やる夫はスカヴェンジャーのようです 30日目 -07

788:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2013/11/09(土) 21:46:52 ID:5kZgND5M
よし、準備完了……

もうお酒は呑まないと言ったな? アレは嘘だ……(今年漬けた梅酒片手に)
791:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/11/09(土) 21:50:44 ID:dPsHwCQ.
知ってた
792:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2013/11/09(土) 21:52:09 ID:5kZgND5M




                    _厂ソ三三三三≧r===、
                ,...::'{てソニニニ尤ア゙:::::::::::::::::〉‐ 、
           /:::::尤,/ニニニア´:::::::::::::::::::::/:::::::::|、
           .:::::::::::辷,'ニニア゙:::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::!ハ
           /::::::::::::厂'ニニ/::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::':::::.,
.          ,::::::::::::::辷|ニ-/:::::::::::::::::::::::::::/|::::::::::::::,:::::::|!
        |::::::::::::::厂|ニ/:::::::::::::::::::_彡く`メj:;::::::::::/::::::::|i    (そういえば、治安悪いしSfが目立つから、
      ,. :" ̄二≧==ァ::::::::::l:::::::/ヾ迩_,}゛j::::::::/l:::::::::||      細かく探索したことって殆どないお
        |`::y'´::::::::::::::/|::::::::::j|::::/   __ノ:::/jミノ:::::::::リ
.      乂:{ー―‐=彡:::::|:::::::::八(     /::/  マ'!:::::::::/     色々ありそうな所ではあるんだけど)
       `ヽ:::::::::::::::::::::|:::::::::::::::|ヽ    |:(     )::::,イ/
         ノ::}ヾ:::::::::::::::;|:::::::::::::::|     __  ´/:/丿  __
.        弋_{::::::::::::::/l|:::::::::::::/      -`/(  ,ノ⌒)}_ )
.          //:::ー‐':::::::j|::::::::::::| _     /::|     `Tア.r‐-ミ、
         /ん-―‐x'^う|::::::::::::トミー/⌒ T´::::乂___,.イ/ / ,_`゛ヽ
.         j'´ニニニ-\l|::::::::::::|_,ノ},},},}  乂::::::::::::::::::,jノ .} ,{::::::ヽノ
        ∧ニニニニニ‘,::::::::::|{_ノノノノ     ̄ ̄´/ {_ノ、ノ^ ,:::::::\
.       ∧ニニニニニニ-ハ::::::::::ト}'{'{'{、__      {       八ハ从
.    ∧ニニニニニニニ’::::::::|l廴込ニニヘ      〉    { 丿
.    /|ニニニニニニニニ-l:::::::|ニ廴込ニニ,     (_jー―t_ヽ
.    ,'ニ|ニニニニニニニニ-}::::::|ニニ廴込ニ,      ノ――-{'_
   iニ|ニニニニニニニニ-|从{ニニニ廴込ヘ,_  rーi!:     /ヘ,__
   |ニ|ニニニニニニニニ-|リ八ニニニニ廴廴込l__l|:     /   ノ \
   |ニ|ニニニニニニニニ-|ニニニニニニニ廴廴_込、   /      /\
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 蘇芳が旧交を温め合っている頃、やる夫は所在なさ気に長くて鬱陶しく感じる髪を
┃ 手持ち無沙汰に弄りながら時間を潰していた。この容姿はさんざ目立ったが、未だ
┃ 噂は浸透していないし人形使いとして知られぬ儘に動く事ができる。だが、逆に
┃ 言えば…………。
794:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2013/11/09(土) 21:55:29 ID:5kZgND5M





.   /:::_ /:::::::::::\:::::|:::::/::イ/   Z/⌒ :::::|
  // /:::::::::::::ハベⅣレ'^       ミ=-:::::::::|
     /::::::::::::厂       ,ィ≦≠  ミヽ:::::::::ア 
   / :::::::::::::|         〃 ,,_   ∨⌒V ´ ̄`ヽ
  <._::_;::::::::ハ -≠=- 、     '/托い    ∨^ l /こヽ│
      / ::::/| :',  /゙赱ハ    ¨¨     .!ハ | {(とノ)|
.     |:::::/: |::∧  '¨  |          |ノ | `ー‐  |
.     l/  |/:::ヘ    |          |ィハ    ヘ
         ∨  `、   \ r        ,∨ {     \
              ヽ      _, ィ1  / :|  ヽ    ___ヽ    _
             \ -<-‐~ / /  |_   }/´    ̄ ̄ ̄ \
               ヽ、  ̄ ̄ /'  /ヽ /            ヽ
                 `ト--‐< /_/   {
                    /| r< ̄      人_,,,  -―――――
                   / ∧ |   \    / {
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 
┃ 変なのも寄ってくる、という事だ
┃ 
795:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/11/09(土) 21:56:06 ID:KdLZ3eWg
ああうん、お前かいw
798:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/11/09(土) 21:56:22 ID:DEjNlEsE
うん、なんとなくこいつが来ると思ってた。
799:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/11/09(土) 21:56:29 ID:iIn4lcVs
おう、ひさしぶりやなw
806:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2013/11/09(土) 22:00:12 ID:5kZgND5M





__ /.:-.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ.:.:i.:.:.:.:_,,.:.:..:.:.:.:.:.:`ヽ
ヽニ.:.:.:.:.:.:.:.:フ.:.:.:.:,_,_,,,_`yi/,_,,_,,,、_.:.:.:.:.:.:.:.:|
,,,>ー/.:.:.::/.:.:|~^`   `^~'´ ´ `~^|.:.::.:.:.:|
ー- /_,.ィ´:.:.::|   ___,,   、_    ト、.:.:.::|、
;;;;;;;;;;''´ /,.:.:.:.::| r=‐''"'ヽ   `ン==、_.|::ヽ:.:.:ト    おいおい、君みたいな子がこんな所でどうしたんだい?
    ソ,rイ ,ェ| ,ィ‐=、    ;´r=-、 レ、;ィ|`i
   _,, r'´i|r;;;|       i      ト´.|         ここは危ないぜ?
 /    \{:| ..::::::...  ::|  ..::::::... .レ'/
/       `ヽ          ./~        碌でもないのばかりだからよ
ー,  __.     ヽ   ー --‐  ./
  ト'´ `''、_    `i 、     , イ          遊び場が知りたいなら、良い所知ってるから連れて行ってやろうか?
i :i  ./   `''、_..r'|. ヽ、_,, ' .ト、
i  i  /    / / `-、_  .__ /r |‐、        ああ、安心しろよ、俺等、しっかり免許持ってるスカヴェンジャーだから……
:i  i ./   / /   / .V´、   / `i、
:`  /   /   /i  / ~ー‐'ヽ  /   i ヽ、
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 面倒臭い物は、大抵此方から触らないでも向こうから寄ってくるように出来ている。
┃ だからこそ、世から争いは絶えないのだ。
┃ 
┃ 声を掛けてきたのは、大勢の男達の一団から抜け出てきた一人の男……見覚えが
┃ ある。たしか、デイズとかいう一度仕事でかち合った事のあるチームの構成員だ。
┃ 奴等は仕事終わりに呑みにでも出ているのだろう、割と大勢の人間が武装して集まり、
┃ 硝煙の匂いを漂わせながら剣呑な空気の残り香を纏っている。

┃ 中々どうして、装備や立ち振る舞いを見る限り、ただのチンピラではないらしい。
808:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/11/09(土) 22:01:08 ID:X5lsQktU
ハッハ
ろくでもない者がろくでもない者に気をつけろとは笑わせる
812:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2013/11/09(土) 22:04:31 ID:5kZgND5M





/::廴/ニニ∠ア:::::::::::::::::::::::::::::::\
::::廴/ニニ∠ア::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
:廴/ニニ/_ア::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`、
廴iニニ/_ア:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,
廴|==|_ア::::::::::::::::::::::::::::∧::::::::::::::::::::::::::::::,     「ああ、何なら奢るぜ? お嬢ちゃんは美人だしなぁ。ほら、
廴|==lア::::::::::::::::::::::::::::/ ';::::::::::::::::::::::::::::::,      俺金はあるからさぁ」
廴l=ノ―─=ミ;:::::::::::/ ̄`::::::::::::::::::::::::::::::::,
_,ノ7: : : : : : : :/:::::::::;斗=ミ ,:::::::::/::::::::::::::::::{
: : {_.: : : : : :./:::::::::/{_j_ヅ l:::::::/∨::::::::::::i{:!
: :、:{ : : : : : /:::::::::/ {   |::::/  ∨::::::::八:,
/}^ヽ: : :_,,}::::∨  }   丿イ   イ:::::::::′ }
: : | : : '√:::::::::::::\_          从::::/
: :/l: : : :∨:::::/⌒⌒     , .::‐ /::| )′
:/:::l : : : :∨::ミiト           /:::::l
:::::::ヽ:,ノ⌒:::::::|  `≧ぃ.。.. イ::::::::l
:::::::::::::::::::::::::::::|____x=彡{  |:::::::::|
:::::::::::::::::::::::::::::l辷彡宀'⌒Ii≧|:::::::::|
:::::::::::::::::::::::::::::| }    {ノ二|:::::::::ト__
:::::::::::::::::::::::::::::| }  O {>二|:::::::::|ニニニ≧=s、
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 装備を観察する限り、野戦用のBDUに合板を入れたタクティカルベストに9mm拳銃
┃ や5.56mm歩兵小銃だが、全て手入れが行き渡った官営武器店の正規品だ。それも、
┃ ただ持っているだけでは無く、実用しつつも丁寧に扱われているように見える。使い
┃ こなされた武器、というのがぱっとみた感想だ。

