やる夫はスカヴェンジャーのようです IF外伝:エヒメ事後

400:名前: ◆DAZiCeQp.w <sage> : 2014/01/02(木) 21:25:32 ID:qUWIAyjw



─────────────────────────────────────┘::│
 |: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :________________________/ . ┬|
 |: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.._  -‐ |     |l:i::|                |l:i::|   |┴┬┴┬┴|
 |__________   -‐        |     |:;:i:|                |:;:i:|   |┬┴┬┴┬|
 |             |;i::|   |          _|___|i;:l:|________|i;:l:|______.|┴┬┴┬┴|
 |             |:::l|   |  _ -‐==ニ二 |__________________|┬┴┬┴┬|
 |二二二二二二二二二二|二ニ==‐   ̄  :|     |l:i::|================|l:i::|   |┴┬┴┬┴|
 |;::i;:::l::;:::::::l;::;:::i::;li:il|:il:|    |   _介        :|     |:;:i:||l  |  |;|:|l  |  i|;;:i:|   |┬┴┬┴┬|
 |六六六六六|::::::li|::::|    |   乢_{i      |     |i;:l:||l‐‐┼‐‐|:|;|l‐‐┼‐‐i|:i:l:|   |┴┬┴┬┴|
 |\/\/  |::::::li|::::|    |   :|i         :|     |l:i::||l  |  |;|:|l  |  i|;:;::|   |┬┴┬┴┬|
 |/\/\/|::::::li|::::|    |           |     |:;:i:||l‐‐┼‐‐|:|;|l‐‐┼‐‐i|:l::;|   |┴┬┴┬┴|
 |\/\/\|::::::li|::::|    |           |     |i;:l:||l  |  |;|:|l  |  i|;::::|   |┬┴┬┴┬|
 |/\/\  |::::::li|::::|    |     _______     |     |l:i::||l‐‐┼‐‐|:|;|l‐‐┼‐‐i|l:::;爻   |┴┬┴┬┴|
 |  /\  \|::::::li|::::|    |   |‰゜:|}    |     |:;:i:||l  |  |;|:|l  |  i|;::爻爻 |┬┴┬┴┬|
 | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ : :::li|::::|__|   |∴∵|}    |     |i;:l:||l  |  |;|:|l  |  i|;爻爻爻 ┴┬┴┬┴|
 |─────┐::li|::::|;;l;;;;l;;| ̄ ̄ ¨*¨¨  ̄ ̄:| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄爻爻爻爻: ┴┬┴┬|
 |:;:l ̄ ̄ ̄ ̄|::|::::li|::::|;;;;l;;;;l|;;;;l;;;;l::/|} ;l;;;;;l;;;;;l; |;;;;;;l;;;;;;l;;;;;;l;;;;;;l;;;;;;l;;;;;;l;;;;;;l;;;;;;l;;;;;;;爻爻爻爻;: ┬┴┬┴|
 |il;|:::::::::::::::::::::|::|::::li|::::|;;;;l;;;;l|;;l;;;;l;:/ :|} ;;;;l;;;;;l;;;; |;;l;;;;;;l;;;;;;l;;;;;;l;;;; 、.vk,,..vx;,..,,、vW从W从W爻.,┴┬┴┬|
 |;:i|:::::::::::::::::::::|::|::::li|::::|;;l;;;;l;;|;;;;l::/: : |} ;l;;;;;l;;;;;l; |;;;;;;l;;;;;;l;;;;;;l;;;; ミ”v:";v;oゞゞ艾v:";v;oゞヾ从、,┬┴┬┴|
 |::;|______|::|::::li|::::|;;;;l;;;;l|:i:::/::l:: :|} ;;;;l;;;;;l;;;; |;;l;;;;;;l;;;;;;l;;;;l ℃‰♀♀♀♀∴v:";v;oゞヾゞ┴┬┴┬|
 |::::::::::::::::::::::::::::::::::li|::::|;;l;;;;l;;|;;/:l;; ;;l::|} ;l;;;;;l;;;;;l; |;;;;;;l;;;;;;l;;;;;{二二ニ}二二二二二二二二二二}┴┬┴|
 | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄二ニ=:|=-  :;___|;;l;;;;;;l;;;;;;;l;; |     |                    |┬┴┬|
 | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄.:|     |                    |┴┬┴|
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ ハイヴ攻略、皇軍相撃と様々な事件が起こり一時期は恐怖のずんどこに落とされ
┃ 疎開する人々や河岸を変える人々が多かったエヒメだが、数ヶ月もすれば事件の
┃ 後始末もされ、しがいは復興の為に投入された資金が盛んに流動し、離れた人々も
┃ 好景気に引かれてエヒメに戻ってきていた。

┃ 町並みは以前に増して盛んに造成されていき、今まで遅滞していた開発が一気に
┃ 推し進められたかのようである。そんなエヒメの一角にある高級志向の本領製品を
┃ 並べた喫茶店で二人の人間が向かい合っていた。
401:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/01/02(木) 21:26:20 ID:YvBo4ky6
そうは言っても、さすがに本編のネタを先出ししてしまうと問題があるような気が…
作者的に美味しい部分だけ食ってしまうとモチベーションの維持が…とか、読者が先出しネタに沿って行きたい派と別の方に行きたい派で分かれたりで
404:名前: ◆DAZiCeQp.w <sage> : 2014/01/02(木) 21:31:05 ID:qUWIAyjw
>>401
 安心したまえ、雰囲気だけ漂わせて肝心な事は何一つ言わないから……
405:名前: ◆DAZiCeQp.w <sage> : 2014/01/02(木) 21:32:15 ID:qUWIAyjw












                   / ̄ ̄ ̄ `\
                  /         ヽ、
                 /         _  ヽ
                /       ,イ´::::::::ト、 ヽ
               {      /:::::::::::::::::::::ヘl 〉
                ヽ   | /:::::::::::::::::::::::::::::} /
                λ_ゞ\ゝ、.:::::::::::::::::::,/У
                イ ー ̄三  ̄二三[]=イ"ゝ
                /弋_ー  = ー─ヤ彡ヽ
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 一人は重々しいローブを纏った男。エヒメの街では知らぬ物の無い一角の人物と
┃ して名が売れているスカヴェンジャー。
┃ 
┃ 姿の無い男 人形の王 空白の玉座の主 そして、人形使い。無数の異名を持つ
┃ 自動人形や警備ロボット、見目麗しい女性を侍らせる有名な屍肉喰らいだ。その
┃ 正体は定かでは無く、多くの憶測が飛び交い普段の生身の男は遠隔操作の生体人形
┃ だの、本当の中身は美少女だのと色々言われている。

┃ ただ、エヒメで最も名が売れ、恐れられる人物の一角であることに違いは無い。
406:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/01/02(木) 21:33:21 ID:tDddUtKc
すっかりその噂浸透しちゃってるのねwww
408:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/01/02(木) 21:33:36 ID:.QREuV2A
中身www
410:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/01/02(木) 21:34:51 ID:qum/DaDo
>姿の無い男 人形の王 空白の玉座の主 
>見目麗しい女性を侍らせる
異名が増えてるwwwwwあと誰侍らせてんだwwww
412:名前: ◆DAZiCeQp.w <sage> : 2014/01/02(木) 21:35:56 ID:qUWIAyjw




                        /\
               /\  / IVI \
               /  `´ __,,..   ー―i
               , -=' > ´     `''ー .、 |__
              く  ,. -'      ,     !    `<  {_
               V      /   ,'       ー 、/
            ,:       /  / /  /   }    i_
            i   i.  /  / /  / .,  ,   i |
            |   | ハ  /! / /! ./ / /,   ,! |
            r|   |/二ミ 、レ //_.|/!/レ' /   !| !
              i |   | マ!ソ  〃,.r=ォァ/ /,   , | ト、
               | | i!  ト    ,  ゞ-'/,イ/  / .| ! ',
             ,ト.|. ト.   ミ、  _ _   ,/ ./!  / .| .;'__,.ヘ
           i#ト、! ヽ i i\   .. イ/ / ハ /__,,. | i!###}
      r-=、--- ..`ヾ## \!.  i`¨´{乂 i/|/ ∨!### リ##ィ__
      !  .)、 ⌒ー-<-く  j ハ`ヾ )ー.、  {#ィ / /  `ヽ
   /⌒ヾ  ,/ __}     ){`ヾノ /:::ヽ\::! ヾ:.、ム          ,
      ,....イ::::::',     ヾ、 /`''ー \\    ` <        }
      マ::::!:::::::::}      `ゝ     ';.:.:ヽ     Y     /
      ヾ:::ヽ::く  厂 ̄ ` く.  i!    ;.:.:.:!    i  }  __ソ
    ヽ.___,, \::ヽ::7     /  i!.     i:.:.:.!   ,' /    /
      /  }::::}::ヽ   ,/   i!    |:.:.:.!   ノイヽ.__/
      `¨¨ }/ヽ!::::\_,.ィ__人__  ヽ__ ,,.-|.:.:.:|¨¨ ´!、レ::::::::::::ヽ
         ハ__ノ ヽ::::::::::::i`ヾ 三彡/   |:.:.:.|  ゙ヾ} \::::::::::::::\
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ その背後には一体の人形が控えている。常に人形使いに侍るIAIの生体自動人形。
┃ 目が飛び出るほど高価な遺物は、ただ主君の剣であり盾、そして身襟を脅かさんと
┃ する者を払う箒として佇んで居る。
┃ 
┃ 戦闘において30mmを街中でぶっ放し大量の堆肥原料を製造した殺人侍女としても
┃ 名高く、彼女のせいで人形使いにちょっかいを掛ける者は居ない。誰も挽肉にされて
┃ 街路に打ち棄てられたくは無いのだ。
413:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/01/02(木) 21:36:24 ID:9WSdm/FQ
本当の中身は美少女……
414:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/01/02(木) 21:37:09 ID:tDddUtKc
殺人侍女wwww
415:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/01/02(木) 21:37:15 ID:mChtYKuo
よかった、流石に街中で5mmレールガンはぶっ放してないんだ。
416:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/01/02(木) 21:37:40 ID:YapLepjw
そういえば街中でブッバナした事あったな>>三十ミリ
417:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/01/02(木) 21:38:14 ID:CKrJQ/JM
>>415
それすると周りのガラス全てがソニックブームで割れるんでね
418:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/01/02(木) 21:38:22 ID:/o0JcOAc
殺人侍女ミンチメーカー
うーんこの
420:名前: ◆DAZiCeQp.w <sage> : 2014/01/02(木) 21:39:30 ID:qUWIAyjw




                -─=   `ヽ
                   _ --‐====x
            ,<:::::::::::::::: ̄`ヽ:::::ヽ
         x<:::::::::::-‐=ミ::::::;、::}::::::リ::ノノ
.      /:::::::::/:: ̄:::::/\/ ∨\:{:_{
      /::::::::::::::::::::::::/ ̄       ハ |  ヽ       悪いね、足を運ばせて
     ノ:::::::/ :/ ̄       /´\/ r'^ヽ  } l
.  _/ ::::::::::::/     「,ノ"´ ̄   f芸ァ │|      いや、取材は大事だろう?
 三彡::::::::ノ     /三「  ,ィ圻'     ヽ ゚,
   ̄ ̄ ̄‘,/\/ ニ{_  ^ ̄    ー'   .        作品のリアリティの為、協力してもらいたい
.       〈ニニ,ニ、彡'        _ノニ二オ
         ∨ニ{ r \  \   ` ー─一' !  )
.           ヽ八\ 〈_\        ̄}´│ //
           \ ー一' ヽ__       __,ノ //
.               ̄厂〉    ̄   ̄ {___
             ∨{     \    | ̄} )   , --─>───=≦ ̄|
               (  ̄≧=ー-----r'  //{_rく   /        `寸
    / ̄ ̄ ̄≧=一'⌒ヽ    =ー----{_,ノ_' |    /   /         ,ハ
  〈/   \         ∨ ー‐-----ヽ({_) { }   / ノ /        /人
.   /_     ヽ         \__  _}  _,ノ / /    ノ    // {\
  ′   `゚  、 \   \  \ー--===\/./ / ヽ--一'     /____,ノ /
.  i       \  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|└─く__/ ̄ ̄   /
.  |\   \    |                        |   / | 厂 ̄ ̄}│
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ それに対し、全く物怖じしないで喫茶店のメニューを捲っているのは堅苦しい都会を
┃ 嫌ってエヒメにやってきていた奇人変人の一人、岸部露伴という漫画家だ。
┃ 
┃ 何でも珍しく全国展開している雑誌に連載を持ち、カルト的なファンを多数持つ大人気
┃ 作家なのだ。まるで本人の意志をトレースしたような濃密な心理描写が売りの彼が
┃ 精神系のESPであることを知る人物は少ない。
421:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/01/02(木) 21:40:25 ID:tDddUtKc
露伴先生かよwww  この人も最初にコネ出来てラッキーだよなぁw
422:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/01/02(木) 21:41:49 ID:.QREuV2A
露伴先生ちぃーっすw
423:名前: ◆DAZiCeQp.w <sage> : 2014/01/02(木) 21:43:30 ID:qUWIAyjw



