やる夫は欧州で試されるようです 第七話 その9

5934 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/25(火) 19:09:44 ID:f718a96s0
なぁ、みんな。俺とんでもないことに気づいた。

ここのウイッチにもう一人、ユキカゼ同様に探知使える奴いたわ。
5935 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/25(火) 19:13:17 ID:Bf0CULSg0
そういえば蘇芳と王様が魔眼持ちだったか

【固有魔法】魔眼(感知系)
・坂本美緒のようにコアを見つけるのではなく、力の流れを見通す。魔力などの経路を見ることが出来る特殊な固有魔法
彼女のようにコアを探すことに特化したわけではないが、ネウロイの力の線をたどって行けばコアが見つかるので便利らしい

ステルスしててもこれ見えるんじゃ
5936 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/25(火) 19:16:33 ID:ztuUayF20
王様の魔眼は対象物の詳細情報を調べる、蘇芳は遠視とかでね?
もっさんレベルは珍しいし。ガランド少将も遠視止まりの魔眼とかだったし
5937 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/25(火) 19:17:56 ID:YUBmPbvc0
あと、レヴィも電波探知を素で使ってた。レイヴンと風呂はいる時にそれを使って兵士と遭遇しないようにしてたし

……まさか、七色の野郎こいつを隠してやがったのか……?
5938 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/25(火) 19:18:15 ID:9Ajqo6lQ0
議論が活発過ぎて七色情報が埋もれてしまった
誰かまとめてくれ(他力本願寺)
5939 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/25(火) 19:19:48 ID:Bf0CULSg0
いや、蘇芳の場合は魔力の流れを見れるわけだから
例えステルスで消えてても魔力までステルスはされてないんじゃ…?
というか消えるために魔力使ってるんじゃ…つまり熱源探知みたいにネウロイ浮き上がるんじゃ…
5940 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [sage] 2014/02/25(火) 19:19:56 ID:fFUnbfdI0
ギクッ
5941 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/25(火) 19:20:42 ID:Bf0CULSg0
おい、ウィッチ達の能力を洗い出せ!!
大事なキーが隠れてたぞ!!探知出来るぞこいつら!!
5942 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/25(火) 19:21:14 ID:FvCf3Tks0
性能を考えると王様の慧眼の方が確実そうだけど気絶する危険性がある
蘇芳はそれがないけどいざって時に盾になりそうな露骨な死亡フラグが立ってる オマケにシールドがない

使うとしたら王様の方かなぁ……?
蘇芳は思い切り思いつめてた描写があるから出来ればおとなしくしてて欲しい
5943 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/25(火) 19:22:13 ID:TcNeSs5g0
七色めwwwww
5944 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/25(火) 19:22:31 ID:tUpgeOc.O
人型のステルスただの光学迷彩なら探知手段はそれなりにあるな
5945 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/25(火) 19:22:52 ID:Bf0CULSg0
いや、見えることが大事
ステルスを探知出来るってことはどこから来るか事前に察知出来るわけだからね
つまりミカサやその他の陸戦達がかなり戦いやすくなる、時間稼ぎも長く持たせることが出来る
レイヴンも探す手間が省けるからより素早く殲滅出来る
5946 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/25(火) 19:26:06 ID:MG1SqnME0
床にポテトチップ撒いとけばわかるで
5947 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/25(火) 19:27:51 ID:9PhXgC3o0
そうだな、床に何かばら撒いとけ踏んだ跡や音で探知できそうだしな

希望としてはガラス片が一番なんだが
5948 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/25(火) 19:29:04 ID:82G4S45I0
室内に光がさしてる状況なら埃で分かりそうなもんだが
5949 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/25(火) 19:29:05 ID:TcNeSs5g0
鳴子トラップ
床にポテチなど
蘇芳の魔眼(魔力で消えている場合)
王様の慧眼(気絶の危険性あり)
レヴィの電波探知(ただしユキカゼのセンサーを抜けてきた実績あり)

今のところ出てきた対策はこんな所か
5950 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/25(火) 19:29:16 ID:DQKY.cYA0
よくあるネタは水をまいて足跡で見分ける
5951 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/25(火) 19:29:52 ID:Bf0CULSg0
しかし夜だから水だと視認が厳しそうよね
無いよりマシだろうけど
5952 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/25(火) 19:29:49 ID:tUpgeOc.O
室内なら動けば舞い上がる粉状の物でもいいかもしれない…
5953 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/25(火) 19:30:31 ID:/OUtky6Q0
>>5946
レイブン級の身体能力だから気がついたときには首切られてるんじゃね?

蘇芳で探知できて迎撃戦力がいるなら移動がかなり楽になるけど。
5954 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/25(火) 19:30:51 ID:FvCf3Tks0
レヴィと王様をセットで運用して電波探知を試す
駄目なら王様の慧眼を使ってレヴィに気絶した場合のフォローを頼む

こんな感じはどうだろうか
5955 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/25(火) 19:31:08 ID:9PhXgC3o0
なんなら部屋中に縄を張っておくのも有効かもしれん

ミカサの戦闘が不利になる可能性もあるが、敵がどこから入ってきたのかと、今どこにいるのかが分かると思う

あとは縄を切るという行為を相手にさせることができて、隙を作れるかも
5956 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/25(火) 19:33:17 ID:TcNeSs5g0
>>5949訂正
鳴子トラップ
床にポテチや水など
粉塵と光源など
蘇芳の魔眼(ネウロイの力線を感知)
王様の慧眼(広範囲などは気絶の危険性あり)
レヴィの電波探知(ただしユキカゼのセンサーを抜けてきた実績あり)
5957 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [sage] 2014/02/25(火) 19:34:42 ID:fFUnbfdI0
ぬぅ、しまった……後でネタバラしするはずだったのに誰かに発掘されちまった。
5958 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/25(火) 19:34:59 ID:DQKY.cYA0
デアデビル方式
5959 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/25(火) 19:35:54 ID:TcNeSs5g0
おお、だれかうまい事やった様子
5960 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/25(火) 19:37:14 ID:MG1SqnME0
スプリンクラーあるなら楽
5961 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/25(火) 19:38:14 ID:Bf0CULSg0
ユキカゼは音波探知、レヴィは電波探知
蘇芳は実質的に熱源探知、王様の彗眼は…なんだろ…

ユキカゼは無理だったけど他に結構見えそうな方が居る居る…
5962 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [sage] 2014/02/25(火) 19:40:18 ID:fFUnbfdI0
準備の時間を入れたのも、罠を張れとウィッチたちに無線経由で指示を出したりして時間稼ぎになるから。

航空ウィッチも上手に利用すれば固有魔法で空の監視にもなる。

そして、数多く犠牲を出した扶桑・カールスラントでも彼女たちが生き残ったのは幸運もあるけど、ウィッチ個人の能力も
固有魔法も群を抜いて高いから。

……もうみんな忘れてると思ってたんだけどなぁ、失敗したか。レヴィとお風呂イベントの時に入れてたんだよね。
5963 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/25(火) 19:40:19 ID:FvCf3Tks0
期間空きすぎて風化してる所にもヒントが転がってるとか本当に難易度たけぇな
5964 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/25(火) 19:42:35 ID:Bf0CULSg0
レヴィは戦力よりもレーダーに期待大だな
とにかく最初の準備段階で全体で出来る時間稼ぎ等を徹底させりゃ
かなり時間稼げそうだね、レーダー役が何人か居るならそれで即座に殲滅も出来るだろうし
5965 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/25(火) 19:42:40 ID:TcNeSs5g0
ひゃっはーw これでだいぶ楽になるwww
それでもすごくきついんだろうがな!(白目
>>5920>>5934
GJ!!
5966 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/25(火) 19:43:10 ID:LFqoJBes0
蘇芳って今カメラ持ってんの?
裸眼で使用するには力が強すぎるからカメラのレンズを通して使う必要があるとか言ってたけど
5967 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/25(火) 19:43:29 ID:LFqoJBes0
蘇芳って今カメラ持ってんの?
裸眼で使用するには力が強すぎるからカメラのレンズを通して使う必要があるとか言ってたけど
5968 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/25(火) 19:44:02 ID:LFqoJBes0
Oh...二重投稿スマヌ
5969 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/25(火) 19:44:01 ID:Bf0CULSg0
ウィッチの宿舎もといホテルに居るから自室にカメラあるんじゃない?
5970 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/25(火) 19:57:42 ID:/OUtky6Q0
七色、ホラとみさかとほむらの能力ってなんですか?

すくなくともレイヴンは知ってるはずだ。
舞台裏で聞いているだろう。多分
5971 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/25(火) 20:11:39 ID:D.W.d9460
あれ、固有魔法とかは航空ウイッチ並に才能がないと滅多にいないんじゃ?そもそも、固有魔法すら稀有な存在だから。

ウィキも無しって書いてあるし……まぁ、ホライゾンはシールドに多少の有利があって、あとはコミュらないとなぁ……

つーか、どうしようかね。行動がまとまらん
5972 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/25(火) 20:13:34 ID:FvCf3Tks0
いやだいぶ纏まってないか? 強いて言うなら新しく浮上してきた探知が仕えそうなウィッチの配分をどうしようかくらいで
5973 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/25(火) 20:15:39 ID:TcNeSs5g0
一ターン目
準備 光学迷彩対策に発見用の罠を設置と、感知系能力持ちにはその使用を進言
    他何かある?
移動 一番狙われ、戦力の薄い医療班へ
戦闘
私的にはこんな所か?
5974 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/25(火) 20:15:40 ID:ztuUayF20
いや、航空適正があるウィッチしか持ってないとかじゃなくて、戦闘適正のあるウィッチの中で
更に固有魔法を持ってるのが少ないってだけじゃね?
航空適正も確かに少ないんだけど、固有魔法の有無とは別だと思うで
5975 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/25(火) 20:16:26 ID:7maqxIdk0
初手の準備が肝要ではある、よね?
レヴィの電探とかどれだけの精度なんだろうか? 王様はシュテルの杖見るだけでかなり脳に負担掛かってたからおいそれと使えんし。
ユッキーの方も近接距離なら反応もしたりするのか?
5976 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/25(火) 20:18:44 ID:FvCf3Tks0
王様を活用するなら単独じゃなくてフォロー役をつけたほうがいいだろうね
候補は現状探知がもっとも期待できなさそうなユキカゼ辺り?
5977 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/25(火) 20:19:58 ID:/OUtky6Q0
ないのか。

じゃあ、できそうなのは
蘇芳やレヴィで調べて、床に塩水や導線をはわせて、変化があったらレヴィの電気ショックくらいしかないか。

いくら鉛玉打ち込んだところで牽制以上の効果はないし。
5978 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/25(火) 20:23:03 ID:KxYa/dNw0
相手ステルスしてて隠密型みたいだし
床に耳を当てて~は有効じゃないだろうなぁ
5979 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/25(火) 21:32:30 ID:/OUtky6Q0
そういえば、レイブンは重要度が高くて抵抗できない
医務にいくとして、

ユキカゼって何してもらったほうがいいのかな?
思いつくのは難民の暴走を防ぐために難民のところに行って貰う。
もしくは、ウィッチの損耗を減らすために食堂行きだけど
5980 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/25(火) 21:34:52 ID:8wMGs.GY0
護衛じゃないか?
ゆっきーの探知網抜けてきてる敵なので、戦闘力という一点で考えてでどこかの守りに入ってもらったほうが良いと思う
5981 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/25(火) 21:36:01 ID:FvCf3Tks0
予定通り整備でいいと思うがね
5982 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/25(火) 21:37:41 ID:ztuUayF20
フル装備の陸戦3人でも時間稼ぎにしかならんのに、ユッキー一人で動かすのは厳しいやろ
整備倉庫で時間稼ぎしてもらって駆けつけるしか無いんでね?合流したらまた色々あるけど
5983 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/25(火) 21:38:28 ID:8wMGs.GY0
何処の、が抜けてた
整備の護衛だと思う
5984 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/25(火) 21:38:38 ID:Bf0CULSg0
そういえば本部から連絡、もしくはユキカゼに連絡して
ストライカーユニットをすぐに使えるよう心がけて貰うとかもありかも
現状、隠れてるから準備とか出来ないかもだけど戦闘終わった直後にすぐ動いて貰えるよう
いつでも準備に回れるように言っておくとかもありだな
5985 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/25(火) 21:40:39 ID:7maqxIdk0
上にも出てるが>>5709にてユッキーは整備付近に降りるらしいから何も言わなければ其処に着くっぽい。
準備で電探での警戒を継続させるで良いかもね……上で色々とユッキーの運用考えてたけど、護衛もいるもんなぁ
5986 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/25(火) 21:42:32 ID:Bf0CULSg0
とりあえず準備段階で最初の方なんかは本部を介してどこにでも通信入れられるから
如何に細かいタイムロスを減らしていくかがポイントだと思うのよね
5987 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/25(火) 21:49:02 ID:oKXPm0IU0
そういや、今隠れ潜んでいるというけど……光学迷彩持ちのセンサーってなんだろう
5988 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/25(火) 21:55:06 ID:/OUtky6Q0
ぶっちゃけ、ユキカゼって大型ネウロイを単独で牽制できる程度の能力ってあるの?

人型ってそれクラスらしいけど
5989 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/25(火) 21:56:45 ID:8wMGs.GY0
シールドが張れるので完勝は無理でも少々の犠牲で時間稼ぎはできそうな
5990 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/25(火) 21:57:20 ID:Bf0CULSg0
クラスはそうでも大型と人型じゃ武器が違うでしょ
人型なんかはステルスと格闘主体だから格闘が優れてるユキカゼはある程度なんとか出来るはず
あれだよ、現代兵器にするか刃牙キャラ相手するかの違いみたいな
5991 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [sage] 2014/02/25(火) 22:03:11 ID:fFUnbfdI0
ふぅ、いまちょっと上司と亡国のアキトみてた……やっぱり可愛いねヒロイン。ロボットがホモォという不可解な事実を除けば。

つーかなんであんな変態構造にしたし。

……いいや、そろそろ始めようか。
5992 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/25(火) 22:05:49 ID:uWSIE8CM0
はーい
5993 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/25(火) 22:07:37 ID:/OUtky6Q0
火力が足りるのかとか不意打ちで殺されるんじゃないかと思ったが
七色いわく一人二人なら対処可能なのか。

それなら整備班の護衛をしてもらうのもいいか。
5994 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/25(火) 22:09:09 ID:9Ajqo6lQ0
あのクモォな動きが奇っ怪でいいんじゃないか了解ー
5995 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/02/25(火) 22:10:58 ID:fFUnbfdI0
んじゃ始めよう。人はどれぐらいいますかね?
5996 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/25(火) 22:12:15 ID:Kcq9a0i.0
5997 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/25(火) 22:12:27 ID:iojAUDN.0
5998 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/25(火) 22:13:42 ID:FvCf3Tks0
5999 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/25(火) 22:14:53 ID:wWk/1n760
6000 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/25(火) 22:15:04 ID:WrPLTMDM0
6001 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/25(火) 22:15:08 ID:3KxKtqp60
6002 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/25(火) 22:15:19 ID:lwiIvroY0
6003 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/25(火) 22:15:54 ID:pwUE6mz20
ノシ
6004 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/25(火) 22:15:55 ID:3KxKtqp60
アレクサンダはGの如く変態機動してたな
6005 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/25(火) 22:16:17 ID:IUEJIVw.0
6006 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/25(火) 22:16:48 ID:PS.vWvCE0
アキト、第三章上映日まだ詳細決まってないけどこのまま行けば春から夏に延期かね  

6007 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/25(火) 22:17:55 ID:vGzWyLV60
6008 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/02/25(火) 22:18:13 ID:fFUnbfdI0
ヒロインは可愛い……だからRIBI堂にあんなことされちゃうんだよなぁ



                     -  ̄ ̄` - 、
                 /ー、         ヽ
                , -、     ヽ、_     ハ
                 ノ!o }  !、_         ',
              / >    o`ー--      }
              { /    ヽー- _  _   !
              ヽ`ー〈   }     イ´  ヽ j
               >、  ー'    (  , イ⌒ヽ' |
               <  7ヽー-ァー-ヾ/    .ハi
      r='ヘ      /ヽ!:::{ <´    ハo     i
      ∨l∧     ノ  / 7::`->  /    j     /
       ∨l∧  _/ j / /:;':::〈-イ     〈    ..|
       ,イ )ヘ}-' / j /:::;:r´        !   ...|
       ! ⌒)ヘ  ノ /:::::;/        }   ..|
       ヽ ´ノヘ/  /::::::/       ヾ /    |
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃行動は早い方が良い、時間は止まっちゃくれないのだ。こうして足を止めて
┃いる間にも状況は刻一刻と動き始めている。

┃どこから回るかが重要、先ず最初に向かう場所は……

┃↓6     古倉庫、医療天幕、公民館、ホテル、避難民1、避難民2


6009 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/25(火) 22:18:33 ID:ztuUayF20
医療天幕
6010 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/25(火) 22:18:58 ID:rZvFzAHs0
医療天幕

七色知ってるのかwww
6011 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/25(火) 22:19:44 ID:iojAUDN.0
医療天幕
6012 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/25(火) 22:19:47 ID:oCFjWamQ0
医療天幕
6013 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/25(火) 22:20:18 ID:oKXPm0IU0
医療天幕で
6014 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/25(火) 22:20:19 ID:Kcq9a0i.0
医療天幕
6017 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/02/25(火) 22:24:28 ID:fFUnbfdI0
                 ,,..-――-..,,
             /          \
            /            ヽ
         /      ___)   ヽ- l
        /l       '´       r  .l     ……先に少尉の所かね。いま無防備だし
      / ..|. U   =≡=   =='' ',
     /`ヽ、__.',             ヽ   l     最大火力が消されたら例え生き残ってもお終いだよ。
    ./   \ .ヽ.     (_ノ--'  ノ
   /     /-‐| \、 ____ ,,..-<
  ./    ./   l l  \    | r-ヽ  `ヽ
 /    l    | ヽ   .>、 r'__..>>   |
./     iヽ   .|_ヽ.イ .〈Y´ i `''1 |  |
'      l  、  < ´  .i  |  i  | |  |
\   / _,,-ヽ  ヽ  .i  .|  .i  .|.l  |
  .ヽ∠-''"ヽ    ヽ  i  .|   i  |l ..|
        〉    ヽ .l  .|   .i |`ヽ|
        /       l/  .|   ヽ|  .l
     ./         ./   l     /.\ ヽ
    l           /   .l   〉  \l
      ヽ     /__,..--'┬-イ    |
        \  ./―‐┴''"´ ̄ ̄l     |
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃彼女がもしものことがあったら、他の二人も無事じゃ済まないだろう。
┃という訳で、先ず第一に医療天幕の安全を確保する事を決めた。

┃次にやる事と言えば……自分だけが今の所ヒト型と戦った経験がある。
┃誰かにアドバイスをあげたり、対抗策をとらせ時間稼ぎをさせる事が
┃出来るかもしれない、
6020 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/02/25(火) 22:27:31 ID:fFUnbfdI0
         ___
     ,  ´         \
    /              ヽ
   ./   -- ..,_       _‘.
  ,'     __     __´_ ‘.
  ,     ̄ ̄        ̄ ̄  ‘.          さて、何かしてあげれることは……
  { ∪ "'               、、 }
  ヽ       ゝ-‐ ー- '     '
   \              、 <_
    >,7/1  _ ,r' `'rv////
   〈/////」   V / l///\
   __//////ン 〈,r'    _〉Y// ト、
  {//\`¨7 o⌒f \,r'´ 、ゝ///|.:.ヽ
  j,////`7'__`] !_  ! Y´ ` \,r':、<
  |,//////∨ ヽ_ヽ.{ {ヽト j′∨ ヽ __
  |//////У   ヽヽ} } ヽ ィ、 ,ヘ | `fヽ ヽ
  |,∧_/z</〉  _ lT = ‐'ー ´  | | l }
  j_/_/> ´゙´  | l 二      | | / ,r'
    ̄ヽ      ヽヽ.二   . ^└ `´
      \ __ 、 }.} >´
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓


┃22:32まで   天幕に向かうまでに何かやること、してほしい事。
┃相談時間     通信が出来るので誰かに指示を出す事も出来る。


6021 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/25(火) 22:29:49 ID:85w8pVFI0
どうする?

とりあえずウイッチに連絡して固有魔法でやってもらう?
6022 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/25(火) 22:29:49 ID:FvCf3Tks0
えーと 鳴子とか音がしやすいものを撒くとかの簡単な罠作りの指示
ウィッチには固有魔法を使っての探知の指示
後は何だ?
6023 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/25(火) 22:30:02 ID:/OUtky6Q0
レヴィor蘇芳で探査
床に導電物(潮水とか導線とか)を配置
異常を感じたらレヴィの電気ショック
ミカサで止め。

これっていけそうかな?

色水ならなおいいけど。
6024 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/25(火) 22:30:02 ID:Bf0CULSg0
>>5956
大体纏まってるのがここらへんかな?
あと他に色々と細かいところを
6025 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/25(火) 22:30:23 ID:8wMGs.GY0
こっちの行動は伝えるべきか?
こうするんで、フォローお願いとか
6026 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/25(火) 22:31:19 ID:Bf0CULSg0
こっちの行動伝えるのもいいね
相手さんが到着までに色々と準備出来るわけだし
6027 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/25(火) 22:32:27 ID:Bf0CULSg0
とりあえず確定で 医療→ホテル→整備 そこからウィッチ達は散開
の流れは伝えておこう
あとはウィッチ達に固有魔法の使い道、整備やユキカゼには備えられるよう心がけて置くようにとか
6028 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/25(火) 22:32:52 ID:8wMGs.GY0
>>5956
>>6027
かな?
6029 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/02/25(火) 22:32:28 ID:fFUnbfdI0
↓5    行動をどうぞ
6030 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/25(火) 22:32:56 ID:/OUtky6Q0
シュテルの救援に向かう。

食堂で可能そうなら>>6023とか>>5956

義務を果たして必死の抵抗を
6031 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/25(火) 22:34:04 ID:Bf0CULSg0
対策はホテルだけじゃ勿体無い、本部から全体に連絡が吉
6032 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/25(火) 22:35:19 ID:FvCf3Tks0
>>5956
>>6027
6033 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/25(火) 22:35:30 ID:/OUtky6Q0
>>6031
ぶっちゃけ、ウィッチ以外火力が足りなさ過ぎて気休め以上の効果があるものが想像できない。

だから義務を果たせって言葉くらい?
6034 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/25(火) 22:35:52 ID:cnfaeTV60
>>5956
>>6027
5956 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/25(火) 19:33:17 ID:TcNeSs5g0
>>5949訂正
鳴子トラップ
床にポテチや水など
粉塵と光源など
蘇芳の魔眼(ネウロイの力線を感知)
王様の慧眼(広範囲などは気絶の危険性あり)
レヴィの電波探知(ただしユキカゼのセンサーを抜けてきた実績あり)
6027 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/25(火) 22:32:27 ID:Bf0CULSg0
とりあえず確定で 医療→ホテル→整備 そこからウィッチ達は散開
の流れは伝えておこう
あとはウィッチ達に固有魔法の使い道、整備やユキカゼには備えられるよう心がけて置くようにとか
6042 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/02/25(火) 22:42:37 ID:fFUnbfdI0
      三三三三三三三三三三三  三三三三三三三三三三、
         三三三三三三三三三三三   三三三三三三三、/三
       三三三三三三三三三三三三    三三三、 /´ 三、/
           三三三三三三三三三三 _ ― ´ 三、 ヘi<
     \三三三\三三三三_三―三三三;;;;;_ -┌' ´ / |  ` ァ   『分かった、それまで何とか粘ろう……』
   ミ゛  \ 三三三三三三三三三、 ≦ ::7     |` ・ ´  |゙ッ
  ミ   ゙ッ  `'' ―---―ニ=‐ ´! ̄ `ン::/      ゙i`   ト''゛,゙ッr       皆、すまないが我々は後回しだ。先にウィッチと
     ミ_ ゙ッ  ァ―  ̄ ̄   、ヘ   /        \. ヘ   ゛,,       避難民の救助を優先とする。
       ミ_    イ , ,, _ ・/´  ≦;             Y    ゛
                                  } / //.
                                   /   .、/
                                、 ‐-‐、/    {
                             , /_,  、´゛/       }
                         ` <゛ /´ ∧     /
                              ` 、 ∧ ゙i / ~ `
                           _、 、'´,/∧ } !、  / ミ
      ´ ̄`゙i             _ - ― ´、 ´ / | ;゛/7  }    /
     .7~7‐゙ir゙i   、-=ニ二 ̄-- ― ' ´   ,´ |,゛ } : :} |(,
      ゙i ゙i  ゙i゙i                     イ ,゛ /} : : :} { \
          ゙i゛;,               / } // }: : :|  `} /




             . -―==≠´\_
        .......:::´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::...ー-
        / .:::::::::::::::::::::::::::::::::::/.:::::::::::::::::::::`丶
      / .::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/.:::::::::::::::::::ト、:::::::.\
.     /.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|::::::::ハ:::::ハト、:::::::::.⌒ヽ
    /.::::::::::::/.::::::::::/.:::::::::::::/|:::::;  l::::| |:!ヽ::::::ハ
    :::::::::::::::l::::::::::/:::::::::/::/ |::厶 l::::| |厂{:::∧
   |:::::::::::::::l::/.::/.::::::i:::i::::i/厂  |:八 ム、 Ⅵ
   |:::::::::::::::/:::∧::::::::Ⅵ:::| /,二、/  ヒフ_, {          鳴子……空き缶で代用するとして。
   |:::::::::::::::八{::ハ:::::::| 八|.ィ:::厂, ,;   V  、
   |::::::::::::::::::_::::::::l\|  ^===彡     \ |        あとは地面に砂利と水を撒くぐらいしか手がねぇな。
   ヽ:::::::::::/ `ヽ:|                , ノ |
     \::::{ ( く_                     |        ……おーい、誰か集束手榴弾作って置いておけ!
      \ヽ  }               ,_-xく|
.          \>―ヘ           /こ´个\
          |     \          丿  ゙゙
        /|       `ニ==‐―┬=≦ __
         |  \      \:::::::::::::::::|      ∧
         |    `  ー-=ニ二::_::::|       //∧
.       /               `ヽ    ////∧

┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃本部から各地に発見用の罠の設置を伝える……気休めにしかならないが。
┃避難民のところでは小麦粉などで代用するらしいが、整備班は近くにあった
┃水を周辺にぶちまけているらしい。

┃これでいいだろう。続いてウィッチたちと通信を切り替える。

6044 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/02/25(火) 22:45:47 ID:fFUnbfdI0
            ,: : : : : : : : :/ : : : : : : : : : : : : : ヘ
            ,: : : : : : : : /: : : : : ,': : : : : : : : : : :ハ
          ,: : : : : : : : ,: : : l: l :ハ: l: : : !: : !: : : ∧
            ,: : : : : : : : l : :/!::ハ:l ';!: : :l: : :l: : : : : l
         ,: : : : !: : : : lヘ::l`ト!、リ,__l: : /!: ノ:l : : : l:l         固有魔法で……か。うん、出来そうだよ。
          イ: : : : l: : : :ィ行示ミ、  l:./ー|:/l/!: : :ノリ
       / l: l: : : !: : : : :',辷::゚ソ  .l/.f示リヽ: :/::!        カメラのフレーム内だけだけど。やってみる。
         !:ハ::| :l '; : : l、:,         ゞ-'/:イ: : :!
         l:ハハ:';ヽ : l ヽ      '  ,イ : : : ハ!
. , 、    /ヽ    _,〉: :トヘ: :!   , -- ,    イ: : /lハ!                    /ヽ
.,' ∨  l  !  ,.-!:「` r--ヾ! >、  ̄ ,. <リ: ;.イノ'                      ,イ  !
ヘ  ∨ l  ! rl: :リ  l o .|   ./¨´| ̄lイイ-、,--、                   , ィフ/  /
. ∨ ∨_}  .ト-'r-'ヽ、_!__  !ヽ  `ヽ-! ゚ 〉    ヽ ヽ ̄ヽ⌒ー-r----r-―==ヽイ  '  ./
ゝ_〉  `ー'  ヽ    ノヽ }ーヽ  レl !´ヽ     !    l    ',   ハ    ',∨  /
         ∨   》  . ヽー-‐'::{ o! ヽ    !   l    l    !    l ∨/
    , - ,ィ   l  l !   O∧::::::::::∨   ヽ  .l   /    l    l     ! .}ヽ、
     '     ヽ /     ∧、:::::::l∨   ヽ _,{  /、__/    ノ     ! ノ、  ヽ
ヽ        _  `ヽ、    .∧:ヽ_|::∨ ___´./ ̄    `ー--、イ_     /イ  `ヽ_!
 ゝ、__,,ィフ‐‐' ィヽ、___)_ -, Oヘ/ ヽ∨O「 ̄`ト,             >- '






