ドリームランド物語 01

79:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2013/02/10(日) 20:28:56 ID:QZBAVeb.



         殴られるのは痛い 虐げられるのは屈辱だ 奪われる辛さは筆舌し難い

         何でこんな目に遭っているのか分からない

         何故、こんな目に遭わせて奴等が笑っていられるのか分からない



                                    /⌒i
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::    _,,..、 .|  / ,..-、            /`l _
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::    l   l | /´ l,、_ノ         l  |/ 〉
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\:::、:::::::::::::::::::::::::::::   |  i' '´_,,、    . ,-、,-‐'''"\ l  |レ'
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\\:::::::::::::::::::::::::::  |  し''´ 」    . l  ._‐t  .|  ヾ'
::::::::::::::::::::::::::/ ̄ ̄ ̄:>  ̄  <_:::::::::::\:::::::::::::::::::::::  |  ,,.-''´      ヽ┘ l  /
::::::::::::::::::::/::::/::://    ;  、  `ヽ::::::::\:::::::::::::::::::::::| .|                ! .!
\_::::::::::::::::::::::::::/     乂 l /   \::::::l:::::::::::::::::::::::l、_ノ         、  __/  l
    、:::::::::::, /        ` ー--、 -  \{::::::::::::::::::::::         | ̄  __,!
       、ィ/              `ヽ、  ∧::::::::::::::::::::::         └-...‐''゙ .
    ,.. ' /                   `¨Y{:::::::::::::::::::
  , ´ /           、               |ム:::::::::::::::::::
/  '´                 >、_____,ノ  |/|::::::::::::::::::::
                   /、    \   ノ:::|:::::::::::,:::::
                   }  ` ー ´`ー':::::/::::::/::::::
                 ノ\___,..ィ:::::/:::/::::::::::::
         :、___,...イ\         /::::,:'/:::::::::::::::::
        ,. -      ノ  >----- ヽ::/´::::::::::::::::::::
    ,.  ´,. ´ /______,.イ::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::
  / /  /  \:::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::
.:/ /  /     、::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
83:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2013/02/10(日) 20:32:42 ID:QZBAVeb.





       隣で、学校に不慣れな自分に良くしてくれたからイジメに巻き込まれた友人が倒れているのが辛い

       彼にも、勿論自分にもだが、虐められる由来など全く無いのだ

       だのに、どうして……どうして……



       ,、
       ,r' ノ ,,..__
     /{ {  ' 、_ `丶、
    ,{ ハ 丶、__ノ}   ',
    ゝト_゙ヾ;           ',                         _,....,_
       ̄` ゝ- 、   ,'';, ヽ_/「\               、_    (( '、`
            丶、 '' '';; \_|  `丶、      __      ゙ヾ三;;ーァゞァ‐
              ゝ_  ,;  l     `ヽ,....,__ノ  `ー- __,,..-‐'''´_- ''"´
               `ヽ;, ノ       `ー―― '''ヽ、_,,..-―''´
                 ゙ヾ_                、゙ヽ、
                   ` ー―- -、          \ ヽヽ   、__
                          `ヽ、___       l ヽ   `ヽ
                                `ー- 、
                                    `  ̄ ̄ ̄`丶、
84:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/02/10(日) 20:33:28 ID:ASk243C6
選んで虐めるのが、そんなに上等かね
87:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2013/02/10(日) 20:35:45 ID:QZBAVeb.





        彼奴等は笑って、俺の頭を踏みつけながら写メなんて撮っているんだろう

        俺達は、何かこんな目に遭わされないといけないことをしてしまったのか?







.   /:::_ /:::::::::::\:::::|:::::/::イ/   Z/⌒ :::::|
  // /:::::::::::::ハベⅣレ'^       ミ=-:::::::::|
     /::::::::::::厂       ,ィ≦≠  ミヽ:::::::::ア  
   / :::::::::::::|         〃 ,,_   ∨⌒V ´ ̄`ヽ
  <._::_;::::::::ハ -≠=- 、     '/托い    ∨^ l /こヽ│
      / ::::/| :',  /゙赱ハ    ¨¨     .!ハ | {(とノ)|
.     |:::::/: |::∧  '¨  |          |ノ | `ー‐  |
.     l/  |/:::ヘ    |          |ィハ    ヘ
         ∨  `、   \ r        ,∨ {     \
              ヽ      _, ィ1  / :|  ヽ    ___ヽ    _
             \ -<-‐~ / /  |_   }/´    ̄ ̄ ̄ \
               ヽ、  ̄ ̄ /'  /ヽ /            ヽ
                 `ト--‐< /_/   {
                    /| r< ̄      人_,,,  -―――――
                   / ∧ |   \    / {
89:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/02/10(日) 20:36:58 ID:uujq7vHc
安定のクズAAだなw
90:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/02/10(日) 20:37:07 ID:ASk243C6
納得のAAだな…
91:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/02/10(日) 20:37:50 ID:SJGhWBI6
ある意味便利なキャラだよなw
93:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2013/02/10(日) 20:38:45 ID:QZBAVeb.




           もう、限界だった

           世界が滅べば良いのにと祈った

           みんなが死ねば良いと呪った

           そして


              ..ィク´ ,,..........__   ゙ 、 /
             , 斗r ..;/´   .. `ヽ、 ./∨
               l' ;/      丶 ゝ≦/
  .               ∨       /::::::/
              /       /:::::::/
              /         丶- '
             /          ',
            /             ハ
          ./            ハ_
  .         /               `'‐、
  .        /   ..-、         ィ冖‐ー.  \
        i /  ,'   ハ   l´゙' 、 \   ヽ .},ィ劣王ミ::、..___
        l }   /   /   }  |  丶. \   ` ′寸圭圭圭圭圭}
        `′ .{   〈   .i   |     \、 ',少    ``x圭圭少´
            ヘ  ヘ   ゙、 .∧     ', ハ            ̄   ___
            ヘ ハ   ヽ ' 、     `ー′ュュュュ、       〈圭圭心,
             丶 i     ヽ_ !     {圭圭圭圭圭圭ヽ    ̄¨¨¨´
  .               `′      __........__寸圭圭圭圭圭リ
           ,.......xュョョュュ.、,....ィ升圭圭圭圭圭圭圭圭少
           `寸圭圭圭} 寸圭圭圭圭圭圭圭圭圭K._
             `¨¨¨¨´ ,佳圭圭圭圭圭圭圭圭王圭圭}
               {少r:ゞミ王王圭圭圭圭少'´ ̄¨¨¨´
                 {圭圭圭沁 `¨¨¨´ f壬心
                 寸少' ̄ r劣}    弋圭ヲ
                        ̄
98:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2013/02/10(日) 20:41:28 ID:QZBAVeb.



             良かろう そう呟く声が聞こえて、俺の意識は掻き消えた




゙'-,;;;;;~゙''''ー、,      `'∴;;,..-'''"                i-V;;;;;;;;;|,      l;;;;;;|  /゙Y'";;;;;;
  \;;;;;;;;;;;;;;;\      `゛          i--.... ..、     ゙l、;;;;;;;;;;; !      l;;;;;.! ./ ;;;;;;;;;;;;;;;;:
: t 、\;;;;;;;;リi,;;; ! .ト、        _..-''゙ ゙゙̄'''-、L;;;;;;;;;;`''-..、   `''、;;;;;;ヽ,     l;;;;;;;.l/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
 .ヽ\.ヽ;;;;;;゙V;;;} ,!.l       ./ ;;;;;;;;;.,..-‐'''''''''''ー 、;;;;;;;;;;;;;`'x  .v、`ぃ;;;;ヽ,    . l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;n.
  .ヽ;;゙'' l'、;;;;;;;;.l /;;;.!     ./;;;;;;; /  ,..-‐''ッ  ,,、`'./ ;;;;;;;;;;ヽ, ゙'.l' li.;;;;;;;\,,   .ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.l,
!、  .ヽ;;;;;゙!コ;;;,iジ;;;;│     ,!;;;;;;/_,  .!  ー゛  .lヽ l;;;;;;;;;;;;;;;;.!  l;;";;;;;;;;;;;;;\   ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;"
;;.l.  .li.l;;;;;;″;;;;;;;;;;;;;l.     !;;;;;;;;;;/, ┐  、 .i、.iii ゙' ! |;;;;;;;;;;;;;;; l  .!;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\、 ヽ,;;;;;;;;;;;;;;;;;:
;;;;.l   l;;;;;;;;;;;;...-、、;;;; l    .|;;;;;;;;;;'!゙;./  . |ハ、,_.x、   .|;;;;;;;;;;;;;;;;│  .!;;;;;__;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`'-、,,`''-_;;;;;;;
;;;;; !  .l;;;;;;;;;'~゙゙゙>⊥;.!   .し;;;;;;;;;./  ,i";;;;;;;;;;` !   l;;;;;;;;;;;;;;;;;;}  !;;;; ! .!;;;;__,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙ゝ、,゙''-.
;;;;;; !  .!;;;;;,./ '´ `''i;;;}    .!;;;;;;;;.!  /;ヾヘ;i、;;; l  ./ ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!  !;;;; l !;;;;`'''√''''ー、、;;;;;;;;;;;;;~″
;;;;;;; !  .,!;/゛  ,、 i、.!;;l゙  _,,!;;;;;;;;;;;| .l゙;;;;;;;;;;;;;;;.│  ,!;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;│  !;;;;/.,/;;;;;;;;;;;;\_   `''-、;;;;;;;;
;;;;;;;;;!  .!;;;|、 〃 |}.!;;゙''i .!;;;;;;;;;;;;;;;;凵;;;;;;;;;;;;;;;;;; |  |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/  /;;;/ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ̄ヽ  ゙'、;;;:
;;;;;;;;;!  .|;;; !    ‐r .!;;;;;.!  !;;;;;;;;;;;;;;;;!.!;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.! _.!、;;;;;;;;;;;;;;;;./  /;;;.ゞ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ  `‐
;;;;;;;;|  l;;;; !  !'~''"| .!;;;;;;;! .|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.l, リ、'│;;;;;; /  ./丶;;;;;;;;;;;;;;;;;_,,.........、;;;;;;;;;;;;;;`'、
;;;;;;;l゙  l゙;;;;;;.! |";' l !;;;;;;;!、ヽ,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;xv、 _;ヽ.l}、ヽ;;./  ,,/;;;;;;;;;;;;;;,,./ ゛ ,/゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ
;;;;;/  .!;;;;;;;;;ヽ,|、;;;;| l゙;;;;;;_,,..ゞ''i;;;;;;;;;;;;;;;;;;_;_.;;;;;;;;`'' |>,゙l|/;; `゛ ./゙;;;;;;;;;;; /   ┴¬'ー-、;;;;;;;;;;o ィ″
;;;/  /;;;;;__;;;;;;;゙!ミ;;;;,゙,.l;;,゙,, -'''゙゙゙";;;;;;;;;;;゙゙ー ,_`゙''ー、.;;゙ '.l'''''゙  ./;,、;;;;;;;;'リ′         __,,,,ゝ;;;;;;;.\.
;/  / ;;;;;`l.フr;;;;;;;;;;;;;_,,..―'''''''''''''ー ..,,;;;;;;;;;;;;;;;`''-、 ゙く;;ヽ   .!'",/;;;; /    _,, -‐'''゙´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ
".,./ ;;;;;;;;;;;!゙;;;;;;;;,,./ ´   ,i'、   .,,、 `'''、.;;;;;;;;;;;;;;;゙'、 .l;;; l   / ;;;;;;.l  ,/゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
ヾ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,r"    ./゙ン′  ヽヽ  `ぃ;;;゙ミi.;;;; l .!;;;.!  l;;;;;;;;;;;.! ./;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,..-''''゙゙゙ ̄ ゙゙̄''-
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,i"_,    !ヾ   〟 _.`マ   ヽ; l. };;;/│;;;,!  .l;;;;;;;;ノ / ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/     iー ,,.
;;;;;;;,iリ;;;;;;;;,l/゙;i|八〟   .,..,ii''7ニ'>i、   _,r、/;;;l/ / . !;./   l;;;;;/ ./;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;./  ., ┐   `'、;;゙'、
'.!;/./;;;;;;;;;";;;;;;;;;;;;l   .,i'゙‐';~丶;`;;;/  /丶;;;;;;;;;;;lr‐'ジ    .l; ! .!;;;;;;;;;;;;;;;;;;;./  ./;;;/     .ヽ;/
. ゙",!;;;;;;;;;/'l,;;;;;;;;;;,!   /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/  !;;;;;;;;;;;;;;;;;,/      .‘゛ !;;;;;;;;;;;;;;;;;;/  '、_./     ..
99:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/02/10(日) 20:42:14 ID:ASk243C6
友人は勘弁してあげてください
101:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/02/10(日) 20:43:06 ID:6VqHuTIc
友人は助けたって
102:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2013/02/10(日) 20:43:21 ID:QZBAVeb.



           ウワァァァァ

                             ギャァァァァア


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::     グジュッ
:::::::::::::::::::::::::::::::::_::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::( )::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::| ̄|三| ̄ ̄ ̄|\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::    アヒャヒャヒャヒャ
     TTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTヽ
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄|ヽ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|\iヽ
      | ̄|| ̄|  |  | |  | ̄|| ̄|  | ̄|| ̄|  .|  \iヽ::::::::          グシャッ
      |_||_|  |  | |  |_||_|  |_||_|  .|   \i::::::::::::::::::::::::
    _____|  | |_________.|     |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
    _____|  |.|_________|      |:::::::::::::::::::::::::::::::::_,,-'~''^'-^゙-、::::::::
      | ̄|| ̄|  |  | |  | ̄|| ̄|  | ̄|| ̄|  .|     |____   ノ:::::::::::::::::::::::::::゙-_::::::::
      |_||_|  |  | |  |_||_|  |_||_|  .|     |     ..|\ i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::i
    _____|  | |_________.|     |LlLl LlL |  i:::::::::::::::::::;;;;;;::::__,,-''~i、
    _____|  |.|_________|      |======= | ゞ:::::::::::::::::::::::|.レ/:::::::i
      | ̄|| ̄|  |  | |  | ̄|| ̄|  | ̄|| ̄|  .|     |LlLl LlL | ヾ_:::::::::::_,,-''ソ/::::::::::;/
      |_||_|  |  | |  |_||_|  |_||_|  .|     |======= |  |゙-、_::: i;;;;//::::::::,-'~
              |  | |               |     |LlLl LlL |  |   ゙ヽy /_,,-''~
             | ̄| ̄| ..:::::::::::::::::::::: | ̄| ̄|   |     |======= |  |    |i:|
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  |  | ..:::::::::::::::::::::: |  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
             |  |  |        |  | [二板高等学校]
             |  |  |        |  |
             |  |  |        |  |
             |  |  |        |  |
 ______|_|/          |_|__________________
103:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/02/10(日) 20:44:10 ID:y8fOfA7Y
ざまぁ
104:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/02/10(日) 20:44:42 ID:lYoI4q1k
グリムグリモアのデーモンのボイスが再生された
105:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2013/02/10(日) 20:45:24 ID:QZBAVeb.




