やる夫は欧州で試されるようです 第七話 その10

6743 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/02/26(水) 23:25:21 ID:D8Nmvvdc0
そんじゃ始めよう。けど短いかもしれないけどね。

人はどのぐらいいますか?
6744 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/02/26(水) 23:25:33 ID:D8Nmvvdc0
そのぐらいのやる気がないとね……この前まで東京五輪関係で完全に投下がストップしてたし。

そういえばさ、民謡の歌詞は載せて大丈夫なんだっけ?これもアウト?
6745 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/26(水) 23:26:16 ID:EQ/Pac3.0
ものによるけどアウトに近いかも・・・
6749 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/26(水) 23:27:57 ID:upvxytzo0
著作権切れてるくらい昔のなら大丈夫じゃないかな
ただ著作権切れててもいちゃもん付けてくる場合がある模様
6750 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/26(水) 23:28:03 ID:Q3TCdF9M0
>>6744
●スラックに載ってなきゃセーフじゃね?
6751 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/26(水) 23:28:14 ID:j5o0p2vM0
いける物もあるかもしれないけど著作権がどうなってるかわからないから
やめといたほうが無難では?
6752 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/26(水) 23:28:16 ID:L5Fa1.m20

民謡は大丈夫でしょ流石にそれの権利は持ってないと思うし
6753 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/26(水) 23:28:29 ID:FAgS1uHA0

大丈夫のはずだがksラックのこともあるし載せないほうが無難かも
6754 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/02/26(水) 23:28:46 ID:D8Nmvvdc0
そうか、じゃ勝手に歌詞を作ってしまおう。
6755 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/26(水) 23:29:38 ID:onETrFQw0
ヒューッ、七色オリジナルソングの時間だぜー!
6758 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/26(水) 23:33:02 ID:xyTNCMcQ0

作詞・作曲七色による純愛()ソング始まるよ~
6759 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/26(水) 23:34:13 ID:cOLjYs5M0
七色ポエム…ゴクリ

しかし目が覚めたら時間の空いてるウィッチ達やきらきーがしがみついてそうっすね…w
6762 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/02/26(水) 23:36:20 ID:D8Nmvvdc0
   :.:.:::.:::.:::.::.::(
      :::::.:::.::.::ヽ
        ::::::::::::::`'''‐‐--''''つ
          ::::::::::.:::.:::.::(´
            ::::::::::::::::ヽ、__-‐ 、
              ::::::::::::::::::::::::.:::.:::.ノ
                :::::::::::::::.::.::.:(   ,.-
                 ::::::::::::::::::.:` ̄: : :
                    :::::::::::::::::::::::::::::
:. .                    :::::::::::::::::::::      ジージジジージ
:::.. :::..                     :::::::::::::
::::.. :::::::..                      :::::
::::::.. :::::::::..
::::::::.. :::::::::::..
:::::::::::.. ::::::::::::..                     ~~~♪   ~~♪
::::::::::::::.. :::::::::::::..
   , ⌒ヽ:::::::::::::::..               ____
丶''′  / :::::::::::::::::..         __┌‐ー'´,--‐'"´
    (   :::::::::::::::::::....     r'´_,.-‐-、''ー、
     `‐' ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.. ,ィ'´''"´    レ'"´
       丿:::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::..
       ヽ___ノ´ ̄ ̄`ー、
                 ):::..
                /:::::.:.::..
               (_::::..:.:.:.::..
             :.:.:.:.:.:..:.. :.:.:.:.:.:.::..
               : : : : :::.. :::: : : : :..
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃熱い日差しの中、今日も変わらず元気な蝉の声が聞こえてくる。山の中
┃だというのに……蝉は何時も変わらず、殆ど毎日あんな求愛行動を続けて
┃られるものだと感心するほどだ。

┃扶桑の夏は暑い。赤道の国々の方が熱いが、四季のあるこの国では夏は
┃誰しもが熱いと思う。カラッとした気候は春を終え、新しい季節が来たことを
┃誰にでも隔たりなく平等に知らせるのだ。

┃扶桑の近畿地方でもそれは変わらないのだが、今日は不思議な事に誰かの
┃歌声も混じっては大合唱となっていた。
6763 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/26(水) 23:36:57 ID:upvxytzo0
そりゃ蝉すぐ死んでしまうからな……
6767 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/02/26(水) 23:42:56 ID:D8Nmvvdc0
作曲すると言ったな。あれは嘘だ。


          |//////////////////////////////
.           |////厶-‐┬…─‐-<///////////
            | //.L|  ト、─-  .l `゙'<//////
          イ /´|∧  | \\  |    l \ //
          |/l   \| _彡\|    |.  `l′
          | i|=='゙,           |    |、  l      ~~~♪
          | i|  ┌─-、    |    |}}  l
          |八   V´ ̄}    |    |'゛  l
          |  \  `¨¨´    . :|    |.   l
          |   `i .,,__,,. イ/|    l>-ミ l
          |    :|⌒У⌒7,/|    //////\
          |.   /:/ /   |´  |.   ////////∧
          |  /:/ /    .|ァ77|  ///////////\
          |. /:/ /     |///|. //////////////\
          |/l/ 厶     |///|/////////////////\
         //〈 〈_\______」///////∧゙////////////
.        〈////777´∧//∧/////////∧゙/////// //\
.        ∧//////∧////∧/////////∧'////,/ ////∧
       //∧////∧//////∧/////////∧'///////////〉
.      〈///∧//∧////////∧///////////'//////////
       ∨//∧∧//////////∧__,,.  </⌒\ /////
       |'//,|/|○/////////〇/|///////L./\/∧//
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃驚いたことに、季節は夏本番だというのにも関わらず……可愛らしげな
┃少女がまるで真冬のオラーシャ人のような分厚いコートと顔を覆う様な
┃へんてこ日陰帽子を被って元気に歌を歌っていた。少女とは思えぬとても
┃声量のある透き通った歌声は、そこらの歌手とは大違いだ。

┃と言っても……彼女が歌っているのはスオムスの民謡であり、扶桑のでは
┃無いのが残念だな。と失礼な事を考えつつ、愛仁は西瓜を咀嚼しながら
┃真夏の青空を仰いでいた。
6770 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/26(水) 23:44:27 ID:dcz2eJhc0
夢の中?思い出し中かな?
6771 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/26(水) 23:44:50 ID:llWz25mY0
母親が銀髪とかなんとか
6772 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/26(水) 23:45:04 ID:D1KQs7vM0
イリヤ?…一度アイリのAAが出てた…お兄ちゃん呼びを強要…実の妹?
6773 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/26(水) 23:46:01 ID:gVaULYUU0
イリヤ母親説か?w
6775 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/26(水) 23:47:10 ID:At4OYHdg0
???「ママアアアアアアアアアアアアァァァァ!!」
6778 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/26(水) 23:49:19 ID:jKJnmIT.0
>>6775
お帰りはアチラ(高層廃ビル)です……
6779 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/02/26(水) 23:49:45 ID:D8Nmvvdc0
              ,..-―-..,,
.             /      `ヽ
.           / ,   ー‐    ヽ      ……なぁ、兵頭。そろそろ歌はやめてさ
           |¨´     ,.--、    ',
   r 、      .|,.‐‐、            i     西瓜食べないか? そろそろぬるくなっちまうぞ?
   | |     |  (__,、_) u    ,'
   | |     ',   ヽ__|    ./
.  r'―r‐、   ヽ..,,__   ,.-'" ̄>、
. ノ \l l     r‐/ |  / ,.-'"´  \
 l   ヽj、ノ     / ヽ .| ./ /  _,,..-''/´ `ヽ
 |  ヽj_/ヽ_ r'"\  ',|//_,,.-''"   /
. `l/ ./ | .|    `"''‐''"       ,i/
  {\/   .| .|           \|





     ∨/////////厶斗‐  ´  i    ̄ ¨ ┬- Z///
.      ∨////厶才`"'ヘ    i  |   l      |   `Y:〉
        〈L才"   .′   \   |  |   l _i_ l |     {
        7/    /_ ..-‐ - `トゞ、l .才´ヽ \`ト    i
        .:    /  __   \ ヾ{ ,ィ禾ミx Y     |     あら、愛仁様。まだ歌い始めて5曲目よ?
         i|    L:ィ芹:::ミ丶      rぅ:::tv} 〉ァ=― |
.        | _,.イ/ rぅ{:::}:li       弋::::'::ソ 1         まだまだ全然、これっぽっちも終わってないんだから。
        | |   `ト 乂::::ソ         ¨´  |    .:
.      ||   .:|   ¨´     :{           |    i|
.        |   .:|ヽ         _,      .:|    |:.
      l  |    「ミx     ` ̄       /.:7    | i
       |  |   .:|: : : へ.         /: : i     |ハ
.     | イ     :|: : :.川L≧r:. . _  .. 1:_:_: : :.|      l :.
.      } 爪     :|: : ム´ 才ト、     -┴=ミ:vク     :. {
       /7    ├ ' レ´    >´     `Y .:     i
    / / .′   .:|   .′      ,    ∧′    ト、 ハ
.   /_厶ィ:.    .:  {         /     い     / .′トミx
  〃//小:.    /  人       /    〈/.:′   .′{///7ヘ、
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃そうはいっても、時間は既に30分近くは経っているのだ。幾ら体質のせいとは
┃いえ、身体をすっぽり覆うそんな格好では熱くて日射病、いや脱水症になら
┃ないのではと、愛仁は心配でたまらなかった。

┃とはいえ、兵頭に歌を聞いてやると言ったのは愛仁の方からだったので
┃断っては失礼に値する。こりゃまだまだ続くな……と思きや、兵頭は歌を
┃突然止め、とことこと縁側で腰を下ろしていた愛仁の隣へやってくる。
6785 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/02/26(水) 23:53:01 ID:D8Nmvvdc0
            ,.、、、、、、、、、..,
         ,. .::::´:::::::::::::::::::::::::::::`.:.、
        ,:'´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:..`丶、
       {:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.`ヽ、
       '.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}
       ',::::::::::::::::::,、、、、、;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::;′
        ゙、.:::::,.ィ´j  | TT メ、:i `゙ヽ、::::::::::;
        ゙、 イ⌒メ、 |´Vハ心ミー' リ : :゙: 、:::,′         愛仁様はさ、西瓜に塩を付けて食べるの好き?
          i::V芹j   ヒ.:ソノ!   i=、 リ
          |:ハ.りソ        |  i l  i
          | :.{  '_ _,    |  l l:.  l
          | i:ヘ          j  l l::i  l
          | |: : >    ,. イl!   l |::l  l
          | |: : i: /´`y'⌒Y´リ  l |´: :`ヽ
          | |: : l/  /   l /  ∧/: : : : : '.
          |/: : {  {   レ'l/ l/: : : : : : : : :.',
         /: : :.ノ  .    l: : : : : : : : : : : : : : i
         /: : :〈 : :{ __ _ 」: : : : : :::: : : : : : : : |
         /: : : : `7¨´: : : l: : : : : : :::::: : : : : : : : |
        〈: : : : :/:::: : : : :l: : : : : : ::::::::::::: : : :/ヽ
         ヽ.:.:.:|:::::: : : : :l: : : : : :.::::::::::::::::/: : : :|
         /\|:::::: : : : :l: : : : : : : :_,. イ: : : : : :.:|
        /: : /ニニ7ニニ7彡ヽ´ ̄: : ::::::}: : : : : : :|





       、 l
.     `     ,..-'" ̄ ̄
        /                  塩……いや、それだったら砂糖でも付けて食べるかな。
       /      u
.      l \   __                              えー砂糖なの?あれ固い味がして合わないよー。 >
.       | ‐-   _
     /ヽ_・_   、 。 ̄         って言われてもね。塩を付けるとしょっぱくならないかな?
.     {  /    ヽ`¨
     \ ゝ‐'ヽ-イ
    _/7´\`¨¨´    <
   〈  |  /≧  ≦/
   ∧   ∧::|   /
   /. \  ∧:|  /
6788 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/26(水) 23:55:40 ID:onETrFQw0
西瓜に砂糖・・・だと・・・
6789 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/02/26(水) 23:59:12 ID:D8Nmvvdc0
                       _____
                   _    -=ニニニニニニニ=-  _
                    /=ニニニニニニニニニニニニニヽ
                 /=ニニニニニニニニニニニニニニ7
                  マニニニニニニニニニニニニニニ7
                   ∨=ニニニニニニニニニニニニ二|
               ‘ニニ=ー    ̄ ̄ ̄ ̄¨7}/ ̄\:|
                }/´           .′|,ハ ‘
                  .′         ,|:  斗‐┤ }i } }
                    i           /:|  ,ィf斤 }/ ,ハノ    愛仁様は子供だなぁ~。
               |         /⌒i|   {{ b{ {/
                :  /   /  八  ′  | ゞ   、           兵頭よりも2つ年上なんだけどね…… >
                , /    '     ヽi   リ 、_ /
              /   /     /.」   |  ,
              /   /     / ̄¨|   |- ′
.           /   /. . : : : :∠ ⌒\ |:   i|
        /   / :. -=ニ二二\  |/  |i
        /   /:/=ニニニニニニ二\」  八
      /  . : : : /ニニニニニニニ二ヽ:ニ|: / ‘.
.     厶イ .: .: .:.:i{=ニニニニニニニニi二|/   i
       | :/: : .:八=ニニニニニニニニ|ニ└ミ__|
       |/.: :/:\ニニニニニニニニ|ニ/
      厶イニニニ ̄「 ̄ ̄ ̄ ̄`ト、ノ:/
        __/=ニニニ二|=ニニニニ二|ニ「´
     /=ニニニニニニ|=ニニニニ二|ニ|








               ,  - ──  、
               /         \
               /      ー- 、    ヽ
            /ノ          し   |       ……うーん、やっぱり変なのかな。俺って。
             |      (ー‐)      |
             |( ● )     〃    l
             |〃      ,      /
          , ヘ   (_ノ`ー'      /
           ,/   >-ヘ-ー―   <_
      ,.. '´   /ー:::'7.  |o   ,/::::/ ̄\
    r'"     ィ    /│  |   /:::::/  〃⌒ヽ、
    |    / |   / .|  |o /:::::/  /     \
    ゝ--<!  l  /::::::: ̄ ̄ ̄:::::/   l        ヽ
        ヽ__>-/::::::::::::::::::::::::::::::|   |         ノ
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃と言われても。少女は体質のせいで深い赤眼に色が抜けた銀髪。少年は
┃笑顔が良く映える様な顔付なのでお似合いと言えばお似合いだ。まるで
┃西洋の物語に出てくる主人公とお姫様ですね、と女中によく言われてからか
┃われたものだ。

┃兵頭ももう少し、元気が抜ければやりやすいのだが……愛仁はため息交じりに
┃そう言うと、口角を吊り上げる。
6790 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/27(木) 00:00:23 ID:yLkJgZFA0
これ嫁か?
6791 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/27(木) 00:00:40 ID:UYDIS5RQ0
いやしかし、塩振って甘くなるなら砂糖振ればもっと甘くなる道理
6792 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/27(木) 00:02:40 ID:2I6ktOkw0
分家と本家で歳も近い

許婚はありえる関係だな。
6793 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/02/27(木) 00:03:59 ID:nPw7SKKA0
            人'//////////////////////////////
.             Y厶////////////////////////////
            } ` ァ-=ニ _////////////////////ノ
           ,′ 〃      ̄ ¨  = ==r…  T¨{´
           |   .:                |    ` ',
           |   i                      i
            j  |                       |               ねぇ、愛仁様。
.             '   |              i      |
          i    j             |     |                      どうした兵頭? >
           |  /,′              |、     ,
            |  /イ!     i          い     i             ……わたし、やっぱり駄目だって言われちゃった。
            l .川j      |          トミ:     |
             i_厶斗ハ     |          |  \   |                      ……誰に? >
.        _ .x'≪77|  i     |          |   、   |
         ////////j       |          |       |            おじい様に。「お前じゃ霄は、兵頭の戦士として
       j///////〃  l     |          |       :.                     葉隠を守る事はできない」って……
        .′//////:i   l     |          |      ハ
     /////////|  :     |          |     /  }
.    //////////.:|   |    |          |       イ
.     /////////// |   |   |          {      八
   //厶 ///////|   |   |        丶      ヽ
   く:///////////|   |   |             \      }
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃しばらく無言が続くと、静寂を撃って破ったのは兵頭だった。

┃「ごめんね愛仁様。私じゃ、空挺尖兵は着装できない。愛仁様守れない」

┃そう申し訳ないような笑顔を浮かべ、必死に涙をこらえ笑顔を貼り付けている。
6796 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/02/27(木) 00:07:41 ID:nPw7SKKA0
             ,. .r-- 、,..、
          ./     ,   `ヾ、
          ./       .,'ミ/i   、.\
         /    ./  .,'  .l.i   i. ヘ
      ./   / ,,  /._ .li   l  ',
        ,'   ./   ./ ´__ `l.!  iリi   i      ……って言う訳で、ね?
      ,'  ., '   ゞ'" ̄ヽ ゙ヽ、リ、i ソ
      .,' /    /  :::::::   "ヽ.},ィ      お嫁さんは私じゃなくて、もっといい子を探してね愛仁様!
     ./,./   ,イ   , - 、   ::::/`l
    /,'/:   /;.;.ヽ、  ヽ  `ァ  ./ i
    /,' {.:   .,';.;.;/| `ヽ、  ̄ ., イ  .i
   ./,' ,r|::  {"゙i \  丿≦,__.!  l
  /,' .,' ',  .i! l  /ヽ<  i.| : :|  l、
  ,'.,' i : :.ヘ.  ハ', .//、 .}\〃: :i! .i!.i
  { i l : : : ヽ  .}ヽ' ./^\ `:,' / / : i
.  ',i .l : : : : :ヽ リ: /, i ',ヽ\! { .{ : : .!
  ヾi : : : : : :.}/',/ i i i.ヘ.', ヽⅤ{ : : |
   | : : : : : / :.ハ. .i. i l ヘヘ/゙ `ヽ :.i
   i : : : : : : : : ハ、i ._i |,.r=} } : : : : : !
   |: : : : : : : : : .iゞ《_i∠≠.: : : : : :i'
    |.: : : : : : : : : :i : :{| : :.i : : : : : : : :,'
.  r'ヘ.: : : : : : : : : :i : .{!.: :i.: : : : : : : :/
  i . ∧ : : : : : : : : } : i! : :i : : : : : : :.,'






              ,..-―-..,,
.             /      `ヽ
.           / ,   ー‐    ヽ       ……どうしてもダメなのか?
           |¨´     ,.--、    ',
   r 、      .|,.‐‐、            i                          うん、女なのは承知でお願いしたけど >
   | |     |  (__,、_)     ,'
   | |     ',   ヽ__|    ./                           やっぱり、私より弟の方が優秀だからってさ >
.  r'―r‐、   ヽ..,,__   ,.-'" ̄>、
. ノ \l l     r‐/ |  / ,.-'"´  \
 l   ヽj、ノ     / ヽ .| ./ /  _,,..-''/´ `ヽ
 |  ヽj_/ヽ_ r'"\  ',|//_,,.-''"   /
. `l/ ./ | .|    `"''‐''"       ,i/
  {\/   .| .|           \|
6802 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/02/27(木) 00:10:40 ID:nPw7SKKA0
                    _
.                > ´     ` 、
               /          ヽ
.              / .____    ----   ∨
.                l   _      ___   ',
               i  fi:::::}`   '、l::::リ,`   .!       そうか……やっぱり、人生って言うのは
.             ;   `ー/   ヾ ̄    リ
.              l     ゝ__ノ、__ノ    /        いつも俺の願う道とは真逆に進むんだなぁ……
               ゝ    └─‐┘   ィヘー‐ヘ
             ノi7>...、 ____, --≦彡::y:::::`ー
           r´::::ヘ::::i::::f_      _ノ/::::::::::::::::::
     _>-ヘつ j‐‐、:::::\:::{  ̄ ̄ ̄//:::::::::::::>´:::
      i   ̄ __}/:::::::::ー-、::ヽ! ̄  ./::::::>:≦:::::::/::
     l  ´ .ク、::::/:::::::::::: ̄l`!  f´≦´:::::::::::::::::::/:::::
.      _l   ´ ノ:::i:::::::::::::::::::ハ !  /:::::::::::::::::::::::::::/::::::::
     i::f     ト、::::!:::::::::::::::::::::i l ,':::::::::::::::::::::::::::/::::::::::
    r´i:::ゝ   f):j:::i::::::::::::::::::::::ヘ∨::::::::::::::::::::::::、:i:::ヾ、:::
    i::::ヽ:::`ー ´::i:::i::::::::::::::::::::::::::} !{::::::::::::::::::::::::::ヾ::::::::::
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃溜息をはいた。どうしていつもいつも……生まれてこの方、自分が願った
┃方向に運命が進んだことが無い。

┃隣で西瓜を食べる兵頭が不憫だった。女だから神武の超鋼を診に纏うのは
┃許されないなど、ある意味理不尽だったからだ。彼女だって望んでこんな
┃身体に、こんな体質を持って生まれた訳じゃないのだ。
6813 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/02/27(木) 00:14:18 ID:nPw7SKKA0
            人'//////////////////////////////
.             Y厶////////////////////////////
            } ` ァ-=ニ _////////////////////ノ
           ,′ 〃      ̄ ¨  = ==r…  T¨{´
           |   .:                |    ` ',
           |   i                      i        ……ねぇ、愛仁様。
            j  |                       |
.             '   |              i      |                  なぁに、兵頭? >
          i    j             |     |
           |  /,′              |、     ,      ……愛仁様が、零を着るんだよね?
            |  /イ!     i          い     i
            l .川j      |          トミ:     |      あれを着るのは、あなたの兄上様じゃないよね?
             i_厶斗ハ     |          |  \   |
.        _ .x'≪77|  i     |          |   、   |
         ////////j       |          |       |
       j///////〃  l     |          |       :.
        .′//////:i   l     |          |      ハ
     /////////|  :     |          |     /  }
.    //////////.:|   |    |          |       イ
.     /////////// |   |   |          {      八
   //厶 ///////|   |   |        丶      ヽ
   く:///////////|   |   |             \      }










