やる夫はスカヴェンジャーのようです 28日目 -14

724:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2013/08/20(火) 22:17:34 ID:5amClxRM






                        __
                      /:::::`ヽ
                      .′::::::::::::ハ        「小隊長!」
                      r::o ̄o:ヽ}
                     ∧_,ィヽ._j/∨         手出し無用! 流れ弾の方がずっと脅威だ!!
                    _f iヽ{n}:_}∠_}_
                  -‐/:::| 廴::く:ー-/:/´::/ ̄く>‐. 、   俺は良いから命令通り仕事をこなせ!!
               /::::::::::厂:Lニ〔`ー}ニ<::∧:::::::::::::::::::\
              く:::::::::::::::{:´=ミ::::: ̄´r==:::::}::}::::::::::::::::::::::::\
              /::⌒X/|::=ミ:::::::::::::::r==::::|:::ヽ:/\:::::::::::::::>
             .//::::ノ   \::::/ ̄:\::::x:<:: | {   \:::/
            厶、/|   ./_`i::::::::::::: ヽ_/{_::|∧    {´
               ,」__/./::、_|::::::::::::::::}___/:ノ ∧   .ノ
              /::::::: / 〈::::::∧::::::::::::/:::::::>:{   }_r::::::ハ
              .'::::::: /\_\:::∧:::::::/::f:て {::::〉  |弋:::::::|      ガギィンッ
              i :::::/   | /E{ー--一く::::::厂::ハ  l. |::::: }
              | ::/   〈}   |::::::::::::::::::::}:/::::::::::|  | |:::::/
              }:/   /   |:::::::::::::::/〈::::::::::::|  | l::/
             {::/   /    .|::::::::::::/   .∨:::::::| 介、;ハ
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 単分子カッターが二刀に受け止められ、流れるような斬撃が特殊警棒の薙ぎ払い
┃ でまとめて止められる。鋭い突きはアームガードやシールドで回避され、空気が震える
┃ ような一振りは身体を半身にする最小限の動きだけで交わされる。
┃ 
┃ 互いの息づかいが感じられるほどの距離での戦闘だ。そこに割り込まれるのは無粋
┃ を通り越して返って危険でしかない。少なくとも、今は邪魔にしかならなかった。
728:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/08/20(火) 22:18:59 ID:BjPajpqo
小隊長かっこよすぎるw
731:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/08/20(火) 22:22:09 ID:JIIyk3pg
おい主人公どっちだこれw
732:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2013/08/20(火) 22:24:06 ID:5amClxRM

          , ‘ ̄``ヽ.
       ,.ィ ´        '⌒` ヽ.、
   ,.-‐メ,               ゙ヽ.
 ,ィ/,.'´ /    \、      ー.、  ヾ゙ヽ
, ,イ / , /      i\、 ヘ.  、  \  ゛、i!
/  / //   i ! ト、.|、、.\、∨ ヽi   iミ、  ,      良いね、良いよ良いよ、アンタ最っ高に良いよ!
  / /.,′i.  l!|i. |!i!.!ト、∨i、ヾ.、. :l   |ミミ、 i !
. / ,' i  l  |i!|! i!   i!| !i\ ト、|!i  .|ミミ、 ド、      此処までついて来てくれたのは久しぶりだ!!
 ヽ  ;.|! l. _i|_!|、゛、   !| |! _ヾメィ|  .|メ、ミ i、`ー=―'
  i i!ヘ. ト、__i!メミヾ、、 i| |!,ィハ´:i!゙テ‐ .!ハ iミ、.ヽ.      是非ともカーテンコールまでお付き合い願いたいねっ!!
  | ト、ヾ、ヾゝヘ弋ゾヽ !´'´ゞ='′!l  |メ.ノ、ヾ=-メ-、
  | |ヾ.、、ヽゞ、! `¨           ノ|  |イー彡'个==―. 、___
.  ノ i ハ\.| i!lト、    '       ノイ  |\/.:::::|!、`ヽ  ヾ:::::::::::::..``ヽ.      ギシッ
  \ ヽ. `ヽ! l |!ゝ.   ゝ= ニア´∠! .i |::::i::::;:::::::|!ヾ, ゛   li:::::::::::::::::::::.ヾ.、
   \.゙、  .| i!.!! l|'`>,. _ .,' ノi!, l .!::ノ、;:::::::::|!      |l::::::::::::::::::::::::::i.ト、
     ヾ.y l i!.|l i|:::,ヘ.:::::ト、ー=イ::i,' i |/ヘ.、:::::::||      |i:::::::::::::::::::::::::::|i::::        ギンッ
          ノ !:|ヘl|::ii^:、、:ハ、::ヘi{::/,. | 人メ:ヾ.、:::||      il:::::::::::::::::::::::::::|!:::
        | :|、|i!V ヾ.、Θ===/;'i !iΘ)__\!! 、 :,   ./.::::::::::::::::::::::::〃;ィ   ガキッ……キンッ!
        | :!`|ト、;',====イ/.:/!i!| !|=/ノ¨¨¨``ヾ.Y___/=、:::::::::::::::/.::¨:::
        | :! .!!``i ::::::::::il:::ヾ|!l| :ハ:i |:::::::::::::::::::.ヾテ'´.:/i!゛ト、ー=イ'.::::::::::::::




        i  :: :: :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ::: ::   i
      /ヽ 、_:: :: ::: ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ::: :: _ , ヘ
      /     ::::: ̄:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ー - '    ヽ
.     /   :: :: :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: :: :: :   イ
.     ハ    :: ::: :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ::: ::   / i
    |ヽr _  :: ::: ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ::: ::: ::: ::: :: _,イ  !
     |  上 ` t , _ :: :: :: :: :: ::::::::::::::::::: :: :: :: :: :: :: _ ィ '  |   i    悪いが俺もトシでなっ!!
-一ヽ、 .`'´ ヽ .// ' ー--t- =====-r 一 ' ' 弋 !l_ - ' `ー ´
::: ::: ::: |    _イ二l i l      } ,イ^ト、. {.     ツニi二!                ガギッ
::: ::: ::: | _,.厂、   ヾ= .,, __ノ./_ 八 _ヽヽ、_ _〃    >、
::: ::: :::上 `ミ、ヽ   i     ナ'      弋        /  イ       激しいダンスは腰に来るんで遠慮させてもらうっ!!
::: ::::/ヽヽ _ミ iヽ/ ゝ  /    i⌒i   ヽ _ ノ   l / ,<_
::: ::ヒ二 ミ上´::: :::∨   ~     /   i        /K/::: ::ヽ、
:::/二二/:: <ヽ、::: :!、' ,   /    ヽ、   , ' /::: ::: ::: ::: :::`‐、     キィンッ
:::ヒ二シ ::: :kヨ::: ::: ::ヽ、  Y        ヽ / ,.∠-i::: ::: ::: ::: :::
:::i-ニ=┤::: :ヒコ::: ::: ::: :::ヽ |  , =-‐- 、  }.|/ i///i::: ::: ::: ::: ::: : :::
::: トー-イ、::: |ニi::: ::: ::: ::: ::: ::`ヒ iニ ̄ ヾY/ ! []上ヾ>::: ::: ::: ::: ::: :::
::: ::`<二/>、!ミi::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: 弋 ̄二|::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: :::
::: ::: ヽ三シ-Yソ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::`<-弋::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: :::
733:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/08/20(火) 22:24:06 ID:c2gf1vkc
最早小隊長が第二主人公だなww
734:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/08/20(火) 22:24:30 ID:BjPajpqo
しっぶw
735:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/08/20(火) 22:25:00 ID:ostGV.go
やだ…
かっこいい///
736:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/08/20(火) 22:25:26 ID:q.yIBGO.
あれ、どっちが敵役だっけ(すっとぼけ
744:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2013/08/20(火) 22:28:42 ID:5amClxRM



        ジルバがお嫌いなら……チークダンスと行こうじゃないかっ!!

