チンクは大人の男になりたいのです その39

1802 : ◆ToVRCqC0oc [] 2015/09/27(日) 18:14:48 ID:I/tzk83Y0


              >-<:.:.:.ー-:.:.:.:.:.:.:.:.:. 、
           /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.、:.:.:.:.\
              /:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.::..
          /:.:.:.:/:.:.:.{:.:.:.:.:.:.:.:ト、:.:.:.:.:.:.:.:,:.:.:.:.:.:..             つーわけで見てる人いてくれてるようなんで
.          :.:.:.:.:.:.:.:._/ー、:.:.:.:.:.! ヽー-:.:.i:.:.:.:.:.:.:.               久しぶりに本編を投下すんぜー。
.          /;.:.:.:.:.:.:.:.′ ';.:.:.:.:|  }:.:ハ:|:.:.:.:./:.:.:.
         //:.ハ:.:.:.:.:' _,笊';.:.:.:|  斥ト }:.:.:./:.}:.:.:.,            なんか番外編っぽい感じだけど本編だ。
         {:.{ ';.:.{:.汽_,少 jハ}  う_少}:./:.:ハ`ヽ
.           }:.} K:.',ヽ     }     /:/:ハ} }!              必要なことやってるから正規の流れだよ?
         j!ハ八 ヾ    _   _    '^//
            \{   {    }    ム'′
               {{\  ヽ   /  / }}
             ^  }  .    /|
       ト、.       i    ー   {          ァ
 ー--―‐-,}  \r=ニニ7 ,'      {  r==- _ /   厶ァ  __
  }__,     \ /ニニニ{/ー-    -‐ヘ,ノニニニ}    ー '”      ーァ
_. -一      {ー==彡{    -‐^   } ー=ニリ         ___/
          }____人 /        ノ    /          ー-- _
1803 : 安価のやる夫だお [sage] 2015/09/27(日) 18:15:08 ID:tyxjwfLI0
ひゃっはー
1804 : ◆ToVRCqC0oc [] 2015/09/27(日) 18:15:41 ID:I/tzk83Y0


         _  /:}  __
         --=く<:.:.:.:.:.:.:.:....
      /:.:.:.:./}:.:.:.:、:.:.:.:.:.:ヽ:.\
      /:/:.:.:.:.:ハ:.:.:.:.:,ー-:.:.:.:}:.:.:.::.
       /:/:.:{:.:./_,入:.:.:.:, 、_}ト、:.:.:.:.:.,                 ラストステージ前のワンクッションってやつだな。
.     {:.{:.:.:{:.:.「   〉:.: }  ^ ヘ:.:.:.:i|
.      j从:.:.\三 ノ'^ヽ{ 三 /:.:.:.i{.                話的にはほとんど動かねぇんだけど仕方ない。
    ー今{ \:.{^        /:.:.:./{_,                 ノッブだって言ってたじゃん? 戦争なんてのは
     ^ヘ,_  ヽ    _  u/イ/^`                始めるまでの準備がほとんどだって、ンな感じ。
   ト、  _//\   ´`   イ{ -ァ --ァ
   _}__ \j {r==介ー- r‐≦--/   --く,__          ぐだぐだ長引かせて申し訳ねーけど了承すれ。
-‐  ̄    jニニ} >-‐ヘニニ}}      /
\ /    j{__/\   /}__}}   ヽ く
  /  -=ァ/::::::::\ \/ /::::::::\{\fニ=-
 '^ ] }:::::::::::::::::rv⌒}::.ォ  {:::::::::::::::{::{{ ^`
1805 : 安価のやる夫だお [sage] 2015/09/27(日) 18:16:28 ID:tyxjwfLI0
つまり嵐の前の静けさ…?
1806 : ◆ToVRCqC0oc [] 2015/09/27(日) 18:19:13 ID:I/tzk83Y0


           , -‐ァ:.:.:ー:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..
          /:.:.:.:.:.:.\:.:.:.:.:.:.、:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
.         /:.:.:./:.:.:f⌒ヽ:.:.:.:.:{\:.:.:.:.:.:.:i
         i:.:.:.:.{:.:.:/-- _';.:.:.:.|__ }:ハ:.:.:.:.:.                      ひゃっはーしてくれて どうもあんがとなー。
         |:.:::.:.';.:.{ _ 云 jハ:j=-/ ;.:.:.:.:|
         |:.:::::.:.刈辷7   {/ 辷圦}:./:.:′                  こんだけウタってて誰もいなかったら凹んでたわ。
          j:.:.rヘ:{ ハ    ′  /}:.:./                  メンタルもやしどころか豆腐だかんな。絹ごしの。
        ⌒} ハ\         /7:f`
          ヽrt    r っ  /Y                     んじゃサクっと投げるんでコンガさんのSW並行で
  、____ト、  }} \     / {{   - ア              追いかけてくれんなら誤爆に気をつけておくれ。
 __}    \ ヽ____  } `   イ    /  /ァー==--ァ
-‐¬       /ニニ}__ノ- ,  L...r=ニム      -=<_            そろそろ能書き止めて……いってみよー。(平並感
  , -―   -‐ {ー--{   -‐'   マー-,}   ___    ー- _
7     /   入__/ー-<     -‐ ァ^ヽ  ヽ    \__ -‐⌒
ー----:ァ__ -‐::::::::::::\  ーr‐ '   /::::::::::ー- {ー----=ミ
7:::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::i|   |    |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ}
′:::::::::::::::::::::::{:::::::::::::::: | !|    |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}}
1807 : ◆ToVRCqC0oc [] 2015/09/27(日) 18:19:53 ID:I/tzk83Y0


                             `
                              \ ,,_人、ノヽ
                               )ヽ    (
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ - <       >━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                               )     て
                              /^⌒`Y´^\
1809 : ◆ToVRCqC0oc [] 2015/09/27(日) 18:20:32 ID:I/tzk83Y0


― -_ ̄― -_ ̄― -_ ̄― -_-_ ̄ ̄― -_ ̄― ― -_ ̄― -_ ̄― -_ ̄― -_ ̄
__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐― ̄ ̄―‐―― ___ ̄ ̄―――  ___―― ̄ ̄___ ̄―==
―― ̄ ̄___ ̄―===━___ ̄―  ――――    ==  ̄―― ̄ ̄___ ̄―===━
__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐―   ――――    ==  ̄ ̄ ̄  ――_―― ̄___ ̄―
 ___
―===―___   ――――    ==  ̄ ̄ ̄  ― ̄―‐―― ___
 ̄――――    ==  ̄ ̄ ̄ ̄_――_━ ̄ ̄  ――_―― ̄___ ̄―=‐―
 ___―===―___   ――――    ==  ̄ ̄ ̄  ――_―― ̄ ̄―‐―― ___
 ̄ ̄―‐―― ___ ̄ ̄―――  ___ =―    ̄ ̄___ ̄―===━___ ̄―
__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐―   ――――    ==  ̄ ̄ ̄  ――_―― ̄___ ̄―
 ̄___ ̄―===━___ ̄―  ==  ̄ ̄ ̄  ――_――__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐―
  ___―===―_―    ==  ̄ ̄ ̄  ――_―― ̄ ̄―‐―― ___
  ――――    ==  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ―― __――_━ ̄ ̄  ――_―― ̄___ ̄―=
1811 : ◆ToVRCqC0oc [] 2015/09/27(日) 18:24:58 ID:I/tzk83Y0


                    _、       _ 、         _          __,, 、、
"  ̄ '''' '- ァ- ― ''''  ̄ "''、‐"~  "トィ '' "゙   '' "'ー゙"''ィ' " ̄'  "―''''""゙゙ ̄''ー'、 ,, 、"、-'"
 " '' 、 / '' """ '' "" '、"" ''r '"ヾ ' "" '' "r ´ ' "" '' "" ' " ' "〟ヾ   "゙ " ;
 " '''  "" "  ゙ "゙ "゙ " " '' "" ' '' "  "゙'' "  "゙'' "  "゙'' "  "゙ "'' " ,,  、
'' " _r、 "_  ゙'' "  "゙ ;_; ' 、 " _ '' "'' "  " '' "  "゙ '' "  "゙ '' " " '' 〟,, ; ;"゙"
/"''ー、―;;'"、"、 _ァ―、;;";;、 "'''、,,、―~;;"'';;,ァ―、;'''"'"'';; --、_,―;;"'''-、'";;;、ィ ニ ; ̄`ァ―、;;"'';;、-ニ
 ,―、" ̄ヾ";;"、、-< ̄`,―_ ̄;;"''、、`-ニ_;;";;、― l;;";"";;,、  ;;"、 l―‐i  l ̄ ̄l ̄F―_,,,, 、、、、 -
,/ ̄/ヽ ;;;"ミ ;;"/  ̄lヽ ―' 、_,/  ;;、ヾ''";;、/ ̄丶;;"''"、_ ,,,,、、、、 ---―‐'''''"" ̄, "  ;; 、
l ̄ 、,,ィ''i"i''=;;_ /____l_ヽ;;" ;/      ヽ      \  ; ,,  、 ;; ,、ィ'"''‐- 、 ;; " " # ;;、 :
,,、ィ'"l l l,,ィ''"  "'- ,, ;;""、;; '' "゙;,、_;_; ;;  " ;;";; ;;"、 __\ ;;  ,、ィ'"//// "''‐-、  " 、 ;;
l l l,,、ィ''"  ̄ ̄ ̄ ̄ "'-、;;_,,,, 、、、、      .;_"、 ゙  ";、   l,、ィ'" //////// ."''‐-、 :: .
-ニ゙|  i――‐イ. ̄ ̄ll  i"ニ- l l l l ヽ    _ 、',; ;, . ; ,;;ノ、ィ'" ///////////// "''‐-、
l l _|_lェェェェェi|[[[[[[[[|_! l l l l l l l l,ヽ"゙ ̄  ̄ゝ;; ; ; シ "''‐‐、 ///////////////
l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l ヽ ;;   "l;i!;;ll    |ll|."''‐-、 ////////////,
―――――――――――――――‐ `     li!;;;l ; ; |ll|:::;;;;| l l "''‐-、 //////////
三| |三三l三三| |三三l三三| |三三l三三|! "''  ノl!;i!l  ;" |ll|::;;;;;| l l l l l l l "''‐-、 ///////,
三| |三三l三三| |三三l「ュ三| |三三l三三|!; ;; " w  ;;  "|ll|「「「| l l l l l l l l l l l l "''‐-、 /// . _、ィ'
三| |三三l三三| |三 「ュロ品iii |三三l三三|!.  ii ;; " w   "'‐、l」l l l l l l l l l l l l l l l l l l"''‐-、_,ィ l l l
三| |三三l三三| |「Eニ|口器ロロ三三l三三|!;:   w ; ii   , v "''‐-、l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l|l l l l

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM :.   荒野に獣 慟哭す    ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

アリタとゴボーを結ぶ陸路から、幾らか離れて位置する小さな集落。地図に記載されず、国交省に届出がされて
いない未登録の隠れ里がある。そこはかつて近辺を通る隊商を狙って活動するレイダー達の拠点となっていた。
そして今ではシーマ率いる独立遊撃中隊“リリーマルレーン”の統治する、潜伏拠点へと変貌している。


レイダー達とて人間である以上は生活の根を張るための拠点が不可欠だ。しかし、どこの集落にも身の置き場の
ない彼等がそれを得ようとするなら……自分達に都合のいい集落を築くか、既にある物を奪い取るより他にない。

この集落の場合、既存の集落に入植できずに物資も人員も条件のいい立地も得られなかった難民の作り上げた、
自衛力すら乏しい掘っ立て小屋の集まりに目をつけたレイダー達が暴力で占拠した、後者のパターンだった。
1812 : 安価のやる夫だお [sage] 2015/09/27(日) 18:26:46 ID:tyxjwfLI0
違法集落か 村岡が牛耳ってたような感じの村なのかな?
まあ暴力装置が居ないよりは良いよな… たとえレイダーでも
1813 : ◆ToVRCqC0oc [] 2015/09/27(日) 18:28:24 ID:I/tzk83Y0


────────────────────────────────────────────────
                               く        /
人_人_人_人_     /二二ニニ===ー―‐‐'   ノ  働  お >
       (.     //´                  ヽ   け  ら  \   _____
 な  手   (    //                      〉 働  |  / /       \
  |  を  (.  //        ___r冖‐、__.   }  け  |   ゝ         ヽ
  |  休  (  //    _∠-―‐く_/二ゝ―'  ノ  ぇ   |  /      ,人/    ヽ
  |  め   (. ヽニニr彡_,ィ_ミ、    {!__}   く   //  っ  〉    、フ /  /\ Yヘ
  っ  る  (    {V∠ノム}ミ=-  }!  }    ヽ  ・・     /.', 、 Z r'  , \/  ヾ.ヽ
       /    `コ匸e] L)ミ    j}´ ̄}     )        (  ', ミ _} (、 { 爪_ / /}i }
⌒Y⌒Y⌒´ ,r=ニ二¨ \=イ/_{=ァ\∠ゝ- イ      ⌒V⌒Y\/⌒ トミ _} {_\{_(イ_。7∠ィilノ-
        ィ三/´  `ヽ、\三彡'  ヽ    }        {  {.: .:::::::::::∧kー-<。≧⌒ミ   {l|l!ニ,
   _r‐ノ⌒´ ̄  _ミ} } `丁´   / / / ―==rニ)  \,ゝヘ.::::::{ ヽゝ 彡^ r_j__ィ  ィ ,l|||三!
  ,イ/´        ノミ}{  {   厶ノ-‐' ,,    辷}    ーr‐' .:::::ヽ   }ト、 ヽ‐--= ´/ ,i|l|l三|
_,イ{l{  ヽ― ´_,≦三ミゝ\__廴__/    .r{{‐y‐ァ' /       ヽ .:::::::::}   l|i!  弋三- ´/ ,|l|l|!厂}
/_圦,ゝ-―¬}丁´   ` ̄ ̄/ヽ=イ    rゝイ {_ ィ'        /^) .:::|  `l|il、,ヽ‐ ⌒´i|l||liィ /
       厶}_,. -r-i_  /  /   /{彡廴彡{.        ̄ヽ.:::::|    ヾi|l|i|l||i|l|i|l|r'//
       _//_廴} \_  /     (_ィヘ/^}___}          ∧.::{   ミミ'弍二二二/ /
      r仁二) =-、〈\_Y      { イ∨ { ̄^\_       ーヘ>.  ミミミ|彡彡´ /_
    /二X^\ ヽ |    }        ー' } -r‐-イー\_r¬―=rっ   `ヽ、ミミミ}彡彡 /:::::\
   /ー=イ\\    }    |         / ー/   \=‐} ィー{ //ミ)     `ミミ{彡   /:::::::::..
 /  ,/   ` `rz彡、__ゝ-― ´ ̄て /-=/     }=‐つ〉 ー'ー'        \  {:::/^)
────────────────────────────────────────────────

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM :.   荒野に獣 慟哭す    ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

国交省へ届出をせず集落を築くには、どうしても斯様なリスクが必ず付きまとう。なのにメリットがほとんどない。

有事の際に皇国軍へ助けを求められない。国の保証という最低限の信用がないため近隣集落にも付き合いを
拒まれる。地域を巡回する行商人からは顧客として見てもらうのが難しく、多くの取引において足元を見られる。

このようなデメリットを抱えて、なお肩を寄せ合って集落を築くことのメリットなど、犯罪者や反皇国運動家、または
人格や能力の他に素行面で社会に馴染めなかったアウトロー共が身を潜められることぐらいだろう。

レイダー達によって占拠された集落は先住民や何処からか浚われてきた奴隷達が常に労働と暴力で虐げられる、
悲鳴やすすり泣きの声が絶える事のない……そんな、皇国の何処にでもある『この世の地獄』の様相だった。
1814 : 安価のやる夫だお [sage] 2015/09/27(日) 18:29:29 ID:tyxjwfLI0
一応ここ本領だよなぁ…
1815 : ◆ToVRCqC0oc [] 2015/09/27(日) 18:30:16 ID:I/tzk83Y0
村岡のとこは後ろ暗いけどグレーゾーンですかね 届出されてて契約隷款の隙間で甘い汁吸ってただけなんで
1816 : 安価のやる夫だお [sage] 2015/09/27(日) 18:31:28 ID:tyxjwfLI0
あれでもまだマシな方だったのか!?(愕然
1817 : ◆ToVRCqC0oc [] 2015/09/27(日) 18:34:14 ID:I/tzk83Y0


────────────────────────────────────────────────

             , -‐‐ 、            テメェら、俺たちになんの恨みが……。
            イ´ `ー'ヽ                           , ;; .:. :; :; :;. :; :;:ミミミヽ
            lミ! ,;;;; ,;;;1                         ,ィイ彡 - ====- 、ミミミヽ
            ヾ!   ー !                         !レイイ彡 ̄ ̄ ``ヽ ミミミミヽヽ
             ハ、 ´ニ`j!         うるさい、はよ死ね。     ./´  /彡      ミミミミミミミミ
           __/.:::::: エエイ                        /   / ニニ二三 ミミミヽミミミミミ
      ,rr;;;;;;;;;;;;;;:.:.:.:::::L ノ::L_        氏ねじゃなくて死ね。     ./,r=  ヾ三三ミミヽ ゙; .:;; :;: ;: ;; :
     /,;;;;.:.:.:.:.:::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:``ヽ                   〈イ;;;;'´   ミ    . :. :; :; :; ; :;: ;:
     ,';;;;;::::::::::::::::::::::::::i::::::::::::i::::::::::i::ハ            . .:;;;;;;、    /     リハ   .:.:.:;;;;;;;;;;;;;;;;;
    ,';;;;;:::::::::::i.::r ''二王:::::::::l::::::::::l:::::!           ハ''''´ リ   /       / イ.:.::::::::::;:;:;:;;;;;;;;;;;;
    /,;;;.:.::::::::/:::L ィ=.:.:l::::::::::l::::::::::「 j!            u‐' ‐'!   `Y´     /.:.:.:.:.:.:.:.:;:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
    ,';;;;;.:.:.:.:.:/.:./  ニ}.:::l:::::::::l::::::::::L 」ミミヽ         ト、ニイ    レエ; ; ; /.:.::::::::::::::::::;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
    !;;;;;;.:.:.::::::::::L __ン.:::::;::::::::;:::::::::i::::::!‐'-'リ      ,r;;;;;;;;〈 __ _」::::ー- 、〈 jj! ;; ',.:.:::::::::::::::::::;:;:;;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
    !;;;;;.:.:.:.:.:;;;;;:;:フ.:.:.::::::::::::::::::::::::::::!::::::l ニ/     /.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::: 7 jj! .. ',.:.:::::::::::::::::;:;:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
   ヾ;;;;;;;;;;:;イ.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::;;;::::::|__」:::`ヽ   ′.:.rュ.:::;;::::::::::;;rュ::::::::「 ゝ-''´ ';::::::::::::::;:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
        `1;;;;;;;;;j;j;j;jj;j;j;jj;j;j;j;j;;;:::::::|::::::::::::::!  i..::::ィニ!::::::;;:::::::;;::::::::::::::レ'´!   〉.:.:.::::;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
         77´     i  ``1;;;:::::::l::::::::::::「|.  !.:.:〈_フ::::::::;;::::::;;:::::::::::;;:::::::l   /.:.:.:;:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
        //      j    l;;:::::::!::::::::::::Ll  !;:;:;;;;!.:::::::::;;:::::;;:::::::::/;;;;;;;;;!  /. :.:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
         l/     孑´    「 ̄!.:::::::::::::::!  `ー'::::::::::::::::::::::::::;;;′l::::::! /.:.:::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;