                   , - ―‐ - ..
                , '"          ≧ ..
                 /                ヽ、
             , '                    ',
               /                     ,ィ ̄ヽ
           /                            ',
           ,′       ,    ,            、  i
          ,′  /    i    /.        i   i i  ',、 /!
          i   .i   / !.   ! /  ,  / ,′  i!. !.  i//,!
          |   i   |  |    !./  /! ,イ! /.   i! !、  !' `!        我の慧眼は長くやると危険なのだが……
          |   |   |  |    ',./イ_/イ__レ ! ,!  '_リ_!  !  !
          |   |   |  |     ヾく ̄示:::! !/ !. /!"`!  !  i       ここで文句言っても死ぬだけだしな。
          | i!、i;,! i!  !  !    ',  弋ソ    レ ` "i/リ' ,、 i
          |;;;!;;;!;;;',;; , !;;;; !;、 i、  ',   ,,,       イ/i;;、i;;;;′     少佐と視界が被らないようにカバーし合って……
          i;/ ',;;!i;;',!;;;;;;!;;!;;;ヽ,, !;ヽ,;;',        ,  / i;;!i;;;;/
          i'  ヾ',;!;ヾ;;ヾ!、;;;ヾ;;;;;;;;;;;',__      ' .,イ i/i;;/
                  /二二二ゝ フ  ,-、 ',    ,.イ  / レ
              _/:::::::::/::/ /   ヾ, ̄ ̄
          _ rイイ:::::::::イ::::,イ /     i!
         i /:/:::::::::::::/:::::::::i  i',′      i!
         //イ::::::::::::::::/::::::::::::', i!.      ,'!
         /イ:::::::::ゝ:::::!i!::::::::::::::::', i      ,'イ
    ,.ィr-イー―---―――,::::::::::::'.!     i:!
  ,イ;--i. ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄',::::::::::::!     i::!
..,イi.!;;;!::::::ヽ______::,:::::`ー――‐ 、.  !::i
6045 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/25(火) 22:46:59 ID:Bf0CULSg0
本部は武器もあるしレヴィや蘇芳も陸戦と一緒に送り込めば
レーダー役もいるし発見用の罠もあるからかなり時間稼げるんじゃね?
6046 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/25(火) 22:50:11 ID:ztuUayF20
本部にある武器はパンピーが使える程度の銃だから、ネウロイ相手じゃ豆鉄砲やで
6047 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/02/25(火) 22:50:17 ID:fFUnbfdI0
                 __
              /: : : : : `丶    _____
             ∠____ : : : v/: : : : : : : : : : : :`丶
           /::::::::::::::::::::::::\/: : : :__: : : : : : : : : : \____
          /:::::::::::::::::::::::::__イ:|: : : : :/ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : rく⌒ヽ
         /:::::::::::::::::::::::::/:/|:|八 : : /: : : :/: : : : : : : : : : : : : :\: : \
        /:::::::::::::::::::::::::/::::/: {:{: : : : : : : :./: : : : :/: : : : : : : : : : : :V : : \
      /::::::::::::::::::::::::://::::::| : : 丶 : /: : :./: :/: : /: : : : : : : : :}: : : : : |: : : : : \      おー! その手があったね!
    ∠:::::::::::::::::::::::::/:::/ ::::: |:::::: : : :/: : : : __/: : / : : / : : : : |: : : : : |: : 人: : : \
      / ̄ ̄ ̄ ̄/::::::/:::::::::人/|: : : : : :|: :ィ\/: : :/: /}: ノ:.:.|: : :/ : |.: :|:::::\__>   待ってて、いまロープとバケツ持ってくるよ!
            イ:::::::::::::://=i// : : : /|/ |: /|\/: / //: : / : /: : :′:|:\:::::::::::\
    /         |::::::::://ニニ:∨: : : :/  .|/ .|/| / //'"⌒/: //:.:i: :|: : |\::::::::::|   全力でやったら丸焦げかもだけどさ!!
  /: : : : : / /|::::/ |三=彡/: : : :人 ==ミ  レ  ';ノ//: : //: : Ⅳ: : :|  \::: |
/: : : : : : : : :/  レ'    {三三/ : : : :           ≠⌒/イ //|: : / : : : ′   ヽ:l
::::::::::::::/:::/        >=‐′: : : ∧     ,. _  ,    /: //ヘ|/: : : /|
::::::: /:::/        /ニニニ{: : : :メ、 \  {__ノ    ノ: :/三三7.: : : :/: |
:::/:::/         /三三三|: : : :|\二二't┬─f壬/ : : /三三/: : : :./|: :|
::::::/        , イ三三三三|: : : :|\:::::::::::::ノ7三ニ/ : : /三ニ/ : : : : : |: :|
/        /彡三三三三:| : : 人=l|{二二}/三=/: : :/三/: : : : : : |: :|: :|
           /三三二ニ三彡| : : : : ヽ}====={ 三/: : :/ /|.: : : : : : : :|: :|: :|
         /三三三三三ニ=ト、:: :: :::}ー──\={:| : :{=} : l: : : : : : : : |: :|: :|
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃一応、レヴィの固有魔法は攻撃型にも分類されているが……詳しく解明
┃されておらず、本人も無自覚に能力を別な事に応用している節がある。

┃その一つが電波探査。物体と電波の反射を利用し、其処に居るか居ないか
┃などを判断するのだが……忘れないでほしい事が一つある。
┃彼女の電撃は本気で放った場合、それこそ全て焼け焦げる可能性があるのだ。
6051 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/02/25(火) 22:56:26 ID:fFUnbfdI0
            .。o≦二二二≧o。、__
         rzz/<% l      7/ \
         />     |      i    \__
     .。o≦    /    :      l  ゚.   ヽ≧o。
    {       /    |        :l  }    l    ≧o。
    i       {  l:   |      / |  i    |      }
   / ゚.       i | |      / | !: U |       :
  l  ,      |  |  :     /} :|  |     |      /
  l   ,     |_|__:|    /:_i_!_!:   |  l  /
  {    。     |  |   :|    / 八 /  :l     |  }  /
  i     ゚,    ㌢芹芋ミ   /  ,ィ斧芋ミ    }   i /
.  〉    }゚.    ゝ Kじ刈l  /   Kじ刈/   /   /}/        ……味方の攻撃で焼け死にそうなのですが
  / ゚.   /∧       V^)ツl: ,'     V^)ツ     / γ Y
. /  :}/// ,    { // :|/  ,   // /   /  /l//!        これは大丈夫なのでしょうか?せめて、入り口部分にだけ
/   Ⅷ/// ゚。   i           〈_/   / γ7777<
   / ゝイ_//} ,  | >    ⌒  イ   / /{///////lミ     水を撒くように忠告を……
.  /   ///}//: \ :| r |/>  イ} / /  /イ7777777} }: _
 /   Ⅷ///    ト、 |__:}爪{ ̄i/ イ   :i/,'!7777///i :i/ ヽ
./     ∨/ |   :.:.:.:.|: : : : :.ヽ/ \:. |   乂マ//////,'! |/ヽ 〈
           |   |-- !: : : : /: : : : :.〉:|   |  ヽ777777| |  /






           / : : : : : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
               : :::::::::::::::\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
        /     .: :..::::::::::::::::::::::::,:::::::::::i:::::::::::::::::::::::::::::::.
          / : : : : : ::/: :|: : ::::::::ト、::::::::::::,::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::.
.         / :/: : : : :/: : :|: : ::::::::|i:i\:::::::::,::::::|:::::::::::::::::::::: i:::::::::::.
        / :/: : : : :/: : :/|: : :::::/}i:i:i:i \::::}::::i|:::::::::::::::::::::: |::i:i|:i:i:::.
.       / :/: / : : : : : /i:i|: : ::/i:_,.斗-≪゙v::::i:|:::::::::::::{::::::::i|:i:i:|:i:i:i:::.      ……ダメ、もうそこらじゅうに撒いてるわ
     / : : : :..:..:i:::i: :/≫|: ::/:i:i:i:{ r炒  》::::i:i::::::::::::::|:::::::i:|:i:i:|:i:i:i:i:}
       i : :|: : : |:::l:/{ 炒! /    ミ¨¨¨´ |:::/ ::/::::::::i|::::::i:i|:i:i:|:i:i:i:i:ハ     ネウロイに殺されるんじゃなくて感電死とか最悪……
    i | : :|: : : |:::|ハ`¨¨jイ           |/l:::/ |:::::i:i|:::::i:i:|:i:i:|:i:i:i:i′
    | | : :|: : : |:::::::::. / ヽ         /u|/  ::::i:i/::i:i:i:/:i:i:':i:i:i/
    | | : :|:..:::::|::::::::::::.    ___,、   〃 j:::i:/i:i:i:i:/}i:i:/}/
       l :八: :::::::::::::::{入  }-ニ二ゝ  / /:::i/-|:i:i:/‐|i/┐             よーし! 僕の全力全快を見せてやる! >
           、ト、::::ハ::::\       ィ// {j/:..:..|i:/:.: / :│
        \ \ \:{\{:r丶___,. <//「 ̄/1 : :|″: : : :八_________                 ギャーギャー! >
             丶 1\:.|┐   }/// |  |: :|: : : : : : :/O/_/__,,--ヽ
          -------|: : : |│   }    .|  |: :|: : : : / ̄: : : /: : : : : :‘,
      /: :/: :/  : |: : : |│ /}    .|  |: :|: :./: : : : : /: : : : : : : : : ’
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃インカムの向こうから悲惨な声が聞こえてきた。中尉と少佐のペアがあんな
┃悲惨そうな声をあげるなんて初めてだ。自分は何かとんでもない事をして
┃しまったのではないのだろうか?

┃レイヴンはそっとインカムの通信を切る。武運を祈る。それだけだ。

6058 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/02/25(火) 23:02:49 ID:fFUnbfdI0
       /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
     /:::::::::,///////////ヽ、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.
    /:::::::::/'::::::/::::::/:::::::::::`ヾ、ヽ:,:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..
    /::::::::イ:::::/::/l:::::イ:::::::::::l:::::l:::::ヾ、l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.
   ,::::::::/::::::/\ l::::/ l::::::::イ:::::|::::::::::`!::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.
   l::::::イ::l::/、.  \{ |:::::::リ l::::!::::::::::::|:::::::::::l:::::::::l:::::::::::::::::::::.
   |:::::::|::lイ {`ヽ、 \!:::::/ |:::ト、::::::::::|:::::::::::|:::::::::|::::::::::::::::::::l    ……あの、私達ってレイヴンさんを追走すれば
   |:::::::|::|  ト、_ハ`   |::/  l::/ 、:::::: |:::::::::::|:::::::::|::::::::::::::::::::!
   |:,:::::|レ  乂(ソ l. l/  l/''―-,_::.|:::::::::::|:::::::::|:::::::::::::::::::,    いいんでしょうかね?
    ,::ト、:|ヽ      ノ.⌒ Y  .ん`ヽ、l/|:::::::::::|:::::::::|:::::::::::::::::/
    l:::::レ!   ̄ ̄     .l   トヘじ_,∨,`::::::::,:::::::::::!::::::::::::::::{
    |::::::八."       \ `<(ソ ,::::::::::,__::::::::,::::::::::::::::イ
    |::::::::l 、          ヽ   ノ/:::::::::/-∧:::l:::::::::::::::,::!
    |::::::::|  、  `ヽ        " ./:::::::::/ __,ノ:::,:::::::::::::::::::|
   、:::::::!   ヽ、_           /:::::::::/´イ::::::::,:::::::::::::::::::::!
    ゙、::::|       ̄ ;ニニ二/::::::::/:/::::::::::::,::::::::::::::::::::::|
     、::!     _ 「     /::::::,イ /::::::::::::/l::::::::::::::::::::::|
     、! _,.< ´  `ヽ、   /:::/ ./::::::::::::/-|::::::::::::::::::::::!
     /        ヽ ./:イ  /::::::::::::/  |::::::::::::::::::::::|
    /            /    /::::::::::::/  l:::::::::::::::::::::::|





       ,, ‐'' "  ̄  ̄ "''  .,
      /  ''';;;:::: :: :      ` 、
.     /      ;;;:::: :: : .     ヽ
    /        '';;::: :: : : .   ',
    ,'          ;;::::: :: :: : :   ',       そうですけど、なんとかなりますよ。
   .j"';;;;:...       ;;:::::: :: : :     '.,
   l!:: :: ::''':;;..  o ,,::'':::::: :: : : c  ....::.. ヽ                  レイヴンさんって、本気で走ったらかなり足速い方ですよ >
   li:: :: :: :: ::''' ''' ' '        ' ' '' "  _)
  ノ:: :e:: :: ;;..-一tr:,;;r;;;一-‐-;;rt=vi=-‐rI~       追いつかないと死にますぜ、軍曹。
  ヽ、___,/::::::::::\I|;::l::;;   : ::|:| :||i  i!.}
   ヽ:::、、:::::::::::::::::`、ヽ'',,;;;;:::::ノノ  ','!yノノ
    i\`/~ヽ:::::::::::.``‐-=''"  _;;;ュ〉ニ!、  __
    '、`i;;、::;I:::i_;;;:::      / ,-==、ヽ/i ヽ
     L ヽ\=、 iL,,,__..:::::::..../ /,r'''⌒ヾ::i} / ...:::l
     ヽ=ニ二ヽ|iヽ⌒ヽヽ::::l|/ /ゞ((ン)アノi}/:::::::/
    /""''''';;;__\\`i〕}:;;;;:i:i(、_ 〉`="_ィ'/:::::::/ヽ,,,_
  _,,-~~`‐-=- 、、__ヾ、|レ/、_;;;:||:i: >テ=-''iノ::::::ノi  ) ~ ''
''~    : : ::: ::::::::........--‐=一T;=ニ二_テ ̄ l| ,'~ ̄..:::
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃後ろで3人が会話を始めた。離れたら死ぬ可能性が大。死ぬ気のデス
┃マラソンを始める時がきたようだ。

┃↓6      末尾が偶数だと成功。奇数の場合……


6059 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/25(火) 23:03:18 ID:tzNOAUTk0
ほいやさ
6060 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/25(火) 23:04:14 ID:FvCf3Tks0
今の鯖で時間安価だと・・・ ぐう
6061 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/25(火) 23:04:26 ID:Bf0CULSg0
不安定だからなぁ、踏み台偶数
自信ないので俺はやらん…
6062 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/25(火) 23:04:23 ID:/OUtky6Q0
128
6063 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/25(火) 23:04:28 ID:zT4ThwY.0
ほい
6064 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/25(火) 23:05:14 ID:VMPhNdqI0
どうだ
6069 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/02/25(火) 23:06:23 ID:fFUnbfdI0
成功:移動中は襲撃を受けずに済んだ。
6075 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/02/25(火) 23:10:24 ID:fFUnbfdI0
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\   ヽ
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ゝ、   \
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\    \
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;::ヘ  ヾ`
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ \:::::::::::::::::::::::::::::::::::∧\   ∧
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/   \::::::::::::::::::::::::::::::::ハ    ハ
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/   rニニ::::::::::::::::::::::::::::::ミ、    ハ
::::::::::::::::::::::::::::::::::::/  ゞ'´ ̄ ̄ ̄ヾ:::::::::::::::::::::}     ハ
:::::::::::::::::::::::::::::::::::}      - - ニニ:::::::::::::::::::ハ    ハ、 i      さーて、と。レイヴンが真っ先に駆けつけてくれるそうだがな
:::::::::::::::::::::::::::::::::::i     ィ t;;;;テ=カミ:::::::::i、::::::|   i .ヽ|
:::::::::::::,-、::::::::::::::::|      ヾ: : : ノ ハ:::::/ \|     }
::::::::/  \::::::::::ヽ      \ / メV    \ .,、i
::::::{  ハ  i::::::::::::ヽ       ´ メ        > l
:::::::|  { (及 ヾ:::::::::::::i       メ         /
:::::::ヽ ヽ ::::)  `ー''´      メ       r'´
::::::::::::\  ソ       //  メ        i
::::::::::::::::::\,_、     /:::/ メ        /
:::::::::::::::::::::ハ:::> ' ´::::::::/ メ        ´i
三三三ニ=''´::::::::::::::::::/メ          /_______
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/、           |:::::::::::::::::::::::::::::::::::/
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::{   > 、 _      i::::::::::::::::::::::>-'´
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| ヽ /:::/::::::::` >- '´:::::::>' ´
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧ ./:::/::::::::::::::::::::::::::::::/
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V:::::/::::::::::::::::::::::::::::/
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃医療天幕の中に立ちこめる空気は恐怖一色。真実は伝えていないが
┃分かる者は分かるのだ。昼に都市で戦ってた兵士はあの場に居た黒く
┃堅い鎧のようなので覆われたヒト型ネウロイを目撃している。

┃一応、周囲に水で溶かした砂利を撒き、足音を聞きやすいようにしたが
┃それだけでは逆に恐怖心をあおる形となるだけだ。
6086 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/02/25(火) 23:15:32 ID:fFUnbfdI0
            ,.-───- 、
           /  / /     \
         /   / /   / U \
          /   , -─‐─‐‐- 、    l  ヒソヒソ
       / , ィ´.::::::::::::::::::::::::::::.:.\  l!
        !//.:._,.-── ─‐- 、::.\イ!       こっちに来たらどうするんだ……?
       ヾ!.:,イ:〈≧rェュ; ''ーェェ<「::::| ト、
         |::l1:::ヽ _j;:.:.___ ,,ノ:::::H.:.:〉     俺達には小銃しかねぇんだぞ?
         Lli|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::://:V
         ヾT:::::::::::::::::::::::::::::::::::://厂
          `ト、::::::::::::::::::::::::::,イ/{
            〉「二三三三コ,/:.:.i
          _」.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\-─‐- 、
    、-‐'''"⌒Y´ソ..:.::::::::::::::::::::::::::::..:.:.:.:/: : : : : : :
   : : : : : : : : :|/.:.::::::::::::::::::::::::::::::::.:./: : : : : : : :
   : : : : : : : : ::\.:.::::::::::::::::::::::::.:./: : : : : : : : : : :




           . -= ¨   ̄`ヽ
         /=- ..       \
        / `ヾ   `ヾ. ▼ /八  ヒソヒソ
        .′  ハー-  |\/ U |
        ト、. __}_________∧    そこで寝てる少尉は……?
        ∧ ヾ {     |    |   /:|
        | }}  l| `ヾ   _|   _| 〃 |                        駄目だ、完全に意識が無い >
        |〃 /\  Y´ 7´ ̄ `Y  |
       ゞミ/_  } |  _ー='_ /   /   こんな時になんでだよ……
      __/: : .`ヽ. ト- .´ ̄フ〃 /
     /    ̄ ̄`ヾ>-=ニ二フ´{
   __,/  / ̄ ̄ `ヽ. \_:_:_:_:_/\
  /: /   / / __   \ \: : : : : i`ヽ.
 ./: /   / /´         ハ  } : : : : |  ト.
../: /   / /          |  : : : : : | ∧ ヽ
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃一つの天幕の中に負傷兵も全員集め、床で寝かせている。入り口に
┃注意しつつ、護衛の兵士達が銃口を向け話し合っていた。

┃チラリと背後のベットで泥のように深く眠っているウィッチを見るが……
┃先程から一向に目を覚ます気配はない。というか、身体を揺さぶっても
┃一切合財反応が無かった。彼女は死んでるのではと兵士が相談し合っていると
6100 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/02/25(火) 23:20:52 ID:fFUnbfdI0
あぁ、安心してくれ。末尾は移動時だけだ。

            . -── -
             /         `ヽ
            /
         /              i                        ピチャッ……
          |               |
        ノ, -=ニ二 ̄ ̄ ̄ ̄二ニ=-.
         ト. //     / /   //   |    ウッ……!?
         | ヾ   / /   //   ノ|
        Ⅵ  ー- -───- -=彡.ノ
           ヾ.. }u   _`_´_   |/
           ト、  ´ ̄ ̄` /}`: ___
          _/: :\____///}: :/⌒ヽ
     ___/: : | : : ____//: :/:/ /⌒ \
    / /. : : : : :Ⅵ: : : : : : : : : : : : /:/ /       }
  _/ /: : : : : : : :Ⅵ:_:_:_:_:_:_:_:_:_/:/ /      八
 / { /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ::/ /:|        |
 }  } : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :/ / .:|        |
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃次の瞬間、天幕の分厚い布越しに水を踏む様な音が聞こえた。この
┃周囲に水を撒き、地面を無理矢理ぬかるませた。だから、誰かがそれを
┃知らずに来れば、まず間違いなく泥を踏み、足音を立てる。

┃レイヴンか?一瞬そう思い声を出そうとした兵士が隣にいた奴に口を留められる。
┃逆の可能性もあるのだ。明かりのガス灯も無い天幕の中は真っ暗闇。音が
┃外からでも中からでも良く響く……耳を凝らして判断する。
6102 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/02/25(火) 23:25:36 ID:fFUnbfdI0
            ,.-───- 、
           /  / /     \
         /   / /   / U \
          /   , -─‐─‐‐- 、    l
       / , ィ´.::::::::::::::::::::::::::::.:.\  l!               ピチャッ、ピチャッ……
        !//.:._,.-── ─‐- 、::.\イ!
       ヾ!.:,イ:〈≧rェュ; ''ーェェ<「::::| ト、                                ギーッ……
         |::l1:::ヽ _j;:.:.___ ,,ノ:::::H.:.:〉
         Lli|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::://:V    ……やべぇ、ネウロイだ。
         ヾT:::::::::::::::::::::::::::::::::::://厂
          `ト、::::::::::::::::::::::::::,イ/{        今のは、鳴き声だぞ……
            〉「二三三三コ,/:.:.i
          _」.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\-─‐- 、
    、-‐'''"⌒Y´ソ..:.::::::::::::::::::::::::::::..:.:.:.:/: : : : : : :
   : : : : : : : : :|/.:.::::::::::::::::::::::::::::::::.:./: : : : : : : :
   : : : : : : : : ::\.:.::::::::::::::::::::::::.:./: : : : : : : : : : :
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃天幕の壁布にいちばん近い兵士が違う音に気付いた。金属同士を擦り
┃合わせた様な、鳥の鳴き声に近い奇声だ。

┃小さく聞き取りづらかった、だが、間違いなく外に居る……落着け。
┃まだ気付かれてないかもしれない……そう心に言い聞かせ、落ち着いて
┃周囲の状況を確認する。慌てたら間違いなく死ぬぞ。それだけが事実だ
6106 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/02/25(火) 23:31:45 ID:fFUnbfdI0
             .  -── -  .
          . <          \
        /__   ー- .       〉ヽ
       / \   `  .. \___/  \
      ./     \       \\/  i   :i
     /       ハ`ー=ミ  |  \/   |   :|
     _|       |   }  L.. ____ |   :|
    / \ー- _ .. -─ ‐ ‐ ┬ =========ミ |       なぁ、数は? 一体、一体だけだよな?
    .′   ヾ {{         |    |   }八
    i :    | `ヾ     |    |   / |
    | |     |   {{     _」______   /  :|
    |_/   人\ ゞ  /´ /  ト. `\/   /
   \   〃  \ヾ `Y     ー=彡''  /   /
      ヾー- _ 「| l  | u  _____ .〃 /
   __/: : : : . `ヾ.  `ー .´ ̄ ニフ/ /
 /     ̄`ー- : :>-  ..  ̄ ̄  /{
"       _______   `ヾ: :`ー=ニ _/. : :ト、.
    /       ー- . \: : : : : : : : /: ∧_
   / .          \ \_:_:_:_:_/: : : ∧\
  ./ /           ハ   : : : : : : : : : |  ヽ
 / /             }  ∧: : : : : : : :|  |\






            ,.-───- 、
           /  / /     \                                       プチャッ、ピチャッ
         /   / /   /   \
          /   , -─‐─‐‐- 、 U  l                                        ギギッ
       / , ィ´.::::::::::::::::::::::::::::.:.\  l!         ……いや、たくさんだ。                      グチャッグチャ
        !//.:._,.-── ─‐- 、::.\イ!                                   ギーッ
       ヾ!.:,イ:〈≧rェュ; ''ーェェ<「::::| ト、                                            ギギッ、ギ
         |::l1:::ヽ _j;:.:.___ ,,ノ:::::H.:.:〉                                       ギーーッ!
         Lli|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::://:V
         ヾT:::::::::::::::::::::::::::::::::::://厂                                        ピチャッ、ビチャッ!
          `ト、::::::::::::::::::::::::::,イ/{                                         ギッ
            〉「二三三三コ,/:.:.i                                      ブチャ、ビチャッ  ギー
          _」.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\-─‐- 、
    、-‐'''"⌒Y´ソ..:.::::::::::::::::::::::::::::..:.:.:.:/: : : : : : :                                       ギーーッ!
   : : : : : : : : :|/.:.::::::::::::::::::::::::::::::::.:./: : : : : : : :
   : : : : : : : : ::\.:.::::::::::::::::::::::::.:./: : : : : : : : : : :
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃次の瞬間、この天幕を取り囲むようにして周囲から奇音と泥を踏む音が
┃複数聞こえてきた。どれも糸を切ったように、一斉に警告音のようなのを
┃鳴らしている。

┃この危機的状況で、誰もが分かった。全員が理解していた。囲まれたのだ。

6117 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/02/25(火) 23:38:01 ID:fFUnbfdI0
                , -  二______     \
                    /≠"´ ̄ ̄ ̄((::))、      \
                  /         / ̄' `ヾ.、    .
                /           }      ヾi;     !
            /           /       }}.  ,;r=}
              !            〈       {:〉 {! i|         ギ、ギ!
               |           }     _,、人    』
              |  ≡≡       r' ___,ィz"´`´ i},≠"!}
                . ∇     _,.イ圭〃    ,/   ;/
               , ィ≠=、、_,/;彡''''¨´    ,r";   ./!                 うわぁあああああ!? >
             ∨{!!:::::゚!iチ"´       ;i}「  ///|
                ヾミニ彡'         ,/   /'////|                   クソッ! 撃て、入ってきやがったぞ!! >
               ヾ.';':,         _i" r'i  //////,|、
                  ヽ.';':,      ((::)) ' ,:/'//////∧
                 丶;:':,      // ,.::'/'////////,∧
                 ヽ;:';,   _∠' _,/,///////////´\
                   'ミ三三ニテ≦_`}}、////,_''"     \
                      }////´ ̄{___"´      /´`.
                      /////      i}      /i!  ;
                        /////_____,ィト≠=="}!. i!  !
                     /´ ̄7 7ト==イ!      ||  !|  i|
                    /   /  イ!   {[ ]|       i ! | | |
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃少しだけ静かになった。少しだけだが……1テンポ遅れて天幕の壁布が
┃破かれた。切断面がチリチリと激しく燃えている。

┃透明な空間に向かって銃弾が跳ぶが、その全部が撥ね返されてしまう。
┃それどころか、一般兵には目を眩まずに開いた穴から続々とネウロイが
┃侵入してくる。暗い空間で鬼火のように揺らめくネウロイの眼は、正しく
┃幽鬼そのものだ。
6120 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/02/25(火) 23:42:18 ID:fFUnbfdI0
   // /      // /:::::::::::::::::::::::::::::::/ |:::/ |:ノ |::::ハ:::::::::::::::::_::_:::::::::::::::::// / -=-
   / /       | /:::/:::::::::::::::::::::::::/ .|/   ノ≦、.|::/::::::::{  ヽ:::::::::::/::://:::::::::::::
    /  /      |::/::::::::::::::::::::::::ハi  i /::/ ̄ / |::::i:::::レ -  i::::::::::::彡:/::::::::::::::::
   i  ィ          i i:::::::::::::::::::::::::i | /::≦=-、/ |::/l::::::i ) |::::::://::::::::::::::::::::
.. /レ/  /       |::/::::::::::::::::::::| ≦;;/r r -、 ) .レ .|::::::;V ./:::::::::::ノ:::::::::::::::::::::::
. /  ;i  ハ /        | i::::::::::::::::::::::ト、   廴ゞ-イ::.   .|::::::::| ノー─T::::::::::::::::::::::::::::
/   | /| /i  i    i |:::::::::i:::: ヾ:::| `ー 、 _       /:::::::::Ki     V:::::::::::::::::::::::::     糞、っ!?
.    | ハ i    |     iヘ:::::::|ヽミ./\    ` - 、  U ヾ::::::/ .|      V:::::::::::::::::::::::
    il .iハ   .|     ヽ ::::::| \  .\      ヽ、    ̄フ /     i::::::::::::::::::::::::     狙いは少尉なのか?!
    ヽ:::::::V ハ     ミ、:::::|  | _          \   /./        |::::::::::::::::::: :::
.     |:::::::::V::i:::::V   ヽ \::ゝ   _ ,. -'´>- 、   `././.        |::::::::::::::::::::::::
      |::::::::::\:::::::V   \ \ミ、_ Vー- t-´    i  ././        |:::::::::::::::::::::::
     |::::::::::::::::::::::::\  ハ\ >  ヽ::| |__ - フ  /./         |:::::::::::::::::::::::
.     |::::::::::::::::::::::::::::`ー 、ゝ >、    \__/  ././   _       |:::::::::::::::::::::::
      |:::::::::::::::::::::::::::::::::::|  `  > 、   ー -  / /  /:::/ ヽ、   |::::::::::::::::::::::
.       |:::::::::::::::::::::::::::::: : |   / \  \- 、_ /  / //::::/   \  |::::::::::::::::::::::
      V:::::::::::::::::::::::::::::::|  .∧  ヾ\ \    i / ./::::/    / \|::::::::::::::::::::::
       V::::::::::::::::::::::::: : |  /:::::V  \::\ \  .|  ./:::/___ _/:::::::::::::::::::::::::::::::::
       V::::::::::::::::::::::: : | ./::::::::::V__>──v─v─''´:::::::::::::::::::: ̄:ヽ:::::::::::::::::::::::::
        .V::::::::::::::::::::::: |/::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::/::::::::i─t── - 、:::::::::::::i:::::::::::::::::::::
         >、:::::::::::::::::::::::::::::::::: |:::::::r────)::::::::|ミ\    /:::: ̄ヽ::::|::::::::::::::::::::
       / ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::::|     /:::r─┐\:\__./_;;;;;;/:::/::::::::::::::::::::::
     ./    \::::::::::::::::::::::::: |:::::::レ─ '' ´:::::::/|  .|:::::::ヽ:::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::
    ./       \:::::::::::::::::::: |::::::::::::::::::::::::/::::|  .|:::::::::::Vヽ、──':::::::::::::::::::::::::::::
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃邪魔な人間を蹴って切ってどかしながら少尉の眠るベットへと突き進む
┃6人のネウロイの尖兵たち。銃弾は効かず、逆に跳ね返った弾丸が周囲の
┃人間へ跳弾し、犠牲を増やすだけだった。