         ひぃぃぃ……


                            助け……いやぁぁぁぁぁ!!!


|  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  | | |  |._ ._  | |  | : | | | | :l | | |:::::||/;;;;;;;;;::..    ..:;;;;;;;;;;| |:::::| |||:: | |||
|  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  | | |  |l  ll  l | |  |__,l | | |_;l | | |                 | ||l:__ | ||l._
l,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,l | |  ||  ||  | | |  |_| | |_| | |                 | ||__| ||_
______________.| |  ||  ||  | | |  | _,,| | |  | | | :::......             ....::::| ||   | || _
._. _. _ ._ ._. _. _ ._ ._  | |  ||  ||  | | |  | : l | | |  | |. /;;;;;;;;;;;::.           .::;;;;;;;;;;;;;, ||   | ||l´
l  ll  ll  ll  ll  ll  ll  ll  ll  l | |  |l,__,ll,__,l | |  | : | | | |  | |/;;;;;;;;;;;;;:::::.       .::::::;;;;;;;;;;;;;,||   | |||
|  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  | | |  | ___| |  | : | | | |                         | |||
|  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  | | |  |._ ._  | |  |__,l | | |                         | ||l._
|  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  | | |  |l  ll  l | |  |_| | |                         | ||_
l,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,l | |  ||  ||  | | |  |  | | |                         | ||
______________.| |  ||  ||  | | |  |  | | |:::.....                      ......:::| ||
._. _. _ ._ ._. _. _ ._ ._  | |  ||  ||  | | |  |  | | /;;;;;;;;;;:::                   :::;;;;;;;;;;;, ||
l  ll  ll  ll  ll  ll  ll  ll  ll  l | |  |l,__,ll,__,l | |  |  | |/;;;;;;;;;;;;::::::                  .:::::;;;;;;;;;;;;;:,||
|  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  | | |  | ___| |  |
|  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  | | |  |       | |  |
|  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  | | |  |       | |  | :::::...
l,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,l | |  |       | | /;;;;;;;;;;;;;..
______________.| |  |       | |/;;;;;;;;;;;;;;;;::::
                         | |  |
108:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2013/02/10(日) 20:47:15 ID:QZBAVeb.







       今、書庫の奥で震えているのはなんでだろうか

       確かに、人通りの少ないところで怯える機会は多かった

       虐めに巻き込まれ、虐げられ、奪われ続けた

       楽しかった学校は、地獄になった。だから、隠れるように書庫に来て食事をしたり本を読んで時間を潰した

       しかし、今隠れている理由は違う





                          メ ,, -──- 、._\
                         メ/ u    ゚ 。 \\
                       / /    ノ  ヽ、   \\
                        ! |  o゚((●)) ((●))゚o  |
                       \\    (__人__)   /く<
                        ノ メ/   ` ⌒´   ヽヽヾ
114:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2013/02/10(日) 20:50:04 ID:QZBAVeb.


             あれらから逃げているのだ

             あれを何と言うべきか……そう、悪魔としか形容できない何かだ

             唐突にそれらはやってきた。授業を受けている教室に

                                                ,..'.,
                                          , , ,..-..'.':::::::::'.,
                                    , , ,'..-..-_',r‐ 、:::::::::::::::',',',','
                                    ',::::::::::::::`..ー'´:::::::::::::,',' ' ' '
                          , , , , ,         ' ';:::::::::::::::::::::::::::::'.‐'..'..,
                         ,...'::::::::::::::::::.'.-.., , ,    ,.':::::::::::::::::::::::::::::,',',', ' '
                   , , ,...-.'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'..'.-.'::::::::::::::::::::::::::;:::::::::::::',
          ,...-.., , , ,..-.‐.':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;'   ' ' ' ー'
      , ,..'..'..':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::; '
      ,..':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
   ,...'::::::::::::::::::::::::::::::::::::;:::;:::;:::;::;::; - ‐ ' ' ' ;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'.,
 ,..':::::::::::::::::::::::::::::::::::; '             ';:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'...,
'::::::::::::::::::::::::::::::::::::; '               ';::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
::::::::::::::::::::::::::; ‐ '                  ';:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;'
::::::::::::::::::::; '                      ';:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::; '
::::::::::::::::;'                          ' ;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::; '
:::::::::::::;'                         ';:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;'
::::::::::;'                              ' ;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;'                          ,...-....,
::::::::::',                           ;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'.,                     , ,.-..'.´:::::::::; - ',.,
::::::::::::::'..,    ,...-..., ,                   ;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'...,                    ,':::::::::::::::::; '     '
:::::::::::::::::::'..-.':::::::::::::::::::'.....,                   ;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'..,                 ,'::::::::::::::; '
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'.....,             ;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'...,             ,..'::::::::::::::;'
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.'....,             ,'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'......,          ,.':::::::::::::::::::',
115:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/02/10(日) 20:50:27 ID:ASk243C6
悪魔、やる夫だけは襲わなかったり…しないかw
116:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2013/02/10(日) 20:51:59 ID:QZBAVeb.




      確かに、そういった展開を妄想したことはある

      だが、そんな時には、自分は特別な力に目覚め鮮やかに敵を掃討できた

      しかし……現実は違った

      誰も彼も、あっというまに食われていった。自分が生きているのは、偶然だ

      偶然、此方に来た化け物が手前の女を食うのに忙しく、自分が扉の近くの席に居たから それだけだ

       .l;;i′      /     .!;;/ .イ、;;;;;;;;;;;;;;./ |;;;;;; /         .r' /     ,イ゙ .,〃     ../; /
       .|/       ノ      .l;;; !  l;;;;;;;;;;;;;;;;ゝ !;;./           ,,ilr'"     ,i'./        ,./ ,/ .,.
       :l゙                 | !  /;;;;;;;;;;;; /  /./         '″      .,l./        ,,ノン"  .フ;;
              _,,          !゙.,,.,i";;;;;;;;;,./  .iУ                             ,i'/ .,..r'";;;;;
   .i}′        / ;;,! .,      /;゙;;;;;;;;; /   .l″            ,ν         / /_..-'";;;;;;;;;;;;;;
   `           i";;;,/ /      /;;;;;;;;;;;;/                   il l′         _..-";;;;;;";;;;;;;;;;;;;;;;;;_,,.
           l /  ."、    / ;;;;;;;;;;/               _    ,,i!!″     .,..r'";;;;;;;;;;;;;;;;;;.,,,r‐ー'″
          /./    l「    .../ ;;;;;;;;; /              ,,il″   .´     .,,./ ゙;;;;;;;;;;;;;;;;;_ン'"
     .,i''l   .,〃    .〃 /  ./ ;;;;;;;;;./    .,.     _ /″           _/;;;;;;;;;;;;;;;;;,./ ´        _ン'
    ,lゾ  .〃   .,〃 ./  ,i";;;;;;;;./     ./     ,r'./     .,    ._/;;;;;;;;;;;;;;,,,./ ゛       . _,,-へ.iii
   .〃   ./l   、〃 ,ir / ;;;;;;; /    .,〃    .,ノン′  .,,ir'"  _/丶;;;;;;,ン'″    ,, ;;二二r‐''''、;;;;;;;.
   〃  .,ノ~;/  .,/./ .,ノ/ / ;;;;;;;;;;;;l  .,.. |″    ,i'ン"   ,ii'" .,..-'";;;;;;;;;;;,/゛  _,,,,,__ ,ir!'"       `'''″
  .il″ / ;;;;;/ ,ノ゙''゙,i彡'゙i/'";;;;;;;;;;;;;;;;;゙‐''"./     ,-/'" ,.. ;;/!"._./ ";;;;;;;;;;;.,./ _..-、., />'"゛
. ,i|′ ,/;;;;;;;;l゙./ ;;;;;;";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;'|  ,.il!ン''/...-彡 '',゙..-'";;;;;;;;;,..;;二―'",,/'!'"
// ./;;;;;;;;;iレ゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; / .,. |/‐ンン'∠゙‐'゙´;;;;;;;;;;;;,i;;iU゙‐'''^゙゙''″         _..i
/r'";;;;;;;;;;; 〃;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;>'";;゙´,iテ '´;;;;´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;フ"      _,,,...i;;;;iv=ゞ´
;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:'“;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; /   __..;;メ`-ー'"゛            _,,.. -ー'''''゙゙''゙ ̄,゙/
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i 彡‐''゙,゙.. /               ,..-''゙´;;,,..、;;;;;;;;;;;___,,,,,,,
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,./ '´             _..- ._,,./ ;;;;_,,./   .゙'''゙゙゙´ ,,-''"
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,./ ″   ._,,,,_,,,..;;ニニ!゙彡''彡-‐'"゛
121:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2013/02/10(日) 20:54:29 ID:QZBAVeb.





       廊下の惨状から逃れられたのも、偶然だ

       嫌な奴が喰われてる横を素通りして、知人が死ぬのを見過ごして

       何時も逃げ込んでいた所へ逃げ込んだ。ただ、それだけ





________________________________
                   ;.:;                ;.:;
 ;.:;                                        ;.:;
             ;.:;               ;.:;
==============================                ;#     __
   ┌──┐        ┌──┐ |   __________   |3-4 |
   │三三│  □□  │三三│ |    |┌──┐|┌──┐|   ̄ ̄
   │三三│  □□  │三□│ |    |│    │|│    │|    __
   │三三│  □□  └──┘ |    |│    │|│    │|    |!┏゚|
   └──┘                 |    |└──┘|└──┘|    ||⌒||
==============================    |        |        |    ||消||
      :;.;;                         |        |        |    ||_||
_________________|____|____|______
124:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2013/02/10(日) 20:57:15 ID:QZBAVeb.





        ここで、自分は怖くて震えていた

        そして、必死に夢だと思い込む。悪夢の中で、悪夢を見ただけ

        目が覚めれば、比較的マシな悪夢にであえる……きっと、きっとそうなのだ

        無理をして、最近使い始めた市販の睡眠薬をあるだけ飲み込んだ……どうなってもいいと思いながら



|  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  | | |  |._ ._  | |  | : | | | | :l | | |:::::||/;;;;;;;;;::..    ..:;;;;;;;;;;| |:::::| |||:: | |||
|  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  | | |  |l  ll  l | |  |__,l | | |_;l | | |                 | ||l:__ | ||l._
l,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,l | |  ||  ||  | | |  |_| | |_| | |                 | ||__| ||_
______________.| |  ||  ||  | | |  | _,,| | |  | | | :::......             ....::::| ||   | || _
._. _. _ ._ ._. _. _ ._ ._  | |  ||  ||  | | |  | : l | | |  | |. /;;;;;;;;;;;::.           .::;;;;;;;;;;;;;, ||   | ||l´
l  ll  ll  ll  ll  ll  ll  ll  ll  l | |  |l,__,ll,__,l | |  | : | | | |  | |/;;;;;;;;;;;;;:::::.       .::::::;;;;;;;;;;;;;,||   | |||
|  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  | | |  | ___| |  | : | | | |                         | |||
|  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  | | |  |._ ._  | |  |__,l | | |                         | ||l._
|  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  | | |  |l  ll  l | |  |_| | |                         | ||_
l,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,l | |  ||  ||  | | |  |  | | |                         | ||
______________.| |  ||  ||  | | |  |  | | |:::.....                      ......:::| ||
._. _. _ ._ ._. _. _ ._ ._  | |  ||  ||  | | |  |  | | /;;;;;;;;;;:::                   :::;;;;;;;;;;;, ||
l  ll  ll  ll  ll  ll  ll  ll  ll  l | |  |l,__,ll,__,l | |  |  | |/;;;;;;;;;;;;::::::                  .:::::;;;;;;;;;;;;;:,||
|  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  | | |  | ___| |  |
|  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  | | |  |       | |  |
|  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  | | |  |       | |  | :::::...
l,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,l | |  |       | | /;;;;;;;;;;;;;..
______________.| |  |       | |/;;;;;;;;;;;;;;;;::::
                         | |  |
130:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2013/02/10(日) 21:02:18 ID:QZBAVeb.






       気がつくと、己はとても高い高い所にある、虚空に佇む階段の踊り場に居た

       周りには何もない、ただ白い空間が広がり、階段は霞むほど下へと続いている

       ……これは、夢だろうか、きっとそうだろう

       こんな物、現実には存在し得ない。だったら、夢なのだし下ってみても良いだろう




                           ┌────‐┘
                             ┌─|        ',
                         ┌─|  |         ',
                       ┌┤  |  |         ',
                        ┌.| |  | /i───────il:.:',
                       | .| |  |./f───────┴i:.:',
                          ./ト────────┴i:.',
                        /. |  .  . ... .....:..:.:.:.::.::.:::.:::|;::::',
                       ./[ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄]:',
                        ./ | . . : : : : : :.:.:.:.::.::::::::::::::;|;;:::',
                      /| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|',
                     ./ | . . ..: .::.: :::::::::: ::::::::::::::::::::::::;;;;;;|i;;;',
                     /.i‐┴―――――――――――─┴‐:',
                    ./ |  . . ..: .:: .::: ::::: ::::::::::::::::;::;;::;;;;;;:;;;;;;;;;:|i:',
                   /_」 : : : : : :.:.::.:::::::::: : : : : : :.:.:.:.::.::::::::::||:.:',
                  /| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|:',
                 / |                             |::.',.
131:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2013/02/10(日) 21:05:39 ID:QZBAVeb.




    無限に続いているのでは無いかと思う程長い長い階段を降り続け

    立派な装飾の施された門を通り抜ける

    夢にしては質感は実感を伴い、空気の臭いまで本物に等しかった

    そして……


二二二二二二二二二二二二二工.工二二二二二二二二二二二二二二
       ___               |:|           ___
─ーーー(    )─,. -‐ァ¬T 二丁:丁二 T¬x‐- 、─(    )────
________|` ̄´|/\<.   |   {゙云゙}   .|   >/ \|` ̄´|____
    r≦三三≧z  \> ┴¬'トー イ¬┴ </  r≦三三≧z
──ー'V丁而i丁V> '´ > ‐=¬辷,少¬=‐ < `' <V丁而i丁V───
      L |川川| _|_> '´二二二二三二二二二:`' <_L |川川| _|
 ̄ ̄| 〈_r===== t_〉二二三三>ー----<三三二二〈_r===== t_〉 | ̄ ̄
    | |ミ|    |ミ|二二三ア        `ヾ三二二ミ|ミ|    |ミ| |
    | |ミ|    |ミ|二三ミ7               V三二ミ|ミ|    |ミ| |
    | |ミ|    |ミ|二三ミi                 i三二ミ|ミ|    |ミ| |
    | |ミ|    |ミ|二三ミ|                 |三二ミ|ミ|    |ミ| |
__| |ミ{伝王}ミ|二三ミ|                 |三二ミ|ミ{伝王}ミ| |__
    4    :|ミ|二三ミ|                 |三二ミ|ミ|:   キ
    ||,,     |ミ|二三ミl_________|三二ミ|ミ|    ||
ーーー∥     |ノ{二三7             V三二|ノ|ミ  O───
__ ||   |_|_,.|> '´_______________,`' <|_,.|_   || __
   ,  し´J  ソ┘                     └く  し´J  .
_/_____/________________ヽ.____\_
/       /                           ヽ      \
132:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2013/02/10(日) 21:07:56 ID:QZBAVeb.



