チンクは大人の男になりたいのです サイドストーリー「ちいさなけもの:生滅編」その1

3976 : ◆ToVRCqC0oc [] 2017/01/25(水) 22:11:17 ID:aqDNYEAM0


                             `
                              \ ,,_人、ノヽ
                               )ヽ    (
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ - <       >━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                               )     て
                              /^⌒`Y´^\
3977 : ◆ToVRCqC0oc [] 2017/01/25(水) 22:11:40 ID:aqDNYEAM0


― -_ ̄― -_ ̄― -_ ̄― -_-_ ̄ ̄― -_ ̄― ― -_ ̄― -_ ̄― -_ ̄― -_ ̄
__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐― ̄ ̄―‐―― ___ ̄ ̄―――  ___―― ̄ ̄___ ̄―==
―― ̄ ̄___ ̄―===━___ ̄―  ――――    ==  ̄―― ̄ ̄___ ̄―===━
__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐―   ――――    ==  ̄ ̄ ̄  ――_―― ̄___ ̄―
 ___―===―___   ――――    ==  ̄ ̄ ̄  ― ̄―‐―― ___
 ̄――――    ==  ̄ ̄ ̄ ̄_――_━ ̄ ̄  ――_―― ̄___ ̄―=‐―
 ___―===―___   ――――    ==  ̄ ̄ ̄  ――_―― ̄ ̄―‐―― ___
 ̄ ̄―‐―― ___ ̄ ̄―――  ___ =―    ̄ ̄___ ̄―===━___ ̄―
__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐―   ――――    ==  ̄ ̄ ̄  ――_―― ̄___ ̄―
 ̄___ ̄―===━___ ̄―  ==  ̄ ̄ ̄  ――_――__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐―
  ___―===―_―    ==  ̄ ̄ ̄  ――_―― ̄ ̄―‐―― ___
  ――――    ==  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ―― __――_━ ̄ ̄  ――_―― ̄___ ̄―=
3978 : ◆ToVRCqC0oc [] 2017/01/25(水) 22:12:07 ID:aqDNYEAM0


                              ―― サイドストーリー ――
      __       __       _    __ __  ___  _    _      __     ___   __
     ./////,\  //// \  /// \  |///|.|///| |///// | |/∧  |///|   //// \  |///// | |/////\
    |///∩///l /// ∩///! ///////ハ |///|.|///| |///| ̄  |//∧. |///| ////∩///! |///| ̄  |///|∨/∧
    ∨//\ ̄  |/// | !///| |/// ̄ ┘ |///|.|///| |///|_  |///∧|///| |'///,| !///|  ///|_  |///|/////
      \///\. |/// |  ̄   |/∧    、 |///|.|///| |///// | l ////////| |'///,|  ̄  |///// | |//r¬/<
     .l777l∨/∧ |/// | !777l |///≧ァ'7{ |///|」///| |///| ̄  |///|∨///| |'///,|「777l |///| ̄  |//| .|//∧
     .|///∪///| ∨//∪///! !///「|///| ∨////// . |///|_  |///| .∨//| ∨//∪///| |///|_  |/i「  |」^l/|
     \'/////  \///_/  |///| l///|.  ∨////   |/////_| |///|  ∨/|   \//l¨℡」 |///rf℡ T」   _|/|
       ̄ ̄       ̄      ̄   ̄    ̄ ̄     ̄ ̄ ̄    ̄     ̄      ̄       ̄            ̄

                              【ちいさなけもの:生滅編】
3980 : ◆ToVRCqC0oc [] 2017/01/25(水) 22:14:57 ID:aqDNYEAM0


         /     /   ̄ ̄\  \        \      |
── ̄T ̄ ̄T ̄\─ ̄     |\ \  \         `-     |
\   /    |   |        |\\ \ /            ̄─  |
  \/    /  /       | \ ̄\ V               ̄|
   \   /  /        |  \ /        / ̄ ̄─   /    【キイ平定派軍総司令官ファーザー中将】
    \   / |         |            / __   ̄ 7
     /  ̄    |          ̄ ̄         二_  ─_/
    /       |                   | \\\  /
    /       /                 |   | \ ̄\ γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ
   /       /         ─        |   |   ̄7  |   変異生物によって陸運が滞っていることから  |
  /       /       ─ ̄       >  |   ̄ ̄ /  .|   討伐を求める声を民衆があげておりますが   . |
 /       /      /           ─ ′    /     乂 ____________________ノ
./      /      /─ ̄ ̄\        |     /
/      /      / \    \      |    /
           /    `-      ̄ ̄\ /   /
           /  \     ̄─      | /  /.       勝手に軍の後を追って勝手に土地を拓いてソレよ。
           |    `-       ̄─ ─/  /
\          \     ̄─     / | / /        それで結局は皇国軍に泣きつくのだから度し難い。
  \           ̄ ̄─   ̄─ ̄ / /
\  \              ̄\  / /.           ワシに縋らねば何もできん愚民共は、こんなことも
./   \                ̄ /              痛い目にあうまで理解できんのだから面倒なんじゃ。
  / \  \              /
 / /\ \  \          /
./  \ \  / / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄                   ―― おい、貴様。てきとうに対処しておけ。
  /\ \ | / /

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM  :   HAPPY BIRTHDAY  .┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

雷鳴の怪笑を耳にしたなら疾く逃げろ。逃げねば獲って食われるぞ。もはやキイの人界において大雷怨の名は
並ぶものなき恐怖の代名詞として広がった。誰知らぬ者なき悪名をもって君臨する、恐王の座に手をかけた。

なまじ弱者に目を向けぬものだから襲われた隊商の生き残り達が、彼の暴威とは裏腹な浮世離れした容姿を
怯えながら伝えてしまい、伝聞が流言となり想像力を刺激されて風聞にも拍車のかかった向きがあっただろう。


のっぴきならぬ世論の陳情に対し、当時のキイ派遣軍総司令であるファーザー陸軍中将は、書面に目もくれず
報告を持ち込んだ副官の口述を聞いて『たかが変異の子供一匹で大騒ぎしおって。適当に山狩りしてやれ』と
鼻で哂って対処を下に丸投げした。思うように進まない辺境の征伐と平定に、彼は苛立ちと飽きを覚えていた。
3981 : 安価のやる夫だお [sage] 2017/01/25(水) 22:16:51 ID:LaT0MojM0
安定の無能将軍ェ…
誰だコンナの送ったの!
3982 : ◆ToVRCqC0oc [] 2017/01/25(水) 22:17:23 ID:aqDNYEAM0


                                               |   ̄ ̄ ̄´   |::::::|
                                               |__ ,____ _>i!r、
     ハっ。では今件の指揮は閣下の指示の元                    i!    }¨{    / ̄|7}
                                               \__ノ \__ノ  |'/
     私が適当の対処を図らせていただきます。                 |          ノ_
                                                \ ---    / }}_
                                                 入     //::::::}_
                                                    /:::``-- '´-‐'::::::/: \
 γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ                |::::::::::::::l_v´_;:-‐'´: : : : ::\
 |   貴様にはワシなりに目をかけてやったのだし  |                |:::::::::::::/l::::::::::::::ノ: : : : : : ::`、
 |   くれぐれもワシの面体に泥を被せんようにな   |                |::::::::::::l_}:::::::::::/: : : : : : : : : ::ヽ
  乂____________________ ノ               |::::::::::/::::::::::::::|: : : : : : : : : : : ::`、
                                                 |::::::::/_}::::::::::::l: : : : : : : : : :_,.--}
                                                 |::: i!_ノ::::::::::::| ::::::: _,-‐'´: : : : : ハ
                                                 |::: l::::::::::::::::::l ::r|: /: : : : : : : :..::::::|
     では次の案件になりますが ――。                          |::::: -、::::::::::::::\:i!/: : ::/::::::} \:::i!
                                                 | :::::ト、-::_::_::_::_::i!: : ::/::::::/: : : : : :|
                                                 ∨::l' /:::....   i! /:::/,-'´:::::} |
                                                 {.. ┤::::::::::::::... ヽ、...:::::::::::::/: : l
     【専属副官オンナスキー少佐】                            < ::: {}: : : : : : : ...,--l :::::::::::/: : : : |

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM  :   HAPPY BIRTHDAY  .┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

適当は適当でも中将は俗語としてのテキトウこいたのだが彼の副官は甚く実直だった。報告の内容を吟味した上で
情報精査として生還者への聴取などを行い、事態を重く受け取って相応の戦力へと可能な限り近づけて準備した。

直近の出没情報から縄張りとしている範疇を割り出し、与太話のような大雷怨の戦力を鑑み……明らかに不足した
戦力と言わざるをえないが、それでも装甲スーツ1小隊と支援車輌に随伴兵の投入までこぎつけた。


―― 精兵による討伐隊が壊滅なる報告を受けて心臓が停まるほど驚愕したのは、さて中将だろうか副官だろうか。
3983 : 安価のやる夫だお [sage] 2017/01/25(水) 22:20:32 ID:LaT0MojM0
こっちはできる限りやったのね…
それで結果が…… カワイソス
3984 : ◆ToVRCqC0oc [] 2017/01/25(水) 22:21:01 ID:aqDNYEAM0


                       ‐ ‐ - ニ 二三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三
                   _ ィニニ、   ...‐ ‐ - ニ 二三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三
              .x<´ <三三>>x       ‐ ‐ - ニ 二三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三
            /           \            ‐ ‐ - ニ 二三三三三三三三三三三三三三三三三三三三
          /                  ',                     ‐ ‐ - ニ 二三三三三三三三三三三三三三三三
          .|                   |                         ‐ ‐ - ニ 二三三三三三三三三三三三
           .| .|`ー-= 、.__.,.=-─ ´ヽ |                             ‐ ‐ - ニ 二三三三三三三
           .|ノ  __ u       _u し|                                   ‐ ‐ - ニ 二三三三
       x<| ≦圭`x、_ l   i _ノ圭≧ .|>x                                        ‐ ‐ - ニ 二
     < i i i | -tzッ‐、` .ノ  | .-tzッ‐= | i i i >                                         ‐ ‐
. __    `<| ニ| |フ     ..、  ニ| |ソ |>´
.:::::::::::::::`x..´::::::::ト、  U       :::.    U . /|≧x、
::::::::::::::::::::::\::::::| |  / x   ィ:::\   /:::|::::::::::≧x                なぜっ! なぜワシがこんな目に合うっ!
.:::::::::::::::::::::::::::\:ヽ:l //⌒`ー─´⌒ヽ  |://:::::::::::::::/\
.::::::::::::::::::::::::::::::::\:\ |_ ∈≡≡∋ | ./::/::::::::::::::/  . \           こんなド田舎の獣畜生を追い散らすだけで
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ー:\`ー‐⌒.─‐'/:::::/:::::::::::::/     \.           功績をあげられる簡単な作戦だったはずが
\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>─--─<:::::::/::::::::::::::/ __      \.       なぜこうもケチばかりつくと言うのか?!
:::::\::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::/::::::::::::/  | \       \
.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::/:::::::::/   |.   \       \    ワシの軍歴を華々しく飾るハズが、なぜっ!
 ───‐f─======≧ニニ ̄ `ー‘─‐´     .|      \       \
.        |:           \ ::::::::::::::::: \      .|      \       \
..、      |:            \ ::::::::::::::::: \     .|        \       \
. ` ・ 、/ ̄ヽ          \ ::_:::::::::: \   |             \_   |
   / |   ̄ ̄)          / / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/|      |
..\▲ . |     ̄) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 7                   ./ .|     /
  ......ヽ     ̄)           /    >‐-=ニ _                /
    ..ヽ   ̄)               ̄ ̄         ̄`゛¨ '' ‐-=ニ_/
       . ̄ ̄