┃間軍医も護身用のデリンジャーで反撃したが止るはずもなく、先頭に居た
┃一つ目の大柄なヒト型ネウロイがスタークス少尉の身体を持ち上げると、
┃肩に担ぎ、外へと飛び出した
6128 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/02/25(火) 23:47:34 ID:fFUnbfdI0
                , -  二______     \
                    /≠"´ ̄ ̄ ̄((::))、      \
                  /         / ̄' `ヾ.、    .
                /           }      ヾi;     !
            /           /       }}.  ,;r=}
              !            〈       {:〉 {! i|      ギッ!
               |           }     _,、人    』
              |  ≡≡       r' ___,ィz"´`´ i},≠"!}
                . ∇     _,.イ圭〃    ,/   ;/
               , ィ≠=、、_,/;彡''''¨´    ,r";   ./!
             ∨{!!:::::゚!iチ"´       ;i}「  ///|
                ヾミニ彡'         ,/   /'////|
               ヾ.';':,         _i" r'i  //////,|、
                  ヽ.';':,      ((::)) ' ,:/'//////∧
                 丶;:':,      // ,.::'/'////////,∧
                 ヽ;:';,   _∠' _,/,///////////´\
                   'ミ三三ニテ≦_`}}、////,_''"     \
                      }////´ ̄{___"´      /´`.
                      /////      i}      /i!  ;
                        /////_____,ィト≠=="}!. i!  !
                     /´ ̄7 7ト==イ!      ||  !|  i|
                    /   /  イ!   {[ ]|       i ! | | |
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃目的の一つは確保した、後は無事に撤退する事だ。手を挙げ、奇声を
┃発すると、続々と天幕から出て現場から急ぎ、離脱しようとするネウロイ。

┃が、逃げようと先頭にいたリーダー格のネウロイだったが、突然飛来した
┃銃剣が喉元へと突き刺さる。剛腕で投擲された銃剣の切っ先は深々と
┃唾まで突き刺さり、一瞬だがネウロイの巨体が浮き上がるほどだ。
6142 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/02/25(火) 23:52:59 ID:fFUnbfdI0
            ,  ――- ..
        /           `::.、
         ,:'                ヽ
      /              ::,
      ,'{、  } ノ              i         おいおい……少尉をどうするつもりだ、お前ら?
.       ,弋tッ/ {  __人        |、
      l    ゞ弋ツ_≫         イ/
.    人(_ i      ::    .x<三}
        \¨\___   ,.x≦三三三{
.        /\___x≦三三三三三/|!
        >///x≦三三三三三//〉
...    ,.イ'///二二ニヽ三三三〈//
¨≧'><二二/ニニニニニハ三三_ソ/
.<二ニ==--'二二二二二ニ}><//
. ニ===--=/―====≠≦彡{7//.;′
...ニニニ二〈_二二ニ=-彡'/////
. ̄ ̄ ̄,.イ二二二二二ニ'イ'////
...... /二二ニ=―=ニ<//,'//{
ミ、_/〈=ニニニニニ>彡'イ////ハ
...=-====<>'/////////,}
. 二ニニニニニ/////////∧
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃天幕が並ぶ通路の反対側から透き通るような凛とした声。大柄な身体、
┃片手には既に抜身の九五式軍刀が握られており、何時でも斬りかかれる
┃体勢。軍刀での奇襲を仕掛けなかったのは、担がれている少尉を傷つけ
┃ないため。

┃狙いは当たりだったらしい。見た事の無いタイプのネウロイも居れば、見覚え
┃のある人型まで。総勢6人……いや、もっといるかもしれない。
6151 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/02/25(火) 23:58:15 ID:fFUnbfdI0
                      ____
                   ―- ´、    ` .
                    /     ((r)}      ヽ
              /         》        |i!               ギーッ!
                /           __,/`7____/_,}
             '        /  /´    / `!
               |_     /;'    {       /  /
            i}/     /´   ,/'    /r"´∧
            ヽ{frヽ,/     /     /////,∧            ____
                 `ーソ     (o)    ////||\/\      /` ̄ ̄ ̄ `
                    ヾ       ;!}   /////||//\/\,;r――'
                     ヽ   /´  .∠/////||////\/////≠==== 、
                  i}/   ,∠///////'||//////////{´   ´ ̄ ̄ ̄`ヽ
                    L__,/ ̄`、//////,|/////《///,∧
                    ____ ////////!//////////∧___
                _   /     }///////////////////   \
              | !ヽ/   ____//////////////////∧     }____
               トト-|    /    }\/////////,'//////∧ー一' \
              ,! ト-| /──┬-!>`===圭<"///////////////}`77/







                       _  -‐-  、
                         , ´       ` 、
                    /               \
     ,. -‐'fフフ           7                `、       返す気はねいよな。いいさ、殺してから取り戻す。
     /   r‐´ r‐、         /                 ヽ
   ノ  _/_ 」  .l      |   ー‐-‐'   `ー‐-─     !
   i   _ _ .) ,'       |   ( ー‐) '" ( ー‐ )   !
   !     `{ ノ        ヽ     ,    !          /
   |  ー ― 、}´; ̄ ̄;` ー‐-/;:;\  ヽ_人__,ノ`   /,.,.,.
   l   ,.-r /;:ヽ:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;/:;/:;:;:;ヽ_ ` ー     __, イ:;ヽ:;:;:;
 /i!    〕〈:;:;:;:;:i:;:;:;:;:;:;:;:;:;/:;/:;:;:;:;:;!  \ _ー‐_,./  i:;::;:ヽ:;:;
´:;:;:!ヽ _∠);;',|:;:;:;!:;:;:;:;:;:;:;:;:;:/:;:;:;:;:;:;ト、 /!;;;;;;;;;;〉、 ,,.イ:;:;:;:;:;:ヽ
:;:;:;:;:ゝ、_  /;;;;ノヽ:;:;!:;:;:;:;:;:;:;:;:|:;:;:;:;:;:;:;ト.`'  ヾ--〈  V  !:;:;:;:;:;:;:;
:;:;:;:;:;O /`:;´/;:;;:;:|:;:;l:;:;:;:;:;:;/└-、:;_:;」    !;;;;;;;!     |ヾ、:;.-‐
:;:;:;:;O:;':;:;:;:;/:;:;:;:;:;l:;:;:!:;:;:;:;/:;:;:;,.-‐´:;:;:|    |;;;;;;;;|     !:;:;\_:;:
:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;/ 、:;_:;_:;:;:;:;:;:;:;/:;:;;:;:ヾ:;:;:;:;:;:;:!   !;;;;;;;;;!   /:;:;:;:;:;:;:;7
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃リーダー格のネウロイが号令を下すように手を空へと挙げた。好都合、
┃なにしろ確保するべき人間が向こうからやってきたのだ。どちらも退く気はない。

┃6対1。多対一。片や化け物と呼ばれる人間であり、最新兵器でもあるネウロイ。

┃だが、自分も斃れ連れてかれる気は毛頭ない。逆になで斬りにしてやる。
6154 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/02/26(水) 00:04:01 ID:D8Nmvvdc0
               7`ヽ.      '',,   ヽ. /!
                    !   ゙丶.    ',    /.イ
               |  ,77久ヽ.   .',、  r、〈
               | /!//∠==、',  !.',i! /r、ヽ',
               !、{シ'{レニ===_',  .:; ,'rニ=ラ !  /|
               i レ!i ト.丶.゙、丶.j',   i ,'ム彡'/イ / /
               _j ゝ.{、丶、丶.丶.; ! ; {=イノ/ソ.  /
             /!.ク  ヽ.、',', .丶、丶' } l .!彡'.イ/,'  /
             |7入   ゝ'、', 丶.フノ、.ムlく/// ̄V'
             ノ、 \ニユ∠>、 ̄¨く:::::::ノ' /イ、 ヽ. \___
_..._          /¨ ̄¨ー‐-、', ̄ \  Υ//\ ヽ.//:::::久.
丶j 〉¨',ー、-、ィ≦,イ⌒ヽ-=ミヽ. く\/ 〉`丶'.クレ=-ー‐';;;;〈::::::,'::::::〉、
 丶'\..', ヽ/ {ゝ.____ノ}  } }  ', >‐'ー‐イノ´', ',\__j、Lヽ.:::::::/::/::〉
   丶¨丶._j\_ゝミ三彡'  / /   ', 、 (>=、\ ',_〉/;;;;;;;;\ \:::::::::/
    ゝ='ヽ\. ¨     / /    !\ゝミ、_)',ヽ.ヽ. イ´`\.;;;;\彡='
    ノ、.ノ|  \   / /---、 ノl  ヽ.ー--' /:::::::::::::::\;;;;;;く´
    〈、ヽ.¨ヾ.  \/{ {、_)ク ノ/|ゝ..  >-イ: : :::::::: :::::::::::レ'
    ヽ.、) }リ!   /ヽ.ゝ.≧=彡'  Lミゝイヽヽ ノ: : : : :::::::::::/
     >='\__ノ,ィ=、ヽ..//,:'´,イ´≦´ゝ==='/\丶.::::/
       |ゝ---'{()Yリゝ',::' ::' :::::!:::\: : : :}、: : ::.ィ´ニく::::\
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃両端のネウロイ2体が一気に襲い掛かる。どちらも近接武器だろうか。
┃軍刀ほどではないにしろ、刃渡りが長いナイフのようなのを手に持ち
┃一斉に走り出してくるが……上段の構えで待ち構える。間合いに入るまで待て。

┃0:07     第二次世界大戦当時、フランスがドイツの侵攻を予想し
┃        国境沿いに大規模な防衛線を築いたが迂回された。
┃        その防衛線の名前は?
6155 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/26(水) 00:04:31 ID:nAQheECs0
マジノ線
6156 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/26(水) 00:04:42 ID:FksorleE0
マジノ線
6157 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/26(水) 00:04:55 ID:Huu4yFzU0
マジノ線

ゲームで出たなー
6158 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/02/26(水) 00:05:55 ID:D8Nmvvdc0
正解。なんであんなのを作ったのかね
6165 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/02/26(水) 00:10:14 ID:D8Nmvvdc0
                               /:::::::::/ :  ./
                           /:::::::::/ : ; /
                            /:::::::::/ : ; /
                          ./:::::::::/ : : /
                         ./:::::::::/ : : /
                         ./:::::::::/: :: ./
                        /:::::::::/: : : ./
                  _  _ /‐-.、/: : : /
                 ./-―--――--`、 、ヽ/
                 ヽ_:::::::::::::_-―-::、:::::::丶丶_
                   ̄ 、_:r=‐-:::、:::::7::::`‐-丶
                 _  -‐' ´   ` 、:::7::::::::::::::::::)
     __.....--、   _  -‐ ´    -一  丶、 `ヽ ̄  ̄
---‐' ´::::::::ム-‐`' ´            、  ` .、 l
::::::::::::::::::::::/                  \  l'
::::::::::::::::::::/                 、  \ノ
:::::::::::::::::::l                   \, 1
:::::::::::::::::::l    ‐-、         -‐丶__  〉'
::::::::::::::::::::',,...::'´:::::::::l`  ‐-‐ 7´<>:::::::/、__ノ
::::::::::::::::::::::',:::::::::::::::/     /:::::::::::::::::::/
::::::::::::::::::::::::丶::::::ノ     /:::<>::::::/
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃相手は腹部への刺突を狙う構え、対するレイヴンは上段からの振り下ろし。
┃この場合、有利なのは腕を伸ばし分だけリーチの長い相手だが……
┃それは一般的な場合であり、それを丁寧に説明するかのように、たった今。
┃愚かにも間合いに入り込んだ一匹のネウロイが武器ごと正中線を切り裂かれ
┃その場に崩れ落ちる。先ずは一体だが……


┃0:15   砂漠の狐とあだ名されるドイツの将軍は?

6166 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/26(水) 00:10:35 ID:VLbCpmuQ0
ロンメル
6169 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/26(水) 00:11:06 ID:cOLjYs5M0
はやっ!?
6176 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/02/26(水) 00:12:06 ID:D8Nmvvdc0
正解正解。ストパンでもアフリカ編で出るよ
6177 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/26(水) 00:13:07 ID:jKJnmIT.0
まだ二分強余ってるのにこの速度……
6185 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/02/26(水) 00:16:35 ID:D8Nmvvdc0
                , -  二______     \
                    /≠"´ ̄ ̄ ̄((::))、      \
                  /         / ̄' `ヾ.、    .
                /           }      ヾi;     !
            /           /       }}.  ,;r=}
              !            〈       {:〉 {! i|         …………
               |           }     _,、人    』
              |  ≡≡       r' ___,ィz"´`´ i},≠"!}
                . ∇     _,.イ圭〃    ,/   ;/
               , ィ≠=、、_,/;彡''''¨´    ,r";   ./!                               ふぅーッ……
             ∨{!!:::::゚!iチ"´       ;i}「  ///|
                ヾミニ彡'         ,/   /'////|
               ヾ.';':,         _i" r'i  //////,|、
                  ヽ.';':,      ((::)) ' ,:/'//////∧
                 丶;:':,      // ,.::'/'////////,∧
                 ヽ;:';,   _∠' _,/,///////////´\
                   'ミ三三ニテ≦_`}}、////,_''"     \
                      }////´ ̄{___"´      /´`.
                      /////      i}      /i!  ;
                        /////_____,ィト≠=="}!. i!  !
                     /´ ̄7 7ト==イ!      ||  !|  i|
                    /   /  イ!   {[ ]|       i ! | | |







         ___
     ,  ´         \
    /              ヽ
   ./   -- ..,_       _‘.
  ,'         _    __´_ ‘.
  ,    t''tzj´       ̄ ̄  ‘.        二体目だ、次。
  {    "'`¨¨´           、、 }
  ヽ       ゝ-‐ ー- '     '
   \              、 <_
    >,7/1  _ ,r' `'rv////
   〈/////」   V / l///\
   __//////ン 〈,r'    _〉Y// ト、
  {//\`¨7 o⌒f \,r'´ 、ゝ///|.:.ヽ
  j,////`7'__`] !_  ! Y´ ` \,r':、<
  |,//////∨ ヽ_ヽ.{ {ヽト j′∨ ヽ __
  |//////У   ヽヽ} } ヽ ィ、 ,ヘ | `fヽ ヽ
  |,∧_/z</〉  _ lT = ‐'ー ´  | | l }
  j_/_/> ´゙´  | l 二      | | / ,r'
    ̄ヽ      ヽヽ.二   . ^└ `´
      \ __ 、 }.} >´
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃文字通り鎧袖一触だった。半分に断たれたネウロイを追うように、燕返し
┃のように返し刃で下半身から上を吹き飛ばした。

┃膝を地面に立て、体の右半分を失ったネウロイだったものが4つ横たわった。

6186 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/26(水) 00:18:36 ID:WZ7nF0hg0
つえええええええ!?
6193 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/02/26(水) 00:22:26 ID:D8Nmvvdc0
                   i`ヽ
     ∧            }ミ ',
     /ミii              ハ`ヽi
    i 二',         r ´ソ ヽ メ                   ギーーッ!
    |  ハ   _   __ ノ  i   ソ
    ヽ i  てハ/ `ヽ/   /  ノ
      `ヽ   V⌒ 、i     >´
      `ヽ、 V  リ r <:::::iヽ
        i´: :',__ノ /: : : : V::::i         ギッ!
        ハ: : :ヽ/i : : : : :ゝ:/
        `ヽー´V`ヽ‐v´::/
           ゝi`Y´l__/三V`ヽ__
     ,--r‐‐v‐//ヽ二li/三彡´ /  ヽ---y-- 、
    /  / /i i `ヽ::::::::r ´  /   ハ      ヽ
.   /  i / ヽヽー i::::: |___/,'三ゝ/:::::i      ',
   i  < V  ̄ `ヽゝ|i!r´      ii::::::::',      i
    > イi/    i i V        V:::::::ヽ      ヽ
  / /:::::リ    〃ヽ        V:::::::ハ二ヽ    \
  { i:::::::::',二二ソ i i `ヽ ___   丿ヽ i i三三ヽ    i
  ゝ,'::::::::: ヽ___/  | |`ヽ      〃 / ヽ三三 \   ゝ
  `ヽ:::::::::/ ヽ  __ハ__ \____/  ,'   i三三三 ヽ一′
   /三三', i__〃::::::∧::`ヽ      /   `ヽ/:::::::::ヽ=′
.  / 三三 i   ハ:::::::i::::i:::::::::>----i ´      >::::::/三ゝ
  i三三三/  illlイ `ヽー / ̄ ̄ヽ=ゝ、     i 三三三}
 /ミ三彡/   V´ `ヽ V r==== i       | 三三三ヽ
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃敵も状況を察したらしい。目の前の相手は間違いなく、化け物だという事を。

┃指揮官が叫び声を上げると、転進。レイヴンとは反対方向へと猛烈な勢いで
┃逃走していく。かなり逃げ足が速い。そして追撃しようとするレイヴンを食い
┃止めんとすべく、その両隣に居た虫のようなデザインのネウロイが駆け寄る。

┃どうやら時間稼ぎ徹すると見た。相手は丸腰。格闘戦か、武器を隠し持ってるはず。
6198 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/02/26(水) 00:26:12 ID:D8Nmvvdc0
                 / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \
                /             \
              /                \
            /                    \
           /                       \        糞っ、待てよ!
              l                         l
              |                          |
              l                         l
           \                        /
            \                  /
             ,ィl\              ;  ィ
         ,....:::::'´:::;:::;  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄:::::::::;::`':::::....,
       /::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
      /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃不味い逃げられる可能性が出てきた。目の前から走り寄ってくる二体に
┃半ば突っ込む形でレイヴンも駆けだした。

┃0:32      「ストライクウィッチーズ アフリカの魔女」ではリベリオン
┃         ブリタニア、カールスラントから3人の将軍が出てくる。
┃         名前を答えよ。
6200 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/26(水) 00:26:34 ID:VLbCpmuQ0
ロンメル
モントゴメリー
パットン
6201 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/26(水) 00:26:58 ID:kA0FLxmA0
22秒…だと
6202 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/26(水) 00:27:46 ID:dFes1Xbg0
おおー
6203 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/26(水) 00:27:56 ID:Huu4yFzU0
バーナード・モントゴメリー
エルヴィン・ロンメル
ジョージ・S・パットン
6204 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/02/26(水) 00:29:04 ID:D8Nmvvdc0
はい正解。あれは3バカトリオだからね
6207 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/02/26(水) 00:35:39 ID:D8Nmvvdc0
   {__                      __}   lリ
_   / ヽ         _________     /  ヽ  V
l}  l   \,‐、   /:::::::::::::::::::::::::::\   l    l   l
ヽ  l     l  \_/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>‐‐l   l  ノ
 \ ',     l   `ヽ::::::::::::::::::___:::::::::::/  l   __/
    V    ll     ` ̄ヽ/   ヽ-'l     <
    \__  _>         l      l       >
       ̄}        l  /ニニヽ l    /:l          ギッ……
        l-- 、     Vll    l ,'  /ヽ:::l
        l:::::::::> ‐‐‐ 、 V     l/ /:::::::::::Vl
         V:::::l::::::::::::::::::\\__/ /::::::::::::::::::リ―― 、
      ____ >:::ヽ:::::::::::::::::::::ヽ    l:::::::::::::::::ノヽ__   \
   /     ./\:: \::::::::::::::::ハ___/ヽ- 一 ´l二l  ヽ   l__
 /      /   >::::::::ー‐一':::::l:::::l:::/厂l_/:::::/   l   l   `ヽ
/        /    l l::`ヽr‐、::l\l:::: l/ / /:::::/    /   lニニニニ ',
        /    l l:::::::::::\ヽl _ ̄ __/_/::::/   ,/    /     }
      /      l l::::::::::::::: \l   ̄///   /   / ̄ ̄ ̄  `ヽ
     ,'     l ヽ::::::::::::::::::::: ̄ ̄ /   /    /          }
     ノ ̄ ̄\ ヽ  \:::::::::r‐ ‐‐ ´   /      /   ______ / ̄ ヽ
    /}     \ \___}::::::::{______/       /  /l          \
___∠::::/        >、 ` ̄´      ______∠  /::::::l         /
::::::::::::/          l l二二二二二∠       /   /:::::::::ヽ         }
:::::::::/l        ヽ 〈               > l   /:::::::::::::::::\_____/
:::/ l         〃l            l  l  l::::::::::::::::::::::::l:::::::::::::::::::〉
´   }           l  l             l  l  l::::::::::::::::::::::::l::::::::::::::::/\
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃グッと握り込んだ拳が焼いた石のように赤くなる。直撃は危険と判断。
┃一歩、拳が届く前にあえて相手側の懐へ。奥深くに潜り込み、裏拳で
┃襲ってくる拳を腕ごと弾くと、空いた片方の手で目の部分に刀を突き刺す。

┃0:40      .高い機動力を持つ部隊でもって敵戦線を迅速に突破し
┃          .爾後後方連絡線や指揮系統を破壊することで敵を
┗          .打倒することを目指す。この戦術を何と呼ぶか。
6208 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/26(水) 00:36:11 ID:WYg0Ztnk0
電撃戦
ブリッツクリークだっけ?
6213 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/26(水) 00:37:21 ID:7buEoA/Y0
スパロボでよく使われる戦術だよね?
6214 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/02/26(水) 00:37:30 ID:D8Nmvvdc0
正解。簡単かな?
6219 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/02/26(水) 00:41:50 ID:D8Nmvvdc0
                         |
                           ||
                           ||
                           ||
                      ,r´ .||`、
                    i´ /.||ヽ}
                   Σ_ . || /
                   }‐〒.i||i{        |i
                    l   i|.|ili      ハ
                       l ̄`i|.|il‐- 、  ,/ l
                       ∧_i| |il, 、 _,ノ´//ノ
                   /__ノl_.|´iノ/ 、-'´
                  ,'    || .l、ノr' ヾ´
                 _,'     ,' |λ__ノ,'
                , r ´ {    .,' ,'.-'i/ )ヽ
            ,,,<  ヾミl   ,' ,'`ー'彡r' ノ`ヽ
          ,r'´      ;}`ー-'-'/ミ`'=-v=彡、 .Y
         {          ;}ミ三彡l   ̄`iリソ  ハ .{
       ,r ' ´∨    ,==, ' ',   ;' {    }ili{  ノ',;∧
..,、___( ヽ-ヽ   .`;;-―'´ /   ', ;' .l==''´ ,',ヾ/彡ノ,,,,´        ,っ r、,、
└'、 `ヽ   >.-‐ '´   /    l}/  .|'´ _,,ノ'= {ー-/    `ー-,=,,__ r'´`ー' ノ_r、
(つ、   /         .,'    |}   l彡/´三{ `  `ヽ,,__  /   {      - '
 (ノ(_ノ          l    .ノ   l´ ̄ヽリ彡      `-┴― 'ー---ヾ>ー'´
             .|    /    ,'` r‐、\l
               }  /   ノ\ .ゝノ ノi
               l/  /ミ   ゝ__  /
              }`ー '´彡ソ      `<
               ゞリソミ彡   /ミソミ
               `ー- ,, >'´彡'/ヽ
                    l/  l.|   i
                  ,'  .l.|   |
                    l .  l.|    l
                    | .   l.|   ,'
                   l   八  ,'
                  ', ./三ゝ.{
                     .j/彡lilミ;}
                    },r´. Y`i;{
                     ノ;',  | ノl
                  ,'  .ヾ_|/;ハ
                   {    _  ,'
                 ', , r´ .ヽ/
                |`-',    }'、
                 .Ⅷ .',   //
                 | ./‐-,'/
                 /l /ー-,/
                  }.ハ .O/,'l
                  !、/‐-'ヽノ
                 l´゙ ̄`l
                }    j
                  ,'   ハ
                ,'    .}
                ',   ./
                  ゝ_ノ
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃しまった! 相手もバカでは無い。頭に軍刀が突き刺さったまま懐の
┃レイヴンを両の腕で抱きしめると、そのまま万力のような力で絞める。
┃鯖折り、いや。背後から砂を蹴る音が聞こえた。このまま味方諸共潰す気だ

┃0:46     トトトツーツーツートトト(・・・---・・・) これは何を意味するか?

