やる夫はスカヴェンジャーのようです 31日目 -01

468:名前: ◆DAZiCeQp.w <sage> : 2014/05/03(土) 21:47:36 ID:hCkeq64Y






::::::::::|                        : : : |
::::::::::|                          : : : : |
::::::::::|                            : : : : : |
::::::::::|                          : : : : : : : |
::::::::::|                      : : : : : : : : |    | ̄ ̄ ̄ ̄
::::::::::|                    : : : : : : : : : : |    |
::::::::::|                      : : : : : : : : : : : |    |
::::::::::|                    : : : : : : : : : : : : : |    ' .
::::::::::|                  : : : : : : : : : : : : : : : |       ゙  .
´. ̄ ̄ ̄               : : : : : : : : : : : : : : : : |
 \________/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄ ̄   ̄ ̄
:::::::::l┌―___‐┬―__‐ / / ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄
:::::::::| |___||____:! !          ___  __ _
:::::::::| | ̄ ̄ ̄ ̄丁! ! !_____{ ヾ           `ヽ
:::::::::| |:.:. : : : : /~,.| | | |           \ ‐  ‐ ‐  ー=- ノ _  __
:::::::::| |:.:. : : : / / .| | | |   ,  - --‐ ‐===ー-――===…'⌒¨ : ::
:::::::::| |:.:. : : / /  | | | |:.:.:.:./: : : : : : : : : :   : : : : : : : : : : : : : : :
::::\!  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄:: | |:.:/:' , : : : : : : : : : : :       : : : : : : : : : : : : : :
                | |:ノ: : : : ' : : : : : : : :   : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 誰が望もうが望むまいが、それでも朝はやってくる。誰かにとっての
┃ 絶望が待ち構えていようが、希望が上る朝であろうが関係ない。
┃ 
┃ 普段と変わらず、朝の五時ちょうどに、やる夫は体の節々に違和感を
┃ 覚えながら目を覚ました。
477:名前: ◆DAZiCeQp.w <sage> : 2014/05/03(土) 21:52:57 ID:hCkeq64Y



                         ,.-、
                        /  .l  /`ヽ
                      /   ./ /   / .,..-、
                    /ヽ/    / /   / ./  l
                   /   l   l ./   ,'  /  /
                  /   |   | l    l ../  /.,..-、
                  l   イ   l j   .| /  /./  /
                  .|    ',   `´   ヽ'  /./  /
                   l   .l  \       〈./  /
                   |    `ヽ .\         ,'
                   l      \ `''-..,,__    .|
                   .',          '.,       |
                   .',        l       |
                    .ヽ              ./
                    /       l      /
                   ./       /   /
                  /       /   /
                 ./             /
                 /            /
                ./           /
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 寝起きに体を確認すると、見慣れたものが全部戻ってきていた。
┃ 
┃ ガンオイルの臭いが染みついた無骨な手指に、切り傷の残る腹筋が浮かぶ腹。
┃ 腰元にはしっかりとジョイスティックが朝の生理反応で屹立し、昨夜体の変化が
┃ 起こっても影響がないようにと素肌に纏ったシャツの合間より顔を覗かせている。

┃ 色々ハードだった、と大きなため息をやる夫はこぼした。それこそ、キャラが変わるほどに
487:名前: ◆DAZiCeQp.w <sage> : 2014/05/03(土) 21:57:30 ID:hCkeq64Y



                        ,,..-――-..,,
                      /          \
                     /            ヽ
                    /      ___)   ヽ- l
                    l       '´       r  .l
                   .|. U   =≡=   =='' ',
           .          ',             ヽ   l
           .           ヽ.     (_ノ--'  ノ
           .       _ ---‐| \、 ____ ,,..-<       今後は勘弁願いたいもんだお
               /´     l l  \    | r-ヽ  `ヽ
           .   /      | ヽ   .>、 r'__..>>   |
              |   ヽ   .|_ヽ.イ .〈Y´ i `''1 |  |
              |.     、  < ´  .i  |  i  | |  |
              !.      ヽ  ヽ  .i  .|  .i  .|.l  |
           .   |    /   ヽ  i  .|   i  |l ..|
           ..  j    /,.    ヽ .l  .|   .i |`ヽ|
              |     |:        l/  .|   ヽ|  .l
              |     |:       /   l     /.\ ヽ
              |     |      /   .l   〉  \l
              |     |     /__,..--'┬-イ    |
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ ひとまず安心し、傍らに用意しておいた服を着込む。万が一ナノマシンが不良品で
┃ 朝になっても戻らなかった場合の女性用被服も傍らに置いてあったが、これが日の目
┃ を見ないですんだことに、やる夫は信じても居ない神に感謝したい気分であった。
┃ 
┃ まぁ、その感謝も我らが暇神が気まぐれを起こしていたらわいていなかったのだろうが。
493:名前: ◆DAZiCeQp.w <sage> : 2014/05/03(土) 22:04:01 ID:hCkeq64Y




                  | |      |   .....|
                  | |      |   .....|
                  | |〉>,ヘ  .|   .....|
                  | |/〉 ∧._ !     .|
            .:.:.:.:.:.:.:.:| |/⌒ヽ. !     .|
            .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:| |): i: : ∧|   .....|    「何してんだお?」
         .::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:| | : l: :i: : :!    .|
         .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.| | Ⅵ/+: :|   .....|    いえ、戻ってなかったらどうしよう
         ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:| | 它/::_人_  |
         .::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:| |_,..イノ:;`Y´  ....|    とか考えながら開けたもので。様子を伺っていました
      .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:| |ミ',レイノ、|     .|
      ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.| |〉' ヽ,-' !    |
      :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.| |. 〉:::::ヘ |   ....|
      :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.| |/l::::::::::〉 !     |
      :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.| |::::l:::::i´ |   ....|
      :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.| |:::::ヽ:l.  |   ....|
      :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.| ト、::::::i  !    |
      :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.| |ノ`ー'  !    |
      :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.| |       !    |
     .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:! !.      |    l
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 昨日は使い慣れた9mmがガーターリングで太ももに固定されており、脇腹が寂しく
┃ て落ち着かなかったのだが、やはりホルスターで愛銃を吊っていると安定感が違う。
┃ ナイフもしっかりと装備した辺りで、ノックの後に扉が開かれ、何故かSfが顔を半分
┃ だけ覗かせて、やる夫の様子を伺っていた。

┃ リビングの方から 家政婦は見た! と電源を再起動されたアイギスの高らかなボケ
┃ が聞こえてきたが、それもSfが重力操作で浮かせた湯飲みを額に叩き付けられて直ぐに
┃ 聞こえなくなった。
499:名前: ◆DAZiCeQp.w <sage> : 2014/05/03(土) 22:08:48 ID:hCkeq64Y

                   /\
                ,、    /    \   ,、
             / `¨¨´ l ∧ l  `¨¨´ \
           /´    _______   \
           <     /  : : : : : : : : : : : : : : \  `7
          〉─‐'´: : : : : : : :|: : : : : : : : : : : : :\/ 
         / : : : : !: : : : : : : : |: : : : : :\: :V: : : : ハ、
.         r┤: : : : :.!: : /: :..|: : :|: : : : : : : :!: :.l: : : : : | }     しかし、何はともあれ無事のご帰還をお祝い申し上げます、我が主
.      / |: : : : : :|: : |: : :.|: : :l: : : : : :l: :| : .l: : : : :.K、
    /   .|: :.| : : :|: : |: : :.!: :∧: : : : /|: :!: : |: : : : :.|  l    如何せん、この自動人形の身であっても落ち着かぬ一日で
   /     |: :.| : : :|_|__|_/ |: : /__l__!_l: : : : :.l  |      ありました
  /\     !: :.!: : : !: :.l\ル'` j/ ´ !/l/|: : : : :.l ∧
  \十\___l: ∧: : :.\|辷云      代二7 |: : : : :.|ノ十〉
   \十十‐|: |‐|: : : : : |              |: : :./: |十:/
     \__.|:/__ヽ: : : ∧     、     /: : /|: /`^′
.          i'    \ト、: \    ,┬、   /|: : / |/
    __/`ー‐-、__    \i´ ≧ノ | ',≦_  j/   ,r─‐'\__
    |        \    / |:l´|`l | ハ     _/ -‐'´    /
    l          \__/  :|' | 弋! ハ__/         |
   人/l ー-、     //´ \_,/  |   ト、_/ `l|       ̄ ̄{\|\
  //::_/ ─-     〈/   ,イ::{   !  }::|`、  ||  ノ        \::\\
 〈 〈::::|      _   l  / |:::|  〈〉  |::| ハl∧l、  、___   }:::/ /




                 ,,..-――-..,,
             /          \
            /            ヽ
         /      ___)   ヽ- l
          l       '´   _   r  .l
.        |       t''j"´    =='' ',       ああ、苦労をかけたお
.          ',      `¨¨´   ヽ   l
.           ヽ.     (_ノ--'  ノ       さ、飯にしてくれ
.       _ ---‐| \、 ____ ,,..-<
    /´     l l  \    | r-ヽ  `ヽ
.   /      | ヽ   .>、 r'__..>>   |
    |   ヽ   .|_ヽ.イ .〈Y´ i `''1 |  |
    |.     、  < ´  .i  |  i  | |  |
    !.      ヽ  ヽ  .i  .|  .i  .|.l  |
.   |    /   ヽ  i  .|   i  |l ..|
..  j    /,.    ヽ .l  .|   .i |`ヽ|
500:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/05/03(土) 22:09:52 ID:34LdOvYg
一日のしょっぱなからねぎらいの言葉ってどうなのよww
501:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/05/03(土) 22:12:04 ID:hCQ4h.Bw
いや確かに苦労と心労は掛けてたよねw
502:名前: ◆DAZiCeQp.w <sage> : 2014/05/03(土) 22:14:06 ID:hCkeq64Y




                         ,r==.、
                           ト=-':::.|
                           ト、;;,r' .|
   r=、==r -.、                   |     |    
   i、:,:'::::::i   ̄ ̄ ` ー 、         |     |     
    ̄`ー = 、      .`ヽ、        l    l    
         ` ヽ、     .',      .l    .ヘ    
            `ーr、__,.:' ',       l      .l   
             /     l      ヘ    l   
             /r= = - 、.|     ,r='´ ̄`  〉      __    おごご、バランサーが狂ったであります……
            〈   . : . : |    / ̄`ヽ、 ./      _トトトト!     
.               .〉_ ,r'´`i___.ィ  . : . : .ヽ,/       .ト!===!     
            /i ノヽ:::,r'´/ ノ__. : .: ._;_,: ./      〈_`!/_.|、    
             iリ/i':::::: /.  |.|i.i.l/./|i´::ノ∨`'`.ヘ.     .ト〒手!    
            Y: |;_:;;/.   |:.ii:ii∠;_;_||::::|,r==_'ヽ、ヘ,    | | i r'===、  
            ヘ: : :/.   ヘ ヾ \_∧/ ̄ヾ、ヽ,ヽ.∨'i |__| |_| i ::! .|
               `i´i     .`ー\∠,〈     ヘ;;ソ_l. . ノ ト===|_.!_.!_.|
                | .ヘ.        `´. |    /i:iヽ./ ̄ ̄ヾ、  i ̄´
                 l__\       /     |;|:|::∧     ヾ |
                  ̄`ー. = .____二ニ一´`ー=一'´ ̄
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 居間ではアイギスが額に湯飲み底部の形に丸いアザをつけながら転がっていた。
┃ どうやら、インパクトが割と強かったらしい。倒れるアイギスの傍らでは、メタビーが
┃ 大丈夫? と首を傾げながらしゃがみ込み、T-elosは平素の馬鹿にした様子ではなく、
┃ 何か可哀想なものでも見るような視線を注いでいた。
504:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/05/03(土) 22:16:50 ID:WANAuvP.
相変わらずだなあ、こいつら
505:名前: ◆DAZiCeQp.w <sage> : 2014/05/03(土) 22:17:06 ID:hCkeq64Y

                        , -=- 、
                           ヽ ヽ
                           _ }  `>
                     _,、 .- 千,ィ,/ /、
                    ,-=´/ ,' /_-ー -、 ヽ
                 / ̄ ゙̄ヽf_  / ,' ,' i | ィ ̄ \ i \
     /\         ∨ ,_    `ミ{ ,' ,' ! ト'、  _ノ_y, ハ ヽ
.    |i l fヘ      ヽ〈 `丶、`{ i_」士ミト、 ` ´   /リ ハ }
    l.i l |::::ヘ    /ヽ、 ヾ`(_)`ヾ゙、_,| マ_卞 `=≦壬l l| l ノ   お前な、そろそろいい加減にせんと本当に
     |.i l |:::::::ヘ /  ヽノノ\゙、.  ヽ、      , 弋メ | .|レ´       クリーンアップが入るぞ
.     |.i l |:::::::::::r〈´`ヽ .} ,'  ,'>、.ーァ      '   /ーヽ'
..   |.i l |:::::::::::| ,ヘ  } |,'  ,' ,' i::: ヘ.   ̄.` ∠_」
.     |.i l |..::::::: |i ヘ ノ. .|.  ,' ,',ーf.l::::',.丶__ イ||Yム
.    |.i l |..::::::::|.|  i ヽ | __' . _ ト 、|:::::|/ ̄',__i l |:ム
     }.i_l_|.:./ |.|  l } {.   ` / \ |-> -=-、,| l::::|  /⌒l
    r' ヽヽ_ |.|  lY 〈..   /   //`ー>、二ノ`ー一ーソ、 i }
    〉  `ー、ヽゝ、ノ,  〉 、 { rー-,-_、_,-'"(:ヽヽ´二_ ノ"',.| .l/`l
   (  _  ノノ、` `"}//  ノ、>、ゝ` ヽ、:::\\:::`丶、 } .| .::::}.|
   ゝィ `ー´::::::::ヽ / //人 」..\ゝ、   ヽ::::::\',/ :`丶,.::::.} |
  / ::::::::::::::::::::::ノノ-´~〉´/ {. ', r`ヽ`丶、_ヽ --ミ :...:::::::::::.V  |
 .〈 ::::::::::::: `ー<´ / ,' |/  /,. ',{   \ /     ;`\:::::::::::::l  |