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM  :   HAPPY BIRTHDAY  .┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

結果、中将は勝手な真似をと顔を真っ赤にして憤慨したし、副官は叱責を受けながらも採算が合わないと判断した。

そもそも皇国軍とってキイ平定の作戦目的とは、あくまで太平洋から畿内への玄関口における安全を確保すること。
海岸沿いの土地に駐屯基地を作り、これを稼動させるための街や人員を確保して、必要な物資を海運で賄えるなら
実のところ陸運路など手放したところで構いやしないワケで ―― 事態は棚上げにされることが決定した。


文化圏のハミ子となった難民が勝手に内地へと広げた開拓地など畿内の都市部で生まれ育った中将閣下にとって
まったく知ったことではなかった。―― まったく。獣畜生の個体などガンボーズの残党が相手をすればいいのだ。
3985 : 安価のやる夫だお [sage] 2017/01/25(水) 22:22:22 ID:LaT0MojM0
まあこういう判断されちゃうのも無理はないのかなぁ…
本領人なんてそんなもんなんだろうし
3986 : ◆ToVRCqC0oc [] 2017/01/25(水) 22:24:38 ID:aqDNYEAM0


                                                 /             __
                                                    /     ,        イヽ`ヽ
     ―― ほうかい。結局それがオマんらの本音かい。              / /   /   /   /}_{ ∧|/
                                                     V    /   /   /     ',
     ええでよ。そっちがその気ならこっちはこっちじゃ。            /      //  ,/       ∨
                                                  /     / ./ // 、_ ,     }
     もはや陸軍は頼るに足らず信じるに足らず、よ。              /   / /.  `7/、/      / ̄_}
                                                / /    / ァ―//- 、ヽ   __, ´    |
                                               / /|   /  ヽ// ゚ ヽ_}::::::{_,. <ア´ ̄.}|
     よう覚えとけよド腐れ。儂等は忘れん。絶対に。            .{/ | //   ||`ー ´ _ノ:::::::::ヽ`ー-‐ ´ |!
                                               |/:|ハ/ {    ||  ./      、     j
     今日のこの仕打ちを、子々孫々に伝えたるで。           __/}:.:.:.:.', 、  _」L 'ヽ     ,/ヽ.._
                                         __... ∠_:.:.:.:.:.:.:.',:.:ヽ> ,.ァ   ,._>ー <_    \
                                      /´:::::::::::::::::::`ヽ:.:.:.:.`:<:.><> ´ `ー ̄ ̄ ̄アヽ \. 、\
                                     /:::::::::::::::::::::::::::::::::::>、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`:.:..、 ;       , ;' >:.´`:.
                                /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/  ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽア:.ー--‐:.:.:´、:.:.:.:.:.:.:.:.:
                              /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!   ` ー―----/:.:.:.:{::.:./:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:._

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM  :   私が生まれた日   .┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

総司令官ファーザー中将の名をもって大雷怨討伐は延期と発表される。期間を問う声に対しては返答もなかった。

海運物資は軍管理の市街や集落で集積され、内陸の集落に行き届くかは不透明だ。それこそ首輪を締めるように
重税の搾取が行われかねない。そんな事はしないと言われても誰が信じられよう。彼らは既に二度裏切られている。

自立の為に一歩を踏み出した足に鎖で鉄球と繋がれる。キイ住民の受けた衝撃、感じた落胆、咽をつく悲嘆は一体
どれほどだろうか。前途は暗澹に包まれた。しかし、だからこそ彼らは怒りと悲しみを奮起に変えて抵抗を行った。

地域豪族の寄り合い組織ヤタガラスが集落各地に呼びかけて僅かな銭を掻き集め、賞金と名声を約束したのだ。
3987 : 安価のやる夫だお [sage] 2017/01/25(水) 22:26:41 ID:LaT0MojM0
ヒューッ♪
3988 : ◆ToVRCqC0oc [] 2017/01/25(水) 22:27:42 ID:aqDNYEAM0


________________________________________________
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
         (_レ- ― 、_  {:!                       ィ::;;;;;;;;;;;}!'`ヽ      .ィ
       _厂  {       ⌒弌!                    /:'.:;;;/、:;;ト、 ,ム._ __  ,/´  /  |   ∨   `ー
     (__⊇ 乙 入`ヽ、 、_ ,z):ハ                    ー彡'.:'.:/zz、}:;LI__ーrァ  /´    /   |   \
     >   ̄ / L≧_ヽ  ヾ  ノイ                   ラ:::i:;弋'r゙=`ハィォy}Y!   i\   /  ,_  |   ..、 \
    _ノ   |  |!     ̄ ―ー'::::l|                     7;:::!:::「 l  ./ }'ラ;伍   |   ̄_ ,イ:::|  |  |::::\_ `ー-
     フ    \          ::リ                  厶ム!:ト!、_-=ュ /イ;ト;「`.   !  i-i::i |.|::::|  |  |::::::::| | i-t-
    -{  ,へ  乙 弌、_     ,:::/               .___    |:′  /、_ イソ¬;;乂_  i  | |::| ||::::|  |  |::::::::i | |::::i
    >,ぃ爿 |:厂  弌z≧=z-z弁  .   ___r-くヽ´ ヽ  ̄` ̄`ヽ.〈.、〃|iiii〃゙=-、`.  i  | |::| ||::::|  |  |:::::::i | i::::i
   /| rU ヘ |ト:::、   , - '  「彳.   `¨´―     ̄  ``         トγYム∧_     .i i |::| ||::::|  |  |:::::::| ! !:::i |
  / `<乙_l|!__ヽ    _    |/                     i       |!弋リ ト, > ..   i !i:::| ||::::|  |  !::::::! ! :!:::i |
  |        7 J_r±ニ.>Jハ-、_    .∠. __ --、._        |!   ,}il〉    ハ  _! !i:::| ||::::|  |  |::::::| ! i::::i !
  |        入  、`ー≡=彳::;:::::/   ̄ ´      ` <、        \、! }/  ......,=<::::i i i::i ||::::|  |  |:::::i i :|://
, -―‐‐ 、_    /:::::\   ̄丁「:::::/                 ヽ、        \ ,j′  i、::::::::::::∧\| :!i::::|  |  |:::::! ! !/
          {  :::::\≧=ヒノ/                  \ヽ._        ヽ Y{  .....| \::::::::::::!、  ヾ;::|     |://   /:
、         {    乙代Vノ \ _                             |  i::::::::::::::\ ヽ|     |/  ,/:::::/
 ´ ヽ、      \    |::::ヾ    \  \        【犠牲者一例】           |  |::::::::::iヽ:::::ヽ !  |  !  /:::::::/
     >      \ { ト、:::|                                    i  !::::::::::i | :::::∧   :|   /:::::::/|
________________________________________________
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM  :   私が生まれた日   .┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

荒廃世界という理不尽に対するレジスタンスは、相手があまりに強大すぎて、いっかな成果を掴むまで至らなかった。
その間に犠牲となった、名乗りをあげた兵共の亡骸の数に至っては……もはや数え上げるのも馬鹿馬鹿しい。

そして悼むことすら億劫に思うほど感性が麻痺した頃になって、ようやく救いの手がキイの各地集落住民の耳に届く。
皇国において地方振興と経済圏の成立を担務とする国交省から統治者として高等弁務官が派遣される動きがあり
これに先駆けて棚晒しになっていた大雷怨問題を解消できる戦力を招聘するという話が、実しやかに噂された。


心象最悪となった陸軍管理の手を離れ、国交省の政治文官が着任し、目前の脅威を排除する為の戦力を持ち込む。
眉唾モノのリップサービスでも心を疲弊させたキイ住民にとっては僅かだが乾いた心を潤す話であったことは確かだ。
3989 : 安価のやる夫だお [sage] 2017/01/25(水) 22:29:36 ID:LaT0MojM0
救世主やなぁ 高等弁務官殿は
そりゃ人気あるわ
3990 : ◆ToVRCqC0oc [] 2017/01/25(水) 22:30:20 ID:aqDNYEAM0


                     マ圦` _   ノ从.,/
                     ゝ'ハ `こ ,.イ<  〉、
                 ,..>ヤ//   ヽ}  /,/'ヽ                この程度の調整は、なに難しいこともない。
               , ' / ////     ハ///////'> 、
                  / ' .////'    ///////r ´ , -‐`ヽ、      利害の筋と流れを俯瞰できる立場ならね。
             |. λ////ハ _,/////////'!  /     ',
              j  ///////´///////////|  /、     ',
               /  .j//////////////////'i! / } l   ハ.       さぁ、我が朋友。後は君自慢の作品次第だ。
               /  .'///////////////////{/  ' .l   .∧
             /  .V////////////////////ゝ/  l    ∧.     互いの得たい物を得る為、尽力したまえよ。
          /    '//////////////////// .{   i.     ',
         厶z、_,,,、j///////////////////'   \  .}      ヘ
        /_三三三≧s。,r'0t 、_/_/_/_////'》     .ヽノ      ヽ
     ./三三三三三三≧o。// ̄⌒/////'ハ  __ -‐イニ=-、     〉
    ./三三三三三三三/ニ≠////////>-‐ ´    ',        '
  ./三三三三三三三ニ′  ` ,////,'/{  {       ',       '
  〈三三三三三三三三/ ヘ ヘ ∨'/:. :./  ム o O >‐ヽ      __7
  V三三三三三三三杁 \ ヽヽイ:. :. :. 7 /⌒ヽ. }〉    ゙ ー-‐ '´
   V三三三三三三三三`´`ー.tツ:. :. :. ゝイ: :. :. ヽ/
    }三三三三三三三三三三三!:. :. :. :. :. :. :. :. :. :.
   V三三三三三三三三三三ソ:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :.
    \三三三三三三三三三三:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :.