      門を通り抜けた向こうには、町があった

      砂を固めた家々が作り出す町並みは、異国情緒を感じさせる古びた町だ

      町を歩く人々の姿は少なく、時折見られる人は、やはり異国をイメージさせる服を着ていた

      そして、その町には……



 ... .. .::: :..:.:.::.:: :: ...:..:::::.. . .:: .::: . ....:: ::...:::.. ..:::.......    ⌒Y⌒   ... ..::.:::. ::::. : .:::. .::::::. .:::..: :. .. . .::: :: : .....:::. . .
  ̄ ̄\::.. . . .:: : :.. . ... ::: :::.. ... .. .. .::::::::....... .......:::::.. . ..    . .. .::::: :: :. _,. - ―――――
  ̄ ̄ ̄|.. . .. ..     . .. ..    .: ....  ... :. .: . :.:    . : .: ....  .. .. . ...  _,. -''"´. . . .: : : : ::::::::::::... .
       |.:.:. . .:.  :: .: ...     ... .. . . . . .     .: ...      .. . ___, ィ´        . . . .: : : : :::::::... .
       |:::::::.............  .....::::::::::::.....    ...::::::::::::::....... .   _____|\                . . . .: : : : :::... .
 ___| .::::::......   llY⌒Yl ..::::::::::.... .   llY⌒Yl .:..:::. .|   _____|  \                . . . .: : : : :
 ___  \:::::::...... __|| [囗 .!__ ...::::::....  __|| [囗 .!__ .::.. |  .\   |   \               . . . .:
    :l\  \__||       |_____||      |__|  |\\─|     \
    :|  \  \                          |  | |: \\!       \
    :|   \  \ [囗   [囗   [囗   [囗   [囗.|  | |   |: l  . . .: ' ; . \
    :|.      \  \                   |  | |   |: |             \
 ______,:|     /   /l________________|  | |   |: |     __  . .. : ; .\
     \   /   /. |                      |  | |   |: |    l´! ヽ      \
 :::::::.. . . .\ /   /::. .|                      |  | |   |: |    ||   |
 ::::::::.. . . . /   /: : . |                 ___|_|_|__|___!. ;' ..||   |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   . /: : . . |               |\ 、 ────┤.. ;'.||   |
──────‐': : . |               |  \\ . . . : ::::::::|  ,  \  |
:::::: : : : . . . .  |     |               |   \\ . . : :::::| ; , .  丶!
::::::::: : : : . . .   |     |                   \    \\. . :::|
::::::::::::::: : : : . . |     |                    \    \\. |
::::::::::::::::::: : : : . . |     |                     \    \\
:::::::::::::::::::::::::: : . .|     |                     \    \\
133:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2013/02/10(日) 21:11:36 ID:QZBAVeb.



        人間よりも多くの猫が居た

        ありとあらゆる種類の猫が、町に居る。雑種と思える猫から、改良された猫まで無数に

        自分が知っているだけでも、沢山の種類の猫が居たし、知らない猫も沢山居た

        ここは、猫の町なのだろうか



       - '' " ;;ヽ
      (_,, ;; _;; ,,;;;  ' ,
           ヽ ; ;; ;l
             !; ; ; ; l
           '; ; ; ; ; !                     , イ
           ,'; ; ; ; ; ;!                    _ ,,/ 、!
          ,'; ; ; ; ; ; l                   , ´`ヾ、  `ヾ、
          ,'; ; ; ;;;; ; ;;l                ミミl  , r 、 -━-` 、___
           ,;;;;;;;;;r-、、 ',      ,,  ''7      . 三l  'ーイ´  ミ、   `゙ 、
           !;;;;;;;.l  ヽヽ---'''" / /         {   `ー'"  ミ   ,, ''
         ,';;;;;;;;;!   ; ;;ヾ;;;;; ;;;;;;´;;  !        ,, 'ヘ         i'"
          ,;;´;;;,'; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ;;; ; ; ; ;',    ,, ''" ,  ` 、       イ
       . ,';;;; .l; ; ; ; ;_;_; ; ; ; ; ; ;_;_; ; ;!  .,,''    ,'    ' 、_ _ , - '', l
        ';;;;;  ',; ; ; ;弋iソ    ィ'iソ; ; ,'  ,,''     ,'      (u=)    1
          !;;;;;;. ,八          ィ  ,'     ,'               '
          !;;;;;;     ミ三三 、ッ 三ミ  ,'       !            ,'
        ,;;;;;;      `  、ー'ーイ ミ .,'      !           ,'
      .   ',;; ;,          "    ! .;       !           イ
          .',               ' ,'  ' .,    !    l      .,' ',
         .',;;;.    ' ,    , '   .,'r'     ' .,  !    l      ' .,'
            ',;;;.     '  '   ,' ',        ' ,'    l  ,'   ,' ,'
            !.',     ',,'    .!. ',       ' ,   l  '   ,' ,'
            ! ,    i'l    !   ' ,       l   ,l  .!   !, '
        .  j,,, ',    .l l     '   《  ',    !   !  .!  l'
          ー'ー.',     ! l   !    ''ー--i   1   l-,,_l,   '、
              ',    ! ',   !       ー'-'-ノ   ',  '、,_,_,_}
               ',   ' !  l          `'ー'-'-'
            .  l   ', l   !_
               Y''  { ',_i__i_i_}
               'ー'ー'
135:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/02/10(日) 21:12:15 ID:rYZGyRYE
ドリームランドwww
銀の鍵無しで逝きやがったwww
136:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/02/10(日) 21:12:22 ID:ASk243C6
イアイア臭がwww
146:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2013/02/10(日) 21:23:10 ID:QZBAVeb.





        何だろうと思って居ると、猫が自分のズボンの裾を噛んでいた

        引っ張る方向を向いてみると、大きな建物があった。町の中で一際立派な……

        宮殿とも図書館ともとれる、大きな建物だ

        猫が何処かに連れて行きたがるなんて、とは思ったが、夢なら良いだろう

        自分は猫が導くがままに、その建物へと向かっていった



                                /ト、_/iミ、
                                /:::iミ:::::`::..、
                               '::::::::::::::::|:::::::.、
                               i::::::::::::::::彡::、_,!
                  (::::ヽ             ノ:::::::::::::::::::::::::ノ
                   }::::}           /::::::::::::::::::::::::/、___ _
               .    /:::/        /::::::::::::::::::::::::::i/、:::::::::::,r、_j
                 /:::/      .::::::::::::::::::::::::::|:::::::|   ̄
                 ,':::/       /::::::::::::::::::::ヽ:::::|:::::::|
                 !:::l       ,'/::::::::::::::::::::::::}::::|:::::::|
               .  、::`::ー::::::―i!:::::::::::::::::::::::ノ/|:::::::|
               .     ̄ ̄ ̄ 乂::::::::::::::イ::::::) ';:::::::)
                           ̄    ̄    ̄
147:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/02/10(日) 21:24:29 ID:k1tMAfeo
ウクバール・・・
153:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2013/02/10(日) 21:27:08 ID:QZBAVeb.




         猫に導かれるがままに、神殿を進んで行く

         等間隔に並び立つ、己を数人纏めたよりも太い柱の林

         その柱の林が支える屋根は何処までも高く、精緻な装飾が壁面を彩る

         此処は何なのだろう。そう思っていると、一際広い場所へと出た

         敷かれた絨毯の先にあるのは果たして玉座であった


                        __,,.. ..,,__
                 _,,__,..-'''"     `>、
                 〉マ>: : : : : : : : : : : : : : : : : :.\
           .       f: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\               /フ
                 〉.ィフ: : : 、: : : : : : : : : : : : : : : : : : >、         //
                ゝ、, イ⌒ゝ: : : : r‐、 ,,__ヽ: : : : : : : : : : \     / /
                      \: : |  \ ヽゝ,: : : : : : : : : : : 二二 彡'
                        ',: :〉   〉: } ヽ、: : : : : : : : :〈
           .       .::::::::::::::::::::::::::i i::::::::r'_ノ   \: : : : : : : ヘ,
              .::::::::::::::::::::::::::::::::r' ,/:::::::::゙::::::::::::::::::::::.〈> 、: : : : :ヘ__
                  .::::::::::::::::::`´::::::::::::::::::::::::::::.:.     ゙t: : : : : 〈
                         .::::::::::::::::::::::::::::::::::::     ̄`、.: :',
                               .::::::::::::::::::::::.    `、: ',
                                     .::::::::::::::::.<: :ソ
                                           `´
154:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/02/10(日) 21:28:12 ID:z7VMWKiQ
ウルタール……
155:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/02/10(日) 21:28:43 ID:rYZGyRYE
ドリームランドだしチクタクマン居るのかな?
156:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/02/10(日) 21:29:29 ID:ruMksfYc
最初に虐められてたのはやる夫とは別の人かなこれ
157:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2013/02/10(日) 21:30:00 ID:QZBAVeb.


        玉座に座するのは、一人の女性

        すらりとした長身。母性を感じさせる豊かな体躯。そして、穏やかな微笑

        今まで強ばっていた体が、笑みに解されるような気がした


                /"`''''--.,__
                | .ト,      `'''---...,,,,,__
            r---.,」 :|ヽ               `'''''--.,_
         /     :::::|ii\ ヽ,                 `-.,
          /     :::::::::::::::\_\.          ヽ,  .  ヽ
         /    .:::::::,:::::::i::::::::\\_         \     '!
       j  ./ .::::ノ   .ト::''::..'::\'-.,_-.,_-.,_    \   ヽ
       ノ  .:/  :/  /: |ヽ!ヽ:.. \:''`''-..,,_`''-.,_   ヽ   |
        | .:::/  /  /| | '.,'! ヽ,   \.,'\,:`'''--.,_-.,_:'!,   |
       / ::/   |./ |.| |! ヽヽ\,   \., \:::''::" `'-\|:. ヽ
       | ::/:  ::|イ |ト, ||. \.,_\.,  \ .,ヽ:..|:. ヽ  \.  |
       ! .:/!:  ::|''T"!T`'-|   \--'''''''''''''H-.ト.|::  '!   ト'!:.. ヽ
      j ::/j:i: :::|;Vrt"Tヽ,|    \',.ri―-t.,_`|:::|::  .|   |'.,!,:. ヽ      あら、いらっしゃい
      |.::/|:|:  :|:| '!' 」_!`\  __   ヽ `'フ,`'''| ヽ   !:  ト'!ト, |
     ,./::/;|:|:. ::|:'., |     _,,.-'''"ノ    ̄ ̄  .! |   |:. | ',|\ヽ     随分と久しぶりのマロウドね
   / | :/!|:.!:. :W:', ト_ ,-'" ,..-'"          ノ!. |:  |!: .!  |! `,|
.  /   | | !|::|::.. !ヽY/  /',_         ,.ィ'|::! |! .ノ!: |   |   \
. /   || ||::|:::. ! 入', ,r'-.,.r'ヽ, ̄   _,-'/r!:|:j./| /,|: j  i     \
 |     |! |::|',:. | \',''"/   \ ,.-'"ノ"j V | /|'.! /|      / ヽ
./     |! ヽ!ヽ. ト., ヽ,! '   / | \-''"''::/ /  |':/;j //    ,/    ヽ,
|       |   \\!\ ヽ   \-.」`'"   /./  /:/:/r/   ,r''"       \
! ,r--.,_     ` \'!トヽ |.    ヽ`.,`'-.,_     ノ_ /',|:! /           \
ヽ    `'''--...,,,,,_ \ `.,      ヽ '! \ミ.,__/ `'' `-.V     |         `
. `,           `'''-._」,r|       ト-.,,_            \    ヽ
 |\            /:::|       |::::::>7             ヽ    '|
 | ::ヽ     ヽ,    !`'-L_    _,,,..!-'" |               ',    |  |
 ヽ:':`,      `, .,_ L_   `''''''"     ,..-!               |    | |
  \: `,      \`y':`'-.,__    _,..-'" ト               |    | |
158:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/02/10(日) 21:30:45 ID:ASk243C6
ああ、ネコの女王かw ピッタリだ
160:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/02/10(日) 21:31:03 ID:z7VMWKiQ
アーパーktkr
161:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/02/10(日) 21:31:22 ID:opBpscb.
アルクktkr
167:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2013/02/10(日) 21:32:37 ID:QZBAVeb.


        少年は本が好きだった。だから、分かる

        猫面人体の女神バステト エジプトにて祭り上げられる猫の神だ

        喜びを司る女神であり、その前身、激怒と憤怒の雌獅子神セクメトから父神ラーが憎悪を取り去った姿

        これは、夢だとしても……


                    ,. ‐''" ̄ ` ー-:ッー;、
                    ,.'        ./ ,ィ〃
                      /     ,. ,. :'´,ィ´ ``'' i
                 / ,ィ'´ _,. _彡'/'., i. i.    |
                 / ´, .i ''"/,.ィ´,/ // .|i. | i |
                ,'  .l l  ///イ,イ ,ハ .| | |
                ,′ .l l -fi'i'f''K´ /イ_‐:|/!.l |
               _レ‐-| i.|  |`'┴   /;ノ.〉'.l/ .|.|
           __ ,,. rく  Y | |.! .l.  、 __ ' ,イ! .|  | !
         /      ヽ ヽ!|.| |\   ,. ヽ/! .,' /,′
           /        \ |从. |∠i` ´   メ,'.〃//
        ├ 、         ヽ、_ ,イ 、  ,/ .|//' /
        ,' ,. 「\  i        '   | /,  |
        / l |  \.!            l.  |  |      私は、ウルタールの主
        | l  |    .〉         ,.!  |  l
       |l.  l.   /  、.__ ,.. -‐  '´/   | ,'      バステト
       ./  .|    /           /   | ,'
       ./  .|   /        /l.     l,!       いえ、セクメトと名乗った方がらしいかしら
      /    !   /,`ヽ、.__    ,/7 |   .i. |
       |.   ',  ,' \     / !.j    ヽ〉       バーストでもいいけどね
     /   .i ヽ./          `!     |
      ./     \.〉_  __,,.. --‐ ' ´_`ゝ、_   |
    ./       /_   ̄ _,,.. -‐;:''"´;:;:;:;:;:;:;:;`'ー 、._
    ./      ,';:;:;: ̄ ̄;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:::::::``ヽ 、_
   /      l;:;:;:;:;:;:-‐:;:''"" ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`` ' ー- 、:::::::::`::ヽ.、
   l, __,,..-、 .|;:;:;:´:::::::::::::::::::::::::::::;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l;:;:::::::::::::::::゙,
    「 `"´ ir'l;:;:;:;:;:;:;:;:;:;::::::::;:;:;:;:;::::;;:::;:;:;:;:;:;:;::::::::::::::::::::::l;:;::::::::::::::::::i
    .| ,r― ''"ヽヽ:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:::;:;::;:;:;:;:;:;:;::::::::::::::::::::::::::l;:;:;::::::::::::::::|
169:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/02/10(日) 21:35:41 ID:xoQPhgr.
え?バスト?(難聴)
170:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2013/02/10(日) 21:37:00 ID:QZBAVeb.



