チンクは大人の男になりたいのです サイドストーリー「ちいさなけもの:生滅編」その2

4067 : ◆ToVRCqC0oc [sage] 2017/03/19(日) 18:15:35 ID:2MXAygvM0

             __ /:.ノ:.-‐:.:.:...ミ
           ,...:.:.:>:.く:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..、
              ア:.:.:.:.:.:.:{:.:.\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
          /:.:.:.:.:.:.:.:_}:.:.:.:.‘,、:.:.:.:.:\:.:.:.:.:.
            //:.:.:.:.:.:/ ‘,:.:.:.:.:‘, \:.:.:.:.:.:.:.:.:. :,.               ―― では宣告通りで ――
        /:.{:.:.{:.:.:/_  ‘,:.:.:.:.:|  j:レ:.:}:.:.:.:.: }
         :.:{:.:.{:.:.{ ,. ≧z):.ヘ:.|r≦ ., V:.:.:.:.:|
.          乂:{ヘ‘,:イ 込ツ^ } | 込ツ/>:.:.:/{__.      【どっかのスレ主に遠慮してアバタ変えようかしらん今日この頃。
         ‘,rヘ〈     i    厶ィ}:/厂
              \__,         イ」/         今夜もお付き合いのほどヨロシクセンキュメーンズ】
.            〃 \ ヽ   _,ノ /⌒ヾ
  ____           }\   /{      __,     _,
  \  ``丶}\___, _,}   ー   {__ ___/ /-‐   ∠
-‐== r ┐   }////{  `丶,、丶`  }///.{         ``丶
==--‐ | {     }////{   /     {////}     ー-  Y⌒^
/  /⌒`ヽ   」__{` く     / {___/\ {  \   \
⌒ア/L. - 、}/ニニ\   ー--    /ニニニヽニ=-‐ ≧=--‐
_}/7/(__ _〕ニニニニ∧   {    /ニニニニニニニニニ}
:i:i:{//77/{___〕ニニニニニ}.   {   /ニニニニニニニニ7ニニ{
:i:i:{//77アハ_〕ニニニニニ7   {   Vニニニニニニニ7ニニ}
:i:i:{/////7/.}ニニニニニ{    {   }ニニニニニニニ7ニニニ{
4068 : ◆ToVRCqC0oc [sage] 2017/03/19(日) 20:26:35 ID:2MXAygvM0
今日も 造兵廠に廠長の悲鳴が木霊する……
4069 : ◆ToVRCqC0oc [sage] 2017/03/19(日) 21:02:17 ID:2MXAygvM0
うっかりアベマの幼女戦記10話みのがしたでござる……




                     nn_m
                     ////ア
.      __             {ニニ「
     rァv/ハ           |ニニ|
.      〉/ニ∧             ニニニ|
      Vニニ∧               ニニ |
      Vニニ∧        ,.  、 i}ニニ|
.         Vニニ{    ハvv/   〉7ニニ7
.        Vニニ=‐ァ //{:... _/7ニニ′                    【酒の肴が用意できたら投下だ】
        ` ー=ニニ7ニ7〈/./ニニ7
.            \ニ7ニ7/ {ニニ7
             |ニ7 {  {ニニ7
             |.7 [  {ニ7               ―― よろしい、ならば境ホラⅡ一挙放送だ ――
             |ニ  {  {ニ{
             |ニ  {  }ニ}
.              _/7 /   }ニ}
.              }ニ7ー-== ニニ.                   【いい空気吸って夜を過ごそうゼ】
           /ニ//7/}「 丁ハニニ
          /=ァ./// .}{ //∧ニニ
.        /=ァ./i // .}{ ////∧ニニ
4070 : 安価のやる夫だお [sage] 2017/03/19(日) 21:12:13 ID:HR8H62eQ0
ひゃっはー!
でも投下に集中して!
4071 : 安価のやる夫だお [sage] 2017/03/19(日) 21:13:28 ID:stVcc6GA0
アニ幼女はクライマックス用に用意された再生怪人臭がする敵ガガガ

…すなおに二期くらいにメアリースー出せばええやん…
4072 : ◆ToVRCqC0oc [] 2017/03/19(日) 21:19:11 ID:2MXAygvM0


           ノ::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:::::::::::/ }:::.:.:.:.:.:i:.:.
          ん::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::-<   j::::.:.:.:.:.:!::.:.
         ーぅ:::::::::::::::-‐ァ::::'::::::/    `y:::::.:.:.:./::.:.:i                金 髪 巨 乳 !!
ー-ミ        {/:::::::::::::{ /イ}/}/  -=圦沁:/::::./:/::.:.|
   \      }j:/}:::::::::..  { {        ^7:/ イ/::.:/               キャームサシサーン!!
    } r====- ,/ {:::::::::::\            /  {:ノ^′
    }/ニニニニ∧  }::::::::::/ ー            \
    /}ニニニニニ∧ノ::::ィ:/' ィ^ }      ィー 、  ,/               よぉしテンションあげてキターッ!
   {r‐==ァニニニ{^´r'/   八     く    /イ  ___, ァノ}
      /ニニニニ}.         \     ー f^ /-‐      ,ノ           はじまりのおわり、そのつづき
     <ニニニニニニ}_  {      __   _/       ≦.,
       マニニニニニ} \     / マニニニム         \        はっじめーるよー?
  i   fT㍉ニニニニノ   \ -‐ ´ヽ }ニニニニ}       < ̄`__ __
  人  ,ハ \ニニニ7  -‐      } }ニニニニ7        rー`:::::::-‐ュr=ミ::..
/::::::}./ }  ー‐//        }  ー‐ァ'          {:-=ニ--<ヘ::\ \\
4073 : 安価のやる夫だお [sage] 2017/03/19(日) 21:21:30 ID:GvhDUZgI0
ィェァ!
4074 : ◆ToVRCqC0oc [] 2017/03/19(日) 21:23:06 ID:2MXAygvM0


..           ̄''''― ..,,,_     `゙''ー ,,_      ..イ.. .  l  ′  /   ,/  ._..-
. ---..........,,,,,,___、       `゙゙''''  ...,      _,ィ(。;;;;(      _,,_   .,/  ''"
             ̄ ゙゙゙̄"''''''¬―--.  ノ!       .`'''´⌒'・.   ..ィ/////ー─-r'" ┐
. ____________.   Y;;;;)   .イ,ィ(____,ィ∵ //><___ 、 .,_.!.
              .___      ./;;;;{_ ,イ;;.ノ圭圭圭圭そ.  ;'"      ..。  佳圭心、_
          _ニ -‐ ´ ̄. =-. .ト';;;;;;;;;;;;.∴炸圭圭圭|iて ',∴ ・         _ノ佳佳佳て。
          .〃   -‐  、  1   ’;;;;;;ノ(_ノ圭斥⌒',寸ミ、        ',.:,:・'`¨∵¨¨⌒´
   ._,,,,..  ,/  -‐     \、ノし'/ ,'.少'⌒ `       ..,, _,.。x≦少"・       ,ィ(_∴_,:・・
.'''^゙  ´`¨ ./ ./  /  / )   て_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;//;;;;;;;;;;;;;/ ;,,ィ炒⌒;.    c=≠二,ィ炸圭圭(;''
.  _,,..ヽ;:}/ /      ,/::::::.つ、   (´.;;;;;;;;;;;;;;;;;;∠/;;;;;;;;;;;;;;;;7   ...',∴ ・     ⌒ 寸筵τ'⌒``
.. ///〉:、.!i|      ,i|i,'::ヘi:::://^Y⌒\;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/_/;;;;;;;;;;;/   .ヽ ヽ ヽ   `
..../'"/::::::ソ|  マ!,!ii;l、〉i:;:〈////’ |.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/  .l   .l ヽ .ヽ
..   "~,. ':|!||今';`´/_ ;;;;;; ∠ /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;>'´.     l   . l, .ヽ  .ヽ.
..,,, -'"  '".'` :-...イ'';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;>―=、;;;;;;;;;;;;;;;;;;/.  │ !  . !   ヽ ヽ  ヽ
.   ._.. ‐'″    .リ ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;_<;;;;;;ー<      `ヽ!´ ̄.. .!  .l  .l   |    l, .ヽ
...-'"゛       _ ≧"'!'<;;;;;;;;;;;;;;;; .;;;;;;;;;;;;;;>     ./  !  !  !  .|   .l     l.  ヽ
.        ,>"ヽヽ_;;;;;;;;;;;;;;;;,`-;;; 孑'⌒`゙.. .     /  /  l  .|  |   l     l.  ヽ
.       >~ " ´ ,.´,,~"Ⅳヽ、;;/    /      /  ./  . l   |  .|   .!     ...l  ゛
. ,.. ./   ,. ,.'i"lll!|||l!'  ヽ  iⅣi   /      ./   !   !  │  !   .|      ヽ
.'゛  〉、,-,'iill!l'"´ ゝ!! .   ヽ   .i.. .      /   /   !   .l   .|    .!      .ヽ
...    .r'" `′         \ `ヽ    .../   .l゙   ,!   .l゙   .|    !      ..l

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM  :   HAPPY BIRTHDAY  .┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

ゆるりとトーレの身体が沈んだとしか大雷怨には認識できなかった。次の瞬間フィルムのコマが抜け落ちたように
彼の反応を越え目前に迫ったトーレが右拳を撃ちだしていた。瞬きという生理現象、知覚に発生する認識の間隙。
『呼吸を盗む』カラテの奥義が成し得る先手必殺の極点だ。

銃弾よりも速く、砲弾のように重い、渦を巻いて真っ直ぐに伸びた拳が無防備な左肩から鎖骨を撃ち砕いて貫く。

正拳突き ―― まさしく電光石化の一撃だ。人間を優に越える反射で体を右に逃がした大雷怨に、胴体の真心は
外させたというのに致命的な衝撃が奔った。左腕が骨まで爆ぜて砕けて跳ね飛んだ。身体を突き動かした余勢が
彼の矮躯をコマのように横スピンさせる。

残った右腕が遠心力でピンと伸ばされて、ここに来るまで壊し続けた鉄案山子の残骸のように滑稽な姿で踊った。
4075 : 安価のやる夫だお [sage] 2017/03/19(日) 21:25:16 ID:yXKRcyv20
ヒューッ
4076 : ◆ToVRCqC0oc [] 2017/03/19(日) 21:25:47 ID:2MXAygvM0


       / /      _ /     l           _   ||                             _ ‐' __//i}
      / /   /  {   \    |         /  )  ..||                             ''"`  `ヽヽ、
    ./ /   /    .人    丶、/       /   /    ||       /                   `ヽ |i /
  / /   /   /  \ノ     \    \}ヽ   }  .....||       /                 ,_ ィ∧    ` ||
 /  /    /   /   /  \ノ     ̄/⌒    /    .||       .,/            ヽ ,ィ≠气 、 ヽ.    .i {.
   /  /   /   /__,. '⌒ lヽ     /    /    ..||    .__,=..|        , アヾ   ´|《 ( 0 ),! i、ヽ ヽ.  \丶
           /⌒ ̄/        l            /      .||  . // .|  ,/ i ii>",__<i:i ノ リ ノ `¨´ |ノノノ トノ  /∧i
     /   / 人_ノ__ノ___ ノ    /     ./        ||. //  ....,'|   /。s≦ .xァ=x、リノ "       ィ | ,.,ノ".} ./ 八
    ./   /  /   /          /      /  / /   ||..// ../ | {.八  i.《 ( 0 ),  `  ,,,´.xfji;! ′. ノ / /ヽハ
         /  / __ノー‐'   /  イ ̄    / /   ..||.| |../  ,  ,ア .ハ  ヽ `¨´´  /xi:i:i:i:i:ァ' ! / /,ィヽ|i:ii:i }
   ∥   ∥    (_ノ /  l  / / ヽ     ./      .|| \ .././ / \ 寸、   < _(i:i:i:r'' / /iイ".{i:i:i:i:i7. .|
  ∥   ∥        /   / ̄ ̄ノ __}斗<        ||  / /.. イ  } >、. >、   `゙''''´‐ ´ ,′ !i:i:i:i7{i:.. .,.'
             /  /  ̄ ̄ /          /   .||.  /   / |   ハ  ヽヽ`i:i气三アニi:i:i:i:i:ア ,斗i:i从'リ. /i
           ___ {__ノ                //   .||  ./ ./ノ.! i {心 .ア ̄`¨\'"/=-¨ Y-|´-=|リ ,′ |i. :
         (__,_,_ノ    /            /    .||  /   /   ! ト、 Vi>´,ィi:i:ix i `i:i:i:i:i:i:i:i:ii:i:i:i:i:i | /   ./
           /   }     {                      || ′  ! i  乂 /ィi:i:i:i:i:i:i:i:7, !i:i:i:i:i:i:i:i:ii:i:i:i:i:i:i:i:  ..__/  、-
           (ノ  /      ヽ                     || |  ..! ト.  ./イi:i:i:i:i:i:i:i:i:i:/ii:i:i:i:i:i:i:i:ii:i:i:i:i:i:i:i:ii:  //. .i:i:i:i:
    /     >"          -----―‐\=-彡__   || |  /.乂..r-'イi:i:i:i:i://i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ii:i:i:i:. ./ /. .i:ii:i:i:i:i
   /      / 、_ノー‐'‐‐'ヽ___ /  _彡     _彡 ̄...||                          /  ¨

