チンクは大人の男になりたいのです その51

5223 : ◆ToVRCqC0oc [] 2018/07/30(月) 21:15:45 ID:cNEPMRMs0



                             `
                              \ ,,_人、ノヽ
                               )ヽ    (
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ - <       >━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                               )     て
                              /^⌒`Y´^\
5224 : ◆ToVRCqC0oc [] 2018/07/30(月) 21:16:04 ID:cNEPMRMs0



― -_ ̄― -_ ̄― -_ ̄― -_-_ ̄ ̄― -_ ̄― ― -_ ̄― -_ ̄― -_ ̄― -_ ̄
__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐― ̄ ̄―‐―― ___ ̄ ̄―――  ___―― ̄ ̄___ ̄―==
―― ̄ ̄___ ̄―===━___ ̄―  ――――    ==  ̄―― ̄ ̄___ ̄―===━
__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐―   ――――    ==  ̄ ̄ ̄  ――_―― ̄___ ̄―
 ___―===―___   ――――    ==  ̄ ̄ ̄  ― ̄―‐―― ___
 ̄――――    ==  ̄ ̄ ̄ ̄_――_━ ̄ ̄  ――_―― ̄___ ̄―=‐―
 ___―===―___   ――――    ==  ̄ ̄ ̄  ――_―― ̄ ̄―‐―― ___
 ̄ ̄―‐―― ___ ̄ ̄―――  ___ =―    ̄ ̄___ ̄―===━___ ̄―
__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐―   ――――    ==  ̄ ̄ ̄  ――_―― ̄___ ̄―
 ̄___ ̄―===━___ ̄―  ==  ̄ ̄ ̄  ――_――__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐―
  ___―===―_―    ==  ̄ ̄ ̄  ――_―― ̄ ̄―‐―― ___
  ――――    ==  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ―― __――_━ ̄ ̄  ――_―― ̄___ ̄―=
5225 : ◆ToVRCqC0oc [] 2018/07/30(月) 21:18:38 ID:cNEPMRMs0



 ―― ニッセキ病院の日常 ――                                  _.. -'''゙゙~゙゙゙'''ー、、
                                                     _..-''´;;;;;;;;;;;;;;;;_;  ;;..;;;\
     _____     ___   ___                         !.;;;,,―'''''''"´ !;;;; ,.;.... ;;.ヽ
    rfミ{{ ̄ ̄ ̄ i}  rrrf三{{ ̄ ̄l . rrrf三{{ ̄ ̄l                    ! l    ‐ー_-,!.;;;;;;i、;;;.. l
    |  |―――┤ | ̄ ̄ l―‐┤ | ̄ ̄ l―‐┤                     !;;;.l,'゙_゛ ┌ヽツ |l|;;,il゙}.!;;;;; !
    |_::l___::j___:| __ j____!__| __ j____!__                  |,i;.!_,i;ツ~゙ヾ―! リ.|i!ll./;;;;;/
    |  ̄l^l二二二二l^l ̄ ̄l^l二二二l^l ̄ ̄l^l二二二l^l                l.l;;.l< 、     ' ノ| |.;;;;/
    |   |::l ̄ ̄ ̄ ̄|::l    |::l ̄ ̄ ̄|::l    |::l ̄ ̄ ̄|::l                 l{|、 i;;=‐     !ヽ;;;{
    |   |::l        |::l    |::l      |::l    |::l      |::l          __    " ヽ "   __..,,/   .ゝ、
    |   |::l        |::l    |::l      |::l    |::l      |::l          |l ̄ ̄      ゙一;;t'" .゙//’,ノヽ.
    |   |::l   零   |::l    |::l   壱 |::l    |::l   弐 |::l         /___    .._,/|"iト_/ン'";:./  ,ソ、.
    |   |::l        |::l    |::l      |::l    |::l      |::l         | ロ ロ ロ   ,//./ /'゙ /;:;:;, /   /゛  \
    |   |::l        |::l    |::l      |::l    |::l      |::l         |  ̄ ̄../゛ //;;;|/;:;:;:,/  /      `
__|   |::l        |::l    |::l      |::l    |::l      |::l______l二二r'"   ,//;;./ ;;;;;;;;;./   /      /
/―/\_l::l____j::l\_|::l___|::l\_|::l___|::l―/―/―/―/―// ,,l゙  //;;/゙;;;;;;;;;;;;/   /     /
/―/―/―/―/―/―/―/―/―/―/―/―/―/―/―/―/―/―/―/., 'フ  !,! i ///゙;;;;;;;;;;;;;;/   /      /
 γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ  ......|,//〃;;;;;;;;;;;;;;./   /     /
 |  三番槽、治療終了だ。とっとと上がって服きて受付へどうぞ  |   ...l //゙;;;;;;;;;;;;;;;;/   /     /
 |                                         |.     } l;;;;;;;;;;;;;;;;;/  /     /
 |  細かい話はそちらでしてくれ。後がつかえてるんでね?      |  ... ! l゙;;;;;;;;;;;;;;/   / _ -.., /      ,
  乂__________________________.ノ  . `イ !;;;;;;;;;;;;./ _ '"  './      ,/
                                               l,  `゙''''''く、,;;;,i-┴'"     ゙゙'''ー-、,,,/

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM  :    PARTY NIGHT     ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

薀蓄めいて始まるのもどうかと思うが、今回は再生医療の話から始めていく。義体修理と無関係でないからだ。


外傷治療から少々の部位欠損は再生医療の方が安くつき、部位喪失となれば義体化のほうが安上がりとなる、
                                  タンクベッド
その理由はどこにあるのか。―― 偏に病院が抱える培養槽の“大きさ”と“稼動数”、そして“使用期間”だろう。


単純な話で想定:大きな人間がすっぽり入れる槽と接続させる循環器などの設備を加えたら、やたら場所を取る。

だが培養槽を少数だけ設えるのは設備の無駄も甚だしい。数の絞られがちなベッドを、どンだけ占有するのか。


この方程式に“部位喪失の再生は恐ろしく時間がかかる”を代入すると、解は『貧乏人は帰れ』と導き出されよう。
5227 : ◆ToVRCqC0oc [] 2018/07/30(月) 21:21:59 ID:cNEPMRMs0



三三三三| |!::::: : : :: : :   ゚  _(:(Y/:::::::::r   γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
三三三三| |!:::: : : o: : ::    ,ィ´:::::::`ヽ.::::彡::::: |  で、次の患者は全身火傷……深度Ⅲ。よく間に合ったもんだ  |
三三三三| |!::::: :: : :: ::   /:::::::::::::::::::::::ヽー≦  乂___________________________ノ
三三三三| |!:::: :: -‐、::  {:::::::::::r、:::::::::::::::}ミー::::::::::ヾ; : :::i| |三三三三
三三三三| |!:::: :: r‐- ゝ、 ゝ!ヽ、ゝ \::;イ::ハ::::::::`ー、::ノ: : ::i| |三三三三
三三三三| |!:::: :     `7::ハ7 ー' j:::ゝ:::::__:::::::::Y::::::::::i| |三三三三
三三三三| |!:::: : :r==ァ-イ人 〉、_ イ:;ハ.  γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
三三三三| |!:::: : : 0 ((_ノ/-‐<_ ノ:j    .|   ショック死させず意識を落として迅速に搬送したのが幸いだったね   |
三三三三| |!::: : r 、  Y´ ヽ'、  イ `ヽ/   乂_____________________________ノ
三三三三| |!::: : Yソ  }ュ_,、_ `'ー-_/  , イ   !: O::::::::::::i| |三三三三
三三三三| |!::: : : o    ヽ,、`ー'´ ミ、/l 、  ,': :゚0::::::::::::i| |三三三三
三三三三| |!::: : :      l `Tr--イ  !_  !:。: :゚:::::::::::::i| |三三三三
三三三三| |!:: :     o。 l  j !  ,'    ',` j: : : : : :::::::::i| |三三三三
三三三三| |!::: :       i  ,' !  l       /:: : : : :::::::::::i| |三三三三
三三三三| |!::: :  0    j  ....γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ
三三三三| |!::::: : :     ,'  j. .|  ああ御家族の方? どうぞ安心なさい。キレイな体に治して退院させますとも  |
三三三三| |!::::: : ::   /  r  .乂_________________________________ ノ
三三三三| |!:::::::: : : : イ  ノ / イ  ( 人 : : : :::::::::::::::::::i| |三三三三
三三三三| |!:::::::: ::: : : ヽ'  イ  j   `Yノ  : : : ::::::::::::::::i| |三三三三
三三三三| |!::::::::: : : : :   `ー'    。゚   : : :o: ::::::::::::i| |三三三三
三三三三| |!::::::::::::::: :0              : :: : :: ::::::::i| |三三三三


…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM  :    PARTY NIGHT     ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━
                             ナ ノ マ シ ン
再生医療とは、言うなれば生物が持つ治癒力を機械と薬液が代行し、本来ありえない速度で回復させるに近しい。


切断部位をくっつけるのは断面同士を繋いで補助すればいいのだから短期間で済む。すぐに済むから十何円かで

処置できるし、汚れたり潰れがちでもくっつけられる程度のモトが残っていれば何十円かで治療ができてしまう。

汚れの除去は言うに及ばず“接合できる程度のモトがある”として、期間と金額の跳ね上がり方がこの程度だ。


爪が伸びるように再生したとして、腕一本をにょきにょき生やそうとしたら十倍速しても相当の時間かかって当然で、

途中で培養槽から出せないから“完治するまで漬かってろ”となれば……そりゃあ医療費も五百円からかかろうて。
5228 : 安価のやる夫だお [sage] 2018/07/30(月) 21:24:50 ID:lWAMdP5c0
少々の部位欠損:指の一本や二本
部位喪失:腕や足
みたいな感じかな?

ただ、この場合だと、目はどちらになるのだろうか?
小さいけれど、複雑で繊細なものだから、後者?
5229 : ◆ToVRCqC0oc [] 2018/07/30(月) 21:25:16 ID:cNEPMRMs0



                          \
        /  |       ヽ     \                   院長。私の脚についてなんですが……
              |.      \           ヽ
.      /  /   |ヽ  丶   \ \\                     義体化で話を進めようと思います。
     /   ' / i |   i 、 ヽ   _ 丶 ',    ,
.      | |  | |  リ \ ´ ̄    \i
.       i |斗‐  ̄       .rt==-、   |                    長く病室をとって申し訳ありません。
.   |   | |  ,.rtぇ       込v刈 〉 .|   |  |
.   |   ヽ' 〈 Viソ             |   |  |
.   |. ',   ',     '             |   |  |
.   |   ',   ,        __    ..γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
   八/  ', 人      ´       |   いただけるものはいただいているんだ。なに詫びることなどありはしないさ  |
.    /   |  |              .|                                                  .|
   /   .|  ,  > .         |   施術にも日を押さえないといけないが、義足の選出はもう済んだのかな?   |
  , -‐‐- _ |         |`   ´    .乂________________________________,ノ
∠ニニニニニ|   '  /\‐-、    ‘    |   |
二ニニニニニ'   マム.  ゝ, |   ‘___   |   |      ‘
二二ニニニム   マム.     |ヽ. |/ /   |   |
ニニニニニニ|ム   マム   /\|__L |    ,   ,       \      そこは施術も含めて義体技師の元へ
ニニニニニニ|=ム   マ ム/ ヽ./   マ }.   ,   ,           \
ニニニニニニl=, ム   マニ≧-ヘ.  マム.   ,    ,         \.   転院させていただくことになるかと。
ニニニニニニl/ニム   マニニニニム⌒マム、   ,    ,           \
二二二二/ニニム     マ二二ム  マ二ヽ  ,    ,           \

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM  :    PARTY NIGHT     ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

腕や脚を欠損した場合の率直な治療法として義体化を挙げるのは何もおかしいことではない。だって一部位だけを
.クローニング   コ ピ ー & ペ ー ス ト
部分再生して癒合面切断・再接合する術式もある。新しい部位が完成するまでの繋ぎとすればよかろうよ。


これは腕なり足なり臓器なりで同じことが言える。外傷の重篤患者を放り込んでクリーンにできる装置があろうとも
                                                ダウンサイジング
小さな町病院や医院では巨大な再生医療器材を設えられられない。その為、部 分 再 生の技術は今も残っている。


その部分再生にしても有限・貴重な機材に違いないので、いざ造ってもらおうとすると、いい御値段になるのだが。
5230 : ◆ToVRCqC0oc [] 2018/07/30(月) 21:29:57 ID:cNEPMRMs0
欠損:指程度の小サイズ 喪失:腕や足などの大サイズ

器官などの複雑さに応じて掛け算的に時間かかるんかなぁ

眼球はむつかしい器官でないので間に合えば再生可能かと

まぁ傷が塞がってからの再生は何処だろうと難しいと思うが
5231 : ◆ToVRCqC0oc [] 2018/07/30(月) 21:31:19 ID:cNEPMRMs0



   義足の入手も施術も他所でやる、か。まいったね。               /  ``
                                              /
                                                i′
   まったく患者の信頼を得られんとくると、なんだな、              ヽ ¨`
                                                  `ヽ
   俺にはそこまで医者の適正が無いということか。                     { __, --y- '´
                                                 ヽ - '´
                                                     ハ
   確かに医は仁術なぞと嘯ける清廉じゃなかろうが                     ∧
                                                   }        ,. <
   これで患者と誠実に向き合っていたツモリで居て                      八    _,. ≦-‐─ヘ   ,.
                                                        >‐<      ハ /
   それが正味、ツモリでしかないのだと痛感するね。                             ノ
                                                                  /
                                                                 i´
                                                             ハ
      ―― 以上、ニッセキにおける木下センセの日常 ――                         ∧

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM  :    PARTY NIGHT     ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

『部分再生した手足を繋げるって義体化とどれほども違わんよネ?』なんて心底そう思えるなら、そいつは義体化の

適正が抜群だ。生物の持つ本能的な忌避感が無いに等しい。サイボーグ欝に罹る可能性もかなり低かろう。


これはもう本当に資質というべきか欠落というべきか、当人すら把握できない精神の根本にかかる難所である。

先天的に身体部位に異常を抱えていたり、どうしても治療の為に生体を切り捨てざる得ない難病であったりといった

やむを得ぬ事情があってすら義体になることを受け入れられない者が、世には多く在るのだから。

                               サキダツモノ
※そも義体化が選択肢にある者はまだマシだろう。治 療 費がなくて義体化できなんだり治療できず死ぬよりは。
5232 : ◆ToVRCqC0oc [sage] 2018/07/30(月) 21:34:52 ID:cNEPMRMs0