               _____
             /           ヽ
           /               \
          / 、                \
           /   `ー-               ヽ            ……ごめん。
           |  、__               |
         ノ   └┘ /              |             俺じゃ、どう頑張っても零は着れないよ。
        (、      !_j              |
          {`ー-'                  /
          \  ,, -===ニニニニ====-、_/
            ソ´:::;;;;;;;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\
       ___〉:/       |i     \/_
      /| ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::       |`ヽ,
     /  .| ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::       |:::::::|
6819 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/27(木) 00:16:47 ID:cHsG3b6A0
兄とな
6821 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/02/27(木) 00:19:32 ID:nPw7SKKA0
               /        `丶、
               /   /        \
                /   rvイ          ハ
            / /  /`゙'/      \  '.
              /〃 /  l ,イ  i 、    '、 l|
          / / 斗-‐メ{ ハ  { ハ    } l|      嘘。愛仁様、誰よりも強いもん。真直ぐな心もある。
           ,′/  /   レ \ナナメ、  / }j
            // / `7ヾ=='    \ レ' | / 〃     強くて、優しくて。みんなは愛仁様を「出来損ない」とか
          f/ /  ハ        `ー=z, レ /′
         l {  Y:::\   _ ′    /` / !       「穢れた子」とか言うけど、それでも一番覚悟様に近い人よ。
         |ハ  {:)::(/:\   _,. 〃  /、|
         | ヘト ト|:::/:::_r=>::´::::/  ,人 },|
         レ/:::ヽ|:::: ̄{__ノ}:::::〃  /::ノハ|
         l',:l::::::::/´/ハ::: ̄/ /::イ::::::} }
             lj:::::7  7 l:::::/} /::::/:::::::::://
            /:、:::て /_|::::l::レ::::/::::::://
        ,イ:::::::\:{`:::::::::::::::::::::/::::/
       /{{|:::::::::::::j:::::::::::::::::::::::{:::イ
        /  ヾ、> ヘ::::::::::::::::::::::::Y




                   _,,..-―‐-..,,_
             ,,-''"       `ヽ、
           /              \
             /                   ヽ           ……一番強くて優しくて、当主に近いのは俺の兄だよ。
             ,'         l  l           ヽ
          l ____ノ  ヽ_____,  ',‐-、       その証拠に、今だって俺は怠けてるけど兄は鍛錬に打ち込んでるさ。
       ,-''"|      `′       `′   .〃 .lヽ .'.,
       | l'´.',  ≡≡/       ヽ≡≡彡 ,'  ヽヽ_       買いかぶり過ぎだよ、兵頭。
       / |  .'.,    (    .,、   )     /  ./  ヽ、
       / \  ヽ、   ` ̄ ´ `  ̄´   / /  _,,..-'
        {   `''-‐"ヽ-..,,__      __./ ̄ ̄´ .,,..イ ∨
      /.T ‐-..__    _.ヽ ̄ ̄ ̄/,..-――‐'" /  ∨
    r┘ ',.    ̄ ̄  〈 ̄\ ./イ´       / /  ∨
    | ヽ-、',       /      .ヽ      //   ∨
   ./  ヽヽ .',      ロ       `ロ ヽ、 /      .∨
   /   、__ ', _/                \|    L__ ∨
6825 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/27(木) 00:22:09 ID:mtRkaMh20
兄いたんだ…でも本家壊滅したからもういないか
6826 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/02/27(木) 00:22:42 ID:nPw7SKKA0
    V/三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三/
     V/三三三三三三ニ=-       |  / ̄ -==ニ三三三三/
     V/三三三ニ=-    ト、       | ハ  ハ   -==ニ三/
      V/三ニ=-     :|   ≧    | .| |  | .V  |  \:/
       Vニ=- ::|     /だ示心ヽ  .| .| | . .L---┼-   |
        | :::|    ―┤ {::::::し:::/   .| .| .ハ  |丁示ヽ    |    ……じゃあ、模擬試合でもちゃんと戦ってよ。
        | r.┤     ト 戈//ソ    乂  ,ハ |{:::しハ  〉.  !
        | | |::     |  --          弋//ノ   ̄ |    戦って、勝てるんでしょ? いつもいつも逃げ足
         ハ |:::    |           l       .ハ. |
        ;  :ヽ!:::     !                  ハ  .|    躱すだけで、攻撃しないのがダメなのよ。
       ;  ::::::|:::::    |       _  、       /::::  |
     . 7   ::::::!::::    ト               /:::::  |
       7    ::人:::   |  ヽ           イ:::: : : : :  |
      /     ::::ハ::::       >  ___   ...:::::i:::::: : : : :  |
      /      ::ハ::::   ヽ-- 、     彳::::::::::ハ:::::: : : :   |
      /    : : : ::::::ヽ::::   \ \⌒^^ヽ--- 、.|:::::: : : :  .|
    ./   : : : : : ::::::〉^ヽ:::: : :  \ ヽ   \   \:: : : :  |
   /   : : : :::::::::/   \: : : :  \ 〉    \    ,::: : :  |
  ./   -==ニ三三三ニ==-\: : : :  \     \  !: :  |







               _____     |/
             /           ヽ    ─
           /               \
          / 、                \
           /   `ー-               ヽ          勝てないよ。強いさ、兄は。
           |  、__               |
         ノ   └┘ /              |          俺じゃ逆立ちしたって無理だよ。
        (、      !_j              |
          {`ー-'                  /       ……それに、俺は兄を蹴落としてまで当主になる気も無い。
          \  ,, -===ニニニニ====-、_/
            ソ´:::;;;;;;;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\
       ___〉:/       |i     \/_
      /| ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::       |`ヽ,
     /  .| ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::       |:::::::|
6829 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/27(木) 00:25:20 ID:jXUYyPeY0
物凄く香るコンプレックスの香り…!
6830 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/27(木) 00:25:49 ID:ViTQp0xU0
実は勝てるけどお家騒動になりそうだから本気ださない って感じか
6832 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/02/27(木) 00:27:08 ID:nPw7SKKA0
.           彡爻爻爻爻爻爻爻爻爻爻爻爻爻爻爻爻爻爻彡
.           卞ミ爻爻爻爻爻爻爻爻爻爻爻爻爻爻爻爻爻彡
              |  `^7^゙'ミ爻爻爻爻爻爻爻爻爻爻爻爻爻彡
              |   .∧  .|  `゙゙iミ爻爻爻爻爻爻爻爻爻彡
              |  厶,_\ '     l\   │/.|`^^^^^|ニ^^^'.    む~っ、嘘うそウソ嘘付きっ! 愛仁はうそつきだよ!
              |  .' ̄`゙'ミメ、 \ │ _\_,.イ   |      |`l.   \
          |  {//,    \| r==\|==ミ     |ノ|.    \   そうやっていつも理由を言って逃げるんだもん!
          /| ::::.      ,     '///,|` ̄´  |ノ      \
        ///| ::::: :.   .r::ァ─-  .        |      |〉、___彡'⌒\}    だから動地のバカにも私の弟にも皆に馬鹿にされるんだ!
          l //| :::::::::|\ |/       \     .|      |///////////∧
          l'//l :.:.:.:.:.|│` '.       }   /|: .     |///////////∧   私のお父さんにも馬鹿にされて、他の奴等にも
          |//| :.:.: : :|∧: :/\____,ノ-. . '"\|: :     |////////////∧
.       ///| : : : :|/∧{: : : : :│: :___.: : : :|: :     |/////////////∧    分家の皆にそんなんだから苔にされるんだよ!
      ///│ :   : :|〈 ̄ ̄ 〉┐|: / ./\ \ :|: :   . : |///////////////∧
        |'///|    :|/   二〉│|└/\.    〉|: :   : : |//////〈|'////////∧
.      |'///l│  ./{  __〉i゙:│: {\   ∧|: : : : : : |/////∧|//////////|
.       |'///|│ /V∧  ,ノノ : |: /\   ///| : l: : : : |////∧/|//////////|







                 _____
                          `丶
            /               \
           /                  \
          /                         \
        /                         \       耳が痛いなぁ……でもさ、いいよ。事実だから
          /                              .
       /                             i      俺は弱いんだ。だから、兄が当主になって俺は
        i                             |
        |                              |      どこかに放り出した方が良いって言ってるのに。
        /                                 /
      {                                /
       、     ________________/__
       \  /二二二二二二二二二二二二二二二二ニ\
        \{二二二二二二二二二二二二二二二二二二ニ\
           /二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二{
         {二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二ニ!
6842 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/02/27(木) 00:31:05 ID:nPw7SKKA0
                     _,r''''''''''''''''''‐-.,,_
                 _,,r''''''"        : : `ヽ、
.                ,f"    ',          : : :`.、
               ,i'        ,,     , ':,  : : :i,
.               ,!   .,i  , /;';!   ', :. : , :, ', : :.i,
               i  .,'  i  i''`´''''i i  .i, :. :i, ::i,.i, : :i,
.              i  ,'  .i  .!   ! i,  ii;::. : i'i :::i, i : :.!
              i .,'  i  .i    i, i,  !i;:. : !.i, ::i i: : :i
              ! .,'   !  .!''―-...i,,i_`、 i i;:::;!_,,i-iV: : :i
.              i ,'   i  _i,,r‐┬-、 ` ヾ .ゞ,┬Vi: : : :.i       ……そんなに、お母さんのが大事なの?
.              !; .: .:::!‐'''ヽi :::: ,!,, `   イ::;! /'i''ー : :!
              i' .:: .: ::i :: .: i.  ̄        ̄  i!: : : :.i      私の気持ちも、牙無き民よりも、葉隠の使命よりもさ。
.             /.::: .: .::,!i :: :: !       _ `   /:! : : : :i
.           /:::  .::::/''i ::.:: i.、     ´  /::::::!: : : : i      平穏な世界よりもずっと、お母さんのが大事?
       ,r‐,,,,∠,_   .::::;/:.:.:.i ::::: ! `ヽ、 ___,./::::::::::::!: : :i i
      /:.:.:.:.:'i;'´r.、7''i''ヾ:.:.:.:.:.i :: .!_  /:.:.:i:.`ー-.、 ::::: :::!: : :i i
.     /:.:.:.:.:.:.:.i,:.:`´.`´:.:.:`、:.:.:.i :.!.i:.`.、, ト、:.:.i.:o:.o:i:.i:::::: :::! : :.i.i
.     /:.:.:.:.:.:.:.:.:.i,:.:.:.:;;;;;:.:.:.:.:`、:.:!  :!.i/ ̄:`、:i.:.i.:.:/.:.i;:::: :::i  : :i.i
    /:.:.:.:.:.:.:.:.:;;;:.!:.:.:.:;;;;;.:.:.:.:.:.:`、! i,.ト、 _,,,,,,,i`':.:,レ:.:.:.:i:i:: ::::!  i ii,!
    /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:;;.:i.;;;;;.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.! ト':./ i, ::.`、:.:!:.:.:.:./:i:: :::;! .i i
   ,!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;;.:i;;;;:':.:.:.:.:.:.:.:.;;;;;,:.:.:! !:i  !; ;: .i,:.!:.:.:/::::i:: i:i'i ,!/
.   i:.:.:.:.:.:.;':.:.:.;;;;/'':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:;;;;;;;,:.:ヽ,!i  ! ; ;:. 'i,i/i: :::!: .!i.レ'´
   i:.:.:.:.:.:,':.:.:.:.:i´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;;;;;;;.:.;;,:.:i  ! .; ;:. 'i::::i :::ii: !i
  ,!:.:.:.:.:,':.:.:.:.:..!;;;;.'':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;;;;;;;;;;;;.:.i   i ; .;::. Vi::::/!: ,i´
  !:.:.:.:,:':.:.:.:.:./;;'':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:;;;;;;;;;;;;,:i  .i ;  ;:::. 'i:/ レ'
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ぱっとしない表情のまま、ついに真実を言われてしまった。彼女と相手すると
┃最後はだいたいこんな流れになる。

┃愛仁は少し黙って、でも笑顔を浮かべると兵頭の目を見てはっきりと言い切った

6844 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/27(木) 00:31:29 ID:qw0KPJhk0
おーw
6850 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/02/27(木) 00:34:32 ID:nPw7SKKA0
                     -  ̄ ̄` - 、
                 /ー、         ヽ
                , -、     ヽ、_     ハ
                 ノ!o }  !、_         ',    あぁ、そうだよ。民の安寧なんて知らない。正義なんて忘れた。
              / >    o`ー--      }
              { /    ヽー- _  _   !   顔も知らない奴らの明日なんて俺が守る義務も無い。勝手に死ねばいい。
              ヽ`ー〈   }     イ´  ヽ j
               >、  ー'    (  , イ⌒ヽ' |    ……俺はただ、母さんをこの地獄から連れ出したいだけなんだよ。
               <  7ヽー-ァー-ヾ/    .ハi
      r='ヘ      /ヽ!:::{ <´    ハo     i    こんな、鉄の監獄からさ。俺は母さんと静かにのんびり暮らしたいんだ。
      ∨l∧     ノ  / 7::`->  /    j     /
       ∨l∧  _/ j / /:;':::〈-イ     〈    ..|
       ,イ )ヘ}-' / j /:::;:r´        !   ...|
       ! ⌒)ヘ  ノ /:::::;/        }   ..|
       ヽ ´ノヘ/  /::::::/       ヾ /    |






        ミ三三三三二二二二二二二二二二二二二二二二二二二チ
          ミ三三三三二二二二二二二二二二二二二二二二二二彡
           ミ三三三三二㌢"i、´ ̄      |:.. /|`゛'jー≪二二二二彡
            ミ三三㌢"´    ! `丶.、    |:. ′:  | v ` ≪二彡
          ミ三ア :j: .    |,.ィf芹芋芯ミ |:. ;  ’: |  V __,,... |ヾチ
          ミ/  :|: . __/ /:::::liliノ::|ヘ. Ⅵ  ‘;.. |斗斧ミ!、. | |
             |   .:|: .     ヽ ー 、''’:::′  リ   Ⅵ'/::lilⅥ㍉:| |
             | /`|: .    | 弋'__,ノ        リ ヽ:''’リ l!、__!_
             ′| |: .    |   ー‐         弋__ノ / ’ .|
           ,  ヽ !: .     |            ,   `ー  / │
             ′ : .!: .     |                    .′ |
           ,   : .|: .    |        -‐ -      /.:.. │
             ′   :,: .     |ヽ               イ: .  │
            ,     :,: .     , `  .,         <: . : .  !
           ,:   . : .'. : ..  ′_   `  .. __ ィ ´: . i : . :.  |
           /  . : / '. : .   :、 > 、,..--- 、_|> 、:..i: . : .  |
        ′ . : /.: .入. : .  \  `ヽ   \   ヽ: . : .   !
          /  . : . : . / \. : .  \      ‘.   ‘. : : .  |
        ′ : . :  /> 、 \. : .  \       ‘.   ‘. . : . |
       / : . ,,r≦三三三≧ュ.、\. : .  \     ‘.   ‘..: . : !
6852 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/27(木) 00:35:27 ID:cHsG3b6A0
マザコンですわw
6856 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/27(木) 00:36:47 ID:jXUYyPeY0
ま ざ こ ん
6857 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/27(木) 00:37:57 ID:KdzT4nvQ0
生粋のマザコンすわぁw
6860 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/02/27(木) 00:39:11 ID:nPw7SKKA0
         ∨ /////////////////////////////
        ∨////////////////////////////
        ∨////≫ ´ |/`\│∧\.//////
           V/ !   _|ィ示ミ゙ト′: l、\///
          |  __|    | Vリ   Ⅵ_,. l Υ
           ′{ |    |       リ、リ |      ……それ、本気なの?
          ,   ヽ|    |       、¨ヽ |
          /  :..:|    |     _   l: :|
          /  r=j|    |    ´‐′/:i: |
.        /_,. r’、j| i  i |‐ 、_ .. イ_i: :.i: |
      ////∧ `| i  i |   }¨ヽ .}.i: :.i: |
      ′/////:ヽ.| i  i |   |   ∨リ: !、 l、
     ////////// ∨乂ハノ      ∨乂} リハ
      |////////`ヾ////∧r‐ 、     }//`ヽハ
    ////////////ヽ/  |//l|><\  ⌒ヾ/}
     |.////// ̄//_,,.ィ_j//l|//////`ー―゛∧
    }///////////∧ノ//l|//////////`ヾ/}
     j/////>´///////∧j//」////////////}'”
     ヾ三三ヘ////////////><l//////////
      `¨ヾ∧ー――… ¨¨´////`¨ …― '’
         \-‐……/〉///////¨¨//}‐-〉
         ////////| 〇/////// 〇!//\








         ___
     ,  ´         \
    /              ヽ
   ./   -- ..,_       _‘.
  ,'         _    __´_ ‘.          本気さ。だってさ、可笑しいだろ?
  ,    t''tzj´       ̄ ̄  ‘.
  {    "'`¨¨´           、、 }       嫌がる魔女を遥々海の向こうから連れてきて、望まぬまま鎖に付けてよぉ。
  ヽ       ゝ-‐ ー- '     '
   \              、 <_       そんで束縛されたまま延々と、んで結局はダメでした。使えませんねってさ。
    >,7/1  _ ,r' `'rv////
   〈/////」   V / l///\       ……正義って面白いよな。俺にはこれが零で打倒すべき鬼だと思うよ。
   __//////ン 〈,r'    _〉Y// ト、
  {//\`¨7 o⌒f \,r'´ 、ゝ///|.:.ヽ
  j,////`7'__`] !_  ! Y´ ` \,r':、<
  |,//////∨ ヽ_ヽ.{ {ヽト j′∨ ヽ __
  |//////У   ヽヽ} } ヽ ィ、 ,ヘ | `fヽ ヽ
  |,∧_/z</〉  _ lT = ‐'ー ´  | | l }
  j_/_/> ´゙´  | l 二      | | / ,r'
    ̄ヽ      ヽヽ.二   . ^└ `´
      \ __ 、 }.} >´
6864 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/27(木) 00:40:43 ID:WZb0PLAA0
うわぁ……組織が既に腐ってやがる……
6865 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/27(木) 00:40:51 ID:Z3nbM2PA0
小を切り捨てる奴に正義を語る資格なんぞないわ
6866 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/27(木) 00:40:51 ID:qw0KPJhk0
えー……ないわー
あれか覚悟さん死亡後にご落胤発見されちゃったか?
6876 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/02/27(木) 00:43:46 ID:nPw7SKKA0
            人'//////////////////////////////
.             Y厶////////////////////////////
            } ` ァ-=ニ _////////////////////ノ
           ,′ 〃      ̄ ¨  = ==r…  T¨{´
           |   .:                |    ` ',
           |   i                      i
            j  |                       |     …………ごめん。
.             '   |              i      |
          i    j             |     |
           |  /,′              |、     ,
            |  /イ!     i          い     i
            l .川j      |          トミ:     |
             i_厶斗ハ     |          |  \   |
.        _ .x'≪77|  i     |          |   、   |
         ////////j       |          |       |
       j///////〃  l     |          |       :.
        .′//////:i   l     |          |      ハ
     /////////|  :     |          |     /  }
.    //////////.:|   |    |          |       イ
.     /////////// |   |   |          {      八
   //厶 ///////|   |   |        丶      ヽ
   く:///////////|   |   |             \      }






                 / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \
                /             \
              /                \     いいさ、気にするなよ兵頭。
            /                    \
           /                       \    お前も早めに兄の派閥に加わった方が良いぞ。
              l                         l
              |                          |     態々試合で俺なんかを応援しなくていい。そしたら分家の皆で
              l                         l
           \                        /       わいわい歌えるし、楽しく鍛錬に打ち込めるさ。
            \                  /
             ,ィl\              ;  ィ             兄なら零式防衛術も実践してくれるだろうし。
         ,....:::::'´:::;:::;  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄:::::::::;::`':::::....,
       /::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
      /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
6888 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/02/27(木) 00:48:24 ID:nPw7SKKA0
         ∨ /////////////////////////////
        ∨////////////////////////////
        ∨////≫ ´ |/`\│∧\.//////
           V/ !   _|ィ示ミ゙ト′: l、\///
          |  __|    | Vリ   Ⅵ_,. l Υ
           ′{ |    |       リ、リ |
          ,   ヽ|    |       、¨ヽ |     嫌よ。それよりも愛仁様が兄上様を片手で捻ってくれれば
          /  :..:|    |     _   l: :|
          /  r=j|    |    ´‐′/:i: |    愛仁様も信用を取り戻して、私もわいわい出来るわ。
.        /_,. r’、j| i  i |‐ 、_ .. イ_i: :.i: |
      ////∧ `| i  i |   }¨ヽ .}.i: :.i: |
      ′/////:ヽ.| i  i |   |   ∨リ: !、 l、
     ////////// ∨乂ハノ      ∨乂} リハ
      |////////`ヾ////∧r‐ 、     }//`ヽハ
    ////////////ヽ/  |//l|><\  ⌒ヾ/}
     |.////// ̄//_,,.ィ_j//l|//////`ー―゛∧
    }///////////∧ノ//l|//////////`ヾ/}
     j/////>´///////∧j//」////////////}'”
     ヾ三三ヘ////////////><l//////////
      `¨ヾ∧ー――… ¨¨´////`¨ …― '’
         \-‐……/〉///////¨¨//}‐-〉
         ////////| 〇/////// 〇!//\






                 ,  ´ ̄ ̄ ̄ ̄ `  、
        , ‐、_,-、.     /              \
      r.イ .    ト.、.,.:′                ヽ
      ヽ     / / 、    ,    、       ',     積極も因果も、兄のが上なんだよ。
       }    ノ ,′  ̄ ̄ ̄       ` ̄ ̄ ̄  .i
        .,′   ,′ .l 弋● ̄ ノ     弋● ̄ フ   |    俺じゃ、この拳は届かない。覚悟も無い。勝てる通りが無い
      /    .;'  :|.  ヽ― '       ヽー―′  .!
       ,'     i   .l       ,       ,      .,′   ……なんで俺なんかに期待したのか、あのジジイ共の気がしれないよ。
      .i      | _..,∧     ゝ-r‐^ー‐r‐'    __./ 〉
     ,イ    .}ト,Y.:.:.:丶      └―‐┘    /.:::/ ̄ `ヽ   やりたきゃ分家と葉隠でやればよかったんだ。海外の血なんて
    ./|   .:  ||::}:l::::::::::::::}≧.  _____ /.:::/ {       ',
   〈    l::  〉l|:|:::::::::::.\::::.\       /.:::/_.:::∧_    ,!    いれないでさ……
    }、    ノ: /::リj'::::::::::::::::..\::::.ヽ.__.;:〉-イ´ / イ:..     イ=ヘ
   リ∧   .イ/:/.::::::::::;::::::::::::::r>ミ三三'/\ \/ヽ.` ー=彡ヘ_〉
   |}l八_,.イノ.::,.:.;.:.:_;/.::::::r=彡'::::::}互{'./.  \/  〈_ミ三ニ彡ヘ_〉
6893 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/27(木) 00:51:01 ID:WUqDub3U0
やっぱハーフか
6894 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/27(木) 00:51:30 ID:9f7k1TJQ0
大義でええやん
6897 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/02/27(木) 00:52:33 ID:nPw7SKKA0