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM  :   HAPPY BIRTHDAY  .┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

自然と振り回された大雷怨の右腕を打ち払うべくトーレの左手が肘角をそのままに突き上がる。しかし今度は逆に
大雷怨が彼女の手首を掴みとった。武技の類ではない。そんな知識はないと知るが為に腕にしがみつく小さな獣が
悪名高き怪物であることをトーレは痛感した。

刹那の驚愕が致命的な隙へと変じ ―― 瞬転、地を蹴って宙に浮いた大雷怨は掴んだ彼女の左手首を支点として
全身を捻ることで高速回転させ、タービンを思わせる雷電を纏った左踵の裏蹴りを延髄へと叩き込む。

思いがけぬ痛打に目を剥いて苦悶を吐き出す姿を見て、満足そうに獣が哂った。機械仕掛けには電撃がよく効く。
4077 : 安価のやる夫だお [sage] 2017/03/19(日) 21:27:05 ID:yXKRcyv20
武術ではないはずなのに!!
デグ様改変っぽい大雷怨かっこよす
4078 : ◆ToVRCqC0oc [] 2017/03/19(日) 21:27:07 ID:2MXAygvM0


            ._ri_l|.l|
            .二][二_  _ri_l|.l|
           .` ̄|| ̄´ 二][二_   ,、
             `   ` ̄|| ̄´ _ノィ’  iヽ ____
                   `   .´ 1!   ``ー――z Z_____
               .,ヘ               .,ヘ   .... ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ rj  rj   r,             .,ヘ
..       .,ヘ     .,ハ';'ヽ、.           ,ハ';'ヽ、.              ,ハ';'ヽ、.           ,ハ';'ヽ、.
      ,ハ';'ヽ、.  ノハil;:ヽゝ . : .:,ハ      ノハil;:ヽゝ . : .:,..,ヘ       ノハil;:ヽゝ . : .:,ハ      ノハil;:ヽゝ . : .:,ハ
     ノハil;:ヽゝ,, ...: .:,ハ.ハ,ゝ..... ,フ;:,'ゝ-.,,, ノ'ノ,'ハハ,ゝ..... ,フ.ハ';'ヽ、  __,.,,, ノ'ノ,'ハハ,ゝ..... ,フ;:,'ゝ-.,,, ノ'ノ,'ハハ,ゝ..... ,フ;:,'ゝ-
...-.,,, ノ'ノ,'ハハ,ゝ..... ,フ;:,'ゝ-.゙ゝ, フ.:;ilゞ,ハ.:.....:.,ヘ'ヘ;;ハバゝ, ノハil;:ヽゝ    ノノ;:'ヘ;;ハバゝ, フ.:;ilゞ,ハ.:.....:.,ヘ'ヘ;;ハバゝ, フ.:;ilゞ,ハ.:.....:.,
.,ハ.:.....:.,ヘ'ヘ;;ハバゝ, フ.:;ilゞ,ハ.:.....:.,ヘ.ハバゝ;>.:,ハ';'ヽ、 ゞ';'ヽ.ノ'ノ,'ハハ,ゝ ハ 彡゙;:.'ハヾゞ';'ヽヘ;;ハバゝ;>.:,ハ';'ヽ、 ゞ';'ヽヘ;;ハバゝ;>.:,ハ
゙ゝ;>.:,ハ';'ヽ、 ゞ';'ヽヘ;;ハバゝ;>.:,ハ';'ヽ、.ゝ ノハil;:ヽゝ...;;:.  彡;:'ヘ;;ハバ ノハヽ、,ツノノ;:'ハ;;:. ノハil;:ヽゝ ノハil;:ヽゝ...;;:. ノハil;:ヽゝ ノハi
.ゝ ノハil;:ヽゝ...;;:. ノハil;:ヽゝ ノハil;:ヽゝ..ノ ノ'ノ,'ハハゝ ノ. ハヾゞ;;:. ゞノvノ;:,l'レゝ,ハ';'シハノシ;:,ヘ, ノノ ノ'ノ,'ハハゝ ノシ;:,ヘ, ノノ ノ'ノ,
...ノ ノ'ノ,'ハハゝ ノシ;:,ヘ, ノノ ノ'ノ,'ハハゝ...::...,ヘ、ハ.:;>ヘ.:;il...シハノシ;:,';,ノノゝハハ,ゝヘ,::..ヘ.:;ilゞ ハ';'ヽ..::...,ヘ、ハ.:;>ヘ.:;ilゞ ハ';'ヽ..::...,ヘ
'ヽ..::...,ヘ、ハ.:;>ヘ.:;ilゞ ハ';'ヽ..::...,ヘ、ハ.:;>.;:ヽハ,ハ';'ヽ、 .ハ';' ハ.ノ;|ililヾvフノ;:,'ハ';'ヽ;;ハバゝハ';' ハ';'ヽハil;:ヽハ,ハ';'ヽ、 .ハ';' ハ';'ヽハil;:ヽハ,、
..il;:ヽハ,ハ';'ヽ、 .ハ';' ハ';'ヽハil;:ヽハ,ハ';'ヽ、; ノハil;:ヽゝフ.il;:ハil;:ヽ...ハil;:ヽノノハハl;:.'ilゞノハil;:ハil;:ヽハハl; ノハil;:ヽゝフ.il;:ハil;:ヽハハl; ノハil
..l; ノハil;:ヽゝフ.il;:ハil;:ヽハハl; ノハil;:ヽゝフ.ノ'ノ,'ハハ,ゝ .ハハl;:.'ilハil;:.`ヽ、ノハ ノハゝ;ノ,'ハハハl;:.'ilハil;: ノ'ノ,'ハハ,ゝ .ハハl;:.'ilハil;: ノ'ノ,'
.l;: ノ'ノ,'ハハ,ゝ .ハハl;:.'ilハil;: ノ'ノ,'ハハ,ゝ.;:.'ilゞヾベ .:;.;ハバゝ ハハ.:;、`ノ;:'ヘ;; ノノ;:'ヘ;;ハバゝ ハハl;:.'ilゞヾベ .:;.;ハバゝ ハハl;:.'ilゞ;
. l;:.'ilゞヾベ .:;.;ハバゝ ハハl;:.'ilゞヾベ .:;.. .:;>ヘ:..::ハ::...ゞ;;:. ,ハ';'ヽ、.: ノハハ 彡゙;:.'ハヾゞ;;:. ,ハ';'ヽ、 .:;>ヘ:..::ハ::...ゞ;;:. ,ハ';'ヽ、 .:;>ヘ:

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM  :   HAPPY BIRTHDAY  .┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

流石は強敵。いままで大雷怨が全力で蹴って全力で電撃を撃ち込んで倒れなかった者など居なかったというのに、
彼女は一瞬だけ砕けた膝を折らずに堪えて踏みとどまった。『ならば左腕を頂いてお相子だ』と右足で脇を踏んで
全身のバネでもって捻りあげる。金属フレームが力づくで引き伸ばされる異音がイヤに高く鳴り響いた。


ミュータントは須らくが強靭な生命体ではない。だが大雷怨は絶対的強者の側だ。そして強きミュータントの筋力は
時に戦闘用の機械人形すら上回る。鉄案山子から受けた銃傷も、度重なる放電の疲労も、左腕を?据がれた痛痒も
しかし彼の戦闘力に衰えや翳りを齎してはいなかった。

大雷怨は雷電嵐と超再生能力を持つから化物なのではない。異能の有無以前に一個の生命として怪物なのだ。
4079 : ◆ToVRCqC0oc [] 2017/03/19(日) 21:28:33 ID:2MXAygvM0


    . ;丶 ;       ;′.     ;          / , -''" ヽ//__      / /  |        ,  ;'⌒ヽ
      ;i,;/.   :,ノし ;    i’ ;     ./   /   ',  {:::::`ゝ / / ',  ||            ;
.        ’,;′   ⌒  i,   | ; i    , -''" , -/       ゝ "''‐´ / / ', ',  ',           ;
.       ,:~  ;、   | ;  ; ぎ   , -''"  ''" / /    _| `-‐/ /,,:,:.ー、', ',            :、
       ′   丶 ;__丿人.. .,、-''"     / _/ _,,、|    / /`   ノ霜斧ミx,゜             .)\
              ; , ..  -''" /     /  | ヽ´   -''"//!!   (圭圭圭圭{!'           `ヽ)    ;
: .                   -''"    / ,、-''-∧iiiiii,!!!! -''" ゝ  !!  /,'寸圭圭圭イ:';'''                   i
: :. :        ;               ./  ,-'!!!!! |  -''"/ い \ !!!!..τ'{{7圭圭:         i;、    ;    人
  , . ;;  . :, ;: . .         .,、-''/, -''"    -''"|''"/!!  i i   !!ゝ /'!!.,ィ圭圭(,ィ.  __   , ,;'  丿;    ;   ⌒ヽ
`ヽノ;、  ;   ’ : . .,: :  _,,,, /、'" |, -''"  -''"-''"  !!!!iiiii!!!'''  '。..ノ圭圭そ.. ., ; :'⌒^¨    ′⌒ヽノし'⌒':、
,     )ノ'、 , ;/ ; . :   .../"    / /     | l l l l l  l  l ∴炸圭圭|iて ',∴   .. : (  ;
        (_ ⌒ヽ   ;' ., ; ;'  ...../ / /  /| l l l l l  l.  ノ(_ノ圭斥',寸ミ、
 __,ノ⌒し          ;ー:ー.;、 ′:. ./  /  / | l l l l l  l. /少'⌒ `        ,;’                      ;
  ⌒ヽY⌒           )/  ./ / / /  |  l l l l l  l  l   /  レ  \.  :'~: .     :       ;    . : i;
    八__,ノ(_,/.  ,;′  ′.  / /  / /   |  l l ll l  l  l   /      \  ...,.; .: .;   : ,:…; :; :、  , ;八
    ⌒ヽ  ,;/{___,ノ~し~   ./      /    |  l l ll l  l  l  |      ,、 -''"\.. .⌒ヽ j:、  (__   ,’   Y⌒丶
     ;  ,;{ ;   ,:'⌒    /      /―--、 |`''-、, l l l  l l__|_,、-''"               _)人__,ノ ,    丿
.    丿   ;`⌒ヽ               `⌒^

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM  :   HAPPY BIRTHDAY  .┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

大雷怨は『ああ良かった』と声にせず喉を震わせる。望外なまでの強敵。腰に引いた拳一つは鉛弾より遥かに強力で
装甲に近い固さの皮膚すらたやすく撃ち抜くものだった。突き出した左手だって彼の爪腕や足尾を打ち払い、翻せば
目や喉を切り裂ける鋭さだった。 ―― 人間とはここまで強くなれるものなのか。

だからこそ、この強さに勝ちたいと大雷怨は感じる。勝負所だとトーレの腕にしがみついてギチギチ軋ませ音を鳴らし
全身から全力全開の電撃を放って出力を跳ね上げていった。後など知るものか。振り絞れる限りの“力”で焼き殺す。
腕などこのままもがれてしまえと獣の笑みが宣告する。勝ち残るのは、生き残るのは己だ。
4080 : ◆ToVRCqC0oc [] 2017/03/19(日) 21:30:33 ID:2MXAygvM0


 γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
 |   神に逢うては神を斬り、仏に逢うては仏を斬らん   |
  乂 _____________________ ノ..圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/\:::::::`''<圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::: \::::::::::::`''<圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: /:::::::::::::: \:::::::: / `''<圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::{::::爪三笊三≧s。 /:::::ヽ/  /::/{::`''<圭圭圭圭圭圭圭圭
≧s。::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::マ{ に /////} ≧s。 ヽ  /:/ :::::::::::::`''<圭圭圭圭圭圭
圭圭≧s。::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: : |:::::::::\い////,ノ _Ⅳミx ,/  |::::::::::::::::/ }::`''<圭圭圭圭
圭圭圭圭≧s。::::::::::::::::::::::::::::::::从:::::::::::::乂~~ (       {     ::::::::::::/ }:::::/:::::`''<圭圭
圭圭圭圭圭圭≧s。:::::::::::::::::::::::::∧::::::::::::|  ` <zz≦         }:::::/   }::/::::::::::::::::::`''<
圭圭圭圭圭圭圭圭,≧s。:::::::::::::| ∧::::: : |                 ⌒      7:::::::::::::::::::::::::::::/::
圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭,≧s。:::  ヽ:::: |                        /::/:::::::::::::::: : /::::/
圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭,≧s。 \:                       〈::/:::::::::::::::::/:/:/
圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭,≧s。                       {/::::::::::::::/::::/
圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭!≧s。                〈::::::::::/:::::::::::
圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭!≧s。              { ̄ ̄:::::::::::::::
圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭 γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
                    |  斯くの如くに行く手を阻む者、悪鬼羅刹なりとも ――  |
                     乂 _______________________ ノ