┃ 中には対戦車ロケットの発射機や対物ライフル、半身義体ユーザーなのか重機関銃
┃ を分解して担いでる奴までいる。二級のチームというのは格好だけでは成り立たない
┃ のであろう。
819:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2013/11/09(土) 22:09:40 ID:5kZgND5M



                    ,_,.,_,.,_,.
                   _,I斗‐……‐-ミ辷ト
            ...:'":::::::::::::::::::::::::::::::::\込\
              /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V(_)_):.,
            .:::::::::::::::::::::/:::::::::∧::::::::::::::::::::V(ーヒハ
          /::::::::::::::::::::::l:::::::::::| ∨ハ::::::::::::::V=ヒ}:|
.          ;::::::::::::::::::::::/l:::::::|斗r≦「|::::::l::::::::|㌍=ミ
        |:l|::::::::::::/:/-|::::/| r''"]歹|::::::|::::l:::||\_\___      「あ、もしかして緊張してる? 乱暴なんて
        |八:::::::::{|T序・       |::::/:::/::八: : : : : |ーヘ      しないから安心してくれよ」
          ヽ:::::│  ノ     .ノl::/}/)イ : : : : __ノ: __,ノ
           )V八  `   __   /|:::::::::|\__}: : :|
            { : : |:::::... ´      |:::::::::|: : :\: : \丿       (……さって、どうするか)
.             \_|:::::::::\    '" |:::::::::|: : : : :| : : {
             |:::::::::|,j个≦ir~‐|:::::::::|─<ブ⌒⌒:.
             |:::::::::|ニ(_{c )__) |:::::::::|ニニ≧-ミ::::::.
             |:::::::::|ニ(_{ .},ノ'´ |:::::::::|ニニニ-/≧=
             ::::::::::灯Vr≦⊆、,::::::::::|ニニ//ニーヘ
            //:::::::/ブ^|ト、ニニ)):::::::::::|ニ7 ,イニニニーヘ
             /| |/:::::::/// ,||廴彡/:::::::::::/ニ/ /(ニニニニニ!
         /ニl/::::::://]   j||{\/:::::::/|///ニ\ニニニ-|:.
         ,'-ニ:::::::://_}c {{|{ニ|::::::/丿./ニニニニ\ニニ/:::.
          |ニニ|从(}|_}  /Z|{ニ|:::/=≦ニニニニニニ-\,∧::::::.
.        ,ニ|-ニ//_}  |{{V〉.ノ/ニニニ.、ニニニニニニ\〉::::::.
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 主に口説きに掛かってくるのは一人だが、仲間達はこっちを興味深そうに観察
┃ し、その視線は胸や顔、腰元に注がれている。成る程、女からは男の視線というのは
┃ こういう風に感じられているのか、気を付けよう、とやる夫は密かに思った。性に
┃ 色々とアレな知識が植え付けられていても、無意識に視線を持って行かれる事は
┃ あるのだが、これは女性からしたら不愉快に感じられるだろう。

┃ とはいえ、それはそれで仕方のないことだが。今のやる夫は姿だけ見れば豪奢な
┃ 服を纏った160cmオーバーの美人なご令嬢だ。男なら視線も惹きつけられ、声の
┃ 一つもかけたくなろうというものである。
824:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2013/11/09(土) 22:12:06 ID:5kZgND5M



                       r‐zx____xzx
                     ..:fアニニ∠ア゙:::::::::\
                    /:fアニ∠ア:::::::::::::::::::::::.
                 /:::::ヒ|ニニヒI::::::::::::::::::::::::::::::::.
                      l|:::::::ヒ|ニニヒI::::::::::::::::::::::::::::::::::
                 ||::fこアf"´ ̄}:::::::::::::::::::::::::::::.
                    八乂: : {: : : : |:::::::::::::::::::::::::::::::.     (さって、ここは……)
                      ヽ{_人_ノ:::::::{::::::::::::::::::::::::.
                   /: : |: : : \:::::::\::::::::::::::::::::.
                     〈/: : |:i: : : :人::::::::::\::::::::::::::::.
                     `⌒i^⌒lj_ノ\::::::::::\::::::::::::.
                           |::::::::|ー}ニニ7冖-ミ:::::::::::.
                     /:::::::/_/ニニ/ニニニ-.::::::.
                         //:::::::/_/ニ//ニニニニ-.:::::::.
                     //:::::::/イ/ノ/ニニニニニ-.:::::::.
                     ノ/|::::::/,/ニニニニニニニニ-.:::::::.
                      /=//|:/}|/ニニニニニニニニニニ-.:::::::.
                  /=//}|l 八ニニニニ彡i7^7^7^辷彡’::::::ハ
                    f,=//,_}|ヒ{ニニニ{ ̄///|//////|:::::::::::::::::|l八
                   |l//j彡-ヒ{ニニニ,ノ/////|//////|:::::::::::::::::|l  ',
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ いい加減鬱陶しくなってきた。さてはて、どうしたものやら。今の所、相手はまだ
┃ 紳士的とは言い難いが、常識的なアプローチだけしてきている。断り方も考えた
┃ 方が良いだろうし、貧民窟に出入りしているというのならエンジェルテクストの事を
┃ 知っている……かもしれない。

┃ 1.言葉でお引き取り願う
┃ 2.無視する
┃ 3.物理的に交渉する
┃ 4.着いていく
┃ 5.その他
┃ 22:16 1D4
829:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/11/09(土) 22:14:53 ID:jOWo1jy6
「天使に会えると聞いて…」と、それとなくエンジェルテクストへの興味を仄めかすか?
830:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/11/09(土) 22:16:01 ID:Op0lJcXQ
>827
831:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/11/09(土) 22:16:11 ID:X5lsQktU
多勢に無勢
というか流石に半身義体が居るような連中に
物理交渉はキツかろうから
情報得るなら4か?
832:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/11/09(土) 22:16:35 ID:O4OL7KO2
1で>>829
でいいじゃないかな
833:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2013/11/09(土) 22:17:37 ID:5kZgND5M
流石に時間帯の問題で色々被ってるから人少ないな……

解答が四つ溜まらなかったら1D4無し処理の方がいいんかしらね……
838:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/11/09(土) 22:19:10 ID:X5lsQktU
書き込み押してから1分以上かかったんだが・・・
839:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/11/09(土) 22:19:15 ID:zrOKwAcw
重すぎてヤバイなw
840:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/11/09(土) 22:19:20 ID:Op0lJcXQ
その辺はゾンビの判断で良いんじゃないかな
841:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/11/09(土) 22:19:45 ID:Op0lJcXQ
あ、なんか急に軽くなった
842:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2013/11/09(土) 22:21:01 ID:5kZgND5M
シカタナイネ

おのれシーサー……
844:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2013/11/09(土) 22:25:42 ID:5kZgND5M



                            __,,..xrュr……=ミx、__
                      ,....::::::::::::::::::::::::`^艾>、:i:i:i:i:iX廴::...、
                     /::::::::::::::::::::::::::::::::::::`^艾>、:i:i:i:i:X廴:::ヽ
               /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ^艾>;i:i:i:i:ヾ廴:::,
                ,.:::::::::::::::::::/:/::::::::::::::::::::: }!:::::::::::: ^艾>;i:i:i:ivハ:::,
             /::/::::::::::::::/:/::::::::::::::::::::::::/!:::::::::::::::::::艾〉;i:i:i:v{_:::,
               /^7:::::::::::: /:/::::::::::::::::::::::::/:}l:::::::::::::::::::::艾〉i:i:i:}「(:::::,
           /゙ ,:i:: i: /:::}{::ハ:::::::::::::::::::: /:!八:::::::::::::::::::::艾〉:i:i:}「) :::::,
           , /!:|::i|/{:::八{ }::::::::::::::::: /}::| }ハ::|i::::::::::::::艾〉:i:i:}「(:::::::::,
              { { l |::|{: |::. 芹ミx::::::::::: , ,:::| / }八::::::::::::艾〉:i:i:}「):::::::::::,
             }:|::||: |:|::. 乂rヘ:::: /ーr≠=―-「:)::::::::::: }l「` ー=ニ二^⌒ヽ
                从八リ从;  ゙^}r'゙  ノ x芹芸ミx ::::::::: 八 \       {
                  ,::::::: `ヽ ノ'       乂rソ^}::::::/} \ \      }
                   ,:::::::::::八           ノ ,::::::}/!   `ー}   人
               / :::::: / ハ_、 ⌒ゝ    ___彡イ:::: ノ,ノ     {  , .:::::: \
                 / :::::: /^'〈_j{\        イ}|:::|/ {       ;_/ :::::::::::::: \
                ノ ̄ノ::,′r…=ミ、 ー=ニアrヘノ_j|:::{        ノ:::::::::::::::::::::::::::::::\
          /  (  _└‐…=ミァ'゙⌒>'^´ニニ!:::ハ_rヘ )'゙^^厂::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
          ノ    `^ ノ    /rヘ___/二ニニニ}/::::::::|_ゝ-=彡::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
       f^⌒Y^ヽ「^ハr{__,,..r≪/ {__,,..r≠ミニニ|! :::::: |ニニ\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
       ┌'}   } ノ   ハ」_____,,   {「二二二\ニ! ::::::: |二二二\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
       }ノ二二ニ≠=ミ{_ ≪____,ノ二二二二ニ>,j:::::::::::|二ニニニニ \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 1D4:3 >>832
┃ 
┃ 着いていく事にしよう。どのみち、調査はする予定だったのだ。鬼灯に小声でSf
┃ に向こうに追従し情報収集を開始すると連絡した。適当な所で蘇芳を送り届けたら
┃ バックアップに付けと命じておく。Sfは目立つから、一旦家に戻ったのなら光学迷彩
┃ も装備した上で近場に待機させておけばいいだろう。