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM  :   私が生まれた日   .┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

キイの治世に名乗りを挙げた高等弁務官候補は、本番の交渉を確実かつ有利とする為に独自のコネクションを使い
各地域を渡り歩きながら活動期間もマチマチな穴を開けて尚も2級として認められるナンバーズを招聘して見せた。

四人の女性義体だけで構成されたそのチームは遺跡を荒らす2級ではなく、都市部での影間走りから荒野の闘争も
多くの実績を積んだ実力派である。多くの状況に対応してきた彼女達は、表に出ないが専属の技術師を抱え込むと
噂されるが故に……義体の天敵だろう雷電嵐の獣をすら打倒できるのだと、招聘した人物は太鼓判を押した。


この推挙で利を得る者は、他地域から名うての戦力を供出されるキイ住民ひいて代表たるヤタガラス。そして名声の
汚れを僅かでも注げると目したファーザー中将。そして……ナンバーズの目的を知り多方面に恩を売る弁務官候補。
3991 : ◆ToVRCqC0oc [] 2017/01/25(水) 22:34:05 ID:aqDNYEAM0


            /      ヾヽ:::::::::::ヽ        ヽ
           「|        \、::::::::::〉           ヘ
          .l |      \ \`ー'::|             l          データの収集から実戦闘まで、その全てを
          l l .,l  { \_\ ヾヽ_\_」         ll
   、      / | l l  ><`ヽ、\、__>  ̄   l    l l.           手の内にする現ラストナンバーが、この私。
    、ー--‐ '  .l| X,イ´::〉 ̄ { ) 〉         /     l l
     `ー----/ィ .{  }  y'   b'ィ' /     /    ∧ l
            /'/   ∧_}      l/      /    /    ヘ        最新型は伊達でないと分かって貰えて?
       __ェニ -‐ ´\ _,  ト、./      /    ∧     ヘ
              `>―-/      /      /  ヘ    ヘ     ,イ
            、ー-´=-:::::/       /      /    \    ヘ_ _//
      ト   < ̄::::::::::::::::/          イ l          }リ   ミ=、
       \\´_::::::::::::::/       _ - ´:::::\{` 、_     __人   ヽヽ
       〃 >‐‐  `ヽ__<     _...- ´:::::::::::::::::::::::::::::::::::: ̄ ̄ ̄::::::::::} l lヽ}`
      //      ヾソ-‐.....´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::リ }/
      /'  ,    ィ /´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ニ=-
    . / //   / }/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM  :   私が生まれた日   .┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

―― こうして利害の合致を果たし、強大な戦力を引き連れたナンバーズが畿内最後の辺境キイへと足を踏み入れた。
                                                             アルマメントマリオネッタ
その戦力たるや戦闘鬼人の異名をとるトーレを筆頭に文字通りのワンマンアーミーであるクアットロの 操り人形兵団 、
遊撃機動戦力としてのドゥーエ、全体指揮たる管制補助を行う移動拠点のウーノ。とりわけて四女の率いる戦力など
広範に連動した戦力とセンサーを頒布する絶大なものだ。


多くの人々が猜疑と期待の目を向ける中、ナンバーズは粛々と普段通りの活動を開始する。

長女が情報の調査と周辺住民や逃げ帰った者達から行い交渉し、次女がこれらの精査と調整を。その間に実働たる
三女は地域によって環境を確認がてら腕慣らしの変異動物討伐を、四女は自前の兵団を管理しつつ三女に合わせて
アジャスティングを行う。―― 彼女達は姉妹かつ単一司令たる父スカリエッティの望みを果たすための群機能だった。
3992 : ◆ToVRCqC0oc [] 2017/01/25(水) 22:36:28 ID:aqDNYEAM0


________________________________________________
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                    __}ヽト、ト.            '.,     ∨
                   >     vi               ',    ∨
              7         'ィ              j ,ィ●、 ゝ.
               アィ      /            `゙マ/////     どれほど強大な嵐の権能を持ったところで
                     )''" ゙''.、rム                   ヽ,/〔
              ,r.:.:|::::i!:::::!`:ヽ        _ ,、,.r-‐..:''´{J:::}     どれほど苛烈な再生治癒ができたところで
         ,. -ー '' ´.:.:.:!::::||::::|:.:.:.:.:`ー-― ''.:.:´.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.:.:.:`¨´!
       ,ハ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.r ┴ ―┴.v.:.:.:.:.:.:.:.i}:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:}:.:.:.,.'' ´マハ    無尽蔵に行使できるものではなかろう?
      ./:.:.:ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:`ー---― '.:.:.:.:.:.:.:〃.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,ィ:.:.ノ   マハ
      .,.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.:.:ノ:::::||:::::::::}:.:.:.:.:.:.:.:.{!.:.:.:.:.:.:.,-‐''´ ̄      ` ′
     /.:.:.:.:.:.:.:.:.}:.:.:./:::::::::||::::::::::':;.:.:.:.:.:.:.:,r ´ ̄                   そして貴様は強大だろうが個に過ぎん。
     /.:.:.:.:.:.:.:.:,ィ:/:::::::::::::::!i:::::::::::::\:.:.:./
   .../.:.:.:.:.:.:.:.:.ハ:::::::::ヽ::::::ハ::::::::/::::::ヽ/                     個を多に変える人の妙技も知るまい。
   ./.:.:.:.:.:.::.:./  }:::::::::::ヽ;/:::::',::ノ::::::::::/
    ,.:.:.:.:.:.:.:.;イ   !:::::::::::::{!::::::::i}:::::::::::::;'
  r'.:.:.:.:.:., ´    i::::::::::::::|!::::::::i|::::::::::::′                     さぁ、滅べ怪物。ただ私の糧となる為に!
  i!:.:.:.:.:.:.:{.    ,ィj:::::::::::::::}::::::::{::::::::::::!
. ,:.:.:.:.:.:.:.リ   / `ー- ::::::|::::::::|:::::;; 斗、
. !:.:.:.:.:.:.:′  ム       ̄ ̄      i          【念入りの下準備を初手クリティカルグリッチで無駄にした人】
________________________________________________
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM  :   私が生まれた日   .┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

戦闘の帰結とはその大部分が事前準備で決まるものだ。小は大を覆せない。数量こそ最大の暴力とされているのは
決して誇張などではない。しかし数のみを頼めば盤面を返されることもある。OKEHAZAMAという古事にも斯くある。

ウーノとドゥーエは大雷怨による被害、攻撃特性、その行動のつぶさまで持ち帰られた情報をあたり続けた。

トーレとクアットロが時間潰しと調整の討伐仕事だけで名声を博した頃になるまで情報を浚い続け、中から赤い猟兵の
持ち帰った情報こそ有力であると見込んで重点とした作戦と配置を検討した。より確実な勝機を模索する。


その結果、彼女が揃って陰鬱顔して最善だと見做したのが……どうしようもなくみっともない、泥沼の消耗戦だった。
3993 : ◆ToVRCqC0oc [] 2017/01/25(水) 22:38:52 ID:aqDNYEAM0


                  ´ ̄ ̄  ‐-、
             ヘ´        /`l\      γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ
               /|  ,         ヘ lヽヽ    |  ここまでの損耗を考慮して勝率3割……ね  |
┌┬―――┐  / | /   l   l  l  l | l l |     .乂 ___________________ノ
││      │  l / .| l_イ_,、 |   /_,イ_|__/_| |/ | ┌┬───┐
├┘      │  l/l | l/V ヘ!ヽ/!/ レ|/レ| |  |.....| │     |          ,. .-―――-. _
│        │  { l .| | ┯┯   ┯┯  | |  |...├┘      |       ,. . : ´: : : : : : : : : : : : : ̄:`: .、
│        │   ヘ、| ,l,,, ー'    ー' ,,,,,,| |  | │         |   /^:<: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
└────┘     | |` 、      -‐.| |  |  |_____..|  /: r―:/ ̄ア: : : : : : : : : : : : : : : : : ヤ⌒ヽヽ
                 | |   ニ=,、 ̄ノ、_.| |  |         /: /: : :」  /´: : : : : : : : : : : : : : : : : : ┴、   Y',
    |` ‐- _  / 〈  /l  レ<´/___ /l !、  |         ./: : :/: :「: i!_./: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : `ヽ }:ハ
     l     ,ヘ  ̄ l_//l--,H ,--┌─――――‐┐ /: : :,ィ´: :/.: :「/: : : : : : : :/: : : : : : : : : !: : : : : : : : :ト!: :|
     l    l __ヽニニl   / Y l || | Y | 」 Y 〉,|     ./: ://: : :/: : {/: : : : : : : :/.: :/: : : : : : : |: : : :|: : : : : i|: :i!
      l    ゝヽ-' ,-l‐ ´lー‐' || ー‐ l ー- _Z>!     i: :/ /.: :,イ: : : i: : :/: : : : ;イ: :/: : : : : |: :./.:/: : |: |: : : :i': :||
      └   _ ̄_l   〉  ||     l    _)__ 」{/ ./.: ://: : : ,|: :/.: : : :/ i!: :i!: : : : :./.:/| ハ: : :i!: !: : : :!: :リ
. γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ.i: : : /:「:7:ー-/、 .|: :||: : : : /.:/_.斗七:丁「: : : }: /
. |  三割あればクリンナップを張れる。賭けるには足るさ  |.: :./: :|/.:マr芹ぅミミxi!ー: :,イ:7≦r芹丁ア: : : ハ/
.  乂 _______________________ ノ.:./|: :.|!: : : /.込zリ |: : ://'  .込zリ /: :/: / }
            V    l      _!|_l  y           ヘ!  |: { !: :.i!: : :/     i!: /       /: :,イ: ハ,イ
                  「 ̄ T ̄  ,'                {  Ⅵ |: :.|!: :/      i!/ i     /: ////: {
                  |   |   l                    ヾハ: :||: ハ     /'   !    // イ: :i!: :|
                      l  .l   l                    ⅥⅣ: |Y、>           ´ <>':/: ハ: !
                     l、_|、_, l                    i: : |从:ト、   ´   `   ./;イ.:/  ヾ
                  ー‐ ー‐‐'                        i!: :! r|::::\       /:K i!:/
                                                 i!: |( {|::::::::::`:ー-‐::::´::::::レ.}!/

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM  :   私が生まれた日   .┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

直近の出没情報から生息域を断定し、広範囲に渡りアルマメントマリオネッタを展開。同時にクレイモアやゴルゴン等
各種地雷群を敷設。事前偵察済みの戦闘区域を各所に設け、状況によって移動して其処で戦闘を行う目論見だ。

これは前者によって最大範囲の攻撃手段である雷電嵐を無駄撃ちさせ、大威力よりも面制圧で確実な手傷を与えて
再生力を削りとることを目的とした布陣である。大雷怨のリソースを奪い切るまで特記戦力たるトーレを温存しながら
決戦まではドゥーエの奇襲を最大限活用する段取りだが……正直ここまでやっても勝算は3割あるかないかだった。

