やる夫はスカヴェンジャーのようです 31日目 -03

966:名前: ◆DAZiCeQp.w <sage> : 2014/05/06(火) 22:24:12 ID:VWDmbrSE




                                                  |  |: : |: :
  ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|                                   |  |: : |: :
     |            |    | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|    ______    :|  |: : |: :
     |    //    |    |                |    |INFOMATION|   |  |: : |: :
     |            |    |                |    | ========== |   |  |: : |: :
     |   //     |  从从________|    | ========== |   |  |: : |: :
     |            |  ハvVv                     | ========== |   |  |: : |: :
     |            | ルwwヽ                 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄     |  |: : |: :
     |            | Wwwリ                              |  |: : |: :
     |   //     |   |:|_                              |  |: : |: :
 __|______|____|~~;|________________________________________|  |: : |: :
 ;';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';'\ `--'::::    : : : : : : : : : : : : : : : :|\ /受付/| _\:::: ::\|: : |: :
 ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^           : : : : : : : : : : : : : : :|  \ ̄ ̄ \:  ̄|      ̄ \:
                            : : : : : : : |   \    \::|       \
                                  \.    \    \_______
                                   \.    \__________
                                        \.   : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
                                         \.  : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
                                        \: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
                                           ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 静かに遺跡に踏み居る。電源が落ちた自動ドアをこじ開けた先は、一月前と然程
┃ 変わらない受付だった。ただ、前回と違い、分厚く降り積もった埃は、無数の足跡
┃ で不躾に踏み散らされている。
┃ 
┃ やる夫はしゃがみ込んで一番新しい靴跡を探ってみる。埃の堆積が浅いので、
┃ 恐らくここ数日でつけられたものだろう。
967:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/05/06(火) 22:24:56 ID:xqtRMiVI
中は死体のやまか・・・
968:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/05/06(火) 22:25:18 ID:bbqV08Yk
やっぱ盛んに攻められてるなぁ
969:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/05/06(火) 22:25:22 ID:jb2h8N3k
キタ━(゚∀゚)━!
970:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/05/06(火) 22:26:19 ID:nppYExSY
どれだけ荒らされてんだろうな、帰還したスカベはいるんだろうか
971:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/05/06(火) 22:26:30 ID:0BXOFITQ
入っていく足跡はあっても出て行くのがないパターンかな…?
972:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/05/06(火) 22:26:33 ID:K99bic1E
結構、人は来ている様だな
今日、誰か入っている形跡は無いと見ていいのかな?
973:名前: ◆DAZiCeQp.w <sage> : 2014/05/06(火) 22:27:08 ID:VWDmbrSE

          ____
        /      \       ザリ
       / ─   ─   \
      /( ●)  ( ●)    \
      |  (__人__)       |    新しい靴跡だお。ここ数日。サイズは27cm 大柄
       \ ` ⌒´       /
        /  ー‐      ヽ     埃の散り方からして潜入任務向けじゃなくて、あらっぽく漁るのが
       /            `      得意な輩っぽいお




    , -─… '"´_¨ニ‐-.._
  /    ,.イ孑7/::ヽ\:::::`>:._
., '    /<:::://:::;ィニ=-─…斗:..、
′   /〈::::7 / ̄´       `ヾム
    ./∧∨´    ハ       ヽ ヘ.
./   i/:::::j′ / , ' ∨ ∧    i  ゙:、
′/⌒V  厶イ    ̄`゙:、  ,ハ   ,ハ
../l`ヽ  i ,.イ   ,.ィ''7モメ、 ハ /'⌒!   |      へー、足跡一つでそこまで分かるものでありますか
.i::l l:::Ⅵ/ i   ヽ {じ′   i/ r:ォ |l   リ
{ニ´ ):::i | 人     `    .:.、i;ソ リ ,ハ
入ヽ ∨ }  トヽ        ::/   厶イ i .ヽ
  `¨´.ノ| │        ___    /  |
/i ハ.∧ !       ´ー′ ,.イ i  リ
  レ′ i i'个:..._        /!ハイ /
     .| }    >: . .   /  リ i /
     「 ̄`¨ニ=ー-: .,_/_¨´       '′
     |        ハ }
     |         _/:ャイ‐r::.、
    ,.L.._      /:::::::i::::::}::::::ヽ
976:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/05/06(火) 22:28:00 ID:xqtRMiVI
攻略のために情報分析は大切ね
978:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/05/06(火) 22:28:38 ID:K99bic1E
両親仕込みの技術がいきるな
979:名前: ◆DAZiCeQp.w <sage> : 2014/05/06(火) 22:29:14 ID:VWDmbrSE

        ____
       /    \
.    /          \     足跡は、現場に残る痕跡で、相当人間性が出る部類のものだお
.  /    ―   ー  \
  |    (●)  (●)  |    地面が柔らかかったら、体重もある程度は分かるんだけどね
.  \    (__人__)  /
.   ノ    ` ⌒´   \     ん、引きずった跡に、これは乾いた血だお。古いから、誰かが
 /´             ヽ     命からがら逃げた跡かお?




               /      ∨                     /
              .       ∨                  /
          -- ┤        ヽ                <
       //////.l          \          .<
      レ//////∧ \          .\   ____... -
       .l///////∧  ,ヽ、          ̄
       l.///////∧  lニl`<
        .l////////∧  ニヽ  \                            うーわ、おれ、なんかそういうの苦手
       」≧´ ̄ ` =≦  .'.∧   ヽニ-..______.......===--====
      <          }  ',≧   .ヽ三三三三ニ≧ ´         ヽ三     怖いよね
  <               /   ∧ニヽ____.)三三三≦           /三
<            .  /  \三三三三三ニヽ             ノ三三
.             i  ..i    .\三三三三三≦==------=≦三三三
>              l   l      `<三三三三三三ニニ==-- ¨¨ ̄
   > .       .ヽ  ヽ                     /  ./
       > ..     >   \                     /  /
          > -=/ \   \                 /  /
            /    \   \             i   l
            /      /` ー=´ヽ            ゝ ....l
980:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/05/06(火) 22:29:25 ID:bbqV08Yk
荒っぽくても2級だからなぁ
984:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/05/06(火) 22:30:59 ID:N99hMyAY
メタビー、お前も撃退する側だったんだぞw
985:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/05/06(火) 22:31:23 ID:xqtRMiVI
うひゃーこっそり慎重にやれということですね
986:名前: ◆DAZiCeQp.w <sage> : 2014/05/06(火) 22:31:29 ID:VWDmbrSE

           ____
         /       \
        /      ―   ‐      足を引きずった跡は埃にしか残ってないし、血は転々とだから
      /        ( ●)  )      小さい出血?
      |            (__ノ、_)
      \           `_⌒     いや、それとも即死した後で、死体だけでも回収しようとしたのかな?
      /           \      負傷したにしちゃ、出血量が少なすぎる気がするお





             / ヽ /\_ / ヽ
             -=≦           \__
          〉  -=≦  ̄ ̄\≧=-   /
          r´           ヽ   -=
         〃             /     `ー 、
     r -=彡イ     __/}__/}   ∧ i| /     }
     ≧ / /    x-=/_N  /x=≠-{-   .イ |     ないしは、出血をあまりしない特殊武装
.     く:i:i>ノ´    弋///ノ } / 弋////.イ//} }
      ヽ:i/ //  / ` ¨´  )´  ¨¨/´ノ } / 〃     というところでしょうか
       ノ´ヽ/ i| 人             /.イ}´
           /´ i|/レ} ≧ _´_  x≦ /_」
                  √ヽ } 八}  ヽ} /´
              ヽ c}:::ト、/:」`ヽ_〈- ノ_   
                 -ノ ハ//::::.. ) /:::}:.:.:} __ /
            `ヽ一´:/ `  /  l/-〃r-〃_______________
               // _/   {_ /||{、:{{:.=:.{:.{::::::::::::::::::::::::::::::.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.::::{{◎:}:}
                  /} ミ=-   」}:.:.ヾミ=从 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                  /:::::}|     ∧  }-{ ヾ
      / ´ ̄:¨::::::::::::::::::::}|     /:::::〉  }ミ} 
       ヽ::::::::::::::::::::::::::::/      /:::::/ / ヾ}
987:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/05/06(火) 22:31:39 ID:jb2h8N3k
メタビーの台詞にほんわかする
988:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/05/06(火) 22:32:06 ID:HTaZl6hQ
正規に入れるクラスの人間が撤退してる以上気をつけないとね
997:名前: ◆DAZiCeQp.w <sage> : 2014/05/06(火) 22:34:15 ID:VWDmbrSE

..      ____
     / ―  -\
.  . /  (●)  (●)      リベットとか?
  /     (__人__) \
  |       ` ⌒´   |    刃物は抜かないと、場所によってはあんまり出血せんしね
.  \           /
.   ノ         \     上の階に大物でもいたのかお?
 /´            ヽ