                     __
                     ,r'三三三三三≧:、
                 (/三/__,、 ̄¨`ヘヲ
                  `T_/ン_,小ヽ`ヘ_j
                   {ヘフ   f  lミソ          「まぁ、仕事ですから」
                     /   | `〈
                    ヽ‐  ノ / ̄}
                     !__´-ヶ' ̄\\         ああ、じゃあ料金分仕事をしてくれよ?
                       /    .| ヽ
                        ,'ハ    リ  ヘヽ       飲み物は好きに頼んでくれ、僕の奢りだ
                     〃 ノ     |   | ヽ
                      // /    |   |rrrfrrrr      「どうも。じゃあ抹茶オレで。アイス乗っけて下さい」
                    // l       |   |    |
    r─ 、__         ./〈.  |     .|   |    |    ……案外可愛い物飲むんだね
   \       ̄ ̄ヽ,.、   | ハ. !三.   /   ,ノ    |
     \       ⊂ニ`ヽ,- ァ/ ノ' ̄ ̄   / /     |
       \       `r‐ムュ -'     ∠ユ、        |
         \       /      /    ヽ_______,l
           \_  __/       / .|     ヘ
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ さて、良くも悪くも怪物やら奇人変人にカテゴライズされる二人が茶店で向かい合い
┃ コーヒーと抹茶オレを囲んでいるのには理由がある。仕事だ。
┃ 
┃ 露伴がやる夫に名指しで仕事を申し込み、やる夫は日当50円のそれを請け負って
┃ 喫茶店にやってきた、ただそれだけである。日に数千円を稼ぐ有名屍肉喰らいが
┃ 50円という彼等にとっては端金の料金で依頼を受けた理由は分からない。強いて言えば、
┃ 暇神のお導きの儘にだ。
424:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/01/02(木) 21:44:23 ID:tDddUtKc
じゅ、十五歳ですし… 少年だし!(迫真
425:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/01/02(木) 21:44:43 ID:FY9UoPaU
本当の序盤は稼がせてもらったからなあw
426:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/01/02(木) 21:46:25 ID:YapLepjw
忘れがちですがやるおさんじゅうごさいです
427:名前: ◆DAZiCeQp.w <sage> : 2014/01/02(木) 21:47:12 ID:qUWIAyjw

        / ̄ ̄ ̄ `\
       /         ヽ、
      /         _  ヽ   ズズ
     /       ,イ´::::::::ト、 ヽ
    {      /:::::::::::::::::::::ヘl 〉   ……やっぱりサクランボ付いてくるからメロンソーダにした方が
     ヽ   | /:::::::::::::::::::::::::::::} /     良かったかもしれんお
      λ_ゞ\ゝ、.:::::::::::::::::::,/У
     イ ー ̄三  ̄二三[]=イ"ゝ    で、露伴さん、取材っていっても……
     /弋_ー  = ー─ヤ彡ヽ




                        _            __
                  __,,.. -ァ:::´:::::__:`ー:-.、        
                 ,r'::::::::::/:::::::/:::::_:::::::-‐\       
                 ノ::::;:、/ヽ_/;:ヘ/__::::::::_:_ミ、      分かってるよ、クソ鬱陶しい守秘義務ってやつだろう?
                    ヽ:/        `´ \_::::::::::`>ァ    
                  /_,.ヘ/\,/\    L::::::::::::::{.     何をやったか聞きたい訳じゃないさ
                 /^ヽ_ ーィ'' rzラ `¨ハ  L::::::::::フ    
                  Y<_rソ  ` ̄   .}└_  l:::::/´       僕が聞きたいのは、また子供時代の事でね
                    l;; 「`ヽ        ノヽノ¨ヽl::/       '
                  l  _`-‐ 、    '   〈1 l/       
                 l }‐二二ヨ       /ノ ,ノ     ,.-、 
                     l ´-‐ --     /丶く_     i____>、
                  l ...::::::...    // l〈. }   .r「 l / ,ィ \
                 `丶::::::::::::;.ィ   /  l `  / Ll_/-' ト、 l
                   ハ::`:::´:    /  l、 /  /     /
                   _l L.__         l 〈 __ /、   ,. '
        __      _/ __!   ¨ニヽ.___,/  l-、   `/¨
      /´  `ヽ ̄-‐ '´     ̄`丶  \(_)  /   ヽ、/_―-、
       /i       \          \  l //     `7  ヽ
 ..   / !       ヽ           \l /\     /ヽ.   i
      i  l         ',           〈    \、 、ハ ヽ  l
428:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/01/02(木) 21:47:46 ID:mChtYKuo
半日で命の危険も無くそれなりに稼げる優良な仕事だよね。序盤は本当に助かった。
429:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/01/02(木) 21:47:55 ID:tDddUtKc
両親の愛の鞭か
430:名前: ◆DAZiCeQp.w <sage> : 2014/01/02(木) 21:51:15 ID:qUWIAyjw

        / ̄ ̄ ̄ `\
       /         ヽ、
      /         _  ヽ
     /       ,イ´::::::::ト、 ヽ     はぁ、面白エピソードとかですかね?
    {      /:::::::::::::::::::::ヘl 〉
     ヽ   | /:::::::::::::::::::::::::::::} /     それなら両目目隠しされた上、遅効性の毒を飲まされた状態で
      λ_ゞ\ゝ、.:::::::::::::::::::,/У       下山させられたり……
     イ ー ̄三  ̄二三[]=イ"ゝ
     /弋_ー  = ー─ヤ彡ヽ




   /       \   /wV/ヽ::::::::::::::::::::..
  / ノ \ノ \ノ \ ヽソ: : : : : :\:::::::::::::::::::::..
  |  ノ \ノ \ノ \  |/|: : :r--i: `lー-、:::::::::..
  |  ノ \ノ \ノ \  ノ-、ノ`'" ,,__,` |: : : :`ー--
  ゝ ノ \ノ \ノ \ ,' i" ゙゙  `⌒ `-i: : : : :
   | ノ \ノ \ノ \ ,' __ゝ`       .ミi: : :      君の親は相変わらず凄いな
   .\         ! iヽ-`ーァ   /ミ:/
      `ー、___/! ` ー '´  /  _,/        何か恨まれるような事でもしたのかい?
          ,ヘ .!      , '   /(__ノ
     ____'-‐'" ヽ、 _..... __..-イrノ,          「愛故にだそうですお」
    / / /:.:.:`ーノi――-'" i |ノ
                                だとしたら相当歪んでるね
431:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/01/02(木) 21:52:07 ID:tDddUtKc
この人歪んでるとか言われるとかwww
432:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/01/02(木) 21:52:09 ID:FkGJt.vU
愛よ(キリッ)
433:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/01/02(木) 21:52:51 ID:.QREuV2A
まあ経歴がね……
434:名前: ◆DAZiCeQp.w <sage> : 2014/01/02(木) 21:54:10 ID:qUWIAyjw

           , ----、, ─┐
        _/川川川|}ll///イハ
      /川川川ll|/////////
     /ミ三川/\/\/\∧/  ||      今日は、そういった万国びっくり人間製造過程じゃなくて
    {ミ三ト、/: : : : : : : : : : ::|  ノ ノ
     ` ーr' : : : : : /\∧∧/ヽ         普段どんな訓練をしていたか知りたいのさ
       ∨∨\/ilく_ィaフ fi| }_fニ>
.         flヘ <faハ   ̄´  |.ノ‐┐        諜報員を作る為の訓練! リアルで怖気が走るようなのがね
       \ヘ  }     |l ∨ハヘ、
          `>\` r=つ /  '  }  `> ,       
         ({x<´\⌒__/_/  /       >- 、
        / /  \ o∨O /    /     ',
       _{ ,'    ,>ァi>‐ァ   ./        }
   /  {_   l!__/一 ' ≦´___   /       |
  //  /__ |_/     ___i_) l!       八
. // // <´ {      __ へ `ヽ|/     /
  /,イ    }  >─一へ\`¨´ /      /}
. /      , <´    /|\`´  /     / /




        / ̄ ̄ ̄ `\
       /         ヽ、        (万国びっくり人間扱いされた……)
      /         _  ヽ
     /       ,イ´::::::::ト、 ヽ      はぁ、訓練ですかお
    {      /:::::::::::::::::::::ヘl 〉
     ヽ   | /:::::::::::::::::::::::::::::} /      つっても普通なことしかしてませんお?
      λ_ゞ\ゝ、.:::::::::::::::::::,/У
     イ ー ̄三  ̄二三[]=イ"ゝ
     /弋_ー  = ー─ヤ彡ヽ
435:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/01/02(木) 21:54:46 ID:tDddUtKc
普通じゃねーし!!w
436:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/01/02(木) 21:54:54 ID:XyOBXbCQ
こんなに苦しいのなら愛などいらぬ!
437:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/01/02(木) 21:58:23 ID:7PYotJ5Y
普通tHUTUUは違う
438:名前: ◆DAZiCeQp.w <sage> : 2014/01/02(木) 21:58:58 ID:qUWIAyjw

                        
             _,,. -‐::::::::::::‐..、  
            ,. <:::::::¨ニ ミ、`:::ヽ::ハ l
        /:::::::::::::-‐三三ニ::)ヽ}:::::::ノ│
      /::::::::::::-‐ ¨::::::::::::/::::/::::::;::リ !     無礼だと知って言うけど、僕は君の言う 普通 を信用していない
     ,.:':::::::::::::::::::::::::::::::::::::"::::/::::::,ノヽ! i.
   ,.イ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>'"   l      何度か精神に潜って記憶を漁った人間としてね
   ,>::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>'"    .ハ i l
  〃ニ::::::::::ト;/ヽ/"/// / 丶、 /,r_lハ      ……ま、普通でいいさ 君が普通だと思うなら普通なんだろう、
 ー=ラ:::::::::ヘ     ,.、  ./.,, __ ∨,ッフ.!..,,_      君の中ではね
  /レ/>''">‐- 、ヘ/ ヽ.,ィtテァシ   !  l   ̄ヽ‐、---=
     l´  ', 「ハ `┘i  `¨ ´  ,  ', l、l  Vヽ \     だから、その君の言う普通の訓練を思い出してくれ
        \ヽし、 ヽ.       L、.ィ ,i ¨  \',l  /i/
        /l`¨I´'、  `     _,, =' ) /l   i / / /
        /,ィ:/ F.i `> ..,_   ` ー''丁/: : l___ l:i.//─
      l\i:/   !i ! ヽ   ¨  ー‐ ':/: : : : : :`>"´ ̄
      l  ` ー- ..,,__     〈  /: : : : : :/¨ヽ
     /ヽ、          ̄ ̄l |.∨; : : : /ニヽ ,ノ /
   /    > ..,,__  _..  -‐┘! ( 〉: : !、  _ノ └
  ,.'  ¨"´       ̄  _,,.. /   ll: : ,ノ`¨  /、  /
 /   /        /      r┴ァ/ 、  /  ` /