┃ 鬼灯がいれば、おおっぴらにPDAを弄れなくても繊細な連絡がとれるのでありがたい。
850:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/11/09(土) 22:28:56 ID:O4OL7KO2
ゾンビ安価間違っていないか?
>>832は1で言葉で断って薬をほのめかす。と言いたかったんだけど
ま、どっちでもいいかw
858:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2013/11/09(土) 22:31:47 ID:5kZgND5M
>>850
 ん……? あ、マジだ、目が空目ってた……
 まぁ、話の流れで着いていくことになったとしててくれ……ごめん……

一応
 知りたかったら着いて来いよ
で話は通じるだろう……
851:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2013/11/09(土) 22:29:29 ID:5kZgND5M





__ /.:-.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ.:.:i.:.:.:.:_,,.:.:..:.:.:.:.:.:`ヽ
ヽニ.:.:.:.:.:.:.:.:フ.:.:.:.:,_,_,,,_`yi/,_,,_,,,、_.:.:.:.:.:.:.:.:|
,,,>ー/.:.:.::/.:.:|~^`   `^~'´ ´ `~^|.:.::.:.:.:|
ー- /_,.ィ´:.:.::|   ___,,   、_    ト、.:.:.::|、
;;;;;;;;;;''´ /,.:.:.:.::| r=‐''"'ヽ   `ン==、_.|::ヽ:.:.:ト
    ソ,rイ ,ェ| ,ィ‐=、    ;´r=-、 レ、;ィ|`i     おっ、マジで? 以外だなぁ、でも乗り気で嬉しいぜ
   _,, r'´i|r;;;|       i      ト´.|
 /    \{:| ..::::::...  ::|  ..::::::... .レ'/       着いてこいよ、素敵な所に連れて行ってやるからさ
/       `ヽ          ./~
ー,  __.     ヽ   ー --‐  ./
  ト'´ `''、_    `i 、     , イ
i :i  ./   `''、_..r'|. ヽ、_,, ' .ト、
i  i  /    / / `-、_  .__ /r |‐、
:i  i ./   / /   / .V´、   / `i、
:`  /   /   /i  / ~ー‐'ヽ  /   i ヽ、
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ ふと思い立つ。一応、女性的な振るまいや言動はSfに教えられた。自信はないし
┃ 付け焼き刃だが、ある程度の演技はできるだろう。それによって誘導尋問などの
┃ 方針が変わってくる…………どう振る舞おうか。
┃ 
┃ 1.普段通り
┃ 2.何も知らないご令嬢風味
┃ 3.こなれてそうな雰囲気
┃ 4.その他(現実的な物に限る)
┃ 22:34 1D4
867:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/11/09(土) 22:34:24 ID:iIn4lcVs
2.なんかあったら、あらあらうふふ で逃げようw
869:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2013/11/09(土) 22:36:48 ID:5kZgND5M




                   ,_、,_、,_、_
                 .,,;;;≦込x;i;i;i;i;i勺y、
             /;;;;;;;;;;;;;;;;`⌒込;i;i;i;i;寸y
             /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;込;i;i;i;寸y、
             ,.';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;込;i;i;iヒ{ハ
         /;;;;;;;;;;;;;;/! ;;;;;;;;;;; i;;;;i ;;;;;;;;;;; 込;i;i;ヒ{.ハ
           /!;;;;;;/;;;;/│;;;;;;;;; /l;;ノ!ハ;;;;;;;;;;;;仡;i;ヒ}ハ
        { {;;;;/{ ;;;{メ{ ;;;;;;;;/ ノ' ノ }:;;;;;;;;;;;ヒ};i;ヒ{;;;;;‘,
         Ⅵ .}! ;;代yi./ー一ー-}!;;;;;;;;;.リ冬ニニニi     ……それでは、エスコートしてくださる?
          ヾノ;;;;{、 (\ '"で戎|;;;;;;;,イ∧ \::::::::::|
             / ;;;;人 `       ´ノ;;//:ij::::`ー'}:::::::ノ\    こういう所は、どうにも不慣れで……
.            / ;;;;/_ハ.\ヽ.)   ー彳; ;/:!:::::::::: /:: /´;;;;;;;.\
         ノ-っ'   `⌒ヽ--=fi辷{;;{¨::ハ :::::::::}_ノ ;;;;;;;;;;;;;;;; \
       γ´ {__, っ.(ニニニ亥リ:i:i:i:|;;;;}ぇ_辷_{イ/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; \
      え'ー'^)___/,ィ≦::{`ー':i:i:i:i:i:|;;;;;;;|:i:i:‘,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
     r{ {  } ト杉==/::iァ'" ̄\i:i|;;;;;;;|:i:i:i:i:i\;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
.    /|'|'´|⌒リ⌒ヾ. ∠.ノ;i;i;i;i;i;i;i;i;i\;;;;;;;',i:i:i:i:i:i:i:Ⅹ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
    /{i;i;i;i;i|;i;i/i;i;i;iノ /;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i‘,;;;',i:i:i:i:i:i/;i;i\;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
.   ,';ハヽ;i;ir-、__/_/;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i‘,‘.,i:i/;i;i;i;i;i;i` ー 、;;;;;;;;;;;;
   i;;i  \辷{/;i;i;i;i;i;i;i;i;i{;i;i、;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i\;;\!;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i\;;;;;;
   |;;i  辷ノ;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i\;;\;i;i;i;i;i;i;iヽ;i_;i;i;i;i`
   ヾヽ 辷/;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;\;;\;i;i;i;i;i;i;iィえfぇ
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 1D4:4 >>867
┃ 
┃ 不慣れな令嬢を装う事にした。大抵の齟齬は無知で誤魔化す事は出来るだろう。
┃ ただ、自分が普段から礼儀正しく大人しいとは言い難いので、上手くやれるか自信
┃ が無いのが問題ではあるのだが。
875:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2013/11/09(土) 22:41:48 ID:5kZgND5M





             /::::::::::::::::::::< ̄¨`  `'^゛^`ヽiヽ:::/::/:::::::::::::::::::::::::::::
          i:::::::::::::::::::∠´             V!/イフィ::::::::::::::::::::::
           i::::::::::::::::/                   ̄i::::::::::::::::::::
            i:::::::::::::::フ   -‐‐‐-- 、 _  .、       i:::::::::::::::ヽ:
         、__i::, =-、;7      __ `ヽニフノ  ,≠=-、 .i::::::::::::::::::::
        \::/ .ハ.i      <i::::゚/ ヾ`::     /::´    i::::!¨\::::::
          <i /⌒i        ̄¨      .::ィ-t‐、  /::::::!.  \::
          .∠i i  (|              /:::`‐' ´  ∧__::::\  `
           `ト.ヽ_,|                  i::       /    ̄¨`
              i:`>イ                 i:::    /
           i:::! !                 i::.    /
           i/: : : ',          ‐ ,_ノ:    /
.        ┌-イ: : : : : ',                /       お、おう……
      ,;;、 ノ.`〈: : : : : : :\  ∠ニ_‐‐---,  /
     /;;;;く   \.: : : : : :.:ヽ     ̄ ̄ /
    /;;;;;;;;;;;;;ヽ   `゙ー-:,:,: : :\_      /
,.,:;;;;´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\.     ¨ヽ : : ¨7‐-‐'
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ しくじったら面倒臭いなぁ、どうせなら電脳化くらいしてマリオネットの扱いをもっと
┃ 仕込んで貰えばよかった、などと思いながら精一杯淑女らしさを装う。
┃ 
┃ コンセプトは、悪い遊びをしたくなり家から抜け出したご令嬢だ。イメージもしやすく、
┃ 相手も与しやすいと思って気を抜いてくれることだろう。

┃ そっと手を差し伸べられると、デイズのスカヴェンジャー、澤永は初めての対応に
┃ 軽く困惑した。女と言えば、しなだれかかるが高慢に後ろを着いてくるかのどちらか
┃ だったので、こういった対応は初めて目にする。
880:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2013/11/09(土) 22:46:39 ID:5kZgND5M




               _ryr≦二二二≧vrvx
             /≦廴廴廴廴<//≧x. \
             /::::::::::::::::::::::::::::::: ゝ-廴寸/\_ゝ
         ___/::::::::::_::::::::::::::::::::::::::::::::::..に∨∧_ゝ
         r:!:!:!:::::::::::::::/V::::::::::::::::::::::::::::::::::にV,∧_)
         Y:!:l|:::::::::::Y「沁|:::::::::::::::/::::::::::::::::::にl/,|_)|
         }:!:!从:::爪 以l从::::/_彡::、::::::::::: にl/,|_)|
         ゝ彡}:::::| ヽ -=彡 "气斥x':::ヽ::::::::に}∨_)
.         /:!:!:!:ノ::::::!   '     夂沙::::::::::::::〃'/ソ__      そうじゃなくて、こうですよ
       /⌒/:::::::::::ハ   ,     __彡::::::::::::::Y/./≦:!:!:!:!:!)
    / ̄:::::::::::::::::/: ∧  `  __彡:::::::::::::::::/{:!:!:!:!:!:!:!:!:!\     「おお!?」
   /::::::::::::/:::::::ノ::::::::介 z..≦:::::::::::::::::::::/{:!|ゞ):!:!:!:!:!:!:!:!:ノ
  /::::::__彡::::::::::/:::::::Y__У:::::::::::::::::::::::::/:!{:!:Y:!:!|:!:!:!:!:/´
. {:::::/ {::::::::/::::イニ.!/:::::::::::::::::::::::/:!:!人:!:!:!:!:|:!:!:!:{
. 乂{ _.|::: -====--/_。r≦ニ=- '':!:!:!:!:!{v:!「 ̄}:!∧¨´
  /⌒(:!:(__彡イハYニニ=/:!:!:イ:!:!:!:!ハ:!:!|:!:!:!|:!:!∧
  , - 'r/'。 〃/||ニ||ニニニニ.人:!/:::::`¨:::::::ノ:!:!:!∧
 / {ry/。-= .{{イr.||ニ||ニニニニ=/::::::::::::::::::::(:!:!:!ノ::从≧ー‐‐‐
. , ヽ r<.:/_彡' .r||ニ||ニニニニ/:::/}:::::::::::::::::::::`¨´:::::::::\ニニ ノ
. !  r{ ミ{ ソ    .)ゞイニニニニ/イV .:::::|:::::{::::::::::::::::::::::::::::::\/
八 .rV。{ソ=-_  r l=||ニニニニニ {:::|ニ|:::::|ヽ::::::::::::::::::::::::\:::\
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 単に手を差し伸べられても意味が分からなかったのだろう、澤永は普通に手を
┃ 取ろうとし、窘められる。腕を差し出すのだ、と教えられ、そのようにすると、やる夫は
┃ その手に腕を搦めて体重を僅かにだが預ける。
┃ 
┃ おいおい、マジかよ。という声が彼の仲間内から零れるのが聞こえ、当人の顔が
┃ だらしなく緩むのを感じた。尚、しなだれかかった本人は、仕事だから仕事だから、と
┃ こみ上げる気持ち悪さを誤魔化していたとか。
881:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/11/09(土) 22:48:21 ID:m2/3yTuk
キモイwww
884:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/11/09(土) 22:49:48 ID:qDoxaWWo
うむ、これが嫌だから引きこもりたかった
見てるほうもキモイわいw
887:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2013/11/09(土) 22:52:26 ID:5kZgND5M