             ,r ── 、____,, ィ
         /´             ト、
      ,ィヌ′              `ゝ
     /〈il|               く            に、日本IAIは滅びぬさ、何度でもよみがえる……
     /./〈|               <´
      |.:i!〈.!                    `ヽ、         いちち
      jl<弍                   〈´ ̄
    ',  li气l斗-、            `>
      | 'V゙_,-r-、\      _,,-‐' ト-、____
      |   l;l-roソヾi、):    く 、          `ヽ、
      レ'\ヘ文ハツノ/ト、r=、ll生)├‐--          l、
       \` ̄´V-八__ノ.ト、兀二ニ-、 /三三ミ、  ノ |
          Viハ, i!ノリヘwwvツl´ r} /,ゞWwvr、ツj_.ン   |
             `′  `| ̄:| 辷| ijij/ .r'二ヽxi'`∨   |
               zr|二,|l  ゝ-イ  ∥二 イ  ∨,斗|、
             辷乂_fllリ         lト、 |    |  / ̄≧
506:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/05/03(土) 22:18:22 ID:sYqoczf.
蘇んなw
507:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/05/03(土) 22:18:59 ID:Sa2kmbCQ
蘇ったらそれはそれで面白いような
508:名前: ◆DAZiCeQp.w <sage> : 2014/05/03(土) 22:19:03 ID:hCkeq64Y

   |      __
   |      /  \     _ノ^ヽ
   | r''⌒/ _  `r---く    ',
   | { /::::::::::::::::::`:.ー -- <  ト、
   |_./::::::::::::::::::::::::::、::::::::::::::::::::::\ /
   |:'::::::::::::::::::::::::::/ヾン\::::::::::::::::∨ヽ
   |:::::::::::::i::::::::::/|!    }:::::i::::::::::::∨ \
   |:::::::::::::|:::::::/-{!-   __|:::/!::::::::::::::.,  乂
   |:::::::::::::| 乍三丁    _j/__}::::::::!::::::i  r ^     割と洒落になっていない件について
   |:::::::::::::| 乂hソ    {三弐j/::!::::::|___/
   |、::::::::N        乂_ツ i::::::/i::!
   |r\トヽ               ノ::::/ j/
   |ゝ- 、 ≧==-- __r--、 ≦::::/
   |///,ハノ   У'  ヽノ/\
   |>''}/乂   //   \///}
   |  ノ^}ー-= ⌒ ー- イ`ー '
   |/ハ/ 、      r_'ノ!
   |///|   ヽ ー-  ///ハ




                        _      __
                        / `゙'<>'゙´ ∨
                 ┌―‐'′ ____ __     `ー‐┐
                 |  ,  ´.: .: .: : : : : :.`ヽ__   /
                    / ./: : : /: : : : : : : : : : :`ヽ`Y__      頼んでいた配膳はすみましたか?
                >ァ': : : : : i: : : : : : : :}: : : : : :.} :} ヾY
.                /.: .: : : : : .:| : : : : :|: :.ト、: : : :./ /  }:}     「Jud. 万事滞りなく。ただ、この筐体だと
              〈.: : : .:/: : :/! : : : : :|,孑弋: : ,′iゝ=jリ  __    色々厳しいところがありますが」
               ',: :∨: :.:7丁ヽ: :刈斗r弌: :i: : :|`¨´}//⌒ヽ
                 i: : :',: : {;斗r弌{   V斗l: j: :.∧/ /  {   〉
                  {: : : : : :\V斗 、    厶イ: : // ̄{¨}  :/⌒ヽ
                }:.i: : :}: : : >   r_, |:/ ./    Y⌒Y⌒Y ∨
                  j;ハ: :ト、:ヽ>..._    /|/\/  /  )//||//:|  }
                      }:/ {刈  \丁¨_.r‐   /     ///∧∨{ /
                  ′ ,ゝ   _ _{冂/ ̄ {      //////\__⊇‐-、
                    /    ̄ :/ ./:/     \   {//////////77ァ‐-..._
                      /       / ./:/      ハー-、ヽー、/////////////`゙'<
                /{     / ./:/    `ヾ  ,ハ \\  厂!`゙i<//////////
512:名前: ◆DAZiCeQp.w <sage> : 2014/05/03(土) 22:21:40 ID:hCkeq64Y

                 _        _
               /三ニ=-_/三三ヘ
                {三三三ニ|三三ニ,|
                 ∀三ニ=‐マ三フー- 、
                 ̄      l!; :': :. . . /\
                       {   ,__ィ〈.   〉    ,-=ニ三
                       _'t,イZ_スl》: . . / __x≦三三三
                      i、ィ心`¨´ _《_:_;-'<|  __  l三三    どうでもいいけど、消されても蘇ってくる
                       i////` ̄/|:、:. / |  |//,l |三三     AIとか呪いのアイテムの領域だよね
                  i/Z/   /: : :|: : .   |  |//,l | ̄¨¨
                    {、_ , ′: : ! / >ーノ//ノー'
              ___, <∧: :!: : :.|ィ´ , <´-'</
              //////////∧_丶┬`<'// \ \
.            =≠////////> ´. : :lン'∨//// -‐ 一   〉
               〈////> ´. : <> ´ ̄`ーく:.: : : : : :` <
               `ーf´ . : <>/\: : :.,f三t、 \: : : : : :/




                 ______
                 ,..r'"三二二三`ヽ、
                /,r"_/\/\`ヽ`ヽ、
              / / |,r‐゙/l ̄ ̄ヽ ‐.、.| ヽ,ヘ
           l /‐/´/ /...l  |、 ヘ  lヽ,_lハ
             | l.| .l /``` .l   .l "´∨.l  l l .l        扱いが酷いでありますな!
            /l .レ.====.i|ヽ、|==== l   l`ヽ、
             l.lヽ!.ハ |:::::::|    .|:::::::l/  |  /        自動人形はカント寺院に持って行かずとも
          トヽ|.n ゞ__ノ   .ゞ_ノ,.イ,n.l ./」         本社に送り返せば動くでありますよ
          l/.l.l l .\  _ △  _,,././.-′
              レ'.ヽイノ.|::`}‐{´::| l l.ヽ/ ∨         「教会って、そっちじゃないんだけど……」
            |l. ヽ,'└'/llヽ┘.l/ l|
                /_ l  .'‐' `‐` .l ヘ,    バン!
             ミ   /-/.o___.o__\.ヘ 〃  バン!
             `´              `´
513:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/05/03(土) 22:22:31 ID:snOU8hLA
消されても復活+IAI使用
…呪いってレベルじゃねえぞ!!
520:名前: ◆DAZiCeQp.w <sage> : 2014/05/03(土) 22:25:30 ID:hCkeq64Y




         /. -‐: : : : : : : : 、: : : : :`: .、
      . '/: : : : : : : : : : : : :\: : : : : :.\
.     /:/: : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ: : : : : :.丶
    /:/: : : l: : : :.: : : l: : :l: : ; : : ハ: : : : :. : ヽ
    //: : :l: :|: : : :j!: : :|: :/: :/|: ;イ:.!: : : : :.: : :.'
.   〃l: : :ハ:|、: : ハ: /}:/メ:/-|/ |:.:}: : : : ::.:. : :'
   ': :{: : |-‐トヽ:{ j/7'zテ=0テ、/イ: : : : :.:.:. : :ト、    おはよ……あ、やる夫! 元に戻ったんだ!!
   ,': : :ヽ:トrr=0k\   弋z夕/ /: :,: : : :/: :. :ト\
  .::/: : : :ト杙z:リ }        /: :/: : :./:.:.:.: :l
  |:l: : :|: :.l   〈        ,.': :/: : :./:.:.:/:. .'
  |ハ: : |: :.l             /:/: : :.イ:.:.:/|:.:/
   ヽ:.:l:.:人     マ ̄} /イ/: : //:.:ノ:.:!/:}
    ヽト、:.:.:iト:.、        _彡'´  /,久_:.:j':.:l-、
       \|\l>.__. ィく       ′  マ:.:.:.:. }
          `     '  }_.ィ三三ニ==ヽ\:.:ト、
               /三三三三三ニ\ミ{:.:.:.ヽ
             /三三三三三三三ニヾ、:.:.:.|_
              /三三三三三三三三三ニ〉:.:.:冫
               /三三三三三三三三/三ニス:.:人
               /三三三三三三三三∧三三〉:.:. :)
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 毎朝恒例のコントを、こいつら本当に無機質かつ画一的なという表現に用いられる
┃ 工業製品なのだろうか、と眺めていると、蘇芳が部屋から起き出してきた。
┃ 
┃ 何故か蘇芳の手には、普段蘇芳を舐めきっていて抱かれることなど滅多にない
┃ シャルロッテの姿があった。おや、と首を傾げていると、蘇芳が嬉しそうに語る。
521:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/05/03(土) 22:25:56 ID:W9zDFAaA
本当にアイギスは残念だなぁ(ほっこり)
524:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/05/03(土) 22:27:18 ID:sYqoczf.
さすがのIAI製、素で皮肉を言うだけあるぜ
529:名前: ◆DAZiCeQp.w <sage> : 2014/05/03(土) 22:29:52 ID:hCkeq64Y


                   . 。-‐===‐- 。.
                 /:o: :o: :o: :o: :o: :o\
                /:o: :o: >‐…‐<:o: o: ヽ
              ___」o :o/        \o: o}___
             {   `Y   /|    ト、   Y´   }
              ヽ      /  |    |  ヽ      /
               }     i ∩\  |∩ i      {
               ,   八{ ∪ _\|∪ } 八   }
              {__/{:oヽ.    __   ノイ :o:}=イ
                 \:o: ≧=‐=≦:o:__;/
                   /::::/\::::::::\
                 /::::/  。ハ::::::::::ヽ
                / :::::/    。/ ‘,::::::::::::::..
              / ::::::::/    /{   ‘,::::::::::::::::..___
          __/::::::::::::/    / \ ‘,:::::::::::::::::\:::`>‐…‐-
        /:::::::/ :::::::::::::/-‐''"´      \ ,:::::::::::::::::::∨:::::::::::::::::::
        :::⌒Y::::::::::::::::::/::::::|          ',::::::::::::::::::::::}>‐-=-‐
        ::::::::::\:::::::::::/ー―ヘ  /⌒\    ハ::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::
        :::::::::::::::::::::: /    }__」     \ / ',::::::::/::::::::::::-―…
        二ニ=-ー '′             └'  ‘,:::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                              \:::::::::::::::::::::::::::::::
                               ` ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 何でも、昨日は珍しくやる夫の寝床ではなく、蘇芳の寝床に潜り込んでいたらしい。
┃ が、その嬉しさも長くは続かず、じたばたし出したシャルロッテを蘇芳は下ろさざるを
┃ 得なかった。
┃ 
┃ ちょっとしょんぼりする蘇芳を余所に、シャルロッテは短い足を一生懸命に動かして
┃ やる夫の足下に近づき、服によじ登ろうとし始める。
530:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/05/03(土) 22:30:56 ID:sYqoczf.
蘇芳ガンバw
532:名前: ◆DAZiCeQp.w <sage> : 2014/05/03(土) 22:31:14 ID:hCkeq64Y

       ヽヘ ̄  //: :}: : : : : : : : : : : `: : : ヽ: : ハー--\
        ゞ_r-'´: :/: : {: : : : : : : : : : : : : i: : : :}: : : ',: : : ヽ.ゝ,
        /: :|: : : :/: : : : : : : : : : : : : : : : : ',: : :.}: : : :;: : : : マノヽ、
         /: : l: : : /: : : : : : : : : : : : : : : : : : :',: : :}: : : :l : : : : ',  \
       /l : : l: : : : : : : : : ; : : : : : : : : : : : : : i: : :l: : : :}: : : : : ',   i\,__,
    ./{ .l : : l: : : ; : : : : : ヽ: : : : i: : ト,__: ト; :.}: : : :}: : : : : :}   ノ /:::;/
  /i V  .{: :i; l : : :i : : : ;__i\: : lヽ'} ヽ: :ト;./ ,リ: : : /: : : : : リ  _,>/:/
  ´ヽ::Yi  {: l l:ヽ: : ヽ::'´i\リ. .\l リ´_.∨,,リ、/ : /: : : : ; :,'_//:}/
   `ーl⌒゙.l: l i: : \: :\:}_ニニ、  `  ´辷;ツ´/:/: : : :; :/i:/ー'´:::/゙
     .|:::::::lルヽ: : : \:〈 .込;;斗       /゙./ : : /::/ lリ゙{::::/       こら、おいたはいけませんよ
     ´⌒ー'´ .\: : :i:`ヽ     ,     ´ ./ : / : ∧ } .¨´
               \: ヽ: :ヽ、        .イ:/; : : / .リ,r-―一y-i
            _j\i\: i:>.....´ ̄  <'´/⌒}: :/ /    /: : {___,   ヒョイ
         i ̄  `ヽ: : `ヽi: : /i .>=ヽ: : }: : : :ハ//      {: : : : : : : /
         l      }: : :t::::r〈_,ノ:::::;;;;ヽ_ゝ<´,〈        \:__; /
          .',    /: : :.V ・ i/⌒.〉´¨:::/ ・/:::〉   ____): //
          V.....,,,/、.__,r/_:_ /:::::::/-一'´  .〈::/-   ヽ: :/::/:::::/ ヽ,