6220 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/26(水) 00:42:38 ID:FksorleE0
SOS
6225 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/02/26(水) 00:43:37 ID:D8Nmvvdc0
正解。モールス信号だと有名だよね
6231 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/02/26(水) 00:47:39 ID:D8Nmvvdc0
                               __,ィ≦ ̄≧─j |`ヽ' ヽ  |!          ∧∧
                               /: : fゥ、 : :: :\ l {   i! | ||| <三三三三ヲ|||! |||
                               r、wヽ´` 丶、 jヽ lヽ___ノー'{ |li!|      /// ∨ ∨
                              ゝ`ヽッ) 从〃\  〉、}: : : : :ハ|l|i      ///
                               `丶、jノ、人/,ィァイ__ノ、: : : へ!|li!|    //∧\  ∧ |\|\
     _,へ_        /!                ,..イ\ノ、从ヽく:: :}Y!´_彡}|    ///  ∨  ||||  \|\|
    _f/{j lヘ}、       レ、             ≠ /´¨ ̄`丶、ノ|从ゝ三ンイ     |/ <三三三三三ヲ
    ノ    ´イノ        ゝ'、}ヽ   、     /´: :| /: : : : : : : : :ノ:: \ } ̄| ヽ|           ||||  //7
   / \   ノ      ,ィ≦: tソ \__ .}ハ   /: : : : ::/Cノ: : :、: : :/: :イ|: 、ヽ、 i  |\             ||||  ///
  /|__ノ ∨      /: : : : ::/´`ヽ{l)ァイリ /: : : : : /===、: : : : : : ノ:: :|:、ヽ:、ゝ| | |、|l!\         ∨ //
./__) / |´.._     レ^ー‐‐ゝ___ ノレ、.ノ/: : :: : : : /´¨ ̄ヽヾヽ:: : /:: :: :: ゝ、ヽ: ::! | リ \|l |丶     _  〃
レ イ|  /ゝ、  `ヽ_j: : : : :/´{f^}:〈_ノ/ゝ、: : :,イ´ `ゝ´ ヽ}l/: : 、: : : : :*;',.;j リ/ミヽ: :<三三> ///
   レ'    _,ヘjll | ` く`ー'ゝ='クイ): : : / }リイ  /  /: : : : ,へ\: :: *、从/ヽ:: :: :|: :      ///
....彡':::|==--´¨: : |リ. 入  : ::ヽゝ'/: :|:イf   ノ、___ノ/─'' !: : :r、く   丶:: :: ::||i!:;'ヘ   !: : : <三彡'
: : : : : ト、: : : : : : ノ、イ  ゝ、____  /: :: /|| |  /   ,イ   、::/: ::\: :: : : : ヽ     ::; :i:: :: ::   _ _
:: : : : ノ: : :,≦彡'  \     /: : :/、ヽヽヽ_______/     V/: ::   丶、、      リ : : :: :  /// ///
:: :: ::> イ:: :: ::ミ丶__ ≧二= /:: _/\\\ミ彡イ   _    {:: 、    `、   `ー,:' ;:' :: :  /// ///
 ̄    |: : : : : ゝ≧='  __/イ{\\ヽ/7: |  r'フ Z^ヽ   、: : !: : :       く  ;:' ノ: :  レ'  レ'
      l: : : : /: :   =≦  ゝ//ゝ=':: :: /: :!  /ゝ レ`}リ   ヽ: : :、         ,:' /: : : И  И
      ヽ: : : : /´:// , ___フ=彡': :/: : ::|-r'{    / ,ヘ‐‐〈 {: : : :  ,..=========〈_  '´  '´
       ∨:/::: :::: :、 〈/: : : ://: : : :/: : : :| ゝ、、_/  ゝ^} ヽ、_}ノ: :/≠三三三三} }三
        ゝ: ://´ゝ): : : //: : : /:|: : : :|   /    |´r'v'^ー' {::::ゝ彡'´       >、
        ヽ'//´/: : : ノ/====: :ゝ___j_彡'     `     |/ /  |   |   i
         lj /: : /: ::/〃イ´ニニニニニ)              / /   |   |   |
         \|へ/____彡': : ://: : : : :: /、           / /   ||   ||   |l
          |\|: //:: : : ://: : //|: :、           // /   //   .||   |l
          ∨/\__===≠イ/ |:: :,ヘ       /// /   //    ||   | l
           \_≧─フノノ:/  .j: :/ |      〈/ / /   / }____jゝ、   l |
            ヽ、\: : :///≠イ: :/ ∧    /  / //  _/三三三三三三≧、|L
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃此方も同じことをし返すのだ。下から相手の身体を抱きかかえると、息を
┃止め、あらん限りの力で持ち上げる。その体全てが金属であるネウロイは
┃非常に重いが……それでもレイヴンの怪力は固有魔法と同等である。

┃無理矢理相手との位置を変えると、直後。ネウロイの身体に同士討ちが
┃決まった。踵下ろし、いや。踵にエゲつい真っ赤な刃物が付いている。
6232 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/26(水) 00:51:05 ID:dFes1Xbg0
わーおw
6233 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/02/26(水) 00:52:22 ID:D8Nmvvdc0
                 _____
                          `丶
            /               \
           /                  \
          /                         \
        /                         \
          /                              .
       /                             i
        i                             |
        |                              |
        /                                 /
      {                                /
       、     ________________/__
       \  /二二二二二二二二二二二二二二二二ニ\
        \{二二二二二二二二二二二二二二二二二二ニ\
           /二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二{
         {二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二ニ!
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃刀を拳に見立てて、片方の手でもう片方の拳を覆う。居合の様だ。
┃軍刀は頭に突き刺さったままなので無い……片腕を補助として、勢いを
┃溜めた拳で頭を砕くとしよう。

┃1:02    よじ登る、泳ぐ、穴を掘る、走る、跳ぶ、飛ぶ、鳴く。
┃        とある生物を例え、これは一般的になんと呼ばれているか。
6234 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/26(水) 00:52:58 ID:CiTgUGgY0
螻蛄の七ツ芸
6241 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/26(水) 00:54:16 ID:nAQheECs0
螻蛄(おけら)
6242 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/02/26(水) 00:54:19 ID:D8Nmvvdc0
あ、早い。良く分かったね
6253 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/02/26(水) 01:04:05 ID:D8Nmvvdc0
   {__                      __}   lリ
_   / ヽ         _________     /  ヽ  V
l}  l   \,‐、   /:::::::::::::::::::::::::::\   l    l   l
ヽ  l     l  \_/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>‐‐l   l  ノ
 \ ',     l   `ヽ::::::::::::::::::___:::::::::::/  l   __/
    V    ll     ` ̄ヽ/   ヽ-'l     <
    \__  _>         l      l       >
       ̄}        l  /ニニヽ l    /:l                ギッ……!?
        l-- 、     Vll    l ,'  /ヽ:::l
        l:::::::::> ‐‐‐ 、 V     l/ /:::::::::::Vl
         V:::::l::::::::::::::::::\\__/ /::::::::::::::::::リ―― 、
      ____ >:::ヽ:::::::::::::::::::::ヽ    l:::::::::::::::::ノヽ__   \
   /     ./\:: \::::::::::::::::ハ___/ヽ- 一 ´l二l  ヽ   l__
 /      /   >::::::::ー‐一':::::l:::::l:::/厂l_/:::::/   l   l   `ヽ
/        /    l l::`ヽr‐、::l\l:::: l/ / /:::::/    /   lニニニニ ',
        /    l l:::::::::::\ヽl _ ̄ __/_/::::/   ,/    /     }
      /      l l::::::::::::::: \l   ̄///   /   / ̄ ̄ ̄  `ヽ
     ,'     l ヽ::::::::::::::::::::: ̄ ̄ /   /    /          }
     ノ ̄ ̄\ ヽ  \:::::::::r‐ ‐‐ ´   /      /   ______ / ̄ ヽ
    /}     \ \___}::::::::{______/       /  /l          \
___∠::::/        >、 ` ̄´      ______∠  /::::::l         /
::::::::::::/          l l二二二二二∠       /   /:::::::::ヽ         }
:::::::::/l        ヽ 〈               > l   /:::::::::::::::::\_____/
:::/ l         〃l            l  l  l::::::::::::::::::::::::l:::::::::::::::::::〉
´   }           l  l             l  l  l::::::::::::::::::::::::l::::::::::::::::/\
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃威力を溜めに溜めた拳は後ろを向いていたネウロイの顔面へ直撃、
┃顔の半分の位置まで拳が深くめり込んだ。素手なのにありえない威力だ。、
┃そして、今の衝撃で刀が顔面から外れ地面に落ちた。相手も構え、振りかぶっている。
┃どちらが速いか勝負といこうではないか。

┃1:09   日本海軍とロシア海軍が日本海で衝突し、日本軍が圧倒的優勢で勝利した
┃      この戦闘を何と呼ぶか? また、当時行われてた戦争名と日本側の司令官の
┃      名前を答えよ。
6254 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/26(水) 01:05:03 ID:b9BITGpE0
日本海海戦 日露戦争 東郷平八郎
6255 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/26(水) 01:05:14 ID:WYg0Ztnk0
日本海海戦
日露戦争
東郷平八郎
6256 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/26(水) 01:05:36 ID:zULI5yBA0
日本海海戦
日露戦争
本田平八郎
6257 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/26(水) 01:05:45 ID:nAQheECs0
日本海海戦
戦争名:日露戦争
司令官:東郷平八郎
6258 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/26(水) 01:05:49 ID:VLbCpmuQ0
日本海海戦
日露戦争
東郷平八郎
6259 : 普通の名無しさん [sage] 2014/02/26(水) 01:05:48 ID:xPmXXclM0
日本海海戦 日露戦争 東郷平八郎
6260 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/26(水) 01:06:37 ID:EQ/Pac3.0
日本海海戦(対馬沖海戦) 丁字戦法 東郷平八郎
6261 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/02/26(水) 01:07:16 ID:D8Nmvvdc0
正解、若干一名戦国武将が混ざってるけど。

もうちょい難しくするかね
6263 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/26(水) 01:07:51 ID:FksorleE0
ひぎぃ
6264 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/26(水) 01:07:57 ID:cOLjYs5M0
やめーやwww
6265 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/26(水) 01:08:16 ID:VLbCpmuQ0
やめてww
6268 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/02/26(水) 01:11:06 ID:D8Nmvvdc0
                , -  二______     \
                    /≠"´ ̄ ̄ ̄((::))、      \
                  /         / ̄' `ヾ.、    .
                /           }      ヾi;     !
            /           /       }}.  ,;r=}
              !            〈       {:〉 {! i|
               |           }     _,、人    』
              |  ≡≡       r' ___,ィz"´`´ i},≠"!}
                . ∇     _,.イ圭〃    ,/   ;/
               , ィ≠=、、_,/;彡''''¨´    ,r";   ./!
             ∨{!!:::::゚!iチ"´       ;i}「  ///|
                ヾミニ彡'         ,/   /'////|
               ヾ.';':,         _i" r'i  //////,|、
                  ヽ.';':,      ((::)) ' ,:/'//////∧
                 丶;:':,      // ,.::'/'////////,∧
                 ヽ;:';,   _∠' _,/,///////////´\
                   'ミ三三ニテ≦_`}}、////,_''"     \
                      }////´ ̄{___"´      /´`.
                      /////      i}      /i!  ;
                        /////_____,ィト≠=="}!. i!  !
                     /´ ̄7 7ト==イ!      ||  !|  i|
                    /   /  イ!   {[ ]|       i ! | | |
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃どうなった? 考える暇もなくネウロイは走っている。恐怖心も無ければ
┃使命感もない。彼らにあるのはただ任務を遂行するという頭脳だけ。

┃少尉を抱え、市街地の細かく入り込んだ道を走っていくが……曲がり角に
┃差し掛かった瞬間、風邪を切る音と同時に素早く身を屈め攻撃をかわす。
6274 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/02/26(水) 01:15:00 ID:D8Nmvvdc0
                   _,,..-―‐-..,,_
             ,,-''";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; `ヽ、
           /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ; \
             /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ヽ
             ,';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ヽ     地獄へお出かけか? なぁ、おい。
          l    ー‐-‐'.::::::::::::::::`ー‐-─; ; ',‐-、
       ,-''"|   ー {O}≧:::::::::::::::::≦三ー;;;;;;;;;;;lヽ .'.,
        l l'´.',    `¨¨/       ヽ¨¨´;;;;;;;;;; ,'  ヽヽ_
       / |  .'.,    (    .,、   )     /  ./  ヽ、
       / \  ヽ、   ` ̄ ´ `  ̄´   / /  _,,..-'
        {   `''-‐"ヽ-..,,__      __./ ̄ ̄´ .,,..イ ∨
      /.T ‐-..__    _.ヽ ̄ ̄ ̄/,..-――‐'" /  ∨
    r┘ ',.    ̄ ̄  〈 ̄\ ./イ´       / /  ∨
    | ヽ-、',       /      .ヽ      //   ∨
   ./  ヽヽ .',      ロ       `ロ ヽ、 /      .∨
   /   、__ ', _/                \|    L__ ∨
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃そう言って待ち構えていたのは無傷の化け物。今さっき投擲してきたのは
┃刀に突き刺さってたレイヴンを食い止めんと挺身していたネウロイの頭部。

┃残念だったな。一分じゃ時間稼ぎに成らなかったようだが。知能があるのは
┃知っている。だから、試すように挑発的な言葉を口に出すが……答えは無い。
6275 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/26(水) 01:16:47 ID:0Ynxs..M0
コワイ!
6278 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/02/26(水) 01:22:37 ID:D8Nmvvdc0
                      /                 ヽ
                       /                   '
                      , ,                 ',
                 i ゝ ̄ ''ー-                !      知能があるのかないのか……
                  {   {__  ヽ  J           }
                     ',   マj  ̄ノ           /        さて、少尉を返してもらおうか?
                  ゝ  `   ´           ∠ _
                  { i                ,ィ´::::::::::::::`ヽ
                    ゞ.、 _   ノ       ィ/:::::::::::::::::::::::::::\
                        `ヽ  ̄     ,.ィ≦/::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                      ` ー-  イ:::::::::::,{:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                             }:::::::::::, ト、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.,
                             j:,ィ彡:::::::::ヾ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
                              /:::::::::::::::::::::::::\:::,ィ":::::::::::::::::::::::,.ィ≦`ヽ
                          {:::::::::::::::::::::::::,.::ィ:´::::::::::::::::::::::::,.イ /   ハ
                             !::::::::::::::,.:ィ.:´::::::::::::::::::::::::::::/ /´      i
                            |:::::,.ィ.:´:::::::::::::::::::::::::::::::::::/  /        |
                           |:::{::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|  |          |
                               }:ィ!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:|  |          |
                             !ハ::::::::::::::::::::::::::::::,.ィ´:::::!  |          |
                             /  ゝ.::::::::::::::::::::,.ィ´:::::::::::|  |          !
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃とはいえ、素早く済まさないと他が危うい。遊んでいる暇はないぞ。
┃刀を眼前に構える、相手も逃げられない事を悟ったのか彼女を抱える
┃腕とは別な手で武器を取り出した。が……

┃1:27   第二次世界大戦中で発展したインターネット、元は何用だった?

6279 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/26(水) 01:23:04 ID:CiTgUGgY0
軍事
6280 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/26(水) 01:23:25 ID:0Ynxs..M0
ロシアだかの核対策だっけか?
6281 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/26(水) 01:23:31 ID:Huu4yFzU0
軍事用
6282 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/26(水) 01:23:49 ID:928lmeK20
大まかには軍事用
戦争は技術を発展させる側面もある
6283 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/26(水) 01:24:32 ID:uMZLt1mM0
核戦争にも耐えうる通信システム
6284 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/02/26(水) 01:24:40 ID:D8Nmvvdc0
正解……
6288 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/02/26(水) 01:27:41 ID:D8Nmvvdc0
            ,,、                  、
         `'ミ'‐ ,,、            リ、
              \ `''ー ..,_   .゙ミ'ー ,,,、 .|.ヽ
               \    .`゙"''''''゛   `゛ ヽ      i、
              \                ヽ,    ,バ,
               ヽ                `'-  ‐゛ ..l,
        _______ゝ           _、         ヽ
              ̄'''''ー ,,_           ,i'´   . ´゙'''.ー      l,
                  ___>     │         `''‐、.  ヽ
          -ニ二 ̄ ̄        !            `'‐ ヽ
               `''-、.        .l              `'' \
               `'-,       l,
                    `┐      ゙'、
                  、i|_      ゙'、
                    `''-、    .ヽ
                      _,ゝ    \
                      ゙゙'ニr     .ヽ
                 _,,.. -‐''"゛        \
                     ゙゙゙゙゙̄"''''―- ..,,,_     \
                           `゙'''ー ..,、 .\
                               `'-、 .\
                                .,,....>  \
                                    `゙'''ー _. \
                                      `\ \
                                         \\
                                           \
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃鋭く風を切る音、後ろか!素早く刀を背後へと向かって振りかぶる。
┃と同時に激しく刀と何かがぶつかり合い、一瞬だが火花が飛び散った。
┃獲物を吹き飛ばされないよう必死でこらえ、何とか相手を押し切るが……

┃ドンと、目の前に重い何かが落ちてくる。いや、着地したのだ。

6295 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/02/26(水) 01:32:32 ID:D8Nmvvdc0
           | |┐
           | ||| |
          || ┐┐┐
         .イ  |  | |
          .| 」|  | |
        .┌┘r、|//
   ,、へー-、_「__〆/7||| |
  / | |    /\/.7|| |   ,, . .-‐-、     イ ̄イ 、
  |  /ヽ\へ Y /冫 || | √皿,r-  、_ \  / ∠_ ⊿\
.Y|▽丶/  /ヘ∨イ  ∪ ヽ\\``ー<、´∠‐-/     /
│|ミミ/  /   ̄/| || | ○┐Π弋二≧=ゝ‐┐ |     ./
.\ Y   /   / .|‐┐┐ソ/ ̄フ ̄`‐-ァ‐-、_⌒丶/|
  /  /   /  |=|| |∠-─<《 《-─/ 二ニニヽ丿  |
 ヽ  / /   |《 ⊥ソ ソ     《 《 ヽ     ノ  /
  丶/ / ___ //  || |ヽ      \|  \  / ̄\               あぁ、成程……エースって奴か? >
   ∨/_//|   .|| | 丶┐-一'''"゙´ ̄  /  / ̄|
     ̄ ̄ | ┷ || |   \;l;l;l;l;\___/ |\//;;;;;へ              人間様の真似するのはどうかと思うけどな >
        丶-、__|| |----イ‐‐--、,_\\‐‐----へヽイ\
       /___ト、ト、ト、ト、丶    丶 /二\\ ̄\\ \
   _,,.-‐イ  ∧i、i、i、i、i、| `、     | `、 \ ヘ |   |   ̄\
_,-‐イ  /  ∧ 丶 ̄ / ̄ヽヽ_____|  |   \丿  .|\ -‐‐\
|    /   ハ    / / ヽ"二二"  |    `、二二" | |ヘ--─V
|   /  /  | | 》 / / _,,,/,` ̄ ̄|  \   `、  丿丶_|‐、ソイ〉
|  /  /  // 》 く ノ /ヽ、,__)   |;;;;;;/ \   |  /  /ヽ、,__)_/
| /  /  // "  |  /  /  |   |ゝ、\,_,_,\ | /ヽ、/  / |
∨   |  //     ∨/ /   .|丶.丿ヽ\    > ̄ ̄/  /  |
/    ∨/      | / /   |ノ   ゝ へ__/`/` ̄/  /  |
     /"ヾ‐--フイ `/ /    |    | ゝー-、,__/  /  /   |
    ∧,..-‐''´/ へ / /    |     (>   ` ̄/  /   |
   /  / /   ヾヽ /ー、_ ソヽ     ゝ∧-、,___ヽ / __ |
  /  /  ∧    ∧\  / 丿     /      | > / / /
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃レイヴンに断ち切られた軍刀を見つめながら、それを棄て片方の手に持つ
┃軽機関銃を構えるネウロイ。銃口は間違いなくレイヴンの額へと狙いを
┃定めていた。

┃後ろでスタークス少尉を抱えている奴とは別物だった。翼のようなのは
┃恐らく、飛行用であろう。距離はどうあれ、こいつは間違いなく跳んできた。
6304 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/02/26(水) 01:37:16 ID:D8Nmvvdc0
                    ., '                      ^ _
                   , '                          ´ ,
                 , ':                            ´_
               , ': :                               ',
             ,' : : :                              '.
              ,' : : : :                               ',   大人しく渡してくれないのかね……
           .,':: : : : :.                                   '.
            ;: : : : : : .                               ',      (間違いなく、別者だよな)
           .;: : : : : : : .                                  i
            .j: : : : : : : : .                                  i
           ;: : : : : : : : . .       __,,....,,___ __               }
.          Ⅳ : : : : : : : :_,. -.='彡三ー―-- ミ、 `ヽ、`ヽ、           ,′
           .キ  _ -  ̄,=-'" ̄           `\`ヽ、``ヽ、         ,′
            .,X´ ,/´         _____ _....   \ `  ``ヽ、..,,__  /
          r''",/´   _,.-==ニ二 ̄   ___ 三二ニ=キ-‐ー''""''ー‐ヲキ≠ー--‐ー‐‐- 、
           ㍉、  ,、‐'´     , -ー''" ̄   _,,、-‐''"”   ......    //::::::::::::::::::::::: /` `ヽミミ=
           Ⅳ  ___,、-''"   ,,、=-‐''"”        ....:::::::::::::::::::::/ / :::::::;;:'''  '''''/      ......`ヽ、
        ..ト‐''" ̄  " l、     .....:::::::::;    .....:::::::::::::;;::''''  '''/ /        /.. ...........  :::::::::::.. i、
  ....__,.,.=-=キ-ー     |            ::::::::::;;::'''     ..../ /:.::::::::::::.   /:::::::::::::::::::::::;  ''':::::::::::::'i.
    il           /      ......:::::.....    ....       ::::::/ /:::::::::::::::::;  /::::::::::::;;;;:::::::::::::::; \ '':::::::::i
    .||....   .....:::::::::::::.. |   ...:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::       ..:::| |::::;;:::;;;:''''  /;:::::::;:'''  ''''''''''''   \  ''::::i
  ....||:::::::::::::::::::::::::::::::::::; |  ;::::::::::::::::;;    ;:::::::::::::::::; ......:::::::::::::| |      /  ..............   .:::::::::::::::::..\   i
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃チラリと自分の軍刀を見た。よく見ると半分の辺りで深々と傷が喰いこんでいる。
┃……戦えなくはないな。戦闘継続を判断し、目の前の二体を見る。

┃片方は少尉を抱えているが、もう片方は完全に此方をロックオンしている。
┃そしてこれがかなり厄介なのだが……恐らく、自分は誘い込まれたのであろう。
┃今来たやつは間違いなく、風格が違う。何故こいつを先に出さなかったかは
┃自分一人を2対1で叩ける状況に持っていく事だろうか?
6307 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/02/26(水) 01:41:50 ID:D8Nmvvdc0
     _|/_/                ∧        ____      _f´ ̄Ⅶ__>─ 、
.   ,イ: :∨\           _∧    ___∠ __  `ヽ    / _∠斗'’     \
  /_/: : :.∨:::\______/f⌒Y〉  /     `^\___}─f´ ̄               \
  〈 \: :.込_∠____/ ̄ ̄ ̄|:乂乂{_ \_〔 ̄} トミー、__i_j:::/                   ゙Y
.  \ ゙<__/ニニ三マム     ̄ ̄∧ >、/〕厂{ {,ィ`〈 ̄´:/i               /
    ゙<___{=ニ三三マム       ∧{ ̄ト、{ 《 >、` ´\::l}_l__          /
        \ ゙寸ニニニマム______∧ー'ヽ\》::ノ≧s、__〉|:{f⌒Yム________/
         \`<ニ三}込_____/゙ー-..、  _f´ ̄(_)厂?・__l    /
          \八`ー'’ ノi r‐-寸_____/__辷ァ_____〉_〉__ム______
            \入 ̄  j:::::::::}‐-、:::::::::::l::::::::::::l ̄ヽ:o::0::o::0:::::r‐n‐n‐n:、::|(:::::::::(:(二0
             /: :.>‐'’ ̄ ̄`   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄¨厂 ̄}ニ⊃Ⅷヽij‐ij‐ij-'_L{ ̄ ̄
              Ⅵ/_____,斗匕 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l{::l|:::::::/ヽ、 /,'´::!:::::::::::::l::::::|f´ ̄ ̄ ̄∩
              ¨|                  |{込_j二ソ./,'::::::__f^i^l∩∩──‐辷'
             /}_|        ______廴>'゙ー=ニ辷__,イ||::::||:|ト‐┴┴'
             /,∠込____,斗匕___: :fj:|゙ー'’}}______.   |:l|::::l|:|:|_//
         / /厂゙i厂゙i厂゙i'^ア  r‐‐--、\∧三∧、 r‐‐、\  l:||::::l|j_jー'’
       ___/ {l{  j{  j{  j:∧   ',   ヽ ゙Yム: : :Ⅶ, ',  ', ム ゙ー'´           _
      ,イ:/ /::゙ ̄:゙ ̄:゙ ̄/ ゙̄ーォ::.',    | ゙マム: : Ⅶ, ',  ', ム            /、\
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃相手が先に打って出た。見よう見まねで引き金を絞り、MG42の銃口が
┃跳ね上がる。同時に壁に弾が当たり、まるで鮫のようにレイヴンへと
┃弾幕が迫ってくる。……いや、何かが違う。この弾丸は何かが違う。

┃↓2~8    1、このまま弾幕に突っ込んで一気に倒す。
┃         2、嫌な感じがする。全力で避ける。
6308 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/26(水) 01:42:16 ID:CiTgUGgY0
6309 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/26(水) 01:42:30 ID:lr/khzEA0
6310 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/26(水) 01:42:32 ID:FksorleE0
2
6311 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/26(水) 01:42:44 ID:tR8BukOQ0

6312 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/26(水) 01:43:03 ID:VLbCpmuQ0
2
6313 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/26(水) 01:43:08 ID:dFes1Xbg0
2
6314 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/26(水) 01:43:28 ID:cOLjYs5M0
2
6315 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/26(水) 01:45:07 ID:nAQheECs0

6317 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/02/26(水) 01:47:58 ID:D8Nmvvdc0
                                      ___
                                    ,斗'¨¨ヽ \
    .,斗=ミ/≧s。.                       _r'”     / ̄〉
.   /   ≧s。. 、\                     .。s≦      _/: : /}斗=ミ
  |       \ 込__             .。s≦       .。s≦: :.ノ_j:i:i:i:i:i:i〉,
  |         ≧s。. ≧s。.__   , - 、.   |      .。s≦: : :。s≦ ̄:i:i:i:i:Ⅳ/
  ≧s。.         ≧s。.,イ} ,イ{i___i}`ー‐、|─┐斗'”¨Y⌒i≦:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i://
     ≧s。     ,へ_  /_/r'’.乂⌒ ,イr‐f⌒ヽ::|    }  }゙寸:i:i:i:i:i:i¨¨二ア
       {|≧s。.___/,斗=ミ廴_廴Ⅵ}゙ー'’{辷乂_ノ_/   .,'  ,'  }斗匕7 /
       ゙|    ./ {  __}___i:/冂|:iヽ^゙ ノ| 冂l:.|    __ノ、__ノ   }:i:i:i:i:i} }
        Ⅶ__  ゙ーーァ'l ̄l::}| ¨ 廴_{_j´  ¨/Ⅶ-‐'”  _/¨¨ア':i:i:i:i:i:} }
         (ア\_//::廴j::|7 / ̄//Ⅷ゚,。。\,斗'” Ⅵ`¨´}:i:i:i:i:iノノ
        / /fj / |::,:=ミ:::|{─=ミ丶  __Ⅷ     }{___/`ー'”} ̄ ̄´
       /⌒i>、∧ |:((0)) |{    〉 〉  / /   ,イ〈___ム  i {
.       / ̄ ̄7¨ア゙ ̄|:::Θ: :|`寸冖≧=─ァー‐┬'” ,斗=ミム_∧、
      / 〔__〕 }::::| ̄`|廴__ノ|(゙ヽ廴__>'”_,斗┴=”     ', } 〉\
      ゙ー─‐┴‐l  j::___::::ノ }__〉、_r匕{ ̄ ┌────┐ ', Vムニ\
              7ー//__ム:}ノ〉zz_〈Ⅵ::}.  └────┘  ', }=込ニニ≧s、
          ∩∩{((●))}'´____j::〉:::〉───────≦ア”ニニニ>、ニニム
          乂_辷゙¨¨¨´/__/廴_廴______,イ´ニ〉:〉ニニニニ≧s。ニ}
           /__7¨l¨¨¨lf    ,' /:::l   └─ァ‐/ \/{ニ/::/ニニニニニニニニ≧s。
            /   |::::::::l|     i/:::::j     ノ::/   ∨_ム::゚,ニニニニニニニニニニ
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃弾幕とは反対方向に跳んだ。幸い、相手が持っているのはMG42はサドル型。
┃それに加え、初撃をかなり外しており、連射速度も相まって攻撃はすぐ止む。

┃と、同時に体の異変に気付いた。攻撃を喰らったのか、腹部が焼けるように熱い。
┃少しだけ弾を喰らったのだ。幸い動けない訳では無いが、これは……
6320 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/02/26(水) 01:51:35 ID:D8Nmvvdc0
                 / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \
                /             \
              /            U   \
            /                    \
           /                       \    かっ、貫通しやがった……しかも、治らないっ!
              l                         l
              |                          |
              l                         l
           \                        /
            \                  /
             ,ィl\              ;  ィ
         ,....:::::'´:::;:::;  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄:::::::::;::`':::::....,
       /::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
      /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃間違いない、確かに弾丸に備え硬化したはずだったが……腹部には
┃銃創が出来ていた。ぽっかり空いた風穴から血が滲み出ており、一向に
┃回復する気配を見せない。

┃なんだ、なにをしやがった? 素早く体勢を立て直し、相手の出方を見守る。
6321 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/26(水) 01:53:08 ID:xEkR.jsU0
ネウロイ対応早すぎワロタ
6324 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/26(水) 01:53:19 ID:BrVMeX5wO
治らないのはなんだろ
6330 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/02/26(水) 01:56:50 ID:D8Nmvvdc0
     _|/_/                ∧        ____      _f´ ̄Ⅶ__>─ 、
.   ,イ: :∨\           _∧    ___∠ __  `ヽ    / _∠斗'’     \
  /_/: : :.∨:::\______/f⌒Y〉  /     `^\___}─f´ ̄               \
  〈 \: :.込_∠____/ ̄ ̄ ̄|:乂乂{_ \_〔 ̄} トミー、__i_j:::/                   ゙Y      ……ギッ
.  \ ゙<__/ニニ三マム     ̄ ̄∧ >、/〕厂{ {,ィ`〈 ̄´:/i               /
    ゙<___{=ニ三三マム       ∧{ ̄ト、{ 《 >、` ´\::l}_l__          /
        \ ゙寸ニニニマム______∧ー'ヽ\》::ノ≧s、__〉|:{f⌒Yム________/
         \`<ニ三}込_____/゙ー-..、  _f´ ̄(_)厂?・__l    /
          \八`ー'’ ノi r‐-寸_____/__辷ァ_____〉_〉__ム______
            \入 ̄  j:::::::::}‐-、:::::::::::l::::::::::::l ̄ヽ:o::0::o::0:::::r‐n‐n‐n:、::|(:::::::::(:(二0
             /: :.>‐'’ ̄ ̄`   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄¨厂 ̄}ニ⊃Ⅷヽij‐ij‐ij-'_L{ ̄ ̄
              Ⅵ/_____,斗匕 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l{::l|:::::::/ヽ、 /,'´::!:::::::::::::l::::::|f´ ̄ ̄ ̄∩
              ¨|                  |{込_j二ソ./,'::::::__f^i^l∩∩──‐辷'
             /}_|        ______廴>'゙ー=ニ辷__,イ||::::||:|ト‐┴┴'
             /,∠込____,斗匕___: :fj:|゙ー'’}}______.   |:l|::::l|:|:|_//
         / /厂゙i厂゙i厂゙i'^ア  r‐‐--、\∧三∧、 r‐‐、\  l:||::::l|j_jー'’
       ___/ {l{  j{  j{  j:∧   ',   ヽ ゙Yム: : :Ⅶ, ',  ', ム ゙ー'´           _
      ,イ:/ /::゙ ̄:゙ ̄:゙ ̄/ ゙̄ーォ::.',    | ゙マム: : Ⅶ, ',  ', ム            /、\