            /:/ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
         /: :/ : : : : : : : : : : :│: : : : : : : : : \ : : : : : .
           /: :/: : :/: : :/ : : : : : :| : : : : : : : : : : : :\: : : ∧
.          /: :/: : :/: : :/ : : : : : : :| : : : : : : : i : : : : : : : : : :∧
         /: :〈: : :/: : : : : : : : : : : :| : : : : : : : | : : : : : : |: : i: :∧     ……愛仁様。……覚悟様がお呼びで御座います。
.        : : : :| : : : : : :|: : : : : : : : |∨ : : : : : | : : : : : : |: : |: : : :.
       |: : :│: :|: : : :|: : : : : : : :/:. V : : : : :| : : : : : : |: : |: : : :i
       |: : :│: :|:|: :| l : : : : :| :/ :.:. ‘, : : : | i│ : : : |: : |: : : :|
       |: : :│: :|:|:/|_|___:_:_:_|/.:.:.:.:.:. ‘,_:_:_|_|∧____:/: :│ : : |
       |: : :│: :|:l:| |/  、: :│:.:.:.:.:.:.:.:.‘, /| | |: : /: : :│ : : |
       |: : :│: :|:l:|   ____\| :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∨_|/ j/_ |: : : : : : :|
       |: : :│: :|从弭苧芋芹;,;,;,;,;,;,;,;, 弭苧芋芹于|: : : : : : :|
.       ;|: : :│: : 爪 乂::::::::ソ         乂::::::::ソ /.: : : : : ,小
.        j|: : :│ : : [  ^''冖''^           ^''冖''^,イ: : : : : :/: |::|
       小: : :|: : : :[           }:.      / ]: : : : :|/ :: |::|
       |:::::\l: : : :∧                  ,小: :. :.|::::::::|::|
       |:::::::::j|: : : :|:个:..                 ..:个 : : : : |::::::::|::|
       |::::: /:|: : : :|:::|::::::::::::...     △    .::::::::::|: : : : : :|::::::::|::|
       |::::/: :|: : : :|:::|::::::::::::::::|>  __  <│:::::::::|: : : : : :|::::::::|::|
       |:: |: : |: : : :|\:::::::::::::::|          |:::::::::::|: : : : : :|::::::/リ
       |:: |: : |¦: :|::::::\ ::厂|          「∨ :::| : : : : /::::/
       |:::::\|│: :|::::::::::/:i:i:i\     /:i:i:i\:| : : : /:/
       人 ::: │|\jI斗f゙|:i:i:i:i:i:i:i:i:>、__、<i:i:i:i:i:i:i:i:i:j| : : /'′
.         \人|:i/   /∧:i:i:i:i:/ ̄ ̄ ̄\:i:i:i:i:八/i:i:i:i:=-... __
.     _、:i:i:i|:i:i:i:i/   /  ∧/\|:.:.:.:.:.:.:.:|/\:/    Ⅵ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:\
   xく:i:i:i:i:i:|:i:i:i/           \:.:._/.         Ⅵ:i:i:i:i:i:i:i:i:/i:|
    |i∨:i:i:i:i:|:i:/             厂          Ⅵ:i:|:i:i:i:/i:i:|
    |i:i∨i:i:i:Ⅳ/            /o/          \Ⅷ:|:i:i:/:i:i:i:|
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃と、縁側で雑談を交わしていると向こうの曲がり角から女中の一人が
┃やってきて、愛仁の傍で膝をついた。

┃ゴミを見るような目だが、いつもこんな顔なのだ。普段通りの表情がこれ
┃だからあまり評判はよろしくないが、それでも腕は立つ。

6907 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/02/27(木) 01:01:00 ID:nPw7SKKA0
              ,..-―-..,,
.             /      `ヽ
.           / ,   ー‐    ヽ
           |¨´     ,.--、    ',      父さんか。ブリタニアから帰ってきたばかりなのに元気だな
   r 、      .|,.‐‐、            i
   | |     |  (__,、_)     ,'       ほら、兵頭の弟も動地も分家の奴らは訓練場に居るんだろ?
   | |     ',   ヽ__|    ./
.  r'―r‐、   ヽ..,,__   ,.-'" ̄>、        速く行けよ。また独りぼっちになっちまうぞ。
. ノ \l l     r‐/ |  / ,.-'"´  \
 l   ヽj、ノ     / ヽ .| ./ /  _,,..-''/´ `ヽ
 |  ヽj_/ヽ_ r'"\  ',|//_,,.-''"   /
. `l/ ./ | .|    `"''‐''"       ,i/
  {\/   .| .|           \|







             /ニニニニニニニニニニニニニニニ\
          / ニニニニニニニニニニニニニニニニニ 、
.           ′ニニニニニニニニニニニニニニニニニニ;
          ;ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ}
.            '=ニニニ ー=ミ ニ{、ニニニニニニニニニニ7
           =ニニニニニ} \{ \_ニニニニニニニニニ{
            '=ニニニ,.r ^'ー '⌒ ァ  ̄ ^ 'f ー=ニニニニ′
.             =ニ/ lL.,_  ー=彡 7 '⌒¨大 ‐ } `ヽニ7       ……えぇ、いいわ。分かった。訓練してくるわよ
.              V′/,リ __ `     厶ァfi芯汽,\   ^{
            }  ;仏f芯ヽ     〃l::{}::i|  }L{,_   ,         また後でね、愛仁様。
                 _,ノ{{ l::{}::i|        ぅiツ ′{     、__ ノ
             ′/ヘ  ぅツ            \    マ
      __ ( __/ ′ ∧     ′        厶へ,     \
   /⌒\__、 /     ∧,_ 、__  -   ´      ∠.,, __ \  `ト丶
  (    、__,/     //  ⌒ \    __   /,┴''^  },  丶 |
   ` ‐ '  `マ  ー  '′   /⌒'く´.,_/  `'く        \  } ;
         \     /-‐'…- ,,_      V⌒   /ニニ} 厂
         __ 7ー 彡'⌒\      \    }   /ニニニjノニ
         /ニニ/__/{     \     \   }_,. ニニニニニニ
     ,  」_ニニ(    、     ;        ;ニニニニニニニ
.    /ニニニ7ニ\   }   /ヘ、      /ニニニニニニニ
    {ニニニニニニ=ー ^ニニ´ニニ 丶、     /ニニニニニニニニ
    }ニニニニニニニニニニニニニ/ニ ̄{ニニニニニニニニ
_  ∧ニニニニニニニニニニニニ/ニニニニ 、ニニニニニニニニ
ニニ⌒\ニニニニニニニニニニ ′ニニニニニ\ニニニニニニ
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃愛仁は笑顔が似合う少年だ。いつも笑顔を浮かべているのを兵頭は知っている。
┃が、彼が笑わない時がある。それは零式の訓練の時や、試合の時。
┃拳を握り、誰かを討つときはいつでも、彼は笑みを絶つのだ。

┃その意味を知ってるからこそ、今は彼の言うとおりにしておこう。強くなる。
┃そしていつか、私が本当の彼を皆に思い知らせてやるのだ。見返してやる。

┃兵頭は縁側から離れると、その脚で訓練場へと駆けて行った。
6911 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/02/27(木) 01:06:03 ID:nPw7SKKA0
┼─┨┼─┼─┨                           ┠─┼─┼─┠─┼─
┼─┨┷━┷━┫                           ┣━┷━┷━┠─┼─
┼─┨        ┃______________________┃          ┠─┼─
┼─┨━━━━┛  ,,::.: . ;;;;;:,, ,.. ;;;;... . ;;;... ,,:::.: . ;;;;;;::,, ,.. ;;;;.... ;.. ┗━━━━━┠─┼─
┼─┨,,:::.: . ;;;;;;::,, ,.. ;;;;.... ;;;...                          ,,:::.: .;;;::,, ,;;;;.... ;;;...┠─┼─
┼─┨       ...,;;/.;;;;;;; ;;;;;;; ...., ...                            ┠─┼─
┼─┨                                           ┠─┼─
┼─┨         ,,.;;;;; ;;, ,,....        . ,...,,,, ,,,,,.....                ┠─┼─
┼─┨                                           ┠─┼─
┷━┫                                       ...,,;;;;;;; ;; ;;;;,.....  ┣━┷━
    ┃                                           ┃
━━┛ ''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''┗━━━
._/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

.、.,.,,.、.,.,,.、.,.,,.、.,.,,.、.,.,,.、.,.,,.、.,.,,.、.,.,,.、.,.,,.、.,.,,.、.,.,,.、.,.,,.、.,.,,.、.,.,,.、.,.,,.、.,.,,.、.,.,,.、.,.,,.、.,.,,.、.,.,,.、.,.,,.、.,.,,.、.,.,,.、.
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃葉隠本家があるのは人里遠く離れた寂しげな山奥。訓練場に始まり
┃畑や、馬屋、分家用の住居一式までここ一つで全てが賄われるように
┃作られている。その長い長い廊下を進むこと数分。

┃大きな障子扉の前で膝をつくと、一つ声をかける。数泊おいておくから
┃若く、芯の通った凛とした声が返ってきた。
6916 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/02/27(木) 01:09:49 ID:nPw7SKKA0
         ___
     ,  ´         \
    /              ヽ
   ./   -- ..,_       _‘.
  ,'     __     __´_ ‘.      お疲れ様です、父さん。ブリタニアでの怪異討伐の結果を聞きました。
  ,     ̄ ̄        ̄ ̄  ‘.
  {   "'               、、 }       ……流石は現当主にして最強と――
  ヽ       ゝ-‐ ー- '     '
   \              、 <_
    >,7/1  _ ,r' `'rv////
   〈/////」   V / l///\
   __//////ン 〈,r'    _〉Y// ト、
  {//\`¨7 o⌒f \,r'´ 、ゝ///|.:.ヽ
  j,////`7'__`] !_  ! Y´ ` \,r':、<
  |,//////∨ ヽ_ヽ.{ {ヽト j′∨ ヽ __
  |//////У   ヽヽ} } ヽ ィ、 ,ヘ | `fヽ ヽ
  |,∧_/z</〉  _ lT = ‐'ー ´  | | l }
  j_/_/> ´゙´  | l 二      | | / ,r'
    ̄ヽ      ヽヽ.二   . ^└ `´
      \ __ 、 }.} >´






           ゞ         ゞノソr
         ヾ             ゞ
        ヾ    ミヾ ゞヽヾ丶  ,.,.,.彳
        ミ   ミヾ      ゞ'ソ  个
        ミソヘ ゞ ::::::::        |          ふっ、気を遣わなくてもよい、愛仁。
        │5 丶 r===≧  __ /
        ゝヘ__  ( ::::ー-- ソ=√二 ア          既に人払いはしてある……普段通りでいいぞ。
        彳八  丶--ー :: トー--/
        人  ヽ :::::::  ::_ 」  ノ
      _イ  `ヽ 丶:::::::ー─ /
-ー' ¨ ´  ゝ    `丶ヽ___∠_      λ
彡彡ノ    ヽ      Υ ノ   ̄ゞミミ 〆/}
彡        `丶_  / 丿       ヾ ┤
            ヽ┴ ´           トヽ
            │ ●         ││
6920 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/27(木) 01:13:52 ID:9f7k1TJQ0
覚悟の息子なのかよwwww
6921 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/02/27(木) 01:15:21 ID:nPw7SKKA0
         ___
     ,  ´         \
    /              ヽ
   ./   -- ..,_       _‘.         ……お疲れ様、父さん。
  ,'         _    __´_ ‘.
  ,    t''tzj´       ̄ ̄  ‘.
  {    "'`¨¨´           、、 }
  ヽ       ゝ-‐ ー- '     '
   \              、 <_
    >,7/1  _ ,r' `'rv////
   〈/////」   V / l///\
   __//////ン 〈,r'    _〉Y// ト、
  {//\`¨7 o⌒f \,r'´ 、ゝ///|.:.ヽ
  j,////`7'__`] !_  ! Y´ ` \,r':、<
  |,//////∨ ヽ_ヽ.{ {ヽト j′∨ ヽ __
  |//////У   ヽヽ} } ヽ ィ、 ,ヘ | `fヽ ヽ
  |,∧_/z</〉  _ lT = ‐'ー ´  | | l }
  j_/_/> ´゙´  | l 二      | | / ,r'
    ̄ヽ      ヽヽ.二   . ^└ `´
      \ __ 、 }.} >´





                  ,ノヽムムハハ..,、
                /アノfr-=、`ヽ,ヾ_
               / /∥ /'-弋ハハ_,,ヾハ
             / //ミ 7'-,,___乂>ヘミi     うむ。私が居ない間、よく家を守ってくれた。
            /ノ イ/^i.:.:.:.:|     "..ムj
           /,' .∥ソ ノi.:.:.:.:ヽ,  -‐=r .リ     感謝するぞ、愛仁。
        ,,-/、/  / ,/i.:.:.:.:.:.:.:.:i.   ⌒' /
       /  `ヽ ノ,/r'-=、_.:.:.::ヽ、  ,/
     ./ (☆)\ノi/ /.:.:.:.:.:`ァ=;;;;;;r-'"´
   / // .7.:.::.:.:.:.トーiヘ、;,;/   ヽ>
  / (☆) /.:.:.:.::.:.:.|/  `ヽ `-=,,__∥,、
/   ,, -"´.:.:.::.:.:.:/            `i,,=、
 _,,-='´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/,             (>ヽ,\_
´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::/::/           ノ;;;>イ ヽヽ
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/::∧  ノ/       ´ ̄     ヘ 〉
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:::::::ヘ /:/               ヽヘ
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:::::::∥/::::\             ,,=- .∨
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ノ:::::::::/::::::::::::::::::\           ,ハフ,ノ .iリ、
.:.:.:.:.:.:.:/:::::::/∨::::::::::::::::::::::ヽ           ̄  |=イ
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃目の前で正座する大柄な男性、葉隠覚悟。愛仁の父にして、歴代の葉隠当主
┃の中で最強とも言われ、現在「零」を纏い、人類の守護を任されている人間だ。

┃星の付いた白い制服に身を包んではいるが、ほんの数日前までは神武の
┃超鋼を身体に纏い、ブリタニアの怪異を討伐していたのだ。

6946 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/02/27(木) 01:46:59 ID:nPw7SKKA0
              ,..-―-..,,
.             /      `ヽ
.           / ,   ー‐    ヽ
           |¨´     ,.--、    ',     父さんの方が大変だったでしょ?
   r 、      .|,.‐‐、            i
   | |     |  (__,、_)     ,'      態々ブリタニアまで行って、今回は分家の鎧も居たらしいけどさ。
   | |     ',   ヽ__|    ./
.  r'―r‐、   ヽ..,,__   ,.-'" ̄>、    幾ら怪異のためとはいえ、海を超えるなんて遠すぎるしね。
. ノ \l l     r‐/ |  / ,.-'"´  \
 l   ヽj、ノ     / ヽ .| ./ /  _,,..-''/´ `ヽ
 |  ヽj_/ヽ_ r'"\  ',|//_,,.-''"   /
. `l/ ./ | .|    `"''‐''"       ,i/
  {\/   .| .|           \|





           ,ィvyw''〃〃yハv、ヽ'v、yv、
         ,ィソ´'               ゞヽv,
        ,ソ                    ソッ
          ミ                         彡
        ミ                          彡
         ミ  ミ´``ヾヾヾヾヾ ソ ソ ソ '''''´´´`ヽ   彡
         ミ ミ       ((´         彡彡      確かに。人目に触れず、人々の安寧を邪魔する怪異を排除するのは
         ミミ´        ヾ`         彡 メ
        ミミ ヽ;;,,,,             ,,,r'  彡 メ     容易では無い。霆も雹も霄も、そして零も。皆、命を棄てて挑むのだ。
       ミミ yーヾミヽ,,        zォ<´-、  ミソ´ヽ
       lミミ', ヽ  しンヾ;;ヽ,,l i i (ゞセ¨.しノ  ノ  ミミ l |     ……だがな、家を守るのもまた、当主の務め也。
       | {'ヘ  丶___,,,ォ'ソミl ´  ー一 ´  ,' ,j /
      ___.ヽ、'ヘ        ミl         /__ノ     それを俺の代わりに息子が果たしたのだ。ならば、労うのが当然だろ。
     /  `二二 ̄ヽ.   ミ:l ,          /ゝ
    j  /    `y'_ 、____,      / ト
    | /     /   `ヽー一¨、__    イハ|
   /      /    ,j    l   `ヽ/lハl
  ,イ       ./     ,{     .|     l  |
  l       '      j     l     |  ヘ、
  |                   '   ノ    `ー
6947 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/02/27(木) 01:49:51 ID:nPw7SKKA0
                 ,  ´ ̄ ̄ ̄ ̄ `  、
        , ‐、_,-、.     /              \
      r.イ .    ト.、.,.:′                ヽ
      ヽ     / / 、    ,    、       ',
       }    ノ ,′  ̄ ̄ ̄       ` ̄ ̄ ̄  .i     ……父さんは堅苦しすぎると思うよ。
        .,′   ,′ .l 弋● ̄ ノ     弋● ̄ フ   |
      /    .;'  :|.  ヽ― '       ヽー―′  .!     だから、母さんに文句言われちゃうんだ。
       ,'     i   .l       ,       ,      .,′
      .i      | _..,∧     ゝ-r‐^ー‐r‐'    __./ 〉
     ,イ    .}ト,Y.:.:.:丶      └―‐┘    /.:::/ ̄ `ヽ
    ./|   .:  ||::}:l::::::::::::::}≧.  _____ /.:::/ {       ',
   〈    l::  〉l|:|:::::::::::.\::::.\       /.:::/_.:::∧_    ,!
    }、    ノ: /::リj'::::::::::::::::..\::::.ヽ.__.;:〉-イ´ / イ:..     イ=ヘ
   リ∧   .イ/:/.::::::::::;::::::::::::::r>ミ三三'/\ \/ヽ.` ー=彡ヘ_〉
   |}l八_,.イノ.::,.:.;.:.:_;/.::::::r=彡'::::::}互{'./.  \/  〈_ミ三ニ彡ヘ_〉






           ゞ         ゞノソr
         ヾ             ゞ
        ヾ    ミヾ ゞヽヾ丶  ,.,.,.彳
        ミ   ミヾ      ゞ'ソ  个
        ミソヘ ゞ ::::::::        |      はっはっはっ、そうだな……お前の母さんにはどうやっても頭が上がらない。
        │5 丶 r===≧  __ /
        ゝヘ__  ( ::::ー-- ソ=√二 ア      ……俺が居ない間、アイツを守ってくれてありがとう、愛仁。心苦しくなかったか?
        彳八  丶--ー :: トー--/
        人  ヽ :::::::  ::_ 」  ノ
      _イ  `ヽ 丶:::::::ー─ /
-ー' ¨ ´  ゝ    `丶ヽ___∠_      λ
彡彡ノ    ヽ      Υ ノ   ̄ゞミミ 〆/}
彡        `丶_  / 丿       ヾ ┤
            ヽ┴ ´           トヽ
            │ ●         ││
6948 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/02/27(木) 01:53:38 ID:nPw7SKKA0
         ___
     ,  ´         \
    /              ヽ
   ./   -- ..,_       _‘.
  ,'         _    __´_ ‘.        別に、何時もと変わらないよ。
  ,    t''tzj´       ̄ ̄  ‘.
  {    "'`¨¨´           、、 }        白い眼で見られたってバカにされても……母さんの為だ。どうってことない。
  ヽ       ゝ-‐ ー- '     '
   \              、 <_
    >,7/1  _ ,r' `'rv////
   〈/////」   V / l///\
   __//////ン 〈,r'    _〉Y// ト、
  {//\`¨7 o⌒f \,r'´ 、ゝ///|.:.ヽ
  j,////`7'__`] !_  ! Y´ ` \,r':、<
  |,//////∨ ヽ_ヽ.{ {ヽト j′∨ ヽ __
  |//////У   ヽヽ} } ヽ ィ、 ,ヘ | `fヽ ヽ
  |,∧_/z</〉  _ lT = ‐'ー ´  | | l }
  j_/_/> ´゙´  | l 二      | | / ,r'
    ̄ヽ      ヽヽ.二   . ^└ `´
      \ __ 、 }.} >´

┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃そうだ、約束の日までは……父の代わりに自分が母を守るのだ。