────────────────────────────────────────────────
              z=ミヽィ气斥ニ爪ィ、
            冫ニ´ 〈《<:/〃:「:ハy:ゞ;
          __≦.:.:.:=ミヾ:、\ヾ:イ:fY.:.(\、
          ゝ.:.: /.:.:ニ=ミそ`^゛ヘ:{~〈ヾ:. ヽ.             【新たな右腕に劣らぬよう残った左腕を。
         _ラ=彡.:.:≦彡斗/ ' _ヾ、y \、
           ̄ヽ:.:.:._彡≦:.{ \_≦赱气{}                   両腕の武装を完成させる為に両脚を。
            ゞ=::彡Γ(_-‐-二二}` ヽ
              `ーテ::ハ\_ヽ「{}{}{}{}′´「
               〃.:/__ヽ「`{}{}{}L¨´」                  四肢を落とした体に異物を埋めて呑み、
             :/レ!{////>ミ、___ 廴|
           _イ///////ィ=ミ//,≧、___              求めたものは、ただ強さだけ ――
          _,f< ̄ ̄/_ . =二  ̄ ̄_、.. -ヽ
         ,「  ̄ ̄ ,  ̄      /    \
        /    〃        八       ヽ         しかし強さを求める理由を見失っていた】
     ,斗<      ハ   \      |         }
.    /i             、    \    !        ノ
   ⅰヽ         }    丶 ノ     /   丈
   ノ  Υ  /     八  、___ ヽ\  / ̄ /  |         ―― 半身義体のハイエンドクラス ――
    {   | /    __,   \___   ̄二〉( __/   ´'.
   Υ  \,  /,        ̄二  \      '/,
   Γ     / /_∠ニニミx、         ト\  \  '{
   )   ,f/ (/   ヽ \、       ∧ \    \ハ
   ,′ /  __ノ`ー、   ヽt;;f\、     ∧  \    Y
  」 /_,*</////ハ    }ヽ;;V;-ミ;、====、∧  ) \  \
────────────────────────────────────────────────

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM  :    PARTY NIGHT     ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

誰もが義体化を思うところなく受け入れられる精神構造をしているワケではない。まして戦闘で有利に立てるからと

自身の健常な四肢を切除して胴体にフレームとパイプを埋め込むなど、余程に覚悟を決めたか狂人の所業だ。


だからこそ望んで義体化に臨んだ者は、義体の性能云々以上に、その腹に括った決意や心胆こそが恐ろしい。

なし崩しでなく自発的に戦闘用義体になった者とは、強者たらんとする“心”に“力”を纏わせた者なのだから。

記憶に焼き付く豹頭子との戦い。当初に彼を“復讐者”と知ったチンクが“敵”と認識したのも、その所以である。


覚悟も無いか軽く、重サイボーグの俺TUEEと思い上がる浮かれポンチ共も居るが、それらとて決して弱くはない。
5233 : ◆ToVRCqC0oc [] 2018/07/30(月) 21:38:35 ID:cNEPMRMs0



────────────────────────────────────────────────
    .'/^^^゙ヾ、 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ
   | { ,ノハ))〉)` IAIの性転換用極小機械群でも使えばいいんじゃないかなぁ……   |
   从|.゚ ー゚ノリ.____________________________ ノ
                            \ヽ人_从人__从_人__从_从人__从_人__从_从人_人人_从人__从_人__从_从人/
                            ≧                                            <
                            ≧  オッサンが使ってもBBAになるだけだろう! そうじゃねぇ!!  ≦
  |                        ≧                                            ≦
  |              _,.-‐"´ ̄ /Y⌒YWW⌒W⌒Y⌒WW⌒W⌒Y⌒W⌒Y⌒WW⌒Y⌒WW⌒W⌒Y⌒W⌒Y\
   ',           /,-、      / __,..-i .|                ,'
   ヘ          .| ___  \    .ムニ-i~7|  |               /
    ヘ         | | i~゙.>,=,--r‐i"r;7./ムク  |/´ヽ            /
     \      i`゙| `゙ヽ<ム.,<j ̄>、ニ/ ゙゙  .|ニ.} .}          /
       .\    |.{=| "".r‐-..ヽ-__-='‐"´`ヽ   .レ' ./        /
         .\  i.ヽ|  |  __,..-‐‐‐‐‐ -tニ/;i  .[.|-<       /
           `7ヽ|]  |゙ヽ、ヨ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;レ";;;;|  .|  `ヽ__,..-‐"
           .,'  |  .|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|  /    i       ―― こんなんでもスゴ腕らしかった ――
            ,'  ヽ   |;;;;;;;;;;;;/~ijヽ;;;;;;;;;;;;;リ  / リ    >-- 、
           ,'  |i ヽ  |;;;;;;ry‐-y-‐、ri;;;;;/ / / /  /    ',
         _.-.,'  |i  .ヽ |/-i     に}/ /  / / ./     |゙ヽ、
     .-‐"  .,'   .|i  .ヘ ヘ ̄ ̄ ̄ ̄ 7 /  ./ /  .i __  |`ヽ、゙ヽ、
  _,.-"    ,.-,'   .|i    ヘ ゙‐------‐" /  /  / ./| {   .゙i.|   }--、 ゙ヽ、
./     / ./     |i    ヽ--------"  ./  ム"  | ゙~~‐-リ″   |  ヽ }-..__
     /  /      |i             / /    ヽ---"i    .i    |`ヽ  `゙ヽ、
 \ヽ人_从人__从_人__从_从人__从_人__从_从人_人人_从人_人_人从_人__人/
 ≧                                            <
 ≧  俺は! とびっきりの! さいかわ美少女になりてぇんだッ!!  ≦
 ≧                                            ≦
/Y⌒YWW⌒W⌒Y⌒WW⌒W⌒Y⌒W⌒Y⌒WW⌒Y⌒WWY⌒Y⌒WWY⌒W\
────────────────────────────────────────────────

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM  :    PARTY NIGHT     ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

自分の体とどう向き合い、どう付き合っていくかは個々人の決めること。魂が合わないと思うなら部分的だろうが

別物を受け入れることはできないし、逆説、生来の体が自分には合っていないコレじゃないと思う者だって居る。


たまーに。極たまーにの事だが。どこをどう調べて来たのだか、「ここがあの医者のハウスね!!」と叫びながら
          サテン
ナンバーズの拠点に乗り込み「あの人を出しなさいよ!」「居るんでしょ? とぼけないでよ!」云々般若の形相で

スカリエッティに女性型全身義体を求めてきたスゴ腕のマーセだかスカヴェだかの旅人が居たものだ……。


力強いバルクで全身膨張させた男は「愛しい男に抱かれてアクメ顔のメス堕ち朝チュンするんだ」と訴えた。(白目
5234 : 安価のやる夫だお [sage] 2018/07/30(月) 21:40:13 ID:lWAMdP5c0
えぇ……
5235 : ◆ToVRCqC0oc [] 2018/07/30(月) 21:43:42 ID:cNEPMRMs0



────────────────────────────────────────────────
                                 長生きしてるが、こんなツライ仕事はきっと初めてだよ。


                               \ヽ人_从人__从_人__从_从人__从_人__从_从人_人从_人/
..:::´::::::::::::::::::::::::::::::::`::..、                     ≧                               <
.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\                 ≧  いま雌イキしてるって言ったか、先生!!?  ≦
..ヽ/`ヽ:::::/ヽ:::::::;、::::::::::::::::ヽ                 ≧                               ≦
.:::/::::::::ヽ/:::::::ヽ/:::ヽヘ:::::::::::ハ                 /Y⌒YWW⌒W⌒Y⌒WW⌒W⌒Y⌒W⌒Y⌒WW⌒W⌒Y\
.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\:::::::::.
.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::::.
.:::;「 〉:::::|::::::::::::l:::::::::::::::::::::::ヘ:::::::ヘ                    言ってないから。キミも用事が済んだならとっとと帰りなさい。
./ ./::::/ヽ::::::i::::ト、::::ヘ::::::::ヘ::ハ::::::::ヘ
. /:::::i  h:::::ト、l x≦i:::::::::}:::l::::::::::::\              .どうか僕の預かり知ることない場所で幸せになって、どうぞ。
. .!::::::l  l ,!:::::レ,ィ乏¨ア::::::l::::l:i::::::::::ト、:ヽ
....!:::::l  l !:::i:{  ̄につ:::::l:::::l:|::::ト、:ハ \ヽ
. lル'  l ト:::}ヾ   | | ハ:ハ:/::ト;::「ヘ:::L  ヾ.       .\ヽ人_从人__从_人__从_从人__从_人__从_从人_人__从_人__从_人/
、 }'   .} !}/.    | | /:}':::l::::iハ リ  }l `  、.       ≧                                    .<
.      |、  _ ィ. |,イ:::::::::l:::| ヽ  リ     `  、   ≧  アンタいい男だな! ダーリン居なきゃ惚れてたゼ!  ≦
.        !=ニ // |::::::::;イ:∧ ヽ         ` ァ、≧                                    .≦
.      l.  /  |::::::/ l/ i  ヽ            / /Y⌒YWW⌒W⌒Y⌒WW⌒W⌒Y⌒W⌒Y⌒WW⌒Y⌒Y⌒W⌒Y\
.       ハ ̄〈   .!:::/ /'  /   ヽ       / /
 .    / ,∠__ヽ  |:/   /          i    / /
. `ヽ、 i'∨!!_」!! ヽ l/!   /        l   / /    やめて。冗談でも本気でも、やめてクレメンス……。
.::\  `ハ ケ=ヤ  Y::::l  ./、           l   /  l
 ::::::`ヽ/::i i ハ i  /::::l /   ` ー- __ l  /  .!
────────────────────────────────────────────────

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM  :    PARTY NIGHT     ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

都市部の大型病院でもなければ再生医療の設備・器具は、そう数を揃えられやしないし常設稼動もさせられない。

まして長期利用でベッドを埋められると困るということ。集落や小さな町規模なら尚のこと。だから部位喪失時に

義体化するのは身近な医療であること。しかし義体化は受ける側のメンタルも問題となる ―― という纏め。


だから半生体という折衷だか妥協だかの義体化プランが一番ハバ利かせてるワケで。中途半端に思われようと

実生活を考えたら普通の人間と同じ環境が使える利便性にこそ代え難い、現実に即した需要の顕れなのだろう。


気安く、俺ちょっと義体化でパワーアップするわ、なんて言えるモノでないし言うモノでもない。言ってはいけない。
5236 : ◆ToVRCqC0oc [] 2018/07/30(月) 21:45:58 ID:cNEPMRMs0



 :.========||: : : : : : : : : : : : : : : : :/∨              | | |_,,.. |-‐ ''|"´ _,,|.. -‐ |_,. - '" _,. - '"| |_
 : : : : : : :.:.:.:|lェ==============/∨                | | |_,,.. |-‐ ''|"´ _,,|.. -‐ |_,. - '" _,. - '"| |_
 :.:.=======||: : : : : : : : : : : : : : :/∨                  | | |_,,.. |-‐ ''|"´ _,,|.. -‐ |_,. - '" _,. - '"| |_
 : : : : : : : : :|lェ============/∨                 __| | |_,,.. |-‐ ''|"´ _,,|.. -‐ |_,. - '" _,. - '"| |_
 :.:.:.======||: : : : : : : : : : : : :/∨      ___         ├‐=| | |_,,.. |-‐ ''|"´ _,,|.. -‐ |_,. - '" _,. - '"| |_
 : : : : : :.:.:.::||ェ==========/∨    ., (フ^^^'ヘ.. ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ.   '" _,. - '"| |_
 :.:.:.:.:.:.:===||: : : : : : : : : :.:./∨     { { 从リハ) 〉  どしたん、急に黙りこんじゃって?   |.   '" _,. - '"| |_
 : : : : : : : :.||ェ========/∨    ...レVュ゚ヮ゚ノリ.. _______________ ノ   '" _,. - '"| |_
  三三三三三三三三三三}¬┐。 | |三| | ||r┐。  ├‐=| | |_,,..。|-‐ ''|"´ _,,|..。-‐ |_,. - '" _,. - '/ /_,.
  二二二二二二二二丁´工工工工工工工工工工工工工工工工工工工工工工工工/_,. - '"_,. - '/ /_,. -
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄「| ̄| |  ̄ ̄ ̄| ̄| ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄| ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄|/_,. - '" _,. - / /_,. -‐
  三三三三三   '⌒⌒ヽ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ.  三三三三三三
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄.  | i lレハリi.}.  ふと実家での騒動を思い出してな。大変だったなぁと   |   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  : : : : : : : : : :.  ノ.(!|●-゚ノ|. _______________________ ノ  : : : : : : : : : : : : :
  : : : : : : : : : : : : |:|: : | | : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
  : : : : : : : : : : : : |:|: : | | : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
  : : : : : : : : : : : : |:|: : | | : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
 ニニTニニTニニTニニTニニTニニTニニTニニTニニTニニTニニTニニTニニTニニTニニTニニTニニTニ
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ――「|───―「|────「|────「|────「|────「|────「|────「|─―─―「|――
 ====|」========|」========|」========|」========|」========|」========|」========|」========|」====



…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM  :    PARTY NIGHT     ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

話がどんどこ脱線してしまった感、否めない。ともあれ一時的な義体化から生身へ換装するという治療法はアリだが

やっぱり高額だし支払い確かでないとやってくれないから手元に大金がなけりゃ夢物語、いっそ半身義体を選んで

早めに慣らした方が現実的だと病院の先生が反骨娘の脛をローキックでヘシ折るのは、して当然な話だという。


『義体や新造部位をつけることに忌避感あって無理』や『そもそもそんな金がねぇズラ』って人はどうなるのかって?

