やる夫はスカヴェンジャーのようです 30日目 -05

435:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2013/10/26(土) 22:49:59 ID:5.wqUzww



         /. -‐: : : : : : : : 、: : : : :`: .、
      . '/: : : : : : : : : : : : :\: : : : : :.\
.     /:/: : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ: : : : : :.丶
    /:/: : : l: : : :.: : : l: : :l: : ; : : ハ: : : : :. : ヽ
    //: : :l: :|: : : :j!: : :|: :/: :/|: ;イ:.!: : : : :.: : :.'
.   〃l: : :ハ:|、: : ハ: /}:/メ:/-|/ |:.:}: : : : ::.:. : :'      ら、ラスク
   ': :{: : |‐-トヽ:{ j/7'zテ=0テ、/イ: : : : :.:.:. : :ト、
   ,': : :ヽ:トrr=0k\   弋z夕/ /: :,: : : :/: :. :ト\    「車」
  .::/: : : :ト杙z:リ }        /: :/: : :./:.:.:.: :l
  |:l: : :|: :.l   〈        ,.': :/: : :./:.:.:/:. .'        「マグネシオメチルラジカル」
  |ハ: : |: :.l             /:/: : :.イ:.:.:/|:.:/
   ヽ:.:l:.:人    - -  /イ/: : //:.:ノ:.:!/:}       ねぇ、これ明らかに僕不利だよね?
    ヽト、:.:.:iト:.、        _彡'´  /,久_:.:j':.:l-、
       \|\l>.__. ィく       ′  マ:.:.:.:. }
          `     '  }_.ィ三三ニ==ヽ\:.:ト、
               /三三三三三ニ\ミ{:.:.:.ヽ
             /三三三三三三三ニヾ、:.:.:.|_
              /三三三三三三三三三ニ〉:.:.:冫
               /三三三三三三三三/三ニス:.:人
               /三三三三三三三三∧三三〉:.:. :)
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ スバルを待っている間、割と時間があるので暇潰しに人間二人と機械二体で
┃ しりとりをしていた。
┃ 
┃ ただ、Sfが妙に長い化学物質名しか出してこないので蘇芳は、明らかに無理ゲー
┃ じゃないかと悟っていた。
439:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/10/26(土) 22:51:36 ID:OXkvhZVI
なぜ辞書が丸々入ってる相手にしりとり(語彙勝負)を挑んだのかww
440:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/10/26(土) 22:52:28 ID:.Nd7VSuk
勝率0%の戦いを強いられているんだ!
441:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/10/26(土) 22:52:30 ID:C7jfTco6
勝目ねぇw
442:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/10/26(土) 22:52:37 ID:DsgbiaUU
どうあがいても勝てねぇよw
445:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2013/10/26(土) 22:54:03 ID:5.wqUzww


                   /\
                ,、    /    \   ,、
             / `¨¨´ l ∧ l  `¨¨´ \
           /´    _______   \
           <     /  : : : : : : : : : : : : : : \  `7
          〉─‐'´: : : : : : : :|: : : : : : : : : : : : :\/    
         / : : : : !: : : : : : : : |: : : : : :\: :V: : : : ハ、   
.         r┤: : : : :.!: : /: :..|: : :|: : : : : : : :!: :.l: : : : : | }   
.      / |: : : : : :|: : |: : :.|: : :l: : : : : :l: :| : .l: : : : :.K、    (前提としてアーカイヴデータを持つ我々に
    /   .|: :.| : : :|: : |: : :.!: :∧: : : : /|: :!: : |: : : : :.|  l     生身で挑むのに無理がある……
   /     |: :.| : : :|_|__|_/ |: : /__l__!_l: : : : :.l  |  
  /\     !: :.!: : : !: :.l\ル'` j/ ´ !/l/|: : : : :.l ∧ .  というのは黙っておきましょう)
  \十\___l: ∧: : :.\|辷云      代二7 |: : : : :.|ノ十〉
   \十十‐|: |‐|: : : : : |              |: : :./: |十:/
     \__.|:/__ヽ: : : ∧     、     /: : /|: /`^′
.          i'    \ト、: \    ,┬、   /|: : / |/
    __/`ー‐-、__    \i´ ≧ノ | ',≦_  j/   ,r─‐'\__
    |        \    / |:l´|`l | ハ     _/ -‐'´    /
    l          \__/  :|' | 弋! ハ__/         |
   人/l ー-、     //´ \_,/  |   ト、_/ `l|       ̄ ̄{\|\
  //::_/ ─-     〈/   ,イ::{   !  }::|`、  ||  ノ        \::\\
 〈 〈::::|      _   l  / |:::|  〈〉  |::| ハl∧l、  、___   }:::/ /
  V ',::| r-、 ´ /     /. V:ハ  |  /:/  ハ   ヽ     l\_/:/ /
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 暇潰しにしりとりが選ばれたのは、ただ単に動きが無くて出来るからだ。とはいえ、
┃ ジャンケンにせよあっち向いてほいにせよ、動体視力が人類より秀でている機械に
┃ 人間がまともにやって勝てる訳が無いのだが。
┃ 
┃ さて、不毛に時間を浪費する努力をしてはいるのだが、他にやることはあっただろうか。

┃ やりたいこと 短時間かつこの場から動かない事に限る 23:00 1D4
461:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/10/26(土) 23:00:04 ID:0W1zV89c
両親に写メ、簡単な生存報告兼ねて
471:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2013/10/26(土) 23:08:33 ID:5.wqUzww


                    _厂ソ三三三三≧r===、
                ,...::'{てソニニニ尤ア゙:::::::::::::::::〉‐ 、
           /:::::尤,/ニニニア´:::::::::::::::::::::/:::::::::|、
           .:::::::::::辷,'ニニア゙:::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::!ハ
           /::::::::::::厂'ニニ/::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::':::::.,
.          ,::::::::::::::辷|ニ-/:::::::::::::::::::::::::::/|::::::::::::::,:::::::|!
        |::::::::::::::厂|ニ/:::::::::::::::::::_彡く`メj:;::::::::::/::::::::|i       パシャッ
      ,. :" ̄二≧==ァ::::::::::l:::::::/ヾ迩_,}゛j::::::::/l:::::::::||
        |`::y'´::::::::::::::/|::::::::::j|::::/   __ノ:::/jミノ:::::::::リ      自撮りって割と難しいわ
.      乂:{ー―‐=彡:::::|:::::::::八(     /::/  マ'!:::::::::/
       `ヽ:::::::::::::::::::::|:::::::::::::::|ヽ    |:(     )::::,イ/         「何してんのさ……」
         ノ::}ヾ:::::::::::::::;|:::::::::::::::|     __  ´/:/丿  __
.        弋_{::::::::::::::/l|:::::::::::::/      -`/(  ,ノ⌒)}_ )
.          //:::ー‐':::::::j|::::::::::::| _     /::|     `Tア.r‐-ミ、
         /ん-―‐x'^う|::::::::::::トミー/⌒ T´::::乂___,.イ/ / ,_`゛ヽ
.         j'´ニニニ-\l|::::::::::::|_,ノ},},},}  乂::::::::::::::::::,jノ .} ,{::::::ヽノ
        ∧ニニニニニ‘,::::::::::|{_ノノノノ     ̄ ̄´/ {_ノ、ノ^ ,:::::::\
.       ∧ニニニニニニ-ハ::::::::::ト}'{'{'{、__      {       八ハ从
.    ∧ニニニニニニニ’::::::::|l廴込ニニヘ      〉    { 丿
.    /|ニニニニニニニニ-l:::::::|ニ廴込ニニ,     (_jー―t_ヽ
.    ,'ニ|ニニニニニニニニ-}::::::|ニニ廴込ニ,      ノ――-{'_
   iニ|ニニニニニニニニ-|从{ニニニ廴込ヘ,_  rーi!:     /ヘ,__
   |ニ|ニニニニニニニニ-|リ八ニニニニ廴廴込l__l|:     /   ノ \
   |ニ|ニニニニニニニニ-|ニニニニニニニ廴廴_込、   /      /\
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 1D4:3 >>461
┃ 
┃ そういえば実家から離れて、大分時間が経ってきた。ここで一つ生存報告をすると
┃ しよう……どうしてこんな馬鹿な真似をやってしまったのかは分からない。多分、若気の
┃ 至りとか気の迷いとか、その辺りだ。

┃ とりあえずメールを送るが、反応には期待しないでおこう。(注 ローカルネットワーク
┃ 規模の物しか無いので、普通なら簡単には遠方までメールは送れません)
477:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/10/26(土) 23:11:33 ID:ZJC1ocCM
信じて送り出した農家の息子が(ry
478:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/10/26(土) 23:12:02 ID:.Nd7VSuk
若気の至りって15歳さんなんですが・・
479:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/10/26(土) 23:12:42 ID:dl/5ni7E
TS記念w
480:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/10/26(土) 23:13:08 ID:tCWBAveg
この写メ見た両親が田舎から出てきそうな予感w
481:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/10/26(土) 23:13:26 ID:Da8aPVTk
これ受け取った側からしたらエライびっくりするわなあ
帰った時「ところであの時写真送ってきた女性は来てないのか」とか言われそうだ
482:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2013/10/26(土) 23:13:53 ID:5.wqUzww




                    /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
                     /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
                   l :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ィ:.:l:.:.:.:.:.:.;.:.:.:.:.:.:.:.:.:.',
                    l:.:.:.:.:.:.:.:.:.∠_!/l:.:.:.:.:/ .!:.:.:.:.:.:.:.:.:.l
                      l:.:.:.:.:.:.:/て::lヽl:.:.;:イ-,=l:.:.:.:.:.:.:.:.ト|
                   ,':.:.:.:.:.:.:ト、  /'" .l `"'l:.:.:.:.:.:.:リ
                      l.l:.:.:.:.:、:\     '   ル:.:.:/|:!
                   l:l!:.:.:.:.:.:ト、:ヽ ‐- 、   /!:.:.:.l   ふぅ、労働力が一人減ると手間がな……
                    lハ:!,、:.:.:l、 `ヽ  `  //:.:.:.:li
                    '´ ヽ;!. ` 、    /:,:.:.:.!ハ!   タチコマでも増やすか
                        l    ` ー .' lハ/ .V '
                       _ノ   ',     .l
            ,. -――f"""\     ',   ,' ト、
           /       !:.:.:.: . \` - 、',  ,' ト、:`:..、
             /       l:.:.:.:.:.:.:.:.\  ` ' r‐-!`:.、::`::..、
            ,'        l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ー..、_    l:::::::\` ヾ`::..、
         l       ,'  〉:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. `:.:--:'!::::::l: \ ヽ::/
           l      1 /:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. :.:.:.:.:.!:::::l:.:.:.:.:`:.、〈
            ,'        l/:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!:::::l:.:.:.:.:.: \
           ,'        ,':.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!:::::l:.:.:.:.:.:.:.   ヽ
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 一方その頃実家では、両親は農作業を終え夕飯の支度を始めていた。農家の
┃ 朝は早く夜も速い。日が暮れたら、もう家に帰って飯を食い、適当な内職を片付け
┃ たら寝るだけだ。
┃ 
┃ 邪魔者が居なくなったので、最近は夜の近接格闘演習も捗っているというのは余談である。
484:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/10/26(土) 23:14:30 ID:/f9GcXig
夜の近接格闘wwww
スネークさんは生身だから随分がんばりますねw
485:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/10/26(土) 23:14:38 ID:OXkvhZVI
よwるwのwww
486:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/10/26(土) 23:14:41 ID:rEb52flA
邪魔者言うなw
487:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/10/26(土) 23:14:52 ID:0W1zV89c
余談がw
489:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/10/26(土) 23:15:01 ID:IJVP/QDo
邪魔者言うなw
492:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/10/26(土) 23:15:30 ID:eXx0jRj6
一時帰宅とかした時に妹か弟ができてるんですかねww
493:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/10/26(土) 23:15:36 ID:C7jfTco6
邪魔てw
497:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/10/26(土) 23:16:27 ID:09uqMoZs
扱いが酷いww
502:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2013/10/26(土) 23:18:30 ID:5.wqUzww



              __xrf´ ̄ ̄≧ゞ、
              /          `ヽ
       _,r――/< ̄ ̄ ̄ ̄≧ー、/ }
     ノ ̄  彡γ⌒ヽ-、_      `〉゙
     ゝ  /_,rf∨_〈 ミミ  `{≧ー、  /
    /  / /   ーミミ-―‐´ー‐ ´`iブ
   ̄ ̄ ̄  彡    ミ彡   ,,,,,,,,、___〉
        彡三三ヾ`三ミ、彡 -==、/      まーた芋か
       //   ー/`ー \ーヾ/
      /≡=ー /....  ::::::::.......\        「文句があるなら食うな」
     / .......::::≦彡´ ` ::::::´`::::: |
    ./:::::::::::::ノノノ      ::::  〈::: |        マッシュポテトにグラタンとデザートのスイートポテト……
    /:::::..  // ,,; ..:..::::...:::::::........::::∧ヽ、       流石に飽きるぞ
   .∧__ ::::::....|;;::  .....::::::::::::::::::.. ,,:∧ 〉                      ポーン
   .i  `ー===| ,,;;:::::::゙゙ :::::  ::::::...:::::|/
  ..i   ̄ ̄ヾ|..:::::::::゙i      ゙゙:::::::::::|`i      おっ、メールか
   |::::::...........  |::::::::::::.......       ゙゙| |
  ..| ::::::::::::::::::|   .....:::::::___   ;;:: 〉/
   .|  ::::::::::::::|:::,r=≦ ̄ ̄  ̄≧ー、/ |
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 妙に芋成分が多い夕餉が並ぶ中、スネークは本日の農作業で居たんだ5.56mm
┃ 突撃小銃を整備していた。八の字を選ぶような二連装ドラムマガジンがねじ込まれた
┃ 小銃は、久方ぶりに山から下りてきた皮膚が装甲の如く硬質化した突然変異の
┃ 猪を狩り殺すのに使われた物だ。

