _    _}_,ノ´:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.',.:.:.:.:/:::::::゚,
    {:.:.:.:./`ヽ:.:.:.:.}:.`´:ー‐'/ーヽー':.:.:.:.:.:.:.:. /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ー‐'::::::::::::゚,
.     ヽ:.〈:.:.:.:.:.:、:.:{:.:.:.:.:.:..:.:ノー―\ :.:.:.:.:.: /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./::::::ハ:::::::::::::::゚,
_________________________________________________
≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≫≪≫≪≫≪≫≪≫
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 まぁ確かに事情を鑑みれば予測しやすい話かも知れない。加えてどうも、顔にはっきり、そう書いてあったとのことだ。

 今回のことと言い、探索理由を初めからキョンに看破されていたことと言い、内心が顔に出やすいのかもしれない。
_________________________________________________
≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≫≪≫≪≫≪≫≪≫
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

    __       ,ィ⌒:i:i:i:i:i:i:i:iz‐、:i:i:irx:i:i:i{``ー‐'ー'r‐'
    r{__ ゝ   r‐':iz-‐'⌒¨¨¨´::::::` ̄::::::`ー`ー-ィ:く
  ノr'} リノヽ/x-'′::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∨::::::マハ::',
  〈 込ツ´ / .:::::::::::::::::::::::::i!::::::::::::::::::::::::::::::::∨::::::∨::::',
   }≦==イ:::::::::::::::::::::::::::::::!i:::::::::::i:::::::::::::::i!:::::V:::::::∨::::',
      ,′:i:::::::::::::!:::::::::::::!i::::::::::::!::::::::::::::ト、:::∨:::::::∨::}
     ,′:::!::::::::::::|:::::::::::::| i::::::::::::!:::_;斗'千}二}:::::::::::}:::!
      {::::::::|::::::_」__:::::」 !_;z=‐'´-‐'´,_,_,_,_,_!::::::::::!:::!   
      {:::{::::!::_´-‐' ¨´ ̄`     ,ィ"”艾芋¨}}|:::::::::::!::|
     !:::ヘ::ハ ィ歹芋芹ト       {.:.{}.:.} }}|::i::::::::}::!   (ま、まぁ、深く考えないようにしよう。
     |:::::ヘ:!:i! {{   r'.{}.:}          辷タ ・/イ::::;_r}:|    
     |:::::::::Nヽヾ  辷タ            〃千ノ/::::    一番の心配が片付いたわけだし、
     Lz≠Tヽ.}        ’         __/::::::i    接客以外でポーカーフェイスが必要なことって、
.         |:::八        x‐- 、_     ノ::::::::::::::::!     特に思いつかないし……)
.         |::::::::ヽ、u   /  ,、__ \   /::::::!:::::::::::|
.         |:::::::::::i!:`ヽ∠ -≦‐'^ヾ ー'/_レi:::::::!:::::::::::!
.          j::_:_:::::i!:::::{´ ー--= __ 弋__/。. {:::::::i::::::::::::,
        /-〉  ̄¨¨¨}    `ー- 、 }.}。   {::::::::!::::::::::::!
.       /i:i:i:ム    ',   、__`ノ.{    / `<、::::::,
      /:i:i:i:i:i:ム    }   イ、"ノ!`¨ . イ      `<:,
_________________________________________________
≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≫≪≫≪≫≪≫≪≫
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 最大の懸念事項が片付いた。とりあえずは、それで良しとしよう。

2582 : シュマリ ◆zQrF8VDB4U [] 2021/05/04(火) 21:11:44.92 ID:Ur2sQ7EH

                                ______
                          _/`:<: : : : : : : :>、
                      . :'7 : : : : : : : : : :  ̄\:`ヽ
                       ' : / : : : : : : /V'7 : : : : :\: ヽ_
                     |: / : : : : :} : 仔‐i{ : : ! : : : : :Y: :ト、
                     |/:./ / : :_/: : 「`´}}: : :|i: : : : : |: イ: |
                      // / : ´/⌒:ノ 〃⌒:|i、: : : :├イ:|
                     〃〃 :/ : :,斗=ミ(   l }=ミ八}: :} : :|i/.:/
                  {八{ : { : : { ヒツ ヽ ノノ }r心刈ハ : リ /   というか元々、
                    ヽ >) : : ゝ, ,  ,    `゙' ノ 丿:イ:{     彼らは私の経営してる店ではお断りにしてるから、
                       〃:人∧   、 _   ' ' んく: (人{    心配しないで良いわよ。
                     V(   ) 丶、    .イノ:ノ: :):) )    
                       )   _}≧ ´ 人(⌒フ´
                      __,.<Y:´:::::/ j     i::>- 、
                /   i::::::::::i   、      i:::::∧ \
               /      i::::::::::i   ゝ '´ ̄i::::::::::i  \
               /   i i   i::::::::: i       i::::::::: !  !  ヽ
              /       :、 i:::::::::∧   、    i,へ:::::!.   ∧
             / 二ニ==- . /レ'´  ハ.\ :.  /i\ ヽi.、  / i
.          /  ― - ― ' ´ /    く  i// `ー´//i  〉.  ヽ   ./|
.         /    .._    ,′   ヽ i////ii////! /    }  /i
      /    ゝ !   ̄ >'{      、!// 7 ///.i/    i   /
.      i i     ヽ    /  V     i|/////////    /  /




          }/ノ ._>''::::;::::::::::::::::::::::::::::::::、::::`:ヾー.、 __
        `´.>'//::::::/::::::/::::::::::::::::::::::::::|i:::::::::::::\!ミミ.、
         ///:::::::/::::::/:::::::::::::i:::::::::::::::||!:::::\:::::::\!、}
         ./://::::::::|::::::イ:::::::::::::::|l::::::::::::/!|::::::::::|::::::、:::ヾ'
       ,':::{{::::::::::::!:::::||___||___// |::::::::::|::::::::!::::::i
       i::::{l:::::::l::::l ̄'i´ 、乃`ヾ    , ><i:::::i::l:::::::l
        |:::::}:::l:::|::::l.  !  辷ノ '      テ、=、`i、ノ::::l:|
        |:::::|:::l:::|::小 、、、、         l:'::! l l::::::ヽノ
        |::::i|:::|:::!:::|::ヽ            '   ゙´ '.::::i:::l    そうだったんですか?
        |::::!`ミ_ .小 ヾ、          ```.l::::::!::|
        |:::|::`ー`_,、`                   ,'::::/!:,!
        |:::|::::::::i::::|:ヽ        ´ `    /::|へ/          「官営武器店や露店でも立ち入り制限されてるもの。
        |:;':::::::::,!:::|:. 丶         /::::::::|
       !'::::::::/:!:::ト、,r、,.、  、  , ....::'i:::::::|::::::|             娼館が例外ってことはないわ」
        /:::::::/::::!:;'    `´ヽ_` ´_!;、::::|:::::::|::::::|
 ,...‐--、,、,':::::::/,又ノ- 、      ,}r',、_{:::/:::::: !::::::!
..'::::::::::::::::ヽ_。 ̄ ̄    `ヽ、  ,.トli<mヾ.':::::::::;'::::/        
::::::::::::::::::::::::::`ヽ。       >' !ヽニ='、:::::;':::/__
::::::::::::::::::::::::::::::::`'-、。    /   \-'、' 、 `ヽ<´:::::丶
::::::::::::::::::::::::::::::ト、:::::`´ー、。 /   !  ヽ i \.  ヽ:::::::::ヽ
::::::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::`/     .レ'  `i     ヽ:::::::::i

_________________________________________________
≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≫≪≫≪≫≪≫≪≫
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 続くその言葉に、瑠璃はさらに胸を撫で下ろした。

