糞ゲー その5

4336 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2013/11/21(木) 23:36:49 ID:TJQ8/X9g0
んー、それじゃあやるかな糞ゲー。

みんなー、努力が実らず馬鹿にされ続けた青年の灰色の高校生活二年目が始まるよ、おいでー!
4337 : 名無しのやる夫だお [sage] 2013/11/21(木) 23:36:50 ID:EwISGiY60
ノ 糞げーだと睡眠時間がまた減るぜw
4338 : 名無しのやる夫だお [sage] 2013/11/21(木) 23:37:34 ID:OR4zo8aQ0
ノ ひゃっはー
4344 : 名無しのやる夫だお [sage] 2013/11/21(木) 23:44:07 ID:2EgB5n0U0
ひえーー、返品ー!
4345 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2013/11/21(木) 23:45:13 ID:TJQ8/X9g0
  ........,,,__,ノ_儿,,..r‐‐‐---一' く..,,_,,x<⊂ニゞ:ヾヾ.:::::r'⌒(⌒フ)ーヘ......); ;; ;ヾ ; 、
ー─‐----─==气 √ ̄ ̄ ̄~'ー-==≪⌒ー(⌒フ⌒Y⌒ヽヾ.: ; ;ヾ::::; :ヾゞヽ., ; . . .
  丶  `Y゙  ,rシ’{{,,______,,,,....__( ̄廴仄)⌒介く..》⌒ーヘんクヾ ;(フ: :(フヾ.: ; ; ;、
    \,,_ ‐-rシ’  ゙ー----rr─( ̄廴x<⌒)ゝーヘ__)ヾ.: ;ゞ;;::ヾ(フ(フ ; ;ゞヾ.: ; ;ヾ: : :丶、.: . ..
     {=  ー彳      (⌒(⌒フ(  )べー(⌒)んJ.: \\ヾヾ:: ;ゞ;;ぃつ; ;ヾ.: ; ;ヾ ; ; :ヽ丶 .. .
    {   ¨入__,,......__,,.<⌒介⌒Y⌒フ(フ<⌒(⌒7ぃ; ; (⌒フ..ゞ;; ;ヾ ; ;ひJヾ  ;ヾ ; ; :ヾヽ: :., ;
     广´   ;;广 ̄て⌒Y⌒7ー<⌒フ《 f⌒介⌒Y⌒Y⌒ス); ; ゞ:ヾヾ.: ;ゞ;; ;ヾ ; ;、 .: ; ;、 ; ; .
     ノ`¨´  '^.:.;;⌒'く⌒介く⌒)介く__込ノ“ 人ノソ⌒Y介く._,,jj); ; ゞ:ヾヾ.: ;ゞ;; ;ヾ ; ;丶ヾ.: ; ;ヾ ; ; : 、
   /"フ'小`゙`   ミテえrヘ  )んしヘノ  介ーヘr久n,,人んJン    ゞ;; ;ヾ ; ;丶ヾ.: ; ヽ ; ; :ヾ
 /       _,:=ミシ′   `´   `¨´  (丿   从
'’     ー=广¨´_               ん癶)
  ,,_  `ミラ′   _ _
  ⌒`ミミシ′   -  _
 "'ヽ、シ′           ‐ ‐
'  、シ′
 〃               ‐  _
 ;′
-{
=i    _,...ノ                        -     _            ,
}{  Y⌒       r'⌒(⌒(フ⊃    ...,,,__..... .. .     ..   ...,,_  _ _       ,
片  }}     f'゚ (⌒Y⌒癶x<⌒フ)      . :;  r'⌒ ..:..;;..... ⌒ヽ _ -   -   ′
_入,,ノリ   r┴く⌒さ⌒)》んしヘ)            ⅱ             -  - -《
 彡く   { 「 ̄⌒ーヘノ           ゙~'':;,. ..;:}{::;;;;;.;,,; ;';';';';';';'; ; ,  - -   - (
   ニ)、 } }              ,.:'      "゙´ }{   `"''''::;;';';';      ニ __ ─ヘ
"' ゙`二Y沙′    . :;;;....,,;;... . .:'        r Y从.._.. ....    ゙"》,:    - ─  ─ ゙㍉,,_
  二三《_      ,;::'′                      ,,、,,;:''~:::: : ,,、   ニ ニ ニ _   ニ ー
ニ二三癶三二ニ=─-  _               ;'゙~:"゙~´ . ..,,、..::    ⌒ヽ 二  二   二  二  ‐