    ドリームランド……ハワード・フィリップ・ラヴクラフトの小説、クトゥルフ神話の舞台だ

    夢のそのまた奥に存在する上位世界。そこには邪神が住まい、崇められる土地がある

    それがドリームランド。その地に住まう者以外に、その地へと辿り着けるのは夢見る者と呼ばれる
     特殊な才能があるものだけで、普通の人間は辿り着けない

    自分は、その地に居るというのか。それとも、単なる都合の良い夢か……


                   /  ̄`i
           ,. - ‐     ̄//ハ  \
          / ,        ''"⌒ヽ   ヽ
        / /   / /   i   ヽ ヽ  ヽ
        / / / ,__./ /  i l  i i  ヽ  ヽ
       // /  / / 7T ヽハ !、 ハ__l  i  ヽヽ
       / レ',  / /-==!、! lハヽi l l`ヽ|、 i ヽ
      /  | ./レ' |r'J |   !  ,ィJT!ヾ/ハ |  ヽ
      / i i l/  | ┴‐‐'     ⊥ー'」 } ! ト、| トハ
      / | {   i      ,      | '  l  .|ヽ i
.     i /! |  i !             ,ハ  |  |  !
.      |/| | l  l i!、   `ー‐‐   / ! l |  !  !
     |l ハ |  l ト i> .   ,. ィー、| /l ハl  /      そして、このウルタールはドリームランドの
     |! ヽ ! i\Nヽ ー- --‐'‐'" ノ|/ |/ i!|/        町よ
        ヽ ,ィ´~\        { 、 |  レ'
        /   `ゝ.,_     /   \          現世に生きる学生さん
     ,  '                   \
    /                      ヽ       珍しいわね、森の方からじゃなくて、直接こっちに
   {ヽ   、               ,    ヽ       来るなんて
   | ヽ   〉       ,. '´     〈    / }
.    |  ヽ /                ヽ  /  /      まぁ、別に森以外からでもドリームランドには
    ',    i                 } /  /        入れるんだけど
    ',   !                   l  /
     ',  ゝ.               , '  /
     i   ヽ、             ,イ   /
172:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/02/10(日) 21:38:04 ID:xoQPhgr.
ドリームランド…夢の国?
ハハッ
176:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2013/02/10(日) 21:40:30 ID:QZBAVeb.

      メ ,, -──- 、._\
    メ/ u    ゚ 。 \\
  / /    ノ  ヽ、   \\   あああ、あの、やや、やる夫は……じゃなくて、私は……
   ! |  o゚((●)) ((●))゚o  |
  \\    (__人__)   /く<
   ノ メ/   ` ⌒´   ヽヽヾ




      /′ .ノ   ./ /,' |  | i,     |. l, l   ヽ
       |   /   /  ,/ /| i|  |. l,      l l. |   ゙,
          /   /  〃 ,' .| |l,  l l,    .l. ヽl,   ゙,
        / /  /  /,' .,'|. !| l l,  l,. ゙、  l,.  l,  ヽ.  ',
      /. /  ,'  / ,'.| _!.|l |.l. | l、 ヽ、ヽ ',  ヽ     |
      //.,'  .',.| /'T[,L,|_| 「`l !.l,.',  ゙、ヾミ;、ヽ  \    !
     .// .l   l.| |;!|.イ゙ト'::::`ト. .| l. \ l''ト、l ヽi   ,'  .l
    /.',' i   | ヽ | ,」;ゞ:':l      :rテミ;、lヾ;j:! i i |  ,'
    / l .!|  .! ハl.   ̄`     ,ハ;::::j:;l;、/;' | l l /   はいはい、落ち着いて
      | .|. l, |i. | |l     ,     `ヾ=;' ソ ,l |. ,',' ./
      ハ ! ヽ. |i,.|.l.ヽ   、._,,      ノ .〃 l 〃 ハ    別にそんなビビんなくていいわよ
    .|  ヽ メ、い! |i\       _,. '/ /.,'|  .,' / !
     l⌒ヽノ  ヽ  l.ヽ ヽ.. -‐ ''"´ ノ ,/./ l  ,'./  l    血の河を造って笑った事があるとはいえ、あれは
     .゙,. /           __,,.-‐'ノ/,ィ ./ /| .//   |     父神が与えた概念ですもの
     | .,'         ´   /'/∠-' j;//     |
     ヽ|    、_ ニー--     /'´__,,.. -/、    /    もう、バステトの今は大してヤバい事しないわよ
        i    __,二-‐ ''"     /      ヽ  /
      ,ハ、.   __,,.二-   /        |  /
      〉 | ``´ーt,_i    ノ         .|/
      .j.  |    |. ヽ、_ /'´         /j
177:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2013/02/10(日) 21:43:38 ID:QZBAVeb.

                         ,ィ=>
                        /::::入 y-‐、      ',
                      /  才 イ::::::::∧     |
           /       /  /           γ    i
        / /  ./   /   ./     i  l ハ  八   |. ',
.       ハ./  /    ./    /  /  ∧ |  |  |   | | | .i
.        l /  /   /    /  /  / /i  | .|   i | | | |
        l,'  ./    / /  ./ ._   / | / |  /i  ! i | | | | |
      | .|   !    / t-‐'" ̄  `/ // | /ー'" ̄`ヽ、 .| | .|
      | {   |   / / /! /  / ./// / ,/ jリ´/ / | | |  |
      | |   i   i  /  yz=t-、ヾ   // ,z斤‐-、 i .| | |  |    あんまりね♪
      | |     |  / イて{::i / ゞ /´ イ行∨ } | ./ .| |  |
.      | i   |  | .人./.弋之斗_ノ     { lシ./ ノ .|/  /! | ハ
       ! ',i | |  |/,ィ リ |            ̄¨´,イ/  / | ハ/ .|
      ! | | | 〈 ゞ }i. |             } //i  / | / i  |
      i  ! .| |  `ーヘ. ',>    ー -   / 〃 l /  |/ | .|
        .l  l i |  |Ⅵi ヾ ', `>z __ , イ / ./ /  |  |  |
        ', ヾヘ. ', .ト、ゞ \.   ..:::/ \ ./ /  /ノ    |  |  j
       ', 入 ヘ ', ゝ `ー‐-x  .:::/   `≧=z、 ./     |  |
        ゞ ヽ ヾ      `ー─‐-z__   〉     / /
              \ \              ̄/     ./
              `               ./




.          ,,..-|''|"|´| ̄ .`ヽ、
       /  | | .|       \  て__
      /  u     __ \      ヽ  (´
     /       .γ´ `ヽ.`   _,,.- ', ζ
    ./    u.   ヽ,.-''"    ./⌒l        (あんまりっ!?)
    .l            l      ,  `ヽ|
     ',    u     /ヽ--‐''"\  丿
     ',         /::::::::::::::::::::::::/"´ .|      ,-,.-,-,
     / ,,..-‐--..,,_ l ::::::::::::::::::::::/   /    lヽ/ / / /ヽ
    /       `"''-.,,   .''´,,..-''´     ./       /
 ./               \ ̄       /       /
../                \     _,,.-''´     /
/                   `''-''"       ./
          ̄`''-,,_             /
              `''-,,        ./
               / `゙''‐---‐''"´
178:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/02/10(日) 21:44:14 ID:z7VMWKiQ
しょうがないねw
180:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2013/02/10(日) 21:46:14 ID:QZBAVeb.


      お祭りとは何かと問うと、何処かの邪神が気まぐれで現世と魔界との門を繋いだという

      その門から悪魔が呼び込まれ、今、自分の暮らしていた町……大阪は地獄になった

      学校だけではない、大阪中に悪魔が溢れかえり、滅びに瀕しているという

      自分は、そこから眠りによって逃れてきたのだ


                 ⌒ヽ i´ \
                   ,. →1   \ __
.               , '  / !   ヽ \ `ヽ
               / , '    l   ヽ ヽ \. i
.              / /   i  !  ヽ \  ヽ!
              { / //.l l  l  ヽヽ  ヽ   ',
.              V //l lト.iヽ l l i ヽ   ヽ  ',
              | { iハナメ、八ハノVjヽ  ハ\ ノ
              | 八 ,化ノ    ir'ヒハ V i   .|     んー、上でのお祭りに巻き込まれた感じかな?
              |  i| ´~~    ~~` ll l|  |
.                _|  lト、 、_' __,   /ll .|  |
.              / |  l|/\     .イ リ l  l_
           /   从 リ i{ \ー ´./ ./i  i / `ヽ
           !    iレ'  \`ー‐‐ ‐ ' / レ'レ'    ',
           ゝ.  ヽ.i/  ` ー -- -‐ '' / ヽ       i
            ` r‐ァ >‐ -- --  -‐'  ハ iノ    }
              V   ー -- == - ‐ ''  Y ト、__ノリ
             /   ` ー 、==- ‐‐ ''   V . ー.リ
.             {      i  ヽ、       ', \ }
.             八     !  _ \       !___ ノ
            /::::::\    ______       /
            ,':::::::ヽ::::``<´ ー `丶_____. イ
187:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2013/02/10(日) 21:49:55 ID:QZBAVeb.

      メ ,, -──- 、._\
    メ/ u    ゚ 。 \\
  / /    ノ  ヽ、   \\    そ、そんな……
   ! |  o゚((●)) ((●))゚o  |
  \\    (__人__)   /く<
   ノ メ/   ` ⌒´   ヽヽヾ




                                  __
                                    ⌒`ト
                               ⌒ヽ   l} }!
                     -――/      ハ  / ノ′
                     /   /        __ }/ ´
                  -/    /    ,/ /⌒く  ̄ ̄|
                   / /    /    ,/ /    ::::::: |
                    / /    /    // /   / } Y: |
               /  ′   /'′  // /   /  从ハ}:: |
                /           /| /|l  /  /ハ リ::八
               /       ::|   -―十什|/| /‐十-:::::::::\
                       .::::|  | |x=佇ミ  |/ x佇ミ=-:::::| \
          /     ....::::::|::|   ̄`  ヒツ     ヒツ::|::::::::|   )   まぁ、そのまま戻ったら直ぐ死ぬでしょうね
.          /   / ..:::::::/:ハ:| | l |:.  ""     ヽ ハ::|:::::l::| /
         /イ/ / .::::://|::| || | l |:::.       , ' 八::|:::::l::| ′    貴方、普通の人間だし
           |/イ .::::// V⌒ヽ| l ト::::.    ̄ ´ /::::::::|:::::l::|
            | /|//|/ニニ\从ハ|::::〕ト ...__ イ:::|::::|:::::|:::ハノ      夢見る人でも、それイコール強いにはならないのよ
              /^\ニニ=\::::::::::::::/}ト }ノ|ハ|:ノ|ノレ/
          _ -=ニニニニニ\ニニ=-`   /ノイ  ヽ \          あ、そだ
       /ニ⌒\⌒冖‐=ニニ\ニ    ̄彡イ   }
       ,ニニ=-  ∨⌒    ⌒\      ノ   ハ}   }
      ,ニニニ=-  Vハ       ` ー彡   /ノ _ ハ}
      {ニニニ=-  V′ /   ミx      \/レ -=リ
     「ヽニニニ=- -==/´     `\     ヽ〉ニニ/
     |ニ }ニニニ- -=〉〔          `ハ       /
188:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/02/10(日) 21:49:55 ID:eAJIp71I
お、大きいですね
て言ってみたいw
190:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2013/02/10(日) 21:51:31 ID:QZBAVeb.

.       |/7>、             \
     __ノ{彡'⌒  、\     、     ヽ
    { {彡'       \ヽ    \     ハ
    | /    |  \  \>‐-、 \   ハ
    | / / _l_l_\  ト、 -┼十リ ト、ト、_  }
    l l  ! ´j从ト、\| \ィホ心、 |  ヽ  :
    |八人{ ,ィホぅ       Vり '|  |   |
    l  \小 Vり          |  |   |        /⌒}
    |    ハ    ′        |  |   |        ./   ,
    l     ∧    _ ノ    イ  |   |      /   /
    | l   / >        / 」┐ノ / ノ       /   /     じゃあ、家で司書でもやってきなさいな
    | |  ′ ||  j>=ー ´ ̄´ |___/__/      /  /
    ヽ\人j,从ト、∧{      / /  \    ノ  /ー、     人手が足りなかったのよ
       ` ′ __,人     /   /    ヽ/ ヽ ,    \
         /     =-‐‐'   ,  .∠ニ/ ー、 ∨   /   }    ちょーどいいわ
           |/        {  /   __/{     \  /  ,ハ
        /   /      V/   / / 、 ー、  二)  /  j    学生なら少しは字も読めるだろうし
.     /   /        {:::::::..  |  ト、_  ̄⌒ー<_ノ
           ′       ヽ   /l  `:::::::::`ー―‐‐ク}
.   ′......      ....::::::::::::::::::::....:::\:{   .:::::::::::::___/::ノ
   {:::::::::::::::.....i.::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ:::\ :::....::::::::::::::::::::::::::/




      メ ,, -──- 、._\
    メ/ u    ゚ 。 \\
  / /    ノ  ヽ、   \\     で、でも寝てるんなら体が……
   ! |  o゚((●)) ((●))゚o  |
  \\    (__人__)   /く<
   ノ メ/   ` ⌒´   ヽヽヾ
192:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/02/10(日) 21:51:41 ID:z7VMWKiQ
戻る必要があるのだろうか?
194:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2013/02/10(日) 21:54:23 ID:QZBAVeb.

                /`\___
            ___| ∧   ヽ \
               | .::::     :::ヽ      ヽ _
.            / /,      ::::\  '.,  l::.ヽ
             l /// / :/ i i:::i:\  '., .l:::::|
.             l l l :l ,|  :| .:| |:::|:::|∧ } .l::::|
            l レl,十ト{ .:lヽ十|‐l-:| レヘ l::::|   馬鹿ね、ここは夢の中よ? 現実との時間はズレているわ
.           l  ,ィfTぇ ヽ{  "T心、|  :::::::ヾ:::|
.            l  ::|、ヒ:リ     _ヒzリノ` : ::: :::::::|   それこそ、早い所でも外の一時間は此処の一週間くらいね
          |i .:il  '::::      .:|i  :i ::::::::::|
           || ::|ヽ  、      ..::::||  :|::::::ii:::|   私がやろうと思えば、外の一時間を1000年に引き延ばしもできる
            || ::|:::l:\     ..:::<|| .::|:i::::||:::|
           |l ::|:::|::|::i`::T ´::::::::::::|| .::/.:l::::||:::|   これでも、旧神の一柱だからね
          ||、 :ト、|::|::ト::::|   ::::::::::||::/.:::l::/!レ
           ` ヽ! ヽ:l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l!/ ̄l/
                  r'     . : : : : : : : |
             |-=ニ  ` ニ二二二 ヽ
              __ノ-‐´, -‐'´     : : : : |
           ノ   /  ̄        : : .\
            /   ´                : : : .ヽ




.          / // :/ .:  /       ::::: l
         / //.::::/ .:: / /: i: i: i:.  i ヽ:l
.        / 〃.::::/.::::::/ /: /: / !: |::. ト::. |: l
       ///. :/.:::/. / ,イ: /.: |:: ト、 | l | l
.      /.::::/.::/://: /イ/:/}: ノ| / |/斗ノ  l
    ,イ.:::::::/.::::レ' :/:ニT≧≠、// レ,ィ≦!Tア|  l
   //.::::::/.:::::/ :/.::  ト、{::lc} `   ' {:l:ノノ |:::!  i l    それに、ここでは魂が生きていることになる
  / /.::::::/.: ::/.::::|:: i |!:::: ̄ ̄  .::::、  ̄  |:::l:  l: l
   |:::::〃.:::/::::::::|:: | |::::::.           ,イ:::::l:  l: l   人の体と魂は、文字通り一心同体
   レ'/.::,イ:!:::::,イ|::: l| |\:::..   ー ' /i::|::::::l:  |!.|
      l:::/ |:|:::/|:l:|::: l| |:::::.>:..    /|::::|::|!:::::}  |l |   魂が強くなれば、自然と、その体の強さもついてくる
     レ  |,|/.|l「:|:: ハ |::::::::::::::::::`T´:i::::|:: |::||:::/| ハ|
        ' リ|::レ' : リ`ー-、:  {`>〈|ノレ レ' レ'     貴方がここで魔術を収めれば……
       r〈´ヽ_: : : : : : :    ̄ ̄   {、
      ノ: : >-: 、:ー: : :       l `ー-、        ま、比較的早くに出て来た悪魔共なんて何とも
      /. : :        ̄\、 二=: : .     `ー‐- 、     成らない位には強くなれるわよ?
.   /           `ー=         、: :| ヘ
.-<                        ヽ ∨ヽ: l
  / >、: : .   : .                  ∨!: :∨
198:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/02/10(日) 21:55:59 ID:opBpscb.
精神と時の部屋かw
200:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2013/02/10(日) 21:57:15 ID:QZBAVeb.


