やる夫はスカヴェンジャーのようです 29日目 -06

260:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2013/10/11(金) 00:35:45 ID:f7POfHZU


               /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
            {、(、 _/:::::/::::::::::::::::::::::::::r::::::::::::::::::::::::::::::::::、::::\
           ゞー::::::::::´::::::/::::::::::::::::::::::::::、:::::::::::::::::::::::、::::\:::::\
               ヘ:::::::::::::::::/: /::/::/:::::::|::ヽ:\:::::::::::::ヽ:::\::::ヽ:::::::\__,.)
            ,ゝ;:::::::::/:/::/::::/:::::/::: /::::::::\\::i::::::::i::!::::ヽ::::いヽー一 ´
              小::::ハl::/::::/::/|::::!:::::::::::::::ヽ::ヽ:ヽ::l::!::::::::;::::'. ゙;l
               {いヘ (i:;:::::小i\|:::ハ::::::::;::::::::ハ::l:::::i::!:i::::::::i::::::, !
              `__)::ハ!|::::{《 fう心{、ヽ::::i:::::厶j/:::::j:ハ::::::::!、:::::、
            ,r‐f {小:iハ:::ト ゞニ   ` ソ::ィ刋^》:::/:::::ハ::::i `‐-`=-
           _ノ  } いj:ハヽ!       ー彳ゞ' イ/::∠  !::;'
         , ´ ゝ {  乂 ヘ'、       、ノ   ,.イ::/  ヽi/
      ,.x<  / ぃ ‘  ‘、 ヽ\  ---  イ /个    ノ>―┐
.     /   /   ‘、、    ‘  ‘、 >、_ イ { |  !   /  ⌒ーv‐ 、
.      / ⌒ 、    ヽヽ  i \ \_」_/ ∧    !    /     ノ / ̄L___
    /    i 丶   ‘   {、  ` - 、 / /  / ∧       // / /  }
    //    l       }    い 、    ̄ /   レ 丿  -― / '   / / /⌒^ユ_
    〃       l  ヽ  j   {、 \ー‐一 /  / ̄ 二 -‐   / / レ  /  /
   /         l   ‘ /}   } ヽ \ /  厶_/  V      {  ! / ィ゙  /
.  /          l   V ]     {、   ̄ / /   , ’  ___ ] j  / !―‐i‐- 、
./          !   /‐|       ! `TニT´ ,ィ __/i ,_/   `ヽ !  ノ , /   \
 ̄` ー‐ 、    !  /  |      i  l   ! / 「  i   ぃ       └ヘ  レ ン      , ヘ
-、 ー、_   ヽ、  、/―‐!      |  i_, l´! !   ! !〉        ⌒∠ _  /,
‐、`ー、_ \   \  i{  [      |\{  {!!  !/イ         ∠ニニ、、y' //
_   ―\` ー 、 \!}  ]     ! 「! !   い └ ´ / !       f::-―‐-:Y´/ / /
丶、     ー 、 \_八  {    |/ } |  ‘、ヽ    !     _,,r 7:::::::::::::::::::V / 〃
.  ! ̄` ー 、_ `ーく  `¬V     v { }   ,} ‘,    [    /// /:::::::::::::::::::::::V //
 !       >一’   !     i  { {  ノ } {   / レy  //, ':::::::::::::::::::::::::::レ'/  /
  j   -‐, ┴ 、  _ -‐|     |  } }   /} レ   / /  /// !|::::{:::::::::::::;::::::j/_r /-
__r!   /     `く   ]    { { {    ’ 「 /  /  i i/ リ::::;!:::::n::::i::::::f  /
ノノ           厶  ‘ー―一’ { {    ∧∨//   , ,’ /{:::::!|:::::l」::::!:::::l ‘
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ さて、ここで少しだけ場面が転換する。時刻は午前零時過ぎ。眠るやる夫が身体に
┃ 妙な違和感を覚え始めた頃だ。
┃ 
┃ エヒメを代表する残念な美少年こと野原・S・シンノスケ。仏頂面で斜に構えた態度
┃ の彼だが、その有様は殆どポーズに近しい。要するにキャラ作り、14~6の砌には
┃ 良くある事だ。誰しもが一度は罹患する病なので生暖かく見守ろう。
263:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/10/11(金) 00:37:00 ID:fRJGeF/.
しっかりもられてた件www

シンちゃんまじ厨二病w
265:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/10/11(金) 00:38:59 ID:v9OtSVp6
よし、しっかりと映像記録を撮って後年の晴れ舞台(結婚式とか)で映してあげよう(イイ笑顔
266:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2013/10/11(金) 00:39:14 ID:f7POfHZU





                  `==. 、
            l、____  ´ ̄ ̄\`y一 =‐ 
           ` ー‐ッ          ̄` 、
           ,  ´              \
           /ァ  ,  ⌒ y― 、, -、 _     \   ノ}
         . ´  /、レ'  /  /  ノ´ )       `¨¨´ /
     l、__/  / ∠ / /  イゝ_/        ‐<
    へ.` ー‐ ク   `てゝ≦`¨´`ヽ.∠ __   |\   / ̄`ヽ
      \ /    /     ン´ , 、--<  ム | 、三ソ
       ヽ  ⌒  ____ ィl /ィ心|  レノ/||ヽ
        ∧ , <|   l_ゝ l`レ=l'´)ツ//__/イ ∧!z
           VTl| ||   代心ゝ-  ‐彡f  Vj ハl  ⌒)_
           vノ' /||\  \ツ l  , {'⌒l  |l′//⌒Y  \
        __j/ / ゝ f`ヽ ≧ 丶,. -‐ 'l  l/  '   !
    -‐<   ア   _ ヘ  V‐く > __/|  |  」   | ̄  _
    ー―-- '⌒ 一'´/ ∧  Vゝ     /|  V  |  |_/ V
        \  \  /  ' へ  \\ / |   V |   |ニ/   }
        ― 、V  /   l \  \   ム   V∧  l l   l
           /  /   |  /ヽ.  \_彡゙l    \!  v l   |
         /   /   | /\∧            l   Vl   |
     ___/   /     /   `ヽ        ヽ   `|  {
.         /   // ̄ ̄`丶、   } __             V
       /   / ゝ-―- 、   `¨¨¨´    \ 、          |
         |   /     / \          \\      |
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 格好良い物事に憧れ、好み、安くも無いのに装甲板のカスタムメイドで自らが格好良い
┃ と思った ガンダム なる前文明のロボットアニメを再現するスカヴェンジャー。
┃ 
┃ その実、女の子や美人に目が無いが、それを取り繕おうとする様は、幼い頃から
┃ 彼を知りチームで轡を並べる幼馴染み達には最早笑いの種である。そんなコミカル
┃ なイメージがある彼だが……。
267:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/10/11(金) 00:40:24 ID:7xw92nzc
しゃあないんや、男の子なら一回は憧れるんや
268:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2013/10/11(金) 00:41:46 ID:f7POfHZU



                         _
                \、.._    __  ヽヽ
                 丶::;;_ ̄ ::::::::::: `>.j: :}
                , <::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
       ゝ-――::':´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙、
.           ` ーァ:::::::::::::::::::::::ノ ::::::::::::::::::::::::::::::::::∧
       _ .. - '´:;ィ:::::::::_/:::::'":::::<::::::::::::::::::::::::::::::::.∧.
        ` ー ' /:::::::/`T::チ:::!:::::::::::i::::::/:::i::ハ:::::∧:::::: \
          /: :i: :i::::::ト廴ハ::::::::: i:::/!::/!少!::::::::i::::::::::::::`::ア
          i::::ハ:::i::::::i xz≧:::::::::::;/ィ≦zx i:::::::::i:::::::::::::<.,.
.            Ⅵ V:V:::ハ 弋ソ\::::{  弋ソ /:::/::/::::::::::彡'´
                 Ⅵト:ゞ  ̄  ノ` ゝ.  ̄/:::イ::/::::厂´
              ハ:::八.   `      '"/:::::ク
                  リ \ ´ `   イ:::/"
                  ヾ \ __,.イ.  |ー-、
                 i ` ー―― '"´ ̄ L_
                , -‐ィ j..._       ,. -  L_
.            ,. ./ i / i   、 ̄ ー ..,彡'  /    \ _
.            i´: :i   i  .i 、  `  ̄       /   ./: :`:ヽ
          |: :! !    i    ー― ァ   '´   彡'´: :./: : : :.!
           |: :! |    |_  `ミー==ニ  彡.:'´: : : :.:./: : : : :.!
           |: :! |    | `:ト 、 _,..彡..': ´: : : : : : :.:.:/: : : : : :.!.
           |: :! |    |: : :!  |   /: : : : : : : : : : :./: : : : : :.:.|
          |: i .|    |: : :|  |o  i: : : : : : : : : : : :i: : : : : : : :|
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 
┃ 実はスカヴェンジャーとしての階梯だけ言うと準二階級だったりする。
┃ 
269:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/10/11(金) 00:42:11 ID:sFjXJkLQ
!?
270:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/10/11(金) 00:42:29 ID:STXL.jN2
おや、単独評価で?
271:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/10/11(金) 00:43:03 ID:TLS963js
しんのすけなら違和感ないな
むしろもっと上でもおかしくないくらい
275:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/10/11(金) 00:43:40 ID:awKSWYrw
意外と高かった!
こりゃシンノスケ個人に頼むって手もあったんだな
277:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2013/10/11(金) 00:44:38 ID:f7POfHZU





                ,       ____  \_、
             {{_ _,.  ´:::::::::::::::`ヽ }::}
              >::::::::::::::::::::::::::::::::::::く
           、_ _/.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
              `¨/:::::::::/.::/rヘ::::i:::::::::::::::::::::}
             {::::!:::::{:_イ|ナz }::}:::::}:::::::::::::::ゝッ',
               Ⅵ:::ハ{^fi[`ノイ:::/^V:::::ゝ≦彡'
              ノイV`   ノイ:Lイ{:i::/^′
               . ^’⌒ヽ    ´ 从ト{
            __{/)_ : : :}__ _ ..  -≠ミ〉
            V / /ノ. : ノ了´.:.:.:.:.:.-‐┴ 、
            ゝV L/}:ノ.{辷彡'´:._ .. -=ミz、_
                }   r'7.:rゝ≠彡'´         `ヽ.
            , ァ^{  ノ/.:.:.| 〉´            }
        __ ノ /{ l イif:.:.:.:.:レ'   _,     { l / .   |
.      /   /   V リ:.:.:.:.:!/  {{__    ゝ」/  ノ 、 |
.     /         广「´|:.:.:.:.」_,;'´___`ニ二 `_く_  ヽ}
     {      ∠>} }:.:.:.:| :|  |       : : :!  ノ
.     ゝ __ /´  {' /.:.:.:.:| :|  |     . : : : :!   |
              ! |:.:.:.:.:.| :l  |    . : : : : : :!  {
               | L:.:.:.:リ :|  }    : : : : : : :ノ   ∧
                 ハ `7 . : :,/   . : : : : : : :{‐- 、 ∧
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ さもありなん、彼が初めて装甲スーツに触れたのは8つの頃で、父親が戦って
┃ いるのを見ていたのは5歳の頃からだ。これでもエヒメ開拓地で最大派閥の一つに
┃ 上げられる巨大チームを継ぐ位置にあるのだ、単なる変態染みたエロ餓鬼では
┃ なかったし居られなかった。