┃ ラップトップのPCが電子音を立て、メールの到着を報せる。普段、何かの連絡が
┃ 来ることは珍しいが、たまーに用事で使われる物だ。
506:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2013/10/26(土) 23:21:47 ID:5.wqUzww


┌─────────────────────────────┐
│                    _厂ソ三三三三≧r===、               │
│                ,...::'{てソニニニ尤ア゙:::::::::::::::::〉‐ 、          .....│
│           /:::::尤,/ニニニア´:::::::::::::::::::::/:::::::::|、          ..│
│           .:::::::::::辷,'ニニア゙:::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::!ハ          ..│
│           /::::::::::::厂'ニニ/::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::':::::.,         ...│
│.          ,::::::::::::::辷|ニ-/:::::::::::::::::::::::::::/|::::::::::::::,:::::::|!          │
│        |::::::::::::::厂|ニ/:::::::::::::::::::_彡く`メj:;::::::::::/::::::::|i         ..│
│      ,. :" ̄二≧==ァ::::::::::l:::::::/ヾ迩_,}゛j::::::::/l:::::::::||          │
│        |`::y'´::::::::::::::/|::::::::::j|::::/   __ノ:::/jミノ:::::::::リ         ..│
│.      乂:{ー―‐=彡:::::|:::::::::八(     /::/  マ'!:::::::::/           │
│       `ヽ:::::::::::::::::::::|:::::::::::::::|ヽ    |:(     )::::,イ/          ..│
│         ノ::}ヾ:::::::::::::::;|:::::::::::::::|     __  ´/:/丿  __        .│
│.        弋_{::::::::::::::/l|:::::::::::::/      -`/(  ,ノ⌒)}_ )      .│
│.          //:::ー‐':::::::j|::::::::::::| _     /::|     `Tア.r‐-ミ、    ..│
│         /ん-―‐x'^う|::::::::::::トミー/⌒ T´::::乂___,.イ/ / ,_`゛ヽ   .....│
│.         j'´ニニニ-\l|::::::::::::|_,ノ},},},}  乂::::::::::::::::::,jノ .} ,{::::::ヽノ    .│
│        ∧ニニニニニ‘,::::::::::|{_ノノノノ     ̄ ̄´/ {_ノ、ノ^ ,:::::::\    │
│.       ∧ニニニニニニ-ハ::::::::::ト}'{'{'{、__      {       八ハ从   ..│
│.    ∧ニニニニニニニ’::::::::|l廴込ニニヘ      〉    { 丿      │
│.    /|ニニニニニニニニ-l:::::::|ニ廴込ニニ,     (_jー―t_ヽ        │
│.    ,'ニ|ニニニニニニニニ-}::::::|ニニ廴込ニ,      ノ――-{'_      .│
└─────────────────────────────┘
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ メールの表題は 女になったけど何か質問ある? という巫山戯た物で、近況報告
┃ のテキストと共に画像のメモリが収められていた。
┃ 
┃ 彼等には一人の息子が居る。娘では無い。だが、このアドレスと暗号化したメール
┃ 内容は間違いなく当人からの物で…………。
507:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/10/26(土) 23:22:19 ID:0W1zV89c
2828w
508:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/10/26(土) 23:22:53 ID:.Nd7VSuk
面白い これは面白いwww
509:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/10/26(土) 23:22:54 ID:rXIvb0JI
質問しかないわw
510:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/10/26(土) 23:23:10 ID:rEb52flA
スレ立てかよw
511:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/10/26(土) 23:23:14 ID:IJVP/QDo
普段なら鬼作ガードが発動しかねない行動だなwww
512:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/10/26(土) 23:23:25 ID:6c8G7pAk
信じて送り出した息子が(ry
514:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/10/26(土) 23:23:40 ID:DsgbiaUU
さぁどうなる?wwwww
515:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/10/26(土) 23:23:56 ID:C7jfTco6
何やってんだw
516:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/10/26(土) 23:23:58 ID:xjCjIBkM
地味にスネークの銃パトリオットじゃねーかww
518:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/10/26(土) 23:24:37 ID:H39aUThs
タイトルw
523:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2013/10/26(土) 23:27:21 ID:5.wqUzww

                    /        __        ヽ  |   | \ `゙i
                   _/        ./ ̄  ≧ー、     i /  |ヽ=、ヽ ,!
                  /         /       ゝ-    i!   `γ゙ .|彡´
      ..「|     /            /_=≡二≡=、 |   / |    /ノ/
      |:|    /           斗<|/::::::::::::::::::::::`ヾi!i.|  ./  ゙i  //゙
       |:|  /        //   |:::::::::::::::::::::::::::::::::!i | //  ,,;勹ノ
     .|:| /          //    .|:::::::::::::::::::::::::::::::::|/ j/ /
      .|:|           .//     |:::::::::::::::::::::::::::::::::| /  ゝ`ヽ、     なぁ、かあさん、これ見てみろ
r――x |:|         //     .∨:::::::::::::::::::::::::::::|j  /ヽr‐`ー、i
 ̄ ̄ ̄V゙ー―‐ト、/ヽー―- __   ,;=∨::::::::::::::::::::::::::| /三|__>―|
三三三i___i |=ヽ|        ヽ/三=∨__:::::::::::::::_| |:::::::::::ー‐ヾi
    ..i .| |  ..i |三|.|       i|三/ ∨三三三:::::| !、:::::::::ゞ-=、:::|
    .i.┤├‐‐i |三| ∨  。  i.|三| ̄ ̄ヽ::::::::::::::::::::|´::::::::::::::::::::/
    i |二|  | |  `i! ∨     i::|三|    | |::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::/




   /:.:/:.:.:.:.:.:.:.: .:...:.:.:. .:.:. :.  ...:..:.:.:.:.:.:. :. . . :.:.:. . .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.::.:|
 _ノ.イ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: :.: .:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.::.::!
.    i:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.::.:.}::.::.:.::.:.::.:.:.:.:.:.!:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.::.::.::.::!
.   |:.:.::.:.:.:.:.::.:.:.:.::.:.::.::.:.|::.:.:.:.::::::.::!::ハ::.::.:.::.::i::.::.:.:.!:.:.:.!:.::.::.:.:.:.:.:.::.::.::.::.リ
   !::.::.:.::.::.:!::.:.::.:.::.::{::!::.:.:.::.:l::.:|}'   \::.::.::l::.::.:.:l:.::.:!::.::.:.:.:.:.::.::.::.::.::〈
    ';:.ト::.::.::.::';:.:.::.::.::.ム:ト、:::::{:ト、レ‐_二._`ヽ:ト::.::.:|::./::.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.::.::.::ヽ   ん? 何だ……って、これは……
      jノ ヽ::.::.::V{::.::.::.!:ャぃ\Y´ /{bj.:} `ン ハ::.j:/::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.::.::.:}
          \:トぃ::.::.l:〉:}:d } ヽ.  `"¨´   /ノ:.:.:.:.:.:. :.:.:.:.:.:.:.:.::.::.::.:}V
         }  \::!'::.| ノ         /:.:.:.:. : . :.:.:.:.:.:.:.::.::.::y};ノ
               ∧::.!/         /:.:.:.: . ..:.:.::.:.::,::.:ル'}ノ ′
               /:.:.:バヽ.         /:.:.:.: .:.:.:.:.:.:.::.::./::/
               ,':.:.:.'.:.::ヘ 、__,,._    ,':.:/ :.:.:.:.:.:.:.::.::./イ___
            i:.:/ :.:.::.:.ヽ ー      {;イ:. :.:.:.:.::.:.::.::/  |:::_レ:`ヽ
             レ/ . .:.:.:.::.::.ハ       _,l:.:.:.:.:.::.::.::.::/ , -'´::.::.::.::::|
           / :.:.:.:.:.::.::/::.:`ァァフ¨´l |:.:.:.::.::.::.!::/-'´:::.:::.:::.:::.:::::::!、
             ;:.:,:.:.:.:.::.::.::.:///:::::::::::i:.:.:.::.::.:/j/.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:/ノ、__
              {〃::.::,イ::.//:::.::.:::::::::|:.::.::.::./::':::.:::.:::.:::.:::_; -'´// ノ}
             !::.::////:::.:::.::::::::::;. !:.::/::/.:::.:::.:::::_; -'´:::-:'´イ:ヘ∠:_」:、
524:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/10/26(土) 23:27:42 ID:Pb7mVGVo
うわははははwwww
525:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/10/26(土) 23:28:14 ID:0W1zV89c
笑いが止まらないw
528:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2013/10/26(土) 23:28:59 ID:5.wqUzww

               ': : : : : : : : i : : /i: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :i}
.               i: : : : : : : :/l : / .| : : : : : i: : : :/^ヽ: : i: : : : : i!
.               l:i: : :i : : :- l / 八 : : : /|: : :/   -,: :|:i: : : : リ
               从: : l: : : i _≠≧ ヽ: :/ .|: : '≦= i: :|:l : ://
                 '; :八: : :|ゝ 乂ク` Y  .!/ 乂ク ア!: |:l ://{
                }i: : :ヽ ヘ `¨¨    !      ¨¨´ リ从乂 |
                |l : : : :ヾ        ..::      //: : :i : :|
                |l: : : : : :'.,      ::::i       /.: : : l : :|
                |l : : : : : :丶    `__´    : i: : : : l : :|
              八: : : : : :i: l:\    ー `  イ i | : : : : : ::    ……なんだ、ついに止めたのか、生身
               ヽ.: : : :|-‐..i:`::.... ___   ´ !‐-!: : : : : :/
                   / \: :|i:i:i: !:::::::::::       |:i:i:i!: : : : :/     と、言うかこんな趣味があったとは、我が息子
                    ////,ヽ|i:i:i{≧ー――― ≦}i:i|: : : :∧      ながら知らなんだ
                ///////i〃|::::i::::::::::............i....lヽi|: : ://∧
.              ////////|-┤::l::::::::..............l..├-|: :////∧
.               ////////∧:::≧ー―┬―‐≦.::::|;//////∧≫x
             x≪//////////∧:::::::::::::.....|..................::////////∧ ///,≫x
.        x≪////, >< //////,∧ ::::::::......!.................//////////∧ ///////≫x
    〃//////////////,>/////∧:::::::......|.............../,////// ,>< ///////////,i}




                 |i!゙           ゙ヽ
                、ノ ゙Y´_    -―‐--、i!
                ヾ ´         _ |
                  i      _,≠=/fz∧\      俺に似た趣味だから義体化はしないかと
                 、_ ...,r≠j   ミノ〉テ/  、      思ったんだがなぁ……
                   ヾ!   ゙̄    ミ|ー´,   ゞi
                     ! ,     彡i!iヽ、゙ヾ、 `!、`ヽ、_   にしても、業が深い
                   `゙=ー- 刈 彡!/  .\! \ゞ、__ヽ
                  /⌒i、,,,ノi!i彡/  //  ∧::::::/  ≧ー- .、
                    /   、彡斗´__,斗=、 ./    ∧::|    / ̄  \
                      /   /  | ヽ 弋 ノ/ ><::::::::|   ./    / \__
               /   /    ゝ、 /   i  ヽ  |:::::::::|   ./    \     .\
           / ̄ メ、   ./┬ /  ヽ.|  i  /  .|::::::::|   .|       .\ 、  ∧
            |    |  .∨ . |::`ヽ    i!  i  /   |::::::∧   ゙i         .\ヽ  ノ 、
     .,r―ト、_/   / ´  ∨ r┴‐┐\  ヽ i /     |::::::::∧  .|         \/  ヽ
531:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/10/26(土) 23:29:54 ID:rEb52flA
やはり、義体と勘違いされてるw
532:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/10/26(土) 23:29:59 ID:tmpWU.gE
里帰りするときは生暖かい目で迎えられるんですね、わかります
533:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/10/26(土) 23:30:06 ID:IJVP/QDo
いやな反応されたww

次に会うときが怖いな
536:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/10/26(土) 23:31:00 ID:0W1zV89c
流石にフレッシュとは思わんかw
537:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/10/26(土) 23:31:07 ID:Pb7mVGVo
義体扱いかww
538:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/10/26(土) 23:31:41 ID:09uqMoZs
事情説明もせずにこれだけ見たらそう思われるわなあww
540:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/10/26(土) 23:31:54 ID:Qa7ouBi2
まあこいつらの子供って時点で業の塊みたいなもんだw
542:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2013/10/26(土) 23:32:04 ID:5.wqUzww