   /   r ´: :/ : : : : : , : : : : : : l: : l: : : : : : : : : : : : : : : : :ヘー 'ー
  /     |.: : :,.: : :l: : : :l : : : : : : |: : |: : :.l : : : : ',.: : : : : : : : :ヘ
  ヽ、    ,|.: : : : :.:ハ: : : : : : : : : :.:|: : j、: :ハ__'_.: : : : : : :.:ヘ
   \ / |: : l: : :.:: :', : : : : l.: : : :.|: : ハ Τ ', |、: :!.: : : : : : : : : :.',
     `l: :l: : |:. : :.:._,ム-―┤/! /|/  V' __リ_\|、| : : : : : : : : : ',
      /1: :,: : ! : :´ :|  \: :|' レ    ィ彡テ=r、1!: : : : : : : : : : :.',
    ' |: : ': : ,: : : : ! _,..ヽ|      ´1::::し:゚ノ リ| : : : : : : ': : |、: :',       まぁ、何よりも注意すべき点は…………
     } |:.: :. : : : : :,ィ彡=≠ヘ`        ー‐   '.: : : : : :.' : : | ヾ、
   イ  |: : : : : :',: :\ト、:::J:゚ノ               //:. : :. : :.: : :.|
 /、!  |: : : : : : ヽ: : ト、  ̄            //1l: : : : ': : : :|__
/:\ \__|.: : :l : : : : ヽヘ        `     / ' リ.: : :/: :ハ: :|__
:::::::::\_'; : .:ト、: : : : : :.:ヽ        __        イ: : /: :/::::} |:::::::
、::::::::::::::::::::';: :|:::\:.: : : : : :\     '-‐'    / jl イ: :/::::::jリ:::::::
. \::::::::::::::::ヾ{:::::::::\: : 、 : : >         /  }レ/レ1::::::::::::::::::
   > ´ ̄`ヽ:::::::::::≧=-、 ヾ  Τ ―‐ '  ___'/_/}/` ̄ ̄ ̄
  /        <´    \|r‐ ┴ァー-、 , =ヘ::ヽ  |     ノ´
-、ユー- _    ヘ  ̄ヘ   |  /:/ /^`Y ヘ  ヽ:'  ゝ、  ノ
   ̄`    ヽ    〉- ┴― ' ノ::j /´ ̄ ̄`}  |::|    ー┴-<
1000:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/05/06(火) 22:34:57 ID:9bAHidNY
>>1000ならやった!掘り出し物(IAI渾身のナニカ)だ!
29:名前: ◆DAZiCeQp.w <sage> : 2014/05/06(火) 22:39:48 ID:VWDmbrSE




                /\
            /ニ=‐- 、/ _∧-┐
       _/ ,.-―‐ '´::::::::::::`ヽ
         | /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::rぅ´ヽ‐ 、     ブラーン
       ∨:::::::::::::; 、::::::/ヽ:::::::〉=‐ '|  \
        /:::::::::::::::「 `´    ∨ハ-‐ 「:∨<´
     /,'::::::::::::∧| 丶  _´ ⊥=|:::::::|::::∨
    / /::::::::::::::L -┬   |::::::::||::::::〉::::::〉
     |_ |/l::::::::::::||:::::::|    ー ' /:::::::ヘ/
      └|l |/::|::::::|ー '      〈:::::::::::/        入っていった数より、出て行った足跡のほうが少ない
        \f ⌒lュ‐-  -=≦ ´∨::/
         {ニ三}ニ  〉'´     У          ってところですかねー
          |::::::::ト _|   _ -〈
         `ー ' 、__匚 ]  -イ:\-、
         /´::::::::|         |::::::::\\
           |::::::::::::::∧      ∧:::::::::::::::::`ヽ、
        /|:::::::::::::::::::|       ∧::::::::::::::::::::::::>、
       /::::::::::::::::::::::::|       |、三三ニ='´  ノ
     <`_ー-┬ '_´⊥ _  _..-┴~ー―'⌒´
         `⌒ ´      ̄
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 戦闘行動に備えてフードを脱いでいたので、懐から多目的ポーチに居を移した
┃ 鬼灯が、ポーチの縁から器用にぶら下がりながら地形を分析した。
┃ 
┃ どうやら、ブーツのパターンを計測する限り、出て行った数の方が踏み言った数より
┃ 少ないらしい…………。
30:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/05/06(火) 22:39:49 ID:Eg0dVnL6
IAI謹製掘り出し物・・・Hi-ERoなロボだな!
31:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/05/06(火) 22:40:29 ID:jtV2sB62
>>1000
IAI渾身のな掘り出し物・・・ヌカ・コーラとかだな。もちろんクアンタム。
32:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/05/06(火) 22:40:34 ID:GXkvLI5I
前スレ>>1000

IAIの全てのネタ食品を網羅したプラントとかかw
43:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/05/06(火) 22:44:27 ID:K99bic1E
まさかのスカベンジャーオブザデット編、開始か!?
46:名前: ◆DAZiCeQp.w <sage> : 2014/05/06(火) 22:44:50 ID:VWDmbrSE




      ,∠___t= /  / ,.ィ  ィ  ,.イ                 \
     j-、   V イ/ Y レ''`:i/、 /       ,           \
    ィ / !:  /レ   !  vゝ.:_: :.ハi'     ,. イ   /      ー-`
    /j / r| /    |     ー ' / ィ /  /  ..イ  /    ヽ  ヽ
   l / L |./    i |      ´  ´  / ' ´_- ! / ,    ト . i
   iゝ_, /'     |ヽ!              ハ: :ヽレ l /     ヽ V
   レ riV /イ   | l               ゝ:_: ハレイ    ト  i
   ゞ_ノ.:. N     |            -..,         '/ ィ  .  │レ'
    \ ,.イ     |        __    ′      イ /  .N 、 |
  ハ:::::::::::│ l  !         ` .` 、        '7    |   ヽ!
   レ::::::::::::N ハ  ,'          _ `´       /   i |        マジでありますか
   /:::::::::::::::::Y !/: : .               イ i   ∧|
  ':::::::イ::::::ヽ| | \: : :           ,∠l:::::::!  /          こりゃ、流石に気合い入れんと不味いでありますな
  レ'´  |::/|:::::| |!   \: : .       イ::/:::ハ:::ハ ,'
      '  i /| |‐-     ゝ :._ ィ ../イ::::/∨ Yヾ:: !
       j二二ハ_ ,. -─_‐_-_,.|/  ∨     ∨    ガジョッ
 ,. -‐ '.:´ : : : : : :`Y: : Y ´: : : : : : : ヽ、
. l : : : : : : : : : : : : :.l:.: :.:!: : : : : : : : : : : :\
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ アイギスが担いでいた20mmの弾丸を確認しつつ、五指の機銃に弾丸を込めた。
┃ 戦いの予感に人工筋肉を温めて備える。
┃ 
┃ 出て行った人数の方が、入っていった人数より少ない。それすなわち、死人が大勢
┃ 出たということだ。恐らく、三分の一は内部で戦死、ないしは重傷を負って、自らの
┃ 足で出て行くことが適わなかったということであろう。
48:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/05/06(火) 22:45:07 ID:bbqV08Yk
おお!!?
51:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/05/06(火) 22:46:06 ID:nCbzNzvE
アイギスが真面目になったか
こりゃ相当ですな
53:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/05/06(火) 22:47:17 ID:0BXOFITQ
損耗率33%か。こりゃ相当なもんだな。肉壁でも使ったのなら話は別だが
55:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/05/06(火) 22:47:31 ID:lXn84qQ.
熱単分子ブレードで切られても出血はほとんどないよね……
57:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/05/06(火) 22:48:14 ID:25J/JeuE
結構減ってるな
58:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/05/06(火) 22:48:18 ID:nppYExSY
ありゃま、アイギスが本気モードだ。
(ガクガクブルブル)
60:名前: ◆DAZiCeQp.w <sage> : 2014/05/06(火) 22:49:21 ID:VWDmbrSE