       ,,,,,....-‐-....,,      _
     r'::::::o:::::::::::::。:::`ヽ, γ´ `ヽ、
    /O:::::::o=-‐…‐- :::Y      }
  ,. ┴‐--イ::::::)  ’ (::`ヾ、    /
 {     ilr'⌒Y⌒ー'⌒ヽイ}i   {
  \    /:::::::::|,.m.,__ノノr-、_,.}            ~~~~~~~~~~~~
    ヽ、ノ::::::::|:::l≧=:o:゚:≦´::::;ト.、
    /::::::::::::l Y  .ヽ ヽ::::<__ \___   ジタバタ
.   /::::::::::::::::l  !   ・ l  Y^l:::`ー''::::::::::::}
  /:::::::::::::::::l  ト、_,.トー' ノ"''ー-- 、:;;_}
  `''~+~'´  ヽ., _,.-ー''´  _,.-ー''´
.    /      し'  _,,..-ー''´
    |    ,.-ー-ー''´
    レ'^ー-'
539:名前: ◆DAZiCeQp.w <sage> : 2014/05/03(土) 22:35:39 ID:hCkeq64Y




                     . -- .
                __/     `ヽ
          ( ̄ ̄「 ̄ `     / `ヽ メ、
.             X  |         /   レ' ,ヽ
          /O ̄ゝ._       i ∩     }.
          く O  O O`Z     l ∪  ´ .ノ´⌒Y
         /  O  O   フ   .人 _  /    .}
          〈 O  O  O  ー‐´⌒ヾ /      ノ
    _____> -- - - . _O O __ノ |   /  /j
   \   / __          レ' /    ノ
     X___//´/   `ヽ          レ'    j
 < ̄ _ 人_./      \       /     ノ
     ̄    / > --ァ''´  \    |   __/
  /   /  し'    {   ____/\ /  レ'´ l
/   /         し'´     /) ./   l
   /           /   ./( ./  人
 /           /    /  \      \
            /    /  / .ヽ.     ノ
            /       /  /    `ー─'
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ シャルロッテはSfに抱き上げられると、普段なら大人しくなるというのに、それでも
┃ やる夫の方に向かってじたばたしているので、最終的にやる夫の腕に収まることに。
┃ 
┃ 希望通りの所に収まると、シャルロッテはしきりにやる夫の臭いをかぎ始めた。そして、
┃ その内納得すると、大人しく腕の中で丸まって眠り始めた。服をがっしり握ったままで。
540:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/05/03(土) 22:36:10 ID:34LdOvYg
かわいいwww
541:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/05/03(土) 22:36:19 ID:snOU8hLA
あー…心配だったのか寂しかったのか…どっちにしても可愛いなぁもう
542:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/05/03(土) 22:36:42 ID:sYqoczf.
かわかわ
543:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/05/03(土) 22:36:44 ID:VQzkGw6.
くそう、かわいい。一日離れていたから、不安だったんだな
544:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/05/03(土) 22:37:24 ID:yyrsw/Qo
子供だもんな しかたないやな
545:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/05/03(土) 22:38:35 ID:iR9ESuD6
シャルは癒しだねー
546:名前: ◆DAZiCeQp.w <sage> : 2014/05/03(土) 22:38:54 ID:hCkeq64Y

                 ,,..-――-..,,
             /          \
            /            ヽ
         /      ___)   ヽ- l
          l       '´       r  .l
        .|. U   =≡=   =='' ',      え、えーと……?
.          ',             ヽ   l
.           ヽ.     (_ノ--'  ノ
.       _ ---‐| \、 ____ ,,..-<
    /´     l l  \    | r-ヽ  `ヽ
.   /      | ヽ   .>、 r'__..>>   |
    |   ヽ   .|_ヽ.イ .〈Y´ i `''1 |  |
    |.     、  < ´  .i  |  i  | |  |
    !.      ヽ  ヽ  .i  .|  .i  .|.l  |
.   |    /   ヽ  i  .|   i  |l ..|




          _ ..ィ ´ ̄ ¨丶.
      ,ィ´ / .:       i \
     /  ハ  ,イ    |  }:ヽ、
      ,′  { ヽ / j    .:  トミ}》、
.     /  i  ト、 ヾ i!   レ'リ才7 ハ
    /イ  ! .:ハ   }人i  |ニミx':/ }
   ′ハノ }/  ヽ  トハ イ::7入Y :/
    'イ ヾト、八 \{i乂; /!"〈:o:}| r'
   !、 { 〉、ハノヾ人〈/´ミx>イ/}     露骨に姿が変わって、体臭も変化していたから同一人物だと
    ヾハヘ:/ヾ`: : : : :/>…彡ヘ' .′     判断できなかったようでありますな
        ′ 廴..彡 /_ :. ノ /}/
           {    { _rー'-′      だから、知らない人が居る、と怯えてずっと蘇芳さんの部屋にいた
        厂 ̄ ̄ ¨ミx          ようであります。
          /       ヾー-ミ、
.       ノ¨ニ=一 ミx Ⅵ:l:l:l:l:Y
    ,ィx>′        //⌒У´`ヽ
  //77′         { {777{  /⌒ヽ
  {L{y{          八 Yyミ:x  :.   }、
 /(:)))i{               ヾ:廴リ \ `=彡ハ
 ヾ7/人          丶\くミi rゞ=彡'7
547:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/05/03(土) 22:39:47 ID:XxvZ2.fE
おびえてたのかw
549:名前: ◆DAZiCeQp.w <sage> : 2014/05/03(土) 22:41:46 ID:hCkeq64Y

                     ヘ  ,ィ∧              / ', ̄ ̄ ̄  ー- 、   ∨∧ ヘ
                         ヘ  ∨∧           /    ',          \///∧/
                       ヘ  ∨∧      /     ',          ∨////
                           ヘ  ∨∧    /       ',          ∨/
                         ヘ  ∨∧   /          ',   , 、      l\
                             ヘ  ∨∧_|           ',.   \\      l  \   保護者が消えて不安だったのでしょう
                           ヘ  ∨///|       ,  _, -‐',  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \   l
                               ヘ  ∨//l     i/    ',          / /   落ち着かないのか、
                            ̄ ̄ 7l    /      ',         _/ /     寝入るのも遅かったですし
                                  / i  /        i     _,.。、-/  /
                              /  У ',         i,   /lⅣ /_/          /
                             \ 〈   `、         ! ,。<_ ィl/ ,/l           /
     ______                 \\  、丶       ,l仆州タ ,/ !      /
    /           ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\      ヽ >,、 \>   / ̄ ̄  /  ,i   ,. -─-  、
  /                        ,. >-─-  、  トー--< _l_.。ャi'_,,∠、  /        \
  \                       /        \ >ァァァ-‐_|////|_  ∨/∧/            `
    \          _______/             /////  ∨////   l/ ̄ ∨l
      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄           l            / ̄ l    ∨//    l    〈l
                             l            /   l     Υ      !     l




          ,. -: :':´: : : : : : :丶、
          /: : : : : : : : : : : : : : :.:ヽ
      ,.: : : : : : : : : : : : : : : : : : :.:.ヘ
       /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ‘,
     ,: : : : : : : : : : : : :'; : : : : : : : : : :.:.
.     ′: : : : : : : : : : : :|: : : : : : : : : : : :.       (ちょっと凹むんだけど、どうしよう)
.    ′: :′ : : : : : : : : | : : : : : : :.i : : : :i
    /: : : i:.: : : : : : : : : :!| : : : : : : :.|: : :.:i:|
   ノイ : :.ト:、 : : : : : : : 八: : : : : : :!|:.:.i.:从
    |:!:i :|ヽ:У: :ヽ: ノ :/ : i: : : : :八: | :i ヽ
.    从ハ:ト、ヽ: : : ノ:.:.:j/}:.:/|: : : /:.:.:./}八
      ヽ /: :くゞ' / }/ ,: :/i:./ /
.       〈: : : :ノ ̄ ̄ ̄/ ̄ ̄}
         iノ: :〈           |
     ,, 〈 : : : 〉     __,,┴=ミ
    /  ノ`: :く ̄ ̄ ̄/       `ヽ、
   ′  ヽ: : :ノ ―=´          ‘,
  i i    /: :ヽ                   ‘,
  |、|  〈: : : /                  ‘,
551:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/05/03(土) 22:42:43 ID:5wrtFxy.
動物はヒエラルキーきっちり決めるからね仕方ないね
552:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/05/03(土) 22:42:46 ID:BXCcEF.s
父ちゃん大好きで、見慣れない人いたから
今日は甘えたいのかw
553:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/05/03(土) 22:45:04 ID:5UMH../U
一家のヒエラルキーがかいま見える瞬間である
554:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/05/03(土) 22:45:33 ID:34LdOvYg
蘇芳が下の方なのはしょうがないけどなぁ
556:名前: ◆DAZiCeQp.w <sage> : 2014/05/03(土) 22:47:00 ID:hCkeq64Y




                                      、_
                                 γ __  ヽ
                                    (  |\ノ |  )
                                  (  \Lノ   )
                                   ゝ、    ノ
                     ,. ─o 、__         ○
                 _/;;;;;;;;○;;;;;o;;;;;O;;;;;ヽ, <`、
           , ー … <;;O;;;o;;> ''  ̄ ''' - 、/ : : : : ',  O
          r-{ : : : : : : : :ヽ;;;;/ : : : : : : : : :_: : :ヽ : : : : : } o
       _/.:.:.Λ : : : : : : : : Y : : :/’、: : : : : :.`、ヽ.: : : : : ,
       >-=´::ハ : : : : : : : : : : :/   \: : : : : } V: : : :ノ
      ノ..:::::::::::::::::', : : : : : : : : : ,'      ∨ : : ノ  ' : : :〈
     く :::::::::::::::::::::∧ : : : : : : : : {       } :/   }: : : :',  ゜o
        \::::::::::::::::::::へ; : : : : : : :.'、 _  ___ '´. ━(ノ: : : : }
        \:::::::::/.::.::.:'.; : : : : :ヘ\ )o ̄ _   ィヽ: : : /-、
         >´.::.::.::.::.::.::\: : ハ;;o≧=-´;;o::;;`´;;;o;>´.::.::.ヽ
          /.::.::.::.::.::へ、::.::.::.`´::.::へ、ゞ-弋;;○;;;ノ¬´.::.::.::.::.::.::>
          ̄ ̄    `<;;;>´   ` ー- ´ ̄     ̄`' ─ '´
                 ¨
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ シャルロッテは嬰児がミュータント化したものだが、その性質は突然変異も相まって
┃ 基本的には動物のそれだ。
┃ 
┃ 人間由来の高めの知性はあれど、基本的には臭いで対象を識別し、補助的に外見
┃ の変化にも頼る。故に、女性化したが故に外見も体臭も変わってしまったやる夫を
┃ やる夫と認識できず、ずっと不安そうに過ごしていたのだ。
560:名前: ◆DAZiCeQp.w <sage> : 2014/05/03(土) 22:51:00 ID:hCkeq64Y




         ,、  ハ  .,
      _,、-' `''´ ,、`'´ `'-i
      ノi ,.r- '''"~ ヽ~"'、'-L,、
     ,k'// .i' i   | ヽ ヽヽ l、
     /´'y l. l l.  l .i .|、v'i i i 'iヽ
   /x/ | ', |.l, V/WレV/l | i、.トx'i
   `''ト-|:i '、'iニエ  エニフ/i ./|├'
     !X'i ', '、   _  /レ'l /-|.l       離れませんか
     ,、、ri' '、:|、l ' 、 _.,,イル'1/'´,|!-,
     i ^/_ ヾト、/~ノ∧iヽi,rl  ノ. 人      「うむ、困ったお。どうしよう」
   て, λ'ノ`~'''〈i`'-ト-'、i~!ヽ~ .レ、/
    (i i.|;Y  ~{.  `ヽ\ \  _>      まぁ、最悪家を出るときには起こしましょう。
    〉 l└┐ }r .....-| ├'....)_,イヽ       チーズを少し多めにあげれば納得するでしょう
   /`-'1;;;;;'-i,ノ:::::::::::::|  |::::ノ;;;/| 'i
   i'x/  'l;;;;;;r〈 ::;、-─|. .| イ;;;;/xi-┤
   `'ト--、'l;;;;,,'-'ik;:::::::::|.  | |;;;;;;[フX,ノ
    └、,t、ノ;;}. ,イ^'-''.┤ ├'-i;;;;;`'-、_,r─-,、-、-っ__
     〈 l;;;;;;;;| /,イ::::::|.l::L__」ヽ ヽ、;;;;;;/.  /´ ~'-─-、 、'、
    /.l;;;;;;;;|/;|l :'  |l      'i、ノZ,-、/フ~~~ ̄ ̄ ̄´
   / |;;;;;;;l';;;l|.   l        'iiヽ,`'''''´
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 動物的ヒエラルキーに基づくと、食料を確保し表に出て狩りをするやる夫は父親で、
┃ 家を守り自分の世話をし食事を運ぶSfは母親のようなものだ。
┃ 
┃ そんな父親が突然居なくなって、見知らぬ雌が縄張りに居座り、あまつさえ母親と
┃ 仰ぐSfが、その見知らぬ雌を父親のように傅くのだから、彼女からしたら納得が
┃ いかなくて混乱する上に落ち着かなかったのである。そのストレスの大きさは、
┃ よく寝てよく遊ぶシャルロッテが大人しかったことから察するべきであろう。
562:名前: ◆DAZiCeQp.w <sage> : 2014/05/03(土) 22:57:08 ID:hCkeq64Y




