やる夫はスカヴェンジャーのようです 30日目 -02

826:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2013/10/19(土) 00:37:00 ID:AaBcJSPk







              ,,ィニYヾ=∠Yヽ、
             ,イケシーヾ‐ゞミヽ`ヾ},、
            fテ'´       `ヾ}、ヾj
           /              マy,i
          /               マ}|_
       r'´7/     /| i   λ     |"ヽ`ヽ、
       {`/´!' /  /|/_リ!  / _,リ| l   l|ヽ、_ヽr'|
       `Y リ i l !j尖ッ、! j/仟テj| l l | |   ノ,/
        |  Ⅶリ|λ ` |,/ノ ` ´ リ | ノ リ'   | |      う、えーと……
        У/`|ヾ,人  ノ〈    イリノ .|ヽ、ノヽ'
        ヽ,/  |  |rヽ  ‐_-=  イ,i|   |  ヽ \     「もっと足の間を狭く。股を開いてはなりません。
      _、┴―|  | {={>--<ffシ}i|   |__,r‐'`7'"´      つま先を内側に向けるようにして……」
     /  ヽ.  |  | |(`| ̄|´ )/   / ,/`ヽ!
    . |     ヽ |  |,、f´_j c }  j/  ,/ /     \_
    . |     ヽ| ./,  ヽ ヽ,‐-/  ,// ´     |
     !,      i'´ 、 \ _ '! }'-、  /  "´      イ
     ノ,     | 、_ ヽ、ノ-'`´_/  / " ´      |
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ スーパー淑女タイムはじまるよ! さて、男と女の身体的構造は違う。まぁ、股の
┃ 間にあるかないかの問題だが、これが非常に大きく構造的な律動を変えている。
┃ 要するに歩き方から立ち方まで大分違うのだ。男性の頃の感覚に頼るやる夫は、
┃ スカートのせいで目立たないが、どちらかというと若干がに股気味で開き気味……
┃ これでは男のような立ち振る舞いだ。

┃ ・問題 ルガーとルーガー その差を正式名称や製造会社などを交えて二行程度で
┃  論述せよ。このレスから5分以内とする
828:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/10/19(土) 00:40:54 ID:LNglUwKo
ルガーの正式名称ってルガーP08のことか?それともルガーM1900の事?
あかん、さっぱりなので任せた
829:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/10/19(土) 00:40:59 ID:qc/phDGY
ルガーとはP08に代表される数々の名銃を生み出した米国の銃器製造メーカーである。
ルーガーとは、かつてフジ系列で放送されていた幼児向けバラエティ番組「ウゴウゴルーガ」に登場する少女の事である。
832:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/10/19(土) 00:42:14 ID:q3dDYHJo
ルガーは正式名Ruger ルーガーはLuger
前者はアメリカの会社だが、後者はドイツである
834:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/10/19(土) 00:42:20 ID:8cmsDXPA
ルガーは英語・ドイツ圏でみられる姓名
発音としてはルーガーが近い
835:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2013/10/19(土) 00:43:10 ID:AaBcJSPk
流石に五分は短いか……
837:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/10/19(土) 00:43:35 ID:JpdDqsig
あれ?
ルガー(P08作ったドイツの銃器会社)とスタームルーガー(安価だけど質の良い銃に定評のあるアメリカの銃器会社)の違いじゃないの?
839:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/10/19(土) 00:43:53 ID:qnXJlN3.
あれ? ドイツの銃製造メーカーじゃなかったか?
840:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/10/19(土) 00:43:53 ID:qc/phDGY
ネタしか思いつかんわ!
841:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/10/19(土) 00:43:35 ID:LNglUwKo
>>829
色々ネタを入れたかったが、素直にこれは賞賛せざるを得ない
そうか、こういう風にするのか…
842:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/10/19(土) 00:43:55 ID:xJIvA9hE
無理だよこんなのw
マニア過ぎや論述を5分って
843:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/10/19(土) 00:44:06 ID:q3dDYHJo
>>837
正確には前者は個人名で後者は社名
844:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/10/19(土) 00:44:09 ID:nCk1ZzPU
>>837
別に銃器に限ってなくね?
846:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/10/19(土) 00:44:45 ID:yNFk9FSM
ルガー 正式名称 P08 制作会社モーゼル他ドイツ製

ドイツ製シングルアクションのオートマグ
尺取虫の異名を持つ


ドイツ製とイギリス製とかそういう違いけ?いやルーガーはぐぐっても出てこないん。
エルフルト社製とモーゼル他との差異とかぐらいしか。
847:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/10/19(土) 00:44:55 ID:haoY8CZM
銃とは何処にも書いて無いしな
848:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/10/19(土) 00:44:59 ID:qnXJlN3.
ルガーはwikipedia先生がなんとかしてくれたけど
ルーガーわかんね
849:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/10/19(土) 00:45:31 ID:q9VTVGDs
ゾンビはルガーとルーガーの違いを製造会社や正式名称交えて としかいってないからなぁ。

フジテレビ系列(製造会社) ウゴウゴルーガ(正式名称) 全ていってる>>829は完璧やな!(マテ
850:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/10/19(土) 00:45:40 ID:csWZ3KpI
まぁ失敗も楽しいイベントだしなこれw
851:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2013/10/19(土) 00:45:51 ID:AaBcJSPk