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM  :   HAPPY BIRTHDAY  .┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

自身の身体すら焼け焦がす破滅的な電撃を浴びて、しかしトーレは右手で震える膝を支えた。助けに入ろうと
動きだした姉妹達を「来るな」と押しとどめ、大雷怨がまとわるままに左腕を天上へと掲げる。


激しさを増す極小の嵐で空気が焼けて視界の歪む中、彼はトーレを見下ろし、彼女は大雷怨を見上げた。

互いに顔を覗きあい、視線を噛み合わせ、思惑を錯綜させる。どうだとばかり勝ち誇る獣と対照的な優しさを
微笑みに乗せた機械仕掛けの戦乙女。子供をあやす母親にも似た柔らかさでトーレは言葉を紡いだ。

「いい加減、決着をつけるぞ。生き残った者が勝者だ。 ―― 覚悟はいいか? 私はできているッ!!」
4081 : 安価のやる夫だお [sage] 2017/03/19(日) 21:31:08 ID:9GN7hv1c0
盛大にメタ張った相手に力技で…
4082 : 安価のやる夫だお [sage] 2017/03/19(日) 21:31:44 ID:hT2qU6Zo0
トーレねぇかっけぇ!!
4083 : ◆ToVRCqC0oc [] 2017/03/19(日) 21:32:49 ID:2MXAygvM0


________________________________________________
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                                      jI斗=升/ノ
                                 _  ,.。s≦ /ニ//}
        ,.。s‐==‐-     ______  ,.。s≦       ,. イ彡イイ=..\ヽ人_从人__从_人__从_从人__从_人_从人/
    ,.。s≦-=                          _ .。s≦≦才~ニ≫''^.≧                        <
.。s≦-=ニニニ′                  _ .。s=≦⌒ニ‐.。s≦=≫''^.-=ニ   我が剣にて断てぬもの無し!!   ≦
.-=ニニ-=ニ            _ ,.。s≦。., _.<ニニ-x≦ニ≫''^        ≧                        ≦
.ニニニ-=ニ‐                    ).≧s。.≫''^          ./ Y⌒YWW⌒W⌒Y⌒WW⌒W⌒Y⌒W⌒Y\
.ニニニ-=ニ{                 .。s‐=≦⌒                     /:/ ̄r≦7:::::::::::::::::::::::::::::::::r―<::::::::ヽ
.ニニニ二二≧-  ___     ..,.。s≦⌒                      /::::/::::/>´:::::::::::::::::::::::::::::::::::⌒ヽ. ∨::::ハ
.ニニニニニニ. ⌒≧=====≦                        /::::;//::/´:::::::::::::/::::::::::::::|::::::l:::::::::::::::トー|:::::::::!
.ニニニニニニニニ厶                             /:::〃::/::/::::::::::::::::/:::::::::!::::::!::!:::|:::!::::::::::|、. !::::::::|
.ニニニニニ.。s≦⌒                               i:://:::/::::i:::::::、:::::::/:::/:::::|:::://|::::!::|::::::::::|!`'::::::::::!
.ニニ.。s≦⌒                                  |'./:::/!:::::|::i:::::i\ハ:/:::::;イ::/i'斗:七「:::::::::i!⌒i:::::::|
.≦⌒                                         | |::/ .|::::i!:i!:::::|ヤトミ|::::/⊥≦チzフア::::::::/!^ }::::八
__________________________   !'   Ⅵ::|::::::|/ `¨!:/ /'  `¨´ /::::::/::i!'/:::::|`ヾ.  _
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ..{'Ⅵ:::::i!ハ /1     /:::/!:::i!^i:ト、::ハ.   ̄ ̄
          \ヽ人_从人__从_人__从_从人__从_人__从/            .,Ⅵ}|:::ト、〈_    ≦彡 ´<i!:::リili〉! iヾ{
          ≧                      <                ,ヘ|.!:::i \ ▽ ̄ヽ   ,l::/ilil/ ./
    .-=ニ   天剣絶刀、“童子切”ッ!!!   ≦                   i!::|   \ヽ:::_ノ ///.//
          ≧                      ≦                     i!:!    ` ー ´{{//r'/
      ./Y⌒YWW⌒W⌒Y⌒WW⌒W⌒Y⌒W⌒Y\.                 ii        //z'」

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM  :   HAPPY BIRTHDAY  .┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━
                             ワールドオーダー
最初から殺し合いで、勝者生存・敗者必滅こそ絶対普遍の掟である。大雷怨は彼女の戯言を取り合わなかった。
それを勝機だと見て肘関節を破壊せんと放電そのままに体を緩めて全身の反動を蓄える。この強敵を焼き殺す。
この腕をもぎとる。……ただ勝利し、ただ己の生存証明を果たし、唯なにより誰より強固な存在へと至る為に。


トーレの身体がその機をこそ狙って大きく前に崩れた。地面が爆発し、破壊の中に蛙を潰したような声が混じった。

足元の地面が大きく砕けて割れ、余波は地揺れとなって離れていたナンバーズの姉妹達までをも立ち竦ませる。
全身の膂力とバネ。重芯移動に遠心力。重力まで集合させた義体格闘術の精髄たる一撃、大上段・手刀唐竹割り。

装甲スーツを縦に断割ったことから“童子切”とも畏怖される必殺の一撃が、矮躯とはいえ大雷怨自身の体重を乗せ
腕にしがみついた彼を避けようのないままに地面と挟み撃ち、鎚を打つが如くに叩きのめした。
4084 : 安価のやる夫だお [sage] 2017/03/19(日) 21:34:03 ID:HeSZOn6M0
奇しくもこの相手にピッタリな技
4085 : ◆ToVRCqC0oc [] 2017/03/19(日) 21:35:15 ID:2MXAygvM0


       .|                            _从_,,ィ ,/
     .\、ノし ’         .`  、 . `ゝ 、    .. ̄ ̄ ̄"''=:、て_,,
. ___)(⌒                 `ヽ 、 `丶、_         .ヾ〈´____
    . ̄ ̄^\           ヽ      \`‐-`‐     . ...,ノ:( ̄ ̄ ̄
    /             \  \      \`ヽ、 ...='''"⌒\
  ./                \  \     \  ` 、
  /          ヽ      `、  .\  ` ̄ 、   `ヽ‐‐‐-
 /         V`ヽl、 ヽ .\ヽ \    \`ヽ`ヽ `\  `.、
. .l         Y Y、ヽ| `ヽ、ヽ、\\\    \ `ヽ、ヽ 、 `ヽ` 、         a …… ぁア …… g? うぁ……。
 l         /  .|.\ /.Y::::/l ヽ\| \    \ `lヽl.``ヽ、__二ヽ
 l    V.Y /  /   / .ノヘl ./W::ル:::Y |\   ヘ  l     .l  `ヽヽ
 |    ./ l/   /  / ./V \ .ヽ::::ノ ノ  \  \ヽ    l=-、__ヽl
 | .l  / .l   / /  /、. \__ ` ̄ ̄     .l `ヽ、 .ヽl    |:::::::::`ヽ、
. ノ .|.|./  ./l  |  |  /::::::|>、\ヽ`ヽ      ./::::::ヽ\_`l、   .V::::::/´`|\ __
ノ | ||`ヽ  ヽ .l__.|  /:::/  .Xヽ|´~~     ./.l::::::::::::l:::::::::V`ヽ   V::::::::::::::`、;;\
  l .l .l` 、      . ̄   /ヽ/\ /   ./ |::::::::::::|::::::::::V     V:::::::::::::/;;;;;;;;|
   | |、 V l、         V;;;;;;;/r´/  ./  /::::::::::::|::::::::::::V     V::::::::/;;;;;;;;;;;;X_
   .|| ヽ V.|l.\   .` 、   ≧;;;\  .   /  /:::::::::::::::|::::::::::::::V     .V::/;;;;;;;;;;;;;;l:::::::::
   リ  \| l           ヽ;;;;/-----´ / ::::::::::::::: |::::::::::::::::\     \;;;;;;;;;;;;/:::::::::
        \          V::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::ヽ ̄ ̄`ヽ\    .\;;;/:::::::::::::
       ./:::::::\         | 、`ヽ、:::::|:::::::`l-‐´`l/::::::::>::::::::::::::::`ヽ ヽ    ヽ:::::::::::::::
       ll:::::::::::::\       ヽ`ヽ`ヽ:|::::/::::::::::::::::::::::\::::::::::::::::::::`>:\    .\::::::::

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM  :   HAPPY BIRTHDAY  .┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

破邪顕正を為す一刀が魔を討ち払ったのか、地を割り鎧を断つ絶招の一撃は絶大な破壊力以上の効果を齎した。

大雷怨の頭部で燦然と威容を掲げていた雷電茨の冠が割れ砕け、細かな粒子となって闇に解けて消えていくのだ。
同時、彼の目から急速に狂乱の色が引いて失せる。まるで永い夢から覚めた、只の子供の瞳へと変わっていく。

度重なるダメージに闘争欲求が減退し、反して生存本能が息を吹き返した。もはや狂える黄金に供給されるだけの
燃料が彼の中に残っていないのだ。彼を狂乱の竜太子たらしめていたモノは、今や虫の息となり絶命しかけていた。


だから本当に ―― もはや今ここに在るのは怪物などではなく正真の、年端もいかぬ子供でしかなかった。
4086 : ◆ToVRCqC0oc [] 2017/03/19(日) 21:38:13 ID:2MXAygvM0


            ,イ           ./          / , イ:.ハト、           /  ./ヽ/!_ _,.ィー'/_,.ィ
      _  イ              /          / /   l .| \        _ノ  /   ∠ )  //  ./
  -=≦          ./ . /´ ̄/          / /    .|  ハ `      ..〈  /   Y´ 〈_// ∠.,__,.ィ
             /  .,イ ゙‐/          / . イ:,ィ    ,' .,' .|. :| .',  ....!ゝ-'`ー'´    ゝ-'!/ //   ,..,,  >
            ,ィ    { Y/          /<   .`ヽ,   .,イ /: / . | . ',  /   _   _   /  .レ''"´/!_ノ /r―――
         .,,イ       ./          /, _zzzzzx: :ム//. /. /   |  .l.   `ヽ! /  /  / ./ ___ .〈   ./ `j^!フ/
.._   <        /          /  .`ヾア ⌒゙寸ム /: /: /   |  .|     ).<  /  / ./ `ー=、〈 .} /  / /
         /  /          /     _ ,从  γY爻ゝ/: /    リ  ,'   ..〈/ . /  / ./    〈 r'´ //    レ'
,       ,./ /          /^¨¨¨¨´    C   じ′´イ :イ   /: / . /    ,,.ノ ./  / ./    レ'  レ'
 `''ー== , イ /          /     o      ゝ_  ,イイ   ,イ / ,イ.   /   ./  | . /   t―---―――┐
` :ー‐''"  /          /              イ'"{ :、イ  ,イ:,イ   ...`ヽ /  //     /  ,.r――‐''ア /
  `¨¨ /          /                    乂. >''"     ___ノ.∨  /´     `ヽ/  〈`¨レ' /     ., 、
   /          /八    。゚           __      \         ̄\_                  ノ Y´      / 〉
゚ /          /.   ヘ.          /ィ´i:>、`ヽ  ,/          弋.. __           | /       / /
/          ,/ ι   ヘ.        /': :}i:イ  `‐ヽィ             _ノ  `ヽ `'''・ー'''"´`ーァ .レ'      / /
            ./     ___. ヘ      ハ: :.}                        ヽ  <_,.ィ=ニフ /    / > / /
         /| ,, -‐'゙/´   `ヽ ヘ     '、寸                      ム     く `/    ./ / / /
      ./.::::::ヽ_.   /    >'"゙\、   く::.`フ                         __,)     }  ',    / /  /  ./
      ,/.. .:::::::::::::ヽ_,<      \.   ,'"     ゚。               `ヽ.      ..レ'i |. / /  ノ__/
   / ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ      ` ‐'゙                           ノ.      .レ''∠ -´   /^ヽ
. , / ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ                                   /ヘ '"   <〉       レ''´

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM  :   HAPPY BIRTHDAY  .┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━
.・ ・ .・ .・ .・ ・
だからなんだ。理性が復活する息吹で彼に知覚できたのは自分が死に掛けているという現実だった。そして意識へ
浮かび上がったのは ―― なにより忘れてはならないと感じた“強く、生きて”という一文だけ。

名を忘れ言葉を失った。……そこに残った唯一つ。己が存在理由を失わぬ為、雄叫びと似て非なる咆哮をあげた。
死にかけの体に鞭打って、痛打に喘ぐ本能に蹴りくれて、怪物の哄笑よりも大きな子供の慟哭が夜の静寂を砕く。

儚くも頼りない目覚めたての意思を、黄金の炎にくべた。それしかなかった。それだけが彼の手にする全てだから。


出力総量こそ落ちたが意思によって収束を得た雷電は光柱となり、自らの体を滅ぼすも厭わずに二人を覆った。
4087 : 安価のやる夫だお [sage] 2017/03/19(日) 21:39:21 ID:N0Vu.yTc0
よーやるわ…
4088 : ◆ToVRCqC0oc [] 2017/03/19(日) 21:39:47 ID:2MXAygvM0