 今までの客層から元互助会に限らずその手の輩は排除している気がしていたものの、きちんと確認出来れば、
安心感も異なるというものである。

2583 : シュマリ ◆zQrF8VDB4U [] 2021/05/04(火) 21:13:58.23 ID:Ur2sQ7EH

                . ∠´ .::: ::: :: : ̄: `  、
              /.:::::::::/⌒> 、 .::::::: :: ´≦ ≠─┐
              //⌒/.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト、
            r「 .::/.:::::::/ .::::: ::::::::::: ト、.:::.ィ! :::::::::::::::::::::: |::ト、
            i:| :: |.::::: / .:::::::::::::::::::: |ハ://}.::::::::::::::::::::::: |::|∧
           ノ:l :: |.::::/.::::::::::/ .::::::::: |´`¨´リ .::::::::::::::::::::: l::|::::i     ただ、志津香さんの一件があって
          /.:: |.:::リ::/.::::::::: /:/::/ :::: l   / l::::::::::i :::::::::: l::l::::|      彼らも多少大人しくなったから、
           {::::l:|::/:/.: :::::::::/:/::/i__:::!:|  |::::|::::::::::l :::::::::::从::::}      少し緩めた店もあるんだけどね。
            从lリ/:/:// !:::/7´/::ノ! `lノ  l:::「:::::`メ、:::::::(::ハハ
          人::/:/!:!:::|/ .ィ升芹ト.: |   l|::ムテKノハ.::::::}::::::i: ∧    私としては反対なんだけど、
           ))::l:i从:人 入 .__i::| 从  ノj|r'__i:j「 Yハ:::::|:::::j:/:∧    そこは経営方針の違いだから、
         //::ハへ } ヽ `ー'      ゞ--' /:!::l:::::l::::リ:::/:::}   ちょっとなんとも出来ないの。
         (:::/⌒}::i:\从{        ,     イノ!:リ::::リ:/ル'}::ノ  
         )'  ノ:ノ::}::li:::::\     _       /!:::ノ/:::/::(       
           (:: ( ノ:ム\:::::\   ´ `    イ::::Y:〈:::〈::::::)      
           ヽ.:) ⌒}::ノ:):::::|._> ._ . ィ ::: 人:: |  )::::)´
                }イ彡':::|      j⌒}j  )ノ (⌒´
              ,ィ升レ' ´        \ _
            /|:::::::|             「 \




       |:::::::::::::::::::::/::::::::/::::::::::/::::::::::::::::::://:::::::::::::::::::::::l:!:::::::::::::::!:::::’.         「そういう店は基本、赤線の外縁部……
       |:::::::::::::::::::':::::::::/::::::::::/::::::::::::::::::://:::::::::::::::::::::::::l::!::::::::::::::::::::::::i           言葉は悪いけど、
       |:::::::::::。+・:::::::::':::::::::::├‐=ニ=s。:iVi::::::::::::::::::::::::/}:i:::::::::::::::i:::::::::l          場末の娼館だから、今まで通り、
       |::::::::/   !:::::::i::::::::::::::l .ュ._ ¨`' ゝ、::::::::::::::::/ 从::::::::::::::!:::::i:::!         “花道”を通っていれば
       l::::::::{   ::::::::l:::::::::::i::! 了示(¨゚ヾ    >- '.-/ ̄`::::::::/::::,'リ           鉢合わせはないと思うわ。
       !::::::::h.  l::::::::l:::::::::::l::l .乂_少        ュ._¨7─'ヽ/         
.      i::::::::::::ヽ ー 、:::::::::::l::!           了示' //::::::::i´                でも、一応は気をつけて。
.       l:::::::::::::::::::ーt ≧s。从 .:.:.:.         弋ソ /::::::/リ
     l:::::::::::::::::::::::::l∧              , .:.:.: ・:::::::/:/                 私も巡回はしてるけど、
      !:::::::::::::::::i:::::::l  ヽ                 /:::/:/                 全部を把握できるわけじゃないから」
.     /::::::::::::::::::l:::::::!、  ih.、       , -、     ..:′ヽ:/     
    /:::::::::::::::::::::!::::,: `¨ヽ_ 个o.   ゝ ノ    。o个        
.   /::::::::::::::::::::/i:::/      i__  〕iト. _ .。s≦i::::::::!           わかりました。
  /:::::::::::::::::/.:/       i_ .,r' /  〕iト.__!>─ 、        
. /:::::::::::::/ ,ィf \        li /        /.::.::.::.::.::゚v
_________________________________________________
≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≫≪≫≪≫≪≫≪≫
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 しかし春夏が経営している店以外では、入店制限まではしていない所もあるとのこと。

 とはいえ、その手の店は外縁部に集中しているらしく、また“花道”は暗黙の了解的に娼婦以外は入ってこない。

 また、春夏の巡回は今も行われている。つまり瑠理が気をつけさえすれば、赤線で遭遇する心配は、まず無いようだ。
2584 : シュマリ ◆zQrF8VDB4U [] 2021/05/04(火) 21:16:47.65 ID:Ur2sQ7EH

                 _____  _,、,、
           rィ、 ,ィニニニニニニニ{ ゙Wフ
           }」 У: : : : : : : : : : : :ーくト`:、
            7: : : : : : :|: : : : : : : マ: :`{}: :'.;
             //: : :i: : : :i: : : :マ: : : :i: : : i!: :';
            i: i: : : }: : : :iマ: : : :マ: : :}: : : :i: : i
            {: |: : : }: : : ::i マ>示Tー{: : : :i: : i        
           i: 「ムゞ乏ミ    弋_リノ|: : : :レ}: |         (後の心配は元互助会に新規加入した人くらいだけど、
          i:∧i`,゙-゙ー'  ,     ,ん: ://: :          でも、 見られてもそう問題ないかな?
          マi: :ム           ,`ーレ'く: : : : i
           ヽr'.iヘ、   ヘ  〉7   ヽ: : :i         護衛仕事とか、言い訳はどうとでも出来るものし、
              i: : :` ‐ _ ‐ヽjヽ、_  〉ヘ'rミi´}       それらしい人に尾けられたら、
                j: : :>'´';∨´ /  }´ _/´し' | i       不審者扱いすれば大丈夫っぽいし)
             r'´{ヘ    薔‐'   ,┘rくiヽ i ∧      
            ///リ//ヽ' ヽ_ヘ‐‐'7く‐jヽ_ ィ7///i!
          r7///////んんん_∨////i////////!
         /i////|//んく / ん〉////∧//////.∧
        //∧///////‐'`' /)`ー,/////∧//////i!
       /zz_i>'7//ィ'´(i o /)  i`ー、///i∨/////i
       i////} /: :y' i(i o i)   〉  7ー': i∨///i
       i/////ヽ、:_ヽ!_ ===‐ ___/______〉 〉‐'ヽ、ー‐'
       i///////ヽ,|///////////////iノ    `ヽノ
       i////ト,//////////////////ト/`i
         i////iУ(/////////////// レ1_}、
_________________________________________________
≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≫≪≫≪≫≪≫≪≫
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 残りの懸念事項と言えば、危険人物データでカバー仕切れない新人くらいか。

 だが、元互助会に加入するような経済状態では、春夏の店で娼婦を買うことは難しいだろう。

 また、娼婦仕事以外で赤線内にいる所を見付かっても幾らでも弁解できる。娼館警護は低級屍肉漁り定番の仕事だ。

 つまり、赤線内に瑠璃がいる点については、“見付かってしまう”ということ以上の問題がないと言えた。

 まぁそれが最大の懸念だが、尾行でもされたら“不審者”として連絡すればいい。赤線内なら対応してくれるはずである。
2585 : シュマリ ◆zQrF8VDB4U [] 2021/05/04(火) 21:19:35.21 ID:Ur2sQ7EH
_________________________________________________
≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≫≪≫≪≫≪≫≪≫
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ――と。
_________________________________________________
≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≫≪≫≪≫≪≫≪≫
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