                     __,、___,、_,、__
                 ┌1>┴┴┴<ト
                 ノア゙:::::::::::::::::::::::::::::::`'くL
               〈_/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V〉
                 〈_/:::::::::::::::;:::::::::::::::::::::::::::::::::V〉
               〈_,::::::/:::/:/|:l:::::::::::∧::::::::::::::::',_〉
                〈_|:::::::::/://|:|:::}::::/||∧l:::::::::::::|_〉__
.          rf二二フ||:::|:::|/`"ト|:{:://|l"´|l|::|::|::||⌒\__)    「それと、女性ですので言葉遣いは……」
.          ├(__/||:::|:::|:|‐-‐|::://丿‐-‐|::|::|::||\_)「
.          ヽ{ : : : 八{{八  从〈    八}}八: : : : |
             {___/: |\<辷  丶'   _彡//::|\__/      う……うう……
             〈: : :|: : |:::::::::r个... ´ー` ..个r|:::::::::|: : :|_〉
           ーヘ,_|:::::::::|ニゝL〕Z〔Llノシ|:::::::::|__ノ
                /::::|:::::::::|\_}-| 。 |-{_/|:::::::::|:::::::.
            /I斗|:::::::::|ニニ込...厶ニニ|:::::::::ト__::::.
             flxニニ|:::::::::|ニ[( ̄)Y( ̄)]ニ|:::::::::|ニニlx,_
.           /ニ〈lx.ニ|:::::::::|ニニ∧l:l∧ニニ|:::::::::|ニ-xl〉‐\
          /-ニ-〈lx_|l::::::::|-ニ∧/ll/∧ニ-|::::::::l|ニxl〉ニニ-ヘ
.         ニニニニ〈l八::::::|//V V\\|:::::j八xl〉ニニニl
         |ニニニニ-\)j;八//I〕〉 〈〔Lヘ八/(_l/(ニニニ-|
         |ニニ-/ニニニ//I〕〉 。 〈〔Lヘ.=≦ニニ\ニニ|
         |ニ/ニニニニ//I〕〉 }  {〈〔Lヘ \ニニニ\ニ{
        ┌v/ニニニニ/┌‐n__}   {_,〈〔Lヘ,\>‐┐ニ\〉
        |ニニニ-/ ̄ ̄ ̄}_}ニ=-{__,〈〔L/   /)ニニ\
        |ニニニi≦      }_}ニニニ=-<|   /〉ニニニ/
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 結局、淑女らしい立ち振る舞いを数分で仕込むのは無理だったが……がに股は
┃ 治って、立つ時は内股、という事は覚えたので少しはマシだ。ただ、乙女らしい格好に
┃ どこか粗野な男性の色が滲むのは、それはそれで色っぽい。
┃ 
┃ 次は口調だ……分かり易く女口調、それを仕込もうとSfは努力している。

┃ ・問題 テッカマンブレードで出て来たテッカマン 全て答えよ
┃  このレスから五分以内とする(オーガンは除く)
853:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/10/19(土) 00:46:43 ID:q3dDYHJo
テッカマンブレード
854:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/10/19(土) 00:47:01 ID:nCk1ZzPU
テッカマンエビル:多目的汎用型
テッカマンレイピア:諜報索敵型     
テッカマンダガー:後方支援型
テッカマンアックス:近接格闘型     
テッカマンランス:参謀型
テッカマンソード:護衛型        
テッカマンオメガ:司令官型
857:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/10/19(土) 00:47:32 ID:nCk1ZzPU
ソルテッカマン
859:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/10/19(土) 00:47:50 ID:LNglUwKo
>>854
はええよwww
862:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/10/19(土) 00:48:35 ID:q3dDYHJo
まあこれに関してはwiki先生がまる揃えやから・・・
863:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/10/19(土) 00:48:41 ID:8cmsDXPA
テッカマンブレード
テッカマンダガー
テッカマンソード
テッカマンレイピア
テッカマンアックス
テッカマンエビル
テッカマンランス
テッカマンオメガ
テッカマンセイバー

アキテッカマン
テッカマンイーベル
テッカマンゾマー
テッカマンベスナー
テッカマンデッド
864:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/10/19(土) 00:48:47 ID:CxFz6F5Q
これ、成功し過ぎるとやる夫がカマっぽくなってしまうんじゃないか?

871:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/10/19(土) 00:50:03 ID:KegjvljY
オーガンは除くwww
スパロボW以外じゃテッカマン扱いされてねえw
879:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2013/10/19(土) 00:53:59 ID:AaBcJSPk



                            __,,..xrュr……=ミx、__
                      ,....::::::::::::::::::::::::`^艾>、:i:i:i:i:iX廴::...、
                     /::::::::::::::::::::::::::::::::::::`^艾>、:i:i:i:i:X廴:::ヽ
               /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ^艾>;i:i:i:i:ヾ廴:::,
                ,.:::::::::::::::::::/:/::::::::::::::::::::: }!:::::::::::: ^艾>;i:i:i:ivハ:::,
             /::/::::::::::::::/:/::::::::::::::::::::::::/!:::::::::::::::::::艾〉;i:i:i:v{_:::,
               /^7:::::::::::: /:/::::::::::::::::::::::::/:}l:::::::::::::::::::::艾〉i:i:i:}「(:::::,     とても良いお日柄ですわね……って、何だお、
           /゙ ,:i:: i: /:::}{::ハ:::::::::::::::::::: /:!八:::::::::::::::::::::艾〉:i:i:}「) :::::,      この妙に気取った口調
           , /!:|::i|/{:::八{ }::::::::::::::::: /}::| }ハ::|i::::::::::::::艾〉:i:i:}「(:::::::::,
              { { l |::|{: |::. 芹ミx::::::::::: , ,:::| / }八::::::::::::艾〉:i:i:}「):::::::::::,      「だが、それがいい と言う奴です」
             }:|::||: |:|::. 乂rヘ:::: /ーr≠=―-「:)::::::::::: }l「` ー=ニ二^⌒ヽ
                从八リ从;  ゙^}r'゙  ノ x芹芸ミx ::::::::: 八 \       {     よーわからんお……
                  ,::::::: `ヽ ノ'       乂rソ^}::::::/} \ \      }
                   ,:::::::::::八           ノ ,::::::}/!   `ー}   人
               / :::::: / ハ_、 ⌒ゝ    ___彡イ:::: ノ,ノ     {  , .:::::: \
                 / :::::: /^'〈_j{\        イ}|:::|/ {       ;_/ :::::::::::::: \
                ノ ̄ノ::,′r…=ミ、 ー=ニアrヘノ_j|:::{        ノ:::::::::::::::::::::::::::::::\
          /  (  _└‐…=ミァ'゙⌒>'^´ニニ!:::ハ_rヘ )'゙^^厂::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
          ノ    `^ ノ    /rヘ___/二ニニニ}/::::::::|_ゝ-=彡::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
       f^⌒Y^ヽ「^ハr{__,,..r≪/ {__,,..r≠ミニニ|! :::::: |ニニ\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
       ┌'}   } ノ   ハ」_____,,   {「二二二\ニ! ::::::: |二二二\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
       }ノ二二ニ≠=ミ{_ ≪____,ノ二二二二ニ>,j:::::::::::|二ニニニニ \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
       /二二二二二二ニ〉   /二二二二二ニ7 :::::::: |ニニニニ/゙^ \:::::::::::::::::::::::::::::::::
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ ぶっきらぼうな訛りの混ざる口調の訂正には成功した。どこかお嬢様然とした、
┃ その外見に似合う口調だ。しかし、立ち振る舞いとのギャップがあり、少し無理を
┃ しているような雰囲気が何ともアンバランスに噛み合っている。
┃ 
┃ 最後に、ちょっとした仕草の指導だ。髪を掻き上げる、クシャミを隠す、ポケットを
┃ 探って財布を出す。これら全てにも、女性らしさという特徴がある。