   |      __
   |      /  \     _ノ^ヽ
   | r''⌒/ _  `r---く    ',
   | { /::::::::::::::::::`:.ー -- <  ト、
   |_./::::::::::::::::::::::::::、::::::::::::::::::::::\ /
   |:'::::::::::::::::::::::::::/ヾン\::::::::::::::::∨ヽ
   |:::::::::::::i::::::::::/|!    }:::::i::::::::::::∨ \
   |:::::::::::::|:::::::/-{!-   __|:::/!::::::::::::::.,  乂
   |:::::::::::::| 乍三丁    _j/__}::::::::!::::::i  r ^   (主の脳波レベルがえらいことに)
   |:::::::::::::| 乂hソ    {三弐j/::!::::::|___/
   |、::::::::N        乂_ツ i::::::/i::!
   |r\トヽ               ノ::::/ j/
   |ゝ- 、 ≧==-- __r--、 ≦::::/
   |///,ハノ   У'  ヽノ/\
   |>''}/乂   //   \///}
   |  ノ^}ー-= ⌒ ー- イ`ー '
   |/ハ/ 、      r_'ノ!
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 貧民窟を数分歩いて、彼等が普段から溜まり場にしているうらぶれた酒場へと
┃ 辿り着いた。夜は客引きの為か、壊れたネオンを再利用し、全く関係の無い言葉が
┃ 壁に躍っていた。
┃ 
┃ 看板を見れば、Martyrdom Nest とラッカーアートで店名が書かれている。
┃ 殉教者の塒、というのは皮肉の利いたジョークか何かなのだろうか。
889:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2013/11/09(土) 22:58:09 ID:5kZgND5M



:::;:::;|,|:::;:::;:::;:::;:::;:::;|,l:::;:::;:::;::;::;::;|,i:::;::;::l.l::;:::;li:::;ii:::;:::;::/l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::;:::;:|,|::;:::;:::;:::;::;:::;::|,l:;:::;:::;:::;::;:::;|,i:::;:::;:l.l::;:::;li::;:ii:::;::_/./
_.γ_._ヽ≡≡__γ_._ヽ≡≡γ_._ヽ_/_ヽ_.∩.∩≡l/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::;:::;:::;:::;:::li=========il|┌──┐|~~l
::;:::;:::;:::;:::liⅡ∀Ⅱ∀|i|l__l§l__l§|i||│    │| . |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::;:::;:::;:::;:::li====|i|====|i||└──┘| ./
::;:::;:::;:::;:::li∪∇∪∇|i|日Ξ日Ξ|i||____|/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
____________________,.ノ     //
 旦,,、   ,,旦_   _日_         /l/:::::::::::::::::::::::::::::::              .        i'i          .___
_______________________,/l/                    / ̄ ̄ ̄ ̄.l「il ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄./.|
________________,l/i:::::::::::::::::::         ./ヽ   /      . |l」l       日/./       //l
::::::::,┯┯、:::::::,┯┯、:::::::,┯┯、::::::::::::l/l/i_________lヽ/l__/旦       ̄       日/./______/ / |__
::::::::l││ l::::: l││ l::::: l││ l:::::::::: l/l/i ..,,;: .,;: .,;: .,,;: .,;: .,;: l l__/_____________/./ ./   . /   / l
:::::::::┳┳:::::::::::┳┳:::::::::::┳┳:::::::::::::l/l/i,'.,,;: .,;: .,;: .,,;: .,;: .,;:: i______l"____________"i/ ./   . / .,''l ./
:::::::::: 从::::::::::::::: 从:::::::::::::: 从::::::::::::::::l/l/.,,;: .,;: .,;: .,,;: .,;: .,;: .,,;| |.i"    l     ::::::::::::::::::|::::/ ~" /____/./ l ./
:::::::┏┻┓:::: ┏┻┓:::::┏┻┓:::::: : l/.,,;: .,;: .,;: .,,;: .,;: .,;:   /i i/>     |      ::::::::::::::l::/   .i~____~__|/
.,,;: .,;: .,;: .,,;: .,;: .,;: .,,;: .,;: .,;: .,,;: .,;: .,;: .,,;:           ̄ ̄     .l        :::::::::::|/     |_____|/
.,,;: .,;: .,;: .,,;: .,;: .,;: .,,;: .,;: .,;: .,,;::                        " ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄"
.,,;: .,;: .,;: .,,;: .,;: .,;: .,,;:
.,,;: .,;: .,;: .,,;:
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 殉教者の塒という名を借りた酒場は、酒場というよりもクラブという風情に近い。
┃ 騒がしい音楽を大音量で垂れ流し、だらしない格好をした薄汚い商売女が獲物を
┃ 求めてふらふらしている。
┃ 
┃ 足下に敷かれた薄黒い絨毯は、元々は赤かったのだろうか。汚れやら泥やら、後は
┃ 色々な液体を吸ったせいで酷い色になっている。扇情的な格好の女性が大勢居る
┃ 事で、普通にやる夫は恥ずかしくなる。思わず身を縮めたのは好感触だったのだろう、
┃ 豊かに張り出した物が腕に食いこんだ澤永はご満悦であった。
894:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2013/11/09(土) 23:03:46 ID:5kZgND5M




    ./::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::丶
   /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
  ./:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
 /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ
. ′::::::::::::::::::::::::::::::トx:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
.′:i::::::::::::::::::::::::::::::〈⌒ヽ:::::::、:::::::::::::::::::::::::::::::::::レァ
|::::::|:::::::::::::::Α:::ト、::∧ f芹ト、{ヽ:::::::i、::::<\::::::::::ニ=-     おう、来たか澤永……って、お前どうしたんだよ、その女!
|::::::}:::::::::::::{f'芯:| \ハ. ヒj ` \::| ヽ::ハ .}::; - ミ、
V::ハ::::/:::::::“.マリ!   `| ー一   `| ハ::| //   `
..V V:::|、::::::}-‐             __ツ:/
   V:| V{ハ <           /^ヾ::{
    V! `|. ヽ  ャ‐ 、      /    >^ヽ_____
           \. `¨´         //´:::::::::::::::::::::::\
             \    _.  '´  .//:::::::::::::::::_:::::-‐''´ ̄`ヽ_
               ー ´ \  .//:::::::::;::-‐::´::::::_::-、ー--:、::::ヽ
               /入//::::::::イ:::::;::::::-<_:::::::`ー--::ミY
              /:::::|ァイ::_::イ:::::::/:::::::::::::::::::`丶::::::::::::::::`ヽ
             ハ:::::::/;:::イ:::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::`丶::::::::::::::〉
               {::|:::/イ::::::::::::::/:::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::}:::::::::/
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ ガンガン鳴り響く音楽が喧しく、こういった物を好まないやる夫は不愉快にしか感じ
┃ られず、ますます身が縮こまる思いだった。平素なら、まず確実に必要でも無い限り
┃ こんな所には立ち入らず、入ったとしても用事を済ませたらさっさと出て行くだろう。
┃ 
┃ 頭に重く響く雑音に耐えながら店の奥に行くと、ソファーとローテーブルで作られた席
┃ に女を二人侍らせたデイズのリーダー。準二級スカヴェンジャーの伊藤 誠の姿が
┃ あった。両脇に侍らせている女は、一人は見覚えがあるが、一人には無い。あの
┃ 戦闘サイボーグは……と思うと、隅っこで一人、ぽつねんと所在なさ気に立っている。
┃ どうやら、あの男は釣った魚には餌をやらない性質らしい。
902:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2013/11/09(土) 23:09:26 ID:5kZgND5M


__ /.:-.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ.:.:i.:.:.:.:_,,.:.:..:.:.:.:.:.:`ヽ
ヽニ.:.:.:.:.:.:.:.:フ.:.:.:.:,_,_,,,_`yi/,_,,_,,,、_.:.:.:.:.:.:.:.:|
,,,>ー/.:.:.::/.:.:|~^`   `^~'´ ´ `~^|.:.::.:.:.:|
ー- /_,.ィ´:.:.::|   ___,,   、_    ト、.:.:.::|、
;;;;;;;;;;''´ /,.:.:.:.::| r=‐''"'ヽ   `ン==、_.|::ヽ:.:.:ト
    ソ,rイ ,ェ| ,ィ‐=、    ;´r=-、 レ、;ィ|`i
   _,, r'´i|r;;;|       i      ト´.|
 /    \{:| ..::::::...  ::|  ..::::::... .レ'/
/       `ヽ          ./~       いやぁ、ナンパ成功しちゃって
ー,  __.     ヽ   ー --‐  ./
  ト'´ `''、_    `i 、     , イ          あ、何か呑む? 何でもいいぜ?
i :i  ./   `''、_..r'|. ヽ、_,, ' .ト、
i  i  /    / / `-、_  .__ /r |‐、        「その、アルコールは初めてで……」
:i  i ./   / /   / .V´、   / `i、
:`  /   /   /i  / ~ー‐'ヽ  /   i ヽ、    大丈夫大丈夫! その内気持ちよくなってくるから!




:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト、:::::l
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\:::::::::::::::::::::::::::::::::! ';:::::i
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::/ヘ|::::::::::::::::::::::::::! ';:::l
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ |:::::/    |:::::::::::::::::ト::::/   !:!
::::::::::{:/:::::::::/::::::/   !::/三三三|::::/レ:::::/ |/    リ
:::::::::::i:::::::::/ |:::/   i/       |:∧ |:/ ′
:::::::::::::::::::/ |/          ゙  ヽソ
:::::::::::::::::∧               \           はぁぁぁぁ~~~?
:::::::∧:::/ `ー             /
:::::/ ∨           ∠二 7 /             あ、ありえねー、そんな女がお前に引っかかるとかねーわ
/ヘ                  , '
\  \      _        /               俺ならまだしもよぉ
  \  \    /  ` ー - ′
   \  \__ /
      ̄\ \
907:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2013/11/09(土) 23:11:52 ID:5kZgND5M


          /::::::::::::/::::::::::::/:::::::::::::::::::::i::::::::::::::::::::::',:::',
          /:::::::::::/:::::::::::::/::::::::::::::::::::::::i:::::::::::::::::::::::!::::i
            ,'::::::::::::/:::::::::::::/::::::::::/::::::::::::|:::::::::::::i:::::::::i::::l
         l:::::::::::/:::i:::::::::/_::/|::::::::|::::::::|:::::::::::::l:::::::::l::::l
          i:::::::::/:::/::::::丁:::/ ̄i::::::::l:::ー∧一:::::::|!:::::::|'リ
        _ノ::::┌i:::/::::::/斤心ヘ i:::::::::i::::メ≧i::::::::::::i:!::::::!     つーか普通に良い女だなぁ、おい
        >:::::{ レ' |:::::7レ升::} /:::/|:/辻:}l::::::::::ハ:::::!
      _,>::::::::i ヘ|:::/ ゞ‐" //  ′ゞ‐' l:::l:::/  ∨     おい、澤永、乙女譲ってやるから交われよ
         ̄` ̄`\:|:/       ′   、   ∧!/
             \|\       _    /  ′        お前、何か変なの釣ってきてねぇだろうな?
             _{i       ´   /
            // `\  > _ イ
         _,、-;'´;;;i     `ー 、, _ノ iヽ、
     _,、-;;"´;;;;;;;;/;;;;;l      /ヘ l;;;;;ヘー,,、
_,、-;ー'´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;ヽ    /::::::::∨;;;;;;;;ヘ;;;;;`';;;;;;;、_




             /:///: : : : : :i: : : :i: : : : : : : : :ハ: : ハ
               ,':/: /: /: : : :/: : i: : : :.i: : : : : : : : : :.',: :.ハ
             i:/:./: /: : : : i: : /i: : i: :.i: : i、: : : : : :'、:.',: : l
            .i/:/i: :i: :i: i:: :i,_/ i: : N: :i、: ',ヽ: ',_,: : i: :i: :.i
              i/ i: :.i: : :i: :ii`ト廴i: :.i '、:.i . ,斗セチ',:: :i: :i: リ
            i i: :i.i: : i: イ≧ュ、:.i  '、i ェ≦ヽ: : :i: i: i     ちょっ、なっ、何それ酷く無い!?
              i: i i: : i: i |r'乙:| ヽ    lr'乙:リヽi:i:リ/
                 V:..i: i:.V 弋zシ      ヒz.シ i:i:.リ,、
               i:ヽi         ,        /: i/: :'、
                   〉: i.ヘ             /: /: i: '、ハ
                 /: :'、i: :.:> 、   ̄    イ: i/:i: :.i: :.',:ハ
              /:./: : ヽ:.i: :.| >  <.|: : : : : :i: :.i: : '、ハ
                 /:/i: : : : :.,、-リ       .|-、: : : :.i: :i: : :i i: i
                i:/ i:.,、 <. Y     / ゝi > 、,i: i: : :i i:.i
               ,、ィ'´       ',    /   ,'       ` 、, i/
          /:::::i          ',‐-、 ,、-‐/          |::`ヽ、
913:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2013/11/09(土) 23:15:47 ID:5kZgND5M

             /::::::::::::::::::::< ̄¨`  `'^゛^`ヽiヽ:::/::/:::::::::::::::::::::::::::::
          i:::::::::::::::::::∠´             V!/イフィ::::::::::::::::::::::
           i::::::::::::::::/                   ̄i::::::::::::::::::::
            i:::::::::::::::フ   -‐‐‐-- 、 _  .、       i:::::::::::::::ヽ:
         、__i::, =-、;7      __ `ヽニフノ  ,≠=-、 .i::::::::::::::::::::
        \::/ .ハ.i      <i::::゚/ ヾ`::     /::´    i::::!¨\::::::
          <i /⌒i        ̄¨      .::ィ-t‐、  /::::::!.  \::
          .∠i i  (|              /:::`‐' ´  ∧__::::\  `
           `ト.ヽ_,|                  i::       /    ̄¨`
              i:`>イ                 i:::    /
           i:::! !                 i::.    /
           i/: : : ',          ‐ ,_ノ:    /       いやいや、幾らアンタでもそりゃねぇって
.        ┌-イ: : : : : ',                /
      ,;;、 ノ.`〈: : : : : : :\  ∠ニ_‐‐---,  /          第一、この子生身っしょ
     /;;;;く   \.: : : : : :.:ヽ     ̄ ̄ /
    /;;;;;;;;;;;;;ヽ   `゙ー-:,:,: : :\_      /             こーんな細い腕で何ができるってんだ
,.,:;;;;´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\.     ¨ヽ : : ¨7‐-‐'




::::廴/ニニ∠ア::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
:廴/ニニ/_ア::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`、
廴iニニ/_ア:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,
廴|==|_ア::::::::::::::::::::::::::::∧::::::::::::::::::::::::::::::,
廴|==lア::::::::::::::::::::::::::::/ ';::::::::::::::::::::::::::::::,
廴l=ノ―─=ミ;:::::::::::/ ̄`::::::::::::::::::::::::::::::::,
_,ノ7: : : : : : : :/:::::::::;斗=ミ ,:::::::::/::::::::::::::::::{
: : {_.: : : : : :./:::::::::/{_j_ヅ l:::::::/∨::::::::::::i{:!       そ、その……私は澤永さんの方が……
: :、:{ : : : : : /:::::::::/ {   |::::/  ∨::::::::八:,
/}^ヽ: : :_,,}::::∨  }   丿イ   イ:::::::::′ }
: : | : : '√:::::::::::::\_          从::::/
: :/l: : : :∨:::::/⌒⌒     , .::‐ /::| )′
:/:::l : : : :∨::ミiト           /:::::l
:::::::ヽ:,ノ⌒:::::::|  `≧ぃ.。.. イ::::::::l
:::::::::::::::::::::::::::::|____x=彡{  |:::::::::|
:::::::::::::::::::::::::::::l辷彡宀'⌒Ii≧|:::::::::|
:::::::::::::::::::::::::::::| }    {ノ二|:::::::::ト__
:::::::::::::::::::::::::::::| }  O {>二|:::::::::|ニニニ≧=s、
922:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/11/09(土) 23:19:48 ID:7h2CmoPE
チョロいもんなw
923:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/11/09(土) 23:20:10 ID:YFxWuT2.
ちょろい!
924:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2013/11/09(土) 23:20:28 ID:5kZgND5M





__ /.:-.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ.:.:i.:.:.:.:_,,.:.:..:.:.:.:.:.:`ヽ
ヽニ.:.:.:.:.:.:.:.:フ.:.:.:.:,_,_,,,_`yi/,_,,_,,,、_.:.:.:.:.:.:.:.:|
,,,>ー/.:.:.::/.:.:|~^`   `^~'´ ´ `~^|.:.::.:.:.:|
ー- /_,.ィ´:.:.::|   ___,,   、_    ト、.:.:.::|、
;;;;;;;;;;''´ /,.:.:.:.::| r=‐''"'ヽ   `ン==、_.|::ヽ:.:.:ト
    ソ,rイ ,ェ| ,ィ‐=、    ;´r=-、 レ、;ィ|`i
   _,, r'´i|r;;;|       i      ト´.|        あ? マジで? くはー、嬉しい事言ってくれんねぇ
 /    \{:| ..::::::...  ::|  ..::::::... .レ'/
/       `ヽ          ./~          「納得いかねー……」
ー,  __.     ヽ   ー --‐  ./
  ト'´ `''、_    `i 、     , イ             「ちょっと、誠!?」
i :i  ./   `''、_..r'|. ヽ、_,, ' .ト、
i  i  /    / / `-、_  .__ /r |‐、           「うっせぇな、何度か寝た位で俺の女面すんな」
:i  i ./   / /   / .V´、   / `i、
:`  /   /   /i  / ~ー‐'ヽ  /   i ヽ、
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 澤永さんの方が……(扱いやすそうなので)。と言う言葉にデレっと澤永は顔を綻ばせ
┃ だらしなーい表情になって歓んでみせる。そして、伊藤は何とも納得いかなそうな顔
┃ をしていた。
┃ 
┃ ただ、それも澤永がやる夫相手にしているやり取りで軽く察してくる。成る程、世間を
┃ 知らないで、何となく着いて来たから、どちらが実質偉いかを図り損ねてるのか、と。
┃ 実際、やる夫が澤永としている会話はすっとぼけたような内容だ。如何にも、何も知らない
┃ お嬢様、を装っている……。
925:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/11/09(土) 23:23:58 ID:qDoxaWWo
女を見てきた誠に観察されるのはまずそうだ
926:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/11/09(土) 23:24:06 ID:HBRXhL2g
おうこの清々しい程のゲスっぷり
929:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2013/11/09(土) 23:25:43 ID:5kZgND5M




