チンクは大人の男になりたいのです その52

5347 : ◆ToVRCqC0oc [] 2018/11/09(金) 19:25:14 ID:rqGZp0Ao0



          |: : :/ , <: : : : : : : : : :> 、
            __V: :l/: : : : : : : : : : : : : : : : :i` .、
       /: :l: :.ゝミヽ_ : : : : : : : : : : : =ミ:/   \
      〃: : /V: ; : :.l: : : :、:\、_: :.ヽ: /.ヽ >、/:\
     /.; イ , `/ 7|:ト---:ト、_\`<V  ハ/:ヽ ̄          .さぁ! もう何ヶ月ぶりとか数えるのヤメた
     iレ' /:ヽ,'  ,' / l:|V   ', `ヽ`ィ´ V_../:.'; : : :丶
      ; : : il:`:T7ー‐∨∨_.i.ー'´ `,ィミ |:´:; : :i:.i_r‐ 、ハ      ..投下だ投下、投下すんぞいぇーあっ!!
        l: : :ハ: :lミミ、__   \:.:.:',,ィ彡'´ .|: ;イ: :.|';l_ヘ   ̄`
        |: ;イ l.ヘ.:', _`_ニ=  \|=ミミ=リ:/ l: :んl l |
        |/人  l.`テ'´   ___    /' ノ:/_.ノ /          .飯くったか風呂はいったか出来の悪さに
       「`i〉ヘ ,ィ._r'´ ̄, '´   ̄`i__./l',イ-〈ヾ
      i´/`l、/rヽ//7ヽ/      ///Y..└‐ァヽ〉          .情け容赦なくツッコミもらって部屋の隅で
      乂.ノ:.:.冫 ∨//ト、___., ィ////_<
           \`7 .〉‐'ノ`Y、ヽ/Yヘゞイr‐ヘ、             ガタガタ震えて夜を越す覚悟はOK?!
        ___`ーl/リ:.:.:| 〉//.:.:.:Vrミ_:.:.冫
        l:.:.:.:.:У.:.:.:.:.:.:ノ..:|′,':/´-ヘ`ヽ'┐―┐
        ,.〉-‐:'´:.:.:.:.:/ニ/::〉ニ、`¨乂〉ノ:く、:.:.:.ノ          ―― OK!!(ズドン
        く:.:.:.:..:.:.:.:.:.// //`〈∧ \:.:.:.:.:.:.:.:.`ヾ、
        \:.:.:.:/:|//7、`__|\/、'/〉iヽ:.:.:.:.:/
          ヽ/  .{三リ         {三} \/
5348 : ◆ToVRCqC0oc [] 2018/11/09(金) 19:27:07 ID:rqGZp0Ao0



          |: : :/ , <: : : : : : : : : :> 、
            __V: :l/: : : : : : : : : : : : : : : : :i` .、
       /: :l: :.ゝミヽ_ : : : : : : : : : : : =ミ:/   \
      〃: : /V: ; : :.l: : : :、:\、_: :.ヽ: /.ヽ >、/:\
     /.; イ , `/ 7|:ト---:ト、_\`<V  ハ/:ヽ ̄
     iレ' /:ヽ,'  ,' / l:|V   ', `ヽ`ィ´ V_../:.'; : : :丶
      ; : : il:`:T7ー‐∨∨_.i.ー'´ `,ィミ |:´:; : :i:.i_r‐ 、ハ
        l: : :ハ: :lミミ、__   \:.:.:',,ィ彡'´ .|: ;イ: :.|';l_ヘ   ̄`
        |: ;イ l.ヘ.:', _`_ニ=  \|=ミミ=リ:/ l: :んl l |
        |/人  l.`テ'´   ___    /' ノ:/_.ノ /
       「`i〉ヘ ,ィ._r'´ ̄, '´   ̄`i__./l',イ-〈ヾ
      i´/`l、/rヽ//7ヽ/      ///Y..└‐ァヽ〉
      乂.ノ:.:.冫 ∨//ト、___., ィ////_<
           \`7 .〉‐'ノ`Y、ヽ/Yヘゞイr‐ヘ、
        ___`ーl/リ:.:.:| 〉//.:.:.:Vrミ_:.:.冫   <グギュルルルルルルボコォ
        l:.:.:.:.:У.:.:.:.:.:.:ノ..:|′,':/´-ヘ`ヽ'┐―┐
        ,.〉-‐:'´:.:.:.:.:/ニ/::〉ニ、`¨乂〉ノ:く、:.:.:.ノ
        く:.:.:.:..:.:.:.:.:.// //`〈∧ \:.:.:.:.:.:.:.:.`ヾ、
        \:.:.:.:/:|//7、`__|\/、'/〉iヽ:.:.:.:.:/
          ヽ/  .{三リ         {三} \/
5349 : ◆ToVRCqC0oc [] 2018/11/09(金) 19:29:24 ID:rqGZp0Ao0



________________________________________________
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
_____    .ノ::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:::::::::::/ }:::.:.:.:.:.:i:.:.    .________________________
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  . ん::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::-<   j::::.:.:.:.:.:!::.:.   . ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ̄ ̄ ̄ ̄    .ーぅ:::::::::::::::-‐ァ::::'::::::/    `y:::::.:.:.:./::.:.:i.    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
ー-ミ        {/:::::::::::::{ /イ}/}/  -=圦沁:/::::./:/::.:.|  ..________________________
   \      }j:/}:::::::::..  { {        ^7:/ イ/::.:/   .________________________
─  ..} r====- ,/ {:::::::::::\            /  {:ノ^′  .────────────────────────
─  ..}/ニニニニ∧  }::::::::::/ ー            \   ─────────────────────────
─  /}ニニニニニ∧ノ::::ィ:/' ィ^ }      ィー 、  ,/    ─────────────────────────
   {r‐==ァニニニ{^´r'/   八     く    /イ  ___, ァノ}  ______________________
 ̄ ̄  ../ニニニニ}.         \     ー f^ /-‐      ,ノ  .  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
_   <ニニニニニニ}_  {      __   _/       ≦.,   .______________________
──   マニニニニニ} \     / マニニニム         \  ....─────────────────────
  i   fT㍉ニニニニノ   \ -‐ ´ヽ }ニニニニ}       < ̄`__ __     【そして必死な顔してトイレへダッシュさ】
  人  ,ハ \ニニニ7  -‐      } }ニニニニ7        rー`:::::::-‐ュr=ミ::..   ________________
/::::::}./ }  ー‐//        }  ー‐ァ'          {:-=ニ--<ヘ::\ \\   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
________________________________________________
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
5350 : ◆ToVRCqC0oc [] 2018/11/09(金) 19:45:15 ID:rqGZp0Ao0



         /:./:...............:.:/:.∧:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:{:.:.:.:.:.:.:.\‘;.:.:.:.:.:.:.:.......
          /; ';.....:.:.:.:.:.:.:./:./ ‘;.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:‘.\:.:.:.:.:.:.:.:‘;.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..
.          // :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:/   ‘;.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:‘, \:.:.:.:.Ⅵ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
         i/  i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/   U ‘;.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:‘,  ‘;.:.:‘;!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
        {  |:.:.:.:.:.:.:.:.:.{\    ‘;.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i    }:.:Ν_:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:
、       ;.   :.:.:.:.:.:.:.:.:.:{  ≧z __ \:.:.:.:.:.:.:.:._|__ 斗:.ハ:!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ハ:.i
 ` 、    jレ  ';.:.:‘;.:.:.:.:.:レ乍 ⌒ヽ  }:::::.:.:.:.:.:.F ^ミ/ j:.:.:.:.:.:.:.:.://};′         【投げよう】
    ヽ  / ∨ノ:.:.:‘;.:.:.://  (_)   i::::ハ:::.:.:.; (__) ^Xト、:.:.:.:.:.:.//{ リ
     ,、/   Y:::::::.:‘;.:.:ー:. -== ''  /ィ {‘;:./rー- __ ハj}}:.:.:.:.:':::::::v.        ―― 投げよう ――
.     /     |「^}\‘;.:.:.:{          j/    ̄ 7:.:.:./:::::::{\{
.           ⅱ り\ 、:{\                 厶ィ7:/}:::{  ー
          ⅱー  7ハ\             U ィ厂/\{_
----  _     j レ 1〃 \  、          ,  /] 「     ̄     イ
      \   /  /==-   ト     ̄ ̄ ̄   ̄ ./  }{        / /
       /:\    /ニニム/ \;\         イ{   }_{       / /-‐…
.    /:::::::::::::\ ̄ ̄\\}   \;\    /  /           / /
5351 : ◆ToVRCqC0oc [] 2018/11/09(金) 19:45:39 ID:rqGZp0Ao0



                             `
                              \ ,,_人、ノヽ
                               )ヽ    (
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ - <       >━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                               )     て
                              /^⌒`Y´^\
5352 : ◆ToVRCqC0oc [] 2018/11/09(金) 19:46:01 ID:rqGZp0Ao0



― -_ ̄― -_ ̄― -_ ̄― -_-_ ̄ ̄― -_ ̄― ― -_ ̄― -_ ̄― -_ ̄― -_ ̄
__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐― ̄ ̄―‐―― ___ ̄ ̄―――  ___―― ̄ ̄___ ̄―==
―― ̄ ̄___ ̄―===━___ ̄―  ――――    ==  ̄―― ̄ ̄___ ̄―===━
__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐―   ――――    ==  ̄ ̄ ̄  ――_―― ̄___ ̄―
 ___―===―___   ――――    ==  ̄ ̄ ̄  ― ̄―‐―― ___
 ̄――――    ==  ̄ ̄ ̄ ̄_――_━ ̄ ̄  ――_―― ̄___ ̄―=‐―
 ___―===―___   ――――    ==  ̄ ̄ ̄  ――_―― ̄ ̄―‐―― ___
 ̄ ̄―‐―― ___ ̄ ̄―――  ___ =―    ̄ ̄___ ̄―===━___ ̄―
__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐―   ――――    ==  ̄ ̄ ̄  ――_―― ̄___ ̄―
 ̄___ ̄―===━___ ̄―  ==  ̄ ̄ ̄  ――_――__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐―
  ___―===―_―    ==  ̄ ̄ ̄  ――_―― ̄ ̄―‐―― ___
  ――――    ==  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ―― __――_━ ̄ ̄  ――_―― ̄___ ̄―=
5353 : ◆ToVRCqC0oc [] 2018/11/09(金) 19:48:40 ID:rqGZp0Ao0



           .o
          .ol lo
          .l l l l
          .l l l l                             l .l    !  i!
          _.l l l l_   _,.. -ー、¨¨´ ̄`ヽ、               .l ',  .l  ll             _ ._
         |`ー一'´|/, -ー- 、 } d    !   .`     '     ..i  ',  ヽ. i       __≧ュ}ヾヽヽェュ,_.ィ ̄三ニ=-
         |    |ニニニニニニニlヘ   bノ、   ....、   ノヾ     '  .ヽ.   ∨!.       `≧ィ´     {   ソヘヘ!
         !    |_ニニニニニ\Vl!lVシヽヽ.   ..)ヽ/  ヽ、ノ|ノ´.     ヽ. i ' ,     .ィ’  .,、    /.`・、 ヽ.
         |`ー一'´|/ニニニニニニニニVニニニニ/  .....`r      r'   \   `'・, i    i´ノ     .キ人_,/    ``ーヽ
         ヽ    jニニニニニニニニニニニニニ,.'    ....)     (     .ヽ.   i .l  ,.ィ'》,'、  /´  )  て
          〉  ノニニニニニニニニニニニニ,.'     ., '´⌒`Y´⌒` 、      ヽ、. ',i  iェr’ `ヾヽ'   /´⌒Y,.
          j /ニニニニ, ‐'´ `ヽ、 /         .,     ..ヽ.      ∨.ヘ.,ィ’    ノ         \
          l /ニニニ,r'゙  == ノ/ {                'i, ヽ._,.ィ’ ̄ノ、__,.>'´Y`ヽi_
          ノニニニl ==== j  .}           _,.,-‐ '". _,.>‐-<.  ∨  i!   !ハ
        /ニニニニl  ≠=ハハハ-、,  }           ヽ.`'・.、ィ´  _ <’ヘ  ' ,   i  ,'  ',
      ,r'゙´⌒ヽ `ー、`ー≠‐ヽ      j             .ィ’ /      .', ヘ.  ゝ、i ,'  リ
      l    ヽ ヘ 〉  }´" `ー一'´ ̄          ._,.,'’.ェェイ    i   i  ,r=ュ、 人’__ ,'
      l     ヽ=ニニニ=)                   ̄' ,  ./ i,    ,'.    ∨ハ.  i ノil´  i/
      `丶、   l     ヽ                    ノ. .,'  `ヽ. i     ’ヘ.`,彳 , .ヾ.ィ’
         V ̄ ̄i     'i                  ィ'_  .}     ∧!.      i!>、ヽ、 ,ィ’
          |   i     ハ               .'´ }  } ゝ、   .',!     リノ  ` ´_ ,. _
          ゝ  ヽ     ハ              /,.ィ'’}  ヽ,r'´ i、       i-‐ ''.¨    ヽ
           j   !   `   ハ             ´   i`丶、i、,ィ'’ .ヘ.  , ' .i         i
          ノ    }ヽ  .\ ,,_人、ノヽ            .,'ヘ.ミ,r' て.)人i    i}     i   イi
         (___/  `  .)ヽ    (           ./   `>-,ァア人i !  .i. , '  ', .イ.リ
                    - <       >        ., '    `'´    i, !   !_,.1   リ  /
                       )     て      /    ゙ヾ、      !   .l /i ._   ィ/
                      /^⌒`Y´^\     ,r'’       ゙ヽ. _,.ィ1 ヘ .i/ !三三il/

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM  :    PARTY NIGHT     ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

順番待ちに加えて立ち話で思いのほか時間を食った。チンクがニッセキ病院の外へと足を踏み出した頃にはもう

正午に近く、その間ずっと待ちぼうけだった一人と一匹(二機)は退屈を噛み殺しているだろうと思われる。


早く合流すべく視界に周辺地図とマーカーを表示すると、入院患者や見舞い客が気晴らしに使う為の隣接公園で

待機したままチンクの接近に向かって来ない。待ちの姿勢でいる様子に、『なんでかね?』と小首を傾げた。


マスク・ド・ライダーショー。物珍しい大道芸に夢中だったらしい。着ぐるみスーツを着込んだヒーローと悪役による

ド派手なアクションが、通りすがりのファミリーや大きなお友達の視線と心をガッチリハートキャッチしていた。
5354 : ◆ToVRCqC0oc [] 2018/11/09(金) 19:51:20 ID:rqGZp0Ao0



            . ´-=ニニ=--=ニニ=--=`丶      いい大人ってのは子供に夢を見せてやらなきゃな。
        /-=ニニ=--=ニニ=--=ニニ=--.\
        /-=ニニ=--=ニニ=--=ニニ=--=ニニ\             \ ,,, .゙'、゙''ー ..ゝ;;`''ー- ..,,,,,__、
          l-=ニニ=--=ニニ=--=ニニ=--=ニニ=--\           `-,`'''''~;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ̄~゙"'''ー 、
        〉-=ニニ=--=ニニ=--=ニニ=--=ニニ=--=                 ゙>;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;;;,、;;;;;;;_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\
   ト、   f´ニ `、-=ニニ=--=ニニ=--=ニニ=--=ニニ=/              / ;;;;;;./ ;;;;;;;;、!;;;;;/..l;、;;.lヽ.;;;;,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ
   i;';'丶-イi |(∩/\-=ニニ=--=ニニ=--=ニニ=--=./             ./;;;;;;,、/;;;;;;;;;./ .!;;;/  ゙'-l__,,゙' ll'ぃ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.l
   `、;';';';';'、 {し/;';';'i \-=ニニ=--=ニニ=--=ニニ=/           l;;;;;;/ l゙;;;;;;;;;/ | l;;}.‐"/刃ニフ''' ゙i|'ぃ;;;;;;;;;;;;;;.l
  ト _ゝ;';';';ゝ_/;'从 l  \-=ニ三三三三三三ニ\              !;;;;/ !;;;;;;;.!l;:;;;;;.!゙!] ゛ . ̄ : ::::    !;;;;/ ̄ヽ.!
  ≧;';';';';';';'_ノル'  `、 ヒソ\-=ニ三三三三三ニ=-\            l;;,!  .!;;;;;.!.! ;:;; ! !.ヽ     ::::   l;;;;,!'{ .l゙`}.!
--イ  ̄/ ̄::::ヘ        --イ\-=ニ三三三三三ニ=-\          ヽ   ヽ;;;| l .〈、...          !;;;/././ / .!
    /::::::::, イ           ,` -‐-‐ ┬ 一   ´             ヘ〉.ヽ ,,,,..、-,-,-ァ-‐^  ./ l/ . ../;;;;;;.!
    /::::::::l. . . ト   ヾト二辷ーr-ィ-ー'   ト                       ヽ ゙'''''''""´..-     / / ゙L;;;;;;;;;;;;ヽ
   /::::::::::| . . ヘ \   ヾ. {__{__{__{__}/  イ::\ ヽ、                        l `‐‐""´      / リ;;;'i;;;;;;;;.lヽ
   /::::::::::::i . . . .ヘ \         ィ . . |::::::::\ `ヽ                 |        ,..-'´;;: _,,,.... ニ―一'''''" ̄!
  /::::::::::::::i. . . . . ヘ        イ . . . . . . i::::::::::::::\                     ヽ,____,,,..-'´ : ;.ノ゙ヽ       _ /
  /::::::::::::::::i. . . . . . . .\    ̄   l . . . . . . i::::::::::::::::::                    _..l:::::::::    /  .,!     .../    _
                                             ,, -'''"゙゙゙゙´ |       !  ..l    /  . /
                                            / 、     l      |  ./ ヽ  ."  ,/
  その為にゃ、夢を忘れない大人でなくちゃあなぁ。              /   ヽ    l   .,‐  │''_..-'゙ヽ  . /
                                         ./  _..;;/"    / ./ ̄^゙'''彡'",/゛.,.ヽ./
       【いい年こいたオッサンの建前】              ,/ _/゛ .,゙ツ- 、 /  ./  _ / .,/ . /    ゝ¬

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM  :    PARTY NIGHT     ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

公演が一通り済んでマスクを脱いだヒーローと悪役が、ヤリ遂げた男のイイ笑顔でもって観客と握手会を始めた。

“ゲッターチーム”の神隼人と巴武蔵。三名一機で構成される、弁務官が招致した一級スカヴェンジャーチームの

構成員二名である。こんなところでなにしとんねん、と握手会に並んだセインの隣でついぶっちゃけてしまった。


「先日ちょっとツテで映像記録のコンプリートBOXが手に入ってな。マラソンしきったら、我慢できなくなっていた」

「勧善懲悪のわかりやすいヒーローショーは子供が喜ぶだろ。時間もあったし隼人が珍しく誘うから乗ったのさ」


原因は2ch’sと遺跡で見つけてきたブツだった。―― お、おう。チンクは困惑がちに握手と挨拶を返して呻いた。
5355 : ◆ToVRCqC0oc [] 2018/11/09(金) 19:54:28 ID:rqGZp0Ao0



────────────────────────────────────────────────
                  -―-                                        、__〕iト..,,_ハ
                  ,  ´          ` 、                              _彡:'"i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i乂
            /  ,              ヽ                                アi:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:
              //  、                                      ィ(i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:r‐┐i:i:i:i:
          /   l.  i  \           ∨                          >i:i:i:i:iハ从ハ{ 斗i:i:i:i:
            /   r‐| i !、   ≧=一      ∨                             ゞi:ri{ tヶ   tヶ}iイ'}i:
.           /  i !: j/j/ /\   厶斗―、   i∨                              八'    ,    ノ"
          /     l: ̄¨: : :‐-:\´: :,. - 、ヽ\.`ヽ{ ∨                          ノィ.、 ___  人r)
.         / ,    j/ : :,. - 、: : : イ∨/,i }ー i                               〉{\_/ } }、
        / /    厶イ∨/,i : : : : : :匁ツ : i        \                           __ ィ(_{ ヽ   r'  }
.       / ,       /∧: 匁ツ. : : : : : : : : : : :ハ  i   :   \                     __ -ニニニニ{/)∧  }〉\}
      / /      /ィ/人 : : : : : : ' : : : : : : イ、j /  i  、   ヽ                /ニニニニニニニ{  '∧_/'
     , ハ     /' /  ≫ : :`: :―:': / .!  | ;    |  \                     {ニニニニニニニ{ 八i:i:i八
      i./  i   /    f「  >  ≪ : : j.  l i    j 、   ヽ                 ニニニニニニニニ{  }i:{
      {   !   /   /}:{     {ヘ: : : : : :} / '   /  \                 ;ニニニニニニニニ{  {:i:i:}
     ヽ   ヽ i/ / 八. }:{    {: : : :_ / , i          }、                  ノニニニニニニニニ{:\{i:i:i:} /
         ,   ' /   , }:{     '.¨ ̄ ̄' i ハ.  {     〉
           i /    / .}:{    '.      j/   \{    rx
           人f' 人 {   }:{      /      }:{ ≧=‐彡!        【今日は大仕事明けのリフレッシュ買出し】
                 `ヽ  }:{    ∨       }:{ ∧: : : :!
                 └―━≦fニ≧━―┘  ∧ : : '.             ―― 人、それをデートと云う ――
                 x≦≪イ/'¨}\≧=ァ     ∧: :│
                 `Y/ 〈.  } |`¨¨       ヽ: |
────────────────────────────────────────────────

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM  :    PARTY NIGHT     ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

一級ともなれば暇と金と装備と能力と肩書きを持て余すような連中である。彼等を名指しで呼びつける仕事なんぞ

ホイホイあるもんじゃなし、また用件あろうと依頼料というハードルがクッソ高くいので気安く頼ることもできない。

                      シミュレーションゲーム
最上級・少人数のゲッターチームは  S  L  G  に例えればゲームクリアにリーチがかかっている状態だ。

いつでも終了できるが何時どう引退するかは彼等の気分次第。余暇で趣味に全力疾走するのもやんぬるかな。


逆例として死神だか冥神と呼ばれたマダオが燃え尽き症候群しているように、人を動かす原動力とは心であり、

それを如何な形やベクトルで維持するかは長い坂を登り切った者達に待ち受ける贅沢な悩みなのだろう。
5356 : ◆ToVRCqC0oc [] 2018/11/09(金) 19:57:22 ID:rqGZp0Ao0



                     ̄ ̄ ̄`          なるほど。戯けていようと遊んでいようと
               /           ` 、
              / /          \   ヽ.     人々に認められる“一級”の人物、か。
              ′/ / / / ,ィ      ヽ   ',
             i /-メ、/ / / | | |     }    i                          __ _
             | iイ |i从ミハ/ .l .| ! | |    '   |                        ,-< , - 、, -、- 、_`ヽ
             | | .|:::::::::} 十ェ‐ト ! |   ′   !             人       ./: :/: : :, : : : : : : :ヾ\\
             | Ⅳー ´  下ミxl`ト  /    !             `Y´   ../ : : : ; : , :!: : : :, : :、: :`ヾ!: :ヽ
             |.圦 、    ゞ少ム′ ./       |                    /:ィ :/ : /!/:,ィ : :イ/!: : :ヽ: : :\ :|
             | .iヘ `ー     /  /     ∧                 /'´ i:/: :ィ'|\: !: : :|:i `X´: !: : :ト、!|
             | .|¨ゝ.___ ィ/  /}       ヘ                  |i!: ハ三三ノ'ヽ{`三三 |: ,: |: : :!
             / / 7トー――‐.|/  //       ヽ ヽ                    !| /イ         /:/:/: : : |
            / / 〃~ヾi.:.:.:.://  /ー'、     | { ヾ.、\                 レ'八/:〉‘r-'-r' <:>'イ/: : : ! :!
          r/ / / ゝ= ".:/ヾ/  /   \   {  ヽ .ヽ\ \                     ,> _ゝ-_' ィイ´ : :/:/ヽ{
         / {  i /.://.:.:.:/ //  /   /ヽ  ヽ  ヽ ヽ \ \             /ィ: : : 「ニ=-ニ/ : : :/'´
        ./《 | | .l'`'∠-‐//´ .′./  /   >、  ヽ  ヽ ヽ  \ \           /´!: :/´【 】/: : /`ヽ.
       / {ヾiル'.i 「 ̄.:/"   | / /    //ヽ  ハ  ヽ ヽ   \ ヽ
       {  } ヾ'.:.| |.:.:./    | /   _//  ∧  ト,  ヾ ヽ    ヽ.i           ハハンホホン?
        ゝ{! /.:.:.| |.:.:i       !'_.ィ≠ァ<´     ∧ | i  ハヽ ',     }!
        /i! /.:.:.//.:.:l_ ィ≠> ´  /   \    .∧.| |  | } |    .|
        〈:::V.:.:.:.} }.:.:.|┬ ´     /\   _,> ´   }| |  | | |     !
        /V/.:.:.:l l.:.:.:.|::|   _,r‐┘  > ´      / | !  ! | !