    是非も無し

    此処で断れば、自分は力を得ぬまま帰り、遠からず死ぬ

    なら……ここで働き、少しでも力を得た方が良い。まだ、死にたくは無かった



                     ___, ‐---‐…¬ /
                 ___/ /       |/ ,. -‐- 、
               / / /        ,ィ{  K      ヽ
                // /   /  /    ̄ ̄|
              〃  '/   /  /      、 ヽ|
               i| ; / i  / イ イ / /  }   i |
             八i { /i/;/_/ /,./   八i i |
.            /  /   ーt‐テミイ// /| /| i |
           /        | 、{_:ゾ  // ,ニlイ/ 八|
         ′ /     |l  、、      〈:ソ人/ |    どう? ギブアンドテイクよ
        ,′ /  i    |    、__    ゝ/^i  i |
         ゙ i  ′ i  ||      `   イ  |   l |     私は司書が一人増える
        jイ| { i il   |i i|\      .イ |i i|   l |
         八八从八  |レi|   ≧=く i | l|i i|   リ      貴方は戦える力を得る
           |   \!`' …‐┴┐ノ j ルル!/l′
          _rく_          hへ 厶 -!'⌒ヽ、       どう? 楽しそうでしょ?
      .  ''"   二ニ==‐--           / \
     /                      ∨     ヽ
.    /                        \/ \     、
   ∧/       /               \  丶、  \_
   ; /\    l  /                     ヽ   ` ー- `ヽ
.  i,′  ヽト、  l ;     _                i、         \
   !    | \l ;  -‐''"        77´    |\         \
   |    |   {                 /       |、  \        \
   |    |   |             /       i | 丶  ヽ           \
201:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/02/10(日) 21:57:28 ID:6VqHuTIc
素晴らしい、御礼をしないと
202:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/02/10(日) 21:58:42 ID:fb1LskMo
上町大地に逃げよう!
203:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2013/02/10(日) 21:59:17 ID:QZBAVeb.





      そういうこともあり、やる夫は、ここウルタールで司書をやることとなった

      町の図書館で膨大な蔵書を管理し、読み解き、理解して、真の意味で管理する司書に

      その道は長く険しい

      まずは様々な言語の習得から始めなければならないのだ

      だが、それを加味したとしても……死にたくなどなかった

      こうして、ここに目出度く一人の夢見る人の司書が産まれた




                  :::::::::::::/ ̄ ̄∨ ̄ ̄\ ::::::::::::::::
             ::::::::::::::::::::::::::::::|  / ̄ ̄ ̄\ |:::::::::::::::::::::::::      お願いします
             ::::::::::::::::::__|/  _ノ  ヽ、_ \|__:::::::::::::::: 
             ::::::::::::::/  / ((>)) ((<)) \  \:::::::::::::::     「よろしーい!」:
            :::::::::::::::::|   | o゚  (__人__)  ゚o|   |::::::::::::::::::::::::
           :::::::::::::::::(⊥_⊥)\___`⌒´__/(⊥_⊥):::::::::::::::::
             ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
204:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/02/10(日) 21:59:52 ID:9RSZqPT.
猫缶の製造とマタタビの栽培が待たれるな……
205:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2013/02/10(日) 22:00:59 ID:QZBAVeb.


         ただ……病欠している、友人の事が気になった

         強くなって戻れば、現実では一時間と過ぎてないかもしれない

         そうなったら……彼を、助けに行こう

              '-,     ||
                '-,_   '!!   |''''''-..,,_,.r-..,,__    _
                 `'-,,_ '!,! ]     `'''' ,`'\''" `!
                    `''-..,'_,| ,:`-,  , `-,`''-._`'-_ `i,
                    r''''''"  `'''`-._,ヽ_`'-_ `'-.,`-,`'!,
                    | ;;;'' , ,'! ,,. `'-,ヽ,\ ,`'-,'-,`'.,
                    | ;;i ! !`! `'-,'-,,\-.,iヽ, '-, `ヽ.,,`'-,
                    | ,!i ;|, '!,',-,'''`.',,,.x---;;-...,,,''';;,,, `-,,,ヽ
                    | |] ;レ-''!''''_ヽ,_`!,ヽ;_'-.ヽ-!,_;;,,,\;,,,`'-..,\
                    | i Y"| `!_L...,'- `'\r''''''''''''"|"i,_,;,,\,;;\-,''ヽ,
                    | | ;レr-'"   `      〃  ,レ,ハヽ;;,,\:;;'-,.,
      ,.-,             | | ;| ;;トヽ,〃  .,,,,',....-.   ,.!'";;;;'!,ヽ'\`,\',`,
     ,! |     /"i    | | ;;| ;;|`'ヽ,   !"  `|  /i;;;|;;|;;;',.,'!',`!ヽ, 'i
     |  !    /  i    | |'!;;|,;;;|.,';;','`''t.,_'---"/|;;;;|i;,'!;!';;| 'i 'i `!'i
     '!  ',  /  / ,,....--L.'.|\|''>" ̄'''''''''''''---'L...レ|レ         じゃ、貴方は今から私の眷属って事で!
      '!  ! ,,./ ,f--"-`'r'i  '"""`-.     ::::::::::::::::::ト-,...,,
  ,,....--.,! 'i__f /`''''-., '''''''ヽ ..:: .:   ''''' '''':::::>''''''''' ̄'"''''''' ̄''''''ヽ,             「え?」
| '!  , '     /,  `'ヽ  ....V'.:''                         / ヽ
| ]  h,     |`'., ::::::::: ::::/ '                    ,ヽ_ ::/.. `,
 '-t--'"    L:::/::::::;:,!::r"                       |:.. 'y"::::::::. ヽ
   -.,,_,.......,,_ '''--.,_/;f"...,_                    ::!/ "''''---..\_
      `'-.,,_,...-'`-,_,.>i:::::::::::::`'--._               ::::|::::::..   `-.;;;::::::::|
         "'''''''''"   ''!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::...:::::|;;;;;:::::..    ``"``'-,
                 ,|:::;:::::::::::::::::::::::|'|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ_;\::::.        \
                  |::/:::::::'''''''''''''''''| |:::::::::::::::::::::::::;::::::::/   `'-_ヽ:::. ..       \
                  !/ '"       ..! i::  '''''':::::::::::|:::::/       \-,:..'::..       \
                ,/'          :::| '!:     '''::::'|::/          \.,..:::::...       \
                /           ':::| ',       ': k             '-;:::::::''r-.,_     \
              / .::/           ':|  '!       '::〉             `''..'"'''''"      .::::.i,
207:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/02/10(日) 22:02:09 ID:ASk243C6
病欠…
あれ、最初に虐められてた人とその友人、どっちもやる夫ではないっぽい?
208:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/02/10(日) 22:02:17 ID:opBpscb.
えwww
209:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/02/10(日) 22:02:25 ID:rYZGyRYE
旧神の眷族www
211:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2013/02/10(日) 22:03:06 ID:QZBAVeb.



     神殿の中に一室を貰い、そこで暮らす事になった

     最初の十数年間は、司書見習いとしてウルタール郊外の丘に座する神殿

     バステトの神殿から全く動かず、アタルという賢人から言語を学んだ

     ドリームランドの猫は非常に賢く、猫の言語を持ち、人間と変わらぬ知能を持つという

     この町で生きるには、その猫語が欠かせなかったのだ


                   ,、,_,、,_
              ,,v ' "´`"  ´'‐ァx、
            ,r'´      ゙"     ミ、
           /              ヾ
              j   ゞ、,、         ,、, ミ
           彳  ミ `ヽ`ー゙ャ、  ソッ/'"´彡 ゞ
          イ  、ャ'   ヽ  `゙´   ,/  ソ ト
          lヽ  ミ `ヾ、 \   /  ノ ,r"7 ミ     ん? 猫言語から始めろ?
          l Yヘミ -‐=,,,,_、  ヽ/ i,,=-―ァ}/Y
           ヽニ゙  `ー--`"ー'=,ノ<@ フ / リ      まぁ、無難と言えば無難だな
           `i=、  _  '"´i i'〉´゙ ̄  イノ
              l,ハ,''´,    〈 リ、   /
           /l iヘ/   _,,.....`.,_    メ
       ,r</ Yj l \ ´  ̄ ̄ `  イ`t、
    ,=<´ ,/  lノ;,l  i, \    /リ,l ,ハ`>、
   /     ,/   l  i ヘ,  `ー‐ ' ノ/ |  ,ヘ   \
, /     /    |  ',   ヽ     ,/ l |   ヘ   .\
       /      |  .',   ',   / ,ノ |    .ヘ    \
212:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2013/02/10(日) 22:03:39 ID:QZBAVeb.
>>207 色々省いたから分かりづらいけど、魔界と繋がったのは冒頭の翌日の事なんだ
214:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/02/10(日) 22:04:18 ID:PI5KNVDY
混沌教授じゃないかw
215:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/02/10(日) 22:04:24 ID:z7VMWKiQ
教授!
216:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/02/10(日) 22:04:28 ID:ruMksfYc
むしろご褒美ですw>眷属
222:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2013/02/10(日) 22:05:51 ID:QZBAVeb.





      如何に時間があれど、猫言語の体得には膨大な時間を要した。物になったのは30年を過ぎてからだ

      現実に体を取り残し、魂だけの存在のやる夫は老けなかったが、頭の作りがこの世界の人間とは違う

      全く異なる言語体系の言語を体得するのは並大抵の事ではなく、毎日死ぬほど勉強しても時間がかかった



                 __
            _..-''''゙゙゙´     ゙゙゙゙'''ー,,、
          ./      U       \
         , '     ___     __ .ヽ
        ./    (  ●  .)  ( ● )  '.,
       /  u .    ̄ ̄ ̄     ̄ ̄   '.,
     . .,'                        .l    え? あ? は……?
       l   U.    (     人    .)    .l
       .'.,        `.┬‐ ´  ` ┬ ´     .,'
     .   ' ,         ̄ ̄ ̄ ̄     /
          ゝ、               /
         /` ー――――― ‐=''' く
        /                      \
       /                    ヽ
     . /.                      ',
     /       /                i   l
.    /      |                |   |
    |      |                   |   |
225:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/02/10(日) 22:07:07 ID:uujq7vHc
言語一つ完璧マスターするのに30年気が遠くなりそうだww
226:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/02/10(日) 22:07:42 ID:opBpscb.
30年www
227:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/02/10(日) 22:07:51 ID:3X7oZZc2
それでも習得できただけすげえよ
どれだけ勉強しても身に付かず、ただ時間ばかりすぎていくよりはマシだし
232:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2013/02/10(日) 22:10:55 ID:QZBAVeb.







     しかし、コツを掴んでからは簡単だった。バステトの眷属となり、精神の構造が少しずつ変わっていったのだ

     魔術を理解出来る、この世界の人間のように

     元より、人間には理解しえない唸りや叫び、吠え声のような言語でも理解できるようになっていた

     滞在して100年を数える頃には、やる夫は地上の言語32 喪われた地上の言語31

     そして、猫語や旧神達の言語を始めとし、全部で193の言語を操れるようになっていた




     .           ,∠___: : : : : :`ヽ‐- 、
              /::::::::::::::::`ヽ、: : :::::::ヽ: :ヽ     おう、メシ行くぞ後輩
     .          /,:'{`ヾー―‐<フ: : :::::::',: : i
             i/ : :Y´ : : : : : : :V´ ̄ヽi: : |     「はい、先輩!」
             l: : : :{::::::::rュ、:_rァ }    l: : |
             !: : : :ヽニミ、_Y_チニ    l: : }     魚くいてぇな、川魚じゃなくて海の奴 できれば赤身
     .          ', : : _: :`ヽ、_/´} ,ヘ,  /: :/
     .          V´ : :} ̄i   //  '  i::::::!
     .          ′  ', ! //  ¦ |: : |
               ヽ  ∨ //    ノ ト-′
                ',  }/´    └‐
233:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/02/10(日) 22:10:57 ID:bMdcnw3.
耳もヒゲもないのに猫言語厳しいww
235:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/02/10(日) 22:12:02 ID:z7VMWKiQ
すげー
ってか先輩w
240:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/02/10(日) 22:13:02 ID:opBpscb.
先輩www
241:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/02/10(日) 22:13:36 ID:ruMksfYc
ゾンビ、自分の願望入ってないかこれw
243:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2013/02/10(日) 22:14:22 ID:QZBAVeb.
>>241 何言ってるんだ、願望が入らない創作なんてな、この世には存在しえないんだよ……!
247:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/02/10(日) 22:15:39 ID:ruMksfYc
なんという説得力……!
253:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2013/02/10(日) 22:17:08 ID:QZBAVeb.