            _  ,. _,ハ. ノ'i    . _ __
<メ7ゝイ刀ケヶォィ/´  ̄ ´`/´' ー=='x―     ` `ヽ、                                        _  _  _ _
  ⌒´`¨`¨`ー'ァ'/ _,.、   i...:(・),ィ'´,ゝ-‐          ヽ>::::―.......__                        __,ゝ、ィ=rニy_,`メ、゙y'_メィZyヘ,ィ-、,-、
       __,/二´;;;;;ヾ、 ,.ゝ'´ .:",ゝ‐         、 ´`ヽ.:>::.....:... >::::........_         __,..、r=ィ={ニメ-'ー'´¨´          `ー'ヾ-イヽ_
     ,厂'    `¨ヾ;;;i'´,ィ' .::;/,        、 `ヽ.:.、   ヽ―-<::::::::::::>:.....:::::::::::::>::......_,≠メ_メ-'¨´ ´                    `(ヾ}
     !;;/      ヾ〉i  .:;' .:ゝ. , 、、 .    、ヽ. 、ヽ.ヾ.、  ハ       ` `  <::::.... >:....:::::::::::::>:...._                       〈人〉
     i!'        ヽ|: .:::/ ,' "/ //i/i i:.、゙ .、゙ . 、\ 、ヾ.゙ 、 i            ` _,ィォッ<:::::::::::::>:..:::::..>...._                乂ノ
     | .:      .:/ !:.::,' / ゝ'、イi `´i ト、ヽ ハヾ. 、 .\ヽハ 、.!         ハ、 ,ゝメノ'´     `  <::::::::::> .  >...          _i彡ノ
     !/::      :/ !::ノ!:i. i゙!`メ、!  !i ゙、  i!:、i ヾ.、 ヽ. :. :.l       ,ィ-‐'`.ヘーメ.'´            ` ゙ <::::...>..、: >:. ...    _(ノ_i'´
    /.::      / .ノ/!ハiハ.i、弋ノ  ーi廾ィミ、ii-!i /ヽ.ヽ. :..::. ::i     ,=≠'.::::::::::::;メ、ィ..―-.、_               ` <:. `>.、:::>,メ彡'´
    ,'.:::      i! /.;' i.i :!::.ヽ`¨,   リ i゚匕心i!:! ,':_i、ヽ.゙ :. :.:i:.!   .'´iゝ".::;≠,ノ!:.ヾ(`: . ヾ.)                      ` <._,ィ厶ノ'、ヽ.
   {:::;  ,ィ≠三ミメ〉 i :| .i.ト.ハ::!` _     ' ヾ≠'、!卞i,ィ,.'、.、ヽ ゙:.::トi     ゝ、:/;/7,'.::i、゙!:,ィ_,ィ、,ゝ'                    ,-ノ=メ-'<::.\゙.
   i::',ィゞ' .: '⌒`ヽーハ!、乂ヾ心. ヽ丶. __    i!ノ!/,_ノ!、ヽ.、ヾヽ!i!、     }/ 乂.::ハ::,ゞ、:..ヽ_=、                 ,ィ≠彡メ.'   ` <:.ヽ.
   .ノ(メ-  ゙::....    ,.!メ' ̄ゞ'¨¨`ヽ.`¨´ _ .ィノノi´、ヾ.ゝ.、゙ .`ヽハゝー===≠=キテー=ミ、ヽ=、=、             ,ィー彡,ー'        ゙<,
   ゝ、.:::::::::...`ヽ::::.... i i!.    ,//´⌒¨`ヽ‐=彡'ミー=、ゝー≠、`ヽ)¨`ヽ ̄´   ノ'ヘ_,  ⌒`ヽ、`メ、         __,ィ≠'彡ノ´
   ヘ、:.. :::::::::::....`ヽ::::.メ!::::.....:::i' , '.      `ヽー=ミ、_三彡メ、`ヾメ゙)―、_,ィ、__,、_____ヾ.、`ヽ._,≠ィ=ヘ彡,厶ゝ'´
     `ヽ 、.. ヽ:::::...ヽ:::゙ヽ:::::::::i ノ::::...      ノ  _.∩i、_.....ヾ.nゝ、,ゞミ√ミ≠、=、_,ゝ、 ,..、_,、 ,=、_,ゝ、メ)ノノミ辷乂メーく-、_,ゝ=、__,.--、_
        ¨``ヽ、::..ヽ:ヾ.:::::ノ/:.:::::::...        └i'゙ト'ー=圦孑゙ヾテ彡厶ノ彡y'≠'ミ三メ冫厶彡ノ'/ー'`´     `iヽ、 ,.ィ‐'´ノ.::::>'"
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 牽制に放った突きを払うついでに突き返された特殊警棒が耳の横を掠って抜ける。
┃ 皮膚が裂け、僅かに血が零れた。その上、制止すること無く突きの軌道から警棒は
┃ するりと変化し横薙ぎへと姿を変える。
┃ 
┃ 装甲がある分、自分の方が小さな傷が貯まるのは自明の理だ。ならば、早々に
┃ 勝負を付けねばなるまいて……アーチャーはケリを付けるべく更に距離をつめた。
┃ 互いの身体が触れ合うほどの至近へと……。
747:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/08/20(火) 22:31:44 ID:XrLVTQNw
このバトルジャンキーめw
748:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2013/08/20(火) 22:32:01 ID:5amClxRM



                _
              <.:.:.:.:.> 、
             /.:-===-.:.:ム
            <::::::::::::::::::::::::>、
          /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
         /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
          /|:::::::::::-―=ニ=- 、:::::::::::::::./k
          |::::7.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l:::::/::::ム
      __!::∧.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:Y:::::::::::ム
     l===∧.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|―,:::::::ム    第2班急げ! 敵の注意は逸れつつあるぞ!!
     l――.∧.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!___l:::::::::ハ
      ̄ ̄{.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i _l::::::::::::l    このまま釘付けにするんだ!!
        f.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.イ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|f:::::::::::::::.|
.        |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ ∨:.:.:.:.:.:.:.:|.|:::::::::::::ノ    もっと早く急げ!!
         !.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|  ∨;;;:.:.:.:.:|  ̄ ̄
        |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!  .;´;:;:;ム::::::|
        ヤ.:.:.:.:.:.:.:.:.:| /;:;:;:;:;:;:;}∨!
         ヤ.:.:.:.:.:.:.:.:.|.ノ;:;:;:;:;:;.ノ.:.:|.!
         }.:.:.:.:.:.:.:´:;:;:;:;:;:;/.:.:.:.:.:.リ
         |:.:.:.:.:/:;:;:;:;:;:;:;/:.:.:.:> ′
         |:.:.:.:.{:;:;:;:;:;:;:;/  ̄
.          〉.:.:.:.ゝ;_:;:;ノ
         /.:.:.:.:.:.:.:.:|
         |.:.:.:.:.:.:.:./
         |:.:.:.:.:.:.:.:{
         ト---‐ 'f
         k:.:.:.:.:.:.:.l
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 赤い暴威を足止めするべく剱の舞を踊る小隊長を残し、班規模に分かれて波状
┃ 攻撃を続ける彼等。素早く動き、僅かに斉射した後に直ぐさま移動する。ほんの
┃ 数秒でも遅れれば、30mmの荒らしが吹き荒れて自分が居た存在は盛大に散った
┃ 血潮と肉片だけになってしまう。