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM  :    PARTY NIGHT     ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

まだ歩みだしたばかりのチンクにとって想像もつかない遥か先のこと。思い馳せたところで何が見えるものでなし。

けれど、いつか“こう成ろう”という理想の姿という絵が、今は少しばかり周囲に寄り添う人達の姿を描き足されて

広がり始めている。道半ばで倒れるかもしれないが……いつか理想の頂へと辿り着きたいものだ。


似つかわしくない遠い目をするチンクの顔をセインが覗き込んで興味深そうに微笑む。おかしな表情をしていたか

問うと「なんか前に話したときと比べて年相応な感じがして」との返事。アップデードの影響か。トーレの真似でなく

チンクとしての素の人間性の発露、人形めいた硬さが解けた柔らかい顔つきには以前との違いが顕れていた。
5357 : ◆ToVRCqC0oc [] 2018/11/09(金) 20:01:34 ID:rqGZp0Ao0



                    >===ミ、__        (
              '´         .~''        )           雌顔ってゆーの? こんな感じのエロス。
           /               \     (
             ,'  ,/  ,          \     )                     ____
             ,' ./   /            ,∨  (                       , 'へ/\ー‐、__  、
.           { ,/  ../z// /_イ`ヽ|丶  ヾ   ,  )                  _/⌒         ⌒V、
             {ィ   .7イ77/ i,'   l .|   .i   |   (                    ′     /          Vハ
          〔{   ./三≧ュ、|:  .ハ |  ./   |   )               /  | '  |   / |      V ,
           / |  ./三三三リ|  ア`ト、| . /   /  (                  '  l |__|_|   { _ L,,,...L   寸、
           / . | 小三三アノィ .ィzzx ./   /    )             |   ', :|V \|、  {\|\{ハ   }7⌒
.          { ,イハ_ 从`¨¨´     ヒソノ/  /    (                |   Vイ笊ぅ }   { イ笊r}レ'|    },'
       /   l ヘ. :.:.:.:  '  :.:.:.:,イ ,/       )               ∧ V  ト' Vrり 'へ { Vrり '   }'
      ./ヽ   ',  .|ゝ、` ‐_  イ _.ノ       (             ∧ lV 八_   ,: `    '  / ハ
.        {   ヘ.  ',  ',_`7/ /´  ヽ       )                 ` }\「、   ___   / /レ’ }
.        ',   ヘ  ヘ ',:::.: /  /ィ'⌒ヽ  ∨     (                7 j人  V ノ  7´    |v
.         ',       } }'::/  ./     ヽ |     )               ,     }ト _ ,.イ/    / '
        } l:..    ヾ}/ ,/        }    (                    | |、    } f^,  r‐/    / /
         ,ヾ.{      ,'/          . 〉     .)                  八|ハ   }ハ ', / 7  /レ' -=ミ
                                /                 , '" 、  八r'芥メ,| ,イ        寸 /
      ヽ、_ノ⌒ヽ、_ノ⌒ヽ、_ノ⌒ヽ、_ノ⌒~                /    」ハ/ </ V Vハ{         ∨
                                              '        ∧            } /
           .___  て                                   }         /,'∧           V
      ..,ィ´   `ヽ そ 人,_从人_人_人,_从,人/                  /         //l|,'∧           ',
      ..i.i 'ル ハ从.リ  ウソダドンドコドーン!!?  (                 /         //,'l|//∧           }
       川●△゚,ル| ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒ヘ                .>- ..,,    ///∥//,∧  ,,.. -=ニニニニ}

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM  :    PARTY NIGHT     ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

「そっかー。ちょっとは年相応に見えたかなー」なんて内心ちょっと浮かれるチンクに、しかしセインは肯定しつつも

「ロリ顔ロリ体系そのままで表情だけ大人っぽくなるとアンバランスで、そこはかとなくエロいね!」と言い放った。


え、エロい? どういう意味かな?! 意味はよくワカらんが大人の男らしいセンシティブが漂っていたなら、いい。

しかし女性的な意味合いで性的なアトモスフィアが醸し出されていたと云うなら黙ってはいられない。いるものか。

いいか。私は、男だ。立派な男の、大人になるのだ。それを暴言で貶めるなら自ら招いた身内だとて……!(おこ


逃げるセインと追うチンクの姿は、自動人形と全身義体なんて誰も思わない、健やかで自然な子供の姿だった。
5358 : ◆ToVRCqC0oc [] 2018/11/09(金) 20:04:23 ID:rqGZp0Ao0



 γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
 |  人が多いから気をつけるようにな。さぁ、行くぞ  |
  乂_____________________ノ
: \                                       /              , へ nn
: : : 丶----- 、             __ /`Y´ }_             , <              く ヽ' /_UU
::::::::::::::::: : : : : : :ヽ-‐ 、__,  ヘ _,> >〃  `丶、      _ <                ./ x X >
--‐=ニ"´: : : : :/: : : : : : : : : : :../  rく |     \/^\'´ ̄`               (_ //  <
: : : : :::::::::: : :::/ ::::::::::::::::::::::::::::: /    ∟、|       ヽ\ \                   (_ /.〉 〉n f L
:::::::::::::::::::: : :/::::::::::::::::::::::::::, -、,'   /ーr'八           ヽ  /                     γ´ど Lr1わノ __
:::::::::::::::::::::::::l:::::::::::::::::::::::::/. .::/ ´} /ハ ゝ-、\    /   /   /       >            .ー一   サ´ `つノ
:::::::::::::::::::::、::',::::::::::::::::::::::/  /〈_,ノイ/ ∧ V! 〉ノ`二T”    l /    >  ´
 ̄` ー-、:::ヾ\::::::::::::::/  /      ハ i:|ヽ/::::::::>、   / / > ´ \人_人,_从人_人_人,_从,人_人_人,_从,人_人从,/
      \:::\::::::::::/  /        | i! j:| |:::\:/  `! ∠_/´      .)  ふぇ?! なんで手ぇ握るの!!?  (
           ̄`Y⌒ヽ, -‐-、∠、 ノノ./ |::::::::i\  |/          /⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Yヘ
          ヽ-イ  ( /'⌒!,∠´__/:\ノ /-‐'
            ` ーr'´  /イ ノ::::::\::/ >‐'
                  ` ーく _/-=ニ二ノ ̄
 γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
 |   男女が連立って歩くときは手を繋ぐなり腕を組むなりするのだろ?   |
  乂_____________________________ノ

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM  :    PARTY NIGHT     ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

二人がキャッキャウフフして単車に戻り、2ケツして向かったのは地域最大のマーケットスペースJUNESだった。

「昨日も来たろうに他に行くところはないのですか?」とゼロがどこぞの軍師めいて曰く。ないんだなぁ、それが。


チンクが市街にきて10日ほど。更に半ば以上が遺跡や遠征に使っている。まだ塒である烏宿とその近辺すら

ロクに見回っておらず、中央区など庁舎と軍オフィスに顔を出したぐらいで他へ足を踏み入れてやいない始末。

彼がJUNESの他に案内できる場所なんて他は近場にある愉快な凸凹ブラザーズの車工場かモルグぐらいだ。


今回はセインの身の回り品を揃える事を目的とした買い物を、ウーノ姉によるレッスンを参考にして行った。
5359 : ◆ToVRCqC0oc [] 2018/11/09(金) 20:10:34 ID:rqGZp0Ao0



                       /}¨ニ=-  _
                       / |     ¨ニ=-  _
                   /     |       _  ニ=- l|]ニ=-  _
                     /      」  ニ=- ¨   ||   |||     l  ¨ニ=-  _                _ _
          l    /_]  ニ=- ¨          ||   |||     |     |    l¨ニ=-  _        | | |
      _ .  -‐}‐- [|  ||             _  |「=ニ|||=-   |     |    |    |   ¨ニ=-  _| | |
  ¨ ̄        |    ||  ||      _  -=ニ  ¨   ||   |||     |     |    |    |   |   |   l ¨ニ=-  _
          |    ||=‐||-=ニr_‐¬冖ニ〔}      ||   |||    _|___|__|_  |   |   |   |   |  |  |
  ―‐---     」 __||  || = |「 : : l/|: : :|        ||   ||| /´-―‐.ァ/ -‐,.===ァァュ  |   |   |  |  |‐
  圭℡rョ           ||  || - ||: : : l/|: : :|     _  ||   |||//  //// 〃    ///´||      |   |  |  |
  圭圭}l℡ _∠7エヽ_ ||  || |[Τ||: : : l/|: : :|  晶品嵒晶t℡| {__/_{ | L[f―――‐' {]―|l_____ |  |  |
  圭}圭圭‘=“0-0┘||_||_|_|||;_;_;_l/|;_;_;L晶晶品嵒亟亟lェェ―_‐ェェ|ュ |ュ  ̄ r=ュ Γ二l|_____||_|[]⊥
  “““¨¨´                       `¨¨¨¨““““““ f==========ョ{zzzzzュェュ┴7ffT]三三7ffT{
                                     ` ̄V::}:リ ̄V::{iリV::}:7 ̄V::{i:ノ ̄ ̄V::{i:ノ
                                       `¨´   `¨´ `¨´  `¨´     `¨´

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM  :    PARTY NIGHT     ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

前回の買出しで不足していそうな品を調達して宅配を頼み、街案内ついでに件の自動車整備工場へ足を向ける。


『市内での買物や遺跡発掘品の持ち帰りの為に自前で車両を用意する必要はない』とか前の来訪時に花村から

忠言をもらったが……今やセインとゼロという手勢を連れていく実質3.5人分の身上なのだ。乗り合い輸送車の

スペースを圧迫するのは宜しくない。あとモルグやグレイブヤードで出物を見つけた際にも困るだろう。


不幸中の幸いにして義体修理費が思うほど嵩まずに済み、次回分をプールしてもまだ幾らかゆとりがある。

面白可笑しい凸凹ブラザーズの(デカい図体の癖に声が)可愛い方に相談してみるのも悪くなかろうて。
5360 : ◆ToVRCqC0oc [] 2018/11/09(金) 20:16:46 ID:rqGZp0Ao0



                    ̄ ̄
         /                  \           /\
.         /      : : : : : : : : : : : : : : : . 、 \       ./  /
        /        : : : : : : : :___: : : : : : ー. ヽ、     .\/ />
          . : : : :      : : :/.:.:.:.:.:.:.\ _: : : : . }        </
.      /   . : : : : /      ,/.:/.:/.: .: /..:ヽ:. :. :.` ー         ┌─┐
   /    . : : : :/      ,/ .: /.:/.: .: /.: .: :}:. :.ヽ:. \ヽ       .└─┘
  /  .:/ . : : : :        /.: .: :/.:/.: .: /.: .: .: }:. :. :. \:. `
. 〈  . : ! : : : : :〈     /.: .:-.:―‐-.: :/.: .: .: :/}:. :. :. :.}!`` }
  V.: : : i : : : : : :   /.: |.: .: .:/ i .: :/ !.: .: .:/-}-:. :. :..}!  |.       おや? こんな昼食事時に来客だなんて珍しい。
.   V.: : | : : : : :i ,/i.: .: :|;ィ笊芳ミk/ |.: .: /  }.: .: .: ∧   !
    ヽ:..| : : : : : {.:/!:. :. |l圦!/u/i    !.: :/,ィ芹ミ.: .:/ }i /.     こんにちわ。ゾーネンキント車両整備にようこそ。
.     `! : : : : } i:{f|:.. :..|:.:{ ヾ シ   |/ iu/ノ }.: /! / /
      | : : : /  |ヽ!:. :. !:..|          ヾ' /.:/.:i / イ
     i : : :    V;|:. :. |:..|         /   /.:/.: :|{  ヽ.      当工場は只今、昼の休業中ですが急ぎの用なら
     | : . .     ヽ :. :.!:..}i>.、   ―    イ.:∧/    }
     }: : : : .       ̄ \ }i>.、   ,.ィi{|:|.:/    ,/       お話を伺います。冷やかし目的なら御勝手に。
     ``< : : : : : : . .     \ ノiぅf{//,:/. .,:ィ"´
         ` <: : : : : : : : : : :ヽi:{N/,:/. : :/
          ,.ィ二ニ≧s。.,. . . . V>zi{. . . ./{
          , ィ゙ .: : :``<ニ=-_\. . .Vニ{. . ./. {
        / . : : : : : : : : : : ` <=-ヽ. .Vi{. ./: : :\

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM  :    PARTY NIGHT     ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

休憩時なのか今は作業音がしない自動車整備工場のガレージを覗くと、修理中であろう2台の車両が並んでおり、

奥にゴツゴツしいエンジニアスーツが架かっていた。もしや留守なのか。だとしたら幾ら治安が良い地区と云えど

開け放しなのは大変な無用心だ。代わりに留守番するか? などと思いあぐねた所で誰何の声がふりかかった。


工場の中に設えられた事務所から出てきた小さな人影は「チンクさんか。おひさしぶり? 今日はどうしたの」と

知った顔を相手にする様子で歩み出る。チンク程ではないが小柄で少女めいた風貌をした……え、ヨハンか?


凸凹ブラザーズの可愛い方は正体もカワイイヤッター(ご近所レビュー)だったようだ。ワリと衝撃的であるなぁ。
5361 : ◆ToVRCqC0oc [] 2018/11/09(金) 20:21:12 ID:rqGZp0Ao0



 γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
 |   立ち話もなんだし今日は可愛いお連れさんがいるし   |
  乂_______________________ノ

                                               __
    .___                                      ./;;;;;;;;;;;;;;`"'<
   ./;;;;;;;;;;;;;;\                                   ./;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`"'<
  イ、、、;;;;;;;;;;シ、;;∨                         _______/;;;;;/;;;`"'<;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
,イ;;;;;;;;;;;;;;;;`ヽ,〈ヽ;;;〉──────i    ┌──────、  ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ゝ.{;;;;;;;;;;;;;;/´`"'<;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i;;;;;∨}i________.|    .ヽヽ:.:.:.:.:.≦ニニ≧ ヽ,.}i───────`'<;;;{;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;>
;;;;─<;;;;;;ノ。;;;;;∨;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;}i .    |ヽヽ:.:.:.:.`"""´:.:.:.:.:.:.:ヽ,;;;;;;,。=============`'<;;;;;;;;;;{;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;ヽi{;;;;;}i;;;;;;;ゝ───────┐ ....|:::i.、ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ,`ヽ,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`''<;;;;;;
ゝ、;;;;;;;;;;;;;;ヽ;;;}_______   ,. 、, '´`!  /´゙>.---、   _____ヽ;;;;;;ヽ,。================`''
;;;;;;;\;;;;;;;;;;;;ヾ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;. .,.-、   /  /  /   l/  _フ. .──‐iiェェ‐┘\;;{;;`ヽ,;;;;;;;;;;,ィ==========
;;;;;;;;;;;;;ヽ,;;;;;;;;;;}i;;;;;;;;;;;;;;;. ./  }_,.-‐'― '―‐'―‐''´  /´. .:::::::\  ii:::::|ヽ;;;;;;;;;ゞ、;;;;;;;`ヽ,ゞ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
         ,. -――‐ケ ´            ノ
        /     /              /   ....γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
       ノ                    /     .|   話はあっちの椅子に掛けてするとしよう   |
                                   乂__________________ノ

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM  :    PARTY NIGHT     ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

そも凸凹兄弟と言っても近しい血縁。兄が豆ならそりゃ弟のタッパだって、そう大差ないわな。(※そんなことはない


あの大きな鎧に対して、この小動物めいた中身。フィッティングアジャスト機能の限度を突破しとりゃせんだろうか。

某エヒメの中二病が12歳でデビューを飾れたのだし、ミニマム少女みたいな風貌でも年齢相応な背丈のヨハンが

着込めない道理はなかろうて。……もちろん頑張ればチンクだって着用できる。するメリットほっとんど無いけれど。


「流石にスクーター壊したとかじゃないよね。そう簡単にダメになる代物じゃなし。ご用件を戴きましょう、お客様」


ヨハンは兄のポンコツ豆と違って商売のできる豆である。応対用に据えたテーブルへとセイン共々に促された。
5362 : ◆ToVRCqC0oc [] 2018/11/09(金) 20:26:24 ID:rqGZp0Ao0



            ´          \
        ./   /      `ヽ   ヘ
        /   /         ハ   ハ
       /    !       ヽ.  |   i            色々ゴタゴタしたものの仕事自体は順調でな。
       .l    | | ./ ハ  ト  ト.  !   l
       .l    | | ハ {/ハ 「ヾ 「トゞ!   .!
       .|    ! レ:::ヘ.{' ,リ,r=ミ, l   .i!            まとまった金が入って、見ての通り連れ行きも
       .|     |ト、{:::::::::〉  辷zリ}イ   .!l
       i!     トゝ:::::::ン .    l l    l .l          増えたんだが、こうなると全員で移動のできる、
       l !    圦`¨´ 、_ _,  ,イ1    l l
      .! .l   .!  >..    ,.イ `.|    ! ハ         ついでに装備や荷物も積める足を考えている。
      l  !.   |/   }`iニi´ニ!   !   l、 .ヘ
      .ハ .ハ   |__   /`ヽ_/ h   !   .|zヾュヘ
     / /」  lヘヽ l`___」 /l    !ヽ、. ヘ         γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
     / ム'. }   } i::i l//ー― ヘ.l //l   |'⌒〉  ヘ.         |  積載が第一の条件ってことだね  |
    /  <´ l .リ  ii.Kヽ、__, ィK< ヽ. |  .〉  .ヘ          乂_______________ノ
    /   「 l / ./,イヽ、ー-‐,´ィl\\ ハ !  ゝ   .ヘ
   /   / ./ /.// l __ヽェ' _」 `.>:>l !  ヘ   ハ
  ./ __∠.././_<::<_,<::::::::::::::::Y:::::::::ヾ.<:/ ヘ.l__ヘ   ハ
  /  r,´::::/./, ィ´    `ヽ::::::::::ヽー┴-ヽ三ヾ-‐トヘ   ハ
 ,'  </从{          }:::::::::::::}       `ヽl_ム' l  }
. {   Y´          {::::::::::::リ          l   }  リ
 !   {        __ ┬´  ̄     ___.」  .,イ /

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM  :    PARTY NIGHT     ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

チンクはスカヴェンジャーとしては駆け出しで、社会に出た個人としての経験値も同等である。やたら物騒すぎる

世間知らずは、集落で過ごした短い教育期間から『ワカランことは知識と経験と信用を伴う者に訊け」を訓として

てらいなく教えてくださいと頭を下げ相談を持ちかけた。教えを乞うことも頭を下げることも彼にとって恥ではない。


小首を傾げて顎に人差し指を乗せ「うーん、そうだねぇ」と思案すること数秒、ヨハンは戸口を指して起立する。


「高い買物だし今すぐモノが必要なワケでもなし。だったら現物と値段を幾つか見て一先ず検討してみれば?」


駐機場への勝手口を開けて歩き出した背中をチンクが追いかけ、セイン達は邪魔になないよう二人を見送った。
5363 : ◆ToVRCqC0oc [] 2018/11/09(金) 20:26:58 ID:rqGZp0Ao0



   ┌──────────────────────────────── ── ─
   └────────────────────────── ── ─
   ┌──────────────────── ── ─
   └──────────── ── ─
   ┌──────── ── ─
   └── ── ─
5364 : ◆ToVRCqC0oc [] 2018/11/09(金) 20:31:42 ID:rqGZp0Ao0