                 _        _
               /三ニ=-_/三三ヘ
                {三三三ニ|三三ニ,|
                 ∀三ニ=‐マ三フー- 、
                 ̄      l!; :': :. . . /\
                       {   ,__ィ〈.   〉    ,-=ニ三    入った時より出たときの方が数が少ないかー
                       _'t,イZ_スl》: . . / __x≦三三三
                      i、ィ心`¨´ _《_:_;-'<|  __  l三三    やだなー、おれ、そういうホラーきらい
                       i////` ̄/|:、:. / |  |//,l |三三
                  i/Z/   /: : :|: : .   |  |//,l | ̄¨¨    「元生産者側が何をいうでありますか。
                    {、_ , ′: : ! / >ーノ//ノー'        ここ、元職場でしょう?」
              ___, <∧: :!: : :.|ィ´ , <´-'</
              //////////∧_丶┬`<'// \ \        元だからさ、元ね
.            =≠////////> ´. : :lン'∨//// -‐ 一   〉
               〈////> ´. : <> ´ ̄`ーく:.: : : : : :` <
               `ーf´ . : <>/\: : :.,f三t、 \: : : : : :/
                >、 . : : : /. . : :\:.辻汐..:.: :.\: : /
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ メタビーも折りたたんでいた右腕の12.6mm重機関銃を展開する。この先には、
┃ 少なくとも準二級レベルの屍肉喰らいを押し返す何かが待っているのに違いはない。
┃ 
┃ 兎に角、気を入れて進んだ方が良いだろう。
62:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/05/06(火) 22:50:03 ID:bbqV08Yk
メタビーで和むw
63:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/05/06(火) 22:50:48 ID:K99bic1E
元ブラッド企業所属のメタビーさん
65:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/05/06(火) 22:51:46 ID:jtV2sB62
メタビーが警備してたのより厳重になってるのは皮肉だな
71:名前: ◆DAZiCeQp.w <sage> : 2014/05/06(火) 22:54:20 ID:VWDmbrSE





            ____                                            |
         |        |                                           |
         |        |              _______        ______   |
         |     o |                 |\______\  _ _l\____\ .|
         |        |                 |  |      |       |  |\ \__| == ==| |
         |        |                 |  |[]    |     []|  l  | ̄| ̄.|□_     ≡|_|
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\|___l____|. ̄\l_|.\|______|. \
                                        l\ ̄\__                \
                                       |.\l三三l|\\
                _/ ̄ ̄ ̄/__ __/ ̄ ̄ ̄/         |   \  |  \-、
           l\ ̄\/___/\l\ ̄\.'___/        |:.   \ \  l\ ̄\  ̄\
         \:\______\l三三l___\       \    \ ヽl\l三三l三三l
             |\l\            \           \       \    \\l三三l三三l
           \l.  \:\______\______\.         \   .:|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
           \.  |\l__ (二二)__l___(二二)__l         \   ||          |
                \|      __|_|__ \|      _|_|_|               \.||_____|
                \     ̄|| ̄.  \    ̄|| ̄ \
                   ゚ ̄ ゚̄       ゚ ̄ ゚̄
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 一階だが、ここは前に来たときと比べて、幾らか物が取り払われてがらんとした
┃ だけだった。スクラップから根こそぎやる奴が居たのだろうか、随分と殺風景な
┃ 感じになってしまった。デスクまで開けて漁るのは流石と言うべきか。
┃ 
┃ ただ、一つ問題があった。何処かの素人が手を出して失敗したのか、1度目に
┃ 進入した時に使った、警備用の端末が焼けて駄目になっているのだ。基盤が
┃ むき出しになっている所を見ると、誰かがコードを直結してクラックしようと試みた
┃ のだろう。まぁ、結果はご覧の通りだが。
72:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/05/06(火) 22:54:57 ID:xqtRMiVI
殺傷力の高い兵器を置いてるってことはガチの軍事施設だったのでは
80:名前: ◆DAZiCeQp.w <sage> : 2014/05/06(火) 22:58:50 ID:VWDmbrSE

        ____
       /    \
.    /          \     あーあ、やりやがったな素人が
.  /    ―   ー  \
  |    (●)  (●)  |    やる夫が前の汎用PDAでも割れたものを
.  \    (__人__)  /
.   ノ    ` ⌒´   \     まぁ、フロアごとに独立してるから、ここでできることは高がしれてるけれども……
 /´             ヽ




    r '   /. . ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ二、
     \ /: : : : :./: : : : : : : : : : : : :\
  ,イ:Y´: : : : : : : : |: : : : : : : : : : : : : : : \
 / / |: : : :i: : : : : :.!: : : : : : : : : : : : : : : : : \_
/ {{  |: : : :|: : : |: : |: : :|: : : : : : : : : |: : : : : : : : :l
  ∧ノ|: : : :|: : : |: : |: : :ト、ト、: :,イ: : : l: : : : :|: : : : 〉
/   |: : : :|: : : |: : |尓Zz、 ∨ |: : /|: /: : :l: : : /
     |: : : :|: : : |: : |ヽ辷V   j/ .jイ: : :/: : :/
     |: : : :|: : : |: : |/       x=、|: :/: : :/       まぁ、価値が薄い分いいではないですか
、_   !: : : :!: : : l: : l       込7!/: : :/
   \ト、: : :!: : : l: N     __ '   /′: /         地下は私の保管容器しかないでしょうし、二階へ参りましょう
    } \ト、: : l/      ` /: : : /
r‐r─、}     \|         /: : : /           アイギス
vハ:::::く_r──、 `f一^ー‐. .´,ィ: : /||
::vハ:::::::::\   `ヽ、_7¨¨l: ///_l」 ̄ ̄〉
::::vハ::::::::::::}     〉'ー<´{  ´ L _」    /
::::::vハ::::::::::} __/   \\___    /
85:名前: ◆DAZiCeQp.w <sage> : 2014/05/06(火) 23:03:10 ID:VWDmbrSE



              -―     ―-
            /       __ --<\
           /      <>__//_ >__\
            /    ---┴<_>>'" ̄ ̄ :.
          ′  / 〃o7 ∧ヽ'"       ヽ
           |   { {-- '〈 o} }      /   i
         /1 /  ∨<oヽヽ//   //,.イ /   |
           i / |  //辷匕彡 / //i/、 i/ / /! }
         ノ' 八//  i  |i / //テミ // / 1'
            /V  /`ヽ{i/! /' ゞ゚' {__彡' /
          </  \{`ヽ∧ !'      〉
          / \  \rへ}  ヽ_ /         はいはい、肉盾肉盾……
            /  __\  /八 `ー
         { ィ乞ニミY_{.:.:.:.}_
         i //´ ̄`ヽヽヽ.:.:.:}
         i'/{     } }/.:.:.ト、-、
         i  ゞ ___ノイ}.:i.:i.:|.:ト、 \
         |  `ー=彳/レヘLL川  〉
         ∧ ∨/ /〉/ __      /
         /__`ー―┬'^ヽ __    /
          ,′ `ヽ /     ',    {{
.        /     ∧     .   / \
       /  _  /   .    ヽ/ /    \
     /    `Y′   \ -==、/ /    `ヽ
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ アイギスに先導させ、バックアップをメタビーが。そして、最後尾からSfに守らせ
┃ ながらついていく。建物の中は嫌に静かだった。
┃ 
┃ 階段を警戒しつつゆっくりと上がる。アイギスが、途中で何かに気づいて埃に埋も
┃ れたゴミを拾い上げる。空薬莢だった。火薬滓で汚れ、僅かに錆の浮いた薬莢である。
90:名前: ◆DAZiCeQp.w <sage> : 2014/05/06(火) 23:06:10 ID:VWDmbrSE

          _ ..ィ ´ ̄ ¨丶.
      ,ィ´ / .:       i \
     /  ハ  ,イ    |  }:ヽ、
      ,′  { ヽ / j    .:  トミ}》、
.     /  i  ト、 ヾ i!   レ'リ才7 ハ
    /イ  ! .:ハ   }人i  |ニミx':/ }
   ′ハノ }/  ヽ  トハ イ::7入Y :/
    'イ ヾト、八 \{i乂; /!"〈:o:}| r'     おお、明らかな戦闘痕
   !、 { 〉、ハノヾ人〈/´ミx>イ/}
    ヾハヘ:/ヾ`: : : : :/>…彡ヘ' .′     テンション上がってくるでありますなー
        ′ 廴..彡 /_ :. ノ /}/
           {    { _rー'-′
        厂 ̄ ̄ ¨ミx
          /       ヾー-ミ、
.       ノ¨ニ=一 ミx Ⅵ:l:l:l:l:Y
    ,ィx>′        //⌒У´`ヽ
  //77′         { {777{  /⌒ヽ
  {L{y{          八 Yyミ:x  :.   }、
 /(:)))i{               ヾ:廴リ \ `=彡ハ
 ヾ7/人          丶\くミi rゞ=彡'7




                         ,x*=ミ       _
                           //////}  >≪∧
                      ∨>‐v__f//////,∧
                        _ -‐} __  ∨/////≫
                       「////」{//V」  ̄ ̄
                    `''“” _」Vツ{
                   _ --<   7          口径はー?
                 ,  ´       `V
                    /             ∨         「5.56mmであります。えーと、豊和工廠の
       __          ,              i           刻印があるので、古いプラント産でありますかね?」
     ////\      i      ___    |
     {//////// .、  ___.!    //////i、  |          ありふれた品だね
      ` 、////////Y} \\   V////∧-r―――┐
         丶///////!、  、 ≧= V/////∧.V     !
         \__/}  /‐‐‐‐‐V////// V __ !
            \  /     `ー‐‐'"  .V」\」_j
               /\/       V__ >''" __∠/
102:名前: ◆DAZiCeQp.w <sage> : 2014/05/06(火) 23:11:57 ID:VWDmbrSE