┃ じわじわと損耗を重ねつつも、彼等は止まらない。否、止まれないのだ……逃げ道
┃ など最初から用意されていないのだから。
752:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/08/20(火) 22:36:13 ID:swsiVkKg
無能な味方と有能な敵
両方が揃った素敵な戦場だなw
753:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2013/08/20(火) 22:37:13 ID:5amClxRM




                                   /
                                   ′
                                   /
                     f         _从_,. ィ     ’
                     ト         "=、て /
                 ..::::::―´:           } ≪    .
               ..::<:::::::::::::::::::::::::::::::.〉::::::/    ン  {_ _
            /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ_  = '" .: . :(       ̄
           /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ̄ ̄ ¨ ̄    ̄  \
.           ∧:::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::l}
.           |:::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::/
          .〉ー-::::、:::::::::::::::l::::::::::::::::::::イ
        .:::´::::::::::::::::::::::、:::::::イ:::::::::::.∨;;;;|         二秒斉射の後に移動!
.         /:::::::::::::::::::::::::/  \:::i::::::::::::::|;;;;;;|
       l::::::::::::::::::::::::/    ヽ:::::::::::::|/ヽ!,         いいか、遅r……
       |::::::::::::::::::::::::\    |==:∨ヽ/7\
       |::::::::::::::::::::::::::::::\   |:::::::::l \ '\/7ヽ       ブチィッ!!
        ∨::::::::::::::::::::::::::::::::\ !:::::::::|..  \//ヽ_ 〉
       ゝ、:::::::::::::::::::::::::::::::::Y::::::::.〈    \
           ` r-<:::::::::::::.{:::::::::::_}、    \
           /:::::::::::::ヽ__`__ ーーー':::::::`ヽ、.   \
.           /:::::::::::/::::::::::::::::::`ヽ≧:::::::::::ムヽ_,-,、 \
         /:::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l、彡 '7  \
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 影にしゃがみ込み、様子を伺う。侍女の方は反対方向を向いており、30mmと50
┃ Calもべつの場所を狙うのに忙しいようだ。では、更に突いてやろうじゃないか……
┃ そう思った班の指揮を預かる上等兵が腰を上げようとした瞬間。
┃ 
┃ その頭は顎から上が強引に毟られて消え去った。後には、下顎と舌部、そして綺麗な
┃ 半円形に生えた歯が残される。
755:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/08/20(火) 22:38:18 ID:BNtPnAng
早く急げって頭痛が痛いみたいに言うなよw
759:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/08/20(火) 22:39:11 ID:P4wDoZb.
本当の「暴威」がキター
766:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/08/20(火) 22:41:41 ID:JkYiekbU
ピトーが到着か
767:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/08/20(火) 22:42:28 ID:BKX3XSJg
まさしくヘッドハンティング
774:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2013/08/20(火) 22:44:43 ID:5amClxRM



                                   ハ
                               _,..7 ヘヽー-、
         .ィ>->--、                7 7  ノハ  ヽ> 、
   ,イ ̄``ヽ!〈 ,i'´   .ヘ            ,.ィ´'/.i/´ ̄ ノ   i‐ '" フ
  /      ヽ≧L_ノ ̄  iヽ         __ノ ,.7 /./  _,//;  .i、 /
  i  ,イ´ ̄'、 ハヽ、-t_ノハ        -イ≧=i,ハ iy i iイ,--、∨ _,7ハ’j
  `‐´     ',  i  ヘ_/////ハ           ノ___jノ.八 i ◯ i'〈イ__i,  i/i
          /  /     ∨///∧_______  ノハ 从 ``   〇 〉ハイ
       /  /       ∨////////////////≧-イハ jヘ ヽ-、'``/ .i/j
      ./  /       .∨////////////////////ハ :ヽ、.  <ハ i .ヽ
      /  /         ̄ ̄ ̄``>////////////ノ/ン リ ヾ イ
     .7 .7             ////////////////i∧
     j  j            //////////r-、////////      ほい、お返しするよっと
     |  |         _, イ///////////i廴ノ//////7
     ∨ハ    ,.ェy77//////////r-、//////////(__)l|
     ヘ ヽ,. イ///////////////l乂ン/////////////|
      \イ///////////_//////////>ヲ´ ̄ Ⅶ///i|
       ////////////◯//////rヘ´  ̄      .Ⅶ///!
       f: ̄``ヽ、////////////≧イ、        i////i
.        ': : : : : : : >--、//////>'"\_       .i////i,
         ∨: : : : : : : : : : :∧イ´ : : : : :>-t_      .f////i,
         ヘ: : : : : : : : : : : : ヘ: : : : /    `ヽ、  ∨///i
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ ネフェルピトーの脅威はある程度開けてはいるが、何処までも視界が通るような
┃ 場所では無い所で十全に発揮される。それは、このような市街地だ。先ほどは見通し
┃ のよい四つ辻に追い立てられていたので、その機能を十全に発揮できなかったが、
┃ 今は正しく水を得た魚だ……。

┃ 相手の混乱を誘うべく、ネフェルピトーは突然班長の頭がねじ切られて困惑する敵の
┃ 一人に上あごから上の頭を放って渡した。投げ渡された物を人は反射的に受け取って
┃ しまうものだ。そして、後からそのおぞましさに気付いて放り投げた時には……
775:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/08/20(火) 22:45:31 ID:ostGV.go
どっちでもいい!
776:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/08/20(火) 22:45:33 ID:zstGzh0.
母さんです
777:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/08/20(火) 22:45:51 ID:xc0w6Bxs
機能とかw
もう生物ですら無いのか
783:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/08/20(火) 22:47:49 ID:JkYiekbU
また頭を敵集団へシューッ!超!エキサイティン!するのかw
786:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2013/08/20(火) 22:49:07 ID:5amClxRM