                , -  二______     \
                    /≠"´ ̄ ̄ ̄((::))、      \
                  /         / ̄' `ヾ.、    .
                /           }      ヾi;     !
            /           /       }}.  ,;r=}
              !            〈       {:〉 {! i|
               |           }     _,、人    』
              |  ≡≡       r' ___,ィz"´`´ i},≠"!}     ギー
                . ∇     _,.イ圭〃    ,/   ;/
               , ィ≠=、、_,/;彡''''¨´    ,r";   ./!
             ∨{!!:::::゚!iチ"´       ;i}「  ///|
                ヾミニ彡'         ,/   /'////|
               ヾ.';':,         _i" r'i  //////,|、
                  ヽ.';':,      ((::)) ' ,:/'//////∧
                 丶;:':,      // ,.::'/'////////,∧
                 ヽ;:';,   _∠' _,/,///////////´\
                   'ミ三三ニテ≦_`}}、////,_''"     \
                      }////´ ̄{___"´      /´`.
                      /////      i}      /i!  ;
                        /////_____,ィト≠=="}!. i!  !
                     /´ ̄7 7ト==イ!      ||  !|  i|
                    /   /  イ!   {[ ]|       i ! | | |
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃互いに何かを確かめ合うように短く奇声を鳴らす。そして、銃を捨てると
┃先程のヒト型だけが此方へ歩み寄ってくる。手には大ぶりな軍用ナイフ。

┃これだけで充分だと判断したのか、それとも殺してしまっては不味いと考えたのか。

┃ドチラでも構わないが、この新型との近接戦闘。かなり手間取りそうだ。
6337 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/02/26(水) 01:58:55 ID:D8Nmvvdc0
まぁ、ある意味一番早いルートを引いたからね。質問は難しめでいくよ……
6338 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/26(水) 01:59:09 ID:928lmeK20
グエエエ!
6342 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/02/26(水) 02:05:02 ID:D8Nmvvdc0
                       _  -‐-  、
                         , ´       ` 、
                    /             U \
     ,. -‐'fフフ           7                `、
     /   r‐´ r‐、         /                 ヽ      たかが風穴開いただけで諦めると思うなよ……
   ノ  _/_ 」  .l      |   ー‐-‐'   `ー‐-─     !
   i   _ _ .) ,'       |   ( ー‐) '" ( ー‐ )   !
   !     `{ ノ        ヽ     ,    !          /
   |  ー ― 、}´; ̄ ̄;` ー‐-/;:;\  ヽ_人__,ノ`   /,.,.,.
   l   ,.-r /;:ヽ:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;/:;/:;:;:;ヽ_ ` ー     __, イ:;ヽ:;:;:;
 /i!    〕〈:;:;:;:;:i:;:;:;:;:;:;:;:;:;/:;/:;:;:;:;:;!  \ _ー‐_,./  i:;::;:ヽ:;:;
´:;:;:!ヽ _∠);;',|:;:;:;!:;:;:;:;:;:;:;:;:;:/:;:;:;:;:;:;ト、 /!;;;;;;;;;;〉、 ,,.イ:;:;:;:;:;:ヽ
:;:;:;:;:ゝ、_  /;;;;ノヽ:;:;!:;:;:;:;:;:;:;:;:|:;:;:;:;:;:;:;ト.`'  ヾ--〈  V  !:;:;:;:;:;:;:;
:;:;:;:;:;O /`:;´/;:;;:;:|:;:;l:;:;:;:;:;:;/└-、:;_:;」    !;;;;;;;!     |ヾ、:;.-‐
:;:;:;:;O:;':;:;:;:;/:;:;:;:;:;l:;:;:!:;:;:;:;/:;:;:;,.-‐´:;:;:|    |;;;;;;;;|     !:;:;\_:;:
:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;/ 、:;_:;_:;:;:;:;:;:;:;/:;:;;:;:ヾ:;:;:;:;:;:;:!   !;;;;;;;;;!   /:;:;:;:;:;:;:;7
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃此方も軍刀を構える。腹部の傷が多少痛むが問題ない。不屈の闘志が
┃彼の鎮痛剤だった。

┃歩み寄ってくる相手、ならば待ち構えて間合いに入ると同時に攻撃を食らわす。


┃2:10
┃       江戸時代まで、仏教と神道は融合していたが1869年の神仏分離令で
┃       神社から仏像が排除され、そして仏具や経文を薬などの運動が起きた
┃       これを漢字だけで何と呼ぶか。
6343 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/26(水) 02:05:39 ID:npkryOh60
廃仏毀釈
6344 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/26(水) 02:05:44 ID:dFes1Xbg0
廃仏毀釈
6345 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/26(水) 02:05:52 ID:CiTgUGgY0
廃仏毀釈?
6346 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/26(水) 02:06:04 ID:928lmeK20
廃仏毀釈運動(廃仏運動)
かな?
6348 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/02/26(水) 02:06:16 ID:D8Nmvvdc0
なんでわかんねん
6349 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/26(水) 02:07:12 ID:npkryOh60
某るろうに漫画ででてるんで聞いたことくらいはあるんじゃないかな。

あと高校の日本史で習った。その辺雑学詳しい先生だったので。
6358 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/26(水) 02:09:58 ID:928lmeK20
るろうには偉大ですわ
6364 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/02/26(水) 02:13:28 ID:D8Nmvvdc0
            ,  ――- ..
        /           `::.、
         ,:'          U     ヽ
      /              ::,
      ,'{、  } ノ              i
.       ,弋tッ/ {  __人        |、     フ……ッ、あ!?
      l    ゞ弋ツ_≫         イ/
.    人(_ i      ::    .x<三}     こ、この野郎……ッ!
        \¨\___   ,.x≦三三三{
.        /\___x≦三三三三三/|!
        >///x≦三三三三三//〉
...    ,.イ'///二二ニヽ三三三〈//
¨≧'><二二/ニニニニニハ三三_ソ/
.<二ニ==--'二二二二二ニ}><//
. ニ===--=/―====≠≦彡{7//.;′
...ニニニ二〈_二二ニ=-彡'/////
. ̄ ̄ ̄,.イ二二二二二ニ'イ'////
...... /二二ニ=―=ニ<//,'//{
ミ、_/〈=ニニニニニ>彡'イ////ハ
...=-====<>'/////////,}
. 二ニニニニニ/////////∧
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃一瞬、何かが燃える様な音がしたかと思うと、次の瞬間には刀とナイフが
┃レイヴンの眼前で火花をまき散らし、激突していた。

┃今のは、確かに覚えがある。間違いない、霧と呼ばれていた鎧が使ってきた
┃背面の推進剤による急加速だ……。そして、同時にネウロイの装甲外殻すら
┃切断する彼の刀身に、ナイフが少しづつ喰いこみ始めている。
6372 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/02/26(水) 02:18:31 ID:D8Nmvvdc0
                 ,,..-――-..,,
             /          \
            /       u       ヽ
         /             l
          l       `≧x_   r≦ l
.        |. u   t'' Oj´  ィOツ ',
.          ',      `¨¨´   ヽ   l
.           ヽ.     (_ノ--'  ノ
.       _ ---‐| \、 ___´¨`,..-<
    /´     l l  \    | r-ヽ  `ヽ
.   /      | ヽ   .>、 r'__..>>   |
    |   ヽ   .|_ヽ.イ .〈Y´ i `''1 |  |
    |.     、  < ´  .i  |  i  | |  |
    !.      ヽ  ヽ  .i  .|  .i  .|.l  |
.   |    /   ヽ  i  .|   i  |l ..|
..  j    /,.    ヽ .l  .|   .i |`ヽ|
   |     |:        l/  .|   ヽ|  .l
   |     |:       /   l     /.\ ヽ
   |     |      /   .l   〉  \l
   |     |     /__,..--'┬-イ    |
   |===:|   /―‐┴''"´ ̄ ̄l     |
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃どうする?いや、今も尚、手品のような急加速をする相手を押し切るのは
┃不可能だ。刻一刻と、鋼鉄の刀身がナイフに削られていく。このままでは
┃刀ごと断ち切られる可能性が多きい。なんとかしないと……

┃2:27まで
┃          小判の中で一番金の成分量が多い小判と少ない小判は?
6373 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/26(水) 02:19:37 ID:928lmeK20
多いのは慶長小判
少ないのは万延小判
6377 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/26(水) 02:21:30 ID:0Ynxs..M0
>>6373
ほぼ一分って事はガチで記憶力かコワイ!
6378 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/26(水) 02:21:35 ID:zt7w5RsI0
最小 文政小判
最大 享保小判
6379 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/02/26(水) 02:21:42 ID:D8Nmvvdc0
えーーー、なんでさ?

たまには負けようよ? 負けたくないの? 住人は負けず嫌いなの?
6380 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/26(水) 02:22:05 ID:jKJnmIT.0
少ないのが文政小判で

多いのが慶長小判と享保小判?
6381 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/26(水) 02:22:28 ID:tR8BukOQ0
ttp://ichiranya.com/politics_economy/007-old_gold_coin.php
こことかで一覧のってるし
6387 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/02/26(水) 02:27:08 ID:D8Nmvvdc0
                        -―-
                     /        `
                       '            \
                    /        U     、
                  '                 }>       ちぃッ!
                /  \    /       イ
                  /_i ( ●)  ( ●)   /:/
                 \ `ー、(__人__) r―. . ´三.人
                  \三ヽ`⌒´  !三三三/= \
                        )--},不 ̄ )--―´三/三\
                  ア)yし'- ニニィ三=|三ア三三三\
                /ニ7^}:ア´/// /三ニレ'´三三三三=.ヽ.
.             ___∠三=/ /::|/////三ニ/三三三三三三= l
           /三三三 〈三/ /:::::|///三三/三三三三三三三= |
         /三ニr====='=./ /::::::::l/三`==┐三三三三三三三= j
     .  /三三|三三≡/ /::::::/三三三三|三三三三三三三=./
      /三三=|三三=/ /:::/三三三三/三三三三三三三=/
.      |三三ニ |三三/ //三三三三/三三三三三三三ニ=/
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃一か八か。刀を捨てて横へと身を投げる。それと同時に、刀身が真っ二つ
┃に断ち切られた。間一髪で間に合ったようだ。

┃切断された軍刀を拾われないよう、ネウロイが遠くへと蹴飛ばす。
┃前言撤回。こいつらに知能は絶対ある。ネウロイは有りのような奴等で
┃知能などは無く、ただ攻撃してくるとか言ってたブリテンの学者を蹴飛ばしてやりたい。
6392 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/26(水) 02:31:08 ID:XK8OdANY0
負けたら誰か死ぬだろ!w
6393 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/02/26(水) 02:37:31 ID:D8Nmvvdc0
     _|/_/                ∧        ____      _f´ ̄Ⅶ__>─ 、
.   ,イ: :∨\           _∧    ___∠ __  `ヽ    / _∠斗'’     \
  /_/: : :.∨:::\______/f⌒Y〉  /     `^\___}─f´ ̄               \
  〈 \: :.込_∠____/ ̄ ̄ ̄|:乂乂{_ \_〔 ̄} トミー、__i_j:::/                   ゙Y
.  \ ゙<__/ニニ三マム     ̄ ̄∧ >、/〕厂{ {,ィ`〈 ̄´:/i               /
    ゙<___{=ニ三三マム       ∧{ ̄ト、{ 《 >、` ´\::l}_l__          /
        \ ゙寸ニニニマム______∧ー'ヽ\》::ノ≧s、__〉|:{f⌒Yム________/
         \`<ニ三}込_____/゙ー-..、  _f´ ̄(_)厂?・__l    /
          \八`ー'’ ノi r‐-寸_____/__辷ァ_____〉_〉__ム______
            \入 ̄  j:::::::::}‐-、:::::::::::l::::::::::::l ̄ヽ:o::0::o::0:::::r‐n‐n‐n:、::|(:::::::::(:(二0
             /: :.>‐'’ ̄ ̄`   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄¨厂 ̄}ニ⊃Ⅷヽij‐ij‐ij-'_L{ ̄ ̄
              Ⅵ/_____,斗匕 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l{::l|:::::::/ヽ、 /,'´::!:::::::::::::l::::::|f´ ̄ ̄ ̄∩
              ¨|                  |{込_j二ソ./,'::::::__f^i^l∩∩──‐辷'
             /}_|        ______廴>'゙ー=ニ辷__,イ||::::||:|ト‐┴┴'
             /,∠込____,斗匕___: :fj:|゙ー'’}}______.   |:l|::::l|:|:|_//
         / /厂゙i厂゙i厂゙i'^ア  r‐‐--、\∧三∧、 r‐‐、\  l:||::::l|j_jー'’
       ___/ {l{  j{  j{  j:∧   ',   ヽ ゙Yム: : :Ⅶ, ',  ', ム ゙ー'´           _
      ,イ:/ /::゙ ̄:゙ ̄:゙ ̄/ ゙̄ーォ::.',    | ゙マム: : Ⅶ, ',  ', ム            /、\
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃拳を深く握り込む。左手を防ぐように前へ、左手は少し引いて後ろへ。
┃相手から攻撃を仕掛けてくるならば、クロスカウンターで一撃必殺を狙う。

┃前を見据える、相手は前かがみな姿勢。もう一度急加速での一撃を食ら
┃わすつもりなのだろう。ならば最高の因果で迎え撃つしかない。

┃2:38    第二次世界大戦中のドイツ軍の糧食の基本は、??????と
┃        呼ばれる1斤700~750gの軍用パンであった。パンの名前を答えよ

6394 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/26(水) 02:38:47 ID:928lmeK20
2:38
ん?
6395 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/26(水) 02:38:58 ID:L5Fa1.m20
コミスブロート
6396 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/26(水) 02:38:58 ID:At4OYHdg0
コミスブロート
って1分は無理ゲーwww
6397 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/02/26(水) 02:39:04 ID:D8Nmvvdc0
あ、ごめん。時間ミス

2:43まで
6403 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/26(水) 02:39:41 ID:XK8OdANY0
29秒ワラタ
6404 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/02/26(水) 02:39:54 ID:D8Nmvvdc0
問題を考えてると時間がかかってね……ストパンでいいならいくらでも出せるんだが。

正解、
6410 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/02/26(水) 02:43:51 ID:D8Nmvvdc0
            ,  ――- ..
        /           `::.、
         ,:'            U   ヽ
      /              ::,
      ,'{、  } ノ              i         ッ!
.       ,弋tッ/ {  __人        |、
      l    ゞ弋ツ_≫         イ/
.    人(_ i      ::    .x<三}
        \¨\___   ,.x≦三三三{
.        /\___x≦三三三三三/|!
        >///x≦三三三三三//〉
...    ,.イ'///二二ニヽ三三三〈//
¨≧'><二二/ニニニニニハ三三_ソ/
.<二ニ==--'二二二二二ニ}><//
. ニ===--=/―====≠≦彡{7//.;′
...ニニニ二〈_二二ニ=-彡'/////
. ̄ ̄ ̄,.イ二二二二二ニ'イ'////
...... /二二ニ=―=ニ<//,'//{
ミ、_/〈=ニニニニニ>彡'イ////ハ
...=-====<>'/////////,}
. 二ニニニニニ/////////∧
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃急加速、相手の速度と威力をそのまま拳で返すカウンター。因果である。
┃それはレイヴンのもくろみ通り、完璧なタイミングで決まった。

┃そう、ネウロイがウィッチのシールドを張る直前に頭部へと喰らわせたのである。

6413 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/02/26(水) 02:48:08 ID:D8Nmvvdc0
|l!
|l!1!|!l              1!
|l!1!|!l            !1!|
|l!1!|!l             |l!1!|!l|!l!                       |
|l!1!|!l             |l!1! > 一 … ー <                 |l!1!
|l!1!|!l            >´            ` <                |l!1!|!l
|l!1!|!l.           /                  \           |l!1!|!l |
|l!1!|!l       / \、         U   ,;'/    \             |l!1!|!l |
|l!1!|!l.        /     ヾミ,、           /;"==、、      ヽ.         |l!1!|!l |!
|l!1!|!l       /      ,,===、、ミ彡〉 iヾ彡〃 ,-‐ 、ヾヽ            |l!1!|!l |!      くッ、お前ぇっ!
|l!1!|!l          〃 ,-‐ 、ヾ        { ・ } }l}      ',        |l!1!|!l |!
|l!1!|!l     ,'     {{ {  ・ }      u  ゝ - '                  |l!1!|!l |!,
|l!1!|!l           ゞ ゝ - '        ヽミ二≠"" l|l|l    ',.     .|l!1!|!l |!i
|l!1!|!l.    ,' . l|l       =≠彡"´.          \.     l|l         |l!1!|!l |!l
|l!1!|!l |   .   l|l.         /           \        l       |l!1!|!l |!l
|l!1!|!l |   l   l|l|      ./              }        }.    .|l!1!|!l |!l
|l!1!|!l |... {        J  {        i       ノ  し      /      |l!1!|!l |!|.i
|l!1!|!l |!.  ヽ         ゝ、__ノ ̄´` ̄ ̄〉'´        /   |l!i.   |l!1!|!l |!|.|
|l!1!|!l |!   .ゝ              }      /           /     |l!1|.....|l!1!|!l |!|l|
|l!1!|!l |!,      > 、 し         ゝ-──-'        ., <   ,> |l!1!‐- 、,,!|!l |!|l|
|l!1!|!l |!i    i.    〉   |!l!     ." ̄ ゙̄     / 〈/゙}  /.:::::::|l!1:::::::::.ハ . !l |!|l|
|l!1!|!l |!l    l . //   |!l!             ./ /:::::〈_/::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧.l |!|l|
|l!1!|!l |!l     /::::/   \            / /:::::::::::〃::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',l |!|l|
|l!1!|!l |!l   /:::::::/       ヽ         ." /::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧ |!|l|
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃次の瞬間、割れた頭部の隙間からドス黒く腐った血液のようなのが垂れ堕ちる。
┃それと同時に、金髪のような黄色い何かも見えた。そして、手に伝わる
┃砕く感触、どこかに覚えがある。

┃奥歯を噛み締めた。間違いなく、これには中身が入っている。人間だ。

6414 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/26(水) 02:48:19 ID:tR8BukOQ0
やっぱ中身入ってるかあ
6415 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/26(水) 02:48:52 ID:928lmeK20
見ない方がお互いにとって幸せかもね
見た方が幸せな場合もあるが
6421 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/02/26(水) 02:53:00 ID:D8Nmvvdc0
                                      ___
                                    ,斗'¨¨ヽ \
    .,斗=ミ/≧s。.                       _r'”     / ̄〉
.   /   ≧s。. 、\                     .。s≦      _/: : /}斗=ミ
  |       \ 込__             .。s≦       .。s≦: :.ノ_j:i:i:i:i:i:i〉,
  |         ≧s。. ≧s。.__   , - 、.   |      .。s≦: : :。s≦ ̄:i:i:i:i:Ⅳ/
  ≧s。.         ≧s。.,イ} ,イ{i___i}`ー‐、|─┐斗'”¨Y⌒i≦:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i://
     ≧s。     ,へ_  /_/r'’.乂⌒ ,イr‐f⌒ヽ::|    }  }゙寸:i:i:i:i:i:i¨¨二ア
       {|≧s。.___/,斗=ミ廴_廴Ⅵ}゙ー'’{辷乂_ノ_/   .,'  ,'  }斗匕7 /
       ゙|    ./ {  __}___i:/冂|:iヽ^゙ ノ| 冂l:.|    __ノ、__ノ   }:i:i:i:i:i} }
        Ⅶ__  ゙ーーァ'l ̄l::}| ¨ 廴_{_j´  ¨/Ⅶ-‐'”  _/¨¨ア':i:i:i:i:i:} }
         (ア\_//::廴j::|7 / ̄//Ⅷ゚,。。\,斗'” Ⅵ`¨´}:i:i:i:i:iノノ
        / /fj / |::,:=ミ:::|{─=ミ丶  __Ⅷ     }{___/`ー'”} ̄ ̄´
       /⌒i>、∧ |:((0)) |{    〉 〉  / /   ,イ〈___ム  i {
.       / ̄ ̄7¨ア゙ ̄|:::Θ: :|`寸冖≧=─ァー‐┬'” ,斗=ミム_∧、
      / 〔__〕 }::::| ̄`|廴__ノ|(゙ヽ廴__>'”_,斗┴=”     ', } 〉\
      ゙ー─‐┴‐l  j::___::::ノ }__〉、_r匕{ ̄ ┌────┐ ', Vムニ\
              7ー//__ム:}ノ〉zz_〈Ⅵ::}.  └────┘  ', }=込ニニ≧s、
          ∩∩{((●))}'´____j::〉:::〉───────≦ア”ニニニ>、ニニム
          乂_辷゙¨¨¨´/__/廴_廴______,イ´ニ〉:〉ニニニニ≧s。ニ}
           /__7¨l¨¨¨lf    ,' /:::l   └─ァ‐/ \/{ニ/::/ニニニニニニニニ≧s。
            /   |::::::::l|     i/:::::j     ノ::/   ∨_ム::゚,ニニニニニニニニニニ
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ネウロイ、いや女性の頭部へ深くめり込んだ拳には血がぽたぽたと
┃垂れ堕ちてくる。やりやがって、やっぱりやってやがった糞野郎が!

┃激情に駆られ頭が狂いそうだった。それと同時に、頭部に致命傷を
┃負ったはずのネウロイに腕を掴まれる。

┃パチンバチッ、空気が弾ける様な音がする。いや、一瞬だが周囲に静電気の
┃ようなのが見えた。まさか、これは……
6422 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/26(水) 02:54:09 ID:k/WVhpeo0
げ、電撃?

こいつペリーヌか!?
6423 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/26(水) 02:54:17 ID:jKJnmIT.0
固有魔法!?
それもレヴィやペリーヌと同タイプ?
6434 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/02/26(水) 03:02:37 ID:D8Nmvvdc0
               ., - ―===- .、
            /         \
           /             \
           j    .:.:::::::::::::::\_j   \
           |   .:.:::::::::::::::::::r‐ミ'/⌒}   ヽ
          ノイ     .:.:.:.:.:.: } ノ _ ム  .|    ふっざけんなぁよぉおおお!
 ̄`ヽー- 、 __ /了|´    /   /ノ    ヽゝ .|
.ヽ:..:..:..丶:..:..:..}:..:..::| |     {____/       { |
:..:..l:..:..:..:..:..:..:..!:..:..:..|  l    く`{        i .|
:..:..:l:..:..:..:..:..:..:l:..:..:..:.|  l    `ソ_       }_/
ー..、`ヽ:..::..::/..:::.::.::.:.l   ヽ >≦--.、ヽ      /
二:..ヽ:{:..:.::.:>ー::´::| /ク′:..:..:..::.::.\ヽ  /
::.::.::.:ーヽ::.::|::.::.::.::.::.::.|^>':..:..:..:..:..:..::.::.::.::.:ヽV
::.::.::.::.::.:{::.::.:l::.::.::.::.::/:..:..:..:..:..:..::.::.::.::.::.::.::.ヽ〉
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃腹の底から叫んだ。怒りと憎しみと全ての負の感情が混ざった怒声だ。
┃同時に耐える、今から襲ってくる固有魔法に。恐らく電撃だ。死ぬ気で耐える。


┃3:11まで   ストライクウィッチーズで501基地に配属されている整備士たちの
┃          通称は?
6435 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/26(水) 03:04:00 ID:nAQheECs0
ブルームキーパー
6441 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/02/26(水) 03:04:30 ID:D8Nmvvdc0
正解。次-
6445 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/02/26(水) 03:11:33 ID:D8Nmvvdc0
     _|/_/                ∧        ____      _f´ ̄Ⅶ__>─ 、
.   ,イ: :∨\           _∧    ___∠ __  `ヽ    / _∠斗'’     \
  /_/: : :.∨:::\______/f⌒Y〉  /     `^\___}─f´ ̄               \
  〈 \: :.込_∠____/ ̄ ̄ ̄|:乂乂{_ \_〔 ̄} トミー、__i_j:::/                   ゙Y    ギッ、ギッ!
.  \ ゙<__/ニニ三マム     ̄ ̄∧ >、/〕厂{ {,ィ`〈 ̄´:/i               /
    ゙<___{=ニ三三マム       ∧{ ̄ト、{ 《 >、` ´\::l}_l__          /
        \ ゙寸ニニニマム______∧ー'ヽ\》::ノ≧s、__〉|:{f⌒Yム________/
         \`<ニ三}込_____/゙ー-..、  _f´ ̄(_)厂?・__l    /
          \八`ー'’ ノi r‐-寸_____/__辷ァ_____〉_〉__ム______
            \入 ̄  j:::::::::}‐-、:::::::::::l::::::::::::l ̄ヽ:o::0::o::0:::::r‐n‐n‐n:、::|(:::::::::(:(二0
             /: :.>‐'’ ̄ ̄`   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄¨厂 ̄}ニ⊃Ⅷヽij‐ij‐ij-'_L{ ̄ ̄
              Ⅵ/_____,斗匕 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l{::l|:::::::/ヽ、 /,'´::!:::::::::::::l::::::|f´ ̄ ̄ ̄∩
              ¨|                  |{込_j二ソ./,'::::::__f^i^l∩∩──‐辷'
             /}_|        ______廴>'゙ー=ニ辷__,イ||::::||:|ト‐┴┴'
             /,∠込____,斗匕___: :fj:|゙ー'’}}______.   |:l|::::l|:|:|_//
         / /厂゙i厂゙i厂゙i'^ア  r‐‐--、\∧三∧、 r‐‐、\  l:||::::l|j_jー'’
       ___/ {l{  j{  j{  j:∧   ',   ヽ ゙Yム: : :Ⅶ, ',  ', ム ゙ー'´           _
      ,イ:/ /::゙ ̄:゙ ̄:゙ ̄/ ゙̄ーォ::.',    | ゙マム: : Ⅶ, ',  ', ム            /、\
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃視界が真っ白に弾けた。刺激としか言い表せない何かが体中を巡るましく
┃駆け回り、ただ熱さと痛みだけを脳へと伝える。一瞬、電撃が止まった。
┃沸騰しかけた思考が暗くなり、意識が飛びそうになる、

┃3:15まで     ストライクウィッチーズでMG42び愛称はなにか?