                    '⌒W               i:::::::::::::: l::::::::: ;
                  从   '          ・ .'::::ぅヘV::::::: /
                      ^⌒            厶イ_ ィ:::::::::: ′     (ん……?)
                          、 、        / 「:::::i:::::::::::i
                        「心.         r ´¬〔:::::::l:::::::::::l
                      ノヘ::::〕Tマ 瓜<⌒'ー< __::厶:::::::::l
                        , <⌒ⅵ 」「∵_,   ∴ン'⌒ <
                       ∠{f芒,ノ厂「 フ⌒  :,ジ~        .
                 ー£=辷彡ヘ〈ア^   ∴ジ  _,       i
                    /-‐冖勹¬'~ __ ∵ジ~ /~ .....:::::::..  ¦
                   , '^ア⌒7⌒7い⌒'  7> '⌒ ...:::::::::::::::::::  ¦
              <⌒ √ /   ′ `V::::〃 .......:::::::::::::::::::::::::::  Λ
              〈 ⌒'ー〈  j'   小/´ .:::::::::::::::::::::::::::::::::::  /::::: .
            /´::>、_/`ーァ'^ーァ'⌒7 .::::::::::::::::::::::::::::::::::::: 〈:::::::: :
              X´:::::⌒>、_∧__,/ _,.ゝ、, xヘ、 _::::::::==-ァ仁  }i::::: ;
            / :::::>:::⌒7¨⌒~て >'⌒ <⌒ <>、  __彡'⌒:: /:l::::: i
             , ⌒¨´ ,...::::::/´__,√/ .::::::::::::`¨¨「\_>::::::::::::::: ィ゙::::|::::: l
           / ::::::::/:::::::::::〉'⌒>'⌒...:::::::::::::-=ニL 小::::::::::ア〔:::l::::::|::::: |
_________________________________________________
≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≫≪≫≪≫≪≫≪≫
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 そこまで考えた瑠璃の頭の中に、不意に何かが引っ掛かった。具体的に何か、というわけではない。

 言うなれば、綺麗に流れていかなかった取っかかりのような違和感。

 それは正に雲霞の如くあやふやなモノであり、気のせいだ、とも思える感覚だったのだが、



『判定』違和感の正体に気づくか否か

 『対抗値』 1d6+1d6
 『判定値』 行動力(3)+スカヴェンジャーの心得Lv(2)+1d6+[???(破)による補助(2)]

 成功時結果:①【特性:???(破)】が成長(弱)
         ②スカヴェンジャーの心得カウンター+1
         ③ストーリーに関することで瑠璃の判断材料に変化あり

 失敗時結果:変化なし

 能動的失敗結果:①【特性:???(破)】が弱体化(弱)
            ②平常心カウンター +1


 下3の間、【選択】の結果と、判定用ダイス1d6及び選択用ダイス1d100を添えてレス。
 選択用ダイス1d100の大きさで順番をつけ、選択判定値『1d3』で決定した順位の選択レスを採用(雑談除く)
 対抗値及び選択判定値については時間経過または選択レスが出そろった後に決定する。
 なお、選択用ダイス1d100が同値の場合は、先のレスが順番としては上に来るものとする。
 また、能動的失敗をする場合は、判定用ダイスの目に関わらず、必ず失敗となる。


【テンプレ】

         【能動的失敗の可否】:能動的失敗を行う or 能動的失敗を行わない
         【判定用ダイス】 :!1d6            ←「!」を「!」に変更
         【選択用ダイス】 :!1d100           ←「!」を「!」に変更

【記載例】

         【能動的失敗の可否】:能動的失敗を行わない
         【判定用ダイス】 :【1D6:5】
         【選択用ダイス】 :【1D100:34】
2586 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2021/05/04(火) 21:22:10.64 ID:re2UpgK0
【能動的失敗の可否】:能動的失敗を行わない
【判定用ダイス】 :【1D6:4】
【選択用ダイス】 :【1D100:80】
2587 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2021/05/04(火) 21:25:25.78 ID:AD6efxfZ
【能動的失敗の可否】:能動的失敗を行う
【判定用ダイス】 :【1D6:1】
【選択用ダイス】 :【1D100:79】
2588 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2021/05/04(火) 21:30:21.34 ID:AD6efxfZ
すいません
意味を取り違えました
「行わない」で
2589 : シュマリ ◆zQrF8VDB4U [] 2021/05/04(火) 21:32:17.16 ID:Ur2sQ7EH
時間経過に伴い、判定を行います。

選択判定ダイス
 【1D2:2
 『対抗値』 【1D6:2+【1D6:1

①:>>2587
【能動的失敗の可否】:能動的失敗を「行わない」
【判定用ダイス】 :【1D6:1】
【選択用ダイス】 :【1D100:79】


②:>>2586
【能動的失敗の可否】:能動的失敗を行わない
【判定用ダイス】 :【1D6:4】
【選択用ダイス】 :【1D100:80】
2590 : シュマリ ◆zQrF8VDB4U [] 2021/05/04(火) 21:34:22.05 ID:Ur2sQ7EH
_________________________________________________
≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≫≪≫≪≫≪≫≪≫
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
【システムメッセージ】『対抗値』 【1D6:2】+【1D6:1】=3<『判定値』3+2+2+4=11
             判定に成功しました。
_________________________________________________
≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≫≪≫≪≫≪≫≪≫
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

     |:::::ヘ:!:i!                     ・/イ::::;_r}:|
     |:::::::::Nヽ                   〃千ノ/::::   (……そういえば、なんでワタシ、
     Lz≠Tヽ.}        ’         __/::::::i    春夏さんとあの時に出会えたんだろう。
.         |:::八        x‐- 、_     ノ::::::::::::::::!
.         |::::::::ヽ、   /  ,、__ \   /::::::!:::::::::::|    というか、なんであの人たちみたいな、
.         |:::::::::::i!:`ヽ∠ -≦‐'^ヾ ー'/_レi:::::::!:::::::::::!     ワタシに絡んでくるような人が赤線にいたのかしら)
.          j::_:_:::::i!:::::{´ ー--= __ 弋__/。. {:::::::i::::::::::::,
        /-〉  ̄¨¨¨}    `ー- 、 }.}。   {::::::::!::::::::::::!
.       /i:i:i:ム    ',   、__`ノ.{    / `<、::::::,
      /:i:i:i:i:i:ム    }   イ、"ノ!`¨ . イ      `<:,
_________________________________________________
≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≫≪≫≪≫≪≫≪≫
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 瑠璃はその違和感の尻尾をうまく捉えることに成功した。引っ掛かったのは、春夏と初めて出会った時のことだ。

 父の失踪と姉の攪乱。その結果、茫然自失で赤線に迷い込み、そこで“良からぬこと”を考えている男たちに囲まれた。

 あの時は余裕が全くなかったので気にもならなかったが、なぜあの男たちは瑠璃をどうにかしようとしたのだろう。
2594 : シュマリ ◆zQrF8VDB4U [] 2021/05/04(火) 21:39:52.54 ID:Ur2sQ7EH





  l::::\::::ヽ           ,        ・/:::::::::/::::::!
  l:::::::( :::::::\                     .´/:/^l::::::i
  /:::::::::::::人                      /~::::::::::::::::!   (……、……)
 /:::::::::::::::::::::>        _ _ _         <::::::::::::::::::::::i
./::::::::::::: -  ´>            < ヽ _ ::::::::::::!
:::::::::::::'´       l _>   _   <l       >:::ヽ::::i
:::::::::/:::>        l ^ -、  ,-^゛ .l       }:::::ヽ:::!
:::::::{:::::::::(_        l / `只' \. l       /:::::::..}::::i
:::::::l:::::::::::::\      l/ ./人\ .ヽl        _):::::::::::l::::::!
::::::::>::::::::::::::::ヾ    \(/l l\)/     /::::::::::::::<::::::i
_________________________________________________
≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≫≪≫≪≫≪≫≪≫
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 また、拐かしを目論んでいた彼らの足先は、むしろ赤線内部へと進んでいたように思う。