┃その為に、幾ら屈辱を受けようがどうってことはない。自分の志の為に
┃動いているならば、その途中で受ける辱め位は笑って飛ばせる。

6949 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/27(木) 01:55:19 ID:jXUYyPeY0
約束の日ねぇ…
6950 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/27(木) 01:58:05 ID:A/Sn4g4o0
志ってやっぱり母親関連かね?
6951 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/02/27(木) 01:58:28 ID:nPw7SKKA0
          _ノハヾヽー〃〃〃∠-ンiノiヽ,
         ノ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ゝンi
        <´: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :l
        <: : : : : r='"¨ヾヾヾヾヾヾヾ¨ヾ〃>jノ:_: : : :ゝ
       ミ: : : ミ`                彡: : ミ
       ミ: : ミ                  彡: :ミ
       ミ: :ミ                   彡: : ミ
       状: ミ                    〃: :ミ
      ,ヘ: :く,.-三三三ニー、   ,.-ニニ三三ミ、彡リヘ.
.     /,ヘ 〃}{ __,.-t====、ヾヽ_f´ィ‐t===- 、_ iレヾ/i l       ……例の話だがな、なんとか相手と話が付きそうだ。
     l V ハ リll  ¨゙ー`ニ´彡}::i ̄:l `ーニ´‐彡  }リ/ヽl l
     l ', ゞ∧lヘ,         /::l  :ヘ,        ノlくヽ //       カールスラントの貴族だが……お前と、母さんの引き取りを
     ヽヽ〈k ',l `ー──‐'':::::l  :  ゝ------‐'' l)) 〉//
.      \\{l        〔_{  _ 〉        /_//        快く了解してくれた。
       ヽ、_',        ヾ¨j´        /_,.-'"
.         ∧      _____      /从
         彡ヘ       __       イjリゞ
          ∧l ヽ、           / l                        ッ、ほ、本当ですか父さん!? >
           _l  ヽ、       /    L
           i `ー-- ≧======≦---‐''" l
          l        ̄ Y´          l
          /          l         l___    ,. ---、
r‐‐、__,,. --==''"ヾ、         l            〉     ̄¨tニ==゙≠─
_,.-'"_ノ ̄      `ヽ、_       l     _,,.-'"
-'"´             ̄lー─'゙ゝ-─''"
                l /フ入ヽ、
                  { {ヽ    ∠}
                l.ゝ、,.-、∨/
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃突然切り出された話題に一瞬頭が真っ白になったが、その意味を知って
┃ぱぁっと華が咲くように愛仁の顔に笑顔が浮かんだ。

┃既に生活やらに必要な金銭は届けており、後は愛仁と母が海を渡る
┃だけなのだが……一番の問題はここである。

6952 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/27(木) 01:59:11 ID:x2XudunY0
そういう流れか
6953 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/27(木) 01:59:13 ID:Cr6OZu2o0
おー、ここでそう繋がるのか
6954 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/27(木) 01:59:30 ID:4oE934MM0
なるほど、そう繋がるのか
6957 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/02/27(木) 02:03:29 ID:nPw7SKKA0
           ゞ         ゞノソr
         ヾ             ゞ
        ヾ    ミヾ ゞヽヾ丶  ,.,.,.彳
        ミ   ミヾ      ゞ'ソ  个
        ミソヘ ゞ ::::::::        |          本当ならば祖国に帰してやりたがったんだが……あっちは
        │5 丶 r===≧  __ /
        ゝヘ__  ( ::::ー-- ソ=√二 ア         既に裏方の監視が入っている。一番お前たちの身を隠せ安心して
        彳八  丶--ー :: トー--/
        人  ヽ :::::::  ::_ 」  ノ           暮らせるのは……我々との関係が最も薄い、カールスラント。
      _イ  `ヽ 丶:::::::ー─ /
-ー' ¨ ´  ゝ    `丶ヽ___∠_      λ     が、安心して欲しい。その男は義理に厚く人情もある。女性に決して
彡彡ノ    ヽ      Υ ノ   ̄ゞミミ 〆/}
彡        `丶_  / 丿       ヾ ┤     粗相を働かない、私が認めた漢だ。
            ヽ┴ ´           トヽ
            │ ●         ││








                  ,ノヽムムハハ..,、
                /アノfr-=、`ヽ,ヾ_
               / /∥ /'-弋ハハ_,,ヾハ
             / //ミ 7'-,,___乂>ヘミi
            /ノ イ/^i.:.:.:.:|     "..ムj         一生を程ではないが、向こうでの生活に必要な金銭は数年分先払い
           /,' .∥ソ ノi.:.:.:.:ヽ,  -‐=r .リ
        ,,-/、/  / ,/i.:.:.:.:.:.:.:.:i.   ⌒' /          してある。父の方からも子供たちに話を通してくれるらしい。
       /  `ヽ ノ,/r'-=、_.:.:.::ヽ、  ,/
     ./ (☆)\ノi/ /.:.:.:.:.:`ァ=;;;;;;r-'"´           戸籍もなんとか3人分、揃えてくれるそうだ……
   / // .7.:.::.:.:.:.トーiヘ、;,;/   ヽ>
  / (☆) /.:.:.:.::.:.:.|/  `ヽ `-=,,__∥,、
/   ,, -"´.:.:.::.:.:.:/            `i,,=、
 _,,-='´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/,             (>ヽ,\_
´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::/::/           ノ;;;>イ ヽヽ
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/::∧  ノ/       ´ ̄     ヘ 〉
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:::::::ヘ /:/               ヽヘ
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:::::::∥/::::\             ,,=- .∨
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ノ:::::::::/::::::::::::::::::\           ,ハフ,ノ .iリ、
.:.:.:.:.:.:.:/:::::::/∨::::::::::::::::::::::ヽ           ̄  |=イ
6958 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/27(木) 02:04:08 ID:qw0KPJhk0
苦心しとるなぁ
6959 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/27(木) 02:04:42 ID:jXUYyPeY0
でもうまくいかなかったんですよね
6960 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/27(木) 02:04:58 ID:yLkJgZFA0
三人分?
やる夫と母と誰?
6961 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/27(木) 02:04:58 ID:x2XudunY0
てーことは今の国籍はカールスラントか
6962 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/27(木) 02:05:25 ID:4oE934MM0
二人分じゃなくて三人分?
6963 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/02/27(木) 02:05:56 ID:nPw7SKKA0
                 _______ ____
                /         (__ ゝ
              /           (___ヽ_
             /   ──     ──  (__ _ ヽ_      え? あの、身を隠すのは俺と母さんだけじゃないの?
           /  /´  `ヽ   /´  `ヽ  (_\ 〈
          /     `T;;;:::;;;T′   `T;;;:::;;;T′  \ \      それとも、やっぱり裏方からの監視も来るのかな?
          |     ヾ''''''´"ノ   ヽ⌒゙''''''´" U  |  )
          |       (    i    )       |三三)
          \       `ー ─'^ー 一'       /.:.|  .|
            \         ̄ ̄        /|.:.:.:.:|  .|
             〉三三三》     《三三三〈  |.:.:.:.:|  .|








           ,ィvyw''〃〃yハv、ヽ'v、yv、
         ,ィソ´'               ゞヽv,
        ,ソ                    ソッ
          ミ                         彡
        ミ                          彡
         ミ  ミ´``ヾヾヾヾヾ ソ ソ ソ '''''´´´`ヽ   彡
         ミ ミ       ((´         彡彡
         ミミ´        ヾ`         彡 メ
        ミミ ヽ;;,,,,             ,,,r'  彡 メ          馬鹿を言うな。俺と、お前と、母さん。
       ミミ yーヾミヽ,,        zォ<´-、  ミソ´ヽ
       lミミ', ヽ  しンヾ;;ヽ,,l i i (ゞセ¨.しノ  ノ  ミミ l |          きっかり三人だ。誰にも知られず、俺達だけで行くのだ。
       | {'ヘ  丶___,,,ォ'ソミl ´  ー一 ´  ,' ,j /
      ___.ヽ、'ヘ        ミl         /__ノ
     /  `二二 ̄ヽ.   ミ:l ,          /ゝ
    j  /    `y'_ 、____,      / ト
    | /     /   `ヽー一¨、__    イハ|
   /      /    ,j    l   `ヽ/lハl
  ,イ       ./     ,{     .|     l  |
  l       '      j     l     |  ヘ、
  |                   '   ノ    `ー
6965 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/27(木) 02:06:44 ID:Cr6OZu2o0
いや当主抜けたらヤバいだろwww
6968 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/27(木) 02:07:03 ID:VIzTx3NQ0
って、親父も一緒かよw
6980 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/02/27(木) 02:09:47 ID:nPw7SKKA0
           /⌒ヽ,      .,,;-―――――-;;,,
           |   {    /            \
           l     ヽ                 \
           \   ヽ          __._ノ   _〉
            }ヽ.   \    U  `i |;;;:::| i  〈{::} 〉      え、ぇっ?!
       _,. -―‐く`      ヽ        ⌒゙''''''´" ヽ
       {′    i ヽ    }ヽ_      (,,__,,ノ!_ノ .|     家は、ここの跡継ぎはどうするんですか?
       `ーァ= <  ,} 、  ハ!_        ̄ ̄ ̄  /
         {   { ̄ヽ  _> ´ r‐_)          /      父さんが去ったら誰が零を継ぐんですか!
         ヽr―― '´ ̄   /´   > .  `ニ´ ,.メヘ、
         /.{      __.. イ ,ハ\  \  ` ー‐ ´/\、 ヽ
         | ヽ. -‐ ¨´   ノ}\| > 、 ヽ    ∧ ヾi、 l. |
         }  ハ     ,/ ∧ヽ\ .ヽ ヽ   /  l  }il! } |
        ハ  ヽー、―--- '´ノノ ト、 ヽ          ,iリ/-{
        {    \\ _/イ .|ヽ.ヽ ヽ    l   ///ト、ノ
        `7ヽ、  ` =チ'´/ ノ
         /  {\__ ノ .ノ /






                  ,ノヽムムハハ..,、
                /アノfr-=、`ヽ,ヾ_
               / /∥ /'-弋ハハ_,,ヾハ
             / //ミ 7'-,,___乂>ヘミi
            /ノ イ/^i.:.:.:.:|     "..ムj       そこが問題だが……すまん、もしかしたら先にお前たちだけ
           /,' .∥ソ ノi.:.:.:.:ヽ,  -‐=r .リ
        ,,-/、/  / ,/i.:.:.:.:.:.:.:.:i.   ⌒' /       カールスラント渡航してもらうかもしれん。
       /  `ヽ ノ,/r'-=、_.:.:.::ヽ、  ,/
     ./ (☆)\ノi/ /.:.:.:.:.:`ァ=;;;;;;r-'"´         刹那の教育が終わり、零の継承と党首の座を明け渡してから
   / // .7.:.::.:.:.:.トーiヘ、;,;/   ヽ>
  / (☆) /.:.:.:.::.:.:.|/  `ヽ `-=,,__∥,、        隠居し、姿を消して……お前たちの所へ向かうのが最善なのだがな
/   ,, -"´.:.:.::.:.:.:/            `i,,=、
 _,,-='´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/,             (>ヽ,\_
´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::/::/           ノ;;;>イ ヽヽ
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/::∧  ノ/       ´ ̄     ヘ 〉
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:::::::ヘ /:/               ヽヘ
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:::::::∥/::::\             ,,=- .∨
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ノ:::::::::/::::::::::::::::::\           ,ハフ,ノ .iリ、
.:.:.:.:.:.:.:/:::::::/∨::::::::::::::::::::::ヽ           ̄  |=イ
6987 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/02/27(木) 02:16:41 ID:nPw7SKKA0
           ゞ         ゞノソr
         ヾ             ゞ
        ヾ    ミヾ ゞヽヾ丶  ,.,.,.彳
        ミ   ミヾ      ゞ'ソ  个      だがな、心して聞いてくれ愛仁。
        ミソヘ ゞ ::::::::        |
        │5 丶 r===≧  __ /      お前は俺を憎んでる筈だ。裏方の強制とはいえ、母さんを遠い国から
        ゝヘ__  ( ::::ー-- ソ=√二 ア
        彳八  丶--ー :: トー--/      無理矢理扶桑にまで連れてきて、俺と血を交ぜる羽目になったんだ。
        人  ヽ :::::::  ::_ 」  ノ
      _イ  `ヽ 丶:::::::ー─ /         俺も不本意だ。が、裏方の命令は絶対。俺でも断れん。それはお前も知ってるはずだ。
-ー' ¨ ´  ゝ    `丶ヽ___∠_      λ
彡彡ノ    ヽ      Υ ノ   ̄ゞミミ 〆/}     その結果がお前と刹那。お前の母さんと、また別の女性と関係を持っている。
彡        `丶_  / 丿       ヾ ┤
            ヽ┴ ´           トヽ
            │ ●         ││





                  ,ノヽムムハハ..,、
                /アノfr-=、`ヽ,ヾ_
               / /∥ /'-弋ハハ_,,ヾハ
             / //ミ 7'-,,___乂>ヘミi
            /ノ イ/^i.:.:.:.:|     "..ムj      だがな。不肖この葉隠覚悟。恋愛の火を消した覚えはない。
           /,' .∥ソ ノi.:.:.:.:ヽ,  -‐=r .リ
        ,,-/、/  / ,/i.:.:.:.:.:.:.:.:i.   ⌒' /      俺はお前の母さんに心底惚れている。刹那の母よりも愛してると断言する。
       /  `ヽ ノ,/r'-=、_.:.:.::ヽ、  ,/
     ./ (☆)\ノi/ /.:.:.:.:.:`ァ=;;;;;;r-'"´        一生を賭けて守って、支えて行きたいと……俺は決意したのだ。
   / // .7.:.::.:.:.:.トーiヘ、;,;/   ヽ>
  / (☆) /.:.:.:.::.:.:.|/  `ヽ `-=,,__∥,、       この火は誰にも消させない。だから。俺は何度でも零を纏い、必ず帰ってくる!
/   ,, -"´.:.:.::.:.:.:/            `i,,=、
 _,,-='´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/,             (>ヽ,\_      お前と、お前の母の下へとな。
´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::/::/           ノ;;;>イ ヽヽ
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/::∧  ノ/       ´ ̄     ヘ 〉
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:::::::ヘ /:/               ヽヘ
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:::::::∥/::::\             ,,=- .∨
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ノ:::::::::/::::::::::::::::::\           ,ハフ,ノ .iリ、
.:.:.:.:.:.:.:/:::::::/∨::::::::::::::::::::::ヽ           ̄  |=イ
6990 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/27(木) 02:19:59 ID:qw0KPJhk0
お、おおおおお!!?
6993 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/27(木) 02:22:31 ID:mtRkaMh20
刹那がかわいそうになってきた(´;д;`)
6994 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/02/27(木) 02:22:54 ID:nPw7SKKA0
                   _,,..-―‐-..,,_
             ,,-''"       `ヽ、
           /              \
             /                   ヽ
             ,'                      ヽ       ……おぉ、流石7%の男って言われることのだけはあるね、父さん。
          l    _ノ        ヽ_     ',‐-、
       ,-''"|   ーt:::テ≧    ≦r::テー   lヽ .'.,
        l l'´.',    `¨¨/       ヽ¨¨´    .,'  ヽヽ_
       / |  .'.,    (    .,、   )   U /  ./  ヽ、
       / \  ヽ、   ` ̄ ´ `  ̄´   / /  _,,..-'
        {   `''-‐"ヽ-..,,__      __./ ̄ ̄´ .,,..イ ∨
      /.T ‐-..__    _.ヽ ̄ ̄ ̄/,..-――‐'" /  ∨
    r┘ ',.    ̄ ̄  〈 ̄\ ./イ´       / /  ∨
    | ヽ-、',       /      .ヽ      //   ∨
   ./  ヽヽ .',      ロ       `ロ ヽ、 /      .∨
   /   、__ ', _/                \|    L__ ∨
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃零を着装し、怪異討伐から帰ってくる確率は総合して7%だと言われている。

┃これは如何に戦闘が苛烈で、そして壮絶な戦かを指し示しているが
┃……驚くことに、その生還率7%全てがこの葉隠覚悟なのだ。

┃流石は最強の葉隠。愛情も最強だった。兄とその母が聞いたら失神するだろうが。
6995 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/27(木) 02:23:52 ID:mtRkaMh20
色んな意味で最強やな
6996 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/27(木) 02:23:55 ID:ViTQp0xU0
7%全部こいつかよwww、ほかは死んでるんだなあ
蘇芳が必ず犠牲は出る って言ってたのはこれか
6998 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/27(木) 02:25:39 ID:cHsG3b6A0
失神www
6999 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/02/27(木) 02:27:11 ID:nPw7SKKA0
                      ハノヽィト 、メ、ヘ
                     ヾ:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:ト
                    ィ:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:メ   ._
                    {.:.:..:ゝ''''"'- 、:.:.:.:.:.:.:.:}  /  "'- 、_
                  ィi / Y、≧   ソ''''ゞ㍉メ/ ̄ ̄\   }    俺も正義執行者の前に、男だったという訳だ。
                / { {γ|r衍ヾ    ≦ //   :.:.:./ .\丿
               /  \ ー┐ ̄   r衍ゞ//    :./    }     お前だって、兵頭の次女と清き交際を続けておるのだろう?
            , -'"巛三三》》∨    ゝ  / .{ :.:.  /    ./\
            //        _ \  ー <  .| :.:  :    /  /ヽ   やはり性癖が似る。お前も俺の息子だったという訳だ。
  ̄ ̄ ̄ヽ.    / !      "'-(__)/ . ̄/;';';'/ __! ゝ  :.:   /  /  |
       ヽ   /   /\    i /   /;';';'/./ |!| ヾ  .: ,'  /  /
        ー/   { _ .\ "'- 、   |;';';/   |!|    ー   /
 i       ./  ヽ ,'{(__) /   丿  ./      ミ      ./
 |    , -'"/    Y \ /ミ  "'-} ./      γ⌒ヽ=‐-r              意味が分からないよ、父さん。 >
 |           `ヽ 巛{ } 》  /        弋 __ノ ./
 {              V ||  ||         y-、  ∠、{ \
  \     _     y-、V≡彡       _ .弋__ノ / ィ {\!
   \  (__)    弋__ノ'"V        (__) , -'"   { .\!
     "'- 、 __,..-'''"__ V         /|!| "'- 、 ゝ !
         | |三| |三| |三 .V     , -'"  .|!| ___, -'"
        〈           "'-─'"────ゝ
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃そりゃ、確かに兵頭の次女は体質故、扶桑人の筈なのに髪と眼の色素
┃が抜け銀髪朱眼。それに加え着重ねるせいで日光を浴びず、肌の白さも
┃欧州人その物。其処に愛仁は母親同様、惚れていた。

┃……確かに似てるかもしれない。血は覆せないものと悟った。

7005 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/02/27(木) 02:32:11 ID:nPw7SKKA0
           ゞ         ゞノソr
         ヾ             ゞ
        ヾ    ミヾ ゞヽヾ丶  ,.,.,.彳
        ミ   ミヾ      ゞ'ソ  个
        ミソヘ ゞ ::::::::        |     よいよい。お前も俺と同じで、自分が好きだと思う女性を見つけるのだぞ。
        │5 丶 r===≧  __ /
        ゝヘ__  ( ::::ー-- ソ=√二 ア     ……ところで、愛仁よ。兄には「刹那」と名付け、お前は「愛仁」と名付けたな。
        彳八  丶--ー :: トー--/
        人  ヽ :::::::  ::_ 」  ノ       調度良い時期だ。その意味、ここで話すとしよう。
      _イ  `ヽ 丶:::::::ー─ /
-ー' ¨ ´  ゝ    `丶ヽ___∠_      λ
彡彡ノ    ヽ      Υ ノ   ̄ゞミミ 〆/}
彡        `丶_  / 丿       ヾ ┤
            ヽ┴ ´           トヽ
            │ ●         ││






                  ,ノヽムムハハ..,、
                /アノfr-=、`ヽ,ヾ_
               / /∥ /'-弋ハハ_,,ヾハ
             / //ミ 7'-,,___乂>ヘミi
            /ノ イ/^i.:.:.:.:|     "..ムj        代々、葉隠の名の下に生まれた子供には長寿を意味する名前は
           /,' .∥ソ ノi.:.:.:.:ヽ,  -‐=r .リ
        ,,-/、/  / ,/i.:.:.:.:.:.:.:.:i.   ⌒' /        絶対に付けない。それは、世界の人々の安寧と民草の明日の為、
       /  `ヽ ノ,/r'-=、_.:.:.::ヽ、  ,/
     ./ (☆)\ノi/ /.:.:.:.:.:`ァ=;;;;;;r-'"´         我々は正義執行者として神武の超鋼を身体に纏い、そして戦場で
   / // .7.:.::.:.:.:.トーiヘ、;,;/   ヽ>
  / (☆) /.:.:.:.::.:.:.|/  `ヽ `-=,,__∥,、          死ぬからだ。だから俺の名前は短命を意味する「覚悟」と名付けられた。
/   ,, -"´.:.:.::.:.:.:/            `i,,=、
 _,,-='´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/,             (>ヽ,\_
´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::/::/           ノ;;;>イ ヽヽ
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/::∧  ノ/       ´ ̄     ヘ 〉
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:::::::ヘ /:/               ヽヘ
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:::::::∥/::::\             ,,=- .∨
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ノ:::::::::/::::::::::::::::::\           ,ハフ,ノ .iリ、
.:.:.:.:.:.:.:/:::::::/∨::::::::::::::::::::::ヽ           ̄  |=イ
7013 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/02/27(木) 02:35:39 ID:nPw7SKKA0
                    ____
                  /      \
                 /          \
               /  -一'     ゙ー- \
              / / ,==、ヽ    /´,=、ヽ \     ……自分の名前には「愛」と「仁」しかありませんが。
            / u ( (:::::::::i l    l i::::::::) ) \
            | .   ヽ_ `ー´ノ   ヽ`ー´_ノ   |
            |  ''"⌒'(    . i    )'⌒"' u |
             \     ` ┬─'^ー┬'     /
              \     ヽ、::::::::::ノ   _/
               ∨、 {{`ヽ. ̄ ̄ ̄_. イ.ー' {_
              _,,-,∨、}}  {ト,;;;;;;;;;/ } ./ゞ〈::ヽ
          _,..-.:" ヾ、..:.:ゝ\。 | l.| |。〃、く.:.:.:}`::..、,,_
      _,..-.:"       ヽ.:.:.:}}`| .|.i | ´/ /.:.:リ   .  `i:ー.,
     ,´ー-、:         ':.:´ヽ .| l | //.:.:.:.:/     :i:::::::',
     l:::  `::、         i.:.:.:.:ヽ,|| |/.:.:.:.:.:.:/       .l:::::::::',