長い冬も明け、厳しい寒さを乗り切った桜のつぼみたちが鮮やかな花を咲かす。世間一般では、この季節になると進学やら入学で騒がしくなる季節だ。

桜並木の通学路を、真新しい制服に身を包んだ中学・高校生たちが期待と不安に満ちた目で学校へと向かう姿は、何処か懐かしさを感じさせる。

4月、既に入学式が終わり高校では新しい学年でも浮かれた気分を拭い去るように、学生の本分である学問にはげむべく授業が始まっていた。
4353 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2013/11/21(木) 23:55:12 ID:TJQ8/X9g0
見る物すべてが全てが新鮮さに包まれる中、他の例にも漏れず……この青年も、視界に映るものが全てが新鮮だった。

それが新鮮だからと言って有意義な物であるかと尋ねられたら、答えははっきりと言おう、NOだ。彼の目に映るものすべてが濁っている。

今の青年には勉学への熱意も無ければ、陸上に対する執着心も無い。姉妹に対する嫉妬や羨望も無ければ……今までの物が全て、消えていた。



彼が家族に暴力を振るってから、既に二週間が過ぎていた。



姉は臓器を痛めたせいで朝は病院通いの日々が続き、妹も諸事情により暖かいこの季節に首を覆うネックウォーマのような服を着込んでいた。

この理由を知っているのは教師陣のうち何人かだが、最も目につくことと言えば青年の生活が一変した事であろう。










               ____
             /      \
           / ─    ─ \
          /   (●)  (●)  \
            |      (__人__)     |
          \     `⌒´    ,/
          /     ー‐    \
4367 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2013/11/22(金) 00:10:34 ID:VSyGbrNE0
朝はいつも4時に起きるようになっていた。もとから部屋に物を置か無し主義であった青年の部屋には、今では服をしまうための
タンスと、寝るためのベット。そして、今ではもう必要ない勉強道具の数々が無造作に置かれていた。

家族が誰も起きてこない内に制服に腕を通すと、誰にも迷惑をかけない内に家を出ることにしていた。彼にはお弁当も水筒も無い。

あの一件以来、父親は青年の事を避けるようになったが、母親のほうは真逆の対応をしていたのだ。何故こうなってしまったのかを
青年の幼稚園時代からの幼馴染に尋ね、彼が通っていた中学校へ行き教師や陸上部の顧問から話を聞いて顔を青くしていた。

そして、高校での狂気じみた生活を聞いて、自分がどれだけ愚かだったのかを痛感していた。母親としての職務を怠った事を悔やんだが
既に遅い。

弁当を作り水筒と共にテーブルの上に置いておいても、青年はそれに見向きもせずにまだ薄暗い外へ制服で出かけてしまうのだ。

ご飯は、全部自分の貯金を切り崩してコンビニで買っていた。お年玉、誕生日、こどもの日……もともと物を欲しがらない青年は
そう言った記念日には物の代わりに将来への貯蓄として金銭を受け取っていたのだ。