                     ノi         , イ ヘ
                   {_ l__, < ̄ ̄/ /  .!
                 , <``    - '- <     .|、
              ハ ̄ ̄``> ,' ̄  `ヽ、   ヽ  j |
             ヘ  〃  /        j    ハ / `- '_ノ)ノ_
              ∧_ .j i ,'        /       \ヽ   / ̄`ヽ!
            ヾ=ニイ i 、    /!  ヘ     / ヽ  ー 、       *みせられないよ!
                 / j  / 、ヽ、_ /〃 ̄ヽノヽ ,   j ヽ   )   ,、
              _  'y', ' l, ', iヾ`/ t、_ '´イ心,ノイ  ヽ   i  =-'/  ヽ
           /´   ∨{ i  ヽ'i'γヽ ̄フ 乂ソ彳i     !   /- '  i', -、/
       ,.7_   j _,.ト、!--' 、ヽz乂ソ      .ィ´   ノi,、 iヾイ¨`イ i ./:イ,、
       j .!./‐ヘ i    j-、 .}ハ   ヽ __,  . Y. ィ{.( l.i リ7   iヽヾ ´ ',
       { ヽ!-,::/_,、 _,ノ ノiニ:.、 i>、 ゝ  '′イ:≠/三ヽヾ  j、_,、ノ  .i r、 i
       レ' ハ.x:i≦三7  i三ニヘヽニ≧‐-イ::  /三/三≧/ハj 、- :、-= <´
        〈三三ニニイY  {ニニ/ (三jハ ヽ y/ニニ'三三ニj'l,ニヽ  ∧ハ
         >三三三i ノ三ニ≧'三ニヘ   /三三三三ニiニ\ニ≦三lj___
             ∨三三ハ'三三三三三三ヽ_,イ三三三三三i三三三ニ,イ ,r-- 、 ヽ
          j三三ニニi三三ニ∧三ニ三三ニr、三j∧三/三三ニj/ /    \ \
          |三三三ハ三ニ/  ヘ乂j三ニニヘ_j三j≠7三三三i7 /      ∨∧
          |三三三三i三/   \三三三三三〈ニイ三三三/ /         |  |
              \三三三ハi/       ∨、三三{ }三i|三三三ニ!、イ       ,′,′
               ヽ三三三!       ∨三三三三iニニニニj/jハ       / /
             \_. イ          i'ヽ三三<_>キ三ニ.イ三ニi        / /
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 既に反応するだけの時間など残されていない。獣が本能の導くがままに飛びかかり、
┃ 蹂躙を開始する。逃げるだけの猶予など与えられては居ない、どれだけ鍛えられて
┃ いようとも、精神の脆さとは完全に隠しきれないのだ。
┃ 
┃ 首を受け取った兵士は鋭い爪の一撃で腹を割かれ、腹圧で腸を盛大にぶちまける。
┃ そして、それを見て焦った兵士はろくに狙いもつけないで引き金を引き、その弾丸の
┃ 大半を味方の背中に浴びせてしまう。六人の兵士は僅か30秒で人としての原型を
┃ 留めぬ程に破壊されつくした。
787:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/08/20(火) 22:49:41 ID:8zFbu7Uk
-6人か
788:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/08/20(火) 22:50:05 ID:BjPajpqo
可愛い顔してやることエゲツな!!w
789:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/08/20(火) 22:50:11 ID:iKoQIPEA
ピトーすげぇ!
790:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/08/20(火) 22:50:32 ID:XrLVTQNw
恐ろしい、味方でいてくれてよかった
801:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2013/08/20(火) 22:58:48 ID:5amClxRM




            __
        .:<.:.:.:.:.:.ヽ
       /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.>
        l.:.:.:.:.:.:.:.:≦-┴- 、
       〉‐:::::`ヽ:::::::::::/:::::ゝ
      /::::::::::::::::::::::::::::l:::::::::::::`ヽ、
     /:::::::::::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::>、
     ∧::::::::::::::::::::::::::::::ヽ|::::、::::::::::::::::::::.|     あっ、ああっ……ああ……!!
    ∧:::::::::::::::::::::::::::::::::::::Y__  ̄l::::::::::::::|
    |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.| | >!:::::::::::::.|
    |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| |  |::::::::::::.|> 、
    |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>' < !:::::::::::/ヽ、 >
    |:::::::::::::::::::-――――` < j:::::::::〈   > 、
    |:::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::{:::::::::::::>, _r 、 > 、
    レ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ゝ_/:::::::ソ r、ヽ ヽ   >,
     |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>_::´::::.l{:::::::ソ、 _ /
     ヤ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/f::::::::::ヽ|  ̄
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ それでも、二人目の兵士は生きていた。人間、腹を割かれた程度では即死は
┃ しないのだ。ただ、大量の出血や痛みを伴うのでショック死する可能性はあるが、
┃ し損ねた場合は……地獄の様相を呈することとなる。
┃ 
┃ 零れた自分の中身を無駄と分かりつつも必至でかき集め、顔を真っ青にして腹腔に
┃ 何とかねじ込もうとする。しかし、柔からな腸は手の間から逃げるように零れてしまい
┃ 一向に元には戻らない。いや、最初から元に戻りなどはしないのだ、地面に落ちて
┃ 土に汚れた内臓では最早助からない。
802:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/08/20(火) 22:59:54 ID:xc0w6Bxs
人間大の装甲スーツやATだなこれはw
生身で戦う相手じゃない
803:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/08/20(火) 23:02:59 ID:FZmOa1h6
うわぁ、死に損なうと苦しいな、コレ・・・
804:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/08/20(火) 23:04:01 ID:uHOOF7cY
うん、ピトーが敵に回ったら被害無しで倒せる気がしない
807:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/08/20(火) 23:08:07 ID:M5tTi3SQ
腹圧って奴か……
811:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2013/08/20(火) 23:12:48 ID:5amClxRM




   {ヽ、__ノ } __,..-'   /、  ヽ、 /   ハ  `ヽ、
   ヽ、__ / ./,..-‐≦// }  、 \__ ノ     )
     /___//( __//{  ノ l}__L二、 ‐-、 ヽ  {ノ
     .{ / / ( ( _,xヒ_「ヽ   Хノ=ミx__ __ ヽ ) ヽ、
    ヽ! ヽ/  豸 r'ミヽ / '"/ヽ }髟ヽ )/ ヽ   ヽ、
      /ヽ、_∧ ゙ 弋ソ ヽゝ  弋ソ ´  ノ レ    ≧=-、 ヽ
    /´,..-ァ ' } ゙ー' 、    ヾー"/ ノノ  人    ヽ ゝ
   ヽ、ゝ ,.ら  ヽ、   _     .(/ __/  λ  ヽ、
       /,.、   ノ、>、  `   ,..イ/´{/(  } ヽ、  }     「ああっ……あっ……ごふっ……」
     ヽゝ``''"/_   ,>‐<   {(_  ,.Y≧}ノ、  )/
          {(´Y⌒´/(ィ}  ,..ィ升圭圭≦ミ} /
.            ヾゝ   l// ,.ィ升圭圭圭圭圭}         ごめんね
                 //,イ圭≫'’ll ゙'≪圭圭l}
             /llレll{ i   __   寸圭lli                   グシャッ
             ,イ圭圭≫zz升圭i   .}圭ミi、
               /圭オ'"寸≫==へ.  《圭圭、
           r/圭l{   Y    __(  ヽト圭圭l》
         //圭圭≫、  二二-ミ、   }圭圭l!
            {/圭圭圭圭ト{   //  ヽ イ}圭lツ
            《圭ミ(⌒)圭! ヽ__ィ、     ノ}俐ツ
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 一言いって、ネフェルピトーはどうにかして自分の腹に中身を戻そうとしている兵士
┃ の頭を握りつぶした。苦しみは長引かせる物では無い。
┃ 
┃ ただ、その謝罪は、殺す事に対してではないのだ。思ったよりも死ななかった、ただ
┃ そのことについて謝ったに過ぎない。殺す事に呵責など持っていては、生きていけない。
812:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/08/20(火) 23:13:49 ID:JIIyk3pg
あ、良かった
嬲って殺すほど悪趣味じゃないんだw
817:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2013/08/20(火) 23:18:22 ID:5amClxRM