 ド ラ ゴ ン
理不尽の権現に挑むとは、それほどの困難なのだ。当の大雷怨が未だ完成に遠く至らぬ幼生にすぎないとしても。
3994 : ◆ToVRCqC0oc [] 2017/01/25(水) 22:41:43 ID:aqDNYEAM0


                ',  .i   l i/ /  ′   ,              i  i      ヘ  ゙; ;   ;'  i
        /l      , '  i  ジ ,:' ィ     '゙.   /ィ/ _j_\ ヽ\    ...l  ,^i    i  `     i   l
        l l       i   Y    i  ,i:      .イ;;;八〈___〉 八`ヾ     ..ノ j l、   .l      リ  i
        ゙,'  、    ' , ,..、i   i  ',       .レ'// 〕:::::〔//ハヾ)   , ' ,゙  i   レ、   ,..、, '  ,!
           ヾ、   `'´ `.  ハ  ゙          ///// `ヾ{、   ., ' , ' 、   i ,、/   / ^~  ,
             ヾ;           `'、       ノ/{/// ///∧`  .....'  '゙´ l  '´   ,;'     :i^
              ヾ'      `ト、  \     ゝ/>― ―く /          )    .:''   ,、..,ノ!
                      i ヘ`  ..___   _j⌒´ ̄`ヾ)/:{    ..,. -‐'゙   ,,..;;''  / ,..-‐'゙
               ',,      ', ゙.. .{/Y)> ´ ////,   \\  ___  '゙  ,,..;;;:::''    ./ , '
                 ':;,..           .`¨´ ´   ∨/  /   `ヾく巛)_.       ,,..ノ,,.:'
            ';,     ';::;     < '´       /`ヾ /       ヽ ̄  `ヽ    ./~ ,ィ
   ....⌒ヾ::              <............../  / ,     {             ー― 、         ::,   /..,
   ....\`ヽ::        :r≦'⌒ ー―==vー⌒ヽ/ ,     、        \   _\        . :/   ,......:::::/
 `ヾ:. .:::ヾ \:: :      :: つ_ ,   ,∨  ∧/    . : :\,j>‐ 、\___/⌒/       . ::/   /::::::/
 \:: :.. :: :: \.::\:: :::    :: ::::::::::::. ̄∨, ′ /  \/: : : : : : :/,     |>― '´< ̄..::    .::::::/ /::::::/
  ..\::::.. : :: ヾ:: :: :: :: .. : : :::::::::::::::::::::::Y   /    `¨¨¨¨¨´   ヽ   V ,   ./.::::::::::::: :: :::: :' / ,:: ´
   ....\:: ::. :: ... : : :: :: :: :: : :: : :: : ::::::::::l'⌒V              ∧  V_/.::::::::::::::::'::::::: :/ ´ /:/
  `ヾ/ ̄\::. ::. :: :: :: :: ::: :: ::::::::::__////⌒ー━━…w⌒ Ww ´∧  V ,:::::::::::::::::::;:::::::/ ' / ,′
    ∨ヽ \::_:. . ::::::::\ ( ,/ ̄ ̄∨/{:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::' ,∧   V:::::::::::::::::/,::::/    /
    ..∨//  | {: \ )`ヾ `ヽ    }//!::::::::: 、:::::::::::::|::::::::::::::::::/,/, ∧ , ゝ― 、/ (' /    ⌒'
    ....∨   ! |    \`ヽ.   \_,j//| ::\::::ヽ::::::: ┃:::::/::::ノ/{  / i//    }   '′   //
  \\ \  | |./⌒ヾ \.   ∨///∧`    \ ノl ,/ ' /' / //{.  , /       /   / / /
    .\\ \∨'    `¨ヽ`   ∨//'⌒ヾ  \ \)/ /  / ///>// ⌒ヽ   ー   ./ / /

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM  :   私が生まれた日   .┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

獣も虫も恐れをなして静まり返る奥深い山中の夜。破滅的な消耗戦が、本当の意味での殺し合いが開始された。

その美しくもあどけない容姿に似つかわしくなく、しかし暴虐の王子と恐れられるには相応しく、ただ一匹の例外種
大雷怨の号砲一声をもって火蓋が切って落とされる。クアットロが布陣させた武装人形の1ユニットが小さな獣を
見つけだして発砲。小さな手傷を受けてからの悠々とした反撃で木っ端の如く破壊された、その直後のことだ。

僅か十数秒で戦闘人形を実につまらなさそうに破壊した彼を、忍び寄った遊撃のドゥーエが死角から攻める。
遅れて追いすがった直衛の戦闘人形も援護射撃を開始する……その前に、小さな獣は自分の敵を認識した。

                                                    プラズマストーム
高らかな呵呵大笑と共に絶大な力が奔流となって吹き荒れ渦を巻く、咆哮一声 ―― 雷 電 嵐 だ。
3995 : ◆ToVRCqC0oc [] 2017/01/25(水) 22:44:54 ID:aqDNYEAM0


             . ‘   ,           \    ヽ  、` 、
          // / ,  .:       ,ハ  _ :. ヽ:. ヽ ヽ
         , ' /  /  / /:       ∧∨∧::i:. i:. `、 .ヘ;. ────────────────────────
        //  , /  ,′/.:::     / ゛゛'"" i::l:::.. !:.   ! i ゙.                           - --- ---
        /イ  i ,':. .:i: i:::::::      !     i:::|:::. }:::  l:. i. }                 , r -―::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
        .!' | .:|: :!:::. .::!:. {::::::       ! ー―‐}-!::::: !::: l:: ! !                /:::::::::::::..::::::::::::::::::::::::::::::::r‐ ⌒\
       リ ヘ ::i:: ::!:::.::::!:_ムィ'´:!=|:!   |  ,ィ≠三、:::::l::i .ト、 ! !                .,':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\__
       /  !::|::.:::l:i::.:::lハ::ィ乏不ヾヽ { ノ'´f⌒;i! ト>:!::! ト.゙}.! i               |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: - -<⌒
         |:::|::::::l:l::::::l! メ、.f‘::ら   ヽ!′ i!::刋 ,!::ノ::l .レノ:i. !                |::::::o:::::::o:::::::::::::::}r ´
         /ハ::::::::!!:!::::ト! `弋辷リ   ,    ゝ≠'´!ノ!::i .Yi::i::. i                .ヽ、::::::::::::::::::::::::::(
           !:::::|l::!:::|(ハO°゚o        o゚ (_)ノ'ノ.:レ^ヽリ. !                /::/ ゝ::::::::::::::i^ 、::ヾ
           !:::::!l:;!:;:iト、}.   ,~~~~~;  ,.イ'´ry \: !             /::/  >:::::::::::::::ヽ `:::ヽ
            l::::j/ノ `ヽゝ._)..:::::::::::::::::..( , イリ_ノ´   〉|          ._イj ../::ι-´::::::::::::::::::::::ヽヽ:::i
            |:;イ´  `く〉';:-‐`~~~~ ィムリゝ'    〈 .! ───────────────────────
             i:{     ヽ  `ヽ> _ ,<  /      ノ |
            !:リ\     ヽ /´ \ /´`ヽ {    ,ィニ==メ`ヽ  \人_人,_从人_人_人,_从,人人_人从人_人_人,_从,人/
            !::::  ヽ     ト.|≧、 .}'    ハ    、ヾノ_        )  来るな、こっちに来るなぁぁああっ!!?  (
             |::   /ヽ_   }  /三≧、   /ヽ  ノ'!/`ヽ-'イ、,..  /⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒ヘ
       ,..==-. ―/___\ノ  ∨ 三/  /.:!| ゝ/.::::::∧::::\.::,'/.:::ヘ
     _ノ.:`ヽ:::::::::/´::::::::::::::::::::::〉  / 三 i /:::::!|::ヽ':::::::::::/.::::::::::::::\::::::::ハ

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM  :   私が生まれた日   .┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

ひっ と声が漏れた。多く余人に同じ声を溢させてきたドゥーエが、しかし圧倒的な暴力の化身を前に恐怖で怯えた。

雷電嵐の本質は、数多い敵性体をまとめて排除する為のものではない。これは逃がさない為の檻だ。納得いくまで
自分の遊びに付き合わせる、その為に閉じ込める檻。ドゥーエを除いた機械人形はこぞって破壊されたというのに
無傷のままに無自覚で腰をつく彼女へ、実に嬉しそうに楽しそうに、小さな獣が酷薄な笑みを浮かべて歩み寄る。


逃げなければ。ヒットアンドアウェイに徹することしか有効策を持たない自分が捕まってしまえば羽虫同然に潰される。
理解しているのに動けない、全身義体にあるまじきジレンマで恐慌へと陥る寸前で横合いから雄叫びと共に鋭い影が
目前に迫った小さな獣を弾き飛ばした。最後の決戦まで温存されるはずだったトーレが潮目を読んで殴りつけた。
3996 : ◆ToVRCqC0oc [] 2017/01/25(水) 22:46:34 ID:aqDNYEAM0


       /://::::/::::::::::i::::::::::::::::::::::::::::::::l  l:::::::::::::::::::::::::::::',
     /::::/:::/::::/:::::::::::イ:i::::::ト:::i:::::::::::::::├┤:::::::::::::::::::::::::::::l
    /:::::/::::/:::::l::::::::::::/|:|::::::l ヽL::::::::::::::|::::ト、::::::::::::::::::::::::::::l              ここは撤退するぞ、ドゥーエ。
    /::;ィ:::::/::::::::l::::::::::l l|!/|´ .|:::::::::::::::l:::::l、ヽ::::::::::::::::::::::::l
   // /:::::l::::::::::::l::::::::l  >ヘ_」ャ l:::::::::::::::l:::::l } l::::::::::::::::::::::l            今はまだアレには勝てん。
  l/ l:::::/|:::::/::::::l:::::::|_/ィjム/ l::::::::::::::l::::::l /::::::::::::::::::::::l
  {  l::::/ l:::::l::::::::ヘ:::::|  ´   /:::/::::::/::::::レi:::::::::::::::::::::::::l
    l:/ l::::i|::::/:::::ヽ:|    //::;イイ:::::::l l::::::、::::::::::::::::{             我々がアレに勝つには時間と
    l{  l:::l|:::|:::::/`   /; '´/' l:::::::l  l{\{\::::::::l:::ヽ
       l::l v!:::::`ー、  _  ̄ ヘ l:::::::l   -_ニニ\:::ト{\l          ぶつける鉄火が不足している。
        l{  l::::::::| `i_ー’   \ >レ-‐´=― 、:.:.:.:.\{l  `
          ヘ::::|  ヽ    /: : : : : : : : : : : : ヾ 、.:.:.l
           ヘ|   ヽ__/: : : : : : : : : : : : : : : ヽ `、ヘ              勝敗は全てぶつけた後の事だ。
                 /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : l \\
                /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : l   >ヾ、.          今はまだ、その途上に過ぎん。

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM  :   私が生まれた日   .┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