じゃあ今のその体でがんばって生きなさい、と。戦前の技術を大部分継承できてても医術は万能じゃないんだよ。


スラムを見れば幾らも。傭兵や遺跡荒らしが集う荒くれ酒場にチラホラ。義体化してない/できない者は多いのだ。
5237 : ◆ToVRCqC0oc [] 2018/07/30(月) 21:49:15 ID:cNEPMRMs0



                         _    _
                        |"   |"                        _             ._∠
  ___┌_―_‐_┐____  γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ./∠フ/
  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  .|  この辺、いかにもなコワモテが多いワリに色々と清潔だね  ..|VV /=
  |  l工工工工工l  l工工工工   乂__________________________ノ.V―‐ =
  |                                                |―_|
  |  l工工工工工l  l工工工工工l  l工工工工工l  l工工工工工l  l工工工工工l  |―_|
  |     ..'⌒⌒ヽ.  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ          |―_|
_|  l工. .| i lレハリi.}  屯してるのが無法者ではなく傭兵だからだな   |   工工l  |―_|
_|    .ノ (!|.●-ノ| ____________________ノ          |―_|
 ̄|  l工工工工工l  l工工工工工l  l工工工工工l  l工工工工工l  l工工工工工l  |―_|
_|_____________ l二二二二二二二二! _______ _____|__|__          __
______________||_]|__|__|__|__|_|[_ ||_______________|冊冊冊冊冊|__
=========================‐ '´       └―――‐ ` ー===========================‐'´  └― ` ー==
 __   __/  /三三/  __   __   __   __   __   __   __   __   __
  ̄ ̄    ̄ ̄ ./三三/  / ̄ ̄    ̄ ̄    ̄ ̄    ̄ ̄    ̄ ̄    ̄ ̄    ̄ ̄    ̄ ̄    ̄ ̄



…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM  :    PARTY NIGHT     ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

仕事柄どうしても義体者の割合が多くなるマーセナリー達の本拠点、独立傭兵管理機構キイ支部。その御近所に

キイ市街で最大の医療施設であるニッセキ病院は建てられていた。むしろ、その為に建てたと見るべきか。


野生ミュータントを狩る為の実働戦力、フットワークの軽い独立傭兵管理機構を招く優遇措置としてニッセキ病院を

近場に建てたと見るかキイ支部を病院近くに招いたと見るかに、大きな違いはなかろう。どっちにしろ案を立てては

形になるまで実行したのがジャック高等弁務官だ。区画整備に近辺施設や店舗の誘致までが、彼の施策なのだ。


皮肉な事に、この近辺は物騒な身構えながら振る舞いの慎ましい者が多く、市街で最も治安が良いと評判である。
5238 : 安価のやる夫だお [sage] 2018/07/30(月) 21:50:22 ID:D0mEIWRo0
小金持ちのスカベやマーセなら事前に体コピーして冷凍保存してそうね
5239 : ◆ToVRCqC0oc [] 2018/07/30(月) 21:52:45 ID:cNEPMRMs0



                                               _,、_ .......ゝ、,、
          ___________                      _,.ア/////,//////>-、
              | {三≧=-三三三三≧=-     _   _         _.ィ///7////フ///j////、//ヘ
         |、 =  | 「=/         「=/_. .^;´;`゙'^";; ;"; ; ^';`ァ.  f' _フ///,ィ/.ィ/,ィァ//从/il//i!//}、\
          、ハ -..-    ̄ '' ヽ. _rrzz|/「`\   _^"_"^___;1\ljスフ//}/ 圦{^シ'jノ゙`!/ノi!/从从从r`
        ,.ィ´        ヽ `ヽ王 |.L. ニムー- .._.  ;i;;i;;i;;i;;i;;i;;i;;i´jlハ!'          }/从/从'从j从
        .Y           `,  , . |   ||| ̄ ̄|  ;i;;i;;i;;i;;i;;i;;i|.. l!         ヽ '从/>=ミ'从从{`
      .ム  ( ゝ  ヽ    ハ  ハ  :,. 」___」_||    |  .  ̄ ̄ ̄.  j_   _,,.z===- ´ミ' ,ィ 圦从リ
      .{l i;  ヽ、ヽ、ヽ`  ハ  i: } ヽ='   」{ ―‐」        ヾニム. ´ イ¨f::ヵ   ミ {:> },从'ツ
       .{ l 八 --=ヽヽ ヽヽ、ヽ、i::::}                     トヾ'}    ` ¨´   /:`:「 ノ、'Ⅳ
       ..l :l 人 zニニ ヽi ヽ ニニz"'`l::,'                     |         ::  f´ ヾ{
       ..`,lr从     |      Λ}                    ハ :{           j   ゙.
        .lΛ     ´ `     ム´                      ハ `二.. _...,     '    `ヵ
         .ゝ'    r==  y  ノ                         V゙辷_¬ジ . 、,.イ    / {
           ` ,    -   イ                              V/,j,:,i,、ヾ.シ´: : :   /   )、
           .___l >    < l___                         `'≠=≦{: :   _ .. イ      / \
            l\l、  ` ´   r+´l                             バ .::ヽ 「:!       /     \
          ノ  {|     |`, ム      _ -───- 、             ./|::! .::/ .|::|     /        \
        .,.x  / |     l Λ /`.  / ∠二二≧_ =-\         r'゙  j::j :/  _ノ::ハ   /           \
     ,. -   ', /l  ト 、  ,.イ   ..../ /: : : : : : : 、: :\: : :\      .| /´「:/  /O/ノ:ヽ/              \
 .r ''l.      V `, Y   / l /. ./ : /: : :/ : : : : : : \: :\: : ::.、    ....|/j  |/  ///                      Y
. /  l          l   l l /  ′/: : :/ : : : :/!{: :i: : \: :} : : :|     |:/  j>=く/       ,  ,          !
    l  /        `,l  ///  ...|: /: /:/{/: /!::| | Ⅵ: : : :{:/ヽ.:.:.|     ..|'  /   /       | / /              |

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM  :    PARTY NIGHT     ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

一晩かけて下半身のフレーム矯正と補強にマッスルパッケージの換装を終えて、皮膚の表層処理を行うために

ニッセキで培養槽を借りてこいと、チンク達は人形屋から蹴り出されるように朝の市街を移動していた。


ヘルメッツかぶってスクーターに跨るセインと、併走するゼロ。チンクは修理後の性能確認に自分も走ろうとして

修理が全部終わるまで大人しくしてろやと怒られた。今は仕方なくハンドルを預けて後部座席に収まっている。


家族サービス中らしき堂島家が散策していたので手を振りながら笑顔のフライパス。長閑な朝の光景だった。
5240 : ◆ToVRCqC0oc [] 2018/07/30(月) 21:54:32 ID:cNEPMRMs0
FSSのランドアンド・スパコーンは機械の身体と生身とをちょくちょく交換しとったねっと
5241 : ◆ToVRCqC0oc [] 2018/07/30(月) 21:54:56 ID:cNEPMRMs0



   ┌──────────────────────────────── ── ─
   └────────────────────────── ── ─
   ┌──────────────────── ── ─
   └──────────── ── ─
   ┌──────── ── ─
   └── ── ─
5242 : ◆ToVRCqC0oc [] 2018/07/30(月) 21:56:47 ID:cNEPMRMs0



                    ________________ _____
               ┌―――┴''┴‐┴‐┴‐┴‐┴‐┴‐┴‐┴‐┴‐┴l||||||
               ├‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_―||ΤΤΤΤ|
               |  [][][][]  [][][][]  [][][][]  [][][][]  [][][][]  ||⊥⊥⊥⊥|
         ┌┬┬l____________________||ΤΤΤΤ|
         |||| ̄[][][][] ̄[][][][] ̄[][][][] ̄[][][][] ̄[][rzzzzzュ⊥⊥⊥⊥|
         |⊥⊥|________________⊂⊃||⊂⊃_ニ_ッ_セ_キ_医_療_セ_ン_タ
         |||| ̄[][][][] ̄[][][][] ̄[][][][] ̄[][][][] ̄[][][].||ΤΤΤΤΤΤΤΤΤΤΤΤΤ
         ||||__________________|||||||||||||||
         |ΤΤ|  [][][][]  [][][][]  [][][][]  [][][][]  [][][].||┼┼┼┼┼┼┼┤|||||
   ___⊥⊥⊥|__________________||⊥⊥⊥⊥⊥⊥⊥⊥⊥⊥⊥⊥⊥
   ΤlΤlΤlΤlΤlΤ工工工ΤlΤlΤlΤ{王王╋王王王王王王||王王王王王王王王王王王王王
   |||||||||||ΤΤΤ||||||||ΤΤΤΤΤΤΤΤΤ||ΤΤΤΤΤ丁 -┬―┐ΤΤ _
   ⊥l⊥l⊥l⊥l⊥l⊥⊥⊥⊥⊥l⊥l⊥l⊥l⊥⊥⊥⊥⊥⊥⊥⊥⊥||⊥⊥⊥⊥⊥ /┴┼―┤⊥ ,ノフフ
   =============================== _======_ =========||========== リ一リー=リ ==└iリー
       __          _.、 -‐………_┐_=三三三三‐_      ||    __       __
   ‐    _  -‐_.、+''”爻x爻x爻_、+''/.: : : : : :  : : : :.:.\\`丶」L=====‐- _      ‐-
   -‐   _.、+''”爻x爻x爻x爻_、+'”/: : : : : : : :  : : : : : : :.\\ ‐┘、┌――――――‐┐_ ̄ ̄ ̄
   _.、+''”x爻x爻x爻x爻x _、+'” /: : : : : : : : : :   : : : : : : : : :.\\  `丶、 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   ‐-
   爻x爻x爻x爻x爻x_、+'” /.: : : : : : : : : : : :   : : : : : : : : : : : \\   `丶、
   x爻x爻x爻x爻_、+'”  /: : : : : : : : : : : : : :   : : : : : : : : : : : : : :\\    `丶、
5243 : ◆ToVRCqC0oc [] 2018/07/30(月) 21:58:15 ID:cNEPMRMs0



                                                      ____
                                                 , 'へ/\ー‐、__  、
       病 院 に 着 い た ぞ。                        ._/⌒         ⌒V、
                                              ′     /          Vハ
       【ttps://www.youtube.com/watch?v=mXotzYh6vtM】       /  | '  |   / |      V ,
                                             '  l |__|_|   { _ L,,,...L   寸、
       病 院 に 着 い た ぞ!                    .|   ', :|V \|、  {\|\{ハ   }7⌒
                                            |   Vイ笊ぅ }   { イ笊r}レ'|    },'
                                            ∧ V  ト' Vrり 'へ { Vrり '   }'
                                            ∧ lV 八_   ,: `    '  / ハ
                                              ` }\「、   ___   / /レ’ }
        -――-                                   7 j人  V ノ  7´    |v
    ./       、 ヽ                                     ,     }ト _ ,.イ/    / '
   / /  / | l  l. / ヽ                                 | |、    } f^,  r‐/    / /
   .′|  |」 .__/l/ --.l l                                   八|ハ   }ハ ', / 7  /レ' -=ミ
   |  |  ||(::::::)   ‐-│ l                              , '" 、  八r'芥メ,| ,イ        寸 /
   |  |  |.     |  l  |     オマエなに唐突に叫びだしてんの?     /    」ハ/ </ V Vハ{         ∨
   |  |  |    ‐‐  .ノ /                              '        ∧            } /
   |  |  ト _   __ イ ,/ .     父さんに頭イジられた? それとも      .}         /,'∧           V
   |  ヘ | r┴-┴i | ./                                   /         //l|,'∧           ',
   |  ヘ/\.:.:.:.:.:ト、lイ.     初期仕様のバグでも持ってんの?    /         //,'l|//∧           }
   |  /   .\.:..| \                                  >- ..,,    ///∥//,∧  ,,.. -=ニニニニ}
5244 : ◆ToVRCqC0oc [] 2018/07/30(月) 22:00:26 ID:cNEPMRMs0



         ,、   __
        _| ` ̄   ` >、
     /ー-'           l \                  ボケ
   . /       ハ  ト    ヘ                    なにか言っとかなきゃいけない気がしたのさ!
    l   i  ト  l x―l‐\   ヘ  l
    | l  l 个l  l  ,ゝ⌒ヾ\ .ヘ. l
    |∧ ∧ l ヽ l ハ   l/| \ヘ、l            γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
    |' l l \l  |ヘ{  マ_| l    ̄l               |  オマエの製造元って実はIAIだったのでは?  |
    |  l ト Z≠ミ     /// l  ト l             乂____________________ノ
     .ヘ l ///       ヘ ,/ /  l ヽl
      ヘll 廴 _   マ__ //,イ  /  |                           オートマトン
        ヘ    ̄「ヽ 「/' l  /ヽ、           いいえ私はミレニオン製の自動人形です。
         ヘ   |ゝ∨}/ l  /   \           ネ ク ロ ラ イ ズ
         ∧  l, 介.、  l /     ヽ           .生前のモデルがゴーストに囁いたもので?
         /  \ ∨l:l ヽ l /      ∧
        〈    \{:::l∨ '      /::::::ー、
       /::`ー、    |:::l     _,イ:::::::::::::::::::l
       〈::::::::::::廴__ |::::l  / ̄::::::|::::::::::::; - ' 〉
       〔 ̄\_ハ:ヽl::l:|/::::::::::::::::::::\::/ ,<
      /ヽ-┬‐' .l:::::::::::l l::::::::::::::::::::| ー<´  \




                                               _────
                                             / ‐─ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄,,,´
                                           /  /|___── ̄/
                                         /::/  //:::::::::::_:  __‐´‐‐,
     ゴーストに囁かれたんじゃあ仕方ないね。       ./      , ‐´ |::::  | /   ./:ヽ
                                       /     /   |:::| /  ‐´ ` |::::|_, ─‐‐,
     これは無罪。セイン無罪だよ、マスター。       /   /  , ‐==  ̄ /.,‐  ,‐´_ ‐´  ,‐彡 、
                                     /  /__,,;‐´ ̄.┌ /´ /___| |  ┌彡彡彡 | ヽ──´ `
                                     |:::::::::|  ,─´ ̄. | .ヽ   | |二二|  |彡彡彡, .| | \ ̄ヽ ̄
 γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ       |:::::::::|__└─`─ └── |二二|  .|彡´‐´| ./  | / ̄ \
 |   どうでもいいけど二人共外で待機な   |      .| | |  |www ヽ::::::::::└ |─__─´二.|/  ┘´:::::::::::::|
  乂________________ ノ      ..ヽ_|wヽ_|w  / ̄/::::::::::::::  ̄ヘ\/‐、 ̄  /:::::::::_,‐´ _
                                       | ̄ ̄|/   /_─‐┘::|  | |  | |/    __‐ ´,,
                                         ̄ ̄ ヽ|____|_:::::::|  | |_| |   .|二二  | .
     そしてコレは有罪。許されない。(憤慨               |     |  / |  | |    |   |   | .| .,─
                                             ヽ    .|  |/ __| |    |   |   .| .|/( (
                                              ヽ   |/ /─〈    | \_`‐‐┘ | |
5245 : ◆ToVRCqC0oc [] 2018/07/30(月) 22:02:31 ID:cNEPMRMs0