 その上、彼らは瑠璃を取り囲み、不埒なことを口にしながら移動し――そして春夏と出会った。

 客や客引き、娼婦の犇めく赤線でそんな会話をしていれば、組合長や警護の屍肉漁りに連絡されるのは当然である。

2595 : シュマリ ◆zQrF8VDB4U [] 2021/05/04(火) 21:41:10.88 ID:Ur2sQ7EH

           {:::ム{          :.:.:r-・〈 /   , ⌒ヽ、
           |:::::::} :.:.:.  '        >-/⌒ヽ///////\    (もしかしたら、
           |::::叭           `{ {、  ////////// ∧    そこまで重く考えてなかっただけかもしれないけど)
             ´ ̄ ゝ    ^     ,..Y  7////|/////// ∧
                |::>  __ .. <r-{,イ/////|/////// ∧
                r┴―-'「|}  / ,イ \///{/////////∧
          ___,..イ{。   、 |!_/ / _,..イ/`ヽ、'////////// ハ
        _////Y//ム__  rイ=ミイ_,..イ/// {///∧///////////}
        「:.:.:,'//// }//////乂Y_ン//\////∨//{:.:∨///////_,..ノ
     ,イ:.:.:////////////  / ∨///`ヽ、/ ∨/\:.:\/>´:.、
   <彡77{:.{///////r {⌒ヽ  '   ∨//////\\/イ}:.:/:.}::::::::::::\
    {//{//、::ヽ///イ >'イ \_,.- \/////////}::/:.:.{乂:::::::::::::::::ヽ
    |///\//7{/// \_「_,.-r 、_}  `丶、////〈:::`::¨:::} ヽ::::::::::::::::::.
    ∨////`777/{     {|  |i}   ヽ   ` </ }::::::::::::|  }::::::::::::::::::〉
   /:∨////// /     〃o //     \  ///イ ::::::::: |  |:::::::::::::: /
  ,:::::::::: ∨/////{    // ,.',イ      \ {¨´:: |:::::::::::::; /:::::::::::/
  /::::::::/:}/////イヽ、   { { o{i}         ヽ::::::/:::::::::::/ /::::::::/
 ム-イ::::::|////乂///≧=` ー''、___\____,ノ:/:::::::::::/   ̄ ´
     ̄´{/イ⌒/////////////////////////:/:::::::::::/
      ∨`7'//:.T≧=--////__r-- 、///ハ,ィ::::::::/
       {_,///(:._|/\//////////∧:.:.:.:.YT´:.:.{ ̄´
         ////(.:_|///\/////////∧,..:ィ介ーr」
.       ///// (_|/////\/////////}:.:|/∧:.:.:7
      ///////ム∨//////ヽ/////////// ∨∧
     ,:'////////ム:∨////////、/////////////}
_________________________________________________
≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≫≪≫≪≫≪≫≪≫
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 春夏のことは噂でしか知らなかった。あるいは、知っていても遭遇するわけがないと思っていた。

 彼らがそういう風に認識していたとすれば、ただそれだけの話だ。

 その辺り、確認してみたい気もしないではないが、『瑠璃も、そして』春夏も、彼らの思惑を理解できるわけがない。

2596 : シュマリ ◆zQrF8VDB4U [] 2021/05/04(火) 21:41:53.77 ID:Ur2sQ7EH

                  _,rn豸>    _ .................... _
                    <_彡く⌒} -=ニ二二ニ=-::::::::::`:..、
                  'ー=ア´ ...::::::::::::::::::::::¬-=ニ=- :::::ヽ,_
                         ...::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::-=ニマ⌒苡ヘ
                   (  ..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::{ ヘ¬'’
                      丶 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノヘr┬'^
               '⌒ 、____ / ____   ̄ ̄ ̄  ノマニ7⌒
                  i :::::::::i:::::::::Λ :::::::::::::::ii::::::::::::::i::::::::::::::::V:::::::: .
                   j.::::::::::l::::::::「^| i:::::::::::::il :::::::::::::l;:::::::::::::: l::::::::: :
                 ⌒T:::::|:::::::iト | i:::::::::::::i| i::::::::::::|i:::::::::::::: l::::::::: i
                i ::::「「`汎 Li:::::::::::::iLi:::::::::::」i:::::::::::::: l::::::::: l   
                ∧::::}   り     ̄ ¨^汀J了 i:::::::::::::: l:::::::::¦   (……まぁ、今は良いかな。
                    '⌒W           乂,_ソ i:::::::::::::: l::::::::: ;
                  从   '          ・ .'::::ぅヘV::::::: /     時間がもったいないわ。
                      ^⌒            厶イ_ ィ:::::::::: ′
                          、 、        / 「:::::i:::::::::::i      あとで気が向いたら考えよう)
                        「心.         r ´¬〔:::::::l:::::::::::l
                      ノヘ::::〕Tマ 瓜<⌒'ー< __::厶:::::::::l
                        , <⌒ⅵ 」「∵_,   ∴ン'⌒ <
                       ∠{f芒,ノ厂「 フ⌒  :,ジ~        .
                 ー£=辷彡ヘ〈ア^   ∴ジ  _,       i
                    /-‐冖勹¬'~ __ ∵ジ~ /~ .....:::::::..  ¦
                   , '^ア⌒7⌒7い⌒'  7> '⌒ ...:::::::::::::::::::  ¦
              <⌒ √ /   ′ `V::::〃 .......:::::::::::::::::::::::::::  Λ
              〈 ⌒'ー〈  j'   小/´ .:::::::::::::::::::::::::::::::::::  /::::: .
            /´::>、_/`ーァ'^ーァ'⌒7 .::::::::::::::::::::::::::::::::::::: 〈:::::::: :
              X´:::::⌒>、_∧__,/ _,.ゝ、, xヘ、 _::::::::==-ァ仁  }i::::: ;
            / :::::>:::⌒7¨⌒~て >'⌒ <⌒ <>、  __彡'⌒:: /:l::::: i
             , ⌒¨´ ,...::::::/´__,√/ .::::::::::::`¨¨「\_>::::::::::::::: ィ゙::::|::::: l
           / ::::::::/:::::::::::〉'⌒>'⌒...:::::::::::::-=ニL 小::::::::::ア〔:::l::::::|::::: |
_________________________________________________
≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≫≪≫≪≫≪≫≪≫
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 元々がちょっとした違和感だ。そして瑠璃にはそれよりも、春夏に相談したいことがたくさんあった。