        / ̄ ̄ ̄ `\
       /         ヽ、
      /         _  ヽ     (凄くディスられている気がする)
     /       ,イ´::::::::ト、 ヽ
    {      /:::::::::::::::::::::ヘl 〉    いいですけど……何で急にそんな?
     ヽ   | /:::::::::::::::::::::::::::::} /
      λ_ゞ\ゝ、.:::::::::::::::::::,/У     面白いエピソードとか注文付けてたのに、急に地味になりましたお
     イ ー ̄三  ̄二三[]=イ"ゝ
     /弋_ー  = ー─ヤ彡ヽ
439:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/01/02(木) 22:00:16 ID:GZ4oRc4Y
そろそろ本編スカやりたい
440:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/01/02(木) 22:00:21 ID:tDddUtKc
お前がそう思うんならそうなんだろう、お前ん中ではな(レイプ目
441:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/01/02(木) 22:00:32 ID:XZHy/9bg
その普通の訓練を書くだけで、読者はドン引くこと請け合いw
442:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/01/02(木) 22:01:59 ID:5JbWlMyI
催促はやめなはれ
443:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/01/02(木) 22:02:04 ID:YvBo4ky6
>>438
ここで言うおもしろエピソードをネタにしてもリアリティが無いからだよw
444:名前: ◆DAZiCeQp.w <sage> : 2014/01/02(木) 22:02:10 ID:qUWIAyjw

                    ,.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ー-..._
                      i::::トv、:::::;___;;::ミ、レ!:::::::::::彡
                    ヽ:!: : :`: : : : : : : : : j : :_l:>'"´      最近の感想アンケートに多くてね
                        i:,、: ハ: : /ヽ/\r'/ィ }
                        lハ/ィtラv'"代tラ i >, l         幼少期の訓練描写を省いたら、最初から強いとか
                         ヘ  ̄ l      : lT´,、         違和感多いです とか
                     ハ ヽ-'    ' ノ lヽ ヽ
            _ ,、    ┌〈 {:ト、 ー= , / ! ):i\!       修行しないで強い才能の塊主人公とかないわー とか
           / ヽ   > ..,_ i H\! ヽ ̄´ィ /   /  /、        言われるんだよ
.            /i  ',        ̄V  \¨´_/-‐'"  // ̄ ‐- ..,,__
.          /  i   i       \  「i |   _,,..ィ       \ ヽ   だから、思いっきり泥臭い訓練描写を一回挟んで
        〈  ;  l :          `ー┴┴ ニ¨--‐,          ´、  〉    やろうと思ったんだ
         ∧ ,/  l  i            rュ‐…'"         i /
.         /i ', i  .l リ              _占¨           /./    プロットを書き直すのは業腹だが、舐められて
      / l  i ヽ. i l            H H           / /      俺TUEEE扱いされたくない
      /ク‐- 、L \! i            ヽiレ'           i !
...    /,/    `  、             ノヲ   _,,.. -‐┬n iノイ.!
.     /,/        \          /ヨ‐ ¨       ! l.l ///
..   /,/           丶     ,  '"´          l l.l  ,.イ




        / ̄ ̄ ̄ `\
       /         ヽ、
      /         _  ヽ
     /       ,イ´::::::::ト、 ヽ      (この人の負けず嫌いはどっから来てるんだろうかお……)
    {      /:::::::::::::::::::::ヘl 〉
     ヽ   | /:::::::::::::::::::::::::::::} /      はぁ……とりあえず分かりましたお じゃあ
      λ_ゞ\ゝ、.:::::::::::::::::::,/У
     イ ー ̄三  ̄二三[]=イ"ゝ
     /弋_ー  = ー─ヤ彡ヽ
445:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/01/02(木) 22:02:46 ID:TJ2SyOVs
やる夫にとっての普通 = 普通の人たちのエクストラハード
447:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/01/02(木) 22:03:49 ID:pZkb59yM
なんか上に行く人は超無関心タイプか 超好き嫌いがはっきりしてる人が多い気がするお
448:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/01/02(木) 22:04:10 ID:UQvt999E
>>445
いや、寧ろ「常人にとっての難易度Inferno」じゃねーかな…?(震え声)
449:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/01/02(木) 22:04:17 ID:DYfgAURY
ご…ごめんなさい…
文句言ったわけでは…
450:名前: ◆DAZiCeQp.w <sage> : 2014/01/02(木) 22:04:33 ID:qUWIAyjw



             ああ、普段どおり訓練の記憶を思い浮かべてくれ……

             では行くぞっ!!

                    ___                              、___,ノ`ー----‐一'
               ´ ̄  /ヽ              __   _,,. -‐:::::::::──ォ\      ─┐
.          ,  ´     /  ∧      ,  ´ ̄   /x<::::::::::::::::::::::::::/:/|   ヽ    /\
        /       ,  '     ∧   /      /::::::::::::::::::::::::::::::/::/:/   )    /  \
      , '     ,  '        ∧/       /::::::::::::::::::::::;::::::':::::/::::/  /     ̄ ̄| | |
.     /   ,  '             / 〉       ,.'::::::::::_;::::::<:::::::::/::::/l_ ̄\      __,ノ
     〈ー‐<            /l /∧      , ' \ ̄::::::::;、::::::∧;:ヘ./  {l }   }       ‐-  l
     ∨            /|  l/   〉   ./    | \lV ∨     l∧j_j-区 |     _/
      V            , イ  l/l  ./  /     .|  ',    ,、 ハ,ィ1 /! l\ /     ‐─ァ | |
.         ∨     , イ  l , イ  .l/  ,.イ⌒)    |/ト.ヽ 「トtテァV ¬´l│l  /       _/\
          ∨  x< _│, イ   l./   / V {\   |  l 〉,.へ ̄ヘ、   l// /        ・
.        /V´__,,. ィ l  |,  '    /    ハ Y│ l/ 「 丙 li\. r= ヲ / | /   ⌒   |、| |
     /  ∨ │  |, ´    , イ  _,.イ .l__ノ j_/ー<´ V \ 丶.___/ヽ|\   天    .| ヽ
    /    ヽ--- ‐'"    / / ,.ィり ノ─ l  / \   \    \三二ニl  ヽ. 国   ̄Τフ
                     ∠ __‐┘ ー‐く   |/ l _,ヘ   ヽ      (二ヨヲ i へ   ノ
               ,.r弋ワ´ ノ  ヽ   .\ l   |l    ',   ',\_/   (二ヨヲ | .の    ア
.               _,.へ>─r'   、ノ  /  ソノ   {     V  i        (二ヨヲ、l .扉    |
       _  <     \l │ _ イ l  /l _ l    ',  /      /     / ー'   │
    ̄ ̄       ト、___   >x        /、 l' ̄  |/   /i/      /二コニ,=、 ̄>、   .|
             /    ̄フ「 `> ‐- 'ヽ  l __  |   /∥ニ二 ̄ /___// 》'´ ∧   .|
            〉    ̄/ノ  | 〈   ',  ,!´ ̄ l  ,.イ 八___/┼‐┼‐レ《__/  /_',  ツ
            |    / '7  \ `ヽ  \´l ____ !ノ //  }\__>z'´__/  /    i└─
           l     _L,-─-、ヽ \__|l  l |     |\      /   /    | /⌒ヽ
.            l   / /   ̄ ̄ヽ ` ̄   .|l   | |     ヽ \        /    l/
             l  / .〈  ノ__,ノ      ヽニ´ノ       |         /
451:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/01/02(木) 22:04:50 ID:fwZGDNMw
次のアンケートは 何でこの人、生きてんの?系一色になるんだろうか
452:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/01/02(木) 22:04:59 ID:tDddUtKc
でもそれ地獄の様な訓練への扉ですよね?w
453:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/01/02(木) 22:05:26 ID:.QREuV2A
才能の塊は結構いるだろこの世界w
454:名前: ◆DAZiCeQp.w <sage> : 2014/01/02(木) 22:05:31 ID:qUWIAyjw
>>449
 ああ、気にしたんじゃ無くて 言われてみれば訓練描写とかしてねーな、やりたいな と思っただけなんだ
 気にせんでくれ……
455:名前: ◆DAZiCeQp.w <sage> : 2014/01/02(木) 22:09:39 ID:qUWIAyjw















                         ____
                       /―  ―\
                      / ●   ●  \
                      |⊃ (_,、_,) ⊂⊃ |
                      >           ィ’
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 幼少期のやる夫の記憶が朧気では無く確実な物になるのは5歳頃からで、飛び飛び
┃ の記憶があるのは3歳頃の物である。
┃ 
┃ やる夫は父スネークと母素子の遺伝子情報を人工的に掛け合わせた受精卵を
┃ 人工子宮で培養した試験管ベイビーではあるが、俗に強化だのコーディネートだのと
┃ 呼ばれる遺伝子工学の細工は先天的疾患の治療や病気因子の調整程度にしか
┃ 行われていない極めてフレッシュ(未加工)な人間である。

┃ であるが故に、二歳頃からべらべら話、剰え超人的な活動をしたり知性を見せて大人を
┃ 感嘆せしめるという事は無かった。
456:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/01/02(木) 22:10:21 ID:TJ2SyOVs
>>451
「両親は何を思ってこんな訓練してるんだよ」も大量に来ると思われる
457:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/01/02(木) 22:11:10 ID:tDddUtKc
つまり全ては後天的! あるいは親からの遺伝!!
458:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/01/02(木) 22:12:30 ID:wvV.WkHw
どう考えても「こんな訓練主人公補正が無いと確実に死ぬだろ」とか言われるだろ
459:名前: ◆DAZiCeQp.w <sage> : 2014/01/02(木) 22:13:09 ID:qUWIAyjw




                              、i;:;:;l: : :.l l: : : : : : : : : : : : : : : :.r'/: :./;:;:;
     ,. -‐―  》             .       ヽ;:;l: : //: : : : : : : : : : : : : : : :.l |: : :/;:;:;:;
    /        ノ                   `、:.//-、: : : : : : : : : : : : : : //: : /:;:;:;:/ ...
    ',               ________   ',/    ̄~    ~ ̄//: : /:;:;/: :
.    ∨           /            \ i            i i: : //: : : :
      ∨          /                 .《              l l:/: : : : : : :
      ∨l       /                   l ',: : ‐-. . . . . . . . . . . .l l: : : : : : : : : :
      iハ       |       ´ ̄`     ´ ̄` l ∧::::::::.... : :.:.:.::::::::::::::::l l: : : : : : : : : :
      l ∨      |      ,_    _     、,,__.、 lハ `ヽ、::::::::::::::::::::::::::::l l: : : : : : : : : : .
     ∧ ヽ、_   |        `¨¨´         ',、   ヽ::::::::::::::::::::::::::l l: : : : : : : : : :
     / ∨    ̄` ' ー- 、  ⊂つ        ⊂つハ   ヽ: : : ::::::::::::::l l: : : : : : : : :/:
    / , '´:∨         `ヽ     (__人__) /´`ヽ     ト、: : : : : : :.l l: : : : : : : /: : ..
.   //: : :/ヽ、          ',  /´`ヽ、  ,.ゝ',"   i^ti    `ー- 、: :l l: : : : : :./: : : ..
.  《: : : / /: : ヽ、          '>i_,.....,_  ト,´o_,<.ト'"ノ、 /         ` ^' ヽ、::/: : : :
   \/  i:.:.: : : /`ヽ、       ゝ   `゙'ー--  --y'                   /  `゙
     \ i::::::::::::i   /` ー- 、             /              r-'´¨
       ー-、:i   .l      ` 'ー-- .,,__    ./              /: : `ヽ、
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ その生育過程はどこまでも普通で、全身義体の母は自分を育てるために免疫系
┃ を発展させる疑似母乳を与える為に胸郭を換装するなど、可能な限り普通の育て
┃ 方をされた。
┃ 
┃ ただ、周囲に常に火薬の匂いが漂い、両親の隣で寝ている間、団らんの机には
┃ 分解整備中の銃が山ほど置いてあるなど環境そのものが特異であることは決して
┃ 否定できなかったが……
460:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/01/02(木) 22:13:21 ID:9WSdm/FQ
文句言いたいやつはどんな描写が出てきても文句言うからなぁw
461:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/01/02(木) 22:13:57 ID:tDddUtKc
> 疑似母乳を与える為に胸郭を換装
子育て後も活躍の場が多そうな…
462:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/01/02(木) 22:15:57 ID:y8pC/nxg
>>460
こんな訓練耐えられるわけねーだろ とかな
463:名前: ◆DAZiCeQp.w <sage> : 2014/01/02(木) 22:17:36 ID:qUWIAyjw