                 ̄ ̄ ̄
           ./              \
            /  /        / ハ     \             人形屋の紹介状を受付で渡して順番待ちして
         /  '  ./   ./ / Ⅵ  ハ
         i  .!  」_ ||  .,!/   | ! .! !   .!             .培養槽に浸かって、そこから小一時間 ――
         |  |  |7iハト/.||  /|ハ |_L  .|
         |  |  |zi!z|ト、i!/  j'七f T   |
         |  |  |{三三.}   7うiY},|  /:\             その間セインとゼロから目を離すのが急激に、
         |  |  |入三フ   .〈zン //  /:_:_:_:\
         |  |  ト、           〃  /´ ̄`: : :ヽ        二人セットであることに不安を感じるんだが。
         | .从 八 iト...   ‘’  _イ_|   |: : : : : : : :ノ
         |/ |. \ \zz.≧f´ヽ\ !   !: : : : : /
         /  |_」´:\ \L! |: : : \| .人: : :/             .γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
        ./   ,f廴__ i\ \ハ: :.≦入.  \              .|  「「ダイジョーッブ! むぁーかせて!」」  |
       / /: :`¨¨アヘー\ Yi: : : :7/\   \              乂__________________ノ
      ./  i: : : : :<<: : ∧   ハ | !: : //: /ハ\   ヽ
      /   {: : : : : ヽ\:.∧   }! |: //: // .{  \  i                            シ ナ
     ./   ハ: : : : : : :ヽ\∧ j! レ./: :/∧.八   ヽ|.         不安は感じるが……まぁ壊されなきゃいいか。
    /   /: :: : : : : : : : :ヽ\i  レ: ://: :ノ{  \   }|
   ./   ∧: : : : : : : : : : : : Y|  [iレ/: イ ト、  \_j!
   /    .廴\: : : : : : : : : : :.||  [|/: : :|  ! \   \
  ./      iヽ\_.⊥____」|   ||: : : 〉.∧  \  ヽ
5246 : ◆ToVRCqC0oc [] 2018/07/30(月) 22:05:32 ID:cNEPMRMs0



                      _________________________________
                           / /          |   _,n_.00            |    /
                         / /            |  └l n |  に二二l     |   /
                          /              |     U U                | / /
                        /                |                  |  /
                  -ー ── ‐- 、            =三|                  |三=
             , ´           ヽ             ,γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
             /                 ヽ    ../    |  「「いってらっさーい」」  |
          ./                 ハ  . /       乂 __________ ノ|
         ./     ./     l    ヽ   ヽ.   / /   .|  ___                .|           /
         ./  ./  l  ハ  l   ヽ  ヽ  .l   i        |, (フ^^^'ヘ.       _∠二....|           /
       /   i!   i!  l .l  ト、   l  ハ   l  l     .┌┐|{ { 从リハ) 〉     ./∠フ/ニ| ┌┐     / /
       .l  z!≧、_ハ l  .! ,}. ',  圦  l .!  .l  !   ...││|レVュ゚ヮ゚ノリ     .| |VV /===.||││   / /
        .l.  l !i  `ート  l ./  } ,/=-', l .l   l   l    .└┘| (フ!,,Ⅵ))、     V―‐ =\ .|└┘    /
        .l   Ⅵヾ}ニ.',}/ l/  {/   ', l l  .l   !        | じフ、,〈}ヽ)          .// /...|
      .l i! .ヽ{三三リ /   / イ芯示ミ、 .}  .l  l      .|  しヘ_)         ( ̄○. ..|
       l ,!i   ヘ三ン      弋zン ' /   !   l        .|                  |
       .',}l;l  ヘ ̄  '、           /   .l  l    ../|                  |           /
          l;;;;!   ∧    _        /    l  .l    /  |                  |         / /
      __l_l   .l_ゝ   `    .. イ     l   i  ...    |                  |       / /
    .≪´: : : :.!   l ̄ ≧ __ ≦ ::::::::/     /、 _ .l  ..__|____________|_________
      .¨iヾ、l   .l: : : : :.|::::::::::::_/     /ミ、 __ヽl 、   ⅩⅩⅩⅩⅩⅩⅩⅩⅩⅩⅩⅩⅩⅩⅩⅩⅩⅩ\
       .l_/l    l: : : : :ノ廴√¨ /      /.: : : : :.ヾヽ\   ⅩⅩⅩⅩⅩⅩⅩⅩⅩⅩⅩⅩⅩⅩⅩⅩⅩⅩ\
     ./ヽ.!   リ, -‐〈    ./     /: :,ィニニニ彳.  `ヽ    .ⅩⅩⅩⅩⅩⅩⅩⅩⅩⅩⅩⅩⅩⅩⅩⅩⅩ\
      /   l    /:l、   〉ーー-./      / /イ           }   . ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    /.  __l   l: :ト、ヽ/. Ⅴ l     /ニン         .l
    .l ≪´ .l  l : l  ヽ、ゝー-ーl     /、               リ
5247 : ◆ToVRCqC0oc [] 2018/07/30(月) 22:07:22 ID:cNEPMRMs0



_____________________________________

互互互互互互互互互互互互互互互互互互互互互互互互互互互互互互互互互互互互互
______________________________   r‐┐  . __
                                             /\   |  |
──────┐                               \  \ |_|       -―-
            │                               <\ \/   ..../                、
_          |                                \>      /              _   |
__}       |                                        /       . . : :⌒: : : }. 、 |
────── .γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ.   ゝ     . <: : /: : : : :.ハ: \
          |  忙しいところ失礼。ひとつ訊ねたいのだが ――  |    ./: :>: : : : :/: :/:/:.:/\:\:ヽ
           乂_____________________ ノ    /: :/: : : /: :/: :./.::/ ―Y: :.\:.
                                  .┌──┴──┐     :./: :./: :/: : /:.ノ __|: : : :}ヾ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  {: /:/{: :_彡: rf示¨   {沁 : : : :!
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  |ハ: Y. |: : : : :弋zリ   ゞ' v: :ハ
:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:.. .ヽ从ゝ|: : : : : |      `  八 |リ
:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:  えっ? はい。どのような御用件でしょうか。          )从 : : : : l.     。  .イ|: : |
:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:...  ,r≦¨≧、: \≧ー≦ _ル:从
:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..  /ニニニニ≧、ヽ込.∧. v=ミ、_
                                                     }ニニニニニニ) \ヽ廴廴}ニ≧ 、
                                                   〈ニニニニニニ{   Y、:>...}==ミニ:.
                                                     寸ニニニニ=∧   .!=-≧<ム  Y}
                                                      {  ̄ ̄` ≪ニ≫ ⌒    |_ ―ゞ
                                                 八     У     ‐<    | _ rャ)
5248 : ◆ToVRCqC0oc [] 2018/07/30(月) 22:10:39 ID:cNEPMRMs0



  `>;:ニ-、 ||                            中央区の義体取扱い店から紹介状を預かって来たのだが。
.  //  `ヾ、l
 //      `ヽ、 __            ,_
|l         `ヽ',/⌒i  __  __,ァ''"´ `ヽ       店主が言うには培養槽の使用予約を入れてあるとのこと。
||           `、 __j-'-‐''´        ヽ
弋l、     、_    \              ヽ     総合でなく再生医療科の受付で手続きできるそうで?
 ヽヾ、       `r、   \             ヽ
    ̄ヽ      へ'、ヽ、( `r 、            ヽ
     ヽ      ヾヽ `-''  `ヽ、          ヽ
      \     7'' 、       `ヽ,rィ天ヽ.γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ
        ト、_ヽ,    丶           〈7<ラ<.|  御予約の方ですか。紹介状の中を拝見させていただいても?  |
        |   `-ー―ヽ        ''‐r '' 乂___________________________ ノ
        |         ヽ           |          \
        |          丶       |           丶
        |           ヽ        |            ヽ
         |            ヽ      |             丶
.       |             ヽ     |             _ノ
       |              ヽ   |         _,.ィ ´
5249 : ◆ToVRCqC0oc [] 2018/07/30(月) 22:13:22 ID:cNEPMRMs0



           _,,. -‐……‐- 、         ./{/
       ,. ''"          \    /¬/
.     /        _       /    ___
     〈 __     ,. ‐{ `ヽー-=、 /
       \l    //Λ、 、   \             “人形屋”さんからの御依頼と予約ですね。
        /\,.イ/ / Λヽ. \ ヽ 、ヽ
.       l l l//, / / ゙, \ \ ヽヽ!          このまま少し御待ちください。いま日程の
.       | l lブ/,.' ,イ-―ヽ.{ ´\\ヽ|
        l ,.‐くl∠イ |r夭r` \rテr\、{            .確認を取りますので。……はい、確かに。
       |{  | l |||辷ノ   └゙ {l |ヾ
.         |l\.」 l |||    `   八|
       jハΛ| l |||、    ¨ ,.イl !| |
         ___ | l |||‐`ニr-< _j」」| |            γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ .ヽ
.         / /j人!Λ冂::/j l_<jΤ|ハ{            |  (この看護婦は電脳を入れてるのか。  |
.       ,.'-‐'く=、:::::_ll |'^‐l_rヘ.l ! L__`ヽ         |                           .|
.     /:.:.:.:.:.:.:ヽ:Υ  _j、Λ∨ ヽ┐, |:.:.:.',         |.   まぁ能率を考えたら、そうするよな)    |
    /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.',Λ . ∨ { Λ:\<´ ト、:.:|           乂 _________________,ノ
.   ,'.:.:.:.:.:.:.:.:..(⌒)Λヽ.  _{_ハ::::::ヽ_}┴i'.:.:',
   j.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: Τ¨l:::Y二::廴Λ:::::::}j:ヽ \:.ヽ
.  /|.:.:.:.:.:.:.:.:.:_,ノ  |:::j.:.:└r‐…\ノ‐、:.}   ヽ}
5250 : ◆ToVRCqC0oc [] 2018/07/30(月) 22:15:11 ID:cNEPMRMs0


   γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
    |  申し訳ありません。只今、急患により培養槽が埋まっておりまして   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
    ヽ____________________   順番が前後しております。暫くお待ちください  .}
                                  ゝ、____________________ノ
                           /              /
                            | 、              ,                  /
                           } ', ヽ /          /              /
                          ヽ } {/  / `ヽ   /                 /
                                `7  /    |  {              /
                               /  ,:      l  ',          /
   `丶、                     /  /     ヽ  ヽ       ./
       `丶、                 /  /           \__ }     ./
           `丶、             ∠_ノ /                    /
               `丶、       丶-‐'´                 /
                   `丶、                        /
                       `丶、                   /
                     `丶、              /
                         `丶、         /
        γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
        |  命に換えるほど私の時間は逼迫していない。どうぞ、お気になさらず  |
         乂______________________________ノ
5251 : ◆ToVRCqC0oc [] 2018/07/30(月) 22:17:21 ID:cNEPMRMs0



  二二二二二二二二|ニニ\..: .: .: .: .: .: .:∨ ∧.: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: ∧ ∨.: .: .: .: .: .: .: .: .: .: ./ /.: .: .: .:
   ̄ ̄ ̄^≧s。ニニニ」二二 \..: .: .: .: .: .:∨ ∧: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: ∧ ∨.: .: .: .: .: .: .: .: .: ./ /.: .: .: .: .: .
   ̄ ̄ ̄\ ̄ ̄ ̄ ` 、ヽ ニニニ\..: .: .: .: .:∨ ∧ .: .: .: .: .: .: .: .: .: ∧ ∨.: .: .: .: .: .: .: .: ./ /: .: .: .: .: .: .: .
    ̄ ̄ ̄          \\二二」..: .: .: .: .: ̄ ̄.: .: .: .: .: .: .: .: .: . ̄ ̄ .: .: .: .: .: .: .: .:  ̄ ̄.: .: .: .: .: .: .: .: .
  二二二二二二二」}__\\ニ」.: .: .: .: .: ..: :r‐k .: ..: .: .: .: .: .: .x‐ァ.: .: .: .: .: .: . .: x‐ァ.: .: .: .: .: .: .: .: 。s≦'i
  / / / / / / / / / / / / i| ``^¨「`ーr‐、.: .: .: ∨∧.: .: .: .: .: .: .∧/. .: .: .: .: .: .: //: .: .: .: .: 。s≦    | |
  / / / / / / / / __ '゙/||     | | |  |_: .: :.:.∨∧.: .: .: .: .: ∧/: .: .: .: .: .: //.: .: .:。s≦   |     | |
   ̄| / / / / / /i    |!/i|     | | |  | }\: :. ∨リ . .: .: .: .∧/ .: .: .: .: .: 〈/ 。s≦ i  ||  |     | |
  _|__, / / / / /|    .-‐===‐-    | |  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄i   || |  ||,_,|     | |
   |.:.:.从ハ / /  ..ィi「           ミメ、  .     ┌──────┐    |   ||‐;|  || l :|.   ___  | |
   |. (;;;;   _、rf〔                 \l   .|i ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ i|    ,,| N|| l:|  || l :|  |。。| | |
   | ´  ...‘,      -‐===‐-       \  .i:::::::::::::::::::::::__|l `Y从/lo|| l:|  || l :|  |。。| | |
  二二  .....‘,xf〔: : : /: : : : : :}: : : `ヽ      〉   . ̄______「  「 |─┐}'リ≧s。i:|  || l :|.   ̄ .| |
  ニニニ  ./: : : : :/: : : : : : : /: : : : : : :\   /  .... ̄|込____}|込ニ≧┼  __j:|≧sfk__r ‐=-   ゙| |
  | | ......  / : : : /: : : : : : : : :/、: : : : : : : : `、/       「\|二二二「 ̄ ̄广}ニ二| __|_    ` 、
  | | .......  . : : /: : : : : : :/: :/  \ : : : : : : : ',           〕, ___i___,/  }ニ二| | ̄ ̄ ̄____〕
  | | ....  . |/ /: : ̄`/ /: /  -‐-\: : : : : : :          ,`}幵}|二二二二,イ ─┘|≧s。 {ニニニ二二|
  | | .  ∠/ /: : : /  //      .| \: : : : :l           .\|〕ニニニニニ|     } ̄`-_≧s。二二二|
  | | ....  . |: : / : : 芹示/   ィ示気|: : : : : : : |             .}ニニニニニl          ⌒」|ニニニ |
  | | ....  . |: ://:| Vzソ     乂rツ |: : : :|: : : |              」ニニニニニ|            ̄ ̄ ̄ ̄
  |_r -   |/: : :.| 、、、  ,    、、、 |: : : :|: : :                 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
        |/|: : :圦             .|: : : :| : /
        |: : : : :\.    ‐    /:|: :: :/∨          次に空きが出るまでは二十分すこし程かと。
        |.: : : :./|:.≧s。 _  イ::::/|: :./.
        |: : :./ |/``~、 /∨...| ./          空き次第お呼びしますので、あの一角から
        |: :/─┘| |_ / \..\.|/_
      / .∨. ‘, !   .!/ -=-\  _| `ヽ       遠くには離れないよう御願いします。
     /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:‘, ̄| !   -=-  |_ .|.:.:‘,
      /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:',| ̄ |_ -=-   _| |.:.:.:.:              -,    , -r 、
    :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\__|  -=- |__!..:.:.:‘,        , - ´_ノ -―' 〃 }
    |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|::::::::::::::::::: -=- ::::::::::i‘,.:.:‘,     /  '´   ‐‐.::. γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
    |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: | ̄ .|  ̄ ̄ ̄ ̄ -=- ̄ ̄ ', ‘,.:.:‘,    l  , ´ ̄- ´ |  どうも、お手間おかけしました  |
    |.|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/  .!        -=-     ‘,.:.:‘,    '.     ァ- ´ 乂______________ノ
5252 : ◆ToVRCqC0oc [] 2018/07/30(月) 22:21:24 ID:cNEPMRMs0