┃ 初陣は12で済ませ、既に人を殺した事もスーツで潜れる遺跡に潜った事も何度でも
┃ ある。実力と経験を兼ね備えた熟練の屍肉喰らいなのだ。普段は少し……まぁ、アレなので
┃ イメージし辛いが、親の七光りで喰っている残念なだけの少年ではない。

┃ 装備の資金に苦労してるのは、経費として通常仕様の装甲修理費は出ているのだが、
┃ 態々一機だけの為に金型デザインする訳にもいかないので装甲を成形させると非常に
┃ 金がかかり、その足が出た分は流石にチームとしてもしらねーよ、と親に言われてしまった
┃ が故に自分で賄わなければならないからだ。
278:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/10/11(金) 00:45:34 ID:3EWoaIic
しんのすけって、5歳児の時点で

身体能力はんぱないしなww
279:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/10/11(金) 00:45:57 ID:qCPywvmI
すんげえイメージが変わった
そんな実力者だったんか
282:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/10/11(金) 00:46:22 ID:LXX2.CiY
さらりとひどい事がかかれてワロタ
283:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2013/10/11(金) 00:46:45 ID:f7POfHZU



                  - .、
              -=≠  ̄` \_
             ‐彡´: : 从: : : : :\
             lィ : : lィャァN: l, l: 、ヽ
              |l: rヘ ´  l:八l: : l`
              lヘハ⌒  'ノT /
               └┬__彳l_ 
                _「「_/、 /⌒ヽ
              ∠イ井/L く__   ∧
             fl= 「「「==  } \  |
             ゝ l l | 〈 \ |V } {
             {{ !」」_> _> ’ 」 ゝ fl
              lY「::::::::::| |   /ハ \ l
              |‘j::::::::::::| |  // V  ∧
             ノ ノ::::::::::::| |/イ  V `ヽl
            /`l、__/ィ l   f   l
            ,  k   }/| | ヽ  }   l
            { ィ::: ̄::::::::::| L |  V   l
            } l:::::::::::::::::::::l l ヘ  l  l
            l ,|:::::、:::::::::::::::l l ヘ ノ/ 〉l
           r’‐l|::::::::ヽ:::::::::::::l l v{⌒ー}
           ├‐ l|:::::::::::V::::::::::::l lノl⌒ 7
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ その為に、手負いの獣としてオフの日にも精力的に仕事を取っていたのだ。
┃ 
┃ 尚、オフの日に稼いだ金は、基本的に当人達で分配するのが通例なのだが、何故か
┃ ヒロシだけはオフの日の稼ぎも嫁に持って行かれている。結婚とは誠、人生の墓場である。
285:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/10/11(金) 00:47:06 ID:3EWoaIic
ひろしぇ・・・w
286:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/10/11(金) 00:47:21 ID:gkEx10YE
鬼嫁じゃねえかwww
287:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/10/11(金) 00:47:28 ID:7xw92nzc
ひろし……
288:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/10/11(金) 00:47:35 ID:w5XKI.16
アットホームなチームだなw
289:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/10/11(金) 00:49:17 ID:4zTxnYYA
みさえKOEEEEEEE
292:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2013/10/11(金) 00:52:31 ID:f7POfHZU





             _
           _r'´::::::::`ー:、
          f― 、::::::ノニーヽ
           /  ,r':.´‐:、:.:.:.:t
         /  /:/:.:.:.:i:.:.:.:ヽ:.ミツ
         /   /:.|:.H:li:.:ト、:.:.:i:.:.)
      ノ    |:.リ:.j || i:.:V:.:.:|:.i \_
     /       |:l{rトit_´''ーr-ノ、し  ` 、
      i!     トミェ ___` 彡:.ノ:ノ      ヽ
     }}! _j_  ,イ }ツ:.l ー '´ィ:.:{ゝ      |
    ./r//:::r‐`ヽ{ ` L/ ‐'' |ノ    ノ
     .〕jJノ-'´ヽ::ヽ       ノ     {
    ./::.:.:.:.:.:.:.:.:iヽ::::)、    |      ヽ
    j:::::.:.:.:.:.:.:.:.:.l:T´ ヽ   7 ̄`' ーr--ッ)
   /::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.l   ` ー、_    /- '´
   /::::.:.:::.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.|、     ヽ  /!
  l::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..|:.:.:l.ヽ       /ノ
  .|::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:l ヽ.、   /::t
  .|:::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/::.:.:.:|二.)-゙ー:':.:.:.:ヽ__
  .|:::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:|:::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:`:.:ー- .._
  l::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::/:.:.:.:.:.:.:.|::::::::::::.:.:.:.::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`:.:..、
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 野原のチームでは基本として、一人で仕事に挑むことはない。あの女王蟲とかち合って
┃ 撤退した依頼も、本来ならチームで暇をしている誰かを後で引っ張り出せば良いと
┃ 思って準備をしていた。
┃ 
┃ そして、大抵彼の仕事に付き合うのは野原の複数居る補佐役の一人、二つ上の
┃ 幼馴染みである。家名は佐藤と言い、幼い頃は内向的だったが刹那とのと僅かな
┃ 年齢の誤差から、二年の経験を積み先に精神的に大人になった相方だ。
┃ 組んでいるのは幼馴染みだから、というのもあるが、ポジションと相互の実力に依る
┃ 部分が多い。
293:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/10/11(金) 00:54:18 ID:LXX2.CiY
マサオ君やないか
296:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2013/10/11(金) 00:55:10 ID:f7POfHZU




              ,. ― 、, ―‐- 、
             /: : : : : {: : : : : : : \
           , ': : : : へ: : V: へ: : : : : \
            / : : : /: : : \{/ ヽ:ヽ: : : : : :ヽ
.          /l: : : :f|: : : : :ト: イ: :|: : l、: : :ヽ: :l
.           /: : : : :|:|: : : : :lWl : |: : Ⅵ: : : l:∧
         | : |:|: : |:|: : /: :|  V |、: :Ⅵ: :|:|: トヽ
.          V |:|: : v!: /: ィ|   V| >、: Ⅵ |:|: ヽ ,.、
.          V/: ィ || :|l伝|l=、 |:Vr心 ニ=-: :/:.:}
        ゝ彡 ヘヘヘVl |゙`リ゙  Ⅵ  ̄ノィ: :/ 、|:.:.:|
         `7: : ゝ\`.≧‐   {リ 、_フf^ヽム}:.:.:|
         r/|:l: : : ヽト`三   , i   7ヘ:.:.:レ┴:.:ヽ _
.      _  ´l’ lヘl: : : 、ヽ\ ー=.オ イ: : 'y':__:.:.〉 ヽ、
   ,.   ´  /     〉: : :l トヽ 丶 _//ィ: : レ':__:.:.:〉   ,\
 /     /  、_ノイ: : :N  、    (_丿:ノ:Y:.:__:.:.:.{_   /   ヽ
./  ゝ   ,      { : トニソ_\   >イ:ハヽ':.:.:.:.:.:.:ハ '   ∧
   ∧  /      ゝN |、_____  rN `〈:.:.:.:.:.:.:.} V / ̄ ̄\
.    ∧ {       `  |、ー  ―  '|   ゝー‐ ヘ彡´
    V∧` _       | \     ,/|   ム  .∠ -――  、
    V∧ ||  > _  |\  ,/ | /彡´
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 狙撃手、という立場から ロックオン の渾名を受ける彼と、7本のブレードを装備し
┃ 斬り込むスタイルの刹那はポジションが噛み合っているのだ。
┃ 
┃ 故に、平時の仕事でも二人が組むことは多い。この日も、何時ものようにオフで
┃ 仕事を共にしていた。刹那は修繕費の為に、ロックオンは趣味である前文明の
┃ 稀覯書……という名のコミックブック購入資金を稼ぐ為に。
297:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/10/11(金) 00:55:26 ID:4tj9K00Y
野原家のパトロンにあいちゃんとか居そう
298:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/10/11(金) 00:55:36 ID:fovQ1Tus
オニギリじゃったかの
299:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/10/11(金) 00:55:49 ID:awKSWYrw
ロックオンの趣味はそっちかw
304:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2013/10/11(金) 00:59:57 ID:f7POfHZU




              /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :、: : : : :\
                 /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\-、_: : \
             /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : |: : : :ヽ: : : : ヽ: :、: :ヽ  ヽ、 \
             , ': : : : : : : : : | : : : : : : : : : : / : ;| :|: : ヽ: : : :丶 ヽ: ∧    ‐ \
        __/: /: : : : : : : :|: : /: : : : / /:/:/ V |: |: : : \: : : \l: l:∧     `ヽ
     ヽー `ニ=‐:´: : : : : : _ : : | : l : : : : レ: :ィ l/\Ⅵ: !:|:| : V : >: __ 丶、 i
      丶、: : : : :‐=ニ/: : ィ:| l | : : /ィ: :/ f=ミヽト、l |:|: : |: /: : / : ┬ `=-
        ≧=―: : :´: : : :ィ:_|:ヘ|: : |: : l|: :|  、 fィふミヾ|: : |/: /: :l : |: : l
          ` ¬¬ =:彡く |: :l: : :l: :ハ: |   `弋(  /: :ィケ7: /: /: / : : ',    何故金が貯まらないんだ……
            ヽ l、: :´: :\ V:l: : :|: l ヽl      //{リツ /: /l / \ : '、
              `l ヽ : : : : >Ⅵ: : ト l          ノ´  ヾ:ノ/ ノ'    \ \   「そりゃオメェ、前文明の
                 V: :l N `lヽ |           _  >        ` ‐ヽ   映像データ買っちゃうからだろ」
                    |:l: l/    `l       ,.、__  ,r f´
               __,|ル'               ̄__`ンヽ:l             その日を逃したら二度と手に入らない
              |‐┴-、_  l     、      /l | `              事が多いんだ!!
              |     ``丶、   > _   /l |/
              /        ヽ / ̄/` Ti l'′                「まぁ、分からんでもないが」
          _,,.. ‐l         l l   {  `l
__,,.. -‐  ¨´   K 、        | ノ    }-、
              l ヽ` ‐-、_    j′  ∧ ` ー- 、__
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ そう、オフの日の仕事。良くある事だ。チームで動くが故に安全でデカイ稼ぎが
┃ 出るが、当然、その金は頭数で割られた上に後で配分される経費はさっ引かれる。
┃ チーム所有のスーツを使っていたら、それの購入積み立て分もだ。だから、自由に
┃ 使える更なる金を求めて大抵の場合はオフでも何かしらやっている。

┃ 今日は暇人が彼しか居なかったのと、翌日もオフだったので合わせて深夜の夜盗狩り
┃ を受けていた。軍ではなく隊商からの依頼だ。
305:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/10/11(金) 01:01:15 ID:sFjXJkLQ
>夜盗狩り
ヒャッハーは崩壊後はいっぱいいるだろうな
307:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/10/11(金) 01:03:16 ID:NW8v/8ds
夜盗という名の軍隊ですね
312:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2013/10/11(金) 01:04:27 ID:f7POfHZU