          _ノハヾヽー〃〃〃∠-ンiノiヽ,
         ノ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ゝンi
        <´: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :l
        <: : : : : r='"¨ヾヾヾヾヾヾヾ¨ヾ〃>jノ:_: : : :ゝ
       ミ: : : ミ`                彡: : ミ      そうだ。その名前はお前の母さんが好きな感じから名付けたのだ。
       ミ: : ミ                  彡: :ミ
       ミ: :ミ                   彡: : ミ      お前の兄には短き一生を生きると意味で「刹那」
       状: ミ                    〃: :ミ
      ,ヘ: :く,.-三三三ニー、   ,.-ニニ三三ミ、彡リヘ.   ……そして、お前には本来、戦場で華麗に散るという意味で
.     /,ヘ 〃}{ __,.-t====、ヾヽ_f´ィ‐t===- 、_ iレヾ/i l
     l V ハ リll  ¨゙ー`ニ´彡}::i ̄:l `ーニ´‐彡  }リ/ヽl l    「散」と名付ける筈だった。
     l ', ゞ∧lヘ,         /::l  :ヘ,        ノlくヽ //
     ヽヽ〈k ',l `ー──‐'':::::l  :  ゝ------‐'' l)) 〉//
.      \\{l        〔_{  _ 〉        /_//
       ヽ、_',        ヾ¨j´        /_,.-'"
.         ∧      _____      /从
         彡ヘ       __       イjリゞ
          ∧l ヽ、           / l
           _l  ヽ、       /    L
           i `ー-- ≧======≦---‐''" l
          l        ̄ Y´          l
          /          l         l___    ,. ---、
r‐‐、__,,. --==''"ヾ、         l            〉     ̄¨tニ==゙≠─
_,.-'"_ノ ̄      `ヽ、_       l     _,,.-'"
-'"´             ̄lー─'゙ゝ-─''"
                l /フ入ヽ、
                  { {ヽ    ∠}
                l.ゝ、,.-、∨/
7014 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/27(木) 02:36:07 ID:x2XudunY0
ファッ
7016 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/27(木) 02:36:37 ID:KdzT4nvQ0
ここでそう来たか…
7017 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/27(木) 02:36:50 ID:tgge99FsO
ここでその名か…
7027 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/02/27(木) 02:39:52 ID:nPw7SKKA0
           ゞ         ゞノソr
         ヾ             ゞ
        ヾ    ミヾ ゞヽヾ丶  ,.,.,.彳
        ミ   ミヾ      ゞ'ソ  个     ……だがな。お前の母さんから「せめてこの子には長生きして欲しい」
        ミソヘ ゞ ::::::::        |
        │5 丶 r===≧  __ /     「私の様ではなく、愛と仁の心を持った立派な人間として長生きしてほしい。」
        ゝヘ__  ( ::::ー-- ソ=√二 ア
        彳八  丶--ー :: トー--/       ……だから、無理矢理当て字で愛仁(あいじ)と名付けたのだ。
        人  ヽ :::::::  ::_ 」  ノ
      _イ  `ヽ 丶:::::::ー─ /
-ー' ¨ ´  ゝ    `丶ヽ___∠_      λ
彡彡ノ    ヽ      Υ ノ   ̄ゞミミ 〆/}
彡        `丶_  / 丿       ヾ ┤
            ヽ┴ ´           トヽ
            │ ●         ││








                _, -=========ー-、
               /              \
             /           ー--=、  \       ……せめて一生とかじゃ駄目だったのでしょうか?
             /            /  ヾ  `l
             |            ∥ ___ |   .|
             |            ヾー-ーナ   |               すまん。最初に提案したが、逆らえなかった >
             |                    ヽ、
             |                 (,,_,,人)
             !、__,,,,,,__   __        ̄ ̄7
              〉___ __ ̄ ̄〈         /
             >三三三三》:.::.:.:..\    /´/
7029 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/27(木) 02:41:21 ID:KdzT4nvQ0
一生さんは猟師の方ですね分かります(メメタァ
7031 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/27(木) 02:42:39 ID:YhMxbCPg0
名前が一生だったら浪漫に生きて周囲の女の子にコスプレをさせていただろうな (別の時空を見つつ
7033 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/27(木) 02:43:10 ID:cHsG3b6A0
逆らえなかったwww
7034 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/02/27(木) 02:46:52 ID:nPw7SKKA0
                  ,ノヽムムハハ..,、
                /アノfr-=、`ヽ,ヾ_
               / /∥ /'-弋ハハ_,,ヾハ
             / //ミ 7'-,,___乂>ヘミi      故に愛仁よ。俺よりも先に逝く事は絶対に、止めてくれ。
            /ノ イ/^i.:.:.:.:|     "..ムj
           /,' .∥ソ ノi.:.:.:.:ヽ,  -‐=r .リ     俺がもし、戦場で死んだならば……母さんを託せるのはお前しかいない。
        ,,-/、/  / ,/i.:.:.:.:.:.:.:.:i.   ⌒' /
       /  `ヽ ノ,/r'-=、_.:.:.::ヽ、  ,/      必ず生きて、お前が母さんを救ってやってくれ。1人の男として、愛仁に頼む。
     ./ (☆)\ノi/ /.:.:.:.:.:`ァ=;;;;;;r-'"´
   / // .7.:.::.:.:.:.トーiヘ、;,;/   ヽ>         裏方はお前たちを快く思っていない。それは分家の奴等も同様。
  / (☆) /.:.:.:.::.:.:.|/  `ヽ `-=,,__∥,、
/   ,, -"´.:.:.::.:.:.:/            `i,,=、          ……最悪、何らかの手口で母さんを消しに来るかもしれん。
 _,,-='´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/,             (>ヽ,\_
´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::/::/           ノ;;;>イ ヽヽ
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/::∧  ノ/       ´ ̄     ヘ 〉
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:::::::ヘ /:/               ヽヘ
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:::::::∥/::::\             ,,=- .∨
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ノ:::::::::/::::::::::::::::::\           ,ハフ,ノ .iリ、
.:.:.:.:.:.:.:/:::::::/∨::::::::::::::::::::::ヽ           ̄  |=イ






               ., - ―===- .、
            /         \
           /             \
           j    .:.:::::::::::::::\_j   \     いいえ、父さんが死ぬなんて絶対に有り得ませんし。
           |   .:.:::::::::::::::::::r‐ミ'/⌒}   ヽ
          ノイ     .:.:.:.:.:.: } ノ _ ム  .|    母さんを死に追いやろうなら俺が許しません。
 ̄`ヽー- 、 __ /了|´    /   /ノ    ヽゝ .|
.ヽ:..:..:..丶:..:..:..}:..:..::| |     {____/       { |   俺は、こういう時の為に、零式防衛術を学んできたんです。
:..:..l:..:..:..:..:..:..:..!:..:..:..|  l    く`{        i .|
:..:..:l:..:..:..:..:..:..:l:..:..:..:.|  l    `ソ_       }_/   最悪の未来は、絶対に起きません。俺が守ります。
ー..、`ヽ:..::..::/..:::.::.::.:.l   ヽ >≦--.、ヽ      /
二:..ヽ:{:..:.::.:>ー::´::| /ク′:..:..:..::.::.\ヽ  /
::.::.::.:ーヽ::.::|::.::.::.::.::.::.|^>':..:..:..:..:..:..::.::.::.::.:ヽV
::.::.::.::.::.:{::.::.:l::.::.::.::.::/:..:..:..:..:..:..::.::.::.::.::.::.::.ヽ〉
7040 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/02/27(木) 02:51:32 ID:nPw7SKKA0
           ゞ         ゞノソr
         ヾ             ゞ
        ヾ    ミヾ ゞヽヾ丶  ,.,.,.彳
        ミ   ミヾ      ゞ'ソ  个     ふっ、よくぞ吼えた。それでこそ俺の息子だ。
        ミソヘ ゞ ::::::::        |
        │5 丶 r===≧  __ /     ……地下に来い。お前には、一度見せておこう。
        ゝヘ__  ( ::::ー-- ソ=√二 ア
        彳八  丶--ー :: トー--/     恐らく、零を着装するのは刹那ではなく、愛仁。貴様だからな
        人  ヽ :::::::  ::_ 」  ノ
      _イ  `ヽ 丶:::::::ー─ /
-ー' ¨ ´  ゝ    `丶ヽ___∠_      λ
彡彡ノ    ヽ      Υ ノ   ̄ゞミミ 〆/}
彡        `丶_  / 丿       ヾ ┤
            ヽ┴ ´           トヽ
            │ ●         ││
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃そう言うと覚悟は立ち上がり、自室へと愛仁を招き入れた。鍵を掛け
┃厳重に紙で栓をしてから、もう一度確認し、そして地下へと繋がる階段へ
┃愛仁を連れて降り始める。

┃そこは、普段なら当主以外は通してはいけないはずの部屋だったが
┃いざという時に、零を身に纏う未来を見越して愛仁を案内したのだ。
7041 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/02/27(木) 02:54:57 ID:nPw7SKKA0

               |  |     |        |      .|  |
               |  |     |        |      .|  |
               |  |     |        |      .|  |
               |  |     |        |      .|  |
               |  |     |        |      .|  |
               |  |     |        |      .|  |
               |  |     /.|ー‐―‐――. |.\    ..|  |
               |  | __八  .| 日 日 日 . |  .八__ |  |
               |  |/`´/ .>| |/| |/| |/| .|<  `´∧ |
             /七 ヒ /   ソ` ――‐――イ  ヘ、匕 テ `\
           //ー‐そ_ー- i イ ̄ ̄ ̄ ̄ ゝi -ー_ソヽー‐∧\
         <   ヘー´  /ミミ.⊥iニニ兀ニニi |彡彡 \          >
          i .\ ___彳\__ .iー―──‐.i |___ /个____/ i
          |  i     .i  i __ i  ,-─-、 .i | __ .i  .i     i  .|
_         ヘ__|   _.|  | l = l .! .i     l .l | = l |  .|_    | /
 \            ̄、_|.二.| i 二 | | .ー―─ .|.| 二.i i   |_ ,  ̄
   ヽ         .「二iXX/i/ .i | ! ! .| l !     | .|.| | ! ! |ヾi\XXi二」       _
 r二√`ー、    /XXX/ 「 ̄ \ | | .i i !____j j.! ! | | /  ̄」ヽXXXヽ     /   ヽ
 i i/ r-、iミ三/住XX <、ー- > i `ー┤ ├──´i <-ー ,> XX儲ヽ三ミ i  r ‐<
  {  ゝ-´ \彡Y∠\ __Y ̄ ̄i  凹 ー─ 凹  i ̄ ̄ Y__ />Yミ/  ゝ-´ ゝ
  i  .彡三ミ   }   .,ー i   i    .|    i    i    .|     i  i ー、 .{ へ ___ /
  レ´i    i   ノ /_ _ _ _ー´ ̄ ̄∧__ |     | __.∧兀 ̄´ _ _ _ _ヽ i   l  r ‐< i
   |     | ノ  斤////ソ ̄ ̄ `仆仆仆仆仆仆仆仆´   ///ルルゝ ゝ-< ゝ-´ L_
   |     |                                  ///へ<  ノ_ _
   |     |
   |     |
   |     |
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃通された地下室は、イメージとはかけ離れた存在だった。良く分からぬ
┃大きな機械が壁に張り巡らされて設置しており、その中央には暗くて
┃良く分からぬが……人のようなのが座り込んでいた。

┃暗くて輪郭が分からん。愛仁がそうぼやくと、覚悟は彼を中央へとさらに
┃近づくよう指示し、そして明かりを付けた。
7042 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/27(木) 02:55:41 ID:qw0KPJhk0
親しいものは見抜いているのか、……刹那南無
7043 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/27(木) 02:57:15 ID:YhMxbCPg0
刹那も不憫な子だよな…
7044 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/02/27(木) 02:58:16 ID:nPw7SKKA0
                              ,ィ、,ィヘ、
                         , .,ィ'´::::::::::::::ヽュ
                       _,ィ'´i'":::::::::::::::::::::::::::入
                     ,イ",.';;;;;',: : : : ::::::::::;=-―-ミュ、
                    i:i:::;';;;;/`ゝ=-‐ラ'´;ィ‐、ノ`>:::: ̄7ュ     .,ィ="フ
                    {:ヽレ='´: : :;ィ'"´;: : :_> ィ'´:::::::::::/::/7  .,ィ'"´:::::,ノ
                    |/i;\: : : :ヽ: : : : : :``ヘ、ニニコ::;/ノ'.,='"´:::::;ォ'"´
                    ヘi彡'`ヽ、::::i/⌒゙iテイ::::::::::::/{,ィ'´;::::::::;ィ'´
                       ixiト、j_∠Y___,ノノ/::::::::/: : \ゞノ"´
                        i`゛:i: ",.':::::リヘヘ;;ニフ´;'ゐ、: :::ノ´
                      入::::i:,.'::::::::::}レ彡ミi .,'ィ'´::::::/
                    /_ム::ヽ:::::::::〈((、 ヽ、_,='´
                    "´   〉入::::::::Xヨ≧ヽ!三{ ,ヘィヘnィ‐-、
                   __,=-=、 {` ̄ ̄二ニ=彡´__,='-‐―、i=-、 `ヽ、         .,ィ
          ト、       _i二,=-‐ゝ}-‐彡´, '´,ィ=彡ィL,==-‐ニ=-ミ、_ヽ    ,ィ=-‐'´/
          i `>-‐=テ≦-‐==テ'´ (_____,ィ'´-‐=='´ ̄7´::::::::::::::::::`r⌒'"´   /
          レ´:::::::::::::://;;;;;/,::',ィ'´‐'´ ̄>、,、:::::::y'⌒Y´/´::;;;;/::::::::::::::::::::::::リ;;;λ.    /
         く::::::::::::::::::ii;;;;;/./ }j≦=イoヽo}:::::::ゝ=-'ノii::::;;;ii::::::::::::,==='";;;;;ヘ、`ヽ、_,イ
         /`ヾ、,=-、jj;;;/'´ノ)//__//:/o,ィ:::::::::::::::::)))::ii:::;;;;レ"⌒ヾ´:::::::::::::::;;;;;;;;;;ヽ、j;;;;{
         〈::::::ノノ⌒7⌒i:ムo::ト──イトo〈:::゚::,ィ'⌒ヽぐノ:リ::;;;;;i    ',',::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;j
         ヘ:::人 /ノ ノ::::::::::::::} }{ {:::::::::::::::::((    ))::ノノ::;;;;人  ノノ:└―‐--:::;;;;;;;;;;;;;/
        ,ィ'::〇≧ヽイミ::::::::::::::} }{ {:::::::::::::,イ乂_ノイ//:::rt;;;;;;;;Y、〈:::〇::::::::::::::::::;;;;;=‐-7、
       .//:::::::://入ノ二二ミ`ヽ/二二ニュ〈::::,二ニノ'´  /;;;,、;;;i|::〉〉::::::::::::::::::::::::,イ ,ィ⌒ヾ、
       〈/:::::::::::ii;;|, '\    `t;|     ,イ、     // i;;;i`| |::::::::::::::::::::::::人弋ニ)iノノ
       〉,ィ、::::::ii;;ヘ、_./\__ノ八__/|_,'_二ニ彡'/´\  |;;;ii;;リ::::::::::::::::::::::::::::::ゝミ彡イ
       r/イ ヽ、ノ;;;;≧///;;;/`゙ヾi|ir'´ ̄`\ヽ   //    ヽ';;;;ii〈〈:,イ⌒ヾ、:::::::::::::;;;;;;;;;;;{
     人i:弋ノノ≦彡´|`Y;;/  ,';i|i|     ヽ-‐ラ´.ノ    /;;;;;;;;ii;;`ゝ、  ノノ::::::::,ィ===ヾ、
      ヾ=イ{ミニ三彡ヘ_|;;〉‐-〈;;i|iノ--‐―'´人‐-〈〈    ノ;;;;;;;;;;;;ii;;;;;;λ`Yイ_,ィ彡'´;;;;;;ノノ;;;;;i|
     |`ヽ,イミ三三三彡〇ヽ_〉{|}ヽ、_,ィ'´〇ヾ、ヽ_,ィ'´;;;;;;;;;;;;;;ノヘ;ノ ゞ〃`´;;;゙ヾミ彡'´ヽ;ノ
     ,':::ii;;{ミ三三三三彡}/゚ ̄`、{|}:j-‐'"´゚`ヽ、::ノノ::゙ヾミ彡'´;;;;;;;;イノ  `ヽミ三三三三彡'},ィ-‐、
      i:::/ヾ、ミ三三三彡','入   Y     ,インノ::,ィ'´,イヘ\;;;;;/      }ミ三三三三/"´:::::::/}
     |/: ::: ヾミ三三彡/Oヽヽ、_八___/;ィ'彳´∠==三ニミノ      {ミ三,シ'"´ヾ'イ ;;;:::::,';ノ
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃鎧だった。黒くて、各部分が巨大な螺旋で止められている。各所に紅い
┃ラインが幾何学的に走っており、呼吸するように大きく光ったり、小さく
┃点灯したり、まるで生物のようだった。

┃間違いない。数ある鎧の内、最古にして最強と唄われる強化外骨格 零だ。
7048 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/02/27(木) 03:03:04 ID:nPw7SKKA0
                  ,ノヽムムハハ..,、
                /アノfr-=、`ヽ,ヾ_
               / /∥ /'-弋ハハ_,,ヾハ
             / //ミ 7'-,,___乂>ヘミi     ――――。
            /ノ イ/^i.:.:.:.:|     "..ムj
           /,' .∥ソ ノi.:.:.:.:ヽ,  -‐=r .リ
        ,,-/、/  / ,/i.:.:.:.:.:.:.:.:i.   ⌒' /
       /  `ヽ ノ,/r'-=、_.:.:.::ヽ、  ,/
     ./ (☆)\ノi/ /.:.:.:.:.:`ァ=;;;;;;r-'"´
   / // .7.:.::.:.:.:.トーiヘ、;,;/   ヽ>
  / (☆) /.:.:.:.::.:.:.|/  `ヽ `-=,,__∥,、
/   ,, -"´.:.:.::.:.:.:/            `i,,=、
 _,,-='´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/,             (>ヽ,\_
´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::/::/           ノ;;;>イ ヽヽ
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/::∧  ノ/       ´ ̄     ヘ 〉
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:::::::ヘ /:/               ヽヘ
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:::::::∥/::::\             ,,=- .∨
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ノ:::::::::/::::::::::::::::::\           ,ハフ,ノ .iリ、
.:.:.:.:.:.:.:/:::::::/∨::::::::::::::::::::::ヽ           ̄  |=イ
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃何を話しているのか分からなかった。ただ、その鎧の壮絶さに感動していた。
┃遙か昔から、時には魔女と。時には軍と。時には単身で。

┃その時代で、人類の平和と安寧を脅かす怪異・悪人たちから人類を守ってきたのだ。

┃正しく、人類の歴史である。愛仁は思わず敬礼していた。覚悟も同様だった。
7049 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/27(木) 03:03:40 ID:4oE934MM0
エッ……そうゆうことなの?
7058 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/02/27(木) 03:11:12 ID:nPw7SKKA0
                        __
                     _ / | \ _
                   _/¨¨   |   ¨¨\_
                     〈  ̄\   |   / ̄ 〉
                    ∧ 生人/{}\人七 ∧
                    | ∧_lトミ \l/:/斗_∧ |               怪異もその規模を広げ、世界を脅かす存在となった。
           ___   \ri人_ `Y Y´ _人ri/   ___
    ____/Y⌒Y>ァ===Y()〕¨´}_{`¨〔()Yァ===<Y⌒Y\_____  近い日に、必ず大きな戦争が来ると俺は確信している。
    \   /〉::. `¨:7:::/{ 〔0〕 | {::\__|__/::} | 〔0〕 }:::} `¨´   } {   /
.       \//.:::::.._ j::::j ,廴___人 \::::::::: / 人__∧::V⌒Y ∧ム/    その時、また零が。更に多くの零式特殊兵装が……。
       }′ (__)|::::| |ii {:{   \ `T´ /  }:}  }∧:ゝ=イ . :/∨
        〈:::...    .:|::::| |ii {:{   _|_ {} _|_ Y⌒Y} /!::::lノ  .:∧     多くの戦士が鎧を身に纏い。新たなる怪異との戦いへ投じる。
      / 〉 r- 、 /:::/ :ノii {:{ 〔工〔〔__〕〕工〕:ゞ=イヽ/}::::} __   .:{\
       |/:..人_,ノ/:::/  }/⌒ヽ  r| {} |┐ /⌒ヽ } }::::}〈___〉 .::\}
       |.:.:.:  /:::/ ノ{ゝ _,ノ 〔工〔〔__〕〕工〕ゝ _ノ,人ヽ::ヽ   .:.:...:.{    恐らく、俺の時代でだ。これからの怪異は群れとなり、
       人.:.:... |::::l {:::∧Y´ ̄}} ̄ ̄l||l ̄ ̄{{ ̄`Y ∧〉〉:::マニ=- :.:人
.    /:.:.....ヽ: . |::::| 人{__|:|___}}__l||l__{{___|ノV;/∧:::マニ=-:.   ヽ  そしてより人へと近く、より強大に、世界を飲み込むはずだ。
    〈:.:.:../ ̄ ̄ ̄\_人ム___人    ||    人___ノ{´`ヽ/´ ̄ ̄ ̄\:.ノ
.     \{ _/ ̄`ーr:{ _人`ヽ{} >-r{}r-< {} / 人_  }ァ‐'  ̄ ヽ__,ハ}
      〈}∧ \   } }´ 〉 \{{     {}     }} / 〈 `/     / .::∨
..     {工〉  \ }_}/   (())==((X))==(())   ∨      /:〈工}
        `マ   〈X〉 `ヽ   {{   `T´    }}    /  〈X〉´  /
          \   >‐'ムー==}}     {}     {{===rム==ミ   /
.         ∧__/ ,.ィ´ 、\:r∧   {}   ∧r:// / ハ__∧
        {<}}ハ\\\ V⌒\_r人r_/⌒V ,/ / / /{>}
.       /〉⌒´〈∨:}__}__}__}ヽ     {}     /{_{__{___{___{/} 〈\
        //    マ_,}__}__}__}ノ : .   {}   .:ヽ{_{__{___{___{,/  \}、
     /´      ..:.:`¨¨¨¨¨´l  :.:... {} ...:.:.:   l`¨¨¨¨¨¨´:...   .:.ハ
.     { <X>..:.:..    ..:.. /..:.:/¨}¨¨{`丶 :.:..\.:..     <X>ヘ
.    人 .:.:..    .:.:__/..:.:/   }  {   \:.:.:.\__,          \
.    /         .::/ r ミ  /____,ノ  乂__,マニ=-ミ ム::.   _____}
   {\, ==ミ    ノ {〈)! /             ∨ (〉ハ 廴__/Y´X`Y{
   人〈><〉==ミヽ  乂ノ,イ               ∨乂,ノ:   Y´X`Y_,ノ`ヽ
  ( X )><⌒Yハ >_ //                ∨〈   人,乂ノ {{ Χノ
   `ヽ/⌒ヽΧノノ///                 \\     Y´X`Yノ
    乂X }}´ / //                    \\  ゝ乂ノ
       `¨¨¨¨´ ̄                            ̄`¨¨¨¨´
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃現在、零式特殊兵装は4つのみ。零と、霆、雹、霄だけである。