 せっかく開店前の貴重な時間を割いてくれている以上、そんな些末な違和感を追求している暇はないのである。

 ただ一応、記憶の隅には留めておくことにした。妙に気になった、という点が、瑠璃の中で気になっていたがゆえに。

2597 : シュマリ ◆zQrF8VDB4U [] 2021/05/04(火) 21:43:23.62 ID:Ur2sQ7EH

               __,,,,,,,,_,,,,_,,,,__ . i、<i>、
          ,r、 _..r''´::::::::::::::::::::`ヽ、`!_`iヽ,>
         /i/::::::::::::::::::::::::::::::\::::::`ヽ王ヽ
         '/:::::::::::::::::;:::::::::::::::::: !::::ヽ:::::::::ヾ}}ヾ、
        /::::::::::::::: /:::::: !::::::::::::!:::::::ヽ::::::::::ヾ}|:ヽ
         /::::|::::::::: /|:::::::::|:::;::::::::|:::::::::|::::::::::::::l}|::::i
       .l::::::|::::::::|:| |、::::_;lv'l_;::'::l、__::::!::::::::::::::ト、::::!
       .|::::::!::::::_N ``´ ./, ィ.‐ti'`l::::::::::::: ト、ヽ:i     ところでオーナー。立ち入り制限のことなんですけど。
          l::l::,レ'i´ー_-_   ´ '  じ ' .|::::::::::!::,ト,. i::::!
           '`ー:i イ じ'        〃 ノi::::__ル'ノ /::::i
           |l    ,        ' ´ _.'_/::::::::l                                 「うん?」
           |:l´´               /i::::::::::::::::::l
           |::ヽ   r‐ 、       _/l:::::::::::__l
           ''´ \  ` ´   ,  _ノ' .,!.'/::::::::::::`ヽ    ……やっぱり、あのデータがここにも?
                  i::..、 _ ,.., ´ /  / ,i:::::::::::::::::::::::::.、
                    ヽ::::::::::〈ヽ./   ./ .i::!:::::::::::::::::::::::::::ヽ
                丶__;; ',ヽ!  ./ /::|::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
                 /´! i彡i'ヽ./ /:::::!:::::::::::::::::::::::::::::::::>ヘ
                   i:::::! レ、, ヘ ./:::::::!:::|:::::::::::::::r―rイ __,〉
                   |:::::ヽ/´ |  ∨:::::::: ヽ!:::::::::::::::ヽ..,!´`ヽ、>
                 ヽ//      ヽ:::::::、:::!::::::::::::::::::<_!::::::::::::ヽ
                <  ,   ,.,、| ,..〉:::::::`ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::
               /``´`ー'  `´l:::::::::::::::::::`ー::、::::::::::::::::::::::::
_________________________________________________
≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≫≪≫≪≫≪≫≪≫
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 違和感のことはさておいて、瑠璃は二番目に確認しておきたかったことを問うた。

 恰も以前から知っている風な口調なのは、データの存在をキョンから教えてもらったことを春夏に伝えていないから。

 もしデータの存在自体を口外することが好ましくなかった場合、キョンの信用性に関わってしまう。それを危惧したのだ。
_________________________________________________
≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≫≪≫≪≫≪≫≪≫
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

              __,.-r-- 、―-‐,.--、
             ,..:-:「/:,:/:::::::::::::::`´:::::::: ̄|-、
          /:::::/://:::::::::::::::r、:r::::::::::::::V:}
          .':::::::':::::::::/:::::::::::::: ,:|-' |:::|:|::::::::V
          |:::::::|::::/:::::/::/__/::}  |:::|:|::::::::::\
          {:::;::::V:,:::::::/イ/}::{:/   }:T:lヽ::V:ヽ:l
           V:::/:/:{::: |ィチ斧ミ   ィ斧、}:::::}:::}リ
          /:/{:::{从:::{ Vzリ    ヒソ /:::/:/    ……あら? なんでそれを……って、そっか。
         {:::::,:::乂::、_\ u      '   彡イ:/
         乂:{:::::ノ:/:::VI 、   r::っ  人(:{    瑠璃ちゃん、マリオさんの娘だものね。
          }ヽ:{∧:イ:::| `  .    ィ   \
            ` }'_ ノ     `「 }/       知っててもおかしくないか。
        , - く/∧ __....\  乂_
         /     ∨∧\----- 、´__> 、     そのとおりよ。
        , ⌒\  ∨∧ ` ー---,__|//|ヽ
        /    、   \/\  \o}}  }//} l    
      ,     ヽ   }//}____/'   V∧    
       |       、 | 「\」     ` ー}//} 、
       |         V |  ____`V   ーく  ヽ
      ,:        ,: |  |        ―- , ヽ |
      /  \    / ,:  |             |  } |
     ,     \  , /  /      /    ,: 人{
      |          {'   /   / /    / ,   \
     、       ヽ 〈    イ     /イ      }
_________________________________________________
≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≫≪≫≪≫≪≫≪≫
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 幸い、春夏はあっさりとデータの存在を肯定してくれた。瑠璃が“知っている”点にも疑念を抱いた様子はない。

 マリオの娘――官営武器店の関係者という立場は、瑠璃が意識している以上に、都市の中で特別なのかも知れない。
2598 : シュマリ ◆zQrF8VDB4U [] 2021/05/04(火) 21:44:42.16 ID:Ur2sQ7EH

     |:::::ヘ:!:i!                     ・/イ::::;_r}:|
     |:::::::::Nヽ                  〃千ノ/::::
     Lz≠Tヽ.}        ’         __/::::::i   (……やっぱり春夏さんも具体的には言ってくれないか。
.         |:::八        x‐- 、_     ノ::::::::::::::::!
.         |::::::::ヽ、   /  ,、__ \   /::::::!:::::::::::|    当たり前なのかもしれないけど)
.         |:::::::::::i!:`ヽ∠ -≦‐'^ヾ ー'/_レi:::::::!:::::::::::!
.          j::_:_:::::i!:::::{´ ー--= __ 弋__/。. {:::::::i::::::::::::,
        /-〉  ̄¨¨¨}    `ー- 、 }.}。   {::::::::!::::::::::::!
.       /i:i:i:ム    ',   、__`ノ.{    / `<、::::::,
      /:i:i:i:i:i:ム    }   イ、"ノ!`¨ . イ      `<:,
_________________________________________________
≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≫≪≫≪≫≪≫≪≫
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 そして春夏も――当然かもしれないが――それ以上データについて言及する様子はなかった。

 あわよくば、という考えが全くなかったかと言えば嘘になる。

 だがそれはそれでキョンと同様、情報管理の面で信用できる証左でもある。ここは好意的に捉えるべきだろう。

2599 : シュマリ ◆zQrF8VDB4U [] 2021/05/04(火) 21:45:23.39 ID:Ur2sQ7EH

                . ∠´ .::: ::: :: : ̄: `  、
              /.:::::::::/⌒> 、 .::::::: :: ´≦ ≠─┐
              //⌒/.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト、
            r「 .::/.:::::::/ .::::: ::::::::::: ト、.:::.ィ! :::::::::::::::::::::: |::ト、
            i:| :: |.::::: / .:::::::::::::::::::: |ハ://}.::::::::::::::::::::::: |::|∧
           ノ:l :: |.::::/.::::::::::/ .::::::::: |´`¨´リ .::::::::::::::::::::: l::|::::i
          /.:: |.:::リ::/.::::::::: /:/::/ :::: l   / l::::::::::i :::::::::: l::l::::|
           {::::l:|::/:/.: :::::::::/:/::/i__:::!:|  |::::|::::::::::l :::::::::::从::::}    
            从lリ/:/:// !:::/7´/::ノ! `lノ  l:::「:::::`メ、:::::::(::ハハ
          人::/:/!:!:::|/ .ィ升芹ト.: |   l|::ムテKノハ.::::::}::::::i: ∧    あ、そうだ。接客の話で思い出した。
           ))::l:i从:人 入 .__i::| 从  ノj|r'__i:j「 Yハ:::::|:::::j:/:∧   
         //::ハへ } ヽ `ー'      ゞ--' /:!::l:::::l::::リ:::/:::}    ひとつ、伝えておかないといけないことが
         (:::/⌒}::i:\从{ /j/j/j/   , /j/j/j/イノ!:リ::::リ:/ル'}::ノ    あったんだったわ。
         )'  ノ:ノ::}::li:::::\          /!:::ノ/:::/::(
           (:: ( ノ:ム\:::::\  (   フ . イ::::Y:〈:::〈::::::)
           ヽ.:) ⌒}::ノ:):::::|._> ._ . ィ ::: 人:: |  )::::)´
                }イ彡':::|      j⌒}j  )ノ (⌒´
              ,ィ升レ' ´        \ _
            /|:::::::|             「 \
             /  l|:::::::|  ̄ ` \  .. - ─   |::::::::「\
_________________________________________________
≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≫≪≫≪≫≪≫≪≫
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ぱん、と胸の前で春夏が小さく柏手をした。
_________________________________________________
≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≫≪≫≪≫≪≫≪≫
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