             __  ___
              /__Y___ \ 
          / ̄:::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ̄` 三ゝ
         /:::::::::::::::::::,、,::::::::::::::::::::::ヽ:::i::::\\
        /:::::/::::::::i::::i::lミ::;1:::::::::::::.ヽ:::::i:::l::::::::::ヽ \
.       /:::::::i::::::::::l::::l::lー'''|::::ト:::::::::::i:::::l:::|::::::l:::::i',  ヽ
      l:::::::::l:┼-A=ト」  l::::l i::::ト:::l:::::l:::l::::::l:::::l::i  i    「片手が埋まってベーコン切るのが難しい」
      l:::::::::l:::l::::fェ土」  l::::幵了エI_::ナコ::::/:::/::l ヽ ト
      l:::::::::l:::l::杙っ::::ヾ L:」_ノ15::::::ヾ_/:::/:::::L __i i    流石に、そこまでは無理かと
     l:::::::::l:::l::|. ゞ,:;;;斗      ゞ,,;;;;斗i::::/ )::::::l   l
     l:::::::::l:::l::!                 l:::::::::::::::::l__|
       ̄ T::l:个 、    へ      ノl:::::::/l::/:ノ
.         L:|::」::::介:‐- . _ . -  イ::::l:::::/::i/:」
          ー-/ ̄〉ト-=彡'/ ̄〉ー'--、'
       /二二/ ̄//《_`シノ/ー//三ニ=>,
       \_二 〈_//ニ -‐´ 〈__//___/::ヽ
      /:::::::Y/  _      ヾ \::::::::::::::i
       /::::::::::〈/     =     ト、_/::::::::::::::l
       i::::::::::::::{            }、:::::::::::::::/
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ シャルロッテを抱えたままの朝食が始まった。片手が使えないので色々と不便である。
┃ 
┃ なので、ナイフなどはSfに介助してもらった、侍従の面目躍如である。尚、流石に
┃ 口元まで運ぶのはやめさせたそうな。そして、それをうらやましそうに見つめる蘇芳
┃ が、よそ見をしたが故にスープを少しこぼしてノワールに注意されていた。
564:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/05/03(土) 22:58:16 ID:1R3LPT4Y
微笑ましい朝食だ
567:名前: ◆DAZiCeQp.w <sage> : 2014/05/03(土) 23:00:45 ID:hCkeq64Y



                            ,rtュ――‐:、_
                        ,..-‐'´:;rュ:;:;:;(_,);:;:;:;.ヽ
                   r‐-.、 /.;(_,), . -----ミ:;:;:;:;:;:;:`ー-、
                   ヽ: : :.`ヽ;:/. : : : : : : : :.`ヽ、:;:(_,):;:;.ヽ
                    }: : : : : : : : : :/. : : ;、 : : : : .\:;:;:;:;(_}
              .      }: : : : : : : ; イ: : : :ハ: : : : : : : `ー-┴-、
              .      、: : : : :/  |: : :/   \: : : : : : : : : : :/
              .        > : : l    |: : l ニニ._ ヽ: : : : : : :./
              .       / . : : ; == \{ {::::::::}  } : : : : : /
                    |: : : :_{⊂,-.、   ⊂⊃ /.: : : : :.く
                    ゝイ;:o;`/.:.:.} r:ュ ,.-.、.ィ'、 : : : : : : l
                      ゞ-/.:.:.:/ー=:7.:.:.:.:.l;o;.\ : : : : }
                      /.:.:.:/ー‐:;t|.:.:.:.:.:.|⌒ヾ'^ー―'′
                      /.:.:.:/.:.:tョ/.;!.:.:.:.:. | : : . \
                     ,イ.:.:.:.:l:.:,tョ/;:;:;|:.:.:.:.:.:| : : : : : `ー-、
                    /: l.:.:.:.:.|:./:、:;:;|:.:.:.:.:.:|: : : : : : : : : .\
                  _ノ. : |.:.:.:.:.|゙: : : .\|:.:.:.:.:.:| : : : : : : : : : : . \
               r―'´: : : : :L:_:_:ノ. : : : : : |:.:.:.:.:.:| : : : : : : : : : : : : : 〉
               `ヽ: : : : : : ノ ヽ: : ,r―、: L_:_:_;イ: : : : : : : : : : : :/
                  ̄ ̄    `´    `´  ノ_; -‐ ´ ̄ ̄ ̄
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 片手での食事や身支度を終えたら七時前になっていた。さて、依頼を受けるにせよ
┃ 何にせよ、そろそろ動いた方がいいだろう。良い時間になってきた。
┃ 
┃ そして、少し寝たら安心したのか、シャルロッテはやる夫から手ずからチーズを
┃ 与えられると納得してSfが用意した自分の寝床へと戻っていった。
575:名前: ◆DAZiCeQp.w <sage> : 2014/05/03(土) 23:04:23 ID:hCkeq64Y





                     -  ̄ ̄` - 、
                 /ー、         ヽ
                , -、     ヽ、_     ハ
                 ノ!o }  !、_         ',
              / >    o`ー--      }
              { /    ヽー- _  _   !
              ヽ`ー〈   }     イ´  ヽ j      さて、と…………
               >、  ー'    (  , イ⌒ヽ' |
               <  7ヽー-ァー-ヾ/    .ハi
      r='ヘ      /ヽ!:::{ <´    ハo     i
      ∨l∧     ノ  / 7::`->  /    j     /
       ∨l∧  _/ j / /:;':::〈-イ     〈    ..|
       ,イ )ヘ}-' / j /:::;:r´        !   ...|
       ! ⌒)ヘ  ノ /:::::;/        }   ..|
       ヽ ´ノヘ/  /::::::/       ヾ /    |
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 今日もやることがまだまだある。Sfを発掘した遺跡に行くもよし、ベアトリーチェからの
┃ 依頼を片付けても良いし、他にやれることもある。さて、今日はどうしようか?
┃ 
┃ 23:15:00 1D4 (ちょっとお茶煎れてくる)
621:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/05/03(土) 23:15:01 ID:Sa2kmbCQ
麻薬データ整理後報告
最初の遺跡へgo
627:名前: ◆DAZiCeQp.w <sage> : 2014/05/03(土) 23:19:02 ID:hCkeq64Y
すまんね、お茶煎れてたら御猫様が遊べ!

と申すので、お相手してた……
641:名前: ◆DAZiCeQp.w <sage> : 2014/05/03(土) 23:25:35 ID:hCkeq64Y

                    〃 ̄ ̄_    ヽ====、、
                __〃   /  \ー- 、.     ||
                   || ̄_ -‐/      \  \  ||__
                  ∨   /          ∧   ̄〃
                    /     |               `l  ∧
                /     /|   N  | |   |ーく ∧
                  /ィ' | /_ ∨   | ∨ -|‐ |   | ∩!  |
              //|  | / _ `V  | ´\」_\|   l|||  \
                /' |  |/イ芹ミ \| ,ィ芹弐 l    l ∪!、 | ̄`      おお、いよいよですか
                   | 八弋 ン     弋. ン /    jー ' ∨
                   ||、  l           /イ   ∧  ヽ \        我らが思い出の地に……
                   リ |Vム    ′    /´ |   /ハハ    `丁ヽ、
                 ∨ V 、  ー    //  /  | ∨   /:::::::/
                 |  ∨、\    イ /  /   |   ∨  |::::::/
                  |-‐'´|∨V∧ ´    |/∨Vヽ|イ\∨- '::::::|
                    「|::: -┘- 、「`ヘ  _ -‐ ´ /ー-/   `|::::::::/
                  _| ´    、∧ ∧∧    /::::::/      ̄└-、
             」   ‐- _ /::::| //:::l | /::::::::/ _  - ―     |
             〉、   , -、}::::::|'/::::::| レ':::::::::∠ _          _ |
            /:::::〉   / {7 ヽ /:::::::::|::_ -‐ {7\   二 _ /l:::::〈
              /:::::::`ヽ/ /   /::::::::::::|     IAI ヽ     /::||::::::|
          〈::::::::::/ , '    |::::::::::::::|   l    ∨ -=/::::::||::::::|
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 1D4:4 四つ目が関係ないレスだったので下送り
┃ 
┃ 昨夜手に入れた情報をデータにまとめ、それから遺跡に赴くとしよう。
┃ 何にせよ、この情報を元にして、更にベアトリーチェから依頼を受けるなりしないと
┃ 動きにくいことこの上ない。何ともデリケートな事案過ぎた。
636:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/05/03(土) 23:23:39 ID:pTtmlA2A
んー・・・ゾンビさんゾンビさん、質問があるんだけども
ハイヴ疑惑のある例の地下鉄って、個人的に潜って良いものなのか?
642:名前: ◆DAZiCeQp.w <sage> : 2014/05/03(土) 23:26:11 ID:hCkeq64Y
>>636
 現在は軍によって封鎖されております
630:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/05/03(土) 23:20:11 ID:aAWMkaZI
あと、次の行動に移る前に余裕があれば、官営武器店にはもう一回行きたいんだよね
まだこれだけやりたいことが残ってる

耐酸コーティング剤を買えるだけ購入、人数分の攻性防壁、光学迷彩の修理
632:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/05/03(土) 23:21:14 ID:XxvZ2.fE
エイリアン遺跡は、少なくともロボット増やして頭数が増えてからかな?
643:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/05/03(土) 23:26:45 ID:hCQ4h.Bw
>>630
ドラのお店で30mmガトとメタルストーム砲も欲しいかなー。
バビロンできるようになったら同一口径+異種武器で使いたい。
ヤハタの店から弾コンテナ代理購入出来ないのかね?

>>632
うん。それと野原とは組めないと思うぞ。
サイズ的な問題で。組織としても兵器としても。
645:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/05/03(土) 23:27:11 ID:pTtmlA2A
>>642
そっか、やっぱ軍が掃討の依頼とか持ってこないと無理かー
ありがとうゾンビさん
646:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/05/03(土) 23:27:15 ID:34LdOvYg
よかった一番選択肢の多いのが取られたな
655:名前: ◆DAZiCeQp.w <sage> : 2014/05/03(土) 23:31:50 ID:hCkeq64Y





                   / ヽ ヽ
                     >,.. レ ‐==ミ、
                 ,::::{ .,イ:::イ:::: ::{、::::,
                    ./:/ {::::::::LLL{ LL}
                   {:ゝ.__ハ::::::{ ヒリ ヒ}::}     こんな具合でいかがでしょうか?
                   从:::::::::',::::{    /l::i
                    ,.` 、从::::::,、 .イ::::/     「ん、わかりやすくて良い具合だお」
                 /   `ヽ ∨ム }=ミ
                   { ノ≧ュ、 }  ノ{ |
              ∧}////ム/ <´  {、{
               //////7ュ ヽ  ヽ
                 //////ノ  }  イ
                   `¨¨}//∧-=≦}7,'{
                    ___} //∧  .}/,'{
                 {   ヽ/∧  }/,'{
                     //≧ュ、ト/∧ }/.{
                 ///////{ ∨ハ }/}
             //////////{  } /}r'¨¨}
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 鬼灯にデータをまとめさせ、文書にする。後はメモリースティックにねじ込んで、魔女
┃ に渡すとしよう。
┃ 
┃ データは視界補助バイザーに投影させたのだが、鬼灯は電脳化して強化現実を
┃ 導入すれば、もっとデータ管理が楽になるのにと言う。やる夫は今のところは完全に
┃ フレッシュな人間なので、何とも言いがたいが。母親は義体化やら電脳化を進めては
┃ 居たのだが、どうにも体に機械を入れるのが怖いと思うのは秘密である。
656:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/05/03(土) 23:33:12 ID:34LdOvYg
なにそのコンタクト入れるの怖がる子供みたいな言い訳w
657:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/05/03(土) 23:33:24 ID:sYqoczf.
まあ、分かるw
658:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/05/03(土) 23:33:36 ID:WANAuvP.
怖いもの多いなw
665:名前: ◆DAZiCeQp.w <sage> : 2014/05/03(土) 23:38:10 ID:hCkeq64Y





 ||  ||  ||   ;; ||  ||  || ;;К ||  ||  ||    ||  ||  || ;;    ||           || ;;
 ||--||--||    ||--||--||    ||--||--||    ||--||--||  ∠ ||           ||
 ||  ||  || ;; √||  ||  ||    ||  ||  ||  ;'  ||  ||  ||     ||´二\ /二`||
 ||  ||  ||    ||  ||  ||   ;;'; ||  ||  ||    ||  ||  ||  ;;   ||三三 l l 三三||;;
 }三三三{    }三三三{    }三三三{   #;}三三三{     || ≡≡l l≡≡ ||
 ,. ____ 、  ̄ ̄ii ̄ ̄ ̄ii ̄ ̄ ̄,. ____..、  ̄ ̄ii ̄||三三_l l_三三|| ̄
         )__||___||___(         )___||_||_._._._._._._._._._._||_
  ̄ ̄|| ̄ ̄´  __||      ||__  ` ̄ ̄|l ̄ ̄´  __||
   _||_    |l   ||      |l   ||    _|l_    |l   ||
   . ̄ ̄                        ̄ ̄


  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                                                \
 二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二i\.     \
 二二i  *=<二二i  *=<二二i  *=<二二i  *=<二二i  *=<二二i  ]\\
 三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三ll\\\
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ゙̄'\\\\__
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ さて、そんなこんなで準備を済ませて酒場までやってきたのだが、もの凄い気迫だ。
┃ 毎朝のコルクボードに貼られる依頼の奪い合いが、後数分もすれば始まる時間で
┃ あるからだ。
┃ 
┃ 殴り合いまで行われるのだが、流石に人形遣いが現れると酒場の騒がしさが上がる。
┃ 具体的に言うと、アレの前にでちゃやばい、と悟る下級スカヴェンジャーのうめきである。
671:名前: ◆DAZiCeQp.w <sage> : 2014/05/03(土) 23:42:23 ID:hCkeq64Y