────────────────────────────────────────────────

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM :.   荒野に獣 慟哭す    ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

ある日、隠れ里は前触れもなくシーマ率いる一党によって急襲を受け、居座っていたレイダー達の上役が揃って
素っ首を落とされて集落正門の柱へと吊るされた。投降した下部構成員と奴隷達を一党の下で同等の扱いとし、
隠れ里は無法無道の地から最低限のルールが布かれて実質的な平定が成された。

―― 絶対者であるシーマ達の元、生活から生死までを連帯する一個集団へと生まれ変わったのである。


ここを拠点に周辺レイダーを平らげて吸収し、戦力として取り込まれた勢力は野放図なレイダーという人種では
衝突せずに纏まれる限界数を大きく超えて現在に至る。これがシーマの独立行動権を与えられた佐官としての
軍略手腕の結実であり、ジェレミアの推察が正鵠を射ていたことの証左に足る能力と言えるだろう。
1818 : 安価のやる夫だお [sage] 2015/09/27(日) 18:35:43 ID:tyxjwfLI0
今までより断然良いよなぁ…
やっぱシーマさまは脱走兵じゃなくてウェットワーカーなんだな…
1819 : ◆ToVRCqC0oc [] 2015/09/27(日) 18:39:21 ID:I/tzk83Y0


                                               __|__|__
         __|__|__                   \\_       !   !       _//
.  \\_       !   !       _//              .\/ヽヽ                  // \/
.\/ヽヽ                  // \/         /\                     /\
./\                     /\.  r===、
                              ir'"^ヽ}            __
                           _从´_`从_           {ハリル          r―― 、
                         《_}. Y {__》         __{` ´ノ}          {/|  |
  _/マ              __    _/ /_.  _} |┌┐ /⌒ヽ∨ ̄}.入        {′{_____}
  | ̄| Y ̄ ̄}          {nih、〕   (___)  / | ̄}....| ./  /} |  /  ハ__.   ヽ/二二 \
  |  |_r==、/'}     _/{、 , ハ     _爪__,、  {...|...├┘{ /}´ |  | (に二つ}    } \\__/ }ヽ
  \/    入フ   _/ .{∧__/7}、_   ヽ  /  y' ⌒ヽ. } /\\_}   く¨¨\/ヽ--┘  }     |
.   {    {⌒\  |  }_{{___ノ¨ ∧.    | |__r{i     | }´ ./\__}   ヽ_{_{__/ ̄
.   |    {_  ヽ__|...ム | /   ./_\. .|/  八从ル} / ̄ ̄旦 ̄旦 ̄       \
.   |.    { \__》.ノ__.| {   / ̄}=-}   ̄}      / \                       \
.   |     }     f}./......{_{/⌒}/    }     {\  \  日                 \
.   / ̄ ̄ 入}     / {⌒‐┬‐ {frり.      |___{/\/'Y ̄`ヽ
  {_人_/‐-    {__|.   ト、__   \    |      }   \人_ノ
.             \   \  ヽ  〕  /.    |   ___}_.     ' ,
            }     |  |  /  /    i{\. /||  l|‐┐  \
            /..   |  |. /  /     人\\||  l|. | ̄ ̄| \
            /     |  |/  /     /⌒ ̄}\}ニニl} /‐┐ |  \

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM :.   荒野に獣 慟哭す    ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

チンク達がアリタを発ち、警戒しながらガンボーズの南紀方面前線基地たるゴボーへと辿りついた頃のこと。
隠れ里では、昼間から今までずっとハメを忘れた乱痴気騒ぎが続けられていた。

彼の大集落より収奪してきた食料や嗜好品をふんだんに注ぎ込んだ大宴会だ。持ち帰った者達も持ち込まれた
者達も、命がけの結果に得た収穫で大喜びして宴席を享受する。日々の苦悩や不安など今一時は忘れよう、と。

後ろめたさや罪悪感に胸を痛めるのは余裕のある人間のみがする贅沢。言い訳して彼等は痛みに鈍くなった。

この地に住まう者の須らくは、もはや他人の痛みに鈍磨して己等が所業の罪深さを見失っている。
1820 : 安価のやる夫だお [sage] 2015/09/27(日) 18:41:59 ID:tyxjwfLI0
既に堕ちている…
1821 : ◆ToVRCqC0oc [] 2015/09/27(日) 18:43:05 ID:I/tzk83Y0


                                             \       |    |     /          /
   \ヽ人_从人__从_人__从_从人__从_人__从_从人_人/         \      |    |    /        //
   ≧                            <       \    \     |   |           / //
   ≧  今日もおいしくお酒が呑めるのはっ!?  ニ=-   .\
   ≧                            ≦           ハハ
  /Y⌒YWW⌒W⌒Y⌒WW⌒W⌒Y⌒W⌒Y⌒WW⌒Y\        (ロ゚=)    ハ ハ      ∧∧   ∧ ∧
                                            ヘn |  、 ヽ  (∀゚=)    (∀゚ =)   (Д゚*=)
   ,イ::::!::::!:i::::i  /  `/ /ヽヾ<                     `ー、`(´`´_ノてγ(´) ⌒ヽ   /  =ヽ /  =ヽ
  //|!::::i:::i::i:::::レ'-― / /   `(                        / ̄/⌒ノ `ーヽ_ノ ヽ / |  Y(´9/     = |
 l/ !!:::::!::i::!:::::i    / / /     i     ヨククウネ コイツラ……   .(__,ノ |  |    //=ノ /  |   | ヽ  |(´ヽ |  |
  } | y:::!::!:i::::::!  /  //       ヽ                       (_)  / | Y  (_/ / /`ー|\ `  ノ
  !i|!::::i::i:!::::::i  /  レ       ヽ
  !! レ:::::':::i'::::::/-/    !          ヽ――┬――――――――┐
  i! i::::::::::':::::/`'/    |           }::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
 f |::::::/:::::/ヽ/    L、ヽー--,-', - ´ {::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.\_人_人∧从_人_∧_人_从_人∧_人人_∧人//
 { |::::':::::;イ/\    L-ゝ` '∠_-=_三}ー―┼――――――――...)                             >
  >i:::::;イ::iヽ  ヽ    `ーr_二´-.'´  !:::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.<  「「「シーマさまの、おかげですっ!!」」」  >
 i !:/:ト、ヾ` ゙>、 \     // !       !::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.<                            (
 | |'、::!//>'-<_`ゝヽ,__//  !     |  ̄ ̄ ̄「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄./^Y ̄∨ ̄∨^Y^⌒Y^YY^^Y^⌒Y^YY^Y^⌒Y^Y^
 |   ハ` X  \__二(___)--―-!       |____j___________|

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM :.   荒野に獣 慟哭す    ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

御覧のように、今や宴席で浮かれる隠れ里を見回して、かつての無体非道の行いは影一つとして起こっていない。

集落の収入源として密造している麻薬の倉を開け、アリタから収奪した嗜好品や食料を振る舞い、元よりたいして
枷などないようなものだが開放的な気分で大騒ぎしている連中が口々に「シーマさま万歳」と快哉を叫ぶ中 ――

キイで脱柵した陸軍人までも「やってやったぞ!」と達成感に酔いしれる一方で、 独立中隊“リリー・マルレーン”の
古強兵達、もはや一個半小隊にまで員数が失われた彼等は、宿営としている一際おおきな家屋の大部屋に集い、
静かで厳かな黙祷を捧げていた。
1822 : 安価のやる夫だお [sage] 2015/09/27(日) 18:44:24 ID:tyxjwfLI0
流石に古参兵は違うか… 理想があったもんなぁ
1823 : ◆ToVRCqC0oc [] 2015/09/27(日) 18:46:24 ID:I/tzk83Y0


                     ‐ ‐ - ニ 二三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三
                           ‐ ‐ - ニ 二三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三
    ___                         ‐ ‐ - ニ 二三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三
   /::::::::::::::::ノ                               ‐ ‐ - ニ 二三三三三三三三三三三三三三三三三三三三
  /::::::::::::::::::::ノ                                   ‐ ‐ - ニ 二三三三三三三三三三三三三三三三
 r-、:::::::::::::::::l          _ -─ 、                         ‐ ‐ - ニ 二三三三三三三三三三三三
 廴ノ    ノ        γ´::::::::::::::::',                                  ‐ ‐ - ニ 二三三三三三三
   l\   /         l:::::::::::::::::::::::         _                            ‐ ‐ - ニ 二三三三
  l ̄l `ー'┐        {⌒} :::::::::::::/       /::::::::`ヽ                             ‐ ‐ - ニ 二
─┘、ニニニ}         `┐    ′     <::::::::::::::::::::ミ          _                        ‐ ‐
ニニニヘニニニ|≧ー 、      f≧ー-イ       彡l :::::::::::::::l        , -‐´└ァ
ニニニヘニニ|ニニム  _ __/ニ}ニニ「 |        ヽ、   ノ       /:::::::::::::::::>      _
ニニニヘ__/lニニヘfニlニニニヽニニトー-、     /ー>-イ       l:::::::::::::::::ノ    γ´:::::::ヽ
ニニニ` <   ̄ ー- _ ニニニ}.ニ|ニニヽr=fニ`ヽ |ニ「|      彡ト、  /     {::::::::::::::::}
ニニニニニ{/ ` <       ー- 、ニィ7ニニ}ニニヘニヘニニ|≧ー 、 __ __/ニlー′_    弋ノ   ′    / ̄:ヽ
ニニニニニニ`ー-::::` <      二 /─- __ lニlニニ|ニニ|ifニハニ`ヽlニニlヽ      _ト、__ノ    Σ、::::::::::::〉
ヽニニニニニニニl ̄{:::::::::: ̄ ̄ ̄〈/ ̄ ー- _    ̄ ̄`ヽ/l_.|lニニlニニ|ニニlニ≧、_ -┘::lニ「l     弋.   ノ
/ニニニニニニニ〈  `ー\ニニニニ≧ー- _  ̄ ー- _ -─- _ ̄  ─-- 、_ィ7ニニlニニニニニ≧ー、  /≧‐イ
ニニニニニニニヘ      ノニニニニニニ} `ー-、─  `ー-= ≦ ̄ ー- _  __────-、:::::::/lニlニニヽニ|7、__
ー──────┘    /ニニニニニニニヘ    〉ニニニニニニ} 廴_、-‐  ̄:::::::::::::、 ー- _    `ー' ───- 、lニニム
//////////////}    fニニニニニニニニ」   /ニニニニニニ〈    ヽニニニニニlゝ -‐、 ̄ ̄ ̄   ー- __`/ー- _
//////////////l    /////////////∧  /ニニニニニニ∧   /ニニニニニハ    〉ニニニニl廴l::::::::::::::::::: ー- _

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM :.   荒野に獣 慟哭す    ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

彼等は兵士だ。たとえ戸籍を消され、軍籍も消され、皇国の威信を磨くための汚れ役としてマッチポンプの悪逆を
働き続けていようとも ―― それを命じるシーマが隊長として泥を被っている限り、兵士として軍人として、なにより
“リリー・マルレーン”の一員として……胸の最奥へとしまいこんだ黄金の輝きだけは曇らせることがない。

瞑目を終えた部下達を見回すと日頃から険の寄った眉根を緩めて重荷を下ろしたように深い溜息をつくシーマが
労いの言葉をかけた。長くこんなことに付き合わせて悪かった。よくついてきてくれた。……ありがとう、と。

                                                           ワイルドハント
それは“リリー・マルレーン”の全作戦行動が終了した合図。長らく各地の戦場を彷徨いつづけた亡霊騎行の
解散を意味する、彼等がただ一人認むる隊長のシーマから贈られた別れの言葉であった。
1824 : 安価のやる夫だお [sage] 2015/09/27(日) 18:47:52 ID:tyxjwfLI0
!? 戦死した部下に手向けるだけの言葉ではない…?
1825 : ◆ToVRCqC0oc [] 2015/09/27(日) 18:49:15 ID:I/tzk83Y0


            、
            ___ ̄ ≧x、     __
.          ,x≦:::::::::≧x\:\ ,,r:':´:::::::::::::::`::≧.x.、             .\人_人,_从人_人_人,_从,人_人__人,_/
      ,,rく::::,::::-‐==::x:::::\::::\::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\            )  お疲れさまでした、隊長!  (
.     '"´,x彡::::::::::::::::::::\::::::x:::::',:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\           ./⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒ヘ
.        /:::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ::::{i::::}::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
       /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`::!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
      ,':::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::/\|∧_::::\::::::::::::::::::::::::::::::::::::..           .\人_人,_从人_人_人,_从,人_人_人,_从人/
.     :::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::/==≠=∨:::::::\::::::::::::::::::::::::::::::::|!             .)  御世話になりました、隊長!  (
..    :::::/::::::::::::/:::::::::::/::::::/:|     \::::::::::≧x、::::::::::::::::::::}           /⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒ヘ
.     ::/!:::::::::::,':::::::::::,:'::::::/ |       `丶:::::::::::::==‐--‐=彡:'
.      リ {:::::::::::{!::::::::::ハ::::/  :|         /   ` ::<::::::_:::::≦´
.     | ∨::::::ハ:::::::::{ Ⅴ\__lr ヽ ___,/     _:::::::f=‐x、::∧
        \:::! \:::::..‐-=-‐   ‐-=====T'´!:::::::!  }:::::::::\       いま解散宣言したばかりだろうに。
         ヽ  \:\'''         ''''' ゝ '::::::,'   ノ::::ハ:::::::`:::::=- '
             |::)` `   ヽ            ,::::::,._,./::::::| ` ̄ ̄´.    アタシゃもう隊長じゃないっての。
             |::ゝ               /::::/i::::::::::::::::|
             |::::::::>‐--fゝ'`',___...., イ/::::/:::|!::::::::::::::|
             |:::::::::::,彡'´\ ノ__ r/\::/::::/::::::|:::::::::::::::|           .\人_人,_从人人_人,_从人_从人从人_从/
            /::::::/     >///,'____V ::/:::::::::|:::::::::::::∧           )  じゃあ、おつかれ、オカン!!  (
              /::::::::ゝ..__,,.. ‐i'"///ヾ' ̄ :/::::::::::::|!::::::::::::::∧        ./⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒ヘ
          /:::::::::::::::::::::::} | }/,'  ‐-=彡':::::::::::::::| ::::::::::::::::∧
                                      【最後の一人はスタッフがしめやかにケジメさせました】

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM :.   荒野に獣 慟哭す    ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

本領軍は大本営の一部から言い渡され、キイに不満を持つイズミから上手く戦備や物資を都合させ、彼女達は
『キイに一定以上の損害を与えて思いあがりを是正させる』という任務を遂した。最後の義理立てを果たした。

故に、ここから先は自分達の私事で動く。心の奥底から渇望するものを掴みに行くためのラスト・ランを始める。


どいつもこいつも先程までの愁傷漂う瞑目が嘘だったように活気で満ちた表情をしていた。前時代的に喩えて、
遠足前の子供のように、台風が来ると聞いた日のように、むやみに嬉しそうで浮かれた有様を見せていた。

『……どうしてこう、男ってのはいくつになっても性根のところがガキのままなんだろうね』(溜息
1826 : 安価のやる夫だお [sage] 2015/09/27(日) 18:50:31 ID:tyxjwfLI0
ちょwww オカン呼ばわりはマズイww
あぁ・・・ これ死兵になってるわ…
1827 : ◆ToVRCqC0oc [] 2015/09/27(日) 18:52:08 ID:I/tzk83Y0


────────────────────────────────────────────────

                           、ヽ
                    ,..-――- 、ヽヽ      .\ヽ人_从人__从_人__从_从人__从_人__从_从人/
                    ,ィ"::::      `ヾil    ...≧  最後までやってこそ決着だろう!     ≦
        ,.l`'ー--- 、_    r"::::  ,,.ィ''""ミヽ、 _ヾ_  ,--≧  殺して、殺されて、そうやって!!   ≦
      ,ィク": :     |,-‐i"トー--''" /!;:○ r:;:l : : ト, l:|. /Y⌒YWW⌒W⌒Y⌒WW⌒W⌒Y⌒W⌒Y⌒W\
      ー!: :        |i,、 `'`ー-、....,r',,_;::o:_:_/,,.-‐'" |ト!;|      ヾ!                /´ ̄ ̄ ゙̄` ヽ. \
       {; : .      |;;;lヽ    : : : : : : : : :    l:|:::i      :|!               .〈_r=-'' ̄ヽ---ヽ-'
       7~`ヽ_.,,,_ ノ`i;|::ヽ             l::|-!     ,,.く-、_,,...._           .〉、_ノ^ゝ='ソt´ヽ ̄¨'|
    ,へr;'ー,-くヽ,-'^ゝ |:::::::ヽ             l:::| `ヽ--、‐'" ヽ ヾ:、:ゝ          匕/^ヽy‐‐K´`'、\j
   く /'/ヾ;::ヽヽ _;;l |:::::::::;i------―――――|r''       ~7、  \  `ヽ,        .∨|:^::y'コ<ス  ∨ム=、
    ヾ,__~ヾミ、::::::y-'"   `、:::/::i  r,=======il  !、|!       l"` \/   `:、        .ヲ、::ゝ`ー'´ 〕 ∨´ヽj
   くヽ、ヽ,、 `ーiソ    ,...,,_./::::::i..................................l |_ _      ヾ-'ヾヽ  ,,.`\;!、____...──' ̄≧──--'彡'__∨_ノ`ー‐
    `ヾ'"  ̄    /~:) /            : :i,r'" ~i!        ヾヽ    /.=≠ ̄ス_.イ´¨\\.-' ̄`\ ̄¨
            / /ィ"     |  |       l ヾ  ヽ         ~ `‐i"r:.ヘ=/´リ´ /  /ヽ_/´ミ}  ノ
            '1/r'|      r―i       |ヾヾ  ,i           `|..__ノ斤≧'  |  〈__/ミ彡ゝ'ー'イ彡'    /
            // |      |  |...\__人__人__人__人__人__人__人__人__人__/ /\ ゝ、__彡`ヾ ̄ー‐,_r‐、 /
           ,7  L,,,__,.-' 1 :|:\,.≫         ニ ア デ ス       ≪  ......`!  tf≡=| `ー、__//\゙./
         ,ィ''"~~`:、   /:::::::::i!  !_!,.≪   この……死にたがりがぁ!!   ≫.ヽ.   i  ゝ三彡、 ///:: :: //
       _/::     l_ /: : : :/        ≫                     ≪.ヽ. /__ノ  \ミ=.///:: :: // /
     /::/i:::     ノ、`-、_/      /⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒\.∧`ー――/`' ヽ''ヾ.,__// /
      /:/ `ヽ、_,,.-'7  ヽ,           ,‐"ヾ::::: :  :,.i! `l                / ∨、i!i!i////ヾ´`' 7'__/  _
    /;"     //  / i!        |: : :| `ー‐''" |  !              ./   ∨//V///  /´¨ヽ} / く

────────────────────────────────────────────────

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM :.   荒野に獣 慟哭す    ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

用意させておいた酒と料理を持ってくるよう呼びかけることで場のしめやかな空気を一払いにして、シーマが懐から
何本かのデータスティックを取り出した。今宵の酒肴となるはバックアップ班がつぶさに記録したアリタ集落襲撃の
記録映像。 ―― 先に散っていった仲間達の雄姿と、それを為した連中の奮闘ぶりが今夜のお楽しみとなる。