                                /\
                    -――-       ./  /
                 ´        ` 、.. .\/ />
             // /  ,イ        \   .</
     ., -─      /, イ z/ト、/ 」_z,イ__  l   ヽ.ハ.  ┌─┐
   ., ‐弋__   .〃 / ./ l / / l / 「` ミトヽ、}  } }. .└─┘ さぁて。二十分となると、ただ座ってるには長い。
  .弋__        l ./「:l/`i  l≠テ云ミ、!ヾ/ / .l
             ハ/ |::::::ノ     ら .}ム/ / .l        .かといって暇潰しでセインを呼び戻すのも面倒。
           // ./|¨´ ,    辷ンイ / ./  /
         / / /込    ,、.   /レ',イ  /
       _/, ィ / ./~i:|.\`_/ハ:}>´, ィー ' ./!         病院の待合というのも然程に経験ないんだが、
      ´ ̄ /,イ _/ 」:|_」¨/// /ニ、>  / .l
         /イ l lムニ{⊆ヽ./ /´ ̄ヾ  /  |.          何某かの気を紛わせるような物がないものか。
        / l | 「//::/イ /       }    l
        {  ll /i ┌// {//      /    ハ
        ヘ | {::| .|::::::《  /     /|     ヘ
         ヘ.ハ| .|:::::::ii /     / |      \
5253 : ◆ToVRCqC0oc [] 2018/07/30(月) 22:24:42 ID:cNEPMRMs0



                                           |   |         ||   /
            _________________          |   |         ||/
             |__|_____________|__|        |   |       /||
             ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄    | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄| |
     > _                                 |             .| 0| |
         > _                             |  再 生 医 療   |  | |
 γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ....  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |       No.5 .| 0| |
 |  やっぱり取り消せませんか?  |              .|________|_| |
  乂______________ノ.  ――――― ┬┐    ∥ |   |       ̄ ||
         |          > _      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄     ∥  |   |   / │ ||
         |             > _                 ∥  |   |  |  │ ||
         |            |  > _ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |   |   |  |  │ ||
         |            γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ
         |            |   くどいし、今更だ。もう受けると返事をした後なんだから   |
         |             乂________________________ ノ
         |            |            |  |       |   |   |  |  │ ||
         |            |            |  |       |   |   |  |  │ ||
         |            |            |  |       |   |   |  |  │ ||
         |            |            |  |       |   |   |  |  │ ||
         |            |            |  |       |   |   |  |  │ ||
5254 : ◆ToVRCqC0oc [] 2018/07/30(月) 22:26:32 ID:cNEPMRMs0



 γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ
 |   話を反故にするということは、それ自体が借りを作るということだ   |
  乂____________________________ ノ
  | :::::::|    ::::::::     :::   |:  ::::::::|                       ヽ、;;;ソ;;;;;;;;;;;;;;i!
  .| ::::::|    :::::::::    :::::  |:   i⌒                        ヽ;;;i;;;;;;;;;;;;;;;;i
  !__::::::|    :::::::::  γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
     ̄i__,,,,,,--,,_  |   なにも得ずに負債だけ積み上げてどうする。腹を括るしかないんだ、私達は   |
        |   |   乂_________________________________ノ
        |,,,,,,,, |     !;==i                                   `‐----'
        !'  ''i:|     i)   '!,
        /   .i:|     ii___'!,
       ./   .//!     'i,_  ノ            i !         _   i !         _   i !
      / ̄ ̄∨/''      ~'''          二 二~i   {}{}//  二 二~i   {}{}//  二 二~i  {}{}//
     ./    //                        |_| |_|.     //    |_| |_|      //    |_| |_|     //
     ゝ---='''                              "              "            "

       γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
       |  返済要求がボク達のキャパシティを越えない加減であればいいんだけど……  |
        乂 _________________________________ ノ
5255 : ◆ToVRCqC0oc [] 2018/07/30(月) 22:27:00 ID:cNEPMRMs0



.:::::::/:::::::l:::::::/l:::::/:::::::/ l:::::::::::::/:::l::::::::::::::.  γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ
.:::::/:::::::-l::_/_,'::/:::::/  l::::::::::::/::/!::∧:::::::  |  「「……あ。病院に死神がいる……」」  | :.- .
.:::/::::::::::::l/ /'"辷'-..,,_ j:::::::::::/:/ l:/ ゙::_;;;;.  乂_________________,ノ  ::::::::::.``丶、_
.:/::::::::::::;ィ===‐-、 、  ̄j`: : ://  l'-‐ ヽ:::::::丶::::::::::::::::l、::.             ./.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.::.<´
..::::::::::ィア ,ィ赱心 丶丶 j : /   /,ィ===ュ、:::::丶::::::::::::::l 、::.        ./.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.\
.::::::::::::ヾ {l:l:::::::lゝ,   `/'"    イf赱ハ ヾ}::、:::ヽ::::::::::::l 、::.       /.:::::::::::::::::::::::∧:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.\
.:::::::::::::::::乂r辷シ            {ll::::ノy  〉::∧::::l::::::::l::l 、:i      .../.:::::::::::::::::::::/_' .:::|:::::::::::::::::::_:::::::::.丶、::::、:`ー-
.:::::::::::::::::::::::─‐           ゞ-''" /::/::::ハ:l.:::::::;i: !  i:l     /.::::::::::::::::::::}/´   N::::::::::::l\::::\`:::::::::::∨∧
.:::::::::::::::::::::::::l              ̄   !/::::::::::ll::::::/ !:l   !l.    .⌒7.:::::::}:::::::厶-‐-ミ ヽ\::::::| .ゝ‐-ミ::::::::`N::::::::.
.::::::::::::::::::::::::::l            ,       ,::::::::::::::l:l::::/ !j   ll       /.:::::::/::::〃      ヽ   \|/     ゙ヽ::::|:::::::::|\
::::::::::::::::::::::::l::l               ,.::::::::::::::::l/:/  l'  jl       /.::::ィ/ィ {     o  }    {  o     } `トゝ::::|
.::::::::::::::::::::::::l:::l     , -,      ,..::::::::::::::::::/:/  j   j'     /   { )l 八       ノ    、     ノ {ぅ l\
.:::::::::::::::::::::::::l:::l          ,ィ:::l::::::::::::::/イ  /  /          厶ぅ{ , ,` ‐--‐    _   ` ‐--‐ ゙, , 广ノ
.::::::::::::::::::::::::::l、i       ,...::l::::l::::l:::::::::/:::l:::l      /            }爪 .:.::::::::.:.          .:.::::::::.:. 爪{
::::::::::::::::::::::::::::l i >  _ _...::::::::::l:::::l::::l::::::::::::::::ll:::l    /               .i:.、       _           ∠_
.::::::::::::::::::::::::::::Vl  /:::::::::::::::::::l:::::l::::l:::::::::::::::ll:::l                 _ -=ニア:`: .                .イ: :Vニ=- _
..、:::::::::::::::::::::::::::l  l:::::::::::::::::::::l::/:l::::l:::::::::::::::l !:l                /ニニニ/ニニニニ{≧=┬---┬=≦}ニニニニ∨ニニニ丶、
  \::::::::::::::::::::ハ  l:::::::::::::::::::::l/!::l::::j:::::::::::::::l jl             /ニニニニ〈ニニニ/{ \∧::::::::∧/ }\ニニニ〉ニニニニニ\

        .'⌒⌒ヽ..  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ
        | i lレハリi.}.. .度胸だけは一丁前だな、オマエ達。暇ついでに教育してもいいんだぞ?   |
       ノ.(!|●-゚ノ|. _______________________________,ノ
5256 : ◆ToVRCqC0oc [] 2018/07/30(月) 22:28:19 ID:cNEPMRMs0



   ┌──────────────────────────────── ── ─
   └────────────────────────── ── ─
   ┌──────────────────── ── ─
   └──────────── ── ─
   ┌──────── ── ─
   └── ── ─
5257 : ◆ToVRCqC0oc [] 2018/07/30(月) 22:32:16 ID:cNEPMRMs0



 γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.
 |  こんなところで奇遇だな、ネガ・ネビュラス。今日はどうした?  | :::::::::/.:::::/.:::::::::::::::::.`ヽ::.
  乂___________________________ノ ::::::::/.:::::/.::::::::::::::::::::::::::::::::.\
                                         ::::::::i:::::::::::/.:::::::::::::/ .:::::|:::::::::i:::::::. \
                                          |:::::::|:::::/.:::::::::::::/.::::::::∧i::::::i:::::::::.  `、
  えっ、FOEがいる……。どうします、先輩。              |:::::::|:::::i:::::‐-::/、/.::::/ 」L :i::::i:::::i   `、
                                          |:::::::|:::::iトミ<___/.:/ ´ |:ハ::i::::i:::::|
  回れ右で別の脱出ルート探しますか……?               .:::::::::|:::::|乂ン^´ ´   艾)癶ノ::::/iハ |   i
                                         ::::::::::|::圦 : : : .      . : : : 厶ィ .ノ :|   i
  厶 :::/| :::::::// ⌒\__ノ\::::| \|\:::::::::::::::.            ::::::::::/.:::::/::..      ,′  .イ::://  /   ノ
.  /:::::::::|::::::/|/{     a 「   ァ|¬<⌒'::::::::: ∨             .::::::i::/.:::::::{:..:个  ‘  ...::::::::i::′ ./
 / ::: /|::::;    、    丿   〃 a   ∨|::::::::|::|             .:::::斗|.:/::::::',:..:..\  ア´..:i::::::::i::|、
 ::::イ| 〈∨|  ´´ ー‐''゙     、    ノ∧::::八|              /ニニ|k::::::::::', -‐`Yム=ミ :::::i::! \
 ⌒l人__    u        l  ー‐''゙ { |/                  ト、ニニ八∨/::::.  ー}ノ   }::::i:i ニニ}
   ∨|:::八         __     ``               ,|ニニニニニニ∨:::::|ゝ=≦{ \/|::::::;ニニ/
  ̄ ̄∨く`>       〔  ノ        人                 /:|ニニニニニくニ∨::ト.  |   〉:|:::/ニニ〉
     /   \ >  ..,,__          イ                ./ .:|ニニニヽニニ\`、:.,..:.^´`¨7ニ.:/ニニニ|
 \.∨     \   /├―ァ_=≦ ∨\               /:/ :∨ニニニ\ニニニ}∧:..:..:..:/ニニ/ニニニ/

       失礼だぞ、ハル君。気持ちはわかるが。気持ちはわかるが。それはそれとして失礼だぞ、ハル君。

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM  :    PARTY NIGHT     ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

いっぺんドついたろか、こやつら。いやハルユキは熱単分子ダガーで左腕スっ飛ばした上で腹を蹴りこんだし黒雪も

けっこうポンポン頭部をドヤしつけたっけ。反省や教訓が身についてないようだし、もっぺん痛い目を見させるか?