 ┏━━━━━┓
 ┃圭圭圭圭圭┃   ...|l!1!|!l                                  !|!l|!l!
 ┃圭圭圭圭圭┃    ┏━━━━┓                            1!|!l|!l!
 ┃圭圭圭圭圭┃┏━┫圭圭圭圭┃                   |           !1!|!l|!l!
 ┃圭圭圭圭圭┃┃圭┗━━┳━┛                   |.         |l!1!|!l|!l!
 ┃圭圭圭圭圭┃┗━━━━┛       .__, -‐ ミ..     ||        |l!1!|!l|!l!
 ┃圭圭圭圭圭┃   ...|l!1!|!l.      .≧':::;:::::::::::::::::::Y..   .||        |l!1!|!l|!l!
 ┃圭圭圭圭圭┗━━━━┓   ...../ア::::/::::::::::::::}::::::.     | |.         |l!1!|!l|!l!
 ┃圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭┃      厶ィ7::/{::::::;:/::}:::: |.     | |l.         |l!1!|!l|!l!
 ┃圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭┃        从抖j/苡j::::/ハヽ  l|  |l         |l!1!|!l|!l!
 ┃圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭┃        ..八 '_ /イ:://小,__.l|   |l         |l!1!|!l|!l!.  ┏━━┓┏━━┓
 ┃圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭┃          ≧::ァj////{ /.l|   |l.       |l!1!   ┏━━┫圭圭┃┃圭圭┃
 ┃圭圭圭圭圭┏━━━━┛         ._ -=≦ }〔 ̄\//r‐‐-、. ||l       .|l!1!   ┃圭圭┣━━┛┃圭圭┃
 ┃圭圭圭圭圭┃  ... |l!1!|!l.   _ -==‐  {、__/   _У|    丶 ||l     .| |l!1!   ┗━━┛      ┃圭圭┃
 ┃圭圭圭圭圭┃. . ゝ..l!1!|!l      .<》  .个=--=ニ二{..|      \ .     i| |l!1!|!l|!l!          .┃圭圭┃
 ┃圭圭圭圭圭┃  ... |l!1!|!l |.′        丁V7≧=ァ..l.|ミ>、     ..ヽ   ll| |l!1!|!l ′.!          .┃圭┏┛
 ┃圭圭圭圭圭┃   ...|l!1!|!l. /i  ,.     ___f爪ア/∧..l|.¨ヾ>、  ....:}  __,ヘ.   / ..l!          .┗━┛
 ┗━━━━━┛. .\...|l!1!|!l/:,:し/. =ニ二三三i{__,ノ//,∧.l||. .\Y⌒〈  /   〉  ./し′.
____三二ニニ=-‐へ .メ、.l!1!. /  /                     / \;;;;;;〉 {   ,:}  / /   _______
           /:: . ヽ  /  イ //              ./|       ヾ_彡′/ {__,/    ....::::: :.:.: :
           /::::: : : ____〉 /. ... ..し′廴 .\、.         / .|          ..|| |l!./  /   ....:::::::::.: : : .:..
      ,.......::::::::: : : : :/\三二ニ==‐-  __ \ヽ--‐‐…‐‐ノ 乂从厂 ̄ ̄\._,ノ ./  ./    /
   ,........::::: : : : : : : . . ./  /    ̄三二ニ=-    ヾ ゝ      ,_三二ニ==‐=ニ二三__人ノヽ._从/( /
..::::::::: : : : : : : : :: . . ..../  /        ̄ ̄ ̄三二 =     /_ノ          /「 ̄ ̄¨フ
            /  /          __ 三二 =    /「            .//`¨´ ̄/.

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM  :   HAPPY BIRTHDAY  .┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

雷雲の中に立っているかのような放電は、対策措置として義体に過剰なほど施された耐電磁コーティングの限界点を
超え、各部位を焼きつかせて機能停止させ始めた。戦いの行く末を見守る他ナンバーズ達も雷光には耐えられないと
トーレの敗北を覚悟した。

しかし当のトーレは意識と機能を保つことが困難な状態で、再び左腕を突き上げる。同じモーション、まるで変わらぬ
威力の“童子切”を振り落とす。我が身を省みず勝利にしがみつく、そんな子供の意地如きで勝敗は覆らない。

                                                            バイツァ・ダスト
「オマエは大きな“力”を持っている。だが、それだけだ。それは強さではない。だから此処で ―― 負けて死ぬんだ」


嵐の中心で二度目の爆発が大地を激震する。轟音が雷音を上回って呑み込み、土砂は柱となって吹き上がった。
4089 : 安価のやる夫だお [sage] 2017/03/19(日) 21:41:44 ID:swpCUNWQ0
戦士と子供のちがい!
4090 : ◆ToVRCqC0oc [] 2017/03/19(日) 21:42:07 ID:2MXAygvM0


        ./:::/:::::r´ /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、`ヽ      ||  ....,〉;;;;;;゙'ー、,  . _,._..ミ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;7
       ./::::::/:::::/| /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`Y|       .||.   ̄;;;;;;;;;;;;;;;;;.!  .l、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.!
     ./::::::::/:::::/:::ト/::::::::::::::::::i:::::::::::::::::::::::::::::::::::l::::::::::::::::::::ll       .||   ;;;;;;;;;;;;ノ^'''"   , .}「`{\  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,..;>ー'゙゙゙゙゙ヽ
    ./:::::::;ィ´::::::/:::::l/:::::::::::::::::/|::::::i::::::::::::::::::/:::::/:::::::ト:::::::::::l        ||  .'L;;_..コ      .′八 ', \ミ.  ;;;;;;;;;./  `''、_;;;;;;;;|
   /:::://:::::::,イ::::::/::::::::::::::::/ l::::::l::::::::::::::::/::::;イ∧:::l |:::::::::l      ||  'l:゙'"  ` .、   {  {: } Ⅵi ヽ\  ;;;;/'    .`''''"
.  /:/ ./::::::://:::::/::::::::::::::::/  l::::l|:::::::::::::/::::/ l/__l_」」-::::::l       .||.. .ノ   . _, `.  | ', | } :}  }  }   ー!llt;;. .'
  l:/  l:::::::/ l:::::/l:::l::: ̄ 7ー- 、V |::::::::::/l∠ Zニ|=/ァ|:::::::::l       .||      '!┘    |  }-   Lノ { !
. {'   l::::::/ l:::::l l:::l:::::<´Zニホゝ l:::::::/  ニZj_ム//:::::::::/       .||      .く⌒ヽ }|          ',
     .l::::/  l::::::l l/|::::::/        l::/       /::/:/         .||.  >   ..ハ  リ  :        ′.. . , 、,,,
     .l:/   l:::::| l:::|:::∧       '´ i     /イ::::/           ||        .i. .乂 {    :          }    ..!、,,;l,゙,,r‐ー、
     .!'    l::::l l:::|::l::::ヘ         l〉        /;ィ´           .||   ....〈;;i   /∧            .,iミ;;/  ,r'''";;;;;;;;;;;;;}
          .l::| l::V:::::::∧  ,ヘ    __   < V´:/              ||      ,ン-.  /圦             ! !;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; l!
         {'  ヘ:::l:::::lvi:::K/   ‘―'   ィ´;i:/'           ||  .l゙;l ,!;;;;/   //\        ′  ...l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
                `l:::/ レ'l:::::`::...   /:::::k'_'              .||.. .-゙;|,`''″  .,  //い         .;;;;;i┘  ゝ、;____,,/´
                 !{  F == _:::`::::´:r-_= 1             .||.  、;;;;;.!..---'''゙;;;;;;;; .//|i      |. .;ヽ :lニ二'゙'';;.
                _|   `i !__//     |              ||.   ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;. ./|}      |_. .;;;ヽ,  ヽ!
             .-‐  ´ l     ー‐‐'    /`  ‐-  _    r― .||  ;;;;;;;;;;.;v ..,,,,、;;;;;;;;;;.  ||      |.  ;;;;;;;;;゙'---、
.  ̄`ャ、_  -‐ ´        l__        __/       ` ‐< }   ||  . - /     ゝ-   . ||      |.  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;¬';;

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM  :   HAPPY BIRTHDAY  .┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

強大だろうと虚な力は恐れるに足りない。トーレは大雷怨を憐れと思いこそすれ恐ろしくなどなかった。所詮は獣だ。
最後の雷光だけは意志を感じた。幼稚で純粋な本心が眩しいほど篭もっていた。恐ろしいくらい悲しい力だった。

敗北を知らない雷電嵐。痛みを忘れる再生力。屍丘の上に独りで戴く王冠。―― そんなもの、なんの価値あろう。

ただ大きいだけの“力”は強くないのだ。そんなモノには負けられない。勝利も敗北も噛み締めて積み重ねた矜持が
トーレの義体を支えている。眉唾物のオカルトのようで、しかし間違いなく二人の勝敗を分けた大きな違いだ。


“戦闘鬼神”トーレは全身義体だ。人の手により造られた体に人の心と技を宿す。人の“力”こそ彼女たらしめている。
鍛錬で生身を人外魔境の彼方に超越させた者共とは別ベクトルの、しかし是もまた人域の最果てへ至った姿だ。
4091 : ◆ToVRCqC0oc [] 2017/03/19(日) 21:43:56 ID:2MXAygvM0


  ;ヽ、  .,ノ7       ヽ‐゛   ,r''゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,i‐'"         ヽ;.|
  '''-、゙゙ア'"             {,゙   >- ― - .    : :lニ;;.         ゛
    ...l′   :l";二゙''''┐       .´          ` 、               .['l、
  ._...   _.  ´ ,〉;;;;;;゙'ー  /            ヽ  ヽ                `゙"
  ;;;l゙   .ヽ;; ̄ ̄;;;;;;;;;;;;  /             \   .ハ ∧                      _,,
  .、!、   .,i┘;;;;;;;;;;;;;;;;;ノ   ′/   |  ハ  | |  Y_.| l|/ ハ  . ゙゙゙゙ヽ             ゙‐' |.l
  ..l;;;;゙ゝy レ;;;;广'L;;_..コ  .{ ′ | .| .{l ∨|.斗≦ト、{、| /  .  ;;;;;;|        .,,,     . l、;゙¬.
  . ゙'''''″ .ミ、;;;;゙''''l:゙'"   ...V{   l斗 | .∧{ヾ{ヽ_..zz、|  | |  ''''"        !;;゙''┐    .゙'ー'"
      ,-シ、;;_ノ   . _,  . Y...;.;絲鑾戴k;.;.\..:::::::::: 'l!   | |             !、;;;丿
  ;/  ,r./  l;/    '!  ...人;.;戮嬲驂㏍;.;.:::::::::::..;.::::l|   | |             ´   ,,、   ,、
  ,! ./  ,i";;{_          }. ;.j眄弊㌢ :::::::::::;.㌢::::l|   | |          .,i''';     .|;;;;゙゙''''''";;.l、
  !     ゙L;;;;;゙>      |   ∧7..;.;絲        l|   |人         .`''".ィ;;-一'´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
  ..,i¬―''>.l..、/゙    i'  . ハ  l込.;.;戮  ( _,`  イ|   |  ヽ  .、        `''-、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ィ
  : };;;;;;;;;;;'\_ ゛   .〈;;i   |八  ∨ ≧=- ij _ イ  l|   レ ‐ '、   ._.. ;;i       .};;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、
  .l゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!    .,ン-.  . |  \__ゞミ、 >′    l|   |l    ‘.   二..,,,_,..--'''";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゛
  .;;‐;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;| l゙;l ,!;;;;/  .|   /   `ヾ} ー - .、 /|   |l    ;  .゙'―'''''''^゙゙゙゙゙゙'l,,_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
  ..!、_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙!-゙;|,`''   .八 ′            人 .ハ  {  |          .: ,ii;;,゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
   .ィ";;;;;;;;;;;;;;;;;,,、;;;;;.! -  /  .从     {           ヾ.人   '. .|  ....,.. -ニ=''"゛ ./;/''''i;;;;;;;;;;;;;;;;
  .ー'゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;∨;;;;;;;  . /   ハ    |     ヽ     .;.;絲rハ   .."'"     ..   . l-x,;;;;;;;;;
  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;  . ,′   { l     | .::r;:.       鑾戴k;.;...| ト、             ."  .'|゙゙''、
  .l´|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.ン-    .{     |  ;   ‘.  `      .嬲驂㏍;.;..| |ハ            l7   l
  ;;;;;;.,,_.;;;;;;;;;;;;;/     .| ハ  .l| ハ     '.     .;.j眄弊㌢   | |  }                 !