┃裏方も既に準備を始めており、分家の皆は自分も鎧を授かると信じ
┃鍛錬に身を投じているが……それでも、戦いは更に厳しくなるだろう。

┃今の零の武装では苦戦を強いられることは必然。が、しかしだ。
7059 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/27(木) 03:11:53 ID:qw0KPJhk0
おおう、準備中か
7060 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/27(木) 03:12:56 ID:qw0KPJhk0
そして現代ではあの数か、増えたもんだな
7061 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/27(木) 03:14:20 ID:YhMxbCPg0
覚悟が散った時はまだ戦力が十分じゃなかったのね
7062 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/02/27(木) 03:15:59 ID:nPw7SKKA0
           ,ィvyw''〃〃yハv、ヽ'v、yv、
         ,ィソ´'               ゞヽv,
        ,ソ                    ソッ
          ミ                         彡
        ミ                          彡
         ミ  ミ´``ヾヾヾヾヾ ソ ソ ソ '''''´´´`ヽ   彡    が、俺は負けない。必ず全ての怪異を打倒し、愛仁。
         ミ ミ       ((´         彡彡
         ミミ´        ヾ`         彡 メ    お前と母さんに平和な時代をくれてやる。必ずだ。
        ミミ ヽ;;,,,,             ,,,r'  彡 メ
       ミミ yーヾミヽ,,        zォ<´-、  ミソ´ヽ   二人が俺の名前を呼び続ける限りな。
       lミミ', ヽ  しンヾ;;ヽ,,l i i (ゞセ¨.しノ  ノ  ミミ l |
       | {'ヘ  丶___,,,ォ'ソミl ´  ー一 ´  ,' ,j /
      ___.ヽ、'ヘ        ミl         /__ノ
     /  `二二 ̄ヽ.   ミ:l ,          /ゝ
    j  /    `y'_ 、____,      / ト
    | /     /   `ヽー一¨、__    イハ|
   /      /    ,j    l   `ヽ/lハl
  ,イ       ./     ,{     .|     l  |
  l       '      j     l     |  ヘ、
  |                   '   ノ    `ー






                        _,、__
                      ,ィ´:. ̄:.:.`,ヽ、    ,ィ
                 i\   /,.-i.:.,;= 、.:.:{ {:.、!、//
                 ヽ:.:.Y!i ‘=ソ.ゝ=':.:.:ヾ='ヽ:.:./
                   Y:.Y´..:.:{!:._:.:i}.:.:.:.:.:Y:}´
                    ヽ:ゝ/フ〈-<ニ二ヽ'/__   __
            r、   r-r'⌒,.r‐〉' | //、!ヽ、-‐Y_:.):-.:.`ヽ':.:.:.:./       そうだな、零! >
            !:.:.:>‐/-、!'⌒:.:/ /ヽ-! ヽ \:|:.:.:.:.:.:.:.,:':.-:ヽ/
            ヽ/:.:.:ゝ-':.:.:/ ,.' ,':.:} :.!  }:!(二):.:.:.:.:.:.!.{
             ,':.(二)_:/  /   i:.:,'  :!  |:{ヽ:.:r-、:.:_.:.':.:ヽ
, -――- 、    /:!´:_:.:/   /   i/  ,'   i:ヽ,!.:ゝ _):.-:.:.:.:.{
        ` ー- '― ´    /   , '  /    !.:.:{:.、:.:.:.:.:_::.:_:_.:ヽ
-―               -  ´   /   /    i.:.:.∨ヽ:{ __):-:.-:..ヽ
 _    `  ー  '         /    ,:'    !:.::..ヽ:.ヽ:.:.:r=、:.:.:.:.:_}
'   `ヽ、             /         |:.:.:/ゝ!:.| {_i}:.:.Y:ヽ
     ヽ、        _ ,イ!     ,       !-'   ‘-r_`:-<:./ ソ
       `  ―-  ´    ソ    /      /-{    ヽ`ヽ_,'-'
                /    /      /:.:.:.:!       ̄
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃彼の掛け声を聞いて、零の目が蒼く光った。それと同時に体のラインも
┃真紅から深蒼へ。同時に頸元から純白のマフラーが飛び出る。

┃これが零の返事だ。覚悟は頷き、そして足元の小さなわが子を見た

7065 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/02/27(木) 03:22:05 ID:nPw7SKKA0
                  ,ノヽムムハハ..,、
                /アノfr-=、`ヽ,ヾ_
               / /∥ /'-弋ハハ_,,ヾハ
             / //ミ 7'-,,___乂>ヘミi     ……そうだ、俺はまだ斃れる訳にはいかないんだ。
            /ノ イ/^i.:.:.:.:|     "..ムj
           /,' .∥ソ ノi.:.:.:.:ヽ,  -‐=r .リ    守るべきものを背負ってる限り、死んでも着続けなければ……
        ,,-/、/  / ,/i.:.:.:.:.:.:.:.:i.   ⌒' /
       /  `ヽ ノ,/r'-=、_.:.:.::ヽ、  ,/
     ./ (☆)\ノi/ /.:.:.:.:.:`ァ=;;;;;;r-'"´
   / // .7.:.::.:.:.:.トーiヘ、;,;/   ヽ>
  / (☆) /.:.:.:.::.:.:.|/  `ヽ `-=,,__∥,、
/   ,, -"´.:.:.::.:.:.:/            `i,,=、
 _,,-='´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/,             (>ヽ,\_
´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::/::/           ノ;;;>イ ヽヽ
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/::∧  ノ/       ´ ̄     ヘ 〉
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:::::::ヘ /:/               ヽヘ
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:::::::∥/::::\             ,,=- .∨
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ノ:::::::::/::::::::::::::::::\           ,ハフ,ノ .iリ、
.:.:.:.:.:.:.:/:::::::/∨::::::::::::::::::::::ヽ           ̄  |=イ
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃敬礼を続ける覚悟と愛仁。目の前の神武の超鋼が、人類の矛であり盾なのだ。


┃……これが、愛仁がまだまだ心も幼く、現人鬼と呼ばれる前のこと。

┃1935年。扶桑海事変から……ちょうど一年前のことだった。
7069 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/02/27(木) 03:27:20 ID:nPw7SKKA0
      /                    \        /
 よ と /          _____        \ 知 何 /_
 し に  ̄/    _ノ火´ =ニ三て_,r─ _   /  ら  だ  /
. ! か  く    {Y r t_rxr rくくく< ̄二(⌒   \. ん  か く
    く   \   ミ、/`ー-    .: ̄辷 ⌒ー-  /  が    \
     f ̄ ̄   }|     __, -‐== 辷=‐-   ̄\     | ̄
/∨\/       }廴___  ´rくフづく  } ニ ‐-     \/∨\|
             ]rrゥ、|      :   辷‐-<_
        +;. .  ]}ゝ´|     :   ,}rul||=-~             という昔話があったのだ!
            |  ヽ`__, :  (( _ノ儿'⌒
              ハ  ´ ='´  :   ├} t\             ふふっ、今思えば懐かしい……古き思い出は美しいとやらだな!
             〈ヘ   . .. .: . ._ノム| [i.iフ|'⌒ー‐-
                 「\___,.     マ\. |  r',ニ二        思えば、あのころから愛仁の奴。女を誑かすのは美味かった!
                  |  /jノ|!.|     ト、.\| ノ/二ニヽ
                  | i/-‐弋|     い}  //___
                /|/   /|    '´ /  .厶-──
           丿     |: "'     /
     ,_-─--‐'´        |:       |          /〃
      _二エニ=-         |:       |       /〃/
    /            |:      |      /〃/










              .-――:::::::¨¨:::::::`
        /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
          ィ::i´:::::::::::i:::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::\
     //::l::::l:::::::::::|::::::::::i:::::::::::::::::::i::::::::::::::\
   ///i/:/::::::i::::::::::|:::::::::::{::::::::::::::::::l:::::::l::::::::::::}
  / /////:::i::::::::::」_:⊥斗ハ´:::::::::,イ::}:::::::/:::::::::/
  ヘ////{ハ!: ,イ|/ |/  ヽ::::/ |/`ヽi:::::::/
 /:::::l∨//// ∨: {  ○   ∨  ○ /レ´⌒>        そんな事言ってないで零の整備手伝ってくださいよヤダ―――ッ!
 {::::::l: ∧//// ∧:人。 ゚       ゚c: : : : く
 l::::::ヘi//////i: :ハ'///////,}: : : /´ヽ        時間も無ければ余裕も無いって言ってるのに、もうヤダ―――ッ!
  l:::::::|//////|:::::N            i: : : \////ヽ
  |/ |//////| ̄ ̄|⌒ヽ、        人: : : : \//// i   もう、なんで愛仁は女を誑かすのが上手なのヤダ―――ッ!
.///.!////// i./// |      ̄`ア イ` ト、/´⌒/////
\////|///// |// ト――┬―く  :レ´\///////
 i.\ |////  | //|゙‐rゝ_7ィ,/゙i\ /////. /
 |:::::ゝi//////∧//|イ/〈: 只l \'‐‐r \ヽ/\
 |:::::::::{ //////// / : : .个: : : \ ィ/::::\:::::\
 |:::::::::∨//////. | \イ: : .人: : \/\:::::::::::\:::::::\
 |:::::::::::.V /////|   丿 ノ ゝ: : : ゝ  ):::::::::::\:::::::::::|
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃と、時は変わって1941年6月。ガリアの山の中で鎧を弄るBBが泣き叫んだ。

┃なんだってこいつは……羨ましいんだ。ふざけないでください。そこを代わって!

┃心で叫んだが、零を解体する手は止めない。とにかく今は、毀害殺傷兵器を
┃取り外し、別なのを取り付けないとで忙しいのだ。
7070 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/27(木) 03:27:52 ID:x2XudunY0
そっちの回想ですか そうですか
7071 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/27(木) 03:28:13 ID:YhMxbCPg0
相変わらずデスマーチ状態のBBさんお疲れ様っすw
7072 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/27(木) 03:28:20 ID:KdzT4nvQ0
そっちの回想かよw
それとBBさんがなんかもう可哀想に思えてきた…
7073 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/27(木) 03:28:32 ID:qw0KPJhk0
あんたの回想かw
7076 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/02/27(木) 03:30:45 ID:nPw7SKKA0
                  /: : : : : : : : : : : : : : : : : :.\  ,. -― 、
             /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :X 、_ノ /
                /: : : : i : : : : : : : : : :i: :i-zx: : : : / { ヽ    {
             /: : : : :i.ト. : : : : : : : : :|: :|  彡: : :i  \\ .ノ
             ,.: : : : -:|:L', : : : : : : : :.}: :!  彡: :{.    ーヽ
              i :{: : : : :N iヽ: {: : : : ,:斗: ;   〉: :.ハ    /     ウェヒヒヒ
              {: !',: :i : iィfミ、: ', : i: : :/.j/fミ、.}: :_:_:.\ /
           マ!ハ: ', :マ {沁\ト、/'" 泛ソ》 j/ ィ ',: :.Y      懐かしいわね……そういえばそんなこともあったわ。
             V: :ヽト、{   、          b} }: : :',
           /: : :! ハ      _ ..ィ    / ー.イ: : : :ヽ     覚悟が死んで、零が壊れる一年前の話じゃない。
              ,: : : :{/: :_ヽ.ィ≦三ミ<===zz--: :..,,__: : : : :\
              i: : : :|: くニ/ニ///ニニ\ニニニニニ/: : : : : :.\
              |: : : :|:.:/.≦{__{__}ミ:.ニニ\ニニニニ/: : : : : : : : :.\
            /|: : : :{/ニニ/: :iニニヽニニニヽニニノニニ≧x: : : : : :\
         ./: : :!: : /ニニ,: : :.|ニニニ',ニニニ,//ニニニ:i::::i : : : : : : \
      /: : : : :.レ'ニニニ/: i: :.|ニニニニ',ニニニVニニニニ}::::|: :\: : : : : :
      : : : /: /ニニニ/: :.:|: : !ニニニニ.iニニニニ,ニニニニ|::::|: : : :\: : : :
      : /: : /ニニニ/: : :.:|: :.|ニニニニ|ニニニニ',ニニニニ|:::::!: : : : : \: :
      : : : : /ニニニニ,: : : : j: :.|ニニニニi!ニニニ:,ニニニニ!::::|: : : : : : : : :
      : : : 〈ニニニニi: : :i: : : : |ニニニニ|ニニニi:|ニニニニ:::::!: : : : : : : : :
      : : : : ヽニニニ{: : {: : : : |ニニニニ|ニニニニ|ニニニニ|::::|: : : : : : : : :







     yvvイイ从从イイイソハvvv
     ミミミアァアァミシ入从从九
    ミミミミツツツツツツ彡彡从从人
   ミミミツツツツツツ彡彡彡彡イイリリli
  ミミミツツツツツツ彡彡彡彡彡リリリli           まったく。あの後は忙しくてよくKAROUSIしなかったと我を褒めてやりたい。
  ミミミツツツツツツ 彡, ィ彡V f^Yソソリi
 ミミミ'ソ''ソ'ツ ノ`Y彡 彳{{ソ  .l|Vリ 入           その御かげで零を簡単に盗んでこれたのだが。あのルサルカと球磨川の
(((('ソ'ツツ ,∠,,,','.   `Yチ oノ li  l \,
 \ゝ''、  jk勺"     .ヽ ! \ li_ ノ li ``'"⌒ー──‐-    泣き喚く様なアホ面が目に浮かぶわ。
   `ソヽ,' "         |: ヘ.l == _li_  \.    r',ニ二
     l :_         ノ_\ソ      ⌒\、i   ノ/二ニヽ
     └ '7__,,ィコ     ' ⌒`        _,,_ }  //___
            `i,  ,/⌒ヽ,_        ̄/  .厶-──
          |/ ̄/    `l       /
      ,_-─--‐'´        |ー 、  -ー  |         /〃
       _二エニ=-         |    :     |      ./〃/
     /            |    :     |      /〃/
7080 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/02/27(木) 03:34:34 ID:nPw7SKKA0
                        __
                     _ / | \ _
                   _/¨¨   |   ¨¨\_
                     〈  ̄\   |   / ̄ 〉         その零を更にぶっ壊したのはアナタでしょうが――ッ!?
                    ∧ 生人/{}\人七 ∧
                    | ∧_lトミ \l/:/斗_∧ |           もうヤダ!愛仁の所行く! バイクと零を届けてあげれば
           ___   \ri人_ `Y Y´ _人ri/   ___
    ____/Y⌒Y>ァ===Y()〕¨´}_{`¨〔()Yァ===<Y⌒Y\_____    好感度がうなぎ上りなのは間違いないんです!
    \   /〉::. `¨:7:::/{ 〔0〕 | {::\__|__/::} | 〔0〕 }:::} `¨´   } {   /
.       \//.:::::.._ j::::j ,廴___人 \::::::::: / 人__∧::V⌒Y ∧ム/       「BBちゃん、ありがとう!」ってキスしてもらうんですー!
       }′ (__)|::::| |ii {:{   \ `T´ /  }:}  }∧:ゝ=イ . :/∨
        〈:::...    .:|::::| |ii {:{   _|_ {} _|_ Y⌒Y} /!::::lノ  .:∧
      / 〉 r- 、 /:::/ :ノii {:{ 〔工〔〔__〕〕工〕:ゞ=イヽ/}::::} __   .:{\
       |/:..人_,ノ/:::/  }/⌒ヽ  r| {} |┐ /⌒ヽ } }::::}〈___〉 .::\}       あ、ふざけんじゃないわよ糞BB! >
       |.:.:.:  /:::/ ノ{ゝ _,ノ 〔工〔〔__〕〕工〕ゝ _ノ,人ヽ::ヽ   .:.:...:.{
       人.:.:... |::::l {:::∧Y´ ̄}} ̄ ̄l||l ̄ ̄{{ ̄`Y ∧〉〉:::マニ=- :.:人       そうだぞ! 零は元はと言えば散のだ! >
.    /:.:.....ヽ: . |::::| 人{__|:|___}}__l||l__{{___|ノV;/∧:::マニ=-:.   ヽ
    〈:.:.:../ ̄ ̄ ̄\_人ム___人    ||    人___ノ{´`ヽ/´ ̄ ̄ ̄\:.ノ      バイク、いい加減届けてあげましょうよ…… >
.     \{ _/ ̄`ーr:{ _人`ヽ{} >-r{}r-< {} / 人_  }ァ‐'  ̄ ヽ__,ハ}
      〈}∧ \   } }´ 〉 \{{     {}     }} / 〈 `/     / .::∨
..     {工〉  \ }_}/   (())==((X))==(())   ∨      /:〈工}
        `マ   〈X〉 `ヽ   {{   `T´    }}    /  〈X〉´  /
          \   >‐'ムー==}}     {}     {{===rム==ミ   /
.         ∧__/ ,.ィ´ 、\:r∧   {}   ∧r:// / ハ__∧
        {<}}ハ\\\ V⌒\_r人r_/⌒V ,/ / / /{>}
.       /〉⌒´〈∨:}__}__}__}ヽ     {}     /{_{__{___{___{/} 〈\
        //    マ_,}__}__}__}ノ : .   {}   .:ヽ{_{__{___{___{,/  \}、
     /´      ..:.:`¨¨¨¨¨´l  :.:... {} ...:.:.:   l`¨¨¨¨¨¨´:...   .:.ハ
.     { <X>..:.:..    ..:.. /..:.:/¨}¨¨{`丶 :.:..\.:..     <X>ヘ
.    人 .:.:..    .:.:__/..:.:/   }  {   \:.:.:.\__,          \
.    /         .::/ r ミ  /____,ノ  乂__,マニ=-ミ ム::.   _____}
   {\, ==ミ    ノ {〈)! /             ∨ (〉ハ 廴__/Y´X`Y{
   人〈><〉==ミヽ  乂ノ,イ               ∨乂,ノ:   Y´X`Y_,ノ`ヽ
  ( X )><⌒Yハ >_ //                ∨〈   人,乂ノ {{ Χノ
   `ヽ/⌒ヽΧノノ///                 \\     Y´X`Yノ
    乂X }}´ / //                    \\  ゝ乂ノ
       `¨¨¨¨´ ̄                            ̄`¨¨¨¨´
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃この散バカトリオもいろいろとあるのだが……さておき。

┃そろそろ話を主人公に戻すとしよう。

7086 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/02/27(木) 03:39:26 ID:nPw7SKKA0
                /  /   :,               _
       -‐‐-ミ /  /{_ iハ         -‐ァ冖 ¨ く
      ,:ァ ´ `ヽ /  /  / | |_   -‐    ∠ __ r' ⌒
    / {   _ /  /   \| |   `  、     ノ
    .′i|-く: ヽ/  /      >  ミ    \   /\
┗○━┿f}ハ  {  .′   く⌒         ヽく  「⌒
   {  乂リ / ! }    「 /       、    `  、    いやはや……対戦車地雷を喰らうとは
    、 _:/圦  {Vi√ ̄ /        ハi      }
     \/{‐i \  i{ l i/     {、   | _j_     |   足元がお留守でござるなぁレイヴン殿。
      ./ } |\    l| | |   /} |_\  l ´ |   / :i {
     廴_圦    i| | | -ァ 爪{.   Ⅵ! xミ_ / ノ/    人型を6体倒しても、これじゃあ笑い落ちで御座るぞ。
       }「 \   i| | |/≫=ミx  }ノん } //}/
        {{    \ l| | |: 《  iJ     {リ厶イ  ′
       }}  / :iヽ| | |    {リ    { ゙゙i゛ |
       ″ / \ノ | | |  ゙゙゙     ′人 {
         /:、  \i| l |>:。.  r一ァ /|   i
      ./   \   il   {-‐{ 、>‐{ V i|   |
    /⌒ 、  :\八  }: : :\\ _|___ト、}   i|
  , ⌒ 、   \   ヽ \i{ : : : : Y´_ノ-‐ ¬ }八
 ./     \  ヽ.   ∨ ∧: : : :_l: //ニニニ} } ′
 ′     ヽ  ',  ∨:ハ: ::((//ニニニ7./







               ., - ―===- .、
            /         \
           /             \
           j    .:.:::::::::::::::\_j   \
           |   .:.:::::::::::::::::::r‐ミ'/⌒}   ヽ      ……えぇ、きっと運が味方してくれたんですね。
          ノイ     .:.:.:.:.:.: } ノ _ ム  .|
 ̄`ヽー- 、 __ /了|´    /   /ノ    ヽゝ .|      対戦車地雷が爆破してもよく生き残ってられたよ……本当に……
.ヽ:..:..:..丶:..:..:..}:..:..::| |     {____/       { |
:..:..l:..:..:..:..:..:..:..!:..:..:..|  l    く`{        i .|      つーか、なんでそんな話で信じるんだよ。おかしいだろ
:..:..:l:..:..:..:..:..:..:l:..:..:..:.|  l    `ソ_       }_/
ー..、`ヽ:..::..::/..:::.::.::.:.l   ヽ >≦--.、ヽ      /                           え、何か言ったでござるか? >
二:..ヽ:{:..:.::.:>ー::´::| /ク′:..:..:..::.::.\ヽ  /
::.::.::.:ーヽ::.::|::.::.::.::.::.::.|^>':..:..:..:..:..:..::.::.::.::.:ヽV
::.::.::.::.::.:{::.::.:l::.::.::.::.::/:..:..:..:..:..:..::.::.::.::.::.::.::.ヽ〉
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃さて、市内の医療天幕のベットの上で。レイヴンはユキカゼと楽しく頭を
┃痛めていた。どうやらあの無線を全員信じているらしい。