会議室の壁一面をスクリーンとして投影される映像を、彼等は軽口を叩きながらも真剣な目で追い続けた。

友が消えた戦場だ。最後に見せた輝きだ。咆哮をあげて噛みつかんと飛び掛り、勝手をさせるかと打ち払われた、
命を等価として競い合った雄姿だ。先駈けて散っていった戦士としての散り様を賞賛せずしてなんとする。
1828 : 安価のやる夫だお [sage] 2015/09/27(日) 18:53:23 ID:tyxjwfLI0
うへぇ… なにこのバトルマニアっぷりは
コワイ!
1829 : ◆ToVRCqC0oc [] 2015/09/27(日) 18:55:43 ID:I/tzk83Y0


────────────────────────────────────────────────

       ,',′::::::::::_:::|     「|                     _ . - .!―ム::::;;;;;i;;;;;;;;;;;;;;;;l
      ,',′::::::::i´ ヽ!     .| l r n                    :::<::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ;;;;;;;;;;;;;;l
      ,',′::::::::::|          | l |_| l              :::´:::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::∧ ̄ Y
      ,',′::::::://|        .l ヽ└'              /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::;;;;;;:::ヽ ノ
     ,',′::::::///|        .| lヽ \             /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::´::::::::::`ヾ
    .;,':::::::::::::::::i |          | l  ヽノ          ./::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::|
    l;′::::::::::::::l |        .|_j                ト、::::::::::::::::::::::::::::::::::__:::::i::::::::::::::::::::::::/
   .|:|:::ト;:::::::::::::!:|      .._「l「L. _         |:::::> 、:::::::::::::::::::::::::::`〉::::::::::::::::::/
    .|:|:::|/;:::::::::∧v     └‐┐i r‐┘       ./::::::::::::::::::::> 、::::::::::: 7::::::::::::::::::/
   |:l::::|/へ:::::::∧∨      ..L| |         ,′:::::::::::::::::::::::::::У::::::::7::::::::::::::::::/      γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
    |:l::::|´:::::::`:::::::ヘ∨     ..└‐'        ./:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V 7::::::::::::::::::/.     .|  ―― 後を、頼む  |
    |:l:i::|::::::::::::::::::::::ヘ∨       n         {!::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ー〈::::::::::::::/         乂 ________ ノ
    |:l:i::ト、::::::::::::::::::::::ヘ\     U        .i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∨:::::::ハ
    |:l:i::!:::::`::::::::、::::::::::ヘ. __ .   .0       .i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∨:::::∧
    | l;i:::::::::::::::::::::::::ヽ;//:::::!::::\_..O        .∨:::::::::::::::      ___  ::::::〉、
    | l:i:i::::::::::::::: :::::::://::::::::ソ′::::::::::\       ゝ、::::::::::::::   ..│.     ̄ ̄ ̄ア
    | |:i:!::::::::::::::,;::::://::::::::′::::::::::::::::::::::\               .ノ ...::::::::::::/ /.. .ヽ
   | |::!!、;;;::::: ´::://::::::::′:::::::::::::::: // \ _____. .-‐ ´ .....::::::::::::/ /.   、ゝ、)
    .| |::!::::::::::::::://::::::::′::::::::::::::://///::::::::::::::ア、....::::::::::::´:::::::::::::::::::::> ´<´  .-'-'::::::!
   .| |::i:!:::::::::://:::::::′:::::::: >´.////::::::::::::´::::::::::::丶、:::::::::_::::::::> ´ <´
    ! !::i:i::::::://::::::':::::::: >.´ ////::::::/::::::::::::::::::::::::::ノ::::::> ´ <´

────────────────────────────────────────────────

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM :.   荒野に獣 慟哭す    ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

時折に漏れる声は、少年のような羨望や憧憬、ほんの少しの歯噛みと嫉妬で彩られていた。自分もああなりたいと
願いながら、戦場で吠える仲間の死に様を焼き付けて杯を重ねて呷る。これが軍人の規範に照らせば唾棄すべき
ロマンチシズムと理解していても……メメント・モリの毒杯を飲み干して甘美な酔いに身を沈め横たえたいと望む。

やるべきことは全てやり遂げたのだ。だから、最後はやりたいことをやらせてくれ。あと一度だけでいいから。

誰かに命じられて否応なく戦う機械としてでなく、獣のような剥きだしの自我が赴くままに戦場へ立ちたい。そうして
果てることができたなら、ああ、他にはなにもいらない。それだけが“リリー・マルレーン”に残った隊員の望みだ。
1830 : 安価のやる夫だお [sage] 2015/09/27(日) 18:56:55 ID:tyxjwfLI0
戦場に飢えた獣だなぁ
1831 : ◆ToVRCqC0oc [] 2015/09/27(日) 18:57:56 ID:I/tzk83Y0


                                          γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
                                          |  あれっ!? シーマ様、右腕は ――  |
                                     乂_________________ノ
           / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\__
.           / / ̄ ̄ ̄ ̄\     `
.          /|/          }  ',  __\.              さっきからちゃんと着いてるだろ?
.       / / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽノ   }  ´    `ヽ             節穴かい、アンタらの目は。
.        //      ,         /      ̄ ̄ \
.      /   /    /            |       \
.    /    '    /    /  トwハVイ l|       \ヽ   \_人_人∧从_人_∧_人_从__人_人∧从_人_∧_人_//
    ′  /      |   l| l|   l     | │l|         ヽ}   ..)  繋げ直したばかりなら失血やら回復疲労やら  >
     |   /   ││  l| l| | l    | | l|     \ │   <  あるでしょうに、なんで起きてんですかっ!?   >
     |    /  { |  ∧∧ | |  -―十¬ト、      i│    /^Y ̄∨ ̄∨^Y^⌒Y^YY^^Y^Y ̄∨ ̄∨^Y^⌒Y^YY^
     l  | /l   ト∧__」レ‐人l {     _,z宍x\\_  l|│
    !  l/ ∨  {レf⌒ヽ_   \   ´f_,ノ}::::} ソ\\\j/
.     l  l   '。 l| _,ィf劣x         ゞ--'^  | 厂} | |.         こんな負傷、今まで何度あったと思ってんだい。
.       l  │\l ‐{ 乂:::ソ          ハヽ | |_ノ  |.         いまさら慌てるようなことじゃあないだろう。
.      ', |  l{ {__\ 冖'^´    ,          l | | | |
       \   l| iヽl∧ /ハ     `  _    /l | | | |
       \│ l | i 、      「( ̄   }    /| l | | | |    γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
.         |  l | | l| \     \___ノ  イ| | l | | | |     |  医療用ナノマシンは体力の負担が大きいのに、  |
       |  | | │ l|  |i〕         / |l│ l |│ | |   .|  隊長の年齢じゃあ流石に負担が ――         .|
        |  | l |  |  | l|/| `  ー ´    |l | l |││ |    .乂_____________________ノ
         |  | | | │ | l| (_|         /| | l |  l| |
.       l  | | | │ |__|\\____/ /|l| l |__| l| |
.         l  l| | l  | ̄  | [ ̄\| | |/ ̄] | l | \l|__|.      テメェ、いい度胸だ、表へ出な。再教育してやんよ。
        l___」l__l/l  |   (\匚\ | / ̄]| | l |      ̄\
.       /       l  l    \\\ | / ̄ |l| l |

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM :.   荒野に獣 慟哭す    ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

名と顔の売れた“冥神”ヒルシャーの狙撃や市街戦闘術に感嘆し、HCLIメンバーによる高い練度の連携密度を
賞賛し、自警団の主力AT部隊による遅滞戦術と軽装甲スーツ隊を葬った格闘戦の迫力に思わず拳を握った。

やがて映像はシーマとジェレミアの集落内における機動戦闘へと移り、右腕を撃ち飛ばされたシーンでは皆が
当人の右腕を見やって、そこに応急再生ナノマシンによって接合された腕があることに安堵の息を吐いた。

「アンタらに心配されるアタシじゃないよ。ったく、ガキみたくおたつくんじゃないさ」ついシーマも苦笑していた。
1832 : 安価のやる夫だお [sage] 2015/09/27(日) 18:59:10 ID:tyxjwfLI0
BBA呼ばわりはやめろってw
1833 : ◆ToVRCqC0oc [] 2015/09/27(日) 18:59:42 ID:I/tzk83Y0


────────────────────────────────────────────────

     l:、      -=zzzx
.       ', `<_      `寸ニ≧=-                         γ´  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ∧
      ヘ   \      ¨¨''''‐≪≫x                       l  ……なんだコイツ。(驚愕   (__;)
       ヘ、  \           `''≪≫x                   ヽ、____________,ノ
         ヽ   \             `寸=≫`ヽ
          >、.  \             乂/,イ>、.     >''"´ ̄   ` <
             ヽ    \               ,' .{、 \ < ,ィ ‐''" ヽヽ.  ',  ヽ
                  ヽ  ヾ=\_        { Vト、 -=≦ ≠ / ハ ',.',  }  i. ',
                ヽ_,,>(r゚)≧      ヽ ゝ、_、__ イ/ィムⅥ''} } }   }  } }
       /\         `"''≪.r''ニ≧z、_   >-____ .イ{ニリ ノ斗从 ハ ,' .'
.     {  ≧s 。         〈/,::::::::::Yニ',‐<  / ∧ニ/ {`'  '7芯/,イ. / . ,'
      ',      ≧s 。.       ヽ≦、:::ノニ}!   ` <ニ/___.ヘヽ、 `>''"_ ,.ィ7. ,イ
.      ヘ         ≧s 。.   ´}ニニツ  > 、_     ヽ 三ム ̄   `Y./
        \           ≧s 。¨´,イ´.    ≧=-  __マ三ム     ,‘
          Y              ≧s 。 -=≦__,,,,>''"::寸ニム イ. ハ
.          {                      ≧s 。  ',:::ノ:::::''"::{`≪ニニニ}
           ⌒ヽ                       ヽ.}:::::::::::::::::::〉.  /`)'
             }                    l:::::::::::',::::::{. γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
            /               ,ィ''"´{::::マ,::/::::::::}:::::}. .|  副長相手にこんな武装だけで立ち回るとか   |
             `"'' ─ ....._.        //:::::::::::::::≪≫ニニ/イi..|  控えめに言ってクレイジーだよな。(確信    |
                     ̄ ̄ ̄,//:::::::::::{::::::::::::::::::::::/  }..乂___________________ノ
                      -=zァ─‐''"/::::::::::::::::Y:::::::::::::: /   人   "''‐.。,,

────────────────────────────────────────────────

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM :.   荒野に獣 慟哭す    ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

もっとも見応えがあると鼻息を荒くして寄越された最後の記録映像は、もちろん言うまでもなくチンクと副隊長たる
ドライゼの一騎打ちだ。熟練の装甲スーツ乗りと、小柄で華奢な童女が繰り広げた高速戦闘は、一撃必殺を放つ
GN-Xと牽制を重ねて隙を窺う軽量義体の、荒々しい撃音をBGMにして踊る洗練されたワルツのように映えた。

食い入って映像を追いながら、灯りに惹かれる羽虫のように、幾つもの狂気づいた瞳が銀色の影を追いかける。

だが暗がりの奥から喉を鳴らすような獰猛な獣の唸りが「そいつは、そいつだけは俺の獲物だ」と独占を主張した。
1834 : 安価のやる夫だお [sage] 2015/09/27(日) 19:00:54 ID:tyxjwfLI0
あの戦鬼副隊長だったのか…
ロックオンされてんなーw
1835 : ◆ToVRCqC0oc [] 2015/09/27(日) 19:05:34 ID:I/tzk83Y0


    ヽ.__.≧=-  .....................  ̄-=ミ.....、..\...ヽ/ィハⅥ../ ̄.....≦ニ=ヽ._
`ヽ.、__\................‐=彡==≧、............>――--、、/./.....::::l..i|.../.:. ゝ≧ィ:.レ「:.>
  \......... ̄ ̄ ̄`/ .....ゝ‐、...........  >ノ      |./ `ヽヘ.!.|:Ⅵ/、..\,.ィ升≧x、
 、__>........ー=ニ彡//⌒Y..... ≦ \、___|′    ` く:/ィ:.\..\l |< ̄ ̄`ヽ
  `ー-ミ::::::::....、   {f/   \_廴.斗≧ミミミ<! ̄,≧x、ヽ \`^¬/:∧.l.|\\
  ー=≦... ー=ミ..rく     ,ィ/∨ヽ ,ハ ヽ\ ̄ミ㌧_j、ヾt, __,) ノⅤ Ⅸ  ヽ\
      ̄\.://イ{УレV´i/ /  /  ∨ ヽ _>  ̄`ヽ`ヽ=<,刀′/リ    }../
     ´ ̄≧x.....::::( i 〈/レヘ ∧ /{  ,イ´            ヽ1 /    ノイ
     ,≦ニニヽ:::::::}∧/∨ヽ∧{ノ∨∧∧f二.ー- .        _ \    /
    //   | |r'´ ∨ヘ∧ ,〈 {  ∨ }、 \ ^V~、  >、    >´
  //     | l{丶-―_、 ^Y\/{/ ヽ  \_  ` ‐   >ゝ'´        鬣みてぇなその銀髪、人形みてぇなツラ。
 / /      //厂 ̄丁三\_     {{       ̄` </
ノ /        | |{   !ヽ三三三ニ\   \        ノ_        ああ、そうだ。絶対に見忘れやしねぇ。
<         //j!      Υニ厂 ̄ ̄`ー-、 〕         | ///ム
  `ヽ      | |        八ニ{         >、    !/// レ|
、        | |__/       ){        /////>-- '/'/ ヽ\     今度こそ俺が……テメェを殺すッ!!
        | | ̄´       `ヽ  ,ィ<'/////////////{    \\

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM :.   荒野に獣 慟哭す    ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

グリムジョー。何処で手に入れたのか軍用純戦闘義体の四肢を持ち、色濃い野性に裏打ちされた俊敏性を持つ、
最強にして最恐たる単騎戦力。シーマが彼との間に、どのような交渉をもって引き入れたのか、中隊の面々すら
知りえぬ文字通りのワイルド。その彼が映像の中で踊る小さな影に対して感情を引き絞るようにして佇んでいた。


―― 外の宴席に退屈して足を寄せた。それだけの気まぐれで、彼は“ありえないもの”を引き当てた。

思わず撫でた頬 ―― かつて己の顎を砕き、右腕を千切り、付き従ってきた半ミュータントの盗賊集団を全滅させ、
しかし自分を殺さずに立ち去った仇敵。小さな怪物王“大雷怨”の顔を見忘れたこどなど、一日とてないのだ。

見間違うハズがない。ナンバーズに殺されたはずの仇敵と同じ顔を、いま、確かに獣の瞳は映していた……!
1836 : ◆ToVRCqC0oc [] 2015/09/27(日) 19:06:18 ID:I/tzk83Y0

   ┌──────────────────────────────── ── ─
   └────────────────────────── ── ─
   ┌──────────────────── ── ─
   └──────────── ── ─
   ┌──────── ── ─
   └── ── ─
1837 : 安価のやる夫だお [sage] 2015/09/27(日) 19:06:54 ID:tyxjwfLI0
えっ 元々因縁持ちだったのか!
しかし大分姿が変わっただろうに良く気づいたなぁ
1838 : ◆ToVRCqC0oc [] 2015/09/27(日) 19:10:44 ID:I/tzk83Y0
むしろ全く変わってない 骨格のラインはともかく背丈と顔立ちそのまんまなので

なお因縁については前スレで誰ぞが言ってた「大雷怨の頃にやらかした復讐者」
この案件をクリアーするものと思われます してるよね? そういうキャラです
1839 : ◆ToVRCqC0oc [] 2015/09/27(日) 19:11:36 ID:I/tzk83Y0


‐:-: .
:.:....:..:.:...`丶、    __     . - 、___                   <⌒L/\     .γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ
.:.:.::.:.:.:..:...::.:.:.`ヽく..:.:::..:..:..> ´::.:.....:.:...:...:..:...:..:.:..`丶、 r=v=t       .〉       \.     |  宴もたけなわ、宵も頃合か   |
::_:.:._:.:...:.:_.:.:.::__:::._ヽ ,zt/._..:.:_.:._..:.:.:_:.:.:..:.__.::.:._.:_..:.:_.∠交v交ヘ - 、.  /    <\   >  ..|  ……ここらが引き時だな   .|
ニ:.=爻=ミ.::=ニ二:./文\::.二.:ニ:一:.=ニ二::.ニニ:.∠メメ≠寸メメX ..  \/\ \\/    乂____________ ノ
三爻.::.:..: ミ三=//LL\\二ニ=ニ二ニ一=.∠メメ≠エ工`寸メメX ==   .\/
t爻:.:.....:.:.:.:ミ//:元元元:\\ニ二ニ=一ニ∠メメ≠エエ匚]エエ`寸メメX  .〈 ̄|_厂廴_
爻:...:.:.:.::..:.:ミく艾艾艾艾艾メ\\=ニニ∠メメ≠エ王エ王エ王エ`寸メ  . _〉       _|
.:.:.:..::..:..:.:..::..:.ミ爻爻爻爻爻爻爻\ヽ∠メメ≠工匚]エ匚]工匚]エエ`  〈__       |    〆─ 、
.::.:.:.:..::..:.:.:.:.:.:ミ爻爻爻爻爻爻爻メ.∠メメ≠エ王エ王エ王エ王エ王エ`寸メ   |_厂|  |  ../.:.:.:.:.:.:.:丶
::.:.::..:.:.:.:...:.::ミ竺竺竺竺竺竺竺∠メメ≠エ工匚]エ工匚]工エ匚]エエ工`寸メメ  ..|  |  ..|.:.:.:.:.:.:..;.;.;.;|___
.::.:.::..::.:.:.:.:≦王王[[[[[[[[[[[[[[[[[[,仏くr==========================zf〉∠∠       ∧:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. \
:..:..:.::.:..:::.:.彡王,く⌒ヽ[[[[[[[[[[[[[[|≡≡LLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLL」∠∠∠.        .ゝ、.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.: \
;,;;,;,;,;;,;,;,;,;ミ=≦:..:.:.:.:.r:ト:┬┬┬z|≡≡||冊冊冊冂冊冊冂l:l:l:l:l:||:l:l:l:l:l:l:l:トv|川           /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ヽ
从乂从从メソ从メ从刈w|||x|≡≡||丗丗丗凵丗丗凵l:l:l:l:l:||:l:l:l:l:l:l:l:トv|川          .|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: |
メ爻爻ソ爻爻爻爻爻込,_|爻ミ杉彡乞r|L三ス⊆⊇辷彡化j:j:j:j:j:jj:j:j:j:j:j:j:f:トv|川        |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.. |
===============================        }.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.. |
ヘヘヘヘヘヘヘヘヘヘヘヘヘヘヘヘヘヘヘヘヘヘヘヘヘヘヘヘヘヘヘヘヘヘヘヘヘヘヘヘヘヘヘヘヘヘヘヘヘ          .|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ノ
                                                      ノ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: |
                                                       /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: |
                                                      /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.......:.:.:.:.:.:.:.:.:.: |
                                                    〆.:.:.:.:.:.:.:.:.:......:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i
1840 : ◆ToVRCqC0oc [] 2015/09/27(日) 19:12:35 ID:I/tzk83Y0