                                                   ィ
__      { ̄ ̄>''"\                                 //
、 ∠     >''",.. <\\                              / ./
.\  > '二,. <    L__\\ /^! .,                        /  ./  -‐  二 ̄
:.\\< }}>-、 廴_____廴_廴__l_ `  、                 /   /-==ニ二 ̄≧===
:.\\\ /,イ\\     { ̄ >'"〕   廴  ` 、     } ̄ ̄ ̄二ニ=-<   .イ   . 'イ>、. \\
.:\\\\/.{_.>、\   >''" ノ〉'    「 ̄}厂 ̄}/〉__r―ヘ'\/〉二.イ ̄ ̄ `T⌒L_/// /〉〉 ̄ ̄
:.\\\\\ / /\>''" ,. <//     l_{    //廴〕、 、\〈 ィ7    _辷'二二.. ==-‐''二__./
:.\\\\\\  . , <  ̄ ̄>、    .从/  ./イ {!⌒ヾ=-≦ヾ\二Z二Zニ=-==='⌒! ̄ ̄´    ./
:.\\\\\.   /        \  //厶イ/}_}_廴,、__,..㌻. イ\\ー---<〉7    .〉  ̄`¨7 ̄/
:.\\\\   ./            \   / -Ll二ニ=-イ 〉廴___\\-‐'´//`ー-/__/ r/
::\\\\    ′            ヽ      .,、   〕、 .L//⌒}   > >__//__f<__/_/j
:.\\\\   |              }  r 、 / `'<  〉// __`ク_/ .//   /..:.:/_ノ }L 廴_
:.\\\\   |             ノ  」 〈   ._\//'Y  >--=ミ//  ./.......:/ __厶''"´ ̄
.:\\\  /¨≧s。.     .。s≦ ̄>、_  --く`ー'   〈/L之 ∠  -―     ´ ̄_     -―
:.\   , <ヽ    `¨¨¨¨´     。s≦`ヽ         .r―==¬冖ニ二     ̄
.:\  . /             > ´     ヘ     ../     ,ル'´
    /                      }、
  ,ィ           --─ '' ´        >、         さて、ざっと車種を紹介するけど ――
.  { 、   \                     , -、/
   ヽ!\   ヽ              /   /: : |
   .| : : ヽ                /  ./: : : : ヘ.           いちおう足元と周りに気をつけてね。
    .!: : : :/ヽ       __..> ´> ´!: : : : : : :ム
   /: : : /  ` <_____.。s≦ マ ム: : : : : : : :ヽ       てきとうに積んだジャンク部品の壁が
.  /: : : /      }: : : : : : : : : : : {   マ ム: : : : : : : : ム
 /: : : /      i }.:: : : : : : : : : : :',    ', ヘ: : : : : : : : ム.     急に崩れてくるかもしれないから。
./.:: : :,'         }ノ: : : : : : : : : : : : マ   }  ',: : : : : : : : :ム
5365 : ◆ToVRCqC0oc [] 2018/11/09(金) 20:34:04 ID:rqGZp0Ao0



                                              _____
      _   -=ニ     「 ̄¨   ‐-  _                 /´ ̄r亠┐ ̄ ̄ヾ、 r‐ 、
-=ニ   _  -=ニ    ̄「 ̄¨¨    ‐- \                 //    ̄    // ////ヽ,       /
-=ニ   j{       |               丶       _   - ≦`≧=‐-=ニ二 __//_(  ̄)__圦 、_, /
 j{     j{         l    ___       丶.  . ´         _           l   `"  ━・ヽ `ー-/
     _     --‐r¬ニ/´       ̄¨¨  ‐- 、   ο     f´   Y    _ _     |           l    __ ヽ
 ̄ ―¬ j{ j{   _」__ | |                  ’,- 、.  7   _`…"   , ',,;;;;;,, ' ,  |              /;;;;;;;;`, i
     j{ j{ j{    |王l| | |                 ‘,┤  / ( ノ     //;;;;VY;;il;;;' |          ‐―  ,';;≧Y;;;}.!
    j{ j{ j{     |王i|| l ===== 、  ====、 ‘{  .. ̄|       {;;;゙≧以≦;;;}┴‐ … ''  ¨   _i;'';;;;,,,,;'リ」
――┘j{└― ┌`ーヲ ′、` ー―――‐`=-------`=丶   ̄=..‐...-..-┘;;;;〃iゞ゙彡'--―== ¨:.. ̄ ̄..  人;ゝ;;;ノ
     |       `¨ ´ ̄ ̄! ̄ ̄-‐ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄‐ヘ  :::::::::::::::::::::::::::::¨'''':::'''"::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  ⌒)| =ァ         |         { {{{{{{{{{{{{ _ }}}}}}}}}  |
     |           |  l  _      Y´Vヽ  , -、
     l               |   l 〃`ヽ     {∨∨}  {   }                      ソフトスキン
     | ̄ ―-、       |    乂_.ノ     ` ー '   _ー |.      まずアッチ。民生用で非装甲の車種ばかり。
    ! }::::: -‐∨    | __-                rュ
ニ=- ⊥」::/:: -、:::∨  [コ | {__」     _   _ -=≦ヽ      町乗りで使うなら快適な乗り心地を保障する。
 ̄  冖¬{:〃´ム:::∨‐-  」,.-‐  ¨¨ ̄   「 ̄ |_ -‐ '
        {:{{  }}::├:r-------――¬冖:::::└ァ¬┘
      、:.、_.ノ::::ノ:::}            ` ー- '´
       ヽ:::::/:::ノ
        `¨¨¨´
              !,,.-‐''`,.           とはいえチンクさんの要望第一は積載量だし
   _,..、ヵ'――,,.-‐''"   _,,.x''"
‐''"    _ /     イ                乗用車は除外。軽トラックやライトバンあたり
          _,イ冫 冫
        イ ./ .,′/              値段も手頃だけどニャンコ君を乗せると辛い。
       ´l〈 / 丶"
       ーー--=ニェ
            ′                ―― いっそトラックにした方が無難だよね。
   "'''-‐'' '''"" ̄
5366 : ◆ToVRCqC0oc [] 2018/11/09(金) 20:37:19 ID:rqGZp0Ao0



                                                               \
                                       /                          \
                                         /                              \
   お値段はざっと700円から1000円までで収まる。     ./  r┬―‐ - .、
                                     ヽ  i:.:.!:.:.:.:.:.:.}_i_::.:.:.、                __}
                                        ∨.: i.:.:.:.ィ斧ミ:.:.:.:.\             /
   在庫にないから別注になるけど、もし望むなら         ./.:.:. |.:.:.: /Vj/|:.:.:.:.:.:.:.\            /
                                           /.:/i.:.:!.:.:/  ∨|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
   商団へ手を回してトレーラーだって用意するよ。        .:/ .}.:..,:<     !.:.:/.:.:.:.:/:.:.∧       /
                                     i/ イ/:小     i/!.:.:.:/{:.:/ニ}!      /―― 、
                                        / i:.:i:∧ ̄   }.:.:/∧:{ニ}!     ヽ: : `ヽ }
   そうなると2500円かかるし装甲をのせたいって             ヽ|:.:.}i>zr≦ }://ニ=ヽ=}!       / {、
                                          \{   }: : /}ニニニ=/      /}   \
   改造するなら更に1000円は上乗せになるけど。               / : /`マニ/    . : : : ,.ィi/       \
                                                 / : : {   }iア   . : : :_,.ィニア        ヽ
                                              /  : :.{  ,/    ,ィfニニ/           }




         ̄ ̄ `             私としては街乗りだけでなく外に出られる車がいいんだよなぁ。
   /           \
  / / ./  ∧   ハ | |  i ヽ        だから非装甲も、不整地の足回りに不安が残るのも、困る。
  | .| !  / ∧|__ム斗ヘ|  |
  | 」」.ト.斗.く j!/r≠^¨|  | |
  | 从Eヽl三}      |  | |            γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
  |  Ⅶ三ヲ        |  | |            |  いちおう装甲化したトラックやバスは軍仕様で  |
  |  ハ u       ,|  | |            |                                |
  |  |人____f__>イ !  | |            |  実際にある物だから足回りも含め心配ないよ   .|
  |  i! | _/\Y/¨¨| / .|              乂 ____________________ ノ
                                                   ※お値段+500円
5367 : ◆ToVRCqC0oc [] 2018/11/09(金) 20:39:34 ID:rqGZp0Ao0



          |:i:i:i:i:i:i:i:i:i:|    !:i:i:i:i:|
          |:i:i:i:i:i:i:i:i:i:!  ∥:i:i:i:i:',           ―― といって、僕もその辺りを薦める気はない。
          ヤ:i:i:i:i:i:i:i:l   !1ニニ!!
.           ヤ:i:i:i:i:i:i:i:l   l:|:i:i:i:i:l:!              あくまで価格の参考として見せただけだから。
           ヤ:i:i:i:i:i:i:l   圦:i:i:i:リ:!
              ヤ:i:i:i:i:i:i:l    !:::: ̄::::|             ……兄さんはゴリ押ししかねないけど。(溜息
            ヤ:i:i:i:i:i:l    ! :::::::::: |
.            ヤ:i:i:i:i:il   ', :::::::: リ
            ヤ:i:i:i:i:l     ゙= "
              }:i:i:i:i:i{                      γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
.             i!:i:i:i:i:ii!                      |   そういや今日はイザークを見ないが   |
           !Iニニニil                        乂________________ ,ノ
.             !',:i:i:i:i:i:!!
.             圦i:i:i:iリ:!
               i!:::: ̄::: ',                  整備の出張でJUNESのガレージに行ってるよ。
            ',::::::::::::: }
               ヤ、__.イ
.               `ー ''′
5368 : ◆ToVRCqC0oc [] 2018/11/09(金) 20:42:09 ID:rqGZp0Ao0



                                        i        i
                                  |        |
                                  |        |
                                  |        |
             ・==ュと!y!と@)フ           !        !
              _,ィ市|二」ゝー〈、 ,r────r──'──‐,r,r,r,┐ij
        _,, 、-==‐y,, 、>ー──''"´ ̄ ̄ ̄!Oにニニニニニニニゞゝゝー┐
   , 、-‐' ´   , 、-‐' ´,r、 毘  .:|  ̄ ̄|       !  ≡    ≡     |
   ←───< 弍p__¨__  |   _|__     !__    __   /
   「b、 ヾ=ヽ ヽ「b  /フ'⌒ヾ、 ゚ /フ'⌒ヾ、 ゚ /フ'⌒ヾ、 ゚ /フ'⌒ヾ、 _/、
     `ニコ__,ィニニニコ≡γ⌒ヾ:`´≡γ⌒ヾ:;´≡γ⌒ヾ:`´≡γ⌒ヾ:;:l |
      l三jヽ、__ l三j (◎) ,i!;::;l三j (◎) ,i! l三j (◎) ,i!;::;l三j (◎) ,i!|_,」 (~゙\
      ヾ ゝ、ゝ;;ソ  ヾ ヽ__,ノ  ヾ ヽ__,ノ ヾ ヽ__,ノ  ヾ ヽ__,ノ    \ \
                                               \ \
                                                 \. \
                                                 \  \  ,.--、
                                                  ヽ,   ヾ   ;'⌒ー-、
     ともあれ、本命として普通に薦めるのは                         γi               i
                                                ,,--┤i                i
     あの辺の装甲車になってくるワケで。                       (   、ソ            ゙i,
                                               \,,               ヽ
                                                 \               \
                                                   ゝ,,




             _ ____
          ''"        ∧
.       /               \.              基部から軍仕様の車だから走破性も確かだ。
      / /.:.:.:. ̄:.:.:. - 、        丶
       /.:.:.:.: /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\    \ }!
      | /.:.:.:!.:/:.:.:.:.:.: |:.:.:.:.:.:i:.:.:ヽ     ∨             元が民生の車イジってを街の外に持出すより
      l,′.:.:|.:{:.:.:.:.:.:.: !:.、:.:. !:.:.:. i     〈
     i{:.:.:.‐i-i 、:.:.:.:.:|:i―:.:.|:.:.:.:.|       ヽ.             よっぽど安定した走りをするし少々の銃撃で
     l:.:.i:.:笊心:.:.:.:.: !ィ笊芳ア.::|       〉
     ∨!:l:.:. Vリ\ト |  V/.: /.:.|   ノ  /          ワヤにならない。……荒事向きだね?
      ゙i:.!小  .:、     .:.:/.:.:.:!__,/  /
        |:iV込、 _ _   i.:/ ィi}ア" //
.       乂∨:.:.:ヽ、_ ,,..ィ´/    _/__/
          `Vヽ:.}`ヽ : .:!/  ,ィ´ ̄  \
            i: . {、 : \|{,ィ/:     : : ヽ
            : . . }≧srf{/,:      : : :i
            {: : :i{__{ l .       : : |
5369 : 安価のやる夫だお [sage] 2018/11/09(金) 20:42:59 ID:8Xg5B6dY0
おっ、投下してんじゃーん
どんな車があるかな?
5370 : ◆ToVRCqC0oc [] 2018/11/09(金) 20:44:42 ID:rqGZp0Ao0



.          -― ミ
      . /      _ ;:.、
    /. :! ;  ,.: ´:!:.:.:.V〉/:.ヽ.          単純積載量ならトラックやバスの方が上だけど
     ヽ: }  /.:/i.::!.:∧:.v〉   i
     /〈  i:茫ッ |/、|:.:. {、 |         チンクさんの求める性能や用途を詰めていくと
..     {: : .、 !小、 - ノ|:./ }_/
.     \ `\}i≧f{ト}/ / i、           装甲厚や足周りの頑強さを考えて、コレだろう。
..      / ` ーz-`ヽ.,i{,ィi{ 、\
      //    ̄ ̄i{__){、 \
    /   / / / %:,_>ノ




             _,.  -─-  _
          ´            `
       /            ヽ    \
      / / /  ハ  ヘ    ll    l ヽ       そうそう、こういうのがいいんだよ。こういうのが。
    / / //  /  ',   l   ll      l  l
   / / //   l   l l _,.. l -‐ ll─    l  l
   | / ̄l l  ̄ l` ,}{' l l  |  | l     |  |      ..γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
   | l  l/ ̄`ヽ/    三三三 l  l   |  |        .|  値段も相応にするけどね。安い物でも民生の倍額、   |
   | l  l::::::::::::::::l       ,,,,,,,,,,,, l  |   |  |      ..|                                   |
   |. \ト、:::::::::::ノ 、         |  |   |  |       |  軽装甲車の3000円から重装甲車で5800円はする    .|
   |    V 、 ̄            |  |   |  |        乂_______________________ノ
   |   | ヽ、   △      ,. |  |   |  |
   |   |   `_ ー ---─ ' l   |  |   |  |
   |   | /:::l i ,.ィ'〒〒 l. ∧ |  |   |  l       なんとか……なる価格だな。ワリと悩ましいラインで。
   \ r-┴-、:l/:::〉、ミ彡,.l:/::::', _ - ┐ノ   l
    `l::::::::::::::::::ミ.〈_ V r '´ ̄ ::::::::::__l     l
     l´ ̄ ̄ ̄ 7: : :  ̄: l '´  ̄    l    l
5372 : ◆ToVRCqC0oc [] 2018/11/09(金) 20:47:32 ID:rqGZp0Ao0



   ……ちょっと見ない間にずいぶんと稼いだんだねぇ。流石は全身義体のランナー、ということかな。

   マジメに働いてるのがバカらしくなってくるレベルだ。今日までいったいどんな仕事してたのやら。

                                 }   :.:.:.|.: /.: .:i         ― 、       |.: .: .: .: .:.:/  . : : :/
                                  {     V.:!∧.: .小        ( ___ ノ    ,.ィ|.: .: .: .:.:./ . : : : /
                             {  . :  ∨:.∧.: :|}i>.、               ,.イ|:!:|.: .: .:.:.:/ . : : : : }
                       _y⌒ヽ-一ッ.   : : .∨:.∧:.|i:i:i:i:}≧s。.,      ィi{∧:i:i:!.: .:.:/ . : : : : : /
                       .´      <´   : : : :.ヽ:.∧!`ヽ:i:∧:i:i}: :≧zr≦: :,ィfiア:Vi:!.:/ . : : : :_,,..ィi{`ヽ、
                        (        }   .\_: : : : \: : :}/ : }:/≧s.、 ,.ィニニニ=,/. :,.。s≦ア : : : :  ヽ
                         ヽ   _,,ノ   ./. : ``マニニ=-_、ニニニ=Vニニニ=/ ,.ィニニア": : : : : : __   \
                          ゝ一''    ./  : : : : : : :`マニニ=-_、<´ ``ヽ,/ ,.イニニア": : _ - ~ ̄       ヽ




           ___
          ´     `   、
      ./  __ ./ ./ ,ヘ i__rzヽ.            荒事稼ぎだが、マジメに働いた報酬だぞ?
      / ./ ゝ‐「`/ト//ヾ}ヽ´「 ',
     i  l  /.|/¨:lハ  レ<ヽii |
     |  !  |:::::::::::::::}   i::i::| '| |.           そして全身義体のランナーは死にかけて
     | 「 l  l、:::::::::::/  .b!」 ! !
     .} ゝl  l/ ー ´     /| |.           修理費どんなになるか怯えてたんだが?
     l  ヘ ト ._  ・_ <. l l
    . l   ヘ, l/1=ェェハヘト,.  ! !
    .,'   /ヘ l l::::::中::l ハ l /             命を元手に得たリターンだと考えるなら
    ,'   '  .|ヾl`ー='l l ∨1
    l   .,'  } l::::::}}:::::li l .ヘ |             正直ちょっとワリに合わないレベルだ。
    |  /  / .l:::::::ll:::_」 l  ヘ__
    l ,/   l .l==‐:ヘ ヘ, _ノ.ヘ
    |/{   l /::::::::ll::::::::}  ヘ"_ノ          ……たぶん、全身義体のお値段的に。
    { 辷==}/:::::_ -ャ;;´;l   ヘ
   / ヽ__ -‐オ ̄;;;l  ヘ;;;;;;;l`ヽ、 ハ
  ./     / ヘ;;;;;;;|  ヘ;;;;;ヘ  \.l
  .ヘ    i  };;;;;:ハ   ヘ;;;;;;マi  ヾ            γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
   .\   |  {;;;;;;;;;l   {ー' ハ   }              |   それでも他人の芝生が青く見えるのさ、人間は   |
     ヽ. !  廴__.ハ   ヾ´ ハ                   乂_____________________ノ
      ヘ |  ヽ  ,ヘ   廴__ノ
       ヾ   マ´  ハ
           .\   }
             `¨´
5373 : 安価のやる夫だお [sage] 2018/11/09(金) 20:49:07 ID:Tosve2fI0
投下中にガレージという言葉がふと気になってヤルオットのあたり読み直してるのが私です
5374 : ◆ToVRCqC0oc [] 2018/11/09(金) 20:51:26 ID:rqGZp0Ao0



                ――  -  _
.            /                - _
         /
         /                     \.          クサしちゃった手前、お詫び代わりの耳よりな話。
                                \
.      /                               \
     /   ____                         ヽ     ウチの車には本来ある武装を積んでない。だから
    ノ ,/.: .: .: :. :. ~"''~、、                     /
   ' / /.: .: .: i:. :. :. :. :.!:.、:.`丶、             : . . . ./     車体だけになる分、お求め易くなっております。
.   { { .: .: .: ..:!:. :. :. :. :i:. :. 、__\           ∨: :/
   i } i:. :. :. :..i:. :. :. :. :. 、:.´丶、:. :.\              y
   | } !:. :i:.. :..|_:._:.丶:. :. ヽ、:|__ヽ、:. :.\           {      γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ
.    V,{ :. :!:.:.´| \:. :..\:. |ィ´V/U\:. :.i :.            }        |  その分だけ金と空間が浮いてくるんだな  |
.    ヽ∧:. :. : ,ィ冖芯:. : |\  V_ツ |:. :.!:. :.        }      .乂__________________ ノ
      | ,∧i\:..lヽ V}\|    //// .:i: : :i           {
      |  ヽ }\:∧゙〈         |/|: : :!       /、      ベトロ ニクス         リモートウェポンシステム
           }.:i:. :.込、  _  ァ     ノ!.: .:|         /  ヽ.    車載電子機を積むも良し機銃を無人化するも良し、
           }∧:. :. :.}i>.、¨´    ,.ィrz}.: ..:|     ./.:
      ヽ,   ∧:. :..{\{ }i>zr≦z≦ニ}.:.:/i   . : : :_:ノ    }    そんな多様な要望にお応えする余地があります。
        }  / ∧:. :{: :-‐:\{: : `ヽ}ニ=}.:/=} . : :/´      /
        {   / :. \{ : : : /:>r≦ニニj/=ノ: /_,,..jI斗ャ≦⌒` 、
         、   : : : : i: : :/'、ヽニ=-ァ>'",:/´>''"         ヽ
         \ _ : : :l: 〈  ` ,.ィ ´  ,/=ア゛             }!
          / ̄}≧x:ム /  ,.ィニ=/               }!
            / ,{ _}ニ=-ミkz ≦ニニ/ :_:_:}!                }!
5375 : ◆ToVRCqC0oc [] 2018/11/09(金) 20:52:23 ID:rqGZp0Ao0
やるおっつのどのあたりじゃろう おこんばーん ゆっくr(以下略
5376 : 安価のやる夫だお [sage] 2018/11/09(金) 20:53:12 ID:Tosve2fI0
皆に謝ってるとこあの辺り好きなのw
5377 : ◆ToVRCqC0oc [] 2018/11/09(金) 20:53:51 ID:rqGZp0Ao0



            , <  ̄ ̄>、
           /        \
           ./            \
         .′            ヽ            といってもウチは車両整備工場。銃器の面倒は管轄外。
            |              }
            |             ノ          装甲の貼り直しや増装改造ぐらいは引き受けてるけど、
       /¨≧s。.     .。s≦ ̄>、_
     , <ヽ    `¨¨¨¨´     。s≦`ヽ        武装を載せるなら、どうか他所に持ち込んで欲しい。
     ./             > ´     ヘ
    /                      }、
  ,ィ           --─ '' ´        >、
  .{ 、   \                     , -、/         γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
   ヽ!\   ヽ              /   /: : |          |  (やる夫のとこに持込めばいいな)  |
   .| : : ヽ                /  ./: : : : ヘ          乂________________ノ
    .!: : : :/ヽ       __..> ´> ´!: : : : : : :ム
   /: : : /  ` <_____.。s≦ マ ム: : : : : : : :ヽ
  ./: : : /      }: : : : : : : : : : : {   マ ム: : : : : : : : ム
 /: : : /      i }.:: : : : : : : : : : :',    ', ヘ: : : : : : : : ム
./.:: : :,'         }ノ: : : : : : : : : : : : マ   }  ',: : : : : : : : :ム
5378 : 安価のやる夫だお [sage] 2018/11/09(金) 20:55:18 ID:8Xg5B6dY0
重装甲車に105mm砲を載せて、装輪式自走砲にしよう!(錯乱)
5379 : ◆ToVRCqC0oc [] 2018/11/09(金) 20:57:11 ID:rqGZp0Ao0