             iー、.   |  . :/  .      . : :  .     ヽ: : .  :、: :.ヽ
             |  \__!  :/: :  :  . : : : : : :i   :.  :   :. i: : : : :ヽ: : i
:             |    | .:/.:/: . : :/: : : / : : /.|:   : :. :ヽ  ::. i:. : : : : i: : i
: : .      : .     /    |: :i /i: : : : i: : :/:|: : /|.:.|: :  : :ヽ: :ヽ : : :i |: : : : |: : i
 : :  : .     : :   /     ノ:i Y |: : : : |: : :i .|: / :| :i: : :. .: : ハ: : i .: : : | i: . : : :i|:/
: : : : :ヽ: : : .    : : /.    /ヘ:|∧|: : : : i: :i.√|:ト、.!: |i : : .: : i i: : i : : : ||: : :i: ://
: : : : : :ヽ: : : : .  /:       !|:ハ|: :i: :.i:.i:;!ゞZk-、:ヘh: : : : i :i _.>;ヘ : : : i: : ノ/: !
: : : :\: :\: : : : /  :       i !: :!: |: : |:.ハ| ,ゞニ;ゾヽi! i: : : !i:|;z=ド,!: : : !:///|:!
: : : : : : \:\/: :.        i i .: :!: i: : :ヘ!        i∧: :!iゞ-''、/: : ///: /
 ̄7 ̄ ̄ ̄ヽ: : : :       i i: :  h: : : :i !          \!  /: : : |: : : /   ははは、やる夫の手にゼブロは、まだ
/      |: : : :        | |: :  | .i: : : i             ` /: : : :.|: :/!    ちょっと大きいな
        |: : :        ! i: :.  ! .ハ: : :.i        , ;.  /: i: : : :i/: )
      .. :|: :        | |: :   | |: i : :|\   `二''´./i : :/|: : i: |: /|    安心しろ、22口径をお前の為に
    . : : : :|:          | |: :  :|  i :i .:|_\ __ /: . :|  |. | .ハハ! : : |     今から発注……
  . : : : : : : |:         | |: : : :| /: :!ヘ! : : : : : : : : | : : |: : :| レ': : : : : |
 . : : : : : : : :|:         | |: : : .K: : : : : : : : : : : : : : |: /|: : :.!.: : : : : : |     「素子、デザインは俺……」
: : : : : : : : : ::|:         .! !: : :.i i: : : : : : : : : : : : : :|´\|: : : |: : : : : : |
: : : : : : : : : : |:         : i i : : |//: : : :、: : : : : : : : : |: : : :!: : : |: : : : :  |     駄目だ、硬質プラスチックで減退機を
: : : : : : : : : : |: .      . : : : i i: :.//: : : : :.|: : : :   : : |: .// : : : !: : : : :  |      内臓のマットブラック これは譲れん
: : : : : : : : :i : i: : .   . . : : : : : :i i: |.i: : : : : :.i: : : : . .: : : k//. : : : .i: : : : : ノ)
、: : : : : : : : i: :i: : : . . .: : : : : : : : :i i |.|. : : : : .!: : : : : : : 丿//: : : :./: : : : : : |
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 彼は両親が銃を整備しているのを見ながら育ち、時には玩具として弾倉を抜いた
┃ 銃を持たされて育った。
┃ 
┃ そんなやる夫少年が銃を初めて撃ったのは四つの時、ちいちゃな両手に玩具の
┃ ような22口径の拳銃を持って空き缶を撃った。母親が身体を覆うように介助をし、
┃ 父親に見守られながら引き金を絞ったのだ。
464:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/01/02(木) 22:18:33 ID:tDddUtKc
温かい家庭だなぁ…  ただし硝煙の匂いが離れないw
465:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/01/02(木) 22:19:45 ID:wx/UxQXw
※フツーの家庭です(白目)
466:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/01/02(木) 22:20:20 ID:l29a8NZM
子供が銃を持たなきゃいけないなんて世知辛い世の中だぜ
467:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/01/02(木) 22:20:37 ID:xeZ0zyDc
NOUKAなら仕方ない(白目)
468:名前: ◆DAZiCeQp.w <sage> : 2014/01/02(木) 22:21:52 ID:qUWIAyjw



          /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ゝ´ く.:.:.:.:.\::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::`ヽ
         /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:〃ヾー 、 ~.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ、::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:ヽ、
       /.:.:.,.,、.:.:.,、|`´' |ヽヽ,゛.:.:.:.:.:.`ヽ、::.::.::.i::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.i
        /://ヽ〃、| ,.、i^´.:.:.、.:.:.\::.::.::.::.::ヽ::.::i::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.!
     /:/:i    i!' |´.:.:.:.:.:\.:\.:.:.\::.::.::.::.ヽ::|::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.ノ    おいこらスネーク! またやる夫に45を弄らせたな!
      |:.i|.:|´|ハ/~.:.|:.!:.:.:ヽ、.:.!\.:.>く`ヽ、::.::.`|::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:ヽ、
      i:i |.:.:.:.:.:.:.:.:.::!:.!:.!.:.:.:\ヽ/イィマ了" \::.:|.:.:.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::`、   軟骨の発達異常や奇形に繋がったらどうする!!
     ヽ i.:.:.:|.:.:.:.::.ヽヽ\.:.ヽ`、く/代ジ゛  /:ヽ|.:.:.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.i、:i
       ヽ.:.:i.:.ヽ:\\ヽ\.:\ ゛      i.:./.:.:.:.::.:.:.::.::.::.::.::.::.::.::.::i、:i )    「い、いや、俺は鉄と木の良さをだな……」
         ヽ.ヽ.:.:\:ヽ:.ヽ:Vハ `\      |://i〃:::.::.::.::.::.::.::.i::.:/:jノ ´
        ヽ/ヽ.:| \ヽ.:.:jソ::::        |i::ヽ/.:.:.:.::.::.::.::.::.:/::/|´ ___    やかましい!!
         ノ   \  ヽ}ヽ、       /.:.:.:.:.:.:.:.::.::.::.::.::./|:/ '´:::::::::::::i
                 ! ,ノ",,,.ァ-  i.:.:/.:.:.:.:.::.:.::.:./:/:'´::::::::::::::::::::::/
                  ヽ`r'´,ノフ  |.:.i|.:.:.:.:::.:.::.:/:/:::::::::::::::::::::::::::::!
                 /:ヽ`‐'´   !:/|.:.:.:.:.:.::./|´:::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
                   /:/.:.:.:\    |:i::!.:.:.:.:.:./::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!
                    /'/.:./.:.:.::.ヽ_,.ィ|':::!:.:.:.:./::,: -- ::;;__:::::::::::::::::::::::\
                   i.:.:i.:.:.:.:.:::.::.:/.::/i .:.:/'´`i   __`ゝ:::::::::::::::::::::i
                   |:/| :.:.:.:.:.::.:|/:::::j/ /,.<:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
                   |' !.:.:.:.:.:/ ::::r'´ / '゛.:.:.:.:.:.ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
                   |  !.:./ ::::::::::| i/.:.:.:.:.:.:,. '´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
                  / :::::::::::::::::! /.:.:.:.:./::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 初めて銃を握ったその日以降、銃は身体の一部だと思えと言われ、毎日銃を撃って
┃ 過ごした。最初は一日に数発、慣れたらマガジンを一個、その内マガジンの数が増え、
┃ 五つになる前に弾をケースで消費するようになった。
┃ 
┃ 銃とナイフは何があっても己を裏切らない最初で最後の戦友だ と両親から言い聞かされ、
┃ それを頭に刻み込む。毎日握った拳銃は手に馴染み、最早銃星を見ずとも銃口が
┃ 何処を向いているか分かる程になっていた。
469:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/01/02(木) 22:22:45 ID:7PYotJ5Y
やはりおかしいw
1ケース打つとかその年齢ではないよw
470:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/01/02(木) 22:23:01 ID:C/cnbC4k
初めてのお友達だね!
471:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/01/02(木) 22:23:19 ID:tDddUtKc
どう考えても銃自体の重さより炸薬の反動の方がつよいだろww
472:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/01/02(木) 22:23:32 ID:uAiFwvig
なんで反動で肩が外れないんや…
473:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/01/02(木) 22:24:11 ID:.QREuV2A
やっぱおかしいなw
478:名前: ◆DAZiCeQp.w <sage> : 2014/01/02(木) 22:26:11 ID:qUWIAyjw




/   二>ゞ、  \i!i!i!i  i !∥ |
  =≡二三≧`ヽ  `ヾj `i // /
┬―--≧ー―― 、__ !     _ゞ、
/  /                |ヽ|
ノ/                     |
/                   /
                   /,
三三ー‐ii!i!i!i!i!i!i!i!≧==‐、_,∠/
三彡  ji!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!j  `iゞ     いいかー、やる夫 筋肉は千切れては繋がって、千切れては繋がってを
三二≡=ヾi!i!i!i!i!i!i!>´    i       繰り返して、どんどんと太く強靭になっていくんだ
,       `≧≦´ /    i
彡彡   /        ̄ト、__i      そして、子供のうちは再生能力が高いから……
彡彡彡´   /彡iiiiiiiiiiii/ヽ
彡彡彡////斗≦ ̄ ̄`! ∧        「おとん、何が言いたいんだお?」
ヾ彡彡巛巛彡ノiiiiiiiiiiii!´  i
::::≧=、彡彡ノiiiiiiiiiiiiiiii|   i       あー……うん、とりあえず走れ 毎日阿呆ほど走れ
:::::::::::::::\ミミミミミミミミミ   i
\::::::::::::::::::::::ゞ≠≠≠ミヾ  /∧
  ≧=ー―  i´           ∧
 `i\   `ヽ \_/ ̄`ヽ  ∧
  i  \__| ヽ      \  |
  `ヾ三三三彡´|        \ |
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 最初は撃つ度に痛んだ手は直ぐに慣れてしまった。手首の角度、保持の方法、
┃ そしてリコイルの受け流し方を弁えれば銃のリコイルは何処までもマイルドだ。普通の
┃ 銃では撃ったとしても肩を外す事は、まずあり得ない。何故なら、それだけの負荷が
┃ 肩に掛かる前に手からすっぽぬけるからだ。