こういうズ太さこそ屍肉食らいが基本習得するべき心持ちかもしらない。考えようによっては感心できる奴等である。


先日チンクが食らわせた左腕切断&応急接続の後処置で通院してるのかと思ったが、それにしてはタクムが居ない。

二人は奥のエレベータで降りてきた。上階には入院患者用の病棟があるようで、そこから両脚の不具で入院している

仲間の見舞いに来たのだと察する。
5258 : ◆ToVRCqC0oc [] 2018/07/30(月) 22:38:52 ID:cNEPMRMs0



.        ,. ''"~ ̄ ̄ ``丶、                                           _
.       / ::::::::::::::::::::::::::::::::::::\‐-       あの後すっごく大変だったんだぞ。        ´    ` 、
       / :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ    `丶、                             /      、 、 ヽヽ
.     / :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|\     \                        / i  l\ l,リ>}ヾ「 l .l
.     .′::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|: / ::/|  \..  組合で拘留されて夜を明かしたり、     .| 」_|V- リ,ィ´ ̄} l l
    l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|: |/l/|ノ                                  |  レ´:::::}  マ__ノ .| l
    | ::::::::::::::::::::::::::::::::: ┌|: |   {_      .陸軍の工兵隊を遺跡に案内したり、   |  lヽ:::::ノ    ,| | |
    | ::::::::::::::::::::::::::::::::: │l: |    }                                     |  | 廴___r >ィrl l  l
    | ::::::::::::::::::::::::::::::::: ∧|: |         周囲の同業者が目の色変えたり。    |  |   ,ィ/7=''/.l| .ト、 l
    |::::::::::::::::::::::::::::: |::/.::::|: |   /                                l .|  〈 /◎/ .|/ l ヘ
    | :::::::::::::::::::::::::::::l/ :::: |: |‐ '′                                   ヘ .| ./ / ll l  // |  .ヘ
    | :::::::::::::::::::::::::: /:::: l:::|i |                                     ヘ{ / ./ .ll l   }  |   ヘ
    |::::l::::::::::::::::::::::/::::::::|: i|i|                                      / / ll .|   l  l  l ヘ
    |::::::l:::::::::::::::: / ::::::: |::::i|i/>- 、
    |::::::::l:::::::::::::/::::::::::: | :: i|´////ハ                 その甲斐に見合うだけのリターンを得られたろ?
    |::::::::::l:::::::::/:::::::::::::::| :::::|//////|
    |::::::::::::l::: / :::::::::::::: | :::::|//////|                   ならオマエ達が求めた喫緊を脱せる稼ぎを喜べ。

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM  :    PARTY NIGHT     ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

だが耳に挟んだ話で、彼等はなんだかややこしい事情に身を置いている様子だ。そこのところ気にかかったので

暇潰しがてら彼らの近況を問いただしてみた。チンクに含むものが多い彼らは自分達の内情を教えていいものか

一瞬だけ口を噤んで迷い……しかし山ほどあるデカい借りを踏み倒すマネもできずに渋々ながら答え始める。



結局はネガ・ネビュラスの功績として、環境プラントと遺跡に埋設されて稼動状態を保っていた大型の保存装置を

組合に報告し、彼等は三人揃って高等弁務官直々に呼び出されて三級昇格の内示と共に労いを受けたそうだ。
5259 : 安価のやる夫だお [sage] 2018/07/30(月) 22:41:19 ID:D0mEIWRo0
病院といえは無料ウォーターサーバー(お湯は出ません)
5260 : ◆ToVRCqC0oc [] 2018/07/30(月) 22:43:56 ID:cNEPMRMs0



________________________________________________
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
 |   ちょうど大衆の喜ぶニュースを作ろうとしていたところでね。君達は実に運がいい   |
  乂___________________________________ノ..‐-
                                                  /,、 ,,     ヽ
                     ,. -‐  ¨¨¨`                          i  /ヽ'":!     ハ
              ____/---  ..,                              | jl|、  _|j | j, ,  }
            .::::/::::::::::::::::::::`::....    `ヽ                          | rfッ ィヤtッ' ナリ,ハ |
        /::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::\     \                         | ゝ'`弋_`¨′ ノ .|
        ./:::::::::::|:::::::::::j:::::::::/:ハ::::::。::::ヽ      \                      マ圦` _   ノ从.,/
        i ::::::::::::|::::::/リj;::/ノ Ⅵ::゚:::::::::.                         ゝ'ハ `こ ,.イ<  〉、
        |::::::i|::::i|/¨¨´jノ `¨¨リ∨}:::::い                      ,..>ヤ//   ヽ}  /,/'ヽ
        |:::r┤::i| 三三   三三 }:|:}i::トi|                     , ' / ////     ハ///////'> 、
        |:::t│::i|:.:.:.:     :.:.:.:./イ/|::|│                        / ' .////'    ///////r ´ , -‐`ヽ、
        |::::i:i|::::i|   ____`   /:ノ |/ .|                   |. λ////ハ _,/////////'!  /     ',
        l:::i:i:|::::il\ ゝ.___ノ   イ:|   / /                    j  ///////´///////////|  /、     ',
__  .../:::i:i:i|::::i| /ヽ.r ====ァi|   _________________________________
 ̄ ̄  . /:::i:i:i:i|::::i|ミ{ ニニ}     |::j|    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   ...-- :;__ハ:i|::::i「..}  ヲ|___|::j|
  .../ニニニ\∧:::j|....}  ∨....... /::::i|       身の丈に合わない箔を付けられ、それに見合う成り上がりを後押され。
  ...|ニニニニニ}〈}::i|}/:{ /..ゝ__〈:::::jリ!
  ...|ニニニニニ|ニム/∧:`¨〉八.../:::/=|     まったく能力と技術、経験といった実力を伴わずに担がれてるんだゾ。
  ...|ニニニニニ|= /ニニ≧ュ、/=|::/ニ|
  ...’ニニニ二|:イニニニO7、\ l:{ハニ.!      おかげさまで胃がすっかり参って、今も珈琲でなく白湯飲んでる有様だ。
   .∨ニニ/ニニニニO7ニO=}リニ}=|

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM  :    PARTY NIGHT     ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

―― で。恐縮しまくる三人を横目にヘラヘラ笑って報告書を片手でチームが受けた損害や現況を並べ立てた彼は

出資者となる形でネガ・ネビュラスへの後援を持ちかけた。失った装備の補填と、欠員の回復を約束すると云う。


よほどのバカでもなければ、これがタダ飯めいて美味い話だなんて思うまい。受ければ弁務官に個人的に飼われる

首輪付きの狗となる。しかし並べられた餌はとびきり極上。毒が仕込まれていると察したところでネガ・ネビュラスは

逼迫した窮状を脱する為に食いつくしかない。……なら毒食わば皿までと腹を括るのも、悪い決断でなかろう。
5261 : ◆ToVRCqC0oc [] 2018/07/30(月) 22:48:10 ID:cNEPMRMs0



             ,イ  __
        -=─、/:/‐: : : : :≦- _                プ リ フ ロ ッ プ
       , -'": : : : : : : : : : : : : : : : .ー-. _             勧誘し始めてからが、本当ひどいゴリ押しだった。
    _, -'": : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : <
   -=彳: : : : ": : : : : : : : : : : : : : : : : : : : >
     /: : : : : : l: : : : : l: : : : : : : : : : : : : : \.            最初の条件でビビったボクの言えたことじゃないけど
    厶: : : : :/l: ト、: : :ト、: : :l: : : : : : : : : : : : \                             ハッタリ ベット
    |: l: : / u ∨ \: `, \l\ : ヽ: : l: : : : : : :\        姫が「安くみられたものだ」なんて虚勢を張ってさ
    |八:/ -─   ゝ_ヽ    \l: : lマー、: : :/
      Y ──     ___   l:/)‐ ノ三            それを弁務官が面白がってブッパし始めちゃって。
      l ""    ,             r‐< 、
      >、           ""ノ: : : : : :`丶、                      チップ  レイズ    レイズ
     /:l: :<ゝ〈7ーッ‐‐、ヘ__  イ /: : : : : /: : : .、         手札配って即、条件の上乗せ&上乗せときたんだ。
   /: : :l:r─:从 ′ ノ/: : : : /: : : : /: : : : : :_ヽ              フォールド
  /: : l: :/:l: : : l/7┬/: :\ ̄: : : : : /: : : : : : : : :⌒l     次手からもう 降参 できない状態って分かった上で。
/: : : : : /: l: : : l////V : : : / : : : : : /: : : : : : : : : : :〈

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM  :    PARTY NIGHT     ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

破壊されたシアンパイルの強化再生。新たに寄与される警備ロボ一体。倉崎楓子に与える生体義脚と専用装具。

どれ一つとっても四級どころか三級チームにだっておいそれと手が届かない代物という、破格の厚遇である。

蟲惑的な条件を記した契約書。悪魔が持ちかける魂の取引は、いつだって破滅に至る栄光を約束している。


破滅と栄光の境界線で、命を取りこぼすまでタップダンスし続けるのが屍肉漁りというもの。そこを意識的に改め

ネガ・ネビュラスは披露する芸の難度を上げる腹を括った。決断して、皆を纏めて取り仕切ることのできた彼女は

れっきとしたチームリーダーだと、チンクは遺跡でさんざん頭ドヤしつけた黒雪という少女を少しだけ見直した。
5262 : ◆ToVRCqC0oc [] 2018/07/30(月) 22:52:48 ID:cNEPMRMs0



                 __
             _ <´     `   、                  私の実家までの足に加えて、姉達による訓練を
            ./   ,ィ ,      ヽ. \
            i/ ./// l l /// l    }. ヽ                頼んでやろう。終わった頃には全員一人前だ。
     ,、 .ri    ,l z/lキト 」ハ「トハ、l .i   l  ハ
    r、l .l .l |   ./{ .lr::ハ´ ≠ァミ、ヾト  /   }
    ヽヾl_」 l , っ' ヘト、:ノ   ん::}」/  /    l               γ´  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ∧
  .. rヘ':::::::r<.,イ  , { '、__   `¨´/  /    !                l  チンクの姉って、どんな人なんだ……  (__;)
   .`ト、_{//  / .l\     ./  /     {                    ヽ、_________________,ノ
    iヾ===./  /r.┴‐.ゝr‐ 7  /ヘ    ヘ
    ト、::::::_」 ./_」    ト_/  / __》、     ヘ
    l    l l  V´ユ.//  /"  .ハ     ヘ         “ナンバーズ”と教え子の自警団に揉まれて来い。
    !   ヘ l r´ /ー./   /     .h  ヘ.  ハ
   . l    ヘl ll ./7ヘ{ / 》     / ト、  ヘ. ハ
   ..l      }.ll/:l l:::::ヾl ./'    ./  / >、!  ハ }            \人_人,_从人_人_人,_从,人_人,_从人人人从/
   . !     ト/:::l l::::::::::l/'       ィ≠ィ´ト、  } リ              )  アイエエエ?! エイユー? エイユーナンデ!!?  (
   ..l     ノl::://::::::::::lL__ zr≠"  l! l ヽ//}         /⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒YY⌒YYヘ
    ヘ    / ll:://::::::::::::|「 ̄ ̄ ̄.ハ  \ヘ'  /イ∧                              ※初耳
     `ー.イ ./'://:::::::::::::::ll.    〈 ハ    ヾ、 /イ}/
      / /'::l l::::::::::::::::::::ii     // ∨   ∧ }ル'         おっと順番が回ってきたようだ。詳細は後ほど
     /  /'::::|.l:::::::::::::::::::::::ii   .勹  ∨   ∧
    /  /1::::::l l:::::::::::::::::::::::::ii    \  ∨   ∧.          短波通信で、この番号に問え。では又な。

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM  :    PARTY NIGHT     ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━
                           ガッツ    ニュービー
脇が甘いし足元もおろそかで危なっかしいが見所のある 新 兵 を見ている、そんな気分。集落自警団で自身より

後発参加した連中をシゴいていた際、こういう面白い奴がいくらか混じっていたものである。―― なるほど。(名案


そういうことなら話は簡単だ。新生するネガ・ネビュラスが必要とするもの、不足しているもの。自覚と理解はある。

実家に顔を出すなら都合も合う。ならば後は押し付けを追加してやるだけだ。覚悟はとうに済ませているものな?

紹介状に姉達によるReブートキャンプ依頼を追加、更にクラウス達の帰り足に便乗できるよう取り計らっておこう。


―― なにも涙に咽ばずとも。感謝は要らない、礼ならいずれ。順番待ちの暇潰しにしては楽しめたものである。
5263 : ◆ToVRCqC0oc [] 2018/07/30(月) 22:57:41 ID:cNEPMRMs0



      _∧  ̄ ̄}┃|            ′、 ト-=≦  ̄`ヽ  :   |┃
      ]{   ̄ ̄ ┃|                   ≧=‐ <⌒ イ   。  |┃
      ]{  |/ |  ┃|               乂   ___    `ヾ       |┃
      ]{  |/ |  ┃|               __// ア        |┃
      ]乂__|/ |彡┃|               {  /  .'  /         |┃
      ≧z-|/ |≦┃|     υ        〈/      /       |┃
        ___|/ |_ ┃|      o              / /           |┃
      / }|/ |丶┃|                  __/ /         |┃
         }|/ |  ┃|     ゚          {      o     |┃
      /〉 }|/ |  ┃|                 〈/               |┃
      //〉:}|/ |  ┃|                      ゜      |┃
      〈//〉!z |  ∧{                          }∧
       ̄ ̄\{    \≧=‐-   ,,,... __ _ __ ...,,,   -‐=≦/
       二≧x \     ̄ ̄\三三三三三三三三三/ ̄ ̄
       ニニニ ゞ='}___ -‐─ _ 斗ヒキ」─ |i, ─Ll〕iト _ ─‐-
       ̄「 |\__________]:.  ...  ̄  ...  ...∧〉、 .... .  ̄.     ...   `丶
       _| 」_____} )≧=-  __  ___  ____ _ ___ ___   -=≦|
       }{____rセ⌒ {}   ㌃7        ___ _______ ____ ______j‐三]
      ニ‐ ̄    ≧=- ㌃7    ___   「三三三三三三三三三三三三]__ ___
      ‐           ___㌃{___r─=…━…=─=…━…=─彡'⌒>─/^ ̄ ̄ ̄”¨      、
                   `⌒´           「 ̄ ̄ ̄ ̄(({く   ___ イ                 ) }

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM  :    PARTY NIGHT     ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

再生医療科の廊下を渡って処置室へと案内されると、担当医から段取りとおよその時間が説明された。慣れた話を

聞き流しながら手早く衣服を脱いで籠へと収め、チンクは培養槽へとドボンと音を発てて腰から下を投げ入れる。


修理済の下半身と接合部周辺を被覆するだけの簡単な仮修復だ。接合部については、どうせ夜にはまた上半身を

バラす為に剥いてしまうのだが、長く剥き出していると折角に修理した下半身全体が壊死してしまう。一見して無駄に

思えても工程を分ければ一手間二手間が必要となる。むしろ、そこをいい加減にしたら全体の仕上がりが落ちる。


せっかく操嬢が突貫工事ながらに良い仕事をしてくれているのだ。患者としては、それに従って万全に仕上げたい。
5264 : ◆ToVRCqC0oc [] 2018/07/30(月) 23:04:45 ID:cNEPMRMs0