         \____\`ヽ、_
          \: : : : : : : : : : : : : :``ヽ
      -=ニ''"´: : : : : : : : : : : : : : : : : :ヘ
      /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ
     /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :::::::: : : : :.Y
      >: : : : : :::::::::::::::::: : : ::: : ::::::::::: : : : : ヘ
    /__: : : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ
    ̄  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,,ィ、,ィ,,::::::::::::::ヘ
        /__:::::::l`ヽ````ヾイ'"´     彡::::::ヘ       でさ、そん時に俺が……
       ∠::::l: : __     __ィ彡‐  ソヽ:/
         lヘ: '"ィ'fッヽ   /ィ"fツ  |ソ 〉         「凄いんですね、澤永さんは。格好良いです」
         ゝヘ:.   ´ .:i       l./
             ヽヘ:.    ::|         /ヽ--、          いやー、それほどでも無いけどさー
          /: ヽ.  :::ヽ      ./|\:/: : \__
        _丿: : : : \ 丶─‐  .//.ノ: : : : : : : :..\ィヽ_
     ___/: : : :ヽ: : : ヽ\  ̄ / './: : : : : : : : : //: : : : >、
     _|: :`\: : : 人:{:{  \ 二_/ /: : : /: : : :.//: : : : : : : : : : :`>、
    <\: : : : \: : : :`ヽ、 ハ__,ハ./: : /: : :_,//: : : : : : : : : : : : : : : : : :`>、,,へ
   /: \ヽ、__: `ヽ、: : : Yヘ::::::::/: /ィニ'"´ィ'ヽ ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : >': : :.\─
   /: : : : ``─‐ `ニニ\: :ヘ ヽ:::/イ´‐'´: : : : : : : ヽ ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : :/: : : : : : : : :
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 出て来た甘ったるいカクテルはアルコール度数が妙に強い物だ。軽く口に含む前に
┃ 指先に付けて鬼灯の方に持っていく。鬼灯が、その小さな舌先でカクテルを舐め取って
┃ 成分分析をしたが、安い合成酒というだけで特に有害な物は入っていないそうだ。
┃ 
┃ 澤永の武勇伝を聞きながら、酒を飲む事にする。呑まないと不自然なのもあるが、
┃ いい気になった彼が次から次へと奨めてくるのだ……。
942:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2013/11/09(土) 23:33:03 ID:5kZgND5M




               -‐乞ア===-r‐xv=-、
.          /::::::::辷アニニノヒ>┴‐:く
.        /:::::::::::辷/ニニア/::::::::::::::::::::\
       /:::::::::::辷/ニニアア:::::::::::::::::::::::::::::::::.
      .'::::::::::::::ヒ|ニニノ/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.
      ::::::::::::::::ヒ|ニヒ/::::::::::::::::::::::::::::イ::::::::::;
.       ;:::::::::::::斗┴zZ;:::::::::/:/::::/:::/ヽ|::|:i:::::|i
.      ,:::::::::{ー―く_ノl:::::/:/l::;/|:jハ冰|::|:|::::八
.     ,:::::::::::::}: : |: : : : :|:::l|∧|:|| |(   乂ハ/  )
.    ,::::::::::::::`ァ个ー‐〈::;八 |八     ,ノ丿    (甘いのに変に苦くて美味しく無い……
.     /:::::::::::::::く/.: : : :,ハ::::'^ヽ   -;ァ'
    /::::::::::::::::::人__,ノ」:::!>......__丿         オレンジジュースの方がいいお)
.   /:::::::::::::::<ニニニニ|::::::::|ア7:;ノ|::::|
  /::::x<-ニニニニニ|::::::::| /く__|::::|
. 厶≠-ニニニニニニニ|::::::::|「ニニ|::::|i、
ア⌒`\\-ニニニニニ|::::::::|lヘ-ニ|:::::V〉
ニニニニ\\ニニニ二|::::::::∨ヘ,八::::::V〉
-ニニニニ\\ニニニ八:::::::::∨ヘニハ:::::Y!
ニニニニニ二\\ニニ二ヽ::::::|: Vヘ八从!
-ニニニニニニ二\\ニ/八从. ヒハ∨|ニ|
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 甘苦く、刺すようなアルコールの感覚はやる夫の好みではない。マミと展望室のバー
┃ で呑んだカルアミルクは優しい甘さの中にアルコールが柔らかく溶け込んでいたが、
┃ アレと比べると雲泥の差だ。まぁ、ヤハタの高級ホテルで饗されるプラント産の酒と、
┃ こんな場末の酒場で出てくる合成酒を比べる事自体が間違っているのだが。

┃ とりあえず、酔わないように気を付けよう。

┃ ・アルコール耐性により問題難易度が低下します
┃ 問題:二瓶勉作の「シドニアの騎士」において、作中で主人公、谷風が全裸を見たこと
┃ がある女の子、三名挙げよ。このレスから五分以内で 一人一名までとする
944:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/11/09(土) 23:34:49 ID:yoJexPLo
星白閑
945:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/11/09(土) 23:34:50 ID:qDoxaWWo
市ヶ谷テルル
946:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/11/09(土) 23:35:11 ID:YUMa2Zzk
仄 焔
949:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/11/09(土) 23:35:48 ID:XEA01Zmo
白羽衣 つむぎ
951:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/11/09(土) 23:35:58 ID:rofK3rqo
科戸瀬 イザナ 知らんから適当
953:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/11/09(土) 23:36:54 ID:GtgPnLbw
サマリ イッタン
954:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/11/09(土) 23:36:57 ID:YFxWuT2.
死にスキルだと思ってたアルコール耐性が役に立つ日が来た、だと…!?
しかしシドニア読んだこと無いな
955:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/11/09(土) 23:37:07 ID:qDoxaWWo
焔 イザナ テルルは間違いなく
星白は エナだったっけか
956:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2013/11/09(土) 23:37:08 ID:5kZgND5M
ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12368/1384007745/

ほい、次スレ……

簡単だったかな……
まぁ、実は絡んだ事ある名有りの女キャラには殆どラッキースケベしてるからなぁ、タニカゼ……
ところでつむぎちゃんはあれ全裸といえる(ry
957:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/11/09(土) 23:37:28 ID:qW6/MeFQ
仄 煉

あってるか覚えてない
難易度低下してこれ?
962:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2013/11/09(土) 23:39:47 ID:5kZgND5M
>>957
 一巻で仄シリーズの更衣室に突ってるから仄シリーズの名前挙げるだけで終わるんだよね

戦死した子含めたら結構いるしなぁ……
967:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2013/11/09(土) 23:46:37 ID:5kZgND5M




                    _厂ソ三三三三≧r===、
                ,...::'{てソニニニ尤ア゙:::::::::::::::::〉‐ 、
           /:::::尤,/ニニニア´:::::::::::::::::::::/:::::::::|、
           .:::::::::::辷,'ニニア゙:::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::!ハ
           /::::::::::::厂'ニニ/::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::':::::.,
.          ,::::::::::::::辷|ニ-/:::::::::::::::::::::::::::/|::::::::::::::,:::::::|!
        |::::::::::::::厂|ニ/:::::::::::::::::::_彡く`メj:;::::::::::/::::::::|i       澤永さんは、歴戦の勇士なんですね。
      ,. :" ̄二≧==ァ::::::::::l:::::::/ヾ迩_,}゛j::::::::/l:::::::::||        そんな人が居るとはお話しには利いてましたけど、
        |`::y'´::::::::::::::/|::::::::::j|::::/   __ノ:::/jミノ:::::::::リ         本当に会えるなんて思っても見ませんでした!
.      乂:{ー―‐=彡:::::|:::::::::八(     /::/  マ'!:::::::::/
       `ヽ:::::::::::::::::::::|:::::::::::::::|ヽ    |:(     )::::,イ/          「いやぁ、それほどでも……へへ」
         ノ::}ヾ:::::::::::::::;|:::::::::::::::|     __  ´/:/丿  __
.        弋_{::::::::::::::/l|:::::::::::::/      -`/(  ,ノ⌒)}_ )      (何だコイツチョロい)
.          //:::ー‐':::::::j|::::::::::::| _     /::|     `Tア.r‐-ミ、
         /ん-―‐x'^う|::::::::::::トミー/⌒ T´::::乂___,.イ/ / ,_`゛ヽ
.         j'´ニニニ-\l|::::::::::::|_,ノ},},},}  乂::::::::::::::::::,jノ .} ,{::::::ヽノ
        ∧ニニニニニ‘,::::::::::|{_ノノノノ     ̄ ̄´/ {_ノ、ノ^ ,:::::::\
.       ∧ニニニニニニ-ハ::::::::::ト}'{'{'{、__      {       八ハ从
.    ∧ニニニニニニニ’::::::::|l廴込ニニヘ      〉    { 丿
.    /|ニニニニニニニニ-l:::::::|ニ廴込ニニ,     (_jー―t_ヽ
.    ,'ニ|ニニニニニニニニ-}::::::|ニニ廴込ニ,      ノ――-{'_
   iニ|ニニニニニニニニ-|从{ニニニ廴込ヘ,_  rーi!:     /ヘ,__
   |ニ|ニニニニニニニニ-|リ八ニニニニ廴廴込l__l|:     /   ノ \
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ ・成功 実際、ラッキースケベされていない子の方が希であろう
┃ 
┃ 粗野で不味いアルコールに耐えきった。割と強いアルコールなのだが、どうにか
┃ 仕事用に気を張り詰めていたので耐えられたようだ。平時なら落ちていたかもしれない。
┃ 薬で朦朧とさせられた状態で山野を駆け回った経験が生きたのだろうか。
974:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2013/11/09(土) 23:50:39 ID:5kZgND5M