                       ,. .<:`:´: :`:>. 、
                       /: : : : : : : : : : : : : :`ー 、
                     ,.i: : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
                   ,r': : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ハヘ
                      {: : : : : : : : : : : 7: : ハ: i: : : : : : i:i
                 ',: : W/: : ィリイ:/: : :ハ: |: : : /: :ル'
                  ',: :∨レィェv</: :リrニコ/i/: /: / '
                 /: ハ ^ `' 7/´ =' ' 'ルリ<リ
                    /: : : iハ    ' i    リ: : ハ
                /: : : : :': ',    _ ´_   イリ: : : :i    そりゃまぁ、私達の息子……ああ、もう娘……?
                  /:/: : : : : : :ヘ  ー  /: : : : : :.|
              ル: : : : :/i"r'__>- ≦Lハ: : : : :ル    それは置いておいて、とりあえず私達の子だぞ
              ´ハ: : : :./ ,| .i. . . . . . 中. .|/ヘi: : : ト,
              リ i: :.:/  Y. .‐.-. . ._.」 . へ」: : :リ ヽ   業が深いのは分かりきっていたが……
            _ ,. /∧:/   .|. . . . . . |. . . . . . .|: :/    \- _,、_
         r ´|´  /  リ   「 ̄ `. . |. . . . . .,イ:/     '> i  7
         ハ 」 ̄'ー<.     |... ... .. . |. . . . . . リ     / `'ーy ハ
           {  ヘ     >  |. . . . . ..|. . . . . . .|   /    /   }
        」 -‐∧ ,. <    |. . . . . ..|... . . . . .|     ̄`≧/   {




                           -─- 、
                       /: : : : : : : : : ヽ.
                       /: : : : : : : : : : : : : :.
                     /: : : : : : : : : : : : : : : :弋     これはちょっと斜め上だったなぁ……
                    イ: : : : : : j: : : : : : : : : : : :l
                    从: : : : :/: : : : :.l::::::...: : :人
                     八ハト/: : : .::::リヽ:::::::::::::::::)
                          /: : ::::::∠_∴=弋:::イ  ___
                        {: : ::::::フニニニ三三ニニニニニニ三{
                       リ从>ニニニニニ三ニニニニニ三三',
                     r=ニニニニニニニニニ三テニニニニニ三三l
                     ∧ニニニニニニ三三三Zニニニニニ:辷三|′
                     /ニニニニニニニ三三三l:ニニニニニニ三三l
573:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2013/10/26(土) 23:49:13 ID:5.wqUzww

                    /           i!    ゝ
                   彡            Y´   \
                   ノ ノ\          i!∥   〈
                     !、    > -‐f γー――--  、/
                   ├  ̄ ̄   ⅵi!        |
                   ノ                    |
                   ム                  j ヽ
                  i!ヽヾ、____     __,.  、 斗斥i
                  ∧孑i!  {::::::::::::::::::)´ ` ´ー辷彡  |辷i   カルマじゃない方の業だな……
                  ∧ー゙i  ゞ::::::::::/         i!ーj
                    廴|/ `¨´               i!/ミヌ   まぁ、本人の嗜好だ、文句は言わん
                  ノ  |彡     ー 、 イ      ;i! i! ゞ
                  ゝ  ヾ彡 γ≡三三三ミメ、  ノi! i! ミ
                  彡/ ∧彡ノノ ´ ̄`´ ̄` /斥/ i!ミメ、
                      /   ゞ、彡ノ      ノノ//i!   \
                  /    \\彡ノノi!i!i!从//  i!    \
             .....斗</      γ⌒ヽ≠≠ γ  ヽ/、       .\
           <≧:::::::::::i         弋 _.ノ___弋  ノ:::::::.〉__ .....<∨  ≧ー-
        <    ヾ:::::::≧===ー―- / \:::::::::\::::::::::::::::::/  ≧ー-:::::::∨      \




                      i:::::::::::::::::::::::::::::::::::iノ:::::i.::/:|.::.::/:::::/ノ::::::|ハ.:.:.ノ:::ヽ.:!:|ハ.:.:,':}/j、:、:.i
                      ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|/:::|./:::,イ:/´,.イ::::::::|.:.,.ヘ::::::ソ::::::i./::::::i ヽ:ヘ
                          |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'::::::´_,Z7≠x'、j::,イ:::ノ/ィzi:::::::::::::::´::::::ノ   ヽヘ
                         /:,ィ:::::::<{::::::ヽ、:、::::::::::::::::/v/'ブj卞ミラ'ソ::ノrj7r|:::ノ}:::::人::/     ヽ|
                      レ' i::::i、::::`:ヽ:::}ヽ!ヽ:::::::::::::Y ┴ -┘ /:/ ゝソ.:!/ |/ レ
                        ヽ:|イ::::::::::i`'.::.:.:.:ヽ、i、:::::|`      '´   i l.:.i
                        /\\:::::::i.::.::.::.:.:.:.:.ヽヽ:i         ∨.:.:i
                       i! : : ヽ::ヽ::::ヽ、.::.::.:.:.:.:.:.:ヽ        r,.イ.:.:.:.|     なぁ……ジャック
                         |:、: : : ヽ::i:::::::::ヽ}、.::.:.:.:.:.:.:ヽ     ,. -r/.:.:.|!:!`ー 、
            ____    __」::ヽ : : : :i:|::::::::::::::::ヽ.:.、.:.:.:i、:|    ´ ̄ノ:、i、.:.ii:.i: : : : : :\   私は、どんな顔をして
        ,. ' ¨ ::::::::::::::::::::::::::`¨´ 、 ヽ`ヽヽ : : :iヽ、:::::::::::::ヽi、.:.i:iヽ、   ¨∧::::i|::!:.|!/: : : : : : : :ヽ   息子を迎えてやれば良い
       /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ :`ヽ:ヽ、:ヽ:::\:::::::::::::::ヽ.:|:ト、|:ーァ ´| i:::::::::!:|::ヽ : : : : : : :,.イ
.       /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ _:_ヽ:ヽ、ヽ::::\:::::::::::::`::i :Y|/ : :/: j:::::::::`!、|ヽ : : : /: ハ  分からなくなってしまった
      i::`¨ー- 、__:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::` < :`ヽ`ヽ〉:::::::\::::::::::::∨i': : :/: /::ヽ::::::|::ij:::::ヽ/:/ / ノ
    /.:`ヽ、::::::::::::` ー 、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ 、: :ヽ:ヽ:::::::/\:::::::::i::!、 /: /.::.::.::ヽ:i-、ヽ::::|::::/ ´´!
575:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/10/26(土) 23:49:46 ID:rEb52flA
ショック受けすぎやw
576:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/10/26(土) 23:49:49 ID:Al9nmqLU
フォローが必要だなぁこれw
577:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/10/26(土) 23:49:50 ID:lgdlSbC2
笑えばいいと思うよ
588:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2013/10/26(土) 23:55:08 ID:5.wqUzww






/   二>ゞ、  \i!i!i!i  i !∥ |
  =≡二三≧`ヽ  `ヾj `i // /
┬―--≧ー―― 、__ !     _ゞ、
/  /                |ヽ|
ノ/                     |
/                   /
                   /,
三三ー‐ii!i!i!i!i!i!i!i!≧==‐、_,∠/
三彡  ji!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!j  `iゞ     抱きしめて迎えてやれ
三二≡=ヾi!i!i!i!i!i!i!>´    i
,       `≧≦´ /    i      どんな姿になろうが……それが、親の責務だ
彡彡   /        ̄ト、__i
彡彡彡´   /彡iiiiiiiiiiii/ヽ
彡彡彡////斗≦ ̄ ̄`! ∧
ヾ彡彡巛巛彡ノiiiiiiiiiiii!´  i
::::≧=、彡彡ノiiiiiiiiiiiiiiii|   i
:::::::::::::::\ミミミミミミミミミ   i
\::::::::::::::::::::::ゞ≠≠≠ミヾ  /∧
  ≧=ー―  i´           ∧
 `i\   `ヽ \_/ ̄`ヽ  ∧
  i  \__| ヽ      \  |
  `ヾ三三三彡´|        \ |
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 想像以上に重い一幕が実家にて展開されていた。
┃ 
┃ まぁ、そうだろう。唐突に息子が娘にクラスチェンジというかメタモルフォーゼを
┃ しでかしたら、親だったらそうなる。それに、普通義体化施術すると整形目的でも
┃ 無い限りは自分の元の姿に似せることを奨められるから、ここまで大胆に変わるのは
┃ 普通ではないのだ。何故なら、唐突に姿が変わると精神均衡が崩れやすくなってしまう。
601:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2013/10/26(土) 23:59:18 ID:5.wqUzww



        このメールだって、アイツなりに勇気を出して送ってきた筈だ

        変わった自分を見てどう感じたか、そう聞いてくるのが良い例だ

        今は何も言わず……帰ってきたら、二人で抱きしめてやろう な?

         「……ああ、そうだな、ジャック」

                        〉
                       / ヽ               i:::::::::::::::::::::::::::::/_
                       / /`,\             i:::::::::::::::::::::::::::::ヽ \
                      i  ゙´                i:::::::::::::::::::::::::::::::::\´
                         ,∨        ゙ー-       i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                          |!iヽ             ̄≧=゙i:::::::::::::::::::::::::::::斗<゙j
                      j/゙¨` 、_               __j:::::::斗<:::::::::::::::∧
                     r      ゚ー ゙ー――三三ー ⌒ヽ i´:::::::::::::::::::::::::::::::∧
                  __ー‐- 、        ミ三≧ゝ@ノj  .i:::::::::::::::::::::::::::::::::::∧
           -― ≦ ̄  / :i弋x ヾi!       ミ// ⌒/ ,  i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧
          ./ミ       /  i j!、 `メi!i!    ,,,,;;彡i!ゝ ̄フ iヾ ゙ー i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧
       /〈ミ     ./   ヾ;i!i!i!i!i!ii!i!i!i!i!i!i!斗 ´  ヽ´  .i/ヾ メ.i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧
      /  |ミ     \     /゙ー‐┬=≡二三斗</   i! / .i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i
      ./     .|ミ     /::::::.\_ 斗 ゝ- ´、  r⌒ヽ /    i!   i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i
    /    .|ミ   ._/:::::::∨    i   / ̄弋_ _ノ         .i!   i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::iヽ
   ./     |ミ /  ≧ー∨    i  /     /   ___i!   i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i |
                     ∨  .i  .|     / ∧ ̄ ̄/::::::::::|    i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i .|
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 外見と精神がちぐはぐになると心に異常をきたしやすくなるから、普通ならば誰も
┃ やろうとしないのだ。ただ、それを為すという事は、それなりの事情があるのだろう。
┃ 普段の外見が駄目になったか、趣味か……兎に角、軽い気持ちでは行えない。
┃ 
┃ 兵士を止め、人の親となった二人は、夕日が差し込む部屋で寄り添い合い、そして
┃ 影が一つに重なった…………。
602:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/10/27(日) 00:00:12 ID:aOkskqyQ
イハイシダナー
603:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/10/27(日) 00:00:16 ID:.Us5ZkSU
ゾンビが俺達を笑い殺しに来てるwww
604:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/10/27(日) 00:00:22 ID:NYdrz4xk
草不可避
605:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/10/27(日) 00:00:43 ID:ZOnZ.iyM
606:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/10/27(日) 00:00:56 ID:HzqlCTmM
この温度差よwww
618:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2013/10/27(日) 00:03:45 ID:v.yQxHf6




/::廴/ニニ∠ア:::::::::::::::::::::::::::::::\
::::廴/ニニ∠ア::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
:廴/ニニ/_ア::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`、
廴iニニ/_ア:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,
廴|==|_ア::::::::::::::::::::::::::::∧::::::::::::::::::::::::::::::,
廴|==lア::::::::::::::::::::::::::::/ ';::::::::::::::::::::::::::::::,
廴l=ノ―─=ミ;:::::::::::/ ̄`::::::::::::::::::::::::::::::::,
_,ノ7: : : : : : : :/:::::::::;斗=ミ ,:::::::::/::::::::::::::::::{
: : {_.: : : : : :./:::::::::/{_j_ヅ l:::::::/∨::::::::::::i{:!      返事が来ない件について
: :、:{ : : : : : /:::::::::/ {   |::::/  ∨::::::::八:,
/}^ヽ: : :_,,}::::∨  }   丿イ   イ:::::::::′ }       「呆れてるんじゃないかな……」
: : | : : '√:::::::::::::\_          从::::/
: :/l: : : :∨:::::/⌒⌒     , .::‐ /::| )′
:/:::l : : : :∨::ミiト           /:::::l
:::::::ヽ:,ノ⌒:::::::|  `≧ぃ.。.. イ::::::::l
:::::::::::::::::::::::::::::|____x=彡{  |:::::::::|
:::::::::::::::::::::::::::::l辷彡宀'⌒Ii≧|:::::::::|
:::::::::::::::::::::::::::::| }    {ノ二|:::::::::ト__
:::::::::::::::::::::::::::::| }  O {>二|:::::::::|ニニニ≧=s、
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 実家で感動のホームドラマ的情景が展開されている一方、あまりにもあっけらかん
┃ とした有様の師に、弟子は呆れたように答えた。
┃ 
┃ 普通の親なら息子の性別が反転したとなると、何の冗談だと呆れるか、絶望して
┃ 色々深く考えてしまう物だ。親という存在を全く知らない蘇芳だが、それくらいは簡単に
┃ 想像が付いた。
619:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/10/27(日) 00:03:59 ID:/ChQKRyk
もう笑いがとまんねぇwwwww
621:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/10/27(日) 00:05:37 ID:ljGMP3.g
何であんな件名にしたのかとやる夫を小一時間問い詰めたいw
普段はビシバシ決めるけど本当に何か抜けてるよなやる夫w
622:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/10/27(日) 00:06:20 ID:goxYqdy.
>>621
一見深く考えてるようでかなり刹那的に生きてるよねやる夫ww
628:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/10/27(日) 00:09:11 ID:MEIHijgM
しかしあれだな、初出のスネークは素子にスネークと呼ばれてて、ウエットワーカーではジョンでここではジャックなんだな。
曜日で呼び方を変えてるんだろうか。
630:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2013/10/27(日) 00:10:08 ID:v.yQxHf6
>>628
 コードネーム 愛称 本名 だから基本変わらんよ……