 / /l l ', lヽ     ヽ\       \ヽ
 l l l l .l l_l l               ',
 l  .l l   l l l   i             i     「第一、金の使い道がおかしいのはお前もだ。
 ',  l ト、  .l ', .l i  !             l       引っ越し資金、ヤバイんだろう?」
  ' , l l ト=、 ', ' ,l l               l
   y',',l〉ィテヾーl l  .i ',  、       i  i l     ああ、流石に本で賃貸してた部屋の床をブチ抜いたら
-=ニ彡、ヽ¨  /イ  ./ヽ、ヾ、| 、 i    l //      居られねーからなー……
   く `ヾ  彡 /ノノ ` ヽl l    ,' /.l゙
    〉`  /イ´(,イi   i l /   // /      ただ、彼処より新しくて蔵書入る部屋だと高いんだよ。
    ヽニ=ァ     i ',l   / .l/   /' /        級が高い手前、拠点にも住めないしな
     <゙'"    .l / ,.イ,.    /   {    ,}i
      |¨    ノイ-'"〆   /  ,  ヽー' /    「だからってポケットに小銭しかないのはどうなんだ」
      ヽ=‐ニi   / /イi   /i ヽ-、-'"
      ,.-'"r'/ ̄ ̄| /¨゙|l  /‐l lヽ l
    /_ /|| | ̄ ̄¨|/ ̄二'-‐'"-'-'-、}!
   / ̄// ,|| |   ,.-'"´        `ヽ、
   _i  トト-/jj ',___/     __ --  - 、 ヽ、
  / .L=' l___l/ヾニ/ニi   ,.-'"   _  _ `ヽ!
. /   ∧三小/  〉 ./  _,.-'"      ` ヽ1
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 通商路に現れて隊商を狩る野盗や夜盗は珍しい存在ではない。こういった時代だ、
┃ 自分で作ったり稼ぐより、奪った方が早いと考える輩は圧倒的に多いのだ。それも、
┃ 開拓途中で荒れた土地ともなると尚更である。
┃ 
┃ 規模は30人程でテクニカルと装甲車で隊商を襲う夜盗が今回のターゲット。簡単な
┃ 仕事だった。装甲スーツ二台はやり過ぎ、と言える相手である。
┃ だが、それでも仕事道具をしっかり移動用トレーラーに乗せて二人は移動していた。
313:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/10/11(金) 01:05:56 ID:Cyol/lqY
テクニカル一台鹵獲でいい小遣い稼ぎになる。と思うあたり、毒されてきたようなw
314:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/10/11(金) 01:06:32 ID:7xw92nzc
野盗はお目当てが寝てる隙に襲ってあらかた殺しちまえば後は楽なもんだから外道モンの最初の一歩にうってつけだってばっちゃが言ってた
315:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/10/11(金) 01:06:49 ID:EdNG08hA
結構不穏な空気がですね
323:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2013/10/11(金) 01:11:08 ID:f7POfHZU







             r' 7
             | |ト、
             L|/ |                    /ヽ、
            「7ァ、|ニl   、 ,r'_ァニヽ       ,-// | ト、
            }`T|--ト,、__ >、<,ィ,.イ ̄〉,/ r‐ 'ア | | l」 |
           /ニl | /ニシ‐-Lヾ{レト<{フヶ//´ ` ̄ -〉| |.   |
           | ,| |レイ‐- 、/f' ┐`7 r'フー〈- ' ´ _,ィ | |  |
           `7  /\  |{ァ} ト、ト、'}〕,!  ト、__,.ィ |ーl. | |  |
           r'r///   lーiヽ! レ'|ナノヾ`>、ニ∧ _〉 .|. l l   |
           `7ァ〈   〉-!, L./_/' _ノ//7 / 〈' |ゝヘrヽヽ |
           | } |  /|_|r‐=〉、〈/、イ〈_〈/   〉┘lrヽ} |ヽヽ|
           .| | } |  l 、 /、ッ=ヾ-‐' へヽ- 、 |- ' |lゞ'レ′ヽ'
           | | 「} ,/〈7 !  /  !〉、 _ 〃-、 ,! ー'l|  |
           | | || 〈  7' 〉´ L_///  l{ -'! |〈-‐ ヘ、 |
           〉{ || 〉ヽ._〈 _ィヘヽ.\_/「  | >ケへ >ソ
           | | .| {|イヶ' | | | `T二 ___!l_ 」{く_(ソ'´
           | r‐'  `/>| |  |    l|r '' ト、
           | |   / Y l ヽヽ/!   | Y ´ヽヽ、
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ トレーラーの荷台に据え付けられた、ターミナルと呼ばれる固定具に収まる二機の
┃ 装甲スーツ。どちらも分類は中装甲スーツに当たる物で、それぞれ西領の正式採用
┃ ではなく遺物であった。とはいえ、遺物でも半重力ユニットなどは欠いた、現状の
┃ 正式装備型と差して変わらぬスペックの機体であるが。

┃ ロックオンの愛機、デュナメスが装備するのは90口径35mm機関砲を改造した特注
┃ のスナイパーライフルである。大口径の火砲を装甲スーツの補助でぶっ放す移動式
┃ 機関銃座と言っても過言ではない。2km先の移動目標にピンポイントでぶち当てる
┃ だけの技量とスペックが彼には備わっていた。
324:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/10/11(金) 01:12:36 ID:Cyol/lqY
かつて陸上自衛隊でも使っていたL-90機関砲と同じ口径のライフルって
326:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2013/10/11(金) 01:14:31 ID:f7POfHZU



   ,.' f´ : : ',ヾ ! : :',: :: :: :`、: :: :: :: :: :: :: :: :: :`
   !: :!:: :: :: :', i|: :: :',.: : :: : :゙、: : : :: :: :: :: :ヽ: :: ::
   .l: : !: : : :: ::ト-‐1: i : : : : : :',`、: :: :: :: :: :: :'.,: : : :ヽ
   |: : :l: : :: :: :|  l: :.、 : : : : : ' , ' ,: :: :: : : : : :',: :: :: :',
  ,': :: ::l: :: : : :i  .i: :i ヽ: :: :: :: :弋ー、: :: :: : : :ハ: :: : : :.
 ./:: : : :,!:: :: ::.ノ   ! :i '´` 、: : : : ` ‐';_;_: : : :: :l: :: : : :
 : :: :: ::,': : : :/ ̄`゙'、l: :!  ___`_.,ー‐┬′: : : :l.ヽ: :: ::
 ヽ: :: :|: : : :l __..,从ハ  ` ̄ ̄´   ノ: : : : : : |クl!}: :: :l
.  i: : :'.,: :: :',.` ̄´ i ヽヽ     -ェ彡ュ: :: :: ::/ン/: :: ::l      さてと、お仕事と行きますか
 _丿: : : :' ,: :l.   ノ   丶ヽ     _,ノ_ノ: : : :,' /:: : : :l
 `―',: : : :ヽ._'、 ヽ  、  `\    ., ' _ ィ´トイ: : : : :l
.    ヽ:: :: :: :ヘ   `         ム‐´ / ',: :, : : !: :l
     ノ,: :: :: :: :、   ,ィ===‐ォ      / / ',,' : :,': : :l
.    |.ハ: :,'、: :: :\ ` -一 '´     .ィ   ノ: :/
     ゙ レ .i.: :: :: :' ,   ー    .∠   /_;;:- ..,,_
         .l: :_z‐弋ヽ_   __ ィ.      ´ .l ‐- , i
     .|l   .ノl.弋.    iー     ___,,.. -‐ ´  ィ .|
     l `ー´ :|   `゙゛ヽ三二ニニ二___y '゙ ゙´ ∠..|
     ゙‐-ァ: ::|^"` ヽ_ '.,        /  , ''゙´  .|
    _____/ : : ,|    ', .i           |  l!     |、__
   ̄  {l: : ; ' .ハ     | . |         .! .{      .ハ
      ヘ: :!   '.,   l  !        |  |     ,'
        ヽ!.   '.,   .| .|        |  |   ,.'
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 夜盗出現地点から逆算した敵根拠地から4km地点でトレーラーを止め、二人は
┃ 出発の準備を整えた。
┃ 
┃ スキンスーツを着込み、装甲を展開した装甲スーツを着装して武装を担ぐ。装甲
┃ スーツの補助機構があれば、時速20kmほどで走り続ける事ができるので目的地
┃ には直ぐに辿り着ける。
327:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2013/10/11(金) 01:15:09 ID:f7POfHZU
>>324
 侍女が市街地で30mmブン回してるから最早今更である……
328:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/10/11(金) 01:16:16 ID:sFjXJkLQ
やる夫の人形で足りないのは
砲撃タイプやな

装甲目標や遠距離雑魚に榴弾をぶち込む奴
このタイプがいれば装甲目標対策がSfオンリーだった負担を軽くできる

AA的にはこいつが適任
VAVA(ロックマンX) ショルダーキャノン
329:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/10/11(金) 01:18:55 ID:Cyol/lqY
>>328
やる夫個人に戦争させる気かw
330:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2013/10/11(金) 01:19:01 ID:f7POfHZU





                                    よっこいしょぉ
┌───────────┐、
│::::::::::::::::::>─‐<::::::::::::::::::::::::|:::::\                                    /∧
│:::::::::::::〃:::〃三三ヽ ::::::::::::::::::!:::::::::::\                              /  :∧
│:::::::::::::{:::::::{三三三 }:::::::::::::::::::|:::::|≧ュ、ハ                               |   / >
│::::::::::::弋:::弋三三ソ::::::::::::::::::::|:::::|三三|:|          __       __         |  < /ヘ
│::::::::::::::::::>─‐<::::::::::::::::::::::::|::::::`゙<_|:|:≧ュ、   />=ト、\   イニ┐>、     /      ∧
└───────────┘:::::::::::::::: !::::::::::::ヽ< (:○:)::):ノ\ `マorャ≠´/ _ ./           ∧
 ` ー──=ニ二_ ::::::::::::::::::::::\::::::::乂::::::::::::::}:::=:::>、<:::::ノ rニ[! X/ソア/   /           ∧
               ̄ ̄ ̄ ̄ ̄` <::::::::::::::ノ::::=:::=:::::}::::|ト<イ─イ7//./ //             ∧
                        ` <::` <:::=::ノ::ノ::丿::|::rニニマ¨¨`ヽ ∨               :∧
                        /:::∧:∧:::::「` <::|::::[二////:::}∧. ∨ | ∨                ∧
                          /:::/  V∧` <:::::>::::::|」」」」〈/ ̄/イ ||. マ「 ̄ ̄ ̄ ̄ \     ∧
                            /:::/    V∧   \三><__ >‐イニ.!l」!.  ∨       ∧    〉
                        /:::/    .V∧     |   / |ハ ./l ̄∧./r─ ∨       ∧  /
                          /:::/      .V∧   /`ヽ/   ! :|:| |  ∧\  「二二二二l  .∧ ./
                      /:::/        .V∧ ,.ィ∨   |   .|//| |  __.∧ ∧  \        .∧!
                        /:::/          .V∧/ >‐lニニ//| |‐〈 〉‐} ∧  / \       ∧
                     /:::/         / V∧ /   >─| Vヘ     |  | ./   > 、_  !
                       /:::/         r/::::/V∧─‐<__.∧. Vヘ.  :|  .ハ ∨     |_ | |
                   /:::/           //:::://V∧   /コ ( ノ\Vヘ─‐! .イ/ ∨     _| | |
                     /:::/         / ̄/ |  V∧/>イ / .| ヽ`¨l¨¨l |.    ∨    | :| |
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 二人は熱源を探りながら拠点へと接近し、無数の人型熱源が蠢いているのを確認
┃ した。場所は、遙か昔に廃棄された遺構の一つ。かつては道の駅とも呼ばれた平屋
┃ の大きな建築物だ。表には装甲車が二台にテクニカルが三台、そして鹵獲したと
┃ 思しき隊商のトレーラーが四台停まっている。ビンゴだった。