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM  :   HAPPY BIRTHDAY  .┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

二度の斬撃で人々から大雷怨と呼び恐れられた獣は“力”を失った。胸の奥にあった大事な力までも折れてしまった。

強靭な生命力によって未だ絶命して死なないだけで、もう腕にしがみつくこともできずゴロリと地へ投げ出されていた。

その体は左肩の破損から腰の右側までが線となって断ち割られている。腹から下など元あった陰すら残っていない。

自壊を厭わぬ放電は残った上半身の殆どを火傷で覆い、特に右眼球は異能の影響が強いが為に蒸発して、今なお
止まぬ激痛が失血やショックによる意識の途絶を許さずにいる。心の折れた子供には地獄にも勝る苦しみだろう。

この有様では息を引き取るまで時間もそうかかるまい。……キイ人界を震撼させた怪物王は、間もなくして死ぬ。
4092 : ◆ToVRCqC0oc [] 2017/03/19(日) 21:46:41 ID:2MXAygvM0


                               _, -‐、
                            ,  -‐='´    ノ
                           , <_    . .>'´
          __,  '⌒i       /:ニニニニ7≦´___,,..  -‐ 、
        /_     .ノ      /ニニニニニ/ゝ_         /
        /ニニニニr..´ _..ニ=-<.ニニニニニ/ニニニニr=‐…  ¨¨´.         (左腕はもうスクラップ以下だが構うまい。
         /:ニニニニノ>'":ニニ/\\三〆ニニニニ/
      / .ニニニイ ニニニ>'.ニニニ.\\,.ィ ニニ/ _ 。r―--‐=ニ´ ̄`!       どうせこの体ごと使い物にならんのだ。
     /.ニニニ/.ニニ> ´ニニニニニニニ ∨∨ニ,'><ニニニ>    .> '´
   , ≦=. 、:〃  ̄.ニニニニニニニニニニニニ ∨.Yニニニニニニニ=-¨  ´
 /:‐‐‐‐‐‐\ニ\ニニニニニニニニニニニニニ} lニニニニ> '´               今一時、右腕が使えれば事は済む)
..'入‐‐‐‐‐‐‐‐‐\=\ニニニニニニニニニニニヨ |=< __
‐‐‐ \ ‐‐‐‐‐‐‐‐ヽニムニニニニニニニ=-_}}...|ニニニニニ: 7  ̄三二ニ=ー-,
‐‐‐‐‐ \‐‐‐‐‐‐‐‐',.ニム ニニ><ニニニ ./ニニニ三_7______,,.>'’
‐‐‐‐‐‐‐‐ヽ‐‐‐‐‐‐‐',..ニヨ/ニニニニ=-イ:ニ> '´
‐‐‐‐‐‐‐‐‐ ', ‐‐‐‐‐‐'rr::ァ ===ァ'´ニ> ´
\‐‐‐‐‐‐‐‐.',‐‐‐===|」厶ニ=- ¨´
--}‐‐‐‐--==:}=====7

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM  :   HAPPY BIRTHDAY  .┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

トーレは虫の息で喘ぐ子供を見て逡巡した。いっそ今この手で、ひと思いに殺してやるのが“救い”かもしれないと。

彼女達の目的は、大雷怨と呼ばれる“人から変異した強大な怪物”の脳髄を、研究素材として入手することである。
その為だけに辺境へ足を運び、念入りな調査と準備に手間隙をかけ、ほぼ全ての戦力を投入して失った。それでも
死の淵にあってまだ「負けない、死なない」と言いたげにする子供を、安らかな眠りにつかせてやるべきだと感じた。


義体の損傷はとうに稼動限界を超えている。精神などとっくに擦り切れて、彼女をして疲労の極地にある始末だ。

介錯に要するだけの力は子供が絶息するのと同じぐらいの時間で失われるだろう。……頭を振って懊悩を払った。
4093 : ◆ToVRCqC0oc [] 2017/03/19(日) 21:47:54 ID:2MXAygvM0


                        ,.' ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;::;;;,;,..''""゙
                           /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,:;;:'""''''''''
\                   ,. ' ::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ,,,......,,,,,;:;''"     .. .:.. .    ::...    . :..   . :.  .. . :.:.
::: : ' ,              , '゙ ::::::::::::::::::::::,,_,,,..;''""''''"      .  .. .. .      ..  . . . . .. .. . .     .. .::...
,.,;:;:;:;:; ゙   、 ,,,,,_____,,,,...  ''" .,,,;:;;:;,,,..;:.;:;;:;;::''""    :.:.. ..     .. . .            ,,.,,,...,.,.,,_,,,,,,,,,...;;;
 .,;:,.'""""'''''''::::;:;:;;,..,,.,.,:;;:'""''''''''  . :..   . :.  .. . :.:.. ..         ,,...;:;:;;:''""'''"";:;.:;;''     ::.....;;;:.; "''"''';:;:;;,,.._
          . .:.  . . .   . .. ..   . . :.     ......,,,,__...,,;:;'''""'''';;;.......,,,,...;: """''''''''"''''"'''''''''''''''':;:;:'''""''''"":;:;''"''
.  . :.  .. . :.:.. ..  . . .. .. .. . . . .  ;;;;;;;;;;;''''''"""'''""""            ""''''''''':::::......"""''''''"""''''…
 .. . .   .  . :.  .. . :..       "';:,.__,  ""''''''''':::::......"""''''''"""''''       .,.,;:;:;:,.,.,_
               :.:.. ..  . .     """"'''''':::::::::;;;;,,,,,....._        ""'"             ....,,_,,,...;:;::''"
:.:.. ..  . . .. .. .. . .                           ::::;;;;;;;;;,,,,.....  ...,,,;:;;:;,,,..;:.;:;;:;;::''""
                     ..  ... .  .. .                              ""'''''"''''':::::;;:;;,..,,.,.,:;;:'""''''''''
                                   . . . . .    .: ..  . .
     .:....   :. :. .... ..                                     ..  . . ..   .. . ...    :.   .:.:.:



…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM  :   HAPPY BIRTHDAY  .┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

ぞんざいに顔を掴まれて大雷怨の半身が持ち上げられた。ゆりかごのように緩やかな初動で、高々と天へと昇る。

頭蓋が割れる強さで掴む指の合間から、ぽっかり穴が空いたような月を見上げ、これが逃れえぬ“死”だと悟った。

天座失墜する急転直下の感覚。『負けて死ぬ』と敗北を認めてしまったが為に三度目の手刀唐竹割りが地を穿つ
直前で彼の意識は途絶した。大雷怨と恐れられた子供の見る長い悪夢はついに幕を降ろした。



―― ここから先の結末は彼にとって後から聞いた余談で、ナンバーズにとって一先ずのエピローグと相成る。
4094 : 安価のやる夫だお [sage] 2017/03/19(日) 21:49:22 ID:swpCUNWQ0
……ここで下半身見つからなかったから女の子と勘違い(ry
4095 : ◆ToVRCqC0oc [] 2017/03/19(日) 21:50:15 ID:2MXAygvM0


       /://::::/::::::::::i::::::::::::::::::::::::::::::::l  l:::::::::::::::::::::::::::::',
     /::::/:::/::::/:::::::::::イ:i::::::ト:::i:::::::::::::::├┤:::::::::::::::::::::::::::::l          この手で“あの日の私”を殺す……か。
    /:::::/::::/:::::l::::::::::::/|:|::::::l ヽL::::::::::::::|::::ト、::::::::::::::::::::::::::::l
    /::;ィ:::::/::::::::l::::::::::l l|!/|´ .|:::::::::::::::l:::::l、ヽ::::::::::::::::::::::::l        できるはずもなかったな、そんなこと。
   // /:::::l::::::::::::l::::::::l  >ヘ_」ャ l:::::::::::::::l:::::l } l::::::::::::::::::::::l
  l/ l:::::/|:::::/::::::l:::::::|_/ィjム/ l::::::::::::::l::::::l /::::::::::::::::::::::l
  {  l::::/ l:::::l::::::::ヘ:::::|  ´   /:::/::::::/::::::レi:::::::::::::::::::::::::l          私はあの手に生かされ今ここに居る。
    l:/ l::::i|::::/:::::ヽ:|    //::;イイ:::::::l l::::::、::::::::::::::::{
    l{  l:::l|:::|:::::/`   /; '´/' l:::::::l  l{\{\::::::::l:::ヽ
       l::l v!:::::`ー、  _  ̄ ヘ l:::::::l   -_ニニ\:::ト{\l        私の手で救いを与えようと思うのなら、
        l{  l::::::::| `i_ー’   \ >レ-‐´=― 、:.:.:.:.\{l  `
          ヘ::::|  ヽ    /: : : : : : : : : : : : ヾ 、.:.:.l.         殺めるでなく生かして導かねばな……。
           ヘ|   ヽ__/: : : : : : : : : : : : : : : ヽ `、ヘ
                 /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : l \\
                /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : l   >ヾ、

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM  :   HAPPY BIRTHDAY  .┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

結局のところ、トーレには大雷怨を殺すことができなかった。忌み怖れられる生命力。怪物と呼ぶ他にない精神強度。
成体に至ったなら存在するだけで人類社会の脅威となるだろうことを、一片とて疑う余地がないというのに。

大雷怨が生来この気性なら、真正なる怪物の存在に世の不条理を恨んで話が済む。しかし後天的な、何者かにより
授けられた影響に基づいた末だとしたら、それは“呪い”と言うのだ。純粋で疑うことを知らない子供が望まれ/疎まれ
今ここに斯くあると言うのなら……自身がそうと知らぬままに、その生は呪われている。

きっとこれは彼の本質を正しく捉えた見解だろう。理性を見せた瞬間にあげた子供の叫びが、誰にも是正できぬほど
間違えて行き止まったモノだったから。―― そんな泣き喚くだけの子供を打ち殺すことは、トーレにはできなかった。
4096 : 安価のやる夫だお [sage] 2017/03/19(日) 21:52:56 ID:swpCUNWQ0
子供をの間違いを正すのは大人の役目だもんなぁ
4097 : 安価のやる夫だお [sage] 2017/03/19(日) 21:54:03 ID:stVcc6GA0
豚の下半身! (バイ こまわり君)
4098 : ◆ToVRCqC0oc [] 2017/03/19(日) 21:55:19 ID:2MXAygvM0


────────────────────────────────────────────────
         γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ./         j
          |  差し出されたあの手をとって幾年過ぎたろう   ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
          ヽ____________________  思えばずいぶん遠くへ来たものだ  }
                     l      ./l ヽ /  .} l_∠-‐''" ゝ、 _______________ ノ
                        l    , l  .'   .l´     ヽ ',       ./!
                      ',     l ,. }、   !、      ', ,     ./:::l
                    ,  /  ././    ヽ、       , .!   ./::::::::::!
                      l    / ,   ー  . \      .V.!  /:::::::::::::l
                        l    .l !      ノ  ヽ      ∨', /:::::::::::::::::'、
                      l   l ',      ,   V    V/::::::::;:: <>',
                      {.   l ノ 、 .,´ /´  /     .l </>'"::::::::::,
                       、   ./  /  ' 、  / ',     l/:::::::::::::::::::::::::,
                 , ⌒ヽ、 }  ; _ '".>'"´  .'   ,     /::::::::::::::::::::::::::::::::l
                    \.  `ー- 、'" / ,. i  _ . イ   、  ./.!:::::::::::::::::::::::::::::::::l
                     r `ー-'"´ ̄ { /., '"´ /     / ヽ/l !:::::::::::::::::::::::::::::::::l
                     ヽ _.ゝ.,,... ノ__, -r '´     /=、   .l !:::::::::::::::::::::::::::::::::l
                        T ''"´    〉 \  ./二ニ!   l !:::::::::::::::::::::::::::::::::l
────────────────────────────────────────────────

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM  :   HAPPY BIRTHDAY  .┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

ナンバーズの四人は皆が多少の差異こそあれ同じような存在だ。捨てられ、売られ、弾き出され、置いていかれた。

力を持たずに知恵も備わらない子供が身勝手な大人の“已む無い事情や都合”とやらでワリを食わされ命を落とす。
皇国全土の何処を見渡してもありふれた身空に、断じて絵空事めいた救いの手などではないが、それでも彼女達を
ただ無残で悲惨な死に至る前に拾い上げた者が居た。ジェイル・スカリエッティという奇人によって掬われた。

生来生身の体を手放すことになっても今こうして生きている。奇矯な振る舞いは鼻につくが彼を中核とした家族ごっこ、
機械と配線で繋がった絆というのは存外に悪くない。……もしかしたら、この子供もいつか同じ感想を抱くだろうか?