      とはいえ、言語を収めただけでは司書見習いの域を出ない。言わば初等教育を終えた小学六年生だ

      言語分類学 本の管理方法 呪いの制御 溢れる呪詛の吸収

      ありとあらゆる学問の知識を求められた。本の管理には、言語だけでは及ばぬ領域が多数存在するのだ

      しかし、その殆どが最初の猫言語より体得するのは辛くなかった

      一番最初に辛い目を見れば、後は何とかなる物なのだ

      見習いという文字が外れ、司書の一人となったのは、やる夫がドリームランドに来て190年後の事であった

       /´⌒ヽ
     /〆    i
   / /′    ,i       _,..r:ァ
  /"  i;       ノ'{`゙ヤ'"´⌒ /
./´     リ_,ィ:‐;''´   `   ``' ,/
                 ヽ
                     ヽ
           -=ュ、      i    おう、後輩 そこらへんの本、全部ナンバリングして表に纏めとけよ
              ・\心    ,!
              ゙`  ,ノ    長期保管用だからパピルスじゃなくて羊皮紙でな
                      ゙、
                    '_シ    間違えたらお前の顔で爪研ぐぞ
       -‐_ニ==`   _ノ;'=.、
      ‐  ̄ /´'/ " ̄´  丶`ヽ    「はい、先輩! 明日の昼には終わらせておきます!!」
         '   ′
258:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/02/10(日) 22:19:03 ID:opBpscb.
引っ掻いちゃいやーww
259:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/02/10(日) 22:19:17 ID:NnQeksmU
なんというゾンビの夢の職場
261:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/02/10(日) 22:19:26 ID:uujq7vHc
猫先輩こえーw
266:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2013/02/10(日) 22:22:01 ID:QZBAVeb.


      200年を生きた少年の精神は、最早人間の域には止まらない

      人間としての倫理観や価値観は保ちながらも、もはや神仙や神霊の域へと到達しつつある

      ドシニアの一人に数えられそうな歳に達してから、よくやくバステト神から魔術の手ほどきを受けた

      高位の外なる神達が使う言語 魔術言語 魔界で用いられる言語

      そして、汎用魔術から、自らの根源を用いる外宇宙の魔術まで……習得には300年を要した


                     , -‐… .  ´    '.  /⌒ヽ
.                    /    /          }/
                  ,-/     /       /ミ  ̄ ̄`
.                 /       /     /  /    ヽ   l
                /       /     /  /   /    ,   |
.               /       /     /  /   /   }   |
              /          /  /   /:/  / }  |
             /        - /7¨7j/}/  イT7:   ト      ~☆◎■ー×○●□
             /       l    ,ィfてト j/ ィr=ァ  l \
          /   / /   / |   ̄ヽ Ⅵリ      .ヒリ |   ,  }   (人間には発声も聞き取りもできない、
.         / // /    l /|   |   ヽヽ   ..:.  . l    , /     吠えるような唸るような声)
.         〃 /:/   / |i :|   |    、    ´ イ | |  レ
.        /  〃 / /:〃 :|´、   :l 、      ̄ / :i: | |  |     はい、りぴーとあふたみー!
.             |/j/ j/  \|  | `  .   ィ/// l: | | /i|
.             .   ´ \     \:|   , '}}¨ゝ _// |/ノj/ |
        , -           \    ヽ / /{     ヽ         「~☆◎■ー×○●□」
.       /    `ヽ               ¨´ }     }  '.
      /                 \     /     {  }         ちょっと発音甘いかな
        l                ` ー      ,
     _ノ         .  ´  \         ヽ /  /
.      {        /         ヽ        }  /
.     }        }                 './
268:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/02/10(日) 22:24:06 ID:IjgnqgK6
アルクまじ女神。手ずから魔術教えてくれるとかいい人すぎるw
273:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2013/02/10(日) 22:25:55 ID:QZBAVeb.




     神殿に補完される、ナコト写本の最後の一冊 サンの謎の七書 を完全に理解し

     世界の真理に触れ、精神の領域を人間から解脱させた頃、やる夫は精神的には980歳を数えていた

     最早、司書の中では古株で、大司書の一人と数えられるバステトの副官である

     しかして、その体は現実世界に置き去りなのだ



                          -‐‐-
                       /       \
                      / .:.:.::::::::::::::::.:.:.  ゙
                      ; .:.:.:::::::::::::::::::::.:.:.
                      { :.:.:::::::::::::::::::::::.:.:  }
                      \ :.:::::::::::::::::::::.  /
                       > :::::::::::::::::: <
                      / .:.::::::::::::::::::::.: ヽ
                     /  .:.::::::::::::::::::::::.:  '
                    ./  .:.:.::::::::::::::::::::::::.:.  、
                    / :; :.:.:::::::::::::::::::::::::.:.  l \
                     :.:l :.:.::::::::::::::::::::::::.:.:.  、  \
                     :.:| :.:.:::::::::::::::::::::::::::.:. |\   }
                   { .::|  :.::::::::::::::::::::::::::::.:.  |    ̄
                   ヽ _ク  :.::::::::::::::::::::::::::::.: |
                     |   :.:.::::::::::::::::::::::::.:.: |
                     '.  :.:.:.:.::::::::::::::.:.:.:  ,
                      、  :.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:  /
275:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/02/10(日) 22:26:26 ID:rYZGyRYE
ナコト写本www
279:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/02/10(日) 22:27:09 ID:opBpscb.
千年近くかwww
280:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/02/10(日) 22:27:14 ID:nU7N1.eE
1000年に伸ばす事も~ってことはそろそろ引き伸ばしも限界か?
283:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/02/10(日) 22:27:44 ID:krz4PQKE
すっかり忘れてた
287:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2013/02/10(日) 22:29:09 ID:QZBAVeb.



      魔術師として、悪魔や神の領域にまで達した一人の人間

      最早、それを止められるのは同じ領域に達した人間か、神々や悪魔

      それこそ、中層の天使では最早目の前に立つ事すら適うまい

      そんな領域に達し、日々司書として生きているやる夫に珍しくバステトからお呼びがかかった



                                    _
                                __,.. -─一'{rjィ,〉
                      ______,∠_    _ __,ン
       _rn  __,. -‐-、 _,. -─'´ ̄         ` 丶、\
     {rfj }/     ,'´                     ヽ       大司書様、バステト様がお呼びでしたよ
     /  ,ノ ,. ' ´                             ト、
.    j   !ィ´                   ;        _,. - ‐ ゝ     後、肉球にはさわらんでください
.     {.  j,ノ                   ,'  _    ,' _,r 彡 ヽ
     ゞノ                     ,.' '´f´  `'ヽ 彡 '´ rッ  ,'\  パワハラでバステト様に訴えますよ
       {                  , '  _`丶、  ,Y rッ     ,.'_  }
      {       __,. -‐ ´     /` ̄´  ̄ ̄`´ `ヽ ._ , ‐'´   ̄
        、    ,∠_        _,. '´            ヽ_ノ
        ', ,.. -'´r'ニヘ  __,. -‐'´
        '、ゝ _ゝ_,Z  ̄
          \       ̄  ─- 、
          ` ─- .._     \
                `丶、   ヽ
                   \   }
                     `¨´
288:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/02/10(日) 22:29:27 ID:rYZGyRYE
ナコト写本だしリベル・レギスだろうな
289:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/02/10(日) 22:29:47 ID:ASk243C6
先輩のお猫様はどうしていらっしゃるのだろうか…
290:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/02/10(日) 22:29:57 ID:ruMksfYc
後輩からも扱いがぞんざいだなw
299:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2013/02/10(日) 22:31:25 ID:QZBAVeb.

               ____
             /      \
           / ─    ─ \
          /   (●)  (●)  \     お呼びですか、バステト様
            |      (__人__)     |
          \     `⌒´    ,/
          /     ー‐    \




              '-,     ||
                '-,_   '!!   |''''''-..,,_,.r-..,,__    _
                 `'-,,_ '!,! ]     `'''' ,`'\''" `!
                    `''-..,'_,| ,:`-,  , `-,`''-._`'-_ `i,
                    r''''''"  `'''`-._,ヽ_`'-_ `'-.,`-,`'!,
                    | ;;;'' , ,'! ,,. `'-,ヽ,\ ,`'-,'-,`'.,
                    | ;;i ! !`! `'-,'-,,\-.,iヽ, '-, `ヽ.,,`'-,
                    | ,!i ;|, '!,',-,'''`.',,,.x---;;-...,,,''';;,,, `-,,,ヽ
                    | |] ;レ-''!''''_ヽ,_`!,ヽ;_'-.ヽ-!,_;;,,,\;,,,`'-..,\
                    | i Y"| `!_L...,'- `'\r''''''''''''"|"i,_,;,,\,;;\-,''ヽ,   暇だからアンリミテッドコーズやろうぜ!
                    | | ;レr-'"   `      〃  ,レ,ハヽ;;,,\:;;'-,.,
      ,.-,             | | ;| ;;トヽ,〃  .,,,,',....-.   ,.!'";;;;'!,ヽ'\`,\',`,   「忙しいんで帰っていいっすか?」
     ,! |     /"i    | | ;;| ;;|`'ヽ,   !"  `|  /i;;;|;;|;;;',.,'!',`!ヽ, 'i
     |  !    /  i    | |'!;;|,;;;|.,';;','`''t.,_'---"/|;;;;|i;,'!;!';;| 'i 'i `!'i
     '!  ',  /  / ,,....--L.'.|\|''>" ̄'''''''''''''---'L...レ|レ
      '!  ! ,,./ ,f--"-`'r'i  '"""`-.     ::::::::::::::::::ト-,...,,
  ,,....--.,! 'i__f /`''''-., '''''''ヽ ..:: .:   ''''' '''':::::>''''''''' ̄'"''''''' ̄''''''ヽ,
| '!  , '     /,  `'ヽ  ....V'.:''                         / ヽ
| ]  h,     |`'., ::::::::: ::::/ '                    ,ヽ_ ::/.. `,
 '-t--'"    L:::/::::::;:,!::r"                       |:.. 'y"::::::::. ヽ
   -.,,_,.......,,_ '''--.,_/;f"...,_                    ::!/ "''''---..\_
      `'-.,,_,...-'`-,_,.>i:::::::::::::`'--._               ::::|::::::..   `-.;;;::::::::|
300:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/02/10(日) 22:31:29 ID:/6WqkWQQ
パワハラwww
303:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/02/10(日) 22:32:08 ID:z7VMWKiQ
ゲームw
305:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2013/02/10(日) 22:33:19 ID:QZBAVeb.

                /`\___
            ___| ∧   ヽ \
               | .::::     :::ヽ      ヽ _
.            / /,      ::::\  '.,  l::.ヽ
             l /// / :/ i i:::i:\  '., .l:::::|
.             l l l :l ,|  :| .:| |:::|:::|∧ } .l::::|
            l レl,十ト{ .:lヽ十|‐l-:| レヘ l::::|
.           l  ,ィfTぇ ヽ{  "T心、|  :::::::ヾ:::|
.            l  ::|、ヒ:リ     _ヒzリノ` : ::: :::::::|
          |i .:il  '::::      .:|i  :i ::::::::::|    乗りわるいなぁ 来た時は可愛かったのにー
           || ::|ヽ  、      ..::::||  :|::::::ii:::|
            || ::|:::l:\     ..:::<|| .::|:i::::||:::|
           |l ::|:::|::|::i`::T ´::::::::::::|| .::/.:l::::||:::|
          ||、 :ト、|::|::ト::::|   ::::::::::||::/.:::l::/!レ
           ` ヽ! ヽ:l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l!/ ̄l/
                  r'     . : : : : : : : |
             |-=ニ  ` ニ二二二 ヽ
              __ノ-‐´, -‐'´     : : : : |
           ノ   /  ̄        : : .\
            /   ´                : : : .ヽ




               ____
             /      \
           / ─    ─ \     そりゃぁ、まぁ……1000年近く生きれば
          /   (●)  (●)  \ 
            |      (__人__)     |    で、ゲームのお誘いでしたら帰りますよ
          \     `⌒´    ,/
          /     ー‐    \    普通に忙しいんですから
308:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2013/02/10(日) 22:35:06 ID:QZBAVeb.

                     ___, ‐---‐…¬ /
                 ___/ /       |/ ,. -‐- 、
               / / /        ,ィ{  K      ヽ
                // /   /  /    ̄ ̄|
              〃  '/   /  /      、 ヽ|
               i| ; / i  / イ イ / /  }   i |
             八i { /i/;/_/ /,./   八i i |
.            /  /   ーt‐テミイ// /|_/| i |
           /        | 、{_:ゾ  // ,ニlイ/ 八|
         ′ /     |i        〈:ソ人/ |   あ、いや、そろそろ一時間で止めるのしんどいから
        ,′ /  i    | u        ゝ/^i  i |    一旦帰れって言おうと思ってたんだけど……
         ゙ i  ′ i  ||    -‐  イ  |   l |
        jイ| { i il   |i i|\      .イ |i i|   l |   できたら魔界経由で生身のまま来て欲しいなー とか思ったり
         八八从八  |レi|   ≧=く i | l|i i|   リ
           |   \!`' …‐┴┐ノ j ルル!/l′
          _rく_          hへ 厶 -!'⌒ヽ、
      .  ''"   二ニ==‐--           / \
     /                      ∨     ヽ




               ____
             /      \
           / ─    ─ \
          /   (●)  (●)  \       ……………………あ
            |      (__人__)     |
          \     `⌒´    ,/
          /     ー‐    \
313:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/02/10(日) 22:36:00 ID:oJwY5lSU
忘れてたwwww
314:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/02/10(日) 22:36:01 ID:rYZGyRYE
流石に1000年も経ってたから来た理由忘れたかw
315:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/02/10(日) 22:36:01 ID:uujq7vHc
現実世界のこと忘れてたなww
320:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/02/10(日) 22:36:29 ID:opBpscb.
忘れるなよwww
321:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2013/02/10(日) 22:36:39 ID:QZBAVeb.

           /"''-.,,_-‐-、,
         _,,-/ ,ヘ   '\  \-、,_
       ,-'"  /  \   .\ ヽ, "|
       |       \    ヽ, ',  |
..      |  / /i | i、 ヽヽ,   ヽ | |
       |  | | | | .| |ヽ、_ヽヽ`ヽ、,.  | |
        |  |:| |‐|‐ヽ、-'、ヽ'‐ヽ, ヽヽ | |
.      |   レ-riーi" 丶 riーiiヽ| レ' |
.       |   |  "'"      ̄ |..   |
      |   .|、     !|    /|.   |
       |  | |:ヽ,   --  /:|   |      あっ てなんだよ、あっ て
      | |  |. |::i::`ヽ、,  _,-i'::::::|  i .|
.      |||  |. |::i::("ー"''"ー'"|::/  /|||      オメーもしかして忘れ……
        ヽヽ |::i::|       |/ | / |
         >-''""'‐-、,__,,.-‐""レ',
      _,.-‐'""~           "'''-.,,_
    ,,・'"                   "'-、
    |                       〉
.   |  l                      |
.    |   i!        ;:       !i | .    |
   |    i       ;: !      ll |      |
.    |   i        ;:i       ::|     |
    |.  !  .......:::::::....... i  ...::::::::.... |.  /  |




               ____
             /      \
           / ─    ─ \      わ、忘れてねーっすよ
          /   (●)  (●)  \
            |      (__人__)     |     400の言語覚えてるやる夫に物忘れさせたら大したモンっすよ
          \     `⌒´    ,/
          /     ー‐    \
322:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/02/10(日) 22:36:50 ID:gnh8OyeQ
980年だもんね、仕方ないw
326:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/02/10(日) 22:37:43 ID:eIxKgd4I
まぁ 親友より肉球のほうが大事だよね
327:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2013/02/10(日) 22:39:18 ID:QZBAVeb.