┃ ロックオンは1.2km地点で狙撃銃を展開してポジションに付き、刹那が前に出て同時に
┃ 戦闘をしかける。手始めに足を潰すという夜盗狩りにおけるセオリー通りの戦術だ。
333:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/10/11(金) 01:20:27 ID:fRJGeF/.
あらら車は残らないのか
334:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/10/11(金) 01:21:38 ID:Cyol/lqY
あら勿体無い。売れればいい金額になるのに
335:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/10/11(金) 01:21:54 ID:0.GP8xQ.
川上型自動人形で狙撃っていうと都市のあいつとか運命三姉妹とかかね
338:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2013/10/11(金) 01:22:51 ID:f7POfHZU







         ,r─、                    _
      , <    \                   _ .,イ  |\_ ─―‐―‐ 、
   , <   > ´ヽ  \_____     イ  | ̄|  .l .|‐/;:;:〈;:;:;:;:;:;:;:;:;:ヽ
   |  > ´::::::::::::::::∨ \\ ,r二// \ / l |  .|  l  .l l`ヘ‐/;:;:〈;:;:;:;:;:;:;:;:;:ヽ
   | {、::::::::::::::::::::::::::∨  \\ / /   l. \ヽl  .|/   l l l |イ /〈;:;:ヽ;:;:;:;:;:;:;:;:`ヽ
   | | \::::::::::::::::::::::::∨   \\    ∨::l\`/     .l .V | / ィ>、;:;:;:;:`―ー<;:;:;:}
   | ',  \::::::::::::::::::::∨    `ヽ\  |{::| lヽ ヽ>=ニヽ ヘ-イ>´r;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:〉、:;`''ー―=-、
   |  ヽ   \,rニ. ̄/∧         \f´ \l. \ \, イゝ"/ヽ,r'´;:ノ;:;:;:;:;:r';:;:;:;:ヽ;:;:;:;:;:;:;:;:;\
 ̄> 、二二二`ー── 、 ∨       ヘfヘ |ヽ○\   //   \;:;:;:;,/;:;:;:;:;:;:;:;:;:;-;:;:;:;:;:`>―‐l}
     > 、  `ヽ    ヘ \       ヘ マ|`ニ==ヽ//ヽ}〉\ r、|:;:;:;/:;:;:;;:;:;:`―ー<;:;:;:;:ゞ;:;:;:;:;:ゝ
        > 、 |     ∧ \         ム.}}ヽ  ̄ ̄///::::::/ // ヾヘ:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:r;:;:;ヽ;:;:;:;:;:;:`ヽ
           > 、─- 、| / \      |  f⌒f´  ∧::::/ // ヘソ / };:;:;:;:;:;:;:;:,r'´;:;:;:r<;:;:;:- 、:;:;:l}
              > 、 \ ./\     |\ ヽ¨ \  ∧' . \   / {;:;:;:;:;:;:;:;:;};:;:;:;:;/;:;:;:;:\;:;:;:;:`''、
                 > \   ∨   |\ /   /\/l ̄ヽ/   ノ:;:;:;、 -ー''`'' - 、___;:;:;: \;:;:;:;:へ
               /    }\  ∨   |    /:::::::::::/─‐ '    \ /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`'ー{.;:;:;ヽ;:;:;:;:;:)
             /    /  \. \ .! ̄ ̄  , イ ̄\         );;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;:;:;:,.イ;:;:/
            /    /     \. ヽ| ̄ ̄ ̄ , <ヽ∧    _,イヾ、/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,j:;:;ノ/;:/
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 当初、作戦は極めて順調だった。
┃ 
┃ ロックオンが遠方から35mmで装甲車を吹き飛ばし、刹那が単分子ブレードで
┃ テクニカルのタイヤを叩き切って足を完全に潰す。持って帰れば小銭にはなるが、
┃ 運ぶ手段がないので割り切っている。ただ、後で何か剥げる程度に加減はしていたが。
339:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/10/11(金) 01:23:27 ID:fRJGeF/.
なんか不穏な空気…
341:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2013/10/11(金) 01:25:44 ID:f7POfHZU



                                 _____
                                __r;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:〉、:;`''ー―=-、
                            _〃─― 7,r'´;:ノ;:;:;:;:;:r';:;:;:;:ヽ;:;:;:;:;:;:;:;:;\
                         ‐/;:;:〈;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;,/;:;:;:;:;:;:;:;:;:;-;:;:;:;:;:`>ー―‐l}
               _,......_ィヽ 〈;:;:;:;:ヽ;:;:;:;:;:;:;:;: :;:;/:;:;:;;;:;:;:`―ー<;:;:;:;:ゞ、;:;:;:;:;:;:ゝ
                ,イ/〉'´/ /ト、ト、;:;:;:;:`―ー<;:;:;:}:;:;:;:;:;ヘ:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:r;:;:;ヽ;:;:;:;:;:;:`ヽ
.            _    {// {三} } l`ヽ_ll|l|l|:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;};:;:;:;:;:;:;:;:,r'´;:;:;:r<;:;:;:- 、:;:;:l}
         |≧>rュ_}_|,イrrヘ,ノ! ミミΛ/〉__/i!i!/∨.:.:.:.:.:{;:;:;:;:;:;:;:;:;};:;:;:;:;/;:;:;:;:\;:;:;:;/
.           V  ヽ /`rニイミ;/V》l///ミ/}/ /\;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;:;:;:;:;):/
             \/ ̄ / ̄l_,| ,乃ヽ/, / /iiiiiiil };;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;_,/';、:;`''ー―=-、
         __ \  ,/ミーヽゝ《圭// / / ̄〉iiiii,iiii};;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;_,/';:;:'.:.:.7'''   こちらエクシア
        /ーy‐'`ー' \{/\l二lェ / / l ̄\/ /iiiiiiiiiリ;;;;;;;_,..... - '゙ /;:;:/
.      |y、  \}  //   _,rー' ,/l>'ヽ_/`'} /=|  ̄`ヽ、;:;:;:ノ /'゙        歩兵戦力を駆逐する
.       /l__l_/ ,/´   _/ } ,/l ̄l__lr<ヽ/ ,/ヽ_r‐ ヽ
     |  l ヽ_,/ミYT7´/ /,/   \ Λ  〉 :|:::/ \ \
     ヽ_,|_/_,></ ̄ l l/   /<ヽトミヽ/ヽ_/}_ゞ、 /\ \_
      / l/{_,ィ/〉 //   //:::::> ./〈:::\∠二ト、\//ミゝ ヽ- 、
        {/ ゞ__l/ ∠/    / / ヽ/ / Yミ〉/―‐'´ `ー<ミ/ \  \ミ',
      >'´  _/      {,/ミ>_r</  _l/           \   \  ヽ〉、
      /  / ̄          |{ミミ{__/工 /´              \__,/\,/  \__   ,
.   /  /           |llll/\/ //                ヽ∠ ̄ヽ  ヽ`ヽ/ \
.   \/              |llll/lllllllll/ /                    ヽ  \ /ー‐
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 巻き上がる爆炎、吹き飛ぶ装甲車。一瞬で夜盗の拠点は混乱の渦に包まれた。
┃ 隊商が護ればボーナスを付ける、と言っていたトレーラー以外は全てが無力化され、
┃ 後は装甲目標は居ないだろうから、慌てて出て来た夜盗共を刹那が膾にする……。
┃ 
┃ ただ、それだけの簡単な仕事が進んでいた。だが、俄に事情は転変する。
342:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/10/11(金) 01:26:20 ID:fovQ1Tus
横流しの中装甲
343:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/10/11(金) 01:26:25 ID:sFjXJkLQ
さて何が出るんや
345:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/10/11(金) 01:28:00 ID:gkEx10YE
シスターズでも出てくるのかね?
346:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2013/10/11(金) 01:28:38 ID:f7POfHZU




                                やれやれ、楽な仕事……って、ありゃぁ……

┌───────────┐、
│::::::::::::::::::>─‐<::::::::::::::::::::::::|:::::\                                    /∧
│:::::::::::::〃:::〃三三ヽ ::::::::::::::::::!:::::::::::\                              /  :∧
│:::::::::::::{:::::::{三三三 }:::::::::::::::::::|:::::|≧ュ、ハ                               |   / >
│::::::::::::弋:::弋三三ソ::::::::::::::::::::|:::::|三三|:|          __       __         |  < /ヘ
│::::::::::::::::::>─‐<::::::::::::::::::::::::|::::::`゙<_|:|:≧ュ、   />=ト、\   イニ┐>、     /      ∧
└───────────┘:::::::::::::::: !::::::::::::ヽ< (:○:)::):ノ\ `マorャ≠´/ _ ./           ∧
 ` ー──=ニ二_ ::::::::::::::::::::::\::::::::乂::::::::::::::}:::=:::>、<:::::ノ rニ[! X/ソア/   /           ∧
               ̄ ̄ ̄ ̄ ̄` <::::::::::::::ノ::::=:::=:::::}::::|ト<イ─イ7//./ //             ∧
                        ` <::` <:::=::ノ::ノ::丿::|::rニニマ¨¨`ヽ ∨               :∧
                        /:::∧:∧:::::「` <::|::::[二////:::}∧. ∨ | ∨                ∧
                          /:::/  V∧` <:::::>::::::|」」」」〈/ ̄/イ ||. マ「 ̄ ̄ ̄ ̄ \     ∧
                            /:::/    V∧   \三><__ >‐イニ.!l」!.  ∨       ∧    〉
                        /:::/    .V∧     |   / |ハ ./l ̄∧./r─ ∨       ∧  /
                          /:::/      .V∧   /`ヽ/   ! :|:| |  ∧\  「二二二二l  .∧ ./
                      /:::/        .V∧ ,.ィ∨   |   .|//| |  __.∧ ∧  \        .∧!
                        /:::/          .V∧/ >‐lニニ//| |‐〈 〉‐} ∧  / \       ∧
                     /:::/         / V∧ /   >─| Vヘ     |  | ./   > 、_  !
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 本来ならロックオンの仕事はここまでだ。何故なら、歩兵に35mmはやり過ぎなのだ。
┃ どっかの侍女は嬉々として30mmを振り回していたが、こんな物人間に当たれば吹き飛ぶ
┃ 所か形さえ残らない。後に血煙が残れば御の字、という所だろう。
┃ 
┃ だから、遠距離から装甲兵器を破壊した跡、ロックオンは単なる警戒のためだけに
┃ 座っている、それだけだったのだ。だが、事は違った。
347:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/10/11(金) 01:29:20 ID:LXX2.CiY
なんだATでも出てきたのか()
348:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/10/11(金) 01:29:49 ID:fRJGeF/.
野盗にも供給!!?
350:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2013/10/11(金) 01:31:57 ID:f7POfHZU