                  r- 、
                   ハ `ヽヽ、 ̄ ``ヽ、
       r--- 、__ . < , -‐‐‐- \      \
         ヘ,``ヽイ´ , -‐ '         `ヽ      ヽ
         y  /,.     !       i、_     ハ
          {  :' i    .{'、    '、    7    i
         V :i  !,     j'´ヾ、  ヽ    )   i_
          ,イ ./  j弋   i 示ヘ`ヽ`ヽ.!   /   / ハ
         八 ( i ト,癶ヾハ_ 乂j イ  ノi  j  /    !_
         `ヽヽ .l ゝ:,`ー‐'       ヽ,   i     7
          i / 、 .ハ `        ノ!      、ニ彳    やれやれ、次行こうかしらねっと
          ヾ- ノ 八  ー    . イ | `ヽ j', i'ヾ>-'
          彳イ  > ri. __ . イ   ∨=イ、 リ         ……しかし、兵隊の末期なのに
          ijヽ,    / i、__:ハ     ,ィ三三≧x         女の名前も母親も呼ばないなんて珍しい
           , 、ヽ_,フ .7冫.イ ,. イ三三三>'´
         .ィ .; .Y ∨.イ//,ャ≦三三三三三ヘ
         i  :> .ノjヽ, /≦三三三三三三三ニY
          rイ! '-'>‐` ./三三三三三三三ニニニj
        iニ>x___,-イ三ニr-、三三三三三三ニ'
          {三三ニ!イ三ニ{  j三三三三三ニニ7
         7三三三三三三三三三三三三ニニi/
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 苦しみから解放された死体には最早興味はない。死体は起き上がって此方に銃を
┃ 向けたりはしないのだから。だから、次に向かうまでだ、敵はまだまだ残っている。
┃ 
┃ しかし、ネフェルピトーは多くの戦場を渡り歩いてきたが、末期の兵隊は大抵は
┃ 女々しく母や恋人の名を叫びながら死んでいく物だ。特に、こんな風に死に損なった
┃ 兵隊は特に。そんな事を漏らさないで死んでいく兵士は珍しい。どこの出身だったの
┃ だろうかと思いながらも、次の瞬間には全ての興味を失ってネフェルピトーは再び
┃ ビルの頂へと跳ね上がった。
821:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/08/20(火) 23:19:31 ID:XrLVTQNw
さすが表に出ない仕事のプロフェッショナル
829:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/08/20(火) 23:22:09 ID:uHOOF7cY
ピトーサンまじ頼もしすぎるわ
833:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2013/08/20(火) 23:25:19 ID:5amClxRM



                          |
                          |
                     _   |
             mnn     . ´;;;;;;;;;;;;`ヽ
              |.!.i!i h   /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;∧
              |_ . - .!―ム::::;;;;;i;;;;;;;;;;;;;;;;l
          .:::<::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ;;;;;;;;;;;;;;l
       ..:::´:::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::∧ ̄ Y    くそっ、第2班からの連絡が途切れただと!?
      /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::;;;;;;:::ヽ ノ
     /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::´::::::::::`ヾ .|    何があったんだよクソが……
  .  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::|.|
    ト、::::::::::::::::::::::::::::::::::__:::::i::::::::::::::::::::::::/ |
    |:::::> 、:::::::::::::::::::/ /`〉::::::::::::::::::/  !
   /::::::::::::::::::::> 、:::/ / 7::::::::::::::::::/   .|
   ,′:::::::::::::::::::::::::::У_/ 7::::::::::::::::::/ f入 |
 . /:::::::::::::::::::::::::::::::〈_ノ  7::::::::::::::::::/\ 〉.\
  {!::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ー〈::::::::::::::/   -' r 、.\
  i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∨:::::::ハ\\\ \ \ \
  i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∨:::::∧ Y \\ \_.> ゝ
  ∨::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∨:::::::〉、 ヽ' \_   ぐ′
   ゝ、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∨_/  ヽ、 r, 、\ /.ヽ、
     ̄ ̄ ̄/ヽ、:::::::::::::::::::::::::Y  ヽ、 ヽ  \/. 、. \
         l:::::::::\:::::::::::::::::::::∨ 、 、ゝ、)`-へ \\  \
      _ |:::::::::::::::lヽ、::::::::::::::>-'-'::::::! |   \ \\. \
  .    ´  ヾ-―――-`  ̄::::::::::::::::::::ヽ|    \ 丶\. 〉
     {;:;:;:;:;:;:;:| l l l l l l l ∨::::::::::::::::::::::::::::::||       `<.__ /
__________∨;:;:;:;:;:|l l l l l l l l l|::::::::::::::::::::::::::::::/.!
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 兵士の集団は班規模に分かれて動いている為、数は多くても6人程度だ。だが、
┃ その集団が次々連絡を絶っている上、忙しいから命令通りにやっていろ! と
┃ 怒鳴られて小隊長からの連絡も途絶えてしまった。
┃ 
┃ 兵士達は困惑の極みにある。指揮系統は断絶、味方の数は減っているのに
┃ 敵はまだまだ撃ってくるのだ……やっていられるかと叫べるものなら叫びたかった。
840:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/08/20(火) 23:27:00 ID:8zFbu7Uk
まだヤバい戦力残ってるがなw
841:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/08/20(火) 23:27:02 ID:2dJZIA8U
ああ・・・これは各個撃破ですわ
842:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/08/20(火) 23:27:11 ID:xc0w6Bxs
敵が少数に分かれたからピトー達でも戦えるようになったんだろうか
849:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2013/08/20(火) 23:29:38 ID:5amClxRM



                        , -=- 、
                           ヽ ヽ
                           _ }  `>
                     _,、 .- 千,ィ,/ /、
                    ,-=´/ ,' /_-ー -、 ヽ
                 / ̄ ゙̄ヽf_  / ,' ,' i | ィ ̄ \ i \
     /\         ∨ ,_    `ミ{ ,' ,' ! ト'、  _ノ_y, ハ ヽ
.    |i l fヘ      ヽ〈 `丶、`{ i_」士ミト、 ` ´   /リ ハ }
    l.i l |::::ヘ    /ヽ、 ヾ`(_)`ヾ゙、_,| マ_卞 `=≦壬l l| l ノ
     |.i l |:::::::ヘ /  ヽノノ\゙、.  ヽ、      , 弋メ | .|レ´    (兵士とは哀れな物だ)
.     |.i l |:::::::::::r〈´`ヽ .} ,'  ,'>、.ーァ      '   /ーヽ'
..   |.i l |:::::::::::| ,ヘ  } |,'  ,' ,' i::: ヘ.   ̄.` ∠_」
.     |.i l |..::::::: |i ヘ ノ. .|.  ,' ,',ーf.l::::',.丶__ イ||Yム
.    |.i l |..::::::::|.|  i ヽ | __' . _ ト 、|:::::|/ ̄',__i l |:ム
     }.i_l_|.:./ |.|  l } {.   ` / \ |-> -=-、,| l::::|  /⌒l
    r' ヽヽ_ |.|  lY 〈..   /   //`ー>、二ノ`ー一ーソ、 i }
    〉  `ー、ヽゝ、ノ,  〉 、 { rー-,-_、_,-'"(:ヽヽ´二_ ノ"',.| .l/`l
   (  _  ノノ、` `"}//  ノ、>、ゝ` ヽ、:::\\:::`丶、 } .| .::::}.|
   ゝィ `ー´::::::::ヽ / //人 」..\ゝ、   ヽ::::::\',/ :`丶,.::::.} |
  / ::::::::::::::::::::::ノノ-´~〉´/ {. ', r`ヽ`丶、_ヽ --ミ :...:::::::::::.V  |
 .〈 ::::::::::::: `ー<´ / ,' |/  /,. ',{   \ /     ;`\:::::::::::::l  |
  \::::::::::::::::::::ヽ/ ,' !_.  / .',  ヽ、   〈     , '   |::::::::::ノ /
    \ ::::::::::::::: ヽ   `丶、ヽ' ,  ヽ、  ヽ- イ ` 、 _/:::::/ /
     ヽ ::::::::::::::::` 、  ,'  ヽ ゝ、 ヽ`ーゝ、   Y.|/ リ /
       `ヽ :::::::::::::\ ;    ヽ:::\  ヽ ::::::.ヽ  //l//____
       /  ,` 、:::::::::::`ヽ、   } :::::: ゝ-´:::::::::::.`y /:::{/´:::::::::゙|
        /  ,'  ,' \ :::::::::::}, /-、::::::::::::::::( \:::l |::::::ノl::::::::::::::::i}
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ そんな彼等の一つをT-elosは崩れて平屋になってしまったビルの上で光学迷彩の
┃ 隠れ蓑に包まれながら眺めていた。片手にはピンを抜いてレバーを指で止めている
┃ だけの手榴弾が握られている。破片手榴弾だ、撒き散らされる破片は50mを越えても
┃ 殺傷能力を有する。