                   ,,、-‐'''‐- 、,,
                ,.r''"´.:::.:..   、  ``' 、
              /    :.. : :. .丶     ゙':、
            /: . . 、 : ::..:,:.::::. ::゙:、. :  ':,
          /,.:  .: : .::l、::、.:::'、;゙、:. ::::` .::..   i
         ,i/:;i'.  ..:i ::.',..::!i゙'、:',、.::゙、ヽ;. :::..;..::.. : |
       ,:'/;'/:: ;:: :| .;::l゙、゙;', ゙、!'、_,,.i,,',゙、:::::,.;::.. i:.l
       /〃i::: ,',i' ::!l_,!..';_ヾi, '';',r'!"゙''ヾ、;::i.',:::.|i!
       // |:::/.!':゙、:',イ゙;゙"ヾ゙   ゙ ゞ.oノ|゙';::゙;:!l !!     ……八十六億七千万五十四秒前の食事は?
     i;.'  l!:,'!:.| :l::i';゙;ヾツノ .    ''"!;'i:;':| '!';.|;
      |  l|::l ゙;.',.:|;!l派゙、' "  -  ",:'州シl ;'i'|i'
        |;'! ',:',.':l;|;'ミ!';|i'l=、.,,_.、ィフ艸i';イ!l' 'l;'
.         '!|.  ';:'、'!ルr';lり' 、、,,./'/イ;r',,ソ、 |'
        ゙'、  ヽ;::'j゙i'            \
              iヾノ゙         ;.   `ヽ、
              レ'     ` ''´    .,'     ``"ー、
.             i             l.ヽ.、        ゙ヽ、
           {゙、   ヽ.      ゙i7ト、`''ー-、    \
               / ゙'、     '''‐ 、_,. ''〃.  \:,,,__ヽ、 、 .゙i
.            ,'゙、 ,!` 、       ,イ'     ,. 'ヽ.゙ 、 . 丶,;"
             ハ .|ヽ、    ,. ‐'  ゙:、 ,. '"   ヽ    ,.'
.           ゙l `,'          ,'〈' ;゙';      ,;.イ'゙
           i /゙、         /  Y' 丶  ,.-''/




               ____
             /      \     え? スコティッシュフォールドのアンヴィー先輩と煮魚ですけど
           / ─    ─ \
          /   (●)  (●)  \   生姜効き過ぎてて先輩残したんですお
            |      (__人__)     |
          \     `⌒´    ,/
          /     ー‐    \
330:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/02/10(日) 22:40:02 ID:NiYlLLww
すげぇwwww
331:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/02/10(日) 22:40:17 ID:/6WqkWQQ
先輩ってネコ科www
332:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/02/10(日) 22:40:40 ID:/SOgEnag
なんでそれ覚えてて自分の体のこと覚えてねーんだよw
338:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2013/02/10(日) 22:41:56 ID:QZBAVeb.

.   /::::::::::::::::!/::::::i: : .: : : /:;r'"::::::/::/ : : : /:: /: : / : l::. :!: : : ::: : :l l
  /::::::::::::::::::l!::::::::!: .:: : :/::'i:::::::/::/::: :/7’::/::: :/i: : !l:::. :!: : : ::: : :!:!
  /:::::::::::::::::::l:::::i::!: ::: : :i:::::l::/: /:::_;;-"7’/:::: / / : ! l:::: :l:: : : ::: : :! !
. /:::::::::::::::::i:::::!::::l:l: .:: .::、l__;レ_/_;,-''" ///::::/ /: :/ l:::: _l::. : i:::.: i l:l
/::::::::::::::::::::!::::::::::!!: :: ::::.:lヽ ̄i¨っ-,,∠-'" /;/  /: / _,,-!'´: !::: : l:::. :l :!!
::::::::::::::::::::::!:::::::::::!::.::: ::::::l:!ヽ ヽ:.:.:.:ノヽヽ '´   / ;/,r"7¨l7''''!7:.: :!:::: :!: l
:::::::::::::::::::::!::::::::::::!:::::: :::::i:l  `ー‐一'  `   ///.:.:/ l::::::/::::. : !:: : ! :l
::::::::::::::::::::!::::::::::::l::::::: :::::l::l ヽヽ        /´  ー‐'_/ レ/:!::::: :::!::: :l: :l
:::::::::::::::::::!:::::::::::::!::::::: ::::::! !                ̄   /: l:::::: :::!:::: :l :l
::::::::::::::::::!::::::::::::::!:::::::::::::::! !            i     /: : :l::::::: ::!::::: ト、!
:::::::::::::::::l:::::::::::::::!::::::::::::::::li:l            ヽ.   /::: : i !:::::: ::!::i:: :! l!     チッ
::::::::::::i:::l::::::::::::::::!::::::::::::::::トl;!    ー‐----,一   /::::: : :!:l::::::: :!:::l::. l
:::::::::::;!::l::::::::::::::::l:::::i::::::::::::! ヽ       ̄  _,,-''´:: :i:::::: : !::!::::::::il::::!::. !     魔術師やってるだけの事はあるか
ヽ:::::i !i::l:::::;r--;;;!___!:::::::::::!  ヽ      ,,-'"i:::i::::i:: ::l :::: ::!l::!:::::::!l::::!i:: :!
 ヽ;!:! ヽ::::l     ヽ:::::::::l,,,__  `ー‐‐'i";;i_:::;!::;!:::;!: ::!i::::: :! !:!::::::l !:::! !: :!     でも、忘れてたでしょ?
  ヽ! ヽ::l      ヽ:::::::!  ¨''‐-,,_  !::::::::¨''-;/__::! l:::.::! l::!::::::! !:::! l: :l
      `!       ヽ::::!      ¨'''‐---‐‐'''¨::!  l:::! l:::!:::::! l::/ V′
      !        ヽ!        ::::::::::::::::::::::::i  V !:!::/ レ′
    r‐''’ ____     ヽ ........      :::::::::::::::::i     l::/
    /ー'''''´______      '' - ;;;_::::¨::-:;,_... ..:::::::::::ヽ__ レ
.   /       ¨ '' - ,,_...    ¨ - ;;_::¨:-:;_::::::::::::`:::7¨'iヽ




               ____
             /      \       えー、まさかー
           / ─    ─ \
          /   (●)  (●)  \    バステト様に疑われるなんて、やる夫ちょーしんがーい
            |      (__人__)     |
          \     `⌒´    ,/    ちゃんと覚えてますお 今は
          /     ー‐    \
339:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/02/10(日) 22:42:29 ID:opBpscb.
今はwwww
341:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/02/10(日) 22:42:54 ID:3S95z8gc
デデーン、やる夫、アウトー
342:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/02/10(日) 22:42:58 ID:3qa4OpHE
表情かえずにいいわけワロス
353:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2013/02/10(日) 22:45:05 ID:QZBAVeb.

           ,ヘ,ヘ /` ー--──ァ   _
.          / / /  /    /ム=二!__ `
        / / /ヘ/V!/l/ //'    ! `ヽ
         / / / / / / //,' ,、  l
.       / / {ル'{从ヒ´ ///./ハヽ ハ
      / / ,  kァu。rく/_ノノくノ!i} ハ     (こいつ、今は って言った……)
.     / / ,'  il `"    'f'ハ,ヘ jハ  ヽ
    / /     ! "     , ´∧ 、  ヽ、ヽ
.   / /  ,'   ト、   ー- イi !i. i  l !ヽ}
   {' {/!{ ム  i i `  r< ノノ 从 l l iN j
      _ソ ̄ヽ「`ー--┴''7r─く  }ハハノ
     /  `'' ー- 、、__ /.ノ   ∧
    /            ヽ / }
  /⌒ ー- 、      、  \/
  {    \ \     ヽ   ヽ




               ____
             /      \
           / ─    ─ \      じゃー、ちゃっちゃと戻って帰ってきます
          /   (●)  (●)  \
            |      (__人__)     |     上でのゴタゴタかたづけてから来るんで……
          \     `⌒´    ,/
          /     ー‐    \      まー、100年くらい待って下さいな
354:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/02/10(日) 22:45:51 ID:Uj8FeB3U
バステト相手にタメ語とかパねぇw
355:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/02/10(日) 22:45:53 ID:uujq7vHc
もう100年が一週間ぐらいの感覚なんだろうなw
356:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/02/10(日) 22:46:08 ID:IjgnqgK6
さらっと100年て言ったなw 軽いわw
363:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2013/02/10(日) 22:48:05 ID:QZBAVeb.

                     ___, ‐---‐…¬ /
                 ___/ /       |/ ,. -‐- 、
               / / /        ,ィ{  K      ヽ
                // /   /  /    ̄ ̄|
              〃  '/   /  /      、 ヽ|
               i| ; / i  / イ イ / /  }   i |
             八i { /i/;/_/ /,./   八i i |
.            /  /   ーt‐テミイ// /| /| i |     ま、良いわ。できるだけ時間歪めて
           /        | 、{_:ゾ  // ,ニlイ/ 八|      誤差少なくしとくから
         ′ /     |l  、、      〈:ソ人/ |
        ,′ /  i    |    、__    ゝ/^i  i |     できたら60年くらいで帰ってきなさいよ
         ゙ i  ′ i  ||      `   イ  |   l |
        jイ| { i il   |i i|\      .イ |i i|   l |     現実時間なら……ま、歪めて五年が限度かしらね
         八八从八  |レi|   ≧=く i | l|i i|   リ
           |   \!`' …‐┴┐ノ j ルル!/l′     仕事溜まるから、ほんとは嫌なのよ
          _rく_          hへ 厶 -!'⌒ヽ、
      .  ''"   二ニ==‐--           / \
     /                      ∨     ヽ
.    /                        \/ \     、
   ∧/       /               \  丶、  \_
   ; /\    l  /                     ヽ   ` ー- `ヽ
.  i,′  ヽト、  l ;     _                i、         \
   !    | \l ;  -‐''"        77´    |\         \




               ____
             /      \
           / ─    ─ \     では、可能な限り早く帰陣致します
          /   (●)  (●)  \
            |      (__人__)     |    それでは、どうかお健やかで、我が主人
          \     `⌒´    ,/
          /     ー‐    \
364:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/02/10(日) 22:48:43 ID:HpsWoj8.
生身だと死んじゃうwwww
365:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/02/10(日) 22:49:06 ID:3qa4OpHE
  オッパイ
我が主人!
366:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/02/10(日) 22:49:32 ID:bMdcnw3.
ん?60年現世で過ごしたらウルタールでは5年たつ(予定)ってこと?
367:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2013/02/10(日) 22:49:41 ID:QZBAVeb.

       j  ./ .::::ノ   .ト::''::..'::\'-.,_-.,_-.,_    \   ヽ
       ノ  .:/  :/  /: |ヽ!ヽ:.. \:''`''-..,,_`''-.,_   ヽ   |
        | .:::/  /  /| | '.,'! ヽ,   \.,'\,:`'''--.,_-.,_:'!,   |
       / ::/   |./ |.| |! ヽヽ\,   \., \:::''::" `'-\|:. ヽ
       | ::/:  ::|イ |ト, ||. \.,_\.,  \ .,ヽ:..|:. ヽ  \.  |
       ! .:/!:  ::|''T"!T`'-|   \--'''''''''''''H-.ト.|::  '!   ト'!:.. ヽ      ええ、貴方もね
      j ::/j:i: :::|;Vrt"Tヽ,|    \',.ri―-t.,_`|:::|::  .|   |'.,!,:. ヽ
      |.::/|:|:  :|:| '!' 」_!`\  __   ヽ `'フ,`'''| ヽ   !:  ト'!ト, |      武運を祈るわ 我が眷属
     ,./::/;|:|:. ::|:'., |     _,,.-'''"ノ    ̄ ̄  .! |   |:. | ',|\ヽ
   / | :/!|:.!:. :W:', ト_ ,-'" ,..-'"          ノ!. |:  |!: .!  |! `,|
.  /   | | !|::|::.. !ヽY/  /',_         ,.ィ'|::! |! .ノ!: |   |   \
. /   || ||::|:::. ! 入', ,r'-.,.r'ヽ, ̄   _,-'/r!:|:j./| /,|: j  i     \
 |     |! |::|',:. | \',''"/   \ ,.-'"ノ"j V | /|'.! /|      / ヽ
./     |! ヽ!ヽ. ト., ヽ,! '   / | \-''"''::/ /  |':/;j //    ,/    ヽ,
|       |   \\!\ ヽ   \-.」`'"   /./  /:/:/r/   ,r''"       \
! ,r--.,_     ` \'!トヽ |.    ヽ`.,`'-.,_     ノ_ /',|:! /           \
ヽ    `'''--...,,,,,_ \ `.,      ヽ '! \ミ.,__/ `'' `-.V     |         `
. `,           `'''-._」,r|       ト-.,,_            \    ヽ
 |\            /:::|       |::::::>7             ヽ    '|
 | ::ヽ     ヽ,    !`'-L_    _,,,..!-'" |               ',    |  |
 ヽ:':`,      `, .,_ L_   `''''''"     ,..-!               |    | |
  \: `,      \`y':`'-.,__    _,..-'" ト               |    | |
   \.ヽ       .Y    `'-.,_'''フ .-'"  L,,,....- _,,..-'     ∧.,   ! /  ,....,,_
     \'!       |        ̄       |  -''",,...     / `ヽ //,.-'",....--''




                    ,. ‐''" ̄ ` ー-:ッー;、
                    ,.'        ./ ,ィ〃
                      /     ,. ,. :'´,ィ´ ``'' i
                 / ,ィ'´ _,. _彡'/'., i. i.    |
                 / ´, .i ''"/,.ィ´,/ // .|i. | i |
                ,'  .l l  ///イ,イ ,ハ .| | |
                ,′ .l l -fi'i'f''K´ /イ_‐:|/!.l |
               _レ‐-| i.|  |`'┴   /;ノ.〉'.l/ .|.|
           __ ,,. rく  Y | |.! .l.  、 __ ' ,イ! .|  | !
         /      ヽ ヽ!|.| |\   ,. ヽ/! .,' /,′
           /        \ |从. |∠i` ´   メ,'.〃//  ああ、そうそう
        ├ 、         ヽ、_ ,イ 、  ,/ .|//' /
        ,' ,. 「\  i        '   | /,  |      今の貴方には気休め程度でしょうけど
        / l |  \.!            l.  |  |
        | l  |    .〉         ,.!  |  l      加護をあげましょう
       |l.  l.   /  、.__ ,.. -‐  '´/   | ,'
       ./  .|    /           /   | ,'       ちょっと顔を寄せなさいな
       ./  .|   /        /l.     l,!
368:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/02/10(日) 22:50:02 ID:9RSZqPT.
君にキスキスキス
369:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/02/10(日) 22:50:03 ID:HomX4w.g
ズキュウウゥン?
370:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/02/10(日) 22:50:17 ID:ASk243C6
やったっ!
371:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2013/02/10(日) 22:50:42 ID:QZBAVeb.
>>366 逆。ウルタールの60年が地上の五年までバステトが頑張れが遅れさせられる

短いところで一時間が一週間だから、これは凄まじい修正になるんだ……
376:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2013/02/10(日) 22:52:43 ID:QZBAVeb.