.           : : : .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l      ',:.:.:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:l
            : : : .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l      ',:.:.:.:.:.: : l:.:.:.:.:l
                :.:.:.i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l.        ',:.:.:.:.:.:.: l:.:.:.:.:l       (夜闇を縫ってゴボーまで徒歩で抜けるとなると
              :.:.:.l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l.        ',:.:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:!         野生ミュータントに遭遇して死ぬかも知れん。
            :.:.:.l.:.:.:.:.:.:.:.:.:l        j.:.:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.l
            j:.:.:l.:.:.:.:.:.:.:.:.:!         ',:.:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.!.         だが集落中が浮かれている今こそ好機だ)
                :.:.:.l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.}        i.:.:.:.:.:.:.:.:.;.:.:.:l
             :.:.:l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|          :.:.:.:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.l           -_-. 、
             i.:.:l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|        :.:.:.:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.l               `i 丶
             |.:.:l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|           :.:.:.:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.l          _ ,ノ ) )
             |.:.:l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|        :.:.:.:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.l        .- ---´, ´
             |.:.:l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|           :.:.:.:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.l     --==''''' "´
             |.:.:l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|           :.:.:.:.:.:.:.:.:.l:.:.:.l
             |.:.:l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|          :.:.:.:.:.:.:.: l:.:.:.l
             |.:.:l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|          :.:.:.:.:.:.:. l:.:.:.l
             |.:.:l.:.:.:.:.:.:.:.:. ′            i.:.:.:.:.:.:. l:.:.:.l.. .γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
   ヽ  、、    ....|.:.:l.:.:.:.:.:.:.:./               〈\.:.:.:.:.:l:.:.:.l. .|  こんな時間に集落の外へ出ようなんてのは  |
   `__ ノ      .j:.:.j:.:.:.:.:.:.:ハ           ∨:.:.:.:.:. l:.:.:.l. |  自殺するようなもんだ。今は止めときな     |
     ヤ      {:.:.{:.:.:.:./`Y            ∨.:.:.:.:.:l:.:.:.l  乂 ___________________.ノ
    l |        「:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ノ             ∨:.:.:.:.:.:.:.:!
.     .丿       .|:.:.:.:.:.:彡升Y              {/\:.:.:.:人
               /7777////リ                  ∨/////∧
           //////////j                  Ⅳ/////∧
           .イ//////////!                 ヾ'//////∧
         //////////广"                    ∨/////ハ
       ///////////                      ∨//////}
.       ヽ/////> ´                       \////ノ
         `¨¨¨´                                `¨¨´
1841 : 安価のやる夫だお [sage] 2015/09/27(日) 19:12:46 ID:tyxjwfLI0
女体化しているのに顔も背丈も一緒だったのかw ちゃんと男性義体にしてやれよパパンw

復讐者つっても野盗なんじゃねーかw
1842 : ◆ToVRCqC0oc [] 2015/09/27(日) 19:14:06 ID:I/tzk83Y0


                             l
            _________         i、__,,.../
         , '::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ       . γ´
         /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\    .  ゝ..,,__         急に……なにか疑われているようですが
        /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\       .γ´       ちょっと酔い覚ましに歩いてただけでして
    ./::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',     ...ゝ、
    /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',        .`.        俺は別に集落を出ようだなんて ――
   ./:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i
  i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,'   γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
  |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::__::/    |  とっくにネタはあがってんだ、しらばっくれなくてもいいよ  |
  {::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ ハ,'iヽ   ..乂 ________________________ ノ
`ヽ ゝ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/   y::,'::/
::::::/:ヽ::::::::::::::::::::::::::; _______::::::::::::::::ヽ___/:::レ′
:::::',:::::::\:::::::::::::::< __    _>‐´::::::::::::::、::::::::::/    γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
:::::::i::::::::::{:::::::::::::::::::::::` ̄´::::::::::::::::::::::::::::\:::::,'     |  アタシらが“仕事”をサボらないよう監視に送り込まれたことも、   |
:::::::::`ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>∧   .|  それを偽装として任務の裏を取るためThe・“M”に派遣された   |
::::::::::::::::\__:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::\   |  子飼の密偵だってことも……アタシは、ちゃあんと知ってる     |
::::::::::::::::::::::::::\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::\.乂___________________________ノ
::::::::::::::::::::::::::::::::\::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::\__
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\:::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::.γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::` ̄ ̄ ̄´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.|  なに、別にとって食おうってんじゃないから安心おしよ  |
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.乂 _______________________ ノ
1843 : ◆ToVRCqC0oc [] 2015/09/27(日) 19:15:00 ID:I/tzk83Y0


                __ ̄ ̄\---──====ミ
                   // ̄ ̄ ̄\ }|          \
               /  _  ‐=ミ∨⌒ヽ\\\    ヽ
             / / /       j! f'二\  \\ ー=ミ、        オマエさんに少しばかり頼みたいことがある。
              //{   / / /^フ⌒´     \  \\  ∧
                i/l |  / /{ /l{│     ---}\__\  ',       引き受けてくれるってぇなら見逃してやるさ。
               | | | l | { jレ{_L {    '" r f伐ラ'  }厂lト、 ゜
              { 八{ | |´ _ァ‐f伐ハ    '´二´   |  l|^i} i
                     `ト〔 ^'ー ´ }          |  l|^l| |.     ガキの使い程度で、大した用事じゃないよ。
                     jl ∧      ノ         |   |,ノj |
                     /| ∧     ヽ ‐        |  |ノ l|
                / l|   il┐     r。--‐ァ〉    |  l  !
                 / l|   l|_|     ー ´     /|l  l|   ゜
                   /  /|   l| ̄\            ' |l l l|    ‘,
               /  〈_」   l|___  }             l  l l|_____,ノ}
                 /    l|  l|  } リ__\___ ∠ ___|  l l|ー―――  /_
             /    ,八l  l|  f―――――┐ |┌ |  l l|       / ̄] }
               /___/   \小\    匚 ̄\_| | |ノ|  | l|     / ̄ノ,ノ
.         ´ ̄ ̄     /   ヽ |│ 丶  匚 ̄    |   ∨ l|      / ̄ ̄\
1844 : 安価のやる夫だお [sage] 2015/09/27(日) 19:15:10 ID:tyxjwfLI0
そりゃぁ前回あんな前振りすりゃいるよなぁw
1845 : ◆ToVRCqC0oc [] 2015/09/27(日) 19:16:05 ID:I/tzk83Y0


        γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
         |  無理強いする気はないけどね  ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ
          ヽ_________  無謀な試みに命を賭けたいなら出ていきゃいい   }
                            ゝ、_____________________ノ


                                 γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
                          __  |  どうするね? 情報部派遣捜査官、司波達也 三等特尉  |
                      . . : : ´ : : : : : : :乂_________________________ノ
                    / : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
                    /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
                   . : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :l : : : : : :ヽ
                 / : : :/: : : : : : // : : : : : : : : : : : : : |: : : : : : : : ,
                  . : : : / : : : : : : ': : : : : : : : : : : : :│ : : : : : : : : : : : ,
                  : : : : : : : : : : :│: :| : : :イ : : : : : :│: :/: : : : : : : : :ト\   どうにも話を聞いたほうが無難なようだ。
                │: : : : : : : : : : :|: 廾/‐トミ: : : : : :| :/ |:/: : : : : : : |     頼みとやらを一つ聞かせてもらおうか。
                | : : i : ヽ: \ : :|:八 弌ラト∨ : : : |云二:∨ : : : : :
                | : : |: : / \l\|   ` ¨  /ノ}八ノ└'ノ /: :ノ:ハ :/     この通り、俺に抵抗する意志はない。
               ノ | : |:ノ{ /:::{               〉   // / .}/
                    |:ハ: : :ゝ_ー           /    从/
                /⌒}\/⌒} 入               ,
            ┌─/  /‐ァ  ./ァ⌒ :┐   ⊂二7   / :─:─:┐
            i./^ヽ / ./  / /  / :::ト.        /  ̄ ̄ ::/:|                   /⌒l /⌒}
            / / / ,  / /  /| |:::| ニ=-     /     ./::/ :|                   /  / /  /   /ヽ
            / / /./  / /  /:::| |:::ト .. __` [:.       /::/|:::|                   /  / /  /  / /
            / / //   { /  /l::: |_|:::|.........../::/ ハハ::.     /::/ |:::|                ./  / /  / / //ヽ
            / ノ        / .|::/  〉........./::/./77ハ:.   /::/ ::::|             /  /ノ  {/ // /
              ′ .::{:::::::::::::::::::.. {::/  /:::i...../::/ ∧///|::   /::/  i:::|             / /^ 》    // /
     __,.. -=i    }       i    ハ:::::}../::/ / . ∨/:|::  /::/─‐:::|             //  / .       /
┌=ニ.  ̄    |   .j           ∠二;;;{ ̄ ̄..........∨」\/::/ ̄ ̄=- ..__.γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
│    \   r|            /    ∧ ................. |∧ .. Yニ=ー ....__.. .|  物分りがよくて大変けっこう  |
. ィ==ミ、 \ .八   : ー=rニ二´      ∧..................|/∧ ..|        ̄ ニ..乂_____________ノ
│    ヽ   / ::\  ::|:: ::|\::\       ∧ ............ |//∧.|         |::| | |    |     |      /
1846 : 安価のやる夫だお [sage] 2015/09/27(日) 19:16:48 ID:tyxjwfLI0
さすおにかよw
1847 : ◆ToVRCqC0oc [] 2015/09/27(日) 19:17:43 ID:I/tzk83Y0
汚れ仕事役 おにあいww
1848 : ◆ToVRCqC0oc [] 2015/09/27(日) 19:18:00 ID:I/tzk83Y0


                 γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
                 |  アタシらは明日、全戦力をあげてここを発つ  |.__,, 、、
"  ̄ '''' '- ァ- ― ''''  ̄ "乂____________________ノ.、 ,, 、"、-'"
 " '' 、 / '' """ '' "" '、"" ''r '"ヾ ' "" '' "r ´ ' "" '' "" ' " ' "〟ヾ   "゙ " ;
 " '''  "" "  ゙ "゙ "゙ " " '' "" ' '' "  "゙'' "  "゙'' "  "゙'' "  "゙ "'' " ,,  、
'' " _r、 "_  ゙'' "  "゙ ;_; ' 、 " _ '' "'' "  " '' "  "゙ '' "  "゙ '' " " '' 〟,, ; ;"゙"
/"''ー、―;;'"、"、 _ァ―、;;";;、 "'''、,,、―~;;"'';;,ァ―、;'''"'"'';; --、_,―;;"'''-、'";;;、ィ ニ ; ̄`ァ―、;;"'';;、-ニ
 ,―、" ̄ヾ";;"、、-< ̄`,―_ ̄;;"''、、`-ニ_;;";;、― l;;";"";;,、  ;;"、 l―‐i  l ̄ ̄l ̄F―_,,,, 、、、、 -
,/ ̄/ヽ ;;;"ミ ;;"/  γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ ̄, "  ;; 、
l ̄ 、,,ィ''i"i''=;;_ /_. |  その際に集落全体へと火を放ち、全てを灰にする  |.." " # ;;、 :
,,、ィ'"l l l,,ィ''"  "'- ,, ;;".乂 ______________________ノ..-、  " 、 ;;
l l l,,、ィ''"  ̄ ̄ ̄ ̄ "'-、;;_,,,, 、、、、      .;_"、 ゙  ";、   l,、ィ'" //////// ."''‐-、 :: .
-ニ゙|  i――‐イ. ̄ ̄ll  i"ニ- l l l l ヽ    _ 、',; ;, . ; ,;;ノ、ィ'" ///////////// "''‐-、
l l _|_lェェェェェi|[[[[[[[[|_! l l l l l l l l,ヽ"゙ ̄  ̄ゝ;; ; ; シ "''‐‐、 ///////////////
l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l ヽ ;;   "l;i!;;ll    |ll|."''‐-、 ////////////,
―――――――――――――――‐ `     li!;;;l ; ; |ll|:::;;;;| l l "''‐-、 //////////
三| |三三l三三| |三三l三三| |.γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ. ///////,
三| |三三l三三| |三三l「ュ三| |.|  ここには何も、跡形すら残さない ――  |. "''‐-、 /// . _、ィ'
三| |三三l三三| |三 「ュロ品iii | .乂 _________________ ノ.l l l l l l"''‐-、_,ィ l l l
三| |三三l三三| |「Eニ|口器ロロ三三l三三|!;:   w ; ii   , v "''‐-、l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l|l l l l
1849 : ◆ToVRCqC0oc [] 2015/09/27(日) 19:18:38 ID:I/tzk83Y0


    γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
    |  とはいえ非戦闘員を巻き添えにする気はなくてねぇ  |
   .乂_______________________ノ


         __|__|__                  γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
.  \\_       !   !       _//              ..|  アンタには、アタシらが征くより先に奴等を連れて   |
.\/ヽヽ                  // \/            |  独立集落のゴボーに向かってもらいたいのさ     |
./\                     /\.  r===、     .乂 _____________________ ノ
                              ir'"^ヽ}            __
                           _从´_`从_           {ハリル          r―― 、
                         《_}. Y {__》         __{` ´ノ}          {/|  |
  _/マ              __    _/ /_.  _} |┌┐ /⌒ヽ∨ ̄}.入        {′{_____}
  | ̄| Y ̄ ̄}          {nih、〕   (___)  / | ̄}....| ./  /} |  /  ハ__.   ヽ/二二 \
  |  |_r==、/'}     _/{、 , ハ     _爪__,、  {...|...├┘{ /}´ |  | (に二つ}    } \\__/ }ヽ
  \/    入フ   _/ .{∧__/7}、_   ヽ  /  y' ⌒ヽ. } /\\_}   く¨¨\/ヽ--┘  }     |
.   {    {⌒\  |  }_{{___ノ¨ ∧.    | |__r{i     | }´ ./\__}   ヽ_{_{__/ ̄
.   |    {_  ヽ__|...ム | /   ./_\. .|/  八从ル} / ̄ ̄旦 ̄旦 ̄       \
.   |.    { \__》.ノ__.| {   / ̄}=-}   ̄}      / \                       \
.   |     }     f}./......{_{/⌒}/    }     {\  \  日                 \
.   / ̄ ̄ 入}     / {⌒‐┬‐ {frり.      |_ γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
  {_人_/‐-    {__|.   ト、__   \    |   |  ついでに奴等がどういう扱いになるかの交渉も任せたい  |
.             \   \  ヽ  〕  /.    |  ...乂_________________________ノ
            }     |  |  /  /    i{\. /||  l|‐┐  \
            /..   |  |. /  /     人\\||  l|. | ̄ ̄| \
            /     |  |/  /     /⌒ ̄}\}ニニl} /‐┐ |  \
1850 : ◆ToVRCqC0oc [] 2015/09/27(日) 19:19:53 ID:I/tzk83Y0


        /::::::::::::::::::::::::::;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::\         γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ
     /::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::ハ           |  輸送車を数台くれてやる。家財まではムリでも、   .|
     ./::::::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::/:;::::::::::i:::::::::i::!          |  着の身着のまま焼け出されるよりはマシだろう   |
    i::::::::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::/:/::::::i::::|:::::::::i:ハ         乂_____________________ ノ
     i:::::::::::::::::::::::::::::::!::::::::::::::::::|/:::::;:::!::::|:::::::::!:∧
    !::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::|:::::;イ:/!::::|:::::::/:::iヾi
    ノ;i::::::::::::::::::::::::::::::∧::::::::::::|::://二_!|i:::::/::/!| \
   ´ !:i!:::::::::::::::::;=-、::::::i::::::::::|´/ヽ_!_i /:;イ::/ |!
     ! !::::::::::::::::ヽヾ!\::!、::::i::!    /´ K          随分な偽善だ。人のことを言えた職柄じゃないが、
      !:::i、::::::::::::>=、  ` ヾ!`        >.         任務のために多くの悪行を重ねてきた身だろう。
      ヽ:! !:::::::::::/  !             /
    i ̄ ̄ ̄=====----,-,     -― /            その手で焼きだす癖に、民草を護る軍人気取りか?
    |          /::/:ト 、_    /i:::i
    |             i:::ii:::|、_!>- ´/:i::|
    |          i::/|:::|// /=|  |:::|::|
    |=--==、___    |::| .|::|/ /::::::|  /::i|:::|
,=< ̄>=-、__::::::>==:::| .|::|!./、::::::|  |::||::::|_
::::::::::::> ´ ̄   >=、_|__|:|/  ヽ:::i、、::/、::|=-= ̄>=-=、
=<     ,......=-<二二---ヽ |::::∨二二==-=、_`=i ∧
1851 : ◆ToVRCqC0oc [] 2015/09/27(日) 19:21:09 ID:I/tzk83Y0


                                                      -- ー --...
                                                      ,__ニニ、::::≧;;、:::::::::::::::::::>...
                                                   , ,,,...-ー-:;;、::ヽ::ヽ:/::::::::::::::::::ヽ
    いけないかい? 救えるものは救いたいじゃないさ。            //;::::::::::::`:;-=、:: lノ {__,,:::::::::::::::::ム
                                                   //:/:::::::::::::::::::::}彡=::<:::::::::::::::::::: ム
    善くも悪しくも、アタシらは軍人で、人間なんだ。                 ./ /::::/:::::/:::::,::/^^==、::::\:::::::::::::::::::::ム
    血も通ってるし犬畜生よりゃ情だってあるとも。                .i .i::::/:::::/:::::/././   ..ト、:::::ヽ:::::::::::::::::::ハ
                                              |::/::::/::// .{ |    l.ハ:::::::::ム::::::::::::::::::i
                                              レ:|::/::「 十- 、    」_ム::::::::::ム:::::::::::::::l
    明日にはアタシらみんな死んじまう。そしたらもう、           ./ :::::::: ゞニニ示ソ /´ テソニアゞ、:::ム::Yヽ:::ム
    誰も奴等のこと守ってなんかくれやしないんだ。             ./:::::::::::::::::iヽ    ´ i:. ` ‐     .|::::-- }:::::::ム
                                            /::/:::::::::::::::ム     .i::.         i::::| /::::::::: ム
    これからは自分達でなんとかしなくちゃならない。        //::::::::::::/:::::: ム      」;;;        .i::::レ::::::::::::::::ム
                                        __/::::/::::::::::/::::::::::::::ム    ー---     /.}::::::::::::::::::::::::::
                                       <´   ̄ ー- __ ___ :::ム   こニ´     / i::::::::::::::::::::::::::::
    ならせめて、社会の隅でも送ってやるべきだろう?          /圭圭圭圭{ ト.ム       /` ー ========
                                  /           ュ≦圭圭圭圭圭{;;;>-≧-=== ´
                                            ≦圭圭圭圭圭≧´\ニ/ ./ ´  ,---、        /
                                    ュ≦圭圭圭圭圭圭:{  }-/ /--ー ´  )  ー----=´==- .
                                     /圭圭圭圭圭圭圭圭::i  ゞ ̄  ノ,-- /   ュ≦ ̄ .ム
                                     ー/圭圭圭圭圭圭圭圭ト、 ヽ ー----ゝ- ≦´圭圭圭::ム
                                      //圭圭圭圭圭圭圭ニ} .ヽ . } i´  /´圭圭圭圭圭圭ニム
1852 : ◆ToVRCqC0oc [] 2015/09/27(日) 19:22:43 ID:I/tzk83Y0