                      /                 ヽ
                       /                   '
                      , ,                 ',
                 i ゝ ̄ ''ー-                !
                  {   {__  ヽ  J           }
                     ',   マj  ̄ノ           /
                  ゝ  `   ´           ∠ _
                  { i                ,ィ´::::::::::::::`ヽ
                    ゞ.、 _   ノ       ィ/:::::::::::::::::::::::::::\
                        `ヽ  ̄     ,.ィ≦/::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                      ` ー-  イ:::::::::::,{:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                             }:::::::::::, ト、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.,
                             j:,ィ彡:::::::::ヾ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
                              /:::::::::::::::::::::::::\:::,ィ":::::::::::::::::::::::,.ィ≦`ヽ
                          {:::::::::::::::::::::::::,.::ィ:´::::::::::::::::::::::::,.イ /   ハ
                             !::::::::::::::,.:ィ.:´::::::::::::::::::::::::::::/ /´      i
                            |:::::,.ィ.:´:::::::::::::::::::::::::::::::::::/  /        |
                           |:::{::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|  |          |
                               }:ィ!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:|  |          |
                             !ハ::::::::::::::::::::::::::::::,.ィ´:::::!  |          |
                             /  ゝ.::::::::::::::::::::,.ィ´:::::::::::|  |          !
          _                   {     ヽ:::::::,.ィ´::::::::::::::::::|  |          |
         ,.ィ:::::::::>..               ! {     `フ´::::::::::::::::::::::::!  !          |
       /:::::::::::::::::::::::`''ー-- ==..,, _,.rー'| i {  {. i'::::::::::::::::::::::::::::::!  !          |
      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ゝ| i  ! ヽ:::::::::::::::::::::::::::::|  |         |
    /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ゝ.ゝ. ヽ.ノ::::::::::::::::::::::::::::!  !          |
4369 : 名無しのやる夫だお [sage] 2013/11/22(金) 00:11:46 ID:L9NHdBes0
カーチャン…
4370 : 名無しのやる夫だお [sage] 2013/11/22(金) 00:12:25 ID:crmEPs.g0
なあ……泣いて良いか?(くぐもった声
4371 : 名無しのやる夫だお [sage] 2013/11/22(金) 00:12:46 ID:P1o.tGy60
かーちゃん・・・

そして糞親父・・・
4385 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2013/11/22(金) 00:22:22 ID:VSyGbrNE0
何度か参考書やらシューズを買ったりしたが、それでもまだ学生的な価値観から言えば裕福だ。

全財産が収まったボロボロな財布と、陸上部時代に使用していた大き目のエナメルバック。中には勉強道具は無く、筆箱だけが入っていた。

これが、彼の登校する時の持ち物だ。あの夜明け独特の静寂と冷たさが頬をなぞると、行くあてもなく青年は早朝の街を放浪していた。

学校の教室が開くのは6時ごろなので……まだまだ2時間ほど時間が合った。


これを毎日どう潰しているかというと、

公園のベンチで横になって、足りない分の睡眠を補ったり。
客のいないコンビニで今日の夕食はどうしようかと悩んだり。
今まで碌に知らなかった自分の街を散策してみたり。
学校近くの裏路地でバックを抱えてただ時間が過ぎるのをまったり。


正直のところ、自分でも何がしたいのか分からなかった。ただ、家で元家族に会うのとだけが嫌だったので家を出ているのだ。








                   / ̄ ̄ ̄ ̄\
                / ⌒    ⌒  '.
                  / ( ●    ● )  ,
                   |    (_人_)   l
                \   V___ノ    イ
              _{介ー   -=彡へ、
                /:::::ゞ_〉,`ヽ  〃 }_/:::::\
            /{:::::::::::::0|  `V ノ`ヽ:::::::::::::::ヽ
            /:::::::::::::::::::::::|  〈 {   Y::::::::::::::::.
           /:::::::::i::::::::/::::::::|   } 八   ノ }\::::::::.
          {::::::::\:j//:::::::0:|   i  `T、_/::::::\::::i
        ∨::::::::∧ ,::::::::::::::!  {    ∨\::::::::::::\
         .∨::::::::::い::::::::::::|  ;     ':::::::\::::::::::::〉
             \::::::/:::::::::::0:|  i     ':::::::::::\::::/
            ヽ{:::::::::::::::::|  {      '::::::::::::{`¨
                 |:::::::::::::::::!  ハ       |::::::::::::.
               \::::::::::リ /:::::\    |:::::::::::::〉
              i\::/ /:::::::::::::ヽ__/!::::::::/
              i::::::::ヽ':::::::::::::::::::::::::::::}::/:;
              |:::::::::::::::::::::::ハ:::::::::::::::::::::::::.
              |::::::::::::::::::::/  ':::::::::::::::::::::::::i
              l::::::::::::::::::/   ’::::::::::::::::::::::|
4412 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2013/11/22(金) 00:36:08 ID:VSyGbrNE0
さて、無意味な早朝の2時間を過ごし学校が開いたところで一番に登校するのが青年なのだ。これは陸上部に所属していた頃と変わらないが。

あの事件からすぐに「もうやる意味なんてないから止めよう。バルクホルンさんの迷惑にもなる」と思い、顧問の所へ退部届を
提出した青年はもう陸上部の部員では無い。……青年がそう思い込んでいるだけであって、実は退部処理などされてないのだが。