             ____
.              /      /  ̄ 7
             /       / _/    r─{二\
.            /       / / r─r、lニニニニ\\              「l
         /二/ /二二\.// ̄/〉 \::::: 「 ̄ヽ.\{二二二二{ニニニニニ|:|コ
           {/       /\}〈二〈/     ̄|__|─fニニヽ
         / / ̄/〉 ./ /_>──f二> 、_ ノ ̄ ̄弋{ヽ))
.        〈 /_// ./ /_,.イrチフ  / / / |
         Ⅵ_l/ ̄  /r─┐ |__lヽ / / /  :|
             ̄ ̄ 廴__.|_厂 /_/.n/   |
             .ィl .{:::::::::::::::::::::::::::: { | ‐─┘
            / | イ  ̄ ̄ヽr- 、「l〃⌒)、
            / / /     \\ ` 「l┐> 、
           / /:::::.′       } Y  ∧ミ」ヽ))   ┌─ 、
          /   /:::::::::::}  r=ミ_  ノ  |」Hl.l `ヽ   「 ̄!   |
        /二/ /:::::::::x=ミ:::/l └‐へ// //|   }  .l! l二l  :|
        /   /::::::::/:::::ノ:::ノ/ / ̄¨¨/辷_ノ   .′ l  |    :|
.       /   /::::::::::{二彡'./ / ̄¨¨ /:::/  {    __}/.> .l二l  :|
.       ̄ ̄ ¨¨¨/|ノ⌒/ / ̄¨¨ /:::/  /\二 / / .l  |    :|
.            | |  ./ /  /〉 /‐ '   Y⌒ヽハイ !/ /    |
              |/ / /  〈/ /     「廴 ノ :! | /    ./
            / / /     /      \   | イ    /
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 中量級の装甲スーツが出て来たのだ。それも、西領で少し前まで使っていた型の
┃ 装甲スーツが合わせて三機。
┃ 
┃ このご時世でも、中央のプラント入れ替えなどで装備の更新は行われる。より高性能
┃ な装甲スーツが本領で作れるようになったら、古いプラントは用済みなのでお下がりで
┃ 地方にやってくる。これは、そういった経緯で更新された現在の採用機、その一つ前の
┃ 正式採用中装甲スーツであった。
351:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/10/11(金) 01:31:59 ID:sLvg8XEY
でてきたのがW-1かヴァン・ヴィールならヤバい
352:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/10/11(金) 01:32:19 ID:KPPUK.ns
……わーお
353:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/10/11(金) 01:32:40 ID:fRJGeF/.
ぎゃぁぁぁぁあああ!!?
やっぱこの野盗軍関係だぁぁーー!!
362:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2013/10/11(金) 01:34:35 ID:f7POfHZU




                                        |!_ __           _
                                    ,. ‐'′ ,.  ._`丶<>─<ニ-'|
                                  _ノ ゚ ,r'´ '´__r'7ニユ/ (ニ 〈| _,/
                               r。'L。、 ̄>ー'、_| lrュ' \'´]__/─'
                            r‐,'二-^ヾ'iニニノ r'´ll¬´|  _r=='=-- 、
                      __,.. -‐'ミヘ^l}___,.. -‐イ|==‐ヽ=-ィ,r=rrL二`ヽ  l
                __,. -‐ '' ´_,..  -┬' |'"!-二 -ィ'ソ-‐ニ≧-=,冖 /二ユ,| ! ゚ |
         __,.. -‐ ' ´_,. -‐ '' ´   {0}))ノノ'__r' ´‐-r‐'ニ´/.二] |¬' {!  |__|__ r'}
  _,. -─-、ェヘ^).. -‐ ' ´          `´  Ll〈,.| ゚ |ゝ-({__)_ノ,|ヾ\ヽ _|-|┘´|
 {)}_}}=‐冖´ ̄                   /{└=-L__大__ヲ-'==ニ!|._l._|_,L!′
 ` ̄                        ,イ`ヾ-ソ' _rュ-!__,.-、/===i ∨!l 〉'N
                     rへ、   〈ノ_  ,/ ,.>、 冖 L!ユ7_/  |='-‐i
                       lヾf'ーヘ  ヽ{`'〈 / /' ^l _ rイ´ /  `Y ハ /|  |
                       l l  ∧  {jjr'、  {l  ヽゞ{_|_,!_,/     ∨l_l_!.-」
                        l.゚ l ヾ∧rヘ,{`ー ヽ_,`='´     く - 、   ノヾ}jヽ_ノ
                       l l ヾ∧!丶ヽ'´ヽ/ヽ __/7ヽ (!=' ヽ_/  \ \
                         l  l   ヽ-|.{( 〈¬=冖〈 ∧ノ、_r' ∧     `ヽ \
                        \ヽ   \!`ー'/ヽ o ヾ∧_} !{ ! ,!      \\
                         \ヽ _ 〉 ,/  ヽ   ヽ ヽ、ゞ' )          `丶
                         /-、i_/ニ´}へ.__ ヽ   \ `¬ ヽ、
                        ,へ= 'ヽ ヽ_ノニ-┘ \ __>」ヽ、 }
                       /、 - '//`ー^´        〉'¬, 〉ハ 〉ー'l
                       ゝ=┘'´            〉ー'/イ┴' ̄
                                          〈ー '//
                                           `ー'"´
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ いや、三機だけではない。少し離れた遺構から、榴弾砲を担いだ砲戦仕様の
┃ 装甲スーツが一機と、その直援の夜盗まで現れた。
┃ 
┃ 確かに装甲スーツは更新され、新しい物が行き渡ると払い下げられて中古品が
┃ 市場に出回るが、そういった物はスカヴェンジャーやマーセナリーにしか売らない
┃ 町のガレージや官営武器店で売るのが普通だ。だから、例え古くとも夜盗が
┃ 持っているのはおかしいのである。
363:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/10/11(金) 01:34:52 ID:xKjT/f3A
ヒャッハー、無法者なら部品はぎ取り放題だ~(バトルメック脳)
364:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/10/11(金) 01:35:10 ID:w5XKI.16
当たらなければどうという事はない
368:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/10/11(金) 01:37:17 ID:u0ZJoYdI
(アカン)
371:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2013/10/11(金) 01:37:43 ID:f7POfHZU






              ____
 .              /      /  ̄ 7
            /       / _/    r─{二\
 .            /       / / r─r、lニニニニ\\              「l
          /二/ /二二\.// ̄/〉 \::::: 「 ̄ヽ.\{二____ニニニニ|:|コ
         {/       /\}〈二〈 .              /      /  ̄ 7
         / / ̄/〉 ./ /_>──f二> 、_ ノ ̄ ̄/       / _/    r─{二\
 .        〈 /_// ./ /_,.イrチ.            /       / / r─r、lニニニニ\\              「l
         Ⅵ_l/ ̄  /r─┐ |__lヽ / / /  :| /二/ /二二\.// ̄/〉 \::::: 「 ̄ヽ.\{二二二二{ニニニニニ|:|コ
              ̄ ̄ 廴__.|_厂 /_/.n/   | {/       /\}〈二〈/     ̄|__|─fニニヽ
              .ィl .{:::::::::::::::::::::::::::: { | ‐─┘/ / ̄/〉 ./ /_>──f二> 、_ ノ ̄ ̄弋{ヽ))
             / | イ  ̄ ̄ヽr.        〈 /_// ./ /_,.イrチフ  / / / |
           / / /     \\ ` 「l┐>Ⅵ_l/ ̄  /r─┐ |__lヽ / / /  :|
         / /:::::.′       } Y  ∧ミ」ヽ))    ̄ ̄ 廴__.|_厂 /_/.n/   |
        /   /:::::::::::}  r=ミ_  ノ  |」Hl.l `ヽ   「 ̄! .ィl .{:::::::::::::::::::::::::::: { | ‐─┘
       /二/ /:::::::::x=ミ:::/l └‐へ// //|   }  .l! / | イ  ̄ ̄ヽr- 、「l〃⌒)、
       /   /::::::::/:::::ノ:::ノ/ / ̄¨¨/辷_ノ   .′/ / /     \\ ` 「l┐> 、
                              / /:::::.′       } Y  ∧ミ」ヽ))   ┌─ 、
                             /   /:::::::::::}  r=ミ_  ノ  |」Hl.l `ヽ   「 ̄!   |
                            /二/ /:::::::::x=ミ:::/l └‐へ// //|   }  .l! l二l  :|
                            /   /::::::::/:::::ノ:::ノ/ / ̄¨¨/辷_ノ   .′ l  |    :|
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 確かにそれらのスーツは旧式だが、それでも装備は20mmチェインガンを腕部に
┃ 固定してある。十二分に刹那のエクシアを破壊しうる火力を有しているのだ。
┃ 
┃ そして、榴弾砲は発見されればであるが、1.2km程度優に届く。刹那に向けて撃てば、
┃ 多少味方に損害を出しながらも、スーツは一瞬で砕け散るだろう。
372:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/10/11(金) 01:38:38 ID:fRJGeF/.
まあでも倒せればいい剥ぎ取り相手だな   倒せれば
373:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/10/11(金) 01:39:20 ID:sFjXJkLQ
これ釣りされたのかな
何人のスカヴェンジャーが生き残れるんやろ
374:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2013/10/11(金) 01:40:44 ID:f7POfHZU






                   〈/ ̄/l___l、 ̄〉
                      >‐///  |l ̄
、                     V.V//l  ,、||        _        敵戦力3……いや、4
. \                      トv1l/__∠_>. ニヽ__r ┬< ヽ/l
   \                    >∨ // //  _∨  ∨ヽ/ ヽ        これより近接戦闘に移る
      、                l |ト ヽ イ./   //\∠.\._>─ `''ー―=-、
       、               l ||∧ Vニヽ  //// /y /;:;:〈;:;:;:;:ヽ;:;:;:;:;:;:;:;:;\   エクシア、敵を駆逐する!!
         、             /r||LlA ` ーヽ.〉‐┴┴…≦ :;:;:;:ヽ;:;:;:;:;:;:;:`>ー―‐l}
          、 、        _l/l.|||/ トl┬t_ッァェ¬. ア/ ./ト、;:;:;:;:`;:;:;:;:ゞ、;:;:;:;:;:;:ゝ
、  ` 、     丶 \     ∠ _lニjン jヘ厂/ニl}//イ.   //__r;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:〉、:;`''ー―=-、
 丶、    、      、ヽ、  ├ l〈 // ゝ‐`  ̄//くィ  /〈 7,r'´;:ノ;:;:;:;:;:r';:;:;:;:ヽ;:;:;:;:;:;:;:;:;\
    ヽ、    、     、 丶、 ∨! ∨     < /´/|  | 〈 :;:;:;,/;:;:;:;:;:;:;:;:;:;-;:;:;:;:;:`>ー―‐l}
      丶、    、    、 ヽjニ 7       >く /   .|  〈;:;/:;:;:;;:;:;:`―ー<;:;:;:;:ゞ、;:;:;:;:;:;:ゝ
        ヽ、    、   、 ヽ{    イニニ>‐┘ .  / / ヽ,ヾヘ:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:r;:;:;ヽ;:;:;:;:;:;:`ヽ
          丶    、    、 ` < _|ヽl / ̄ ̄ ̄/ / /l_ソ  };:;:;:;:;:;:;:;:,r'´;:;:;:r<;:;:;:- 、:;:;:l}
            丶、   、    、 `ヽ、  < ̄ ̄><__〈   {;:;:;:;:;:;:;:;:;};:;:;:;:;/;:;:;:;:\;:;:;:;:`''、
              \    、    、 \__ ` <   \>l l/ ノ:;:;:;、 -ー''`'' - 、___;:;:;: \;:;:;:;:へ
                丶、   、    、 \l  ∧  . < ̄l | '´  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`'ー{.;:;:;ヽ;:;:;:;:;:)
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ これが4級5級のスカヴェンジャーであれば、話しが違う! と叫びながら死んでいき、
┃ 夜盗共は被害に舌打ちしながらも生きていられただろう。
┃ 
┃ だが、彼等は既に腐り落ちた死体にへばりつく蛆虫でも、より大きな捕食者に得物を
┃ 狙われるハイエナではない。自ら屍肉を率先して作り、それに群がる捕食者のスカヴェンジャーだ。
375:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/10/11(金) 01:41:35 ID:LXX2.CiY
テンション↑↑
376:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/10/11(金) 01:41:43 ID:fRJGeF/.
さすがは準2級www
377:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/10/11(金) 01:42:09 ID:sFjXJkLQ
刹那「剥ぎ取りおいしいれす」
378:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2013/10/11(金) 01:44:19 ID:f7POfHZU