まぁ、強いて言うなら気分か…
635:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2013/10/27(日) 00:12:51 ID:v.yQxHf6

                     __,、___,、_,、__
                 ┌1>┴┴┴<ト
                 ノア゙:::::::::::::::::::::::::::::::`'くL
               〈_/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V〉
                 〈_/:::::::::::::::;:::::::::::::::::::::::::::::::::V〉
               〈_,::::::/:::/:/|:l:::::::::::∧::::::::::::::::',_〉
                〈_|:::::::::/://|:|:::}::::/||∧l:::::::::::::|_〉__
.          rf二二フ||:::|:::|/`"ト|:{:://|l"´|l|::|::|::||⌒\__)
.          ├(__/||:::|:::|:|‐-‐|::://丿‐-‐|::|::|::||\_)「
.          ヽ{ : : : 八{{八  从〈    八}}八: : : : |
             {___/: |\<辷  丶'   _彡//::|\__/
             〈: : :|: : |:::::::::r个... ´ー` ..个r|:::::::::|: : :|_〉
           ーヘ,_|:::::::::|ニゝL〕Z〔Llノシ|:::::::::|__ノ
                /::::|:::::::::|\_}-| 。 |-{_/|:::::::::|:::::::.
            /I斗|:::::::::|ニニ込...厶ニニ|:::::::::ト__::::.        お、返事が……って、傭兵組の方か
             flxニニ|:::::::::|ニ[( ̄)Y( ̄)]ニ|:::::::::|ニニlx,_
.           /ニ〈lx.ニ|:::::::::|ニニ∧l:l∧ニニ|:::::::::|ニ-xl〉‐\
          /-ニ-〈lx_|l::::::::|-ニ∧/ll/∧ニ-|::::::::l|ニxl〉ニニ-ヘ
.         ニニニニ〈l八::::::|//V V\\|:::::j八xl〉ニニニl
         |ニニニニ-\)j;八//I〕〉 〈〔Lヘ八/(_l/(ニニニ-|
         |ニニ-/ニニニ//I〕〉 。 〈〔Lヘ.=≦ニニ\ニニ|
         |ニ/ニニニニ//I〕〉 }  {〈〔Lヘ \ニニニ\ニ{
        ┌v/ニニニニ/┌‐n__}   {_,〈〔Lヘ,\>‐┐ニ\〉
        |ニニニ-/ ̄ ̄ ̄}_}ニ=-{__,〈〔L/   /)ニニ\
        |ニニニi≦      }_}ニニニ=-<|   /〉ニニニ/
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ さて、何か実家であったのか、それとも単純にメールに気付かれていないのかと
┃ やる夫が考えて居ると、鬼灯がメールの受信を報せた。PDAが振動するのではなく、
┃ 10cm弱スケールの鬼灯が服を引っ張っている様は何ともシュールだ。
┃ 
┃ 返事は傭兵達からで、アーチャーは今夜仕事に狩り出されており、ピトーは少し
┃ 離れた所に居るから、奢りは今晩より後日が好ましいようだ。
636:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/10/27(日) 00:13:43 ID:sakTtufo
じゃ、スバルにお土産を渡したら魔女の依頼開始かな?
637:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/10/27(日) 00:14:12 ID:.Us5ZkSU
よしよし、予定通りだな。
638:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/10/27(日) 00:15:29 ID:pMt.y6ko
依頼がてらナージャにお土産渡しもやっておきたいな
639:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/10/27(日) 00:15:54 ID:vL1e7bAM
鬼灯可愛い!
643:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2013/10/27(日) 00:17:17 ID:v.yQxHf6


                            __,,..xrュr……=ミx、__
                      ,....::::::::::::::::::::::::`^艾>、:i:i:i:i:iX廴::...、
                     /::::::::::::::::::::::::::::::::::::`^艾>、:i:i:i:i:X廴:::ヽ
               /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ^艾>;i:i:i:i:ヾ廴:::,
                ,.:::::::::::::::::::/:/::::::::::::::::::::: }!:::::::::::: ^艾>;i:i:i:ivハ:::,
             /::/::::::::::::::/:/::::::::::::::::::::::::/!:::::::::::::::::::艾〉;i:i:i:v{_:::,
               /^7:::::::::::: /:/::::::::::::::::::::::::/:}l:::::::::::::::::::::艾〉i:i:i:}「(:::::,     あー……どうしようか
           /゙ ,:i:: i: /:::}{::ハ:::::::::::::::::::: /:!八:::::::::::::::::::::艾〉:i:i:}「) :::::
           , /!:|::i|/{:::八{ }::::::::::::::::: /}::| }ハ::|i::::::::::::::艾〉:i:i:}「(:::::::::,
              { { l |::|{: |::. 芹ミx::::::::::: , ,:::| / }八::::::::::::艾〉:i:i:}「):::::::::::,
             }:|::||: |:|::. 乂rヘ:::: /ーr≠=―-「:)::::::::::: }l「` ー=ニ二^⌒ヽ
                从八リ从;  ゙^}r'゙  ノ x芹芸ミx ::::::::: 八 \       {
                  ,::::::: `ヽ ノ'       乂rソ^}::::::/} \ \      }
                   ,:::::::::::八           ノ ,::::::}/!   `ー}   人
               / :::::: / ハ_、 ⌒ゝ    ___彡イ:::: ノ,ノ     {  , .:::::: \
                 / :::::: /^'〈_j{\        イ}|:::|/ {       ;_/ :::::::::::::: \
                ノ ̄ノ::,′r…=ミ、 ー=ニアrヘノ_j|:::{        ノ:::::::::::::::::::::::::::::::\
          /  (  _└‐…=ミァ'゙⌒>'^´ニニ!:::ハ_rヘ )'゙^^厂::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
          ノ    `^ ノ    /rヘ___/二ニニニ}/::::::::|_ゝ-=彡::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
       f^⌒Y^ヽ「^ハr{__,,..r≪/ {__,,..r≠ミニニ|! :::::: |ニニ\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
       ┌'}   } ノ   ハ」_____,,   {「二二二\ニ! ::::::: |二二二\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
       }ノ二二ニ≠=ミ{_ ≪____,ノ二二二二ニ>,j:::::::::::|二ニニニニ \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
       /二二二二二二ニ〉   /二二二二二ニ7 :::::::: |ニニニニ/゙^ \:::::::::::::::::::::::::::::::::
      i{二二二二二ニニ/{ /二二二二二二ニ7:::::::::::: |>,ニニ二/ニニニハ::::::::::::::::::::::::::::::
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ まぁ、確かに急に言われて今晩直ぐに、とは言えないだろう。勤め人とは違い、
┃ そういった時間感覚がばらけた職業だ、仕方あるまい。
┃ 
┃ では、どう返信するか……何時誘うべきだろう?
┃ 0:24 1D4
646:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/10/27(日) 00:19:16 ID:ZOnZ.iyM
まぁ向こうの予定が優先だろう
また後日暇な日にしようって言って空いてる日を事前に教えといてくれー、でいいんじゃない?
658:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/10/27(日) 00:24:25 ID:ZOnZ.iyM
660:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2013/10/27(日) 00:28:41 ID:v.yQxHf6

              __,. -‐…‐-..ミ
.           /.............../..........`丶、
.          /.....,.........../..,..;...................`.
          ,:........./........./../..ハ,.............}.....:
.        /......../..........j_;ム斗-............ハ......i
     /;.........′ .......{fi岑iミ \..../-}...i.|
.     '⌒i...;....................{ Vリ   ノィ岑x'ノ.|
       |.i{.......;........、!       ヒリィ......|      (……しかし、入ってから時間経って慣れたけど
        j八.....j...、.....iド\     ′ {......|
     / {\ト:;|\{    cァ  人.....{       ここ、煙草とお酒の匂いが凄いなぁ
       厂{r┴-丶'::..,     _イ.ハ/\:、
       _}...[}二三__\l≧= ⌒j/ ′ `丶     後、コルダイトの匂いもキツイや)
.        f'...∠ニ  =‐-`丶`>  ′
       」...ノ ̄          \
.     〈.....)-‐… ‐- .,,_/⌒丶
      _}..〉       ,.:´    `、
      (.....}-‐ ―--/        :,
       ,>f′     ,:′        ,ハ
      〈....)     ′    ___ ..,_/ :,
     <...L、-‐…‐j_; -‐ ´   7__ ,,i′
      (.....}:、   {        ;′  | i
       f..く, `、___ }      j   | |
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 1D4:3 >>658
┃ 
┃ メールを送ってみると、どちらも明日以降なら空いているそうだ。では、都合も聞いた
┃ 事だし、プランは後で考えよう。

┃ やる夫がメールを打ったりしている間、蘇芳は酒場を興味深そうに眺めてた。夕方も
┃ 過ぎ、日も暮れようかという時間帯だ。少しずつ人は増えている。此方に目線をやって、
┃ 数秒固まる人間の数は少なくなかった。
674:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2013/10/27(日) 00:42:16 ID:v.yQxHf6





   /:.:.,./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:.:.:.:.\
 /:.://:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:./:.:.:.:.:ヽ:.:\:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:\:.:.ヽハ
/:.:./ /:.:.:/:.:.:.:./:.:.:.:/:.:./:.:.:.:.:.:.:.:i:.:.:.:|:i:.:.:.:.:..i:.:.:.:.:.:.:.:V:.:.|:|
|:.:/ /:.:.:/:.:.:.:./:.:.:.:/|:.:/|:.:!:.:.:.:.:.:.|_,.ィTト、 ̄`ヽ:.:.:.:.:.:.:V:.!:|
|/  !:.:.:/:.:.:.:./:.,.イ´ j/`ヽト、:.:.:.:.ト、:.j-Vヽ:.:.:|:.:.:.:.:|:.:.:.:V:.:|       おっなかすいたー
   |:.:.:|:.:.:.:.:レ':.:./  __ |:! \:.:.| 斗==ミxト、:.:.!:.:!:.:.:.:∧
   |:.:.:|:.:.:.:.:|:.:.:.:| 〃 ̄`ヾ   ヽ|     `ヾ:.:.:./:./- 、ト、:\
   |:.:.:|:.:.:.:.:|:.:.:ハ     r    !      |:.:./:./ィ´ }\\!
   |:.:/|:.:.:.:.:|:.:.:|:.:|      r―- 、     jイ:.:/ノ  八:.:ト、 \
   |:.:! |:.:.:.:.:|:.:.:|:.:|       |: : : : :|      /:/_,. イ:.| ヽ!
   ヽ! ヽ:.:.:|ヽ.|:人    ヽ: : : ノ      //:.:.:.:.:.:.:.:|   \
      \!  |:.:|:.:` .、    こ´      /:′:.:.:.:.:.|人
            |:.:|\|ヽ!ヽ      ,. イ |:.:.:.:|:.:.|\!
.            ヽ!   j,ハ∧ ―<   _j:.∧!ヽ!
                   rく}-====≦彡イ「\
             _// \_> '´   |   |ヽ __
    ___,. -=≦/ :/  /V ヽ    ,|  |      ̄ ≧=- 、
  /        /  / / 〉―〈 \ //  |            \
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 時計の針が六の数字を示そうとした頃にスバルはやって来た、複数人の同僚を
┃ 引き連れて。
┃ 
┃ 服は着替えられ、血臭いは落とされてデオドランドの香りを漂わせている。ただ、
┃ 逆に石鹸の匂いがきつすぎて目立つ程だ。匂いを隠さねばならないような事をした、
┃ という事実が。
676:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/10/27(日) 00:44:06 ID:5GuY5sfk
さぁスバルはどんな反応をするかな
679:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/10/27(日) 00:44:35 ID:sakTtufo
まぁ、そもそも今のやる夫をやる夫として認識してくれるか疑問であるw
683:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/10/27(日) 00:47:12 ID:.Us5ZkSU
初めてストライカーズとご対面か! (女モードでw)
685:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/10/27(日) 00:47:49 ID:jpWa.zfg
男と会うつもりでいた同僚達はどうおもうやらw
686:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2013/10/27(日) 00:47:51 ID:v.yQxHf6