これもバルクホルンとシャーリーのことが裏でいろいろ関わってきているのだが、まぁ既に彼は関係ない。


今の彼には、これからどう自分で生きていくかが重要だった。なにせ、食い扶持なども自分で稼がなくてはいけないのだ。

寝床はあるが、個人的には今すぐにでも抜け出したかった。じゃないと、罪悪感と虚しさで今にでも押しつぶされそうだったからだ。



とにかくアルバイトをしようと考えているのだが、いかんせん両親の許可が必要だの履歴書で親の名前や許可書が必要なのが
多く、進行状況は悪い。意外とアルバイトも厳しい物だなぁと感慨深く思っていた。









                   ____
                  /      \
                / ─    ─ \
             /   (●)  (●)  \     .,ィ⌒ー、
             |      (__人__)     |     .,ィ! r' / ヽ
                 \     ` ⌒´   ,/     ∨ヽィ__//
              _r:{:::::::::;;;;`マ´イ:::::/`ー--ミ、_/ !| ト_`イ!|>,
           _,...::´:::::::::::`:::::::::|;i;|:::::::::::::::::::::::::::::::/ .| ! ト、マ !.l. }
          ,..:<:::::::::::::::::::::::::::::rイ:::::::::::::::::::::::::::::::::/  ' Ⅶ! j. l_,」
          ∧:::::::::::::::::::::::::::::::::::|::○:::::::::::::::::::::::::::::;′   .N_/ .|:::!
       .!::ヘ::::::::::::::::::::::::::::::::::!:::::::::::::::::::::::::::::::::::;′    ヘ/. .|:::|
       j:::: ヘ;::::::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::;′     .ヽ/..|::ハ
.       /::::::::ヾ::::::::::::::::::::::::::::!::::::::::::::::::::::::::::::::;' (⌒ー、  '   .|::::i
      /::::::::::::ハ:::::::::::::::::::::::::::|::○-:::::::::::::::::::::{ ,ミ≧__」     j:: :|
      /:::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::!::::::::::::::::::::::::::::::::Vミヾニ=       ハ:/
.     l:::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::λ`-'"     /::/
.      |::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::′\       イ`´
.      |::-‐¬ヘ:::::::::::::::::::::::::::::::!:::::::::::::::::::::::::::::::!   `ー-- <
.       |::::::::::::ヘ|:::::::::::__::::::::::::::::|::○-:::::::::::::::::::::|
     ∨:::::::::::ヘ==¬:::::::::::::::l::::::::::::::::::::::::::::::::!
.       ∨::::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::|
4433 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2013/11/22(金) 00:46:04 ID:VSyGbrNE0
              . . -‐…・・・…‐- .
           ,.  ´            `丶、
          /                 \
        /   / .::   -‐=ニ二 __\_\
       / .:   .: .::/.: .::::::::}:::.、::::::::::\::::::::::::::::::::ヽ
     // .::::::/ .:: ::/ィ.::::::::::::ハ:::l\:::::::::::::\::::::::::::::::::::.        おはよー、今日も早いんだね。
    / /.:::::::/.::::::: :::/ /.:::::::::::/ }:::|  \_::::::::::::::::::::::::::::::∧
   '   .::::::::/ ::::::/::/ /:l::::::::::/ '「:厂 ̄ハ`:::::::::ハ:::::::::::::::ハ
  /    |::::.イ ::::::/::/⌒/!.:::::, '  l/ ィ爪「心',::::::::::{ト、:::::::::::\ゝ                          ………… >
.       l::/ !:::::::ハ/_,∠.」:/   /  rし:::::ハ》,:::::::ト、\:::::::::::.\
     八l/|:::::::{ 〃し心`       弋::シ  ∧::::ト }::::::ヽ::::::::::.
      /:::|:::::::ハ八弋::ツ      ::::::::.:.:   ∧::!/:::::::/ ヽハ::.
.     /.::八::::{人ヽ :::::.:   、         .ィV.::::::/    `ヽ
     /.::::. イヽ!  ',ハ        _       /:::::::::::/
.     厶 "     }人     ー'     イ::::::/イ
            八\> .        イ |从′
                ヽへト≧=┐´     V^:..、__
                       x-‐|    /.:::::::::::::::`丶、
                _/::::/  /.:::::::::::::::::::::::::::::::\
                 ┌<:::::::/  /.:::::::::::::::,   '"´ ̄ ̄`ヽ
             「|:::::::::::/二二'.::::::::::::::::/          }ハ