        ,::::::::::::::::::::::::::::::;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::Vヘ=廴}::::::::`
.        ′:::::::::::j;:::::::::::::}l::::::\::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::Vヘ廴}斗==ミ、
.       ::::::::::::::::::|i:::::::::::::|{:::{\::\:::::\:::::::::::::::::::::::::::::ヒf'込,____ : : : l|
      i::::i::::::::::::|l:::::::::::::l \_/⌒\:::::\::::::::::::::::::::::::Ⅵ: : : : : :\_ノ}
      |::::|::::::::::::lム::::j:::::l ィ^\    \:::::ヽ::::::::::::::::::::|ノ\: : : :/}: :.〉
      |::::|::::::::::::{l Ⅵ:/  '´  ____,ノチ \:::il::::::::::::::::::|: : : `:ー' : {彡ヘ   (うぷ、酔いは来てないけど、割と辛い……)
.     il::::|::::::::::\___Ⅵ    ´^¨¨^`   Ⅵ:::::}:::}:/::|: : : : : : : : :〉: : :}
      八:::::::::::\::{'~´i:}              ノノ}:::::::/:/::::|、:ー=: : : : {_;_;.イ
       \\.:::::\ノノ         ___;彡イ::::/:/:::::::| \ : : : : :_}:{:::|
.            \::人 ヽ              厶イノ::::::::::|: : : `'┬彳:’,ヽ{
.            /{\(\ ー_⌒      / |:::::::::::::::::| : : : : ‘; :{: : :廴〕
          ノ j_,ノ:::::::::....、       '′ _;|:::::::::::::::::|i : : : : : l_;_;/::::::`、
            {__{ |:::::::::::::::::l\__,,...イこ辷彡'|:::::::::::::::::|ヘ_;_;_;_丿::::::::::::::::::
            ;|:::::::::::::::::|:::::::{  { c {:|:::::::::::::::::|ニ≧zx::::::::::::::::::::::
            ,::|:::::::::::::::::l__::斗>=-ヽ   `|:::::::::::::::::|ニニ/ /≧‐_::::::::
.          厶|:::::::::::::::::|ニニ={{    }  :|:::::::::::::::::|=//ニニニニニ≧‐
         /ニニ|:::::::::::::::::|ニニ八 __}__ _j|:::::::::::::::::|_/ニニニニニニニニニ 
.       〃=ニニ|:::::::::::::::::|ニニニヽ\,.ノ⌒ー|:::::::::::::::::|ニニニニニニニニニニニ
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ さて、そろそろ益体の無い武勇伝に付き合うのは疲れてきた。そろそろ何かしらの
┃ アプローチはした方が良いだろうか。とはいえ、流石に露骨に動くのもアレだ。
┃ 方法は考えた方がいいだろう。
┃ 
┃ 1.酔った振りしてしなだれかかる
┃ 2.それで、天使になれるお薬って……
┃ 3.その他
┃ 0:05 1D4(意訳 ちょっとトイレ行ってくる)
1000:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/11/10(日) 00:03:22 ID:88epBd.6
1000ならオカン襲来
12:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/11/10(日) 00:05:00 ID:j/6g.CTU
1
18:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/11/10(日) 00:05:49 ID:a6TOqZi2
前スレ1000があかんことになっとるwwww
20:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/11/10(日) 00:07:28 ID:VGDluvQo
前スレ1000がwwwww
23:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/11/10(日) 00:11:30 ID:ts2.qtKo
おかん、来
      襲
25:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2013/11/10(日) 00:12:42 ID:B6qfEqEI



                            __,,..xrュr……=ミx、__
                      ,....::::::::::::::::::::::::`^艾>、:i:i:i:i:iX廴::...、
                     /::::::::::::::::::::::::::::::::::::`^艾>、:i:i:i:i:X廴:::ヽ
               /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ^艾>;i:i:i:i:ヾ廴:::,
                ,.:::::::::::::::::::/:/::::::::::::::::::::: }!:::::::::::: ^艾>;i:i:i:ivハ:::,
             /::/::::::::::::::/:/::::::::::::::::::::::::/!:::::::::::::::::::艾〉;i:i:i:v{_:::,
               /^7:::::::::::: /:/::::::::::::::::::::::::/:}l:::::::::::::::::::::艾〉i:i:i:}「(:::::,      はふ……何だか、身体が熱くって
           /゙ ,:i:: i: /:::}{::ハ:::::::::::::::::::: /:!八:::::::::::::::::::::艾〉:i:i:}「) :::::,
           , /!:|::i|/{:::八{ }::::::::::::::::: /}::| }ハ::|i::::::::::::::艾〉:i:i:}「(:::::::::,     疲れて、しまったのでしょうか……
              { { l |::|{: |::. 芹ミx::::::::::: , ,:::| / }八::::::::::::艾〉:i:i:}「):::::::::::,
             }:|::||: |:|::. 乂rヘ:::: /ーr≠=―-「:)::::::::::: }l「` ー=ニ二^⌒ヽ
                从八リ从;xxx゙^}r'゙  ノ x芹芸ミx ::::::::: 八 \       {
              ι  ,::::::: `ヽ ノ'       乂rソ^}::::::/} \ \      }
                ι ,:::::::::::八        xxxxノ ,::::::}/!   `ー}   人
               / :::::: / ハ_、 ⌒ゝ    ___彡イ:::: ノ,ノ     {  , .:::::: \
                 / :::::: /^'〈_j{\        イ}|:::|/ {       ;_/ :::::::::::::: \
                ノ ̄ノ::,′r…=ミ、 ー=ニアrヘノ_j|:::{        ノ:::::::::::::::::::::::::::::::\
          /  (  _└‐…=ミァ'゙⌒>'^´ニニ!:::ハ_rヘ )'゙^^厂::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
          ノ    `^ ノ    /rヘ___/二ニニニ}/::::::::|_ゝ-=彡::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
       f^⌒Y^ヽ「^ハr{__,,..r≪/ {__,,..r≠ミニニ|! :::::: |ニニ\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
       ┌'}   } ノ   ハ」_____,,   {「二二二\ニ! ::::::: |二二二\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
       }ノ二二ニ≠=ミ{_ ≪____,ノ二二二二ニ>,j:::::::::::|二ニニニニ \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
       /二二二二二二ニ〉   /二二二二二ニ7 :::::::: |ニニニニ/゙^ \:::::::::::::::::::::::::::::::::
      i{二二二二二ニニ/{ /二二二二二二ニ7:::::::::::: |>,ニニ二/ニニニハ::::::::::::::::::::::::::::::
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 1D4:1 >>12 ダイス(転がる意味が何処にある? 俺を転がす事に意味はある?)
┃ 
┃ とりあえず、ここで色々やらかすのは不味かろう。少し疑われている気さえある。

┃ 自分から何処かに移ろうというのは妖しいので、向こうから自発的に移って貰うと
┃ しようではないか。酔ってはいないが、アルコールは回っているのだ。頬が紅潮し
┃ 鼓動が早まるのは装うまでもなく出来た。しかし、アイギスがいなくてよかった。もし
┃ アイギスが起きていたら、奴が永遠に機能停止するまでネタにされたことであろう。
┃ 起動しても、今日のデータは渡さないように厳命しておこう。
36:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2013/11/10(日) 00:24:47 ID:B6qfEqEI







.   /:::_ /:::::::::::\:::::|:::::/::イ/   Z/⌒ :::::|
  // /:::::::::::::ハベⅣレ'^       ミ=-:::::::::|             しっかたないなぁ~
     /::::::::::::厂       ,ィ≦≠  ミヽ:::::::::ア     グッ!
   / :::::::::::::|         〃 ,,_   ∨⌒V ´ ̄`ヽ
  <._::_;::::::::ハ -≠=- 、     '/托い    ∨^ l /こヽ│       誠(うぜぇ)
      / ::::/| :',  /゙赱ハ    ¨¨     .!ハ | {(とノ)|
.     |:::::/: |::∧  '¨  |          |ノ | `ー‐  |
.     l/  |/:::ヘ    |          |ィハ    ヘ
         ∨  `、   \ r        ,∨ {     \
              ヽ      _, ィ1  / :|  ヽ    ___ヽ    _
             \ -<-‐~ / /  |_   }/´    ̄ ̄ ̄ \
               ヽ、  ̄ ̄ /'  /ヽ /            ヽ
                 `ト--‐< /_/   {
                    /| r< ̄      人_,,,  -―――――
                   / ∧ |   \    / {
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 澤永が顔をだらしなく歪めながら撓垂れかかる女の肩に手を回し、引き起こす。
┃ このまま閨まで引っ張っていてしまおうという算段だろう。
┃ 
┃ 伊藤は、顔を桜色に染めて僅かに荒く呼吸している女を見て、この無防備さや、
┃ 出された酒を特に警戒もしないで呑んだ所から、単なる馬鹿なご令嬢だと殆ど確信
┃ していた。警戒するほどの事は……いや、あれは