軽量かつ矮躯な大雷怨は受身をとるでもなくスっ飛ばされ、地を跳ねてバウンドし、その間にトーレがドゥーエの腕を
引き上げて立ち上がらせた。この作戦を前に対電対磁加工の施された姉妹は、僅かな時間ならば雷電嵐の外郭に
耐えることができる。トーレはその性能を信じ、更に先へ続く戦闘に必要だとしてドゥーエを救出した。


怯えて竦んでいる余裕など、そんな贅沢を許されるほど、この相手は甘くない。ドゥーエにはまだまだ怪物の余力を
削り続けてもらわねばならない。トーレは有無を言わせず小脇に姉を抱えた状態で、再び雷電嵐の外郭を突き破り
次のラウンドに備えて逃走した。ここで実際に標敵を目視できたのは悪くないと一人呟きながら。


確かに強い。理不尽な暴力の顕現。そうである為の芯に、尚も向上する意欲を持つ。―― しかし、それだけだ。
3997 : ◆ToVRCqC0oc [] 2017/01/25(水) 22:48:03 ID:aqDNYEAM0


────────────────────────────────────────────────
'::::::;イ:|::::|:::::|   .l .!  .|..∧:Wリ   ,    ,;;;;;;;;;     ヾ;| ' {:リ::/:::/://::!::::::l::::! /j//]/1:! |
:::::/:レ|::::|:::::|   .! |  ! |: :.    .ト\ ;;;;;;;;;;; ;; ;;;;;;;;;;;;   ィ:::/:/::/:/!::j:::::/::::l///// !:イ|
::/:::::::|::::|:::::!   l .|  ! |: ;;;;;;;;,,,,,, ヽ\`丶、   ;;;;;;;;;;   / //:::///:/::: /:::::::://〃 //l|
':::::::::::!::::!::::! ,|. .| |  ! |;;;: :. ,;;;;;;;,   丶`  `丶;;;;        /イ::〃〃;:::::/::::: イ/〃 .// |!
:::::::::::|::::|::::|. !|  | l  ! |;: : : . ,,;;;;;,    \    、` 、   ;/'; ::/':イ//::::/::::/イ/'  ./イ |
;::::::::::!::::!::::| l:!  .| !  |l |: : :,,;;;        `  ,,_>一  ,;;;;;;;; /:///:/:/イУ  ./′
∨:::::|::::|::::|. !|  !  |:!|: :,;;;;: : .    :::::丶..        ;;; ;イ:::/イ://イ| |  !                - --- ---
;:∨:::!::::|::::| l:|  |  ト!.| ;;;; : : : .            ,,  _,. イ|::::::/'::|/イ  !.|  |      , r -―::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
ハ:∨|:::::!:::l | l   .|  |:|.ト、;: : : : : .       _,,...:,<|:::::::::!:|:::::::::/i::!|  .!|   |    ./:::::::::::::..::::::::::::::::::::::::::::::::r‐ ⌒\
:::ヽヾ::::|::::| !:|.   |  |:|.レヘ;;: : : : : . . . . _,,. <:::::::|:::::l:::::::::|:|:::::::::::l::|l  !|i:! !   ..,':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\__
::::::ヾ!::::!::::!.|:|   !  .И|、:::|::::|:> ,_,...イ:::::_⊥ .-┴ '-ミ::::l:|::::::::::::!:|:!  .|:i:| |   .|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: - -<⌒
::::::::::|::::|::::| !|.   ! , | |l \:::!:::::::::|:斗‐'"´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ;::::::::::!:|:!  .| |l |     |::::::o:::::::o:::::::::::::::}r ´
──────────────────────────────  ..ヽ、::::::::::::::::::::::::::(   .────────
                                                /::/ ゝ::::::::::::::i^ 、::ヾ
                                                 /::/  >:::::::::::::::ヽ `:::ヽ
                                           _イj ../::ι-´::::::::::::::::::::::ヽヽ:::i
                                           ):::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ゝi:::|
                                          /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`:::i
                                       jし '::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM  :   私が生まれた日   .┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

立ち上がった大雷怨は呆然とした。言語化するなら『え? なんぞそれ』というぐらいにポカンと口を開けた。

邪魔者の入れない、逃げ出せない遊び場に閉じ込めた獲物。それを強引に進入して掻っ攫われたのだ。
あまりの驚きに跳び去る背中をつい棒立ちになって見送ってしまった。自分を殴り飛ばしたヒトガタなんて
滅多にいやしない。―― 獲物を奪われた怒りよりも更に勝る期待と歓喜が、彼の小さな躯を震わせた。


ああ、これを見ずに背中を向けたトーレの戦鬼の勘よ。見る者も不在なままに見る間に傷が修復していく
超再生能力を目の当たりにすればドゥーエの心が折れていた。しかし彼女達はこれを目にせず去った。
3999 : ◆ToVRCqC0oc [] 2017/01/25(水) 22:56:23 ID:aqDNYEAM0


              ァ´ ̄ ̄ ̄`ー―┐___                                /
          , イ /          l  ヘ                         /
         /  l /     //l    / ヾ ヘ                            /
         /  /   `>/< .l,イ  /   l  ヽ                       /
        .l   l   /マエlヾ ./ ∠_,   l  .ト ヽ                     /
         l   l  /      /イtzヽl`   l ト .l ヽ|               /          リ   ',
         l ヽ {  .l    /   / ,l // l l  .|                 /...'´.         ,イ. ,':|  |,ィ/ ./-i i
         .l  `|\{      '  // リ/ l/                /. ./ /i  |.    /:|  |ィ|  |//⌒`|¨|.   ハ i
          }ヘ | |>    ̄`  ,イ ノ //  '                /  ./ ,イ. ',  |    /斗  |_,i  |イ . (i) ナリ.   ,'マ}
      _    V| l\    , イ .l  ´                /   /イ..| i. ', . |..  /i__厶 レ'i |' `===彳/}.  |ソi |
  ./ ̄   ̄\-[=l l== ーイ  l l                     /   ../´  | | . '、|.  / }   ヽi  ヾj.    ソノ.  |.| { |
 ./         l `l l   `ー'´| / /                   /           .| |.  ', |. / |    :}.       /,   | | . i |
. /          l  `{`ー--- =7./< ̄` 、         ./            .| |   '| i:{ |\:..   ヽ _,,_ノ',イ  ,' |. ',...|
. {          ト<´ヽ、__ Ⅲ/'〕  ヽ    \    .../              ',|   | ハ |  \ -==ニ--゙" ,イ }.  ,' |\.}.リ
 l          /⊥ `ー-、\ ̄  `Y「     ∧   /                  |.   | | ', |. />、_`_. <ソ . |  ,'! . | . /'i..
 ∨        /.|  ヽ    `ヾ ,--―ヽ、_ n__」.../                  |.   | | ',{ /___}  /  |  ,' | i/ |
  ∨      / .|   l>´`ー⊥__  /二ユ/                   /r‐‐、_ヘ.|_斗   Y `゙‐‐‐z-./ /‐| |  /
   \ー--‐´  .|   \        ` <../                  lr‐爻_) ',   ',,    |    | / /  | |_/

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM  :   HAPPY BIRTHDAY  .┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

大雷怨は各所の傷が埋まるよりも早く地を蹴った。死角を突いた刺客と急蹴の横槍をいれた強襲者が逃げる
その方向へと紫電一閃の矢を投げ放ち、虚空の帯溜電荷を足場として虚空を疾駆する。

瞬く間に追いすがり、求める二人の影を上空から見定めると体勢を変えると急降下爆撃の姿勢で構えて……
狙い澄ませた機銃掃射の十字砲火という更なる横槍によって羽虫の如くに撃墜された。

中空の一瞬を捉えた弾着という僅か刹那一点に降り注ぐ銃撃の驟雨に頭部を庇って着地どころか受身もなく
地に落ちた彼は、顔と視線をあげた向こうで一瞬だけトーレと視線が交錯する。彼は思いもよらぬものを見た。

冷たく鋭い、しかし恐れのない目。大雷怨を相手どって侮らず、しかし鼻で笑って見下し勝てると確信した目。
4000 : ◆ToVRCqC0oc [] 2017/01/25(水) 22:59:27 ID:aqDNYEAM0


                        ,/           丿   〉  . '''― ..,,,_
              .┌ ┐ _   ./           ./   /.   -..,、    `゙"''― ..,,,_
             _  )  Y / / /           ./   //  、   `''- ,,_        `゙゙''''― ..,,,_
     _,, -''''"   .{  .‐ v /        /         _/  .- \     .`''ー ,,、           `゙゙'''
,,.. -‐''"゛        ゝ    /        /          .{ \  . `'、, \       `''ー..,,,
            ,..-'.   \V      ./              \__ \  ...\. ゙'-、           `''ー ,,_
      _..-'"     .  |       /   ,/ /             ー―-ミ  .... `'-、          `''ー、,、
   ._..-'"゛      /   |      ./    /  {                、 ̄ `ヽ仁ニニニ!、       ..`゙'‐
..-'"゛       /   .,  .|     |   {   八     Y/-          ヽー‐’ニニニニl \
       ,/゛  .,/        |   {             ‐ - _   ` _  .| ニニニニソ    ヽ
     . /    /     ..\.   \   ,  ゝ  ト、_ \     __ <   |/ ヽニニニ/   ..`'-、
   ,,/   ./      /   .\    \,  ′.,、__x=r‐≧x── ミヽヘヽ.|‐-   |ニニニく\  .    . \
. /    . /       ./     ..\      ヽ \ {:::!:} 冫       ` .j/ ト、 くニニニニニヽ, / ,    `'-、
    /       ./     ./    .ー、_ヽ __、.ー 、 __ イ./i/  \ }ニニニ>/!  ..\    `'-、
  . /        /       r―――ーx ___ __ `^_ /. L_ニニニニ> /ニ|       .`'、.
.,/          /          .j          <  !\ `ヽj‐‐v、ヽ l |> ̄ ̄;ニ/ニニニ!      .\.
        /        ./     ── 、   ヽj_ \ ヽ {:::::::\/ニニニニニニ三/          \
       /       ./.   ト-彡 '⌒ヽ   ー 、 |~ftjtj__;;:::::ノニニ=-ニニニニヽ  . ヽ
      ,./       ./   ...ゝ __/⌒ヽ、      , __レ'´ ̄ 、 ,、 ヽ¨¨¨´ノ´ニン ̄ ̄ ´  ....\
     /        /      |/ __ノk=./     、__、 ヽ\ \´ヽ.´ヽニノ! ノ      ヽ  ヽ
   . /        ./       .f'´       . {     、 Y ∧ ∨ヽ __>.. \../           .ヽ  \
  /        /        /       | i、  い ∨ :.__,}ニニソ  _.. \           ヽ.  ヽ,
./           /       /       ,_..ーヾ  |人_j     ̄ ̄ _/. _.`¨¨⌒            .ヽ  .ヽ,
゛           /           \'ー-_ /   ¨´ ∧_j     / ̄ ̄     .l,            ヽ   ヽ.
                       └──、 /  ̄ ̄    `冖'´