         ァ、     ___
           f//> ´      ` ,.  ァ77ア
          {〃           く,'///
                     /    ヽ,/、
.          ′   |_ヽ /   /!__ l      .
        i   N  Vヘ,、__/ L」_| ∪   i            朝からタウンワークを読み漁ってる高校二年生って、どういう事ですの……
        |    |  ∩    ∩|     |
         レ1ヽ_」  ∪    ∪|  \ |、
          /  〉ゝー '  ̄ゝー ' |    ヽ! ヽ
.        ⌒ヽゝ __」::::::::),..イ  | ̄`Y
           }/l┘___,石く /j/\|   l
         /     >ュ   У ∨     丶
...        /     / ⌒!⌒≠   ∨        \
         ̄{  _/  /.|   ヽ  ∨     厂`
         ヽ《   〈 !   /   V    /
.         ̄ ̄入ィ⌒} ̄フ∠___/ ̄ ̄ ̄
                 ̄  ゝ(_,)ュ/






コンビニで拾ってきたタウンワークに目を通していると、既に辺りには人が集まり始めていた。時計を見るとそろそろ朝のHRの時間だった

時間が経つのは早いなぁと思ったが、どうせ授業は受けるつもりはないので関係なかった。誰かの声が聞こえた気がしたが気のせいだろう。


「今まで教科書を読んでいた学年主席が、二年生になってから自分の席でアルバイトの求人票を読み漁っていた。」


周りの人間の目を引くのには十分すぎることだった。……教室の扉の前に、妹の姿が見えた。すぐに消えた。気にしなかった
4445 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2013/11/22(金) 00:57:30 ID:VSyGbrNE0
                       -── -  _
                   :'"::::::::::::::::::::::::::::::: 丶、
                 //:::::::::::xヘヘ\::::\::::::::::\
                    /:::/:::::::::::/'⌒⌒' :丶:::::\::::::::::ヽ
               ,':::/::::/:::::/     l:| \::::丶 :::::::'.
                   ::::/::::/::: /       !|   ヽ:::: \::::l           あら、アルバイトかしら?
                |::,'::::/l::::,' -―    リ-―‐-':;:::::: ヽ|
               V:::/:::!/|  -     ‐   ';::ヽ::::';
                 /::/::: |:N __     ィ==-、 }::い :|
                  |::ハ/^{:|〃´⌒`       ,, ハ|∧:l
                  |,'ハ(小. ''     '      ー/  ';!
                  |!  `、:ーヘ、     v ァ    イ:,′ j|
                  \:::l> _     , イ/:::i
                    ';:::|::::r|> ー '´|::Ⅳ:::::|
      r-、              |:::L:八    |/│::::|
       \\   fヘ-―t―ェェ|:::|<\\ //;>|::::::l>、
        \ヽ__ |│ヘ   ̄ ̄j::∧\>ィ介ト<;/∧::::|丶、辷>、_
          /'´ヘl│ '、    |/ ヽ{ ̄{{_} ̄}/ ヽ:|     / |
            { ヘ'.} ∨ ∨  /   `7/{{ヘ匕.   丶   / │