________________________________________________
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       /:,.-、: :/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :l: : : : :ヽ
.      /:/ / /: : : :/: : : : : : : : l: : : l : : : : : : l : l: : : :ヽ        そういえば気になってたんだけど今日つれて来た
      l:/ / /: : : :/ : : : : /: : : l|: : : l : : : : : : }: :l: : : : :ヽ
   __/ /: :l: :/: :l: : :_: :‐l‐- :/l: : :/: : : : : : /: :l: : : : : : l.      あのセインて子、実は自動人形だったりしない?
. /  /-、 l:/: : l:/ }: :l : : / l:`/l: : : : :__/l: /l: : : : l: : l
/   }./   ハl: :/ /: ,. ─、-、ヽ、l:/: : : :/ l /`l : : : l : : l.      もしかして重力制御の機能もってたりする?
    〈__/  〉'′/ : くi r- ':::::::lヾ.//: :/-.l/ 、l: : :/: : : l
     l__/ /: :ヽ : l l:::::::::⊂l  l : /,イ}丁l} l : /l : : /
        /: : : : : ヽ l 込二タ //  l´::l /l : / l : /            γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
      / : l: : : : : : :ヽl ヽヽヽ ´  、 ヒタ_ //、l/              |  よく分かったな  |
     { :l : l: : : : : : : :ヽ  ┌‐- _   ヽヽ {: : : :\              乂________ノ
      ヽl: : l : : :{: : : : : l   l     iア   ノ: : : : \\
__. -─ 、 ヽ :l 、 :ヽ : : : : ト、    ノ ,. '⌒iヽ: : : : : ヽ\
       ヽ_ノ\lヽ: ヽ : : : :lーミ_- ,.' 乏.l<ノ´`。}. V ´ ̄`iヽ      チンクさんとは違う感じで世間ズレしてないから。
           ̄ \ヽ: } : : : }_, -V、─-、l:.ヽ゚ o_l/_ ;:;:;:;:;:;:{_                           _ ____
            ヽ|l: : : l:.:., -} }ニ _/ ̄; ,{_:〉- 、;:;:;:;:;:;{、                    ''"        ∧
_______________________________  . /               \  ___
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  / /.:.:.:. ̄:.:.:. - 、        丶.   ̄ ̄
                                                     /.:.:.:.: /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\    \ }!
   ならウチで買う以外の入手方法として                     | /.:.:.:!.:/:.:.:.:.:.: |:.:.:.:.:.:i:.:.:ヽ     ∨
                                              l,′.:.:|.:{:.:.:.:.:.:.: !:.、:.:. !:.:.:. i     〈
   集積場を漁って見つける手もあるよ。                          i{:.:.:.‐i-i 、:.:.:.:.:|:i―:.:.|:.:.:.:.|       ヽ
                                                   l:.:.i:.:笊心:.:.:.:.: !ィ笊芳ア.::|       〉
                                                   ∨!:l:.:. Vリ\ト |  V/.: /.:.|   ノ  /
 γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ                ゙i:.!小  .:、     .:.:/.:.:.:!__,/  /
 |  ソレってオマエ達の利がなくなる話では?  |                   |:iV込、 _ _   i.:/ ィi}ア" //
  乂___________________ノ                   乂∨:.:.:ヽ、_ ,,..ィ´/    _/__/
                                                  `Vヽ:.}`ヽ : .:!/  ,ィ´ ̄  \
                                                    i: . {、 : \|{,ィ/:     : : ヽ
   修理を投げてくれれば利益がでるし。                           : . . }≧srf{/,:      : : :i
                                                          {: : :i{__{ l .       : : |
5380 : ◆ToVRCqC0oc [] 2018/11/09(金) 21:00:23 ID:rqGZp0Ao0



        -――-         _ ′'
    ./       、  、\  ..(η゙, ´
   ./ /  ,r七 /^ヽ r―ト ヽ  ξ'´.     グレイブヤード
  .′|  |」斗v..、/}'.∩lイ ||.         あの集積場を探るのは悪くないが確実性に欠けるな。
  |  |  |::::::::::::::}   マ V.|
  |  |  ト、_/   ⊂⊃|
  |  |  |⊂⊃  , 、   ノ !         ……ふむ。いっそ装備のいい匪賊なり脱柵兵なりを
  |  |  ト . __   __ .イ リ
  |  ヘ |  r┴-┴i   | ./         締上げて鹵獲すればタダ同然なのでは?(畜生案
  |   ヘ|/\.:.:.:.:.:ト、 lイ
  |  /    \.:..| \!




    (そう考えると、農園で落とした車を変に情けなどかけずせしめとけば良かったという気がしなくもない)

────────────────────────────────────────────────
                                                      __ ,.. -―‐-、_
   あの、チンクさん。たいへん申し上げ難いのですが。               ./ヽ /  / ̄>‐-、\,,.ィ
                                                /  ̄ ̄_,ヽ、 / / ヽ、__ンi
                                                  、_/   /三ヾr‐、/|   / |/!
   今回の襲撃は当アリタ集落も損害が大きいもので、           >'"/ ´ ̄ ̄`゚y' '´ ̄  //
                                              ̄ ヽ ノ   ./ ,.―、 ̄__./
   鹵獲できた物品を全て売却せねば成り行きません。                ヾi ●  レ<●_ノ「 / }
                                                   ヽ⊃、_,、_, \//ノ
                                                    /⌒l __, イ_!O〉
   件の装甲スーツ一領で御勘弁のほど願えないかと。                  /  /::::::/i `|::|  \
                                                  |  l ̄V一 レヒ  ノ  ※そんな一幕
────────────────────────────────────────────────
5381 : ◆ToVRCqC0oc [] 2018/11/09(金) 21:04:08 ID:rqGZp0Ao0



        /          `ヽ
      ../          __   \
     /         >=ニi:i:i:i`ヽ  ∨               うん、そうだね。最悪にして最安の方法として
   _/::i        /:i:i:i:i:}:i:i:i:|:i:i∧  ∨
  ..「::::::::}        /:i:i:i:i:/:i:,':i:i:i:|∨i∧  ∨                “脱柵兵の持出し車両を鹵獲修理する”のは
   \::::}     /:i:i:i:i:/}:i:ハ:i:i:|斧:i:∧  ∨
    ..〉     ,'i:i:i斧芸}/¨ }:i/{rリ}:i:.∧  ∨           手段としては有る。キミには出来るんだろう。
    ..}     {::i:i:i:i:乂ツ  レ 、`¨八{:∧  ∨
    ..}     {:i:i:i∨〉       .':i:i八ノ〉  .〉
    ..}     {:i:i:i:i:∨   ' ¨ /{ Ⅵ//   /
    ..\    人人:i:i:〉≧=--::'{ : : ://  ./.              でも、それをウチに持ち込むのは御断りだ。
      ≧s。   ≧s。ニ=>ニニミ、 「  /
       /≧s。__ >   L}∨ /}                 仮にそれをやるなら、この敷地には二度と
     ../ ..::  >‐=≧s。 > -┐{///   ヽ
    ../ /    /:.  >-=≧s。>へ/、                  踏み入れさせない。僕達に関わらないで。
    //       /:.     /:>-=人◎} >s。
   ./'      /:.   /::    /   「¨マ: . .`ヽ
5382 : 安価のやる夫だお [sage] 2018/11/09(金) 21:06:29 ID:8Xg5B6dY0
>鹵獲
それよりも後ろ暗い組織を襲撃して、金庫をこじ開けようぜ!
現金の方が使い勝手が良いし(畜生)
5383 : ◆ToVRCqC0oc [] 2018/11/09(金) 21:06:38 ID:rqGZp0Ao0



                                            _ -――-
                                           ´      ヽ `  、
    なるほど。なんだかんだで兄弟だな。                /   ,、   i! _ト__,ハ   \
                                      〃 / / ハ i r≦ニニヽ|  ハ ハ
    前に顔を出した際、当初のイザークも             i! i | _」 / |ル'/r':`ヽ }'|   l  .',
                                      l! rF,⊥/    V斗’ !   !  i
    随分と態度を硬くして出迎えたものだ。            .|! |/:::::::::}         |   |  |
                                      |从ト、::::::/ `       |   |  |
                                      |  } `¨         |   !  |
    アレだな。オマエ達は兄弟揃って何か              |  {       ,ニ、.    |   リ   l
                                      |  込、  r'三  ヽ  ,.|  /} __ハ
    争い事に関わるのを極端に忌避して             |  |! >L!    }_/.:l  /:/   `ヽ
                                      |  |!   {    ム,リ / ,イ.:i     ト、
    火の気の類を遠ざけているようだ。               |  ,リ!   ハ   /T.:/ /i |.:|     } ハ
                                      | / | _,ィ´.i  〈 |/ /.:| |.:|     | ハ




      | : : : /  |ヽ!:. :. !:..|          ヾ' /.:/.:i / イ
     i : : :    V;|:. :. |:..|         /   /.:/.: :|{  ヽ
     | : . .     ヽ :. :.!:..}i>.、   ―    イ.:∧/    }
     }: : : : .       ̄ \ }i>.、   ,.ィi{|:|.:/    ,/         だとしたら、いけないかい?
     ``< : : : : : : . .     \ ノiぅf{//,:/. .,:ィ"´
         ` <: : : : : : : : : : :ヽi:{N/,:/. : :/
          ,.ィ二ニ≧s。.,. . . . V>zi{. . . ./{
          , ィ゙ .: : :``<ニ=-_\. . .Vニ{. . ./. {
        / . : : : : : : : : : : ` <=-ヽ. .Vi{. ./: : :\
5384 : ◆ToVRCqC0oc [] 2018/11/09(金) 21:09:55 ID:rqGZp0Ao0



                     ,, -──- ..
                , -‐ ´           、
.              /                ヽ
            /
.           /  /       ハ  ヽ ヽ  ヘ            なにもいけないことはないな。ただ正しい。
           /   /  / ./ /  / .l |  l  l   ハ
              i   l   l  .!i_ l_i / /| .i! ハ   l   i          己が身で処せぬなら最初から火の気には
          l   l  zF=ハ=i≦/  Ⅵ=≠キi=ト、  l
           |   l   .Ⅳ三ヾ}ヾ   / 斗笊ァ、,l    !          近づかない近寄らせないのが一番安全だ。
           !  .l   l三三三.リ    .イ ら;ノ} /l    .|
             l  f´l   圦三三フ      .乂ソ l    l
             |  ヘ l   l. `¨¨´    ,  :::::: /    |.        私は戦塵を纏って落ちることのない輩だし
             |   `l    ト.           /l    .|
.           l  r─── ゝ    '´'   イ__!_   .!.        オマエ達の心情を汲むなら買物に関りなく
.           |  !     || >   __ < : : : : : : :.ii  l
.           l__ ⊥ _     |i¨fi=、__  _r-ネ、_: : : : : :ii  .!.         二度とここに立ち寄るべきではないだろう。
        , ´     ` ー- 、1 .i.  l__l   i!  ヾ、: :〃  .l
        /           〃iiノヽ ___./r、   .V   l
      /         〃 ii ./  Ⅴ ヽ ii   i:}   !




             /; ; ; ; ; ; ;i          .l;┌ -; l
              /; ; ; ; ; ; ;.i         |; ヽ_/; l.             γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
           /; ; ; ; ; ; ;./          l; ; ; ; ; ;.l.            |   え、いや。なにもそこまでは……   |
              i; ; ; ; ; ; ; /           l; ; ; ; ; ; |            乂_______________ノ
           i; ; ; ; ; ; ;/             !; ; ; ; ; ; !
          i; ; ; ; ; ;./            i; ; ; ; ; ;.|
            !; ; ; ; ; /             i; ; ; ; ; ;|.           イザークはともかくヨハンを不快にさせてまで
           i; ; ; ; ;./                 !; ; ; ; ;.l
         !; ; ; ; /                i; ; ; ; ;|           無理な面倒を見させようと、私は思わんよ。
        _i; ; ; ; ;>                  i; ; ; ; l_
       ,、=〉- _─i                 l 、; ; ; ;〉.!
       /,、/-:´: : : 〉                   !: : `‐.l、: i.         気に入った相手から袖にされるのは残念だが
.     /ィ; ; ;i: : : : :ィ                 l、: :i; ; ; ヽ.、
.   //; ; ; ;.l: : /; i                  l;l: i; ; ; ; ;ヽヽ      私の存在が不快にさせるのなら仕方あるまい。
    /‐- 、; ;l /.ノ                  `l/; -; ; ̄`、
.  /; ; ; ; ; ; ;〉‐.´                        !; ; ; ; ; ; ; i.      潔く縁を切ってしまうのが、私の払える誠意だ。
  /; ; ; ; ; ; ;/                        \; ; ; ; ; ;.l.   ___,ノ -、
 i; ; ; ; ; , '                          \; ; ; ;.|    ___,ノ
 `.─ ´                              ` -┘
5385 : ◆ToVRCqC0oc [] 2018/11/09(金) 21:12:36 ID:rqGZp0Ao0



              , '         、
             /           ',               γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
            二ニ=‐‐--                  |  ちょっと待って? なんだか僕が悪い感じだよ?  |
              l               ハ             .乂 _____________________ ノ
           l.          l      l
             .}    l     l      l
              ,'    l     l  l      .l.           今日の問答は確かに参考になった。感謝する。
             ハ   .l    l   l      .l
          //   .l    !    l      .l        あと慣れなれしくして悪かった。そこも謝罪する。
           //    .!   .l..   l     lヽ,
        //     /   .!    l     l. ',
          //    /   .ハ     l     .l.  ',.      γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ
       // ./   ./     .l .l      .l    .l   ',.      |   だから待って! ホント待って、お願いだから!!   |
.      // ,イ.  ,イ     .l l      l    .l   ,',.     .乂______________________ ノ
      / l ,l.l  .l .l    l  l    l  l. l  ./ ゝ
.    / l l .l  l l    .l  .l    .l  i! .l / /ハ
    { .{ .l l  l  l   .l   l   ,イ  .l l l  /  ハ
     圦 .l .l  .l.¨`l   lーー.}  ./ l  .l l l-.´    ハ
     / ヘ .l l  l.  l   .l  .,'  / .l  .l l l  ∧    .ハ
5386 : ◆ToVRCqC0oc [] 2018/11/09(金) 21:15:32 ID:rqGZp0Ao0



                         -   _
                  ''"          - _
               /                    _
               /       - ―― -  _    |  l│└ ┐          僕は待てつってるんだよ、こんニャロ!
             /     /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..  ┌‐┘ ノ./ー─┘.  、
.            /   /.:.:.:.: .: .: .: .: .: .: .:l:. :... .└―〃/ | ̄ ̄|   i
           /   ,.:.:.: .: .: .: .: .: .: .: .: .: i、:. :..  / ̄ ̄|│ 「 ̄.  ノ       上客の相談に自分から乗っておいて
              /.: .: .: .: .: .: .: /.: .: .: .:| 丶  ヽ/ ̄| │.ヽ_>.   丶
         /   /.: .: .: ..:i.: .: ..:/: .: .: .: .:i _\:. :. .└┘        ヽ     一方的に出禁にしたとか悪い風聞が
.        /   /.: .: /.: ,.:|-.:‐/.|.: .: .: ..:/´ r   \:. :. :. :.v .:∧      i
       /   /.: .: /.: ..:/|.: :/ |.: ..: ..:/   }≧=ミ.、 :. :. :. :V .:∧       |     広まったら看板に泥どころじゃない。
          /.: .: /l.: .:/ jI斗=ミ| .: .: /  イ///ハヾk:. :. :. :.!/ .:∧      !
      i   .: .: .: .:i.: /,ィ´///ハi.: ..:/     !/// } }!:. :. :. :|.: .:.:.∧ }    {
      |    i .: / .:l /イ{ {////l.: /     乂/ツ ノi:.\:. :.!.: .:..:.:.i/     i γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
      |    l: /i.: .:!.:/圦 乂/ツ!/      ^^¨¨  }: / \i .: .:.:./   . : } |  私が自主的にそうするだけだぞ?  |
      |    i/..:!.: .:/..:|   ¨¨´                }/ :. :. :\.::/  . : : :/.  乂________________ノ
      }   :.:.:.|.: /.: .:i         ― 、       |.: .: .: .: .:.:/  . : : :/
       {     V.:!∧.: .小        ( ___ ノ    ,.ィ|.: .: .: .:.:./ . : : : /
        {  . :  ∨:.∧.: :|}i>.、               ,.イ|:!:|.: .: .:.:.:/ . : : : : }     .メンドくさいなこの覚悟ガンギマロリ!
.        、: : : : .∨:.∧:.|i:i:i:i:}≧s。.,      ィi{∧:i:i:!.: .:.:/ . : : : : : /
.        \ : : : :.ヽ:.∧!`ヽ:i:∧:i:i}: :≧zr≦: :,ィfiア:Vi:!.:/ . : : : :_,,..ィi{`ヽ、
           \_: : : : \: : :}/ : }:/≧s.、 ,.ィニニニ=,/. :,.。s≦ア : : : :  ヽ
         /. : ``マニニ=-_、ニニニ=Vニニニ=/ ,.ィニニア": : : : : : __   \
        /  : : : : : : :`マニニ=-_、<´ ``ヽ,/ ,.イニニア": : _ - ~ ̄       ヽ
5387 : ◆ToVRCqC0oc [] 2018/11/09(金) 21:19:25 ID:rqGZp0Ao0



                           じゃあ私は他にどうしたらいいというんだよ。   ._    __
                                                     ´  `.´ ̄      `ヽノ
                           人に迷惑かける気がなくても知らない間に   .../ /
                                                        ,   ! ハ.N、 ,| ト、 l、lヽ ヽ
        /          `ヽ   恨まれてるのが当前の荒事屋なのにさぁ。  /,,イ  !,...|/、/り    リ  i
      ../          __   \                                 〃 N l{::::::::::}    三三.|.  l
     /         >=ニi:i:i:i`ヽ  ∨                                从 |`¨¨´    .||| |   l
   _/::i        /:i:i:i:i:}:i:i:i:|:i:i∧  ∨                                | ト、   厂 ̄}   | l  l
  ..「::::::::}        /:i:i:i:i:/:i:,':i:i:i:|∨i∧  ∨                                 | |. ヽ、 _ ̄ ̄ __/| l  l
   \::::}     /:i:i:i:i:/}:i:ハ:i:i:|斧:i:∧  ∨                                 | |  l /.コヽ/lニ| | |  l
    ..〉     ,'i:i:i斧芸}/¨ }:i/{rリ}:i:.∧  ∨                            | |  l./.l (_V _) l .| レ.  l
    ..}     {::i:i:i:i:乂ツ  レ 、`¨八{:∧  ∨
    ..}     {:i:i:i∨〉       .':i:i八ノ〉  .〉
    ..}     {:i:i:i:i:∨   ' ¨ /{ Ⅵ//   /
    ..\    人人:i:i:〉≧=--::'{ : : ://  ./.    γY⌒ヽ    配慮。自分の分かってる範囲で注意して
      ≧s。   ≧s。ニ=>ニニミ、 「  /  ..乂     )
       /≧s。__ >   L}∨ /}    .ゝ、_ノ      ちゃんとTPOと分別を弁えて来店してね。
     ../ ..::  >‐=≧s。 > -┐{///   ヽ
    ../ /    /:.  >-=≧s。>へ/、.               ―― ただ、それだけの話なんだけど?
    //       /:.     /:>-=人◎} >s。
   ./'      /:.   /::    /   「¨マ: . .`ヽ
5388 : ◆ToVRCqC0oc [] 2018/11/09(金) 21:22:25 ID:rqGZp0Ao0



 γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
 |  話を勝手に極端なとこへカっ飛ばしたのはチンクさんが悪い  |
  乂 __________________________ ノ

                    __
                    /∧:、
                  //i:i:i.. .γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ
                  //i:i:i:i:. .|   でも例え話の上と云え、二度と来るなって言ったのは僕が悪かった   |
               _,//i:i:i:i:i:i:.  乂 _____________________________ノ
          / ̄ ̄: :.:::://i:|二二゙|i:iV:::::j{: : : : : : : : : : : : : : : : : __/i:iト.:i:, :|i,
        / : : : : : : :::://i:i:i|:|::: : |:|i:i:i:V::j{ : : : :_:_:_:,.   -=ニ二「i:i:i:i:i:ト.||i:, :|i,
       /: : : : : : : : : ://i:i:i:i|:|==::|:|i:i:i:i:≧=ニ「i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i|i:i:i:i:i:i|::゙||i:i:, :|i,
     /_:_:_:;;; --─=彡i:i:i:i:i:|:|::: : |:|i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i|i:i:i:i:i:i|`'||i:i:i:, :|i,
       |i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:|:|zzェ|:|i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i|i:i:i:i:i:i:ト.||i:i:i:|__|i,
       |i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:|i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i|
       |i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i__jjIIL 。。 --|- 、i:i:i:i:i:i:i:i:|
       |jjIILi:i:i: 。。  ---───…  '''  ̄ ̄   _,,,....... ⊥..,__|``''ミ+s。.,
       |-- ┬r─‐┬─…tt====ュTTTTT::/||~ ̄ ̄ ||i:i:i:i:i:i:i:i:i|i:i:i:i:|:::::::::::::``''ミ+s。.,_
       |i:i:i:i:i| | : : : :||i:i:i:i:i:i|:|:| ̄:::|:|i:i:i:i:i:iii:iノ::||zzzzェェ||i:i:i:i:i:i:i:i:i|i:i:i:i:|:|:| ̄~ |:|: : : ::::|`''ミs。     . . : : .
       |i:i:i:i:i| | : : : :||i:i:i:i:i:i|:|:|  :|:|i:i:i:i:i:i:i:i:|:::||  l  | ||i:i:i:i:i:i:i:i:i|i:i:i:i:|:|:|::: : ::|:|: : : ::::|:;:;:;:|丁 . . : : : : : : : : : : .
       |i:i:i:i:i| | : : : :||i:i:i:i:i:i|:|:|,,,,_/|:|i:i:i:i:i:i:i:i:|:::||  l  | ||i:i:i:i:i:i:i:i:i|i:i:i:i:|:|:|:::: : :|:|: : : ::::|::::;::|│.: : : : 、: : ∨i/: : ::.
''^''^''^''^''^|i:i:i:i:i|_|__||i:i:i:i:i:i|:|:|ニニ|:|i:i:i:i:i:i:i:i:|:::||_|___|_||i:i:i:i:i:i:i:i:i|i:i:i:i:|:|:|:::: : :|:|: : ::: ::|:::;;;;|│{ : ://\/ /{__ノ
ーーーーーー |i:i:i:i:i:TTTTTi:i:i:i:i:i:i|:|:|ニニ|:|v-‐'""└─── ┘i:i:i:i:i:i:i:i|i:i:i:i:|:|:|:::: : :|:|: : ::: ::|== |│\|i'"  `Y|'^'ー
゙:゙:゙:゙:゙:゙:゙:゙:゙゙|i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:洲洲i:i:i:|:|:|ニニ|:|ーrーrーi:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i/二二|i:i:i:i:|:|:|:::: : :|:|: :: :; ::|::;:::;|│゙:゙:゙:゙:゙:゙:゙:゙:゙:゙:゙:゙:゙:
:, :.. .:: ,:|_ ̄”“'' …─‐‐-=====⊥_;_;_;_;_;i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i|i:i:i:i:|:|zzzzz|:|:::: : :: |:::::::|┤ .:  :  :  :
:, :,  :..  . γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ  .,:
:, :, :, :,   |  だから、まぁなんだ ―― キミに誠意を払わせた分、僕もそうすべきだと思う   |.. .,:
.: :  .. .,.  乂_________________________________ ノ  . ,:
.: :, ,, .  .:  ,:  :..  ;: '^ .:  ,.:  :..  ,..:  .:  :..  :..,   ..:  ..:  :,  :.. :.. └───┘:, :,
:, ,: ..:  ,:  :'  ..:   ,.:  :..,  :,  :,  ,.: ..:  :., :.  :...,  .:: ,.: :.. :, :..    .:  :,   :,
5389 : ◆ToVRCqC0oc [] 2018/11/09(金) 21:25:48 ID:rqGZp0Ao0