            __
         / ̄´   `\
        /          \
       /    ィヘ、       ヽ
      /   /:::::::::::ヾ       ヽ
     / |/:::::::::::::::::::::::\      ヽ
     { 〈::::::::::::::::::::::::::::::>  /  イ
      ト ゝ:::::::::::::::::::::::イ_∠_ィ_イ´
      イミ ー ̄フ二 ̄´_〆゛ゝ
      ん_ = ー三 イ、__─\
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ まぁ、彼らが騒がしい理由は他にもあるのだが。具体的に言うと昨日のアレとか。
┃ 
┃ それはともかく、今日は依頼に用事は無いのでカウンターの方へとメモリースティック
┃ を指で弄びながら近づく。すると、そこには見慣れた姿があった。
672:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/05/03(土) 23:42:24 ID:snOU8hLA
>>669
(そうか…御神体を創るための資料写真が足りなかったんだが…後は妄想で何とかするしか…)
673:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/05/03(土) 23:42:29 ID:ooEliZRw
(本体のおねーさまに叱られたい)
674:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/05/03(土) 23:42:36 ID:yyrsw/Qo
(……おうどんまだかな)
675:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/05/03(土) 23:43:24 ID:6xTzetY2
(ファミチキください)
676:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/05/03(土) 23:44:28 ID:825xhj3.
(( ゚∀゚)o彡゜おっぱい!おっぱい!)
677:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/05/03(土) 23:45:18 ID:DTuVumJc
というかもううわさになってんのか
678:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/05/03(土) 23:45:24 ID:WANAuvP.
>>672
(まさか、お前があのフィギュアの製作者?)
679:名前: ◆DAZiCeQp.w <sage> : 2014/05/03(土) 23:45:37 ID:hCkeq64Y
本体がアレだと勘違いして、態度が変わるやつが居たら、それはそれで面白い……
682:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/05/03(土) 23:46:51 ID:aLKK0S72
せっちゃんやな!
683:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/05/03(土) 23:48:03 ID:sYqoczf.
せっちゃんか……w
686:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/05/03(土) 23:49:31 ID:DBKb78i6
せっちゃんは種死を見てどんな感想を抱くのだろう
687:名前: ◆DAZiCeQp.w <sage> : 2014/05/03(土) 23:49:50 ID:hCkeq64Y



                  , へ.    __
                 /:::::::::`>''"´   `  、
               ,.:'::::::;>'"´  丶、      ヽ
             ( /::::/     ヽ ヽ\\ ヽ  lヽ
           ,.ィーY::;.'      l  iヽ、lヽ.\ ヽ. '. ! ゙、ヽ
          ィ'" ,r、ソ         | ,'  l`ヽ_ヽ__ヽ.! | | | '.
         ∠ィ {{ /|        ,! ,' ,r‐''i"゙´ヾ!\',.l. ! ! l |
         /  ,.Y_! | l    /.| | '" ノ,. _,,,,,゙、_ `| | l,、| !         あっ!
       _/ /〃{`i  l  |,. / ! !  ィ'ァ㌫ィソ!`.| l y'-! l
       `¨7 /{  {{ } .}、 i /! l ヽl|i|     "¨´ l! l ,'.<ニl!,./-‐── 、
        |/ ',  ヾュLL、  i ヽ|ィォi|ヾ、     ノ j!',r;/, - ',.-==<
           )!. / j`T!\ヽ 弋ジ!        ノ' ,r'/ , - '__<´`|
          ノ'ヽl ノ ,>=ヽ\ヽ、 ` __     ,r'イ|/ 彡;'7",/
             "´Y//,r/シヽミ=- ´    ,.イ|i |¨゙"'r,.///   _ ,......_
              / / //  /> - .. _/  ヾ|  /|i / ,. - '  ─<
              `Y-/イ  /'/≧ミ、)、  \   !; /ヾ、r'  ,≦ィ-─''
                (' |  /",. -'7'`ヾj`ヽ、.__ ヽ. j /_..>,∠_´ヽ、
                 {`‐'‐´ヽ./ ,/ |三三ニニiョ!ニニ三三|:ヽ  ヽゝ-,
                 ヽ   / ,rニニKニー‐‐7i .ヽV、 ̄\:::l <´,.-_i'
                  }   ゝi:::|./ ヽ!.   /V ヾ.! Vヽ  `::!r'‘"`))
                 /   \ !::,'  ノ'   /V   ト!、'∨ヽ,  丶`¨´ヽ
                 {    ヽy        ̄   Yi、  ̄    ヽ  ヽ
                 |      !           '!        : /
                 `ヽ、,.-''"´'.              |        !-i
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ コルクボード近くのカウンターに体を預けて、依頼争奪戦に備えたマミであった。
┃ 愛用の黄色い装束を着込み、マントの従者を侍らせ……
┃ 
┃ 同時に、酒場の空気に未だ慣れぬ弟子二人を引き連れていた。
688:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/05/03(土) 23:51:36 ID:hCQ4h.Bw
やったーマミさんだ。
とはいえこれから依頼か。
689:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/05/03(土) 23:51:55 ID:WANAuvP.
マミさん、チーッス
690:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/05/03(土) 23:52:03 ID:DTuVumJc
これは誘えという天(GMゾンビ)の意思か?
691:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/05/03(土) 23:52:28 ID:34LdOvYg
久しぶりの少女マミさんチィーッス!
692:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/05/03(土) 23:52:28 ID:k5Zhw5LI
おー久々の弟子だな
693:名前: ◆DAZiCeQp.w <sage> : 2014/05/03(土) 23:52:36 ID:hCkeq64Y

                    、    i
                   _ _.ゞゝ. _ .i\   _
               _ ,. >ヾ , ==`丶=´::::::.`ヽ. 、
             -―- 、  //  》《 .》:::::::::::::::....\
               /  _ ,||, ⌒-´ `\:::::::::::::::::::::\
              / / /   ,.      \:::::::::::::::::::...\
             丿ノ //  /          i\:::::::::::::::::::..ヽ
            -一,i v  ./     /    ./  \::::::::::::::::.`
             _,/_.| .// , --、/  _  ノ |/   \:::::::::::::..l
            /'//::i / i ./  レ-一ノ/ |       .Τ ̄´
             |  |<i | .レ -=:.、  /´ ´\ | .i  |  .i ノ |        おはよう、やる夫君
           /|  i ._ ヽ.i.    ゙        ト| /  // 卜-┐
           _{ ゝ、\ヽヾ   、   _.._  レ i ノ  レ ./:フ 人      お仕事かしら?
          / iヽ、ヾ、_ >\   _    ヾ,,  レ  /.丿フ ' ノ
         人|  `,ゝ´ `\`丶 ヽ.___>    ,/_, -´ノ_ソ  ,  へ
          ,_ゝ /     ヽ:::i ` -――一  \ |  _ ,./    i
          i´ /     .i |:::|`ー_..一Ο ̄`丁i:| `./i_ _,フ  ノ〟
          i .ゝ     iノソ 「´  ソ |`ゝ、」 |:l .ノ  ゝ_ ,.-´`ヽ,.ヽ
           ゝ      ./レ  \/,i .|=\ \ヽ々       ,i 丿
           ソ\_  __,.ノ      / |= :、 i .|.|      ノノ
         ∧_ヽ__フ、       ソ  i .||  . ソ丿|__     ̄




          __
        /´  \\`\
       /      ヾヽ ヽ
      /        _ヽ_、  ヽ    いや、今日は遺跡に潜るんで、用事の次いでですお
     /       ,イ´::::::::ト、 ヽ
    {      /:::::::::::::::::::::ヘl 〉   巴さんたちは?
     ヽ   | /:::::::::::::::::::::::::::::} /
      λ_ゞ\ゝ、.:::::::::::::::::::,/У
     イ ー ̄三  ̄二三[]=イ"ゝ
     /弋_ー  = ーノヤ彡ノヽ
704:名前: ◆DAZiCeQp.w <sage> : 2014/05/03(土) 23:55:24 ID:hCkeq64Y

                      -──────-
                   /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
              /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
              〈\__\::::_,.. -──────-  .,/
.            <   __,/      ト、    `丶\   \‐┐
           / ___{{/ ′     | \     \\  ∨^l        簡単な仕事をこなそうかと思ってるの
.            {  (( .:  |   ./| |   '. ト、       :.  }⌒)
.         /   >|  :|   | '. |   __∨ \      V─ヘヘ      慣れさせないといけないしね
          / /  L_|  '.  | || ´       '.      :}_/\  丶
        ⌒´|/ |   :、  V | l|   r七云i^ l   }V  /|    |__
        r‐っ┐}人  ‘, {\l        Vrツ | | ./r'}/ /|    | |
.      /二うノ .厂 \| \  ィ灯i、     ' ' '  | |/_ノ ___/   / :|__
.     r'つ :::|_]{:  \-─ \| V〉 、      厶イ └‐┬──‐'′ ;  \
       {:::::::::::|ノ \   \__\' '   _ ノ  /|⌒>┐__ \_____ノ⌒}  }
     ∧:::::::ノヘ._〈 \    ,/^/7ニ=‐--‐   / /::::/⌒ .     / /
      {   ̄ / } >''⌒^´   |::|  「\  _/  /::::/     \     ̄
.     / \/  ∧{        |::|   \∨   /|::::::|      \-─┐
.   {     _/ | \_     /〈 ̄ ̄l⌒l ̄ ̄\|:::::::.          }  |
.     \_      |〈__ \ /  〈__,|___|_     ノ\::::.       /   ′
       `、    |ノ  \:{       / / | \___」  \〉       /〉_




                       __
                r=ミ⌒Yニニニニ>
             / 廴__≫ ¨ ̄ ̄¨<ニヽ
             /{  x==/        '⌒ヽ∧
              / ル {{  ′/  /} 癶     Ⅵ
            /  ゝ=| {ナメ/__ }/   レ        私と違って、そこまで切羽詰まってるわけでもないし
            ー==彡ヘ {沁、 x=ミ/} i },rく
                   小{ ` ,.  ツ // /{:::/⌒ヽ      変異した大型のネズミ狩りでもするつもりなの
                  ,/((込  、_   ー__´ノ〃/⌒Yノ
                ノ{ {`ヽヾ≫ -r=≦た} {_/{Y⌒ヾ}、     流石に、生き物殺すにしたって段階があるもの
                 {{ヘ∨'⌒ヌ=Ⅳ/ニニ え斗=く`Y⌒ヾ}
                /八Ⅳ  / {{≫≪}} //    ∨⌒) )
               { {  / r=ミ/==}j 、{/´ /  ゚。{ (
.         r‐Y´ ̄`Y/  ー/一   {く⌒ヽ    八{ ー
        ヽヘz== 八  ー{一     }{'⌒ヽ(_)/  ヽ
          __辷_了r─=ミーヽ =ミ __ イ:{二二}┘
        `ーr=⊂Y´ ̄/⌒ ` <三:/-‐  }
712:名前: ◆DAZiCeQp.w <sage> : 2014/05/03(土) 23:57:34 ID:hCkeq64Y

              |/ -フヽ=/// | /    / /__,.-'´       /、
             r-―-r、/- / ヽl | /  / / / `ヽx  ,... / ノ ヽ
            /, ̄`   \ l ,/ } |  /|/r---,ヽ/ /,,..-‐'´ | /  |
           {-――- 、_  ヾヽ、l .l / |l弋__y' レ´  __`,>/ / |
            / ̄ ̄ヽ、 \  }ヽ-ヽl |  ,,,,       ,-、 イ/ /l |
           /----、   ヾ }/´ }  ヾl        /,y' / / /
            `ー--=、   } ____|____ 、    ヽ、_ ´  /-'´/
        ,r ´ ̄>-、_____)  /{ ̄ ̄`ヽ、,.>---、_    _ノ ヽ        まぁ、初っぱなから地獄にたたき込んで慣れさせる
        |/ /―-- 、_二ノ'´ _}ニニr'//     ヽ ̄/ ̄ ノ r-、_      というのもあるんでしょうけど……
        v |        ,/    .//  ,    V/ r-/ / /
         ヽ|       r /    //  /    \-イ , /        もう、一回やってるしねぇ……
          ヽ     / /    /::{  /       \ l <___,..r--、
               / l:|    ヽ:ヽ /   ,      } ̄ ̄`ヽ、 }
              /  {|      ヽ/   /  ___/`ヽ     リ
              ヽ  ゙、      ヽ  /,,イ O ____|   ヽ
               ヽ  ,、       ヽ t ,r`' ´  ヽ  /
                /ー,l \      ーl      ヽ /
                |`ー,r―――r-r――、 ,. - ' ´_ ̄/




          __
        /´  \\`\
       /      ヾヽ ヽ
      /        _ヽ_、  ヽ        ああ……やる夫も、あれは勘弁ですお
     /       ,イ´::::::::ト、 ヽ
    {      /:::::::::::::::::::::ヘl 〉       下手したら普通に死んでたし
     ヽ   | /:::::::::::::::::::::::::::::} /
      λ_ゞ\ゝ、.:::::::::::::::::::,/У
     イ ー ̄三  ̄二三[]=イ"ゝ
     /弋_ー  = ーノヤ彡ノヽ
723:名前: ◆DAZiCeQp.w <sage> : 2014/05/04(日) 00:01:12 ID:T//NS6Cs

             , -──--i
           , ≦圭>-─--x、
         ./圭ア"     "  `.ヽ、
        , ゝ/,/ /   ,     .丶
       ,r==/     ./ /ヽ     ハ .ヽ
      Σヾ//  .i_ /i ./ -‐- .V  i  !
     ,.イ  ゝ! i .! / i !  .__\.i  , .,
     -ヽ   ム! .ヽ{斗ミ、    '1'`オi  /x"i_           でも、一度とんでもない理不尽に遭っておくのも良い経験よね!
     ノ   `ゝ .ヽ代'i    弋ソ .! " i, ノ"
     .7 "V V" `ヽ ` ,      ,r<ヽ、___         私も、遺跡で変なボタン踏んじゃって
        , ----<ゝ.、 ー '  ,.ィ",」 ' "    /
       .i___  7  ≧-v≦ ̄ハ_, x-─"         警備ロボットとかドローンがわき出た遺跡をがたの来た
       ,---- >",.-v-゙-r )-─/T >-  ̄ ̄ ]         サブマシンガン一挺抱きしめて、涙流しながら逃げたことあるし
      L___//"/ ゝ-7/.iヽ-" i:i .丶--t 丁
    , - ",  ' ,/ / ゝ"/" .i__ノ  V!   `  -=--  、
   ` -<(  .,"/   =,/=     ヾ!     /, -彡
        .Y Y    .{{        !   ,二フ"
         ゝ{    =!!=      ,` T"   _,)
        └ヽ、__!i___, .イ 7 `i二--i
         ./`- /i!:::::,⊥⊥ 、:::::/:::/  ハ"  .V
        , "  ! }}::ゝr t─":::::ii::::!    i   .V
       , '   .i ./::::r┴"-x:::::::ii::::i   .!    .、