と、彼の目の前に新しい担任の先生の姿が。クラスが変わり、担任も変わり、新しく女性の先生がこのクラスに着いたのだ。


「でも、此処の学校は進学校だから、あまりアルバイトは推奨されてないわよ?」


やんわり、それでも明確な意思が感じられる言葉だった。彼女は青年の事を知っていたが、それは書類上の事だけである。


「分かってますよ、先生。ただ興味があっただけです」


そう答えると、青年は雑誌を何も入ってない机の中にへと放り込んだ。
4451 : 名無しのやる夫だお [sage] 2013/11/22(金) 01:00:04 ID:XLTKDtMA0
ミーナさん19歳ぇ…
4452 : 名無しのやる夫だお [sage] 2013/11/22(金) 01:00:50 ID:0I8LTRR.0
みーなさんじゅうきゅうさい
4463 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2013/11/22(金) 01:05:58 ID:VSyGbrNE0
                        __, ― ――-- 、
                      , ' ´´7         `  、
                     /    /l           \
                   /   , l '」 ,      i 、    ヽ
                   /ィ   l .l`´l l、  l、 l   ! l.    ',
                   ,' l  /l l.  l l ヽ_」寸ト、 !  !.    '、
                    l  l l‐-リ、 ',「´ィ云zァ Ⅵ  !    ト 、      ……おい、教科書はどうした?
                   /1 ,Ⅵィ'心!  、ゞ孑'´   レ、 ,'  ト、 ヘ',`
                    レ ! ィ.l`´/   `     l / /' !| .|       ノートも出てないじゃないか。忘れたのか?
                     l/ l l 、          И l/ィ/ , !
                        、`          i/斤'´ リ`
                        ヽ  ' 二  ̄     イ !.  ,
                         ヽ , i i i , , 、/  .レ!Ⅳ_
                          ヽ.l ! i イ´  /-‐'  ̄ /、
                          /´.',  /´.!    ノ_: :\
                        /    l / -‐┘  / :  ̄: :ヽ、
                         ̄_二ヽ レ'´   -‐'フ--―- 、 /:.:.:.`‐-. 、
                       ,. :'7: ̄ :7<-‐  ̄-‐/ : : : _: : /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ̄:`‐- 、
                    -‐':´ : /: :_ ├ζ二-‐/-‐ ´ : : : ∨.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
                ,. :'´:.:.:.:.:.:.:.:/' ´: : : :,' ./   ./: : : : _ : : /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l
                /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ : : _: :l ,'    /-‐': :´ : : `V:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l
               /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/'´ ̄ : : `! l   /: : : : : : : : : :,':.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:!
               /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l/: : : : : : : ! !  /: : : : : : : : : : /:.ノ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l



「勉強する意味がないので、持って来ませんでした。」

3時間目、現代文の授業中での青年と先生のやり取りだ。ちなみにこれは今日で3回目である。

もう姉妹と張り合う意味も無いので、勉強なんてする意味がない。これが彼が二年に進級した時に先生に言った言葉だ。
4465 : 名無しのやる夫だお [sage] 2013/11/22(金) 01:06:45 ID:s6zIxMwY0
おいおいおいおい!
4466 : 名無しのやる夫だお [sage] 2013/11/22(金) 01:07:53 ID:lHnAkS2I0
おおおう…
4497 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2013/11/22(金) 01:17:29 ID:VSyGbrNE0
          } }\`丶、          /'      ´ / {:{
         {:{  \ `丶、   __〃_  /  /   }:}
          '::.    \   >´─-、: :{{: : : '⌒ : <     ::′
          ':::.     >'´: : : : : : : : : : : : : : : : : : : \  ::′
           '::.、 /: : : : / : : : : : : : : : : : : :\: : :\V
               ∧∨ : : : : :/: : : : : : : : : : : : : : : : ヽ: : : :ヽ
.              : :/ : : : : :/ : : : : | : : : : :| : : : : : : ハ : : : : :、
            |: ,′: : : :/:/ :/| :∧: :_; ィ| : :│ : / : i: : : : : : :           先生! 私が教科書とルーズリフを貸しますから授業を!
            i : : / : : :|イ: -=|/ ´ヽ: : 八: :^ト=:{-: :|: : : : : : : \
           V|: l : : : |:l/x‐==ミ∨  \| V\八 : : : | :i⌒         彼、ちょっと変わってるんで気にしないでください、ね!
             ',|: | : : : |´  :::::::::::::.     、x==ミ : : ヽ : 八|
             レ八.: :.:|             :::::::: {//∨
                ( (∧:八  u.   /⌒ヽ     : /
             \ 〈∨      { :::::::::::::    人|
                _>‐く\      、 ::::_ノ   /
             〔__x=ァヘ| 丶  _    .  ´
               /: /: rト、_    厂
               V:ルく    ̄了{下ヽ、
              イ::.::.::.\     |│l }、 \
                /  |.::.::.::.::.::丶  人爿人::\ \
                    |.::.::.::.::.::.::.::∨`〈⌒〉 '::.: \ \_
          //⌒'く二ニ=- .::.::.',  マハ  V:<\/:ヽ
          {::.::.::.::.::.::.::.::.::.::__>ヘ  | '  /|.::.::.:∨.::.::}
          ::.::.::.::.::.::.::. \::.\::.::. |\|  ∨│.::.::/.::.::.::
          ∨::.::.::.::.::.::.::.::\::.\::.\|\∧/|.::.:∧.::./.:|