┃ 哀れだと、AIは判断を下す。無意味であろうとも銃を撃ち、死にながら前に進まなければ
┃ ならない。自己の損失を省みる事さえ許されないのだ。機械とは違い、修理もオーバーホール
┃ も出来ない脆い存在だというのに。
861:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2013/08/20(火) 23:34:12 ID:5amClxRM




.                 /     / /      `ヽ  i       \
                 /     / .i!          >.|        ∧_
                   /      }、´     /ニ.i          ∧ ≧x
                     i  .{ヾ、 __ >ニニニニ! / /    |  |__ ヽ
               ′    |  .マニ.`´ニニニニニ } / / |    |  |ニニニニニ }
                ,'   i  .|  マニニ.∨ニニニィ/! ∧八./    .リ≦´:::::::} /
                   ′  .|     Ⅳ{\ ∨ニ/.:.:斥ト坏、}/  ./ , /:::::::__::::.//
               i    .!     i斥込` .´.:.:.:.:.:弌fツノ |  / /ノ/{  ノ/
               | .i!     ∧ハ代ツ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:} /´/:::::/::::/   (本来損耗を強いられる戦闘用
              Ⅵ∨    ム `.:.:.:.:.:.:.:′.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:Ⅴ//:::::::::./      自動人形に憐れまれる兵隊か
                 Ⅴ ∨、 ∧∧.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.//:::::::, イ
                 ヾ \∧ \.:.:.:.:.:.:⌒.:.:.:.:.:.:.:,イ//> / .|       喜劇だな、まったく)
                  \  }マム.> 。.:.:.:.:.:.:.:/.:.:ノィ>´ .|   |
                          ,' マ',   }ヽ.:.:ィチ.:.:/ / .i .|   |
                       i | iチ{ { ̄ハ ,イ /} l .i .|   |       __
                    /  .! | ゝ=′ノ |i {≠t .x≦.:.: ̄ `ヽ     /:::::i
                    __/  _, ィ{{´クニ彡_`iー_ ,ィ´__.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∧  /:::::::::::.|
   〃== 、       ,.....イ .ヽ <´,ニニ}/__ゝニ ー-ニ=-くム.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∨::::::::::::::::.|
   {{:::::::::::`.ヾ     ィチ.:.:./ _, ィ i´, ィ ¨´ ノ////≧x   マム.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:::::::::::::::ィ .i       __
.    i|::::____::::::::::\ ∧ x≦///〈 ノ x≦////////////`ヽ、 マム.:.:.:.:.:.:/:::::::::::/} }リ   , x< }ニ/
    Ⅵ   `ヽィ≦///////// У///////////////////∧_マム.:._/:::::,,==/ / /x<ニニニ/ /ニ/
  _   Ⅵ   ィチ/////////////i! ー‐ <//////x≦´  .⌒ヽヽ .} }:::::::::.i {.:.:.:マ ,.イ  ´/ニ / /ニ./
ニニニニニヾ =|//////// > ´.:.:.:i!.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ//>  _ ゝノ/ i! /:::::::::弋 />,  /ニニ/ /ニ /
ニニニニニ ∨ i////// /.:.:.:.:.:.:.:.:人.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:',////////// .|、}/:::::::::::::/ '  / /ニニ/ /ニ /
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 踊りの下手なマリオネットが誰も見ていない劇場で踊っているようだ。報われず
┃ 幕が下りようとも拍手は来ない。自分もその演者なのだろうが……果たして、劇の
┃ 終わりと共に打ち棄てられる人形の気持ちは如何なるものか。
┃ 
┃ ま、これも意味のない思考だが。そう思いながら、T-elosはおもむろに、まるで
┃ 舐め終わった飴玉の包み紙を捨てるような気軽さで手榴弾を放り投げた

┃ 下3~7と6D10で対決
862:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/08/20(火) 23:34:30 ID:8zFbu7Uk
0
863:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/08/20(火) 23:34:30 ID:SH3eflAs
>>850
本家の捨て奸も追撃部隊は・・・
864:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/08/20(火) 23:34:40 ID:8zFbu7Uk
0
865:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/08/20(火) 23:34:49 ID:hrrIxgpI
866:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/08/20(火) 23:34:49 ID:iKoQIPEA
867:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/08/20(火) 23:34:50 ID:JuMhyTy2
0
868:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/08/20(火) 23:34:50 ID:8zFbu7Uk
0
895:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2013/08/20(火) 23:41:03 ID:5amClxRM



        /__   ー- .       〉ヽ
       / \   `  .. \___/  \
      ./     \       \\/  i   :i
     /       ハ`ー=ミ  |  \/   |   :|
     _|       |   }  L.. ____ |   :|
    / \ー- _ .. -─ ‐ ‐ ┬ =========ミ |
    .′   ヾ {{         |    |   }八    え、なんで後ろから……
    i :    | `ヾ     |    |   / |
    | |     |   {{     _」______   /  :|
    |_/   人\ ゞ  /´ /  ト. `\/   /
   \   〃  \ヾ `Y     ー=彡''  /   /
      ヾー- _ 「| l  | u  _____ .〃 /
   __/: : : : . `ヾ.  `ー .´ ̄ ニフ/ /
 /     ̄`ー- : :>-  ..  ̄ ̄  /{
"       _______   `ヾ: :`ー=ニ _/. : :ト、.       ガッ……コロコロ……
    /       ー- . \: : : : : : : : /: ∧_
   / .          \ \_:_:_:_:_/: : : ∧\
  ./ /           ハ   : : : : : : : : : |  ヽ
 / /             }  ∧: : : : : : : :|  |\
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 算出値:48 抵抗値:37 成功
┃ 
┃ 敵は前に居る。後ろに回り込む余裕など無いのが普通だから……例外が二つ程
┃ 後ろの方で暴れ回っているが、それはどちらかというと冗談染みた何かなので
┃ 普通は想定しない。故に、背後から手榴弾が飛んでくるなどありえないのだ。

┃ 何かが落ちる音に振り返り、それが手榴弾だと認識できた時には……既に時限信管
┃ に設定された時間は満ちていた。
897:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/08/20(火) 23:41:34 ID:BjPajpqo
さようなら…
898:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/08/20(火) 23:41:50 ID:8zFbu7Uk
サヨナラ!
899:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/08/20(火) 23:42:04 ID:4oUWyiBg
アバヨ!
914:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2013/08/20(火) 23:44:26 ID:5amClxRM