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM  :   HAPPY BIRTHDAY  .┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

アレと戦いたい。アレに勝ったならきっと暫く味わえなかった生きる実感を得られるハズだ。我知らず口角が歪んだ。

追撃の掃射を肉のこそげた脚でなく拳を地面に叩きつけた反動で跳躍回避。IFVに積載された機銃の照準が追うも
木立の隙間を猿のように腕だけで掻い回る。再び装甲車の前へと姿を見せた時には大雷怨の両脚は傷跡も残さず
完全に修復されていた。―― 元々以上にボロ雑巾となった衣服とは逆に、右目が爛々と黄金色の輝きを強くする。


妹二人の脱出支援を果たしたIFVが踵を返して別方向へ転進を図る中で、運転しながら後部カメラとリンクしている
ウーノの視界に、拳を固めて帯電を纏い、地を爆ぜさせ自身を砲弾のように打ち出した大雷怨の姿が迫った。

着弾によって戦車砲か電磁投射砲の直撃を思わせる衝撃が車体を揺らし、IFVが縦回転でひっくり返される。
4001 : ◆ToVRCqC0oc [] 2017/01/25(水) 23:01:31 ID:aqDNYEAM0


: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : , '´                  , -─- 、
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :, '´                  /      ヽ
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :, '´                        l. ./ヽ、.  . !    ,,....
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :; '´                        |   `i.  ; ..::: "'''"
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :,'                             ∨  i\   _, ィ
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :, '´                               ∨  |: : : ̄: : : /.
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :`,           ,,. - ,,  ,,  ,:.      ,,,,,,...  丶 !: : : : i : /. .:: ''
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :`;          ,,, .. ,,, _ "´     ....::  ,r弋:´:、:!_-=ヽ:/:ァ__
:.:.:.:.:.;´' : : : :  .._  , -‐  ̄''''' ‐ 、 ,、           ..,.., "             ./ニ/¨ヽ:入ニニニ∨_-=ニニス
.:.:,ノ"/: : : :,:  . / \          /ハ'、                ....:;:.   .<ナ     ノ三 三 ヽ  ̄ゝ′
'"  / : : :  /  |            j ヾ 、               ':;:: :::: ...,,,,..  ,,,,,....  . /.三三ノ三}.
 i |: : :  / |  !|   !  ヽ  { ヘ ヘ |  ト ヘ                     ....:;:: ,, ,,  /三/゙ }-=r-、
 l |: :   ,' |  || ヘ ヘ  ヘ ノハ ',  !  !ヘ.ヘ                          /三/ォ,   |-=V∧
 l |: :   | |   |チ―、---イ ノ ッ7フト  !.ハノ                       ー'^ };〉  ` ーV'ノ
 l |,:':.  | |   |! 斧筏 ヾ!!ノソァ筏ュ |  |イノ
 l |:.:.:  ', ! ! |弋リ成  ソ ! 弌戌 イ j j                                      /    /
 l |.:.:.:  . } | | |ヘ       ノ    . !  | |', , - 、                            | / /  /(
 l |:.:.:.  . ! |  | || ド    , 、   ノ  j !'"    ヽ                           |/|(/  /   /
 l l "  ./ !  j  |'ヽ、   `‐´  イ/ / ノ       ヾ--、  '' ' '' ' ' '' ' '' '"'' ' ''''"""''''""''".| /|
 | ヽ  / ! j | | ', ト 、   /-/ /./:::::.、       ', ヽ ヽ  '"'"               \ノレ
 |ヾ   { / /  | | ', :::::::::::` / ノ  / :::::::::::ヽ、    ヘ  j            .''    ""'''
      ∨   |  | ',::::::::::://  /:::::::::::::::::::::::::` ヽ、  ヘ j

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM  :   HAPPY BIRTHDAY  .┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

砕けた左腕から尾を引いて周囲に血飛沫と挽肉と骨片が舞い散った。鋼鉄の巨塊をひっくり返すほどの一撃が齎す
反動は稀代の怪物といえどもヒトガタかつ幼生でしかない身では耐えられない。しかし自壊する威力を放って左腕を
失おうとも目の前の縦転したIFVを前に、大雷怨はいっかな痛痒を感じさせない笑い声をあげていた。


まっとうな全身義体のドゥーエと違い、ウーノは自動人形の体に子供の脳を詰め込んだ異質な作品である。だから
大雷怨のおそろしい笑い声に、目前にある死の影に怯えることがなかった。のそのそと車両から這い出した彼女は
再びトーレ達を追って跳んだ小さな獣の、月光を受け銀糸の鬣を黄金の輝きで染める姿を見上げて思った。

『まるで夢のようにこわくて、夢のようにきれい』 ―― 無垢の憧憬に、小さな獣は一瞥のみを返して跳び去った。
4002 : ◆ToVRCqC0oc [] 2017/01/25(水) 23:03:01 ID:aqDNYEAM0


                     'i、
                   lヽ
                   l .ヽ
                 ゙l、 ヽ,   'i、
                  l  ヽ   .l!、
              'l,i、     . l   ヽ  lヽ
               .,l \     .l,   .ヽ .l l.                      ,ヘ               .,ヘ
..       .,ヘ     .,ハ';ヽ \    l   .ヽ .l .ヽ 、.              ,ハ';'ヽ、.           ,ハ';'ヽ、.
      ,ハ';'ヽ、.  ノハil;:.ヽ  \  . l.   .ヽ.l ..l.ゝ . : .:,..,ヘ       ノハil;:ヽゝ . : .:,..    .. .ノハil;:ヽゝ . : .:,ハ
     ノハil;:ヽゝ,, ...: .:,ハ.  ヽ   \  l    l.l  .l,  |i.,フ.ハ';'ヽ、  __,.,,, ノ'ノ,'ハハ,ゝ..... ,フ;:,'ゝ-.,,, ノ'ノ,'ハハ,ゝ..... ,フ;:,'ゝ-
...-.,,, ノ'ノ,'ハ _、        ヽ   \ .l    .゙′ . l  .||...ハil;:ヽゝ    ノノ;:'ヘ;;ハバゝ, フ.:;ilゞ,ハ.:.....:.,ヘ'ヘ;;ハバゝ, フ.:;ilゞ,ハ.:.....:.,ヘ
.,ハ.:.....:.,ヘ'ヘ;; \゙''ー 、、    .ヽ    ゙' l          l .!.l.ノ,'ハハ,ゝ ハ 彡゙;:.'ハヾゞ';'ヽヘ;;ハバゝ;>.:,ハ';'ヽ、 ゞ';'ヽヘ;;ハバゝ;>.:,ハ'
゙ゝ;>.:,ハ';'ヽ、 ゞ'\  `゙''ー ,,、 .ヽ              l .| .l.'ヘ;;ハバ ノハヽ、,ツノノ;:'ハ;;:. ノハil;:ヽゝ ノハil;:ヽゝ...;;:. ノハil;:ヽゝ ノハil;
.ゝ ノハil;:ヽゝ...;;:..  \.    .`''ー ヽ              l ! !.;;:. ゞノvノ;:,l'レゝ,ハ';'シハノシ;:,ヘ, ノノ ノ'ノ,'ハハゝ ノシ;:,ヘ, ノノ ノ'ノ,'ハ
...ノ ノ'ノ,'ハ.┬- ..,,,,_. \                       l} l.ノシ;:,';,ノノゝハハ,ゝヘ,::..ヘ.:;ilゞ ハ';'ヽ..::...,ヘ、ハ.:;>ヘ.:;ilゞ ハ';'ヽ..::...,ヘ
'ヽ..::...,ヘ、ハ..\  "'''- ._\   ..,ヘ               .,ヘ . !.ilヾvフノ;:,'ハ';'ヽ;;ハバゝハ';' ハ';'ヽハil;:ヽハ,ハ';'ヽ、 .ハ';' ハ';'ヽハil;:ヽハ,ハ
..il;:ヽハ,.゙゙'`-¬┴ . .,ヘ     .,ハ';'ヽ、.           ,ハ';'ヽ、.l;:ヽノノハハl;:.'ilゞノハil;:ハil;:ヽハハl; ノハil;:ヽゝフ.il;:ハil;:ヽハハl; ノハil;
..l; ノ ─=二″  ,ハ';'ヽ、.  ノハil;:ヽゝ . : .:,ハ      ノハil;:ヽゝ..`ヽ、ノハ ノハゝ;ノ,'ハハハl;:.'ilハil;: ノ'ノ,'ハハ,ゝ .ハハl;:.'ilハil;: ノ'ノ,'ハ
.;:.'ilゞヾノvノ;:,l'.;:, ノノハハl;:.'ilゞヾノvノ;:,l'..レ;;:ノノハハ フノ;:,'ハノハハレ;;:ノ.リ 彡ハハノ;;:, フノ;:,'ハノハハレ;;:ノノハハ フノ;:,'ハノハハレ;;:ノノ
ハレ;;:ノノハハ フノ;:,'ハノハハレ;;:ノノハハ. ハノノ;:'ヘ;;ハハ .;:,.'ilヾ ノノハハノノ;:'ヘ彡ヾ;:ノハハレ;:,.'ilヾ ノノハハノノ;:'ヘ;;ハハ .;:,.'ilヾ ノノハハノノ;:'ヘ
゙ゝ;>.:,ハ';'ヽ、 ゞ';'ヽヘ;;ハバゝ;>.:,ハ';'ヽ、.ゝ ノハil;:ヽゝ...;;:.  彡;:'ヘ;;ハバ ノハヽ、,ツノノ;:'ハ;;:. ノハil;:ヽゝ ノハil;:ヽゝ...;;:. ノハil;:ヽゝ ノハil;:
.ゝ ノハil;:ヽゝ...;;:. ノハil;:ヽゝ ノハil;:ヽゝ..ノ ノ'ノ,'ハハゝ ノ. ハヾゞ;;:. ゞノvノ;:,l'レゝ,ハ';'シハノシ;:,ヘ, ノノ ノ'ノ,'ハハゝ ノシ;:,ヘ, ノノ ノ'ノ,'ハ

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM  :   HAPPY BIRTHDAY  .┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

その後も大雷怨の追撃は続き、一匹と四人のダメージレースはキイ山中へと広く深くその破壊の爪痕を刻みつけた。

いっかなマトモに戦おうとしないナンバーズの次女と三女を追い回せば度々に戦闘人形が割って入って弾雨を浴びせ
鉄案山子の相手に飽きを感じた頃合には隠密と奇襲で手傷を加えて逃走する彼女達が背中を見せつける。