┃ ・問題 球磨級軽巡洋艦の名称 全て答えよ
┃ このレスから五分以内とし、一人一答とする
880:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/10/19(土) 00:54:22 ID:JpdDqsig
とりあえず結局最初の問題の答えは何だったのゾンビー?
882:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/10/19(土) 00:54:41 ID:isuKKxZk
北上
883:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/10/19(土) 00:54:42 ID:F7z2mibk
多摩
884:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/10/19(土) 00:54:53 ID:nCk1ZzPU
木曾
885:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/10/19(土) 00:55:12 ID:JpdDqsig
大井
886:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/10/19(土) 00:55:14 ID:8cmsDXPA
球磨
887:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2013/10/19(土) 00:55:20 ID:AaBcJSPk
>>880
 名前がとても良く似た銃器の会社があってな……

正解に似た回答が出てるから、それを頼りにググると色々出てくるぜよ……
899:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/10/19(土) 00:57:34 ID:8cmsDXPA
>>887
William Batterman RugerとGeorg J. Lugerか
前者はスターム・ルガーの設立者(の一人)、後者はルガーP08の開発者
904:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/10/19(土) 00:59:06 ID:yNFk9FSM
>>887
ルガーとルーガーみたいのは綴りを一緒だとありがてーです。
ぶっちゃけ両方ともルガーで覚えてたんでどうしようも無かった。
907:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2013/10/19(土) 01:00:03 ID:AaBcJSPk




        / ̄¨ ー───、
      _ /             \
    r '   /. . ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ二、
     \ /: : : : :./: : : : : : : : : : : : :\
  ,イ:Y´: : : : : : : : |: : : : : : : : : : : : : : : \
 / / |: : : :i: : : : : :.!: : : : : : : : : : : : : : : : : \_
/ {{  |: : : :|: : : |: : |: : :|: : : : : : : : : |: : : : : : : : :l
  ∧ノ|: : : :|: : : |: : |: : :ト、ト、: :,イ: : : l: : : : :|: : : : 〉
/   |: : : :|: : : |: : |尓Zz、 ∨ |: : /|: /: : :l: : : /
     |: : : :|: : : |: : |ヽ辷V   j/ .jイ: : :/: : :/
     |: : : :|: : : |: : |/       x=、|: :/: : :/
、_   !: : : :!: : : l: : l       込7!/: : :/
   \ト、: : :!: : : l: N     __ '   /′: /
    } \ト、: : l/      ` /: : : /      若干の不安は残りますが、まずまずかと
r‐r─、}     \|         /: : : /
vハ:::::く_r──、 `f一^ー‐. .´,ィ: : /||        では、この日傘を私が持ちますのでお入り下さい
::vハ:::::::::\   `ヽ、_7¨¨l: ///_l」 ̄ ̄〉
::::vハ::::::::::::}     〉'ー<´{  ´ L _」    /     「ちょっと待って、これどっから持って来た」
::::::vハ::::::::::} __/   \\___    /
:::{⌒ヽ:::::::::\  ー、´ ̄ `ー─、ヽ\  ̄ ̄l   Tes. 汎用奉仕キットの内容物です
:::弋乂::::::::::::/   イ       | |   ̄¨<
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ ・正解 制限時間の半分以内の正答によりクリティカル
┃  やる夫は 女性的装いLvDを習得しました
┃  今後、マリオネットなどを用いた潜入任務などで役立つでしょう。
┃ 
┃ 完全に満足、とは行かないようだが、Sfは大凡ながら納得いったらしい。そして、何処
┃ からか大きな日傘を持ち出し、それに入れという。明らかに一式入っていたトランクに
┃ 収まりきらない大きさだと思うのだが…………
915:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2013/10/19(土) 01:04:22 ID:AaBcJSPk