                   __ --z__
                    ,. <  ̄ ̄ `` 、〕iト ,
               /,i{ \  〕iト .    ∨ ≧=-z
             / 〃 \ ` ー- _\   Vミ   ̄ フ
             ,' i从  ヽ、トミ=-__    }゚, !ヽ  ト _
              | .! 、` り〃 んУ:!    {ノ,r、 〉  弋         おっ 踊り場に戦闘痕多数
.              {/八 、仆ー   ゞ´ j  .从 レイ  i⌒ヾ、
              V   ミ 沁,   ー=彡  ト、〃{ 八  廴_,          壁に弾痕が結構ついてるであります
             \{ ト、-'’ヽ   ハ / /:::::| ト=- '´
                ヾV゚:,   ‘’  }/./:::: ∨=、   ____       んー、9mmも混ざっているでありますな
                 } iト  ___/.イ:::::::: / / ̄xく/    ヽ
                   リV弋   ``⌒ヾ::::「  / /:.:{/   ,.x< ∧
                      ヾ       / レ.| /o!  ! /ヽ , '==ミ  , `- ミ
                       _{Y::::::|./  !  {{、 ノ: : : : : }/    }
                     , -=≦:| |=ニj  ∧ ヾ   ̄ ̄ノ./  _ - ヘ、
                    }ニO:「:|/::::/   {__〉  ≧=≦ { i /:::::::::::::::∧
                     \.{: :/ !::::{ ,  「 ̄  -〕iト  _彡イ:::::::::::::::::::::::∧
                       V/ |:::::|'  ゚.     〕iト‐┬‐从::::::::::::::::::__::::∧
                       {  .|:::::|    ‘ 、  ′´ ‘,  :i∨::::/  `i::::}
                          !  |:::::|       \     ゚,   ! ∨{    ‘,´
                       ヽ/::::,' _,.      ‘ ,    ‘,  ! `‘,     ,
                    _     _, イ:::::,'、/ィ      ‘ ,    ‘, i.   ‘,    ゚,
              /,. ──--;:::::::i::::,' .∨        ‘,    ‘,∧  ‘,    
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 階段の折り返しである踊り場にも無数の弾痕が認められた。打ち下ろしで多数の
┃ 弾丸が突き刺さっているところを見るに、メタビーもそうだったが、ここの警備ロボット
┃ はテリトリーを決めて巡回し、進入した敵に反応するようにできているようだ。
┃ 
┃ IFFに登録されているか、社章でもまともに残っていればごまかせたかもしれないが。
111:名前: ◆DAZiCeQp.w <sage> : 2014/05/06(火) 23:16:26 ID:VWDmbrSE





────────┐
                |
                |
                |  ミ
                |._____        ヒョコッ
                |,.-ァニ=`=ー-、.,_
                |>'´  /  .  `〉
                | /、/i  / / i
                |イ.ォ-!、ハ /_i/'! 〉
                |'〈ヒ_ノ`レ',!、i./ /
                |"     〈ンi/イ
                |ヽ.  -  ,"イ/       おじゃまします、であります(小声)
                |/_7`T、´ヽ!/
                |-ヽ. //i          って、わーお、であります
                | `| lヽ. !              
                |:`´| |  Y              
                |:::://  /              
                |:// /               
                ||'ァ-'´                
                |i
                l
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ こっそりとアイギスが二階をのぞき込むと、そこは凄惨な鉄火場が展開されたで
┃ あろう場所であった。
┃ 
┃ 無数の弾痕、散らばる備品、そして転々と残る血痕に警備ロボットの残骸が幾らか。
┃ その全てが無数の弾丸を受けて大破し、その上で部品を剥がれて見るも無残な
┃ 有様であった。形式は、一階を徘徊していたのと同じベルゼルガ級ばかりだ。
131:名前: ◆DAZiCeQp.w <sage> : 2014/05/06(火) 23:21:55 ID:VWDmbrSE





                         ,x*=ミ       _
                           //////}  >≪∧
                      ∨>‐v__f//////,∧
                        _ -‐} __  ∨/////≫
                       「////」{//V」  ̄ ̄
                    `''“” _」Vツ{
                   _ --<   7
                 ,  ´       `V
                    /             ∨             う、うっわー、おれの同型機があるよ
       __          ,              i
     ////\      i      ___    |             凄いやな気分
     {//////// .、  ___.!    //////i、  |
      ` 、////////Y} \\   V////∧-r―――┐        何、この…………何?
         丶///////!、  、 ≧= V/////∧.V     !
         \__/}  /‐‐‐‐‐V////// V __ !
            \  /     `ー‐‐'"  .V」\」_j
               /\/       V__ >''" __∠/
           ___./  {            く   ‘,
          /  V≧=.\              ∧    」
.         /    V=‐‐‐i ≧=―――――く ∧/「\` 、
        |\   /^「 ̄ { /           /  j  \\
        |   、/  .!  i/          r i  ./\   、 、
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ やる夫からすれば、酷く荒っぽい現場だが、普通は稼働状態の警備ロボットにPDA
┃ を直結してクラックしたりはできない。技量があっても、危なすぎて真似する奴は殆ど居ない
┃ のが現実だ。
┃ 
┃ 実際の戦場では、できるだけデリケートに破壊して、使えそうな物を引きはがすのである。

┃ メタビーは、床に転がる破壊された同型機の頭部を拾い上げ、酷く微妙そうな声を上げた。
┃ その頭部は、視覚素子まで引き抜かれており、人間で言う頭蓋だけの状態に近い。
132:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/05/06(火) 23:22:35 ID:kN0NLXvI
巡回してるからルートから外れたの狙わないでしょルーチンきまってるなら
133:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/05/06(火) 23:22:38 ID:bbqV08Yk
メタビーの間隔じゃ虐殺現場なんだろうなw
134:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/05/06(火) 23:22:42 ID:9gz1f.ds
いかん、メタビーに嫌な影響がでとるw
139:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/05/06(火) 23:24:24 ID:bbqV08Yk
メタビーってジャンク市でも記憶装置ねだって買って貰って
記憶覗いてたり繊細だよね…
142:名前: ◆DAZiCeQp.w <sage> : 2014/05/06(火) 23:25:29 ID:VWDmbrSE

           ____
         /      \
        /  ─    ─\
      /    (●)  (●) \    酷くもったいない気がするお
      |     (__人__)   |
       \     ` ⌒´   ,/
      ノ      ー‐   \




      ||_,ノ                  ト{{/⌒ヽ: \: : : : : : .
.     厂 |    | |i   | i: |    :i...Y⌒| | ::ハ:\: : : : : : .___
     |i  |:.    | |i   | i: |    :i...:i|lハl| |::::八>‐=ニ77※※廴_. . : : : :
     |i  |!::. |  | :八  | i::-|‐   i:i...:i| /厶<.    //※∠※/} : : : : : : : :
     i|  i|::i::.  |/斗斤ァヤ:i i  i:|...:iし' '‐=ニニニ二77了※※/V : : : : : : : : :
     i|  i|::i∧  l∨込ン |:i::i i  i:|...:iK:.: : : : .   // /※※∧/: : : : : : : :
     ii  :∨ ::乂:|人´   |:i::i i  i:|...:i|:::\:.: : : : :// /※※/ ̄ : : : : : :     はぎ取れる物は、全てはぎ取っているようですね
     ii  :i∨::\      N::i i  i:|...:i|::i|:::|\_//_/※※/: : : : : : : : :
       :.  : :::::::::丶 -    | |.:,':::/イ.::i|::i| リ /¨¨¨¨¨ア广: : : : : : : : :      室内も完全に荒らされていますし
       \|\  ::::::::: ー= 爪/::∧/|: 八ル'´     /:/: : : : : : : : :
          \|\八:::∨|/|/ }}厶/     イ}}/: : : : : : : :         どうやら、この時点では負傷者が出ても、まだ
                \ \∨ 川 _,リ/厶 -‐</:::|:||>: : : : : : : : :          余裕があったようで
             _>‐_彡<  ∨      \::|:|| > : : : : : : : :
            ´//⌒  `ヽ八     /⌒入>: : : : : : : : :
.          〃 /          Y{{\<厂::::::::::::::::\ : : : : : : : :
.           {{ 〈 {     }}   八   \>、:::::::::::::::::::::\: : : : : : : .                               _
           '. ヘ人       /⌒し'>、__) \:::::::::::::::::::::\_,,,...... -=ニ二¨¨ ̄ ̄ `丶: : : : .              -=::::::::::::∧: : : : : . .
          \iー-=、 /        /: : : : : : : \:::::::::::::::ー=ヘ
150:名前: ◆DAZiCeQp.w <sage> : 2014/05/06(火) 23:28:11 ID:VWDmbrSE