                     , -‐ー― - ニ 、_  ,.‐'´
     ',     lllllllllli    ,.-‐''´           `゙´
      ',      illllllllli _ ,./  、                             _,.-
       i,.     illllllll(_  _ ,./. `ヾ,                    _ ,.‐ ''´
.      i,    illllllllli/ ̄      メ              ,. - ''´      寄って行きなよ。ここが僕たちの住処だ。
.         i,    illlllllr'‐'''""~~"''‐,,.   ` ゝ_ _   _ ,.- ''´
        i,    illll!'     (| i  ` 、   シ`   /'.,
          i,    illl      ""   、 ./   /;;;;;;;;',            かいつまんだ話でキミの気が済むのなら
.         i,    illi、          i,.'   /;;;;;;;;;;;;;;;;i
         i,    illllllli、          / .-''´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!             話しても聞いても楽しくならない身上話を
.         i,    illllllll| ~"'=‐--‐''´''´ヽ、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,'
         i,    illllllll|             `::::;;;;;;;;;;;;;.'.               お茶請け代わりに提供するけど、如何?
            i,    illllllll|




           -―-
        / /     ` 、
       / フ |メ/ィ / ,   ヽ
       /.l´ ̄}´ /フ`lァ、   }            袖にされかけた理由の身上話は興味がある。
      .l .」_/  7マヽ|    l
      l.∧'''   〈___ノ' /  .l.           楽しいかつまらないかの判断も私がすること。
      l l \ヽ   '''/ /  /
      l l  r- エニフ /   {           遠慮なく御相伴に預かろうとは思うが ――
      l |  〉ー/´l    .l
      l | .l´    |     l
      .l| rl     l      l           なぜ話をするのに場所を移さねばならん?
       l      .l      l
       l      l      ヽ
      . >、    ィ l      ヽ        γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
      !  Y ´   l l     ト l        |  その理由については ――  .|
     /  /l    ./ |     .l l l        乂_____________ノ
    / /     /  .l    / ll
    .<´l      /   l   /  .|
     l:::l     /   l   /   /
      l:::廴_ -┘   |  /
       ̄       }/
5390 : ◆ToVRCqC0oc [] 2018/11/09(金) 21:28:35 ID:rqGZp0Ao0



          r n
       「l   .|_| l
       l l. <ヽ└'
       | l  ヽ\          _「l「L. _
       | l   ヽ \     .└‐┐i r‐┘
       |_j     ヽノ          L| |
                        └‐'      ⊂⊃  O 。










             }ニニニ=- _                     、}=ニニ{
            ``マニニニニ=- _         - ―― - .. }ト-=ニニ{
                  ヽ-=ニニニ=- _   . : .: :/.: .: .: ̄:. \:. :.}!=ニニニ{
               ー=ニニニ二二>'".: .: :/.: .: .: :. :. :. :. :. :. :.}ト=ニニ{、
                   _-=ニニニア.:/ .: .: /.: .: .: i:. :. :. :. :. :. :. `マニニ{:..ヽ        コ ノ              ヒ ト
                   `` マ二ア..:/ .: .: /.: .: .: ..:!:. :. :. :. }!:. :. :. :. ``ヽ}:. :.',.       ご覧の通り、できるだけ余人に
                        /.: .: .: .: .: .: .: .: .: :|:. :. :. :. :}!:. :. :. :. :.ヽ :. :. :. ,
                   .: .:/.: .: ..:,′.: .: .: ..:|:. :..}!.: ..:}i:. :. :. :. :. :. :. :. :. :...     見せられないし、見られたくない
                    /.: .: .: .|.: :!.: .: .: .: .: .|.: ..:}!:. :. }i:. :. :. :. :. :.!:. :. :. :i
                      /.: ,′.:-i―.: .: .: .: .: .:i.: ̄}\`:}l:. :. :. :. :. :|:. :. :. :.!.      身体と切り離せない話だからさ。
                へ/.: .:i.: .: :/|:. i:. :. :. :. : / .: .:/  ヽ}i:. :. :. |.: ..:i.: .: .: .:|
                /  _.: /..:|.: ..:{ ! :l .: .: .: .:/ |.:/_  }!.: .: ..:i.: ..:!⌒ヽ.:.:!
                / / |/|.: :i .: ,ィ笊心 :i.: .:/  ィ笊芳ミkァ.: .: ..:!.: .:| }! }.: i
              {   /ヽ |.: :|.: ..:i Vツ|/!: /    V/ツ /.: .: .: :|.: .:!ノ /.:.:l
            }   }i  L!.: :!.:.:小 ゛゛  |/、     ゛゛/.: .: ..: ..:i.: .:|_/.:, -ミk、
             ∧   i{  | {ヽ{\:{:∧              .: ..:/.: .: .:!.: :i.:/_/ \ \ヽ
.          / ∧  ∨ i .V  |.: .::込、   ‐ -    |.: /.: .: .:/r‐亠 、\ ヽ } !
             / }!   }V  〈 |.: .: .: .:}i>.、       |:/i.: .: :/.:{_r 、      } |
              /    }V  V|/|:. :. :{`ヽ}i>.、_,. ィi{ ,/ !.: :/.:/   }!     / .}
                /    / 〈  ヽ |.: .:/ } }ノ\{ }   _ -=ニi.:/i:/     }i      /  {
            /     /   ∨  .!.:/  }ヽr≦ニ}-=ニニアi'/     /      /   }
              /     /   /∨ i/  }/ }ニア゙ {>''"´ /     {    /   /
          /     /  /   }ヽ、   }=-=ニア          /〉   ./   /
5391 : ◆ToVRCqC0oc [] 2018/11/09(金) 21:31:12 ID:rqGZp0Ao0



   ┌──────────────────────────────── ── ─
   └────────────────────────── ── ─
   ┌──────────────────── ── ─
   └──────────── ── ─
   ┌──────── ── ─
   └── ── ─
5393 : ◆ToVRCqC0oc [] 2018/11/09(金) 21:43:18 ID:rqGZp0Ao0



        ``ヾミ二ニニ=-_ 、
              ``ヾ彡二ニ=-_
              `ヾミ二ニ=_、
、_____ ___,,,,....,,_     `ヾ彡ニミk、_
ニ二ニ二ニ二二ニ≧x.,_.....:.:.:~``ヾミ:i :.:.:.:.:.:.:.:.、
ーミニ彡ノ彡人ミ彡f ア゛.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..ノ__\           .その、なんだ。ジックリ見ないで欲しい。
           /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..oO:.´ ̄:.:.:.:.:.:.:.、
          /_ノ〇O.:o.:。.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.        .好きじゃないんだ、自分の見てくれは。
.         /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.i.:.:.:.:. i:.:.:.:.:.:.
        /.::! .:.:.:.:.:.:.:. |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∧_:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!:.:.:.:.:.:.:.
.       / .: |.:.:.:.:.i..:.:.: |:.:.:.:.:.:.:斗ャ''~ V.:i:.:.|.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.      γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ
       .:.:.:.:.|.:.:.:.:.| :.:.:_|_.:.:.:.:.:.:.:.i/   Vl.:.:!.:.:.:.: |:.:.:.:.:.:.: i     |   他意なく端的に評して、整っていると思うが   |
        i.:.:.:. !.:.:.:. |.:.:.:/!.:.:.:.:i.:.:.:..l,ィf竓乏行 .:.:.: |_:.:.:.:.:.:.:|       乂___________________ ノ
        |.:.:.:.:|:.:.:.:.:|.:./ _!:.:.:.:.!.:∧| V//リ | :.:.:.:.:| }:.:.:.i:.: |
        |.:.:.i.:|.:.:i.:.:lィf笊恣/|/    `¨´  :.:.:.:.: |ノ.:.:. !:.:.|
        |.:.:.l.:|.:∧小  Vツ  、      /ィ.:.:.:. |.:i.:.::从リ     そりゃどうも。お互い様だねぇ、そこは。
       :.:.:.| l/.:.:}ノ:.:.:.            / .:.:.:.:.:|人/
         :.:.:!:.:.:.:..:.:.:...込、       -  ,.ィ |.:.:./.:!
         N .:.:.::.:.:.:.:.:.:.| >   __-z≦   _!.:/_i/
          :.:.くi:.:.:.:.:.|    /-_-_-_v-_-|/-_-_、
            \:.:_,;i .:.:|_r≦-_-_-_-_}!-_/-_-_-_>-― 、
              /  \|  >-_-_-_-/\-_-_-/、

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM  :    PARTY NIGHT     ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

自宅の敷地内だというのに殊更に人目を避けて、ヨハンはずっと頭に被せて風が吹けばまくれないよう押さえ続けた

フードを取り払う。……その下から現れたのは髪と同色の羽毛に覆われた、小さな翼の形状をした触覚だった。


彼の面相に同じく内心の不安を映してか所在なげに動く触覚は、その動作に淀みなく、線の細い体躯と違和感がなく

歪さが欠片も見受けられない全体で調和のとれた造形だ。つまり彼の姿は、汚染物質などによる変異ではないのだ。

異形であっても最初から“そういう生き物として造られた”あるべくして正しい姿がコレということ。
5394 : ◆ToVRCqC0oc [] 2018/11/09(金) 21:46:36 ID:rqGZp0Ao0



________________________________________________
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                      /      |
    ´ ̄   ヽ      __  ィ  /、    i   |
 '          寸x    `ー ´/  \ |
/           ∨,≧= --- ´|  /  \!   |
              ∨,      { /     ー''<!
            ∨, `ー- 、  j           `''<
              }.  ∨,                     `
             .′  ∨,                      ヽ    __
            .i!   .∨,    `''ー-             ∨ f 、_ \
          i!    ∨,         、          .:.:}-|ィァ__ヽ_, 、
            i!       ∨,         \         .:.:.//r'-一  ∨
          .i! :.    ∨,          ヽ      .rfチニニ/┴一     ∨
         !  :     ∨,          ',:._ -=ニニニ}/ 乂_ーr、    ∨
           ,   !     V\           ノニニニ}ニニ/-―''''¨¨乂   .}
           ,         }ニ\____  彡ニニ/ニ.ィ              ノ
        ′  {       /ニニニニニ',ニニニ}ニア"´         -=''´
        ム_    :.    /ニニニニニニ',ニニ.'ィ/         ´
       .∧ニ=- __',_ 彡ニニニr.ニニニ}ニ/ニ/- _  イ
      /  マニニニニ、ニニニニニニニニ// \
     /   ∨ニニニ≧=---------=≦/    \
________________________________________________
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM  :    PARTY NIGHT     ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

―― かつて千年を遡った前文明の爛熟期。人の欲望が腐乱し倫理の歯止めすら玩味する頃に、其らは生まれた。


人間一般の想念、死に至らしめる七罪源に準えた負の遺産の、その一つ。遺伝子改造によって調整された新人種。

ただ人が欲目で見て愛玩する為に眉目麗しく、庇護欲と支配欲を満たす為と他者に縋らねば生きてゆけぬ程か弱く、
                                                Lust brand
権勢の椅子に座す者の傍で侍ることだけを望まれ産み落とされた存在。―― “色欲の落胤”と称された絶対弱者。


それに連なる者が曾祖母あたりに居て、先祖返り的にその形質が表に出たのがこの姿形なのだろうとヨハンは言う。

濃い自嘲の息をこぼす彼が、自身の体を忌み疎む程でなくとも、嫌悪を抱いていることがハッキリと見てとれた。
5395 : ◆ToVRCqC0oc [] 2018/11/09(金) 21:52:24 ID:rqGZp0Ao0



────────────────────────────────────────────────
           z-─|`ヽ
            ィ彡 >-イ 、 ミヽ                    \__人_人从_人_人从/
        ,Z彡 ,セ__ V__ミミ、ヽ、                _)                (__
         イ イ ヒシ .l イテ ヾ、 }                    )   ホッ、ホアーッ!!   (
          j ハ   t    リヾゝ               ̄ ̄)              ( ̄ ̄
          ノv,<_',  _   イ_>ミ                    /⌒Y⌒Y⌒⌒Y⌒Y⌒Y⌒\
        ルソ∧       /从ハ
         'ZV州` ー-‐イ从ハ__
           |::| Xj    i::::::r=イ                 どのツラ下げてあんな態度で顔出せるのかね。
          ,,,イヾ:Y     ヾ::{:::{)ヽ、
   r、ー<´.  ゝzノ|      / ヽ'   >- 、
    { ヽ      ヽー、 v‐/        }        テメェの都合で掌返すような奴を信用するなよ?
.    Y  |        ヘr==、/         j
   f  |.       || ||'   (*)   l   )        ああいうのと仲良くなっても都合が悪くなったら
   |  |_______________.テテ________________/   |
   |  `   l   rトト、   l   ,'    |.          すぐ又、掌返してオマエのことイジメんだ……。
   |   |   l    || ||   l   |   |
   |   |   l   `=ツ   l   |   |
   |   |   l   |      l   |   |           むしろ距離が近くなって致命傷もらいやすい。
   |   |   l   |@     l   |   |
   |   |   l   |      l   |   |
────────────────────────────────────────────────


…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM  :    PARTY NIGHT     ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

皇国法においては遺伝子検査によって変異率を測られ、規定値を越えた者をして半変異体と見做される。外見が

普通の人間としか見えなくても強化人間の子孫などが隔世遺伝や先祖帰りの形で検出され、半変異体扱いされる。


外見で明らかに人体にない器官を備えるが故に変異率:中度として、まさしくヨハンがこれに該当し、変異生物との

生存闘争に明け暮れるキイにあって冷たい目を向ける対象だった。絶対弱者となれば迫害する格好の槍玉だ。


花村達と会うまで理解ある友人を得ず、成長してからはカワイイヤッターする周目が気持ち悪くて仕方なかった。
5396 : ◆ToVRCqC0oc [] 2018/11/09(金) 21:55:57 ID:rqGZp0Ao0



────────────────────────────────────────────────
  ,: ' / ' / / ,:'/,  :'/  /' / / ,:'/,: ' / ' / :'/  /' / / ,:'/,: ' / ' / / ,:'/, ' / ' / / ,:'/,
   :'/  /' / / ,:'//,: ' / ' / / ,:'/    ,  :'/ ' / ' / / ,:'/    ,  :'/  /' /  ,  :'/  /' /
  /,: ' / ' / / ,:'/,  :'/  /' / / ,:'/,: ' / ' / :'/  /' / / ,:'/,: ' / ' / / ,:' : ' / ' / / ,:'
  /' / / ,:'/,: ' / ' / / ,:'/,  :'/  /' / / ,:'/,:/ / ,:'/,  :'/  /' / / ,:'/,: ' / ' ' / / ,:'/,: ' /
   :'/  /' / / ,:'//,: ' / ' / / ,:'/,  :'/  /' /' / ' / / ,:'/,  :'/  /' / / ,:'/,/'/  /' / / ,:'/
  /,: ' / ' / / ,:'/,  :'/  /' / / ,:'/,: ' / ' / :'/  /' / / ,:'/,: ' / ' / / ,:' : ' / ' / / ,:i
   / / ,:'/,: ' / ' / /.il/,: ' / ' / / ,:'/,  :'/  /' / / ,:'/,: ' / ' / :'/   /' / / ,:'/ , ' /   |./
  /' / / ,:'/,: ' / il// l|/' / / ,:'/,: ' / ' / :'/  /' / / ,:'/,  ' / ' / / ,:'/, ' / ' /  /i _il_
   :'/  /' / / ,:.| ̄ ̄ ̄|il/' / / ,:'/,: ' / ' / :'/  /' / / ,:'/,: ' / ' / / ,:'/,  /  i__ _|」iiiiiiiiii
  /,: ' / ' / / .」iiiiiiiiiiiiiiii|iL_/' / / ,:'/,: ' / ' / :'/  /' / / ,:'┌┬───┐i _ _, :'/ , : :|ii|_|ii|iiiiiiiiiiiiiii
  ,:'/,  :'/  /' /|iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii|i,   :'/  /' /' / ' / / ,:'/,  :'/   「|「!| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄|, '/ , /.|ii|_|ii|iiiiiiiiiiiiiii.
  /' / / ,:'/,: ' |iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii|i / / ,:'/,: '  / i/ ,:'/,: ' / /   / |i| |:liiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii|/ , /., '|ii|_|ii|iiiiiiiiiiiiiii
   '/   /' / /  |iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii|i,:'/,: ' ┌┐_┌┐l|‐┐ ' / / ,:'/,   |i| |:liiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii|, '/ , /.|ii|_|ii|iiiiiiiiiiiiiii
  /, ' /   / /  |iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii|i/:, ., '「||三三三三三三| ,:'/,: ' /   / .|i| |:liiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii| , /., '/|ii|_|ii|iiiiiiiiiiiiiii.
  ,: ' /   / //iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii|i, '/:, .|:||三三三三三三| ,:'/,: ' /   / .|i| |:liiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii|, '/ , /.|ii|_|ii|iiiiiiiiiiiiiii
    .'/   / _/iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii|i/:, , '.|:||三三三三三三|,:'/,: ' /   / . |i| |:liiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii|/., '/ , |ii|_|ii|iiiiiiiiiiiiiii
  ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,|iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii|i, '/:, .|:||三三三三三三|:-‐'''''''""" ̄ ̄"|i| |:liiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii| ,,,,,,,,,,, |ii|_|ii|iiiiiiiiiiiiiii
  : : : : :::: : :::|iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii|i""'''"|:||三三三三三三|::: : :: : : : : ::::,.===、 lii,.===、iiiiiiiiiiiiiiiii|::::: :::::: |ii|_|ii|iiiiiiiiiiiiiii
────────────────────────────────────────────────

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM  :    PARTY NIGHT     ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

話の本題はここからだ。かつて“大雷怨”と呼ばれた怪物が外部と繋がる唯一の陸路上で跳梁し、排除に向かった

陸軍の精鋭部隊を全滅させる暴威を示し、一時的に討伐を諦める発表がされた後に起こった事件こそが焦点だ。

ブラックアウト
“失明期”と恐れ語られたるはキイ市街の惨憺たる治安悪化と、その末路に夥しく流された血の粛清劇。

                            イレギュラー
市街住民の多くにとって、郊外とその山向こうで例外種と認定された小さな怪物や、彼との間にあった闘争如何は

事態の発生源だが直接的な係わりにない。故に、語るを避けられた“大雷怨”の名を若者が知らずとも無理はない。


混迷の極みに墜ちた市街情勢下で暮らした者達にとって、“失明期”こそが自身に降りかかった災厄なのだから。
5397 : ◆ToVRCqC0oc [] 2018/11/09(金) 22:01:46 ID:rqGZp0Ao0



────────────────────────────────────────────────
           γ´  イ(::::::::圭圭圭彡::::::i
           マ≦圭圭≧::::::::`¨¨´::::::::::i!     ※直近、キイの目前アワジシマでやらかした畜将軍の肖像
            `寸圭圭圭圭≧::::::::::::::{i!
             ...::::;彡:::::::::::::≦三ミ::::::i!           r i´ {r 、.   ―― 皇国軍の風評にも大ダメージ ――
          ー≦::::::::::::::::::::〃´ ゝ゚' 刈::::{            '. '。.i! :|
  ≠ミζ  ヽ ___彡イ刈 イ     __ ‐ ヤk:::'。      , 、} } i! :| 〃
 イ   ミ{ X }    0 ∧  マi!   f  7/圭}k:::}       ノ :}ノ` ¨  レ∥
/∧  彡ゞー イ≧ー ≦/ム  \\ ≧i´(゙ー≠ミ      '。 `ヾ::  ∥
///≧x、 __//{f´ ̄Oヽ`ヾx  ヽ ≧彡ー;; 斧ミヾ≧ュ__ ,、fヽ  ノ´  ノ
////////////i!      ゞ≧/彡 O) 廴从/////////ノ/ゝ } ≧
////////////i!       ⌒∥    ∥//////////{/}///////リ                    x≦≧彡
///////////∥γ      ∥    ∥//////////圦////////                    三三三
彡气////////O}        ∥  r ミ/三二≡二三圭圭///////                     三三三
  //////㌢    ____ /ー=`f::::::::≧x‐- .   `ー≠¨´ r  ┐                イ三二≡''
  マ///㌢、        ̄ ̄/   /::::::::::∥  `寸:::≧x    \  |   .|__..__   「 ゙i}      x≦三三三≧x  __≧
 rf//㌢ ゙ー'      __/  r   |:::::::/`¨<   寸::::::>.   .\|兵个  {三≧x 个 彡イ´    ¨¨⌒ ≡二三三Ξ ≧
rf/㌢       ≠¨/ヽ ーr ≧イーっ   ./ヽ    '.。  '.。   \ j TT 寸}}㌢\彡  -≠≦____     ≡三二≡
¨´      ≠¨´ /'。 | :}//廴 __}   / ノ:::'。   '。  '。   {\..| |__//`刈  x≦ ´ ̄ ̄¨¨ ̄  ̄ ̄二二  ____
    ≠¨´  ./ ∥'。/ ./┬'..∥∥..:::::::/:::::≠:.    。:::::::::::::i!::::::::::::::i!:::::::::::::i! |        ‥ .    ̄ ̄
 ≠¨´    /   ∥ i!ノ|:::|::::∥∥r‐/::::/::::::::::..::≦三}::::::::::::{|::::::::::::::i!:::::::::::::i!リ 、      ___...._______ 三二
────────────────────────────────────────────────