         /. -‐: : : : : : : : 、: : : : :`: .、
      . '/: : : : : : : : : : : : :\: : : : : :.\
.     /:/: : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ: : : : : :.丶
    /:/: : : l: : : :.: : : l: : :l: : ; : : ハ: : : : :. : ヽ
    //: : :l: :|: : : :j!: : :|: :/: :/|: ;イ:.!: : : : :.: : :.'
.   〃l: : :ハ:|、: : ハ: /}:/メ:/-|/ |:.:}: : : : ::.:. : :'
   ': :{: : |‐-トヽ:{ j/7'zテ=0テ、/イ: : : : :.:.:. : :ト、
   ,': : :ヽ:トrr=0k\   弋z夕/ /: :,: : : :/: :. :ト\     わぁ、凄い 本当にお嬢様みたい……
  .::/: : : :ト杙z:リ }        /: :/: : :./:.:.:.: :l
  |:l: : :|: :.l   〈        ,.': :/: : :./:.:.:/:. .'
  |ハ: : |: :.l             /:/: : :.イ:.:.:/|:.:/
   ヽ:.:l:.:人    - -  /イ/: : //:.:ノ:.:!/:}
    ヽト、:.:.:iト:.、        _彡'´  /,久_:.:j':.:l-、
       \|\l>.__. ィく       ′  マ:.:.:.:. }
          `     '  }_.ィ三三ニ==ヽ\:.:ト、
               /三三三三三ニ\ミ{:.:.:.ヽ
             /三三三三三三三ニヾ、:.:.:.|_
              /三三三三三三三三三ニ〉:.:.:冫
               /三三三三三三三三/三ニス:.:人
               /三三三三三三三三∧三三〉:.:. :)
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 妙に豪奢な服を着て、背後に侍女を伴い日傘に入る……まるで何処か良い所の
┃ ご令嬢のような雰囲気である。
┃ 
┃ 蘇芳は素直に感心すると同時に……胸元の盛り上がりを見た後で、やる夫に背を
┃ 向けてからひっそりぺたぺたと自分の胸を触ってみる。そして、大きな溜息を零し、
┃ 口の端をつり上げる自嘲的な笑みを浮かべた。
931:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2013/10/19(土) 01:11:50 ID:AaBcJSPk




                .  -‐…‐-  .
               . . : : : : : : : : : : : : : : : : : `: . .
            / : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
.         /: : : : : : : : : : : : : : : `丶: : : : : : : : : : : .
.       . : : :/: : : : : : : : : : : : : : : : :\: : : : : : : : : ゚。
      / : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : | : : ゚。: : : : : : : : : .
       . : : /: : : :|: :i: : : : : : :| : : : : : :|l: : : :゚ : : : : : : : : : : .
     . : : : : : : l:|: :|{.: : : : : :ト、 : : : _」L: :_: : : : : : : : : : : : : \
      i: : :|.: : : :|:|: :|{: : : 、: :| \´: 八: : : : : :i : : : : : : : : : {⌒
.     /|: : l| : : 斗|‐八: : {\{ .斗rテ〒マ : : :l|: : : : : : : : : : 乂
     . :|: :八:´ : 斗r云\{  \ 弋. ソ ノ: : : 八: : : : : : : : : :<⌒ヽ
   { : | : : : \《弋. ソ  }        }: : : : : : : .: : : : :| 、 :
   { 八: : : : :{ ゛    `          ノイ}|.: : : .: : :|: : : :|ハ: }
   {  \ : : 乂_     __          }八 : : : : : ト、: : :  }′   大丈夫、まだ成長期終わってないよ……
         \:八      こ`         / __〕|{: : |.:| \{
.         ハ: :\  ┐           イ.: .:八: :|人         「蘇芳ー?」
         {: : :V/  /          . :  |:/  Ⅵ⌒\
      /{: :/   { >   ‐=≦   |-‐…       ̄ /      あ、うん、今行く
      _{: : : 八     {: : :_|           |         /
   / 斗‐=¬ ゚。   {/....l|           |           /=ミ
.  {: :/ ............ |... ゚.  {......リ            〉         /...........
    V................. |........〉 {..../≧=‐-   -‐=≦}       ................|
.   | ................ |...../....Ⅵ /ニニニニニニニニニニニ}    /.................|
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 蘇芳は自分の貧相な身体を見下ろして、少し残念な気持ちになったが、自分はまだ
┃ 14にもなっていない育ち盛りだと思って気を取り直した。それに、最近は少し肉付き
┃ も良くなってきて、間接が成長痛なのか痛み始めている。きっと、伸びるはずだ。
┃ 
┃ 蘇芳は自分を納得させる為に頷いて、やる夫の背を追いかけた。
937:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2013/10/19(土) 01:14:12 ID:AaBcJSPk