二度目の雷電嵐では再び檻に捕まえたものの恐慌から立ち直ったドゥーエが単独での脱出を果たし、更に解除後の
隙を刺したトーレがジャベリンさながらの強烈な飛び蹴りで大雷怨の矮躯を『く』の字に折ってから逃走した。


戦局はナンバーズの掌で終始いいように転がり続け、一方的に運んでも互いの損害は対等で収まった。
4003 : ◆ToVRCqC0oc [] 2017/01/25(水) 23:04:36 ID:aqDNYEAM0


                                       __
.:.:.:.:.:.: : V⌒ヽ:.:.:.: : :⌒⌒ヽ:_:_:_:_:-‐…‐-:_:⌒`ヽ: : : : :  ,, ''´     ` ヽ、  : :.:.:/: :/⌒Y``⌒ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\、丶`⌒y
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`⌒ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:-‐==ミ:._:._.:.:.:.:.:.:.: ヽ:.: : )   /  ィ辷i      `ヽ  `⌒: :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\.:.:.:.:.:.:.:.:.:、` : : :.:.:.:.:.:
、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: : \:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: : : : : :):._:._: : : : :  .../  /''"         ヽ  .:.:.:. :\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`丶、:.:.( : : : :.:.:.:.:.:.:
 \:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: : : `丶、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: : : ):. :. :.  仆-シ'  イ´     i    ,,ヽ  :.:.:.:.、`⌒:⌒:⌒丶、:.:.:.:.:.:.:.^丶、..:.:.:.:.:.:
   `丶、:.:-‐^⌒ヽ -‐─七爪 ̄; ̄;厂; ̄;\:  /i / /       / , ヽ´ヾヽ  :./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:._:.:.:.:.:.:.:.:.:
: : : :_ -‐=ミ>'^゛;' ;' ;' ;' V^;/;' ;' ;'/ ;' ;' ;' ;'   ./ iイ   ,  , ,, ,ィ  / / j ',/ .',  . .`、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ノ~^^ア^ ~~~>--; 、
‐- -‐(___ -‐…<~~~^''<;' ;' ;'/ ;' ;' ;' ;' ;'  /    イ.ィ,、.'//  / // j j.  ',  .√` 、.:.:.:.:. ィi{;' ;' / ;' ;' /;' ;' ;' ;' ;\
;' ;' ;' ;/~;~;~;~;~;^;ヽ;' ヽ;' ;' ;' ;'\ ' ;'.   ィニ辷、/  ,イ /´ ヾイゝ、 //|,/ イ i l l   |   ;'ノィi〔;';' ;'7;'/' ;' /^~~~~~~~^ヽ;' ,
-‐ア゛;' ;' ;' ;' ;' ;' ;' ;' ;> ;' ;' ;' ≧    ./   / ッ| |冫  /,, ン‐ィ辷チラ''//ン j  ,' |!   ^^^''冖冖≦-‐━、` ;' ;' ;' ;' ;' ;' ;' ;' ;' ;
.' .' ^.'^.'^.'^.'^.'~.'~.'´ . . . . . . . . . .  /     イ ヽ, ,'、 _ " ./    ̄7 /// /  / j  . . . . . 、丶`, , , ,' ノ ;' ;' ;' ;';';';';';';';';';';';';';'
::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.. : : : : : : : :  ..イ         jj ヽ `ヽ  ィ=ン'//// // /  i,'   : : : :‐-=≦;' ;' ;' ;' ;'^;' ;''=‐-;' ;';';';';';';';
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:  j ',  .       j ゙ゞ`'''''‐ィ辷イイイ/// //  .'  . :.:.:.:.::::::::::::::::::::::::::::::≧=‐-;' ;';';';';';';';';';';';'
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::  ', ヽ      ,,,,-‐ ヽ二7イ辷ヾ/ /\  ' /i ̄`ヾ、  ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::≧=‐- ;'
                      ∧ ヽ   /´   !`ヽ   ヽ  //   ヽ / /‐-- ', ヾ
                     i  ',  ヽ 、       ヽ    メ/-、   ゝヽヽ-‐‐ .', |
                     ',  .', ぐヽ ヽ\ ,,ィ‐''''''ヽ、__,,イ/ _ヽ   |  'i ii,,,-‐ j jヽ、
                      ',  .', ヾ メ ヽ ゙  /辷"´''''‐-/  ヽ  | メヾ''ヽ_ノ丿, i |
                      ',  ヽ|   ヽ \イ        ` ヽ 、ゝ_\イ ヽ__/  j/ .|
                       ', /ヽ   ',ヽ |              ` ヽ 、 二゙゙iイj  |

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM  :   HAPPY BIRTHDAY  .┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

これまでの削り合いでナンバーズの主戦力たる戦闘人形群は壊滅と相成り、囮役と奇襲を担い続けたドゥーエは
脇腹を抉られ右腕を失って中破した。戦闘支援車両は先の一撃で走行不可能となり、もはやウーノとクアットロに
戦力と見做せるだけの手駒がないのだ。だから後は……ナンバーズに残された最後の戦力、トーレの出番だ。


擂鉢状に拓けた岩場、天然の闘技場に単騎最強たる“戦闘鬼神”が暖機の終えた義体をほぐして立った。

威風堂々、泰然自若の佇まい。傲岸不遜の眼差しには冷徹な刃物の鋭さと静かな闘志の炎を宿して。
4004 : ◆ToVRCqC0oc [] 2017/01/25(水) 23:06:37 ID:aqDNYEAM0


゙`,:`:,`,:`'゙`,:`:,`シ'゙`,:`:,`,:`'゙  >r―"_/<;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;∠/;;;;;;;;;;;;;;;;7   ..';;;;;〈.. .
'' ;~'',;''゚ ;~'',;'  ',;;~,;''゚ ;~`゙''   {廴!二>´;;;;;;;;<;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/_/;;;;;;;;;;;/  '',
_____..レ',ィ!ゞヾゞ Yゞ;;`  .「ヽ;;;;;;;;;;>´;;;;;;;;;;;;ー-;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/   ";
〈 ノ |::::j\. ゛jリwj,、,、,、从  ハ;;;\ ̄;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;>'´  . ,"'.:.:;,`
;;ヽソ::::.〉 l .|""''--=_     .|;;;;;;;;;;;ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\;;;;;;;;;;;;;;>―=、;;;;;;;;;;;;;;;;;;/   .ィ;;wリ゙W゛j
::::| | ( ` .L:::: :::::| l ̄"  j、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ー<      `ヽ!´ ̄  _  ___
::::|:〉 |||  |ll:::|::: ::l:::: lll   /;;;;,\;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;>  :J  |::::l|| : | :::: ::''""'';ヽソ::::::〉
::::〉::: :|||:::: l: ::::`i:::ヽl/:::  /ヘ;;;;;;;;;;;;;;;;;i;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ7⌒ヽ'⌒`゙  . | | ( ` .L:::: :::::|:l|| : |::::|::::::::::lli
::::||  .||:: ::::.|::::.i |:: :::|::: :::   };;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ;;;;;;ト、;;;;;;;;\  |:::::::: |::: ::l::::::::lll:::: 〉::: ::::::ヽ |::::``---== |
::  |::::::::::::| \::::| | (   ヘハヽ、;;;;;;;;;;;(`ヽ! 7'⌒ヽゝ  |:::: |ll:::|::: ::l  lll  〉::: ::::::ヽ |::::``---:〉
|:::::::::::| :::: |::: ::l ::::lll  〉::: ::::::   7ーr┬‐'T ´   ..||:: ::::.|::::.i |:: :::|::: ::: |:::: i:::: |::::|ll  .| .::::ill |
;;;;; ;;;;;l;; ;;;;; ;;;i;;;i;;;l;;;;;;;l;; ;;;;i l;;;;;l  ./  ,′|   !  ;;;;〉;i;;;;; ;;;i;;;;;;;;l;;; ;;;;;;;;;; ;;;; ;;;i;;;;;;;;; ;;;;; ;;l;;;;;;;;;;; ;|;;;;;; ;;;
;;;;;;;;;lli;;;;|;;〉;;;;;|||;;;;;;;;;;;ll;;;|;;; ;;l;;  . /  /  .|   !  ::;;;;;; |::::::::::::|;;;;;\::::| |;;;;;(;;;;` .L;;;; ;;;;;;;;;;|;l|| ; |;;;;|;

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM  :   HAPPY BIRTHDAY  .┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

平素よりエネルギーをどれほど高濃度圧縮して蓄積しようとも容積は子供の体。対して放出する力は極小と云えど
災害そのもの。驚異的な再生能力や自己進化まで伴うが故に、接戦となれば大雷怨の継戦能力は極めて短い。

対峙しながら眇めて大雷怨の様子を覗えば、纏ったボロ布から覗く全身いたるところに創傷が残っている。それは
彼の驚異的な再生能力が途絶えたという証左だ。小さな体に蓄えたエネルギーを吐き出しきったに相違あるまい。

ならば雷電嵐を放出するだけの力すら残っていないのだ。もはやトーレの前に立っているのは人界に雷名轟かす
怪物王ではない。帰る場所なき、只一匹の獣だ。駄々をこねて手足を振り回すだけの、痩せっぽちな子供だ……。


『いいや、アレにそんな可愛げがあるモノか』 ―― 分析よりも確かなトーレの勘が、彼が未だ強敵だと断じた。
4005 : 安価のやる夫だお [sage] 2017/01/25(水) 23:07:29 ID:LaT0MojM0
シャルブリット最終形態みたいな移動法…
しかいsお姉ちゃんたちホンマすごいな
4006 : ◆ToVRCqC0oc [] 2017/01/25(水) 23:09:23 ID:aqDNYEAM0


      ヽ:;:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;/                      \;;;;;;;ヽi;i    \          |llllllll
     \:;:;:;;;;;;;;;;;;;;;/                        :::\;;;;;;;;;i      \      |llllllll
      .ヾ:;:;;;;;;;;;;;;;;/                             :::::ヽ;;;;;;;i       ヽ     |llllllll
    \ ヾ:;;;;;;;;;;;;i:::::::            . ・ 、            :::::::ヽ;;;;\      ヽ    illllllll
     \:;;;;;;;;;;;;;;;i:::::::          .・' ___            ::::::::::i;;;;;;| ゝ     ヽ    )lllllll
      ヽ:;;;;;;;;;;;;|:::::::             iiγ ⌒  v=   ,      :::::::::::i;;;;;;|       ヽ   /llllll
      ヾ:;:;;;;;;;;;;|::::::        ヽ lf  rf跏 ハ   ,   ・     ::::::::::::|;;;;;|        ヽ /lllllllll
      ゞ:;:;;;;;;;;;;;|:::::         ゞヤ *疇*  厂・   ´     :::::::::::::|;;;;;i         ヽ |lllllllllll
     \:;:;:;:;;;;;;;;;:i::::           > __ ノノ     ,     ..:::::::::::i;;;;;ヽ        ∧|lllllllllll
       \:;:;;;;;;;;i::::              ・,,             .:::::::::::::i;;;/ヾ        / |lllllllllllll
        ヽ\:;:;;;;i::::             ´           .::::::::::::::i/  ヽ       /  |lllllllllllll
   \     ヽ:;:;;;ヽ::::                       .::::::::::::::iヾ         /  |llllllllllllll
   llllll\     >_:;;;;丶                     ..::::::::::::::ハ ヽ       |   |llllllllllllll
   lllllllllll\     >:;;;\                       ..:::::::::::::::::::ノ ヽ      i   |llllllllllllll
   lllllllllllllllll\    -=ヾ:;;;ヽ               ..::::::::::::::::::::/       ノ   ヽ   |llllllllllllll
   llllllllllllllllllllllll\    --  ゙`ー-:、        ノ:::::::::::::::::::::::::::::::::         i   |   |lllllllllllllll
   lllllllllllllllllllllllllllllllヽ        -‐  ̄`''''〆---===-ヽ- \''`          ノ   ヽ  |llllllllllllllll
   llllllllllllllllllllllllllllllllllll´''‐- 、、.,,_____,,..、、-‐ ''`         ヾ       /          |lllllllllllllllll
   llllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll-‐ ''`                    /          |llllllllllllllll