6446 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/26(水) 03:11:52 ID:928lmeK20
ハハッ、胸が痛くなるな!
6447 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/26(水) 03:12:12 ID:CiTgUGgY0
みっちゃん
6448 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/26(水) 03:12:35 ID:928lmeK20
おっと、みっちゃん
6451 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/02/26(水) 03:12:54 ID:D8Nmvvdc0
訂正 ストライクウィッチーズでMG42の愛称はなにか?
6453 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/26(水) 03:13:58 ID:o11OtF1g0
フレディの丸ノコ
6456 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/02/26(水) 03:15:32 ID:D8Nmvvdc0
あいやー。>>6453正解

ってかもう終わりなんだけどね
6462 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/02/26(水) 03:18:26 ID:D8Nmvvdc0
さて、あとは淡々と事後処理かな。
6463 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/26(水) 03:18:28 ID:FksorleE0
終わりか 皆乙
6470 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/02/26(水) 03:21:46 ID:D8Nmvvdc0
           | |┐
           | ||| |
          || ┐┐┐
         .イ  |  | |
          .| 」|  | |
        .┌┘r、|//
   ,、へー-、_「__〆/7||| |
  / | |    /\/.7|| |   ,, . .-‐-、     イ ̄イ 、
  |  /ヽ\へ Y /冫 || | √皿,r-  、_ \  / ∠_ ⊿\
.Y|▽丶/  /ヘ∨イ  ∪ ヽ\\``ー<、´∠‐-/     /
│|ミミ/  /   ̄/| || | ○┐Π弋二≧=ゝ‐┐ |     ./
.\ Y   /   / .|‐┐┐ソ/ ̄フ ̄`‐-ァ‐-、_⌒丶/|
  /  /   /  |=|| |∠-─<《 《-─/ 二ニニヽ丿  |
 ヽ  / /   |《 ⊥ソ ソ     《 《 ヽ     ノ  /
  丶/ / ___ //  || |ヽ      \|  \  / ̄\
   ∨/_//|   .|| | 丶┐-一'''"゙´ ̄  /  / ̄|
     ̄ ̄ | ┷ || |   \;l;l;l;l;\___/ |\//;;;;;へ
        丶-、__|| |----イ‐‐--、,_\\‐‐----へヽイ\
       /___ト、ト、ト、ト、丶    丶 /二\\ ̄\\ \
   _,,.-‐イ  ∧i、i、i、i、i、| `、     | `、 \ ヘ |   |   ̄\
_,-‐イ  /  ∧ 丶 ̄ / ̄ヽヽ_____|  |   \丿  .|\ -‐‐\
|    /   ハ    / / ヽ"二二"  |    `、二二" | |ヘ--─V
|   /  /  | | 》 / / _,,,/,` ̄ ̄|  \   `、  丿丶_|‐、ソイ〉
|  /  /  // 》 く ノ /ヽ、,__)   |;;;;;;/ \   |  /  /ヽ、,__)_/
| /  /  // "  |  /  /  |   |ゝ、\,_,_,\ | /ヽ、/  / |
∨   |  //     ∨/ /   .|丶.丿ヽ\    > ̄ ̄/  /  |
/    ∨/      | / /   |ノ   ゝ へ__/`/` ̄/  /  |
     /"ヾ‐--フイ `/ /    |    | ゝー-、,__/  /  /   |
    ∧,..-‐''´/ へ / /    |     (>   ` ̄/  /   |
   /  / /   ヾヽ /ー、_ ソヽ     ゝ∧-、,___ヽ / __ |
  /  /  ∧    ∧\  / 丿     /      | > / / /
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃さて、二度にわたる固有魔法「電撃」による攻撃。中身のウィッチを「使用」
┃することで可能なこれを使い潰してまで、この男を攫う価値はあるのだろうか?
┃そんな事は末端のネウロイ如きが分かるはずも無ければ考えるはずもなく。

┃黒煙のようなのを吐く斃れた男の死体を見下ろし、少し立ち止まる。

6476 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/02/26(水) 03:25:12 ID:D8Nmvvdc0
                , -  二______     \
                    /≠"´ ̄ ̄ ̄((::))、      \
                  /         / ̄' `ヾ.、    .
                /           }      ヾi;     !
            /           /       }}.  ,;r=}
              !            〈       {:〉 {! i|
               |           }     _,、人    』    ギーッ
              |  ≡≡       r' ___,ィz"´`´ i},≠"!}
                . ∇     _,.イ圭〃    ,/   ;/
               , ィ≠=、、_,/;彡''''¨´    ,r";   ./!
             ∨{!!:::::゚!iチ"´       ;i}「  ///|
                ヾミニ彡'         ,/   /'////|
               ヾ.';':,         _i" r'i  //////,|、
                  ヽ.';':,      ((::)) ' ,:/'//////∧
                 丶;:':,      // ,.::'/'////////,∧
                 ヽ;:';,   _∠' _,/,///////////´\
                   'ミ三三ニテ≦_`}}、////,_''"     \
                      }////´ ̄{___"´      /´`.
                      /////      i}      /i!  ;
                        /////_____,ィト≠=="}!. i!  !
                     /´ ̄7 7ト==イ!      ||  !|  i|
                    /   /  イ!   {[ ]|       i ! | | |
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃とはいえ、やる事は果たさなければいけない。既に黒炭と化した男の
┃死体を見て短い声を発し、後方でいざという時に備えていたネウロイと
┃コンタクトを取る。

┃少尉の身体を担いだまま何度かやり取りを重ね、とりあえず男の死体を
┃持ち上げる。周囲には人肉が焼ける、あの独特な香ばしい匂いが立ち込めていた。
6482 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/02/26(水) 03:30:06 ID:D8Nmvvdc0
             /  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄ `  、
             /                \
          ./              ,==ニ_-、 丶
         /                 〃  __ `ヽ  \
        ./     メ≧、_ノ     イ   {・}  |}  丶
        /     ィ彡´三ヽ\  /. 丶 __ /     '
       /     〃 ̄ ̄ {・}|       ̄  ̄       V
      ./      廴 _ 二´    l     、       '      ……よくもやりやがったな、手前。
     ,'         ̄  ̄,       人、   }         '
     |           ヘ、   _イ __`ー-ェ'            |
     |           |i Tィ'"´:::::::::`゙ヾイ         ∧
     |            ! |{::::::::::::::::::........}|   /     /
     丶             V:::::::::::::::::::::::/ //    /
       `               \_:::::::::::::::ノ        /
        `   、            ̄ ̄   {「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`!                  , - 、
          l r―ヽ     ``ー- -‐ { トl|        |         ,. -、      { i  '、
          l l    丶             ト!¦     *  |         {(  丶、   ∧  `、
           l l  f< ヽ  `、     └z」         L__       `ヽ、   ` く  :、   ヽ
       _  ム '.  !_ ` ー----------‐'r┘__,,.r        └-   __   `ヽ   `v^〉   }
,, ―  ―- ´   {  〉¦ * ‐-    ___ _」               たュ_     , ^'.   V    ,
            、〈 l        -=≦一|             弋   `丶、/  ',   '.  /
             ヽヽl         _二|              ( `丶、、   \ , ヘ   '  ;
                �ぁ*     、-‐~''   !              ヽ、 ヾ 、  \'^   ',丿
               l|       ̄二フ  {                   \  \、   `  ,ノ
                リ       ` ¬  }                  /  /丶  `゙     /
               | ̄  Z_      ̄|   tェ‐ェ‐ェェvユ   l  / V       ,r'´!
        ──┐  |      ̄ニ=‐   !   _    ─┐ ¦*,  八       / ! |
           .__| O|z-----~'     |   |_     ―┘ i /   ハ  -‐´ /  !
                |^\__     、ー-l              ∨   { ゙,    /  /|
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ギロリ、持ち上げた男の死体と目が合った。片方の目がまるで溶けた
┃卵のようになり、口内から小さな煙を上げていても、こいつは生きていたのだ。

┃拳を握り込む、全身が痺れているような感覚だが殴る。こいつだけは
┃生かしては置けない。人類の為にも、中で死んでいるであろうウィッチの
┃為でも。何も考えていなかったネウロイの横っ面に拳がめり込んだ。
6483 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/26(水) 03:30:12 ID:jKJnmIT.0
やっぱメインヒロインの登場かなー?(オメメグルグル
6484 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/26(水) 03:31:32 ID:cOLjYs5M0
ウィザードって化け物ですわ(白目)
6485 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/26(水) 03:32:13 ID:928lmeK20
これが…ウィザード…!
6487 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/02/26(水) 03:33:06 ID:D8Nmvvdc0
          . . -‐…─-  、
       . : ´          \
      , '   _, --───- 、  丶
     ./  ,ii||!         :i!||i, ∧
    , /              \゙',
   .,' /                  ヽl
   ソ       !!!||||||||||||||||l!!!     |
   ,l        '!|||||||||||||||!'      i
   l          ゙''゙llll!i゙″       l
  .ll三三゙,,、               __.≦|      ?!
  .l 三三三    ,ィ─ .、     三三三l
  .l   ゙'ミ三三 /  ,,,,  ヽ 三三Ξ  l
   |      ミ三l::: il||||l  ll三彡゙゙  l
   li        'l:::: ゙゙゙"  l!゙゙      l
   .ll-、      ゙゙' ─ ´       ,,l
    .゙i \       │      .,,′!
    llヽ 丶     │     / |!
    ,l, 丶 ヽ、   │    /  /
    ll  \ !||l   │    l||l  !′
    lll   `  \,,,│ ,,/   人
     ll        ゙ ゙゙̄    /  \
   il!゙       \     /     \
  ,/  l|_     ゙ ─ ´ .,,,,、      \
 ゙̄   ∥             ゙'llll      ヽ、
    ∥               ゙'゙ll       丶
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃向こう側からネウロイの悲鳴と硬い物を殴る音が連続で響く、それしか
┃響いてこない。少尉を担いでいたネウロイも棒立ちのまま、様子を見守っている。

┃一方的にタコ殴りにされている同類を見て何とも思わないが……とにかく
┃アレは助からないから逃げた方が良い。そう判断を下し後ろを振り向くが
6492 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/02/26(水) 03:36:51 ID:D8Nmvvdc0
      yvvイイ从从イイソハvv
     ノ从从从从从从从入入九リ
    ノノ从从从从ツツツツツツ彡从从リi
   ノノノ从从ツツツツツ彡彡彡从从リリリi
  ノノノノl〈〈从从川シシ彡彡彡彡シシシ
 〈ミミミミl|l|//彡 '´   `彡彡シシシシソソソ      全く、手間取らせてくれおったな。
  ミミ゙゙゙l巛"        =:::彡彡彡シシソ
  ミ  ヽミ       ∠    .彡/r.ヽソ       とにかく死ね。
   l   `ソ     _/ ;;;;;;   〉/i : }|
   ヽ....__   、..,zィ て刀彡   !!) ソ/ノ
   ゞfてハ.、   ゝ' ´       /oイト、
    ヽ‐ '´ l           y'´} t\、
     '、  |            l:::::| [i..iフ|
        \└‐´          /:: \ ..|
       |\ ←-..→    /::  : :::..\|
       | i/\`´    / ::  :::::::::::::.ゝ-- 、
       |/   ゝ-- イ::  :  ::::::::::::::.  |.    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ /
             / l   :   .:::::::::::::  |          /
              /  /|::  :  .::::::::::::   |         /
         /    / ! : :: :::::     /       /
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃背後に忍び寄った彼女の攻撃で何時の間にか頭と身体が離れていた。

┃ぶらぶらと揺れる頭部を握りしめながら胸部のコアも壊すと、崩れ落ちる前に
┃少尉の身体を受け止め、キャッチ。

┃邪魔な死体を蹴転がし、そのまま奥でマウントを取って殴り続けるウィザードの
┃元へ歩み寄る。
6493 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/26(水) 03:37:41 ID:pP20Cgfk0
彼女・・・?
6494 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/26(水) 03:37:46 ID:cOLjYs5M0
やっぱり散様でしたか、これ零フラグかな?
6495 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/26(水) 03:37:54 ID:nAQheECs0
やっぱり散様は素敵だな(媚媚
6501 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/02/26(水) 03:39:41 ID:D8Nmvvdc0
     yvvイイ从从イイイソハvvv
     ミミミアァアァミシ入从从九
    ミミミミツツツツツツ彡彡从从人
   ミミミツツツツツツ彡彡彡彡イイリリli         愛仁、もう止めろ。既に死んでおる
  ミミミツツツツツツ彡彡彡彡彡リリリli
  ミミミツツツツツツ 彡, ィ彡V f^Yソソリi
 ミミミ'ソ''ソ'ツ ノ`Y彡 彳{{ソ  .l|Vリ 入
(((('ソ'ツツ ,∠,,,','.   `Yチ oノ li  l \,
 \ゝ''、  jk勺"     .ヽ ! \ li_ ノ li ``'"⌒ー──‐-
   `ソヽ,' "         |: ヘ.l == _li_  \.    r',ニ二
     l :_         ノ_\ソ      ⌒\、i   ノ/二ニヽ
     └ '7__,,ィコ     ' ⌒`        _,,_ }  //___
            `i,  ,/⌒ヽ,_        ̄/  .厶-──
          |/ ̄/    `l       /
      ,_-─--‐'´        |ー 、  -ー  |         /〃
       _二エニ=-         |    :     |      ./〃/
     /            |    :     |      /〃/






                    ., '                      ^ _
                   , '                          ´ ,
                 , ':                            ´_
               , ': :                               ',    ハァハァ……中身は?
             ,' : : :                              '.
              ,' : : : :                               ',      どっちもだ。ウィッチもネウロイも死んでおる >
           .,':: : : : :.                                   '.
            ;: : : : : : .                               ',
           .;: : : : : : : .                                  i
            .j: : : : : : : : .                                  i
           ;: : : : : : : : . .       __,,....,,___ __               }
.          Ⅳ : : : : : : : :_,. -.='彡三ー―-- ミ、 `ヽ、`ヽ、           ,′
           .キ  _ -  ̄,=-'" ̄           `\`ヽ、``ヽ、         ,′
            .,X´ ,/´         _____ _....   \ `  ``ヽ、..,,__  /
          r''",/´   _,.-==ニ二 ̄   ___ 三二ニ=キ-‐ー''""''ー‐ヲキ≠ー--‐ー‐‐- 、
           ㍉、  ,、‐'´     , -ー''" ̄   _,,、-‐''"”   ......    //::::::::::::::::::::::: /` `ヽミミ=
           Ⅳ  ___,、-''"   ,,、=-‐''"”        ....:::::::::::::::::::::/ / :::::::;;:'''  '''''/      ......`ヽ、
        ..ト‐''" ̄  " l、     .....:::::::::;    .....:::::::::::::;;::''''  '''/ /        /.. ...........  :::::::::::.. i、
  ....__,.,.=-=キ-ー     |            ::::::::::;;::'''     ..../ /:.::::::::::::.   /:::::::::::::::::::::::;  ''':::::::::::::'i.
    il           /      ......:::::.....    ....       ::::::/ /:::::::::::::::::;  /::::::::::::;;;;:::::::::::::::; \ '':::::::::i
    .||....   .....:::::::::::::.. |   ...:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::       ..:::| |::::;;:::;;;:''''  /;:::::::;:'''  ''''''''''''   \  ''::::i
  ....||:::::::::::::::::::::::::::::::::::; |  ;::::::::::::::::;;    ;:::::::::::::::::; ......:::::::::::::| |      /  ..............   .:::::::::::::::::..\   i
6502 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/26(水) 03:40:13 ID:cOLjYs5M0
目がアレだしこれ見えてないのかな
6503 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/26(水) 03:40:30 ID:928lmeK20
正直こんなのウィッチ達に見せられんから消し去ってほしいっす
6504 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/02/26(水) 03:44:02 ID:D8Nmvvdc0
                  >_―. .―. . -. .、
              ,.'´: : : ´ ̄ :`: : : : : : :\   __
              /: : : : : : : : : : :.: : : : : : : : : :.><二フ /
            / : : : :l: :|: : : : : : : : : rァ : : : : / ハ {-= /
            ,′: : : :|: :|: : : : :.: : :l: :| 乙 : : :| ヽ \ /
             |: |!: : : :| |: : : : : : :|: :l Z: : : :!   ` ┘〉       あんた、両目とも沸騰して中身飛び出てない?
             |: |l : : |ヽ..|: : : : : : :.; : :ヽ Ζ : :V    ハ \
            l: |〉、.⊥ミメ、: :.、: :.厶斗┤ }: -、V   ∧ \ ` ー 、      もしかして見えてないの?
           V, : :ヾヘ リ \/V ヘ リ丿 |/ イ l: :`.〈 }  \ __\
          /: : : {  ̄         ̄  .ヌ ノ: : : :{、\       `       そこら中一面、ウィッチの脳漿と血だらけよ。
            |: : : :.|    ヽ        r ´: : : 从`ー-ヽ
            |: : : :.|、             .′__: : : :V
            |: : : :.|,≧,ィ≦三ミ、ニ=≦ニニニ/ : : : : V
            |: : : :.|ニ/ニ/_/ニニ_ヽニニニニニ,: : : : : : : V
            .,| : : : ;_≦{__}ミ、ニニムニニ≦_: : : : : : :.V
           /:l : : /ニニニニ二_ヽニニムニニニニニ_x。 : : : V
          . :∧: :/ニニニ二二二二',ニニムニ/ /ニ_\: : : .
       /: :/ . Vニニニニニニニ二二',ニニニV /ニニニニニヽ: : : \
    ./ : : ∧ /ニニニニニニニニニ二_iニニニニ}/二ニニニニニニ}: : : : :.\
   . : : : : :/二Vニニニニニニニニニニニニ|ニニニニ!二二二ニニニニ| : : : : : : :\
  / : : : : /ニ_/ニニニニニニニニニニニニニ|ニニニニ!二二二ニニニニ|: : : : : : : : : :\
. : : : : : : :./ニニ〈ニニニニニニニニニニ二二|ニニニニ!\二二ニニニニ| : : : : : : : : : : : .ヽ
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃後ろへ倒れそうになった彼の身体を支えるメルトリリス。同時に顔を見て
┃うわぁ、と短く悲鳴を挙げた。よくもまぁ、この状態で生きてるなと感心したのだ。

┃他にももう一人足音が聞こえるが恐らく、もう一人の奴だろう。

┃とにかく視界も無ければ息をすることすら辛い。食道を含めて内臓を焼かれた。
6505 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/26(水) 03:44:56 ID:cOLjYs5M0
この人達じゃないとこれ治療できねぇよなぁ
6506 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/26(水) 03:45:57 ID:7P4iHz.gO
てかこんな有り様で他は助けられるのかコレ?
6507 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/02/26(水) 03:47:30 ID:D8Nmvvdc0
  .f:::`:::::}> :,. :=: <
_ }::::::.:::|: : /. : : : : : : \
}:::::::ヽ::iノ;イ: : : : : : : : : : : .
_...>r:´/ |斗i:}.: : : : : : : : :!: 、
;:´: : |: :{ ィオ斧`v: /ォ从: : ト、:.\                あいつら……やりやがった。やってたんだよ、畜生…… >
: : : :f `  ´    '斧}、; :リ \: \
、: : :.ヽ :.    - _ 、  ;人´   \: \
ム_, =ニ`ー=- 、_ ,イ: : :\      、: :\    えぇ、そうね。ウィッチの身体を利用したんでしょ?
ニニ`マニ_ニニ二{::::::}ニ≧x: : :.\    ヽ : :\
ニニニニヽム::マニl::::::|二ニニ〉: : : :丶    、 : :\   アンタの身体に対抗するならこれしかないって踏んだのね。
ニニニニ,ニム::.、!, -、ニ>=〈_: : : : : : : `. . .、 ` . : : ヽ
二二二ニニニ>.:/  ∧::x'´ニ`ー‐<: : : : : .ヽ: : : : : .
、ニニニ/ニ>´::::\  /:.゛ハニニニニニニ〉 : : : : : l : : : : : .
  ̄ ̄V::::_>.:, -´、:.ヽ_::}ニニニニニ/、: : : : : : : : : : : : }
      .V.rヘY _   ヽ}.、!ニ、ニニニ{  >、.: :|: : : : :
      .}.-.、=、┘  〈. ._>´Vニニム   ` ' : : : : : i
  >.=.<.ノノ .\  ノ.l.l.`ー、Vニニニ≧x_ /: : : : : : ;
´ー<. . . . .`.> _/  V_`.´ . . >、ニニニニ≧x: : : : :′
ニニニ二>、_./      \._._>´{マニニニニニニ≧x







      yvvイイ从从イイソハvv
     ノ从从从从从从从入入九リ
    ノノ从从从从ツツツツツツ彡从从リi
   ノノノ从从ツツツツツ彡彡彡从从リリリi
  ノノノノl〈〈从从川シシ彡彡彡彡シシシ
 〈ミミミミl|l|//彡 '´   `彡彡シシシシソソソ         ふむ……この服装に国章は……オラーシャか?
  ミミ゙゙゙l巛"        =:::彡彡彡シシソ
  ミ  ヽミ       ∠    .彡/r.ヽソ        良くもまぁ、向こう側から運んできたものだ。
   l   `ソ     _/ ;;;;;;   〉/i : }|
   ヽ....__   、..,zィ て刀彡   !!) ソ/ノ          まぁ、エースクラスでないと無理だと判断したのは
   ゞfてハ.、   ゝ' ´       /oイト、           良かったと褒めてやりたいがな。
    ヽ‐ '´ l           y'´} t\、
     '、  |            l:::::| [i..iフ|
        \└‐´          /:: \ ..|
       |\ ←-..→    /::  : :::..\|
       | i/\`´    / ::  :::::::::::::.ゝ-- 、
       |/   ゝ-- イ::  :  ::::::::::::::.  |.    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ /
             / l   :   .:::::::::::::  |          /
              /  /|::  :  .::::::::::::   |         /
         /    / ! : :: :::::     /       /
6514 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/02/26(水) 03:51:31 ID:D8Nmvvdc0
         > . .== . .< /`ー テ
        .>. : : : : : : : : : : : : :./  ∠ _
     ./:_ : : : i : : : : : : : : : { /_  (
     ´ /: : : :リ:} , ―‐ォ: : : : 「 ヽ: : :`ー'
     ./ ;イ : : .'/ ,   `ヽ_: :‐_ヲ、_{ >、: |         そんな余裕こいてる場合?
     {:/|.:ト: `i:_i´_ - _>: : :/: :| ',: 、 \
    ' l.:ハ :l :|{ ! ,  > _: : : :! ハ: :\  ヽ       あっち、確実に愛仁のこと狙ってるし、体の仕組みも理解してるわよ。
     .′ 乂、|  ̄   {:/ハ ', : :{ _}: : : ;\/
       .{   `   ノL ′ノ ,: : : ´: : : ;イ         どーすんのよ、これから。大幅に予定が狂ったわよ。
.         ハ V ̄ヽ⌒__<.: : : : : : :./ {
          > ≦ニニ>=‐ハ : : : : :': : :
          .ヽ>≦ニニ_ニ_ニ_ニヽ: : : : : : : \
       .┌}ニ>´ニニニニニニニ\ : : : : : : \
          | |´ニニニニニニニニニニニニ\: : : : : : : ヽ








     yvvイイ从从イイイソハvvv
     ミミミアァアァミシ入从从九
    ミミミミツツツツツツ彡彡从从人
   ミミミツツツツツツ彡彡彡彡イイリリli
  ミミミツツツツツツ彡彡彡彡彡リリリli           慌てるな。少し計画を前倒しすれば良い事。
  ミミミツツツツツツ 彡, ィ彡V f^Yソソリi
 ミミミ'ソ''ソ'ツ ノ`Y彡 彳{{ソ  .l|Vリ 入           それに、零は愛仁の欠点を補う為でもあるのだ。
(((('ソ'ツツ ,∠,,,','.   `Yチ oノ li  l \,
 \ゝ''、  jk勺"     .ヽ ! \ li_ ノ li ``'"⌒ー──‐-    予定調和とも言える。相手の目論見も魂胆も分かった。
   `ソヽ,' "         |: ヘ.l == _li_  \.    r',ニ二
     l :_         ノ_\ソ      ⌒\、i   ノ/二ニヽ
     └ '7__,,ィコ     ' ⌒`        _,,_ }  //___
            `i,  ,/⌒ヽ,_        ̄/  .厶-──
          |/ ̄/    `l       /
      ,_-─--‐'´        |ー 、  -ー  |         /〃
       _二エニ=-         |    :     |      ./〃/
     /            |    :     |      /〃/
6521 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/02/26(水) 03:57:03 ID:D8Nmvvdc0
                      ___
                     /    `丶
         ,.. -‐---、....,.._/        \
        .,r=‐‐‐-、   / ./  f´ ̄ `)   と´ヽ     畜生……ふざけんなよ、絶対……
     ,/'~      ヽ.  { i    !   j     }! )
    ノ.|         '! .{ .| y='==_:、,ノ   / )_!    皆には、ッ死んでも、手出しさせねぇ……
   ./ ゝ       !ノ. 人ノ   `ヽ  /<ニ!,
   /   ヽ.      〈,>'<リ    〆f_.イ    s!
  ノ    ヽ、     `y'    O/テノ!    .q
  /.      ゝ   r-イ     /' / .}    |
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ゆらりと愛仁が起き上がった。生前のウィッチと同じクラスでは無いと言え
┃上位の固有魔法である電撃を喰らってでもなお生存しているのは、
┃身体の特殊さと、傍らにいる散の御かげでもあった。

┃散が居る限り、彼もまた生き延びる。と、起き上がったレイヴンは壁伝いに
┃何処かへ急ぐように歩き出した。
6528 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/02/26(水) 04:03:07 ID:D8Nmvvdc0
      yvvイイ从从イイソハvv
     ノ从从从从从从从入入九リ
    ノノ从从从从ツツツツツツ彡从从リi
   ノノノ从从ツツツツツ彡彡彡从从リリリi
  ノノノノl〈〈从从川シシ彡彡彡彡シシシ     こーら待て愛仁よ。そんな体で何処へ行くつもりだ。
 〈ミミミミl|l|//彡 '´   `彡彡シシシシソソソ
  ミミ゙゙゙l巛"        =:::彡彡彡シシソ
  ミ  ヽミ       ∠    .彡/r.ヽソ
   l   `ソ     _/ ;;;;;;   〉/i : }|
   ヽ....__   、..,zィ て刀彡   !!) ソ/ノ
   ゞfてハ.、   ゝ' ´       /oイト、
    ヽ‐ '´ l           y'´} t\、
     '、  |            l:::::| [i..iフ|
        \└‐´          /:: \ ..|
       |\ ←-..→    /::  : :::..\|
       | i/\`´    / ::  :::::::::::::.ゝ-- 、
       |/   ゝ-- イ::  :  ::::::::::::::.  |.    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ /
             / l   :   .:::::::::::::  |          /
              /  /|::  :  .::::::::::::   |         /
         /    / ! : :: :::::     /       /






                    ____
                  /      \
                 /          \
               /  -一'     ゙ー- \
              / / ,==、ヽ    /´,=、ヽ \         決まってるだろ……レヴィも、ディアーチェも
            / u ( (:::::::::i l    l i::::::::) ) \
            | .   ヽ_ `ー´ノ   ヽ`ー´_ノ   |      あんな化け物にさせるかよ。全部、みんな助けるんだよ……ッ。
            |  ''"⌒'(    . i    )'⌒"' u |
             \     ` ┬─'^ー┬'     /
              \     ヽ、::::::::::ノ   _/
               ∨、 {{`ヽ. ̄ ̄ ̄_. イ.ー' {_
              _,,-,∨、}}  {ト,;;;;;;;;;/ } ./ゞ〈::ヽ
          _,..-.:" ヾ、..:.:ゝ\。 | l.| |。〃、く.:.:.:}`::..、,,_
      _,..-.:"       ヽ.:.:.:}}`| .|.i | ´/ /.:.:リ   .  `i:ー.,
     ,´ー-、:         ':.:´ヽ .| l | //.:.:.:.:/     :i:::::::',
     l:::  `::、         i.:.:.:.:ヽ,|| |/.:.:.:.:.:.:/       .l:::::::::',
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃目が見えないし、意識は朦朧だし、息を吸うのも痛い。激痛が体でうねり、
┃今すぐにでも倒れて悶絶しそうだが……それ以上に、今のネウロイの
┃ように、濁った目をしながらウィッチが取り込まれる方が絶対に無理だ。

┃段々と修復し始めた身体を引きずりつつ、壁沿いで必死に急ぐ。
┃急げ、まだ間に合うかもしれない。
6529 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/26(水) 04:03:44 ID:nAQheECs0
6体いて後から一体来て散様が一体倒したから結局6体か
6530 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/26(水) 04:04:32 ID:928lmeK20
はてさて間に合うか
6531 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/02/26(水) 04:06:13 ID:D8Nmvvdc0
     yvvイイ从从イイイソハvvv
     ミミミアァアァミシ入从从九
    ミミミミツツツツツツ彡彡从从人
   ミミミツツツツツツ彡彡彡彡イイリリli       落着け、もう終りだ。指揮官機を先に倒せば子機も逃げる。
  ミミミツツツツツツ彡彡彡彡彡リリリli
  ミミミツツツツツツ 彡, ィ彡V f^Yソソリi        残りは既に街からこの先の母機へと撤退を始めておる。
 ミミミ'ソ''ソ'ツ ノ`Y彡 彳{{ソ  .l|Vリ 入
(((('ソ'ツツ ,∠,,,','.   `Yチ oノ li  l \,
 \ゝ''、  jk勺"     .ヽ ! \ li_ ノ li ``'"⌒ー──‐-
   `ソヽ,' "         |: ヘ.l == _li_  \.    r',ニ二
     l :_         ノ_\ソ      ⌒\、i   ノ/二ニヽ
     └ '7__,,ィコ     ' ⌒`        _,,_ }  //___
            `i,  ,/⌒ヽ,_        ̄/  .厶-──
          |/ ̄/    `l       /
      ,_-─--‐'´        |ー 、  -ー  |         /〃
       _二エニ=-         |    :     |      ./〃/
     /            |    :     |      /〃/