┃ 五歳にして身についた正しい握り、正しいスタンスは今でも身体に染み込んでいる。
483:名前: ◆DAZiCeQp.w <sage> : 2014/01/02(木) 22:30:26 ID:qUWIAyjw





      r― 、    彡三三ミミ、
    /_____≧=-___r――― ヾミ彡
  r―z丿    二孑ー―‐‐-ゝ `f
/ /      , -三彡彡彡 〉 `r`
. /         r‐´  / / ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ、        ______
/      ./   / / //::::::::::::::::::::.\        /´ヽ___r
      / .i  / // //  ::::::::::::::::::::::! ! ー_____/   .|`i
        i . |  / /:::::::::/       ::::::::::::::://__ ∧‐、    / !
       !∨∨ /:::::::::/     ______// <二二| / ̄!ー/´    違う、もっと脇を締めてコンパクトに構えろ
      i´::∨ /:::::::::::i. \____  / ̄ー´___    |/  | |
      i::::∧∧::::::::::i__ノ .\ ̄ ̄!      ̄`≧ー´  .| |      それと、頭じゃなくて胴体を狙え
     i:::∧∧∧:::::::!     \/              ! /
     i∧/:::::∨:::::::|      /                      できるだけ身体の中心部が良い
     i ./:::::::::i_i::::::i/ ̄ イ≦`ヽ、
   --┴‐=≠ |:::::|´  / /ゝ-∧                  「なんでだお? かあちゃんは頭ばっかり狙うお」
  ∧   __ ∥| i ̄ ̄ ̄∨    ∧
  ∧   | | | | !_二二_∨    ∧                 全身義体の思考速度と俺達フレッシュを
 i   _|_|__|  !:::::::|  // ∨ _____ゝ                 一緒にしちゃいかん
 T二二 ̄ ̄  !:::::::|___//    ̄/\
     ̄| ̄ ̄ ̄:::::::::::!// ̄ ̄フ´..∨∧
     ∨`ヽ i´`ヽ ∧  ./    .∨∧
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 行われるのは気が狂うほど単純な反復練習、その積み重ね。一発一発を続け、
┃ 数万、十数万の薬莢の山を築き上げ今の腕前を作り上げた
┃ 
┃ 子供にバカバカ弾丸を撃たせるなんて、どれだけの金がかかるのかと思ったが、
┃ 独立農家ならおかしくはないか、と露伴は、この問題を軽くスルーした
486:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/01/02(木) 22:31:40 ID:.QREuV2A
さすがNOUKAは格が違った
487:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/01/02(木) 22:31:41 ID:tDddUtKc
やっぱり独立農家は異常だww
488:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/01/02(木) 22:32:01 ID:ZTF6Ob6Y
農家は射撃能力が高い おぼえた
489:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/01/02(木) 22:32:06 ID:l29a8NZM
なに、なろうとかの小説を読めば3歳のころから訓練してる描写なんてよくあることだ
490:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/01/02(木) 22:32:58 ID:FSk.u4p2
かあちゃんより、とうちゃんの方が向いてるのかw
491:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/01/02(木) 22:33:02 ID:/o0JcOAc
弾丸製造onlyの小型プラントがありそうだな
軍抜けるときガメてきたとか
492:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/01/02(木) 22:33:54 ID:uAiFwvig
あー絶対音感は幼少で決まる理論と同じか
495:名前: ◆DAZiCeQp.w <sage> : 2014/01/02(木) 22:35:23 ID:qUWIAyjw



                       ,. .<:`:´: :`:>. 、
                       /: : : : : : : : : : : : : :`ー 、
                     ,.i: : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
                   ,r': : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ハヘ
                      {: : : : : : : : : : : 7: : ハ: i: : : : : : i:i
                 ',: : W/: : ィリイ:/: : :ハ: |: : : /: :ル'
                  ',: :∨レィェv</: :リrニコ/i/: /: / '     よし、じゃあ次は目隠ししてだ
                 /: ハ ^ `' 7/´ =' ' 'ルリ<リ
                    /: : : iハ    ' i    リ: : ハ       1分でフィールドストリップして1分で
                /: : : : :': ',    _ ´_   イリ: : : :i        完全に組み立てろ
                  /:/: : : : : : :ヘ  ー  /: : : : : :.|
              ル: : : : :/i"r'__>- ≦Lハ: : : : :ル
              ´ハ: : : :./ ,| .i. . . . . . 中. .|/ヘi: : : ト,
              リ i: :.:/  Y. .‐.-. . ._.」 . へ」: : :リ ヽ            「あだっ!? 指挟んだ!!」
            _ ,. /∧:/   .|. . . . . . |. . . . . . .|: :/    \- _,、_
         r ´|´  /  リ   「 ̄ `. . |. . . . . .,イ:/     '> i  7
         ハ 」 ̄'ー<.     |... ... .. . |. . . . . . リ     / `'ーy ハ
           {  ヘ     >  |. . . . . ..|. . . . . . .|   /    /   }
        」 -‐∧ ,. <    |. . . . . ..|... . . . . .|     ̄`≧/   {
          {    Vヽ     ハ. . . . ....| . . . . . .|      ハヘ   ヽ
          } ̄7   Y >     ヘ. . . . ..i . . . . . .|     イ ',  r―‐{
        ムー'   {´ i\      ', . . . .| . . . . . |    / |`7、 !、 ハ
        r'ー     i   |  \    ハ. . . . . . . . . .|    /  ,' ト <`「
          }     イ  ! ,r―\   ',. .ノ. .ゝ、. . .|   ./  i ,'     }
       {       ハ  K O  \  Y. . . . . `. y   / O ,' イ       i
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 五つ六つになり言葉の勉強を始める頃には訓練の密度も上がる。小さい内は直ぐに
┃ 体力切れでダウンするが、このくらいの年になると楽しい事に向かう体力は無尽蔵で、
┃ 一日寝れば完全充填だ。密度の上昇に伴って座学も始まった。
┃ 
┃ 語学から始まり簡単な算数、そして銃器の分解整備やら初歩的な配線。そして野草の
┃ 種類や動物の解体。ただ親に褒められるという子供が最も歓ぶ事、その褒美を得る為、
┃ やる夫少年は無邪気に技術を習得していく。
497:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/01/02(木) 22:36:24 ID:tDddUtKc
子供は覚えがホンと早いからなぁ
就学時位だとほんと… 無駄なこと覚えたもんだぜw
498:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/01/02(木) 22:36:36 ID:wx/UxQXw
別名洗脳教育…(震え声)
501:名前: ◆DAZiCeQp.w <sage> : 2014/01/02(木) 22:38:36 ID:qUWIAyjw






                        /  グッ
                       ./
             -―-      ./
          /    ● ヽ    /
         ./   ⊂⊃  (_,、)._/      この蔦なら昇れそうだお
         i         /(  ヽ
         ゝ       イ/7´ /
          >     /ヽ/  /
         /     /  i  ./
        〈  ≧r-t,7]  |ー '
          ̄  -’   |
          ゝ      イ
          /  ,ー   |
         ./  /  .|  |
         /  /   /  ./
        ./  /  (  (
       (__j    ヽ_)
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 座学や訓練が子供の勉強では無い。親がある程度の大型生物を駆逐した実家
┃ 周りの小山が彼の遊び場で、子供の教師は自然である。
┃ 
┃ 勉強と訓練が終わればナイフと拳銃を腰にぶら下げて探検に出かける。親が理性
┃ や知能面での教師であるならば、自然の山野が彼の本能面での教師だ。自由時間
┃ は飽きるまで山を駆け回り、自生した山桃やアケビを食い散らかす。その遊びその物
┃ が訓練でもあったのだ。
502:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/01/02(木) 22:38:57 ID:uAiFwvig
親二人がこのやり方の子育てしか知らなかったってのもあるね
スネークがスーツ着て上司にヘコヘコするサラリーマンしたり
メスゴリラがママ友とだべってお茶しばいたりなんか出来るわけない、多分
503:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/01/02(木) 22:39:34 ID:qum/DaDo
そういやヤハタで買った追加弾倉は炭素で弾を合成できたんだっけ
材料万能のプラントは持ってなくても炭素限定のやつは持っててもおかしくないな
507:名前: ◆DAZiCeQp.w <sage> : 2014/01/02(木) 22:43:20 ID:qUWIAyjw


         よーし、じゃあお父ちゃんとハイキング行くか 山頂までな

          「え、父ちゃん、その装備は……」

         俺が山の中から襲うから、頑張って山頂まで行けよ

           「え”?」

                 __ 、                         i i i i
             ,、==≡≡≡≧ゞー―-、__                   ri i i i_
         ,斗<´               \                   i      i
         |                    )                    i ┃    .i
         i!                    /                 i . ┃   .i
        !i                ----―ヤヽ               i    .┃ i
         |____       ´       ∧\i                i .┃  .┃ i
       /`∨                    ∧                 i ┃ _  .i
      /  j       /三ヽ、_______丿                 i   !、 `ヽ、
     /  / `ー――‐〈 ( ノ 三彡´    /i!i!i!!ヽ、            i ┃  `ヽ  j┐
    ./  彡        ∨ ┐三彡    ∨/ ∧             i  -----、! i´i!i!i!i
   /  彡           ヽ__ 三Ξ       , 、__〉             i/ __/!i弋三三゙i
   .i 彡           !゙ ̄ ̄|三彡ノ   ノ;;;;,_〉                iゝ-,,´三三三三三三〉
   |  /          |!i゙`   ヾ三三彡ノ爪⌒〈              i  /三,r―=≡三三i!i
  .| ∥  |!i     /!|!`      ヾ三三彡ノ;;,,,;i               i  ー´ /三三三三三i
  |  | |i!|!//    ミ ≧ー:、     `ヾ三三彡                 i    {i!i┌┐三三i!i!
  |   |! //!/|ヽ\ヾ.`ヽ、 .\_    / ̄                     i     !__ j .i三三三i
  |  / ,,,r≦三三三≧=\  \`゙ー´〉\                j_______i三三三i
 / _ノ/三≡==≡三三三\  \ 〈―┐`ヽ           f ̄ `i `i―--、__┌三三三i
/  |三/         > 、 ヽ\  \ヽ | ̄| ヽ      i   .i  i / i i  i三三三三i
  /./     __,r=======、__| \___\ | |   \    .i  ゚.i   i   !__!  i三三三i!i/i
 /      / ̄         `ヽi´`i  `i |     `ヽ .i`゙ー-i/ i  ,r―--i―-----―┐
./     /              ∧fj i   | |         ゝi    i―.i  i    i ≠== | i
     /                ∧_j   | |          i   i  .i  i    iー―――| .i
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 多角的に見れば間違いなく愛と呼べる教育を受けて、八つの頃には山遊びが自然
┃ と訓練にアップデートされた。
┃ 
┃ トラッカーの巻き方、トラッキングの方法、突然変異の撃退から包囲陣の打破。
┃ 更には無数のトラップを解除したり、即席で人の命を奪えるトラップの敷設、覚える
┃ 事は殆どが山や、山の中に残された廃墟で仕込まれた。

┃ 伸びる息子が楽しくて、その内ペイント弾から模擬弾、模擬弾から減装薬実包に
┃ 変えていったのは親馬鹿故の行動だろう。
509:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/01/02(木) 22:44:15 ID:tDddUtKc
実包使うのが愛情wwww  おかしいいww
510:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/01/02(木) 22:44:23 ID:C/cnbC4k
多角的過ぎるわwww
511:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/01/02(木) 22:44:37 ID:pZkb59yM
親馬鹿とはいったいw
513:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/01/02(木) 22:44:54 ID:M4P4GdAg
>多角的に見れば間違いなく愛
確かに愛だけどさw
514:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/01/02(木) 22:45:41 ID:qum/DaDo
親馬鹿じゃなくて馬鹿親になっとるwwww
521:名前: ◆DAZiCeQp.w <sage> : 2014/01/02(木) 22:50:12 ID:qUWIAyjw












                   ズリズリ  ____      あ、クレイモア
                        /―   ―\
                      /  ●   ● \    親父め、雑な仕掛け方を 再利用してやるお……って
                    , ―| ⊂⊃ (_,、_,) ⊂|
                ノ⌒ー'´  ヽ  __   _ィ’    あ、やべ、何これワイヤーが……
         ))))   (_____(___)-(__)
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 技量が高まる息子に表情を綻ばせ、そして息子は親の評価に一喜一憂する。
┃ 一〇年の反復練習の末に基礎技術が身につき、そして時折行われる息子の技量で
┃ ギリギリくたばり損なう常軌を逸した訓練で非常時の瞬間的な判断力を養った。
┃ 実戦を体験させられない以上、実戦以上の環境に放り込めば良いというのは何処か
┃ おかしいと普通の人間が思うも、彼の両親が考え出した結論だったのだ。