               _ryr≦二二二≧vrvx
             /≦廴廴廴廴<//≧x. \
             /::::::::::::::::::::::::::::::: ゝ-廴寸/\_ゝ
         ___/::::::::::_::::::::::::::::::::::::::::::::::..に∨∧_ゝ
         r:!:!:!:::::::::::::::/V::::::::::::::::::::::::::::::::::にV,∧_)
         Y:!:l|:::::::::::Y「沁|:::::::::::::::/::::::::::::::::::にl/,|_)|
         }:!:!从:::爪 以l从::::/_彡::、::::::::::: にl/,|_)|
         ゝ彡}:::::| ヽ -=彡 "气斥x':::ヽ::::::::に}∨_)
.         /:!:!:!:ノ::::::!   '     夂沙::::::::::::::〃'/ソ__
       /⌒/:::::::::::ハ   ,     __彡::::::::::::::Y/./≦:!:!:!:!:!)
    / ̄:::::::::::::::::/: ∧  `  __彡:::::::::::::::::/{:!:!:!:!:!:!:!:!:!\
   /::::::::::::/:::::::ノ::::::::介 z..≦:::::::::::::::::::::/{:!|ゞ):!:!:!:!:!:!:!:!:ノ
  /::::::__彡::::::::::/:::::::Y__У:::::::::::::::::::::::::/:!{:!:Y:!:!|:!:!:!:!:/´
. {:::::/ {::::::::/::::イニ.!/:::::::::::::::::::::::/:!:!人:!:!:!:!:|:!:!:!:{
. 乂{ _.|::: -====--/_。r≦ニ=- '':!:!:!:!:!{v:!「 ̄}:!∧¨´
  /⌒(:!:(__彡イハYニニ=/:!:!:イ:!:!:!:!ハ:!:!|:!:!:!|:!:!∧
  , - 'r/'。 〃/||ニ||ニニニニ.人:!/:::::`¨:::::::ノ:!:!:!∧
 / {ry/。-= .{{イr.||ニ||ニニニニ=/::::::::::::::::::::(:!:!:!ノ::从≧ー‐‐‐
. , ヽ r<.:/_彡' .r||ニ||ニニニニ/:::/}:::::::::::::::::::::`¨´:::::::::\ニニ ノ
. !  r{ ミ{ ソ    .)ゞイニニニニ/イV .:::::|:::::{::::::::::::::::::::::::::::::\/
八 .rV。{ソ=-_  r l=||ニニニニニ {:::|ニ|:::::|ヽ::::::::::::::::::::::::\:::\
  \ゞ} .{ソ     r V.|ニニニニニ.从!八::::{ニ.\:::::::::::::::从 \:::::.、
   Y_Vゞ) ____彡}llニニニニニ=====\ヽニ.):::::::::::::::::.ヾ __}::::::)
.   |ゝ} )r) 辷彡'{込ニニニ=≦ニニニ≧=-≦\::::::::::\_从:/__
.   |ニ=≧zzzzz≦r Y.}}ニニニニニニニニニニニニ\::::::::::\/ニニ
.   |ニ={><}ニニ} .}ノ'ニニニニニニニニニニニニニ.ヽ:::::::::::ヽニニ
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 町の中を歩くと、それはもう目立つ。昼間なので、人通りはそこまで多くないのだが、
┃ それでも侍女を伴った美女が歩いていると嫌でも目立つ物だ。帰り道で見ていない
┃ 人間も、その姿を見て後日に新しい噂を立てるのだ。
┃ 
┃ 人形遣いが新しい女を引っかけた。それも、自分専属の侍女をくっつけるほど
┃ お気に入りの。と言った内容の物を。
953:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2013/10/19(土) 01:23:48 ID:AaBcJSPk




               -‐乞ア===-r‐xv=-、
.          /::::::::辷アニニノヒ>┴‐:く
.        /:::::::::::辷/ニニア/::::::::::::::::::::\
       /:::::::::::辷/ニニアア:::::::::::::::::::::::::::::::::.
      .'::::::::::::::ヒ|ニニノ/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.
      ::::::::::::::::ヒ|ニヒ/::::::::::::::::::::::::::::イ::::::::::;
.       ;:::::::::::::斗┴zZ;:::::::::/:/::::/:::/ヽ|::|:i:::::|i
.      ,:::::::::{ー―く_ノl:::::/:/l::;/|:jハ冰|::|:|::::八
.     ,:::::::::::::}: : |: : : : :|:::l|∧|:|| |(   乂ハ/  )
.    ,::::::::::::::`ァ个ー‐〈::;八 |八     ,ノ丿      Sf、少し首筋が熱くて辛いのですが……
.     /:::::::::::::::く/.: : : :,ハ::::'^ヽ   -;ァ'
    /::::::::::::::::::人__,ノ」:::!>......__丿
.   /:::::::::::::::<ニニニニ|::::::::|ア7:;ノ|::::|           「Tes. 耐えて下さい。長髪とはそういう物です」
  /::::x<-ニニニニニ|::::::::| /く__|::::|
. 厶≠-ニニニニニニニ|::::::::|「ニニ|::::|i、         (なんで髪が伸びるかな、このジョークグッズは……)
ア⌒`\\-ニニニニニ|::::::::|lヘ-ニ|:::::V〉
ニニニニ\\ニニニ二|::::::::∨ヘ,八::::::V〉
-ニニニニ\\ニニニ八:::::::::∨ヘニハ:::::Y!
ニニニニニ二\\ニニ二ヽ::::::|: Vヘ八从!
-ニニニニニニ二\\ニ/八从. ヒハ∨|ニ|
ニニニニニニニニ∨∨/辷| 0 ヒハV|ニ|
-ニニニニニニニニ∨/_,辷|   ヒ7∨ニ|
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ まぁ、その実体はと言うとガンマニアで仏頂面の老け顔少年その人なのだが。
┃ 実態を知らない周囲の人間からすると、単なる日常を愉快に送るための噂になる
┃ 要素に過ぎない。
┃ 
┃ とはいえ、どれだけ美人でどれだけ金を持っていそうでも……街中で20mmをブッ
┃ ぱなし、30mmや5mmレイルガンをブン回す殺人侍女が付いている女に話しかけるだけの
┃ 勇気や蛮勇を誇る男は何処にも居なかった。
957:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/10/19(土) 01:25:05 ID:TAE.hm6s
sfもすっかり殺人侍女で定着したのねw
968:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2013/10/19(土) 01:30:53 ID:AaBcJSPk