          __
        /´  \\`\
       /      ヾヽ ヽ
      /        _ヽ_、  ヽ      確かに度胸はつくでしょうお
     /       ,イ´::::::::ト、 ヽ
    {      /:::::::::::::::::::::ヘl 〉     アレに比べたら、これくらいってね
     ヽ   | /:::::::::::::::::::::::::::::} /
      λ_ゞ\ゝ、.:::::::::::::::::::,/У
     イ ー ̄三  ̄二三[]=イ"ゝ
     /弋_ー  = ーノヤ彡ノヽ
724:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/05/04(日) 00:01:49 ID:0o14vfNQ
マミさんマジすげぇーー!!・
725:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/05/04(日) 00:02:07 ID:6/ULRZwE
アレにくらべたら、ネズミくらい何てこともなくなるよねw
726:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/05/04(日) 00:02:09 ID:aQe5aeCU
やる夫にとって警備用ロボットは資源だからな
727:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/05/04(日) 00:03:30 ID:4VbT26GQ
話ができるなら最終的に二人にどこまで仕事をさせるのか話したいな
弟子にしたのやる夫にも関係あるし
728:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/05/04(日) 00:03:57 ID:6V7gDh96
やる夫にとっての実家での訓練だな>「あれに比べればこれぐらい」
740:名前: ◆DAZiCeQp.w <sage> : 2014/05/04(日) 00:10:27 ID:T//NS6Cs




                     __       _..  --  .. _
                  /::::::::::/',     ´          丶
.       _       /::::::::::/:::::::}/         }      \        それでもこういう家業だし
.      ⌒ヽ _ノ| /:::::::::::::/::::::::/          '         ,
.  _.. -‐  ̄   ∨::::::::::: /__  ′          /\           ′      後一回か二回は、いっそ殺せと血反吐とか
  ⌒>         |:::::::::::://⌒/      |:  / / __ |   |  }  i        色々こぼすことになると思うから
   /           :|::::::::: { :廴/      |  |  /}/´   `レ|  ;   ′ :}⌒}
.  {         /_|:::::::::::{厂}|     ,斗‐ | ′     |  / /⌒Y/ ___)     今はゆっくり慣らしていくだけで十分かなって
    )ノ八(⌒ヽノ|:::{\_:{/}|     |∨l/    ,x==ミ |/ /__ン/  >
.          /:::::',::::::::/{__八  :.  ', :{ x=ミ       厶ィ' / /  /     
         /:::::::::}:::::/    \ \ Ⅵ   ′         /l/    /⌒  
         / ̄ ̄ ̄ \       \(\ゝ    r  ´}   ___ /    /   / 
       {      \ノ -──==  ̄ 介  ._ ー ′ /厂  {   /  // 
    ー=ニ      /          / /⌒ /\イ//   人  ;  ∧ /  }  
.         ,    /{ _ニ=-   ,/   {二匸}二二} ,/  \|   |//⌒)ハ
.        ′   ∧     | ̄ ̄     ̄厂厂「 ̄/    八_{_∧     
     -‐== ,     ',     |    _.. -‐//| |/             | 
.           ′      \ _く\ /   〈/  :|_〈             | 
      __ ,        ',\ У     /      \             //
  _.. "´    ′ /     } ∨     .:       〔 ̄ ̄\   ,/  
.   ̄ /      ∨     /{     {         / ̄ ̄\〉 ̄`
   /_ ニ=-─   ー-─   八    [八       / ̄ ̄\/    
.  /     -==ニ _____     /   \   [二\    /       /|    
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 笑顔で凄いことを言う女である。近くで弟子二人が互いの体を抱き合いながら、
┃ あれ以上を後一回か二回……? と戦慄している
┃ 
┃ のだが、親の命を助けられた手前、はいさようならともいかない。二人の律儀さが
┃ 自らの命を修羅の賭場で使うチップに変えようなど、一体どうして想像できようか。
743:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/05/04(日) 00:11:26 ID:aQe5aeCU
ええ子達やな
744:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/05/04(日) 00:11:37 ID:0o14vfNQ
すっかり鬼教官が板についてしまってるw
普通に女子会したいぐらい乙女なのにw
745:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/05/04(日) 00:11:59 ID:MKepoFSQ
この稼業じゃなw
750:名前: ◆DAZiCeQp.w <sage> : 2014/05/04(日) 00:15:09 ID:T//NS6Cs






            .........................!............................................∨/ヽ  /_》_
             /................. /.....|..............|............................./∧ 》 "´: : : : : : :`: ー-、
         /./ ...............i ....,'|...............................\...∨/...j/: : : : : : : : : : : : : : : : :\
          /イ....|....|.........|.../ | ........... | .......|..............〈〈/⌒: : : : : : : : : ⌒\: : : : : : ヽ  /\
           | ...|....| ... /|/-孑|.........∧ .....|............|/: : : : : : : :/: : : : : : : : : : : : :〃⌒∨    》
          | . |....|..../ィテミ |∧.......|`ヘー|、.....//: : / /: /: : : : : : : : : : : : : :{{: : :/⌒ ー‐《
.           i.八...Ⅳ トィ::i    \| ィテミ∨.../: :./://_:ノ|: : : : /: : : | : : : : : {{: :/`ヽ : : : |
          i......N  Vソ      トィ::i リ.../ : /|斗=ミ/ |: : : ∧; : : |: : : : ハ:∨ : : : : : : :,
             |.......| /Vl/     ,    Vソ/....': :〃 んi::}   : : / ハ\: : : :./: : :/: : : : : : : :八
            ......{\        /Vl/ .....i /  Vソ    ∨斗=ミ∧: : :/: : : i : : : : : : : : : |\
            \.∨..>  c  っ   ィ../..从 /Vl       んiハ. |: :/: : :/ | : : : : : : ∧: |
             _, ヘ∨ ┴=≧=- <∧ |∧/|...>、    '    V:ソ八/: :/}/|: /.: : : :/ ∨
         /   \\\  `弌ノ⌒}  { |/  \ t   、   /Vl/ . :∠ ノ |/|: : : :/
         {      \〈⌒\{{:::::::::{/ rヘ下¨} \_┘__  //ト、\  | :/l/
        /{       く ヽ:::::::{^}:::::::}/ー  |/│    ≫==≦∠   }} }  j/
          /        \}:::::::レく丁{/〉  / 厶    ∨   \__ノ イ
        { ノ           {:::::::/| | Ⅵ(ノ  / ∧}|  _/       ̄ ̄()ハ
         ' 〈   ̄ ̄ ̄  人:ノニニニ{.|r┴‐┴┴r'' | /{
       /  \__       / //   rリ|     { 〈         }/    |
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ まぁ、口ではこう言っているが、なんだかんだでマミも同じ境遇を切り抜けたのだ、
┃ 加減は分かっているだろう。とはいえ、死なないのが幸せかと問われれば、場合に
┃ 依るとしか言えないが。
┃ 
┃ しかし、確実に言えることが一つ。マミが、これくらいは普通、と思う修行を乗り切った
┃ 暁には、この二人は間違いなくマミに匹敵する屍肉漁りに成長することであろう。
772:名前: ◆DAZiCeQp.w <sage> : 2014/05/04(日) 00:20:49 ID:T//NS6Cs



                  ______
              ,..._ ,ィi升圭圭圭圭圭圭liェ、_
         _____,イ"YK圭圭圭圭圭圭圭圭圭7i
         _>,r=K、,r〉圭圭圭圭圭圭圭圭圭彳     
      <´ (( / /   ̄ ̄¨¨¨¨¨ ̄ ̄ ̄´`ヽ.     
       /   >>’     /    , - ''         \   
      / _,イ./   //    /       /       丶 
       ̄/ヽ/   /   , -''    /  /         ; 
        { ,'   ,'   /    ,.イ  /          !   あ、それよりね、念願のチームだから、頑張って
       l. l    l ∠...._, ィ  //  ,イ    | !  、    l    名前考えてみたのよ!
       ヽ|.λ !/-''"´/ヽ//ィ/ {     | ! l |    } 
       _.| ト、ヽ!彡㍉、"´//' `ヽ!    l || !./  .,'    ピュエラ マギ ホーリー トライアド なんてどうかしら!
       !/ .!从! λ,, ,, ,,`   ミォ、  ヽ   /∧l !'__ ./  
     /´k ヾlll!j!!{        `ヾ、 }  ,',r=ト、/r、}'   
     | |!\ Y  ヽ   ′   """ // ,r'Y レ7、  ,}))
   ,r=,ゝ ヾ≦/    >、 r─ 、  __,ノ-'i´,' ,' //しゞ<_   __
  /λイ  ヽヽ./   !/ 、 ヽ_-'__,...>--'ノ ノノ/-!、_,.r≦´ /{
  ヽ!| ヽ__ /l   l|!/ \_≧Y_,..........._"'/  ヽ  _.`>/ ヽ
   ヾ、__  ゝ    ,イf-‐''"T‐-j-‐' ̄"ヽ<'´     lrニ≧=''´ ,イ、
       ヽ\ ,.'/\/∧ {      ヽ    !\_二=</!
        |ヽ /'  / /=''ヽl        |.   /ノ    〆 ,イ
       _}_./  , '. ∨/'  ハ        !  / ヽ   ヽイ’j
       l. ,'  /  /==''  |. ∨      .トミミ、_ ヽ (!_ノ ノ
       <. {  ヽ__' {!   ゙ヽ∧     トミミ!7'´  >ー'
       |. ゙、    _li_.     l     !ヽ ,'!
       l /= 、   ヾ、ヽ    ゙、   | { !{
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 弟子の今後を、それよりで流すのはいかがなものかと思うが、マミは実に楽しそう
┃ である。まぁ、色々抜けていて厨二を抜けきれずアレな部分が多いボッチではあるが、
┃ 有能なのは有能だ。きっとなんとかするはずである。
┃ 
┃ 反応しがたい話題が始まった頃、魔女と、依頼の紙を持った家具と呼ばれる店員が
┃ 姿を現した。全員の視線が、そちらに一極集中する。
788:名前: ◆DAZiCeQp.w <sage> : 2014/05/04(日) 00:25:25 ID:T//NS6Cs


                         _ -‐ <>、‐、
                       / ><⌒\ト、〉
                       / /  |   \/〉∧
                       |│| _」L⊥∧_/| 〉′
                      └≦_  ,ィ云  〉ハ/
                       `宀ノ  ' ' 〈〈丿
                    _ィ>   \ -‐' /|
                  / ´     __≧=彡´∧_∠ニ ヽ       おらおら、散れ雑兵ども
                 / ´  _r‐〈_/ ̄  _〉 ≦三〈
           ┌、「\/ ´    /〃`>_/>o<」 ==彳 ̄》ノ      依頼がはれねーだろ、それでいいのか?
          へ│/ 〉、 \  /,≫/〃\∧/〃 ∨|ト- イヽ
          ヽ-ヘ〈 イ 丿 \|〃 /〈 《   《   《  ∧||  ||丿      今日はでかいのが二つあるからよぉ、精々
              ̄∧ /》\〃丿ヽ个┰┰‐个/ >ー<        気張るんだなぁ
              /ニ∨/||   ̄ト-' 〉 ∥∥ r─≪ 、    \
              |─Ⅳ ||    |  / 〃 / ̄\__〉〉,    》
              「 ̄」>||    |/ // //q   ∧/〉〉,   〃
             「 ̄_」//ヾ=彳 // 〈/ / / / ∧/ 〉〉=彳\
             < ∧/ / |_」 | |  `ー' `´ 〈 /ヽ/ 〉|│|  ヽ
               `<二>´  //  \ \ 〈\\/へ| |│|   ヽ
                / 〃   //  〈\〉 〈\\\>┴'┴′
               ///   〈〈    \   \\ ̄\`\\_
              // 〃    〉〉  |  \ \\\_\〈\\\
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 魔女が愉快そうに笑いながら焚きつける。コルクボードに貼り付けられる依頼には
┃ 実は法則性があり、高いところに難しく、かつ報酬が高価な依頼が貼られる。
┃ 
┃ つまり、よほどの長身でもないと、この混乱の中では誰かを踏みつけないと取れ
┃ ないような所に貼られる依頼もあるわけだ。コルクボード前が戦場になる訳である。
802:名前: ◆DAZiCeQp.w <sage> : 2014/05/04(日) 00:29:48 ID:T//NS6Cs