                /::::::::::::::::::::\ 〃/
             /:::/::/∥----::::|    ⌒                   r‐┐
             /::/:::/∥ .… |::n                   /\   |  |
              |:/:::/:::::::|  赱//ノ                     \  \ |_|
             |||::lモ::::ノl   メ/                     <\ \/
             メ|::l 、  _  /、                    \>        .´     ` 、
             .乂 r -ァ-、\ ヤ≧ 、                      , '         、
          ..ィ≦ィ .ハ フ/> ` ヘ.ヤム   γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ    /           ',
       / 二二/ 似、 .'ィテ.   ヘ /.. .<     「「お?」」    >  ..二ニ=‐‐--
      /.=ニニイ イ从` г..   ヘ .  .ヽ、________ノ   l               ハ
     / :’  ニニイ イ/从 i  ト、ィ≦/ ヽ ,イ ==} 毯               l.          l      l
      / ¨ =-≦ニィ イ//从 i  |〈.//////ヘ ` --イ`叺               .}    l     l      l
.    人 人ニニイ イ///从i  |/∨///// ヘ.   乂彡|              ,'    l     l  l      .l
   /.二二二二 イ  l ////入.人/∨///// ヘ     |             ハ   .l    l   l      .l
   /ニニニニニ |  .|//////|//// ∨///// ヘ,ヤ.、  l             .//   .l    !    l      .l
  /二二二二二 |  .|./////○//// ∨/////イ/ャ/::Y|            //    .!   .l..   l     lヽ,
                                         //     /   .!    l     l. ',
    ‐|┐                                     //    /   .ハ     l     .l.  ',
     .|| ll /               ‐|┐                   // ./   ./     .l .l      .l    .l   ',
         ′      .┐       || ll /                 // ,イ.  ,イ     .l l      l    .l   ,',
             _| ll /          ′     ┐         ./ l ,l.l  .l .l    l  l    l  l. l  ./ ゝ
                    ′              _| ll /   ../ l l .l  l l    .l  .l    .l  i! .l / /ハ
                                     ′    { .{ .l l  l  l   .l   l   ,イ  .l l l  /  ハ

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM  :    PARTY NIGHT     ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

およそ一時間かけて下半身への処理が一通り終わると、明日も利用する旨と予約確認を行って着替えを済ませる。

処置室を出てから待合に戻るほんの十数mしかない道行きでネガ・ネビュラスに引き続き見知った顔と鉢合わせた。

                                           ESP
現役で一級の肩書きを持つ独立傭兵にして恐らくは自分と同じ雷電の権能を持つ、もはや存在自体が珍奇な人物。

長谷川虎蔵とは以前“モルグ”で店を出している際に問答した、たかがその程度の面識でしかない。チンクにとって

自身の上位互換と初見で脅威を覚えた忘れ難い人物だが、虎蔵からすれば、まぁ物珍しい新人程度の認識だろう。


先方がこちらのことを覚えているか別の話として……この病院ってばエンカウント率がおかしかないかい?
5265 : ◆ToVRCqC0oc [] 2018/07/30(月) 23:09:56 ID:cNEPMRMs0



                                      _... -─- 、
                               : ´::::::::::::::::::::::\
                             _,イ::::::::::::::;'ⅵ:::::::::::::::::::ヽ        ちょうど良いやな。ちょいツラ貸せ。
                            i´:::::::::::::::::::,州从乢:::::::::::::::i
                            |::::::::::/レi:::,'     ヽ::::::::::::l      コーヒーの一杯ぐらい奢っちゃる。
                            | ::::::::i二l::l_,. - 二"´}r ‐、:::!
    茶飲み話はかまわんし断らんが   l::::::i::b::dり   ─  リ こ!i::!     r'彡
                               i::::il::i:oノ     '''''' , - '/   _,.○' ´
    そも拒否する権利ってあるのか?   i:::iりi         /!ミ`::ト-r'´::_彡'
           ._    __          ヽ}_. ゝ;:.、    _.-'‐!`i‐<_ ̄
        ´  `.´ ̄      `ヽノ        ` "´_>ァォァ:i´ ,. 'i.:.:l ::.   ` 、.  あ。ねぇよ、ンなもん。
         / /                   / ,.'/i,'}:/`' /:i.:.:i :::.    ヽ、
        .,   ! ハ.N、 ,| ト、 l、lヽ ヽ      ./   //:::!/::i/ /:l.:.:.i         \
       /,,イ  !,...|/、/り    リ  i     ,.イ   //ヽ、i/_/::::::::i.:.ヘ           ヽ、        _ -- ─ ,
       〃 N l{::::::::::}    三三.|.  l    /i ,.'  //::::::/::´::::::::::::::::::i.:.∧       、   ,'`` ー- 、,. : ´        i
          从 |`¨¨´    .||| |   l   / l/  //::::o,'::::::::::::::::::::::::::i:.:.:.:i       \ i                    l
          | ト、   厂 ̄}   | l  l.,.イ /  /:,'::::::::i:::::::::::::::::::::::::::::i.:.:.‘.         ヽ}                    l
          | |. ヽ、 _ ̄ ̄ __/| l  l.   ,.′ /:/:::::::ol::::::::::::::::::::::::::::∧.:.:.ヘ        \               }
          | |  l /.コヽ/lニ| | |  l. /   ,'.:.i::::::::::::l:::::::::::::::::::::::::::::::ヘ.:.:.∧           ヽ.._______     !
          | |  l./.l (_V _) l .| レ.  l../  /.:.,'!:::::::::ol::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ.:.:.:.゙、                   ̄ `` ┴ 、

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM  :    PARTY NIGHT     ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

たぶん忘れられてんじゃないかな? と思って会釈で済ませたチンクに、しかし虎蔵は嫌味の薄い笑みでニヤっと

「よう、いつぞやの。なんだ、おもしろおいしい儲け仕事もってきてくれたかね」 ―― バッチリ覚えられていた模様。

そんな話もしたっけね。あと用があるなら眩桃館かニッセキを探せって言ってましたね、あーた。スコンと忘れてた。


残念ながら儲け話もってきたんじゃなく義体修理で数日ばかり通院を始めただけだ。答えると「まぁワカってた」と

ケラケラ笑って返す。どうやら今日も暇をあかしているらしい。ちょうどいい話相手が捕まったと彼は大層機嫌よく

チンクの襟首とっつかむと猫よろしくブラさげ、勝手知ったる病院内を闊歩して喫煙コーナーまで連行した。
5266 : 安価のやる夫だお [sage] 2018/07/30(月) 23:12:52 ID:D0mEIWRo0
剥いたり培養したり生体系は不便よね

高級自動人形みたくナノマシンスキンなら楽ジャラホイ
5267 : ◆ToVRCqC0oc [] 2018/07/30(月) 23:21:04 ID:cNEPMRMs0



二二二二二二二二二 ヽ                         | l | __  __   __  __
_________l || |                      | l | |   | |   | |   | |   |
                  | || |                      | l | |   | |   | |   | |   |
| ̄| | ̄| | ̄| | ̄| | ̄l | || |        γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ
|  | |  | |  | |  | |  l | || |        |   ほう。自販機のくせにエラく味がいいな、この珈琲   |
=====f´ ̄ ̄ ̄:| || |         乂______________________,ノ
| ̄| | ̄| | ̄l| l三l    | || |                      | l | |   | |   | |   | |   |
|  | |  | |  l|      「i| || |                      | l |二二二二二二二二二二
=====j   口 j_l| || |                      | l | __   __   __  __
 γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ   | |   | |   |
 |   だろ? 仕事の報酬でかっぱいできたの頼んで置かせたんだわ   |  | |   | |   |
  乂____________________________,ノ.  二二二二二二
ォ────┴───‐| || |                      | l |:::::::::::::::::::::::::::::i 二二二二
:|i ̄ ̄ ̄ ̄i|:::::::::::::::::::::| || |                      | l |:::::::::::::::::::::::::::::||
:|l        l|:::::::::::::::::::::| || |                      | l |:::::::::::::::::::::::::::::||
:|l        l|:::::::::::::::::::::| || |        γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ ::||
:|l____l|:::::::::::::::::::::| || |        |  色々とやりたい放題だな……  | |||
────────一| || |         乂______________ノ  |____
                  | || |                      | l |二二二二二ノ_____
                  | || |                      | l |
                  | || |                      | l |
                  | || |                      | l |

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM  :    PARTY NIGHT     ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

彼の用は本当にただの雑談なのだが、初見は店仕舞いの店主と通りすがりの客のダンピング話だけだったので

二度目の機会に改めて腰を据えた互いの自己紹介を始めることにした。


チンクは自身が“ナンバーズ”の末弟であることから、年齢に合った義体換装を目的とした金策と社会勉強の為に

屍肉漁りとなったこと、先日に派手な戦闘を行った結果として今現在は義体の修理で休業中であることなど。


虎蔵は年季の入った独立傭兵だが、実態は眩桃館で呑んだくれるか娼館で遊んでるかしてる“ぬばたまの獣”だ。

どちらも気分でなけりゃ今みたく知己の院長室あたりでゴロ寝しているそうな。行動がほとんどケダモノである。
5268 : ◆ToVRCqC0oc [] 2018/07/30(月) 23:26:02 ID:cNEPMRMs0
機械がいちばん楽だと思うよ! ※鬱らない場合に限る
5269 : ◆ToVRCqC0oc [] 2018/07/30(月) 23:34:23 ID:cNEPMRMs0
げろはきそう やらかした orz
5270 : ◆ToVRCqC0oc [] 2018/07/30(月) 23:45:35 ID:cNEPMRMs0
  _____ -------            そろそろ退屈しのぎの相手も         .-―-
≦:::::::::::::::::::::/::::::/:::/                                      / /     ` 、
:::::::::/::::::::::::/::::::ホ:/:::::\              アガリでよろしいか、虎蔵殿。     / フ |メ/ィ / ,   ヽ
:::::::/:::::::::::ホ:::/./:/イ:i:ホ::l                                    /.l´ ̄}´ /フ`lァ、   }
,'-、|:::::::::/::|::/ /:/::::乂::| メ             妹とペットを待たせていてね。    .l .」_/  7マヽ|    l
,.⌒i:::::::/::::V::::Y:::::/ ||:|                                    l.∧'''   〈___ノ' /  .l
ヘ |:::∥:::::::::::::::/   lメ                                 l l \ヽ   '''/ /  /
、/l:∥'' _____|                                     l l  r- エニフ /   {
:/ ∨  ヽ                                          l |  〉ー/´l    .l
::\    ヽ――--z                                   l | .l´    |     l
\:::\  __>                                         l| rl     l      l
//\::::\'                                            l      .l      l
////\:::::`;          ボチボチ、ってことにしとくか。              l      l      ヽ
//////\∧                                        >、    ィ l      ヽ
////////\l        ああ仕事の話は引き続きな。                !  Y ´   l l     ト l
//////////\                                       /  /l    ./ |     .l l l
////////////\                                    / /     /  .l    / ll

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM  :    PARTY NIGHT     ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

この御仁、ニッセキの院長に据えられている木下某と知己で、更に酒場の魔女たる麻倉美津里ともそれなりに

親しいという ―― つまり弁務官のお声がかりな麻倉女氏を頭に、芋ヅル式で引っ張って招かれた人材だった。

現キイ行政お抱えの暴力装置、厄ネタ潰しの切札ないし鬼札。なるほど、彼と並べれば姉達すら見劣りしよう。


だからなのか魔女との世間話で先日の大騒動について幾らか聞き及んでいた。「なんで俺を誘ってないかね」と。

起こると分かってた騒動でなし先立って誘えとは無理を言う。逆に虎蔵が自分の手を借りる仕事はあるだろうか。


「腕は悪かなかろうし機会がありゃ呼んでやるよ」 ―― いやはや、世には強者が多いものだ。そうでなくては。
5271 : ◆ToVRCqC0oc [] 2018/07/30(月) 23:46:11 ID:cNEPMRMs0



   ┌──────────────────────────────── ── ─
   └────────────────────────── ── ─
   ┌──────────────────── ── ─
   └──────────── ── ─
   ┌──────── ── ─
   └── ── ─
5272 : ◆ToVRCqC0oc [] 2018/07/30(月) 23:47:08 ID:cNEPMRMs0



        /i:i:i:i:i/:i:i/:i/i:i:i/i:|:i:i:i:i:i:iⅥ:i:ヽ
       ./i:i:i:i:i |:i:i:i|:i:|:i:i:i:i:i:i|:i:i:i:i:i:i:|:i:i:i:iム                          マシンメイデン
        ,i:i:i:i:i:i:i|:i:i:i|:i:|升忝ミ:i:i:i:i:i:iミh、i:i:i!      そういや操ちゃんトコ、あの義体っ子が修理に来てんだよね、今。
      :i:i:i:i:/^Yi:i: | ,廴{刎 Y__,r<^ヾ:i:|
      |:i:i:i:|  |:i:i:i|  乂___ノ^弋^{戎|:}: |     どーすっかなぁ。アタシも修理手伝うって口実で遊び行くかねぇ?
      |:i:i:人__|:i:i:i|          ノー 彳: |
      |:i:i:i:i:i:i |i:i:i:|   r- ._    /|i:i:i|      ガバっと体ひらかせてさー。え? もう御開帳は済ませちゃった。
      | i :i:i:i:i:|:i:i:i|    ` こ- ⌒ / .!:i:i:|
      |:i:i:i:i:i:i:|:i:i:i|、      <t、.,イ| |:i:i |
      |:i:i:i:i:i:i:|:i:i:i|. \     /ヾt、 |:i:i |       そいつぁ、ざ ぁ ん ね ん♪
     /:i:i:i:i:i:i:|:i:i:i|:  ≧=≦:i:i:i:i:i\\:i: |
     ./:i:i:i:i/ :|:i:i:i|       |\:i:i:i:i| \\!
    /:i:i/::::: : |:i:i:i|、   ./ 〉:::\:i:|  |\\
   ./;/:::|:::::::::::|:i:i:i| .':,  / /::::::::::::\ ..|:i: !\\
  /::::::::::':,:::::::::|:i:i:i|、 .У,.:':::::::::::::::/::::\!:i:i:|. \\             ――あいきゃっちなう――
./:::::::::::::::::: ':, ::::|:i:i:i|::\/::::::::::::::: /::::::::::::\:|    \\      【キイの巷はどこもかしこも知った顔ばかりか】
:::::::::::::::::::::::::::: \|:i:i:i|::::/::::::::::::::/:::::::::::::::::::::\    \\
5273 : ◆ToVRCqC0oc [] 2018/07/30(月) 23:51:48 ID:cNEPMRMs0