トーレは最後の最後で地に叩きつけず掻き抱いた半欠けの体を、今にも零れ落ちそうな命を感傷と共に胸に寄せた。
4099 : ◆ToVRCqC0oc [] 2017/03/19(日) 21:56:57 ID:2MXAygvM0


         ./: : : : : : : : : : : : :/ヽ: :/:ヽ/ヽ/ヽ : /ヽ
         ′: : : : : : /ヽ/ヽ/: : ∨: : : : : : : : :∨ : ハ        ごくろうさま。ずいぶん派手にケンカしたもんだね。
      ..| : : : : : : /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .
      ..|: : : : : :./: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .      その子とこれから先、上手くやっていけるかな?
        /: :|: : : :/: : : : : : : i : : : : : : : : | : : : : : : : : : : |
      . /: : :|: : :/: : : : : : /: M/^|.:.: : : :.:|: :|: :|: : :|: : : : ト、                       ┌┐   て
    . /: : : :|: :/: : : : : : /: : |  :!:i.:.:.: : :|: :|: :|: : :|: : : : | ハ             .┌┐    _  └┌─┐ そ
  . ∠/: /: : :|: i: : |: : : |/:l: :/   |:|: : : : |:ハ!: :!.: :.|: | : : | : |          ┌┐..∧...., '(フ^^^ヘ └─┘_______
    //|: : : : :|: : |.: :.十ナ/==‐-|ト、: : 斗七ナ|: : |: | : : | : |          └「 ̄し. j∠ノ人ヘゝ   //   Damege   /
  . / / |: |: :|: |: /|: : : |弋 込ソミ.リ ∨ : 杙ソ ア: /:.リi : :,: :/           |_,| 、ノ_,(l(.゚)ヮ゚ノヽ,_ //   Death   /
   / .|/|: :|: |/八.: :.:| ー  -‐   ∨:.|   /|:/: //: :/|/\           .[[l. ´ ⊂ミ,,Ⅳ,ミつ` l]] ̄ ̄ ̄ ̄ ̄´
 / .     メ| : : : : \:|           リ:.:|  / |: ://|: /.    \           .ヾ[[[「「「「「「「「「「7
..       | : i : : :小        |∨ /: :ル'|/:.|/                       ん'-ヽし'-ゝ
..       乂|: : : : :ハ   、__イ_ /!: : : : : i : |         |         .─=ニ二二二ニ=─
.          |:i : : : : |\      /  |: : : :i: :|乂       /
.          |ハ: : : : :,  \    / .|  |: : : ハ: |      /  |      γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
             .}\: :ト廴. |`ー‐'|.  |  |: : / .}/     |/.  |       |  やってみなければわからんさ  .|
...           |.  ヽ!   / 只.|.  |  |: / .|       |   |       乂______________ノ
.. `ヽ         |    ヽ__/  { } ヽ__|  !/   |       |

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM  :   HAPPY BIRTHDAY  .┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

「お望みの生体中枢だ。手遅れになる前に持っていけ」 ―― 戦闘の終わりを見届けて駆け寄った姉妹達が手にする
メンテナンスツールが接続される中、膝をついて顔をあげることもできない体で彼女は最後にやってきた男へ告げた。

脳殻の保存を最優先で回路を切り離しながら義体のダメージチェックを行っていたクアットロが「うげぇっ」と弾き出した
数値に目を剥く。耐電磁シールドどころか義体の各部回路が焼け落ちて、人工筋肉やフレームは5割が修復不可能、
集中的にダメージを被った左腕から踏み台にされた脇腹あたりなどは義体の機能を残していなかった。

修理を諦め体を“乗り換え”ねばならない有様で、彼女は発勁を尽くした三度目の“童子切”を放たんとしていたのだ。


報告に耳を欹てて男は優しげに微笑んだ。精巧無比かつ冷酷非情の武技と相反する、不器用な情緒を慈しんだ。
4100 : ◆ToVRCqC0oc [] 2017/03/19(日) 21:58:42 ID:2MXAygvM0


            :.:.:.l.:.:.:.:.:.:.:.:.:l        j.:.:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.l    γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
            j:.:.:l.:.:.:.:.:.:.:.:.:!         ',:.:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.!   |  与太話している暇はない  ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ
                :.:.:.l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.}        i.:.:.:.:.:.:.:.:.;.:.:.:l    ヽ___________   さっさと車に戻れ  }
             :.:.:l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|          :.:.:.:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.l                       ゝ、________ ノ
             i.:.:l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|        :.:.:.:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.l
             |.:.:l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|           :.:.:.:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.l
             |.:.:l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|        :.:.:.:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.l
             |.:.:l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|           :.:.:.:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.l         ハイハイ。勿論わかっているとも。
             |.:.:l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|           :.:.:.:.:.:.:.:.:.l:.:.:.l
             |.:.:l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|          :.:.:.:.:.:.:.: l:.:.:.l         せっかちさんだな、今夜のキミは。
  ;;;三圭三;;     .|.:.:l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|          :.:.:.:.:.:.:. l:.:.:.l
 :;;;三圭圭圭三;;  ..|.:.:l.:.:.:.:.:.:.:.:. ′            i.:.:.:.:.:.:. l:.:.:.l
  ::;;;圭圭三;;:     |.:.:l.:.:.:.:.:.:.:./               〈\.:.:.:.:.:l:.:.:.l.         やるべきことはちゃんとやるさ。
              j:.:.j:.:.:.:.:.:.:ハ           ∨:.:.:.:.:. l:.:.:.l
             {:.:.{:.:.:.:./`Y            ∨.:.:.:.:.:l:.:.:.l
            「:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ノ           ;     ∨:.:.:.:.:.:.:.:!
.              |:.:.:.:.:.:彡升Y          .ξ     {/\:.:.:.:人
               /7777////リ                  ∨/////∧
           //////////j   ...,,:;;#圭#;;        .Ⅳ/////∧
           .イ//////////!         ;;;#圭#;;    .ヾ'//////∧
         //////////广"       :;;;#圭圭圭#;;     ∨/////ハ
       ///////////            ::;;;圭圭#;;:     .∨//////}
.       ヽ/////> ´         ;#;;                .\////ノ
         `¨¨¨´                                `¨¨´

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM  :   HAPPY BIRTHDAY  .┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

男は自身が纏った白衣や仕立ての良いスーツを血泥で汚すことを厭わず、焼け焦げた獣の残骸を胸に抱きあげる。
年の頃10歳ほどの、きれいな顔立ちをした小さな体。片腕が失く、下半身もなく、左目は沸騰して割れ眼窩から血を
涙のように流す、焼け焦げだらけで死を待つばかりな瀕死体。……でも、まだ生きている。

クアットロと共に後方で待機していた車輌には捕獲した大雷怨の拘束を兼ねた延命用の医療ポッドを備えていた。
この強靭な生命力ならば踵を返して安置するまで生き永らえることだろうさ。おどけるように軽く肩を竦めて見せる。

暢気な足取りで寝た子をあやすような鼻歌をこぼしながらナンバーズ達の父ジェイル・スカリエッティが向けた背を、
いつか自分を掬った後姿を見送りながらトーレは安堵の息をつき、深い休眠状態へと脳殻を移行させた。
4101 : ◆ToVRCqC0oc [] 2017/03/19(日) 22:00:58 ID:2MXAygvM0


                                                  -―――-. . .
                                               _/: : : : : : : \: :、: :´ ̄ヽ
                                                 |: : :/: :/: : :.ヽ \:\ヽ: : : :.|^ヽ
                                          /;「 |: :/:/: |: : : :|:.|:.|: |:.:.|:.:|: : :.:.| ::: ト
   ずいぶんゴキゲンですね、ドクター。                 .//:ト | /:/ ! |: : : :|:.|:ハ_|_:_|_:|: : :.:.ト、:::|: :.
                                              /イ: :Ⅵ:|: |: |:.|: : : イ|| j∧:ハ |: : :.:.|:::y′:|
                                           { |:|: :.:|:.Ⅵ个\: 从リてうアj !: : : :|_/: :.:.:|
..γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ.|:|: :.:|: 从花ぅ乂ル'   /イ|: : : :|: : : :.:.|
..|  そりゃ子の成長を目の当たりにして喜ばない親はいないさ  |.{.'\:|: : :.ト、 〈        /'!: :.:.:.|: : : :./
 乂__________________________ノ    |: : :.ト.    。     |: : :/: : : /
                                   / ̄ ̄\____/: : /: :\/)     /: :./: : :./i
                                i: : : : : : : : : : : : : : /: : /: : //.、__  </: :./: : : :{: |
   ドクターが私達を娘だなんて言い出されるとは。.. |: : : : : : : : : : : : :(: : :/ ア /‐ぅォr――/: :./―ァ―..、
                                   Y: : : : : : : :r―≦彡'r く ニニ⊃〉|::::::::/: : /::::/::::::::::::::ヽ
   都合のいい道具あたりが関の山とばかり……。  .}: : : :r―_ァ ´ ,r_つ  } 三≧=ぅ .!::::::;!: :./::::/::::::::::::::::::::i\
                                __./: : : / ̄ //^r'\_r‐ ´/――‐ 、|:o/.{: 〈 X::::::::::::::::::::::::|: : )
                                \__/: :./  /¨{::::::\__//ゝ―‐  7 !/  i〉:.)/:::::::::::::::::::::://
                                 <:_/{ /:::::::iー<:ノ  .//    /    .i!//:::::::::::::::::::::/´
                                    /::::::::::::/   〉 〈/__ /      リ/:::::::::::::::::::::::|
                                     /:::::::::::::/  /|                //:::::::::::::::::::/_:」
                              /:::::::::::::/   / .! !          //::::::::::::::::/
                                 ::::::::::::/   /  | !           //:::::::::::::/
                                ::::::::::/   /__」_」___.  ‐</::::::::::::::::/

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM  :   HAPPY BIRTHDAY  .┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

誰より機械的で情緒の薄かった三女が、こうまで感傷的になる姿を見たことがない。世に同病相憐れむとは言うが
我が娘達はどうしてなかなか共感性が強いらしい。ついぞ見たことのない感傷的な姿を思い返して彼は愉しんだ。


こうでなくてはいけない。完全な作品、一部の隙もなく完成された機械などつまらない。作ることは容易いが、すべて
己が定めた通りにしかならない人形は掌に収まり脱することのない珠のようなもの。観察する愉しみすら残らない。

故に彼は、既知ならぬ未知をこそ望む。故に彼は、奇知に足る道をこそ臨む。どれだけ痛手を負ったとしてもだ。

                    ナンバーズ
成長し変わり続ける姿を魅せる“作品群”。彼の自負に値する傑作達。彼女達こそ間違うことなく愛し児達である。
4102 : 安価のやる夫だお [sage] 2017/03/19(日) 22:02:30 ID:4AQ11tC20
未知既知って誰かさん連想しますなぁ…
4103 : ◆ToVRCqC0oc [] 2017/03/19(日) 22:05:45 ID:2MXAygvM0


                                  γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
    |: ,: :': : : /: : : : : :/: : ̄"ナ─-//,:._://: : ,.  |  変化ついでだ。君達、今日から私のことは“父”と呼びなさい  |
   ,. ': : : : : :/: : : : : :/: : : :,ィ´ : : 〃: / "ナ‐=ラ  乂 __________________________ ノ
- ': : : : ,: : /: : : : : :/: : : 〃 ,. =  ̄   =.くヾ/:/    |r、:| : : l: : : :ヽ
-‐ ' |:/: : : : : :/: ://: ,イi;;:    i舎i  ヽ/゙    , -l:`ト=-ヽ: : : :ヽ
    /: : : : : :/:/:l // ヾ;;:    ミシ    〉      ォ=l.、ヽ、: \: : : \      【獣狩りしたら周囲がおかしなことに。
 /: : : _: -: ´/^\│   k ヽ;:.   ,  _      ´ 僉 ;ヽl: 丶._\ー _:\
─  ̄l:|:::::::::/ ノ入 ヽ    `ミ、、  ̄ ;彡'´     、 `~ / ト、: : : :ヾ`    ̄.    何が起こったのか理解できない】
     |:|::::::::{ l :l::::>                  ミョー_.,;i!l  丶、: \
.    |'i::::::::丶  、::ヽ                 /   │     ` \
    |:|::::::::::::::::\ \ l             __      l           ―― ショックで顔芸に目覚めた末妹 ――
__   |:|::::::::::::::::/::.ヽOヽ           /`""'' ヲ    j
  "'' 、:::::::ヽ く.    |;;ヽ        く  ̄ \ /     ,' |.             【自分の現状だって解っちゃいない模様】
\     丶 ヽ \   .|;;;;;;\        丶.__.ノ   /|: :|
. 、ヽ 、 _   ヾ  \ |;;;;;;;;;;;;ヽ        =   γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
  ` ヽ:::\   lヽ  |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;丶          |  子供にモノを教えるなら仮初めでも家族があったほうがいい  |
     ヽ:::::::\ }::::\;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,丶    /  .乂 __________________________ ノ

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM  :   HAPPY BIRTHDAY  .┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

そして新たな児として加わる予定の ―― 当人の意思など微塵も考慮しちゃいない予定だが ―― 幼生の残骸へと
視線を落として、今夜一晩の闘争劇を振り返った。なんとも色濃くて手酷い、実にみっともない馬鹿騒ぎだったなと。

こんなに手を焼かされたのは初めてだ。今まで手がけた娘達は手のかからない大人しい子揃いだった事に気がつき
瑣末だが身近な見落としを発見させてくれたことを感謝した。だからキミは精々好きにして私に手を焼かせるといい。


その為にも、まずは相応しい容れ物を設えなければなるまいて。今は生命維持カプセルに放り込むしかないけれど。
この人形よりも人形らしく整った顔立ちに見合った“筐”を作ることから始めよう。彼はそうひとりごちて頷いた。