                   γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ
───────── |  次に、奴等をゴボーに送り届けたらガンボーズに伝えておくれ  |. ────────
                    乂___________________________ ノ
                                                           ____
               _, -、、                                     ////////`.、
            / 、;. | }_ハ                                    ,f/,{_____}ミ!
           イ.:  (` ィ_/`ヾ       __                        ,./  .i//./ィハイ 从_ゝ
           /. :ヽ __/:.:.:>ー'′    /_    `ヽ                  //   |'/マ| l≧ヽ!.! |/|
       /. :     /`¨¨´      f 'fッ    ゙,-、!              .,  .′   .!//,| トz_ .ィj ハ,|
      ./. :     ./           k' - ン┐   'ソ             /  /      |,ィ从{ ` T:|孑℡
    /         ′            {マ二- フ ' ,メ¨ヽ            ./   ′    .////ヾニ、  ` <==-、_
    .i :.        }_           _ },.才二xメ゙ .:.:  \   ..__ __ イ /´     .ノ/////}ニ}___}__}}/}- 》、Y
     ! ::..      /:. ` <ト.へ_f⌒ヾ ヾヾ爻'゙" , -_,.ニ   .// _〈  , "       .ゝ, ー=彡{ゝ.ニニメィトーくt'/
     ヽ ::.     ノ  :.:.. マ圭¨¨¬ \ ヾヘ:.:. //斗─.  / } }く_r_ァ゚._∧}          /////,.{____{{=__}}___}
     \::....:.:...    :.:.:. 佳}ァ  `    ヽ斗‐.:  __   {乂ノ { ,. -、 7′      ノ////  ヽニニニニ{
       \:.:.:.:.:..    /圭トヽ._,      ,.。  ヱ∠_\__∨廴/ゝヘ_/{〉  . ,    「///,〈   _}ニニニニ.、
        \ :.:.:.. :.:/圭圭圭\  ......く            `ヽ ̄....二ニ=‐‐   ̄`ヽ.  //ノ{  {__・ {{=  ̄ ヽ
          /≧ 、_:/圭圭圭圭圭.   , ´ ̄\       /        __,,.. ∠___\. . /ニニニ/=- __・_}
           /圭圭圭圭圭圭圭圭  . /___,.  ァ〔:\____  '         ´ ̄ ̄ ̄  \  ̄¨  。,.  /_}ニニニト.
         /圭圭圭圭圭圭圭.  /´ ̄/   乂__アハ_____    /           \    \.  ::!ニニニ|ニ\
       イ圭斗ヾ圭圭圭圭圭  ′ / ).:′      }了__ー< ̄丶> ,        ‘,      }  . ニニニ|ニニ寸
.γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ...,       〈(⌒)___r 、_,′  ニニ!\ニニ}
.|  “夕刻頃、日没を前にアタシらはゴボーに総攻撃をかける”って  |../ `ヽ_____〉__/ /   zx/ニニニ/8xzヽノ
..乂 ___________________________ ノ. iレ、_〉}_____ イ,/.  i:i:i:i/ニニ.//:i:i:i:i‘.
                            ̄ 〈¨¨¨¨}\  ∨ ヽ/`ヽr 、丶  :レヘ/ 〉   ノ
                                ‘,   \_ :{  {ヽ. ∧∧__/  ∨‐一
                              ‘     乂 \__{/'\人_}  }`ヽ/、〉
                                 ̄`ヽ人__‘, \トv′ハ/ ̄\/}
                            /廴_  . γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
                      /    \. |  戦争やるにゃ宣戦布告のメッセンジャーが必要になるだろ?  |
                                  |  この為に今日までアンタを好きに泳がせてやってたんだ     |
────────────────────乂 __________________________ ノ
1853 : ◆ToVRCqC0oc [] 2015/09/27(日) 19:23:58 ID:I/tzk83Y0


        /:/  /  . . .. |..j/..: ..::|:::::::::::::j/.:{/ ,:::::::::::::::::::}:::::::::.ハ
         {/  |  . . .. |..{...: .: .:|:::::/.::j/.::;ハ /,:::::::::::::::{::::::::::::. ,
       '  | : . . .. .|..{.: .:/..:|::/.::j厶:'゙ ∨ /,::::::::::::{::::::::::::::.!
        ;. !| :、 . .. ..|..{//....::kえ厶ご'~ミV:::/.::::从{::::::::/:;:::ⅰ
        }: | | jハ . .. ..∨ハ....:::{`'く_ tぅ'㍉ヽ:∨.:::;厶小y'/:/.:::ⅱ     正気の沙汰じゃない。いや、それは今更か。
        /;|:..| |...:j人..........〈八 .:::{: : .`¨¨゛. : : /;;:ィ(=⇒y゙/:/.::::::jハ
       ノ'´|:::Mィ゙{ (\......{  \{ : : : : : : : : :'´ : |ゞ忍.У/.::::::,小{     ガンボーズ相手に正面から戦いを挑むなど、
         |jiハ乂`ーt \{_   l : : : : : : : : : : : : :、 : : Z/.::::::/}ノ \   どれだけレイダーを束ねても無意味だ。
          ′ }.:j介;rヘ,    l : : : : : : : : : : : : : 〉 : : /.::://丿
             }人从  〉,__l : : : : : : : : : : ' /. : : ,::::://.          全員、死ぬぞ。誰一人として助かるものか。
     _,,...-‐=ニ二三 ̄ ̄]王王]: : : ___: : : : : :   厶イ/
      |       . : : : .: :]王王]: : : : : : :ー ̄`  ,
      |       . : : : .: ..:]王王]、: : : : : : : : :  /
      |      . : : .: ..:..::]王王]l/> :,_: : : / ̄ ̄ ̄]陌]   γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ
      |      . : : .: .:. .:::]王王ヨト-rnぶーく:.:. .:.. :. . . ]王ヨ].   |  そうさ、それでいい。誰一人として帰ることはない  |
      |      . : : : : .: .::.:]王王ヨIi 川 灰^h:.:. .:.:. :. .]王ヨI]  .|  帰る場所もなく、アタシらは、みんな死ぬんだ    .|
    ,√三ニ=-(. : : :.: .: .:.:.:]王王ヨヨj/ / √三}}:.:.:. :..: :.]王ハヨ]  乂_____________________ ノ
 _∠二Ξ三三ニ=- __.:. .:.]王ハ王ヨし' ,こ三]]:.:.:. .:.. :]王】 狂]
三三ニ=‐'^⌒"'ー=ニΞ三ニ=竺ヨ モヨl ∧ニ三]]:.:.:. .:. ]王l】 狂]
             ̄-=ニ王ヨ  モヨl/  'こ三]ト、:.:.:]王I】  狂]
1854 : ◆ToVRCqC0oc [] 2015/09/27(日) 19:25:14 ID:I/tzk83Y0


                  _   --―==ァ
              _;;-‐''''~ /:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i/
             i~    ../i:i:i:i:i:i|i|i:i:i:i:i:i:i:i:/
             i     /i:i:i:i:i|i|i|i:i:i:i:i:i:i:i/
               i  .../:i:i:i:i:i|i|i|i|i:i:i:i:i:i:/
               i. ./:i:i:i:i:i|i|i|i|i:i:i:i:i:i:/           あとはコイツだ。ダンスパーティの招待状が二枚ある。
               i./i:i:i:i_i:i|i|i:i:i:i:i:i:i:i/
                _/- f´ ノi:i;.ィTi:i:i/             それぞれ渡してほしい奴が、いまゴボーに来ててね。
         r '´   ,.ィi;.´ ノ:i:i/
         |   r≦;.´  /┬‐′            アタシとグリムジョーからの個人的な頼みごとさ。
         |   |/  , イ   !
          j ,/  /,.、 ヽ  '、
.         /  __ノ '´ \ノ   、
           ヽ.    ,.-ヘ `こフ ヽ
          i  -'´  i ` 、-'′ }
          |    _ノく. 〈_)、
             \.     } ` ー' ` 〈
             \.           i
              丶.        ノ
1855 : ◆ToVRCqC0oc [] 2015/09/27(日) 19:27:22 ID:I/tzk83Y0


────────────────────────────────────────────────

           ¨ ̄ ̄ ̄¨
        /         \  \            γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
     ./       \ \ヽ   ヽ   ヽ         |  アタシからガンボーズ三代目総長、聖 白蓮へ ――  |
     {  ./ / /   ! ト、 .ハ|   |             乂_______________________ノ
     |  | | ハ i! ト斗=}'≦|   |i     |
     |  i! ハ| Ⅶ1.斗笊犲|   |⌒ヽ |
     | ョf≧.く jル' .之ク |   |)リ ノ |                       ,,.. ―-- ...,,_
     |  ハ::::::::}'       |   |イ   |                         ::''":.:.:.:.:.:''"´:.:.:.:.:.:.:.:.゙> ..、
     |  |小:;イ       |   ||  i!                  ,.:<:.:.:.:.;,:イ:.:.:.:./,;:.彳⌒:.:.:.:.:.:.:>、
     |    人` -―    |   ||  ||                 /.:.:.:..,..イ:.:.:.:.:.:.:.:;:イ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:`ヽ、 __ノ
     |    { 个     ...::「|   |ゝ、_ 从                .,イ.:.:.:.:./.:.:.:.:.:///.:.:/./:.:.:.:.:.:.:.ハ:.:.:.:.:.ヽミー-、
     |    | |  `¨´「ハ::|/  ///⌒ヾ              ./:..:..:../:..:..:..:..:〃:../:..:..:/:.〃:..:..:..:..:...:..:.ト、.、人:ヽ、)ノ
  ∩ ./ )  .! !    |ゝr/  / /                    i!.:..:..:/..:..:..:..〃./:..:..:..:/../.:..:..:...:..:..:.}..:.リ:ハ..゙:,..:.\:.``ヽ、
 /| | / /   | |   r〃,リ/  ,イ /       }           ノ:.ノ..:../..:..:..:{.〃.:..:..:/:..{:/:..:..:..ノ.:..:.;イ:.ノ}..:.}:.:、ハ、:..:)..ヽ.:..:.Y
.《_r::i「`i从∩ | i! /テ"./イ /::」 {         ハ        //..:..:..:..:..:..:..:./:..:..:..:..i!../{i:彡//ン'.ノイ .i.:.リミ:.}.:}.:゙<:..:..:.)ノイ
「|〈::〈:::::{_ ,「::i | 从///::::::/´ニ.| |〈 }___ / i         /イ..:/..:..:..:/:..:..://.:..:..:.{.:.!:{i.:.:/:.//:ィ≦ .ノノテソノ:.ハヘ.彳
{:{:::::::::::::::`:::::j.|/' .i//≦斗<::::∧∨「____〉 |       〃:./:..:..:..:../:..:../:..:.イ:..:..i:.{λi:.{:.l彡"示^  {リ.{、.:.ヽ:.:.}リ:弋_
.Ⅵ::::::::::::::::::∧!  {{{:::::::::::{:::::::::::::::\|     | |       .ム: : :/: : : :/ : :イ / :///l.:l:.:.:.:.从イ蓮i{_   `j.lハ: : }:ノイ゙ー、:.)
 \:::::::::_{__   Ⅶ:::::::::∨ ::::::::::::: |     | |       .: : : :/ : : : ム 〃:イ ://イ :i!:λし:.:λ ゙''"´       ,':.ソ:ノ彡__ ノイ
                                     : :i! i! : : : :i! : { :ハ {:i: :i :{: : : :\: : ゙ニ:ノ   _ ィ /: 、:.(_:_, : \
                                     : :{ :i : : : : {: :弋: : ゝ{ λゝ、 : :゙:''ミ=< .__ __ _/: } リ゙ー'´ : : : \
.  γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ.: : :':,: : : :>、゙ー ミ、_:`ヽ、ヽ{ヽ=x.ノ:ノイ : : : :
.  |   ―― グリムジョーからは付添いの銀髪眼帯の子供へ  .|.  : ヽ: ':, : : :゙''ー-ミヘミヽ iリ=〕::〉: ':,: :`、 :
  乂 _______________________ ノ.=-=≧.':,ー-ミヽ : ゙ヽ) )ノ  f::::::}、__:':, : . :\
                                     、 : . : . :  ̄ ̄``ヽ ヽ``ヽー、)ノ. :,.イ    f^:::ヘ:::::ヽ':, : .

────────────────────────────────────────────────
1856 : ◆ToVRCqC0oc [] 2015/09/27(日) 19:29:45 ID:I/tzk83Y0


                             | ̄|
                             |。 |    γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
                             |_||   |  一方的に頼みごとされてばかりじゃ気も悪かろう  |
                             |  |     |  仕事の見返りも用意してあるんだ、受け取りな    .|
                             |  |    乂 _____________________ノ
                             |  |
. γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ   |  |
. |  このメモリースティック、中身は?  |   |  |
.  乂 _______________ ノ  |  |
                             |  |
                             |  |   γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
                             |_||   |  アタシらの行動、任務や作戦の記録がまとめてある  |
                             |  |     |  無論、“誰がなんの為にさせたのか”証拠も含めて   .|
                             |。 |   .乂 ______________________ ノ
                             |_|
. γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄.∧ '-'ー---、
.  l  なんて取り扱いに困る代物を……  (__;).ニ{'ー― 、i ̄` 、
.  ヽ、_______________, ノ   - 、  │|      、
                        │|   r    Y │|         、
                        │`―‐|i...:::::.  γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
                            (O,-‐| ̄    |  キイ市街へ戻ったらメアリ准将に直接渡してやるといい   |
                           Y´    { ,,,,...   |  The・“M”も同席して見るだろうし報告先は同じだろ?   |
                        {    ィ、    ..乂________________________ノ
                             `,ー ´  ハ          ヽ ノ    ヽ
                             /   ノ }       ∨ ヽ /       ',
                       〈   , '        ヽノ´            }
                        ー‐' ヽ   l       `ヽ        /
                            \,ノ                /
                                 /                 /
                            {                   /
1857 : 安価のやる夫だお [sage] 2015/09/27(日) 19:30:30 ID:tyxjwfLI0
イタチの最後っ屁だなぁ… 流石に矜持がわるわな
1858 : ◆ToVRCqC0oc [] 2015/09/27(日) 19:30:50 ID:I/tzk83Y0


                                       /:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
                                          厶ィ:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ィ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∧
. γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ.. ./:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:///:.:.: ィ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∧
. |  大本営に対する重大な背信だ。それでいいのか?  |.  ':.:./:.:.:.:./:.:.:.:./:.:.:.:/:./⌒^¨¨⌒i:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ.:.:.:.:.:.:.
. 乂_______________________ノ i:.:.':.:.:.:. ':.:.:.:./ 》:. イ:./        |:.:.:.:{:.:.:.:.:.:!:.:.:.:.:. i
                                          |:.i:.:.:.:./:.:.:.:/  // !:′      ト:.:.:.:.、:.:.:.{:.:.:.:.:.: !
                                          |:.l:.:.:/:.:.:.:/ \〃   |l       {:.:.\:ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:l|
                                          l∧/{:.:.:./ `トミ{'   |! --───',:.:.:.:.:\>:.:.:.:.:.:.:リ
                                          {! {! V/   {じ!   l! ____   ',:.:.:i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:′
   報いる気もない大本営に立てる義理は果たした。           }l、≧=イ    ヽ.´ ̄{!じド=ァー}:.:.l:.:.:.:、:.:.:.:.:.:ヽ
   最後にアタシらは、アタシらの正義によって動く。          イ{   ノ       戈zリ , ∧:.ト、:.:.:.\:.:.:.:.:.\
                                            イ:.:.∧  丶       丶ー==彡./:.:/ヾ 7、:.:.:》:.:、:.:.:.:.\
                                         /:.:.:.ォ,イ:.:.:.、   、__ __        /:.:/{!  イ:.:.:\{:.:.:.`ト..:.:.:.
   ―― 大本営の指示なんかじゃない。            /:.: /// !:.:.:.:.:.:.... `こ_ノ        /:.:.:爪イ:.:!:.:.:.:.:.:、:.:.∧ `:
                                      イ:.:./ 〃 |!:.:.:.:.:.:.:.:\ ___ . -- イ:.:./ }:.}:.!:.:l:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:\
   政治屋どもの足引きごっこも関係ない。        /:./   ./   :|i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.イ廴_ /:.:.:.イ=:{:.{《:.:.:ゝ:.:.:.:.:.:.:.:\:.:.:.:
                                 /イ   /    |{:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:/ li...イ:.:.:.////:}:.} \:.:.:\:.:.:.:.:.:.: \:.
   アタシが思い描く“最善を尽くす”だけさ。     //           〕ト:.:.:.:l:.:.:.:.:.厶イ :.:.:/=====;川  丶:.:.:ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.
                               /イ               〕ト:.:/:.:.:.:.:./     イ lリ    \:.:. :.:.:.:.:.:.:.:.
1859 : 安価のやる夫だお [sage] 2015/09/27(日) 19:31:47 ID:tyxjwfLI0
正義… 正義ってなんだ…(苦悩
1860 : ◆ToVRCqC0oc [] 2015/09/27(日) 19:32:21 ID:I/tzk83Y0


//////////////////////////////,\
////////////////////////////////ヘ
//////////////////////////////////ヘ
////////////////////////////////////ヽ
/////////////////////////////////////,ヽ
///////////////////////////////////ハ`ヾ、        偽善に偽悪、正真の掴めぬ亡霊騎行の長らしい。
////ヽ'//////////////////////////////,ハ
//〈 '.: V//////////,/////ハ/////////////!
//∧ 、∨,iV///>'"--//ハ/,!‐V///////////リ             やらせたいことは以上だな? なら委細了解した。
///∧ ヽVl ヽ//!   /ソ  Vl 'ヽ/////////.ソ             俺も、俺にできる最善を尽くすことを約束しよう。
///!/ゝ、 ヾ、 ヾ,{. `ー- __,.ヽ   〉/イ///// /  n _n__
/ l/  ハ     ヽ     ´   /' {/V/j'/    .l |└i七
、: : :.ヽ !                  j  ' ´    LK⊆T′
. \: : : :、 、 ∪          ´         _n__         γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
   ` 、:\丶      _ ,. /         └i七┐.         |  そいつぁ良かった。断られたら難儀してたよ  |
.      > _ヽ::..、  '"-一'./ '.         (r匕r'_)        乂____________________ノ
.      /// .>-  _  /  }
     //.i. ,イ;;;!:.! /. ̄ -、 '/  ヽー、.r'"`ヽ
     //i !イ;;;;;;;!: 〈 /  ' /    ーゝ _ ノ
\  .// l.lーヽ;;〈: : ',    '.!       _n__
  \'/ l l: : : ヽ;;;,: :l_ -┐ l         └i七┐            ぬけぬけとよく言う。まったくタチの悪い女傑だ。
     ヽ!.l: : : : :';;;;, :l ,.-l .! !      (r匕r'_).          その肝と悪知恵の働きは情報部向きだぞ。
     /./ヽ: : : :l;;;;, l  .l.| l
    ,イ/   ヽ: :.!;;;;!:!  l.! .l        O
   ,イ/   ./ 〉; l;;;;;l:l  l.!_l         O
.   /./   ,イ ./ ヽ;;;;l:!  ー!         O
  ヽ ヽ、  \\  V;;;l   ,'
.  /\\ .  \\ V;l /
1861 : 安価のやる夫だお [sage] 2015/09/27(日) 19:33:56 ID:tyxjwfLI0
スーツ適正もあって、指揮能力も高くて…
そしてこの胆力とかしこさ  どうしてこんな使い潰す任務に…
1862 : ◆ToVRCqC0oc [] 2015/09/27(日) 19:34:49 ID:I/tzk83Y0


                 /´l   _
                 ,'  |./ /
             /´',  l  /  /
             |  ', |./  /   ___ _        アタシは結局、最後まで割り切れなかったってことさ。
            f´',  ',   , j ,   /  ゛      `'' 、
        _   {  ',  ,   ', {,'  /             ヽ.   そういう生き方を徹せるほどに自分を騙せなかった。
      '、`丶 ,   ', ',  V   !〉.             ,!.     能力や適正よりも、性分が合わなかったんだねェ。
       \  ',   ', 〉 ´/   |              /
        丶、ヽ  '、/    ,'.           ./      だから、おしまいだ。蚯蚓のマネも野良犬のマネも、
          \}         /.             /     やりたくてやれる奴が勝手にやってればいい。
            |       ,/              /
           /     /l           /
             {       / ,'          /
           i\ _,/_/
            >'´:::::::::::::`ヽ
            |:::::::::::::::::::::::::',
            |::::/\:::::::::::::::',
           〈::/   丶---イ
            i|       ',
            |  , -―- 、 ',
            レ'´        ',
1863 : ◆ToVRCqC0oc [] 2015/09/27(日) 19:36:14 ID:I/tzk83Y0
大本営「思ってたよりずっと長持ちしたな、あの女士官 ああいうのまた出てこないかな」