      ’ー、   ,..:´:::::::::::::::::::::::::::::::::,::::::::::::::::::::::::::::::::::::、::`:::i  、ミゝー} }
         `,´:::'::::::::::::::::::::::::::::::::::/!:::::::::::::::::i::::::::::::::::::i:::::::::ゝ_ ヽ,、ヽ〉
         /::::':::::::::::::::::,':::::::::::::::::' l::::::::::::::::::l:::::::::::::::::::l:::::::::::!/`:::i `
.          ,::::::,:::::::::::::::::i::::::::::::::::::' .|::::::::::::::::::l:::::::::::::::l:::l::::::::::::,./l:::l
        i::::::i:::::::::::::::::l:::::::::::::::::i :,::::::::::::::::::l:::::::::::::::l:::l::::::::::::i/i::::l
         |:::i::l::::::::,,-─-....、:::::l  :,:::::::::::::__:::::::::::::l::l:::::::::::::l,/::::!
        !::::,:l::::::::_,._ニ二 ̄   `ー´--' !_:``:::::':::l:::::::::::::i'::::::'
        :,::::,:´, .l .「ト:::::(`        ィチテァー、`┤:::::::::::l::::::'
          :,::::,::. i ! l:::;;:::リ          ト::;;:::.'i  l ,'::::::::::::::!:::::'   ? なんですか?
         :,:::::,:: l  ゝー'        弋_ソ ノ ':::::::::::::::|::::'
          :,:::::、.. !          ,        ・ '::'i::::::::::::l::::'
         ∧:::::,ヽ.                  //,::::::::::,,:::!
            Vi::::::::、                ソ /_,,'´:::::::l
              |::::::::::ゝ      , 、        イ::::´:::::::::::::::::l
              |::::::::::::::::i>..          イ:::::::l::::::::::::::::::::::!
              |::::::::::::::::l:::::i`-、::... ..  ≦´, '、'!::::::::l:::::::::::::::::::::|
             l::::::::::::::::l::::::!  `ー、 _, '´`´  .l:::::::::l:::::::::::::::::::::,
           !:::::::::::::::,,-!    Y      .!-、::::l::::::::::::::::::::::,
           !::::,, '´  ヽ    _,、    ,, '´  ゝ、::::::::::::::::::::,
_________________________________________________
≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≫≪≫≪≫≪≫≪≫
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 首を傾げる瑠璃。

 すると春夏は「瑠璃ちゃんとして喜ぶべきかどうかは難しいところかもしれないけど……」と前置きをして、

2600 : シュマリ ◆zQrF8VDB4U [] 2021/05/04(火) 21:47:48.53 ID:Ur2sQ7EH

              _.......:::::::´ ̄ ̄≧=-、
            _,._:´_:::::::::::::::::,..---、:::::::::::`:::.、_
           ,./::::::::::::::::`::::::::::´::::::::::::::\:::--::、:::\::..、
         /::|::::::::::::::::::::::,:::::,ィ::::::::::::::::::::::\:::::::'.:::::ハ:::l
       .'::::|:::::::::::::::::::::{ミY∧:::::::|::|:|:::::l::::::\:::{::::;::|::|
       }:::::}::,:::::::::::::}:::∨´ {::|:::|::|:|:::::{:::::::::::::::∨::}::{
       /::,:'::/::::::,::::/::::!ム   ∨_}:|__::∨::::、:::、::Ⅵ::::::、
        /::/:::::::::::::|:_,l-:::|:|:|   マ、::从}\}::、:::'.:::}:::∨::::::}
     .:'::/'::::'::::::::イ:::{从{_ト{   } },ィ斧(_;ヽ|:::l|::;:、:::∨:/
     |:イ {::::ト、::::::|:イ「笊_;ヽ       Vー'り' }:/}/∧::::}::{
     { { 、::|∧::::{:ト、 Vzソ       `¨¨ /' イ/::|:}:/::::.    実は、黒猫ちゃんの評判が凄く良いのよ。
     | ` Ⅵリ 、:从ム :.:.:       :.:.:.:  ムイ:::://'\::{
         {  }' ノ:∧     `_     イ/:::{::{ \、`ヽ
           /::イ::个::...  `こ´  ..:: |{::从` \   ノ
             {/ {∧{ヽ} }> _...イ   !乂     }
             乂  ) /  /}      乂__
                 ,.ィ> ´        }/\
        ,.. --rr‐ ///             |///|`¨>- 、
        /   乂////- 、    ___.....::j///j/    `:.
     / |     ////   `  ´¨¨    /// /    /⌒ヽ
      {  、 |  //// \::::::.......____,ィ/// /   /    {
      |   Ⅵ ,イ///      、:::::::::_...イ {// / / /        :
      /   } {///{       oT     //// / / |      }
     ,   / j/(_)/!----、__o_|___{//イ  {,/ : /     /
     { /   ` ̄ ´    〃         |(_)/〉 |  |/    ,
    / '     「 ̄ ̄ ̄`~'~―===、 ̄ \}l  /     {
    ! {     {{       l         }}     } ,:      ;
    / 八     マ、      |          ||     | /       /
_________________________________________________
≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≫≪≫≪≫≪≫≪≫
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 と、言った。
_________________________________________________
≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≫≪≫≪≫≪≫≪≫
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

              _,. '":::::::::::::::::::::::::::::::"ヽ{ゞ〉´、ヘケ
     ,、  _,. '":::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ ^ヾ、〃〉
  /ヽ,',ノ、/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`:ー.."´
  「jヘ〃:/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
  ト〉ゝ /::::::::::::::::::::ii::::::::::::::::::::::::::::::ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ
  V-‐´:::::::::::::::::::::ハ:::::::::::::::::::::::_i {::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ
    ,':::::::::::::::::::::::::| 从_::,. '"_ ,, ..zュ=ュ, ̄|:::::::::::::::::::::::::::}
   ::::::::::::::::::::::>、゛´    〃´ん::::::} } |:::::::::::::::::::::::::::::l
  ,::::::::::::::::|l/__.,,z.    .′ ヘ:::ソ   .j:::::::::::::::::::::::::::::|
  i:::::/:::!  /て::::}`        ///. /,::::::::::::::::::∧::::::|    えっと……それは、どういう意味で?
  {/::::::∧〈. 弋::リ           /ノ::::::::::::::::ノi }:::::::|
   '´ヾ,::::ヘ`     、           ̄ ̄,'厂 ノ::::::::::|
     /::::::::}.///               _,.ノ´::::::::::::::|                  「どういうも何も、接客のことよ」
    /::::::::::l υ       ,,. -   υ /:::::::::::::::::::::::::|
    ´"ヾ,::::ヘ       -‐ ´       ヘ::::::::::::::::::::::::::::i
       ヾ:::ゝ、               _,.  |:::::::::::::::::::::::::::i
           |::::::: ゙‐ .,_      ,. '" ,‐´ l:::::::::::::::::::::::::::i
         i::::::::::::::::::: _` t  ' ,、/´゚`  |.,_:::::::_:::;;:::::_:::.!
            ',::::::::::::::::::ヘ`、 ,、/ ゚ ゚  , - ´::.: ̄:::.::::.::.:
       ヾ 、Ⅴ::::::::_::_::ヘ V ゚  _,. '":::.::::.::.:::..::
    /:: :`ヤ:::.:`:‐´/´,ゞj`〉`>/:::.::::.::.::
    /::.:.:.:.:〈::.:: :::. :::{`<,'ヾノ'ノ´j:::.::::
   { :.: :.: :.:.:>:::.:::::.:::ーヘ
_________________________________________________
≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≫≪≫≪≫≪≫≪≫
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 なんでも、瑠璃、というか、黒猫の接客評判がかなり良い方であるらしい。