コレに相応しい義体を新造するとなれば研究のハードルもあげねばなるまい。なんともやりがいのある課題である。
4104 : 安価のやる夫だお [sage] 2017/03/19(日) 22:07:09 ID:wmv0.kFs0
草www
4105 : ◆ToVRCqC0oc [] 2017/03/19(日) 22:09:01 ID:2MXAygvM0


         /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\   人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人
        /:::::::::/:::::::::::::::::l:::::::::::丶::::::::::::::::::\::`..<                                    >
       / / / l:::::::::::::::l::::l::l:::::::::`::::::::::::::::::::::::ヽ..<  やりたいことが山積みだ! 楽しくなってきたぞぉ!!  >
      / /./::::::::l::::l:::卅─ミ ヽ:::::l ,..ィ''"弋:::::::::l::l:.<                                    >
     .// l:::l:::::::::l:::::l::::=≡≡= \::l =≡≡=:::l:l:::::::l Y`Y`Y`Y`Y`Y`Y`Y`Y`Y`Y`Y`Y`Y`Y`Y`Y`Y`Y`Y`Y`Y`Y`
     ノ  l:l.l::::::::l:l::::∨      l::l    l:::::l::l::::::::l                  /| |/: : :/: : : :Wヽ: ヽ: :ヽハ.
        vハ:::::::ハ::::丶      ∨    /::/.v:::::::::l                //|/:/: :|{: : : : 从|:|: :.|: : |il八
         ハ:::::l:::::ヘ::\ _____ /.ィ/::::::::::::::゙                .i/|:.{: |: |小: : /}斗i七i:|: : K:\\_
        /:::ヘ:l:::::::丶   r ̄ ̄ ̄ ̄ィ   /::::::::::::::::丶              | .!:.Ⅵ: !ァト∨/レ定アi!|: : |: \:\:_:_:_:`ヽ
       /::::::::::l:::::::::::丶 `      /   /::::::::::::l:::::ヽ\              .| ‘,ハ:从f攻{    ノ|: : ト.._ :\:\: :\
       イ l::::::::::l:::::::::::::: \ \___/ /:::::::::::::::l:::丶l``               .乂/乂{:ゝ ` _  /|: : |///`, ,<:\:_:
        l::/l:::::l::::::::::::::丶丶    / /::::::::::::::::l:::::l `'                  ./: : :/∠≧:。._∠/|: : |//////^Y:.\
        .v l::l:::l::::::::::::\:l  ---  /::/::::::::::/::l:ィ´                   /: : :/{////|::/^ヽ|: 从\:////,{: : :
        __,,v V::::::::::::::l丶     /l::ll::::::::://∨丶                     /: : :/|::廴/j/ [I] |: :{: :\{/////,〉: :
  __,,....-ー´    `l、:丶::::l  \ /  l::::://  l   `ヽ、             /: : :/ ∨/,y  /|| 八:.\: :.\//ーハ\
ィ''"         / \丶:l   /-- γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
           /  l / v\ / □.|  その前にやらなきゃいけないことが山積みですよ? 頭が痛くなるぐらい  |
         /   l.:::::::l    冫く 乂 _______________________________ ノ

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM  :   HAPPY BIRTHDAY  .┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

そんな彼だから、積み上げてきた財貨を大盤振る舞いしてまでも欲しがったオモチャを手にいれられて殊の外に
喜んでいた。財貨を惜しまず手放すだけの価値がある、とびっきりの宝物を手に入れて、なにができるだろうかと
明日から始まる日々を空想する。

“強さに故なきモノ”であるが為に。“恐ろしい力”そのモノであるが為に。ドラゴンという怪物は純粋で“無価値”だ。
しかしその無色である筈の力は何者かによって一色を与えられていた。他になにも無いから単色で染まっていた。

絵に喩えればまだ何も描かれていないカンバス同然。自身で手を加え、いつか完成する時を想えば胸が躍ろう。
4106 : ◆ToVRCqC0oc [] 2017/03/19(日) 22:12:13 ID:2MXAygvM0


三三三三| |!::::: : : :: : :   ゚  _(:(Y/:::::::::rイ:::::`ミヽ::::::::i| |三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三
三三三三| |!:::: : : o: : ::    ,ィ´:::::::`ヽ.::::彡::::イ´ ヽ): : :i| |三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三
三三三三| |!::::: :: : :: ::   /:::::::::::::::::::::::ヽー≦:::ミヽ; : : ::::i| |三三三三三三三三三三三三三  _ ――― 、
三三三三| |!:::: :: -‐、::  {:::::::::::r、:::::::::::::::}ミー::::::::::ヾ; : :::i| |三三三三三三三三三 .   _r‐ ´    ヽ  「:`ヽ
三三三三| |!:::: :: r‐- ゝ、 ゝ!ヽ、ゝ \::;イ::ハ::::::::`ー、::ノ: : ::i| |三三三三         .∠/l     ト、 ハ  l:::::∧
三三三三| |!:::: :     `7::ハ7 ー' j:::ゝ:::::__:::::::::Y::::::::::i| |三三三三          ././l 」__l  _」-t7´「 ∨ |
三三三三| |!:::: : :r==ァ-イ人 〉、_ イ:;ハ__ノ ヾ}::ハ::::j: ::::::::i| |三三三三         l イ | |ヽト、 /rセ7アl  l.  !
三三三三| |!:::: : : 0 ((_ノ/-‐<_ ノ:j  /  ヽ ' !ノ: : ::::::i| |三三三三          .|'.|/ヘ<マフ`l/ `´,,,/l  !  |
三三三三| |!::: : r 、  Y´ ヽ'、  イ `ヽ/   _ ',: : ::::::::::::::i| |三三三三           .|  l,,,,     /'| l   l
三三三三| |!::: : Yソ  }ュ_,、_ `'ー-_/  , イ   !: O::::::::::::i| |三三三三           .l  ト   _  _/ ./  ヽ
三三三三| |!::: : : o    ヽ,、`ー'´ ミ、/l 、  ,': :゚0::::::::::::i| |三三三三          ./  /  ` ー r ´/ /\   \__
三三三三| |!::: : :      l `Tr--イ  !_  !:。: :゚:::::::::::::i| |三三三三         ./ /   _ イ〉r./ /:::::::::\    }
三三三三| |!:: :     o。 l  j !  ,'    ',` j: : : : : :::::::::i| |三三三三        ./| /_ r‐-⊥、l/メ/ /\::::::::::::\  /
三三三三| |!::: :       i  ,' !  l       /:: : : : :::::::::::i| |三三三三       ./ !/∧ ニニュ_ / /   \::::::_ヽL _
三三三三| |!::: :  0    j  ト、j  l       /:: : : : : :::::::::::i| |三三三三     ./   ll,〈/ ,ニ=ヲ l .{ {     `/:::::::::l  /
三三三三| |!::::: : :     ,'  j /  !ヽ _ ,ノ: o: ::゚: : ::::::::::::i| |三三三三    ./    「ー-ィ l   l l l __ ,イ:::::::::::l {
三三三三| |!::::: : ::   /  r ,'  j  r=、   : : :::::::::::::::::i| |三三三三    .\   「\__|ヽl  l  \_  } |:::::::::::l \
三三三三| |!:::::::: : : : イ  ノ / イ  ( 人 : : : :::::::::::::::::::i| |三三三三      . ̄ } l:::::::|  {.〉 l    / / l l::::::::::l   )
三三三三| |!:::::::: ::: : : ヽ'  イ  j   `Yノ  : : : ::::::::::::::::i| |三三三三       ./ }::::::l  /  〉   /./  l l::::::::::l  /
三三三三| |!::::::::: : : : :   `ー'    。゚   : : :o: ::::::::::::i| |三三三三      ./   l::::::::∨   l   {'   | .l::::::::::l l
三三三三| |!::::::::::::::: :0              : :: : :: ::::::::i| |三三三三     {    \::/   l          ハ l:::::::::::l }

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM  :   HAPPY BIRTHDAY  .┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

勝手な思惑を押し付けられていることも知らずに大雷怨と恐れられた小さな獣、名のない子供は昏々と眠る。

スカリエッティが義体を作る過程で何度か意識が浮上し、その度カプセルの中で自身を見守る者達の存在を
感じ取り、なにか話しかけられていることを意識に留めず聞きながらも心地よくまどろむ。

いつか包まれた気がする暖かさ。きっと夢かなにかと思いながら懐かしさを感じ、機械の揺籃に心を横たえる。
ずっとこれを探し求めていた気さえする。だから、覚えがないのに久しぶりという奇妙な安らぎで心が癒えた。
4107 : ◆ToVRCqC0oc [] 2017/03/19(日) 22:16:58 ID:2MXAygvM0


                ........:::::::::::::::::::::::|                      ヽ      ヽ
                .......::::::::::::::::::::::|   /
                   ....::::::::::::::::::::::::l   イ
                ...::::::::::::::::::::::::::| / !   /                    |         |
                   .....:::::::::::::::::::::::::::i / |   イ  .|             i        |
                    ....::::::::::::::::::::::, ‐十 -.{ . _」,   ヘ        }         |
                   ...::::::::::::::::::,   ∨ i .  |   /、 |          '       l
                   ......::::::::::::::::::::::/テミメⅣ {_ .    / `ト- 」_    /       !  |
                  ....::::::::::::::::::::::::::′   `心 | ` Ⅵ   ′ ハ /   ‐-/      |  |
               ....:::::::::::::::::::::/       丶   |  '  -‐ ∨ ,イ   '        !  }
            ........::::::::::::::::::::/            |/   斗ニ示ミメ.|  '!     イ    .
____________イ|                    ヾ ,i/ l     / l '  '
三三三三三三三三三三三ニ圦             ,           l'/ .|  ' '  |/
三三三三三ニ_,. -‐  ̄`ヽ .≧=-        ‐-  _           ′,|   /}   '  |
‐-  -- - ィ´     ヽ、._ ヽ   ≧=-        `          /, / | '}/ .|  /   .!
                \_ノ≧=-    ≧=-       . ≦´ / ′.|/ ′ |  '、   |
              `ヽ、   }三三≧=ー       ≧¨ ≦´ -=ニ彡 ′      | / ハ  .|
.              \  Y三三三三三三≧=-       `,.:.::´.::-‐     |'   }  .|
__     ─‐-   ム  ) ノ三三三三三三三三三ニニ≧=-/.:.:              |  .|

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM  :   HAPPY BIRTHDAY  .┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

そして意識の浮上を何度目か過ごして後、カプセルから外へと排出された。まず最初に体の感覚が違うこととを知り、
次に全身へ力がいきわたらない無力感で苛まれた。叫びたくなるほど冷たい空気に思わず身を竦める。

おそろしい、こわい、こらえられない。言葉を失った子供はなんと言えばわからず、ただ叫んだ。大きな声で叫んだ。
どうにかしたいが、どうしたらいいか分からない。……それは“人”が生まれ落ちて最初にあげる産声のようだった。


暗がりの中で震える身体を抱きしめている彼に光が射し、眩しさに目を細めながらも反射的に光源へ目を向けると
自分を取り囲むように立つ五つの影に気がつく。影の一つは一歩前へ出て屈みこみ、怯え竦むばかりの小さな体を
優しく抱きしめて耳元で囁いた。次いで周りの影も口を揃えて異口同音に告げた。 ―― 「HAPPY BIRTHDAY」と。
4108 : 安価のやる夫だお [sage] 2017/03/19(日) 22:20:00 ID:b67yN6zk0
正に第二の誕生だなぁ
4109 : ◆ToVRCqC0oc [] 2017/03/19(日) 22:24:57 ID:2MXAygvM0


┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━
┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━


                      ____               ___
                  ,lフヘ. ヘゝ     ___      ., 'lフ  `ヘゝ
                   | { {从リノ!〉   /lブ `ヽ   { レハlノハjゞ.    , '(フ^^^ヘ
                       ソ,|.| ゚ -゚ノ|   { イ,ノノ^))〉   ヘ(|ュ゚ -゚ノ|    .j∠ノ人ヘゝ
                   (とリj,,介)iリ   |l(||`ー´ノ|   (フ!.,,Ⅲ,,)>_、  ノ_,(l(.゚)ヮ゚ノヽ,_
                      `~'(_,}J   .ノi/リ,,Ⅱ,)リ.   U{〉、,.〈}′  ´ とミ,,Ⅳ,ミつ`
                       |::|::|     .と,(フ、,〈}う.    |=ト=|       /j,(〉、,〈}、
                         {_,}、,)      (_ノ、」      し(_^)     ん'ーヽし'‐ゝ


   〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

【キャラクターカード:ナンバーズ】

各々特化した性能を持ち、背後に専属の技術者を置くことで凡あらゆる戦術状況への対応が可能な全身義体の
女性スカヴェンジャーチーム。各地をフラフラするため等級の伸びが低い分、広域に伝手やコネクションを持つ。