      血と憎悪を司り、父神からの命ですら怒りを収めきれず、その根源を取り除いて漸く静まった神

      その神からの加護が口づけによって与えられた

      しかし、軽く触れるだけ、極論手の甲にでも良いのに、態々舌まで入れてきたのは茶目っ気だろうか



::::::::::::::::::::::::: / /::::::::::/   /::::/ /::::::::/:|::::::: |            |:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. |
::::::::::::::::::::::::/ /::::::::::/   /::::/ /::::::::/:: |:::::::,′          |:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. |
=ミ:::::::::::::::/ /::::::::::/   /::::/ /:::::: / \!::::/               |:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. |
\ \::::::/ /::::::::::/  /::::/ /:::::: /   /: /、              |:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. |   ん~~~
  `¨¨≧o。::::: /   /:/ /::::::::/   /: /  \             |:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. |
\       `¨¨¨ヽ   /::::::::/   /: /      =‐-  __     |:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. /
::: 丶          | /:::: /   //          /     |:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ,′  /
、:::::::{≧o。 _     ∨::/                    /    |:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/   /
 ヽ:{ Ⅵ  }      V                ´ /       !: |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: /   /
   \   ,ハ       ‘,               ,′      !: |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ,′   /
          ∧       ‘,                 l        |:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ,′   ,′
       \ |      ‘:,             ノ_,,...     |:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ,′ /
        \        ヽ           / ,       |:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::/
         `        ‘:,           /C゚,.'′     |:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. /イ
                       ‘,       /{ /         !: |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ,′
                     |       /こ人         |:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/
                    |           /ヽ,        |:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ,′
                   |        /:.:.∧       |:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ,′
                  ,         l:. / ∧       |:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. /  __
                    /           !:.:.:/ ハ       |:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ ´     \
377:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/02/10(日) 22:52:47 ID:uujq7vHc
>>375
ただのご褒美じゃねぇか!!
378:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/02/10(日) 22:53:11 ID:NiYlLLww
>>375
一生聖水で口を漱ぐことすら拒むぜ
379:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/02/10(日) 22:53:30 ID:bMdcnw3.
>>371
え、なんでそんなことするん?やる夫がウルタールに帰ってくるのが主観的に遅れるだけでない?
387:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2013/02/10(日) 22:55:03 ID:QZBAVeb.
>>379 ドリームランドの一時間=現実の一週間 なんだ……

ごめんね、二行目の数字が逆だったね……
396:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2013/02/10(日) 22:57:31 ID:QZBAVeb.



       バステトの加護を賜ってから引き継ぎをし、現実世界に戻る

       帰りはナイトゴーントを拾って、門からきちんと帰るとしよう

       四捨五入すると1000年ぶりの現世である。……みんな無事だろうか


                    ___,、_  ___
        ハ\_   二二⌒ >、//7∠込- 、
        | X、 `¨´ , -一/,ィミ   ニニー┴-、
          { ≪\  /  / //      \ `\  ヽ
        ハ. _≫ |  ,/ /// / /     ヽ  ヽ  ヽ
          V  | /_/ /// / / /        ヽ ヽ   ヽ、___
          // // // /// / / 〃i   l || | l | !  ヽヽ ヽ //
       __,/ / // /// / / // / l | || | l | |i | | | |ヽト、≫'
       ̄/ /イ /!川/// _/_/! j| | || | l | |} | | | |/_,<
      / イ彡//,ィll | |-十7// /j /|/l /L⊥l | || | | | | |} !
     ////彳////| | 川/l//メ j/〃// |/ リl刈 j| | | |!リ      ま、さっさと帰ってきなさいよ
    〃/ /! l厂l| l | | | |!リ,ィ=≡ミ″/〃 〃士リ ||i/|| ト|ハ!|\
     ./ ///j| || l | | | | ´ヽヽヽ   ′ =≡ミzj|/ハ|/j/ |ヘヽヽ    あんた結構お気に入りなんだから
    / / .! | |i || l | | | |i ヽヽヽヽ   、 ヽヽヽ/小/ハV ヽ ヽヽ
    ,' /  | | || || l | | | !l    ___'_    /ll || ヽ ヾミ ヽ ヽヽ   ゲーム付き合ってくれる眷属って珍しいのよ
    ||   | | || || l |ヽ! ! !l 、   ヽ、___ノ   , イ| | ||  | ト  | ヽ!
    l!   | |', !ヽ!} ! ! ハ!| |ト、ヽ、    , イ川 | | | |l  | | ヽ! |`=||=
     !  ヽ! !l ヽ!⊥} リ! ヽ ヽ、二了/川l 川ル| ハ | | | |リ  リ
       , ----┴' \ ヽ ||     / |⌒ ̄ ̄|| ∧|/ j∧| ||
      /      ̄`ヽ、 \|ル!   ノ, イ/ /   〃 ハ 〃 }}/
    /           〃   ̄ ̄/ / /   /   |  ヽ  !
    /                 ̄   /     | |    ヽ
    |                  \           \   |
    |   \            \             ヽ   |
    |    \   , -───--- ヽ     '´ ̄ ̄`  ヽ |
397:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/02/10(日) 22:57:42 ID:2W4UqZzQ
ウワアアア ヤルオニ カミノケ ガ!
398:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/02/10(日) 22:57:51 ID:O6yUpO.g
猫神様にファーストキスを奪われたという事実だけでも腹立たしい! 腹立たしいが!
何より腹立たしいのはバステト様役がアルクってことだ!
400:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/02/10(日) 22:58:34 ID:rYZGyRYE
可愛いぞw
401:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/02/10(日) 23:00:01 ID:opBpscb.
チクショーwww
407:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2013/02/10(日) 23:03:19 ID:QZBAVeb.





        こうして、やる夫は現世に帰還した

        溢れる知識と膨大な魔力を手にし、体は未熟な人間として……

        長い長い眠り、でも現実世界ではほんの一時間ほどの微睡みを経て、懐かしい書庫へと帰ってきた

        体を起こし、本棚に凭れて寝ていたので変に固まった筋を伸ばす

        現世の思いでは最早遠い彼方だが、それでもしっかりと思い出せる


|  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  | | |  |._ ._  | |  | : | | | | :l | | |:::::||/;;;;;;;;;::..    ..:;;;;;;;;;;| |:::::| |||:: | |||
|  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  | | |  |l  ll  l | |  |__,l | | |_;l | | |                 | ||l:__ | ||l._
l,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,l | |  ||  ||  | | |  |_| | |_| | |                 | ||__| ||_
______________.| |  ||  ||  | | |  | _,,| | |  | | | :::......             ....::::| ||   | || _
._. _. _ ._ ._. _. _ ._ ._  | |  ||  ||  | | |  | : l | | |  | |. /;;;;;;;;;;;::.           .::;;;;;;;;;;;;;, ||   | ||l´
l  ll  ll  ll  ll  ll  ll  ll  ll  l | |  |l,__,ll,__,l | |  | : | | | |  | |/;;;;;;;;;;;;;:::::.       .::::::;;;;;;;;;;;;;,||   | |||
|  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  | | |  | ___| |  | : | | | |                         | |||
|  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  | | |  |._ ._  | |  |__,l | | |                         | ||l._
|  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  | | |  |l  ll  l | |  |_| | |                         | ||_
l,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,l | |  ||  ||  | | |  |  | | |                         | ||
______________.| |  ||  ||  | | |  |  | | |:::.....                      ......:::| ||
._. _. _ ._ ._. _. _ ._ ._  | |  ||  ||  | | |  |  | | /;;;;;;;;;;:::                   :::;;;;;;;;;;;, ||
l  ll  ll  ll  ll  ll  ll  ll  ll  l | |  |l,__,ll,__,l | |  |  | |/;;;;;;;;;;;;::::::                  .:::::;;;;;;;;;;;;;:,||
|  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  | | |  | ___| |  |
|  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  | | |  |       | |  |
|  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  | | |  |       | |  | :::::...
l,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,l | |  |       | | /;;;;;;;;;;;;;..
______________.| |  |       | |/;;;;;;;;;;;;;;;;::::
                         | |  |
409:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2013/02/10(日) 23:04:25 ID:QZBAVeb.





                     では、ちょっとした雑用を片付けるとしよう



                         _,,  --  _
                       ,ィ ´    ::::::::::::`::. ,
                      /  ,ィ      :::::::::::::::\
                     / /  ,ィ::::jヽ    :::::::::::::::ヽ
                     ト   ゝ `¨′     :::::::::::::::〉
             ,v、        !::::.     `ヽ    .:::::::::::::/.
             j )'j.)      .ヘ:::::.      ノ   _,;..---.イ-、 ,-.、
             〈.//j f.〉      !:::l ヽ, -‐'"   r-',::::::::::::::::,-:イ::::/:ヘ
             .}! L-'.ゝ       ',::`ー'     ..lハヘ::::::::;イ::::::::::/::::::::-'-、
             ヽ   ヽj      ヽ    ..::::::::r ',.〉::::::::::::::::::::l::::::::::::::::::::ヽ
               >_,,ィ>、      >ーr-‐‐‐7ハ 〈:::::::::::::::::::::::`ヽ:::::::::::::::::ヘ
               /、, イ::::ヘ      \',ヽ / 〈 .∨::::::::::::::::::::::::::\::::::::::::::ヘ
               〈':::::::::::::::::ヘ     _/「::ヽイ  l  ∨::::::::::::::::::::::::::::::\::::::::::::ヘ
                    ∨:::::::::::::::ヘ    /::ヽ:::!::l ヽr'     \:::::::::::::::::::::::::::::::〉イ`:::::∧
                ヽ::::::::::::::::ヘ ./:::::_:::::l::!   ',       ヽ::::::::::::::::::::::::::「'':::::,イ::::/
                    ∨:::::::::::::::〉:、:::::::::::::::!    .!      \::::::::::::::::::r'イ::::::::::::/ヽ
                  ∨:::::::::::'::::::`::::::::;イl    !       \::::::::::/::::::::::::::::/::::::ヘ
                       ∨::::::::::::::::::;イ ,':::,   l         \::/::::::::::::::::/:::::::::::∧
                   ヽ:::::::; <   ,::::::;   〉    /     /:_:::::::::::::/::::::::::::::::∧
                       ̄       ,:::::::::,   ヽ  /    /イヽ、ヽ:::::/、::::::::::::::::::∧
                          ,:::::::::::>    /    /  |:::::::::`ヽ':::::::_`> 、::::::::::ヘ
                          ,::::::::::::イ     r、        !::::::::::::ヘ´       `ヽ:::::!
                         ,::::::::::/    /::::ヽ      l:::::::::::::::ヘ       jノ
423:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2013/02/10(日) 23:15:12 ID:QZBAVeb.
メガテン的ステータス

                    ., '                     ヽ.
                   , '                     ,__、\    ヽ
                 , '                   イ  \ \    `ヽ、
               , '                        || ,ilililili;\ \    ',
             ,'                      || lilil∩ilil `.  `    ',
              ,'                      \lilil| |ilil |      ;
              ,'                        \Ulilil ,!      ;、
            ;                           ` ー'        ヽ.
              ;                                       ヽ.
            .j                                        ;
           ;              __,,....,,___ __                ,  ;
             Ⅳ        _,. -.='彡三ー―-- ミ、 `ヽ、`ヽ、     ,___   ____ノ  ,'
              キ  _ -  ̄,=-'" ̄           `\`ヽ、``ヽ、     ̄    `ヽノ
               ,X´ ,/´         _____ _....   \ `  ``ヽ、..,,__  /´
          r''",/´   _,.-==ニ二 ̄   ___ 三二ニ=キ-‐ー''""''ー‐ヲキ≠ー--‐ー‐‐- 、
           ㍉、  ,、‐'´     , -ー''" ̄   _,,、-‐''"”   ......    //::::::::::::::::::::::: /` `ヽミミ=
           Ⅳ  ___,、-''"   ,,、=-‐''"”        ....:::::::::::::::::::::/ / :::::::;;:'''  '''''/      ......`ヽ、
           .ト‐''" ̄  " l、     .....:::::::::;    .....:::::::::::::;;::''''  '''/ /        /.. ...........  :::::::::::.. i、
      ._,.,.=-=キ-ー     |            ::::::::::;;::'''     ..../ /:.::::::::::::.   /:::::::::::::::::::::::;  ''':::::::::::::'i
     il           /      ......:::::.....    ....       ::::::/ /:::::::::::::::::;  /::::::::::::;;;;:::::::::::::::; \ '':::::::::i

【NAME】やる夫 丹生速出 【AGE】17(981) 【ALIGNMENT】Dark-Law 【SPECIES】service species

Lv:85 HP:40 MP:??? 力:3 体:3 速:5 知:99 魔:99 運:35
打撃弱点 炎熱・氷結・疾風・雷撃体勢 破魔・呪殺無効 状態異常反射

【Skill】 ブフダイン マハブフダイン ガルダイン マハガルダイン メギドラオン ディアラハン
狂気の一言:邪神言語を用いた詠唱 相手を狂気に貶める
真言の理:外宇宙の真理に触れた物。魔力を全解放することにより任意の奇跡を一日に一度だけ起こせる

【PASSIVESKILL】
バステトの従者:バステト神の従者 猫系統の悪魔からの干渉をはね除ける
バステトの加護:戦闘開始時にタルカジャ スクカジャ マカカジャの効果
大司書:地上の猫からも信頼を受けられるが、月の猫からは敵対される
424:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/02/10(日) 23:15:35 ID:EaLEtxdM
ネコマタを奴隷にするに空目した
425:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/02/10(日) 23:15:51 ID:J7f4ZWKE
なんだそのレベルはw
426:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/02/10(日) 23:15:54 ID:ASk243C6
また極端な性能を… 壁役必須だなw
427:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/02/10(日) 23:15:56 ID:qv3sP5II
わあ、ひどいことになっちゃってるぞ…

これで体が未熟ってのがまた笑えるww極端すぎるステwww
428:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/02/10(日) 23:16:01 ID:gngYwVxc
レベル85wwww
メタトロンクラスじゃねぇかおい
429:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/02/10(日) 23:16:13 ID:/6WqkWQQ
ふざけんなしw
430:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/02/10(日) 23:16:19 ID:cybadH5s
紙すぎるwww
431:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/02/10(日) 23:16:19 ID:lqM9PyAw
殴られたら死ぬんじゃねこれw
432:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/02/10(日) 23:16:22 ID:AA5Kxze6
体速低いし案外脆い?
433:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/02/10(日) 23:16:30 ID:kgdBv4I6
そうだ
大阪中の猫を保護するという尊い仕事を忘れていた
ヒャッハーしてる悪魔が人間だけしか襲わないなんて保証は何処にも無いわけだし
434:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/02/10(日) 23:16:33 ID:ruMksfYc
肉体依存のステが酷いw
435:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/02/10(日) 23:16:36 ID:EaLEtxdM
アカン

というかこれ、チンピラに殴られたら死ぬのかwwwwwww
436:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2013/02/10(日) 23:16:40 ID:QZBAVeb.
>>428 邪神の奉仕種族やからね……! しかも本隊の……

頑張ればLv100の壁も突破出来るはず……
関連記事
スポンサーサイト



[ 2017/09/17 15:13 ] ダッツ作品 単発系 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する