 清楚な雰囲気を醸しつつ艶も纏い、技術こそ拙さが残るものの、客の心情を読んでいるかのような心地よい間を取る。

 そして何より、瑠璃自身“楽しんでいる”ことが客にもはっきり伝わってくる。それらがかなり受けているとのことであった。

2601 : シュマリ ◆zQrF8VDB4U [] 2021/05/04(火) 21:49:09.15 ID:Ur2sQ7EH

                   _,...--....._ __
               ,.ィ::::⌒ヽ::::/ヽ:::::::`ヽ、-ミ、_
             ,...:,'::::::::::::::::::∨:::::::\:::::::::::\}:`ヽ
            //:::::,::::::::::::ハ/i}::::::::::::\::::::::::ヽ:::::.
             {/:::: /:/::}:::::::/Yi{/:::::::::::i::::::ヽ::::,::::ム:::::.
           /:::/:/::/::|Ⅳ  /:::,::|::::::|:::::::::∨:::::::ハ:::::..
            ,.:'/:/-/-、!::| /:'::::|::|::::::|:::::::::: ∨::/:::!::::::i
         /:/::::/::::::/:::/:i:::| }':::__|::{::::::|::::::::::::::∨::/}:::::::}
           {/I::::{::::/仆芹、:/ |ハ::/!::|`ヽ、::::::::::::}:∨/::::::/
         )' {:::ト::{从弋(リ'   !/'ィ斥ミ、ハ::::::::::/}::}:'::::::,
           ヽゝ//{ :.:. /      込zソノム::::://:::|:::|:::{    入店二週間くらいで良い評判が私の耳に入るって
               /イ:人 `     :.:.:.:. /' /イノ:::/::::|:::|    結構珍しいのよ。
           /'   )::}:\ マ::ァ     ィ /7´:/:::::人::.    
                /'__|从{ヽ _....  ´  /::{::::::::::/  ):}     常連っぽい人も出来てるみたいだし。
            _/´/i:i:/ ̄´ }       {:::ハ::::::/   /イ
            ハ /i:i:/ 、  .ノ   /    ヾ }:从
            '  ∨i:i:/   ヽ   / __   /≧、_                             「は、はぁ……」
          |  ./i:i:/、     ´ ̄     /i:i:i/  ∧
          | ,.:i:i:i/  \  __    /i:i:i/ ,.:'  .
         /i:i:i/      /o      ̄¨/i:i:i/¨´     }
       r‐'¨{ioi/  ̄ ̄ ̄`ヽ       /i:i:i/ ,      ;
       /  __¨____   ̄ ̄ ̄/i:i:i/ Y       i
        {  / ¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨ ̄ ̄ `ヽ、 {i:o:{ .{!      :
2602 : シュマリ ◆zQrF8VDB4U [] 2021/05/04(火) 21:53:46.30 ID:Ur2sQ7EH

                      ,. -‐=::::::::::::::‐-ミ
               />.:::::``丶、::::::::::::>-‐=ミ
                 ,∠/.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.ヽ
           ,..イ::::/.:::::::::::::::::::::::::::ト、::ヘ::::::::::::::::::::::::: ト、
              {::::{:::/./,::::::::::::::::::::::::::|∨/}::::::::::::::::::::::::::l::|
              ∧::∨//.:::::::::;::::::::::::::::「`゙7.::::::::|:::::::|::::::::|::|
.            ;::::∨//.:::::::::/.:}:::::::::}:::j  ':::::i:::: |:::::::|::::::::|::|
           {:::::::/.'::/.:::::/7フ.::厂{:::'  {:::T|¬ト、::::l::::::人|
          い::i:{:::{::::::/ ,斗=ミ八{  }:;斗ミlハ:::|:::::::::::::.、
            }::{八八{::{〃ir'.::::{  ヽ ノ'ir'.:::リ Y川ハハハ:ハ   その辺りを諸々考えて、
           ノ人::::.ヽ 八 ゞ-┘     ゞ-シ /.::リ::::ノ:}::}ヽ:}   新人扱いから卒業させることになったわ。
           (   ):::::::ーヘ ' '    '  ' ' ー=彡イノ ノノ ノ
            ((:::::(\込、   ー    .イ::::::::::(        だから基本給が1コマ10円から15円にあがるの。
             ) ヽ:;ゝ):::::|      .イ::::ノ八::::::.ヽ
                  ( (人:j   ` ≦|:人(   r‐=彡'       形式的なものだけど、これ、一応渡しておくわね。
               _゙斗 '′      、 _)__ ヽ
              ,r‐=7.:::/        `¬:::.ヽ、
            /  .::::/  ‐- 、_ ノ -‐ |:::::::| `丶、
           /   _,::::::l\=‐-z. ____」:::::::|     \
          /   ,∠ \:|  \: ヽ: :ヽ : : :.:/|:::::::|     ヽ
        {   /, -‐ァ   Y   `=‐-=-‐="  〉::::::〉l     }
        j´ 〈/ 'ニ   | ̄`丶、_:|_____{:::::::{ j/      j
         {   /ノニY   |        /     {:::::::{ { イ    {
        |    八   、 ___   _____ ̄/∨ |    〉
        |     / ∧   丶   Y´      i |   } ノ    }
        ;     { 丶    \ j       } |   }/∠   }
        /    ヽ{  :.\   \       |   厂 ̄   八
_________________________________________________
≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≫≪≫≪≫≪≫≪≫
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 マリオさんの捜索をする瑠璃ちゃんとしては、そっちの方が重要かもね。

 言いながら、春夏は“昇給通知”と書かれた書類を瑠璃へ差し出した。

 店の紹介から新人という文字が消されることと、その代わりに基本給金が上昇する旨が記されている。
_________________________________________________
≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≫≪≫≪≫≪≫≪≫
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

           |:{、:::::::::::|                          /:::::::::::/:::/
           |:::{\::::::|           ,          ・/:イ::::/T´:}
         ,::::::\\:! /////         ///// /' /イノ イ:::: !     (……)
         /::::::::::::;ー:.                         /-::'´::|::::::|
        ,:::/::::::::/:::::込、                      イ::: !::::: |::::::|
        ,:::/::::::::/::::::::_,>                  <__:::::|:::::::|::::::{
         /:/::::::::,> ´     |>            <     `ー ァ:::::::.
      /:/::::::://ム       { {^ヽ, `  - _´rイ} |        )ヽ:::::.
       /:/::::::://∧{        Ⅵ\ `ヽ、 /´  / ,'        {/∧:::::.
      ,::/,:::::::{///∧、_      ∨/ \__Y__/ /       _ノ//∧::::::.
      /:,'/ :::: |////∧/ヽ       ヽ / ,.八  `ヾ       「//// ∧:::::::.
.    /:/,':::::::: |/////∧/{      (__,ノ{_}\_)     __ノ///////|::::::::::..
   /:::{/ :::::: ///////∧/\_     ヽrィ^ヽ'     ,.イ/////////{:::::::::::::.
   ,::::::|':::::::::///`ヽ.///∧////`ヽ  イ{r薔)ィ 〉 ,.イ77///////イ////∧:::::::::::::.
_________________________________________________
≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≫≪≫≪≫≪≫≪≫
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 自分と断言し辛いが、しかし、紛れもなく自身である身体と行為と、その痴態。