                        -‐──  …─‐- _
                   __ . :_: :´: :, -:、:_: ; ヘ: :/: :`: .: : : : 。  っ
               |: : :, ´:/: :`¨´: : : : : : : : : ヽ: :/: :゚ 。、: : :.    つ
               |/`¨´: : : : : : : : : : : : : : : :∧: : : : 。\ :.  っ
              ,:/: : : :./: : |: : : : : :ハ: : : ; : : : : :.。: : : : 。:::\
                 /:'.: : : :イ: : : ト、: : : : ! ムイ ヾ: : : : :。: : : : .\:::\
             /:::i: : : :' l:>、l ヾ: : :| x====ミ、: : 。: : : : 。: :\:::\
               /:::/|: : : |: l :,ィ=≧ミ \| " _):::::ハ Ⅵ:Y⌒ヽ }.: : :iⅣ::::∨
           /:::/ .|: : : |: l : ト _)::ハ    込z斗 .l: : | ^ i}:゚.: : :l| ∨::::゚。
              /:::/ .从 : :!ハ: ∧ 込斗 、    .:.:.:.:u l: : | ゝ∧: : : :l| |::::::::|
           /::::::i  |: :ヽ| |: :Ⅵ .:.:.:.:        |.:从¨´i:::∨: :.l| l::┼:|
.           /:::::::::|  l: : :; |: : 圦     r‐ ヽ   イ ノ′   |::::i∨:.イ ∧::::/
          ∧:::::::::|  |: : : .!: :l |: > .._` ¨´ < |====ァ |::::l .}/ |   ∨
.           ∧┼:|  l: : : .|: :| |: :|  ,r===ミ:.、==〈:::::{  .l::::|.ノ
.          ∧::::|   Ⅳ:i 从:! !Ⅵ_∠=ミ、: : : :|.:|.:||.:.ヽ:ト、 丶|     だからもぅ、声デカイっての
          ∧:|   .八|    ,イ三三ニ=。\|.:|、ヾ.:.:.:.>==ァ
                i        イ  ̄ ̄ 寸}: . |.:| ヽ\.:∨ /、      もうちょっと静かにしなさいよ
                       /      _ }リ  ヾ\ |.:.∧.∨ }
                 /     /::`ノ    \:.、.:ll.:.:i  |      「え~?」
                /     /|`¨´      |.:|.:.||.:.:l  |
                /      /  .|.         |.:|.:.||.:.:l三}
.               〈       ゙〈   {二二二二二二_|.:.||.:.:.}
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 彼女の側に立つのは、特殊複合繊維のジャケットを所々で軽金金属のプレートで
┃ 保護した軽装甲服を着込む少女だ。マミほどの華美さは無いが、来ている物の質は
┃ 彼女の物と似通っている。
┃ 
┃ 得物は腰にぶら下げた二挺の拳銃であろうか。口径は小さい……と、言うよりもスライド
┃ が固定されておりガス圧駆動の実包拳銃ではなさそうだ。光学射撃兵装か粒子径の
┃ 射撃武装だろうか。
687:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/10/27(日) 00:49:02 ID:sakTtufo
おお、ティアナ初登場じゃん。
688:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/10/27(日) 00:50:03 ID:ZvtmK7pQ
スバルは例の精肉業帰りかw
690:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/10/27(日) 00:50:34 ID:cJRJ5LlY
初対面がこれかw
692:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2013/10/27(日) 00:52:33 ID:v.yQxHf6


.     /: : /:l : : : : : |: : : :/: :/ :| : : : : : : |: : : : : :|\:| : : : : : | /}/∧
    /: : /: :|: : : : :.:.|: : :厶:/、 l: : : : : :.:.|: : : : : :|   }: : : : : :|: :.i//∧
.   /: : /: : :|: : : : :.:.|´ /: :/  ヽ!: : : : :.:.:|--- 、:|   i: : : : :.:.|: :.}////
.   /: :./: : : :|: : : : :.:.| /,彳气ヽ :!: : : : :.:.:|: : : : :.\  !: : : : :.:|: /////
  / / |: : : :|: : : : :.:.|/《 いしリ 八: : : :.:.:.|,x≦≧、 /:!: : : : : |/////
  /′  |: : / !: : : :.:.:.|: :{ 之少   \: : : |:いし:} 》/:.:.|: : : : :.:| \/
.       |: /: : ,: :.:.|: |ヽi        \:.| 之少 /:/:.:|: : : : :.:|: :|ヽ
.       |/: : : :゚, : |: |ハ\     '   ヽ   /,イ: :/!: : : :.:.:|: :|/!
.       |!: : : : :.゚,:.|レ': ヘ                /-:./:.|: : : : : |: :|/|
.      | : : : : : ヽ|: : : :|\  ` ー       イ //:.:.:|: : : : : |: :|/|   ごめんなさいね、迷惑かけて
.      |: : ∨: : : :.∧:/   >       ≦: : : /: : : :|: : : : : |: :|/|
.      | : : ∨: : : :.:∧\    ‐=≦,イ: : |: : : : : : : :.|: : : : : |: :|/|   もう少し女の子らしくなってくれたら良いんだけど
.      |: : : :∨: : : : ∧ \    / }: : :|: : : : : : : :.|: : : : : |: :|´
.      |: : : :.:∨: : : :.:∧   》―《  iヽ:.:.|: : : : : : : :.|: : : : : |: :|    「い、いえ、そんな……」
.      |: :,x≦:∨: : : : ∧ ,/   ∨ :| ゚,: : : : : : : :.:|: : : : : |: :|
    ,x≦:.:.:.:.:.{: :∨ : : : : i/∨   iⅥ: :.\: : : : : : :.|: : : :.:/: :.|    「えー、銀ねぇひどーい」
‐‐=≦:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|: : :∨ : : : |   ゝ―{  l: :∧:\: : : :.:.|: : :.:/|: :/
―― 、:.:.:.:.:.:.:.:.: |: : :.:∨: :.:.:|:   {   ヽ |: : ∧:.:.\: : :|: :.:/: !:/
:.:.:.:.:.:.: ヽ:.:.:.:.:.:.: |: : : : ∨: : |\ i,x≦≧x!: : :.∧:.:.:.:ヽ、|: :/: :.|′
:.:.:.:.:.:.:. : ヽ:.:.:.:.:.:|: : : : : \: |: : 《: : : : : : : |: : : :∧:.:.:.:.:. }:/: : : : .
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.: : |: : : : : : : \: : :\: : : : :.:|: : : : :.ノ:.:.、:.:.i//}: : : : .
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ もう一人はキッチリとした服装をした長身の女性だ。すらりと伸びる長躯は引き締まり、
┃ 豊かに張り出した胸は締め付けられて尚歩く度に揺れる。
┃ 
┃ 普通の男性ならば、そこに目が行って他の事に気付かないだろうが、やる夫は
┃ 彼女の立ち振る舞いと、常の人間とは僅かに挙動が異なる事に気付き、義体、
┃ 或いは半身義体ユーザーだと推察した。成る程、あの大きな胸は胸郭のハウジングに
┃ 大型発動機を搭載する為の物だろう。
694:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/10/27(日) 00:53:11 ID:kHe92zCo
( ゚∀゚)o彡゜
696:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/10/27(日) 00:53:45 ID:pbfZonTM
ギンガいたのか
697:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/10/27(日) 00:53:52 ID:LIZ161Hk
やっぱり発電機入れるのはそこなのかよwwww
698:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/10/27(日) 00:54:26 ID:.Us5ZkSU
胸がでかいと発動機やら動力炉やらをまず想像する世界か…w
700:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/10/27(日) 00:54:48 ID:.MJ4TdIk
ギン姉きたこれで勝つる!
710:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2013/10/27(日) 00:58:13 ID:v.yQxHf6




                , ::‐…―-   .
                /::/.:.:.:.:.:.,.:.:.:.:/^.:.:`:く⌒\
             /.:.:.;′.:.:.:./.:ハ/{.:.:.:.:.:.:.\:\.:.:.\
          __,/.:.:.:.:|.:.:.:.:./.:.√^i.:.:.:.:.:.:.:.:仆.:j}.:.:.:,.:.\
        /⌒::水ミx::|.:.:.:/.:_/{_ {.:.:.:.:.:.:.:.从Ⅵ.:.:.:.`ト:.::.
        /:::::::::::j川x\:|.:.:.iハ/jL__`ヾ:.:.:.:.:.// }}:|.:.:.:.:ハ \;
.      /::::::::::::/.:爪:::/^i.:.:从《^r'芯x \.:.卅x7人.:.:.}.:.|  }
    /:::::::::::::/ /.:':.:.:{  |:/.:.:.:{ ヒ::リ   }爪:УⅥ:}:.:.:.:|
.  /::厂^⌒´  ,/.:.:.:..:.:.入l.:.:.:.:.:|       , ゞ' /^ヽ\.:.:ハ}   でも、今日は比較的早く帰って来られて良かったわね
  厶'     ,'/:.:.:.:.:.:.:/.:∧.:.:.:.:|   , -:ォ  {,レ′ }/ /
      ,'/ /.:.:.:.:.:.:/.:/.:.∧.:.:.t    ` ′ ィ// 〃     本仕事じゃないからだけど……
.    ,:/  /.:.:.:.:.:.:/.:/.:./.:∧.:.:.マx _ ィf7   /   {{
    //   /.:.:.:.:.:.:/.:/.:./.:√^:,:.:.:.:マニス:::|   〈  ,:┴- 、
  /:::/  /.:.:.:.:i:.:/.:/.:./r':∧〈入.:.:.t杉ク人   /:::::::::::::::\
. /:::/  /.:.:.:.:.:Ⅳ:厶イt|:':::∧ ∧.:.∨〃::::j⌒y::::::::::::::::::::_.:xぇ
../:::/  /.:x≪77/////ハ:::/::::∨マハ.:.V:::::::::|7/::::::::::::::::/::⌒:1
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ ただ、義体ユーザーは人間と違い呼吸の必要は無い。別の場所で酸素循環が
┃ 出来るから、態々肺を置いてスペースを取られない。だからこそ、発動機が大きく
┃ てもとんでもない巨乳にしなくても何とかなるのだ。第一、それなら男の場合絵面が
┃ 凄まじい事になってしまう。

┃ 恐らくは、あの大きな胸はハウジングの向上もあるが、衝撃吸収ユニットとしての
┃ 性質が強いのだろう。そして、それ程のデッドウェイトを搭載してまで動力炉を気遣う
┃ という事は……循環型の融合炉を積んでいるようだ。
711:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/10/27(日) 00:59:18 ID:8/WXSRHA
ここは半義体化、義体化したか人だけのチームなのかな?
712:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/10/27(日) 01:00:02 ID:jpWa.zfg
つまり義体のなかでも高級品ってことか
715:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/10/27(日) 01:01:23 ID:sseEkinc
修練闘士みたいな人外格闘集団のイメージがある。
719:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2013/10/27(日) 01:02:17 ID:v.yQxHf6




        ,.イ
   _,. --- 、{:.{__,. -< ̄ ̄ ̄≧=- 、
   ´二ニ=-:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.\ ̄\__:.:\/ ̄ ̄ ̄ ̄\
  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\\:.:.:.\__ ̄ヽ_,. -、    /
∠-=≦:.:.:.:/:./ハ:.:.:`ヽ:.:.:.:.:\:.:.:.:.:.:.<__!ヽ__ ヽ  /
  /:.:.:.:./:./{_,.斗≦ミ、:.ヽ:.:.:.:\ー‐=≦:.:|      |     あれー? やる夫が居ないなぁ
 /:.:.:.:.:.:./:./ハ ,ィf符》 ヽN ト、:.:.}:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!ヽ      |
/:.:.:.:.//:.:.|:.:.:.:}  以     jハ V:.:.:.:.:.:.:.:.:∧ \__/      酒場に居るって言ってたのにー
|:.:/  |:.:,.イ::.:.ノ        |:V:.:.:.:.:.:.:.:.:〈  \ \___
|/   |/ |:.く  _       |:.|\ト、:.:.:.:.:.:\  「 ̄ ̄\  \  ……あ!
       V^ヽ`-'      j/ >―――‐へ !      \  :|
         `ヽ        「} i      >―- 、   \|
              \_,. -=≦_,. ィ \\_/      \   |\
            ∧    V:八   \___|          \. \ `ー―
          / `ヽ.   _〉三〉    |           \ \__
         /    V /{ {/      |            \
             ̄ ̄/ ̄ 》/ / /「ヽ   \.! i       _   /
              /   j/__! レハ ヽ==\|     /     /、__
            /  ,./三 | |三}  }      |    // ̄ ̄ ヽ\__
         /  / |三ニ| !ニ/ /     |    /  ___/
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 彼女達三人で仕事をしていたらしく、その帰りのようだが他の面々の姿は無い。
┃ 本仕事ではない、と言って居たのでオフの日の小遣い稼ぎだろう。
┃ 
┃ スバルは適当な席に三人で座りながら周囲を見回し不思議そうに首を傾げた後で、
┃ 最近の街では見慣れた侍女姿を見つけて立ち上がった。
721:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/10/27(日) 01:02:30 ID:v4GMVBhk
酸素いらないってことは、毒ガスや水中でも行動出来るのか?
722:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2013/10/27(日) 01:03:40 ID:v.yQxHf6
>>721
 うむ、酸素は脳細胞の劣化防止だけでいいからな。人体と違って酸素でエネルギー産まないし
 ただ、水中だと義体は重いから沈むのでフローター装備しないと埋もれる
729:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2013/10/27(日) 01:06:09 ID:v.yQxHf6

                 /
                //     , -――― - 、
                 {.: {   /  ̄ ̄ ̄ ̄`丶\  __
                >⌒'<{: : : : : : : : : : : : : :二ヘ<__}__
              / /.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:\.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\:ヘ___   ̄¨ ¬ー-  .._
             ///.:.:.:.:./.:.:.: /|.:.\/\l\:丶、.:.:ヽ「 ゙̄|‐- 二¬ー─--  ,,_ ̄ ¬ー-
              ´ ,'.:.:.:.:. |.:.:.:./厶.: ヽ\ イ乏ト\.:l\.:.:l>┴-=-―─ー- 二二 ̄__二ニ ¬ー
               |.:.:.:.:.:.:|.:.:.:l/r≧\∨ V;;リ  ヽVノ八                 ̄ ̄ ̄`~
         _,.、     l.:.:.:{.:.:.l:.:.:.| ヘ:::ハ \  ´    }:}ヽ_:トヽ
        r'´:::>ヘ-、  ヽ.:.ヽ.:ヽ :{\ゞ'' ' _ -┐  イ二ニ圦
       ノ:::::::::::: `^}   \|\:ヾ:.: ヽ、 ヽ _ノz≦´ ̄    \
    , -=≠==z:::/       \>‐-'>'´ ̄  `\ー―< ̄\         Sfさんだー
   //      Y          _rァー<r-、       ヽ      \__
.  /{{V> /.二二二|           / { {  └┘       }       ヽ\     おーい!
  | V  //::::::::::::::::::\      l  ヽヽ          { ̄ ̄ ̄\____Vヘ
  |l   //::/ ̄ ̄ ̄ヽ      ヽ   \二二二二\   }        \V ヽ
  ヾ   | |:::|        \     ∧            \\ {            ∨^\
   \| |:::|ヽ        >‐―/  ヽ         \二}          ∨ _}
      V\!/\     /厂      \__        ノ            ∨´j
          \               >ーr┬‐<___         ヽノ