                     }   /  ヽ  _,,,,,ゝ-‐== 、-‐‐、-、
                     ヽ_,,-'"、__, ‐"- ゝ‐"´`゙ ヽ、`ヽ、ヽ<
                     ヽ} ヽ, '"´   ´`ヽ ‐- 、 ヽ、 ヽ ヽヽ
                       V   / /    ヽ`ヽ ヽ ノヽ、}
                        / / 〃 ./ l  l  ヽ ヽ彡ノ} >,
.                      { { {{ .il  l  li  l l彡シノl lヽン
                       `- r,--、__, ヽ_____-リヾ彡 lリノ
                         ',アT 。、   r‐r‐。`ヽ } /_リノ
                         ',`ー'ノ   ‐--'` ノノ }     おっ…………?
                          l"" ヽ   """" {{_,ノ
.                      , 、  ヽ  ヽ--v、  u ノ,{_
                    , '", '"   ` 、  ̄`´ _, ‐´-'"リ、
                  ,, ',"'".       _, ` ='"-‐^-‐':::::::}、  , -─‐-、
                , ,'" '"       _,,/ _, -‐{, ̄:::::;;;; -'   7_,r、‐'´ ̄}ゝ、
             ,, ,'"'"        /E{ /,、_  `,二,   _,//l__/-'^~´`ヽ::ヽ
    r-、r-、_   ,, ,'"'"        ,.-'";::::{_>、ヽ} _>-<_  }-‐'二ィ<_r'::::::::::::ヽ::::::ヽ::)
.    l  l_,、 _,, ,'"'"         /::/:::::/ヽ_/ -‐Yゝ-、_{_}、_}_r':{::ll:::::::::::::::::}}::::::ノ、
   _,_ l / .}、'"   \      , ┴ {{:://:::ヽ、//_, -ll:::::::::::::::ヽゞヽ_:::::::::::ノ-''"ヽ、)
  <  )- / /  )__   l    /;;=-::::::{::::{{::::::::::::{{::::::::::::::ll:::::::::::::::::}:::::/::/ ̄´:::ヽ:::::::::::{
  `´-‐'`'''l_ r'" ,)  |ヽ   |://:::::::::::::}::::ヽ::::::::::{::::::::::::::::{{:::::::::::::ノ:::: {:::ll:::::::::::::::::ll::::::::ノ
        `ーrt‐'´ }、ト、 { l:::::::::::::://ヽ、ヽ___ヽ___ゝ-‐'"/:::::∧_ヽ::::::::::::::ノ_,ノ
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 普段なら自分で扉を開くのだが、Sfは日傘を閉じると扉を自分で開く。こう言った
┃ 従僕の立ち振る舞いも重要なのです、と小声で呟いて教えてくる。
┃ 
┃ 何だかなぁ、と思いつつも、開かれた扉を潜る。すると、カウンターの向こうに安楽椅子
┃ を持ち込み、家具と呼んでいる従業員に肩を揉ませている魔女が、珍客を見て妙な
┃ 声を上げた。
8:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2013/10/19(土) 01:39:50 ID:C9jG09S.





          〉:.ー'.::ノ.:/  . : :/ / .:/ :l | :l .:| :.ヽ
         「ヽ.:</厂\: :/ / .:/ :| :| :l .:| : : ',
         \二仄\_ノ/ | :| :|  :l .:| :l .:| : : .l
          ノ .:| |l Ⅵ l 厂≧ 、  ̄`  ┴ヘ ノ
          丶.::| |/⌒| |  「「じヘ `  ,. =≦厂
          〈人八  | ヽ  `      ヘじリイ
           L、ヽ>ヘ .:        l   八      (あ? あの人形……人形遣い?
             └ヘ.;∧|    _ ´  / ヽ _
               イ_丿\ └ニ'′/   ⌒〉    あー……まーた女抱き込んだかぁ……)
              〈爪`ー⌒ヽ __,        /
      , ─ 、     ノ//////厂      /
     仄〉─  >┬ '⌒ ー──ヘ
   //〈 , ─-〈 │  ̄ ̄ 丶    > 、_
  /////八    八 |              厂 Y⌒>¬、
 /////////>   ヽ\    厂 `ヽ ,、/⌒ヽ|  ⌒)/ハ
 //l |///////⌒>/\\_人: : : :=O=: : : : ノ   ///∧
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 上等な身なりの女は普通、こんな所に来ない。酒を飲むならもっと相応しい所が
┃ あるし、そもそも金持ちが住むような町ではないのだ。たまに何か勘違いした金持ちが
┃ 自ら有力者を求めてやって来る事はあるのだが……あれは毛色が違う。
┃ 
┃ 最早町で知る者の居ない存在である侍女人形を伴う存在は、ただの一人だけ。
┃ 出世頭に屍肉喰らい、人形遣いだ。だが、その人形が、まるで主に仕えるかのように
┃ 女に付き従っている。あの女は何だ、という話しになると、人形遣いは気に入った女に
┃ 人形を送る、という噂から、新しい女という答えに行き着く。
10:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/10/19(土) 01:40:38 ID:rQ5.ER1M
おっと魔女も騙せた!w
14:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/10/19(土) 01:41:25 ID:kK4fONaw
魔女も勘違いするかww
ま、しゃーないなwww
33:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2013/10/19(土) 01:46:07 ID:C9jG09S.



                   / ,ゝイ ⌒ヽ    \ヽー--r--ー'''''゛゛'''-r'''゛       | |  |
                  イ/ / /    ヽ     i〉  /       /         | | |
                 〈 〈 /. | .| || | __l_ヽ/  i〉 {       {          | | |
                  乂| イ |___ルゞ.,_,.., イ i| ,ゝ、 i〉 {       {          | | |
                  \|__ヤ   イ0 ノ冫 /イノ〉/  |       |          | | |
                       弋 弋)  `   / l/ /   {       {         | | |
                      ハ ヽ_ __   / ヘ〈    人___ 八_____丿 | |
                     /ゝへ ー  /ヽ( ヘ   Υ   ノ Υ        | | |
                    ( (   >イヘ  》 ヘ\  |   /   |         | | |
                      ソ /ト ノ\ V (     > ̄lゝ    |        | | |  (んー……? だが待てよぉ?
           _,、_  __,,,... -  ゝl:八 l  ゝ  -ー''/ /〉⌒lヽ     |       | | |
       _ ,,----///ヽュ、     イ:::(ヽi      / /l:l:::::::::l:::}     |      | | |   あの人形が主から離れるねぇ
夂-‐ '' "´  ''''ー‐ト、リ、イ  \ヘ /:::::::::( l l   i   / /::/::::::::l::〈___八___| | |
               ̄\  Y:::〈:::::::{::〉l l  / /::::/::::::::::::l:::l    Υ    | | |    まぁ、置いてきたこたぁあるが、
                イ\ ゝ、::::::/::ゝヽヽ〈 /l:::::::l:::::::::::::::::/::::l   /     | | |      珍しいこった)
                /   V\lヽ:::/::、´~~{ ゝ⌒:/、:::::::::/::::::}  /      | | |
                丁\ l\l::\{::::〉ーゝ:/:::::::ヽ/::ー::√ V      | | |
                   { ̄゛  i  i::::::::Y:::::::γ::::::::::::::::}:i/::::::/ X        | | |
                丁> ゝ i::::::::::}::::::::l:::::::::::::::::::〉:l::::/ / \     | | |
  Y⌒~~゛゛'''--.....,,,_r マヽ__ヽ_,,,... -`-- ≠ー::l::::::::::::::/::/::/ /    \    | | |
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 如何に観察眼に優れる魔女と言えども、流石に情報が少なすぎて女の正体には
┃ 気付けなかった。気付けたとしたら、最初からこの馬鹿騒ぎに関わっているか、思考
┃ を読めるESPでも持っていないと不可能だろう。
┃ 
┃ ただ、それでも主人にぴったりの侍女人形が侍っている、その事に違和感は隠せ
┃ なかったが。それに、よく見れば弟子までくっついている。さてはて、あれは一体……
49:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2013/10/19(土) 01:53:09 ID:C9jG09S.