                          , ィ
                    / /
                       〈   {r⌒ヽ
                  , --ヘ、〈 ̄` ー- 、
                   / /⌒ヽ1 ヽ     \    -一ァ
                    / /'⌒ヽ. !   lヽ   /   -ォ /   (……そろそろ戻るか)
                イ l ((  }l  /| 〕  / /--ォ //
                / /  {ゝ_ / |l/ィ1|  /イ´ {_//
             /   |/l ゝ-'  / 伝テ イ_ /  /
              l     ヽl \ノ   /l/レク」  イ
              .  -‐'´ ̄ ̄ ̄`二ア  / {/l|    |
       ,  ´      -、  ̄ __ `ヽー//_jl    |             _
      /     /     \.〉 `ー'{/イ厂_j」  |   /´ヽ   イ´|
   ./ ___ . ィ´≠ーァ---―r==rケ⌒勺/\\ー―-、/  __ |/  ,  /
   ゝ、      Y (  {   _」ノ>{_{ソー‐r=、 |    / / /   / /
ー―― >----- 、} ∧ ヽrく/く 〔_/ノ   厶_) ノ_」  /厂/}    / /
__        {f-、ヘ {し'   Y´   / /ィ勹ハ /  レ' /   / /
           ゝ=込㍉{  /´i`丶└ '´ /-、ハリ  /  /l  / /
               八 {  人   `} イゝイ} 川 {こ イ ソ∨
               /`TTf   `¨¨ア´ /(_ソ し' /㌦ゝイ
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 本来ならば、T-elosの戦闘スタイルからしてこのまま敵をかき回すべくブレードを
┃ 展開して斬りかかるべきなのだろうが、流石に駆動系に無理をさせすぎた感は
┃ 否めない。それに、投げたら帰って来いとも言われているのだ、仕方があるまい。
┃ 
┃ 心の残りだが、T-elosは手榴弾によって撒き散らされた鉄片で敵が引き裂かれ、
┃ 完全に絶命し生体反応を喪っている事を確認した後にビルから飛び降りた。
932:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2013/08/20(火) 23:48:50 ID:5amClxRM



                   ―一/       i         :      , ̄}}
                       |i /     /   . :  .:.:         :     ′ i|
                       |i_.|     ′ .: :∧ .:.:i         .:i       }
                     /|i/|  ′ .:{ .:..::/ i| . : :       . : ;   . : :  . :.ヽ
                 {_ノ. | {    : .___/__  .:.:|       : : :′  : : i   .:. 〉
                 //  !    ..: : :/    ``.::     . : : :/   . .: :|  .:./
                     .  /  |    : :=≠ミ、   .:.:.|   : : :‐-/」   . .: : ;  .:|   残弾僅少……
               /  /.   |  |  .: +こノ)  Ⅵ\ : : :/ 「 : / ..:.:.′ .:|
__               /:::::/    |、. |\ . .:「 ``       \シ__- | :/丶. :/    :;   ロマンに趨り過ぎましたかね
⌒>   ‐-           ⌒7^.    | \  :\:|          ´く_) 刈/ | .:/    ::′
::〈 ÷      ``丶、  /:::::::::..... 八   . : :|         ′   `ヽノノ | ./|  . : .∧
::::}            〈::::: へ :::::| \ . :|     ´ ヽ      '´, ..:|/ :|: ∧ .:/ .::〉
::(÷              ∨、 ′ \| ∨\ | >             /|  ′.::/:::::〉i ..:/
¨^ __,,..  -‐……‐-ミ   >` 、   _/ ̄ ̄}} ヽ      _,,..    .: ;   :: ″:/ :|.::::}
 ノて..,,__         丶〉ー ―  ⌒, / ,へ _ ¨_¨ヘ N ト .:/ .′.:/:|{::/}ヽ::::/      ズッ……ズルッ……
(    (____     .. : :'"゙        {, く:::::::::::::::: ト、 〉__ ∨ /.://:|7 :} :::!/:〉
 )       / +  ,..:'"/           Y:::::`:、_.::」 ゝ-、_ //   /:::/ヽ::;ノ
    ...:::::::\’/   . . .: .:.:.:::::::::: :::.....    |:::::::::::::::::/_,,ノ    '     //  '
 ...:::::::::::::::::://   : .:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::.... . |::::::::::::::/        、-‐……‐- ミ ..,,__
:::::::::::::::::::/〉/    i.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::/....................     ___          `   .``  .
:::::::::::::/ /:′  .:|.::::::::::::::::i::::::::::::::::::::::::::::.!::::::::::i゙:::::::::::::::::::::::::::::::::: :. :. `::.、          、  丶
:::::::/  /.     !:::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::|::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.  ^:,        ; _j:.、 \
:/  /         .:::::::::::::ゝ::::::::::::::::::::::::::|::::::::::|゙:::::;゙:::::::::::::/::::::::::::::::::::.}    ′    ___厂 ̄ ̄)
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 30mm機関砲、その残弾が一割を切った。後一分も引き金を絞り続ければマガジン
┃ は空になるだろう。容量が減る事によってベルトリンクされた弾丸を吐き出すのが遅く
┃ なった大型弾倉からSfは手でズルリと弾帯を引っ張り出した。
┃ 
┃ そして、嫋やかな指でベルトを絡め取り、身体に引っかけるようにして保持する。
┃ 給弾が遅くなると、機構部で噛んで装弾不良を起こしてしまうからだ。
941:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/08/20(火) 23:51:08 ID:Wt1oxpBY
減ったほうが遅くなるのか
多いほうが重くて遅いのかと思ってた
945:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2013/08/20(火) 23:52:06 ID:5amClxRM
ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12368/1377010278/

ほい、次スレ……

>>941 厳密には違うけど、中身減ったティッシュボックスの最後の方は出しづらいだろ……?
947:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/08/20(火) 23:52:25 ID:H366Cbew
>>939
女の畑に種を蒔くのが仕事ってかあ。
950:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/08/20(火) 23:53:18 ID:lsRZIxCM
姪っ子「何かおじちゃんの部屋のティッシュがやたらと減ってるー」
965:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/08/20(火) 23:58:17 ID:Wt1oxpBY
折角ゾンビが答えてくれたのに、>>947>>950のおかげでティッシュの例えが卑猥に思えてくるw
967:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2013/08/20(火) 23:58:37 ID:5amClxRM





            / ̄`ヽ__/ ̄`ヽ
           .イ     ノヽ   ノ
            ̄ ̄ ̄ ヽ ゝ二__
                 イ ̄ヽ\  `ヽ
                 |ト-イ /  / .ヽ          くっそぉ、チェインガンが……
          ィ、 ィェェヽ  | \_/  |  ヽ
          ィゝヽ_/フ ヽ|ヽ-イヽ .|   /  /`ヽ
          .|イ´ | `l  丶──/ ヽ/、 イ    冫
          | | .|  .|   ,.二二ヽイ´ヽ イ_,、.__/
          | ヽ_|__|  /_イ、 \ヽ  ヽ/
          .丶| .| ィ-イヽィ´`、ヽ//   |
           .ヽ|_ヽ_イゝイ/イ` ̄ ̄ヽ
               .ィ-、_` ̄ゝイヽ.____|
             _|《《《ヽ/´`ヽ二´ ̄ ̄\
             └ィフイ/O`ヽ─||─イ´  ヽ
             /  / _ O | ヽ_イヽ ヽ
           イ/ヽイ´ | __   ト/  ヽヽ /
          .|´  ヽイ─く|    /ヽ    ヽ/
          .|`ヽィ´  ./ ヽ_/\ ヽ    .|__
          .|  | \/   ヽ    ヽイヽ ィ-、| .ヽ
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ そろそろ厳しいか、そう思って居るとメタビーの7.62mmチェインガンが虚しく駆動音
┃ をから回らせる。給弾装置、その外部に露出したチェーンを見やれば、最早噛み合う
┃ ベルトは存在せず、撃ち尽くされて小山の如く盛り上がった弾倉や、千切れた弾帯の
┃ 成れの果てだけが転がっていた。

┃ それもそうだろう、一時間以上撃ち続けているのだ……砲身にもガタが来る頃だろう
969:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/08/20(火) 23:59:09 ID:8zFbu7Uk
あららついに弾切れが
970:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/08/20(火) 23:59:32 ID:BjPajpqo
ぐぬぬぬ… 双方大分被害が…
971:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/08/20(火) 23:59:38 ID:FZmOa1h6
ギニャー、メタビーの弾幕が!
974:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/08/21(水) 00:00:00 ID:hI4Kfkn.
あかん状態になってきたな・・・ここが踏ん張り所か
994:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2013/08/21(水) 00:04:30 ID:Z1a6UHA6