幼馴染の奇跡的なフォローにより危機的状況を切り抜けれた。机をガタガタ移動させ教科書を見せてくるリネット。

その様子をざわつきながら見守るクラスメイト達……学年主席が勉強を放棄したのだ。

流石に持ってこないのはダメだったかと軽く頭を掻く。今度からは教科書とノートだけは持ってくるとしよう。
4509 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2013/11/22(金) 01:30:58 ID:VSyGbrNE0
ちなみにだが、彼は学校を退学しようとしても無理だ。姉妹のせいで、彼はこの学校から去れないのだ。

幾ら彼が自分から関係を断ち切ろうとも、姉妹の経歴の為にも教師陣の方が止める。部活動もそのせいだ。

まぁ、どうせこうなる事は分かっているのだが……







                      /                 ヽ
                       /                   '
                      , ,                 ',
                 i ゝ ̄ ''ー-                !
                  {   {__  ヽ  J           }
                     ',   マj  ̄ノ           /
                  ゝ  `   ´           ∠ _
                  { i                ,ィ´::::::::::::::`ヽ
                    ゞ.、 _   ノ       ィ/:::::::::::::::::::::::::::\
                        `ヽ  ̄     ,.ィ≦/::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                      ` ー-  イ:::::::::::,{:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                             }:::::::::::, ト、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.,
                             j:,ィ彡:::::::::ヾ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
                              /:::::::::::::::::::::::::\:::,ィ":::::::::::::::::::::::,.ィ≦`ヽ
                          {:::::::::::::::::::::::::,.::ィ:´::::::::::::::::::::::::,.イ /   ハ
                             !::::::::::::::,.:ィ.:´::::::::::::::::::::::::::::/ /´      i
                            |:::::,.ィ.:´:::::::::::::::::::::::::::::::::::/  /        |
                           |:::{::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|  |          |
                               }:ィ!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:|  |          |
                             !ハ::::::::::::::::::::::::::::::,.ィ´:::::!  |          |
                             /  ゝ.::::::::::::::::::::,.ィ´:::::::::::|  |          !
          _                   {     ヽ:::::::,.ィ´::::::::::::::::::|  |          |
         ,.ィ:::::::::>..               ! {     `フ´::::::::::::::::::::::::!  !          |
       /:::::::::::::::::::::::`''ー-- ==..,, _,.rー'| i {  {. i'::::::::::::::::::::::::::::::!  !          |
      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ゝ| i  ! ヽ:::::::::::::::::::::::::::::|  |         |
    /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ゝ.ゝ. ヽ.ノ::::::::::::::::::::::::::::!  !          |


4510 : 名無しのやる夫だお [sage] 2013/11/22(金) 01:32:01 ID:lHnAkS2I0
あー なるほどねー…
って乙したー
4513 : 名無しのやる夫だお [sage] 2013/11/22(金) 01:32:34 ID:iN1My2kE0

あぁそういうことねぇ…
4515 : 名無しのやる夫だお [sage] 2013/11/22(金) 01:32:51 ID:1qftiu7k0

ってかマジであの姉妹、やる夫のマイナスでしかないのな
関連記事
スポンサーサイト




>ちなみにだが、彼は学校を退学しようとしても無理だ。姉妹のせいで、彼はこの学校から去れないのだ。
>幾ら彼が自分から関係を断ち切ろうとも、姉妹の経歴の為にも教師陣の方が止める。部活動もそのせいだ。
暴力で臓器を壊したりハンストやったり「勉強する意味無いんで道具持ってきてません」と言う元気は有るが、教師の制止を振り切って退学はしないのか。
ちょっと行動力が有るんだか無いんだか分かんない不思議な子供ですね…
[ 2023/11/27 06:12 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://yarucha.blog.fc2.com/tb.php/9732-2b5e6d3c