                0匸)
               ⅱ                   へヘヘ
               ⅱ                /ヽ´ゝ ̄ー、イヘ
               ⅱ               / ̄      ミ \
               ⅱ             /         ヾ ヘ
               ⅱ            /            }  }  (読めねぇなぁ……
               ,、|           /            |  :|
              / ノ|           {             i  l   面白そうだが、そこが不可思議で
              ///}           ヤ: / |  |  |  |  / | /    不愉快だぜ
               l´レ ==ュ            |/|_| ,≧、     ,≦ \} iコ
                /  イi |             ハ弋シト   ィセチノ i /    理解できないってのはもどかしいなぁ、オイ)
            /  / ホノ            〈 ヘ         /て_
           {  イ ⅱ             )). \  _ヽ_  /  ))
           ヽ  マ.ⅱ            ´   个、 ̄ /イヽ..,,_ン
            キ   V.i            _,,,.--' ´ i:::::::::::::::::|   `ヽ-..,,_,,,___
            |    ヘ      /´ ̄ヾマ \  ヽ...,,,_  _,,,-'"~    /     \
              |   Y\    i:::::::::::::::::::::ヽ |     ` ´     /__,,イ~ ̄`⌒\
                ハ   |\iヘ   \:::::::::::::::::::ヘ,,iス          / イ:::::::::::::::::::::::::::::i
                ノ キ  /乂i::::}r-ー ̄>、::::::::::乂 >/`\_y_/´´l/乂く:::::::::::::::::::::::::::::ノ
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 材料が少なすぎて推察することすら難しい。魔女は、読めない事情が少し気に
┃ 食わなくなり、愛用の煙管から灰皿へと吸い終えた灰を叩き通す事で僅かに気を
┃ 逸らした。
┃ 
┃ さて……本来の目的の人物は……
65:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2013/10/19(土) 01:57:14 ID:C9jG09S.







                 ,ィ
               //, -―……――----;ッ'
            ____{ 〃r__   ――‐≦三´
          /ァ…‐ ` ⌒            、
           /                   丶、
          /                      \ニ=‐ ′
        ,                ,  、 、     \ \
      /               /, |  Vヘ  V l   丶 丶
  、 ー≦―     / /  /  / / |   Vへ. ヽl     V∧
  ヽ.三   / // /  /  / ヘ  lヽ  V  \\ l | Ⅳハ
    ミ≧三  イ イ  ′, l  /´ ̄ヽj、 V |   ` ‐\||Ⅵ
      ヽ ー=彳,l |l  l l / 勹ャx、ミ\V ||  .イ | || リ
        Ⅵ  Vヘ |l  l | { 「しソ`ヽヽ Ⅵ | ∠/  , ′' 丿
        N   ゝⅦ| l∧{  `弋    ノ゙|/ィjァ7  / / !
.         Ⅵ  l从|ト、l  \       ー 彳乏ァ ,  ヘ |
         N  l|| ゙l \_         ヽ / ィ /  ヽl
         | | 从             丶,r '゙//´      `‐
         / /レ    \     ´、=ュ  ィ{
           l //   |     、      イ ``
        ノ´        , ` ー ´
             ヽ   /
               \ ト、
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 居た。二人掛けの席にすわり、チビチビと炭酸飲料を飲んでいる。対面には心底
┃ 疲れ切った様子のロックオンが自分の腕を枕にぶっ倒れて居る。
┃ 
┃ ……居たのは良いが、何故かガン見されている。
┃ では、元変態エロ餓鬼、現ムッツリエロ餓鬼の感想はこうだ。
67:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/10/19(土) 01:57:32 ID:HLKNhjUY
せっちゃんwww
68:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/10/19(土) 01:57:52 ID:rQ5.ER1M
さすがしんのすけwww
69:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/10/19(土) 01:58:00 ID:Zyk1l7m6
シンちゃんフルボッコタイムだww
70:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/10/19(土) 01:58:13 ID:L7Z.NsPI
元しんのすけなら仕方ねぇなwwww
71:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/10/19(土) 01:58:20 ID:HngmY00.
(おっぱいを)ガン見されているんですね分かります
72:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/10/19(土) 01:58:24 ID:ccDcJUH.
胸部にロックオンですねw
73:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/10/19(土) 01:58:34 ID:6zQh7swY
着やせするタイプだと感知したのか
74:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/10/19(土) 01:58:35 ID:ZBM/rnWU
呼吸するかの如く自然にエロい視線を向けて来るな…w<せっさん
75:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/10/19(土) 01:58:43 ID:aP5jwT32
しんちゃんwww
76:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/10/19(土) 01:59:13 ID:p3EXnN3Y
予想通りの反応で楽しいww
77:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/10/19(土) 01:59:20 ID:onOy5bns
元男でもやっぱり自分の胸に集まる視線とかは感じられるものなのかね?w
78:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/10/19(土) 01:59:22 ID:jwI5l3BY
>>ガン見
誰だってそーする、俺だってそーする
79:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/10/19(土) 02:00:16 ID:L1c4dT4s
野原しんのすけ君の前に、
おっぱいの大きいエイプリルベースのマリオネットと
ガンダムベースのマリオネットを並べます
さてどちらに向かうでしょうか?
80:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2013/10/19(土) 02:00:34 ID:C9jG09S.