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM  :    PARTY NIGHT     ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

キイとは1~2世代前まで地豪達が治めており、皇国と名乗る軍集団が開拓と称して力を振りかざしながら侵略した、

そういう見地が感覚として残る土地である。地豪達は生物兵器さながらの変異動物に脅かされる土地でも自分達を

賄うだけの生活基盤を拓き、受け継ぎ、維持してきた。そこに銃砲を携えて流民を諸々連れてきたのが皇国軍だ。


地豪達は勝てない喧嘩をしなかった。皇国軍が変異動物を駆逐してくれるなら未だ手つかずの開拓予定地が開く。

そうなったら新たな集落を興すに人手が必要となるし、閉塞した土地に未来がないとも懸念を抱えていたからだ。


だから地豪達はヤタガラスという統括組織を立てて交渉し、施政と統治の下駄を皇国軍を信じて預けることにした。
5398 : ◆ToVRCqC0oc [] 2018/11/09(金) 22:05:52 ID:rqGZp0Ao0



────────────────────────────────────────────────
   ヽ   「.l「.l 「ヮ |    /      /  ,. -─- .、        ゝヘ                    \    l
    ',  LlLl Ll´   /     /   /:::::::::::::::::::::::',       ヽ ヽ    ,,                        |
    ノ   ロロ ロ  (           |::::::::::::::::::::::::::}____     ヽ:ヘ    .i!   、          r,;、   ハヽ |
  ∠-ァ        ,--ヽ      _. -;二ニ=''フ7コ´ ̄ ̄     ヽ::ヘ    l|   \         \\し,コ'
    /.-────┘, r──、      , z三ニミ、/Y,,, 'j           ヽ::ヘ   |       \   __   _  ,×ヽノ
            j_」 --ァzつ ,. イ´──::::ヽヽ,八ヾエ           ハ:ヘ .,r'─、 、    ゝァ甘き=''  .| .! ゝ'ーァ
            ,__从ル'!j r,l/:::::/::::::::::::::::::::}:::::|  ヽ'          //ヘ,>ファ7zっ`ヽ、  i::::T´  旬ぅコ`ヽ ∠
  / ̄ ̄ ─ヶ7三二三>'´:::::::::/::::::::::::::::::::/:::::::!       ,イ/ヽ ,ィ'/ ,r'三≧、く_r' 旬ノz今,-,';:;ュ来r氷::| .|エ≧ =ヽ
    ,__   l/r┐ , r-、〈::::::::/::/:::::::::::::::::::/:::::::::jr-ュ_   ふY三≧>il' ∠i r' ⌒Y',γ=<j、爿, z=ト、_ヾ/:/::::|-'} |   _-
  '´    ̄7/1j/.ヘ::j トゝイ::::::/::○:::::::::::/::::::::::/f7,r'´,r 7´ ̄´  ヽ ト、/} j /  ,イ ヘ n |/ .r':::::::::::;-ニ}r/j:::::ゝ,; ヶ..._ -
        //)''l/rっ 〃 ∨::::::/::;-、:::::::::::::l:::::::::/∩l> l //ヽ/⌒l! ヘ!./ミ/ /  / |i-'彡l ', /;イ::::::::::::ヽい7:;-<ァ:::::;:::::; -
      /ハUr;.,, ~,_/'  /:::::/::::::''":::::::::::::l:::::::/-, -' , ィ !' " ',,` !  У / .j   j / ,イヽゝ'ゝ'|::::::::::;;;入_/:j ヽヘ\::ヽ` ̄
.      /   ''`/l=  /::::::r';: 二ニ=、:::l:::::/ i ゝ─ァオ i'ゝ'' ' ¨~  ljiii /_,,,/ / ヽヘヘく .l::::/::| ヘ:ヽ` ‐- 、ゝ:ヘ
    __l    /  し, ,':::::::::7-;:::::::::::::::ゝ、l::/  l   ノ;.イ     _..- l   }ニ彡ィ'三三(ヽヘj / l::::| _l;;;;l    ヽ`l
 _ |  ̄´     l j:::::::;ィ:::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、 ヽ':/ l    二ニ;'' |   ゝノヘヽI::7::::〈ヾ´ ∨   }r,'-─;;ヘヽ__    ヘ
  ヽ`´        ` ̄ ' …ァ:::::::::::::::::::::::::::::::', (  j     _;-'  .l   =ヽ ,入://:λlr:) l   , ' |-.二-';;;;;;;;` ‐- 、_i!
   }             /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::',  T;r|__ ... -─ヘヽ _, -'´:::::::`ヽ、ゝ<_ノ__/ r三'´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l
 /  T R A P?!   {:::::::::::::::::::::::::::::::i`ゝ-' /::/ ヽ::::::::::::::::::;-、;;;;::::`ヽ、::::::::::::::::::;-'´;;;;;;;;;;ゝ'´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
'´_             _ヽ::::::ヽ::::ヽ::::::::::ゝ'::::::::\' ノ::ヽ::::::::/::',  フ::::::;:イ ヽ::::::::::::>-;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;j
────────────────────────────────────────────────

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM  :    PARTY NIGHT     ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

難儀が起こるのは想定していた。流民だけでなく遺跡潜りや傭兵が渡ってくることもだ。市井の監視に憲兵だけでは

追いつかなかろうことも、その穴を埋めるために保持していた自警団をあてがいフォローする心算でいたのだから。


しかし事態は地豪が縁者を筆頭とした若衆を、箔付けとして遺跡潜りとして再編して周知を行っても、まだ不足した。

畿内に限らず皇国各地からやってきた流民には都落ちの政治犯やミュータント解放戦線の逃亡テロリストといった

危険分子が含まれ、その為に憲兵の抑圧はより厳しく居丈高なモノへ徐々に変化して若衆達との衝突を始めた。


―― そうやって情勢が変わってより膨らみ続けてきた緊張の風船に、“大雷怨”討伐中止の報せが一穴を穿った。
5399 : ◆ToVRCqC0oc [] 2018/11/09(金) 22:10:28 ID:rqGZp0Ao0



────────────────────────────────────────────────
                                                ⌒ア   __
                                    /ハ _ノ). ./  /-‐ア⌒     ___ノ)
               ト、                    ′ノ  /     /--‐‐…………‐‐--  _
              ミ´ニ`ヽ            __r‐‐人(___                        ``~、、
               {ニニ{               ⌒ア  ( v⌒      -----ミ        ‐‐-ミ¨¨¨¨¨ミ _____``~、、
               ヽニr'         ミ.  _,ア          、         ``~、、  ): : \: : : : : : \⌒¨¨¨¨`
        ィ=-、    _」ニニl、_           ./. :         \  -------ミ: : : : : \(⌒: : : \⌒¨¨¨¨`
       弋ニノ  /ニニニニニニi      _  : : .{  .{     .、  \(__      \: : : ⌒\(⌒¨¨ `
       _ ┘ニト、 {ニニニニニ|lニi  r-、 f  _ノハ {  .{ |    \  \⌒v: : : : ¨¨¨¨¨¨ヽ(⌒丶          /
.      lニニニニi lニ∧ニニニ|lニ| ∧{__ノ |-lニ  从  { 人 /, /__ \(__   }}乂__: : : : ⌒>            /i:i:i
   <ニ', l‐lニニl、lノニl ノニニニ|lニム| lノ-`ーlニ|ニ   (ハ ‐rッ、\:::::_.v炒丶__ノ乂__‐‐‐‐‐彡              /__i:/
    _> l、|-{lニニl 〉lニ/ニニニニfニニニ|ニニlニ|ニニ.  V 从¨¨´{ \(   八. : :∨(__              /i:i)/
    fニニ.|-lニニヘ lニ{ニニニニ弋ニニ」ニニ{lニ|ニニ  ..V(込  ゝ  __., /    V_             /:::::/
    |l}ニニ{ /ニニニl廴/ニニニニヘノ|ニ|ニニ/ニマニニニムニ   : .  ̄ ´       V乂          /:::::/
.   {/ニニヘ|/ニニlヽ l弋ニニニニ| ヽlニニヘ-イニニニ{ニムニニ.  > ィ('.       V〉\       /:::::/
 γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ.._  ._ ‐=ニニニ/∧     /  /ニニニ=- _    /::::/
 |   分水嶺を越えたぞ、爺ぃ。……いいな?   | _ -ニニニニニニニ∥     /  /ニニニニニニニ=/::::/
  乂__________________ ノ.ニニニニ/ニ /∥、__  _ -‐ /ニニニニニ/ニ/::::/\
    lニl   |ニニl    |ニニニl     lニl     ノニニニ/ニ‐/i:i:∥      /ニニニニニ//:::::/ニニニ \
                           _-=ニニニニニニ/i:i:i:.γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
                       _ -=ニニニニニニニニ/i:i:i:|i:i:i.|   おう。メンツに泥塗ったツケ支払わせたれや   |
                         _ -=ニニニニニニニニ=‐  .:i:i:i:i:ivr‐‐.乂____________________ノ
────────────────────────────────────────────────

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM  :    PARTY NIGHT     ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

まだ拓かれた土地は小さく実りを得るには遠い。しかし増え続けた住民の腹を満たせる賄いを運ぶ陸路が使えない。

信用の種を踏み潰して不信を撒いてきた軍が海運物資の公正分配を約束したところで誰が真正直に信じられよう。


流民の鼻つまみが群成した“協働会”、それに肩入れして私腹を肥やす他地域採用の下士官兵卒を目の当たりに

ヤタガラス構成員達の忍耐は限界に達していた。―― 統治の任を預かるファーザー中将からすれば願ったりだ。

抑えの利かない鉄砲玉が流民相手に暴発すれば鎮圧の名分が立つ。軍以外に力持つ衆愚などいない方がいい。


今日まで再三に要請されながら棚晒しにした“調停”を行う口実となり、それは中将の功績として数えられるのだ。
5400 : ◆ToVRCqC0oc [] 2018/11/09(金) 22:15:53 ID:rqGZp0Ao0



────────────────────────────────────────────────
                                                 `ソ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::く
   / Y) 〕iト、、、                            〕:::::|        |l    /::::/ヽト、i 、::::::::::::::::::::::::\_
   〉ー─ 、i:i:i:i:i:i〉   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|    _ - 〕:::::|         .ー=ィ::::v′    ヽ:::::::::::::::::::::::::::ヽ
   ¨7t ̄芍〉、、く──── ___ ‐───┼‐  ̄    |! ̄      |l.. ./:::/        v:::::::::::::::::::::::::ミ、
__ } _'__  レr)ノ_____くi:i:i:ィL ____  __ ___|!          _,イ:::::r─   ー─‐  j:::::::_::::::::::::::ト
    ゝ-   弋       从{、_}   ___  〈_、/ヘ、             |  ハ::::i z=ミ  z-=ミ  }:::::i ヽ::::::::{
  。s≦弭癶 /ハ≧s。、   /⌒ト、〉   7‐ァ  ゝ-く \           |l   j::《 甘 }  甘 ノ ::::リ、_}}::::::∧
/  `i:i:i:i:i:}/Y`ヽ}:i:i:| | ∨ |  | リ  _/`¨´И {  |i:i:i:i:|i………… 、  |l  . ハ::|   /       j:/ (.ノ:::::∧
   }i:i:i:i:乂_ ノi:i:i:i| | ∨ |  `ヽ_ て下>‐ 〉 |  |i:i:i:i:|::::::::::::::::::::::::::∨ |l r.. .从  ヽ        /:::::/ '  ヽ
   リー-ki:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i| |  Γ|丐〕iトっフ   辷彡} 7フ三刈ニニニニニニ∨ |l o| .     __ _ ,     .イ::::::{
   /i:i:i:i:|{i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i| |   }k|─‐ }      | | | ら'´ _, |!::::::::::::::::::::::::::::::l |l      V./ー      /jハト、
  j!ハ____}i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:| |  М   |      | | |  |  j}  |!::::::::::::::::::::::::::::::|...|l     .// 、_  -=彡    _L
.  厂i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i| |  |!〕   {      | | |  |  ハ  `、二二二二二}!И    ..` ィ ¨∧ __  -‐   }
 ∧i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:| |  |! |   |    」,,」 {  | { 'y  {  ``~、、    |      / {   } i }       .{___
_∧ \_____ソノ  |! |   |   〈__と___}r=ヘソ  」'"/       `.. .x─ ─‐ 7  }  ,  } !      /  ー-  __
/ }________{ ̄ l l   |              ̄          ./      / r┘/ r‐'∧   /         ヽ
_j|_______l___|__|___|_____________   「\  }     {::V_ V::::ハ/          r─
 立 ち 入 り 禁 止  K E E P O U T   立 ち 入 り 禁 止  .../ |  ヽi      f´:::::::::Y           __    イ
 ̄| ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄|歹 ̄} ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ...}      !     V::::::::/        /  /     ,〈 }
  |        |      | } / ノ                         /     〉      v=::'       i   i /       / . ′
────────────────────────────────────────────────

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM  :    PARTY NIGHT     ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

陸軍の全てが騒乱を求めたわけではない。まっとうな性根のまま市街で踏ん張っていた下士官や兵卒だって居た。

キイで志願して駆けずり回り続ける堂島や他の下仕官補達だって居た。上では中将補佐官のオンナスキー少佐を

始めとして当時在籍した美国事務官が書類とクレーム相手に奮闘していた。軍は決して静観などしていなかった。


こんな御時勢だ。良心で頑張る奴よりずっと、悪心に流される輩の方が多かった。それだけの事で、この有様だ。

     カ ー ニ バ ル
かくして血祭りの開催がここに確定された。いつかは起きたことだろう、もしかしたら起こさず済んだかもしれない。
     スラップ スティック
そんな破綻の狂騒劇を、さぁて市街の皆々様にはとくと御覧あれ。―― お道化た悪魔の大見得が切られた。
5401 : ◆ToVRCqC0oc [] 2018/11/09(金) 22:20:39 ID:rqGZp0Ao0



────────────────────────────────────────────────
                __
                 x<: :ニ=-
        _____/: : : : : : : : >.、           【人権屋を建前とした企業子飼いの非合法工作員】
      -=ミ: : : : : :.ヽ: : : : : : : : : : : : >.、
     ____/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ
   .∠: : : : : : : : : :i:.:.i: : : : : : ヽ: : : : : : : : : : ハ
     ./:/:/: : :/!:.:i: : ヽ: : : : :\ : : : : : : : : ハ                  _,,.、--‐─‐‐-、.
     ./://: : : :./ レイ\: :ヽ _____ヽ: : : : : : : :ハ              //´i    i`ヽ、\
   ./´:/:/: :==、     >===´: : : : : : : : : {          ._   / /    l   l   \ ヽ        _
      .ムイ: : :/___`ヾ   '´ ____ニ==ァ=イヽ ヽ:ハ     ..,r´i .i `ヽ l /     }-‐-{、    ヾi       ,r´i .i `ヽ
      /ヽ: ヽ////7ノ==く77////,イ: :i/ハ }: :.,'ヾ}     if ,}‐{ __ノ,l ,l  _,/ ゚ ゚ ゚ l__ ノ l       if ,}‐{ __ノ,
       ∨!.ゞ===イ   `===イ .!:./ん,': : ,'        ,ゞlコ ,iコ ,!|`゙;} ̄__    _  `|´ |      ,ゞlコ ,iコ ,!、__
          ','.,    〉    、     !,' _ /: : :.i   ....,fソ´`トl li l ノ ! ,l i´:://)   i´::/:`i | ,!    ,fソ´`トl li l ノi l ヾヽ
          ',;',   ゝ _ = '   ,イ  !i: : : : i   .,/´i ヾ、、`ー-‐' ,.〉fソ、`ー‐' i⌒i ゙ー‐' ,/ソ`ー'´`、 ヾ、、,`ー‐' ,./ / ,〉、
       ____ノ:.i ヾ-====== ‐=ニ/  i !: : : : ヾ=彡  |  フ   _.,、イ | ! ゞ , 、.'二' , 、 ,f | ヽ、ヽ! ヾ`ー‐-、、   ./::|ノ'゙_,ゞ,
     ∠: : : :.∧ `ー====== ´  / i: : : : : : ニ=-. .、-─'゙´ i   ヾ | i;;ソ ・ .・ヾ;;!  !  l  ヽ  iー─-f ゙:、イ::::|;レ'゙,r-i、
    ヽ==: : : : :.ヽ.  ー‐   イ  _L__: : : : : ラ.. .   \  ヽ、.  `''! ゙  ・ .・  ゙ /  ,!    i  |   |  ヽ、::|;;;ソ  ,!
        ̄ フ77ハヽ ___  イ   _∠//////77= 、  .、  ヾ、     \  ・ ・  ,ィ'  /    |  !   |  ー゙:、l/ヽ、,,.|
      ノ777}///, ==-=7777ハ77////////////ハ   \   ヽ     ヾ、``ー-‐'"   /.     ,'   ,'   ,!  ー‐-゙:ヾー、g))
=====- イ/// ∧/ ,'//////////}///////////////>、  .\,   \    `     /     ,'  /   ,./     i  ,ゝ´
ニニニニニニヽ//// ヽ///////////{//////////// '´ニニ ><     \      /      ,'  /   il/        |  ヽ,
ニニニニニニニ \// ,'///////////,'////// > '´ニニニニニニニニニ> 、   `ヽ、  ` 、     /  /    /       |   !
ニニニニニニニニニ >イ///////// / ,'ム=‐7´¨ニニニニニニニニニニニニニニニハ  .              /    /        /  ソ
ニニニニニニニニニ,'//////////// ,'.  /ニニニニニニニニニニニニニニニニニニハ
────────────────────────────────────────────────

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM  :    PARTY NIGHT     ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

騒動が確定したところでマクロな視点に焦点を戻せば、元より変異動物の齎す被害こそ第一なキイの土地柄と情勢。
                                                      ヒュ ー マ ニ ス ト
そんなところへ外から流入した口さがない連中の中に、ミュータント解放戦線と対なる“純人類至上主義者”が居た。


不安に揺れるキイ市街にあって殊更に、自分達の主張が罷り通ると信じて声高に。そうやって信奉者を増やすことで

自身の勢力や権益を得る下心を腹に抱えて。―― 半変異体を追放しよう、平和をこの手にと叫んで武器を掲げた。


街路に真っ赤な花が咲いた。辻に死体が転がり、行方知れずとなる者が現れ、悲嘆と嗤笑が輪になり合唱された。
5402 : ◆ToVRCqC0oc [] 2018/11/09(金) 22:26:30 ID:rqGZp0Ao0



────────────────────────────────────────────────
      ムイ: : : : : : : : : : : : : : : : ヾヽ           ※外来者スカヴェンジャーチーム“協働会”頭目でもある
         i: : : : : /:/:∧: : : : : : :ハ `
         L: : /==x  ≧=: : : :iヾ}
.         i ハ:.{//777-- f====V: !           会もだいぶ大きくなったし使える手指を増やさねぇとな。
    ___八 .i:i ゝ===イ   >///ノイハ
   ラ: : : : : ヽi     〈  ヽ ̄./
   <: : : : : /.! ト====^===イ i                 おい、体ぁ空いてるやつ。このリストに載ってる奴らを
   ∠: : r / ! ゞ二二二ニノ イ
     __i///>>`ー―‐/                    どんな手を使っても全員ココに、俺の前にかき集めろ。
.    }//////// >>'´
    /ニニ><////77∧
.   /ニニニ /ヽニニヽ/// ∧               \__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__/
..  /ニニニ /ニニ` ,ニ ∨///∧                    ≫                               ≪
.  / , イ ̄.ハニニニハニ ∨///∧  r--‐ ===ニ二  ..≪    「「「エンジョイ & エキサイティングッ!!」」」    ≫
  }´ニニニニニハニニi!ハニV////ハ  i    i         ≫                               ≪
  iニニニニニニ ハニ |ニ |ニニV////ハ !   .!        /⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒\
  !ニニニニ ニ {ニ|ニ L____∨/// ハi    i            .|
 .iニニニニニニニ iニ,'ニニニ / V////.i    i            .|
 .!ニニニニニニニ i´ニニ /ニニニV///>ニニつ             |      そう、俺たち協働会のモットーの通りにだ。
 iニニニニニニ ニ !ニニニ> 、ニニ ヽ/ /¨¨¨ つ          .|
 !ニニニニニニ ニ !ニニニニニニヽ.ニ/ '´ .,∠二_.          ,'.       ……俺のお楽しみもちゃんと残しとけよ?
 !ニニニニニニ ニ !ニニニニニニニ. /   '´ ,イフ´           /
 !ニニニニニニ ニ !ニニニニニニニ/    ' /       __ >'
 !ニニニニ>‐-= -‐== ニ ̄ハ    , ' |   __><
────────────────────────────────────────────────

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM  :    PARTY NIGHT     ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

この最中に、ゾーネンキント車両整備は増長し暴走する“協働会”に目をつけられ、兄弟が揃って誘拐された。

ヨハンを口実として車両整備を営める施設と技術者を、自分達で煽った群衆心理を後ろ盾にして強奪を目論んだ。

抵抗した父はその場で殺され、イザークが逃げられないよう片足を落とされた。ヨハンは……語るまでもない事だ。


彼は語り口を切ると、泣きそうな顔で「母がとうに他界していたのは不幸中の幸いなのかな?」と呻くように笑った。


ヤタガラスの実働隊と堂島を含むマトモな軍の一隊が、兄弟や他の囚われた被害者救助に要した準備期間こそ

兄弟が味わい尽くした責苦の時間だ。救助から逃走の折、流れ弾からヨハンを庇ってイザークの右腕が飛んだ。
5403 : ◆ToVRCqC0oc [] 2018/11/09(金) 22:31:49 ID:rqGZp0Ao0