長女のウーノは病に臥せっていた浮浪児。義体研究者の御機嫌取りであてがう検体とするため軍人が拉致した。

次女のドゥーエは娼館に捨てられた少女娼婦。タチの悪いお大尽に壊され裏路地のゴミ捨て場で死を待っていた。

三女のトーレは強すぎた幼年兵。並外れた闘争の才覚を味方から恐れられ敵へと売られた後、嬲り者とされた。

四女のクアットロは先祖返り。電脳とアクセスできる異能を無理解な両親は気味悪がって、彼女を旅先で捨てた。


皮肉にも彼女達は、自身が死の淵へ陥れられた原因を機能として助長する義体を与えられている。

長女は後遺症により夢うつつの感覚でルーチンを自在に切り替えて自動人形の体を操る。
次女は走狗に使われる素材で表層を構成されフレームの伸縮機能と合わせて姿を変える。
三女は義体のノウハウを素材レベルで吟味した最高の“素体”性能を活かして戦闘技術を揮う。
四女はその自動人形の副脳を通じて異端の能力を活かし、多数の群機械を手足のように操る。

死の淵で差し伸べられたのは神による救済の手ではなく、悪魔が携えた契約書だったのだろう。

┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━
┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━
4110 : 安価のやる夫だお [sage] 2017/03/19(日) 22:27:20 ID:2polSeqE0
スカさん正に救い主だなぁ…
能力が皮肉聞いてるけどw
4111 : ◆ToVRCqC0oc [] 2017/03/19(日) 22:27:27 ID:2MXAygvM0


┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━
┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━

                       _ -   ̄   `   、
                        厂 /\/\/\     ',
                     / /^       ^\    ',
                        / /             ',   {
                    /  {    /{     \ l  }   {
                     {   {  /‐ 、 \{\ハ }   ,
                     {   {   {trッァ\{Vtッグ }/   }  \
                   Vハ ', ∧  l     〈/   }   \
                         V\八  ー_ , , }    }  {⌒^`
                          }⌒\ こ´ イ/ /  ∧ハ〉
                          }   >r   / /  /{\
                          ∧  {/^X⌒ V   ' ',  、
                      _ -   /\/{ [ロ] v〈/}   l    ` 、
     __             /    /  // / { /   ,    !     \
    nー「 |ー「|        ,      l   { { '  /   /   /      /⌒ヽ
 く\_| lー| V {>= 、       {    /l   { {/  ,'    '  /^\   /    ',
  \_\ ヽ      >、     {  |   〉 { {  /  /{ /     、,′    ,
     ⌒ ̄ ァt / ノハ    j  | /\ハv/ イ  /^\       /      ',
        {\_//  ', rl   | {   l  / /  ,    > ̄}  v         {
           \  ,'   Vハ \ | ',  !\/   /  /     {           ',
           {У    }     |   ,  |  |O  ,' /        \       ',
         〈      }\   l   , |  l   { /           ',       ',
            ',          l    v   l   {'     ',     ∧       ',
           ',           |    i{   l   {       ',     / }/         }
              ',      /|    i{   l   {       ',   /  〈⌒      }
            \ _ / /   j{  l   {        , /  /⌒      /
                       /    /'  lO  {          V   ,       /

   〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

【キャラクターカード:“無限の欲望”ジェイル・スカリエッティ 或いは ―― 】

全身義体の女性スカヴェンジャーチーム、“ナンバーズ”の全機を仕立てた技術者。現在は『義体技術の研究・開発』に
主題を定めているが、多分野において広範かつ深遠な技術を求め集めてきた。スペシャリストに勝るジェネラリスト。

彼が何者であるのか。正体を知る者は交友関係にあるジャック・S・カーライル高等弁務官を始とした少数に限られる。


時に明快で軽佻浮薄、時に迂遠で意味深長。一貫して気取り屋めいて道化た言動を好み、とかく胡散臭さが鼻につく。
彼に命を掬われたり拾われた恩義ある娘達からも『子供のような』と揶揄される男。息子には『伊達と酔狂に服を着せ
首から上に乗せた頭は24時間なにかロクでもないものがダンスしている』とまで酷評される始末である。

探究心と知的欲求を満たすことが何より大事なマッドであり、誰が呼んだか“無限の欲望”という仇名を持つ人非人だが
自身の作品に向ける情愛は広くて深い。人心の荒廃も著しい皇国にあっては十分以上に良い“父親”と言える。


向上心と闘争欲求という、ベクトルこそ違うが自分と同じく際限ない願望を持つ息子のことが可愛くて仕方ない模様。

┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━
┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━
4112 : ◆ToVRCqC0oc [] 2017/03/19(日) 22:30:53 ID:2MXAygvM0


           /.:/:.:.::/:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:. ァ:.:.:.:i:.:.:.、:.
.          /:./:.::::/:.::.:.:.:.:/:.r1:/´  ,':.:.:.:.:,{:::.:.:.}:.
.           /ハ{:.::::/:::::.:.::.:.{/⌒:.ト、 ;.:.:.:.:./ ';::::.:.i:.:.
          { ノ:::::/}::::::.:::::.くち苡f^ i:.:.:.ィ_ j:::.: ハ:.|          .うむ、やはりなんかオチと締めにパンチ足りんね。
         ^ー1::::{ノィヘ:::::::::{  ̄`  //{ん ;::.:/ j:|
           ' ;::ヽ { \:(_    '´  { 迅// /'          .とはいえ当初に考えたプレストーリーは終わった。
.              ';::::}n}           イ:r{_ /
 ー-          ';::::}}ハ    ー  _   /^`
     \rx -‐ヘ    }:.{ \   ー一' /j}  __  ァ      グリムジョーもそうだが初期に用意したのと大分
 \   }り   }三ニ=--.   \    /jレ' レ'    /
         /ニニニニニム- ,  fニ=ニニニ=- _   /__      ..うん、だいぶ違う感じだが仕方あるめぇ……。
        く   }ニニニ:}   \>‐‐=ニニニニム     \
         \     フ     \    マニニ} ー-  __ >
       八   ヽ  人       \   ーァ    \
4113 : 安価のやる夫だお [sage] 2017/03/19(日) 22:33:46 ID:PMQKpKCo0
乙乙!!
4114 : 安価のやる夫だお [sage] 2017/03/19(日) 22:37:39 ID:MlPP5X4o0
4115 : 安価のやる夫だお [sage] 2017/03/19(日) 22:43:46 ID:4f1MuJgw0
4116 : ◆ToVRCqC0oc [] 2017/03/19(日) 22:45:01 ID:2MXAygvM0


        >-}:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,:.:.:.:.:._:.
     ./:.:.:.:.{:.:.:.:.:.:.:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:-==;-―:.^
     /'/:.:.:.:.:.:.\:.:.:.:.:. \` 、:.:.:.:.:.:.:.:.:,:.:.:.:.:.:.:.:.                 >>4113-4115 乙さんくーす!!
    ...::./i:.:.:.:.:.:ト、:.:.:.:.:.:.\ ヽ!r、:.:.:_;.:.:.:.:.:.:.:.:.                         あの忍者ゆるせねぇ!
    ..レニニ=- :.: |i \:.:.:.:.:.:.;  j:レヘ、:.:.:.:.:.:.:.:.:,
    ..|:.:.:.:.|:.:.:.:.: |L.. __,ヽ:.、:.:.{'´斥==ミ}:.:.:.:.:.:.n:.:\
    ..|:.:.:.:.|:.:.:.:.: {  -= jノ \  辷炒!:.:.:.:.:.:ハ:\ー-               とりまチンクさんを化け物扱いして
      '′:. i:.:.:.:.:.:.V^⌒^  }      /:./N /⌒^
      ノ:._:.:{\:.:.:.:.:.\        -‐ ' /fレ                  ねーちゃん達にボコにされるのと
     ^フ:.人__ ≧=-^`       ,   √}}
    ...^¨  \7fヘ   ー-  -   /  ^                     ねーちゃん達もボコにするのと
       j\   }{ \       /        _,
       }  } _____  } `    / {   ___  / }   -‐==        .派手な姉弟ゲンカが済んだ次第。
.弋¨¨¨¨ヽ  Y///// }-}   ー     {_  }////ヽ ノレ'    /
.…‐- __   |//////{/  ≫x x≪ ̄ \}/////}     -‐==
.   ー--' j/////ノ   ≫'´        }////丿  二≫          .メタ張って戦うのは人間の特権。
⌒^      } ̄ ̄ ト、 /         1 ̄ ̄/     、
...  /   ハ 「`ー‐:ヘ  ‐-     -‐  /`ー‐:':i}  }   \__      それをブっ壊すのが怪物の有様。
.‐:i/   /:i:V:i:i:i:i:i:i:i:i:i:\    Y   /:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ハ  } \_  _{
4117 : ◆ToVRCqC0oc [] 2017/03/19(日) 22:57:13 ID:2MXAygvM0


         _  /:}  __
         --=く<:.:.:.:.:.:.:.:....
      /:.:.:.:./}:.:.:.:、:.:.:.:.:.:ヽ:.\                さて次の投下はどないしよかねェ。
      /:/:.:.:.:.:ハ:.:.:.:.:,ー-:.:.:.:}:.:.:.::.
       /:/:.:{:.:./_,入:.:.:.:, 、_}ト、:.:.:.:.:.,
.     {:.{:.:.:{:.:.「   〉:.: }  ^ ヘ:.:.:.:i|              時系列まとめておく(自殺行為)か?
.      j从:.:.\三 ノ'^ヽ{ 三 /:.:.:.i{
    ー今{ \:.{^        /:.:.:./{_,            でもそろそろ本編を進めたいしぃ。
     ^ヘ,_  ヽ    _  u/イ/^`
   ト、  _//\   ´`   イ{ -ァ --ァ          .そんな感じで次回いつか知れん。
   _}__ \j {r==介ー- r‐≦--/   --く,__
-‐  ̄    jニニ} >-‐ヘニニ}}      /
\ /    j{__/\   /}__}}   ヽ く           .愛想つかさずヨロシクおなしゃす!
  /  -=ァ/::::::::\ \/ /::::::::\{\fニ=-
4118 : ◆ToVRCqC0oc [] 2017/03/19(日) 22:57:39 ID:2MXAygvM0


        ┏┓                                            ┏┓
        ┗╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋┛
        ┏╋────────────────────────────╋┓
        ┃|                                            |┃
        ┃|   本日の投下は終了しました。またの御来訪をお待ちして候。   .|┃
        ┃|                                            |┃
        ┗╋────────────────────────────╋┛
        ┏╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋┓
        ┗┛                                            ┗┛



          _>──--- __  横道が過ぎやしないか、おい。              }  /               }  ヽ:i:i:
        f=、_  ____ノ       |             i  l              .i /           __   ,/7  ;-‐
        |//77i__i   |   /  ,ィ   l l   l   l   |  |            | :{         _ー-ミfVレi:i[:i:i/   {:i:i:i
        i////〈   \ i /   / l  | ト   l  .|_ l   |            i :i.       ,}  } } }__:i:i:i:i:i{   {:i:i:i
         ///'/>`=‐、∧.   / l   ハ |ヽ  ト/ |l≦l    l              } :,       --キー__,////{⌒<ヽ  {:i:i:
        .〈//_ <//《   ∨∧_/   |  l l l/〉 ニ|メ´|.|/    |              i { /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.今=うxヘ  _}:ハ  }:i:i
        i//_'/∠i!¨\. ∨ソ `- / /-´ン∠´-セぅヽ、|    |            ; /:.:.:-‐:.:.: ̄:.:.:.:.:.:.:\ ママ }7///} {:i:i:
          .〉'//¨//〉   〉  〉.:::::::://}  / {    ノ/' !   i l           }/:.:.:.:.:.:.:.-‐:.:. ̄:., -:_:.:.ヽ く^{/{\} } {≦
         |////ー/  /  /i.::::::::'::::::/    廴 zク,   l   l  l             .i:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.≧ト ji_ハⅥ  ヽ父  j / _
        .∧//≦ヘ.__/、_//|::::::::::/ ,    ̄ ̄  /l   l  l            {:.、:.:/:.:.:.:.:./___` ^    r‐、V'  リ
         ∧/////ヘ ヽ//,|__ __.'         /ノl   l   l             .>‐:.:.:、;:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:>   j} / 」ァ
        /.∧//////`//,iィイ/////`マ     ,イ l   ∧   lヽ           .イ:.:\:.:.:.弋ー┬彳}i  '⌒7 '′ヘ   {
       /  ∧///、ヽ//i_ , ====//V. , イ | l   l ll \ l ヽ          .ヽ;.:.:.丶: :.:≧=-し'_,___ /    }_j、 f^
        /. __i≧ー─/,>-////////`¨/∨./ l l    |  ll  `  、 ヽ        )、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.「 }「       ^
    ,  .../、仁三二,///∧, ===─‐////!.  ,〈  l    l   ll    ` 、       ^.  ー‐^ ̄ ̄ ̄`
  /    /二≧x    ̄7≦!////////// .゛|    〉    l   lヽ、     ゙、                   せやな。
 /    <./二二二¨>─'─! ゞ===/ヽ ||  ./     |    `> >    l
関連記事
スポンサーサイト




コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://yarucha.blog.fc2.com/tb.php/6768-f8e24853