               ..      ____
                    / ―  -\
               .  . /  (●)  (●)     …………って、ことは更に上かお
                 /     (__人__) \
                 |       ` ⌒´   |
               .  \           /
               .   ノ         \
                /´            ヽ
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 二階も元々はオフィスだったようだ。完全に荒らされ、一階と同じように端末の蓋
┃ が開けられて壊れていた。しかし、今回は焼いたのではなく、生きている基盤を
┃ 収穫として引っこ抜いていったようだ。何というか、手間のかかることをする連中が
┃ 居たようだ。

┃ しかし、ここまで悠長に残骸をあされたと言うことは、本当にやばいのは、まだ上に
┃ あるらしい。
151:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/05/06(火) 23:29:32 ID:xqtRMiVI
貴重な端末が・・
153:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/05/06(火) 23:29:53 ID:0BXOFITQ
2階はクリーンなのね。3階から上にヤバいのがいるのか
154:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/05/06(火) 23:29:34 ID:ZMFqhHJ6
厄ネタがアップを始めたようです
155:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/05/06(火) 23:31:08 ID:b98PFSZI
しかし千年も稼働する警備ロボってバッテリーどうなってんの
156:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/05/06(火) 23:31:43 ID:IT7JnoIM
循環増幅発電とかするんじゃね?
157:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/05/06(火) 23:31:53 ID:xqtRMiVI
>>155
建物に原子炉見たいな発電装置がついてるんじゃね?
158:名前: ◆DAZiCeQp.w <sage> : 2014/05/06(火) 23:31:55 ID:VWDmbrSE




   |      __
   |      /  \     _ノ^ヽ
   | r''⌒/ _  `r---く    ',
   | { /::::::::::::::::::`:.ー -- <  ト、
   |_./::::::::::::::::::::::::::、::::::::::::::::::::::\ /
   |:'::::::::::::::::::::::::::/ヾン\::::::::::::::::∨ヽ
   |:::::::::::::i::::::::::/|!    }:::::i::::::::::::∨ \
   |:::::::::::::|:::::::/-{!-   __|:::/!::::::::::::::.,  乂
   |:::::::::::::| 乍三丁    _j/__}::::::::!::::::i  r ^
   |:::::::::::::| 乂hソ    {三弐j/::!::::::|___/
   |、::::::::N        乂_ツ i::::::/i::!      警備ロボットによじ登って、最後の一撃はせつない
   |r\トヽ               ノ::::/ j/
   |ゝ- 、 ≧==-- __r--、 ≦::::/        とかやらされるのかと思うと、割とどきどきします
   |///,ハノ   У'  ヽノ/\
   |>''}/乂   //   \///}
   |  ノ^}ー-= ⌒ ー- イ`ー '
   |/ハ/ 、      r_'ノ!
   |///|   ヽ ー-  ///ハ
   |///|       /,///∧
   |///|      .イ/////∧
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ そう呟く鬼灯。何やら共通記憶領域からIAIの毒電波が飛んでいるような気がする。
┃ 
┃ さて、これから三階に向かうわけだが……どのようにして進むべきか。
┃ 
┃23:40
187:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/05/06(火) 23:39:04 ID:HTaZl6hQ
まず2Fから3Fの情報収集
壁面透過でのMAP確認、熱、金属、炸薬等の検知
ついでにSf猫耳モード
191:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/05/06(火) 23:40:01 ID:ArsjzXMM
やる夫と鬼灯で>>187
206:名前: ◆DAZiCeQp.w <sage> : 2014/05/06(火) 23:45:30 ID:VWDmbrSE



           /::::::::_ ‐' /:::::::::::::::/ /::::::::::::::::::::/:::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
            l/ {   /:::/ィ' ̄   /:::::::::::/K/::::/|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
          r‐/:::::| {//  /   /:::::::/   !/::::〈 !::::::::::::::::::::::/:::::::::::i:::::|   キュイン
         /:::::{:::::::l ヽ |  /   /::::/ | \/ !::/ `|:::::::::::::::::::/|:::::::::::::|:::::|
        /:::::::::::l:::::乂_.  /     l/.  \ \l \ |::::::::::::::::/ |:::::::::::::!:::::!
     _ ‐"/:::::::::::::::l/|/ `l l         /`ー‐'  .!:::::::::::::/   |::::::::::::|:::::|
  _, ´:::::::{:::::::::::::::::::l   |  !        / /      |:::::::::::/  /|:::::::::/|:::::!   便利だけど、息苦しいんだお、これ
./::::::::::::::::::l:::::::::::::::::::l、 i 、 |        '/        !::::代::::フ/:::|:::::::/ |::/
::::::::::::::::::::::::::l:::::::::::::::::::ヽ i   、ヽ   \           |/  /:::∧:::/ .i'
:::::::::::::::::::::::::::l:::::::::::::::::::::\   ヽ    `丶               /|:::::/ ∨
:::::::::::::::::::::::::::::l::::::::::::::::::::::::\  、      ` 、        /  |::/
:::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::\ ヽ      ` -、_  /   |/
:::::::::::::::::::::::::::::::::\:::::::::::::::::::::::::::\ \      _,  ´\_
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\::::::::::::::::::::::::::.| ̄\_  - ´ /:::::::::::::::\
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\:::::::::::::::::::::| /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/::::::::::::::::::::::::ヽ
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 1D4:1 >>191
┃ 
┃ バイザーを機動させるのだが……いかんせん、壁面の向こうを可視化する技術
┃ に使われているメカニズムの問題で、下から上を眺めると酷く効率が悪く殆ど見えない。
┃ そして、日本の建物は免震制などの問題やら配管を這わせたりで床が厚く作られて
┃ いるせいで、センサー類もきわめて通りにくいのだ。

┃ バイザーで上階の様子を伺うのは無理らしい。
207:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/05/06(火) 23:46:11 ID:bbqV08Yk
なん… だと
208:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/05/06(火) 23:46:20 ID:xqtRMiVI
クソ覗きにしか使えないじゃないか
209:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/05/06(火) 23:46:39 ID:HTaZl6hQ
見えんかー残念
211:名前:普通の名無しさん <age> : 2014/05/06(火) 23:47:09 ID:BAKhfI5Q
おお、カッコいい(厨二魂)
219:名前: ◆DAZiCeQp.w <sage> : 2014/05/06(火) 23:49:32 ID:VWDmbrSE


         { ⌒    __ ...  ┛┗
        し 一 や            ┓┏
                          >´ハ
                   ><     >´  ,イ{
                   ,イ γヽ `≧≦ _ イ  }        , ニ _
       {ニ= ‐- ニ _ ,イ  /   `>‐- ニ 、マ .八       , イ   _ヽ、__
.        マ ヽ <ニ=- イ,イ¨.{             人ゝ     /_.>イ´ ノ./マ }
        ヽ マ |:  /  .八        八   ヽ \  /´~   ィ´ゝ/_イ ノ
         个xヽ |/   ハ \      ⌒   ∧イ ,イ      /¨ニ7  ̄
.           /`く  :l   |  マ      A ニ|ニ    ∧ { ゝニ _ =イ‐≦_
        ,イ   マ !  | |-‐マ   /::::',::| } i    ∧マ      γヽ`ヽ
        ヽ     } l  | l从/マ | /::::,x≦ミ| :i    ', ゝ _ __ ニゝイ ノ
         \ ,'  !  :|,ィ≦ミマ|!/:::::::::ヒrク,' .,'   ハ_ゝマ////////ヽ       それだけですか?
            ,'  |  l ヒzン::::::::::::::::::::::::::},イ    {-‐ マ////////∧
.            , {ハ∧}   ル:::::::::::::         |  .∧!### `}>///// ∧      「Sf、センサー拡大して何か……」
           イ    {∧.ム     △     ハ ,' i ゝ:::ノノ l/////////∧
.        `)  >=<マムゝ _      イニ| .,' ゝニイ/ l//////////∧     動態反応 熱源ともにゼロですが?
        > ´/       ヽ }γ ゝ≧ ´/  .}i イ}   /  / ゝ_/////////∧
       { イ,'        ハ〈    ニi´   /.,'ヽ、_////   }ヽ>、///////}
..     γ } k}      i { マ   ,イニマ  / ,'   >//'|ゝ .ィ个//////// /
       マγ {      l ,イ ∧ゝ,イ:::::::::マ/ .,'    )///{####|/////≧ ´
       } ゝイ i マ |   !{  .∧ ゝ: : イ  ,'   ハ///////≧ ´
       ,イゝイ{`≧ゝ_l  ノ    ∧ }:::::::{ /    .ハ////,イ´ {
      > ,イ //////`¨i     ゝ.{::::::::}イ     .ハ//   -┘
.    イマ,イ /////////|       |::: : |        i    {  
    ##,イ. }//////// |       |::: : |       }  {¨´  
.     ,イ##.ゝ////////|       |:::::::|         八イ  
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ が、自動人形の鋭敏なセンサーでは、ある程度情報がつかめたらしい。熱源なし、
┃ 動態なしだそうだ。
┃ 
┃ しかし、省電力モードや機体内発電のセーフモードに入って自己保全中の可能性
┃ もあるので、何とも言えないらしい。さてはて、どうしたものか……。
220:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/05/06(火) 23:50:19 ID:zky03yLc
盾役前に出すか、やる夫が偵察するか
221:名前:普通の名無しさん <age> : 2014/05/06(火) 23:50:32 ID:BAKhfI5Q
猫耳だw
222:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/05/06(火) 23:50:44 ID:bbqV08Yk
しょうがないんや!一番高性能なレーダーの類がそれなんや!!
必要なそちだったんや!!
223:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/05/06(火) 23:50:59 ID:jb2h8N3k
Sf猫耳モードが見れたのでとりあえず僕は満足です
224:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/05/06(火) 23:50:59 ID:HTaZl6hQ
だってかわいいSfさん見たかったんや!しゃーないやんけ!!
234:名前: ◆DAZiCeQp.w <sage> : 2014/05/06(火) 23:53:20 ID:VWDmbrSE