                                                「なっ、速……うがぁっ!?」
                 _
              l ̄ lヘ`ヽ           ,r,ヽ、
              l   .,l. ヘ \     lヽ/l‐/ i  l _
       //``,   ,-,l / l_/\  \  _  ./ / i  l`/ 〉l _
      / / ``ll / /`l  l\  \`ヾ〉、ニll\ヘ /-ヽ ヘ /_l_,_>─―‐        一つ!!
    ,- ' ./   l,‐-、//l |  l ,-ヽ  \ | `l l \ヽー‐'=ニ-´/;:;:〈;:;:;:;:;:;:;:;:;:ヽ
   /´  /   l O l l`ー、  .l /|    /、ムヘl`ーヽ-='´//‐'' :;:;:;:ヽ;:;:;:;:;:;:;:;:`ヽ
.  /  / ,、_  l   l/`ヽ /ー、/   ヽ、   /  |ヾ、l ,、  /l |、/`ト、;:;:;:;:`―ー<;:;:;:}
  i  / /  ` .l`ー´l  //、 /_,-、 ‐´ l`ヾ  lヽ ` l l´l,-´l`/  l__r;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:〉、:;`''ー―=-、
. i  /  l、   .l--l / /`ヽ´  ヽl l/´| ̄`l l lヽ__l´`l/ / `l 7,r'´;:ノ;:;:;:;:;:r';:;:;:;:ヽ;:;:;:;:;:;:;:;:;\
  ', ヽ    ̄ l_  lニヽl l l l  ///´/  |   l´   、   l` | l/:;:;:;,/;:;:;:;:;:;:;:;:;:;-;:;:;:;:;:`>ー―‐l}
  ヽ ヽ   l  l lミノノノ  /ソ /、__/ l`ヽ、  lヘ   l _,ノ ,、`;:;/:;:;:;;:;:;:`―ー<;:;:;:;:ゞ、;:;:;:;:;:;:ゝ
   l  l  l`l´`.l l`l__/ー-‐'  |./  /`ー、`ー-、〉',`ー‐ヘ ,-'´_,lヽ,ヾヘ:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:r;:;:;ヽ;:;:;:;:;:;:`ヽ
.    l  l  .l .l //ー'   / ヽ   ヽ、/ ゝ、 ヘ``ー=-'‐, ``ー' ´  ソ  };:;:;:;:;:;:;:;:,r'´;:;:;:r<;:;:;:- 、:;:;:l}
    ヽ_l,- 'l .l l l   /   ./  /´| `ヽ、.`ヽ>´/ ̄l/_    〈   {;:;:;:;:;:;:;:;:;};:;:;:;:;/;:;:;:;:\;:;:;:;:`''、
          l.l l l  /    /,、./ ∧   ヘ / / /l |' ヘ   l l/ ノ:;:;:;、 -ー''`'' - 、___;:;:;: \;:;:;:;:へ
          ll l`ー'´/ ̄/ l、 `ー、,、_`ヽ/´ `lー-<ー‐'l、 ヘ   l | '´  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`'ー{.;:;:;ヽ;:;:;:;:;:)
        l l-、 ./ /   l\  l  `/``l、 l_  l  lヘ ´   ヘ,ハ   );;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;:;:;:,.イ;:;:/
         l l l /     l l l   ` /  | l   ̄l ̄ ̄ ̄l   _,イヾ、/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,j:;:;ノ/;:/
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 装甲スーツの恐ろしさは、歩兵の上位互換でありながら、歩兵にあるまじき機動力
┃ を誇る所だ。
┃ 
┃ 推進剤を吹かし、ほんの一瞬で6m前後の距離を移動する。刹那は連続で機体を
┃ 振り回し、降り注ぐ20mmから身を躱しながらあっという間に右端のスーツに取り付き、
┃ その胴部に単分子ブレードの一本を叩き込んだ。
┃ 一度機体が震え、そして動きが止まる。如何に頑強だろうと、中身を潰せば全て
┃ 終わりだ。
379:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/10/11(金) 01:45:42 ID:fRJGeF/.
熟練過ぎるw
380:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2013/10/11(金) 01:47:15 ID:f7POfHZU


                /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::―-::_`二ニ=‐'
               /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
            {、(、 _/:::::/::::::::::::::::::::::::::r::::::::::::::::::::::::::::::::::、::::\
           ゞー::::::::::´::::::/::::::::::::::::::::::::::、:::::::::::::::::::::::、::::\:::::\
               ヘ:::::::::::::::::/: /::/::/:::::::|::ヽ:\:::::::::::::ヽ:::\::::ヽ:::::::\__,.)
            ,ゝ;:::::::::/:/::/::::/:::::/::: /::::::::\\::i::::::::i::!::::ヽ::::いヽー一 ´
              小::::ハl::/::::/::/|::::!:::::::::::::::ヽ::ヽ:ヽ::l::!::::::::;::::'. ゙;l
               {いヘ (i:;:::::小i\|:::ハ::::::::;::::::::ハ::l:::::i::!:i::::::::i::::::, !
              `__)::ハ!|::::{《 fう心{、ヽ::::i:::::厶j/:::::j:ハ::::::::!、:::::、
            ,r‐f {小:iハ:::ト ゞニ   ` ソ::ィ刋^》:::/:::::ハ::::i `‐-`=-
           _ノ  } いj:ハヽ!       ー彳ゞ' イ/::∠  !::;'          邪魔だっ!!
         , ´ ゝ {  乂 ヘ'、       、ノ   ,.イ::/  ヽi/
      ,.x<  / ぃ ‘  ‘、 ヽ\  ---  イ /个    ノ>―┐
.     /   /   ‘、、    ‘  ‘、 >、_ イ { |  !   /  ⌒ーv‐ 、
.      / ⌒ 、    ヽヽ  i \ \_」_/ ∧    !    /     ノ / ̄L___
    /    i 丶   ‘   {、  ` - 、 / /  / ∧       // / /  }
    //    l       }    い 、    ̄ /   レ 丿  -― / '   / / /⌒^ユ_
    〃       l  ヽ  j   {、 \ー‐一 /  / ̄ 二 -‐   / / レ  /  /
   /         l   ‘ /}   } ヽ \ /  厶_/  V      {  ! / ィ゙  /
.  /          l   V ]     {、   ̄ / /   , ’  ___ ] j  / !―‐i‐- 、
./          !   /‐|       ! `TニT´ ,ィ __/i ,_/   `ヽ !  ノ , /   \
 ̄` ー‐ 、    !  /  |      i  l   ! / 「  i   ぃ       └ヘ  レ ン      , ヘ
-、 ー、_   ヽ、  、/―‐!      |  i_, l´! !   ! !〉        ⌒∠ _  /,
‐、`ー、_ \   \  i{  [      |\{  {!!  !/イ         ∠ニニ、、y' /
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 刹那は、胸部装甲からブレードを生やした機体にスーツの右拳を渾身で叩き込む。
┃ 装甲スーツのHUD越しに移る電子化された明るい夜景、そこに映り込むスーツの
┃ 右腕部に仮想のサインフレームが浮かび上がる。
┃ 
┃ 重作業 と刻まれたサインフレームだ。
382:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/10/11(金) 01:49:05 ID:QA6ipHPA
redEyesを思い出す光景やな
383:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/10/11(金) 01:50:05 ID:G6Ls/l6Y
マニュピレーダイーン!?
384:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2013/10/11(金) 01:51:29 ID:f7POfHZU



                                       ガィン!
                   >"\        ,.ィ ヽ
                       /\ _ ヽ      l  | |、
                   /  | r< \|ヽ r‐<´.|  | |. ∨ヽ/.l       これで二つ!!
                     ∨  | \ /∨ヘf丶/    ∨//  |
                   ∨ .|  }>"´\弍ヽ / ̄ヘ/ //|/              ______
                  ∨ヽ /  / _|「!\ ` ´./ァ ハ/⌒l //_      . <.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
                   |!∨  ./ / / マ」oヽ-"ニ/ヽ ノl .//.:.:.:.:.:.:`ヽ /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.丶
                   |! .|  / /  | | / \L}r 、 〈// //.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
                  |! .!  { /  .| |_/ |.  Ll   //⌒.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
                  |! ∧/ `ヽ./ / ̄/ゝ──//{.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\.:.:.:.:.:.`ヽ.:.:.:\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
                       l/ .〈    /       ///.|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: \.:.:.:.:.:.:\.:.:.:\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:\
                  ,rイ∨ ∨ヽ ',ヽ|   /  >イ/ ,イ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: \.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:{⌒
            __ .//∨\ \ \', |_/ ̄ ̄  /.:|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ
          ,.ィ≦/\/\込二 イ \.〉    r── ∨.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..\.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\⌒ヽr、「⌒
        ///\  \/  /   l弋 /ヽ./ / ̄ ̄ ∨.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.>
.      ////// \/   ./    \|`ヽ/|_>──∨_.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\:.:.:.r、.:.:./ヽ{⌒
    /|.//::://{ 八_/ > ´   ∧   |::::::|:::\_ / ̄  ∨:.`ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/⌒\{ ∨__
   | ///:/>辷ニ彡'     | ∧  .∧::::|::::::::::|:::::/ ̄ ',.  \.:.:.:.:\.:.:.:.:.:.:.:.>──=ニ二 ̄ ̄ ̄.:.:.:.:.:.:.:.:.:.> .
    | //./ //匕イ         ∨∧ / \!::::/\l   l_, イ/\.:.:.:.` ー<:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
    /:::∨:://ヽ__/           ∨ /\r 、 ̄   | ̄ ̄ | /x=ミ \.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 装甲スーツは元々医療用のパワードスーツを原型とする。故に、当然ながら重い
┃ 物を持ち運ぶ為の増幅器が付いているが……それは専ら何かを殴打するのに
┃ 用いられる。
┃ 
┃ 人工筋肉が律動し、自動的にマニピュレーターを保護するナックルガードが展開される。
┃ そのナックルガードの内部には衝突時に圧搾空気で弾き出されるピストンが内蔵され、
┃ 発生される打撃をトラックがぶつかる人身事故クラスにまで昇華する。