人は畑どころか荒地からでも取れる国の発想としてはおかしくない いや実際は知らんが
1864 : 安価のやる夫だお [sage] 2015/09/27(日) 19:37:00 ID:tyxjwfLI0
Oh…  情報部に潰されろぉ!
1865 : ◆ToVRCqC0oc [] 2015/09/27(日) 19:37:28 ID:I/tzk83Y0


           ,、‐ ' '‐ 、_
        fゝ '゙    '.  `'ヽ
        /i      '.    ヽ                   (あの背中に敬礼すべきではないのだろうが……)
         !{、       ;    i
       l '、n  ;       ;  l
         ' } l:. i         ;  !                                  _. -―- _
           i゙i :.i : .  :   i.  !                                ,.</////////,>、
           !i :i : . : . .  i . l                             ,.'//////////////∧
         i.i .i : : . : : : . . i: . !                          /////////////////ハ
.        i,' .i . : : : ; : : : : . .', :l                              ,'//////////////////!
   r- 、_,..、-i' . i . : : :, ; : : : : :.',: l                        ,イ'/ト'//////////////,ハ,!
  r''゙、 . . `'.ソ . i.: . : : : i ; : : : : : :, :l‐、                        ´ V,{ V/////////////イハ
. l、 . . .' .- /  . i: . : : : : i ; : : : : : :i: .ト、ヽ                       Vハ.V///////////,{'l,'
 l  . . . . ./  . :i: ; : : : : :i ; : : : : : : i :l . `l                           ' ヽV/////////ハ
                                                  r‐ ''" ̄     ̄` ヽ
                                                   l               !
                                                   /__       __',_
                                          _   '"   ` ー  ̄ ̄ ̄  '"   ‐- _
                                          ,.-           ヽ                、
.   (もしも誰かが彼女達に報いてやれていたら        ./                            ハ
    こんな行き詰まりの末路は訪れなかった。        .i  ',                ;.         ,  .!
                                         ト、 、          /      :,         ./ ./.|
    人を救わんと己が身を汚泥に晒した勇者を、         !/i マー-    __,.'     _ 、 -― ''''" _/ l/,l
    その挺身を讃える者の無きこそが理不尽。           .l/l  'ー-  __,:_ ̄` '"_,. -ヽー┬ '''" ./  .!/l
                                          ,j_'j  , ヽ      l/      ̄    \.!.   ,.'、.  ヾ,!、
    だが同じ泥沼に浸る俺の敬意では響かない)        ヽ    ゝ、   l.             !  /:! ヽ   }
                                       !     ,iヽ    l              l  i::ll ',    .l
                                       '     ./ ll::!    l           l  l::ll       |
                                         j   , '  !l::l   l             l  .l::l !      .l
                                         l     .l .!::!    !            l  .l::l l      ,
1866 : 安価のやる夫だお [sage] 2015/09/27(日) 19:38:40 ID:tyxjwfLI0
こんな任務じゃなければなぁ… アレックスが生きてりゃなぁ…
1867 : ◆ToVRCqC0oc [] 2015/09/27(日) 19:39:24 ID:I/tzk83Y0


         |jiハ乂`ーt \{_   l : : : : : : : : : : : : :、 : : Z/.::::::/}ノ \
          ′ }.:j介;rヘ,    l : : : : : : : : : : : : : 〉 : : /.::://丿    『地獄への道は善意によって舗装されている』
             }人从  〉,__l : : : : : : : : : : ' /. : : ,::::://
     _,,...-‐=ニ二三 ̄ ̄]王王]: : : ___: : : : : :   厶イ/        誰もが望んで悪たらんとしているのではない。
      |       . : : : .: :]王王]: : : : : : :ー ̄`  ,            善くあれと願うが故に悪道を走らねばならぬ。
      |       . : : : .: ..:]王王]、: : : : : : : : :  /
      |      . : : .: ..:..::]王王]l/> :,_: : : / ̄ ̄ ̄]陌].        必要悪だなどと、どうして俺達は正しいだけで
      |      . : : .: .:. .:::]王王ヨト-rnぶーく:.:. .:.. :. . . ]王ヨ]        生きていくことが許されないのだろうな……。
      |      . : : : : .: .::.:]王王ヨIi 川 灰^h:.:. .:.:. :. .]王ヨI]
    ,√三ニ=-(. : : :.: .: .:.:.:]王王ヨヨj/ / √三}}:.:.:. :..: :.]王ハヨ]
 _∠二Ξ三三ニ=- __.:. .:.]王ハ王ヨし' ,こ三]]:.:.:. .:.. :]王】 狂]     明日は我が身と思わば、おまえ達を憐れもう。
三三ニ=‐'^⌒"'ー=ニΞ三ニ=竺ヨ モヨl ∧ニ三]]:.:.:. .:. ]王l】 狂]
             ̄-=ニ王ヨ  モヨl/  'こ三]ト、:.:.:]王I】  狂]
1868 : ◆ToVRCqC0oc [] 2015/09/27(日) 19:40:03 ID:I/tzk83Y0


   ┌──────────────────────────────── ── ─
   └────────────────────────── ── ─
   ┌──────────────────── ── ─
   └──────────── ── ─
   ┌──────── ── ─
   └── ── ─
1869 : ◆ToVRCqC0oc [] 2015/09/27(日) 19:42:21 ID:I/tzk83Y0


                 /二ヽ
                 .{:}─{:}
                 x─{`ー1}─x
    ;∫          /‘T : : : : : :T’ i                              ,.‐ ミ
      ======≡ニニ二[{ ̄r==三三三三フ                          (Y⌒Y)
             辷人_/〃___/ ̄                   __ , __  __屯已[_
                  {[三三三]}                    C)=≠ljw、|: : : : : : :l : : :Y: : : :`:、
                |     |                          ¨ ‐ : :_[]l: : :.|: : :〈: : :!
                |     |                                {~ : : :|: : : レ : !
            .\人_人,_从人_人_人,_,人/
              .)  なんだよソレ!  (
            ./⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒ヘ                   f.\人_人,_从人_人_人,_从,人从/
:┐         n /〉               <ヽ          /^〉'. )  ふざけるなよ!!  (
 !         }”/              ,、  <`ヽ        ./:::/./⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Yヘ
⌒!ィ        f¨゚{             <´ 'ヽ Vハ   |ヽ Y¨! |::::}イ { , -ー 、  _ /¨>  r-‐,、 <⌒!
::〈人_r-ー- 、_r<}| >:::: ̄:`ヽ__, - 、__r 、r=¨>‐-! /:::::}__Vヘ }:::|__}::::{.ィ1.|:.:.:.:.:.:.}_, くノ ̄! ./;;;;;;;;;}_, ヘ⌒',
/:.< /::::::::::::::::Y::/|i /::::::::::::::::::::::Y:.:.:.:.:.YVイ!:::::}::::::::|/::::::/:ァ<! V_::| ',く/⌒!}:.:.:.:.:ノ/ /:/^V__〈ヽ;;;;;/_!__ノ::::::ヽ
:.:.:.:}|:::::::::::::::::::|:{:. }:!:::::::::::::::::::::::: l:.:.:.:.:.:.|ィ ゝx}:::::: |::::::/:.:/  / > ¨⌒ヽ:'.  V¨¨ヒ{_. V==<:::::`ヾア´:f⌒!ヽ:::::}
\f':!::::::::::::::::::lハ:.:リ'.:::::::::::::::::::::::∧:.:.:.:./ >イ::! :::: |:::::{Y/' 〈 /:::::::::::::::::}:'   V::::::::::{ .}  .}::::::::::|:.:.:.:.|:.:.:|:.:.}-:'
  ヾ!,、:::::::::__/_/  ヽ::::::::::::::::/|レVWハ/::::::::/:::::: |::::::|ハ   V!::::::::::::::::::!:/  ./:::::::;:::Y  /^!:::::::{:ト、: |:.:.:|:./:::::
    `Y゚ ̄    _/VレvイW:::::`ー-::__/:::::::::/:::::::| ヽ  `!:::::i:::::::::::|'   /:::::::/L_|   ̄⌒¨}>ヘ}:.:.:|”::::::::
、      f´ ̄::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::|  ヽ .|:::::l::::i::::::|  /:::::::::|  >- ._  }}   |:.: |ヽ:::::::

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM :.   荒野に獣 慟哭す    ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

翌朝、シーマ達は起き上がってきた隠れ里の住民を集めて寝惚け眼に冷水をぶっかけるように集落を放棄すると
声高に宣告した。大多数の住民は何を言い出しているのか理解できず呆然としたが、昨夜のうちに手配しておいた
輸送車が数台まわされて来るのを目にして、ようやく彼女達がいたって本気なのだと認識して顔色を青くする。

『冗談じゃない、ここを追い出されて明日からどうやって生きていけばいい』、『俺たちを見捨てるのか』、etc ――

口々にあがった苦情・嘆願を一顧だにせずシーマ達は行動日程を伝え続ける。無視するなと怒鳴り声をあげた者が
兵士の一人に掴みかかろうとして銃声が一つ鳴り響いた。彼等の目の前に、物言わぬようになった死体が転がった。

彼等は“慣れ”てしまい忘れかけていたが、『シーマ達が上で、他の全てが下』、それがこの隠れ里の絶対規範だ。
1870 : 安価のやる夫だお [sage] 2015/09/27(日) 19:43:31 ID:tyxjwfLI0
こういう風に文句が言えるって娘とは、今までの統治は良かったんだろうかなぁ
1871 : ◆ToVRCqC0oc [] 2015/09/27(日) 19:45:24 ID:I/tzk83Y0


    .n __                  从}\}\}\}\}\、
    .| |└‐tノ              \}: \:::::::::::::::::::::::::::::}\
      U につ      _n__n      .<_ : : :.:::::::::::::::::::::::::::::::ハ        n __
               .└i rっ_)       _二=- 、: :. ::::::/::::::::::::::::::从      .| |└‐tノ
              U         三二: : \: 〃::::::::::::::::::::::::}/}     .U につ      _n__n
                            ̄ \, : :}::/⌒ヽ\:::::::/:::}                    └i rっ_)
       >─── 、             /⌒V      Vハ:::::::::.′                   U
      / /{      ,}::\              | l  { /   }  } |::::::/{
.      / 「::::: { ⌒丶人:::::|          |_ ` ´   八,;| :::::/             __   /
      |/ |::::::::{厂。)   V⌒            | }\ (_∠フ7  }7):::/             /     \
..    八 |::(・{⌒¨¨  / } }:::}          乂 ̄ } ¨¨   /八::{            _  }/ } ハ  ,/
.        }| :::::{/⌒V    }ノ:: }          } ムノ _,  「 } 从 _        | ( ( 厂   |/:::::::
       |::::::::}-一'    :| \             | ¨二¨¨  ノ  ハニニ≧、     } ̄) )/⌒) /} :::::/
       |::::::::厂¨¨  .ノ   丶 __   __八 ノ   //  _ ∧ニニニ\,  /V⌒}_⌒¨¨ }八/
.       八:::::{___, イ /   /ニニニニ\/ニニ/|  ̄ ̄ / /}  }_}ニニニ_ハ/  }/二ニマ∠ } 入
     //}::::::::}    __ /(_ニニニニニニニニ/⌒乂___,イ  }/ /ニニニニニ=\/::}乂二フ 二八  \
/ ̄V´ 乂 ̄{ ̄ ̄{  {/  ̄ ∨ニニニニニ/ ̄{_{_{_}_}/  ̄.:′ニニニニニニニ\::}\__ イ  ∠
( ̄ {{ ̄ ̄ }/ ̄ ̄ /       }ニニニニV     ミ/厂        /ニニニニニニニニニニニ⌒\} ____/ニ
    {{  - ′ <二フ <二)   :}ニニニニ{{      {/      〆ニニニニニニニニニイ ̄ ̄¨¨ヾ\   /|ニニ
⌒V {{   ミ{ 彡   {_____八二ニ八     {彡   //ニニニニニニニニ/          \\/:::/|ニニ
 / ,八  ミ{ 彡    厂   /   \ニ∧ \   {   / /ニニニニニニニ∠_          ハ_∧/::!ニニ
    ∧ ミ{ 彡    / ヘ,_{     \ニ}  \ { _/ //_ニニニニニ∠¨¨¨¨⌒          }ニ|::::乂_
  {⌒ .∧ミ{ 彡   /( ̄ ̄ \     }ニ} ノ\  ̄ / /ニニニニ,/                }ニ|:::::::::::
∨乂ノ ∧ {  /( ̄ ̄⌒   \    }/__ 丶     |ニニニ/ /          }       }ニ|:::::::::::

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM :.   荒野に獣 慟哭す    ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

殺されたくはないと不平不満を呟きながらも住民は、持ち出せる限り、許される範囲の手荷物にできるだけ有価な
品々を詰め込んで纏め始めた。引率を任されたという青年が輸送車に乗り込む前のリストチェックを行いながらも
「真面目にしていれば、ここよりは安全なハズですよ」と気休めを吐いていたが……正直、不安は拭えなかった。


輸送車に乗せられる横目で、へらへら笑って遠巻きに見ているレイダー達の余裕顔に、ふと疑念が差し込む。

『そりゃアイツらはとても他の地に行って大人しくできたタマじゃないが、なら此処を捨てた後で何処にいくんだ?』

気にはなったが他人事より今は自分の事だと問いただすこともせず、住民達は粛々として輸送車に押し込まれた。
1872 : 安価のやる夫だお [sage] 2015/09/27(日) 19:46:19 ID:tyxjwfLI0
大丈夫! きちんと不良債権は処分するよ!
1873 : ◆ToVRCqC0oc [] 2015/09/27(日) 19:46:30 ID:I/tzk83Y0
わりとまっとうな生活ができてたよ どんぐらい汚い手段で入手した物資かなんて手を汚してない人にはわからぬし
1874 : 安価のやる夫だお [sage] 2015/09/27(日) 19:47:53 ID:tyxjwfLI0
そら離れがたいわ…
1875 : ◆ToVRCqC0oc [] 2015/09/27(日) 19:49:21 ID:I/tzk83Y0


        ’、.・”;  ’           ’、′‘ ・. . ・ ‘                 _
      ∵”      、′‘ ・. . ・ ‘        ’、′‘   ・”;  ” ;  ’   /| r`l.
                         ト、 ’ 、.・                       |::|└:|
                        ノ (                             |::| ..:::|
                 、   ,    `Y   |   ∵”     .,t                  |::| ..:::ト、
               ,ノ)        |   人         .-}ト         、 ト、   /T|::|:::::::|:::
        ,      `Y´(    '     ,/    く、       Y:ヒ、  ,、   || r┘.:|-┐|.;|:|::|:::::::|:::
工|工|工l工エエエl\    ) 、    /       }    ...`=|;:{二  |:| /\.||...::/〉:::::::,⊥;:|::rェェェェ
__|___|_,工工]エエ}ニTニ7〉ェェェュ  ::::::::::::::::::::::  \ノ!    |;:厂 .r┴:/.::.:.└┐/.::: __|_rェェエlエ工
_|_|_;工工]エlエ|-[]─[[:ロ::ロ:{  .)    ::::::::::::::::::::::ゝ  ...|:;|   |..::::':::: .r:、:...|:::::r┘..;;'エエ工[工[
__|_|_l工工;エエ|____]〕ニlニl          .::::::::::::  、.v,,!;:.v、ミ.:ゞ;yv;ゞ;ゞv;ゞ ,工/\>工工工
_|工|_;工工]エlエ|┴┬/>─‐>. .:::::::::::::::::::::::::.  、.v,,;..v、ミ.:ゞ;yv;ゞ;ゞv;ゞ.v;ゞゞ,上/ ./|エエ;工工
__|_|二l工工;エエ}┬//.::::/   、.v,,;..v、ミ.:ゞ;yv;ゞ;ゞv;ゞ,v,,v,vゞゞ;;ゞv;ゞゞ,.上ェ  ...::... .   .
_|_|_,工工]エlエ}//. .) 、    )ヽ      (  ミ゙':ヾvv'w:,ゞ;;;ヾ.:;ゞ   ':;:. :::. . ..:.:λ:: ::'; ::,)、
__|二l_l工工;エエl/,,;;,/  . ) ( (  )ヽ ; ・  ) ; '.. .''、v,;.wVゞ;v;.  ':;ヾ::.:ソ)人ノ从:.ソ)ノ )
_|_|_l.  (.  エエl-. .) `   ( ( ) ) ( (   )ヽ ( 、  )ヽ  ;  .._/\二:   ::Vィ'  (ソヘ (::.:
.: , )   )  )ヽ( ( :(    )   ヽ、) ) ( ( ) ); ( ( (、 :.  . 、.v,,.  ',:; .::)       て:;;
  )ヽ  (丶  )ヽ  ( ( )   ( ;;  ;、:  ; ;)__) ) (____) ) )) ;  . .:.(ノ        (::
. (  (  .) )ノ  | : ) _,,,-、__  ;; .、     (/(_)ヽ )ヽ ;;. .lニコ. .::::)    ヘ ソハ   ,ゞ
._ノ  `-'      `-' :~~--~~--、_;; ::  、.、.  ) ( (  )ヽ    .;: . .:::: .:ソ   ノ:.::.:.. :(    (
.   _,,;::- ‐' ~~ ~  __,_        `‐-、__  (_(_) ) ( (   ::.: :::..::..:(    (::..::..:::.::ノ    )

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM :.   荒野に獣 慟哭す    ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

輸送車への詰め込みが済むまでの間に集落中へと燃料が振りまかれる。それはアリタ襲撃において収奪された
ポリマーリンゲル廃液だった。車団を出発させる頃には散布がほぼ終了し、“らりぱっぱ”なレイダー達を誘導して
隠れ里の外へ連れ出すと……“リリーマルレーン”の隊員達は手にした松明を、手近な家屋へと投げ入れた。