           _,、-――-、__
       ,、-‐'´   ,、 -==,','\/i\
       /     /il`‐=-',ニ二二ニニゝ、
    ,、-'´    //_!',、-'´         ヽ、
   _/      /,ィ‐t/ ,' /i  i i   i ヽ  ヽ、
  /, ; ;     l i 、'/  , / / /i /l   l l、 i  `ヽ
 /! ;  ;  , ニ二ニヽV   //i/-lト、.i / l ! l ヽ、ヽ
 'i/l / //l l~\i   /ィ≠=、、 リ; / /´`リヽ  i ヽ、             いやいや、よく似合っているでありますよ?
  ト‐/l l l.__〈 〉、、l  イ {f:;;;::! リト //rィt l ;、 !リ          __
  l/ l ! ヽヽ/ ~ヽ/ l ;  i ゞ-'-'     l;;i7/ィ l ノ !        / /   _  「黙りなさい」
     〉/ヽニ二ニニィ'l  lヽ        `´lィiヽ´            / /  // ._
     ヽヘィ、  / l i、  lヽ、      '   l l i           / / // //     Tes. であります
       ' \/  l lヽ l `   __  /ヽ,!;        r;,/ l/ /, // _
         〉  l ~ヽ !        ` / l リ        / / ' ー ゝ' / //
        r‐'-、/_~  `iヽ、.     /i /        / / ,','  ,、 `ゝ' /
       /   `ヽ、  `rー`== '  ソ            | / ,','  ,','   r'´
       r´__    ヽvィ/                f ,'   ,','  /
    ,、-イ 丿、`ヽ ,-‐ソ=ァヘ、             r‐┴‐-、 ,'  /
  ,、‐===<ヽ、   ヽ/..::.:.}ーヽ::::::ゝ、           //―-、  `ヽ、〈
 //三三冖、ヽ^ヽ{ ::::::iヘ ゞ-‐'ヽi≡ミゝ      // __ __ `___〉_
 l/===、ィ=ヽヘ ゝー/ i ヽー、‐トl≡llソi.      // //// /:.:.:.:.:.:.:./`ヽ、
 l / ̄\ ヽゝ,ヘv/: ::l ::::l i:::::.r‐、>≡〉ヽ、  // //// /.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.`i
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ さてはて、一応動く物はないらしいが、どうしたものやら。
┃ 
┃ 1.自分で偵察しよう
┃ 2.先行偵察要員を出す(指名も)
┃ 3.威力偵察要員を出す(指名も)
┃ 4.まだるい、行くぞ
┃ 23:58
257:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/05/06(火) 23:58:00 ID:ArsjzXMM
1
258:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/05/06(火) 23:58:00 ID:9bAHidNY
259:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/05/06(火) 23:58:00 ID:ZnaJvees
260:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/05/06(火) 23:58:00 ID:aKMsmoRE
272:名前: ◆DAZiCeQp.w <sage> : 2014/05/07(水) 00:01:20 ID:gXN/hXM.





                /\
         ┌- _  /   _∧ __
          |   \-‐ 7::::::::`::::::::::`ヽ、
           |  ,..:´::::::::/::::::::::::/^´ `ヽ:::::'.,
           /`,..:::::::::::::::::::::::::::/     ∨:::'.,        「じゃ、初心に返って一丁やるかお」
           ∨:::::::::::::::::::::::::::::| 丶    |:::::::'.,
         /l:::::::::::::::::::::::::::::::l r‐┬    り、:::リ       お供いたします
       /  |::::::::::::::::::::::::::::l::| |:::::|  /`l人」-イ 了
        乙_」∧r 、:::::::::|:::::::V   ´ /   |:::::::| |_ノ
          /リ  ` -┼ r┴=ァァ '    ノァ-┴ '
       γ´=‐∨   ∨ハ//  _/ノ
        7:::::::::::`「ニ=‐-∨ /'´  ̄丁「
            ̄ ̄` |    -に}‐   /-ヘ
                 〉    イ::「ヘ  ヽ-┴---  _
           ,イヽ _//::::∨`ー┘::::::::::::::::::::::`\
           //:::/  _/::::、::::∨_\:::::::::::::::::::::::::r '7
        /::::/:::::: ̄:::::::::::::` ー 、::::::::::::::::::::::::::::::::ノ  〉
      <ヽ、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`:::::::::::::::::::::_/ r '´
        \_`l_::::::::::::, -、_, -、:::::__:: -‐ '´ /
           └-‐ 三r‐、_r‐、三 -== -‐'⌒
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 1D4:1 >>257 ダイス(君たちが仲が良いと、僕の転がる意味がだね)
┃ 
┃ とりあえず、初心に返って頑張るとしよう。いざという時に頑張るのも主人の仕事だ。
┃ 従卒にできることを従卒にやらせるのも大事だが、本当に大切なことは自分でこなす
┃ のが一番良いのである。

┃ なぁに、最悪失敗しても死ぬだけだし、人間一度は死ぬのだ。
274:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/05/07(水) 00:02:16 ID:oTiCRJvY
やる夫が死んで、黒が生まれた!
275:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/05/07(水) 00:02:20 ID:nw5VniFk
なお大体の人間は一度しか死ねない
276:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/05/07(水) 00:02:20 ID:DbE8GQ4k
なんという諸行無常・・・
277:名前:普通の名無しさん <age> : 2014/05/07(水) 00:02:21 ID:SfqMFP.6
最後の分は遺言か
280:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/05/07(水) 00:03:18 ID:dXf9uKRk
ショッギョムッジョ!!
294:名前: ◆DAZiCeQp.w <sage> : 2014/05/07(水) 00:09:49 ID:gXN/hXM.






                                 (あ、光学迷彩、ちょっと解れてる……)


                                 ←このへん





┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ やる夫は光学迷彩を被りつつ、気配を殺して静かに静かに階段を上る。されど、
┃ 音は全くなく、あるのは微細な動態反応と熱源のみだ。そろりそろりと気をつけて
┃ 動けば、待機状態の警備ロボットのセンサー、その閾値に入らない可能性もある。
┃ 
┃ 問題:ヨシフ・シュガシヴィリの配偶者と子供、全てあげよ
┃ 一人一答 五分以内
296:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/05/07(水) 00:10:46 ID:XG7dxGoA
エカテリーナ・スワニーゼ
299:名前:普通の名無しさん <age> : 2014/05/07(水) 00:11:11 ID:SfqMFP.6
スヴェトラーナ・アリルーエワ
302:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/05/07(水) 00:11:35 ID:oTiCRJvY
ワシーリー・ジュガシヴィリ
303:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/05/07(水) 00:11:50 ID:00ZfCr7g
ナジェージダ・アリルーエワ
305:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/05/07(水) 00:12:17 ID:S3lwKqyg
ヤーコフ・ジュガシヴィリ
306:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/05/07(水) 00:12:38 ID:rNdkTD0g
ローザ・カガノーヴィチ
307:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/05/07(水) 00:12:46 ID:Xvp6z3mc
コンスタンティン・クザコフ
308:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/05/07(水) 00:12:56 ID:DG4rDKwY
アレクサンドル
309:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/05/07(水) 00:13:48 ID:SLO3P6vM
ワシーリー・スターリン
312:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/05/07(水) 00:14:33 ID:xm4xXRDE
ラーザリ・カガノーヴィチ
318:名前: ◆DAZiCeQp.w <sage> : 2014/05/07(水) 00:15:35 ID:gXN/hXM.
非嫡出子を含む、とは書いてなかったし良いか……
328:名前: ◆DAZiCeQp.w <sage> : 2014/05/07(水) 00:20:25 ID:gXN/hXM.