┃ 瞬間的に数トンもの衝撃を受けた搭乗者込みで300kgを越える巨体は背後の見方を
┃ 巻き込んで横転した。刹那は、倒れた敵にブレードの一本を投擲し、胸を地面に縫い
┃ 付ける。
385:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/10/11(金) 01:52:29 ID:awKSWYrw
せっちゃんかっけー
387:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/10/11(金) 01:53:53 ID:0MXp/BRY
刹那すげえ……いま読んでて唖然としてるわ。
388:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/10/11(金) 01:54:25 ID:NW8v/8ds
せっちゃん優秀だな
389:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/10/11(金) 01:55:37 ID:vt8OcViY
もうせっちゃんじゃねぇな、せっさんだわ
390:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2013/10/11(金) 01:56:25 ID:f7POfHZU






                                            i
                                     !'|
                                      ’ j  i! i
                                    { ||
                            ,J`:、,ィl! l! {′
                              ,j`  Yl!|:  | |'i,
                            | 、 ゙リN: ; !lij! |
                        }'′    i  ;}|! |
                        ,:;:;:,!     ''′ ,. !、,! ´` ι
                     (''゛ j! ..:;;:==-:、  ゙''"ィi {ヘ!,l
                    :; {`' ,ィ゛ '′.  ) jj」li|liY、⌒}
                    j∨il!ィ' {’      へヾ;;イ
                 λ' ,j、l! / 、     ., ,il{ ,゙!j!;|
                 ゙ハ! ;. ゙:、     j|   '/'}′
                   じ:、 i,'  ゙:、 ,,.,   ′彳レ/
               丶、v{ ヒ!   i!||il.   , 八 Z
              __   _,ゝ、;_    ゛:|!  ゙ ,rカ  ̄
       _  ̄`ζ」'(´ ヽ  j! ゛ ,ィ彡′_.. -
        二 ニ ゙て∠rιク_;.,、_,ー-'^- =ニ_
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ しかし、二機が葬られても一機が残っている。隣に居て射線を塞いでいた僚機は
┃ 既に排除されて射線が飽き、仇を取らんと20mmが動き始めたが……
┃ 
┃ 唐突に、機体上部が爆ぜ跳んだ。理由は簡単だ、ロックオンに側面を剥けた機体、
┃ その右肩部装甲をブチ抜いて35mmが機内に飛び込み、装甲をブチ抜いたと信管が
┃ 衝撃で察知した瞬間、散弾を内部でばらまいたからだ。

┃ 放たれたのは35mm対装甲目標貫徹弾。特殊加工の装甲車や戦車、重装甲スーツ
┃ を破壊する為の弾丸である。少しやり過ぎではあるが、その威力は十分であった。
392:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/10/11(金) 01:57:26 ID:fRJGeF/.
息合ってるな
396:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2013/10/11(金) 02:00:02 ID:f7POfHZU




                                        |!_ __           _
                                    ,. ‐'′ ,.  ._`丶<>─<ニ-'|
                                  _ノ ゚ ,r'´ '´__r'7ニユ/ (ニ 〈| _,/
                               r。'L。、 ̄>ー'、_| lrュ' \'´]__/─'
                            r‐,'二-^ヾ'iニニノ r'´ll¬´|  _r=='=-- 、
                      __,.. -‐'ミヘ^l}___,.. -‐イ|==‐ヽ=-ィ,r=rrL二`ヽ  l
                __,. -‐ '' ´_,..  -┬' |'"!-二 -ィ'ソ-‐ニ≧-=,冖 /二ユ,| ! ゚ |
         __,.. -‐ ' ´_,. -‐ '' ´   {0}))ノノ'__r' ´‐-r‐'ニ´/.二] |¬' {!  |__|__ r'}   畜生、巫山戯んな!!
  _,. -─-、ェヘ^).. -‐ ' ´          `´  Ll〈,.| ゚ |ゝ-({__)_ノ,|ヾ\ヽ _|-|┘´|
 {)}_}}=‐冖´ ̄                   /{└=-L__大__ヲ-'==ニ!|._l._|_,L!′
 ` ̄                        ,イ`ヾ-ソ' _rュ-!__,.-、/===i ∨!l 〉'N
                     rへ、   〈ノ_  ,/ ,.>、 冖 L!ユ7_/  |='-‐i
                       lヾf'ーヘ  ヽ{`'〈 / /' ^l _ rイ´ /  `Y ハ /|  |
                       l l  ∧  {jjr'、  {l  ヽゞ{_|_,!_,/     ∨l_l_!.-」
                        l.゚ l ヾ∧rヘ,{`ー ヽ_,`='´     く - 、   ノヾ}jヽ_ノ
                       l l ヾ∧!丶ヽ'´ヽ/ヽ __/7ヽ (!=' ヽ_/  \ \
                         l  l   ヽ-|.{( 〈¬=冖〈 ∧ノ、_r' ∧     `ヽ \
                        \ヽ   \!`ー'/ヽ o ヾ∧_} !{ ! ,!      \\
                         \ヽ _ 〉 ,/  ヽ   ヽ ヽ、ゞ' )          `丶
                         /-、i_/ニ´}へ.__ ヽ   \ `¬ ヽ、
                        ,へ= 'ヽ ヽ_ノニ-┘ \ __>」ヽ、 }
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ だが、それでも榴弾を担いだスーツがまだ残っている。一瞬、発砲炎が見えた遙か
┃ 遠方の狙撃手を狙うべきか迷ったが、彼は最初から狙っていた刹那に向かって担いだ
┃ 榴弾砲を叩き込む。
┃ 
┃ 実際に弾は発射され、刹那に向かって飛翔した。ただ、惜しむらくは……彼が逡巡
┃ したほんの数瞬、その合間にロックオンが装填を済ませ、彼に弾丸を叩き込んだ
┃ 事だ。二発目は放たれず、スーツは特殊弾頭で破壊され、飛び散った破片が直援の
┃ 夜盗を巻き添えに切り刻んだ……。
398:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/10/11(金) 02:01:10 ID:fRJGeF/.
> 、巫山戯んな

dsyn--ww でもあんたらに出合った商隊やスカだってそう思ったさww
399:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/10/11(金) 02:01:34 ID:wLNmgN5o
さすがだなあ
400:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2013/10/11(金) 02:02:24 ID:f7POfHZU





                            i
            l\        ┌:,    ,!'|   ` .
            ! | !ヽ. ,、 |\_|| ’ j  i! i    ,-、、
            ! .| l l.|゙i |「`ヽ`i   { ||   /  /
             l | l |! l └′/,/ :、,ィl! l! {′/  ;/
             ! ヽ、 ̄ `'''  , `   Yl!|:  | |. /  /
             ! r 二コ    | 、 ゙リN: ; !li└ヽ/ /゙:、
              | |      }'′    i  ;}|! ,/ ,/
              ``'     ,:;:;:,!     ''′ ,. !/ _,,.-''   ヽ
                   (''゛ j! ..:;;:==-:、  ゙''"ィi {ヘ!,l .
                 〃’ :; {`' ,ィ゛ '′.  ) jj」li|liY、⌒}
                    j∨il!ィ' {’      へヾ;;イ
                 ’ λ' ,j、l! / 、     ., ,il{ ,゙!j!;|   :
                    ゙ハ! ;. ゙:、     j|   '/'}′ ,
                    じ:、 i,'  ゙:、 ,,.,   ′彳レ/
                   丶、v{ ヒ!   i!||il.   , 八 Z
                  __   _,ゝ、;_    ゛:|!  ゙ ,rカ  ̄
                _  ̄`ζ」'(´ ヽ  j! ゛ ,ィ彡′_.. -
                  二 ニ ゙て∠rιク_;.,、_,ー-'^- =ニ_
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 榴弾砲は凄まじい速度で飛翔し、刹那が居た地点に食いこんで炸裂した。装甲
┃ スーツの装甲は非常に強固で、物に依れば20mmに耐えることもある。だが、
┃ 装甲を破壊することを目的に作られた榴弾には耐えきれない。巻き込まれて破壊
┃ 装甲スーツが更に破壊されるも……刹那の姿はそこになかった。
401:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/10/11(金) 02:03:21 ID:awKSWYrw
よかった
せっちゃん被弾無しか
402:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/10/11(金) 02:04:33 ID:Wr/agrkU
跡形もなく弾けとんだ可能性が微レ存……
404:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2013/10/11(金) 02:07:07 ID:f7POfHZU

                   >"\        ,.ィ ヽ
                  /\ _ ヽ      l  | |、
                 /  | r< \|ヽ r‐<´.|  | |. ∨ヽ/.l
                 ∨  | \ /∨ヘf丶/    ∨//  |
                  ∨ .|  }>"´\弍ヽ / ̄ヘ/ //|/              ______
                  ∨ヽ /  / _|「!\ ` ´./ァ ハ/⌒l //_      . <.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
                  |!∨  ./ / / マ」oヽ-"ニ/ヽ ノl .//.:.:.:.:.:.:`ヽ /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.丶
                  |! .|  / /  | | / \L}r 、 〈// //.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
                  |! .!  { /  .| |_/ |.  Ll   //⌒.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
'´ ⌒``ヽ、           |! ∧/ `ヽ./ / ̄/ゝ──//{.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\.:.:.:.:.:.`ヽ.:.:.: _r'⌒(.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
       ヽ          l/ .〈    /       ///.|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: \.:.:.:.:.:.: ノ`...:.:::::ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:\
   :::     )       ,rイ∨ ∨ヽ ',ヽ|   /  >イr‐‐‐--、           r' .:     `ヽ:.:.:.:.:.\.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:{⌒
    `:::::::::::: ノ   __ .//∨\ \ \', |_/ ̄-‐''''''´     ヽ_.         ).::.:.   .:.:.:::::::::):.:.:.:.:.:.\.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ
       ヽ,  ,.ィ≦/\/\込二 イ \.〉  /           ``-、.     く.:.    .:.:.::::::  ⌒.:.:.:.:.:.:.:.:.\⌒ヽr、「⌒
        ///\  \/  /   l弋 /,:´      ::::::::::::::.   ...::::::::::::::::::: ヽ  .:.:.:::::::.:. .:.:.:::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.>
.      ////// \/   ./    \|l       `:::: ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: : ).:.:.....:.:.:.:.:.:.:.:.:\:.:.:.r、.:.:./ヽ{⌒
    /|.//::://{ 八_/ > ´   ∧   |:j              `;:::::::::::::: _r'⌒    .:.:.:::::::::.⌒\{ ∨__
  ..:| ///:/>辷ニ彡'     | ∧  .∧!/       .............::::::::::: _r‐-、!  ....    .:.::::::::::...:.: ̄.:.:.:.:.:.:.:.:.:.> .
 ...::::: ::::::::::::::::::::::::::::::<.           /    ......:::::::::::::::::::::::    _ノ .:::.....  .:.:.:.:.   .:.:::::::.:.:..
.:´    ` :::::::::::::::::::::: ヽ.           { {   .....:::::::::::::::::::..    _,.-‐'.:.:.::::::::::::::..    ... ..:.:.:::::::.:.:.:
        `;::::::::::::::::...........:`ヽ_.      >ー  ::::::::::::::::::::_rヾ⌒Y´    .:.::::::::::::::...     :.:.::::::
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 濛々と立ち込める煙の向こうで、赤い光が瞬いた。間に合わせで移植された
┃ 廃棄部品で出来たエクシアのカメラアイだ。視覚素子が鈍く光を放ち、露出した
┃ ままの左肩部アクチュエーターを庇う襤褸で粉塵をかき分けながら白と青の機体が
┃ そのままの姿を現す。