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM  :   HAPPY BIRTHDAY  .┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

ぎらぎら輝く黄金瞳は狂気に彩られ、口の端を吊り上げて笑うサマは獣相と呼べる野性を湛え、ボロ布を纏う姿にも
反してすらりと伸びた手足や銀髪が美しく揺れる。感傷を認めれば、その姿はいっそ憐れとすら感じる凄烈さだ。

―― しょせんは見た目だけの錯覚でしかない。そうあって欲しいと願う、都合のいい夢物語に似た幻想でしかない。


だって、今も彼の内面世界で脈打つ鼓動は猛り狂える黄金の闘志が炎となって燃え盛っているのだから。この有様に
なって尚も変わらず『ようやくコイツと戦える』と歓喜が溢れて止まない彼は、おそろしく且つ賢しい獣なのだから。

鉄案山子達が獲物を狩場に追い立てる役だということ。執拗に次から次に出くわすのも獣の道行を操っていること。
みんな野性と経験で察していたのだ。ならばじき本命が姿を見せるはずと ―― 狩りの手順ぐらい、わかっている。
4007 : 安価のやる夫だお [sage] 2017/01/25(水) 23:09:57 ID:LaT0MojM0
たしかこっから頭と身体だけの9割死1割生状態に…?
4008 : ◆ToVRCqC0oc [] 2017/01/25(水) 23:12:00 ID:aqDNYEAM0


三三三三三三ニニ/ ̄ヽ三三三三ニニ>'´`ヽニニ三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三
三三三三三三三/    \三三三三,'    仆三三三三三三三三三三三三ニニ,r、_,ニニ三三三三三三三
三三三三三三ニ,     〃三三ニニ/   '´三三三ニ-、三三三三三三三三三三{ x=z /三三三三三三ニニニ
三三三三三三{     /三三三ニ/ /ニニニニ才   寸三三三三三三三三ニ//⌒Y´三三三三三三三ニニ
三三三三三ニr'     '三三三三/ イ三三ニニ>´   ,イ三三三三/ r-、___/三三三三三三三ニニニニニニ
三三三三三三Y    '三三ニニ/<三三三/  x<三三三三>´r<三三三三三三三三三三三三三三三三
三三三三三ニニ|   7三三三三三三三ニ{_x<三三三三三ニニy {三三三三三三三三三三三三三三ニニニニ
三三三ニニニニi!   '三三三三三三三三三三三三三三三三≦z_ \,x_>t三三三三三三三三三三ニニニニ
三三三三三三i   L_三三三三三三三三三三三三三三三三三三}  /三三三三三三三三三三三三三ニニ
三三三三三三!      ̄ ̄¨`ー--≧三三三三三三三三三三ニ/,r-<三三三三三三三三三三三三三三ニニ
三三三三三ニj  __       /三三三三三三三三三三三i/__イi三三三三三三三三三三三三三三三ニニ
三三三三三ニ! 7三三ニx____/三三三三三三三三三ニニ//三三三三三三三三三三三三三三三ニニニニ
三三三三三ニ! {三三三三三三三三三三三三三三三三//三三三>-t三三三三三三三三三ニニニニニニニ
三三三三ニニL_j三三三三三三三三三三三三三三三//三三三ニ!   \三三三三三三三三三ニニニニニ
三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三√ r<三三三少´      Y三三三三三三三三三三三ニニ
三三三三三三三三三三三三三三三三三三ニ/ /三三三三/        {三三三三三三三三三ニニニニ
三三三三三Y{三三三三三三三三三三三ニ/ /三三三三三廴        l三三三三三三三三三三ニニニ
三三三三三j|三三三三三三三イ三ニニ/ /三三三三三三三三z_    _j三三三三三三三三三三ニニニ
三三三三ニ7Z三三/{三三三/イ三ニ/ /三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三
三三ニi|三ニ {三才  |ニ/|_j! {> ´ 〃三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三
三三7|7       `′'´     /三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三ニニニニ
三三j L/              ∠ィ三>'ィ三三ニ/ ̄ ̄``ー--ニニ三三三三三三三三三三三三ニニニニニニ
三川                    <三三三<              ̄ ̄`ー=三三三三三三三ニニニニ
i∨i|                   x<三三三三}            _,,zzzzzzzzzzz<三三三三三ニニニニ
| V                 <_三三三三ニ'´    __, -zニニ三三三三三三三三三三三三三ニニニニニニ
|、                    {z-テ'-ニ三∧__/三三三三三三三三三三三三三三三三三三ニニニニニニ
;';ハ                   ∠_三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三ニニニニ
;';';'ヘ                 r--≦三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三ニニニ
;';';';';'>x               ト、三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三ニニニ
;';';';';';';';';';';'>x            ニ=─三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三ニニニニニ
;';';';';';';';';';';';';';';';';';'>----zz≦三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三ニニニニニ

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM  :   HAPPY BIRTHDAY  .┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

さぁ、今度こそ逃げずに戦え! 青い火花が弾け、パチパチと小枝を踏み折るような音が全身から放たれ合唱した。
青く輝く歪んだ茨を幾重にも身に纏う。天を仰ぎ、月を喰らえと牙を剥き、みすぼらしい風体で誇らしげに胸を張る。

抑揚なく「ナンバーズが3、トーレだ」と名乗りを告げた彼女に応じ、全身の雷光が大音声となって夜気を撞いた。


名を知らず言葉は不要。……それもいいだろう。最初から問答無用の間柄。獣と戦闘機械の殺し合いでしかない。

視線を交えて互いの了解が成立する。長い時間をかけて今、ようやくトーレと大雷怨による最後の闘いが始まった。
4009 : ◆ToVRCqC0oc [] 2017/01/25(水) 23:14:55 ID:aqDNYEAM0


         _  /:}  __
         --=く<:.:.:.:.:.:.:.:....
      /:.:.:.:./}:.:.:.:、:.:.:.:.:.:ヽ:.\
      /:/:.:.:.:.:ハ:.:.:.:.:,ー-:.:.:.:}:.:.:.::.
       /:/:.:{:.:./_,入:.:.:.:, 、_}ト、:.:.:.:.:.,                とりまキリがいいとこでココまで。
.     {:.{:.:.:{:.:.「   〉:.: }  ^ ヘ:.:.:.:i|
.      j从:.:.\三 ノ'^ヽ{ 三 /:.:.:.i{                  残りはできたら投下すんよー。
    ー今{ \:.{^        /:.:.:./{_,
     ^ヘ,_  ヽ    _  u/イ/^`
   ト、  _//\   ´`   イ{ -ァ --ァ           はよ投げたいとは思うマジメに。
   _}__ \j {r==介ー- r‐≦--/   --く,__
-‐  ̄    jニニ} >-‐ヘニニ}}      /
\ /    j{__/\   /}__}}   ヽ く
  /  -=ァ/::::::::\ \/ /::::::::\{\fニ=-
4010 : 安価のやる夫だお [sage] 2017/01/25(水) 23:16:19 ID:LaT0MojM0
乙乙ーー!!
内容が詰まってるし見た感じ改変AAも多用しているっぽいから仕方ないねぇ…
それでも待つ価値のあるものだった!
4011 : 安価のやる夫だお [sage] 2017/01/25(水) 23:17:37 ID:wJyMwBEI0
乙おっつ
怪獣大決戦VS人の意地とは熱い
4012 : 安価のやる夫だお [sage] 2017/01/25(水) 23:19:06 ID:dohiv.DU0
乙乙
4013 : ◆ToVRCqC0oc [sage] 2017/01/25(水) 23:24:20 ID:aqDNYEAM0


  毎度ほん進捗おそくてゴメンよーゴメンなー! はよ仕上げないとダメだとは思うのよマジで。


  >>4005 むしろ桃白々……? 大雷怨の怪物性を盛るほど姉sもすげぇってなって楽だね!


                     、   ___
                     j:Yに:.:_:.:.:.:.:.ミト、
                    /:.:.:ハ:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.\
                  7人:/l iヽ:.:.:ヒ弋三フー====ミ_r=--   __
                r==≦アYー斥 ):.} 弐ヽノニニニニニ}ニ]}ニニニニニニニニ=-  _
            -‐==/ニニニニニf^沁 '^ヽ ㌣スニニニニニ{{ニりニニニニニニニニニニニニ=-
        -=ニニニニニ{{ニニニニニニ=-' r=- ⊆うィ7fアニ}}7'ニニニニニニニニニニニニニニ/
      /ニニニニニニニ{{ニニニニ[^ト-  i!⌒ |  i|i/イうr‐冖^¬¬¬=ュニニニニニ/
     /ニニニニニニニニニニニ八ー-r禾ヘ  }__j   〃  jレ'´ _,/ー-r==='ニニニニニ/
  r≦ニニニニニニニ=‐=ニ二--ヽ  /,7介x' ̄´ /7ハ -ーァ    /ニニニニニニ/
  {ニニニニニニニニ<_jト、  -‐ {Y⌒V{り ー  //⌒}   ー-<ニニニニニ/
   \ニニニニニニニニニニニニ=-v'  }___/ >‐ '´ }__}     _,ノニニニ/
.    '=ニニニニニニニニニニニ厶ィ'ニニニ{\く  -‐/,八_jこニ二ニニニ,/
        '=ニニニニニニニニ/{ニニニニニ\  Y /ニニニニニニニニニニ/
           '=ニニニニニニニニニニニ,/  j マニニニニニニニニニ/

          ―― 投下しつつabemaでごちうさ聞いてる畜生 ――
関連記事
スポンサーサイト




コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://yarucha.blog.fc2.com/tb.php/6767-51ca7a49