┃ ただ、この親馬鹿、遅効性の毒を飲ませて下山させる訓練の最中でも何か間違って
┃ 死なないようにしっかり尾行したりしていたが。そして、下山し解毒剤が入手できた
┃ 事に胸を撫で下ろしたらダッシュで帰って何食わぬ顔で 遅いな などと言いながら
┃ 出迎えるのだ。ただ、この尾行をやる夫が気付いていないので、やる夫の記憶しか
┃ 呼んでいない露伴も、その事には気付けないままだが……
523:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/01/02(木) 22:51:40 ID:zqICAyuw
なんてめんどくさいツンデレw
524:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/01/02(木) 22:52:16 ID:tDddUtKc
> 息子の技量で
> ギリギリくたばり損なう

 お か し い 

初めてのおつかいかよw
525:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/01/02(木) 22:52:16 ID:9WSdm/FQ
馬鹿だwww
この夫婦は間違いなく馬鹿だwww
526:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/01/02(木) 22:52:36 ID:8.bxhcAw
親馬鹿なんだけど何かが間違ってるwww
まぁ、こんな世界じゃ親が子供に与えるものとしては技術が何より確かなんだろうな
527:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/01/02(木) 22:52:50 ID:7PYotJ5Y
うん、マジ基地だ。
今のやる夫が訓練安価とってなくても
就寝や起床の際に訓練してそうな勢いだw
528:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/01/02(木) 22:52:54 ID:dBX3pG06
いろいろすごいなw
529:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/01/02(木) 22:53:15 ID:eZMqp8G6
「実戦を体験させられないなら実戦より厳しい環境に放り込もう」
……おい待てや両親wwwww
530:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/01/02(木) 22:53:40 ID:l29a8NZM
ちょwwww
531:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/01/02(木) 22:53:48 ID:.QREuV2A
大は小を兼ねるってレベルじゃねーぞw
532:名前: ◆DAZiCeQp.w <sage> : 2014/01/02(木) 22:54:36 ID:qUWIAyjw











                / ̄ ̄ ̄ `\
               /         ヽ、
              /         _  ヽ
             /       ,イ´::::::::ト、 ヽ
            {      /:::::::::::::::::::::ヘl 〉
             ヽ   | /:::::::::::::::::::::::::::::} /
             λ_ゞ\ゝ、.:::::::::::::::::::,/У
             イ ー ̄三  ̄二三[]=イ"ゝ
             /弋_ー  = ー─ヤ彡ヽ
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ そんな常人からしたら気が狂うような反復の中に身を置いて育ったからこそ、彼は
┃ 狂気染みた訓練の数々をこなしてきたわけだ。
┃ 
┃ 現に、その手は銃把やナイフの握りすぎで皮膚が高質化し画鋲程度なら通らない
┃ 程に硬く、仄かにガンオイルの匂いが染みこんで落ちなくなっている。

┃ 体中に生傷は絶えず、皮膚に残った古傷は枚挙に暇が無い。そして骨を折った回数
┃ や内臓の破裂は数知れない。全て即座に治療されるとはいえ、苦痛に耐えるのは
┃ 生半可な度胸と根性ではできないはずだ。
533:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/01/02(木) 22:55:25 ID:.QREuV2A
画鋲通らないって……
534:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/01/02(木) 22:55:26 ID:pZkb59yM
ご覧ください 15歳です
535:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/01/02(木) 22:56:34 ID:g21eV6.U
なんというYAMASODATI…

親の気遣いが分からない露伴先生視点だと、ただの虐待にしか見えないだろうなぁ
536:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/01/02(木) 22:56:34 ID:P4qPiODM
>>534
ないわー……
537:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/01/02(木) 22:57:06 ID:iX2j0bVs
地獄を生き延びるには 地獄より厳しい経験をさせればいい
538:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/01/02(木) 22:57:33 ID:z8/QVwek
どこの古参兵ですか…
539:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/01/02(木) 22:58:12 ID:cpETKhp.
こんな15歳が居てたまるか!w
540:名前: ◆DAZiCeQp.w <sage> : 2014/01/02(木) 22:58:19 ID:qUWIAyjw


                       ;          i   /
                       ;          | /
                         /             |,/
                      /          }
                  〈              /
                      /\           /
                  /   ヽ __. -―'
                 ,     i |          なぁ、やる夫 何が食べたい?
                            |
                         ;'  |         「んーと、んーと……肉!」
                   ;     .ノ  ;
               i     /   .ノ          ははは、そうかそうか、じゃあ父ちゃんが
               |    ,' `!  /            飛びきりの猪狩ってきてやるからな
               |ヽ  , / /              素子、RPG何本か持っていくぞ!!
               | | /ヽ{  {            
                  /lノ| i  `i l            ああ、捌いて鍋にしような
                /    | |   ,}ー'
               _l_   | l   〕            「わーい!!」
              /    `ヽ. ヽ_}   )
           /        ヽ    ∧
         /⌒`ヽ      ゙  ノ`´
        /     \     |´
      /                 |
     /´ ̄ ̄`ヽ     i   |
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ その傷みと疲労、辛さに耐えられた理由は一重に愛だ。
┃ 
┃ 親が子に与えようとした愛は、この世に生きる上で最も重要な財産、技術と経験を与えて
┃ やること。そして、子が親からの愛に全力で応えた、その結果がここにあるだけだ。
543:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/01/02(木) 22:59:03 ID:pZkb59yM
愛って言えば許される風潮! 実際ヤバイ!
544:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/01/02(木) 22:59:06 ID:7PYotJ5Y
RPGで猪狩るな!www
549:名前: ◆DAZiCeQp.w <sage> : 2014/01/02(木) 23:00:40 ID:qUWIAyjw


        x<::/:::::::::::::ヽ::::::\::::::::::::::::ヽ::∧
     ,ィ:´::::::::/::::{::::::::::}::::::l|:::|::::::}!:::::::::::::::::l!:::::}ハ
.    /::{:::::::::::|::::::l!:::::::::|::::::リ:::|::::::リ::::}!:::::::::/::::/::リ
   /:::::ヽ::::::::{::::::::\::::}:::::/::/\/:::;ィ:::::/::::::::::/
   :::、:::::::\:/\:::::::::/\__/  ∨{〈\∧::::∠ノ
   :::::\::::::/   \/        };ハl    V´Τ゙ヽ
    ____/                | l!    ‘。 }!  )
    |                / |   l{ レく___
    _|               /\  ∧/Vハ / }
       l|         /\/   \/   ∨{ { |
      l|    /\/      }l=-‐_斗ャ  ヾ}l |
.        \∧|__  ({   jリr f忖,ノ   jリ !'⌒
.   ∨  /、_,ァ ニ==ミミン二彳 ゞ'^     |  |         ………………
.   ⌒V\{`  く f忙j_,ノ/    ヽ ̄     |、/
    ^∨ヲ   ^' ̄ 一{  }lト、 ノ   U    |人
   ヽ  \         \{_j        | 〈丙、
.    \  。           , ―一'⌒ヽ    l  \ \
       \‘。       /¨¨¨¨ ̄__∧    |\  ⌒
.         ノ「 ゚。     │ /⌒ヽ'´  l_ |    |  }
      { |          「`V       { _|    │
      |l !   ‘,      \   │ |   ′
.        |l l   \     \  ー一' ノ j /
.       |  \    \      ー‐一 ノ ′
        \   \     、  ー―=='  /   l |
..     _ \  \__ヽ \      / }   l |
     /二 ≧、\  ー  ̄{「 ` ̄ ̄ /,ィ´   l |
.    /     ∨ \ 、_ リ ({_)  //    /
    { i  r―=ミ ゚,  \___{{ー_____/ /   /
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 
┃ 
┃ まぁ、そんな理屈は置いておいて、端から見たら拷問物のドン引き事案に過ぎないわけだが
┃ 
┃ 
551:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/01/02(木) 23:00:57 ID:cpETKhp.
ですよねーwww
553:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/01/02(木) 23:01:11 ID:.QREuV2A
wwwww
554:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/01/02(木) 23:01:17 ID:J/3JuBHw
ロハン先生ーーー!www
555:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/01/02(木) 23:01:22 ID:3ar7mxzI
先生、苦労してんな……
558:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/01/02(木) 23:02:12 ID:eZMqp8G6
先生がドン引きしてるwww
559:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/01/02(木) 23:02:15 ID:hicdsUEk
骨折に内臓破裂・・・(アカン)
560:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/01/02(木) 23:02:22 ID:l29a8NZM
これは引く
561:名前: ◆DAZiCeQp.w <sage> : 2014/01/02(木) 23:04:02 ID:qUWIAyjw

        / ̄ ̄ ̄ `\
       /         ヽ、
      /         _  ヽ
     /       ,イ´::::::::ト、 ヽ       どうかしましたかお?
    {      /:::::::::::::::::::::ヘl 〉
     ヽ   | /:::::::::::::::::::::::::::::} /
      λ_ゞ\ゝ、.:::::::::::::::::::,/У
     イ ー ̄三  ̄二三[]=イ"ゝ
     /弋_ー  = ー─ヤ彡ヽ




   ) _/__l l _/__ヽ  /
  (  / こ / d、  (
   )  つ   /    /
  (  ─‐ァ/´し _{__
   )  ( ̄   ,x<三三三三`≧x
┌─┐  ̄ //,、/⌒L..三三三ミ\
  ┌┘ エ {//   ,ィ  \三三ミ
\ o    Y /N∧∠_{_ノ ̄|  ̄}_三
  }     |くfiノ  く_fiハ> }_  }三
  |/⌒⌒´| u|i 、    Ju }川 レ彡    どっ、どうかしたかもクソもあるかっ!?
      r:j r==、      八}l{___}彡
      | | ノ二.._〉 U /  rf }彡    き、君は本当にあんな訓練に耐えてきたのかっ!?
       ∧{u ─  u /u ィ ノ´ /
    /)  \__.  /  /^TT´
   /イ  /ハ三≧  イ___j、l⌒!
> ,    {  ̄ ̄ ̄} /    }\|
--、 >---`i  ニニ し'    /^ー<
  ∧     ー─f´⌒ヽ ̄][ ̄\
.  ∧    __乂___ノ_][_/ /
    }       , ---、     /
562:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/01/02(木) 23:04:52 ID:xeZ0zyDc
露伴せんせはどこまで忠実に作品に落とし込めるのか……www
563:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/01/02(木) 23:04:57 ID:pZkb59yM
いや、見たやろw
564:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/01/02(木) 23:06:11 ID:wx/UxQXw
アルティメットNOUKAでは常識は投げ捨てるもの
565:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/01/02(木) 23:07:00 ID:Nnc0bfBE
もう、愛ってなんだ?
って言いたくなるわwww
566:名前: ◆DAZiCeQp.w <sage> : 2014/01/02(木) 23:07:22 ID:qUWIAyjw

        / ̄ ̄ ̄ `\
       /         ヽ、
      /         _  ヽ      ?
     /       ,イ´::::::::ト、 ヽ
    {      /:::::::::::::::::::::ヘl 〉    普段の訓練は地味で普通ですお?
     ヽ   | /:::::::::::::::::::::::::::::} /
      λ_ゞ\ゝ、.:::::::::::::::::::,/У     露伴先生に話したみたいなハードな訓練なんて何ヶ月に一回程度の
     イ ー ̄三  ̄二三[]=イ"ゝ     物でしたし……
     /弋_ー  = ー─ヤ彡ヽ