               _...-―ァ――- .、
              ,.'´: :´ ̄: : :`: : : : : : : ヽ、   __
         /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.><二フ /
         /: : : : : : : : : : : : : : : :rァ: : : : :/ ハ{‐-= /
       / : : : :l: :|: : : : : : : : : :l: :| 乙 : : :| ヽ \ /
       ,′: : : :|: :|: : : : : : : : : :|: :| Z: : : :|  ` ┘〉
        |: |l: : :.+‐- 、: : : ,: :-+ 「 Ζ: :∧   ∧\
        |: ||: : : =≠ミx : :.、: ::x=≠ミx }:. -、∧  ∧ \ ` ー 、      そ、一番手っ取り早い方法だったの。
       l: |〉、 : :{ Vりノ \|∨ Vり ノ |/ イ l: :.`〈| ∨ \_ \
      V, : l\ト、`        ´  ヌ ノ: : : :ヘ、 \     ̄     アンタが倒したウィッチ入りのそれがね。
       /: : :| .∧   `         r ´ : : : : : : :\  `ー、
        |: : : |/: _ ヽ-ァフアヽ´――‐ ′‐- .._ : : : : : :\- ┘
.      |: : :|く::::////:::::::::::\::::::::::::::::::::::::::/ : : : : : : : :.\
    _ -|: : : :|: : :〉=匚]□=- 、:::∧:::::::::::::::::::/: : : : : : :\: : : : ` ー 、
 _ - ´: : :| : : : ヽ/:::::::/ハ::::::::::::∧::::∧:: ̄::::ノ〉-― 、- 、: : \: : : : : : \
 : : : : : :-|: : ://:::::// |::::::::::::::∧:::::∧-_'´/:::::::::::::::|##|: : : : \ヽ: : : : :\
 _ - ア: : :∨:::::::::::://   |:::::::::::::::::∧:::::∧ヲ::::::::::::::::::|##|: : : : : : :\\: : : :
 /: : : : :/::::::::::::// | |:::::::::::::::::::∧:::::∧::::::::::::::::::::|##|、: : : : : : : :ヽ
 : : : : : :/::::::::::::::| |  | |:::::::::::::::::::::::|::::::::∧:::::::::::::::::|##|::|: : : : : : : :
 : : : : :/ :::::::::::::::| |  | |:::::::::::::::::::::::|:::::::::::∧::::::::::::::|##|:::|: : : : : :
 : : : :〈:::::::::::::::::::l   | |:::::::::::::::::::::::|::::::::::::::∧:::::::::::|##|::::|: : : :
      ∨:::::::::::::|   _/ | ::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::∧::::/#/::::/
       ∨:::::::/- '´└/:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::|/##〈-‐′
       \/    /::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::|##/
           /:::::::::::: -‐ ´ \::::::::::::::::::::::l/|
          ム-‐ ´         ヽ:::::::::::::::::::::/
                       \:::::::::::/
                         `ー '
6532 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/26(水) 04:06:38 ID:FksorleE0
なるほど
6533 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/26(水) 04:06:51 ID:928lmeK20
やったぜ。
でも素直に喜べネェな…
6534 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/26(水) 04:07:02 ID:VLbCpmuQ0
> 落着け、もう終りだ。指揮官機を先に倒せば子機も逃げる。
!?
6535 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/26(水) 04:07:09 ID:cOLjYs5M0
やっぱりそうなったか
一番犠牲のない√でよかったよかった
なお、レイヴンが犠牲になった模様(白目)
6536 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/26(水) 04:08:17 ID:nAQheECs0
終わりでよかったけどレイヴン傷つきすぎて今後が不安
6537 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/26(水) 04:08:18 ID:gVaULYUU0
一番強いとこと最初に当たったのか
6538 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/02/26(水) 04:08:39 ID:D8Nmvvdc0
そう、だからこれが一番早い√

ここを外せばシュテルから段々と居なくなってた。
6540 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/26(水) 04:09:29 ID:6MQzbT.c0
殺意が高すぎるw
6546 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/26(水) 04:10:17 ID:FksorleE0
シュテルからってのが怖すぎる……
6547 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/26(水) 04:10:36 ID:cOLjYs5M0
なにそれこわい(白目)

しかし、初期のヘタれだった頃に比べてかなり覚悟決まってきたよなレイヴン
何だかんだでレイヴン以外もこの人達助けてたけど今回のでちょっと納得出来たわ
ここまでレイヴンの覚悟を育てたのは紛れも無くこの部隊の人達だし…
6550 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/02/26(水) 04:11:39 ID:D8Nmvvdc0
別に……あれやで。マブラヴのアレみたいなのになっちゃうなんてそんなルートはなかったりあったり……
6553 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/26(水) 04:12:35 ID:cOLjYs5M0
それつまりあるってことじゃねぇかよ!
これ次の襲撃まで心休まらんでぇ…
6559 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/26(水) 04:14:15 ID:VLbCpmuQ0
あるのかよw
仲間のウィッチが現時点で全員生存しているのってホントに奇跡的な状況なのね…
6560 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/02/26(水) 04:14:53 ID:D8Nmvvdc0
             ,yvvイイイイソハvvr
              ,yソyツツツツツツツツツノィ
          トミミヾヾヾ'ソ'ツツツ彡彡メメ
          ミミミ`゙゙''khゝ''    彡イイ
          ミミ    `ソ   ∠__ヾ'y-ソ        にしても、奴ら……スオムスに送る戦力を全部こっちに送りこみおって
             `ミ>、___  r''fテシ´ {{ソ l|
           ミヘヘ'''叨 l         oノ         実質、我と愛仁で殆ど駆除する羽目になったではないか!
           ヾヽ   l__      l|..\、
           z‐| ヽ、 ー-‐'   / l| ヘl `ヽ___
    __,,-ー辷二/  l ヘ'シ>,、   ィ´ i. ヾソ    Yゝー、__
    }>ー-、 /   .ヾ/  , l`゙゙´   ヽ      \  `ォ、
    ∨   z´__       |ー 、  -ー }        ヾ、´ /
    ヽ    ヽ、__ゝ、   |        :l    __,y-''' ´ 〈
    ∧        >  .l       }  .r''´ー''´   ./ ヽ
.    ノ ヽ、  zー'''゙゙´    ',      ノ   ヽ、    /l  ヘ
    /  |レヽ  `ヽ     '、  .  /      ヽ、  /.l|   ヽ
  ./   | l´ ヽ   \    ヽ l /       _,,-ー少  ||    ヽ
  /   .| l   丶 __ヽ     ヽ|/    /__ノ   ll     ヽ






         > . .== . .< /`ー テ
        .>. : : : : : : : : : : : : :./  ∠ _
     ./:_ : : : i : : : : : : : : : { /_  (
     ´ /: : : :リ:} , ―‐ォ: : : : 「 ヽ: : :`ー'
     ./ ;イ : : .'/ ,   `ヽ_: :‐_ヲ、_{ >、: |       なによー。私の数はカウント外?
     {:/|.:ト: `i:_i´_ - _>: : :/: :| ',: 、 \
    ' l.:ハ :l :|{ ! ,  > _: : : :! ハ: :\  ヽ     これでも10近くは処理したわよ!
     .′ 乂、|  ̄   {:/ハ ', : :{ _}: : : ;\/
       .{   `   ノL ′ノ ,: : : ´: : : ;イ                                 お前は全部雑魚だろ? >
.         ハ V ̄ヽ⌒__<.: : : : : : :./ {
          > ≦ニニ>=‐ハ : : : : :': : :                           散が49、愛仁が2、高位体が2、エース1 >
          .ヽ>≦ニニ_ニ_ニ_ニヽ: : : : : : : \
       .┌}ニ>´ニニニニニニニ\ : : : : : : \
          | |´ニニニニニニニニニニニニ\: : : : : : : ヽ
6561 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/26(水) 04:15:40 ID:cOLjYs5M0
散様すげぇ!
てかスオムスは奇しくもこの部隊のお陰で難を逃れたのね…
6563 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/26(水) 04:15:47 ID:At4OYHdg0
散様TUEEEEEEEEE
6564 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/26(水) 04:16:09 ID:gVaULYUU0
49wwwww散様すげぇwwwww
6570 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/02/26(水) 04:19:39 ID:D8Nmvvdc0
      /                    \        /
 よ と /          _____        \ 知 何 /_
 し に  ̄/    _ノ火´ =ニ三て_,r─ _   /  ら  だ  /
. ! か  く    {Y r t_rxr rくくく< ̄二(⌒   \. ん  か く
    く   \   ミ、/`ー-    .: ̄辷 ⌒ー-  /  が    \
     f ̄ ̄   }|     __, -‐== 辷=‐-   ̄\     | ̄
/∨\/       }廴___  ´rくフづく  } ニ ‐-     \/∨\|
             ]rrゥ、|      :   辷‐-<_              そして私は愛仁と一心同体でしかも一生蓮卓の仲!
        +;. .  ]}ゝ´|     :   ,}rul||=-~
            |  ヽ`__, :  (( _ノ儿'⌒            数は合わせて総数54! おまけにウィッチ一匹!
              ハ  ´ ='´  :   ├} t\
             〈ヘ   . .. .: . ._ノム| [i.iフ|'⌒ー‐-         スオムスを突破させるはずの戦力を此処で壊滅させたのは
                 「\___,.     マ\. |  r',ニ二
                  |  /jノ|!.|     ト、.\| ノ/二ニヽ       我と愛仁よ! これはもうマンネルヘイム十字章を貰うしかない!
                  | i/-‐弋|     い}  //___
                /|/   /|    '´ /  .厶-──       後でスオムス軍に申請しておくか。
           丿     |: "'     /
     ,_-─--‐'´        |:       |          /〃
      _二エニ=-         |:       |       /〃/
    /            |:      |      /〃/






                  >_―. .―. . -. .、
              ,.'´: : : ´ ̄ :`: : : : : : :\   __
              /: : : : : : : : : : :.: : : : : : : : : :.><二フ /
            / : : : :l: :|: : : : : : : : : rァ : : : : / ハ {-= /
            ,′: : : :|: :|: : : : :.: : :l: :| 乙 : : :| ヽ \ /
             |: |!: : : :| |: : : : : : :|: :l Z: : : :!   ` ┘〉
             |: |l : : |ヽ..|: : : : : : :.; : :ヽ Ζ : :V    ハ \           なんでコイツ、中身が半分のくせしてなのに強いの?
            l: |〉、.⊥ミメ、: :.、: :.厶斗┤ }: -、V   ∧ \ ` ー 、
           V, : :ヾヘ リ \/V ヘ リ丿 |/ イ l: :`.〈 }  \ __\      ありえない、本当っ、どんな仕組みなんだが……
          /: : : {  ̄         ̄  .ヌ ノ: : : :{、\       `
            |: : : :.|    ヽ        r ´: : : 从`ー-ヽ
            |: : : :.|、             .′__: : : :V
            |: : : :.|,≧,ィ≦三ミ、ニ=≦ニニニ/ : : : : V
            |: : : :.|ニ/ニ/_/ニニ_ヽニニニニニ,: : : : : : : V
            .,| : : : ;_≦{__}ミ、ニニムニニ≦_: : : : : : :.V
           /:l : : /ニニニニ二_ヽニニムニニニニニ_x。 : : : V
          . :∧: :/ニニニ二二二二',ニニムニ/ /ニ_\: : : .
       /: :/ . Vニニニニニニニ二二',ニニニV /ニニニニニヽ: : : \
    ./ : : ∧ /ニニニニニニニニニ二_iニニニニ}/二ニニニニニニ}: : : : :.\
   . : : : : :/二Vニニニニニニニニニニニニ|ニニニニ!二二二ニニニニ| : : : : : : :\
  / : : : : /ニ_/ニニニニニニニニニニニニニ|ニニニニ!二二二ニニニニ|: : : : : : : : : :\
. : : : : : : :./ニニ〈ニニニニニニニニニニ二二|ニニニニ!\二二ニニニニ| : : : : : : : : : : : .ヽ
6572 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/26(水) 04:21:03 ID:cOLjYs5M0
半分…?一心同体とかいつも言ってるってことはもう半分はレイヴンかね?
というかもしかして覚悟さんを半分こだったりして…
6573 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/26(水) 04:21:04 ID:928lmeK20
ウィッチを匹扱いっすか…
しかしこんな戦力他に送り込まれないで良かったなうん
6574 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/26(水) 04:21:17 ID:At4OYHdg0
ウィッチ1匹ということは他の人型は中身一般兵か
6578 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/02/26(水) 04:24:52 ID:D8Nmvvdc0
             ,yvvイイイイソハvvr
              ,yソyツツツツツツツツツノィ
          トミミヾヾヾ'ソ'ツツツ彡彡メメ
          ミミミ`゙゙''khゝ''    彡イイ      ふん、馬鹿め! 覚悟亡き後、愛仁に零式を指導したのはこの散だぞ?
          ミミ    `ソ   ∠__ヾ'y-ソ
             `ミ>、___  r''fテシ´ {{ソ l|      愛仁を守ってきたのも散、当主にさせたのもこの散の尽力あってこそ!
           ミヘヘ'''叨 l         oノ
           ヾヽ   l__      l|..\、         ずーっと守ってきたのだ。おかげで愛仁が人類最強になってしまったが。
           z‐| ヽ、 ー-‐'   / l| ヘl `ヽ___
    __,,-ー辷二/  l ヘ'シ>,、   ィ´ i. ヾソ    Yゝー、__
    }>ー-、 /   .ヾ/  , l`゙゙´   ヽ      \  `ォ、
    ∨   z´__       |ー 、  -ー }        ヾ、´ /
    ヽ    ヽ、__ゝ、   |        :l    __,y-''' ´ 〈
    ∧        >  .l       }  .r''´ー''´   ./ ヽ
.    ノ ヽ、  zー'''゙゙´    ',      ノ   ヽ、    /l  ヘ
    /  |レヽ  `ヽ     '、  .  /      ヽ、  /.l|   ヽ
  ./   | l´ ヽ   \    ヽ l /       _,,-ー少  ||    ヽ
  /   .| l   丶 __ヽ     ヽ|/    /__ノ   ll     ヽ






  .f:::`:::::}> :,. :=: <
_ }::::::.:::|: : /. : : : : : : \
}:::::::ヽ::iノ;イ: : : : : : : : : : : .
_...>r:´/ |斗i:}.: : : : : : : : :!: 、
;:´: : |: :{ ィオ斧`v: /ォ从: : ト、:.\             あーはいはい。アンタが一番一番。
: : : :f `  ´    '斧}、; :リ \: \
、: : :.ヽ :.    - _ 、  ;人´   \: \           ったく……これだから鬼は怖いのよ。
ム_, =ニ`ー=- 、_ ,イ: : :\      、: :\
ニニ`マニ_ニニ二{::::::}ニ≧x: : :.\    ヽ : :\
ニニニニヽム::マニl::::::|二ニニ〉: : : :丶    、 : :\
ニニニニ,ニム::.、!, -、ニ>=〈_: : : : : : : `. . .、 ` . : : ヽ
二二二ニニニ>.:/  ∧::x'´ニ`ー‐<: : : : : .ヽ: : : : : .
、ニニニ/ニ>´::::\  /:.゛ハニニニニニニ〉 : : : : : l : : : : : .
  ̄ ̄V::::_>.:, -´、:.ヽ_::}ニニニニニ/、: : : : : : : : : : : : }
      .V.rヘY _   ヽ}.、!ニ、ニニニ{  >、.: :|: : : : :
      .}.-.、=、┘  〈. ._>´Vニニム   ` ' : : : : : i
  >.=.<.ノノ .\  ノ.l.l.`ー、Vニニニ≧x_ /: : : : : : ;
´ー<. . . . .`.> _/  V_`.´ . . >、ニニニニ≧x: : : : :′
ニニニ二>、_./      \._._>´{マニニニニニニ≧x
6579 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/26(水) 04:25:25 ID:cOLjYs5M0
おいwww
6580 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/26(水) 04:25:42 ID:VLbCpmuQ0
どんどん重要情報が出てくる件w
6581 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/26(水) 04:26:17 ID:V26AvPq.0
こいつら、放置していたほうがポロポロ情報こぼすんじゃねーかw?
6582 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/02/26(水) 04:27:36 ID:D8Nmvvdc0
      /                    \        /
 よ と /          _____        \ 知 何 /_
 し に  ̄/    _ノ火´ =ニ三て_,r─ _   /  ら  だ  /
. ! か  く    {Y r t_rxr rくくく< ̄二(⌒   \. ん  か く
    く   \   ミ、/`ー-    .: ̄辷 ⌒ー-  /  が    \
     f ̄ ̄   }|     __, -‐== 辷=‐-   ̄\     | ̄
/∨\/       }廴___  ´rくフづく  } ニ ‐-     \/∨\|      ふっ、愛ゆえに散は全てを捧げれるのだ。
             ]rrゥ、|      :   辷‐-<_
        +;. .  ]}ゝ´|     :   ,}rul||=-~             まったく……愛らしいな愛仁よ……
            |  ヽ`__, :  (( _ノ儿'⌒
              ハ  ´ ='´  :   ├} t\
             〈ヘ   . .. .: . ._ノム| [i.iフ|'⌒ー‐-
                 「\___,.     マ\. |  r',ニ二
                  |  /jノ|!.|     ト、.\| ノ/二ニヽ
                  | i/-‐弋|     い}  //___
                /|/   /|    '´ /  .厶-──
           丿     |: "'     /
     ,_-─--‐'´        |:       |          /〃
      _二エニ=-         |:       |       /〃/
    /            |:      |      /〃/







                   ___
                ,..-―..'::::::::::::::::::`ヽ、
                /::::::::::::::::::::::、:::::::::::::::::\
             /::::::::::::::: :::::::::::::\:::::::: :::::::ヘ
.            /:::: :::/:::::l::::::ヽ::::ヽ::ヽ:::::::[卩爿
           /:::: :::::||::::::|:::::::::|V::|、:::ヽ:ミ| |`.l\
            |::::::|: ::|ヽ::::|V :├廾ヘ: :|彡| | |__/     あの、ラブラブな視線を送るのは良いですけど……
             |::: ::|:::|l´ ヽl ∨:|示示ヽl/九 .| |:ヘ
             |:l:::::|:::|_示ト、. ∨弋;;シ  メ ! | |::::|      愛仁が死にかけてるのは大丈夫なのですか?
             |:!\l :ヘ弋ソ    .::::::::  ,イ| |__|: :∨
          ヽ ヽ:::ヘ ::::. '       / |:!__|ヽ:: :::∨
               ヽ:ヘ   O   ./ニ八:::::::::::\::∨
                |:: ::≧=-  イ三ニ|::::{::/:::::::::::::: |
              γ´  ̄ ア:人=-」-≦人::ヾ:::::::::::::::∧
.            _ ′   ./::/_/::::<  `ー ミ:::::レ'
          > ´ ..::-=ニ { ( }::::.<         ∨ハ
.        / ..::::::::::::::: < .ゝ=〈::ヽ     、 ノ    l:::::∨
     ./ ´::::::: <     /  ∧::::’,   ヽ    从:::::ヽ
     ′::/       .′   .∧ ::::∨.   ∨ .∧:::::::::::::\
     从:::/        .:     .ハ:::::::∨    ',__八 \::::::::::::
     乂         /|      .ハ::::::::∨   l  `ヽ 丶:::::::
.     _}丶 _   イ 八      }:::::::: ',  /    `ーァ
    ∧ ≧=- }三三三ヽ      l:::::::::::} .イ        /
6583 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/26(水) 04:27:41 ID:gVaULYUU0
情報出まくりwwwそして人類最強wwww
6584 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/26(水) 04:28:47 ID:928lmeK20
ウィザード
人類最強
6588 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/02/26(水) 04:31:00 ID:D8Nmvvdc0
               _...-―ァ――- .、
              ,.'´: :´ ̄: : :`: : : : : : : ヽ、   __
         /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.><二フ /
         /: : : : : : : : : : : : : : : :rァ: : : : :/ ハ{‐-= /
       / : : : :l: :|: : : : : : : : : :l: :| 乙 : : :| ヽ \ /
       ,′: : : :|: :|: : : : : : : : : :|: :| Z: : : :|  ` ┘〉
        |: |l: : :.+‐- 、: : : ,: :-+ 「 Ζ: :∧   ∧\
        |: ||: : : =≠ミx : :.、: ::x=≠ミx }:. -、∧  ∧ \ ` ー 、        まっ、大丈夫でしょ?
       l: |〉、 : :{ Vりノ \|∨ Vり ノ |/ イ l: :.`〈| ∨ \_ \
      V, : l\ト、`        ´  ヌ ノ: : : :ヘ、 \     ̄      心臓も無事みたいだし……さすがに魔力での攻撃は
       /: : :| .∧   `         r ´ : : : : : : :\  `ー、
        |: : : |/: _ ヽ-ァフアヽ´――‐ ′‐- .._ : : : : : :\- ┘       体が堪えたみたいだけど。時間さえ経てば治るわ。
.      |: : :|く::::////:::::::::::\::::::::::::::::::::::::::/ : : : : : : : :.\
    _ -|: : : :|: : :〉=匚]□=- 、:::∧:::::::::::::::::::/: : : : : : :\: : : : ` ー 、
 _ - ´: : :| : : : ヽ/:::::::/ハ::::::::::::∧::::∧:: ̄::::ノ〉-― 、- 、: : \: : : : : : \
 : : : : : :-|: : ://:::::// |::::::::::::::∧:::::∧-_'´/:::::::::::::::|##|: : : : \ヽ: : : : :\
 _ - ア: : :∨:::::::::::://   |:::::::::::::::::∧:::::∧ヲ::::::::::::::::::|##|: : : : : : :\\: : : :
 /: : : : :/::::::::::::// | |:::::::::::::::::::∧:::::∧::::::::::::::::::::|##|、: : : : : : : :ヽ
 : : : : : :/::::::::::::::| |  | |:::::::::::::::::::::::|::::::::∧:::::::::::::::::|##|::|: : : : : : : :
 : : : : :/ :::::::::::::::| |  | |:::::::::::::::::::::::|:::::::::::∧::::::::::::::|##|:::|: : : : : :
 : : : :〈:::::::::::::::::::l   | |:::::::::::::::::::::::|::::::::::::::∧:::::::::::|##|::::|: : : :
      ∨:::::::::::::|   _/ | ::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::∧::::/#/::::/
       ∨:::::::/- '´└/:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::|/##〈-‐′
       \/    /::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::|##/
           /:::::::::::: -‐ ´ \::::::::::::::::::::::l/|
          ム-‐ ´         ヽ:::::::::::::::::::::/
                       \:::::::::::/
                         `ー '







     yvvイイ从从イイイソハvvv
     ミミミアァアァミシ入从从九
    ミミミミツツツツツツ彡彡从从人
   ミミミツツツツツツ彡彡彡彡イイリリli
  ミミミツツツツツツ彡彡彡彡彡リリリli                  こういう時の為の肉かべ、おっと。分家なのだがな
  ミミミツツツツツツ 彡, ィ彡V f^Yソソリi
 ミミミ'ソ''ソ'ツ ノ`Y彡 彳{{ソ  .l|Vリ 入                   まぁよい。時期が来れば向こうからほいほい来るであろう。
(((('ソ'ツツ ,∠,,,','.   `Yチ oノ li  l \,
 \ゝ''、  jk勺"     .ヽ ! \ li_ ノ li ``'"⌒ー──‐-
   `ソヽ,' "         |: ヘ.l == _li_  \.    r',ニ二       その時にまとめて掻っ攫えばよい。
     l :_         ノ_\ソ      ⌒\、i   ノ/二ニヽ
     └ '7__,,ィコ     ' ⌒`        _,,_ }  //___
            `i,  ,/⌒ヽ,_        ̄/  .厶-──
          |/ ̄/    `l       /
      ,_-─--‐'´        |ー 、  -ー  |         /〃
       _二エニ=-         |    :     |      ./〃/
     /            |    :     |      /〃/
6589 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/26(水) 04:31:28 ID:928lmeK20
まあそういう認識だよなw
6592 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/26(水) 04:33:41 ID:gVaULYUU0
時間放置で治るのかw
6593 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/26(水) 04:33:50 ID:7P4iHz.gO
肉壁ってひどいなw
いやまあ本家と分家の認識なんてそんなものなのかもしれんけども
6598 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/02/26(水) 04:37:45 ID:D8Nmvvdc0
             ,yvvイイイイソハvvr
              ,yソyツツツツツツツツツノィ
          トミミヾヾヾ'ソ'ツツツ彡彡メメ
          ミミミ`゙゙''khゝ''    彡イイ     まぁ、分家の糞女は望んで寝返りそうだが……あー、あーっ
          ミミ    `ソ   ∠__ヾ'y-ソ
             `ミ>、___  r''fテシ´ {{ソ l|        『レイヴンです。なんとか敵の主力と思わしき一団を撃退しました』
           ミヘヘ'''叨 l         oノ
           ヾヽ   l__      l|..\、                     「本当かい?少尉が攫われたと……」
           z‐| ヽ、 ー-‐'   / l| ヘl `ヽ___
    __,,-ー辷二/  l ヘ'シ>,、   ィ´ i. ヾソ    Yゝー、__    『えぇ、無事に取戻し、敵の指揮官機と思われるヒト型も撃破』
    }>ー-、 /   .ヾ/  , l`゙゙´   ヽ      \  `ォ、
    ∨   z´__       |ー 、  -ー }        ヾ、´ /   『残りは……何処かへと撤退しました。とりあえず、市内は安全です』
    ヽ    ヽ、__ゝ、   |        :l    __,y-''' ´ 〈
    ∧        >  .l       }  .r''´ー''´   ./ ヽ               「分かった。レイヴンはどこに居るんだ?」
.    ノ ヽ、  zー'''゙゙´    ',      ノ   ヽ、    /l  ヘ
    /  |レヽ  `ヽ     '、  .  /      ヽ、  /.l|   ヽ
  ./   | l´ ヽ   \    ヽ l /       _,,-ー少  ||    ヽ
  /   .| l   丶 __ヽ     ヽ|/    /__ノ   ll     ヽ
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃あのスーパーメンヘラビッチはいずれ殺すが。そう心で呟きつつ、レイヴンの
┃インカムを拾うと声真似でレイヴンと成りすまし通信を開いた。

┃ふっ、このぐらいチョロイものよ。通信相手である新城を内心馬鹿にしながら
┃淡々と状況を伝えていく散。あえてネウロイ達の撤退方向を言わなかったのは
┃今後の為である。
6607 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/02/26(水) 04:44:43 ID:D8Nmvvdc0
     yvvイイ从从イイイソハvvv
     ミミミアァアァミシ入从从九
    ミミミミツツツツツツ彡彡从从人
   ミミミツツツツツツ彡彡彡彡イイリリli          『ぐぇーーっ! しまった、対戦車地雷を踏んでしまいました!』
  ミミミツツツツツツ彡彡彡彡彡リリリli
  ミミミツツツツツツ 彡, ィ彡V f^Yソソリi                                       「はっ?」
 ミミミ'ソ''ソ'ツ ノ`Y彡 彳{{ソ  .l|Vリ 入
(((('ソ'ツツ ,∠,,,','.   `Yチ oノ li  l \,             『あーもうダメです、これもうアウトですわ。足首を挫きました。』
 \ゝ''、  jk勺"     .ヽ ! \ li_ ノ li ``'"⌒ー──‐-
   `ソヽ,' "         |: ヘ.l == _li_  \.    r',ニ二                           「え?それだけ?」
     l :_         ノ_\ソ      ⌒\、i   ノ/二ニヽ
     └ '7__,,ィコ     ' ⌒`        _,,_ }  //___      『ついでに言えば意識ももう朦朧です。数秒後に斃れそうです』
            `i,  ,/⌒ヽ,_        ̄/  .厶-──
          |/ ̄/    `l       /
      ,_-─--‐'´        |ー 、  -ー  |         /〃
       _二エニ=-         |    :     |      ./〃/
     /            |    :     |      /〃/





      yvvイイ从从イイソハvv
     ノ从从从从从从从入入九リ
    ノノ从从从从ツツツツツツ彡从从リi
   ノノノ从从ツツツツツ彡彡彡从从リリリi
  ノノノノl〈〈从从川シシ彡彡彡彡シシシ        『いま市内の中央運河のB通りで少尉と寝転がってるんで迎えください』
 〈ミミミミl|l|//彡 '´   `彡彡シシシシソソソ
  ミミ゙゙゙l巛"        =:::彡彡彡シシソ        『あ、意識ないんで運べるようお願いします。あと、起きたら腹減るんで
  ミ  ヽミ       ∠    .彡/r.ヽソ             ご飯とか水とか、とにかく食料をたくさん用意しておいてください。』
   l   `ソ     _/ ;;;;;;   〉/i : }|
   ヽ....__   、..,zィ て刀彡   !!) ソ/ノ         『ついでにいえば少し目が覚めないかもです。具体的に半日ほど』
   ゞfてハ.、   ゝ' ´       /oイト、
    ヽ‐ '´ l           y'´} t\、                               「ちょ、レイヴン?」
     '、  |            l:::::| [i..iフ|
        \└‐´          /:: \ ..|        『あと、次から良く消えると思いますけど気にしないでくださいね。アデュー』
       |\ ←-..→    /::  : :::..\|
       | i/\`´    / ::  :::::::::::::.ゝ-- 、
       |/   ゝ-- イ::  :  ::::::::::::::.  |.    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ /    ……こんなところか。
             / l   :   .:::::::::::::  |          /
              /  /|::  :  .::::::::::::   |         /
         /    / ! : :: :::::     /       /
6609 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/26(水) 04:45:33 ID:VLbCpmuQ0
wwwwwwwwwwwwwwwww
6610 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/26(水) 04:45:30 ID:928lmeK20
なにやっとんじゃw
6611 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/26(水) 04:45:45 ID:gVaULYUU0
アデューwwww
6612 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/26(水) 04:45:44 ID:cOLjYs5M0
どういうことなのwwww
6623 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/02/26(水) 04:51:08 ID:D8Nmvvdc0
     yvvイイ从从イイイソハvvv
     ミミミアァアァミシ入从从九
    ミミミミツツツツツツ彡彡从从人
   ミミミツツツツツツ彡彡彡彡イイリリli
  ミミミツツツツツツ彡彡彡彡彡リリリli         全く、真摯な紳士である愛仁の真似も辛いな……ん?
  ミミミツツツツツツ 彡, ィ彡V f^Yソソリi
 ミミミ'ソ''ソ'ツ ノ`Y彡 彳{{ソ  .l|Vリ 入           ……そういえば、そこでボロ雑巾のように地面とキスして寝転がってる
(((('ソ'ツツ ,∠,,,','.   `Yチ oノ li  l \,
 \ゝ''、  jk勺"     .ヽ ! \ li_ ノ li ``'"⌒ー──‐-     ボロ雑巾のようなボロ雑巾ウィッチは何時ぞやの糞ウィッチか?
   `ソヽ,' "         |: ヘ.l == _li_  \.    r',ニ二
     l :_         ノ_\ソ      ⌒\、i   ノ/二ニヽ     なんだ、私に止めを刺せと愛仁からのささやかなプレゼントか?
     └ '7__,,ィコ     ' ⌒`        _,,_ }  //___
            `i,  ,/⌒ヽ,_        ̄/  .厶-──
          |/ ̄/    `l       /
      ,_-─--‐'´        |ー 、  -ー  |         /〃
       _二エニ=-         |    :     |      ./〃/
     /            |    :     |      /〃/