              ┌∧ムYヤァィ-――-<ニ=こヽ、
             ,.ィi/    >ニ≡三..._    \,,、Σヽ
             >ヘ,,.ィ'´,ィ/    `ヽ、  .ハ `!ノ、
             \/ , ./ / ,. ,.  ヽ   .ハ ノノjハ_,.ハ j
                / / ,' .,' .,' .l .ハ ',.ヽ i |彡ノノハ_,ィノ
             l.i i .i ii i i  ', .i i ',j j ノノイ |_ノ
              ーi .ャ.ニ_‐┴┴ー゙┴┴''ソ彡シソ./
                  `、i,弋)   ''てら) .,イ{6リンノ.ソ
                  j.i  〈     ̄´ ハ Y゙_シ′    お? よぉ、人形遣い
                (`ト、 ---‐'  ,,ィリ''ヘ )
                ξ \ __ , ィ_''∠┐ '´       ちゃんと拝める面でよかったぜぇ
           ,.、.、    ,ィ・' ./::::::::::::::::;ィ
          / ,ノ.,レ、,,ィ・"ィ‐''"´'ヾ≠7'"  `ヽ、._ _....._      ま、アレも悪くないっちゃ悪くなかったがなぁ!
         j´ fr´.,ィ.)、',.ヽ、.,へ  _,,..゙ニ'' ‐-  / .,ィミ=ュ
            ,k''7 | i .i.._`‐ャLニ○-._ f  _,、イ _,.イ ぐ゙、、`:.、
 ,.、    .,,ィ''゙´.ト 、、,,__   }^゙ヘ..ィ'゙| `ヾ┴ニ-‐''"´,ィ''ヘ;::::::ヾ;:::ハ
く  〉,,ィィ"´  .,、ゝ‐,ィ/  /:::::::://::::¨¨7"''^^゙:H゙~{{:::::::::ヾ;:::::::l::::リ
 廴)"    .f::::f;ィ゙ハ  ./:::::::::{{::::::::::〃::::::::::::i:ヘ::ヾ、:::::::::!:::::::;;::<、
        ';::/::: i.,.ヘ ./__:::::!:::::::::{{::::::::::::::リ/ゝ、_゙;;;;、-‐'"::ヾ;::ヽ
           .,':::::: i _Yヽ:';::::`ii:ヽ:、._!:::::::_;::ゥ'´  .f::{{::::::ヾ:::::::::i!:::リ
        ,'::::::::: i" .', ヘ::::::::ii:::::::::::√´::::ノ    ヘ::ヾ、:::::゙、:::::/シ′
        ,':::::::::::. !‐-! }::::::||:::::::::::l:::::::/''ンュ...__`;;--ャ-‐''"!
       .f:::::::::::. jヽ. | j''":::ヾ、::::::';<´ ̄_ヘ :::::::::::::::゙ヾ、;;;:::::l
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ マミは依頼が来たので、今日は簡単だが条件が良いのを探さないとならないから、
┃ もしかしたら普段より気を張るわねぇ、と良いながら伸びを一つして戦場へと赴いた。
┃ 
┃ だが、自分は残り、騒がしくなり始めたコルクボードを横目に魔女の前に立つ。今日の
┃ 魔女は、愛用の黄金でできたキセルで煙草をくゆらせていた。そして、自分の顔を見て
┃ 馬鹿笑いを始める。ああ、また要らない噂が広がる…………。
817:名前: ◆DAZiCeQp.w <sage> : 2014/05/04(日) 00:36:34 ID:T//NS6Cs




:::Y::)人::::::ヽ:::::::ノ:/: : :l: : : : : : : : : :l: : : :l: : ヘ:ヘ
:ノ:Y:::::ノ::::::::::Y´: ,': : : |: : : : : : : : :..:|: : : :|: : : ',∧
:::::ノ:/::::::::::::/─、: : : :|: : : : : : : : :.::|: : : :|: : : :Y:ク
>'"::::Y::::::::::/  ./: : : :.|: : : : : : : : : :||: : : |: : _|:.|: ノ
::::::::ノ::::::::ノ、___ノ: : : :.:.|: : : : : : : _| l‐‐/ ̄|:.|:彡
<::_ノ-イ:、: :`: :|ィ`:`:─<´      /-- _,|:|ノ|
 .    Y\: : :|: Y____‐__.-、`ヽ   '彡モタノ .|{ |          ……ご苦労
     |: ∨:/`Y| `人ヲクノ`      ` ´  ハイ
       \ヘ|   ハ  ` ´           | ',',         ま、報酬は後でとどけさせらぁ
       ヽヽ//ヽ       、 .,      / .',',
         //\ヘ     __   ィ.   /   .',',
          //  `ヘ\     -‐  ./   ,ノ
        ヾ、  マ }_ >      //   /
           )  .〉-ソフヽ_r‐、_´__/> (                          _ _‐ ''"
          (  |::::::::`::>-イ、<ノ<_/                   ( ̄ ̄ヘ, --‐ >'´ , .ノ ̄
            }::::::::::::::::::::::::::::::::::::{                 _ ∠-==、  ヘ'"/ /
            /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::|           __, _‐'ニ´イ`\  Y〉  .〉   /
__   ___     /` <::::::::::::::::::::::::::::::{         =='‐''"´.   }、   ヽ .|  / /
`)\/_  \ /      ` <__::::_ノ\     __        |_ノ   ノ }、__/ /
<__/´___,ハ   \ ` ‐‐---- -、       ` ─< \イ´\ヘ.  /   /  ヘ,,ィ=Y
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 軽く頭を悩ませながら、ベアトリーチェの元にメモリーチップを滑り込ませる。
┃ 魔女は一端キセルを唇だけで保持してメモリーを受け取ると、煙を吐いてから
┃ 小さなそれに唇を落とし、満足げに笑った。
┃ 
┃ やはりお前に任せて間違いはねぇなぁ、と自分が見つけたオモチャのスペックを
┃ 誇るように、黄金の魔女は嗤う…………。
818:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/05/04(日) 00:37:47 ID:gsBvRmG6
魔女のお気に入り(笑)
819:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/05/04(日) 00:37:53 ID:/LLheB9k
やったね!好感度が上がったよ!!(吐血)
823:名前: ◆DAZiCeQp.w <sage> : 2014/05/04(日) 00:41:24 ID:T//NS6Cs





                        ヽ__, -____ }, -── 、==、_-ヽ、__
                         V ー' /-‐'''''‐- 、 ` ヽ、`ヽ__} ヽ
                          } /        ヽ 、 \、 ヽ`ヽ、
                          `/    /       ヽヽ ヽ. ノ、ノ )
                          | l   l l  l  l    l ヽノノ} `V
                          Ll_‐- 、 l  l l l   } 彡 イノノ)
                           | ッ=、ヽ /, -─‐- 、 レ'ノ}リ レ'      また来いよぉ
                            !.、!_゚j    ,rヤ。‐z } / /ゝ/
.                            |""r'   ´ ゝ='` //⌒y'´       面白い話題はいつでも歓迎だぁ
                            !   、_   """, { { ノ
.                      , 、     \ ゝニ='"  ノ,}´
                    , '", '".      \  _,,, - ´ノノノ
                  ,, ',"'".       _,,,,,,,,_r ̄rr-‐':::::::}、  , -─‐-、
                , ,'" '"       _,,/ _, -‐{, ̄:::::;;;; -'   7_,r、‐'´ ̄}ゝ、
             ,, ,'"'"        /E{ /,、_  `,二,   _,//l__/-'^~´`ヽ::ヽ
    r-、r-、_   ,, ,'"'"        ,.-'";::::{_>、ヽ} _>-<_  }-‐'二ィ<_r'::::::::::::ヽ::::::ヽ::)
.    l  l_,、 _,, ,'"'"         /::/:::::/ヽ_/ -‐Yゝ-、_{_}、_}_r':{::ll:::::::::::::::::}}::::::ノ、
   _,_ l / .}、'"   \      , ┴ {{:://:::ヽ、//_, -ll:::::::::::::::ヽゞヽ_:::::::::::ノ-''"ヽ、)
  <  )- / /  )__   l    /;;=-::::::{::::{{::::::::::::{{::::::::::::::ll:::::::::::::::::}:::::/::/ ̄´:::ヽ:::::::::::{
  `´-‐'`'''l_ r'" ,)  |ヽ   |://:::::::::::::}::::ヽ::::::::::{::::::::::::::::{{:::::::::::::ノ:::: {:::ll:::::::::::::::::ll::::::::ノ
        `ーrt‐'´ }、ト、 { l:::::::::::::://ヽ、ヽ___ヽ___ゝ-‐'"/:::::∧_ヽ::::::::::::::ノ_,ノ
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 外連味あふれる笑みに見送られ、酒場を後にした。とりあえず、組合に行って
┃ 許可を得るとしよう。
┃ 
┃ 酒場を去るときに、殴り合いの坩堝と化しているコルクボードの辺りをみると、ドサクサに
┃ 紛れて豊かな峰にいたずらしようとしていた男の顎に、マミは華麗に肘を叩き込んで
┃ 地面に沈めていた…………。

┃ ・疲れた ちょっと休憩
854:名前: ◆DAZiCeQp.w <sage> : 2014/05/04(日) 01:10:43 ID:T//NS6Cs






  | . : : |:::::|    |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::||
  | . : : |:::::|    |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::||
  | . : : |:::::|    |__,r===ュ_________|/
  | . : : |:::::|  /.  /#%%'/|______
  | . : : |:::::|/  /l三三レ′      /|
  | . :/ ̄   | ̄ ̄~ /___   /  |
  |/       |:;:;:;:;:// / /    |
/______|__/rュ.゛ ̄ /     /
__________/     /
;::;::;::;::;::;::;::;::;::;::;::;::;::;::;::;::;::;:|   /
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|  /
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:|/
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 朝に混み合うのは、何も酒場に限った話ではない。遺跡を管理する組合の受付も
┃ 混み合う場所だ。人気の遺跡に潜るには、早くて続きしなければならないのだから。
┃ 
┃ 組合には依頼ではなく、遺跡メインに潜るスカヴェンジャーの姿が多々見られた。
┃ そして、ここ最近は自分で遺跡を探さず、それ以外の仕事が多かった人形遣いの
┃ 姿が現れたことに、多くのスカヴェンジャーは驚いていた。
855:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/05/04(日) 01:11:49 ID:03qTBhTg
すっかり有名人すね!
856:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/05/04(日) 01:11:59 ID:6/ULRZwE
どこ行っても注目の的だな
857:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/05/04(日) 01:16:43 ID:3O51yoTc
>それ以外の仕事が多かった
全ては暗殺や諜報系統のスキルばっかり高いのが悪いんや…w
858:名前: ◆DAZiCeQp.w <sage> : 2014/05/04(日) 01:17:00 ID:T//NS6Cs





                ,.ィ:ニニミ:.、_
           ,..-‐-_、_/∠≦: : 、: : :ヽ: : >..
.        / ''´, イ: : : : : : : : : : ヽ: ノ.: : : : : :\
        /'´ /. : : : : : : : : : : : : : :ハ:. : : : : : : : :ヽ
        //.: :/: : : : : : i: : : }: : :i:}::... : : : : : : : :',
.        /.;/ : : ;イハ: : :li: : :|: : : :}: : ∧:::::::.... : : : : :∧
       /,.' |: : :i| || |: : :|}: :i:|:_:リ: :ノ:::::::::::::::::::.. : : : :ハ       あら、結構久しぶりじゃない
       !{. |:l|: || |! l>''´ ̄   ∨: : ..::;∠::::::::::.. . : : }
       ヽ レハ ^´ ィ5¨ヽ_,,. -‐|: : : //´ハ:::::::::::::::. ;'        随分とあらっぽくやってるって有名よ?
           ', r‐ 弋レ´    : : :/メ; /∨::::::.: :/  ゝ-.、ィ
         ( ̄ソ¨`ー‐ ′   |: : :,' ヽノ::. :ヽ: : :/    ヽ_:リ
          く         |: : メ≠;:::::: : : : : :|_ _,..、i'.:ソ
           {ヽ ___    |: /  ヽ;::::: : : : ;_}: : li: :リ'′
            \∨_,ノ    ::{    'Yヾ ̄ `ー' ̄
             |:ヽ    . イ:|人    }:フl
             |:リ `=≦ , -}ノ  ヽ , イ  :{
            _,ノ' -‐ ―〈{::::| _,,..イ    ,イュ
           /-フ´//ィ}`i ̄     _,ノ-‐‐\
          ,'.‐{ 丨/ / ィゝ.|  _,..-'''" / ̄二ミ、
          {/ | l:|/ 〃 〈/ ̄ノノ// //´ -‐ ミヘ
          |/リ ノ/ /// 0}l l:{ イ il / / // ,.>‐-'.
          レ .〃/// ノ l | l| 〃/ /〃 {i / ハ |:} ∧
         〃 / /'// //〃 ,リ / i{/ :|レ′|| }l |! |lハ
         // / / /://' 〃 /  ,リ ..ノ:|{ | }| || |! リ |}
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ まぁ、どこに行っても稼ぐやつは一部を除けば疎まれるものだ。誰だって自分の
┃ 稼ぎを減らすような奴は好きになれない。
┃ 
┃ 何時ぶりかになる受付で、一番最初に手続きをしてくれた事務員、秋月嬢の元へ
┃ 向かった。彼女はいつもと変わらず、指をキーボードの上でせわしなく踊らせている。
┃ フレッシュのままで、ここまでのタイピングができるのは驚愕だ。
859:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/05/04(日) 01:18:15 ID:Z9sYRqS2
リッチャーン
861:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/05/04(日) 01:19:43 ID:UNq2rnpQ
ひさしぶりだー
864:名前: ◆DAZiCeQp.w <sage> : 2014/05/04(日) 01:21:40 ID:T//NS6Cs




                   r―=ヽ  ,ィ=‐-、
                  ,.ィ≠´ ̄:`:゙^:ニ‐-..、  ヽ
                 /. : : : : : : : : : : : : : : :ヽ
               〃. : : : : : : : ;イi: : : : : : : : :ヘ
.               i:;'. : : :i: : : : // |ハ: : : : :i: : :;ハ
.                |:|: i: : i|: : : // リ |i: : : :リ: : :;:;}
                !;ィi ̄≧=、 ′  !|_: : /: : :;:;リ
                {,':i、f'7::心    二.≧、7;:;:/
         _/i.     i: | ( ¨¨ `マ__,-‐〈;ヒハィ//}´
         ∨.:!   _|:il   ̄  〈 `、._,.イ/:iソ           さて、今日はどんな遺跡がいいかしら
          \}:ヘ=:{: : ! |\   、_  ,-, ./:ノ     ,
            ̄¨´ ̄ヘ!  \    _i .i<//:ト,_  /:iィ       え? 今日はリクエストがある?
                  _.| `ーrニヾ._|〃ーヾ:}=ェ:_:ノ′
              __ノ `‐-〈//.,ニ i    ゙¨           情報屋から遺跡の情報でも買ったの?
           , -'"彳/〃/>.、_|ヒー-}  | ̄"'''- .
          //,ィリ/〃/ / / iP|ト、 {  ∨i| ト、ヾ、ハ
         ///,.=| 〃/ / / :i|.|| ヘ_,.ノ \i_ } i| i ',
      /.〃//, ‐i//〃〃 /|o|:i| |\  ノ`ヽ\ヾ∧
    , -'"// 〃 //リ{:. / 〃 イ :|. |: i | iト、\\ヽ、\ ∧
  /〃//, イ´ /´¨∨i |i il i| |o| l:| |:∧ .\ヽ、.\\.',
 i'´r'´///>'´    i:{ l! l| l: i:|. | || i| /∧ヽ.\` 、\`ヽ
 { ll .ー‐-‐=≠、     ∨〉 ヾ {i i|o| |i リ ノ/ハ.ヘ \`、 \ヘ
  \\"'- 、ヾ、\     }i| i i| } |. | | i{ {| i|{ ` 、\\ヽ、`ハ
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 指先が別個の生き物のように稼働するタイプは、やる夫に向いた遺跡を探して
┃ いてくれたのだろう。しかし、今回は暴君から報償として許可をもぎ取った二級遺跡
┃ に潜るのが目的なのだ。故に、今回は必要ない。
┃ 
┃ しかし、遺跡の名前を出すと、彼女は表情を曇らせた。
869:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/05/04(日) 01:24:02 ID:kLFUV8J.
準二級じゃなかったけ?(等級あがった?)
872:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/05/04(日) 01:25:11 ID:KKvJkSmM
更なる危険が見つかって既に一級に格上げされてました、とか言うオチかもね
873:名前: ◆DAZiCeQp.w <sage> : 2014/05/04(日) 01:25:22 ID:T//NS6Cs