アリタで奪われた物資の中、わざわざこんなものを大量に盗み出されたことを双方が不思議に思っていた代物だ。

元より、こうするために奪ってきた液体燃料である。未使用品では燃焼効率が高すぎて気化ガスが爆発を起こし
火種を吹き飛ばしかねないので、可燃物を焼き尽くすだけなら廃液のほうが能率と安全性が高いからだった。
1876 : 安価のやる夫だお [sage] 2015/09/27(日) 19:50:24 ID:tyxjwfLI0
北国にでは燃料として需要の高いポリマーリンゲル廃液!
1877 : ◆ToVRCqC0oc [] 2015/09/27(日) 19:51:27 ID:I/tzk83Y0
ぶっちゃけ軽油相当なんかなー? みたいな!
1878 : ◆ToVRCqC0oc [] 2015/09/27(日) 19:52:55 ID:I/tzk83Y0


                i::::/::::::::::::/:::::::i::::::::::::::::;:::::::::ヽ::::ハ
                  i::::i:::::::::::/:::::::::::|::::::::i::::::|:::::::::::::i:::i::i
                   |::::|::i:::::::i::::::∧::!、::::/::::/:::i:::::::::::i::|::i        どうも、兵隊さん。毎日の歩哨お疲れさまです。
                   !::::i:::i::::::!/:三_!|.∨::::/_!/_!::i:::::::!:!::ト、
              ∧::〉:::!::i:|!/ー´-` 〉:/:!,==,-,i!:::/::!::!
               / !:!、、ヾ!:!     /` |  ̄ ノイ:!:!:/        .γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
                !ヽ:=、ヽ         |     /://           |  お、おう。おまえはマトモに話せるな?  |
                    ヽ:|ヽ        ´   ./ ! ´            乂 _________________ ノ
               ,=---!===、  ――  / __
                 |    i:::i:::|>、   /  ̄7:::i
                  i    i::i|:::|=...>-´__   i:::!:|             まず不意に集団でおしかけて申し訳ありません。
              |、     |::||:::|  //7-、.i  i:::!::|              これには些か事情がありまして、必要なだけの
             _,、_,=彡、:::::..../:/ |::| ///:::::::i i /:/|::|.            説明は勿論のこと求められるだけいたします。
       ,==</ | | i   >=、/ !::|_//∧:::::::|!∨/、|:::ト=、_
   ,=彡´> ´/、 | .| |       >:::i>!  i:::::i `ヽ:_>!`>=>-、_.    駐屯されているガンボーズでなければ話せない
   /   \ / // // ,=、><> ´∧   |::::::i  |>、>、_   ` i i.    重大な話もありますので取次ぎを願えますか?
  .i二_\ ./ / / ! .i / /<´      ∧  .|:::::::| |   >、>、  | |
  .|  ヽ i.i / ,   iノ !、      、=<∧ |:::::::i !>-、   //  | |
   !   | |.!  / ´  /´、:::、    ∨  ∧ |::::::::!/ 7::/   //  /./   γ´  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
   〉=-// |  !    /---\:\   〉 i  \:::::/ /::/__  //--/ .i.    |  ……今できる説明次第で検討しよう  |
  i i i ̄__/   ! /------.>、 ´:.<   ∧::!  >=、 / ̄/ |    .ヽ、________________,ノ
  | |! /|\ __,<´      i  >、:::<_   /   / ´ /  i  .|
  / !| / \ >|、 \     ヽ    >=-、.7,..<>´  ./  .i  |

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM :.   荒野に獣 慟哭す    ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

青空を赤く染める火に送られて、さめざめとすすり泣く声をBGMに車団は独立集落ゴボーへと出立した。

昼をやや過ぎた頃にはゴボーへと辿りつけたものの、集落手前で警備員に全体停止を命じられ、身柄の証明から
来訪の目的を訊かれると……難民めいた集団は悲嘆と不安に沈むばかりで、ロクな返答のできない有様だった。

ただ一人、先導車両のハンドルを握っていた青年だけが背筋を伸ばして堂々と胸を張って対応に出る。自分達が
近くに潜伏する大型レイダーによって囚われ、労働に従事させられていた被害者であると確り口頭にて主張した。

あまりに折り目正しくシャッキリとしていたので「おまえのような労奴がいるか」と警戒を招いたのは言うまでもない。
1879 : 安価のやる夫だお [sage] 2015/09/27(日) 19:54:07 ID:tyxjwfLI0
残当w
1880 : ◆ToVRCqC0oc [] 2015/09/27(日) 19:56:23 ID:I/tzk83Y0


                      '"      ``
                  /             \          務め、ご苦労。待たせてすまなんだな。
                     ,                ヘ
                 /      ,            ∨       では早速だが話を聞かせてもらおうか。
                '   ,   〃 ,             ∨        わしらを呼びつけるほどの用件とやらを。
               i  〃 〃 〃     ,ィ         !\
               _|  〃_ 〃 〃   彡ソ _     |!ヽヽ
               ! i: !! `!ミミx    ; ;〃, '" ヾ!';    )'"!,!≧ii;;.\_人_人∧从_人_∧_人_从_从_人人_从_从//
               | ヤ !! 、_ー_、ヾ  ' ,'  {、 ”ノ     !' '´,佳圭圭.)                           >
              _,.>、! !! ゞ、・`>ミ     、´ ̄    ,... !_ノ圭圭. <  御足労いただき感謝します、道錬殿!  >
           _,ィ圭圭! i′.!! ̄!!'" i      ̄ ` ヽ /   ! i Ⅷ圭圭. <                            (
         _,ィ圭圭圭圭ゝ; |! ,′ !、  ,.  ヾ彡,ヽ. i  _, ! i マ圭圭. /^Y ̄∨ ̄∨^Y^⌒Y^YY^^Y^ ̄∨⌒Y^YY^^Y^
      _,ィ圭圭圭圭圭Ⅳ };   ;' ,ィョ    _,.. ェ' '´ ヘ   \ /圭圭圭圭圭圭圭圭℡、
    ,ィ圭圭圭圭圭圭圭l! !\ :, _,. ェ==´ '''", , ─‐ `''" ``ヘ圭圭圭圭圭圭圭圭圭l№
   ,ィ圭圭圭圭圭圭圭圭! i  >,,、  }州州㌢´      ,   :.`マ圭圭圭圭圭圭圭圭圭|i;,
 ,ィ圭圭圭圭圭圭圭圭圭'、 .!   ´彡州州㌢´   ,. -,.‐'"  ´ :.:.:マ圭圭圭圭圭圭圭圭圭|i;,
,佳圭圭圭圭圭圭圭圭圭№ ∨   '"州州  , ィ´゙/    ,. ‐ ..:.:.:.マ圭圭圭圭圭圭圭圭圭|i;
圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭|li ∨   ' "´`` ´   !:.  ,. '   ,. ..:.:.:マ圭圭圭圭圭圭圭圭圭li;

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM :.   荒野に獣 慟哭す    ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

包み隠さぬと言えば聞こえはいいが、どう聞いても不審さがいやます事情説明に門衛達の警戒は跳ね上がった。
結果、集落へ入ることが認められず外縁で待機という塩対応になってしまうのも、残念ながら当然の処置だろう。

幾つか質問を踏まえて青年から得られた情報に虚偽を感じられず、門衛達が対処に困る案件だと判断された。
結果、青年の要望通りにガンボーズ詰め所へと報告がなされた。

やや時間を開けて現れた数名の巨漢達。その風貌と身にまとう威圧感が、集団の間に怯えと動揺を走らせる。

ガンボーズにおいて機甲羅漢と呼ばれる人型決戦兵器共だ。誰一人とって一騎当千のキチ○イ、もとい鬼人が
連れ立ってゾロゾロ寄ってきたら……そりゃ誰だって怖かろう。俺だって怖い。(と後に青年は述懐ス
1881 : 安価のやる夫だお [sage] 2015/09/27(日) 19:58:14 ID:tyxjwfLI0
さすおにがんばれ超がんばれ!
1882 : ◆ToVRCqC0oc [] 2015/09/27(日) 19:59:14 ID:I/tzk83Y0


//////////////////////////////////ヘ                   、/      ,、         丶、/
////////////////////////////////////ヽ             X ヽ    .,. / ヾ ≡ ー- 、     ./ヽ/
/////////////////////////////////////,ヽ           /     /'" _,.   -一ヽ ∨    ./ ヘ.
///////////////////////////////////ハ`ヾ、                  ,' 「´,.,- ー '`´ヽハ'; ',_,..、   "´i
////ヽ'//////////////////////////////,ハ                    __i. ; lヤ1      }_,'!';  , 〉
//〈 '.: V//////////,/////ハ/////////////!               !、 l. ; ! `′      .|   ,ソ
//∧ 、∨,iV///>'"--//ハ/,!‐V///////////リ                ゝ , ',∨、,.、, 、,. 、,.∨   ハ
///∧ ヽVl ヽ//!   /ソ  Vl 'ヽ/////////.ソ                 ハ ヽ--===-- '  ,イ'; ∨
///!/ゝ、 ヾ、 ヾ,{. `ー- __,.ヽ   〉/イ///// /                      7 '; ヘ  ニ圭こェi;i;l;lミヾ;'  !
/ l/  ハ     ヽ     ´   /' {/V/j'/                    i '; '"彡州州州ミ``, ;';'  i
、: : :.ヽ !                  j  ' ´                   ,.ィiイ'  ';   ' ヘW`   , ;';'  , ' ´!ィ、_
. \: : : :、 、             ´                  ,ィ≦圭! ∨ ';,   '; ; ; ;'  ,';';' / ./圭圭≧ェ ,_
   ` 、:\丶      _ ,. /                       /圭圭圭li ∨ ';'; ,  ' ' '   ,';' / /圭圭圭圭圭圭≧i,、
.      > _ヽ::..、  '"-一'./ '                  /圭圭圭圭|li, ∨ ';'; ,     ,';'/ /圭圭圭圭圭圭圭圭圭iヽ
.      /// .>-  _  /  }
     //.i. ,イ;;;!:.! /. ̄ -、 '/                        ヽ人_从人__从_从人__从人_人_从人__从人__从人_从ノ
     //i !イ;;;;;;;!: 〈 /  ' /                     <                              >
\  .// l.lーヽ;;〈: : ',    '.!                  <  面と向かってわしらに要求つきつけるとは、  >
  \'/ l l: : : ヽ;;;,: :l_ -┐ l                     <  良い根性をしておる!! 気に入った!!   >
     ヽ!.l: : : : :';;;;, :l ,.-l .! !                   <                              >
     /./ヽ: : : :l;;;;, l  .l.| l                         Y⌒YW⌒Y⌒WW⌒⌒YW⌒Y⌒WY⌒⌒Y⌒Y⌒WY
    ,イ/   ヽ: :.!;;;;!:!  l.! .l
   ,イ/   ./ 〉; l;;;;;l:l  l.!_l         (……正直かなりキツい。恨むぞ、シーマ・ガラハウ……)
.   /./   ,イ ./ ヽ;;;;l:!  ー!

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM :.   荒野に獣 慟哭す    ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

「この群集の代表は誰ぞ」との誰何に反応を返せるのは先ほどから交渉に立つ青年だけで、しかし流石の彼をして
畏怖と緊張に身を固く強張らせずにはいられない。それでも青年は、確かな足取りで巨漢達の前へと進み出た。
. . .
「彼等の保護を願いたい。その上で、伝えなければならない大事な話がある」 ―― 既に青年は交渉を始めていた。

最初に要望を伝えて手札を切る。一方的に求める賭け代を指定し、伏せたままの自分のBETを開かせたいのなら
交渉というゲームテーブルの対面につけ。 ―― 「なかなか肝の据わった小僧だ」と羅漢は豪快に爆笑した。
1883 : ◆ToVRCqC0oc [] 2015/09/27(日) 20:05:16 ID:I/tzk83Y0


                                               _, -、、   【ひどい圧迫面接の光景】
               遠慮せず席につけ、若いの。          ./ 、;. | }_ハ
               大事な話があるんだろう?           .イ.:  (` ィ_/`ヾ       __
                                     /. :ヽ __/:.:.:>ー'′    /_    `ヽ
              ____                          /. :     /`¨¨´      f 'fッ    ゙,-、!
           ,ィ≪i:i:i:i:i≫ュ、                    /. :     ./           k' - ン┐   'ソ
        ,ィくi:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i\zz、                /         ′            {マ二- フ ' ,メ¨ヽ
     ィi:i:i:i:》,i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:V》             i :.        }_           _ },.才二xメ゙ .:.:  \
    ィi:i:i:i:i:i:i:》,i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:iL》              ! ::..      /:. ` <ト.へ_f⌒ヾ ヾヾ爻'゙" , -_,.ニ孑云≧=zz、、
  ‐=辷三三ミミミ>、 ̄l l ̄ ̄,ィイ⌒ __         ヽ ::.     ノ  :.:.. マ圭¨¨¬ \ ヾヘ:.:. //斗─.:.:.¨¨¨ :.`ヾ卦、
    》i:i:/  ____,ヾー〉〉,ィイ=ニニニニ=‐-          .\::....:.:...    :.:.:. 佳}ァ  `    ヽ斗‐.:´:.:.         :.:.:.:.ヤ圭ヽ
    《テくrヘ   ^⌒¨フYヽヽー='〈                    \:.:.:.:.:..    /圭トヽ._,                 :.:.:.:.:.}圭圭
   〈⌒>:::ヘ     _ノ  vヘ  〉                      \ :.:.:.. :.:/圭圭圭\  :.:.:......           :.:..:.:.佳圭圭
     〉、(}:::::ヘ r'、_  `ー-' ノ 、 ∧                    /≧ 、_:/圭圭圭圭圭圭圭≧=- .,_       ..:.:.:.:.:/圭圭圭
     〕ー::::::ト `ー======‐'イ::::ト                     /圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭≧ー--<--‐≦圭圭圭
    rくj j::::::ヘ   ー-、-‐/ j:::::|                      /圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭
   」`丶、j:::ii:::ト、      } 〈 ji::::j                  イ圭斗ヾ圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭
  /ミト、  ` jj:::ト、\     〉-りヘ    __           .佳'  ノ圭㌢⌒}圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭fヾ
厂  ミ  `丶、 `¨¨}} yー‐彳ヘ  〉 \こ´  \-‐ 、
           `丶、}} y     ∨    \   }}
             弌》,      》  〉   〉  ll      なにもとって喰われやせんとも。安心なされ。
            弌》     /   /       ll      おおそうだ。舌の回りが悪いなら茶をだそう。
              |l|     /   /      ll

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM :.   荒野に獣 慟哭す    ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

青年だけが集落の中へと案内され、代表者たるロージェノムとの会見を許可された。表に残してきた群集のことは
昼食時ということもあって、ガンボーズが炊き出しを用意してくれると言うので重ねて頭をさげることになった。

ひとつ肩の荷が降りた心持ちの彼が通された部屋には、上座にロージェノム、その脇に聖 白蓮を置いてゴボーに
駐屯する羅漢達が勢ぞろいしている。『圧迫面接どころの次元じゃないな』なんて内心で呻きをあげながら表向き
おくびにも出さずに平静を装った青年を、案内した禿頭の羅漢がニヤニヤとして横目に見ていた。

やせ我慢を通した彼なりの快挙はどうにも羅漢達に筒抜けで、それがまたツボにはいって気に召したらしい。
1884 : 安価のやる夫だお [sage] 2015/09/27(日) 20:06:07 ID:tyxjwfLI0
くじけるなにーさん!w
1885 : ◆ToVRCqC0oc [] 2015/09/27(日) 20:10:57 ID:I/tzk83Y0


         ノ/////////////////////////////////,ヽ
          ///////////////////////////////////ハ
          //////////,ハ////////////////////////バ',
.        //i///////V,l V///////////////////////∧ヽ
.        /' l/////,├V!ニ‐Vl\/////ハ\'∧ヽ//ハV/ト'//}        (取り乱すな、気を引き締めて役目を果たせ。
.           V/,{ヽ//ヽ'代zソヾ`乂ヽ\∧:::ヾハ::}//ハVリハソ
            V/!ヽVハ ヽ ̄:::ヾ、::::! \ヾ'}:::::::ヾ!j/ハ/ ノ/!リ.         怖気づけば陳腐な茶番と成り下がるぞ)
           ヾゝ.ハヾゝ     .|    `   ノ ,'ィ/V,l
                Vハ         !         ./// V{
                 }/,ヘ        、       '//_   ソ
              i':j::::Vヘ、           ,イ//{:::ハ           これよりお伝えするのは、宣戦布告です。
                 l \:::V.、\  '" __ `  / j.i::::/ .!
              l   ,ヽ: :.\. 、     /./ !、   .l          全身全霊を捧げるに足る戦を求める者の、
            ,'   l .|: : : : :\  -  /: : : :.l l    .l.          身を焦がす刹那を希求する嘆願です。
            /   .l .l: : : : : : : ,ヘ_,.ヘ: : : : : :.:l l     l
            _{    .! .!: : : : : :.:/二二': : : : : : !.l    ト、        皆様には御清聴いただきたい ――
.        _-=二',   l !\ : : : /ニ二二': : : : :./!.l   /ニニ=-_
    _‐ニニニ‐'" ,  ,' !: : ヽ: :/:.lニニニ!': : :.:/: l l   ./  ̄ ‐=ニニニ=-_
-=ニニニ-‐'"     ヽ∧ .ト、 : :` : : !二二l: ': :/: : ;l. ! /        ̄‐=ニニニ=-_
ニ-‐'"            _〈: : : : : : :ー!ニ二j:ニ‐': : : :.〉ー' _         ̄‐-ニニニヽ
        _  -‐__ ̄-― !: : : : : : : :〉ニ={: : : : : : :/ ̄ ‐- ̄_‐- _            ̄!/ヽ
     ,. <>'" ̄     __!: : : : : : : !ニニ!: : : : : :/-- _   `"<> 、      / .i
i    V〈     ,.-‐  ̄   l: : : : : : :lニニl: : : : :./-- _   ‐,    〉 /    ,' /  .!

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM :.   荒野に獣 慟哭す    ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

「避難民の引率の他、シーマ・ガラハウ元陸軍中佐より列席されている皆様宛のメッセージを預かっています」

青年の発言は用件を問われるよりも早かった。頼まれたままの伝言を、彼等の覚悟と心情に見合うだけの
威勢と態度で示さねばならない。怖気づき萎縮することは自分自身が許さない。任された責任を果たさんと、
宣戦布告の文言を言い放ってから『どうにも柄じゃなく感傷を寄せすぎているな』と苦笑してしまった。

もっとも次の瞬間には、室内が出立際に見た集落全てを焼き尽くす送り火さながらの熱量を伴う覇気により
満たされ、戦の前触れに呵呵大笑した羅漢達の姿に気圧されて、感傷が木端微塵にして吹き飛ばされたが。
1886 : 安価のやる夫だお [sage] 2015/09/27(日) 20:12:26 ID:tyxjwfLI0
そりゃこの人らにはぴったりつーか大好物だろうな…
1887 : ◆ToVRCqC0oc [] 2015/09/27(日) 20:14:46 ID:I/tzk83Y0


 γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
  |  別件で聖 白蓮さまと、そちらの方宛ての  |
  |  封書を預かっています。ご確認ください   |
  乂__________________ノ
                               __,,,.. -‐ < ._
                             / _ -‐   i   `゛<
                     ..... -‐='' ¨  ̄',:::      |::::...     ‘ ,
                .... -‐='' ¨  ̄             ',:       |¨¨:::..     \
      -‐='' ¨  ̄                    r─-----‐‐‐ト= ....      \     _
     |                          ゝ、 ___            \//`゙<
     |                            ..... -‐ ',ヽ             / /
     |                      ..... -‐=¨       ',::::ヽ         / /
     |               ..... -‐=¨              ',::::::` ‐-::::...............,' .,'
     |       ..... -‐= ¨                          ',ヽ::::::::::::::::::::::::::::| !
     | -‐= ¨                              ', `>ュ-‐=二¨l l
     ∧                                        ',        l . l
.      ∧                           __..  γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
       ∧                  __...... -‐= ¨    |  ふぅん、尼公だけでなく私にも用があると?  |
.        ∧           __...... -‐= ¨               乂 ___________________ ノ
         ∧ __...... -‐= ¨                                \

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM :.   荒野に獣 慟哭す    ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

戦支度を始めんと荒々しく退室していく羅漢達を見送って、場に残ったのはロージェノムと白蓮。彼女の小脇に
ふんぞり返って控えていた銀髪眼帯の少女。 ―― なんとも都合のいいことだと疲労の濃い溜息が出た。

                                ダンス
二人に別で用件があると、差し出した二枚の封書。決闘の招待状には差出人と宛名が記されて、同封された
地図には今朝方に焼かれたばかりの集落跡地が指定されていた。視線を一度合わせただけでロージェノムと
白蓮は同意の首肯を交わし……もう一人は、招待状に書かれた宛名を目にして驚き、小さな身を震わせる。