  .f:::`:::::}> :,. :=: <
_ }::::::.:::|: : /. : : : : : : \
}:::::::ヽ::iノ;イ: : : : : : : : : : : .
_...>r:´/ |斗i:}.: : : : : : : : :!: 、
;:´: : |: :{ ィオ斧`v: /ォ从: : ト、:.\
: : : :f `  ´    '斧}、; :リ \: \         んな訳ないでしょ。どんだけ嫌いなのよ。
、: : :.ヽ :.    - _ 、  ;人´   \: \
ム_, =ニ`ー=- 、_ ,イ: : :\      、: :\                          なんだろうな。生理的に受け付けん >
ニニ`マニ_ニニ二{::::::}ニ≧x: : :.\    ヽ : :\
ニニニニヽム::マニl::::::|二ニニ〉: : : :丶    、 : :\     じゃあなんで態々零で薬作ったのよ
ニニニニ,ニム::.、!, -、ニ>=〈_: : : : : : : `. . .、 ` . : : ヽ
二二二ニニニ>.:/  ∧::x'´ニ`ー‐<: : : : : .ヽ: : : : : .                      そうでもしないと愛仁に嫌われそうだったからな >
、ニニニ/ニ>´::::\  /:.゛ハニニニニニニ〉 : : : : : l : : : : : .
  ̄ ̄V::::_>.:, -´、:.ヽ_::}ニニニニニ/、: : : : : : : : : : : : }
      .V.rヘY _   ヽ}.、!ニ、ニニニ{  >、.: :|: : : : :
      .}.-.、=、┘  〈. ._>´Vニニム   ` ' : : : : : i
  >.=.<.ノノ .\  ノ.l.l.`ー、Vニニニ≧x_ /: : : : : : ;
´ー<. . . . .`.> _/  V_`.´ . . >、ニニニニ≧x: : : : :′
ニニニ二>、_./      \._._>´{マニニニニニニ≧x
6634 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/02/26(水) 04:55:17 ID:D8Nmvvdc0
             ,yvvイイイイソハvvr
              ,yソyツツツツツツツツツノィ
          トミミヾヾヾ'ソ'ツツツ彡彡メメ
          ミミミ`゙゙''khゝ''    彡イイ
          ミミ    `ソ   ∠__ヾ'y-ソ       にしても、隣で電撃ビリビリしておったのに目を覚まさんとは……
             `ミ>、___  r''fテシ´ {{ソ l|
           ミヘヘ'''叨 l         oノ         ……あぁ、成程。そう言う事か、理解したぞ。
           ヾヽ   l__      l|..\、
           z‐| ヽ、 ー-‐'   / l| ヘl `ヽ___           やはり、このウィッチだけは別格で恐ろしいな。
    __,,-ー辷二/  l ヘ'シ>,、   ィ´ i. ヾソ    Yゝー、__
    }>ー-、 /   .ヾ/  , l`゙゙´   ヽ      \  `ォ、
    ∨   z´__       |ー 、  -ー }        ヾ、´ /
    ヽ    ヽ、__ゝ、   |        :l    __,y-''' ´ 〈
    ∧        >  .l       }  .r''´ー''´   ./ ヽ
.    ノ ヽ、  zー'''゙゙´    ',      ノ   ヽ、    /l  ヘ
    /  |レヽ  `ヽ     '、  .  /      ヽ、  /.l|   ヽ
  ./   | l´ ヽ   \    ヽ l /       _,,-ー少  ||    ヽ
  /   .| l   丶 __ヽ     ヽ|/    /__ノ   ll     ヽ







                  /: : : : : : : : : : : : : : : : : :.\  ,. -― 、
             /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :X 、_ノ /
                /: : : : i : : : : : : : : : :i: :i-zx: : : : / { ヽ    {
             /: : : : :i.ト. : : : : : : : : :|: :|  彡: : :i  \\ .ノ
             ,.: : : : -:|:L', : : : : : : : :.}: :!  彡: :{.    ーヽ
              i :{: : : : :N iヽ: {: : : : ,:斗: ;   〉: :.ハ    /
              {: !',: :i : iィfミ、: ', : i: : :/.j/fミ、.}: :_:_:.\ /
           マ!ハ: ', :マ {沁\ト、/'" 泛ソ》 j/ ィ ',: :.Y        なに、どうしたの? もしかして治療失敗だった?
             V: :ヽト、{   、          b} }: : :',
           /: : :! ハ      _ ..ィ    / ー.イ: : : :ヽ
              ,: : : :{/: :_ヽ.ィ≦三ミ<===zz--: :..,,__: : : : :\
              i: : : :|: くニ/ニ///ニニ\ニニニニニ/: : : : : :.\               その真逆をマッハで突き抜けておる >
              |: : : :|:.:/.≦{__{__}ミ:.ニニ\ニニニニ/: : : : : : : : :.\
            /|: : : :{/ニニ/: :iニニヽニニニヽニニノニニ≧x: : : : : :\
         ./: : :!: : /ニニ,: : :.|ニニニ',ニニニ,//ニニニ:i::::i : : : : : : \
      /: : : : :.レ'ニニニ/: i: :.|ニニニニ',ニニニVニニニニ}::::|: :\: : : : : :
      : : : /: /ニニニ/: :.:|: : !ニニニニ.iニニニニ,ニニニニ|::::|: : : :\: : : :
      : /: : /ニニニ/: : :.:|: :.|ニニニニ|ニニニニ',ニニニニ|:::::!: : : : : \: :
      : : : : /ニニニニ,: : : : j: :.|ニニニニi!ニニニ:,ニニニニ!::::|: : : : : : : : :
      : : : 〈ニニニニi: : :i: : : : |ニニニニ|ニニニi:|ニニニニ:::::!: : : : : : : : :
      : : : : ヽニニニ{: : {: : : : |ニニニニ|ニニニニ|ニニニニ|::::|: : : : : : : : :
6643 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/02/26(水) 04:59:22 ID:D8Nmvvdc0
     yvvイイ从从イイイソハvvv
     ミミミアァアァミシ入从从九
    ミミミミツツツツツツ彡彡从从人
   ミミミツツツツツツ彡彡彡彡イイリリli
  ミミミツツツツツツ彡彡彡彡彡リリリli
  ミミミツツツツツツ 彡, ィ彡V f^Yソソリi               一度削った精神を元に戻すのは辛いが……ふむ。
 ミミミ'ソ''ソ'ツ ノ`Y彡 彳{{ソ  .l|Vリ 入
(((('ソ'ツツ ,∠,,,','.   `Yチ oノ li  l \,             こいつ、愛仁に背中を拭いてもらうという羨まけしからんことを
 \ゝ''、  jk勺"     .ヽ ! \ li_ ノ li ``'"⌒ー──‐-
   `ソヽ,' "         |: ヘ.l == _li_  \.    r',ニ二     しておるからな。どうするか。一回シバキ倒すべきか?
     l :_         ノ_\ソ      ⌒\、i   ノ/二ニヽ
     └ '7__,,ィコ     ' ⌒`        _,,_ }  //___
            `i,  ,/⌒ヽ,_        ̄/  .厶-──
          |/ ̄/    `l       /
      ,_-─--‐'´        |ー 、  -ー  |         /〃
       _二エニ=-         |    :     |      ./〃/
     /            |    :     |      /〃/






                     /: : : : : : : : : : : : : : : :\  /⌒ヽ
                    /: : : : :i : : : : : : : :.i : : : : : : V 二´ {
                   /: : : : : : :.|: : : : : : : : :}`~マ: : : :.{´、   ̄ ヽ
              /: : : : : : : :.|: : : : : : :.i: ;   彡: : :i   ̄ ̄ /
              ,:/i: : : ーi-- |!: :i : : : /j/ ̄ ` 彡 : :マ:. __ /           やめましょうよー。そ・れ・よ・り
               i.| |: :i: : :{,.ィf=ォ、: : :./ ,.ィzェ 、 }: : : :.',
                {:{ |: :|: : :《 泛ソ ヽ/ ''弋zソ 》レ⌒i: :',               個人的は回復したその精神が
              マハ:.:{ ヽ:{      ,       ム ノ : :
               ,: : ヾ乂_    ___     /- ': : : :.',               どんな風になってるか見てみたいわー
                i: : :{: : : ハ   マ __ン   ィ: : : : : : : :',         x≦ニ≧x
                  /|: : :i: : : : :.ヽ,.z≦i:::::::|ニニニ≧、: : : : : :\    /ニイzメニニヽ
             /: :|: : :|: : r≦ニニニ|:::::::|ニニニニ/: : : : : : : :\ __ /ニ/ニニ{ニニニ\
            /: : :.:.|: : :.',: : マニニニ:!:::::::!ニニニニハ: : : : :ヽ : : : : : :iニ ,ニニニ|ヽニニニヽ
           /: : : : : :.!: : : :',:_ノニニニ:|:::::::{ニニニ彡7=z..、: :\: : : :|ニ/ニニニ!: マニニニニ,
       ./: : : : : : /'. : : : :ヽニ\:::マ }::::::::}ニ/::::/ニニニ \: :ー :|/ニニニニ|: : マニニニニ,
       : : : : : : : : iニニヽ: : : :.\ニヽ:::ヾ:::::::j/::::/ニニニニニ.ム: : : :|ニニニニ|: : :.マニニニニ,
       : : : : : : : /jニニニ\: : : :マニ\/ ̄ ヽ/ニニニニニニニ{、 ̄i!ニニニニ|: : : :.マニニニ ',
       : : : : :./ニ}ニニニニヽ: : :.マ./ヽ   /.、ニニニニ ,ニニニ|ニ\}ニニニニi!: : : :.i!ニニニニ〉
       : : : :/ニニニニニiニニ.}: : : }:::::/ヽイ::::::\ニニニ{ニニニニニ,ニニニニニ|: : : : |ニニニ /
       : : : :ヽニニニニニi!ニ/!: : :/イニニニヽ::::::::≧z ニ}ニニニニニニ|ニニニニニ|: i : :.i!ニニニ/
       : : : : : }ニニニニ:|イ:::/:./ニニニニニニ\::::::::::::::iニニニニニ.jヽニニニニ|: |: : :|ニニ /
       : : : : :くニニニヽ..__彡イ>''"´ ̄ ̄`゛''<ニ≧z=:,ニニニニニニ|ニ\ニニニ!ノ乙r|ニ/
       : : : : : }ニニニニニ|ニ/            \ニニi`ヽニニニニ.!ニニ ≧z__{    j/
       : : : :/ニニニニニi!i/      i        マニi!  \ニニニニニニニ/
6647 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/02/26(水) 05:03:57 ID:D8Nmvvdc0
      yvvイイ从从イイソハvv
     ノ从从从从从从从入入九リ
    ノノ从从从从ツツツツツツ彡从从リi
   ノノノ从从ツツツツツ彡彡彡从从リリリi
  ノノノノl〈〈从从川シシ彡彡彡彡シシシ         今の削りに削りきって摩耗した精神力であれなのだろう?
 〈ミミミミl|l|//彡 '´   `彡彡シシシシソソソ
  ミミ゙゙゙l巛"        =:::彡彡彡シシソ        それが全て元通りまで回復して愛仁に向けられたら……
  ミ  ヽミ       ∠    .彡/r.ヽソ
   l   `ソ     _/ ;;;;;;   〉/i : }|
   ヽ....__   、..,zィ て刀彡   !!) ソ/ノ                    凄いへヴィだな。
   ゞfてハ.、   ゝ' ´       /oイト、
    ヽ‐ '´ l           y'´} t\、
     '、  |            l:::::| [i..iフ|
        \└‐´          /:: \ ..|
       |\ ←-..→    /::  : :::..\|
       | i/\`´    / ::  :::::::::::::.ゝ-- 、
       |/   ゝ-- イ::  :  ::::::::::::::.  |.    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ /
             / l   :   .:::::::::::::  |          /
              /  /|::  :  .::::::::::::   |         /
         /    / ! : :: :::::     /       /








                  /: : : : : : : : : : : : : : : : : :.\  ,. -― 、
             /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :X 、_ノ /
                /: : : : i : : : : : : : : : :i: :i-zx: : : : / { ヽ    {
             /: : : : :i.ト. : : : : : : : : :|: :|  彡: : :i  \\ .ノ
             ,.: : : : -:|:L', : : : : : : : :.}: :!  彡: :{.    ーヽ
              i :{: : : : :N iヽ: {: : : : ,:斗: ;   〉: :.ハ    /        重いわね。でもちょうどいいでしょ。
              {: !',: :i : iィfミ、: ', : i: : :/.j/fミ、.}: :_:_:.\ /
           マ!ハ: ', :マ {沁\ト、/'" 泛ソ》 j/ ィ ',: :.Y          愛仁の溜まってるもん、自分で吐き出させるよりはさ。
             V: :ヽト、{   、          b} }: : :',
           /: : :! ハ      _ ..ィ    / ー.イ: : : :ヽ          やっぱ女を抱いてこそ男よねー。
              ,: : : :{/: :_ヽ.ィ≦三ミ<===zz--: :..,,__: : : : :\
              i: : : :|: くニ/ニ///ニニ\ニニニニニ/: : : : : :.\
              |: : : :|:.:/.≦{__{__}ミ:.ニニ\ニニニニ/: : : : : : : : :.\
            /|: : : :{/ニニ/: :iニニヽニニニヽニニノニニ≧x: : : : : :\
         ./: : :!: : /ニニ,: : :.|ニニニ',ニニニ,//ニニニ:i::::i : : : : : : \
      /: : : : :.レ'ニニニ/: i: :.|ニニニニ',ニニニVニニニニ}::::|: :\: : : : : :
      : : : /: /ニニニ/: :.:|: : !ニニニニ.iニニニニ,ニニニニ|::::|: : : :\: : : :
      : /: : /ニニニ/: : :.:|: :.|ニニニニ|ニニニニ',ニニニニ|:::::!: : : : : \: :
      : : : : /ニニニニ,: : : : j: :.|ニニニニi!ニニニ:,ニニニニ!::::|: : : : : : : : :
      : : : 〈ニニニニi: : :i: : : : |ニニニニ|ニニニi:|ニニニニ:::::!: : : : : : : : :
      : : : : ヽニニニ{: : {: : : : |ニニニニ|ニニニニ|ニニニニ|::::|: : : : : : : : :
6648 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/26(水) 05:04:48 ID:cOLjYs5M0
散様お墨付きを頂きましたー!
アカン…!
6649 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/26(水) 05:05:04 ID:928lmeK20
(うわ)
6650 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/26(水) 05:05:35 ID:fSKTSsD.0
アフリ化
6656 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/02/26(水) 05:08:35 ID:D8Nmvvdc0
     yvvイイ从从イイイソハvvv
     ミミミアァアァミシ入从从九
    ミミミミツツツツツツ彡彡从从人
   ミミミツツツツツツ彡彡彡彡イイリリli
  ミミミツツツツツツ彡彡彡彡彡リリリli             ……糞っ、愛仁も覚悟の性格を全部引いていれば良かったのに
  ミミミツツツツツツ 彡, ィ彡V f^Yソソリi
 ミミミ'ソ''ソ'ツ ノ`Y彡 彳{{ソ  .l|Vリ 入              母親の血も性格も色濃く引いておるからな……ファック。
(((('ソ'ツツ ,∠,,,','.   `Yチ oノ li  l \,
 \ゝ''、  jk勺"     .ヽ ! \ li_ ノ li ``'"⌒ー──‐-
   `ソヽ,' "         |: ヘ.l == _li_  \.    r',ニ二
     l :_         ノ_\ソ      ⌒\、i   ノ/二ニヽ
     └ '7__,,ィコ     ' ⌒`        _,,_ }  //___
            `i,  ,/⌒ヽ,_        ̄/  .厶-──
          |/ ̄/    `l       /
      ,_-─--‐'´        |ー 、  -ー  |         /〃
       _二エニ=-         |    :     |      ./〃/
     /            |    :     |      /〃/






                  >_―. .―. . -. .、
              ,.'´: : : ´ ̄ :`: : : : : : :\   __
              /: : : : : : : : : : :.: : : : : : : : : :.><二フ /
            / : : : :l: :|: : : : : : : : : rァ : : : : / ハ {-= /
            ,′: : : :|: :|: : : : :.: : :l: :| 乙 : : :| ヽ \ /
             |: |!: : : :| |: : : : : : :|: :l Z: : : :!   ` ┘〉           仕方ないでしょ、あの子結構マザコンだったんだから。
             |: |l : : |ヽ..|: : : : : : :.; : :ヽ Ζ : :V    ハ \
            l: |〉、.⊥ミメ、: :.、: :.厶斗┤ }: -、V   ∧ \ ` ー 、      つーか、女ぐらい抱かせてあげなさいよ。性欲はため込むと
           V, : :ヾヘ リ \/V ヘ リ丿 |/ イ l: :`.〈 }  \ __\
          /: : : {  ̄         ̄  .ヌ ノ: : : :{、\       `      いろいろと毒なのよ。
            |: : : :.|    ヽ        r ´: : : 从`ー-ヽ
            |: : : :.|、             .′__: : : :V
            |: : : :.|,≧,ィ≦三ミ、ニ=≦ニニニ/ : : : : V
            |: : : :.|ニ/ニ/_/ニニ_ヽニニニニニ,: : : : : : : V
            .,| : : : ;_≦{__}ミ、ニニムニニ≦_: : : : : : :.V
           /:l : : /ニニニニ二_ヽニニムニニニニニ_x。 : : : V
          . :∧: :/ニニニ二二二二',ニニムニ/ /ニ_\: : : .
       /: :/ . Vニニニニニニニ二二',ニニニV /ニニニニニヽ: : : \
    ./ : : ∧ /ニニニニニニニニニ二_iニニニニ}/二ニニニニニニ}: : : : :.\
   . : : : : :/二Vニニニニニニニニニニニニ|ニニニニ!二二二ニニニニ| : : : : : : :\
  / : : : : /ニ_/ニニニニニニニニニニニニニ|ニニニニ!二二二ニニニニ|: : : : : : : : : :\
. : : : : : : :./ニニ〈ニニニニニニニニニニ二二|ニニニニ!\二二ニニニニ| : : : : : : : : : : : .ヽ
6661 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/02/26(水) 05:12:42 ID:D8Nmvvdc0
      /                    \        /
 よ と /          _____        \ 知 何 /_
 し に  ̄/    _ノ火´ =ニ三て_,r─ _   /  ら  だ  /
. ! か  く    {Y r t_rxr rくくく< ̄二(⌒   \. ん  か く
    く   \   ミ、/`ー-    .: ̄辷 ⌒ー-  /  が    \      えぇい! だか零さえあれば肉体的にも精神的にも
     f ̄ ̄   }|     __, -‐== 辷=‐-   ̄\     | ̄
/∨\/       }廴___  ´rくフづく  } ニ ‐-     \/∨\|       一番は私だ! ナンバーワン&オンリーワンなのだ!
             ]rrゥ、|      :   辷‐-<_
        +;. .  ]}ゝ´|     :   ,}rul||=-~              世界で散が一番よ!というわけで戻るぞメルトリリス!
            |  ヽ`__, :  (( _ノ儿'⌒
              ハ  ´ ='´  :   ├} t\
             〈ヘ   . .. .: . ._ノム| [i.iフ|'⌒ー‐-
                 「\___,.     マ\. |  r',ニ二
                  |  /jノ|!.|     ト、.\| ノ/二ニヽ
                  | i/-‐弋|     い}  //___
                /|/   /|    '´ /  .厶-──
           丿     |: "'     /
     ,_-─--‐'´        |:       |          /〃
      _二エニ=-         |:       |       /〃/
    /            |:      |      /〃/






                  /: : : : : : : : : : : : : : : : : :.\  ,. -― 、
             /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :X 、_ノ /
                /: : : : i : : : : : : : : : :i: :i-zx: : : : / { ヽ    {
             /: : : : :i.ト. : : : : : : : : :|: :|  彡: : :i  \\ .ノ     あーはいはい。零をどうやって納得させるかは
             ,.: : : : -:|:L', : : : : : : : :.}: :!  彡: :{.    ーヽ
              i :{: : : : :N iヽ: {: : : : ,:斗: ;   〉: :.ハ    /     散に任せるわ。私は記憶操作担当だし……ウェヒヒヒ
              {: !',: :i : iィfミ、: ', : i: : :/.j/fミ、.}: :_:_:.\ /
           マ!ハ: ', :マ {沁\ト、/'" 泛ソ》 j/ ィ ',: :.Y
             V: :ヽト、{   、          b} }: : :',
           /: : :! ハ      _ ..ィ    / ー.イ: : : :ヽ
              ,: : : :{/: :_ヽ.ィ≦三ミ<===zz--: :..,,__: : : : :\
              i: : : :|: くニ/ニ///ニニ\ニニニニニ/: : : : : :.\
              |: : : :|:.:/.≦{__{__}ミ:.ニニ\ニニニニ/: : : : : : : : :.\
            /|: : : :{/ニニ/: :iニニヽニニニヽニニノニニ≧x: : : : : :\
         ./: : :!: : /ニニ,: : :.|ニニニ',ニニニ,//ニニニ:i::::i : : : : : : \
      /: : : : :.レ'ニニニ/: i: :.|ニニニニ',ニニニVニニニニ}::::|: :\: : : : : :
      : : : /: /ニニニ/: :.:|: : !ニニニニ.iニニニニ,ニニニニ|::::|: : : :\: : : :
      : /: : /ニニニ/: : :.:|: :.|ニニニニ|ニニニニ',ニニニニ|:::::!: : : : : \: :
      : : : : /ニニニニ,: : : : j: :.|ニニニニi!ニニニ:,ニニニニ!::::|: : : : : : : : :
      : : : 〈ニニニニi: : :i: : : : |ニニニニ|ニニニi:|ニニニニ:::::!: : : : : : : : :
      : : : : ヽニニニ{: : {: : : : |ニニニニ|ニニニニ|ニニニニ|::::|: : : : : : : : :
6662 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/26(水) 05:13:35 ID:CiTgUGgY0
ウェヒヒヒ
6663 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/26(水) 05:13:39 ID:jKJnmIT.0
銀髪で八方美人な女性キャラって誰だろうね?
にしても、其処まで濃いのかw
6664 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/26(水) 05:13:51 ID:cOLjYs5M0
ウェヒヒ蜂
6665 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/26(水) 05:13:46 ID:928lmeK20
何をするダーっ!
6666 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/02/26(水) 05:18:55 ID:D8Nmvvdc0
                     ,. -―- ,,,__   iーイ/}              __,..-=ァ--..、
                    / : : : : : : `ヾ:,<|  / !              /::::::/::::::::::::ト::::..、
                      /: : : : : : : : i : : :V: :{ / /-―,         /::::::::::/:::::::::::::::::|  \\
                 ,イ: : :{ : : : : : :.} : i : }マ、 {_/   {          ,.:::::::::::/::::::::::::::::::::!  . \\
                /: :{: : :.i : : : : : :ハ从ル- マ: : ゝ-=ツ       /:::::::::::::;::::::::::::::::::::::|   :. .\\   そんじゃ、愛仁。
              / : : /i: :i ハト∧: :/ j泛メ }: : :}: : :`''<    /::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::!   ',
             /: : :.イ }从iイ迩メ '      γ~V: : : : : : `</::::::::::::::::::::/::::::::::i::::::::::::::|          またね♪
            ,..イ>'' ´     人i   '         jツノ: : : : : :>.:´::::::::::::::::::::::::,::::::::::::::|:::::::::::::|
        ,..イ:/      /: : ハ  -  ´_  ,.r.イ: : :,>::´:::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::j::::::::::::::! ',
      /: : :/      /: : : : : :.>rr''fチ:::::::::::::`:.</::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::;:::::::::::::::::::::::::::::::::|-- 、
     .,.: : : : :/    ,..<: : : :>.::´::::::!///{:::::::::_:>-/::::::::::'::::::::::::::::::::::::::::::イi:::::::::::::::::::::::::::::::::|    ヽ.._ノ
    /: : : : / ,,. <: : : : : : :ハ::::::::::::::::|///!::,ィ/::::,::::::::::::::::::::,,--<::::::::::彡: :.:|::::::::::::::;::::::::::::::::::!
__ ,: : : : :/.: ´ : : : : : : : :: : :メ_>≦/ ̄}///::::::::{::::::::::::::::::/::::ヽ  ` ̄`<: :.|::::::::::::::!::::::::::::::::::!
: : : :./ : : : /: : : : : : : :_:_:_:_:彡:::::::/:∨     !/::::::::::::';:::::::::::::/:::::::::::',     .ヽi::::i:::::::::|::::::::::::::::::|
: : : :, : : : :/: : : : : : : :{::::::::::::::::::::://ヽ  ///>、:::::::ヽ:::::ノ:::::::::::::ノ        {::::|:::::::::!::::::::::::::::::!
: : : :{: : : :.′ : : : : : :.ハ:::::::::::::::::::{//,/Y⌒ヽ,////\::::::::::::::::::>''´       乂|:::::::::|::::::::::::::::::|
: : : :.! : : :{: : : > ´  〈:::::::::::::::::::jイ/ ⌒\:::/\///´ ̄ ̄ ´            ヽ::::::|::::::::::::::::::i!
: : : : ; : : :|/    /::::::::::,へ/ .人   r ''    {/                   \!::::::::::::::::::|
: : : : :',.: : !     /:::::::::::::/  Y 〔     ア   八                       {::::::::::::::::::|
:_:_:_/ヽ: !_ ..彡:::::_ ,,..ィ≦V  / i  く    /\                      乂:::::::::::::{
::::::::::::::::::::\:::::::::::::\        _/  j:  ヽ-=≦   ≧=-                   ̄ ̄`
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::> _/       V   > ''´::`'':.<
::::::::::::::::::::::::::::>.::"´:::::::/     ,        `>.:´:::::::::::::::::::::::::`'':.<
::::::::::::::::::>.:´::::::::::::::::::::::ヽ_   ノ乂 / __ノ{::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`'':.<
::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::/  }} { | | } ′{{  ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\

┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃既に意識を失っていた愛仁へ可愛らしい言葉を投げかけ、後処理を
┃してから二人は消えた。
┃残されたのは、二つに折れた軍刀と、満身創痍なレイヴン。そして
┃彼に寄りかかるようにして寝息をたてるスタークス少尉。

┃遠くから誰かの探すような声が聞こえてくる。こうして、ストラスブールでの
┃多忙な一日が終わったのだった。
6667 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/26(水) 05:20:14 ID:928lmeK20
多忙(命懸け)
6668 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/26(水) 05:20:40 ID:FksorleE0
思ったよりは短かったがそれでも長かったな……
6669 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/26(水) 05:21:02 ID:cOLjYs5M0
多忙(死亡寸前)

というかこのレイヴンとシュテルを写真に収めたらもの凄い価値が付きそう…
6670 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/26(水) 05:21:41 ID:jKJnmIT.0
こんな背水の陣な状況を多忙の一言とかwww
ただの描写と分かっていても凄いと思うw
6671 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/02/26(水) 05:22:39 ID:D8Nmvvdc0
というわけで一日終わり……アー長かった。はよ寝て仕事の準備しよう。

こんな年からは一刻も早く逃げたいね。逃げた先にはとんでもないのが居るけど。

というわけで今日はここまで。早くもっと激しい戦闘になーれ♪
6672 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/26(水) 05:23:15 ID:cOLjYs5M0

七色さんがおにちくやでぇ…
6675 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/26(水) 05:24:14 ID:928lmeK20
乙ー、寝る!
我々知ってるよ、これがまだ序の口だってこと(しろめ)
関連記事
スポンサーサイト




コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://yarucha.blog.fc2.com/tb.php/9315-88f3658c