       __   _,..、-'':": ̄:`:丶、
     ,,ィ‐{:fi|,,.<: : : : : : : : : : : : : .ヽ
   〃´,≧´;,: : : : : : : : : : : : : : : : : .ヽ
.    ,ィ: : : : : : : : 、: : : : : : : : : : : : : : ∧
    i:::!: : : : : : : : :ヽ: : : : : : : : : : : : : : .i
.   {::::ヽ: : : :\: : : : ヽ: :i|: : : : : : : : : : |
    ';::::::ヽ、: : : :\: : : :〉:∨- 、: : : : i: : |
    ',i:::::::>ミ≡=-‐='∨∧、 i.}: : : :|: : !   `Y:.、_
     ヾー\ ィラiヽ / ∨∧_人: : : ヽ; 〉_   ∨:リ
.    〃/`iィv‐ヾ! '´   ヽ∧  ヽ:≦-{: : ソ=Y: ツ     その遺跡は等級が上がっているから、貴方じゃ……
    / ヽ!_/リУー′    ∨}  ∧ヽ  ̄ ー '¨
.  _/  '´  ,ヘ __       リ  |              ん……? 特例許可措置……?
  /` 、__,.イ   \  _,,.< ' _卜
. /\   /   ,ィ  ̄ {≠'''" ̄__,,.|             これ…………
/〃/  ̄/〉   /ノ〃ィd-‐''/==ミヽ
〃/〃 // -'"_,〃〃// /,ノ// ̄/ .く i
// ,' / リ -'"/,.'/〃/〃リl/,.' / / ;'∧
/ / i' ノ-‐〃 /,.ィ/〃{ノ// / ,.' //彡
 ! //-‐'''{ l {i / 〃/ i{/// / ,'〃/= リ
 |レ'_,..=∧ヽi| /,'/ /://,' / ,.'/ ノ=-ノ
ー-‐_,..‐´ ヽib{ i:l i{//,.' / ,',イ//:ノ/
ー=''      ∨} ヽ∨// / ノ/ソ/::ノ./
         }i| i∨//, ' 〃 ,'/.:,' /
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 遺跡の等級は、遺跡の貴重さだけではなく危険度にも比類する。今後経験を積んで
┃ 更に優秀な屍肉ぐらいを守るための意味もあり、等級に見合った遺跡にしか立ち入れ
┃ ないように組合は管理しているのだ。
┃ 
┃ しかし、記憶違いがないかと思ってデータを呼び出した受付嬢は、やる夫が、限定的
┃ にではあるが遺跡に立ち入る許可を得ていることに驚く。組合が出す等級は飾りではない。
┃ たとえ巷で三級詐欺だのなんだのと言われていようとも、それは絶対なのだ。
879:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/05/04(日) 01:26:56 ID:6/ULRZwE
やっぱコネって大事だわ
884:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/05/04(日) 01:28:39 ID:Ch07aQnw
三級詐欺w
891:名前: ◆DAZiCeQp.w <sage> : 2014/05/04(日) 01:31:33 ID:T//NS6Cs





           __
       ..、 // ̄`
    ,, 彳ニ≧'´: :¨  ̄ :::..':..、
.   ´ /.: : : : : : : : : : : : :、:::::.ヽ
    / : : : :,、メ 、: : : : 、: : : :ヽ:::::..',
.   i : : : : :|!| |i',: : : :.〈: : : : }:i::::∧
.   {.i : : : :| ! ! ヾィ≠-=ミ-、i|:::::::..ii
.   ∨ ,ィ,=--     ,ィ=。ァ、_,..i l'`i::::||
    ヽ∧.ィャァ _ ァ ゝィマ゙  |:| ス:〈     、        ……はい、これ許可証ね
      ( ゞ' ノ¨`ー‐ ''′  |:i´::::メ,.    }`ヽ
        ', ̄        ∧!::::::〉'=、,ェ_.ノ,ノ′     手続きはやっておいたわ
     、.  〉、   ̄`   .イ、゙|! ̄`ー‐=ッ-'´
     ィi:ヽ 〉ソ≧-、.__,,   |`ヽ               送迎の車は、ここから出てるから、よろしくね
     `ー゚、,ィニ 、ヽ∨,,..-‐`i
      , -‐{ゝ   /_,..、-‐〃, 、_
.    ィ´/〉/i     ,'〃/ // .//ヾ` 、
    ,' リ〃//〉 _,.-〈/ / // 〃リノ }| i| i}
.   i |l/ //∧  _,ィ` 、././ ,i〃 / 〃,リ
    ,'/i|. { i i {〉'´、ヾヽ ∨/ i/ 〃 ///
   ル ∧i{ | | |i', 、ヽヽ`、∨〃/ ///
  // リ∧〉} i }∧ヾ、ヽ、ヽ∨/ //,i'
. //〃 i/リi| | i l|o∨ヾ、ヽ,〉 Y//〃ノ
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 等級における縛りを一時的にであれど無視する許可。組合が絶対的な基準として
┃ 敷いたそれを無視させるだけの権力とは一体。
┃ 
┃ 彼女も人間だ。下世話な話だが好奇心がくすぐられない訳でもない。だが、それでも
┃ 組合に雇われて働く正規の受付嬢としての誇りもある。疑問を飲み込み、彼女は
┃ 従順に課せられた業務を遂行した。
900:名前: ◆DAZiCeQp.w <sage> : 2014/05/04(日) 01:36:22 ID:T//NS6Cs



            /     __            \_____
     | ̄ ̄ ̄ ̄     _>: : : : ̄: :` ー-----、      _   /
     |           ´: : : : : : : : : : : : : : : : : : ´ ー- 、 l'::::ヽ_/
     |      ,/: : : : : : : : : : : : ': : : : : : : : : : : : : : : :ヘ.|:::::::ハ`l
     |     ノ, : : : : : , : : : : : : : : ' : : : : : : : : : : : : : : : ヘ::::::::::| |
   /   r ´: :/ : : : : : , : : : : : : l: : l: : : : : : : : : : : : : : : : :ヘー 'ー
  /     |.: : :,.: : :l: : : :l : : : : : : |: : |: : :.l : : : : ',.: : : : : : : : :ヘ
  ヽ、    ,|.: : : : :.:ハ: : : : : : : : : :.:|: : j、: :ハ__'_.: : : : : : :.:ヘ
   \ / |: : l: : :.:: :', : : : : l.: : : :.|: : ハ Τ ', |、: :!.: : : : : : : : : :.',
     `l: :l: : |:. : :.:._,ム-―┤/! /|/  V' __リ_\|、| : : : : : : : : : ',    我が主、一応修理に出している分もありますが
      /1: :,: : ! : :´ :|  \: :|' レ    ィ彡テ=r、1!: : : : : : : : : : :.',
    ' |: : ': : ,: : : : ! _,..ヽ|      ´1::::し:゚ノ リ| : : : : : : ': : |、: :',   移動だけならなんとかなるのでは
     } |:.: :. : : : : :,ィ彡=≠ヘ`        ー‐   '.: : : : : :.' : : | ヾ、
   イ  |: : : : : :',: :\ト、:::J:゚ノ               //:. : :. : :.: : :.|
 /、!  |: : : : : : ヽ: : ト、  ̄            //1l: : : : ': : : :|__
/:\ \__|.: : :l : : : : ヽヘ        `     / ' リ.: : :/: :ハ: :|__
:::::::::\_'; : .:ト、: : : : : :.:ヽ        __        イ: : /: :/::::} |:::::::
、::::::::::::::::::::';: :|:::\:.: : : : : :\     '-‐'    / jl イ: :/::::::jリ:::::::
. \::::::::::::::::ヾ{:::::::::\: : 、 : : >         /  }レ/レ1::::::::::::::::::
   > ´ ̄`ヽ:::::::::::≧=-、 ヾ  Τ ―‐ '  ___'/_/}/` ̄ ̄ ̄
  /        <´    \|r‐ ┴ァー-、 , =ヘ::ヽ  |     ノ´
-、ユー- _    ヘ  ̄ヘ   |  /:/ /^`Y ヘ  ヽ:'  ゝ、  ノ
   ̄`    ヽ    〉- ┴― ' ノ::j /´ ̄ ̄`}  |::|    ー┴-<
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 組合が足を用意するのは善意だけではない。本来は没収するはずの特別な遺物
┃ が無いかを調べるためでもあるのだが……どうしたものか
┃ 
┃ 1.普通に送ってもらう
┃ 2.自分で行く
┃ 1:40
916:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/05/04(日) 01:40:00 ID:mdoVsYYY
2
921:名前: ◆DAZiCeQp.w <sage> : 2014/05/04(日) 01:43:29 ID:T//NS6Cs




                   __
           , ‐'二 ̄`>'≦ ̄ `ヽ
           / /  -`    `丶、 )
        / /  /     、   ヽ く/ィ
,  ィ'     ′  /  / 〃| l.|', i ! i  Y
!. /{/!    |  〃.i  〃/i川 リi| ! | !| | ! |i i
?{ い/   !/, ,.|l il i仏ムム! | 七ZL」j_l.|
、\込ヘ,__ ,_r〈 /厶! l|「V,=ュミ′! ィj'}ムー、,ゝ‐、        ん? 送迎不要?
  ̄ヽ幺彡仏ヘ 〈'^}|i ト、ytり ¬, -ビムヘ_/ r/ ,ヽ
     `^^ー‐ヘ ヽ1.| `ー‐ ´ . 〉/!/ノ〈./_,.1        ああ、そうよね、そこまで装備が整えば足くらいあるか
          V´| l、     -ッ'.イ  ヽ (   |
          __/  ! ! ` ー;- ‐く」」__ ∧ ー ハ        それじゃあ、伝えておくわ
       厂_/     !  /`¨¨V ′ ,>ー‐''´  〉、
       ム  \  .._ __  ,ノ ∨イ ヾ、   / }       じゃ、一応決まり文句だし 良い狩りを
      j___ヽ.  \       ′  !/ 、j { j^7¨~´/1 |、
     /´⌒ヘ   ` ¬ー、    j′  〈 ヽ   j ハ.ヽ
.     {    ヽ、   }`ーヘ  { ',   マーヘ  ' ′ヽヘ
      i 、     \ / ー- .ヽ.j/      〈{{ 、     i
     ,1  ー - 、〃/    ` r`Y      }い、ー-   |
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ とはいえ、大所帯のチームや大がかりな装備を持つチームもあるので、普通に
┃ 自前で移動することも珍しくない。そのために、遺跡には警備の兵士も置かれて
┃ いるのだ。
┃ 
┃ やる夫は送迎を断って自分たちの車で遺跡に向かうことにした。
922:名前: ◆DAZiCeQp.w <sage> : 2014/05/04(日) 01:48:06 ID:T//NS6Cs




              __
          ,..'"´: : : \
         / : : : : : : : : : \
        j: : : : : : : : : ヽ: : : :\
        ノ: : : : : : : : : : : l :ヽ : :ヽ
       /: : : : : : : : : : : : : : : : :/
      ./: : : : : : : : : : : : : :\: ヘ
      {: : : : : : : : : : : : : : : : : : ヘ.
      >ー --- : : : : : : :へ: : ヘ=- 、___
    _/: : : : : : : : : : : : : : : : : :/: : : : γ´::`:.、
   /ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : :/: : : : : : /: : : : : :ヽ         さぁて、後はメンツきめないとな……
  ./:ヽ : :ヽ: : : : : : : : : : : : :/: : : : : : : /: :j : : : : : l
 /: : : : : : :ヽ: : : : : : : : :/: : : : : : : : :/: :/: : : : : : :|
 |: : : : : : : : : ゝ、: : : :/: : : : : : : : : :/ : : } : : : : : : |
 |: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : /: : : / : : : : : : :|
 |: : : : : : :\: : : : : : : : : : : : : :/: : : : :/: : : : : : : : |
 |: : : : : : : : :\: : : : : : : : : :/: : : : : :/: : : : : : : : : |
 |: : : : : : : : : : :゛'' ‐- ''": : : : : : : :/: : : : : : : : : : |
 |: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : /: : : : : : : : : : : |
 |: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : /: : : : : : : : : : : : |
 |: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : |
 |: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : |
 |: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : |
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 軽く首を捻ってから、やる夫は許可証を懐に収め、出会いの地、そして自分の
┃ 始まりの遺跡へと足を向けた…………。
┃ 
┃ ・時間が時間なので、本日はここまで
923:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/05/04(日) 01:48:22 ID:aQe5aeCU
乙でした
924:名前: ◆DAZiCeQp.w <sage> : 2014/05/04(日) 01:48:28 ID:T//NS6Cs
ほい、お疲れ様でしたっと……

いかんなぁ、やっぱり進行速度落ちてるよ……
関連記事
スポンサーサイト




コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する