────────────────────────────────────────────────
                      、ト、                     、  、 、  、  ̄   ̄   ;: ノノィ/イ'/,イ! !l:〈
                     _ }乂、ミ=ニ≧-、、         .≧=- .,_\、\ヽ, }ハ:.:.....       ;: レ'イ // ;!; !;lノ∨
                   =ミヾー-ゝ ミヾミミミ\        .乂ミ≧ミ≧乂、}Wリノ ヾ:.:.:.:.ヽ     i .: /イリ / :; '  :.∨
                    }、\ヾ\ヾヾヾ}}从         ''''""~``` ` ̄``          i ;:/{ _`/ /    :.:.!
                        {ヾ\`ヾミヾヾソリリ}ハ            _  -── 、 \  、 、    { {≦__,.     :.:.:}
                  _ -ハ、_ヾミヾ゙_ ニニ_="'/     _,. ‐二 ̄_ ̄ ̄二 、  〉   ヾ   ‘,ヾ ̄   、   :.;′
                  ,ィ≦ニⅣ∧ヘヾ-≠ミvy~ノzヾ       .二ニ=t'iチ⌒≧、 / ,.:.;:.:.'     ‘,       丶  : ′
             /.ニニニ//::∧(, :.弋苡ノ {ゞ゙'゙{、     \   __ニ-彡'  /  ;:;/   ;:.   \      ヽ: :′
            /ニニニニニ{ !:: :i`ヘ:. _,. 、_}、ノ=∨  ....._\ ̄        /  /    ;::::     \ :::.._   :.!
           /ニニニニニ∧∨ :l   \ー-‐-'イニニ∨    ノ    ̄   -‐ "/   ,:'     ;::::        `ー, `ヽ.:.{
         /ニニニニニニニ∧∨:i. ヾ〈∧州f |ニニニ',                 ,:/     ;:::'       /    :.∨
      _,. -==-x、.ニニニニニニ∧∨、 ,_//从{{、,!ニニニ!. ────────────────────────
        |ニニニニニ=-ニ_ニニニニヽ\'//ニ/ `/ニニニ|
      /.ニニニニニニ/ ` <ニニニ\/ニ/   /ニニニニ.|        おれらも日々に飯を食わにゃ死ぬし
       |ニニニニニニ/:.:.:.:.:.:.:.. `... -=ニ/   , {ニニニニ|
       |.ニニニニニ/__         ̄ヽ、 マニニニニ{        糞をひらなきゃやっぱ死ぬ、人間よ。
      ヾニニニニニ∧ :::.\ ̄ ̄ ̄::::ヽ   :.∨_|ニニニニ〉
       / ` ー-=ニ/ ∨ ::::. ∨z、_:::/::::::} :i :. ∨!ニニニニヘ
       /        ヾ ∨ ::::. ∨三≧==! ゙ ,} ∨ヾニニニ∨.      飯盛ってくれる奴を締め上げんなら
      /           ∨∨ ::::. ∨:::: ̄:/У//j /:::-‐\ニニ.∨
      |           ∨∨ ::::. ∨::::、:`ー'-'‐^′::    \ニニ\ .     おまえ、黙って座ってられんぜ?
────────────────────────────────────────────────

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM  :    PARTY NIGHT     ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

市街の実勢・統治の殆どを、預けていた下駄を力任せにブン殴って奪い返し、現在もヤタガラスは存続している。


具体的には市街での粛清を迅速に行う事で中将による“調停”介入に一手分の先を打ち、終着と同時に別口から

請願していた“調停”を持ち込ませた。出資支援で連帯を持っていたガンボーズ、皇主尊重派の近衛を頭に戴いた

民心派軍人の最先鋒から。仮に彼らが市街へ凸すれば南部防衛線に穴が開いて崩壊する。ほとんど脅迫だった。


かくて“失明期”という一連の騒動が終息し、市街に平穏が取り戻された。陸軍の信用が瓦礫の野と変わり果てて。
5404 : ◆ToVRCqC0oc [] 2018/11/09(金) 22:38:17 ID:rqGZp0Ao0



────────────────────────────────────────────────
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;;::,;;,
         / ┌─ 、 ヽ
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.  | / _  ̄|.  ;;;;;;;;;;;;;;;;:.  中将閣下が無能だったからこうなったワケでありません。
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;  ( V-|_H ̄|.  :;::;.;.,,:;;:.:,..;:;.,.::....,..::..:.     ..
         |  ゛  y~7        有能でなくとも無能でもなく、軍組織がして当然の考えを
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;  /`   ─ /.  :.;:;:.,::;:.;.;:.;:;,,.:;:,,.. :.;..
        /`- ` -─′.          当然のように行った……それだけでしかないのだから。
   ─ ̄ ̄   7/-
  /  \       \
  /   |     O   |  .;:,,::;:;,,:,:,::..,. ... .γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
 |   \/        |          |  おう、それ市街のド真ん中で言ったら私刑で済まねぇぞ  |
 |  ̄\|     O   |.  ;::....,,.,.       乂 ________________________ ノ
  |   |         |. .,,.
  |   |      O   |
  |  ─|         |          私の首ひとつ括って市民の反感が半分でも治まるなら
  |    |     O   |
  | \ |            |.          喜んでゴルゴダの丘まで磔架を担ぎましょうや。
  |  \|      O   |
────────────────────────────────────────────────

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM  :    PARTY NIGHT     ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

ほぼ一昔と数えるだけの年月が過ぎた。当時とは人員も大部分が入替わった。しかし今も陸軍への不信は色濃い。


分かってはいるのだ。軍の全てが腐敗しているワケでなく、共に手を取り合う同郷の者もあり、野生変異体を相手に

今も戦っている信頼に足る軍人が存在することを。頭で分かっていたところで、それだけでは駄目なのだ。


体と心に深い傷を負い、取り戻せない幸せを夢に見る。この傷が痛みで訴える。―― 奴等を信じられるものか!!


年嵩の市民が墓場から目を背ける理由。堂島が思いつめ始めた契機。感情で焦がす傷痕。たった一昔前のこと。

それでも彼等は立ち直ろうとしている。片手片足を失った兄も、彼に守られた弱者の弟も。痛みで叫ぶ胸を抱えて。
5405 : ◆ToVRCqC0oc [] 2018/11/09(金) 22:44:01 ID:rqGZp0Ao0



.     Π  [[|    ∠ ̄ ̄/
   | ̄ :  ̄ ̄| ∠二  二7    _
     ̄| | ̄| |   / /   ┌ ┘! ‐┐
      |_|  |_.」   |/     ̄|_lフノ..γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ
                         |  砂糖もミルクもなしに煮詰めた珈琲を舐めたような、不味い話だ   |
                          乂____________________________ ノ
             -‐=   ¨¨  ̄ ̄ ̄ ¨¨   =‐-     ____ ____ __ _____
         (                        )   レ―― 、   i    ノ/__/   \
        | ≧=‐--  __    __  --‐=≦ |V´/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄        \
.          !           ̄ ̄           }_f´乂______                 \
        ‘,                          / \__/ /__,ノ  ̄\              \
                               / f´ ̄   / /  「 ̄ ̄ \
.      ¨¨  ̄ ヽ                        / ̄ ヽ__/ /_ノ___ノ_  ヽ
.  /          \                   / ̄ ̄ ___/\     {  \  \___
 /          - `                 ´ ̄ ̄ ̄       ∧     \    ̄ヽ \ ̄ ̄
. ∨      /       _〕≧― -  - ―≦〔_     \      /     `ー‐―'’_____
.  \     {       乂_       _,ノ       }    /
    `’< \            ̄ ̄ ̄ ̄           / >‘´
             ‐-=  _________  =-‐
                   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

  γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ
  |  辛酸と苦渋のエスプレッソが舌に合って喜ぶ人とは僕も仲良くしたくないよ  |
   乂________________________________ ノ


…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM  :    PARTY NIGHT     ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

なるほど。一通りの話を聞き終えて、チンクが自らの内に刻み込むように深く頷いた。決して無関係でない話だ。

だからこそ目の前で泣きそうな顔でいるヨハンを、“人工的に、ただ弱くあることを宿命とされた”彼の傷と痛みを

“自然的に、ただ強くあることを当然とした”チンクは、まったく正反対の存在に触れた貴重な経験を胸にしまう。


直接的な関係がないから自分は直接なにかしてやれない。本当の素性を明かすこともできないので購おうにも

罰を求めることだってできない。ならどうしたらいい? ……ああ、そうだ。数秒の沈思から結論を腑に落とす。


なにもやることは変わらない。やるべきことは変わらない。キイの状況を好転させる手助けをすればいいだけだ。
5406 : ◆ToVRCqC0oc [] 2018/11/09(金) 22:47:56 ID:rqGZp0Ao0



                                    、, ,
        ``ヾミ二ニニ=-_ 、                 。
              ``ヾ彡二ニ=-_                      ヽ
              `ヾミ二ニ=_、               (_`X´
、_____ ___,,,,....,,_     `ヾ彡ニミk、_               .).   キミ、ほんっと斜め上にカっ飛んでるというか
ニ二ニ二ニ二二ニ≧x.,_.....:.:.:~``ヾミ:i :.:.:.:.:.:.:.:.、       (_`X´
ーミニ彡ノ彡人ミ彡f ア゛.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..ノ__\        .).    世間ズレしてなくって話してると調子が狂う。
           /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..oO:.´ ̄:.:.:.:.:.:.:.、  (_`X´
          /_ノ〇O.:o.:。.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.    ...)
.         /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.i.:.:.:.:. i:.:.:.:.:.:.            予測つかない会話って情報の入力と整理に
        /.::! .:.:.:.:.:.:.:. |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∧_:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!:.:.:.:.:.:.:.
.       / .: |.:.:.:.:.i..:.:.: |:.:.:.:.:.:.:斗ャ''~ V.:i:.:.|.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:          すごく頭つかって出力するの大変なんだけど。
       .:.:.:.:.|.:.:.:.:.| :.:.:_|_.:.:.:.:.:.:.:.i/   Vl.:.:!.:.:.:.: |:.:.:.:.:.:.: i
        i.:.:.:. !.:.:.:. |.:.:.:/!.:.:.:.:i.:.:.:..l,ィf竓乏行 .:.:.: |_:.:.:.:.:.:.:|
        |.:.:.:.:|:.:.:.:.:|.:./ _!:.:.:.:.!.:∧| V//リ | :.:.:.:.:| }:.:.:.i:.: |       γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
        |.:.:.i.:|.:.:i.:.:lィf笊恣/|/    `¨´  :.:.:.:.: |ノ.:.:. !:.:.|       |  改めて聞くが、私のことが嫌いか?  |
        |.:.:.l.:|.:∧小  Vツ  、      /ィ.:.:.:. |.:i.:.::从リ        乂 ________________,ノ
       :.:.:.| l/.:.:}ノ:.:.:.            / .:.:.:.:.:|人/
         :.:.:!:.:.:.:..:.:.:...込、       -  ,.ィ |.:.:./.:!
         N .:.:.::.:.:.:.:.:.:.| >   __-z≦   _!.:/_i/            そうやって臆面もなくクリティカルぶっこむの
          :.:.くi:.:.:.:.:.|    /-_-_-_v-_-|/-_-_、
            \:.:_,;i .:.:|_r≦-_-_-_-_}!-_/-_-_-_>-― 、..     程々にしないといつか背中を刺されるよ。
              /  \|  >-_-_-_-/\-_-_-/、

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM  :    PARTY NIGHT     ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

小さくクスクスと笑うチンクを不思議そうに見やり、なにかおかしいことでもあったか問うと、彼はかぶりを振って

「今日、ここに来てよかった。いろいろなことを教われたんだ。辛いことまで話してくれて、オマエに感謝している」

とても素直に礼を述べた。やるべき事、やらなければならない事、そこへ今やりたいという願望を伴えた事に。


しかしどうだろう。嫌な思い出を語って痛むばかりなヨハンの感傷が、すこしだけ暖かい熱を持つ。まさかこうも

直截な礼を返されるとは思わなかった。気休めにもならない慰みや哀れみの目と言葉がかけられるのだろうと

タカを括っていたのに。本当に彼は、言うことなすこと斜め上にカっ飛んでいる。つい、クスリと息を漏らした。
5407 : ◆ToVRCqC0oc [] 2018/11/09(金) 22:52:09 ID:rqGZp0Ao0



                     二二二三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三
                              ニニニ二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二
                      _..  -‐………‐- .._    ===ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
                  '"´_..ニ- ̄-‐…ァ=-‐…‐=ミメ、      .---==================
               :´,  '"´     , '´          `ヽメ、          .‐ ‐ ‐ --------------
          ./ /       /", , ,           \\                 - - - - - - - - - - - - - -
         ' ./           /                rヽヽ¬
        ./ , / ァ==‐-  ..,,__r/--  .._                j 厂 ̄ト、
       / ///         ̄二ニ=‐- .._ - .._   rf=='X/   |  `  _
     .,′/                ヽ    `   ミxz 》〉^o ヘ__ j^゙_,,.. 一
      .i イ!              ミ           `''     「厂
    ./| :;:.              _`                `''く
  ,    | ',:.                                `
  ,′  |  ',:.                         ∧        |
 ,′  !  ,                        /  ,      |
       ‘,  ′                       /   ',      |
      ..'.  ヽ                       /     ,     |
         `:   ::.                    _,,..  j′ ニニ  ',__     ‘
          i|i |__       _,,.. -‐= ア-‐==ニ7 _三ニニニニ弌=x.  {_
         } | |ノ、、  `'≪      //   . -‐ 仁=……=‐x. `ミメ、ミァァ=-‐……… ァ
         } } }  \      `''≪ /   / _ -=弌r‐…へ\`)≫=- _ ≪        /
        , //    \ x>、     `Y// ≠    `¨¨¨¨¨¨¨´       \ \xw  //.二ニニ==ァ
       _,厶イ       \ x/>、   ル′"                     , wハ V /′       /
_,,.. -‐ '''7 リ           \ x/> 〃 〃 /〃ハ                   YW′      /

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM  :    PARTY NIGHT     ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

「いずれまた用がなくとも来るよ」、そう言って去る小さな背中を「迷惑をかけないようにね」と軽口の冗句で見送って

一人になった工場の奥で架けたエンジニアスーツへと歩み寄る。あの事件の後で、イザークが手元の金を握り締め

方々を彷徨って購入してきた物だ。ずっとヨハンの傷ついた心と体を守ってくれた、いかめしくも優しい卵の殻だ。


スーツをくれた兄の優しさに甘え続けている。生身で外に出られないほど周囲に怯えている。その上で、こうも思う。

チンクが来た時に素顔でいて良かった。彼とのやりとりに少し傷が癒えたようで、話せて良かったと思えたのだ。


威嚇なのか兄の趣味なのか変なトゲトゲと飾り紐をつけられたスーツに触れ、何とはなく「ゴメンね」小さく詫びた。
5408 : ◆ToVRCqC0oc [] 2018/11/09(金) 22:56:45 ID:rqGZp0Ao0



                   ./ニニニ                       /
         ./|    |  /ニ/.}二|                       //
       /ニニ|    l〉 |ニ/ノニ./     -=ニ才ニニ}         /ニ/
      /ニニニニ|     |ニ圦ニニニ/   -=ニ才 |二ニ/ <二ニ=- /ニ/
      /ニ/|二|     |ニ| V〈¨ <ニニ才   .lニニ/        \_人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人_/
     ./才  .!ニ圦.   |ニ|  Vム    ̄   「二|ニ/      ./ニ/.≫               ヒリュウノケン      ≪
         |二ハム   |ニ|  Vム        |二|イ      /ニ/...≪   義体カラテが奥義、竜巻旋風脚!!   ≫
         |ニ7 Vム. |ニl   .Vム      .|ニ/     ./ニ/   ...≫                           ≪
         |7   マ/ |/    寸      |イ    ∠=匕    /⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒\
         |
   _   _  il`r ,, -- 、                           _   _          ∧__
  (´  (´  . .[ニ]      `ヽ       .__         (\´ゝヾ─、 ̄ヽ─, .      ̄1i
  `''ー-`''‐--./       .} ‐‐‐‐ 、   ー'、ヽー===- 、ー、`ー `=、_|_ヽ\_       .《
       (   T iレ'ル ハ从リイ     ゞ、. .lミ\\ / ヽ_,.\/ ̄l ミヽ:::_::〉ミミ、、)_      ≫
      / ヽ  L..[:;;;リ´ イi/ }{'  ,,  / ヽ  .:`ー'L三/.ヽ(_/.   ̄|::::|/::`;ミ`ミ`ミ::)
     ./  /.j Y ヽ)`_ oィ`ーt`ゝk__厶,..-‐'、_,-、r--.、. .〔|.) (. 三三|_l:::〈ミ`ミ`ミ/_
     .l /./ .iヽJ、ヽ「   __ゝ‐''":::::::::::::::::::::liu_.j-‐''". ノ (`. 三三|ニ()/>`ミ__()ー‐_、
    .`l :.  \ j、_TニT:::::::_,,::---‐‐‐'''''"  .二〈. ´⌒\...三三l:T´   ヽ二二二(_0ミー--、_
      .l ヽ__... ‐フ   |  ir..´::::/.. .r‐、///(_() ̄ ー--`ーノー〉_⌒ヽ       ゝ、_二二(_()\
  (´ (..,,___..-'''""    [ニ]::::::::::',. .r'r'´r'´,、/  ) }      .!/.::/(_():ノ            `ー`‐`‐`'
  ` ー--..         .ノ ヽ_:::::ノ.  ー. ___ __, ' /   ...._/⌒,!__/
      '、.   --- -―==ニニニ二二 -- ‐ ― ´   (/ ((_()、
       ヽ、         .j  〈_/(_Oー' ̄        /     // 〉l
        ``iヽ、   .ノ.  |::::::::| ̄l            i    // //
         [、` フー´  ...|__(_()'           /    //_/'     \人_人,_从人_人,_从,_人/
          l二j      |||l||||/           !──‐i-(_()      )  アイターッ?!  (
          `‐ '      `^^^               |     !(_0      ./⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒ヘ
                               L ___|__l
                               | l| i| i| | |
                               VV∨|//

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM  :    PARTY NIGHT     ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

いったい何をしに来たのだか、すっかり目的と違う授業で時間を食ってしまっていた。いや聞きたかった車両の話も

ちゃんと仕入れた上で滅多に聞けないだろう市街住民の裏話を知れたのだから、不都合は一つとしてないけれど。


「「私達を放って二人っきりで お た の し み で し た ね ?」」 ―― 長話の後ようやく戻ったチンクを迎えて

一人と一匹が盛大なイヤミをくれた。上半身が常人並の出力だから拳骨制裁があまり怖くないのだな。いいだろう。

私がなぜ下半身から修理したのか、その理由をケツとAIに叩き込んでくれる。いよいよもって泣くがよい。


さっきまでのマジメくさった面相はどこへやら。少年少女と猫は戯れながらに今夜の宿へと帰っていくのだった。
5409 : ◆ToVRCqC0oc [] 2018/11/09(金) 22:58:11 ID:rqGZp0Ao0



   ┌──────────────────────────────── ── ─
   └────────────────────────── ── ─
   ┌──────────────────── ── ─
   └──────────── ── ─
   ┌──────── ── ─
   └── ── ─
5410 : ◆ToVRCqC0oc [] 2018/11/09(金) 23:00:08 ID:rqGZp0Ao0



                                                      ,. へー ‐=ミ
                                                  ,、/\/  `´  \_`_ 、
          ._r、_/`-r、  r-、                               ´             ∨ヽ
       ,`-ニ,f 、 p '/ ||-、 | `!                 _        /   /  {          ∨∧
    _   _」、`ヾ`   .-'〈 `!,! ,!|,              r'   `'ヽ_  ...'    /  {∧  |  l| | ',  ∨/,
   | `、  ,!_」 ̄`┐__「 _.`「|    |r- 、   __     _ -'_, -t,,, -っ'"  '  ー-ミ.,{ ∧  |  jI斗┼   寸!
    !、 `、r|、`! r '~   ̄ },/ , `、,,| _ ,-' ̄_  ,!   , ', '  `-'"       | {   | 」L..,{ヽ∧ < 」L..,,!   }、\
    r'`、 `| `-`、_     |r!、   .〉 `' /"  7 |   ,' , '           | {  |【 {rう!` ∧ {イr'う| 】  /  }⌒
    ヽ、`、/ 、! ヾ、_   ,!!/' ii、 「!   `ー'" /   !,.!               |∧  |: Vり ´ \ Vrり } /  }
    ./`t'〈、_ `` - 、-、 「{'" ,| ∨>'、  r-ー-'"ヾ、  .! ,|            ∧,小 : : :   ,   : : : :  レ'  /}
    ヽ、 `ゝイ ,! 、_  |'、_j、,'-'、|  r'  `-'      `-'-'、__              .∧ ,∧         /  l∧}
    /`!  ' `「'  -'、 「~ ヾ,|-ト! |- ' r`, ー、-  、_  `!  .|               |´  丶  ` ´  ,. イ   /{
 ./ ̄  `- 、/`_-,「、f_!_   }、」 |`-'"/ r' /`ァ、 `|  ,| ,r、|                |     〕ト -=≦斗,'  /_
 | -'^,-- 、_ !'  `ヽヾ'-,r、、ヘ/ ,!_ ! |  ' ./,! 'ト't'  | |               八   /_ノハ V  /   /´ ⌒ ー 、
 !/ ,「' ,、 、 ,ヽ{「 ̄ ヽ、` 'f-_-' ̄   `ー'ー 、__ノ ./ ̄ ̄ ̄              /',  {  r-芥―v}: /       寸
  ヽ! i ! ,| ,|'    `' ̄             ̄                  _/  ', 八 7 / V くノ´            〉,
   `f -`-'- '       つーん。                         /::{    `'    /{', ⌒   、     / 〉、
                                              ノ{:::::\  /  /::∥::',     \  ,. イ,,.. イ:::}
                                             <  ∨::::::\   /:::::::∥:::::',   _ ,,.. -=≦::::::::::ノ
       出番なかったからってそう拗ねなさんなって。      ./ \ `'<__(` ̄:::::::::::|l:::::::::: ̄::::::::::::::::::jI斗 '"´「
                                          '     >-'  }≧=-:::::::|l:::::::-=≦:::::::::::「__  ,,.. イ
                                             /     :}::::::::::::::::::|l::::::::::::::::::::::::::;’ !     |
            ―― あいきゃっち なう ――               〈      :}::::::::::::::::::|l::::::::::::::::::::::::::| |    |
                                              ∨    :}::::::::::::::::::|l::::::::::::::::::::::::::| |    |
     【出番は犠牲になったのだ。ヨハンの犠牲にな】     .、    ∨    :}::::::::::::::::::|l::::::::::::::::::::::::::| |    |
5411 : ◆ToVRCqC0oc [] 2018/11/09(金) 23:02:32 ID:rqGZp0Ao0