          ,..<.:.:,:._` `ィ゙i l
         <:.:./.:i´:、:-‐`'、lУ
        ,=ッ::i:.:<、-<ヘ::l:i:.ハ
        ハヘ:.l|γ⌒ヽヘ::::::::::::::',
       ´ヽ,|'ト(ゝ、_ノ ヘ,.ッYlリ
         .圦  ┌─‐‐,|`VY           …………。笑えよ、ベジータ。
          .>弋  ノ , <
          i. 、_, -、¨ヽ.
          { ヽ、_, <_ノ
          /  幵   |
         ./   .∧  ’,
5274 : ◆ToVRCqC0oc [] 2018/07/30(月) 23:53:52 ID:cNEPMRMs0



                     _  -――- ミ
                   > : : : : : : : : : : : : : `: 、
                  > /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
              /: : /: : : : : : : ‐-  _ : : : : : : : : ヽ : \                【いまのしんきょう、こんなだよ】
            : : : : : : : : : : : : : : : : : ∨: : :.=‐- / ̄`i:∨
              /゙ : : : : : : : : : : : : : : : : : : :∨≧ー彡|\___∧:∨_        ―― いちょうがぎゅりっていう ――
          /゙ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :∨, 彡゙|  ヤ ∧:∨ニ∨
.           ′: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :!: ∨ 彡|  'ヤ  ∧:∨ニ∨
.           ′: : : : : : : :!: : : : : : : : : :!: : : :!: : l   豺   ヤ   ∧:!'ニ=|
        ′: : : : l : : : |: : : : : : : :--|―: :l: : :! し ´|  'ヤ_/ !ニ/∨
        ': : : : : : :| : : : !、: : : : :i| : : |、 : /!: : l   !   ヤ  | : |/ニ=\
          | : : : : : : !: /:|ハ : : : : i| : : |il∨ |: :/ u. |__|!  !/ニニニニニ` <
川川川川  |: : : : : :.イ゙ : : |i∧: : : :i|: : /ilixzzz_x      | | |  |ニニニ=/ニニニニニ\
川川川川巛巛: : : : : l\ : |ilil∧: : :i|:.:/ 〃 _ `ヾ u.  | | |  |ニニ/二ニニニニニニニ\
川川川川巛巛巛: : : l : |ヽxzt_x\ル′′ (・)   つ   | | |∧|ニiニニニニニニニニニニニ=丶
川川川川 巛巛彡: : :lヽ{ ∥ _`ヾ       、__ノ  ,/| |ニ二二iニニニニニニニニニニニニニ∨
     _ [][]巛彡:.:!ヘ !! (・)    u    ̄  /=ニ|ハjニニ二iニニニニニニ_ニニニニニニニ∨
 ┌─┘└┐ 彡彡ヽ{`cっ、_ノ       u /=ニニニニニニニニi二ニニニ=/_` <ニニ二二ヤ
 └─ァ' ┌┘  彡彡 :ゝ∧.u ̄    u        ̄¨7T ¬ニニ二i二ニニニ=/=ニニニニ__二ヤ
    </l.」  [][] 彡三: :`¨\ U  u     _ -‐ァ/ !  j__ニニニiニニニニ=/ニニニニニニニニニ\ヤ
    「 ̄ ̄ ̄|  三三: : : :|ニ≧s。 _-‐r ' ´   i |′ .l__≧-、ニニニ=/ニニニニニニニニニニニ`!
‐┐[][]  ̄| | ̄  三三: : : |ニニニニニ/|     | |>< /∧/   ∨ニニ/=ニニニニニニニニニニ二|
‐┘  匚_  ̄|   ミ三 : : |ニニ>''´二|     l_j、 // / 〃 ̄ ∨_/=ニニニニニニニニニニニニ,|V
‐┐        ̄ [][] ミ三: : i ̄: :{ニニ二|  il   | ∧7⌒〈 ,      ∨ニニニニニニニニニニニニ/'|_∨__,. 斗  ‐……‐-  ミ
‐┘ [][] | ̄ ̄ ̄|   ミミミ : : iヽ: :.ヤ≧ -|  il   |/ ハヽ| ∨ ,     ∨ニニニニニニニニニニニ/ニ|iニ∨ニニニニニニニニニニニニニ`
匚 ̄ ̄|  ̄|  匚  ミミミ : : : i: :ヽ:ヘ=ニニ|  il   | | | | ハ ∨ ,      ∨二ニニニニニニニニ/二|二_∨ニ=ヽニニニニニヽニニニニ
_| 匚  匚__| ミミミヽ : : :i : : ヽ}ニニ|  il   | | | | | ! ∨     ∨ニニニニニニニニ/=二lニニニ∨ニニ∨二ニニニニヽニニニ
|____|  [][]   ミミミ i: :ヽ: :.i: : : :.lニ二|  il   | L| | | !   !       ∨二ニニニニニ/ニニニ|ニニニニニニニ.i二ニニニニニ=ヽニニ
    匚 ̄ |   ミミミミ|: i : : ヽ: : : : :l=ニニ|  il   |=¬ ┤!」   l         ∨ニニニニニ/=ニニニ|二ニニニニニ=i二ニニニニニニニ∨
    _| 匚  巛ミミ゙ |: i : : : :ヽ: : :.lニニニ|  il   |   l ├┬-<           |ニニニニ=/ニニニニ|ニニ∨二ニ=}二二ニニニニニニ
    └─‐┘巛巛' |: i : : : : :.ヽ:.:l二二|  il   |   | ! | イ       |ニニニニニニニニニ|二ニ=〉二二i二二ニニニニニニニ
川川川川川巛巛  |: i : : : : : : :.:l=ニ二|  il   |   | ! |  ̄ヽ __       |ニニニニニニニニ二|二ニ/ニニiニiニニニニニニニニニニ
川川川川川巛    |: i : : : : : : : !=ニ二|  il   | 、 L _| 二工 __    ノ|ニニニニニニニニ二|ニ=/ニニニiニ.iニニニニニニニニニニ
川川川川川      |: i : : : : : : :.!ニニ二|  il   | >--‐=≦´    ̄ ̄   !ニニニニニニニニニニ|ニ/ニニニニiニiニニニニニニニニニニ
5275 : 安価のやる夫だお [sage] 2018/07/30(月) 23:56:26 ID:D0mEIWRo0
どっかに誤爆でもした?
5276 : 安価のやる夫だお [sage] 2018/07/30(月) 23:57:17 ID:lWAMdP5c0
やってしまいましたなあ(態々煽る読者の屑)
5277 : ◆ToVRCqC0oc [] 2018/07/30(月) 23:58:34 ID:cNEPMRMs0


              .___
        .,...:.:.:.: ,..:.:.:.:.:.....  ,
       ./,:.:.:.:/.:/ :.:.:.:.:.: |:l_
        ./:.:/.:.:/:.:.:z‐t/:.:|.:.:ゝ
     ,イ:.:.:.:{.:.:.:.:ハ{/^>.:.:,イ.:.:ヽ
      /.:i⌒ヾ .:} =/:.:.:.,ヘj:.:.:.:`
      ̄|丶ヽ|゙ヾi   レ/.{=,}|:.:.:.:|
         〉._ト、_.   ‐-  ノ〉:.:八|
     _,.-= ¨∨}  r―ァ {__/.        うん。廠長のおうちに。やってしまいましたわぁ。
     ≧=-‐=ァ{;;{jヽr/;;_}≦
       .ム/__};;:i;:;;:; } |;;:;;}Ⅳ
        ノ;;:;;:;;:};;:: / |;;::;} ;}
        〉;;:;;:;;:{;:;i'`イ;;:;{ ;{
5278 : 安価のやる夫だお [sage] 2018/07/31(火) 00:00:43 ID:GDRRIx2E0
ってシベリア見たら、あったわ

自販機で味がいいってことは、プラントかな?
5279 : ◆ToVRCqC0oc [] 2018/07/31(火) 00:02:29 ID:rY.YJb7Y0
2ch’sがひっぱってったアレの業務用クラス みたいな




 | | ∥. ゙-'.∥ │ | | ∥ |
 | | ∥. ゙-'.∥ │ | | ∥ |
 | | ∥. ゙ _  /:}  __. ∥ |
 | | ∥. ゙ --=く<:.:.:.:.:.:.:.:....  |
 | |  /:.:.:.:./}:.:.:.:、:.:.:.:.:.:ヽ:.\
 | |  /:/:.:.:.:.:ハ:.:.:.:.:,ー-:.:.:.:}:.:.:.::.
 | |  /:/:.:{:.:./_,入:.:.:.:, 、_}ト、:.:.:.:.:.,
 | |  {:.{:.:.:{:.:.「   〉:.: } _,,,.ヘ:.:.:.:i|
 | |. j从:.:.\|".'>ミ^ヽ{"《_;,ノ/:.:.:.i{     明日は朝はやいし
.. {\) { \:.{^"..::" 、゙;〉u ./:.:.:./{_,       心ヘシ折れてるし
\}     ヾiヽu  ,- ‐ヘ u  ./ヽ{ -        今日はもう寝るぅ!
.    }/;≫|0|  〈""" .{ //「   /_
      .く└┘v ヽ、.)ノ'-. ^∧_/ ̄j_
..う' / ̄ヽ:.; \、 u ゙'''/<、>< ヽヽ      ―― ぽんぽんぺいん ――
,.,,="-'",,( \ \ -/,/,,,_ /''\,.へヽ
..! | ' ,... .,, \";;ヽi_」  へ /\/ヽ
..! !/ iヽ.\''  )ヽ!゙'''ト-''!\ /i 〉
.'';; { ;" i  ヽ \ ./-i"|::;;;,, /\ >'"r
.;;: / : :'  i " >,゙''‐''ヽ、>::::''"::<>゚。!
.! / / , :./{ ゙),,r-(,_/ !:::::::::> <! ヘ
.Y /= .i , i;;::^'"!  :::i:i i
..゙〈_ /!  |    !    ! !
.  ヽ,,)! i
5280 : ◆ToVRCqC0oc [sage] 2018/07/31(火) 00:03:54 ID:rY.YJb7Y0



        ┏┓                                            ┏┓
        ┗╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋┛
        ┏╋────────────────────────────╋┓
        ┃|                                            |┃
        ┃|   本日の投下は終了しました。またの御来訪をお待ちして候。   .|┃
        ┃|                                            |┃
        ┗╋────────────────────────────╋┛
        ┏╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋┓
        ┗┛                                            ┗┛




                                               ,  ¨ ̄ ̄¨≧x
 (    ⌒ヽ         _,,...-‐‐''"" ̄     /  /  |  \  ../ ̄  { | jz‐iz   | \
  ゝ      ⌒ヽ,, __,,,....--―-..、        /   /   |      ./  ./ / ∧イハ 丁|  |  ゚。
 (          /  ,,,,,,,,,;;》》》〉〉ゞ      /    /    |      | ./ /|/  }ィチ芍> /   |r '77ハ
_,,...-‐‐--..,,,_   / ミ''           /     /         | 从{¨Y    込/  /^Y /⊃JUリ
>〉〉》》》》>>,, `ヽ、,r'~ ̄ ̄`ヽ、 ̄+; ̄ ̄ __ ̄ ̄ /  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄.  |  ト、ノ.   ""/ ./) / .i {´  /
    _____,,,...(,;;)/⌒ヽ、"",,, ヽ、 。..: _'. ! ..::::. / ...::::::.. ..::::::::......  |  {""r==ヘ/ / r'  {   i´_
,,r''~ ̄,,,,,,;;;;《《(,;;);;)彡 ヽ  彡,,ゝ /  | .::::: *....::::... ........+::::  |/ /\乂::/ /  ネ.  ∧   ∨≧=-=彡⌒≧x
《《《<""  ,r';i;i/ ..::.  彡 ) +:::  |  /...........::::::::..:::::.. 。...:::::::::::  / /  `/ /ア ´ ̄` <ハ   ∨ー< ̄`ヽハ ヽ
。.... ::::: ,r'ww/ :::::::::: 彡ノ::. / ̄ ̄|  。..::::...... 。...:: ......*....  / /r</ ∠Y        `i   ∨⌒ \  从} ノ
~;,,。,r';i;i;i;i;i/ :::::::... ::  /     | .........:::::::::::::::::.........::...::::.  / /y'U/ /J⌒}.:'⌒       {    ∨⌒ ミ≧=-く
    /www,'.。.... 。.... . . |     /。.....゚ .........。・...。.... 。.  / .〃 У {  {    {_   , -‐-。   \   /`¨¨`ヽ \. \
  /;i;i;i;i;i;,'. ~^^゚~~~゚^ |__/~~・。,,,,:~"~~。~・"  . {从{ '/ -‐.乂込_ノ   7'\   `ト   _/\    }  ハ  )
 /w;w;w,'                                  乂. /-―――‐- 、ヽ /   \  {\  \  \ j  / } /
/;;;i;;i;i;i;i;i                               /  /         ∨        \.  \  ヽ  ∨/ /
;w;w;w;ii                               /   , '         /         ヽ\ ヽ  }.  }'
;;i;;i;i;i;i;i                             ´  /  ノ       {          } }ヽ } /  ノ
                            , -―― ´   ,/_. -―――-    !         // } / / /
                           i' ⊂ニ   ,  ´/-― ¨ ̄ ̄¨ > ミヽ }      \_/´ _./' ./ ´
                           しつっ`¨´  ノrァ‐v' fr‐、 ∠_}  \}          `¨´
  .【まだ八月前……夏はこれからだ】      /  У 廴y 廴У  {   八
                                 fr‐┬'   乂/     `¨}'
 ―― 泳ぎに行きてぇなぁ俺もなぁ ――      乂 .′    /       廴_ }
                                   'Ч    ./          /_,r‐’
関連記事
スポンサーサイト




コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://yarucha.blog.fc2.com/tb.php/6776-8913c099