┃ ・女装技能で抵抗
┃ 問題:ポケモンでHP種族値160以上のポケモン 全て答えよ。
┃ このレスから五分以内で一人一体までとする
37:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/11/10(日) 00:26:00 ID:RwO7WM4E
ハピナス
38:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/11/10(日) 00:26:14 ID:VGDluvQo
カビゴン
39:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/11/10(日) 00:26:20 ID:a9EjFEuY
ホエルオー
41:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/11/10(日) 00:26:23 ID:ep4PgU9Y
ソーナンス
45:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/11/10(日) 00:26:58 ID:YMV4fsA.
ママンボウ
58:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2013/11/10(日) 00:32:38 ID:B6qfEqEI





                      ,..::.--.:.:.…..‐-.、   ,
                    /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:≧≠-‐‐,
                       , ':.::.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.i
                   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ハ
                _,/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..;.':.:/:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i:リ
                 ォi:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./.:.:/:.:.:.:./:.:.:.:.:;i:.:.:.:.:.:.i:.:i
                   イ:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:./:.:.:.:./:.:.: /:.:l.i.:.:.:.:./V
                 V:.:.:.:.:.:.:i:/ i :.:.:.:/ i:.:./:./:.:!.:.:.イ
                       V:.:.:.:.:.:.:ヽi:.:.: / i:./l/l/i.く´
                    人/ヘ ̄´ i:./  .i;'    _〉
                   /::::::::::ヽ \  '  \     /      (ん……チャカのグリップ……
              /::::::::::::::::::::ヽ. \_, -'´ ` ー'
             /:::::._:::::::::::::::::::ヘ  .>ハ            に、見えたが違ったか)
           /::´:::::::::::::`:::.、:::::::::ヽ/ ̄}
           ,::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::ハ  |
.           ,:!:::::::::::::::::::::::::::::::::ハ:::::::::ハ´¨|、
            /i:::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ:::::::::::i. | i
         ./.:ゝ::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ、_::::::| } |,
         i::::::::\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::}::::i / ノ
          i::::::::::::::V::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽi/
           |:::::::::::::::::V:::::::::::::::::::::::::::::::::::\
           |:::::::::::::::::::入:::::::::::::::::::::::::::::::::::V'´
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ ・成功 160以上はカビゴン ソーナンス ママンボウ ホエルオー ハピナスの五体
┃ 
┃ 動作がこなれていないせいからか、撓垂れかかった時に僅かに足が開き、スカート
┃ の形が太腿のガーターリングに固定した9mmのグリップの形に盛り上がってしまった。
┃ だが、直ぐに気付いて足をずらしたので気付かれなかったようだ。流石に、武装して
┃ いるのがバレたら誤魔化すのが大変だった。
59:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2013/11/10(日) 00:33:05 ID:B6qfEqEI
>>57
 大丈夫、予め答え用意してから問題作ってる……
60:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/11/10(日) 00:33:53 ID:pA5gd2rk
じぶん、素で間違えてたw


しかし誠は流石にリーダーだな
61:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/11/10(日) 00:33:55 ID:vZdyuuNU
腐っても準2級かいい目をしているな
75:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2013/11/10(日) 00:42:30 ID:B6qfEqEI
まぁ、使い込まれた9mmやら単分子カッター見られたら、相当面倒臭かろう……
81:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2013/11/10(日) 00:48:07 ID:B6qfEqEI







.   /:::_ /:::::::::::\:::::|:::::/::イ/   Z/⌒ :::::|
  // /:::::::::::::ハベⅣレ'^       ミ=-:::::::::|
     /::::::::::::厂       ,ィ≦≠  ミヽ:::::::::ア        そんじゃあ、ちょっと楽しんでくるわ!
   / :::::::::::::|         〃 ,,_   ∨⌒V ´ ̄`ヽ
  <._::_;::::::::ハ -≠=- 、     '/托い    ∨^ l /こヽ│     「ちっ、ヤリ過ぎんなよ」
      / ::::/| :',  /゙赱ハ    ¨¨     .!ハ | {(とノ)|
.     |:::::/: |::∧  '¨  |          |ノ | `ー‐  |       了解、了解っと
.     l/  |/:::ヘ    |          |ィハ    ヘ
         ∨  `、   \ r        ,∨ {     \
              ヽ      _, ィ1  / :|  ヽ    ___ヽ    _
             \ -<-‐~ / /  |_   }/´    ̄ ̄ ̄ \
               ヽ、  ̄ ̄ /'  /ヽ /            ヽ
                 `ト--‐< /_/   {
                    /| r< ̄      人_,,,  -―――――
                   / ∧ |   \    / {
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 澤永は茫洋としている……演技をしているやる夫に肩を貸して抱き起こす。流石に
┃ 身長160cmもあり体つきを確りしている女を、自分にも酒が入った状態で抱き起こす
┃ 事に自信がなかったようだ。
┃ 
┃ その足は二回に続く階段へと向かっている。成る程、ここは連れ込み宿も兼ねていた
┃ ようだ。

┃ ふと、違和感に気付く。これは…………。

┃ 問題:赤軍大粛正で粛正された三人の元帥、フルネームで答えよ。
┃ このレスから五分以内とし以下同文
82:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/11/10(日) 00:49:06 ID:VGDluvQo
ミハイル・トゥハチェフスキー
83:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/11/10(日) 00:49:55 ID:lzXPeWS2
ヴァシーリー・ブリュヘル
84:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/11/10(日) 00:50:25 ID:Y4pYKsh6
ドミトリー・シュミット
85:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2013/11/10(日) 00:50:59 ID:B6qfEqEI
はやっ……!?
93:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/11/10(日) 00:52:40 ID:RwO7WM4E
みんなすげー
トゥハチェフスキー以外はすぐに引けなかった
96:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/11/10(日) 00:53:45 ID:68nq5.92
ここにいるのは共産主義者ばかりか!?
98:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/11/10(日) 00:54:36 ID:UCRSDEoc
大粛清だと全員は出てこないんだよね
ソ連邦元帥でググると出てきた、が遅かったわ。皆凄いな
99:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2013/11/10(日) 00:54:56 ID:B6qfEqEI







   /::::::::::::::::::::::::::::::ー(\:::::iう::::::::
   /i:::::::::;::::::::::;::i;:::::::::::て>;-、,'―-
.  i:i|::::::/i::::::::::|::|\::::::/" `Y、
.  |!.|:::::i i:::;::::::i';:i/!;:i ー-=- | `ー
   ! i:::i:|. ';:i:::::::|';レくリ:',    .i ゞ、    (…………! こいつ、電脳化してる?)
    ';:i|i  ';!;:::::ヽ!. ´!';:i- -‐-{ヽ、
    `!`  `ヽ;::/  /イ',.,__,.ノ/ヽ`
         く、   レ /  i.  ',
          ` t - ./   i  ,_
             '、 L..,,__'イ
             ` ,´i. - |:::i::::
         _,,.. - ''´::::::::::::::!:::i::::
     _,,..ィ<´::::::::::::::::::::::::::::|:::i:::::
    /`ヽ;:\\::::::::::::::::::::::::|::::i:::::
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃・正解 制限時間の半分以内だったのでクリティカル。
┃ ミハイル・トハチェフスキー ヴァシリ・ブリュヘル アレクサンドル・エゴロフ

┃ 自分を抱き起こそうと身を屈めた澤永の首、襟足や服の襟に隠れて一瞬しか見え
┃ 無かったが、あれは電脳の端子だ。肌色の防塵キャップが嵌まっていて、髪の毛など
┃ も相まってよく見えなかったが間違いない。彼は電脳化している。
┃ 
┃ と、なるとアプローチの方法を変える必要があるだろう。
100:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/11/10(日) 00:55:51 ID:VGDluvQo
カモだww
101:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/11/10(日) 00:55:57 ID:MVfRc/yE
久しぶりにハック技能が役に立つか!?
113:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2013/11/10(日) 00:59:21 ID:B6qfEqEI




                /\
         ┌- _  /   _∧ __
          |   \-‐ 7::::::::`::::::::::`ヽ、
           |  ,..:´::::::::/::::::::::::/^´ `ヽ:::::'.,
           /`,..:::::::::::::::::::::::::::/     ∨:::'.,
           ∨:::::::::::::::::::::::::::::| 丶    |:::::::'.,
         /l:::::::::::::::::::::::::::::::l r‐┬    り、:::リ   キュピーン
       /  |::::::::::::::::::::::::::::l::| |:::::|  /`l人」-イ 了
        乙_」∧r 、:::::::::|:::::::V   ´ /   |:::::::| |_ノ
          /リ  ` -┼ r┴=ァァ '    ノァ-┴ '      (私の出番と聞いて)
       γ´=‐∨   ∨ハ//  _/ノ
        7:::::::::::`「ニ=‐-∨ /'´  ̄丁「
            ̄ ̄` |    -に}‐   /-ヘ
                 〉    イ::「ヘ  ヽ-┴---  _
           ,イヽ _//::::∨`ー┘::::::::::::::::::::::`\
           //:::/  _/::::、::::∨_\:::::::::::::::::::::::::r '7
        /::::/:::::: ̄:::::::::::::` ー 、::::::::::::::::::::::::::::::::ノ  〉
      <ヽ、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`:::::::::::::::::::::_/ r '´
        \_`l_::::::::::::, -、_, -、:::::__:: -‐ '´ /
           └-‐ 三r‐、_r‐、三 -== -‐'⌒
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ しかし、彼は電脳化はしているが、義体化はしていないようだ。体捌きやアルコール
┃ の除去が出来ていない事から分かる。それに、目の電子化もしていないようで、
┃ 何らかのツールとして使っている側面が強いのだろう。
┃ 
┃ だが、半端な電脳ユーザーなど良い鴨だ……記憶の刷り込みも出来るし、自白剤
┃ よりもずっと便利で上手くやれる。懐で、僅かに鬼灯が蠢いた。

┃ ・お酒が入って眠くなったのでここまで
関連記事
スポンサーサイト




コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する