         _  /:}  __
         --=く<:.:.:.:.:.:.:.:....
      /:.:.:.:./}:.:.:.:、:.:.:.:.:.:ヽ:.\
      /:/:.:.:.:.:ハ:.:.:.:.:,ー-:.:.:.:}:.:.:.::.
      /:/:.:{:.:./_,入:.:.:.:, 、_}ト、:.:.:.:.:.,
.     {:.{:.:.:{:.:.「   〉:.: }  ^ ヘ:.:.:.:i|
.     j从:.:.\ ○ノ'^ヽ{ ○ /:.:.:.i{      ……俺はいったいなにを語りたかったのだろう?(てつがく
.    .ー今{ \:.{^     ,   ./:.:.:./{
        _,.-=.{≧=‐.∩ノ ⊃´イ/^`
      ≧=- ,`ヾxく _ノ}}::≦
      ム/γ´  ∠ニ='゙_Ⅳ〉       ―― やるべきこともやらなきゃいけないことも いくえふめい ――
        ̄ 〉ーく_}____ノ
5412 : ◆ToVRCqC0oc [sage] 2018/11/09(金) 23:08:48 ID:rqGZp0Ao0



              .___
        .,...:.:.:.: ,..:.:.:.:.:.....  ,
       ./,:.:.:.:/.:/ :.:.:.:.:.: |:l_
        ./:.:/.:.:/:.:.:z‐t/:.:|.:.:ゝ        年表というか時系列というか、そういうの。
     ,イ:.:.:.:{.:.:.:.:ハ{/^>.:.:,イ.:.:ヽ
      /.:i⌒ヾ .:} =/:.:.:.,ヘj:.:.:.:`        .まったくなにも手をつけていないのだねぇ。
      ̄|丶ヽ|゙ヾi   レ/.{=,}|:.:.:.:|
         〉._ト、_.   ‐-  ノ〉:.:八|
     _,.-= ¨∨}  r―ァ {__/           気にせず、だいたいフワっとでええやん?
     ≧=-‐=ァ{;;{jヽr/;;_}≦
       .ム/__};;:i;:;;:; } |;;:;;}Ⅳ           わたし、頭の巡り悪いのよ――!(ルサル感
        ノ;;:;;:;;:};;:: / |;;::;} ;}
        〉;;:;;:;;:{;:;i'`イ;;:;{ ;{
5413 : 安価のやる夫だお [sage] 2018/11/09(金) 23:22:38 ID:1bY2qjSU0
乙。なにを語りたいかでなく、語ってなににしたかが大事(哲学)
5414 : ◆ToVRCqC0oc [sage] 2018/11/09(金) 23:26:21 ID:rqGZp0Ao0



        /          `ヽ
      ../          __   \
     /         >=ニi:i:i:i`ヽ  ∨.               【車の修理はカワイイヤッターがしてくれるので
   _/::i        /:i:i:i:i:}:i:i:i:|:i:i∧  ∨
  ..「::::::::}        /:i:i:i:i:/:i:,':i:i:i:|∨i∧  ∨              .単純に買うのもいいけど探してみるもよし。
   \::::}     /:i:i:i:i:/}:i:ハ:i:i:|斧:i:∧  ∨
    ..〉     ,'i:i:i斧芸}/¨ }:i/{rリ}:i:.∧  ∨             フ リ マ
    ..}     {::i:i:i:i:乂ツ  レ 、`¨八{:∧  ∨           モルグに持ち込みはあんまないだろうけど
    ..}     {:i:i:i∨〉       .':i:i八ノ〉  .〉
    ..}     {:i:i:i:i:∨   ' ¨ /{ Ⅵ//   /            .兄弟や2ch’s共とで墓場ひっくり返したり
    ..\    人人:i:i:〉≧=--::'{ : : ://  ./
      ≧s。   ≧s。ニ=>ニニミ、 「  /               やばげぇ依頼探して殴りこむもヨシ】
       /≧s。__ >   L}∨ /}
     ../ ..::  >‐=≧s。 > -┐{///   ヽ
    ../ /    /:.  >-=≧s。>へ/、         ―― 遺跡で見つける? うーん、そうねぇ。(無理ゲ ――
    //       /:.     /:>-=人◎} >s。
   ./'      /:.   /::    /   「¨マ: . .`ヽ




          ,..<.:.:,:._` `ィ゙i l.      >>5413 乙ありヤッター
         <:.:./.:i´:、:-‐`'、lУ
        ,=ッ::i:.:<、-<ヘ::l:i:.ハ       ダイスで選ぶにしても候補立てて並べるのがむずーい
        ハヘ:.l|γ⌒ヽヘ::::::::::::::',
       ´ヽ,|'ト(ゝ、_ノ ヘ,.ッYlリ      買う・GN-X券トレード・墓場漁り・俺達ゴーダッツ・遺跡
         .圦  ┌─‐‐,|`VY
          .>弋  ノ , <        手段がこうとしても車種の候補どないすんべやってなる
          i. 、_, -、¨ヽ.
          { ヽ、_, <_ノ
          /  幵   |            民生品魔改造と正規払い下げと鹵獲と、あと発掘品?
         ./   .∧  ’,
5415 : 安価のやる夫だお [sage] 2018/11/09(金) 23:29:11 ID:Tosve2fI0

発掘品の試作機とか最高だと思います
5416 : ◆ToVRCqC0oc [sage] 2018/11/09(金) 23:31:23 ID:rqGZp0Ao0



                     /{r=ァ                      積載量があってAAの数ある車とか
                    . .-ァ‐…:.:.:‐- ..
                      /:.:.:.:}:.:.:._:.:.:.ヽ:.:.:.:.\             なかなかねーべよどないしよって
                    /;.:.:.:.:.:.ハ:.:.:ヽ 、:.:.;.:.:.:.:.:.:.\
                 { }:.: !:.∧ ヽ:.:.レfヘ!:.:.:.:.:.:.i              タンクとか夢あるけど積載がなー
                 ノ:.:.:トj≫j ハ≪ j:.:.:.:.:.:.:{_
                 厶ィ}ヾ      /:.rヘ:.:.:.r一
                   ]   ,--、   /ムィ⌒           そう、俺はバカなのです(既知
                 ト、 \  ″  イ]「^
                  ー―┘ V^L.\   '′{___/レ‐=ァ
              ≫-  ////Y! -‐√/{     ∠         なんか上手い候補とかあるなら
           -=≦, イ { L/r‐   -、__/ ,     \_,
             ./:i:i:i'^:i:i:i:iハ r‐ '´/:i:i:レ':i:{__ ヽ__\ ̄       それでテーブルにしてダイそう
             /:i:i:i:i/:i:i:i:i:i/   {:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:)   ̄`
           fi:i:i:i:i:i/:i:i:i:i:i/  /  「i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:{__r==x       だから助けて >>5415 乙あり!
5417 : 安価のやる夫だお [sage] 2018/11/09(金) 23:36:11 ID:Tosve2fI0
やはりそこはやる夫界隈で生まれたアーマードハイエース……
5418 : ◆ToVRCqC0oc [sage] 2018/11/09(金) 23:42:43 ID:rqGZp0Ao0
a


         /:./:...............:.:/:.∧:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:{:.:.:.:.:.:.:.\‘;.:.:.:.:.:.:.:.......
          /; ';.....:.:.:.:.:.:.:./:./ ‘;.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:‘.\:.:.:.:.:.:.:.:‘;.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..
.          // :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:/   ‘;.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:‘, \:.:.:.:.Ⅵ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
         i/  i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/   U ‘;.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:‘,  ‘;.:.:‘;!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
        {  |:.:.:.:.:.:.:.:.:.{\    ‘;.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i    }:.:Ν_:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:
、       ;.   :.:.:.:.:.:.:.:.:.:{  ≧z __ \:.:.:.:.:.:.:.:._|__ 斗:.ハ:!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ハ:.i
 ` 、    jレ  ';.:.:‘;.:.:.:.:.:レ乍 ⌒ヽ  }:::::.:.:.:.:.:.F ^ミ/ j:.:.:.:.:.:.:.:.://};′
    ヽ  / ∨ノ:.:.:‘;.:.:.://  (_)   i::::ハ:::.:.:.; (__) ^Xト、:.:.:.:.:.:.//{ リ
     ,、/   Y:::::::.:‘;.:.:ー:. -== ''  /ィ {‘;:./rー- __ ハj}}:.:.:.:.:':::::::v
.     /     |「^}\‘;.:.:.:{          j/    ̄ 7:.:.:./:::::::{\{
.           ⅱ り\ 、:{\                 厶ィ7:/}:::{  ー
          ⅱー  7ハ\             U ィ厂/\{_
----  _     j レ 1〃 \  、          ,  /] 「     ̄     イ
      \   /  /==-   ト     ̄ ̄ ̄   ̄ ./  }{        / /
       /:\    /ニニム/ \;\         イ{   }_{       / /-‐…
.    /:::::::::::::\ ̄ ̄\\}   \;\    /  /           / /

     【候補にゃいれたいけどaa一枚しかなくね? って顔】

       ―― バカな、あのAHAさんが一枚だけなんて ――
5419 : ◆ToVRCqC0oc [sage] 2018/11/09(金) 23:49:47 ID:rqGZp0Ao0



           , -‐ァ:.:.:ー:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..
          /:.:.:.:.:.:.\:.:.:.:.:.:.、:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
.         /:.:.:./:.:.:f⌒ヽ:.:.:.:.:{\:.:.:.:.:.:.:i                  とりま入手法を上記のそれで1ID一回の1D100で
         i:.:.:.:.{:.:.:/-- _';.:.:.:.|__ }:ハ:.:.:.:.:.
         |:.:::.:.';.:.{ _ 云 jハ:j=-/ ;.:.:.:.:|                    いちばん高目の手段、その後で車種決めかなぁ?
         |:.:::::.:.刈辷7   {/ 辷圦}:./:.:′
          j:.:.rヘ:{ ハ    ′  /}:.:./
        ⌒} ハ\         /7:f`                    描写にださなきゃ枚数いらねーじゃんとは思うが
          ヽrt    r っ  /Y
  、____ト、  }} \     / {{   - ア               演出で出てこないの悲しい 悲しくない? 悲C
 __}    \ ヽ____  } `   イ    /  /ァー==--ァ
-‐¬       /ニニ}__ノ- ,  L...r=ニム      -=<_
  , -―   -‐ {ー--{   -‐'   マー-,}   ___    ー- _    ということで、明日にでも卓の方で振ろうねぇ
7     /   入__/ー-<     -‐ ァ^ヽ  ヽ    \__ -‐⌒
ー----:ァ__ -‐::::::::::::\  ーr‐ '   /::::::::::ー- {ー----=ミ
7:::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::i|   |    |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ}         ―― 出演権だけで出番が遠いけど ――
′:::::::::::::::::::::::{:::::::::::::::: | !|    |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}}
5420 : 安価のやる夫だお [sage] 2018/11/10(土) 00:00:41 ID:PRnPXgA20
乙乙

>まったくなにも手をつけていない
じゃけん、まずは四半世紀くらい前からの年表を作りましょうねー
作っていくうちに本編そっちのけでドンドン設定が積み重なっていくよ(白目)
5421 : ◆ToVRCqC0oc [sage] 2018/11/10(土) 00:08:40 ID:wQO6RRxk0



>>5420 乙ありだがやめよ、そんなん作ってる間に脳が死ぬ(震え声
                                         、__//__
                                          _,.>-:.:^:.:.:.:.:.:.:.:.:..、
                                       ーァ':.:./:.:/:.:.:.:.:.:.:.ヽ:\:\
    んじゃ日も変わったので寝る!                  /:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.;.:.:.:ヽ:.:.         .}
                                       /:.:.:/:.:.ハ:.:.:.:.:.ト、:.:.:.:.i:.:.:.:.:}:.:.:,       .,ノ \_
    投下中にもろうたレス返しは                  〃i.:.:{:.:./⌒';.:.:.:..「 }:.ト:.|:.:.:.:.i:.:.ハ!    .ー- 、 f⌒
                                      {{ Ⅵ}/. 0 乂:} =ミ ハ|:.:/小:{ j       ヽ{
    仕事おわってからすゆ!!         '⌒}      | j从 {   .く ,    ,}:.:./:.:.{_
                                  ! {        ト、 ! 〈ト--- 外  ⌒}: f⌒
                                  __}   ヽ、 ,ソ-┘ V..ヽ `ニ´  _,.イ_{///}/}-―=ァ
    長時間投下に御付き合い         (_  ̄) ド''.>- 个x _ ト .,__ ア ////   --く_
                                 (_  ̄) ,ハ./___, {///:ヽ┌ー‐ '' /{///   ー=弋
    さんきうぐんないべいべー         .(_  ̄)ノノi:i:i:i:i:i:しヘこ{:i:i:/ r‐'r:i:i:i:i:i:i{-个x } ー-  ヽ
                                  `ー=∠ニ=‐''"  |i:i:i| i .|:i:i:i:i:i:丶、:i:i:i:i:i:⌒弋-ゝ
                                       |:i:i:i:i:| l .|:i:i:i:i:i:i:i:i/\:i:i:i:i:i:i:i:i/
                                       l、i:i:i| l .|i:i:i:i:i:i:i:! /i:i:i:i:i:i:i:/
                                            !i:i:/. l . |i:i:i:i:i:i≦ 〈:i:i:i:i:i:i:i/
                                       {:i:i/   l  \:i:i:i:i:i∨\i:i:i/
                                            /:i/ー-ニ/::〉ニ\i:i:i:{  { 〉
                                       i:i! //`〈∧   \:i:i弋 ‐
5422 : ◆ToVRCqC0oc [sage] 2018/11/10(土) 00:09:38 ID:wQO6RRxk0



        ┏┓                                            ┏┓
        ┗╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋┛
        ┏╋────────────────────────────╋┓
        ┃|                                            |┃
        ┃|   本日の投下は終了しました。またの御来訪をお待ちして候。   .|┃
        ┃|                                            |┃
        ┗╋────────────────────────────╋┛
        ┏╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋┓
        ┗┛                                            ┗┛


             【イザーク自慢の魔改造車アーマードハイエース:商用輸送車】

          ―― ヨハンが外出したくないの、ニーサンの趣味のせいじゃね? ――


                   //       /.{_    ≧、      ./l
             __ -- ―――― -- __ /  ',   ̄  -- ヽ.     { l/ ー-- ミ
            / ________  ` <      ',   \. r‐ Vへ、   ≧=-
             , /              i i⌒ 、  \   、.. .',    ′マ^   厶\ . ∧ 、
          //                 i i   ii`゙''<_  ! \    ..i .{\  ′沁 \ ∧}
          //                  i i   ||   ___|  /.  ミ| 《沁 ,   へ \‘,
        r ./ i__________.jr___〕_}}  ..\  /  { ,ハV∧  `/  }  }\
         7   i °        ゚ i   /   ~  ...../  i'. .. ∨  } V∧ 乂_ /  /:|_⌒ヽ_
        i    .| °      ゚ |    {  ´ ̄ i.   \  |  ....}__,. <二ミ--、   _.ィ_ |==‐┐\_ミ
        i--- 、 {ー-、  , ---t /´ ̄ Y , - 、.|  ..  丶!  .ノ':┐   T}: : :\二二| 寸7/.: : :l: :`Y
        |{ __ム === ニ ==== {{_ _}}  =ミ:. j  ...<_]. .イj        fム.: : ∧ニ={ ´/厶: : :l: : /: :\
        j=-   `ニニニニ ´   -= /ィxV===     .′{ f'^マ _, ---〈 ̄\}二「 ̄__」ム:{: /: : : : : >、
       ,ィr--、  r---------- 、 r--.. //,ハ',ィ/⌒ヽ   i: : :', ー<_   __,ノ: : : :l二二|::\ニム\;: <: : : _;: >‐┐
       / {Lニ}  田田田田田田 {ニノ/川  }} j ィx ',.  l: : :∧ 乂j r '´  }: : :/二ニ=|::::::::\ム:.:\=ニ ̄: : : : : :.\
      ムミ乂___ |     |__ ..イ|{i|!|i.し// ム  .   {: : : : :\ L.j ,r≦ : :./二二ニ|::::::::::::::寸V: ∧:::::::::厂: : : : : ハ
      rミx、 ゞ==∨ ` ̄ ̄´',   ム ゞ===彡 { ィ< }}.  \: : : : :≧=チ: : : :/ニニニニ|::::::::::::::::::Ⅵ: :/ミ:::/ : : : : : : : リ
    > } ` ミ==彡 ∨   ',    ',  }      .イ: {{   >=  ` <_;: :.イ/二二二ニニ|::::::::::::::::::: V/: :..:/: : : : : : : : :,'
  <  }ミx、    ィハ   ',    ',  {ミ=-- =彡  {ヾ < i!==.. .,. <: : : :/::∨二二ニニニ|:::::::::::::::::::::::::}::._/: : : : : : : : :,'
    >} ` ミ==彡 } ∨  ',   ', }      イ', ',    .,. <: : : : : :/:::::::::::}二二ニニ=| iTニTY ̄寸´: : : : : : : : : :/
      {ミx     ィ!  }―――― {ミ=-- =彡   ',  ./ : : : : : : /::::::::::::::厶斗===.┘LL/ リ   } ヽ\: : : : : :../
      .マ `ミ== 彡.ハ _ノ }      マ       イ、. .: : : : : : :/:::::::::::::::::::L_/---((__))二二ニ/  / /YⅥ : : :. :./
       ヾミx、   .ノ ./       ヾミ=-- =彡  /..: : : : /:::::::::::::::::::::::::::/ニ二才ニニニlニlムイ . / }|! : : : /
        `<ミ== 彡          `''<三     : : /:::::::::::::::::::::::::::::::〉z≦二二二ニlニlニ〈_,/ /!ノ::|: :/
5423 : 安価のやる夫だお [sage] 2018/11/10(土) 14:19:10 ID:g2/MR5cE0
デザインドヒューマンということは「孕むンです」特効ですな
5424 : ◆ToVRCqC0oc [sage] 2018/11/10(土) 20:54:11 ID:wQO6RRxk0



                         -   _
                  ''"          - _
               /                    _
               /       - ―― -  _    |  l│└ ┐
             /     /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..  ┌‐┘ ノ./ー─┘.  、       男に飲ませてどうするんだい、その薬。
.            /   /.:.:.:.: .: .: .: .: .: .: .:l:. :... .└―〃/ | ̄ ̄|   i
           /   ,.:.:.: .: .: .: .: .: .: .: .: .: i、:. :..  / ̄ ̄|│ 「 ̄.  ノ
              /.: .: .: .: .: .: .: /.: .: .: .:| 丶  ヽ/ ̄| │.ヽ_>.   丶
         /   /.: .: .: ..:i.: .: ..:/: .: .: .: .:i _\:. :. .└┘        ヽ      【授乳ぐらいできそうにならね?】
.        /   /.: .: /.: ,.:|-.:‐/.|.: .: .: ..:/´ r   \:. :. :. :.v .:∧      i
       /   /.: .: /.: ..:/|.: :/ |.: ..: ..:/   }≧=ミ.、 :. :. :. :V .:∧       |
          /.: .: /l.: .:/ jI斗=ミ| .: .: /  イ///ハヾk:. :. :. :.!/ .:∧      !
      i   .: .: .: .:i.: /,ィ´///ハi.: ..:/     !/// } }!:. :. :. :|.: .:.:.∧ }    {   ならないから。なってたまるか。(赫怒
      |    i .: / .:l /イ{ {////l.: /     乂/ツ ノi:.\:. :.!.: .:..:.:.i/     i
      |    l: /i.: .:!.:/圦 乂/ツ!/      ^^¨¨  }: / \i .: .:.:./   . : }
      |    i/..:!.: .:/..:|   ¨¨´                }/ :. :. :\.::/  . : : :/
      }   :.:.:.|.: /.: .:i         ― 、       |.: .: .: .: .:.:/  . : : :/     ―― 業が深ぇなぁ、人類! ――
       {     V.:!∧.: .小        ( ___ ノ    ,.ィ|.: .: .: .:.:./ . : : : /
        {  . :  ∨:.∧.: :|}i>.、               ,.イ|:!:|.: .: .:.:.:/ . : : : : }
.        、: : : : .∨:.∧:.|i:i:i:i:}≧s。.,      ィi{∧:i:i:!.: .:.:/ . : : : : : /
.        \ : : : :.ヽ:.∧!`ヽ:i:∧:i:i}: :≧zr≦: :,ィfiア:Vi:!.:/ . : : : :_,,..ィi{`ヽ、
           \_: : : : \: : :}/ : }:/≧s.、 ,.ィニニニ=,/. :,.。s≦ア : : : :  ヽ
         /. : ``マニニ=-_、ニニニ=Vニニニ=/ ,.ィニニア": : : : : : __   \
        /  : : : : : : :`マニニ=-_、<´ ``ヽ,/ ,.イニニア": : _ - ~ ̄       ヽ
5425 : ◆ToVRCqC0oc [sage] 2018/11/10(土) 21:39:38 ID:wQO6RRxk0


   >>5378 有澤重工あたりが作ってそうなOIGAMIトラックなんて

          軍に怒られやせんやろか? いや怒られるわ(確信


   >>5382 現金の使い勝手をイマイチまだ理解できてなようで

          現物主義の脳筋。チンクさん、もっとお勉強しなさい



        -――-                 殴っていい組織を紹介してもらうのは手間だろ。
.    /       、 ヽ
   / /  / | l  l. / ヽ                欲しい物を売ってくれる人を探すのも手間だな?
   .′|  |」 .__/l/ --.l l
   |  |  ||(::::::)   ‐-│ l
   |  |  |.     |  l  |           お金もってても売ってもらえなかったり在庫が
   |  |  |    ‐‐  .ノ /
   |  |  ト _   __ イ ,/               無かったりしたら、やっぱり手に入らないし。
   |  ヘ | r┴-┴i | ./
   |  ヘ/\.:.:.:.:.:ト、lイ
   |  /   .\.:..| \               現物確保が一番堅実では?(即物的俗物感
関連記事
スポンサーサイト




コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://yarucha.blog.fc2.com/tb.php/6777-8827e04f