┌──────────────────────────────────────┐
│   |      __                                             ..│
│   |      /  \     _ノ^ヽ                                    .│
│   | r''⌒/ _  `r---く    ',                                   ..│
│   | { /::::::::::::::::::`:.ー -- <  ト、                                  .│
│   |_./::::::::::::::::::::::::::、::::::::::::::::::::::\ /                                 ..│
│   |:'::::::::::::::::::::::::::/ヾン\::::::::::::::::∨ヽ                                ...│
│   |:::::::::::::i::::::::::/|!    }:::::i::::::::::::∨ \                               .│
│   |:::::::::::::|:::::::/-{!-   __|:::/!::::::::::::::.,  乂                              .│
│   |:::::::::::::| 乍三丁    _j/__}::::::::!::::::i  r ^                            .....│
│   |:::::::::::::| 乂hソ    {三弐j/::!::::::|___/                              ...│
│   |、::::::::N        乂_ツ i::::::/i::!                                 .│
│   |r\トヽ               ノ::::/ j/    誠に申し訳ありませんが、此方もそろそろ    .│
│   |ゝ- 、 ≧==-- __r--、 ≦::::/       カンバンです                     .│
│   |///,ハノ   У'  ヽノ/\                                    ....│
│   |>''}/乂   //   \///}        満員御礼の所どうしようもないですが       .│
│   |  ノ^}ー-= ⌒ ー- イ`ー '                                   ......│
│   |/ハ/ 、      r_'ノ!                                      .....│
│   |///|   ヽ ー-  ///ハ                                        .│
│   |///|       /,///∧                                      .│
│   |///|      .イ/////∧                                      .│
└──────────────────────────────────────┘
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ IFVの弾丸も数が少なくなってきた。戦闘継続がいよいよ以て厳しくなる。そして、
┃ 此方の火勢が弱まったのを良い事に敵が弾を浴びせかける秒数が増えてきた。
┃ これは流石に……
┃ 
┃ そう思って居た時だ。俄に、Sfのセンサーが警報を鳴らした。いままで外周を
┃ グルグル回っていた一機のヘリが急速に接近を始めたのだ。
38:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2013/08/21(水) 00:10:21 ID:XsoAlnCY



                                       _,、_
                                   ┌'´-―-`、┐、
                                       /´{    、 ヽ`≧=
                                       ,′∧ |ヽ∨ | ヽー-
                                   |イ |tゥヽl tゥ|、イ ム_
                                      Vv、 '_  川'^fィ'⌒´
                                   「 \≧_ ≦-/ ̄_|   ……成る程、そういうことですか
                                   ∨//VハV//-‐'´:/
                                       /フ   |:|/´:::/Z「:|    何ともまぁ、気の長いことで
                                     〈::〈 _  ノ::::::/゚'〈:|;」_ -‐ 、
                                     /_ヽエ/::::::::/-~\- '⌒´
                                  └ '/::::::::/ \r~ '′
                                 _/::::::::/   ∧ヽ、
                             _r〈巛ヽニ∠)  、/  |::::::\______
               _________|王王王}∧         /|::::::::::|` ー 、::::::::::::::::::`ヽ
             。」゚_。ヾ三ヾ三三三三三三三三ヾ/::::∧  、     |:::::::::::\:::::::`:::ー- ::::::::::|
                  ゚ 。「゚'ノ三'ノ三三三三三三三三/::::::::::∧  \    ∨:::::::::::::`::::::::::::::::::: ̄ ̄`::::‐-....._
                ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄}ニ/::::::::::::::: ∧    `    ∨::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ ノ
                              ∀::::::::::::::::::::::∧        \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ /
                             /:::::::::::::::::::::::::::::∧        \:::::::::::::::::::::::::::::::::::/_「
                            /::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧         `  ̄ ̄ ̄ ̄ 7 /
                            /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧              //
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ センサーに引っかかったのは、それだけではない。敵の動きが活発化し、後方で
┃ 待機していた装甲車が前身しはじめる。敵は、これを狙っていたのだ。
┃ 
┃ 此方の弾丸が損耗し、注意が地上に向ききった瞬間にヘリを投入。そこで焦った
┃ 敵を更に焦らせるべく地上部隊を被害覚悟で推し進める……出血が大きすぎて
┃ 素晴らしいとは死んでも言え無い戦術だった。ただ、どうしても敵を斃さねばならない、
┃ 此方が屍を晒そうとも。そういった状況ならば、見事という他あるまい。

┃ 潤沢な装備と兵士の命を贅沢に使った戦術だ……
42:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/08/21(水) 00:11:39 ID:RUhgmrjo
本当に贅沢な作戦だな
43:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/08/21(水) 00:11:40 ID:4.33KErY
消耗したところを一斉攻撃か
44:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/08/21(水) 00:11:40 ID:70H2S8p.
空に向けてならレールガン撃っても連鎖倒壊しないかな?
あ、でもヘリの墜落でピタゴラスイッチ開始とかありそうで怖いなw
62:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2013/08/21(水) 00:14:11 ID:XsoAlnCY


                            、                       /  
                           ヾ、                     /
         、     /             ヽ                    /
          ヽ、   /              `ヽ                 /
           ヽ 、 ,/                ヽ 、               /
             ,r‐-、-ュ                 ヽ、            /
             ', _ヘ`、、               ヽ、          //
       ,,..、-''"_,,..ュヘ ヾ、               ヽ 、       / "
    -__ r ''" ',   ヘ  `               ヽ       /
   ,,.-''"r '  ── - ‐ ._ _              ヽ,  rュ/
  `-''"        ',  ヘ     ̄ ── - - __  _ ,r''"´ ̄,)
.               r', _,r' ̄ ̄ "" ''''' ──- ,r  `-ゝ- ‐ ''"::r 、-
             `ー-..,,',           ,l_,,. -‐''"`^ゝ::.-''",> ` ─- __
                "''‐ 、‐-、、  __ - ‐ ヽ..,,  ̄ ,/  - rュ       -、  ──- 、、、
                   _,,`- ‐ "´‐- 、、、、 _  ̄ / ─-、、、_     rュ ヽ`'' ‐,、      ̄ ──_
              _,,..-‐''"  ‐ ヽ、       r 、‐/ /    ,r'_ヾ,.-、‐---''"´ ,メ >、
          _,,.-‐''"         `‐-、‐-、、、ヽ,)// ` ‐-、、ヾ_=_',ソ `ヽ-、-‐へ、,ノ   ヽ,
       ─                  `‐、、_,,.- / ´  ̄~フ `゙'' >、 r-、 ',_ヽ-‐''"   ,.- ',
   _─''"                       <^/ / -‐‐-、、` 、,ノ _ ヽ、、、 __ ヽ__`ゝ-'' ,ノ "''-、y,)
   `                         ` / `""''''‐-`ヽ-''"_,,.::;-、、_  ̄.=ニo-''
                            / /"'' ‐ 、、 ___ァ-''"       ̄''"ヽ、、
                            /                     rュ'
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 沈黙を保っていた猛禽が、翼を羽ばたかせる。弱った得物を食いちぎらんと轟音
┃ を響かせながら。それに紛れて車列の音が聞こえる……
┃ 最終局面だ
┃ 
┃ ・そろそろメンテなので本日はここまで
関連記事
スポンサーサイト




コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する