          〉─‐'´: : : : : : : :|: : : : : : : : : : : : :\/    
         / : : : : !: : : : : : : : |: : : : : :\: :V: : : : ハ、   
.         r┤: : : : :.!: : /: :..|: : :|: : : : : : : :!: :.l: : : : : | }   
.      / |: : : : : :|: : |: : :.|: : :l: : : : : :l: :| : .l: : : : :.K、  
    /   .|: :.| : : :|: : |: : :.!: :∧: : : : /|: :!: : |: : : : :.|  l     Tes. ナカジマ様、お久しぶりに御座います
   /     |: :.| : : :|_|__|_/ |: : /__l__!_l: : : : :.l  |  
  /\     !: :.!: : : !: :.l\ル'` j/ ´ !/l/|: : : : :.l ∧ .
  \十\___l: ∧: : :.\|辷云      代二7 |: : : : :.|ノ十〉
   \十十‐|: |‐|: : : : : |              |: : :./: |十:/
     \__.|:/__ヽ: : : ∧     、     /: : /|: /`^′
.          i'    \ト、: \    ,┬、   /|: : / |/
    __/`ー‐-、__    \i´ ≧ノ | ',≦_  j/   ,r─‐'\__
    |        \    / |:l´|`l | ハ     _/ -‐'´    /
    l          \__/  :|' | 弋! ハ__/         |
   人/l ー-、     //´ \_,/  |   ト、_/ `l|       ̄ ̄{\|\
  //::_/ ─-     〈/   ,イ::{   !  }::|`、  ||  ノ        \::\\
 〈 〈::::|      _   l  / |:::|  〈〉  |::| ハl∧l、  、___   }:::/ /
  V ',::| r-、 ´ /     /. V:ハ  |  /:/  ハ   ヽ     l\_/:/ /
  ∨',Y´::::::} /  .,´   l   \\l/:イ    l    ハ    \::/ /
735:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2013/10/27(日) 01:08:54 ID:v.yQxHf6

       ___|: :ー/: : /:.:./.:.:.、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ__.:.:.:.:.:.:.`ヽ、
     /: : : : |: ー{ ¨7 :::/::::::::::\/:::/:::::::/|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\:::\:::_::\
.   /: : : : : 〃二゙ヽ::l::::,'::::::/ 7:: \/::::/  |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|::::::::\\|
 /: : : : : //ニ二ニ Y::::|::::/  /:::::/|:X`ー-/ :::::::: /|::::::::::/| :::::::::::::|:::::::::::: \
'´ : : : : / / /⌒ヽ |:::::|;イ孑左≠=ェz、.   /::::::::/ー| :: _/斗 ::::::::::::|::\:::::::::::ヽ
: : : : / _{ { /r,)} /|::::::::|{l {i::::::::::::: }ヾ'  /:: / `ー七 /\|:::::::::::::,'::::::::|\ ::::::|
/ ̄\_ノ  Vヘこノイ |::::::::| レう゚:::::::/   //   左≠V   |::::::::: / ::::::::|  ヽ ::|
     , -.、_廴::.::.::j、::ヽ :::l ゞ辷zン    ´     /::::::::: }㍉ イ|::::::::/::::∧:::|   ∨
_ /⌒/.::.::.::Yミ≡彳(レ小:|  xxx          /う゚::::::/〃/|:::: /::: / ∨
::`{.::.::{÷≒::ヽ=≡:j  | | lヽ          ヾ辷:ン  /:::::|/::/       ねーねー、やる夫はー?
÷!≒ヽ.::.::.::.::.}::-‐〈  | 〈〈 j\         xxx`  ,:′イ::/
::.::ヽ.::.::.\_/::.::.::.::}_r' ヾ∨\>  <!        イ::::/ ヾ          メールで呼ばれたんだけどー
::.::.::.\:/.::、::.::.::.:/0\//│\>`'≠≧==┬─ァ'´::::/|   \
`\ー'::.::./¨`<::.::.::.::.::\//⌒V  /=≠彳¨/:::::/ヽ |     │




                      ,、
               /\__/ ',
           /`ヽ/l¨`ー 、- ― ゙、',ー- .
             /_,.. -―i        丶-一` 1
           、ー|      !         \   ト、
             ゙イ     イ | l          \ !-、
         /. !   / i    |\ 、 ヽ l .、\ヘヽ
           /  l ' |/  ∨.   !  \ .i\ /  /ン'::i
        \   i__二ヽト、|.二ニヘl┬/  /、_::人      あー……そのー……我が主ですが……
         |  、 ||::::::::::::| ''|:::::::::::::i/  / 丶  ゝ、
          レ、\ー― '    ー―‐'/, 1 /  _∨:::/
         /_,ヽ(           ',.ィ'i/ト-┘::__i:ノ
        ∠;::::::;\`iー--、--,、- テ¨´_(レレ' !:::::::/
          ̄  ,`) ー〉 `くゝ´ ゙、ニ,ヘ    ̄
             〉:::ソ(  / i   ノ_,.):::〉
            /∨::::厶ヘ _〈  !  〉.\::::v 、
          ≠ニ/::/    ∨   ヾ::::</)
            し/::〈\      / / /:::::\
           /::::::::::\二二,、二__/::::::::::::::フ
736:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/10/27(日) 01:09:14 ID:.Us5ZkSU
ドーモ、目の前にイマス
737:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/10/27(日) 01:09:21 ID:sakTtufo
さて気付くかなw
738:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/10/27(日) 01:09:27 ID:rL3UDc8w
言いよどむSfさんw
739:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/10/27(日) 01:09:55 ID:/ChQKRyk
自動人形も答えに窮する事態
744:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2013/10/27(日) 01:12:58 ID:v.yQxHf6




                      /_\
             ___,ィ´/_\`ー-- _
              l ,r--y'´ ̄     |  ̄`ヽー, |
              |//´ i      l ヽ ', \ l、
            /´    l./ l     ! l  l ヽ ヽ\.._
          ///    .ll l     | ll  !  l  Y//
          V/,i    l ト,.ト、   |!_ノ!_/l  l.l  .V
            .Y l     ヒlニl ヽi / ,ニ'ニ| ,イl   i |
           |..l     イ込ソ     込シl/,lリ  .l |   (どうしたものでしょうか)
           l .|    l           ///  i、|
             /l .l   iヾ     .    /,イ   /ノ,ヘ
          / Vヾ,   トミ、     _   / l  /´/ /:;ゝ
            〈::∨ヽl ',  l::::\        /l / /v'::/
       _  ∨:::::::ヽ\l:i!::/i.>  _ <i::リ:レ' /|:::::ソ
         | `ヽ、`  ̄ `ヾルr亠'/ヘ=,ヘ、`ヾ/ト /  ̄  , -――、
   , イ´ ̄`  \     ,r-'  /i:´:_:_:〕|i  !、   _/      |
  〈         ミー-i´ |、></´: : : :l/ー- 〉y=<       ̄`ヽ、
  ',             /Y⌒ヽ、_/ : : : : : ヽー-'⌒ヽ }             \
   ヽ、       <.シ       i : : :.,-=-、i     丶Y             /
    >=-    ./      |: : /    `ヽノ、_  ヽ、       ./
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ どうしたものか、とSfは考えた。そもそも、この状態で土産を渡すというのがものすごく
┃ チャレンジャーだ。相手にどれだけの精神的インパクトを与え、入らぬ噂を巻き起こす
┃ 事であろうか。
┃ 
┃ とはいえ、主が何処かと問われて答えない訳にもいかず、そして主も現状を説明して
┃ 対応すると方針を決めているのでどうにも……。
745:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/10/27(日) 01:13:57 ID:4D4gRnkg
てへぺろすれば大体許されるよ!
746:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/10/27(日) 01:14:00 ID:gXv6wt0Y
暴君のせいで一日だけ女性になりました(棒
754:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2013/10/27(日) 01:16:00 ID:v.yQxHf6



                       r‐zx____xzx
                     ..:fアニニ∠ア゙:::::::::\
                    /:fアニ∠ア:::::::::::::::::::::::.
                 /:::::ヒ|ニニヒI::::::::::::::::::::::::::::::::.
                      l|:::::::ヒ|ニニヒI::::::::::::::::::::::::::::::::::
                 ||::fこアf"´ ̄}:::::::::::::::::::::::::::::.
                    八乂: : {: : : : |:::::::::::::::::::::::::::::::.
                      ヽ{_人_ノ:::::::{::::::::::::::::::::::::.     (どうしよう、知らない人が居る……)
                   /: : |: : : \:::::::\::::::::::::::::::::.
                     〈/: : |:i: : : :人::::::::::\::::::::::::::::.
                     `⌒i^⌒lj_ノ\::::::::::\::::::::::::.
                           |::::::::|ー}ニニ7冖-ミ:::::::::::.
                     /:::::::/_/ニニ/ニニニ-.::::::.
                         //:::::::/_/ニ//ニニニニ-.:::::::.
                     //:::::::/イ/ノ/ニニニニニ-.:::::::.
                     ノ/|::::::/,/ニニニニニニニニ-.:::::::.
                      /=//|:/}|/ニニニニニニニニニニ-.:::::::.
                  /=//}|l 八ニニニニ彡i7^7^7^辷彡’::::::ハ
                    f,=//,_}|ヒ{ニニニ{ ̄///|//////|:::::::::::::::::|l八
                   |l//j彡-ヒ{ニニニ,ノ/////|//////|:::::::::::::::::|l  ',
                   |ヒIニ|><|ー=≦///////|//////|:::::::::::::::::|l │
                    乂竺|><|//l/////////|//////|:::::::::::::::::||  |
                     l|><|//l/////////|//////|:::::::::::::::::||  |
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ そして、当のやる夫も少し困っていた。知人だけなら、ネタもやりやすいが……
┃ 今回、スバルには顔合わせした事もない人間が二人もくっついてきている。
┃ 有り体に言って恥ずかしいしドン引きされかねないシチュエーションだ……流石に
┃ 考えて居た事態と違う。ここは……

┃ 1:25 1D4
802:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/10/27(日) 01:25:00 ID:Uf9ZgW46
女は度胸!当初の予定通り素直に突貫!
ダメだったら驚かせたお詫びに食事でも奢ればいいさ!
808:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2013/10/27(日) 01:26:05 ID:v.yQxHf6
このドン引きされる事を恐れぬ潔さよ……
827:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2013/10/27(日) 01:31:05 ID:v.yQxHf6




             ,ィ
            _ (.{ _, ---- 、
         /--  `' / \   \
         // `ー '    ヽ    ',
    .    / / / ./i  l    l i   ト、
        l /! l ノ l ', ル`ヽ l l i.i .lゝ.>
        レ! lル ○三V:::○:::'小 l リ//   ほああああ!?
         Vl⊃u.、_,、_,:::⊂⊃ハ レ ヽヽ
        /⌒≧|_ト   ゝ._):::::u::j /⌒i } }
      ヽ「゛:::ヽl__>,、u_,:::::イァ/  / ム!
.        ゞ:::::::ノ  >ミΤ彡くlヘ、__∧
          ̄ゝ /::::::|.:.|:::::::<ハ :彡'
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 1D4:3 >>802
┃ 
┃ 当初の予定通り、挨拶しつつも薬に引っかかってご覧の有様だと説明した結果……
┃ スバルは相当驚いたのか凄まじい大声を上げた。

┃ びっくりしたのか酒場の視線が集まる。あ、これヤバイ とやる夫が思うも時既に
┃ 遅し。え? あれ人形遣いなん? みたいな呟きが聞こえてくる……
830:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/10/27(日) 01:31:41 ID:NYdrz4xk
驚きすぎやろww
831:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/10/27(日) 01:31:46 ID:00gf1Abk
多少ドン引かれても今更な気もするなw
832:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/10/27(日) 01:31:53 ID:/ChQKRyk
ちょwwwwww
833:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/10/27(日) 01:32:03 ID:sakTtufo
やっぱり、大事になったw
836:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2013/10/27(日) 01:32:46 ID:v.yQxHf6

             ,ィ
            _ (.{ _,---- 、
         /--  `'      \
         / ' /    ´ \   ' ,
    .    / / / ./i  l    l i  ト、
        l /! l , ' l ', ル'\ l l i.i lゝ.>
        レ! lルl\  V /  '小 l リノ/     う、嘘だ! 冗談でしょう!?
         Vl ●   ●  /ハ レ | |
           | ト⊃ 、_,、_,⊂⊃j/ .ル' | |     きっとマリオネットか何かで、実はどっかに端子があるんだ!
           ム_レ⌒l、 __, イァ ムL  .Ll
.          /─ァ>ミΤ彡くl/ ヽ
          (;;;;;;;;;}::::|.:.|:::::::<ハヒ::::彡,