                  __x≦二≧x._
               x≦´ツ/\,、三三三三ミ
              ノ川/`´    \/\,、三ミ}
              `Y´  ,、_,へ、    ∨|ツ
               |∧/ イrf赱⌒し'⌒ヽ/      君が四〇歳のレンジャーで一七~八から
               |/rャ}   ̄   | )リ/l}       積み上げてきたならおかしいとは言わんさッ!!
               ∧`く ,  U   i {/ V 
                  ∧ r==、     ! }円ヘ      ああ、普通の訓練だ!!
                ∧ `rク    / ∨ ヘ
                   ∧ー一'    /  ∧     ただ、超一流の山岳歩兵を作り、更にソイツを諜報員として
                円  ーr<, <´ ̄ ̄ノ⌒i__   使えるようにしようとしたら普通の基準だろうさっ!!
                ∨  fl|O   _, イ  ´ 人_, ─┐
                __r‐ノl|> ´        /     l{   四歳から始めて良い過程じゃないッ!!
               /   /´       、、_i_i__     ,八
              /   /Oニ      , -、l⌒iMK     //∧
            __ノ  /O        r|ー | ├く^       ∧
           /  O ./\\     _,/ {   {- }__∨      ノ
          /O , イ  ∧==   //__ |_. l- |   ∨_  /
567:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/01/02(木) 23:07:40 ID:cpETKhp.
本人にとってはそれが普通だからね、しょうがないねw
568:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/01/02(木) 23:07:55 ID:y8pC/nxg
達人への道は「転がり落ちる」ものだ・・・・・・
569:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/01/02(木) 23:08:11 ID:3ar7mxzI
この言葉をまさか露伴先生に送る日がこようとは……
「事実は小説よりも奇なり」
570:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/01/02(木) 23:08:30 ID:tDddUtKc
露伴先生もその辺の感覚はまともなんだwww
571:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/01/02(木) 23:09:10 ID:hicdsUEk
できるからやらせた。たぶん、それだけさ(おめめぐるぐる)
572:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/01/02(木) 23:09:24 ID:J/3JuBHw
ろはんセンセーをココまで驚愕させるのはやる夫だけだろうなぁw
573:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/01/02(木) 23:09:47 ID:.QREuV2A
おっしゃる通りでw
575:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/01/02(木) 23:10:17 ID:ZTF6Ob6Y
常識的なろはんせんせぃww
577:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/01/02(木) 23:11:52 ID:WJFQcAiQ
露伴先生が常識語るってのも何だかなw
579:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/01/02(木) 23:12:05 ID:iX2j0bVs
ARMSの高槻とかシティハンターの冴羽とか
強さの裏付けこんな感じだったよ
580:名前: ◆DAZiCeQp.w <sage> : 2014/01/02(木) 23:12:50 ID:qUWIAyjw

          __
      _,.-=ニ三三三ミ-、_    
     ヾ'''ー-=ニ-――,:ミミミミヽ  
      ヾ三|:::::::;:ヘ:/フヘトr;:、ミ) 
       `'レ゙''゙,.--'゙_ゞ「`_ヘi,>'
      _,.-<゙_‐-、 レフ/ ,゙i!リ   
    _/    ,.-`''`ヾ  u _゙j        普通でッ!! 地味でッ!! 実現可能ッ!!
  //    ,/  / ̄ヽ i⌒    
 / /   ( |  / | レ'゙            良いか、普通の人間は自分にできることしか感情移入しないッ!
/  /    ヾ|/   ∨      
|  l      / /   〉!           僕が君のハードワークを笑っていたのは、事実だと分かってはいたが
        ::/ /  /'´〉::|            感情移入できない完全な人ごとだからという側面もあった!
        //    /:::/
        //    /::/             だがっ、これは……よしんばやれるからこそ尚更怖いッ!!
       /     __/:/
        |     彡l、!              リアルなんだッ!!
       |    ノ ヽ               
      ト、     :|
       ,ヽ`     l_
        / \     |ト、
        / \_,ノノ' \
         |  く \´    ヽ-''ニi_
.        |   |  \_  _ル ゙ヽィ
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 露伴魂の叫びである。
┃ 
┃ 人間とは他人と触れ合う限り同情や感情移入によって相手のことを考える。ただ、
┃ それが全く理解できない領域にあった場合は笑い話になるのだ。例えば、自分に
┃ 絶対起こりえない事ならばネタにしやすいが、身近で現実的な内容ならば、それは
┃ 己が身に降りかかり得る恐怖の未来として自己の内面に再現されてしまうのだ。

┃ だからこそ怖い。人間はリアルで身近な物に潜む恐怖に脅威を感じる。だからこそ、
┃ 超人染みたびっくり修行ではない、泥臭いリアルな訓練は尚のこと身につまされるのだ。
581:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/01/02(木) 23:12:56 ID:FSk.u4p2
考えてみれば代々軍人とかだと将校を目指すだろうから、基礎体力はともかくこんな無茶はやらせんだろうしなあ
実はNOUKA出身者を集めた農兵部隊とかあるんじゃね?w
582:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/01/02(木) 23:14:51 ID:Ne8JOGsE
メンタリティの隔絶って怖いよねーw
586:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/01/02(木) 23:15:39 ID:pZkb59yM
だから気に入った!
589:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/01/02(木) 23:16:12 ID:ZTF6Ob6Y
露伴先生渾身のツッコミw
ツッコミいれたくなるほどのリアルネタGETでよかったじゃないのwww
590:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/01/02(木) 23:16:38 ID:l29a8NZM
この訓練は超人じみたびっくり修行ではなく実現可能だ
それならば、なぜ普通の親は自分の子供に四歳からこんな訓練をさせないのだろう?
というところから考えてみよう
591:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/01/02(木) 23:17:47 ID:Ne8JOGsE
>>590
愛よ
592:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/01/02(木) 23:18:30 ID:z8/QVwek
愛なら仕方ないね(棒
593:名前: ◆DAZiCeQp.w <sage> : 2014/01/02(木) 23:18:30 ID:qUWIAyjw



     /:::;':::::i::::::::::::';:::::::::::',:::::::::::::::!:::::::ヽ
   /i:::::::i:::::::l:::::::::::::i:::::::::::;'::::::::::::;':::::::::::i  .iヽ-'
   ::::::';::::::';::::::l:::::;ヘ:ノ::::/ヽ:::::;.、:::/:::::::::::/ ,. l
   ::::::::'::i丶、:::::/   ヽ'  ';i':', ヽヘ:::::ノ<´  .l 
   :_::::::::l   `        .i:!l:i i ヽ!ヽ`l:l   l 
   i  ̄              l:!l::l l.  l ノ、ノ  .l 
   ノ i          ,.、/ l:;!、 _!  l ,゙i  / 
     l      ,.ヘ   / ゙ソ _.. ∨:l ;' .l  〉. 僕が欲するのはリアリティだ!
      l  /\/  i `' . r‐ ニ-‐v ヽ!i: l__/  
   i   i丶i -‐._ .._',  _;! / iカムイ  l/./ ヽ.. リアルじゃなきゃおもしろさが無い!!
   ', トiヽ、__/¨rゎヽミヽ‐ ヽ`¨      l/ ̄ヽl  
   ヽト:i^ `丶┴'"´i  ', 、 i  u  lヽ,.、 l  リアルじゃないと感情移入できないから、理解できないからこそ 
  ∧\!、  U     丶、i. ,!' _      l 〈 〉'   楽しくないんだッ!!
   ∧  ',        ,.--‐'´ノヽ    l ヽ   
   /`ヽ_',\     / ¨,. ̄-‐、._',   lヽ \  だ、だが、何だこのリアルさはッ!!
   / / l l ',. ヽ.    i;、i     i i   ! ', ヽ. 
  / / l. l. ヽ. \.  !; ',.     l l.  /   /  別作品一本書けるぞ、この訓練を題材にッ!!
     l ',  \   '\.'--一" ノ i /l  /_ 
      l ヽ   \   、ヽ、... イ ノ//    く 
      !  \  ', 丶、 ヽ -‐ ¨ //      i
     _\  `丶' 、_ヽ__ノ /      /
   /¨    ヽ\    f      /     /
   ,'   _.. ', \   !○_.. -‐''7    / ̄`ヽ
   i !  /-‐' ヽ',   \ ̄   /  /      !∨´ ̄ ̄`ヽト'´ ̄`ヽ
‐-、ノ. ', i    ノ\    丶、/ /       /
  i" ',\-‐''" / ヽ、    l ○       /
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 分かり易く例えて言うなら、トンカツの味を知らない人間にはトンカツの旨さを伝え
┃ られないのと同じだ。
┃ 
┃ 絶対にあり得ない笑える自体ならば笑い話で済む。だが、翌日には自分の身にも
┃ 降りかかる恐怖ともなれば別なのだ。それを読んだ時、背筋にはきっと怖気が走る
┃ ことであろう。

┃ 漫画でよく描かれる非現実的な訓練ではなく、現実的な訓練メニュー。それを子供に
┃ やらせるという非道さにリアリティーが混ざり合って恐怖を生む。剰りにも生々しく、
┃ 泥臭すぎたのだ、この訓練は。戦場映画を見る人間は戦場の浪漫を求めても実際の
┃ 戦場を見たいとは感じない。言うなればこれは やりすぎ なのである。
594:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/01/02(木) 23:19:05 ID:eyPIh2mw
なら描けばいいじゃないw
595:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/01/02(木) 23:19:14 ID:.QREuV2A
現代なら発禁物w
596:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/01/02(木) 23:19:15 ID:N3PEx91U
この露伴先生の突込みが全てCV神谷浩史で再生されて笑ってしまうw
597:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/01/02(木) 23:19:28 ID:z8/QVwek
良かったじゃないですか外伝っぽいののネタができてwwww
598:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/01/02(木) 23:19:40 ID:tDddUtKc
そうだ蘇芳の訓練描写を!
599:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/01/02(木) 23:19:50 ID:cpETKhp.
クッソワロタww
600:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/01/02(木) 23:20:06 ID:8Z1/mD3I
そこをなんとかするのがプロの漫画家じゃないんですかね(すっとぼけ
601:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/01/02(木) 23:20:10 ID:YapLepjw
なら描けよ(真顔
602:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/01/02(木) 23:20:25 ID:CI.gWwDQ
とんかつの味を表現するにはとんかつを食べるのが一番。
さあ、農業体験しに行こう!w
603:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/01/02(木) 23:20:25 ID:PkeccqR2
成長過程に併せた微妙さで加減された地獄の訓練とかシャレにならんw
604:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/01/02(木) 23:21:06 ID:eZMqp8G6
まあスネークにしろ素子にしろ、軍時代に多くの部下を育ててきたから
兵士を育てる上での加減というかその辺を理解してるからこその
愛情スパルタ教育なんだろうけど……さすがに4歳からはどうよ(汗)
605:名前: ◆DAZiCeQp.w <sage> : 2014/01/02(木) 23:21:26 ID:qUWIAyjw


         ┌――-- ....__     ____,,_
          | : : : : : : : : : : : : ̄フ三ニ__≠ニ_;彡イ
           |: : : : : : : : : :    {〃//\/\,.ィ′
            | : : : : : : :       Y´         |     
          :|: : : : : :        トイ^lヘ/\/∨
           :| : : :           〉.!リ ヽミ ミ ミ:ソ       ああ、もう!! どうしようもないなッ!!
         |: :          ∠ソ!}丶,.ニ=-(__     
          |  _         / Lノ/_.ニ"- ┴'フ⌒\   僕は書かないとならないので失礼するッ!!
       ,.イレ' ノ          / ┌'/´     /,    ヽ
        ||  イ       _// ,'        // {    ヽ ,ノ  やっぱり直ぐ書けるよう家でやるべきだったッ!!
       ∟.イ-‐ '''' ""~ ̄ r'7′ l      ヽヽ.〉ノ   |八
      彡 へ       ノ〈   l   ,. -‐'''_二=〉     | }   例え流れ弾で砕けた家が再建中で、普請の途中
     /彡   〈/    /ヘ. ヽ   ヽ/  '"´   |     |,ム    だったとしてもだッ!!
     /|/   彡  / ==ー \ / `l、,.     |     ヽ!
      /|/   〈 ノ     __ニ-└┐ ハ ,. '"´ノ.|       }
      /〉  ,ィイ{  ,_, -''"/     ヽ ∧ /  `)    ノ八-、_
        X/  '   /フ′      .〉  V    ヽ、     ヽ   ̄\―ュ__