 それらが余人の視点から十分な評価を受けている。

 その事実に、瑠璃は、

【選択】娼婦としての評判が良いということを聞いて

1:複雑な感情を抱いた。
 結果①:ルートカウンター変動。溺れた微笑カウンター -0.5
 結果②:理性 +1d3

2:喜びがわき上がってきた。
 結果①:ルートカウンター変動。溺れた微笑カウンター -0.5
 結果②:理性 -1d3
 結果③:発現条件を満たした時点で新たなルートカウンター発現(即座に当該ルートに入るわけではない)

3:哀しくなった。
 ※現行ルートでは選択不能。


 下4の間、【選択】の結果と選択用ダイス1d100を添えてレス。
 選択用ダイス1d100の大きさで順番をつけ、選択判定値『1d4』で決定した順位の選択レスを採用(雑談除く)
 選択判定値については時間経過または選択レスが出そろった後に決定する。
 なお、選択用ダイス1d100が同値の場合は、先のレスが順番としては上に来るものとする。
2603 : シュマリ ◆zQrF8VDB4U [] 2021/05/04(火) 21:55:46.96 ID:Ur2sQ7EH

            , -  、
           /ノ_^'^_)ヽ
          rl( )'Y ヽ」   今回の投下は以上となります、お疲れ様でした。
          Y、└ ` '/)
          ヽ`  ̄´ィ    いやはや、難産でした。実はラストの判定の後のシーンまで
         rイ: T`r´‐'l     割とつらつら書いていたんですが、話題が多すぎてあっち行ったりこっち行ったりで
         /:::レ/ノl, -べヽ、   思いっきり迷走してしまい、さらに体調不良も重なって、時間がかかってしまいました。
        r/:::/;;ソ::::::::::/::::::| 
       /:::::/;;/:、:::::|':::;:::::::)  結局、後半を一端、ズバッと切って忘れることにして、前半部分だけで構成しています。
   ,-、__ィ/:::::/;;;l:::::`ヽ)'::/--ゝ  作った後半部分は、基本的には再利用できませんね……また迷走しそうなので。
  rノ ,  /::::/;;;/::::::::::::Y:::r‐‐、!  ゆえ、次回の投下が早い、ということはなさそうです。申しわけありません。
  (/ク, //:::::l;;;;;;|::::::::::::::rヘ   ヽ  
      l:::::::|;;;;;|:::::::::::::::::l::::ト、 \rへ_   さて、とりあえず今回は主に春夏側の認識を話すだけに終始しました。
.      l:::::::ト、;;|:::::::::::::::::::l:::| ヽ _ ヽ_   この辺り「元互助会は迷惑でした」とかでサラリと流してもいいんですが、
       へ、|ヽ「::::::::::::::::::::l:::l  ヽノフr'´  それをやると今後、色々と判断材料を出しづらくなると思って、
..      T ヽト-、__-、_」         色々と書いています。
        |   ',      |          瑠理の判断もですが、読み手側の判断材料にも出来ればな、とか。
          '.  'l        !        
       ヽ、  l      |      それはともかく。
        ヽ::  l      |
         {:::::::::',     }      今回も見て下さり、また、判定に参加してくださり、ありがとうございました。
         /:::::::::ヽ    l       最後の選択にも参加して頂ければ幸いです。
      , - へ、__」    }
     (___...、)コ   ハ      さてさて、次回も会話主体だぞ、と。
            )-'´ ィ       飽きさせない構図とかも研究すべきなのでしょうけど……
            ,r--' ´/       中々視覚的表現は苦手ですねぇ
            |  ̄`ノ
            ヽ '´

2604 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2021/05/04(火) 21:58:23.21 ID:re2UpgK0
おつー

【選択】娼婦としての評判が良いということを聞いて
1:複雑な感情を抱いた。 【1D100:37】
2605 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2021/05/04(火) 22:08:05.73 ID:NCPYMydu
1:複雑な感情を抱いた。
【1D100:50】
2606 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2021/05/04(火) 22:15:14.29 ID:VM/z5r60
【1D100:91】
1:複雑な感情を抱いた。
2607 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2021/05/04(火) 22:39:41.33 ID:AD6efxfZ
乙です。途中選択の変更、失礼しました。
今度のは悩ましいです…あえて挑戦で

2:喜びがわき上がってきた。【1D100:20】
2608 : シュマリ ◆zQrF8VDB4U [] 2021/05/04(火) 23:45:48.09 ID:Ur2sQ7EH

ちょっと別件をこなしていたうちに選択が揃っていましたので、取り急ぎ選択判定のみを。

選択判定値
【1D4:2

①:>>2607
  2:喜びがわき上がってきた。【1D100:20】

②:>>2604
  1:複雑な感情を抱いた。 【1D100:37】


③:>>2605
  1:複雑な感情を抱いた。 【1D100:50】

④:>>2606
  1:複雑な感情を抱いた。 【1D100:91】

2609 : シュマリ ◆zQrF8VDB4U [] 2021/05/04(火) 23:47:39.55 ID:Ur2sQ7EH

以上の結果により、>>2604の選択【1:複雑な感情を抱いた】が選択されました。

選択への参加、ありがとうございました。

2610 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2021/05/05(水) 00:07:43.60 ID:V60OK4Iw
乙でした
2611 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2021/05/05(水) 07:05:02.98 ID:EcBueZPX
乙でした
2612 : シュマリ ◆zQrF8VDB4U [] 2021/05/05(水) 10:16:11.05 ID:DeCxW5eZ

            , -  、
           /ノ_^'^_)ヽ
          rl( )'Y ヽ」   おはようございます。乙と選択への参加、ありがとうございました。
          Y、└ ` '/)
          ヽ`  ̄´ィ     昨夜の選択判定の結果、>>2604の選択【1:複雑な感情を抱いた】が採用されました。
         rイ: T`r´‐'l
         /:::レ/ノl, -べヽ、  深夜帯のうちに選択できたので、続きを考える時間が少しふえた、とか考えたのですが、
        r/:::/;;ソ::::::::::/::::::|  あの後、すぐに寝たので同じことでしたね……さて、パスタみたいになった内容を
       /:::::/;;/:、:::::|':::;:::::::)  どう修正すべきか……。
   ,-、__ィ/:::::/;;;l:::::`ヽ)'::/--ゝ´
  rノ ,  /::::/;;;/::::::::::::Y:::r‐‐、!   なお、昨夜はちょっと別件に対応していたのですが、それについては、
  (/ク, //:::::l;;;;;;|::::::::::::::rヘ   ヽ   昨日の黒猫の投下分が出来てから作ったものです。
      l:::::::|;;;;;|:::::::::::::::::l::::ト、 \rへ_  こっちが! こっちが優先ですから!
.      l:::::::ト、;;|:::::::::::::::::::l:::| ヽ _ ヽ_
       へ、|ヽ「::::::::::::::::::::l:::l  ヽノフr'´  まぁそんな保身回路をギュンギュン回す発言はともかく。
..      T ヽト-、__-、_」
        |   ',      |      しかしこういう選択肢の場合、意外と当方の想定と違うところを突いてくるので
          '.  'l        !      驚きですね。
       ヽ、  l      |
        ヽ::  l      |      さてさて、それでは次回の書き溜めに移ろうかと思います。
         {:::::::::',     }
         /:::::::::ヽ    l      繰り返しになりますが、選択への参加、ありがとうございました。
      , - へ、__」    }
     (___...、)コ   ハ      
            )-'´ ィ
            ,r--' ´/
            |  ̄`ノ
            ヽ '´

関連記事
スポンサーサイト




コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://yarucha.blog.fc2.com/tb.php/6423-749765bb