              /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :、: : : : :\
                 /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\-、_: : \
             /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : |: : : :ヽ: : : : ヽ: :、: :ヽ  ヽ、 \
             , ': : : : : : : : : | : : : : : : : : : : / : ;| :|: : ヽ: : : :丶 ヽ: ∧    ‐ \
        __/: /: : : : : : : :|: : /: : : : / /:/:/ V |: |: : : \: : : \l: l:∧     `ヽ
     ヽー `ニ=‐:´: : : : : : _ : : | : l : : : : レ: :ィ l/\Ⅵ: !:|:| : V : >: __ 丶、 i
      丶、: : : : :‐=ニ/: : ィ:| l | : : /ィ: :/ f=ミヽト、l |:|: : |: /: : / : ┬ `=-
        ≧=―: : :´: : : :ィ:_|:ヘ|: : |: : l|: :|  、 fィふミヾ|: : |/: /: :l : |: : l
          ` ¬¬ =:彡く |: :l: : :l: :ハ: |   `弋(  /: :ィケ7: /: /: / : : ',
            ヽ l、: :´: :\ V:l: : :|: l ヽl      //{リツ /: /l / \ : '、
              `l ヽ : : : : >Ⅵ: : ト l          ノ´  ヾ:ノ/ ノ'    \ \
                 V: :l N `lヽ |           _  >        ` ‐ヽ
                    |:l: l/    `l       ,.、__  ,r f´
               __,|ル'               ̄__`ンヽ:l   (でかい……服で抑えているが、脱ぐとEはあるか?
              |‐┴-、_  l     、      /l | `
              |     ``丶、   > _   /l |/     だが腰も細すぎず、かとってくびれはしっかりしているし、
              /        ヽ / ̄/` Ti l'′      ……スカート生地越しに見えるが、安産型……
          _,,.. ‐l         l l   {  `l
__,,.. -‐  ¨´   K 、        | ノ    }-、          身体は締まってるな、荒事の経験があるのか?)
              l ヽ` ‐-、_    j′  ∧ ` ー- 、__
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ バッチリ釣られていた。親の遺伝子に感謝するべきか、それとも浅ましき16歳の
┃ リビドーからそっと視線を外してやるべきか迷う所だ。
┃ 
┃ ただ、それでも戦闘面にも配慮できている分、ただのエロ餓鬼ではない。
81:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/10/19(土) 02:00:37 ID:.J6ulUxc
お、俺はゴスロリなら服を見るぞ(素直じゃない
87:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/10/19(土) 02:01:27 ID:VFaic06M
>安産型……に吹いた
キショいおw
89:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/10/19(土) 02:01:41 ID:RkKPuchs
これが…ガンダム…!
90:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/10/19(土) 02:02:01 ID:50PBoYXw
流石しんちゃんいい読みだw
104:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2013/10/19(土) 02:06:53 ID:C9jG09S.




                       r‐zx____xzx
                     ..:fアニニ∠ア゙:::::::::\
                    /:fアニ∠ア:::::::::::::::::::::::.
                 /:::::ヒ|ニニヒI::::::::::::::::::::::::::::::::.
                      l|:::::::ヒ|ニニヒI::::::::::::::::::::::::::::::::::
                 ||::fこアf"´ ̄}:::::::::::::::::::::::::::::.
                    八乂: : {: : : : |:::::::::::::::::::::::::::::::.       (な、何だろう……目が怖いお、アイツ……)
                      ヽ{_人_ノ:::::::{::::::::::::::::::::::::.
                   /: : |: : : \:::::::\::::::::::::::::::::.
                     〈/: : |:i: : : :人::::::::::\::::::::::::::::.
                     `⌒i^⌒lj_ノ\::::::::::\::::::::::::.
                           |::::::::|ー}ニニ7冖-ミ:::::::::::.
                     /:::::::/_/ニニ/ニニニ-.::::::.
                         //:::::::/_/ニ//ニニニニ-.:::::::.
                     //:::::::/イ/ノ/ニニニニニ-.:::::::.
                     ノ/|::::::/,/ニニニニニニニニ-.:::::::.
                      /=//|:/}|/ニニニニニニニニニニ-.:::::::.
                  /=//}|l 八ニニニニ彡i7^7^7^辷彡’::::::ハ
                    f,=//,_}|ヒ{ニニニ{ ̄///|//////|:::::::::::::::::|l八
                   |l//j彡-ヒ{ニニニ,ノ/////|//////|:::::::::::::::::|l  ',
                   |ヒIニ|><|ー=≦///////|//////|:::::::::::::::::|l │
                    乂竺|><|//l/////////|//////|:::::::::::::::::||  |
                     l|><|//l/////////|//////|:::::::::::::::::||  |
                     l|><|//l////////〈|//////|:::::::::::::::::||
                    /|><|//l/////////|//////l ̄ ̄}::::||
                     _//|><|//l/////////|//////|\_ノ:::::八
                /〈l//><|//l/////////|//////|_}:::::/
                  /   ∨ー―|//l////////|//////|∨\{
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 見慣れた顔の筈だが、一瞬やる夫は戦慄し妙な恐怖を感じた……。ただ、それでも
┃ 声を掛けざるを得まい。その為にきたのだか……やっぱり何か怖い。少し間を
┃ 空けて様子でも見るべきなのだろうか。
┃ 
┃ ・流石に遅いので本日はここまで
関連記事
スポンサーサイト




コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する