        / ̄ ̄ ̄ `\
       /         ヽ、
      /         _  ヽ       (やる夫にどないせーっちゅーんじゃ)
     /       ,イ´::::::::ト、 ヽ
    {      /:::::::::::::::::::::ヘl 〉      あ、そっすか……
     ヽ   | /:::::::::::::::::::::::::::::} /
      λ_ゞ\ゝ、.:::::::::::::::::::,/У
     イ ー ̄三  ̄二三[]=イ"ゝ
     /弋_ー  = ー─ヤ彡ヽ
606:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/01/02(木) 23:21:56 ID:7PYotJ5Y
訓練に一話じゃなくて、全国紙の別刊で一冊分ぐらい纏めよう(提案
607:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/01/02(木) 23:22:06 ID:sPCFVtVA
創作意欲高まりすぎwww
608:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/01/02(木) 23:22:37 ID:l29a8NZM
>>604
4歳からこそ、才能がなくて死んでもまだ自分たちが現役のうちに次の子供を愛して育てることができるじゃないか
これは超人的な修行ではない、「リアルに誰でもできる」ことなんだからな・・・
609:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/01/02(木) 23:23:10 ID:iX2j0bVs
 「これらの訓練は専門家(戦闘)の
  指導のもと安全に気を配って行われています」
610:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/01/02(木) 23:23:24 ID:8Z1/mD3I
過去を見せただけで依頼を達成してしまうとは・・・
さすがやる夫・・・パーフェクトな仕事だ・・・
611:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/01/02(木) 23:23:36 ID:hicdsUEk
書くぜー書くぜー超書くぜーですねわかりますん
612:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/01/02(木) 23:23:45 ID:tDddUtKc
わりとシャレになってないな露伴先生もw
613:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/01/02(木) 23:23:47 ID:i8YAHyoE
家を吹っ飛ばすほどの流れ弾とそういう弾を撃てるような火器と撃つような砲手……あっ(察し)
614:名前: ◆DAZiCeQp.w <sage> : 2014/01/02(木) 23:24:45 ID:qUWIAyjw



                        _            __
                  __,,.. -ァ:::´:::::__:`ー:-.、        
                 ,r'::::::::::/:::::::/:::::_:::::::-‐\       
                 ノ::::;:、/ヽ_/;:ヘ/__::::::::_:_ミ、      報酬と茶店の代金だ!
                    ヽ:/        `´ \_::::::::::`>ァ    
                  /_,.ヘ/\,/\    L::::::::::::::{.     じゃあ、近い内にまた会おう!!
                 /^ヽ_ ーィ'' rzラ `¨ハ  L::::::::::フ    
                  Y<_rソ  ` ̄   .}└_  l:::::/´       
                    l;; 「`ヽ        ノヽノ¨ヽl::/      
                  l  _`-‐ 、    '   〈1 l/       
                 l }‐二二ヨ       /ノ ,ノ     ,.-、 
                     l ´-‐ --     /丶く_     i____>、
                  l ...::::::...    // l〈. }   .r「 l / ,ィ \
                 `丶::::::::::::;.ィ   /  l `  / Ll_/-' ト、 l
                   ハ::`:::´:    /  l、 /  /     /
                   _l L.__         l 〈 __ /、   ,. '
        __      _/ __!   ¨ニヽ.___,/  l-、   `/¨
      /´  `ヽ ̄-‐ '´     ̄`丶  \(_)  /   ヽ、/_―-、
       /i       \          \  l //     `7  ヽ
 ..   / !       ヽ           \l /\     /ヽ.   i
      i  l         ',           〈    \、 、ハ ヽ  l
     `y           ∧             )     ヽ/、 )、 i/  )'
     /            ',┌┬┬┬┬┐ ノ         丿 / /l
    /   /        、  :::::i  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ /         ハ/ /ヽ
   /  /       |:::::::::ハ        (_, -‐i'¨フ,      )   )
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ そういうと露伴は五円札と依頼報酬の入った茶封筒を机の上に叩き付け、スケッチ
┃ ブック片手に走って行ってしまった。
┃ 
┃ 後に残るのは幼少時代の個人的価値観で割とアットホームな思い出を、まるで何かの
┃ 出来が悪いホラーのような扱いにされた少年だけだった。
615:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/01/02(木) 23:25:21 ID:pZkb59yM
と15歳が申しております
616:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/01/02(木) 23:25:27 ID:eZMqp8G6
求めたリアリティが想像以上に濃密で創作意欲が爆上がりwww
617:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/01/02(木) 23:25:33 ID:tDddUtKc
普通の感性でみたらそうなんだよ! いい加減分かれよ!ww
618:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/01/02(木) 23:25:57 ID:.QREuV2A
アットホームwwwwww
619:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/01/02(木) 23:26:08 ID:7PYotJ5Y
この先生との付き合いも考えた方が良いんじゃないかな。
やる夫の心情的にw
620:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/01/02(木) 23:26:17 ID:3ar7mxzI
ホラーじゃねーよw

スリルとバイオレンスだよ……
621:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/01/02(木) 23:26:29 ID:TMZ8f2zQ
アットホームじゃない、ホットホームだ!(火薬燃焼的な意味で)
622:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/01/02(木) 23:26:32 ID:8Z1/mD3I
アット・・・ホーム・・・?
623:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/01/02(木) 23:27:23 ID:N3PEx91U
最後の一文だけ見るとやる夫がかわいそうに見えるなw
露伴先生…なんてひどい人なんだ(棒
624:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/01/02(木) 23:27:28 ID:8.bxhcAw
愛されてるのしっかり理解してただろうし何より比較対象が身近に居なくてアレが当然と思ってたんだろうなw
しかしこういう話読むと里帰り編が欲しくなってきて困るなww
625:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/01/02(木) 23:27:39 ID:g21eV6.U
マジで露伴先生に書いてもらいたいわーw
626:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/01/02(木) 23:28:03 ID:Lirrti1s
そーいや、マミさんや蘇芳たちは茶飲み話ついでにやる夫の幼少期の訓練の話は聞いてたりしないんだろうか
627:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/01/02(木) 23:28:29 ID:tDddUtKc
ほんと里帰り編みたいなwww 人形も蘇芳もマミさんも連れて行きたい
628:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/01/02(木) 23:28:46 ID:TJ2SyOVs
外伝としてかけばいいじゃない。別作品的にwwww
629:名前: ◆DAZiCeQp.w <sage> : 2014/01/02(木) 23:29:00 ID:qUWIAyjw

               ,、  /\    __
           、ー―'_`,, -‐-、 ̄    |_
            〉'7´       ` ー-へ /
          ,ク             i  \ヽ
        //    ,イ           | ヽ   ヾー- 、
       /| / ,   !_/_ i| !  //',  ト |  i   ',\ /:\
        〈:::::/ /   ト'_,,,三, | ./ノニエZ't |  |    i  \:/
       `/ /   +弋;;;さ、!ノ ''寸メテ≠|  |    |  /\  ……我が主 何か、食べたい物はおありで?
       / /   ト.{  `゙゙´    っ;;;ソ// 1 | ∧ |/::::::::/
        i .i i i、 .{`.`          _ノ/ i !/_.∨!::::::::::/
        | |〈 ト|〈 ト i 、   _     //_/. |\∧!:::::::ノ
        | |、N゙!゙ヘ |ヘ | `・ .,,_ _,.. - ̄/  / ィ/\::_:: -―‐┐
      /| | `  .レヘ`ヽ/ , ヘ,=ヽ. i  /  / /.i'~ ´ _.   |_
    〈  ヘi      、{~i. / ,イ__.} | / ./イ____  _    、|  〉
     |        / |' / !  /| |'/. ⌒i      /⌒~〉/
     ヽ    ___/  レ' /  |代ソ´   i     (:::::::::::::|/
     ゝ-‐ ´   /    /  |      {ー- 、 ゝ:::::::::::..
     ヽ   //  /  /  /   l   ヽ __ノ:::::::::::::::::::..




        / ̄ ̄ ̄ `\
       /         ヽ、
      /         _  ヽ
     /       ,イ´::::::::ト、 ヽ       ……アイスバイン食べたいお
    {      /:::::::::::::::::::::ヘl 〉
     ヽ   | /:::::::::::::::::::::::::::::} /      それと、ザワークラウト……
      λ_ゞ\ゝ、.:::::::::::::::::::,/У
     イ ー ̄三  ̄二三[]=イ"ゝ
     /弋_ー  = ー─ヤ彡ヽ
630:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/01/02(木) 23:29:27 ID:eZMqp8G6
あー……無意識に両親の愛情を感じつつ「教育」を体験してきたやる夫と
ESPで傍から見ているだけの露伴の差か?w
というか、露伴の能力は過去を見るだけでその時の思考や感情は判らないんだっけ?
631:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/01/02(木) 23:29:55 ID:cpETKhp.
>>627
やる夫の思ひ出のアルバムを見て絶句するんですねわかります
632:名前: ◆DAZiCeQp.w <sage> : 2014/01/02(木) 23:30:48 ID:qUWIAyjw




                      ,、
               /\__/ ',
           /`ヽ/l¨`ー 、- ― ゙、',ー- .
             /_,.. -―i        丶-一` 1
           、ー|      !         \   ト、
             ゙イ     イ | l          \ !-、
         /. !   / i    |\ 、 ヽ l .、\ヘヽ     Tes. とびきりの物をご用意致しましょう
           /  l ' |/  ∨.   !  \ .i\ /  /ン'::i
        \   i__二ヽト、|.二ニヘl┬/  /、_::人     ですので、何卒お心安らかに……
         |  、 ||::::::::::::| ''|:::::::::::::i/  / 丶  ゝ、
          レ、\ー― '    ー―‐'/, 1 /  _∨:::/    「別に凹んでねーし……」
         /_,ヽ(           ',.ィ'i/ト-┘::__i:ノ
        ∠;::::::;\`iー--、--,、- テ¨´_(レレ' !:::::::/
          ̄  ,`) ー〉 `くゝ´ ゙、ニ,ヘ    ̄
             〉:::ソ(  / i   ノ_,.):::〉
            /∨::::厶ヘ _〈  !  〉.\::::v 、
          ≠ニ/::/    ∨   ヾ::::</)
            し/::〈\      / / /:::::\
           /::::::::::\二二,、二__/::::::::::::::フ
              \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〈
            L::::::::::::::::; ヘ::::::::::::::::::;-―'´
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 侍従の心遣いが身に染みる、そんな春先の出来事であった。
┃ 
┃ また、遠い故郷の地で、両親が揃ってクシャミをしていることを知る者は誰も居ない。
633:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/01/02(木) 23:31:10 ID:g21eV6.U
なんか地味に傷ついてるw
しかも、なんかビールが欲しくなりそうな組み合わせだな
634:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/01/02(木) 23:31:19 ID:.QREuV2A
素直になれよw
635:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/01/02(木) 23:31:22 ID:7qLRQUXk
できた従者やww
636:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/01/02(木) 23:31:49 ID:tDddUtKc
sfさんが気を使うって… 分かるぐらい傷ついたんだな…
なんせ思春期の少年()だもんな…
637:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/01/02(木) 23:32:24 ID:TfsERa9g
アイスバインがアイスパインに見えてなんでその組み合わせ何だと頭捻ったのは俺だけだろうかw
638:名前: ◆DAZiCeQp.w <sage> : 2014/01/02(木) 23:34:17 ID:qUWIAyjw
ほい、本日は以上だ……

同じ情景を見て、同じ事を感じるとは限らないのである……

私がSAW見て あ、ホルモン食べたい と思うのとツレが私の発言を聞いて吐きに行く そんなものである……
関連記事
スポンサーサイト




コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する