                  /: : : : : : : : : : : : i: :ハ : : : : ゚: : : : : : : : : : : : : : ヽー-゚ : : \_
                〃: : : : : : : : : : : : : :!:.i.  ゚。: : : ゚。_:_: : : : : : : : : : : : :゚。///////≧=- 、
            /': : : : : : : : : : : :/: :/j: !   ゚。: ´ ゚.ヘ : : : : : : : : : : : : : ゚.////////////≫
              / !: : : : : : :! : : : /: :/ !:{.  /_ヾ: : :i ヾ : : : : : : : : : : : : ゚。////////////
          / l: : : : : : :j: : : :ハ:.!  i:.i/z云卞\{.  ゚。: :/: : : : : : : : : :゚.//////////イ/
                i: : : : : : :!'. : : ! i:{ `¨´:i{"匁少      Y : : : : : : : : : : : './////////i//
               !: : : : : : i¨¨ヾ!  ヘ、 ヾ:,_          j: :j : : : : : : : : : : ./////////!//
               '. : : : : : :ヽ 仡ム  \            /イハjヘ: :ハ: :i: : : : .'////////j//  うわっ、ちょっと!?
                ゚。 : {: : : : i 匁ツ 丶             / ./: : : :j/: :!: !: : : : !ヾ////////
             ヾ:{: : : : l                /: : : : : : : j/: : : : :j///≫く////   こ、こら!!
               \ 八   ャ    ̄` 、    /イ: : : : : : : : : : : : / //////≫ 、
                  }: : : .   ∨       ヽ   /' .i: : : : : : : : : : : :/!///////////   「やっぱり嘘だよ!
                     ,: : : : : .   ヽ         !     !: : : : : : : : : : :ハヘ//////>‐≪    ティアナよりおっぱい大きい!」
                /: : : : : : :\        ′   ィ: : : : : : : : : : ハ: : ∨//: :\: : :
               ,: : : : : : : :ハ≫。.    ¨´    <_fi: : : : : : : : : : i_ヾ: `: : : : : : :ヾ:
                   ,: : : : : : : fr≪ ///> __ ≪`Yヽy'.: : : : : : : : : :{ニニニニ≧=====‐-
               i : : : : : : :八/////////Y: : 〔¨ヽ i /゚。: : : : : : : : :{.ニニニニニニニニニ/
                {: : : : : : :′ノ////////ノ: : :f y r'   ゜.: : : : : : : :iニニニニニニニ/ニニ
                {: : : : : : ;   ̄≧=ニ≪ : : : ノi j Y /゜。 : : : : : l.ニニニニニ/ニニニ
837:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/10/27(日) 01:32:50 ID:bohapYXw
大丈夫だ、問題ない
839:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/10/27(日) 01:33:10 ID:O80q.Z4U
やっぱり揉んだかw
840:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/10/27(日) 01:33:25 ID:Ay1sp6S6
>ティアナよりおっぱい大きい!
あかんw
841:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/10/27(日) 01:33:30 ID:v8.S03b2
いやおかしいだろ。その判断基準w
842:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/10/27(日) 01:33:32 ID:ZOnZ.iyM
揉むなやw
843:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/10/27(日) 01:33:36 ID:GVBSeDto
セクハラすんなやwww
844:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/10/27(日) 01:33:41 ID:NYdrz4xk
さりげなく揉んでなおかつティアナにとばっちりをかますスバルはww
845:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/10/27(日) 01:33:43 ID:pbfZonTM
スバルかわええw
860:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2013/10/27(日) 01:37:41 ID:v.yQxHf6






             ,ィ
            _ (.{ _,---- 、
         /--  `'      \
         / ' /    ´ \   ' ,
    .    / / / ./i  l    l i  ト、  モニモニ
        l /! l , ' l ', ル'\ l l i.i lゝ.>
        レ! lルl\  V /  '小 l リノ/   あれ、首筋にもなんもない
         Vl ●   ●  /ハ レ | |
           | ト⊃ 、_,、_,⊂⊃j/ .ル' | |    くそ、でもおっぱい大きい、銀ねぇ程じゃ無いけど
           ム_レ⌒l、 __, イァ ムL  .Ll
.          /─ァ>ミΤ彡くl/ ヽ     もしかしたら私負けて……
          (;;;;;;;;;}::::|.:.|:::::::<ハヒ::::彡,
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ スバルが乳を揉んだり太腿を擦ったり首筋に顔を寄せたりしてくるも、どうしようも
┃ 無い……と、言うか鍛えていようが流石に半身義体ユーザーには膂力では勝てない。
┃ どう足掻いた所で出力が違うのだから仕方があるまい。
┃ 
┃ Sfがどうしますか? と目で問うて来るも、大人しくしろと命ずる。流石に、魔女の酒場
┃ で30mmブッパしたら出禁では済まされまい。
861:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/10/27(日) 01:37:58 ID:GVBSeDto
違うスレ見てたらすごい展開に・・・・・・・
ま、まぁギャグ回やし!ゾンビも多少のあれはいいよって言ってたし!(震え声)
862:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/10/27(日) 01:38:15 ID:NYdrz4xk
よし1mmRガンだな!(錯乱)
866:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/10/27(日) 01:39:26 ID:sakTtufo
性転換した事実より、性転換したやる夫が美人過ぎることと巨乳に驚愕してるw
867:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/10/27(日) 01:39:30 ID:pbfZonTM
衆人環視のなかでなにやっとるかw
872:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/10/27(日) 01:40:36 ID:sseEkinc
義体かどうかの確認は、持ち上げて体重確かめるのが一番早いんじゃ
879:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2013/10/27(日) 01:43:46 ID:v.yQxHf6






       /   `/     '   `   \ r__j l_ュ
      /                     r―┐r―┐
    / /l        / .:/ l  |  、  \ \  ̄Ll Ll ̄ヽ
    /// .:/  / | .:::| ∧: ト、 ト、. // ヽ::: ヽ.  |:. ',
  ,/// .:::l  .:/ .:::|\/| | ヽ | ヽヽ//   |ヽ::: ヽ |:|:. ',
  レ ,'  ::/ .:::| :::ト、/l`l、:j  ヽ |  /       j ヽ:::::ヽ|:|:: |
    | / |  :::|:::::|   ̄`ヽ  ヾ. ^´      ノ  |\:: l_l::: |     何やってんのよアンタはーっ!!
    | l | ::::|:::ハ          ー―‐''´   / ::::ヽ| }:::. |
    l | | ::::|: lヽ`ヽ__ノ ,  __ ///// ,'イ| :|_ノ:::: |           ガゴンッ!
    V  l  ∧| ト/// r―‐'´  ヽ、      /| :|::::::::: |
       ヽ |/l ハ     ',        ヽ     /ー'| :|::::::::::. ',      「あいたぁ!? ちょ、ティアナ!
        V | |::::ヽ、   l       |   /l::::: | /::::::::::l::::.',        銃床で殴るのははんそ」
         ,/ | |:::::::::l\  |         j /:::|::::::l/:|::::::::::|:::l:. ',
       |  |:. |:::::::::|::::l` 、ー―――‐"イ :|:::::|:::::::::::|:::::::: |:::|::. ',    黙んなさい、このおばか!!
.        | | |:::::::::::!:::|/く/ `=  - ≦=|_| ::::|:::|::::|:::::::: |:::|::. ',
        -―――|  |/::.{  /^\.  } |  |`ー-::|:::::::: |:::|::. ',       ガギッ!
     〃::.::.::.::.::.::.::.::.|  |::.::.::.| /\V/, |::.:|  |ヽ::.::.::.::.::.::  ̄ヽ
     ∧::.::.::.::.::.::.::.::./:| |.::.::.::Ⅳ/∧\.Ⅵ::.|  |:.',::.:.::.::.::.::.::.::./::|
     |::.ヽ_ -――/::.ヽ|:.::.::.∧く_./ ヽ._>∧:| /:.::.〉――-- _/.:.:|
    _|::.::∧ /::.::.::.:: `ヽ _/::.マ¨ ̄ ̄¨フ\}__,/ ::.::.::.::.::.::.∧:.::.|
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ スバルのボディタッチは強引で力強いので良かったが、これが丁寧な物だったら
┃ 色々と危ない構図になっていたかもしれない。肘を身体の後ろに差し込んで引き
┃ 剥がそうとするも、力強く、かつ義体の重さで動かない……
┃ 
┃ と、思ったら後ろからカットが入った。後頭部に情け容赦なく重厚な拳銃のグリップ
┃ が叩き付けられる。遠慮も何も無い鋼の打擲は、人体が発するにあるまじき轟音を
┃ 立たせながらスバルをやる夫から引きはがした。
880:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2013/10/27(日) 01:44:29 ID:v.yQxHf6
>>872
 生体組織マシマシの工作用義体なら人体と区別つかんのもあるんだ……
881:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/10/27(日) 01:44:45 ID:pbfZonTM
常識人さんは癒しやでえw
897:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2013/10/27(日) 01:48:56 ID:v.yQxHf6













                    ,ィ
                 _ (.{ _, ---- 、     「アンタ、ちょっとコッチ来なさい!」
               /--  `' / \   \
                // `ー '    ヽ    ',    で、でもでも! アレやる夫だって変な事言うから……
           .    / / / ./i  l    l i   ト、
               l /! l ノ l ', ル`ヽ l l i.i .lゝ.>   「喧しい! だとしてもやり過ぎ!!」
               レ! l| o゚● V ●゚o '小 l リ//
                Vl⊃ 、_,、_, ⊂⊃ハ レヽヽ
             /⌒≧|_ト   ゝ._)   j /⌒i } }
             ヽ「゛:::ヽl__>,、 __, イァ/  / ム!
       .        从 l||l  >ミΤ彡くl||人 ∧
              ( ⌒ ) /::::::|.:.|:::::::<( ⌒ )
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ スバルは激怒した相方に首根っこ引っ張って外へと拉致されていった……あの
┃ 重量がある半身義体を引き摺るだけの膂力とは恐れ入る。彼女も義体なのか、
┃ それともスバルが気を遣っているのか、はたまたギャグ補正という世界の法則か。
┃ 
┃ 情けない声と、人体が上げるには妙に重量感のありすぎる音を響かせながら
┃ スバルは外へと連れて行かれてしまった…………。
909:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2013/10/27(日) 01:52:52 ID:v.yQxHf6





   /\::::::::::::ノ::::::ヽ// \ : : : : : :\\ : : :\ミミヽ
  /   \::::{::::::::::::::} : { : : : : \ : : : : :\ : : : ヽミヽ ヽ
 /     .|::ヽ:::::::::::ノ∧ : : : : : : : :ヽ、 :、 : :ヽ : :ヽ彡リノヽ
   く  |:::::::r-‐'" : : ヽ : :ヽ : : : : ヽヽ._\∧リノ彡ノヽヽ     /
       |-‐'/ { : : : ! :ヽヽ : ヽ-‐‐'"/    ヽ ヽノリY ノ   /
   は   |:{ : : : : : : ト : _`´       , -‐- ヽ }ヽ}ノ}   /
       ヽl : :l :ヽ : :. `´        /     !/ ) Y ./ 
   は   | : :lヽ : ゞ`  __        """ l ヽノ ノ |  こ
        |ミミ.ヽヽヽ /       ヽ       ヽヽ'  .|  
   は    了ヽミミr ヽ  """      _, -‐^ヽ   }-、`ヽ.|  い
        | ヽ、\{ ヽヽ.     , ‐'"     }  /  ヽヾ|  
   は    .|.  `ヽヽ、ハヽ.  ヽ       / ./    从|  つ
        |.     ゝ-ラ .}、  ヽ、___/ ./ ヽ_,,   |   ぁ
    は    |       /ノ ` ‐ 、,__    / <´ /   |  
        |.      {{     ヽ `゙゙ニ'´‐'´_,-":ヽ-‐'"|  い
   !   /ヽ,-‐'""''ヽ ヽ、_,   ヾ、----‐‐'"´:::::::; '   |. 
       /__ ヽ    ヽ      j::::::::::::::::::-‐'"    <.  い
      /|__  _ヽ   ヽ__/  ̄ ̄         |. 
 ヽ___/                            \ や
                                    !!
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ Sfが駆け寄ってきて、乱れた被服を慌てて整え始める……蘇芳とノワールはあまりに
┃ 突飛な行動と、困惑して動けなくなる師という珍しいにも程がある有様を見て思考を
┃ フリーズさせていた。
┃ 
┃ 魔女が安楽椅子の上で身体を捩らせながら爆笑している、目尻には涙さえ浮いていた。
┃ 挙げ句、あの殺人侍女が彼処まで合わせて肌を隠そうとする事は、やっぱりアレが
┃ 本体……? という声までしている。
910:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/10/27(日) 01:53:18 ID:itkzrqz6
ベアトさん大喜びw
911:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/10/27(日) 01:53:32 ID:Ay1sp6S6
ベアトさん楽しそうで何よりww
912:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/10/27(日) 01:53:47 ID:cOfNsKcg
すんげえいい笑顔www
913:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/10/27(日) 01:53:47 ID:pbfZonTM
魔女の期待に応えられたようでなによりだなw
914:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/10/27(日) 01:54:03 ID:8/WXSRHA
殺人侍女なんて呼ばれてるのかw
915:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/10/27(日) 01:54:38 ID:/ChQKRyk
満面すぎる笑みwww
926:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2013/10/27(日) 01:59:05 ID:v.yQxHf6