┃時間は午後の3時。既に車両の渡河も済んで、必要な物を全て徴収したら
┃いつでも都市から出られる状態だった。

7091 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/02/27(木) 03:43:06 ID:nPw7SKKA0
.        / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
.       /:.               \
     /: : :               \
.     / : : :                  ヽ     はぁ……糞っ。胸糞悪いもん見たせいで……
    | : : : :   ,.,,,,ノ⌒" '' ``⌒\,,,   l
    |: : : ::;  ( ○ )   ( ○ ) .;:: |      なんだかなぁ。思うように力が出ないな。
    |: : : : :    ´"''"      "''"´     l
  ,_ ヽ___    (    j    ) u /__
/:: r' | r' ̄二ユ:`ー-‐'´`ー-‐'′ / : :: :: :`:、__                   おーいレイヴン! >
: : : :::| .| | /  ) `)         /: :.ヘ : :: :: :: :: :: :\__
 : : |.ノ. ノ /  ⌒ヽ_  _  , ´ |: : : :ヘ: :: :: : : : : : : : .ハ
 : :: ::\         `ト、   /: :、 : : \: :: :: : .i i: :/: ::ヘ
 : :: :: :l: `ー┬-、      |ii入 /|:: :: :\/: : : : {. レ /: :: : ヘ
  : :┐|: :: :: :: :\)  7 ./iiii〈    |: :: :: :: :\: :: :: :V /: :: :: :: :}
 : :イ .|__/ ,へ/⌒\ ./iiiiiiii}   | : : : : : ::/: :: :: : V: :: :,イ: : :!
 イノ: : / /: :: :\_  ̄\iiii}   |: :: :: :: :/----: : .| /ノ: :: :|
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃かといって、あの中身がネウロイとウィッチでしたなんて話して見ろ。
┃そしたら士気は間違いなく下がる。たとえレイヴンが頑張ったとしても
┃兵士は躊躇するだろうし、ウィッチも間違いなく戦いを避けるだろう。

┃士気が下がったところを叩くのは兵法の基本、それを防いでいるのだが。
┃入り口から元気な声が響いた。恐らく警戒飛行から戻ったレヴィだ。
7099 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/02/27(木) 03:46:11 ID:nPw7SKKA0
                   ヽ \
                 {  '.
      、_         ´ ̄\ }___
      \ ̄ ̄ ̄   ⌒7\  ´     `丶    ___
       >―::-/   //             \/   \
      <__:::::/   /                 ̄`l`く::::::: ̄ ̄ ̄:::::>
        / /  //                 \ | }::::::::::___/
.         / /   /イ  /   /|  |       ∨ |::::::::::::\|
       | '|   .イ |  /|\/ │ | |/   ヽ│ |⌒\::::::::\        お、ユッキーもいるけど……まぁいいか。
       |/::| /::{ | l|下f汀' l斗匕| \|  | | │   \_:::::::\
       ∠::八/ ̄ハ人 i} 上J 八|´下汀ア ハリ /|       | ̄ ̄     怪我は大丈夫だった? もう動けるの?
          \∧|./リ// ,     ┴‐' |∨|' )/ │    |
              /  |  人       ////  |/⌒│     │        対戦車地雷はポテト味って本当なの?
          |  |/ | \ })     uィ| │   }     │
          |  |   | l个ー‐ ァ≦=彡| │   ,'|    │
          |  |   | | |  ∨三匸]│ |   ,ハ|::     ::|
          |::  |   ::| | |  /三三三.|  |⌒ヽ{圦:::.. .::::::|
           l::: .::|:::....::| |│ {{.三三三」 ..::ト、__」ニ∧:: :::::::: |
           |::: :::|:::::::::| ::|│  \三三ニ|:::::|   |_/ ∧:::::::::::|
           |::::l八:::::: |::::| |   |`'ー=ニ|:::::|   | / ∧:::::::::|
           |::::| ::::\::|::::| |    |     |:::::|   |イ三ニ|::::::::|







                   _. -─‐- 、
                   /      ⌒ \
                / ⌒    (● )  ヽ
                / ( ● ) 、_)    }           お前は何処からそのアホみたいな知識を仕入れるんだ?
                |    (__ノ /   ノ
, -、ィ--、           ヽ、     ̄   ノ                     え、リベリオンの銀髪の女の子が教えてくれた! >
\/ /`>‐、           `>     :<
 / ‐'_, -‐、     ___, --/: :/ ,,ニ'"     |: : ヘ:::::>...__    よーしあいつか。後でライン川に放り込んで魚の餌だな
 ヘ    f 〉    /::::::::::::/: : :/ /  ヘ   ,': ___:ヘ::::::::::Y:::::ヘ
.  ヘ     Y    /:::::|::::::: ̄:Y:,' /  0 \ .;/::::::::``:::::::::|:::::::::ヘ
   ヘ    .}    |:::::::}::::::::::::::ヘ:ヘ     //|::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::}
   |\  .|>、 .f::::::::::}:::::::::::::::::} ヘ 0   //..|::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::{
   |ヘ .>‐┐ //::::::::::ノ::::::::::::::::{ .ヘ  /  |::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::Y
   |\\__ ∨):::::::::::::Y:::::::::::::::|   ∨.    |::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::ハ
7100 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/27(木) 03:47:17 ID:x2XudunY0
純真な奴に嘘を教え込むのはいけませんなぁ……
7101 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/27(木) 03:47:17 ID:KdzT4nvQ0
きらきー…w?
7102 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/27(木) 03:47:28 ID:YhMxbCPg0
きらきーwww
7103 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/27(木) 03:47:58 ID:jXUYyPeY0
コミュ取ってない間に変なことし始めてるw
7104 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/02/27(木) 03:50:54 ID:nPw7SKKA0
                  __  /;:;:;:;:;:/;:;:;:;:;:;:/
  iヽ、          , イ: : : : : : : : :> 、;:i!;:;:;:;:;:;/ー----ー,  ピコピコ
  i;:;:;:\     >''": : : : : : : :ー―- 、: : : `ヽ;:;:;/;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:!
  .!;:;:;:;:;:;>、, イ: : : : : : : : : : : : : : : : :、: `ヽ: : : :'、;:;:;:-ー;:;:;:;:;/
  .i;:;:-=ニ二: : /: : : : : : : : : : : : : : : :`ヽ: : ',: : : :',;:;:;:;:;:;:;:;:/
   ',:;:;:;:;,イイ : : : : : : : : : ,、iヽ: : :',: :',: : :',, : ',: : ',: : : ',;:;:;:;:;/ヽ
   ,ゝ;://: /: : /: : :/: !: :i   ',: : !'、:',: : :!i: : !: : ',: : : !-イ : : : ヽ      あ、話がそれちゃった!
 イ;:;:;://:,イ: i!: !: i: :i: :i',: :i   ',: i ',:!',: ! !: i: : : ',: : :i: : : : : : : : :ヽ
 ;:;:;:;:;:!!i:i;:!: :!i: :!: i: :i!: i ',: ',   !:i  リ リ i:ソ: : : :i: : :,': : : : : : : : : :ヽ      実はね、都市から出る前にレイヴンにお願いがあるんだ!
  ヽ;:;:i!;!i;:i: :i;!: :!: i!: !',:', ',:.',   !,' ,, ==ア!: : : :i: :/,: : :, イi!: : : : : :
   `.-リ-!: i.',: ',: !',:! ',i  ヾ、  " " ⊂ニ⊃:_:_:_!,,' <;:;:;:;:;:;i: : : : : :
       .',: !:.',:.',:',: ',、_,.==. 、     ヽ ̄;::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;,': : : : : :               お願いか……まぁ、出来る範囲内ならいいぞ >
      ∧:',: ',:.',ヾ⊂ニ⊃   , -ー- /ヽ:;:;:;:;:;:;:;:/;:;:;:;:;/: : : : : : :
       ,': :ヾ、_ヽ', : : '、    く    !  /',:;:;:;:/;:;:;:;:;:;:/、: : : : : : :
     、-ー'''";:;:;:;i: ! : : i> 、. ヽ _ノ, イ/:.!;:,イ;:;:;:, イ;:;:;:;:;/,: : : : : :
     ,'ヽ;:;:;:;:;:;:;:;!:i: : : :i;:;:;:;:;:;> --,'"イイ: !/;:;/;:;:;:;:;:;:;:;:;:;i.、: : : : :
     ,': : : :>、;:;:i/ : : : !;:;:;:;:;:;:;:;:;/.:.::,.i;;;;;;/;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;i:;:;\: : :
     / : : : : : : : >!: : : :!;:;:;:;:、, ===!;:;:!;;;/;:;:;:;:;:;:;:;:;/;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;>





                       ,、_
                     / {
                       ,  / -ャ     ,
                   / /  \  //-‐‐…‐- 、
     __           -‐ / /   {⌒__/ /  -‐<¨¨⌒
    ㍉、丶    . : ´      `ヽ  ム( i { .′    `
      { \\ /            ∨ \}          \
     }ンァ一 ´く       ヽ  \   ',  ヽ'⌒ヾ、       \      おぉ、レヴィ殿が……珍しいでござるな。
     ∨     i\   、__}_ \ ヽ    // ', }}        、ヽ
      ′    |  \ '´\ |ヽ\     ',/   }  {{       ハ
     |     }_」    ∨ ,.斗=ミ、ヽ   i  }  i{-‐}i        i  |          えっへん、ちゃんと勉強してきたんだぞ! >
     |     ´ハ|i     } / _)::::ハ  }   | ノ/ 爪__リi      |   |
     | | }i | ,.ニ、     弋rツ  |   |.// /_{{_ ノ{       |ハ |
      八 八  《^{:ハ     ¨´, , , |   |′/ .}}   | |      l  iノ
       \ \ 弋_}           |   }/   {{  | |{    {
         ヽ | ハ ′        :} │ノ     .}{   | |ハ     ,
          |  八   r_,    '  |{     }「  .}ノ | i  /
          | {′个: .      _/  /_リ            | | ./
          }ハ  i |  >< /  /   ̄|         | |/
           }^i │  __  ./  / _.二 _‐L_        | |
              .| | Y´  ∨  :, ´   `Vハ     八{
              .| | 乂/厶イ}′      | |
              .} :ノ イ¨⌒  |:|      }| |
            /     八!       リ |
           /       \|      | ノ
7105 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/27(木) 03:51:42 ID:KdzT4nvQ0
勉強…例の本…あっ…(察し)
7106 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/27(木) 03:52:10 ID:YhMxbCPg0
ナニを勉強してきたのかなー?
7107 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/27(木) 03:52:48 ID:A/Sn4g4o0
勉強したら実践しないと身につかないもんね~(棒
7108 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/27(木) 03:53:56 ID:jXUYyPeY0
アッ
7109 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/02/27(木) 03:54:43 ID:nPw7SKKA0
              /!                ,. - 、__
             __{ {  ,. --―   ̄ '' 、/   ',  ヽ
         ト、__,.ィ´   `¨      /`ヽ  ,     ,  \
         ヽ /     {ヽ レ     i  !     ヽ.   \
           / ,  /   !      i. }  |  .}.      \.  \        えーっとね……
            / /  ,' ,. /| .ハト、. ト、!  | ー-{:.',        \   ',
        / ィi!  { ハ { |/ j \! |  |   ';.:ヽ       ',
        { / .|  |/ ヽ!  'z==ー- .|  |⌒V ':.:.:\      i         プリーズ、レイプ、ミー! だよ!
        ヾ j人   i    /!/!/! |  | } / ∧:.:.:.:ヽ
          /  )ハ { ィ ー-    ノ!  !_/ ./ ∧:.:.:.:.:}             ( Please rape me. 訳:僕を犯してください)
            /  }.ハヾ.   }    |  :,   / ハ:.:.:.∧
                 }ハ \ /    j, ∧   ,イ }:./  ',
              / /` ー-- .. / / },,..イ  .レ'   }
                 / , {|   i .r:::/:.:./::ーァ        |
             / /ゞ≧ __;_,j:/:.:./二ニ! -- 、       !
               /:.:.:.{ / //::/:.:./::::/    ',     ,: /
            ,:.:.:.:.:,// レ'==/:.:./:::/      }    / /!
            {:.:.:.:.:}.,' /:::::::i:.:./::::{/      /   / / i     i
            乂:.:.ノ| {::::::::::{,/::::/=-- .、  /   / /   !     {
              / ノイ/|. ';:::::::::::::::/: : : // ヽ/    / /   |      i
           /:.:.:.:/ ! }ニニ== }==-.{.乂 /    ,:.:.:./   ;.:.:.:.:.ハ:.:.:.:.|
             /:.:.:.:/   !, i::::::::::::/    `ヾ/    ,:.:.:.;    ,:.:.:.:.:/ i:.:.:.:.|
         /:.:.:.:/   , |::::::::::ム≧=''´ ̄/    ,:.:.:.:,   /:.:.:.:./ !:.:.:.:.!
         ,:.:.:.ィ:.{   ,′|:::::/´ }}    /    i:.:.:.:!   ,:.:.:.:/ /:.:.:.:,'
           ;.:.:./!:.|   i ム::/ 厂 ̄ ̄ ̄∧   |:.:.:.:!  ./:./   /:.:.:.:/
           i:.:.{ ヾ{   |/o:/ /       ,:.:/ヽ  |:.:.:.:| /イ    ,:.:.:.:./
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃何口走ってんだこのアホォオオオ!

┃レイヴンが咄嗟に投げた缶詰が顔面にクリーンヒットした。隣で猫が笑い
┃転げている。ユキカゼは意味が分からなくて?を浮かべていた。

┃なんてやろうだ……直接、しかもリベリオン語で言い放って来やがるとは。
7110 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/27(木) 03:55:01 ID:x2XudunY0
!?
7111 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/27(木) 03:55:20 ID:KdzT4nvQ0
レイヴンの対応に草不可避
7112 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/27(木) 03:55:32 ID:jXUYyPeY0
ヤッパリィイイィィイイイイイィ!
7119 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/02/27(木) 03:59:31 ID:nPw7SKKA0
        _     ,  ---- 、    __, -ー―‐‐-、
     , イ: : : : ヽ , イ: : : : : /__ ∧`ヽ、 i: : :`ヽ: : : : : : `ヽ、
 _, イ: : : : : : ,ヘ:´: : : _: :./: : : :': : ',: : :`!: : : : : : : : : : :_: ヽ、
   ̄ ̄ ̄フ': : :i: : : : :!` ',: :、: : : : : ヘ: : ',: : : ',__, --ー― 三/ : : :ヽ        ご、ごめんね!? ぼく間違えたかな!?
    /: : : : :i: :/: : ',: :i!',: :ヽ、: '、: :', : ',‐-/ 三 ヽ、 三三 ! : : : : :ヽ
   /:,: : : : : : :!: !:i!: :!'、:', ヽ,:', ` 、:ヽ、',: :',: :',三三三ヽ、三ソ: : : : : : : ヽ、     え、えっと……
   /:/: : : : : : :i: ',:i'、: ', ヾ、  ` , - 、ー',: :'、`.ヽ三三三三>、: : : : : : : : ',
  .,':/!: : : : : : : i: : ',! ,ヾ-、    l   !  ', : '、!:.ヽ三 三三三 i : : : : : : : : ',
  i/ !: : : ,: : : :!: : :! l   i   '、_ノ、 i:!,: :',: : !`ー― 、ソヽ、: : : : : : : ',       プリーズ、ファック、ミー、ベリー、ヴァイオレント?
 .i!  i! : : i! : : i!: : ヘヽ _ ノ'"""゙'''_川 ,、リ ',: :',:/         ヽ: : : : : : ',
  !  '、: : i!: : :i : ,': :} !ii 、 ̄ ̄  ',. ',;\ノ',: :!           ヽ: : : : : ',         (訳、僕を激しく犯してください)
    !:ヽ: !ヽ: !: ,' : ヽ, ij ',     !  ',::::::ヽ;;;!                ',;;;;;;;;;;;;!
    !: :ヽ:',/`!: ! ヽ: : ヽ、.',   _ノ イ:.:'、::::!;;/                ',;;;;;;;;;;!          その全部が間違えてるんだよ! >
    ',: : : :!ヽi: ;!ヾ、`ヾ、 `  ̄ー ",,イ ̄::::::!/::>--,            !;;;;;;;;,'
     ',: : : ', ',;;;', >、, -.、:,、:.:.!=彳ノ:::::::::::/::::::::::::,イ          ,';;;;;;;/
     ',: : : ', ヽ;;ゝ.く::::::::::::::::\};;/:::::::::::::::::::::::/フ         /;;;;;;;/
      ヽ;;;;;;ヽ    >::::::::::::::::`:::::::::::::::::::::イ:::::く         /;;;;;;/





                                     .:'"´;
         ,..,..                     , .:'.:'  .;  オニャカイタイww
.          ゙;'"゙.:.. 、                ,. : ´.:' .:'  .;
            ゙;  `ヘ:..., ,,.... .., ,. ,. ,.  .从ゞ':' .:'   .:;
           ゙;`ヾ、:}.:, .:, .:.:.,: ,: ,: .,: .:火"´,' .:;.   .::,
            ゙;`ヽr':, .:, .:, ,: ,: ,: .,: .´ .:.爻x'"´ ,;   {
            ゙;.:.メ;, :, .:, .:,  ,: ,: .,: .: .:. :.: ..... ヽ.,;.. .,.,ノ      だからダメだって言ったでヤンす。
            ;iツ: :. :. :, .:, ,: ,: .: ,:._,;, .:.:.:.. . :. :. :. ..`〃
            ;ん:_:_: :. :, ,: ., '"¨“:,:,:;.:ゞ゙゙ ''*ミ;,:,:,:.,,.. .:{       こういうのは、ディアーチェの姉御と下着姿で
             ;ツ´ ̄:¨ヽ:.:.:.:.:{!.:.:;.;.;.;.:,.'. . .  .:. ..,.,:,:爻,..ミ
           キミ.:...,.:゙ rー‐ァ´:.-=ニ  ̄ :: ,. -:;.:-ミ:. . 爻, ,.。*'゜   夜に兄さんのベットに潜り込んで恥じらいを――
    .,.,.,., .    ゙ミニ=-  マ_ソ ー=ニ ..,, :."´:. :. : .: .: .>'"´
 r'"rヘノ゙ヽ:.゙.:.   ヽ¨´  '⌒ヽ .,.:'" .: .: .:.:.... . ''゙´
 i: (ヽノゝ-'ミY:.:':,、   ツー-ミ:. .. ,.:゙  .: .: .:.:...,, ''´             テメェは変な知恵吹き込むな! >
 }:.rー:{   r' :. :.: ;`ヽ{:. :. ...ヽ,": .:. :. .、.:.r'"´
. ',.ヽ人__,,ノ: :. :.:. ;. ゙ミ:. :. .. { .:. :.:.ィうr'
  ゙ヽ:,:,:.;.: ;.;rァ :. :.. :. .:.゙ミ:.,,.。*乂ゞrァ:,ィノ
    ゝ:'.':.´:.,: . '"´ ̄´
    ,.。*'"´´
7120 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/27(木) 04:00:47 ID:KdzT4nvQ0
恥じらいが大事だからバルフィニカスの意見は実は的確なんだよなぁ…
7121 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/27(木) 04:00:49 ID:WUqDub3U0
オニャカイタイwwってwwwww
7122 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/27(木) 04:01:26 ID:jXUYyPeY0
変なこと教えてるんじゃねぇw
レイヴン以外だったら即落ちじゃねぇ?
7129 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/02/27(木) 04:04:41 ID:nPw7SKKA0
                       ,、_
                     / {
                       ,  / -ャ     ,
                   / /  \  //-‐‐…‐- 、
     __           -‐ / /   {⌒__/ /  -‐<¨¨⌒
    ㍉、丶    . : ´      `ヽ  ム( i { .′    `
      { \\ /            ∨ \}          \
     }ンァ一 ´く       ヽ  \   ',  ヽ'⌒ヾ、       \
     ∨     i\   、__}_ \ ヽ    // ', }}        、ヽ   ?
      ′    |  \ '´\ |ヽ\     ',/   }  {{       ハ
     |     }_」    ∨ ,.斗=ミ、ヽ   i  }  i{-‐}i        i  |   レイヴン殿、拙者にはいまいち意味が分からんで御座るが
     |     ´ハ|i     } / _)::::ハ  }   | ノ/ 爪__リi      |   |
     | | }i | ,.ニ、     弋rツ  |   |.// /_{{_ ノ{       |ハ |
      八 八  《^{:ハ     ¨´, , , |   |′/ .}}   | |      l  iノ
       \ \ 弋_}           |   }/   {{  | |{    {
         ヽ | ハ ′        :} │ノ     .}{   | |ハ     ,
          |  八   r_,    '  |{     }「  .}ノ | i  /
          | {′个: .      _/  /_リ            | | ./
          }ハ  i |  >< /  /   ̄|         | |/
           }^i │  __  ./  / _.二 _‐L_        | |
              .| | Y´  ∨  :, ´   `Vハ     八{
              .| | 乂/厶イ}′      | |
              .} :ノ イ¨⌒  |:|      }| |
            /     八!       リ |
           /       \|      | ノ