                            (……死臭がする)










┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 成功
┃ 
┃ 音をさせぬように細心の注意を払いながら階段を上る。動きも動態センサーに
┃ 引っかからない程度のゆったりゆったりした動きだ。

┃ 待機中の警備ロボットや省電力モードの警備ロボットは、得てしてバッテリーの
┃ 消耗を防ぐために、起こしているセンサー類は一つだけのことが多い。それは大抵
┃ 熱感センサーか動態センサーかのどちらかだが、これはちょっとした雑音で警備
┃ ロボットが再起動しないようにするためらしい。

┃ ちょっと動いただけで反応しないということは、今回は動態センサーらしい。幸運だ。
344:名前: ◆DAZiCeQp.w <sage> : 2014/05/07(水) 00:24:52 ID:gXN/hXM.



          (わーお…………)



      | |    |:         |   |   ;:      ,, ..,,,・..  i ##    ;:    ::;       ||    :|   ::/-/彡"
      | |    |:         |   |  c::─≡'`'三三;'' ,   ,!  #三  ;:    ::#ノ    ||    :|  ::/;,..r'";
,___, |_|__|:         |   |    ;:⌒ ` !三τ,,'' `` i #三三゙'li,, ,, #三,, i"`i || 0  | /
    ヽ.  ,, -‐=‐ 、,    |   |   ;:     |三.! ;}, ,   ! l三;|..゙'|l、   ゙'li、__,||_|τ#/;  ̄ ̄ ̄〒~〒
     ∧/      ヽ..  |   |   ;:     l三l i!i! ,   i .l;三.l .゙'f、,,  ゙.li\__|| ,)/ :|     {-=ニ
====ゝ   ,/``ヽ∨_____ _;;:__l;#;__!i   ;!  ;三.l ゙|''、  :;;|  l─‐ ||,,,_   |     {ニ=-
  }: :: :{l | | ,/、¨"ノ( : : : : : : : :{三三三l!.:.: : : : : : `ヽ i  !三.!,,  ゙'i;ヽi、゛;|三|  .:::|| `ヽ_|     {-=ニ
  {: :: :}l |/,(⌒ヽ/ ノ : : : : : : :ノ三三三彑、.:.:.: 〃: : `} !_〟l;三l   .`゙┘,,:;|三|  .:::|ト、 _ :|     {ニ=-
  }:.:.:.:{| |ニニニニ { : : : : : : : : {三三三三三k ─"、: :(;ニ三三三三三三圦 |  |三.:::|| 三 :|     {-=ニ
匕___,,ゝ ̄/|   ,,): : 三三: : :及三三三三ノ : : :ハ _ノニニ三三三三ニニ} \|__.!||\  :|     {ニ=-
≧、=‐、_/ |  { : : : : 三: : ::{三三三三彑.:.: : : : ;ゝニ三三三三三三三厶 ;〟 .||\.\|     {-=ニ
  ヽ、ヽ-= ≦ ̄ ̄ ̄i゙i、 ⌒ 三三三ノ⌒⌒ノ三⌒"三三三三三三三三三ニゝ、       ゙|_| ̄ ̄ ̄i!{ニ=-
    ヾ  ,,三三__!.! }ニ三三三彑}  ,,,"ニニ三三三三三三三三三三三ニニ゙ヾ、          {-=ニ
\_ _,.゙=-=ニ三´   i゙i }         {ニ三三三三三三三三三三三三三三三込   ;,,,,, ・ ; {ニ=-
  `-=ヽ;;三三三三三.!|.|,!     ・ ;   ミ三三三三三三三三三三三三三三三三彡、 ,,〟 ,,及三{-=ニ
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 三階の現場は凄惨極まる物だった。少し開けたオフィスがあり、奥には化粧板で
┃ 区切られた別の部屋に続く入り口が、両開きの扉を失ってぽかんと開いているの
┃ だが……敷かれた絨毯や机は、殆どが乾いた血でうっすら塗装されていた。
┃ 
┃ 三人の骸が、乱雑に動かされて部屋の隅に放置されている。やったのは、奥の
┃ 入り口で待機状態になっているベルゼルガクラスの警備ロボットだろう。
345:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/05/07(水) 00:25:20 ID:xm4xXRDE
ひゃあ
346:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/05/07(水) 00:25:24 ID:xeEn2rqo
なんとも見事なブラッド・バス
347:名前:普通の名無しさん <age> : 2014/05/07(水) 00:25:47 ID:SfqMFP.6
一応邪魔者を済みに積み上げることはしてたか。
351:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/05/07(水) 00:26:16 ID:Mlf0wsU2
たまげたなぁ
356:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/05/07(水) 00:26:55 ID:SLO3P6vM
ベルゼルガ級?
うんまぁなんだろう。武装が凶悪なのか?
362:名前: ◆DAZiCeQp.w <sage> : 2014/05/07(水) 00:29:11 ID:gXN/hXM.



                                   入
                     /ヽ            /ヽヽ
                    /  ヽ          /  ヽヽ
                    //ヽイ         / /  ヽヽ
                   イ ィ、/イヽ、ィl     ./ / / .|__|
            _       冫`´ | \::::ヽ   / / /  / /
            ヽ `ヽ     く:| イ冫ゝ-ィ|::::::ヽ /   /  / /
            ヽ \ `ヽ   .|ヽイlllllllllヌゝ_| |/\ //
             ヽ \ `ヽ ヽヽィェ//:::://   ゝ__ゝ
              ヽ__/ ̄ゝ、`|ミ|_人フ ̄|   //       _
                  |  く/ ゞ._く`ヽ、::::::\イ ヘ、.  ___   |  `i
                  フ─-/ヽィヽ、/:::/:::::| ̄\ ゝイ\ \ |  .|
           ィ-、   ィ、イ ./ |:::::::::::::::::\|::::::/   ゝ´/´:::: ̄:::ヽ  /  ィ-、
           ヽ .| /`ヽ `ヽ|  `ヾ、| ̄ ̄|::∠    ヽ|:::::::<´ヽ ̄`\  /  |-、
          ィ--冫l/__:::::::::\ゝ  ィ-ヽ_/:::/ゝ´ ̄|ヽ ヽ::::::::ヽ∠___ .ヽ/  / /
       イ`ヽ|  |´_/::::::::::/ _|:::::::::::/ ̄ィ|   ヽ ヽ ヽ:::::::::::___/  //
        `ヽイ_/_::::::::::::::::/ / 入__/:::::ィ´ |   ヽ ヽ .|::::::::::|____ \./
    /`ヽ、  / ___/:::::::::::::/ / / \::::::::::::ヽイヽ   ヽ ヽ|ィ-ヽ:::::::::::::::\ \イ ̄ ̄ ̄|
    `ヽ、 `/ /::::::::::::::::|`ヽく ./ /   ヾ::::::::::::::/ヽ    /   |:::::::::::::::::::::\\___|
       |/:::::::::::::::イ´ く冫.| .|  |    /ヽ:::::/   ゝ___| Θ  .|:::::::::::::::::::::::::::|/
       |:::::::::::::イ´_ \ / |  |  イ`ヽ、     イ:::::::::// ̄ ̄\:::::::::::::::::::::::|
      イ|::::::::/  イ/ノ ./  .|_|/::/:::::::::/     ヾ:::::::ヽ  ィ´`ヽ.\::::::::::::::::::|
     .|  ̄ヽ    ̄/    |::::::::::/::::::::::/       ヾ::::::\ .l \ノ .\:::::::::::::ト、
      \   \ /     ./::::::::/::::::::::::\       |::::::::::\ ̄    \::::::/ |
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 重警備ロボットの中でもベストセラーの機体で、重装甲大火力が売りの形式だ。
┃ 強く、頑丈で、長持ち。工業製品に求められる要素全てがそろっている。
┃ 
┃ しかし、その鋼の躯体は薄汚れ、被弾痕も生々しく残っている。相当激しい銃撃
┃ に晒されたようで、自己修復機能でギリギリ動いているように見える。しかし、この
┃ 二機で武装を整えた順二級スカヴェンジャーが追い払われるだろうか。

┃ 確かに強敵であるが、下手人は別であろう。そう、たとえば、階段から半分顔を
┃ 出す形で覗いているが故に窺えない、二体が挟む入り口の奥は…………。
363:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/05/07(水) 00:29:12 ID:xm4xXRDE
陽動用の囮だったらどうしよう
367:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/05/07(水) 00:30:36 ID:6Jvd9KQU
おう・・・ やっぱ何かいるw
368:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/05/07(水) 00:30:39 ID:S3lwKqyg
なるほど、他に本命がいるのか
380:名前: ◆DAZiCeQp.w <sage> : 2014/05/07(水) 00:34:28 ID:gXN/hXM.