            / |  , ´          }ー、|
           /   .L/                |  └―┐
             .′  /              |  ‘, ,/
         .′ /          /|     」    ∨
          |  _|       L_/   |      / |     ‘.
          | /:::|      /  ̄ ̄|   ‐/-⊥」    |
          |.|:::f∨     |┬―ゥ、|  ィ/  |/   |
          lハヽ::`∨    .| `¨¨  |/  T二丁    |
.         , ァ'´ \:∨  |       ,    / /    |    大丈夫ですか、我が主……
      / /   /`∨ Ν         イ    ∧ |
     く       ´   ∧ |\    -   イ    ハ V     「う、胸に違和感が……ブラのホック飛んだっぽい……」
        `ー'⌒)     /VvΝ  >    _/ ノ /|/ ⊥-┐
 ┌――- .._└-  _/   _」 ` ー 、   ∧∧イ / /   .|     失礼します、重力操作でどうにか……
  ∨       ` ー 、   >、    ` ー 〈ー |//     |
.   ∨     _    <:::::::\.   ハ∧ 〉vく    _    |
    ∨        - _|:::::::::::::\_/VVハ_{:::::< -‐   ニ ∧
     \    _ -‐ _  ̄|:::::::/。V三V 。\|      ∧l‘,
      /7┐     ̄   ヽ/    ∨/∧  ` ー、  〈:::::}}::‘,
.    //::::L._       rイ   /   ∨/∧   ヽ\/::::. =、‘,
    { {:::://:::::...-、    /     ′  .∨/∧    ヽ \::::::::/Ο〉
      }}:::} }:::::::::::└- _/     l      ∨/∧    ‘,  ::::`7′
     }}:::{ {::::::::::::::::::: ′    l       }///}     l  |:::::/
      、()r'―- -、:::::{     l      }///}.    l  /:::イ
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ とりあえず、周りの喧噪は置いておいて、Sfは自らの身体を盾にして視線から
┃ 遮りながら主人の居住まいを正す。
┃ 
┃ 服は僅かにだがはだけ、布の形が歪んで得も言えぬ扇情的な有様であった。
┃ 五~六回ほど戦術シミュレーションを用い30mmや5mmレイルガンでスバルを解体
┃ して溜飲を下げつつも、困難にして繊細なミッションをSfはやりきった。
930:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/10/27(日) 02:00:39 ID:sakTtufo
そして、スバルにご立腹なSfさんであったw
931:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/10/27(日) 02:01:00 ID:/ChQKRyk
重力操作で下着直しw
932:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/10/27(日) 02:01:03 ID:8/WXSRHA
写真に撮られてフィギアになっておみあげ店で売られるのも近いかも
933:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/10/27(日) 02:01:04 ID:FhdN9DeE
本来の姿のやる夫を、口説こうとする男が出てくるのかw
943:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2013/10/27(日) 02:04:27 ID:v.yQxHf6




              __
           ,x: : : : : : : : ヽ,x≦ヽ
         /: : : : : : : : : : : : ヽ: : ∧
          /: : .__r‐‐‐≠--、 _: i: : ∧
.        / ==///// ∨///\-',: : ∧
        i: ://///// ∨ヽ////ヽi: : :.:i
       ///////: : :.∨',: :`ヽ//ヽ: :.|      あ、あの! 家の愚妹が本当にご迷惑を
      ,イ//>´ ///: : : : :.∨ヽ: : : \/ヽ|
     ///イ: :.///: : : : : : : ∨,'ヽ : : | リヽ}     私、ナカジマ スバルの姉でナカジマ ギンガ と
     // :l: :////: :l: : : : : : : :∨/∧:.:|   \     申します
     ′ l: ////: : l: : : : : : : :.| ∨/∧|
      l //// : : l: : : : : : : : |: : ∨//ヽ、      後で私からもしっかり叱っておきますので、本当に
        l////: :.:.:.l: : : : : : :.:.:.|: : : :ヽ///}       すみませんでした……
      lヽ,//: : : :.l: : : : : : : : :|: : : : : :}//、
     //: :ゞ': : : :.:l: : : : : : : :.:.|: : : : : : `| |
      i/: : : :.:/ : : l: :l: : : : : : : |: : : : : : : :',|
     /: : : :.:/: : : :l: :l: : : : : : :.:|: : : : : : : :.:i
.   ,': : : :.:/: : : : :l: :l: : : : : : : :|: : : : : : : : :l
   /: : : : /: : : : : :l: :l: : : : : : : :|: : : : : : : : :l
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ もうお家帰りたい、といたたまれない気分になっていたやる夫の所にスバルが
┃ 姉と呼んでいた人物……二級スカヴェンジャーのナカジマ ギンガ がやって来た。
┃ 心の底から恥ずかしそうに顔を真っ赤にしながら、コメツキバッタの用に頭を何度も
┃ 下げていた……。

┃ 尚、余談であるがコメツキバッタとはショウリョウバッタの別名である。
964:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2013/10/27(日) 02:11:35 ID:v.yQxHf6




                      ____
                  ,x≦: : : : : : : : : : : : :≧ュ、
            ,x― 、 /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
           /: : : : : : : : :/`: : : : : : : : : : : : : : : : : : :-ヽ
          /: :/: : /: : : : : :∨: : : : : : : : : : : : :l: : : : : : : ∧',
           /: :/: :./: : l: : : : :.∨: : : : : : : : : : : : |__、: : :∧}     本当に何とお詫びすればいいか……
           /: /: : :.{: : :.l: : :.|: : l∨: : : : : : : : :.:.|: |    }: : : ∧
.          ///: : :.i: : :.|: : :.|: ;A_∨_: : : : :.:.|: :才T ―-、i: : : : :.}     あ、ここのお支払いは此方が持ちますので……
       / /: : : : l : : | /|: :|:  ∨: : : :.:.:.|´ | : |     }: : : : i、
           i: : :/: :.!: :.:| : : |,x≦二ヽ: : : : :.| ,x≦⌒\ i: : :.:∧\
           |: : i : : l: : :l: : 《  f::::ハ  \:.:.:.|  f:::ハ  / /: : /:.:|///ヽ
          |:.:.:|: : : l: : :.l:.:.{  乂:ツ   \|: 乂:ツ  .∧: /: : |////∧
         l /∧: | i: :.:.∧、 ‐= '         `― ' ∧: /: :.:.:|/////∧
        ////,∧|: l: : : ∧         '        ∧: / : : : |/\///∧
          ////////リ,∨: :.:人  U  , - ァ      人: /: : : :.:.|,∧ `ヽ,/∧
       ///>´ ///| ∨ ∧: ヘ     ¨  u イ: /: /: : : : :.:| i∧  `ヽ{
        //   ///,| ∨ ∧: |: >     イ: : :/: :/: : : : :.:.:| }/∧
        ¨     ///  l: : ∨ ∧:|:.:.:.|  > < |: :./: :/: : : : : : :.| ∨,∧
            ///  |: : :.∨:∧|: :/  ̄/ ヽ ̄ゝ: : / : : : : : : : | ∨,∧
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ だだ謝りである。まぁ、それもそうだろう、下手すると徹甲弾叩き込まれても何ら
┃ おかしくない事態である。むしろ、自分もセクハラしてきた相手には割と酷い目に
┃ 併せてきた部類だ。それなのに、向こうは出来るのにしなかったのである。感謝
┃ してもしたり無いほどだ。

┃ ただ、何だかこの人、謝り慣れてないか? とやる夫はふと失礼な事を思ってしまった。
965:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/10/27(日) 02:12:03 ID:Ay1sp6S6
謝罪のプロw
966:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/10/27(日) 02:12:38 ID:sakTtufo
スバルぇ…
973:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2013/10/27(日) 02:14:42 ID:v.yQxHf6




:::Y::)人::::::ヽ:::::::ノ:/: : :l: : : : : : : : : :l: : : :l: : ヘ:ヘ
:ノ:Y:::::ノ::::::::::Y´: ,': : : |: : : : : : : : :..:|: : : :|: : : ',∧
:::::ノ:/::::::::::::/─、: : : :|: : : : : : : : :.::|: : : :|: : : :Y:ク
>'"::::Y::::::::::/  ./: : : :.|: : : : : : : : : :||: : : |: : _|:.|: ノ
::::::::ノ::::::::ノ、___ノ: : : :.:.|: : : : : : : _| l‐‐/ ̄|:.|:彡
<::_ノ-イ:、: :`: :|ィ`:`:─<´      /-- _,|:|ノ|
 .    Y\: : :|: Y____‐__.-、`ヽ   '彡モタノ .|{ |
     |: ∨:/`Y| `人ヲクノ`      ` ´  ハイ
       \ヘ|   ハ  ` ´           | ',',      くふっ、くくく……くっひ、息できねっ……
       ヽヽ//ヽ       、 .,      / .',',
         //\ヘ     __   ィ.   /   .',',
          //  `ヘ\     -‐  ./   ,ノ
        ヾ、  マ }_ >      //   /
           )  .〉-ソフヽ_r‐、_´__/> (                          _ _‐ ''"
          (  |::::::::`::>-イ、<ノ<_/                   ( ̄ ̄ヘ, --‐ >'´ , .ノ ̄
            }::::::::::::::::::::::::::::::::::::{                 _ ∠-==、  ヘ'"/ /
            /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::|           __, _‐'ニ´イ`\  Y〉  .〉   /
__   ___     /` <::::::::::::::::::::::::::::::{         =='‐''"´.   }、   ヽ .|  / /
`)\/_  \ /      ` <__::::_ノ\     __        |_ノ   ノ }、__/ /
<__/´___,ハ   \ ` ‐‐---- -、       ` ─< \イ´\ヘ.  /   /  ヘ,,ィ=Y
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 返事も聞かぬまま領収書を引っ掴むと、ギンガは魔女に代金を支払って、そのまま
┃ 酒場を出て行ってしまった。これが、普通なら安い事で謝罪を済ませた と見て
┃ しまうかもしれないが、彼女の慌てようと態度から、普通にテンパってたんだろうなぁ、
┃ としか思えなかった。

┃ ……魔女は笑い過ぎで腹筋を痛めたらしい。人ごとだと思って良いご身分である。
974:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/10/27(日) 02:15:44 ID:1f/WKwa6
あ、土産渡し損ねた。
975:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/10/27(日) 02:16:01 ID:itkzrqz6
>>974
それどころではないw
976:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/10/27(日) 02:16:08 ID:sakTtufo
お土産渡して無いぞーw
977:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/10/27(日) 02:16:23 ID:sseEkinc
初対面が終わった・・・
978:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/10/27(日) 02:16:31 ID:v1nsIVhA
ベ、ベアト様の好感度稼いだから良しとしよう
979:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/10/27(日) 02:16:38 ID:rL3UDc8w
ベアト様が楽しそうでなによりですwww
980:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/10/27(日) 02:17:13 ID:pbfZonTM
元の姿でギンガと会うときが楽しみだなw
981:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/10/27(日) 02:17:17 ID:.Us5ZkSU
おーい、スバルー、かえってこーい!
982:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/10/27(日) 02:17:37 ID:f5LvCDCI
周囲には普段の姿が義体で、今は本体がきてるって思われたんかな?
983:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/10/27(日) 02:17:42 ID:8/WXSRHA
やる夫はこの空気を引きずったまま仕事に行くのか
985:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/10/27(日) 02:18:59 ID:/ChQKRyk
大ウケでなによりですw
986:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/10/27(日) 02:19:31 ID:nRZm3usQ
まあ噂の人形遣いにあんなことしたら普通速攻で逃げると思うw
987:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2013/10/27(日) 02:20:00 ID:v.yQxHf6





                       , 、
                       ┌-、/  \,..-┐
                    __||,、/`ヽ _ - 、 ||__
                || ̄/   \  \  ヽ  ̄||
                ||,イ           ∨ |ト、
               / |               ∨  ヽ
              /    |               ヘ=、、ヘ、
               l    ∧   | 、 | 、      | ||  >
              ∨ ├‐Vヘ |┴┼‐V/    / 〃r、|
                   ∨ |苡T ` T苡エ/     //  \__     ……お土産、渡し損ねましたね
                  / ∨ |         //〉  ′ ヽ,ィ彡'
               /,イ ∨ヘ `    ′./  '|   _\  _     「……うん」
               /_ ∨ \ ‐     イ  ∧l三三彡' ´ |
              /三/`ヽ∨V -r ≦´|/  〉-r'     |     
               `^〈   \-‐∧  /  /::::::|      └-、
              _|  、  |:::〈  X   /:::::::::|  - ´     |
               |    ` /:::::::∨::::ヽ /:::::::::::::〉   _   _|
               ∧  ‐- |:::::::::::::}ニ{:::::::::::::::::::::| -‐   /::|
             /:::::`}  ,イ ヽ:::::::/:::::::l:::::::::: -‐ 7|      l::::::∧
              ∨:::::}/ /   `V:::::::: |-‐ ´ / \_ ...-┘:::::::/
                \/ 、/_     /:::::::::|    /   ヘ:::::::::::::/
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ ごん、と鈍い音をさせながら、やる夫は机に突っ伏して深い溜息を吐いた。こんな
┃ 辱めを受けたのは生涯で初めてである。耐拷問訓練の方が幾ばくかマシであった。
┃ 蘇芳は、いたたまれない気持ちで一杯のやる夫を見て、やっぱりいたたまれない気持ち
┃ になって、そっと目を逸らした…………。

┃ ・時間も遅いので、本日はここまで
関連記事
スポンサーサイト




コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する