           /⌒ヽ,      .,,;-―――――-;;,,
           |   {    /            \
           l     ヽ                 \
           \   ヽ          __._ノ   _〉
            }ヽ.   \    U  `i |;;;:::| i  〈{::} 〉      中尉。今後一切必要ないので覚えなくていいです。
       _,. -―‐く`      ヽ        ⌒゙''''''´" ヽ
       {′    i ヽ    }ヽ_      (,,__,,ノ!_ノ .|                       意味位知りたいで御座る >
       `ーァ= <  ,} 、  ハ!_        ̄ ̄ ̄  /
         {   { ̄ヽ  _> ´ r‐_)          /       「レイプ君は今日も元気です」って意味です。
         ヽr―― '´ ̄   /´   > .  `ニ´ ,.メヘ、
         /.{      __.. イ ,ハ\  \  ` ー‐ ´/\、 ヽ      レイプってのはリベリオンだと稀によく見る名前なので
         | ヽ. -‐ ¨´   ノ}\| > 、 ヽ    ∧ ヾi、 l. |
         }  ハ     ,/ ∧ヽ\ .ヽ ヽ   /  l  }il! } |     特に気にしないで今すぐ忘れてください、はい。
        ハ  ヽー、―--- '´ノノ ト、 ヽ          ,iリ/-{
        {    \\ _/イ .|ヽ.ヽ ヽ    l   ///ト、ノ
        `7ヽ、  ` =チ'´/ ノ
         /  {\__ ノ .ノ /
7135 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/27(木) 04:07:05 ID:gGhmBYzM0
誰かに言ったらアウトだろうがw
7136 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/27(木) 04:07:33 ID:x2XudunY0
ほぼ全員ゴム貰いにいったような部隊で今更……
7137 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/27(木) 04:09:19 ID:cCE/ctcw0
≫稀によく見る
大分混乱しておりますなw
7140 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/02/27(木) 04:10:35 ID:nPw7SKKA0
                           /
                          //
                        /: /
     \、_               /: : :/ .ヘ
       ',ニニニ=―--、        i: : : i/: : : :`ー―――――/
       ',ニニニニニニヽ , .-――-ゝ: : l: : : : _: : : : : : : : ::/
        ',ニニニヽニニ/: : : : : : : : : : : : : : _:_: :  ̄:`:< ̄
        `,ー=ニニ./:,-: : ; : : : : : : : : : : : : ー`i: : : : :、: \
        />=ニニ/: : :|: :/: : : : : : : : : :_: : : : : : \: : : ヽ: :.ヽ          あっれー?可笑しいなぁ
        /ニニー/: : : :|: i: : : : : : :i: : : | ',: i: : : : : :ヽ: : : ',\i
       /ニニニニ|: : : :.:|: |: : : ー|-:|、: :.:|  l_|メ: !: : iV、: : : ', |      ちゃんとギラギーに確認したのに……
       ̄7=――‐'|: : : :.:|: l: : i: : iヽ|ヽ : |  リ ,`|: : |: : ',ヽ : ',
       /: : : : : : : :i: : : : |: ヽ: ト、:|.Yヽ ヽ|  ( ) i/: :i: :!: :'; :|,
       .′: : : : : : :∧: 〃!: : :丶 ` ゝ'        |!: :/V : : レ: ',               あんの糞野郎かぁああああ! >
       i: : : : : : : : ;' ヽ{ |: : : :', "        "|:V: : |: : : : : :',
        | : : : : : : : ′  ヽ! : : : ',     /ヽ   .ノ,: : : :|: : : : : : ',
       |: : : : : : : :i     |; : : : ト  __ ̄_ イ ';V\! : : : : : : ;
      |, : : : : : : :|     i;Vヽ∧ -/:::::::::::7ヽ   .';;;;;;;;|'; : : : : : :i
      |ヽ,、 : : : /|       ';;;;;;;;;;;;i./:::冖::::;'  〉  i;;;;;;;' '; : : : : /!
      |;;;;;;;;Vヽ';;;;!     i;;;;;;;i!;;!:====:/   /:|  i;;;/  i∨ヽ/;;;!
      |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|  ┌―.|;;;;/ i!ヘ::::::/  /::::!  ノi!'  .|;;;;;;;;;;;;;;|
      |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|  └―.i/‐'、  ヽ′ /::::::|      |;;;;;;;;;;;;;;|







         .  ´   ̄    `
        /                   .
        .                 \
      /           i     ヽ  ハ
     '    /  _/    li  ! ト、 Vハ i
    i        /  ̄ X! リ  !千ハ  Ⅵ !
    |     i  / ∠__ル'  / .:j ハ  N !             ……なにを、叫んでおるのだお前らは
    |     | X/芹芋芋 /芹芋i  /j| |
    |    N 〈  j  匕 j/  ヒ.j レイjル' |                       えーっと、ファック、ユー? >
    ト、 ∧ハjKi\|       .    /N{  /j
.    从j///∨j/トv ト . u cっ . イレ'ハ//リ                       いや、なんでだよ。なんでリベリオン語なの >
     人//////j//| /≧ --<i j//リ |//
.      X'へ/ 乂j{ ̄} 「/jル j | ル' レ'
       /.::::⌒ マ!\j /.:::::`X jイ
     /⌒X .:::: ::: :::`マkヌス.::::::Ⅵ
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃天幕で大騒ぎしていると、入り口から顔を覗かせるディアーチェが。

┃どうやら外まで声が響いていたのか……いや、手に持つ資料から恐らく
┃新城大佐から今後の指示が出たのだろう。とりあえず先程から戯言を
┃喚く猫は蝶結びにして……アホの子は飴をしゃぶらせておく。

7141 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/27(木) 04:11:08 ID:KdzT4nvQ0
きらきーなにやってんのwww
7142 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/27(木) 04:11:21 ID:x2XudunY0
今の会話が漏れていた……だと……?
7143 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/27(木) 04:13:38 ID:tgge99FsO
およ、ここ医療天幕か
7144 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/02/27(木) 04:15:34 ID:nPw7SKKA0
           _,... -    ̄ ̄ ̄  `ヽ、
           /               `ヽ、
          /     /     /   |   ヽ___ヽ
       /  /   /  ,イ   /!    l    ∨ニ∧
       ,'  /    {、 / !  ./ |   ,. ;\   ヽ /∧    ……新城大佐からな、今後の事で話があるそうで
       |  |     | /`ヽ、/_ !  /l / _,..ィ   }/'  !
       |  |     | {.    o |//イ´ o ヽ.  |   |    シュテルを抜いたウィッチは全員、本部まで来るように……だそうだ。
       |  |     | /、     ,     、   ∧ !   !
       |  |     |リ  ー ´       ー   Ⅵ,  |
       |  |     |{ u                }   |
      ,::::.. !    /|                人l.  |
       /::::::::|:::::.../:::ト、  r――--っ   /:::: |:::::::.|
.      /::/!::|:::::∧:::::{:::> _ ̄ ̄ ___ <、::::::: !::::::::!
    /´  Ⅵ::/  \!ニ}={:.TT: ̄{ニニニ_`ヽヽ::/\:::!
         l/    }/ |ィ ̄ ̄oヽ!///_//_`  ヾ
           /三//7}、_/_//////三三三ヽ、
         /三三!///!:.l_l:.:.:.:.:.{////!三三三三 \
       /、三ニ////l:.:l、ノ:.:.:.:.|////!三三三三_/ \






                 ,  ´ ̄ ̄ ̄ ̄ `  、
        , ‐、_,-、.     /              \
      r.イ .    ト.、.,.:′                ヽ
      ヽ     / / 、    ,    、       ',
       }    ノ ,′  ̄ ̄ ̄       ` ̄ ̄ ̄  .i
        .,′   ,′ .l 弋● ̄ ノ     弋● ̄ フ   |      まぁ、さっさと危険地帯を抜けださんと
      /    .;'  :|.  ヽ― '       ヽー―′  .!
       ,'     i   .l       ,       ,      .,′      昨日の二の舞だからな。仕方ない。
      .i      | _..,∧     ゝ-r‐^ー‐r‐'    __./ 〉
     ,イ    .}ト,Y.:.:.:丶      └―‐┘    /.:::/ ̄ `ヽ     足も腹も頭も痛いけど……行くしかねぇな。
    ./|   .:  ||::}:l::::::::::::::}≧.  _____ /.:::/ {       ',
   〈    l::  〉l|:|:::::::::::.\::::.\       /.:::/_.:::∧_    ,!
    }、    ノ: /::リj'::::::::::::::::..\::::.ヽ.__.;:〉-イ´ / イ:..     イ=ヘ
   リ∧   .イ/:/.::::::::::;::::::::::::::r>ミ三三'/\ \/ヽ.` ー=彡ヘ_〉
   |}l八_,.イノ.::,.:.;.:.:_;/.::::::r=彡'::::::}互{'./.  \/  〈_ミ三ニ彡ヘ_〉
7145 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/27(木) 04:17:22 ID:x2XudunY0
シュテルはまだ動けないか
そろそろ回復しそうだけど……
7146 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/27(木) 04:18:10 ID:KdzT4nvQ0
というかもう目が自己再生済んでんのな…
7147 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/27(木) 04:19:24 ID:cCE/ctcw0
確か、シュテルンの治療って分割されたんだっけ? どういう周期かは知らぬけど
7148 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/02/27(木) 04:20:08 ID:nPw7SKKA0
                     .  - ─ -  .
                    .  ´            丶
                  /               \  ヽ
            ( ヽ  /              \  }ヽ   .   つ
                 .'             ヽ./ .∧   .              な、なぁ? ところでレイヴン?
              l / ./ !  .!.  |  l  i ∨ ∧   .   っ
          ( ヽ  | i !  |  lト、  |  l . 斗<!/ ∧  i         __ノ 7    ちょ、ちょっとだけ、その、質問なのだが……
              | {| |≧jー人j\! Xl   j  j / l|  l|      .ィ´二フ
              Nル八             ∨iN| !  |     ∠二ニK
            弋トx)| ハ         /////ⅥN !ハj   ∠二二フ´
             弋三| i ∧ ///  .     u /N 从 リ__ ∠二斗<
                `ー| l∧}〕ト .  r‐‐っ . イ/ル'j:: ヌ二二.`ヽ
                N' /!∧ル!て 「 ̄「 Ⅵく/: : :仁二二二ハ
                 〈≧x二二 j7 入  |∧: : ム二二二二.ハ
                  寸>---i: : : : ト、j/ 7ム二二二二二 }      _.ィフ
                _ _.ィ へ: : : : :|: : : l.|\!// { _ _ __ 斗<リ≧≠=≦フ´
                `>ァ二 }: : : :|.: : :.l.|\〉: :.入 : : : : : : : 斗く二 二二<








              _____
            /      \
           /     _ノ  ヽ\             ……聞かなきゃ駄目か?
         /   U ( ○)}liil{(○)
         |  u    u (__人__) |                         出来れば、うん、聞いてほしいのだが…… >
           \         ` ⌒´ ノ
            _,>'⌒`' 、 __/
   _, 、 -― ''"::l:::::::\   ,、.゙ T、
  /;;;;;;::゙:':、::::::::::::|_:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_
 丿;;;;;;;;;;;:::::i::::::::::::::/:::::::\゙'' ゙||i l\>::::゙'ー、
. i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::\::::::::::\ .||||i|::::ヽ::::::|:::!
/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!:::::::::::::::::::\:::::::::ヽ|||||:::::/::::::::i:::|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;:::::::::::::::::::::::\:::::゙、|||:::/::::::::::|:::i
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;丿;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::\::V::/:-―-l::::!
;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::゙''レ::::::::::::::::!:::|
;;;;;;;;;;;/ ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::|O::::::::::::::/::::!
;;;;;;;;/    i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;!;;;;;;;;;;;i;;;;;!::::::!
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃おぅい、なんだか嫌な予感しかしないぞ。一応念のために、リベリオン
┃出身の胸が大きい銀髪で自分の義妹を縛るのに必要な荒縄をたくさん
┃用意しておこう、一応ね?

7155 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/02/27(木) 04:28:57 ID:nPw7SKKA0
                .  -- -
            .  ´        `
          /                ヽ \
           .   /   /       ヽ  ハ  ヽ
        /   .       i     V V.ハ
        .     |    |  i !     i  〉:}|  i.
        l . l l| !_} .|  l !  i i } /∧|  l|
        | l l i|ルノ`メ .  i l|. X´jルハ/ l|  l|      そ、その……The condom is applied?だっかの?
        | i l i{芹王ミ )人j.竿王!ヌ ! .l| ! リ
.        从j N 人 j匕ソ    j匕ソ } N/リNル'        その、どうなんだレイヴンは?
        人::|:|.:: ::ト. /j/j/ '  /j/j/ ノ:从.:::::/
         Xルル:j.:::> . -- .。c<.::::::::レ'
        ∠二二Y.:::::T=≠=ノ.:: ::)ル'二`ヽ                       意味は分かって行ってるのかお前? >
         ∠二二ニ}.:::::::|\ jj /.::: :::::::{二二二\
      〈 ≧== ヲ .:: ∧.::::}}へ .:: :: :::::!二二二ニハ      ん? む、胸の控えめの子は好きですか……だろ?
       マ .:: :: :::/.:::::/.斗<⌒ Y.:: :: ::ハ≧≠≦:/
        }.: :: ::::/:.. 斗<ヘニト.手!. :: :::' .::i二二ニイ
       ノ. ::::斗<. :ヘ二二 }レ':}.:: :: ::.::::|: :: ::::::〈
        /. :: :: : :: :: `マ二二リ }} ム斗 <´.: :: :: :.:}
        〈. :: :: :: :: :: :: :: :マ<.::::リ ,:: ::j.::斗ヘ .:: ::.::リ
.        \ :: :: :: ..斗 < .r五 ̄ 「二二二 \.::/
        r'て c〉二二「|ーi.:: :::|二二二二 V
       /{    /二二..| |三}>へ 二二 彡 ヘ
      / 人 /c〉二 彡.::TT.:: :: :: :Ⅴc    ∧
    /\/  \/二 7:.:.::::::| |. ::: :: :: ヘ⌒ー  ' ヘ
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃Qコンドームは付けてね?
┃A,ヤルこと前提ですか、パないっすよ。

┃隣でユキカゼとレヴィが興味津々といった様子で意味を聞いてくる。
┃ディアーチェもなにかおかしいと思ったのか本当の意味を訪ねてきた。

┃あぁくっそ……あの時の仕返しのつもりか、きらきーよ。
┃レイヴンは外へと出て空を仰いだ……。もちろんつけますとも。
┃性病だけは避けたいのだ。それで死んだら死んでも死にきれん。
7156 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/27(木) 04:30:16 ID:KdzT4nvQ0
酷すぎィ!!
7157 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/27(木) 04:30:23 ID:tgge99FsO
きらきーぇ
7158 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/27(木) 04:30:33 ID:YhMxbCPg0
銀髪と恥じらい補正のせいかレヴィよりもぐっとくるw
7166 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/02/27(木) 04:36:00 ID:nPw7SKKA0
                 |  i ハ
                _r┘ │  i                ノ{_
               ´_}  │  |                 / .r'^
                 フ __ |  | ___           /   .|
               ^フ  \ ′       ‐-  /  /} |
              /                 く  /⌒>′__
                    /    ,            ∨   {_´ ≪⌒
                /  /  _ //l i            や  {_`   \
            /   ′/ ./`'' │ |i │  i }  i   i\j⌒    i⌒
            .′ |i //___    | .八-‐…ミ.|  |   | -‐ |\   |
           ./'i   八 Y´,ニ、`   |/   _」_ ,ハ|  /      _|     |     はー、成程。リベリオンではゴムの中に
          / |  ′ , ん:リ   ノ  ´,,z、`ヽ l ./   / -‐ /i     |
               | |i  / 弋ン      んrノ  j〉/   /    / {{.   i,ノ    小銭を入れて、財布として持ち歩くので御座るかぁ……
              }八 .′, ,  ,     ゞ'′,  /   /    /  }}  |
             i{            , ,  /   /-‐彡/}   }}  |     確かに、中身によって伸び縮みするでござるから
                 八    l^ ^ ^ ,   -‐ァ   ./  / {{  {{  |
              / \  |    }     /  ∠ -‐ ´   }廴_,リ /{     便利で……ん?
              .厶イ \ー -‐′ /  /       {「 ̄ /
            _ _,| /___〕‐‐_ニ7  .∠ニ=- 、    .}} |i /
          / / ,lレ' /{: : : : : / /       V.   {{ ||′
           /′.′/ , : : :.}: : : _〈/        }    j八
         /  { _{/ /: :Y'⌒Y´: :., ′       :
     ./   / / /: : : :弋__ノ: /           ,
    ./\ / ./ /: : : :}/: : /:\         /}
  . /: : : :/  ..′/: : : :/: : :/ : : : : \   , -‐ //









                   |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                  i::::l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄'''''‐‐;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
                ヽト--‐‐'''''''''''''''''''☆''''''''''''''''''''''''‐‐‐-,,,,,,,,
                 |_,,..-‐'''''''""""""""""""""''二==,,__
                  「::,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;,..、-,''"ヽ-  ',,,,__
               /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ_,,..-‐''"二>' ヽ
                ̄l .i:::::7--,,,,_ ,---------、-''")  ヽ         ……レイヴン?
                 ∨i::::::i_°"i:::/::ヽ_,..、-,-`゙''---‐‐''""
                 ∨ ''::::::::::::::::'' ):::::::<  ____°ヽ_...,,,
                  ∨      ,,ノ   、   ---:::::::ヽ--                これしか方法が無かったんです大佐 >
                      |      i    --     /::::::::::::
                 , -i      lヽ''''ヽ      u
               , -'"::::∧ <‐‐
            , -'":::::::::::::::∧  >'--....____     __,
            ____>:::::::::::::::::::::::∧ ̄----...___'''''''''''''''\ >    /::::::
         /::::::::::::::::::::::::::::::::::∧ ‐‐‐    '''''-‐‐‐""    /:::::::::::::
        /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧_      '  _,,.-‐''"""":::::::::::::::::::
7167 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/27(木) 04:36:51 ID:KdzT4nvQ0
あっ(察し)
7168 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/27(木) 04:37:30 ID:WShbHRj60
ゴムでブラックジャックとはたまげたなぁ
7172 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/02/27(木) 04:43:11 ID:nPw7SKKA0
                   ¦
              \、__ト.、
             ,、r===>:.`ヽ`ヽト、
           /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ):.:.:i:.レー-
 .   __,.、<:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ノヽ:.:.:ノ:.:.:⌒ヽ、
       >〃:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:ヘVイ:.:ヘ:.:`ヽ:.:.\
     /イ:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|ヾイ.:.:.:.:.:ヾ:.ヽ:\ゝ
    / 〃:.〃:.:.:.: /:.:./:.:/:.i!:.:|:.!  ∨:.:.:.:}:.:.:ヘj
     /:.:./.:.:/:./:.:イj:.リ:.八:.リ   j:i:.:.:.:.:ト:.ヾヽ
    ...!/:.:イ:./≧x、lハj _,,リ≦二イ:j.:.:i:.:ハヽ\_.      レイヴン、この際やるなとは言いません。
   ...ノレ´ム:イ∧ぐセオ}≧=≦弋ダノイ:.:.:リ }}ソヾ
       .|:.∧ハ   j     /イ:.:./ソ:/        だけど、必ず後ろでお願いしますよ? いいですか、後ろですよ?
       .レ' リ八   <、      /イ/ハ:.:/.
           ト、:ヘ   _ _    /イ   |`ヾヽ.       前でやったら我々が死にますからね? バック、バックオンリーですよ?
          /リ;;;;\ ヽ  _ン  ′   !;;;;ソ;}}
         ////;;;;;;;ヘ..___../  /  レク:ノ.:|.
     _..,,,,,///´;;;;;;;;;;;;;ノ!       /  /::/ ..:j>,、_                  お、オーケー……バック―オンリーオーケー。 >
 _.,、<://:::{:{:{;;;;;;;;;/´ j {    / /::/   /ト.,、<⌒>,、_
 :::::::::://>{ii{;;;;;;/          / {;;;;;{  / / {::::::::::...,、:<⌒>:.、_
 :::::::::{{ 〃∧ヽソー-- 、   __人__{;;;;{   イ {::::/´::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
 ::::::::::::} ____,,ゞ:::::>、,,_____,,,、r==」k;;j_ ノ   ノ/:::::::::::::::::::::::::>"⌒ヽ:j
 ∨::::://O / /:::::::l:.:.:{:::}{:::}:::::::/:.:/⌒/ー-、 ノノ:::::::γ⌒ー"´     }}
  j::〆K  / /:::::::::l:.:.:.:`7´::::::/:.:/  / O ∨イ::::::::::ノ             ;j







              ____
           -‐  ̄ ̄ミxくー-  _
         /         マ::..  |
.        /           }::::., i |
         ′.           }N}}! i |
       ,             Ⅵ{{_|リ          ほほう……これは言質を取ったという解釈でよろしいのでしょうか?
         i             i } \_
         }. .i. . . . . .. .. .. . .. . . . :トミ_j}}
.        . . |. .. .. .. .. .. .. .. .. .. .. .. .|¨¨¨´
      '. . .|.. : . .. . . .. . .i. .. . . . . .|i
.      i. .. .|. .. .. .. .. .. .. .|. .. . . . . .|i
.       |. .: .|. .. .. .: .. .. .. .|. .. .. :. .. .|iト、
..     |. .: .l. . .. .: : : : :. :.|. .. .. :. .. .|i::::|}
      |. .: .|. . . . : . . .: .: :|. .. .. :. :. :|i::::|i
       |. .: .|. . . . : . . . . . .|. .. .. .: :. :|i::::|ト、
.     |. .: .| . . . : . . . . . . |. .. .. .: :. :|i::::}} しヘ
.      l. .: .|. .. . .: .. .. . . . .|. .. .. .. :. :|i::::{{__/--ぅ
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃本部がある公民館の会議室はさっそくカオスなことになっていた。という
┃のも、レヴィやディアーチェが性技書を発見し、それを見て色々と研究やら
┃個人での実践を重ねているからなのだが……どうやら他にも複数いる模様。

┃こんな肉食獣しか居ない欧州に居られるか。俺は国に帰るぞ。思わず
┃全てを投げ出したくなるレイヴンだった。
7173 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/27(木) 04:44:27 ID:KdzT4nvQ0
言質を取られた模様
これは夜の大運動会不可避ですわぁ…
7178 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/02/27(木) 04:46:26 ID:nPw7SKKA0
うん、ギブアップ。今日は解散だ諸君。

せっかく呼んだのに安価一つも取らないなんてこのスレはもうダメだ。仕方ないから次から戦争しよう。

という訳で今日はここまで。お疲れ様でした。
7180 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/27(木) 04:47:26 ID:tgge99FsO
戦争らめえ!?
乙でしたー
7181 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/27(木) 04:47:26 ID:KdzT4nvQ0

いや、たまには良いと思うよw
最近クイズや選択安価ばっかりでちょっと辛かったし…w
7183 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/27(木) 04:47:45 ID:yglTwT8s0
乙乙
次から戦争?ここでは毎日が戦争なんやで工藤!
関連記事
スポンサーサイト




コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://yarucha.blog.fc2.com/tb.php/9316-67d4af55