「そうか、そうか……。胸騒ぎの正体がコレか。私の過去が、こんなところで追いつくとはな」
1888 : 安価のやる夫だお [sage] 2015/09/27(日) 20:16:02 ID:tyxjwfLI0
なんでいるんだチンクちゃんw
1889 : ◆ToVRCqC0oc [] 2015/09/27(日) 20:19:36 ID:I/tzk83Y0


            -―--   __           名指しで挑まれたなら、もはや仕事でなく私闘だな。
         ´         、 ヽ.           これを受ければ依頼に反するが……よろしいか?
      /        、ヽ ヽヽ l
      /           |ヽ ャヾ 、メヽ l
    /   |     i l i l ∧l >キZヽl l           γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
    |     |  l_|__//リリ / ,ィ´ム`'|,リ l          .|  如何な私事が含まれようと打ち合わせに沿う形です   |
    l  l  l≦+l≠ `〈    マzク l   ト、        |  どうぞチンクさんが思われる十全を果たして下さい   .|
     l  l  ´l l|/    }   、    l   l,、\        .乂 ______________________ ノ
     l  l  ト、{、_ /    ,-、  l /ヾ ` ー  _
      l  l   l  /´    ' ´  //  ヾ,       ` 、
      |  l   lu 、       イ-、   //}ー=-―‐‐ 、    ヽ       ―― 尼公の取り計らいに感謝する!
      |   l   l/ヾ` ---、-'__l  >‐ヾヽ、       ヽ  ト、
      /l ,  l   ヽ  ヾ∠__ >ゝ ´    / 〉、 ̄ ̄` ヾ、  `ー―――‐-
    ,/ / /   l   ヾー- ̄ヾ、     / /    ̄` ヽ、 ヾ、            l l             ___
   // レ'     l    ヽ、  / 〉ヽー  ̄`        \ヾ           l l    _  -‐  ̄ l   |
  / / /      /\     ` <  ヽ              ヾ、       //> ´            l   l
 l レ'     /    ̄ ̄`<`ヽ ヘ   l         ー-- ,l ヾ、     //                 l   l
 | /  /  l         \ヽ l   l           ヽ ヽ ヾ、  / '             /  /
 `l  /    l          \,リ  l    ノ        ー-、 ヽ´ ´ ̄`ー―――――----∠ -‐
  l /    l /           ヾ、 |_  -‐ 、         <>`ー _   _
  |/    //            l l/      ヽ            `>―-  ̄  ̄ === -_ 、
  {    /                 || ̄ ̄ >  /        ,--〈 ̄ ヾ   `  、      `ー`==

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM :.   荒野に獣 慟哭す    ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

声を震わせたチンクの内心は、曰くにして言い表しがたい複雑なものだった。『いつかの借りを返させてもらう』と
シンプルな文面に、末尾の宛名は“大雷怨”。仲間内で、闘うことになれば自分が担当すると決めた矢先である。
それが過去に因縁を持つ輩だったなどと……世に“縁は異なもの”と言うらしいが数奇にしたって程があろう。

過去、闘って殺めずに帰した者など両手の指ほどだ。どれほどの思いを腹に納めているかは想像しきれない。
チンクは覚悟を改めた。匪賊の一人を迎え撃つのではなく、報復の念で身を鍛えた敵手と闘う為に赴くのだと。


決戦の時は、もう間もなく。人と人の、獣と獣の、過去と現在の。全てを清算せんとする破滅の火蓋が切られる。
1890 : ◆ToVRCqC0oc [] 2015/09/27(日) 20:20:46 ID:I/tzk83Y0
白蓮さんの付き添いやし! それが御仕事やし! ……前の投下後の今日だけどなッ!!
1891 : 安価のやる夫だお [sage] 2015/09/27(日) 20:21:46 ID:tyxjwfLI0
因縁の対決だな  ところでジョーの手足もしかして…

>>1890
そーいや付き添うの依頼受けてたか
1892 : ◆ToVRCqC0oc [] 2015/09/27(日) 20:22:04 ID:I/tzk83Y0


   ┌──────────────────────────────── ── ─
   └────────────────────────── ── ─
   ┌──────────────────── ── ─
   └──────────── ── ─
   ┌──────── ── ─
   └── ── ─
1893 : ◆ToVRCqC0oc [] 2015/09/27(日) 20:25:40 ID:I/tzk83Y0


.三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三二 ニ - ‐ ‐
.三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三二 ニ - ‐ ‐
.三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三二 ニ - ‐ ‐
.三三三三三三三三三三三三三三三三三三三二 ニ - ‐ ‐
.三三三三三三三三三三三三三三三二 ニ - ‐ ‐
.三三三三三三三三三三三二 ニ - ‐ ‐          .,==―
.三三三三三三二 ニ - ‐ ‐             ,ゝ-‐'´     ``ヽ、          さぁ、待ちわびた闘争を始めよう。
.三三三二 ニ - ‐ ‐                  ,イ´         、  ヽ
.二 ニ - ‐ ‐                     /            ヽ  ∨.          貴様が売った。私が買った。
.‐ ‐                         ,.',            i ゙、 i∨
                         .イ ,,′/,' i  i トi!  i   !゙゙ i :ト.∨      互いの命が今、等価で並んだ。
                           / ,'i i! i、 ,'!、 l |゙'i! .l.i  i!ト、 !; i ヾ、
                       ヘ !.! ,'!`kミi、i_、!.! ! lリ!__,!!_`i!  〉 `ヽ     明日の朝日が拝める権利を賭け、
            .___   __        ..ハ ト!,ト、!.:::::::ノ..ヽ-!仗:::ノi!'! i;),ノ   ヽ     因縁にケリをつけようじゃないか。
          |  「  | / _   ,ィ:':´i!!リyノ.. ̄´. ,  ``=' ノ!.i彡'、ー-、  ,、__
        _|  |___ |/ | /.  i\ .|:!:ト!' i.、 ‐_‐--,ィ  'i|: i':i|  \ゝ'      \
          .|_  _/    ∨   .! \ヽリ'.:'/i;;>`.__¨´<';;/,'!: !'i゙    ヽ、       ∨
      ..__|  |___       .,..!.   \' /_,、\\___ノ;;;;;//.:i !ヽ      i         i
      ..|         /.._...../ ̄ 〉. / //ィ、トメ,-,\___//ィ、/人 ヽ  / i         .|
      .. ̄ ̄|  「 ̄  ___  ...〉、{ ,'ノ/ー!'゙,' /.))==イメト、/ ノ ノ:':´  i        |
          | |    |___ /  ...i!. ヽ,'/'、: i__|_.|:/´〉Y__/: :!  .ノ/ノ   i        .|
          | /     __] |__.  i、. i i!ヽゝノ!三, .!' .!メ.〉__|:,ィ'/ `ヽ  i          .i
            .|/    └──‐┘  i!. ゞゝ'イ! ゙三三:,::;ノ‐/´ `ヽ__`/         ∨
          /              !:,ィ;:' ,'(i、三三三/‐/.     /;ゝ          ∨
.        /              .(:,'    \ゝ三/彡.     /              \
       /.                 〈    .ミ三彡':〉__/     /___

                       ――アイキャッチ ナウ――
                 【リベンジマッチにテンションあがってきたチンクさん】
1894 : 安価のやる夫だお [sage] 2015/09/27(日) 20:26:18 ID:tyxjwfLI0
うーんこの脳筋…w
1895 : ◆ToVRCqC0oc [] 2015/09/27(日) 20:28:54 ID:I/tzk83Y0


___________
|    -=ニ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. |
|   /:.:.:.:.:/ |:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|             しゃー終わったーっ!! ぶらぼー達成感!
|  /ノ:.:.:./、 !:.:.| 、:.:.:.:.:.:.:.:.|
|<:.:.:./ヘ.,_ヽ‘;.:..:  \:.:}:.:.:.|             こんな感じで幕間的なところ終了だ。
|= }ノつ ̄ ̄  ‘,:.|ー―:.:}/:.:|
|ニニ{     _   }ノ\ー-:.;.:.: |
|ニ圦   /::::::::7    \ノ:.:. |             後は各々に決着つけてエピローグやれば……
|ニ〈  〕i__/:::::::::/   ⊂フ:.:.:.:.: |
|Vニ=ァ 「≧=-<    ー=¬冖|             おや? てんで終わる気配が見えない不思議っ!
|ニ/ r―=¬i'⌒⌒ニ=- ≦i|
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
1896 : 安価のやる夫だお [sage] 2015/09/27(日) 20:31:07 ID:MwE7QiSQ0
乙ー
追いついたら終わっていた…
次回も楽しみねー
1897 : 安価のやる夫だお [sage] 2015/09/27(日) 20:32:26 ID:tyxjwfLI0
乙ー チンクちゃんの戦いはこれからだ!(フラグではない
1898 : 安価のやる夫だお [sage] 2015/09/27(日) 20:32:35 ID:MD1kueNs0
乙(終わりが見えない?何を言っている…これからが始まりだ!)
1899 : ◆ToVRCqC0oc [] 2015/09/27(日) 20:36:44 ID:I/tzk83Y0


                  -‐-    {
              /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:レ:ァ
             /:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.\            >>1896-1898 うぇーい! 乙あんがとーう!!
               /:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:i:.:.:i:.:.
            ′:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:/:.:.:
               |/:.:.:.:.:.|:.:.:.:./:.:.:.:.:.:i:.:.:.:|/_}:.:/            .読んで追いついて、乙もらえンのは嬉しいぜ?
               | 〉:.:.:.:.:.:.:.:/:/:.:.:/!:.:.:.{㌻イ
             jハ:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:/j从:.:.〈 '、
              ‘,:.:./:.:.:.:.:.:/ }}   _/              グリムジョーは先に言った前スレで言われた案件な。
      }`ー- ミト、    ‘,:.:.:.:.:/}/ __   7^_, ____,
  、___,, -‐ ミト j///≧=‐--‐=≦///>'′   / 、          .『チンクが罪人なら過去に恨みもってるやつが復讐に』
.   \____,,   {//.「    ̄ ̄]////} ニア     \__    ....でもホラ、外見も言動もチンピラなグリムジョーだし?
    ∠    / \/}=冖=‐--‐合=-く      ̄``ヽ
    ∠二ア /ー=ニニニニニニニニニ\{\{  }  __,\_    配役としちゃ妥当なんじゃねーかなって次第だ。
.       /ニニニニニニニニニニニニニ=-``丶「
      |〈ニニニニニニニニニニニニニニニ}  |
      |∧ニニニニニニニニニニニニニニ, ___|_        .楽しんで貰えたならなにより。書いて良かったって思う。
.     /|ニ〉ニニニニニニニニニニニニニニ7 /} }
1900 : 安価のやる夫だお [sage] 2015/09/27(日) 20:37:34 ID:MwE7QiSQ0
猛獣VS猛獣ってわけね!
1901 : 安価のやる夫だお [sage] 2015/09/27(日) 20:38:29 ID:tyxjwfLI0
序にてごろな強キャラだしね
1902 : ◆ToVRCqC0oc [sage] 2015/09/27(日) 20:41:15 ID:I/tzk83Y0


           /.:/:.:.::/:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:. ァ:.:.:.:i:.:.:.、:.       なーんかねー ダウナーなことほざいて申し訳ないんだけど
.          /:./:.::::/:.::.:.:.:.:/:.r1:/´  ,':.:.:.:.:,{:::.:.:.}:.
.           /ハ{:.::::/:::::.:.::.:.{/⌒:.ト、 ;.:.:.:.:./ ';::::.:.i:.:.      今週からまた残業フルタイムでフルボッコだドン!(卍解
          { ノ:::::/}::::::.:::::.くち苡f^ i:.:.:.ィ_ j:::.: ハ:.|
         ^ー1::::{ノィヘ:::::::::{  ̄`  //{ん ;::.:/ j:|    ..みたいな流れになりそうなんよ。隕石でも落ちればいい。
           ' ;::ヽ { \:(_    '´  { 迅// /'
.              ';::::}n}           イ:r{_ /
 ー-          ';::::}}ハ    ー  _   /^`          .書いてて楽しそうなのこっからだし頑張るツモリけどさ。
     \rx -‐ヘ    }:.{ \   ー一' /j}  __  ァ   次回投下いつになんのか、俺にもワカんねぇよ姉ちゃん。
 \   }り   }三ニ=--.   \    /jレ' レ'    /
         /ニニニニニム- ,  fニ=ニニニ=- _   /__
        く   }ニニニ:}   \>‐‐=ニニニニム     \
         \     フ     \    マニニ} ー-  __ >
       八   ヽ  人       \   ーァ    \
1903 : 安価のやる夫だお [sage] 2015/09/27(日) 20:41:53 ID:tyxjwfLI0
OH… 無理せずに気長にやっていこうぜ…
1904 : 安価のやる夫だお [sage] 2015/09/27(日) 20:42:27 ID:MD1kueNs0
もうちょっと(残業)遊べるドン!
1905 : ◆ToVRCqC0oc [sage] 2015/09/27(日) 20:47:08 ID:I/tzk83Y0


         _  /:}  __
         --=く<:.:.:.:.:.:.:.:....
      /:.:.:.:./}:.:.:.:、:.:.:.:.:.:ヽ:.\                  とりまFate/GOの浮気は程ほどにしとく。
      /:/:.:.:.:.:ハ:.:.:.:.:,ー-:.:.:.:}:.:.:.::.
       /:/:.:{:.:./_,入:.:.:.:, 、_}ト、:.:.:.:.:.,              “旅の始まり”入手したんで無課金なんて
.     {:.{:.:.:{:.:.「   〉:.: }  ^ ヘ:.:.:.:i|                言えた身じゃなくなったかもしらんけれど、
.      j从:.:.\三 ノ'^ヽ{ 三 /:.:.:.i{                金つっこんで時間つぎこんだりはしねェ。
    ー今{ \:.{^        /:.:.:./{_,
     ^ヘ,_  ヽ    _  u/イ/^`
   ト、  _//\   ´`   イ{ -ァ --ァ            .月一までペース落ちちゃってる現状だが
   _}__ \j {r==介ー- r‐≦--/   --く,__             投下する気はあるし見守ってクレメンス。
-‐  ̄    jニニ} >-‐ヘニニ}}      /
\ /    j{__/\   /}__}}   ヽ く
  /  -=ァ/::::::::\ \/ /::::::::\{\fニ=-
 '^ ] }:::::::::::::::::rv⌒}::.ォ  {:::::::::::::::{::{{ ^`
   JH::::::::::f7^Y^}U::_{  L.,:::::::::/:{{_.              誰かユーザーID登録する?(ダイマ
  ///::::::::八}ヽ}ー'::(ィ^  }:::::::::/::::::ヽヽ
  }.'/}::::::/::::::ー-::::://   }-=ァ{:::::::::::}_j
1906 : 安価のやる夫だお [sage] 2015/09/27(日) 20:50:37 ID:MD1kueNs0
ふぁてごかぁ…絶賛放置中だな
1907 : ◆ToVRCqC0oc [sage] 2015/09/27(日) 20:52:27 ID:I/tzk83Y0


              >-<:.:.:.ー-:.:.:.:.:.:.:.:.:. 、
           /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.、:.:.:.:.\
              /:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.::..
          /:.:.:.:/:.:.:.{:.:.:.:.:.:.:.:ト、:.:.:.:.:.:.:.:,:.:.:.:.:.:..      とりあえず今日はここで御終い! 仕事に備えつつダラダラする。
.          :.:.:.:.:.:.:.:._/ー、:.:.:.:.:.! ヽー-:.:.i:.:.:.:.:.:.:.
.          /;.:.:.:.:.:.:.:.′ ';.:.:.:.:|  }:.:ハ:|:.:.:.:./:.:.:.     てきとーに雑談あれば振っとくれ。専ブラのタブが青くなってたら
         //:.ハ:.:.:.:.:' _,笊';.:.:.:|  斥ト }:.:.:./:.}:.:.:.,     何がしかの反応はするからよ。なけりゃ死んでるけれども。
         {:.{ ';.:.{:.汽_,少 jハ}  う_少}:./:.:ハ`ヽ
.           }:.} K:.',ヽ     }     /:/:ハ} }!      じゃあ皆、元気で! 俺は元気じゃあないが!! また会おう!
         j!ハ八 ヾ    _   _    '^//
            \{   {    }    ム'′
               {{\  ヽ   /  / }}
             ^  }  .    /|
       ト、.       i    ー   {          ァ
 ー--―‐-,}  \r=ニニ7 ,'      {  r==- _ /   厶ァ  __
  }__,     \ /ニニニ{/ー-    -‐ヘ,ノニニニ}    ー '”      ーァ
_. -一      {ー==彡{    -‐^   } ー=ニリ         ___/
          }____人 /        ノ    /          ー-- _
1908 : 安価のやる夫だお [sage] 2015/09/27(日) 20:53:45 ID:tyxjwfLI0
乙ー 1そのセリフはフラグが・・・
1909 : 安価のやる夫だお [sage] 2015/09/27(日) 20:56:45 ID:MwE7QiSQ0
FateGOは放置する人多いだろうなw(難易度的に
1910 : ◆ToVRCqC0oc [sage] 2015/09/27(日) 20:57:59 ID:I/tzk83Y0


        ┏┓                                            ┏┓
        ┗╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋┛
        ┏╋────────────────────────────╋┓
        ┃|                                            |┃
        ┃|   本日の投下は終了しました。またの御来訪をお待ちして候。   .|┃
        ┃|                                            |┃
        ┗╋────────────────────────────╋┛
        ┏╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋┓
        ┗┛                                            ┗┛


         /:./:...............:.:/:.∧:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:{:.:.:.:.:.:.:.\‘;.:.:.:.:.:.:.:.......
          /; ';.....:.:.:.:.:.:.:./:./ ‘;.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:‘.\:.:.:.:.:.:.:.:‘;.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..
.          // :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:/   ‘;.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:‘, \:.:.:.:.Ⅵ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.     頻繁に仕事の夢みて魘されるってのはさ、
         i/  i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/   U ‘;.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:‘,  ‘;.:.:‘;!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
        {  |:.:.:.:.:.:.:.:.:.{\    ‘;.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i    }:.:Ν_:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:      世間じゃノイローゼって言うんじゃね?
、       ;.   :.:.:.:.:.:.:.:.:.:{  ≧z __ \:.:.:.:.:.:.:.:._|__ 斗:.ハ:!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ハ:.i
 ` 、    jレ  ';.:.:‘;.:.:.:.:.:レ乍 ⌒ヽ  }:::::.:.:.:.:.:.F ^ミ/ j:.:.:.:.:.:.:.:.://};′
    ヽ  / ∨ノ:.:.:‘;.:.:.://  (_)   i::::ハ:::.:.:.; (__) ^Xト、:.:.:.:.:.:.//{ リ       あ、痛い痛いイタイ。ぽんぽんが ――
     ,、/   Y:::::::.:‘;.:.:ー:. -== ''  /ィ {‘;:./rー- __ ハj}}:.:.:.:.:':::::::v
.     /     |「^}\‘;.:.:.:{          j/    ̄ 7:.:.:./:::::::{\{
.           ⅱ り\ 、:{\                 厶ィ7:/}:::{  ー
          ⅱー  7ハ\             U ィ厂/\{_
----  _     j レ 1〃 \  、          ,  /] 「     ̄     イ
      \   /  /==-   ト     ̄ ̄ ̄   ̄ ./  }{        / /
       /:\    /ニニム/ \;\         イ{   }_{       / /-‐…
.    /:::::::::::::\ ̄ ̄\\}   \;\    /  /           / /
関連記事
スポンサーサイト




コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://yarucha.blog.fc2.com/tb.php/6754-051084b4