┃ その際、踏み出された右足が、吹き飛んできた装甲スーツの頭部を踏み潰した。
405:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/10/11(金) 02:08:05 ID:P3Vha.F6
ヒュー!
406:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/10/11(金) 02:08:27 ID:xKjT/f3A
センサーの塊踏んじゃったw
407:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/10/11(金) 02:08:27 ID:fRJGeF/.
幽霊みたいだなwww
410:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2013/10/11(金) 02:13:20 ID:f7POfHZU





                 ,ィ
               //, -―……――----;ッ'
            ____{ 〃r__   ――‐≦三´
          /ァ…‐ ` ⌒            、
           /                   丶、
          /                      \ニ=‐ ′
        ,                ,  、 、     \ \
      /               /, |  Vヘ  V l   丶 丶       「よぉ、無事か?」
  、 ー≦―     / /  /  / / |   Vへ. ヽl     V∧
  ヽ.三   / // /  /  / ヘ  lヽ  V  \\ l | Ⅳハ
    ミ≧三  イ イ  ′, l  /´ ̄ヽj、 V |   ` ‐\||Ⅵ      ……無事な物か
      ヽ ー=彳,l |l  l l / 勹ャx、ミ\V ||  .イ | || リ
        Ⅵ  Vヘ |l  l | { 「しソ`ヽヽ Ⅵ | ∠/  , ′' 丿      右側がレッドアウトしかかってる
        N   ゝⅦ| l∧{  `弋    ノ゙|/ィjァ7  / / !
.         Ⅵ  l从|ト、l  \       ー 彳乏ァ ,  ヘ |
         N  l|| ゙l \_         ヽ / ィ /  ヽl
         | | 从             丶,r '゙//´      `‐
         / /レ    \     ´、=ュ  ィ{
           l //   |     、      イ ``
        ノ´        , ` ー ´
             ヽ   /
               \ ト、
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 刹那の命を榴弾から救ったのは、推進剤の全力噴射による回避機動であり、その
┃ 跳躍は一瞬で15mも機体を動かした。機体は大破した装甲車の影に隠れ、難を逃れたのだ。
┃ 
┃ だが、高性能な減衰装置を装備していた所で、無茶をすれば減衰可能域を超えて
┃ 身体に不可を欠ける。横軸での強烈な横飛びは、刹那の体内の血を側方へと
┃ 無理矢理押しやり、片方の眼球は毛細血管の拡張で真っ赤に染まり、逆に一時的な
┃ 虚血状態に陥った左目は視覚を喪いつつある。何より、血液の偏りで頭がクラクラした。
┃ 死なないのでマシだが、それでも辛い。この挙動は、そう何度も行える物では無かった。
412:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/10/11(金) 02:13:59 ID:oV5G9i4I
このせっちゃんがドジする案件ってどんな修羅場だよw
413:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/10/11(金) 02:14:15 ID:W7Xuert2
無茶しよる
419:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2013/10/11(金) 02:16:02 ID:f7POfHZU

              ,. ― 、, ―‐- 、
             /: : : : : {: : : : : : : \
           , ': : : : へ: : V: へ: : : : : \
            / : : : /: : : \{/ ヽ:ヽ: : : : : :ヽ
.          /l: : : :f|: : : : :ト: イ: :|: : l、: : :ヽ: :l
.           /: : : : :|:|: : : : :lWl : |: : Ⅵ: : : l:∧
         | : |:|: : |:|: : /: :|  V |、: :Ⅵ: :|:|: トヽ        帰ったら念の為にスキャン受けとけよ
.          V |:|: : v!: /: ィ|   V| >、: Ⅵ |:|: ヽ ,.、
.          V/: ィ || :|l伝|l=、 |:Vr心 ニ=-: :/:.:}       頭ン中で欠陥破裂してたら洒落にならねーからな
        ゝ彡 ヘヘヘVl |゙`リ゙  Ⅵ  ̄ノィ: :/ 、|:.:.:|
         `7: : ゝ\`.≧‐   {リ 、_フf^ヽム}:.:.:|
         r/|:l: : : ヽト`三   , i   7ヘ:.:.:レ┴:.:ヽ _
.      _  ´l’ lヘl: : : 、ヽ\ ー=.オ イ: : 'y':__:.:.〉 ヽ、
   ,.   ´  /     〉: : :l トヽ 丶 _//ィ: : レ':__:.:.:〉   ,\
 /     /  、_ノイ: : :N  、    (_丿:ノ:Y:.:__:.:.:.{_   /   ヽ
./  ゝ   ,      { : トニソ_\   >イ:ハヽ':.:.:.:.:.:.:ハ '   ∧
   ∧  /      ゝN |、_____  rN `〈:.:.:.:.:.:.:.} V / ̄ ̄\
.    ∧ {       `  |、ー  ―  '|   ゝー‐ ヘ彡´
    V∧` _       | \     ,/|   ム  .∠ -――  、
    V∧ ||  > _  |\  ,/ | /彡´




            - .、
        -=≠  ̄` \_
       ‐彡´: : 从: : : : :\
       lィ : : lィャァN: l, l: 、ヽ
        |l: rヘ ´  l:八l: : l`
        lヘハ⌒  'ノT /
           └┬__彳l_ 
          _「「_/、 /⌒ヽ
        ∠イ井/L く__   ∧
       fl= 「「「==  } \  |     分かっている……それより、頭がガンガンして動きたくない
        ゝ l l | 〈 \ |V } {
       {{ !」」_> _> ’ 」 ゝ fl     悪いが車を拾ってきてくれ
        lY「::::::::::| |   /ハ \ l
        |‘j::::::::::::| |  // V  ∧     少し休む
       ノ ノ::::::::::::| |/イ  V `ヽl
        /`l、__/ィ l   f   l
      ,  k   }/| | ヽ  }   l
       { ィ::: ̄::::::::::| L |  V   l
420:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/10/11(金) 02:16:57 ID:fRJGeF/.
あー… 表に出てるのが全てとは…
全滅確かめて無いな
421:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/10/11(金) 02:17:04 ID:awKSWYrw
装甲スーツはこういうデメリットもあるのか
戦闘機パイロットみたいだな
425:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2013/10/11(金) 02:20:40 ID:f7POfHZU


            {、(、 _/:::::/::::::::::::::::::::::::::r::::::::::::::::::::::::::::::::::、::::\
           ゞー::::::::::´::::::/::::::::::::::::::::::::::、:::::::::::::::::::::::、::::\:::::\
               ヘ:::::::::::::::::/: /::/::/:::::::|::ヽ:\:::::::::::::ヽ:::\::::ヽ:::::::\__,.)
            ,ゝ;:::::::::/:/::/::::/:::::/::: /::::::::\\::i::::::::i::!::::ヽ::::いヽー一 ´
              小::::ハl::/::::/::/|::::!:::::::::::::::ヽ::ヽ:ヽ::l::!::::::::;::::'. ゙;l
               {いヘ (i:;:::::小i\|:::ハ::::::::;::::::::ハ::l:::::i::!:i::::::::i::::::, !
              `__)::ハ!|::::{《 fう心{、ヽ::::i:::::厶j/:::::j:ハ::::::::!、:::::、      「了解、良い子で待ってろよ」
            ,r‐f {小:iハ:::ト ゞニ   ` ソ::ィ刋^》:::/:::::ハ::::i `‐-`=-
           _ノ  } いj:ハヽ!       ー彳ゞ' イ/::∠  !::;'         黙れ、頭剃り上げるぞ
         , ´ ゝ {  乂 ヘ'、       、ノ   ,.イ::/  ヽi/
      ,.x<  / ぃ ‘  ‘、 ヽ\  ---  イ /个    ノ>―┐         「お前ね……」
.     /   /   ‘、、    ‘  ‘、 >、_ イ { |  !   /  ⌒ーv‐ 、
.      / ⌒ 、    ヽヽ  i \ \_」_/ ∧    !    /     ノ / ̄L___
    /    i 丶   ‘   {、  ` - 、 / /  / ∧       // / /  }
    //    l       }    い 、    ̄ /   レ 丿  -― / '   / / /⌒^ユ_
    〃       l  ヽ  j   {、 \ー‐一 /  / ̄ 二 -‐   / / レ  /  /
   /         l   ‘ /}   } ヽ \ /  厶_/  V      {  ! / ィ゙  /
.  /          l   V ]     {、   ̄ / /   , ’  ___ ] j  / !―‐i‐- 、
./          !   /‐|       ! `TニT´ ,ィ __/i ,_/   `ヽ !  ノ , /   \
 ̄` ー‐ 、    !  /  |      i  l   ! / 「  i   ぃ       └ヘ  レ ン      , ヘ
-、 ー、_   ヽ、  、/―‐!      |  i_, l´! !   ! !〉        ⌒∠ _  /,
‐、`ー、_ \   \  i{  [      |\{  {!!  !/イ         ∠ニニ、、y' //
_   ―\` ー 、 \!}  ]     ! 「! !   い └ ´ / !       f::-―‐-:Y´/ / /
丶、     ー 、 \_八  {    |/ } |  ‘、ヽ    !     _,,r 7:::::::::::::::::::V / 〃
.  ! ̄` ー 、_ `ーく  `¬V     v { }   ,} ‘,    [    /// /:::::::::::::::::::::::V //
 !       >一’   !     i  { {  ノ } {   / レy  //, ':::::::::::::::::::::::::::レ'/  /
  j   -‐, ┴ 、  _ -‐|     |  } }   /} レ   / /  /// !|::::{:::::::::::::;::::::j/_r /-
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ スーツを脱がぬまま、刹那は一息入れるために装甲車の残骸に腰を降ろした。
┃ 血液の流れが正常に戻るまで、暫くは安静にしていた方が良い。これがあるから、
┃ 全力機動は奥の手なのだ。前文明の兵士は電脳化してこれに耐え、全力機動を
┃ 繰り返して戦っていたというから恐ろしい。

┃ 刹那はロックオンに悪態を吐きながら、これがボーナス込みで一人200円の仕事?
┃ と思い返し、あまりの割りのあわなさに舌打ちを零した…………。
426:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/10/11(金) 02:21:26 ID:Cyol/lqY
安い(汗
427:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2013/10/11(金) 02:21:55 ID:f7POfHZU
と、言う事でイベントの布石終了……

後、下半身を締め上げてブラックアウトを防ぐ機構は内蔵されているも……
強烈な横Gだとどうしようもないので、それは働かなかったりする……

さて、寝るか……
関連記事
スポンサーサイト




コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する