                    (奥が見えればいいんだけど)






┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ ここからでは位置が悪くて奥が見えない。壁面透過も角度が悪く、全容を見るには
┃ 些か下がりすぎているようだ。もう少し前に出られれば……。
┃ 
┃ 問題
┃ スターリンは権力を握るまでに三度流刑に遭っている。三度の流刑地、全てあげよ
┃ 一人一答 五分以内
383:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/05/07(水) 00:34:53 ID:PJWT08hw
シベリア(適当)
385:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/05/07(水) 00:35:50 ID:XG7dxGoA
ソリヴィチェゴドスクだっけ
386:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/05/07(水) 00:35:57 ID:kYsfysPk
トゥルハンスク州
395:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/05/07(水) 00:36:48 ID:oTiCRJvY
コスティノ
396:名前: ◆DAZiCeQp.w <sage> : 2014/05/07(水) 00:36:49 ID:gXN/hXM.
早いな……
407:名前: ◆DAZiCeQp.w <sage> : 2014/05/07(水) 00:40:15 ID:gXN/hXM.


                   ,ィ =┐       r─-  、
                   ∨ :   |       |     ./
           ,.ィ´\     ∨   |       |    /     ./ `ヽ
           }/心、\    ∨: | 「].イ≧「] :l  ./     /,ィ為心}
           ` <心x \    ∨: |∧.:::::::::.∧|  /   /,ィ為>"
              `<心.\   ∨.  ‐一' ハ .′ /為>"
                 ` <} ̄`x′      ヤ´ ̄{>"
                 __,ハ ∵ }    "    { ∵/____
           /\ /´}i{ ̄ ̄\∧ ━…━ /_/ ̄ ̄}i{`ヽ.
          ,. 、 ヽ \/´ ¨ ̄ ̄/}ハ≧┬≦7{\ ̄ ̄¨ `7  \
        /\\,  \\    (_/\}:∧:{/、_)    /.    丶
       /,ィ為ュ\\,/  \    / / :∨:ヤ ヤ      (_/\    \
       、巛圭会ュ\   /  _Y´ハ    } `Y      `寺I\  /´\
       \`寺圭会ュx、/ .ィ≦{:r'弋ノハ_/ゞソ≧ュ   ,ィ彳ヾⅣ .イ \ \
         \`寺才./   ゞ寺r{ ト、 }lト{::}|(,  .  レ'  Il}ミミ7´\{\(ソ ヽ(ソ
          .\_,/      `7| ゝ' \l|::||ノ ///ノ   }圭Ⅵ
                    i l :! ソ`ヽノll|トイ「|¨      |圭Ili|
                    `{人)  |I::l!::|::|:::|       }圭IlL.
                        |I::l!::|::|:::|       ヾ彡1ハ
                        |I::l!::|::|:::|       }彡'´
                        |III|「|::ト'i|
                        |::::||:|}{: l|
                        |::::||:|}{: l|
                        |::::||:|}{: l|
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 成功 クリティカル
┃ 
┃ 細心の注意を払って、やる夫は体を覗かせ奥を伺い、絶句した。
┃ 
┃ 蟠る闇の向こうに鎮座する異形。床に本体が直接接続され、電源は施設から供給
┃ されるのか、無数のコードでぶら下げられた本体。両腕から生えた巨大な二つの
┃ 主兵装に、本体に格納された無数の武装……定点防衛用警備ロボット、そのハイエンド
408:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/05/07(水) 00:40:33 ID:XG7dxGoA
うわぁマジでビーストマスターじゃねえか!!
やめてねらいうちやめて
410:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/05/07(水) 00:41:13 ID:rNdkTD0g
元ネタ知らないが何これ怖い
412:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/05/07(水) 00:41:30 ID:dXf9uKRk
うわあハイエンドの定点型か…
444:名前: ◆DAZiCeQp.w <sage> : 2014/05/07(水) 00:44:59 ID:gXN/hXM.



                            _
                    r -- 、 ./´  `y
                    l   // /   //
         .     / ̄ ̄ ̄ ̄i─- '、./ ./´ ̄ヽ
           / l l     。/::::::::::::i/ ./ゝ. __ノ
           |l/ , -==/::::::::[ 二]_// ./ __,,,xz≦三ハ
           |_/  lT_/ ̄! .!:::::./|ヘヘ__/ヘ≦ _____/
            1_lr‐' _l0)r'' |/、 ,| .ヘヘ[ ]ヘヘ___
              r、r、ノ./ >' .∧ /___,/ \
              |r-v^Y |¨ .|_ii_//.∨/ |/     弋 ̄`.
              l| /´`` ゝ_(::::)::)∵ l/  /Zz,,,/   l
               ´___/:::/ヽ. r,/    >"v彡7;,ヘノ
             /∠二/|/   /    /:::/V彡7;,
            _,1∠三/l .!  f __ 、 ./:::/iiiilllll}y彡7z,
          /∠二/l .! l ア´ ,)__,∧/iiiillll|||||lヾ彡//
          ! == | .l/ .!(◎/  ,) /||||||||||||||ll∨/
          ! |;;;;;;;;| |   /ヽ /◯/ ̄  ||||||||||||||||llllliiii丶
          ! |;;;;;;;;| |  /          |||||||||||||||||||lllllliiiii丶
          ! == |/            ||||||||||||||||||||||llllllliiiiii\
           ̄ ̄ ̄.               ||||||||||||||||||||||||llllllllliiiiiii\
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ その名を、獣共の主君 ビーストマスター。遍く警備ロボットの最高峰である。
┃ 
┃ やる夫は小さく唾液を飲み込む。重要物資保管庫と主任室と書かれたプレートが
┃ かかる二つの扉を守る、獣の王は、その巨体に尋常ならざる武力を秘めている。

┃ 圧搾空気で打ち出す多連装リベットガン。高出力圧搾高に対ロボット用の電磁兵器、
┃ 果ては大きなエネルギーに任せた対物防護力場など、枚挙に苫はない。ここに踏み
┃ 入った者たちは、こいつに蹴散らされたのだ。
445:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/05/07(水) 00:45:04 ID:fHY60ks6
あ、こいつかよヤダーw
447:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/05/07(水) 00:45:41 ID:DRmp45ww
コードで電源と繋がっているなら稼動範囲は制限されているのかな
448:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/05/07(水) 00:45:44 ID:xm4xXRDE
情報が分かったからいったん引き返して、こいつに対する装備整えるのもありなんじゃないか
476:名前: ◆DAZiCeQp.w <sage> : 2014/05/07(水) 00:50:27 ID:gXN/hXM.



                       _ _     .ィ== 、
               __,ィ≦圭圭≧x  /    /
                 / ̄`ヾ圭圭圭圭I|  ′    /
                /     i圭圭圭三Iレ´\   /
          /        :|圭圭三/  ,/ . ィ== 、
          /           |圭圭レ'   /  ,イ       ハ
       .イ          |圭圭{_,.イ   / :l       }i
      ./          ① .イ圭圭三/   ,/  ゝ. _,ィ/
      /          / l|圭三/,ィ≦/     /
       |           / ,ィくI三// _/     ,.イ__
       l         .ィ /  ∨´ ,イ i 「人___/ l!
       ゝ、    / i「 __/´}ュi∧: ∧__,,..イ  |≧x
        ー イ r一''. \I{  Ⅷ.イ 、 ∨|「圭| i |\
           `  `ヾ≧y`  「(  /} ∨i圭ト、∠..  ヽ
                Ⅶ{   | Y   `ー' !圭伐:
 _____      __Ⅴ__,」 」.ィ"   `ヾ圭iハ
 「     |────「  > "           Ⅶ!L:
 |     :l圭圭圭.ィ"  、             Ⅷ i
 |     :|圭圭/ ,ィュ. ハ               Ⅷ/
 |     :|圭ィ" 、  ハ |        _,.ィ≦{   }圭:
 |     :|I7/´ハ i  .ノ |    ,.ィ≦圭圭ソ ,ィ為Iソ
 L..    :| l{_// /,ィハ |  ,.ィ≦圭三>" ̄
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ IAIの製品は、やり過ぎだったり無駄だったりで色々有名だが、これは、そのどちら
┃ も兼ね備えた傑作機であると同時に問題機だ。
┃ 
┃ 誰が室内で戦車をぶち抜ける高出力圧搾光砲をぶちかますのか。誰がわざわざ
┃ リベットガンで対象を壁に釘付けにするのか。そして、誰がバックブラストで仲間ごと
┃ ふっとぶ覚悟でロケットをぶっ放し、あまつさえビーストマスターが迎撃光砲で叩き
┃ 落とすというのか。

┃ あまりに無駄すぎる高火力を叩き込んだが故に、電力と重量を支えるために地面に
┃ 固定せざるを得なかった警備ロボット。それが、このビーストマスターだ。
496:名前: ◆DAZiCeQp.w <sage> : 2014/05/07(水) 00:53:49 ID:gXN/hXM.






           (……一旦戻ろうか)

             (Jud ご英断です)







┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 正直、正面から打ち合ったら死人が出る。と、いうか、これに相対したチームは、
┃ よく三人の死人で済んだ物である。二階までと同じノリなら全滅していても何ら
┃ 不思議はなかっただろう。
┃ 
┃ とりあえず、一度全員と合流し、どうするかを考えよう…………。

┃ ・時間が時間なので、本日はここまで 
関連記事
スポンサーサイト




コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する